研究者紹介システム

竹山 智英
タケヤマ トモヒデ
大学院工学研究科 市民工学専攻
教授
土木・建築工学関係
Last Updated :2022/09/25

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院工学研究科 市民工学専攻
  • 【配置】

    工学部 市民工学科

学位

  • 博士(工学), 東京工業大学
  • 地盤災害に対する防災・減災に向けた予測手法の開発

授業科目

ジャンル

  • 科学・技術 / 工学
  • 防災・くらし / 災害

コメントテーマ

  • 地盤工学
  • 液状化
  • 土砂災害
  • 京コンピューター

研究ニュース

研究活動

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 地盤工学

受賞

  • 2020年06月 ICE Publishing Awards 2020, Telford Premium

    Atsushi Iizuka, Shinya Tachibana, Tomohide Takeyama, Yuri Sugiyama, Shun Nomura, Hideki Ohta

論文

  • Tomohide Takeyama, Hideyuki O-Tani, Satoru Oishi, Muneo Hori, Atsushi Iizuka

    There have been attempts to improve the operational efficiency of construction projects and plan response countermeasures for estimated damage following disasters through the utilization of accumulated electronic data, which constructs a digital twin that can reproduce a physical space in cyberspace and feedback the cyberspace simulation results to physical space. However, the application of such simulations is limited, unless numerical models can be automatically constructed from the data. In this study, we develop a program that utilizes a data processing platform to read, transform, and integrate data to create mediated data with a common data structure. This mediated data can be used to construct analytical models for various numerical analyses. Using the program developed, a grid model of 3-D ground surface as the mediated data was constructed based on borehole data obtained through a ground survey. Each grid point has basic material parameters of soil, and these parameters are estimated from borehole data and other investigation reports. Each grid point has general geotechnical parameters and can be easily converted to a 3-D finite-element model. When the borehole data is added or changed, the analytical model can be updated with almost no cost, whereas it would be very costly to create the model manually.

    IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC, 2021年12月, IEEE-ASME TRANSACTIONS ON MECHATRONICS, 26 (6), 2881 - 2887, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Jian Chen, Hideyuki O-tani, Tomohide Takeyama, Satoru Oishi, Muneo Hori

    Earthquake induced liquefaction is one of the main geo-disasters threating urban regions, which not only causes direct damages to buildings, but also delays both real-time disaster relief actions and reconstruction activities. It is thus important to assess liquefaction hazard of urban regions effectively and efficiently for disaster prevention and mitigation. Conventional assessment approaches rely on engineering indices such as the factor of safety (FS) against liquefaction, which cannot take into account directly the uncertainties of soils. In contrast, a physics simulation-based approach, by solving soil dynamics problems coupled with excess pore water pressure (EPWP) it is possible to model the uncertainties directly via Monte Carlo simulations. In this study, we demonstrate the capability of such an approach for assessing an urban region with over 10 000 sites. The permeability parameters are assumed to follow a base-10-lognormal distribution among 100 model analyses for each site. A dynamic simulation is conducted for each model analysis to obtain the EPWP results. Based on over 1 million EPWP analysis models, we obtained a probabilistic liquefaction assessment. Empowered by high performance computing, we present for the first time a probabilistic liquefaction hazard assessment for urban regions based on dynamics analysis, which consider soil uncertainties.

    CHINA UNIV GEOSCIENCES, WUHAN, 2021年10月, JOURNAL OF EARTH SCIENCE, 32 (5), 1129 - 1138, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuya Honda, Tomohide Takeyama, Shinya Tachibana, Atsushi Iizuka

    The risk assessment of liquefaction damage is crucial for recovery from large-scale earthquakes, which are predicted to occur in recent years. In this study, the liquefaction risk is evaluated over a wide area through effective stress analysis, considering the interaction between the soil particles and pore water. The target area of the analysis was the 23 wards of Tokyo, including the zero-meter zone, and a 3D ground model was constructed from the borehole data. A vertical columnar ground model is established at 463 locations from the 3D ground model using the material parameter determination flow. The liquefaction risk of a wide area is evaluated by performing seismic response analysis using two types of earthquake motions for each analysis point, thus showing the difference in the risk and degree of liquefaction by location. In the future, various dynamic analyses must be conducted with sufficient resolution and compared with the actual damages.

    GEOMATE INT SOC, 2021年10月, INTERNATIONAL JOURNAL OF GEOMATE, 21 (86), 48 - 54, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tomohide Takeyama, Kazuya Honda, Shinya Tachibana, Atsushi Iizuka

    Recently, the occurrence of large earthquakes has become a concern in Japan, prompting the need for a numerical method that can accurately predict real phenomena, such as the elastoplastic soil-water coupled finite element method. Because the elastoplastic constitutive model requires many material parameters, various soil tests and specialized knowledge are needed to determine these material parameters. In this study, a new method was proposed to determine the material parameters from the limited ground information obtained by borehole inspections and the method was validated by comparing the numerical results with monitored seismic behavior. One-dimensional seismic analyses were conducted using the material parameters estimated from borehole data near the target sites. It was confirmed that the amplitude and predominant period obtained by numerical simulation were consistent with the monitored data. As a result, it was found that the dynamic numerical result was more consistent with the monitored data when the compression index was set to be larger than that in the static analysis.

    GEOMATE INT SOC, 2021年09月, INTERNATIONAL JOURNAL OF GEOMATE, 21 (85), 1 - 9, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hajime Ito, Yuko Ishida, Veerasak Sansaard, Tomohide Takeyama, Atsushi Iizuka

    The pagoda of Wat Krasai, built in the 17th century on the outskirts of the Ayutthaya district in the Kingdom of Thailand, tilts approximately 2 degrees to the north and may continue to tilt further. The cause of this tilt is thought to be the uneven settlement of the foundation ground, but no supporting evidence has been presented. Three cohesive soil layers that may cause uneven settlement have been confirmed in the foundation ground around the pagoda, but soil tests are inadequate, leading to uncertainty in proving the cause of inclination. Hence, the cause of inclination was investigated in this study by calculating the inclination that can occur within the realistic ranges of the soil properties through numerical analysis using the finite element method. A method of correcting plane strain analysis, which has a low computational cost, with a three-dimensional effect coefficient, was utilized to assess over 500 cases considering ground material uncertainties, and the probability distribution of the possible inclinations was calculated. This method is useful as it considers fluctuations in the ground material parameters to address land settlement, which is largely influenced by the three-dimensional effects. This approach will also be applicable to future predictions aimed at pagoda preservation.

    GEOMATE INT SOC, 2021年06月, INTERNATIONAL JOURNAL OF GEOMATE, 20 (82), 161 - 169, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 温度勾配による不飽和ベントナイト中の水分移動シミュレーション

    有井拓也, 太田有祐, 橘伸也, 竹山智英, 飯塚敦

    2021年, Proceedings of Kansai Geo-Symposium, 9

    [査読有り]

  • Yohei Nakamichi, Shigehiko Sugie, Tomohide Takeyama

    Springer International Publishing, 2021年, Challenges and Innovations in Geomechanics, 794 - 801

    [査読有り]

    論文集(書籍)内論文

  • Jian Chen, Tomohide Takeyama, Hideyuki O-tani, Kazuki Yamanoi, Satoru Oishi, Muneo Hori

    © 2019 Elsevier Ltd Through quantitative measurement of the accuracy and the convergence of error, code verification can objectively assess the quality of a simulation code. A lack of analytical benchmark solution for nonlinear problems makes it difficult to verify soil dynamics simulations in geotechnical engineering. To overcome such difficulty, this study makes use of a novel code verification technique, the method of numerically manufactured solutions (MNMS). By utilizing MNMS, the accuracy of a simulation code for nonlinear soil dynamics problems was measured. The orders of the convergence rate of the errors, with respect to the spatial and to the temporal discretization, were found to be in good agreement with the theoretical orders of the numerical methods. By demonstrating the applicability of MNMS for verifying nonlinear soil dynamics simulations, it is hoped that the concept and the necessity of code verifications can be appreciated for simulations of geotechnical engineering problems.

    2020年01月, Computers and Geotechnics, 117

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 最適化手法を用いた土/水連成問題に対する分離型解法の収束性に関する研究

    北野井智希, 竹山智英, 飯塚敦

    2020年, 神戸大学年安全研究センター研究報告, 24, 53 - 65

  • 室内試験に基づく繰り返し挙動を表現できる 構成モデルのパラメータ同定方法

    加藤知彦, 山本百花, 竹山智英, 飯塚敦

    2020年, 神戸大学年安全研究センター研究報告, 24, 44 - 52

  • 都市全体を対象とした液状化後の地盤沈下現象に関する解析的研究

    末光信明, 佐藤毅, 渡辺正, 竹山智英, 飯塚敦

    2020年, Kansai Geo-Symposium論文集, 8, 160 - 165

    [査読有り]

  • Atsushi Iizuka, Shinya Tachibana, Tomohide Takeyama, Yuri Sugiyama, Shun Nomura, Hideki Ohta

    Thomas Telford Ltd., 2019年09月01日, Geotechnical Research, 6 (3), 156 - 176, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Jian Chen, Hideyuki O-tani, Tomohide Takeyama, Satoru Oishi, Muneo Hori

    © 2019 Elsevier B.V. Effective and efficient liquefaction hazard assessment is critical in making disaster mitigation plans for urban regions. In this paper, we present a numerical-simulation (NS)-based method for assessing urban-wide liquefaction hazard. The method includes an automatic modelling for individual sites and an application of high-performance computing (HPC) for efficient assessment. The feasibility of the method is demonstrated by conducting simulations for more than 10,000 individual sites in an urban region. The urban-wide assessment results depend on a pressure threshold of liquefaction occurrence and the dependence increases as the ground motion increases. A comparison with a conventional method using engineering indices (EI) shows a tendency of the EI-based method to predict a considerably greater number of liquefied sites than the proposed method. With the continuing improvement on numerical simulations and on computer efficiency, NS-based assessments can be regarded as promising alternatives to conventional EI-based methods for urban-wide liquefaction assessment.

    2019年08月14日, Engineering Geology, 258 (14), 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tomohide Takeyama, Kazuya Honda, Atsushi Iizuka

    In the wide area of the eastern part of Tokyo, the ground level is less than mean sea level. This area is more vulnerable to disasters than other areas. If large flood damage such as storm surge should occur in this area, the disaster would be a long-term catastrophe. On the coast of Tokyo Bay, countermeasures have been taken by tide embankments and floodgates. However, considering the damage scale when it occurs, an analysis in this area is very important. In this area, ground settlement occurred and groundwater head dropped because groundwater excessively withdrew by the industrial purpose during the period of economic growth. Currently, the groundwater head recovers and the ground settlement has been subsided. However, due to the groundwater head fluctuation, pore water pressure distribution had been different from hydrostatic pressure distribution. Therefore, in the analysis in this area, it is necessary to consider past groundwater head fluctuation. In this research, the ground settlement and the distribution of pore water pressure are simulated from groundwater level fluctuation over the past 100 years. Then, we conducted the seismic analysis by input the distribution of effective stress calculating from the simulated ground water pressure. The sites analyzed in this research are Tokyo Sea Life Park at the mouth of Arakawa River.

    Tech Reviews Ltd, 2019年05月15日, Journal of Civil Engineering and Construction, 8 (2), 41 - 47, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 竹山智英, 橘 伸也, 北野井智希, 飯塚敦

    2019年02月, Journal of Engineering and Construction, 8 (1), 13 - 18, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Chen, J, Takeyama, T, O-tani, H, Fujita, K, Hori, M

    2019年, International Journal of Computational Methods, 16 (5), 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Numerical analysis of vacuum consolidation considering dissolved gasses

    Nagaura, T, Sugiyama, Y, Takeyama, Y, Iizuka, A

    2018年, Proceedings of the 7th International Conference on Unsaturated Soils, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Bhuddarak Charatpangoon, Aiko Furukawa, Junji Kiyono, Shinya Tachibana, Tomohide Takeyama, Atsushi Iizuka

    Currently, finite element codes for small-strain have been widely applied in geotechnical engineering problems. However, the limitations of these codes are recognized, especially when the strain is large. To overthrow such limitations, finite-strain finite element code for porous media is needed. Therefore, this study aims to implement the finite element code for coupled solid-fluid at finite strain for static and dynamic problems. Firstly, the governing equation for porous media at finite-strain was introduced. Then, the mixed formulation of both phases with respect to the reference coordinates by deriving the governing equations with respect to the reference or current coordinates and by considering the solid and fluid as separate, was given. At present, the code is developed only for elastic regime as its preliminary step. In this study, the proposed code has been verified with the static and dynamic problem. And, the result of the finite-strain finite element code is then compared with the result of the analytical solution and small-strain finite element code within the small-strain regime. Thereafter, the proposed code was used to estimate the response of the earthen dam when subjected to a dynamic load. Finally, the results, discussion, and comparison between small- and finite-strain finite element analyses were presented.

    GEOMATE International Society, 2018年, International Journal of GEOMATE, 15 (51), 1 - 8, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 地盤動的解析のための試験結果のばらつきを考慮したパラメータ範囲の検討

    鹿瀬 一希, 飯塚 敦, 竹山 智英

    2017年03月, 都市安全研究センター研究報告, (21), 27 - 35, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • B 値に与える影響因子とB 値測定手法がせん断挙動に及ぼす影響

    宇治 亮佑, 杉山 友理, 竹山 智英, 飯塚 敦

    2017年03月, 都市安全研究センター研究報告, (21), 49 - 62, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Binh Nguyen, Tomohide Takeyama, Masaki Kitazume

    When the deep mixing columns were used to support embankment slope, the columns may fail under either the internal or the external failure pattern, dependent on the strength of columns, soil condition, and loading condition. A shallow layer, produced by shallow mixing method, was proposed to fix and reinforce these isolated columns. In this study, the centrifuge model tests were carried out to simulate the embankment construction on the soft ground, improved by the columns and the shallow layer. The effect of the shallow layer and column strength on increasing the embankment stability can be addressed from the model tests. The failure of isolated columns was compared to that of columns with the reinforcement of shallow layer in terms of internal stability. In addition, by using the test data simple calculations based on limit equilibrium were also carried out to access the failure patterns of column in both internal and external stabilities.

    American Society of Civil Engineers (ASCE), 2017年, Geotechnical Special Publication, (289), 471 - 480, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • B値に与える影響因子とB値測定手法がせん断挙動に及ぼす影響

    宇治 亮佑, 杉山 友理, 竹山 智英, 飯塚 敦

    2017年, 都市安全研究センター研究報告, (21), 49 - 62, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 地盤動的解析のための試験結果のばらつきを考慮したパラメータ範囲の検討

    鹿瀬 一希, 飯塚 敦, 竹山 智英

    2017年, 都市安全研究センター研究報告, (21), 27 - 35, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Study on failure mechanisms of the deep mixing columns reinforced by a shallow mixing layer

    Nguyen, B, Takeyama, T, Kitazume, M

    2017年, Proc. of 19th International Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, 2607 - 2610, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Jian Chen, Tomohide Takeyama, Hideyuki O-Tani, Kohei Fujita, Muneo Hori

    Soil liquefaction induced by earthquakes poses a great threat to urban areas, not only by causing direct damages to infrastructures but also by delaying rescue and relief actions. Established engineering assessment methods using indices such as factor of safety against liquefaction (FL) tend to overestimate liquefaction hazards. While the standard usage of soil dynamic analysis for liquefaction assessment is limited to a single site with detailed site information. In this paper, we propose a framework based on soil dynamics for assessing liquefaction hazard for urban areas which contain numerous sites with borehole logs only. The framework is featured by generating analysis models and by estimating material parameters automatically from available borehole information. The governing equations for soil dynamics are solved by a finite element code. Liquefaction hazard is assessed according to the solutions of excess pore water pressure for given seismic waves. As demonstrations, we show simulation results of simple shear tests and of seismic response for a target site under loadings of artificial and of actual seismic waves. The automatic model construction and parameter estimation enable this framework being applied effectively for urban-area-wide liquefaction assessment, as an alternative for the current practices based on engineering indices.

    WORLD SCIENTIFIC PUBL CO PTE LTD, 2016年08月, INTERNATIONAL JOURNAL OF COMPUTATIONAL METHODS, 13 (4), 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 新舎 博, 堤 彩人, 熊谷 隆宏, 竹山 智英, 北詰 昌樹

    真空圧密は粘土地盤の圧密改良工法として広く利用されているが.ドレーンから粘土への負圧伝播過程を実験と解析とで解明したものは少ない.そこで,軟弱な浚渫粘土を対象とした真空圧密土槽実験を行い,沈下および負圧の伝播過程を実験と解析とで比較した.その結果,弾塑性構成式を搭載した圧密解析プログラム「DACSAR-MC」を用いると,平均圧密度が70%程度までは,実験と解析での沈下および負圧挙動がよく一致する結果が得られた.圧密後期において両者が異なったのは,実験での制約によるものと考えられる.

    公益社団法人 土木学会, 2016年, 土木学会論文集B3(海洋開発), 72 (2), 408 - 413, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Nguyen, B, Takeyama, T, Kitazume, M

    2016年, International Journal of Geosynthetics and Ground Engineering, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • High performance computing for liquefaction hazard assessment with statistical soil models

    Chen, J, Takeyama, T, O-tani, H, Fujita, K, Hori, M

    2016年, Proc. of the 7th International Conference on Computational Methods, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • High performance Computing for Assessing Hazard of Earthquake induced Liquefaction in Urban Regions

    Chen, J, Takeyama, T, O-tani, H, Fujita, K, Hori, M

    2016年, Proc. of the 12th World Congress on Computational Mechanics, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Nguyen, B, Takeyama, T, Kitazume, M

    2016年, Journal of JSCE, 4 (1), 92 - 105, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Centrifuge model tests on deep mixing columns reinforced by a stabilized shallow mixing beneath an embankment

    Nguyen, B, Takeyama, T, M. Kitazume

    2016年, Proc. of the 19th Southeast Asian Geotechnical Conference & 2nd AGSSEA Conference, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Microscopic image of meta-stability of clays

    T. Takeyama, A. Ikeda, E. Nakayama, M. Taya, I. Kobayashi, T. Pipatpongsa, H. Ohta

    The authors carried out a series of triaxial "undrained" tests on undisturbed samples taken from 4 sites and found that development of pore water pressure especially at the early stage of the tests is more appreciable in the slower tests than faster tests. The test data for the slower tests suggest the existence of a sharp corner (vertex with a singular point) on the yield locus of a normally consolidated clay at the stress point representing the effective stress state of virgin consolidation. The existence of metastable space in the strain increment space is found to be closely related to the existence of the sharp corner (singular point) and/or smooth but sharply curved corner of the yield surface. Based on the above mentioned experimental and theoreticalworks, discussed in this paper is the metastable behavior expected to be seen in the metastable space. © 2015 Taylor & Francis Group.

    2015年, Geomechanics from Micro to Macro - Proceedings of the TC105 ISSMGE International Symposium on Geomechanics from Micro to Macro, IS-Cambridge 2014, 2, 727 - 732

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Simulations of physical models of undercut slope lying on inclined bedding plane

    T. Takeyama, T. Pipatpongsa

    An 80m high wall slope at Mae Moh mine, Lampang, Thailand, sits on a low friction interface between an underburden clay stone and a thin clay layer. Stability of the sizable slope will be questionable when being undercut and mined. To study the behaviors of the undercut slope lying on an inclined bedding plane, a number of physical models are studied. For the physical models, a 1.3m × 0.06m × 0.8m (W × H × D) undercut slope model was constructed by using humid sand on low friction Teflon sheet as a smooth interface. In the physical model test, the base part of the model was started to excavate from two central slices of 50mm wide and expanded until a failure occurred. The test results were compared with the numerical analyses by the Smoothed Particle Hydrodynamics (SPH) method. The simulation can express the failure observed in the physical model tests. © 2015 Taylor & Francis Group, London.

    2015年, Computer Methods and Recent Advances in Geomechanics - Proceedings of the 14th Int. Conference of International Association for Computer Methods and Recent Advances in Geomechanics, IACMAG 2014, 1481 - 1486

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 小柿 響, 丸山 貴広, 堀越 一輝, 竹山 智英, 高橋 章浩

    Japan Society of Civil Engineers, 2015年, 土木学会論文集 A2分冊(応用力学), 71 (2), I_419 - I_427, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Makino, M, Takeyama, T, Kitazume, M

    The Pneumatic Flow Mixing Method was developed in Japan, in which dredged soft soil is mixed with small amount of chemical binder, usually cement, in a pipe during transporting by compressed air. In some applications, the stabilized soil is temporary placed at provisional space, and is excavated and reclaimed at the final site due to several reasons. In the cases, the stabilized soil in which the chemical reaction has already proceeded is disturbed during the excavation and transportation processes, which causes considerable decrease in the strength at the final site. It is important to investigate the soil disturbance effect for its further applications. The authors have started a research project to investigate the soil disturbance effect on the mechanical properties of cement stabilized soil. The unconfined compression tests were performed on three types of laboratory mixed cement stabilized Kaolin clay, stabilized soil without disturbance and disturbed after 3 or 7 days curing. The study revealed that the soil disturbance influenced the stress - stain behavior of the soils considerably. In this paper, a part of the ongoing research results is presented as well as the soil preparation and test procedure.

    国際低平地研究協会, 2015年, The Official Journal of the International Association of Lowland Technology, 17 (3), 139 - 146, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • The influence of soil disturbance on cement-treated soil strength

    Kitazume, M, Makino, M, Takeyama, T

    2015年, Proc. of the 7th Regional Symposium on Infrastructure Development, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Experimental and Analytical Study of the Effect of Partial Decrement in Permeability of PVDs on Consolidation

    Kozaki, K, 竹山 智英, Kitazume, M

    2015年, Proc. of the International Conference on Soft Ground Engineering, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Deep Mixing Column Group Reinforcement by a Shallow Mixing Layer Beneath an Embankment

    Nguyen, B, Takeyama, T, Kitazume, M

    2015年, Proc. of Deep Mixing 2015, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Centrifuge Model Tests on the External Failure of DM Columns Fixed by Shallow Stabilization

    Nguyen, B, Takeyama, T, Kitazume, M

    2015年, Proc. of the International Conference on Soft Ground Engineering, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • A soil dynamics based liquefaction potential assessment framework for urban sites

    Chen, J, Takeyama, T, O-tani, H, Fujita, K, Hori, M

    2015年, Proc. of the the International Conference on Computational Methods, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • A finite element method to describe the cyclic behavior of saturated soil

    竹山 智英, 橘 伸也, 古川 愛子

    2015年, International Journal of Material Science and Engineering, 2 (1), 20 - 25, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Binh T.T. Nguyen, Tomohide Takeyama, Masaki Kitazume

    Soil cement mixing by deep mixing technique is used as a soft soil improvement method. Deep mixing columns are widely used to support embankment constructed on a soft ground area. In order to applying this improvement method, the failure pattern of group column type improvement should be analyzed. Researches on the failure pattern of columns are done by some authors when the columns individually fail. Due to individual failure of columns under loading, a layer of shallow mixing layer is proposed to reinforce individual columns working as a group in order to increase the stability as well as loading capacity of columned improved area. This research focuses on the failure pattern of group of columns which are fixed by the shallow mixing layer under embankment. By comparing to failure mechanism of individual columns, the effect of shallow mixing layer on failure pattern of deep mixing columns is also discussed. Finite element method is used for this analysis with Plaxis code under plain strain condition. The effect of thickness of shallow mixing layer on reducing horizontal displacement of embankment isvarious with different values of strength and stiffness of cement mixing area which is discussed in this research.

    Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, 2015年, 15th Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, ARC 2015: New Innovations and Sustainability, 2 (63), 2144 - 2148, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Tomohide Takeyama, Seiya Yokota, Masumi Sueoka, Hideki Ohta

    In Akita region along the northwest coast of Japan, about fifty tons of salt per kilometre of the highway is used to prevent the snow on the road surface from freezing every year. Reported in this paper is the estimate of the salt contamination in paddy fields adjacent to Akita Expressway. The speed of the travelling diffusion front of the possible saline ground water was estimated as low as 2 mm/year. In the paper, we also review the current operation of Akita Expressway in terms of snow removal and freeze prevention during the winter season.

    Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, 2015年, 15th Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, ARC 2015: New Innovations and Sustainability, 2 (50), 1745 - 1748, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Sugiyama, Y, Nomura, S, Iizuka, A, Kawai, K, Tachibana, S, Kanazawa, S, Takeyama, T

    The East Japan Earthquake and Tsunami caused serious damages in the coastal area of eastern Japan. Many houses and cars on the road were swept away by the tsunami. Also, industrial facilities such as chemical plants in the coastal area were completely destroyed. Damage from saline seawater was not limited only to the rice field areas, and there were also serious anxieties regarding the possibility of ground contamination as a result of harmful heavy metals that leaked from destroyed chemical plants. In light of this scenario, we carried out a quantitative survey to examine these areas. This paper reports on the results of our survey. It was found that high salt concentrations were detected on the ground surface but predictions state that these concentrations can be diluted with rainfall. It was also revealed that serious ground contamination due to the harmful heavy metals was not detected.

    2014年, Theoretical and Applied Mechanics, 62, 141 - 148, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masafumi Hirata, Atsushi Iizuka, Hideki Ohta, Tetsuo Fujiyama, Tomohide Takeyama

    In the present soil–water coupled finite element method (FEM) analysis, a program known as deformation analysis considering stress anisotropy and reorientation (DACSAR Iizuka and Ohta, Soil Found 27(3): 71–87, 1987), the spatial discretization procedure for representing the water head at the center of each finite element was adopted. However, it is known that the outflow of pore water from the element boundary happens to be incorrectly calculated depending on the mesh arrangement and the inclination of the boundary. To address this problem, this chapter proposes a more rigorous spatial discretization procedure for pore water flow. Namely, the hybrid-type penalty method (HPM) is introduced to spatially discretize the pore water flow in soil–water coupled finite element formulation, and the DACSAR program is modified using the proposed technique.

    Springer Netherlands, 2013年, Geotechnical, Geological and Earthquake Engineering, 25, 163 - 179, 英語

    [査読有り]

    論文集(書籍)内論文

  • ピパットポンサー ティラポン, 竹山 智英, 飯塚 敦, 太田 秀樹

    2011年3月11日に発生した東日本大震災後、道路・堤防の盛土の地震による被害が多く報告された。国土交通省東北地方整備局の調査によると,地震による堤防被 害の主要因の一つは,地盤上に砂質系材料を用いて築堤した堤体下部において、圧密沈下により基礎地盤表層が凹状となり、ゆるみが発生し,その上部で堤体基礎地盤に浸透した雨水がたまり、飽和領域を形成した部分において,地震動により間隙水圧が上昇して,液状が発生したと報告されている。この研究では、基礎地盤の沈下のたわみに跨る受働アーチが形成された場合の初期応力状態が,液状化に対する抵抗を低下させるメカニズムに与える影響を検討し,地震時の堤防の安定性評価に貢献することを目的とする。

    日本学術会議 「機械工学委員会・土木工学・建築学委員会合同IUTAM分科会」, 2013年, 理論応用力学講演会 講演論文集, 62 (0), 114 - 114, 日本語

  • Tomohide Takeyama, Thirapong Pipatpongsa, Atsushi Iizuka, Hideki Ohta

    © Springer Science+Business Media Dordrecht 2013. In this chapter, the stress–strain relationship on the singular point of the yield surface of the original Cam clay model and the Sekiguchi-Ohta’s model is derived in order to compute the volume change correctly. Metastable space, the range of increment of strain in which effective stress does not get away from the singular point of yield surface, was theoretically derived. In metastable space, the increment of volumetric strain is larger than the increment of deviatoric strain.

    2013年, Geotechnical, Geological and Earthquake Engineering, 25, 229 - 239

    [査読有り]

    論文集(書籍)内論文

  • 飯塚 敦, 杉山 友理, 野村 瞬, 河井 克之, 橘 伸也, 金澤 伸一, 竹山 智英

    2011年3月11日,日本における観測史上最大規模である東北地方太平洋沖地震に起因する大津波が発生した.この津波により,コンビナート等がある工業施設も被災した.重金属・揮発性有害物質が土壌流出した場合,被災民やボランティアの人々の健康被害が懸念される.重金属類による土壌汚染を調べるため,調査チームを編成し,現地(仙台近郊海岸部および石巻)に赴いた.調査の結果,崩壊したコンビナート等の工業施設から直接に汚染されたというよりも,高度成長時代に港湾や海底に堆積し,眠っていたものが,津波によって掘り起こされ,薄く広範囲に撒き散らされたものと推察される.

    日本学術会議 「機械工学委員会・土木工学・建築学委員会合同IUTAM分科会」, 2013年, 理論応用力学講演会 講演論文集, 62 (0), 110 - 110, 日本語

  • 東日本大震災における津波由来土壌汚染調査

    杉山友理, 野村瞬, 飯塚敦, 河井克之, 橘伸也, 金澤伸一, 竹山智英

    2012年08月01日, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 67th, ROMBUNNO.VII-066, 日本語

  • M. Tanaka, K. Kawai, S. Kanazawa, A. Iizuka, S. Tachibana, S. Ohno, T. Takeyama

    It is difficult to estimate the current stress state of existing embankments because of their inherent sloping geometric shapes. Therefore an elastic analysis is always carried out in advance and the calculated stress state, assumed as the current stress, is used as an input parameter in the deformation analysis of an embankment. However, the stress state of a banking material can be quite complicated since banking materials are elasto-plastic and unsaturated in most cases, and, their behavior strongly depends on the stress history. In this study, the banking process is simulated with an elasto-plastic constitutive model for unsaturated soil. Specifically, the effects of banking speed and initial suction within the banking material are considered. It is found that the post-banking stress state depends on the distribution of the initial suction due to soil-water retention characteristics. © 2011 Taylor & Francis Group, London.

    2011年12月01日, Unsaturated Soils - Proceedings of the 5th International Conference on Unsaturated Soils, 2, 1337 - 1342

  • ピパットポンサー ティラポン, 竹山 智英

    A sand valley is a conjugate problem of sand heap. A typical geometry of planar valley under constant unit weight lying at the angle of repose is illustrated by two adjacent infinite sand heaps. The rigid body of infinite depth of cohesionless material is considered in two-dimensional quasi-static equilibrium. This study reveals the solutions according to a particular description of stress paths where the principal stress orientation provides additional equation to the two equilibrium equations for analyzing three unknowns of stress variables. Closed-form stress solutions for loose sand valley formed at the angle of repose in the planar two-dimension were derived based on the fixed principal axis hypothesis using the Lamé-Maxwell equations of equilibrium. Paths of principal stresses describe self-weight transfer mechanism under the static equilibrium.

    日本学術会議 「機械工学委員会・土木工学・建築学委員会合同IUTAM分科会」, 2011年, 理論応用力学講演会 講演論文集, 60 (0), 221 - 221, 日本語

  • A finite element simulator for mechanical behavior of unsaturated earth structures exposed to evaporation and moisturization

    Shin-ichi Kanazawa, Katsuyuki Kawai, Atsushi Iizuka, Shintaro Ohno, Shinya Tachibana, Pipatpongsa Thirapong, Tomohide Takeyama

    To predict the long-term elasto-plastic behavior of unsaturated earth structures, a constitutive model, which can express the following typical mechanical behavior of unsaturated soil, is needed. This includes shrinkage and increase of stiffness upon drying (i.e. suction increase), collapse with reduction of stiffness upon wetting (i.e. suction decrease), and the influences of suction history related to the hysteresis of soil-water retention characteristics. In this study, a new constitutive model is proposed for unsaturated soil where the effective degree of saturation is used as a parameter relating to stiffness. The model shows good agreement with experimental results. In addition, a soil/water coupled finite element simulation code (simulator), as applied to this model, is introduced. The appropriateness of the simulator is demonstrated for the case of a virtual fill.

    CRC PRESS-TAYLOR & FRANCIS GROUP, 2010年, UNSATURATED SOILS: THEORETICAL AND NUMERICAL ADVANCES IN UNSATURATED SOIL MECHANICS, 711 - +, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 築堤シミュレーションにおける設定条件が盛土内応力分布に及ぼす影響

    田中麻穂, 河井克之, 金澤伸一, 橘伸也, 大野進太郎, 飯塚敦, 竹山智英

    2010年, 応用力学論文集(CD-ROM), 13, 423 - 430, 日本語

    [査読有り]

  • HPMを用いた土/水連成有限要素解析における水頭の空間離散化

    平田 昌史, 藤山 哲雄, 竹山 智英, 飯塚 敦, 太田 秀樹

    2009年09月, 応用力学論文集, Vol.12,pp.187-194, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • H. Ohta, T. Takeyama, K. Okubo, S. Yokota, T. Ishigaki, S. Omoto

    This paper describes a trial of geotechnical asset management for highway embankments placed on very soft clayey grounds at Ebet-su, Hokkaido in Japan. The highway was constructed 30 years ago and is still settling year by year requiring a considerable cost of maintenance. The paper consists of (i) characterization of the ground conditions at the sites, (ii) the class B predictions of the mechanical behaviour of embankments during construction works employing a soil/water coupled finite element code, (iii) predictions of long-term settlement of the embankments based on the information obtained at the stage (ii), (iv) estimates of maintenance cost of the embankments based on the computed long-term settlement and (v) verification of the proposed method of geotechnical asset management by comparing the maintenance cost estimated based on the above stated method and the maintenance cost actually needed in the past 30 years. © 2009 IOS Press.

    2009年, Proceedings of the 17th International Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering: The Academia and Practice of Geotechnical Engineering, 3, 2139 - 2142, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 河井 克之, 田中 麻穂, 金澤 伸一, 橘 伸也, 大野 進太郎, 飯塚 敦, 竹山 智英

    神戸大学都市安全研究センター, 2009年, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 13 (13), 1 - 9, 日本語

  • Soil\/water coupled analysis for construction management of highway embankments on soft clay

    Takeyama, T, Ishigaki, T, Mizuta, T, Ohta, H

    佐賀大学, 2009年, The Official Journal of the International Association of Lowland Technology, 11 (2), 41 - 46, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Thirapong Pipatpongsa, Tomohide Takeyama, Hideki Ohta, Atsushi Iizuka

    Discontinuity at the vertex of the Sekiguchi-Ohta model causes numerical troubles when associated flow rule is applied because the singularity encountered in the derivatives of yield function. Based on Koiter's associated (low rule, the numerical implementation to accommodate the vertex singularity had been generalized. The set of applied strains had been formulated and defined as the domain of metastability. This study is focused on validity of the domain of metastability by a regularized method. Infinitesimal vicinity adjacent to the vertex is considered to regularize all of plastic flow in outwards normal direction to the yield surface. It was confirmed that the metastable domain of the Sekiguchi-Ohta model is bounded by an elliptical cone in principal strain space.

    2009年, Theoretical and Applied Mechanics Japan, 57, 89 - 94

    研究論文(学術雑誌)

  • Numerical modelling for life cycle planning of highway embankments on soft foundations

    T. Ishigaki, S. Omoto, A. Iizuka, T. Takeyama, H. Ohta

    This paper presents the applicability of soil/water coupled finite element modelling (S/W FEM) as a tool for supporting life cycle planning of highway embankments on soft foundations. To begin with, as a case study, the S/W FEM of a 30 years old existing highway embankment is conducted and its prediction of long-term settlement and deformation is verified. The constitutive model mainly employed in this modelling is an elasto-viscoplastic model developed by Sekiguchi and Ohta (1977). Secondly, the life cycle planning of highway embankments based on the FE simulation of long-term performance is trialled. The geotechnical performance-related indicators (GPRIs) relevant to geotechnical indicators (GIs) of highway embankments are investigated for life cycle planning. The case study with numerical modelling and life cycle planning of highway embankments described in this paper may be found to be applicable and efficient for use in geotechnical asset management practices.

    CRC PRESS-TAYLOR & FRANCIS GROUP, 2008年, ADVANCES IN TRANSPORTATION GEOTECHNICS, 389 - +, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Analysis of embankment by nonlinear contractancy description

    大野 進太郎, 竹山 智英, Thirapong Pipatopongsa, 太田 秀樹, 飯塚 敦

    2007年12月, Proc 13th Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, CD-ROM, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Coefficient of earth pressure at-rest derived from the Sekiguchi-Ohta model

    ピパットポンサー ティラポン, PIPATPONGSA Thirapong, 竹山 智英, Takeyama Tomohide, 太田 秀樹, OHTA HIDEKI, 飯塚 敦, Iizuka Atsushi

    2007年05月, Proceeding of the 16th Southeast Asian Geotechnical Conference, pp.289-296 (0), 325 - 331, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Comparison of original and modified cam clay models extended for K0-consolidated clays

    Ohta, H, Ohno, S, Iizuka, A, Pipatpongsa, T, Takeyama, T

    2007年, First Sri Lankan Geotechnical Society International Conference on Soil and Rock Engineering(CD-ROM)

  • Soil/water coupled F.E. Simulation of field performance of 5 embankments placed on homogeneous clay

    Takeyama, T, Pipatpongsa, T, Iizuka, A, Mizuta, T, Ohno, S, Ohta, H

    2007年, First Sri Lankan Geotechnical Society International Conference on Soil and Rock Engineering(CD-ROM)

  • 石垣 勉, 尾本 志展, 竹山 智英, ピパットポンサー ティラポン, 飯塚 敦, 太田 秀樹

    2007年, 応用力学論文集, 10, 971 - 982, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hideki Ohta, Tomohide Takeyama, Yoshimasa Takeyama, Motohiro Inagaki, Tomihisa Mizuta, Masashi Nabetani, Yukihiro Nishida

    The mechanical behaviour of 5 pre-loading highway embankments placed on very uniform soft Ariake Clay is analysed by employing the soil/water coupled finite element programme DACSAR coded by Iizuka and Ohta incorporating an elasto-viscoplastic constitutive model proposed by Sekiguchi and Ohta. A series of computer simulation confirms that a set of input data closer to the reality results in the better performance of the computer simulation especially in calculating the lateral movement of subsoil beneath the toe of the embankments. Copyright ASCE 2006.

    2006年, Geotechnical Special Publication, (156), 440 - 453, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 地盤動態解析の基礎理論

    大野進太郎, 竹山智英, 飯塚敦, Pipatpongsa Thirapong, 太田秀樹

    2005年, 21世紀COEプログラム「都市地震工学の発展と体系化」, 96 (No.), 35 - 46

  • 竹山 智英, 太田 秀樹, 稲垣 太浩

    盛土構造物の土/水連成弾・粘塑性有限要素プログラムによる動態解析は,過去何年かの実績によって高い再現性が確認されている.そこで,本研究では軟弱地盤上に盛土構造物を建設する際に講じる対策工法を評価する手段として有限要素プログラムを利用することを目的とし,秋田県,大沢郷に建設された道路盛土を対象に解析を行った.軟弱地盤対策工に関する仮想的なケーススタディの解析結果を用いて軟弱地盤対策工の評価を行った.

    公益社団法人 地盤工学会, 2004年, 地盤工学研究発表会 発表講演集, 39, 1325 - 1326

  • 鍋谷 雅司, 稲垣 太浩, 竹山 智英, 水田 富久, 酒井 運雄, 太田 秀樹

    性能発注では,設計・施工段階における将来の性能保証やライフサイクルコストの評価が要求される。本研究は、既に長期間供用されている軟弱地盤上の道路盛土を対象とし、追加地盤調査と挙動解析をペアで実施することにより、過去の挙動履歴をどの程度評価できるか検討したものである。盛土の法肩と平地部で実施した地盤調査データと土/水連成弾・粘塑性有限要素法による挙動解析結果は,施工期間の挙動計測や地盤調査結果による過去の実績を表現できており,当該解析手法の性能設計への適用性や既存盛土の改修工事設計等に有用であることを確認した。

    公益社団法人 地盤工学会, 2004年, 地盤工学研究発表会 発表講演集, 39, 1327 - 1328

  • 15 years continuous settlement of a highway embankment on very soft clay

    太田 秀樹, 飯塚 敦, 稲垣 太浩, 野津 光夫, 竹山 智英

    2003年09月, Proc. International Workshop on Geotechnics of Soft Soils, pp.49-62, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 竹山 智英, 水田 富久, 稲垣 太浩, 岩村 浩一, 酒井 運雄, 鍋谷 雅司, 太田 秀樹

    有明粘土が堆積する長崎自動車道武雄インターチェンジ付近の平地部において、幅と高さの比が異なるベーンせん断試験やサンプリング試料による鉛直・水平両方向の圧密及び一面せん断試験、三軸CUバー試験等を実施した。本研究では、これらの力学試験結果や物理試験による塑性指数から推定あるいは決定される静止土圧係数や限界状態定数について比較検討することにより、各種算定式の信頼性について精査を行う。また、実際の盛土に対する土/水連成弾塑性FEM解析を実施し、静止土圧係数や強度定数の算定法の違いが結果に及ぼす影響について検討した。

    公益社団法人 地盤工学会, 2003年, 地盤工学研究発表会 発表講演集, 38, 299 - 300

  • 陳 健, 竹山 智英, 大谷 英之, 山野井 一輝, 大石 哲, 堀 宗朗

    A lack of analytical benchmark solution makes it difficult to verify soil dynamics simulations of nonlinear geotechnical problems. This study makes use of a novel code verification technique, the method of numerically manufactured solutions (MNMS), to overcome such difficulty. Using MNMS, the accuracy of a nonlinear soil dynamics simulation code based on finite element method (FEM) is verified.

    日本学術会議 「機械工学委員会・土木工学・建築学委員会合同IUTAM分科会」, 2019年, 理論応用力学講演会 講演論文集, 65, 233 - 233, 日本語

MISC

  • 石垣 勉, 尾本 志展, 竹山智英, ピパットポンサー・ティラポン, 飯塚 敦, 太田秀樹

    土木学会, 2007年, 土木学会応用力学論文集, 10, 971 - 982, 日本語

  • 溶存気体の気化が真空圧密時の地盤内圧力変化に及ぼす影響

    杉山友理, 長浦崇晃, 竹山智英, 飯塚敦

    2017年, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 52nd

  • 不飽和地盤の液状化強度発現に関する解析的研究

    長浦崇晃, 杉山友理, 竹山智英, 飯塚敦

    2017年, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 52nd

  • 海底地盤から採取したサンプリング試料の強度発現メカニズム

    杉山友理, 中谷奈央, 竹山智英, 飯塚敦

    2016年, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 51st

  • 間隙保水特性と非可逆変形特性がB値発現に及ぼす影響

    宇治亮佑, 杉山友理, 田中博之, 竹山智英, 飯塚敦

    2016年, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 51st

  • デコルマ帯における固着メカニズムの解明

    麻生勇人, 杉山友理, 佐々木陽亮, 竹山智英, 飯塚敦

    2016年, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 51st

講演・口頭発表等

  • 過圧密比の深度分布と地表面加速度の相関性

    林勇佑, 本田和也, 竹山智英, 橘伸也, 飯塚敦

    2021年度土木学会関西支部年次学術講演会, 2021年

  • 地盤グリッドモデルを用いた数値解析モデルの自動生成

    田村彩奈, 本田和也, 竹山智英, 橘伸也, 飯塚敦

    第56回地盤工学研究発表会, 2021年

  • 動的解析を用いたアーチ効果の液状化への影響評価

    林啓太, 竹山智英, 橘伸也, 飯塚敦

    2021年

  • 広域の三次元有限要素モデルの自動構築とFEM解析プログラムへの適用

    伊藤輝, 竹山智英, 大谷英之

    第56回地盤工学研究発表会, 2021年

  • 地盤データの自動構築を目的にした大規模データ検索インベントリ

    伊関亮太, 飯塚敦, 竹山智英

    第56回地盤工学研究発表会, 2021年

  • 液状化沈下変形を対象とした都市広域解析におけるデータ構築方法の現状と課題

    末光明信, 佐藤毅, 竹山智英

    第2回 i-Constructionの推進に関するシンポジウム, 2020年

    口頭発表(一般)

  • 盛土の遠心模型実験に対する動的数値シミュレーション

    山本百華, 加藤知彦, 竹山智英, 飯塚敦

    第55回地盤工学研究発表会, 2020年

    口頭発表(一般)

  • 液状化後の地盤沈下現象に着目した都市全体解析に関する研究~千葉県浦安市における測量結果との比較検討~

    末光明信, 佐藤毅, 飯塚敦, 竹山智英

    第55回地盤工学研究発表会, 2020年

    口頭発表(一般)

  • 液状化後の地盤沈下現象に着目した都市全体解析に関する研究~解析パラメータの同定~

    末光明信, 佐藤毅, 飯塚敦, 竹山智英

    第55回地盤工学研究発表会, 2020年

    口頭発表(一般)

  • 粒子法の降雨による斜面崩壊解析への適用

    中道洋平, 杉江茂彦, 竹山智英

    第55回地盤工学研究発表会, 2020年

    口頭発表(一般)

  • 東京海抜ゼロメートル地帯における液状化解析

    本田和也, 大山和貴, 竹山智英, 橘伸也, 飯塚敦

    第54回地盤工学研究発表会, 2019年

  • 土水連成問題における分離型解法における反復試行の収束時のパラメータの推定

    吉村侑起, 飯塚敦, 竹山智英, 北野井智希, 長浦崇晃

    第54回地盤工学研究発表会, 2019年

  • 粒子法による土水連成解析の定式化と多次元解析による検証

    中道洋平, 杉江茂彦, 竹山智英

    土木学会, 2019年

    口頭発表(一般)

  • 分離型解法を用いた土/水連成問題の検討

    北野井 智希, 竹山 智英, 飯塚 敦, 橘 伸也

    第53回地盤工学研究発表会, 2018年07月, 日本語, 地盤工学会, 高松市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 東京海抜ゼロメートル地帯における地下水位変動に伴う液状化リスク

    本田 和也, 竹山 智英, 橘 伸也, 飯塚 敦

    第53回地盤工学研究発表会, 2018年07月, 日本語, 地盤工学会, 高松市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • デコルマ帯における変質を考慮したせん断シミュレーション

    前川 慎太郎, 麻生 勇人, 飯塚 敦, 橘 伸也, 竹山 智英, 杉山 友理

    第53回地盤工学研究発表会, 2018年07月, 日本語, 地盤工学会, 高松市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 粒子法を用いた浸透破壊解析

    中道 洋平, 杉江 茂彦, 竹山 智英

    第53回地盤工学研究発表会, 2018年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 不飽和土/水連成SPH法を用いた斜面崩壊解析

    関 一, 竹山 智英

    第53回地盤工学研究発表会, 2018年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 弾塑性構成理論に用いる下負荷面のニューラルネットワークを用いた同定

    山﨑 祐太, 竹山 智英

    第53回地盤工学研究発表会, 2018年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ニューラルネットワークによるN値分布の推定

    嶋田 倫昌, 竹山 智英

    第53回地盤工学研究発表会, 2018年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • FDPSを用いたSPH法による斜面崩壊シミュレーションに関する基礎研究

    野中 沙樹, 大石 哲, 竹山 智英, 陳 健

    第21回応用力学講演会, 2018年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 溶存気体の気化が真空圧密時の地盤内圧力変化に及ぼす影響

    杉山 友理, 長浦 崇晃, 竹山 智英, 飯塚 敦

    第52 回地盤工学研究発表会, 2017年07月, 日本語, 地盤工学会, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 不飽和地盤の液状化強度発現に関する解析的研究

    長浦 崇晃, 杉山 友理, 竹山 智英, 飯塚 敦

    第52 回地盤工学研究発表会, 2017年07月, 日本語, 地盤工学会, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地盤動的解析のための試験結果のばらつきを考慮したパラメータ範囲の検討

    嶋田 倫昌, 飯塚 敦, 竹山 智英, 鹿瀬 一希

    第52 回地盤工学研究発表会, 2017年07月, 日本語, 地盤工学会, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 先行効果を考慮した弾・粘塑性構成モデルの動的解析への適用

    田中 直人, 竹山 智英, 飯塚 敦, 田中 麻穂, 平田 昌史

    第52 回地盤工学研究発表会, 2017年07月, 日本語, 地盤工学会, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • SPH 法を用いた仮置き盛土に対する安全性検討

    上野山 裕己, 竹山 智英, 飯塚 敦

    第52 回地盤工学研究発表会, 2017年07月, 日本語, 地盤工学会, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • SPH 法を用いた浸透破壊解析

    中道 洋平, 杉江 茂彦, 竹山 智英

    第52回地盤工学研究発表会, 2017年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 間隙保水特性と非可逆変形特性が B 値発現に及ぼす影響

    宇治 亮佑, 杉山 友理, 田中 博之, 河井 克之, 竹山 智英, 飯塚 敦

    第51回地盤工学研究発表会, 2016年09月, 日本語, 地盤工学会, 岡山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 海底地盤から採取したサンプリング試料の強度発現メカニズム

    杉山 友理, 中谷 奈央, 竹山 智英, 飯塚 敦

    第51回地盤工学研究発表会, 2016年09月, 日本語, 地盤工学会, 岡山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • デコルマ帯における固着メカニズムの解明

    麻生 勇人, 飯塚 敦, 竹山 智英, 杉山 友理, 佐々木 陽亮

    第51回地盤工学研究発表会, 2016年09月, 日本語, 地盤工学会, 岡山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ジオテキスタイル補強土構造物における補強効果の検討

    織田 裕至, 川勝 拓哉, 飯塚 敦, 竹山 智英

    第51回地盤工学研究発表会, 2016年09月, 日本語, 地盤工学会, 岡山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 本設杭として利用するソイルセメント柱列壁の実台鉛直載荷試験の再現解析

    辻野 海人, 渡邉 康司, 竹山 智英

    第51回地盤工学研究発表会, 2016年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地盤情報データベースを使用した動的解析の自動化に関する研究

    嶋田 倫昌, 竹山 智英

    第51回地盤工学研究発表会, 2016年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • SPH法を使用した不飽和非定常浸透流解析における流量境界条件の改良

    関 一, 竹山 智英

    第51回地盤工学研究発表会, 2016年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Centrifuge model tests on internal failure of DM columns reinforced by a stabilized shallow layer

    Nguyen, B, Takeyama, T, Kitazume, M

    第51回地盤工学研究発表会, 2016年, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 養生中に攪乱を受けた改良土の強度予測に関する研究

    牧野 真大, 竹山 智英, 北詰 昌樹

    第50回地盤工学研究発表会, 2015年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 土/水連成を考慮したSPH法の斜面崩壊解析への適用

    佐久間 茉由, 竹山 智英, 高橋 章浩

    第50回地盤工学研究発表会, 2015年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 拘束圧を受けるセメント改良地盤の破壊挙動に関する研究

    上野 嵩太, 北詰 昌樹, 竹山 智英, 関 栄

    第50回地盤工学研究発表会, 2015年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PVDの部分的な透水係数低下における圧密に及ぼす影響の実験的検討

    小崎 香菜子, 竹山 智英, 北詰 昌樹

    第50回地盤工学研究発表会, 2015年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • バーチカルドレーンの透水性低下が圧密遅れに及ぼす影響に関する室内模型実験

    津吉友裕, 竹山智英, 北詰昌樹

    第49回地盤工学研究発表会, 2014年

  • 浚渫埋立土の圧力を受ける盛土の変位挙動に関する遠心模型実験

    大竹雄輔, 竹山智英, 北詰昌樹

    第49回地盤工学研究発表会, 2014年

  • 養生中に攪乱を受けたセメント改良土の材料特性に関する研究

    牧野真大, 竹山智英, 北詰昌樹

    第49回地盤工学研究発表会, 2013年

  • 軟弱粘土斜面における杭式深層混合処理工法の変形挙動

    辻拓也, 関栄, 竹山智英, 北詰昌樹

    第48回地盤工学研究発表会, 2013年

  • 折れ曲りを受けるバーチカルドレーンの透水性の評価に関する研究

    牧野真大, 竹山智英, 北詰昌樹

    第48回地盤工学研究発表会, 2013年

  • セメント改良土の破壊挙動に関する遠心模型実験とSPH法による解析

    吉田有希, 北詰昌樹, 竹山智英, 関栄

    第48回地盤工学研究発表会, 2013年

  • 滑動する斜面上杭基礎構造物の地震時挙動に関する解析的研究

    武田正太郎, 竹山智英, 高橋章浩

    第48回地盤工学研究発表会, 2013年

  • 東日本大震災の津波による地盤塩害及び土壌汚染調査・分析

    杉山友理, 野村瞬, 飯塚敦, 河井克之, 橘伸也, 金澤伸一, 竹山智英

    第62回理論応用力学講演会, 2013年

  • Central pressure drop induced by passive arch action of materials prone to liquefaction underneath embankments due to basal settlement

    Pipatpongsa, T, Takeyama, T, Iizuka, A, Ohta, H

    第62回理論応用力学講演会, 2013年

  • 東北大震災における津波由来土壌汚染調査

    杉山友里, 野村瞬, 飯塚敦, 河井克之, 橘伸也, 金澤伸一, 竹山智英

    第67回土木学会年次学術講演会, 2012年

  • 杭式深層混合処理による斜面の安定性に関する遠心実験

    山上晶子, 竹山智英, 関栄, 辻拓也, 北詰昌樹

    第47回地盤工学研究発表会, 2012年

  • 粘土地盤中のバーチカルドレーンの圧密過程における折れ曲がり挙動に関する実験

    津吉友裕, 北詰昌樹, 竹山智英, 関栄

    第47回地盤工学研究発表会, 2012年

  • 地すべり抑止工の宅地盛土耐震化への適用に関する研究

    持田祐輔, 武田正太郎, 竹山智英, 高橋章浩

    第47回地盤工学研究発表会, 2012年

  • 粒子法を用いた地盤の挙動解析のための基礎的検討

    竹山智英

    第46回地盤工学研究発表会, 2011年

  • Analytic solutions for stresses in an inverted conical sand valley with principal axes polarized everywhere

    スィリティラクン・スィリクン, ピパットポンサー・ティラポン, 竹山智英

    第46回地盤工学研究発表会, 2011年

  • 高地下水面を有する盛土構造物の崩壊機構の把握と鋼管杭を応用した耐震性改善の提案

    荒井昭浩, 森川脩之, 竹山智英, 日下部治, 佐伯英一郎, 澤石正道

    第46回地盤工学研究発表会, 2011年

  • 偏心荷重を受ける砂地盤中の浅い基礎の支持力と根入れ効果に関する遠心模型実験

    藤田健史, 関栄, 竹山智英, 日下部治

    第46回地盤工学研究発表会講演集, 2011年

  • パイプの存在が盛土の地震時安定性に与える影響

    武田正太郎, 竹山智英, 高橋章浩

    第46回地盤工学研究発表会, 2011年

  • 斜面と杭基礎構造物の地震時相互作用に関する研究

    山崎敬穂, 関栄, 竹山智英, 高橋章浩

    第46回地盤工学研究発表会, 2011年

  • 分極主応力軸過程に基づいた平面砂丘問題のエアリーの応力関数解

    ピパットポンサー・ティラポン, 竹山智英, 松下忠己, 金澤伸一

    第7回地盤工学会関東支部発表会, 2010年

  • 安息角で形成された平面状斜面における固定主応力軸を仮定した応力解析

    第45回地盤工学研究発表会, 2010年

  • Analysis of groundwater influence and destabilized mechanisms of the Guinsaugon rockslide

    The 17th Southeast Asian Geotechnical Conference, 2010年

  • Stress analysis of planar slopes inclined at the angle of repose with fixed principal axes

    The 45th National Conference of Japan Geotechnical Engineering, 2010年

  • 赤井・田村(1978)による水頭の空間離散化手法の拡張と適用限界

    平田昌史, 藤山哲雄, 竹山智英, 飯塚敦, 太田秀樹

    第44回地盤工学研究発表会, 2009年

  • ハイブリッド型ペナルティ法を用いた土/水連成有限要素解析

    平田昌史, 藤山哲雄, 竹山智英, 飯塚敦, 太田秀樹

    第44回地盤工学研究発表会, 2009年

  • A study of deformation behaviour of an instrumented slope subjected to rainfall near Thadan Dam, Thailand

    Jotisankasa, A, Takahashi, A, Takeyama, T, Mairaing, W

    Proceedings of the 14th National Convention on Civil Engineering, 2009年

  • A finite element simulator for mechanical behavior of unsaturated earth structures exposed to evaporation and moisturization

    UNSAT-ASIA2009, 2009年

  • 施工速度の違いが盛土基礎地盤の変形に与える影響

    鈴木佑介, 竹山智英, 飯塚敦

    土木学会第63回年次学術講演会, 2008年

  • 真空圧密による改良域のモデル化

    竹山智英, 荒井亜希, 太田秀樹

    第5回地盤工学会関東支部研究発表会, 2008年

  • 1次元圧密解析による盛土の沈下計算-現場実測データならびに2次元土・水連成解析とくらべて-

    太田秀樹, 竹山智英, 尤龍涛, 石垣勉, 飯塚敦

    第5回地盤工学会関東支部研究発表会, 2008年

  • 密度の相違を考慮した砂の構成モデルとそのパラメータの決定法

    青木孝憲, 大野進太郎, 竹山智英, ピパットポンサー・ティラポン, 太田秀樹

    第43回地盤工学研究発表会, 2008年

  • 非線形コントラクタンシー表現関数のパラメータに関する研究

    倪微, 大野進太郎, 竹山智英, 太田秀樹

    第43回地盤工学研究発表会, 2008年

  • 締固め材料の圧密・せん断・強度特性

    李平,石垣勉, 吉田浩一, 竹山智英, 太田秀樹

    第43回地盤工学研究発表会, 2008年

  • 関口・太田モデルの特異点における負荷判定法

    平田昌史, 竹山智英, ピパットポンサー・ティラポン, 飯塚敦, 太田秀樹

    第43回地盤工学研究発表会, 2008年

  • 陰解応力積分法を導入した地盤構成式の検討

    金澤伸一,ピパットポンサー・ティラポン,竹山智英,飯塚敦,橘伸也

    第5回地盤工学会関東支部発表会, 2008年

  • マクロエレメント法の真空圧密工法への適用(その2)

    荒井亜希, 竹山智英, 青木孝憲, 中熊和義, 本田周成, 太田秀樹

    第43回地盤工学研究発表会, 2008年

  • マクロエレメント法の真空圧密工法への適用(その1)

    竹山智英,青木孝憲,荒井亜希,太田秀樹

    第43回地盤工学研究発表会, 2008年

  • Domain of metastability at the corner of the Sekiguchi-Ohta model

    Pipatpongsa, T, Takeyama, T, Ohta, H, Iizuka, A

    第57回理論応用力学講演会, 2008年

  • オリジナル・カムクレイと修正カムクレイの比較―故きを温め,新しきを知る―

    太田秀樹, 飯塚敦, ピパットポンサーティラポン, 竹山智英

    第4回地盤工学会関東支部研究発表会, 2007年

  • 関口・太田による弾粘塑性構成モデルにおける負荷判定の改良

    大野進太郎, 竹山智英, 飯塚敦, ピパットポンサー・ティラポン, 太田秀樹

    第42回地盤工学研究発表会, 2007年

  • 弾塑性構成モデルのMetastability特性とその定量化

    竹山智英, 大野進太郎, ピパットポンサー・ティラポン, 飯塚敦, 太田秀樹

    第42回地盤工学研究発表会, 2007年

  • 関口・太田モデルにおける陽解積分法を用いた応力更新アルゴリズム

    ピパットポンサーティラポン, 竹山智英, 大野進太郎, 飯塚敦, 太田秀樹

    第42回地盤工学研究発表会, 2007年

  • 盛土を載荷した軟弱地盤の力学挙動に対するClass A予測

    倉本匠, 太田秀樹, 飯塚敦, 大野進太郎, 竹山智英

    第42回地盤工学研究発表会, 2007年

  • アセットマネジメントにおける道路盛土の長期沈下・変形解析の適用性

    石垣勉, 竹山智英, 太田秀樹

    第42回地盤工学研究発表会, 2007年

  • 土/水連成圧密解析における許容最小時間増分に関する検討

    第42回地盤工学研究発表会講演集, 2007年

  • Coefficient of earth pressure at-rest derived from the Sekiguchi-Ohta model

    the 16th Southeast Asian Geotechnical Conference, Geotechnical Innovations in Practice, Tsunami and Debris Flow, 2007年

  • Analysis of Embankment by Nonlinear Contractancy Description

    the 13th Asian Regional Conference of Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, 2007年

  • 関口・太田による弾・粘塑性モデルにおける応力緩和項へのマクローリン展開の適用

    飯塚敦, 竹山智英, 大野進太郎, ピパットポンサーティラポン, 太田秀樹

    第41回地盤工学研究発表会, 2006年

  • 関口・太田モデルにおける特異点処理法

    第3回地盤工学会関東支部研究発表会講演集, 2006年

  • 一次関数近似を用いた水頭の空間離散化,第41回地盤工学研究発表会講演集

    第41回地盤工学研究発表会講演集, 2006年

  • 異方圧密粘土を想定した弾塑性構成モデルの破壊条件とK0条件の理論式

    第3回地盤工学会関東支部研究発表会講演集,, 2006年

  • 地盤動態解析の基礎理論

    大野進太郎, 竹山智英, 飯塚敦, Pipatpongsa Thirapong, 太田秀樹

    第96回工学地震学・地震工学談話会, 2005年

  • 数値微分による弾塑性剛性係数の導出と有限要素解析への適用

    第40回地盤工学研究発表会講演集, 2005年

  • 応力更新に陰解積分法を用いた土/水連成弾塑性有限要素プログラムの開発

    第40回地盤工学研究発表会講演集, 2005年

  • 陰解積分法を用いた関口・太田による弾・粘塑性モデルに対する応力更新アルゴリズム

    第40回地盤工学研究発表会講演集, 2005年

  • Deformation of embankments on soft ground -better computer simulation resulted from in-put data close to the reality-

    Proceedings of the 16th International Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, 2005年

  • Performance of 5 embankments on soft clay foundation

    Geothechnical Special Publication Geomechaics Ⅱ Testing, Modeling and Simulation, 2005年

  • 盛土構造物の建設における軟弱地盤対策工の工学的評価

    稲垣太浩, 飯塚敦, 竹山智英, 太田秀樹

    第39回地盤工学研究発表会, 2004年

  • 長期供用後の地盤調査と挙動解析による軟弱地盤上の道路盛土の性能評価

    水田富久, 稲垣太浩, 鍋谷雅司, 酒井運雄, 竹山智英, 太田秀樹

    第39回地盤工学研究発表会, 2004年

  • 有明粘土地盤における静止土圧係数および限界状態定数推定法の精査

    鍋谷雅司, 竹山智英, 稲垣太浩, 酒井運雄, 太田秀樹

    第38回地盤工学研究発表会, 2003年

  • 有明粘土地盤における静止土圧係数および限界状態定数推定法の精査

    水田富久, 稲垣太浩, 岩村浩一, 酒井運雄, 鍋谷雅司, 竹山智英, 太田秀樹

    第38回地盤工学研究発表会, 2003年

  • 軟弱地盤上の盛土構造物の挙動解析‐施工過程の詳細な再現‐

    西田行広, 水田富久, 竹山智英, 太田秀樹, 鍋谷雅司

    第37回地盤工学研究発表会, 2002年

  • 軟弱地盤上の盛土構造物の挙動解析‐長期的な性能‐

    西田行広, 水田富久, 鍋谷雅司, 竹山智英, 太田秀樹

    第37回地盤工学研究発表会, 2002年

所属学協会

  • The Japanese Geotechnical Society

  • 地盤工学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 東京東部低地における液状化等による防潮施設の被害予測

    竹山 智英

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 神戸大学, 2020年04月 - 2023年03月, 研究代表者

  • 長尾 毅, 竹山 智英

    学術研究助成基金助成金/基盤研究(C), 2018年04月 - 2021年03月, 研究分担者

    競争的資金

  • 竹山 智英

    学術研究助成基金助成金/若手研究(B), 2017年04月 - 2019年03月, 研究代表者

    競争的資金

  • 損傷過程を考慮可能な盛土の解析手法に関する研究

    鉄道総合技術研究所, 共同研究, 2017年 - 2019年, 研究代表者

  • 飯塚 敦, 竹山 智英

    学術研究助成基金助成金/挑戦的萌芽研究, 2016年04月 - 2018年03月, 研究分担者

    競争的資金

  • 地盤の浸透破壊の予測技術の高度化

    株式会社 大林組, 共同研究, 2016年 - 2019年, 研究代表者

  • 地盤工学に関わる周辺環境の影響と問題発生メカニズムの工学的検討

    前田建設 株式会社, 共同研究, 2016年 - 2017年, 研究代表者

  • Experimental and theoretical diagnosis of arch collapse with liquefaction in embankment constructed on soft ground subjected to seismic loading

    ピパットポンサー ティラポン, 木村 亮, 澤村 康生, 竹山 智英, 竹村 次朗

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 京都大学, 2015年04月 - 2018年03月, 研究分担者

    本研究では軟弱地盤上の盛土において地盤沈下による盛土内部の応力状態の変化が盛土の液状化抵抗に与える影響を検討するため、ウレタン地盤や剛体地盤を用いた動的模型実験を行った.実験の結果,高い締固め度の盛土では基礎地盤の凹状沈下による側方伸長変形で盛土中央底部の水平土圧が非常に小さくなることがわかった.また,盛土内部へのメトローズ供給によって発生する基礎地盤の沈下と供給部付近が緩むことにより,アーチ効果が発生し盛土中央底部の鉛直土圧が減少することが確認された.地震時において剛体地盤条件との比較からウレタン地盤上の盛土の液状化抵抗が沈下により減少したことが示唆された.

  • ソイルセメント柱列壁の実大載荷試験のシミュレーション

    株式会社 大林組, 受託研究, 2015年 - 2015年, 研究代表者

  • 内部浸食による盛土の耐震性能劣化評価法高度化のための土の構造劣化機構の解明

    高橋 章浩, 竹村 次朗, 竹山 智英

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 東京工業大学, 2013年04月 - 2016年03月, 研究分担者

    本研究は,内部浸食による盛土の耐震性能劣化を評価するために必要な,浸透による土の劣化機構の解明を目的とした.浸透実験における土の細粒分流失の観察や数値シミュレーションでは,浸透流による盛土内の細粒土の移動プロセスを明らかにした.浸透に伴う細粒土流失や土骨格構造の変化の微視的観察の試みでは,イメージ解析により,流出する細粒土や粗粒土の骨格構造等を定量可能であることを示した.加えて,新たに試作した平面ひずみ浸食・せん断試験装置を用いた試験を通じて,内部浸食により排水条件下における土の剛性・強度は変化すること,これには粗粒土を囲む細粒土の影響が大きいことを明らかにした.

  • 飯塚 敦, 河井 克之, ピパットポンサー ティラポン, 橘 伸也, 竹山 智英, 金澤 伸一, 野村 瞬

    科学研究費補助金/基盤研究(B), 2012年04月 - 2016年03月, 研究分担者

    競争的資金

  • ラーメ・マックスウェルの平衡条件式に基づく斜面上の応力分配モニタリング手法の開発

    ピパットポンサー ティラポン, 竹山 智英

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B), 若手研究(B), 東京工業大学, 2011年 - 2012年, 連携研究者

    本研究では,荷重伝達メカニズムの基本な概念を調べるため,応力場の理論的解析法および物理模型実験に注目した。ラーメ・マックスウェルの平衡条件式に基づく応力解析による計算手法の妥当性を評価するために,砂丘,砂谷,土留め擁壁や斜面における応力分布の理論解を計算し,それらの模型実験の応力分布と比較することによって検討した。最後に,亀裂の方向を観察することによる主応力向応力のモニタリング手法として,斜面上に円筒型空中石膏プラスターを利用することの有効性を検討することを試みた。

  • 塩害・地盤変状発生機構の解析と環境負荷汚泥焼成物を用いた防止技術の開発

    飯塚 敦, 河井 克之, ピパットポンサー ティラポン, 橘 伸也, 竹山 智英, 金澤 伸一

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 神戸大学, 2009年 - 2011年, 研究分担者

    ユーラシア大陸地下には,広く岩塩層が堆積していることが知られる.地層褶曲などにより岩塩層が比較的地表近くまで迫出している場合には,表層地下水にまで塩分が含まれていることが多い.典型的な事例をタイ東北部(内陸)に見ることができる.乾期,雨期の乾湿繰返しに伴って地表面への塩の析出と塩害に伴う農業生産の低下を引き起こしている.一方,東南アジアの国々では,製紙業から排出されるPS(ペーパースラッジ)や浄水場発生汚泥の処理は深刻な環境問題となっている.このような汚泥を1300度程度で焼くと,微細な多孔構造を持つ安定した多孔質材とすることができる.本研究課題は,タイ東北部をフィールドに,この多孔質材料を塩害防止・対策に用い,塩害防止と農耕地保全に役立てることを目的とし, 1.水収支の狂いによる塩分析出シミュレータの高度化, 2.タイ東北部で計測された塩害,地盤変状の解析, 3. PS焼成材,浄水場排出焼成材の力学特性の把握, 4.塩害防止,農耕地保全の構造体の提案を行った.

  • 干潟に生息する二枚貝の生態行動の土質力学的解明とその数値モデル化

    日下部 治, 竹村 次朗, 竹山 智英, 井澤 淳

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究, 挑戦的萌芽研究, 東京工業大学, 2009年 - 2010年, 研究分担者

    本研究は、干潟に生息する二枚貝に着目しその生態行動を一連の土質力学的問題として分解して、二枚貝の生態行動を数値モデル化することを目的とし、初年度では干潟でアサリとシオフキを対象として二枚貝の潜砂挙動の観察を行い、地盤上に水平に横たわる二枚貝は「足を突っ込む」「体を立てる」「体を引き込む」という3つの段階を経て地盤内に潜るということを明らかにした。 上記の成果を元に,本年度は二枚貝が生息可能な地盤条件を推定可能な理論モデルの構築を行った。理論モデルは、干潟材料を摩擦性の剛塑性体と仮定し、基礎の極限支持力解の3種を援用するものである。「足を突っ込む」行為は、円錐物体の貫入問題としてモデル化されうる。すなわち二枚貝の足を基礎とみなし、基礎の極限支持力と足の伸長力による設置厚を比較することで、地盤の破壊、すなわち貫入が可能であると判定するものである。ここで二枚貝の足幅を殻長の1/4、足の円錐頂角を30度、足の伸長力を殻長に比例するとの仮定ものとで理論計算を行うと、殻長20cmの二枚貝は、干潟の相対密度が60%程度までは足を突っ込めるが相対密度80%では不可能になることが導け、生息可能な干潟の地盤力学的パラメータとの関連が明らかとなった。次に「体を立てる」行為は、剛体の力学モデルによる転倒判定と拡張された浅い基礎の支持力問題として解釈が可能である。転倒しない場合は、二枚貝の体を基礎とみなし、基礎の極限支持力と、自重および足の収縮力との合力による接地圧の比較から地盤破壊が判定される。その結果、殻長とともに水位が大きく影響していることが導ける。 このように、理論支持力モデルによって、干潟の密度、水位条件によって二枚貝の生息範囲が限定されることが明らかとなった。さらに二枚貝は相対密度の高い締まった地盤では、自らの体を傾斜させることで低下する基礎の極限支持力を巧みに利用していることも、支持力モデルから説明可能であることが明らかとなった。

  • 土砂崩壊防止のための対策工に関する研究

    日下部治, 竹山智英

    厚生労働科学研究費補助金, 2008年 - 2010年, 研究分担者

  • 固結力が小さな地山内のトンネルの地震時破壊挙動とその対策法に関する研究

    日下部 治, 竹村 次朗, 高橋 章浩, 井澤 淳, 竹山 智英, 野城 一栄, 吉迫 和生

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(A), 基盤研究(A), 東京工業大学, 2008年 - 2010年, 研究分担者

    地震時においてトンネル被害が想定される比較的固結力が小さな地山を対象として、(1)地震動に伴うせん断変形を受ける土被りが小さなトンネル、(2)地震により大きな地圧を受けるトンネル、(3)下部基盤層の断層変位に伴う変形を受ける堆積地盤中のトンネル、の地震時挙動を調べるための各種模型実験手法を開発し、それを用いた実験と数値解析を行うことにより、地震時のトンネル構造部と地盤の相互作用を含めた地震時安定性を明らかにするとともに、その耐震補強法の提案を行った。