研究者紹介システム

鶴田 宏樹
ツルタ ヒロキ
バリュースクール
准教授
農芸化学関係
Last Updated :2020/06/04

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    バリュースクール
  • 【配置】

    工学部 市民工学科, 大学院工学研究科 市民工学専攻, 数理・データサイエンスセンター, 地域連携推進室, 安全保障輸出管理室

学位

  • 博士(農学), 神戸大学

授業科目

研究活動

研究キーワード

  • 生物化学
  • 構造生物学
  • 蛋白質・酵素化学

研究分野

  • ライフサイエンス / 応用生物化学
  • ライフサイエンス / 構造生物化学
  • ナノテク・材料 / 生物分子化学

論文

  • 神戸大学「志」講義 –新時代を切り拓く羅針盤を身につけるために

    鶴田 宏樹, 祇園 景子, 大村 直人, 齋藤 政彦

    神戸大学大学教育推進機構, 2019年, 大学教育研究, 27, 103 - 112, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • YUASA HIDETO, MANTANI YOUHEI, MIYAMOTO KAZUKI, NISHIDA MIHO, ARAI MASAYA, TSURUTA HIROKI, YOKOYAMA TOSHIFUMI, HOSHI NOBUHIKO, KITAGAWA HIROSHI

    2019年, The Journal of Veterinary Medical Science, 81 (4), 555 - 566, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 神戸から配信する遠隔インタラクティブ講義「計算生命科学の基礎」の2017年度報告

    渡邉博文, 鈴木洋介, 八木 学, 石野麻由子, 土井陽子, 江口至洋, 田中成典, 鶴田宏樹, 白井剛, 森一郎, 臼井英之, 横川三津夫

    計算生命科学は,生命の理解に向けて,近年急速に進展している計算科学と医農工理学分野が融合した学際的研究領域である.様々な研究分野や産業界等への研究の拡がりが期待されており,包括的な基礎知識を習得する機会が求められている.神戸大学計算科学教育センターは,関係諸機関と協力して,遠隔インタラクティブ講義「計算生命科学の基礎」シリーズを2014年から全国に配信を開始し,昨年度は600名の受講登録を受け付けた.本稿では,2017年度に実施した「計算生命科学の基礎IV」と,最近注目されているAIやディープラーニングに焦点を当て特別編として実施したディープラーニングチュートリアルの開催結果について報告する.年々受講者が増え続けており,アンケートでも高評価を得ている..

    2018年11月, 大学ICT推進協議会2018年度年次大会論文集, 1 - 4, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 「イノベーション対話ツール」を用いたワークショップの実施報告

    祇園 景子, 森 一郎, 大村 直人, 平井 みどり, 鶴田 宏樹

    アクティブラーニングやプロジェクトベーストラーニング(PBL)が高等教育に取り入れられて久しい。特に、近年、卓越大学院大学事業、次世代アントレプレナー育成事業(EDGE-NEXT)など、ワークショップ形式を取り入れた講義を提供する機会が増加している。ここでは、「イノベーション対話ツール」を高等教育におけるワークショップ形式の講義の指南書として活用して実施したワークショップの事例を紹介する。本指南書は、産学連携によるイノベーションを目指した対話を推進するために、平成25年度に文部科学省が慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究科に委託して作成されたものであるが、これを基にワークショップを設計し、ブレインストーミング、親和図法、バリューグラフを実施したところ、学生らに対して課題解決のプロセスにおける発想力並びに対話力の向上と気づきを提供することがで

    神戸大学大学教育推進機構, 2018年03月, 大学教育研究, 26, 27, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • イノベーション人材育成の必要性とプログラム開発―未来道場によるCreative School―

    鶴田 宏樹, 祇園 景子, 大村 直人

    現代は不確実性の高い社会と呼ばれ、複雑で唯一最適解がない課題が山積されている。さらに科学技術の急激な発展が生活・労働などのヒトが営む活動の環境を加速度的に変化させているのが現代社会の特徴である。このような不確実性の高い社会にこれから出て行く学生は、この社会を変革していく担い手となることが求められている。社会を変革するには、科学技術を基盤とした価値創造、人間を中心にした視点での価値創造による「イノベーション」を引き起こすことが求められる。その担い手が持つ能力は、優れた知識を融合して問題に対峙していける人材である。本論文では、1)現代社会の現状認識とイノベーションを実現する人材の育成の必要性を述べるとともに、2)産業界が求める人材イメージと神戸大学が輩出すべき人材が身につけるべき能力の定義、3)その能力を醸成するための現実社会の問題を題材にした「イノベー

    神戸大学大学教育推進機構, 2018年03月, 大学教育研究, 26, 119, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • MANTANI YOUHEI, NISHIDA MIHO, YAMAMOTO KYOUJI, MIYAMOTO KAZUKI, YUASA HIDETO, MASUDA NATSUMI, OMOTEHARA TAKUYA, TSURUTA HIROKI, YOKOYAMA TOSHIFUMI, HOSHI NOBUHIKO, KITAGAWA HIROSHI

    2018年, Anatomical Record, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Interaction between a unique minor protein and a major capsid protein of Bluetongue virus controls virus infectivity

    松尾 栄子, 山﨑 清志, 鶴田 宏樹, Roy Polly

    Americal Society for Microbiology, 2017年11月, Journal of Virology, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • YUASA HIDETO, MANTANI YOUHEI, MASUDA NATSUMI, NISHIDA MIHO, ARAI MASAYA, YOKOYAMA TOSHIFUMI, TSURUTA HIROKI, HOSHI NOBUHIKO, KITAGAWA HIROSHI

    The mechanism by which indigenous bacteria on the follicle-associated epithelium (FAE) of lymphatic follicles (LFs) accelerate the differentiation of microvillous columnar epithelial cells (MV) into M-cells was immunohistochemically investigated in rat Peyer's patches. The results showed that the number of Toll-like receptor (TLR) -4(+) M-cells was greater in the FAE with expansion of bacterial colonies (LFs with bacterial colonies on the FAE: b-LF) than the FAE without expansion of bacterial colonies (nb-LF). TLR-4 was also expressed in the striated borders of MV upstream next to M-cells in the FAE of the b-LF. TLR-4(+) vesicles were frequently detected in the cytoplasms of MV with TLR-4(+) striated borders upstream next to TLR-4(+) M-cells in the FAE of b-LF. These findings suggest that TLR-4(+) MV take up TLR-4 ligands and differentiate into M-cells in the b-LF. Neither the distribution of RANK nor that of RANKL was coincident with that of M-cells in the b-LF. Moreover, RANK, but not RANKL, was expressed in intestinal villi, whereas cleaved caspase-3 was immunonegative in the MV and M-cells of the FAE, unlike in villous epithelial cells. Therefore, RANK/RANKL signaling in the LF might contribute to the down-regulation of epithelial apoptosis to facilitate the differentiation of MV into M-cells in rat Peyer's patches.

    JAPAN SOC VET SCI, 2017年11月, The Journal of Veterinary Medical Science, 79 (11), 1826 - 1835, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 神戸から配信する遠隔インタラクティブ講義「計算生命科学の基礎」

    渡邉博文, 鈴木洋介, 近藤洋隆, 石野麻由子, 土井陽子, 江口至洋, 田中成典, 鶴田宏樹, 白井剛, 森一郎, 臼井英之, 横川三津夫

    2017年, 大学ICT推進協議会2017年度年次大会論文集, TF1-2, 1 - 5, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Expression of strawberry allergen Fra a 1 gene during fruit ripening.

    夫津木 大輔, 新田 陽子, 厳原 美穂, 鶴田 宏樹, 柘原 岳人, 宇野 雄一

    2014年08月, Acta Horticulturae, 1049, 323 - 328, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • イチゴアレルゲンFra a 1のIgE反応性と果実における局在

    夫津木 大輔, 奈邉 健, 新田 陽子, 鶴田 宏樹, 山崎 清志, 厳原 美穂, 野口 裕司, 宇野 雄一

    園芸学会, 2013年09月, 園芸学研究, 12 (別冊2), 191, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Comparison of transcript and protein levels of strawberry allergen Fra a 1 among different cultivars.

    鳴神 学, 夫津木 大輔, 奈邉 健, 新田 陽子, 鶴田 宏樹, 山崎 清志, 厳原 美穂, 野口 裕司, 宇野 雄一

    Veiling Hoogstraten, 2013年09月, International Strawberry Congress 2013, USB, 頁数6, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Analysis of IgE binding capacity and stress inducibility of strawberry allergen Fra a 1.

    夫津木 大輔, 奈邉 健, 新田 陽子, 鶴田 宏樹, 山崎 清志, 厳原 美穂, 宇野 雄一

    Veiling Hoogstraten, 2013年09月, International Strawberry Congress 2013, USB, 頁数6, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Varietal Differences in Transcript and Protein Levels of Strawberry Allergen Fra a 1

    鳴神 学, 夫津木 大輔, 奈邉 健, 新田 陽子, 鶴田 宏樹, 山崎 清志, 厳原 美穂, 野口 裕司, 宇野 雄一

    American Society for Horticultural Science, 2013年07月, HortScience, 48 (9), S308 - 309(Abstr.), 英語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Comparison of IgE Binding Capacity and Expression Analysis of Strawberry Allergen Fra a 1

    夫津木 大輔, 奈邉 健, 新田 陽子, 鶴田 宏樹, 山崎 清志, 厳原 美穂, 宇野 雄一

    American Society for Horticultural Science, 2013年07月, HortScience, 48 (9), S308(Abstr.), 英語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • The temperature dependence of Fra a 1 protein structure.

    新田 陽子, 夫津木 大輔, 奈邉 健, 鶴田 宏樹, 厳原 美穂, 宇野 雄一, 松尾 光一

    2012年07月, HiSOR Activity Report, 2012, 132 - 133, 英語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Complexing of green tea catechins with food constituents and degradation of the complexes by Lactobacillus plantarum

    T. Hayashi, S. Ueda, H. Tsuruta, H. Kuwahara, R. Osawa

    2012年06月, Bioscience of Microbiota, Food and Health, 31 (2), 27 - 36, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Expression, crystallization and preliminary X-ray diffraction studies of thermostable β-1,3-xylanase from Thermotoga neapolitana strain DSM4359

    OKAZAKI Fumiyoshi, OGINO Chiaki, KONDO Akihiko, MIKAMI B, KUREBAYASHI Yoichi, TSURUTA Hiroki

    2011年07月, Acta Crystallographica Section F-Structural Biology and Crystallization Communications, 67., 779-81, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Functional analysis of the cucumisin propeptide as a potent inhibitor of its mature enzyme.

    中川 真隆, 上山 恵, 鶴田 宏樹, 宇野 知秀, 金丸 研吾, 三上 文三, 山形 裕士

    2010年, J. Biol. Chem., 285, 29797-29807, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • The role of group bulkiness in the catalytic activity of psychrophile cold-active protein tyrosine phosphatase.

    鶴田 宏樹, 三上 文三, 山本 千晶, 山形 裕士

    2008年, FEBS Journal, 275, 4317-4328, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Enzymatic characteristics of cold-active alkaline phosphatase.

    山口 晴子, 鶴田 宏樹, 山形 裕士, 相薗 泰生

    2006年, Mem. Grad. School Sci. & Technol., Kobe Univ, 24-A, 23-31, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Crystal structure of cold-active protein-tyrosine phosphatase from a psychrophile, Shewanella sp.

    鶴田 宏樹, 三上 文三, 相薗 泰生

    2005年, Journal of Biochemistry, 137・1・69-77, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Specification of amino acid residues essential for the catalytic reaction of cold-active protein-tyrosine phosphatase of a psychrophile, Shewanella sp.

    鶴田 宏樹, 田村 隼, 山形 裕士, 相薗 泰生

    2004年, Biosci. Biotech. Biochem., 68(2), 440-443, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Crystallization and preliminary X-ray studies of cold-active protein-tyrosine phosphatase of Shewanella sp.

    鶴田 宏樹, 三上 文三, 山本 千晶, 相薗 泰生

    2002年, Acta Crystallographica Section D Biological Crystallography, 58・1465-1466, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Cloning of cold-active alkaline phosphatase gene of a psychrophile Shewanella sp. and expression of the recombinant enzyme

    村川 武志, 山形 裕士, 鶴田 宏樹, 相薗 泰生

    2002年, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 66・4・754-761, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Catalytic efficiency and some structural properties of cold-active protein-tyrosine-phosphatase

    鶴田 宏樹, 相薗 泰生

    2002年, Journal of Biochemistry, 133・2・225-230, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Cloning of phosphatase I gene from a psychrophile Shewanella sp., and some properties of the recombinant enzyme

    鶴田 宏樹, 相薗 泰生

    2000年, Journal of Biochemistry, 127・1・143-149, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Enzymatical properties of psychrophilic phosphatase I

    鶴田 宏樹, 相薗 泰生

    1999年, Journal of Biochemistry, 125・4・690-695, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Purification and some characteristics of phosphatase of a psychrophile

    鶴田 宏樹, 常田 ソフィア 輝子, 石田 良博, 渡辺 啓一, 宇野 知秀, 相薗 泰生

    1998年, Journal of Biochemistry, 23・2・219-225, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Characteristics of psychrophilic alkaline phosphatase

    石田 良博, 鶴田 宏樹, 常田 ソフィア 輝子, 宇野 知秀, 相薗 泰生

    1998年, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 62・11・2246-2250, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 低温で作用する酵素の特性

    鶴田 宏樹, 相薗 泰生

    2001年, 日本応用酵素協会誌, 36・31-37, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 未来の化学工場を考えるプロセスの設計

    祇園 景子, 鶴田 宏樹, 上田 正博, 上田 貴志, 神田 彰久, 大村 直人

    化学工学会第84回年会, 2019年03月, 日本語, 芝浦工業大学, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 学生との協創によるアクティブラーニング授業の設計

    祇園 景子, 松井 巧海, 宮口 裕太, 市川 和樹, 松尾 卓己, 青木 紗羅, 小濱 直大, 五十嵐 和範, 重倉 悠佑, 中川 爽馬, 大村 直人, 鶴田 宏樹

    イノベーション教育学会第6回年次大会, 2018年12月, 日本語, 東北大学, アクティブラーニングとは,教員からの一方的な講義で知識を覚えるのではなく,学習者が主体的に,仲間と協力しながら課題を解決するような指導・学習方法の総称である.グループワークやディスカッション,体験学習,調査学習など有効とされる. 我々は,アントレプレナー人材育成のプログラムとして,「Creative School」を称する講義を実施ししている.本プログラムの目指す人材像を右図のように定義し,学部学生を対象に「基礎編」と「応用編」を提供している.「基礎編」では,論理的思考,デザイン思考,システム思考をグループワークを通じて習得する授業を学内インフルエンサーである有志学生と共に設計し,全学部1回生を対象にした授業を実施した.有志学生が17回のミーティングを重ね,授業目的,到達目標,ルーブリック評価,授業内容,ロゴマークを作成した.その授業設計のプロセス, 国内会議

    ポスター発表

  • Interaction between a unique minor protein and a major capsid protein of Bluetongue virus controls virus infectivity

    松尾 栄子, 山﨑 清志, 鶴田 宏樹, Polly Roy

    Ninth Interantional Virus Assembly Symposium, 2018年05月, 英語, Madeira, Portugal, 国際会議

    ポスター発表

  • イチゴFra aの花器官における発現解析

    石橋 美咲, 奈邉 健, 新田 陽子, 鶴田 宏樹, 厳原 美穂, 宇野 雄一

    園芸学会平成28年度秋期大会, 2016年09月, 日本語, 園芸学会, 名城大学(名古屋市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • イチゴFra a のオーキシン応答性の評価

    石橋 美咲, 吉川 博記, 奈邉 健, 新田 陽子, 鶴田 宏樹, 厳原 美穂, 宇野 雄一

    平成28年度園芸学会近畿支部兵庫大会, 2016年08月, 日本語, 園芸学会近畿支部, 神戸市、神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 日本が取り組むべきフューチャー・アースの国際的優先研究テーマの抽出及び研究開発のデザインに関する研究

    谷口 真人, マレー ハイン, 大西 有子, 西村 武司, 蛯名 邦禎, 伊藤 真之, 鶴田 宏樹, 近藤 康久, 安成 哲三

    日本地球惑星科学連合2016年大会, 2016年05月, 日本語, 千葉県, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • イチゴFra aの器官別発現解析

    石橋 美咲, 奈邉 健, 新田 陽子, 鶴田 宏樹, 厳原 美穂, 宇野 雄一

    園芸学会平成27年度秋期大会, 2015年09月, 日本語, 園芸学会, 徳島大学(徳島市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • イチゴFra a 1のオーキシン応答性の解析

    石橋 美咲, 奈邉 健, 新田 陽子, 鶴田 宏樹, 厳原 美穂, 宇野 雄一

    平成27年度園芸学会近畿支部和歌山大会, 2015年08月, 日本語, 園芸学会近畿支部, 和歌山ビッグ愛, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • イチゴアレルゲンFra a 1の発現様式における品種間差異

    鳴神 学, 奈邉 健, 新田 陽子, 鶴田 宏樹, 厳原 美穂, 野口 裕司, 宇野 雄一

    平成26年度園芸学会近畿支部京都大会, 2014年08月, 日本語, 園芸学会近畿支部, キャンパスプラザ京都, 国内会議

    ポスター発表

  • イチゴアレルゲンFra a 1のIgE反応性と果実における局在

    夫津木 大輔, 奈邉 健, 新田 陽子, 鶴田 宏樹, 山崎 清志, 厳原 美穂, 野口 裕司, 宇野 雄一

    園芸学会平成25年度秋期大会, 2013年09月, 日本語, 園芸学会, 岩手大学(盛岡市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Comparison of transcript and protein levels of strawberry allergen Fra a 1 among different cultivars

    鳴神 学, 夫津木 大輔, 奈邉 健, 新田 陽子, 鶴田 宏樹, 山崎 清志, 厳原 美穂, 野口 裕司, 宇野 雄一

    International Strawberry Congress 2013, 2013年09月, 英語, Veiling Hoogstraten, Antwerp (Belgium), 国際会議

    ポスター発表

  • Analysis of IgE binding capacity and stress inducibility of strawberry allergen Fra a 1

    夫津木 大輔, 奈邉 健, 新田 陽子, 鶴田 宏樹, 山崎 清志, 厳原 美穂, 宇野 雄一

    International Strawberry Congress 2013, 2013年09月, 英語, Veiling Hoogstraten, Antwerp (Belgium), 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Varietal Differences in Transcript and Protein Levels of Strawberry Allergen Fra a 1

    鳴神 学, 夫津木 大輔, 奈邉 健, 新田 陽子, 鶴田 宏樹, 山崎 清志, 厳原 美穂, 野口 裕司, 宇野 雄一

    American Society for Horticultural Science annual congress 2013, 2013年07月, 英語, American Society for Horticultural Science, Palm Desert (California, USA), 国際会議

    ポスター発表

  • Comparison of IgE Binding Capacity and Expression Analysis of Strawberry Allergen Fra a 1

    夫津木 大輔, 奈邉 健, 新田 陽子, 鶴田 宏樹, 山崎 清志, 厳原 美穂, 宇野 雄一

    American Society for Horticultural Science annual congress 2013, 2013年07月, 英語, American Society for Horticultural Science, Palm Desert (California, USA), 国際会議

    ポスター発表

  • イチゴアレルゲンをコードするFra a 1 遺伝子の解析

    夫津木 大輔, 奈邉 健, 新田 陽子, 鶴田 宏樹, 山崎 清志, 厳原 美穂, 宇野 雄一

    神戸大学研究基盤センター 若手フロンティア研究会2012, 2012年12月, 日本語, 神戸大学研究基盤センター, 神戸大学百年記念館, 国内会議

    ポスター発表

  • ブルータングウイルス(BTV)コアタンパク質VP3とVP6の結合に関する研究

    松尾 栄子, 山崎 清志, Esther Leon, 佐伯 圭一, 河野 潤一, Steve Matthew, 鶴田 宏樹, Polly Roy

    第65回日本細菌学会関西支部総会, 2012年11月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ブルータングウイルス(BTV)コアタンパク質VP3とVP6の結合に関する研究

    松尾 栄子, Esther Leon, 山崎 清志, 佐伯 圭一, 河野 潤一, Steve Matthew, 鶴田 宏樹, Polly Roy

    第60回日本ウイルス学会学術集会, 2012年11月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 海洋性超好熱菌Thermotoga neapolitana由来β-1,3-キシラナーゼの耐熱性を導く要因の解析

    山崎 清志, 岡崎 文美, 荻野 千秋, 近藤 昭彦, 三上 文三, 榑林 陽一, 鶴田 宏樹

    日本農芸化学会2012年度大会, 2012年03月, 日本語, 日本農芸化学会, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低温活性protein tyrosine phosphataseの機能発現に寄与する構造要因

    鶴田 宏樹, 三上 文三

    日本農芸化学会2006年度大会, 2006年, 日本語, 日本農芸化学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低温活性protein-tyrosine- phosphataseの機能発現機構

    鶴田 宏樹, 山本 千晶, 三上 文三, 山形 裕士, 相薗 泰生

    日本農芸化学会大会2005年度大会 要旨集p.42, 2005年03月, 日本語, 日本農芸化学会, 札幌, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低温活性protein-tyrosine-phosphataseの機能発現機構

    鶴田 宏樹, 山本 千晶, 三上 文三, 山形 裕士, 相薗 泰生

    日本農芸化学会2005年度大会, 2005年, 日本語, 日本農芸化学会, 札幌, 国内会議

    ポスター発表

  • 低温活性protein-tyrosine-phosphataseの機能特性及び構造特性

    鶴田 宏樹, 三上 文三, 相薗 泰生

    日本分子生物学会2005年度年会, 2005年, 日本語, 日本分子生物学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • フラボノール小腸吸収時における新規の代謝経路について

    森 敦美, 羽渕 祥子, 鶴田 宏樹, 橋本 堂史, 金沢 和樹

    日本農芸化学会, 2005年, 日本語, 日本農芸化学会, 札幌, 国内会議

    ポスター発表

  • 低温活性protein-tyrosine phosphatase (PTPase)の触媒部位近傍に位置する疎水性部位の活性発現に対する寄与

    山本 千晶, 鶴田 宏樹, 山形 裕士, 相薗 泰生

    日本農芸化学会2004年度大会, 2004年03月, 日本語, 日本農芸化学会, 広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低温活性Phospholipase Dの大量発現系の確立と機能解析

    大川 寛幸, 鶴田 宏樹, 山形 裕士, 相薗 泰生

    日本農芸化学会2004年度大会, 2004年03月, 日本語, 日本農芸化学会, 広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低温活性protein-tyrosine phosphatae (PTPase) の触媒部位近傍に位置する疎水性部位の活性発現に対する寄与

    山本 千晶, 鶴田 宏樹, 山形 裕士, 相薗 泰生

    日本農芸化学会2004年度大会, 2004年, 日本語, 日本農芸化学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低温活性Phospholipase D の大量発現系の確率と機能解析

    大川 寛幸, 鶴田 宏樹, 山形 裕士, 相薗 泰生

    日本農芸化学会2004年度大会, 2004年, 日本語, 日本農芸化学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • フラボノール類新規代謝産物アミノ体に関する研究

    羽渕 祥子, 森 敦美, 鶴田 宏樹, 芦田 均, 金沢 和樹

    2004年度日本農芸化学会本大会, 2004年, 日本語, 日本農芸化学会, 広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • フラボノール類の新規代謝産物アミノ体に関する研究

    羽渕 祥子, 森 敦美, 鶴田 宏樹, 芦田 均, 金沢 和樹

    日本農芸化学会2004年度大会, 2004年, 日本語, 日本農芸化学会, 広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Hydrophobic interaction responsible for constructing the active center of cold-active protein-tyrosine phosphatase.

    山本 千晶, 鶴田 宏樹, 山形 裕士, 相薗 泰生

    日本生化学会第76回大会、講演要旨集, 2003年10月, 英語, 日本生化学会, パシフィコ横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低温活性プロテイン-チロシン-フォスファターゼのX線結晶構造解析

    鶴田 宏樹, 三上 文三, 相薗 泰生

    日本農芸化学会2003年度大会, 2003年, 日本語, 日本農芸化学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Hydrophobic interaction responsible for constructing the active center of cold-active protein-tyrosine phosphatase

    山本 千晶, 鶴田 宏樹, 山形 裕士, 相薗 泰生

    日本生化学会2003年度年会, 2003年, 日本語, 日本生化学会, 横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • 低温活性アルカリフォスファターゼの大腸菌における発現及び発現酵素の特性

    東 哲生, 鶴田 宏樹, 相薗 泰生

    日本農芸化学会2002年度大会, 2002年, 日本語, 日本農芸化学会, 仙台, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • Psychrophilic Phospholipase Dの分子特性

    林 竜平, 鶴田 宏樹, 大川 寛幸, 相薗 泰生

    日本農芸化学会2002年度大会, 2002年, 日本語, 日本農芸化学会, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低温プロテイン-チロシン-フォスファターゼの分子特性

    鶴田 宏樹, 相薗 泰生

    日本農芸化学会2001年度大会, 2001年, 日本語, 日本農芸化学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低温アルカリフォスファターゼの分子機能

    山口 晴子, 鶴田 宏樹, 相薗 泰生

    日本農芸化学会2001年度大会, 2001年, 日本語, 日本農芸化学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低温アルカリフォスファターゼの遺伝子クローニング及び組換えタンパク質の大腸菌における発現とその特性解析

    村川 武志, 鶴田 宏樹, 山形 裕士, 相薗 泰生

    日本農芸化学会2001年度大会, 2001年, 日本語, 日本農芸化学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低温ホスホリパーゼDの分離精製と機能

    大勝 信秀, 鶴田 宏樹, 相薗 泰生

    日本農芸化学会200年度大会, 2000年, 日本語, 日本農芸化学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • Psychrophilic Phosphatase I遺伝子のクローニングとその組換え酵素の特性

    鶴田 宏樹, 相薗 泰生

    日本農芸化学会2000年度大会, 2000年, 日本語, 日本農芸化学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • Psychrophilic Phosphatase Iの酵素的性質

    鶴田 宏樹, 相薗 泰生

    日本農芸化学会1999年度大会, 1999年, 日本語, 日本農芸化学会, 福岡, 国内会議

    ポスター発表

  • 好冷菌フォスファターゼIIの分離精製とその性質

    石田 良博, 鶴田 宏樹, 渡辺 啓一, 相薗 泰生

    日本農芸化学会1997年度大会, 1997年, 日本語, 日本農芸化学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Phosphatase I(低温酵素)の分子特性

    鶴田 宏樹, 宇野 知秀, 渡辺 啓一, 相薗 泰生

    日本農芸化学会西日本・関西合同大会, 1997年, 日本語, 日本農芸化学会西日本・関西支部, 佐賀, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 好冷菌フォスファターゼの分離精製とその特性

    鶴田 宏樹, 石田 良博, 渡辺 啓一, 相薗 泰生

    日本農芸化学会1996年度大会, 1996年, 日本語, 日本農芸化学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

所属学協会

  • 極限微生物学会

  • 日本分子生物学会

  • 日本蛋白質科学会

  • 日本生化学会

  • 日本農芸化学会

共同研究・競争的資金等の研究課題