SEARCH

検索詳細

加藤 佳子
大学院人間発達環境学研究科 人間発達専攻
教授

研究者基本情報

■ 学位
  • 博士(教育学), 広島大学
■ 研究キーワード
  • 健康生成論
  • 健康教育
  • 食行動
  • 健康行動
■ 研究分野
  • 人文・社会 / 臨床心理学

研究活動情報

■ 受賞
  • 2020年09月 牛乳乳製品健康科学会議, 優秀賞, 心のしなやかさを育む牛乳乳製品の摂取

  • 2016年08月 International Council of Psychologists, Dayan-O`Roark Poster Awards second place award, Austrian and Japanese student's well-being and related factors
    Kato YOSHIKO, Nakamura MOE, Yoshida ERI, Yamanoi DAISUKE, Furuya YUKI, Ishikura CHIHIRO, Takita YU, Shigeta NAOYA, Kojima AMI
    国際学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2016年08月 International Council of Psychologists, Dayan-O`Roark Poster Awards first place award, The relationship between subjective well-being, and relatioship with family and living environment in Austrian and Japanese
    Kato YOSHIKO, Nakamura MOE, Yoshida ERI, Yamanoi DAISUKE, Furuya YUKI, Ishikura CHIHIRO, Takita YU, Shigeta NAOYA, Kojima AMI
    国際学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2011年08月 The International Council of Psychologists, The Seisoh Sukemune / Bruce Bain Early Career Research Award, Relationship between taste sensitivity and eating style in Japanese female university students
    加藤 佳子

■ 論文
  • 新型コロナウイルス感染症流行時の感染予防行動に 関わる心的プロセスの検討
    奥村,紗矢, 加藤,佳子
    2024年02月, 神戸大学発達・臨床心理学研究, 23, 6 - 12, 日本語, パスワードが無い
    [査読有り]
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 大学生の健康な食生活における自己制御尺度の信頼性と妥当性の検討
    王一然, 加藤佳子
    2023年03月, 応用心理学研究, 48(1) (1), 34 - 36, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Kato Yoshiko, Kazumi Nagano, Chenghong Hu, Tomoyuki Furuyashiki
    Despite the growing attention toward the effects of dairy intake on stress and mental health, its relationship to psychological constructs that affect mental health remains poorly understood. We conducted a cross-sectional study (Study 1) and a longitudinal study (Study 2) to examine the association between food intake and stress resilience in Japanese middle and high school students. In Study 1, 865 participants (412 males and 453 females) completed the questionnaires. In Study 2, 109 students (51 males and 58 females) participated each year from 2016 to 2018. Dietary intake was assessed using a brief self-administered diet history questionnaire. Stress resilience was evaluated using a 13-item sense of coherence (SOC) questionnaire. Correlation coefficients were calculated in Study 1 to investigate the relationship between food group intake and SOC. In Study 2, a cross-lagged panel model was tested using structural equation modeling to investigate the effect of dairy product consumption on SOC. Study 1 revealed that only dairy product intake positively correlated with SOC and other food intake indicated no significant relationship. Study 2 indicated that augmented dairy product intake was positively associated with SOC. Among all foods, only dairy products were associated with SOC in adolescents. Although the association was weak, the longitudinal study confirmed that dairy consumption was associated with SOC. Randomized controlled trials are necessary to examine the causal relationship.
    Public Library of Science (PLoS), 2022年12月, PLOS ONE, 17(12) (12), e0279232 - e0279232, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Yoshiko Kato, Ami Kojima, Chenghong Hu
    BACKGROUND: Self-regulated motivation is associated with better behavior change, health, and hedonic well-being in the health domain. Meanwhile, there are evidences that eudaemonic well-being contributes to health. As well as reducing lifestyle diseases, the promotion of IKIGAI well-being (encompassing hedonic and eudaemonic well-being) has been targeted in Japan. However, little is known about the impact of IKIGAI well-being on the motivation for health. This study explored the relationships between autonomous motivation for eating and exercise for health, IKIGAI well-being, sense of coherence, and social support. METHODS: The participants were 622 Japanese (269 males and 353 females, aged 20 to 59 years). They completed a questionnaire on motivation for healthy eating (MHE), exercise motivation for health (EMH), sense of coherence, social support, and IKIGAI well-being. RESULTS: IKIGAI well-being was positively associated to the relative autonomy index (RAI)-MHE and RAI-EMH. Social support exerted a positive effect on sense of coherence and IKIGAI well-being; sense of coherence positively affected IKIGAI well-being. The invariances of the model across groups, such as gender, age, and subjective economic status, were verified using multiple-group structural equation models. CONCLUSION: With IKIGAI well-being as a mediating factor, social support and sense of coherence play important roles in promoting autonomous motivation for healthy eating and exercise.
    2022年05月, International journal of behavioral medicine, 英語, 国際誌
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • オーストリアにおける心理職制度 ―クリニカルサイコロジスト・ヘルスサイコロジスト・サイコセラピストについて―
    加藤佳子, 山根隆宏, ソーハー保田香織
    2022年03月, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科紀要, 15(2) (2)

  • トランスセオレティカルモデルにおける行動変容ステージと食品の摂取状況の関連
    黒田久恵, 小島亜未, 加藤佳子
    甲子園大学, 2022年03月, 甲子園大学紀要, 49(49) (49), 47 - 54, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 「健康支援への受けとめ」と健康な食生活を送る動機づけおよびコンピテンスとの関連
    加藤佳子, 黒川通典, 黒川浩美
    2022年03月, 学習開発学研究, 14, 13 - 21
    [査読有り]
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 小島亜未, 加藤佳子
    (公大)福井県立大学, 2022年03月, 福井県立大学論集, 57(57) (57), 1 - 10, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 大学生の健康な食生活における自己制御と動機づけの関連
    王 一然, 加藤佳子
    2022年03月, 発達・臨床心理学研究, 21
    [査読有り]
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 健康行動と心理的要因との関連
    黒川 通典, 小島 亜未, 黒川 浩美, 加藤 佳子
    (一社)日本未病学会, 2021年11月, 日本未病学会学術総会抄録集, 28回, 104 - 104, 日本語

  • 勤労者の男女別の食生活に対する行動変容ステージとレジリエンスとの関連
    小島 亜未, 黒川 通典, 黒川 浩美, 加藤 佳子
    日本公衆衛生学会, 2021年11月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 80回, 361 - 361, 日本語

  • Yoshiko Kato, Chenghong Hu, Yiran Wang, Ami Kojima
    The main purpose of this research was to create a shortened version of the Motivation for Healthy Eating Scale (MHES) in Japanese and examine correlations with biological indicators of metabolic syndrome (MetS). In Study 1, a questionnaire, the MHES (29 items), modified from the Regulation of Eating Behavior scale, was completed by 532 Japanese (275 men and 257 women); this constituted the short version of the MHES used. In Study 2, a scale of attitudes toward improving eating habits (14 items) was investigated among 443 adults (127 men and 316 women) to test the validity of the shortened version of the MHES. Study 3 examined correlations between motivational forms and MetS. Studies 1 and 2 confirmed good validity of the shortened version of the MHES. Study 3 reported a significant correlation between MetS status and MHES. The shortened version of the MHES is valid and reliable. It should provide a useful tool for Japanese people to measure their motivation for healthy eating behaviors.
    Springer Science and Business Media LLC, 2021年04月, Current Psychology, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Correlation between lactic acid bacteria beverage intake and stress resilience.
    Yoshiko Kato, Yukari Shimomura, Yoshihiro Takada, Tomoyuki Furuyashiki
    We investigated the effect of lactic acid bacteria-containing beverage intake on the level of resilience against stress in male university students. Forty male university students were recruited into the study and randomly assigned into two groups. They were instructed to consume lactic acid bacteria-containing beverage or water twice a day for 28 days. The level of stress resilience, stress reaction, and anxiety were evaluated by a series of questionnaires conducted at three time points (T1: day 0, T2: day 14, and T3: day 28). The stress response was also assessed by measuring their salivary amylase levels. The variance analysis of each group showed a significant increase in stress resilience at T3 compared with T1 in the group of participants who consumed the lactic acid bacteria-containing beverage. Our results suggest that lactic acid bacteria-containing beverage intake could affect resilience against stress positively.
    2021年04月, Kobe Journal of Medical Science, 67(1) (1), E1-E6, 英語, 国内誌
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Nóra Román, Adrien Rigó, Yoshiko Kato, Zsolt Horváth, Róbert Urbán
    Objective: Applying self-determination theory, the present study examined the different regulatory processes of healthy eating motivations and their determinants in a cross-cultural sample by exploring the factor structure, measurement invariance, and construct validity of the Motivation for Healthy Eating Scale (MHES). Design: 381 Hungarian, 264 Japanese, and 293 Norwegian university students participated in the cross-sectional survey study. The psychometric evaluation was done by applying confirmatory factor analysis (CFA), correlation analysis, and CFA with covariates testing. Main outcome measures: Besides the six factors of MHES (Amotivation, External, Introjected, Integrated, Identified regulation and Intrinsic motivation), validating variables included obesity status, breakfast skipping, wellbeing, and emotional, external and restrained eating styles. Results: Thea priorisix-factor model of MHES adequately fit the sample data from all three cultures. The questionnaire demonstrated invariance of the factor structure and factor loadings across all of the groups. The different types of regulatory processes showed weak associations with the validating variables in the expected directions, with somewhat varied patterns across cultures. Conclusion: The MHES is a valid tool that measures different types of behavioural regulations of healthy eating. The measure is interpreted similarly across different cultures, which makes further investigations of the factors promoting healthy eating possible.
    TAYLOR & FRANCIS LTD, 2021年03月, Psychology & health, 36(3) (3), 367 - 383, 英語, 国際誌
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 臨床面接のキーフレーズに着目したOSCEセルフトレーニングプログラムの開発
    黒川 通典, 菊園 秋恵, 黒川 浩美, 高井 玲子, 廣石 正富, 加藤 佳子
    客観的臨床能力試験(OSCE)は臨床的な技能、態度を評価する実技試験として医療系大学で実施されており、臨床実習の事前学習としても活用されている。しかしながらOSCEは訓練された人間が演じる模擬患者とのやりとりで評価することから手間、費用、時間を要し、広く普及するには至っていない。さらに評価の公平性についても課題を残している。そこで、容易に実施できる簡易的なOSCEとして、臨床面接における面接者の使用フレーズに着目し、学生を対象とした、タブレットやスマホで容易に臨床能力を高めるためのアプリケーションプログラムを開発した。学生は臨床面接における手順については理解をしているものの、患者とのコミュニケーションや必要な情報を得ることに関しては不得意と感じていた。本プログラムは模擬的に患者と会話を交わすものであり、面接時に使用する言葉を意識することで、面接に必要な技術の習得が期待できると考えられた。ただOSCEでは面接者の服装からしぐさ、目線に至るまで評価を行うが、本プログラムではそれは不可能であり、OSCE評価項目のうち態度等に関しては別途事前教育が必要であると考えられた。(著者抄録)
    (一社)日本未病学会, 2020年12月, 日本未病学会雑誌, 26(3) (3), 69 - 73, 日本語
    [査読有り]

  • 黒川 通典, 黒川 浩美, 加藤 佳子
    Sense of Coherence(首尾一貫感覚;以下SOC)は、Antonovskyによって提唱された、把握可能感、処理可能感、有意味感の3つの感覚から構成される概念である。SOCはストレスへの緩衝要因として機能するだけではなく、食生活をはじめとした健康行動との関連が見出されている。本調査では短縮版SOCスケールであるSOC3-UTHS ver1.2を使用し、SOCと地域住民の摂取食品や摂取栄養素との関連を検証することを目的とした。SOCの各3要素の高値群と低値群をt検定により比較したところ、処理可能感と把握可能感では高値群で菓子類が有意に多かった。対して有意味感では高値群で鉄、ビタミンB1、葉酸、ビタミンC、食物繊維が有意に多く、さらにいも類、豆類、緑黄色野菜、その他の野菜が有意に多かった。次にSOCの3要素のそれぞれを従属変数に、エネルギー、栄養成分、食品群別摂取量を独立変数、年齢、性別を調整変数として重回帰分析を行ったところ、有意な項目として処理可能感でカルシウム、菓子類、乳類、有意味感で食物繊維、緑黄色野菜、把握可能感で菓子類が抽出された。以上から現状を把握し、今後を予測できる者、「私ならできる」と思える者は菓子類の摂取量が多く、健康のために生活習慣を変えることは価値のあることと感じる者は緑黄色野菜などの健康に良いとされる食品群の摂取量が多いことが明らかとなった。食生活指導の際にはこれらを踏まえ、ストレス対処のための菓子類摂取や、有意味感を高める動機づけが有用である可能性が示唆された。(著者抄録)
    (一社)日本未病学会, 2019年12月, 日本未病システム学会雑誌, 25(3) (3), 44 - 47, 日本語
    [査読有り]

  • The Relationship between Sense of Coherence, Stress, Body Image Satisfaction and Eating Behavior in Japanese and Austrian Students
    加藤 佳子
    2019年11月, Psych, 1(1) (1), 504 - 514, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Psychometric properties of a Japanese version of Composite Scale of Morningness
    Yoshiko Kato, Róbert Urbán, Seiichi Saito, Keigo Yoshida, Michinori Kurokawa, Adrien Rigó
    2019年01月, Heliyon, 5(1) (1), 1 - 22, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 王 一然, 加藤 佳子
    2018年03月, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要, 11(2) (2), 45 - 51, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Hu Chenghong, Kojima Ami, Athenstaedt Ursula, Kato Yoshiko
    Scientific Research Publishing Inc., 2017年10月, Open Journal of Social Sciences, 5(10) (10), 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 小島 亜未, 加藤 佳子

    目的:健康づくりと生きがいづくり推進の必要性が言われている.本研究では,生きがいを日本発祥のWell-beingとしてとらえ地域住民の生きがいに影響する健康生成要因として,首尾一貫感覚(Sense of coherence: SOC)およびソーシャル・サポートとの関係を検討した.

    方法:健康診査受診者532名(男性275名44.2 ± 13.7歳,女性257名41.4 ± 12.7歳)を分析対象とした.調査内容は,SOC,ソーシャル・サポート,生きがいであった.

    結果:生きがいの全体および下位尺度を従属変数とし,SOCと重要な他者からのソーシャル・サポートを独立変数として重回帰分析を行った.その結果,SOC(β = 0.285~0.398)と重要な他者からのソーシャル・サポート(β = 0.184~0.331)は生きがいに影響していることが示された.

    結論:SOCと重要な他者からのソーシャル・サポートに着目することが,生きがいを高める支援につながることが示唆された.

    公益社団法人 日本看護科学学会, 2017年09月, 日本看護科学会誌, 37, 18 - 25, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 加藤 佳子, 王 一然, 田北 祐幹, 小島 亜未
    一般社団法人 日本健康心理学会, 2017年, 日本健康心理学会大会発表論文集, 30, 130, 日本語

  • 小島 亜未, 小川 靖子, 加藤 佳子
    医学書院, 2016年08月, 保健師ジャーナル, 72(8) (8), 689 - 689, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 中学生の歯磨き行動にかかわる心理社会的要因
    川西 順子, 川畑 徹朗, 加藤 佳子
    日本学校保健学会, 2016年08月, 学校保健研究, 58(3) (3), 145 - 153, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Elfriede Greimel, Yoshiko Kato, Maria Mueller-Gartner, Beate Salchinger, Roswith Roth, Wolfgang Freidl
    Background The salutogenic model has been established as a health promoting resource that is related to a strong sense of coherence (SOC), positive subjective health and quality of life (QoL). The aim of the study was to compare internal and external resources, life style factors, perceived health and QoL in Japan and Austria and to determine associations among these factors. Methodology and Principal Findings A survey was conducted in a Japanese (N = 460) and an Austrian (N = 421) student sample using the following self-report health questionnaires: Sense of Coherence Scale (SOC-13), Social and Gender Role Scale, Multidimensional Scale of Perceived Social Support (MSPSS), Dutch Eating Behaviour Questionnaire (DEBQ), SF-12 Health Survey, and the Cross-cultural Health Survey. Analyses of data showed that age (beta -0.12), and stress (beta -0.21) were negatively related and SOC (beta 0.47), family support are (beta -0.35) positively related to mental QoL. Significant predictors for emotional strain, were female gender (beta -0.24), older age (beta-0.14), lower SOC (beta 0.28), less traditional gender and social role patterns (beta 0.10), more restrained eating (beta -0.20), more alcohol intake (beta -0.16), and more stress (beta -0.25) explaining 42% of the variance in Austrian students. In Japan stress (beta -0.38) was negatively related and SOC (beta 0.37) positively related to mental QoL. Older age (beta -0.20), lower SOC (beta 0.29) and more stress (beta -0.33) were identified as significant predictors explaining 35% of the variance in Japanese students. Conclusions and Significance SOC and stress are strongly associated with QoL and perceived health in Austria as well as in Japan. SOC seems to be a crucial predictor for stress, and emotional health independent of the cultural context. A major challenge of cross-cultural research is to understand perceived health and QoL and the extent in which it is individually, socially, or culturally determined.
    PUBLIC LIBRARY SCIENCE, 2016年05月, PLOS ONE, 11(5) (5), 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 加藤 佳子, 岩永 誠
    This study tried to develop the Food Preference Scale for Imbalanced Diet (FPSID), and evaluated its validity and reliability. For pilot study, 10 university students (5 males and 5 females) participated in semi-structured interview; it was used to construct scale items, considering food preference for imbalanced diet. A questionnaire survey was conducted on 920 university students, including 673 males and 247 females. Exploratory factor analysis which revealed the FPSID composed of the following subscales: aversion to hated food, aversion to food sensory, aversion to vegetables, receptivity to diverse food, and receptivity to the same food. Cronbach α were above .76. Confirmatory factor analysis confirmed validity of the scale too. Correlations between the FPSID and neuroticism and preference for novelty food were reported. Based on these results, it was concluded that the scale was valid and reliable for measuring food preference that relate to imbalanced diet.本研究は,科研費(課題番号23500945)の助成を受けたものである。
    広島大学大学院教育学研究科学習開発学講座, 2016年03月, 学習開発研究, (9) (9), 13 - 21, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 加藤 佳子, 一尾 友貴, 永野 和美, 小島 亜未, 西 敦子
    神戸大学, 2016年03月, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要, 9(2) (2), 71 - 78, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 2014年度プロジェクト研究報告「人間環境形成における生活安心指標の考案に向けた理論・実証研究」
    井上 真理, 太田 和宏, 浅野 慎一, 稲葉 太一, 井口 克郎, 岩佐 卓也, 加藤 佳子, 澤 宗則, 田畑 智博, 橋本 直人, 平山 洋介, 村山 留美子
    2016年03月, 神戸大学大学院人間発達環境学, 研究科 研究紀要, 9(2) (2), 79 - 84, 日本語
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 2013年度プロジェクト研究報告「生活安心指標Human Life Security Indexの考案:質の高い生活を実現する人間環境の総合的研究とその指標化」
    井上 真理, 太田 和宏, 浅野 慎一, 岩佐 卓也, 稲葉 太一, 澤 宗則, 橋本 直人, 平山 洋介, 中川 和道, 加藤 佳子, 勅使河原 君
    「人間発達」およびそれを支える「人間環境」の視点に立って安心して暮らせる生活とはいかなるものか、またその実現のためにはどのような条件が必要か、そこでの課題は何かについて、総合的に検討した内容についてまとめたものである。
    神戸大学大学院人間発達環境学研究科, 2015年03月, 神戸大学大学院人間発達環境学,研究科 研究紀要, 8(2) (2), 127 - 129, 日本語
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Kumiko Ohara, Yoshiko Kato, Tomoki Mase, Katsuyasu Kouda, Chiemi Miyawaki, Yuki Fujita, Yoshimitsu Okita, Harunobu Nakamura
    Purpose We investigated the relationship between eating behavior measured by the Dutch Eating Behaviour Questionnaire (DEBQ) and perception of body shape, examining the current physical status and 'ideal' physical parameters in females and males. Methods The participants, 548 Japanese university students (age 19.2 +/- A 0.9 years, mean +/- A SD; 252 males, 296 females), completed a questionnaire which asked for their current physical status (e.g., weight and height), their ideal physical parameters, their perception of their current body shape, their ideal body shape, and their eating behaviors. Results The ideal weight and ideal body mass index (BMI) were significantly higher than the current weight and BMI in the males, but significantly lower in the females. Among the females, the ideal body shape was smaller than their perception of current body shape. The DEBQ scores for restrained, emotional, and external eating were higher in the females than the males among the normal-weight participants, and among the underweight participants, the restrained eating and external eating scores were higher in the females than the males. Restrained eating was negatively associated with the discrepancy between the current and ideal weight, BMI, and body shape in both the males and females. Emotional eating was negatively associated with the discrepancy in current/ideal BMI and body shape only in the females. Conclusions At least in Japanese university students, the gender differences in ideal body shape are related to eating behavior.
    SPRINGER, 2014年12月, EATING AND WEIGHT DISORDERS-STUDIES ON ANOREXIA BULIMIA AND OBESITY, 19(4) (4), 461 - 468, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 太田 達也, 小川 久美子, 中野 沙紀, 加藤 佳子
    神戸大学, 2014年09月, 神戸大学大学院 人間発達環境学研究科 研究紀要, 8(1) (1), 79 - 83, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 加藤 佳子, 濱嵜 朋子, 佐藤 眞一, 安藤 雄一
    OBJECTIVES: The aim of the present study was to examine the constructive attitudes towards improving eating habits and their relationship with the prevalence of metabolic syndrome (MetS) using data from the National Health and Nutrition Survey (2005) and the Comprehensive Survey of Living Conditions (2005). METHODS: Individuals aged >30 years (N=3084) were enrolled in this study. Exploratory factor analyses were performed to examine the constructive attitudes towards improving eating habits by using 14 parameters. In addition, confirmatory factor analysis was performed and the Cronbach α value was calculated. Furthermore, the relationship between attitudes towards improving eating habits and MetS prevalence was examined according to gender by using multinomial logistic regression analysis, after adjusting for age, number of members in a household, exercise habits, and rest by sleeping. RESULTS: Two factors were extracted: balanced diet (BD) and control of food intake (CFI) (Cronbach α, 0.82 and 0.75, respectively). The goodness of fit model, based on the structural equation models, was adequate (goodness of fit, 0.96). No relationship was noted between BD and MetS prevalence. The MetS prevalence differed according to gender: "Strongly suspected MetS (sure MetS)", 16.3% (male, 24.4%; female, 10.7%), "Preliminary MetS (pre MetS)", 15.2% (male, 24.1%; female, 8.9%), "non-suspected MetS (non MetS)", 68.5% (male, 51.5%; female, 80.5%). The odds ratios (95% confidence interval) for pre MetS and sure MetS were 0.57 (0.42-0.78) and 0.52 (0.38-0.71) in males and 0.36 (0.25-0.53) and 0.39 (0.27-0.56) in females, respectively, when non MetS was used as a reference. CONCLUSION: The results of this study indicated that the attitudes towards improving eating habits primarily focused on BD and CFI. Therefore, improving eating habits towards in terms of better CFI would be effective in preventing MetS in both genders.
    2014年08月, 日本公衆衛生雑誌, 61(8) (8), 385 - 395, 日本語, 国内誌
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 竹中 優子, 朴木 佳緒留, 岡田 修一, 井上 真理, 稲垣 成哲, 川畑 徹朗, 加藤 佳子, 近藤 徳彦, 城 仁士, 長ヶ原 誠, 平山 洋介, 増本 康平, 松岡 広路, 森岡 正芳
    神戸大学, 2014年03月, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要, 7(2) (2), 139 - 148, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 加藤 佳子, 程 文輝, 岩永 誠
    【目的】SOC(Sense of coherence:首尾一貫感覚)は,ストレスフルな環境下においても健康を維持することのできる性格特性である。これまでの研究から,SOCは食習慣を含めた生活習慣とも関連があることが報告されている。本研究では,偏食行動の機序の一端を明らかにすることを目的として,偏食行動とSOCとの関係について検討することとした。 【方法】大学生164名(男性94名,女性70名)平均年齢19.4±1.2歳を対象に偏食行動,SOC,主観的健康感,生活習慣,ソーシャルサポートに関する質問紙調査を行った。 【結果と考察】SOCは主観的健康感,生活習慣,重要な他者および家族からのソーシャルサポートと正の関連があり,先行研究と一致した傾向が確認された。次に,偏食行動との関連について検討した。はじめに,偏食行動に関する尺度について検討したところ,「苦手な食べ物の回避」,「手軽な食べ物の摂取」,「多様な食べ物の摂取」,「好きな食べ物への偏った摂取」の4つの因子において,一定の妥当性と信頼性が確認された。主観的健康感は,偏食行動のうち「好きな食べ物への偏った摂取」との間に負の相関が見られた。そして,SOCは偏食行動のうち「手軽な食べ物の摂取」および「好きな食べ物への偏った摂取」との間に負の相関関係が確認された。つまり,SOCは,好きなものばかり食べる偏った食行動の制御因子として機能し主観的健康感と関連している可能性が示唆された。 【結論】偏食行動を検討する上では,SOCといった個人内要因も考慮する必要性があることが見出された。
    日本調理科学会, 2014年, 日本調理科学会大会研究発表要旨集, 26, 46 - 46, 日本語

  • 加藤 佳子
    慶應義塾大学出版会(株), 2014年01月, 教育と医学, 62(1) (1), 29 - 37, 日本語
    [招待有り]

  • Chenghong Hu, Yoshitada Katagiri, Yoshiko Kato, Zhiwei Luo
    To clarify the intrinsic food preference mechanism, we investigated neurophysiological responses to unpleasant gustatory stimuli using electroencephalogram (EEG) and near-infrared hemoencepalogram (NIR-HEG) simultaneously. A conventional delayed response task paradigm was performed in the experiment. Results showed excessive evoked EEG potentials in both bitter and sour responses, but not in purified water which was a control condition. Therefore we suggested that these potentials would be only attributed to gustatory stimuli. As these potentials appeared before P3, we considered that they are unconscious electrophysiological early markers for attention. We also identified contingent negative variation (CNV) in a late stage for sour stimulus and corresponding clear P3. In addition, NIR-HEG responses showed a rise for every stimulus and, in particular, bitterness gave larger rise than sourness. In spite of limitation to timing accuracy of taste presentations, the early markers found in this study could be fundamentals for investigating individual food preference. © Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2014.
    Springer Verlag, 2014年, Communications in Computer and Information Science, 404, 288 - 293, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Brain Response to Aversive Taste for Investigating Taste Preference
    Chenghong Hu, Yoshitada Katagiri, Yoshiko Kato, Luo zhi-wei
    2014年01月, Journal of Behavioral and Brain Science, 4, 43 - 48, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Activation of human prefrontal cortex to pleasant and aversive taste using functional near-infrared spectroscopy
    Chenghong Hu, Yoshiko Kato, Luo zhi-wei
    2014年01月, Food and Nutrition, 5, 236 - 244, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • An fNIRS research on prefrontal cortex activity response to pleasant taste
    Chenghong Hu, Yoshiko Kato, Zhiwei Luo
    2013年12月, Journal of Behavioral and Brain Science, 3, 617 - 623, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 加藤 佳子, 西田 真紀子, 田中 洋一, 川畑 徹朗
    学生322名(男子183名、女子139名、平均18.5歳)を対象に、健康な食生活を送る動機づけと、子どもの頃の食生活に対する態度との関係をアンケート調査により検討した。動機づけの尺度はPelletierらのREBSをもとに6下位尺度31項目で作成し、食生活の態度は食事の様子15項目および食卓の雰囲気10項目として、各項目に対し7件法で回答させ、これらの関係を分析した。その結果、男女とも内発的動機づけは、「豊かな食事」「食事作りへの参加」、「食卓のポジティブな雰囲気」と有意な正の相関を示し、女子では更に「朝食の共食状況」と正の相関、「簡便な食事」と負の相関が認められた。外発的動機づけの統合的調整、同一化調整、取り入れ的調整、外的調整、および無動機においてもそれぞれ相関を認め、青年期の健康な食生活を送る動機づけには、子どもの頃の食生活が関連していることが示された。
    日本学校保健学会, 2013年02月, 学校保健研究, 54(6) (6), 507 - 519, 日本語
    [査読有り]

  • Psychometric Validation of the Motivation for healthy Eating Scale (MHES)
    Yoshiko Kato, Makoto Iwanaga, Roswith Roth, Tomoko Hamasaki, Elfriede Grimel
    2013年02月, Psychology, 4, 136 - 141, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • An FNIRS Study of Taste Cortical Areas in Human Brain: Sweetness and Sourness
    Chenghong Hu, Yoshiko Kato, Luo zhi-wei
    2013年, Proc. of IEEE/SICE International Symposium on System Integration, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • A fNIRS Research on Prefrontal Cortex Activity Response to Taste: Sweetness and Sourness
    Chenghong Hu, Yoshiko Kato, Luo Zhi-wei
    システム制御情報学会, 2013年, European Congress of Psychology, 57, 4p, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 出分 菜々衣, 濱嵜 朋子, 加藤 佳子, 粟野 秀慈, 吉田 明弘, 邵 仁浩, 安細 敏弘
    近年,口臭や口腔ケアに対する関心が高まっており,自分の口臭に対して不安を感じる者が増加し,日常生活に影響を及ぼすことが報告されている.これまでに実施された口臭に関する意識調査をみると,口臭に由来する心理状態や行動パターンについての報告はみられるが,心理的健康の一側面を示すとされているボディーイメージとの関連についての報告はみられない.そこで,本研究では若年層の女性のボディーイメージと口臭に対する意識との関連を明らかにすることを目的とした.某女子大学に在籍する学生134名を対象にボディーイメージと口臭に関する自記式質問紙調査を行った.ボディーイメージの評価として,やせ型から肥満型の8体型のモデル図をもとにした.その結果,他人が自分の口臭を気にしていると感じたことがある者や,自分の口臭を検査したいと思う者に,理想とする体型として平均よりやせているシルエットを選択する者が有意に多いことがわかった.本研究の結果,ボディーイメージは口臭を意識する患者の心理・社会的側面ないし行動医学的側面と関連をもつ可能性を示唆している.
    有限責任中間法人日本口腔衛生学会, 2013年01月, 口腔衛生学会誌, 63(1) (1), 9 - 14, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 加藤 佳子, 西 敦子, 伊藤 海織
    Objective: With the attenuation of human relations, a decrease in communicative competence becomes problematic, and the necessity of teaching communication skills in primary- and secondary-level education rises. The aim of this study is to investigate the hypothesis that social support and family relationship affects hardiness and hardiness affect assertion behaviors.Method: 175 university students (85 men: 19.2±1.0yrs, 94 females 19.4±1.2yrs) completed a questionnaire measuring instrumental and emotional social support from family and friends, assertion behavior (Relationship formation, Persuasion negotiations), family relationships (Cohesion and expression, Tangle) and hardiness (Commitment, Control, and Challenge).Results: Cohesion and expression in family relationship influenced hardiness (Commitment, and Control). Emotional support from friends affected Commitment. Instrumental support from friends affected Challenge. Hardiness (Commitment, and Control) affected relationship formation of assertion behavior. Hardiness (Challenge) affected persuasion negotiation of assertion behavior.Discussion: The results suggest that the emotional support from friends was related to the factor that promotes assertion behavior. In addition, acquisition of assertion behavior might be effective in building good family relationships and nurturing the power to live.
    広島大学大学院教育学研究科学習開発学講座, 2012年03月, 学習開発研究, 5,3-10(5) (5), 3 - 10, 日本語
    研究論文(学術雑誌)

  • 高校生のファストフードの利用にかかわる要因
    加藤 佳子, 西田 真紀子
    2012年03月, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科 研究紀要, 5,211-217, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Relationship between taste sensitivity and eating style in Japanese female university students
    Yoshiko Kato, Roswith Roth
    2012年03月, Food and Nutrition Science, 3,302-309
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 加藤 佳子, 濱嵜 朋子, 安藤 雄一
    高齢化が進展する中、生活習慣病の予防は、国民の健康を守る上で大きな課題である。この課題を解決するために、"結果を出す保健指導"がめざされており、生活習慣を改善するための健康行動が注目されるようになってきた。健康を対象とした行動科学においては、個人の主観が健康行動の変容において重要な役割を担うことが主張されている。本研究では、実際に食生活改善意識が食行動に反映しているかを確認するために、平成17年国民健康・栄養調査および国民生活基礎調査の個票データを用いて、食生活改善意欲と食品群別摂取状況や栄養摂取量との関連について検討した。 分析対象は、15歳以上とした。はじめに、食習慣改善意識を問う14項目について、因子分析を行い尺度構成について検討した。その結果、二つの因子が抽出された。項目の内容からそれぞれの因子を「バランスのとれた食習慣改善意識」と「過剰摂取を抑制する食習慣改善意識」と命名した。クロンバックのα係数を算出したところ、0.82と0.72で一定の信頼性が確認された。次に、食品群(大分類18項目)および各栄養素の一日の摂取量を目的変数として重回帰分析を行った。説明変数のうち、注目変数は「バランスのとれた食習慣改善意識」と「過剰摂取を抑制する食習慣改善意識」を用いた。調整変数として、性、年齢、世帯員数、等価家計支出、睡眠による休養、一日の運動量(歩行数)を用いた。 分析の結果、食習慣改善意欲は食品群別摂取状況や一日の栄養摂取量に影響していた。以上の分析結果から、食習慣改善意欲を高めることは、食行動の変容を図る上で有効である可能性が確認された。
    日本調理科学会, 2012年, 日本調理科学会大会研究発表要旨集, 24, 103 - 103, 日本語

  • 小学生の家族関係および友人関係における自尊感情と全体的自尊感情との関連
    加藤 佳子, 西 敦子
    (一社)日本家政学会, 2010年11月, 日本家政学会誌, 61,741-747., 54 - 54, 日本語
    [査読有り]

  • The Relationship between Stress, Hardiness and Snacking.
    Yoshiko Katou, Roswith Roth, Kenichi Maeda
    2010年06月, Families and Societies in Transition, Proceedings of the 66th Annual Convention , International Council of Psychologists in St Petersburg, Russia. July 15-18, 2008, Aachen: Shaker Verlag, 250-263, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Eating Behavior and Body Image in Austrian and Japanese Students.
    Yoshiko Katou, Roswith Roth, Kenichi Maeda
    2010年06月, Families and Societies in Transition, Proceedings of the 66th Annual Convention, International Council of Psychologists in St Petersburg, Russia. July 15-18, 2008, Aachen: Shaker Verlag, 237-249, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 加藤 佳子
    目的:女子大学生の食行動の異常傾向と,過食抑制,拒食抑制に関するセルフ・エフィカシー(以下SE),心理的ストレス反応や痩せ願望,甘味に対する態度などの心理的要因との関係性について検討した.
    方法:女子大学生280名を対象に質問紙調査を実施した.質問内容は,心理的ストレス反応と痩せ願望および甘味に対する態度,過食抑制に関するSE(過食抑制SE),拒食抑制に関するSE(拒食抑制SE),そして食行動の異常傾向(EAT―26,EDIのBulimia)であった.
    結果:重回帰分析を行った結果,過食抑制SEは,Bulimiaの得点と負の関連が認められた(β=−.333,p <.001).一方拒食抑制SEは,EATの得点と正の関連にあった(β=.104,p <.05).また,心理的ストレス反応,痩せ願望,甘みに対する態度もBulimiaの得点やEATの得点と正の有意な関連が認められた.
    結論:過食に対しては,過食抑制SEを高めることが有効であることが示唆された.このことによって今後,食行動を制御する上で重要な手掛かりを得ることができたと考えられる.
    日本健康教育学会, 2009年11月, 日本健康教育学会, 17(4) (4), 224 - 236, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 家族成員の相互関係と児童の自尊感情との関係-家庭科「家庭生活と家族」の領域におけるアサーション・トレーニングの効果-
    加藤 佳子, 西 敦子
    2009年03月, 学習開発研究, 2,39-49., 日本語
    研究論文(学術雑誌)

  • 日本の大学生とオーストリアの大学生の食行動の相違
    加藤 佳子, ロズイット ロト
    2009年02月, 安田女子大学紀要, 37,209-220., 日本語
    研究論文(学術雑誌)

  • Austrian students’ and Japanese students’ cross-cultural study to examine the responses towards the jelly.
    Yoshiko Katou, Roswith Roth
    2009年02月, Peace, Hope, and Well-Being across the Cultures Proceedings of the 65th Annual Convention International Council of Psychologists in San Diego CA, USA, August 11-14, 2007. Aachen: Shaker Verlag., 102-110, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 時間-強度線法(Time- Intensity method : T-I 法)による甘味特性評価シュークロース、キシリトール、エリスリトール、ソルビトールについて
    加藤 佳子, 井川 佳子
    安田女子大学, 2008年02月, 安田女子大学紀要, 36,169-173, 169 - 173, 日本語
    研究論文(学術雑誌)

  • 加藤 佳子
    This study investigated the relationship among the drive for thinness, stress, and attitude toward sweets. It was clear that the drive afor thinness is related to stress, and it has been reported that sweets induce a comfortable feeling. Although a previous study had recognized the drive for thinness as explaning a positive attitude towards sweets, the drive for thinnes did not seem to directly explain this positive attitude. Rather, the stress induced by the drive for thinness did seem to explain the positive attitude towards sweets. A questionnaire survey was conducted on 258 university students (74 males and 184 females). The results indicated that the drive for thinness only explained a positive attitude towards sweets with the female subjects. A second questionnaire survey was then conducted on the 184 female university students. The results demonstrated that the drive for thinness itself did not lead to a positive attitude towards sweets, but that the combination of stress and the drive for thinness did lead to this positive attitude towards sweets.
    日本家政学会, 2007年08月, 日本家政学会誌, 58(8) (8), 453 - 461, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 甘味の摂取による心理的効果の検討
    加藤 佳子, 森 敏昭, 前田 健一, 宮谷 真人, 今田 純雄
    2006年03月, 2004年度 独立行政法人農畜産業振興機構受託研究 砂糖に関する学術調査 テーマ:「甘味の摂取による心理的効果の検討」 報告書, 日本語
    研究論文(学術雑誌)

  • 森 敏昭, 加藤 佳子, 西 敦子, 栗原 慎二, 前田 健一
    日本教育心理学会, 2006年, 日本教育心理学会総会発表論文集, 48, S78 - S79, 日本語

  • 加藤 佳子
    The purpose of this study was to clarify the relationship between attitudes regarding sweets, stress coping, drive for thinness, and inclination to abnormal eating behavior. A total of 302 university students (123 males and 179 females) completed the Scale of Attitude Toward Sweets, stress coping (TAC-24), Drive for Thinness (DFT), and Eating Attitudes Test (EAT-26). For females, path analysis showed that drive for thinness influenced the inclination towards abnormal eating behavior directly, as well as through the attitude towards sweets. Moreover, female's stress coping influenced the inclination towards abnormal eating behavior through the attitude toward sweets. Results also showed significant gender differences in the relationships among these variables. These results suggest that inconsistent attitudes toward sweets result in an inclination for abnormal eating behavior.
    一般社団法人 日本健康心理学会, 2005年03月, 健康心理学研究, 18(1) (1), 1 - 11, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 甘味嗜好の成立過程
    加藤 佳子, 森 敏昭, 今田 純雄
    2005年03月, 2005年度 独立行政法人農畜産業振興機構受託研究 砂糖に関する学術調査 テーマ:「甘味の摂取による心理的効果の検討」 報告書, 日本語
    研究論文(学術雑誌)

  • Y Katou, T Mori, Y Ikawa
    This study's aim was to clarify the effects of age and gender on attitudes towards sweet foods among Japanese older than 18 years. A principal component factor analysis of questionnaire data from 426 Japanese (195 males, 231 females) revealed the three factors: positive cognition, negative cognition (both containing positive and negative beliefs about sweetness) and affect (feelings pertaining to sweetness). Using 2 x 3 ANOVAs (male/female gender x three age groups) higher scores on both the cognition factors and the affect factor as well as on the reported amount of consumed sweet foods were found among females. Younger respondents had more positive feelings for sweetness and reported consuming more sweet foods than respondents from the other two age groups. A path analysis showed that sweet foods consumption was determined mainly by affect in young people and by positive cognition in the other two age groups. (C) 2004 Elsevier Ltd. All rights reserved.
    ELSEVIER SCI LTD, 2005年03月, FOOD QUALITY AND PREFERENCE, 16(2) (2), 171 - 179, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 新見 直子, 前田 健一, 加藤 佳子
    This study was designed to confirm the validity of the Japanese version of the Identity Style Inventory. The three Identity Style scores (informational, normative, and diffuse/avoidant) were compared among the four groups of Identity Status (Identity Achiever, Moratorium, Foreclosure, and Identity Diffuse) based on the college students' data. Results revealed that the Identity Achiever and the Moratorium groups showed higher informational style score than the other two groups, and that the Identity Diffuse group showed the highest diffuse/avoidant style score of four groups. These results suggested that the Japanese version of the Identity Style Inventory was valid.
    広島大学大学院教育学研究科, 2005年01月, 広島大学大学院教育学研究科紀要 第三部 (教育人間科学関連領域), 54, 275-280.(54) (54), 275 - 280, 日本語
    研究論文(学術雑誌)

  • 西 敦子, 加藤 佳子, 森 敏昭
    日本教育心理学会, 2004年, 日本教育心理学会総会発表論文集, 46, 130 - 130, 日本語

  • 食行動の自己制御に関する研究の動向と課題
    加藤 佳子
    2003年03月, 広島大学大学院教育学研究科紀要 第一部 (学習開発領域), 52,35-44., 日本語
    研究論文(学術雑誌)

  • 加藤 佳子, 井川 佳子
    濃度や質の異なった甘味溶液の好みを調べると共に, 甘味や甘い物に対する感情・認知・摂取などの質問紙調査回答との関係についても検討した.調査対象は中学生および成人の幅広い年齢層とし, 中学生および若年層では性差を含めて分析した.
    (1) 全年齢層で5.0%蔗糖溶液の嗜好順位得点が最も高く, 次いて10.0%, 2.5%, 20.0%の順に好まれていたが, 好まれ方には年齢層による相違があった.
    (2) 中学生は中年層前半に比較して, 高濃度蔗糖溶液(10.0%, 20.0%)における嗜好順位得点が高く, 低濃度蔗糖溶液(2.5%, 5.0%)では低かった.
    (3) 低濃度蔗糖溶液(2.5%, 5.0%)の嗜好順位得点は30歳代にピークを持つ山型を示し, 高濃度蔗糖溶液(20.0%)では, 30歳代が谷型となったことから, 蔗糖溶液嗜好濃度の変化域が中年層前半に存在することが指摘された.
    (4) 中学生と若年層では2.5%蔗糖溶液を, 女性が有意に好んだ.
    (5) 蔗糖溶液濃度の好みには, 甘味に対する認知ではなく感情が影響していた.また蔗糖溶液濃度の好みは甘い物に対する好み, 甘い物の摂取, 好きな味付けの程度との間に関連が見られた.
    (6) 糖溶液の質に対する好みと, 年齢や性との間には関連はなかったが, 好きな味付けや甘い物と自己認識の距離との間には関連が示された.
    THE JAPAN ASSOCIATION FOR THE INTEGRATED STUDY OF DIETARY HABITS, 2002年09月, 日本食生活学会, 13,99-106.(2) (2), 99 - 106, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

■ MISC
  • トランスセオレティカルモデルにおける行動変容ステージと食品の摂取状況の関連
    黒田 久恵, 小島 亜未, 加藤 佳子
    日本公衆衛生学会, 2021年11月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 80回, 282 - 282, 日本語

  • 朝食欠食の関連要因における男女差
    黒川 浩美, 小島 亜未, 黒川 通典, 加藤 佳子, 伊藤 美紀子
    (一社)日本未病学会, 2020年10月, 日本未病学会学術総会抄録集, 27回, 103 - 103, 日本語

  • 食材購入レシートによる食事摂取状況の評価
    黒川 通典, 黒川 浩美, 加藤 佳子
    (一社)日本未病学会, 2020年10月, 日本未病学会学術総会抄録集, 27回, 126 - 126, 日本語

  • 勤労者の食行動および運動の動機づけとメタボリックシンドロームとの関連
    加藤 佳子, 黒川 通典, 黒川 浩美, 小島 亜未
    日本公衆衛生学会, 2020年10月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 79回, 335 - 335, 日本語

  • 年代別朝食摂取状況と血液生化学検査値の関連
    黒川 浩美, 小島 亜未, 黒川 通典, 加藤 佳子, 伊藤 美紀子
    日本公衆衛生学会, 2020年10月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 79回, 342 - 342, 日本語

  • 血清尿酸値と関連要因
    黒川 通典, 小島 亜未, 黒川 浩美, 加藤 佳子
    日本公衆衛生学会, 2020年10月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 79回, 343 - 343, 日本語

  • 勤労者の男女別の健康的な食生活に対する行動変容ステージとレジリエンスとの関連
    小島 亜未, 黒川 通典, 黒川 浩美, 加藤 佳子
    日本公衆衛生学会, 2020年10月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 79回, 355 - 355, 日本語

  • 大学生アメリカンフットボール選手の栄養摂取状況と筋力・パフォーマンスの関係について
    下村 有佳里, 高田 義弘, 加藤 佳子, 田路 秀樹
    (NPO)日本スポーツ栄養学会, 2020年01月, 日本スポーツ栄養研究誌, 13, 194 - 194, 日本語

  • Sense of Coherenceと食品摂取量
    黒川 通典, 黒川 浩美, 加藤 佳子
    日本公衆衛生学会, 2019年10月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 78回, 551 - 551, 日本語

  • 臨床面接のキーフレーズに着目したOSCEセルフトレーニングプログラムの開発
    黒川 通典, 荒井 秋恵, 黒川 浩美, 原田 芳洋, 加藤 佳子
    (一社)日本未病学会, 2019年10月, 日本未病システム学会学術総会抄録集, 26回, 132 - 132, 日本語

  • 大学生の生活習慣に関する自己制御尺度の信頼性・妥当性の検討
    王 一然, 加藤 佳子, 曹 家い
    (公社)日本心理学会, 2019年08月, 日本心理学会大会発表論文集, 83回, 1017 - 1017, 日本語

  • 大学生の乳製品の摂取とストレスレジリエンスの関連
    加藤 佳子, 下村 有佳里, 王 一然, 曹 家い, 高田 義弘, 古屋敷 智之
    (公社)日本心理学会, 2019年08月, 日本心理学会大会発表論文集, 83回, 1020 - 1020, 日本語

  • Sense of Coherenceと摂取食品・栄養素との関連
    黒川 通典, 小島 亜美, 加藤 佳子
    (一社)日本未病学会, 2018年10月, 日本未病システム学会学術総会抄録集, 25回, 152 - 152, 日本語

  • 尿中塩分量と生理指標との関連 田尻町循環器疾患予防プロジェクト
    黒川 通典, 小島 亜未, 加藤 佳子
    日本公衆衛生学会, 2018年10月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 77回, 328 - 328, 日本語

  • 地域住民の心の健康と食品・栄養摂取状況との関連 田尻町循環器疾患予防プロジェクト
    加藤 佳子, 小島 亜未, 黒川 通典
    日本公衆衛生学会, 2018年10月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 77回, 329 - 329, 日本語

  • 中等教育学校生の心の健康と食品摂取状況の関連
    加藤 佳子, 永野 和美, 王 一然, 胡 承洪
    (公社)日本心理学会, 2018年08月, 日本心理学会大会発表論文集, 82回, 992 - 992, 日本語

  • 日本語版Dutch eating behavior questionnaire for children(DEBQ-C)の妥当性と信頼性の検証
    加藤 佳子, 小島 亜未, 永野 和美
    (一社)日本学校保健学会, 2017年11月, 学校保健研究, 59(Suppl.) (Suppl.), 161 - 161, 日本語

  • 中高生の健康な食生活に関する行動変容ステージ別の食行動の特徴
    永野 和美, 小島 亜未, 加藤 佳子
    (一社)日本学校保健学会, 2017年11月, 学校保健研究, 59(Suppl.) (Suppl.), 161 - 161, 日本語

  • 女子大学生の体型と身体活動量、栄養素摂取および健康な食生活を送る動機づけとの関連
    濱嵜 朋子, 三浦 公志郎, 加藤 佳子
    日本公衆衛生学会, 2017年10月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 76回, 429 - 429, 日本語

  • Sense of Coherenceと健康な食生活を送る動機づけとの関連
    黒川 通典, 小島 亜未, 加藤 佳子
    日本公衆衛生学会, 2017年10月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 76回, 453 - 453, 日本語

  • クロノタイプと健康な食生活を送る動機づけおよび社会心理的要因との関連
    加藤 佳子, 小島 亜未, 黒川 通典
    日本公衆衛生学会, 2017年10月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 76回, 453 - 453, 日本語

  • 食習慣改善に対する態度と自律的な動機づけおよび社会心理的要因との関連
    加藤 佳子, 小島 亜未, 佐藤 眞一
    日本公衆衛生学会, 2016年10月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 75回, 439 - 439, 日本語

  • 食習慣・運動習慣の行動変容ステージと動機づけおよびソーシャル・サポートとの関係
    小島 亜未, 加藤 佳子, 佐藤 眞一
    日本公衆衛生学会, 2016年10月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 75回, 439 - 439, 日本語

  • 食習慣および運動習慣における行動変容ステージとMetS関連指標との関係
    小島 亜未, 加藤 佳子
    日本公衆衛生学会, 2015年10月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 74回, 273 - 273, 日本語

  • 健康な食生活および運動に関する動機づけとメタボリックシンドローム関連指標との関係
    加藤 佳子, 小島 亜未
    日本公衆衛生学会, 2015年10月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 74回, 273 - 273, 日本語

  • 2013年度プロジェクト研究報告「生活安心指標Human Life Security Indexの考案:質の高い生活を実現する人間環境の総合的研究とその指標化」
    井上 真理, 太田 和宏, 浅野 慎一, 岩佐 卓也, 稲葉 太一, 澤 宗則, 橋本 直人, 平山 洋介, 中川 和道, 加藤 佳子, 勅使河原 君
    2015年03月, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科 研究紀要, 8(2) (2), 127‐129, 日本語
    会議報告等

  • 市町村国保険加入者における特定健診継続受診のMets改善効果の検討
    小島 亜未, 加藤 佳子, 小川 靖子
    日本公衆衛生学会, 2014年10月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 73回, 214 - 214, 日本語

  • アンケート結果から「食」について考える
    加藤 佳子
    2013年, 鶴甲いきいきまちづくりプロジェクト~アクティブエイジングを目指して~, (pp.15-21) (pp.15-21), 日本語
    会議報告等

  • 歯の保有状況と食品・栄養摂取 平成17年国民健康・栄養調査データによる解析
    安藤 雄一, 若井 建志, 佐藤 眞一, 加藤 佳子, 濱嵜 朋子, 齋藤 俊行, 川下 由美子, 深井 穫博, 大庭 志野, 三浦 宏子
    日本公衆衛生学会, 2012年10月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 71回, 280 - 280, 日本語

  • 食習慣改善意識とメタボリックシンドロームとの関連
    加藤 佳子, 濱嵜 朋子, 佐藤 眞一, 安藤 雄一
    日本公衆衛生学会, 2012年10月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 71回, 280 - 280, 日本語

  • 食生活改善意識に関する報告2 食習慣改善意識とメタボリックシンドロームとの関連-平成17年国民健康・栄養調査データによる解析-
    加藤 佳子, 濱嵜 朋子, 安藤 雄一
    2012年03月, 口腔機能に応じた保健指導と肥満抑制やメタボリックシンドローム改善との関係についての研究 平成23年度総括分担報告書(2), 185-192, 日本語
    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 食生活改善意識に関する報告1 食習慣改善意識の年代および性別特徴-平成17年国民健康・栄養調査データによる解析-
    加藤 佳子, 濱嵜 朋子, 安藤 雄一
    2012年03月, 口腔機能に応じた保健指導と肥満抑制やメタボリックシンドローム改善との関係についての研究 平成23年度総括分担報告書(1), 177-184, 177 - 184, 日本語
    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 子どもの肥満に関する報告~平成17年国民健康・栄養調査データによる解析~
    濱嵜 朋子, 加藤 佳子, 安藤 雄一
    2012年03月, 口腔機能に応じた保健指導と肥満抑制やメタボリックシンドローム改善との関係についての研究 平成23年度総括分担報告書(3), 193‐197, 日本語
    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 某女子大学生におけるボディーイメージと口臭の意識の関連について
    出分 菜々衣, 濱嵜 朋子, 加藤 佳子, 粟野 秀慈, 吉田 明弘, 邵 仁浩, 安細 敏弘
    (一社)日本口腔衛生学会, 2012年01月, 口腔衛生学会雑誌, 62(1) (1), 71 - 71, 日本語

  • 健康な食生活を行う動機づけとソーシャル・サポートとの関係
    加藤 佳子, 岩永 誠
    (公社)日本心理学会, 2010年08月, 日本心理学会大会発表論文集, 74回, 923 - 923, 日本語

  • 小学生の家族関係および友人関係における自尊感情と全体的自尊感情との関連
    加藤 佳子, 西 敦子
    (一社)日本家政学会, 2010年05月, 日本家政学会大会研究発表要旨集, 62回, 54 - 54, 日本語

  • 健康心理士の資格を取得して想うこと
    加藤 佳子
    2009年12月, ヘルスサイコロジスト, 50, 日本語
    その他

  • 子どもの食育への健康心理学の貢献
    加藤 佳子
    2007年07月, ヘルスサイコロジスト, 43, 日本語
    その他

  • 加藤 佳子
    2006年07月, ヘルスサイコロジスト, 18(1) (1), 1 - 11, 日本語
    その他

  • 甘味嗜好の成立過程の検討(平成16年度砂糖に関する学術調査報告から)
    加藤 佳子, 森 敏昭, 今田 純雄
    2006年04月, 砂糖類情報, 115,10-11., 日本語
    その他

  • 食と健康 食をめぐる心理学の諸問題
    Roswith Roth, 今田 純雄, 加藤 佳子, 山田 冨美雄, 村井 潤一郎
    (公社)日本心理学会, 2005年09月, 日本心理学会大会発表論文集, 69回, W1 - W1, 日本語

  • 「家庭一般」における母性・父性の健康についての効果的指導法
    加藤 佳子
    1988年03月, 家庭研究収録 -授業研究のために-広島県立高等学校教育研究会家庭科部会、広島県高等学校長家庭部会, 8,14-24., 日本語
    その他

■ 書籍等出版物
  • 21世紀の学びを創る 学習開発学の展開
    加藤 佳子, 森 敏昭, 藤江 康彦, 白川 佳子, 清水 益治
    共著, 北大路書房, 2015年05月, 日本語
    学術書

  • 甘味に対する態度を規定する心理的要因に関する研究
    加藤 佳子
    単著, 雄松堂出版, 2010年06月, 日本語
    学術書

  • 健康のための心理学
    加藤 佳子, 小林芳郎, 鈴木晶夫, 三宅俊治, 久保田圭伍, 田中マユミ, 山本惠子, 杉浦義典, 園田明人, 笹竹英穂, 野口節子, 三好美生, 前田 明, 矢島潤平, 石井京子, 深田美香, 武田 一, 杉山 成, 筒井真優美, 近喰ふじ子, 柳井 修, 宇都宮 博, 安部幸志, 志村正子, 永作稔, 森本寛訓, 小川恭子, 西迫成一郎, 竹内美香, 安藤明人, 鈴木敏明, 松本博次, 伊原千晶, 嶋田洋徳, 今井千鶴子, 古口高志, 渡辺論史, 浅井千穂, 山地弘起, 田中秀樹, 青木邦男, 田中正敏, 佐藤節子, 熊谷秋三, 山津幸司, 井澤修平, 瀧川 薫, 田島世貴, 倉恒弘彦, 松崎 愛, 澤田孝二, 北島順子, 金城 悟, 山口光明, 金光義弘, 寺田恭子, 中村 有, 渡辺正樹, 橋本充代, 吉村裕之, 武田鉄郎
    共著, 保育社出版, 2006年04月, 日本語
    教科書・概説・概論

  • 生活と実践を結ぶ家庭科教育の発展
    加藤 佳子, 赤崎眞弓, 赤松純子, 磯崎尚子, 伊藤圭子, 伊波富久美, 甲斐純子, 川﨑智恵, 川邊淳子, 貴志倫子, 国本洋美, 小林京子, 佐藤 園, 周 暁虹, 鈴木明子, 住田佳奈美, 多々納道子, 鳥井葉子, 中村喜久江, 西 敦子, 橋本尚美, 林 未和子, 福田公子, 福田典子, 朴木佳緒留, 森下育代, 山下智恵子, 山田 綾
    共著, 大学教育出版, 2004年08月, 日本語
    学術書

■ 講演・口頭発表等
  • Burnout among Psychologists: A Qualitaive Meta-synthesis
    Tetsuko Kato, Toshiki Ito, Yoshiko Kato
    International Council of Psychologists 82nd Annual Meeting, 2024年07月, 英語

  • General and Mental Health and the Association with Lifestyle in Austria and Japan
    Yoshiko Kato, Roswith Roth
    The 11th European Conference on Positive Psychology, 2024年07月, 英語, PositivePsychologyPosterLIFESTYLE.pdf, パスワードが無い
    ポスター発表

  • Psychometric properties of the German version of the IKIGAI well-being scale
    Yoshiko Kato, Roswith Roth
    The 11th European Conference on Positive Psychology, 2024年07月, 英語, PositivePsychologyPosterIKIGAI.pdf, パスワードが無い
    ポスター発表

  • 管理栄養士の食習慣改善支援における相談・支援技術獲得への態度
    黒川 浩美, 黒川 通典, 加藤 佳子
    第22回 日本栄養改善学会近畿支部学術総会, 2023年12月
    口頭発表(一般)

  • 行動的感情制御方略と精神的健康との関連
    加藤佳子, 山根隆宏
    日本健康心理学会 第36回大会, 2023年12月, 日本語, 健康心理学会抄録_2023_final.pdf, 発表資料, パスワードが無い
    ポスター発表

  • メタボリックシンドローム関連指標と行動変容ス テージおよび心理特性の関連
    加藤佳子, 篠原正和, 古屋敷智之, 小島亜未
    第82回日本公衆衛生学会総会, 2023年11月
    ポスター発表

  • 労働者の HR-QOL とメタボリックシンドローム 関連指標および生活習慣との関連
    小島亜未, 篠原正和, 古屋敷智, 加藤佳子
    第82回日本公衆衛生学会総会, 2023年11月
    ポスター発表

  • 日本語版楽しさ尺度の作成および信頼性と妥当性の検討
    加藤佳子, 竹中汀, 佐藤なぎ, 金子直暉, 喜多凛, 奥村紗矢, 原瑞穂, 杉本和浩
    日本心理学会 第87回大会, 2023年09月
    ポスター発表

  • The Relationship between Health Support, and Competence for Healthy Eating
    Yoshiko Kato, Michinori Kurokawa, Hiromi Kurokawa
    Virtual, 2022年12月, 英語
    ポスター発表

  • 大学生の新型コロナウイルス感染症流行時の態度
    奥村紗矢, 加藤佳子
    日本心理学会第86回大会, 2022年09月, 日本語
    ポスター発表

  • 日本語版Behavioral Emotion Regulation Questionnaireの開発(2):心理測定特性、信頼性、妥当性の検証
    加藤佳子, 伊藤俊樹, 岡崎香奈, 山根隆宏
    日本心理学会第85回大会, 2021年09月, 日本語
    ポスター発表

  • 日本語版Behavioral Emotion Regulation Questionnaireの開発(1):因子構造と測定不変性の検証
    山根隆宏, 伊藤俊樹, 岡崎香奈, 加藤佳子
    日本心理学会第85回大会, 2021年09月, 日本語
    ポスター発表

  • 大学生の首尾一貫感覚と知覚されたストレスおよび健康に関する生活の質
    曹家偉, 王一然, 加藤佳子
    日本健康心理学会第33回バーチャル大会, 2020年11月, 日本語

  • 大学生の食生活における自己制御尺度の信頼性と妥当性の検討
    王一然, 曹家偉, 加藤佳子
    日本健康心理学会第33回バーチャル大会, 2020年11月, 日本語
    ポスター発表

  • 勤労者の食行動および運動の動機づけとメタボリックシンドロームとの関連
    加藤佳子, 黒川通典, 黒川浩美, 小島亜未
    第79回日本公衆衛生学会総会2020, 2020年10月, 日本語
    ポスター発表

  • 血清尿酸値と関連要因
    黒川 通典, 小島 亜未, 黒川浩美, 加藤佳子
    第79回日本公衆衛生学会総会2020, 2020年10月, 日本語
    ポスター発表

  • 年代別朝食摂取状況と血液生化学検査値の関連
    黒川 浩美, 小島 亜未, 黒川通典, 加藤佳子, 伊藤 美紀子
    第79回日本公衆衛生学会総会2020, 2020年10月, 日本語
    ポスター発表

  • 大学生の乳製品の摂取とストレスレジリエンスの関連
    加藤 佳子
    日本心理学会第83回大会, 2019年09月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 大学生の生活習慣に関する自己制御尺度の信頼性・妥当性の検討
    王 一然, 加藤 佳子, 曹 家瑋
    日本心理学会第83回大会, 2019年09月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 累積変量判断課題における日本の大学生の認知バイアス
    曹 家瑋, 加藤 佳子, 王 一然
    日本心理学会第83回大会, 2019年09月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • The Relationship among SOC, Social Support, Well-being and Motivation for the Autonomous Regulation of Eating Behavior in Hungarian and Japanese Students
    加藤 佳子, Róbert Urbán, 胡 承洪, 王 一然, Adrien Rigó
    77th Annual Conference International Council of Psychologists, 2019年06月, 英語, University of Cádiz, Cádiz, Spain, 国際会議
    ポスター発表

  • Examination of the Factor Structure of Self-Regulation Scale for Healthy Lifestyle in University Students
    王 一然, 加藤 佳子
    77th Annual Conference International Council of Psychologists, 2019年06月, 英語, University of Cádiz, Cádiz, Spain, 国際会議
    ポスター発表

  • A Longitudinal Study of the Moderating Effects of Daily Products Intake on Sense of Coherence among Japanese Middle School Students
    加藤 佳子, 永野 和美, 胡 承洪, Adrien Rigó, Róbert Urbán
    77th Annual Conference International Council of Psychologists, 2019年06月, 英語, University of Cádiz, Cádiz, Spain, 国際会議
    ポスター発表

  • 尿中塩分量と生理指標との関連:田尻町循環器疾患予防プロジェクト
    黒川 通典, 小島 亜未, 加藤 佳子
    第77回日本公衆衛生学会総会, 2018年10月, 日本語, 郡山市, 国内会議
    ポスター発表

  • 地域住民の心の健康と食品・栄養摂取状況との関連:田尻町循環器予防プロジェクト
    加藤 佳子, 小島 亜未, 黒川 通典
    第77回日本公衆衛生学会総会, 2018年10月, 日本語, 郡山市, 国内会議
    ポスター発表

  • Sense of Coherenceと摂取⾷品・栄養素との関連
    黒川 通典, 小島 亜未, 加藤 佳子
    第25回日本未病システム学会学術総会, 2018年10月, 日本語, 東京, 国内会議
    ポスター発表

  • 中等教育学校生の心の健康と食品摂取状況の関連
    加藤 佳子, 永野 和美, 王 一然, 胡 承洪
    日本心理学会第82回大会, 2018年09月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • Ikigai and Subjective Well-being in University Students from Japan and Hungary
    Adrien Rigó, Yoshiko Kato, Róbert Urbán, Nóra Román
    9th European Conference on Positive Psychology, 2018年06月, 英語, Budapest, Hungary, 国際会議
    ポスター発表

  • 日本語版Dutch eating behavior questionnaire for children (DEBQ-C)の妥当性と信頼性の検証
    加藤 佳子, 永野 和美, 小島 亜未
    第64回 日本学校保健学会, 2017年11月, 日本語, 仙台国際センター, 国内会議
    ポスター発表

  • 中高生の健康な食生活に関する行動変容ステージ別の食行動の特徴
    永野 和美, 小島 亜未, 加藤 佳子
    第64回 日本学校保健学会, 2017年11月, 日本語, 仙台国際センター, 国内会議
    ポスター発表

  • 女子大学生の体型と身体活動量、栄養摂取および健康な食生活を送る動機づけとの関連
    濱嵜 朋子, 三浦 公志郎, 加藤 佳子
    第76回 日本公衆衛生学会総会, 2017年10月, 日本語, 鹿児島県民交流センター, 国内会議
    ポスター発表

  • クロノタイプと健康な食生活を送る動機づけおよび社会心理的要因との関連
    加藤 佳子, 小島 亜未, 黒川 通典
    第76回 日本公衆衛生学会総会, 2017年10月, 日本語, 鹿児島県民交流センター, 国内会議
    ポスター発表

  • Sense of Coherenceと健康な食生活を送る動機づけとの関連
    黒川 通典, 小島 亜未, 加藤 佳子
    第76回 日本公衆衛生学会総会, 2017年10月, 日本語, 鹿児島県民交流センター, 国内会議
    ポスター発表

  • Relationship between Ikigai (well-being), Sense of coherence, and the social support in obese and non-obese adults
    Kojima Ami, Kato Yoshiko
    International Nursing Research Conference 2017, 2017年10月, 英語, Bangkok, Thailand, 国際会議
    ポスター発表

  • Psychometric Properties of a Short Version of the Healthy Eating Motivation Scale
    Kato Yoshiko, Hu Chenghong, Kojima Ami
    International Nursing Research Conference 2017, 2017年10月, 英語, Bangkok, Thailand, 国際会議
    ポスター発表

  • 大学生の領域別の自尊感情尺度の信頼性及び妥当性の検証
    田北 祐幹, 加藤 佳子
    日本健康心理学会 第30回記念大会, 2017年09月, 日本語, 明治大学, 国内会議
    ポスター発表

  • 食習慣改善に対する態度と社会心理的要因との関連 生きがい意識、SOC、ソーシャル・サポートに注目して
    加藤 佳子, 王 一然, 田北 祐幹, 小島亜未
    日本健康心理学会 第30回記念大会, 2017年09月, 日本語, 明治大学, 国内会議
    ポスター発表

  • インターネット依存と心理社会的要因との関連
    王 一然, 加藤 佳子
    日本健康心理学会 第30回記念大会, 2017年09月, 日本語, 明治大学, 国内会議
    ポスター発表

  • 日本語版CSM(Composite Scale of Morningness)の開発
    加藤 佳子, 吉田 圭吾, 王 一然, 齊藤誠一
    第29回大会 日本健康心理学会, 2016年11月, 日本語, 岡山, 国内会議
    ポスター発表

  • 食習慣改善に対する態度と自律的な動機づけおよび社会心理的要因との関連
    加藤 佳子, 小島 亜未, 佐藤 眞一
    第75回 日本公衆衛生学会, 2016年10月, 日本語, 大阪, 国内会議
    ポスター発表

  • 食習慣・運動習慣の行動変容ステージと動機づけおよびソーシャル・サポートとの関係
    小島 亜未, 加藤 佳子, 佐藤 眞一
    第75回 日本公衆衛生学会, 2016年10月, 日本語, 大阪, 国内会議
    ポスター発表

  • The Relationship between the Sense of Coherence and motivation for the autonomous regulation of eating behaviors
    Yoshiko Kato, Ami Kojima, Chenghong Hu
    74th Annual Conference of ICP, Inc., 2016年07月, 英語, Yokohama, Japan, 国際会議
    口頭発表(一般)

  • The Relationship between the action transformation stage, IKIGAI and Sense of Coherence
    Ami Kojima, Chenghong Hu, Yoshiko Kato
    74th Annual Conference of ICP, Inc., 2016年07月, 英語, Yokohama, Japan, 国際会議
    口頭発表(一般)

  • The Relationship between subjective well-being, and relationship with family and living environment in Austrian and Japanese
    Moe Nakamura, Eri Yoshida, Daisuke Yamanoi, Chihiro Ishikura, Yukie Furuya, Naoya Shigeta, Yu Takita, Ami Kojima, Yoshiko Kato
    74th Annual Conference of ICP, Inc., 2016年07月, 英語, Yokohama, Japan, 国際会議
    ポスター発表

  • The relationship between Sense of Coherence and restrained, emotional, and external eating in Japanese and Austrian university students
    Kato Yoshiko, Greimel Elfriede, Gartner Maria Muller, Freidi Wolfgang, Roswith ROth
    The 31st international congress of psychology, 2016年07月, 英語, Yokohama, Japan, 国際会議
    ポスター発表

  • The effect of a week health status recorded on the self-esteem and health consciousness
    Yuka Kobayashi, Yoshiko Kato
    74th Annual Conference of ICP, Inc., 2016年07月, 英語, Yokohama, Japan, 国際会議
    口頭発表(一般)

  • Cross-cultural reserach: legal advocacy/intervention; Mental health treatment in collaboration with legal profesionals
    Yoshiko Kato
    The 31st international congress of psychology, 2016年07月, 英語, Yokohama, Japan, 国際会議
    [招待有り]
    口頭発表(招待・特別)

  • Austrian and Japanese student's well-being and related factors
    Eri Yoshida, Moe Nakamura, Daisuke Yamanoi, Chihiro Ishikura, Yukie Furuya, Naoya Shigeta, Yu Takita, Ami Kojima, Yoshiko Kato
    74th Annual Conference of ICP, Inc., 2016年07月, 英語, Yokohama, Japan, 国際会議
    ポスター発表

  • 食習慣および運動習慣における行動変容ステージとMetS関連指標との関連
    小島 亜未, 加藤 佳子
    第74回日本公衆衛生学会総会, 2015年11月, 日本語, 長崎, 国内会議
    ポスター発表

  • 児童期の学校および家庭での食習慣と健康な食生活を送る動機づけとの関係-大学生を対象とした回顧調査-
    加藤 佳子, 小島 亜未, 永野 和美
    一般社団法人日本学校保健学会第62回学術大会, 2015年11月, 日本語, 岡山, 国内会議
    ポスター発表

  • 児童期の家庭と学校での食習慣の因子構造-大学生を対象とした回顧調査-
    小島 亜未, 永野 和美, 加藤 佳子
    一般社団法人日本学校保健学会第62回学術大会, 2015年11月, 日本語, 岡山, 国内会議
    ポスター発表

  • 児童期における家庭と学校での食習慣の男女差の検討-大学生を対象とした回顧調査-
    永野 和美, 小島 亜未, 加藤 佳子
    一般社団法人日本学校保健学会第62回学術大会, 2015年11月, 日本語, 岡山, 国内会議
    ポスター発表

  • 健康な食生活および運動に関する動機づけとメタボリックシンドローム関連指標との関係
    加藤 佳子, 小島 亜未
    第74回日本公衆衛生学会総会, 2015年11月, 日本語, 長崎, 国内会議
    ポスター発表

  • The Relationship between IKIGAI, Sense of Coherence, and Social Support
    Ami Kojima, Tomoko Fujitani, Yoshiko Kato
    73rd Annual Conference of ICP, Inc., 2015年08月, 英語, Tronto, Canada, 国際会議
    口頭発表(一般)

  • Relationships among Sense of Coherence, Gratitude and Well-Being
    Tomoko Fujitani, Ami Kojima, Yoshiko Kato
    73rd Annual Conference of ICP, Inc., 2015年08月, 英語, Tronto, Canada, 国際会議
    口頭発表(一般)

  • Relationship between IKIGAI and Healthy Eating Habits
    Yoshiko Kato, Ami Kojima, Tomoko Fujitani
    73rd Annual Conference of ICP, Inc., 2015年08月, 英語, Tronto, Canada, 国際会議
    口頭発表(一般)

  • 中学生の歯科保健行動とライフスキルとの関連
    川西 順子, 川畑 徹朗, 加藤 佳子, 李 美錦
    第61回日本学校保健学会, 2014年11月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 大学生の健康な食生活を送る動機づけと首尾一貫感覚(SOC)との関連
    西 敦子, 加藤 佳子
    日本教育心理学会 第56回総会, 2014年11月, 日本語, 神戸, 国内会議
    ポスター発表

  • 大学生の健康な食生活を送る動機づけとソーシャルサポートとの関連
    加藤 佳子, 西 敦子
    日本教育心理学会 第56回総会, 2014年11月, 日本語, 神戸, 国内会議
    ポスター発表

  • 市町村国保加入者における特定健診継続受診のMetS改善効果の検討
    加藤 佳子, 小島 亜未, 小川 靖子
    第73回日本公衆衛生学会総会, 2014年10月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 偏食行動とSOC(Sense of coherence: 首尾一貫感覚)との関連
    加藤 佳子, 程 文輝, 岩永 誠
    日本調理科学会 平成26年度大会, 2014年08月, 日本語, 県立広島大学, 国際会議
    口頭発表(一般)

  • Health Related Quality of Life (HR-QOL) in community development
    KATO YOSHIKO, MIKAMI, KOJIMA, OKADA
    International Council of Psychologists, 2014年07月, 英語, Paris, 国際会議
    口頭発表(一般)

  • Factors for Chinese international exchange students in Japan to adopt
    KATO YOSHIKO, YU
    International Council of Psychologists, 2014年07月, 英語, Paris, 国際会議
    口頭発表(一般)

  • 大学生の偏食と健康な食生活を送る動機づけとの関連
    加藤佳子, 小原久未子, 中村晴信, 川畑徹朗
    第60回 日本学校保健学会, 2013年11月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • Neurophysiological study of taste preference mechanism
    Chenghong Hu, Yoshitada Katagiri, Yoshiko Kato, Zhiwei Luo
    第15回 人間情報学会, 2013年09月, 英語, 国内会議
    ポスター発表

  • Early neurological markers for unconscious detection of bitter and sour taste for investigating taste preferences
    Hu Chenghong, Yoshitada Katagiri, Yoshiko Kato, Luo Zhiwei
    1st International Aizu Conference on Biomedical Informatics and Technology (ACBIT2013), 2013年09月, 英語, 国際会議
    ポスター発表

  • Relationship between gender role attitudes and HR-QOL (Health Related Quality of Life) in Japanese and Austrian students
    Yoshiko Kato, Roswith Roth, Ursula Athenstaedt
    International Council of Psychologists 71th Annual Convention, 2013年07月, 英語, 国際会議
    口頭発表(一般)

  • Psychometric validation of the imbalanced food preference scale
    Yoshiko Kato, Hu Chenghong, Makoto Iwanaga
    The 13th European Congress on Psychology, 2013年07月, 英語, 国際会議
    ポスター発表

  • Gender difference in ideal body image and eating behavior in Japanese students
    Kumiko Ohara, Yoshiko Kato, Tomoki Mase, Chiemi Miyawaki, Harunobu Nakamura
    The 13th European Congress on Psychology, 2013年07月, 英語, 国際会議
    ポスター発表

  • Factors associated with well-being in the context of cross cultural adaptation – Focus on international students in Japan-
    Ying Yu, Yoshiko Kato
    International Council of Psychologists 71th Annual Convention, 2013年07月, 英語, 国際会議
    ポスター発表

  • A fNIRS research on prefrontal cortex activity response to taste: Sweetness and sourness
    Hu Chenghong, Yoshiko Kato, Luo Zhiwei
    The 13th European Congress on Psychology, 2013年07月, 英語, 国際会議
    ポスター発表

  • A fNIRS research on prefrontal cortex activity response to sweet taste
    Chenghong Hu, Yoshiko Kato, Zhiwei Luo
    第57回 システム制御情報学会発表講演会, 2013年05月, 英語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • Neurophysiological Study of Taste Preference Mechanism
    Chenghong Hu, Yoshitada Katagiri, Yoshiko Kato, Luo zhi-wei
    人間情報学会, 2013年, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • A fNIRS Research on Prefrontal Cortex Activity Response to Sweet Taste
    Chenghong Hu, Yoshiko Kato, Luo zhi-wei
    第57 回システム制御情報学会研究発表講演会, 2013年, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 大学生の健康な食生活をおくる動機づけと子どもの頃の食生活に対する態度との関係
    加藤 佳子
    日本教育心理学会第54回総会, 2012年11月, 日本語, 沖縄、琉球大学, 国内会議
    ポスター発表

  • 食習慣改善意識とメタボリックシンドロームとの関連
    加藤 佳子, 濱嵜 朋子, 佐藤 眞一, 安藤 雄一
    日本公衆衛生雑誌, 2012年10月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 歯の保有状況と食品・栄養摂取~平成17年国民健康・栄養調査データによる解析~
    安藤 雄一, 若井 建志, 佐藤 眞一, 加藤 佳子, 濱嵜 朋子, 斎藤 俊行, 川下 由美子, 深井 穫博, 大場 志野, 三浦 宏子
    日本公衆衛生学雑誌, 2012年10月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 偏食行動の構成概念に関する検討 ‐大学生を対象とした質的調査から‐
    加藤 佳子, 岩永 誠
    日本健康心理学会 第25回大会, 2012年09月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • Gender role attitudes, gender self-concept, and Health Related-Quality of Life(HR-QOL)
    Yoshiko Kato, Mari Inoue, Youichi Tanaka, Chie Ashida, Roswith Roth
    International Coucil of Psychologisit 70th Coference, 2012年09月, 英語, 国際会議
    口頭発表(一般)

  • 食習慣改善意識と食品摂取状況との関連 ‐平成17年国民健康・栄養調査データによる解析‐
    加藤 佳子, 濱嵜 朋子, 安藤 雄一
    日本調理科学会 平成24年度大会, 2012年08月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 女子大学に所属する学生のボディ・イメージと自己受容感および食行動との関連
    加藤 佳子, 小原 久未子, 川畑 徹朗, 中村 晴信, 辻本 悟史
    日本学校保健学会, 2011年11月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 一般流動性知能と性格特性
    梶間早央里, 鄥 妍, 洪 舒 怡, 辻本悟史, 川畑徹朗, 中村晴信, 加藤 佳子
    第58回 日本学校保健学会, 2011年11月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • Relationship between taste sensitivity and eating style in Japanese female university students
    Yoshiko Kato, Roswith Roth
    International Council of Psychologists 69th Annual Convention, 2011年08月, 英語, Washington DC. USA, 国際会議
    [招待有り]
    口頭発表(招待・特別)

  • Validation of the Regulation of Eating Behaviors Scale (REBS) to measure Japanese women's motivation of maintaining a healthy eating life style
    Yoshiko Kato, Greimel Elfriede, Tomoko Hamasaki, Roswith Roth, Makoto Iwanaga
    The 12th European Congress of Psychology, 2011年07月, 英語, European Congress of Psychology, ISTANBUL, 国際会議
    ポスター発表

  • Eating behavior and body image in Austrian and Japanese students
    Yoshiko Kato, Roswith Roth, Kenichi Maeda
    International Council of Psychologists 66th Annual Convention, 2011年07月, 英語, St Petersburg, Russia, 国際会議
    口頭発表(一般)

  • Desired Bodies: Comparison between Austrian and Japanese students’ Body Image
    Yoshiko Kato, Roswith Roth
    International Council of Psychologists 69th Annual Convention SAN DIEGO, CA, USA, 2011年07月, 英語, Washington DC.USA, 国際会議
    口頭発表(一般)

  • 健康な食生活を行う動機づけとソーシャル・サポートとの関係
    加藤 佳子, 岩永 誠
    日本心理学会第74回, 2010年09月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 高校生と大学生のファストフードの利用と不定愁訴との関係
    加藤 佳子
    日本調理科学会平成22年度大会, 2010年08月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • アサーション行動と家族関係およびハーディネスとの関連
    加藤 佳子, 西 敦子, 伊藤 海織
    日本家庭科教育学会, 2010年07月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 小学生の家族関係および友人関係における自尊感情と全体的自尊感情との関連
    加藤 佳子
    日本家政学会第62回大会, 2010年05月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 女子大学生のハーディネスと食行動との関係(Ⅱ)
    加藤 佳子
    日本健康心理学会第21回大会, 2009年09月, 日本語, 早稲田大学 東京, 国内会議
    ポスター発表

  • 女子大学生の食生活と味覚感受性との関連
    加藤 佳子
    日本調理科学会平成21年度大会, 2009年08月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 女子大学生のハーディネスと食行動との関係(Ⅰ)
    加藤 佳子
    日本健康心理学会第21回大会, 2008年09月, 日本語, 国際会議
    ポスター発表

  • The difference of eating behavior between Austrian and Japanese female students
    Yoshiko Kato, Roswith Roth
    International Society of Behavioral Medicine 10th International Congress of Behavioral Medicine, 2008年08月, 英語, Conference Center Tokyo Japan, 国際会議
    ポスター発表

  • The relationship between hardiness and snacking
    Yoshiko Kato, Roswith Roth, Kenichi Maeda
    International Council of Psychologists 66th Annual Convention, 2008年07月, 英語, St Petersburg Russia, 国際会議
    口頭発表(一般)

  • The relationship between body image and eating behavior - a cross culture study in Austria and Japan -
    Yoshiko Kato, Rosiwth Roth
    The 3rd Asian Congress of Health Psychology, 2007年09月, 英語, Waseda University, 国際会議
    ポスター発表

  • Austrian students’ and Japanese students’ cross cultural study to examine the responses towards the jelly.
    Yoshiko Kato, Roswith Roth
    International Council of Psychologists 65th Annual Convention, 2007年08月, 英語, SAN DIEGO, CA, USA, 国際会議
    口頭発表(一般)

  • 急性的な心理的ストレス課題による唾液中sIgA濃度の変化に関する研究
    加藤 佳子, 宮谷 真人, 前田 健一, 森 敏昭, 田崎 慎治
    日本心理学会第70回大会, 2006年11月, 日本語, 九州大学 福岡, 国内会議
    ポスター発表

  • 達成目標志向の日米比較研究(2)
    加藤 佳子, 神山 貴弥, Beverly Harju, 野崎 秀正, 森野 美央
    日本教育心理学会第48回総会, 2006年09月, 日本語, 岡山大学 岡山, 国内会議
    ポスター発表

  • 達成目標志向の日米比較研究(1)
    加藤 佳子, Beverly Harju, 神山 貴弥, 野崎 秀正, 森野 美央
    日本教育心理学会第48回総会, 2006年09月, 日本語, 岡山大学 岡山, 国内会議
    ポスター発表

  • 新奇な食べ物が生理的指標に与える影響
    加藤 佳子, Roswith Roth
    日本健康心理学会第19回大会, 2006年09月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 小中学生を対象としたアサーション・トレーニングの試み
    加藤 佳子
    日本教育心理学会第48回総会, 2006年09月, 日本語, 岡山大学 岡山, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 効果的な食育の実践のために-子どもの食行動に注目して-
    加藤 佳子
    日本健康心理学会第19回大会, 2006年09月, 日本語, 同志社大学 京都, 国内会議
    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • ヘルスリテラシーと食行動-自己効力感に注目して-
    加藤 佳子, 前田 ひろみ
    中国四国教育学会, 2005年11月, 日本語, 安田女子大学 広島, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 達成目標志向と諸指標との関連性に関する探索的研究
    加藤 佳子, 神山 貴弥, Berverly Harju, 野崎 秀正, 森野 美央
    日本教育心理学会第47回総会, 2005年09月, 日本語, 浅井学園大学 北海道, 国内会議
    ポスター発表

  • 食と健康-食をめぐる心理学の諸問題-
    加藤 佳子
    日本心理学会第69回大会, 2005年09月, 日本語, 慶応義塾大学 東京, 国内会議
    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 甘味に対する態度の発達過程に関する検討
    加藤 佳子, 田崎 慎治, 今田 純雄, 森 敏昭
    日本心理学会第69回大会, 2005年09月, 日本語, 慶応義塾大学 東京, 国内会議
    ポスター発表

  • 家族内でのコミュニケーションに関する検討-アサーション行動に注目して-
    加藤 佳子, 西 敦子, 高橋 均, 森 敏昭
    日本教育心理学会第47回総会, 2005年, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 小学生の自尊感情に関する研究-アサーション・トレーニングの効果-
    加藤 佳子, 西 敦子, 森 敏昭
    日本教育心理学会第46回総会, 2004年10月, 日本語, 富山大学 富山, 国内会議
    ポスター発表

  • ストレスおよび痩せ願望と甘味に対する態度との関係-女子大生の場合-
    加藤 佳子, 森 敏昭
    日本教育心理学会第46回総会, 2004年10月, 日本語, 富山大学 富山, 国内会議
    ポスター発表

  • 過食抑制および拒食抑制に関する自己効力感尺度の開発
    加藤 佳子
    日本健康心理学会第17回大会, 2004年09月, 日本語, 国内会議
    ポスター発表

  • 小学生の自尊感情に関する実践研究1-アサーショントレーニングの効果-
    加藤 佳子
    第6回 認知・発達フォーラム, 2004年07月, 日本語, 大阪国際交流センター 大阪, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 大学生の甘味に対する態度と食行動の異常傾向の関係に関する日中比較研究
    加藤 佳子
    日本健康心理学会第16回総会, 2003年11月, 日本語, 関西福祉科学大学 大阪, 国際会議
    ポスター発表

  • 甘味に対する態度と対処方略・痩せ願望および食行動の異常傾向との関係
    加藤 佳子
    日本教育心理学会第45回, 2003年08月, 日本語, 大阪国際会議場 大阪, 国内会議
    ポスター発表

  • 大学生の甘味に対する態度と対処方略・痩せ願望および食行動の異常傾向との関係
    加藤 佳子
    第5回 認知・発達フォーラム, 2003年07月, 日本語, 広島大学 広島, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 甘味に対する態度についての一考察
    加藤 佳子
    中国四国教育学会第54回大会, 2002年11月, 日本語, 高知大学 高知, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 甘味の評価に影響を及ぼす要因
    加藤 佳子, 井川 佳子
    日本調理科学会平成13年度大会, 2001年09月, 日本語, 大妻女子大学 東京, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 甘味嗜好とその背景要因との関係
    加藤 佳子, 井川 佳子
    日本家政学会第53回大会, 2001年05月, 日本語, くらしき作陽大学 岡山, 国内会議
    ポスター発表

  • 甘味に対する意識・行動について~性および年齢の影響~
    加藤 佳子, 井川 佳子
    第47回家政学会中国・四国支部研究発表会, 2000年10月, 日本語, 山陽学園短期大学 岡山, 国内会議
    口頭発表(一般)

■ 所属学協会
  • 日本応用心理学会

  • 日本教育心理学会

  • 日本心理学会

  • 日本公衆衛生学会

  • 日本家政学会

  • 日本健康教育学会

  • 日本健康心理学会

■ Works_作品等
  • 甘味嗜好の成立過程
    2004年 - 2005年

■ 共同研究・競争的資金等の研究課題
  • 生物心理社会モデルに基づく相談・支援型食生活改善プログラム評価指標の開発
    加藤 佳子, 山本 育子, 三ヶ尻 礼子, 高橋 路子
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 基盤研究(C), 神戸大学, 2023年04月01日 - 2027年03月31日

  • 労働者のモチベーション・エンゲージメント強化に繋がるWell-Being Monitorに関する研究
    加藤佳子, 丸山祐丞
    株式会社テアラクソン, 共同研究, 2023年08月 - 2024年07月, 研究代表者

  • 加藤 佳子, 山根 隆宏, 鳥居 深雪, 古屋敷 智之
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B)), 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B)), 神戸大学, 2018年10月09日 - 2023年03月31日, 研究代表者
    令和元年度は、オーストリアのグラーツ大学およびハンガリーのエトベシュローランド大学に所属する研究者とディスカッションを行った。そして、国の心理支援体制を代表する制度の主要構成要素であるPsychologistに特に焦点をあて調査を進めることとした。オーストリアおよびハンガリーでは、実際にPsychologistとして従事している研究者を対象に心理支援に有効な社会的資源や支援上の困難な経験、これに関与する生活習慣、生きがい促進要因などについてインタビューを行い、予定している質問紙調査の計画についても具体化した。 また、インターネットで公開されている文献から得られる情報を調べ、EUのいくつかの国のPsychologistの制度について調査した。その結果、EUのいくつかの国では、Psychologistに加え、さまざまな技法によるPsychotherapy が創出されており、Psychotherapist が心理支援に多大に寄与していることも明らかとなった。しかし隣接するEUの国々においてPsychotherapistとPsychologistをめぐる社会的制度の状況は異なっていた。この点は心の支援関係者を取り巻く社会制度の相違点となる可能性がある。 さらに、スウェーデンでもインタビュー調査も行うことができ、経験年数によりストレスの特徴が異なること、ピアによるソーシャルサポートがストレスへの対処において重要であること、生活習慣との関連などが報告された。 支援関係者としてキーパーソンとなる家族についても調査の可能性を模索しており、アメリカの研究者との検討が進められている。
    競争的資金

  • 食に焦点をあてた健康寿命環境促進要因指標の開発
    小島 亜未, 加藤 佳子
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 2017年04月01日 - 2021年03月31日
    S県の職員に対して質問紙調査を行い、その結果をフィードバックしたが、その後健康寿命要因指標作成に着手しているところであるが、まだ完成していない。当初予定では、モデル地区の選定、介入を行う予定であったが、予定より大幅に遅れている。質問紙調査の内容においては、健康関連QOLとメタボリックシンドロームの生理指標との関連について、検討するだけのデータが揃ったことから、現在投稿論文に執筆するために執筆中である。具体的には、労働者のメタボリックシンドローム関連指標と健康に関する生活の質との関連についてまとめており、血液データと健康関連QOLとの関連性について量的研究で取りまとめているところである。さらに、良い生活習慣を送っている人ほど健康関連QOLが高い結果もでており、当初計画を立てていた時にたてた仮説通りとなっている。例えば、就寝2時間以内の夕食、3食以外の間食、欠食、咀嚼状況、運動、睡眠による休養ができている人は、健康寿命(健康関連QOL)が高い結果がえられている。 また、今年度は研究で得られた知見をもとに保健指導従事者向けのリーフレットを作成した。今後は、研修会等で配布して、広めていきたいと考えている。

  • 加藤 佳子, 小島 亜未, 黒川 通典, 西 敦子
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 神戸大学, 2015年04月01日 - 2020年03月31日
    中学生以上を対象とした年齢横断的な調査により,行動変容をめざした食教育プログラムの標準化をはかるうえで有効な評価指標の開発を行い,その有用性について検討した。 その結果,健康な食生活を送る動機づけや自律支援アセスメント指標などを作成出来た。また健康生成要因であるストレスレジレンスやソーシャル・サポートを強化しwell-beingを高めることが健康な食生活を送ることに対する自律を促し,MetSの改善につながることも示唆された。

  • 加藤 佳子
    学術研究助成基金助成金/基盤研究(C), 2015年04月 - 2019年03月, 研究代表者
    競争的資金

  • 朴木 佳緒留, 岡田 修一, 近藤 徳彦, 長ヶ原 誠, 片桐 恵子, 加藤 佳子, 松岡 広路, 井上 真理, 城 仁士, 平山 洋介, 平川 和文, 増本 康平
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(A), 基盤研究(A), 神戸大学, 2012年10月31日 - 2016年03月31日
    世界で最も高齢化が進んでいる日本では,高齢者夫婦のみ世帯と高齢者独居世帯も年々増加し,高齢者の孤立死や認知症徘徊による行方不明,高齢者世帯への緊急時や災害時の対応に関する問題が顕在化している。世界保健機関(WHO)は先進国でみられる高齢化を受けて,生活の質を高めるために「健康」,「社会参加」,「安全」の機会を最適化するアクティブエイジングを提唱している。本研究では,地域コミュニティにおける高齢者の地域活動,多世代間交流の促進を目指し,「健康」「社会参加」「安全」の3つの側面からアクティブエイジング支援プログラムを開発し,社会実験を実施した。

  • 朴木 佳緒留
    科学研究費補助金/基盤研究(A), 2012年10月 - 2015年03月
    競争的資金

  • 加藤 佳子, 岩永 誠
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 神戸大学, 2011年 - 2013年
    健康生成論にもとづき食嗜好と偏食の機序について検討した。その結果,1)偏食の構成概念が明らかにされ,食嗜好,偏食行動を測定する尺度を開発した。2)首尾一貫感覚は食感覚に対する受容性と正の相関があり,ソーシャルサーポートは,偏食行動と負の相関があった。3)好きな味と嫌いな味に対する前頭前野の反応の相違が示された。4)偏食の改善は,健康状態に影響することを確認した。味覚感受性は,偏食や食嗜好に影響を与える傾向があるが,内的資源や外的資源を媒介とした時,味刺激に対する感情の調節が図られ偏食行動は緩衝される可能性がある。内的資源や外的資源の充実による食行動の改善について今後も検討する必要がある。

  • 加藤 佳子
    学術研究助成基金助成金/基盤研究(C), 2011年, 研究代表者
    競争的資金

  • 加藤 佳子
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(スタートアップ), 若手研究(スタートアップ), 安田女子大学, 2007年 - 2008年
    お腹がすいたときだけではなく、イライラした時などストレスを解消するために食べることがある。ストレスを解消するために食べることは、心の安定を取りもどすために、時には良いことかもしれない。しかしストレス社会の現代では、ストレス解消のための食行動がコントロールできなくなり、健康を害することもある。本研究では、自己効力感、動機付け、ハーディネス、幼少時からの規則的な食生活が食行動のコントロールに有効な要因であることを検討した。

  • 甘味に対する態度と心理的健康との関係
    1999年 - 2005年
    競争的資金

  • 甘味嗜好の成立過程の検討
    2004年
    競争的資金

  • 学習目標に関する研究
    2004年
    競争的資金

  • 小学生の自尊心に関する研究
    2003年
    競争的資金

TOP