SEARCH

検索詳細

山根 隆宏
大学院人間発達環境学研究科 人間発達専攻
准教授

研究者基本情報

■ 学位
  • 博士(学術), 神戸大学
■ 研究ニュース
■ 研究キーワード
  • 障害認識
  • 家族支援
  • 家族
  • 育児ストレス
  • 学生相談
  • 障害受容
  • 発達障害
■ 研究分野
  • 人文・社会 / 教育心理学 / 発達心理学
  • 人文・社会 / 臨床心理学
■ 委員歴
  • 2023年06月 - 現在, 一般社団法人 兵庫県公認心理師会, 研修委員会委員長
  • 2023年06月 - 現在, 一般社団法人 兵庫県公認心理師会, 理事
  • 2023年01月 - 現在, 一般社団法人日本教育心理学会, 教育心理学研究編集委員
  • 2022年06月 - 現在, 一般社団法人 兵庫県公認心理師会, 評議員
  • 2021年09月 - 現在, NPO法人日本自閉症スペクトラム支援協会 日本自閉症スペクトラム学会, 編集委員
  • 2019年11月 - 現在, 関西心理学会, 兵庫地区委員
  • 2019年04月 - 現在, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科 心理教育相談室, 副相談室長
  • 2018年04月 - 現在, 日本SEL研究会, 理事
  • 2014年11月 - 現在, 金剛出版 「臨床心理学」, 査読委員
  • 2022年10月 - 2023年06月, 一般社団法人 兵庫県公認心理師会, 福祉・司法領域委員
  • 2021年08月 - 2022年09月, 一般社団法人 日本公認心理師養成機関連盟, 実習演習検討委員会 協力委員
  • 2021年01月 - 2021年08月, NPO法人日本自閉症スペクトラム支援協会 日本自閉症スペクトラム学会, 常任編集委員
  • 2014年01月 - 2016年01月, 日本発達心理学会, 発達心理学研究編集委員

研究活動情報

■ 受賞
  • 2022年07月 神戸大学, 令和4年度前乃園記念若手優秀論文賞, Longitudinal psychometric evaluation of the developmental disorder parenting stressor index with Japanese parents of children with autism
    山根隆宏

  • 2015年09月 日本心理学会, 平成27年度優秀論文賞, Benefit findingが発達障害児・者の母親の心理的ストレス反応に与える効果
    山根隆宏

  • 2011年09月 日本特殊教育学会, 第23回研究奨励賞, 高機能広汎性発達障害児をもつ母親の診断告知時の感情体験と関連要因
    山根隆宏

  • 2008年08月 公益財団法人 発達科学研究教育センター, 発達科学研究教育奨励賞
    山口正寛, 山根隆宏, 花村香葉, 鍋島宏之

■ 論文
  • Online parent-mediated family cognitive–behavioral therapy for high levels of anxiety symptoms in children with developmental disorders: a pilot study
    Nogami, K, Yamane, T
    2024年10月, Minerva Psychiatry, 印刷中, 英語
    研究論文(学術雑誌)

  • 山根隆宏
    2024年06月, 心理学研究, 95(2) (2), 88 - 97, 日本語, 国内誌
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 新型コロナウイルス流行初期から緊急事態宣言解除後の遠隔心理支援実態調査
    谷口あや・山根隆宏・野上慶子・清原舞子・安達友紀・伊藤俊樹・河崎佳子・吉田圭吾・相澤直樹
    2024年02月, 心理臨床学研究, 41(6) (6), 558 - 564, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Porter, N, Loveland, K. A, Honda, H, Yamane, T
    2024年01月, Journal of Autism and Developmental Disorder, 早期公開, 英語, 国際誌, 国際共著している
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 療育手帳の交付児者を対象としたウェクスラー式知能検査と田中ビネー知能検査/新版K式発達検査の関連.
    村山恭朗, 浜田恵, 明翫光宜, 高柳伸哉, 山根隆宏, 小林真理子, 内山登紀夫, 辻井正次
    2023年12月, 児童青年精神医学とその近接領域., 印刷中, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 父母の養育スタイルと幼児の自己制御および問題行動の関連:父母ペアデータを用いた検討
    谷口あや, 野上慶子, 山根隆宏
    2023年12月, 日本発達心理学研究, 34(4) (4), 368 - 379, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 野上慶子、谷口あや、山根隆宏
    2023年12月, 発達心理学研究, 34(3) (3), 194 - 207, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Maternal Anxiety and Overprotection Effects Anxiety in Japanese Children with Developmental Disorders and Typical Development
    Nogami,K, Yamane,T
    2023年12月, Japanese Journal of Learning Disabilities, 33(1) (1), 1 - 11, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 無料低額宿泊所入所者の心理学的・精神医学的特徴の実態調査
    明翫光宜, 伊藤大幸, 鈴木勝昭, 鈴木康之, 高柳伸哉, 村山恭朗, 山根隆宏, 小倉正義, 水間宗幸, 白石雅一, 望月直人, 水口勲, 中島卓裕, 浜田恵, 中島俊思, 野沢朋美, 高田晃治, 曽我部哲也, 辻井正次
    アークメディア, 2023年10月, 臨床精神医学, 52(10) (10), 1235 - 1245, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Investigation on the impact of social support and children's behavior on parenting stress among Chinese residents in Japan
    Juan Liu, Takahiro Yamane
    2023年09月, ECDP2023, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Examination the Construct Validity of the Family Resilience Scale for Families of Children with Developmental Disabilities
    Eri Suzukida, Takahiro Yamane
    2023年09月, ECDP2023, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Online Parent-mediated Family Cognitive Therapy for Anxiety Symptoms in Children with Developmental Disorders in Japan
    Keiko Nogami, Takahiro Yamane
    2023年09月, ECDP2023, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Influence of problem behaviors on parenting stress in Japanese parents of children with autism, intellectual disorders, and physical disorders: A comparative study
    Takahiro Yamane, Ishimoto Yuma, Hisanao Sakakihara
    2023年09月, ECDP2023, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • A Qualitative Study on Overcoming Problems and Limitations of Telepsychological Support (Online Counseling) in Japan: Through Interviews with Practitioners
    Toshiki Ito,Takahiro Yamane, Yuki Adachi, Yoshiko Kato, Eiji Tsuda, Kousaku Nagasaka, Keigo Yoshida, Yoshiko Kawasaki, Naoki Aizawa, Kyouhei Nishi, Tetsuko Kato
    2023年08月, ICP 2023: International Conference on Psychology, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 石本雄真, 原田新, 山根隆宏, 日潟淳子, 王松, 田仲由佳
    2023年06月, 日本教育工学会論文誌, 47(2) (2), 185 - 195, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 石本雄真, 北川庄治, 山根隆宏
    2023年03月, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要, 16(2) (2), 255 - 264, 日本語
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 心理学演習は高校生の批判的思考力に影響を与えたか:教員志望の高校生を対象とした心理学演習
    2023年03月, 神戸大学発達・臨床心理学研究, 22, 1 - 6, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 発達障害及び知的発達症児をもつ家族の家族レジリエンスにはどのような要素がみられるか?―Walshの理論に基づく演繹的検討―
    鈴木田英里, 山根隆宏
    2023年03月, 神戸大学発達・臨床心理学研究, 22, 32 - 41, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 発達障害児の不安症状と母親の精神的健康の改善を目的としたオンライン家族認知行動療法プログラムの開発と効果検証
    野上慶子, 山根隆宏
    2023年02月, 自閉症スペクトラム研究, 20(2) (2), 33 - 41, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • ABCX モデルに基づく発達障害児をもつ親の心理的危機に家族レジリエンス及び認知的評価が与える影響の検討
    鈴木田英里, 山根隆宏
    2023年02月, 自閉症スペクトラム研究, 20(2) (2), 5 - 12, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 「駅名カード」を用いた活動の展開による変化が教室内外でみられた年中男児の感覚運動指導教室における支援
    鈴木田英里, 嶋田梨沙, 榊原久直, 山根隆宏
    2022年10月, 育ちゆく子ども―療育指導事業(発達クリニック)の実践と研究X―, 84 - 94, 日本語
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 野上慶子, 山根隆宏, 松本有貴
    2022年10月, 明治安田こころの健康財団 研究助成論文集(2020年度), 56, 74 - 83, 日本語
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • コロナ禍の遠隔心理支援の利点と問題点のインタビューによる検討—Benefits and detriments of telepsychology during COVID-19 in Japan through interview analysis
    伊藤 俊樹, 野上 慶子, 清原 舞子, 山根 隆宏, 安達 友紀, 吉田 圭吾, 河﨑 佳子, 相澤 直樹, 谷口 あや
    2022年06月, 心理臨床学研究 / 日本心理臨床学会学会誌編集委員会 編 = Journal of Japanese clinical psychology / Association of Japanese Clinical Psychology, 40(2) (2), 161 - 167, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • オーストリアにおける心理職制度 ―クリニカルサイコロジスト・ヘルスサイコロジスト・サイコセラピストについて― 2022年3月
    加藤佳子, 山根隆宏, ソーハー保田香
    2022年05月, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科紀要, 15(22) (22), 161 - 165, 日本語

  • Maternal Factors Influencing Anxiety in Children with Developmental Disorders Compared to Children with Typical Development in Japan
    Nogami, K, Yamane, T
    2022年05月, INSAR2022, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • How Do Japanese People Perceive the Concept of "Developmental Disorders"?
    Taniguchi, A, Yamane, T
    2022年05月, INSAR2022, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Differences in Parenting Stressors, Family Resilience, Cognitive Appraisals, and Perceptions of Psychological Crisis Among and within Parents of Children with Developmental Disabilities
    Suzukida, E, Yamane, T
    2022年05月, INSAR2022, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • What Is a “Good Mother of a Children with Autism”? a Comparison between the US and Japan
    Porter, N., Loveland, K. A., Yamane, T., Porter, H.
    2022年05月, INSAR2022, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • コロナ禍の遠隔心理支援の利点と問題点のインタビューによる検討
    伊藤 俊樹, 野上, 慶子, 清原 舞子, 山根 隆宏, 安達 友紀, 吉田 圭吾, 河﨑 佳子, 相澤 直樹, 谷口 あや
    2022年05月, 心理臨床学研究, 印刷中, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Ishimoto,Y, Yamane, T, Matsumoto, Y, Takizawa, Y, Kobayashi, K
    2022年03月, SSM - Mental Health, 2(100077) (100077), 英語, 国際誌
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Takizawa, Y, Murray, J, Bambling, M, Matsumoto,Y, Ishimoto, Y, Yamane, T, Edirippulige, S
    Informa UK Limited, 2022年02月, Asia Pacific Journal of Counselling and Psychotherapy, 13(1) (1), 81 - 100, 英語, 国際誌, 国際共著している
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 自閉症関連ウェブサイトにおける情報の質と検索順位の一貫性の検討
    山根隆宏, 大塚あかり, 谷口あや, 原田新
    2022年02月, 自閉症スペクトラム研究, 19(2) (2), 15 - 24, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 生活困窮者支援におけるアセスメントの現状と課題
    明翫光宜, 高柳伸哉, 鈴木勝昭, 鈴木康之, 伊藤大幸, 村山恭朗, 山根隆宏, 小倉正義, 水間宗幸, 白石雅一, 望月直人, 水口勲, 中島卓裕, 浜田恵, 中島俊思, 野沢朋美, 曽我部哲也, 辻井正次
    アークメディア, 2022年02月, 臨床精神医学, 51(2) (2), 195 - 203, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 自閉症スペクトラム障害児をもつ親におけるインターネット利用と心理的ストレスの関連
    山根隆宏
    2021年09月, 自閉症スペクトラム研究, 19(1) (1), 5 - 12, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 就学前の自閉スペクトラム症児の母親における育児ストレス―質的データ による日米比較
    ポーター倫子, キャサリンラブランド, 山根隆宏, 森本佳奈, ヤナポージー
    2021年09月, 自閉症スペクトラム研究, 19(1) (1), 23 - 31, 日本語, 国内誌, 国際共著している
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Longitudinal Psychometric Evaluation of the Developmental Disorder Parenting Stressor Index with Parents of Children with Autism Spectrum Disorder
    Yamane, T
    2021年09月, Autism, 25(7) (7), 2034 - 2047, 英語, 国際誌, 国際共著していない
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • The Reality of Remote Psychological Support during the COVID-19 Pandemic in Japan
    Kiyohara, M, Nogami, K, Taniguchi, A, Ito, T, Yamane, T, Adachi, T, Aizawa, N, Yoshida, K, Kawasaki, Y
    2021年07月, ICP2020+, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • The COVID-19 Pandemic’s Impact on the Challenges and Advantages of Using Telepsychology in Japan
    Nogami, K, Taniguchi, A, Kiyohara, M, Yamane, T, Adachi, T, Itoh, T, Yoshida, K, Kawasaki, Y, Aizawa, N
    2021年07月, ICP2020+, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Perception of Developmental Disorders among Japanese University Students
    Taniguchi, A, Yamane, T
    2021年07月, ICP2020+, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Evaluation of Psychometric Properties of Benefit Finding Scale in Developmental Disorder Parenting
    Yamane, T
    2021年07月, ICP2020+, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 自閉スペクトラム症と注意欠如・多動症児の不安症状に対する家族認知行動療法の研究動向
    野上慶子, 山根隆宏
    2021年03月, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要, 14(2) (2), 169 - 176, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 集団での協同課題場面における集団への評価と自己評価との関連
    大塚あかり, 加藤弘通, 山根隆宏
    2021年03月, 神戸大学発達・臨床心理学研究, (20) (20), 29 - 34, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 就学前児の反抗的行動に対する母親の否定的・被害的認知の要因: 育児不安,子どもの問題行動,ソーシャルサポートに注目して
    野上慶子, 谷口あや, 石井美優, 米原優奈, 奥野七海, 山根隆宏
    2021年03月, 神戸大学発達・臨床心理学研究, (20) (20), 21 - 28, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Online training for psychotherapists in Asian contexts: Advantages, challenges, and effective features
    Takizawa, Y, Murray, J, Bambling, M, Matsumoto, Y, Ishimoto, Y, Yamane, T, Edirippulige, S
    2021年02月, Asia Pacific Journal of Contemporary Education and Communication Technology, 7(1) (1), 49 - 59, 英語, 国際誌, 国際共著している
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 自閉症スペクトラム障害児の感情調整に関する介入プログラム(PEACE)の開発―支援合宿における予備的検討
    山根隆宏, 石本雄真, 松本有貴, 辻井正次
    2021年02月, 自閉症スペクトラム研究, 18(2) (2), 85 - 93, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 診断名の提示が自閉症スペクトラム障害に対するスティグマに及ぼす影響:知識との関連から
    谷口あや, 山根隆宏
    2020年12月, 発達心理学研究, 31(3) (3), 130 - 140, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Yuma Ishimoto, Takahiro Yamane, Yuki Matsumoto, Katsutoshi Kobayashi
    In Japan, schools were suddenly closed all over the country with one month left at the end of the school year to prevent the spread of new coronavirus infections. Although previous studies have shown that quarantine and isolation have a negative impact on mental health, the impact of school closure on children's mental health is not clear. This study examined mental health indicators, such as emotional symptoms, in addition to behavior during school closure and anxiety after school resumes, among children in three primary schools for which survey data existed in December before school closure. No cases of infection have been confirmed in the area where the school was located at the time of the survey. As a result, anxiety about whether they would be able to return to their normal routine after school resumed was associated with mental health. In addition, there was a worsening of emotional symptoms in those who were in medium group of school adjustment as of December.
    MDPI AG, 2020年06月, 英語

  • Are lay theories about developmental disorders related to labeling others as having “developmental disorders”?
    Taniguchi, A, Yamane, T
    2020年05月, INSAR2020, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • A comparison of parenting stress in mothers of children with autism between Japan and the U.S.: A qualitative analysis of interviews with mothers
    Loveland, K, Porter, N, Morimoto, K, Yamane, T, Posey, Y
    2020年05月, INSAR2020, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 家族造形法による親からのサポートの程度の表現と家族理解の変化
    鈴木田英里, 興津真理子, 山根隆宏
    2020年03月, 神戸大学発達・臨床心理学研究, (19) (19), 1 - 8, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 山根隆宏
    2019年09月, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要, 13(1) (1), 73 - 80, 日本語, 国内誌
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Relationships between participation attitudes and effects of the CBT based program among children with developmental disorders
    Ishimoto, Y, Yamane, T, Matsumoto, Y
    2019年08月, Journal of Intellectual Disability Research, 63, 666, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Effects of social support and meaning-making in trajectories of psychological stress among parents of children with autism spectrum disorder
    Takahiro Yamane
    2019年08月, Journal of Intellectual Disability Research, 63, 885, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Ishimoto, Y, Yamane, T, Matsumoto, Y
    2019年06月, Journal of Autism and Developmental Disorders, 49(9) (9), 3898 - 3905, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 谷口 あや, 山根 隆宏
    神戸大学大学院人間発達環境学研究科, 2018年09月, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要, 12(1) (1), 31 - 40, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Education students’ attitude toward children with attention-deficit/hyperactivity disorder: Relationship with empathy
    Taniguchi, A, Yamane, T
    2018年07月, ISPA2018 abstract book, 76, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • The impact of "PEACE" program on children with developmental disorders in community settings
    Ishimoto, Y, Yamane, T
    2018年07月, ISPA2018 abstract book, 123, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Gender and Age Difference in Trajectories of Parenting-related Stress Among Parents of Children with Autism
    Yamane, T, Taniguchi, A
    2018年07月, ISPA2018 abstract book, 67, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 神戸大学大学院人間発達環境学研究科附属発達支援インスティテュート心理教育相談室における実習の意義についてー実習における習得程度と職業的アイデンティティの関連についてー
    相澤 直樹, 吉田 圭吾, 河﨑 佳子, 伊藤 俊樹, 山根 隆宏, 伊藤 篤, 津田 英二
    神戸大学大学院人間発達環境学研究科発達支援インスティテュート心理教育相談室, 2018年03月, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科発達支援インスティテュート心理教育相談室紀要, 8, 15 - 23, 日本語
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 石本雄真, 松本有貴, 山根隆宏
    2018年03月, 鳥取大学教育研究論集, (8) (8), 15 - 22, 日本語
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 神戸大学大学院人間発達環境学研究科付属発達支援インスティテュート心理教育相談室における実習の意義について
    伊藤俊樹, 相澤直樹, 吉田圭吾, 河﨑佳子, 山根隆宏, 伊藤篤, 津田英二, 澤宗則
    2018年03月, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科発達支援インスティテュート心理教育相談室紀要, (8) (8), 日本語
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Effects of sense making and benefit finding in parenting children with autism
    Yamane, T, Shin, H, Masahiro, Y
    2017年09月, 18th European Conference on Developmental Psychology, 533, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Effects of identity of new employee on the image gap of job
    Harada, S, Yamaguchi, M, Yamane, T
    2017年09月, 18th European Conference on Developmental Psychology, 500, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • The relationship between Emotional Responses to Baby's Voice and Attachment
    Yamaguchi, M, Yamane, T, Harada, S
    2017年09月, 18th European Conference on Developmental Psychology, 590, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Delivering CBT program for children with developmental disorders in a community setting
    Ishimoto, Y, Matsumoto, Y, Yamane, T
    2017年09月, The 47th European Association of Behavioral and Cognitive Therapies Congress Abstract Book, 311, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 伊藤 大幸, 村山 恭朗, 浜田 恵, 足立 匡基, 村上 隆, 山根 隆宏
    一般社団法人 日本教育心理学会, 2017年, 日本教育心理学会総会発表論文集, 59, 56 - 57, 日本語

  • Providing FRIENDS Program in Japanese Special Needs Education
    Ishimoto, Y, Matsumoto, Y, Yamane, T
    2016年09月, The 46th European Association of Behavioural and Cognitive Therapies Congress, 640, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Development of a CBT program for children with developmental disorders and anxiety implemented by professionals in childcare: Study protocol for a randomized controlled trial
    Yamane, T, Matsumoto, Y, Ishimoto, Y
    2016年09月, The 46th European Association of Behavioural and Cognitive Therapies Congress, 724, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Community Based-Service to Provide CBT to Children with Developmental Problems in Japan: After school day-care services for children with disabilities (DCCD)
    Matsumoto, Y, Ishimoto, Y, Yamane, T
    2016年09月, The 46th European Association of Behavioural and Cognitive Therapies Congress, 540, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • How to develop a community-based CBT program for children with developmental disorders
    Yuki Matsumoto, Yuma Ishimoto, Takahiro Yamane
    2016年09月, EABCT 2016 ABSTRACT BOOK, 540, 英語
    [査読有り]

  • FRIENDS Trial in Japanese Special Needs Education
    Yuma Ishimoto, Takahiro Yamane, Yuki Matsumoto
    2016年09月, EABCT 2016 ABSTRACT BOOK, 641, 英語
    [査読有り]

  • Predictors of help-seeking behavior in parents of children with autism spectrum disorders
    Takahiro Yamane
    ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD, 2016年07月, INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY, 51, 424 - 424, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 臨床心理学における実験法の意義と課題-日本の臨床心理学における実験法を用いた研究
    岡本英生, 梅垣佑介, 加藤奈奈子, 黒川嘉子, 山根隆宏, 伊藤美奈子
    2016年03月, 奈良女子大学心理臨床研究, (3) (3), 55 - 63, 日本語
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 発達障害学生へのグループワークの意義と運営上の課題
    山根隆宏
    2016年03月, 佛教大学学生相談センター年報, (24) (24), 10 - 16, 日本語
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 自閉症と知的障害のある青年の自己の発達的変化-長期面接事例を通して-
    山根隆宏
    2016年03月, 奈良女子大学心理臨床研究, (3) (3), 75 - 86, 日本語

  • 知的障害児・者の自己の発達に関する文献的考察-自己概念・自己評価に焦点をあてて-
    山根隆宏
    2016年03月, 人間文化研究科年報, 31, 173 - 181, 日本語

  • 大学生の精神的健康と発達障害傾向による支援ニーズに関する実態把握の試み-UPIと発達障害傾向による支援ニーズ把握チェックリストから-
    山根隆宏
    2015年03月, 佛教大学学生相談センター年報, (23) (23), 15 - 21, 日本語
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 山根隆宏
    2015年03月, 奈良女子大学心理臨床研究, (2) (2), 47 - 54, 日本語
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 高等教育機関における発達障害学生への支援に関する研究の動向と課題
    山根隆宏
    2015年03月, アスペハート, (39) (39), 140 - 145, 日本語
    [招待有り]
    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 相澤直樹, 山根隆宏
    神戸大学, 2015年03月, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要, 8(2) (2), 67 - 75, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 山根隆宏
    This study examined the stress-buffering effects of sense making among parents of children with developmental disorders. A model assuming that social support is related to sense making and that coping strategy mediates sense making and stress response was examined via a questionnaire survey of mothers of children with developmental disorders (N = 245). The results of structural equation modeling analysis suggested the following: (a) the stressbuffering effects of sense making were mediated through an emotional approach coping strategy and sense making was positively related to stress response mediated through an active coping strategy (b) seeking a meaning directly increased one's stress response, which was indirectly mediated by an avoidant coping strategy and (c) the effects of social support on sense making and coping strategy, as well as stress response, varied with the kind of social resources from whom mothers anticipated support. These results suggest that sense making affects stress response in mothers of children with developmental disorders through the social support they anticipate and the coping strategies they adopt.
    Japanese Psychological Association, 2015年, 心理学研究, 86(4) (4), 293 - 301, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 山根隆宏
    This study describes the development and evaluation of the Benefit Finding Scale in Developmental Disorder Parenting (BFS-DDP). Using this scale, we examined the stress-buffering effects of identifying positive implications and benefits of having a child with developmental disorders in parents of such children. The BFS-DDP was developed from a questionnaire survey of mothers (N = 265) of children with developmental disorders. Exploratory and confirmatory analysis identified four factors: (a) "deepened relationships," (b) "changed life," (c) "changed life philosophy," and (d) "personal strength." These factors had high degrees of internal consistency. Furthermore, BFS-DDP scores significantly correlated with measuring optimism and meaningfulness, indicating good convergent validity. Hierarchical regression analysis showed that benefit finding significantly decreased stress response in the presence of high stressors. These results suggest that benefit finding may have a stress-buffering effect.
    Japanese Psychological Association, 2014年10月, 心理学研究, 85(4) (4), 335 - 344, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 児童福祉施設・特別支援教育
    山根隆宏
    2014年08月, 臨床心理学増刊, (6) (6), 153 - 157, 日本語
    [招待有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 養育者は子どもの障害をどう受け止めていくか-障害認識と意味づけ
    山根隆宏
    2014年05月, 臨床心理学, 14(3) (3), 367 - 370, 日本語
    [招待有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 自閉症スペクトラム障害児・者の親は障害をどう意味づけているか-Benefit FindingとSense Makingからみた予備的検討
    山根隆宏
    2014年03月, 奈良女子大学心理臨床研究, (1) (1), 49 - 56, 日本語
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 石本 雄真, 島並 友香, 山根 隆宏, 杉本 浩美, 鳥居 深雪
    日本教育心理学会, 2014年, 日本教育心理学会総会発表論文集, 56, 84 - 85, 日本語

  • 発達障害のある子どもと家族の心理的適応に関するこれまでの研究
    山根隆宏
    奈良女子大学, 2013年10月, 家政學研究, 60(1) (1), 47 - 52, 日本語

  • 性問題行動のある児童養護施設入所児童への集団心理療法の効果
    山根隆宏, 中植満美子
    日本心理臨床学会 ; 1983-, 2013年10月, 心理臨床学研究, 31(4) (4), 651 - 662, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 心理臨床家の『事例の読み方』に関する調査ー初学者と資格取得後10年の経験者との比較を通してー
    高石恭子, 穂苅千恵山口修一朗, 定政由里子, 倉本幹子, 山根隆宏, 地蔵原奈美
    2013年03月, 甲南大学人間科学研究所 調査報告書, 日本語
    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 自閉症スペクトラム障害の主体・自己に関する一試論
    山根隆宏
    2013年03月, 佛教大学学生相談センター年報, (21) (21), 10 - 19, 日本語
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 山根隆宏
    This study describes the development and evaluation of the Developmental Disorder Parenting Stressor Index (DDPSI). The DDPSI items were developed from a questionnaire survey of mothers (N = 255) of children with developmental disorders. A factor analysis identified four factors: (a) difficulty understanding the child and coping with the child's needs, (b) anxiety about the child's future and independence, (c) inadequate understanding of the child's disorder, and (d) conflicting emotions with regard to the child's disorder. These factors had high degrees of internal consistency. The concurrent validity of the DDPSI was examined. The DDPSI scores significantly correlated with the Stress Response Scale-18 and the Handicapped Child Parenting Stress Scale. The results of structural equation modeling analysis suggested that social support for the mothers mitigated the stressors' effect and reduced their psychological stress responses. The DDPSI is sufficiently reliable and valid to measure the stressors of parents of children with developmental disorders.
    2013年02月, 心理学研究, 83(6) (6), 556 - 565, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 山根 隆宏
    本研究の目的は,高機能広汎性発達障害(以下,HFPDD)児・者の母親が障害のある子どもを育てる経験を人生にいかに意味づけているのかを,新たな悲嘆理論の知見に基づき,子どもの障害の捉え方との関連から明らかにすることであった。HFPDD児・者をもつ母親19名に対して半構造化面接を行い,障害のある子どもをもつことの意味づけや子どもの障害の捉え方についての語りを得た。人生に対する子どもの障害の意味づけの特徴について,「自己の成長への価値づけ」「子どもへの感情」「障害の位置づけ」の3つの視点から分類を行ったところ,「成長・肯定型」「両価値型」「消極的肯定型」「自己親和型」「見切り型」「希薄型」の6つの類型とその特徴を明らかにした。また,子どもの障害の意味づけと障害の捉え方との関連からは,人生に子どもの障害を肯定的に位置づけるかどうかは,障害それ自体や障害を含めた子どもに対して社会的意義や価値を見出すことと,障害を認識する上での困難さや葛藤の強さが関連していると考えられた。
    日本発達心理学会, 2012年06月, 発達心理学研究, 23(2) (2), 145 - 157, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 高機能広汎性発達障害の疑いのある青年との面接過程
    山根隆宏
    2011年03月, 神戸大学大学院心理教育相談室紀要, (1) (1), 1 - 8, 日本語
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 山根 隆宏
    本研究は、高機能広汎性発達障害(以下、HFPDD)児をもつ母親の、診断告知時の感情体験に影響を与える要因を検討することを目的とした。HFPDD児をもつ母親203名を対象に、診断告知時の感情体験、診断対応満足度、診断告知のタイミング、育児ストレス、ソーシャルサポートについて質問紙調査を行った。その結果、母親が子どもの発達に不安を感じる時期が遅く、診断告知の時期が早く、診断告知に説明不足を感じるほど不安感とショックを体験していた。また、診断告知が遅く、診断告知の対応に満足を感じるほど安堵感を体験していた。さらに、母親が子どもの発達に不安を感じる時期と診断告知の時期が遅く、診断時の対応に満足を感じ、公的なサポートが低いほど、自責感を体験していた。以上より、診断告知において、診断告知を受けるタイミングや育児ストレスを踏まえた対応、当面の指針となる具体的な助言と情報の提供の必要性が示唆された。
    日本特殊教育学会, 2011年01月, 特殊教育学研究, 48(5) (5), 351 - 360, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 高機能広汎性発達障害児・者の母親の障害認識過程に関する質的検討
    山根 隆宏
    本研究の目的は高機能広汎性発達障害(以下、HFPDD)児・者の母親の障害認識とその過程で生じる心理的葛藤を検討し、母親に困難をもたらす要因について検討することであった。HFPDD児・者の母親19名に対して半構造化面接を行い、子どもが乳幼児期から現在までの子どもや障害に対する認識と感情について回顧的な語りを得た。修正版グラウンテッド・セオリー・アプローチによる質的検討の結果、HFPDD児・者をもつ母親の障害認識過程の仮説モデルが生成された。HFPDD児・者の母親は診断告知前に子どもに対する不安と打ち消しを繰り返し体験し、診断告知以後も障害の受け入れと受け止めきれなさを繰り返し体験していた。仮説モデルに基づき、HFPDD児・者の母親に困難をもたらす要因として、①障害の発見の遅れとサポートの乏しさ、②障害認識の困難さと葛藤、③母親の障害認識と社会の認識とのギャップの3点が考えられた。
    小平記念日立教育振興財団日立家庭教育研究所, 2010年12月, 家庭教育研究所紀要, 32(32) (32), 61 - 73, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 高機能広汎性発達障害児をもつ母親の障害認識の困難さ
    山根 隆宏
    神戸大学, 2010年09月, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要, 4(1) (1), 151 - 159, 日本語
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 養育者の内在的要因が子どもの愛着行動に与える影響--定型発達児と自閉症児の比較研究から
    山口 正寛, 山根 隆宏, 花村 香葉, 鍋島宏之
    本研究は,一般の幼児および自閉症児における養育者側の愛着体験や内在的要因と子どもの愛着との関連を比較検討することを通して,親子間の相互作用に影響を与えうるいくつかの要因について明らかにすることを目的とした。3~6 歳の定型発達児141 名と自閉症児36 名の保護者を対象に,子どもの愛着行動,養育者自身の被養育体験,IWM,心理化能力,養育態度を問うアンケートを実施した。その結果,定型発達児と自閉症児の愛着行動は類似した傾向を示すものの,その頻度や強度は異なっており,定型発達児の方がより愛着行動を示す傾向にあることが示唆された。また,障害の有無と愛着の安定性によって,子どもの愛着行動における養育者自身のIWM と心理化能力に差は認められなかったが,養育者が支持的に関わるかどうか,また,養育者自身がどのように育てられてきたかに差が認められた。The purpose of this study was to investigate the several factors to be related to parent-child interaction, such as parent's internalized factor, compared with mothers of autistic toddlers and developmentally normal children. Mothers having developmental normal children (3- to 6-years-old, N=141) and autistic toddlers (N=36) participated in a questionnaire survey: the child's attachment behavior, their parent's reared experience, internal working models(IWM),mentalization, and their parenting attitude were focus on this study. Results revealed that both children's attachment behavior of developmentally normal children and autism children indicate similar tendency, but developmentally normal children showed more attachment behavior thandid autistic children. There was no significant difference in the mother's IWM and metalization, whereas significant difference in the mother's supportive parenting and parent's reared experience, between child's autistic factor (developmentally normal vs autistic) and children's attachment secure type (secure vs insecure).
    発達科学研究教育センタ-, 2010年08月, 発達研究, 24, 167 - 178, 日本語
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 高機能広汎性発達障害児をもつ母親の診断告知前および告知時の体験
    山根隆宏
    神戸大学大学院人間発達環境学研究科人間発達論講座(心理発達論分野), 2010年03月, 神戸大学発達・臨床心理学研究, 9, 17 - 24, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 高機能広汎性発達障害児をもつ母親の診断告知時の感情体験-診断告知に至る状況との関連-
    山根 隆宏
    神戸大学, 2010年03月, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要, 3(2) (2), 27 - 35, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 自閉性障害児における親子関係とその影響要因に関する研究--先行研究の概観と今後の方向性(中間報告)
    山口 正寛, 山根 隆宏, 花村 香葉, 鍋島宏之
    発達科学研究教育センタ-, 2009年09月, 発達研究, 23, 269 - 272, 日本語
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 高機能広汎性発達障害児をもつ親の適応に関する文献的検討
    山根 隆宏
    本稿の目的は,高機能広汎性発達障害児をもつ親の適応に関する研究を概観し,親の適応過程を考察することと,適応に関連する要因の整理をおこなうこと,今後の研究の課題を考察することであった。本稿の構成は,まず障害受容研究のいつくかの理論的枠組みから,高機能広汎性発達障害児の親の適応を捉える上での問題点について論じた。続いて,親の適応に関する問題として,確定診断を得ることの難しさ,障害認識・障害受容の難しさ,養育における高いストレス,抑うつなどの精神的健康上の問題の観点から整理をおこなった。さらに,親の適応に関連する要因として,診断告知の要因,子どもの要因,親の個人内要因,家族・社会的要因,家族のライフステージの5 つの観点が重要であると考えられた。今後の課題として,子どもの障害に対する認識と感情のズレにともなう親の複雑な葛藤を詳細に検討すること,親の適応過程に影響を与える促進要因と阻害要因を特定すること,子どもの診断告知から青年期に至るまでの長期的な視点で親の適応過程を捉えることの必要性が考えられた。
    神戸大学, 2009年09月, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要, 3(1) (1), 29 - 38, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 高機能広汎性発達障害児をもつ親の診断告知時の感情体験について--自由記述分析による予備的検討
    山根隆宏
    神戸大学大学院人間発達環境学研究科人間発達論講座(心理発達論分野), 2009年03月, 神戸大学発達・臨床心理学研究, 8, 25 - 32, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

■ MISC
  • 新型コロナウイルスの感染拡大予防のための一斉休校が子どものメンタルヘルスに与える影響-感染者が確認されていなかった地域における中学校での検討-
    石本雄真, 山根隆宏, 小林勝年
    2020年, 日本心理学会大会発表抄録集, 84th

  • 神戸大学大学院人間発達環境学研究科附属発達支援インスティテュート心理教育相談室子育て支援セミナー2017『夫婦のきずなと子どもの心』
    相澤 直樹, 吉田 圭吾, 伊藤 俊樹, 山根 隆宏
    神戸大学大学院人間発達環境学研究科発達支援インスティテュート心理教育相談室, 2018年03月, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科発達支援インスティテュート心理教育相談室紀要, 8, 24 - 28, 日本語
    講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)

  • 九州大学大学院人間環境楽府附属総合臨床心理センター訪問報告
    山根 隆宏, 相澤 直樹
    神戸大学大学院人間発達環境学研究科発達支援インスティテュート心理教育相談室, 2018年03月, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科発達支援インスティテュート心理教育相談室紀要, 8, 29 - 32, 日本語
    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)

■ 書籍等出版物
  • 発達障がいといじめー発達の多様性に応える予防と介入
    山根隆宏
    分担執筆, 障がい理解教育といじめ予防, 学苑社, 2023年02月, 日本語
    学術書

  • 山根隆宏
    共訳, 第3章ADHDはどうやって治療されますか?, 金剛出版, 2022年11月, 日本語
    学術書

  • 山根隆宏
    分担執筆, 資料, 福村出版株式会社, 2022年11月, 日本語
    学術書

  • 臨床心理学中辞典
    山根隆宏
    分担執筆, 特別支援教育コーディネーター, 遠見書房, 2022年10月, 日本語
    事典・辞書

  • 今日から始める子どもの心の支援―心理学と神経科学の融合から得られる理解―
    瀧澤悠, Judith Murray, Matthew Bambling, 松本有貴, 石本雄真, 山根隆宏, 小林勝年, 片山泰一, 西田千寿子, Sisira Edirippulige
    共著, 今井出版, 2021年03月, 国際共著している
    学術書

  • 友だち作りの科学―社会性に課題のある思春期・青年期のためのSSTガイドブック
    山根隆宏
    共訳, 第5章・第12章, 金剛出版, 2017年04月, 国際共著していない
    学術書

  • 必携発達障害支援ハンドブック
    山根隆宏
    分担執筆, 養育者は子どもの障害をどう受け止めていくか, 金剛出版, 2016年09月, 国際共著していない
    学術書

  • 自伝的記憶と心理療法 (心の危機と臨床の知)
    山根隆宏
    分担執筆, 発達障害のある子どもをもつ親の自伝的記憶―その経験の意味の再構成―, 平凡社, 2013年03月, 国際共著していない, ISBN: 4582731090
    学術書

  • カウンセリングと教育相談
    山根隆宏
    分担執筆, 4章 学校カウンセリングに必要な発達的視点, あいり出版, 2012年08月, 国際共著していない
    教科書・概説・概論

■ 講演・口頭発表等
  • 青年期における家庭および学校における居場所感が レジリエンスに及ぼす影響
    山下 千織, 長谷 綾子, 山根 隆宏
    日本発達心理学会第35回大会, 2024年03月, 日本語
    ポスター発表

  • 発達障害児及び知的発達症児をもつ家族を対象とした『家族の強みを活かす家族レジリエンス促進プログラム』の予備的検討
    鈴木田 英里, 山根 隆宏
    日本発達心理学会第35回大会, 2024年03月, 日本語
    ポスター発表

  • 身体的不器用さに関する過去の経験が身体的不器用さの捉え方に与える影響
    井澗 未稀, 山根 隆宏
    日本発達心理学会第35回大会, 2024年03月, 日本語
    ポスター発表

  • 感覚運動遊びを介した 短期 関係発達支援の試み感覚や感情の共有や主体的な遊びの保障は発達障害児とその養育者にどのような影響をもたらすか
    榊原 久直, 鈴木田 英里, 山根 隆宏
    日本発達心理学会第35回大会, 2024年03月, 日本語
    ポスター発表

  • 父母を対象とした発達研究の課題と展望ー父母ペアデータを用いた研究に焦点を当ててー
    谷口 あや, 山根 隆宏, 野上 慶子
    日本発達心理学会第35回大会, 2024年03月, 日本語
    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • オンデマンド形式の家族認知行動療法プログラムの開発ーニュージーランドのMindKiwiプログラムを参考にしてー
    野上 慶子, Taylor Mairin, 山根 隆宏
    日本発達心理学会第35回大会, 2024年03月, 日本語
    ポスター発表

  • 知的・発達障害児への理解と対応
    山根隆宏
    こべっこランド療育サポーター「スキルアップ研修会」, 2023年12月, 日本語
    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 思春期・青年期の発達障害―正しい理解と向きあい方―
    山根隆宏
    大阪信愛学院大学しんあい教育研究ケアセンター 「思春期セミナー」, 2023年12月, 日本語
    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 発達障害児の感情の問題に焦点をあてた研修の効果 単一市内の障害児通所支援施設を対象として
    石本雄真, 榊原久直, 山根隆宏
    日本発達心理学会第34回大会, 2023年03月, 日本語
    ポスター発表

  • 単一市内施設調査による障害児通所支援の実態と課題(2) 障害児の情緒・行動の問題と支援者の精神的健康の関連
    榊原久直, 山根隆宏, 石本雄真
    日本発達心理学会第34回大会, 2023年03月, 日本語
    ポスター発表

  • 単一市内施設調査による障害児通所支援の実態と課題(1) 保護者調査を通した感情調整の問題と連携の難しさの観点による検討
    山根隆宏, 石本雄真, 榊原久直
    日本発達心理学会第34回大会, 2023年03月, 日本語
    ポスター発表

  • 大学生の身体的不器用さと適応感の関連における自尊感情の媒介効果
    井澗 未稀, 橋川 文香, 山根 隆宏
    日本発達心理学会第34回大会, 2023年03月, 日本語
    ポスター発表

  • 中国にルーツを持つ子どもの在日中国人保護者の実態調査
    劉 娟, 山根 隆宏
    日本発達心理学会第34回大会, 2023年03月, 日本語
    ポスター発表

  • 発達障碍児の不安症状軽減を目的とした家族認知行動療法プログラムによる母親の気付きと変化
    野上慶子, 山根隆宏
    日本発達心理学会第34回大会, 2023年03月, 日本語
    ポスター発表

  • 発達障害のある者の感情体験および感情調整 発達障害児者独自の発達と適応を探る
    石本雄真, 山根隆宏
    日本発達心理学会第34回大会, 2023年03月, 日本語
    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 発達障害児・者をもつ家族の家族レジリエンス要素
    鈴木田英里, 山根隆宏
    日本発達心理学会第34回大会, 2023年03月, 日本語
    ポスター発表

  • 発達障害児の不安軽減を目的としたSELに関する産学共同研究
    山根隆宏, 石本雄真
    日本SEL研究会第13回大会, 2023年02月, 日本語
    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • ライフステージを通した発達障害児者の家族支援
    デコボコベース株式会社研修会, 2022年12月
    [招待有り]
    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 発達障害児への対応と特別支援教育の現状
    山根隆宏
    こべっこランド療育サポーター「スキルアップ研修会」, 2022年11月, 日本語
    [招待有り]
    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 「幼児期から児童期にかけての特別な支援ニーズ のある子どもへの感情調整支援の基礎」
    山根隆宏
    神戸市教育委員会つばめセミナー第3回, 2022年10月, 日本語
    [招待有り]
    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Examination of How Families of Children with Developmental Disabilities Demonstrate Family Resilience
    Suzukida, E, Yamane, T
    IAFP2022, 2022年10月, 英語
    ポスター発表

  • Miville-Guzman Universality-Diversity Scale-Short Form(M-GUDS-S)邦訳版の開発(1) 因子構造の検討
    原田 新, 山根 隆宏, 石本 雄真, 日潟 淳子, 田仲 由佳, 王 松, 野上 慶子
    日本心理学会第86回大会, 2022年09月, 日本語
    ポスター発表

  • 社会一般における「発達障害」概念尺度の作成
    谷口 あや, 山根 隆宏
    日本心理学会第86回大会, 2022年09月, 日本語
    ポスター発表

  • 日本版幼児用遊び行動尺度の開発(2) 構成概念妥当性の検討
    山根 隆宏, 劉 娟, 野上 慶子, 鈴木田 英里
    日本心理学会第86回大会, 2022年09月, 日本語
    ポスター発表

  • 日本版幼児用遊び行動尺度の開発(1) 翻訳過程及び因子構造の検討
    鈴木田 英里, 野上 慶子, 劉 娟, 山根 隆宏
    日本心理学会第86回大会, 2022年09月, 日本語
    ポスター発表

  • 知的・発達障害児者の情動調整の支援-社会性と情動の学習(SEL)プログラムー
    山根隆宏
    兵庫県立高等特別支援学校特別支援教育研修会, 2022年08月, 日本語
    [招待有り]
    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 発達障害のある子どもをもつ 親の理解と家族支援
    山根隆宏
    関西障害者歯科臨床研究会第14回研究集会, 2022年07月, 日本語
    [招待有り]
    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 発達障害児をもつ父母ペアにおける養育ストレッサー,認知的評価及び家族レジリエンスと心理的危機との関連
    鈴木田英里, 山根隆宏
    日本発達心理学会第33回大会, 2022年03月, 日本語
    ポスター発表

  • 否定的養育が発達障碍児の不安症状に及ぼす影響関係の検討
    野上慶子, 山根隆宏
    日本発達心理学会第33回大会, 2022年03月, 日本語
    ポスター発表

  • 父母の養育スタイルと就学前児童の問題行動との関連:父母ペアデータを用いたAPIMモデルによる縦断的検討
    谷口あや, 野上慶子, 山根隆宏
    日本発達心理学会第33回大会, 2022年03月, 日本語
    ポスター発表

  • 発達障害児をもつ親の心理的危機に家族レジリエンス及び認知的評価が与える影響の検討
    鈴木田英里, 山根隆宏
    日本心理臨床学会第40回大会, 2021年09月, 日本語
    ポスター発表

  • The influence of parenting styles and attributions of pre-schoolers' behavior on their self-regulation and problem behaviors: Analysis with dyadic data
    Aya Taniguchi, Keiko Nogami, Takahiro Yamane
    Developmental Psychology Section Annual Conference, 2021年09月, 英語

  • 日本語版Behavioral Emotion Regulation Questionnaireの開発(2):心理測定特性、信頼性、妥当性の検証」
    加藤佳子, 伊藤俊樹, 岡崎春奈, 山根隆宏
    日本心理学会第85回大会, 2021年09月, 日本語
    ポスター発表

  • 日本語版Behavioral Emotion Regulation Questionnaireの開発(1):因子構造と測定不変性の検証
    山根隆宏, 伊藤俊樹, 岡崎春奈, 加藤佳子
    日本心理学会第85回大会, 2021年09月, 日本語
    ポスター発表

  • Miville-Guzman Universality-Diversity Scale邦訳版の開発(3)―回答者の属性による得点の比較
    石本 雄真, 原田 新, 山根 隆宏, 日潟 淳子, 田仲 由佳, 王 松, 野上 慶子
    日本発達心理学会第32回大会, 2021年03月, 日本語
    ポスター発表

  • Miville-Guzman Universality-Diversity Scale邦訳版の開発(2)―因子構造および信頼性・妥当性の検討
    原田新, 山根隆宏, 石本雄真, 日潟淳子田仲由佳, 王松, 野上慶子
    日本発達心理学会第32回大会, 2021年03月, 日本語
    ポスター発表

  • Miville-Guzman Universality-Diversity Scale邦訳版の開発(1)―翻訳過程ならびに項目分析の検討
    山根 隆宏, 野上 慶子, 石本 雄真, 原田 新, 日潟 淳子, 田仲 由佳, 王 松
    日本発達心理学会第32回大会, 2021年03月, 日本語
    ポスター発表

  • 幼児の反抗的行動に対する母親の認知要因―子どもの問題行動から育児不安,親の認知様式へのモデル検証
    野上慶子, 谷口あや, 山根隆宏
    日本発達心理学会第32回大会, 2021年03月, 日本語
    ポスター発表

  • 他者への「発達障害」ラベリングがスティグマに及ぼす影響に関する検討―社会的距離との関連から」
    谷口あや, 山根隆宏
    日本発達心理学会第32回大会, 2021年03月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 新型コロナウィルスの感染拡大予防のための一斉休校が子どものメンタルヘルスに与える影響:感染者が確認されていなかった地域における中学校での検討
    石本雄真・山根隆宏・小林勝年
    日本心理学会第84回大会, 2020年09月, 日本語
    ポスター発表

  • 幼児をもつ父母ペアデータによる子育てと子どもの問題行動との関連(2):反抗行動に対する認知が養育スタイル及び子どもの問題行動に与える影響の検討
    谷口あや・, 鈴木田英里・, 野上慶子・, 黒田晶子・, 山根隆宏
    日本心理学会第84回大会, 2020年09月, 日本語
    ポスター発表

  • 幼児をもつ父母ペアデータによる子育てと子どもの問題行動との関連(1):反抗行動に対する認知,養育スタイル,子どもの問題行動の父母間の類似度
    山根隆宏・鈴木田英里・谷口あや・, 野上慶子・, 黒田晶子
    日本心理学会第84回大会, 2020年09月, 日本語
    ポスター発表

  • 自主シンポジウム「多様性を心理学から議論する(1)―各発達段階からみた多様性の現状と課題」
    山根隆宏・王松・日潟淳子・石本雄真・原田新・田仲由佳
    日本発達心理学会第31回大会, 2020年03月, 日本語
    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 家族造形法における親からのサポートの程度の表現と家族理解の変化に関する検討
    鈴木田英里・興津真理子・山根隆宏
    日本発達心理学会第31回大会, 2020年03月, 日本語
    ポスター発表

  • 自閉症スペクトラム障害青年をもつ親の障害を巡る葛藤と支援
    山根隆宏
    日本特殊教育学会第29回大会自主シンポジウム 「青年期発達障害者の内面的世界を大切にした支援(3)」, 2019年09月, 日本語, 国内会議
    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 一般大学生における「発達障害」概念に関する検討
    谷口あや, 山根隆宏
    日本心理学会第83回大会, 2019年09月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 自閉症スペクトラム障害児の親の援助要請の関連要因の検討
    山根隆宏
    日本心理学会第83回大会, 2019年09月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 自主シンポジウム「障害のある子どもと家族の複合的な困難から考えるこれからの親支援とは―『障害受容論』を超えて、新たな視座を提供する―」障害の意味づけの観点による発達障害児の家族支援
    山根隆宏
    日本発達障害学会第54回研究大会, 2019年08月, 日本語, 国内会議
    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 自閉スペクトラム症児の親のストレスに対する有益性発見の効果 -縦断データに基づく中核的信念の揺らぎによる調整効果の検討-
    山根隆宏
    日本心理臨床学会第38回大会, 2019年06月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 障害特性や発達の視点を障害歯科に活かす―知的障害や発達障害への対応と工夫―
    山根隆宏
    こうべ市歯科センター臨床研修会, 2019年05月, 日本語, 国内会議
    [招待有り]
    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 発達障害児の親のエンパワメント ―障害を巡る葛藤とオンラインサポートに着目して―
    山根隆宏
    日本発達心理学会第30回大会自主シンポジウム「発達障害児を支援する地域や家族の力をどのように高めるか」, 2019年03月, 日本語, 国内会議
    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 指定討論:藤村先生の実践へのコメント
    山根隆宏
    平成30年度日本教育大学協会特別支援教育研究部近畿地区研究集会・ 近畿地区国立大学附属学校連盟特別支援教育部合同実践研究会, 2019年01月, 日本語, 国内会議
    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 発達障害に関する家族支援とその役割
    山根隆宏
    神戸大学附属特別支援学校教員研修会, 2018年11月, 日本語, 国内会議
    [招待有り]
    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 幼児期の社会性をどう支えるか~発達的観点から~
    山根隆宏
    箕面市支援時保育研究部研修会, 2018年11月, 日本語, 国内会議
    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 大学生活場面におけるスティグマに自閉症の診断提示が及ぼす影響に関する検討
    谷口あや, 山根隆宏
    第 82 回日本心理学会大会, 2018年09月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 発達障害のある児童生徒の理解と対応
    山根隆宏
    神戸大学附属小学校適応支援会議, 2018年08月, 日本語, 国内会議
    [招待有り]
    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Effects of online social support on psychological stress response among parents of children with autism spectrum disorders
    Yamane, T, Yamaguchi, M
    ISSBD2018, 2018年07月, 英語, 国際会議
    ポスター発表

  • 自閉症・知的障害の感覚面の問題の理解と対応―家族との連携のために―
    山根隆宏
    神戸市歯科センター臨床研修会, 2018年05月, 日本語, 国内会議
    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 発達障害を巡る親の個人的体験から現実とオンラインのソーシャルサポートへ
    山根隆宏
    日本発達心理学会第29回大会自主シンポジウム「障害のある子どもをもつ親支援を再考する―ミクロ・メゾ・マクロの視点から―」, 2018年03月, 日本語, 国内会議
    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 青年期における発達障害者とその親の心理的課題
    山根隆宏
    日本発達心理学会第29回大会発表自主シンポジウム「思春期から青年期にかけての多様な発達支援―当事者の声をもとに―」, 2018年03月, 日本語, 国内会議
    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 青年前期における発達障害のある生徒と周囲生徒の関係―大学附属中等教育学校教員の視点から―
    谷口あや, 山根隆宏, 狗巻修司
    日本発達心理学会第29回大会, 2018年03月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 自閉症スペクトラム障害児・者をもつ親の障害認識過程(1)ー夫婦の相互性に着目してー
    山西希美, 山根隆宏
    日本心理臨床学会第36回大会, 2017年11月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 発達障害のある生徒への捉え方に影響を及ぼした要因に関する検討
    谷口あや, 山根隆宏
    日本教育心理学会第59回総会発表論文集, 610, 2017年10月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 臨床実践・発達的観点からのコメント
    山根隆宏
    日本教育心理学会第59回総会自主シンポジウム児童・青年の発達とメンタルヘルスに関する大規模縦断研究 いじめ,性別違和感,発達障害特性,インターネット依存の観点から, 56-57, 2017年10月, 日本語, 国内会議
    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 神戸大学心理教育相談室における実習の意義について②~実習内容と習得内容の影響から~
    相澤直樹, 山根隆宏
    日本教育心理学会第59回総会発表論文集, 408, 2017年10月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 心理教育プログラム実施者の実施前語での心理的適応および効力感の変化―発達障害児を対象とするCBTプログラムPEACEの放課後等デイサービスでの実践に関して
    石本雄真, 松本有貴, 山根隆宏
    日本教育心理学会第59回総会発表論文集, 244, 2017年10月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 発達障害のある子どもと家族~理解と支援のキホン~
    山根隆宏
    発達障がいを知ろう~家族支援講座~, 2017年09月, 日本語, 東灘地域助け合いネットワーク, 国内会議
    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 大学生の正課外活動と成長(4)-活動内容別にみた「正課外ー正課」、「正課外ー自己・日常」と自我同一性、汎用的技能との関連ー
    原田新, 石本雄真, 山根隆宏, 日潟淳子, 田仲由佳
    日本発達心理学会第28回大会発表論文集, 555, 2017年03月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 大学生の正課外活動と成長(3)-活動内容種類別、「正課外ー正課」、「正課外ー自己・日常」と自我同一性、汎用的技能との関連ー
    石本雄真, 原田新, 田中由佳, 日潟淳子, 山根隆宏
    日本発達心理学会第28回大会発表論文集,554, 2017年03月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 養育者評定による発達障害児・者の不安症状の実態
    山根隆宏, 石本雄真, 松本有貴
    日本発達心理学会第28回大会発表論文集, 197, 2017年03月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 児童・青年の発達とメンタルヘルスに関する大規模縦断研究:いじめ,性別違和感,発達障害特性,インターネット依存の観点から
    伊藤 大幸, 村山 恭朗, 浜田 恵, 足立 匡基, 村上 隆, 山根 隆宏
    日本教育心理学会総会発表論文集, 2017年, 日本語, 一般社団法人 日本教育心理学会

  • 大学生の正課外活動と成長(2)-正課外活動外との関連付け,他者との交流と汎用的技能との関連
    石本雄真, 原田新, 日潟淳子, 王松, 田中由佳, 山根隆宏
    日本教育心理学会第58回総会, 481, 2016年10月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 大学生の正課外活動と成長(1)-自我同一性,汎用的技能との関連から
    原田新, 石本雄真, 王松, 山根隆宏, 日潟淳子, 田中由佳
    日本教育心理学会第58回総会,480, 2016年10月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 日本における自閉症児をもつ親の養育上の困難さ
    山根隆宏
    日本自閉症スペクトラム学会第15回研究大会自主シンポジウム「多文化から発達障害児を抱える親の育児ストレスを考える~よりよい支援や制度の構築に向けて~」, 39, 2016年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 発達障害児の養育支援プログラムの開発における予備的検討 -障害の意味づけに焦点を当てて-
    山根隆宏
    日本発達心理学会第27回大会発表論文集, 437, 2016年04月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 自閉症スペクトラム等の発達障害児への実践を通して
    山根隆宏
    日本発達心理学会第27回大会「集団場面における子どもへの心理教育的支援で生じる課題と対処:認知行動療法に基づくさまざまな実践の課題から相互に学ぶ」, 2016年04月, 日本語
    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 発達障害児・者をもつ親の養育上の困難さ
    山根隆宏
    日本LD学会第24回大会 自主企画シンポジウム「高機能広汎性発達障害のある人への包括的・生涯的な支援プログラムを考える(3) ~保護者支援のあり方を通して~」, 2015年10月, 日本語, 国内会議
    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 発達障害児をもつ親のストレッサー尺度の再検討
    山根隆宏
    日本心理学会第79回大会, 2015年09月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 自閉症スペクトラム児をもつ親におけるインターネット上の援助要請に関する研究(1)
    山根隆宏
    日本心理臨床学会第34回秋期大会, 2015年09月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 検索エンジンにおける発達障害に関わる用語の検索状況-自閉症児をもつ親の相談機関への円滑なアクセスに向けて-
    山根隆宏, 梅垣佑介
    一般社団法人日本発達心理学会第26回大会, 2015年03月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 巡回相談を担うチーム内部における多職種協働
    山根隆宏
    日本教育心理学会第56回総会 自主企画シンポジウム「巡回相談における効果的な連携を考える」, 2014年11月, 日本語, 国内会議
    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 学童期後期における対人不安(シャイネス)の発達的変化②-シャイネス・タイプとの関連から-
    相澤直樹, 山根隆宏
    日本パーソナリティ心理学会第23回大会, 2014年10月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 学童期後期における対人不安(シャイネス)の発達的変化-対人場面における他者の意図の判断との関連から-
    相澤直樹, 山根隆宏
    日本心理臨床学会第33回大会秋期大会, 2014年08月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 発達障がい学生を想定した学生相談機関におけるグループワークの試み(2) ―参加者アンケート結果と 2 年間継続的に参加した学生 Aさんについての個別検討―
    中川亜希, 山根隆宏, 松本拓真, 高島光恵
    一般社団法人日本発達心理学会 第25回大会, 649, 2014年03月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 発達障がい学生を想定した学生相談機関におけるグループワークの試み(1) ―プログラムの修正過程からみえる支援の留意点の検討―
    山根隆宏, 中川亜希, 松本拓真, 高島光恵
    一般社団法人日本発達心理学会 第25回大会, 648, 2014年03月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 意味づけという観点から障害受容・家族支援を考える
    山根隆宏
    一般社団法人日本発達心理学会 第25回大会自主企画シンポジウム「障害のある子どもをもつ保護者への支援再考」, 2014年03月, 日本語, 国内会議
    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 高等教育機関における発達障害学生の理解と支援
    山根隆宏
    奈良工業専門学校教職員研修会, 2013年12月, 日本語, 国内会議
    [招待有り]
    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 心理臨床の熟練が見立てにもたらすもの―初学者と経験者の比較を通して―
    山根隆宏, 山口修一朗
    日本心理臨床学会第32回秋季大会発表論文集, 2013年09月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 「安心感の輪」子育てプログラムに参加した親子の変化(1)
    岩本沙耶佳, 平野慎太郎, 山根隆宏, 北川恵
    日本心理臨床学会第32回秋季大会発表論文集, 2013年09月
    ポスター発表

  • 「安心感の輪」子育てプログラムに参加した親子の変化(2)
    平野慎太郎, 岩本沙耶佳, 山根隆宏, 北川恵
    日本心理臨床学会第32回秋季大会発表論文集, 2013年09月, 日本語
    ポスター発表

  • 発達障害児・者の母親の心理的適応に対する意味了解の効果―コーピング方略との関連から―
    山根隆宏
    日本発達心理学会第24回大会発表論文集, 2013年03月, 日本語
    ポスター発表

  • 親がThe Circle of Security programに参加した子どもの アタッチメント行動の変化―ストレンジ・シチュエーション法と託児場面の行動観察から―
    岩本沙耶佳, 山根隆宏, 北川恵
    第18回学術集会高知りょうま大会, 2012年12月
    ポスター発表

  • 発達障害児・者をもつ親の心理的適応研究とその課題
    山根隆宏
    日本特殊教育学会第50回大会, 2012年09月, 日本語, 国内会議
    [招待有り]
    口頭発表(招待・特別)

  • アタッチメント理論に基づく子ども理解の有効性-The Circle of Security Programの視点から-
    岩本沙耶佳, 山根隆宏, 北川恵
    日本心理臨床学会第31回秋季大会発表論文集, 2012年09月
    ポスター発表

  • 高機能広汎性発達障害児・者をもつ母親の心理的適応における意味づけの役割―有益性発見の視点から―
    山根隆宏
    日本発達心理学会第23回大会発表論文集, 2012年02月

  • 性問題行動のある児童養護施設入所児童への集団療法
    山根隆宏, 中植満美子
    実践総合センター第5回研究会,和歌山大学教育学部附属実践総合センター教育臨床プロジェクト, 2011年11月, 日本語, 国内会議
    [招待有り]
    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 発達障害児・者の母親における有益性発見のストレス緩衝効果の検討
    山根隆宏, 川口麻千子
    日本心理臨床学会第30回秋季大会発表論文集, 2011年09月

  • 性問題行動のある児童養護施設入所児童への集団療法―予防と再発防止に向けての対応と課題について
    中植満美子, 山根隆宏
    日本心理臨床学会第30回秋季大会発表論文集, 2011年09月
    口頭発表(一般)

  • 発達障害児・者をもつ母親のストレッサー尺度の作成
    山根隆宏
    日本発達心理学会第22会大会発表論文集, 2011年03月
    ポスター発表

  • 高機能広汎性発達障害児をもつ母親の障害認識過程
    山根隆宏
    日本特殊教育学会第48回大会発表論文集, 2010年09月
    ポスター発表

  • 高機能広汎性発達障害児をもつ母親の適応―障害への意味づけに焦点を当てて―
    山根隆宏
    日本発達心理学会第21回大会発表論文集, 2010年03月
    ポスター発表

  • 発達障害児をもつ親の診断告知時の感情体験―診断告知に至る状況,ソーシャルサポートの検討―
    山根隆宏
    日本特殊教育学会第47回大会発表論文集, 2009年09月
    ポスター発表

  • 高機能広汎性発達障害児をもつ親の診断告知時の感情体験―診断の対応満足度, 育児ストレス, 診断を受けるタイミングとの関連について―
    山根隆宏
    日本発達心理学会第20回大会発表論文集, 2009年03月
    ポスター発表

  • 特別支援巡回相談における心理士の支援の在り方について
    山根隆宏, 山口正寛
    日本心理臨床学会第27回大会発表論文集, 2008年09月
    ポスター発表

  • 高機能広汎性発達障害児をもつ親の感情体験に関する研究―診断告知時における親の感情体験に影響を与える要因の検討
    山根隆宏
    日本特殊教育学会第46回大会発表論文集, 2008年09月
    ポスター発表

■ 所属学協会
  • 日本SEL研究会
    2018年04月 - 現在

  • 日本教育心理学会

  • 日本学生相談学会

  • 日本児童青年精神医学会

  • 日本特殊教育学会

  • 日本発達心理学会

  • 日本心理臨床学会

  • 日本心理学会

■ 共同研究・競争的資金等の研究課題
  • 自閉スペクトラム症児の親におけるウェルビーイングの維持・向上の影響因の縦断的解明
    山根 隆宏,ポーター倫子,野上慶子,鈴木田英里
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 基盤研究(B), 神戸大学, 2024年04月 - 2029年03月, 研究代表者

  • 発達障害のある児童を周囲と仲立ちするインクルーシブ教育支援システムのデザイン
    西田 健志, 寺田 努, 山根 隆宏, 村中 泰子
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 基盤研究(B), 神戸大学, 2023年04月01日 - 2028年03月31日

  • 二重ABCXモデルを用いた自閉スペクトラム症児の母親のストレス適応の解明
    ポーター 倫子, 山根 隆宏
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 基盤研究(C), 北陸学院大学, 2023年04月 - 2026年03月, 研究分担者

  • 成人期知的障害者家族におけるウェルビーイングへの「働くこと」・余暇の態度の影響
    山根隆宏, 原田新, 江上弘晃
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽), 2022年06月 - 2025年03月, 研究代表者

  • 家族認知行動療法(FCBT)家庭版プログラムの開発および効果の検証
    野上慶子, 山根隆宏
    神戸大学産官学連携本部(神戸大学イノベーション), 2023年度「 神戸大学GAPファンドプログラム“うりぼーFund”」, 神戸大学, 2023年06月 - 2024年03月, 研究分担者
    競争的資金

  • 療育手帳の交付判定及び知的障害に関する専門的な支援等に資する知的能力・ 適応行動の評価手法の開発のための研究
    厚生労働科学研究費補助金(障害者政策総合研究事業), 2023年04月 - 2024年03月, 研究分担者

  • 障害児通所支援事業所における発達障害児の感情調整支援プログラム の開発と効果検証
    山根隆宏, 石本雄真, 北川庄治
    デコボコベース株式会社, 共同研究, 2023年04月 - 2024年03月, 研究代表者

  • 心の健康の保持増進のための国際支援プログラム評価指標の開発
    加藤佳子, 山根隆宏, 鳥居深雪, 古屋敷 智之
    学術振興会, 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B)), 2018年10月 - 2023年03月, 研究分担者
    競争的資金

  • 発達障害児をもつ父母間の子どもの障害に対する認識の相違が家族レジリエンスに与える影響の検討
    鈴木田英里, 山根隆宏
    一般社団法人日本心理臨床学会, 2021年度研究助成, 2021年09月 - 2022年08月, 研究分担者

  • 不安低減を目的とした発達支援プログラムの実施及び効果検証
    山根隆宏, 石本雄真
    凸凹ベース株式会社, 2021年04月 - 2022年06月, 研究代表者

  • 神戸市内の放課後等デイサービスの支援力向上を目的とした実践型研修プログラム開発
    山根隆宏, 榊原久直, 石本雄真
    令和3年度大学発アーバンイノベーション神戸(若手研究者の研究活動経費助成制度), 神戸市, 2021年08月 - 2022年03月, 研究代表者

  • 父母ペアデータを用いた養育スタイルと子どもの発達に関する縦断的検討
    谷口あや, 山根隆宏, 野上慶子, 山口正寛
    公益財団法人 前川財団, 2020年度 家庭・地域教育助成, 2020年09月 - 2021年07月, 研究分担者

  • 発達障害児の不安症状改善を目的としたオンライン形式の家族認知行動療法(FCBT)の構築と有効性の検討―母親の不安症状にも注目して―
    野上慶子,山根隆宏,松本有貴
    公益財団法人 明治安田こころの健康財団, 研究助成事業, 公益財団法人 明治安田こころの健康財団, 2020年08月 - 2021年06月, 研究分担者

  • 檜がヒトの生体反応や行動・発達に及ぼす影響の解明
    山根隆宏, 近藤徳彦
    丸紅木材株式会社・有限会社新宅善廣商店, 2020年06月 - 2021年06月, 連携研究者

  • 放課後等デイサービスにおける支援機能向上に資する複層的な支援リソースの開発と検証
    石本雄真,山根隆宏,松本有貴
    学術振興会, 科学研究補助金(基盤研究C), 2018年04月 - 2021年03月, 研究分担者
    競争的資金

  • 自閉症児の親におけるオンラインソーシャルサポートの実態と有効性に関する縦断的検討
    山根隆宏
    学術振興会, 科学研究補助金(若手研究), 2018年04月 - 2021年03月, 研究代表者
    競争的資金

  • Effects of online social support on psychological stress response among parents of children with autism spectrum disorders
    山根隆宏
    日本科学協会, 海外発表促進助成, 2018年07月 - 2018年07月, 研究代表者
    競争的資金

  • 認知の偏りを総合的に測定する認知特性プロフィール尺度の開発
    相澤直樹, 山根隆宏
    学術振興会, 科学研究費補助金(基盤C・一般), 2016年04月 - 2018年03月, 研究分担者
    競争的資金

  • 教員・指導員による発達障害児の不安へのCBTを用いた支援
    石本雄真,山根隆宏,松本有貴
    学術振興会, 科学研究費補助金(基盤C), 2015年04月 - 2018年03月, 研究分担者
    競争的資金

  • 発達障害児の親の援助要請促進に関する基礎研究
    山根隆宏
    学術振興会, 科学研究費補助金(若手B), 2015年04月 - 2018年03月, 研究代表者
    競争的資金

  • 発達障害児をもつ親への家族心理教育プログラムの開発―意味づけの葛藤の視点から
    山根隆宏
    三井住友信託銀行, 公益信託 福原心理教育研究振興基金, 2014年08月 - 2015年07月, 研究代表者
    競争的資金

  • 対人恐怖症(社交不安障害)の心理発達的要因を探る:嫌悪判断を中心に
    相澤 直樹, 山根 隆宏
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 基盤研究(C), 神戸大学, 2012年04月01日 - 2015年03月31日
    本研究は,対人恐怖症(社交不安障害)に結びつく児童期の対人不安(シャイネス)に着目し,その発生と維持に関わる心理発達的要因としての対人場面における認知の偏りとの関連を検討した。児童期後期の小学生393名を対象に,児童用シャイネス尺度と他者意図判断尺度を含む質問紙調査を実施した。その結果,シャイネス傾向に一貫する発達的変化は見られなかったものの,他者意図の肯定的解釈が発達に低下するとともに,シャイネス高群と低群でその時期に違いがあることが示唆された。同時に,自己を意識して不安になる自意識シャイネスが加齢により高まる傾向もみられた。以上の結果を心理発達的観点から検討するとともに今後の展望を論じた。

  • 高機能広汎性発達障害児をもつ親の適応とその支援に関する研究
    山根隆宏
    財団法人日本科学協会, 平成22年度笹川科学助成, 2010年04月 - 2011年02月, 研究代表者
    競争的資金

  • 自閉性障害児における親子関係とその影響要因に関する研究
    山口正寛
    公益財団法人発達科学研究教育センター, 平成23年度学術研究助成―学術研究の部―, 2009年 - 2010年
    競争的資金

  • 高機能広汎性発達障害児をもつ親の障害受容過程に関する研究
    山根隆宏
    財団法人小平記念日立教育振興財団, 平成20年度家庭教育研究奨励金, 2008年07月 - 2009年08月, 研究代表者
    競争的資金

TOP