SEARCH

検索詳細

小野 くみ子
大学院保健学研究科 保健学専攻
講師

研究者基本情報

■ 学位
  • 博士(健康科学), 川崎医療福祉大学
■ 授業科目
■ 研究キーワード
  • 前十字靭帯損傷
  • 自律神経
  • 運動生理学
  • 糖尿病腎症
  • 水中運動
  • 運動療法
  • 糖尿病
  • 理学療法
■ 研究分野
  • ライフサイエンス / 栄養学、健康科学
  • ライフサイエンス / スポーツ科学
  • ライフサイエンス / リハビリテーション科学
  • ライフサイエンス / 代謝、内分泌学

研究活動情報

■ 受賞
  • 2008年11月 日本体力医学会中国・四国地方会, 日本体力医学会中国・四国地方会 学会奨励賞, 大山夏山登山におけるアイソトニック飲料水摂取が尿中電解質に及ぼす影響
    小野 くみ子

  • 2007年10月 10th AFSM Congress and 29th Annual Meeting of the RCOST, Basic Science, The effects of water which salinity was different intake during treadmill walking in water in young people
    K.ONO

■ 論文
  • Yuya Ueda, Takehiko Matsushita, Yohei Shibata, Kohei Takiguchi, Kumiko Ono, Akihiro Kida, Kyohei Nishida, Kanto Nagai, Yuichi Hoshino, Tomoyuki Matsumoto, Yoshitada Sakai, Ryosuke Kuroda
    BACKGROUND: Psychological readiness to return to sports (RTS) has been associated with second anterior cruciate ligament (ACL) injury. However, this relationship is controversial because covariates such as anatomic and knee function characteristics have not been adequately considered. PURPOSE/HYPOTHESIS: To investigate whether psychological readiness in the early postoperative period can predict the occurrence of a second ACL injury within 24 months after primary ACL reconstruction (ACLR) using propensity score analysis. It was hypothesized that patients with high ACL-RSI after injury (ACL-RSI) scores at 3 months postoperatively would have a second ACL injury within the projected postoperative period. STUDY DESIGN: Cohort study; Level of evidence, 3. METHODS: Included were 169 patients who underwent primary ACLR using hamstring tendon autografts between November 2017 and July 2021 and also underwent knee functional assessments at 3 months postoperatively. The ACL-RSI scale was used to assess psychological readiness for RTS. A second ACL injury was defined if ipsilateral or contralateral ACL injury was confirmed by examination within 24 months postoperatively. Based on a previous study showing that 65 was the highest cutoff value for the ACL-RSI score for RTS, we classified patients into 2 groups: those with high ACL-RSI scores (≥65; group H) and those with low ACL-RSI scores (<65; group L). We generated 1-to-1 matched pairs using propensity score analysis and used log-rank testing to compare the rate of second ACL injury between the 2 groups. RESULTS: More patients returned to any sports activities within 12 months in group H than in group L (90% vs 73%; P = .03). A second ACL injury within 24 months postoperatively was identified in 7% of patients (13/169). The rate of second ACL injury was significantly higher in group H than in group L (17.6% vs 3.4%; P = .001). In 43 matched pairs extracted using propensity scoring, the rate of second ACL injury was also higher in group H than in group L (18.6% vs 4.7%; P = .04). CONCLUSION: Patients with a higher ACL-RSI score at 3 months exhibited a significantly higher incidence of second ACL injury within 24 months after primary ACLR.
    2024年04月, Orthopaedic journal of sports medicine, 12(4) (4), 23259671241239325 - 23259671241239325, 英語, 国際誌
    研究論文(学術雑誌)

  • Haruko Suzuki, Akio Yamamoto, Kumiko Ono, Yoji Yamada, Yutaro Oki, Mineko Ohira, Akira Ishikawa
    INTRODUCTION: The incidence of aspiration pneumonia and the number of medicines prescribed increase with older age. Many medicines pose a risk for aspiration pneumonia, especially those that decrease swallowing function. Older adults with polypharmacy often receive a combination of these medicines. This study aimed to clarify whether polypharmacy is a risk factor for aspiration pneumonia. METHODS: Older adults aged ≥ 65 years receiving oral medicines were included in this case-control study. Patients hospitalized for pneumonia served as the case group, and other age-matched hospitalized patients served as the control group. Patient data were collected retrospectively, and logistic regression analysis was performed using items that showed significant differences in the univariate analysis as explanatory variables. RESULTS: Logistic regression analysis revealed that the number of medicines was not a risk factor for aspiration pneumonia; however, it was associated with the Functional Oral Intake Scale score, male sex, body mass index, and number of comorbidities. CONCLUSION: Although polypharmacy is often defined only by the number of medicines, it is not a risk factor for aspiration pneumonia. A detailed comparison of prescription medicines between the pneumonia and non-pneumonia groups is necessary.
    2024年02月, Archives of gerontology and geriatrics, 122, 105363 - 105363, 英語, 国際誌
    研究論文(学術雑誌)

  • 持続皮下インスリンポンプ注入療法(CSII)中の1型糖尿病患者におけるQOLの検討
    高田 綾子, 村前 直和, 松田 季代子, 高橋 慶, 鍛冶 亜由美, 小野 くみ子, 多和田 尚子, 西影 星二, 芳野 啓, 山本 雅昭
    日本先進糖尿病治療研究会, 2023年11月, 日本先進糖尿病治療研究会雑誌, 17(2) (2), 105 - 105, 日本語

  • Yuya Ueda, Takehiko Matsushita, Yohei Shibata, Kohei Takiguchi, Kumiko Ono, Akihiro Kida, Kyohei Nishida, Kanto Nagai, Yuichi Hoshino, Tomoyuki Matsumoto, Yoshitada Sakai, Ryosuke Kuroda
    PURPOSE: This study compared the predictive ability of each independent predictor with that of a combination of predictors for quadriceps strength recovery one year after anterior cruciate ligament (ACL) reconstruction. METHODS: Patients who underwent primary ACL reconstruction using hamstring autografts were enrolled. Quadriceps strength, hamstring strength, and anterior tibial translation were measured, and the limb symmetry index (LSI) of the quadriceps and the hamstrings was calculated preoperatively and one year after surgery. Patients were classified into two groups according to the LSI of the quadriceps strength at one year postoperatively (≥ 80% or < 80%). Multivariate logistic regression analysis identified the independent predictors of quadriceps strength recovery, and the cut-off value was calculated using the receiver operating characteristic curve. A model assessing predictive ability of the combination of independent predictors was created, and the area under the curve (AUC) for each independent predictor was calculated by using the receiver-operating characteristic curves and the DeLong method. RESULTS: Of the 646 patients, 414 (64.1%) had an LSI of at least 80% for quadriceps strength one year after surgery, and 232 patients (35.9%) had an LSI of < 80%. Age, sex, body mass index (BMI), preinjury sport level, and LSI of preoperative quadriceps strength were independently associated with quadriceps strength recovery one year after ACL reconstruction. The cut-off values were age: 22.5 years; sex: female; BMI: 24.3 kg/m2; preinjury sport level: no sport; and LSI of preoperative quadriceps strength: 63.3%. The AUC of the model assessing the predictive ability of the combination of age, sex, BMI, preinjury sport level, and LSI of preoperative quadriceps strength was significantly higher (0.73) than that of similar factors of preoperative quadriceps strength (AUC: 0.63, 0.53, 0.56, 0.61, and 0.68, p < 0.01, respectively). CONCLUSION: The combination of age, sex, BMI, preinjury sport level, and LSI of preoperative quadriceps strength had a superior predictive ability for quadriceps strength recovery at one year after ACL reconstruction than these predictors alone. Multiple factors, including patient characteristics and preoperative quadriceps strength, should be considered when planning rehabilitation programs to improve quadriceps strength recovery after ACL reconstruction. LEVEL OF EVIDENCE: III.
    2023年06月, Knee surgery, sports traumatology, arthroscopy : official journal of the ESSKA, 英語, 国際誌
    研究論文(学術雑誌)

  • Junji Urabe, Kumiko Ono, Junya Okagawa, Yuto Nakayama, Ryoga Yamau, Akira Ishikawa
    BACKGROUND: High-intensity interval exercise is useful for sustained exercise; however, its effect on renal artery hemodynamics is unclear. This study aimed to evaluate changes in renal artery blood flow velocity due to high-intensity interval exercise. METHODS: Ten healthy adults (age, 23.5 +/- 1.2 years) completed high-intensity interval exercise and moderate-intensity continuous exercise protocols on separate days. The high-intensity interval exercise protocol (total duration, 26 min) comprised eight sets of high-intensity exercise sessions at 85% maximum oxygen uptake for 1 min, with intervals of 40% maximum oxygen uptake for 2 min between sets. The moderateintensity continuous exercise protocol comprised 40 min of exercise at 40% maximum oxygen uptake. Renal artery blood flow velocity and natural log-transformed high frequency spectral power (an index of cardiac parasympathetic nervous system activity) were measured before and after exercise. Additionally, exercise enjoyment was measured using a questionnaire. RESULTS: Renal artery blood flow velocity did not significantly differ between protocols or timepoints for either protocol. However, the natural log-transformed high frequency spectral power was significantly lower with high-intensity interval exercise than with moderate-intensity continuous exercise (P<0.001, F=25.97) during exercise and at 10 min after exercise, and it did not return to pre-exercise levels with high-intensity interval exercise. Moreover, there was no significant difference in exercise enjoyment between the two protocols. CONCLUSIONS: In healthy young adults, high-intensity interval exercise reduces parasympathetic activity; however, it does not produce any significant changes in renal artery hemodynamics after exercise. (Cite this article as: Urabe J, Ono K, Okagawa J, Nakayama Y, Yamau R, Ishikawa A. Effect of high-intensity interval exercise on renal artery hemodynamics in healthy young adults. J Sports Med Phys Fitness 2023;63:129-35. DOI: 10.23736/S0022-4707.22.13652-2)
    EDIZIONI MINERVA MEDICA, 2023年01月, JOURNAL OF SPORTS MEDICINE AND PHYSICAL FITNESS, 63(1) (1), 129 - 135, 英語
    研究論文(学術雑誌)

  • 上田 雄也, 松下 雄彦, 柴田 洋平, 三浦 大祐, 瀧口 耕平, 木田 晃弘, 小野 くみ子, 小野 玲, 長井 寛斗, 神崎 至幸, 星野 祐一, 酒井 良忠, 黒田 良祐
    (一社)兵庫県理学療法士会, 2022年12月, 理学療法兵庫, (28) (28), 43 - 44, 日本語

  • 山口 卓巳, 沖 侑大郎, 山本 暁生, 酒井 英樹, 三栖 翔吾, 岩田 優助, 金子 正博, 澤田 格, 小野 くみ子, 石川 朗
    これまで慢性呼吸器疾患(CRD)患者のADL評価は重要とされ,様々な疾患特異的尺度が開発されてきた.国内ではNagasaki University Respiratory ADL questionnaire(NRADL),Pulmonary emphysema ADL(P-ADL)の使用が主流である.近年,Barthel Indexの呼吸器版であるBarthel Index dyspnea(BI-d)が国外で開発された.我々はその日本語版開発を実施した.その過程および内容を紹介する.BI-dの翻訳手順は尺度翻訳の基本指針に準じて実施し,パイロットテストはCRD患者10名に対し行い,その回答時間は平均196.7秒(SD=88.0秒)であった.その後,日本語版BI-dは原著者から正式に承諾を受け,日本語版BI-dの信頼性・妥当性の検証を行った.結果,日本語版BI-dの信頼性・妥当性が立証された.(著者抄録)
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2022年12月, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 31(1) (1), 105 - 109, 日本語

  • 高齢肺炎入院患者の身体フレイルが6ヵ月再入院および死亡に及ぼす影響
    山田 莞爾, 岩田 健太郎, 立川 良, 吉村 芳弘, 山本 暁生, 小野 くみ子, 幸原 伸夫, 富井 啓介, 石川 朗, 北井 豪
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2022年10月, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 32(Suppl.) (Suppl.), 193s - 193s, 日本語

  • Yuya Ueda, Takehiko Matsushita, Yohei Shibata, Kohei Takiguchi, Kumiko Ono, Akihiro Kida, Rei Ono, Kanto Nagai, Yuichi Hoshino, Tomoyuki Matsumoto, Yoshitada Sakai, Ryosuke Kuroda
    Background: The relationship between meeting return-to-sport criteria and psychological readiness after anterior cruciate ligament (ACL) reconstruction is unknown. Purposes: To examine (1) whether patients who met 1 of the criteria for return to sport had higher psychological readiness than those who did not meet any of the criteria and (2) if those who met more criteria had higher psychological readiness. Study Design: Cross-sectional study; Level of evidence, 3. Methods: This study included 144 patients who underwent unilateral ACL reconstruction. All patients had regularly participated in some sport activities before an ACL rupture. At 12 months postoperatively, each patient completed 3 knee function tests (isokinetic quadriceps strength, isokinetic hamstring strength, and single-leg hop distance) and 2 self-reported measures (International Knee Documentation Committee [IKDC] 2000 subjective form and ACL-Return to Sport after Injury [ACL-RSI] scale); the ACL-RSI scale was used to measure psychological readiness to return to sport. The 4 criteria for return to sport were a limb symmetry index (LSI) ≥90% for each of the 3 function tests in addition to an IKDC score ≥90. Multivariate regression analysis was used to determine the association between meeting the individual criteria and the ACL-RSI score. In addition, the patients were divided into 5 groups according to the number of criteria met, and the Kruskal-Wallis and Steel-Dwass tests were used to compare the ACL-RSI scores among the groups. Results: Overall, 23 patients (16.0%) met none of the criteria for return to sport, 27 (18.7%) met 1 of the criteria, 34 (23.6%) met 2 criteria, 35 (24.3%) met 3 criteria, and 25 (17.4%) met all 4 criteria. Meeting the criteria for the hamstring strength LSI (P = .002), single-leg hop distance LSI (P = .004), and IKDC subjective score (P < .001) was each associated with higher ACL-RSI scores. Significant differences in ACL-RSI scores were found between patients who met none versus 2, 3, and 4 of the return-to-sport criteria (P < .001 for all) and between patients who met 1 versus 4 criteria (P < .001). Conclusion: Meeting return-to-sport criteria was positively associated with psychological readiness, and the patients who met multiple criteria had higher psychological readiness.
    2022年05月, Orthopaedic journal of sports medicine, 10(5) (5), 23259671221093985 - 23259671221093985, 英語, 国際誌
    研究論文(学術雑誌)

  • Yuto Nakayama, Kumiko Ono, Junya Okagawa, Junji Urabe, Ryoga Yamau, Akira Ishikawa
    Postprandial hyperglycemia can be corrected by exercise; however, the effect of home-based high-intensity interval exercise (HIIE), a new time-efficient exercise, on glycemic control is unclear. This study aimed to investigate the effect of home-based HIIE on postprandial hyperglycemia. Twelve young adult males (mean age: 24.3 +/- 2.3 y) with postprandial hyperglycemia that had not yet led to diabetes completed home-based HIIE, moderate-intensity continuous exercise (MICE), and control conditions on separate days, randomly. The intervention began 30 min after the start of a standardized meal intake, with 11 min of HIIE completed at maximal effort in the home-based HIIE condition, 30 min of running performed at 50% maximum oxygen uptake in the MICE condition, or 30 min of sitting at rest completed in the control condition. The participants sat at rest after each intervention for up to 120 min. Interstitial fluid glucose concentrations were measured using a continuous glucose monitoring system that scanned every 15 min for up to 2 h after the meal. The glucose concentrations after the meal were significantly lower in the home-based HIIE and MICE conditions than in the control condition (p < 0.001). There were no significant differences in the glucose concentrations between the home-based HIIE and MICE conditions. In conclusion, home-based HIIE was able to correct postprandial hyperglycemia.
    MDPI, 2022年04月, INTERNATIONAL JOURNAL OF ENVIRONMENTAL RESEARCH AND PUBLIC HEALTH, 19(7) (7), 英語
    研究論文(学術雑誌)

  • DTR-QOLを用いた糖尿病患者の教育入院後のQOLの変化の検討
    高田 綾子, 村前 直和, 松田 季代子, 菅生 有夏, 鍛冶 亜由美, 小野 くみ子, 西影 星二, 芳野 啓, 山本 雅昭, 廣田 勇士
    (一社)日本糖尿病学会, 2022年04月, 糖尿病, 65(Suppl.1) (Suppl.1), S - 156, 日本語

  • 2型糖尿病患者の肥満度別による糖尿病QOL質問票(DTR-QOL)に関する検討
    高田 綾子, 村前 直和, 松田 季代子, 菅生 有夏, 鍛冶 亜由美, 小野 くみ子, 芳野 啓, 山本 雅昭, 廣田 勇士, 小川 渉
    (一社)日本肥満学会, 2022年03月, 肥満研究, 27(Suppl.) (Suppl.), 335 - 335, 日本語

  • 2型糖尿病患者の肥満度別による糖尿病QOL質問票(DTR-QOL)に関する検討
    高田 綾子, 村前 直和, 松田 季代子, 菅生 有夏, 鍛冶 亜由美, 小野 くみ子, 芳野 啓, 山本 雅昭, 廣田 勇士, 小川 渉
    (一社)日本肥満学会, 2022年03月, 肥満研究, 27(Suppl.) (Suppl.), 335 - 335, 日本語

  • 水位の違いが健常若年成人における安静座位時の腎動脈血流に及ぼす影響
    小野 くみ子, 浦邊 順史, 中山 優豊, 岡川 隼也, 石川 朗, 小野寺 昇
    日本宇宙航空環境医学会, 2022年03月, 宇宙航空環境医学, 59(1) (1), 31 - 31, 日本語

  • K. Yamada, K. Iwata, Y. Yoshimura, H. Ota, Y. Oki, Y. Mitani, Y. Oki, Y. Yamada, A. Yamamoto, K. Ono, A. Honda, T. Kitai, R. Tachikawa, N. Kohara, K. Tomii, A. Ishikawa
    SERDI, 2022年, The Journal of Frailty & Aging
    研究論文(学術雑誌)

  • 膝前十字靱帯再建術後の膝伸展筋力回復を予測する予測スコアの開発および検証
    上田 雄也, 松下 雄彦, 柴田 洋平, 三浦 大祐, 瀧口 耕平, 小野 くみ子, 木田 晃弘, 小野 玲, 長井 寛斗, 神崎 至幸, 星野 祐一, 酒井 良忠, 黒田 良祐
    (公社)日本理学療法士協会-近畿ブロック, 2021年12月, 近畿理学療法学術大会, 61回, S - 2, 日本語

  • 前十字靱帯再建術術前の膝伸展筋力と術後1年でのスポーツ復帰およびプレーに対する満足度の関連
    上田 雄也, 松下 雄彦, 柴田 洋平, 瀧口 耕平, 小野 くみ子, 小野 玲, 長井 寛斗, 神崎 至幸, 星野 祐一, 酒井 良忠, 黒田 良祐
    (一社)日本理学療法学会連合, 2021年12月, 理学療法学, 48(Suppl.1) (Suppl.1), 4 - 4, 日本語

  • 膝前十字靱帯再建術後の膝伸展筋力回復を予測する予測スコアの開発および検証
    上田 雄也, 松下 雄彦, 柴田 洋平, 三浦 大祐, 瀧口 耕平, 小野 くみ子, 木田 晃弘, 小野 玲, 長井 寛斗, 神崎 至幸, 星野 祐一, 酒井 良忠, 黒田 良祐
    (公社)日本理学療法士協会-近畿ブロック, 2021年12月, 近畿理学療法学術大会, 61回, S - 2, 日本語

  • Yuya Ueda, Takehiko Matsushita, Yohei Shibata, Kohei Takiguchi, Kumiko Ono, Akihiro Kida, Rei Ono, Kanto Nagai, Daisuke Araki, Yuichi Hoshino, Tomoyuki Matsumoto, Takahiro Niikura, Yoshitada Sakai, Ryosuke Kuroda
    Background: Few studies have examined patient satisfaction with playing pre-injury sports after anterior cruciate ligament (ACL) reconstruction. The purpose of this study was to investigate patient satisfaction with playing pre-injury sport and identify factors associated with satisfaction. Methods: A total of 97 patients underwent unilateral ACL reconstruction using a hamstring autograft and returned to pre-injury sports 1 year after surgery. Patient satisfaction with playing pre-injury sport was assessed by a visual analog scale (VAS) and an ordinal four-grade scale. Problems related to the operated knee were also assessed. Knee muscle strength, single leg hop distance, knee laxity, subjective knee pain, and fear of movement/reinjury using Tampa Scale for Kinesiophobia-11 (TSK-11) were measured. Multivariate linear regression analysis was performed to determine the factors associated with patient satisfaction with playing pre-injury sport 1 year after surgery. Results: The average VAS score for patient satisfaction with playing pre-injury sports 1 year after surgery was 77.8 ± 20.2. Of the 97 patients, 87 patients (89.7%) answered “satisfied” or “mostly satisfied”, whereas 51 patients (52.6%) had one or more problems. Multivariate linear regression analysis identified that the TSK-11 score was associated with patient satisfaction with playing a pre-injury sport 1 year after surgery. Conclusion: Most of the patients who returned to pre-injury sports were satisfied with their outcomes. In contrast, approximately half of the patients had one or more problems after returning to play pre-injury sports. In particular, fear of movement/reinjury was significantly associated with patient satisfaction with playing pre-injury sport 1 year after surgery.
    2021年12月, Knee, 33, 282 - 289
    研究論文(学術雑誌)

  • Akio Yamamoto, Hiroyuki Nakamoto, Takumi Yamaguchi, Hideki Sakai, Masahiro Kaneko, Shingo Ohnishi, Teruaki Nishiuma, Kaku Sawada, Yusuke Iwata, Satoshi Osawa, Kumiko Ono, Akira Ishikawa
    BACKGROUND: Breathing frequency is rarely measured during a field walking test since the current monitoring system using a face mask is cumbersome for older adults. For effective clinical application, we aimed to validate the new respiratory monitor using wearable strain sensors during a 6-min walk test (6MWT) in young adults and patients with chronic obstructive pulmonary disease (COPD). METHODS: The study included young adults and patients with stable COPD voluntarily recruited from three hospitals. Breathing frequency during 6MWT were measured by the strain sensor and a nasal capnometer. Total breathing frequencies were measured by the capnometer. The Bland-Altman method was used to estimate the mean limit of agreement for breathing frequency. RESULTS: A total of 23 young adults (age = 23.1 ± 3.7, mean ± SD) and 50 patients with COPD (age = 75.2 ± 7.2, %FEV1 = 59.1 ± 19.7) were analyzed. During the entire test period, the total breathing frequencies were measured based on an average of 252 ± 46 breaths, and the total breathing frequency was higher in patients with COPD than in young adults (mean difference = -3.349, p < 0.0013). The mean difference in breathing frequency between the strain sensors and capnometer was -0.28 (95%CI: 0.75 to 0.20), and the limit of agreement ranged from -4.1 to 3.6. The CI of the limit of agreement included the limit of equivalence (4 counts/min). CONCLUSIONS: The novel respiratory monitor with wearable sensors achieved the target accuracy in both young adults and patients with COPD in the 6MWT.
    Elsevier BV, 2021年12月, Respiratory Medicine, 190, 106675 - 106675, 英語, 国際誌
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Kanji Yamada, Kentaro Iwata, Ryo Tachikawa, Yoshihiro Yoshimura, Yuji Kanejima, Akio Yamamoto, Kumiko Ono, Akihiro Honda, Nobuo Kohara, Keisuke Tomii, Akira Ishikawa, Takeshi Kitai
    AIM: This study aimed to assess the association between physical frailty and clinical outcomes among older patients hospitalized for pneumonia. METHODS: This study examined 852 consecutive patients hospitalized for pneumonia between October 2018 and September 2020. Patients who were <65 years old, scheduled for admission, did not receive inpatient rehabilitation, or died during admission were excluded. A short physical performance battery (SPPB) test was performed by physical therapists upon discharge. The primary outcome measure was a composite endpoint of readmission or mortality due to any cause within 6 months of discharge. RESULTS: In total, 521 patients (median age, 80 years; interquartile range, 74-86 years) were included in the analyses, and were divided into the following two groups: robust group with SPPB scores >9 (n = 150), and physical frailty group with SPPB scores ≤9 (n = 371). Of these, 346 (66.4%) patients were men; and the median SPPB score was 6 (interquartile range, 1-10). During the median follow-up period of 53 days (interquartile range, 4-180 days), 92 (17.6%) patients were readmitted and 25 (4.8%) patients died. Patients with physical frailty were at an increased risk for the primary endpoint (hazard ratio, 2.21; 95% confidence interval, 1.44-3.41; P < 0.001); the risk remained significant after adjusting for multiple variables (adjusted hazard ratio, 1.70; 95% confidence interval, 1.05-2.74; P = 0.028). CONCLUSIONS: Among older patients with pneumonia, physical frailty status at discharge was an independent risk factor for readmission and mortality within 6 months after initial discharge. Geriatr Gerontol Int 2021; 21: 926-931.
    Wiley, 2021年08月, Geriatrics & Gerontology International, 21(10) (10), 926 - 931, 英語, 国内誌
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Takumi Yamaguchi, Akio Yamamoto, Yutaro Oki, Hideki Sakai, Shogo Misu, Yusuke Iwata, Masahiro Kaneko, Kaku Sawada, Yukari Oki, Yuji Mitani, Kumiko Ono, Akira Ishikawa
    Purpose: Japan has only a few respiratory disease-specific activity of daily living scales that are accepted outside of Japan, and they are not widely used. The Barthel Index dyspnea (BI-d), an improved version of the Barthel Index (BI), may be popular in Japan. The purpose of this study was to develop the Japanese version of BI-d (J-BI-d) and investigate its reliability and validity. Patients and Methods: The J-BI-d was developed using the basic guidelines for scale translation. The study included patients with chronic respiratory disease, receiving outpatient care at two centers between January 2019 and February 2020. Scores on the J-BI-d, modified Medical Research Council scale (mMRC scale), BI, respiratory function tests, and 6-minute walk distance (6MWD) test were measured. To verify the test-retest reliability, the J-BI-d was re-administered, and the intraclass correlation coefficient (ICC) was obtained. Internal consistency was verified by Cronbach's alpha reliability coefficient, and criterion-related validity was verified through a correlation analysis of the J-BI-d with mMRC scale and 6MWD test. Divergent validity was verified through correlation analysis between the J-BI-d and BI. Results: Data for 57 participants (mean age 74.4 ± 8.3 years) were analyzed, and reliability testing was performed with 42 of them. The mean time to retest was 8.1 ± 3.0 days, and the ICC (2, 1) was 0.76 (95% CI: 0.62-0.85), indicating high reliability. Cronbach's alpha reliability coefficient was 0.81, indicating high internal consistency. Correlation coefficients of the J-BI-d with 6MWD test (r = -0.46, p < 0.01) and mMRC scale (ρ = 0.76, p < 0.01) indicated high criterion-related validity. The J-BI-d and BI had a weak negative correlation (r = -0.29, p < 0.05), indicating high divergent validity. Conclusion: The results of this study demonstrate high reliability and appropriate validity of the J-BI-d in patients with chronic respiratory disease.
    Informa UK Limited, 2021年06月, International Journal of Chronic Obstructive Pulmonary Disease, Volume 16, 1863 - 1871, 英語, 国際誌
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • DTR-QOLと気分プロフィール検査(POMS短縮版)を用いた教育入院中の糖尿病患者のQOLと感情負担感の変化に関する検討
    高田 綾子, 村前 直和, 松田 季代子, 菅生 有夏, 菅 里沙子, 小野 くみ子, 高吉 倫史, 山本 雅昭, 廣田 勇士
    (一社)日本糖尿病学会, 2021年05月, 糖尿病, 64(Suppl.1) (Suppl.1), I - 3, 日本語

  • インスリンポンプのトラブルシューティング指導に関わる看護師の理解状況の検討
    松田 季代子, 赤壁 由夏, 前田 彩子, 山村 麻梨奈, 野崎 早苗, 菅生 有夏, 菅 里沙子, 小野 くみ子, 高田 綾子, 高吉 倫史, 芳野 啓, 村前 直和, 山本 雅昭, 廣田 勇士
    (一社)日本糖尿病学会, 2021年05月, 糖尿病, 64(Suppl.1) (Suppl.1), III - 1, 日本語

  • チームで取り組む糖尿病教育入院患者の運動療法プログラムが体組成および運動機能に及ぼす影響
    小野 くみ子, 浦邊 順史, 渡瀬 涼, 松田 季代子, 菅 里沙子, 菅生 有夏, 高田 綾子, 芳野 啓, 村前 直和, 山本 雅昭, 廣田 勇士
    (一社)日本糖尿病学会, 2021年05月, 糖尿病, 64(Suppl.1) (Suppl.1), III - 2, 日本語

  • 高齢肺炎入院患者の退院時ADLと退院後6ヵ月後再入院および死亡との関連性について
    山田 莞爾, 岩田 健太郎, 吉村 芳弘, 太田 浩章, 沖 侑大郎, 三谷 有司, 沖 由香里, 山田 洋二, 山本 暁生, 小野 くみ子, 北井 豪, 本田 明広, 幸原 信夫, 富井 啓介, 石川 朗
    (公社)日本リハビリテーション医学会, 2021年05月, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 58(特別号) (特別号), 2 - 9, 日本語

  • DTR-QOLと気分プロフィール検査(POMS短縮版)を用いた教育入院中の糖尿病患者のQOLと感情負担感の変化に関する検討
    高田 綾子, 村前 直和, 松田 季代子, 菅生 有夏, 菅 里沙子, 小野 くみ子, 高吉 倫史, 山本 雅昭, 廣田 勇士
    (一社)日本糖尿病学会, 2021年05月, 糖尿病, 64(Suppl.1) (Suppl.1), I - 3, 日本語

  • インスリンポンプのトラブルシューティング指導に関わる看護師の理解状況の検討
    松田 季代子, 赤壁 由夏, 前田 彩子, 山村 麻梨奈, 野崎 早苗, 菅生 有夏, 菅 里沙子, 小野 くみ子, 高田 綾子, 高吉 倫史, 芳野 啓, 村前 直和, 山本 雅昭, 廣田 勇士
    (一社)日本糖尿病学会, 2021年05月, 糖尿病, 64(Suppl.1) (Suppl.1), III - 1, 日本語

  • チームで取り組む糖尿病教育入院患者の運動療法プログラムが体組成および運動機能に及ぼす影響
    小野 くみ子, 浦邊 順史, 渡瀬 涼, 松田 季代子, 菅 里沙子, 菅生 有夏, 高田 綾子, 芳野 啓, 村前 直和, 山本 雅昭, 廣田 勇士
    (一社)日本糖尿病学会, 2021年05月, 糖尿病, 64(Suppl.1) (Suppl.1), III - 2, 日本語

  • 家族背景から見るDTR-QOLスコアの検討
    高田 綾子, 村前 直和, 松田 季代子, 菅 里沙子, 菅生 有夏, 大藪 智奈美, 小野 くみ子, 山本 雅昭, 廣田 勇士
    (一社)日本糖尿病学会, 2021年01月, 糖尿病, 64(1) (1), 75 - 75, 日本語

  • 家族背景から見るDTR-QOLスコアの検討
    高田 綾子, 村前 直和, 松田 季代子, 菅 里沙子, 菅生 有夏, 大藪 智奈美, 小野 くみ子, 山本 雅昭, 廣田 勇士
    (一社)日本糖尿病学会, 2021年01月, 糖尿病, 64(1) (1), 75 - 75, 日本語

  • 橋爪 真彦, 小野 くみ子, 村上 康朗, 北村 和也, 和田 真明, 本田 寛人, 道上 可奈, 大橋 啓太, 渡瀬 涼, 岩城 大介, 柿原 稔永, 相澤 郁也, 岡川 隼也, 中山 優豊, 浦邊 順史, 浦田 春菜, 井垣 誠
    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大により、糖尿病患者の運動療法を従来通りに実施することが難しくなっている。糖尿病が、COVID-19の重症化に関わる可能性が報告されているが、身体活動を行い、血糖コントロールを良好に維持することで、重症化を予防できる可能性がある。各組織から、健康に過ごすための情報や、身体活動を行う上での注意点や具体的な方法について提示されており、それらを有効に活用しながら糖尿病患者の療養を支援していくことが必要である。日本糖尿病理学療法学会では、2020年4月にCOVID-19対策調査小委員会を結成し、情報収集を実施した。本稿では、その内容を整理し、COVID-19感染拡大下における糖尿病患者の身体活動について述べる。(著者抄録)
    (一社)兵庫県理学療法士会, 2020年12月, 理学療法兵庫, 26(26) (26), 29 - 36, 日本語
    [査読有り]

  • 糖尿病教育入院患者におけるDTR-QOLスコアに影響する因子についての検討
    松田 季代子, 村前 直和, 高田 綾子, 山村 麻梨奈, 赤壁 由夏, 前田 彩子, 山原 敦子, 菅 里沙子, 松田 美玖, 松本 久美子, 大籔 智奈美, 小野 くみ子, 山本 雅昭, 廣田 勇士
    (一社)日本糖尿病学会, 2020年08月, 糖尿病, 63(Suppl.1) (Suppl.1), S - 117, 日本語

  • 当院入院1型糖尿病患者における、入院前後のDTR-QOLスコアの変化
    山村 麻梨奈, 松田 季代子, 赤壁 由夏, 前田 彩子, 山原 敦子, 菅 里沙子, 松田 美玖, 松本 久美子, 大籔 智奈美, 小野 くみ子, 高田 綾子, 村前 直和, 山本 雅昭, 廣田 勇士
    (一社)日本糖尿病学会, 2020年08月, 糖尿病, 63(Suppl.1) (Suppl.1), S - 121, 日本語

  • DTR-QOLと気分プロフィール検査(POMS短縮版)を用いた糖尿病患者のQOLと感情負担感の検討
    高田 綾子, 松田 季代子, 村前 直和, 松田 美玖, 菅 里沙子, 大籔 智奈美, 小野 くみ子, 廣田 勇士
    (一社)日本糖尿病学会, 2020年08月, 糖尿病, 63(Suppl.1) (Suppl.1), S - 125, 日本語

  • 4週間の高強度インターバルトレーニングが認知機能、不安状態および体力指標に及ぼす影響
    渡瀬 涼, 小野 くみ子, 岡川 隼也, 浦邊 順史, 中山 優豊, 石川 朗
    (一社)日本体力医学会, 2020年06月, 体力科学, 69(3) (3), 296 - 296, 日本語

  • Hiroto Honda, Makoto Igaki, Shin-ichiro Tanaka, Kumiko Ono, Yushi Hirota
    This cross-sectional study aimed to examine the associations among self-reported sitting time (ST), transtheoretical model (TTM) based on exercise behavior change, and glycemic and weight control in Japanese adults with type 1 diabetes (T1D). Forty-two adults (age, 44.0 (33.3–56.8) years) with uncomplicated T1D answered questions regarding their lifestyles, including ST per day, and TTM using self-administered questionnaires. The glycated hemoglobin (HbA1c) level correlated with age and ST (p < 0.05, p < 0.01, respectively), whereas body mass index correlated with duration of T1D and TTM (p < 0.05, p < 0.01, respectively). Logistic regression analysis showed that poor glycemic control (HbA1c, >7%) was associated with ST (odds ratio, 3.53 (95% confidence interval, 1.54–8.11), p < 0.01). In addition, the cut-off points for quartiles of ST were 4.6, 6.0, and 8.0 h/day, and the HbA1c level in the lowest quartile was 15% lower than that in the highest quartile (p < 0.01). Although further studies with larger samples are needed, these results implied that expanded self-reported ST might be related to poor glycemic control in Japanese T1D adults, most of whom were lean, young and middle-aged, regardless of TTM based on exercise behavior change.
    MDPI AG, 2020年04月, Healthcare, 8(2) (2), 105 - 105, 英語, 国際誌
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • コーチングを用いた栄養指導と減量外来の併用によって食習慣改善に繋がった1例
    菅 里沙子, 齋藤 沙緒理, 小林 仁美, 佐野 裕里江, 鍛冶 亜由美, 大崎 由真, 河村 弘美, 中谷 早希, 脇田 久美子, 田渕 聡子, 三ヶ尻 礼子, 山本 育子, 多和田 尚子, 小野 くみ子, 廣田 勇士, 高橋 路子
    (一社)日本病態栄養学会, 2020年01月, 日本病態栄養学会誌, 23(Suppl.) (Suppl.), S - 93, 日本語

  • Yamamoto, Akio, Nakamoto, Hiroyuki, Bessho, Yusuke, Watanabe, Yu, Oki, Yutaro, Ono, Kumiko, Fujimoto, Yukari, Terada, Tsutomu, Ishikawa, Akira
    Respiratory rate, a sensitive indicator of respiratory status, is rarely measured during the field walking test. Our objective was to develop and validate a non-invasive, wearable monitoring system using stretchable strain sensors and an accompanying algorithm capable of providing real-time measurements of respiration during exercise. Twenty-four healthy volunteers wore stretchable sensors during a walking test protocol that included standing, sitting, walking, and walking with a stick. Sensors were placed on the ribcage and abdomen. The Bland-Altman method was used to assess the accuracy and precision of breath counts; total respiration time and inspiration time ratio were determined by custom algorithms and compared with measurements obtained with the standard flow sensor. The output signal from the stretchable sensor was highly synchronized with flow signals. The limits of agreement were within 3 breaths/min throughout the test protocol. Differences between sensors for total respiration time and inspiration time ratio were less than 14% and 26%, respectively. The agreement was maintained regardless of respiratory rate or volume. The wearable respiratory monitoring system yielded accurate and precise breath counts and total duration of respiratory cycle during moderate exercise in healthy young individuals, suggesting that it might be useful in clinical practice.Graphical abstract
    SPRINGER HEIDELBERG, 2019年12月, MEDICAL & BIOLOGICAL ENGINEERING & COMPUTING, 57(12) (12), 2741 - 2756, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 2型糖尿病患者に対する4週間の水中歩行運動が尿中アルブミン排泄量に及ぼす影響
    小野 くみ子, 道上 可奈, 大橋 啓太, 渡瀬 涼, 廣田 勇士, 岡田 裕子, 坂口 一彦, 石川 朗
    (一社)日本糖尿病学会, 2019年04月, 糖尿病, 62(4) (4), 278 - 278, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(その他学術会議資料等)

  • チームで取り組む糖尿病教育入院患者への「運動療法プログラム」
    松田季代子, 小野くみ子, 向山万為子, 秋山恵里, 渡邊勇気, 大籔智奈美, 高田綾子, 高吉倫史, 村前直和, 古川敦子, 岡田裕子, 廣田勇士
    (一社)日本糖尿病学会, 2019年04月, 糖尿病, 62(Suppl.1) (Suppl.1), S-211 - 211, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 糖負荷15分後の異なる強度の運動が血糖スパイクの是正に及ぼす影響
    渡瀬 涼, 小野 くみ子, 大橋 啓太, 岡川 準也, 片桐 祥雅, 石川 朗
    (一社)日本糖尿病学会, 2019年04月, 糖尿病, 62(Suppl.1) (Suppl.1), S - 289, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 1型・2型糖尿病患者の教育入院中のQOLの変化に関する検討
    高田 綾子, 松田 季代子, 向山 万為子, 秋山 恵里, 小野 くみ子, 大籔 智奈美, 村前 直和, 岡田 裕子, 廣田 勇士, 小川 渉
    (一社)日本糖尿病学会, 2019年04月, 糖尿病, 62(4) (4), 280 - 281, 日本語

  • 柴田洋平, 松下雄彦, 荒木大輔, 木田晃弘, 瀧口耕平, 上田雄也, 小野くみ子, 松本知之, 新倉隆宏, 酒井良忠, 黒田良祐
    BACKGROUND: The wide variations in patient demographics and concomitant injuries make the prediction of which patients will regain strength quickly following anterior cruciate ligament (ACL) reconstruction challenging. This study aimed to identify the dominant factor affecting quadriceps strength recovery after ACL reconstruction with a hamstring tendon autograft and to construct a predictive model for quadriceps strength recovery using decision tree analysis. METHODS: Three hundred and eighty-six patients who underwent ACL reconstruction with a hamstring tendon autograft were included in this study. The isokinetic quadriceps strength at 60°/s was measured preoperatively and at 6 months after surgery. The quadriceps strength index (QSI) was calculated by normalising the peak torque of the involved leg with the uninvolved leg and multiplying it by 100. A stepwise multiple linear regression and a decision tree analysis were performed to assess whether or not the following parameters affect quadriceps strength recovery at 6 months: socio-demographic data and maximum isokinetic quadriceps strength. RESULTS: The preoperative QSI, age, and pre-injury Tegner activity scale were independently correlated with quadriceps strength recovery at 6 month after surgery. The decision tree analysis demonstrated that patients were expected to have a QSI ≥85% at 6 months after surgery if they met one of the following conditions: (1) age <23 years with a preoperative QSI ≥78.8%, (2) age ≥29 years with a preoperative QSI ≥98.0%, or (3) age <16 years with a preoperative QSI <58.5% and pre-injury Tegner activity scale ≥9. By contrast, patients ≥29 years with a preoperative QSI <98.0% were likely to achieve a quadriceps strength index <70% at 6 months after surgery. CONCLUSIONS: Based on the results of the decision tree analysis, younger patients could achieve good quadriceps recovery even if they have a lower preoperative QSI, whereas patients ≥29 years need a higher preoperative QSI to obtain good muscle recovery.
    2019年03月, J Orthop Sci., 24(2) (2), 301 - 305, 英語, 国内誌
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 水位大転子及び剣上突起における顔面浸漬が腹部大静脈横断面積に及ぼす影響
    小野寺 昇, 濱田 大幹, 吉田 升, 和田 拓真, 玉里 祐太郎, 斎藤 辰哉, 高原 皓全, 野瀬 由佳, 小野 くみ子, 松本 希, 吉岡 哲, 村田 めぐみ, 山口 英峰, 原 英喜
    日本宇宙航空環境医学会, 2018年12月, 宇宙航空環境医学, 55(1-4) (1-4), 10 - 10, 日本語

  • 1型糖尿病をもつ勤労者における座位行動と血糖コントロールの関係
    本田寛人, 井垣誠, 田中愼一郎, 小野くみ子, 廣田勇士
    日本先進糖尿病治療研究会, 2018年11月, 日本先進糖尿病治療研究会雑誌, 14, 41 - 41, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 運動介入前後ならびに腹腔鏡下スリーブバイパス術後の体力指標の変化を検討した一例
    小野 くみ子, 道上 可奈, 廣田 勇士, 石川 朗
    (一社)日本肥満学会, 2018年09月, 肥満研究, 24(Suppl.) (Suppl.), 234 - 234, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 子守帯の装着パターンの違いが上り坂歩行中の呼吸応答に及ぼす影響
    大橋 啓太, 小野 くみ子, 川手 勇也, 渡瀬 涼, 石川 朗
    (一社)日本体力医学会, 2018年08月, 体力科学, 67(4) (4), 303 - 309, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 水位大転子及び剣状突起における顔面浸漬が心拍数に及ぼす影響
    小野寺昇, 村田めぐみ, 濱田大幹, 吉田升, 和田拓真, 玉里祐太郎, 斎藤辰哉, 高原皓全, 野瀬由佳, 小野くみ子, 松本希, 吉岡哲, 山口英峰, 原英喜
    日本宇宙航空環境医学会, 2017年12月, 宇宙航空環境医学, 54(4) (4), 83 - 83, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(その他学術会議資料等)

  • ウェアラブルストレッチセンサを用いた歩行中の呼吸数計測システムの精度検証
    山本暁生, 中本裕之, 別所侑亮, 沖侑大郎, 藤本由香里, 渡邊佑, 山田莞爾, 寺田努, 小野くみ子, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2017年10月, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 27(Suppl.) (Suppl.), 164s - 164s, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 大橋啓太, 藤原芽生, 小野くみ子, 石川朗

    【はじめに,目的】スタティックストレッチングがもたらす効果として,リラクセーション効果がある。リラクセーション効果を目的としたスタティックストレッチングに関する研究では,5分から10分程度のストレッチングプログラムを実施した場合のリラクセーション効果についての報告はあるが,一般的に推奨されている30秒程度のスタティックストレッチングがもたらすリラクセーション効果に関する報告は見当たらない。そこで,本研究ではスタティックストレッチングの伸張時間の違いが,自律神経活動に及ぼす影響について検討することを目的とした。

    【方法】9名の健常若年成人男性を対象とした。実験に先立ち,膝関節伸展位での股関節屈曲(SLR)可動域(ROM)を測定し,そこから3度減じた角度をストレッチング実施角度に決定した。実験は,5分間の安静背臥位(PRE)後,スタティックストレッチングとしてSLR(ST)を行い,その後5分間の安静背臥位(POST)を行い,終了とした。実験条件は,ストレッチングを10秒間(10秒条件),30秒間(30秒条件),60秒間(60秒条件)それぞれ行う3条件に加え,安静背臥位を保持する条件(CON条件)の計4条件を設定した。実験を通して,心拍数(HR)および心臓副交感神経系活動(lnHF)の測定を行い,効果判定として実験後にSLRのROM測定を行った。さらに,交感神経活動指標として唾液アミラーゼ活性(SAA)を,PREの最後の1分間,ST直後1分間,POST終了後1分間,それぞれ唾液を採取して測定した。ST実施角度決定時およびST時の自覚的伸張感はVisual Analog Scale(VAS)を用いて測定した。データ処理として,PREにおける測定値は,最初と最後の1分間を除いた3分間の平均値を,STにおける測定値は,それぞれの条件の後半の10秒間の平均値を,POSTにおける測定値は5分間の平均値をそれぞれ算出し,比較検討した。

    【結果】ROMは,30秒条件(P<0.01)および60秒条件(P<0.05)において実験前と比較して実験後に有意に増大した。VASは,各条件においてストレッチ角度決定時およびST時に有意差を認めなかった。HRは,時間および条件の交互作用に有意差を認め(P<0.01),10秒条件においてPREおよびPOSTと比較してST時に有意な上昇を認めた(P<0.01)。lnHFは,PREと比較してST時に有意に上昇した(P<0.01)が,条件間および交互作用には有意差を認めなかった。SAAは,条件,時間,交互作用とも有意差を認めなかった。

    【結論】リラクセーション効果を目的としたスタティックストレッチングの伸張時間について,60秒までの短時間のスタティックストレッチングでは,伸張時間の違いによる自律神経活動,特に副交感神経活動への有意な影響は認められず,リラクセーション効果を目的とした場合は,少なくとも60秒よりも長い時間のスタティックストレッチングを実施する必要があることが示唆された。

    公益社団法人 日本理学療法士協会, 2017年04月, 理学療法学, 44(Suppl.2) (Suppl.2), P-YB-14-2 - 1593, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 膝窩腱を自家移植して前十字靱帯を再建した後の男女における術前の大腿四頭筋筋力で層別化した大腿四頭筋筋力回復度の評価(Evaluation of quadriceps strength recovery stratified preoperative quadriceps strength after anterior cruciate ligament reconstruction with hamstrings autograft in male and female)
    Ueda Yuya, Matsushita Takehiko, Takiguchi Kohei, Shibata Yohei, Ono Kumiko, Ono Rei, Araki Daisuke, Kanzaki Noriyuki, Sakai Yoshitada, Kuroda Ryosuke
    (公社)日本理学療法士協会, 2017年04月, 理学療法学, 44(Suppl.2) (Suppl.2), O - 1, 英語

  • シート状ストレッチセンサを用いた歩行中の非侵襲的な呼吸数計測法の開発
    山本暁生, 中本裕之, 別所侑亮, 太田雅史, 沖侑大郎, 藤本由香里, 渡邊佑, 岩田健太郎, 村上茂史, 山田莞爾, 寺田 努, 小野くみ子, 石川朗
    2017年04月, 第57 回日本呼吸器学会学術講演会, 6, 640, 日本語
    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 山本 暁生, 中本 裕之, 別所 侑亮, 太田 雅史, 沖 侑大郎, 藤本 由香里, 渡邊 佑, 岩田 健太郎, 村上 茂史, 山田 莞爾, 寺田 努, 小野 くみ子, 石川 朗
    (一社)日本呼吸器学会, 2017年03月, 日本呼吸器学会誌, 6巻増刊(増刊) (増刊), 266 - 266, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Ueda Yuya, Matsushita Takehiko, Takiguchi Kohei, Shibata Yohei, Ono Kumiko, Ono Rei, Araki Daisuke, Kanzaki Noriyuki, Sakai Yoshitada, Kuroda Ryosuke

    【Purpose】

    Although some studies have reported preoperative quadriceps strength associates postoperative quadriceps strength recovery after anterior cruciate ligament(ACL)reconstruction with hamstrings tendon autograft, there are no studies investigating about postoperative quadriceps strength recovery after grouping by preoperative quadriceps strength. The purpose of this study was to assess postoperative quadriceps strength recovery after ACL reconstruction with hamstrings tendon autograft in male and female, stratified preoperative quadriceps strength.

    【Methods】

    Isokinetic quadriceps strength at 60°/s was measured at preoperatively, 3, 6, and 12 months after surgery in 393 patients(194 males and 199 females)underwent ACL reconstruction with hamstrings tendon autograft. Quadriceps strength index(QSI)was calculated by normalizing the peak toque of the involved leg with the uninvolved leg. The subjects were stratified by sex and preoperative QSI(<60% group, 60-80% group, ≥80% group). A three(group)× three(time)analysis of variance with repeated-measures and Tukey post hoc tests were performed to evaluate postoperative QSI recover after surgery in male and female.

    【Results】

    Interaction effect was not observed(male:p=0.29, female:p=0.28)but main effect of time(male:p<0.0001, female:p<0.0001)and preoperative QSI group(male:p<0.0001, female:p<0.0001)were observed. In both male and female, 60-80% group and ≥80% group were significantly higher QSI than<60% group at 3 and 6 months after surgery. In addition, ≥80% group was significantly higher QSI than <60% group at 12 months after surgery in male and female.

    【Discussion】

    This study shows postoperative QSI recovery data in each group stratified by sex and preoperative QSI and suggests that preoperative QSI affects postoperative QSI after ACL reconstruction with hamstrings tendon autograft.

    公益社団法人 日本理学療法士協会, 2017年, 理学療法学Supplement, 2016, 1195 - 1195, 日本語

  • 内側膝蓋大腿靱帯再建術後の主観的評価に影響を及ぼす因子の検討
    柴田 洋平, 松下 雄彦, 荒木 大輔, 木田 晃弘, 瀧口 耕平, 上田 雄也, 小野 くみ子, 神崎 至幸, 酒井 良忠, 黒田 良祐
    スポーツ傷害フォーラム, 2017年01月, スポーツ傷害, 22, 16 - 16, 日本語

  • 膝前十字靱帯再建術後の下肢における筋肉の量および質と膝伸展筋力およびパフォーマンスとの関連
    上田 雄也, 松下 雄彦, 荒木 大輔, 瀧口 耕平, 柴田 洋平, 小野 くみ子, 小野 玲, 松本 知之, 高山 孝治, 酒井 良忠, 黒坂 昌弘, 黒田 良祐
    (公社)日本理学療法士協会, 2016年10月, 理学療法学, 43(Suppl.2) (Suppl.2), P - 3, 日本語
    [査読有り]

  • Factors affecting quadriceps strength recovery after anterior cruciate ligament reconstruction with hamstring autografts in athletes.
    Ueda Y, Matsushita T, Araki D, Kida A, Takiguchi K, Shibata Y, Ono K, Ono R, Matsumoto T, Takayama K, Sakai Y, Kurosaka M, Kuroda R
    2016年08月, Knee Surgery, Sports Traumatology, Arthroscopy, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 栄養指導における糖尿病チームの動機づけの効果
    芝唯, 山本育子, 戸田明代, 山本将士, 高橋路子, 宇佐美眞, 廣田勇士, 坂口一彦, 谷藤亜希子, 西井美佳, 小野くみ子
    2016年07月, 糖尿病, 59(7) (7), 517
    [査読有り]
    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 糖尿病療養に困難さを抱える患者へのチームラウンドの試みとその有用性
    高田綾子, 松田季代子, 宮本たえ, 大江裕子, 芝唯, 山本育子, 岡崎裕太朗, 谷藤亜希子, 小野くみ子, 三浦洋, 廣田勇士
    2016年07月, 糖尿病, 59(7) (7), 520
    [査読有り]
    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 水中トレッドミル歩行が肥満者の血管内皮機能および心臓副交感神経系活動に及ぼす影響
    小野くみ子, 道上可奈, 石川朗
    明治安田厚生事業団, 2016年04月, 若手研究者のための健康科学研究助成成果報告書, 31(31) (31), 67 - 72, 日本語
    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 水中トレッドミル歩行運動が2型糖尿病患者の心拍数、血圧および尿中アルブミン排泄量に及ぼす影響
    小野くみ子, 道上可奈, 杉本達也, 杉山和也, 高森公美, 廣田勇士, 坂口一彦, 石川朗
    2016年04月, 糖尿病, 59(Suppl.1) (Suppl.1), S-483
    [査読有り]
    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 上田 雄也, 松下 雄彦, 荒木 大輔, 瀧口 耕平, 柴田 洋平, 小野 くみ子, 小野 玲, 松本 知之, 高山 孝治, 酒井 良忠, 黒坂 昌弘, 黒田 良祐
    【はじめに,目的】膝前十字靭帯(以下ACL)再建術後では術側の筋力低下が問題となる。筋力低下の要因として,ACL再建術後では筋量減少など筋肉の量による要因と,神経筋機能低下など筋肉の質による要因のそれぞれが報告されている。しかし両者を包括的に検討した報告は数少ない。またパフォーマンスとそれぞれの関連についての報告はない。機能低下の要因を検討することはリハビリテーションの内容を選択する上で重要である。そこで本研究では,ACL再建術後6ヶ月の術側下肢における筋肉の量および質と,膝伸展筋力およびパフォーマンスの関連について横断的に検討することとした。【方法】2011年7月から2012年9月に当院または当科関連病院にてHamstrings腱を用いたACL単独再建術を施行し,術後6ヶ月に膝関節機能および身体組成を測定し得た連続71名(男性43名,年齢22.8±8.1歳)を対象とした。除外基準は反対側受傷および術側既往歴がある者,膝蓋腱をgraftとして用いた者とした。個人特性は性別,年齢,BMI,受傷前Tegner activity scale(以下TAS)を聴取した。膝関節機能は膝伸展筋力とパフォーマンスとして片脚幅跳び距離を測定した。膝伸展筋力はMYORET RZ-450を用いて等尺90°での最大膝伸展筋力を測定した。片脚幅跳び距離は2回の施行での最大跳躍距離とした。身体組成ではYamato DF860を用い下肢筋肉量を測定した。筋肉の量の評価として,体重あたりの術側下肢筋肉量(以下%筋肉量)を算出した。筋肉の質の評価として,術側の下肢筋量あたりの膝伸展筋力(以下Muscle Quality:MQ)を算出した。統計解析として,術側膝伸展筋力と片脚幅跳び距離それぞれと各項目の関連について単変量解析により検討した。また術側膝伸展筋力と片脚幅跳び距離それぞれを従属変数とし,単変量解析にて有意な関連を示した変数を独立変数とした重回帰分析を実施した。統計はJMP ver12.0を用い,有意水準は5%未満とした。【結果】単変量解析の結果,術側膝伸展筋力は男性で有意に強く(男性205.3±67.9 Nm,女性118.6±29.5 Nm),BMI(r=0.57),TAS(r=0.35),%筋肉量(r=0.41)およびMQ(r=0.80)と有意な関連を認めた。術側片脚幅跳び距離は男性で有意に長く(男性1.47±0.26 m,女性1.09±0.19 m),TAS(r=0.34),%筋肉量(r=0.50)およびMQ(r=0.38)と有意な関連を認めた。重回帰分析の結果,術側膝伸展筋力では性別(β=0.14),BMI(β=0.37),%筋肉量(β=0.29)およびMQ(β=0.61)が独立した因子として抽出された(R2=0.93)。術側片脚幅跳び距離では性別(β=0.42)およびMQ(β=0.69)が独立した因子として抽出された(R2=0.47)。【結論】ACL再建術後6ヶ月では,術側膝伸展筋力には性別,BMIに関わらず筋肉の量および質がそれぞれ独立して関連していた。一方片脚幅跳び距離には筋肉の質は独立して関連していたが,量は独立した関連を認めなかった。本研究より,量のみならず筋肉の質の着目した介入の重要性が示唆される。
    公益社団法人 日本理学療法士協会, 2016年, 理学療法学Supplement, 2015, 1297 - 1297, 日本語

  • 膝前十字靱帯再建術後の下肢における筋肉の量および質とパフォーマンスとの関連
    上田 雄也, 松下 雄彦, 荒木 大輔, 木田 晃弘, 瀧口 耕平, 柴田 洋平, 小野 くみ子, 小野 玲, 松本 知之, 高山 孝治, 酒井 良忠, 黒坂 昌弘, 黒田 良祐
    スポーツ傷害フォーラム, 2016年01月, スポーツ傷害, 21, 37 - 37, 日本語
    [査読有り]

  • 金居 督之, 久保 宏紀, 北村 友花, 野添 匡史, 間瀬 教史, 島田 真一, 小野 くみ子, 井澤 和大, 安藤 啓司
    〔目的〕急性期非心原性脳梗塞患者における病型による自律神経系活動の差異について明らかにする.〔対象〕対象は,急性期非心原性脳梗塞患者33名(年齢71.5歳,男性23名,女性10名)である.〔方法〕心電図は,安静,離床,回復の3条件で測定した.自律神経系活動指標(副交感神経系活動:lnHF,交感神経系活動:LF/HF)は,心拍変動解析により算出した.ラクナ梗塞患者とアテローム血栓性脳梗塞患者での自律神経系活動の比較を行った.〔結果〕ラクナ梗塞患者はアテローム血栓性脳梗塞患者に比べ,安静時のlnHFは低下(5.1 vs. 6.1),離床時のLF/HFは亢進していた(3.0 vs. 1.4).〔結語〕急性期では,ラクナ梗塞患者は,アテローム血栓性脳梗塞患者に比し,自律神経系活動が低下する可能性がある.
    理学療法科学学会, 2016年, 理学療法科学, 31(1) (1), 169 - 174, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Yuya Ueda, Shogo Misu, Ryuichi Sawa, Nobuyuki Nakatsu, Tatsuya Sugimoto, Kazuya Sugiyama, Kumi Takamori, Kumiko Ono, Kazunori Seki, Yasunobu Handa, Rei Ono
    The cycling wheelchair (CWC) can be used as a pedaling exercise machine. However, physiological indexes in the CWC at various pedaling rates and the difference between the CWC and the existing pedaling machines such as the portable ergometer (ERG) are unclear. The aim of this study was to measure physiological indexes in the CWC at various pedaling rates and compare the CWC to the ERG, focusing on psychological stress. The present non-randomized crossover study included ten healthy men (22.3 +/- 1.2 years) who performed pedaling exercise with the CWC and the ERG. Both experiments were composed of three pedaling exercise sessions (40, 60, and 80 rpm). Physiological indexes, consisting of oxygen consumption, heart rate, perceived breathlessness and leg fatigue, and salivary amylase activity (SAA), an index of psychological stress, were measured. The metabolic equivalent (METs) and the rate of change in SAA from rest to immediately after each pedaling session (Delta SAA) were calculated. In the CWC, all physiological indexes significantly increased with pedaling rates. The METs were 2.2 +/- 0.3, 2.7 +/- 0.4, and 3.5 +/- 0.4 at 40, 60, and 80 rpm, respectively. In comparison between the CWC and the ERG, Delta SAA was lower in the CWC than in the ERG at 60 and 80 rpm. Our results indicate that the CWC pedaling can provide low or moderate intensity exercises with adjusting pedaling rates and is less stressful than the ERG. Thus, the CWC is a useful pedaling machine to promote regular and enjoyable exercises.
    TOHOKU UNIV MEDICAL PRESS, 2016年01月, TOHOKU JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 238(1) (1), 33 - 38, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 水中歩行が運動後低血圧およびCAVIに及ぼす影響
    道上可奈, 杉本達也, 杉山和也, 高森公美, 織部修一, 小野くみ子, 石川朗
    2015年12月, 体力科学, 64(6) (6), 586
    [査読有り]
    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Masashi Kanai, Hiroki Kubo, Yuka Kitamura, Kazuhiro P. Izawa, Kumiko Ono, Hiroshi Ando, Masafumi Nozoe, Kyoshi Mase, Shinichi Shimada
    ELSEVIER IRELAND LTD, 2015年12月, INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY, 201, 171 - 173, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 若年成人男性における運動中から運動後にわたる呼気延長呼吸が心臓副交感神経系活動および呼吸困難感に及ぼす影響
    杉本達也, 杉山和也, 高森公美, 小野 くみ子, 石川 朗
    The purpose of this study was to clarify the effects of prolonged expiration on cardiac parasympathetic nervous activity and respiratory discomfort during and after exercise in young adult men. Seven healthy adult men (22.6±1.2 years) participated in this study. They exercised on the bicycle ergometer at 40% of peak oxygen uptake for 10 minutes and then rested on a chair for 20 minutes. Three conditions were performed, namely prolonged expiration (2-count inhalation and 4-count exhalation) at exercise phase (P-S condition) and at both exercise and recovery phases (P-P condition), and spontaneous respiration at exercise and recovery phases (S-S condition). We measured oxygen uptake (VO_2), respiratory rate (RR), heart rate (HR), parasympathetic nervous activity (lnHF), and subjective symptoms (respiratory discomfort and leg fatigue). At exercise phase, VO_2 and HR were not significant among other conditions (P<0.05). During prolonged expiration, RR was significantly decreased at both exercise and recovery phases (P<0.05), while lnHF was increased at both exercise and recovery phases (P<0.05). For subjective symptoms at exercise phase, leg fatigue was not significantly different among other conditions, but respiratory discomfort was significantly increased by prolonged expiration (P <0.05). We concluded that prolonged expiration stimulated parasympathetic nervous activity during and after exercise though it increased respiratory discomfort during exercise.
    日本運動生理学会事務局, 2015年10月, 日本運動生理学雑誌, 22(2) (2), 51 - 59, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 水中トレッドミル歩行運動継続が高度肥満を伴う2型糖尿病患者の循環指標に及ぼす影響
    小野くみ子, 道上可奈, 杉本達也, 杉山和也, 高森公美, 中島進介, 廣田勇士, 坂口一彦, 石川朗
    2015年07月, 糖尿病, 58(7) (7), 512
    [査読有り]
    研究論文(その他学術会議資料等)

  • スポーツ実施者における膝前十字靱帯再建術後6ヵ月での膝伸展筋力回復に関連する因子およびカットオフ値の検討
    上田 雄也, 荒木 大輔, 松下 雄彦, 瀧口 耕平, 柴田 洋平, 小野 くみ子, 小野 玲, 松本 知之, 高山 孝治, 酒井 良忠, 黒坂 昌弘, 黒田 良祐
    (公社)日本理学療法士協会, 2015年04月, 理学療法学, 42(Suppl.2) (Suppl.2), O - 0036, 日本語
    [査読有り]

  • Christopher J. A. Pugh, Victoria S. Sprung, Kumiko Ono, Angela L. Spence, Dick H. J. Thijssen, Howard H. Carter, Daniel J. Green
    Introduction Regular exercise induces recurrent increases in cerebrovascular perfusion. In peripheral arteries, such episodic increases in perfusion are responsible for improvement in arterial function and health. We examined the hypothesis that exercise during immersion augments cerebral blood flow velocity compared with intensity-matched land-based exercise. Methods Fifteen normotensive participants were recruited (26 4 yr, 24.3 1.9 kgm(-2)). We continuously assessed mean arterial blood pressure, HR, stroke volume, oxygen consumption, and blood flow velocities through the middle and posterior cerebral arteries before, during, and after 20-min bouts of water- and land-based stepping exercise of matched intensity. The order in which the exercise conditions were performed was randomized between subjects. Water-based exercise was performed in 30 degrees C water to the level of the right atrium. Results The water- and land-based exercise bouts were closely matched for oxygen consumption (13.3 mLkg(-1)min(-1) (95% confidence interval (CI), 12.2-14.6) vs 13.5 mLkg(-1)min(-1) (95% CI, 12.1-14.8), P = 0.89) and HR (95 bpm (95% CI, 90-101) vs 96 bpm (95% CI, 91-102), P = 0.65). Compared with land-based exercise, water-based exercise induced an increase in middle cerebral artery blood flow velocity (74 cms(-1) (95% CI, 66-81) vs 67 cms(-1) (95% CI, 60-74) P < 0.001), posterior cerebral artery blood flow velocity (47 cms(-1) (95% CI, 40-53) vs 43 cms(-1) (95% CI, 37-49), P < 0.001), mean arterial blood pressure (106 mm Hg (95% CI, 100-111) vs 101 mm Hg (95% CI, 95-106), P < 0.001), and partial pressure of expired CO2 (P 0.001). Conclusions Our findings suggest that water-based exercise augments cerebral blood flow, relative to land-based exercise of similar intensity, in healthy humans.
    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2015年02月, MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, 47(2) (2), 299 - 306, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 前十字靱帯再建手術後6ヵ月の膝関節伸展筋力健患比の予測
    柴田 洋平, 松下 雄彦, 荒木 大輔, 木田 晃弘, 瀧口 耕平, 上田 雄也, 小野 くみ子, 松本 知之, 高山 孝治, 酒井 良忠, 黒坂 昌弘, 黒田 良祐
    スポーツ傷害フォーラム, 2015年01月, スポーツ傷害, 20, 3 - 3, 日本語

  • スポーツ競技者における膝前十字靱帯再建術後1年での跳躍動作に影響を及ぼす因子の検討
    上田 雄也, 松下 雄彦, 荒木 大輔, 木田 晃弘, 瀧口 耕平, 柴田 洋平, 小野 くみ子, 松本 知之, 高山 孝治, 酒井 良忠, 黒坂 昌弘, 黒田 良祐
    スポーツ傷害フォーラム, 2015年01月, スポーツ傷害, 20, 4 - 4, 日本語

  • 若年者の喫煙習慣が浸水時の心臓副交感神経系活動に及ぼす影響
    道上可奈, 杉本達也, 杉山和也, 高森公美, 小野くみ子, 石川朗
    2014年12月, 体力科学, 63(6) (6), 662
    [査読有り]
    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 水中および陸上における倒立時の心拍数の比較
    小野寺 昇, 吉岡 哲, 斎藤 辰哉, 和田 拓真, 松本 希, 西村 一樹, 高原 皓全, 関 和俊, 天岡 寛, 小野 くみ子, 山口 英峰, 西村 正広, 白 優覧
    日本宇宙航空環境医学会, 2014年12月, 宇宙航空環境医学, 51(4) (4), 69 - 69, 日本語
    [査読有り]

  • 自転車エルゴメータ運動中の穏やかな音楽聴取が心臓自律神経系活動、自覚症状および感情に及ぼす影響
    杉山和也, 杉本達也, 高森公美, 小野くみ子, 石川朗
    2014年10月, 体力科学, 63(5) (5), 494
    [査読有り]
    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 平地および坂道での車いす駆動が坐骨部のずれに与える影響
    山本 将之, 杉元 雅晴, 吉川 義之, 前重 伯壮, 植村 弥希子, 小野 くみ子, 高田 哲, 桑田 真吾, 寺師 浩人
    (一社)日本褥瘡学会, 2014年10月, 日本褥瘡学会誌, 16(4) (4), 576 - 576, 日本語
    [査読有り]

  • 足漕ぎ車椅子駆動における生理学的指標測定 足漕ぎ車椅子は歩行障害者に対する新たな運動プログラムになりうるのか
    上田 雄也, 澤 龍一, 中窪 翔, 中津 伸之, 杉本 達也, 杉山 和也, 高森 公美, 谷垣 佑樹, 関 和則, 小野 くみ子, 小野 玲
    (公社)日本理学療法士協会, 2014年05月, 理学療法学, 41(大会特別号2) (大会特別号2), 1553 - 1553, 日本語
    [査読有り]

  • 急性期脳梗塞患者における自律神経系活動とバイタルサインの関連
    金居 督之, 久保 宏紀, 北村 友花, 島田 真一, 間瀬 教史, 小野 くみ子, 安藤 啓司
    (公社)日本理学療法士協会, 2014年05月, 理学療法学, 41(大会特別号2) (大会特別号2), 0133 - 0133, 日本語
    [査読有り]

  • SYMPATHETIC NERVOUS SYSTEM ACTIVATION, ARTERIAL SHEAR RATE AND FLOW MEDIATED DILATION.
    Dick H.J. Thijssen, Ceri L. Atkinson, Kumiko Ono, Victoria S. Sprung, Angela L. Spence, Christopher, J.A. Pugh, Daniel J. Green
    2014年04月, Journal of Applied Physiology, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Onodera Sho, Baik Wooram, Nose Yuka, Nishimura Kazuki, Ono Kumiko, Takahara Terumasa, Matsumoto Nozomi, Ishida Yasuo, Yamaguchi Hidetaka, Yoshioka Akira, Nishimura Masahiro, Takagi Yusuke, Fujiwara Yuko, Hayashi Sotaro, Saito Tatsuya, Murata Megumi, Wada Takuma, YUI Naoko
    A snow cave is a bivouac shelter used in mountain climbing that is widely used as a shelter against the cold during winter. In the outdoors, wind velocity and air temperature have an influence on temperature change. It could stabilize body temperature if it can control the convection of ambient air. This paper could develop a theory focusing on the relation between physiological indexes and the protection against the cold while staying in a snow cave. For example, protection against the cold could be thermal insulation underwear, thermal insulation gloves, thermal insulation socks, a steam warmed temperature sheet and a rescue sheet. Measurement items were heart rate, blood pressure, rectal temperature, score of a subjective thermal sensation and the activity of the parasympathetic nervous system. It was clarified that the protection against the cold could be effective for the decrease of the physiological index. These field studies suggest that they would enable the adaptation in the adjustment range of the autonomic nervous system given these protections against the cold.
    2014年, Kawasaki Journal of Medical Welfare, 20(1) (1), 13 - 24, 英語

  • 前十字靱帯再建手術症例における筋力回復の経時的変化
    柴田 洋平, 黒田 良祐, 荒木 大輔, 木田 晃弘, 瀧口 耕平, 小野 くみ子, 西澤 勇一郎, 松下 雄彦, 松本 知之, 酒井 良忠, 黒坂 昌弘
    スポーツ傷害フォーラム, 2014年01月, スポーツ傷害, 19, 46 - 46, 日本語

  • EFFECTS OF UNDERWATER ARM-CRANKING EXERCISE ON CARDIAC AUTONOMIC NERVOUS ACTIVITY
    Kumiko Ono, Hikaru Kuniyoshi, Yuuki Tanigaki
    the American Society for Gravitational and Space Research, 2013年10月, GRAVITATIONAL AND SPACE RESEARCH, 1, 299 - 306, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 小野くみ子, 谷垣佑樹, 橋爪真彦, 國吉光, 橋本尚子, 廣田勇士, 坂口一彦
    【はじめに、目的】厚生労働省の報告(2007)によると、糖尿病またはその可能性が否定できない人は約2,210万人に上っている。糖尿病は、心筋梗塞、脳梗塞など大血管に障害をもたらすのみならず、網膜、腎、神経などの細小血管に障害をもたらす。これら合併症を予防し、進行抑制することが糖尿病治療の目的である。治療三本柱の1つに運動療法がある。これまでウォーキングなど多くの下肢運動に着目した報告がなされてきたが、高度肥満を伴った糖尿病患者がこれらの運動を継続することは困難な場合がある。ハンドエルゴメータは有酸素性運動であり、これを座位で行うことは下肢関節にかかる負担を軽減することから運動療法継続に結びつくものと考えられる。一方、運動時に配慮すべき点の1つに、運動時の腎血流量低下に伴う腎機能低下がある。陸上運動と比較し、水中環境では腎血流量低下が抑制されることが明らかになっている。そこで、本研究ではハンドエルゴメータを用い、3ヶ月間の水中運動継続が高度肥満を伴う2型糖尿病患者の心臓副交感神経系活動および尿中アルブミン排泄量にどのような影響を及ぼすか明らかにすることを目的とした。【方法】対象は45歳男性の2型糖尿病患者(身長170.8cm、体重121.4kg、BMI41.6、体脂肪率44.7%、腹囲径130cm)。運動プログラムとして対象者は、バイタルチェックの後、更衣し、陸上座位にて5分間の安静をとった。続いて水中に移動し、水中座位(水深60cm)にて10分間の安静をとった。その後50%HRmax強度の水中ハンドエルゴメータ運動を20分間行い、運動終了後5分間の水中回復をとった後、出水した。更衣の後、バイタルチェックを行い終了した。このプログラムを週1回、3ヶ月間継続して実施した。初回および最終回のプログラム時に血圧(BP)、心拍数(HR)、心臓副交感神経系活動(HF)、運動終了後30秒間の心拍減衰時定数(T30)、尿中アルブミン排泄量(UAE)を測定した。運動時の環境は、気温24.2±2.0°C、湿度52.2±10.7%、水温30.8±0.5°Cであった。【倫理的配慮、説明と同意】本研究は、ヘルシンキ宣言の趣旨に従って研究の目的、方法、予想される結果およびその意義について説明を行い、書面にて同意を得た上で実施した。また、本研究は神戸大学保健学倫理委員会の承認を得た後に実施した。【結果】運動プログラムの出席率は全13回中12回(92.3%)であった。欠席時の理由は、体調不良であった。初回および最終回の陸上安静時収縮期BP/拡張期BP(mmHg)は、130/70、132/68、水中安静時は、136/68、132/78、運動直後は、146/62、138/74、水中回復時は142/66、126/68であった。水中安静時から水中回復時において、最終回の収縮期血圧が低値を示した。初回および最終回の陸上安静時HR(bpm)は、85.1±1.3、67.0±1.5、水中安静時は、82.5±1.3、65.4±1.7、運動時は、92.1±1.9、86.2±3.5、水中回復時は、84.5±3.7、74.2±4.7であった。全てのHR指標において初回と比較して最終回は有意に低値を示した。初回および最終回の陸上安静時HFは、60.2±50.7、188.0±81.1、水中安静時は、5.7±3.1、230.9±76.5、運動時は、16.3±6.7、22.8±16.7、水中回復時は、4.6±1.6、842.9±654.7であった。全てのHF指標において初回と比較して最終回が有意に高値を示した。初回および最終回のT30は、222.2および196.1であり初回と比較して最終回が低値を示した。初回および最終回の運動前後のUAE(mg/gCr)は、34.0、52.2および38.2、28.8と最終回は運動後に低下した。【考察】運動時の血圧上昇は運動継続によって抑制され、水中回復によって安静時の状態にまですみやかに回復した。心臓に近い上肢運動は血圧を上げるとする報告があるが、水中において静脈還流が促進され、大きな上昇なく、回復もすみやかにもたらされたものと考えられた。HRは100bpmを超えることの少ない低強度の運動継続であったが、安静時HRおよび回復時HRが低下するなど循環器系の適応が認められた。副交感神経系活動は最終回において全体を通して大きく亢進し、運動継続による自律神経系機能の改善が示されたものと考えられた。UAEは、初回は運動後に高値を示したが最終回は微量アルブミン尿の判断基準を下回り、運動時の腎負担は大きくないものと考えられた。【理学療法学研究としての意義】高度肥満を伴う患者が運動継続することは、新たに運動を取り入れるという大きな一歩に始まり、運動時の呼吸苦および心負担、下肢関節にかかる負担、運動が腎機能に与える負の影響等を考えると困難であることが否めない。今回、水中環境において低強度のハンドエルゴメータ運動を用いた糖尿病患者に対する運動療法継続が、合併症進行抑制につながる可能性を示唆したことは、運動療法を一つの柱とする理学療法学において大きな意義を持つといえる。
    公益社団法人 日本理学療法士協会, 2013年05月, 理学療法学, 40(特3) (特3), P-C内部 - 082, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 水中座位ハンドエルゴメータ運動が2型糖尿病患者のダブルプロダクトおよび尿中アルブミン排泄量に及ぼす影響
    小野くみ子, 谷垣佑樹, 橋爪真彦, 國吉光, 廣田勇士, 坂口一彦
    (一社)日本糖尿病学会, 2013年04月, 糖尿病, 56(Suppl.1) (Suppl.1), S-283 - 283, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 自重運動における運動速度の違いが呼吸循環器系およびエネルギー消費量に及ぼす影響
    門條 宏宣, 小野 くみ子
    2013年03月, 理学療法兵庫, 18, 10 - 13, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 水中ソックス着用の有無が水中歩行時の生理指標に及ぼす影響
    小野寺 昇, 斎藤 辰哉, 吉岡 哲, 高原 皓全, 松本 希, 白 優覧, 西村 一樹, 関 和俊, 小野 くみ子, 山口 英峰
    日本宇宙航空環境医学会, 2012年12月, 宇宙航空環境医学, 49(4) (4), 80 - 80, 日本語
    [査読有り]

  • The Association between Fear of Falling and Physical Activity in Older Women
    Takehiko Doi, Rai Ono, Kumiko Ono, Ryota Yamaguchi, Daisuke Makiura, Soichiro Hirata
    [Purpose] Fear of falling is thought to lead to restricted activities. Although fear of falling may reduce physical activity, the association between fear of falling and physical activity measured objectively has yet to be investigated. The purpose of this study was to investigate the association between fear of falling and objective physical activity among older women. [Subjects and Methods] Subjects were 262 older women (aged 65-95 years) who were classified into fear of falling and no fear of falling groups. Demographic data and physical performance were measured. Physical activity was evaluated using a pedometer. [Results] Prevalence of fear of falling was 62.2% (n=163) and that of no fear of falling was 37.8% (n=99). The fear of falling group had a higher prevalence of fall history, higher medication use, lower physical performance and lower physical activity. In regression analysis, fear of falling was found to be independently correlated with physical activity. [Conclusion] Our results suggest that fear of falling is:significantly associated with physical activity when measured objectively among older women. To enhance physical activity, a program focused on not only physical function but also psychological factors such as fear of falling should be developed.
    SOC PHYSICAL THERAPY SCIENCE, 2012年10月, JOURNAL OF PHYSICAL THERAPY SCIENCE, 24(9) (9), 859 - 862, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 水中運動教室の参加率、課題達成率からみた自閉症児のエンパワメントの向上
    小野寺 昇, 高原 皓全, 荒金 圭太, 斎藤 辰哉, 野瀬 由佳, 高木 祐介, 古本 佳代, 林 聡太郎, 吉岡 哲, 松本 希, 関 和俊, 小野 くみ子, 白 優覧, 藤原 有子, 西村 一樹
    (一社)日本体力医学会, 2011年12月, 体力科学, 60(6) (6), 883 - 883, 日本語

  • 水中における動的パートナーストレッチングが心臓自律神経系活動に及ぼす影響
    小野寺 昇, 吉岡 哲, 高原 皓全, 松本 希, 斎藤 辰哉, 白 優覧, 西村 一樹, 関 和俊, 小野 くみ子, 山口 英峰
    日本宇宙航空環境医学会, 2011年12月, 宇宙航空環境医学, 48(4) (4), 93 - 93, 日本語
    [査読有り]

  • 大山夏山登山における心拍数、心臓副交感神経系活動及び尿中電解質の変化
    野瀬由佳, 髙木祐介, 古本佳代, 林聡太郎, 荒金圭太, 斎藤辰哉, 山口英峰, 吉岡哲, 関和俊, 西村一樹, 小野くみ子, 河野寛, 椎葉大輔, 石田恭生, 高原皓全, 藤原有子, 白優覧, 小野寺昇
    2011年12月, 登山医学, 31(1) (1), 114 - 120
    [査読有り]

  • Effect of Environmental Change while Climbing Mt. Daisen on Forced Vital Capacity and Forced Expiratory Volume % in Young Women
    Yusuke TAKAGI, Hidetaka YAMAGUCHI, Yuka NOSE, Terumasa TAKAHARA, Keita ARAKANE, Tatsuya SAITO, Akira YOSHIOKA, Kazutoshi SEKI, Kazuki NISHIMURA, Kumiko ONO, Hiroshi KAWANO, Daisuke SHIBA, Kayo FURUMOTO, Soutaro HAYASHI, Yasuo ISHIDA, Yuko FUJIWARA, Wooram BAIK, Sho ONODERA
    The aim of the present study was to clarify the effects of environmental change while climbing Mt. Daisen on forced vital capacity and forced expiratory volume % in young women in summer. Seven healthy Japanese women (age: 22.6 ± 4.2 years) volunteered to climb Mt. Daisen (1,709m), located in Tottori prefecture, in August. Participants' expiratory forced vital capacity (FVC), forced expiratory volume % (FEV_%) and arterial oxygen saturation (SpO_2) were measured at 4 points (Ground: 10m, Rest point: 780m, Summit: 1,709m, Goal point: 780m). The measurements were conducted soon after the subjects' arrival at each point. The degree of dyspnea sensation was measured at Ground, Rest point, Goal point and at each station. There were no significant changes in FVC. FEV_% at the summit was significantly lower than at the Ground and Rest point. No significant differences were found in SpO_2 at each measuring point. The degree of dyspnea sensation at each station soon after the subjects' arrival was significantly higher than those at the Rest point. The results of this study indicated mild airway contraction induced by stresses on the respiratory system from increasing exercise intensity during an ascent of Mt. Daisen.
    川崎医療福祉大学, 2011年08月, Kawasaki Journal of Medical Welfare, 17(1) (1), 1 - 7, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 片脚立位保持時間と質問紙評価から前十字靱帯再建術後の片脚運動野力の推定が可能か スポーツ復帰活動度による違い
    伊藤 浩充, 登 有紀, 瀧口 耕平, 木田 晃弘, 柴田 洋平, 小野 くみ子, 黒田 良祐, 黒坂 昌弘
    (公社)日本理学療法士協会, 2011年04月, 理学療法学, 38(Suppl.2) (Suppl.2), PI2 - 277, 日本語

  • 術後および長期臥床患者における有効な姿勢の検討
    高橋 正樹, 小野 くみ子, 藤野 英己
    2011年, 健康支援, 13, 1-5, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 水中運動教室の運動プログラムと自閉症児の社会性向上の関連性
    小野寺 昇, 高原 皓全, 平尾 匡祥, 野瀬 由佳, 松本 希, 荒金 圭太, 斎藤 辰哉, 高木 祐介, 吉岡 哲, 白 優覧, 関 和俊, 藤澤 智子, 小野 くみ子, 西村 一樹
    (一社)日本体力医学会, 2010年12月, 体力科学, 59(6) (6), 936 - 936, 日本語

  • 仰臥位浸水時の腹部大静脈横断面積および脈波伝播速度の変化
    小野寺 昇, 吉岡 哲, 西村 一樹, 山口 英峰, 小野 くみ子, 関 和俊, 高原 皓全
    日本宇宙航空環境医学会, 2010年12月, 宇宙航空環境医学, 47(4) (4), 81 - 81, 日本語
    [査読有り]

  • 小川 真人, 北垣 和史, 小野 くみ子
    【目的】定期的運動習慣の違いが、安静時および間欠的無酸素性運動後の回復時における心臓自律神経系活動に与える影響を明らかにすることである。【方法】対象者は定期的に運動を行っている健康大学生24名(年齢20.6±1.2歳)、および定期的な運動習慣を持たない健康大学生26名(年齢21.6±0.9歳)の計50名であった。測定項目は、心拍数、心拍変動、運動反復回数、運動反復時間であった。運動様式は、高さ15cm、23段の階段の全力駆け上がり、その後20秒休息を1クールとし、これを80% HR reserveに至るまで繰り返し実施した。【結果】安静時では、運動習慣を有さない群と比較して運動習慣を有する群は心拍数は有意に低く、心臓副交感神経系活動は有意に高値を示した(各々p<0.05)。間欠的無酸素性運動後の回復期30分において、心拍数は、運動習慣を有する者の回復が有意に早く(p<0.05)、心臓副交感神経系の活動は運動直後と回復期30分を比較したとき、運動経験を有する群で有意に上昇(p<0.01)した。しかし、心臓交感神経系活動の経時的変化に有意差はみられなかった。【結論】運動習慣を有する者の安静時心拍数の低下、運動後の心拍数の早期回復には、心臓副交感神経系の活動が大きく関与していることが示唆された。(著者抄録)
    (公社)日本理学療法士協会, 2010年08月, 理学療法学, 37(5) (5), 349 - 355, 日本語

  • Daisuke Makiura, Takehiko Doi, Tsuyoshi Asai, Ryota Yamaguchi, Minoru Komatsu, Mayuko Kojima, Kumiko Ono, Rei Ono, Soichiro Hirata
    Purpose and Methods: Gender influences gait as well as age. Recently, gait stability has been assessed objectively using stride-to-stride time variability (STV) and other gait parameters such as root-mean-square (RMS) and auto-correlation (AC) of acceleration during walking. We investigated gender differences in gait stability usinga tri-axial accelerometer attached to the lower trunk during 25 m free walking by comparing 24 healthy young males with 22 healthy young females. Results: STV was significantly increased in females compared to males. Females exhibited significantly higher RMS of vertical and anterior-posterior axes and lower AC of vertical axes than males. Conclusion: These results suggest that females have lower gait stability than males in healthy young subjects.
    Society of Physical Therapy Science (Rigaku Ryoho Kagakugakkai), 2010年, Rigakuryoho Kagaku, 25(6) (6), 923 - 928, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 牧浦 大祐, 土井 剛彦, 浅井 剛, 山口 良太, 小松 稔, 小嶋 麻悠子, 小野 くみ子, 小野 玲, 平田 総一郎
    〔目的〕性は年齢と同じく歩行に影響を与える重要な因子である。近年,歩行中の加速度信号に波形解析(root mean square,自己相関分析)を加えて得られる歩容指標(歩行の変動性,動揺性,規則性)を用いた歩行の安定性の定量化が行われている。今回,歩容指標を用いて歩行の安定性に性差が存在するのか検討した。〔対象〕対象は健常若年成人46名(男性24名,女性22名)とした。〔方法〕25 mの自由歩行中の体幹加速度信号から得られた歩容指標の値を男性と女性2群の間で比較した。〔結果〕女性は男性に比べ,歩行の変動性,垂直・前後方向の動揺性が有意に大きく,逆に垂直方向の規則性は有意に低下していた。〔結語〕健常若年成人では歩行の安定性に性差が存在する可能性が示唆された。
    The Society of Physical Therapy Science, 2010年, 理学療法科学, Vol 25. No. 6, pp. 923-928(6) (6), 923 - 928, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 水中あぐら姿勢が下大静脈横断面積に及ぼす影響
    小野寺 昇, 白 優覧, 吉岡 哲, 西村 一樹, 関 和俊, 小野 くみ子, 山口 英峰
    日本宇宙航空環境医学会, 2009年12月, 宇宙航空環境医学, 46(4) (4), 91 - 91, 日本語
    [査読有り]

  • Changes in blood pressure in middle-aged and older adults during exercise in water
    Sho Onodera, Kazuki Nishimura, Kumiko Ono, Kazutoshi Seki, Akira Yoshioka, Terumasa Takahara, Yasuo Ishida, Mayo Komiyama, Moe Kitamura, Masayoshi Hirao, Wooram Baik
    HUMAN KINETICS PUBL INC, 2008年07月, JOURNAL OF AGING AND PHYSICAL ACTIVITY, 16, S139 - S139, 英語
    [査読有り]

  • 水中トレッドミル歩行の継続が2型糖尿病罹患者の脈波伝播速度、HbA1cおよびインスリン投与量に及ぼす影響 1症例の検討から
    小野 くみ子
    日本体力医学会, 2008年02月, 体力科学, 57巻, 1号, pp. 181-181(1) (1), 181 - 181, 日本語
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 小野 くみ子
    日本体力医学会, 2008年02月, 体力科学, 57巻, 1号, pp. 66-66(1) (1), 66 - 66, 日本語
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 運動後仰臥位フローティング時の水温の違いが心臓副交感神経系の再亢進に及ぼす影響
    小野 くみ子
    日本体力医学会, 2008年02月, 体力科学, 57巻, 1号, pp. 181-181(1) (1), 181 - 181, 日本語
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 小野 くみ子, 今井 博之, 真鍋 康二, 小野寺 昇
    【目的】2型糖尿病に対する安全で効果的な運動療法を確立するため、12週間の水中トレッドミル歩行が2型糖尿病患者の脈波伝播速度(ba-PWV)、随時血糖値(BS)、HbA1Cおよび尿中β2-マイクログロブリン(β2-MG)濃度に及ぼす影響を明らかにした。
    【方法】対象者は、2型糖尿病患者2名(対象者A:64歳男性、罹患歴4ヶ月、B:61歳女性、罹患歴5年)であった。ヘルシンキ宣言の趣旨に沿って、研究について説明し、同意を得た。運動種目は時速3kmの水中トレッドミル歩行(水位:剣状突起、水流:なし、水温:約30°C)40分間であった。運動頻度は週3回、運動期間は12週間であった。効果測定として、介入前、4週間後、8週間後、12週間後(介入終了時)のba-PWV、BS、HbA1Cを、また介入前後の尿中β2-MG濃度を用いた。
    【結果】介入前の対象者Aは、ba-PWVが2370cm/s、BSが106mg/dl、HbA1Cが6.6%、尿中β2-MG濃度が645mcg/lであった。介入前の対象者Bは、ba-PWVが1547cm/s、BSが220mg/dl、HbA1Cが9.4%、尿中β2-MG濃度が <70mcg/lであった。4週間後の対象者Aは、ba-PWVが1993cm/s、BSが153mg/dl、HbA1Cが5.9%であった。対象者Bは、ba-PWVが1562cm/s、BSが276mg/dl、HbA1Cが9.9%であった。8週間後の対象者Aは、ba-PWVが1990cm/s、BSが128mg/dl、HbA1Cが5.9%であった。対象者Bは、ba-PWVが1573cm/s、BSが206mg/dl、HbA1Cが9.5%であった。介入後の対象者Aは、ba-PWVが2416cm/s、BSが181mg/dl、HbA1Cが6.2%、尿中β2-MG濃度が422mcg/lであった。介入後の対象者Bは、ba-PWVが1571cm/s、BSが366mg/dl、HbA1Cが9.9%、尿中β2-MG濃度が<70mcg/lであった。対象者Aにおいて、ba-PWVおよびHbA1Cは介入8週目まで低下する傾向を示した。対象者Aのβ2-MG濃度は介入終了時に高値ではあるが低下する傾向を示した。対象者Bのすべての指標において大きな変化は認められなかった。
    【考察】罹患歴の浅い症例において、介入における改善が認められたものと考えられる。また対象者Bにおいては病状が維持されたものと考える。運動に対する生体の適応を踏まえ、相対的に運動強度が維持されるよう運動強度の見直しをする必要があると考えられる。
    【まとめ】定期的に効果測定を行い、効果測定の評価をフィードバックすることで運動強度を適切に設定した水中トレッドミル歩行を継続することができ、糖尿病が改善できるものと考えられた。
    公益社団法人日本理学療法士協会, 2008年, 日本理学療法学術大会, 2007, D1256 - D1256, 日本語

  • 仰臥位浸水が一回拍出量に及ぼす影響
    小野寺 昇, 吉岡 哲, 西村 一樹, 小野 くみ子, 関 和俊, 白 優覧
    日本宇宙航空環境医学会, 2007年12月, 宇宙航空環境医学, 44(4) (4), 113 - 113, 日本語
    [査読有り]

  • 大山夏山登山におけるアイソトニック飲料水摂取が尿中電解質に及ぼす影響
    関 和俊, 西村 一樹, 小野 くみ子, 小柳 えり, 石田 恭生, 高原 皓全, 平尾 匡祥, 野瀬 由佳, 長山 友子, 安保 真一, 青山 賢吾, 白 優覧, 小野寺 昇
    健常成人男性12名(平均21.9±1.4歳)を対象に、半数には純水(DC群)、残りの半数にはアイソトニック飲料水(IC群:Na49mg,K20mg,Ca2mg)の補給を、登山前、2〜8合目の休息地点の計6回行った。全行程で心拍数、各合目到着直後・5分後・10分後・15分後に直腸温を測定した。また、登山前と頂上到着30分後に採尿し、尿量、電解質量を測定した。RPE(ratings of perceived exertion:運動知覚度)はBorgの指標に基づき各合目の到着直後と出発前に口頭で申告してもらった。心拍数、直腸温、RPEは両群に有意差はなかった。尿中NA+、Cl-、MG2+排泄量はIC群が有意に高かった。IC群は登山中にこれらを摂取したことから、過剰摂取分が尿中に排泄されたと考える。アイソトニック飲料水を摂取することは、機能的脱水を抑制することが示唆された。
    (一社)日本登山医学会, 2007年12月, 登山医学, 27(1) (1), 1 - 5, 日本語
    [査読有り]

  • 自閉症児の水中運動における個別支援活動の実践と評価(4)
    小野 くみ子
    2007年12月, 体力科学, 56巻, 6号, pp. 708-708(6) (6), 日本語
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 運動後の仰臥位フローティング時の水温の違いが直腸温および心臓自律神経系活動に及ぼす影響
    小野 くみ子
    日本体力医学会, 2007年12月, 体力科学, 56巻, 6号, pp. 724-724(6) (6), 724 - 724, 日本語
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • トレッドミル歩行における歩行速度と心臓自律神経系活動の関連性
    小野 くみ子
    日本体力医学会, 2007年12月, 体力科学, 56巻, 6号, pp. 870-870(6) (6), 870 - 870, 日本語
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • The Effects of Water Intake during Treadmill Walking in Water in Older People
    Ono K
    2007年12月, Asia-Pacific Conference On Exercise And Sports Science 2007, Vol. ?, No. ?, pp. 98-98, 英語
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 大山夏山登山時の水分摂取が心拍数、直腸温、自覚的運動強度および尿中成分に及ぼす影響 純水とスポーツ飲料水の比較
    小野 くみ子
    日本体力医学会, 2007年10月, 体力科学, 56巻, 5号, pp. 546-546(5) (5), 546 - 546, 日本語
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 自閉症児の水中運動における個別支援活動の実践と評価(III) 個別支援と発達課題
    小野 くみ子
    日本体力医学会, 2007年10月, 体力科学, 56巻, 5号, pp. 543-543(5) (5), 543 - 543, 日本語
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 飲水が水中トレッドミル歩行時の生体に及ぼす影響
    小野 くみ子
    日本体力医学会, 2007年10月, 体力科学, 56巻, 5号, pp. 545-545(5) (5), 545 - 545, 日本語
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 中高年者を対象とした水中運動教室の実践 10年間の歩み
    小野 くみ子
    日本体力医学会, 2007年04月, 体力科学, 56巻, 2号, pp. 293-293(2) (2), 293 - 293, 日本語
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 中高年者における水中歩行時の運動強度に対する前方体表面積の影響
    小野 くみ子
    日本体力医学会, 2007年04月, 体力科学, 56巻, 2号, pp. 293-293(2) (2), 293 - 293, 日本語
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 藤澤 智子, 小野寺 昇, 西村 一樹, 小野 くみ子, 関 和俊, 吉岡 哲, 石田 恭生, 高原 皓全, 小宮山 真世, 白 優覧
    We have been promoting the hydrotherapy consisting of the assumption that the water exercise would help to develop the empowerment not only the sociability but also the exercise ability of the children with autism spectrum disorders (ASD). The purpose of this study was to investigate the relationship between the activity of individual support and the establishment of order to the tasks. Subjects were 13 children with ASD. We obtained informed consent with parent of participating members. We examined a five-points estimation during one year. Grade evaluation was in two stages ; can do and cannot do. The order of achivement of children with ASD was nearly consisted with the order of a healthy person both a beginner’s class and a middle class. These results suggest that the activity of individual support and the establishment of order of the tasks is practical method as the hydrotherapy.
    日本水泳・水中運動学会, 2007年, 水泳水中運動科学, 10(2) (2), 31 - 37
    [査読有り]

  • 水泳姿勢は静脈還流を増大させる
    小野寺 昇, 西村 一樹, 小野 くみ子, 関 和俊, 白 優覧
    日本宇宙航空環境医学会, 2006年12月, 宇宙航空環境医学, 43(4) (4), 176 - 176, 日本語
    [査読有り]

  • Effects of supine floating on rectal temperature and cardiac autonomic nervous system activity after high and moderate intensity exercise with a cycle ergometer
    Kazuki Nishimura, Kazutoshi Seki, Takeshi Okamoto, Daisuke Nishioka, Kumiko Ono, Sho Onodera
    The purpose of this study was to determine the effects of supine floating on rectal temperature and cardiac autonomic nervous system activity after exercise. Seven healthy males volunteered for this study. Subjects performed supine position for 30 minutes in both control condition (C-condition) and water condition (W-condition) after exercise with a cycle ergometer for 15 minutes. Exercise intensity was high (80%VO(2)max) and moderate (60%VO(2)max). Water temperature was 30 degrees Celsius. Rectal temperature of post exercise showed no significant differences under the W-condition, as compared to the C-condition. Delta rectal temperature (point 0-0 was end of exercise) was significantly reduced (p < 0.05) under the W-condition, as compared to the C-condition. Log HF was significantly increased (p < 0.05) under the W-condition, as compared to the C-condition. These data suggested that supine floating after high and moderate intensity exercise could promote recovery of rectal temperature and increased in cardiac parasympathetic nervous system activity.
    JAPANESE SOC PHYSICAL FITNESS SPORTS MEDICINE, 2006年10月, JAPANESE JOURNAL OF PHYSICAL FITNESS AND SPORTS MEDICINE, 55, 81 - 83, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 藤澤 智子, 西村 一樹, 小坂 多恵子, 小野 くみ子, 岡本 武志, 関 和俊, 西岡 大輔, 小柳 えり, 天岡 寛, 白 優覧, 朱 容仁, 西村 正広, 星島 葉子, 小野寺 昇
    (一社)日本体力医学会, 2005年12月, 体力科学, 54(6) (6), 688 - 688, 日本語

  • 大山夏山登山におけるVespa Amino Acid Mixture(VAAM)摂取が尿中電解質に及ぼす影響
    関 和俊, 西村 一樹, 小野 くみ子, 河野 寛, 岡本 武志, 西岡 大輔, 妹尾 奈月, 小野寺 昇
    Vespa Amino Acid Mixture(VAAM)摂取が生体に及ぼす影響について明らかにするため、大山夏山登山におけるVAAM摂取が尿中成分に及ぼす影響を検討した。また、大山夏山登山口から2合目までの距離840m、傾斜23%および8合目から頂上までの距離680m、傾斜18%をトレッドミル上でシミュレーションした。このシミュレーション条件下における純水およびVAAM摂取の尿中成分を比較検討した。腎疾患や心疾患などの既往歴がない健康な成人男性6例を対象とした。250mlのVAAM waterの摂取は大山登山において充分な水分量を確保でき、機能的脱水を抑制することが示唆された。純水に比べ、VAAM waterを摂取することにより、機能的脱水を抑制することが示唆された。
    (一社)日本登山医学会, 2005年12月, 登山医学, 25(1) (1), 5 - 10, 日本語
    [査読有り]

  • 藤澤 智子, 天岡 寛, 西村 一樹, 小柳 えり, 岡本 武志, 関 和俊, 西岡 大輔, 小野 くみ子, 小坂 多恵子, 川岡 臣昭, 妹尾 奈月, 白 優覧, 朱 容仁, 小野寺 昇, 西村 正広, 星島 葉子
    (一社)日本体力医学会, 2005年08月, 体力科学, 54(4) (4), 348 - 348, 日本語

  • 小野 くみ子, 伊藤 三千雄, 川岡 臣昭, 河野 寛, 椎葉 大輔, 妹尾 奈月, 寺脇 史子, 中嶋 雅子, 西村 一樹, 小野寺 昇
    "プール施設において適切な運動処方を行うための水中トレッドミル歩行とプール歩行の指標は未だ確立されていない.本研究では,プール施設において運動処方を行う際の指針となる指標を作成するための基礎的データとして,水中トレッドミル歩行(T)およびプール歩行(P)における心拍数,直腸温,酸素摂取量の変化について比較・検討することを目的とした.被験者は,成人男性6名(年齢22.7±0.7歳,身長170.3±5.4cm,体重71.2±7.9kg,BMI24.6±2.0kg/m2;すべて平均値±標準偏差)であった.被験者は,陸上および水中立位において各5分間安静をとった.続いてTまたはPを10分間行った.その後水中立位で10分間の回復をとった.歩速は時速1〜3km(それぞれ1,2,3)とした.水位は腰部とした.水中トレッドミルの水流はなしとした.水温は29.7±0.7℃とした.P1の心拍数の経時的変化は,T1と比較して有意に高値を示した(P<0.01).P2およびP3の心拍数の経時的変化は,T1〜T3全てと比較して有意に高値を示した(すべてP<0.01)P1の直腸温の変化量の経時的変化はT1とT2と同様に変化した.P2はT1,T2と比較して有意に高値を示した(それぞれP<0.01).P3はT1〜T3と比較して有意に高値を示した(すべてP<0.01).酸素摂取量の経時的変化は直腸温変化と同様であった.これらの変化から,プール歩行は水抵抗が大きく,同じ歩速でも水中トレッドミル歩行と比較して運動強度が高くなることが考えられた.Tの場合,酸素摂取量(y:ℓ/分)はy=0.0375x^2-0.017x+0.33(x:km/時;歩速)で表すことができる.また,Pの場合,y=0.3540x^2-0.722x+0.88で表すことができる.これらの式から,酸素摂取量をもとに歩速を設定することができると考えられた.これらのことから,水中トレッドミル歩行およびプール歩行の指標を提案する."
    川崎医療福祉大学, 2005年, 川崎医療福祉学会誌, 14(2) (2), 323 - 330, 日本語

  • 軽登山における水分摂取が直腸温及び尿中電解質に及ぼす影響
    小野寺 昇, 野瀬 由佳, 白 優覧, 天岡 寛, 飯塚 智行, 飯田 智行, 小坂 多恵子, 脇本 敏裕, 狩野 祐司, 西村 一樹, 小野 くみ子, 椎葉 大輔, 妹尾 奈月, 河野 寛, 中嶋 雅子
    (一社)日本登山医学会, 2003年12月, 登山医学, 23(1) (1), 77 - 82, 日本語
    [査読有り]

■ MISC
  • 持続皮下インスリンポンプ注入療法(CSII)中の1型糖尿病患者におけるQOLの検討
    高田 綾子, 村前 直和, 松田 季代子, 高橋 慶, 鍛冶 亜由美, 小野 くみ子, 多和田 尚子, 西影 星二, 芳野 啓, 山本 雅昭
    日本先進糖尿病治療研究会, 2023年11月, 日本先進糖尿病治療研究会雑誌, 17(2) (2), 105 - 105, 日本語

  • 後藤 理生, 松下 雄彦, 上田 雄也, 柴田 洋平, 三浦 大祐, 小野 くみ子, 西田 京平, 長井 寛斗, 神崎 至幸, 星野 祐一, 酒井 良忠, 黒田 良祐
    (一社)日本臨床スポーツ医学会, 2023年10月, 日本臨床スポーツ医学会誌, 31(4) (4), S301 - S301, 日本語

  • 高田 綾子, 村前 直和, 松田 季代子, 鍛冶 亜由美, 高橋 慶, 小野 くみ子, 廣田 勇士
    (株)メディカ出版, 2023年06月, 糖尿病ケア+, (2023夏季増刊) (2023夏季増刊), 276 - 279, 日本語

  • 高強度インターバル水中リカンベントエルゴメータ運動が腎動脈血流動態に及ぼす影響
    小野 くみ子, 中山 優豊, 浦邊 順史, 岡川 隼也, 山卯 涼我, 石川 朗, 小野寺 昇
    (一社)日本体力医学会, 2023年06月, 体力科学, 72(3) (3), 268 - 269, 日本語

  • Hybrid Closed Loop(HCL)療法を導入した1型糖尿病患者におけるQOLの変化についての検討
    高田 綾子, 村前 直和, 松田 季代子, 高橋 慶, 鍛冶 亜由美, 小野 くみ子, 多和田 尚子, 芳野 啓, 西影 星二, 山本 雅昭, 廣田 勇士
    (一社)日本糖尿病学会, 2023年04月, 糖尿病, 66(Suppl.1) (Suppl.1), S - 149, 日本語

  • 膝前十字靱帯再建術後3ヵ月時点のACL-RSI scaleと術後2年以内の再損傷の関連
    上田 雄也, 松下 雄彦, 柴田 洋平, 三浦 大祐, 瀧口 耕平, 小野 くみ子, 木田 晃弘, 長井 寛斗, 神崎 至幸, 星野 祐一, 酒井 良忠, 黒田 良祐
    (一社)日本スポーツ理学療法学会, 2022年, スポーツ理学療法学, 2(Suppl.) (Suppl.), OS - 02, 日本語

  • DTR-QOLを用いた糖尿病患者の教育入院後のQOLの変化の検討
    高田綾子, 村前直和, 松田季代子, 菅生有夏, 鍛冶亜由美, 小野くみ子, 西影星二, 芳野啓, 山本雅昭, 廣田勇士
    2022年, 糖尿病(Web), 65(Suppl) (Suppl)

  • DTR-QOLと気分プロフィール検査(POMS短縮版)を用いた教育入院中の糖尿病患者のQOLと感情負担感の変化に関する検討
    高田綾子, 村前直和, 松田季代子, 菅生有夏, 菅里沙子, 小野くみ子, 高吉倫史, 山本雅昭, 廣田勇士
    2021年, 糖尿病(Web), 64(Suppl) (Suppl)

  • チームで取り組む糖尿病教育入院患者の運動療法プログラムが体組成および運動機能に及ぼす影響
    小野くみ子, 浦邊順史, 渡瀬涼, 松田季代子, 菅里沙子, 菅生有夏, 高田綾子, 芳野啓, 村前直和, 山本雅昭, 廣田勇士
    2021年, 糖尿病(Web), 64(Suppl) (Suppl)

  • インスリンポンプのトラブルシューティング指導に関わる看護師の理解状況の検討
    松田季代子, 赤壁由夏, 前田彩子, 山村麻梨奈, 野崎早苗, 菅生有夏, 菅里沙子, 小野くみ子, 高田綾子, 高吉倫史, 芳野啓, 村前直和, 山本雅昭, 廣田勇士
    2021年, 糖尿病(Web), 64(Suppl) (Suppl)

  • 糖尿病教育入院患者におけるDTR-QOLスコアに影響する因子についての検討
    松田季代子, 村前直和, 高田綾子, 山村麻梨奈, 赤壁由夏, 前田彩子, 山原敦子, 菅里沙子, 松田美玖, 松本久美子, 大籔智奈美, 小野くみ子, 山本雅昭, 廣田勇士
    2020年, 糖尿病(Web), 63(Suppl) (Suppl)

  • 当院入院1型糖尿病患者における,入院前後のDTR-QOLスコアの変化
    山村麻梨奈, 松田季代子, 赤壁由夏, 前田彩子, 山原敦子, 菅里沙子, 松田美玖, 松本久美子, 大籔智奈美, 小野くみ子, 高田綾子, 村前直和, 山本雅昭, 廣田勇士
    2020年, 糖尿病(Web), 63(Suppl) (Suppl)

  • Impact of Sitting Time on Glycemic Control in People with Type 1 Diabetes
    Hiroto Honda, Makoto Igaki, Shin Ichiro Tanaka, Kumiko Ono, Yushi Hirota
    AMER DIABETES ASSOC, 2017年06月, DIABETES, 66, A193 - A193, 英語
    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • C-3-5 Effects of music on psychophysiological responses during cycling exercise(The Proceedings of the 23rd Annual Meetings of Japan Society of Exercise and Sports Physiology July 25・26, (Tokyo)) :
    Sugiyama Kazuya, Sugimoto Tatsuya, Takamori Kumi, Michiue Kana, Ono Kumiko, Ishikawa Akira
    Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 2015年, Advances in exercise and sports physiology, 21(4) (4), 90 - 90, 英語

  • C-1-4 Effects of consciously controlled breathing at 6 breaths per minute on cardiac parasympathetic nervous activity after exercise in healthy adult men(The Proceedings of the 23rd Annual Meetings of Japan Society of Exercise and Sports Physiology July 25・26, (Tokyo)) :
    Sugimoto Tatsuya, Sugiyama Kazuya, Takamori Kumi, Michiue Kana, Ono Kumiko, Ishikawa Akira
    Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 2015年, Advances in exercise and sports physiology, 21(4) (4), 85 - 85, 英語

  • Water exercise and health promotion
    Onodera Sho, Yoshioka Akira, Nishimura Kazuki, Kawano Hiroshi, Ono Kumiko, Matsui Takeshi, Ogita Futoshi, Hara Hideki
    The Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine, 2013年11月, The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 2(4) (4), 393 - 399, 英語
    [査読有り]
    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 大山夏山登山時における不安特性尺度(STAI)の変化
    高木祐介, 中本秀幸, 山口英峰, 野瀬由佳, 関和俊, 西村一樹, 高原晧全, 石田恭生, 荒金圭太, 斎藤辰哉, 小野くみ子, 椎葉大輔, 林聡太郎, 吉岡哲, 河野寛, 古本佳代, 藤原有子, 白優覧, 青山賢吾, 安保真一, 小野寺昇
    2012年, 岡山体育学研究, (19) (19)

  • 3時間遠泳時の直腸温変動と体脂肪率および泳力の関連性に関する一考察
    吉岡哲, 木村一彦, 矢野博己, 西村一樹, BAIK Wooram, 関和俊, 高原皓全, 平尾匡祥, 小宮山真世, 穐田知里, 河野寛, 椎葉大輔, 小野くみ子, 藤原有子, 野瀬由佳, 石田恭生, 西村正広, 原英喜, 小野寺昇
    2011年03月31日, 岡山体育学研究, (18) (18), 11 - 17, 日本語

  • 喫煙習慣の有無が大山夏山登山時の心拍数,SpO2,尿中電解質に及ぼす影響
    野瀬由佳, 高原皓全, 松本希, 高木祐介, 荒金圭太, 平尾匡祥, 石田恭生, 椎葉大輔, 関和俊, 西村一樹, 河野寛, 小野くみ子, 山口英峰, 高橋康輝, 西村正広, 安保真一, 青山賢吾, 吉岡哲, BAIK Wooram, 小野寺昇
    2010年12月31日, 登山医学, 30(1) (1), 73 - 79, 日本語

  • 糖尿病×関節への過重=関節が変形する (特集 「運動できない」にはワケがある! 糖尿病患者さんの骨・筋肉・関節) -- (糖尿病患者さんの運動器障害)
    小野 くみ子, 傳 秋光
    メディカ出版, 2010年11月, 糖尿病ケア, 7(11) (11), 1052 - 1059, 日本語

  • 水中運動療法の考え方・進め方―安全で有効な実践のために―水中運動の基礎 水中運動時の循環動態
    小野寺昇, 吉岡哲, 西村一樹, 河野寛, 小野くみ子
    文光堂, 2010年08月01日, 臨床スポーツ医学, 27(8) (8), 815 - 822, 日本語

  • 喫煙習慣の有無が大山夏山登山における心拍数および尿中電解質に及ぼす影響
    野瀬由佳, 平尾匡祥, 吉岡哲, 高原皓全, 松本希, 高木祐介, 荒金圭太, 関和俊, 西村一樹, 山口英峰, 高橋康輝, 西村正広, 小野くみ子, 椎葉大輔, 河野寛, 石田恭生, 安保真一, 青山賢吾, 白優覧, 小野寺昇
    2010年05月, 日本登山医学会学術集会プログラム・抄録集, 30th, 77, 日本語

  • 大山夏山登山におけ実歩行数と歩数計の歩数の比較
    小野寺昇, 西村一樹, BEK Uran, 関和俊, 小宮山真世, 平尾匡祥, 高原皓全, 吉岡哲, 石田恭生, 小野くみ子, 高橋康輝, 西村正広, 加藤敏明
    日本体力医学会, 2009年02月01日, 体力科学, 58(1) (1), 166 - 166, 日本語

  • 大山夏山登山における脱水予防水摂取が尿中電解質に及ぼす影響
    関和俊, 西村一樹, 小野くみ子, 小柳えり, 石田恭生, 高原皓全, 平尾匡祥, 野瀬由佳, 長山友子, 安保真一, 青山賢吾, 白優覧, 小野寺昇
    著者らは夏山登山時の水分摂取が生体に及ぼす影響について大山登山を対象に調査を続けている。これまでの調査により、スポーツ飲料水(アイソトニック飲料水)の摂取はNa+、Cl-、K+、Mg2+の排泄量を有意に増加させるがCa2+を減少させること、硬水の摂取はCa2+とMg2+の補給に有効であるが、大量のCa2+・Mg2+摂取はNa+とK+の排泄を促すことなどが明らかになった。これらのことから、Na+とK+を含む飲料水とCa2+を含む硬水を混合すれば脱水予防に有効なのではないかと考え、今回その検証実験を健康成人男性12名で行ったところ、有効性が示唆された。
    (一社)日本登山医学会, 2008年12月, 登山医学, 28(1) (1), 54-59 - 59, 日本語
    [査読有り]

  • 318. 自閉症児を対象とした水中運動教室における社会性の評価(加齢・性差,一般口演,第63回日本体力医学会大会)
    小野寺 昇, 西村 一樹, 高原 皓全, 藤澤 智子, 小野 くみ子, 関 和俊, 吉岡 哲, 石田 恭生, 小宮山 真世, 平尾 匡祥, 北村 萌, 白 優覧
    日本体力医学会, 2008年12月01日, 体力科學, 57(6) (6), 791 - 791, 日本語

  • 10.水中トレッドミル歩行における歩行パターン(前歩き・横歩き・後ろ歩き)の違いが生理学的指標に及ぼす影響(一般口演,第61回日本体力医学会中国・四国地方会)
    小野 くみ子, 白 優覧, 小野寺 昇
    日本体力医学会, 2008年08月01日, 体力科學, 57(4) (4), 522 - 522, 日本語

  • 水の物理的特性と浸水時の心拍数変化(川崎医療福祉学会第33回研究集会)
    小野寺 昇, 白 優覧, 西村 一樹, 小野 くみ子, 関 和俊, 吉岡 哲
    川崎医療福祉大学, 2008年, 川崎医療福祉学会誌, 17(2) (2), 476 - 477, 日本語

  • 260. 自閉症児の水中運動における個別支援活動の実践と評価4(加齢・性差,第62回日本体力医学大会)
    小野寺 昇, 西村 一樹, 小野 くみ子, 関 和俊, 石田 恭生, 高原 皓全, 小柳 えり, 北村 萌, 平尾 匡祥, 小宮山 真世, 吉岡 哲, 藤澤 智子, 白 優覧
    日本体力医学会, 2007年12月01日, 体力科學, 56(6) (6), 708 - 708, 日本語

  • 雪洞滞在時の心拍数,直腸温及び主観的温度感覚の変化
    小野寺昇, 白優覧, 関和俊, 西村一樹, 小野くみ子, 石田恭生, 高原皓全, 塔村真吾, 山口英峰, 西村正広
    2007年, 日本登山医学シンポジウムプログラム・抄録集, 27th

  • 浸水が血圧に及ぼす影響(川崎医療福祉学会第31回研究集会)
    小野寺 昇, 西村 一樹, 小野 くみ子, 藤澤 智子
    川崎医療福祉大学, 2007年, 川崎医療福祉学会誌, 16(2) (2), 387 - 388, 日本語

  • 蒸気温熱シート使用雪洞滞在時の心拍数,直腸温及び主観的温度感覚の変化.
    小野寺昇, 白優覧, 関和俊, 西村一樹, 小野くみ子, 石田恭生, 高原皓全, 塔村真吾, 山口英峰, 西村正広
    2007年, 登山医学, 27(1) (1), 91 - 94

  • 290. 自閉症児の水中運動における個別支援活動の実践と評価(加齢・性差, 第61回 日本体力医学会大会)
    小野寺 昇, 西村 一樹, 小野 くみ子, 関 和俊, 西岡 大輔, 岡本 武志, 小桝 えり, 石田 恭生, 藤澤 智子, 白 優覧, 朱 容仁, 西村 正広
    日本体力医学会, 2006年12月01日, 体力科學, 55(6) (6), 723 - 723, 日本語

  • 14. 水位剣状突起における水中歩行時の1単位(=80kcal)消費時間(第57回日本体力医学会中国・四国地方会)
    小野 くみ子, 西村 一樹, 関 和俊, 小柳 えり, 石田 恭生, 高原 皓全, 小野寺 昇
    日本体力医学会, 2006年10月01日, 体力科學, 55(5) (5), 539 - 539, 日本語

  • 小野寺 昇, 西村 一樹, 小野 くみ子, 関 和俊, 小柳 えり, 石田 恭生, 高原 皓全
    日本体力医学会, 2006年10月01日, 体力科學, 55(5) (5), 537 - 537, 日本語

  • 水中歩行時の酸素摂取量から予測した1単位:80kcalに相当する運動時間
    小野くみ子, 西村一樹, 小野寺昇
    日本宇宙航空環境医学会, 2006年03月01日, 宇宙航空環境医学, 43(1) (1), 1 - 9, 日本語

  • 自転車エルゴメーター運動後の仰臥位フローティングが直腸温および心臓副交感神経系活動に及ぼす影響
    西村一樹, 関和俊, 小野くみ子, 小野寺昇
    日本宇宙航空環境医学会, 2006年03月01日, 宇宙航空環境医学, 43(1) (1), 11 - 18, 日本語

  • 西村 一樹, 関 和俊, 西岡 大輔, 岡本 武志, 小柳 えり, 小野 くみ子, 小野寺 昇
    日本体力医学会, 2006年02月01日, 体力科學, 55(1) (1), 185 - 185, 日本語

  • 11.水位腰部における水中歩行時の1単位(=80kcal)消費時間(一般講演,第56回日本体力医学会中国・四国地方会,第61回日本体力医学会大会)
    小野 くみ子, 西村 一樹, 川岡 臣昭, 小野寺 昇
    日本体力医学会, 2006年02月01日, 体力科學, 55(1) (1), 186 - 186, 日本語

  • 531.中高年者における水中トレッドミル歩行時の1単位(=80kcal)エネルギー消費相当の運動時間(リハビリテーション・運動療法,一般口演,第60回 日本体力医学会大会)
    小野 くみ子, 小野寺 昇
    日本体力医学会, 2005年12月01日, 体力科學, 54(6) (6), 684 - 684, 日本語

  • 303.陸上運動後の仰臥位フローティングが生体に及ぼす影響(環境,一般口演,第60回 日本体力医学会大会)
    西村 一樹, 関 和俊, 西岡 大輔, 岡本 武志, 小野 くみ子, 小野寺 昇
    日本体力医学会, 2005年12月01日, 体力科學, 54(6) (6), 570 - 570, 日本語

  • 5. 自閉症児を対象とした水中運動教室が自閉症児の日常生活に及ぼす影響(第55回日本体力医学会中国・四国地方会)
    西村 一樹, 小柳 えり, 岡本 武志, 関 和俊, 西岡 大輔, 小野 くみ子, 川岡 臣昭, 妹尾 奈月, 藤澤 智子, 天岡 寛, 白 優覧, 朱 容仁, 小野寺 昇, 西村 正広, 星島 葉子
    日本体力医学会, 2005年08月01日, 体力科學, 54(4) (4), 348 - 348, 日本語

  • 2. 水着素材の違いが水中トレッドミル歩行中の心拍数, 直腸温, 皮膚温および主観的温度感覚に及ぼす影響(第55回日本体力医学会中国・四国地方会)
    小野 くみ子, 藤澤 智子, 西村 一樹, 関 和俊, 西岡 大輔, 小柳 えり, 小野寺 昇
    日本体力医学会, 2005年08月01日, 体力科學, 54(4) (4), 346 - 346, 日本語

  • 1. 異なる水温下における水泳が直腸温, 酸素摂取量および心臓自律神経系活動に与える影響(第55回日本体力医学会中国・四国地方会)
    小柳 えり, 西村 一樹, 小野 くみ子, 関 和俊, 西岡 大輔, 西村 正広, 小野寺 昇
    日本体力医学会, 2005年08月01日, 体力科學, 54(4) (4), 346 - 346, 日本語

  • 13.水着素材の違いが水中仰臥位安静時の心拍数, 直腸温に及ぼす影響(第54回日本体力医学会中国・四国地方会)
    小野 くみ子, 天岡 寛, 関 和俊, 岡本 武志, 小野寺 昇
    日本体力医学会, 2005年04月01日, 体力科學, 54(2) (2), 192 - 192, 日本語

  • 14.中強度自転車エルゴメーター運動後の仰臥位フローティングが直腸温および心臓自律神経系活動に及ぼす影響(第54回日本体力医学会中国・四国地方会)
    西村 一樹, 関 和俊, 岡本 武志, 西岡 大輔, 小野 くみ子, 小野寺 昇
    日本体力医学会, 2005年04月01日, 体力科學, 54(2) (2), 192 - 192, 日本語

  • 小野くみ子, 妹尾奈月, 小野寺昇
    川崎医療福祉大学, 2005年01月25日, 川崎医療福祉学会誌, 14(2) (2), 409 - 413, 日本語

  • 水中トレッドミル歩行における1単位 (=80kcal) エネルギー消費に相当する運動時間(リハビリテーション・運動療法, 第59回日本体力医学会大会)
    小野 くみ子, 天岡 寛, 河野 寛, 中西 洋平, 西村 一樹, 岡本 武志, 関 和俊, 西岡 大輔, 西村 正広, 小野寺 昇
    日本体力医学会, 2004年12月01日, 体力科學, 53(6) (6), 892 - 892, 日本語

  • 障害児者の社会参加のための水泳教室の開催とスポーツ活動バリアフリーの支援活動に関する研究 : 平成15年度のまとめ(リハビリテーション・運動療法, 第59回日本体力医学会大会)
    小野寺 昇, 西村 一樹, 小坂 多恵子, 天岡 寛, 白 優覧, 野瀬 由佳, 小野 くみ子, 中西 洋平, 川岡 臣昭, 河野 寛, 妹尾 奈月, 関和 俊, 岡本 武志, 西岡 大輔, 星島 葉子
    日本体力医学会, 2004年12月01日, 体力科學, 53(6) (6), 892 - 892, 日本語

  • 精研式CLAC-IIで評価した自閉症児の水中運動の行動分析(リハビリテーション・運動療法, 第59回日本体力医学会大会)
    藤澤 智子, 西村 一樹, 小坂 多恵子, 天岡 寛, 白 優覧, 小野 くみ子, 中西 洋平, 川岡 臣昭, 河野 寛, 妹尾 奈月, 関 和俊, 岡本 武志, 西岡 大輔, 星島 葉子, 小野寺 昇
    日本体力医学会, 2004年12月01日, 体力科學, 53(6) (6), 885 - 885, 日本語

  • 入浴および運動後入浴が中高年者の循環器系自律神経調節に及ぼす影響(呼吸・循環, 第59回日本体力医学会大会)
    松井 健, 宮地 元彦, 河野 寛, 西村 正広, 天岡 寛, 妹尾 奈月, 小坂 多恵子, 小野 くみ子, 小野寺 昇
    日本体力医学会, 2004年12月01日, 体力科學, 53(6) (6), 702 - 702, 日本語

  • 異なる水温への仰臥位フローティングに及ぼす皮下脂肪の影響(環境, 第59回日本体力医学会大会)
    西村 一樹, 河野 寛, 小野 くみ子, 中西 洋平, 小野寺 昇
    日本体力医学会, 2004年12月01日, 体力科學, 53(6) (6), 795 - 795, 日本語

  • 17. 自閉症児のエンパワメント向上のための水中運動教室の実践研究 : 平成15年度の実践研究から(第53回日本体力医学会中国・四国地方会)
    小野寺 昇, 白 優覧, 西村 正広, 小坂 多恵子, 西村 一樹, 天岡 寛, 杉 哉子, 野瀬 由佳, 小野 くみ子, 中西 洋平, 川岡 臣昭, 河野 寛, 妹尾 奈月, 関 和俊, 岡本 武志, 西岡 大輔, 星島 葉子, 藤澤 智子
    日本体力医学会, 2004年10月01日, 体力科學, 53(5) (5), 589 - 589, 日本語

  • 7. 中高年の水着に対する意識調査 : 水中運動導入の観点から(第53回日本体力医学会中国・四国地方会)
    小野 くみ子, 小野寺 昇
    日本体力医学会, 2004年10月01日, 体力科學, 53(5) (5), 584 - 584, 日本語

  • 10. 高強度運動が仰臥位フローティング中の直腸温および酸素摂取量に及ぼす影響(第53回日本体力医学会中国・四国地方会)
    西村 一樹, 関 和俊, 岡本 武志, 西岡 大輔, 小野 くみ子, 中西 洋平, 小野寺 昇
    日本体力医学会, 2004年10月01日, 体力科學, 53(5) (5), 586 - 586, 日本語

  • 8.水中トレッドミル歩行時の1単位(=80kcal)エネルギー消費に相当する運動時間(第52回日本体力医学会中国・四国地方会)
    小野 くみ子, 天岡 寛, 白 優覧, 小坂 多恵子, 野瀬 由佳, 川岡 臣昭, 河野 寛, 妹尾 奈月, 中西 洋平, 西村 一樹, 西村 正広, 小野寺 昇
    日本体力医学会, 2004年04月01日, 体力科學, 53(2) (2), 275 - 275, 日本語

  • 9.異なる水温下の仰臥位フローティングが直腸温および心臓自律神経活動に及ぼす影響(第52回日本体力医学会中国・四国地方会)
    西村 一樹, 中西 洋平, 小野 くみ子, 西村 正広, 小野寺 昇
    日本体力医学会, 2004年04月01日, 体力科學, 53(2) (2), 276 - 276, 日本語

  • 障害者のエンパワメント向上のためのスポーツ活動への参加および自立基盤づくりの評価に関する支援研究 自閉症児の社会参加のためのスポーツ活動バリアフリーの構築に関する研究‐障害児者の社会参加のための水泳教室の開催とスポーツ活動バリアフリーの支援活動に関する研究‐
    小野寺昇, 西村一樹, 小坂多恵子, 天岡寛, 白優覧, 野瀬由佳, 小野くみ子, 星島葉子, 松井健
    2004年, 障害者のエンパワメント向上のためのスポーツ活動への参加および自立基盤づくりの評価に関する支援研究 平成15年度 総括研究報告書, 31 - 43, 日本語

  • 障害者のエンパワメント向上のためのスポーツ活動への参加および自立基盤づくりの評価に関する支援研究 障害者スポーツにおけるノーマライゼーションへの支援研究に関する研究
    末光茂, 天岡寛, 小野くみ子, 関和俊, 小野寺昇
    2004年, 障害者のエンパワメント向上のためのスポーツ活動への参加および自立基盤づくりの評価に関する支援研究 平成15年度 総括研究報告書, 68 - 71, 日本語

  • 571. 施設入所型車椅子使用者のための運動処方の実践(リハビリテーション・運動療法)
    天岡 寛, 小野 くみ子, 石本 恭子, 小野寺 昇
    日本体力医学会, 2003年12月01日, 体力科學, 52(6) (6), 1000 - 1000, 日本語

  • 585. 岡山県における障害者のエンパワーメント向上のための水泳教室の取り組み(リハビリテーション・運動療法)
    小野寺 昇, 星島 葉子, 西村 一樹, 中西 洋平, 川岡 臣昭, 小野 くみ子, 河野 寛, 野瀬 由佳, 小坂 多恵子, 天岡 寛, 白 優覧, 西村 正広, 松井 健
    日本体力医学会, 2003年12月01日, 体力科學, 52(6) (6), 1007 - 1007, 日本語

  • 5. 大山夏山登山における異なる硬度の水分摂取が直腸温, 心拍数, RPE及び尿中電解質に及ぼす影響(環境)
    野瀬 由佳, 白 優覧, 天岡 寛, 小坂 多恵子, 西村 一樹, 河野 寛, 川岡 臣昭, 小野 くみ子, 中西 洋平, 山口 英峰, 大林 優子, 林 貢一郎, 枝松 千尋, 西村 正広, 小野寺 昇
    日本体力医学会, 2003年12月01日, 体力科學, 52(6) (6), 717 - 717, 日本語

  • 11.施設入所型車椅子使用者の糖尿病改善のための運動処方の実践(第51回日本体力医学会中国・四国地方会)
    天岡 寛, 石本 恭子, 小野 くみ子, 小野寺 昇
    日本体力医学会, 2003年10月01日, 体力科學, 52(5) (5), 676 - 676, 日本語

  • 6.異なる硬度の水分摂取が軽登山時の尿中電解質及び直腸温に及ぼす影響(第51回日本体力医学会中国・四国地方会)
    野瀬 由佳, 白 優覧, 天岡 寛, 飯田 智行, 飯塚 智之, 脇本 敏裕, 西村 一樹, 小野 くみ子, 椎葉 大輔, 妹尾 奈月, 河野 寛, 中嶋 雅子, 小坂 多恵子, 小野寺 昇
    日本体力医学会, 2003年10月01日, 体力科學, 52(5) (5), 673 - 673, 日本語

■ 所属学協会
  • 日本糖尿病協会

  • 日本糖尿病理学療法学会

  • 日本宇宙航空環境医学会

  • 日本体力医学会

  • 日本肥満学会

  • 日本糖尿病学会

  • 日本理学療法士協会

■ 共同研究・競争的資金等の研究課題
  • 糖尿病患者における水中運動が腎動脈血流量に及ぼす影響
    小野 くみ子, 木戸 良明, 小野寺 昇
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 神戸大学, 2021年04月 - 2024年03月, 研究代表者
    【目的】研究課題1は、運動時腎血流の観点から水中運動の利点を明らかにするために、水位の違いが若年健常成人における安静座位時の腎動脈血流に及ぼす影響を明らかにすることを目的とした。 【方法】対象は、健常若年成人男性22名(年齢23.0±1.2歳:平均値±標準偏差)であった。陸上(L)椅子座位安静をとった後、水槽内に移動し、水中椅子座位安静をとった。水中安静時の水位は、大転子(TM)、剣状突起(XP)、頸切痕(JN)と漸増させた。測定項目は、椅子座位安静中の腎動脈血流動態:時間平均血流速度(Vm)・血管抵抗(RI)、血圧(BP)、心拍数(HR)および心臓副交感神経系活動(LnHF)であった。主要評価項目である腎動脈血流動態は、超音波診断装置(超音波診断装置 F37、日立アロカメディカル株式会社)を用いてコンベックス型プローブ(3.0MHz)を使用し、パルスドプラモードにて右腎動脈の血流波形を、全て同一の検者が測定した。対象者の体位はそれぞれ椅子座位とし、プローブを腹部前面に当て、ドプラ入射角は60度以内で測定した。血流測定時、対象者は10秒程度呼吸を止め、3波形分測定し、その平均値を求めた。 【結果】測定環境は、室温29.3±0.8℃、湿度71.2±8.2%、水温33.0±0.6℃、水深はTM 53.4±2.0cm、XP 81.2±2.9cm、JN 98.6±3.0cmであった。水位を上げるに従って、Vmは有意に増加した。RIは有意に増加した。BPは収縮期および拡張期ともに水位の変化に伴う有意な変化は認められなかった。HRは、有意に減少した。LnHFは有意に増大した。 【結論】水位を剣状突起レベルまで上げることによって、腎動脈血流量を増大させることができるものと考えられた。 研究課題1については対象者数を増やして投稿予定であり、研究課題2については、現在遂行中である。

  • 極限状態で高次認知機能を維持するための基幹脳活性法の開発と臨床応用
    片桐 祥雅, 川原 靖弘, 瀬藤 乃理子, 坊垣 友美, 光吉 俊二, 小野 くみ子, 矢野 美紀, 今井 絵美子
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 基盤研究(C), 2016年04月01日 - 2020年03月31日
    認知課題遂行中の深部脳活動のダイナミクスを明らかにするため、我々は脳波による事象関連深部脳活動法及び事象関連電位法を採用しました。刺激競合課題遂行において、学習記憶を参照する反射的認知処理を初めて見出しました。さらに外部リズムへの同期課題では、単調な等間隔リズムに対しては眠気が誘発されるが、逸脱刺激への同期動作が覚醒と相関するサリエンスネットワークを起動し、認知機能の維持に貢献し得ることを見出しました。こうした認知処理の特徴は、深夜の低覚醒・低血糖状態で高次認知機能維持に資する可能性を示唆しました。

  • 小野 くみ子
    学術研究助成基金助成金/若手研究(B), 2014年04月 - 2017年03月, 研究代表者
    競争的資金

  • 小野 くみ子
    科学研究費補助金/若手研究(B), 2010年, 研究代表者
    競争的資金

研究シーズ

■ 研究シーズ
  • 水位の違いが安静座位時の腎動脈血流に及ぼす影響
    シーズカテゴリ:ライフサイエンス
    研究キーワード:腎動脈血流, 水中環境
    研究の背景と目的:腎臓は、重量が体重の0.4%程度しかないにも関わらず、血流量が心拍出量の22%を占める極めて高い血流量を受けている臓器です。水中環境においてヒトは静脈還流量の増大に関連して腹部大静脈の横断面積が増大することが明らかになっています。本研究は、運動時腎血流の観点から水中運動の利点を明らかにするために、水位の違いが若年健常成人における安静座位時の腎動脈血流に及ぼす影響を明らかにすることを目的としました。
    研究内容: 対象は、健常若年成人男性22名(年齢23.0±1.2歳:平均値±SD)でした。陸上(L)椅子座位安静をとった後、水槽内に移動し、水中椅子座位安静をとりました。水中安静時の水位は、大転子(TM)、剣状突起(XP)、頸切痕(JN)と漸増させました。椅子座位安静中の腎動脈血流動態:時間平均血流速度(Vm)および血管抵抗(RI)を測定しました。  測定環境は、室温29.3±0.8ºC、湿度71.2±8.2%、水温33.0±0.6ºC、水深はTM 53.4±2.0cm、XP 81.2±2.9cm、JN 98.6±3.0cmでした。水位を上げるに従って、Vmは有意に増加し、RIは有意に増加しました。事後検定の結果、VmおよびRIともに、XPとJNの間に有意な変化を認めませんでした。水位を剣状突起レベルまで上げることによって、腎動脈血流量を増大させることができるものと考えられました。
    期待される効果や応用分野:陸上では運動強度に依存して腎動脈血流量が減少しますが、本研究結果から水中環境では安静での出発点を高めることができることから、そのアドバンテージにより腎負担を軽減しながら運動強度を高めることができる可能性が考えられました。
TOP