研究者紹介システム

松並 潤
マツナミ ジュン
大学院国際協力研究科 国際協力政策専攻
教授
法学・政治学関係
Last Updated :2022/09/26

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院国際協力研究科 国際協力政策専攻

学位

  • 博士(法学), 京都大学
  • 地方自治

授業科目

ジャンル

  • 政治 / 地方自治

コメントテーマ

  • 日本の地方自治制度
  • イギリスの地方自治

研究活動

研究キーワード

  • 行政学

研究分野

  • 人文・社会 / 政治学

論文

  • Perdani Budiarti Hayuningtyas, Jun Matsunami, Bakti Setiawan

    After the fall of the New Order regime in 1998, Indonesia changed from a centralized government system to decentralization. By the issuance of Grand Design of Bureaucratic Reform Year 2010-2025 in 2010, public sector innovation cannot be neglected due to the needs for new, innovative, adaptive, and entrepreneurial approaches to bureaucratic reform. Many innovations have been produced in local government to improve their performance. Surakarta City Government is recognized as an innovative city, produce innovative programs, often become examples of good practice in public sector innovation, and appointed as Innovation Laboratory in 2017. This study aims to describe public sector innovation in Surakarta City Government and what factors influencing it. The study was conducted using qualitative research methods with a case study approach and collecting data from interviews and document analysis. The findings of this study reveal that most of the public sector innovation in Surakarta City are ICT based innovation and provides benefits in improving the performance of local governments. Even though there is shifting leadership, the visionary leadership supported by upper-middle managers still plays a crucial role in encouraging innovation in local government, followed by supportive regulations from both central and local government, as well as participation and strong cooperation between sectors. Further, this study draws some recommendations to create an integrated policy to strengthened, evaluate, and maintain the sustainability of public sector innovation in the local government. The local government may provide opportunities to collaborate with NGOs to create public sector innovation.

    Badan Penelitian dan Pengembangan Provinsi Jawa Tengah, 2020年12月17日, Jurnal Litbang Provinsi Jawa Tengah, 18 (2), 233 - 257

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 松並 潤

    立命館大学政策科学会, 2020年03月, 政策科学 = Policy science, 27 (4), 205 - 213, 日本語

  • Lany Pionier S, Jun Matsunami, Bakti Setiawan

    Batam as a region with a strategic position, located on the international trade route, was developed to become one of the engines of economic growth in Indonesia. However, in its development, Batam faced governance problems that had an impact on the decline in its economic performance. Not only at the local level, but its influence reaches the national level. This study explains the causal relationship of Dual Governance, focusing on aspects of formation, relations between institutions and their impact on development. Using the framework of Holzinger, Kern and Kromrey (2016), this study captures the issue of institutional dualism that has occurred for years and is considered to be the cause of the decline in development in Batam. The study was conducted using qualitative research methods with a case study approach and collecting data from interviews and document analysis.There are several concluding points in this study regarding institutional dualism and its impact on economic development based on Batam’s case. They are the implementation of decentralization, the significance of the pre-existing institution, the similarity between two institution in respect of interpreting and implementing policies and the relationship between intergovernmental relations and economic development. These three factors affect the degree of intergovernmental relations which is directly proportional to economic development. The more intergovernmental relations are, the higher economic development is.

    Politeknik Negeri Batam, 2019年12月14日, Journal of Applied Geospatial Information, 3 (2), 244 - 252

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 松並 潤, Nuzula Anggeraini, Yeremias T. Keban

    2018年10月, Jurnal Ilmu Pemerintahan Widya Praja, 44 (1), 61 - 80, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 長期在任市長と市職員

    松並 潤

    2012年07月, 国際協力論集, 20巻1号, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 市役所のしくみと環境 人権行政

    松並 潤

    2012年03月, 京都市政史第2巻, 301-320頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 特殊法人改革の虚実

    松並 潤

    木鐸社, 2008年10月, レヴァイアサン, 43, pp.44-59 (43), 44 - 59, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 松並 潤

    神戸大学大学院国際協力研究科, 2007年11月, 国際協力論集, 15巻2号 pp.21-31 (2), 21 - 31, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 安定成長期の大都市

    松並 潤

    2006年09月, 東京市政調査会『大都市のあゆみ』, 79-109頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 「地方公社の統廃合と知事の交代」

    松並 潤

    2005年10月, レヴァイアサン, 37号、pp.185-195., 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 『革新』自治体の財政支出

    松並 潤

    2004年03月, 関西大学法学研究所『[研究叢書第27冊]大都市圏における選挙・政党・政策』, 77-91頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 公益法人論の再検討―『日本漢字能力検定協会』を事例に―

    松並 潤

    2003年04月, 大阪学院大学通信, 第34巻第1号、45-61頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • "The late and sudden emergence of New Public Management reforms in Japan"

    松並 潤

    2003年, Wollmann, Hellmut ed. Evaluation in Public- Sector Reform: Concepts and Practice in International Perspective, pp.169-181, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • NPO法(特定非営利活動促進法)の制定過程

    松並 潤

    2002年09月, 『大阪学院大学法学研究, 第29巻第1号、45-65頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 行政改革としての政策評価

    松並 潤

    2002年03月, あまがさき未来協会『季刊TOMORROW』, 第16巻第2号、68-77頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 地方税からみたイギリス地方自治

    松並 潤

    2001年09月, 大阪学院大学通信, 第32巻第6号、53-72頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 占領改革としてのBC級戦争犯罪裁判

    松並 潤

    2001年09月, 大阪学院大学法学研究, 第28巻第1号、pp.207-234, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • "The late and sudden emergence of New Public Management (NPM) reforms in Japan"

    松並 潤

    2001年09月, International Journal of Political Studies, pp.113-125, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • イングランド地方公共団体一層化の理想と現実

    松並 潤

    2000年09月, 大阪学院大学法学研究, 第27巻第1号、75-102頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 規制緩和・民営化と新自由主義イデオロギー

    松並 潤

    2000年01月, 水口憲人・北原鉄也・真渕勝編『変化をどう説明するか:行政編』, 265-284頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 地方公社はなぜ一九八〇年代以降も増加し続けたのか?

    松並 潤

    1999年09月, 大阪学院大学法学研究, 第26巻第1号、127-150頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 分権化時代の地方公共団体によるサービス提供の担い手

    松並 潤

    1999年05月, 伊丹都市政策研究所『オーロラ』, 第9号、18-23頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 分権化時代の広域行政

    松並 潤

    1999年03月, 大阪学院大学通信, 第29巻第12号、23-38頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 行政をとりまく『法人』

    松並 潤

    1998年04月, 月刊用地, 第31巻第 367号、52-60頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • "Privatization and local government in Japan: Why Japanese local governments have not privatised their local public corporations and local public enterprises?"

    松並 潤

    1998年, Ki-Ock Rhee & Ronald Meinardus eds, Privatization and Local Government ReformCenter for Local Autonomy, Hanyang University(漢陽大学校)/ Friedrich Naumann Foundation, pp.288-300,(韓国語翻訳 pp.101-111), 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 民営化の動向-1980年代以降のヨーロッパを中心に-

    松並 潤

    1997年08月, 今村都南雄編『民営化の効果と現実-NTTとJR-』, 21-39頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 戦後行政システムの成立と『占領改革』

    松並 潤

    1997年03月, 京都大学、博士論文, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 民営化・規制緩和の日英比較-航空業を例として-

    松並 潤

    1996年03月, 大阪学院大学法学研究, 第22巻第1・2号、167-192頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 占領改革と『福祉国家』の成立

    松並 潤

    1995年03月, 大阪学院大学法学研究, 第21巻第1・2号、203-231頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 郵政事業の民営化・民間化-日英の比較-

    松並 潤

    1995年02月, 大阪学院大学通信, 第25巻第11号、53-69頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 国家と社会の境界領域の諸問題

    松並 潤

    1994年11月, 西尾勝・村松岐夫編『講座行政学第5巻 業務の執行』, 107-141頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • "Privatisation in Britain and Japan: A Comparative Study"

    松並 潤

    1994年04月, Exeter大学、Mphil論文, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • "Deregulation and Privatisation in Transportation:An Anglo-Japanese Comparative Study"

    松並 潤

    1992年09月, Exeter大学、MA論文, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 『公共企業体日本国有鉄道』の成立-失敗した『占領改革』-

    松並 潤

    1992年06月, 法学論叢, 第 131巻第3号、80-108頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 『公共企業体日本国有鉄道』の成立-失敗した『占領改革』-

    松並 潤

    1992年03月, 法学論叢, 第 130巻第6号、56-75頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 人事行政機関の設立-『行政国家』化への対応-

    松並 潤

    1990年05月, 法学論叢, 第 127巻第2号、100-116頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 書評 永井史男・岡本正明・小林盾編.『東南アジアにおける地方ガバナンスの計量分析 : タイ,フィリピン,インドネシアの地方エリートサーベイから』晃洋書房,2019年,235p.

    松並 潤

    京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科, 2019年, アジア・アフリカ地域研究 = Asian and African area studies, (19), 225 - 227, 日本語

  • 地方議員の議会発言に見る政策移転のパターン

    松並 潤

    2016年01月, 国際協力論集, 23 (2), 135 - 143, 日本語

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)

  • 松並 潤

    日本行政学会, 2016年, 年報行政研究, 51 (0), 182 - 185, 日本語

    [招待有り]

    書評論文,書評,文献紹介等

  • 書評 西村弥『行政改革と議題設定』

    松並 潤

    2012年05月, 年報行政研究, 47, 178 - 181, 日本語

    [招待有り]

    その他

  • 第2節 施策・第9節 国際交流

    松並 潤

    2010年11月, 芦屋市史編集委員会編『新修芦屋市史 続編』芦屋市役所, pp.94-109, pp.179-182., 日本語

    その他

  • 中央政府の組織編成

    松並 潤

    2009年04月, 村上弘・佐藤満編『よくわかる行政学』ミネルヴァ書房, 52-61頁, 日本語

    その他

  • 自治体は90年代以降の変化にどう対応してきたか?

    松並 潤

    2009年03月, TOYONAKAビジョン22, 12, pp. 2-7, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

書籍等出版物

  • 現代日本政治の展開 : 歴史的視点と理論から学ぶ

    森本, 哲郎

    分担執筆, 第5章 官僚・公務員・役人, 法律文化社, 2021年02月, 日本語, ISBN: 9784589041227

  • Global Encyclopedia of Public Administration, Public Policy, and Governance

    松並 潤

    共著, Springer International Publishing AG, 2018年, 英語

    事典・辞書

  • 現代日本の政治 持続と変化

    松並 潤

    共著, 法律文化社, 2016年04月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • 京都市政史 第2巻 市政の展開

    松並 潤

    その他, 京都市, 2012年03月, 日本語

    一般書・啓蒙書

  • 新修芦屋市史 続編

    松並 潤

    共著, 芦屋市, 2010年11月, 日本語

    一般書・啓蒙書

  • よくわかる行政学

    松並 潤

    共著, ミネルヴァ書房, 2009年04月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • 新修神戸市史行政編Ⅲ都市の整備

    松並 潤

    共著, 神戸市, 2006年03月, 日本語

    一般書・啓蒙書

  • Evaluation in Public-Sector Reform:Concepts and Practice in International Perspective

    MATSUNAMI Jun, WOLLMANN, HELLMUT

    共著, Edward Elgar, 2002年, 英語

    学術書

講演・口頭発表等

  • Can the Private Sector Improve Public Service Delivery? DMS (Designated Mnagement System) Library in Japan

    Jun Matsunami

    2019 Integrated Korean Public Administration Summer Conference and Annual KAPA International Conference, 2019年06月, 英語

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Can International Cooperation Improve Governance?

    松並 潤

    2016 Indonesian Association for Public Administration, 2016年10月, 英語, Gadjah Mada University, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • New Personnel Administration and Local Government Employees in Japan

    松並 潤

    2012 Thailand International Conference on Public Administration and Public Affairs, 2012年08月, 英語, Bangkok, Thailand, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Long Term Serving Mayors: An Alternative Leadership?

    松並 潤

    2012 International Association of Schools and Institutions of Administration Annual Conference, 2012年07月, 英語, Bangkok Thailand, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • What Are Happening in Japanese Local Governments by Decentralization Reform?

    松並 潤

    The 28th International Congress of Administrative Sciences IIAS- IASIA, 2010年07月, 英語, Nusa Dua, Bali, Indonesia, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • "Japanese Policy Evaluation as Administrative Reform"

    松並 潤

    韓国政治学会, 2001年12月, 英語, 韓国・Sungkyunkwan University(成均館大学校), 国際会議

    その他

  • "Privatisation and Local Government Reform in Japan"

    松並 潤

    (The 11th Joint International Seminar on Local Autonomy、Hanyang University(漢陽大学校)/ Friedrich Naumann Foundationの共催, 1998年09月, 英語, 韓国・Naejang-San Hotel., 国際会議

    その他

  • 「民営化・規制緩和の日英比較-航空業を例として-」

    松並 潤

    1995年度日本行政学会総会・研究会, 1995年05月, 日本語, 同志社大学, 国内会議

    その他

所属学協会

  • 日本比較政治学会

  • 日本行政学会

  • 日本政治学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 地方自治体における幹部職員選抜制度の実態とそれが自治体に与える影響の研究

    松並 潤

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 神戸大学, 2019年04月01日 - 2022年03月31日

    本研究の初年度にあたる2019年度には、以下の活動を行った。 ・先行研究の検討と、それらの執筆者等との意見交換。地方自治体によって異なる幹部職員選抜制度(特に昇進試験の有無や試験外昇進制度の運用)を、本研究は政治学(行政学)の研究として意図したものであるが、地方公務員とのキャリアパスの研究は、民間セクターと対比される公的セクターで働く者のキャリアパスの研究として、経営学においても研究がなされてきた。このために、初年度は政治学・行政学だけでなく経営学における先行研究についても検討を行った。また、それらの論文の執筆者等と意見交換を行う機会を作り、自治体間の比較という視点での研究がこれまであまりないことを確認し、特に実務家出身の研究者からは、下記のアンケートのデザインについても貴重な意見を得た。
    ・47都道府県・20政令指定都市人事委員会へのアンケートの配付と回収、データの入力と分析の開始。2020年1月、合計67自治体の人事委員会に「係長試験に関するアンケート」と題してアンケート票を郵送で配付し、回答を求めた。一部の自治体には再度の依頼も行った結果、3月末までに80%の自治体から回答を得て、これらについてはデータの入力も完了した。アンケート結果から現在までに判明した点は以下の通り。(1)都道府県で係長試験を実施している自治体は数が少なく、幹部選抜において試験を重視する東京都は例外的存在である。(2)逆に政令指定都市の場合、試験を行っている市が過半を占める。 なお、同時にたずねた採用試験についての記述からは、一部の採用についてSPIを使用する自治体や年齢制限の緩和等、先行研究で指摘されている民間セクターにおける採用への近接等、事例に基づき先行研究で指摘されていることが全国的にいえることが確認された。

  • 真渕 勝, 佐藤 満, 北山 俊哉, 小西 敦, 南 京兌, 原田 久, 松並 潤, 上川 龍之進, 藤井 禎介, 手塚 洋輔, 西岡 晋, 秋吉 貴雄, 京 俊介, 稲沢 克祐, 佐々田 博教, 中村 悦大, 中村 仁, 芦立 秀朗, 松本 俊太, 高松 淳也

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(A), 基盤研究(A), 京都大学, 2013年05月31日 - 2016年03月31日

    公共政策を政策分野、すなわち環境政策、金融政策、教育政策などを横断する視点、すなわち時間、空間、知識と技術、目標と成果、政策類型などの観点から分析することによって、公共政策論を学問体系として確立するとともに、政策分野を越えた相互学習できることを目指した。 たとえば空間という観点から、都市の風格を測定する視点を獲得し、地方都市の風格を測定・比較する研究書を出版した。 目標と成果という観点からは、政策を政策的成功-政策的失敗、政治的成功-政治的失敗という視点を獲得した。

  • 松並 潤

    科学研究費補助金/基盤研究(C), 2012年04月 - 2015年03月, 研究代表者

    競争的資金

  • 松並 潤

    科学研究費補助金/基盤研究(C), 2009年, 研究代表者

    競争的資金

  • 伊藤 光利

    科学研究費補助金/基盤研究(B), 2007年

    競争的資金

  • 伊藤 光利, 稲継 裕昭, 鹿毛 利枝子, 北村 亘, 北山 俊哉, 広本 政幸, 品田 裕, 大西 裕, 曽我 謙悟, 松並 潤, 久米 郁男, 建林 正彦, 大西 裕, 品田 裕

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 神戸大学, 2006年 - 2008年

    本研究は、わが国の政治行政システムにおける中央-地方関係の位置づけ、中央と地方両レベルの政治行政構造の重層的なリンク、また両レベルの政治過程の連動等を、全国市区町村長調査の量的分析および行政・団体関係者へのインタビューによる質的分析を通じ、明らかにした。これにより、「政策受益団体・地方政府連合」論の有効性を確認し、今後、この概念を用いた日本型経営、日本型福祉国家、一党優位制の総合的な分析の手がかりを得ることができた。

  • 松並 潤

    科学研究費補助金/基盤研究(A), 2005年, 研究代表者

    競争的資金