SEARCH

検索詳細

林 創
大学院人間発達環境学研究科 人間発達専攻
教授

研究者基本情報

■ 学位
  • 博士(教育学), 京都大学
■ 研究ニュース
■ 研究キーワード
  • 発達心理学
  • 教育心理学
  • 認知心理学
■ 研究分野
  • 人文・社会 / 教育心理学
■ 委員歴
  • 2023年03月 - 現在, 日本心理学会, 代議員
  • 2022年03月 - 現在, 日本発達心理学会, 代議員
  • 2021年01月 - 2024年03月, 日本教育心理学会, 『教育心理学年報』編集委員会委員
  • 2021年06月 - 2023年05月, 日本教育心理学会, 社員
  • 2021年06月 - 2023年05月, 日本教育心理学会, ハラスメント防止委員会 委員
  • 2022年09月 - 2022年12月, 日本発達心理学会, 学会賞選考委員会委員
  • 2019年01月 - 2022年12月, 日本発達心理学会, 国際研究交流委員会委員(BPS担当)
  • 2018年11月 - 2022年10月, 日本心理学会, 教育研究委員会 調査小委員会委員
  • 2022年04月 - 2022年09月, 日本教育心理学会, 城戸奨励賞選考委員会委員
  • 2021年04月 - 2022年03月, 日本発達心理学会, 研究活性化小委員会 委員
  • 2015年11月 - 2019年10月, 日本心理学会, 機関誌等編集委員会委員
  • 2013年01月 - 2018年12月, 日本教育心理学会, 「教育心理学研究」編集委員会 常任編集委員
  • 2017年01月 - 2018年03月, 日本発達心理学会, 編集WG 委員
  • 2015年01月 - 2016年07月, 日本心理学会, 第31回国際心理学会議(ICP2016)プログラム委員
  • 2015年04月 - 2015年09月, 日本教育心理学会, 城戸奨励賞選考委員会委員
  • 2011年09月 - 2015年09月, 日本心理学会, 心理学ワールド編集委員会委員, 日本心理学会
  • 2013年04月 - 2014年11月, 日本教育心理学会, 総会準備委員会 副事務局長
  • 2010年08月 - 2011年12月, 日本発達心理学会, 『発達心理学研究』編集委員会委員
  • 2010年01月 - 2011年12月, 日本発達心理学会, 国内研究交流委員会委員, 日本発達心理学会

研究活動情報

■ 受賞
  • 2022年 神戸大学, 令和3年度後期「全学共通教育ベストティーチャー賞」 「心理学B」の授業 神戸大学

  • 2021年03月 村尾育英会, 第38回村尾育英会学術奨励賞
    林 創

  • 2018年09月 日本発達心理学会, JSDP Award: Keynote for BPS (British Psychological Society) Developmental Section Annual Conference 2018
    林 創

  • 2018年03月 神戸大学, 平成29年度後期 「全学共通教育ベストティーチャー賞」, 「心理学B」の授業
    林 創
    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2014年12月 神戸大学, 平成26年度前期 「全学共通教育ベストティーチャー賞」, 「心と行動」の授業
    林 創
    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2008年09月 日本心理学会, 優秀論文賞
    林 創
    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2007年 発達科学研究教育センター, 発達科学研究教育奨励賞
    林 創
    出版社・新聞社・財団等の賞

  • 2003年08月 日本教育心理学会, 城戸奨励賞
    林 創
    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

■ 論文
  • Hajimu Hayashi, Ayumi Matsumoto, Tamano Wada, Robin Banerjee
    Elsevier BV, 2024年06月, Journal of Experimental Child Psychology, 242, 105886 - 105886, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Hajimu Hayashi, Nanaka Mizuta
    Elsevier BV, 2022年03月, Journal of Experimental Child Psychology, 215, 105320 - 105320, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 自己と他者の関係に着目した幼児の自己調整機能の発達
    藪田小百合, 林 創
    2021年03月, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科紀要, 14, 147 - 156
    [査読有り]
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Hajimu Hayashi, Yoshimi Ban
    2020年07月, European Journal of Developmental Psychology, 18, 230 - 256, 英語, 国際誌
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Hajimu Hayashi
    2020年03月, Journal of Genetic Psychology, 181, 150 - 158, 英語, 国際誌
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • HAYASHI Hajimu, Mina Nishikawa
    2019年09月, Journal of Experimental Child Psychology, 185, 224 - 235, 英語, 国際誌
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • HAYASHI Hajimu
    2019年08月, European Journal of Developmental Psychology, 16, 387 - 401, 英語, 国際誌
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • HAYASHI Hajimu
    This study examined young children's deception in a conflict situation. A puppet show was prepared involving a protagonist who went into hiding, an enemy who wanted to catch the protagonist, and a friend who was looking for the protagonist. In the no-conflict condition, the enemy asked the children about the location of the protagonist. In the conflict condition, the friend asked the children; however, the enemy was nearby and could eavesdrop. Thus, there was a conflict between deceiving the enemy and telling the truth to the friend. In Experiment 1, the enemy hid behind a tree and was not visible to the friend; 80 children aged 4, 5, and 6 years old participated. In Experiment 2, the enemy was visible to the friend but was disguised; 24 children aged 5 and 6 years old participated. Most 5- and 6-year-olds did not give accurate information to the enemy in the no-conflict condition. However, in the conflict condition, most of the children did not control their behavior and immediately gave accurate information to the friend although the enemy was nearby. Young children from the age of 5 years were able to deceive in the no-conflict situation, but it was difficult for them to deceive in the conflict situation.
    SAGE PUBLICATIONS LTD, 2017年03月, International Journal of Behavioral Development, 41(2) (2), 175 - 184, 英語, 国際誌
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Hajimu Hayashi
    The author examined whether children's understanding of lies exhibits developmental trends in the elementary school years. Four story contexts were presented to 51 first-grade students, 44 fourth-grade students, and 58 adults. These stories represented combinations of a protagonist's intention (truthful or deceptive) and the truth of the protagonist's message (true or false). The results showed that adults judged whether these messages were lies by considering the protagonist's intentions. By contrast, approximately 30% of first-grade students and some fourth-grade students did not consider intentions in making judgments, although they appropriately predicted the outcomes of the messages. These results suggest that children in the early elementary school years have a conception of lies different from that of adults, and their conception of lies becomes more sophisticated after middle childhood.
    ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD, 2017年, JOURNAL OF GENETIC PSYCHOLOGY, 178(4) (4), 229 - 237, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Hajimu Hayashi
    Omission bias refers to the tendency to judge acts of commission as morally worse than equivalent acts of omission. Children aged 7-8 and 11-12years, as well as adults, made moral judgements about acts of commission and omission in two conditions in which the protagonist obtained a self-directed benefit. In the antisocial condition, the other person was harmed; in the selfish condition, the other person was not harmed. The results showed that adults and both age groups of children judged that the agent who did something (act of commission) was morally worse than the agent who did nothing (omission) for both antisocial and selfish conditions, although this judgement tendency was clearer in the selfish condition than in the antisocial condition. Agent intention was held constant across commission and omission, but most participants rated the intention of the agent who did something as stronger than that of the agent who did nothing. These results suggest that omission bias occurs regardless of differences in age and situation. In addition, perceived intention appears to change in conjunction with omission bias.
    WILEY-BLACKWELL, 2015年06月, BRITISH JOURNAL OF DEVELOPMENTAL PSYCHOLOGY, 33(2) (2), 237 - 251, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Hajimu Hayashi, Yuki Shiomi
    This study examined whether children understand that people selectively conceal or express emotion depending upon the context. We prepared two contexts for a verbal display task for 70 first-graders, 80 third-graders, 64 fifth-graders, and 71 adults. In both contexts, protagonists had negative feelings because of the behavior of the other character. In the prosocial context, children were instructed that the protagonist wished to spare the other character's feelings. In contrast, in the real-emotion context, children were told that the protagonist was fed up with the other character's behavior. Participants were asked to imagine what the protagonists would say. Adults selected utterances with positive or neutral emotion in the prosocial context but chose utterances with negative emotion in the real-emotion context, whereas first-graders selected utterances with negative emotion in both contexts. In the prosocial context, the proportion of utterances with negative emotion decreased from first-graders to adults, whereas in the real-emotion context the proportion was U-shaped, decreasing from first- to third-graders and increasing from fifth-graders to adults. Further, performance on both contexts was associated with second-order false beliefs as well as second-order intention understanding. These results indicate that children begin to understand that people selectively conceal or express emotion depending upon context after 8 to 9 years. This ability is also related to second-order theory of mind.
    SAGE PUBLICATIONS LTD, 2015年01月, INTERNATIONAL JOURNAL OF BEHAVIORAL DEVELOPMENT, 39(1) (1), 1 - 8, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 児童期および青年期の発達研究の動向
    林 創
    2014年, 教育心理学年報, 53, 14 - 24, 日本語
    [査読有り][招待有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 心の理論
    郷式 徹, 林 創
    金子書房, 2012年, 児童心理学の進歩, 51, 51 - 81, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • リサーチリテラシーの育成による批判的思考態度の向上 : 「書く力」と「データ分析力」を中心に
    林 創, 山田 剛史
    The purpose of this study is to examine whether the disposition to critical thinking of university students can be improved by teaching "research literacy, " a term corresponding to the basic academic skills needed for research. Nineteen junior-year students participated in a seminar on research literacy, focusing on its relations to the abilities of academic writing and data analysis. Participants were required in advance to submit assignments on applying academic writing and data analysis. Furthermore, they were measured with a critical thinking disposition scale before and after the seminar. From the results, the participants' answers on the assignments showed that about half of them did not adequately understand the essence of academic writing. Most participants created both good and bad examples of critical thinking. Furthermore, performance on the critical thinking disposition scale for participants who learned research literacy in the seminar clearly improved compared with a control group not taking the seminar. These results demonstrate that it is important not only to teach research literacy to university students around the sophomore or junior year but also to give them opportunities to think critically. This would lead to an improved disposition to critical thinking of the students.
    京都大学高等教育研究開発推進センター, 2012年, 京都大学高等教育研究, (18) (18), 41 - 51, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 幼児期における他者の心の理解の発達 ―イラストのロボットを用いて―
    林 創, 今中菜七子
    本研究は,イラストを使った人間の行動とロボットの行動を比較することを通して,幼児期における他者の心の理解の発達を検討したものである。45人の幼児に,人間版とロボット版の誤信念課題と道徳判断課題を提示した。人間版とロボット版では,主人公が人間であるかロボットであるかの違い以外はすべて同じ状況で同じ行動とした。その結果,誤信念課題においては,ロボット版の方が人間版より得点が有意に低く,幼児は「ロボットに対して,人間に対する時ほどには誤信念を考慮しない」という傾向が明らかになった。道徳判断課題では,作為的な状況であれ不作為的な状況であれ,ロボットの行動と人間の行動の悪さの比較に差はなく,ロボットの行為に対しても,人間の行為に対してと同様の道徳判断をしたことが示唆された。
    岡山大学大学院教育学研究科, 2011年, 岡山大学大学院教育学研究科研究集録, (148) (148), 69 - 75, 日本語

  • Hajimu Hayashi
    This study examined developmental change in young children's moral judgments of commission and omission related to mental states, especially knowledge or ignorance. 4-5 and 5- to 6-year-olds (n = 67) made moral judgments about the tasks related to the understanding of knowledge or ignorance. The tasks were also composed of two types of acts: commission or omission. The results showed that the both age groups understood knowledge and ignorance, but that the older group made moral judgments based on this understanding more similar to adults compared to the younger group. There was not an age difference concerning whether the acts were of commission or omission. These findings indicate that there is no difference for young children in the difficulty in moral judgments of acts of commission and omission related to mental states, whereas there is a developmental difference in using the understanding of knowledge or ignorance for making moral judgments. Copyright (C) 2009 John Wiley & Sons, Ltd.
    JOHN WILEY & SONS LTD, 2010年03月, INFANT AND CHILD DEVELOPMENT, 19(2) (2), 187 - 203, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 学生および教員自身の授業評価はどの程度一致するか?
    林 創
    京都大学高等教育研究開発推進センター, 2010年, 京都大学高等教育研究, (16) (16), 73 - 81, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Hajimu Hayashi
    The aim of this study is to investigate whether there is a developmental difference in recognizing acts of harm through action and inaction (commission and omission). Thirty-nine children who were 4- to 6-year-olds judged tasks with acts of commission or acts of omission based on first-order mental states. Participants were more likely to give correct responses to mental state questions and incorrect ones to moral judgment questions than the reverse pattern. However, the difference between commissions or omissions did not significantly affect the correct responses in any age group. These results suggest that there are no developmental differences in recognizing acts of commissions and omissions based on the understanding of mental states.
    PSYCHOLOGIA SOC, 2009年09月, PSYCHOLOGIA, 52(3) (3), 209 - 218, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 作為と不作為の比較に関する認知発達 -不作為に対するバイアスの変化-
    林 創
    発達科学研究教育センター, 2009年, 発達研究, 23(23) (23), 143 - 152, 日本語

  • 作為と不作為の理解に関する認知発達的研究
    林 創
    発達科学研究教育センター, 2008年, 発達研究, 22(22) (22), 229 - 234, 日本語

  • Hajimu Hayashi
    Children's moral judgments about acts of commission and omission with negative outcomes were studied based on their understanding of mental states. Children (N = 142) in the first, third, and fifth grades made judgments about four tasks composed of two levels of mental states (first-order or second-order) and two types of acts (commission or omission). The results showed that the 7-year-olds responded considering only first-order mental states, but the 9- and 11-year-olds also used second-order mental states in their judgments. Whether the acts were commission or omission did not make a difference. These results indicate that children can make moral judgments regarding acts of commission and omission based on an understanding of second-order mental states by approximately the age of 9 years.
    BLACKWELL PUBLISHING, 2007年11月, JAPANESE PSYCHOLOGICAL RESEARCH, 49(4) (4), 261 - 274, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Hajimu Hayashi
    This study examined young children's understanding of second-order mental states, which have embedded structures such as belies about beliefs. Participants were 4-, 5-, and 6-year-olds. First-order and second-order false belief tasks were prepared with similar structures to minimize the difference between them. The results showed that over half of the 6-year-olds were successful on both tasks, while the 5-year-olds were successful on the first-order but not the second-order false belief task. This time lag between understanding first-order and second-order mental states is consistent with the findings of previous studies. These findings suggest that information processing of embedded mental states is a significant factor for understanding second-order mental states.
    PSYCHOLOGIA SOC, 2007年03月, PSYCHOLOGIA, 50(1) (1), 15 - 25, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 二次の心的状態の理解に関する問題とその展望
    林 創
    心理学評論刊行会, 2006年, 心理学評論, 49(49) (49), 233 - 250, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 利害葛藤のない場面において互酬性の期待が順社会的行動に及ぼす影響 ― 繰り返し二者間囚人のジレンマゲームを用いて
    子安増生, 森本裕子, 林 創
    京都大学大学院教育学研究科, 2005年, 京都大学大学院教育学研究科紀要, 51(51) (51), 1 - 17, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 教育学部学生の情報リテラシー教育の最適化に関する研究(IV):コンピュータ実技テストによるスキル評価
    子安増生, 林 創, 西尾新
    京都大学高等教育研究開発推進センター, 2004年, 京都大学高等教育研究, 10(10) (10), 45 - 57, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 再帰的な事象についての心理学的考察
    林 創
    京都大学大学院教育学研究科, 2003年, 京都大学大学院教育学研究科紀要, 49(49) (49), 290 - 302, 日本語

  • 児童期における再帰的な心的状態の理解
    林 創
    本研究は,児童(小学1~6年生)を対象(N=378)に,再帰的な心的状態の理解がいつごろ理解できるようになるのかを,「心の理論」研究の二次的信念課題によって検討したものである。既存のアイスクリーム課題(Perher & Wimmer,1985)と誕生日課題(Sullivan et al.,1994)に加えて,簡潔で実施が容易な移動課題を新たに用意し,3つの課題を比較した。さらに,ともに意図的な虚偽を述べている場面で「うそと冗談」を区別させる課題を実施し,再帰的な心的状態の理解との関わりを調べた。その結果,移動課題は誤解や解釈の困難性を招きにくい課題であると同時に,この課題から1年生(6~7歳)で多くの者が二次的信念を理解できることが判明した。また,二次的信念や二次的意図の理解と,「うそと冗談」の区別の正答率に関連があり,うそと冗談を区別する上で再帰的な心的状態の理解が前提となることが確認された。
    日本教育心理学会, 2002年, 教育心理学研究, 50(50) (50), 43 - 53, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 林 創
    This study examined the ability in recursive thinking to solve problems. To think recursively is one of the most effective ways to break up large and complex problems into smaller ones. This study prepared two problems with the same tail recursion: The "Guess-the-Number game" and the "Hat puzzle (Wise men puzzle)." Because participants (N=35) were not familiar with recursive thinking, they learned how to think recursively in the Guess-the-Number game. Then, we tested whether they could solve the Hat puzzle recursively. The results show that two-thirds of the participants could solve the problem recursively, even if the size of the problem increased. Furthermore, their solution times had differed between correct and incorrect answers. This suggests that the difference reflected a "saving" of effort for problem solving.
    日本心理学会, 2002年, 心理学研究, 73(73) (73), 179 - 185, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 教育学部学生の情報リテラシー教育の最適化に関する研究(III):コンピュータ・リテラシー・テストによる効果の評価
    子安増生, 林 創, 西尾新, 中村素典
    京都大学高等教育研究開発推進センター, 2002年, 京都大学高等教育研究, 8(8) (8), 149 - 165, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 教育学部学生の情報リテラシー教育の最適化に関する研究(II):最終回までに学生が獲得したこと
    子安増生, 林 創, 郷式徹, 中村素典
    京都大学高等教育研究開発推進センター, 2002年, 京都大学高等教育研究, (7) (7), 131 - 143, 日本語

  • コミュニケーションにおける再帰的な心的状態の理解
    林 創
    京都大学大学院教育学研究科, 2002年, 京都大学大学院教育学研究科紀要, 48(48) (48), 478 - 490, 日本語

  • 「心の理論」の二次的信念に関わる再帰的な心的状態の理解とその機能
    林 創
    京都大学大学院教育学研究科, 2001年, 京都大学大学院教育学研究科紀要, (47) (47), 330 - 342, 日本語

  • 林 創
    1999年, 認知科学, 6(4) (4), 389 - 405, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

■ MISC
  • 子どもの社会的な心の発達―子どもの「うそ」はどのように発達するか―
    林 創
    2019年, 兵庫県小児科医会報, 72, 71 - 73, 日本語
    会議報告等

  • 現場に出て実践にふれる大切さ
    林 創
    ミネルヴァ書房, 2017年04月, 発達, (150) (150), 6, 日本語
    [招待有り]
    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 大人へとつながる児童期の社会性の発達
    林 創
    公益社団法人 発達協会, 2016年03月, 発達教育, (425) (425), 18 - 19, 日本語
    [招待有り]
    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 道徳性の発達の基盤
    林 創
    公益社団法人 発達協会, 2016年02月, 発達教育, (424) (424), 18 - 19, 日本語
    [招待有り]
    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 赤ちゃんの他者理解と社会性
    林 創
    公益社団法人 発達協会, 2016年01月, 発達教育, (423) (423), 18 - 19, 日本語
    [招待有り]
    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 実行機能をふまえた心の理解の生涯発達 ―前原論文へのコメント―
    林 創
    心理学評論刊行会, 2015年07月, 心理学評論, 58(1) (1), 110 - 114, 日本語
    [招待有り]
    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 感情のコントロールとその理解の発達
    林 創
    金子書房, 2015年06月, 児童心理, 69(1005) (1005), 18 - 23, 日本語
    [招待有り]
    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 児童期の「心の理論」 ―大人へとつながる時期の教育的視点をふまえて
    林 創
    ミネルヴァ書房, 2013年, 発達, 34(135) (135), 23 - 29, 日本語
    [招待有り]
    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 「メタ認知」から考える「教える」ということ ―子どもにも教員自身にも必要なこと―
    林 創
    ミネルヴァ書房, 2012年, 発達, 33(130) (130), 18 - 26, 日本語
    [招待有り]
    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 心の理解の発達に関わる概念変化と文化的影響 ―内藤論文へのコメント―
    林 創
    心理学評論刊行会, 2011年, 心理学評論, 54(3) (3), 264 - 267, 日本語
    [招待有り]
    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 子どもの道徳判断の発達をどうとらえるか ―よりよい教育につなげるために―
    林 創
    ミネルヴァ書房, 2011年, 発達, 32(127) (127), 18 - 25, 日本語
    [招待有り]
    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 大学院生のための教育実践講座 -大学でどう教えるか-
    林 創
    2008年, 京都大学高等教育叢書26 平成16年度採択特色GP報告書 相互研修型FDの組織化による教育改善2007 -4年間の活動の成果と自己評価-, 26, 91 - 117

  • 卒業研究調査プロジェクト
    酒井博之, 林 創
    2008年, 京都大学高等教育叢書26 平成16年度採択特色GP報告書 相互研修型FDの組織化による教育改善2007 -4年間の活動の成果と自己評価-, 26, 165 - 200

  • 関西地区FD連絡協議会「授業評価ワークショップ」事後アンケートとその結果
    林 創, 大塚雄作
    2008年, 関西地区FD連絡協議会設立に向けて, 150 - 171

  • 利害葛藤のない場面において互酬性の期待が順社会的行動に及ぼす影響
    子安増生, 森本裕子, 林 創
    2006年03月, 平成14年度~17年度科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書(課題番号14310057), 26 - 43, 日本語

■ 書籍等出版物
  • 社会性の発達心理学
    長谷川真里, 佐久間路子, 林 創
    編者(編著者), ナカニシヤ出版, 2024年03月, 日本語, ISBN: 9784779517914

  • 文部科学省検定済教科書 高等学校公民科用 『倫理 教授資料』
    上原雅文, 大河内泰樹, 楠見孝, 児玉聡, 杉村靖彦, 林 創, 星川啓慈, 池田径, 石塚健大, 福本修, 堀一人, 矢野優
    共著, 林 創・楠見 孝 「さまざまな人間の心のあり方」(pp.10-25), 2023年03月
    教科書・概説・概論

  • 文部科学省検定済教科書 高等学校公民科用 『倫理』
    佐藤正英, 上原雅文, 大河内泰樹, 楠見孝, 児玉聡, 杉村靖彦, 林 創, 星川啓慈, 池田径, 石塚健大, 福本修
    共著, 林 創・楠見 孝 「さまざまな人間の心のあり方」(pp.6-23), 数研出版, 2023年01月
    教科書・概説・概論

  • 児童心理学・発達科学ハンドブック
    二宮克美, 子安増生, 郷式徹, 山祐嗣
    共訳, 林 創・東山薫・郷式徹 第2巻「社会的理解の発達」の翻訳(pp.575-639), 福村出版, 2022年09月, ISBN: 9784571235108
    学術書

  • 有斐閣 現代心理学辞典
    子安, 増生, 丹野, 義彦, 箱田, 裕司(監修) 林 創 他 28人編集委員
    共編者(共編著者), 「うそ」他 計11項目, 有斐閣, 2021年02月, ISBN: 9784641002661
    事典・辞書

  • 教師のための教育学シリーズ5 教育心理学
    糸井尚子・上淵 寿・林 創 他
    認知発達 pp.41-53, 学文社, 2020年03月

  • 高等学校「探究的な学習」実践カリキュラム・マネジメント
    稲井達也・岩見理華・林 創
    分担執筆, 探究の力を育む課題研究 pp.116-121, 学事出版, 2019年12月

  • 道徳教育はこうすれば<もっと>おもしろい ―未来を拓く教育学と心理学のコラボレーション―
    荒木寿友・藤澤 文・林 創 他
    分担執筆, 子どもの道徳性の発達 pp.140-147, 北大路書房, 2019年12月

  • 発達心理学
    林 創
    編者(編著者), 2019年10月, ISBN: 9784623086221

  • 探究の力を育む課題研究
    林 創
    共編者(共編著者), 学事出版, 2019年03月, 日本語, ISBN: 9784761925437
    学術書

  • 未来の教育を創る教職教養指針3 発達と学習
    林 創
    分担執筆, 学文社, 2018年12月, 日本語, ISBN: 9784762028366
    学術書

  • 教育心理学
    林 創
    分担執筆, 協同出版, 2018年06月, 日本語, ISBN: 9784319003297
    学術書

  • 社会的認知の発達科学
    林 創
    分担執筆, 新曜社, 2018年03月, 日本語, ISBN: 9784788515758
    学術書

  • ベーシック発達心理学
    林 創
    分担執筆, 東京大学出版会, 2018年01月, 日本語, ISBN: 9784130121132
    学術書

  • 人工知能学大事典
    林 創
    分担執筆, 共立出版, 2017年07月, 日本語, ISBN: 9784320124202
    事典・辞書

  • 林 創
    分担執筆, ベネッセコーポレーション, 2017年04月, 日本語
    その他

  • 批判的思考と市民リテラシー ―教育,メディア,社会を変える21世紀型スキル―
    林 創
    分担執筆, 誠信書房, 2016年06月, 日本語, ISBN: 9784788514140
    学術書

  • 心の理論 第2世代の研究へ
    林 創
    分担執筆, 新曜社, 2016年03月, 日本語, ISBN: 9784788514676
    学術書

  • 「心の理論」から学ぶ発達の基礎 ―教育・保育・自閉症理解への道―
    林 創
    分担執筆, ミネルヴァ書房, 2016年03月, 日本語, ISBN: 9784623075379
    学術書

  • 子どもの社会的な心の発達 ―コミュニケーションのめばえと深まり
    林 創
    単著, 金子書房, 2016年02月, 日本語, ISBN: 9784760824007
    学術書

  • 心のしくみを考える
    林 創
    共編者(共編著者), ナカニシヤ出版, 2015年03月, 日本語, ISBN: 9784779509537
    学術書

  • Rによる心理学研究法入門
    林 創
    分担執筆, 北大路書房, 2015年02月, 日本語, ISBN: 9784762828843
    学術書

  • ワードマップ 批判的思考―21世紀を生きぬくリテラシーの基盤
    林 創
    分担執筆, 2015年01月

  • 問いからはじめる発達心理学―生涯にわたる育ちの科学―
    林 創
    共著, 有斐閣, 2014年12月, 日本語, ISBN: 9784641150133
    学術書

  • 誠信 心理学辞典 [新版]
    林 創
    分担執筆, 誠信書房, 2014年09月, 日本語, ISBN: 9784414305074
    学術書

  • メンタライジングの理論と臨床
    林 創
    共訳, 北大路書房, 2014年08月, 日本語, ISBN: 9784762828720
    学術書

  • 青年期発達百科事典 第1巻
    林 創
    共訳, 丸善出版, 2014年04月, 日本語, ISBN: 9784621087992
    学術書

  • 嘘の心理学
    林 創
    分担執筆, ナカニシヤ出版, 2013年09月, 日本語, ISBN: 4779507669
    学術書

  • 0歳~12歳児の発達と学び ―保幼小の連携と接続に向けて―
    林 創
    分担執筆, 北大路書房, 2013年05月, 日本語, ISBN: 4762828041
    学術書

  • クリティカルシンキング・ロジカルライティング
    林 創
    分担執筆, ベネッセコーポレーション, 2013年, 日本語
    教科書・概説・概論

  • 他者とかかわる心の発達心理学 ―子どもの社会性はどのように育つか―
    清水由紀, 林 創
    共著, 金子書房, 2012年03月, 日本語
    学術書

  • 生成する大学教育学
    林 創
    分担執筆, ナカニシヤ出版, 2012年03月, 日本語
    学術書

  • 発達科学ハンドブック第2巻 研究法と尺度
    林 創
    分担執筆, 新曜社, 2011年11月, 日本語
    学術書

  • 大学生のためのリサーチリテラシー入門 ―研究のための8つの力―
    山田 剛史, 林 創
    共著, ミネルヴァ書房, 2011年08月, 日本語, ISBN: 9784623060450
    学術書

  • 発達と教育 ―心理学を生かした指導・援助のポイント―
    井上智義, 山名裕子, 林 創
    共著, 樹村房, 2011年06月, 日本語, ISBN: 9784883671991
    学術書

  • よくわかる学校教育心理学
    林 創
    分担執筆, ミネルヴァ書房, 2010年04月, 日本語
    学術書

  • クリティカルシンキング ―情報を吟味・理解する力を鍛える―
    林 創
    分担執筆, ベネッセコーポレーション, 2010年, 日本語
    教科書・概説・概論

  • 再帰的事象の認識とその発達に関する心理学的研究
    林 創
    単著, 風間書房, 2008年01月, 日本語
    学術書

  • 絶対役立つ教育心理学 ―実践の理論 理論を実践―
    林 創
    分担執筆, ミネルヴァ書房, 2007年05月, 日本語
    学術書

  • 心理学者,大学教育への挑戦
    林 創
    分担執筆, ナカニシヤ出版, 2005年03月, 日本語
    学術書

  • 勉強のやり方がわかる
    林 創
    分担執筆, 朝日新聞社, 2004年03月, 日本語
    一般書・啓蒙書

■ 講演・口頭発表等
  • 分配に対する考え方が生み出す好感度の差異
    林 創, 沖野資也
    日本心理学会第85回大会, 2021年09月
    ポスター発表

  • 子どもにおける意図と解釈に違いがある皮肉の理解
    林 創, 伴佳美
    日本心理学会第83回大会, 2019年09月, 日本語, 立命館大学, 国内会議
    ポスター発表

  • Experimental setting with actors.
    HAYASHI Hajimu
    BPS Pre-conference workshop of Cognitive Psychology Section & Developmental Psychology Section Joint Conference 2019, 2019年09月, 英語, Stoke on Trent, United Kingdom, 国際会議
    [招待有り]
    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • Young children attempt to appear fair to others in resource distribution.
    HAYASHI Hajimu
    BPS Cognitive Psychology Section & Developmental Psychology Section Joint Conference 2019,, 2019年09月, 英語, Stoke on Trent, United Kingdom., 国際会議
    口頭発表(一般)

  • 幼児は他者に公平であると見せかけようとするか?
    林 創
    日本発達心理学会第30回大会, 2019年03月, 日本語, 早稲田大学, 東京都, 国内会議
    ポスター発表

  • 他者の感情理解における子どもと大人の自己中心性バイアス
    林 創, 西川未菜
    日本心理学会第82回大会, 2018年09月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • Development of children's flexibility in their deception and moral judgment.
    HAYASHI Hajimu
    Invited keynote address (JSDP Award) at the BPS Developmental Psychology Section Annual Conference 2018, 2018年09月, 英語, Liverpool, United Kingdom., 国際会議
    [招待有り]
    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Omission bias in children and adults for antisocial and prosocial situations.
    HAYASHI Hajimu
    25th Biennial Meeting of the International Society for the Study of Behavioural Development, 2018年07月, 英語, International Society for the Study of Behavioural Development, Gold Coast, Australia, 国際会議
    ポスター発表

  • 子どもと大人における結果が同じ分配への好み
    林 創
    日本発達心理学会第29回大会, 2018年03月, 日本語, 東北大学, 仙台市, 国内会議
    ポスター発表

  • Young children’s and adults’ preferences on how to distribute resources.
    HAYASHI Hajimu
    18th European Conference on Developmental Psychology, 2017年08月, 英語, The European Association for Developmental Psychology, Utrecht, the Netherlands., 国際会議
    口頭発表(一般)

  • Do people behave dishonestly easily?
    HAYASHI Hajimu
    39th Annual Conference of Cognitive Science Society, 2017年07月, 英語, Cognitive Science Society, London, United Kingdom, 国際会議
    ポスター発表

  • Development stage of the attraction effect in decision-making.
    HAYASHI Hajimu
    24th Biennial Meeting of the International Society for the Study of Behavioural Development, 2016年07月, 英語, International Society for the Study of Behavioural Development, Vilnius, Lithuania, 国際会議
    ポスター発表

  • Children’s omission bias related with perceived intention.
    HAYASHI Hajimu
    17th European Conference on Developmental Psychology, 2015年09月, 英語, European Association for Developmental Psychology, Braga, Portugal., 国際会議
    口頭発表(一般)

  • 学術論文の読みを通したリサーチリテラシー育成の試み
    林 創, 山田剛史
    日本教育心理学会第57回総会, 2015年08月, 日本語, 新潟大学, 新潟市, 国内会議
    ポスター発表

  • Is students’ critical thinking disposition improved by gaining research literacy?
    HAYASHI Hajimu, YAMADA Tsuyoshi
    5th Vancouver Biennial International Conference on the Teaching of Psychology, 2015年07月, 英語, Kwantlen Polytechnic University, Vancouver, Canada, 国際会議
    ポスター発表

  • 感情の表出と偽装の使い分けに関する子どもの理解
    林 創, 潮海侑紀
    日本心理学会第78回大会, 2014年09月, 日本語, 同志社大学, 京都市, 国内会議
    ポスター発表

  • Course evaluations by a class's students and by its teacher with items checking metacognition.
    HAYASHI Hajimu
    6th biennial meeting of the EARLI Special Interest Group 16 - Metacognition, 2014年09月, 英語, European Association for Research on Learning and Instruction, Istanbul, Turkey., 国際会議
    ポスター発表

  • Understanding Critical Thinking Ability by Using Cognitive Diagnostic Assessment Approach.
    TANAKA Yuko, SUZUKI Masayuki, SUN Yuan, KOYASU Masuo, MICHITA Yasushi, HAYASHI Hajimu, HIRAYAMA Rumi, KUSUMI Takashi
    Annual Meeting of the American Educational Research Association 2014 (AERA 2014), 2014年04月, 英語, American Educational Research Association, Istanbul, Turkey., 国際会議
    口頭発表(一般)

  • 児童期の子どものうその理解
    林 創, 米谷 嶺
    日本心理学会第77回大会, 2013年09月, 日本語, 北海道医療大学, 札幌市, 国内会議
    ポスター発表

  • Children’s understanding of display rules related to second-order mental states.
    HAYASHI Hajimu
    16th European Conference on Developmental Psychology, 2013年09月, 英語, European Association of Developmental Psychology, Lausanne, Switzerland, 国際会議
    口頭発表(一般)

  • 幼児のルール違反に対する理解
    林 創, 村田歩美
    日本教育心理学会第55回総会, 2013年08月, 日本語, 法政大学, 東京都千代田区, 国内会議
    ポスター発表

  • ジェネリックスキルとしての批判的思考力テスト―得点パタンにもとづく認知的特徴の検討―
    田中優子, 鈴木雅之, 孫媛, 子安増生, 道田泰司, 林 創, 平山るみ, 楠見 孝
    日本テスト学会第11回大会, 2013年08月, 日本語, 九州大学, 福岡市, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • Children’s understanding of lying related to intention.
    HAYASHI Hajimu
    35th Annual Conference of Cognitive Science Society, 2013年08月, 英語, Cognitive Science Society, Berlin, Germany., 国際会議
    ポスター発表

  • 意思決定における魅力効果の発達
    林 創, 谷松隼人
    日本発達心理学会第24回大会, 2013年03月, 日本語, 明治学院大学, 東京都港区, 国内会議
    ポスター発表

  • リサーチリテラシー育成による批判的思考態度の向上への試み
    林 創, 山田剛史
    日本教育心理学会第54回総会, 2012年11月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • Does omission bias relate with the difference of perceived intention?
    HAYASHI Hajimu
    International Conference on Thinking 2012, 2012年07月, 英語, 国際会議
    ポスター発表

  • 児童期における不作為バイアスと意図の強さ
    林 創
    日本発達心理学会第23回大会, 2012年03月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 幼児期における他者を助ける場面での欺きの発達
    林 創
    日本心理学会第75回大会, 2011年09月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 児童期における感情表出の理解
    林 創, 瀬野裕子
    日本教育心理学会第53回総会, 2011年07月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • ロボットの作為と不作為に対する子どもの認識
    林 創, 今中菜七子
    日本心理学会第74回大会, 2010年09月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 幼児期における心的状態の理解の発達-人間とロボットの比較-
    林 創, 今中菜七子
    日本教育心理学会第52回総会, 2010年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • ジェネリックスキルとしての批判的思考力テストの開発-大学偏差値,批判的学習態度,授業履修との関連性の検討-
    日本教育心理学会第52回総会, 2010年08月

  • Moral judgments and omission bias in elementary school children.
    EARLI-SIG5 conference: Learning and Development in Early Childhood, 2010年08月

  • Developmental differences in moral judgment between commission and omission.
    HAYASHI Hajimu
    XIVth European Conference on Developmental Psychology, 2009年09月, 英語, 国際会議
    ポスター発表

  • 学生と教員の授業評価はどれくらい一致するか?
    林 創
    日本教育心理学会第51回総会, 2009年09月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 不作為バイアスと意図の強さの認識
    林 創
    日本心理学会第73回大会, 2009年08月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • Omission bias and intention in Japanese people.
    HAYASHI Hajimu
    31th Annual Conference of Cognitive Science Society, 2009年07月, 英語, 国際会議
    ポスター発表

  • 児童期における作為と不作為の寛容さの比較
    林 創
    日本発達心理学会第20回大会, 2009年03月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 関西地区の大学教育における授業評価の現状
    林 創, 大塚雄作
    日本教育心理学会第50回総会, 2008年10月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 日常場面における積極的動作がない不作為の認識
    林 創
    日本心理学会第72回大会, 2008年09月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • Young children’s understanding of the harm through actions and inactions.
    Hayashi Hajimu
    20th Biennial Meeting of the International Society for the Study of Behavioural Development, 2008年07月, 英語, 国際会議
    ポスター発表

  • 社会的な認識を支える二次の心的状態の理解の発達
    林 創
    日本心理学会第71回大会, 2007年09月, 日本語, 国内会議
    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 行為に伴う言動の有無による結果に与える影響の判断の違い
    林 創
    日本教育心理学会第49回総会, 2007年09月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • Is there a developmental difference in recognizing the harm through actions and inactions?
    HAYASHI Hajimu
    15th Conference of the European Society for Cognitive Psychology, 2007年09月, 英語, 国際会議
    ポスター発表

  • 幼児期における作為と不作為の認識
    林 創
    日本教育心理学会第48回総会, 2006年09月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • Young children's understanding of commission and omission
    HAYASHI Hajimu
    19th Biennial Meeting of the International Society for the Study of Behavioural Development, 2006年07月, 英語, 国際会議
    ポスター発表

  • 児童期における心的状態の理解に基づいた作為と不作為の認識
    林 創
    2005年09月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • Truthfulness and relevance in Japanese.
    HAYASHI Hajimu
    27th Annual Conference of Cognitive Science Society, 2005年07月, 英語, 国際会議
    ポスター発表

  • Responsibility attribution of commission and omission
    HAYASHI Hajimu
    9th European Congress of Psychology, 2005年07月, 英語, 国際会議
    ポスター発表

  • 日常的状況における関連性
    林 創
    日本認知心理学会第3回大会, 2005年05月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 児童期における他者の良くない行為(作為と不作為)の理解
    林 創
    日本教育心理学会第46回総会, 2004年10月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • Children’s understanding of commission and omission
    Hayashi Hajimu
    BPS Developmental Psychology Section Annual Conference 2004, 2004年09月, 英語, 国際会議
    ポスター発表

  • Preschoolers' understanding of second-order mental states
    HAYASHI Hajimu
    28th International Congress of Psychology, 2004年08月, 英語, 国際会議
    ポスター発表

  • 児童期における作為と不作為の認識
    林 創
    日本心理学会第67回大会, 2003年09月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • Optimizing information literacy education for freshmen: Assessment by a computer literacy test
    HAYASHI Hajimu, KOYASU Masuo, NISHIO Arata, NAKAMURA Motonori
    8th European Congress of Psychology, 2003年07月, 英語, 国際会議
    ポスター発表

  • Effects of understanding other’s mental states on moral judgment of commission and omission
    HAYASHI Hajimu
    BPS Annual Conference 2003, 2003年03月, 英語, 国際会議
    ポスター発表

  • 他者の良くない行為の判断に及ぼす心的状態の理解の効果
    林 創, 浅井杏子, 高橋典生
    日本教育心理学会第44回総会, 2002年10月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 幼児期における「心の理論」の二次的信念の理解
    林 創
    日本発達心理学会第13回大会, 2002年03月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 児童期における再帰的な心的状態の理解
    林 創
    日本心理学会第65回大会, 2001年11月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 児童期における「心の理論」の二次的信念の理解の発達
    林 創
    日本教育心理学会第43回総会, 2001年09月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 「囚人のジレンマ」状況における相手の戦略に対する感じ方
    林 創, 子安増生
    日本認知科学会第18回大会, 2001年07月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • The difficulty of using procedures with the embedded recursive call.
    HAYASHI Hajimu
    VIIth European Congress of Psychology, 2001年07月, 英語, 国際会議
    ポスター発表

  • 児童期における読解に関するメタ認知的知識
    西垣順子, 福田みのり, 山縣宏美, 林 創
    日本教育心理学会第42回総会, 2000年09月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 問題解決における再帰的思考の役割
    林 創
    日本認知科学会第17回大会, 2000年06月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 確率問題における情報付加の効果(2)
    金田茂裕, 林 創, 羽野ゆつ子
    1999年08月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 確率問題における情報付加の効果(1)
    林 創, 金田茂裕, 羽野ゆつ子
    1999年08月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

■ 所属学協会
  • 日本認知心理学会

  • 日本発達心理学会

  • 日本教育心理学会

  • 日本心理学会

■ 共同研究・競争的資金等の研究課題
  • 社会性の発達を左右する認知バイアスに関する心理学的研究
    科学研究費補助金/基盤研究(C), 2021年04月 - 2025年03月, 研究代表者

  • 子どもの社会的な心の国際比較に関する発達心理学的研究
    林 創
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(A)), 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(A)), 神戸大学, 2019年02月 - 2024年03月
    本国際共同研究では,幼児期から児童期を対象に,状況に応じた嘘および道徳判断の両者に文化差が関連するかどうかを検討するものである。具体的には,状況に応じた嘘と道徳判断の両者が関わる課題として,先行研究を参考に課題を設定し,心の理論の発達の程度を調べる課題を合わせて実施することを検討している。その結果,日本とイギリスに共通する全体的傾向として,心の理論の発達とともに,定型的な嘘と状況に応じた嘘を区別でき,状況に応じた道徳判断ができることが見込まれる。これは文化を越えた普遍性を示すものと考えられる。さらに,日本のように「包括的思考様式の文化」では,比較的少ない手がかりで状況を読んだり,情報を補って把握する傾向が高いと考えられる。これに対して,西洋のように「分析的思考様式の文化」では,事実に注目し,その関係を論理的に考える傾向が高いと考えられる。このことから,文化差が関連し,日本の児童は,イギリスの児童よりも,嘘を寛容に考え,道徳判断で悪くないと判断する傾向が相対的に見られる場面もあると予想される。この判断の程度の差が,状況に応じた嘘と道徳判断における文化的独自性を示すと考えられる。今年度も,新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が続き,外務省および所属大学から渡航禁止が続いて,予定されていた渡英ができなかったため,今後これらの実験・調査計画について,文化差をふまえて,課題の設定,統制の方法などを引き続き相談しながら,これらの研究を進めていくことになる。

  • 林 創
    科学研究費補助金/基盤研究(C), 2018年04月 - 2021年03月, 研究代表者
    競争的資金

  • 道徳性に基づく公正観の発達心理学的研究
    林 創
    上廣倫理財団 研究助成, 2018年02月 - 2019年01月, 研究代表者
    競争的資金

  • 林 創
    科学研究費補助金/基盤研究(C), 2015年04月 - 2018年03月, 研究代表者
    競争的資金

  • トランス・サイエンス問題の解決能力を育成する知識共創型アーギュメンテーション教育
    坂本 美紀, 山口 悦司, 益川 弘如, 稲垣 成哲, 西垣 順子, 伊藤 真之, 近江戸 伸子, 林 創
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 基盤研究(B), 神戸大学, 2014年04月 - 2017年03月
    トランス・サイエンス問題の解決能力について,科学的探究能力の育成,科学的アーギュメンテーションの理解,科学技術を扱うトランス・サイエンス問題に対する思考の評価,の3点から取り組んだ。思考の評価については,科学技術の社会問題を取り上げ,先進的な指導事例や,解決能力の測定課題と評価法に関する実証的知見を蓄積し,指導法と評価法の体系的理論化をはかった。検討結果を元に作成した測定課題を用いて調査を実施し,トランス・サイエンス問題に対する大学生の思考の特徴を明らかにするとともに,評価用のルーブリックを精緻化した。また,発話分析から,科学的アーギュメンテーションの認識論的理解の獲得過程を解明した。

  • 21世紀市民のための高次リテラシーと批判的思考力のアセスメントと育成
    楠見 孝, 子安 増生, 道田 泰司, MANALO Emmanuel, 林 創, 平山 るみ, 信原 幸弘, 坂上 雅道, 原 塑, 三浦 麻子, 小倉 加奈代, 乾 健太郎, 田中 優子, 小口 峰樹, 沖林 洋平
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 基盤研究(A), 京都大学, 2011年04月 - 2016年03月
    本研究は,課題1-1「市民リテラシーと批判的思考のアセスメント」では市民リテラシーを支える批判的思考態度を検討し,評価ツールを開発した。課題1-2「批判的思考育成のための教育プログラム作成と授業実践」では,学習者間相互作用を重視した教育実践を高校・大学において行い,効果を分析した。課題2「神経科学リテラシーと科学コミュニケーション」では,哲学と神経生理学に基づいて推論と情動を検討した。さらに市民主体の科学コミュニケーション活動を検討した。課題3「ネットリテラシーと情報信頼性評価」では,放射能リスクに関する情報源信頼性評価とリテラシーの関連を調査によって解明し,情報信頼性判断支援技術を開発した。

  • 林 創
    科学研究費補助金/若手研究(B), 2012年04月 - 2015年03月, 研究代表者
    競争的資金

  • 低コンテクスト・高コンテクストという区別からみた認識・表現の比較文化研究
    山 祐嗣, 平石 界, 林 創, 郷式 徹, 岸本 寛史, 山 愛美
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 基盤研究(B), 大阪市立大学, 2011年04月 - 2014年03月
    本研究の目的は、東洋と西洋の文化差を、Hallの、西洋人の低コンテクスト・東洋人の高コンテクストという分類で説明する理論を構築することである。コンテクストとは、コミュニケーションにおいて共有される暗黙の知識である。認知的側面において、理論的に、従来の西洋人の個人主義東洋人の集団主義という分類に基づく理論よりも、この理論が説得力があることが示された。また、弁証法的思考を材料とした研究などで検証された。この他、資源配分ルール、道徳的判断、他者の心的状態の推論において、コンテクストの重要性が示された。

  • 林 創
    日本学術振興会, 科学研究費補助金/若手研究(B), 若手研究(B), 岡山大学, 2009年04月 - 2012年03月, 研究代表者
    本研究は,人間の行動の「不作為」に着目し,不作為の認識や実行に関する発達を明らかにすることを目的とした。研究の結果,認識面については,作為と不作為を比較すると前者の方がより悪く感じる不作為バイアスが発達的に明確になった。また,実行面については, 5歳になると通常のだましを柔軟にできるようになった。しかし,不作為の要素を含むだましは6歳でもまだ難しく,全体的に不作為の難しさが明確になった。
    競争的資金

  • 欺きに関する作為と不作為の発達心理学的研究
    林 創
    稲盛財団 研究助成(人文・社会科学系), 2009年04月 - 2011年03月, 研究代表者
    競争的資金

  • 作為と不作為の理解に関する認知発達的研究
    林 創
    発達科学研究教育センター学術研究助成, 2007年08月 - 2009年03月, 研究代表者
    競争的資金

  • 林 創
    日本学術振興会, 科学研究費補助金/若手研究(B), 若手研究(B), 2007年04月 - 2009年03月, 研究代表者
    本研究は,社会性を支える心的状態の理解に着目し,人間のとくに道徳的判断に関する認知発達の過程を明らかにすることを目的とした。研究の結果,一般的な人間が,日常的な場面で認識している不作為のパターンを明らかにした。また,作為の方が不作為より悪く感じる「不作為バイアス」の発達過程を検討したところ,児童期の8歳頃には生じるものの,一度弱くなり,年齢が増すと再び強くなるという発達過程があることが示唆された。
    競争的資金

  • 再帰的事象の認識とその発達に関する心理学的研究
    林 創
    科学研究費補助金/研究成果公開促進費(学術図書), 2007年04月 - 2008年03月, 研究代表者
    競争的資金

  • 高次のメタ表象を支える再帰的な認識についての心理学的研究
    林 創
    日本学術振興会, 科学研究費補助金/特別研究員奨励費 (PD), 特別研究員奨励費, 京都大学, 2003年04月 - 2006年03月, 研究代表者
    本研究の目的は,「高次のメタ表象を支える再帰的な認識」という点に着目し,こうした視点から人間の知性の有り様を明らかにすることであった。平成17年度は,以下の3つの成果をあげることができた。 (1)平成15〜16年度に,「他者の行為(作為と不作為)の道徳的判断に関する二次の心的状態の理解」について,児童(小学1,3,5年生)を対象に実施したが,そのデータを分析しなおし,考察を新たに加えた。その結果,以下のことが判明した。 A)二次の心的状態の理解を必要とする課題を複数作成したが,同一構造をしていても,有効な課題と有効でない課題に分かれた。この原因として,表面上のストーリーの違いなどの諸要因が,児童の課題に対する認識に大きく影響することが明確になった B)二次の心的状態の理解が必要になる道徳的判断において,1年生では難しく,3年生以降に正確な判断ができるようになること C)児童期には,作為と不作為の間には認識の難しさに差がないこと (2)上記の研究パラダイムについて,平成16年度に幼児(4歳〜6歳)を対象に「作為と不作為の間には認識の難しさの差があるか」を明らかにする研究を実施したが,課題に弱点があり,明確な結論を下せたとは言い難かった。そこで,平成17年度は,課題をアニメーション形式に作成しなおし,問題意識をより明確にして,新たに幼児を対象に実施した。その結果,作為と不作為の間には認識の難しさに差がないことが明らかになった。 (3)日常的なコミュニケーション場面において,「関連性理論」などの理論的知見を踏まえながら,二次の心的状態の理解の重要性をまとめなおすことができ,発展して考察することができた。 上記の(1)の成果は,英文学術雑誌に投稿した(現在,審査中である)。(2)は投稿準備中である。(3)は日本の学術雑誌に投稿した(現在,審査中である)。
    競争的資金

  • 児童期における再帰的な心的状態の理解に関する研究
    林 創
    京友会助成事業, 2002年04月 - 2003年03月, 研究代表者
    競争的資金

  • 自己埋め込み構造をもつ再帰的概念が人間の認識に及ぼす効果
    林 創
    日本学術振興会, 科学研究費補助金/特別研究員奨励費 (DC1), 特別研究員奨励費, 京都大学, 2000年04月 - 2003年03月, 研究代表者
    本年度の研究計画は,いわゆる「心の理論」研究でいう二次的信念に関する再帰的な心的状態の理解の研究を実施することであった。その結果,以下の2つの成果をあげることができた。 第1に,日常的なコミュニケーション場面における再帰的な心的状態の理解の役割を、「心の理論(theory of mind)」と「関連性理論(relevance theory)」という2つの理論をもとに,さらに発展して考察することができた。 第2に,昨年度の研究で必ずしも明らかにできなかった「他者の行為の道徳的判断に関する再帰的な心的状態の理解」についての明確なデータを得ることができた。具体的には、2つの似たお話を提示して,「どちらの男の子がよりよくないことをしましたか?」というように尋ねる形式であった。2つのお話はともに,男の子が女の子に何かをして,女の子に悪いことが起こるものであったが,「『女の子の信念』についての男の子の信念」という再帰的な心的状態を理解できたときのみ区別が可能で、どちらの男の子がより悪いかを決定できる課題であった。昨年度の調査と同様に,児童(小学1,3,5年生)を対象に実施したところ,以下のことが判明した。 1.再帰的な心的状態の理解は1年生では難しく,3年生以降に理解できるようになること 2.再帰的な心的状態の理解が必要になる道徳的判断において,3年生以降に正確な判断ができるようになること 3.再帰的な心的状態の理解と道徳的判断の間に,明確な関連が見られること
    競争的資金

TOP