研究者紹介システム

青井 貴之
アオイ タカシ
大学院科学技術イノベーション研究科 科学技術イノベーション専攻
教授
医学
Last Updated :2021/07/25

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院科学技術イノベーション研究科 科学技術イノベーション専攻
  • 【配置】

    医学部 医学科, 大学院医学研究科 医科学専攻

学位

  • 博士(医学), 京都大学

授業科目

ジャンル

  • 医療・健康 / 再生医療

コメントテーマ

  • iPS細胞
  • 再生医療
  • 人工がん幹細胞
  • がん治療

研究ニュース

研究活動

研究分野

  • ライフサイエンス / 細胞生物学

委員歴

  • 2021年07月 - 現在, AMED, 「創薬支援推進事業 創薬シーズ実用化支援基盤整備事業」課題評価委員
  • 2021年04月 - 現在, 一般社団法人 日本再生医療学会, 再生医療誌編集委員会委員
  • 2021年04月 - 現在, 一般社団法人 日本再生医療学会, 行政等対応委員会委員
  • 2021年04月 - 現在, 一般社団法人 日本再生医療学会, 総務委員会副委員長
  • 2021年04月 - 現在, 一般社団法人 日本再生医療学会, Regenerative Therapy運営委員会委員
  • 2021年04月 - 現在, 一般社団法人 日本再生医療学会, 理事
  • 2021年02月 - 現在, 株式会社バイオパレット, 「ヒト組織利用研究倫理審査委員会 」委員
  • 2020年12月 - 現在, AMED, 「再生実用化基盤整備促進事業」課題評価委員
  • 2020年04月 - 現在, AMED, 「新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業」課題評価委員
  • 2020年04月 - 現在, AMED, 「再生医療実現拠点ネットワークプログラム iPS細胞研究中核拠点、疾患・組織別実現化研究拠点」プログラムオフィサー
  • 2020年02月 - 現在, 独立行政法人医薬品医療機器総合機構, 科学委員会委員
  • 2020年01月 - 現在, AMED, 「再生医療実現拠点ネットワークプログラム 幹細胞・再生医学イノベーション創出プログラム」課題評価委員
  • 2019年12月 - 現在, 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費委員会専門委員
  • 2019年08月 - 現在, AMED, 「再生医療実現拠点ネットワークプログラム 再生医療の実現化支援課題」課題評価委員
  • 2019年08月 - 現在, 一般社団法人バイオロジクス研究・トレーニングセンター, 理事
  • 2019年06月 - 現在, 国立医薬品食品衛生研究所, 医療研究開発推進事業費補助金「再生医療等臨床研究を支援する再生医療ナショナルコンソーシアムの実現」分担研究協力者
  • 2018年01月 - 現在, 一般財団法人日本消化器病学会, 再生医療推進委員会委員
  • 2017年08月 - 現在, AMED, 「医療研究開発革新基盤創出事業(CiCLE)」課題評価委員
  • 2017年04月 - 現在, AMED, 「再生医療臨床研究促進基盤整備事業」課題評価委員
  • 2016年10月 - 現在, 一般財団法人公正研究推進協会, 委員会委員
  • 2016年04月 - 現在, 大阪大学, 第一特定認定再生医療等委員会委員
  • 2015年08月 - 現在, AMED, 「産学連携医療イノベーション創出プログラム委員会」委員
  • 2015年04月 - 現在, 京都府立医科大学, 特定認定再生医療等委員会委員
  • 2020年06月 - 2021年03月, AMED, 「再生医療実現拠点ネットワークプログラム 幹細胞・再生医学イノベーション創出プログラム(国際共同研究)」課題評価委員
  • 2020年04月 - 2021年03月, AMED, 「再生医療実現拠点ネットワークプログラム(疾患・組織別実用化研究拠点(拠点C))」課題評価委員
  • 2020年03月 - 2021年03月, 一般社団法人バイオロジクス研究・トレーニングセンター, 利益相反委員会 委員
  • 2019年11月 - 2021年03月, 国立研究開発法人理化学研究所, リソース検討委員
  • 2019年05月 - 2021年03月, 株式会社メディカルレビュー社, 日本再生医療学会雑誌『再生医療』編集委員会委員
  • 2017年06月 - 2021年03月, 日本再生医療学会, 理事長補佐
  • 2015年04月 - 2021年03月, AMED, 「再生医療実現拠点ネットワークプログラム 再生医療の実現化ハイウェイ」プログラム オフィサー
  • 2020年02月 - 2020年07月, 藤田医科大学, 特定認定再生医療等委員会委員
  • 2019年07月 - 2020年03月, 日本赤十字社 血液事業本部, 懇談会 委員
  • 2019年01月 - 2020年03月, 国立研究開発法人 国立循環器病研究センター, 治験審査委員会 招聘委員
  • 2018年07月 - 2019年03月, AMED, 「再生医療実現拠点ネットワークプログラム(技術開発個別課題)事業」課題評価委員
  • 2017年04月 - 2019年03月, AMED, 「疾患特異的iPS細胞の利活用促進・難病研究加速プログラム課題評価委員会」委員
  • 2016年06月 - 2018年03月, 国立医薬品食品衛生研究所, 「培養細胞を用いた基礎研究ならびに創薬研究開発のための細胞培養ガイダンス案」WG委員
  • 2016年04月 - 2018年03月, 厚生労働省, 「医薬品・医療機器薬事戦略懇談会」構成員
  • 2015年11月 - 2018年03月, 国立研究開発法人科学技術振興機構, 「斉藤全能性エピゲノムプロジェクト」事後評価(最終評価)委員
  • 2014年04月 - 2018年03月, 独立行政法人医薬品医療機器総合機構, 専門委員
  • 2017年09月 - 2018年01月, 京都大学iPS細胞研究所, 「研究公正調査委員会」委員
  • 2016年02月 - 2018年01月, 大阪大学大学院, 薬学研究科テニュアトラック運営委員会学外委員
  • 2016年10月 - 2017年03月, 国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所, 「経血管的投与肝再生医療等製品に関する評価指標」WG委員
  • 2016年06月 - 2017年03月, 国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所, 「径冠動脈的投与再生医療等製品に関する評価指標(非臨床)」WG委員
  • 2015年12月 - 2017年03月, AMED, 「医療情報の高度利用による医療システムの研究開発」中間評価委員
  • 2014年11月 - 2017年03月, 国立医薬品食品衛生研究所, 「再生医療等製品の原材料としてのヒト多能性幹細胞の品質についての考え方」WG委員
  • 2013年12月 - 2016年10月, 大阪大学医学部附属病院, ヒト幹細胞臨床研究審査委員会及び未来医療臨床研究審査・評価委員会委員
  • 2016年06月 - 2016年09月, 京都大学再生医科学研究所, 任期制教員の再任審査に関する外部評価委員会委員
  • 2015年12月 - 2016年03月, 文部科学省研究振興局, 「再生医療実現拠点ネットワークプログラム」中間評価委員会委員
  • 2015年09月 - 2016年03月, 国立医薬品食品衛生研究所, 「再生医療等製品(ヒト細胞加工製品)造腫瘍性評価ガイドライン案策定」合同WG委員
  • 2015年09月 - 2016年03月, AMED, 再生医療実現拠点ネットワークプログラム 研究開発課題評価委員会委員
  • 2015年08月 - 2016年03月, 国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所, 「重症心不全細胞治療用細胞懸濁系冠動脈的投与再生医療等製品に関する評価指標」WG委員
  • 2014年06月 - 2016年03月, 独立行政法人医薬品医療機器総合機構, 科学委員会専門部会委員
  • 2013年03月 - 2015年03月, 独立行政法人科学技術振興機構, 再生医療実現拠点ネットワーク事業 再生医療の実現化ハイウェイプログラムオフィサー
  • 2013年04月 - 2014年09月, 日本医学会総会 展示委員
  • 2014年06月 - 2014年08月, 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO), ワーキング委員
  • 2013年10月 - 2014年03月, 厚生労働省, 「再生医療等の安全性確保等のための基準策定に関する研究」WG委員

論文

  • Microenvironment pH-Induced Selective Cell Death for Potential Cancer Therapy Using Nanofibrous Self-Assembly of a Peptide Amphiphile

    Shota Yamamoto, Kanon Nishimura, Kenta Morita, Sayuki Kanemitsu, Yuki Nishida, Tomoyuki Morimoto, Takashi Aoi, Atsuo Tamura, Tatsuo Maruyama

    2021年05月, 英語

  • Yasufumi Koterazawa, Michiyo Koyanagi-Aoi, Keiichiro Uehara, Yoshihiro Kakeji, Takashi Aoi

    BACKGROUND: The esophagus is known to be derived from the foregut. However, the mechanisms regulating this process remain unclear. In particular, the details of the human esophagus itself have been poorly researched. In this decade, studies using human induced pluripotent stem cells (hiPSCs) have proven powerful tools for clarifying the developmental biology of various human organs. Several studies using hiPSCs have demonstrated that retinoic acid (RA) signaling promotes the differentiation of foregut into tissues such as lung and pancreas. However, the effect of RA signaling on the differentiation of foregut into esophagus remains unclear. METHODS: We established a novel stepwise protocol with transwell culture and an air-liquid interface system for esophageal epithelial cell (EEC) differentiation from hiPSCs. We then evaluated the effect of all-trans retinoic acid (ATRA), which is a retinoic acid receptor (RAR)α, RARβ and RARγ agonist, on the differentiation from the hiPSC-derived foregut. Finally, to identify which RAR subtype was involved in the differentiation, we used synthetic agonists and antagonists of RARα and RARγ, which are known to be expressed in esophagus. RESULTS: We successfully generated stratified layers of cells expressing EEC marker genes that were positive for lugol staining. The enhancing effect of ATRA on EEC differentiation was clearly demonstrated with quantitative reverse transcription polymerase chain reaction, immunohistology, lugol-staining and RNA sequencing analyses. RARγ agonist and antagonist enhanced and suppressed EEC differentiation, respectively. RARα agonist had no effect on the differentiation. CONCLUSION: We revealed that RARγ activation promotes the differentiation of hiPSCs-derived foregut into EECs.

    2020年06月16日, Journal of gastroenterology, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Witta Kartika Restu, Shota Yamamoto, Yuki Nishida, Hirotoshi Ienaga, Takashi Aoi, Tatsuo Maruyama

    The present study reports that a short oligopeptide D-P1, consisting of only five D-amino acids, self-assembled into entangled nanofibers to form a hydrogel that functioned as a scaffold for cell cultures. D-P1 (Ac-D-Phe-D-Phe-D-Phe-Gly-D-Lys) gelated aqueous buffer solution and water at a minimum gelation concentration of 0.5 wt%. The circular dichroism (CD) measurements demonstrated the formation of a β-sheet structure in the self-assembly of D-P1. We investigated the gelation properties and CD spectra of both the D- and L-forms of the oligopeptide, and found only a minimal difference between them. The D-P1 hydrogel was resistant to a protease, whereas the L-P1 hydrogel was rapidly degraded. Both oligopeptides exhibited nontoxic properties to human cancer cells and embryoid bodies (EBs) derived from human-induced pluripotent stem cells. Additionally, we succeeded in forming spheroids of HeLa cells on the D-P1 hydrogel, which indicates the potential of this hydrogel for 3-dimensional cell culture.

    2020年06月, Materials science & engineering. C, Materials for biological applications, 111, 110746 - 110746, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • Ryusaku Matsumoto, Hidetaka Suga, Takashi Aoi, Hironori Bando, Hidenori Fukuoka, Genzo Iguchi, Satoshi Narumi, Tomonobu Hasegawa, Keiko Muguruma, Wataru Ogawa, Yutaka Takahashi

    Pituitary develops from oral ectoderm in contact with adjacent ventral hypothalamus. Impairment in this process results in congenital pituitary hypoplasia (CPH); however, there have been no human disease models for CPH thus far, prohibiting the elucidation of the underlying mechanisms. In this study, we established a disease model of CPH using patient-derived induced pluripotent stem cells (iPSCs) and 3D organoid technique, in which oral ectoderm and hypothalamus develop simultaneously. Interestingly, patient iPSCs with a heterozygous mutation in the orthodenticle homeobox 2 (OTX2) gene showed increased apoptosis in the pituitary progenitor cells, and the differentiation into pituitary hormone-producing cells was severely impaired. As an underlying mechanism, OTX2 in hypothalamus, not in oral ectoderm, was essential for progenitor cell maintenance by regulating LHX3 expression in oral ectoderm via FGF10 expression in the hypothalamus. Convincingly, the phenotype was reversed by the correction of the mutation, and the haploinsufficiency of OTX2 in control iPSCs revealed a similar phenotype, demonstrating that this mutation was responsible. Thus, we established an iPSC-based congenital pituitary disease model, which recapitulated interaction between hypothalamus and oral ectoderm and demonstrated the essential role of hypothalamic OTX2.

    2020年02月03日, The Journal of clinical investigation, 130 (2), 641 - 654, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • Chieko Hosaka, Makoto Kunisada, Michiyo Koyanagi-Aoi, Taro Masaki, Chihiro Takemori, Mariko Taniguchi-Ikeda, Takashi Aoi, Chikako Nishigori

    Induced pluripotent stem cell (iPSC) technology offers a novel approach for conversion of human primary fibroblasts into melanocytes. During attempts to explore various protocols for differentiation of iPSCs into melanocytes, we found a distinct and self-renewing cell lineage that could differentiate into melanocytes, named as melanocyte precursor cells (MPCs). The MPCs exhibited a morphology distinctive from that of melanocytes, in lacking either the melanosomal structure or the melanocyte-specific marker genes MITF, TYR, and SOX10. In addition, gene expression studies in the MPCs showed high-level expression of WNT5A, ROR2, which are non-canonical WNT pathway markers, and its related receptor TGFβR2. In contrast, MPC differentiation into melanocytes was achieved by activating the canonical WNT pathway using the GSK3β inhibitor. Our data demonstrated the distinct characteristic of MPCs' ability to differentiate into melanocytes, and the underlying mechanism of interfacing between canonical WNT signaling pathway and non-canonical WNT signaling pathway.

    2019年09月, Pigment cell & melanoma research, 32 (5), 623 - 633, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 「多能性幹細胞培養の留意点」の提案

    青井 貴之, 浅香 勲, 阿久津 英憲, 伊藤 弓弦, 片岡 健, 諫田 泰成, 小島 肇, 関野 祐子, 末盛 博文, 中川 誠人, 中村 和昭, 中村 幸夫, 藤井 万紀子, 古江-楠田 美保, 山崎 大樹, Good Cell Culture, Practice検討のためのワーキンググループ

    近年、ヒト胚性幹(ES)細胞やヒト人工多能性幹(iPS)細胞等のヒト多能性幹細胞は、基礎研究のみならず、創薬研究、再生医療への応用など、広い分野でその利用が期待されている。それに伴い、培養資材の供給など研究環境が整備され、ヒト多能性幹細胞の培養が容易に実施可能な状況となり、利用者が増加している。一方で研究者・作業者間において、技術とその背景となる基本概念の共有と、研究結果の再現性の担保が課題である。ヒト多能性幹細胞は従来利用されてきた体性細胞とは異なる点が多く、培養経験者であっても留意すべき点が多い。そこで、ヒト多能性幹細胞が有効に活用されることを期待し、「多能性幹細胞培養の留意点」案を作成した。本留意点案は、ヒト多能性幹細胞の使用開始にあたり確認すべき内容を、7項目(法令・指針と同意・MTA、多能性幹細胞の多様性、培養資材、解凍作業、培地交換と継代作業、凍結操作、培養管理)にまとめた。この留意点の概念が多能性幹細胞の細胞培養を行う研究者・作業者により共有され、日本の細胞培養技術が上進し、多能性幹細胞を用いた研究の利用と信頼性が向上することを期待する。(著者抄録)

    日本組織培養学会, 2019年08月, 組織培養研究, 38 (3), 135 - 143, 日本語

  • Kotaro Suzuki, Michiyo Koyanagi-Aoi, Keiichiro Uehara, Nobuyuki Hinata, Masato Fujisawa, Takashi Aoi

    For augmentation or reconstruction of urinary bladder after cystectomy, bladder urothelium derived from human induced pluripotent stem cells (hiPSCs) has recently received focus. However, previous studies have only shown the emergence of cells expressing some urothelial markers among derivatives of hiPSCs, and no report has demonstrated the stratified structure, which is a particularly important attribute of the barrier function of mature bladder urothelium. In present study, we developed a method for the directed differentiation of hiPSCs into mature stratified bladder urothelium. The caudal hindgut, from which the bladder urothelium develops, was predominantly induced via the high-dose administration of CHIR99021 during definitive endoderm induction, and this treatment subsequently increased the expressions of uroplakins. Terminal differentiation, characterized by the increased expression of uroplakins, CK13, and CK20, was induced with the combination of Troglitazone + PD153035. FGF10 enhanced the expression of uroplakins and the stratification of the epithelium, and the transwell culture system further enhanced such stratification. Furthermore, the barrier function of our urothelium was demonstrated by a permeability assay using FITC-dextran. According to an immunohistological analysis, the stratified uroplakin II-positive epithelium was observed in the transwells. This method might be useful in the field of regenerative medicine of the bladder.

    2019年07月19日, Scientific reports, 9 (1), 10506 - 10506, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • iPS作製技術を用いた人工骨肉腫幹細胞株の樹立

    藤原 周一, 河本 旭哉, 青井 貴之, 小寺澤 康文, 原 仁美, 深瀬 直政, 蒲田 悦子, 竹森 俊幸, 秋末 敏宏, 黒田 良祐

    (公社)日本整形外科学会, 2018年08月, 日本整形外科学会雑誌, 92 (8), S1812 - S1812, 日本語

  • 「培養細胞の観察の基本原則」の提案

    青井 貴之

    2018年, 組織培養研究, 37, 123, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Watanabe D, Koyanagi-Aoi M, Taniguchi-Ikeda M, Yoshida Y, Azuma T, Aoi T

    γδT cells constitute a small proportion of lymphocytes in peripheral blood. Unlike αβT cells, the anti-tumor activities are exerted through several different pathways in a MHC-unrestricted manner. Thus, immunotherapy using γδT cells is considered to be effective for various types of cancer. Occasionally, however, ex vivo expanded cells are not as effective as expected due to cell exhaustion. To overcome the issue of T-cell exhaustion, researchers have generated induced pluripotent stem cells (iPSCs) that harbor the same T-cell receptor (TCR) genes as their original T-cells, which provide nearly limitless sources for antigen-specific cytotoxic T lymphocytes (CTLs). However, these technologies have focused on αβT cells and require a population of antigen-specific CTLs, which are purified by cell sorting with HLA-peptide multimer, as the origin of iPS cells. In the present study, we aimed to develop an efficient and convenient system for generating iPSCs that harbor rearrangements of the TCRG and TCRD gene regions (γδT-iPSCs) without cell-sorting. We stimulated human whole peripheral blood mononuclear cell (PBMC) culture using Interleukin-2 and Zoledronate to activate γδT cells. Gene transfer into those cells with the Sendai virus vector resulted in γδT cell-dominant expression of exogenous genes. The introduction of reprogramming factors into the stimulated PBMC culture allowed us to establish iPSC lines. Around 70% of the established lines carried rearrangements at the TCRG and TCRD gene locus. The γδT-iPSCs could differentiate into hematopoietic progenitors. Our technology will pave the way for new avenues toward novel immunotherapy that can be applied for various types of cancer. Stem Cells Translational Medicine 2018 7:34–44.

    John Wiley and Sons Ltd., 2018年01月01日, Stem cells translational medicine, 7 (1), 34 - 44, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Ryo Ishida, Michiyo Koyanagi-Aoi, Nobu Oshima, Yoshihiro Kakeji, Takashi Aoi

    Cancer stem cells (CSC) are capable of reconstructing cancer tissues, are involved in both recurrence and metastasis, and contribute to therapeutic resistance. Therefore, elucidating the molecular mechanism in CSCs is important to successfully treat unresectable cancers. Previously, we observed that colon cancer stem-like cells can be induced from human colon cancer cell lines by retrovirally introducing OCT3/4, SOX2, and KLF4, and we have designated such cells as induced cancer stem cells (iCSC). In the current study, we used iCSCs to evaluate the molecular mechanism of colon CSCs and developed new methods to control them. The spheres that were derived in vitro from the iCSCs, but not those from parental cells, mimicked human colon cancer tissues in terms of their immunohistologic patterns; therefore, sphere-forming ability was assessed as a measure of the tissuere-constructing ability of iCSCs. Interestingly, the calcineurin inhibitor FK506 enhanced the sphere-forming ability of iCSCs, whereas GSK3 inhibition by RNAi, CHIR99021, and valproic acid (VPA) impeded the sphere-forming ability and expansion of iCSCs. FK506 and GSK3 inhibition showed the opposite effect regarding the NFATc3 localization of iCSCs. These data reveal the crucial role that NFAT localization, as regulated by calcineurin and GSK3, plays in the tissue-reconstructing ability of colon cancer stem cells and the potential of GSK3 inhibitors, such as VPA, in colon cancer stem cell-targeting therapy. (C) 2017 AACR.

    AMER ASSOC CANCER RESEARCH, 2017年10月, MOLECULAR CANCER RESEARCH, 15 (10), 1455 - 1466, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 人工肺癌幹細胞を用いた、肺癌組織再構築と新規治療法開発の試み

    小川裕行, 青井三千代, 青井貴之, 眞庭 謙昌

    2017年09月, 肺癌, 57 (5), 416, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Hiroyuki Ogawa, Michiyo Koyanagi-Aoi, Kyoko Otani, Yoh Zen, Yoshimasa Maniwa, Takashi Aoi

    In the present study, we successfully generated lung cancer stem cell (CSC)-like cells by introducing a small set of transcription factors into a lung cancer cell line. In addition to properties that are conventionally referred to as CSC properties, the lung induced CSCs exhibited the ability to form lung cancer-like tissues in vitro with vascular cells and mesenchymal stem cells, which showed structures and immunohistological patterns that were similar to human lung cancer tissues. We named them "lung cancer organoids". We found that interleukin-6 (IL-6), which was expressed in the lung induced CSCs, facilitates the formation of lung cancer organoids via the conversion of mesenchymal stem cells into alpha-smooth muscle actin (alpha SMA)-positive cells. Interestingly, the combination of anti-IL-6 antibody and cisplatin could destroy the lung cancer organoids, while cisplatin alone could not. Furthermore, IL-6 mRNA-positive cancer cells were found in clinical lung cancer samples. These results suggest that IL-6 could be a novel therapeutic target in lung cancer.

    NATURE PUBLISHING GROUP, 2017年09月, SCIENTIFIC REPORTS, 7 (1), 12317, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • iPS細胞を巡る最新の動向と今後の研究展開 人工癌幹細胞と癌オルガノイドを用いた癌幹細胞研究

    青井 貴之, 石田 諒, 小川 裕行, 青井 三千代, 掛地 吉弘, 眞庭 謙昌

    2017年06月, Cytometry Research, 27 (Suppl), 36, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • リプログラミングを応用したがん幹細胞研究 人工癌幹細胞と癌オルガノイドを用いた癌幹細胞研究

    青井貴之, 石田諒, 小川裕行, 青井三千代

    2017年05月, 組織培養研究, 36 (3), 86, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 諫田泰成, 中村和昭, 山崎大樹, 片岡健, 青井貴之, 中川誠人, 藤井万紀子, 阿久津英憲, 末盛博文, 浅香勲, 中村幸夫, 小島肇, 関野祐子, 古江-楠田美保

    2017年, 組織培養研究, 36 (2), 13 - 19, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takao Hayakawa, Takashi Aoi, Christopher Bravery, Karin Hoogendoorn, Ivana Knezevic, Junichi Koga, Daisuke Maeda, Akifumi Matsuyama, James McBlane, Tomohiro Morio, John Petricciani, Mahendra Rao, Anthony Ridgway, Daisaku Sato, Yoji Sato, Glyn Stacey, Norihisa Sakamoto, Jean-Hugues Trouvin, Akihiro Umezawa, Masayuki Yamato, Kazuo Yano, Hiroyuki Yokote, Kentaro Yoshimatsu, Pierrette Zorzi-Morre

    Academic Press, 2016年01月01日, Biologicals, 44 (1), 51, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Current issues on cancer stem cell researches

    IshidaR, KakejiY, AoiT

    2016年, Cytometry Research, 26 (2), 7 - 13, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takao Hayakawa, Takashi Aoi, Christopher Bravery, Karin Hoogendoorn, Ivana Knezevic, Junichi Koga, Daisuke Maeda, Akifumi Matsuyama, James McBlane, Tomohiro Morio, John Petricciani, Mahendra Rao, Anthony Ridgway, Daisaku Sato, Yoji Sato, Glyn Stacey, Norihisa Sakamoto, Jean-Hugues Trouvin, Akihiro Umezawa, Masayuki Yamato, Kazuo Yano, Hiroyuki Yokote, Kentaro Yoshimatsu, Pierrette Zorzi-Morre

    The regulation of human cell therapy products is a key factor in their development and use to treat human diseases. In that regard, there is a recognized need for a global effort to develop a set of common principles that may serve to facilitate a convergence of regulatory approaches to ensure the smooth and efficient evaluation of products. This conference, with experts from regulatory agencies, industry, and academia, contributed to the process of developing such a document.Elements that could form a minimum consensus package of requirements for evaluating human cell therapy products were the overall focus of the conference. The important regulatory considerations that are unique to human cell therapy products were highlighted.Sessions addressed specific points that are different from those of traditional biological/biotechnological protein products. Panel discussions complemented the presentations.The conference concluded that most of the current regulatory framework is appropriate for cell therapy, but there are some areas where the application of the requirements for traditional biologicals is inappropriate. In addition, it was agreed that there is a need for international consensus on core regulatory elements, and that one of the major international organizations should take the lead in formulating such a consensus document.

    Academic Press, 2015年09月01日, Biologicals, 43 (5), 283 - 297, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Takao Hayakawa, Takashi Aoi, Christopher Bravery, Karin Hoogendoorn, Ivana Knezevic, Junichi Koga, Daisuke Maeda, Akifumi Matsuyama, James McBlane, Tomohiro Morio, John Petricciani, Mahendra Rao, Anthony Ridgway, Daisaku Sato, Yoji Sato, Glyn Stacey, Norihisa Sakamoto, Jean-Hugues Trouvin, Akihiro Umezawa, Masayuki Yamato, Kazuo Yano, Hiroyuki Yokote, Kentaro Yoshimatsu, Pierrette Zorzi-Morre

    The regulation of human cell therapy products is a key factor in their development and use to treat human diseases. In that regard, there is a recognized need for a global effort to develop a set of common principles that may serve to facilitate a convergence of regulatory approaches to ensure the smooth and efficient evaluation of products. This conference, with experts from regulatory agencies, industry, and academia, contributed to the process of developing such a document. Elements that could form a minimum consensus package of requirements for evaluating human cell therapy products were the overall focus of the conference. The important regulatory considerations that are unique to human cell therapy products were highlighted. Sessions addressed specific points that are different from those of traditional biological/biotechnological protein products. Panel discussions complemented the presentations.

    ACADEMIC PRESS LTD- ELSEVIER SCIENCE LTD, 2015年09月, BIOLOGICALS, 43 (5), 283 - 297, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takashi Aoi, Glyn Stacey

    In order to assure the quality and safety of future advanced cell therapies it is vital to ensure that source materials including the donor cells have been assessed and demonstrated as suitable for use in the development and manufacture of such new medicines. Here we provide a brief overview of the key issues in the delivery of quality controlled and safety tested seed stocks of human pluripotent stem cell lines to support stem cell research and the development of advanced cell therapies. We also reflect on the importance of national and internationally coordinated cell banking systems in this process in order to promote more efficient development of cell therapies.

    ACADEMIC PRESS LTD- ELSEVIER SCIENCE LTD, 2015年09月, BIOLOGICALS, 43 (5), 399 - 401, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • γδT細胞を用いた前立腺癌に対するアデノウイルスベクターデリバリーシステムの開発

    長谷部 友紀, 小川 良雄, 直江 道夫, 冨士 幸蔵, 青井 貴之, 水口 裕之, 寺尾 秀治

    医学図書出版(株), 2015年05月, 泌尿器外科, 28 (臨増), 858 - 858, 日本語

    [査読有り]

  • アデノウイルスベクターデリバリーシステムの基礎的検討(Third report)

    直江 道夫, 長谷部 友紀, 寺尾 秀治, 水口 裕之, 青井 貴之, 冨士 幸蔵, 小川 良雄

    (一社)日本泌尿器科学会総会事務局, 2015年04月, 日本泌尿器科学会総会, 103回, 667 - 667, 日本語

    [査読有り]

  • Application of iPSC technology to cancer treatment

    Nobu Oshima, Takashi Aoi

    Induced pluripotent stem cells (iPSCs) can be generated via reprogramming of somatic cells into pluripotent stem cells by introducing defined factors with appropriate culture conditions. iPSC5 have 4 key properties. iPSCs have pluripotency and self- renewal ability, which are properties in common with embryonic stem cells. Additionally, iPSCs can be generated from various donor individuals with particular characteristics and also from various types of cells in a single donor. Regarding the medical applications of the technology, the best use of iPSCs should be based on a better understanding of these properties in accdance to different purposes. At present, the technology has been applied in various research fields. In cancer research, the technology has been expected to be useful, especially in immunotherapy, disease modeling, drug development. Thus, iPSC technology is a promising tool even in the field. Continuous challenges raise the hope for the development of novel caner treatments using iPSC technologies in the future.

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy Publishers Inc., 2015年02月01日, Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy, 42 (2), 139 - 143, 日本語

    [査読有り]

  • Study on ensuring the quality and safety of pharmaceuticals and medical devices derived from processing of human embryonic stem (-like) cells

    HayakawaT, AoiT, UmezawaA, OzawaK, SatoY, SawaY, MatsuyamaA, YamanakaS, YamatoM

    2015年, Regenerative Therapy, 2, 109 - 122, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Study on ensuring the quality and safety of pharmaceuticals and medical devices derived from processing of autologous human somatic stem cells

    HayakawaT, AoiT, UmezawaA, OzawaK, SatoY, SawaY, MatsuyamaA, YamanakaS, YamatoM

    2015年, Regenerative Therapy, 2, 57 - 69, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Study on ensuring the quality and safety of pharmaceuticals and medical devices derived from processing of autologous human induced pluripotent stem (-like) cells

    HayakawaT, AoiT, UmezawaA, OzawaK, SatoY, SawaY, MatsuyamaA, YamanakaS, YamatoM

    2015年, Regenerative Therapy, 2, 81 - 94, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Study on ensuring the quality and safety of pharmaceuticals and medical devices derived from processing of allogenic human somatic stem cells

    HayakawaT, AoiT, UmezawaA, OzawaK, SatoY, SawaY, MatsuyamaA, YamanakaS, YamatoM

    2015年, Regenerative Therapy, 2, 70 - 80, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Study on ensuring the quality and safety of pharmaceuticals and medical devices derived from processing of allogenic human induced pluripotent stem (-like) cells

    HayakawaT, AoiT, UmezawaA, OzawaK, SatoY, SawaY, MatsuyamaA, YamanakaS, YamatoM

    2015年, Regenerative Therapy, 2, 95 - 108, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 前立腺癌に対するγδT細胞を用いたアデノウイルスベクターデリバリーシステムの開発(Development of the adenovirus vector delivery system using γδT cells to prostate cancer cell)

    長谷部 友紀, 小川 良雄, 直江 道夫, 冨士 幸蔵, 青井 貴之, 水口 裕之, 寺尾 秀治

    日本癌学会, 2014年09月, 日本癌学会総会記事, 73回, P - 1322, 英語

    [査読有り]

  • Nobu Oshima, Yasuhiro Yamada, Satoshi Nagayama, Kenji Kawada, Suguru Hasegawa, Hiroshi Okabe, Yoshiharu Sakai, Takashi Aoi

    Cancer stem cells (CSCs) are considered to be responsible for the dismal prognosis of cancer patients. However, little is known about the molecular mechanisms underlying the acquisition and maintenance of CSC properties in cancer cells because of their rarity in clinical samples. We herein induced CSC properties in cancer cells using defined factors. We retrovirally introduced a set of defined factors (OCT3/4, SOX2 and KLF4) into human colon cancer cells, followed by culture with conventional serum-containing medium, not human embryonic stem cell medium. We then evaluated the CSC properties in the cells. The colon cancer cells transduced with the three factors showed significantly enhanced CSC properties in terms of the marker gene expression, sphere formation, chemoresistance and tumorigenicity. We designated the cells with CSC properties induced by the factors, a subset of the transduced cells, as induced CSCs (iCSCs). Moreover, we established a novel technology to isolate and collect the iCSCs based on the differences in the degree of the dye-effluxing activity enhancement. The xenografts derived from our iCSCs were not teratomas. Notably, in contrast to the tumors from the parental cancer cells, the iCSC-based tumors mimicked actual human colon cancer tissues in terms of their immunohistological findings, which showed colonic lineage differentiation. In addition, we confirmed that the phenotypes of our iCSCs were reproducible in serial transplantation experiments. By introducing defined factors, we generated iCSCs with lineage specificity directly from cancer cells, not via an induced pluripotent stem cell state. The novel method enables us to obtain abundant materials of CSCs that not only have enhanced tumorigenicity, but also the ability to differentiate to recapitulate a specific type of cancer tissues. Our method can be of great value to fully understand CSCs and develop new therapies targeting CSCs.

    PUBLIC LIBRARY SCIENCE, 2014年07月, PLOS ONE, 9 (7), e101735, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 泌尿器科癌細胞株に対するγδT細胞を用いたアデノウイルスベクターデリバリーシステムの開発(Development of the adenovirus vector delivery system using γδT cells to urological cancer cell lines)

    長谷部 友紀, 小川 良雄, 直江 道夫, 冨士 幸蔵, 青井 貴之, 水口 裕之, 寺尾 秀治

    日本癌学会, 2013年10月, 日本癌学会総会記事, 72回, 435 - 435, 英語

    [査読有り]

  • Bilada Bilican, Andrea Serio, Sami J. Barmada, Agnes Lumi Nishimura, Gareth J. Sullivan, Monica Carrasco, Hemali P. Phatnani, Clare A. Puddifoot, David Story, Judy Fletcher, In-Hyun Park, Brad A. Friedman, George Q. Daley, David J. A. Wyllie, Giles E. Hardingham, Ian Wilmut, Steven Finkbeiner, Tom Maniatis, Christopher E. Shaw, Siddharthan Chandran

    Egawa et al. recently showed the value of patient-specific induced pluripotent stem cells (iPSCs) for modeling amyotrophic lateral sclerosis in vitro. Their study and our work highlight the need for complementary assays to detect small, but potentially important, phenotypic differences between control iPSC lines and those carrying disease mutations.

    AMER ASSOC ADVANCEMENT SCIENCE, 2013年06月, SCIENCE TRANSLATIONAL MEDICINE, 5 (188), 188lr2, 英語

    [査読有り]

  • Kondo T, Asai M, Tsukita K, Kutoku Y, Ohsawa Y, Sunada Y, Imamura K, Egawa N, Yahata N, Okita K, Takahashi K, Asaka I, Aoi T, Watanabe A, Watanabe K, Kadoya C, Nakano R, Watanabe D, Maruyama K, Hori O, Hibino S, Choshi T, Nakahata T, Hioki H, Kaneko T, Naitoh M, Yoshikawa K, Yamawaki S, Suzuki S, Hata R, Ueno S, Seki T, Kobayashi K, Toda T, Murakami K, Irie K, Klein WL, Mori H, Asada T, Takahashi R, Iwata N, Yamanaka S, Inoue H

    Oligomeric forms of amyloid-beta peptide (A beta) are thought to play a pivotal role in the pathogenesis of Alzheimer's disease (AD), but the mechanism involved is still unclear. Here, we generated induced pluripotent stem cells (iPSCs) from familial and sporadic AD patients and differentiated them into neural cells. A beta oligomers accumulated in iPSC-derived neurons and astrocytes in cells from patients with a familial amyloid precursor protein (APP)-E693 Delta mutation and sporadic AD, leading to endoplasmic reticulum (ER) and oxidative stress. The accumulated A beta oligomers were not proteolytically resistant, and docosahexaenoic acid (DHA) treatment alleviated the stress responses in the AD neural cells. Differential manifestation of ER stress and DHA responsiveness may help explain variable clinical results obtained with the use of DHA treatment and suggests that DHA may in fact be effective for a subset of patients. It also illustrates how patient-specific iPSCs can be useful for analyzing AD pathogenesis and evaluating drugs.

    CELL PRESS, 2013年04月, Cell stem cell, 12 (4), 487 - 496, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takashi Aoi

    Induced pluripotent stem (iPS) cells are generated from somatic cells by introducing small sets of transcription factors. iPS cells demonstrate pluripotency and the ability to self-renew. In addition, iPS cells can be generated from donor individuals with particular characteristics. Based on these features, iPS cells are expected to be applicable in drug discovery, the study of disease mechanisms and cell therapy. From a technical point of view, "diversity" is the key word. At present, iPS cells can be derived using various techniques, resulting in diversity in the quality of iPS cells generated. Therefore, optimization of the derivation technology is one of the most important issues. Another "diversity" is in the propensities amongst iPS cell lines derived using similar techniques. Thus, strategies for selecting good quality lines remain to be established. Considering such technical hurdles, establishment of an iPS cell bank consisting of high quality and versatile iPS lines is a promising idea because of the merits of cost and quality control. Now, we are exploring relevant parameters for the quality control of banked cells. The challenges facing clinical application of iPS cells are new but not unprecedented. To realize clinical applications of iPS cells, we need to make these challenges clear and overcome them through partnership not only with industry, governments and universities, but also patients and society at large.

    PHARMACEUTICAL SOC JAPAN, 2013年02月, YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 133 (2), 197 - 200, 日本語

    [査読有り]

  • Shin-Ichi Mae, Akemi Shono, Fumihiko Shiota, Tetsuhiko Yasuno, Masatoshi Kajiwara, Nanaka Gotoda-Nishimura, Sayaka Arai, Aiko Sato-Otubo, Taro Toyoda, Kazutoshi Takahashi, Naoki Nakayama, Chad A. Cowan, Takashi Aoi, Seishi Ogawa, Andrew P. McMahon, Shinya Yamanaka, Kenji Osafune

    A method for stimulating the differentiation of human pluripotent stem cells into kidney lineages remains to be developed. Most cells in kidney are derived from an embryonic germ layer known as intermediate mesoderm. Here we show the establishment of an efficient system of homologous recombination in human pluripotent stem cells by means of bacterial artificial chromosome-based vectors and single-nucleotide polymorphism array-based detection. This system allowed us to generate human-induced pluripotent stem cell lines containing green fluorescence protein knocked into OSR1, a specific intermediate mesoderm marker. We have also established a robust induction protocol for intermediate mesoderm, which produces up to 90% OSR1 + cells. These human intermediate mesoderm cells can differentiate into multiple cell types of intermediate mesoderm-derived organs in vitro and in vivo, thereby supplying a useful system to elucidate the mechanisms of intermediate mesoderm development and potentially providing a cell source for regenerative therapies of the kidney. © 2013 Macmillan Publishers Limited. All rights reserved.

    2013年, Nature Communications, 4, 1367, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Michio Naoe, Yoshio Ogawa, Yuki Hasebe, Kozo Fuji, Sanju Iwamoto, Hiroyuki Mizuguchi, Takashi Aoi, Shuji Terao

    Developing new treatments that reduce prostate cancer progression is important. Therapeutic efficacy of conventional gene therapy for metastatic prostate cancer is still low. Lower induction rate of naked genes into target cell is due to reduced expression of adenovirus receptor on cancer cell and also due to high seroprevalence of anti-Ad antibodies in adults. Therefore, efficient Ad carrier systems that circumvent these problems should be developed. Gamma-delta T cells have demonstrated high affinity to cancer cells. CD46, which leads to broad tropism in Ad35 vectors, is expressed in hematopoietic cells, including γδ T cells. In this study, we demonstrate the potential of γδ T cells as "vehicles" for transporting Ad5/F35 vectors and genes into cancer cells. © 2013 Naoe M, et al.

    2013年, Journal of Cancer Science and Therapy, 5 (11), 384 - 390, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Naohiro Egawa, Shiho Kitaoka, Kayoko Tsukita, Motoko Naitoh, Kazutoshi Takahashi, Takuya Yamamoto, Fumihiko Adachi, Takayuki Kondo, Keisuke Okita, Isao Asaka, Takashi Aoi, Akira Watanabe, Yasuhiro Yamada, Asuka Morizane, Jun Takahashi, Takashi Ayaki, Hidefumi Ito, Katsuhiro Yoshikawa, Satoko Yamawaki, Shigehiko Suzuki, Dai Watanabe, Hiroyuki Hioki, Takeshi Kaneko, Kouki Makioka, Koichi Okamoto, Hiroshi Takuma, Akira Tamaoka, Kazuko Hasegawa, Takashi Nonaka, Masato Hasegawa, Akihiro Kawata, Minoru Yoshida, Tatsutoshi Nakahata, Ryosuke Takahashi, Maria C. N. Marchetto, Fred H. Gage, Shinya Yamanaka, Haruhisa Inoue

    Amyotrophic lateral sclerosis (ALS) is a late-onset, fatal disorder in which the motor neurons degenerate. The discovery of new drugs for treating ALS has been hampered by a lack of access to motor neurons from ALS patients and appropriate disease models. We generate motor neurons from induced pluripotent stem cells (iPSCs) from familial ALS patients, who carry mutations in Tar DNA binding protein-43 (TDP-43). ALS patient-specific iPSC-derived motor neurons formed cytosolic aggregates similar to those seen in postmortem tissue from ALS patients and exhibited shorter neurites as seen in a zebrafish model of ALS. The ALS motor neurons were characterized by increased mutant TDP-43 protein in a detergent-insoluble form bound to a spliceosomal factor SNRPB2. Expression array analyses detected small increases in the expression of genes involved in RNA metabolism and decreases in the expression of genes encoding cytoskeletal proteins. We examined four chemical compounds and found that a histone acetyltransferase inhibitor called anacardic acid rescued the abnormal ALS motor neuron phenotype. These findings suggest that motor neurons generated from ALS patient-derived iPSCs may provide a useful tool for elucidating ALS disease pathogenesis and for screening drug candidates.

    AMER ASSOC ADVANCEMENT SCIENCE, 2012年08月, SCIENCE TRANSLATIONAL MEDICINE, 4 (145), 145ra104, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masatoshi Kajiwara, Takashi Aoi, Keisuke Okita, Ryosuke Takahashi, Haruhisa Inoue, Naoya Takayama, Hiroshi Endo, Koji Eto, Junya Toguchida, Shinji Uemoto, Shinya Yamanaka

    Hepatocytes generated from human induced pluripotent stem cells (hiPSCs) are unprecedented resources for pharmaceuticals and cell therapy. However, the in vitro directed differentiation of human pluripotent stem cells into mature hepatocytes remains challenging. Little attention has so far been paid to variations among hiPSC lines in terms of their hepatic differentiation. In the current study, we developed an improved hepatic differentiation protocol and compared 28 hiPSC lines originated from various somatic cells and derived using retroviruses, Sendai viruses, or episomal plasmids. This comparison indicated that the origins, but not the derivation methods, may be a major determinant of variation in hepatic differentiation. The hiPSC clones derived from peripheral blood cells consistently showed good differentiation efficiency, whereas many hiPSC clones from adult dermal fibroblasts showed poor differentiation. However, when we compared hiPSCs from peripheral blood and dermal fibroblasts from the same individuals, we found that variations in hepatic differentiation were largely attributable to donor differences, rather than to the types of the original cells. These data underscore the importance of donor differences when comparing the differentiation propensities of hiPSC clones.

    NATL ACAD SCIENCES, 2012年07月, PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 109 (31), 12538 - 12543, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masanori Imamura, Takashi Aoi, Ako Tokumasu, Nathan Mise, Kuniya Abe, Shinya Yamanaka, Toshiaki Noce

    Pluripotent stem cells can be established by various methods, but they share several cytological properties, including germ cell differentiation in vitro, independently of their origin. Although mouse induced pluripotent stem (iPS) cells can produce functional gametes in vivo, it is still unclear whether or not they have the ability to produce presumptive germ cells in vitro. Here, we show that mouse iPS cells derived from adult hepatocytes were able to differentiate into presumptive germ cells marked by mouse vase homolog (Mvh) expression in feeder-free or suspension cultures. Embryoid body (EB) formation from iPS cells also induced the formation of round-shaped cells resembling immature oocytes. Mvh(+) cells formed clumps by co-aggregation with differentiation-supporting cells, and increased expression of germ cell markers was detected in these cell aggregates. Differentiation culture of presumptive germ cells from iPS cells could provide a conventional system for facilitating our understanding of the mechanisms underlying direct reprogramming and germline competency.

    WILEY-LISS, 2010年09月, MOLECULAR REPRODUCTION AND DEVELOPMENT, 77 (9), 802 - 811, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 正しい知識が捏造を防ぐ データを正確に解釈するための6つのポイント(No.6)分子生物学,生化学,細胞生物学における統計のポイント--医療統計学の専門家を交えた鼎談[含 Q&A(第5回)質問・コメントとそれに対する回答 大規模データ解析における問題点]

    山中 伸弥, 青井 貴之, 佐藤 俊哉

    2009年10月, 蛋白質核酸酵素, 54 (13), 1792 - 1803, 日本語

    [査読有り]

  • Kyoko Miura, Yohei Okada, Takashi Aoi, Aki Okada, Kazutoshi Takahashi, Keisuke Okita, Masato Nakagawa, Michiyo Koyanagi, Koji Tanabe, Mari Ohnuki, Daisuke Ogawa, Eiji Ikeda, Hideyuki Okano, Shinya Yamanaka

    We evaluated the teratoma-forming propensity of secondary neurospheres (SNS) generated from 36 mouse induced pluripotent stem (iPS) cell lines derived in 11 different ways. Teratoma-formation of SNS from embryonic fibroblast-derived iPS cells was similar to that of SNS from embryonic stem (ES) cells. In contrast, SNS from iPS cells derived from different adult tissues varied substantially in their teratoma-forming propensity, which correlated with the persistence of undifferentiated cells.

    NATURE PUBLISHING GROUP, 2009年08月, NATURE BIOTECHNOLOGY, 27 (8), 743 - 745, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hyenjong Hong, Kazutoshi Takahashi, Tomoko Ichisaka, Takashi Aoi, Osami Kanagawa, Masato Nakagawa, Keisuke Okita, Shinya Yamanaka

    Induced pluripotent stem(iPS) cells can be generated from somatic cells by the introduction of Oct3/4 ( also known as Pou5f1), Sox2, Klf4 and c-Myc, in mouse(1-4) and in human(5-8). The efficiency of this process, however, is low(9). Pluripotency can be induced without c-Myc, but with even lower efficiency(10,11). A p53 (also known as TP53 in humans and Trp53 in mice) short-interfering RNA (siRNA) was recently shown to promote human iPS cell generation(12), but the specificity and mechanisms remain to be determined. Here we report that up to 10% of transduced mouse embryonic fibroblasts lacking p53 became iPS cells, even without the Myc retrovirus. The p53 deletion also promoted the induction of integration-free mouse iPS cells with plasmid transfection. Furthermore, in the p53-null background, iPS cells were generated from terminally differentiated T lymphocytes. The suppression of p53 also increased the efficiency of human iPS cell generation. DNA microarray analyses identified 34 p53-regulated genes that are common in mouse and human fibroblasts. Functional analyses of these genes demonstrate that the p53-p21 pathway serves as a barrier not only in tumorigenicity, but also in iPS cell generation.

    NATURE PUBLISHING GROUP, 2009年08月, NATURE, 460 (7259), 1132 - U95, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Improved Gene Transfer into Renal Carcinoma Cells Using Adenovirus Vector Containing RGD Motif

    Shuji Terao, Bishnu Acharya, Toru Suzuki, Takashi Aoi, Michio Naoe, Katsuyuki Hamada, Hiroyuki Mizuguchi, Akinobu Gotoh

    The transduction efficacy of adenovirus serotype 5 (Ad5) vector in human renal carcinoma cells is generally extremely low due to the non-expression of Coxsackie and adenoviral receptor (CAR). We investigated whether fiber-modified Ad vector containing an RGD motif in the HI loop of the Ad fiber knob could increase the transduction efficiency of Ad5 in human renal carcinoma cells in vitro. Materials and Methods: We examined both expressions of CAR, and alpha(v), beta(3) and beta(5) integrins, and the transduction efficacy of fiber-modified adenovirus vector in all cell lines. Results: The expression of CAR was lower and those of av and beta(3) integrins were higher in all cell lines compared with control cell line, KK47. The transduction efficacy of fiber-modified Ad vector increased by 125- to 1,800-fold compared with Ad5. Conclusion: The fiber-modified Ad vector may be useful to establish effective new gene therapy strategies for the treatment of renal cell carcinoma.

    INT INST ANTICANCER RESEARCH, 2009年08月, ANTICANCER RESEARCH, 29 (8), 2997 - 3001, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takashi Aoi, Kojiro Yae, Masato Nakagawa, Tomoko Ichisaka, Keisuke Okita, Kazutoshi Takahashi, Tsutomu Chiba, Shinya Yamanaka

    Induced pluripotent stem ( iPS) cells have been generated from mouse and human fibroblasts by the retroviral transduction of four transcription factors. However, the cell origins and molecular mechanisms of iPS cell induction remain elusive. This report describes the generation of iPS cells from adult mouse hepatocytes and gastric epithelial cells. These iPS cell clones appear to be equivalent to embryonic stem cells in gene expression and are competent to generate germline chimeras. Genetic lineage tracings show that liver- derived iPS cells are derived from albumin-expressing cells. No common retroviral integration sites are found among multiple clones. These data suggest that iPS cells are generated by direct reprogramming of lineage- committed somatic cells and that retroviral integration into specific sites is not required.

    AMER ASSOC ADVANCEMENT SCIENCE, 2008年08月, SCIENCE, 321 (5889), 699 - 702, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masato Nakagawa, Michiyo Koyanagi, Koji Tanabe, Kazutoshi Takahashi, Tomoko Ichisaka, Takashi Aoi, Keisuke Okita, Yuji Mochiduki, Nanako Takizawa, Shinya Yamanaka

    Direct reprogramming of somatic cells provides an opportunity to generate patient- or disease-specific pluripotent stem cells. Such induced pluripotent stem (iPS) cells were generated from mouse fibroblasts by retroviral transduction of four transcription factors: Oct3/4, Sox2, Klf4 and c-Myc(1). Mouse iPS cells are indistinguishable from embryonic stem (ES) cells in many respects and produce germline- competent chimeras(2-4). Reactivation of the c-Myc retrovirus, however, increases tumorigenicity in the chimeras and progeny mice, hindering clinical applications(3). Here we describe a modified protocol for the generation of iPS cells that does not require the Myc retrovirus. With this protocol, we obtained significantly fewer non-iPS background cells, and the iPS cells generated were consistently of high quality. Mice derived from Myc-iPS cells did not develop tumors during the study period. The protocol also enabled efficient isolation of iPS cells without drug selection. Furthermore, we generated human iPS cells from adult dermal fibroblasts without MYC.

    NATURE PUBLISHING GROUP, 2008年01月, NATURE BIOTECHNOLOGY, 26 (1), 101 - 106, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tsutomu Chiba, Takashi Aoi

    BLACKWELL PUBLISHING, 2007年07月, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 22 (7), 965 - 967, 英語

    [査読有り]

  • T Aoi, H Marusawa, T Sato, T Chiba, M Maruyama

    B M J PUBLISHING GROUP, 2006年04月, GUT, 55 (4), 588 - 589, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

MISC

  • リプログラミング因子を用いた人工骨肉腫幹細胞株の樹立とその特性の探索

    藤原 周一, 河本 旭哉, 川上 洋平, 原 仁美, 深瀬 直政, 竹森 俊幸, 北山 和道, 八尋 俊輔, 青井 貴之, 黒田 良祐, 秋末 敏宏

    (公社)日本整形外科学会, 2019年09月, 日本整形外科学会雑誌, 93 (8), S1679 - S1679, 日本語

  • リプログラミング因子を用いた人工骨肉腫幹細胞株の樹立とその特性の探索

    藤原 周一, 河本 旭哉, 川上 洋平, 原 仁美, 深瀬 直政, 竹森 俊幸, 北山 和道, 八尋 俊輔, 青井 貴之, 黒田 良祐, 秋末 敏宏

    (公社)日本整形外科学会, 2019年09月, 日本整形外科学会雑誌, 93 (8), S1679 - S1679, 日本語

  • リプログラミング因子を用いた人工骨肉腫幹細胞株の樹立

    藤原 周一, 河本 旭哉, 川上 洋平, 小寺澤 康文, 原 仁美, 深瀬 直政, 竹森 俊幸, 北山 和道, 秋末 敏宏, 青井 貴之, 黒田 良祐

    (公社)日本整形外科学会, 2019年06月, 日本整形外科学会雑誌, 93 (6), S1416 - S1416, 日本語

  • リプログラミング因子を用いた人工骨肉腫幹細胞株の樹立

    藤原 周一, 河本 旭哉, 川上 洋平, 小寺澤 康文, 原 仁美, 深瀬 直政, 竹森 俊幸, 北山 和道, 秋末 敏宏, 青井 貴之, 黒田 良祐

    (公社)日本整形外科学会, 2019年06月, 日本整形外科学会雑誌, 93 (6), S1416 - S1416, 日本語

  • ENHANCED DIFFERENTIATION AND STRATIFICATION OF BLADDER UROTHELIUM FROM HUMAN INDUCED PLURIPOTENT STEM CELL

    Kotaro Suzuki, Michiyo Koyanagi-Aoi, Keiichiro Uehara, Nobuyuki Hinata, Masato Fujisawa, Takashi Aoi

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2019年04月, JOURNAL OF UROLOGY, 201 (4), E155 - E156, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • 下垂体発生における視床下部-口腔外胚葉間FGFの役割

    松本 隆作, 青井 貴之, 小柳 三千代, 須賀 英隆, 福岡 秀規, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    (一社)日本内分泌学会, 2019年04月, 日本内分泌学会雑誌, 95 (1), 352 - 352, 日本語

  • 下垂体発生における視床下部-口腔外胚葉間FGFの役割

    松本 隆作, 青井 貴之, 小柳 三千代, 須賀 英隆, 福岡 秀規, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    (一社)日本内分泌学会, 2019年04月, 日本内分泌学会雑誌, 95 (1), 408 - 408, 日本語

  • 下垂体発生における視床下部-口腔外胚葉間FGFの役割

    松本 隆作, 青井 貴之, 小柳 三千代, 須賀 英隆, 福岡 秀規, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    (一社)日本内分泌学会, 2019年04月, 日本内分泌学会雑誌, 95 (1), 408 - 408, 日本語

  • 下垂体発生における視床下部-口腔外胚葉間FGFの役割

    松本 隆作, 青井 貴之, 小柳 三千代, 須賀 英隆, 福岡 秀規, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    (一社)日本内分泌学会, 2019年04月, 日本内分泌学会雑誌, 95 (1), 352 - 352, 日本語

  • 転写因子OTX2は視床下部からのFGFシグナルを介して下垂体を分化させる

    松本 隆作, 須賀 英隆, 井口 元三, 福岡 秀規, 長谷川 奉延, 六車 恵子, 小川 渉, 青井 貴之, 高橋 裕

    (一社)日本内分泌学会, 2018年04月, 日本内分泌学会雑誌, 94 (1), 314 - 314, 日本語

  • 【iPS細胞技術を駆使したがん、感染症のあらたな制御】 同種iPS細胞由来γδT細胞を用いたがん免疫療法の可能性

    青井貴之

    2017年12月, 医学のあゆみ, 263 (11-12号), 915 - 919, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 疾患特異的iPS細胞を用いた先天性下垂体機能低下症の病態解明

    松本 隆作, 須賀 英隆, 青井 貴之, 坂東 弘教, 福岡 秀規, 井口 元三, 鳴海 覚志, 高木 優樹, 石井 智弘, 長谷川 奉延, 六車 恵子, 小川 渉, 高橋 裕

    (一社)日本内分泌学会, 2017年04月, 日本内分泌学会雑誌, 93 (1), 249 - 249, 日本語

  • In vitro Construction of Lung Cancer Organoids from Induced Lung Cancer Stem Like Cells

    Hiroyuki Ogawa, Takashi Aoi, Nahoko Shimizu, Daisuke Hokka, Yugo Tanaka, Michiyo Koyanagi-Aoi, Yoshimasa Maniwa

    ELSEVIER SCIENCE INC, 2017年01月, JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY, 12 (1), S1153 - S1153, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • Takashi Aoi

    At present, most cases of unresectable cancer cannot be cured. Genetic mutations, EMT, and cancer stem cells are three major issues linked to poor prognosis in such cases, all connected by inter- and intra-tumor heterogeneity. Issues on inter-/intra-tumor heterogeneity of genetic mutation could be resolved with recent and future technologies of deep sequencers, whereas, regarding such issues as the “same genome, different epigenome/phenotype”, we expect to solve many of these problems in the future through further research in stem cell biology. We herein review and discuss the three major issues in the biology of cancers, especially from the standpoint of stem cell biology.

    Springer Tokyo, 2016年09月01日, General Thoracic and Cardiovascular Surgery, 64 (9), 517 - 523, 英語

    書評論文,書評,文献紹介等

  • Takashi Aoi

    In 2006, induced pluripotent stem (iPS) cells were generated by Yamanaka and Takahashi for the first time from a mouse fibroblast culture by introducing four factors. In the 10 years since then, this breakthrough discovery has been making waves in the fields of biology and medical science. For example, various technologies for generating iPS cells have been developed, and we have cultivated a better understanding of the mechanisms involved in reprogramming. In addition, many researchers have explored the applications of iPS cells, such as drug discovery, the study of disease mechanisms and regenerative medicine, and the development of advanced technologies for the differentiation and qualification of the cells. Furthermore, the concept of iPS cell generation has inspired a number of studies that do not use iPS cells. We herein review and discuss the past, present and future of iPS cells and their related issues.

    OXFORD UNIV PRESS, 2016年09月, JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 160 (3), 121 - 129, 英語

    書評論文,書評,文献紹介等

  • 疾患特異的iPS細胞を用いた下垂体疾患の病態解明

    松本 隆作, 須賀 英隆, 福岡 秀規, 井口 元三, 小武 由紀子, 吉田 健一, 坂東 弘教, 隅田 健太郎, 西沢 衡, 高木 優樹, 石井 智弘, 長谷川 奉延, 六車 恵子, 青井 貴之, 小川 渉, 高橋 裕

    (一社)日本内分泌学会, 2016年04月, 日本内分泌学会雑誌, 92 (1), 300 - 300, 日本語

  • Takao Hayakawa, Takashi Aoi, Christopher Bravery, Karin Hoogendoorn, Ivana Knezevic, Junichi Koga, Daisuke Maeda, Akifumi Matsuyama, James McBlane, Tomohiro Morio, John Petricciani, Mahendra Rao, Anthony Ridgway, Daisaku Sato, Yoji Sato, Glyn Stacey, Norihisa Sakamoto, Jean-Hugues Trouvin, Akihiro Umezawa, Masayuki Yamato, Kazuo Yano, Hiroyuki Yokote, Kentaro Yoshimatsu, Pierrette Zorzi-Morre

    ACADEMIC PRESS LTD- ELSEVIER SCIENCE LTD, 2016年01月, BIOLOGICALS, 44 (1), 51 - 51, 英語

    その他

  • 石田諒, 掛地吉弘, 青井貴之

    2016年, Cytometry research, 26 (2), 7 - 13, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【再生医療-新たな医療を求めて-】 臨床応用を目指した基礎研究 多能性幹細胞とreprogramming技術 ヒト多能性幹細胞株の分化特性とばらつき

    青井三千代, 小柳, 青井貴之

    2015年06月, 日本臨床, 73 (増刊5 再生医療), 74 - 79, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Generation of induced cancer stem cells from human colon cancer cells by somatic cell reprogramming factors

    Nobu Oshima, Yoshiharu Sakai, Takashi Aoi

    ELSEVIER SCIENCE INC, 2014年10月, JOURNAL OF THE AMERICAN COLLEGE OF SURGEONS, 219 (4), E120 - E120, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • Retrovirus Insertion in iPSCs Identifies Genes Facilitating Somatic Reprogramming

    Ali Nowrouzi, Takashi Aoi, Friederike Herbst, Annette Deichmann, Anne Arens, Nergis Kara, Philipp K. Zimmermann, Claudia R. Ball, Ulrich Abel, Jochen Utikal, Glimm Hanno, Schmidt Manfred, Yamanaka Shinya, Christof von Kalle

    NATURE PUBLISHING GROUP, 2014年05月, MOLECULAR THERAPY, 22, S15 - S15, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • Masatoshi Kajiwara, Takashi Aoi, Keisuke Okita, Ryosuke Takahashi, Haruhisa Inoue, Naoya Takayama, Hiroshi Endo, Koji Eto, Junya Toguchida, Shinji Uemoto, Shinya Yamanaka

    NATL ACAD SCIENCES, 2012年09月, PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 109 (36), 14716 - 14716, 英語

    その他

  • Japanese guidelines on ensuring quality and safety of products derived from engineered human stem cells-after public consultation-

    T. Hayakawa, T. Aoi, A. Umezawa, K. Ozawa, Y. Sato, Y. Sawa, A. Matsuyama, S. Yamanaka, M. Yamato

    WILEY-BLACKWELL, 2012年09月, JOURNAL OF TISSUE ENGINEERING AND REGENERATIVE MEDICINE, 6, 407 - 408, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • gamma delta T Cell Transports Adenovirus Vector for Prostate Cancer Cells

    M. Naoe, Y. Ogawa, Y. Hasebe, T. Suzuki, T. Aoi, H. Mizuguchi, S. Terao

    ELSEVIER SCIENCE INC, 2012年09月, UROLOGY, 80 (3), S277 - S277, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • Comprehensive Analyses of Chimeras and Progeny Mice from Induced Pluripotent Stem Cells

    Aoi, T, Okita, K, Ichisaka, T, Nakagawa, M, Koyanagi, M, Tanabe, K, Takahashi, K, Yamanaka, S

    2012年06月, ISSCR 10th annual Meeting, 英語

    [査読有り]

  • iPS細胞-樹立培養方法

    青井貴之, 大貫茉里, 沖田圭介

    2012年, 実験医学別冊 目的別で選べる細胞培養プロトコール, 210 - 228, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 「ヒト幹細胞を用いた細胞・組織加工医薬品等の品質及び安全性確保に関する研究(その1)ヒト幹細胞を用いた細胞・組織加工医薬品等の品質・安全性確保に関する指針整備と主なポイント」

    早川堯夫, 青井貴之, 梅澤明弘, 小澤敬也, 佐藤陽治, 澤芳樹, 松山晃文, 大和雅之, 山中伸弥

    2011年, 10 (3), 206 - 210

  • 「ヒト幹細胞を用いた細胞・組織加工医薬品等の品質及び安全性確保に関する研究(その2)ヒト(自己)体性幹細胞加工医薬品等の品質及び安全性の確保に関する指針(案)」

    早川堯夫, 青井貴之, 梅澤明弘, 小澤敬也, 佐藤陽治, 澤芳樹, 松山晃文, 大和雅之, 山中伸弥

    2011年, 再生医療, 10 (3), 211 - 218

  • 「ヒト幹細胞を用いた細胞・組織加工医薬品等の品質及び安全性確保に関する研究(その3)ヒト(同種)体性幹細胞加工医薬品等の品質及び安全性の確保に関する指針(案)」

    早川堯夫, 青井貴之, 梅澤明弘, 小澤敬也, 佐藤陽治, 澤芳樹, 松山晃文, 大和雅之, 山中伸弥

    2011年, 再生医療, 10 (3), 219 - 226

  • 「ヒト幹細胞を用いた細胞・組織加工医薬品等の品質及び安全性確保に関する研究(その4)ヒト(自己)iPS(様)細胞加工医薬品等の品質及び安全性の確保に関する指針(案)」

    早川堯夫, 青井貴之, 梅澤明弘, 小澤敬也, 佐藤陽治, 澤芳樹, 松山晃文, 大和雅之, 山中伸弥

    2011年, 再生医療, 10 (3), 227 - 237

  • 「ヒト幹細胞を用いた細胞・組織加工医薬品等の品質及び安全性確保に関する研究(その5)ヒト(同種)iPS(様)細胞加工医薬品等の品質及び安全性の確保に関する指針(案)」

    早川堯夫, 青井貴之, 梅澤明弘, 小澤敬也, 佐藤陽治, 澤芳樹, 松山晃文, 大和雅之, 山中伸弥

    2011年, 再生医療, 10 (3), 238 - 248

  • 「ヒト幹細胞を用いた細胞・組織加工医薬品等の品質及び安全性確保に関する研究(その6)ヒトES細胞加工医薬品等の品質及び安全性の確保に関する指針(案)」

    早川堯夫, 青井貴之, 梅澤明弘, 小澤敬也, 佐藤陽治, 澤芳樹, 松山晃文, 大和雅之, 山中伸弥

    2011年, 再生医療, 10 (3), 249 - 260

  • 「ヒト幹細胞を用いた細胞・組織加工医薬品等の品質及び安全性確保に関する研究(その7)ヒト幹細胞加工医薬品等の品質及び安全性の確保に関する指針(案)―ヒト体性幹細胞、iPS(様)細胞又はES細胞を加工して製造される医薬品等(ヒト幹細胞加工医薬品等)の最終製品の品質管理―」

    早川堯夫, 青井貴之, 梅澤明弘, 小澤敬也, 佐藤陽治, 澤芳樹, 松山晃文, 大和雅之, 山中伸弥

    2011年, 再生医療, 10 (3), 261 - 266

  • 「ヒト幹細胞を用いた細胞・組織加工医薬品等の品質及び安全性確保に関する研究(その8)―ヒト体性幹細胞、iPS(様)細胞又はES細胞を加工して製造される医薬品等(ヒト幹細胞加工医薬品等)の非臨床試験及び臨床試験について―」

    早川堯夫, 青井貴之, 梅澤明弘, 小澤敬也, 佐藤陽治, 澤芳樹, 松山晃文, 大和雅之, 山中伸弥

    2011年, 再生医療, 10 (3), 267 - 272

  • microRNAの発現プロファイリングのiPS細胞の安全性/質の評価系への応用

    小柳三千代, 一阪朋子, 成田恵, 青井貴之, 沖田圭介, 高橋和利, 山中伸弥

    2010年, 生化学, ROMBUNNO.4P-0900, 日本語

  • Chromosomal instability of various human iPS cell clones using high-resolution DNA analysis.

    OTSUKA Akiko, AOI Takashi, OKITA Keisuke, TAKAHASHI Kazutoshi, MTSUBARA Aiko, KAWAMATA Shin, OGAWA Seishi, YAMANAKA Shinya

    2010年, 生化学, ROMBUNNO.4P-0899, 英語

  • microRNA 発現プロファイリングiPS 細胞評価系への応用

    小柳三千代, 一阪朋子, 成田恵, 田邊剛士, 三浦恭子, 青井貴之, 沖田圭介, 高橋和利, 中川誠人, 山中伸弥

    2010年, 第9 回日本再生医療医学会総会(2010.3.18 広島) ※ポスター発表, 日本語

    [査読有り]

  • microRNAs are actively involved in induction of pluripotent stem cells from mouse and human fibroblasts

    KOYANAGI Michiyo, ICHISAKA Tomoko, OKADA Aki, NARITA Megumi, TANABE Koji, AOI Takashi, OKITA Keisuke, TAKAHASHI Kazutoshi, NAKAGAWA Masato, YAMANAKA Shinya

    2009年, 日本分子生物学会年会講演要旨集, 32nd (Vol.2), 190, 英語

  • Comprehensive analyses of chimeras and progeny mice from induced pluripotent stem cells

    青井貴之, 沖田圭介, 一阪朋子, 中川誠人, 小柳三千代, 八戸宏二郎, 田邊剛士, 高橋和利, 山中伸弥

    2009年, 第32 回日本分子生物学会 年会(2009.12.10 横浜)※ポスター発表, 日本語

    [査読有り]

  • Long term observation of iPS cells-derived mice.

    Aoi T, Okita K, Ichisaka T, Tanabe K, Koyanagi M, Takahashi K, Nakagawa M, Yamanaka S

    2009年, 7th ISSCR Annual Meeting (2009.7.9 Spain)※ポスター発表, 英語

    [査読有り]

  • Increased generation efficiency of induced pluripotent stem cell by suppression of p53 in mouse and human.

    Hong H, Takahashi K, Ichisaka T, Aoi T, Nakagawa M, Okita K, Yamanaka S

    2009年, 7th ISSCR Annual Meeting (2009.7.10 Spain)※ポスター発表, 英語

    [査読有り]

  • iPS 細胞に由来するマ Annual Report 2008 ウスの長期経過観察

    青井貴之, 沖田圭介, 一阪朋子, 田邊剛士, 小柳三千代, 高橋和利, 中川誠人, 山中伸弥

    2008年, 独立行政法人科学技術振興機構「免役難病・感染症等の先進医療技術」第5回公開シン ポジウム(2008.12.15.東京)※ポスター発表, 日本語

    [査読有り]

  • 人工多能性幹細胞におけるレトロウイルス挿入部位の解析

    八戸宏二郎, 青井貴之, 沖田圭介, 高橋和利, 中川誠人, 山中伸弥

    2007年, 生化学, 2P-1162, 日本語

  • 成体マウスからの生殖系列に分化可能な人工多能性幹細胞誘導

    青井貴之, 一阪朋子, 高橋和利, 沖田圭介, 中川誠人, 山中伸弥

    2007年, 生化学, 2P-1161, 日本語

  • Generation of high quality iPS cells

    Takahashi K, Okita K, Nakagawa M, Aoi T, Ichisaka T, Yamanaka S

    2007年, Neuro2007(第30 回日本神経科学大会,第50 回日本神経化学会大会,第17 回日本神経回路学会大会合同学会)(2007.9.12.横浜), 英語

    [査読有り]

  • マウス体細胞の初期化に関わるmicroRNA の探索とその機能解析

    小柳三千代, 青井貴之, 沖田圭介, 高橋和利, 中川誠人, 山中伸弥

    2007年, BMB2007(第30 回日本分子生物学会年会 第80 回日本生化学会大会 合同大会) (2007.12.12.神奈川), 日本語

    [査読有り]

書籍等出版物

  • Gene Therapy and Cell Therapy Through the Liver-Current Aspects and Future Prospects / The Way to Clinical Applications of Human Pluripotent Stem Cells

    AoiT

    その他, Springer, 2015年, 英語

    学術書

  • 実験医学別冊「ES・iPS細胞実験スタンダード」

    青井 貴之

    共著, 羊土社, 2014年03月

  • 再生医療用語ハンドブック

    青井 貴之

    共著, 株式会社メディカルトリビューン, 2014年

  • 腎と透析 特集「幹細胞研究と再生医療」

    青井 貴之

    共著, 東京医学社, 2013年12月

  • 週刊 医学のあゆみ「iPS細胞技術を駆使したがん、感染症のあらたな制御」

    青井 貴之

    共著, 医学のあゆみ

  • バイオロジクスの開発と品質・安全性確保 「iPS細胞の特性解析、品質・安全性確保」

    青井 貴之

    共著

  • iPS時代の幹細胞最前線

    青井 貴之

    共著, 株式会社化学同人

講演・口頭発表等

  • iPS細胞、ES細胞

    青井 貴之

    日本消化器病学会再生医療研究推進委員会セミナー ~再生医療 up to date~, 2021年07月10日, 日本語

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 機械学習を用いたiPS細胞からの下垂体オルガノイド分化効率予測モ デルの作成

    松本 隆作, 須賀 英隆, 青井 貴之, 高橋 裕, 山本 拓也

    第94回日本内分泌学会学術総会, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 下垂体腫瘍オルガノイド樹立への挑戦

    藤田 泰功, 志智 大城, 福岡 秀規, 浦井 伸, 蟹江 慶太郎, 山本 雅昭, 井口 元三, 青井 貴之, 谷口 理章, 山田 正三, 小川 渉, 髙橋 裕

    第31回日本間脳下垂体腫瘍学会, 日本語

  • Differentiation of human induced pluripotent stem cells into testosterone producing Leydig-like cells

    青井 貴之

    2021 China-Japan Workshop on Cell & Gene Therapy, 2021年02月25日

  • 新しいがん治療

    青井 貴之

    がん臨床試験専門職養成セミナー, 2021年02月13日, 日本語

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • ヒトiPS細胞を用いた膀胱尿路上皮細胞の 分化誘導と膀胱再建

    鈴木光太郎, 青井貴之, 藤澤正人

    第108回日本泌尿器科学会総会, 2020年12月23日, 日本語

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 幹細胞・再生医学イノベーション創出プログラム

    青井 貴之

    AMED再生・細胞医療・遺伝子治療研究交流会・シンポジウム, 2020年12月21日, 日本語

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • iPS細胞研究のアップデートと将来展望

    青井 貴之

    AMED再生・細胞医療・遺伝子治療研究交流会・シンポジウム, 2020年12月21日, 日本語

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 細胞運命の転換技術を応用したがん研究の展開

    青井 貴之

    第5回DIA再生医療製品・遺伝子治療用製品シンポジウム, 2020年12月10日, 英語

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 細胞バンク、細胞特性解析

    青井 貴之

    第5回DIA再生医療製品・遺伝子治療用製品シンポジウム, 2020年12月10日, 日本語

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 再生医療研究の現状と未来

    青井 貴之

    日本人類遺伝学会第65回大会, 2020年11月18日, 日本語

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • A New Method to Generate Osteosarcoma Cells with Cancer Stem Cell Properties by Reprogramming Factors

    Shuichi Fujiwara, Teruya Kawamoto, Hitomi Hara, Yohei Kawakami, Kazumichi Kitayama, Shunsuke Yahiro, Yasufumi Koterazawa, Toshihiro Akisue, Takashi Aoi, Ryosuke Kuroda

    ORS 2020 Annual Meeting, 2020年02月11日

    ポスター発表

  • 新しいがん治療

    青井貴之

    がん専門CRC養成セミナー, 2020年02月08日

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Sustainable availability of qualified raw materials for manufacturing of hCTPs

    Takashi Aoi

    5th IABS Cell Therapy Conference in Tokyo, 2020年02月04日

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 再生医療から考える医療のこれから

    青井貴之

    第14回聖ルカ・アカデミア, 2020年01月25日

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • iPS細胞を用いる医学の展開

    青井 貴之

    第44回日本小児皮膚科学会学術大会, 2020年01月19日, 日本語

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • ヒトiPS細胞からのγδT細胞誘導

    村井信幸, 青井貴之, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    第28回日本形成外科学会基礎学術集会, 2019年11月14日

    口頭発表(一般)

  • 細胞の運命を操る技術の医学応用

    青井貴之

    第23回CCM輸液・栄養研究会, 2019年11月02日

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • リプログラミング因子を用いた人工骨肉腫幹細胞株の樹立

    藤原周一, 河本旭哉, 原仁美, 川上洋平, 北山和道, 八尋俊輔, 小寺澤康文, 青井貴之, 黒田良祐, 秋末敏宏

    第34回日本整形外科学会基礎学術集会, 2019年10月17日

    ポスター発表

  • 幹細胞操作技術を用いた細胞と組織の科学

    青井貴之

    第60回日本組織細胞化学総会・学術集会, 2019年09月19日

    [招待有り]

  • Challenges to Regenerative Medicine in Japan

    Takashi Aoi

    Stem Cell Symposium, 2019年08月29日

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • リプログラミング因子を用いた人工骨肉腫幹細胞株の樹立

    藤原周一, 河本旭哉, 原仁美, 深瀬直政, 川上洋平, 竹森俊幸, 北山和道, 小寺澤康文, 秋末敏宏, 青井貴之, 黒田良祐

    第52回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会, 2019年07月12日

    ポスター発表

  • iPSが切り拓く未来,

    青井貴之

    日本外科代謝栄養学会第56回学術集会, 2019年07月05日

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 幹細胞生物学の医学への展開

    青井貴之

    あじさい会, 2019年06月22日

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • ヒト iPS細胞由来テストステロン産生Leydig細胞によるラット低テストステロン血症の改善

    石田 貴樹, 藤澤 正人, 青井 貴之

    第16回泌尿器科再建再生研究科, 2019年06月08日, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ATRAはヒトiPS細胞から食道への分化誘導を促進する

    小寺澤 康文, 小柳 三千代, 掛地 吉弘, 青井 貴之

    第73回食道学会学術集会, 2019年06月07日, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • iPS細胞の基本と免疫形質

    青井貴之

    第8回神戸免疫組織診断セミナー, 2019年05月26日

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • iPS細胞、ES細胞

    青井貴之

    日本消化器病学会School of Regenerative Medicine for Digestive Diseases, 2019年05月25日

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 下垂体発生における視床下部-口腔外胚葉間FGFの役割

    松本隆作, 青井 貴之, 小柳三千代, 須賀英隆, 福岡秀規, 井口元三, 小川渉, 高橋裕

    第92回 日本内分泌学会学術総会, 2019年05月11日

    口頭発表(一般)

  • Enhanced differentiation and stratification of bladder urothelium from human induced pluripotent stem cell.

    Suzuk K, Koyanagi-Aoi M, Uehara K, Hinata N, Fujisawa M, Aoi T

    The American Urological Association's 2019 Annual Meeting, 2019年05月03日

    口頭発表(一般)

  • ヒト iPS細胞由来テストステロン産生Leydig細胞によるラット低テストステロン血症の改善

    石田貴樹, 藤澤正人, 青井貴之

    第107回日本泌尿器科学会総会, 2019年04月20日

    口頭発表(一般)

  • ヒトiPS細胞から尿路上皮への分化誘導における重層化の促進

    鈴木光太郎, 藤澤正人, 青井貴之

    第107回日本泌尿器科学会総会, 2019年04月18日, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 疾患特異的iPS細胞を用いた先天性下垂体形成不全病態モデル作成

    松本 隆作, 須賀 英隆, 小柳 三千代, 鳴海 覚志, 長谷川 奉延, 六車 恵子, 青井 貴之, 髙橋 裕

    第18回 日本再生医療学会総会, 2019年03月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • リプログラミング因子を用いた人工骨肉腫幹細胞株の樹立

    藤原 周一, 河本 旭哉, 川上 洋平, 小寺澤 康文, 原 仁美, 深瀬 直政, 竹森 俊幸, 北山 和道, 秋末 敏宏, 青井 貴之, 黒田 良祐

    第18回日本再生医療学会総会, 2019年03月, 日本語, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • ヒトiPS細胞から尿路上皮への分化誘導における重層化の促進

    鈴木 光太郎, 小柳 三千代, 藤澤 正人, 青井 貴之

    第18回日本再生医療学会総会, 2019年03月, 日本語, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • Human induced pluripotent stem cell-derived testosterone-producing Leydig cells ameliorate serum testosterone level in rats.

    Takaki Ishida, Masato Fujisawa, Takashi Aoi

    34th Annual EAU Congress, 2019年03月, 英語, Barcelona, 国際会議

    ポスター発表

  • Directed differentiation of feeder-free human induced pluripotent stem cells into stratified bladder urothelium

    鈴木 光太郎, 小柳 三千代, 上原 慶一郎, 日向 信之, 青井 貴之, 藤澤 正人

    The 34th Annual EAU Congress, 2019年03月, 英語, バルセロナ, 国際会議

    ポスター発表

  • Directed differentiation of feeder-free human induced pluripotent stem cells into stratified bladder urothelium

    Kotaro Suzuki, Michiyo Koyanagi-Aoi, Keiichiro Uehara, Nobuyuki Hinata, Masato Fujisawa, Takashi Aoi

    34th Annual EAU Congress, 2019年03月, 英語, Barcelona, 国際会議

    ポスター発表

  • CO2インキュベーター内におけるコンタミネーションリスクの検討

    多田 光輝, 古川 悠, 青井 貴之

    第18回日本再生医療学会総会, 2019年03月, 日本語, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • 再生医療の現状と課題、展望について

    青井 貴之

    イーピーエス株式会社 社内講演会, 2019年02月, 日本語, 東京, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • リプログラミング因子を用いた人工骨肉腫幹細胞株の樹立

    藤原 周一, 河本 旭哉, 川上 洋平, 小寺澤 康文, 原 仁美, 深瀬 直政, 竹森 俊幸, 北山 和道, 秋末 敏宏, 青井 貴之, 黒田 良祐

    第2回日本サルコーマ治療研究学会学術集会, 2019年02月, 日本語, 日本サルコーマ治療研究学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • Development of Induced Osteosarcoma Stem Cells Using Induced Pluripotent Stem (iPs) Cells Production Technology

    Shuichi Fujiwara, Teruya Kawamoto, Naomasa Fukase, Hitomi Hara, Yohei Kawakami, Toshiyuki Takemori, Kazumichi Kitayama, Takashi Aoi, Ryosuke Kuroda, Toshihiro Akisue

    The 65th Annual Meeting of Orthopaedic Research Society, 2019年02月, 英語, Orthopaedic Research Society, Austin, 国内会議

    ポスター発表

  • Enhanced differentiation and stratification ofbladder urothelium from human induced pluripotent stem cell

    Kotaro Suzuki, Michiyo Koyanagi-Aoi, Keiichiro Uehara, Nobuyuki Hinata, Masato Fujisawa, Takashi Aoi

    the American Urological Association's 2019 Annual Meeting, 2019年, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 安全な「再生医療」を患者さんに届けるための科学とそれ以外のこと

    青井 貴之

    「リスクとコミュニケーションのモデル構築事業」市民講座, 2018年12月, 日本語, 盛岡, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • ヒトiPS細胞由来ホルモン産生Leydig細胞の作製

    石田 貴樹, 藤澤 正人, 青井 貴之

    第21回 日本生殖内分泌学会学術集会, 2018年12月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ガン細胞に抗ガン剤を製造させる新規治療法の開発

    西村香音, 山本翔太, 青井貴之, 丸山 達生

    若手フロンティア研究会2018, 2018年12月, 日本語, 神戸大学研究基盤センター, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • Supramolecular hydrogels composed of D-oligopeptides for 3-dimensional (3D) cell culture

    Witta Kartika Restu, Shota Yamamoto, Yuki Nishida, Takashi Aoi, 丸山 達生

    1st GLowing Polymer Symposium in KANTO, 2018年12月, 英語, 高分子学会, Tokyo, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Selective cytotoxicity of enzyme-responsive peptide lipids containing tyrosine residues

    西村香音, 山本翔太, 青井貴之, 丸山 達生

    IPC2018, 2018年12月, 英語, 高分子学会, 広島市, 国際会議

    ポスター発表

  • iPS細胞を応用した医学研究の展開

    青井 貴之

    平成30年度日本医師会生涯教育講座, 2018年12月, 日本語, 新潟, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • iPS細胞が拓いた医学の展開

    青井 貴之

    芦屋市健やかな会一般公開講座, 2018年11月, 日本語, 神戸, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 「再生医療」への期待へ科学はどうこたえられるか?

    青井 貴之

    「リスクとコミュニケーションのモデル構築事業」市民講座, 2018年10月, 日本語, 愛媛, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • iPS細胞の臨床応用:現状と課題

    青井 貴之

    第55回日本糖尿病学会近畿地方会・第54回日本糖尿病協会近畿地方会, 2018年10月, 日本語, 神戸, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 細胞を選択的に殺傷するチロシン含有ペプチド脂質の開発

    西村香音, 山本翔太, 青井貴之, 丸山 達生

    化学工学会第50回秋季大会, 2018年09月, 日本語, 化学工学会, 鹿児島市, 国内会議

    ポスター発表

  • 酵素応答性ペプチド脂質の細胞毒性の評価

    西村香音, 山本翔太, 青井貴之, 丸山 達生

    第67回高分子討論会, 2018年09月, 日本語, 高分子学会, 札幌市, 国内会議

    ポスター発表

  • 医療の明日に向けて

    青井 貴之

    神戸医療産業都市20周年事業記念イベント, 2018年09月, 日本語, 神戸, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Human induced pluripotent stem cell-derived testosterone-producing Leydig cells ameliorate serum testosterone level in rats

    石田 貴樹, 藤澤 正人, 青井 貴之

    第29回 日本性機能学会学術総会, 2018年09月, 英語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 疾患特異的iPS細胞を用いた下垂体形成不全の病態解明

    松本 隆作, 須賀 英隆, 青井 貴之, 六車 恵子, 長谷川 奉延, 小川 渉, 髙橋 裕

    糖尿病・内分泌疾患ジャンプアップセミナー, 2018年08月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 細胞運命操作技術の医学応用

    青井 貴之

    神戸薬科大学特別研究セミナー, 2018年08月, 日本語, 神戸, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 摂食障害による男性低ゴナドトロピン性性腺機能低下症の1例

    石田 貴樹, 田中 幹人, 角井 健太, 福田 輝雄, 江夏 徳寿, 千葉 公嗣, 松下 経, 中野 雄造, 藤澤 正人, 青井貴之

    第18回 日本Men'sHealth医学会, 2018年07月, 日本語, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • ガン細胞を選択的に殺傷するペプチド脂質の開発

    西村香音, 山本翔太, 青井貴之, 丸山 達生

    第64回高分子研究発表会(神戸), 2018年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • Selective cytotoxicity of tyrosine-containing peptide lipids

    Kanon NISHIMURA, Shota YAMAMOTO, Takashi AOI, Tatsuo MARUYAMA

    MACRO 2018 World Polymer Congress, 2018年07月, 英語, MACRO 2018, Cairns, 国際会議

    ポスター発表

  • iPS細胞研究の現状と新しい癌治療の展望

    青井 貴之

    アフラック神戸総合アソシエイツ会, 2018年07月, 日本語, 神戸, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 幹細胞技術の創薬への展開

    青井 貴之

    神戸ポートアイランド創薬フォーラム, 2018年06月, 日本語, 神戸, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • ヒトiPS細胞由来テストステロン産生Leydig細胞によるラット低テストステロン血症の改善

    石田 貴樹, 藤澤 正人, 青井 貴之

    第37回 日本アンドロロジー学会, 2018年06月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒトiPS細胞からの成熟した尿路上皮への高効率な分化誘導

    鈴木 光太郎, 青井 貴之, 藤澤 正人

    第15回泌尿器科再建再生研究会, 2018年06月, 日本語, 沖縄, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ガン細胞に選択的な毒性を発揮する酵素応答性ペプチド脂質の開発

    西村香音, 山本翔太, 青井貴之, 丸山 達生

    第7回 JACI/GSCシンポジウム, 2018年06月, 日本語, 新化学技術推進協会, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • iPS細胞・細胞運命操作・癌

    青井 貴之

    兵庫県保険医協会 第50回総会記念講演, 2018年06月, 日本語, 神戸, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • iPS細胞がインスパイアした医学の展開

    青井 貴之

    第114回日本精神神経学会学術総会, 2018年06月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 再生医療の最近の動向と神戸大学における幹細胞研究の5年

    青井 貴之

    味の素㈱講演会, 2018年05月, 日本語, 川崎, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • ヒトips細胞を用いた膵内分泌細胞への分化誘導

    山田 瑞姫, 淺原 俊一郎, 遠山 春希, 下野 名奈子, 原 瑞希, 田中 孝一, 松田 友和, 木村 真希, 神野 歩, 高井 智子, 鈴木 江美, 青井 貴之, 木戸 良明

    第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年05月, 日本語, 東京, 国内会議

    その他

  • チロシン含有ペプチド脂質の細胞毒性の評価

    西村香音, 山本翔太, 青井貴之, 丸山 達生

    第67回高分子学会年次大会, 2018年05月, 日本語, 高分子学会, 名古屋市, 国内会議

    ポスター発表

  • PI3-キナーゼ遺伝子異常による インスリン抵抗症の同定と iPS細胞を用いた障害の解析

    浜口 哲矢, 廣田 勇士, 松本 真明, 粟野 宏之, 飯島 一誠, 佐竹 渉, 戸田 達史, 青井 三千代, 青井 貴之, 小川 渉

    第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年05月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Human induced pluripotent stem cell-derived testosterone-producing Leydig cells ameliorate serum testosterone level in rats

    Takaki Ishida, Masato Fujisawa, Takashi Aoi

    The 113th American Urological Association, 2018年05月, 英語, San Francisco, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 転写因子OTX2は視床下部からのFGFシグナルを介して下垂体を分化させる

    松本 隆作, 須賀 英隆, 井口 元三, 福岡 秀規, 長谷川 奉延, 六車 恵子, 小川 渉, 青井 貴之, 髙橋 裕

    第91回 日本内分泌学会学術総会, 2018年04月, 日本語, 宮崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒトiPS細胞由来Leydig細胞の作製

    石田 貴樹, 藤澤 正人, 青井 貴之

    第106回日本泌尿器科学会総会, 2018年04月, 日本語, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Human induced pluripotent stem cell-derived testosterone-producing Leydig cells ameliorate serum testosterone level in rats

    石田 貴樹, 藤澤 正人, 青井 貴之

    第106回日本泌尿器科学会総会, 2018年04月, 英語, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 培養細胞に対するペプチド脂質の毒性評価

    西村香音, 山本翔太, 青井貴之, 丸山達生

    化学工学会第20回化学工学会学生発表会, 2018年03月, 日本語, 化学工学会, 東広島市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Perspectives in the Achievement of Regenerative Medicine Research

    青井 貴之

    「生命倫理ガバナンス」国際シンポジウム・ワークショップ, 2018年03月, 英語, 滋賀大学, 滋賀, 国際会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • CPFの費用削減と交差汚染を抑制できる半開放型気流制御ブースの開発

    多田光輝, 長谷川雅一, 古川悠, 松尾恵倫子, 青井貴之

    第17回日本再生医療学会総会, 2018年03月, 日本語, 日本再生医療学会, 横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • ヒトiPS細胞由来テストステロン産生Leydig細胞の作製

    石田 貴樹, 藤澤 正人, 青井 貴之

    国際性機能学会2018, 2018年02月, 英語, 国際性機能学会, Lisbon, Portugal, 国際会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • iPS細胞にインスパイアされた医学の展開

    青井 貴之

    平成29年度第2ブロック研修会, 2018年01月, 日本語, 高槻市医師会, 大阪, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 人工がん幹細胞と癌オルガノイドを用いたがん幹細胞研究の展開

    青井 貴之

    平成29年度第5回再生医療サポートビジネス懇話会, 2017年12月, 日本語, 京都リサーチパーク株式会社, 京都, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 細胞培養時の困りごと~CO2インキュベーターを中心に~

    青井 貴之

    細胞プロセス情報交換会~作業時の困りごとについて~, 2017年12月, 日本語, ダイダン株式会社, 神奈川, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • ヒトiPS細胞由来栄養膜細胞の樹立方法の検討

    下出 紗弓, 宮沢 孝幸, 青井 貴之

    2017年度生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月, 日本語, 日本分子生物学会, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • ヒトiPS細胞を用いた膵内分泌細胞への分化誘導法の確立

    山田 瑞姫, 淺原 俊一郎, 下野 名奈子, 田中 孝一, 松田 友和, 木村 真希, 神野 歩, 高井 智子, 鈴木 江美, 青井 貴之, 木戸 良明

    第40回日本分子生物学会年会, 2017年12月, 日本語, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • Applications of cell fate engineering

    青井 貴之

    US-Japan Symposium on Drug Delivery Systems, 2017年12月, 英語, Massachusetts Institute of Technology, Maui, Hawaii, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 人工癌幹細胞と癌オルガノイドを用いた癌幹細胞研究

    青井 貴之

    第5回細胞凝集研究会, 2017年11月, 日本語, 岡山理科大学, 岡山, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 疾患特異的iPS細胞を用いたLHX4異常症の病態解明

    松本 隆作, 須賀 英隆, 青井 貴之, 高木 優樹, 長谷川 奉延, 六車 恵子, 小川 渉, 高橋 裕

    第27回内分泌代謝Update, 2017年11月, 日本語, 日本内分泌学会, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • 疾患特異的iPS細胞を用いたLHX4異常症の病態解明

    松本 隆作, 須賀 英隆, 青井 貴之, 高木 優樹, 長谷川 奉延, 六車 恵子, 小川 渉, 高橋 裕

    第27回臨床内分泌代謝Update, 2017年11月, 日本語, 臨床内分泌代謝Update, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒトiPS細胞由来テストステロン産生Leydig細胞の作製

    石田 貴樹, 藤澤 正人, 青井 貴之

    第67回 日本泌尿器科学会中部総会, 2017年11月, 日本語, 日本泌尿器科学会, 大阪, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • ヒトiPS細胞由来テストステロン産生Leydig細胞の作製

    石田 貴樹, 藤澤 正人, 青井 貴之

    第63回日本生殖医学会学術講演会, 2017年11月, 日本語, 日本生殖医学会, 山口, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • iPS細胞のいま、再生医療のこれから

    青井 貴之

    「リスクとコミュニケーションのモデル構築事業」市民講座, 2017年11月, 日本語, 日本再生医療学会, 岩手, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Disease modeling of congenital pituitary hypoplasia and the clarification of underlying mechanisms using patient-derived induced pluripotent stem cell

    松本 隆作, 須賀 英隆, 青井 貴之, 長谷川 奉延, 六車 恵子, 小川 渉, 高橋 裕

    CiRA 2017 International symposium, 2017年11月, 英語, CiRA 2017 International symposium, Kyoto, Japan, 国際会議

    ポスター発表

  • 人工肺癌幹細胞を用いた、肺癌組織再構築と新規治療法開発の試み

    小川 裕行, 青井 三千代, 青井 貴之, 眞庭 謙昌

    第58回日本肺癌学会学術集会, 2017年10月, 日本語, 日本肺癌学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 疾患特異的iPS細胞を用いた先天性下垂体機能低下症の病態解明

    松本 隆作, 青井 貴之, 須賀 英隆, 長谷川 奉延, 六車 恵子, 小川 渉, 高橋 裕

    第5回神緑会YIA発表会, 2017年10月, 日本語, 神緑会, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • 神戸大学における再生医学研究

    青井 貴之

    平成29年度 第3回神戸再生医療勉強会, 2017年09月, 日本語, 先端医療振興財団, 神戸, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 細胞運命の操作技術の医学応用

    青井 貴之

    第267回がん研有明病院学術研究講演会, 2017年09月, 日本語, がん研有明病院, 東京, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 細胞の運命を操る技術とその応用

    青井 貴之

    第14回日本フットケア学会神戸セミナー, 2017年09月, 日本語, 日本フットケア学会, 神戸, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • ヒトiPS細胞由来テストステロン産生Leydig細胞の作製

    石田 貴樹, 藤澤 正人, 青井 貴之

    CiRA2017, 2017年09月, 英語, 京都大学iPS細胞研究所, 京都, 国内会議

    ポスター発表

  • iPS細胞を応用した医学研究の展開

    青井 貴之

    日本泌尿器科学会東部総会, 2017年09月, 日本語, 日本泌尿器科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(基調)

  • 細胞の運命を変える技術を使った医学研究

    青井 貴之

    日本赤十字社和歌山医療センター学術講演会, 2017年08月, 日本語, 日本赤十字社和歌山医療センター, 和歌山, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 人工癌幹細胞と癌オルガノイドを用いた癌幹細胞研究

    青井 貴之

    日本組織培養学会第90回大会, 2017年07月, 日本語, 日本組織培養学会, 岡山, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 疾患特異的iPS細胞を用いた先天性下垂体低形成の 病態解明(シンポジウム・ワークショップパネル)

    松本 隆作, 青井 貴之, 須賀 英隆, 高橋 裕

    第5回下垂体スキルアップセミナー, 2017年07月, 日本語, /, 神戸, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 疾患特異的iPS細胞を用いた先天性下垂体低形成の 病態解明

    松本 隆作, 青井 貴之, 須賀 英隆, 高橋 裕

    第5回下垂体スキルアップセミナー, 2017年07月, 日本語, /, 神戸, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • ヒトiPS細胞由来テストステロン産生Leydig細胞の作製

    石田 貴樹, 藤澤 正人, 青井 貴之

    第22回 日本生殖内分泌学会学術集会, 2017年07月, 日本語, 日本生殖内分泌学会, 沖縄, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒトiPS細胞の医療応用研究の現状

    青井 貴之

    中央医業経営研究会総会, 2017年07月, 日本語, 中央医業経営研究会, 神戸, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 人工癌幹細胞と癌オルガノイドを用いた癌幹細胞研究

    青井 貴之, 石田 諒, 小川 裕行, 青井 三千代, 掛地 吉弘, 眞庭 謙昌

    第27回日本サイトメトリー学会学術集会, 2017年06月, 日本語, 日本サイトメトリー学会, 神戸, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • ヒトiPS細胞誘導Leydig細胞の作製

    石田 貴樹, 藤澤 正人, 青井 貴之

    日本アンドロロジー学会第36回学術総会, 2017年06月, 日本語, 日本アンドロジー学会, 倉敷, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒトiPS細胞由来テストステロン産生Leydig細胞の作製

    石田 貴樹, 藤澤 正人, 青井 貴之

    第14回 泌尿器科再建再生研究会, 2017年06月, 日本語, 泌尿器科再建再生研究会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 人工肺癌幹細胞による、肺癌組織再構築の試み

    小川 裕行, 清水 奈保子, 法華 大助, 田中 雄悟, 青井 三千代, 青井 貴之, 眞庭 謙昌

    第34回日本呼吸器外科学会総会, 2017年05月, 日本語, 日本呼吸器外科学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒトiPS細胞誘導Leydig細胞の作製

    石田 貴樹, 藤澤 正人, 青井 貴之

    国際アンドロロジー学会2017, 2017年05月, 英語, 国際アンドロロジー学会, Copenhagen, Denmark, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • ヒトIps細胞を用いた2型糖尿病発症機序の解明

    下野 名奈子, 淺原 俊一郎, 原 瑞季, 田中 孝一, 松田 友和, 木村 真希, 神野 歩, 高井 智子, 鈴木 江美, 青井 貴之, 木戸 良明

    第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年05月, 日本語, 名古屋, 国内会議

    ポスター発表

  • Development of iPSC-based γδT-cell Immunotherapy for Digestive Cancer

    渡邉 大輔, 東 健, 青井 貴之

    Digestive Disease Week 2017, 2017年05月, 英語, 米国消化器病学会, シカゴ, USA, 国際会議

    ポスター発表

  • 疾患特異的iPS細胞を用いた先天性下垂体機能低下症の病態解明

    松本 隆作, 須賀 英隆, 青井 貴之, 坂東 弘教, 福岡 秀規, 井口 元三, 鳴海 覚志, 高木 優樹, 石井 智弘, 長谷川 奉延, 六車 恵子, 小川 渉, 高橋 裕

    第90回日本内分泌学会学術総会, 2017年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒトiPS細胞誘導Leydig細胞の作製

    石田 貴樹, 藤澤 正人, 青井 貴之

    第105回 日本泌尿器科学会総会, 2017年04月, 英語, 日本泌尿器科学会, 鹿児島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Service for Self -私のかたちをつくるしくみ-

    青井 貴之

    神戸ロータリークラブ例会, 2017年04月, 日本語, 神戸ロータリークラブ, 神戸, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Interleukin-6 blockade, a novel cancer stem cell targeted therapy, attenuates lung cancer tissue construction.

    小川 裕行, 青井 三千代, 青井 貴之, 眞庭 謙昌

    American Association for Cancer Research annual meeting 2017, 2017年04月, 英語, American Association for Cancer Research, Washington D.C., USA, 国際会議

    ポスター発表

  • ヒトiPS細胞由来ホルモン産生Leydig細胞の作製

    石田 貴樹, 田中 幹人, 角井 健太, 福田 輝雄, 江夏 徳寿, 千葉 公嗣, 松下 経, 中野 雄造, 藤澤 正人, 青井 貴之

    第12回 日本生殖再生医学会, 2017年03月, 日本語, 日本生殖再生医学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒトiPS細胞を用いたACTH産生細胞成熟機構の解析とin vitro腫瘍モデル作成の試み

    松本 隆作, 須賀 英隆, 青井 貴之, 福岡 秀規, 井口 元三, 小武 由紀子, 吉田 健一, 坂東 弘教, 隅田 健太郎, 西沢 衡, 小川 渉, 高橋 裕

    第27回間脳下垂体腫瘍学会, 2017年02月, 日本語, 日本間脳下垂体腫瘍学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒトiPS細胞由来ホルモン産生Leydig細胞の作製(ポスター発表)

    石田 貴樹, 田中 幹人, 角井 健太, 福田 輝雄, 江夏 徳寿, 千葉 公嗣, 松下 経, 中野 雄造, 藤澤 正人, 青井 貴之

    第21回 日本生殖内分泌学会学術集会, 2017年01月, 日本語, 日本生殖内分泌学会, 大阪, 国内会議

    ポスター発表

  • ヒトiPS細胞由来ホルモン産生Leydig細胞の作製

    石田 貴樹, 田中 幹人, 角井 健太, 福田 輝雄, 江夏 徳寿, 千葉 公嗣, 松下 経, 中野 雄造, 藤澤 正人, 青井 貴之

    第21回 日本生殖内分泌学会学術集会, 2017年01月, 日本語, 日本生殖内分泌学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • In vitro construction of lung cancer organoids from induced lung cancer stem like cells.

    小川 裕行, 清水 奈保子, 法華 大助, 田中 雄悟, 小柳(青井, 三千代, 青井 貴之, 真庭 謙昌

    The 17th World Conference on Lung Cancer., 2016年12月, 英語, IASLC, Vienna, Austria, 国際会議

    ポスター発表

  • ヒトips細胞を用いた2型糖尿病原因遺伝子による糖尿病発症機序の解明

    下野 名奈子, 淺原 俊一郎, 原 瑞季, 田中 孝一, 松田 友和, 木村 真希, 神野 歩, 高井 智子, 鈴木 江美, 青井 貴之, 木戸 良明

    第39回日本分子生物学会年会, 2016年11月, 日本語, 日本分子生物学会, 横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • iPS細胞由来Vγ9Vδ2T細胞を用いる新規消化器がん治療法の開発

    渡邉 大輔, 東 健, 青井 貴之

    JDDW2016, 2016年11月, 英語, 一般社団法人 日本消化器関連学会機構, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • Applications of iPS cell technology for Gastroenterology and Hepatology

    青井 貴之

    APDW2016, 2016年11月, 英語, 日本消化器外科学会, 神戸, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 10th Anniversary of iPS Cells

    青井 貴之

    JAACT2016, 2016年11月, 英語, 日本動物細胞工学会, 神戸, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • iPS細胞の医学応用

    青井 貴之

    第117回日本結核病学会近畿地方会・第87回日本呼吸器学会, 2016年07月, 日本語, 日本結核病学会・日本呼吸器学会, 大阪, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 体細胞初期化因子導入による肺癌幹細胞誘導

    小川 裕行, 法華 大助, 田中 雄悟, 青井 貴之, 眞庭 謙昌

    第33回日本呼吸器外科学会, 2016年05月, 日本語, 日本呼吸器外科学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 体細胞初期化因子導入による肺癌幹細胞誘導

    小川 裕行, 法華 大助, 田中 雄悟, 青井 貴之, 真庭 謙昌

    第33回日本呼吸器外科学会総会, 2016年05月, 日本語, 日本呼吸器外科学会, 京都, 国内会議

    ポスター発表

  • 疾患特異的iPS細胞を用いた下垂体疾患の病態解明

    松本 隆作, 須賀 英隆, 福岡 秀規, 井口 元三, 小武 由紀子, 吉田 健一, 坂東 弘教, 隅田 健太郎, 西澤 衡, 高木 優樹, 石井 智弘, 長谷川 奉延, 六車 恵子, 青井 貴之, 小川 渉, 高橋 裕

    第89回日本内分泌学会学術総会, 2016年04月, 日本語, 日本内分泌学会, 京都, 国内会議

    ポスター発表

  • 再生医療の実施における現段階と課題

    青井 貴之

    「生命倫理ガバナンス」国際シンポジウム・ワークショップ, 2016年03月, 日本語, 公益財団法人 上廣倫理財団研究, 京都, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • iPS細胞~知恵と工夫で新たな挑戦~

    青井 貴之

    カワサキ協栄会第二分科会, 2016年02月, 日本語, ダンロップグッドイヤータイヤ株式会社, 明石, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • iPS細胞開発から10年~臨床医学への展開~

    青井 貴之

    平成27年度 第56回総合プログラム, 2016年02月, 日本語, 大阪大学歯学部同窓会兵庫県支部, 神戸, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • iPS細胞から10年-臨床医学への展開-

    青井 貴之

    神戸・内科疾患研究会, 2016年01月, 日本語, アステラス製薬株式会社, 神戸, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 再生医療の新時代に求められる技術革新

    青井 貴之

    ダイダンプレミアムセミナー, 2015年11月, 日本語, ダイダン株式会社, 東京, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • iPS細胞研究の現状と展望

    青井 貴之

    第15回日本先進糖尿病治療研究会, 2015年11月, 日本語, 日本先進糖尿病治療研究会, 京都, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • iPS細胞研究の現状と課題

    青井 貴之

    神戸医科大学昭和40年卒50周年記念, 2015年11月, 日本語, 神緑会, 神戸, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 肺癌の生物学的特性-上皮間葉転換、癌幹細胞、遺伝子変異

    青井 貴之

    第68回日本胸部外科学会定期学術集会, 2015年10月, 日本語, 日本胸部外科学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 特定因子の導入による肺癌幹細胞の誘導と、その上皮間葉転換、浸潤への関与

    小川 裕行, 田根 慎也, 法華 大助, 田中 雄悟, 青井 貴之, 真庭 謙昌

    第68回日本胸部外科学会 定期学術集会, 2015年10月, 日本語, 日本胸部外科学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • iPS細胞研究の展開

    青井 貴之

    神戸大学クラブ(KUC)講演会, 2015年08月, 日本語, 神戸大学クラブ, 神戸, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 特定因子の導入による人工大腸癌幹細胞の誘導

    石田 諒, 大嶋 野歩, 掛地 吉弘, 青井 貴之

    第25回日本サイトメトリー学会学術集会, 2015年07月, 日本語, 日本サイトメトリー学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • iPS細胞から10年:次の時代のイノベーションに向けて

    青井 貴之

    神戸大学 グローバル新時代 ビジネスシンポジウム, 2015年07月, 日本語, 神戸大学, 大阪, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • iPS細胞研究の展開

    青井 貴之

    第43回日本血管外科学会学術総会, 2015年06月, 日本語, 日本血管外科学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 科学の明日へ向けて ~せせらぎ澄みて~

    青井 貴之

    九州保健福祉大学生命医科学部開設​記念講演, 2015年05月, 日本語, 学校法人順正学園, 宮崎, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • iPS細胞:次の10年に向けた出帆のために

    青井 貴之

    R&D協議会, 2015年05月, 日本語, iPSポータル株式会社, 京都, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • iPS細胞を用いた研究の現状

    青井 貴之

    明石市医師会内科医会学術講演会, 2015年05月, 日本語, 第一三共株式会社, 明石, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • iPS細胞の消化器病学への応用

    青井 貴之

    第16回京都桂消化器病フォーラム, 2015年05月, 日本語, エーザイ株式会社, 京都, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 再生医療と臨床検査

    青井 貴之

    第10回日本臨床検査医学会特別例会, 2015年04月, 日本語, 日本臨床検査医学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • iPS細胞研究の現状と臨床応用

    青井 貴之

    堺市医師会内科医会・外科医会合同学術講演会, 2015年03月, 日本語, 堺市医師会, 大阪, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • iPS細胞の医学研究への応用

    青井 貴之

    第7回Cardiovascular Reseach Frontier, 2015年02月, 日本語, バイエル薬品(株), 大阪, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • iPS細胞を用いる再生医療の展望

    青井 貴之

    兵庫県透析医会・学術講演会, 2014年12月, 日本語, 中外製薬株式会社, 神戸, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 再生医療に向けたiPS細胞研究の諸問題

    青井 貴之

    神戸再生医療勉強会, 2014年10月, 日本語, 公益財団法人 先端医療振興財団, 神戸, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • iPS細胞の実用化研究の最前線

    青井 貴之

    第110回木曜会, 2014年10月, 日本語, 神戸大学東京六甲クラブ, 東京, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 臨床応用に向けたiPS細胞研究の展望

    青井 貴之

    第20回神戸臨床検査フォーラム, 2014年09月, 日本語, 神戸大学医学部附属病院検査部, 神戸, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • iPS細胞研究の展望

    青井 貴之

    第50回日本医学放射線学会秋季臨床大会, 2014年09月, 日本語, 日本医学放射線学会, 神戸, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • iPS細胞研究の基礎(iPS細胞研究の歴史と現状の紹介)

    青井 貴之

    第30回西宮市ライフサイエンスセミナー, 2014年09月, 日本語, 西宮市ライフサイエンスセミナー運営委員会, 西宮, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • iPS細胞応用医学の消化器領域への展開

    青井 貴之

    第17回no Side GI Conference in 堂島, 2014年09月, 日本語, エーザイ株式会社, 大阪, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • iPS細胞の臨床応用について

    青井 貴之

    金沢大学恒常性制御学講座 講演会, 2014年09月, 日本語, 金沢大学大学院医学系研究科, 金沢, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 新規抗パーキンソン病薬の探索

    上中 健, 佐竹 渉, CHA Pei-Chieng, 岡田 随象, 青井 貴之, 戸田 達史

    パーキンソン病患者由来iPS細胞を中心とする多面的疾患モデルに立脚した革新的医薬品の開発 班会議, 2014年08月, 日本語, 日本, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • iPS細胞研究の進展-黎明期から現在まで-

    青井 貴之

    第20回日本看護診断学会学術大会, 2014年07月, 日本語, 関西看護医療大学, 神戸, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • iPS細胞を用いる細胞移植医療の現状と展望

    青井 貴之

    第4回細胞再生医療研究会, 2014年07月, 日本語, 細胞再生医療研究会, 神戸, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • iPS細胞を用いたこれからの癌治療

    青井 貴之

    第41回尿路悪性腫瘍研究会, 2014年07月, 日本語, 日本化薬株式会社, 東京, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • iPS細胞の臨床応用

    青井 貴之

    富山大学大学院セミナー, 2014年07月, 日本語, 富山大学, 富山, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • iPS細胞研究の腫瘍学への展開

    青井 貴之

    第10回日本肝がん分子標的治療研究会, 2014年06月, 日本語, 大阪赤十字病院 消化器内科, 兵庫, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • iPS細胞の医療への応用

    青井 貴之

    学術デー, 2014年06月, 日本語, 尼崎市医師会, 尼崎, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • iPS細胞と再生医療研究のいま

    青井 貴之

    第7回DMFKOBE, 2014年06月, 日本語, 日本イーライリリー株式会社, 三宮, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • iPS細胞がん診療への貢献の可能性

    青井 貴之

    がん診療連携拠点病院医療者研修会, 2014年06月, 日本語, 兵庫県立尼崎病院, 尼崎, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • iPS細胞研究の展望

    青井 貴之

    薬学セミナー2014, 2014年05月, 日本語, アステラス製薬株式会社, 札幌, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • iPS細胞の基礎と臨床応用

    青井 貴之

    病理診断学講座, 2014年05月, 日本語, 岩手医科大学医学部, 盛岡, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Medical Applications  of induced Pluripotent Stem, iPS cells

    青井 貴之

    第34回国際眼科学会, 2014年04月, 英語, 日本眼科学会, 東京, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • iPS細胞の基礎と臨床応用

    青井 貴之

    第100回消化器病学会総会, 2014年04月, 日本語, 消化器病学会, 東京, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • Medical Applications of iPS Cells

    青井 貴之

    第2回ワシントン大学・神戸大学国際合同シンポジウム, 2014年03月, 英語, 神戸大学大学院医学研究科, Washington, D.C., USA, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • iPS細胞研究の現状と展望:腫瘍学への応用の可能性

    青井 貴之

    第86回日本胃癌学会総会, 2014年03月, 日本語, 日本胃癌学会, 神奈川, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • iPS細胞の品質管理

    青井 貴之

    第13回日本再生医療学会総会, 2014年03月, 日本語, 日本再生医療学会, 京都, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Basic and Clinical Applications of induced Pluriportent Stem. iPS Cells

    青井 貴之

    Molecular Biology and lmmunology Course (Visit to UGM), 2014年03月, 英語, Indonesia, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Basic and Clinical Application of Stem Cell

    青井 貴之

    Continuing Medical Education (Visit to UGM), 2014年03月, 英語, Indonesia, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • iPS細胞研究と再生医療推進の動向

    青井 貴之

    第8回神戸DM臨床カンファレンス, 2014年02月, 日本語, 日本イーライリリー株式会社, 神戸, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • iPS細胞に関するアカデミアニーズについて

    青井 貴之

    iPS細胞ビジネス協議会 第7回情報交換会, 2014年02月, 日本語, iPSアカデミアジャパン, 京都, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • iPS細胞がつくる医学のこれから

    青井 貴之

    東神戸 総合内科講演会, 2014年02月, 日本語, アステラス製薬株式会社, 神戸, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • iPS細胞加工製品の実用化に向けた動向

    青井 貴之

    日本薬学会近畿支部 市民公開講座, 2014年01月, 日本語, 日本薬学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • iPS細胞の応用、研究から実践へ

    青井 貴之

    第10回鬼怒川フォーラム, 2014年01月, 日本語, 獨協医科大学病理学, 東京, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • iPS細胞研究の進展

    青井 貴之

    第61回日本ウイルス学会学術集会, 2013年11月, 日本語, 日本ウイルス学会, 神戸, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • iPS細胞研究とその応用

    青井 貴之

    第13回神戸消化器クラスター研究会, 2013年11月, 日本語, エーザイ株式会社, 神戸, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 再生医学概論とiPS細胞の展望

    青井 貴之

    第31回神戸大学大学院医学研究科公開講座, 2013年10月, 日本語, 神戸大学大学院医学研究科, 神戸, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • iPS細胞研究の進展

    青井 貴之

    東近江医師会学術講演会, 2013年10月, 日本語, 東近江医師会, 滋賀, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • iPS細胞を用いる医学のこれから

    青井 貴之

    第62回近畿膵疾患懇談会, 2013年10月, 日本語, エーザイ株式会社, 大阪, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • iPS細胞のお話とアカデミアニーズについて

    青井 貴之

    iPSビジネス参入促進オープンセミナー, 2013年10月, 日本語, 中小企業基盤整備機構 近畿本部, 京都, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • iPS細胞と再生医療の未来

    青井 貴之

    大倉山祭 シンポジウム, 2013年10月, 日本語, 神戸大学医学部, 神戸, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • iPS細胞と医療のこれから

    青井 貴之

    神戸大学ホームカミングデイ, 2013年10月, 日本語, 神戸大学, 神戸, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Gene therapy and cell therapy through the liver,current aspects and future propects

    青井 貴之

    JDDW2013 第17回日本肝臓学会大会, 2013年10月, 英語, 日本肝臓学会, 東京, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 臨床応用に向けたiPS細胞の今

    青井 貴之

    Merck Millipore BioScience Forum2013, 2013年09月, 日本語, メルク株式会社, 東京, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Perspectives in iPS cell Applications

    青井 貴之

    第4回国際MASSIN会議, 2013年09月, 英語, 神戸大学医学部脳神経外科, 神戸, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • iPS細胞研究の展開

    青井 貴之

    日本小児麻酔学会第19回大会, 2013年09月, 日本語, 日本小児麻酔学会, 神戸, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • iPS細胞研究の進展

    青井 貴之

    第32回日本運動器移植・再生医学研究会, 2013年09月, 日本語, 神戸大学大学院医学研究科整形外科学, 神戸, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • iPS細胞の展開~真の実用化に向けて~

    青井 貴之

    第33回鎮痛薬・オピオイドペプチドシンポジウム, 2013年09月, 日本語, 神戸大学大学院医学研究科精神医学分野, 神戸, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • iPS細胞研究の現状

    青井 貴之

    第20回臨床細胞遺伝学セミナー, 2013年08月, 日本語, 日本人類遺伝学会, 東京, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • iPS細胞を用いる癌研究の可能性

    青井 貴之

    がんプロ研究者養成セミナー2013, 2013年07月, 日本語, 神戸大学大学院医学研究科, 神戸, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • iPS細胞の可能性を、未来へ。

    青井 貴之

    職員研修特別講演会, 2013年07月, 日本語, 松江赤十字病院, 島根, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • iPS細胞が拓く新しい医療

    青井 貴之

    医学フォーラムinくにびき, 2013年07月, 日本語, 田辺三菱製薬株式会社, 島根, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • iPS cell applications in medical science

    青井 貴之

    神戸薬科大学 特別研究セミナー, 2013年07月, 英語, 神戸薬科大学, 神戸, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • iPS細胞研究の進展

    青井 貴之

    第36回消化器内視鏡若手の会, 2013年06月, 日本語, 大日本住友製薬株式会社, 東京, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • iPS細胞研究の進展

    青井 貴之

    神緑会姫路支部 学術講演会, 2013年06月, 日本語, 神緑会姫路支部, 神戸, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • iPS細胞研究の現状と臨床応用~神戸大学でのスタートを期して~

    青井 貴之

    神緑会 学術講演会, 2013年06月, 日本語, 神緑会, 神戸, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • iPS細胞の使い方:初歩から応用まで

    青井 貴之

    第66回日本酸化ストレス学会学術集会, 2013年06月, 日本語, 日本酸化ストレス学会, 愛知, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • iPS細胞の現状と課題

    青井 貴之

    日本消化器病学会四国支部第99回例会, 2013年06月, 日本語, 日本消化器病学会, 高知, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • ここまできたiPS細胞研究:全ての患者さんに実行できる再生医療への応用の鍵を握る臨床検査

    青井 貴之

    第62回日本医学検査学会, 2013年05月, 日本語, 日本臨床衛生検査技師会, 香川, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • iPS細胞研究の展開

    青井 貴之

    第28回ヘルペスウイルス研究会, 2013年05月, 日本語, 第28回ヘルペスウイルス研究会, 神戸, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

共同研究・競争的資金等の研究課題

社会貢献活動

  • これからの医療への貢献のかたち

    兵庫県立長田高等学校

    講師, 2021年02月10日

  • 私たちの貢献のチャンスはどこにあるか?

    兵庫県立小野高等学校

    講師, 2020年12月18日

  • 新しい技術を活用する医療の展開

    兵庫県立長田高等学校

    講師, 2020年02月12日

  • 「なるほど医学体験!HANSHIN健康メッセ」実行委員

    助言・指導

  • 日本再生医療学会「リスクコミュニケーションのモデル形成事業」市民講座

    講師

  • 兵庫県立長田高校 出前講義

    講師

  • 兵庫県立小野高校 研究室見学・研究サポーター

    助言・指導