SEARCH

検索詳細

藤永 隆
大学院工学研究科 建築学専攻
教授

研究者基本情報

■ 学位
  • 博士(工学), 九州大学
■ 研究キーワード
  • 鋼コンクリート合成構造
  • コンクリート充填鋼管構造
  • 被災構造物の復旧性能評価
  • 耐震補強・補修
■ 研究分野
  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築構造、材料

研究活動情報

■ 受賞
  • 2007年11月 日本鋼構造協会, 鋼構造シンポジウム2007アカデミーセッション 優秀発表表彰, 低強度コンクリートと鋼の間接接合部のせん断耐力に関する研究,鋼構造年次論文報告集,第十五巻,pp.527-534,2007年11月
    藤永 隆

■ 論文
  • Gaochuang Cai, Yue Wen, Prafulla B. Malla, Takashi Fujinaga, Amir Si Larbi
    Springer Science and Business Media LLC, 2024年06月, Bulletin of Earthquake Engineering, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 高橋 幸太郎, 藤永 隆
    Architectural Institute of Japan, 2024年04月, 構造工学論文集, 70B, 257 - 263, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 藤永 隆, 高橋 幸太郎
    Architectural Institute of Japan, 2024年04月, 構造工学論文集, 70B, 250 - 256, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Chi Zhang, Koki Yamaoka, Takashi Fujinaga, Yuping Sun
    Japan Concrete Institute, 2024年03月, Journal of Advanced Concrete Technology, 22(3) (3), 115 - 127, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 城戸 將江, 藤永 隆, 津田 惠吾
    Architectural Institute of Japan, 2023年11月, 日本建築学会構造系論文集, 88(813) (813), 1590 - 1601, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 山岡 幸喜, 入江 千鶴, 藤永 隆, 張 弛, 川田 侑子, 宮川 和明, 孫 玉平
    Architectural Institute of Japan, 2023年10月, 日本建築学会技術報告集, 29(73) (73), 1338 - 1343, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Takashi Fujinaga, Teruhisa Tanaka
    Wiley, 2023年05月, JAPAN ARCHITECTURAL REVIEW, 6(1) (1), 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Gaochuang Cai, T. Fujinaga, A. Si Larbi, Y. Wen, P. B. Malla
    Springer Science and Business Media LLC, 2023年04月, Bulletin of Earthquake Engineering, 12, 4565 - 4588, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Takashi Fujinaga
    The ultimate flexural strength of concrete-filled steel tubular (CFST) beam-columns is calculated using the full-plastic strength as per the "AIJ Recommendations for Design and Construction of Concrete Filled Steel Tubular Structures". However, the full-plastic strength might overestimate the ultimate strength of rectangular CFST beam-columns, when the width-to-thickness ratio is significant and/or high-strength materials are used. The calculation of the ultimate flexural strength when it exceeds the applicable range of AIJ CFT recommendations is based on a method that considers the stress reduction on the compression side of the steel tube or outermost edge strain of the concrete. However, both stress reduction and outermost edge strain should be considered when high-strength materials are used in CFST for accurate ultimate strength formulas. In this study, a simple evaluation method for the ultimate flexural strength of rectangular CFST beam-columns was proposed using the maximum strain at the extreme concrete compression fiber and stress reduction on the compression side of the steel tube. In addition, the appropriate strain at the extreme concrete fiber needed to accurately calculate the ultimate strength was discussed.
    WILEY, 2023年02月, JAPAN ARCHITECTURAL REVIEW, 6(1) (1), 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Structural Performance of Steel Tube-encased Concrete Columns Confined by Circular Thin Steel Tube
    Chi Zhang, Chizuru Irie, Takashi Fujinaga, Yuping Sun
    2022年, コンクリート工学年次論文集, 44(2) (2), 391 - 396, 英語
    [査読有り]
    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 梁貫通形式角形CFT柱梁接合部の構造性能に及ぼす軸力と幅厚比の影響に関する研究
    土居 晃基, 藤永 隆
    2021年11月, 第14回複合・合成構造の活用に関するシンポジウム講演集, 50-1 - 50-8, 日本語
    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 鋼管拘束下の孔あき鋼板ジベルの引抜き耐力に関する実験的研究
    長岡 優花, 藤永 隆, 田中 照久
    2021年11月, 第14回複合・合成構造の活用に関するシンポジウム講演集, 2-1 - 2-7, 日本語
    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Tomoya Kawabata, Takashi Fujinaga
    In beam-to-column connections in steel structures, it is crucial for stresses to be transmitted from the beam to column smoothly. However, openings of I-section steel beam web are often made at the end of the beam when piping facilities pass through the beam. Openings at the end of the I-section steel beam reduce its flexural strength, shear strength, and deformation capacity of the steel beam ends. If the openings are made at the end of a beam, the beam should somehow be reinforced to achieve acceptable stress transmission performance and good deformation capacity. There are several existing ways of reinforcing openings at the end of a beam in Japan; however, simpler and more economical reinforcing methods are desired. In this paper, a new reinforcing method of openings at the beam ends is proposed. The proposed reinforcement is a perforated steel plate connected to the beam web using fillet welding. The proposed method is simple, easier to produce, and easier to construct compared to conventional methods. An experiment was conducted to verify the performance of the proposed reinforcing method. The results of the experiments showed that the proposed reinforcing method can be designed conservatively using Kato’s formula.
    2021年07月, Proceedings of International Structural Engineering and Construction, 8(1) (1), STR - 09, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Yuka Nagaoka, Takashi Fujinaga, Teruhisa Tanaka
    Concrete-filled steel tube (CFST) columns are commonly used in Japan, which utilize onsite full-strength welded splices between columns. However, onsite welding requires high technical skill and a controlled environment. Further, this type of splice is expensive and, in most cases, is not necessary for dependable building performance under severe earthquake loading conditions. Recently, new types of CFST column splices have been developed that enhance constructability and avoid the need for onsite welding. In the proposed column splice method, perforated steel plates are placed on each column half and are welded into place. To evaluate the performance of this splice, it is important to determine the pull-out strength and behavior modes of the perforated steel plates embedded into the CFSTs. In this paper, a pull-out experiment with perforated steel plates embedded into a square CFST stub is conducted. The experimental parameters are the bond between the steel plate and the concrete, the embedded length of the perforation, and the extra length of the steel plate. The effect of the bond and friction strength between the steel and concrete are discussed, and a design formula for the pull-out strength of the perforated steel plate is examined.
    2021年07月, Proceedings of International Structural Engineering and Construction, 8(1) (1), STR - 10, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Takashi Fujinaga, Tomoya Kawabata
    According to the Recommendations for Design and Construction of Concrete Filled Steel Tubular Structures from Architectural Institute of Japan, the allowable short-term flexural strength (ASFS) can be used as the yield strength for the restoring force characteristics model of concrete-filled steel tube (CFST) members. Therefore, it is necessary to examine whether the ASFS can be appropriate as an alternative for the yield strength. Furthermore, as the ASFS is typically calculated using the superposition method, the value of the deformation at the superposed strength cannot be evaluated. To address these issues, in this study, numerical analysis was conducted on the moment–curvature relation of CFST column sections using the finite fiber method. The characteristics of the point of ASFS and evaluation method for flexural yield strength in a broad sense were examined using the slope factor and strength satisfaction factor methods. The corresponding slope factor is larger than the value (1/3) that is generally used for the yield strength definition. Therefore, using the ASFS is as the yield strength of the CFST section is reasonable. Additionally, the formula for the curvature at the ASFS was also proposed.
    2021年07月, Proceedings of International Structural Engineering and Construction, 8(1) (1), STR - 07, 英語
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Koki Doi, Takashi Fujinaga
    Continuous beam-type concrete-filled steel tube (CFST) column connections are simple to fabricate and exhibit effective seismic performance. Fujinaga and Clifton have previously studied the performance of continuous beam-type square CFST beamto- column connections using concrete of relatively high strength (85 MPa) and demonstrated their effective performance and high energy-absorbing capacity. However, in their study, it was found that the local deformation of the steel beam under bending-induced beam tension had a large effect on the steel tube flange near the connection. Further, it was observed that filled concrete may not contribute substantially to the transmission of compressive load at the connection panel if lowstrength concrete is used. In this study, the square CFST beam-to-column connection was investigated, and the connection performance and load transfer mechanisms were examined when the strength of the concrete was relatively low (40 MPa). The specimens demonstrated effective seismic performance, exhibiting sufficient strength and stable hysteretic behavior with high energy absorption even when low-strength concrete was used. Irrespective of the strength of the concrete used, the strain developed in the steel tube flanges was low on the compression side, and the filled concrete contributed to the transmission of the compressive load at the connection panel. The compressive strain in the steel tube was slightly higher when the strength of the concrete was low.
    2021年07月, Proceedings of International Structural Engineering and Construction, 8(1) (1), STR - 27, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • コンクリート充填鋼管適用技術の現状と最先端
    H217 複合構造委員会・コンクリート充填鋼管部材の活用に関する研究小委員会(共著)
    2021年06月, 土木学会論文集 A1(構造・地震工学), 77(5) (5), II_50 - II_64, 日本語
    研究論文(学術雑誌)

  • Real-time hybrid simulation by synchronizing high-speed actuator and shaking-table to demonstrate seismic behavior of RC frame structure
    Yoichi Mukai, Ayaka Yokoyama, Kohiro Fushihara, Takashi Fujinaga, Hideo Fujitani
    2020年12月, Proc. of the 3rd International Conf. on Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems (COMPSAFE2020), 390 - 393, 英語
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Yoichi Mukai, Ayaka Yokoyama, Kohiro Fushihara, Takashi Fujinaga, Hideo Fujitani
    The seismic responses of a single-story reinforced concrete (RC) frame building model under control using an active mass damper (AMD) are demonstrated through a real-time hybrid simulation (RTHS) method. In this study, the RTHS test is carried out by using a hydraulic actuator and a shaking table under synchronization. Most parts of the target RC frame model are provided as an analytical model for an online computer simulation, and only the single column of the first story is prepared as an experimental substructure. A hydraulic actuator deforms the actual RC column, and uncertainty or nonlinearity of the RC column's behavior is focused on in this RTHS test. At the same time, a control device of AMD is actually tested under a situation of installing it on the target building's floor. The floor response of the target building model is generated using a shaking table. A control motion of the AMD is manipulated based on an online simulation of the entire RC building model. Firstly, a time delay compensation of the hydraulic actuator is considered. Time delay parameters are identified using a combination model of a time lag and a first-order delay. A PID controller and a time series compensator are applied to improve actuator performances. Next, the reproducibility of the RTHS test using two-individual actuators is evaluated. The tracking of a restoring force and deformation of the actual RC column specimen generated by the hydraulic actuator and floor motion responses reproduced on the shaking table are investigated. To improve the online numerical simulation based on the measured force responses of the RC column specimen, a high-pass filter (HPF) is applied for a force correction to utilize its phase-lead property. The effect of this HPF force correction is evaluated in both a linear region and a strong nonlinear region of the actual RC column specimen. Finally, the RTHS test results are compared to fully numerical simulations and the control effect of the AMD to increase the damping effect for the target RC building model is also investigated.
    FRONTIERS MEDIA SA, 2020年11月, FRONTIERS IN BUILT ENVIRONMENT, 6, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Performance of Orthogonal Direction on Continuous Beam Type CFST Beam-to-Column Connection
    Takashi Fujinaga, Charles G. Clifton
    2020年09月, Proc. of 17th World Conference on Earthquake Engineering (17WCEE), 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Real-Time Hybrid Test Using Multi-Actuators to Estimate Response Control Performance of RC Frame Structure
    Ayaka Yokoyama, Kohiro Fushihara, Yoichi Mukai, Takashi Fujinaga, Hideo Fujitani
    2020年09月, Proc. of 17th World Conference on Earthquake Engineering (17WCEE), 1 - 11, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 梁貫通形式角形CFT柱梁接合部における貫通梁直交方向の接合部性能に関する実験的研究
    藤永 隆
    2020年07月, コンクリート工学年次論文集, 42(2) (2), 919 - 924, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Takashi Fujinaga, Yuping Sun
    © 2020 by the authors. The structural performance of damaged open-web type of steel encased reinforced concrete (SRC) beam-columns after retrofitting was experimentally investigated. The experimental parameters were the open-web type of the encased steel and the maximum tip displacement of the columns during the initial loading. First, each column was cyclically loaded to the targeted displacement. Subsequently, the test columns were retrofitted and reloaded. The damaged portions of each column were retrofitted with the polymer cement mortar, and the epoxy resin was injected into the cracks. The experimental results indicated that the measured stiffness of the retrofitted columns was lower than the initial ones, while the displacements experienced in each column were different. The lower stiffness might be attributed to deterioration of the concrete rigidity, low rigidity of the resin and imperfect injection of the resin. Numerical analyses were also conducted to evaluate the retrofitted column behavior. The effect of the strain hysteresis of concrete at the first loading was considered for the behavior at the second loading. The analytical results predicted the experimental behaviors fairly well, which implies the validity of the analytical methods presented in this paper for evaluating the structural performance of the retrofitted SRC columns.
    {MDPI} {AG}, 2020年02月, Sustainability (Switzerland), 12(4) (4), 1381 - 1381, 英語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 鋼管拘束された孔あき鋼板ジベルの引抜き耐力
    中嶌 圭吾, 貞本 尚亮, 藤永 隆
    2019年07月, コンクリート工学年次論文集, 41(2) (2), 日本語
    [査読有り]
    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 鋼断面への初期軸力が角形CFT柱の曲げ耐力に及ぼす影響
    藤永 隆, 市川 元気, 孫 玉平
    2019年03月, 構造工学論文集, 65B, 197 - 202, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • CFT柱のせん断耐力に関する一考察
    藤永 隆
    2019年03月, 構造工学論文集, 65B, 193 - 196, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Takashi Fujinaga, Charles G. Clifton
    Copyright © 2019 ISEC Press. Concrete-filled steel tubular (CFST) columns are used widely as building structure components because of their good performance. It can be complex, however, to connect beams into CFST columns, especially when rigid beam-to-column connections are required. In order to simplify the fabrication requirements and cost of these connections, a continuous beam type connection through the column is proposed. This can develop the full plastic moment capacity of the beam. In this paper, the experiment testing results of two types of CFST beam-to-column connection specimens are presented and the connection performance and load transfer mechanisms are examined. The continuous beam type connection performance is compared to that of traditionally used through-diaphragm type of connection, which is more complex and demanding to fabricate. Both specimens showed good seismic performance, exhibiting stable hysteretic behavior with high energy absorption. The maximum experimental strength exceeded the calculated value. For a continuous beam type specimen, there is the potential for the column flange to be affected by the local deformation from the steel beam under bending induced beam tension. However, such effects were not observed in practice until late in the test after extensive beam plastic action had occurred.
    2019年, ISEC 2019 - 10th International Structural Engineering and Construction Conference, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 危険断面高さを考慮したコンクリート充填角形鋼管柱の解析的研究
    櫻井 陽, 藤永 隆, 竹内 崇, 孫 玉平
    2018年11月, 鋼構造年次論文報告集, 28, 36 - 42, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • ボルト接合鋼板拘束を施しSBPDN鉄筋を主筋に用いたRC柱のせん断耐力に関する研究
    竹内 崇, 大仲 菜保子, 藤永 隆, 孫 玉平
    2018年07月, コンクリート工学年次論文集, 40(2) (2), 91 - 96, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 充填被覆型鋼管コンクリート長柱の耐力
    金田 航平, 藤永 隆, 孫 玉平
    2018年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, (22) (22), 63 - 68, 日本語
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 鋼断面への初期軸力が角形CFT柱の曲げ耐力に及ぼす影響
    藤永 隆
    2018年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, (22) (22), 57 - 62, 日本語
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 長方形CFT柱の2軸偏心圧縮実験
    市川 元気, 藤永 隆, 孫 玉平
    2017年11月, 第12回複合・合成構造の活用に関するシンポジウム講演集, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • RC造建築物の鋼製柱による外付け耐震補強工法に関する研究
    入江 千鶴, 谷川 和貴, 矢田 和寛, 藤永 隆, 宮川 和明, 孫 玉平
    2017年09月, 第12回日中建築構造技術交流会論文集, 日本語
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 二方向載荷を受ける付着強度の低い超高強度鉄筋を用いたRC柱の耐震挙動に関する研究
    大仲 菜保子, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    2017年07月, コンクリート工学年次論文集, 39(2) (2), 103 - 108, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 付着強度の低い超高強度鉄筋を用いたRC柱の耐震性能に及ぼす主筋定着詳細と横拘束方法の影響に関する研究
    竹内 崇, 藤永 隆, 吉森 裕樹, 孫 玉平
    2016年07月, コンクリート工学年次論文集, (38) (38), 163 - 168, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 充填被覆型鋼管コンクリート長柱の耐力評価法-角形鋼管を内蔵する場合-
    金田 航平, 藤永 隆, 孫 玉平
    2016年07月, コンクリート工学年次論文集, (38) (38), 1207 - 1212, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 鋼製柱によるRC骨組の外付け耐震補強工法に関する実験的研究
    谷川 和貴, 藤永 隆, 宮川 和明, 孫 玉平
    2016年07月, コンクリート工学年次論文集, (38) (38), 1099 - 1104, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • X形配筋を施した柱型のないRC造壁の耐震性能に関する基礎研究
    直川 周平, 孫 玉平, 竹内 崇, 藤永 隆
    2016年07月, コンクリート工学年次論文集, (38) (38), 421 - 426, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 付着強度の低い超高強度鉄筋を用いたRC柱の耐震性能向上およびその評価方法に関する研究
    吉森 裕樹, 大仲 菜保子, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    2016年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, (20) (20), 59 - 67, 日本語
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 2015年ネパール地震の被害調査報告
    藤永 隆, ロハニ タラニディ, 竹内 崇
    2016年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, (20) (20), 219 - 228, 日本語
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 軸力と曲げを受けるCFT柱の日・欧・米の設計式の比較
    藤永 隆, 林 和宏, 城戸 將江
    2015年11月, 第11回複合・合成構造の活用に関するシンポジウム講演集, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 載荷履歴を受けたボルト接合された格子型SRC柱の補修後性能に関する実験的研究
    久米 貴大, 藤永 隆, 孫 玉平
    2015年11月, 第11回複合・合成構造の活用に関するシンポジウム講演集, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • CFT部材の力学的特性と設計式
    藤永 隆, 津田 惠吾
    2015年11月, 第11回複合・合成構造の活用に関するシンポジウム講演集, 日本語
    [招待有り]
    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 鋼製柱によるRC骨組の外付け耐震補強工法に関する実験的研究
    藤永 隆, 宮川 和明, 喜多村 亘, 孫 玉平
    2015年10月, 第11回日中構造技術交流会論文集, 日本語
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 付着強度の低い超高強度鉄筋を主筋に用いた逆対称曲げRC柱の耐震性能に及ぼす主筋配筋形式の影響に関する研究
    竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平, 東山 諒太
    2015年07月, コンクリート工学年次論文集, 37, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 付着強度の低い超高強度鉄筋を主筋に用いた逆対称曲げRC柱の履歴挙動に及ぼす主筋配筋形式の影響
    東山 諒太, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    神戸大学都市安全研究センター, 2015年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 19, 日本語
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 二重鋼管ブレースによる低強度コンクリートRC造骨組の外付け耐震補強
    藤永 隆, 宮川 和明, 喜多村 亘, 南 宏一
    日本建築学会, 2015年03月, 構造工学論文集, 61(B) (B), 19 - 26, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 充填被覆型鋼管コンクリート長柱の耐力-角形鋼管内蔵の場合-
    金田 航平, 藤永 隆, 孫 玉平, 小池 岳
    神戸大学都市安全研究センター, 2015年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 19, 日本語
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 久米 貴大, 藤永 隆, 孫 玉平
    Copyright © 2015 ISEC Press. In this paper, structural performance of damaged SRC beam-columns with open-web type of batten steel plate after retrofitting was investigated. Three open-web type SRC beam-columns with bolt-connected batten steel plates were fabricated and tested under combined constant axial load and cyclic lateral load. At first, each beam-column was cyclically loaded to the targeted displacement. After the first loading, the test columns were retrofitted and reloaded till large deformation or failure. The damaged portion of each column was retrofitted with the polymer cement mortar and epoxy resin was injected into the cracks. The measured stiffness of retrofitted columns varied between 71.4% and 85.5% of the initial one. And, test results also indicated that the column which experienced the larger displacement and higher axial load showed lower load carrying capacity, but the others showed approximately the same capacities as the initial columns. Numerical analysis was also conducted to explain the retrofitted columns. Analytical results predicted the experimental behavior fairly well, which verifies the validity of the analytical models in low axial load.
    2015年, Proceedings of ISEC-8: Implementing Innovative Ideas in Structural Engineering and Project Management, 443 - 448, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 付着強度の低い超高強度鉄筋を主筋に用いた逆対称曲げRC柱の耐震性能に関する実験的研究
    竹内 崇, 張 建偉, 藤永 隆, 孫 玉平
    コンクリート工学会, 2014年07月, コンクリート工学年次論文集, 36(2) (2), 109 - 114, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • RC建物の鋼製柱外付け耐震補強工法における出っ張りのある梁への間接接合部の構造性能に関する実験的研究
    藤永 隆, 宮川 和明, 喜多村 亘, 孫 玉平
    コンクリート工学会, 2014年07月, コンクリート工学年次論文集, 36(2) (2), 883 - 888, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 想定南海トラフ巨大地震波を用いた非充腹形SRC造建物の時刻歴応答解析
    金田 航平, 藤永 隆, 孫 玉平
    2014年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, (18) (18), 日本語
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 載荷履歴を経験した格子材をボルト接合した非充腹型SRC柱の補修後性能に関する実験的研究
    久米 貴大, 藤永 隆, 孫 玉平
    2014年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, (18) (18), 日本語
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 藤永 隆, 宮川 和明, 喜多村 亘, 孫 玉平
    ブレースを用いない耐震補強工法へのニーズの高まりを背景に,新しい外付け耐震補強法を提案した。本工法は鋼製柱によりRC柱の外付け補強を行おうとするもので,既存躯体とは梁部分のみを間接接合部で接合しており,既存躯体から独立した鋼製柱の曲げに対して間接接合部が回転抵抗する抵抗機構である。3体5種類の柱の逆対称加力実験を行い,本補強工法の補強効果を確認した。柱実験に加えて4体の接合部実験を行った。梁部間接接合部の性能を把握するとともに,簡易モデルによる挙動予測を行い,同工法の接合部の設計法の提案を行った。
    Japan Concrete Institute, 2014年, コンクリート工学論文集, 25, 13 - 22, 日本語

  • 鉄骨ブレースによる低強度コンクリートRC造骨組の外付け耐震補強実験
    宮川 和明, 喜多村 亘, 藤永 隆, 南 宏一
    2013年11月, 第10回日中構造技術交流会論文集, 756 - 763, 日本語
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 鋼製柱による既存RC造の耐震補強法における接合部の挙動に関する一考察
    北村 研士, 藤永 隆, 宮川 和明, 喜多村 亘, 孫 玉平
    日本建築学会, 2013年11月, 第10回複合・合成構造の活用に関するシンポジウム講演集, 60 - 1-60-6, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 鋼製柱によるRC造建築物の外付け補強工法に関する実験的研究
    藤永 隆, 宮川 和明, 喜多村 亘, 孫 玉平
    2013年11月, 第10回日中構造技術交流会論文集, 726 - 735, 日本語
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Experimental Study on Seismic Retrofitting for R/C Building Using Steel Column
    藤永 隆, MIYAGAWA KAZUAKI, KITAMURA WATARU, 孫 玉平
    2013年10月, Proceedings of the 10th Pacific Structural Steel Conference, 831 - 836, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 付着強度の低い超高強度鉄筋を用いた円形断面RC柱の耐震性能に関する研究
    蔡 高創, 孫 玉平, 竹内 崇, 藤永 隆
    2013年07月, コンクリート工学年次論文集, 35(2) (2), 145 - 150, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 鋼製柱によ るRC造建築物の外付け耐震補強工法の間接接合部耐力に関する実験的研究
    藤永 隆, 加藤 瑶子, 宮川 和明, 喜多村 亘, 孫 玉平
    神戸大学都市安全研究センター, 2013年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, (17) (17), 日本語
    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Structural Performance of Damaged Open-web Type SRC Beam-columns after Retrofitting
    FUJINAGA Takashi, SUN Yuping
    2012年09月, Proceedings of the 15th World Conference on Earthquake Engineering, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Earthquake-Resisting Properties and Evaluation of High Performance Concrete Columns with Low Residual Deformation
    SUN Yuping, TAKEUCHI Takashi, FUNATO Yuki, FUJINAGA Takashi
    2012年09月, Proceedings of the 15th World Conference on Earthquake Engineering, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Development of a New Type of Earthquake Energy-absorption Device
    ZHU Huajia, SUN Yuping, FUJINAGA Takashi, TAKEUCHI Takashi
    2012年09月, Proceedings of the 15th World Conference on Earthquake Engineering, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • フライアッシュを外割混合したコンクリートを用いたRC柱部材の耐震性能に及ぼす主筋強度の影響
    竹内 崇, 小山 智幸, 藤永 隆, 孫 玉平
    2012年07月, コンクリート工学年次論文集, 34(2) (2), 145 - 150, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • スパイラル溝を有する超高強度鉄筋を用いたRC柱部材の耐震挙動に関する実験的研究
    仲井 士門, 孫 玉平, 竹内 崇, 藤永 隆
    2012年07月, コンクリート工学年次論文集, 34(2) (2), 163 - 168, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 仙台市内における鉄骨鉄筋コンクリート造建物の被害
    田中 照久, 河野 昭彦, 堺 純一, 土井 希祐, 倉本 洋, 藤永 隆
    2012年03月, シンポジウム「東日本大震災からの教訓、これからの新しい国つくり」梗概集, 日本語
    研究論文(学術雑誌)

  • RC柱のひび割れ幅と部材角の関係に関する一考察
    藤永 隆, 孫 玉平
    2012年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 第16号, 日本語
    研究論文(学術雑誌)

  • Hysteretic Performance of Steel Shear Panel Confined by Polypropylene Plates and Carbon Fiber Sheets
    ZHU Huajia, SUN Yuping, FUJINAGA Takashi, TAKEUCHI Takashi
    2012年03月, JOINT CONFERENCE PROCEEDINGS 9th International Conference on Urban Earthquake Engineering/ 4th Asia Conference on Earthquake Engineering, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Akihiko Kawano, Junichi Sakai, Mareyasu Doi, Hiroshi Kuramoto, Takashi Fujinaga, Teruhisa Tanaka
    Steering Committee on Steel-Concrete Composite Structure (SCCS), Architectural Institute of Japan, conducted a survey on the damage of Steel Reinforced Concrete (SRC) buildings in Sendai City. The SRC buildings suffered damage to nonstructural members in principle and little damage was observed in structural members. However, some buildings designed by old seismic design codes suffered severe damage to structural members. But they are not such serious damage as story collapse at the middle story of SRC buildings, which were found after the 1995 Great Hanshin earthquake. This chapter briefly describes damage to four SRC buildings which showed distinct types of damage. © Springer Japan 2012.
    2012年, Geotechnical, Geological and Earthquake Engineering, 23, 197 - 217
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Hysteretic Performance of Steel Shear Panel Confined by Polupropylene Plates and Carbon Fiber Sheets
    朱 華佳, 孫 玉平, 藤永 隆, 竹内 崇
    2012年, Proceedings of 9th International Conference on Urban Earthquake Engineering / 4th Asian Conference on Earthquake Engineering, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 曲げ破壊が先行する非充腹SRC柱の補修後性能に関する実験的研究
    神谷 悠貴, 藤永 隆, 孫 玉平
    2011年11月, 第9回複合・合成構造の活用に関するシンポジウム講演集, Paper No.21, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 実験データベースを用いたRC 柱部材の終局強度算定式の精度検証
    荒川 裕彦, 谷 昌典, 藤永 隆, 孫 玉平
    2011年07月, コンクリート工学年次論文集, Vol.33, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 載荷履歴を受けた非充腹SRC柱の補修後性能に関する解析的研究
    藤永 隆, 那良 幸太郎, 神谷 悠貴, 孫 玉平
    2011年07月, コンクリート工学年次論文集, Vol.33, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 載荷履歴を受けたRC柱の補修後性能に関する実験的研究
    神谷 悠貴, 藤永 隆, 那良 幸太郎, 孫 玉平
    2011年07月, コンクリート工学年次論文集, Vol.33, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Pmgbo Zhang, Yuping Sun, Takashi Fujinaga, Masanori Tani, Jae Hyouk Choi
    In order to investigate and clarify the characteristics of the friction damper with variable resistances, a total of four dynamic loading tests were conducted. The primary factors that influence the hystcrcstic properties of the damper were analyzed. The experimental results have indicated that the damper can apply two levels of friction resistance stably. The mechanism for the variance in the stiffness observed while the friction resistance of the damper was shifting from the lower level to the higher one was also discussed. Based on the results of experiments and discussion, an analytical cyclical model which can simulate the test results exactly was proposed.
    2011年05月, Journal of Structural and Construction Engineering, 76(663) (663), 1007 - 1014
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 耐力可変摩擦ダンパーの履歴特性およびモデル
    張 蓬勃, 孫 玉平, 藤永 隆, 谷 昌典, 崔 宰赫
    2011年05月, 日本建築学会構造系論文集, Vol.76,No.663,pp.1007-101, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 載荷履歴を受けた格子型SRC柱の補修後性能に関する実験的研究(その2 L/D=2試験体)
    藤永 隆, 神谷 悠貴, 孫 玉平, 那良 幸太郎
    2011年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 第15号, 日本語
    研究論文(学術雑誌)

  • 載荷履歴を受けた格子型SRC柱の補修後性能に関する実験的研究
    藤永 隆, 那良 幸太郎, 神谷 悠貴, 孫 玉平
    2011年03月, 構造工学論文集, Vol.57B, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 載荷履歴を受けたRC柱の補修後性能に関する実験的研究(その2 L/D=2試験体)
    神谷 悠貴, 藤永 隆, 孫 玉平, 那良 幸太郎
    2011年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 第15号, 日本語
    研究論文(学術雑誌)

  • 高復元性を有する高強度RC柱部材の付着すべりを考慮した履歴性状の解析
    船戸佑樹, 谷昌典, 藤永隆, 張蓬勃, 孫玉平
    2010年09月, 第9回日中建築構造技術交流会, 953 - 962, 日本語
    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 超高強度鉄筋を主筋に用いたRC柱部材の曲げせん断性状に関する研究
    橘高 将義, 谷 昌典, 孫 玉平, 藤永 隆
    2010年07月, コンクリート工学年次論文集, Vol.32, No.2, pp.79-84, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 載荷履歴を受けたラチス型鉄骨を内蔵するSRC柱の補修後性能に関する実験的研究
    神谷 悠貴, 藤永 隆, 孫 玉平, 那良 幸太郎
    2010年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 第14号,pp.113-122, 日本語
    研究論文(学術雑誌)

  • 載荷履歴を受けたRC柱の補修後性能に関する実験的研究
    那良 幸太郎, 藤永 隆, 孫 玉平, 清水 直也
    2010年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 第14号,pp.103-112, 日本語
    研究論文(学術雑誌)

  • 張 蓬勃, 崔 宰赫, 藤永 隆, 孫 玉平
    Sixteen shear-type friction dampers were made and tested under cyclical loading to investigate the effect of the lap gap on the frictional resistance of the damper. The test results have indicated that the frictional resistance of a shear-type friction damper depends not only upon the tensile force by the high-strength bolts that clamp the slipping steel plate but also strongly upon the lap gap. Based on the experimental results, a formula for assessing the effect of the lap gaps on the frictional resistance of the damper was developed. Comparisons between the measured frictional resistances and the predicted ones have indicated that the frictional resistance of a shear-type friction damper with lap gap could be evaluated by the proposed formula very well.
    社団法人 日本鋼構造協会, 2009年12月, 鋼構造論文集, 第16巻・第64号(64) (64), 64_41 - 64_48, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Seismic Performance of Reinforced Concrete Columns with Ultra High Strength Rebars
    TANI Masanori, SUN Yuping, FUJINAGA Takashi
    2009年12月, Proceedings of the 11th Japan-Taiwan-Korea joint seminar on earthquake engineering for building structures, pp. 233-239, 英語
    研究論文(学術雑誌)

  • 等偏心圧縮力を受ける円形CFT中柱の耐力評価に関する解析的研究
    藤永 隆, 孫 玉平
    2009年11月, 第8回複合・合成構造の活用に関するシンポジウム講演集, pp.7-1~7-6, 日本語
    研究論文(学術雑誌)

  • 低層RC造建物を対象とした直付け鉄骨枠付ブレース耐震補強工法における間接接合部の伝達応力分布
    三谷 勲, 藤永 隆
    2009年11月, 第8回複合・合成構造の活用に関するシンポジウム講演集, pp.50-1~50-6, 日本語
    研究論文(学術雑誌)

  • 実験データベースに基づくSRC柱の終局曲げ耐力の検討
    那良 幸太郎, 藤永 隆, 孫 玉平
    2009年11月, 第8回複合・合成構造の活用に関するシンポジウム講演集, pp.2-1~2-6, 日本語
    研究論文(学術雑誌)

  • 可変摩擦ダンパー基本性能に関する研究
    張 蓬勃, 崔 宰赫, 藤永 隆, 孫 玉平
    2009年09月, 鋼構造論文集, 第16巻第63号,pp.79-86, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 等偏心圧縮力を受けるCFT中柱の耐力評価に関する解析的研究
    藤永 隆, 孫 玉平
    2009年07月, コンクリート工学年次論文集, Vol.31, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 高復元性を有する高強度RC柱部材に関する実験的研究
    谷 昌典, 孫 玉平, 藤永 隆, 折田 考
    2009年07月, コンクリート工学年次論文集, Vol. 31, No. 2, pp. 565-570, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 載荷履歴を受けた格子型SRC柱の補修後性能に関する実験的研究
    那良 幸太郎, 藤永 隆, 孫 玉平
    神戸大学, 2009年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 第13号, 57 - 65, 日本語
    研究論文(学術雑誌)

  • 炭素繊維シートとモルタル板で拘束された鋼製せん断パネルのエネルギー吸収特性に関する研究
    張 蓬勃, 須藤 寿文, 藤永 隆, 孫 玉平
    2008年12月, 鋼構造論文集, 第15巻第60号, pp.1-8, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Mechanical Properties of Concrete Beam Made of a Large Amount of Fine Fly Ash
    KOYAMA Tomoyuki, SUN Yuping, FUJINAGA Takashi, KOYAMADA Hidehiro, OGATA Futoshi
    2008年10月, Proc. of 14th WCEE, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Behavior of Square Concrete-Filled Tubular Columns under Eccentric Compression with Double Curvature Deflection
    FUJINAGA Takashi, DOI Hiromi, SUN Yuping
    2008年10月, Proceedings of 14WCEE, PaperID 05-06-0033
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 石炭灰を大量混合したRC梁の曲げせん断挙動に関する実験的研究
    藤永 隆, 孫 玉平, 小山 智幸, 小山田 英弘
    本研究は,石炭灰を大量に混合した鉄筋コンクリート部材の終局挙動を調べることを目的として,石炭灰の一種であるフライアッシュをセメントに対して外割で大量混合した鉄筋コンクリート梁の終局曲げせん断性状や変形能について実験的に検討を行った。その結果,単位体積あたりの配合量455kg/m^3までの籠囲では,フライアッシュの混合量の増加に伴い,梁のせん断耐力および変形能は大きくなること,フライアッシュの大量混合でせん断スパン比1.0の短い梁にも十分な変形能をもたらせること,などが明らかになった。
    日本コンクリート工学協会, 2008年07月, コンクリート工学年次論文集, Vol.30, No.3, pp.247-252(3) (3), 247 - 252, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • フライアッシュを外割混合したコンクリートの圧縮応力-ひずみ関係のモデル化
    小山 智幸, 孫 玉平, 小山田 英弘, 藤永 隆
    本研究は,フライアッシュを外割混合した鉄筋コンクリート部材の終局曲げ性状およびせん断性状を評価するのに必要不可欠な,コンクリートの圧縮応力-ひずみ関係のモデル化を行うことを目的とする。単位セメント量および単位水量一定の条件下では,フライアッシュ外割混合量の増加に伴い,コンクリートの圧縮強度および圧縮強度時ひずみは大きくなる傾向が見られた。また,フライアッシシュを外割混合したコンクリートの応力-ひずみ関係の定式化を行い,実験結果との比較を通じて,提案式は実験結果を精度よく評価できることを明らかにした。
    日本コンクリート工学協会, 2008年07月, コンクリート工学年次論文集, Vol.30, No.3, pp.85-90(3) (3), 85 - 90, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 複曲率曲げを受ける角形CFT 柱の偏心圧縮実験
    藤永 隆, 孫 玉平
    Eccentrically compression tests of forty-three square concrete-filled tubular (CFT) columns were tested under double curvature deformation to investigate applicability and validity of current design formula for CFT slender and middle-length columns. Experimental results have indicated that the current design formula could predict flexural strength of slender CFT columns fairly well. It has also been made clear that the flexural strength of middle-length CFT columns can be evaluated well by the current design formula, while the predicted strengths tend to underestimate the measured results as the moment gradient becomes large.
    一般社団法人日本建築学会, 2008年03月, 構造工学論文集, Vol.54B,pp.17-22, 17 - 22, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 低強度コンクリートと鋼の間接接合部のせん断耐力に関する研究
    藤永 隆, 三谷 勲, 内田 直樹
    2007年11月, 鋼構造年次論文報告集, 第十五巻,pp.527-534, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 円形鋼管で横拘束された高強度鉄筋コンクリート柱の履歴挙動に関する研究
    藤永 隆, 孫 玉平, 松尾 英典
    円形銅管で横拘束された高強度鉄筋コンクリート(RC)柱について,一定軸力下における繰り返し曲げせん断実験を行った結果,高強度材料を用いた円形RC柱を鋼管で横拘束すれば,高軸力下における柱に十分な変形能力を持たせることができるだけではなく,柱の残留部材角を小さく抑えられることが明らかになった。また,円形鋼管の拘束効果,加力スタブによる付加拘束効果,および鉄筋の付着すべりの影響を考慮に入れた柱の水平挙動に関する解析を行い,実験結果との比較により,解析手法の妥当性を検証した。
    日本コンクリート工学協会, 2007年07月, コンクリート工学年次論文集, Vol.29, No.3(3) (3), 547 - 552, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Takashi Fujinaga, Isao Mitani, Naoki Uchida, Terumitsu Yamaguchi, Masato Yamada, Masashi Murakami
    Seismic retrofit method by attaching external braced steel frame to existing concrete building has a significant advantage in that the construction can be done without interfering the use of building. For retrofitting the existing RC building by'using the attached external frame, the Japanese Building Disaster Prevention Association has published a design manual. However, the recommendations in the current design manual are not sufficient for low strength concrete and Diamond Type Bracing.
    2007年06月, AIJ Journal of Technology and Design, 13(25) (25), 131 - 136
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • ダイヤ型ブレースによる外付け耐震補強工法に関する研究
    藤永 隆, 三谷 勲, 内田 直樹, 山口 輝光, 山田 正人, 村上 匡史
    一般社団法人日本建築学会, 2007年06月, 日本建築学会技術報告集, 第25号(25) (25), 373 - 373, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 円形CFT柱の繰返し挙動と単調挙動
    藤永 隆, 津田 惠吾
    2007年03月, 構造工学論文集, Vol.53B, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 長柱を含む鋼骨組の座屈耐力に関する実験的研究
    藤永 隆, 片平 崇, 縣 直和, 三谷 勲
    2006年11月, 鋼構造年次論文報告集, 第14巻, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 鉄骨枠付きブレース外付け耐震補強における間接接合部の応力伝達に関する研究
    藤永 隆, 三谷 勲, 宮川 和明
    2006年10月, 第七回日中建築構造技術交流会論文集, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 長柱を含む鋼骨組の座屈耐力に関する実験的研究
    三谷 勲, 片平 崇, 縣 直和, 藤永 隆
    2006年10月, 第七回日中建築構造技術交流会論文集, 716-723, 249 - 254, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 角形CFT 柱の繰返し挙動と単調挙動
    藤永 隆, 三谷 勲, 津田 惠吾
    一般社団法人日本建築学会, 2006年03月, 構造工学論文集, Vol.52B(45) (45), 609 - 612, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • GAP要素を組み込んだ有限要素解析に基づく角形CFT短柱の力学的挙動に関する研究
    張 永吉, Byeong-Su Kang, 三谷 勲, 藤永 隆
    神戸大学, 2006年03月, 神戸大学大学院自然科学研究科紀要, 24-B,17- 24, 17 - 24, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 嶋村 洋子, 三谷 勲, 藤永 隆, 田中 秀宣, 大谷 泰弘
    神戸大学都市安全研究センター, 2005年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 9, 261 - 271, 日本語

  • 耐震診断を受けた兵庫県下のSRC造建築物の耐震性分布
    藤永 隆, 三谷 勲, 成原 正人, 山田 正人, 竹本 博紀
    2005年03月, 構造工学論文集, Vol.51B,85-90, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • CFT長柱の耐力評価に関する一考察
    藤永 隆, 三谷 勲, 張 永吉
    2005年03月, 構造工学論文集, Vol.51B,475-476, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 宮川 和明, 三谷 勲, 大谷 恭弘, 藤永 隆, 木下 陵二
    A new seismic retrofitting method for existing R/C buildings by using a circular hollow section (CHS) bracing is proposed. In the proposed method, a reinforcing frame composed of an H-section peripheral frame and pin-ended CHS bracings is placed on the outer surface of an R/C frame and connected to the R/C with mechanical anchors and high strength mortar. Experimental studies were carried out to evaluate the reinforcing effect. A single tube brace and a tube-in-tube brace, which is restrained not to buckle by the outer tube, are applied as a reinforcing brace. For comparison, H-section braces are also applied to proposed and conventional method. All the specimens are 1/3-scale models for one story-one bay substructure frame of an R/C building. In the experiment, the horizontal shear loads were cyclically applied to specimens under a constant vertical load. Through the experimental results and analytical results, an effectiveness of the proposed method is discussed. The horizontal load carrying capacities of specimens are agreed with predicted values approximately for the reinforcement of R/C frames.
    日本建築学会, 2004年, 第6回日中建築構造技術交流会論文集, 617-628(572) (572), 147 - 154, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Structurral Seismic Performance of SRC Frames Having Strong Axis Bending Column
    NARIHARA M, MITANI Isao, OHTANI Yasuhiro, HASEGAWA M, FUJINAGA Takashi, UCHIDA N
    2004年, 13th Word Confenecne on Earthquake Engineering, Paper ID1257, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Strength And Deformation Characteristics Of SRC Frames Having Weak Axis Bending Columns
    HASEGAWA M, MITANI Isao, UCHIDA N, NARIHARA M, FUKUSUMI Tadahiro, FUJINAGA Takashi, OHTANI Yasuhiro
    2004年, 13th Word Confenecne on Earthquake Engineering, Paper ID1214, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 日・中のSRC構造計算規準の比較
    王 �, 三谷 勲, 藤永 隆
    2003年11月, 第5回複合構造の活用に関するシンポジウム講演論文集, 83-90, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 鋼・コンクリート合成構造骨組の耐力と変形性能に関する実験的研究
    藤永 隆, 三谷 勲, 大谷 恭弘, 内田 直樹, 長谷川 正雄
    2003年11月, 第5回複合構造の活用に関するシンポジウム講演論文集, 189-196, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Experimental study on seismic retrofit for existing R/C building by using CHS bracing
    K Miyagawa, R Kinoshita, T Fujinaga, Y Ohtani, Mitani, I
    A new seismic retrofitting method for existing R/C buildings by using a circular hollow section (CHS) bracing is proposed. In the proposed method, a reinforcing frame composed of an H-section peripheral frame and pin-ended CHS bracings is placed on the outer surface of an R/C frame and connected to the R/C with mechanical anchors and high strength mortar. Experimental studies were carried out to evaluate the reinforcing effect. An FLD (Force Limiting Device(1)), which is restrained not to buckle by the outer tube, is applied mainly as a reinforcing brace. For comparison, single tube braces and H-section braces are also applied to the proposed and conventional method. The proposed connection can transfer the shear force of the brace to the R/C frame. Consequently, the horizontal load carrying capacities of specimens agree with predicted values approximately for the reinforcement of a ductile R/C column. The design efficiency of the reinforcing frame for the brittle R/C column is also discussed.
    A A BALKEMA PUBLISHERS, 2003年, ADVANCES IN STRUCTURES, VOLS 1 AND 2, 1383 - 1390, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 変動軸力を受ける露出型柱脚の曲げ挙動と復元力特性
    田中 秀宣, 亀元 靖彦, 三谷 勲, 大谷 恭弘, 藤永 隆, 伊藤 倫男
    2003年, 鋼構造論文集, 10(39) 39-49, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 角形CFT柱の復元力特性に関する研究
    中村 豪, 藤永 隆, 三谷 勲, 大谷 恭弘
    日本コンクリ-ト工学協会, 2003年, コンクリート工学論文集, 14(2) 31-41(2) (2), 31 - 41, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • 宮川 和明, 木下 陵二, 藤永 隆, 大谷 恭弘, 三谷 勲
    A new seismic retrofitting method for existing R/C buildings by using a circular hollow section (CHS) bracing is proposed. In the proposed method, a reinforcing frame composed of an H-section peripheral frame and pin-ended CHS bracings is placed on the outer surface of an R/C frame and connected to the R/C with mechanical anchors and high strength mortar. Experimental studies were carried out to evaluate the reinforcing effect. A single tube brace and a tube-in-tube brace, which is restrained not to buckle by the outer tube, are applied as a reinforcing brace. For comparison, H-section braces are also applied to proposed and conventional method. All the specimens are 1/3-scale models for one story-one bay substructure frame of an R/C building. In the experiment, the horizontal shear loads were cyclically applied to specimens under a constant vertical load. Through the experimental results and analytical results, an effectiveness of the proposed method is discussed. The horizontal load carrying capacities of specimens are agreed with predicted values approximately for the reinforcement of R/C frames.
    日本建築学会, 2003年, 日本建築学会構造系論文集, 572 147-154(572) (572), 147 - 154, 日本語
    [査読有り]
    研究論文(学術雑誌)

  • Strength and deformation characteristics of slender SRC beam-column frames
    T Fujinaga, Mitani, I, Y Ohtani
    An experimental study was performed on two SRC (Steel Reinforced Concrete) frame specimens. The specimens were subjected to cyclic horizontal load under a constant vertical load. The buckling length to section depth ratio of column was selected as the experimental parameters. From the test result, measured strength and the AIJ standard strength were compared. The experimental behavior is discussed and the hysteresis model for steel concrete composite members is investigated.
    A A BALKEMA PUBLISHERS, 2003年, ADVANCES IN STRUCTURES, VOLS 1 AND 2, 1169-1175, 1169 - 1175, 英語
    [査読有り]
    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 30年間供用された既存RC造建築物の現場載荷実験
    鈴木 和彦, 大谷 恭弘, 三谷 勲, 藤永 隆, 内田 直樹
    Performance of a deteriorated existing reinforced concrete (RC) building, which had been on service since 1970, was investigated. The building that was designed based on the old AIJ Standard for Structural Calculation of Reinforced Concrete Structures (AIJ,1962) was planed to be deconstructed and removed. Since authors had a chance to carry field experiments on the building before deconstruction, field-loading test on the portal frame was performed to evaluate its structural performance. Prior to the loading test, concrete core specimens were taken and used for compression test and also measurement of carbonation. Then, ultimate behavior as well as elastic behavior of the portal frame was examined through the horizontal loading tests. In this paper, results of the field test and measurement are reported and performance of the building so investigated is discussed.
    一般社団法人日本建築学会, 2003年, 構造工学論文集, 49B, 433-440, 433 - 440, 日本語
    研究論文(学術雑誌)

  • 三谷 勲, 亀元 靖彦, 藤永 隆, [他]
    神戸大学都市安全研究センター, 2002年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 6, 323 - 337, 日本語

  • 藤永 隆, 三谷 勲, 大谷 恭弘[他]
    神戸大学都市安全研究センター, 2001年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 5, 341 - 349, 日本語

  • 三谷 勲, 永井 興史郎, 大谷 恭弘, 中村 儁士, 藤永 隆, 神田 直美
    神戸大学, 2000年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 4, 249 - 269, 日本語

  • 三谷 勲, 木下 陵二, 大谷 恭弘, 宮川 和明, 藤永 隆, 萩野谷 学, 久木田 真一
    神戸大学都市安全研究センター, 2000年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 4, 271 - 289, 日本語

  • 津田 惠吾, 松井 千秋, 藤永 隆
    In AIJ (Architectural Institute of Japan) design formula for slender composite columns, modified method of the superposed strength of a column section is adopted by considering the effect of additional bending moment (Pδ moment). In a previous paper, with respect to the ultimate strength of concrete filled steel tubular columns, we proposed the end moment (_cM_u)-axial force (_cM_u) interaction relations of concrete columns on the basis of an analytical results. The equation for the _cM_u-_cN_u relations, however, is considerably complicated. In this paper we proposed more simple equation and show that maximum strengths are well predicted by using the proposed _cM_u-_cN_u relations.
    日本建築学会, 1999年, 日本建築学会構造系論文集, 64(518) (518), 141 - 146, 日本語

  • 津田 惠吾, 松井 千秋, 藤永 隆, 福間 大介
    In AIJ (Architectural Institute of Japan) design formula for slender steel-concrete composite columns, modified method of the superposed strength of a column section is adopted by considering the effect of additional bending moment (PS moment). We have proposed an equation for evaluating the strength of slender concrete columns, and using this we showed that the strengths of concrete filled steel tubular (CFT) columns and RC columns are well predicted. In this paper, with respect to the strength of SRC columns, end moment (Mu) - axial force (Nu) interaction relations are calculated by assuming a sine curve deflected shape of the beam-column. As the analytical parameters, buckling length-section depth ratio, tensile reinforcement ratio and strength of concrete are selected. On the basis of the analytical results, the superposed strength is examined, and proposed.
    日本建築学会, 1999年, 日本建築学会構造系論文集, 64(515) (515), 155 - 162, 日本語

  • 松井 千秋, 津田 惠吾, 河野 昭彦, 山地 雄二郎, 藤永 隆
    The objectives is to study the strength and behavior of concrete filled steel circular tubular columns subjected to constant compressive load and repeated bending. As the test parameter, diameter-thickness ratio of steel tube, axial load ratio on a column and existence of filled concrete are selected. Total forty concrete filled steel tubular columns are tested. From the test results, inelastic behavior, maximum strength, energy dissipation capacity and deformation capacity are discussed. We have shown relations between axial load ratio and critical rotation angle of a column.
    日本建築学会, 1998年, 日本建築学会構造系論文集, 63(512) (512), 181 - 188, 日本語

  • 津田 惠吾, 松井 千秋, 藤永 隆
    In AIJ (Architectural Institute of Japan) design formula for slender steel-concrete composite columns, modified method of the superposed strength of a column section is adopted by considering the effect of additional bending moment (Pδ moment). We have proposed an equation for evaluating the strength of slender concrete columns, and using this we showed that the strength of concrete filled steel tubular (CFT) columns are well predicted. In this paper, with respect to the strength of RC columns, end moment (Mu)-axial force(Nu) interaction relations are calculated by assuming a sine curve deflected shape of the beam-column. As the analytical parameters, buckling length-section depth ratio, tensile reinforcement ratio and strength of concrete are selected. On the basis of the analytical results, the superposed strength is examined, and proposed.
    日本建築学会, 1998年, 日本建築学会構造系論文集, 63(503) (503), 149 - 155, 日本語

  • 松井 千秋, 津田 惠吾, 山地 雄二郎, 藤永 隆
    The objectives is to study the strength and behavior of concrete filled steel square tubular columns subjected to constant compressive load and repeated bending. As the test parameter, width-thickness ratio of steel tube, axial load ratio on a column and existence of filled concrete are selected. Total thirty-six concrete filled steel tubular columns are tested. From the test results, inelastic behavior, maximum strength, energy dissipation capacity and deformation capacity are discussed. We have shown relations between axial load ratio and critical rotation angle of a column.
    日本建築学会, 1998年, 日本建築学会構造系論文集, 63(504) (504), 103 - 110, 日本語

■ MISC
  • 梁貫通形式円形CFT柱梁接合部における貫通梁と直交する方向の接合部性能に及ぼす貫通梁との寸法差の影響
    安藤 希, 本田 烈, 藤永 隆
    2023年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, (27) (27), 日本語

  • 角形CFT柱の終局曲げ耐力に関する一考察
    藤永 隆, 川端 智哉
    2022年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, (26) (26), 66 - 73, 日本語
    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)

  • 梁貫通形式円形CFT柱梁接合部の構造性能に及ぼす軸力と径厚比の影響
    本田 烈, 土居 晃基, 藤永 隆
    2022年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, (26) (26), 51 - 65, 日本語
    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)

  • 梁貫通形式角形CFT柱梁接合部に関する実験的研究
    土居 晃基, 藤永 隆, 村田 瑞穂
    2020年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, (24) (24), 94 - 104, 日本語
    記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)

  • 23337 鋼製柱によるRC造建築物の外付け耐震補強工法に関する実験的研究 : その5 骨組実験概要(RC耐震補強:外付け・架構(3),構造IV,学術講演会・建築デザイン発表会)
    宮川 和明, 喜多村 亘, 谷川 和貴, 藤永 隆, 孫 玉平
    一般社団法人日本建築学会, 2015年09月04日, 学術講演梗概集, 2015, 673 - 674, 日本語

  • 23339 鋼製柱によるRC造建築物の外付け耐震補強工法に関する実験的研究 : その7 補強鋼製柱の挙動(RC耐震補強:外付け・架構(3),構造IV,学術講演会・建築デザイン発表会)
    谷川 和貴, 宮川 和明, 喜多村 亘, 藤永 隆, 孫 玉平
    一般社団法人日本建築学会, 2015年09月04日, 学術講演梗概集, 2015, 677 - 678, 日本語

  • 23338 鋼製柱によるRC造建築物の外付け耐震補強工法に関する実験的研究 : その6 骨組実験の履歴と補強効果(RC耐震補強:外付け・架構(3),構造IV,学術講演会・建築デザイン発表会)
    喜多村 亘, 宮川 和明, 谷川 和貴, 藤永 隆, 孫 玉平
    一般社団法人日本建築学会, 2015年09月04日, 学術講演梗概集, 2015, 675 - 676, 日本語

  • 22707 充填被覆型鋼管コンクリート長柱の耐力 : 角形鋼管内蔵の場合(CFT長柱・梁・杭,構造III,学術講演会・建築デザイン発表会)
    金田 航平, 藤永 隆, 孫 玉平
    一般社団法人日本建築学会, 2015年09月04日, 学術講演梗概集, 2015, 1413 - 1414, 日本語

  • 22573 拘束鋼製せん断パネルの履歴特性に及ぼす拘束材厚さの影響に関する研究(耐震壁(2),構造III,学術講演会・建築デザイン発表会)
    胡 弘宇, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    一般社団法人日本建築学会, 2015年09月04日, 学術講演梗概集, 2015, 1145 - 1146, 日本語

  • 22583 アスペクト比が拘束鋼製制振パネルの履歴特性に及ぼす影響に関する研究 (その2 実験結果および考察)(耐震壁(4),構造III,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)
    朱 華佳, 藤井 俊介, 孫 玉平, 竹内 崇, 藤永 隆
    一般社団法人日本建築学会, 2014年09月12日, 学術講演梗概集, 2014, 1165 - 1166, 日本語

  • 22582 アスペクト比が拘束鋼製制振パネルの履歴特性に及ぼす影響に関する研究 (その1 実験概要及びアスペクト比1の試験体の実験結果)(耐震壁(4),構造III,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)
    藤井 俊介, 朱 華佳, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    一般社団法人日本建築学会, 2014年09月12日, 学術講演梗概集, 2014, 1163 - 1164, 日本語

  • 23065 鋼製柱によるRC造建築物の外付け耐震補強工法に関する実験的研究 : その4 出っ張りのある梁への間接接合部(RC耐震補強:外付け(3),構造IV,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)
    栗原 健, 藤永 隆, 宮川 和明, 喜多村 亘, 孫 玉平
    一般社団法人日本建築学会, 2014年09月12日, 学術講演梗概集, 2014, 129 - 130, 日本語

  • 23139 薄肉鋼管で拘束されたフライアッシュ外割混合円形RC柱の耐震性能に関する実験的研究 : その1 実験概要(RC柱(2),構造IV,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)
    田中 祐太郎, 柴田 和幸, 竹内 崇, 藤永 隆, 小山 智幸, 孫 玉平
    一般社団法人日本建築学会, 2014年09月12日, 学術講演梗概集, 2014, 277 - 278, 日本語

  • 23156 超高強度鉄筋を用いたRC柱の履歴挙動に及ぼす主筋中間定着部詳細の影響 : その2 実験結果と考察(RC柱(4),構造IV,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)
    東山 諒太, 吉森 裕樹, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    一般社団法人日本建築学会, 2014年09月12日, 学術講演梗概集, 2014, 311 - 312, 日本語

  • 23155 超高強度鉄筋を用いたRC柱の履歴挙動に及ぼす主筋中間定着部詳細の影響 : その1 実験概要(RC柱(4),構造IV,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)
    吉森 裕樹, 東山 諒太, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    一般社団法人日本建築学会, 2014年09月12日, 学術講演梗概集, 2014, 309 - 310, 日本語

  • 23138 ボルト接合による鋼板で拘束されたコンクリートの中心圧縮性状(RC柱(2),構造IV,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)
    麻 文彬, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    一般社団法人日本建築学会, 2014年09月12日, 学術講演梗概集, 2014, 275 - 276, 日本語

  • 23140 薄肉鋼管で拘束されたフライアッシュ外割混合円形RC柱の耐震性能に関する実験的研究 : その2 実験結果と考察(RC柱(2),構造IV,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)
    柴田 和幸, 田中 祐太郎, 竹内 崇, 藤永 隆, 小山 智幸, 孫 玉平
    一般社団法人日本建築学会, 2014年09月12日, 学術講演梗概集, 2014, 279 - 280, 日本語

  • 23276 鋼管横補強を施したフライアッシュ外割混合RC柱の耐震性能に関する研究(RC柱(6),構造IV,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)
    青野 裕加, 孫 玉平, 竹内 崇, 藤永 隆
    一般社団法人日本建築学会, 2013年08月30日, 学術講演梗概集, 2013, 565 - 566, 日本語

  • 23260 超高強度鉄筋を用いた円形断面RC柱耐震性能に関する研究 : その3 せん断スパン比,軸力比及び横補形式の影響(RC柱(3),構造IV,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)
    蔡 高創, 孫 玉平, 竹内 崇, 藤永 隆
    一般社団法人日本建築学会, 2013年08月30日, 学術講演梗概集, 2013, 533 - 534, 日本語

  • 23124 鋼製柱によるRC造建築物の外付け耐震補強工法に関する実験的研究 : その3 接合部実験(RC耐震補強:柱・梁・接合部ほか(1),構造IV,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)
    北村 研士, 宮川 和明, 喜多村 亘, 藤永 隆, 孫 玉平
    一般社団法人日本建築学会, 2013年08月30日, 学術講演梗概集, 2013, 261 - 262, 日本語

  • 23172 二重鋼管座屈補剛ブレースによる低強度コンクリートRC造骨組の外付け耐震補強実験 : その1 実験概要と破壊性状(RC耐震補強(1),構造IV,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)
    宮川 和明, 喜多村 亘, 阿久津 英典, 藤永 隆, 吉永 伸太郎, 南 宏一
    一般社団法人日本建築学会, 2013年08月30日, 学術講演梗概集, 2013, 357 - 358, 日本語

  • 23174 二重鋼管座屈補剛ブレースによる低強度コンクリートRC造骨組の外付け耐震補強実験 : その3 ひずみ分布と相対ずれ変位(RC耐震補強(1),構造IV,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)
    藤永 隆, 宮川 和明, 喜多村 亘, 阿久津 英典, 吉永 伸太郎, 南 宏一
    一般社団法人日本建築学会, 2013年08月30日, 学術講演梗概集, 2013, 361 - 362, 日本語

  • 23173 二重鋼管座屈補剛ブレースによる低強度コンクリートRC造骨組の外付け耐震補強実験 : その2 実験結果(RC耐震補強(1),構造IV,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)
    喜多村 亘, 宮川 和明, 阿久津 英典, 藤永 隆, 吉永 伸太郎, 南 宏一
    一般社団法人日本建築学会, 2013年08月30日, 学術講演梗概集, 2013, 359 - 360, 日本語

  • 259 既存低強度コンクリート建物の外付け鋼管ブレースによる耐震改修工法に関する実験的研究 : その1.二重鋼管座屈補剛ブレースによる外付け耐震補強実験
    吉永 伸太郎, 宮川 和明, 羽原 光一, 根口 百世, 藤井 稔己, 藤永 隆, 喜多村 亘, 南 宏一, 阿久津 英典
    一般社団法人日本建築学会, 2013年, 日本建築学会中国支部研究報告集, 36, 287 - 290, 日本語

  • 23174 超高強度鉄筋を主筋に用いたRC柱部材の高軸力下における耐震挙動に関する実験的研究(RC柱(1),構造IV,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)
    奥田 隼也, 孫 玉平, 竹内 崇, 藤永 隆
    一般社団法人日本建築学会, 2012年09月12日, 学術講演梗概集, 2012, 395 - 396, 日本語

  • 23176 超高強度鉄筋を用いた円形断面RC柱の耐震性能に関する研究 : その2 実験結果と考察(RC柱(1),構造IV,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)
    孫 玉平, 太田 祥子, 蔡 高創, 竹内 崇, 藤永 隆
    一般社団法人日本建築学会, 2012年09月12日, 学術講演梗概集, 2012, 399 - 400, 日本語

  • 23175 超高強度鉄筋を用いた円形断面RC柱の耐震性能に関する研究 : その1 実験概要(RC柱(1),構造IV,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)
    太田 祥子, 孫 玉平, 蔡 高創, 竹内 崇, 藤永 隆
    一般社団法人日本建築学会, 2012年09月12日, 学術講演梗概集, 2012, 397 - 398, 日本語

  • 23413 鋼製柱によるRC造建築物の外付け耐震補強工法に関する実験的研究 : その2 実験結果(耐震補強:外付け・架構(1),2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)
    北村 研士, 喜多村 亘, 宮川 和明, 藤永 隆, 孫 玉平
    一般社団法人日本建築学会, 2012年09月12日, 学術講演梗概集, 2012, 873 - 874, 日本語

  • 23412 鋼製柱によるRC造建築物の外付け耐震補強工法に関する実験的研究 : その1 工法および実験概要(耐震補強:外付け・架構(1),2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)
    喜多村 亘, 北村 研士, 宮川 和明, 藤永 隆, 孫 玉平
    一般社団法人日本建築学会, 2012年09月12日, 学術講演梗概集, 2012, 871 - 872, 日本語

  • 22432 鋼板を2枚重ね合わせた拘束せん断パネルダンパーの履歴特性に関する実験的研究(耐震要素(1),構造III,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)
    佐々木 公一, 朱 華佳, 孫 玉平, 竹内 崇, 藤永 隆
    一般社団法人日本建築学会, 2012年09月12日, 学術講演梗概集, 2012, 863 - 864, 日本語

  • 22650 載荷履歴を受けた非充腹形SRC柱の補修後性能に関する一考察(SRC構造, SRC柱,構造III,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)
    藤永 隆, 孫 玉平
    一般社団法人日本建築学会, 2012年09月12日, 学術講演梗概集, 2012, 1299 - 1300, 日本語

  • 損傷を受けたPC圧着柱の断面修復及び鋼管巻き立てによる耐震性能回復に関する実験的研究(その2:実験結果)
    中薗佑介, 金尾優, 谷昌典, 孫玉平, 藤永隆, 竹内崇
    2012年09月, 日本建築学会学術講演梗概集(東海), C-2, 961 - 962

  • 損傷を受けたPC圧着柱の断面修復及び鋼管巻き立てによる耐震性能回復に関する実験的研究(その1:実験概要)
    金尾優, 中薗佑介, 谷昌典, 孫玉平, 藤永隆, 竹内崇
    2012年09月, 日本建築学会学術講演梗概集(東海), C-2, 959 - 960

  • 超高強度鉄筋を用いたRC柱の耐震性能に主筋比等が及ぼす影響(その3 解析結果と考察)
    船戸佑樹, 奥田隼也, 仲井士門, 谷昌典, 孫玉平, 藤永隆
    2011年09月, 日本建築学会学術講演梗概集(関東), C-2, 123 - 124

  • 超高強度鉄筋を用いたRC柱の耐震性能に主筋比等が及ぼす影響(その2 実験結果と考察)
    仲井士門, 奥田隼也, 船戸佑樹, 谷昌典, 孫玉平, 藤永隆
    2011年09月, 日本建築学会学術講演梗概集(関東), C-2, 121 - 122

  • 超高強度鉄筋を用いたRC柱の耐震性能に主筋比等が及ぼす影響(その1 実験概要)
    奥田隼也, 仲井士門, 船戸佑樹, 谷昌典, 孫玉平, 藤永隆
    2011年09月, 日本建築学会学術講演梗概集(関東), C-2, 119 - 120

  • PC圧着柱の補修後性能に関する実験的研究(その2:実験結果)
    長嶺安佐子, 中薗佑介, 谷昌典, 孫玉平, 藤永隆
    2011年09月, 日本建築学会学術講演梗概集(関東), B-1, 383 - 384

  • PC圧着柱の補修後性能に関する実験的研究(その1:実験概要)
    中薗佑介, 長嶺安佐子, 谷昌典, 孫玉平, 藤永隆
    2011年09月, 日本建築学会学術講演梗概集(関東), B-1, 381 - 382

  • 22445 拘束されたせん断パネルダンパーの履歴特性に関する研究(その他の耐震要素,構造III)
    朱 華佳, 谷 昌典, 藤永 隆, 孫 玉平
    一般社団法人日本建築学会, 2011年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2011, 889 - 890, 日本語

  • 超高強度鉄筋を主筋に用いたRC 柱部材の耐震挙動に関する研究(その2実験結果と考察)
    橘高将義, 仲井士門, 谷昌典, 孫玉平, 藤永隆
    2010年09月, 日本建築学会学術講演梗概集(北陸), C-2, 285 - 286

  • 超高強度鉄筋を主筋に用いたRC 柱部材の耐震挙動に関する研究(その1実験概要)
    仲井士門, 橘高将義, 谷昌典, 孫玉平, 藤永隆
    2010年09月, 日本建築学会学術講演梗概集(北陸), C-2, 283 - 284

  • 23228 鉄骨枠付ブレース外付け補強工法における間接接合部の応力伝達(耐震補強:ブレース補強(1),構造IV)
    藤永 隆, 三谷 勲
    一般社団法人日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 2010, 481 - 482, 日本語

  • 23152 石炭灰を外割混合したコンクリートを用いたRC柱部材の耐震性能に関する研究 : その3 耐力及び復元力特性評価(柱(8),構造IV)
    井上 卓馬, 荒川 裕彦, 杉田 ようこ, 谷 昌典, 藤永 隆, 孫 玉平, 小山 智幸, 小山田 英弘
    一般社団法人日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 2010, 329 - 330, 日本語

  • 23151 石炭灰を外割混合したコンクリートを用いたRC柱部材の耐震性能に関する研究 : その2 実験結果(柱(8),構造IV)
    杉田 ようこ, 荒川 裕彦, 井上 卓馬, 谷 昌典, 藤永 隆, 孫 玉平, 小山 智幸, 小山田 英弘
    一般社団法人日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 2010, 327 - 328, 日本語

  • 23146 データベースを用いた円形断面を有するRC柱の破壊形式に関する研究(柱(7),構造IV)
    金 眞佑, 孫 玉平, 谷 昌典, 藤永 隆
    一般社団法人日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 2010, 317 - 318, 日本語

  • 23150 石炭灰を外割混合したコンクリートを用いたRC柱部材の耐震性能に関する研究 : その1 実験概要(柱(8),構造IV)
    荒川 裕彦, 井上 卓馬, 杉田 ようこ, 谷 昌典, 藤永 隆, 孫 玉平, 小山 智幸, 小山田 英弘
    一般社団法人日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 2010, 325 - 326, 日本語

  • 耐力可変摩擦ダンパーの履歴特性の評価に関する研究(その2 特性値の評価及び履歴モデルの提案)
    張蓬勃, 井上卓馬, 孫玉平, 藤永隆, 谷昌典, 崔宰赫
    2009年08月, 日本建築学会学術講演梗概集(東北), B-2, 503 - 504

  • 超高強度鉄筋を主筋に用いたRC 柱部材に関する実験的研究(その2 実験結果と考察)
    折田考, 橘高将義, 谷昌典, 藤永隆, 孫玉平
    2009年08月, 日本建築学会学術講演梗概集(東北), C-2, 289 - 290

  • 超高強度鉄筋を主筋に用いたRC 柱部材に関する実験的研究(その1 実験概要)
    橘高将義, 折田考, 谷昌典, 藤永隆, 孫玉平
    2009年08月, 日本建築学会学術講演梗概集(東北), C-2, 287 - 288

  • 鋼とコンクリートの間接接合部の耐力評価に関する研究
    藤永 隆
    2009年07月31日, JSSC : 日本鋼構造協会機関誌, 73, 40 - 40, 日本語

  • 21251 耐力可変摩擦ダンパーの履歴特性の評価に関する研究 : その1 実験の概要及び実験結果(履歴ダンパー,構造II)
    井上 卓馬, 張 蓬勃, 孫 玉平, 藤永 隆, 谷 昌典, 崔 宰赫
    一般社団法人日本建築学会, 2009年07月20日, 学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2009, 501 - 502, 日本語

  • 23370 面外座屈が拘束されたせん断パネルの履歴特性に関する研究 : (その1)実験概要及び破壊状況(耐震補強(7),構造IV)
    緒方 太, 孫 玉平, 藤永 隆, 張 蓬勃, 須藤 寿文
    一般社団法人日本建築学会, 2008年07月20日, 学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 2008, 789 - 790, 日本語

  • 23371 面外座屈が拘束されたせん断パネルの履歴特性に関する研究 : (その2)実験結果及び履歴特性についての考察(耐震補強(7),構造IV)
    孫 玉平, 藤永 隆, 緒方 太, 張 蓬勃, 須藤 寿文
    一般社団法人日本建築学会, 2008年07月20日, 学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 2008, 791 - 792, 日本語

  • 23195 フライアッシュを外割混合したコンクリート部材の力学性能 : その2 梁の曲げせん断性状(梁(2),構造IV)
    田中 裕二, 折田 考, 孫 玉平, 小山 智幸, 藤永 隆, 小山田 英弘
    一般社団法人日本建築学会, 2008年07月20日, 学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 2008, 439 - 440, 日本語

  • 23194 フライアッシュを外割混合したコンクリート部材の力学性能 : その1 コンクリートの応力-ひずみ関係のモデル化(梁(2),構造IV)
    折田 考, 田中 裕二, 孫 玉平, 小山 智幸, 藤永 隆, 小山田 英弘
    一般社団法人日本建築学会, 2008年07月20日, 学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 2008, 437 - 438, 日本語

  • 22582 実験データベースに基づく十字形鉄骨を内蔵したSRC柱の終局曲げ耐力の検討(SRC構造,構造III)
    藤永 隆, 孫 玉平
    一般社団法人日本建築学会, 2008年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2008, 1163 - 1164, 日本語

  • 21270 耐力可変摩擦ダンパー開発に関する研究(摩擦ダンパー,構造II)
    張 蓬勃, 藤永 隆, 須藤 寿文, 孫 玉平
    一般社団法人日本建築学会, 2008年07月20日, 学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2008, 539 - 540, 日本語

  • 21269 せん断型摩擦ダンパーの肌隙が安定すべり耐力に及ぼす影響に関する研究(摩擦ダンパー,構造II)
    須藤 寿文, 張 蓬勃, 孫 玉平, 藤永 隆
    一般社団法人日本建築学会, 2008年07月20日, 学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2008, 537 - 538, 日本語

  • 22602 補修後の剛性低下を考慮したSRC骨組の時刻暦応答解析(SRC部材・架構(1),構造III)
    藤永 隆, 孫 玉平
    一般社団法人日本建築学会, 2007年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2007, 1203 - 1204, 日本語

  • 22586 モーメント勾配のある角形CFT長柱の偏心圧縮実験(CFT柱(2),構造III)
    土井 裕美, 藤永 隆, 孫 玉平
    一般社団法人日本建築学会, 2007年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2007, 1171 - 1172, 日本語

  • 22582 載荷履歴を受けたSRC部材の補修後の性能に関する研究(SRC柱・CES柱, 構造III)
    藤永 隆, 三谷 勲
    一般社団法人日本建築学会, 2006年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2006, 1163 - 1164, 日本語

  • 2099 低強度コンクリートと鋼の間接接合部押し抜き実験(構造)
    藤永 隆, 三谷 勲, 内田 直樹
    一般社団法人日本建築学会, 2006年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (46) (46), 393 - 396, 日本語

  • 2100 外付け耐震補強における間接接合部の応力伝達に関する研究(構造)
    越智 聖仁, 藤永 隆, 三谷 勲
    一般社団法人日本建築学会, 2006年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (46) (46), 397 - 400, 日本語

  • 2098 ダイヤ型ブレースによる既存不適格RC造建物の外付け耐震補強工法に関する実験的研究 : 間接接合部の合理化 その2.実験結果の検討(構造)
    三谷 勲, 村上 匡史, 藤永 隆, 内田 直樹, 山田 正人, 山口 輝光
    一般社団法人日本建築学会, 2006年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (46) (46), 389 - 392, 日本語

  • 2097 ダイヤ型ブレースによる既存不適格RC造建物の外付け耐震補強工法に関する実験的研究 : 間接接合部の合理化 その1.実験概要・実験結果(構造)
    村上 匡史, 三谷 勲, 藤永 隆, 内田 直樹, 山田 正人, 山口 輝光
    一般社団法人日本建築学会, 2006年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (46) (46), 385 - 388, 日本語

  • ダイヤ型ブレースによる外付け耐震補強工法に関する実験的研究 その1 低強度コンクリートと鋼の間接接合部押し抜き実験
    内田直樹, 藤永 隆, 三谷 勲
    一般社団法人日本建築学会, 2006年, 日本建築学会大会学術講演梗概集C-2, 2006. 9, 583 - 584, 日本語

  • ダイヤ型ブレースによる外付け耐震補強工法に関する実験的研究 その2 補強骨組実験の概要と実験結果
    山田正人, 内田 直樹, 山口 輝光, 藤永 隆, 三谷 勲, 村上 匡史
    一般社団法人日本建築学会, 2006年, 日本建築学会大会講演梗概集C-2, 2006. 9, 585 - 586, 日本語

  • ダイヤ型ブレースによる外付け耐震補強工法に関する実験的研究 その3 間接接合部の応力伝達と変形
    村上匡史, 内田 直樹, 三谷 勲, 山田 正人, 藤永 隆, 山口 輝光
    一般社団法人日本建築学会, 2006年, 日本建築学会大会講演梗概集C-2, 2006. 9, 587 - 588, 日本語

  • 外付け耐震補強における間接接合部の応力伝達に関する研究
    三谷勲, 藤永 隆, 越智 聖仁
    一般社団法人日本建築学会, 2006年, 日本建築学会大会学術講演梗概集C-2, 2006. 9, 577 - 578, 日本語

  • 22570 CFT長柱の簡便な耐力評価法に関する研究(CFT柱(2),構造III)
    藤永 隆, 三谷 勲
    一般社団法人日本建築学会, 2005年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2005, 1149 - 1150, 日本語

  • 1613 載荷履歴を受けたRC・SRC骨組の炭素繊維補修に関する実験的研究(繊維シート補強(1),材料施工)
    成原 正人, 藤永 隆, 三谷 勲
    一般社団法人日本建築学会, 2005年07月31日, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工, 2005, 1259 - 1260, 日本語

  • 2098 日・中SRC構造設計法の比較(構造)
    王 桁, 三谷 勲, 藤永 隆
    一般社団法人日本建築学会, 2005年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (45) (45), 389 - 392, 日本語

  • 鋼コンクリート合成構造の設計・施工における諸問題
    藤永 隆
    一般社団法人日本建築学会, 2005年02月20日, 建築雑誌, 120(1528) (1528), 56 - 56, 日本語

  • 23303 鋼管ブレースを使用した既存RC造建築物の耐震補強工法に関する実験的研究 : その8.高力ボルト接合された鉄骨枠付きブレース補強の効果(耐震補強(6),構造IV)
    喜多村 亘, 宮川 和明, 與田 香二, 鈴木 和彦, 藤永 隆, 大谷 恭弘, 三谷 勲
    一般社団法人日本建築学会, 2004年07月31日, 学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 2004, 605 - 606, 日本語

  • 22575 SRC骨組の耐力と変形性状に関する実験的研究 : その5 実験挙動と骨格曲線モデルとの比較(SRC柱(1),構造III)
    藤永 隆, 三谷 勲, 大谷 恭弘, 長谷川 正雄
    一般社団法人日本建築学会, 2004年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2004, 1149 - 1150, 日本語

  • 2083 露出型柱脚の復元力特性が鋼構造骨組の弾塑性性状に与える影響に関する実験的研究(構造)
    嶋村 洋子, 三谷 勲, 田中 秀宣, 大谷 恭弘, 藤永 隆
    一般社団法人日本建築学会, 2004年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (44) (44), 329 - 332, 日本語

  • 成原 正人, 藤永 隆, 三谷 勲, 山田 正人, 竹本 博紀
    神戸大学都市安全研究センター, 2004年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告書, 8,227-239, 227 - 238, 日本語
    その他

  • 三谷 勲, 嶋村 洋子, 田中 秀宣, 大谷 恭弘, 藤永 隆, 伊藤 倫夫
    神戸大学都市安全研究センター, 2004年, 神戸大学都市安全研究センター研究報告書, 8,253-267, 253 - 266, 日本語
    その他

  • 鈴木 和彦, 大谷 恭弘, 三谷 勲, 藤永 隆, 宮川 和明, 喜多村 亘, 五島 英志, 與田 香二
    神戸大学都市安全研究センター, 2004年, 神戸大学都市安全研究センター研究報告書, 8,241-252, 241 - 251, 日本語
    その他

  • 22564 SRC骨組の耐力と変形性状に関する実験的研究 : その4 変形性能(SRC骨組,構造III)
    藤永 隆, 大谷 恭弘, 長谷川 正雄, 成原 正人, 三谷 勲, 内田 直樹, 張 瑩
    一般社団法人日本建築学会, 2003年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2003, 1127 - 1128, 日本語

  • 22563 SRC骨組の耐力と変形性状に関する実験的研究 : その3 弱軸配置(SRC骨組,構造III)
    長谷川 正雄, 藤永 隆, 三谷 勲, 内田 直樹, 大谷 恭弘, 福住 忠弘
    一般社団法人日本建築学会, 2003年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2003, 1125 - 1126, 日本語

  • 22357 アンボンド型アンカーボルトを用いた露出型柱脚のRC基礎柱形部の応力伝達に関する解析(柱脚(1),構造III)
    田中 秀宣, 三谷 勲, 大谷 恭弘, 藤永 隆, 伊藤 倫夫
    一般社団法人日本建築学会, 2003年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2003, 713 - 714, 日本語

  • 2027 SRC骨組の耐力と変形性状に関する実験的研究 : その2 強軸配置(構造)
    成原 正人, 藤永 隆, 三谷 勲, 大谷 恭弘, 内田 直樹
    一般社団法人日本建築学会, 2003年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (43) (43), 105 - 108, 日本語

  • 2028 SRC骨組の耐力と変形性状に関する実験的研究 : その3 弱軸配置(構造)
    長谷川 正雄, 内田 直樹, 三谷 勲, 福住 忠裕, 大谷 恭弘, 藤永 隆
    一般社団法人日本建築学会, 2003年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (43) (43), 109 - 112, 日本語

  • 2026 SRC骨組の耐力と変形性状に関する実験的研究 : その1 実験計画(構造)
    張 瑩, 藤永 隆, 三谷 勲, 大谷 恭弘, 内田 直樹
    一般社団法人日本建築学会, 2003年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (43) (43), 101 - 104, 日本語

  • SRC骨組の耐力と変形性状に関する実験的研究 (その1 実験計画)
    張瑩, 藤永 隆, 三谷 勲, 大谷 恭弘, 内田 直樹
    一般社団法人日本建築学会, 2003年, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 2003. 9, 1121 - 1122, 日本語

  • SRC骨組の耐力と変形性状に関する実験的研究 (その2 強軸配置)
    成原正人, 藤永 隆, 三谷 勲, 大谷 恭弘, 内田 直樹
    一般社団法人日本建築学会, 2003年, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 2003. 9, 1123 - 1124, 日本語

  • 23268 実在 RC 造建築物の静的水平加力実験
    鈴木 和彦, 三谷 勲, 大谷 恭弘, 藤永 隆, 内田 直樹
    一般社団法人日本建築学会, 2002年08月02日, 学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 2002, 535 - 536, 日本語

  • 23376 鋼管ブレースを使用した既存 RC 造建築物の耐震補強工法に関する実験的研究 : その 7. 外付け耐震補強の効果
    井上 大輔, 三谷 勲, 大谷 恭弘, 藤永 隆, 木下 陵二, 宮川 和明
    一般社団法人日本建築学会, 2002年08月02日, 学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 2002, 751 - 752, 日本語

  • 22500 内蔵鉄骨を弱軸曲げに配置した SRC 長柱骨組の耐力と変形性状
    藤永 隆, 三谷 勲, 大谷 恭弘
    一般社団法人日本建築学会, 2002年08月02日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2002, 999 - 1000, 日本語

  • 2072 内蔵鉄骨を弱軸曲げに配置した SRC 長柱骨組の耐力と変形性状
    藤永 隆, 三谷 勲, 大谷 恭弘
    一般社団法人日本建築学会, 2002年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (42) (42), 285 - 288, 日本語

  • 築後30年経過した既存RC造建築物の現場載荷実験
    大谷 恭弘, 三谷 勲, 藤永 隆
    神戸大学, 2002年03月, 神戸大学大学院自然科学研究科紀要. B, 20, 113 - 121, 日本語

  • 23385 鋼管ブレースを使用した既存RC造建築物の耐震補強工法に関する実験的研究 : その5. 鉄骨枠各部の応力および間接接合部の応力伝達(耐震補強(2),構造IV)
    井上 大輔, 萩野谷 学, 宮川 和明, 木下 陵二, 久木田 真一, 藤永 隆, 大谷 恭弘, 三谷 勲
    一般社団法人日本建築学会, 2001年07月31日, 学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 2001, 769 - 770, 日本語

  • 22561 高強度コンクリートを充填した角形CFT柱の剛性評価に関する一考察(CFT柱(2),構造III)
    中村 豪, 藤永 隆, 三谷 勲
    一般社団法人日本建築学会, 2001年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2001, 1121 - 1122, 日本語

  • 22468 アンボンド型アンカーボルトを用いた露出型柱脚の構造性能 : その6 柱脚・基礎梁接合部の研究(曲げせん断実験)(柱脚(1),構造III)
    三谷 勲, 大谷 恭弘, 藤永 隆, 伊藤 倫夫, 田中 秀宣
    一般社団法人日本建築学会, 2001年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2001, 935 - 936, 日本語

  • 23386 鋼管ブレースを使用した既存RC造建築物の耐震補強工法に関する実験的研究 : その6. 外付け工法間接接合部の設計(耐震補強(2),構造IV)
    木下 陵二, 三谷 勲, 藤永 隆, 久木田 真一, 宮川 和明, 萩野谷 学, 大谷 恭弘, 井上 大輔
    一般社団法人日本建築学会, 2001年07月31日, 学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 2001, 771 - 772, 日本語

  • 兵庫県南部地震で被害を受けた既製RC杭の被災状況と構造性能
    藤永 隆, 三谷 勲, 永井 興史郎, 大谷 恭弘, 中村 儁士, 神田 直美
    Pre-cast reinforced concrete piles used in the foundation of the building that had been damaged by the Hyogoken-nanbu Earthquake were examined. The piles were excavated from the site, and then tested under bending and/or shear loads to evaluate their structural perfomance. The piles had many cracks and damage observed when they were excavated. Some of the cracks might be attribute to the shock wave when the piles were placed by driving hummer, but some seemed to be caused by the earthquake. In this study, structural behavior of a damaged pile is experimentally examined. A static analysis of a pile is also carried considering geologic layer of the site. Then, the cause of the cracks and damage observed is discussed through the static analysis as well as the experimental results so obtained.
    一般社団法人日本建築学会, 2001年03月20日, 構造工学論文集. B, 47, 409 - 418, 日本語

  • 鋼管ブレースを使用した既存RC造建築物の耐震補強工法に関する実験的研究 (その4)
    宮川和明, 萩野谷 学, 木下 陵二, 藤澤 一善, 久木田 真一, 井上 大輔, 藤永 隆, 三谷 勲
    一般社団法人日本建築学会, 2001年, 日本建築学会大会学術講演梗概集, C-2, 2001. 9, 767 - 768, 日本語

  • アンボンド型アンカーボルトを用いた露出型柱脚の構造性能, その7, 柱脚 基礎梁接合部の研究 (考察)
    田中秀宣, 三谷 勲, 大谷 恭弘, 藤永 隆, 伊藤 倫夫
    一般社団法人日本建築学会, 2001年, 日本建築学会大会学術講演梗概集, C-1, 2001.9, 937 - 938, 日本語

  • 23191 銅管ブレースを使用した既存RC造建築物の耐震補強工法に関する実験的研究 : その3. 外付け補強実験結果
    宮川 和明, 萩野谷 学, 木下 陵二, 藤澤 一善, 久木田 真一, 藤永 隆, 大谷 恭弘, 三谷 勲
    一般社団法人日本建築学会, 2000年07月31日, 学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 2000, 381 - 382, 日本語

  • 23190 銅管ブレースを使用した既存RC造建築物の耐震補強工法に関する実験的研究 : その2. 内付け補強実験結果
    萩野谷 学, 宮川 和明, 木下 陵二, 藤澤 一善, 久木田 真一, 藤永 隆, 大谷 恭弘, 三谷 勲
    一般社団法人日本建築学会, 2000年07月31日, 学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 2000, 379 - 380, 日本語

  • 22590 高強度コンクリートを充填した角形CFT柱の変形性能に関する実験的研究
    神田 直美, 藤永 隆, 三谷 勲, 大谷 恭弘, 中村 豪
    一般社団法人日本建築学会, 2000年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2000, 1179 - 1180, 日本語

  • 鋼管ブレースを使用した既存RC造建築物の耐震補強工法に関する実験的研究 (その1 実験概要)
    久木田真一, 萩野谷 学, 宮川 和明, 木下 陵二, 藤澤 一善, 藤永 隆, 大谷 恭弘, 三谷 勲
    一般社団法人日本建築学会, 2000年, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 2000. 9, 1, 377 - 378, 日本語

  • 種々の形状の鉄骨を内蔵するSRC長柱の累加耐力
    藤永隆
    2000年, 日本建築学会構造系論文集, 531, 173 - 179

  • 22638 コンクリート充填鋼管長柱の実用耐力評価式
    津田 恵吾, 松井 千秋, 藤永 隆
    一般社団法人日本建築学会, 1999年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1999, 1275 - 1276, 日本語

  • 22567 SRC長柱の偏心圧縮実験
    福間 大介, 津田 恵吾, 有働 文久, 藤永 隆, 松井 千秋
    一般社団法人日本建築学会, 1999年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1999, 1133 - 1134, 日本語

  • 2003 種々の形状の鉄骨を内蔵するSRC長柱の耐力(構造)
    藤永 隆, 津田 惠吾, 松井 千秋
    一般社団法人日本建築学会, 1999年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (39) (39), 37 - 40, 日本語

  • 300 コンクリート充填鋼管長柱の実用耐力評価式(構造)
    津田 恵吾, 松井 千秋, 藤永 隆
    一般社団法人日本建築学会, 1999年03月01日, 日本建築学会研究報告. 九州支部. 1, 構造系, (38) (38), 585 - 588, 日本語

  • 種々の形状の鉄骨を内蔵するSRC長柱の耐力
    藤永隆, 津田 恵吾, 松井 千秋
    一般社団法人日本建築学会, 1999年, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 1, 1135 - 1136, 日本語

  • 22524 累加強度式を用いたSRC長柱の耐力評価 : その1 H形鋼を強軸に配置したSRC長柱
    福間 大介, 津田 惠吾, 松井 千秋, 藤永 隆
    一般社団法人日本建築学会, 1998年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1998, 1045 - 1046, 日本語

  • 22580 モーメント勾配のあるコンクリート充填鋼管長柱の耐力について
    津田 恵吾, 松井 千秋, 藤永 隆
    一般社団法人日本建築学会, 1998年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1998, 1157 - 1158, 日本語

  • 278 モーメント勾配のあるコンクリート充填鋼管長柱の耐力について(構造)
    津田 恵吾, 松井 千秋, 藤永 隆
    一般社団法人日本建築学会, 1998年03月01日, 日本建築学会研究報告. 九州支部. 1, 構造系, (37) (37), 497 - 500, 日本語

  • 279 累加強度式を用いたSRC長柱の耐力評価 : H形鋼を強軸に配置したSRC長柱(構造)
    藤永 隆, 津田 恵吾, 松井 千秋, 福間 大介
    一般社団法人日本建築学会, 1998年03月01日, 日本建築学会研究報告. 九州支部. 1, 構造系, (37) (37), 501 - 504, 日本語

  • 累加強度式を用いたSRC長柱の耐力評価(その2)
    藤永隆
    1998年, 日本建築学会大会学術講演梗概集(九州), 1047 - 1048

  • 累加強度に基づくRCおよびSRC長柱の新耐力評価法の精度
    藤永隆
    1998年, 鋼構造論文集, 5(18) (18), 91 - 100

  • 22449 繰返し曲げを受けるコンクリート充填鋼管柱の構造性能 : (その2)円形試験体
    藤永 隆, 松井 千秋, 津田 恵吾, 山地 雄二郎
    一般社団法人日本建築学会, 1997年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1997, 897 - 898, 日本語

  • 22448 繰返し曲げを受けるコンクリート充填鋼管柱の構造性能 : (その1)実験概要および角形試験体
    山地 雄二郎, 松井 千秋, 津田 恵吾, 藤永 隆
    一般社団法人日本建築学会, 1997年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1997, 895 - 896, 日本語

  • 22484 累加強度式を用いたRC長柱の耐力評価
    津田 恵吾, 松井 千秋, 藤永 隆
    一般社団法人日本建築学会, 1997年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1997, 967 - 968, 日本語

  • 66 実験データベースに基づくコンクリート充填鋼管柱の終局曲げ耐力
    松井 千秋, 津田 恵吾, 藤永 隆
    A lot of concrete filled steel tubular (CFT) columns subjected to axial compressive load and bending moment have been tested in Japan. It has become clear that CFT columns have many excellent structural properties, such as high compressive strength, large ductility and large energy absorption capacity. Database for maximum bending strength Mmax are produced on the basis of experimental works which were performed in Japan. Theoretical strength Mpc is calculated assuming full plastic stress distribution. The nondimensional strength Mmax/Mpc are examined and discussed in accordance with several parameters such as width (diameter) - thickness ratio of steel tube, axial load ratio, shear span ratio, strength of material and loading condition.
    一般社団法人日本建築学会, 1997年03月20日, 構造工学論文集. B, 43, 587 - 595, 日本語

  • 288 繰返し曲げを受けるコンクリート充填角形鋼管柱の構造性能 : (その2)変形性能(構造)
    山地 雄二郎, 松井 千秋, 津田 恵吾, 藤永 隆
    一般社団法人日本建築学会, 1997年03月01日, 日本建築学会研究報告. 九州支部. 1, 構造系, (36) (36), 537 - 540, 日本語

  • 287 繰返し曲げを受けるコンクリート充填角形鋼管柱の構造性能 : (その1)実験概要および曲げ耐力(構造)
    藤永 隆, 松井 千秋, 津田 恵吾, 山地 雄二郎
    一般社団法人日本建築学会, 1997年03月01日, 日本建築学会研究報告. 九州支部. 1, 構造系, (36) (36), 533 - 536, 日本語

  • 280 累加強度式を用いたRC長柱の耐力評価(構造)
    津田 恵吾, 松井 千秋, 藤永 隆
    一般社団法人日本建築学会, 1997年03月01日, 日本建築学会研究報告. 九州支部. 1, 構造系, (36) (36), 505 - 508, 日本語

■ 書籍等出版物
  • 各種合成構造設計指針・同解説
    日本建築学会
    共著, 日本建築学会,丸善出版 (発売), 2023年08月, 日本語, ISBN: 9784818906730

  • コンクリート充填鋼管適用技術の現状と最先端
    土木学会複合構造委員会, 土木学会複合構造委員会コンクリート充填鋼管部材の活用に関する研究小委員会
    共著, 土木学会,丸善出版 (発売), 2021年01月, 日本語, ISBN: 9784810610277

  • 東日本大震災合同調査報告 建築編2 プレストレストコンクリート造建築物/鉄骨鉄筋コンクリート造建築物/壁式構造・組積造
    河野 昭彦, 堺 純一, 田中 照久, 倉本 洋, 根口 百世, 藤永 隆, 南 宏一, 土井 希祐
    共著, 東日本大震災合同調査報告書編集委員会, 2015年01月, 日本語
    調査報告書

  • コンクリート充填鋼管構造設計ガイドブック
    蜷川 利彦, 福元 敏之, 藤本 利昭, 時野谷 浩良, 吉貝 滋, 伊藤 倫夫, 小林 秀雄, 陣内 浩, 津田 惠吾, 藤永 隆, 河野 昭彦
    共著, 日本建築学会, 2012年10月, 日本語
    学術書

  • 各種合成構造設計指針・同解説
    日本建築学会
    共著, 日本建築学会, 2010年11月, 日本語, ISBN: 9784818905979
    学術書

  • 建築学構造シリーズ 建築構造力学
    津田 惠吾, 蜷川 利彦, 藤永 隆, 木村 潤一, 城戸 將江, 菊池 健児, 木村 祥裕
    共著, オーム社, 2010年09月, 日本語
    教科書・概説・概論

■ 講演・口頭発表等
  • E-ディフェンス実験による木造古民家への外付けフレーム補強効果の検証(その1 研究概要)
    向井 洋一, 藤谷 秀雄, 難波 尚, 藤永 隆, 水島 靖典, 瀧野 敦夫, 福井 弘久, 岸田 明子
    日本建築学会大会, 2023年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 薄肉円形鋼管で拘束されたコンクリート柱の中心圧縮性状
    張 弛, 入江 千鶴, 川田 侑子, 宮川 和明, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2023年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 長孔による孔あき鋼板の引抜き耐力(その2)鋼板幅70mmの場合
    藤永 隆, 田中 照久, 土谷 健太
    日本建築学会大会, 2023年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 鋼・コンクリート機械的ずれ止めを用いたCFT柱継手の引張実験
    土谷 健太, 藤永 隆, 田中 照久
    日本建築学会大会, 2023年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 角形CFT柱の終局曲げ耐力に及ぼす各種パラメータの影響
    高橋 幸太郎, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2023年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 薄肉鋼管で横補強した鋼管内蔵コンクリート柱の曲げせん断実験 その4 角形鋼管の幅厚比を変数とした実験における終局耐力の検討
    山岡 幸喜, 吉岡 準平, 入江 千鶴, 藤永 隆, 張 弛, 川田 侑子, 木下 智裕, 竹内 雅人, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2023年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 薄肉鋼管で横補強した鋼管内蔵コンクリート柱の曲げせん断実験 その3 角形鋼管の幅厚比を変数とした実験の概要
    吉岡 準平, 山岡 幸喜, 入江 千鶴, 藤永 隆, 張 弛, 川田 侑子, 木下 智裕, 竹内 雅人, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2023年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 梁貫通形式円形CFT柱梁接合部における貫通梁と直交する方向の接合部性能に関する実験的研究(その2)応力伝達機構
    安藤 希, 本田 烈, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2023年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 梁貫通形式円形CFT柱梁接合部における貫通梁と直交する方向の接合部性能に関する実験的研究(その1)実験概要と荷重変形関係
    本田 烈, 安藤 希, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2023年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 円形薄肉鋼管で横補強した鋼・コンクリート合成柱の中心圧縮性状に関する実験の研究
    張 弛, 入江 千鶴, 川田 侑子, 宮川 和明, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2022年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 長孔による孔あき鋼板の引抜き耐力
    土谷 健太, 藤永 隆, 田中 照久
    日本建築学会大会, 2022年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 薄肉鋼管で横補強した鋼管内蔵コンクリート柱の曲げせん断実験 その2 履歴性状と終局耐力
    入江 千鶴, 山岡 幸喜, 藤永 隆, 張 弛, 川田 侑子, 宮川 和明, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2022年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 薄肉鋼管で横補強した鋼管内蔵コンクリート柱の曲げせん断実験 その1 実験概要と試験体の破壊性状
    山岡 幸喜, 入江 千鶴, 藤永 隆, 張 弛, 川田 侑子, 宮川 和明, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2022年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 梁貫通形式円形CFT柱梁接合部に関する実験的研究(その2)ひずみ分布と応力伝達
    本田 烈, 土居 晃基, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2022年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 梁貫通形式円形CFT柱梁接合部に関する実験的研究(その1)実験概要と荷重変形関係
    藤永 隆, 本田 烈, 土居 晃基
    日本建築学会大会, 2022年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 角形CFT柱の終局曲げ耐力
    藤田 雅佳, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2022年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 単調載荷時のCFT柱の降伏耐力評価と曲げモーメント-曲率関係モデル
    藤永 隆
    日本建築学会大会構造部門(SCCS)パネルディスカッション, 2021年09月, 日本語
    その他

  • 振動台と油圧アクチュエータの同期によるRC構造建物のリアルタイム・ハイブリッド実験(その4 想定する2質点構造モデルの構成とAMDによる応答制御の検証)
    藤井 俊之助, 太田 雅也, 向井 洋一, 藤永 隆, 藤谷 秀雄
    日本建築学会大会, 2021年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 振動台と油圧アクチュエータの同期によるRC構造建物のリアルタイム・ハイブリッド実験(その3 リアルタイム・ハイブリッド実験の概要と遅れ時間補償)
    太田 雅也, 藤井 俊之助, 向井 洋一, 藤永 隆, 藤谷 秀雄
    日本建築学会大会, 2021年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 梁貫通形式 角形CFT柱梁接合部に関する実験的研究(その4)軸力比と幅厚比の影響
    土居 晃基, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2021年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 鋼管拘束下の孔あき鋼板ジベルの引抜き耐力に及ぼす鋼コンクリート間の付着の影響
    長岡 優花, 藤永 隆, 田中 照久
    日本建築学会大会, 2020年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 梁貫通形式角形CFT 柱梁接合部に関する実験的研究(その3)コンクリート強度の影響
    土居 晃基, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2020年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 有孔鋼板隅肉溶接による鋼梁端部の開口 補強に関する実験的研究
    川端 智哉, 藤永 隆, 全 培糊
    日本建築学会大会, 2020年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 鋼管拘束された孔あき鋼板ジベルの引抜き耐力
    中嶌 圭吾, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2019年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 梁貫通形式角形CFT柱梁接合部に関する実験的研究(その2)貫通梁直交方向の検討
    藤永 隆, 村田 瑞穂
    日本建築学会大会, 2019年09月, 日本語
    口頭発表(一般)

  • 矩形RC造片持ち耐力壁の耐震性能に関する研究(その4 集中鉄筋の配置形式の影響)
    魏 丞瑾, 孫 玉平, 竹内 崇, 武田 恭典, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2019年09月, 日本語

  • 梁貫通形式角形CFT柱梁接合部に関する実験的研究(その1)十字型試験体
    村田 瑞穂, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2018年09月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 正方形CFT柱のせん断耐力に関する一考察
    藤永 隆
    日本建築学会大会, 2018年09月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 鋼断面への初期軸力が 角形CFT柱の曲げ耐力に及ぼす影響
    市川 元気, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2018年09月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 反曲点位置の高いRC造矩形壁の耐震性能及び終局強度評価に関する研究(その2 実験結果)
    藤谷 卓也, 魏 丞瑾, 直川 周平, 孫 玉平, 竹内 崇, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2017年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 反曲点位置の高いRC造矩形壁の耐震性能及び終局強度評価に関する研究(その1 実験概要)
    魏 丞瑾, 藤谷 卓也, 直川 周平, 孫 玉平, 竹内 崇, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2017年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 二方向載荷を受ける付着強度の低い超高強度鉄筋を用いたRC 柱の耐震性能に関する研究(その2 繰返し履歴性状と耐震性能評価)
    大仲 菜保子, 中野 魁人, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2017年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 二方向載荷を受ける付着強度の低い超高強度鉄筋を用いたRC 柱の耐震性能に関する研究(その1 実験概要と損傷状況)
    中野 魁人, 大仲 菜保子, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2017年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 鋼製柱によるRC造建築物の外付け耐震補強工法に関する実験的研究(その9 接合部の挙動解析)
    谷川 和貴, 藤永 隆, 宮川 和明, 入江 千鶴, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2017年08月, 日本語, 広島工業大学, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 鋼製柱によるRC造建築物の外付け耐震補強工法に関する実験的研究(その8 接合部部分架構実験)
    藤永 隆, 谷川 和貴, 宮川 和明, 入江 千鶴, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2017年08月, 日本語, 広島工業大学, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 孔あき鋼板ジベルを用いたCFT柱継手に関する実験的研究(その1)等曲げ実験
    貞本 尚亮, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2017年08月, 日本語, 広島工業大学, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 異なるアスペクト比を有する拘束鋼製せん断パネルの履歴特性に関する研究
    三上 紗綾, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2017年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • コンクリート充填角形鋼管柱の解析モデルに関する研究
    櫻井 陽, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2017年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • アンダーマッチング溶接により組み立てられた超高強度鋼CFT部材の構造性能に関する研究 その1 実験計画および使用材料の機械的性質
    栗田 舞人, 一戸 康生, 藤永 隆, 河野 昭彦, 蜷川 利彦, 松尾 真太朗
    日本建築学会大会, 2017年08月, 日本語, 広島工業大学, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • X形配筋を施したせん断型RC造矩形壁の耐震性能に関する実験的研究(その2 実験結果)
    直川 周平, 福原 優美子, 魏 丞瑾, 孫 玉平, 竹内 崇, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2017年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • X形配筋を施したせん断型RC造矩形壁の耐震性能に関する実験的研究(その1 実験概要)
    福原 優美子, 直川 周平, 魏 丞瑾, 孫 玉平, 竹内 崇, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2017年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • SBPDN鉄筋を用いた円形RC柱の耐震性能に関する研究(その2 実験結果と考察)
    孫 玉宇, 木村 弘基, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2017年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • SBPDN鉄筋を用いた円形RC柱の耐震性能に関する研究(その1 実験概要)
    木村 弘基, 孫 玉宇, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2017年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • アンダーマッチング溶接により組み立 てられた超高強度鋼CFT部材の構造性能と設計法 その1 実験計画および使用材料の機械的性質把握
    濱口 眞由美, 藤永 隆, 河野 昭彦, 蜷川 利彦, 松尾 真太朗
    日本建築学会九州支部研究報告会, 2017年03月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 拘束低降伏点鋼せん断パネルの履歴特性に関する研究(その2 座屈荷重評価式の提案)
    胡 弘宇, 三上 紗綾, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2016年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 拘束低降伏点鋼せん断パネルの履歴特性に関する研究(その1 実験概要と結果)
    三上 紗綾, 胡 弘宇, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2016年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • X形配筋を施した柱型のないRC造壁の耐震性能に関する実験的研究(その2 実験結果)
    直川 周平, 孫 玉平, 竹内 崇, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2016年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • X形配筋を施した柱型のないRC造壁の耐震性能に関する実験的研究(その1 実験概要)
    孫 玉平, 直川 周平, 竹内 崇, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2016年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 日・欧・米の合成柱設計式比較
    藤永 隆, 林 和宏, 城戸 將江
    日本建築学会大会SCCSパネルディスカッション, 2015年09月, 日本語, 東海大学, 国内会議
    [招待有り]
    口頭発表(招待・特別)

  • 充填被覆型鋼管コンクリート長柱の耐力 角形鋼管内蔵の場合
    金田 航平, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2015年09月, 日本語, 東海大学, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 載荷履歴を受けたボルト接合された格子型SRC柱の補修後性能に関する実験的研究
    久米 貴大, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2015年09月, 日本語, 東海大学, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 鋼製柱によるRC造建築物の外付け耐震補強工法に関する実験的研究 その7 補強鋼製柱の挙動
    谷川 和貴, 宮川 和明, 喜多村 亘, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2015年09月, 日本語, 東海大学, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 鋼製柱によるRC造建築物の外付け耐震補強工法に関する実験的研究 その6 骨組実験の履歴と補強効果
    喜多村 亘, 宮川 和明, 藤永 隆, 孫 玉平, 谷川 和貴
    日本建築学会大会, 2015年09月, 日本語, 東海大学, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 鋼製柱によるRC造建築物の外付け耐震補強工法に関する実験的研究 その5 骨組実験概要
    宮川 和明, 喜多村 亘, 藤永 隆, 孫 玉平, 谷川 和貴
    日本建築学会大会, 2015年09月, 日本語, 東海大学, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 拘束鋼製せん断パネルの履歴特性に及ぼす拘束材厚さの影響に関する研究
    胡 弘宇, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2015年09月, 日本語, 東海大学, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 薄肉鋼管で拘束されたフライアッシュ外割混合円形RC柱の耐震性能に関する実験的研究(その2 実験結果と考察)
    柴田 和幸, 田中 祐太郎, 竹内 崇, 藤永 隆, 小山 智幸, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2014年09月, 日本語, 日本建築学会, 近畿, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 薄肉鋼管で拘束されたフライアッシュ外割混合円形RC柱の耐震性能に関する実験的研究(その1 実験概要)
    田中 祐太郎, 柴田 和幸, 竹内 崇, 藤永 隆, 小山 智幸, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2014年09月, 日本語, 日本建築学会, 近畿, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 超高強度鉄筋を用いたRC柱の履歴挙動に及ぼす主筋中間定着部詳細の影響(その2 実験結果と考察)
    東山 諒太, 吉森 裕樹, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2014年09月, 日本語, 日本建築学会, 近畿, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 超高強度鉄筋を用いたRC柱の履歴挙動に及ぼす主筋中間定着部詳細の影響(その1 実験概要)
    吉森 裕樹, 東山 諒太, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2014年09月, 日本語, 日本建築学会, 近畿, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 鋼製柱によるRC造建築物の外付け耐震補強工法に関する実験的研究(その4 出っ張りのある梁への間接接合部)
    栗原 健, 藤永 隆, 宮川 和明, 喜多村 亘, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2014年09月, 日本語, 近畿, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • ボルト接合による鋼板で拘束されたコンクリートの中心圧縮性状
    麻 文彬, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2014年09月, 日本語, 日本建築学会, 近畿, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • アスペクト比が拘束鋼製制振パネルの履歴特性に及ぼす影響に関する研究(その2 実験結果および考察)
    朱 華佳, 藤井 俊介, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2014年09月, 日本語, 日本建築学会, 近畿, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • アスペクト比が拘束鋼製制振パネルの履歴特性に及ぼす影響に関する研究(その1 実験概要及びアスペクト比1の試験体の実験結果)
    藤井 俊介, 朱 華佳, 竹内 崇, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2014年09月, 日本語, 日本建築学会, 近畿, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 二重鋼管座屈補剛ブレースによる低強度コンクリートRC造骨組の外付け耐震補強実験(その1 実験概要)
    宮川 和明, 喜多村 亘, 阿久津 英典, 藤永 隆, 吉永 伸太郎, 南 宏一
    日本建築学会大会, 2013年08月, 日本語, 北海道, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 二重鋼管座屈補剛ブレースによる低強度コンクリートRC造骨組の外付け耐震補強実験 その3 ひずみ分布と相対ずれ変位)
    藤永 隆, 宮川 和明, 喜多村 亘, 阿久津 英典, 吉永 伸太郎, 南 宏一
    日本建築学会大会, 2013年08月, 日本語, 北海道, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 二重鋼管座屈補剛ブレースによる低強度コンクリートRC造骨組の外付け耐震補強実験(その2 補強効果)
    喜多村 亘, 宮川 和明, 阿久津 英典, 藤永 隆, 吉永 伸太郎, 南 宏一
    日本建築学会大会, 2013年08月, 日本語, 北海道, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 超高強度鉄筋を用いた円形断面RC柱耐震性能に関する研究 その3 せん断スパン比,軸力比及び横補形式の影響
    蔡 高創, 孫 玉平, 竹内 崇, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2013年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 鋼製柱によるRC造建築物の外付け耐震補強工法に関する実験的研究(その3 接合部実験)
    北村 研士, 宮川 和明, 喜多村 亘, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2013年08月, 日本語, 北海道, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 鋼管横補強を施したフライアッシュ外割混合RC柱の耐震性能に関する研究
    青野 裕加, 孫 玉平, 竹内 崇, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2013年08月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 既存低強度コンクリート建物の外付け鋼管ブレースによる耐震改修工法に関する実験的研究 その1.二重鋼管座屈補剛ブレースによる外付け耐震補強実験
    吉永 伸太郎, 羽原 光一, 藤井 稔己, 喜多村 亘, 阿久津 英典, 宮川 和明, 根口 百世, 藤永 隆, 南 宏一
    日本建築学会中国支部研究報告会, 2013年03月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 超高強度鉄筋を用いた円形断面RC柱の耐震性能に関する研究(その2実験結果と考察)
    孫 玉平, 太田 祥子, 蔡 高創, 竹内 崇, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2012年09月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 超高強度鉄筋を用いた円形断面RC柱の耐震性能に関する研究(その1実験概要)
    太田 祥子, 孫 玉平, 蔡 高創, 竹内 崇, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2012年09月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 超高強度鉄筋を主筋に用いたRC柱部材の高軸力下における耐震挙動に関する実験的研究
    奥田 隼也, 孫 玉平, 竹内 崇, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2012年09月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 鋼板を2枚重ね合わせた拘束せん断パネルダンパーの履歴特性に関する実験的研究
    佐々木 公一, 朱 華佳, 孫 玉平, 竹内 崇, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2012年09月, 日本語, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 損傷を受けたPC圧着柱の断面修復及び鋼管巻き立てによる耐震性能回復に関する実験的研究(その2:実験結果)
    中薗 佑介, 金尾 優, 谷 昌徳, 孫 玉平, 藤永 隆, 竹内 崇
    日本建築学会大会学術講演会, 2012年08月, 日本語, 名古屋, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 損傷を受けたPC圧着柱の断面修復及び鋼管巻き立てによる耐震性能回復に関する実験的研究(その1:実験概要)
    金尾 優, 中薗 佑介, 谷 昌典, 孫 玉平, 藤永 隆, 竹内 崇
    日本建築学会大会学術講演会, 2012年08月, 日本語, 名古屋, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 載荷履歴を受けた非充腹形SRC柱の補修後性能に関する一考察
    藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会学術講演会, 2012年08月, 日本語, 名古屋, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 鋼製柱によるRC造建築物の外付け耐震補強工法に関する実験的研究(その2 実験結果)
    北村 研士, 喜多村 亘, 宮川 和明, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会学術講演会, 2012年08月, 日本語, 名古屋, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 鋼製柱によるRC造建築物の外付け耐震補強工法に関する実験的研究(その1 工法および実験概要)
    喜多村 亘, 北村 研士, 宮川 和明, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会学術講演会, 2012年08月, 日本語, 名古屋, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 超高強度鉄筋を用いたRC柱の耐震性能に主筋比等が及ぼす影響(その3:解析結果と考察)
    船戸 佑樹, 奥田 隼也, 仲井 士門, 谷 昌典, 孫 玉平, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2011年08月, 日本語, 日本建築学会, 東京, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 超高強度鉄筋を用いたRC柱の耐震性能に主筋比等が及ぼす影響(その2:実験結果と考察)
    仲井 士門, 奥田 隼也, 船戸 佑樹, 谷 昌典, 孫 玉平, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2011年08月, 日本語, 日本建築学会, 東京, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 超高強度鉄筋を用いたRC柱の耐震性能に主筋比等が及ぼす影響(その1:実験概要)
    奥田 隼也, 仲井 士門, 船戸 佑樹, 谷 昌典, 孫 玉平, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2011年08月, 日本語, 日本建築学会, 東京, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 載荷履歴を受けた格子型SRC柱の補修後性能に関する実験的研究(L/D=2)
    神谷 悠貴, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2011年08月, 日本語, 日本建築学会, 東京, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 拘束されたせん断パネルダンパーの履歴特性に関する研究
    朱 華佳, 谷 昌典, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2011年08月, 日本語, 日本建築学会, 東京, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • PC圧着柱の補修後性能に関する実験的研究(その2:実験結果)
    長嶺 安佐子, 中薗 佑介, 谷 昌典, 孫 玉平, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2011年08月, 日本語, 日本建築学会, 東京, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • PC圧着柱の補修後性能に関する実験的研究(その1:実験概要)
    中薗 佑介, 長嶺 安佐子, 谷 昌典, 孫 玉平, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2011年08月, 日本語, 日本建築学会, 東京, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 鉄骨枠付ブレース外付け補強工法における間接接合部の応力伝達
    藤永 隆, 三谷 勲
    日本建築学会大会学術講演会, 2010年09月, 日本語, 日本建築学会, 富山市, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 超高強度鉄筋を主筋に用いたRC 柱部材の耐震挙動に関する研究(その2実験結果と考察)
    橘高 将義, 仲井 士門, 谷 昌典, 孫 玉平, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2010年09月, 日本語, 日本建築学会, 富山市, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 超高強度鉄筋を主筋に用いたRC 柱部材の耐震挙動に関する研究(その1実験概要)
    仲井 士門, 橘高 将義, 谷 昌典, 孫 玉平, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2010年09月, 日本語, 日本建築学会, 富山市, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 石炭灰を外割混合したコンクリートを用いたRC 柱部材の耐震性能に関する研究(その3耐力及び復元力特性評価)
    井上 卓馬, 杉田 ようこ, 荒川 裕彦, 谷 昌典, 藤永 隆, 孫 玉平, 小山 智幸, 小山田 英弘
    日本建築学会大会, 2010年09月, 日本語, 日本建築学会, 富山市, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 石炭灰を外割混合したコンクリートを用いたRC 柱部材の耐震性能に関する研究(その2実験結果)
    杉田 ようこ, 荒川 裕彦, 井上 卓馬, 谷 昌典, 藤永 隆, 孫 玉平, 小山 智幸, 小山田 英弘
    日本建築学会大会, 2010年09月, 日本語, 日本建築学会, 富山市, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 石炭灰を外割混合したコンクリートを用いたRC 柱部材の耐震性能に関する研究(その1実験概要)
    荒川 裕彦, 井上 卓馬, 杉田 ようこ, 谷 昌典, 藤永 隆, 孫 玉平, 小山 智幸, 小山田 英弘
    日本建築学会大会, 2010年09月, 日本語, 日本建築学会, 富山市, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 載荷履歴を受けたラチス型SRC柱の補修後性能に関する実験的研究
    神谷 悠貴, 藤永 隆, 孫 玉平, 那良 幸太郎
    日本建築学会大会学術講演会, 2010年09月, 日本語, 日本建築学会, 富山市, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 載荷履歴を受けたRC柱の補修後性能に関する実験的研究
    那良 幸太郎, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会学術講演会, 2010年09月, 日本語, 日本建築学会, 富山市, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • データベースを用いた円形断面を有するRC柱の破壊形式に関する研究
    金 眞佑, 孫 玉平, 谷 昌典, 藤永 隆
    日本建築学会大会, 2010年09月, 日本語, 日本建築学会, 富山市, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 載荷履歴を受けた格子型SRC柱の補修後性能に関する実験的研究(その2)実験結果
    藤永 隆, 那良 幸太郎, 孫 玉平
    日本建築学会大会学術講演会, 2009年09月, 日本語, 仙台市, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 載荷履歴を受けた格子型SRC柱の補修後性能に関する実験的研究(その1)実験概要と補修方法
    那良 幸太郎, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会学術講演会, 2009年09月, 日本語, 仙台市, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 超高強度鉄筋を主筋に用いたRC 柱部材に関する実験的研究(その2 実験結果と考察)
    折田 考, 橘高 将義, 谷 昌典, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2009年08月, 日本語, 日本建築学会, 仙台市, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 超高強度鉄筋を主筋に用いたRC 柱部材に関する実験的研究(その1 実験概要)
    橘高 将義, 折田 考, 谷 昌典, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2009年08月, 日本語, 日本建築学会, 仙台市, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 耐力可変摩擦ダンパーの履歴特性の評価に関する研究(その2 特性値の評価及び履歴モデルの提案)
    張 蓬勃, 井上 卓馬, 孫 玉平, 藤永 隆, 谷 昌典, 崔 宰赫
    日本建築学会大会, 2009年08月, 日本語, 日本建築学会, 仙台市, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 耐力可変摩擦ダンパーの履歴特性の評価に関する研究(その1 実験の概要及び実験結果)
    井上 卓馬, 張 蓬勃, 孫 玉平, 藤永 隆, 谷 昌典, 崔 宰赫
    日本建築学会大会, 2009年08月, 日本語, 日本建築学会, 仙台市, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • Damage of Greenhouse and Relative Design Load in Japan, International Seminar on Natural Disaster Mitigation of Agricultural Construction Facilities
    藤永 隆
    International Seminar on Natural Disaster Mitigation of Agricultural Constraction Facilities, 2009年03月, 日本語, Gwangju, KOREA, 国際会議
    口頭発表(招待・特別)

  • 面外座屈が拘束されたせん断パネルの履歴特性に関する研究 その2実験結果及び履歴特性についての考察
    孫 玉平, 藤永 隆, 緒方 太, 張 蓬勃, 須藤 寿文
    日本建築学会大会学術講演会, 2008年09月, 日本語, 日本建築学会, 広島, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 面外座屈が拘束されたせん断パネルの履歴特性に関する研究 その1実験概要及び破壊状況
    緒方 太, 孫 玉平, 藤永 隆, 張 蓬勃, 須藤 寿文
    日本建築学会大会学術講演会, 2008年09月, 日本語, 日本建築学会, 広島, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 耐力可変摩擦ダンパー開発に関する研究
    張 蓬勃, 須藤 寿文, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会学術講演会, 2008年09月, 日本語, 日本建築学会, 広島, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 実験データベースに基づく十字形鉄骨を内蔵したSRC柱の終局曲げ耐力
    藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会学術講演会, 2008年09月, 日本語, 日本建築学会, 広島, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • フライアッシュを外割混合したコンクリート部材の力学性能 その2 梁の曲げせん断性状
    田中 裕二, 折田 考, 孫 玉平, 小山 智幸, 藤永 隆, 小山田 英弘
    日本建築学会大会学術講演会, 2008年09月, 日本語, 日本建築学会, 広島, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • フライアッシュを外割混合したコンクリート部材の力学性能 その1 コンクリートの応力―ひずみ関係のモデル化
    折田 考, 田中 裕二, 孫 玉平, 小山 智幸, 藤永 隆, 小山田 英弘
    日本建築学会大会学術講演会, 2008年09月, 日本語, 日本建築学会, 広島, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • せん断型摩擦ダンパーの肌隙が安定すべり耐力に及ぼす影響に関する研究
    須藤 寿文, 張 蓬勃, 孫 玉平, 藤永 隆
    日本建築学会大会学術講演会, 2008年09月, 日本語, 日本建築学会, 広島, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 補修後の剛性低下を考慮したSRC骨組の時刻歴応答解析
    藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2007年09月, 日本語, 日本建築学会, 九州, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • モーメント勾配のある角形CFT長柱の偏心圧縮実験
    土井 裕美, 藤永 隆, 孫 玉平
    日本建築学会大会, 2007年09月, 日本語, 日本建築学会, 九州, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • CFT 長柱の簡便な耐力評価法-複曲率曲げを受ける角形CFT長柱の偏心圧縮実験-
    藤永 隆
    第11回建築鋼構造研究フォーラム, 2007年03月, 日本語, (社)日本鉄鋼連盟, 鉄鋼会館, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 載荷履歴を受けたSRC部材の補修後の性能に関する研究
    藤永 隆, 三谷 勲
    日本建築学会大会, 2006年09月, 日本語, 日本建築学会, 関東, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 外付け耐震補強における間接接合部の応力伝達に関する研究
    三谷 勲, 藤永 隆, 越智 聖仁
    日本建築学会大会, 2006年09月, 日本語, 日本建築学会, 関東, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • ダイヤ型ブレースによる外付け耐震補強工法に関する実験的研究 その3 間接接合部の応力伝達と変形
    村上 匡史, 三谷 勲, 藤永 隆, 内田 直樹, 山田 正人, 山口 輝光
    日本建築学会大会, 2006年09月, 日本語, 日本建築学会, 関東, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • ダイヤ型ブレースによる外付け耐震補強工法に関する実験的研究 その2 補強骨組実験の概要と実験結果
    山田 正人, 山口 輝光, 三谷 勲, 内田 直樹, 藤永 隆, 村上 匡史
    日本建築学会大会, 2006年09月, 日本語, 日本建築学会, 関東, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • ダイヤ型ブレースによる外付け耐震補強工法に関する実験的研究 その1 低強度コンクリートと鋼の間接接合部押し抜き実験
    内田 直樹, 藤永 隆, 三谷 勲
    日本建築学会大会, 2006年09月, 日本語, 日本建築学会, 関東, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 低強度コンクリートと鋼の間接接合部押し抜き実験
    藤永 隆, 三谷 勲, 内田 直樹
    日本建築学会近畿支部研究報告会, 2006年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 長柱を含む鋼骨組の座屈耐力に関する実験的研究
    縣 直和, 三谷 勲, 藤永 隆, 片平 崇
    日本建築学会近畿支部研究報告会, 2006年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 外付け耐震補強における間接接合部の応力伝達に関する研究
    越智 聖仁, 藤永 隆, 三谷 勲
    日本建築学会近畿支部研究報告会, 2006年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • ダイヤ型ブレースによる既存不適格RC造建物の外付け耐震補強工法に関する実験的研究-間接接合部の合理化-その2.実験結果の検討
    三谷 勲, 村上 匡史, 藤永 隆, 内田 直樹, 山田 正人, 山口 輝光
    日本建築学会近畿支部研究報告会, 2006年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • ダイヤ型ブレースによる既存不適格RC造建物の外付け耐震補強工法に関する実験的研究-間接接合部の合理化-その1.実験概要・実験結果
    村上 匡史, 三谷 勲, 藤永 隆, 内田 直樹, 山田 正人, 山口 輝光
    日本建築学会近畿支部研究報告会, 2006年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 角形CFT 柱の繰返し挙動と単調挙動
    藤永 隆, 三谷 勲, 津田 惠吾
    日本建築学会九州支部研究報告会, 2006年03月, 日本語, 北九州大学, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 載荷履歴を受けた RC・SRC骨組の炭素繊維補修に関する実験的研究
    成原 正人, 藤永 隆, 三谷 勲
    日本建築学会大会学術講演会, 2005年09月, 日本語, 日本建築学会, 近畿大学, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • CFT長柱の簡便な耐力評価法に関する研究
    藤永 隆, 三谷 勲
    日本建築学会大会学術講演会, 2005年09月, 日本語, 近畿大学, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 露出型柱脚の復元力特性が鋼構造骨組の弾塑性性状に与える影響に関する実験的研究
    嶋村 洋子, 三谷 勲, 田中 秀宣, 大谷 恭弘, 藤永 隆
    日本建築学会近畿支部研究報告会, 2004年, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 未記入, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • 鋼管ブレースを使用した既存SRC造建築物の耐震補強工法に関する実験的研究 その8.高カボルト接合された鉄骨枠付きブレース補強の効果
    喜多村 亘, 宮川 和明, 與田 香二, 鈴木 和彦, 藤永 隆, 大谷 恭弘, 三谷 勲
    日本建築学会大会学術講演会, 2004年, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • SRC骨組の耐力と変形性状に関する実験的研究(その5 実験挙動と骨格曲線モデルとの比較)
    藤永 隆, 三谷 勲, 大谷 恭弘, 長谷川 正雄
    日本建築学会大会学術講演会, 2004年, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • アンボンド型アンカーボルトを用いた露出型柱脚のRC基礎柱形部の応力伝達に関する解析
    田中 秀宣, 三谷 勲, 大谷 恭弘, 藤永 隆, 伊藤 倫夫
    日本建築学会大会学術講演, 2003年, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • SRC骨組の耐力と変形性状に関する実験的研究(その4 変形性能)
    藤永 隆, 三谷 勲, 大谷 恭弘, 内田 直樹, 長谷川 正雄, 張 瑩, 成原 正人
    日本建築学会大会学術講演, 2003年, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • SRC 骨組の耐力と変形性状に関する実験的研究(その3 弱軸配置)
    長谷川 正雄, 内田 直樹, 三谷 勲, 福住 忠裕, 大谷 恭弘, 藤永 隆
    日本建築学会大会学術講演, 2003年, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • SRC 骨組の耐力と変形性状に関する実験的研究(その2 強軸配置)
    成原 正人, 藤永 隆, 三谷 勲, 大谷 恭弘, 内田 直樹
    日本建築学会大会学術講演, 2003年, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • SRC 骨組の耐力と変形性状に関する実験的研究(その2 強軸配置)
    成原 正人, 藤永 隆, 三谷 勲, 大谷 恭弘, 内田 直樹
    日本建築学会近畿支部研究報告会, 2003年, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 未記入, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • SRC 骨組の耐力と変形性状に関する実験的研究(その1 実験計画)
    張 瑩, 藤永 隆, 三谷 勲, 大谷 恭弘, 内田 直樹
    日本建築学会大会学術講演, 2003年, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議
    口頭発表(一般)

  • SRC 骨組の耐力と変形性状に関する実験的研究(その1 実験計画)
    張 瑩, 藤永 隆, 三谷 勲, 大谷 恭弘, 内田 直樹
    日本建築学会近畿支部研究報告会, 2003年, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 未記入, 国内会議
    口頭発表(一般)

■ 所属学協会
  • 日本鋼構造協会
    2005年10月 - 現在

  • 日本コンクリート工学会
    2003年05月 - 現在

  • 日本建築学会
    1997年 - 現在

■ 共同研究・競争的資金等の研究課題
  • 鋼コンクリート機械的ずれ止めを接合部に用いた新しい中低層CFT構造システムの開発
    藤永 隆
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 基盤研究(C), 神戸大学, 2023年04月01日 - 2026年03月31日

  • レジリエントなPCaRC造柱の開発および性能評価
    孫 玉平, 藤永 隆, 竹内 崇
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 基盤研究(B), 神戸大学, 2022年04月01日 - 2026年03月31日

  • CFT部材の新しい接合法とCFT構造の中低層建築物への展開
    藤永 隆
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 神戸大学, 2020年04月01日 - 2023年03月31日

  • ドリフト硬化型PCaRC造壁柱の開発と性能評価
    孫 玉平, 藤永 隆, 竹内 崇
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 神戸大学, 2019年04月01日 - 2022年03月31日

  • 藤谷 秀雄, 向井 洋一, 伊藤 麻衣, 梶原 浩一, 佐藤 栄児, 榎田 竜太, 藤永 隆, 浅田 勇人
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 神戸大学, 2018年04月01日 - 2021年03月31日
    本研究は、アクティブ・セミアクティブ制御を用いて、大振幅地震動に対して、人命保護のみならず、建物の損傷を制御し、重要な機能を維持する方法を提案することを目的とする。構造部材(骨組や免震積層ゴム)が非線形化した後の挙動に対してもアクティブ・セミアクティブ制御の効果を検証するために、2つの加振装置によるリアルタイム・ハイブリッドシミュレーション(RTHS)による検証システム(デュアルRTHSシステム)を提案した。研究項目は、1)デュアルRTHSシステムの開発、2)非線形セミアクティブ免震構造の提案、3)大質量比アクティブマスダンパー(大質量比AMD)制振構造の提案である。 これに対し平成30年度は、1)デュアルRTHSシステムを開発し、その動作を確認し、続いて2)非線形セミアクティブ免震構造の提案を行った。 構築したデュアルRTHSとは、コンピュータ(DSP)内の建物モデルに地震動を入力し時刻歴応答解析を行い、得られた免震層の応答変位をアクチュエータで再現し積層ゴムを加振し、振動台で再現しセミアクティブ制御ダンパー(MRダンパー)を加振するものである。このときアクチュエータへは振動台側のコントローラからLANケーブルを通じて指令が送られる。そして積層ゴムの復元力とMRダンパーの減衰力をロードセルでそれぞれ計測し、DSP内建物モデルの運動方程式に代入して応答解析と制御演算を行う。これらの操作は500Hz間隔で繰り返される。 このデュアルRTHSを使用し、積層ゴムがハードニングを生じる非線形領域で応答する免震構造の応答をセミアクティブ制御で低減する実験を行った。その結果、積層ゴムの非線形挙動時において、提案したセミアクティブ制御則によって、線形挙動時と同等またはそれ以上のセミアクティブ制御の効果が得られることが確認できた。
    競争的資金

  • 巨大地震に対する創生型居住環境のレジリエンス研究の国際コミュニティを担う人材育成
    日本学術振興会, 国際的な活躍が期待できる研究者の育成事業, 2017年04月 - 2020年03月, 研究分担者

  • 藤永 隆
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 神戸大学, 2013年04月01日 - 2016年03月31日, 研究代表者
    載荷履歴を受けた内蔵鉄骨がボルト接合で組み立てられた非充腹格子型SRC柱の補修後性能を,軸力比・せん断スパン比・一次載荷時の最大変位量を変数にとった実験と,一次載荷時のひずみ履歴の影響を考慮した数値解析で検討した.補修は軽量ポリマーセメントモルタルによる断面成形とひび割れへのエポキシ樹脂注入によった.ひび割れ幅と経験部材角との関係を評価するため,ひび割れ幅の計測を行っており,地震後にひび割れ幅から被災度を判定する基礎資料となる.実験結果を検討し,剛性低下と変形性能の向上の原因を検討した.数値解析の結果は実験挙動を比較的よく予想しており,補修後SRC柱の挙動解析方法の有効性を示した.
    競争的資金

  • 藤永 隆
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B), 若手研究(B), 神戸大学, 2008年 - 2010年, 研究代表者
    載荷履歴を受けた非充腹形のSRC柱(格子型/ラチス型)とRC柱の補修後性能に関する検討を行っている.最初に健全な柱の繰り返し水平力載荷実験を行い(一次載荷),載荷後に軽量ポリマーセメントモルタルによる断面成形,ひび割れへのエポキシ樹脂注入による補修を行った後,再度載荷実験を行った(二次載荷).実験変数として,せん断スパン比と一次載荷時の変位振幅の大きさをとった.補修前の損傷レベルに関わらず初期剛性が低下し,最大耐力が上昇することが確認された.また,剛性低下と最大耐力上昇に関して解析的検討を行った.
    競争的資金

  • 鋼・コンクリート合成柱の復元力特性の定式化に関する研究
    津田 惠吾, 堺 純一, 李 麗, 藤永 隆
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 北九州市立大学, 2005年 - 2006年
    本研究は,性能設計に必要な,コンクリート充填鋼管柱では局部座屈限界,軸縮み限界,SRC柱やはりでは,ひび割れ発生限界,降伏限界などの構造性能を評価できる復元力特性を定式化することである. コンクリート充填鋼管柱に関しては,津田が既往の角形CFT柱の実験結果を用いて,経験部材角と残留変形角の関係および残留変形角と損傷限界部材角との関係を調べた.その結果,1)軸力比が大きくなるにつれ,残留変形角が大きくなること,2)残留変形角に及ぼす幅厚比の影響は,軸力比の影響に比べると顕著でないこと,3)軸力比が0.5以上の場合は軸縮み限界部材角に達すると,残留変形角が増大することがわかった.また,同じ実験結果を用いて,損傷限界部材角に達したときの累積塑性回転角の値を求めた.損傷限界としては,軸縮み限界,局部座屈限界,耐力保証限界,全塑性限界を対象とし,幅厚比・径厚比,軸力比の影響を調べた.また,藤永,津田が角形および円形CFT柱に対して,繰返し挙動と単調挙動の対応関係を調べることを目的とし,既往の実験結果および数値実験解析結果を用いて,繰り返し挙動と単調挙動の比較を行った.塑性化があまり進行していない場合には,単調載荷曲線と繰返し荷重を受ける場合の包絡線が良く対応し,変形が進行するにつれて,単調載荷曲線と累積曲線が良く対応することを示した. SRC梁については,堺,李が,内蔵鉄骨比と横補強筋比およびスラブの有無を実験変数としたSRC梁材の試験体を4体製作し,載荷実験を行い,曲げひび割れの幅とその変形を考慮したSRC梁の復元力特性について検討した.

  • SRC長柱の耐力評価法
    津田 恵吾, 藤永 隆, 三谷 勲, 堺 純一
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 九州大学, 1997年 - 1998年
    本研究の目的は、SRC長柱の現行設計式を実験および解析により検討すること、より精度の良い耐力評価式を提案すること、である。 本研究の前に著者らはコンクリート充填鋼管長柱の耐力評価法に関連してコンクリート柱の耐力評価式を示した。さらに、そのコンクリート柱の耐力と、鉄筋を鉄骨と置換して鉄筋部分の耐力を算定し、両者を長柱の累加強度式に基づいて累加してRC長柱の耐力を評価することを提案している。本研究では、すでに提案したこのRC長柱の耐力と内蔵鉄骨の耐力を長柱の累加強度式に基づいて累加することにより、SRC長柱の耐力を評価することを提案している。精密な弾塑性解析により得られた耐力との比較、およびわが国で行われた既往の実験耐力との比較により、提案したSRC長柱の耐力評価法の有効性を確かめた。また、現行の設計式は材長が長くなると耐力をかなり小さめに評価し、不経済な設計となる事を示した。 さらに、偏心圧縮の実験を系統的に行うことにより、提案した耐力式の精度を検討した。実験変数は、座屈長さと断面せいの比、圧縮力の偏心距離、曲げ軸(強軸曲げ、弱軸曲げ)で合計36体の実験を行った。実験耐力と提案した耐力評価法による耐力の比較により、提案した耐力評価法は充分な精度で実験耐力を評価できることを示した。 なお、提案した耐力評価法は、式が多少煩雑である。その原因は、コンクリート柱の耐力評価式が煩雑であることによる。本研究では、コンクリート柱の簡便な耐力評価式も提案しており、今後これを用いれば、精度良くまた比較的簡単にSRC長柱の耐力評価が可能となると考えられるが、今後の検討課題としたい。

研究シーズ

■ 研究シーズ
  • コンクリート充填鋼管構造の中低層建物への拡大利用
    シーズカテゴリ:社会基盤(土木・建築・防災)
    研究キーワード:コンクリート充填鋼管構造, 柱梁接合部, 柱継手, 隅肉溶接
    研究内容:コンクリート充填鋼管はその優れた構造性能より、超高層ビルで極々一般的に使用されています。しかしながら、中低層建物へはあまり使用されていません。簡易で性能の良いコンクリート充填鋼管の接合方法を提案し、コンクリート充填鋼管構造の中低層建物への利用拡大を目指しています。
     
TOP