MF Researcher Database

研究シーズ紹介

島村 靖治(シマムラ ヤスハル)
(シマムラ ヤスハル)
大学院国際協力研究科 地域協力政策専攻
教授
Last Updated :2022/11/22
  • 新興国におけるナッジ活用
    シーズカテゴリ:人文・社会
    研究キーワード:ナッジ
    研究の背景と目的:本研究では、新興国において人々の健康と関連した幾つかのナッジを活用することで、政策介入によるミクロレベルでの人々の行動変容を検証すると共に、その社会的・経済的効果を推計し、更には全国規模の家計調査データや医療データベースなどの大規模データと結合することでマクロレベルでの新たな政策評価手法の確立を目指すものである。
    研究内容:本研究課題は、ベトナムとインドネシアにおいて、特に財政面での医療保険制度の持続可能性に焦点を当て、問題の抜本的な解決策に繋がるナッジをフィールド実験として実施、そのインパクト評価を行うと共に政策評価手法について新たな提案を行う。
    期待される効果や応用分野:研究対象国であるベトナムやインドネシアのみならず早晩同様の問題に直面することになる他の新興国、とりわけASEAN諸国にとっても重要な政策的インプリケーションを引き出そうとするものである。

Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.