研究者紹介システム

坂本 麻里
サカモト マリ
大学院医学研究科 医科学専攻
助教
医学
Last Updated :2021/04/12

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院医学研究科 医科学専攻
  • 【配置】

    医学部 医学科

ジャンル

  • 医療・健康 / 臨床医学

研究活動

研究分野

  • ライフサイエンス / 眼科学

論文

  • Sotaro Mori, Yusuke Murai, Kaori Ueda, Mari Sakamoto, Takuji Kurimoto, Yuko Yamada-Nakanishi, Makoto Nakamura

    Objective: To compare the 1-year outcomes of trabeculotomy ab externo (ab externo TLO) and trabeculotomy ab interno using a microhook (ab interno TLO) for glaucoma patients using propensity score analysis. Methods and analysis: The medical charts of 65 consecutive patients who underwent ab externo TLO and those of 69 patients who underwent ab interno TLO were reviewed. Logistic regression analysis was conducted to calculate the propensity score using 1:1 matched analysis, which indicates the likelihood of surgical success at 12 months. We set the outcome-related covariates as age, glaucoma type, mean deviation, preoperative intraocular pressure (IOP), the number of preoperative glaucoma eye drops and the presence or absence of combined cataract surgery. Fifty eyes per each surgery group were subsequently compared. Results: The mean preoperative IOP was 32.5±11.2 mm Hg in the ab externo TLO group and 28.4±7.8 mm Hg in the ab interno TLO group (p=0.08). The mean postoperative IOP at 12 months was 18.3±7.4 mm Hg in the former group and 17.8±6.3 mm Hg in the latter (p=0.91). When surgical success was defined as a postoperative IOP of between 5 and 21 mm Hg with a more than 20% IOP reduction from baseline and no additional glaucoma surgery, the rate at 12 months was 78% in the ab externo TLO group and 74% in the ab interno TLO group (p=1.00). Conclusion: The 1-year success rate was not significantly different between ab externo and ab interno TLO.

    2020年, BMJ open ophthalmology, 5 (1), e000446, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • A Case of multi-system langerhans cell histiocytosis with local invasion of the orbital apex.

    Yamada H, Kurimoto T, Mori S, Sakamoto M, Ueda K, Yamada-Nakanishi Y, Uozumi Y, Shose H, Taniguchi M, Toyoda M, Minami H, Nakamura M, (Uozumi Y

    2019年09月, Case Reports in Ophthalmology, 10 (3), 319 - 326, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 再発性視神経炎に対する免疫抑制剤の治療効果

    盛 崇太朗, 栗本 拓治, 村井 佑輔, 上田 香織, 坂本 麻里, 千原 典夫, 中西 裕子[山田], 中村 誠

    日本神経眼科学会, 2019年08月, 神経眼科, 36 (増補1), 55 - 55, 日本語

    [査読有り]

  • Mari Sakamoto, Sotaro Mori, Kaori Ueda, Takuji Kurimoto, Sentaro Kusuhara, Yuko Yamada-Nakanishi, Makoto Nakamura

    Purpose: The present study aimed to assess the ability of en face slab images of maculae to detect residual nerve fiber bundles in eyes with advanced glaucoma. Methods: This study included 36 eyes with diffuse thinning of the ganglion cell and inner plexiform layers (GCL+IPL). Inclusion criterion was GCL+IPL thickness of <1% of the normative database level as detected using optical coherence tomography (OCT). En face slab images (50-μm thickness) were reconstructed from the macular cube scan data using advanced visualization settings. Thereafter, we assessed the agreement of the locations between hyperreflective nerve fiber bundles and normal points in the Humphrey visual field test 10-2 pattern deviation (PD) plots. Additionally, total deviation (TD) corresponding to hyperreflective and hyporeflective areas was compared. Results: Hyperreflective areas were detected in 31 out of 36 eyes; all 31 eyes exhibited at least one normal PD point despite the substantial GCL+IPL thinning in the macular region. Two eyes with abnormalities in all PD points showed no hyperreflective area. The remaining three eyes had normal PD points despite the lack of high reflectivity areas in the slab images. Therefore, 91.7% of eyes showed agreement between en face slab images and PD plots. Moreover, hyperreflective areas demonstrated significantly better TD than hyporeflective areas. Conclusions: En face slab images of maculae were able to reveal the residual nerve fiber bundles in the eyes with advanced glaucoma despite the GCL+IPL thickness in the maculae being diffusely and substantially reduced.

    2019年07月01日, Investigative ophthalmology & visual science, 60 (8), 2811 - 2821, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • Sotaro Mori, Takuji Kurimoto, Akiyasu Kanamori, Mari Sakamoto, Kaori Ueda, Yuko Yamada-Nakanishi, Makoto Nakamura

    Purpose: The purpose of this study was to evaluate the concordance of a temporal raphe architecture estimated using optical coherence tomography (OCT) and MP-3 microperimetry. Methods: We enrolled 25 eyes with either an upper or lower glaucomatous hemifield defect, as detected on the Humphrey visual field 30-2 test. A structural temporal raphe was extrapolated from visible end points of retinal nerve fiber bundles present in a perimetrically normal hemiretina on an en face Spectralis OCT image. A functional temporal raphe was drawn as a line from the fovea to the border of at least a 10-dB difference in sensitivity, at vertically adjacent test points, with at least three consecutive pairs among 25 test points placed at 8° to 18° from the fovea (2° intervals) on the MP-3. An angle determined by the optic disc center, the fovea, and the temporal raphe line (the DFR angle) was calculated. Correlations and agreement of the OCT- and MP-3-derived DFR angles and factors affecting discordance of the two estimates were evaluated. Results: Despite no significant demographic differences, the functional DFR angle (mean ± SD, 171.8° ± 3.5°) was significantly larger than that of the structural DFR angle (166.5° ± 3.2°) in 14 eyes with upper hemifield defects and vice versa in 11 eyes with lower hemifield defects (163.4° ± 3.0° vs. 170.5° ± 3.2°). The mean deviation was significantly associated with the functional and structural DFR angle difference in eyes with only upper hemifield defects. Conclusions: The structural temporal raphe was more deviated to the perimetrically normal hemiretina side than to the functional temporal raphe, thereby suggesting that a structural change may precede a functional loss.

    2019年04月01日, Investigative ophthalmology & visual science, 60 (5), 1403 - 1411, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • Mori S, Kurimoto T, Kawara K, Ueda K, Sakamoto M, Keshi Y, Yamada-Nakanishi Y, Tachibana H, Nakamura M

    2019年01月, Case reports in ophthalmology, 10 (1), 11 - 18

    [査読有り]

  • Takuji Kurimoto, Kaori Ueda, Sotaro Mori, Mari Sakamoto, Yuko Yamada-Nakanishi, Wataru Matsumiya, Makoto Nakamura

    Background: Leber hereditary optic neuropathy (LHON) is a maternally inherited disease caused by three missense mutations of mitochondrial (mt) DNA, ie, m 3460 G>A, m 11778 G>A, or m 14484 T>C in the greater portion of LHON. m 11778 G>A mutation is especially observed in >90% of the cases in Japanese families. Although spontaneous remission of visual function infrequently occurs, effective treatment for LHON remains unestablished. Transcorneal electrical stimulation has been shown to be efficacious in individuals with optic neuropathy. However, due to potential risk of corneal damage, repeated treatments are not permissible. In this exploratory study, we will be conducting skin electrical stimulation (SES) as an intervention for patients with LHON having 11778 missense mutation and investigate effectiveness and safety of SES. Methods: This is a single-arm, prospective, open-label exploratory trial focused on patients with LHON having 11778 missense mutation. Eleven patients will be enrolled and receive six consecutive SES once every 2 weeks up to 10 weeks. The safety of the SES will be monitored with specular microscopy, slit-lamp biomicroscopy, fundus examinations, and the observation of facial skin. The primary outcome measure will be the averaged l ogarithm of minimum angle resolution (logMAR) converted visual acuity 1 week after the last SES. Secondary outcome measures include changes, in logMAR at 4 and 8 weeks after the last SES, such as visual field indices measured using Humphrey visual field and microperimetry-3, the thickness of peripapillary retinal fiber and macular ganglion cell complex, multifocal visual evoked potentials, critical flicker frequency, and color vision. Discussion: The results of this proposed proof-of-concept feasibility trial will help plan and execute a larger definitive trial to test SES as an effective strategy for LHON and related optic neuropathies and help establish a beneficial treatment for LHON.

    2019年, Clinical ophthalmology (Auckland, N.Z.), 13, 897 - 904, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • Sakamoto M, Kurimoto T, Mori S, Ueda K, Keshi Y, Yamada Y, Azumi A, Shimono T, Nakamura M

    2018年12月, American journal of ophthalmology case reports, 12, 39 - 44

    [査読有り]

  • 髄膜炎を伴う続発性眼窩炎症と強膜炎を呈した汎発性帯状疱疹の1例

    佐々木 信之, 坂本 麻里, 栗本 拓治, 盛 崇太郎, 上田 香織, 中西 裕子, 飯島 健太, 立花 久嗣, 中村 誠

    日本神経眼科学会, 2018年11月, 神経眼科, 35 (増補1), 87 - 87, 日本語

    [査読有り]

  • Mori S, Sakamoto M, Kurimoto T, Kanamori A, Ueda K, Inoue Y, Yamada Y, Nakamura M

    2018年10月, Graefe's archive for clinical and experimental ophthalmology = Albrecht von Graefes Archiv fur klinische und experimentelle Ophthalmologie, 256 (10), 1953 - 1960

    [査読有り]

  • レーベル遺伝性視神経症における視標サイズに基づく中心暗点の評価

    上田 香織, 盛 崇太朗, 坂本 麻里, 芥子 結香子, 栗本 拓治, 山田 裕子, 中村 誠

    レーベル遺伝性視神経症(LHON)の視野では中心暗点をきたすことが典型的である。一方緑内障ではHumphrey自動視野計で視野を計測する際に、視標サイズをIIIからVに変更すると、検出される暗点が小さくなることが報告されている。このことから我々は、LHON患者の静的視野検査において視標サイズIIIとVを用いて視野を測定し、暗点の出現部位と形状を比較検討した。7例のLHON患者に対して施行した視野検査では緑内障と同様に、視標サイズVで暗点はより小さく検出された。また暗点の形状は症例や測定時期により様々であり、各測定点での感度の平均値のばらつきは、視標サイズにより異なる傾向を示した。LHON症例においても、視標サイズVを用いた視野測定は、緑内障患者と同様、残存視野の検出に、サイズIIIより優れている可能性がある。(著者抄録)

    日本神経眼科学会, 2018年09月, 神経眼科, 35 (3), 303 - 308, 日本語

  • 緑内障眼における他覚的・自覚的機能検査結果とEn Face slab画像を用いた構造評価結果の相関性の検討

    井上 結香子, 鎌田 誠子, 盛 崇太朗, 上田 香織, 坂本 麻里, 栗本 拓治, 山田 裕子, 中村 誠

    眼科臨床紀要会, 2018年07月, 眼科臨床紀要, 11 (7), 555 - 555, 日本語

  • Mori S, Kurimoto T, Ueda K, Enomoto H, Sakamoto M, Keshi Y, Yamada Y, Nakamura M

    2018年05月, Case reports in ophthalmology, 9 (2), 348 - 356

    [査読有り]

  • 緑内障眼における他覚的・自覚的機能検査結果とen face slab画像を用いた構造評価結果の相関性の検討

    井上 結香子, 鎌田 誠子, 盛 崇太朗, 上田 香織, 坂本 麻里, 栗本 拓治, 山田 裕子, 中村 誠

    (公財)日本眼科学会, 2018年03月, 日本眼科学会雑誌, 122 (3), 252 - 253, 日本語

  • Sakamoto M, Mori S, Ueda K, Akashi A, Inoue Y, Kurimoto T, Kanamori A, Yamada Y, Nakamura M

    2018年01月, Japanese journal of ophthalmology, 62 (1), 31 - 40

    [査読有り]

  • Sakamoto M, Matsumoto Y, Mori S, Ueda K, Inoue Y, Kurimoto T, Kanamori A, Yamada Y, Nakamura M

    2018年, PloS one, 13 (1), e0191862

    [査読有り]

  • 下垂体腫瘍患者における光干渉断層計と静的視野検査および多局所視覚誘発電位の異常検出の一致性

    井上 結香子, 盛 崇太朗, 上田 香織, 坂本 麻里, 栗本 拓治, 金森 章泰, 山田 裕子, 中村 誠

    眼科臨床紀要会, 2017年07月, 眼科臨床紀要, 10 (7), 585 - 586, 日本語

  • Icare HOMEを用いた眼圧のホームモニタリングおよび日内変動の検討

    坂本 麻里, 金森 章泰, 盛 崇太郎, 上田 香織, 井上 結香子, 栗本 拓治, 山田 裕子, 中村 誠

    目的:Icare HOMEによる眼圧ホームモニタリングの有用性と眼圧日内変動の検討.対象と方法:対象は神戸大学眼科通院/入院中の緑内障患者16名26眼.眼科医による説明と練習の後Icare HOMEを貸し出し,患者が自宅/病室で自己測定した.起床から就寝まで4時間おきに3日間,各時間帯に3回連続測定し級内相関係数(ICC)を算出した.また,3回測定の平均値を用いて3日間の眼圧の日内変動パターンを解析した.結果:Icare HOMEによる合併症は認めなかった.3回測定のICCは中央値0.76(95% 信頼区間0.71〜0.81)であった.同日内の眼圧の最高値と最低値の差は中央値4.26mmHg(95% 信頼区間4.06〜4.67)であった.3日間の眼圧ピーク時間帯は再現性がなかった.使用後アンケートでは10例中3例が操作が難しいと回答した.結論:Icare HOMEは安全で眼圧のホームモニタリングに有用となる可能性があるが,一部の患者では操作が難しく,その結果の評価には慎重を要する.3日間の眼圧日内変動パターンに再現性はなかった.(著者抄録)

    (公財)日本眼科学会, 2017年04月, 日本眼科学会雑誌, 121 (4), 366 - 372, 日本語

  • Home Monitoring of Intraocular Pressure and it's Diurnal Patterns Using Icare® HOME.

    Sakamoto M, Kanamori A, Mori S, Ueda K, Inoue Y, Kurimoto T, Yamada Y, Nakamura M

    2017年04月, Nippon Ganka Gakkai zasshi, 121 (4), 366 - 372

    [査読有り]

  • 抗AQP4抗体陽性視神経炎に対する血液浄化療法の治療効果

    盛 崇太朗, 栗本 拓治, 坂本 麻里, 上田 香織, 井上 結香子, 千原 典夫, 金森 章泰, 山田 裕子, 中村 誠

    日本神経眼科学会, 2016年10月, 神経眼科, 33 (増補1), 86 - 86, 日本語

    [査読有り]

  • Schlemm管内皮網除去と深層強膜弁切除を併施した線維柱帯切開術の術後成績

    安田 絵里子, 金森 章泰, 上田 香織, 明石 梓, 坂本 麻里, 井上 結香子, 山田 裕子, 中村 誠

    目的:Schlemm管内皮網除去(SER)と深層強膜弁切除(DS)を併施した線維柱帯切開術(TLO)の術後成績を検討すること.対象と方法:白内障手術を併施せず術後1年以上観察が可能であったTLO+DS症例131眼(SER施行53眼,非施行78眼)を対象とした.2群間の3年後の眼圧≦20mmHg(クライテリアA)および≦16mmHg(クライテリアB)を生存とした生存率をKaplan-Meier生存曲線解析で比較した.結果:術後早期の一過性眼圧上昇発生率はSER施行群3.8%,非施行群21.8%と前者で有意に低かった.術後3年時の眼圧および術後投薬スコアに両群で有意差はなかった.クライテリアAの生存率はSER施行群で有意に高かった(p=0.008)が,クライテリアBでは両群に差はなかった(p=0.06).結論:SERを併施した場合,一過性眼圧上昇を抑制させ,20mmHg以下に眼圧をコントロールできる割合が高かった.(著者抄録)

    (公財)日本眼科学会, 2016年09月, 日本眼科学会雑誌, 120 (9), 635 - 639, 日本語

  • Trabeculotomy with Schlemm's Canal Endothelium Removal and Deep Sclerectomy.

    Yasuda E, Kanamori A, Ueda K, Akashi A, Sakamoto M, Inoue Y, Yamada Y, Nakamura M

    2016年09月, Nippon Ganka Gakkai zasshi, 120 (9), 635 - 639

    [査読有り]

  • Sakamoto M, Kanamori A, Fujihara M, Yamada Y, Nakamura M, Negi A

    2014年05月, Acta ophthalmologica, 92 (3), 243 - 248

    [査読有り]

  • インターフェロン-β結膜下注射で加療した結膜悪性黒色腫の1例 その効果と副作用

    藤岡 美幸, 坂本 麻里, 安積 淳, 鹿股 直樹

    背景:結膜原発悪性黒色腫に対する絶対的な治療方針は確立されていない.皮膚の悪性黒色腫では,インターフェロン-β(以下,IFN-β)の有効性が認められている.症例:44歳の男性が,2000年頃から発生し増大傾向を示す右眼結膜輪部の色素性腫瘤の加療を目的として紹介された.所見:右眼の結膜輪部と下円蓋部に近い球結膜に隆起性の色素性病変があった.原発性後天性メラノーシス(以下,PAM)が球結膜と角膜上皮にびまん性にみられた.結膜悪性黒色腫と臨床診断した.全身検査では,リンパ節などへの転移は検出されなかった.経過:結膜腫瘍切除を行い,悪性黒色腫と確定診断された.断端は腫瘍陽性であった.術後約半年で右眼輪部結膜の別部位に隆起性病変が発生し,再度の切除で悪性黒色腫の再発と診断された.天然型IFN-β(300万単位/回)の結膜下注射を計22回行った.途中に角膜上皮障害,角膜厚の増大,眼瞼浮腫,結膜充血,結膜下出血,肝機能障害が出現したが,治療の中止とともに改善した.治療終了後約半年で細隙灯顕微鏡検査上,PAMを含めた右眼結膜の色素性病変は消失した.結論:IFN-β単独による局所治療は,結膜原発悪性黒色腫の治療に有効であることが示された.一方で眼局所的にも全身的にも副作用がみられ,長期の経過観察が必要と考えられた(著者抄録)

    (公財)日本眼科学会, 2006年01月, 日本眼科学会雑誌, 110 (1), 51 - 57, 日本語

  • [A case of conjunctival malignant melanoma treated with subconjunctival injection of interferon beta--efficacy and side effects].

    Fujioka M, Sakamoto M, Azumi A, Kanomata N

    2006年01月, Nippon Ganka Gakkai zasshi, 110 (1), 51 - 57

    [査読有り]

  • 角膜上皮掻爬と0.02%クロルヘキシジン点眼が奏効したアカントアメーバ角膜炎の1例

    坂本 麻里, 藤岡 美幸, 椋野 洋和, 片上 千加子

    背景:アカントアメーバ角膜炎は,初期の時点で受診しても角膜ヘルペスと誤診され,副腎皮質ステロイド薬の投与を受け更に悪化するという経過をとりやすい.今回我々は,比較的初期の段階で診断でき,抗真菌薬のみでは効果が不十分であったが,角膜上皮掻爬とクロルヘキシジン点眼を追加することで軽快した1症例を経験したので報告する.症例報告:16歳女性.2週間使い捨てソフトコンタクトレンズを使用していた.右眼の眼痛を自覚し,近医を受診したところ,角膜中央部に浮腫を認めた.しだいに角膜実質に混濁を認めるようになったため,神戸大学病院(当科)へ紹介され受診となった.当科初診時,毛様充血,角膜全体に斑状の淡い上皮下,および実質混濁,放射状角膜神経炎,角膜上皮の偽樹枝状病変を認めた.アカントアメーバ角膜炎を疑い,抗真菌薬の点眼,内服を投与したが,効果不十分のため,入院加療の上,角膜上皮掻爬を行った.擦過物の直接鏡検によりアカントアメーバシストを確認した.0.02%クロルヘキシジン点眼を追加し,角膜上皮掻爬を繰り返した.角膜混濁は改善し,最終受診時にはわずかな混濁を残すのみであった.結論:初期の時点で治療を開始し,抗真菌薬に加えて,角膜上皮掻爬とクロルヘキシジン点眼が有用であったと考えられたアカントアメーバ角膜炎を経験した.クロルヘキシジンは比較的入手が容易であり,診断がついた時点から,積極的に使用すべきと考えられた(著者抄録)

    日本眼科紀要会, 2004年11月28日, 日本眼科紀要 = Folia ophthalmologica Japonica, 55 (11), 841 - 844, 日本語

  • 外科的切除が奏効したconjunctival and corneal intraepithelial neoplasiaの初発例

    井上 祐介, 椋野 洋和, 坂本 麻里, 藤岡 美幸, 片上 千加子

    73歳女.白内障手術後の経過観察中に,右眼鼻側球結膜の新生物が疑われた.右眼耳側球結膜に乳頭状病変を認め,角膜上には灰白色の膜状病変が侵入していた.中間透光体は両眼とも偽水晶体眼であり,眼底には異常を認めなかった.0.5% 5-FU点眼4回/日にて保存的に経過観察を行った.腫瘍の縮小傾向はなく,角膜上皮欠損,眼瞼結膜,眼瞼皮膚粘膜にびらんを生じた.腫瘍切除術と冷凍凝固術を施行した.術後,切除病変よりdysplasiaの病理診断を得た.術翌日より,点眼としてレボフロキサシン4回/日,0.1%フルオロメトロン4回/日にて術後管理とした.腫瘍の再発はなく,右眼の矯正視力も1.0と経過良好である

    金原出版(株), 2004年10月, 眼科, 46 (10), 1329 - 1334, 日本語

書籍等出版物

  • 視路疾患のOCT up-to-date

    坂本 麻里, 中村 誠

    共著, メディカル葵出版, 2019年05月, 日本語

    学術書

講演・口頭発表等

  • 両眼開放下視野測定により診断した片眼性心因性視覚障害の2例

    土橋 一生, 盛 崇太朗, 中西 裕子, 上田 香織, 坂本 麻里, 栗本 拓治, 中村 誠

    兵庫県眼科医会・2大学合同オープンカンファレンス, 2019年11月30日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 抗PD-L1抗体薬により視神経炎と下垂体機能低下症を来した一例

    山田 裕子, 栗本 拓治, 上田 香織, 村井 佑輔, 盛 崇太朗, 坂本 麻里, 中西 裕子, 中村 誠

    第57回日本神経眼科学会総会, 2019年10月04日, 日本語

    ポスター発表

  • 再発性視神経炎に対する免疫抑制剤の治療効果

    盛 太朗, 栗本 拓治, 村井 祐輔, 上田 香織, 坂本 麻里, 千原 典夫, 中西 裕子, 中村 誠

    第57回日本神経眼科学会総会, 2019年10月04日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 毛様溝挿入アーメドインプラント手術の術後短期成績

    村井 佑輔, 盛 崇太朗, 栗本 拓治, 山田 裕子, 上田 香織, 坂本 麻里, 中西 裕子, 中村 誠

    第30回日本緑内障学会, 2019年09月06日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • ハンフリー視野計とシラスOCT こんな使い方もあったの!? OCTとハンフリーを用いた緑内障の構造と機能の解析

    坂本 麻里

    第8回日本視野画像学会学術集会, 2019年05月18日, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • En face slab imaging を用いた後期緑内障眼の構造と機能の解析

    坂本 麻里, 盛 崇太朗, 上田 香織, 栗本 拓治, 中西 裕子, 中村誠

    第8回日本視野画像学会学術集会, 2019年05月19日, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 前眼部OCTにより鑑別を行った結膜粘液腫の一例

    山田 裕子, 長井 隆行, 中井 駿一朗, 坂本 麻里, 中村 誠

    第123回日本眼科学会総会, 2019年04月19日, 日本語

    ポスター発表

  • マイクロパルス波経強膜毛様体光凝固の使用経験

    村井 佑輔, 盛 崇太朗, 上田 香織, 坂本 麻里, 栗本 拓治, 中西 裕子, 中村 誠

    第123回日本眼科学会総会, 2019年04月18日, 日本語

    ポスター発表

  • マイクロパルス波経強膜毛様体光凝固術の術後短期成績

    村井 佑輔, 盛 崇太朗, 上田 香織, 坂本 麻里, 栗本 拓治, 中西 裕子, 中村 誠

    日本眼科学会雑誌, 2019年03月, 日本語

  • 前眼部OCTにより鑑別を行った結膜粘液腫の1例

    山田 裕子, 長井 隆行, 中井 駿一朗, 坂本 麻里, 中村 誠

    日本眼科学会雑誌, 2019年03月, 日本語

  • 毛様溝挿入バルベルトインプラント手術の術後中長期成績

    曽谷 尭之, 盛 崇太朗, 村井 佑輔, 上田 香織, 坂本 麻里, 栗本 拓治, 中西 裕子, 中村 誠

    第73回日本臨床眼科学会, 2019年10月24日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 多発血管炎性肉芽腫症に伴う副鼻腔炎により発症した両側鼻性視神経症の一例

    村井 佑輔, 栗本 拓治, 河原 佳奈, 山田 裕子, 盛 崇太朗, 上田 香織, 坂本 麻里, 中西 裕子, 中村 誠

    第57回日本神経眼科学会総会, 2019年10月04日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 片眼の動眼神経麻痺と僚眼の外転神経麻痺を呈したサルコイドーシスの1例

    盛 崇太朗, 坂本 麻里, 上田 香織, 栗本 拓治, 中西 裕子, 中村 誠

    第56回日本神経眼科学会総会, 2018年12月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 髄膜炎を伴う続発性眼窩炎症と強膜炎を呈した汎発性帯状疱疹の一例

    佐々木 信之, 坂本 麻里, 栗本 拓治, 盛 崇太朗, 上田 香織, 中西 裕子, 飯島 健太, 立花久嗣, 中村 誠

    第56回日本神経眼科学会総会, 2018年12月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 片眼の動眼神経麻痺と僚眼の外転神経麻痺を呈したサルコイドーシスの1例

    盛 崇太朗, 栗本 拓治, 荒木 健, 坂本 麻里, 上田 香織, 大塚 喜久, 芥子 結香子, 佐竹 渉, 中西 裕子, 中村 誠

    神経眼科, 2018年11月, 日本語

  • 髄膜炎を伴う続発性眼窩炎症と強膜炎を呈した汎発性帯状疱疹の1例

    佐々木 信之, 坂本 麻里, 栗本 拓治, 盛 崇太郎, 上田 香織, 中西 裕子, 飯島 健太, 立花 久嗣, 中村 誠

    神経眼科, 2018年11月, 日本語

  • 当院における悪性黒色腫の長期経過

    橋本 祐子, 中井 駿一朗, 明石 梓, 坂本 麻里, 長井 隆行, 中村 誠

    第5回神戸大学眼科オープンカンファレンス, 2018年11月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院における悪性黒色腫の長期経過

    橋本 祐子, 中井 駿一朗, 坂本 麻里, 長井 隆行, 安積 淳, 中村 誠

    第36回日本腫瘍学会, 2018年11月, 日本語, 金沢, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 髄膜炎を伴う続発性眼窩炎症と強膜炎を呈した汎発性帯状疱疹の一例

    佐々木 信之, 坂本 麻里, 栗本 拓治, 盛 崇太朗, 上田 香織, 中西 裕子, 飯島 健太, 立花 久嗣, 中村 誠

    第5回神戸大学眼科オープンカンファレンス, 2018年11月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ランゲルハンス細胞組織球症による視神経症と外転神経麻痺を来した 1 例

    山田 裕子, 栗本 拓治, 盛 崇太朗, 坂本 麻里, 上田 香織, 芥子 結香子, 中井 友昭, 魚住 洋一, 豊田 晶徳, 中西 裕子, 中村 誠

    第5回神戸大学眼科オープンカンファレンス, 2018年11月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • サイトメガロウイルス虹彩炎に起因する続発性緑内障 15 例の臨床像

    村井 佑輔, 盛 崇太朗, 坂本 麻里, 上田 香織, 芥子 結香子, 栗本 拓治, 楠原 仙太郎, 中西 裕子, 中村 誠

    第5回神戸大学眼科オープンカンファレンス, 2018年11月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The disc-fovea-temporal raphe angle is associated with the severity of glaucoma with a hemi-field defect.

    Takuji Kurimoto, Sotaro Mori, Mari Sakamoto, Kaori Ueda, Yukako Inoue, Yuko Yamada, Makoto Nakamura

    23rd International visual field and imaging symposium, 2018年05月, 英語, 石川, 国内会議

    ポスター発表

  • Agreement of a nasal step border by a microperimeter with a temporal raphe by optical coherence tomography in glaucoma patients

    Sotaro Mori, Mari Sakamoto, Takuji Kurimoto, Kaori Ueda, Yuko Nakanishi, Makoto Nakamura

    23rd International visual field and imaging symposium, 2018年05月, 英語, 石川, 国内会議

    ポスター発表

  • 上眼静脈血栓性静脈炎により視力低下・視野障害を生じた一例

    坂本 麻里, 盛 崇太朗, 上田 香織, 井上 結香子, 栗本 拓治, 山田 裕子, 中村 誠

    神経眼科, 2017年10月, 日本語

  • ぶどう膜炎と視神経症を発症し、生検にて確定診断に至った結核性肥厚性硬膜炎の1例

    崔 龍東, 栗本 拓治, 盛 崇太朗, 坂本 麻里, 上田 香織, 井上 結香子, 山田 裕子, 中村 誠

    神経眼科, 2017年10月, 日本語

  • レーベル遺伝性視神経症における視標サイズに基づく中心暗点の評価

    上田 香織, 盛 崇太朗, 坂本 麻里, 井上 結香子, 栗本 拓治, 山田 裕子, 中村 誠

    神経眼科, 2017年10月, 日本語

  • 両視神経症の診断に苦慮し剖検にて侵襲性アスペルギルス症と診断された一例

    盛 崇太朗, 栗本 拓治, 坂本 麻里, 上田 香織, 井上 結香子, 山田 裕子, 中村 誠

    神経眼科, 2017年10月, 日本語

  • 流出路再建術の術式別術後短期成績の比較検討

    盛 崇太朗, 金森 章泰, 坂本 麻里, 上田 香織, 井上 結香子, 栗本 拓治, 山田 裕子, 中村 誠

    日本眼科学会雑誌, 2017年03月, 日本語

  • 健常眼における視神経乳頭中心窩線と耳側縫線の解剖学的位置関係の検討

    栗本 拓治, 盛 崇太朗, 金森 章泰, 若林 星太, 中西 理恵, 坂本 麻里, 上田 香織, 井上 結香子, 山田 裕子, 中村 誠

    日本眼科学会雑誌, 2017年03月, 日本語

  • 抗AQP4抗体陽性視神経炎に対する血液浄化療法の治療効果

    盛 崇太朗, 栗本 拓治, 坂本 麻里, 上田 香織, 井上 結香子, 千原 典夫, 金森 章泰, 山田 裕子, 中村 誠

    神経眼科, 2016年10月, 日本語

  • 視神経鞘髄膜腫に対し強度変調放射線治療を施行した神経線維腫症2型の一例

    松野 裕樹, 山田 裕子, 松本 佳子, 明石 梓, 坂本 麻里, 井上 結香子, 金森 章泰, 中村 誠

    眼科臨床紀要, 2016年04月, 日本語

  • IcareHOMEを用いた患者による自己眼圧測定の再現性と日内変動の検討

    坂本 麻里, 金森 章泰, 上田 香織, 明石 梓, 井上 結香子, 山田 裕子, 中村 誠

    日本眼科学会雑誌, 2016年03月, 日本語

  • 乳頭周囲網膜神経線維層厚の菲薄化の有無による極早期緑内障の層別化

    明石 梓, 金森 章泰, 上田 香織, 坂本 麻里, 井上 結香子, 山田 裕子, 中村 誠

    日本眼科学会雑誌, 2016年03月, 日本語

  • 視神経炎における抗AQP4抗体の構造と機能に与える影響

    松本 佳子, 明石 梓, 上田 香織, 坂本 麻里, 井上 結香子, 金森 章泰, 山田 裕子, 中村 誠

    日本眼科学会雑誌, 2016年03月, 日本語

  • 3種のSD-OCTのPre-perimetric glaucomaにおける検出力の比較について

    明石 梓, 金森 章泰, 上田 香織, 坂本 麻里, 井上 結香子, 山田 裕子, 中村 誠

    日本緑内障学会抄録集, 2015年09月, 日本語

  • トラベクレクトミー術後低眼圧黄斑症の発症危険因子の検討

    坂本 麻里, 井上 結香子, 松本 佳子, 明石 梓, 上田 香織, 金森 章泰, 山田 裕子, 中村 誠

    日本緑内障学会抄録集, 2015年09月, 日本語

  • シュレム管内皮網除去+深層強膜弁切除を併施したトラベクロトミーの術後成績

    安田 絵里子, 金森 章泰, 上田 香織, 明石 梓, 坂本 麻里, 井上 結香子, 山田 裕子, 中村 誠

    日本眼科学会雑誌, 2015年03月, 日本語

  • 非高度近視正常眼と高度近視正常眼の高度近視早期緑内障に対するOCT検出力の相違

    明石 梓, 金森 章泰, 上田 香織, 坂本 麻里, 井上 結香子, 山田 裕子, 中村 誠

    日本眼科学会雑誌, 2015年03月, 日本語

  • 3種のSD-OCTの乳頭周囲網膜神経線維層厚と視野の相関

    明石 梓, 金森 章泰, 坂本 麻里, 藤原 雅史, 山田 裕子, 中村 誠, 根木 昭

    日本眼科学会雑誌, 2013年03月, 日本語

  • 3種のOCTによる高度近視群、非高度近視群における緑内障検出力の比較

    明石 梓, 金森 章泰, 坂本 麻里, 藤原 雅史, 山田 裕子, 中村 誠, 根木 昭

    日本緑内障学会抄録集, 2012年09月, 日本語

  • 自己眼圧測定器icareONEの精度および安全性の検討

    坂本 麻里, 金森 章泰, 明石 梓, 藤原 雅史, 山田 裕子, 中村 誠, 根木 昭

    日本緑内障学会抄録集, 2012年09月, 日本語

  • 結膜悪性黒色腫に対してインターフェロンβ結膜下注射を行った1症例

    藤岡 美幸, 坂本 麻里, 安積 淳

    眼科臨床医報, 2005年02月, 日本語