SEARCH

検索詳細

竹内 崇
大学院工学研究科 建築学専攻
准教授

研究者基本情報

■ 学位
  • 博士(工学), 九州大学
■ 研究分野
  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築構造、材料

研究活動情報

■ 受賞
  • 2022年07月 日本コンクリート工学会, 第44回コンクリート工学講演会年次論文奨励賞
    竹内 崇

■ 論文
  • Kazutaka Shirai, Hajime Okano, Yuu Nakanishi, Takashi Takeuchi, Katsunori Sasamoto, Miwa Sadamoto, Koichi Kusunoki
    Abstract The present study developed a method for evaluating the response, damage, and repair cost of super high‐rise reinforced concrete (RC) buildings subjected to large‐amplitude earthquakes. The response was numerically assessed using three‐dimensional 40‐story RC frame models under the predicted seismic motions of earthquakes along the Sagami Trough and Nankai Trough considering the effects of slip behavior, slab cooperative width, and stud‐type dampers. Even when the RC mainframe exhibited slip, the peak response deformation was effectively reduced by the friction dampers incorporated into each story. A probabilistic approach based on fragility was used to evaluate the damage and repair cost of the building models. The distributions of the damage states and repair cost for each story under the predicted seismic motions of earthquakes along the Sagami Trough and Nankai Trough were determined, and the total repair cost in relation to the total construction cost was evaluated. The occurrence of damage state 1 had a relatively large effect on the evaluated total repair cost under the evaluation conditions used in this study. A nonlinear relationship was observed between the input magnification and the total repair cost. The friction dampers reduced the damage and total repair cost.
    Wiley, 2023年12月, JAPAN ARCHITECTURAL REVIEW, 7(1) (1), 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • ドローンとディープラーニングに基づく屋根葺き材の自動検出
    横山洋斗, 徐鏡淋, 西嶋一欽, 友清衣利子, 竹内 崇, 高橋 徹
    2023年10月, 構造物の安全性および信頼性, 10(1) (1), 167 - 172, 日本語
    [査読有り]

  • Shiyu Yuan, Takashi Takeuchi, Yuping Sun
    Pilotis structures consisting of upper concrete bearing-walls and a soft first story have been well used in residential and office buildings in urban areas to primarily accommodate parking lots. In this research, drift-hardening concrete (DHC) columns developed by the authors are proposed to form the pilotis story with the aims of reducing its excessive residual drift caused by stronger earthquakes than anticipated in current seismic codes, mitigating damage degree, and enhancing resilience of the pilotis story. Nonlinear dynamic analysis was conducted to investigate the dynamic response characteristics of the wall structures supported by DHC columns. To this end, two sample six-story one-bay pilotis structures were designed following the current Japanese seismic design codes and analyzed. One sample structure is supported by ductile concrete (DC) columns, while the other is supported by DHC columns, which have the same dimensions, steel amount, and concrete strength as DC columns. Three representative ground motions were adopted for the nonlinear dynamic analysis. The analytical parameter was the amplitude of peak ground acceleration (PGA), scaled by the peak ground velocity (PGV) ranging between 12.5 cm/s and 100 cm/s with an interval of 12.5 cm/s. The analytical results have revealed that the residual drift of the pilotis story composed of DHC columns could be reduced to nearly zero under selected earthquakes scaled up to PGV = 100 cm/s, owing to not only the inherent self-centering ability of DHC columns but also the shake-down effect, which implies that the use of DHC columns can greatly enhance resilience of pilotis structures under strong earthquake inputs and promote its application in the buildings located in strong earthquake-prone regions. The maximum inter-story shear forces (MISFs) along the building height of the two models are also compared.
    MDPI AG, 2023年09月, Materials, 16(19) (19), 6345 - 6345, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Rapid Repair Demand Estimation Method for Damaged Residential Roofs Under Wind Disaster Using Remote Sensing Images and Machine Learning
    Eriko Tomokiyo, Kazuyoshi Nishijima, Takashi Takeuchi, Toru Takahashi
    2023年08月, Proceedings of 16th International Conference on Wind Engineering, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Development of a method to control wind conditions in a dome-shaped wind tunnel using CFD simulations
    Takashi Takeuchi, Eriko Tomokiyo, Kazuyoshi Nishijima
    2023年08月, Proceedings of 16th International Conference on Wind Engineering, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • SBPDN鉄筋を正方形状に配置した円形断面PCaRC柱の耐震挙動に関する研究
    羅京, 袁士宇, 竹内崇, 孫玉平
    2023年07月, コンクリートエ学年次論文集, 45(2) (2), 343 - 348, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • SEISMIC BEHAVIOR OF DRIFT-HARDENING PRECAST CONCRETE WALLS REINFORCED WITH SBPDN REBARS
    CHE, J, C. ZHANG, T. TAKEUCHI, Y. SUN
    2023年07月, コンクリートエ学年次論文集, 45(2) (2), 487 - 492, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • パルス性地震動を受けるドリフト硬化型RC柱を有するピロティ建築物の応答特性
    袁士宇, 中山輝郁, 竹内崇, 孫玉平
    2023年07月, コンクリート工学年次論文集, 45(2) (2), 67 - 72, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 風速急変時の建物内外の気圧差力に関する数値流体計算による検討
    竹内崇, 前田潤滋
    2022年11月, 風工学シンポジウム講演梗概集, 27, 55 - 60, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • ドリフト硬化型RC柱を有するピロティ建築物の地震応答特性
    袁士宇, 竹内崇, 孫玉平
    2022年07月, コンクリート工学年次論文集, 44(2) (2), 91 - 96, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • EXPERIMENTAL STUDY ON AXIAL BEHAVIOR OF CONFINED CONCRETE COLUMNS WITH SBPDN REBARS
    J. Luo, T. Takeuchi, J. Zhao, Y. Sun
    2022年07月, コンクリートエ学年次論文集, 44(2) (2), 397 - 402, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 動的な水平力を受ける付着強度の低い超高強度鉄筋を主筋に用いたRC柱の耐震性能の検証
    竹内崇, 溝口颯人, 袁士宇, 孫玉平
    2022年07月, コンクリートエ学年次論文集, 44(2) (2), 385 - 390, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 車 佳雨, 孫 玉平, 竹内 崇
    Architectural Institute of Japan, 2022年04月, 構造工学論文集B, 68B, 87 - 96, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Chuxuan WEI, Yuping SUN, Takashi TAKEUCHI, Jiayu CHE
    Architectural Institute of Japan, 2022年04月, 構造工学論文集B, 68B, 75 - 86, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • J.H. Wang, Y.P. Sun, T. Takeuchi
    Elsevier BV, 2021年12月, Structures, 34, 840 - 855, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • PCストランドを用いた耐力壁の耐震性能に関する解析的研究
    曾令昕, 孫玉平, 竹内崇, 趙軍
    2021年07月, コンクリート工学年次論文集, 43(2) (2), 547 - 552, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 転造ねじを有するSBPDN鉄筋の引抜耐力に及ぼすコンクリート強度の影響
    上田凌也, 阪中樹, 孫玉平, 竹内崇
    2021年07月, コンクリート工学年次論文集, 43(2) (2), 379 - 384, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Seismic Behaviors and Evaluation of Reinforced Concrete Walls Reinforced by SBPDN Rebars
    C. Wei, Y. Sun, T. Takeuchi, T. Nakagawa
    2021年07月, コンクリート工学年次論文集, 43(2) (2), 175 - 180, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • SBPDN鉄筋を用いたRC造プレキャスト耐力壁の耐震性能に関する研究
    車佳雨, 孫玉平, 竹内崇, 魏楚軒
    2021年07月, コンクリート工学年次論文集, 43(2) (2), 169 - 174, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • SBPDN鉄筋を主筋に用いたRC柱の耐震性能に及ぼす定着詳細の影響
    溝口颯人, 山田裕之, 孫玉平, 竹内崇
    2021年07月, コンクリート工学年次論文集, 43(2) (2), 91 - 96, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 鉄筋コンクリート構造物の地震後の残留変形に関する研究事例
    竹内崇
    2021年02月, コンクリート工学, 59(2) (2), 196 - 201, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Takashi Takeuchi, Yuping Sun, Masanori Tani, Pui-Shum Benson Shing
    American Society of Civil Engineers (ASCE), 2021年01月, Journal of Structural Engineering, 147(1) (1), 04020290 - 04020290, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • J.H. Wang, Y.P. Sun, T. Takeuchi, T. Koyama
    Elsevier BV, 2020年10月, Structures, 27, 1335 - 1357, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • MONOTONICALLY COMPRESSIVE STRESS-STRAIN MODEL OF ULTRA-HIGH-STRENGTH REBAR CONSIDERING BUCKLING
    Zhou, A, Sun, Y, Takeuchi, T, Jia, M, Luo, P
    2020年09月, Proceedings of 17th World Conference on Earthquake Engineering, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • SEISMIC BEHAVIOR AND EVALUATION OF CONCRETE WALLS REINFORCED BY HYBRID HIGH-STRENGTH BARS
    Zeng, L, Sun, Y, Takeuchi, T, Zhao, J
    2020年09月, Proceedings of 17th World Conference on Earthquake Engineering, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • DYNAMIC RESPONSE OF HIGH-RISE STEEL STRUCTURES UNDER SUCCESSIVE STRONG EARTHQUAKE SEQUENCES
    Yuan, S, Sun, Y, Takeuchi, T
    2020年09月, Proceedings of 17th World Conference on Earthquake Engineering, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • SEISMIC BEHAVIOR OF SQUARE CONCRETE BEAM-COLUMNS WITH CIRCULARLY DISTRIBUTED ULTRA-HIGH-STRENGTH REBARS
    Wei, C, Sun, Y, Takeuchi, T, Takeda, Y
    2020年09月, Proceedings of 17th World Conference on Earthquake Engineering, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • BEHAVIOR OF CONCRETE WALLS REINFORCED BY ULTRA HIGH- STRENGTH REBARS UNDER DYNAMIC AND STATIC LOADING
    Wei, C, Sun, Y, Takeuchi, T, Fujitani, T
    2020年09月, Proceedings of 17th World Conference on Earthquake Engineering, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • SEISMIC BEHAVIOR OF CONCRETE COLUMN REINFORCED WITH ULTRA-HIGH STRENGTH REBARS UNDER DYNAMIC LOADING
    Takeuchi, T, Sun, Y, Shing, P. B
    2020年09月, Proceedings of 17th World Conference on Earthquake Engineering, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • SEISMIC BEHAVIOR AND ASSESSMENT OF CONCRETE WALLS REINFORCED BY CFRP BARS
    Shen, F, Sun, Y, Takeuchi, T, Zhao, J
    2020年09月, Proceedings of 17th World Conference on Earthquake Engineering, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • EXPERIMENTAL STUDY ON AXIAL BEHAVIOR OF CONCRETE COLUMNS REINFORCED BY SBPDN REBARS
    Zhou Aixin, Sun Yuping, Takeuchi Takashi, Jia Mian
    2020年07月, コンクリート工学年次論文集, 42(2) (2), 43 - 48, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • SBPDN鉄筋を山形配筋したRC造耐力壁の耐震性能に関する研究
    魏丞瑾, 孫玉平, 竹内崇
    2020年07月, コンクリート工学年次論文集, 42(2) (2), 295 - 300, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • CFRP筋を用いたコンクリート壁の耐震性能に関する研究
    沈富強, 孫玉平, 竹内崇, 趙軍
    2020年07月, コンクリートエ学年次論文集, 42(2) (2), 301 - 306, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 竹内 崇, 孫 玉平
    Architectural Institute of Japan, 2020年02月, 日本建築学会構造系論文集, 85(768) (768), 263 - 273, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Experiment on buckling behavior of ultra-high strength rebars in RC column
    Zhou Aixin, SUN Yuping, TAKEUCHI Takashi, LUO Pengjun
    2019年07月, コンクリート工学年次論文集, 41(2) (2), 37 - 42, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • SBPDN鉄筋を円環状に配置した正方形断面プレキャストRC柱の耐震性能に関する研究
    武田恭典, 木村弘基, 竹内崇, 孫玉平
    2019年07月, コンクリート工学年次論文集, 41(2) (2), 91 - 96, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • SBPDN鉄筋を用いたRC造矩形耐力壁の動的性能に関する研究
    藤谷卓也, 孫玉平, 竹内崇, 魏丞瑾
    2019年07月, コンクリート工学年次論文集, 41(2) (2), 349 - 354, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 危険断面高さを考慮したコンクリート充填角形鋼管柱の解析的研究
    櫻井 陽, 藤永 隆, 竹内 崇, 孫 玉平
    2018年11月, 鋼構造年次論文報告集, 28, 36 - 42, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 付着強度の低い超高強度鉄筋を主筋に用いたRC柱部材を有するラーメン構造の耐震性能に関する研究
    中野 魁人, 竹内 崇, 孫 玉平
    2018年07月, コンクリート工学年次論文集, Vol. 40(No. 2) (No. 2), 241 - 246, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 集中配筋を山形状に配筋したRC造矩形壁の耐震性能に関する研究
    魏 丞瑾, 孫 玉平, 竹内 崇, 武田 恭典
    日本コンクリート工学会, 2018年07月, コンクリート工学年次論文集, Vol. 40(No. 2) (No. 2), 319 - 324, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 矩形RC造片持ち耐力壁の耐震性能及び評価に及ぼす集中鉄筋種別の影響に関する研究
    藤谷 卓也, 孫 玉平, 竹内 崇, 魏 丞瑾
    2018年07月, コンクリート工学年次論文集, Vol. 40(No. 2) (No. 2), 313 - 318, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • ボルト接合鋼板拘束を施しSBPDN鉄筋を主筋に用いたRC柱のせん断耐力に関する研究
    竹内 崇, 大仲 菜保子, 藤永 隆, 孫 玉平
    2018年07月, コンクリート工学年次論文集, 40(2) (2), 91 - 96, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • X形配筋を施した柱なし矩形せん断型RC造壁の靭性に関する研究
    福原 優美子, 孫 玉平, 竹内 崇, 魏 丞瑾
    日本コンクリート工学会, 2018年07月, コンクリート工学年次論文集, Vol. 40(No. 2) (No. 2), 325 - 330, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • SBPDN鉄筋の太さが円形RC柱の耐震性能に及ぼす影響に関する研究
    木村 弘基, 竹内 崇, 武田恭典, 孫 玉平
    2018年07月, コンクリート工学年次論文集, 40(2) (2), 97 - 102, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Effects of wind direction on local wind force and wind response of a building under short-rise-time gusts
    TAKEUCHI Takashi, TAKEUCHI Naohiro, MAEDA Junji, Yong Chul Kim
    2018年06月, Proceedings of 7th International Symposium on Computational Wind Engineering, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Characteristics of local wind force and wind response of a building under short-rise-time gusts
    TAKEUCHI Takashi, TAKEUCHI Naohiro, MAEDA Junji, Yong Chul Kim
    2017年12月, Proceedings of 9th Asia-Pacific Conference on Wind Engineering, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 異なるアスペクト比を有する鋼板耐力壁の履歴挙動と評価
    三上紗綾, 胡弘宇, 竹内崇, 孫玉平
    2017年10月, 第12回日中構造技術交流会論文集, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 反曲点位置の高い柱型のないRC造壁の耐震性能及び終局耐力評価方法に関する研究
    魏 丞瑾, 孫 玉平, 竹内 崇, 直川 周平
    2017年07月, コンクリート工学年次論文集, 39(2) (2), 247 - 252, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 二方向載荷を受ける付着強度の低い超高強度鉄筋を用いたRC柱の耐震挙動に関する研究
    大仲 菜保子, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    2017年07月, コンクリート工学年次論文集, 39(2) (2), 103 - 108, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • X形配筋を施した柱型のないせん断型RC造壁のせん断耐力に関する研究
    直川 周平, 孫 玉平, 竹内 崇, 魏 丞瑾
    2017年07月, コンクリート工学年次論文集, 39(2) (2), 253 - 258, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • SBPDN鉄筋を用いた円形断面RC柱の耐震性能に関する実験的研究
    木村 弘基, Sargsyan Grigor, 竹内 崇, 孫 玉平
    2017年07月, コンクリート工学年次論文集, 39(2) (2), 127 - 132, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Seismic Behavior and Assessment of Drift-Hardening Concrete Columns
    Sargsyan Grigor, CAI Gaochuan, TAKEUCHI Takashi, SUN Yuping
    2017年01月, Proceedings of 16th World Conference on Earthquake Engineering, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Hua Zhao, Yuping Sun, Takashi Takeuchi, Shichun Zhao
    A stress-strain model is proposed to define the relationship between axial compressive stress and strain for square steel tube stub columns, which have been widely used as predominant gravity-sustaining structural components in high-rise buildings and skyscrapers. The proposed model consists of two equations, defining the ascending branch and descending branch of the stress-strain curve, respectively, and has a significant advantage over previous models in that it can trace effects of both the residual stress induced during manufacturing process and the local buckling of steel plate on the compressive stress strain behavior of square steel tube stub columns. Another feature of the proposed model is that it can be used to the stub columns made of very thin steel plates. In order to calibrate the new stress-strain model and verify its reliability and accuracy, sixty-eight hollow square steel tube stub columns under monotonic axial compression are collected. The previous tests cover a wide range of structural factors such as yield strength and width-to-thickness ratio of steel plates. In particular, the previous tests include stub columns made of steel plate with high yield strength of up to 835 MPa. Comparisons between the experimental results and the calculated ones indicate that the proposed model cannot only predict the local buckling strength and the corresponding strain very well, but also trace the compressive stress strain behavior of square steel tube stub columns up to large strain with high accuracy. (C) 2016 Elsevier Ltd. All rights reserved.
    ELSEVIER SCI LTD, 2017年01月, ENGINEERING STRUCTURES, 131, 503 - 512, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 建物のオーバーシュート風圧力に及ぼす風向角の影響に関する実験的研究
    川上 綾太, 大坪 和広, 前田 潤滋, 竹内 崇, 友清 衣利子
    2016年12月, 第24回風工学シンポジウム論文集, 199 - 204, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 付着強度の低い超高強度鉄筋を用いたRC柱の耐震性能に及ぼす主筋定着詳細と横拘束方法の影響に関する研究
    竹内 崇, 藤永 隆, 吉森 裕樹, 孫 玉平
    2016年07月, コンクリート工学年次論文集, (38) (38), 163 - 168, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • X形配筋を施した柱型のないRC造壁の耐震性能に関する基礎研究
    直川 周平, 孫 玉平, 竹内 崇, 藤永 隆
    2016年07月, コンクリート工学年次論文集, (38) (38), 421 - 426, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Seismic Behavior and Assessment of Circular Concrete Columns Reinforced by Ultra-High Strength Rebars
    Sargsyan Grigor, TANAKA Yutaro, TAKEUCHI Takashi, SUN Yuping
    2016年07月, コンクリート工学年次論文集, 38(2) (2), 193 - 198, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Effects of Wind Direction and Roof Shape on Unsteady Wind Pressure on a Low Rise Building under a Short-rise-time Gust
    TAKEUCHI Takashi, MAEDA Junji, KAWAKAMI Ryota, TAKEUCHI Naohiro
    2016年06月, Proceedings of 8th International Colloquium on Bluff Body Aerodynamics and Applications, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Unsteady Wind Pressure on A Low Rise Building Under A Short-Rise-Time Gust
    TAKEUCHI Takashi, MAEDA Junji, KAWAKAMI Ryota, OTSUBO Kazuhiro, TAKEUCHI Naohiro
    2016年05月, Proceedings of 6th U.S.-Japan Workshop on Wind Engineering, 英語
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 付着強度の低い超高強度鉄筋を用いたRC柱の耐震性能向上およびその評価方法に関する研究
    吉森 裕樹, 大仲 菜保子, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    2016年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, (20) (20), 59 - 67, 日本語
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 2015年ネパール地震の被害調査報告
    藤永 隆, ロハニ タラニディ, 竹内 崇
    2016年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, (20) (20), 219 - 228, 日本語
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Gaochuang Cai, Yuping Sun, Takashi Takeuchi, Jianwei Zhang
    A complete shear strength model is proposed to define the relationship between seismic shear strength and lateral drift ratio of circular concrete columns. The proposed bi-linear model comprises the initial shear strength branch and the shear strength degradation branch, and it can trace the degradation of shear strength along with lateral deformation. The formula to assess the initial shear strength is derived from the equilibrium of the forces acting on the primary shear failure plane and Mohr-Coulomb failure criteria for concrete, while the degradation slope of shear strength is associated with a factor indirectly representing the contribution by the so-called dowel action of longitudinal reinforcements. Another feature of the proposed model is that it can be used to directly calculate the seismic shear strength of circular columns without transforming circular section into an equivalent rectangular or square section. In order to calibrate the proposed model and verify its reliability and accuracy, eighty-eight relatively large scale circular concrete columns that many researchers have reported failing in shear are collected. These previous tests cover a wide range of structural factors such as concrete strength, axial load ratio, yield strength and amount of transverse as well as longitudinal reinforcements, and shear span ratio. Comparisons between the experimental results and the calculated ones indicate that the proposed model can predict the seismic shear strength and trace the shear strength degradation till large deformation more accurately than previous models. (C) 2015 Elsevier Ltd. All rights reserved.
    ELSEVIER SCI LTD, 2015年10月, ENGINEERING STRUCTURES, 100, 399 - 409, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 付着強度の低い超高強度鉄筋を主筋に用いた逆対称曲げRC柱の耐震性能に及ぼす主筋配筋形式の影響に関する研究
    竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平, 東山 諒太
    2015年07月, コンクリート工学年次論文集, 37, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • レジリエントな円形RC柱の耐震性能に関する研究
    Sargsyan Grigor, 竹内 崇, 田中 祐太郎, 孫 玉平
    2015年07月, コンクリート工学年次論文集, 37(2) (2), 187 - 192, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • SBPDN鉄筋と鋼板拘束を用いたFA円形RC柱の耐震挙動に関する実験的研究
    汪 俊華, 竹内 崇, 小山 智幸, 孫 玉平
    2015年07月, コンクリート工学年次論文集, 37(2) (2), 193 - 198, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Experimental Study of Seismic Performance of Steel-Plate Retrofitted Concrete Mullion Walls in Apartment buildings
    HU Hongyu, SUN Yuping, TAKEUCHI Takashi
    2015年06月, Proceedings of International Conference on the Regeneration and Conservation of Concrete Structures, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • EFFECTS OF WIND DIRECTION ON PROPERTIES OF UNSTEADY WIND PRESSURE ON A GABLE ROOF BODY UNDER A SHORT-RISE-TIME GUST
    TAKEUCHI Takashi, MAEDA Junji
    2015年06月, Proceedings of 6th International Symposium on Computational Wind Engineering, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Mechanical Properties and Evaluation of Concrete Beams made of a Large Amount of Fine Fly Ash
    WANG Junhua, TAKEUCHI Takashi, KOYAMA Tomoyuki, SUN Yuping
    2015年05月, Proceedings of IABSE Conference NARA, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 付着強度の低い超高強度鉄筋を主筋に用いた逆対称曲げRC柱の履歴挙動に及ぼす主筋配筋形式の影響
    東山 諒太, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    神戸大学都市安全研究センター, 2015年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 19, 日本語
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 立ち上がり時間の短い突風下の切妻屋根建物に作用する非定常風圧力に及ぼす風向角の影響に関する研究
    竹内 崇, 前田 潤滋
    2014年12月, 第23回風工学シンポジウム論文集, 247 - 252, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 付着強度の低い超高強度鉄筋を主筋に用いた逆対称曲げRC柱の耐震性能に関する実験的研究
    竹内 崇, 張 建偉, 藤永 隆, 孫 玉平
    コンクリート工学会, 2014年07月, コンクリート工学年次論文集, 36(2) (2), 109 - 114, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Seismic Behavior of Circular Fly Ash Concrete Column Reinforced by Ultra High Strength Rebars and Steel Plates
    WANG Junhua, TAKEUCHI Takashi, KOYAMA Tomoyuki, SUN Yuping
    2014年07月, コンクリート工学年次論文集, 36(2) (2), 115 - 120, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Numerical investigation of a flow development around an elliptic cylinder subjected to short-rise-time gusts
    TAKEUCHI Takashi, MAEDA Junji, OTSUBO Kazuhiro
    2014年06月, Proceedings of 6th International Symposium on Computational Wind Engineering, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Effects of roof-pitch on the overshoot wind force acting on a gable roof structure under a short-rise-time gusty wind
    OTSUBO Kazuhiro, MAEDA Junji, TAKEUCHI Takashi
    2014年06月, Proceedings of 6th International Symposium on Computational Wind Engineering, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 立ち上がり時間の短い突風を受ける物体に作用する非定常風圧力-基準静圧変動を考慮した圧力計測による実験的検討-
    竹内 崇, 前田 潤滋, 大坪 和広, 友清 衣利子
    2013年12月, 日本建築学会構造系論文集, 79(697) (697), 357 - 366, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Numerical and experimental investigations on unsteady wind pressure on a gable roof body under a short-rise-time gust
    TAKEUCHI Takashi, MAEDA Junji, OTSUBO Kazuhiro
    2013年12月, Proceedings of 8th Asia-Pacific Conference on Wind Engineering, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Acting Effect of Roof Pitch of a Gable Structure on Wind Force Under a Short-Rise Time Gust
    OTSUBO Kazuhiro, TAKEUCHI Takashi, MAEDA Junji
    2013年12月, Proceedings of 8th Asia-Pacific Conference on Wind Engineering, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 拘束鋼板耐力壁の履歴挙動に関する研究
    朱 華佳, 藤井 俊介, 竹内 崇, 宮川 和明, 孫 玉平
    2013年11月, 第10回日中建築構造技術交流会論文集, 930 - 935, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Takashi Takeuchi, Junji Maeda
    The properties of unsteady wind force on an elliptic cylinder under a rapid change from steady flow were investigated using a gust wind tunnel. Short-rise-time gusts from steady flow were generated by the control of blade rows which were installed for generating a pulsation flow. We measured the unsteady drag and lateral forces on an elliptic cylinder under such gusts with a target wind velocity of between 2.0 m/s and 7.0 m/s, with a ratio of initial wind velocity to target wind velocity of between 0.0 and 0.9 and a rise time of between 0.1 s and 1.4 s. As a result, we confirmed that the overshoot phenomenon of wind force occurred under a short-rise-time gust from steady flow as well as from calm. And it was found that the overshoot coefficient, defined by the ratio of maximum to a steady-state value of wind force, decreased with an increase in the ratio of the initial wind velocity to the target wind velocity. For each ratio of the initial wind velocity to the target wind velocity, the overshoot coefficient was determined by an expanded non-dimensional rise time composed of rise time, body size, and initial and target wind velocities. (C) 2013 Elsevier Ltd. All rights reserved.
    ELSEVIER SCIENCE BV, 2013年11月, JOURNAL OF WIND ENGINEERING AND INDUSTRIAL AERODYNAMICS, 122, 138 - 145, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Seismic Performance and Evaluation of Fly-ash Concrete Columns
    SUN Yuping, KOYAMA Tomoyuki, TAKEUCHI Takashi
    2013年08月, Proc. of the third International Conference on Sustainable Construction Materials and Technologies, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 付着強度の低い超高強度鉄筋を用いた円形断面RC柱の耐震性能に関する研究
    蔡 高創, 孫 玉平, 竹内 崇, 藤永 隆
    2013年07月, コンクリート工学年次論文集, 35(2) (2), 145 - 150, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • レジリエントなコンクリート柱の耐震性能に関する基礎研究
    孫 玉平, 竹内 崇, 奥田 隼也, 大畑 雄俊
    2013年07月, コンクリート工学年次論文集, 35(2) (2), 1501 - 1506, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • フライアッシュを外割混合したコンクリートを用いた鋼管横補強RC柱部材の耐震性能に関する実験的研究
    竹内 崇, 小山 智幸, 吉野 健太郎, 孫 玉平
    2013年07月, コンクリート工学年次論文集, 35(2) (2), 151 - 156, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Yuping Sun, Gaochuang Cai, Takeuchi Takeshi
    We proposed a new type of aggressive concrete structure in this paper. The proposed structure consists of concrete columns reinforced by ultra-high strength rebar with spiral groove on its surface. Four circular concrete columns were fabricated and tested under cyclic reversed lateral force and constant compression to investigate the seismic behavior of the proposed columns. Test results have shown that the concrete column had high resilience, and use of the ultra-high strength rebar with spiral groove on its surface could significantly mitigate damage degree and reduce residual deformation of concrete column. Based on the experimental results, we developed a model to simulate the hysteresis loop of the proposed resilient column and an equation to assess the equivalent viscous damping ratio, which was indispensable to performance-based design of the resilient column. Very good agreement was observed between the measured results and the theoretical predictions.
    TRANS TECH PUBLICATIONS LTD, 2013年, CIVIL ENGINEERING, ARCHITECTURE AND SUSTAINABLE INFRASTRUCTURE II, PTS 1 AND 2, 438-439, 1453 - +, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 高煙突の空力特性に及ぼす付帯物の影響に関する実験的研究
    竹内 崇, 前田 潤滋, 薄 達哉, 大坪 和広, 鶴 則生
    2012年12月, 第22回風工学シンポジウム論文集, 167 - 172, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 観測突風の統計的評価と車輌形状物体のオーバーシュート風力の試算
    友清 衣利子, 前田 潤滋, 野方 香里, 竹内 崇
    2012年12月, 第22回風工学シンポジウム論文集, 13 - 18, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • ステップ関数的突風を受ける物体のオーバーシュート風力 -基本形状物体に作用する非定常抗力の実験的検討-
    竹内 崇, 前田 潤滋
    2012年11月, 日本建築学会構造系論文集, 77(681) (681), 1629 - 1635, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Experimental Studies of Properties of Wind Force Acting on a Tower-supported Steel Stack
    TAKEUCHI Takashi, MAEDA Junji, OTSUBO Kazuhiro, SUSUKI Tatsuya
    2012年10月, Proceedings of 19th Conference on Electric Power Supply Industry, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Unsteady Wind Force on an Elliptic Cylinder subjected to a Short-rise-time Gust from Steady Flow
    TAKEUCHI Takashi, MAEDA Junji, OTSUBO Kazuhiro, SHUTO Yasuyuki
    2012年09月, Proceedings of 7th International Colloquium on Bluff Bodies Aerodynamics and Applications, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Earthquake-Resisting Properties and Evaluation of High Performance Concrete Columns with Low Residual Deformation
    SUN Yuping, TAKEUCHI Takashi, FUNATO Yuki, FUJINAGA Takashi
    2012年09月, Proceedings of the 15th World Conference on Earthquake Engineering, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Development of a New Type of Earthquake Energy-absorption Device
    ZHU Huajia, SUN Yuping, FUJINAGA Takashi, TAKEUCHI Takashi
    2012年09月, Proceedings of the 15th World Conference on Earthquake Engineering, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • フライアッシュを外割混合したコンクリートを用いたRC柱部材の耐震性能に及ぼす主筋強度の影響
    竹内 崇, 小山 智幸, 藤永 隆, 孫 玉平
    2012年07月, コンクリート工学年次論文集, 34(2) (2), 145 - 150, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • スパイラル溝を有する超高強度鉄筋を用いたRC柱部材の耐震挙動に関する実験的研究
    仲井 士門, 孫 玉平, 竹内 崇, 藤永 隆
    2012年07月, コンクリート工学年次論文集, 34(2) (2), 163 - 168, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • スパイラル溝を有する超高強度鉄筋の付着特性のモデル化と柱部材の履歴解析への応用
    船戸 佑樹, 竹内 崇, 孫 玉平, 蔡 高創
    2012年07月, コンクリート工学年次論文集, 34(2) (2), 145 - 150, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Hysteretic Performance of Steel Shear Panel Confined by Polypropylene Plates and Carbon Fiber Sheets
    ZHU Huajia, SUN Yuping, FUJINAGA Takashi, TAKEUCHI Takashi
    2012年03月, JOINT CONFERENCE PROCEEDINGS 9th International Conference on Urban Earthquake Engineering/ 4th Asia Conference on Earthquake Engineering, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Hysteretic Performance of Steel Shear Panel Confined by Polupropylene Plates and Carbon Fiber Sheets
    朱 華佳, 孫 玉平, 藤永 隆, 竹内 崇
    2012年, Proceedings of 9th International Conference on Urban Earthquake Engineering / 4th Asian Conference on Earthquake Engineering, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 竹内崇, 前田潤滋
    2010年, 第21回風工学シンポジウム論文集, 185 - 190

  • 友清衣利子, 前田潤滋, 竹内崇
    2010年, 第21回風工学シンポジウム論文集, 179 - 184

■ MISC
  • 207 楕円柱の風力特性に及ぼすステップ関数的突風の影響 : その1 突風風洞実験の概要と迎角45度での実験結果(建築構造)
    竹内 崇, 川下 寛正, 早田 友彦, 中村 諭史, 鶴 則生, 前田 潤滋
    一般社団法人日本建築学会, 2008年03月01日, 日本建築学会研究報告. 九州支部. 1, 構造系, (47) (47), 209 - 212, 日本語

■ 書籍等出版物
  • 強風災害の変遷と教訓 第3版(2022)
    日本風工学会
    分担執筆, 5章6節, 一般社団法人 日本風工学会, 2022年05月, 日本語, ISBN: 4990613023

  • 構造物の風洞実験の要点と技法-技術者のためのノウハウ集-
    共著, pp.84-90, 一般社団法人 日本鋼構造協会, 2022年02月

  • The Oxford Handbook of Non-Synoptic Wind Storms
    Junji Maeda, Takashi Takeuchi, Eriko Tomokiyo, Yukio Tamura
    共著, Extremely Gusty Winds from a Viewpoint of Aerodynamic Force, OXFORD University Press, 2020年09月

■ 講演・口頭発表等
  • ドーム型マルチファン風洞のための小型送風洞の性状把握
    宮本洋太, 友清衣利子, 西嶋一欽, 竹内崇
    日本建築学会大会, 2023年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • ドーム風洞内の風速の制御可能な周波数帯に関する検討
    辻響, 竹内崇, 友清衣利子, 西嶋一欽
    日本建築学会大会, 2023年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • ドリフト硬化型柱を有するRCピロティ構造のパルス性地震動に対する応答特性
    中山輝郁, 袁士宇, 竹内崇, 孫玉平
    日本建築学会大会, 2023年09月
    口頭発表(一般)

  • グラウト内の呼び径22.2のSBPDN鉄筋の付着特性に関する実験的研究
    宮崎慎丈, 竹内崇, 孫玉平
    日本建築学会大会, 2023年09月
    口頭発表(一般)

  • SBPDN鉄筋を用いた円形断面PCaRC柱の耐震挙動に関する研究 (その2:実験結果と考察)
    羅京, 芦田充, 袁士宇, 竹内崇, 孫玉平
    日本建築学会大会, 2023年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • SBPDN鉄筋を用いた円形断面PCaRC柱の耐震挙動に関する研究 (その1 実験概要)
    芦田充, 羅京, 袁士宇, 竹内崇, 孫玉平
    日本建築学会大会, 2023年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 急激な気圧降下時の建物内圧評価に関する数値流体計算による検討
    竹内崇, 鈴木翔也, 前田潤滋
    2023年度日本風工学会年次研究発表会, 2023年05月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 2019年台風15号による住宅被害および補修に関する調査 その1 被害と調査の概要
    西嶋一欽, 友清衣利子, 高橋徹, 大風翼, 中嶋唯貴, 竹内崇
    日本建築学会大会, 2020年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 2019年台風15号による住宅被害および補修に関する調査 その6 一連の調査・分析手法の課題
    竹内崇, 西嶋一欽, 高橋徹, 中嶋唯貴, 大風翼, 水谷国男, 友清衣利子, 河野祐哉
    日本建築学会大会, 2020年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • ドリフト硬化型柱を有するRCピロティ構造の動的応答特性に関する基礎的研究
    袁士宇, 竹内崇, 孫玉平
    日本建築学会大会, 2020年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • SBPDN鉄筋を円環状に配置したRC柱の定着方法に関する研究(その1 実験概要)
    溝口颯人, 山田裕之, 孫玉平, 竹内崇, 伊藤崇晃
    日本建築学会大会, 2020年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • SBPDN鉄筋を円環状に配置したRC柱の定着方法に関する研究(その2 実験結果)
    山田裕之, 溝口颯人, 孫玉平, 竹内崇, 伊藤崇晃
    日本建築学会大会, 2020年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • SBPDN鉄筋を用いたRC造矩形壁の耐震性能に関する研究(その2 実験結果)
    車佳雨, 中川貴雄, 魏丞瑾, 魏楚軒, 孫玉平, 竹内崇
    日本建築学会大会, 2020年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • SBPDN鉄筋を用いたRC造矩形壁の耐震性能に関する研究(その1 実験概要)
    中川貴雄, 車佳雨, 魏丞瑾, 魏楚軒, 孫玉平, 竹内崇
    日本建築学会大会, 2020年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 矩形RC造片持ち耐力壁の耐震性能に関する研究 (その4 集中鉄筋の配置形式の影響)
    魏 丞瑾, 孫 玉平, 竹内 崇, 武田 恭典, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2019年09月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • SBPDN鉄筋の定着手法ならびに付着特性に関する実験的研究 (その1 転造ねじ定着の定着耐力)
    阪中 樹, 封 ?, 竹内 崇, 武田 恭典, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2019年09月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 航空調査で明らかになったT1821号による大阪府南部の住宅被害分布
    野田 稔, 友清 衣利子, 竹内 崇
    日本建築学会大会, 2019年09月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 2018 年台風21号による住宅被害 (その2 現地調査に基づく被害要因分析)
    赤塚 巧, 友清 衣利子, 西嶋 一欽, 河野 祐哉, 竹内 崇, 野田 博
    日本建築学会大会, 2019年09月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 2回連続地震入力を受ける超高層鋼構造建物の応答特性に及ぼす部材の耐力劣化の影響に関する解析的研究
    袁 士宇, 竹内 崇, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2019年09月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 2018年台風21号による住宅被害 (その1 台風襲来前後に撮影された衛星写真の比較に基づく屋根被害率の推定)
    河野 祐哉, 西嶋 一欽, 竹内 崇, 友清 衣利子, 野田 博
    日本建築学会大会, 2019年09月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • SBPDN鉄筋の定着手法ならびに付着特性に関する実験的研究 (その2 アンカー定着時の付着特性の検討)
    封 ?, 阪中 樹, 竹内 崇, 武田 恭典, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2019年09月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 大阪府南部・和歌山県北部におけるt1821号による強風被害の航空調査
    野田稔, 友清衣利子, 竹内崇
    日本風工学会年次研究発表会, 2019年05月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 突風下の木造住宅の柱-土台接合部の引き抜き性能に及ぼす載荷速度の影響に関する実験的研究(その2 引き寄せ金物による接合)
    竹内 崇, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2018年09月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 矩形RC造片持ち耐力壁の耐震性能に関する研究(その3 集中鉄筋を山形配筋した試験体の実験結果と考察)
    魏 丞瑾, 孫 玉平, 竹内 崇, 武田恭典, 藤谷 卓也, 山野 一樹
    日本建築学会大会, 2018年09月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 矩形RC造片持ち耐力壁の耐震性能に関する研究(その2 集中鉄筋を平行配筋した試験体の実験結果と考察)
    山野 一樹, 孫 玉平, 竹内 崇, 武田恭典, 藤谷 卓也, 魏 丞瑾
    日本建築学会大会, 2018年09月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 矩形RC造片持ち耐力壁の耐震性能に関する研究(その1 実験概要)
    藤谷 卓也, 孫 玉平, 竹内 崇, 武田恭典, 魏 丞瑾, 山野 一樹
    日本建築学会大会, 2018年09月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • X形配筋を施したせん断型RC造矩形壁の耐震性能に関する実験的研究(その3 縦筋比及び縦筋径の影響)
    福原 優美子, 魏 丞瑾, 竹内 崇, 武田恭典, 藤谷 卓也, 山野 一樹, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2018年09月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • SBPDN鉄筋を用いた円形RC柱の耐震性能に関する研究(その3 主筋径の影響)
    木村 弘基, 竹内 崇, 孫 玉平, 武田恭典
    日本建築学会大会, 2018年09月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • SBPDN鉄筋を主筋に用いたRC柱部材を有するラーメン構造の耐震性能に関する研究
    中野 魁人, 竹内 崇, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2018年09月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • Seismic Behavior of Concrete Columns Reinforced by Ultra-High Strength Rebars
    TAKEUCHI Takashi
    Mini-symposium on Resilience of Infrastructure, 2018年03月, 英語, 国際会議
    [招待有り]
    口頭発表(招待・特別)

  • Unsteady wind force on a low-rise building under a short-rise-time gust
    TAKEUCHI Takashi
    International Symposium on Novel Engineering Materials and Structures, 2017年09月, 英語, 国際会議
    [招待有り]
    口頭発表(招待・特別)

  • 立ち上がり時間の短い突風を受ける建物の層風力の特性に関する研究
    竹内 直広, 竹内 崇, 孫 玉平, 金 容徹
    日本建築学会大会, 2017年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 反曲点位置の高いRC造矩形壁の耐震性能及び終局強度評価に関する研究(その2 実験結果)
    藤谷 卓也, 魏 丞瑾, 直川 周平, 孫 玉平, 竹内 崇, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2017年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 反曲点位置の高いRC造矩形壁の耐震性能及び終局強度評価に関する研究(その1 実験概要)
    魏 丞瑾, 藤谷 卓也, 直川 周平, 孫 玉平, 竹内 崇, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2017年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 二方向載荷を受ける付着強度の低い超高強度鉄筋を用いたRC 柱の耐震性能に関する研究(その2 繰返し履歴性状と耐震性能評価)
    大仲 菜保子, 中野 魁人, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2017年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 二方向載荷を受ける付着強度の低い超高強度鉄筋を用いたRC 柱の耐震性能に関する研究(その1 実験概要と損傷状況)
    中野 魁人, 大仲 菜保子, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2017年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 突風下の木造住宅の柱-土台接合部の引き抜き性能に及ぼす載荷速度の影響に関する実験的研究
    竹内 崇, 竹内 直広, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2017年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 異なるアスペクト比を有する拘束鋼製せん断パネルの履歴特性に関する研究
    三上 紗綾, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2017年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • ステップ関数的突風を受ける切妻屋根面のオーバーシュート風圧係数に及ぼす風向角の影響に関する研究
    大坪 和広, 川上 綾太, 竹内 崇
    日本建築学会大会, 2017年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • コンクリート充填角形鋼管柱の解析モデルに関する研究
    櫻井 陽, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2017年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • X形配筋を施したせん断型RC造矩形壁の耐震性能に関する実験的研究(その2 実験結果)
    直川 周平, 福原 優美子, 魏 丞瑾, 孫 玉平, 竹内 崇, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2017年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • X形配筋を施したせん断型RC造矩形壁の耐震性能に関する実験的研究(その1 実験概要)
    福原 優美子, 直川 周平, 魏 丞瑾, 孫 玉平, 竹内 崇, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2017年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • SBPDN鉄筋を用いた円形RC柱の耐震性能に関する研究(その2 実験結果と考察)
    孫 玉宇, 木村 弘基, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2017年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • SBPDN鉄筋を用いた円形RC柱の耐震性能に関する研究(その1 実験概要)
    木村 弘基, 孫 玉宇, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2017年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 木造住宅の柱-土台接合部の引き抜き性能に及ぼす載荷速度の影響に関する実験的研究
    竹内 崇, 竹内 直広, 孫 玉平, 前田 潤滋
    日本風工学会年次研究発表会, 2017年05月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 拘束低降伏点鋼せん断パネルの履歴特性に関する研究(その2 座屈荷重評価式の提案)
    胡 弘宇, 三上 紗綾, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2016年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 拘束低降伏点鋼せん断パネルの履歴特性に関する研究(その1 実験概要と結果)
    三上 紗綾, 胡 弘宇, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2016年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • ステップ関数的突風を受ける住宅の非定常風圧力特性に及ぼす風向角の影響に関する研究(その3 数値流体計算による検討)
    竹内 直広, 川上 綾太, 竹内 崇, 大坪 和広, 友清 衣利子, 前田 潤滋, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2016年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • ステップ関数的突風を受ける住宅の非定常風圧力特性に及ぼす風向角の影響に関する研究(その2 屋根面のオーバーシュート風圧係数の分布に及ぼす風向角と屋根形状の影響)
    川上 綾太, 竹内 崇, 大坪 和広, 友清 衣利子, 前田 潤滋
    日本建築学会大会, 2016年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • ステップ関数的突風を受ける住宅の非定常風圧力特性に及ぼす風向角の影響に関する研究(その1 切妻屋根建物に対する実験的検討)
    川上 綾太, 大坪 和広, 竹内 崇, 友清 衣利子, 前田 潤滋
    日本建築学会大会, 2016年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • X形配筋を施した柱型のないRC造壁の耐震性能に関する実験的研究(その2 実験結果)
    直川 周平, 孫 玉平, 竹内 崇, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2016年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • X形配筋を施した柱型のないRC造壁の耐震性能に関する実験的研究(その1 実験概要)
    孫 玉平, 直川 周平, 竹内 崇, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2016年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 立ち上がり時間の短い突風下の建物に作用する非定常風圧力に及ぼす屋根形状の影響に関する研究
    竹内 崇, 前田 潤滋
    日本建築学会大会, 2015年09月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 拘束鋼製せん断パネルの履歴特性に及ぼす拘束材厚さの影響に関する研究
    胡 弘宇, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2015年09月, 日本語, 東海大学, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 薄肉鋼管で拘束されたフライアッシュ外割混合円形RC柱の耐震性能に関する実験的研究(その2 実験結果と考察)
    柴田 和幸, 田中 祐太郎, 竹内 崇, 藤永 隆, 小山 智幸, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2014年09月, 日本語, 日本建築学会, 近畿, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 薄肉鋼管で拘束されたフライアッシュ外割混合円形RC柱の耐震性能に関する実験的研究(その1 実験概要)
    田中 祐太郎, 柴田 和幸, 竹内 崇, 藤永 隆, 小山 智幸, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2014年09月, 日本語, 日本建築学会, 近畿, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 超高強度鉄筋を用いたRC柱の履歴挙動に及ぼす主筋中間定着部詳細の影響(その2 実験結果と考察)
    東山 諒太, 吉森 裕樹, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2014年09月, 日本語, 日本建築学会, 近畿, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 超高強度鉄筋を用いたRC柱の履歴挙動に及ぼす主筋中間定着部詳細の影響(その1 実験概要)
    吉森 裕樹, 東山 諒太, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2014年09月, 日本語, 日本建築学会, 近畿, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • ボルト接合による鋼板で拘束されたコンクリートの中心圧縮性状
    麻 文彬, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2014年09月, 日本語, 日本建築学会, 近畿, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • アスペクト比が拘束鋼製制振パネルの履歴特性に及ぼす影響に関する研究(その2 実験結果および考察)
    朱 華佳, 藤井 俊介, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2014年09月, 日本語, 日本建築学会, 近畿, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • アスペクト比が拘束鋼製制振パネルの履歴特性に及ぼす影響に関する研究(その1 実験概要及びアスペクト比1の試験体の実験結果)
    藤井 俊介, 朱 華佳, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2014年09月, 日本語, 日本建築学会, 近畿, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 立ち上がり時間の短い突風を受ける切妻屋根形状物体の風力特性
    大坪 和広, 友清 衣利子, 鶴 則生, 竹内 崇, 前田 潤滋
    日本建築学会大会, 2013年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 風洞実験に基づく妻壁に突風を受ける切妻屋根建物の風圧分布特性
    高橋 正名, 大坪 和広, 鶴 則生, 竹内 崇, 友清 衣利子, 前田 潤滋
    日本建築学会大会, 2013年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 突風下での非定常風圧力の測定値に及ぼす導圧チューブ長さの影響
    田村 直哉, 大坪 和広, 鶴 則生, 友清 衣利子, 竹内 崇, 前田 潤滋
    日本建築学会大会, 2013年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 塔支持型煙突の空力特性に及ぼす風向角の影響
    高瀬 賢佑, 友清 衣利子, 竹内 崇, 大坪 和広, 前田 潤滋, 鶴 則生
    日本建築学会大会, 2013年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 超高強度鉄筋を用いた円形断面RC柱耐震性能に関する研究 その3 せん断スパン比,軸力比及び横補形式の影響
    蔡 高創, 孫 玉平, 竹内 崇, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2013年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 鋼管横補強を施したフライアッシュ外割混合RC柱の耐震性能に関する研究
    青野 裕加, 孫 玉平, 竹内 崇, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2013年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 突風風洞実験での風圧力測定値に及ぼす導圧チューブ長さの影響
    田村 直哉, 大坪 和広, 鶴 則生, 友清 衣利子, 竹内 崇, 前田 潤滋
    日本建築学会九州支部研究発表会, 2013年03月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 鉄塔支持型鋼製煙突に発生した自励的渦励振に関する検討
    薄 達哉, 花田 淳也, 竹内 崇, 前田 潤滋
    日本建築学会九州支部研究発表会, 2013年03月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 鉄塔支持型煙突の空力特性に及ぼす煙突敷設物の影響
    高瀬 賢佑, 友清 衣利子, 竹内 崇, 大坪 和広, 鶴 則生, 前田 潤滋
    日本建築学会九州支部研究発表会, 2013年03月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 妻壁に突風を受ける切妻屋根建物の風圧分布に関する風洞実験
    高橋 正名, 大坪 和広, 鶴 則生, 竹内 崇, 友清 衣利子, 前田 潤滋
    日本建築学会九州支部研究発表会, 2013年03月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 突風中の切妻屋根モデルに生じる非定常風圧力特性の数値流体解析による検証
    石野 智慎, 竹内 崇, 前田 潤滋
    日本建築学会大会, 2012年09月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 超高強度鉄筋を用いた円形断面RC柱の耐震性能に関する研究(その2実験結果と考察)
    孫 玉平, 太田 祥子, 蔡 高創, 竹内 崇, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2012年09月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 超高強度鉄筋を用いた円形断面RC柱の耐震性能に関する研究(その1実験概要)
    太田 祥子, 孫 玉平, 蔡 高創, 竹内 崇, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2012年09月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 超高強度鉄筋を主筋に用いたRC柱部材の高軸力下における耐震挙動に関する実験的研究
    奥田 隼也, 孫 玉平, 竹内 崇, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2012年09月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 高煙突の空力特性に及ぼす付帯物の影響に関する検討
    竹内 崇, 薄 達哉, 大坪 和広, 鶴 則生, 前田 潤滋
    日本建築学会大会, 2012年09月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 鋼板を2枚重ね合わせた拘束せん断パネルダンパーの履歴特性に関する実験的研究
    佐々木 公一, 朱 華佳, 孫 玉平, 竹内 崇, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2012年09月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 損傷を受けたPC圧着柱の断面修復及び鋼管巻き立てによる耐震性能回復に関する実験的研究(その2:実験結果)
    中薗 佑介, 金尾 優, 谷 昌徳, 孫 玉平, 藤永 隆, 竹内 崇
    日本建築学会大会学術講演会, 2012年08月, 日本語, 名古屋, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 損傷を受けたPC圧着柱の断面修復及び鋼管巻き立てによる耐震性能回復に関する実験的研究(その1:実験概要)
    金尾 優, 中薗 佑介, 谷 昌典, 孫 玉平, 藤永 隆, 竹内 崇
    日本建築学会大会学術講演会, 2012年08月, 日本語, 名古屋, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 風速急変場における切妻屋根モデルの非定常風圧力特性のCFD検討
    石野 智慎, 竹内 崇, 前田 潤滋
    2011年度第51回日本建築学会九州支部研究発表会, 2012年03月, 日本語, 日本建築学会九州支部, 北九州市, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 高煙突の空力特性に及ぼす付帯物の影響に関する考察
    古川 雄大, 竹内 崇, 鶴 則生, 薄 達哉, 前田 潤滋
    2011年度第51回日本建築学会九州支部研究発表会, 2012年03月, 日本語, 日本建築学会九州支部, 北九州市, 国内会議
    口頭発表(一般)

■ 共同研究・競争的資金等の研究課題
  • セメントレスFRGを用いた既存RC構造物の長寿命化:FRG-RC複合部材の力学性能の解明
    白井 和貴, 竹内 崇
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 基盤研究(A), 北海道大学, 2023年04月 - 2028年03月, 研究分担者

  • レジリエントなPCaRC造柱の開発および性能評価
    孫 玉平, 藤永 隆, 竹内 崇
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 基盤研究(B), 神戸大学, 2022年04月 - 2026年03月, 研究分担者

  • 突風時の気圧降下を考慮した屋根葺き材の耐風性能の解明
    竹内 崇
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 基盤研究(C), 神戸大学, 2021年04月 - 2024年03月, 研究代表者
    本研究は,木造建物の屋根葺き材の突風による被害低減を目指す上で,突風時に屋根葺き材に作用する力および突風下での物体の飛散に着目し,突風時の気圧降下が屋根葺き材の耐風性能に及ぼす影響の解明および突風下での物体の飛散性状の解明を目的としている。2021年度は突風時の気圧降下によって生じる建物の内圧と外圧の差である気圧差力に及ぼすパラメータの影響を解明し,気圧差力の基本的な特性を明らかにすることを目的として,数値流体計算による研究を実施した。 既往の研究の風洞実験においては風速急変時に生じる気圧降下を利用し,建物外圧の急激な変化を意図的に生じさせ,建物内圧の変動との差による気圧差力を調べ,開口部面積および建物容積を変数とした実験的研究が行われている。その状況を数値流体計算により再現すべく,風洞実験を模擬した解析領域を設定し,数値流体計算により風速急変流を生成し,建物模型の内圧および外圧の変動のシミュレーションを行い,解析領域の大きさや数値流体計算の解析条件や境界条件の設定によって解析結果における建物内圧と外圧がどのように変化するかを検討した。また,既往の研究で示されている外圧変化を受ける建物内圧応答式の本数値流体計算結果に対する適用性を検討した。また,ある高さから静止した物体を放出した際の突風下での運動の数値計算を行い,突風下の物体の飛散性状を明らかにすべく,風圧および重力加速度を受ける球体の飛散をシミュレートし,風の特性および風力特性によって,飛散距離がどのように変化するかを調べた。

  • 孫 玉平
    科学研究費補助金, 基盤研究(B)一般, 2019年04月 - 2022年03月
    競争的資金

  • 竹内 崇
    学術研究助成基金助成金/基盤研究(C), 2017年04月 - 2020年03月, 研究代表者
    競争的資金

  • 竹内 崇
    学術研究助成基金助成金/若手研究(B), 2015年04月 - 2017年03月, 研究代表者
    競争的資金

  • 前田 潤滋
    科学研究費補助金, 基盤研究(B)一般, 2014年04月 - 2017年03月
    競争的資金

  • 竹内 崇
    学術研究助成基金助成金/若手研究(B), 2013年04月 - 2015年03月, 研究代表者
    競争的資金

  • 突風を受ける構造物に作用する非定常空気力発生メカニズムの解明研究
    竹内 崇
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 特別研究員奨励費, 九州大学, 2009年 - 2010年, 研究代表者
    短時間で風速が増加する突風を受ける構造物においては,同じ風速レベルの一定風速下で作用する風力より大きな非定常風力が作用するが,その現象や非定常風力の特性についての体系的な解明はほとんど行われていない。平成22年度は,立ち上がり時間の短い突風時に構造物に生じる非定常空気力の発生要因と非定常風圧力特性の解明および一定風速からの突風時の非定常風力特性の解明を目的として以下の3項目について研究を実施した。1.立ち上がり時間の短い突風下で生じる流体慣性力が,楕円断面柱に作用する風力のオーバーシュート現象に及ぼす影響を準定常風力式と風洞実験および数値流体計算により検証した。その結果,風速の立ち上がり時間の無次元パラメータである「無次元立ち上がり時間」が非常に小さい場合には慣性力の影響が大きく,オーバーシュート現象の一因になるが,無次元立ち上がり時間が比較的大きい場合には,慣性力の影響は小さく,その他の要因によって引き起こされることを明らかにした。2.立ち上がり時間の短い突風を受ける陸屋根および切妻屋根模型の風圧力特性を突風風洞実験によって検証した。突風生成時に生じる風洞内の静圧勾配の影響を考慮した模型表面圧を計測する工夫を行い,各模型の表面風圧を計測した結果,立ち上がり時間の短い突風時に模型表面の各面において風圧力のオーバーシュート現象が生じ,模型表面各点のピーク風圧係数と無次元立ち上がり時間に強い関連性が見られることなどを明らかにした。3.一定風速から立ち上がり時間の短い突風が生じた時に楕円断面模型に作用する非定常風力の特性について突風風洞実験により検証した。その結果,一定風速からの突風時においても,風力のオーバーシュート現象が現れるが,突風の立ち上がり前の風速が高くなるほど,オーバーシュート現象が小さくなることなどを明らかにした。

研究シーズ

■ 研究シーズ
  • 強風・突風を受ける建築物の安全性に関する研究
    シーズカテゴリ:社会基盤(土木・建築・防災)
    研究キーワード:強風, 突風, 数値流体計算
    研究内容:台風などの強風下あるいは竜巻などの突風下においては、建築物には高い風圧が作用し、屋根葺き材や外装材が被害を受ける恐れがあります。安全性を確保するためには、強風および突風時の建物周りの風の流れ、建物に作用する風圧を把握すると共に、屋根葺き材や外装材の耐力を正しく評価する必要があります。本研究では、これらの情報を正確に把握し、強風や突風に対する建築物の安全性を高めることを目指します。
TOP