SEARCH

検索詳細

沖 侑大郎
大学院保健学研究科 保健学専攻
助教

研究者基本情報

■ 学位
  • 博士(保健学), 神戸大学
■ 研究分野
  • ライフサイエンス / リハビリテーション科学
■ 委員歴
  • 2022年11月 - 現在, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 代議員
  • 2021年08月 - 現在, 日本呼吸理学療法学会, 理事
  • 2021年04月 - 現在, 日本呼吸理学療法学会, 運営幹事
  • 2017年 - 2020年, 日本理学療法士協会, システマティックレビュー班 副班長
  • 日本理学療法士協会, 認定理学療法士症例報告審査委員

研究活動情報

■ 論文
  • Haruko Suzuki, Akio Yamamoto, Kumiko Ono, Yoji Yamada, Yutaro Oki, Mineko Ohira, Akira Ishikawa
    INTRODUCTION: The incidence of aspiration pneumonia and the number of medicines prescribed increase with older age. Many medicines pose a risk for aspiration pneumonia, especially those that decrease swallowing function. Older adults with polypharmacy often receive a combination of these medicines. This study aimed to clarify whether polypharmacy is a risk factor for aspiration pneumonia. METHODS: Older adults aged ≥ 65 years receiving oral medicines were included in this case-control study. Patients hospitalized for pneumonia served as the case group, and other age-matched hospitalized patients served as the control group. Patient data were collected retrospectively, and logistic regression analysis was performed using items that showed significant differences in the univariate analysis as explanatory variables. RESULTS: Logistic regression analysis revealed that the number of medicines was not a risk factor for aspiration pneumonia; however, it was associated with the Functional Oral Intake Scale score, male sex, body mass index, and number of comorbidities. CONCLUSION: Although polypharmacy is often defined only by the number of medicines, it is not a risk factor for aspiration pneumonia. A detailed comparison of prescription medicines between the pneumonia and non-pneumonia groups is necessary.
    2024年02月, Archives of gerontology and geriatrics, 122, 105363 - 105363, 英語, 国際誌
    研究論文(学術雑誌)

  • Daisuke Tashiro, Yutaro Oki, Natsuha Nonomura, Yuki Takeyama, Tohmi Osaki, Yosuke Morimoto
    This study aimed to verify the reliability and validity of abdominal expansion and respiratory function measurements. Forty healthy adult males underwent lung capacity, effort lung capacity, respiratory muscle strength, cough strength, diaphragm ultrasound, and abdominal expansion measurements. Abdominal expansion was measured using a device developed to accurately evaluate abdominal movements and calculate maximum abdominal expansion on the ventral side (AE-max: the difference between maximal abdominal contraction at the same time as maximal-effort expiration and maximal abdominal expansion at the same time as maximal-effort inspiration). Intra- and inter-rater reliabilities of the AE-max measurements were examined, the paired t-test was used for assessing the ratios of the expansion and contraction displacement components in AE-max, and regression analysis was used to obtain equations for predicting maximum inspiratory pressure (MIP) based on AE-max. Both intra- and inter-rater reliabilities were high. Criterion-related validity showed that AE-max was associated with all respiratory function parameters, especially MIP, and a high percentage of expansion displacement. Regression analysis showed that AE-max was significantly associated with MIP. Based on its association with MIP, the large proportion of expansion displacement in AE-max, and the results of the multiple regression analysis, we conclude that AE-max is a helpful measure for estimating MIP.
    2024年02月, Medical engineering & physics, 124, 104093 - 104093, 英語, 国際誌
    研究論文(学術雑誌)

  • Masahiro Iwakura, Atsuyoshi Kawagoshi, Akira Tamaki, Yutaro Oki, Yohei Oshima, Martijn A Spruit
    BACKGROUND: Physical activity (PA) measurements are becoming common in interstitial lung disease (ILD); however, standardisation has not been achieved. We aimed to systematically review PA measurement methods, present PA levels and provide practical recommendations on PA measurement in ILD. METHODS: We searched four databases up to November 2022 for studies assessing PA in ILD. We collected information about the studies and participants, the methods used to measure PA, and the PA metrics. Studies were scored using 12 items regarding PA measurements to evaluate the reporting quality of activity monitor use. RESULTS: In 40 of the included studies, PA was measured using various devices or questionnaires with numerous metrics. Of the 33 studies that utilised activity monitors, a median of five out of 12 items were not reported, with the definition of nonwear time being the most frequently omitted. The meta-analyses showed that the pooled means (95% CI) of steps, time spent in moderate to vigorous PA, total energy expenditure and sedentary time were 5215 (4640-5791) steps·day-1, 82 (58-106) min·day-1, 2130 (1847-2412) kcal·day-1 and 605 (323-887) min·day-1, respectively, with considerable heterogeneity. CONCLUSION: The use of activity monitors and questionnaires in ILD lacks consistency. Improvement is required in the reporting quality of PA measurement methods using activity monitors.
    2023年09月, European respiratory review : an official journal of the European Respiratory Society, 32(169) (169), 英語, 国際誌
    研究論文(学術雑誌)

  • 山口 卓巳, 沖 侑大郎, 沖 由香里, 大平 峰子, 石川 朗
    自閉スペクトラム症のある児(Autism Spectrum Disorder;以下,ASD児)の作業遂行技能および適応行動水準と知的能力を同時期に測定し,これらの特徴や関連について調査することで,評価の有用性について検討した.結果,ASD児の作業遂行技能や適応行動水準は,定型発達児と比較して-1~-2SD以下の児が多く,各評価に基づいた支援の必要性が示された.作業遂行技能は<身辺自立>や<家事>の適応行動水準との関連が示唆されたが,知的能力との関連は限定的であり,今後より調査が必要であった.対象児や保護者のニーズに焦点を当てられるAMPSやVineland-II適応行動尺度の有用性が示唆された.(著者抄録)
    (一社)日本作業療法士協会, 2023年04月, 作業療法, 42(2) (2), 160 - 167, 日本語

  • Yoji Yamada, Yuji Mitani, Akio Yamamoto, Kazumo Miura, Kanji Yamada, Yukari Oki, Yutaro Oki, Yasumichi Maejima, Yoko Kurumatani, Akira Ishikawa
    The prevention of pneumonia in bedridden older patients is important, and its recurrence in these patients is a relevant issue. Patients who are bedridden and inactive, and have dysphagia are considered to be at risk for pneumonia. Efforts to reduce the bedridden state and low activity may be necessary to reduce the risk of developing pneumonia in bedridden older patients. This study aimed to clarify the effects of postural change from the supine position to the reclining position on metabolic and ventilatory parameters and on safety in bedridden older patients. Using a breath gas analyzer and other tools, we assessed the following 3 positions: lying on the back (supine), resting in the Fowler position (Fowler), and resting in an 80° recline wheelchair (80°). Measurements were oxygen uptake, carbon dioxide output, gas exchange ratio, tidal volume (VT), minute volume, respiratory rate, inspiratory time, expiratory time, total respiratory time, mean inspiratory flow, metabolic equivalents, end-expiratory oxygen, and end-expiratory carbon dioxide as well as various vital signs. The study analysis included 19 bedridden participants. The change in oxygen uptake driven by changing the posture from the supine position to the Fowler position was as small as 10.8 mL/minute. VT significantly increased from the supine position (398.4 ± 111.2 mL) to the Fowler position (426.9 ± 106.8 mL) (P  = .037) and then showed a decreasing trend in the 80° position (416.8 ± 92.5 mL). For bedridden older patients, sitting in a wheelchair is a very low-impact physical activity, similar to that in normal people. The VT of bedridden older patients was maximal in the Fowler position, and the ventilatory volume did not increase with an increasing reclining angle, unlike that in normal people. These findings suggest that appropriate reclining postures in clinical situations can promote an increase in the ventilatory rate in bedridden older patients.
    2023年03月, Medicine, 102(10) (10), e33250, 英語, 国際誌
    研究論文(学術雑誌)

  • 玉木 彰, 沖 侑大郎
    COPD患者に対する呼吸リハビリテーションは,入院期間の短縮や退院後の外来リハビリテーションを行っている施設が少ないことから,在宅における継続的な実施が重要な役割を担っている.しかし在宅では病院のリハビリテーション施設とは設備や環境が異なることや,フレイルやサルコペニアを合併している高齢COPD患者が多い本邦の現状を考慮すると,在宅呼吸リハビリテーションの効果を出すためには施設における監視型リハビリテーションとは異なった工夫が必要となる.(著者抄録)
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2022年12月, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 31(1) (1), 54 - 57, 日本語

  • 山口 卓巳, 沖 侑大郎, 山本 暁生, 酒井 英樹, 三栖 翔吾, 岩田 優助, 金子 正博, 澤田 格, 小野 くみ子, 石川 朗
    これまで慢性呼吸器疾患(CRD)患者のADL評価は重要とされ,様々な疾患特異的尺度が開発されてきた.国内ではNagasaki University Respiratory ADL questionnaire(NRADL),Pulmonary emphysema ADL(P-ADL)の使用が主流である.近年,Barthel Indexの呼吸器版であるBarthel Index dyspnea(BI-d)が国外で開発された.我々はその日本語版開発を実施した.その過程および内容を紹介する.BI-dの翻訳手順は尺度翻訳の基本指針に準じて実施し,パイロットテストはCRD患者10名に対し行い,その回答時間は平均196.7秒(SD=88.0秒)であった.その後,日本語版BI-dは原著者から正式に承諾を受け,日本語版BI-dの信頼性・妥当性の検証を行った.結果,日本語版BI-dの信頼性・妥当性が立証された.(著者抄録)
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2022年12月, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 31(1) (1), 105 - 109, 日本語

  • Ryoko Kumagai, Tohmi Osaki, Yutaro Oki, Shunsuke Murata, Kazuaki Uchida, Haruhi Encho, Rei Ono, Hisatomo Kowa
    Elsevier BV, 2022年08月, Archives of Gerontology and Geriatrics, 104803 - 104803
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • K. Yamada, K. Iwata, Y. Yoshimura, H. Ota, Y. Oki, Y. Mitani, Y. Oki, Y. Yamada, A. Yamamoto, K. Ono, A. Honda, T. Kitai, R. Tachikawa, N. Kohara, K. Tomii, A. Ishikawa
    SERDI, 2022年, The Journal of Frailty & Aging
    研究論文(学術雑誌)

  • 丹波市における認知症予防を目指した多因子介入によるランダム化比較研究(J-MINT PRIME Tamba)
    尾嵜 遠見, 沖 侑大郎, 小野 玲, 古和 久朋
    神戸学院大学総合リハビリテーション学会, 2021年11月, 神戸学院総合リハビリテーション研究, 17(1) (1), 11 - 11, 日本語

  • 多因子生活習慣介入による認知症予防 ハイリスク高齢者に対する多因子介入による認知症予防
    古和 久朋, 小野 玲, 沖 侑大郎, 尾嵜 遠見, 村田 峻輔
    (一社)日本認知症学会, 2021年10月, Dementia Japan, 35(4) (4), 571 - 571, 日本語

  • 高齢肺炎入院患者の退院時ADLと退院後6ヵ月後再入院および死亡との関連性について
    山田 莞爾, 岩田 健太郎, 吉村 芳弘, 太田 浩章, 沖 侑大郎, 三谷 有司, 沖 由香里, 山田 洋二, 山本 暁生, 小野 くみ子, 北井 豪, 本田 明広, 幸原 信夫, 富井 啓介, 石川 朗
    (公社)日本リハビリテーション医学会, 2021年05月, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 58(特別号) (特別号), 2 - 9, 日本語

  • Takumi Yamaguchi, Akio Yamamoto, Yutaro Oki, Hideki Sakai, Shogo Misu, Yusuke Iwata, Masahiro Kaneko, Kaku Sawada, Yukari Oki, Yuji Mitani, Kumiko Ono, Akira Ishikawa
    Purpose: Japan has only a few respiratory disease-specific activity of daily living scales that are accepted outside of Japan, and they are not widely used. The Barthel Index dyspnea (BI-d), an improved version of the Barthel Index (BI), may be popular in Japan. The purpose of this study was to develop the Japanese version of BI-d (J-BI-d) and investigate its reliability and validity. Patients and Methods: The J-BI-d was developed using the basic guidelines for scale translation. The study included patients with chronic respiratory disease, receiving outpatient care at two centers between January 2019 and February 2020. Scores on the J-BI-d, modified Medical Research Council scale (mMRC scale), BI, respiratory function tests, and 6-minute walk distance (6MWD) test were measured. To verify the test-retest reliability, the J-BI-d was re-administered, and the intraclass correlation coefficient (ICC) was obtained. Internal consistency was verified by Cronbach's alpha reliability coefficient, and criterion-related validity was verified through a correlation analysis of the J-BI-d with mMRC scale and 6MWD test. Divergent validity was verified through correlation analysis between the J-BI-d and BI. Results: Data for 57 participants (mean age 74.4 ± 8.3 years) were analyzed, and reliability testing was performed with 42 of them. The mean time to retest was 8.1 ± 3.0 days, and the ICC (2, 1) was 0.76 (95% CI: 0.62-0.85), indicating high reliability. Cronbach's alpha reliability coefficient was 0.81, indicating high internal consistency. Correlation coefficients of the J-BI-d with 6MWD test (r = -0.46, p < 0.01) and mMRC scale (ρ = 0.76, p < 0.01) indicated high criterion-related validity. The J-BI-d and BI had a weak negative correlation (r = -0.29, p < 0.05), indicating high divergent validity. Conclusion: The results of this study demonstrate high reliability and appropriate validity of the J-BI-d in patients with chronic respiratory disease.
    2021年, International journal of chronic obstructive pulmonary disease, 16, 1863 - 1871, 英語, 国際誌
    研究論文(学術雑誌)

  • Akio Yamamoto, Hiroyuki Nakamoto, Yusuke Bessho, Yu Watanabe, Yutaro Oki, Kumiko Ono, Yukari Fujimoto, Tsutomu Terada, Akira Ishikawa
    Respiratory rate, a sensitive indicator of respiratory status, is rarely measured during the field walking test. Our objective was to develop and validate a non-invasive, wearable monitoring system using stretchable strain sensors and an accompanying algorithm capable of providing real-time measurements of respiration during exercise. Twenty-four healthy volunteers wore stretchable sensors during a walking test protocol that included standing, sitting, walking, and walking with a stick. Sensors were placed on the ribcage and abdomen. The Bland-Altman method was used to assess the accuracy and precision of breath counts; total respiration time and inspiration time ratio were determined by custom algorithms and compared with measurements obtained with the standard flow sensor. The output signal from the stretchable sensor was highly synchronized with flow signals. The limits of agreement were within 3 breaths/min throughout the test protocol. Differences between sensors for total respiration time and inspiration time ratio were less than 14% and 26%, respectively. The agreement was maintained regardless of respiratory rate or volume. The wearable respiratory monitoring system yielded accurate and precise breath counts and total duration of respiratory cycle during moderate exercise in healthy young individuals, suggesting that it might be useful in clinical practice. Graphical abstract.
    SPRINGER HEIDELBERG, 2019年12月, Medical & biological engineering & computing, 57(12) (12), 2741 - 2756, 英語, 国際誌
    研究論文(学術雑誌)

  • Kanji Yamada, Yutaro Oki, Yukari Fujimoto, Yuji Mitani, Yohji Yamada, Mariko Fujita, Kentaro Iwata, Akira Ishikawa
    EUROPEAN RESPIRATORY SOC JOURNALS LTD, 2019年09月, EUROPEAN RESPIRATORY JOURNAL, 54, 英語

  • Shogo Misu, Masahiro Kaneko, Hideki Sakai, Yutaro Oki, Yukari Fujimoto, Akira Ishikawa, Rei Ono
    BACKGROUND: There are limited longitudinal studies reporting predictive factors for decline in 6-min walk distance (6MWD) in patients with COPD. While previous studies have confirmed the association between air-flow limitation and decline in 6MWD, other factors have not been clarified. The objective of this study was to investigate whether exercise-induced oxygen desaturation (EID) could be a predictive factor for decline in 6MWD in patients with COPD. The interactive effect of air-flow limitation on the association between EID and decline in 6MWD was also investigated. METHODS: A longitudinal observational study was conducted with 71 out-patients with COPD who were followed for 1 year. 6MWD, EID, spirometry, and clinical characteristics were assessed. The effect of EID on changes in 6MWD was examined using linear regression analyses. Furthermore, the subjects were categorized into 4 groups according to their EID and air-flow limitation status, and changes in 6MWD were compared among the groups. RESULTS: 51 subjects completed the follow-up assessments, and 29 (56.9%) experienced EID. Multiple linear regression model revealed that EID was the only predictive factor for changes in 6MWD after adjusting for confounders (β = -38.9, P = .02). As results of multiple comparisons among the 4 groups based on EID and air-flow limitation status, changes in 6MWD in the EID and severe air-flow limitation group were the lowest. CONCLUSION: Our results revealed that EID was a predictive factor for decline in the functional capacity of subjects with COPD. The assessment of EID and air-flow limitation would thus be useful in estimating the prognosis of decline in the functional capacity of patients with COPD.
    DAEDALUS ENTERPRISES INC, 2019年02月, Respiratory care, 64(2) (2), 145 - 152, 英語, 国際誌
    研究論文(学術雑誌)

  • Yuji Mitani, Yutaro Oki, Yukari Fujimoto, Takumi Yamaguchi, Yoji Yamada, Kanji Yamada, Takashi Ito, Hideyuki Shiotani, Akira Ishikawa
    AIM: Pneumonia ranks high among the causes of death worldwide. However, the predictive values of activities of daily living, the nutrition index and the aspiration index measured objectively remain unclear. The present study aimed to examine the associations of activity, nutrition and dysphagia with pneumonia. METHODS: We assessed 992 hospitalized patients. Logistic regression analysis was used to examine the predictors of pneumonia. Receiver operating characteristic curve analysis was used to determine the cut-off values of variables. Kaplan-Meier and Cox hazards regression analyses were used to examine the incidence of pneumonia and the factors associated with pneumonia. RESULTS: We finally enrolled 393 inpatients. Of the 393 patients, 102 (26.0%) had pneumonia. On logistic regression analysis, age, Functional Independence Measure (FIM)-motor score and Mann Assessment of Swallowing Ability (MASA) score were independent predictors of pneumonia. The FIM-motor and MASA cut-off values were 19.5 (area under the curve 0.83, P < 0.01) and 170.5 (area under the curve 0.82, P < 0.01), respectively. Kaplan-Meier analysis showed that the no pneumonia rate was significantly lower among patients with FIM-motor scores <20 than among those with FIM-motor scores ≥20 (log-rank test, P < 0.01), and was significantly lower among patients with MASA scores <171 than among those with MASA scores ≥171 (log-rank test, P < 0.01). Cox regression analysis showed that FIM-motor (hazard ratio 0.97, P = 0.009) and MASA scores (hazard ratio 0.99, P < 0.01) were significantly associated with pneumonia. CONCLUSIONS: In addition to the infectious risk, the FIM-motor and MASA scales are useful tools to predict the development of pneumonia in older adults. Geriatr Gerontol Int 2018; 18: 1620-1624.
    WILEY, 2018年12月, Geriatrics & gerontology international, 18(12) (12), 1620 - 1624, 英語, 国内誌
    研究論文(学術雑誌)

  • RELATIONSHIP BETWEEN LOW-FREQUENCY INTERVENTION FOR INSPIRATORY MUSCLE TRAINING AND COUGH PEAK FLOW IN HEALTHY YOUNG ADULTS
    Mariko Fujita, Yukari Fujimoto, Kanji Yamada, Keita Ohashi, Yutaro Oki, Yuji Mitani, Yoji Yamada, Takumi Yamaguchi, Akio Yamamoto, Akira Ishikawa
    WILEY, 2018年11月, RESPIROLOGY, 23, 200 - 200, 英語

  • COMPARISON OF TWO NONINVASIVE DEVICES FOR MEASURING RESPIRATORY RATES WITHOUT A FACEMASK DURING WALKING
    Akio Yamamoto, Hiroyuki Nakamoto, Yusuke Bessho, Yukari Fujimoto, Yutaro Oki, Yusuke Iwata, Akira Ishikawa
    WILEY, 2018年11月, RESPIROLOGY, 23, 119 - 119, 英語

  • Yutaro Oki, Akira Tamaki, Yukari Fujimoto, Kanji Yamada, Yuji Mitani, Yusuke Iwata, Takumi Yamaguchi, Akio Yamamoto, Hiromi Kaneko, Mineko Ohira, Akira Ishikawa
    EUROPEAN RESPIRATORY SOC JOURNALS LTD, 2018年09月, EUROPEAN RESPIRATORY JOURNAL, 52, 英語

  • Yuji Mitani, Yutaro Oki, Yukari Fujimoto, Takumi Yamaguchi, Kentaro Iwata, Yu Watanabe, Kazuki Takahashi, Kanji Yamada, Akira Ishikawa
    AIM: The prevention of pneumonia is an urgent issue among Japanese older adults. However, little has been reported on the relationship between a Functional Independence Measure (FIM) and the Geriatric Nutrition Risk Index (GNRI) for the prevention of pneumonia in patients in long-term care facilities in Japan. We aimed to clarify the relevance of FIM and GNRI for inpatients with and without pneumonia. METHODS: We identified 233 patients who were hospitalized in our long-term nursing hospital from April 2012 to September 2013. We compared differences in FIM among GNRI classes for four groups: (i) pneumonia/high GNRI; (ii) pneumonia/low GNRI; (iii) no pneumonia/high GNRI; and (iv) no pneumonia/low GNRI. To assess the pneumonia predictors, we used a logistic regression for long-term nursing patients. Receiver operating characteristic analysis showed cut-off values and the area under the curve. RESULTS: A total of 88 (37.8%) of 233 inpatients had pneumonia. FIM of the pneumonia/low GNRI groups was significantly lower than that of the no pneumonia/high and low GNRI groups. Logistic regression showed that FIM (P < 0.001; OR -1.035, 95% CI -1.019-1.051) and GNRI (P = 0.017; OR -1.038, 95% CI -1.007-1.070) were predictors of pneumonia. The cut-off values for FIM and GNRI were 26.6 (P < 0.001, the area under the curve 0.70) and 80.5 (P < 0.001, the area under the curve 0.65), respectively. CONCLUSION: Low activity and malnutrition might lead to the development of pneumonia. FIM and GNRI are useful predictor tools that could help to prevent pneumonia in Japanese patients in long-term care facilities. Geriatr Gerontol Int 2017; 17: 1617-1622.
    WILEY, 2017年10月, Geriatrics & gerontology international, 17(10) (10), 1617 - 1622, 英語, 国内誌
    研究論文(学術雑誌)

  • Yukari Fujimoto, Yutaro Oki, Masahiro Kaneko, Hideki Sakai, Shogo Misu, Takumi Yamaguchi, Yuji Mitani, Hisafumi Yasuda, Akira Ishikawa
    PURPOSE: A straightforward, noninvasive method is needed to assess emphysema and pulmonary hypertension (PH) in COPD patients. The desaturation-distance ratio (DDR) is an index derived from the distance traveled and level of desaturation during a six-minute walk test (6MWT); it has previously been shown to be associated with percentage of forced expiratory volume in the first second of expiration (%FEV1.0) and percentage of diffusion capacity of the lung for carbon monoxide (%DLCO). The aim of this study was to examine the associations between DDR and emphysema and PH. PATIENTS AND METHODS: We collected the following data for 74 stable COPD outpatients: lung function tests (%FEV1.0 and %DLCO), 6MWT distance and desaturation, and area of emphysema on computed tomography (percentage of low attenuation area). Enlargement of the pulmonary artery (PA) was assessed by the ratio of the diameter of the PA to that of the aorta (PA:A ratio) as an index of PH. DDR was calculated by the distance traveled and the degree of desaturation reached during a 6MWT. The relationships between study outcomes were assessed with Spearman's rank-correlation analysis. Receiver operating characteristic (ROC) curves were used to determine the threshold values with the optimum cutoff points for predicting severe or very severe airway obstruction, pulmonary diffusing capacity disorder, moderate or severe emphysema, and enlargement of the PA. RESULTS: DDR correlated significantly with %FEV1.0, %DLCO, %LAA, and PA:A ratio. DDR showed high accuracy (area under the ROC curve >0.7) for predicting severe or very severe airway obstruction, pulmonary diffusing capacity disorder, moderate or severe emphysema, and enlargement of the PA. CONCLUSION: The results suggest that DDR is a good index of emphysema and PH in COPD patients. The 6MWT is widely used to assess COPD, and DDR could help with the early diagnosis of COPD.
    DOVE MEDICAL PRESS LTD, 2017年, International journal of chronic obstructive pulmonary disease, 12, 2669 - 2675, 英語, 国際誌
    研究論文(学術雑誌)

  • Yutaro Oki, Masahiro Kaneko, Yukari Fujimoto, Hideki Sakai, Shogo Misu, Yuji Mitani, Takumi Yamaguchi, Hisafumi Yasuda, Akira Ishikawa
    PURPOSE: Pulmonary hypertension and exercise-induced oxygen desaturation (EID) influence acute exacerbation of COPD. Computed tomography (CT)-detected pulmonary artery (PA) enlargement is independently associated with acute COPD exacerbations. Associations between PA to aorta (PA:A) ratio and EID in patients with COPD have not been reported. We hypothesized that the PA:A ratio correlated with EID and that results of the 6-minute walk test (6MWT) would be useful for predicting the risk associated with PA:A >1. PATIENTS AND METHODS: We retrospectively measured lung function, 6MWT, emphysema area, and PA enlargement on CT in 64 patients with COPD. The patients were classified into groups with PA:A ≤1 and >1. Receiver-operating characteristic curves were used to determine the threshold values with the best cutoff points to predict patients with PA:A >1. RESULTS: The PA:A >1 group had lower forced expiratory volume in 1 second (FEV1), forced vital capacity (FVC), FEV1:FVC ratio, diffusion capacity of lung carbon monoxide, 6MW distance, and baseline peripheral oxygen saturation (SpO2), lowest SpO2, highest modified Borg scale results, percentage low-attenuation area, and history of acute COPD exacerbations ≤1 year, and worse BODE (Body mass index, airflow Obstruction, Dyspnea, and Exercise) index results (P<0.05). Predicted PA:A >1 was determined for SpO2 during 6MWT (best cutoff point 89%, area under the curve 0.94, 95% confidence interval 0.88-1). SpO2 <90% during 6MWT showed a sensitivity of 93.1, specificity of 94.3, positive predictive value of 93.1, negative predictive value of 94.3, positive likelihood ratio of 16.2, and negative likelihood ratio of 0.07. CONCLUSION: Lowest SpO2 during 6MWT may predict CT-measured PA:A, and lowest SpO2 <89% during 6MWT is excellent for detecting pulmonary hypertension in COPD.
    DOVE MEDICAL PRESS LTD, 2016年, International journal of chronic obstructive pulmonary disease, 11(1) (1), 2869 - 2875, 英語, 国際誌
    研究論文(学術雑誌)

  • Takuro Matsumura, Yuji Mitani, Yutaro Oki, Yukari Fujimoto, Mineko Ohira, Hiromi Kaneko, Tsunehiro Kawashima, Masato Nishio, Akira Ishikawa
    Elsevier BV, 2015年11月, Heart & Lung, 44(6) (6), 534 - 538
    研究論文(学術雑誌)

  • Takuro Matsumura, Kana Takarada, Yutaro Oki, Yukari Fujimoto, Hiromi Kaneko, Mineko Ohira, Akira Ishikawa
    Ovid Technologies (Wolters Kluwer Health), 2015年11月, Rehabilitation Nursing, 40(6) (6), 384 - 389
    研究論文(学術雑誌)

  • Takuro Matsumura, Yuji Mitani, Yutaro Oki, Yukari Fujimoto, Mineko Ohira, Hiromi Kaneko, Tsunehiro Kawashima, Masato Nishio, Akira Ishikawa
    Objectives: The Geriatric Nutritional Risk Index (GNRI) is a new prognostic indicator for nutritional status-related complications and mortality among the elderly. Here we aimed to compare 6-min walk distance (6MWD) between high and low GNRI groups for patients with COPD. Methods: We enrolled 63 elderly men with COPD. These subjects were divided into two groups based on their GNRI scores: high GNRI group (≥92 points; n = 44) and low GNRI group (n = 19); we compared 6MWD between these groups. Results: The subjects' characteristics between the high and the low GNRI groups were similar, except for BMI and serum albumin levels. 6MWD were significantly lower in the low GNRI group (279.5 ± 112.3 m versus 211.1 ± 125.3 m; p = 0.03). Conclusions: The GNRI has a more close relation with exercise tolerance and may be a useful nutritional assessment scale for elderly patients with COPD.
    MOSBY-ELSEVIER, 2015年11月, Heart and Lung: Journal of Acute and Critical Care, 44(6) (6), 534 - 538, 英語
    研究論文(学術雑誌)

  • Takuro Matsumura, Kana Takarada, Yutaro Oki, Yukari Fujimoto, Hiromi Kaneko, Mineko Ohira, Akira Ishikawa
    Purpose: The present study aimed to examine the long-term effects of a home nursing intervention on healthcare utilization and costs among patients with chronic obstructive pulmonary disease (COPD). Design: A 3-year retrospective study. Methods: Eleven COPD patients who had received home nursing intervention after hospital discharge were enrolled. We retrospectively investigated their healthcare utilization and costs for 1 year before the intervention and during 2 years of the intervention. Findings: The number and length of hospitalizations decreased gradually from the pre-intervention period through the second year. The number of hospital and home nursing visits increased from the pre-intervention period through the first and second years. The hospitalization costs were decreased by approximately half from the pre-intervention period through the first year and from the first year through the second year. The total medical cost did not change significantly. Conclusions and Clinical Relevance: Our home nursing intervention decreased the number and length of hospitalizations and the hospitalization costs; however, it did not affect the total medical cost. It is possible that the continuation of home nursing interventions may decrease the number of hospitalizations, number of home nursing visits, and the total medical cost by maintaining the health condition of patients.
    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2015年11月, Rehabilitation Nursing, 40(6) (6), 384 - 389, 英語
    研究論文(学術雑誌)

  • RELATIONSHIP BETWEEN LUNG FUNCTION AND THE 6-MINUTE WALK TEST IN PATIENTS WITH CHRONIC OBSTRUCTIVE PULMONARY DISEASE
    Yukari Fujimoto, Yutaro Oki, Hideki Sakai, Shogo Misu, Masahiro Kaneko, Tsunehiro Kawashima, Masato Nishio, Takuro Matsumura, Yuji Mitani, Takumi Yamaguchi, Kazuki Takahashi, Akira Ishikawa
    WILEY-BLACKWELL, 2014年11月, RESPIROLOGY, 19, 118 - 118, 英語

  • LONG-TERM EFFECT OF HOME NURSING INTERVENTION ON COST AND HEALTHCARE UTILIZATION FOR PATIENTS WITH CHRONIC OBSTRUCTIVE PULMONARY DISEASE
    Takuro Matsumura, Kana Takarada, Yutaro Oki, Yukari Fujimoto, Hiromi Kaneko, Mineko Ohira, Akira Ishikawa
    WILEY-BLACKWELL, 2014年11月, RESPIROLOGY, 19, 117 - 117, 英語

  • RELATIONSHIP BETWEEN EXERCISE-INDUCED DESATURATION AND DYSPNEOA DURING THE 6-MINUTE WALKING TEST IN PATIENTS WITH CHRONIC OBSTRUCTIVE PULMONARY DISEASE
    Yutaro Oki, Yukari Fujimoto, Hideki Sakai, Shogo Misu, Takuro Matsumura, Yuji Mitani, Takumi Yamaguchi, Masahiro Kaneko, Akira Ishikawa
    WILEY-BLACKWELL, 2014年11月, RESPIROLOGY, 19, 118 - 118, 英語

  • 松村 拓郎, 三谷 有司, 沖 侑大郎, 藤本 由香里, 石川 朗
    目的:肺炎は脳血管障害患者に好発する合併症の1つであり,その発生機序の多くが誤嚥性肺炎である.誤嚥性肺炎は口腔内細菌叢の誤嚥による侵襲と咳嗽反射や免疫能などの宿主の抵抗反応のバランスの崩壊によって発症するとされる.しかし,現在までの報告の多くが誤嚥や嚥下障害に着目したものであり,宿主抵抗に関する報告は乏しい.本研究では,嚥下障害を有する脳血管障害患者のみを対象として,誤嚥性肺炎発症における宿主抵抗の重要性について検討した.方法:脳梗塞または脳出血の診断を受け,回復期リハビリテーション施設4病院に新規入院した175名のうち,入院時点で嚥下障害を有していた76名(平均年齢74.7±8.4歳,男性29名)を対象とした.対象者を入院期間中の肺炎発症の有無により2群に分類し,2群間で入院時の特徴を後方視的に比較・検討した.結果:入院期間中に肺炎を発症したのは10名(13.2%)であり,そのすべてが65歳以上の高齢者であった.2群間の比較では性別,活動レベル,血清アルブミン,食事形態,嚥下障害重症度の項目で有意差がみとめられた(p<0.05).結論:本研究から嚥下障害を有する脳血管障害の肺炎発症要因として女性,臥床,低栄養状態,経管栄養,重度嚥下障害の存在が挙げられた.誤嚥性肺炎発症は嚥下障害と非常に密接に関係している一方で,臥床や低栄養状態などの宿主抵抗も重要な関連因子であることが示された.
    一般社団法人 日本老年医学会, 2014年, 日本老年医学会雑誌, 51(4) (4), 364 - 8, 日本語, 国内誌
    研究論文(学術雑誌)

  • THE IMPORTANCE OF HOST RESISTANCE FOR THE ONSET OF PNEUMONIA AMONG CEREBROVASCULAR DISORDER PATIENT IN RECOVERY STAGE
    Takuro Matsumura, Yutaro Oki, Kazuki Takahashi, Yukari Fujimoto, Yuzi Mitani, Akira Ishikawa
    WILEY-BLACKWELL, 2013年11月, RESPIROLOGY, 18, 162 - 162, 英語

  • LONG-TERM EFFECT OF HOME-VISITING NURSING ON CHRONIC OBSTRUCTIVE PULMONARY DISEASE (COPD)-3-YEAR FOLLOW-UP SURVEY OF VISITING NURSING PROGRAMS -
    Yutaro Oki, Yukari Fujimoto, Takuro Matsumura, Kazuki Takahashi, Hiromi Kaneko, Mineko Ohira, Akira Ishikawa
    WILEY-BLACKWELL, 2013年11月, RESPIROLOGY, 18, 177 - 177, 英語

  • Analysis of factors that induce memory T cells
    Tetsuyoshi Soh, Yutaro Oki, Fumiaki Uchiumi, Hidehiro Kishimoto
    AMER ASSOC IMMUNOLOGISTS, 2013年05月, JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 190, 英語

■ MISC
  • Rei Ono, Hisatomo Kowa, Yutaro Oki, Tohmi Osaki, Shunsuke Murata, Ryoko Kumagai, Kazuaki Uchida, Hisafumi Yasuda, Yoshiaki Kido
    Wiley, 2021年12月, Alzheimer's & Dementia, 17(S10) (S10)

  • 項目反応理論を用いたCognitive Function Instrument日本語版の尺度特性の分析
    尾嵜 遠見, 沖 侑大郎, 小野 玲, 村田 峻輔, 熊谷 諒子, 内田 一彰, 木戸 良明, 安田 尚史, 古和 久朋
    (一社)日本認知症学会, 2021年10月, Dementia Japan, 35(4) (4), 631 - 631, 日本語

  • 尾嵜 遠見, 沖 侑大郎, 小野 玲, 村田 峻輔, 熊谷 諒子, 内田 一彰, 木戸 良明, 安田 尚史, 古和 久朋
    (株)ワールドプランニング, 2021年09月, 老年精神医学雑誌, 32(増刊I) (増刊I), 244 - 244, 日本語

  • 沖 侑大郎, 関川 清一, 山田 莞爾, 木村 雅彦, 神津 玲, 玉木 彰
    Post-COVID-19 Functional Status(PCFS)Scaleは、新型コロナウイルス感染症(coronavirus disease 2019:COVID-19)感染後の退院患者を対象とした機能評価尺度である。今回、本機能評価尺度をわが国に導入するため、外国語尺度の翻訳版開発の標準的プロトコールに従い、(1)順翻訳、(2)逆翻訳、(3)原著者による逆翻訳の内容の確認の流れで日本語暫定版を作成した。すでに他言語でも翻訳されており、今後はCOVID-19患者における感染後の機能状態を定量的に評価するための国際的な標準指標となる可能性がある。(著者抄録)
    (一社)日本呼吸器学会, 2021年03月, 日本呼吸器学会誌, 10(2) (2), 113 - 115, 日本語

  • 呼吸ケアを紡ぐ〜呼吸ケアにおけるチームビルディングの現在、そして未来〜 在宅呼吸ケアにおけるチームビルディングの果たす役割とは
    沖 侑大郎, 玉木 彰, 石川 朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2021年02月, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 30(Suppl.) (Suppl.), 121s - 121s, 日本語

  • The Post-COVID-19 Functional Status(PCFS)Scale日本語版の開発
    沖 侑大郎, 関川 清一, 山田 莞爾, 木村 雅彦, 神津 玲, 玉木 彰
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2021年02月, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 30(Suppl.) (Suppl.), 158s - 158s, 日本語

  • 呼吸器疾患特異的ADL尺度であるBarthel Index dyspneaの翻訳と信頼性、妥当性の検証
    山口 卓巳, 山本 暁生, 沖 侑大郎, 酒井 英樹, 岩田 優助, 金子 正博, 澤田 格, 沖 由香里, 三谷 有司, 石川 朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2021年02月, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 30(Suppl.) (Suppl.), 185s - 185s, 日本語

  • 呼吸ケアを紡ぐ〜呼吸ケアにおけるチームビルディングの現在、そして未来〜 在宅呼吸ケアにおけるチームビルディングの果たす役割とは
    沖 侑大郎, 玉木 彰, 石川 朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2021年02月, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 30(Suppl.) (Suppl.), 121s - 121s, 日本語

  • The Post-COVID-19 Functional Status(PCFS)Scale日本語版の開発
    沖 侑大郎, 関川 清一, 山田 莞爾, 木村 雅彦, 神津 玲, 玉木 彰
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2021年02月, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 30(Suppl.) (Suppl.), 158s - 158s, 日本語

  • 呼吸器疾患特異的ADL尺度であるBarthel Index dyspneaの翻訳と信頼性、妥当性の検証
    山口 卓巳, 山本 暁生, 沖 侑大郎, 酒井 英樹, 岩田 優助, 金子 正博, 澤田 格, 沖 由香里, 三谷 有司, 石川 朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2021年02月, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 30(Suppl.) (Suppl.), 185s - 185s, 日本語

  • 在宅呼吸ケアにおけるチームビルディングの果たす役割とは
    沖侑大郎, 玉木彰, 石川朗
    2021年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌(Web), 30(Supplement) (Supplement)

  • 呼吸器疾患特異的ADL尺度であるBarthel Index dyspneaの翻訳と信頼性,妥当性の検証
    山口卓巳, 山口卓巳, 山本暁生, 山本暁生, 沖侑大郎, 酒井英樹, 岩田優助, 金子正博, 澤田格, 沖由香里, 三谷有司, 石川朗
    2021年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌(Web), 30(Supplement) (Supplement)

  • The Post-COVID-19Functional Status(PCFS)Scale日本語版の開発
    沖侑大郎, 関川清一, 山田莞爾, 山田莞爾, 木村雅彦, 神津玲, 玉木彰
    2021年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌(Web), 30(Supplement) (Supplement)

  • Post-COVID-19Functional Status Scale日本語暫定版の開発
    沖侑大郎, 関川清一, 山田莞爾, 山田莞爾, 木村雅彦, 神津玲, 玉木彰
    2021年, 日本呼吸器学会誌(Web), 10(2) (2)

  • 沖 侑大郎, 玉木 彰, 藤本 由香里, 山口 卓巳, 長田 敏子, 酒井 英樹, 近藤 敬介, 田村 宏, 石川 朗
    本邦の訪問看護サービス利用者は年々増加傾向にある。在宅呼吸ケアの必要性は更に高まると予想され、ネットワークおよびフォローアップ体制の構築・充実化が急務である。そこで、兵庫県で実施している呼吸ケアの地域連携実現に向けた取り組みを紹介する。在宅医療従事者の呼吸ケアの知識・技術の向上およびネットワーク構築を目的に、2012年に"神戸在宅呼吸ケア勉強会"を発足した。定期的な勉強会や研修会の開催に加え、パンフレットや地域連携MAPを作成し、情報を発信している。さらに、急性期から在宅までのシームレスな呼吸ケアの提供に向けたフォローアップ体制構築および地域ネットワーク充実化を目的に、2017年に"ひょうご呼吸ケアネットワーク"を発足した。フォローアップツールとして呼吸ケア情報提供書を作成し、地域への周知活動を行っている。このような地域連携実現に向けた活動が、今後日本の呼吸ケアのエビデンス確立の一助となることを期待する。(著者抄録)
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2020年12月, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 29(2) (2), 250 - 255, 日本語

  • 山中 悠紀, 沖 侑大郎, 藤本 由香里, 藤田 万利子, 鏑木 武, 石川 朗
    公益社団法人 日本理学療法士協会, 2020年, 理学療法学Supplement, 47(0) (0), J - 153_2-J-153_2, 日本語

  • 兵庫県における呼吸ケア地域連携実現に向けた取り組み
    沖侑大郎, 玉木彰, 藤本由香里, 藤本由香里, 山口卓巳, 山口卓巳, 長田敏子, 酒井英樹, 近藤敬介, 田村宏, 石川朗
    2020年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌(Web), 29(2) (2)

  • 沖 侑大郎, 玉木 彰, 藤本 由香里, 山口 卓巳, 長田 敏子, 酒井 英樹, 近藤 敬介, 田村 宏, 石川 朗

    本邦の訪問看護サービス利用者は年々増加傾向にある.在宅呼吸ケアの必要性は更に高まると予想され,ネットワークおよびフォローアップ体制の構築・充実化が急務である.そこで,兵庫県で実施している呼吸ケアの地域連携実現に向けた取り組みを紹介する.

    在宅医療従事者の呼吸ケアの知識・技術の向上およびネットワーク構築を目的に,2012年に"神戸在宅呼吸ケア勉強会"を発足した.定期的な勉強会や研修会の開催に加え,パンフレットや地域連携MAPを作成し,情報を発信している.

    さらに,急性期から在宅までのシームレスな呼吸ケアの提供に向けたフォローアップ体制構築および地域ネットワーク充実化を目的に,2017年に"ひょうご呼吸ケアネットワーク"を発足した.フォローアップツールとして呼吸ケア情報提供書を作成し,地域への周知活動を行っている.

    このような地域連携実現に向けた活動が,今後日本の呼吸ケアのエビデンス確立の一助となることを期待する.

    一般社団法人 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2020年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 29(2) (2), 250 - 255, 日本語

  • 誤嚥性肺炎を予防する 予防のための呼吸リハビリテーション
    石川 朗, 沖 侑大郎, 三谷 有司, 山田 洋二
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2019年10月, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 29(Suppl.) (Suppl.), 144s - 144s, 日本語

  • COPD患者における社会機能の違いが長期予後に与える影響
    沖 侑大郎, 玉木 彰, 沖 由香里, 山田 莞爾, 野崎 惇貴, 藤田 万利子, 金子 弘美, 石橋 由里子, 大平 峰子, 石川 朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2019年10月, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 29(Suppl.) (Suppl.), 164s - 164s, 日本語

  • 高齢肺炎患者のサルコペニアとADLとの関連
    山田 莞爾, 沖 侑大郎, 藤本 由香里, 三谷 有司, 山田 洋二, 藤田 万利子, 太田 浩章, 岩田 健太郎, 石川 朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2019年10月, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 29(Suppl.) (Suppl.), 203s - 203s, 日本語

  • 高齢肺炎患者のサルコペニアとADLとの関連
    山田莞爾, 山田莞爾, 沖侑大郎, 藤本由香里, 三谷有司, 山田洋二, 藤田万利子, 太田浩章, 岩田健太郎, 岩田健太郎, 石川朗
    2019年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌(Web), 29(Supplement) (Supplement)

  • 予防のための呼吸リハビリテーション
    石川朗, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 三谷有司, 三谷有司, 山田洋二, 山田洋二
    2019年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌(Web), 29(Supplement) (Supplement)

  • 在宅呼吸リハビリテーション
    玉木彰, 沖侑大郎
    2019年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌(Web), 29(Supplement) (Supplement)

  • COPD患者における社会機能の違いが長期予後に与える影響
    沖侑大郎, 玉木彰, 沖由香里, 山田莞爾, 野崎惇貴, 藤田万利子, 金子弘美, 石橋由里子, 大平峰子, 石川朗
    2019年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌(Web), 29(Supplement) (Supplement)

  • 医療介護関連肺炎における発症要因と時間解析の検討
    三谷有司, 三谷有司, 沖侑大郎, 藤本由香里, 山口卓巳, 山田洋二, 山田莞爾, 岩田優助, 石川朗
    2019年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌(Web), 28(1) (1)

  • 三谷 有司, 沖 侑大郎, 藤本 由香里, 山口 卓巳, 山田 洋二, 山田 莞爾, 岩田 優助, 石川 朗

    【目的】 FIM,MASA,CONUTを用いて肺炎の関連因子について検討し,さらに肺炎発症までの期間に与える影響を考慮することで,院内肺炎発症の予測の妥当性について検証した.

    【対象】医療療養ならびに一般病床に新規入院した130名.

    【方法】入院から1年間の追跡調査の中で肺炎発症群と未発症群とに分類して比較した.さらに発症因子の検討にはロジスティック回帰分析を使用し,調査期間における影響度の検討にはKaplan-Meier分析,Coxハザード回帰分析を行った.

    【結果】130名中52名(40.0%)が肺炎を発症.要因分析の結果,MASAが有意な因子であった.発症時間解析では,MASA<168群では有意に発症率が高かった

    【結論】院内肺炎の要因として嚥下状態が重要な因子であることが示唆された.今後は活動・栄養の観点も加えて,肺炎の予防に繋げられるか検討していくべきであると考える.

    一般社団法人 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2019年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 28(1) (1), 108 - 112, 日本語

  • 玉木 彰, 沖 侑大郎
    一般社団法人 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2019年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 29(0) (0), 109s_1 - 109s_1, 日本語

  • 介護付き有料老人ホームにおけるフレイルの実態調査
    沖侑大郎, 沖侑大郎, 湊一輝, 玉木彰, 玉木彰
    2018年, 日本サルコペニア・フレイル学会誌

  • 有料老人ホーム入居者に対する週1回の運動介入が運動機能およびフレイルに与える影響
    湊一輝, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 玉木彰, 玉木彰
    2018年, 日本サルコペニア・フレイル学会誌

  • 山本 暁生, 中本 裕之, 沖 侑大郎, 藤本 由香里, 別所 侑亮, 石川 朗

    目的:呼吸リハビリテーションのための簡便で非侵襲的に胸郭運動を計測するストレッチセンサ(STR)が開発された.本研究の目的は,STRによる胸郭運動計測の妥当性を検討することである.

    方法:健常成人男性12名が立位姿勢で3つのセンサ〔STR,インダクタンス式呼吸プレチスモグラフィー(RIP),スパイロメーター(FLOW)〕を装着し,4つの呼吸様式(自然呼吸:120秒,深呼吸:60秒,頻呼吸:60秒,無呼吸:60秒)での胸郭運動を計測した.STRはバンドとして胸部と腹部に装着した.各センサの胸郭運動計測について分析した.

    結果:STRの出力はFLOWおよびRIPと有意な相関を示した(r=0.50~1.00, p<0.05).STRから得た呼吸回数はFLOWから得た実測値と差を認めなかった(p>0.05).STR出力は呼吸様式によって有意に変化していた(無呼吸<頻呼吸<自然呼吸<深呼吸,p<0.05).

    結論:STRは健常若年健常者におけるさまざまな呼吸条件において胸郭運動を計測することができる.

    日本リハビリテーション医学会, 2018年, リハビリテーション医学, 55(4) (4), 348 - 357, 日本語

  • 運動負荷試験としての2-minute step testの有用性
    高橋一揮, 高橋一揮, 藤澤宏幸, 沖侑大郎, 藤本由香里, 山田莞爾, 三谷有二, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2018年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 28(Suppl.) (Suppl.), 178s - 178s, 日本語

  • 呼吸器疾患に対する作業療法士の意識調査
    山口卓巳, 山口卓巳, 井上慎一, 酒井英樹, 沖侑大郎, 藤本由香里, 山田莞爾, 三谷有司, 山本暁生, 野崎忠幸, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2018年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 28(Suppl.) (Suppl.), 187s - 187s, 日本語

  • 健常若年成人における低頻度吸気筋力トレーニングに関する検討~吸気筋力と咳嗽力に着目して~
    藤田万利子, 藤本由香里, 山田莞爾, 大橋啓太, 沖侑大郎, 三谷有司, 山田洋二, 山口卓巳, 山本暁生, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2018年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 28(Suppl.) (Suppl.), 188s - 188s, 日本語

  • COPD患者における教育入院後の疲労感改善が長期予後に与える影響
    沖侑大郎, 玉木彰, 藤本由香里, 山田莞爾, 三谷有司, 山口卓巳, 山本暁生, 金子弘美, 太平峰子, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2018年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 28(Suppl.) (Suppl.), 190s - 190s, 日本語

  • 研究助成報告 慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者における教育入院後の疲労感改善が与える効果についての検討
    沖 侑大郎, 玉木 彰, 藤本 由香里, 山田 莞爾, 三谷 有司, 岩田 優助, 山口 卓巳, 山本 暁生, 金子 弘美, 大平 峰子, 石川 朗
    慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者における教育入院後における疲労改善の有無が長期予後に与える影響について検討した。病院で2週間の呼吸リハビリテーション教育入院プログラムを受け、その後5年間の経過を追跡することができたCOPD患者83名(男性79名、女性4名、中央値78歳)を対象とした。測定項目として、在宅酸素療法の使用状況、肺機能検査項目、6分間歩行試験、教育入院前後の健康関連QOL(CRQ)を後方視的に収集した。教育入院前後のCRQ(fatigue)から、疲労感非改善群(40名)と疲労感改善群(43名)に分類された。5年生存率は、疲労感非改善群に比べて疲労感改善群の方が有意差をもって高値であった。教育入院プログラム実施後に疲労感が改善した患者は、年齢、性別、在宅酸素療法の使用、重症度に関わらず5年生存率が高いことが示唆された。
    兵庫県理学療法士会, 2018年, 理学療法兵庫 : 一般社団法人兵庫県理学療法士会学術誌, (24) (24), 39 - 41, 日本語

  • 徒手的咳嗽介助 (特集 排痰ケアの疑問がスッキリ! ナースのための呼吸理学療法まとめノート)
    沖 侑大郎
    メディカ出版, 2017年12月, 呼吸器ケア = Respiratory care : 呼吸器医療チームの専門誌, 15(12) (12), 1169 - 1175, 日本語

  • 石川 朗, 沖 侑大郎, 藤本 由香里

    COPDの急性増悪を想定した症例で,呼吸ケア・リハビリテーションの一連の流れを解説する.症例は,COPDを原疾患とし,慢性的な誤嚥の繰り返しから誤嚥性肺炎重症化のARDSである.ICU滞在中の筋力低下(ICU-AW),無気肺,排痰障害,せん妄,酸素化不良が混在している.ICUにおける呼吸ケア・リハビリテーションは,呼吸器合併症とICU-AWの予防が主となり,Early mobilizationとしてコンディショニング,体位管理,排痰,離床などを実践する.より早期に介入した方が効果は高い.ICUより一般病棟へ転棟後は,コンディショニング,6分間歩行試験などによる運動耐容能評価,ADL評価,筋力および運動耐容能改善を目的とした運動療法,栄養指導,身体活動量向上に向けての指導,在宅に向けたサービス再検討を実施する.特に運動療法は,運動能力の増大,自覚的呼吸困難間の軽減,健康関連QOLの向上,うつ気分や不安の軽減,増悪による入院後の回復促進に関し,エビデンスが確立されている.

    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2017年04月, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌 = The journal of the Japan Society for Respiratory Care and Rehabilitation, 26(3) (3), 438 - 445, 日本語

  • 山本 暁生, 中本 裕之, 別所 侑亮, 太田 雅史, 沖 侑大郎, 藤本 由香里, 渡邊 佑, 岩田 健太郎, 村上 茂史, 山田 莞爾, 寺田 努, 小野 くみ子, 石川 朗
    (一社)日本呼吸器学会, 2017年03月, 日本呼吸器学会誌, 6(増刊) (増刊), 266 - 266, 日本語

  • 回復期リハビリテーション病棟入院中の脳卒中高齢患者における1ヶ月後のFIM運動利得と自宅退院の要因の検討
    渡邊佑, 沖侑大郎, 藤本由香里, 山口卓巳, 三谷有司, 吉井慎二, 川崎博英, 藤尾和樹, 山本暁生, 石川朗
    2017年, 回復期リハビリテーション病棟協会研究大会プログラム・抄録集, 29th (Web)

  • シート状ストレッチセンサを用いた歩行中の非侵襲的な呼吸数計測法の開発
    山本暁生, 中本裕之, 別所侑亮, 太田雅史, 沖侑大郎, 藤本由香里, 渡邊佑, 岩田健太郎, 村上茂史, 山田莞爾, 寺田努, 小野くみ子, 石川朗
    2017年, 日本呼吸器学会誌(Web), 6

  • 慢性閉塞性肺疾患患者における便通状態と身体・精神機能との関連性
    沖侑大郎, 松本真裕美, 藤本由香里, 山口卓巳, 山田莞爾, 渡邊佑, 金子弘美, 大平峰子, 安田尚史, 石川朗
    (一社)日本老年医学会, 2017年, 日本老年医学会雑誌, 54(4) (4), 618 - 618, 日本語

  • 兵庫県における呼吸ケア地域連携実現に向けた取り組み
    沖侑大郎, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 玉木彰, 玉木彰, 長田敏子, 長田敏子, 長田敏子, 山口卓巳, 山口卓巳, 山口卓巳, 山口卓巳, 近藤敬介, 近藤敬介, 近藤敬介, 伊藤夏子, 伊藤夏子, 酒井英樹, 酒井英樹, 田中利明, 田中利明, 森川宏, 森川宏, 石川朗, 石川朗, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2017年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 27(Suppl.) (Suppl.), 142s - 142s, 日本語

  • 6分間歩行試験によるCOPD患者特性スクリーニング指標としての有用性-Desaturation Distance Ratioに着目して-
    沖侑大郎, 藤本由香里, 金子正博, 酒井英樹, 三栖翔吾, 三栖翔吾, 山口卓巳, 山口卓巳, 三谷有司, 岩田優助, 山田莞爾, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2017年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 27(Suppl.) (Suppl.), 162s - 162s, 日本語

  • ウェアラブルストレッチセンサを用いた歩行中の呼吸数計測システムの精度検証
    山本暁生, 中本裕之, 別所侑亮, 沖侑大郎, 藤本由香里, 渡邊佑, 山田莞爾, 寺田努, 小野くみ子, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2017年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 27(Suppl.) (Suppl.), 164s - 164s, 日本語

  • 医療・介護関連肺炎における発症要因と予防の効果について
    三谷有司, 三谷有司, 沖侑大郎, 藤本由香里, 山口卓巳, 山田洋二, 高橋一揮, 岩田優助, 山田莞爾, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2017年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 27(Suppl.) (Suppl.), 176s - 176s, 日本語

  • 医療・介護関連肺炎における30日以内再入院に関連する因子の検討
    山田洋二, 向真史, 藤本由香里, 沖侑大郎, 山田莞爾, 澤田拓也, 山口卓巳, 岩田優助, 三谷有司, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2017年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 27(Suppl.) (Suppl.), 176s - 176s, 日本語

  • 慢性呼吸器疾患患者の入浴動作における呼吸機能評価の検討
    澤田拓也, 沖侑大郎, 山口卓巳, 藤木由香里, 金子弘美, 長田敏子, 山田洋二, 岩田優助, 山田莞爾, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2017年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 27(Suppl.) (Suppl.), 201s - 201s, 日本語

  • 当院リハビリテーション科における吸入指導の傾向
    岩田優助, 岩田優助, 沖侑大郎, 藤本由香里, 遠藤渉, 丹野麻知子, 門間陽一, 大澤悟志, 澤田格, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2017年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 27(Suppl.) (Suppl.), 220s - 220s, 日本語

  • 兵庫県における呼吸ケア地域連携MAPの導入-第2報-
    山田卓巳, 山田卓巳, 山田卓巳, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 藤本由香里, 藤本由香里, 山田莞爾, 山田莞爾, 澤田拓也, 長田敏子, 長田敏子, 近藤敬介, 近藤敬介, 酒井英樹, 石川朗, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2017年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 27(Suppl.) (Suppl.), 284s - 284s, 日本語

  • 渡邊 佑, 沖 侑大郎, 藤本 由香里, 山口 卓巳, 三谷 有司, 山田 莞爾, 吉井 慎二, 井上 英也, 石川 朗

    【はじめに,目的】

    リハビリテーション病院に入院中の脳卒中後の患者の8.2~49%が低栄養であると報告されている。低栄養は急性期病院への再入院や入院期間の延長につながるとの報告もあり,近年リハビリテーション栄養が注目されている。2005年に栄養評価の指標として開発されたGeriatric Nutrition Risk Index(GNRI)は死亡率,合併症発症率などとの関連が報告されている。しかし,回復期リハビリテーション病棟入院中の脳卒中患者における報告は少ない。そこで,本研究は回復期リハビリテーション病棟入院中の脳卒中高齢患者において,入院時GNRIが1ヶ月後のFIM運動利得に及ぼす影響を調査し,GNRIを用いた栄養評価の有用性を明らかにすることを目的とした。

    【方法】

    2013年4月~2015年3月にA病院回復期リハビリテーション病棟へ脳卒中の診断で新規入院した87例を後方視的に検討した。除外基準は①65歳未満,②30日以内に退院,③入院1週間以内に絶食,肺炎発症とした。解析項目は,年齢,性別,既往歴,入院日数,リハビリ実施単位数,入院時のGNRI,FIM,エネルギー摂取量,1ヶ月後のFIM運動利得(1ヶ月後FIM運動項目-入院時FIM運動項目),転帰とした。GNRIは14.89*血清アルブミン値(g/dl)+41.7*Body Mass Index(BMI)/22で求めた。まずGNRI高値(≧92)群とGNRI低値(<92)群の2群に分類し,各解析項目の群間比較を行った。群間比較は変数特性に応じてMann Whitney U検定,Fisherの正確検定を用い解析を行った。その後,目的変数をFIM運動利得高値,説明変数をGNRI,年齢,入院時FIMとした多変量ロジスティック回帰分析にて解析を行った。有意水準は5%未満とした。

    【結果】

    本研究の包含基準を満たした対象者は59例[年齢:80(75-86)歳]でGNRI高値群33例,低値群26例であった。GNRI低値群は高値群に比べ,BMI(18.7 vs 22.8 kg/m2,p<0.01),Alb(3.4 vs 3.8 g/dl,p<0.01),GNRI(86.0 vs 99.9点,p<0.01),入院時FIM(48 vs 74点,p<0.01),1ヶ月後のFIM運動利得(3 vs 5点,p<0.05),在宅復帰率(46.2 vs 78.8%,p<0.05)は有意差をもって低値を示した。一方でエネルギー摂取量は有意差を持って高値を示した(29.5 vs 25.0kcal/kg/day,p<0.05)。その他の項目には有意な差を認めなかった。また,多変量ロジスティック回帰分析の結果,FIM運動利得高値(≧4)の要因はGNRIのみ有意であった(odds ratio:1.08,95%CI:1.01-1.16,p<0.05)。

    【結論】

    本研究の結果よりGNRI低値群は高値群に比べ1ヶ月後のFIM運動利得が低く,年齢と入院時FIMを調整した上でも入院時GNRIが低いと,1ヶ月後のFIM利得は低いことが示された。GNRIによる栄養評価と介入を行うことで短期間のFIM運動利得改善につながる可能性が示唆された。

    公益社団法人 日本理学療法士協会, 2017年, 理学療法学Supplement, 2016(0) (0), 1045 - 1045, 日本語

  • 高橋 一揮, 藤沢 拓也, 佐藤 光, 菊地 優太, 鈴木 沙斗美, 松本 栞, 沖 侑大郎, 石川 朗, 藤澤 宏幸
    日本基礎理学療法学雑誌編集委員会, 2016年08月, 日本基礎理学療法学雑誌, 20(1) (1), 234 - 234, 日本語

  • 当院救急入院患者の退院遅延因子の検討
    小柳圭一, 小柳圭一, 岩田健太郎, 西原浩真, 横井佑樹, 坂本裕規, 影山智広, 門浄彦, 田内都子, 蔵谷鷹大, 沖侑太郎, 藤本由香里, 石川朗, 椿淳裕, 大西秀明
    2016年, 日本理学療法学術大会(Web), 51st

  • 様々な状況における呼吸数計測手法の比較評価
    椿健太郎, 寺田努, 寺田努, 塚本昌彦, 石川朗, 山本暁生, 沖侑大郎, 藤本由香里, 岩田健太郎, 村上茂史, 太田雅史, 別所侑亮
    2016年, 情報処理学会研究報告(Web), 2016(MBL-81) (MBL-81)

  • 訪問看護・リハビリにおける在宅呼吸ケアの現状と課題~神戸在宅呼吸ケア勉強会参加者のアンケート調査から~
    長田敏子, 長田敏子, 藤本由香里, 藤本由香里, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 桑山浩明, 桑山浩明, 石川朗, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2016年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 26(2) (2), 387 - 388, 日本語

  • 在宅COPD患者における便通状態との関連性
    沖侑大郎, 沖侑大郎, 松本真裕美, 藤本由香里, 金子弘美, 山口卓巳, 山口卓巳, 大平峰子, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2016年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 26(2) (2), 388 - 388, 日本語

  • 安定期COPD患者の半年間の呼吸機能と運動耐容能の変化についての検討
    藤本由香里, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 酒井英樹, 山口卓己, 山口卓己, 三栖翔吾, 三栖翔吾, 本田明広, 金子正博, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2016年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 26(2) (2), 390 - 390, 日本語

  • 在宅呼吸リハビリテーションの現状と課題
    石川朗, 石川朗, 石川朗, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 藤本由香里, 藤本由香里, 大平峰子, 大平峰子, 鏑木武, 鏑木武, 金子弘美, 金子弘美, 長田敏子, 長田敏子, 後藤論行
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2016年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 26(Suppl.) (Suppl.), 109s - 109s, 日本語

  • 訪問看護を導入したCOPD患者の栄養状態と経時的変化
    山田莞爾, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 藤本由香里, 山口卓巳, 山口卓巳, 金子弘美, 金子弘美, 大平峰子, 大平峰子, 石川朗, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2016年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 26(Suppl.) (Suppl.), 163s - 163s, 日本語

  • COPD患者における肺動脈径/大動脈径比と労作時低酸素血症の関連
    沖侑大郎, 沖侑大郎, 金子正博, 藤本由香里, 酒井英樹, 山口卓巳, 山口卓巳, 三栖翔吾, 三栖翔吾, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2016年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 26(Suppl.) (Suppl.), 165s - 165s, 日本語

  • 訪問看護導入後のCOPD患者におけるADL能力の経年的変化
    山口卓巳, 山口卓巳, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 藤本由香里, 山田莞爾, 酒井英樹, 金子弘美, 金子弘美, 大平峰子, 大平峰子, 石川朗, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2016年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 26(Suppl.) (Suppl.), 170s - 170s, 日本語

  • 兵庫県における呼吸ケア地域連携MAPの導入
    近藤敬介, 近藤敬介, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 藤本由香里, 藤本由香里, 石川朗, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2016年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 26(Suppl.) (Suppl.), 172s - 172s, 日本語

  • COPD患者に対する教育入院から訪問看護導入後の5年生存率について-教育入院時の初期評価に着目した検討-
    沖侑大郎, 沖侑大郎, 藤本由香里, 山口卓巳, 山口卓巳, 山田莞爾, 金子弘美, 金子弘美, 大平峰子, 大平峰子, 石川朗, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2016年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 26(Suppl.) (Suppl.), 172s - 172s, 日本語

  • 定期呼吸ケア勉強会による効果検証~アンケート調査の結果から~
    藤本由香里, 藤本由香里, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 石川朗, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2016年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 26(Suppl.) (Suppl.), 173s - 173s, 日本語

  • COPD患者における労作時酸素飽和度低下が臨床指標の変化に及ぼす影響-1年間の縦断研究-
    三栖翔吾, 三栖翔吾, 酒井英樹, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 本田明広, 金子正博, 石川朗, 小野玲
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2016年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 26(Suppl.) (Suppl.), 181s - 181s, 日本語

  • COPD患者における訪問看護導入後5年間の経過
    藤本由香里, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 山口卓巳, 山口卓巳, 山田莞爾, 金子弘美, 金子弘美, 大平峰子, 大平峰子, 石川朗, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2016年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 26(Suppl.) (Suppl.), 193s - 193s, 日本語

  • 在宅COPD患者における気流閉塞とADLとの関連性
    山口卓巳, 山口卓巳, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 金子弘美, 大平峰子, 石川朗
    (一社)日本作業療法士協会, 2016年, 日本作業療法学会抄録集(CD-ROM), 50th, OC - 1, 日本語

  • シート状ストレッチセンサを用いた胸腹部の呼吸数・呼吸運動の定量評価法の開発
    山本暁生, 沖侑大郎, 藤本ゆかり, 渡邊佑, 中本裕之, 太田雅史, 玉木彰
    (公社)日本リハビリテーション医学会, 2016年, Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 53(Supplement) (Supplement), I374 - I374, 日本語

  • 髙橋 一揮, 藤沢 拓也, 佐藤 光, 菊地 優太, 鈴木 沙斗美, 松本 栞, 沖 侑大郎, 石川 朗, 藤澤 宏幸
    【はじめに,目的】足踏み運動は,麻痺の改善や歩行能力改善など運動の中に多く取り入れられている。しかし,その運動強度に関して詳細な検討はなされていない。そのため,本研究では1分間当たりの足踏み回数(以下,ステップピッチ)と上肢支持の有無を変数として運動強度を中心に呼吸循環応答を検討することとした。【方法】対象者は健常若年成人女性13名であった。測定は運動負荷試験と足踏み運動とし,それぞれ別日に実施した。運動負荷試験は自転車エルゴメータを用いたramp負荷試験(10W/min)とした。一方,足踏み運動は股関節屈曲角度を45度と設定して算出した高さに紐を張り,対象者には紐に軽く触れるまで脚を上げるよう指示し,鏡を使用してフィードバックを促した。足踏み試験の設定条件はステップピッチ60・90・120(以下,P60・P90・p120)の3条件と上肢支持(手すり)の有無の2条件の計6条件としてランダムにて実施した。なお,ステップピッチはメトロノームを用いてコントロールし,上肢支持の手すりは大転子の高さとした。測定プロトコールは各条件の足踏み運動を3分間,休憩3分間を繰り返した。データは酸素摂取量を中心に呼吸循環パラメータを呼気ガス分析装置にて測定し,各条件終了直前の30秒間を平均化して代表値とした。統計処理は,R(3.2.1)を使用し,呼吸循環パラメータに関して上肢支持の有無による2要因について2元配置分散分析を,host-poc testとしてHolm法を用い,有意水準は5%未満とした。【結果】運動負荷試験の結果,平均最高酸素摂取量は23.3±3.4mi/kg/min,平均ATは12.2±2.1ml/kg/minであり,比較的低体力層であった。足踏み運動の結果では,酸素摂取量にてステップピッチと上肢支持の有無には有意な主効果が認められたが,交互作用は認められなかった。多重比較では,P60・P90・P120間にいずれも有意差が認められ,P60では上肢支持無が有に対して有意に高値を示した。他の呼吸循環パラメータも類似傾向を示した。また,各条件におけるMETsと%ATでは上肢支持の有無による違いは小さく,P60(約2.5METs/約75%),P90(約3.0METs/約85%),P120(約3.5METs/約100%)であった。また,歩行率から算出した健常者の相対的平均歩行速度でのMETsと比較したところ,いずれのステップピッチにおいても足踏み試験が低値であった。【結論】本研究は対象が若年成人女性であったが,体力は60歳男性に相当していた。この対象者において,ステップピッチが増加することにより有意に呼吸循環応答が増大したが歩行に比して低負荷であったこと,ならびに,おおよそATレベルまで運動として容易に実施できる可能性を示した。よって,ステップピッチを変数とすることで合目的であり運動耐容能改善の方法となりうることを示唆した。
    公益社団法人 日本理学療法士協会, 2016年, 理学療法学Supplement, 2015(0) (0), 578 - 578, 日本語

  • 三栖 翔吾, 酒井 英樹, 沖 侑大郎, 藤本 由香里, 本田 明広, 金子 正博, 石川 朗, 小野 玲
    【はじめに,目的】労作時の酸素飽和度低下(Exercise Induced Desaturation;EID)は,COPD患者の多くが有する症状であり,肺高血圧症や肺性心,死亡率と関連するとされていることから,リハビリテーションを実施する上で注目すべき症状である。しかし,一部のCOPD患者ではEIDを呈しても息切れを感じずに動作を続けてしまい,症状を悪化させている。症状悪化を予防するためには,そのような患者の有症率と特徴を明らかにする必要があるが,息切れを伴わないEIDについて調査された報告はほとんどない。本研究の目的は,COPD患者において息切れを伴わないEIDの有症率と,そのような患者の特徴を明らかにすることである。【方法】対象は,当院で外来診療を受けており病状が安定したCOPD患者77名の内,労作時に酸素療法が施行されていた者を除く66名(平均年齢71.6±7.9歳,男性53名)とした。対象者は,6分間歩行試験を実施し,試験中の経皮的酸素飽和度(SpO2)および脈拍数が連続的に測定された。また,息切れの程度は,修正Borgスケール(mBorg)を用いて試験中1分ごとに聴取した。EIDの定義は,試験中の最低SpO2が90%未満,もしくは安静時SpO2と試験中SpO2との差(ΔSpO2)が4%以上となる場合とした(Kim C, et al., 2013)。EIDを呈した対象者の内,その際にmBorgが上昇していなかった者を息切れなしEID群,上昇していた者を息切れありEID群と分類した。その他,肺機能検査(%FVC,%FEV1.0,%DLCO/VA),血液検査(ヘモグロビン濃度,アルブミン濃度,BNP)が行われた。統計解析は,息切れなしEID群の特徴を明らかにするために,身体計測学的特徴および測定項目について,各測定値の特性に応じてそれぞれχ二乗検定,Wilcoxon順位和検定を用いて,息切れありEID群との比較を行った。なお,統計学的有意水準は5%未満とした。【結果】対象者の中でEIDを呈した者が36名(54.5%)おり,その内,息切れなしEID群が15名(対象者全体の22.7%),息切れありEID群が21名(31.8%)であった。年齢,性別,BMI,安静時SpO2,試験中最低SpO2,ΔSpO2,試験中最高脈拍数,6分間歩行距離,喫煙歴,%FVC,%FEV1,血液検査結果については,いずれも息切れありEID群と息切れなしEID群との間に有意な差はみられなかった。一方で%DLCO/VAは,息切れありEID群(中央値:46.8%,最大‒最小:15.6‒57.5)が,息切れなしEID群(32.9%,5.2‒55.6)と比較して有意に高値を示した(p=0.03)。【結論】本研究の息切れなしEIDの有症率は,対象者全体の21.7%であり,EIDを呈する者の41.7%と高かった。また,息切れなしEID群の特徴として,息切れありEID群より%DLCO/VAが大きい,つまり肺拡散能が高いことが明らかになったが,他の肺機能,身体的特徴の違いは見られなかった。肺機能以外の特徴についても今後は調査していく必要があると考える。
    公益社団法人 日本理学療法士協会, 2016年, 理学療法学Supplement, 2015(0) (0), 740 - 740, 日本語

  • 山田 莞爾, 村上 茂史, 藤本 由香里, 高橋 一揮, 金子 弘美, 大平 峰子, 石川 朗, 山口 卓巳, 沖 侑大郎, 足立 絵美, 渡邊 佑, 岩田 健太郎, 山田 洋二, 三谷 有司, 道上 可奈
    【はじめに,目的】慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease:COPD)患者の身体活動量(physical activity:PA)は予後と関連があり,COPD死亡率の最大危険因子であることが明らかとなった。しかし,COPD患者の多くは座ったまま日常生活を過ごしていると報告されており,COPD患者のPA阻害因子の究明が急務である。COPD患者のPAには様々な要素が関連するとされており,呼吸機能や下肢筋力などの機能的要素のみならず,抑うつや自己効力感(self efficacy:SE)などの心理的要素とも相関があるとされている。しかし,本邦においてはCOPD患者のPAとSEの関係についての研究は少なく,またPAのSEスコアcut off値を求めた研究はまだない。そこで,本研究の目的は本邦におけるCOPD患者のPAとSEの関係について検討すること,及びPAのSEスコアcut off値を検討することとした。【方法】対象はCOPDの診断を受け,外来フォロー中の安定期在宅酸素療法(Long term oxygen therapy:LTOT)未使用男性10名とし,認知機能低下者,PAに影響を及ぼす疾患及び症状を有する者を除外した。調査項目として対象者属性(年齢,身長,体重),呼吸機能検査,COPD assessment test(CAT),the Modified British Medical research Council(mMRC),the Nagasaki University Respiratory ADL questionnaire(NRADL),日中PA,日中歩数,International Physical Activity Questionnaire(IPAQ),Life Space Assessment(LSA),更に,SEのスコアとして"Marcus運動実施に対する自己効力感"を使用した。日中PA及び日中歩数の測定は日本人COPD患者に対する妥当性が検証されている腰部装着型のActimaker(Panasonic,大阪)を使用し,包含基準として,1日の平均気温が2.5~27.0℃であり,雨の降らなかった日のデータが最低3日以上測定できた者とした。また,除外基準として,呼吸機能検査においてCOPDの診断基準を満たさなかった者,IPAQの1日PAが16時間を超える者を除外した。各指標と日中PA及びSEとの相関をSpearmanの順位相関係数を用いて検討した。また,日中PAを中央値にて2群に分け,相関のあった項目に関して,ROC曲線を用いてPAのcut off値を算出した。統計解析にはEZRを用いて行い,有意水準は5%未満とした。【結果】対象の内7名が各指標の包含基準を満たし,年齢は73.5±5.0,%FEV1は69.0±14.9,CATは8.3±3.9,NRADLは94.4±4.3であり,GOLD分類はI/II/III/IV:3/3/1/0例であった。日中PAがSE(r=0.764)と強い相関を認め,その他の項目に関しては有意な相関は認めなかった。PAのSE cut off値は18.0(AUC:0.875,感度:0.75,特異度:1.0,陽性的中率:1.0,陰性的中率:0.75)となった。【結論】本研究では,COPD患者のPAとSEに強い相関を認め,本邦においてもCOPD患者のPAの関連因子として心理的要素を評価することの有用性が示唆された。更に,PA評価は患者の時間と労力を要するが,本研究で用いたSE評価は比較的簡便であり,理学療法臨床場面における有用性も期待される。
    公益社団法人 日本理学療法士協会, 2016年, 理学療法学Supplement, 2015(0) (0), 745 - 745, 日本語

  • 沖 侑大郎, 岩田 健太郎, 高橋 一揮, 村上 茂史, 渡邊 佑, 本田 明広, 石川 朗, 藤本 由香里, 金子 正博, 酒井 英樹, 三栖 翔吾, 永谷 智里, 角岡 隆志, 三谷 祥子, 三谷 有司
    【はじめに,目的】慢性閉塞性肺疾患(Chronic Obstructive Pulmonary Disease:COPD)は,身体機能やQOL低下に影響を与えるとされ,本邦でも増加傾向にある。COPDの増悪は,肺機能およびQOL低下を加速させると報告されている。CTによって検出される肺動脈径(pulmonary artery:PA)の大動脈(ascending aorta:A)に対する比(PA/A ratio)が,COPD増悪に関連することが明らかにされている。また,COPD増悪の一因として,労作時低酸素(Excised induced desaturation:EID)が挙げられ,EIDは6分間歩行試験(six-minutes walking test:6MWT)により簡便に検出することが可能であり,様々な予測因子が報告されている。しかし,EIDとPA/A ratioとの関連についての報告は見受けられない。本研究では,"EIDとPA/A ratioが関連する"という仮説を立てることで,PA/A ratioがEIDに与える影響を明らかにし,6MWTによるPA/A ratioの予測因子について検討することを目的とした。【方法】外来通院されるCOPD患者70名を対象とし,後方視的に検討した。本研究の適合基準として,①在宅酸素療法を使用していない,②6MWT,肺機能検査,CT検査を受けた患者を設定した。除外基準は,①外来受診3ヶ月以内に増悪入院歴がある,②貧血を有する,③肺性心を有する場合を設定した。解析項目は,対象者特性,肺機能,6MWT結果,CT所見からPA/A ratioおよび気腫化の程度(LAA%)を後方視的に情報収集した。また,臨床定義は,SpO2≦88%をEIDあり,PA/A ratio>1を肺動脈拡張ありと定義した。統計解析は,①肺動脈拡張の有無で2群に分類し,変数特性に応じχ2検定およびMann-Whitney U検定,②PA/A ratioとの相関関係についてPearsonの積率相関係数,③PA/A ratio>1に対するROC曲線を算出した。統計解析ソフトには,EZR(for Mac)を使用し,有意水準5%未満とした。【結果】本研究の包含基準を満たした対象者は,56名(男性:40名,女性:16名,年齢:71.5±8.9歳)で,PA/A ratio>1(23名:41.1%),PA/A ratio≦1(33名:58.9%)であった。2群間では,肺拡散能(%DLCO),LAA%,6分間歩行距離(6MWD),安静時SpO2(Baseline SpO2),6MWT中のSpO2最低値(Lowest SpO2),PAで有意差を認めた(p<0.01)。PA/A ratioとの相関関係は,Lowest SpO2(r=-0.70),%DLCO(r=-0.64),6MWD(r=-0.45),Baseline SpO2(r=-0.40),LAA%(r=0.33)で有意差を認めた(p<0.01)。PA/A ratio>1に対するROC曲線は,Lowest SpO2(cut off値:89.0,AUC:0.94,感度:95.7%,特異度:84.4%,陽性的中率:78.3%,陰性的中率:93.8%,陽性尤度比:6.30,陰性尤度比:0.12)で最も精度が高かった。【結論】本研究の結果より,6MWT中におけるEIDとPA/A ratioが関連することが明らかになった。理学療法場面で6MWTを実施し,肺動脈拡張の有無をスクリーニングすることで,COPD患者の増悪を早期発見および予防に寄与できる可能性が示唆された。
    公益社団法人 日本理学療法士協会, 2016年, 理学療法学Supplement, 2015(0) (0), 754 - 754, 日本語

  • 藤本 由香里, 山口 卓巳, 岩田 健太郎, 渡邊 佑, 村上 茂史, 本田 明広, 石川 朗, 沖 侑大郎, 金子 正博, 酒井 英樹, 三栖 翔吾, 永谷 智里, 角岡 隆志, 三谷 祥子, 三谷 有司
    【はじめに,目的】COPD患者において運動耐容能の評価は重要である。運動耐容能の評価方法として,6分間歩行試験(6 minutes walking test;6MWT)が世界的に用いられている。6MWTで得られる結果の一つである6分間歩行距離(6MWD)が,COPD患者の予後と関連することが報告されている。近年,6MWDに歩行中のSpO2を複合して評価する新しい運動耐容能指標としてDesaturation distance ratio(DDR)およびDistance-saturation product(DSP)が報告され,COPD患者にも有用性が示されつつある。DDRは歩行中のΔSpO2(100-歩行中SpO2)の総和を6MWDで除して算出,DSPは6MWDと歩行中終了時SpO2の積を100で除して算出される指標である。本研究では,COPD患者におけるDDRおよびDSPとCOPD増悪の関連を検討した。【方法】外来通院している安定期COPD患者59名を対象とし,後方視的に検討した。本研究の適合基準として,外来受診時に6MWT,肺機能検査,CT検査を受けた患者を設定した。除外基準は,①外来受診前3ヶ月以内に増悪入院歴がある,②在宅酸素療法を使用している,③COPD assessment test(CAT)を測定できていない場合とした。測定項目は,対象者特性,外来受診前3ヶ月から1年以内の増悪歴の有無,CAT,肺機能,6MWT結果から得られる安静時SpO2,SpO2最低値,6MWD,DDR,DSP,CT所見から気腫化の程度(LAA%)を後方視的に情報収集した。統計解析は,①増悪歴の有無で2群に分類し,変数特性に応じχ2検定およびt検定の実施,②増悪予測に対するROC曲線の算出を実施した。統計解析ソフトには,EZR(for Mac)を使用し,有意水準5%未満とした。結果は,(増悪あり群vs増悪なし群;p値)で示した。【結果】本研究の包含基準を満たした対象者は,40名(男性:30名,女性:10名,年齢:72.0±9.1歳)で,増悪あり群(5名:12.5%),増悪なし群(35名:87.5%)であった。2群間では,%努力肺活量(%FVC:60.5% vs 84.7%;p<0.01),%1秒量(%FEV1:38.5% vs 66.0%;p=0.01),%最大呼気流量(%PEF:32.1% vs 56.0%;p<0.01),DDR(4.7 vs 3.0;p<0.01),DSP(227.1 vs 391.7;p=0.01)で有意差を認めた。増悪予測に対するROC曲線のAUC(DDR vs DSP vs SpO2最低値vs 6WMD vs CAT:0.87 vs 0.78 vs 0.75 vs 0.75 vs 0.63)であった。【結論】本研究の結果より,6MWT中により得られるDDRがCOPD増悪歴と関連することが明らかになった。また,他の6MWT関連指標と比較して,ROC曲線による増悪歴予測因子として,DDRが最も予測精度が高い結果となった。このことから,理学療法場面で6MWTを実施し,経時的なSpO2を評価していくことで,より詳細に増悪リスクを予測できる可能性が示唆された。
    公益社団法人 日本理学療法士協会, 2016年, 理学療法学Supplement, 2015(0) (0), 822 - 822, 日本語

  • 足立 絵美, 道上 可奈, 村上 茂史, 高橋 一揮, 高田 哲, 石川 朗, 藤本 由香里, 沖 侑大郎, 山田 莞爾, 渡邊 佑, 岩田 健太郎, 山田 洋二, 山口 卓巳, 三谷 有司
    【はじめに,目的】小児気管支喘息は発作性に起こる気道狭窄によって喘鳴や咳嗽,呼吸困難を繰り返す疾患であり,学童期での有症率は10%前後と推定されている。学童期の喘息は,症状の出現により学校生活で様々な制約を受け,患児のQOLに大きな影響を及ぼすため,症状のコントロールが重要である。本研究は,喘息患児の症状によって受けるこどもの制約と,症状のコントロールについての保護者の意識を調査することを目的とした。【方法】小児気管支喘息と診断され定期受診しているこどもとその保護者を対象に,自己記入式アンケート調査を実施した。こどもの対象年齢は学童期の6~15歳とし,保護者は服薬管理を主に行っている者とした。アンケートは,小児喘息の一般的なコントロールテストであるJPAC(Japanese Pediatric Control Program)を参考に,患児用と保護者用の2種類を作成した。患児と保護者が定期受診した際にアンケート調査を依頼し,対象者は無記名でアンケート内容に回答し,自由意思で返信した。アンケートの回答内容から,JPACのスコアを算出し,JPACが15点を完全コントロール群(以下,完全群),12~14点を良好コントロール群(以下,良好群),11点以下を不良コントロール群(以下,不良群)として分類した。統計解析は単純集計およびFisherの正確検定を行い,有意水準は5%未満とした。結果は完全群(%)vs良好群(%)vs不良群(%)で記載した。【結果】包含基準を満たした対象は24組であった。こどもの平均年齢は9.0±1.7歳(男児17人,女児7人),JPACによる分類は,完全群7人,良好群9人,不良群8人であった。こども用アンケートより,運動の前に喘息がでるかもしれないと思うかについては,「まったく思わない:100% vs 78% vs 38%」,「ほとんど思わない:0% vs 11% vs 25%」,「いつも思う:0% vs 11% vs 0%」,「ときどき思う:0% vs 0% vs 37%」であった(p=0.03)。保護者用アンケートより,この1ヶ月間でこどもの喘息がどの程度コントロールできたかについては,「完全にできた:71% vs 45% vs 0%」,「十分できた:29% vs 33% vs 13%」,「まあまあできた:0% vs 22% vs 75%」,「あまりできなかった:0% vs 0% vs 12%」であった(p<0.01)。こどもの喘息が心配かどうかについては,完全群が「まったく心配ではない:14% vs 11% vs 0%」,「あまり心配していない:57% vs 11% vs 13%」,「少し心配:29% vs 67% vs 75%」,「とても心配:0% vs 11% vs 12%」であった(p=0.25)。【結論】不良群では,こどもが「運動前に喘息がでるかもしれない」と思う頻度が高い傾向にあり,保護者が「症状をコントロールできなかった」と感じる場合が多かった。統計学的有意差はなかったが,不良群の方がより保護者が喘息を心配している傾向にあった。本研究から,症状のコントロール不良が,こどもの運動制限につながる可能性が示唆された。今後,症状の安定化に関連する服薬アドヒアランスや運動誘発性喘息についても検討が必要である。
    公益社団法人 日本理学療法士協会, 2016年, 理学療法学Supplement, 2015(0) (0), 880 - 880, 日本語

  • 人工呼吸療法 在宅における呼吸ケアの現状 : 兵庫県における在宅呼吸ケアネットワークの構築
    沖 侑大郎, 大岡 孝史, 伊藤 夏子
    神戸在宅呼吸ケア勉強会参加者59名を対象として、在宅呼吸ケアネットワークの構築に向け、在宅に関わるスタッフにおける呼吸ケアの現状について調査した。各質問項目の評価尺度として、Numerical Rating Scale(NRS)を使用し、非常に当てはまる、から、全くあてはまらない、の11段階で評価してもらった。日常業務における呼吸ケアの実施状況はNRSが6以上が81.3%であり、日常業務において呼吸ケアを実施していると考えられる結果であった。回答者所属施設における呼吸ケアの実施状況はNRSが5以下が77.9%であり、施設における呼吸ケアがあまり実施されていない状況であることが分かった。呼吸ケアを必要とする患者を担当したいかでは半数以上が担当したいと回答した。過去に在宅での呼吸ケアにおいて難渋した経験ではNRSが6以上が94.9%であり、在宅医療において呼吸ケアの必要性を強く感じているにも関わらず多くのスタッフが呼吸ケアで困ったことがある現状が明らかになった。
    日本プランニングセンター, 2015年04月, 難病と在宅ケア, 21(1) (1), 45 - 48, 日本語

  • 内科呼吸器疾患に対するリハビリテーションのエビデンスと実際 COPD患者に対する運動療法の実際
    石川朗, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 藤本由香里, 藤本由香里
    医歯薬出版(株), 2015年, Journal of Clinical Rehabilitation, 24(5) (5), 440 - 449, 日本語

  • 医療・介護関連肺炎(NHCAP)におけるGNRIと離床時間から見た予防的観点
    三谷有司, 沖侑大郎, 松村拓郎, 藤本由香里, 石川朗
    (一社)日本老年医学会, 2015年, 日本老年医学会雑誌, 52(Suppl.) (Suppl.), 94 - 94, 日本語

  • COPD患者と在宅医療従事者における呼吸ケアの現状
    沖侑大郎, 沖侑大郎, 藤本由香里, 藤本由香里, 藤本由香里, 山口卓巳, 山口卓巳, 山口卓巳, 長田敏子, 長田敏子, 桑山浩明, 桑山浩明, 大岡孝史, 大岡孝史, 伊藤夏子, 伊藤夏子, 石川朗, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2015年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 25(Suppl.) (Suppl.), 138s - 138s, 日本語

  • 離床時間から見た医療・介護関連肺炎(NHCAP)と栄養との関連性について
    三谷有司, 沖侑大郎, 藤本由香里, 松村拓郎, 山口卓巳, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2015年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 25(Suppl.) (Suppl.), 158s - 158s, 日本語

  • 慢性閉塞性肺疾患患者におけるthe desaturation distance ratioと肺機能の関連についての検討
    藤本由香里, 藤本由香里, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 酒井英樹, 三栖翔吾, 三栖翔吾, 山口卓巳, 山口卓巳, 金子正博, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2015年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 25(Suppl.) (Suppl.), 160s - 160s, 日本語

  • 労作時低酸素に影響を与える因子とcut off値の検討
    沖侑大郎, 沖侑大郎, 藤本由香里, 藤本由香里, 酒井英樹, 三栖翔吾, 三栖翔吾, 山口卓巳, 山口卓巳, 金子正博, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2015年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 25(Suppl.) (Suppl.), 160s - 160s, 日本語

  • COPD患者における国際的標準化されたADL指標であるAMPSの有用性
    山口卓巳, 山口卓巳, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 松村拓郎, 藤本由香里, 藤本由香里, 金子弘美, 大平峰子, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2015年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 25(Suppl.) (Suppl.), 160s - 160s, 日本語

  • 栄養状態がCOPD患者に対する訪問看護導入効果に与える長期的影響
    松村拓郎, 松村拓郎, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 藤本由香里, 藤本由香里, 山口卓巳, 山口卓巳, 金子弘美, 大平峰子, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2015年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 25(Suppl.) (Suppl.), 181s - 181s, 日本語

  • 在宅現場における医療・介護関連肺炎(NHCAP)発症に関する現状
    大平峰子, 金子弘美, 松村拓郎, 沖侑大郎, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2015年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 25(Suppl.) (Suppl.), 197s - 197s, 日本語

  • 石川 朗, 沖 侑大郎, 藤本由香里
    COPDの予後予測因子に関し,身体活動量が最も影響を与えることが報告されており,身体活動量の改善に対しては,非薬物療法として呼吸リハビリテーションの中で運動療法が中心となる.
    COPDに対する運動療法の目的は,骨格筋機能異常による呼吸困難感の増大,活動性の低下,QOL低下,さらにディコンディショニングの増強という悪循環を断ち切ることである.運動療法の効果は,特に中等症で最も有効とされているが,GOLDにおいてすべてのCOPDに対し身体活動を向上させることと,呼吸リハビリテーションの介入を推奨している.
    運動療法の実践では,運動中の低酸素の評価が重要であり,6分間歩行試験による労作中の評価が不可欠である.また,行動変容支援のためにアクションプランの作成,実践,そして再評価が重要となる.さらに,セルフマネジメント能力を改善させるためには,楽しく継続できる運動療法の指導も重要となる.
    一般社団法人 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2015年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 25(3) (3), 350 - 355, 日本語

  • 藤本 由香里, 沖 侑大郎, 山口 卓巳, 澤田 拓也, 高田 壮一郎, 松村 拓郎, 三谷 有司, 高橋 一揮, 石川 朗
    【はじめに,目的】現在,慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者は増加傾向にあり,今後,包括的呼吸ケアの重要性がさらに高まることが予測される。しかし,我々が過去に調査した在宅医療スタッフに対するアンケートでは,知識・技術がなく在宅での呼吸ケアに難渋しているという回答を多数得た。また,日本呼吸器学会がCOPD患者を対象に行ったアンケート調査では,在宅療養・指導に対する要望において,セルフマネジメントに必要と考えられる様々な情報が不足しているという結果も報告されている。そこで本研究では,現在の在宅呼吸ケアの問題点を明らかにすることを目的に,(1)COPD患者を担当している在宅医療従事者,(2)訪問看護もしくは訪問リハビリテーションを受けているCOPD患者を対象にそれぞれアンケート調査を行った。【方法】兵庫県訪問看護ステーション連絡協議会に登録されている兵庫県内の訪問看護ステーション414施設に,医療従事者向けアンケートおよび在宅COPD患者向けアンケートを送付した。在宅COPD患者に対しては,担当の医療従事者に配布を依頼し,期日までにアンケートの返送があった者を対象とした。【結果】414施設のうち105施設,医療従事者430名,COPD患者143名からアンケートの返信を得た。430名の医療従事者の職種の内訳は,看護師(以下Ns)321名,理学療法士(以下PT)77名,その他32名で,そのうちCOPD患者を担当している割合は,Ns51.4%,PT49.4%であった。COPD患者に指導している内容は,Nsでは呼吸法(85.5%),服薬・吸入(73.9%),感染予防(66.7%)の回答率が高かったが,PTでは呼吸法(92.1%),運動療法(92.1%)以外の項目の回答率は30%以下であった。COPD患者の指導に困っていることについては,Nsではセルフマネジメント(56.4%),評価診断(52.7%),PTではセルフマネジメント(55.3%),リスク管理(47.4%)が高値であった。また,143名のCOPD患者の平均年齢は77.2歳,男性112名,女性31名であり,121名(84.6%)が在宅酸素もしくは人工呼吸器を使用していた。日常生活で難しいと感じる動作については,坂道歩行(72.7%),階段(72.0%),入浴(66.4%),平地歩行(55.2%)の回答率が高かった。難しいと感じる理由については,息切れ(59.2%)と疲労(47.1%)が多かった。通院以外の外出は47.6%が「なし」と回答し,その理由として息切れへの不安(57.4%)が最も多かった。日常生活でもっと教えてほしいことについては,息切れを軽くする日常生活の工夫について(47.5%)や急な息切れの対応について(39.8%)と,息切れに関する項目が高値を示した。【考察】本研究の結果より,①COPD患者の在宅呼吸ケアを行っているPTの業務内容が呼吸法と運動療法に偏っていること,②COPD患者の日常生活の制限因子として息切れが大きな要因である可能性があることがわかった。COPD患者に実施しているケアの内容として,呼吸法および運動療法についてPTの回答率は90%以上であったが,Nsの回答率が40%以上であった感染予防,服薬吸入,機械類の指導についてはPTの回答率は15%未満と低値であった。呼吸法についてはNs・PTともに高い回答率であったが,COPD患者の日常生活動作を難しいと感じる理由の多くが息切れであり,呼吸法のみでは息切れを防ぐことが困難である可能性が示唆された。また,COPD患者の指導で困っていることについてNs,PTともにセルフマネジメントの項目で回答率が高く,セルフマネジメントの不足がCOPD患者の日常生活の阻害因子の一つであることが考えられる。COPD患者が在宅生活でもっと教えてほしいと思う項目は息切れの改善に関するものが多くを占めたことから,機能面中心のアプローチだけでなく,効率の良いADL動作指導に関与し活動量の向上につなげていく必要がある。さらに,困っていることについては,特にリスク管理およびもしものための対処法についてPTの回答率が高かった。すぐに診察や治療を行うことができない在宅場面において,職種を問わずその場に居合わせた医療スタッフが適切な対応を迅速に行わなければならない。在宅酸素療法を導入した理由の半数以上を急性増悪が占めているとの報告もあり,在宅酸素が日常生活を阻害する要因であることからも,在宅であっても異常の早期発見・介入できるシステムの確立が急務であり,PTもさらにリスク管理や対処法についても知識を備える必要がある。【理学療法学研究としての意義】在宅呼吸ケアの現状を提示することで,地域包括ケアシステムにおける在宅呼吸器疾患患者に対する訪問リハビリテーションのさらなる進展が期待できる。
    公益社団法人 日本理学療法士協会, 2015年, 理学療法学Supplement, 2014(0) (0), 159 - 159, 日本語

  • 三谷 有司, 沖 侑大郎, 松村 拓郎, 藤本 由香里, 山口 卓巳, 石川 朗
    【目的】平成23年度の人口動態統計の死因別死亡数において「肺炎」が脳血管疾患を抜き,第3位となった。一方で2011年に日本呼吸器学会より医療・介護関連肺炎(以下,NHCAP)診療ガイドラインが提唱された。しかし,ガイドラインの内容ではリハビリテーションや呼吸ケア,栄養面からの肺炎予防や介入に関する内容は十分ではない。また,活動と栄養の視点から肺炎発症要因を示すデータが国内では少なく,それに伴う理学療法介入の在り方を検証しているものも少ない。今回,NHCAPの対象である長期療養病床での肺炎罹患群と未罹患群との特徴ならびに活動や栄養面から理学療法の介入について検討した。【方法】対象は2012年4月~2013年9月の間に新規入院した患者233例(81.6±10.1歳)。調査項目は診療録より収集し,原疾患,年齢,性別,肺炎の有無。栄養指標として血清アルブミン値(以下,Alb),Body mass index(以下,BMI),Geriatric nutritional risk index(GNRI),栄養摂取方法(経口・経管)を調査し,活動指標としてFunctional independence measure(FIM),離床時間(一日平均)を「まったく離床していない」「3時間未満」「3~6時間未満」「6~10時間未満」「10時間以上」に分類して調査した。各項目でShapiro-Wilk検定により正規性を確認した上で,2群間の各項目でX(2)検定,Unpaired t-test,Mann-WhitneyのU検定を行い,さらにロジスティック回帰分析にて肺炎発症要因を検討した。合わせて肺炎群で活動指標を従属変数として栄養指標との影響について単回帰分析ならびに重回帰分析を行った。また,抽出された項目をROC曲線にてカットオフ値を算出した(有意水準は5%未満)。【結果】肺炎罹患者は233例中88例(37.8%)であった。原疾患別では脳梗塞が最多であった。FIM総点では(罹患群vs未罹患群)31.8±19.3点vs48.1±26.8点(P<0.0001),運動項目では19.8±13.6点vs30.4±20.0点(P<0.0001),認知項目では12.0±8.0点vs 17.7±9.2点であった(P<0.0001)。さらに罹患群・未罹患群において1日平均離床時間を「6時間未満」と「6時間以上」とに分類し比較検討した結果,罹患群において「6時間未満」が有意に多かった(P<0.0001)。AlbとBMIを組み入れて算出するGNRIでは(罹患群vs未罹患群)81.3±11.1vs86.2±9.5であった(P<0.0001)。栄養摂取方法では罹患群において経管栄養,未罹患群では経口摂取が有意に多い結果であった(罹患群P=0.019 未罹患群P<0.0001)。肺炎の有無に対するロジスティック回帰分析では,「年齢」が選択された。罹患群において「FIM」を従属変数として栄養指標を独立変数とした単回帰分析では「BMI」「GNRI」「栄養摂取方法」が選択され(P<0.05,P<0.05,P<0.0001),「離床時間」を従属変数とした栄養指標との影響については「栄養摂取方法」が選択された(P<0.0001)。重回帰分析でも「栄養摂取方法」が選択された(P<0.0001)。栄養摂取方法の経口摂取とFIMとの影響についてはcut off値はFIMが27.5点(感度0.87,特異度0.81,AUC=0.91)であった。肺炎発症と離床時間とのROC曲線ではcut off値は3~6時間未満(感度0.49,特異度0.78,AUC=0.692)であった。また,肺炎発症とFIM・GNRIとのROC曲線ではcut off値はFIMが26.5点(感度0.724,特異度0.625,AUC=0.648),GNRIは80.1(感度0.73,特異度0.523,AUC=0.649)であった。【考察】今回の研究では罹患群において活動量,栄養面ともに有意に低い結果であった。低栄養は感染症の発症,難治化,重症化に関連する因子の一つであることは従来から述べられていた。また,高齢者では活動度が低下すると換気機能の低下が見られるという報告もある。このことから今回のNHCAP研究において日常生活活動や離床時間と栄養摂取方法も含めた栄養指標との影響について関係性が示されたことは理学療法士として栄養面も考慮しながら,主として関わる日常生活活動や離床への介入において今後の高齢者肺炎の一つの予防的指標になるものと思われた。【理学療法学研究としての意義】今後のさらなる高齢社会の進行に伴い,肺炎による死亡数は増加傾向にある。そのためにも理学療法として重要な離床などの「活動」や「栄養」についてより予防的観点から理学療法介入について検証し,臨床に応用させていくべきと考える。
    公益社団法人 日本理学療法士協会, 2015年, 理学療法学Supplement, 2014(0) (0), 1180 - 1180, 日本語

  • 松村 拓郎, 石川 朗, 沖 侑大郎, 藤本 由香里, 高橋 一揮, 山口 卓巳, 三谷 有司, 塚本 利昭, 高橋 一平, 中路 重之
    【はじめに,目的】骨格筋減少は慢性閉塞性肺疾患(Chronic Obstructive Pulmonary Disease:以下COPD)患者の主要な問題点の1つであり,正常体重のCOPD患者であっても,その約20-30%に骨格筋量の減少が生じているとされる。一方,40歳以上の日本人のCOPD患者数は530万人と推定されているにもかかわらず,500万人以上が診断を受けていない未受診の状態であることが問題となっている。しかし,このような未受診のCOPD患者を対象とした骨格筋量減少についての報告は少なく,その縦断的な変化についても明らかとなっていない。COPD患者の骨格筋減少への介入は呼吸理学療法の主目的の1つであり,地域住民に潜在する閉塞性換気障害と骨格筋量変化についての検討は,早期理学療法介入の重要性を高めていくと考えられる。そこで本研究では,40歳以上の男性地域住民を対象として,閉塞性換気障害が骨格筋量に与える影響を縦断的に検証した。【方法】対象は呼吸器疾患既往歴を有さない40歳以上の男性地域住民134名(平均年齢59.1±9.6歳)とし,2007年および2011年に各項目の調査・測定を行った。基本情報として年齢,BMI,Brinkman指数,高感度CRP値を調査し,呼吸機能は電子スパイロメータHI-801(チェスト株式会社)を使用して一秒量(forced expiratory volume in 1 second:以下FEV1),努力性肺活量(forced vital capacity:以下FVC)を測定した。本研究では2007年の呼吸機能検査の結果をベースラインとして,対象者をFEV1/FVC<0.7の気流閉塞群,0.7以上の健常群の2群に分類した。体組成は生体電気インピーダンス法によって全身筋肉量,四肢筋量を測定し,四肢筋量を身長の2乗で除したSkeletal muscle mass index(以下SMI)を算出した。さらに,2007年の全身筋肉量,四肢筋量,SMIをベースラインとして,2011年の測定結果から4年間の変化量(Δ)を調査した。統計解析として,2群間の基本情報,体組成およびその変化量をカイ二乗検定,対応のないt検定,共分散分析を用いて比較した。さらに,従属変数に各体組成の変化量を,独立変数に気流閉塞の有無を,調整変数に年齢,BMI,Brinkman指数を投入した重回帰分析(強制投入法)を行った。統計ソフトはSPSS Statistics 17.0を使用し,統計学的有意水準は5%未満とした。【結果】2007年の呼吸機能検査の結果より,19.4%(26/134名)が気流閉塞群に分類された。気流閉塞群は健常群と比較して,有意に高齢であり(気流閉塞群vs.健常群:62.5±9.9歳vs. 57.5±9.9歳,p<0.05),Brinkman指数も高値を示した(589.2±504.4 vs. 257.5±371.4,p<0.001)。BMI,高感度CRP値,ベースラインの全身筋肉量,四肢筋量,SMIには2群間で差はなかった。ベースラインから4年間でのFEV1の平均低下量は気流閉塞群と健常群で類似していた(-37.5±57.3 ml/year vs. -36.2±68.0 ml/year,p=0.93)。年齢,Brinkman指数を共変量とした共分散分析ではΔ四肢筋量(-1.36±0.40 kg vs. -0.41±0.19 kg,p<0.05),ΔSMI(-0.44±0.14 kg/m2 vs. -0.10±0.69 kg/m2,p<0.05)の項目において気流閉塞群の低下量が有意に大きかった。また,重回帰分析においても気流閉塞はΔ四肢筋量(β=-0.21,p<0.05),ΔSMI(β=-0.20,p<0.05)の有意な関連因子であった。【考察】本研究より,40歳以上の男性地域住民の気流閉塞は,関連因子で調整後もその後4年間での四肢筋量,SMIの低下と関連していることが明らかとなった。先行研究では,COPD患者の骨格筋機能障害には全身性炎症の影響が示唆されているが,本研究においては高感度CRP値に2群間での差はみとめられなかった。一方,近年の報告では地域に潜在する未診断COPDにおいて既に身体活動量の低下が始まっていることが示されており,この身体活動量の減少が四肢筋量の減少につながっていることが推測される。骨格筋量の減少はCOPD患者の身体機能や死亡率にも影響する重要な因子であり,その減少はCOPD未診断の時点からすでに生じ始めていることが示唆された。【理学療法学研究としての意義】本研究結果からCOPDの診断がつく頃にはすでに四肢筋量低下が進行していることが推測される。この結果は早期理学療法介入の重要性,呼吸理学療法開始時点からの四肢筋量へのアプローチの重要性を示す報告であると考える。
    公益社団法人 日本理学療法士協会, 2015年, 理学療法学Supplement, 2014(0) (0), 1191 - 1191, 日本語

  • 沖 侑大郎, 高橋 一揮, 三谷 有司, 山口 卓巳, 松村 拓郎, 本田 明広, 石川 朗, 金子 正博, 酒井 英樹, 三栖 翔吾, 藤本 由香里, 永谷 智里, 角岡 隆志, 三谷 祥子, 山本 晴子
    【はじめに,目的】慢性閉塞性肺疾患(Chronic Obstructive Pulmonary Disease;COPD)および喘息は,いずれも日本での罹患数は500万人以上と推定され,COPDの20~40%に喘息を合併すると報告されている。COPDと喘息の合併は重症化しやすいと報告もされており,2014年に喘息-COPDオーバーラップ症候群(Asthma-chronic obstructive pulmonary disease overlap syndrome;ACOS)ガイドラインが公示された。ガイドラインには,COPDとACOSの類似点と相違点に関して記載されているが,ACOSの病態に関する詳細は未だ明らかになっていないのが現状である。本研究の目的は,理学療法学的観点からACOSに対する標準的介入方法を確立していくための基礎として,理学療法学的評価によりACOSの特徴を明らかにし,COPDとの増悪リスクを比較することである。【方法】当院のCOPD外来患者53名(男性:44名,女性:7名,年齢:74.49±8.87歳)を対象とし,後方視的にデータを収集した。本研究における喘息の定義は"気流閉塞の可逆性および変動を認める"とし,COPDに喘息を合併した場合をACOSとした。評価項目として,年齢,性別,Body mass index(BMI),ideal body weight(%IBW),喫煙指数,GOLD気流閉塞による重症度分類(GOLD分類),1秒率(FEV1%),%1秒量(%FEV1),%努力性肺活量(%FVC),%最大呼気流量(%PEF),%肺拡散能力(%DLco),%DLco/肺胞換気量(%DLco/VA),force oscillation technique(FOT)の測定指標(R5,R5-R20,X5,Fres,ALX),増悪による入院経験の有無および回数,在宅酸素療法(LTOT)使用の有無,薬物治療(LAMA,LABA,ICS,LABA/ICS),the Modified British Medical Research Council(mMRC),COPD assessment test(CAT),6分間歩行試験(6MWT)中のSpO2最低値および脈拍,歩行距離(6MWD),modified Borg Scale(B.S)を設定した。除外基準は,COPDおよび喘息以外の呼吸器疾患,心疾患を有するものとした。ACOS群および喘息を合併しないCOPD群(non-ACOS群)の2群に分け,統計学的解析を行った。各変数特性に応じ,paired t-test,Mann-Whitney U test,Fisher's exact testで2群間の差を解析した。また,急性増悪による入院の有無を目的変数とし,年齢,性別,喘息の有無およびCOPDの重症度予測であるBODE index(%FEV1,6MWD,mMRC,BMI)を説明変数としたlogistic regression analysis(変数増加法)で解析した。解析ソフトは,EZR(for Mactonish)を使用し,有意水準を5%未満とした。また,結果は(ACOS群vs non-ACOS群,95%CI,p value)と記載した。【結果】本研究の包含基準を満たした対象者は,51名でACOS群12名(23.53%),non-ACOS群39名(76.47%)であった。年齢,性別,BMI,%IBW,GOLD分類,mMRC,CAT,LTOT使用の有無について有意差を認めなかった。喫煙指数は,ACOS群で有意差をもって低値であった(787.50±679.61 vs 1143.95±590.05,p=0.03)。薬物治療は,LABA,ICS,ICS/LABAについてACOS群で使用率が有意に高かった(p<0.05)。呼吸機能であるFEV1%,%FEV1,%FVC,%PEF,%DLco,%DLco/VAに有意差はなかった。また,R5,R5-R20,X5,Fres,ALXについては有意差を認めなかったが,呼気相におけるR5(p=0.05),R5-R20(p=0.11),X5(p=0.05),Fres(p=0.12),ALX(p=0.09)についてACOS群で高値もしくは低値の傾向にあった。6MWT中のSpO2最低値および脈拍,6MWDに有意差はなかったが,B.Sはnon-ACOS群で有意差をもって高値であった(1.33±1.61 vs 4.41±2.72,95%CI:2.72 to 1.61,p<0.01)。増悪による入院経験あり(4/12名vs 3/39名,OR:5.72,95%CI:0.80 to 47.25,p=0.04)および入院回数(0.92±1.62回vs 0.10±0.38回,95%CI:-1.38 to -0.25,p=0.005)は,ACOS群で有意差をもって高値であった。また,増悪による入院の有無に対するlogistic regression analysisでは,喘息あり(OR:6.00,95%CI:1.11 to 32.24,p=0.03,判別的中率:86.3%)で有意差を認めた。【考察】本研究の結果からは,ACOS判別に関する有用な理学療法学的指標は得られなかった。しかし,ACOSは喘息を合併していないCOPDと比較し,増悪リスクが高いことが明らかになった。COPDに喘息を合併することで死亡リスクが上がり,医療費も2.5倍高額になることが報告されている。このことからも,COPDと気管支喘息のオーバーラップは重要な症候群であり,病院や在宅場面においても,包括的な連携による個別の臨床的マネジメントが必要であると考える。【理学療法学研究としての意義】在宅医療への転換が図られ,今後地域包括ケアに対する理学療法士の役割が重要となってくる。入院場面のみならず,在宅場面においてもリスク管理の指標として喘息の有無を把握しアプローチすることで,患者の増悪リスクの早期発見および予防となり,医療費削減に繋がる重要な因子となる可能性がある。
    公益社団法人 日本理学療法士協会, 2015年, 理学療法学Supplement, 2014(0) (0), 1192 - 1192, 日本語

  • 松村 拓郎, 三谷 有司, 沖 侑大郎, 藤本 由香里, 石川 朗
    回復期リハビリテーション施設に入院した嚥下障害を有する脳血管障害患者76名(男29名、女47名、平均74.7歳)を対象に、誤嚥性肺炎発症要因を宿主抵抗に着目して検討した。入院中の肺炎発症は10名(肺炎群)で、他の66名(非肺炎群)に比較して高齢の傾向であった。性別は肺炎群で有意に女性が多く、既往歴、上肢および下肢Brunnstrom Recovery Stage、両側麻痺の有無、Japan Coma Scaleは両群間で有意差がなかった。活動レベルは「臥床」が肺炎群50%、非肺炎群15.2%と有意差を認め、Functional Independence Measureはそれぞれ平均33.9点、46.7点と肺炎群が低値の傾向であった。血清アルブミン値は肺炎群平均3.26g/dl、非肺炎群3.60g/dlと肺炎群が有意に低値で、血清総蛋白は有意差がなかった。食事形態は「経管」が肺炎群60%、非肺炎群24.2%と肺炎群で経管栄養が有意に多く、嚥下障害重症度はIが肺炎群50%、非肺炎群19.7%と有意差を認めた。
    (一社)日本老年医学会, 2014年07月, 日本老年医学会雑誌, 51(4) (4), 364 - 368, 日本語

  • COPD患者のADL動作毎の呼吸困難感が健康関連QOLに与える影響
    松村拓郎, 沖侑大郎, 藤本由香里, 大平峰子, 金子弘美, 石川朗
    2014年, 日本呼吸器学会誌, 3

  • 金子 弘美, 山中 悠紀, 大平 峰子, 沖 侑大郎, 石橋 由里子, 石川 朗
    医療・介護関連肺炎患者の多くは,在宅介護を受けていたり多様な基礎疾患や合併症を抱えて外来で医療ケアを受けている高齢者であり,その大半に誤嚥性肺炎が疑われる.したがって,その予防や治療では患者の意志や家族の希望,社会的条件などを考慮しながら,摂食・嚥下訓練,口腔ケア,適切な栄養管理や食事指導,リハビリテーションなどを行い患者の体力向上を図るといった包括的な対応が欠かせない.そのなかで診察や治療に関連する業務から患者の療養生活の支援にいたるまで幅広い業務を担いうる看護師にはチーム医療のキーパーソンとして役割が期待される.医者や歯科医師を中心にスタッフ間で連携した対応を行うには,栄養状態や嚥下機能,口腔内環境などの誤嚥性肺炎のリスクを評価し予防や早期発見に努めるだけでなく,スタッフへの助言やスタッフ間連携のための情報共有などに主導的な働きを果たす必要がある.
    一般社団法人 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2014年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 24(1) (1), 37 - 40, 日本語

  • 6分間歩行試験(6MWT)における肺拡散能と1秒量との関連性についての検討
    沖侑大郎, 沖侑大郎, 酒井英樹, 藤本由香里, 三栖翔吾, 角岡隆志, 三谷祥子, 永谷智里, 松村拓郎, 本田明広, 金子正博, 石川朗
    (一社)日本呼吸器学会, 2014年, 日本呼吸器学会誌, 3(増刊) (増刊), 325 - 325, 日本語

  • 訪問看護を含む包括的呼吸リハビリテーションを導入した肺結核後遺症患者の肺機能,ADL,QOLの経過について
    藤本由香里, 沖侑大郎, 松村拓郎, 大平峰子, 金子弘美, 石川朗
    (一社)日本呼吸器学会, 2014年, 日本呼吸器学会誌, 3(増刊) (増刊), 335 - 335, 日本語

  • 高齢者ADLに影響を与える諸因子の検討
    沖侑大郎, 藤本由香里, 松村拓郎, 石川朗
    (一社)日本老年医学会, 2014年, 日本老年医学会雑誌, 51(Suppl.) (Suppl.), 66 - 66, 日本語

  • 藤本 由香里, 沖 侑大郎, 松村 拓郎, 高橋 一揮, 金子 弘美, 大平 峰子, 石川 朗
    【はじめに,目的】慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者数は世界的に増加している。日本ではCOPDの急性増悪による入院回数および期間の増加による医療費の圧迫が深刻な問題となっており,COPD患者の在宅における適切なケアが望まれる。COPDの主症状の一つに労作時の低酸素があげられるが,在宅酸素療法(HOT)の保険適応は安静時のPaO2が基準となっている。今回はCOPD患者におけるHOT導入の状況と,6分間歩行試験(6MWT)後のDesaturationとHOT適応基準の関係の調査を目的とした。【方法】HOTを導入していない男性COPD患者38名の肺機能,血液ガス,6MWTの結果について解析を実施した。まず,HOTの適応基準値であるPaO255Torrで対象者を分類した。さらに,6MWT後のDesaturationを歩行終了時のSpO2≦90%と定義し,それぞれの群について分類した。次に,6MWT後のDesaturationの有無で対象者を分類し,2群間で年齢,BMI,肺機能(VC,%VC,実測FEV1,予測FEV1,FEV1%,%FEV1),血液ガス(pH,PaCO2,PaO2,A-aDO2,SaO2),6MWT(歩行前後の心拍数・修正Borgscale・SpO2,⊿SpO2)の結果について比較した。統計解析にはSPSS ver.17を使用し,2群間比較にはMann-Whitney U検定を実施した。【倫理的配慮,説明と同意】対象者全員に研究内容を説明し,書面にて同意を得た。また,調査協力病院の倫理委員会の承認を得た。【結果】HOT非導入の38名の平均値は年齢76.0±6.7歳,BMI21.2±3.3,%FEV150.5±20.9%であった。HOT非導入の38名のうち,11名(29%)がPaO2<55Torrであり,そのうち8名が6MWT後にDesaturationに陥っていた。また,PaO2≧55Torrの27名(71%)のうち,10名が6MWT後にDesaturaitonに陥っていた。また,18名(47%)が6MWT後にDesaturationに陥り(以下D90群),20名(53%)が6MWT後にDesaturationに陥らなかった(以下ND90群)。2群間の比較(D90群vsND90群,p value)では,%FEV1(48.0±21.4% vs 52.8±20.8%,p=0.047),PaO2(56.3±8.5Torr vs 69.9±12.3Torr,p=0.001),A-aDO2(40.0±12.6Torr vs 29.2±12.5Torr,p=0.014),SaO2(87.8±5.3% vs 92.9±5.5%,p=0.002),歩行前SpO2(94.1±2.1% vs 96.0±1.8%,p=0.005),歩行後SpO2(84.8±4.7% vs 93.9±2.2%,p<0.000),⊿SpO2(9.3±5.0% vs 2.2±2.3%,p<0.000)であり,その他の項目では有意差はなかった。【考察】HOT非導入38名のうち安静時のPaO2<55Torrである者が11名存在した。つまり,HOT非導入群の約30%においてHOTの保険適応基準に当てはまるにも関わらず,HOTが導入されておらず,そのうち8名が歩行後にDesaturationに陥っていた。また,PaO2≧55Torrの27名においても,10名が歩行後にDesaturationに陥っており,安静時のPaO2が保たれている場合でも労作時に著しく低酸素の状態になっているケースが多いことが明らかになった。ND90群20名と比較するとD90群18名のPaO2は有意に低い結果となったが,D90群の平均安静時PaO2は56.3±8.5Torrであり,そのうち10名はPaO2≧55Torrであった。しかし,D90群の歩行後のSpO2の平均値は84.8±4.7%であり,酸素解離曲線にあてはめPaO2に換算すると50Torr前後まで低下していることになる。また,酸素化の指標であるA-aDO2が2群間で有意差を認め,安静時のPaO2の値に関わらず,A-aDO2が大きいと労作時にDesaturationに陥りやすい可能性が示唆された。一方で,D90群とND90群間に年齢,BMI,歩行前後の息切れ,6分間歩行距離に有意差はなかったことから,労作時の低酸素状態は自覚症状に乏しい可能性がある。今回の調査により,安静時のPaO2が保たれている場合でも労作時には著しく低酸素に陥る例が多いことが明らかとなり,加えて,安静時にPaO2が低下していても労作時には低下がない例も見受けられた。よって,安静時のPaO2のみの評価でHOT導入の適切な処方は困難であると思われる。労作時のDesaturationは症状が乏しく,COPD患者の多くが日常的に低酸素状態に陥っており,肺高血圧症や肺性心などを引き起こし急性増悪の原因の一つになっている可能性もある。本邦では,現在医療費削減のため病院での長期的なフォローが困難な状況である。そのため,訪問リハビリテーションや外来診療など定期的なフォロー時を設け,理学療法士が運動負荷試験を実施することで適切なHOT導入および酸素流量の設定によって,急性増悪の予防,入院回数・期間の減少など費用対効果につながると考える。【理学療法学研究としての意義】理学療法士は一定時間以上の労作時の生理的反応を評価できる唯一の職種として,適切なHOT適応や酸素流量設定のための重要な役割を果たすことができる。本研究は理学療法士が活躍するフィールドの拡大の一端となると考えられる。
    公益社団法人 日本理学療法士協会, 2014年, 理学療法学Supplement, 2013(0) (0), 150 - 150, 日本語

  • 三栖 翔吾, 小野 玲, 酒井 英樹, 沖 侑大郎, 本田 明広, 永谷 智里, 角岡 隆志, 三谷 祥子, 浅井 剛, 石川 朗
    【はじめに,目的】労作時の酸素飽和度低下(Exertional Desaturation;ED)は,COPD患者の多くが有する症状であり,肺高血圧症や肺性心,死亡率と関連するとされていることから,リハビリテーションを実施する上で注目すべきものである。COPD患者の症状悪化を予防するためにもEDが生じる要因を明らかにする必要があり,これまでに,閉塞性障害の重症度や肺拡散能の低下など,COPDに関連する肺機能低下とEDとの関連性が明らかとなっている。しかし,EDについての報告は国外の調査によるものが多く,本国におけるEDの発生率やその関連要因についての報告はほとんどない。またEDの発生には,対象者の肺機能だけでなく,実際の労作に関係する因子も影響していることが考えられるが,そのような検討はまだ十分ではない。COPD患者は労作時に息切れを感じることが多く,息切れによって生活に制限が生じることもある。労作時の息切れが強いほどEDが生じる可能性が高くなると考えられるが,その関連性はまだ明らかになっていない。以上より,本研究の目的は,本国におけるCOPD患者におけるEDの発生率を調査し,また,EDと関連する因子について,労作時の息切れの程度を含めて検討することとした。【方法】本研究は,外来診療を受けている病状が安定したCOPD患者57名を対象とし,日常診療において実施された検査結果を後方視的に解析した。検査項目は,6分間歩行試験(6MWT),肺機能検査およびMedical Research Council(MRC)息切れスケールであった。6MWTでは,試験中の経皮的酸素飽和度(SpO2)を連続的に測定し,試験中にSpO2が88%以下となった者をED群,89%以上であった者をnon-ED群として対象者を2群に分けた。肺機能検査の測定項目より,%FVC,%FEV1.0,%DLCOを解析に用いた。MRC息切れスケールは労作時の息切れの程度を示す指標で,日常生活においてどの程度の労作で強い息切れが生じるかを評価する。統計解析は,EDに関連する要因を明らかにするために,身体計測学的特徴および測定項目の2群間の比較を,各測定値の特性に応じてそれぞれχ二乗検定,対応のないt検定,Wilcoxon順位和検定を用いて行った。さらに,従属変数をEDの有無とし,独立変数として2群間に有意な差が認められた項目を2区分変数として強制投入する名義ロジスティック回帰分析を行い,EDと独立して関連する要因の検討を行った。なお,統計学的有意水準は5%未満とした。【倫理的配慮,説明と同意】対象者は,事前に口頭にて検査結果を研究目的として用いることを説明し同意を得た者であり,ヘルシンキ宣言に基づく倫理的配慮を十分に行った。【結果】対象者の平均年齢は73.0±7.4歳,男性45名(78.9%)であった。ED群は20名,non-ED群は37名であり,EDの発生率は35.1%であった。2群間比較にて有意な差がみられた項目は,%FEV1.0,%DLCO,MRC息切れスケールであり,ED群はnon-ED群と比較して,%FEV1.0および%DLCOが有意に小さく(いずれもp=0.01),MRC息切れスケールが有意に大きかった(p<0.01)。名義ロジスティック回帰分析の結果,MRC息切れスケールが3以上である者はEDを生じるリスクが高かったが(オッズ比[95%信頼区間];6.0[1.4-28.8],p=0.01),%FEV1.0はEDとの独立した関連性はみられなかった。肺拡散能検査を実施したのは一部の対象者(29名)のみであったため,追加解析としてその一部の対象者において,上記モデルに%DLCOを加えた名義ロジスティック回帰分析を行った結果,MRC息切れスケールおよび%DLCOが,独立してEDと関連していた(ともにp<0.01)。【考察】本研究の対象者における6MWT実施時のEDの発生率は35.1%であり,本研究で用いたものと同じ基準を用いた国外の報告(32.1~39.3%)と同等の有病率であった。また,EDと独立して関連する因子として,MRC息切れスケールおよび%DLCOが抽出され,肺胞の機能障害と独立して,労作時の息切れの程度がEDと関連していることが示唆された。COPD患者は,肺機能障害に加え,労作と呼吸との同調の不十分さや呼吸補助筋の過度な活動などによる動作の効率性低下によっても,労作時の息切れが強くなっていくと考えられる。したがって日常生活における労作時の息切れが強い者は,動作の効率性低下により,その肺機能障害の程度以上にEDが生じる危険性が高くなっていたと考えられる。【理学療法学研究としての意義】本国においても病状が安定したCOPD患者の多くがEDを生じることが明らかとなり,EDについて注目する必要性が高いことが示された。また,リハビリテーションを実施し効率的な動作を獲得して労作時の息切れを軽減させることにより,COPD患者におけるEDの軽減につながる可能性が考えられた。
    公益社団法人 日本理学療法士協会, 2014年, 理学療法学Supplement, 2013(0) (0), 152 - 152, 日本語

  • 松村 拓郎, 沖 侑大郎, 藤本 由香里, 塚本 利昭, 高橋 一平, 中路 重之, 石川 朗
    【はじめに,目的】横断研究,縦断研究の双方で健常者や呼吸器疾患患者の肺機能と筋肉量の関連が報告されており,筋肉量の減少は加齢による呼吸機能低下を加速させることが明らかとなっている。しかし,この筋肉量の測定は専用の機器が必要であり,臨床現場において必ずしも測定できるわけではない。一方で,簡易に測定可能な握力は全身筋肉量との関係も報告されている。我々は,握力を評価することで,筋肉量と同様に呼吸機能の継時的変化が予測可能となるという仮説を立て,呼吸機能の経年変化と握力,筋肉量それぞれの関係を2年間にわたり縦断的に調査した。【方法】対象は岩木健康増進プロジェクト2009参加者のうち,2010,2011と3年連続での調査が可能であった40歳以上の地域住民363名(平均年齢59.4±9.6歳,男性131名,女性232名)とした。自己記入式調査により,呼吸器疾患の診断を受けている者,既往を持つ者は除外した。呼吸機能は一秒量(以下FEV1),努力性肺活量(以下FVC)を調査し,2年間での平均変化量(⊿FEV1=(2011年のFEV1-2009年のFEV1)/2,⊿FVCも同様)を算出した。全身筋肉量は生体インピーダンス法により測定し,握力は2回測定した最大値を用いた。これら調査項目について2009年の結果をベースラインとし,ベースラインの握力,全身筋肉量と2年間での呼吸機能変化(⊿FEV1,⊿FVC)の関係を調査した。統計解析はすべて男女別に行い,目的変数を⊿FEV1(⊿FVC),説明変数をベースラインの全身筋肉量または握力,調整変数を年齢,身長,喫煙歴,運動習慣,ベースラインのFEV1(FVC)とした重回帰分析により標準偏回帰係数(β),調整済みR2を算出した。統計ソフトはSPSS Statistics 17.0を使用し,統計学的有意水準は5%未満とした。【倫理的配慮,説明と同意】本研究は弘前大学倫理委員会の承認を受けて実施した。対象者には十分な説明を行い,同意を得た。【結果】ベースラインの全身筋肉量は男性:50.1±5.9 kg,女性:35.1±2.8 kg,握力は男性:47.4±8.7 kg,女性:29.2±4.2 kgであった。ベースラインからの変化量は⊿FEV1が男性:113.7±325.8 ml/year,女性:-82.49±286.8 ml/year,⊿FVCが男性:105.8±437.5 ml/year,女性:-142.0±356.8 ml/yearであった。重回帰分析の結果,⊿FEV1を目的変数とすると,年齢,身長,喫煙歴,運動習慣,ベースラインのFEV1で調整しても筋肉量(男性:β=0.314,p<0.001,R2=0.589,女性:β=0.277,p<0.001,R2=0.717),握力(男性:β=0.209,p<0.01,R2=0.552,女性:β=0.202,p<0.001,R2=0.694)がそれぞれに有意な関連因子として抽出された。同様に⊿FVCを目的変数としても,筋肉量(男性:β=0.351,p<0.001,R2=0.640,女性:β=0.272,p<0.001,R2=0.759)と握力(男性:β=0.262,p<0.001,R2=0.602,女性:β=0.207,p<0.001,R2=0.741)はそれぞれ有意な関連因子として抽出された。【考察】本研究では男性,女性の双方で筋肉量,握力とその後2年間の呼吸機能変化の関連がみとめられた。このことから,握力は筋肉量と同様に呼吸機能の経年変化の予測に有用であることが示唆された。一方,先行研究および本研究の女性対象者では呼吸機能が経年的に低下していたのに対し,本研究の男性対象者においては経年的な呼吸機能の向上がみとめられた。Rossiら(2011)をはじめとして,十分な筋肉量が加齢による呼吸機能低下を軽減させることは多く報告されているが,肺機能の向上にまで言及したものは見受けられない。本研究では非常に高い筋肉量や握力が呼吸機能の向上につながるという結果を示し,先行研究から発展した新たな可能性を示唆した。しかし,本研究対象者は平均筋肉量,握力において非常に高値を示しており,先行研究よりも若年で,なおかつ3年間継続して健康診断を受診している健康への関心が高い者であることがうかがえる。本研究の結果にはこのような対象者属性の影響が考えられることから,その解釈にはさらなる検討が必要である。【理学療法学研究としての意義】本研究における2年間の縦断的調査から加齢による呼吸機能変化の予測に握力が有用であることが示された。また,握力,全身筋肉量の向上が肺機能の向上につながる可能性が示唆された。これは,呼吸器疾患患者や術後患者の呼吸機能改善への一助となると考えられる。
    公益社団法人 日本理学療法士協会, 2014年, 理学療法学Supplement, 2013(0) (0), 252 - 252, 日本語

  • 沖 侑大郎, 本田 明広, 石川 朗, 酒井 英樹, 藤本 由香里, 松村 拓郎, 三栖 翔吾, 角岡 隆志, 永谷 智里, 三谷 祥子, 高橋 一揮
    【はじめに,目的】慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者の運動耐容能評価法として,6分間歩行試験(6MWT)は簡便な検査指標として広く用いられる。6MWTに関しては,6分間歩行距離(6MWD)による生命予後などについては多くの報告があるが,6MWT中における息切れやDesaturationの関連性については確立されていない。臨床場面においても,労作時の息切れは強いが経皮的酸素飽和度(SpO2)に変化がない場合,もしくは労作時の息切れはないがSpO2低下を認める場面に遭遇することも少なくない。本研究の目的は,6MWT中の息切れとDesaturationについての関連性を検討することで,COPDの病態把握に対する6MWTの新たなる可能性を明らかにすることである。【方法】外来診療にて6MWTを実施したCOPD患者28名(男性:26名,女性:2名,70.04±8.93歳)を対象とした。対象者選択基準として。①在宅酸素療法(HOT)を使用していない ②肺機能および肺拡散能検査後,6MWT実施日までが2週間以内である ③右室収縮期圧<50mmHgと設定した。6MWTは,米国胸部学会ガイドラインに基づき実施し,6MWT中のSpO2測定に関して,スタープロダクト社製のWristOxTM6-MWを使用した。調査項目は,年齢,性別,Body Mass Index(BMI),GOLD重症度分類,肺機能(対標準肺活量;%VC,対標準努力性肺活量;%FVC,1秒量;FEV1.0,対標準1秒量;%FEV1.0,対標準肺拡散能;%DLco,%DLco/VA,対標準残気量;%RV,対標準機能的残気量;%FRV,対標準最大呼気流量;%PCF,対標準全肺気量;%IC),6MWD,6MWT中のSpO2最低値(SpO2(min)),SpO2最高値とSpO2最低値の差(ΔSpO2),修正Borg Scaleの最高値(B.S(max))を後方視的に調査した。SpO2(min),ΔSpO2,B.S(max),6MWDに対する各変数との相関関係について変数特性に応じ,Pearsonの積率相関係数,Spearman順位相関係数で解析した。【倫理的配慮,説明と同意】本研究は,神戸大学大学院保健学研究科保健倫理委員会において承諾されている。また,対象者には試験内容を口頭および紙面にて説明し,同意を得て実施している。【結果】対象者データは,GOLD重症度分類(I:5名,II:11名,III:9名,IV:3名),BMI:22.17±3.78,%VC:82.06±21.05,%FVC:78.39±20.11,FEV1.0:1.64±0.53,%FEV1.0:60.28±20.72,%DLco:51.11±20.27,%DLco/VA:%DLco/VA:42.27±19.64,%RV:87.26±33.66,%FRV:94.24±34.79,6MWD:413.13±124.40であった。相関関係(相関係数[95%信頼区間],p value)は,6MWT中のSpO2(min)に関し,%DLco(r=0.67[0.40-0.84],p<0.01),%DLco/VA(r=0.60[0.29-0.80],p<0.01)で有意な相関を認め,同様にΔSpO2でも%DLco(r=-0.64[-0.82-0.35],p<0.01),%DLco/VA(r=-0.63[-0.81-0.33],p<0.01)で有意な相関を認めた。B.S(max)は,FEV1.0(r=-0.47[-0.71-0.11],p=0.01),%FEV1.0(r=-0.45[-0.71-0.10],p=0.02),%FVC(r=-0.41[-0.68-0.04],p=0.03)で有意な相関を認めた。6MWDは,FEV1.0(r=0.58[0.27-0.79],p<0.01),%FEV1.0(r=0.40[0.04-0.68],p=0.03),%FVC(r=0.41[0.04-0.68],p=0.03),%PCF(r=0.41[0.04-0.68],p=0.03)で有意な相関を認めた。【考察】本研究により,6MWT中のSpO2(min)およびΔSpO2は%DLco,%DLco/VAが関連し,息切れはFEV1.0,%FEV1.0,%FVCが関連し,6MWDはFEV1.0,%FEV1.0,%FVC,%PEFが関連していた。これは,desaturationは気腫優位型病変が非常に強く関係し,一方で息切れと6MWDは気道優位型病変が関係することが示唆される。現在のCOPD診断はスパイロメトリでの肺機能検査が実施され,GOLD重症度分類においても%FEV1.0が基準である。しかし,本研究から現在の重症度分類のみでは,労作時のdesaturationについて必ずしも反映せず,肺機能検査のみでは不十分である可能性が示唆された。desaturationに強い相関を認めた%DLco,%DLco/VAは,全ての医療機関で測定可能ではない。特に,COPD未診断患者の多くを占める在宅場面での評価は,さらに困難である。また,高齢者の肺機能検査は,正確な評価が困難との報告もある。COPD患者の大半は高齢者であり,診断には肺機能検査に加えdesaturation評価の観点からも6MWTを積極的に実施する必要があると考える。そして,労作時の息切れや低酸素血症に対するHOTの有用性は明らかになっているが,HOT導入基準に関し安静時の動脈血酸素分圧(PaO2)で検討することが多いと報告され,労作時に低酸素血症を呈しながらも安静時PaO2が適応基準外でありHOTを導入されていない例は少なくない。今後,6MWTによりCOPD病態の簡便な判別が可能になることや適切な酸素流量処方評価法への可能性が示唆された。【理学療法学研究としての意義】健康日本21にCOPDが追加され,6MWTに対する保険診療報酬も認可されたことでCOPDに対する注目が集まっている。在宅医療への転換が図られる中,理学療法学的観点から6MWTという簡便な検査方法の新たなる解釈を提言する非常に意義のある研究であると考える。
    公益社団法人 日本理学療法士協会, 2014年, 理学療法学Supplement, 2013(0) (0), 1154 - 1154, 日本語

  • 石川 朗, 沖 侑大郎
    ABCDEバンドルは,患者を1日に一度覚醒(Awakening)させ,自発呼吸(Breathing)を維持し,適切な鎮静薬を調整・選択し(Coordination,Choice),せん妄のモニタリング(Delirium monitoring/management)を行い,早期に理学療法を実施(Early mobility and Exercise)するという,重症患者のICU管理を前提としている.
    しかし,この概念は急性期から慢性期,集中治療から在宅医療まで共通すると思われる.慢性期・在宅医療におけるABCDEバンドルは,A(Awakening):日中の覚醒時間の延長,B(Breathing):呼吸練習,C(Coordination・Choice):適切な向精神薬・睡眠薬の処方調整・選択,D(Dementia monitoring・Dysphagia rehabilitation・Disuse syndrome):認知症の評価,摂食・嚥下リハビリテーション・廃用症候群の評価,E(Early mobility and Exercise)早期離床・理学療法介入と考えられる.この慢性期・在宅医療においてABCDEバンドルを積極的に導入することにより,NHCAPの予防,死亡率の低下,認識能力の改善,ADL能力の改善,医療費の抑制の可能性があると予想される.
    一般社団法人 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2014年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 24(2) (2), 207 - 212, 日本語

  • 現在のスパイロメトリーのみでのCOPD診断基準は適当か?-6分間歩行試験中のDsesaturationに着目しての検討-
    沖侑大郎, 沖侑大郎, 酒井英樹, 藤本由香里, 三栖翔吾, 三栖翔吾, 三谷有司, 三谷有司, 松村拓郎, 高橋一揮, 山口卓巳, 金子正博, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2014年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 24(Suppl.) (Suppl.), 127s - 127s, 日本語

  • COPD患者における6分間歩行試験と肺機能の関係~労作時低酸素に着目して~
    藤本由香里, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 酒井英樹, 三栖翔吾, 三栖翔吾, 松村拓郎, 高橋一揮, 三谷有司, 山口卓巳, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2014年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 24(Suppl.) (Suppl.), 128s - 128s, 日本語

  • COPD患者に対するGNRI評価とその関連因子の検討
    松村拓郎, 沖侑大郎, 藤本由香里, 三谷有司, 金子弘美, 大平峰子, 河島常裕, 西尾将人, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2014年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 24(Suppl.) (Suppl.), 156s - 156s, 日本語

  • COPD患者におけるDesaturationの定義とその比較
    石川朗, 金子弘美, 大平峰子, 河島常裕, 西尾将人, 沖侑大郎, 三谷有司, 高橋一揮, 松村拓郎, 藤本由香里
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2014年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 24(Suppl.) (Suppl.), 165s - 165s, 日本語

  • COPD患者の6分間歩行試験と歩行中Desaturation評価の重要性の検討
    藤本由香里, 沖侑大郎, 松村拓郎, 河島常裕, 廣田千香, 金子弘美, 金子弘美, 大平峰子, 大平峰子, 石川朗, 石川朗
    2013年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 23

  • 誤嚥性呼吸器疾患発症における気道粘液線毛輸送機能の影響~サッカリンテストを用いた検討
    野原幹司, 金子信子, 上田菜美, 沖侑大郎, 石川朗, 阪井丘芳
    2013年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 23

  • 慢性閉塞性肺疾患患者に対する訪問看護プログラム導入による長期的効果-2年間の訪問看護プログラム追跡調査-
    沖侑大郎, 沖侑大郎, 藤本由香里, 松村拓郎, 高橋一輝, 高橋一輝, 金子弘美, 大平峰子, 石川朗
    2013年, リハビリテーション・ケア合同研究大会, 2013

  • 多施設間共同研究による急性期脳血管障害患者の肺炎発症要因の検討
    松村拓郎, 沖侑大郎, 三谷有司, 斎藤洋, 鵜澤吉宏, 三浦康彦, 畑慶弥, 加藤淳也, 藤本由香里, 石川朗
    2013年, 日本呼吸療法医学会学術総会プログラム・抄録集, 35th

  • 舌背部と唾液中における口腔内細菌数の関係性-細菌カウンタによる検討-
    沖侑大郎, 松村拓郎, 藤本由香里, 石川朗
    2013年, 日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会抄録集(Web), 19th

  • HbA1cはCOPD患者の栄養治療介入の阻害因子となりうるか
    松村拓郎, 沖侑大郎, 藤本由香里, 石川朗
    2013年, 日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会抄録集(Web), 19th

  • 慢性閉塞性肺疾患患者の重症度と6分間歩行試験中の酸素飽和度の関係
    藤本由香里, 河島常裕, 廣田千香, 沖侑大郎, 松村拓郎, 石川朗
    日本運動療法学会, 2013年, 日本運動療法学会大会抄録集, 38th, 44 - 44, 日本語

  • 長期療養型病床群における脳血管障害患者の医療・介護関連肺炎発症に関する現状
    松村拓郎, 沖侑大郎, 石川朗
    (一社)日本老年医学会, 2013年, 日本老年医学会雑誌, 50(Suppl.) (Suppl.), 88 - 88, 日本語

  • COPDへの訪問看護を導入した呼吸リハビリテーションの経済的効果の検討
    石川朗, 山中悠紀, 沖侑大郎, 松村拓郎, 藤本由香里
    (一社)日本老年医学会, 2013年, 日本老年医学会雑誌, 50(Suppl.) (Suppl.), 95 - 95, 日本語

  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)早期発見における6分間歩行試験の可能性
    沖侑大郎, 石川朗, 藤本由香里, 松村拓郎
    (一社)日本老年医学会, 2013年, 日本老年医学会雑誌, 50(Suppl.) (Suppl.), 103 - 104, 日本語

  • 金子 弘美, 石橋 由里子, 大平 峰子, 沖 侑大郎
    一般社団法人 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2013年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 23(0) (0), 101s_1 - 101s_1, 日本語

  • COPD患者に対する訪問看護導入による長期的効果-36ケ月間の追跡調査-
    沖侑大郎, 藤本由香里, 松村拓郎, 金子弘美, 金子弘美, 大平峰子, 大平峰子, 石川朗, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2013年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 23(Suppl.) (Suppl.), 139s - 139s, 日本語

  • 一般地域住民における健康関連体力と呼吸機能の関連
    松村拓郎, 沖侑大郎, 藤本由香里, 塚本利昭, 高橋一平, 中路重之, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2013年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 23(Suppl.) (Suppl.), 184s - 184s, 日本語

  • 松村 拓郎, 沖 侑大郎, 三谷 有司, 高橋 満, 藤本 由香里, 石川 朗
    【目的】長期療養型病床群での脳血管障害患者の医療・介護関連肺炎発症の実態について調査することを目的とした.【方法】長期療養型施設2施設に入所した脳血管障害患者54名(平均年齢83.9±10.1歳)を対象とした.対象者を入所期間中に肺炎を発症した肺炎群と発症しなかった非肺炎群の2群に分類し,入所時点での患者特性,入所期間中の死亡率を比較した.【結果】肺炎群は54名中12名(21.8%)で,12名すべてが嚥下障害をもつ75歳以上の後期高齢者であった.非肺炎群と比較して肺炎群は嚥下障害をもつ割合が高く(p<0.05),機能自立度評価表(FIM)スコアが低値であった(24.6±12.8 vs. 40.7±29.6, p<0.05).死亡率は肺炎群が有意に高値となった(HR:5.3, 95%CI:1.2-23.2, p<0.05).【結論】肺炎発症例の特徴から脳血管障害患者に発症する医療・介護関連肺炎の大部分が高齢者の誤嚥性肺炎であると推測された.また,この肺炎発症にいたる背景因子として嚥下障害の存在に加えてADL低下の影響が示唆された.
    一般社団法人 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2013年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 23(3) (3), 284 - 287, 日本語

  • 松村 拓郎, 沖 侑大郎, 三谷 有司, 瀧澤 弥恵, 成田 雅, 松川 桂子, 松田 泰樹, 石川 朗
    【はじめに、目的】 肺炎は高齢者の死因の第1位であり、全死因においても2011年に脳血管障害を抜き第3位となった。脳血管障害患者においてはその1/3が誤嚥性肺炎を発症するとされ、脳血管障害患者の肺炎発症によるリハビリテーションの遅延や在院日数の延長、死亡率の増加も報告されている。誤嚥性肺炎に対する予防的介入としては口腔ケアと摂食嚥下リハビリテーションが挙げられるが、その予防効果は十分ではなく、脳血管障害患者の肺炎発症リスク因子の特定は新たな介入法の検討につながると考えられる。しかし、脳血管障害後の肺炎発症は急性期・慢性期の双方でその危険性が指摘されているにもかかわらず、回復期施設での肺炎発症についての報告は少なく、多施設間で行われた研究はみられない。本研究では回復期4施設において後方視的に多角的な視点から脳血管障害患者の肺炎発症リスク因子について検討した。【方法】 対象は2008年4~6月、2009年4~5月の間に脳血管障害の診断で回復期4施設に新規入院した175名(平均年齢72.0±11.0歳、男性106名、女性69名)とした。調査項目は肺炎発症の有無、年齢、原疾患、既往歴、上肢Brunnstrom Recovery Stage(BRS)、下肢BRS、Japan Coma Scale(JCS)、Functional Independence Measure(FIM)、アルブミン値、総タンパク、活動レベル、経口摂取の有無、嚥下障害の有無、嚥下障害の重症度、人工呼吸器の有無、在院日数、転帰先の17項目とし、それぞれ入院時、またはその近似値を診療録から後方視的に調査した。肺炎の診断は日本呼吸器学会が定める肺炎の重症度分類に該当する所見とX線写真判定により肺炎発症と判断したものとした。統計解析はMann-WhitneyのU検定、カイ二乗検定を用いて肺炎発症の有無と各調査項目の関連について検討した。さらに、関連のみられた項目については肺炎発症の有無をアウトカム、年齢、嚥下障害の有無を調整変数としてロジスティック回帰分析を行い、オッズ比(OR)と95%信頼区間(95%CI)を計算した(有意水準は5%未満)。【倫理的配慮、説明と同意】 各施設に研究報告書を送付し趣旨を説明の上、個人が特定されないことを条件に各施設の倫理委員会の承認を得た。【結果】 肺炎発生率は175名中13名(7.4%)であった。肺炎の有無と各調査項目では、年齢、嚥下障害の有無と重症度、下肢BRS、経口摂取の有無、FIM、アルブミン値、活動レベル、脳血管障害・呼吸器疾患・心疾患既往歴に相関がみられた(p<0.05)。最も相関が強かったのは入院時の活動レベルで、臥床群と車椅子・歩行群の2群に分類しての臥床群の割合は肺炎群で38.5%、非肺炎群で8.8%であった(p<0.001)。ロジスティック回帰モデルでは入院時の活動レベル(OR=5.4[1.3-21.5])、経口摂取の有無(OR=5.4[1.3-22.8])、アルブミン値(OR=0.1[0.01-0.5])、心疾患既往歴(OR=3.9[1.1-13.7])、呼吸器疾患既往歴(OR=4.5[1.2-16.3])、脳血管障害既往歴(OR=3.7[1.1-12.4])に関連がみられた(p<0.05)。【考察】 複数の併存疾患は患者の虚弱による免疫機能の低下を招き、活動レベルの低下は臥床による免疫機能、粘膜線毛クリアランス、消化器機能、食欲の低下を引き起こす。食欲の低下は低栄養状態により易感染性を増強する。Langmoreらは誤嚥性肺炎発症の機序を口腔内細菌叢、誤嚥、宿主の抵抗の3つに分類しており、今回関連がみられた低活動レベル、低アルブミン値、心疾患・呼吸器疾患・脳血管障害既往歴は宿主の虚弱による抵抗能力の低下を示していると考えられた。嚥下機能が正常な高齢者にも睡眠時の誤嚥はみられることから、免疫機能の維持による誤嚥しても肺炎に罹患しにくい身体作りは重要であると考えられ、本研究から活動量や栄養状態の維持による宿主の免疫機能の維持の重要性が示唆された。今後は口腔内細菌叢の存在や口腔ケアの実施の程度も考慮するとともに、活動量や栄養状態の変化を経時的に調査し、これらの項目が肺炎合併に与える影響についてより詳細に検討していく必要があると考えられる。【理学療法学研究としての意義】 低活動や低栄養による免疫機能の低下は誤嚥性肺炎の発症リスクを高めると考えられ、誤嚥性肺炎の効果的な予防のためには口腔ケア、摂食嚥下リハビリテーションだけでは不十分な可能性がある。本研究での介入可能なリスク因子の特定は今後の前向き研究での新たな予防的介入の足掛かりとなる。
    公益社団法人 日本理学療法士協会, 2013年, 理学療法学Supplement, 2012(0) (0), 48101966 - 48101966, 日本語

  • 沖 侑大郎, 松村 拓郎, 藤本 由香里, 河上 晴香, 浜尾 真理子, 石川 朗
    【はじめに、目的】 2011年の我が国における肺炎による死亡者数は、脳血管障害を抜き第3位となった。更に高齢者の死亡者数に限れば肺炎が第1位である。この肺炎罹患者の多くが、長期療養型施設などに入所している高齢者である。2011年に日本呼吸器学会は、介護を必要とする高齢者、長期療養病床群もしくは介護施設に入所する患者が主たる対象者として発症する肺炎を、医療・介護関連肺炎(NHCAP)として定義し、診療ガイドラインを公表した。しかし、診療ガイドラインにおいては、原因菌に対する適切な抗菌薬の選択方法を中心に肺炎診療の指針はなされているが、感染症対策や予防法に対しては十分ではない。今後、在宅医療へと転換されていくことで、最も多く関わるリハビリテーションによる介入が重要となってくる。そのために、理学療法士(以下、PT)・作業療法士・言語聴覚士などが中心となってNHCAP予防に向けた介入を実施していく必要がある。本研究では、予防的介入法確立への前段階として、介護老人保健施設(以下、老健)従事者に対するアンケートを実施することでの現状把握を目的とする。【方法】 (1)調査対象:北海道内における多施設の老健に従事する職員136名(36.7±10.7歳)を調査対象とした。(2)調査方法:平成22年7月に開催された介護老人保健施設を対象とした職員研修会参加者に、無記名での自記式アンケート用紙を配布し、研修会終了後に回収する集合調査法にて実施した。(3)調査内容:勤務施設について、アンケート回答者の基本属性、勤務先での日常業務、老健における呼吸ケア・リハビリテーションなど呼吸ケアに対する所属施設での現状と意識などについて問う項目を設定した。【倫理的配慮、説明と同意】 調査実施に際し、紙面上にて本研究の主旨と調査結果を記号化させ、個人特定ができないことを説明し、同意を得た上で調査を実施している。【結果】 呼吸ケアの必要性を感じる対象者として、慢性閉塞性肺疾患(COPD)(80.1%)、肺炎(69.9%)、中枢神経疾患(56.6%)、高齢者(57.4%)が挙げられた。しかし、実際に十分に実施されているという回答は10%に満たなかった。また、PT(21名)のみに着目すると、所属施設での呼吸ケア実施状況の内訳は、十分に実施できている(0名)、ある程度できている(0名)、どちらでもない(2名)、あまり実施できていない(19名)であった。その理由として、「知識および技術不足」が80%以上を占めた。実際の呼吸ケア介入方法としては、全体では呼吸練習(45%)、パーカッション(32%)、歩行練習(33%)、リラクセーション・呼吸筋トレーニング・体位排痰法・気管内吸引(22%)であった。一方、PTでは、胸郭可動域練習(80%)、歩行練習(76%)、リラクセーション・呼吸練習(71%)、呼吸筋トレーニング・自転車エルゴメーター(52%)、呼吸介助(47%)であった。また、呼吸ケアについて困っていることについての自由記載では、「誤嚥性肺炎の予防および対応が分からない」「所属施設での呼吸ケアに対する理解が得られない」などが多かった。【考察】 本研究結果から、老健施設においてCOPD、肺炎、中枢神経疾患、高齢者などに対する呼吸ケアの必要性を感じていながら、知識や技術がない為に実施されてない現状が明らかになった。これは、PTのみに着目しても同様の結果であった。今後、更に高齢化社会が進行し、患者の多くが在宅や老健で生活を送ることが予想されることから、PTの役割も変化していき、発症予防という概念がより一層重要になると考える。PTが中心となり、呼吸ケアに対する基礎知識と技術が得られる機会を増やし意識を高めていくことが、今後の課題であると考える。NHCAPに対する予防的介入法確立に向けての展望として、まずはNHCAP発症要因について検討を行い、リハビリテーションの視点からリスク指標を明らかにしていく必要性があると考える。【理学療法学研究としての意義】 現在、日本呼吸器学会で、肺炎球菌ワクチンとインフルエンザワクチンの併用接種を行うことで、高齢者介護施設の肺炎による入院回数を減少させ、医療費を年間5,110億円削減されると試算されている。しかし、NHCAPの本質である誤嚥性肺炎は、発症を繰り返してしまうため根本的解決は困難である。したがって、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などが中心となり、リハビリテーションによる誤嚥性肺炎再発に対する予防法を確立させることで、NHCAP発症者数を減少させ、更なる医療費削減が見込まれる。本研究により、老健での呼吸ケアに対する現状把握が行えたことで、予防的介入法確立に向けた展望が明確になった。今後、理学療法学的観点からNHCAP発症リスク因子の特定および予防的介入法確立に向けた介入研究を行っていくにあたり、非常に意義のある研究である。
    公益社団法人 日本理学療法士協会, 2013年, 理学療法学Supplement, 2012(0) (0), 48101930 - 48101930, 日本語

  • 浜尾 真理子, 石川 朗, 沖 侑大郎
    【はじめに、目的】呼吸器疾患患者は、動作による息切れによって日常生活動作(ADL)の自立が妨げられているという現状があり、息切れは患者の行動能力を制限し全身状態を低下させる。さらに呼吸困難という恐怖や不安感から身体活動を回避し活動性が低下、全身持久力が低下しADL能力に影響を及ぼすことが示されている。ADL能力低下の原因として、高齢と疾患の併存による歩行能力の低下が挙げられており、下肢筋力低下は生活機能の低下を招く。 太湯らは平均歩数が4000 steps/day以下は低活動傾向にあるとしている。そのため、呼吸器疾患患者は息切れによる呼吸困難から低活動傾向となり、ADL能力低下のリスクが予測される。ADL能力を維持するために、具体的にどの程度の活動性を保つことが息切れの軽減につながるのかと明示された研究は少なく、呼吸器疾患患者のADL評価における歩行能力に関する評価も十分でないのが現状である。そこで、本研究で呼吸器疾患患者のADLに伴う呼吸困難感と歩数の相関を調査し、歩数とADLの息切れの程度を明らかにするのが目的である。【方法】対象は呼吸器リハビリテーション外来患者20名(平均年齢74.9歳±12.1)で、男性13名、女性7名であった。疾患内訳は慢性閉塞性肺疾患8名、肺結核後遺症3名、気管支喘息3名、慢性気管支拡張症2名、突発性間質性肺炎2名、慢性呼吸不全1名、非定型型抗酸菌症1名であった。全対象者に対しADL項目(食事・入浴(湯船につかる・上下身の洗体・洗髪)・排泄・整容(洗顔・歯磨き)・更衣(シャツ着脱・ズボンの着脱・靴下の着脱)屋内平地歩行・坂道を上る・階段昇降・バス等の外出・買い物の各動作について、息切れを全く感じない「0」から最大限に強い「10」まで12段階のアンケートを行い、自己記入式で行なった。また対象者は7日間万歩計を使用し、歩数(steps/day)を記録して頂き、7日間での平均歩数(steps/day)を算出し、平均歩数に応じて、活動群14名(≧4000steps/day)、低活動群6名(<4000steps/day)の2群に分けた。統計方法はSpearmanの順位相関分析を用いた。【倫理的配慮、説明と同意】呼吸器リハビリテーション外来に通院する呼吸器疾患患者に対し、本研究の趣旨と調査結果を記号化し、個人特定できないことを口頭及び紙面にて説明し、同意を得た上で、調査を実施した。【結果】低活動群は入浴を除くADL(食事・排泄・整容(洗顔・歯磨き)・更衣(シャツ着脱・ズボンの着脱・靴下の着脱)と息切れの程度に相関は見られなかった。一方、(1)屋内平地歩行(2)坂道上り(3)階段昇降(4)バス等で外出(5)買い物(6)入浴、の6つの活動と歩数に息切れの負の相関が見られた(p<0.05)。活動群は歩数とADLの息切れの程度に、入浴(湯船につかる・上下身の洗体・洗髪)以外に有意な相関が見られなかった。(p<0.05)【考察】呼吸器疾患患者の身体活動減少の機序として、労作時の呼吸困難感は座位中心の生活へ変化させるとの報告がある。本研究においても、低活動群では食事や更衣など座位で行うことが可能なADLの息切れの程度と歩数に相関が見られなかったのに対し、歩行や外出等移動を含むADLの息切れと歩数に関しては、相関が認められ先行研究での報告を裏付ける結果となった。このことから、呼吸器疾患患者の低活動が、下肢骨格筋量および運動耐容能を低下させる要因となり、労作時における息切れおよび呼吸困難感を増幅させることで、更に低活動を助長するという悪循環を招くことが考えられる。本研究により、早期から4000steps/dayの歩行量を確保することが、呼吸器疾患患者の活動性維持に重要な因子となる可能性が示唆された。4000steps/day以下になるにつれ、身体負荷の高い移動能力の息切れ感が増幅され外出機会の減少・活動意欲低下につながると予測される。今後、ADL能力低下に対する予防的観点から、ADL能力と歩行能力の関連性について更に検討していく必要があると考える。【理学療法学研究としての意義】本研究で呼吸器疾患患者のADLにおける呼吸困難感と歩行能力の関連性を明らかにした。活動性の一つの具体的な指標として4000 steps/dayを呼吸器疾患患者に明示し実践することにより、将来的に予測されうる呼吸困難感を軽減させる可能性がある。今後更に、呼吸器疾患患者のADL能力低下に対する予防的観点からの理学療法による介入研究を実施していく上で、重要な指標となる可能性のある意義のある研究である。
    公益社団法人 日本理学療法士協会, 2013年, 理学療法学Supplement, 2012(0) (0), 48101951 - 48101951, 日本語

  • 人工呼吸療法中の小児の理学療法 (特集 人工呼吸器を装着している小児の看護) -- (人工呼吸療法中の小児のケア)
    石川 朗, 沖 侑大郎
    へるす出版, 2012年08月, 小児看護, 35(9) (9), 1190 - 1196, 日本語

  • 沖 侑大郎, 田中 直次郎, 沖田 啓子, 渡邉 光子, 岡本 隆嗣
    【はじめに、目的】 延髄外側症候群(以下:Wallenberg症候群)とは、1895年にAdolf Wallenbergが発表し広く知られるようになった。球麻痺、小脳失調、交代性解離性感覚障害の所見を呈し、50%以上に嚥下障害を合併するといわれている。今回、Wallenberg症候群で嚥下障害を呈した症例に対し、理学療法学的観点から頸部可動性、舌骨上筋群の機能を中心に評価し、アプローチすることで改善が認められたので報告する。【方法】 本症例は、60歳代男性で、右椎骨動脈閉塞による右延髄外側の梗塞を発症し、左片麻痺、左失調症状、右側温痛覚障害、構音障害、嚥下障害を呈し発症51日目に当院に入院した。独歩でADLは自立しており、意識障害、高次脳機能障害は認めず、嚥下障害が主な問題点であり、藤島の摂食・嚥下能力のグレード7であった。神経学的所見として、Brunnstrom stageは左上下肢ともに6レベル。体幹機能は頸・体幹・骨盤帯運動機能検査で5レベルであり、座位および立位保持は安定。Berg's Balance Scaleで56/56でADL上バランス機能に問題は見られなかった。嚥下障害に対する問題点を頸部可動域低下、舌骨および喉頭挙上不全、舌骨上筋群筋力低下とし、Videofluorography(以下VF)上で軟口蓋および舌骨の挙上不全により十分な嚥下圧が得られないことによる喉頭蓋谷、梨状窩の残留を認めた。今回の評価方法として、藤島による摂食・嚥下能力のグレード(以下Gr.)、頸部伸展および回旋の関節可動域、相対的喉頭位置(以下T-position)、舌骨上筋群筋力評価スケール(以下GSグレード)、VF上で第3頸椎の内側縦長を基準とし、舌骨と喉頭それぞれの最大前方移動距離と最大挙上距離(前方/挙上)を用い、退院までの経過を評価した。問題点に対し、頸部可動域改善に向け、頸部・肩甲帯リラクゼーション後、舌骨上筋群へのマイオフェイシャルリリース、ダイレクトストレッチおよび舌骨モビライゼーションを行った。また、舌骨上筋群を強化して舌骨および喉頭運動を改善させ、食道入口部の開大を目的に、頭部挙上練習30回反復後、頭部挙上位1分間保持3回を1セットで構成されるシャキア法を、1日3セットを週5回で退院までの1ヶ月間継続的に行った。その際、通常のシャキア法では、腹筋群での代償が生じやすいと考え、頭部挙上練習は背臥位でセラピストが頸部を軽度屈曲位になるように後頭部を介助することで頭部の重さをサポートし、患者が顎を引くことに対し、セラピストが抵抗を加えた。頭部挙上保持は、セラピストが両肩関節を床面に向かい抵抗を加えながら行うことで腹筋群の代償の軽減を図りながら舌骨上筋群の筋力強化を図った。【倫理的配慮、説明と同意】 本症例には症例報告をさせて頂く主旨を紙面上にて説明し同意を得た。【結果】 上記の評価項目を用い、退院までの経過を評価した。評価結果(入院時評価→退院時評価)として、(食形態)Gr.7→9、(頸部伸展)50°→60°、(頸部回旋左右)50°→60°、(T-position)0.44→0.416、(GSグレード)1→3、VF上で舌骨・喉頭移動距離(前方/挙上)は、(舌骨)11.7/4.4cm→12.9/14.7cm、(喉頭)22.0/10.4cm→25.9/12.9cmの項目に改善が見られた。【考察】 本症例に対し頸部・舌骨上筋群を中心としたストレッチを行うことで、頸部伸展および回旋可動域、T-positionの改善が認められた。頸部の可動域制限は、舌骨や喉頭を過剰に固定し挙上運動の制限因子となる。頸部ストレッチを行うことで伸張刺激が加わり舌骨・喉頭の挙上運動が働きやすい状況になったと考える。更にGSグレードの改善からも分かるようにシャキア法により喉頭挙上筋である舌骨上筋群の筋力が改善している。つまり、筋の長さ-張力曲線の原理から考え、頸部の伸張性が改善したことにより喉頭挙上に関する筋力が動員されやすい状態となった。さらに舌骨上筋群の筋力が改善したことにより舌骨・喉頭挙上運動が増大した。このことは、VF所見から舌骨前方および挙上移動距離の改善していることから明らかである。以上より今回の症例に対して舌骨上筋群のストレッチ、シャキア法が、嚥下機能改善に対する有用なアプローチ法であること、加えて詳細な評価が有効であることが考えられる。【理学療法学研究としての意義】 今回理学療法の観点からの嚥下障害に対する間接的アプローチを行うことで、改善が見られた。吉田らによると嚥下障害改善群は、頸部伸展・回旋、舌骨上筋群筋力が有意に改善すると報告しており、本症例においても嚥下機能改善に伴い、頸部伸展・回旋、舌骨上筋群筋力、T-positionの改善が見られておりアプローチ方法は有用であったと考える。今回着目した頸部の可動性、舌骨上筋群の筋力を中心に正確な評価指標をもって病態を把握し、嚥下運動に対してのより効果的なアプローチが可能になると考える。
    公益社団法人 日本理学療法士協会, 2012年, 理学療法学Supplement, 2011(0) (0), Da0991 - Da0991, 日本語

  • COPDの6分間歩行試験中の酸素飽和度および脈拍の経時的変化
    石川朗, 沖侑大郎, 河島常裕, 手塚恵, 乾光則, 菅原好孝
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2012年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 22(Suppl.) (Suppl.), 124s - 124s, 日本語

  • 医療・介護関連肺炎に関する調査-老人保健施設での呼吸ケア・リハビリテーションに関するアンケート-
    沖侑大郎, 石川朗
    (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 2012年, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 22(Suppl.) (Suppl.), 143s - 143s, 日本語

  • 江里口 恵介, 沖 侑大郎, 金子 秀雄
    【はじめに】
    呼吸介助は、換気を改善する手技として知られている。この呼吸介助の臨床的効果は、換気量を増加、胸郭の可動性と柔軟性の改善、リラクセーション効果などがあげられる。
    現在、呼吸介助中の効果についての報告はあるが、呼吸介助後も含めその効果を検証した報告は少ない。今回、健常者に対し上部胸郭への呼吸介助を行い、呼吸介助中およびその前後の呼吸機能がどの程度変化するかを検討したので報告する。
    【対象および方法】
    対象は健常な男性10名とした(平均年齢21.5±0.7歳)。なお、本研究は、全ての対象者に対して説明し、同意を得て実施した。
    測定は、呼吸介助中およびその前後の一回換気量(TV)、分時換気量(VE)、呼吸数(RR)と呼吸介助前後の肺気量(肺活量:VC、最大吸気量:IC、予備呼気量:ERV)を測定するために、スパイロメータ(HI-801、チェスト)を使用した。
    呼吸介助は上部胸郭に対して行い、圧迫時に痛みや不快感がないことを確認した。また、対象者に対して呼吸介助時に意識的な呼吸を行わないように指導した。
    対象者は肺気量を測定した後、ベッド上安静臥位を3分間行った後にVE、TV、RRを測定した。測定後、背臥位で3分間呼吸介助を行った。呼吸介助を開始して1分後と呼吸介助終了1分後にVE、TV、RRを測定した。その時、意識的な呼吸を確認した時は再度測定を行った。最後に、再び肺気量を測定した。
    統計学的分析には、呼吸介助中およびその前後を比較するためにTukey法による多重分析を行った。有意水準は5%とし、それ未満を有意とした。
    【結果】
    呼吸介助前での比較では、介助中の一回換気量は介助前と比べ約1.5倍近く増加し有意な差がみられた。たが、介助後では有意な差は認められなかった。分時換気量では介助前と比べ介助中では54.0%増加し、介助後では23.5%減少し、ともに有意差を認めた。呼吸数は呼吸介助前と比べ介助中は4.8回の減少、介助後では2.5回の減少を認めともに有意差が認められた。また、肺気量は呼吸介助前、呼吸介助後は有意な変化が見られなかった。
    【考察】
    上部胸郭への呼吸介助によりTV、VEが増大し、呼吸介助後のRR、VEを減少させることがわかった。これは呼吸介助中のVE増大によりPaCO2が減少したことに加え、胸郭弾性力の利用した吸気作用によりリラクセーション効果が生じ、換気が抑制されたことが考えられる。
    また、今回、呼吸介助により胸郭柔軟性が改善されることで、肺気量位に及ぼす影響についても検討を加えたが、有意な変化は生じなかった。今回の結果における呼吸介助は上部胸郭に対してしか行わなかったので、今後は下部胸郭の呼吸介助を含めて検討していきたい。
    九州理学療法士・作業療法士合同学会, 2009年, 九州理学療法士・作業療法士合同学会誌, 2009(0) (0), 165 - 165, 日本語

  • 胸郭拘束が酸素摂取量と呼吸困難感に及ぼす影響
    沖侑大郎, 金子秀雄
    2009年, 中国ブロック理学療法士学会学会誌, 23rd

  • 金子 秀雄, 吉住 浩平, 永井 良治, 大塚 もも子, 川島 由希, 江里口 恵介, 沖 侑大郎, 徳永 浩一, 加藤 紗織
    【目的】呼吸調整を目的に横隔膜呼吸を試みるが、呼吸障害患者では上手くできないことも少なくない.このようなとき上部胸郭に持続的な徒手的圧迫を加えることで横隔膜呼吸へと誘導できることを経験する.しかし、その効果についてはほとんど知られていない.そこで、本研究では健常者を対象に上部胸郭への圧迫が横隔膜機能にどのように作用するか検証することを目的とした.

    【方法】健常男性24名(21±1歳)を対象とした.対象者には研究内容を書面および口頭にて説明し同意を得た.また、本研究は国際医療福祉大学の倫理委員会の承認を得て実施した.上部胸郭圧迫およびその前後の横隔膜機能を評価するために6.0MHzの超音波画像計測装置とBモード、リニア式プローブを用いた.プローブは右中腋窩線から前腋窩線上の間の第8または第9肋間にプローブを置き、吸気終末時と呼気終末時の静止画像を3呼吸分抽出した.超音波画像はパソコン画面上にて横隔膜の筋厚(Tdi)を測定し、呼気終末時と吸気終末時のTdiの差を呼気終末時のTdiに対する百分率で表した(delta Tdi).また、このときの一回換気量と呼吸数を測定するためにスパイロメータを使用した.上部胸郭への圧迫には血圧計のマンシェットを使用し、腋窩から乳頭レベルに置いて、胸郭に巻きつけた.圧迫は40mmHg とした.対象者はフェイスマスクを装着して背臥位となり、上部胸郭への圧迫を3~5分間を加えた.すべての測定は呼吸が安定した後に実施した.上部胸郭圧迫とその前後の3条件を比較するために、分散分析を用いて多重比較を行った.

    【結果】上部胸郭圧迫とその前後の比較では、delta Tdiは有意に増大したが、一回換気量と呼吸数に有意差はなかった.しかし、このうち8名はdelta Tdiが減少していたことから、その増減により2群(増大群、減少群)に分類し比較した.その結果、2群の一回換気量と呼吸数には有意差はなかったが、上部胸郭圧迫前のdelta Tdiは増大群より減少群の方が高値であった.上部胸郭圧迫後、増大群のdelta Tdiは有意に減少し圧迫前に戻ったが、減少群のほとんどは圧迫時と同じ状態を維持していた.

    【考察】上位肋間筋への伸張刺激を行った先行研究では、伸張刺激により横隔膜の活動が高まったことを報告している.そのため、本研究では上部胸郭圧迫が横隔膜機能を高めるという仮説のもとに実施した.その結果、一回換気量は同等であるにもかかわらず横隔膜機能の指標であるdelta Tdiは有意に増大し、上部胸郭圧迫は横隔膜機能を高めることが示された.この効果は、特に横隔膜動員が相対的に少ない対象者に認めたことから、呼吸障害により横隔膜機能が減少した患者に対しても同様な効果が期待できる可能性が示唆された.
    公益社団法人 日本理学療法士協会, 2009年, 理学療法学Supplement, 2008(0) (0), A3P2148 - A3P2148, 日本語

■ 講演・口頭発表等
  • Post-COVID-19 Functional Status Scale日本語暫定版の開発
    沖 侑大郎, 関川 清一, 山田 莞爾, 木村 雅彦, 神津 玲, 玉木 彰
    日本呼吸器学会誌, 2021年03月, 日本語, (一社)日本呼吸器学会, Post-COVID-19 Functional Status(PCFS)Scaleは、新型コロナウイルス感染症(coronavirus disease 2019:COVID-19)感染後の退院患者を対象とした機能評価尺度である。今回、本機能評価尺度をわが国に導入するため、外国語尺度の翻訳版開発の標準的プロトコールに従い、(1)順翻訳、(2)逆翻訳、(3)原著者による逆翻訳の内容の確認の流れで日本語暫定版を作成した。すでに他言語でも翻訳されており、今後はCOVID-19患者における感染後の機能状態を定量的に評価するための国際的な標準指標となる可能性がある。(著者抄録)

  • 呼吸器疾患特異的ADL尺度であるBarthel Index dyspneaの翻訳と信頼性、妥当性の検証
    山口 卓巳, 山本 暁生, 沖 侑大郎, 酒井 英樹, 岩田 優助, 金子 正博, 澤田 格, 沖 由香里, 三谷 有司, 石川 朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2021年02月, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • The Post-COVID-19 Functional Status(PCFS)Scale日本語版の開発
    沖 侑大郎, 関川 清一, 山田 莞爾, 木村 雅彦, 神津 玲, 玉木 彰
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2021年02月, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • 呼吸ケアを紡ぐ〜呼吸ケアにおけるチームビルディングの現在、そして未来〜 在宅呼吸ケアにおけるチームビルディングの果たす役割とは
    沖 侑大郎, 玉木 彰, 石川 朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2021年02月, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • Post-COVID-19Functional Status Scale日本語暫定版の開発
    沖侑大郎, 関川清一, 山田莞爾, 山田莞爾, 木村雅彦, 神津玲, 玉木彰
    日本呼吸器学会誌(Web), 2021年

  • The Post-COVID-19Functional Status(PCFS)Scale日本語版の開発
    沖侑大郎, 関川清一, 山田莞爾, 山田莞爾, 木村雅彦, 神津玲, 玉木彰
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌(Web), 2021年

  • 呼吸器疾患特異的ADL尺度であるBarthel Index dyspneaの翻訳と信頼性,妥当性の検証
    山口卓巳, 山口卓巳, 山本暁生, 山本暁生, 沖侑大郎, 酒井英樹, 岩田優助, 金子正博, 澤田格, 沖由香里, 三谷有司, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌(Web), 2021年

  • 在宅呼吸ケアにおけるチームビルディングの果たす役割とは
    沖侑大郎, 玉木彰, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌(Web), 2021年

  • 兵庫県における呼吸ケア地域連携実現に向けた取り組み
    沖 侑大郎, 玉木 彰, 藤本 由香里, 山口 卓巳, 長田 敏子, 酒井 英樹, 近藤 敬介, 田村 宏, 石川 朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2020年, 日本語, 一般社団法人 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会,

    本邦の訪問看護サービス利用者は年々増加傾向にある.在宅呼吸ケアの必要性は更に高まると予想され,ネットワークおよびフォローアップ体制の構築・充実化が急務である.そこで,兵庫県で実施している呼吸ケアの地域連携実現に向けた取り組みを紹介する.

    在宅医療従事者の呼吸ケアの知識・技術の向上およびネットワーク構築を目的に,2012年に"神戸在宅呼吸ケア勉強会"を発足した.定期的な勉強会や研修会の開催に加え,パンフレットや地域連携MAPを作成し,情報を発信している.

    さらに,急性期から在宅までのシームレスな呼吸ケアの提供に向けたフォローアップ体制構築および地域ネットワーク充実化を目的に,2017年に"ひょうご呼吸ケアネットワーク"を発足した.フォローアップツールとして呼吸ケア情報提供書を作成し,地域への周知活動を行っている.

    このような地域連携実現に向けた活動が,今後日本の呼吸ケアのエビデンス確立の一助となることを期待する.


  • 兵庫県における呼吸ケア地域連携実現に向けた取り組み
    沖侑大郎, 玉木彰, 藤本由香里, 藤本由香里, 山口卓巳, 山口卓巳, 長田敏子, 酒井英樹, 近藤敬介, 田村宏, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌(Web), 2020年

  • 慢性呼吸不全患者の健康関連QOL推移パターンによる経過分析
    山中 悠紀, 沖 侑大郎, 藤本 由香里, 藤田 万利子, 鏑木 武, 石川 朗
    理学療法学Supplement, 2020年, 日本語, 公益社団法人 日本理学療法士協会

  • 高齢肺炎患者のサルコペニアとADLとの関連
    山田 莞爾, 沖 侑大郎, 藤本 由香里, 三谷 有司, 山田 洋二, 藤田 万利子, 太田 浩章, 岩田 健太郎, 石川 朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2019年10月, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • COPD患者における社会機能の違いが長期予後に与える影響
    沖 侑大郎, 玉木 彰, 沖 由香里, 山田 莞爾, 野崎 惇貴, 藤田 万利子, 金子 弘美, 石橋 由里子, 大平 峰子, 石川 朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2019年10月, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • 誤嚥性肺炎を予防する 予防のための呼吸リハビリテーション
    石川 朗, 沖 侑大郎, 三谷 有司, 山田 洋二
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2019年10月, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • 医療介護関連肺炎における発症要因と時間解析の検討
    三谷 有司, 沖 侑大郎, 藤本 由香里, 山口 卓巳, 山田 洋二, 山田 莞爾, 岩田 優助, 石川 朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2019年, 日本語, 一般社団法人 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会,

    【目的】 FIM,MASA,CONUTを用いて肺炎の関連因子について検討し,さらに肺炎発症までの期間に与える影響を考慮することで,院内肺炎発症の予測の妥当性について検証した.

    【対象】医療療養ならびに一般病床に新規入院した130名.

    【方法】入院から1年間の追跡調査の中で肺炎発症群と未発症群とに分類して比較した.さらに発症因子の検討にはロジスティック回帰分析を使用し,調査期間における影響度の検討にはKaplan-Meier分析,Coxハザード回帰分析を行った.

    【結果】130名中52名(40.0%)が肺炎を発症.要因分析の結果,MASAが有意な因子であった.発症時間解析では,MASA<168群では有意に発症率が高かった

    【結論】院内肺炎の要因として嚥下状態が重要な因子であることが示唆された.今後は活動・栄養の観点も加えて,肺炎の予防に繋げられるか検討していくべきであると考える.


  • 医療介護関連肺炎における発症要因と時間解析の検討
    三谷有司, 三谷有司, 沖侑大郎, 藤本由香里, 山口卓巳, 山田洋二, 山田莞爾, 岩田優助, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌(Web), 2019年

  • COPD患者における社会機能の違いが長期予後に与える影響
    沖侑大郎, 玉木彰, 沖由香里, 山田莞爾, 野崎惇貴, 藤田万利子, 金子弘美, 石橋由里子, 大平峰子, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌(Web), 2019年

  • 在宅呼吸リハビリテーション
    玉木彰, 沖侑大郎
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌(Web), 2019年

  • 予防のための呼吸リハビリテーション
    石川朗, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 三谷有司, 三谷有司, 山田洋二, 山田洋二
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌(Web), 2019年

  • 高齢肺炎患者のサルコペニアとADLとの関連
    山田莞爾, 山田莞爾, 沖侑大郎, 藤本由香里, 三谷有司, 山田洋二, 藤田万利子, 太田浩章, 岩田健太郎, 岩田健太郎, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌(Web), 2019年

  • 研究助成報告 慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者における教育入院後の疲労感改善が与える効果についての検討
    沖 侑大郎, 玉木 彰, 藤本 由香里, 山田 莞爾, 三谷 有司, 岩田 優助, 山口 卓巳, 山本 暁生, 金子 弘美, 大平 峰子, 石川 朗
    理学療法兵庫 : 一般社団法人兵庫県理学療法士会学術誌, 2018年, 日本語, 兵庫県理学療法士会, 慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者における教育入院後における疲労改善の有無が長期予後に与える影響について検討した。病院で2週間の呼吸リハビリテーション教育入院プログラムを受け、その後5年間の経過を追跡することができたCOPD患者83名(男性79名、女性4名、中央値78歳)を対象とした。測定項目として、在宅酸素療法の使用状況、肺機能検査項目、6分間歩行試験、教育入院前後の健康関連QOL(CRQ)を後方視的に収集した。教育入院前後のCRQ(fatigue)から、疲労感非改善群(40名)と疲労感改善群(43名)に分類された。5年生存率は、疲労感非改善群に比べて疲労感改善群の方が有意差をもって高値であった。教育入院プログラム実施後に疲労感が改善した患者は、年齢、性別、在宅酸素療法の使用、重症度に関わらず5年生存率が高いことが示唆された。

  • COPD患者における教育入院後の疲労感改善が長期予後に与える影響
    沖侑大郎, 玉木彰, 藤本由香里, 山田莞爾, 三谷有司, 山口卓巳, 山本暁生, 金子弘美, 太平峰子, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2018年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • 健常若年成人における低頻度吸気筋力トレーニングに関する検討~吸気筋力と咳嗽力に着目して~
    藤田万利子, 藤本由香里, 山田莞爾, 大橋啓太, 沖侑大郎, 三谷有司, 山田洋二, 山口卓巳, 山本暁生, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2018年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • 呼吸器疾患に対する作業療法士の意識調査
    山口卓巳, 山口卓巳, 井上慎一, 酒井英樹, 沖侑大郎, 藤本由香里, 山田莞爾, 三谷有司, 山本暁生, 野崎忠幸, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2018年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • 運動負荷試験としての2-minute step testの有用性
    高橋一揮, 高橋一揮, 藤澤宏幸, 沖侑大郎, 藤本由香里, 山田莞爾, 三谷有二, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2018年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • シート状ストレッチセンサを用いた胸郭運動の計測機器の開発
    山本 暁生, 中本 裕之, 沖 侑大郎, 藤本 由香里, 別所 侑亮, 石川 朗
    リハビリテーション医学, 2018年, 日本語, 日本リハビリテーション医学会,

    目的:呼吸リハビリテーションのための簡便で非侵襲的に胸郭運動を計測するストレッチセンサ(STR)が開発された.本研究の目的は,STRによる胸郭運動計測の妥当性を検討することである.

    方法:健常成人男性12名が立位姿勢で3つのセンサ〔STR,インダクタンス式呼吸プレチスモグラフィー(RIP),スパイロメーター(FLOW)〕を装着し,4つの呼吸様式(自然呼吸:120秒,深呼吸:60秒,頻呼吸:60秒,無呼吸:60秒)での胸郭運動を計測した.STRはバンドとして胸部と腹部に装着した.各センサの胸郭運動計測について分析した.

    結果:STRの出力はFLOWおよびRIPと有意な相関を示した(r=0.50~1.00, p<0.05).STRから得た呼吸回数はFLOWから得た実測値と差を認めなかった(p>0.05).STR出力は呼吸様式によって有意に変化していた(無呼吸<頻呼吸<自然呼吸<深呼吸,p<0.05).

    結論:STRは健常若年健常者におけるさまざまな呼吸条件において胸郭運動を計測することができる.


  • 有料老人ホーム入居者に対する週1回の運動介入が運動機能およびフレイルに与える影響
    湊一輝, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 玉木彰, 玉木彰
    日本サルコペニア・フレイル学会誌, 2018年

  • 介護付き有料老人ホームにおけるフレイルの実態調査
    沖侑大郎, 沖侑大郎, 湊一輝, 玉木彰, 玉木彰
    日本サルコペニア・フレイル学会誌, 2018年

  • 徒手的咳嗽介助 (特集 排痰ケアの疑問がスッキリ! ナースのための呼吸理学療法まとめノート)
    沖 侑大郎
    呼吸器ケア = Respiratory care : 呼吸器医療チームの専門誌, 2017年12月, 日本語, メディカ出版

  • 急性呼吸不全を理解する 呼吸ケア・リハビリテーション (第2回呼吸ケア指導スキルアップセミナー 症例を通じて急性期から慢性期まで シームレスな呼吸ケアを理解する)
    石川 朗, 沖 侑大郎, 藤本 由香里
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌 = The journal of the Japan Society for Respiratory Care and Rehabilitation, 2017年04月, 日本語, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会,

    COPDの急性増悪を想定した症例で,呼吸ケア・リハビリテーションの一連の流れを解説する.症例は,COPDを原疾患とし,慢性的な誤嚥の繰り返しから誤嚥性肺炎重症化のARDSである.ICU滞在中の筋力低下(ICU-AW),無気肺,排痰障害,せん妄,酸素化不良が混在している.ICUにおける呼吸ケア・リハビリテーションは,呼吸器合併症とICU-AWの予防が主となり,Early mobilizationとしてコンディショニング,体位管理,排痰,離床などを実践する.より早期に介入した方が効果は高い.ICUより一般病棟へ転棟後は,コンディショニング,6分間歩行試験などによる運動耐容能評価,ADL評価,筋力および運動耐容能改善を目的とした運動療法,栄養指導,身体活動量向上に向けての指導,在宅に向けたサービス再検討を実施する.特に運動療法は,運動能力の増大,自覚的呼吸困難間の軽減,健康関連QOLの向上,うつ気分や不安の軽減,増悪による入院後の回復促進に関し,エビデンスが確立されている.


  • シート状ストレッチセンサを用いた歩行中の非侵襲的な呼吸数計測法の開発
    山本 暁生, 中本 裕之, 別所 侑亮, 太田 雅史, 沖 侑大郎, 藤本 由香里, 渡邊 佑, 岩田 健太郎, 村上 茂史, 山田 莞爾, 寺田 努, 小野 くみ子, 石川 朗
    日本呼吸器学会誌, 2017年03月, 日本語, (一社)日本呼吸器学会

  • 医療・介護関連肺炎における30日以内再入院に関連する因子の検討
    山田洋二, 向真史, 藤本由香里, 沖侑大郎, 山田莞爾, 澤田拓也, 山口卓巳, 岩田優助, 三谷有司, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2017年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • 医療・介護関連肺炎における発症要因と予防の効果について
    三谷有司, 三谷有司, 沖侑大郎, 藤本由香里, 山口卓巳, 山田洋二, 高橋一揮, 岩田優助, 山田莞爾, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2017年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • ウェアラブルストレッチセンサを用いた歩行中の呼吸数計測システムの精度検証
    山本暁生, 中本裕之, 別所侑亮, 沖侑大郎, 藤本由香里, 渡邊佑, 山田莞爾, 寺田努, 小野くみ子, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2017年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • 6分間歩行試験によるCOPD患者特性スクリーニング指標としての有用性-Desaturation Distance Ratioに着目して-
    沖侑大郎, 藤本由香里, 金子正博, 酒井英樹, 三栖翔吾, 三栖翔吾, 山口卓巳, 山口卓巳, 三谷有司, 岩田優助, 山田莞爾, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2017年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • 兵庫県における呼吸ケア地域連携実現に向けた取り組み
    沖侑大郎, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 玉木彰, 玉木彰, 長田敏子, 長田敏子, 長田敏子, 山口卓巳, 山口卓巳, 山口卓巳, 山口卓巳, 近藤敬介, 近藤敬介, 近藤敬介, 伊藤夏子, 伊藤夏子, 酒井英樹, 酒井英樹, 田中利明, 田中利明, 森川宏, 森川宏, 石川朗, 石川朗, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2017年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • 慢性閉塞性肺疾患患者における便通状態と身体・精神機能との関連性
    沖侑大郎, 松本真裕美, 藤本由香里, 山口卓巳, 山田莞爾, 渡邊佑, 金子弘美, 大平峰子, 安田尚史, 石川朗
    日本老年医学会雑誌, 2017年, 日本語, (一社)日本老年医学会

  • シート状ストレッチセンサを用いた歩行中の非侵襲的な呼吸数計測法の開発
    山本暁生, 中本裕之, 別所侑亮, 太田雅史, 沖侑大郎, 藤本由香里, 渡邊佑, 岩田健太郎, 村上茂史, 山田莞爾, 寺田努, 小野くみ子, 石川朗
    日本呼吸器学会誌(Web), 2017年

  • 回復期リハビリテーション病棟入院中の脳卒中高齢患者における1ヶ月後のFIM運動利得と自宅退院の要因の検討
    渡邊佑, 沖侑大郎, 藤本由香里, 山口卓巳, 三谷有司, 吉井慎二, 川崎博英, 藤尾和樹, 山本暁生, 石川朗
    回復期リハビリテーション病棟協会研究大会プログラム・抄録集, 2017年

  • 回復期リハビリテーション病棟入院中の脳卒中高齢患者の入院時GNRIが1ヶ月後のFIM運動利得に及ぼす影響
    渡邊 佑, 沖 侑大郎, 藤本 由香里, 山口 卓巳, 三谷 有司, 山田 莞爾, 吉井 慎二, 井上 英也, 石川 朗
    理学療法学Supplement, 2017年, 日本語, 公益社団法人 日本理学療法士協会,

    【はじめに,目的】

    リハビリテーション病院に入院中の脳卒中後の患者の8.2~49%が低栄養であると報告されている。低栄養は急性期病院への再入院や入院期間の延長につながるとの報告もあり,近年リハビリテーション栄養が注目されている。2005年に栄養評価の指標として開発されたGeriatric Nutrition Risk Index(GNRI)は死亡率,合併症発症率などとの関連が報告されている。しかし,回復期リハビリテーション病棟入院中の脳卒中患者における報告は少ない。そこで,本研究は回復期リハビリテーション病棟入院中の脳卒中高齢患者において,入院時GNRIが1ヶ月後のFIM運動利得に及ぼす影響を調査し,GNRIを用いた栄養評価の有用性を明らかにすることを目的とした。

    【方法】

    2013年4月~2015年3月にA病院回復期リハビリテーション病棟へ脳卒中の診断で新規入院した87例を後方視的に検討した。除外基準は①65歳未満,②30日以内に退院,③入院1週間以内に絶食,肺炎発症とした。解析項目は,年齢,性別,既往歴,入院日数,リハビリ実施単位数,入院時のGNRI,FIM,エネルギー摂取量,1ヶ月後のFIM運動利得(1ヶ月後FIM運動項目-入院時FIM運動項目),転帰とした。GNRIは14.89*血清アルブミン値(g/dl)+41.7*Body Mass Index(BMI)/22で求めた。まずGNRI高値(≧92)群とGNRI低値(<92)群の2群に分類し,各解析項目の群間比較を行った。群間比較は変数特性に応じてMann Whitney U検定,Fisherの正確検定を用い解析を行った。その後,目的変数をFIM運動利得高値,説明変数をGNRI,年齢,入院時FIMとした多変量ロジスティック回帰分析にて解析を行った。有意水準は5%未満とした。

    【結果】

    本研究の包含基準を満たした対象者は59例[年齢:80(75-86)歳]でGNRI高値群33例,低値群26例であった。GNRI低値群は高値群に比べ,BMI(18.7 vs 22.8 kg/m2,p<0.01),Alb(3.4 vs 3.8 g/dl,p<0.01),GNRI(86.0 vs 99.9点,p<0.01),入院時FIM(48 vs 74点,p<0.01),1ヶ月後のFIM運動利得(3 vs 5点,p<0.05),在宅復帰率(46.2 vs 78.8%,p<0.05)は有意差をもって低値を示した。一方でエネルギー摂取量は有意差を持って高値を示した(29.5 vs 25.0kcal/kg/day,p<0.05)。その他の項目には有意な差を認めなかった。また,多変量ロジスティック回帰分析の結果,FIM運動利得高値(≧4)の要因はGNRIのみ有意であった(odds ratio:1.08,95%CI:1.01-1.16,p<0.05)。

    【結論】

    本研究の結果よりGNRI低値群は高値群に比べ1ヶ月後のFIM運動利得が低く,年齢と入院時FIMを調整した上でも入院時GNRIが低いと,1ヶ月後のFIM利得は低いことが示された。GNRIによる栄養評価と介入を行うことで短期間のFIM運動利得改善につながる可能性が示唆された。


  • 兵庫県における呼吸ケア地域連携MAPの導入-第2報-
    山田卓巳, 山田卓巳, 山田卓巳, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 藤本由香里, 藤本由香里, 山田莞爾, 山田莞爾, 澤田拓也, 長田敏子, 長田敏子, 近藤敬介, 近藤敬介, 酒井英樹, 石川朗, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2017年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • 当院リハビリテーション科における吸入指導の傾向
    岩田優助, 岩田優助, 沖侑大郎, 藤本由香里, 遠藤渉, 丹野麻知子, 門間陽一, 大澤悟志, 澤田格, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2017年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • 慢性呼吸器疾患患者の入浴動作における呼吸機能評価の検討
    澤田拓也, 沖侑大郎, 山口卓巳, 藤木由香里, 金子弘美, 長田敏子, 山田洋二, 岩田優助, 山田莞爾, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2017年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • 足踏み運動における運動強度の検討 ステップピッチと上肢支持を変数として
    高橋 一揮, 藤沢 拓也, 佐藤 光, 菊地 優太, 鈴木 沙斗美, 松本 栞, 沖 侑大郎, 石川 朗, 藤澤 宏幸
    日本基礎理学療法学雑誌, 2016年08月, 日本語, 日本基礎理学療法学雑誌編集委員会

  • 学童期小児気管支喘息患児の症状コントロールに関する調査
    足立 絵美, 道上 可奈, 村上 茂史, 高橋 一揮, 高田 哲, 石川 朗, 藤本 由香里, 沖 侑大郎, 山田 莞爾, 渡邊 佑, 岩田 健太郎, 山田 洋二, 山口 卓巳, 三谷 有司
    理学療法学Supplement, 2016年, 日本語, 公益社団法人 日本理学療法士協会, 【はじめに,目的】小児気管支喘息は発作性に起こる気道狭窄によって喘鳴や咳嗽,呼吸困難を繰り返す疾患であり,学童期での有症率は10%前後と推定されている。学童期の喘息は,症状の出現により学校生活で様々な制約を受け,患児のQOLに大きな影響を及ぼすため,症状のコントロールが重要である。本研究は,喘息患児の症状によって受けるこどもの制約と,症状のコントロールについての保護者の意識を調査することを目的とした。【方法】小児気管支喘息と診断され定期受診しているこどもとその保護者を対象に,自己記入式アンケート調査を実施した。こどもの対象年齢は学童期の6~15歳とし,保護者は服薬管理を主に行っている者とした。アンケートは,小児喘息の一般的なコントロールテストであるJPAC(Japanese Pediatric Control Program)を参考に,患児用と保護者用の2種類を作成した。患児と保護者が定期受診した際にアンケート調査を依頼し,対象者は無記名でアンケート内容に回答し,自由意思で返信した。アンケートの回答内容から,JPACのスコアを算出し,JPACが15点を完全コントロール群(以下,完全群),12~14点を良好コントロール群(以下,良好群),11点以下を不良コントロール群(以下,不良群)として分類した。統計解析は単純集計およびFisherの正確検定を行い,有意水準は5%未満とした。結果は完全群(%)vs良好群(%)vs不良群(%)で記載した。【結果】包含基準を満たした対象は24組であった。こどもの平均年齢は9.0±1.7歳(男児17人,女児7人),JPACによる分類は,完全群7人,良好群9人,不良群8人であった。こども用アンケートより,運動の前に喘息がでるかもしれないと思うかについては,「まったく思わない:100% vs 78% vs 38%」,「ほとんど思わない:0% vs 11% vs 25%」,「いつも思う:0% vs 11% vs 0%」,「ときどき思う:0% vs 0% vs 37%」であった(p=0.03)。保護者用アンケートより,この1ヶ月間でこどもの喘息がどの程度コントロールできたかについては,「完全にできた:71% vs 45% vs 0%」,「十分できた:29% vs 33% vs 13%」,「まあまあできた:0% vs 22% vs 75%」,「あまりできなかった:0% vs 0% vs 12%」であった(p<0.01)。こどもの喘息が心配かどうかについては,完全群が「まったく心配ではない:14% vs 11% vs 0%」,「あまり心配していない:57% vs 11% vs 13%」,「少し心配:29% vs 67% vs 75%」,「とても心配:0% vs 11% vs 12%」であった(p=0.25)。【結論】不良群では,こどもが「運動前に喘息がでるかもしれない」と思う頻度が高い傾向にあり,保護者が「症状をコントロールできなかった」と感じる場合が多かった。統計学的有意差はなかったが,不良群の方がより保護者が喘息を心配している傾向にあった。本研究から,症状のコントロール不良が,こどもの運動制限につながる可能性が示唆された。今後,症状の安定化に関連する服薬アドヒアランスや運動誘発性喘息についても検討が必要である。

  • COPD患者における6分間歩行試験指標と増悪の関係性についての検討
    藤本 由香里, 山口 卓巳, 岩田 健太郎, 渡邊 佑, 村上 茂史, 本田 明広, 石川 朗, 沖 侑大郎, 金子 正博, 酒井 英樹, 三栖 翔吾, 永谷 智里, 角岡 隆志, 三谷 祥子, 三谷 有司
    理学療法学Supplement, 2016年, 日本語, 公益社団法人 日本理学療法士協会, 【はじめに,目的】COPD患者において運動耐容能の評価は重要である。運動耐容能の評価方法として,6分間歩行試験(6 minutes walking test;6MWT)が世界的に用いられている。6MWTで得られる結果の一つである6分間歩行距離(6MWD)が,COPD患者の予後と関連することが報告されている。近年,6MWDに歩行中のSpO2を複合して評価する新しい運動耐容能指標としてDesaturation distance ratio(DDR)およびDistance-saturation product(DSP)が報告され,COPD患者にも有用性が示されつつある。DDRは歩行中のΔSpO2(100-歩行中SpO2)の総和を6MWDで除して算出,DSPは6MWDと歩行中終了時SpO2の積を100で除して算出される指標である。本研究では,COPD患者におけるDDRおよびDSPとCOPD増悪の関連を検討した。【方法】外来通院している安定期COPD患者59名を対象とし,後方視的に検討した。本研究の適合基準として,外来受診時に6MWT,肺機能検査,CT検査を受けた患者を設定した。除外基準は,①外来受診前3ヶ月以内に増悪入院歴がある,②在宅酸素療法を使用している,③COPD assessment test(CAT)を測定できていない場合とした。測定項目は,対象者特性,外来受診前3ヶ月から1年以内の増悪歴の有無,CAT,肺機能,6MWT結果から得られる安静時SpO2,SpO2最低値,6MWD,DDR,DSP,CT所見から気腫化の程度(LAA%)を後方視的に情報収集した。統計解析は,①増悪歴の有無で2群に分類し,変数特性に応じχ2検定およびt検定の実施,②増悪予測に対するROC曲線の算出を実施した。統計解析ソフトには,EZR(for Mac)を使用し,有意水準5%未満とした。結果は,(増悪あり群vs増悪なし群;p値)で示した。【結果】本研究の包含基準を満たした対象者は,40名(男性:30名,女性:10名,年齢:72.0±9.1歳)で,増悪あり群(5名:12.5%),増悪なし群(35名:87.5%)であった。2群間では,%努力肺活量(%FVC:60.5% vs 84.7%;p<0.01),%1秒量(%FEV1:38.5% vs 66.0%;p=0.01),%最大呼気流量(%PEF:32.1% vs 56.0%;p<0.01),DDR(4.7 vs 3.0;p<0.01),DSP(227.1 vs 391.7;p=0.01)で有意差を認めた。増悪予測に対するROC曲線のAUC(DDR vs DSP vs SpO2最低値vs 6WMD vs CAT:0.87 vs 0.78 vs 0.75 vs 0.75 vs 0.63)であった。【結論】本研究の結果より,6MWT中により得られるDDRがCOPD増悪歴と関連することが明らかになった。また,他の6MWT関連指標と比較して,ROC曲線による増悪歴予測因子として,DDRが最も予測精度が高い結果となった。このことから,理学療法場面で6MWTを実施し,経時的なSpO2を評価していくことで,より詳細に増悪リスクを予測できる可能性が示唆された。

  • 慢性閉塞性肺疾患患者における肺動脈拡張のCTによる計量評価と労作時低酸素血症について
    沖 侑大郎, 岩田 健太郎, 高橋 一揮, 村上 茂史, 渡邊 佑, 本田 明広, 石川 朗, 藤本 由香里, 金子 正博, 酒井 英樹, 三栖 翔吾, 永谷 智里, 角岡 隆志, 三谷 祥子, 三谷 有司
    理学療法学Supplement, 2016年, 日本語, 公益社団法人 日本理学療法士協会, 【はじめに,目的】慢性閉塞性肺疾患(Chronic Obstructive Pulmonary Disease:COPD)は,身体機能やQOL低下に影響を与えるとされ,本邦でも増加傾向にある。COPDの増悪は,肺機能およびQOL低下を加速させると報告されている。CTによって検出される肺動脈径(pulmonary artery:PA)の大動脈(ascending aorta:A)に対する比(PA/A ratio)が,COPD増悪に関連することが明らかにされている。また,COPD増悪の一因として,労作時低酸素(Excised induced desaturation:EID)が挙げられ,EIDは6分間歩行試験(six-minutes walking test:6MWT)により簡便に検出することが可能であり,様々な予測因子が報告されている。しかし,EIDとPA/A ratioとの関連についての報告は見受けられない。本研究では,"EIDとPA/A ratioが関連する"という仮説を立てることで,PA/A ratioがEIDに与える影響を明らかにし,6MWTによるPA/A ratioの予測因子について検討することを目的とした。【方法】外来通院されるCOPD患者70名を対象とし,後方視的に検討した。本研究の適合基準として,①在宅酸素療法を使用していない,②6MWT,肺機能検査,CT検査を受けた患者を設定した。除外基準は,①外来受診3ヶ月以内に増悪入院歴がある,②貧血を有する,③肺性心を有する場合を設定した。解析項目は,対象者特性,肺機能,6MWT結果,CT所見からPA/A ratioおよび気腫化の程度(LAA%)を後方視的に情報収集した。また,臨床定義は,SpO2≦88%をEIDあり,PA/A ratio>1を肺動脈拡張ありと定義した。統計解析は,①肺動脈拡張の有無で2群に分類し,変数特性に応じχ2検定およびMann-Whitney U検定,②PA/A ratioとの相関関係についてPearsonの積率相関係数,③PA/A ratio>1に対するROC曲線を算出した。統計解析ソフトには,EZR(for Mac)を使用し,有意水準5%未満とした。【結果】本研究の包含基準を満たした対象者は,56名(男性:40名,女性:16名,年齢:71.5±8.9歳)で,PA/A ratio>1(23名:41.1%),PA/A ratio≦1(33名:58.9%)であった。2群間では,肺拡散能(%DLCO),LAA%,6分間歩行距離(6MWD),安静時SpO2(Baseline SpO2),6MWT中のSpO2最低値(Lowest SpO2),PAで有意差を認めた(p<0.01)。PA/A ratioとの相関関係は,Lowest SpO2(r=-0.70),%DLCO(r=-0.64),6MWD(r=-0.45),Baseline SpO2(r=-0.40),LAA%(r=0.33)で有意差を認めた(p<0.01)。PA/A ratio>1に対するROC曲線は,Lowest SpO2(cut off値:89.0,AUC:0.94,感度:95.7%,特異度:84.4%,陽性的中率:78.3%,陰性的中率:93.8%,陽性尤度比:6.30,陰性尤度比:0.12)で最も精度が高かった。【結論】本研究の結果より,6MWT中におけるEIDとPA/A ratioが関連することが明らかになった。理学療法場面で6MWTを実施し,肺動脈拡張の有無をスクリーニングすることで,COPD患者の増悪を早期発見および予防に寄与できる可能性が示唆された。

  • 地域在住COPD患者の身体活動量と運動実施に対する自己効力感に関する検討
    山田 莞爾, 村上 茂史, 藤本 由香里, 高橋 一揮, 金子 弘美, 大平 峰子, 石川 朗, 山口 卓巳, 沖 侑大郎, 足立 絵美, 渡邊 佑, 岩田 健太郎, 山田 洋二, 三谷 有司, 道上 可奈
    理学療法学Supplement, 2016年, 日本語, 公益社団法人 日本理学療法士協会, 【はじめに,目的】慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease:COPD)患者の身体活動量(physical activity:PA)は予後と関連があり,COPD死亡率の最大危険因子であることが明らかとなった。しかし,COPD患者の多くは座ったまま日常生活を過ごしていると報告されており,COPD患者のPA阻害因子の究明が急務である。COPD患者のPAには様々な要素が関連するとされており,呼吸機能や下肢筋力などの機能的要素のみならず,抑うつや自己効力感(self efficacy:SE)などの心理的要素とも相関があるとされている。しかし,本邦においてはCOPD患者のPAとSEの関係についての研究は少なく,またPAのSEスコアcut off値を求めた研究はまだない。そこで,本研究の目的は本邦におけるCOPD患者のPAとSEの関係について検討すること,及びPAのSEスコアcut off値を検討することとした。【方法】対象はCOPDの診断を受け,外来フォロー中の安定期在宅酸素療法(Long term oxygen therapy:LTOT)未使用男性10名とし,認知機能低下者,PAに影響を及ぼす疾患及び症状を有する者を除外した。調査項目として対象者属性(年齢,身長,体重),呼吸機能検査,COPD assessment test(CAT),the Modified British Medical research Council(mMRC),the Nagasaki University Respiratory ADL questionnaire(NRADL),日中PA,日中歩数,International Physical Activity Questionnaire(IPAQ),Life Space Assessment(LSA),更に,SEのスコアとして"Marcus運動実施に対する自己効力感"を使用した。日中PA及び日中歩数の測定は日本人COPD患者に対する妥当性が検証されている腰部装着型のActimaker(Panasonic,大阪)を使用し,包含基準として,1日の平均気温が2.5~27.0℃であり,雨の降らなかった日のデータが最低3日以上測定できた者とした。また,除外基準として,呼吸機能検査においてCOPDの診断基準を満たさなかった者,IPAQの1日PAが16時間を超える者を除外した。各指標と日中PA及びSEとの相関をSpearmanの順位相関係数を用いて検討した。また,日中PAを中央値にて2群に分け,相関のあった項目に関して,ROC曲線を用いてPAのcut off値を算出した。統計解析にはEZRを用いて行い,有意水準は5%未満とした。【結果】対象の内7名が各指標の包含基準を満たし,年齢は73.5±5.0,%FEV1は69.0±14.9,CATは8.3±3.9,NRADLは94.4±4.3であり,GOLD分類はI/II/III/IV:3/3/1/0例であった。日中PAがSE(r=0.764)と強い相関を認め,その他の項目に関しては有意な相関は認めなかった。PAのSE cut off値は18.0(AUC:0.875,感度:0.75,特異度:1.0,陽性的中率:1.0,陰性的中率:0.75)となった。【結論】本研究では,COPD患者のPAとSEに強い相関を認め,本邦においてもCOPD患者のPAの関連因子として心理的要素を評価することの有用性が示唆された。更に,PA評価は患者の時間と労力を要するが,本研究で用いたSE評価は比較的簡便であり,理学療法臨床場面における有用性も期待される。

  • COPD患者における息切れを伴わない労作時酸素飽和度低下の有症率とその特徴の検討
    三栖 翔吾, 酒井 英樹, 沖 侑大郎, 藤本 由香里, 本田 明広, 金子 正博, 石川 朗, 小野 玲
    理学療法学Supplement, 2016年, 日本語, 公益社団法人 日本理学療法士協会, 【はじめに,目的】労作時の酸素飽和度低下(Exercise Induced Desaturation;EID)は,COPD患者の多くが有する症状であり,肺高血圧症や肺性心,死亡率と関連するとされていることから,リハビリテーションを実施する上で注目すべき症状である。しかし,一部のCOPD患者ではEIDを呈しても息切れを感じずに動作を続けてしまい,症状を悪化させている。症状悪化を予防するためには,そのような患者の有症率と特徴を明らかにする必要があるが,息切れを伴わないEIDについて調査された報告はほとんどない。本研究の目的は,COPD患者において息切れを伴わないEIDの有症率と,そのような患者の特徴を明らかにすることである。【方法】対象は,当院で外来診療を受けており病状が安定したCOPD患者77名の内,労作時に酸素療法が施行されていた者を除く66名(平均年齢71.6±7.9歳,男性53名)とした。対象者は,6分間歩行試験を実施し,試験中の経皮的酸素飽和度(SpO2)および脈拍数が連続的に測定された。また,息切れの程度は,修正Borgスケール(mBorg)を用いて試験中1分ごとに聴取した。EIDの定義は,試験中の最低SpO2が90%未満,もしくは安静時SpO2と試験中SpO2との差(ΔSpO2)が4%以上となる場合とした(Kim C, et al., 2013)。EIDを呈した対象者の内,その際にmBorgが上昇していなかった者を息切れなしEID群,上昇していた者を息切れありEID群と分類した。その他,肺機能検査(%FVC,%FEV1.0,%DLCO/VA),血液検査(ヘモグロビン濃度,アルブミン濃度,BNP)が行われた。統計解析は,息切れなしEID群の特徴を明らかにするために,身体計測学的特徴および測定項目について,各測定値の特性に応じてそれぞれχ二乗検定,Wilcoxon順位和検定を用いて,息切れありEID群との比較を行った。なお,統計学的有意水準は5%未満とした。【結果】対象者の中でEIDを呈した者が36名(54.5%)おり,その内,息切れなしEID群が15名(対象者全体の22.7%),息切れありEID群が21名(31.8%)であった。年齢,性別,BMI,安静時SpO2,試験中最低SpO2,ΔSpO2,試験中最高脈拍数,6分間歩行距離,喫煙歴,%FVC,%FEV1,血液検査結果については,いずれも息切れありEID群と息切れなしEID群との間に有意な差はみられなかった。一方で%DLCO/VAは,息切れありEID群(中央値:46.8%,最大‒最小:15.6‒57.5)が,息切れなしEID群(32.9%,5.2‒55.6)と比較して有意に高値を示した(p=0.03)。【結論】本研究の息切れなしEIDの有症率は,対象者全体の21.7%であり,EIDを呈する者の41.7%と高かった。また,息切れなしEID群の特徴として,息切れありEID群より%DLCO/VAが大きい,つまり肺拡散能が高いことが明らかになったが,他の肺機能,身体的特徴の違いは見られなかった。肺機能以外の特徴についても今後は調査していく必要があると考える。

  • 足踏み運動における運動強度の検討:ステップピッチと上肢支持を変数として
    髙橋 一揮, 藤沢 拓也, 佐藤 光, 菊地 優太, 鈴木 沙斗美, 松本 栞, 沖 侑大郎, 石川 朗, 藤澤 宏幸
    理学療法学Supplement, 2016年, 日本語, 公益社団法人 日本理学療法士協会, 【はじめに,目的】足踏み運動は,麻痺の改善や歩行能力改善など運動の中に多く取り入れられている。しかし,その運動強度に関して詳細な検討はなされていない。そのため,本研究では1分間当たりの足踏み回数(以下,ステップピッチ)と上肢支持の有無を変数として運動強度を中心に呼吸循環応答を検討することとした。【方法】対象者は健常若年成人女性13名であった。測定は運動負荷試験と足踏み運動とし,それぞれ別日に実施した。運動負荷試験は自転車エルゴメータを用いたramp負荷試験(10W/min)とした。一方,足踏み運動は股関節屈曲角度を45度と設定して算出した高さに紐を張り,対象者には紐に軽く触れるまで脚を上げるよう指示し,鏡を使用してフィードバックを促した。足踏み試験の設定条件はステップピッチ60・90・120(以下,P60・P90・p120)の3条件と上肢支持(手すり)の有無の2条件の計6条件としてランダムにて実施した。なお,ステップピッチはメトロノームを用いてコントロールし,上肢支持の手すりは大転子の高さとした。測定プロトコールは各条件の足踏み運動を3分間,休憩3分間を繰り返した。データは酸素摂取量を中心に呼吸循環パラメータを呼気ガス分析装置にて測定し,各条件終了直前の30秒間を平均化して代表値とした。統計処理は,R(3.2.1)を使用し,呼吸循環パラメータに関して上肢支持の有無による2要因について2元配置分散分析を,host-poc testとしてHolm法を用い,有意水準は5%未満とした。【結果】運動負荷試験の結果,平均最高酸素摂取量は23.3±3.4mi/kg/min,平均ATは12.2±2.1ml/kg/minであり,比較的低体力層であった。足踏み運動の結果では,酸素摂取量にてステップピッチと上肢支持の有無には有意な主効果が認められたが,交互作用は認められなかった。多重比較では,P60・P90・P120間にいずれも有意差が認められ,P60では上肢支持無が有に対して有意に高値を示した。他の呼吸循環パラメータも類似傾向を示した。また,各条件におけるMETsと%ATでは上肢支持の有無による違いは小さく,P60(約2.5METs/約75%),P90(約3.0METs/約85%),P120(約3.5METs/約100%)であった。また,歩行率から算出した健常者の相対的平均歩行速度でのMETsと比較したところ,いずれのステップピッチにおいても足踏み試験が低値であった。【結論】本研究は対象が若年成人女性であったが,体力は60歳男性に相当していた。この対象者において,ステップピッチが増加することにより有意に呼吸循環応答が増大したが歩行に比して低負荷であったこと,ならびに,おおよそATレベルまで運動として容易に実施できる可能性を示した。よって,ステップピッチを変数とすることで合目的であり運動耐容能改善の方法となりうることを示唆した。

  • シート状ストレッチセンサを用いた胸腹部の呼吸数・呼吸運動の定量評価法の開発
    山本暁生, 沖侑大郎, 藤本ゆかり, 渡邊佑, 中本裕之, 太田雅史, 玉木彰
    Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 2016年, 日本語, (公社)日本リハビリテーション医学会

  • 在宅COPD患者における気流閉塞とADLとの関連性
    山口卓巳, 山口卓巳, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 金子弘美, 大平峰子, 石川朗
    日本作業療法学会抄録集(CD-ROM), 2016年, 日本語, (一社)日本作業療法士協会

  • COPD患者における訪問看護導入後5年間の経過
    藤本由香里, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 山口卓巳, 山口卓巳, 山田莞爾, 金子弘美, 金子弘美, 大平峰子, 大平峰子, 石川朗, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2016年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • COPD患者における労作時酸素飽和度低下が臨床指標の変化に及ぼす影響-1年間の縦断研究-
    三栖翔吾, 三栖翔吾, 酒井英樹, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 本田明広, 金子正博, 石川朗, 小野玲
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2016年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • 定期呼吸ケア勉強会による効果検証~アンケート調査の結果から~
    藤本由香里, 藤本由香里, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 石川朗, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2016年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • COPD患者に対する教育入院から訪問看護導入後の5年生存率について-教育入院時の初期評価に着目した検討-
    沖侑大郎, 沖侑大郎, 藤本由香里, 山口卓巳, 山口卓巳, 山田莞爾, 金子弘美, 金子弘美, 大平峰子, 大平峰子, 石川朗, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2016年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • 兵庫県における呼吸ケア地域連携MAPの導入
    近藤敬介, 近藤敬介, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 藤本由香里, 藤本由香里, 石川朗, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2016年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • 訪問看護導入後のCOPD患者におけるADL能力の経年的変化
    山口卓巳, 山口卓巳, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 藤本由香里, 山田莞爾, 酒井英樹, 金子弘美, 金子弘美, 大平峰子, 大平峰子, 石川朗, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2016年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • COPD患者における肺動脈径/大動脈径比と労作時低酸素血症の関連
    沖侑大郎, 沖侑大郎, 金子正博, 藤本由香里, 酒井英樹, 山口卓巳, 山口卓巳, 三栖翔吾, 三栖翔吾, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2016年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • 訪問看護を導入したCOPD患者の栄養状態と経時的変化
    山田莞爾, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 藤本由香里, 山口卓巳, 山口卓巳, 金子弘美, 金子弘美, 大平峰子, 大平峰子, 石川朗, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2016年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • 在宅呼吸リハビリテーションの現状と課題
    石川朗, 石川朗, 石川朗, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 藤本由香里, 藤本由香里, 大平峰子, 大平峰子, 鏑木武, 鏑木武, 金子弘美, 金子弘美, 長田敏子, 長田敏子, 後藤論行
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2016年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • 安定期COPD患者の半年間の呼吸機能と運動耐容能の変化についての検討
    藤本由香里, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 酒井英樹, 山口卓己, 山口卓己, 三栖翔吾, 三栖翔吾, 本田明広, 金子正博, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2016年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • 在宅COPD患者における便通状態との関連性
    沖侑大郎, 沖侑大郎, 松本真裕美, 藤本由香里, 金子弘美, 山口卓巳, 山口卓巳, 大平峰子, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2016年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • 訪問看護・リハビリにおける在宅呼吸ケアの現状と課題~神戸在宅呼吸ケア勉強会参加者のアンケート調査から~
    長田敏子, 長田敏子, 藤本由香里, 藤本由香里, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 桑山浩明, 桑山浩明, 石川朗, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2016年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • 様々な状況における呼吸数計測手法の比較評価
    椿健太郎, 寺田努, 寺田努, 塚本昌彦, 石川朗, 山本暁生, 沖侑大郎, 藤本由香里, 岩田健太郎, 村上茂史, 太田雅史, 別所侑亮
    情報処理学会研究報告(Web), 2016年

  • 当院救急入院患者の退院遅延因子の検討
    小柳圭一, 小柳圭一, 岩田健太郎, 西原浩真, 横井佑樹, 坂本裕規, 影山智広, 門浄彦, 田内都子, 蔵谷鷹大, 沖侑太郎, 藤本由香里, 石川朗, 椿淳裕, 大西秀明
    日本理学療法学術大会(Web), 2016年

  • 人工呼吸療法 在宅における呼吸ケアの現状 : 兵庫県における在宅呼吸ケアネットワークの構築
    沖 侑大郎, 大岡 孝史, 伊藤 夏子
    難病と在宅ケア, 2015年04月, 日本語, 日本プランニングセンター, 神戸在宅呼吸ケア勉強会参加者59名を対象として、在宅呼吸ケアネットワークの構築に向け、在宅に関わるスタッフにおける呼吸ケアの現状について調査した。各質問項目の評価尺度として、Numerical Rating Scale(NRS)を使用し、非常に当てはまる、から、全くあてはまらない、の11段階で評価してもらった。日常業務における呼吸ケアの実施状況はNRSが6以上が81.3%であり、日常業務において呼吸ケアを実施していると考えられる結果であった。回答者所属施設における呼吸ケアの実施状況はNRSが5以下が77.9%であり、施設における呼吸ケアがあまり実施されていない状況であることが分かった。呼吸ケアを必要とする患者を担当したいかでは半数以上が担当したいと回答した。過去に在宅での呼吸ケアにおいて難渋した経験ではNRSが6以上が94.9%であり、在宅医療において呼吸ケアの必要性を強く感じているにも関わらず多くのスタッフが呼吸ケアで困ったことがある現状が明らかになった。

  • 慢性閉塞性肺疾患に喘息を合併すると増悪入院リスクが上がる:オーバーラップ症候群に対する理学療法学的視点から
    沖 侑大郎, 高橋 一揮, 三谷 有司, 山口 卓巳, 松村 拓郎, 本田 明広, 石川 朗, 金子 正博, 酒井 英樹, 三栖 翔吾, 藤本 由香里, 永谷 智里, 角岡 隆志, 三谷 祥子, 山本 晴子
    理学療法学Supplement, 2015年, 日本語, 公益社団法人 日本理学療法士協会, 【はじめに,目的】慢性閉塞性肺疾患(Chronic Obstructive Pulmonary Disease;COPD)および喘息は,いずれも日本での罹患数は500万人以上と推定され,COPDの20~40%に喘息を合併すると報告されている。COPDと喘息の合併は重症化しやすいと報告もされており,2014年に喘息-COPDオーバーラップ症候群(Asthma-chronic obstructive pulmonary disease overlap syndrome;ACOS)ガイドラインが公示された。ガイドラインには,COPDとACOSの類似点と相違点に関して記載されているが,ACOSの病態に関する詳細は未だ明らかになっていないのが現状である。本研究の目的は,理学療法学的観点からACOSに対する標準的介入方法を確立していくための基礎として,理学療法学的評価によりACOSの特徴を明らかにし,COPDとの増悪リスクを比較することである。【方法】当院のCOPD外来患者53名(男性:44名,女性:7名,年齢:74.49±8.87歳)を対象とし,後方視的にデータを収集した。本研究における喘息の定義は"気流閉塞の可逆性および変動を認める"とし,COPDに喘息を合併した場合をACOSとした。評価項目として,年齢,性別,Body mass index(BMI),ideal body weight(%IBW),喫煙指数,GOLD気流閉塞による重症度分類(GOLD分類),1秒率(FEV1%),%1秒量(%FEV1),%努力性肺活量(%FVC),%最大呼気流量(%PEF),%肺拡散能力(%DLco),%DLco/肺胞換気量(%DLco/VA),force oscillation technique(FOT)の測定指標(R5,R5-R20,X5,Fres,ALX),増悪による入院経験の有無および回数,在宅酸素療法(LTOT)使用の有無,薬物治療(LAMA,LABA,ICS,LABA/ICS),the Modified British Medical Research Council(mMRC),COPD assessment test(CAT),6分間歩行試験(6MWT)中のSpO2最低値および脈拍,歩行距離(6MWD),modified Borg Scale(B.S)を設定した。除外基準は,COPDおよび喘息以外の呼吸器疾患,心疾患を有するものとした。ACOS群および喘息を合併しないCOPD群(non-ACOS群)の2群に分け,統計学的解析を行った。各変数特性に応じ,paired t-test,Mann-Whitney U test,Fisher's exact testで2群間の差を解析した。また,急性増悪による入院の有無を目的変数とし,年齢,性別,喘息の有無およびCOPDの重症度予測であるBODE index(%FEV1,6MWD,mMRC,BMI)を説明変数としたlogistic regression analysis(変数増加法)で解析した。解析ソフトは,EZR(for Mactonish)を使用し,有意水準を5%未満とした。また,結果は(ACOS群vs non-ACOS群,95%CI,p value)と記載した。【結果】本研究の包含基準を満たした対象者は,51名でACOS群12名(23.53%),non-ACOS群39名(76.47%)であった。年齢,性別,BMI,%IBW,GOLD分類,mMRC,CAT,LTOT使用の有無について有意差を認めなかった。喫煙指数は,ACOS群で有意差をもって低値であった(787.50±679.61 vs 1143.95±590.05,p=0.03)。薬物治療は,LABA,ICS,ICS/LABAについてACOS群で使用率が有意に高かった(p<0.05)。呼吸機能であるFEV1%,%FEV1,%FVC,%PEF,%DLco,%DLco/VAに有意差はなかった。また,R5,R5-R20,X5,Fres,ALXについては有意差を認めなかったが,呼気相におけるR5(p=0.05),R5-R20(p=0.11),X5(p=0.05),Fres(p=0.12),ALX(p=0.09)についてACOS群で高値もしくは低値の傾向にあった。6MWT中のSpO2最低値および脈拍,6MWDに有意差はなかったが,B.Sはnon-ACOS群で有意差をもって高値であった(1.33±1.61 vs 4.41±2.72,95%CI:2.72 to 1.61,p<0.01)。増悪による入院経験あり(4/12名vs 3/39名,OR:5.72,95%CI:0.80 to 47.25,p=0.04)および入院回数(0.92±1.62回vs 0.10±0.38回,95%CI:-1.38 to -0.25,p=0.005)は,ACOS群で有意差をもって高値であった。また,増悪による入院の有無に対するlogistic regression analysisでは,喘息あり(OR:6.00,95%CI:1.11 to 32.24,p=0.03,判別的中率:86.3%)で有意差を認めた。【考察】本研究の結果からは,ACOS判別に関する有用な理学療法学的指標は得られなかった。しかし,ACOSは喘息を合併していないCOPDと比較し,増悪リスクが高いことが明らかになった。COPDに喘息を合併することで死亡リスクが上がり,医療費も2.5倍高額になることが報告されている。このことからも,COPDと気管支喘息のオーバーラップは重要な症候群であり,病院や在宅場面においても,包括的な連携による個別の臨床的マネジメントが必要であると考える。【理学療法学研究としての意義】在宅医療への転換が図られ,今後地域包括ケアに対する理学療法士の役割が重要となってくる。入院場面のみならず,在宅場面においてもリスク管理の指標として喘息の有無を把握しアプローチすることで,患者の増悪リスクの早期発見および予防となり,医療費削減に繋がる重要な因子となる可能性がある。

  • 一般地域住民における閉塞性換気障害がその後の骨格筋量変化に及ぼす影響
    松村 拓郎, 石川 朗, 沖 侑大郎, 藤本 由香里, 高橋 一揮, 山口 卓巳, 三谷 有司, 塚本 利昭, 高橋 一平, 中路 重之
    理学療法学Supplement, 2015年, 日本語, 公益社団法人 日本理学療法士協会, 【はじめに,目的】骨格筋減少は慢性閉塞性肺疾患(Chronic Obstructive Pulmonary Disease:以下COPD)患者の主要な問題点の1つであり,正常体重のCOPD患者であっても,その約20-30%に骨格筋量の減少が生じているとされる。一方,40歳以上の日本人のCOPD患者数は530万人と推定されているにもかかわらず,500万人以上が診断を受けていない未受診の状態であることが問題となっている。しかし,このような未受診のCOPD患者を対象とした骨格筋量減少についての報告は少なく,その縦断的な変化についても明らかとなっていない。COPD患者の骨格筋減少への介入は呼吸理学療法の主目的の1つであり,地域住民に潜在する閉塞性換気障害と骨格筋量変化についての検討は,早期理学療法介入の重要性を高めていくと考えられる。そこで本研究では,40歳以上の男性地域住民を対象として,閉塞性換気障害が骨格筋量に与える影響を縦断的に検証した。【方法】対象は呼吸器疾患既往歴を有さない40歳以上の男性地域住民134名(平均年齢59.1±9.6歳)とし,2007年および2011年に各項目の調査・測定を行った。基本情報として年齢,BMI,Brinkman指数,高感度CRP値を調査し,呼吸機能は電子スパイロメータHI-801(チェスト株式会社)を使用して一秒量(forced expiratory volume in 1 second:以下FEV1),努力性肺活量(forced vital capacity:以下FVC)を測定した。本研究では2007年の呼吸機能検査の結果をベースラインとして,対象者をFEV1/FVC<0.7の気流閉塞群,0.7以上の健常群の2群に分類した。体組成は生体電気インピーダンス法によって全身筋肉量,四肢筋量を測定し,四肢筋量を身長の2乗で除したSkeletal muscle mass index(以下SMI)を算出した。さらに,2007年の全身筋肉量,四肢筋量,SMIをベースラインとして,2011年の測定結果から4年間の変化量(Δ)を調査した。統計解析として,2群間の基本情報,体組成およびその変化量をカイ二乗検定,対応のないt検定,共分散分析を用いて比較した。さらに,従属変数に各体組成の変化量を,独立変数に気流閉塞の有無を,調整変数に年齢,BMI,Brinkman指数を投入した重回帰分析(強制投入法)を行った。統計ソフトはSPSS Statistics 17.0を使用し,統計学的有意水準は5%未満とした。【結果】2007年の呼吸機能検査の結果より,19.4%(26/134名)が気流閉塞群に分類された。気流閉塞群は健常群と比較して,有意に高齢であり(気流閉塞群vs.健常群:62.5±9.9歳vs. 57.5±9.9歳,p<0.05),Brinkman指数も高値を示した(589.2±504.4 vs. 257.5±371.4,p<0.001)。BMI,高感度CRP値,ベースラインの全身筋肉量,四肢筋量,SMIには2群間で差はなかった。ベースラインから4年間でのFEV1の平均低下量は気流閉塞群と健常群で類似していた(-37.5±57.3 ml/year vs. -36.2±68.0 ml/year,p=0.93)。年齢,Brinkman指数を共変量とした共分散分析ではΔ四肢筋量(-1.36±0.40 kg vs. -0.41±0.19 kg,p<0.05),ΔSMI(-0.44±0.14 kg/m2 vs. -0.10±0.69 kg/m2,p<0.05)の項目において気流閉塞群の低下量が有意に大きかった。また,重回帰分析においても気流閉塞はΔ四肢筋量(β=-0.21,p<0.05),ΔSMI(β=-0.20,p<0.05)の有意な関連因子であった。【考察】本研究より,40歳以上の男性地域住民の気流閉塞は,関連因子で調整後もその後4年間での四肢筋量,SMIの低下と関連していることが明らかとなった。先行研究では,COPD患者の骨格筋機能障害には全身性炎症の影響が示唆されているが,本研究においては高感度CRP値に2群間での差はみとめられなかった。一方,近年の報告では地域に潜在する未診断COPDにおいて既に身体活動量の低下が始まっていることが示されており,この身体活動量の減少が四肢筋量の減少につながっていることが推測される。骨格筋量の減少はCOPD患者の身体機能や死亡率にも影響する重要な因子であり,その減少はCOPD未診断の時点からすでに生じ始めていることが示唆された。【理学療法学研究としての意義】本研究結果からCOPDの診断がつく頃にはすでに四肢筋量低下が進行していることが推測される。この結果は早期理学療法介入の重要性,呼吸理学療法開始時点からの四肢筋量へのアプローチの重要性を示す報告であると考える。

  • 医療・介護関連肺炎(NHCAP)の発症要因の検討:活動と栄養の視点から
    三谷 有司, 沖 侑大郎, 松村 拓郎, 藤本 由香里, 山口 卓巳, 石川 朗
    理学療法学Supplement, 2015年, 日本語, 公益社団法人 日本理学療法士協会, 【目的】平成23年度の人口動態統計の死因別死亡数において「肺炎」が脳血管疾患を抜き,第3位となった。一方で2011年に日本呼吸器学会より医療・介護関連肺炎(以下,NHCAP)診療ガイドラインが提唱された。しかし,ガイドラインの内容ではリハビリテーションや呼吸ケア,栄養面からの肺炎予防や介入に関する内容は十分ではない。また,活動と栄養の視点から肺炎発症要因を示すデータが国内では少なく,それに伴う理学療法介入の在り方を検証しているものも少ない。今回,NHCAPの対象である長期療養病床での肺炎罹患群と未罹患群との特徴ならびに活動や栄養面から理学療法の介入について検討した。【方法】対象は2012年4月~2013年9月の間に新規入院した患者233例(81.6±10.1歳)。調査項目は診療録より収集し,原疾患,年齢,性別,肺炎の有無。栄養指標として血清アルブミン値(以下,Alb),Body mass index(以下,BMI),Geriatric nutritional risk index(GNRI),栄養摂取方法(経口・経管)を調査し,活動指標としてFunctional independence measure(FIM),離床時間(一日平均)を「まったく離床していない」「3時間未満」「3~6時間未満」「6~10時間未満」「10時間以上」に分類して調査した。各項目でShapiro-Wilk検定により正規性を確認した上で,2群間の各項目でX(2)検定,Unpaired t-test,Mann-WhitneyのU検定を行い,さらにロジスティック回帰分析にて肺炎発症要因を検討した。合わせて肺炎群で活動指標を従属変数として栄養指標との影響について単回帰分析ならびに重回帰分析を行った。また,抽出された項目をROC曲線にてカットオフ値を算出した(有意水準は5%未満)。【結果】肺炎罹患者は233例中88例(37.8%)であった。原疾患別では脳梗塞が最多であった。FIM総点では(罹患群vs未罹患群)31.8±19.3点vs48.1±26.8点(P<0.0001),運動項目では19.8±13.6点vs30.4±20.0点(P<0.0001),認知項目では12.0±8.0点vs 17.7±9.2点であった(P<0.0001)。さらに罹患群・未罹患群において1日平均離床時間を「6時間未満」と「6時間以上」とに分類し比較検討した結果,罹患群において「6時間未満」が有意に多かった(P<0.0001)。AlbとBMIを組み入れて算出するGNRIでは(罹患群vs未罹患群)81.3±11.1vs86.2±9.5であった(P<0.0001)。栄養摂取方法では罹患群において経管栄養,未罹患群では経口摂取が有意に多い結果であった(罹患群P=0.019 未罹患群P<0.0001)。肺炎の有無に対するロジスティック回帰分析では,「年齢」が選択された。罹患群において「FIM」を従属変数として栄養指標を独立変数とした単回帰分析では「BMI」「GNRI」「栄養摂取方法」が選択され(P<0.05,P<0.05,P<0.0001),「離床時間」を従属変数とした栄養指標との影響については「栄養摂取方法」が選択された(P<0.0001)。重回帰分析でも「栄養摂取方法」が選択された(P<0.0001)。栄養摂取方法の経口摂取とFIMとの影響についてはcut off値はFIMが27.5点(感度0.87,特異度0.81,AUC=0.91)であった。肺炎発症と離床時間とのROC曲線ではcut off値は3~6時間未満(感度0.49,特異度0.78,AUC=0.692)であった。また,肺炎発症とFIM・GNRIとのROC曲線ではcut off値はFIMが26.5点(感度0.724,特異度0.625,AUC=0.648),GNRIは80.1(感度0.73,特異度0.523,AUC=0.649)であった。【考察】今回の研究では罹患群において活動量,栄養面ともに有意に低い結果であった。低栄養は感染症の発症,難治化,重症化に関連する因子の一つであることは従来から述べられていた。また,高齢者では活動度が低下すると換気機能の低下が見られるという報告もある。このことから今回のNHCAP研究において日常生活活動や離床時間と栄養摂取方法も含めた栄養指標との影響について関係性が示されたことは理学療法士として栄養面も考慮しながら,主として関わる日常生活活動や離床への介入において今後の高齢者肺炎の一つの予防的指標になるものと思われた。【理学療法学研究としての意義】今後のさらなる高齢社会の進行に伴い,肺炎による死亡数は増加傾向にある。そのためにも理学療法として重要な離床などの「活動」や「栄養」についてより予防的観点から理学療法介入について検証し,臨床に応用させていくべきと考える。

  • COPD患者に対する在宅呼吸ケアの現状調査
    藤本 由香里, 沖 侑大郎, 山口 卓巳, 澤田 拓也, 高田 壮一郎, 松村 拓郎, 三谷 有司, 高橋 一揮, 石川 朗
    理学療法学Supplement, 2015年, 日本語, 公益社団法人 日本理学療法士協会, 【はじめに,目的】現在,慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者は増加傾向にあり,今後,包括的呼吸ケアの重要性がさらに高まることが予測される。しかし,我々が過去に調査した在宅医療スタッフに対するアンケートでは,知識・技術がなく在宅での呼吸ケアに難渋しているという回答を多数得た。また,日本呼吸器学会がCOPD患者を対象に行ったアンケート調査では,在宅療養・指導に対する要望において,セルフマネジメントに必要と考えられる様々な情報が不足しているという結果も報告されている。そこで本研究では,現在の在宅呼吸ケアの問題点を明らかにすることを目的に,(1)COPD患者を担当している在宅医療従事者,(2)訪問看護もしくは訪問リハビリテーションを受けているCOPD患者を対象にそれぞれアンケート調査を行った。【方法】兵庫県訪問看護ステーション連絡協議会に登録されている兵庫県内の訪問看護ステーション414施設に,医療従事者向けアンケートおよび在宅COPD患者向けアンケートを送付した。在宅COPD患者に対しては,担当の医療従事者に配布を依頼し,期日までにアンケートの返送があった者を対象とした。【結果】414施設のうち105施設,医療従事者430名,COPD患者143名からアンケートの返信を得た。430名の医療従事者の職種の内訳は,看護師(以下Ns)321名,理学療法士(以下PT)77名,その他32名で,そのうちCOPD患者を担当している割合は,Ns51.4%,PT49.4%であった。COPD患者に指導している内容は,Nsでは呼吸法(85.5%),服薬・吸入(73.9%),感染予防(66.7%)の回答率が高かったが,PTでは呼吸法(92.1%),運動療法(92.1%)以外の項目の回答率は30%以下であった。COPD患者の指導に困っていることについては,Nsではセルフマネジメント(56.4%),評価診断(52.7%),PTではセルフマネジメント(55.3%),リスク管理(47.4%)が高値であった。また,143名のCOPD患者の平均年齢は77.2歳,男性112名,女性31名であり,121名(84.6%)が在宅酸素もしくは人工呼吸器を使用していた。日常生活で難しいと感じる動作については,坂道歩行(72.7%),階段(72.0%),入浴(66.4%),平地歩行(55.2%)の回答率が高かった。難しいと感じる理由については,息切れ(59.2%)と疲労(47.1%)が多かった。通院以外の外出は47.6%が「なし」と回答し,その理由として息切れへの不安(57.4%)が最も多かった。日常生活でもっと教えてほしいことについては,息切れを軽くする日常生活の工夫について(47.5%)や急な息切れの対応について(39.8%)と,息切れに関する項目が高値を示した。【考察】本研究の結果より,①COPD患者の在宅呼吸ケアを行っているPTの業務内容が呼吸法と運動療法に偏っていること,②COPD患者の日常生活の制限因子として息切れが大きな要因である可能性があることがわかった。COPD患者に実施しているケアの内容として,呼吸法および運動療法についてPTの回答率は90%以上であったが,Nsの回答率が40%以上であった感染予防,服薬吸入,機械類の指導についてはPTの回答率は15%未満と低値であった。呼吸法についてはNs・PTともに高い回答率であったが,COPD患者の日常生活動作を難しいと感じる理由の多くが息切れであり,呼吸法のみでは息切れを防ぐことが困難である可能性が示唆された。また,COPD患者の指導で困っていることについてNs,PTともにセルフマネジメントの項目で回答率が高く,セルフマネジメントの不足がCOPD患者の日常生活の阻害因子の一つであることが考えられる。COPD患者が在宅生活でもっと教えてほしいと思う項目は息切れの改善に関するものが多くを占めたことから,機能面中心のアプローチだけでなく,効率の良いADL動作指導に関与し活動量の向上につなげていく必要がある。さらに,困っていることについては,特にリスク管理およびもしものための対処法についてPTの回答率が高かった。すぐに診察や治療を行うことができない在宅場面において,職種を問わずその場に居合わせた医療スタッフが適切な対応を迅速に行わなければならない。在宅酸素療法を導入した理由の半数以上を急性増悪が占めているとの報告もあり,在宅酸素が日常生活を阻害する要因であることからも,在宅であっても異常の早期発見・介入できるシステムの確立が急務であり,PTもさらにリスク管理や対処法についても知識を備える必要がある。【理学療法学研究としての意義】在宅呼吸ケアの現状を提示することで,地域包括ケアシステムにおける在宅呼吸器疾患患者に対する訪問リハビリテーションのさらなる進展が期待できる。

  • 身体活動を高めるための運動療法の指導
    石川 朗, 沖 侑大郎, 藤本由香里
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2015年, 日本語, 一般社団法人 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, COPDの予後予測因子に関し,身体活動量が最も影響を与えることが報告されており,身体活動量の改善に対しては,非薬物療法として呼吸リハビリテーションの中で運動療法が中心となる.
    COPDに対する運動療法の目的は,骨格筋機能異常による呼吸困難感の増大,活動性の低下,QOL低下,さらにディコンディショニングの増強という悪循環を断ち切ることである.運動療法の効果は,特に中等症で最も有効とされているが,GOLDにおいてすべてのCOPDに対し身体活動を向上させることと,呼吸リハビリテーションの介入を推奨している.
    運動療法の実践では,運動中の低酸素の評価が重要であり,6分間歩行試験による労作中の評価が不可欠である.また,行動変容支援のためにアクションプランの作成,実践,そして再評価が重要となる.さらに,セルフマネジメント能力を改善させるためには,楽しく継続できる運動療法の指導も重要となる.

  • 在宅現場における医療・介護関連肺炎(NHCAP)発症に関する現状
    大平峰子, 金子弘美, 松村拓郎, 沖侑大郎, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2015年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • 栄養状態がCOPD患者に対する訪問看護導入効果に与える長期的影響
    松村拓郎, 松村拓郎, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 藤本由香里, 藤本由香里, 山口卓巳, 山口卓巳, 金子弘美, 大平峰子, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2015年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • COPD患者における国際的標準化されたADL指標であるAMPSの有用性
    山口卓巳, 山口卓巳, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 松村拓郎, 藤本由香里, 藤本由香里, 金子弘美, 大平峰子, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2015年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • 労作時低酸素に影響を与える因子とcut off値の検討
    沖侑大郎, 沖侑大郎, 藤本由香里, 藤本由香里, 酒井英樹, 三栖翔吾, 三栖翔吾, 山口卓巳, 山口卓巳, 金子正博, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2015年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • 慢性閉塞性肺疾患患者におけるthe desaturation distance ratioと肺機能の関連についての検討
    藤本由香里, 藤本由香里, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 酒井英樹, 三栖翔吾, 三栖翔吾, 山口卓巳, 山口卓巳, 金子正博, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2015年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • 離床時間から見た医療・介護関連肺炎(NHCAP)と栄養との関連性について
    三谷有司, 沖侑大郎, 藤本由香里, 松村拓郎, 山口卓巳, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2015年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • COPD患者と在宅医療従事者における呼吸ケアの現状
    沖侑大郎, 沖侑大郎, 藤本由香里, 藤本由香里, 藤本由香里, 山口卓巳, 山口卓巳, 山口卓巳, 長田敏子, 長田敏子, 桑山浩明, 桑山浩明, 大岡孝史, 大岡孝史, 伊藤夏子, 伊藤夏子, 石川朗, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2015年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • 医療・介護関連肺炎(NHCAP)におけるGNRIと離床時間から見た予防的観点
    三谷有司, 沖侑大郎, 松村拓郎, 藤本由香里, 石川朗
    日本老年医学会雑誌, 2015年, 日本語, (一社)日本老年医学会

  • 内科呼吸器疾患に対するリハビリテーションのエビデンスと実際 COPD患者に対する運動療法の実際
    石川朗, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 藤本由香里, 藤本由香里
    Journal of Clinical Rehabilitation, 2015年, 日本語, 医歯薬出版(株)

  • 回復期脳血管障害患者の誤嚥性肺炎発症要因の検討
    松村 拓郎, 三谷 有司, 沖 侑大郎, 藤本 由香里, 石川 朗
    日本老年医学会雑誌, 2014年07月, 日本語, (一社)日本老年医学会, 回復期リハビリテーション施設に入院した嚥下障害を有する脳血管障害患者76名(男29名、女47名、平均74.7歳)を対象に、誤嚥性肺炎発症要因を宿主抵抗に着目して検討した。入院中の肺炎発症は10名(肺炎群)で、他の66名(非肺炎群)に比較して高齢の傾向であった。性別は肺炎群で有意に女性が多く、既往歴、上肢および下肢Brunnstrom Recovery Stage、両側麻痺の有無、Japan Coma Scaleは両群間で有意差がなかった。活動レベルは「臥床」が肺炎群50%、非肺炎群15.2%と有意差を認め、Functional Independence Measureはそれぞれ平均33.9点、46.7点と肺炎群が低値の傾向であった。血清アルブミン値は肺炎群平均3.26g/dl、非肺炎群3.60g/dlと肺炎群が有意に低値で、血清総蛋白は有意差がなかった。食事形態は「経管」が肺炎群60%、非肺炎群24.2%と肺炎群で経管栄養が有意に多く、嚥下障害重症度はIが肺炎群50%、非肺炎群19.7%と有意差を認めた。

  • COPD患者におけるDesaturationの定義とその比較
    石川朗, 金子弘美, 大平峰子, 河島常裕, 西尾将人, 沖侑大郎, 三谷有司, 高橋一揮, 松村拓郎, 藤本由香里
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2014年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • COPD患者に対するGNRI評価とその関連因子の検討
    松村拓郎, 沖侑大郎, 藤本由香里, 三谷有司, 金子弘美, 大平峰子, 河島常裕, 西尾将人, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2014年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • COPD患者における6分間歩行試験と肺機能の関係~労作時低酸素に着目して~
    藤本由香里, 沖侑大郎, 沖侑大郎, 酒井英樹, 三栖翔吾, 三栖翔吾, 松村拓郎, 高橋一揮, 三谷有司, 山口卓巳, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2014年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • 現在のスパイロメトリーのみでのCOPD診断基準は適当か?-6分間歩行試験中のDsesaturationに着目しての検討-
    沖侑大郎, 沖侑大郎, 酒井英樹, 藤本由香里, 三栖翔吾, 三栖翔吾, 三谷有司, 三谷有司, 松村拓郎, 高橋一揮, 山口卓巳, 金子正博, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2014年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • ABCDEバンドルの実践:──急性期から慢性期への応用──
    石川 朗, 沖 侑大郎
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2014年, 日本語, 一般社団法人 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, ABCDEバンドルは,患者を1日に一度覚醒(Awakening)させ,自発呼吸(Breathing)を維持し,適切な鎮静薬を調整・選択し(Coordination,Choice),せん妄のモニタリング(Delirium monitoring/management)を行い,早期に理学療法を実施(Early mobility and Exercise)するという,重症患者のICU管理を前提としている.
    しかし,この概念は急性期から慢性期,集中治療から在宅医療まで共通すると思われる.慢性期・在宅医療におけるABCDEバンドルは,A(Awakening):日中の覚醒時間の延長,B(Breathing):呼吸練習,C(Coordination・Choice):適切な向精神薬・睡眠薬の処方調整・選択,D(Dementia monitoring・Dysphagia rehabilitation・Disuse syndrome):認知症の評価,摂食・嚥下リハビリテーション・廃用症候群の評価,E(Early mobility and Exercise)早期離床・理学療法介入と考えられる.この慢性期・在宅医療においてABCDEバンドルを積極的に導入することにより,NHCAPの予防,死亡率の低下,認識能力の改善,ADL能力の改善,医療費の抑制の可能性があると予想される.

  • 6分間歩行試験の新たなる可能性:―息切れとDesaturationに着目しての検討―
    沖 侑大郎, 本田 明広, 石川 朗, 酒井 英樹, 藤本 由香里, 松村 拓郎, 三栖 翔吾, 角岡 隆志, 永谷 智里, 三谷 祥子, 高橋 一揮
    理学療法学Supplement, 2014年, 日本語, 公益社団法人 日本理学療法士協会, 【はじめに,目的】慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者の運動耐容能評価法として,6分間歩行試験(6MWT)は簡便な検査指標として広く用いられる。6MWTに関しては,6分間歩行距離(6MWD)による生命予後などについては多くの報告があるが,6MWT中における息切れやDesaturationの関連性については確立されていない。臨床場面においても,労作時の息切れは強いが経皮的酸素飽和度(SpO2)に変化がない場合,もしくは労作時の息切れはないがSpO2低下を認める場面に遭遇することも少なくない。本研究の目的は,6MWT中の息切れとDesaturationについての関連性を検討することで,COPDの病態把握に対する6MWTの新たなる可能性を明らかにすることである。【方法】外来診療にて6MWTを実施したCOPD患者28名(男性:26名,女性:2名,70.04±8.93歳)を対象とした。対象者選択基準として。①在宅酸素療法(HOT)を使用していない ②肺機能および肺拡散能検査後,6MWT実施日までが2週間以内である ③右室収縮期圧<50mmHgと設定した。6MWTは,米国胸部学会ガイドラインに基づき実施し,6MWT中のSpO2測定に関して,スタープロダクト社製のWristOxTM6-MWを使用した。調査項目は,年齢,性別,Body Mass Index(BMI),GOLD重症度分類,肺機能(対標準肺活量;%VC,対標準努力性肺活量;%FVC,1秒量;FEV1.0,対標準1秒量;%FEV1.0,対標準肺拡散能;%DLco,%DLco/VA,対標準残気量;%RV,対標準機能的残気量;%FRV,対標準最大呼気流量;%PCF,対標準全肺気量;%IC),6MWD,6MWT中のSpO2最低値(SpO2(min)),SpO2最高値とSpO2最低値の差(ΔSpO2),修正Borg Scaleの最高値(B.S(max))を後方視的に調査した。SpO2(min),ΔSpO2,B.S(max),6MWDに対する各変数との相関関係について変数特性に応じ,Pearsonの積率相関係数,Spearman順位相関係数で解析した。【倫理的配慮,説明と同意】本研究は,神戸大学大学院保健学研究科保健倫理委員会において承諾されている。また,対象者には試験内容を口頭および紙面にて説明し,同意を得て実施している。【結果】対象者データは,GOLD重症度分類(I:5名,II:11名,III:9名,IV:3名),BMI:22.17±3.78,%VC:82.06±21.05,%FVC:78.39±20.11,FEV1.0:1.64±0.53,%FEV1.0:60.28±20.72,%DLco:51.11±20.27,%DLco/VA:%DLco/VA:42.27±19.64,%RV:87.26±33.66,%FRV:94.24±34.79,6MWD:413.13±124.40であった。相関関係(相関係数[95%信頼区間],p value)は,6MWT中のSpO2(min)に関し,%DLco(r=0.67[0.40-0.84],p<0.01),%DLco/VA(r=0.60[0.29-0.80],p<0.01)で有意な相関を認め,同様にΔSpO2でも%DLco(r=-0.64[-0.82-0.35],p<0.01),%DLco/VA(r=-0.63[-0.81-0.33],p<0.01)で有意な相関を認めた。B.S(max)は,FEV1.0(r=-0.47[-0.71-0.11],p=0.01),%FEV1.0(r=-0.45[-0.71-0.10],p=0.02),%FVC(r=-0.41[-0.68-0.04],p=0.03)で有意な相関を認めた。6MWDは,FEV1.0(r=0.58[0.27-0.79],p<0.01),%FEV1.0(r=0.40[0.04-0.68],p=0.03),%FVC(r=0.41[0.04-0.68],p=0.03),%PCF(r=0.41[0.04-0.68],p=0.03)で有意な相関を認めた。【考察】本研究により,6MWT中のSpO2(min)およびΔSpO2は%DLco,%DLco/VAが関連し,息切れはFEV1.0,%FEV1.0,%FVCが関連し,6MWDはFEV1.0,%FEV1.0,%FVC,%PEFが関連していた。これは,desaturationは気腫優位型病変が非常に強く関係し,一方で息切れと6MWDは気道優位型病変が関係することが示唆される。現在のCOPD診断はスパイロメトリでの肺機能検査が実施され,GOLD重症度分類においても%FEV1.0が基準である。しかし,本研究から現在の重症度分類のみでは,労作時のdesaturationについて必ずしも反映せず,肺機能検査のみでは不十分である可能性が示唆された。desaturationに強い相関を認めた%DLco,%DLco/VAは,全ての医療機関で測定可能ではない。特に,COPD未診断患者の多くを占める在宅場面での評価は,さらに困難である。また,高齢者の肺機能検査は,正確な評価が困難との報告もある。COPD患者の大半は高齢者であり,診断には肺機能検査に加えdesaturation評価の観点からも6MWTを積極的に実施する必要があると考える。そして,労作時の息切れや低酸素血症に対するHOTの有用性は明らかになっているが,HOT導入基準に関し安静時の動脈血酸素分圧(PaO2)で検討することが多いと報告され,労作時に低酸素血症を呈しながらも安静時PaO2が適応基準外でありHOTを導入されていない例は少なくない。今後,6MWTによりCOPD病態の簡便な判別が可能になることや適切な酸素流量処方評価法への可能性が示唆された。【理学療法学研究としての意義】健康日本21にCOPDが追加され,6MWTに対する保険診療報酬も認可されたことでCOPDに対する注目が集まっている。在宅医療への転換が図られる中,理学療法学的観点から6MWTという簡便な検査方法の新たなる解釈を提言する非常に意義のある研究であると考える。

  • 一般地域住民の全身筋肉量,握力と呼吸機能の経年変化の関係:―2年間の縦断調査による検討―
    松村 拓郎, 沖 侑大郎, 藤本 由香里, 塚本 利昭, 高橋 一平, 中路 重之, 石川 朗
    理学療法学Supplement, 2014年, 日本語, 公益社団法人 日本理学療法士協会, 【はじめに,目的】横断研究,縦断研究の双方で健常者や呼吸器疾患患者の肺機能と筋肉量の関連が報告されており,筋肉量の減少は加齢による呼吸機能低下を加速させることが明らかとなっている。しかし,この筋肉量の測定は専用の機器が必要であり,臨床現場において必ずしも測定できるわけではない。一方で,簡易に測定可能な握力は全身筋肉量との関係も報告されている。我々は,握力を評価することで,筋肉量と同様に呼吸機能の継時的変化が予測可能となるという仮説を立て,呼吸機能の経年変化と握力,筋肉量それぞれの関係を2年間にわたり縦断的に調査した。【方法】対象は岩木健康増進プロジェクト2009参加者のうち,2010,2011と3年連続での調査が可能であった40歳以上の地域住民363名(平均年齢59.4±9.6歳,男性131名,女性232名)とした。自己記入式調査により,呼吸器疾患の診断を受けている者,既往を持つ者は除外した。呼吸機能は一秒量(以下FEV1),努力性肺活量(以下FVC)を調査し,2年間での平均変化量(⊿FEV1=(2011年のFEV1-2009年のFEV1)/2,⊿FVCも同様)を算出した。全身筋肉量は生体インピーダンス法により測定し,握力は2回測定した最大値を用いた。これら調査項目について2009年の結果をベースラインとし,ベースラインの握力,全身筋肉量と2年間での呼吸機能変化(⊿FEV1,⊿FVC)の関係を調査した。統計解析はすべて男女別に行い,目的変数を⊿FEV1(⊿FVC),説明変数をベースラインの全身筋肉量または握力,調整変数を年齢,身長,喫煙歴,運動習慣,ベースラインのFEV1(FVC)とした重回帰分析により標準偏回帰係数(β),調整済みR2を算出した。統計ソフトはSPSS Statistics 17.0を使用し,統計学的有意水準は5%未満とした。【倫理的配慮,説明と同意】本研究は弘前大学倫理委員会の承認を受けて実施した。対象者には十分な説明を行い,同意を得た。【結果】ベースラインの全身筋肉量は男性:50.1±5.9 kg,女性:35.1±2.8 kg,握力は男性:47.4±8.7 kg,女性:29.2±4.2 kgであった。ベースラインからの変化量は⊿FEV1が男性:113.7±325.8 ml/year,女性:-82.49±286.8 ml/year,⊿FVCが男性:105.8±437.5 ml/year,女性:-142.0±356.8 ml/yearであった。重回帰分析の結果,⊿FEV1を目的変数とすると,年齢,身長,喫煙歴,運動習慣,ベースラインのFEV1で調整しても筋肉量(男性:β=0.314,p<0.001,R2=0.589,女性:β=0.277,p<0.001,R2=0.717),握力(男性:β=0.209,p<0.01,R2=0.552,女性:β=0.202,p<0.001,R2=0.694)がそれぞれに有意な関連因子として抽出された。同様に⊿FVCを目的変数としても,筋肉量(男性:β=0.351,p<0.001,R2=0.640,女性:β=0.272,p<0.001,R2=0.759)と握力(男性:β=0.262,p<0.001,R2=0.602,女性:β=0.207,p<0.001,R2=0.741)はそれぞれ有意な関連因子として抽出された。【考察】本研究では男性,女性の双方で筋肉量,握力とその後2年間の呼吸機能変化の関連がみとめられた。このことから,握力は筋肉量と同様に呼吸機能の経年変化の予測に有用であることが示唆された。一方,先行研究および本研究の女性対象者では呼吸機能が経年的に低下していたのに対し,本研究の男性対象者においては経年的な呼吸機能の向上がみとめられた。Rossiら(2011)をはじめとして,十分な筋肉量が加齢による呼吸機能低下を軽減させることは多く報告されているが,肺機能の向上にまで言及したものは見受けられない。本研究では非常に高い筋肉量や握力が呼吸機能の向上につながるという結果を示し,先行研究から発展した新たな可能性を示唆した。しかし,本研究対象者は平均筋肉量,握力において非常に高値を示しており,先行研究よりも若年で,なおかつ3年間継続して健康診断を受診している健康への関心が高い者であることがうかがえる。本研究の結果にはこのような対象者属性の影響が考えられることから,その解釈にはさらなる検討が必要である。【理学療法学研究としての意義】本研究における2年間の縦断的調査から加齢による呼吸機能変化の予測に握力が有用であることが示された。また,握力,全身筋肉量の向上が肺機能の向上につながる可能性が示唆された。これは,呼吸器疾患患者や術後患者の呼吸機能改善への一助となると考えられる。

  • COPD患者における6分間歩行試験時の酸素飽和度低下の発生率とその関連因子:―労作時の息切れに着目した検討―
    三栖 翔吾, 小野 玲, 酒井 英樹, 沖 侑大郎, 本田 明広, 永谷 智里, 角岡 隆志, 三谷 祥子, 浅井 剛, 石川 朗
    理学療法学Supplement, 2014年, 日本語, 公益社団法人 日本理学療法士協会, 【はじめに,目的】労作時の酸素飽和度低下(Exertional Desaturation;ED)は,COPD患者の多くが有する症状であり,肺高血圧症や肺性心,死亡率と関連するとされていることから,リハビリテーションを実施する上で注目すべきものである。COPD患者の症状悪化を予防するためにもEDが生じる要因を明らかにする必要があり,これまでに,閉塞性障害の重症度や肺拡散能の低下など,COPDに関連する肺機能低下とEDとの関連性が明らかとなっている。しかし,EDについての報告は国外の調査によるものが多く,本国におけるEDの発生率やその関連要因についての報告はほとんどない。またEDの発生には,対象者の肺機能だけでなく,実際の労作に関係する因子も影響していることが考えられるが,そのような検討はまだ十分ではない。COPD患者は労作時に息切れを感じることが多く,息切れによって生活に制限が生じることもある。労作時の息切れが強いほどEDが生じる可能性が高くなると考えられるが,その関連性はまだ明らかになっていない。以上より,本研究の目的は,本国におけるCOPD患者におけるEDの発生率を調査し,また,EDと関連する因子について,労作時の息切れの程度を含めて検討することとした。【方法】本研究は,外来診療を受けている病状が安定したCOPD患者57名を対象とし,日常診療において実施された検査結果を後方視的に解析した。検査項目は,6分間歩行試験(6MWT),肺機能検査およびMedical Research Council(MRC)息切れスケールであった。6MWTでは,試験中の経皮的酸素飽和度(SpO2)を連続的に測定し,試験中にSpO2が88%以下となった者をED群,89%以上であった者をnon-ED群として対象者を2群に分けた。肺機能検査の測定項目より,%FVC,%FEV1.0,%DLCOを解析に用いた。MRC息切れスケールは労作時の息切れの程度を示す指標で,日常生活においてどの程度の労作で強い息切れが生じるかを評価する。統計解析は,EDに関連する要因を明らかにするために,身体計測学的特徴および測定項目の2群間の比較を,各測定値の特性に応じてそれぞれχ二乗検定,対応のないt検定,Wilcoxon順位和検定を用いて行った。さらに,従属変数をEDの有無とし,独立変数として2群間に有意な差が認められた項目を2区分変数として強制投入する名義ロジスティック回帰分析を行い,EDと独立して関連する要因の検討を行った。なお,統計学的有意水準は5%未満とした。【倫理的配慮,説明と同意】対象者は,事前に口頭にて検査結果を研究目的として用いることを説明し同意を得た者であり,ヘルシンキ宣言に基づく倫理的配慮を十分に行った。【結果】対象者の平均年齢は73.0±7.4歳,男性45名(78.9%)であった。ED群は20名,non-ED群は37名であり,EDの発生率は35.1%であった。2群間比較にて有意な差がみられた項目は,%FEV1.0,%DLCO,MRC息切れスケールであり,ED群はnon-ED群と比較して,%FEV1.0および%DLCOが有意に小さく(いずれもp=0.01),MRC息切れスケールが有意に大きかった(p<0.01)。名義ロジスティック回帰分析の結果,MRC息切れスケールが3以上である者はEDを生じるリスクが高かったが(オッズ比[95%信頼区間];6.0[1.4-28.8],p=0.01),%FEV1.0はEDとの独立した関連性はみられなかった。肺拡散能検査を実施したのは一部の対象者(29名)のみであったため,追加解析としてその一部の対象者において,上記モデルに%DLCOを加えた名義ロジスティック回帰分析を行った結果,MRC息切れスケールおよび%DLCOが,独立してEDと関連していた(ともにp<0.01)。【考察】本研究の対象者における6MWT実施時のEDの発生率は35.1%であり,本研究で用いたものと同じ基準を用いた国外の報告(32.1~39.3%)と同等の有病率であった。また,EDと独立して関連する因子として,MRC息切れスケールおよび%DLCOが抽出され,肺胞の機能障害と独立して,労作時の息切れの程度がEDと関連していることが示唆された。COPD患者は,肺機能障害に加え,労作と呼吸との同調の不十分さや呼吸補助筋の過度な活動などによる動作の効率性低下によっても,労作時の息切れが強くなっていくと考えられる。したがって日常生活における労作時の息切れが強い者は,動作の効率性低下により,その肺機能障害の程度以上にEDが生じる危険性が高くなっていたと考えられる。【理学療法学研究としての意義】本国においても病状が安定したCOPD患者の多くがEDを生じることが明らかとなり,EDについて注目する必要性が高いことが示された。また,リハビリテーションを実施し効率的な動作を獲得して労作時の息切れを軽減させることにより,COPD患者におけるEDの軽減につながる可能性が考えられた。

  • COPD患者における安静時PaO2と歩行中Desaturationの関係と在宅酸素療法導入基準についての検討
    藤本 由香里, 沖 侑大郎, 松村 拓郎, 高橋 一揮, 金子 弘美, 大平 峰子, 石川 朗
    理学療法学Supplement, 2014年, 日本語, 公益社団法人 日本理学療法士協会, 【はじめに,目的】慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者数は世界的に増加している。日本ではCOPDの急性増悪による入院回数および期間の増加による医療費の圧迫が深刻な問題となっており,COPD患者の在宅における適切なケアが望まれる。COPDの主症状の一つに労作時の低酸素があげられるが,在宅酸素療法(HOT)の保険適応は安静時のPaO2が基準となっている。今回はCOPD患者におけるHOT導入の状況と,6分間歩行試験(6MWT)後のDesaturationとHOT適応基準の関係の調査を目的とした。【方法】HOTを導入していない男性COPD患者38名の肺機能,血液ガス,6MWTの結果について解析を実施した。まず,HOTの適応基準値であるPaO255Torrで対象者を分類した。さらに,6MWT後のDesaturationを歩行終了時のSpO2≦90%と定義し,それぞれの群について分類した。次に,6MWT後のDesaturationの有無で対象者を分類し,2群間で年齢,BMI,肺機能(VC,%VC,実測FEV1,予測FEV1,FEV1%,%FEV1),血液ガス(pH,PaCO2,PaO2,A-aDO2,SaO2),6MWT(歩行前後の心拍数・修正Borgscale・SpO2,⊿SpO2)の結果について比較した。統計解析にはSPSS ver.17を使用し,2群間比較にはMann-Whitney U検定を実施した。【倫理的配慮,説明と同意】対象者全員に研究内容を説明し,書面にて同意を得た。また,調査協力病院の倫理委員会の承認を得た。【結果】HOT非導入の38名の平均値は年齢76.0±6.7歳,BMI21.2±3.3,%FEV150.5±20.9%であった。HOT非導入の38名のうち,11名(29%)がPaO2<55Torrであり,そのうち8名が6MWT後にDesaturationに陥っていた。また,PaO2≧55Torrの27名(71%)のうち,10名が6MWT後にDesaturaitonに陥っていた。また,18名(47%)が6MWT後にDesaturationに陥り(以下D90群),20名(53%)が6MWT後にDesaturationに陥らなかった(以下ND90群)。2群間の比較(D90群vsND90群,p value)では,%FEV1(48.0±21.4% vs 52.8±20.8%,p=0.047),PaO2(56.3±8.5Torr vs 69.9±12.3Torr,p=0.001),A-aDO2(40.0±12.6Torr vs 29.2±12.5Torr,p=0.014),SaO2(87.8±5.3% vs 92.9±5.5%,p=0.002),歩行前SpO2(94.1±2.1% vs 96.0±1.8%,p=0.005),歩行後SpO2(84.8±4.7% vs 93.9±2.2%,p<0.000),⊿SpO2(9.3±5.0% vs 2.2±2.3%,p<0.000)であり,その他の項目では有意差はなかった。【考察】HOT非導入38名のうち安静時のPaO2<55Torrである者が11名存在した。つまり,HOT非導入群の約30%においてHOTの保険適応基準に当てはまるにも関わらず,HOTが導入されておらず,そのうち8名が歩行後にDesaturationに陥っていた。また,PaO2≧55Torrの27名においても,10名が歩行後にDesaturationに陥っており,安静時のPaO2が保たれている場合でも労作時に著しく低酸素の状態になっているケースが多いことが明らかになった。ND90群20名と比較するとD90群18名のPaO2は有意に低い結果となったが,D90群の平均安静時PaO2は56.3±8.5Torrであり,そのうち10名はPaO2≧55Torrであった。しかし,D90群の歩行後のSpO2の平均値は84.8±4.7%であり,酸素解離曲線にあてはめPaO2に換算すると50Torr前後まで低下していることになる。また,酸素化の指標であるA-aDO2が2群間で有意差を認め,安静時のPaO2の値に関わらず,A-aDO2が大きいと労作時にDesaturationに陥りやすい可能性が示唆された。一方で,D90群とND90群間に年齢,BMI,歩行前後の息切れ,6分間歩行距離に有意差はなかったことから,労作時の低酸素状態は自覚症状に乏しい可能性がある。今回の調査により,安静時のPaO2が保たれている場合でも労作時には著しく低酸素に陥る例が多いことが明らかとなり,加えて,安静時にPaO2が低下していても労作時には低下がない例も見受けられた。よって,安静時のPaO2のみの評価でHOT導入の適切な処方は困難であると思われる。労作時のDesaturationは症状が乏しく,COPD患者の多くが日常的に低酸素状態に陥っており,肺高血圧症や肺性心などを引き起こし急性増悪の原因の一つになっている可能性もある。本邦では,現在医療費削減のため病院での長期的なフォローが困難な状況である。そのため,訪問リハビリテーションや外来診療など定期的なフォロー時を設け,理学療法士が運動負荷試験を実施することで適切なHOT導入および酸素流量の設定によって,急性増悪の予防,入院回数・期間の減少など費用対効果につながると考える。【理学療法学研究としての意義】理学療法士は一定時間以上の労作時の生理的反応を評価できる唯一の職種として,適切なHOT適応や酸素流量設定のための重要な役割を果たすことができる。本研究は理学療法士が活躍するフィールドの拡大の一端となると考えられる。

  • 高齢者ADLに影響を与える諸因子の検討
    沖侑大郎, 藤本由香里, 松村拓郎, 石川朗
    日本老年医学会雑誌, 2014年, 日本語, (一社)日本老年医学会

  • 訪問看護を含む包括的呼吸リハビリテーションを導入した肺結核後遺症患者の肺機能,ADL,QOLの経過について
    藤本由香里, 沖侑大郎, 松村拓郎, 大平峰子, 金子弘美, 石川朗
    日本呼吸器学会誌, 2014年, 日本語, (一社)日本呼吸器学会

  • 6分間歩行試験(6MWT)における肺拡散能と1秒量との関連性についての検討
    沖侑大郎, 沖侑大郎, 酒井英樹, 藤本由香里, 三栖翔吾, 角岡隆志, 三谷祥子, 永谷智里, 松村拓郎, 本田明広, 金子正博, 石川朗
    日本呼吸器学会誌, 2014年, 日本語, (一社)日本呼吸器学会

  • 医療・介護関連肺炎(NHCAP)の現状と展望:──看護師の立場から──
    金子 弘美, 山中 悠紀, 大平 峰子, 沖 侑大郎, 石橋 由里子, 石川 朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2014年, 日本語, 一般社団法人 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 医療・介護関連肺炎患者の多くは,在宅介護を受けていたり多様な基礎疾患や合併症を抱えて外来で医療ケアを受けている高齢者であり,その大半に誤嚥性肺炎が疑われる.したがって,その予防や治療では患者の意志や家族の希望,社会的条件などを考慮しながら,摂食・嚥下訓練,口腔ケア,適切な栄養管理や食事指導,リハビリテーションなどを行い患者の体力向上を図るといった包括的な対応が欠かせない.そのなかで診察や治療に関連する業務から患者の療養生活の支援にいたるまで幅広い業務を担いうる看護師にはチーム医療のキーパーソンとして役割が期待される.医者や歯科医師を中心にスタッフ間で連携した対応を行うには,栄養状態や嚥下機能,口腔内環境などの誤嚥性肺炎のリスクを評価し予防や早期発見に努めるだけでなく,スタッフへの助言やスタッフ間連携のための情報共有などに主導的な働きを果たす必要がある.

  • COPD患者のADL動作毎の呼吸困難感が健康関連QOLに与える影響
    松村拓郎, 沖侑大郎, 藤本由香里, 大平峰子, 金子弘美, 石川朗
    日本呼吸器学会誌, 2014年

  • 呼吸器疾患患者の一日の平均歩数と日常生活動作(ADL)遂行時の息切れの程度の相関について
    浜尾 真理子, 石川 朗, 沖 侑大郎
    理学療法学Supplement, 2013年, 日本語, 公益社団法人 日本理学療法士協会, 【はじめに、目的】呼吸器疾患患者は、動作による息切れによって日常生活動作(ADL)の自立が妨げられているという現状があり、息切れは患者の行動能力を制限し全身状態を低下させる。さらに呼吸困難という恐怖や不安感から身体活動を回避し活動性が低下、全身持久力が低下しADL能力に影響を及ぼすことが示されている。ADL能力低下の原因として、高齢と疾患の併存による歩行能力の低下が挙げられており、下肢筋力低下は生活機能の低下を招く。 太湯らは平均歩数が4000 steps/day以下は低活動傾向にあるとしている。そのため、呼吸器疾患患者は息切れによる呼吸困難から低活動傾向となり、ADL能力低下のリスクが予測される。ADL能力を維持するために、具体的にどの程度の活動性を保つことが息切れの軽減につながるのかと明示された研究は少なく、呼吸器疾患患者のADL評価における歩行能力に関する評価も十分でないのが現状である。そこで、本研究で呼吸器疾患患者のADLに伴う呼吸困難感と歩数の相関を調査し、歩数とADLの息切れの程度を明らかにするのが目的である。【方法】対象は呼吸器リハビリテーション外来患者20名(平均年齢74.9歳±12.1)で、男性13名、女性7名であった。疾患内訳は慢性閉塞性肺疾患8名、肺結核後遺症3名、気管支喘息3名、慢性気管支拡張症2名、突発性間質性肺炎2名、慢性呼吸不全1名、非定型型抗酸菌症1名であった。全対象者に対しADL項目(食事・入浴(湯船につかる・上下身の洗体・洗髪)・排泄・整容(洗顔・歯磨き)・更衣(シャツ着脱・ズボンの着脱・靴下の着脱)屋内平地歩行・坂道を上る・階段昇降・バス等の外出・買い物の各動作について、息切れを全く感じない「0」から最大限に強い「10」まで12段階のアンケートを行い、自己記入式で行なった。また対象者は7日間万歩計を使用し、歩数(steps/day)を記録して頂き、7日間での平均歩数(steps/day)を算出し、平均歩数に応じて、活動群14名(≧4000steps/day)、低活動群6名(<4000steps/day)の2群に分けた。統計方法はSpearmanの順位相関分析を用いた。【倫理的配慮、説明と同意】呼吸器リハビリテーション外来に通院する呼吸器疾患患者に対し、本研究の趣旨と調査結果を記号化し、個人特定できないことを口頭及び紙面にて説明し、同意を得た上で、調査を実施した。【結果】低活動群は入浴を除くADL(食事・排泄・整容(洗顔・歯磨き)・更衣(シャツ着脱・ズボンの着脱・靴下の着脱)と息切れの程度に相関は見られなかった。一方、(1)屋内平地歩行(2)坂道上り(3)階段昇降(4)バス等で外出(5)買い物(6)入浴、の6つの活動と歩数に息切れの負の相関が見られた(p<0.05)。活動群は歩数とADLの息切れの程度に、入浴(湯船につかる・上下身の洗体・洗髪)以外に有意な相関が見られなかった。(p<0.05)【考察】呼吸器疾患患者の身体活動減少の機序として、労作時の呼吸困難感は座位中心の生活へ変化させるとの報告がある。本研究においても、低活動群では食事や更衣など座位で行うことが可能なADLの息切れの程度と歩数に相関が見られなかったのに対し、歩行や外出等移動を含むADLの息切れと歩数に関しては、相関が認められ先行研究での報告を裏付ける結果となった。このことから、呼吸器疾患患者の低活動が、下肢骨格筋量および運動耐容能を低下させる要因となり、労作時における息切れおよび呼吸困難感を増幅させることで、更に低活動を助長するという悪循環を招くことが考えられる。本研究により、早期から4000steps/dayの歩行量を確保することが、呼吸器疾患患者の活動性維持に重要な因子となる可能性が示唆された。4000steps/day以下になるにつれ、身体負荷の高い移動能力の息切れ感が増幅され外出機会の減少・活動意欲低下につながると予測される。今後、ADL能力低下に対する予防的観点から、ADL能力と歩行能力の関連性について更に検討していく必要があると考える。【理学療法学研究としての意義】本研究で呼吸器疾患患者のADLにおける呼吸困難感と歩行能力の関連性を明らかにした。活動性の一つの具体的な指標として4000 steps/dayを呼吸器疾患患者に明示し実践することにより、将来的に予測されうる呼吸困難感を軽減させる可能性がある。今後更に、呼吸器疾患患者のADL能力低下に対する予防的観点からの理学療法による介入研究を実施していく上で、重要な指標となる可能性のある意義のある研究である。

  • 医療・介護関連肺炎(NHCAP)への理学療法士による介入の必要性:-老人保健施設での呼吸ケアについてのアンケート結果より-
    沖 侑大郎, 松村 拓郎, 藤本 由香里, 河上 晴香, 浜尾 真理子, 石川 朗
    理学療法学Supplement, 2013年, 日本語, 公益社団法人 日本理学療法士協会, 【はじめに、目的】 2011年の我が国における肺炎による死亡者数は、脳血管障害を抜き第3位となった。更に高齢者の死亡者数に限れば肺炎が第1位である。この肺炎罹患者の多くが、長期療養型施設などに入所している高齢者である。2011年に日本呼吸器学会は、介護を必要とする高齢者、長期療養病床群もしくは介護施設に入所する患者が主たる対象者として発症する肺炎を、医療・介護関連肺炎(NHCAP)として定義し、診療ガイドラインを公表した。しかし、診療ガイドラインにおいては、原因菌に対する適切な抗菌薬の選択方法を中心に肺炎診療の指針はなされているが、感染症対策や予防法に対しては十分ではない。今後、在宅医療へと転換されていくことで、最も多く関わるリハビリテーションによる介入が重要となってくる。そのために、理学療法士(以下、PT)・作業療法士・言語聴覚士などが中心となってNHCAP予防に向けた介入を実施していく必要がある。本研究では、予防的介入法確立への前段階として、介護老人保健施設(以下、老健)従事者に対するアンケートを実施することでの現状把握を目的とする。【方法】 (1)調査対象:北海道内における多施設の老健に従事する職員136名(36.7±10.7歳)を調査対象とした。(2)調査方法:平成22年7月に開催された介護老人保健施設を対象とした職員研修会参加者に、無記名での自記式アンケート用紙を配布し、研修会終了後に回収する集合調査法にて実施した。(3)調査内容:勤務施設について、アンケート回答者の基本属性、勤務先での日常業務、老健における呼吸ケア・リハビリテーションなど呼吸ケアに対する所属施設での現状と意識などについて問う項目を設定した。【倫理的配慮、説明と同意】 調査実施に際し、紙面上にて本研究の主旨と調査結果を記号化させ、個人特定ができないことを説明し、同意を得た上で調査を実施している。【結果】 呼吸ケアの必要性を感じる対象者として、慢性閉塞性肺疾患(COPD)(80.1%)、肺炎(69.9%)、中枢神経疾患(56.6%)、高齢者(57.4%)が挙げられた。しかし、実際に十分に実施されているという回答は10%に満たなかった。また、PT(21名)のみに着目すると、所属施設での呼吸ケア実施状況の内訳は、十分に実施できている(0名)、ある程度できている(0名)、どちらでもない(2名)、あまり実施できていない(19名)であった。その理由として、「知識および技術不足」が80%以上を占めた。実際の呼吸ケア介入方法としては、全体では呼吸練習(45%)、パーカッション(32%)、歩行練習(33%)、リラクセーション・呼吸筋トレーニング・体位排痰法・気管内吸引(22%)であった。一方、PTでは、胸郭可動域練習(80%)、歩行練習(76%)、リラクセーション・呼吸練習(71%)、呼吸筋トレーニング・自転車エルゴメーター(52%)、呼吸介助(47%)であった。また、呼吸ケアについて困っていることについての自由記載では、「誤嚥性肺炎の予防および対応が分からない」「所属施設での呼吸ケアに対する理解が得られない」などが多かった。【考察】 本研究結果から、老健施設においてCOPD、肺炎、中枢神経疾患、高齢者などに対する呼吸ケアの必要性を感じていながら、知識や技術がない為に実施されてない現状が明らかになった。これは、PTのみに着目しても同様の結果であった。今後、更に高齢化社会が進行し、患者の多くが在宅や老健で生活を送ることが予想されることから、PTの役割も変化していき、発症予防という概念がより一層重要になると考える。PTが中心となり、呼吸ケアに対する基礎知識と技術が得られる機会を増やし意識を高めていくことが、今後の課題であると考える。NHCAPに対する予防的介入法確立に向けての展望として、まずはNHCAP発症要因について検討を行い、リハビリテーションの視点からリスク指標を明らかにしていく必要性があると考える。【理学療法学研究としての意義】 現在、日本呼吸器学会で、肺炎球菌ワクチンとインフルエンザワクチンの併用接種を行うことで、高齢者介護施設の肺炎による入院回数を減少させ、医療費を年間5,110億円削減されると試算されている。しかし、NHCAPの本質である誤嚥性肺炎は、発症を繰り返してしまうため根本的解決は困難である。したがって、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などが中心となり、リハビリテーションによる誤嚥性肺炎再発に対する予防法を確立させることで、NHCAP発症者数を減少させ、更なる医療費削減が見込まれる。本研究により、老健での呼吸ケアに対する現状把握が行えたことで、予防的介入法確立に向けた展望が明確になった。今後、理学療法学的観点からNHCAP発症リスク因子の特定および予防的介入法確立に向けた介入研究を行っていくにあたり、非常に意義のある研究である。

  • 回復期脳血管障害患者における肺炎発症要因について:―多施設間共同研究による検討―
    松村 拓郎, 沖 侑大郎, 三谷 有司, 瀧澤 弥恵, 成田 雅, 松川 桂子, 松田 泰樹, 石川 朗
    理学療法学Supplement, 2013年, 日本語, 公益社団法人 日本理学療法士協会, 【はじめに、目的】 肺炎は高齢者の死因の第1位であり、全死因においても2011年に脳血管障害を抜き第3位となった。脳血管障害患者においてはその1/3が誤嚥性肺炎を発症するとされ、脳血管障害患者の肺炎発症によるリハビリテーションの遅延や在院日数の延長、死亡率の増加も報告されている。誤嚥性肺炎に対する予防的介入としては口腔ケアと摂食嚥下リハビリテーションが挙げられるが、その予防効果は十分ではなく、脳血管障害患者の肺炎発症リスク因子の特定は新たな介入法の検討につながると考えられる。しかし、脳血管障害後の肺炎発症は急性期・慢性期の双方でその危険性が指摘されているにもかかわらず、回復期施設での肺炎発症についての報告は少なく、多施設間で行われた研究はみられない。本研究では回復期4施設において後方視的に多角的な視点から脳血管障害患者の肺炎発症リスク因子について検討した。【方法】 対象は2008年4~6月、2009年4~5月の間に脳血管障害の診断で回復期4施設に新規入院した175名(平均年齢72.0±11.0歳、男性106名、女性69名)とした。調査項目は肺炎発症の有無、年齢、原疾患、既往歴、上肢Brunnstrom Recovery Stage(BRS)、下肢BRS、Japan Coma Scale(JCS)、Functional Independence Measure(FIM)、アルブミン値、総タンパク、活動レベル、経口摂取の有無、嚥下障害の有無、嚥下障害の重症度、人工呼吸器の有無、在院日数、転帰先の17項目とし、それぞれ入院時、またはその近似値を診療録から後方視的に調査した。肺炎の診断は日本呼吸器学会が定める肺炎の重症度分類に該当する所見とX線写真判定により肺炎発症と判断したものとした。統計解析はMann-WhitneyのU検定、カイ二乗検定を用いて肺炎発症の有無と各調査項目の関連について検討した。さらに、関連のみられた項目については肺炎発症の有無をアウトカム、年齢、嚥下障害の有無を調整変数としてロジスティック回帰分析を行い、オッズ比(OR)と95%信頼区間(95%CI)を計算した(有意水準は5%未満)。【倫理的配慮、説明と同意】 各施設に研究報告書を送付し趣旨を説明の上、個人が特定されないことを条件に各施設の倫理委員会の承認を得た。【結果】 肺炎発生率は175名中13名(7.4%)であった。肺炎の有無と各調査項目では、年齢、嚥下障害の有無と重症度、下肢BRS、経口摂取の有無、FIM、アルブミン値、活動レベル、脳血管障害・呼吸器疾患・心疾患既往歴に相関がみられた(p<0.05)。最も相関が強かったのは入院時の活動レベルで、臥床群と車椅子・歩行群の2群に分類しての臥床群の割合は肺炎群で38.5%、非肺炎群で8.8%であった(p<0.001)。ロジスティック回帰モデルでは入院時の活動レベル(OR=5.4[1.3-21.5])、経口摂取の有無(OR=5.4[1.3-22.8])、アルブミン値(OR=0.1[0.01-0.5])、心疾患既往歴(OR=3.9[1.1-13.7])、呼吸器疾患既往歴(OR=4.5[1.2-16.3])、脳血管障害既往歴(OR=3.7[1.1-12.4])に関連がみられた(p<0.05)。【考察】 複数の併存疾患は患者の虚弱による免疫機能の低下を招き、活動レベルの低下は臥床による免疫機能、粘膜線毛クリアランス、消化器機能、食欲の低下を引き起こす。食欲の低下は低栄養状態により易感染性を増強する。Langmoreらは誤嚥性肺炎発症の機序を口腔内細菌叢、誤嚥、宿主の抵抗の3つに分類しており、今回関連がみられた低活動レベル、低アルブミン値、心疾患・呼吸器疾患・脳血管障害既往歴は宿主の虚弱による抵抗能力の低下を示していると考えられた。嚥下機能が正常な高齢者にも睡眠時の誤嚥はみられることから、免疫機能の維持による誤嚥しても肺炎に罹患しにくい身体作りは重要であると考えられ、本研究から活動量や栄養状態の維持による宿主の免疫機能の維持の重要性が示唆された。今後は口腔内細菌叢の存在や口腔ケアの実施の程度も考慮するとともに、活動量や栄養状態の変化を経時的に調査し、これらの項目が肺炎合併に与える影響についてより詳細に検討していく必要があると考えられる。【理学療法学研究としての意義】 低活動や低栄養による免疫機能の低下は誤嚥性肺炎の発症リスクを高めると考えられ、誤嚥性肺炎の効果的な予防のためには口腔ケア、摂食嚥下リハビリテーションだけでは不十分な可能性がある。本研究での介入可能なリスク因子の特定は今後の前向き研究での新たな予防的介入の足掛かりとなる。

  • 長期療養型病床群における脳血管障害患者の医療・介護関連肺炎発症に関する現状
    松村 拓郎, 沖 侑大郎, 三谷 有司, 高橋 満, 藤本 由香里, 石川 朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2013年, 日本語, 一般社団法人 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 【目的】長期療養型病床群での脳血管障害患者の医療・介護関連肺炎発症の実態について調査することを目的とした.【方法】長期療養型施設2施設に入所した脳血管障害患者54名(平均年齢83.9±10.1歳)を対象とした.対象者を入所期間中に肺炎を発症した肺炎群と発症しなかった非肺炎群の2群に分類し,入所時点での患者特性,入所期間中の死亡率を比較した.【結果】肺炎群は54名中12名(21.8%)で,12名すべてが嚥下障害をもつ75歳以上の後期高齢者であった.非肺炎群と比較して肺炎群は嚥下障害をもつ割合が高く(p<0.05),機能自立度評価表(FIM)スコアが低値であった(24.6±12.8 vs. 40.7±29.6, p<0.05).死亡率は肺炎群が有意に高値となった(HR:5.3, 95%CI:1.2-23.2, p<0.05).【結論】肺炎発症例の特徴から脳血管障害患者に発症する医療・介護関連肺炎の大部分が高齢者の誤嚥性肺炎であると推測された.また,この肺炎発症にいたる背景因子として嚥下障害の存在に加えてADL低下の影響が示唆された.

  • 一般地域住民における健康関連体力と呼吸機能の関連
    松村拓郎, 沖侑大郎, 藤本由香里, 塚本利昭, 高橋一平, 中路重之, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2013年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • COPD患者に対する訪問看護導入による長期的効果-36ケ月間の追跡調査-
    沖侑大郎, 藤本由香里, 松村拓郎, 金子弘美, 金子弘美, 大平峰子, 大平峰子, 石川朗, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2013年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • 看護師の立場から
    金子 弘美, 石橋 由里子, 大平 峰子, 沖 侑大郎
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2013年, 日本語, 一般社団法人 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)早期発見における6分間歩行試験の可能性
    沖侑大郎, 石川朗, 藤本由香里, 松村拓郎
    日本老年医学会雑誌, 2013年, 日本語, (一社)日本老年医学会

  • COPDへの訪問看護を導入した呼吸リハビリテーションの経済的効果の検討
    石川朗, 山中悠紀, 沖侑大郎, 松村拓郎, 藤本由香里
    日本老年医学会雑誌, 2013年, 日本語, (一社)日本老年医学会

  • 長期療養型病床群における脳血管障害患者の医療・介護関連肺炎発症に関する現状
    松村拓郎, 沖侑大郎, 石川朗
    日本老年医学会雑誌, 2013年, 日本語, (一社)日本老年医学会

  • 慢性閉塞性肺疾患患者の重症度と6分間歩行試験中の酸素飽和度の関係
    藤本由香里, 河島常裕, 廣田千香, 沖侑大郎, 松村拓郎, 石川朗
    日本運動療法学会大会抄録集, 2013年, 日本語, 日本運動療法学会

  • HbA1cはCOPD患者の栄養治療介入の阻害因子となりうるか
    松村拓郎, 沖侑大郎, 藤本由香里, 石川朗
    日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会抄録集(Web), 2013年

  • 舌背部と唾液中における口腔内細菌数の関係性-細菌カウンタによる検討-
    沖侑大郎, 松村拓郎, 藤本由香里, 石川朗
    日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会抄録集(Web), 2013年

  • 多施設間共同研究による急性期脳血管障害患者の肺炎発症要因の検討
    松村拓郎, 沖侑大郎, 三谷有司, 斎藤洋, 鵜澤吉宏, 三浦康彦, 畑慶弥, 加藤淳也, 藤本由香里, 石川朗
    日本呼吸療法医学会学術総会プログラム・抄録集, 2013年

  • 慢性閉塞性肺疾患患者に対する訪問看護プログラム導入による長期的効果-2年間の訪問看護プログラム追跡調査-
    沖侑大郎, 沖侑大郎, 藤本由香里, 松村拓郎, 高橋一輝, 高橋一輝, 金子弘美, 大平峰子, 石川朗
    リハビリテーション・ケア合同研究大会, 2013年

  • 誤嚥性呼吸器疾患発症における気道粘液線毛輸送機能の影響~サッカリンテストを用いた検討
    野原幹司, 金子信子, 上田菜美, 沖侑大郎, 石川朗, 阪井丘芳
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2013年

  • COPD患者の6分間歩行試験と歩行中Desaturation評価の重要性の検討
    藤本由香里, 沖侑大郎, 松村拓郎, 河島常裕, 廣田千香, 金子弘美, 金子弘美, 大平峰子, 大平峰子, 石川朗, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2013年

  • 人工呼吸療法中の小児の理学療法 (特集 人工呼吸器を装着している小児の看護) -- (人工呼吸療法中の小児のケア)
    石川 朗, 沖 侑大郎
    小児看護, 2012年08月, 日本語, へるす出版

  • 医療・介護関連肺炎に関する調査-老人保健施設での呼吸ケア・リハビリテーションに関するアンケート-
    沖侑大郎, 石川朗
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2012年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • COPDの6分間歩行試験中の酸素飽和度および脈拍の経時的変化
    石川朗, 沖侑大郎, 河島常裕, 手塚恵, 乾光則, 菅原好孝
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2012年, 日本語, (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • 嚥下障害の症例に対し、頸部可動性改善と舌骨上筋群の筋力増強が嚥下障害の改善に寄与した一例
    沖 侑大郎, 田中 直次郎, 沖田 啓子, 渡邉 光子, 岡本 隆嗣
    理学療法学Supplement, 2012年, 日本語, 公益社団法人 日本理学療法士協会, 【はじめに、目的】 延髄外側症候群(以下:Wallenberg症候群)とは、1895年にAdolf Wallenbergが発表し広く知られるようになった。球麻痺、小脳失調、交代性解離性感覚障害の所見を呈し、50%以上に嚥下障害を合併するといわれている。今回、Wallenberg症候群で嚥下障害を呈した症例に対し、理学療法学的観点から頸部可動性、舌骨上筋群の機能を中心に評価し、アプローチすることで改善が認められたので報告する。【方法】 本症例は、60歳代男性で、右椎骨動脈閉塞による右延髄外側の梗塞を発症し、左片麻痺、左失調症状、右側温痛覚障害、構音障害、嚥下障害を呈し発症51日目に当院に入院した。独歩でADLは自立しており、意識障害、高次脳機能障害は認めず、嚥下障害が主な問題点であり、藤島の摂食・嚥下能力のグレード7であった。神経学的所見として、Brunnstrom stageは左上下肢ともに6レベル。体幹機能は頸・体幹・骨盤帯運動機能検査で5レベルであり、座位および立位保持は安定。Berg's Balance Scaleで56/56でADL上バランス機能に問題は見られなかった。嚥下障害に対する問題点を頸部可動域低下、舌骨および喉頭挙上不全、舌骨上筋群筋力低下とし、Videofluorography(以下VF)上で軟口蓋および舌骨の挙上不全により十分な嚥下圧が得られないことによる喉頭蓋谷、梨状窩の残留を認めた。今回の評価方法として、藤島による摂食・嚥下能力のグレード(以下Gr.)、頸部伸展および回旋の関節可動域、相対的喉頭位置(以下T-position)、舌骨上筋群筋力評価スケール(以下GSグレード)、VF上で第3頸椎の内側縦長を基準とし、舌骨と喉頭それぞれの最大前方移動距離と最大挙上距離(前方/挙上)を用い、退院までの経過を評価した。問題点に対し、頸部可動域改善に向け、頸部・肩甲帯リラクゼーション後、舌骨上筋群へのマイオフェイシャルリリース、ダイレクトストレッチおよび舌骨モビライゼーションを行った。また、舌骨上筋群を強化して舌骨および喉頭運動を改善させ、食道入口部の開大を目的に、頭部挙上練習30回反復後、頭部挙上位1分間保持3回を1セットで構成されるシャキア法を、1日3セットを週5回で退院までの1ヶ月間継続的に行った。その際、通常のシャキア法では、腹筋群での代償が生じやすいと考え、頭部挙上練習は背臥位でセラピストが頸部を軽度屈曲位になるように後頭部を介助することで頭部の重さをサポートし、患者が顎を引くことに対し、セラピストが抵抗を加えた。頭部挙上保持は、セラピストが両肩関節を床面に向かい抵抗を加えながら行うことで腹筋群の代償の軽減を図りながら舌骨上筋群の筋力強化を図った。【倫理的配慮、説明と同意】 本症例には症例報告をさせて頂く主旨を紙面上にて説明し同意を得た。【結果】 上記の評価項目を用い、退院までの経過を評価した。評価結果(入院時評価→退院時評価)として、(食形態)Gr.7→9、(頸部伸展)50°→60°、(頸部回旋左右)50°→60°、(T-position)0.44→0.416、(GSグレード)1→3、VF上で舌骨・喉頭移動距離(前方/挙上)は、(舌骨)11.7/4.4cm→12.9/14.7cm、(喉頭)22.0/10.4cm→25.9/12.9cmの項目に改善が見られた。【考察】 本症例に対し頸部・舌骨上筋群を中心としたストレッチを行うことで、頸部伸展および回旋可動域、T-positionの改善が認められた。頸部の可動域制限は、舌骨や喉頭を過剰に固定し挙上運動の制限因子となる。頸部ストレッチを行うことで伸張刺激が加わり舌骨・喉頭の挙上運動が働きやすい状況になったと考える。更にGSグレードの改善からも分かるようにシャキア法により喉頭挙上筋である舌骨上筋群の筋力が改善している。つまり、筋の長さ-張力曲線の原理から考え、頸部の伸張性が改善したことにより喉頭挙上に関する筋力が動員されやすい状態となった。さらに舌骨上筋群の筋力が改善したことにより舌骨・喉頭挙上運動が増大した。このことは、VF所見から舌骨前方および挙上移動距離の改善していることから明らかである。以上より今回の症例に対して舌骨上筋群のストレッチ、シャキア法が、嚥下機能改善に対する有用なアプローチ法であること、加えて詳細な評価が有効であることが考えられる。【理学療法学研究としての意義】 今回理学療法の観点からの嚥下障害に対する間接的アプローチを行うことで、改善が見られた。吉田らによると嚥下障害改善群は、頸部伸展・回旋、舌骨上筋群筋力が有意に改善すると報告しており、本症例においても嚥下機能改善に伴い、頸部伸展・回旋、舌骨上筋群筋力、T-positionの改善が見られておりアプローチ方法は有用であったと考える。今回着目した頸部の可動性、舌骨上筋群の筋力を中心に正確な評価指標をもって病態を把握し、嚥下運動に対してのより効果的なアプローチが可能になると考える。

  • 上部胸郭への圧迫が横隔膜機能に及ぼす影響
    金子 秀雄, 吉住 浩平, 永井 良治, 大塚 もも子, 川島 由希, 江里口 恵介, 沖 侑大郎, 徳永 浩一, 加藤 紗織
    理学療法学Supplement, 2009年, 日本語, 公益社団法人 日本理学療法士協会, 【目的】呼吸調整を目的に横隔膜呼吸を試みるが、呼吸障害患者では上手くできないことも少なくない.このようなとき上部胸郭に持続的な徒手的圧迫を加えることで横隔膜呼吸へと誘導できることを経験する.しかし、その効果についてはほとんど知られていない.そこで、本研究では健常者を対象に上部胸郭への圧迫が横隔膜機能にどのように作用するか検証することを目的とした.

    【方法】健常男性24名(21±1歳)を対象とした.対象者には研究内容を書面および口頭にて説明し同意を得た.また、本研究は国際医療福祉大学の倫理委員会の承認を得て実施した.上部胸郭圧迫およびその前後の横隔膜機能を評価するために6.0MHzの超音波画像計測装置とBモード、リニア式プローブを用いた.プローブは右中腋窩線から前腋窩線上の間の第8または第9肋間にプローブを置き、吸気終末時と呼気終末時の静止画像を3呼吸分抽出した.超音波画像はパソコン画面上にて横隔膜の筋厚(Tdi)を測定し、呼気終末時と吸気終末時のTdiの差を呼気終末時のTdiに対する百分率で表した(delta Tdi).また、このときの一回換気量と呼吸数を測定するためにスパイロメータを使用した.上部胸郭への圧迫には血圧計のマンシェットを使用し、腋窩から乳頭レベルに置いて、胸郭に巻きつけた.圧迫は40mmHg とした.対象者はフェイスマスクを装着して背臥位となり、上部胸郭への圧迫を3~5分間を加えた.すべての測定は呼吸が安定した後に実施した.上部胸郭圧迫とその前後の3条件を比較するために、分散分析を用いて多重比較を行った.

    【結果】上部胸郭圧迫とその前後の比較では、delta Tdiは有意に増大したが、一回換気量と呼吸数に有意差はなかった.しかし、このうち8名はdelta Tdiが減少していたことから、その増減により2群(増大群、減少群)に分類し比較した.その結果、2群の一回換気量と呼吸数には有意差はなかったが、上部胸郭圧迫前のdelta Tdiは増大群より減少群の方が高値であった.上部胸郭圧迫後、増大群のdelta Tdiは有意に減少し圧迫前に戻ったが、減少群のほとんどは圧迫時と同じ状態を維持していた.

    【考察】上位肋間筋への伸張刺激を行った先行研究では、伸張刺激により横隔膜の活動が高まったことを報告している.そのため、本研究では上部胸郭圧迫が横隔膜機能を高めるという仮説のもとに実施した.その結果、一回換気量は同等であるにもかかわらず横隔膜機能の指標であるdelta Tdiは有意に増大し、上部胸郭圧迫は横隔膜機能を高めることが示された.この効果は、特に横隔膜動員が相対的に少ない対象者に認めたことから、呼吸障害により横隔膜機能が減少した患者に対しても同様な効果が期待できる可能性が示唆された.

  • 胸郭拘束が酸素摂取量と呼吸困難感に及ぼす影響
    沖侑大郎, 金子秀雄
    中国ブロック理学療法士学会学会誌, 2009年

  • 呼吸介助が呼吸機能に及ぼす影響
    江里口 恵介, 沖 侑大郎, 金子 秀雄
    九州理学療法士・作業療法士合同学会誌, 2009年, 日本語, 九州理学療法士・作業療法士合同学会, 【はじめに】
    呼吸介助は、換気を改善する手技として知られている。この呼吸介助の臨床的効果は、換気量を増加、胸郭の可動性と柔軟性の改善、リラクセーション効果などがあげられる。
    現在、呼吸介助中の効果についての報告はあるが、呼吸介助後も含めその効果を検証した報告は少ない。今回、健常者に対し上部胸郭への呼吸介助を行い、呼吸介助中およびその前後の呼吸機能がどの程度変化するかを検討したので報告する。
    【対象および方法】
    対象は健常な男性10名とした(平均年齢21.5±0.7歳)。なお、本研究は、全ての対象者に対して説明し、同意を得て実施した。
    測定は、呼吸介助中およびその前後の一回換気量(TV)、分時換気量(VE)、呼吸数(RR)と呼吸介助前後の肺気量(肺活量:VC、最大吸気量:IC、予備呼気量:ERV)を測定するために、スパイロメータ(HI-801、チェスト)を使用した。
    呼吸介助は上部胸郭に対して行い、圧迫時に痛みや不快感がないことを確認した。また、対象者に対して呼吸介助時に意識的な呼吸を行わないように指導した。
    対象者は肺気量を測定した後、ベッド上安静臥位を3分間行った後にVE、TV、RRを測定した。測定後、背臥位で3分間呼吸介助を行った。呼吸介助を開始して1分後と呼吸介助終了1分後にVE、TV、RRを測定した。その時、意識的な呼吸を確認した時は再度測定を行った。最後に、再び肺気量を測定した。
    統計学的分析には、呼吸介助中およびその前後を比較するためにTukey法による多重分析を行った。有意水準は5%とし、それ未満を有意とした。
    【結果】
    呼吸介助前での比較では、介助中の一回換気量は介助前と比べ約1.5倍近く増加し有意な差がみられた。たが、介助後では有意な差は認められなかった。分時換気量では介助前と比べ介助中では54.0%増加し、介助後では23.5%減少し、ともに有意差を認めた。呼吸数は呼吸介助前と比べ介助中は4.8回の減少、介助後では2.5回の減少を認めともに有意差が認められた。また、肺気量は呼吸介助前、呼吸介助後は有意な変化が見られなかった。
    【考察】
    上部胸郭への呼吸介助によりTV、VEが増大し、呼吸介助後のRR、VEを減少させることがわかった。これは呼吸介助中のVE増大によりPaCO2が減少したことに加え、胸郭弾性力の利用した吸気作用によりリラクセーション効果が生じ、換気が抑制されたことが考えられる。
    また、今回、呼吸介助により胸郭柔軟性が改善されることで、肺気量位に及ぼす影響についても検討を加えたが、有意な変化は生じなかった。今回の結果における呼吸介助は上部胸郭に対してしか行わなかったので、今後は下部胸郭の呼吸介助を含めて検討していきたい。

■ 所属学協会
  • 欧州呼吸器学会
    2018年01月 - 現在

  • 日本呼吸器学会
    2017年04月 - 現在

  • 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会
    2010年10月 - 現在

  • 日本理学療法士協会
    2009年04月 - 現在

■ 共同研究・競争的資金等の研究課題
  • 認知症予防に対する多因子介入プログラムの効果検証と社会実装拡 ⼤化に向けた課題抽出〜認知症予防を加えた新たな認知症神⼾モデルの構築に向けて〜
    神戸市, 大学発アーバンイノベーション神戸, 2023年01月 - 2024年03月, 研究代表者
    競争的資金

  • COPD患者における疲労感の機序解明と呼吸ケア・リハビリテーションの新たな戦略
    沖 侑大郎
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究, 若手研究, 神戸大学, 2020年04月 - 2023年03月, 研究代表者
    慢性閉塞性肺疾患(COPD)の多くに中等度および重度の疲労感が存在するが、疲労感の関連因子についても明らかにされていないのが現状である。COPD患者の疲労感の関連因子の特定、さらには疲労感軽減に着目した呼吸ケア・リハビリテーションの新たな介入戦略の開発が求められる。 2021年度は、COPD患者における疲労感の関連因子の特定を目的に、文献検索、新たな介入戦略に向けたデバイス探索、疲労感と筋力・運動耐容能低下に着目した観察研究を開始した。 COPD患者における疲労感について、関連因子は特定されていないのが現状であるが、2021年に発表された先行研究のメタアナリシスにおいて、筋力・運動耐容能低下が疲労感と最も関連している可能性があることが報告されている。このことから、疲労感と筋力・運動耐容能低下に着目して検討を行う必要が明らかになり、2021年度末より外来COPD患者を対象とし、主観的疲労感(Checklist Individual Strength )、筋力および筋肉量、6分間歩行距離などをアウトカムとした横断および観察研究を開始した。この観察研究により、COPD患者における疲労感と筋力・運動耐容能低下の関連性を明らかにすることで、疲労感軽減に向けた介入戦略を検討していく。 現在は、順次症例登録を進めているところである。まだ研究開始直後で研究参加者が少ないため、具体的な成果として報告できる結果は出ていない。

  • 在宅呼吸器疾患患者に対する呼吸ケア地域連携MAP作成と呼吸ケアプログラム標準化の効果検証
    一般財団法人 杉浦地域医療振興財団, 第3回 杉浦地域医療振興助成, 2014年 - 2015年, 研究分担者

  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者における教育入院後の疲労感改善が与える効果についての検討
    平成29年度 兵庫県理学療法士会研究助成, 平成29年度 兵庫県理学療法士会研究助成, 研究代表者

TOP