MF Researcher Database

研究シーズ紹介

保田 幸子(ヤスダ サチコ)
(ヤスダ サチコ)
大学教育推進機構 国際コミュニケーションセンター
教授
Last Updated :2022/09/16
  • 第二言語習得論,第二言語ライティング研究
    シーズカテゴリ:人文・社会, その他
    研究キーワード:英語教育, 第二言語ライティング, アカデミックライティング, 言語能力, 科学論文
    研究の背景と目的:第二言語習得理論に基づく英語教育学を基軸とし,特に,学習者の英語ライティング能力の発達に関する研究を行っています。人間が二つ目の言語を習得する過程で,どのようにして,その言語で文章が書けるのようになるのかというプロセス,書き手の育成に向けた支援のあり方や教材開発に関心を持っています。
    研究内容:2020年代に入ってからは,科学者のアカデミックライティング支援体制の構築に向けて,自然科学(医学,工学,生物学など)の領域で好まれる文体,その背景にある認識論 (epistemology) との関係について明らかにする研究に取り組んでいます。ライティングをはじめとする英語教育は,中・高校生や大学生を主な対象として発展してきましたが,若手研究者や大学院生といった高年次学習者層に向けた支援のあり方は,ほとんど検討されてきませんでした。これらの学習者層の国際舞台での発信力を高めることに少しでも貢献できればという思いから,日々研究に取り組んでいます。
    関係する業績:保田幸子(2021)『英語科学論文をどう書くか:新しいスタンダード』ひつじ書房 その他,研究業績は研究室HPで https://kobe-edu-yasuda.jimdofree.com/研究業績/

Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.