研究者紹介システム

近藤 民代
コンドウ タミヨ
大学院工学研究科 建築学専攻
准教授
土木・建築工学関係
Last Updated :2022/09/16

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院工学研究科 建築学専攻
  • 【配置】

    工学部 建築学科

学位

  • 博士(工学), 神戸大学
  • 居住環境再生と住宅減災復興に関する計画論・政策論の構築

授業科目

ジャンル

  • 科学・技術 / 建築
  • 防災・くらし / 防災・復興

コメントテーマ

  • 災害復興
  • 震災復興
  • 住宅復興
  • 東日本大震災の住宅移転再建
  • ハリケーン・カトリーナ

研究活動

プロフィール情報

  • プロフィール

    https://www.researchgate.net/profile/Tamiyo_Kondo

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築計画、都市計画 / 居住環境計画
  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 防災工学 / 減災復興計画

委員歴

  • 2015年04月 - 現在, 日本災害復興学会, 理事
  • 2015年11月 - 2023年10月, 奈良県, 総合治水対策推進委員会 委員
  • 2021年12月 - 2023年06月, 復興およびレジリエンスをテーマにした国際研究者ネットワーク(i-Rec) 2023 仙台大会, 実行委員会委員および共同議長 (Co-Chair)
  • 2015年04月 - 2021年05月, 大阪府, 耐震改修促進計画審議会 委員
  • 2020年04月 - 2021年03月, 大阪府, 密集市街地対策検討懇話会 委員
  • 2015年08月 - 2019年07月, 滋賀県, 防災会議 委員
  • 2017年06月 - 2019年05月, 関西広域連合, 関西広域防災計画策定委員会 委員
  • 2015年11月 - 2019年03月, 兵庫県, 防災会議 専門委員
  • 2014年04月 - 2017年03月, 日本建築学会, 都市計画委員会 委員
  • 2013年07月 - 2017年03月, 奈良県, 防災会議 委員
  • 2015年06月 - 2016年06月, 神戸市, 建築物耐震改修促進に関する有識者会議 委員
  • 2012年11月 - 2014年03月, 大阪府, 防災会議南海トラフ巨大地震災害対策等検討部会専門委員
  • 2011年04月 - 2012年03月, 独立行政法人国際交流基金, プログラムアドバイザー(次世代リーダープログラム 防災と人々のつながり:災害に強い社会の構築を 目指して)
  • 2022年06月 - 現在, 日本建築学会, 第77期近畿支部常議員

受賞

  • 2016年11月 地域安全学会, 地域安全学会論文賞, 東日本大震災後の自主住宅移転再建に 伴う居住地の移動と意思決定プロセス -岩手県陸前高田市でのインタビュー調査を通し て-

    柄谷 友香, 近藤 民代

    日本国

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2015年03月 住宅総合研究財団, 住宅総合研究財団研究論文 研究選奨, 東日本大震災の自主住宅移転再建にみる住宅復興と地域再生の課題 -持続可能な住宅復興のかたちを展望する-

    近藤 民代, 柄谷 友香

    日本国

    出版社・新聞社・財団等の賞

  • 2012年10月 International Conference for International Society of Habitat Engineering and Design, International Conference for International Society of Habitat Engineering and Design Best Presentation Award, Housing Recovery by Type of Resident Involvement‐Providing Housing vs. Mobilizing Residents‐

    近藤 民代, Elizabeth Maly

    インド

    国際学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2020年12月 東京大学復興デザイ ン研究体, 復興デザイン会議第 2 回復興研究論文賞最優秀論文賞, 自主住宅移転再建の 動向と市街地形成への影響に関する一連の研究論文

    http://dss.bin.t.u-tokyo.ac.jp/alliance/research_award/2020-2/winner/

論文

  • Kondo Tamiyo, Lizarralde Gonzalo

    Previous studies have documented the negative impacts and unexpected secondary effects of post-disaster housing development. Here, we build on this tradition to explore how post-disaster urban planning and risk mitigation measures affect internal migrations after a major disaster. In the aftermath of the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami, the Japanese government put forward significant efforts to provide safe housing and land in more than 20 cities. We used GIS spatial analysis to identify urban footprint changes, which proved to be reliable indicators of internal migration. Our results reveal the secondary effects of planning interventions, and more specifically, how the maladaptation measures triggered rapid urban sprawl and increased risks of landslides and vulnerabilities in mountainous areas. We also find increased urban fragmentation, both socially and spatially. Maladaptation, urban fragmentation, and rapid changes in urban footprints emerged as the consequences of centralized government-mandated planning and housing development. We conclude that the uncertainty surrounding dynamic recovery processes requires incremental adaptive action. Planners and local authorities must recognize and remain attentive to the cascading effects of centralized planning decisions.

    Elsevier, 2021年05月, International Journal of Disaster Risk Reduction, 58 (58), 102219 - 102219, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 東日本大震災5年までの自主住宅移転再建者の意思決定と満足度の関連要因

    近藤 民代, 柄谷 友香

    日本建築学会計画系論文集, 2018年05月, 日本建築学会計画系論文集, 83 (747), 未定, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 米国ハリケーンカトリーナ災害における不動産移管・再生プログラムの 不動産取得主体の特徴と転売実態による居住環境再生

    近藤 民代

    日本建築学会, 2018年04月, 日本建築学会計画系論文集, 83 (746), 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Titaya Sararit, 近藤 民代, Elizabeth Maly

    After Indian Ocean tsunami of 26 December 2004, Government, NGO and private organizations provided various types of post-disaster permanent housing. This study focuses on Relocate houses in Namkem community, Phangnga after residents live long-term in this post-disaster house Aims to analyze resident's satisfaction to Housing after lived more than a decade in the post-tsunami houses and analyze the development to physical of house regard to reconstruction, functions, or size. The relocation effect to the house adaptation and residents life style as a result shown that even self-built house that residents have participate in design and construction process themselves also need the individual renovation, according to that many of residents have change their job or need to travel in longer distance for work, The car park was one of the popular choice for space extension follow after the adding more bedrooms as number of family member increase. Residents who individually renovated and extend the house have gain more satisfy with their house so provided land-plot for self-extension may important more for recovery housing. (C) 2018 The Authors. Published by Elsevier Ltd.

    Elsevier, 2018年, Procedia Engineering, 212, 637 - 642, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 東日本大震災後における住宅再建地の整備状況にみる地域の災害リスク形成に関する研究:岩手県陸前高田市と宮城県気仙沼市を例に

    上田 祐司, 北後 明彦, 近藤 民代, 柄谷 友香

    This study examines the disaster risk formation by residential area development after the Great East Japan Earthquake We analyze the relationship between residential area development situation and hazards including fire and landslide. It clarifies the different disaster risk formation in two cities as follows. New housing reconstruction is concentrated in mountainside area where the designation of landslide warning area is delayed and water supplies for fire-fighting is insufficient in Rikuzentakata-city. As for Kesennuma-city, the ratio of water supplies for fire-fighting is relatively high because of infill development of new housing reconstruction, however, it founds the another risks such as width of adjacent road and land which increase the risk of fire.

    一般社団法人 地域安全学会, 2017年11月, 地域安全学会論文集, 31, 221 - 228, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 被災市街地における住宅ストックおよび土地利用の長期的経年変化と不動産移管・再生プログラムの効果-ハリケーン・カトリーナ災害におけるニューオリンズ市の住宅再建に関する研究その3

    近藤 民代

    日本建築学会, 2017年06月, 日本建築学会計画系論文集, 82 (736), 1511 - 1520, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 近藤 民代

     This study examines the spatial characteristics of sold properties through property transfer and regeneration programs by New Orleans City government after Hurricane Katrina. Property transfer and regeneration programs, the Lot Next Door Program and Auction, function to bring blighted properties into managed empty lot and new/renovated housing stock. It is demonstrated that location of sold properties have a strong correlation with neighborhood attributions such as income, race and property value which implies that government's programs function well only where has strong real estate market. There is some limitation, although, it is proved that these programs are effective methods for neighborhood-scale regeneration which is achieved by encouraging multiple stakeholders to construct housing and manage properties, not adhering to housing "re"construction by pre-disaster homeowners.

    日本建築学会, 2017年03月, 日本建築学会計画系論文集, 82 (733), 715 - 721, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 柄谷 友香, 近藤 民代

    This study focused on the self-help housing reconstruction with relocation in Rikuzentakata City following the Great East Japan Earthquake in order to elucidate residential movement before and after the earthquake, changes in land use associated with the changes, and the process of the series of decisions made until reconstruction. In the case of residents with children or elderly family members, the decision making of residents revealed a progression in comparison with housing reconstruction projects due age limitations concerning loans, etc. Moreover, the resources that enabled the selfhelp housing reconstruction with relocation were enrollment in earthquake insurance, presence of family members with parent-child loans, transfer of land and provision of information by family members, relatives, or acquaintances.

    地域安全学会, 2016年11月, 地域安全学会論文集, 29, 207 - 217, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 近藤 民代, 柄谷 友香

     This study clarifies the spatial distribution and characteristics of new constructed building in 9 cities along the coast after the Great East Japan Earthquake. It is demonstrated that aggregation of self-help housing reconstructions with relocation gives significant influence for transformation of urban built environment which is inconsistent with the future spatial planning vision developed by local government's post-disaster recovery planning. It is found that new developments in agricultural and forest area trigger urban sprawl that is physically unsustainable in depopulated region. These phenomenon implies the need for spatial planning technique and policy which gives guidance for individual housing reconstruction by utilizing survivors' resilience.

    日本建築学会, 2016年03月, 日本建築学会計画系論文集, 81 (721), 667 - 674, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 郷原 詩乃, 近藤 民代

     This study focused on share living life in detached housing which is opened for public by homeowner. Homeowner and visitors establish a fifty-fifty relationship both of which share living life such as cooking, having a meal and close family atmosphere in share-space. This research finding implies the possibility of new housing model that go beyond “1 housing unit for 1 household“ for fast-aging society.

    日本建築学会, 2016年03月, 日本建築学会計画系論文集, 81 (721), 519 - 528, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 近藤 民代, 柄谷 友香

     This study focuses on homeowners who reconstructed housing with self help relocation after the Great East Japan Earthquake. It aims to clarify why they have decided to relocate, what kind of action they took in their housing reconstruction process, and how they are satisfied with the results. It is proved that the motivation for relocation is a fear of the next tsunami and the aggressive withdraw from governments' group relocation projects because of its slow speed. This decision-making and reconstruction action has given significance influence for post-disaster recovery plan developed by local government that need to be revised.

    日本建築学会, 2016年01月, 日本建築学会計画系論文集, 81 (719), 117 - 124, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 近藤 民代

     This study examines how did “the Relocation of dangerous buildings in the near-cliff area project” function as housing rebuilding assistance, and how it was utilized after the Great East Japan Earthquake. Based on the questionnaire and interview survey for local governments and homeowners, it is clarified that this project functions as housing rebuilding assistance for individual who wanted to self-determine the timing, place and land area of the housing rebuilding for resettlement. It is also found that local governments intended to utilize this project as helping survivors who drop out from prolonged group relocation project in which local governments generally have decision-making authority. The author pointed out the operational issues that need to improve such as speeding up the process by increasing efficiency and accepting the application for retrospective approval.

    日本建築学会, 2015年09月, 日本建築学会計画系論文集, 80 (715), 2043 - 2049, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 近藤 民代

    This study clarifies the founding background and characteristics of housing rebuilding assistance subsidy programs by local governments after the Great East Japan Earthquake. The motivation and objective to prepare these programs are gap adjustment between survivors, which is based on achievement of fairness supported by government sector in Japan. This exposes the instability of governmental housing rebuilding assistance philosophy that encourages survivors' self-help housing reconstruction. This research offers insight for Japanese society to redesign the housing rebuilding assistance subsidy before next mega disaster.

    日本建築学会, 2015年01月, 日本建築学会計画系論文集, 80 (707), 135 - 144, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Nine Years After the Indian Ocean Tsunami 2004: Comparing Physical Conditions and Evaluating Residents' Satisfaction in Recovery House Types

    Titaya Sararit, 近藤 民代

    International Society of Habitat Engineering and Design, 2014年09月, Journal of Habitat Engineering and Design, 6 (1), 563-570, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Titaya Sararit, 近藤 民代

    This study investigates characteristics of the damage to housing caused by the 2011 Thai flood and explores recovery processes. There are three research objectives. The first objective is to compile financial losses and support for residents affected by the 2011 flood. The second objective is to classify the types of reconstruction that residents chose to renovate their own homes. The third objective is to estimate residents' capability for coping with future floods. Huntra, a sub district in Ayutthaya province, was chosen as the site for this study. The research results indicate that the disaster recovery budget provided by national government was too small, and was not enough for all of the reconstruction that the affected residents needed. Renovation that offers better protection against floods is classified into two groups. Type A is called elevated houses, in which the used spaces are elevated higher than before flood. Type B is called extended houses, in which the used spaces that are considered safe in a disaster are extended. Most residents could not afford this type of renovation. However, so far the most widely used option is painting the house in order to erase the watermark from the flood. In the three years since the flood occurred, residents have gained a greater awareness of flood evacuation; however, only a small number of residents decided to reconstruct their house using measures for flood protection. Flood relief policy that focuses on providing money for the affected homeowners has therefore not been successful. Our study suggests that the government should establish more systematic support, such as provision of construction materials or craftsmen/labor to communities or residents.

    Fuji Technology Press, 2014年03月, Journal of Disaster Research, 9 (3), 563 - 570, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Analysis of transitional public housing program in indonesia(Analysis of transitional public housing program in indonesia)

    NARESWARI ARDHYA, 塩崎 賢明, 近藤 民代

    日本建築学会, 2013年02月, 日本建築学会計画系論文集, (684), 289 - 289, 英語

    [査読有り]

  • Transitional Public Housing Program in Yogyakarta, Indonesia: From Self-Manage Community to Managed Community

    Ardhya NARESWARI, 近藤 民代

    International Society of Habitat Engineering and Design, 2013年, Journal of Habitat Engineering and Design, 5 (1), 86 - 97, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Elizabeth Maly, 近藤 民代

    On Aug. 29, 2005, Hurricane Katrina struck the southern coast of the United States, causing the most damage of any disaster in the country's history. Faced with a need for housing relief that overwhelmed all expectations, and failures and criticisms surrounding FEMA's use of trailers as temporary housing, the Alternative Housing Pilot Project (AHPP) was created to explore better options. Designed as a temporary-topermanent post disaster housing solution, the Mississippi Cottages were created though theMississippi Alternative Housing Project (MAHP), 1 of the 5 AHPP projects, as replacement temporary housing for residents of FEMA trailers several years after Katrina. Due to strong local resistance to the Cottages, along with issues of affordability, few temporary Cottage residents were able to keep them for permanent housing, and the implementation of the program failed to provide long term affordable housing to a large group of disaster survivors who most needed it. However, the Mississippi Cottages have high levels of resident satisfaction, represent significant potential as a temporaryto- permanent housing form and demonstrate flexibility in the way they have been reused as affordable housing by a number of different organizations and individuals.

    Fuji Technology Press, 2013年, Journal of Disaster Research, 8 (3), 495 - 507, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Designs for Transition in Housing Recovery: an International Comparison of Post Disaster Housing Reconstruction

    Elizabeth MALY, 近藤 民代

    International Society of Habitat Engineering and Design, 2013年, Journal of Habitat Engineering and Design, 73 - 80, 英語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 近藤 民代

    This study clarifies the housing rebuilding situation in three neighborhoods in City of New Orleans after Hurricane Katrina (2005). The most distinctive trend is that the housing rebuilding percentage in all neighborhoods was almost same as 50%, and there is significant difference in percentage of abundant housing and vacant lots. This paper pointed several factors implicated in neighborhood housing rebuilding status gap, such as property values, the lack of option for selling property, individual income and homeownership etc. The further research is needed to verify this hypothesis which is formulated through this paper.

    日本建築学会, 2012年, 日本建築学会計画系論文集, 77 (671), 67 - 74, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 近藤 民代

    This study clarifies the annual change of housing rebuilding and homes sales in three neighborhoods in New Orleans after Hurricane Katrina (2005). The percentage of annual change in housing rebuilding is low, however, there is wide gap between neighborhoods in terms of progress of housing rebuilding and home sales, the latter means the turnover in residents. The neighborhood without decreasing blighted properties and with positive vacant lots were found and this indicates the future widening disparity between neighborhoods. The nondecreasing blighted properties will cause deterioration of dwelling environment and residents' difficulties for returning neighborhood.

    日本建築学会, 2012年, 日本建築学会計画系論文集, 77 (679), 2283 - 2292, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 米国ハリケーン・カトリーナ災害のニューオリンズ市における地区ごとの復興格差 -カトリーナ災害3年目の考察-

    近藤 民代

    2009年11月, 日本都市計画学会学術研究発表会論文集, No.44-3,pp.319-324, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 近藤 民代, 越山 健治, 紅谷 昇平, 近藤 伸也, 水中 進一

    This study examines the situation and challenge of cross-sectional structure and command & coordination function of Emergency Operation Center both of which would be one of the requirements to implement Management by Objective in disaster response through case study of Nigata-Chuetsuoki Earthquake (2007). In conclusion, those requirements enabled top-down decision-making to enforce all government personnel to follow the disaster objective, and accomplish effective coordination and flexible personnel distribution. We point out that it is necessary to expand more proactive information analysis function for incident commander's to support his/her decision-making and clearly define the way of coordination between cross-sectional structure and daily government structure.

    一般社団法人 地域安全学会, 2008年11月01日, 地域安全学会論文集 = Journal of social safety science, 10 (10), 177 - 182, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ハリケーン・カトリーナ後のニューオリンズ市復興プランニングの課題

    近藤 民代

    2008年11月, 日本都市計画学会学術研究発表会論文集, 43 / 3, 739 - 744, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 米国世界貿易センタービル同時多発テロ後の都市再プロセス-多様な主体による討議型都市計画に向けて-

    近藤 民代

    2007年11月, 日本都市計画学会学術研究発表会論文集, No.42-3, 295 - 300, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 米国ハリケーン・カトリーナ災害において地方政府の災害対応を支援した情報システム

    近藤 伸也, 近藤 民代, 永松 伸吾

    2007年11月, 地域安全学会論文集, 9, 95 - 102, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 米国の地方政府におけるIncident Command Systemの適用実態-ハリケーン・カトリーナ災害に着目して-

    近藤 民代, 永松 伸吾

    This study aims to analyze and evaluate emergency response of local government following 2005 Hurricane Katrina Disaster from Management by Objective and Command & Control perspective, which are both one of the characteristics of Incident Command System. As a case study, we conducted interview for City of New Orleans, LA and Hancock County, MS, and analyzed the framework and contents of Incident Action Plan prepared by each local government in order to clarify how local government managed emergency operations. We conclude that Managament by Objective was complementary concept of Command & Control, and self-organzized activities by each Emergency Support Function led to overall control of emergency response.

    地域安全学会, 2007年11月, 地域安全学会論文集, 第9号 (9), 253 - 260, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 新潟県中越地震における県災害対策本部のマネジメントと状況認識の統一に関する研究-「目標による管理」の視点からの分析-

    近藤 民代, 越山 健治, 林 春男, 福留 邦洋, 河田 恵昭

    This study aims to analyze and evaluate emergency management from Management by Objective perspective in the 2004 Mid-Niigata Prefecture Earthquake. In the result, there was little support for incident commander to make quick decisions in emergency operation in Niigata. We analyze Common Operational Picture (COP) of City of New Orleans in Hurricane Katrina, 2005, and find that information integration was established by the use of COP that enables proactive operation. Planning Cycle in emergency operation phase is one of the means of realizing Management by Objective, and operational briefing works as to share COP, incident objectives and significant activities for the next 24-48 hours.

    地域安全学会, 2006年11月, 地域安全学会論文集, 第8号 (8), 183 - 190, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 全米大学の地域貢献活動実態と学生に対する参加型建築・まちづくりの専門家教育

    近藤民代

    2005年11月, 日本都市計画学会学術研究発表会論文集, No.39-3, 337 - 342, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 災害対応業務標準化に向けた「防災基本計画」の業務分析

    岩佐祐一, 近藤民代, 林春男

    If the Tokai, Tonankai, and Nankai earthquakes occur simultaneously in the first half of the 21^ century, the damage would spread over many prefectures. It is indispensable for the prefecture governments in the impacted area, as well as the national government, to establish a standardized emergency response operation system, in order to mobilize the limited resources effectively. "The Basic plan for Disaster Prevention" compiled by the national government serves as the emergency disaster plan for the national government level, as well as the basic requirements to be complied by the emergency response plan compiled by prefecture governments and municipality governments. By employing Flow-chart system as the tool for describing the plan, this paper examined the emergency management section of Basic Plan for Disaster Prevention to identify operational models to be used as the basis for a standardized emergency management system.

    地域安全学会, 2005年11月, 地域安全学会論文集, 第5号 (5), 193 - 202, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • イギリスのコミュニティ技術援助組織の歴史的展開と活動実態-アメリカのコミュニティ・デザイン・センターとの比較-

    近藤民代

    2005年11月, 日本建築学会計画系論文集, 第581号, 105 - 111, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ワークショップによるステークホルダー参画型防災戦略計画策定手法の開発

    田村圭子, 近藤民代, 牧紀男, 立木茂雄

    2004年11月, 地域安全学会論文集, 第5号, pp.129-138, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ステークホルダー参加型地震防災総合計画策定手法の開発-「マリキナ市地震防災総合計画・アクションプラン」策定の試み

    牧紀男, 近藤民代, 田村圭子, 林春男

    2004年11月, 地域安全学会論文集, 第5号, pp.111-120, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 近藤民代, 塩崎賢明

    This study aims to examine the programs, organizational structure, and funding of Community Design Centers- Non-profit type (4), Volunteer practice type (2) to clarify the organizational structure and activities of Community Design Center. We found that Non-profit type conduct fee-for service to earn their funding to enable to promote service for low-income to provide affordable housing, which is main activity of Non-profit type. On the other hand, Volunteer practice type coordinate architects and planners to help community-based organization to handle their activities. Non-profit type have bigger annual budget than Volunteer practice type. Volunteer practice type depend on private sector contribution.

    日本建築学会, 2002年06月, 日本建築学会計画系論文集, 第556号 (556), 219 - 226, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 近藤民代, 塩崎賢明

    This study aims to describe the historical development process and organizational structure of Community Design Centers in the United States: As Community Development Corporations (CDC) have enhanced their roles as affordable housing provider since 1980s, the role of Community Design Centers, providing architectural and planning technical assistance to CDC, has enlarged and this led to HUD's assistance programs for Community Design Centers in 1990s. Community Design Centers play important roles, such as Promoting to provide affordable housings, Facilitating the public, private, non-profit sector partnership, Capacity Building and Empowerment of the communities, Improvement of the public policy and community development programs.

    日本建築学会, 2001年03月, 日本建築学会計画系論文集, 第541号 (541), 139 - 146, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tamiyo Kondo, Saki Miyamae

    Wiley, 2022年04月, JAPAN ARCHITECTURAL REVIEW, 5 (2), 212 - 224

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Scenario thinking approach to pre-event planning for post-disaster recovery: The case of the future mega-tsunami striking Kushimoto, Japan

    Kondo, T, Takemoto, S

    2022年, Journal of Disaster Research, 17 (4)

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 上山 紘平, 近藤 民代, 渡邉 萌, 円山 琢也, 米野 史健

    The City Planning Institute of Japan, 2021年10月25日, 都市計画論文集, 56 (3), 944 - 951

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Growth and Shrinkage Pre and Post Tsunami in Fukushima Prefecture, Japan

    R. Zhu, Z. Tao, G. Newman, M. Counts, M. Meyer, E. Offer, Y. Kim, A.T. K.Pinheiro, Y, Ghezellou, A. Hokugo, T. Kondo

    2020年, Landscape Research, 9, 132 - 147

    [査読有り]

  • 馬場 美智子, 近藤 民代, 藤井 諒平

    2018年7月に西日本を襲った豪雨によって、倉敷市真備町は大きな被害を受けた。災害後、被害を発生させた河川の改修工事が行われており、工事完了後は水害リスクが軽減されるが、それで水害リスクが全くなくなるわけではなく、被災地に住み続けるならば、耐水化して住宅を再建するなどの対策が望ましい。住宅再建が終盤に差し掛かってきた2021 年秋に、真備地区で被災した住民に対して質問紙を配布し、住宅再建において水害リスクをどのように認知し、住宅の耐水化等に取り組んだかを調査した。調査結果として、約20%が住宅を耐水化して再建したことがわかった。実施しなかった理由としては、治水工事が完了すれば再び浸水することはないからが最も多かった。

    公益社団法人 日本都市計画学会, 2022年09月09日, 都市計画報告集, 21 (2), 171 - 176, 日本語

MISC

  • 稲原 凌, 近藤 民代

    本研究では、斜面地の住みよさの実態を明らかにし、立地適正化計画との関係を分析することによって同計画の 評価を行った。データは主に国土数値情報や e-Stat のものを用いて、立地適正化計画で定められている居住誘導区 域と斜面地が重なる部分に関して、人口カバー率の観点から QGIS を利用して現状の分析を行った。斜面地では人口 が減少している町が多く、斜面地でない地域では人口が増加している町が多かった。このことから、傾斜と人口の 増減には関係があることがわかる。カバー率の分析結果から、空間分析指標によってカバー率は大きく変わる都市 も存在するため、市は地域をより横断的に分析し、詳細な施策を施す必要があるだろう。

    公益社団法人 日本都市計画学会, 2021年, 日本都市計画学会関西支部研究発表会講演概要集, 19, 1 - 4, 日本語

  • 前田 充紀, 近藤 民代

    本研究の目的は、定額住み放題サービスを利用した多拠点生活者の居住動態パターンと要求、その生活がもたらす利点にはどのようなものがあるのかを明らかにすることである。多拠点生活をホーム・定額住み放題サービス利用の有無から4 つに分類した。定額住み放題サービスの主要事業者であるADDress の会員を分析対象とし、住居や仕事場、サービスの利用状況から考察した。定額住み放題サービスを利用し生活する目的は自然の豊かな場所で過ごすことに加えて快適な環境でリモートワークをすることである。さらに、拠点や多拠点生活が魅力に感じるかどうかは家守や他のHS 利用者などの人と出会いどのように関わるかが影響する。

    公益社団法人 日本都市計画学会, 2021年, 日本都市計画学会関西支部研究発表会講演概要集, 19, 125 - 128, 日本語

  • 藤井 諒平, 近藤 民代

    多発している水害の被害軽減には、行政の行う堤防工事だけでなく、個人でのリスクの低い土地への転居や住宅の耐水化などの対策が有効であり、この実施有無は被災者のリスク認知が影響していると考えられる。そこで、倉敷市真備町で被災して元地で住宅再建を行った世帯に対し、帰還要因・住宅の耐水化工事・再被災リスクに対する認知についての調査を行った。元地への帰還には様々な要因が関わっており、それは年代によって異なっていることがわかった。住宅の耐水化対策を行う住民は、被災前に比べて増えていたものの、金銭的理由や早期避難・水害補償を優先したことで過半数の世帯が行っていなかった。再被災リスク認知と住宅耐水化の間で強い関係性は見られなかった。

    公益社団法人 日本都市計画学会, 2021年, 日本都市計画学会関西支部研究発表会講演概要集, 19, 97 - 100, 日本語

  • 宮前 早希, 近藤 民代

    平成30年6月から施行された住宅宿泊事業法は、住宅に人を宿泊させて宿泊料を徴収する、いわゆる民泊事業に対して定められた法律である。大阪市では法律の施行後から、登録住宅数が急増し続けている。本研究の目的は、大阪市で登録住宅が増え続ける理由についてストック特性や地域特性から考察することである。区ごとの住宅総数に占める登録部屋数の割合は部屋数が多いほど高く、登録の集中している地域があることが明らかになった。登録住宅の分布から登録が集中している地域には観光資源や主要駅が存在しており、これは同様に登録住宅数の多い札幌市でも見られる傾向であった。大阪市では外国人観光客の集客に長けている点、市全体に鉄道路線が張り巡らされていることが増加の理由ではないかと考える。

    公益社団法人 日本都市計画学会, 2019年, 日本都市計画学会関西支部研究発表会講演概要集, 17, 65 - 68, 日本語

  • 居住環境の再生と市街地整備事業-東日本大震災と熊本地震の経験より-

    近藤 民代

    全日本土地区画整理士会, 2016年09月, 区画整理士会報, 182, 9 - 14, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • Elizabeth Maly, 近藤 民代

    神戸大学都市安全研究センター, 2015年03月, 都市安全研究センター研究報告, 19 (19), 224 - 231, 英語

  • 野田北部の自律的継続的な環境改善運動(<特集>まちづくりのタイムライン)

    近藤 民代

    一般社団法人日本建築学会, 2014年11月20日, 建築雑誌, 129 (1664), 24 - 25, 日本語

  • 7321 ボランティア労働力を活用した住宅復興に関する研究 : 米国ハリケーンカトリーナ災害と東日本大震災を事例として(復興支援,都市計画,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)

    近藤 民代

    一般社団法人日本建築学会, 2014年09月12日, 学術講演梗概集, 2014 (2014), 677 - 678, 日本語

  • Community Design and Post-Disaster Recovery after Japan’s Tsunami

    近藤 民代

    Planners Network, 2014年03月, Progressive Planning Magazine, 英語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 7514 東日本大震災の自主住宅移転再建から考える都市復興の課題

    近藤 民代

    一般社団法人日本建築学会, 2013年08月30日, 学術講演梗概集, 2013 (2013), 1103 - 1104, 日本語

  • 住宅新局面 シェアハウスは母子世帯の住まいの選択肢になりえるのか?

    近藤 民代, 葛西 リサ

    日本住宅会議, 2013年02月, 住宅会議, (87), 40 - 44, 日本語

  • 8192 郊外住宅地の住み替え支援制度に関する研究 : 大阪府狭山市を対象として(住み換え,建築社会システム,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)

    郷原 詩乃, 近藤 民代

    一般社団法人日本建築学会, 2012年09月12日, 学術講演梗概集, 2012 (2012), 407 - 408, 日本語

  • 7288 米国ハリケーンカトリーナ災害の被災市街地における不動産の移管を伴う非営利組織による住宅復興(東日本大震災・復興計画,都市計画,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)

    近藤 民代

    一般社団法人日本建築学会, 2012年09月12日, 学術講演梗概集, 2012 (2012), 643 - 644, 日本語

  • 6045 東日本大震災三陸沿岸部における被災者の生活再建の課題 : 岩手県大槌町・山田町、宮城県南三陸町・女川町を事例として(東日本大震災:災害調査,農村計画,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)

    白木 周一, 北後 明彦, 近藤 民代, 西野 智研, 林 大造

    一般社団法人日本建築学会, 2012年09月12日, 学術講演梗概集, 2012 (2012), 97 - 98, 日本語

  • 8005 郊外住宅地の住み替え支援制度に関する研究 : 大阪府狭山市を対象として(建築社会システム)

    郷原 詩乃, 近藤 民代

    一般社団法人日本建築学会, 2012年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (52), 689 - 692, 日本語

  • An Incrementally Expandable Core House for Disaster Reconstruction: Two Cases in Yogyakarta, Indonesia after the Central Java Earthquake

    Elizabeth MALY, 近藤 民代, 塩崎 賢明

    Graduate Schools of Engineering and System Informatics Kobe University, 2012年, Memoirs of the Graduate Schools of Engineering and System Informatics Kobe University, 4, 1 - 7, 英語

    [査読有り]

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)

  • 8151 ひとり親世帯の集住と住生活の共同化 その2 : 「1住宅=1家族」を超える住まいへ(協同居住,建築社会システム)

    近藤 民代, 葛西 リサ

    一般社団法人日本建築学会, 2011年07月20日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2011, 1461 - 1462, 日本語

  • 8150 ひとり親世帯の集住と住生活の共同化 その1 : 選択縁によるケア相互補完型居住の可能性(協同居住,建築社会システム)

    葛西 リサ, 近藤 民代

    一般社団法人日本建築学会, 2011年07月20日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2011, 1459 - 1460, 日本語

  • これからの復興計画, 復興まちづくり

    近藤 民代, 澤田 雅浩, 加藤 孝明

    日本都市計画学会, 2011年06月25日, 都市計画, 60 (3), 101 - 106, 日本語

  • 米国のコミュニティアーキテクトの活動の特質と枠組み

    近藤 民代

    2010年09月, 日本建築学会大会サスティナブルエリアデザインとコミュニティアーキテクト研究協議会PD資料, 103 - 106, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 8009 ニュータウンの居住者の多様化に住宅更新が果たした役割に関する研究 : 千里ニュータウンにおける建替え後の公社賃貸住宅を事例として(建築経済・住宅問題)

    近藤 民代, 佐々木 静香, 室崎 千重

    日本建築学会, 2010年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (50), 685 - 688, 日本語

  • 米国ハリケーン・カトリーナ災害の被災地ニューオリンズ市における地区別の復興状況

    近藤 民代

    日本建築学会, 2009年08月, 日本建築学会大会学術講演会梗概集, 549 - 550, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)

  • 米国ニューオリンズの復興の現状と課題-ハリケーン・カトリーナ上陸から3年

    近藤 民代

    2008年08月, 日本建築学会都市防災・復興小委員会パネルディスカッション資料, pp.55-60, 77 - 81, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 災害時の地方自治体首長の役割に関する一般的考察 : 災害対応を経験した首長に対する調査報告

    越山 健治, 紅谷 昇平, 近藤 民代, 近藤 伸也, 河田 惠昭

    This paper shows general discussion on main roles of the local administrative chief in times of disaster. We collected five interview and three questioneer's data of adiministrators who faced the disaster response as the top of the local government. As result of analysis of these contects, their function was classified into five major types as follows: 1. Spokesman to transmit a message for sufferes, 2.Acqurement of external resources for disaster response, 3.Uplift of morale of civil servants, 4.Monitoring of situations in disasre areas, 5.Ditermination of action principle of the society and the public organization. The local government should have the command system to enable the administrative dicision-making.

    地域安全学会事務局, 2008年, 地域安全学会梗概集, 0 (22), 93 - 96, 日本語

  • 近藤 伸也, 近藤 民代, 永松 伸吾

    廃棄物学会, 2007年11月19日, 廃棄物学会研究発表会講演論文集, 18 (Pt.1), 255 - 257

  • ハリケーン・カトリーナにおける地方政府の災害対応の実態と課題

    近藤 民代

    2007年03月, 人と防災未来センター調査研究レポート, vol.16, pp.25-40, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • ニューオリンズ市の復旧と被災地の現状

    近藤 民代

    2007年03月, 人と防災未来センター調査研究レポート, vol.16, pp.5-13, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • ニューオリンズ市における都市復興に向けての計画づくりと課題

    近藤 民代

    2007年03月, 人と防災未来センター調査研究レポート, vol.16, pp.63-74, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Incident Command Systemの運用実態と広域応援の仕組み

    近藤民代

    2006年03月, 人と防災未来センター調査研究レポート, vol.13, pp.15-18, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 地震防災計画策定における戦略的計画論の構造と論理

    近藤民代

    2005年01月, 自然災害科学,, Vol.23,No.2, pp.171-173, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Development of Integrated Strategic Planning for Earthquake Disaster Reduction -Participatory planning process and plan contents in Marikina City, Philippines-

    Kondo Tamiyo, Hayashi Haruo, Maki Norio Banba Michiko, Tamura Keiko

    2004年, Proceedings of International Symposium on Urban Planning, 473 - 482, 英語

    [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • Development of integrated strategic plan for earthquake disaster reduction in Marikina City, Philippines

    KONDO Tamiyo

    2004年, Proc. 1st Asia Conference on Earthquake Engineering, 2004, 1, 445 - 460

  • 熊本地震における借上げ仮設住宅の特性と住宅復興に関する研究

    上山 紘平・近藤 民代

    2020年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, (24), 日本語

  • 平成28年熊本地震における自力仮設建築物の 類型と居住実態に関する研究

    稲葉 滉星, 近藤 民代, 柄谷 友香

    2019年03月, 都市安全研究報告, (第23号), 未定, 日本語

  • 東日本大震災後の自主住宅移転再建に果たした 民間事業者の役割と課題

    岩附 千夏, 柄谷 友香, 近藤 民代

    地域安全学会, 2016年11月, 地域安全学会梗概集, 36, 53 - 56, 日本語

  • 東日本大震災後の宮城県石巻市での自主住宅移転再建に伴う 居住地移動に関する一考察

    柄谷 友香, 近藤 民代

    地域安全学会, 2016年08月, 地域安全学会東日本大震災連続ワークショップ, 5, 69 - 74, 日本語

  • 広域巨大災害の復興現場から構想するプランニング技法

    近藤 民代

    日本建築学会, 2016年08月, 日本建築学会農村計画委員会研究協議会資料, 103 - 106, 日本語

  • 7143 東日本大震災におけるがけ地近接等危険住宅移転事業の活用実態と役割に関する研究(東日本大震災(4)・土地利用規制と仮設施設,都市計画,学術講演会・建築デザイン発表会)

    近藤 民代

    日本建築学会, 2015年09月04日, 都市計画, (2015), 293 - 294, 日本語

  • 東日本大震災の自主住宅移転再建にみる住宅復興と地域再生の課題 -持続可能な住宅復興のかたちを展望する-

    近藤 民代, 柄谷 友香

    住宅総合研究財団, 2015年03月, 住宅総合研究財団研究論文集, 41, 73 - 84, 日本語

  • 東日本大震災後の被災者の自主住宅移転再建と市街地空間形成

    柄谷 友香, 近藤 民代

    地域安全学会, 2014年11月, 地域安全学会梗概集, 35, 日本語

  • 広域巨大災害における被災者の自力住宅再建と市街地空間形成

    近藤 民代

    日本建築学会計画系災害研究ストラテジー若手奨励特別研究委員会, 2014年09月, 計画系災害研究ストラテジー若手奨励特別研究委員会2014年度大会資料集, 56 - 57, 日本語

  • 東日本大震災の被災自治体による独自の住宅再建支援メニュー

    近藤 民代

    日本災害復興学会, 2014年04月, 日本災害復興学会誌, 9, 57 - 64, 日本語

  • 金 暻[ミン], 近藤 民代

    神戸大学大学院工学研究科, 2014年, 神戸大学大学院工学研究科・システム情報学研究科紀要, 6, 6 - 16, 日本語

  • 住宅復興の多様な選択肢と自己決定

    近藤 民代

    日本災害復興学会, 2013年09月, 日本災害復興学会学会誌「復興」, (7), 67 - 75, 日本語

  • 自主住宅移転再建にみる生活圏再生への課題

    近藤 民代

    日本建築学会日本建築学会, 2013年09月, 日本建築学会2013年度大会建築計画委員会研究協議会資料, 43 - 44, 日本語

  • 「自主住宅移転再建」をプランニングする

    近藤 民代

    2013年08月, 日本建築学会2013年度大会都市計画研究協議会資料, 33 - 34, 日本語

  • 東日本大震災の被災地における自主住宅移転再建と都市安全計画に関する研究

    近藤 民代, 北後 明彦, 柄谷 友香

    神戸大学都市安全研究センター, 2013年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, (16), 165 - 176, 日本語

  • 母子世帯の居住要求を満たすシェア居住の可能性

    近藤 民代, 葛西 リサ

    都市住宅学会, 2012年11月, 都市住宅学, (79), 77 - 81, 日本語

    [査読有り]

  • 東日本大震災の被災市街地における非浸水区域と浸水区域における不動産売買の動向と住宅復興の課題-岩手県大槌町を事例として-

    近藤 民代

    2012年09月, 日本建築学会建築社会システム研究協議会資料集, 107 - 112, 日本語

  • 東日本大震災三陸沿岸部における被災者の生活再建の課題

    白木 周一, 近藤 民代, 林 大造, 北後 明彦, 西野 智研

    神戸大学都市安全研究センター, 2012年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, (第16号), pp.265 - 274, 日本語

  • 減災と住まい 阪神・淡路大震災の場合 (特集 巨大地震)

    近藤 民代

    ウェザーニューズ, 2012年, Sora : 五感を磨く!世界初のお天気マガジン!, 16, 18 - 22, 日本語

  • 密集市街地における防災性と地域性を考慮したまちづくりルールに関する研究-豊中市庄内地域における地区計画策定過程を通じて-

    田中 悠介, 北後 明彦, 樋本 圭佑, 近藤 民代, 秋元 康男

    2010年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, No.13 ,pp.75-82, 日本語

  • 米国ハリケーン・カトリーナ災害におけるルイジアナ州住宅再建支援プログラムの実態と課題

    近藤 民代

    関西学院大学災害復興制度研究所, 2010年03月, 災害復興研究, vol.2 (2), 133 - 141, 日本語

  • 災害時におけるすまいの移行過程のジェンダー格差

    近藤 民代, 葛西 リサ

    2009年03月, 住宅綜合研究財団研究論文集, 第35号,pp.191-202, 日本語

    [査読有り]

  • 巨大都市災害後の復興計画づくりを考える-カトリーナ災害の被災地から何を学べるか-

    近藤 民代

    2008年01月, 学術誌「減災」, 第3号,pp.44-52, 日本語

    [査読有り]

  • 災害発生直後の国・被災自治体による初動対応

    近藤民代

    2005年01月, 「減災」, 第1号, pp.92-10, 日本語

    [査読有り]

  • Participatory Planning in Developing Earthquake Disaster Reduction Plan in Marikina City, Philippines

    Tamiyo Kondo, Haruo Hayashi, Kenneth Topping, Norio Maki

    2004年03月, 京都大学防災研究所年報, 第47号C, pp.305-314, 英語

  • 日英米の参加型建築・まちづくりにおける専門家の支援活動-日本における専門家支援システムの成立条件

    近藤民代

    2003年10月, 住宅総合研究財団研究年報, 第30号, pp.41-52, 日本語

  • 日本の公的賃貸住宅管理システムの変革-イギリス型モデルの創造的適用-

    堀田祐三子, 近藤民代

    2002年10月, 住宅総合研究財団研究年報, 第29号, pp.241-252, 日本語

  • アメリカのコミュニティ・デザイン・センターに関する研究-その構造と機能-

    近藤民代, 塩崎賢明

    2001年10月, 住宅総合研究財団研究年報, 第28号, pp.203-214, 日本語

  • アメリカ建築家協会・地域/都市デザイン支援チーム(RUDAT)の活動実績と役割

    近藤民代, 塩崎賢明

    2001年09月, 神戸大学大学院自然科学研究科紀要, 19B,pp.63-68, 日本語

  • A Study on the Organizational Management and Survival Conditions of Community Design Center in the United States through the Case Study of Asian Neighborhood Design

    Yoshimitsu Shiozaki, Tamiyo Kondo

    2000年11月, Memoirs of the Faculty of Engineering, Kobe University, No.47, pp.17-30, 英語

  • 多拠点生活者の地域受け入れにつながる住民の認知・出会いを促す要素と仕組み -奈良県吉野郡吉野町上市を事例として

    石井 茜, 室﨑 千重, 近藤 民代, 齋藤 真奈夢, 前田 充紀, 西田 極

    2022年03月, 都市計画報告集, 20 (4), 399 - 404

  • 多拠点生活者の居住動態パターンとライフスタイル志向の関係に関する研究定額住み放題サービス利用者を対象として

    前田 充紀, 近藤 民代, 室﨑 千重, 西田 極, 石井 茜, 齋藤 真奈夢

    2022年03月, 都市計画報告集, 20 (4), 415 - 422

  • 8073 災害時における母子世帯の居住リスク脆弱性 : 阪神・淡路大震災を事例として(住宅被害・復興住宅,建築社会システム)

    葛西 リサ, 近藤 民代

    一般社団法人日本建築学会, 2009年07月20日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2009, 1363 - 1364, 日本語

  • 7145 米国ハリケーン・カトリーナ災害におけるニューオリンズ市の復興課題(都市の復旧・復興(1),都市計画)

    近藤 民代

    一般社団法人日本建築学会, 2008年07月20日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2008, 313 - 314, 日本語

  • 7137 米国世界貿易センタービル同時多発テロ後の災害復興過程 : 復興計画策定におけるNPOの役割(世界の大規模災害からの復興(1),都市計画)

    近藤 民代

    一般社団法人日本建築学会, 2004年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2004, 329 - 330, 日本語

  • 7432 まちづくりルール誘導下での建築物の自律的な建替え等の促進による密集市街地の安全化 : 「沿道型」ルールと「個別型」ルールによる延焼リスク経年変化の比較(歴史的市街地とリスク意識,都市計画)

    北後 明彦, 樋本 圭佑, 近藤 民代, 田中 哮義, 秋元 康男

    一般社団法人日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2010, 911 - 912, 日本語

  • 8212 米国コミュニティデザインセンターの住まいづくり分野における活動変化(公的住宅のマネジメント,建築社会システム)

    近藤 民代

    一般社団法人日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2010, 1537 - 1538, 日本語

  • 5072 地域の特性を活かした持続可能な再開発方式に関する研究 : 石川県金沢市の近江町市場を事例として(建築計画)

    金 〓〓, 塩崎 賢明, 近藤 民代

    一般社団法人日本建築学会, 2011年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (51), 285 - 288, 日本語

  • 7289 米国ハリケーン・カトリーナ災害後のニューオリンズ市における都市復興計画の計画体系と策定プロセス(復旧・復興,都市計画)

    近藤 民代

    一般社団法人日本建築学会, 2007年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2007, 635 - 636, 日本語

  • 7239 米国世界貿易センタービル同時多発テロ後の多様な主体による災害復興プロセス(海外の災害事例と災害観, 都市計画)

    近藤 民代

    一般社団法人日本建築学会, 2006年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2006, 501 - 502, 日本語

  • 目標による管理を組み込んだ水道事業体の災害対応マネジメントに関する研究 (京都大学環境衛生工学研究会 第30回シンポジウム講演論文集)

    近藤 民代, 平山 修久, 河田 惠昭

    京都大学環境衛生工学研究会, 2008年07月, 環境衛生工学研究, 22 (3), 35 - 42, 日本語

  • ステークホルダー参加型の地震防災計画策定手法の構築-マリキナ市(フィリピン・マニラ)におけるケーススタディー-

    牧紀男, 林春男, 田村圭子, トッピング ケン, 立木茂雄, 馬場美智子, 長谷川浩一, 田中聡, 近藤民代

    2004年, 安全工学シンポジウム講演予稿集, 34th

書籍等出版物

  • 米国の巨大水害と住宅復興ーハリケーン・カトリーナ後の政策と実践

    近藤民代

    単著, 日本経済評論社, 2020年03月

  • 災害から一人ひとりを守る (地域づくりの基礎知識 4)

    北後, 明彦, 大石, 哲, 小川, まり子

    分担執筆, 地域を拠点とした共助による住宅減災復興 pp.155-170, 神戸大学出版会, 2019年04月, 日本語, ISBN: 9784909364050

  • 東日本大震災合同調査報告「建築編11 建築法制/都市計画」

    日本建築学会, 東日本大震災合同調査報告書編集委員会

    分担執筆, 自力住宅再建 pp.171-175, 日本建築学会,丸善出版 (発売), 2019年03月, 日本語, ISBN: 9784818920477

  • The 2011 Japan Earthquake and Tsunami: Reconstruction and Restoration

    Santiago-Fandiño, V., Sato, S., Maki, N., Iuchi, K. (Eds.)

    共著, Planning challenges for housing and built environment recovery after the Great East Japan Earthquakes pp.155-169, Springer, 2017年08月, 155-169, 英語, Planning Challenges for Housing and Built Environment Recovery After the Great East Japan Earthquake,pp.155-169, 国際共著している

    [査読有り]

    学術書

  • Land Use Management in Disaster Risk Reduction:Practice and Cases from a Global Perspective

    Editors: Banba, Michiko, Shaw, Rajib

    分担執筆, Experience from the United States: Post-Katrina and Sandy Post-disaster Land Use Management After Hurricane Katrina and Superstorm Sandy in the United States pp.79-106, Springer, 2016年11月, 79-106, 英語, Post-disaster land use management after Hurricane Katrina and Superstorm Sandy in the U.S,pp.79-106, 国際共著している

    [査読有り]

    学術書

  • Spatial Planning and resilience following disasters: International and comparative perspectives

    Greiving, S., Ubaura, M., & Tešliar, J. (Eds.), 近藤 民代, 柄谷 友香

    共著, Spatial Planning for Housing Recovery after the Great East Japan Earthquake pp.41-54, Policy Press, 2016年07月, 41-54, 英語, Spatial Planning for Housing Recovery after the Great East Japan Earthquake,pp.41-54, 国際共著している

    [査読有り]

    学術書

  • 災害対応ハンドブック

    野呂, 雅之, 津久井, 進, 山崎, 栄一, 室崎, 益輝, 岡田, 憲夫, 中林, 一樹

    住宅復興政策 pp.122-124, 法律文化社, 2016年05月, .122-124, 日本語, ISBN: 9784589037312

    事典・辞書

  • Asian Law in Disasters :Toward a Human-Centered Recovery

    Kaneko, Y., Matsuoka, K., Toyoda, T.(Eds.)

    共著, Compensation or Assistance?:Law and Policy for Post-disaster Housing Recovery in the U.S and Japan pp.178-187, Routledege, 2016年05月, 178-187, 英語, Compensation or Assistance?:Law and Policy for Post-disaster Housing Recovery in the U.S and Japan,pp.178-187, 国際共著している

    [査読有り]

    学術書

  • 災害文化の継承と創造

    橋本, 裕之, 林, 勲男

    共著, 「自主住宅移転再建」その動機と功罪 pp.176-196, 臨川書店, 2016年, 176-196, 日本語, ISBN: 9784653043157

    学術書

  • 震災復興学 : 阪神・淡路20年の歩みと東日本大震災の教訓

    神戸大学震災復興支援プラットフォーム

    共著, 人間の復興-震災犠牲者遺族との聞き語りとその記録 pp.15-28, ミネルヴァ書房, 2015年10月, 15-28, 日本語, ISBN: 9784623074211

    学術書

  • Cities and Disasters

    Downey, D.C. Ed.

    分担執筆, Clustered and Community-driven Housing Recovery: Lesson learned from Hurricane Katrina and Great East Japan Earthquake pp.262-279, CRC Press, 2015年08月, 262-279, 英語, 担当部分:Clustered and Communtiy-driven Housing Recovery: Lesson learned from Hurricane Katrina and Great East Japan Earthquake, 国際共著している

    [査読有り]

    学術書

  • これからの住まいとまち ―住む力をいかす地域生活空間の創造

    堀田 祐三子, 近藤 民代, 阪東 美智子

    共編者(共編著者), コミュニティアーキテクチュアと「住む力」pp.88-101, 住宅復興における「住む力」と主体形成 pp.150-162, 朝倉書店, 2014年04月, 日本語

    学術書

  • 大災害に立ち向かう世界と日本 : 災害と国際協力

    「大災害と国際協力」研究会, 明石, 康, 大島, 賢三, 柳沢, 香枝

    共著, アメリカのハリケーン・カトリーナ災害からの復興事例 pp.175-185, 佐伯印刷, 2013年03月, 175-185, 日本語, ISBN: 9784905428350

    学術書

  • 災害対策全書第1巻災害概論

    ひょうご震災記念21世紀研究機構災害対策全書編集企画委員会, 五百籏頭, 眞, 計盛, 哲夫, ぎょうせい

    共著, ハリケーン・カトリーナ pp.224-229, ひょうご震災記念21世紀研究機構災害対策全書編集企画委員会,ぎょうせい (発売), 2011年, 224-229, 日本語, ISBN: 9784324800416

  • 巨大地震災害へのカウントダウン : 東海・東南海・南海地震に向けた防災戦略

    大大特成果普及事業チーム33, 河田, 恵昭, 林, 春男

    分担執筆, 広域連携と情報システム pp.100-129, 東京法令出版, 2009年06月, 日本語, ISBN: 9784809022777

  • 世界と日本の災害復興ガイド

    兵庫県震災復興研究センター, 兵庫県震災復興研究センター『世界と日本の災害復興ガイド』編集委員会, 塩崎, 賢明, 西川, 栄一, 出口, 俊一

    分担執筆, アメリカ・ハリケーン(カトリーナ)pp. 80-83, 東南海・南海地震への復興の備え pp.174-179, かもがわ出版, 2009年01月, 80-83, 日本語, ISBN: 9784863420151

  • Women, Gender and Disaster: Global Issues and Initiatives

    Elaine Enarson and P G Dhar Chakrabarti (eds.)

    共著, Women in the Great Hanshin Earthquake pp.131-141, Sage Publication, 2009年, 131-141, 英語

    学術書

  • 住宅政策の再生 : 豊かな居住をめざして

    塩崎, 賢明

    分担執筆, 第 13 章木造密集市街地の現状と問題 pp. 253-257, 日本経済評論社, 2006年05月, 253-257, 日本語, ISBN: 9784818818408

  • Landscape Architecture for Sea Level Rise:Innovative Global Solutions

    Galen D. Newman, Zixu Qiao

    分担執筆, 14. Miyagi Prefecture, Sendai, Japan 全 10p, Routledge, 2022年05月, ISBN: 9781032024561

  • 英米の参加型建築・まちづくりにおける専門家支援組織の研究

    単著, 神戸大学学位論文, 2003年03月

講演・口頭発表等

  • Urban shrinkage and sprawl after disasters: Fragmented cities following the Great East Japan Earthquake

    近藤民代

    International 9th i-Rec conference, 2019年06月06日, 英語

    口頭発表(一般)

  • Resilience, livability and sustainability in the built environment after the Great East Japan Earthquake

    近藤 民代

    8th International Conference on Building Resilience, 2018年11月, 英語, Lisbon, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Characteristics of Housing Recovery Support Programs after the Great East Japan Earthquake and Tsunami in Japan:Comparison with U.S housing recovery system recovery system

    Elizabeth Maly, 近藤 民代

    International Research Committee on Disasters Researchers Meeting, 2018年07月, 英語, Broomfield,CO, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Multi-Family Housing Reconstruction Extension & Livelihood Adaptation after the 2010 Eruption of Mt. Merapi Indonesia

    Lini Ocvenety, Elizabeth Maly, 近藤 民代

    日本災害復興学会, 2017年10月, 英語, 兵庫県立大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 熊本地震における自力仮設建築物の類型と特徴

    稲葉 滉星, 近藤 民代, 柄谷 友香

    日本災害復興学会, 2017年09月, 日本語, 兵庫県立大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 平成28年熊本地震後の住宅再建過程に関する一考察 -震災半年から1年後の西原村5地区を対象として―

    柄谷 友香, 近藤 民代

    地域安全学会春季大会, 2017年06月, 日本語, 石垣市商工会館・商工会ホール, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Post-Disaster Recovery Strategies for Neighborhood Built Environment Regeneration after Mega Disaster : Case Study of Hurricane Katrina and the Great East Japan Earthquake

    近藤 民代

    4th International Conference on Urban Disaster Reduction, 2016年10月, 英語, Wellington, New Zealand, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 米国ハリケーンカトリーナ災害の隣地買い取り促進とオークションによる居住環境の再生

    近藤 民代

    日本建築学会学術講演会, 2016年08月, 日本語, 福岡大学, 米国ハリケーンカトリーナ災害の隣地買い取り促進とオークションによる居住環境の再生, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 東日本大震災におけるがけ地近接等危険住宅移転事業の活用実態と役割に関する研究

    近藤 民代

    2015年度日本建築学会大会学術講演会, 2015年09月, 日本語, 東海大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Individual Self-help Housing Reconstruction with Relocation: Transformation of Built Environmentafter the Great East Japan Earthquake

    近藤 民代, 柄谷 友香

    7th i-Rec Conference 2015: Reconstruction and Recovery in Urban Contexts, 2015年07月, 英語, University College London, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • ボランティア労働力を活用した住宅復興に関する研究-米国ハリケーンカトリーナ災害と東日本大震災を事例として

    近藤 民代

    日本建築学会2014年大会学術講演, 2014年09月, 日本語, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • How can we achieve Sustainable Housing Recovery after a Devastating Disaster?

    近藤 民代

    The 12th International Congress of Asian Planning School Association, 2013年11月, 英語, National Taiwan University,Taipei, Taiwan, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 東日本大震災の自主住宅移転再建から考える都市復興の課題

    近藤 民代

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2013年08月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Community-Driven and Clustered Housing Recovery after a Devastating Disaster

    近藤 民代

    STS Forum on the 2011 Fukushima / East Japan Disaster, 2013年05月, 英語, 米国バークレー市, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • The role of universities in post-disaster community-based recovery planning after Great East Japan Earthquake

    近藤 民代

    Disaster Resistant University Workshop, 2013年03月, 英語, 米国ニューオリンズ大学, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 米国ハリケーン・カトリーナ災害の被災市街地における不動産の集約・移管を伴うコミュニティ主体の住宅復興

    近藤 民代

    日本建築学会大会学術講演会, 2012年09月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 東日本大震災三陸沿岸部における被災者の生活再建の課題-岩手県大槌町・山田町、宮城県南、三陸町・女川町を事例として-

    白木 周一, 北後 明彦, 近藤 民代, 西野 智研, 林 大造

    日本建築学会大会研究発表会, 2012年09月, 日本語, 日本建築学会, 愛知県名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The neighborhood housing recovery gap after natural disaster

    近藤 民代

    International Research Committee on Disasters Researchers Meeting, 2012年07月, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • ひとり親世帯の集住と住生活の共同化その2-「1住宅=1家族」を超える住まいへ―

    近藤 民代, 葛西 リサ

    日本建築学会大会学術講演会, 2011年09月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 米国コミュニティデザインセンターの住まいづくり分野における活動変化

    近藤 民代

    日本建築学会大会学術講演会, 2010年09月, 日本語, 富山大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 米国ハリケーン・カトリーナ災害の被災地ニューオリンズ市における地区別の復興状況

    近藤 民代

    日本建築学会大会(東北), 2009年08月, 日本語, 東北学院大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 米国ハリケーン・カトリーナ災害におけるニューオリンズ市の復興課題

    近藤 民代

    日本建築学会大会学術講演会, 2008年09月, 日本語, 広島大学, 広島市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 米国ハリケーン・カトリーナ災害におけるニューオリンズ市の復興課題

    近藤 民代

    The challenge for long-term recovery in New Orleans after Hurricane Katrina Disaster, 2008年08月, 日本語, 広島大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Rebuilding Planning after WTC 9.11 Attack in Lower Manhattan -Towards Collaborative Planning by Stakeholder Participation-

    Tamiyo Kondo

    2nd International Conference on Urban Disaster Reduction(CD-ROM), 2007年11月, 英語, 不明, 台北市, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 米国ハリケーン・カトリーナ災害における水害廃棄物処理マネジメント

    近藤 民代, 平山 修久, 永松 伸吾

    廃棄物学会研究発表会,pp.255-257, 2007年10月, 日本語, 不明, 不明, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 自治体災害対応における情報処理方策の高度化-近畿圏自治体防災担当者との検討を通じて-

    越山 健治, 近藤 民代

    日本災害情報学会研究発表会, pp.221-226, 2007年10月, 日本語, 東京大学, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 米国ハリケーン・カトリーナ災害後のニューオリンズ市における都市復興計画の計画体系と策定プロセス

    近藤 民代

    日本建築学会大会学術講演会, pp.635-636, 2007年08月, 日本語, 福岡大学, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ハリケーン・カトリーナ災害後のニューオリンズ市における復興計画の現状と今後の課題

    近藤 民代

    日本都市計画学会関西支部研究発表会, pp.61-64, 2007年07月, 日本語, 大阪駅前ビル, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 災害時における地方自治体の広報戦略に関する考察-人と防災未来センター図上訓練・マスコミ演習を通じて-

    川西 勝, 近藤 民代, 安富 信, 永松 伸吾

    日本災害情報学会研究発表会, pp.71-76, 2006年10月, 日本語, 東洋大学, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 教育工学を取り入れた防災研修・訓練設計のあり方-人と防災未来センター図上訓練・マスコミ演習を通じて-

    近藤 伸也, 近藤 民代, 永松 伸吾

    日本災害情報学会研究発表会, pp.7-13, 2006年10月, 日本語, 東洋大学, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ハリケーン・カトリーナ水害における地元紙の取り組み

    安富 信, 近藤 民代, 大野 淳, 永松 伸吾, 越山 健治

    日本災害情報学会研究発表会, pp.1-6, 2006年10月, 日本語, 東洋大学, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ハリケーン・カトリーナ災害における状況認識の統一に関する研究-フロリダ州のCommon Operational Pictureを事例に

    近藤 民代, 越山 健治, 永松 伸吾, 近藤 伸也

    日本災害情報学会研究発表会, pp.7-13, 2006年10月, 日本語, 東洋大学, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 米国世界貿易センタービル同時多発テロ後の多様な主体による災害復興プロセス

    近藤 民代

    日本建築学会大会学術講演会, pp.501-502, 2006年09月, 日本語, 神奈川大学, 横浜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 米国世界貿易センタービル同時多発テロ後の災害復興プロセス-多様なステークホルダーによる都市の再生-

    近藤 民代

    日本都市計画学会関西支部研究発表会, pp.53-56, 2006年06月, 日本語, 大阪駅前ビル, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Development of Strategic Earthquake Disaster Reduction Plan-A Case Study in Marikina City, Philippines-

    Haruo Hayashi, Tamiyo Kondo, Norio Maki, Michiko Banba

    1st International Conference on Urban Disaster Reduction(CD-ROM), 2005年01月, 英語, 不明, 神戸市, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Development of Effective Workshop Series for Participatory Strategic Planning for Earthquake Disaster Reduction

    Keiko Tamura, Tamiyo Kondo, Haruo Hayashi, Kenneth Topping

    1st International Conference on Urban Disaster Reduction(CD-ROM), 2005年01月, 英語, 不明, 神戸市, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Development of Earthquake Disaster Reduction Planning Process toward “Sustainable Disaster Mitigation”; A Case Study in Marikina City, Philippines

    Norio Maki, Tamiyo Kondo, Haruo Hayashi, Keiko Tamura

    1st International Conference on Urban Disaster Reduction(CD-ROM), 2005年01月, 英語, 不明, 神戸市, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Strengthening Economic Development through Disaster Reduction Strategic Planning in the Asia-Pacific Region

    Kenneth Topping, Tamiyo Kondo, Haruo Hayashi, Shigeo Tatsuki

    Proceedings of Asian Conference on Earthquake Engineering, 2004年03月, 英語, 不明, マニラ, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Development of Integrated Strategic Plan for Earthquake Disaster Reduction in Marikina City, Philippines

    Tamiyo Kondo, Haruo Hayashi, Kenneth Topping, Norio Maki

    Proceedings of Asian Conference on Earthquake Engineering, 2004年03月, 英語, 不明, マニラ, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Development of Earthquake Countermeasures’ Toolboxas a Method to Increase Public Awareness

    Kei Horie, Tamiyo Kondo, Haruo Hayashi, Kenneth Topping

    Proceedings of Asian Conference on Earthquake Engineering, 2004年03月, 英語, 不明, vol.1, pp.487-498, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Development of Civic Involvement Strategies and Tactics in the Process of isaster Reduction Planning; A Case Study in Marikina City, Philippines

    Keiko Tamura, Tamiyo Kondo, Haruo Hayashi, Kenneth Topping

    Proceedings of Asian Conference on Earthquake Engineering, 2004年03月, 英語, 不明, マニラ, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Developing Earthquake Disaster Reduction Planning Process for Asia-Pacific Region, Marikina Initiatives; A Case Study in Marikina City, Manila, Phillippines

    Norio Maki, Tamiyo Kondo, HaruoHayashi, Kenneth Topping

    Proceedings of Asian Conference on Earthquake Engineering, 2004年03月, 英語, 不明, マニラ, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Analysis of Land-use Control and Management for Earthquake Disaster Reduction in Asia Pacific Region through the Case Study of Marikina City

    Michiko Banba, Tamiyo Kondo, Haruo Hayashi, Norio Maki

    Proceedings of Asian Conference on Earthquake Engineering, 2004年03月, 英語, 不明, マニラ, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 全米大学建築学科の地域支援活動の実態と学生の教育に関する研究

    近藤 民代

    日本建築学会大会学術講演会, pp.661-662, 2003年09月, 日本語, 中部大学, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • A Study on Public Housing Management System between Japan and England

    Yumiko Horita, Tamiyo Kondo

    Proceedings of 1st Asia-Pacific Network for Housing Research Conference on Housing and Sustainable Urban Development, 2003年07月, 英語, 不明, 不明, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 韓国ソウル市における低所得者層の居住実態に関する研究 : その2 居住満足度及び居住費負担について

    近藤 民代, 金 承喜

    日本建築学会大会学術講演会, pp.1069-1070, 2002年09月, 日本語, 金沢工業大学, 金沢市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 韓国ソウル市における低所得者層の居住実態に関する研究 : その1 調査概要と世帯の一般特性

    近藤 民代, 金 承喜

    日本建築学会大会学術講演会, pp.1067-1068, 2002年09月, 日本語, 金沢工業大学, 金沢市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • コミュニティ・デザイン・センターによる社会的弱者の住宅供給支援に関する研究-Environmental Worksを事例として-

    近藤 民代, 塩崎 賢明

    日本建築学会大会学術講演会, pp.1063-1064, 2001年09月, 日本語, 東京大学, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • アメリカにおけるコミュニティ・デザイン・センターの役割と意義に関する研究-Pratt Institute Center for Community and Environmental Development (PICCED)を事例として-

    近藤 民代, 塩崎 賢明

    日本建築学会大会学術講演会, pp.313-314, 2000年09月, 日本語, 福島大学, 郡山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The Role of Residential Buyouts in Post-Disaster Housing Recovery Support: A Comparison of Recent Cases from Japan and the United States

    Elizabeth Maly, Tamiyo Kondo, Michiko Banba, Kanako Iuchi

    The 18th International Planning History Society Conference, 2018年07月, 英語

  • 東日本大震災の自主住宅移転再建にみる住宅復興と地域再生の課題 -持続可能な住宅復興のかたちを展望する-

    近藤 民代, 柄谷 友香

    住宅総合研究財団研究論文集, 2015年03月, 日本語, 住宅総合研究財団

  • 東日本大震災後の被災者の自主住宅移転再建と市街地空間形成

    柄谷 友香, 近藤 民代

    地域安全学会梗概集, 2014年11月, 日本語, 地域安全学会

  • Housing Recovery for Sustainable Disaster Recovery:Through case study of Hurricane Katrina (2005) and Great East Japan Earthquake (2011)

    近藤 民代

    3rd International Conference on Urban Disaster Reduction, 2014年10月, 英語

  • Shelter processing during long-term 2011flood in Ayutthaya Province

    Titaya Sararit, 近藤 民代

    Proceeding of The 9th Annual International Conference of the International Institute for Infrastructure Renewal and Reconstruction, 2013年07月, 英語, International Institute for Infrastructure Renewal and Reconstruction

  • Disaster Mitigation and Recovery Planning after Long-term Flood

    近藤 民代, Titaya Sararit

    Proceeding of The 9th Annual International Conference of the International Institute for Infrastructure Renewal and Reconstruction, 2013年07月, 英語

  • The research on relocation of old Cheonggye-Creek Commercial Area

    Kyungmin Kim, 近藤 民代

    Proceeding of International Society of Habitat Engineering and Design, 2012年10月, 英語, International Society of Habitat Engineering and Design

  • Housing Recovery by Type of Resident Involvement‐Providing Housing vs. Mobilizing Residents

    近藤 民代

    Proceeding of International Society of Habitat Engineering and Design, 2012年10月, 英語, International Society of Habitat Engineering and Design

  • A Study of Replacement Affordable Housing in DuJiangYan City after the Wenchuan Earthquake: The Case of XingYanYiYuan Apartment

    Xinze Li, 近藤 民代

    Proceeding of International Society of Habitat Engineering and Design, 2012年10月, 英語, nternational Society of Habitat Engineering and Design

  • Thailand Flood 2011: Resident Evacuation Behavior and Sheltering in Ayutthaya Province

    Titaya Sararit, 近藤 民代

    Proceeding of The First International Conference of International Society of Habitat Engineering and Design, 2012年, 英語, International Society of Habitat Engineering and Design

  • Implementation of Transitional Public Housing Program in the Dynamic of Dense Urban Areas: The Case of Dwelling Culture in Yogyakarta, Indonesia

    Ardhya NARESWARI, 近藤 民代

    Proceeding of The First International Conference of International Society of Habitat Engineering and Design, 2012年, 英語, International Society of Habitat Engineering and Design

  • Planning for Post-Disaster Recovery in New Orleans after Hurricane Katrina

    近藤 民代

    Proceedings of International Symposium on City Planning 2008, 2008年08月, 日本語

  • Analysis of Land Use Management Policies for Earthquake Disaster Reduction through Marikina Case Study

    Michiko Banba, Haruo Hayashi, Norio Maki, Tamiyo Kondo

    Proceedings of International Symposium on City Planning 2005, 2004年08月, 英語

  • Development of Disaster Reduction Planning Framework for Asia-Pacific Region: Case Study in Marikina City, Metro Manila, Philippines

    Norio MAKI, Haruo HAYASHI, Keiko TAMURA, Tamiyo KONDO, Kenneth TOPPING, Michiko BANBA, Shigeo TATSUKI, Satoshi TANAKA, Yuka KARATANI, Yoshinobu FUKASAWA, Kei HORIE, Koichi HASWGAWA

    Proceedings of 13th World Conference on Earthquake Engineering, 2004年

所属学協会

  • 日本災害復興学会

    2008年01月 - 現在
  • 日本都市計画学会

    2003年04月 - 現在
  • 地域安全学会

    2003年04月 - 現在
  • 日本建築学会

    1998年04月 - 現在

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 被災沿岸地域から学ぶ移転復興計画論の構築:台風ハイアン・スラウェシ島地震を対象に

    井内 加奈子, 高木 泰士, 地引 泰人, 近藤 民代, 楠 綾子

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 東北大学, 2020年04月01日 - 2024年03月31日

  • 近藤 民代, MALY Elizabeth, 馬場 美智子, 井内 加奈子

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 神戸大学, 2017年04月01日 - 2021年03月31日, 研究代表者

    以下5つが平成30年以降の研究計画とその結果である。 1.居住環境の変容を決定づけた因子構造の解明:東日本大震災を事例として自主住宅移転再建者の世帯属性、動機と満足度に関連する要因、災害危険区域内外や意思決定時期で分類されるグループ毎の特性を明らかにした。市町村、災害危険区域指定有無、意思決定時期によって、その動機、防集事業申し込み有無、復興計画の内容による影響度が異なる。災害危険区域指定有無によって動機に影響を与えた関連要因は異なり、区域内は復興計画のスピードや内容が動機に作用しているのに対して、区域外のほうがより多くの世帯属性に強い影響を受けている。 2.移転再定住による移動軌跡の可視化とそれによる居住環境の変容分析:東日本大震災の沿岸市町村の居住環境変容を災害前後の建物ポリゴンデータよ国勢調査メッシュデータを用いて可視化した。ただ、移動軌跡の可視化は出来ていない。 3.居住環境の復興プロセスを形成するレジリエンス(4R)とその作用分析:各主体の適応力・復元力の発揮が被災地の住みやすさ(L:Livability)、持続性(S:Sustainability)にネガティブなインパクトを与えるというトレードオフを明らかにした。 4. 低頻度メガリスク型沿岸域災害による居住環境再形成のメカニズムの解明:上記2.の再定住分析がまだのため、まだ解明できていない。 5.居住環境の変容を21 世紀都市モデルの3 指標から評価:低頻度メガリスク型沿岸域災害として東日本大震災とハリケーンカトリーナ災害を事例として、住み続けることができる都市(Livable City)、持続可能な都市(Sustainable City)、レジリエントシティ(Resilient city)を特徴づける指標都市モデルの評価を行った。いずれの被災地も三指標において大きな課題があることを明らかにした。

    競争的資金

  • 金子 由芳, 山崎 栄一, 北後 明彦, 飯 考行, 近藤 民代, 松岡 勝実

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 神戸大学, 2017年04月01日 - 2021年03月31日

    本研究は、国連仙台減災枠組みの5年評価、東日本大震災の復興10年総括評価に当たる2020年度に照準を当てつつ、4年計画で海外学術調査を実施し、これを通じて日本とアジア一帯の災害危険地域における地域コミュニティの叡智を活かした減災型社会の制度枠組みを探究し、また今後の制度的改善の方向性を提言する実践的な研究である。方法として、法制度の構造的問題の把握に依拠しつつ、被災地における行政・住民コミュニティに対する聴取り・質問票による制度動態の実証的把握を組み合わせ、応用的な比較法社会制度論的アプローチを意図する。アジア諸国における現地調査に際しては現地機関との連携による文理混成チーム(法・経済・防災工学)で臨み、災害復興に影響を与える科学的安全基準・法規・予算・行政ガバナンス等の多角的視野を総合化する問題把握を通じて、制度的課題点の診断を行いつつ、地域コミュニティの叡智から学ぶ。 2018年度前半は、7月に岩手大学との連携で東日本被災地における地域防災について現地調査を続行し、また盛岡市における国際防災シンポジウムで特別セッションを企画実施した。7~9月にインドネシア・アチェのシャクアラ大学津波防災研究センターとの研究交流を実施した。 年度中盤は、8月にミャンマーにて、2008年サイクロン・ナルギス復興や2015年洪水復興につき、内務省・社会福祉災害救助省他の関係者との連携により、末端行政であるタウンシップや村落レベルに下り入って調査を実施した。 年度後半には、3月にベトナムの洪水被災地にて現地行政・大学研究者とのワークショップや住民聴き取り調査を行なった。また神戸にて中国四川省の研究協力者とともにワークショップを実施し、2008年四川大地震後の近年のコミュニティ防災の展開について研究交流を行った。

    競争的資金

  • 広域巨大災害における持続可能な自律住宅再建メカニズムの解明

    柄谷 友香, 近藤 民代

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 名城大学, 2015年04月01日 - 2020年03月31日

    前年度は,自主住宅移転再建の世帯(ひと)に着目し,質問紙調査および聞き取り調査に基づいて,移転の動機,再建行動プロセス,満足度などを明らかにし,自律的な個人単位の移転再建を前提とした復興プランニングの必要性などを指摘してきた.しかし,市町村,災害危険区域指定の有無,意思決定時期などが,自主住宅移転再建の動機や再建行動,満足度に与える影響分析は残された課題であった. そこで本年度は,後発群を含む東日本大震災5年までの岩手県および宮城県下の9市町における自主住宅移転再建者の意思決定と満足度に関する質的調査を実施し,それらに影響を与えた関連分析を行った.また,自主住宅移転再建の世帯(ひと)の移動過程(帰着点)をGISおよび動画を用いてアニメーション化し,個人の水平・垂直方向への移動やそれに伴う市街地空間形成への影響を検討した. 以上の結果から,申請者らによる東日本大震災後の住宅再建に関する現地調査,ならびに,阪神・淡路大震災や新潟県中越地震後の住宅復興評価に関する既往論文を踏まえて,「長期的に見れば,地域主導の防災集団移転事業が,個人による自主住宅移転再建,行政主導の防災集団移転と比較した場合,個人の生活再建感と共に,空間的・社会的な持続可能性を高める」という当初仮説が補強された.また,検証精度を高めるため,防災集団移転事業を地域主導型/行政主導型に分類し,協議会役員/行政担当者を対象として,移転先の土地の選定,地権者との交渉,土地利用や区割計画,脱落者への対応などの経緯とノウハウ,一連のプロセスにおける説明会や移転再建者の参画状況についてヒアリング調査を行い,検証に向けた質的データの収集までを実施した.得られた成果は,日本建築学会や地域安全学会への口頭・論文発表を行い,地域安全学会論文賞(受賞は前年度)に伴う基調講演の機会を得た.

  • 巨大災害を見据えたすまいの復興計画のあり方の研究

    越山 健治, 市古 太郎, 近藤 民代, 廣井 悠, 米野 史健

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 関西大学, 2014年04月01日 - 2019年03月31日

    本研究は、首都直下地震や南海沖トラフ巨大地震の住宅被害を前提として、巨大広域災害時に起こりうる住宅再建問題を解明し、その対策を踏まえた復興計画要素を導いた研究である。まず、広域災害特性を把握するために、阪神・淡路大震災および東日本大震災における仮住まい住宅供給の実態と課題、都市回復・住宅再建過程の解明、東日本大震災住民の広域避難移動のモデル化を行った。次に、首都直下地震の住宅再建に資するまちづくり活動実態の分析と、南海トラフ沖巨大地震を対象とした仮住まい供給モデルを構築し、それぞれの巨大地震時に最重要課題となる展開シナリオとして、地域崩壊と都市集中がまだらに発生する状況を解明した。

  • 近藤 民代

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(A), 若手研究(A), 神戸大学, 2013年04月01日 - 2017年03月31日, 研究代表者

    米国ハリケーンカトリーナ災害と東日本大震災を事例とした継続的なフィールド調査と自治体による復興政策評価に基づいて、被災不動産の所有権移管と住宅ストック再生および自主住宅移転再建のメカニズムを解明した。ここで言うメカニズムとはどのような条件下で被災不動産所有権の移管と住宅ストック再生が如何に機能したのか、自主住宅移転再建の意思決定過程と空間的特徴を指す。広域巨大災害における被災者および非被災者の住宅ストック再生活力を生かした居住環境再生計画の有効性を実証した。まちの将来像を見据えて自律的な住宅再建の集合体を空間的に誘導する必要性を指摘すると同時に、それを実現する上での課題を明らかにした。

    競争的資金

  • 復興・防災まちづくりとジェンダー―生活再建と制度設計に関する国際比較研究

    山地 久美子, 伊田 久美子, 田間 泰子, 陳 來幸, 山崎 栄一, フンク カロリン, 小針 進, 小林 郁雄, 林 勲男, 室﨑 益輝, 磯辺 康子, 長 志珠絵, 金 千秋, 近藤 民代, 垂水 英司, 津久井 進, 野呂 雅之, 白 珉浩, 陳 亮全, 邵 珮君, エレイン エナーソン

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 大阪府立大学, 2013年04月01日 - 2016年03月31日

    本研究は日本、韓国、台湾、米国、イタリア、ドイツの自然災害被災地(阪神淡路大震災、中越地震、東日本大震災、ソウル市、台中市、高雄市、台北市、ニューオーリンズ市、ニューヨーク州等)にて長期・継続調査を実施し、被災者と支援者、行政、メディア、研究者らへのインタビューを中心に資料収集・分析、研究会での討議などで研究を進めている。本科研では災害復興・防災、減災におけるジェンダー課題、また、被災者が住宅、生活再建において独特な支援を受けている事からそれを「被災者支援レジーム」と名付け、社会保障との隙間の課題を明らかにした。これら国際比較研究の成果から制度の改善、政策の提案、提言を行い改善につなげている。

  • 「中核被災者」を主体とした被災限界からの自律再建メカニズムの解明

    柄谷 友香, 近藤 民代

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 名城大学, 2012年04月01日 - 2015年03月31日

    本研究では、東日本大震災後の地域再建を担う「中核被災者」に着目し、避難所・仮設住宅・恒久住宅の再建に果たす役割と可能性を考究した。まず、陸前高田市での参与観察を通じて、自主防災組織主体の避難所運営の実態と可能性を提起した。また、行政による復興事業に依らない「自主住宅移転再建者」の復元力に着目し、意思決定過程とその立地に伴う市街地空間の影響を沿岸被災9市町において解明した。自主住宅移転再建者は、津波リスクと復興事業の長期化を避け、自らの情報収集と金銭資源で土地を取得し早期再建を果たした。一方、それに伴い被災市街地が高台に向けて拡大・低密度化する傾向も見られ、今後の復興計画への課題を呈した。

  • 海溝型地震、高潮災害による「長期湛水」被害に対する防災戦略の構築

    牧 紀男, 鍬田 泰子, 近藤 民代, 馬場 俊孝, 米山 望

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(A), 基盤研究(A), 京都大学, 2010年04月01日 - 2015年03月31日

    南海トラフ地震では、東日本大震災の被災地で発生したのと同様に、高知市で2m程度の地盤沈降が発生し、津波の被害を受け「長期湛水被害」が発生することが予想される。本研究では、東日本大震災等、実際の事例も含め海溝型地震・高潮に伴う「長期湛水」について被害予測、社会的提供評価、海外事例を含めた湛水被害後の住宅、ライフラインの復旧、災害による被害、その後の復興を含めて総合的な影響評価手法についての検討を行った。

  • 塩崎 賢明, 北後 明彦, 近藤 民代

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 2010年04月01日 - 2013年03月31日

    本研究は2008年に発生した中国の四川大地震における住宅復興の実態を調査し、阪神・淡路大震災や東日本大震災との比較を通じて、今後の大規模災害における住宅復興の備えに資する知見を得ようとしたものである。四川大地震の被災地は山間部の農山村、平野部の農村、都市地域と広範囲にわたり、中央政府の強力な指導による復興の形態は様々であり、本研究ではそれらの被災地における住宅復興を類型としてとらえ、それぞれの特徴を明らかにした。

    競争的資金

  • ジェンダーと災害復興-制度設計と生活再建をめぐる課題に関する国際比較研究

    山地 久美子, 室崎 益輝, 陳 來幸, 近藤 民代, 相川 康子, 松岡 悦子, 田間 泰子, 山中 茂樹, 磯辺 康子, 小針 進, 小林 郁雄, 長 志珠絵, アンベッケン エルスマリー, 金 千秋, 垂水 英司, 津久井 進, 野呂 雅之, 林 勲男, 山崎 栄一, 白 〓浩, 韓 栄恵, 陳 亮全, 邵 珮君

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 関西学院大学, 2010年 - 2012年

    本研究は日本、韓国、台湾、米国の自然災害被災地(阪神淡路大震災、中越地震、東日本大震災、江原道、ソウル市、台中市、高雄市、台北市、ニューオーリンズ市、サンフランシスコ市等)において主に被災者と支援者、行政、メディアを対象としたインタビュー及び資料収集調査を実施し、災害復興・防災体制におけるジェンダー課題を国際比較調査から明らかにした。さらに、研究成果を基に東日本大震災直後から政策提言・意見書を提出し、法制度・政策の改善につなげた。調査概要はジェンダーと災害復興ホームページ(http://genderdisaster.net/)において確認できる。

  • 切迫集住から見るひとり親世帯の住生活要求に関する研究

    葛西 リサ, 近藤 民代

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 大阪市立大学, 2010年 - 2012年

    本研究は、ひとり親世帯の潜在的な住生活要求を明らかにすることによって、我が国において成立しうるひとり親世帯向け切迫集住モデルを提示することを目的とする。研究の方法は、シェア居住の企画運営を行う NPO 法人と民間企業への聞き取り調査である。結果、シェア居住は、ひとり親のケアワークの共同・合理化、当事者の孤立防止というニーズに答えうる住まい方であること、他方で、経済的に問題を抱える対象への支援を民間セクターが実行することの困難が明らかになった。

  • 近藤 民代

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B), 若手研究(B), 神戸大学, 2009年 - 2012年, 研究代表者

    米国で発生したハリケーンカトリーナ災害後の住宅再建と地域生活空間の「まだら復興」の実態を経年的な住宅再建調査により明らかにした。地域間の復興格差を生み出す要因として(1)地域の不動産価値による住宅再建の選択肢の多少、(2)所得が多い層に有利に働く州政府による住宅再建支援制度、(3)住宅再建を断念して放棄されている住宅を解消する手段の不足を指摘した。

    競争的資金

  • 米国WTC同時多発テロ後のステークホルダー参画型の復興プロセスと都市空間の変容

    近藤 民代

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B), 若手研究(B), (財)阪神・淡路大震災記念協会(人と防災未来センター), 2005年 - 2007年

    同時多発テロ後のロウアーマンハッタン地区の復興プロセスと都市空間の変容について明らかにするために,復興計画プロセスに関与した専門家に加えて,ニューヨーク市都市計画局(CPD),市住宅修復開発局(HPD),地元のビジネス・インプルーブメント・ディストリクト(Alliance for Downtown New York)などにインタビュー調査を実施すると同時に,集収した関係資料を用いて復興事業を分野別に分類し,その事業の内容と成果について分析した。 復興の名のもとに行われた災害直後の人口回復を目的とした住宅に対する家賃補助政策や,住宅のリノベーション事業に対する補助金の支給,オープンスペースの創出や河川整備事業や周辺の開発などの復興事業を通して,同地区はビジネス地区から住宅や商業機能を含めた用途混在型の地区へと変貌を遂げており,これは災害前から進められていた市の方針である「複合開発路線」を一層加速することにつながったことを明らかにしている。同地区における復興は,自然災害とは異なり,米国本土を襲った初めての大危機に対する連邦政府の威信をかけた政治的意図が大きく影響し,単なる復旧にとどまらない事業に資金が投入された点も特異な点である。また,復興事業の推進にあたってはニューヨーク市当局にとどまらず,地域のコミュニティ開発法人に直接補助金を支給することによって地域の復興を支援しており,復興の推進者は地元行政組織だけではなく地域の非営利組織も大きな主体として関与していた。ただ,人口の入れ替わりをみると,若年世帯が増加し,同地区の居住者の収入は上昇しており,同地区の居住者層の年齢構成や収入階層には変化が見られ,空間変容だけではな居住者階層において変化があったことが明らかになった。

  • 災害後の計画的被災跡地のプレイスメイキングを通した復興に関する研究-東日本大 震災を事例にして

    一般財団法人 第一生命, 都市とくらしの分野研究助成, 2022年04月 - 2023年03月, 研究代表者

  • 沿岸域災害における居住空間変容に対する土地利用管理とランドスケープの再定義

    JST, 国際科学技術協力基盤整備事業 日本-米国研究交流「SDGsや仙台防災枠組の優先行動に即し、 人間中心のデータを活用したレジリエンス研究」領域に, 2022年02月 - 2023年03月, 研究代表者

  • 水害リスク情報を活かした住宅減災復興の促進モデル

    一般財団法人 河川情報センター, 研究助成, 2021年10月 - 2022年10月, 研究代表者

  • タクティカル・ハビテーションが切り拓く遊牧的住まい方: 定額住み放題サービスの 多拠点生活者とシェア空間を対象として

    一般財団法人 住総研, 研究助成, 2021年 - 2022年, 研究代表者

  • アメリカのコミュニティ・デザイン・セ ンターに関する研究-その構造と機能

    一般財団法人 住総研, 研究助成, 2001年 - 2022年, 研究代表者

  • 東日本大震災の自主住宅移転再建にみる住 宅復興と地域再生の課題

    一般財団法人 住総研, 研究助成, 2013年 - 2014年, 研究代表者

  • 災害時におけるすまいの移行過程のジェ ンダー格差-阪神・淡路大震災を事例と して

    一般財団法人 住総研, 研究助成, 2007年 - 2008年, 研究代表者

  • 自然災害後の地域コミュニティ継続を可能にする都市復興計画に関する研究:ハリケーン・カトリーナ後のニューオリンズ市復興計画の分析

    研究助成, 財団法人 第一住宅建設協会, 2008年

  • 日英米の参加型建築・まちづくりにおけ る専門家の支援活動-日本における専門 家支援システムの成立条件

    一般財団法人 住総研, 研究助成, 2002年 - 2003年, 研究代表者

  • 日本の公的賃貸住宅管理システムの変革 -イギリス型モデルの創造的適用

    一般財団法人 住総研, 研究助成, 2001年 - 2002年, 研究分担者