SEARCH

検索詳細

水島 靖典
大学院工学研究科 建築学専攻
准教授

研究者基本情報

■ 学位
  • 博士(工学), 神戸大学
■ 研究キーワード
  • 構造解析
  • 建築構造
■ 研究分野
  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築構造、材料
■ 委員歴
  • 2024年04月 - 現在, 日本建築学会, 構造委員会, 建築構造設計の数値解析技術小委員会 委員
  • 2024年04月 - 現在, 日本建築学会, 構造委員会, 耐衝撃性能小委員会, 耐衝撃設計法検討WG, 主査
  • 2022年04月 - 現在, 日本建築学会, 耐衝撃設計DB検討WG 委員
  • 2021年04月 - 現在, 日本建築学会, 構造委員会, 耐衝撃性能小委員会 委員

研究活動情報

■ 受賞
  • 2023年09月 日本建築学会, Most Cited Paper Award 2023, Japan Architectural Review, Fatigue-resistant Fe-Mn-Si-based alloy seismic dampers to counteract long-period ground motion
    Yasuhiko Inoue, Atsumichi Kushibe, Kenji Umemura, Yasuonori Mizushima, Takahiro Sawaguchi, Terumi Nakamura, Hiroaki Otsuka, Yuya Chiba

  • 2019年09月 国家地震工程研究中心(台湾), 第一位, 7層鉄筋コンクリート建物のブラインド解析コンテスト
    水島靖典, 木下拓也, 井戸硲勇樹, 高津比呂人

  • 2019年06月 一般社団法人鉄道建築協会, 奨励賞 鉄道建築協会賞(論文・業績部門), 鉄筋コンクリート製床スラブに対する柱部材の実大落下実験に関する研究その3~4
    大場航, 和田泰典, 和田翔太, 原口圭, 水島靖典, 堀内康史, 高津比呂人, 細川一昂, 鈴木庸介

  • 2016年06月 一般社団法人鉄道建築協会, 奨励賞 鉄道建築協会賞(論文・業績部門), 改良型吊り免振工法に関する研究
    原口圭, 渡部恵介, 和田泰典, 中濱諒, 鈴木勇, 杉山俊彦, 鈴木庸介, 望月英二, 水島靖典, 平将次郎, 車創太, 飯野夏輝, 五十嵐信哉

  • 2014年11月 日本建築学会 構造委員会 応用力学運営委員会:構造最適化と設計小委員会, 構造委員会 シェル・空間構造運営委員会:構造形態創生小委員会, 優秀作品, コロキウム構造形態の解析と創生2014 形態創生コンテスト, クミキ・サイクル -ライフサイクルを通して環境に適応する組木構造システム-
    木下拓也, 松岡康友, 水島靖典, 田邊裕介, 栗原嵩明, 松田耕

  • 2014年09月 日本建築学会, 最優秀賞, 2014年度日本建築学会技術部門設計競技, Tyranno Structure
    望月英二, 鈴木庸介, 水島靖典, 車創太

  • 2009年08月 日本建築学会, 優秀賞, 2009年度日本建築学会技術部門設計競技, 雨割
    安藤邦明, 石川敦雄, 小島倫直, 松岡康友, 田澤周平, 梅田尚子, 栗原嵩明, 水島靖典, 田邊裕介, 奈良知幸, 向井一洋, 井上泰彦

■ 論文
  • 千鳥型プレキャスト壁外殻架構の設計・施工計画 ~富士ソフト汐留ビル~
    田井 暢, 三橋幸作, 薛 学禎, 金子桂大, 平尾雅之, 水島靖典
    2024年03月, コンクリート工学, 62(3) (3), 236 - 241, 日本語
    [査読有り]
    論文集(書籍)内論文

  • 李 昊洋, 向井 洋一, 水島 靖典, 堀 慶朗
    Architectural Institute of Japan, 2024年03月, 日本建築学会構造系論文集, 89(817) (817), 275 - 285, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Yasunori Mizushima, Honoka Inoue, Sota Morikawa, Shojiro Taira
    Elsevier BV, 2023年10月, Structures, 56, 104949 - 104949, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Toru Tai, Kosaku Mitsuhashi, Nobuyuki Odajima, Junichi Wada, Yasunori Mizushima
    Springer Nature Switzerland, 2023年06月, Lecture Notes in Civil Engineering, 786 - 796, 英語
    [査読有り]
    論文集(書籍)内論文

  • 水島靖典, 三橋幸作
    Architectural Institute of Japan, 2022年10月, 日本建築学会技術報告集, 28(70) (70), 1212 - 1217, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Yasunori Mizushima, Takuya Kinoshita
    Elsevier BV, 2022年07月, Journal of Building Engineering, 52, 104368 - 104368, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Yasunori Mizushima, Natsuki Iino
    Elsevier BV, 2022年04月, Structures, 38, 832 - 847, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 低速衝突を受ける薄型鉄筋コンクリート板の損傷制御に関する実験的研究
    井戸硲勇樹, 水島靖典, 郷原昌樹, 米澤泰斗
    2022年01月, 第13回構造物の衝撃問題に関するシンポジウム論文集, (25), 日本語
    [招待有り]
    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 建築施工時の吊荷落下を想定した薄型鉄筋コンクリートスラブの 低速衝突に関する研究
    水島靖典
    2022年01月, 第13回構造物の衝撃問題に関するシンポジウム論文集, (24), 日本語
    [招待有り]
    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 水島靖典, 高津比呂人
    Architectural Institute of Japan, 2022年, 構造工学論文集B, 68B, 293 - 300, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Yasuhiko Inoue, Atsumichi Kushibe, Kenji Umemura, Yasunori Mizushima, Takahiro Sawaguchi, Terumi Nakamura, Hiroaki Otsuka, Yuya Chiba
    Wiley, 2021年01月, JAPAN ARCHITECTURAL REVIEW, 4(1) (1), 76 - 87, 英語
    [査読有り][招待有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 水島 靖典, 堀内 康史, 原口 圭, 細川 一昂, 大場 航
     In construction sites, when falling of lifted objects occur and the falling objects pass through underlying slabs, severe harm may be caused to persons under the slabs. Especially, when construction sites are located above public passages such as roads or railroad tracks, harms may be caused to not only construction workers but also unrelated third parties who use such passages. Therefore, it is important to ensure a sufficient safety for workers and third parties who are under the construction site in case a lifted object falls onto a reinforced concrete (RC) slab.
     Significant studies on projectile penetrating RC slabs have been carried out. Those studies proposed some empirical formulae for penetration or perforation limit. Collision problem dealt with in this study has some different features as to the ones reported in those previous studies. Falling objects in construction sites tend to be heavier and have lower velocity than the projectiles of mentioned previous studies. Floor slabs which are treated as collision targets in this study are thinner than the slabs of those studies from the perspective of the ratio of slab thickness to diameter of projectile. Therefore, the behavior of RC floor slabs is not clear when they are subjected to impact loadings by falling objects during construction.
     In this study, full-scale drop test and numerical simulations were conducted to examine the behavior of RC slabs subjected to collision of falling objects. Test specimens were made assuming generally used slabs in steel structure buildings in Japan. The specimens have 150mm thickness and constructed on steel deck plates which were considered as non-structural formworks. A falling object was made of a square tube and its mass was about 2.3t. The analytical model was made to replicate the shape of the specimens by finite element meshing. The numerical simulation was satisfactorily and validated by the experimental results. The numerical analysis could reproduce the state of damage of the slabs and time history responses observed in the experiment.
     The experimental and analytical results showed that the falling objects could not perforate completely the slabs even when the assumed falling conditions were beyond the perforation limit predicted by the empirical formula proposed by Degen. The falling objects did not fully pass through the slabs when falling heights were 10m and 15m although the calculated perforation height limit was 8.3m considering similar condition as those of the experiment. N=0.72 was adopted in the empirical formula as the shape factor of the tip of the falling object. The diameter of the falling object was adjusted in order that the perimeter of the circle was equivalent to that of the falling object.
     The empirical formula seemed able to predict the variation in the failure mode of the slabs. When falling heights were within the perforation limit, concrete at collision points didn't fail completely. On the contrary, concrete at collision points failed completely and reinforcement bars were exposed when falling heights were beyond the perforation limit. In addition, analytical results showed that strain energy of concrete did not significantly increase relative to the increasing of falling heights when falling conditions were beyond the perforation limit. In contrast, strain energy of reinforcement bars increased proportionally to the falling heights.
    日本建築学会, 2018年09月, 日本建築学会構造系論文集, 83(751) (751), 1239 - 1249, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Key Element Buildings Design Method with Bidirectional Evaluation between Structural Analysis and Evacuation Analysis
    Yasuyuki Nagano, Yoichi Mukai, Kensuke Yasufuku, Yasunori Mizushima, Tomoharu Saruwatari
    2018年07月, Extended abstract for the 13th World Congress on Computational Mechanics (WCCM 2018), (#MS1013TS8-1)1 - 10, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Construction of Damage Observation System for Both Structural and Non-Structural Members with Overlaying
    Yasunori Mizushima, Yoichi Mukai, Yasuyuki Nagano
    2018年07月, Extended abstract for the 13th World Congress on Computational Mechanics (WCCM 2018), (#MS1013TS8-2)1 - 6, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Yasunori Mizushima, Yoichi Mukai, Hisashi Namba, Kenzo Taga, Tomoharu Saruwatari
    Wiley, 2018年01月, Japan Architectural Review, 1(1) (1), 96 - 108
    [査読有り][招待有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 中村 壮志, 木下 拓也, 藤井 英二, 中村 尚弘, 水島 靖典, 鹿島 孝, 池田 周英, 鈴木 琢也, 東城 峻樹
     Although high-performance computing devices and general-purpose optimization software continue to be upgraded, optimization techniques are rarely utilized in the practical design of building structures. One reason is that optimization algorithms tend to be complicated and difficult to understand. This study proposes a section determination system for steel structures using a simple algorithm.
     The results obtained by this study are as follows:

     1. The optimization problem that minimizes steel weight was formulated by targeting the allowable stress design method of general steel structures, under the restricted condition of utility factor. Furthermore, in order to solve this problem easily, a simple algorithm consisting of decremental line search and automatic member grouping was proposed and the section determination system, combined with structure analysis, was built, analyzing the utility factor distribution and referring to the taboo list.

     2. Termination criteria were proposed to easily reflect the design intent of the structural designer in the results of the proposed determination system. The system user can employ three parameters as termination criteria namely, the expected reduction ratio by member grouping, average utility factor of all section members, and number of groups.

     3. Using a sample model of steel structures, the influence of each termination criteria on the design results was studied, and the range of each parameter to obtain practical design results was identified. Furthermore, in order to verify the validity of the proposed system, the obtained results were compared with those of structural designers, and the practicality of the proposed system was confirmed.

     However, in the proposed system, only the utility factor for allowable stress method is considered as a constraint condition, hence other elements that are usually required for structural design such as eccentricity ratio and story drift angle are not considered. In order to develop further this practical system, it is necessary to take into account the previously omitted requirements. In addition, it is worth to include other requirements that seem difficult to deal with numerically such as workability.
    日本建築学会, 2017年10月, 日本建築学会構造系論文集, 82(740) (740), 1609 - 1619, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Yasunori Mizushima, Yoichi Mukai, Tomoharu Saruwatari
    © 2017 National Technical University of Athens. All rights reserved. This paper reports a non-linear analysis of a steel structure using a large-scale and detailed finite element model considering fracture phenomenon. The shaking-table test results of a 3-story full-scale steel frame structure, which were carried out at E-defense in 2013, are evaluated analytically in this paper. The analytical model used in this study is intended to replicate adequately entire shape of target steel frame structure specimen, assembling huge numbers of tiny finite elements. The damage index is introduced as the fracture criterion on steel members model for execution of FE simulations. Elements whose damage index has been reached to 1.0 are eliminated in our way of FEM analyses. The damage index shows a good correlation with the occurrence of the fracture observed in the experimental test. The timing of the first fracture of the beam end in the analysis mostly match well to that of the experiment. In addition, the structural responses obtained by the analysis agree with those of the experiment.
    2017年, COMPDYN 2017 - Proceedings of the 6th International Conference on Computational Methods in Structural Dynamics and Earthquake Engineering, 2, 4920 - 4927
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Detailed FEM Simulations for Shaking Table Test of Three-Story Full Scaled Steel Building Structure
    Yasunori Mizushima, Yoichi Mukai, Tomoharu Saruwatari
    2016年07月, Proceedings of 16th International Conference on Computing in Civil and Building Engineering, 192 - 199, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 水島靖典, 向井洋一, 難波尚, 多賀謙蔵, 猿渡智治
    Japan Association for Earthquake Engineering, 2016年01月, 日本地震工学会論文集, 16(1) (1), 217 - 227
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 水島 靖典, 向井 洋一, 多賀 謙蔵, 難波 尚, 猿渡 智治
     There have been some researches on analysis using finely-meshed FE model to understand in detail the behaviors of buildings during severe earthquakes. The accuracy of such analysis is often validated by comparing the results to the corresponding full-scale shaking table test. While they are highly successful in the accuracy, no researches take account of the effect of fracture of members. In this paper, numerical analysis isconducted for asteel structure subjected to multiple series of excitations in a full-scale shaking table test considering the fracture. The structure is modeled with planar and solid finite elements and the fracture is treated by mandatory deletion of elements at time when fracture was observed in the experiment. It is shown that, by considering fracture of steel members with deletion of elements the history of input excitations and caused damages, the behaviors can be simulated by analysis with much higher accuracy.
    日本建築学会, 2016年01月, 日本建築学会構造系論文集, 81(719) (719), 61 - 70, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 鋼構造建築物の地震時終局挙動に関する詳細有限要素モデルとフレームモデルによる応答比較
    水島 靖典, 向井 洋一, 猿渡 智治
    日本建築学会, 2014年03月, 構造工学論文集.B, (60) (60), 213 - 218, 日本語
    [査読有り]

  • Yasunori Mizushima, Yoichi Mukai, Masahito Ohno, Tomoharu Saruwatari
    The differences in seismic responses in highly nonlinear ranges among various analytical models are not clear. These include such as frame models, and detailed Finite Element Method (FEM) models microscopically reproducing the individual components' shapes are not clear structures. In this study, the dynamic response of a detailed FEM model is compared to those of frame models. The FEM model was made to reproduce a building's shape as precisely as possible and analyzed by LS-DYNA that is commercial FE code equipped explicit method. The frame model was macroscopically composed of beam elements. Two frame models were considered; in one model, the P-delta effect was considered, and in the other model, it was neglected. The differences between those frame models and the detailed FEM model in highly non-linear ranges was investigated. As a result, it was assured that the frame model that neglected the P-delta effect tend to underestimate the deflection in these ranges, while the residual deflection of the frame model that considered the P-delta effect was larger than that of the detailed FEM model because of stiffness degradation.
    2014年, Theoretical and Applied Mechanics Japan, 62, 159 - 166
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • A Study on Dynamic Response of Rein-Forced Building by Fluid Structure Interaction
    Yasunori Mizushima, Shusaku Inoue
    2013年03月, A Study on Dynamic Response of Rein-Forced Building by Fluid Structure Interaction, 1929 - 1932, 英語
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Simulation of Three Dimensional Tsunami Inundation into the Inside of a Building
    Shusaku Inoue, Yasunori Mizushima
    2013年03月, 10th International Conference on Urban Earthquake Engineering Conference Proceedings, 1909 - 1912, 英語
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • A study on strong non-linearity analysis with large-scale and detailed FE models –Comparison of dynamic responses of frame and lumnped mass model
    Yasunori Mizushima, Yoichi Mukai, Msahito Ohno, Tomoharu Saruwatari
    2012年11月, Proceedings of International Symposium on Earthquake Engineering, 517 - 524, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 岡 日出夫, 山田 聖志, 五十嵐 信哉, 水島 靖典
    To reduce the weight of buildings, the lightening of slabs would be very effective way because the slabs are generally the heaviest members in the building skeleton. In this paper, the sandwich panel system has been investigated on account of the reduction of self-weight as well as the increase of bending rigidity. The present sandwich panels are of an ALC (autoclaved lightweight aerated concrete) core adhesively bonded with steel skins. In order to grasp the fundamental structural behaviors, the four-point bending tests were carried out. The test results have been discussed referring to the analytical results by the simple theory for laminated beams or the previous test results for ALC panels.
    日本建築学会, 2011年, 日本建築学会構造系論文集, 76(660) (660), 427 - 435, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 岡 日出夫, 山田 聖志, 水島 靖典, 五十嵐 信哉
    In order to reduce the weight of buildings, the lightweight sandwich slab system consisting of an ALC (autoclaved lightweight aerated concrete) core adhesively bonded with steel skins was proposed. In this paper, two hour fire resistance tests under constant dead loading have been performed. Subsequently, structural behaviors on the four-point bending tests against these specimens subjected fire heating are studied. Each test results reveal that the steel/ALC sandwich slabs have fireproof qualities with almost the same level as ordinary ALC panel.
    日本建築学会, 2011年, 日本建築学会技術報告集, 17(37) (37), 909 - 914, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

■ MISC
  • 大規模詳細モデルによる鉄骨造高層建物の大入力時の応答に関する一考察
    水島 靖典, 向井 洋一, 大野 正人
    日本計算工学会, 2013年06月, 計算工学講演会論文集 Proceedings of the Conference on Computational Engineering and Science, 18, 3p, 日本語

  • 大規模構造解析
    水島靖典
    2008年11月, 建築と社会, 日本語
    [招待有り]
    記事・総説・解説・論説等(その他)

■ 講演・口頭発表等
  • 衝突荷重の確率的表現と随伴事象
    水島靖典
    第14回 構造物の衝撃問題に関するシンポジウム論文集, 2023年12月, 日本語
    [招待有り]
    口頭発表(招待・特別)

  • アウターフレームを設置した木造古民家の実大試験体によるE-ディフェンス実験
    山下 美咲, 向井 洋一, 藤谷 秀雄, 藤永 隆, 難波 尚, 水島 靖典, 瀧野 敦夫, 福井 弘久, 岸田 明子
    第16回地震工学シンポジウム, 2023年11月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 角形鋼管を用いたパイルキャップの杭頭接合部の構造特性 その4: 曲げせん断実験の実験結果
    福原 武史, 南谷 知輝, 高山 秀俊, 祐野 友輝, 瑞慶覧 長尚, 服部 雅之, 水島 靖典
    2023年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 角形鋼管を用いたパイルキャップの杭頭接合部の構造特性 その3:曲げせん断実験の実験計画および結果の概要
    南谷 知輝, 福原 武史, 高山 秀俊, 瑞慶覧 長尚, 服部 雅之, 祐野 友輝, 水島 靖典
    日本建築学会大会(近畿)学術講演梗概集, 2023年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 角形鋼管を用いたパイルキャップの杭頭接合部の構造特性 (その2:引張試験の実験結果)
    祐野 友輝, 福原 武史, 南谷 知輝, 高山 秀俊, 瑞慶覧 長尚, 服部 雅之, 水島 靖典
    日本建築学会大会(近畿)学術講演梗概集, 2023年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 角形鋼管を用いたパイルキャップの杭頭接合部の構造特性(その1:せん断試験)
    瑞慶覧 長尚, 福原 武史, 南谷 知輝, 高山 秀俊, 祐野 友輝, 服部 雅之, 水島 靖典
    日本建築学会大会(近畿)学術講演梗概集, 2023年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • E-ディフェンス実験による木造古民家への外付けフレーム補強効果の検証 その1 研究概要
    向井 洋一, 藤谷 秀雄, 難波 尚, 藤永 隆, 水島 靖典, 瀧野 敦夫, 福井 弘久, 岸田 明子
    日本建築学会大会(近畿)学術講演梗概集, 2023年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 低速衝突を受ける薄型鉄筋コンクリート版の損傷制御に関する研究 その5:デッキ引抜時ひずみ速度依存性
    郷原 昌樹, 吉田 智紀, 米澤 泰斗, 井戸硲 勇樹, 鈴木 庸介, 高津 比呂人, 水島 靖典
    日本建築学会大会(近畿)学術講演梗概集, 2023年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • RC建物を対象とした免震装置の性能ばらつきによる建物の応答分布に関する研究
    宮内智香, 水島靖典
    日本建築学会大会(近畿)学術講演梗概集, 2023年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 応力三軸度がSN490鋼の極低サイクル疲労特性に与える影響に関する研究
    牟田萌香, 水島靖典, 井上泰彦, 稲葉澄, 吉野翔太
    令和5年度 日本建築学会近畿支部研究発表会, 2023年06月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 詳細有限要素モデルを用いたRC造建物の震動台実験の再現解析における震動台回転道の影響に関する研究
    森田成美, 水島靖典
    令和5年度 日本建築学会近畿支部研究発表会, 2023年06月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • Challenges To Detailed Finite Element Analysis of Entire Building Structures
    Yasunori MIZUSHIMA, Yoichi MUKAI, Eizaburo TACHIBANA
    International Congress on Advanced Earthquake Resistant Structures (AERS2023), 2023年04月, 英語
    口頭発表(一般)

  • 3次元立体フレームモデルの応答データベース構築の試み
    郷原昌樹, 水島靖典, 筒井寛太, 永野康行
    日本地震工学会第17回年次大会梗概集, 2022年12月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 低速衝突を受ける薄型鉄筋コンクリート版の損傷制御に関する研究(その4:定着機構の挙動)
    郷原昌樹, 水島靖典, 井戸硲勇樹, 鈴木庸介, 高津比呂人, 米澤泰斗
    日本建築学会大会(北海道)学術講演梗概集, 2022年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 切り欠き形状の違いを考慮した試験片による鋼材の低サイクル疲労特性に関する研究
    西谷聡太, 水島靖典, 井上泰彦, 稲葉澄, 本村達
    日本建築学会大会(北海道)学術講演梗概集, 2022年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • Comparison of Analysis Results between Two Analysis Programs by Parametric Study of Thousands of 3D Building Structure Models
    Kanta TSUTSUI, Yasunori MIZUSHIMA, Motonobu MAEKAWA, Yasuyuki NAGANO
    15th World Congress on Computational Mechanics (WCCM-XV), 2022年08月, 英語
    口頭発表(一般)

  • 検討数が数千オーダーである立体るフレームモデルの時刻歴応答解析
    筒井寛太, 郷原昌樹, 水島靖典, 永野康行
    令和4年度 日本建築学会 近畿支部研究発表会, 2022年06月, 日本語

  • 角形鋼管を用いたパイルキャップのせん断力伝達特性に関する非線形有限要素解析
    江川慶大, 水島靖典, 三橋幸作, 福原武史, 高山秀俊, 前川元伸
    日本建築学会大会(東海), 2021年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 低速衝突を受ける薄型鉄筋コンクリート版の損傷制御に関する研究 その3:有限要素解析
    郷原昌樹, 水島靖典, 井戸硲勇樹, 高津比呂人, 南谷知輝, 桑原雅人, 鈴木庸介, 米澤泰斗
    日本建築学会大会(東海), 2021年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 低速衝突を受ける薄型鉄筋コンクリート版の損傷制御に関する研究 その2:実験結果
    水島靖典, 井戸硲勇樹, 高津比呂人, 南谷知輝, 桑原雅人, 鈴木庸介, 米澤泰斗, 郷原昌樹
    日本建築学会大会(東海), 2021年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 低速衝突を受ける薄型鉄筋コンクリート版の損傷制御に関する研究 その1:実験概要
    井戸硲勇樹, 水島靖典, 高津比呂人, 南谷知輝, 桑原雅人, 鈴木庸介, 米澤泰斗
    日本建築学会大会(東海), 2021年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 千鳥型プレキャスト鉄筋コンクリート耐力壁の構造特性 その3:有限要素解析
    水島靖典, 三橋幸作, 田仲秀典, 田井暢, 小田島暢之
    日本建築学会大会学術講演会(関東), 2020年09月, 日本語

  • 千鳥型プレキャスト鉄筋コンクリート耐力壁の構造特性 その2:実験結果
    田仲秀典, 水島靖典, 三橋幸作, 田井暢, 小田島暢之
    日本建築学会大会学術講演会(関東), 2020年09月, 日本語

  • 千鳥型プレキャスト鉄筋コンクリート耐力壁の構造特性 その1:実験計画
    三橋幸作, 水島靖典, 田仲秀典, 田井暢, 小田島暢之
    日本建築学大会学術講演会(関東), 2020年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 千鳥型プレキャスト鉄筋コンクリート 耐力壁の構造実験および有限要素解析
    水島靖典, 三橋幸作, 田井暢, 田仲秀典, 小田島暢之
    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2020年06月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 施工中の吊荷落下を想定した重量物落下に対する鉄筋コンクリートスラブの衝撃挙動
    水島靖典
    耐衝撃設計の合理化に向けて -現状と新しい流れ、今後の課題-, 2019年11月, 日本語
    [招待有り]
    口頭発表(招待・特別)

  • 鉄筋コンクリート製床スラブに対する柱部材の実大落下実験に関する研究 その5 敷鉄板を設置した鉄筋コンクリートスラブの実大落下実験および数値解析
    志賀 竜介, 渡辺 恵介, 原口 圭, 小栁 和大, 鈴木 庸介, 水島 靖典, 飯野 夏輝
    日本建築学会大会学術講演会(北陸), 2019年07月, 日本語, 日本建築学会
    口頭発表(一般)

  • 鉄筋コンクリート製床スラブに対する柱部材の実大落下実験に関する研究 その6 10t級の落下物質量に対する検討
    鈴木 庸介, 水島 靖典, 飯野 夏輝, 渡辺 恵介, 志賀 竜介, 原口 圭, 小栁 和大
    日本建築学会大会学術講演会(北陸), 2019年07月, 日本語, 日本建築学会

  • 鉄筋コンクリート製床スラブに対する柱部材の実大落下実験に関する研究 その7鉄筋量の影響
    水島 靖典
    日本建築学会大会学術講演会(北陸), 2019年07月, 日本語, 日本建築学会

  • 鉄筋コンクリート製床スラブに対する柱部材の実大落下実験に関する研究 その3:数値解析による検討
    水島 靖典, 原口 圭, 細川 一昂, 堀内 康史, 高津 比呂人
    日本建築学会大会学術講演会(東北), 2018年07月, 日本語, 日本建築学会

  • 鉄筋コンクリート製床スラブに対する柱部材の実大落下実験に関する研究 その4 スラブ上に鉄板を設置した場合の数値解析
    大場 航, 水島 靖典, 鈴木 庸介, 和田 泰典, 和田 翔太
    日本建築学会大会学術講演会(東北), 2018年07月, 日本語, 日本建築学会

  • ブレース型Fe-Mn-Si 系合金制振ダンパーの開発 その2 設計と実大加力試験
    梅村 建次, 櫛部 淳道, 井上 泰彦, 水島 靖典, 大塚 広明, 千葉 悠矢, 中村 照美, 澤口 孝宏
    日本建築学会大会学術講演会(東北), 2018年07月, 日本語, 日本建築学会

  • ブレース型Fe-Mn-Si系合金制振ダンパーの開発 その3 疲労耐久性の検証
    井上 泰彦, 櫛部 淳道, 梅村 建次, 水島 靖典, 中村 照美, 澤口 孝宏, 大塚 広明, 千葉 悠矢
    日本建築学会大会学術講演会(東北), 2018年07月, 日本語, 日本建築学会

  • 鉄筋コンクリート製床スラブに対する柱部材の実大落下実験に関する研究 その1:実験計画
    細川 一昂, 水島 靖典, 町田 隆祐, 佐久間 康如, 鈴木 庸介, 堀内 康史
    日本建築学会大会学術講演会(中国), 2017年07月, 日本語, 日本建築学会

  • 鉄筋コンクリート製床スラブに対する柱部材の実大落下実験に関する研究 その2:実験結果
    水島 靖典, 細川 一昂, 町田 隆祐, 佐久間 康如, 鈴木 庸介, 堀内 康史
    日本建築学会大会学術講演会(中国), 2017年07月, 日本語, 日本建築学会

  • Fe-Mn-Si系合金制振ダンパーの開発と超高層建物への適用 その3 Fe-Mn-Si系合金制振ダンパーの設計と基本特性
    梅村 建次, 櫛部 淳道, 井上 泰彦, 小林 秀雄, 大沢 和雅, 増田 真吾, 水島 靖典, 畔柳 歩
    日本建築学会大会学術講演会(九州), 2016年08月, 日本語, 日本建築学会

  • 複数回の強震動により累積損傷を受ける実大3層鋼骨組のEディフェンス加振実験 その10 破断予測を行った詳細FEM解析
    水島 靖典, 向井 洋一, 難波 尚
    日本建築学会大会学術講演会(九州), 2016年08月, 日本語, 日本建築学会

  • 部材グルーピングを用いた構造断面最適化の試み
    中村 壮志, 木下 拓也, 藤井 英二, 水島 靖典, 鹿島 孝, 池田 周英, 鈴木 琢也, 東城 峻樹, 中村 尚弘
    人工知能学会全国大会論文集, 2016年, 日本語, 一般社団法人 人工知能学会

  • 複数回の強震動により累積損傷を受ける実大3層鋼骨組のE ディフェンス加振実験 : その9 破断を考慮した詳細FEM 解析(振動(2),構造III,学術講演会・建築デザイン発表会)
    水島 靖典, 向井 洋一, 難波 尚
    日本建築学会大会学術講演会(関東, 2015年, 日本語, 日本建築学会

  • アンケート調査による構造解析インターフェイスの問題点の抽出
    水島 靖典, 渡邊 秀和, 伊藤 拓海, 木下 拓也, 鈴木 琢也, 鈴木 比呂子, 西村 康志郎, 藤田 皓平, 前 稔文, 山川 誠
    理論応用力学講演会 講演論文集, 2014年09月, 日本語, 日本学術会議 「機械工学委員会・土木工学・建築学委員会合同IUTAM分科会」, 従来、構造力学の理解を手助けするものの多くは、書籍によるか、実験をはじめとする実体験であった。またこれらのほかにコンピューターによる構造解析(シミュレーション)も挙げられる。しかしながら、このコンピューターによる構造解析では、複雑な入力システムを経て解析が実行され、その結果の出力は専門知識を持っていなければ直感的に理解しがたいものであった。ところで、近年ではスマートフォンを中心とした高性能な携帯型情報端末が普及してきている。これらの機器はタッチパネルなどの直感的なインターフェースを有しており、人とコンピューターの関わり方に大きな変化をもたらす可能性がある。そこで本報告ではこれらの携帯型端末の構造解析利用を念頭に置き、建築構造を学習する学生に対してアンケート調査を行い、その結果を基に今後の構造解析インターフェイスの方向性について検討を行う。

  • 遺伝的アルゴリズムを用いたスラブ支保工及び型枠の早期解体工法に関する検討
    木下 拓也, 水島 靖典, 玉井 勝士, 平 将次郎
    理論応用力学講演会 講演論文集, 2014年09月, 日本語, 日本学術会議 「機械工学委員会・土木工学・建築学委員会合同IUTAM分科会」, 最適化アルゴリズムを利用した建築施工プロセスの合理化手法について検討を行う。一般的なRC造建物の床スラブ構築時には、コンクリート強度が十分発現するまで支保工(サポート部材)を長期間残置させる必要がある。このような支保工残置位置は、これまでは簡易な構造的検討に基づいて定められてきたため、比較的大きな安全率を見込まなければならなかった。本提案では、3次元有限要素解析により、スラブに生じる曲げモーメント等の応答を詳細に評価する。さらに、多目的遺伝的アルゴリズムを用いて、各施工ステップにおいてたわみとひび割れモーメントを許容値以下としながら、かつ残置支保工の数を最小とするような配置パターンを求め、施工プロセス合理化を図る。

  • 改良型吊り免振工法に関する研究 : その3 吊り免振架構の復元力特性に関する検討(免震システム,構造II,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)
    鈴木 庸介, 水島 靖典, 五十嵐 信哉, 車 創太, 渡辺 恵介, 原口 圭, 和田 泰典, 鈴木 勇
    日本建築学会大会学術講演会(近畿), 2014年09月, 日本語, 日本建築学会

  • 改良型吊り免振工法に関する研究 : その2 接合部の剛性評価実験および解析(免震システム,構造II,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)
    平 将次郎, 水島 靖典, 鈴木 庸介, 望月 英二, 渡辺 恵介, 原口 圭, 和田 泰典, 鈴木 勇
    日本建築学会大会学術講演会(近畿), 2014年09月, 日本語, 日本建築学会

  • 津波段波衝撃波力を受ける構造物の応答に関する研究 : その2 非線形特性を示す建物モデルの応答とその簡易評価法(衝撃解析,構造I,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)
    水島 靖典, 井上 修作
    日本建築学会大会学術講演会(北海道), 2013年08月, 日本語, 日本建築学会

  • 建物内部に浸水する津波計算に関する研究(被害調査・予測,都市計画,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)
    井上 修作, 水島 靖典, 佐藤 吉之
    日本建築学会大会学術講演会(北海道), 2013年08月, 日本語, 日本建築学会

  • エネルギー・CO_2ミニマム(ECM)セメント・コンクリートを用いた耐震壁の実験的研究(耐震壁(2),構造IV,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)
    木村 秀樹, 高津 比呂人, 辻 大二郎, 木下 拓也, 水島 靖典, 村上 裕貴
    日本建築学会大会学術講演会(北海道), 2013年08月, 日本語, 日本建築学会

  • 鋼構造建築構造骨組の大規模・超詳細モデリングによる強非線形応答解析
    向井 洋一, 水島 靖典, 大野 正人
    Annual report of the Earth Simulator Center, 2013年04月, 英語, Earth Simulator Center, Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology

  • 大規模詳細モデルによる20層鋼構造骨組みの解析
    水島 靖典, 向井 洋一, 大野 正人, 猿渡 智治
    理論応用力学講演会 講演論文集, 2013年, 日本語, 日本学術会議 「機械工学委員会・土木工学・建築学委員会合同IUTAM分科会」, 建築物の構造設計では「想定」した大地震時に建物を倒壊させないようにして人命を保護することが基本理念となっている。しかし、換言すると、万一「想定外」の地震が発生した場合に建物が大損傷を受け、その時に何が起こるかを予測することは現在の構造設計の範疇にないと言える。
    東日本大震災以降、我が国では「防災」から「減災」へ、災害に対する備えの認識が変化しつつある。そのため建築構造においても、従来の設計の範囲を越える事象に対して、その潜在的リスクを明らかに備えることは極めて重要である。そのためには、まず建物が倒壊に至るまでの状況を正確に把握することが必要である。本研究では、建物の形状を詳細部までFEMモデルで構築することにより局部的な挙動から建物全体が倒壊に至るまでの挙動を再現可能とし、そのモデルを用いて大地震時の建物倒壊挙動の把握を行った。

  • 津波段波衝撃波力を受ける構造物の応答に関する研究(衝撃解析,構造I,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)
    水島 靖典, 井上 修作
    日本建築学会大会学術講演会(東海), 2012年09月, 日本語, 日本建築学会

  • 軽量材料をコア材とするサンドイッチ構造床版 : (その7) 鋼/ALCパネルの面内せん断特性(床材,構造III)
    水島 靖典, 岡 日出夫, 菅田 昌宏, 山田 聖志, 五十嵐 信哉, 足立 将人
    日本建築学会大会学術講演会(関東), 2011年07月, 日本語, 日本建築学会

  • 軽量材料をコア材とするサンドイッチ構造床版 : (その6) 2時間加熱を経験した鋼/ALCパネル試験体の曲げ実験(床材,構造III)
    五十嵐 信哉, 岡 日出夫, 水島 靖典, 山田 聖志
    日本建築学会大会学術講演会(関東), 2011年07月, 日本語, 日本建築学会

  • 軽量材料をコア材とするサンドイッチ構造床版 : (その5)鋼/ALCパネル試験体の載荷加熱実験(床材,構造III)
    岡 日出夫, 水島 靖典, 五十嵐 信哉, 山田 聖志
    日本建築学会大会学術講演会(関東), 2011年07月, 日本語, 日本建築学会

  • コード化ターゲットを用いたステレオ写真計測による室内CADモデルの自動生成システム(BIM・画像処理,情報システム技術)
    菅田 昌宏, 水島 靖典, 廣瀬 駿, 森山 拓哉, 高地 伸夫
    日本建築学会大会学術講演会(関東), 2011年07月, 日本語, 日本建築学会

  • 軽量材料をコア材とするサンドイッチ構造床版 : (その4) 曲げ実験における剛性と強度の考察(柱材(2),床材,構造III)
    水島 靖典, 岡 日出夫, 五十嵐 信哉, 山田 聖志, 北東 宏郎
    日本建築学会大会学術講演会(北陸), 2010年07月, 日本語, 日本建築学会

  • 軽量材料をコア材とするサンドイッチ構造床版 : (その3) 細幅の鋼板を用いた鋼/ALCパネル試験体の曲げ実験(柱材(2),床材,構造III)
    岡 日出夫, 水島 靖典, 五十嵐 信哉, 山田 聖志, 北東 宏郎
    日本建築学会大会学術講演会(北陸), 2010年07月, 日本語, 日本建築学会

  • ワンタッチ式・外装プレキャストカーテンウォール板ファスナー埋め込み部における2方向加力時の終局耐力評価(その2)(外装材(2),材料施工)
    菅田 昌宏, 宍戸 覚, 村田 耕司, 浜辺 淳, 水島 靖典
    日本建築学会大会学術講演会(北陸), 2010年07月, 日本語, 日本建築学会

  • ワンタッチ式・外装プレキャストカーテンウォール板ファスナー埋め込み部における2方向加力時の終局耐力評価(その1)(外装材(2),材料施工)
    宍戸 覚, 村田 耕司, 浜辺 淳, 菅田 昌宏, 水島 靖典
    日本建築学会大会学術講演会(北陸), 2010年07月, 日本語, 日本建築学会

  • 上下方向に衝撃荷重をうける鉄筋コンクリート構造の柱梁接合部近傍の力学的挙動に関する一考察
    水島 靖典, 橘 英三郎
    理論応用力学講演会 講演論文集, 2010年, 日本語, 日本学術会議 「機械工学委員会・土木工学・建築学委員会合同IUTAM分科会」, 多くの鉄筋コンクリートのビルが阪神淡路大震災(1995)で破壊された。 いくつかのビルでは、1階のコラムの上端が圧縮応力によって破壊され、それがビルの全体崩壊に結びついたと思われる事例も認められた。 本稿では、最初に、衝撃荷重問題の観点から、数値シミュレーションを実行し、その現象の説明を試みる。 外部荷重としては、柱脚に衝撃荷重を上下方向に与えた。解析の結果、柱の鉛直応力の変動成分が各階を通過するごとに下向きへの反射と梁やスラブへの分散で急減していくことが分かった。又、それと同時に1階の 柱の上端で高いレベルの応力状態の発生していることも分かった。 また、いくつかの簡単な仮定を導入することによって、「棒の縦衝撃」の古典的問題の解の応用によりこれらを近似的に説明することができた。

  • RC建築構造物を対象とした大規模並列解析に関する研究(大規模解析,構造I)
    水島 靖典, 橘 英三郎
    日本建築学会大会学術講演会(東北), 2009年07月, 日本語, 日本建築学会

  • RC建築構造物の三次元有限要素モデルの大規模並列解析に関する研究
    水島靖典, 橘英三郎
    LS-DYNA User Conference 2007, 2007年10月, 日本語
    [招待有り]
    口頭発表(招待・特別)

  • 金属滑り支承型免震構造に関する研究 : 三次元モデルの応答解析による検討 (その2)(免震解析 (1), 構造II)
    水島 靖典, 西村 春美, 橘 英三郎
    日本建築学会大会学術講演会(関東), 2006年07月, 日本語, 日本建築学会

  • 金属滑り支承型免震構造に関する研究 : 三次元モデルの応答解析による検討 (その1)(免震解析 (1), 構造II)
    西村 春美, 水島 靖典, 橘 英三郎
    日本建築学会大会学術講演会(関東), 2006年07月, 日本語, 日本建築学会

  • ステンレスすべり支承型免震構造に関する研究 : 三次元モデルの応答解析による検討(その2)(構造)
    水島 靖典, 西村 春美, 橘 英三郎
    日本建築学会近畿支部研究報告集, 2006年05月, 日本語, 日本建築学会

  • ステンレスすべり支承型免震構造に関する研究 : 三次元モデルの応答解析による検討(その1)(構造)
    西村 春美, 水島 靖典, 橘 英三郎
    日本建築学会近畿支部研究報告集, 2006年05月, 日本語, 日本建築学会

■ 所属学協会
  • (社)日本鋼構造協会
    2020年05月 - 現在

  • (社)日本建築学会
    2006年04月 - 現在

■ 共同研究・競争的資金等の研究課題
  • 統一的基準による鋼構造部材の破断予測手法に関する研究
    水島 靖典, 井上 泰彦
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 基盤研究(C), 兵庫県立大学, 2021年04月01日 - 2024年03月31日
    巨大地震時に鋼構造建物に生じる可能性がある「破断」を統一的な方法で予測することは現状不可能である。これは、地震における鋼材の破断を予測するために必要な「形状による応力状態の違い」と「繰返し塑性変形」の両方を考慮したデータ、構成則が存在しないためである。本研究では応力状態の違いと繰返し塑性変形の両方を同時に考慮した破断条件「低・極低サイクル疲労曲面」を構築する。更に、この「低・極低サイクル疲労曲面」に基づいた破断構成則の開発を行う。本研究は、これまで不可能だったあらゆる部材に対して統一的な基準を用いた鋼材の破断予測を目指すものである。 研究初年度である2021年度は応力三軸度をパラメータとするために、試験体に切り欠きを設けた低サイクル疲労試験装置の設計を行った。試験装置は圧縮時の座屈を補剛するための試験体補剛機能と、画像相関法による3次元画像変形計測を行うための試験体の可視性を両立した治具を開発した。開発した実験装置を用いて、ひずみ振幅3%~8%程度の範囲で応力状態を変化させた低サイクル疲労実験を実施した。その結果、応力三軸度が大きいほど同程度のひずみ振幅であっても、亀裂の発生およびピーク荷重の低下が早期に生じることが確認できた。また、実験を行った範囲内では全ての試験体形状において、ひずみ振幅-破断繰返し数をプロットした両対数軸グラフ上でほぼ直線となるManson-Coffin則が成立することを確認した。

  • 建築物の構造解析と避難解析との双方向評価によるキーエレメントデザイン
    永野 康行, 安福 健祐, 多賀 謙蔵, 大野 暢亮, 向井 洋一, 島 伸一郎, 水島 靖典
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 兵庫県立大学, 2016年04月01日 - 2019年03月31日
    「構造シミュレータ」と「避難シミュレータ」の双方向検証に基づく人的被害軽減のための定量的評価のために、本研究で取組んできた非構造材の「損傷シミュレータ」を組込んだ統合シミュレーションを実施するための可視化ツールを作成した。「損傷評価オブザーバ」機能と「損傷制御オペレータ」機能の妥当性について、統合シミュレーションの結果に基づき検証を行った。構造シミュレータの解析結果に基づきこれとリンクさせた「損傷シミュレータ」からの損傷度評価を初期条件として、「避難シミュレータ」による避難障害検証を連続して行った。その結果より「損傷制御オペレータ」機能により、キーエレメントを特定した。

■ 産業財産権
  • カーテンウォール吊下げ用ファスナ
    藤田進, 菅田昌宏, 高津比呂人, 水島靖典, 三村麻理, 門川裕之
    特願2019-93565, 2019年05月17日, 株式会社竹中工務店, 特開2020-186621, 2020年11月19日, 特許7286903, 2023年05月29日, 2023年06月06日
    特許権

  • 架構の施工方法
    伊藤利明, 星野正宏, 浜田勇気, 中井政義, 藤井英二, 水島靖典, 車創太, 吉田良祐, 津山晧司
    特願2014-218983, 特開2016-84648, 特許第6663639号, 2020年02月19日, 2020年03月13日, 株式会社竹中工務店
    特許権

  • アリーナ
    岡日出夫, 五十嵐信哉, 犬飼伴幸, 藤井英二, 水島靖典, 車創太
    特願2014-224494, 特開2016-89455, 特許特許第6474231号, 株式会社竹中工務店
    特許権

  • 屋根構造
    藤井英二, 水島靖典, 車創太, 津山晧司, 星野正宏, 伊藤利明, 浜田勇気, 林田英俊
    特願2014-218993, 特開2016-84652, 特許特許第6383638号, 株式会社竹中工務店
    特許権

  • 連結装置及びネット構造
    藤井英二, 水島靖典, 車創太, 星野正宏, 伊藤利明, 浜田勇気, 林田英俊
    特願2014-203307, 特開2016-70019, 特許第6488094号
    特許権

  • 部材端部構造
    藤井英二, 小野喜信, 平川恭章, 佐分利和宏, 水島靖典, 鈴木庸介, 車創太
    特願2014-146146, 特開2016-23417, 特許第6389670号, 株式会社竹中工務店
    特許権

  • 梁鉄筋、梁鉄筋ユニットの製造方法、梁鉄筋の接合構造
    高津比呂人, 安藤悟, 水島靖典
    特願2012-287459, 特開2014-129671, 特許第6261862号
    特許権

  • 鉄筋定着装置
    安藤悟, 高津比呂人, 水島靖典
    特願2012-287458, 特開2014-129670, 特許第6261861号, 株式会社竹中工務店
    特許権

TOP