研究者紹介システム

高田 暁
タカダ サトル
大学院工学研究科 建築学専攻
教授
土木・建築工学関係
Last Updated :2022/09/16

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院工学研究科 建築学専攻
  • 【配置】

    工学部 建築学科

学位

  • 博士(工学), 京都大学
  • 省エネルギーと快適性に配慮した建物内の熱空気環境の創造

授業科目

ジャンル

  • 科学・技術 / 建築

コメントテーマ

  • 人体の温冷感と快適性
  • 熱環境
  • 着衣の熱水分特性
  • 熱環境

研究ニュース

研究活動

研究キーワード

  • 温熱生理
  • 湿気
  • 建築環境工学

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築環境、建築設備

委員歴

  • 2020年04月 - 現在, 人間-生活環境系学会, 会長
  • 2020年04月 - 現在, 日本生気象学会, 理事
  • 2019年04月 - 現在, 日本生気象学会, 評議員
  • 2016年10月 - 現在, ISO, TC205 JWG11 コンビナー
  • 2008年04月 - 現在, 人間-生活環境系学会, 理事
  • 2004年04月 - 現在, 人間-生活環境系学会, 評議員

受賞

  • 2020年05月 日本建築学会, 日本建築学会賞(論文), 非定常状態における人体・着衣の熱水分移動と温冷感・乾燥感の予測に関する研究

    高田 暁

  • 2016年10月 人間-生活環境系学会, 人間-生活環境系学会論文賞, 個人

    高田 暁

    日本国

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2005年09月 日本建築学会, 日本建築学会奨励賞, 論文

    高田 暁

  • 2001年12月 人間-生活環境系学会, 人間-生活環境系会議奨励賞, 論文

    高田 暁

論文

  • 熱的中立よりわずかに暑熱側の条件における高湿度が不快感に及ぼす影響

    川岸 佑衣果, 高田 暁

    2022年02月, 日本建築学会環境系論文集, 87 (792), 84 - 93, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hiroaki Yamamoto, Satoru Takada

    Depending on the data source used, the material hygrothermal properties that are used in the numerical analysis of simultaneous heat and moisture transfer will not be consistent. Differences in measurement methods and the individuality of specimens account for this. It is necessary to choose values from these different physical property sets to conduct a numerical calculation, which can cause the calculated results to differ. The subsequent range of variation in the calculated results should be quantitatively evaluated. In this study, the physical properties of several types of porous building materials were first gathered from four databases. The data were then categorized based on the kind of material and compared in terms of each physical property (density, porosity, specific heat, moisture capacity, thermal conductivity, and vapor permeability). The density, porosity, and specific heat varied by 10% on average, and the moisture capacity, thermal conductivity, and vapor permeability varied by 20% or more for all types of materials. In particular, the vapor permeability of plywood and moisture capacity of gypsum board differed by 50%. The influence that these physical property value variations had on hygrothermal calculation results was then quantitatively demonstrated for moisture and heat flow rate under a step change in the relative humidity or temperature of indoor air for a single layer wall. The moisture and heat flow rate into a single layer wall fluctuated by approximately 10%–40% due to differences in the vapor permeability and moisture capacity of the materials. For all types of materials, moisture was transferred more slowly than heat. Therefore, differences in moisture property values, such as vapor permeability and moisture capacity, influenced the results more significantly. Moreover, the moisture flow was accompanied by a phase change. The differences in moisture property values thus affected the heat flow.

    SAGE Publications, 2021年10月, Journal of Building Physics, 45 (6), 757 - 773, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Satoru Takada

    Wiley, 2021年01月, Indoor Air, 31 (1), 250 - 263, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Influence of temperature and humidity of ambient air on sensation of dryness during respiration

    Satoru Takada

    2020年08月, Journal of the Human-Environment System, 23 (1), 31 - 43, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Makiko Nakajima, Daisuke Masueda, Shuichi Hokoi, Chikahiro Miyake, Shinya Wada, Satoru Takada

    Elsevier BV, 2020年08月, Building and Environment, 183, 107123 - 107123

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 多数室換気解析に基づく室内環境の改善策の検討 高齢者介護福祉施設における冬期の室内環境に関する研究

    高田 暁, 今井 悠喜, 鉾井 修一, 小椋 大輔, 伊庭 千恵美

    2020年04月, 日本建築学会環境系論文集, 85 (770), 249 - 258, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 瞬きに応じた眼の表面温度変化の測定

    高田 暁

    2018年11月, 人間と生活環境, 25 (2), 85 - 91, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Evaluating the energy consumption and heat loss in the hot water supply and heating systems of a nursing home

    稲本 佳奈, 伊庭 千恵美, 鉾井 修一, 小椋 大輔, 高田 暁

    2018年09月, Proceedings of 7th International Building Physics Conference, IBPC2018, (177), 1 - 6, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 41362 高齢者介護福祉施設の室内温熱環境に関する研究 その2 換気方式の変更による室内環境の改善策

    今井 悠喜, 高田 暁, 鉾井 修一, 小椋 大輔, 伊庭 千恵美

    日本建築学会, 2018年01月, 環境工学II, (2018), 749 - 750, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 高齢者介護福祉施設の室内環境の改善に関する研究 : 居住状態の建物における多数室換気解析

    今井 悠喜, 高田 暁, 鉾井 修一, 小椋 大輔, 伊庭 千恵美

    人間-生活環境系シンポジウム実行委員会, 2018年01月, 人間-生活環境系シンポジウム報告集 = Proceedings of Symposium on Human-Environment System, 42, 37 - 40, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 41303 高齢者介護施設における給湯・温水システムのエネルギー使用量と熱損失の評価 その3 年間のエネルギー消費傾向と給湯系統の配管熱損失の調査

    稲本 佳奈, 伊庭 千恵美, 鉾井 修一, 小椋 大輔, 高田 暁

    日本建築学会, 2018年01月, 環境工学II, (2018), 631 - 632, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 開原 典子, 高田 暁

    In oitler to clanf3i the influence of indoor tempenture and humidity on the change in skin moisture content in daily hfe, surveys of skin moisture content of students engaging in sedentary works in a standard room in a university were conducted fium autumn to winter for two years. It was shown that the indoor hygmthemal pammeters (air tempenture, relative humidity absolute humidity) positively correlated with the skin moisture content and that the correlation coefficient with absolute humidity was the highest among the three pammeters. At the same time, it was found that the daily fluctuation of skin moisture content followed the fluctuation of indoor absolute humidity. Fora subject who was involved in the surveys fortwo years, the relationship between skin moisture content and indoor absolute humidity was found to be consistent Rum these results, it was shown that in ordinaiy daily life, the indoor absolute humidity has the sfronger influence on the skin moisture content than indoor air tempentuxe and relative humidity.

    Architectural Institute of Japan, 2017年04月01日, 日本建築学会環境系論文集, 82 (734), 337 - 345, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Measurement of ocular surface temperature for determination of moisture evaporation rate at eyes and prevention of sensation of dryness

    TAKADA Satoru, ITO Yoshitaka

    2016年11月, Proceedings of the 5th International Conference on Human-Environment System, 20154, 1 - 9, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Hygrothermal analysis of bedroom of dwelling house in winter

    FUNAMOTO Shota, TAKADA Satoru, HOKOI Shuichi, OGURA Daisuke, IBA Chiemi, IIDA Kenji

    2016年11月, Proceedings of the 5th International Conference on Human-Environment System, 20157, 1 - 8, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Analysis of heat and moisture transfer around the human body considering ventilation in the air layer of clothing

    OSAKI Tomohiro, TAKADA Satoru

    2016年11月, Proceedings of the 5th International Conference on Human-Environment System, 20155, 1 - 10, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Moisture evaporation from eyes and prevention of sensation of dryness under low indoor humidity

    TAKADA Satoru, ITO Yoshitaka

    2016年07月, Proceedings of 4th International Conference on Archi-Cultural Interactions through the Silk Road, 186 - 189, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Influence of ventilation in the air layer of clothing on heat and moisture transfer around the human body

    OSAKI Tomohiro, TAKADA Satoru

    2016年07月, Proceedings of 4th International Conference on Archi-Cultural Interactions through the Silk Road, 190 - 193, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Analysis of temperature and humidity in the bedroom of a Japanese dwelling house in winter

    FUNAMOTO Shota, TAKADA Satoru, HOKOI Shuichi, OGURA Daisuke, IBA Chiemi, IIDA Kenji

    2016年07月, Proceedings of 4th International Conference on Archi-Cultural Interactions through the Silk Road, 194 - 197, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Satoru Takada, Ayaha Sasaki, Risa Kimura

    To properly predict thermal comfort using a thermal model of the human body, heat and moisture transfer in and around clothing as well as the thermophysiological response of the human body must be evaluated. Among the phases for modeling heat and moisture transfer in and around clothing, ventilation in the air layer in clothing is one of the most difficult elements to quantify. The low air velocity in clothing and the complex shape of the air layer complicates measurement. In this study, computational fluid dynamics (CFD) analysis around the human body considering the air layer in clothing was conducted instead of measurement. By importing three-dimensional (3D) shape data obtained by a laser scanner, the air distribution in and around clothing was observed by CFD analysis, for an adult human wearing single -layered clothing in typical indoor environmental conditions. The typical characteristics of the air flow around a clothed human body were clarified, and the influence of the ventilation of clothing air layers on the heat flux at the skin surface under the clothing was determined to be minimal. In addition, the results of the CFD analysis were consistent with those of a thermal manikin experiment, validating the CFD analysis. (C) 2016 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2016年04月, BUILDING AND ENVIRONMENT, 99, 210 - 220, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Naoya Moriyama, Satoru Takada

    The mud wall is used traditionally for Japanese houses. For effective use, it is necessary to clarify the moisture performance of it quantitatively. Firstly the sorption isotherm and the water vapor permeability of the mud wall were measured. Secondly, the specimen was exposed to the transient absorption and desorption processes including relative humidity of 90 %. The processes were numerically analyzed using hygrothermal model for the hygroscopic range, and the calculated results agreed with the experimental results, which suggests the validity of the measured moisture properties and of the application of the hygroscopic model to the conditions including high humidity.

    Elsevier Ltd, 2015年11月01日, Energy Procedia, 78, 1495 - 1500, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 41114 冬季における寝室の温湿度環境改善に関する研究 : 温湿度解析による断熱改修効果の定量的評価(フィールドスタディ,環境工学II,学術講演会・建築デザイン発表会)

    高田 暁, 三宅 遼太, 鉾井 修一, 小椋 大輔, 伊庭 千恵美, 飯田 賢司

    一般社団法人日本建築学会, 2015年01月, 学術講演梗概集, 2015, 237 - 238, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Naoya Moriyama, Satoru Takada

    The mud wall is used traditionally for Japanese houses. For effective use, it is necessary to clarify the moisture performance of it quantitatively. Firstly the sorption isotherm and the water vapor permeability of the mud wall were measured. Secondly, the specimen was exposed to the transient absorption and desorption processes including relative humidity of 90 %. The processes were numerically analyzed using hygrothermal model for the hygroscopic range, and the calculated results agreed with the experimental results, which suggests the validity of the measured moisture properties and of the application of the hygroscopic model to the conditions including high humidity. (C) 2015 The Authors. Published by Elsevier Ltd. This is an open access article under he CC BY-NC-ND license (http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/). Peer-review under responsibility of the CENTRO CONGRESS INTERNAZIONALE SRL

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2015年, 6TH INTERNATIONAL BUILDING PHYSICS CONFERENCE (IBPC 2015), 78, 1495 - 1500, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 四宮 直人, 高田 暁, 牛尾 智秋

    In winter, environmental problems caused by the stack effect occur in high-rise buildings. In order to prevent the stack effect, it is necessary to estimate the behavior of the natural ventilation quantitatively for a whole building. In this study, we measured pressure difference at elevator doors in an actual building through one winter, and at the same time, the numerical analysis by the airflow network model were performed. As the results, the calculated pressure differences at the elevator door on the top and bottom floor showed good agreement with the measured values for both mghttime and commuting time.

    Architectural Institute of Japan, 2015年, 日本建築学会環境系論文集, 80 (715), 731 - 740, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Naoto Shinomiya, Satoru Takada, Tomoaki Ushio

    In winter, the stack effect causes problems in high-rise buildings. In order to prevent it, it is necessary to clarify significant factors influencing ventilation behaviors for whole building. In this paper, the pressure differences at elevator doors were measured through one winter for an actual high-rise building in use. Furthermore the correlation of pressure differences with the parameters such as time, the temperature differences between elevator shafts and outdoor air and the outdoor wind velocity was studied. It was suggested that opening of entrance and elevator doors might influence significantly pressure differences, and thus the ventilation behavior of whole building. (C) 2015 The Authors. Published by Elsevier Ltd. This is an open access article under the CC BY-NC-ND license (http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/).

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2015年, 6TH INTERNATIONAL BUILDING PHYSICS CONFERENCE (IBPC 2015), 78, 2712 - 2716, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Satoru Takada

    To realize indoor thermal environments without discomfort due to dryness in the airway, the relationship among the sensation, the hygrothermal state in the airway and environmental conditions should be quantitatively studied. Subject experiments revealed that under conditions with high temperature or low humidity, the exhaled air temperature was higher, and the sensation of dryness was stronger. In addition, the results of the respiration model that calculated the hygrothermal state in the airway showed agreement with the experimental results. Moreover, the calculated moisture evaporation rate in the airway correlated with the sensation of dryness, which suggested the possibility of predicting a dry sensation based on the proposed model.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2015年, 6TH INTERNATIONAL BUILDING PHYSICS CONFERENCE (IBPC 2015), 78, 2772 - 2777, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 開原 典子, 高田 暁

    人間-生活環境系学会, 2014年11月, 人間と生活環境, 21 (2), 67 - 74, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • TAKADA Satoru

    2014年11月, Journal of the Human-Environment System, 17 (1), 25 - 32, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 高田 暁

    人間-生活環境系学会, 2014年05月, 人間と生活環境, 21 (1), 1 - 7, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 開原 典子, 高田 暁, 松下 敬幸

    Based on the measurement of the moisture content in the stratum corneum, the transient model of the moisture transfer in skin was proposed with using the simultaneous heat and moisture transfer equations for hygroscopic range. For the modeling, the simultaneous heat and moisture transfer equation for the hygroscopic range was adapted for the stratum comeum with the thickness of 30μm, considering the contact with the ambient air, and the skin moisture content at the depth of 30(.mi given as saturated. As the results, the distribution of moisture content calculated by using the proposed analytical model agreed with the measured results, by taking into account the dependence of the moisture conductivity on the moisture content. It was suggested that the proposed model could explain the transient response of skin surface moisture distribution to the change in indoor humidity.

    Architectural Institute of Japan, 2014年, 日本建築学会環境系論文集, 79 (697), 233 - 239, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Satoru Takada, Sho Matsumoto, Takayuki Matsushita

    The goal of this study is to propose a new model for predicting thermal sensation in the non-steady state based on skin temperature and its time differential. A multiple regression equation for the prediction of the transient thermal sensation as a function of mean skin temperature and its time differential is determined based on the data obtained in subject experiments involving various non-steady state patterns during sedentary conditions. The results indicate a high correlation and a trend in good agreement between the predicted and experimental thermal sensations in a non-steady state, and showed that the proposed equation can predict transient whole-body thermal sensation with high precision. In addition, experiments incorporating processes with changes in metabolic rate (walking) were conducted on the subjects, and the applicability of the proposed equation, which was based on the data for sedentary conditions, to the conditions involving such a change in metabolic rate was studied. When the skin temperatures of all the body segments increase or decrease simultaneously, the predicted thermal sensation agrees well with the experimental results, allowing for the use of the proposed equation, while the application of the equation is more difficult for the cases in which skin temperature increases and decreases coexist over the segments of the body. (c) 2013 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2013年10月, BUILDING AND ENVIRONMENT, 68, 123 - 133, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Satoru Takada, Takayuki Matsushita

    Occupants of low-humidity environments often complain of a sensation of dryness. According to the results of a questionnaire administered to 1000 Japanese office workers, 70% of that population experiences dryness during dry seasons. It is therefore important to clarify the environmental conditions that cause discomfort due to dryness and control the indoor environmental conditions to avoid such discomfort. For the purpose, this study aims at creating a numerical model to predict the sensation of dryness under certain environmental conditions. Since one of the causes of dryness would be the high evaporation rates from the body part where dryness is perceived, the modeling of moisture evaporation from the surface of skin, eyes, and airway was studied in this article, using the thermal model of human body. At the same time, the evaporation rates from the skin surface, eyes, and airway of a human were calculated for various air temperatures and humidity levels. It was shown quantitatively from the calculated results that the air temperature as well as the vapor pressure influences the evaporation rate because the air temperature thermally influences the temperature of the surface where evaporation occurs (skin, eyes, and throat).

    SAGE PUBLICATIONS LTD, 2013年04月, JOURNAL OF BUILDING PHYSICS, 36 (4), 422 - 437, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 高田 暁

    For establishing the basis of clarifying the conditions to create indoor thermal environment without discomfort due to sensation of dryness in winter (dry season), several kinds of questionnaire surveys were conducted. The questionnaire survey to great mass of office workers and students revealed that more than half of them experienced discomfort due to dryness in indoor spaces and that they sensed dryness most in the throat, followed by the lip, eyes, and face. At the same time, based on the surveys for occupants during sedentary work, the relationship between the sensation of dryness and the thermal environmental conditions such as air temperature, humidity, and wind velocity was studied. The results showed that the sensation of dryness could be caused more intensively when the air temperature or the wind velocity is higher or the humidity is low. This might correspond with the physical mechanism of moisture evaporation from skin or mucous membrane, and suggest the alternatives of indoor thermal environmental control in winter other than humidification.

    Architectural Institute of Japan, 2013年, 日本建築学会環境系論文集, 78 (693), 835 - 840, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • CFD analysis on ventilation in air layer in clothing considering real shape of the human body

    TAKADA Satoru, IMAI Akiko, MATSUSHITA Takayuki

    2012年08月, Proceedings of the 9th International Meeting for Manikins and Modeling (9i3m), Tokyo, Japan, No. 15, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Transient response of skin surface moisture content to change in indoor humidity, Measurement and modeling of moisture transfer in skin surface

    KAIHARA Noriko, TAKADA Satoru, MATSUSHITA Takayuki

    2012年05月, Proceedings of the 5th international Building Physics Conference (IBPC), Kyoto, Japan, pp.939-944, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Thermal physiological response to local heating and cooling during sleep

    HIBINO Yu, HOKOI Shuichi, YOSHIDA Katsuaki, TAKADA Satoru, NAKAJIMA Masanori, YAMATE Miho

    2012年05月, Proceedings of the 5th international Building Physics Conference (IBPC), Kyoto, Japan, pp.959-964, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Modeling of moisture evaporation from skin, eye and airway for evaluating sensation of dryness under low humidity environment

    TAKADA Satoru, MATSUSHITA Takayuki

    2012年05月, Proceedings of the 5th international Building Physics Conference (IBPC), Kyoto, Japan, pp.953-958, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Effect of posture on thermal regulation of human body during sleep, Experiment involving awaken subjects

    ISHIGURO Akiko, HOKOI Shuichi, TAKADA Satoru

    2012年05月, Proceedings of the 5th international Building Physics Conference (IBPC), Kyoto, Japan, pp.981-987, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Yu Hibino, Shuichi Hokoi, Katsuaki Yoshida, Satoru Takada, Masanori Nakajima, Miho Yamate

    For a healthy and productive life, good sleep is essential, which has prompted studies on how comfortable sleep can be achieved. Understanding the relationship between thermal environment and physiological responses such as skin and core temperatures, and psychological responses such as thermal and sleep sensations is necessary to identify the most suitable thermal environment for sleep. As an energy-saving and practical method of creating the most appropriate thermal environment for sleep, local heating or cooling is sometimes used, which takes into consideration the differences in local thermal responses. We performed this study to identify the most effective thermal environment for inducing comfortable sleep by identifying the physiological responses during sleep on the basis of sleep experiments conducted under local body heating or cooling conditions. We also used a human thermal model, which can be applied for predicting physiological responses.In the experiments, the feet of the subject were the primary area to be heated or cooled, which was achieved by installing a flexible duct with an outlet placed close to the subject's feet and inlet connected to an air conditioner. Differences in the fluctuation of body temperature and sleep stage depended on the airflow direction from the duct to the feet. When air was blown downward towards the feet, body temperature decreased and the subject was able to sleep well. Measured skin and core temperatures were calculated using an improved 27-node human thermal model that was originally developed for use in subjects who are not in sleep. Although skin temperature fluctuated significantly under local cooling, the results calculated using the proposed model agreed well with the measured results since the changes in heat conductance between the skin surface and surrounding environment as a result of the changes in the posture and feet position were taken into account. This result indicates that posture-associated changes in the heat conductance significantly influence skin temperature.

    Higher Education Press Limited Company, 2012年03月01日, Frontiers of Architectural Research, 1 (1), 51 - 57, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masashi Kishiue, Takayuki Matsushita, Kouji Fujita, Satoru Takada

    In this paper, according to the approach built on previous paper(No.645,pp.1203-1209,2009.11), the relationship of air supply rate between the bulletin requirements in normal temperature and the conventional calculating method based on the condition in fire is constructed. The calculation procedure of air supply rate based on the ventilation calculation in normal temperature to satisfy the bulletin requirement is shown. Then the relationship in general of leakage by the position of air release opening is considered, the appropriate design for the height on floor of the air release opening and the calculation procedure of additional air supply rate to block smoke in fire are shown.

    2012年03月, Journal of Environmental Engineering, 77 (673), 115 - 120, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 加圧煙制御における常温換気計算法に基づ給気量算定法および空気逃し開口部の設置高さの影響

    岸上 昌史, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 高田 暁

    2012年03月, 日本建築学会環境系論文集, vol. 77, No. 673, pp. 115-120, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • A model of heat and moisture transfer in and around clothing, coupled with a human thermal model for the analysis of the transient state, including the process of sweat evaporation

    Satoru Takada, Mari Inoue, Narihiko Kondo

    2012年, Proceedings of the 9th International Meeting for Manikins and Modeling, pp.70-75

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 人体熱モデルによる発汗時の数値シミュレーション

    高田 暁

    2011年12月, 発汗学, Vol.18, No.2, pp.66-70, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Study on prediction of thermal sensation in non-steady state proposal of equation and its applicable range

    松本 祥, 高田 暁, 松下 敬幸

    2011年10月, Proceedings of the Fourth International Conference on Human-Environment System, Sapporo, Japan, pp.241-246, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Response of skin surface moisture to change in indoor temperature and humidity

    高田 暁, 開原 典子, 松下 敬幸

    2011年10月, Proceedings of the Fourth International Conference on Human-Environment System, Sapporo, Japan, pp.277-282, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Prediction of evaporation rate from the skin, eyes and airway to evaluate sensation of dryness in a low humidity environment

    高田 暁, 松下 敬幸

    2011年10月, Proceedings of the Fourth International Conference on Human-Environment System, Sapporo, Japan, pp.271-276, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Analysis of heat, air and moisture transfer in air layer in clothing based on 3D shape data

    今井 亜希子, 高田 暁, 松下 敬幸

    2011年10月, Proceedings of the Fourth International Conference on Human-Environment System, Sapporo, Japan, pp.103-108, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Satoru Takada, Takuya Sakiyama, Takayuki Matsushita

    The validity of the two-node model for predicting the skin temperature in the thermal steady state is studied by comparing the calculated and experimental results for various thermal conditions For the experimental results of steady-state skin temperature in addition to the authors original experimental data literature data for mean skin temperature are collected incorporating 56 conditions and 233 subjects in total The results show that the two-node model (the 1986 edition) that is widely used for calculating SET predicts effectively the steady-state skin temperature in the low-activity conditions Additionally the changes that were made to the two-node model by Gagge et al and ASHRAE are summarized It is shown theoretically and by experimental validations that of these changes the addition of the shivering model represents the most significant improvement in terms of predicting the skin temperature in the steady state (C) 2010 Elsevier Ltd All rights reserved

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2011年03月, BUILDING AND ENVIRONMENT, 46 (3), 597 - 604, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Abdul Munir, Satoru Takada, Takayuki Matsushita, Hiroko Kubo

    This study develops a model to predict the thermophysiological response of the human body during shower bathing. Despite the needs for the quantitative evaluation of human body response during bathing for thermal comfort and safety, the complicated mechanisms of heat transfer at the skin surface, especially during shower bathing, have disturbed the development of adequate models. In this study, an initial modeling approach is proposed by developing a simple heat transfer model at the skin surface during shower bathing applied to Stolwijk's human thermal model. The main feature of the model is the division of the skin surface into three parts: a dry part, a wet part without water flow, and a wet part with water flow. The area ratio of each part is decided by a simple formula developed from a geometrical approach based on the shape of the Stolwijk's human thermal model. At the same time, the convective heat transfer coefficient between the skin and the flowing water is determined experimentally. The proposed model is validated by a comparison with the results of human subject experiments under controlled and free shower conditions. The model predicts the mean skin temperature during shower fairly well both for controlled and free shower bathing styles.

    SPRINGER, 2010年03月, INTERNATIONAL JOURNAL OF BIOMETEOROLOGY, 54 (2), 165 - 178, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 戒能 慧邦, 高田 暁, 牛尾 智秋, 松下 敬幸

    For the prevention of the stack effect in high-rise buildings in winter, this paper studied a method to cool the shaft by natural ventilation through the opening between the shaft and out air. It was shown theoretically that the shaft is effectively cooled by putting the opening in the lower level of the shaft and thus the stack effect can be effectively prevented. By the calculation for a high-rise building based on the airflow network model and the steady heat balance analysis, it was shown quantitatively that the studied method is effective for general high-rise office buildings and that a careful survey is necessary before introducing this method for the following cases: 1)a case in which the down flow occur in the shaft influenced by the existence of another shaft, 2)a case in which there is no opening to the outside in the upper level of the shaft, 3)a case in which the humidity of the building is high.

    2010年, 日本建築学会環境系論文集, 75 (658), 1051 - 1060, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Abdul Munir, Satoru Takada, Takayuki Matsushita

    The performance of Stolwijk's 25-node thermal model of the human body was evaluated for the prediction of the skin temperature of a sedentary person in a thermal-transient state. The skin temperature calculated by the original Stolwijk model was compared to experimental data obtained systematically from a large number of subjects exposed to stepwise changes in environmental conditions, including neutral (29.4 degrees C), low (19.5 degrees C), and high (38.9 degrees C) ambient temperatures. The results show that the original Stolwijk model accurately predicts both the absolute value and the tendency in the transient mean skin temperature. This suggests that the Stolwijk model is valid for the prediction of the transient mean skin temperature for the "average" person under low-activity conditions. Discrepancies are observed in the local skin temperature for some segments. However, these discrepancies can be significantly reduced through modification of the basal skin blood flow distributions and the distributions of vasoconstriction and workload in the model. (C) 2008 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2009年09月, BUILDING AND ENVIRONMENT, 44 (9), 1777 - 1787, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 塩の影響を考慮した布における熱・水分同時移動 第3報 -着衣における塩の影響と蓄積過程に関する数値解析

    安福 勝, 鉾井 修一, 高田 暁, 箸方 稔

    2009年05月, 空気調和・衛生工学会論文集, Vol. 146, pp.35-43, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Satoru Takada, Hiroaki Kobayashi, Takayuki Matsushita

    To develop a thermal model that can predict the thermal responses of the human body under given environmental conditions, it is necessary for the model to be fitted with the individual characteristics of human body temperature regulation. As the basis for this, in this paper, it is shown that the coefficients that represent the thermoregulatory responses in the two-node model (thermal model of human body) can be identified for individuals. Six coefficients related to the regulation of sweating and skin blood flow in the two-node model are tuned for the individuals involved in the experiments-the core and skin temperatures calculated by the model are fitted with the measured results for the entire thermal transient processes, including exposures to heat and cold. (C) 2008 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2009年03月, BUILDING AND ENVIRONMENT, 44 (3), 463 - 470, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 石黒 晃子, 鉾井 修一, 高田 暁, 石津 京二

    In order to develop a thermal model of human body during sleep, this study examined how an existing thermal model of human body for arousal state could be applied to sleeping conditions. The measured results of local skin and core temperatures in sleep experiments were used for a validation purpose. It was shown that Stolwijk model for arousal conditions could explain the experimental results during sleep reasonably well by subdividing human body into nodes to consider the heat and moisture transfer in the clothes and the bedding and adjusting the physical and physiological parameters.

    2009年02月, 日本建築学会環境系論文集, 74 (636), 141 - 149, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 内堀 友恵, 秋山 哲哉, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 高田 暁

    This study examined the pressurization smoke control method in the congregated vertical shaft in case of an underground fire. The pressurization smoke control can secure a refuge route by preventing an invasion of smoke to lobby. The congregated vertical shaft exhaust system is a method to shut smoke out of a room. However, it can happen that smoke exhausted from a lower floor leaks from an exhaust opening of an upper floor congregated vertical shaft. Therefore, in this study, for the purpose of grasping the behavior of the leakage of smoke in congregated vertical shaft with pressurization smoke control system, an equation to determine the rate of smoke leakage from the dimension of the building and the behavior of the fire is shown theoretically. Furthermore, a simple method for the design of the shaft setup height and the shaft cross-section area is proposed from the viewpoint of prevention of smoke leakage.

    Architectural Institute of Japan, 2009年, 日本建築学会環境系論文集, 74 (645), 1195 - 1202, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 松下 敬幸, 藤田 浩司, 岸上 昌史, 高田 暁

    The purpose of this paper is the establishment of the method to confirm at the normal temperature that the pressurization smoke control system is able to block off smoke in case of the fire. A theory is constructed to determine the opening condition of smoke insulation door at the normal temperature which realizes the air flow rate equivalent to that in case of the fire. Although the opening information in the actual building usually does not agree with that in the planning, it is necessary to know the opening information in the actual building. Therefore, in this paper, we propose a procedure to know the opening information by two measurements at normal temperature., and the same time, to judge whether the system is able to block off smoke in case of fire. Moreover the simplified method is proposed for evaluating the performance to block offsmoke only from the measurement ofone case where the door is fully opened door at the normal temperature. As shown in the example, it would be possible to judge the appropriateness of pressurization smoke control system based on the result ofthe measurement at the normal temperature.

    Architectural Institute of Japan, 2009年, 日本建築学会環境系論文集, 74 (645), 1203 - 1209, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Individual difference in transient thermophysiological responses to change in air temperature, A study based on subject experiments for sedentary case

    高田 暁, 小林 弘明, 﨑山 拓也

    2008年11月, 2008 Korea-Japan Joint Conference on Wellness @ Living Environment, Cheju, Korea, pp.9-12, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Simultaneous heat, moisture and salt transfer in clothing

    安福 勝, 鉾井 修一, 高田 暁

    2008年06月, Proceedings of 8th Nordic Symposium on Building Physics, 307-314, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 塩の影響を考慮した布における熱・水分同時移動 第2報 -熱・水分・塩の同時移動モデルと浸透・蒸発過程の解析

    安福 勝, 鉾井 修一, 高田 暁

    2008年02月, 空気調和・衛生工学会論文集, No.131,pp.1-10, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • S. Takada, S. Hokoi, M. K. Kumaran

    In order to design an efficient air-conditioning system, the specifics of the transient thermal and physiological responses of a human body to the hygrothermal environment should be taken into account. This response will strongly depend on the behavior of heat and moisture transport, and moisture accumulation in the clothing, especially when sweat exists in and around the clothing. As a basic information on this problem, a model of the moisture transfer in cloth is necessary. In this article, a model of the liquid moisture movement in clothing under gravity is developed and applied, based on a diffusion model. Firstly, the moisture diffusivity is determined from the investigation of the moisture absorption process in the horizontal direction where gravity has no influence on the moisture movement. Secondly with the use of the moisture diffusivity thus determined, a moisture absorption process in the upward direction against gravity is investigated. The validity of the parameter related to the gravity effect is examined by comparing the results of numerical calculations with the experimental results obtained from the gamma-ray method. Since the two agree generally well, the parameters namely liquid moisture diffusivity and sorption isotherm derived here for a sample of broadcloth are considered reliable.

    SAGE PUBLICATIONS LTD, 2007年10月, JOURNAL OF BUILDING PHYSICS, 31 (2), 125 - 142, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Description of individual difference in human body temperature regulation by using two-node model

    高田 暁, 小林 弘明, 松下 敬幸

    2007年10月, Proceedings of Indoor Air Quality Ventilation & Energy Conservation in Buildings (IAQVEC 2007), Sendai, Japan, Vol. I, pp.867-874, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 塩の影響を考慮した布における熱・水分同時移動 第1報 -塩溶液の浸透実験と塩の影響を考慮した布の平衡含水率

    安福 勝, 鉾井 修一, 高田 暁, 箸方 稔

    2007年02月, 空気調和・衛生工学会論文集, No.119,pp.17-22, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yoshihiko Kishimoto, Shuichi Hokoi, Kazunori Harada, Satoru Takada

    The aim of this paper was to predict the durability of concrete walls. Because liquid movement is important in discussing the neutralization process, the vertical distribution of the permeability in a concrete wall was measured. In a 20 cm high sample, the permeability clearly showed a nonuniform vertical distribution. Next, an analytical model was proposed to predict the neutralization process taking into account the influence of acid rain. Based on this model, the simulation was carried out with permeability as a parameter. The results showed that neutralization was accelerated due to acid rain in regions with a high permeability and retarded in regions with a low permeability. Thus, it can be concluded that the influence of acid rain on the neutralization process may differ depending on the position in the concrete structure. Copyright © 2007 by ASTM International.

    2007年01月, Journal of ASTM International, 4 (1), 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • The effect of vertical distribution of water permeability on the modeled neutralization process in concrete walls

    Yoshihiko Kishimoto, Shuichi Hokoi, Kazunori Harada, Satoru Takada

    The aim of this paper was to predict the durability of concrete walls. Because liquid movement is important in discussing the neutralization process, the vertical distribution of the permeability in a concrete wall was measured. In a 20 cm high sample, the permeability clearly showed a nonuniform vertical distribution. Next, an analytical model was proposed to predict the neutralization process taking into account the influence of acid rain. Based on this model, the simulation was carried out with permeability as a parameter. The results showed that neutralization was accelerated due to acid rain in regions with a high permeability and retarded in regions with a low permeability. Thus, it can be concluded that the influence of acid rain on the neutralization process may differ depending on the position in the concrete structure.

    AMERICAN SOCIETY TESTING AND MATERIALS, 2007年, HEAT-AIR-MOISTURE TRANSPORT: MEASUREMENTS ON BUILDING MATERIALS, 1495, 101 - 111, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Thermal model of human body temperature regulation considering individual difference

    Satoru Takada, Hiroaki Kobayashi, Takayuki Matsushita

    This paper proposes the methodology to quantify the individual difference in temperature regulation of human body for transient simulation of body temperature. Experiments of transient thermal exposure were conducted for four subjects and the characteristics of individual difference in themoregulatory response were observed quantitatively. As the result, the differences in core temperature and heart rate were significant. For each subject, the physiological coefficients used in the two-node model were adjusted in order to minimize the difference between experimental and calculated values in a series of a representative transient state in core and skin temperature. With the combination of the coefficients determined, the skin and core temperatures calculated with the two-node model agreed well with the experimental results for all the subjects involved in the experiments. This shows that the individual difference in the regulation of body temperature is well described with the combination of the coefficients determined by the optimization.

    TSINGHUA UNIV PRESS, 2007年, BUILDING SIMULATION 2007, VOLS 1-3, PROCEEDINGS, pp.725-731, 725 - +, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 高温環境から冷房空間へ移動する場合の深部温の過渡応答

    田中 宏明, 鉾井 修一, 高田 暁

    2006年11月, 日本建築学会環境系論文集, 609・23-30, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Influences of acid rain on the neutralization process

    Y. Kishimoto, S. Hokoi, K. Harada, F. Watanabe, S. Takada

    It is generally believed that the rate of neutralization becomes slower when a concrete wall is exposed to rain because CO2 diffusion into concrete is suppressed. However, rain is usually acid. In this situation, neutralization may proceed faster. The aim of this paper was to evaluate the influence of acid rain on the neutralization process in a concrete wall. An experiment was carried out where neutralization took place by absorption of an acid solution. Next, an analytical model was proposed to predict the neutralization process coupled with heat and moisture transfer, particularly emphasizing liquid movement. The proposed analytical model was validated by a comparison with the experimental results. As a result of simulations using the proposed model, it was found that neutralization is accelerated by acid rain when rain penetrates and evaporates rapidly.

    TAYLOR & FRANCIS LTD, 2006年, RESEARCH IN BUILDING PHYSICS AND BUILDING ENGINEERING, pp. 209-216, 209 - 216, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Indoor climate for comfortable sleep, considering heat and moisture transfer between the room, bedding and human body: Air control system using a predictive model for thermal comfort

    A. Ishiguro, S. Hokoi, S. Takada, N. Komoto, M. Abuku, K. Ishizu

    An air control system providing an indoor thermal environment for comfortable sleep is proposed. This system predicts an index for thermal sensation while sleeping. It can feed back the calculated results to reset the target temperature of an air conditioner. In the present study, sleep experiments were carried out during both summer and winter seasons using a young subject by tentatively assuming a comfortable zone of thermal sensation during sleep under this system. The target temperature was well controlled in conjunction with the predicted value of the thermal sensation index, which converged into the comfortable zone with time. A stable time profile of the predicted values for thermal sensation is closely related to no awakening while sleeping and thus a comfortable sleep. Therefore, the proposed air control system that predicts the thermal sensation index could be effective in creating a comfortable indoor climate for sleep.

    TAYLOR & FRANCIS LTD, 2006年, Research in Building Physics and Building Engineering, pp. 775-781, 775 - 781, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 壁体内の熱水分移動を考慮した中性化進行予測モデル

    岸本 嘉彦, 鉾井 修一, 原田 和典, 高田 暁

    2005年09月, 日本建築学会構造系論文集, 第595号, pp.17-23, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Environmental control for comfortable sleeping, considering both physiological responses of human body and influence of heat and moisture transfer in bedding

    鉾井 修一, 河本 奈都子, 高田 暁, 石黒 晃子, 岩前 篤

    2004年09月, Proceedings CIB W40 meeting, Glasgow, UK,, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 高温環境における局所冷却時の整理応答-人体熱モデルによる解析と被験者実験-

    森 郁惠, 鉾井 修一, 高田 暁

    2004年08月, 日本気象学会雑誌, Vol.41,№1,19-30, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 着衣-人体間における熱・水分・空気移動解析のための基礎的検討

    中澤 和弘, 鉾井 修一, 高田 暁

    2004年06月, 日本建築学会計画系論文集, 第580号,23-30, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • TAKADA Satoru, HOKOI Shuichi, NAKAZAWA Kazuhiro

    2004年02月, Jounal of the Human-environment System, Vol.7,№1,29-34, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 非定常状態における温冷感予測に関する実験的考察

    森 郁恵, 鉾井 修一, 高田 暁, 田中 宏明

    2003年01月, 日本建築学会計画系論文集, 第563号, pp.9-15, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Influence of air exchange through small openings between rooms

    Huang Yinong, HOKOI Shuichi, NAKAHARA Nobuo, TAKADA Satoru, MIURA Hisashi

    2003年, ASHRAE Transactions, Vol.109,Part1,CH-03-2-2, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 寝具における熱水分移動とその人体温熱生理応答への影響

    鉾井 修一, 高田 暁, 小森 敏史

    2002年09月, 睡眠と環境, 第6巻第1号, pp.71-77, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Two-Node Modelにおける発汗調節モデルの検討

    高田 暁, 鉾井 修一

    2002年09月, 睡眠と環境, 第6巻第1号, pp.62-70, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 黄 亦農, 鉾井 修一, 中原 信生, 高田 暁, 三浦 尚志

    This paper investigates the indoor thermal environment, and determines existing problems in energy efficiency and comfort with an emphasis on the importance of the position of small openings, taking into account the resident’s lifestyle. Measurements were performed in a well-insulated and airtight house in Japan. The distribution of velocity and temperature at the center-plane of the living room, wall surface temperature and the temperature across the five undercut doors were measured under the condition that all interior doors and exterior doors were closed. The measured results agreed well with the predicted results by CFD analysis. Further, by these CFD simulations, it can be seen that there has been significant improvement in the indoor thermal environment after adjusting the small openings to the optimal position. Next, the open and closed status of interior doors in winter and summer was estimated based on the measured room temperatures over a long period. The results show that interior doors are usually closed in winter and during the summer period when the air-conditioning system is in operation, while they are open when the air conditioning system is not in use. Generally speaking, it is more effective for installing uppercut doors to improve the indoor thermal conditions both in summer and winter than undercut doors, and thus the effect is strongly influenced by the resident’s lifestyle. © 2002, Architectural Institute of Japan. All rights reserved.

    2002年, Journal of Asian Architecture and Building Engineering, 1 (2), 79 - 86, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 着衣における熱・水分の移動と蓄積を考慮した人体の非定常温熱生理応答 ―被験者実験とTwo-node modelを用いた解析―

    高田 暁, 鉾井 修一, 工藤 正則, 川上 直紀

    2001年11月, 日本建築学会計画系論文集, 第549号, pp.23-30, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Adaptability of Thermophysiological Model of Human Body to Non-Steady State in Sweating and Evaporation Process

    高田 暁, 鉾井 修一

    2001年09月, 7th REHVA World Congress CLIMA 2000/Napoli 2001, Napoli, Italy, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Measurement of Moisture Conductivity of Clothing

    高田 暁, 鉾井 修一, 中澤 和弘

    2001年04月, Proceedings CIB W40 meeting, Wellington, New Zealand, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Heat and Moisture Transfer in Bed and its Influence on Human Thermo-Physiological Responses

    鉾井 修一, 高田 暁, 小森 敏史

    2001年04月, Proceedings CIB W40 meeting, Wellington, New Zealand, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Prediction of skin and clothing temperatures under thermal transient considering moisture accumulation in clothing

    梅野 徹也, 鉾井 修一, 高田 暁

    2001年, ASHRAE Transactions, Vol. 107, Part 1, 4418, pp.71-, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Moisture Movement in Clothing under Gravity

    高田 暁, 鉾井 修一, M. K, KUMARAN

    1999年09月, Proceedings CIB W40 meeting, Prague, Czech, pp.69-74, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Influence of Crack on Heat and Moisture Transfer in Concrete Wall

    岸本 嘉彦, 鉾井 修一, 高田 暁, Robert CERNY, Jan TOMAN

    1999年09月, Proceedings CIB W40 meeting, Prague, Czech, pp.87-92, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Effect of Sweat Accumulation in Clothing on Transient Thermophysiological Response of Human Body to the Environment

    高田 暁, 鉾井 修一, 工藤 正則, 川上 直紀

    1999年09月, Proceedings of Building Simulation ’99, Kyoto, Japan, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Effect of Sweat Movement and Accumulation in Clothing on the Body Temperature Regulation System

    高田 暁, 鉾井 修一, 川上 直紀, 工藤 正則

    1999年08月, Indoor Air 99, Edinburgh, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 高田 暁, 鉾井 修一, 工藤 正則, 川上 直紀

    1999年, Journal of the Human-Environment System, Vol.2, No.1, pp.57-67, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 布の水分拡散係数の同定

    高田 暁, 鉾井 修一, 梅野 徹也

    1998年07月, 熱物性, 12巻3号, pp.120-125, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Heat and Moisture Movement in Clothes

    高田 暁, 鉾井 修一, 梅野 徹也

    1997年10月, Proceedings CIB W40 meeting, Kyoto, Japan, pp.277-290, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 地盤蓄熱性状への地下水流の影響について 年周期蓄熱媒体としての地盤利用に関する研究(その3)

    永井 久也, 松本 衛, 高田 暁

    1997年03月, 日本建築学会計画系論文集, 第493号, pp.39-45, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • An Analysis of the Thermal Behavior of the Ground for Annual Ground Heat Storage

    高田 暁, 松本 衛, 永井 久也

    1996年06月, Proceedings 7th International Conference on Thermal Energy Storage, Sapporo, Japan, pp.25-30, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • An Analysis of the Earth Ground Heat Storage Process -The Effects of Ground Water Flow-

    永井 久也, 松本 衛, 牛尾 智秋, 高田 暁

    1995年09月, Proceedings International Symposium on Moisture Problems in Building Walls, Porto, Portugal, pp.492-501, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • A Study on Earth Ground Heat Storage -Numerical Analysis of Ground Water-

    永井 久也, 松本 衛, 高田 暁

    1995年03月, Proceedings Pan Pacific Symposium on Building and Urban Environmental Conditioning in Asia, Nagoya, Japan, pp.125-134, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

MISC

  • 住宅全館の熱水分移動解析による非暖房室における結露性状の予測

    船本 正太, 高田 暁, 鉾井 修一, 小椋 大輔, 伊庭 千恵美, 飯田 賢司

    人間-生活環境系シンポジウム実行委員会, 2017年12月09日, 人間-生活環境系シンポジウム報告集 = Proceedings of Symposium on Human-Environment System, 41, 99 - 102, 日本語

  • 寒冷地の高齢者介護施設における給湯・温水エネルギー消費調査

    稲本佳奈, 伊庭千恵美, 鉾井修一, 小椋大輔, 高田暁, 飯田賢司

    2017年11月01日, 病院設備, 59 (6), 136, 日本語

  • 寒冷地の高齢者介護施設における室内温熱環境の調査

    高田暁, 鉾井修一, 小椋大輔, 伊庭千恵美, 飯田賢司

    2017年11月01日, 病院設備, 59 (6), 135, 日本語

  • 高齢者介護施設における給湯・温水システムのエネルギー使用量と熱損失の定量的評価 その2 エネルギー使用内訳と温水暖房・浴槽昇温系統における結果の考察

    稲本佳奈, 伊庭千恵美, 鉾井修一, 小椋大輔, 高田暁, 飯田賢司

    2017年07月20日, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 2017, ROMBUNNO.40286, 日本語

  • 高齢者介護施設における給湯・温水システムのエネルギー使用量と熱損失の定量的評価 その1 調査概要と給湯系統消費エネルギーの算定

    伊庭千恵美, 稲本佳奈, 鉾井修一, 小椋大輔, 高田暁, 飯田賢司

    2017年07月20日, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 2017, ROMBUNNO.40285, 日本語

  • 高齢者介護施設の室内温熱環境に関する研究(その1)熱・空気環境の実測調査と改善策

    高田暁, 鉾井修一, 小椋大輔, 伊庭千恵美, 飯田賢司

    2017年07月20日, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 2017, ROMBUNNO.41086, 日本語

  • 冬季における寝室の温湿度環境改善に関する研究(その2)室内温湿度解析における実態に即した計算条件の検討

    船本正太, 高田暁, 鉾井修一, 小椋大輔, 伊庭千恵美, 飯田賢司

    2016年07月20日, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM), 2016, ROMBUNNO.41223, 日本語

  • 41050 局所冷暖房に対する睡眠時の温熱生理反応(人体熱モデルによる評価,環境工学II)

    日比野 裕, 高田 暁, 鉾井 修一, 仲嶋 正訓, 吉田 勝亮, 山手 美穂

    2011年07月20日, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2011, 99 - 100, 日本語

  • 41052 人体熱モデルを用いた入浴時の温熱生理反応の解析(人体熱モデルによる評価,環境工学II)

    東 浩太郎, 高田 暁, 鉾井 修一, 仲嶋 正訓, 山手 美穂, 松下 敬幸

    2011年07月20日, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2011, 103 - 104, 日本語

  • 4072 局所冷暖房に対する睡眠時の温熱生理反応(環境)

    日比野 裕, 鉾井 修一, 吉田 勝亮, 高田 暁, 仲嶋 正訓, 山手 美穂

    2011年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, (51), 285 - 288, 日本語

  • 41272 睡眠時の快適な温熱環境の形成に関する研究 : その3 入浴前から起床に至る過程の実験と解析(住宅・睡眠,環境工学II)

    吉田 勝亮, 鉾井 修一, 高田 暁, 仲嶋 正訓, 福永 浩, 石黒 晃子

    2010年07月20日, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2010, 543 - 544, 日本語

  • A-14 住宅厨房のIH調理機器に適した排気システム及びキッチン形態に関する研究:温度測定による気流性状の把握および数値計算

    菊澤 浩之, 松下 敬幸, 小椋 大輔, 高田 暁, 古賀 修

    社団法人空気調和・衛生工学会, 2005年03月01日, 支部学術研究発表会前刷集, (16), 53 - 56, 日本語

書籍等出版物

  • 建物における湿害の診断と対策に関する規準・同解説 第2版

    高田暁

    共著, 日本建築学会, 2021年03月

  • 湿気物性に関する測定規準・同解説 第2版

    高田 暁

    共著, 日本建築学会, 2020年03月

  • 心理と環境のデザイン-感覚・知覚の実践-

    高田 暁

    共著, 技報堂出版, 2015年10月, 日本語, ISBN: 9784765525831

    学術書

  • サーマルマネキンを用いた室内温熱環境評価法規準・同解説

    高田 暁

    共著, 日本建築学会, 2015年02月, 日本語, ISBN: 9784818936256

    学術書

  • 建物における湿害の診断と対策に関する規準・同解説

    高田 暁

    その他, 日本建築学会, 2013年02月, 日本語

    学術書

  • 建築環境工学用教材 環境編

    高田 暁

    共著, 日本建築学会, 2011年03月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • 建築環境工学実験用教材

    高田 暁

    共著, 日本建築学会, 2011年03月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • からだと温度の事典

    高田 暁

    共著, 朝倉書店, 2010年04月, 日本語

    学術書

  • 現代住宅研究の変遷と展望

    高田 暁

    共著, 丸善, 2009年09月, 日本語

    学術書

  • 室内温熱環境測定規準・同解説

    高田 暁

    共著, 日本建築学会, 2008年03月, 日本語, ISBN: 9784818936065

    学術書

  • 湿気物性に関する測定規準・同解説

    高田 暁

    共著, 日本建築学会, 2006年01月, 日本語

    学術書

  • 建築材料の熱・空気・湿気物性値

    鉾井 修一, 高田 暁

    共著, 日本建築学会, 2001年10月, 日本語

    学術書

講演・口頭発表等

  • 低湿度環境における眼表面の状態と乾燥による不快感に関する研究 ―コンタクトレンズ装用者と非装用者の比較―

    伊藤佳乃子, 高田暁

    第43回人間-生活環境系シンポジウム, 2019年11月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 釧路, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 局所皮膚温を用いた全身温冷感予測の可能性

    渡邉優衣, 高田暁

    第43回人間-生活環境系シンポジウム, 2019年11月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 釧路, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Analysis of Hygrothermal Behavior of Underground Space Influence of Moisture Condition of Ground on the Indoor Humidity

    Lu Yuan, 高田暁

    第43回人間-生活環境系シンポジウム, 2019年11月, 英語, 人間-生活環境系学会, 釧路, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 皮膚表面からの不感蒸泄による水分損失量と皮膚における水分収支に関する研究

    高田暁, 硯愛画

    第43回人間-生活環境系シンポジウム, 2019年11月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 釧路, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 温冷感申告における個人差の検討-温冷感の予測に向けて

    高田暁

    空気調和・衛生工学会近畿支部環境工学研究会, 2019年10月, 日本語, 空気調和・衛生工学会近畿支部環境工学研究会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 高層ビルのエレベーターにおける煙突効果の防止策(第2報)エレベーターシャフトに設ける自然換気口の設計手法の検討

    高田暁, 牛尾智秋, 松島孝幸, 今井悠喜

    空気調和・衛生工学会学術講演会, 2019年09月, 日本語, 空気調和・衛生工学会, 北海道科学大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高層ビルのエレベーターシャフトにおける煙突効果の防止策(第1報)換気計算によるエレベーター扉前後の差圧の再現

    高田暁, 牛尾智秋, 松島孝幸, 今井悠喜

    空気調和・衛生工学会学術講演会, 2019年09月, 日本語, 空気調和・衛生工学会, 北海道科学大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢者介護施設における給湯・温水システムのエネルギー使用量と熱損失の評価 その4 年間のエネルギー消費傾向と熱源の運転制御改善方策の検討

    稲本佳奈, 伊庭千恵美, 鉾井修一, 小椋大輔, 高田暁

    日本建築学会大会学術講演会, 2019年09月, 日本語, 日本建築学会, 金沢工業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢者介護福祉施設の室内温熱環境に関する研究(その3)建物全体の換気性状の解析

    今井悠喜, 高田暁, 鉾井修一, 小椋大輔, 伊庭千恵美

    日本建築学会大会学術講演会, 2019年09月, 日本語, 日本建築学会, 金沢工業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 物性値のばらつきが熱水分同時移動の解析結果に及ぼす影響 ALC の物性値一式の測定および既往の値との比較

    山本皓旦, 高田暁, 中嶋麻起子

    日本建築学会大会学術講演会, 2019年09月, 日本語, 日本建築学会, 金沢工業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ハイグロスコピック領域における熱水分同時移動の計算方法の比較

    Yuan Lu, 高田暁

    日本建築学会大会学術講演会, 2019年09月, 英語, 日本建築学会, 金沢工業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低湿度環境下での乾燥感に関する研究 (その 15)眼球における熱水分移動モデルと眼の乾燥感の非定常応答の予測

    高田暁

    日本建築学会大会学術講演会, 2019年09月, 日本建築学会, 金沢工業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 物性値のばらつきが熱水分同時移動の解析結果に及ぼす影響 ALC 物性値一式の測定と既往の値との比較

    山本皓旦, 高田暁, 松下敬幸, 中嶋麻起子

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2019年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低湿度環境下での乾燥感に関する研究 (その15)眼球における熱水分移動モデルと眼の乾燥感の非定常応答の予測

    高田暁

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2019年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 半地下空間における結露性状の解析(その2)夏期及び冬期における結露の対策

    高田 暁, 長野 洋太

    空気調和・衛生工学会近畿支部近畿支部学術研究発表会, 2019年03月, 日本語, 空気調和・衛生工学会, 大阪大学中之島センター, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 半地下空間における結露性状の解析(その1)地盤と接する室の熱湿気性状の把握

    長野 洋太, 高田 暁

    空気調和・衛生工学会近畿支部近畿支部学術研究発表会, 2019年03月, 日本語, 空気調和・衛生工学会, 大阪大学中之島センター, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 湿気環境から見た外皮性能

    高田 暁

    シンポジウム 多角的な視点から見た今後の外皮性能のあり方, 2019年03月, 日本語, 日本建築学会, 建築会館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 眼の乾燥感の低湿度に対する非定常応答-眼球表面での熱水分移動に基づく検討-

    大塚 伸, 高田 暁

    空気調和・衛生工学会近畿支部近畿支部学術研究発表会, 2019年03月, 日本語, 空気調和・衛生工学会, 大阪大学中之島センター, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非定常温冷感予測に関する研究―非定常状態における全身と局所の評価構造の差異―

    渡邉 優衣, 高田 暁

    第42回人間-生活環境系シンポジウム, 2018年12月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 摂南大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 半地下空間における結露性状に関する研究-地盤内水分の影響を考慮した解析モデルによる対策の検討-

    長野 洋太, 高田 暁

    第42回人間-生活環境系シンポジウム, 2018年12月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 摂南大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低湿度条件下での乾燥感に関する被験者実験

    高田 暁

    第42回人間-生活環境系シンポジウム, 2018年12月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 摂南大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢者介護福祉施設の室内環境の改善に関する研究―居住状態の建物における多数室換気解析―

    今井 悠喜, 高田 暁, 鉾井 修一, 小椋 大輔, 伊庭 千恵美

    第42回人間-生活環境系シンポジウム, 2018年12月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 摂南大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 眼の乾燥感の予測に向けた涙の蒸発・蓄積のモデリング

    大塚 伸, 高田 暁

    第42回人間-生活環境系シンポジウム, 2018年12月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 摂南大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 熱湿気物性値の集積状況と数値計算における問題点

    高田 暁, 梅野 徹也

    日本建築学会環境工学委員会熱環境運営委員会第48回熱シンポジウム, 2018年10月, 日本語, 日本建築学会, 京都大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低湿度曝露時における被験者の心理反応と健康

    高田 暁

    日本建築学会環境工学委員会熱環境運営委員会第48回熱シンポジウム, 2018年10月, 日本語, 日本建築学会, 京都大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非定常温冷感予測に関する研究(その5)全身温冷感予測式を用いた局所温冷感予測の可能性

    渡邉 優衣, 高田 暁

    日本建築学会大会学術講演会, 2018年09月, 日本語, 日本建築学会, 東北大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低湿度環境下での乾燥感に関する研究(その14)乾燥感の評価構造の解明に向けた被験者実験

    高田 暁, 濱 貴裕

    日本建築学会大会学術講演会, 2018年09月, 日本語, 日本建築学会, 東北大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地下空間における湿害の対策に関する研究 壁体の吸放湿を考慮した解析モデルによる検討

    長野 洋太, 高田 暁

    日本建築学会大会学術講演会, 2018年09月, 日本語, 日本建築学会, 東北大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 室内湿度の下限値に関する研究 被験者実験による低湿度に対する心理反応の検討

    高田 暁

    空気調和・衛生工学会大会, 2018年09月, 日本語, 空気調和・衛生工学会, 大同大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢者介護福祉施設の室内温熱環境に関する研究(その2)換気方式の変更による室内環境の改善策

    今井 悠喜, 高田 暁, 鉾井 修一, 小椋 大輔, 伊庭 千恵美

    日本建築学会大会学術講演会, 2018年09月, 日本語, 日本建築学会, 東北大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢者介護施設における給湯・温水システムのエネルギー使用量と熱損失の評価(その3) 年間のエネルギー消費傾向と給湯系統の配管熱損失の調査

    稲本 佳奈, 伊庭 千恵美, 鉾井 修一, 小椋 大輔, 高田 暁

    日本建築学会大会学術講演会, 2018年09月, 日本語, 日本建築学会, 東北大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 気流感を低減させるエアコンの暖房制御方法の開発

    佐藤 寿江, 山田 邦之, 高田 暁

    日本建築学会大会学術講演会, 2018年09月, 日本語, 日本建築学会, 東北大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非定常温冷感予測に関する研究(その5)全身温冷感予測式を用いた局所温冷感予測の可能性

    渡邉 優衣, 高田 暁

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2018年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪保健医療大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低湿度環境下での乾燥感に関する研究(その14)乾燥感の評価構造の解明に向けた被験者実験

    高田 暁, 濱 貴裕

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2018年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪保健医療大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地下空間における湿害の対策に関する研究 壁体の吸放湿を考慮した解析モデルによる検討

    長野 洋太, 高田 暁

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2018年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪保健医療大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢者介護福祉施設の室内温熱環境に関する研究(その2)換気方式の変更による室内環境の改善策

    今井 悠喜, 高田 暁, 鉾井 修一, 小椋 大輔, 伊庭 千恵美

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2018年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪保健医療大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢者介護施設における給湯・温水システムのエネルギー使用量と熱損失の定量的評価 年間のエネルギー消費傾向と給湯系統の配管熱損失の調査

    稲本 佳奈, 伊庭 千恵美, 鉾井 修一, 小椋 大輔, 高田 暁

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2018年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪保健医療大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非定常温冷感予測に関する研究―局所温冷感の特性と全身温冷感との関係―

    渡邉 優衣, 高田 暁

    第41回人間-生活環境系シンポジウム, 2017年12月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 信州大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 半地下空間における結露性状に関する研究-傾斜地に建つ集合住宅内の非居住状態での実測と解析-

    長野 洋太, 高田 暁

    第41回人間-生活環境系シンポジウム, 2017年12月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 信州大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低湿環境における乾燥感の評価構造に関する研究

    高田 暁, 濱 貴裕

    第41回人間-生活環境系シンポジウム, 2017年12月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 信州大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 着衣における熱水分移動・体温調節系・温冷感の解析モデル

    高田 暁

    第41回人間-生活環境系シンポジウム, 2017年12月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 信州大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 住宅全館の熱水分移動解析による非暖房室における結露性状の予測

    船本 正太, 高田 暁, 鉾井 修一, 小椋 大輔, 伊庭 千恵美, 飯田 賢司

    第41回人間-生活環境系シンポジウム, 2017年12月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 信州大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 寒冷地の高齢者介護施設における室内温熱環境の調査

    高田 暁, 鉾井 修一, 小椋 大輔, 伊庭 千恵美, 飯田 賢司

    第46回日本医療福祉設備学会, 2017年11月, 日本語, 第46回日本医療福祉設備学会, 東京・ビッグサイト, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 寒冷地の高齢者介護施設における給湯・温水エネルギー消費調査

    稲本 佳奈, 伊庭 千恵美, 鉾井 修一, 小椋 大輔, 高田 暁, 飯田 賢司

    第46回日本医療福祉設備学会, 2017年11月, 日本語, 第46回日本医療福祉設備学会, 東京・ビッグサイト, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 温冷感申告における個人差と温冷感の予測

    高田 暁

    日本建築学会環境工学委員会熱環境運営委員会第47回熱シンポジウム, 2017年11月, 日本語, 日本建築学会, 東京・建築会館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低湿度条件下での眼の乾燥感に関する研究 眼の状態と温熱環境条件の関係

    高田 暁

    空気調和・衛生工学会大会, 2017年09月, 日本語, 空気調和・衛生工学会, 高知工科大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • サーマルマネキンを用いた温熱環境評価法に関する研究(第5報)温冷感申告値の各部位における差異

    高田 暁, 渡邉 優衣, 石黒 晃子, 古賀 修

    空気調和・衛生工学会大会, 2017年09月, 日本語, 空気調和・衛生工学会, 高知工科大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • サーマルマネキンを用いた温熱環境評価法に関する研究(第4報)高齢被験者を含む実験による個人差の要因の検討

    高田 暁, 渡邉 優衣, 石黒 晃子, 古賀 修

    空気調和・衛生工学会大会, 2017年09月, 日本語, 空気調和・衛生工学会, 高知工科大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非定常温冷感予測に関する研究(その4)平均皮膚温と全身温冷感における個人差の検討

    渡邉 優衣, 高田 暁

    日本建築学会大会学術講演会, 2017年08月, 日本語, 日本建築学会, 広島工業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地盤が住宅の結露性状に及ぼす影響に関する研究(その2)地盤の熱容量がコンクリート壁体の吸放湿性状に及ぼす影響

    長野 洋太, 高田 暁

    日本建築学会大会学術講演会, 2017年08月, 日本語, 日本建築学会, 広島工業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢者介護施設の室内温熱環境に関する研究(その1)熱・空気環境の実測調査と改善策

    高田 暁, 鉾井 修一, 小椋 大輔, 伊庭 千恵美, 飯田 賢司

    日本建築学会大会学術講演会, 2017年08月, 日本語, 日本建築学会, 広島工業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢者介護施設における給湯・温水システムのエネルギー使用量と熱損失の定量的評価 その2 エネルギー使用内訳と温水暖房・浴槽昇温系統における結果の考察

    稲本 佳奈, 伊庭 千恵美, 鉾井 修一, 小椋 大輔, 高田 暁, 飯田 賢司

    日本建築学会大会学術講演会, 2017年08月, 日本語, 日本建築学会, 広島工業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢者介護施設における給湯・温水システムのエネルギー使用量と熱損失の定量的評価 その1 調査概要と給湯系統消費エネルギーの算定

    伊庭 千恵美, 稲本 佳奈, 鉾井 修一, 小椋 大輔, 高田 暁, 飯田 賢司

    日本建築学会大会学術講演会, 2017年08月, 日本語, 日本建築学会, 広島工業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非定常温冷感予測に関する研究(その4)平均皮膚温と全身温冷感における個人差の検討

    渡邉 優衣, 高田 暁

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2017年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪保健医療大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地盤が住宅の結露性状に及ぼす影響に関する研究(その2)地盤の熱容量がコンクリート壁体の吸放湿性状に及ぼす影響

    長野 洋太, 高田 暁

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2017年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪保健医療大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢者介護施設の室内温熱環境に関する研究(その1)熱・空気環境の実測調査と改善策

    高田 暁, 鉾井 修一, 小椋 大輔, 伊庭 千恵美, 飯田 賢司

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2017年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪保健医療大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢者介護施設における給湯・温水システムのエネルギー使用量と熱損失の定量的評価

    稲本 佳奈, 伊庭 千恵美, 鉾井 修一, 小椋 大輔, 高田 暁, 飯田 賢司

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2017年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪保健医療大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 乾燥感に配慮した室内温湿度の調整方法

    高田 暁

    日本建築学会環境工学委員会建築設備運営委員会第12回建築設備シンポジウム, 2016年10月, 日本語, 日本建築学会, 東京・建築会館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • サーマルマネキンを用いた温熱環境評価法に関する研究(第3 報)全身温冷感の個人差に関する被験者実験

    高田 暁, 石黒 晃子, 平尾 謙治, 古賀 修

    空気調和・衛生工学会大会, 2016年09月, 日本語, 空気調和・衛生工学会, 鹿児島大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非定常温冷感予測に関する研究(その3)全身温冷感に個人差が生じる要因の検討

    高田 暁, 小川 裕之

    日本建築学会大会学術講演会, 2016年08月, 日本語, 日本建築学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 冬季における寝室の温湿度環境改善に関する研究(その 2)室内温湿度解析における実態に即した計算条件の検討

    船本 正太, 高田 暁, 鉾井 修一, 小椋 大輔, 伊庭 千恵美, 飯田 賢司

    日本建築学会大会学術講演会, 2016年08月, 日本語, 日本建築学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低湿度環境下での乾燥感に関する研究(その13)湿度を変えた場合の皮膚含水率分布の測定

    石川 藍子, 高田 暁

    日本建築学会大会学術講演会, 2016年08月, 日本語, 日本建築学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地盤が住宅の結露性状に及ぼす影響に関する研究 斜面に建つ集合住宅での温湿度の実測と解析

    池永 健人, 高田 暁

    日本建築学会大会学術講演会, 2016年08月, 日本語, 日本建築学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 人体熱モデルへの適用を目的とした着衣内熱水分移動モデル(その8)着衣内空気層での換気を考慮した非定常解

    大崎 智寛, 高田 暁

    日本建築学会大会学術講演会, 2016年08月, 日本語, 日本建築学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非定常温冷感予測に関する研究(その3)全身温冷感に個人差が生じる要因の検討

    高田 暁, 小川 裕之

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2016年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 冬季における寝室の温湿度環境改善に関する研究(その 2)室内温湿度解析における実態に即した計算条件の検討

    船本 正太, 高田 暁, 鉾井 修一, 小椋 大輔, 伊庭 千恵美, 飯田 賢司

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2016年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低湿度環境下での乾燥感に関する研究(その13)湿度を変えた場合の皮膚含水率分布の測定

    石川 藍子, 高田 暁

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2016年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地盤が住宅の結露性状に及ぼす影響に関する研究 斜面に建つ集合住宅での温湿度の実測と解析

    池永 健人, 高田 暁

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2016年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 人体熱モデルへの適用を目的とした着衣内熱水分移動モデル(その8)着衣内空気層での換気を考慮した非定常解

    大崎 智寛, 高田 暁

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2016年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 皮膚含水率の変動特性と個体差に関する検討

    高田 暁

    第39回人間-生活環境系シンポジウム, 2015年11月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 皮膚温変化率が全身温冷感に与える影響

    小川 裕之, 高田 暁

    第39回人間-生活環境系シンポジウム, 2015年11月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 着衣内空気層での換気を考慮した人体周りの熱水分移動の非定常解析

    大崎 智寛, 高田 暁

    第39回人間-生活環境系シンポジウム, 2015年11月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 数値流体解析による着衣内空気層の部位別熱抵抗の算出

    木村 理沙, 高田 暁

    第39回人間-生活環境系シンポジウム, 2015年11月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非定常温冷感予測に関する研究 (その1)皮膚温の部位差を考慮した全身温冷感予測モデルの検討

    小川 裕之, 高田 暁

    日本建築学会大会学術講演会, 2015年09月, 日本語, 日本建築学会, 神奈川, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 冬季における寝室の温湿度環境改善に関する研究 温湿度解析による断熱改修効果の定量的評価

    高田 暁, 三宅 遼太, 鉾井 修一, 小椋 大輔, 伊庭 千恵美, 飯田 賢司

    日本建築学会大会学術講演会, 2015年09月, 日本語, 日本建築学会, 神奈川, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 伝統的建材の湿気物性に関する研究(その2) ハイグロスコピックモデルの高湿度条件への適用可能性

    森山 直哉, 高田 暁

    日本建築学会大会学術講演会, 2015年09月, 日本語, 日本建築学会, 神奈川, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低湿度環境下での乾燥感に関する研究(その12)眼球表面温度の測定と予測モデルの検討

    伊藤 好崇, 高田 暁

    日本建築学会大会学術講演会, 2015年09月, 日本語, 日本建築学会, 神奈川, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低湿度環境下での乾燥感に関する研究(その11)口腔水分量を用いた量的評価および乾燥感の気道内部位別特性の検討

    鶴見 隆太, 高田 暁

    日本建築学会大会学術講演会, 2015年09月, 日本語, 日本建築学会, 神奈川, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 着衣内空気層の部位別熱抵抗の測定および形状データに基づく推定

    木村 理沙, 高田 暁

    日本建築学会大会学術講演会, 2015年09月, 日本語, 日本建築学会, 神奈川, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 人体熱モデルへの適用を目的とした着衣内熱水分移動モデル(その7)強制対流時における着衣内空気層の換気性状解析

    大崎 智寛, 高田 暁, 佐々木 絢葉

    日本建築学会大会学術講演会, 2015年09月, 日本語, 日本建築学会, 神奈川, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高層ビル全体の換気性状に関する研究 エレベーター扉前後の差圧に影響を及ぼす要因

    四宮 直人, 高田 暁, 牛尾 智秋

    日本建築学会大会学術講演会, 2015年09月, 日本語, 日本建築学会, 神奈川, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 眼の乾燥感に与える温熱環境の影響に関する研究 眼球表面温度の測定と予測モデルの検討

    伊藤 好崇, 高田 暁

    空気調和・衛生工学会大会, 2015年09月, 日本語, 空気調和・衛生工学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • サーマルマネキンを用いた温熱環境評価法に関する研究(第2 報)等価温度と温冷感申告の対応関係

    高田 暁, 木村 理沙, 小川 裕之, 叶 喜代森, 平尾 謙治

    空気調和・衛生工学会大会, 2015年09月, 日本語, 空気調和・衛生工学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • サーマルマネキンを用いた温熱環境評価法に関する研究(第1 報)気温の変動に対するマネキン表面熱流の非定常応答特性の測定

    高田 暁, 小川 裕之, 木村 理沙, 叶 喜代森, 平尾 謙治

    空気調和・衛生工学会大会, 2015年09月, 日本語, 空気調和・衛生工学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非定常温冷感予測に関する研究 (その1)皮膚温の部位差を考慮した全身温冷感予測モデルの検討

    小川 裕之, 高田 暁

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2015年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 冬季における寝室の温湿度環境改善に関する研究 温湿度解析による断熱改修効果の定量的評価

    高田 暁, 三宅 遼太, 鉾井 修一, 小椋 大輔, 伊庭 千恵美, 飯田 賢司

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2015年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 伝統的建材の湿気物性に関する研究(その2) ハイグロスコピックモデルの高湿度条件への適用可能性

    森山 直哉, 高田 暁

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2015年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低湿度環境下での乾燥感に関する研究(その12)眼球表面温度の測定と予測モデルの検討

    伊藤 好崇, 高田 暁

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2015年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低湿度環境下での乾燥感に関する研究(その11)口腔水分量を用いた量的評価および乾燥感の気道内部位別特性の検討

    鶴見 隆太, 高田 暁

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2015年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 着衣内空気層の部位別熱抵抗の測定および形状データに基づく推定

    木村 理沙, 高田 暁

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2015年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 人体熱モデルへの適用を目的とした着衣内熱水分移動モデル(その7)強制対流時における着衣内空気層の換気性状解析

    大崎 智寛, 高田 暁, 佐々木 絢葉

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2015年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高層ビル全体の換気性状に関する研究 エレベーター扉前後の差圧に影響を及ぼす要因

    四宮 直人, 高田 暁, 牛尾 智秋

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2015年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非定常過程における全身温冷感予測式に関する研究‐多様な非定常過程に対する予測式の適用可能性についての検討‐

    小川 裕之, 高田 暁

    第38回人間-生活環境系シンポジウム, 2014年12月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 伝統的建材の熱湿気移動特性に関する研究-土壁を対象とした吸放湿過程に関する検討-

    森山 直哉, 高田 暁

    第38回人間-生活環境系シンポジウム, 2014年12月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 長期測定データに基づく皮膚含水率予測モデルの検討

    高田 暁

    第38回人間-生活環境系シンポジウム, 2014年12月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 着衣内空気層の換気性状に関する数値流体解析 着衣の通気抵抗の影響

    佐々木 絢葉, 高田 暁

    第38回人間-生活環境系シンポジウム, 2014年12月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 室内気流条件が着衣内空気層の部位別熱抵抗に与える影響

    木村 理沙, 高田 暁

    第38回人間-生活環境系シンポジウム, 2014年12月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高層ビル全体の換気性状の定量的予測に関する研究 EV扉前後の差圧の実測値と計算値の比較

    四宮 直人, 高田 暁, 牛尾 智秋

    第38回人間-生活環境系シンポジウム, 2014年12月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 眼の乾燥感に与える温熱環境の影響に関する研究-眼球表面温度予測モデルの検討-

    伊藤 好崇, 高田 暁

    第38回人間-生活環境系シンポジウム, 2014年12月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 湿気の人・財産・建築に与える影響

    高田 暁

    日本建築学会環境工学委員会熱環境運営委員会第44回熱シンポジウム, 2014年10月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 室内温熱環境下での皮膚含水率の非定常応答に関する研究

    開原 典子, 高田 暁

    日本建築学会環境工学委員会熱環境運営委員会第44回熱シンポジウム, 2014年10月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非定常温冷感予測に関する研究 (その1)皮膚温の部位差を考慮した全身温冷感予測モデルの検討

    小川 裕之, 高田 暁

    日本建築学会大会学術講演会, 2014年09月, 日本語, 日本建築学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 伝統的建材の湿気物性に関する研究 (その1)土壁と漆喰の湿気伝導率測定

    森山 直哉, 高田 暁

    日本建築学会大会学術講演会, 2014年09月, 日本語, 日本建築学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低湿度環境下での乾燥感に関する研究 (その9)気道内熱水分移動解析モデルに基づく乾燥感予測の検討

    高田 暁, 山田 直毅

    日本建築学会大会学術講演会, 2014年09月, 日本語, 日本建築学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低湿度環境下での乾燥感に関する研究 (その8)温湿度が気道内の乾燥感と熱水分移動に及ぼす影響に関する被験者実験

    山田 直毅, 高田 暁

    日本建築学会大会学術講演会, 2014年09月, 日本語, 日本建築学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低湿度環境下での乾燥感に関する研究 (その7)温湿度・気流による眼球表面温度・瞬目の変化

    伊藤 好崇, 高田 暁

    日本建築学会大会学術講演会, 2014年09月, 日本語, 日本建築学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低湿度環境下での乾燥感に関する研究 (その10)人体周囲の温湿度変化や生活行動が皮膚含水率に与える影響の解析

    開原 典子, 高田 暁

    日本建築学会大会学術講演会, 2014年09月, 日本語, 日本建築学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 人体熱モデルへの適用を目的とした着衣内熱水分移動モデル (その6)空調機の吹出し気流が着衣内空気層の換気性状に及ぼす影響

    佐々木 絢葉, 高田 暁

    日本建築学会大会学術講演会, 2014年09月, 日本語, 日本建築学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高層ビル全体の換気性状の予測に関する研究 冬季におけるエレベーター扉前後の差圧データの解析

    四宮 直人, 高田 暁, 牛尾 智秋

    日本建築学会大会学術講演会, 2014年09月, 日本語, 日本建築学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非定常温冷感予測に関する研究 (その1)皮膚温の部位差を考慮した全身温冷感予測モデルの検討

    小川 裕之, 高田 暁

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2014年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 伝統的建材の湿気物性に関する研究 (その1)土壁と漆喰の湿気伝導率測定

    森山 直哉, 高田 暁

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2014年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低湿度環境下での乾燥感に関する研究 (その9)気道内熱水分移動解析モデルに基づく乾燥感予測の検討

    高田 暁, 山田 直毅

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2014年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低湿度環境下での乾燥感に関する研究 (その8)温湿度が気道内の乾燥感と熱水分移動に及ぼす影響に関する被験者実験

    山田 直毅, 高田 暁

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2014年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低湿度環境下での乾燥感に関する研究 (その7)温湿度・気流による眼球表面温度・瞬目の変化

    伊藤 好崇, 高田 暁

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2014年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低湿度環境下での乾燥感に関する研究 (その10)人体周囲の温湿度変化や生活行動が皮膚含水率に与える影響の解析

    開原 典子, 高田 暁

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2014年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 人体熱モデルへの適用を目的とした着衣内熱水分移動モデル (その6)空調機の吹出し気流が着衣内空気層の換気性状に及ぼす影響

    佐々木 絢葉, 高田 暁

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2014年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高層ビル全体の換気性状の予測に関する研究 冬季におけるエレベーター扉前後の差圧データの解析

    四宮 直人, 高田 暁, 牛尾 智秋

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2014年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 着衣内空気層の換気性状に関する数値流体解析 空調機からの吹出し気流の影響

    佐々木 絢葉, 高田 暁

    第37回人間-生活環境系シンポジウム, 2013年12月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 室内温熱環境が喉の乾燥感にもたらす影響に関する被験者実験

    山田 直毅, 高田 暁

    第37回人間-生活環境系シンポジウム, 2013年12月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 眼の乾燥感に関する研究 瞬き時における眼の表面温度の測定

    高田 暁

    第37回人間-生活環境系シンポジウム, 2013年12月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • デスクワーク中の室内温湿度変化に伴う皮膚含水率の実態調査

    開原 典子, 高田 暁

    第37回人間-生活環境系シンポジウム, 2013年12月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 着衣における熱・空気・湿気の移動を考慮した体温と温冷感の予測

    高田 暁

    日本繊維製品消費科学会 第46回快適性を考えるシンポジウム, 2013年10月, 日本語, 日本繊維製品消費科学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • オフィスにおける次世代型温熱快適域

    高田 暁

    日本建築学会環境工学委員会熱環境運営委員会第43回熱シンポジウム, 2013年10月, 日本語, 日本建築学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 人体熱モデルを用いた温熱快適性予測の現状と課題

    高田 暁

    精密工学会秋季大会シンポジウム, 2013年09月, 日本語, 精密工学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 土壁の吸放湿特性に関する研究 平衡含水率曲線の測定と居室の温湿度解析

    高田 暁, 宇野 勇治, 太田 昌宏

    日本建築学会大会, 2013年08月, 日本語, 日本建築学会, 北海道, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低湿度環境下での乾燥感に関する研究(その6)気道内温湿度の実測値に基づくモデルの検討

    山田 直毅, 高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会大会, 2013年08月, 日本語, 日本建築学会, 北海道, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高層ビルにおける煙突効果抑制に関する研究 エレベーターシャフトに設ける外部開口を通しての自然換気の効果

    吉本 衣里, 高田 暁, 牛尾 智秋

    日本建築学会大会, 2013年08月, 日本語, 日本建築学会, 北海道, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 土壁の吸放湿特性に関する研究 平衡含水率曲線の測定と居室の温湿度解析

    高田 暁, 宇野 勇治, 太田 昌宏

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2013年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低湿度環境下での乾燥感に関する研究(その6)気道内温湿度の実測値に基づくモデルの検討

    山田 直毅, 高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2013年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高層ビルにおける煙突効果抑制に関する研究 エレベーターシャフトに設ける外部開口を通しての自然換気の効果

    吉本 衣里, 高田 暁, 牛尾 智秋

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2013年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 着衣における熱・水分移動評価

    高田 暁

    日本建築学会環境工学委員会シンポジウム 温熱環境評価における近年の着衣の取り扱いと今後の展開, 2013年02月, 日本語, 日本建築学会, 東京, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 気道内熱水分移動モデルに基づく低湿時の室内温熱環境調整法に関する研究

    山田 直毅, 高田 暁

    第36回人間-生活環境系シンポジウム, 2012年12月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 換気回路網計算による着衣内換気の予測

    今井 亜希子, 高田 暁, 松下 敬幸

    第36回人間-生活環境系シンポジウム, 2012年12月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • オフィスチェアへの着座が人体の非定常温熱生理応答に及ぼす影響

    高田 暁

    第36回人間-生活環境系シンポジウム, 2012年12月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 人体の形状を考慮したCFD解析に基づく着衣内空気層での換気のモデル化

    今井 亜希子, 高田 暁, 松下 敬幸

    第33回日本熱物性シンポジウム, 2012年10月, 日本語, 日本熱物性学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 眼球からの水分蒸発のモデル化 低湿度環境条件下での乾燥感に関する検討

    高田 暁

    第33回日本熱物性シンポジウム, 2012年10月, 日本語, 日本熱物性学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • オフィスチェア着座時における人体の非定常温熱生理応答

    高田 暁

    第33回日本熱物性シンポジウム, 2012年10月, 日本語, 日本熱物性学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非定常状態における全身温冷感予測に関する研究-皮膚温変化の不均一さに対応した予測式の提案-

    松本 祥, 高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会大会, 2012年09月, 日本語, 日本建築学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低湿度環境下での乾燥感に関する研究(その4)眼球および気道からの水分蒸発モデルに関する検討

    高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会大会, 2012年09月, 日本語, 日本建築学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低湿度環境下での乾燥感に関する研究(その5)室内の湿度変化に対する皮膚含水率の非定常応答

    開原典子, 高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会大会, 2012年09月, 日本語, 日本建築学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 人体熱モデルへの適用を目的とした着衣内熱水分移動モデル(その5)CFD解析による着衣内空気層の形状と換気性状の関係の検討

    今井 亜希子, 高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会大会, 2012年09月, 日本語, 日本建築学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 寝具・寝衣における熱水分移動と人体の温熱生理応答の解析

    高田 暁, 鉾井 修一, 石黒 晃子

    第21回日本睡眠環境学会学術大会, 2012年08月, 日本語, 日本睡眠環境学会, 奈良, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 非定常状態における全身温冷感予測に関する研究-皮膚温変化の不均一さに対応した予測式の提案-

    松本 祥, 高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2012年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低湿度環境下での乾燥感に関する研究(その4)眼球および気道からの水分蒸発モデルに関する検討

    高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2012年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低湿度環境下での乾燥感に関する研究(その5)室内の湿度変化に対する皮膚含水率の非定常応答

    開原典子, 高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2012年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 人体熱モデルへの適用を目的とした着衣内熱水分移動モデル(その5)CFD解析による着衣内空気層の形状と換気性状の関係の検討

    今井 亜希子, 高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2012年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 着衣における熱水分移動を考慮した温熱快適性の解析

    高田 暁

    日本熱物性シンポジウム, 2011年11月, 日本語, 日本熱物性学会, 横浜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 室内の湿度変化に対する皮膚含水率分布の応答 ラマン分光装置による測定と熱水分同時移動方程式による解析

    高田 暁, 開原 典子

    日本熱物性シンポジウム, 2011年11月, 日本語, 日本熱物性学会, 横浜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 室内の湿度変化に対する皮膚含水率の応答-低湿時の乾燥感評価のための基礎的検討-

    高田 暁, 開原 典子

    日本生気象学会大会, 2011年11月, 日本語, 日本生気象学会, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 人体熱モデルによる発汗時の数値シミュレーション

    高田 暁

    第19回発汗学会総会, 2011年09月, 日本語, 日本発汗学会, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 乾燥感の評価構造に関する研究 乾燥感の部位別特性と室内温熱環境条件との関係

    高田 暁

    空気調和・衛生工学会大会, 2011年09月, 日本語, 空気調和・衛生工学会, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非定常状態における温冷感予測に関する研究 代謝量が変化する過程への2次元温冷感マップの適用可能性

    松本 祥, 高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会大会, 2011年08月, 日本語, 日本建築学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低湿度環境下での乾燥感に関する研究 その3 室内の温湿度変化に対する皮膚表層水分の応答

    開原 典子, 高田 暁

    日本建築学会大会, 2011年08月, 日本語, 日本建築学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低湿度環境下での乾燥感に関する研究 (その2)気道における熱水分移動解析モデルの提案

    木村 裕太郎, 高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会大会, 2011年08月, 日本語, 日本建築学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低湿度環境下での乾燥感に関する研究 (その1)皮膚および眼球表面からの蒸発量予測のための基礎的検討

    高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会大会, 2011年08月, 日本語, 日本建築学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 人体熱モデルを用いた入浴時の温熱生理反応の解析

    東 浩太郎, 高田 暁, 鉾井 修一, 仲嶋 正訓, 山手 美穂, 松下 敬幸

    日本建築学会大会, 2011年08月, 日本語, 日本建築学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 人体熱モデルへの適用を目的とした着衣内熱水分移動モデル その4 着衣内空気層の形状データに基づいたCFD解析

    夕部 貴史, 高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会大会, 2011年08月, 日本語, 日本建築学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 人体熱モデルへの適用を目的とした着衣内熱水分移動モデル その3 形状データに基づく着衣内空気層の熱湿気抵抗の推定

    今井 亜希子, 夕部 貴史, 高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会大会, 2011年08月, 日本語, 日本建築学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 実住宅に導入されたクールチューブの熱湿気性状の解析 複雑な形状を有する管の簡易モデルに基づく解析と管内空気質評価

    高田 暁, 中川 浩, 松下 敬幸

    日本建築学会大会, 2011年08月, 日本語, 日本建築学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 局所冷暖房に対する睡眠時の温熱生理反応

    日比野 裕, 鉾井 修一, 吉田 勝亮, 高田 暁, 仲嶋 正訓, 山手 美穂

    日本建築学会大会, 2011年08月, 日本語, 日本建築学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 外気冷房時におけるエレベーターシャフト周辺の温湿度性状に関する検討

    谷口 桂悟, 高田 暁, 開原 典子, 松下 敬幸

    日本建築学会大会, 2011年08月, 日本語, 日本建築学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 加圧煙制御の遮煙開口部における流量測定に関する研究 -模型実験による外開き扉の常温時における簡易流量測定法の検討-

    松下 敬幸, 岸上 昌史, 藤田 浩司, 高田 暁

    日本建築学会大会, 2011年08月, 日本語, 日本建築学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 加圧煙制御における給気量に関する研究 -空気逃し開口部の設置高さ及び漏気側の煙突効果の影響についての検討-

    岸上 昌史, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 高田 暁

    日本建築学会大会, 2011年08月, 日本語, 日本建築学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非定常状態における温冷感予測に関する研究 代謝量が変化する過程への2次元温冷感マップの適用可能性

    松本 祥, 高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2011年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低湿度環境下での乾燥感に関する研究 (その2)気道における熱水分移動解析モデルの提案

    木村 裕太郎, 高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2011年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低湿度環境下での乾燥感に関する研究 (その1)皮膚および眼球表面からの蒸発量予測のための基礎的検討

    高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2011年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低湿度環境下での乾燥感に関する研究 その3 室内の温湿度変化に対する皮膚表層水分の応答

    開原典子, 高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2011年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 人体熱モデルを用いた入浴時の温熱生理反応の解析

    東 浩太郎, 高田 暁, 鉾井 修一, 仲嶋 正訓, 山手 美穂, 松下 敬幸

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2011年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 人体熱モデルへの適用を目的とした着衣内熱水分移動モデル その4 着衣内空気層の形状データに基づいたCFD解析

    夕部 貴史, 高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2011年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 人体熱モデルへの適用を目的とした着衣内熱水分移動モデル その3 形状データに基づく着衣内空気層の熱湿気抵抗の推定

    今井 亜希子, 高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2011年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 実住宅に導入されたクールチューブの熱湿気性状の解析 複雑な形状を有する管の簡易モデルに基づく解析と管内空気質評価

    高田 暁, 中川 浩, 松下 敬幸

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2011年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 局所冷暖房に対する睡眠時の温熱生理反応

    日比野 裕, 鉾井 修一, 吉田 勝亮, 高田 暁, 仲嶋 正訓, 山手 美穂

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2011年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 外気冷房時におけるエレベーターシャフト周辺の温湿度性状に関する検討

    谷口 桂悟, 高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2011年06月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 加圧煙制御における給気量に関する研究 -空気逃し開口部の設置高さ及び漏気側の煙突効果の影響についての検討-

    岸上 昌史, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 高田 暁

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2011年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪府, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非定常状態における温冷感予測に関する研究―代謝量が変化する過程への2 次元温冷感マップの適用可能性―

    松本 祥, 高田 暁

    第33回人間-生活環境系シンポジウム, 2010年11月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非定常状態における温冷感予測に関する研究‐皮膚温を用いた2次元温冷感マップの提案

    松本 祥, 高田 暁

    第49回日本生気象学会大会, 2010年11月, 日本語, 日本生気象学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 着衣内空気層における換気性状のCFD解析

    夕部 貴史, 高田 暁

    第33回人間-生活環境系シンポジウム, 2010年11月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 居住者の乾燥意識に配慮した室内温湿度の形成に関する研究-低湿度条件下における皮膚表面での水分蒸発に関する数値計算-

    高田 暁, 谷口 桂悟, 開原 典子

    第33回人間-生活環境系シンポジウム, 2010年11月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 居住者の乾燥意識に配慮した室内温湿度の形成に関する研究-湿度変化に対する皮膚表層水分率の応答-

    開原 典子, 高田 暁

    第33回人間-生活環境系シンポジウム, 2010年11月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 換気計算による高層ビル内の湿度・空気質・空調負荷の分布特性の検討

    谷口 桂悟, 高田 暁

    第33回人間-生活環境系シンポジウム, 2010年11月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 乾燥感の評価構造に関する研究 人体熱モデルを用いた解析とアンケート調査

    高田 暁

    第49回日本生気象学会大会, 2010年11月, 日本語, 日本生気象学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • シャワー浴時の浴室内気流性状のCFD解析

    東 浩太郎, 高田 暁

    第33回人間-生活環境系シンポジウム, 2010年11月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低湿度環境下における人体表面での水分移動と乾燥感

    高田 暁

    日本建築学会環境工学委員会熱環境運営委員会第40回熱シンポジウム, 2010年10月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 湿害に関する学会規準案の概要

    高田 暁

    日本建築学会環境工学委員会熱環境運営委員会第40回熱シンポジウム, 2010年10月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非定常状態における温冷感予測に関する研究 皮膚温を用いた2次元温冷感マップの提案

    松本 祥, 高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会大会, 2010年09月, 日本語, 日本建築学会, 富山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 冬季における室内湿度および居住者の室内湿度に対する評価の実態

    谷口 桂悟, 高田 暁, 開原 典子, 松下 敬幸

    日本建築学会大会, 2010年09月, 日本語, 日本建築学会, 富山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 単一ガス濃度測定による多数室間隙間量推定に関する研究-非線形連立方程式の数値解法を用いた隙間量推定法の検討-

    岩本 憲, 藤田 浩司, 松下 敬幸, 高田 暁

    日本建築学会大会, 2010年09月, 日本語, 日本建築学会, 富山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 睡眠時の快適な温熱環境の形成に関する研究 その3 入浴前から起床に至る過程の実験と解析

    吉田 勝亮, 鉾井 修一, 高田 暁, 仲嶋 正訓, 福永 浩, 石黒 晃子

    日本建築学会大会, 2010年09月, 日本語, 日本建築学会, 富山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 人体熱モデルへの適用を目的とした着衣内熱水分移動モデル その2 着衣内空気層における換気性状に関するCFD解析

    夕部 貴史, 高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会大会, 2010年09月, 日本語, 日本建築学会, 富山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 人体熱モデルへの適用を目的とした着衣内熱水分移動モデル (その1)着衣内空気層の形状測定と空気層内での熱水分移動のモデル化

    高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会大会, 2010年09月, 日本語, 日本建築学会, 富山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 戸建住宅における地中熱を活かした換気熱損失低減に関する研究 その2 複数住戸の連結したヒート&クールチューブの実測結果

    中川 浩, 高田 暁, 佐藤 寛, 竹内 ゆう

    日本建築学会大会, 2010年09月, 日本語, 日本建築学会, 富山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 居住者の乾燥意識に配慮した室内温湿度の形成に関する研究 その2 皮膚水分率と室内温湿度との関係

    開原 典子, 高田 暁

    日本建築学会大会, 2010年09月, 日本語, 日本建築学会, 富山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 乾燥感の評価構造に関する研究 人体熱モデルを用いた解析とアンケート調査

    高田 暁, 松下 敬幸

    空気調和・衛生工学会平成21年度学術講演会, 2010年09月, 日本語, 空気調和・衛生工学会, 山口, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 加圧煙制御の告示に対応した給気量算定と火災時との対応関係

    岸上 昌史, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 高田 暁

    日本建築学会大会, 2010年09月, 日本語, 日本建築学会, 富山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 温・冷風と熱交換を行う潜熱蓄熱体の蓄熱量及び流出空気温度の推定法

    下町 浩二, 藤田 浩司, 松下 敬幸, 高田 暁

    日本建築学会大会, 2010年09月, 日本語, 日本建築学会, 富山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • シャワー浴時における浴室の温熱環境と人体の温熱生理反応の連成解析

    東 浩太郎, 高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会大会, 2010年09月, 日本語, 日本建築学会, 富山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 単一ガス濃度測定による多数室間隙間量推定に関する研究-非線形連立方程式の数値解法を用いた隙間量推定法の検討-

    岩本 憲, 藤田 浩司, 松下 敬幸, 高田 暁

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2010年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪府, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 加圧煙制御の給気量算定における常温時と火災時との対応関係

    岸上 昌史, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 高田 暁

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2010年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪府, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 温・冷風と熱交換を行う潜熱蓄熱体の蓄熱量及び流出空気温度の推定法

    下町 浩二, 藤田 浩司, 松下 敬幸, 高田 暁

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2010年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪府, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 解析モデルに基づく体温調節系および温冷感の非定常特性の予測

    高田 暁

    日本建築学会環境工学委員会シンポジウム 人間と温熱環境における非定常性のとらえ方, 2010年03月, 日本語, 日本建築学会, 東京, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 発汗条件における着衣周辺の熱水分移動の解析-液相の汗の移動モデル-

    夕部 貴史, 高田 暁

    第33回人間-生活環境系シンポジウム, 2009年11月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 着衣と皮膚の間に存在する空気層の形状測定と空気層内での熱水分移動のモデル化

    高田 暁

    第33回人間-生活環境系シンポジウム, 2009年11月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • エントランス開放に起因する高層ビルのエレベータシャフトにおける煙突効果抑制に関する研究 その2

    戒能 慧邦, 高田 暁, 牛尾 智秋, 松下 敬幸

    第33回人間-生活環境系シンポジウム, 2009年11月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Two-node modelによる定常状態での皮膚温の再現性 多人数の平均的性状に対する再現性の検討

    崎山 拓也, 高田 暁

    第33回人間-生活環境系シンポジウム, 2009年11月, 日本語, 人間-生活環境系学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 着衣と皮膚の間に存在する空気層の形状と伝熱性状に関する検討

    高田 暁

    第30回日本熱物性シンポジウム, 2009年10月, 日本語, 日本熱物性学会, 山形, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 換気を考慮した着衣の熱水分同時移動モデルに関する研究-発汗を伴う条件下での被験者実験結果に基づくパラメータ推定-

    夕部 貴史, 高田 暁

    第30回日本熱物性シンポジウム, 2009年10月, 日本語, 日本熱物性学会, 山形, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 着衣と皮膚の間に存在する空気層における熱水分移動に関する研究 空気層の形状および熱コンダクタンスの測定

    高田 暁, 松下 敬幸

    空気調和・衛生工学会平成21年度学術講演会, 2009年09月, 日本語, 空気調和・衛生工学会, 熊本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高層エレベーターシャフトにおける煙突効果に関する研究(その3)換気回路網計算による煙突効果抑止対策の検討

    戒能 慧邦, 高田 暁, 牛尾 智秋, 松下 敬幸

    空気調和・衛生工学会平成21年度学術講演会, 2009年09月, 日本語, 空気調和・衛生工学会, 熊本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非定常状態における温冷感予測式に関する研究 皮膚温を用いた予測式の提案

    高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会大会, 2009年08月, 日本語, 日本建築学会, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 着衣における熱水分同時移動の解析 着衣の水分容量が人体の温熱生理反応に及ぼす影響

    夕部 貴史, 高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会大会, 2009年08月, 日本語, 日本建築学会, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地下空間火災時における集合竪シャフトを用いた階段加圧煙制御に関する研究

    内堀 友恵, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 高田 暁

    日本建築学会大会, 2009年08月, 日本語, 日本建築学会, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 単一ガス濃度測定による多数室間隙間量推定に関する研究-3室5開口の場合-

    岩本 憲, 藤田 浩司, 松下 敬幸, 高田 暁

    日本建築学会大会, 2009年08月, 日本語, 日本建築学会, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 生活空間における温熱生理反応の年内変動に関する研究 人体熱モデルによる解析

    三浦 貴弘, 高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会大会, 2009年08月, 日本語, 日本建築学会, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 睡眠時の快適な温熱環境の形成に関する研究 その2 入浴前から起床に至る過程の実験と解析

    吉田 勝亮, 鉾井 修一, 高田 暁, 石黒 晃子

    日本建築学会大会, 2009年08月, 日本語, 日本建築学会, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 睡眠時の快適な温熱環境の形成に関する研究 その1 冬季の局所空調条件における睡眠実験

    石黒 晃子, 鉾井 修一, 高田 暁, 吉田 勝亮

    日本建築学会大会, 2009年08月, 日本語, 日本建築学会, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 新旧のTwo-node modelによる安静時の皮膚温の再現性 被験者実験に基づく検討

    崎山 拓也, 高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会大会, 2009年08月, 日本語, 日本建築学会, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 床下暖房時の基礎断熱住宅基礎部からの熱損失の定量的評価

    門脇 綾, 藤田 浩司, 松下 敬幸, 高田 暁

    日本建築学会大会, 2009年08月, 日本語, 日本建築学会, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 戸建住宅における地中熱を活かした換気熱損失低減に関する研究 複数住戸の連結したヒート&クールチューブの提案

    中川 浩, 高田 暁, 佐藤 寛

    日本建築学会大会, 2009年08月, 日本語, 日本建築学会, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 居住者の乾燥意識に配慮した室内温湿度の形成に関する研究(その1) 暖房時を想定した皮膚水分率の測定定常状態における温冷感予測式に関する研究 皮膚温を用いた予測式の提案

    開原 典子, 高田 暁

    日本建築学会大会, 2009年08月, 日本語, 日本建築学会, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 加圧煙制御システムの常温における確認方法に関する研究

    岸上 昌史, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 高田 暁

    日本建築学会大会, 2009年08月, 日本語, 日本建築学会, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 温風と熱交換を行う顕熱蓄熱体の蓄熱量推定法に関する研究

    下町 浩二, 藤田 浩司, 松下 敬幸, 高田 暁

    日本建築学会大会, 2009年08月, 日本語, 日本建築学会, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • エントランス開放に起因する高層ビルのエレベーターシャフトにおける煙突効果抑制に関する研究

    戒能 慧邦, 高田 暁, 牛尾 智秋, 松下 敬幸

    日本建築学会大会, 2009年08月, 日本語, 日本建築学会, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • IH調理器上の気流性状に関する研究-周壁による温度及び速度分布への影響の検討-

    村井 麻里子, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 高田 暁

    日本建築学会大会, 2009年08月, 日本語, 日本建築学会, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 単一ガス濃度測定による多数室間隙間量推定に関する研究-3室5開口の場合の平面近似を用いた隙間量推定法の検討-

    岩本 憲, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 高田 暁

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2009年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪府, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 床下暖房時の基礎断熱住宅基礎部からの熱損失の定量的評価

    門脇 綾, 藤田 浩司, 松下 敬幸, 高田 暁

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2009年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪府, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 加圧煙制御システムの常温における確認方法に関する研究

    岸上 昌史, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 高田 暁

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2009年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪府, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 温風と熱交換を行う顕熱蓄熱体の蓄熱量推定法に関する研究

    下町 浩二, 藤田 浩司, 松下 敬幸, 高田 暁

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2009年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪府, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • IH調理器上の気流性状に関する研究-周壁による温度及び速度分布への影響及び測定方法の検討-

    村井 麻里子, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 高田 暁

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2009年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪府, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 入浴による熱・湿気発生のモデル化 浴槽及びシャワーからの熱・湿気発生

    堀川 浩嗣, 高田 暁

    第32回人間-生活環境系シンポジウム, 2008年11月, 日本語, 韓国 済州島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • エントランス開放に起因する高層ビルのエレベータシャフトにおける煙突効果抑制に関する研究

    戒能 慧邦, 高田 暁, 牛尾 智秋, 松下 敬幸

    第32回人間-生活環境系シンポジウム, 2008年11月, 日本語, 韓国 済州島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Two-node modelによる椅座安静時の皮膚温・深部温の再現性 非定常温熱環境での被験者実験に基づく検討

    崎山 拓也, 高田 暁

    第32回人間-生活環境系シンポジウム, 2008年11月, 日本語, 韓国 済州島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Individual difference in transient thermophysiological responses to change in air temperature, A study based on subject experiments for sedentary case

    高田 暁, 小林 弘明, 崎山 拓也

    2008 Korea-Japan Joint Conference on Wellness @ Living Environment, 2008年11月, 英語, 韓国 済州島, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 体温調節系における個体差の定量化に関する研究(その6) 1986年版Two-node modelに含まれる係数値に関する検討

    崎山 拓也, 高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会大会学術講演会, 2008年09月, 日本語, 日本建築学会, 広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 体温調節系における個体差の定量化に関する研究(その5) Passive systemにおける個体の特性が温熱生理反応に与える影響

    高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会大会学術講演会, 2008年09月, 日本語, 日本建築学会, 広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 深部温を制御目標とする最適空調制御

    田中 宏明, 鉾井 修一, 高田 暁

    日本建築学会大会学術講演会, 2008年09月, 日本語, 日本建築学会, 広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 戸建住宅における床下空気導入換気方式に関する研究 住宅の実測と数値解析に基づく地盤の熱容量の影響評価

    中川 浩, 高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会大会学術講演会, 2008年09月, 日本語, 広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 基礎断熱住宅における床下暖房に関する研究 -間欠暖房時における居室の暖房立ち上がり速度改善の検討-

    門脇 綾, 藤田 浩司, 松下 敬幸, 高田 暁

    日本建築学会大会, 2008年09月, 日本語, 日本建築学会, 広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • カーテンが窓の熱貫流抵抗に及ぼす影響 重力換気を考慮した伝熱解析

    戒能 慧邦, 高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会大会学術講演会, 2008年09月, 日本語, 広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • IH調理器上の気流性状に関する研究 -周壁による温度及び速度分布への影響の検討-

    村井 麻里子, 松下 敬幸, 高田 暁, 藤田 浩司

    日本建築学会大会, 2008年09月, 日本語, 日本建築学会, 広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 基礎断熱住宅における床下暖房に関する研究 -間欠暖房時における居室の暖房立ち上がり速度改善の検討-

    門脇 綾, 松下 敬幸, 高田 暁, 藤田 浩司

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2008年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 単一ガス濃度測定による多数室間隙間量推定に関する研究 -実住宅を対象とした推定実験-

    西村 優子, 松下 敬幸, 高田 暁, 藤田 浩司

    日本建築学会大会, 2007年08月, 日本語, 日本建築学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 単一ガス濃度測定による多数室間隙間量推定に関する研究 -実住宅における実験および推定値の検討-

    西村 優子, 松下 敬幸, 高田 暁, 藤田 浩司

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2007年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 人体熱モデルと体温調節反応における個体差

    高田 暁, 小林 弘明

    日本建築学会環境工学委員会シンポジウム 人体熱モデル・熱環境シミュレーションの最前線, 2006年12月, 日本語, 日本建築学会, 東京, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 入浴時の非定常温熱生理応答 人体熱モデルによる検討

    高田 暁

    日本建築学会大会学術講演会, 2006年09月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地下空間における付室加圧煙制御に関する研究-集合竪シャフト排煙方式での漏煙の検討-

    秋山 哲哉, 松下 敬幸, 高田 暁

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2006年09月, 日本語, 日本建築学会, 横浜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地下空間における煙流動と煙制御に関する研究-地下8層の模型実験と一層ゾーンモデルによる数値解析-

    矢野 健太郎, 松下 敬幸, 高田 暁

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2006年09月, 日本語, 日本建築学会, 横浜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 単一ガス濃度測定による多数室間隙間量推定に関する研究 -CO2のみを用いた模型実験による推定法の妥当性の検討-

    西村 優子, 松下 敬幸, 高田 暁, 藤田 浩司

    日本建築学会大会, 2006年09月, 日本語, 日本建築学会, 神奈川, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 建築多孔質材料の吸放湿履歴に関する研究-細孔容積分布を用いた履歴の予測法-

    田中 徹彦, 松下 敬幸, 高田 暁, 安井 義貴

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2006年09月, 日本語, 日本建築学会, 横浜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • エレベータ利用避難のための煙制御における竪穴給気の給気量決定法

    高藤 大輔, 松下 敬幸, 高田 暁

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2006年09月, 日本語, 日本建築学会, 横浜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地下空間における煙流動と煙制御に関する研究-地下8層の模型実験と一層ゾーンモデルによる数値解析-

    矢野 健太郎, 松下 敬幸, 高田 暁

    日本建築学会近畿支部研究報告集, 2006年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 単一ガス濃度測定による多数室間隙間量推定に関する研究 -模型実験による推定法の妥当性の検討-

    西村 優子, 松下 敬幸, 高田 暁, 藤田 浩司

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2006年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 建築多孔質材料の吸放湿履歴に関する研究-細孔容積分布を用いた履歴の予測法-

    田中 徹彦, 松下 敬幸, 高田 暁, 安井 義貴

    日本建築学会近畿支部研究報告集, 2006年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 湿気に由来する建物の問題 -「湿害」をどのように捉えるべきか- 湿害の研究動向

    高田 暁

    日本建築学会熱シンポジウム, 2005年11月, 日本語, 日本建築学会, 滋賀, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 浴槽の断熱効果に関する研究 解析モデルによる熱損失及び室温の評価

    大谷 哲也, 高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会大会学術講演会, 2005年09月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地下空間における煙流動性状に関する研究-地下8層の模型実験-

    矢野 健太郎, 松下 敬幸, 高田 暁

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2005年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 集合竪ダクト方式の押出排煙ダクト設計法に関する研究

    秋山 哲哉, 松下 敬幸, 高田 暁

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2005年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 室内の化学物質濃度およびにおいに及ぼす湿度の影響

    宮西 良太, 高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会大会学術講演会, 2005年09月, 日本語, 日本建築学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • エレベータ利用避難のための加圧煙制御における給気量決定法に関する研究

    高藤 大輔, 松下 敬幸, 高田 暁

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2005年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 入浴時の非定常温熱生理応答 人体熱モデルによる検討

    高田 暁, 松下 敬幸

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2005年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地下空間における煙流動性状に関する研究-地下8層の模型実験-

    矢野 健太郎, 松下 敬幸, 高田 暁

    日本建築学会近畿支部研究報告集 第45号, 2005年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 集合竪ダクト方式の押出排煙ダクト設計法に関する研究

    秋山 哲哉, 松下 敬幸, 高田 暁

    建築学会近畿支部, 2005年06月, 日本語, 建築学会近畿支部, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • エレベータ利用避難のための加圧煙制御における給気量決定法に関する研究

    高藤 大輔, 松下 敬幸, 高田 暁

    日本建築学会近畿支部研究報告集 第45号, 2005年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 住宅厨房のIH調理機器に適した配置システム及びキッチン形態に関する研究-温度測定による気流性状の把握および数値計算-

    菊澤 浩之, 松下 敬幸, 小椋 大輔, 高田 暁, 古賀 修

    空気調和衛生工学会近畿支部学術研究発表会論文集, 2005年, 日本語, 空気調和衛生工学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 浴室において発生する水分の移動過程に関する研究(その3)浴室の乾燥過程における換気量と蒸発速度の関係

    伊藤 泰世, 鉾井 修一, 原田 和典, 高田 暁, 永井 廉子

    日本建築学会大会学術講演会梗概集(環境工学Ⅱ),435-436, 2004年08月, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非定常状態における温冷感予測式に関する研究 代謝量が大きい場合への適用性の検討

    沢 俊和, 鉾井 修一, 原田 和典, 高田 暁

    日本建築学会大会学術講演会梗概集(環境工学Ⅱ),503-504, 2004年08月, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重ね着した人体各部位における温熱生理量の非定常応答(その1) 着衣における水分蓄積を考慮した着衣間空気温湿度性状の検討

    田中 宏明, 鉾井 修一, 高田 暁

    日本建築学会大会学術講演会梗概集(環境工学Ⅱ),505-506, 2004年08月, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • コンクリート壁体の中性化進行予測モデルについての検討

    岸本 嘉彦, 鉾井 修一, 原田 和典, 高田 暁

    日本建築学会大会学術講演会梗概集(環境工学Ⅱ),407-408, 2004年08月, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

所属学協会

  • 日本医療福祉設備協会

    2017年10月 - 現在
  • 日本生気象学会

    1999年07月 - 現在
  • 人間-生活環境系学会

    1999年05月 - 現在
  • 日本熱物性学会

    1998年09月 - 現在
  • 空気調和・衛生工学会

    1998年06月 - 現在
  • 日本建築学会

    1994年04月 - 現在

共同研究・競争的資金等の研究課題