研究者紹介システム

柴本 昌彦
シバモト マサヒコ
計算社会科学研究センター
准教授
商学・経済学関係
Last Updated :2020/09/12

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    計算社会科学研究センター
  • 【配置】

    大学院経済学研究科 経済学専攻, 経済経営研究所 グローバル金融研究部門

学位

  • 博士(経済学), 大阪大学

授業科目

ジャンル

  • 経済・金融 / 金融・証券
  • 経済・金融 / 経済理論

コメントテーマ

  • 国際金融政策
  • 景気変動
  • 財政政策

研究活動

研究分野

  • 人文・社会 / 金融、ファイナンス

受賞

  • 2007年05月 兼松フェローシップ委員会(神戸大学経済経営研究所・(財)兼松貿易研究基金・兼松株式会社), 平成18年度兼松フェローシップ入賞, "Efficacy of Fiscal Policy in Japan: Evidence of Keynesian and Non-Keynesian Effects on Aggregate Demand"

    柴本 昌彦, 木成 勇介

論文

  • 政策金利とフォワードガイダンスの効果

    柴本 昌彦

    日本評論社, 2018年11月, 経済セミナー, (705), 31 - 37, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • ETF・REIT購入は有効 先行きの指針 意図の明示を

    柴本 昌彦

    日本経済新聞出版社, 2018年10月, 日本経済新聞社編『黒田日銀 超緩和の経済分析』, 6章, 157 - 186, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Agata Wierzbowska, Masahiko Shibamoto

    This article studies the determinants of size differentials between fiscal multipliers in countries around the world, both advanced and developing economies. We introduce variables not considered before for explaining multiplier size differentials, such as capital flows and the openness of capital markets, while controlling for domestic conditions and exchange rate regimes. We also disaggregate GDP into its main components in order to identify the channels through which external and internal factors can influence GDP after a change in fiscal policy. Our results point to the existence of a new channel through which fiscal policy effectiveness is affected. Capital flows, especially FDI flows, play an important role in determining the sizes of fiscal multipliers, and a country’s external conditions largely explain GDP changes after fiscal expenditure shocks. Our results also point towards a strong link between a country’s international position and its real economy.

    Routledge, 2018年07月09日, Applied Economics, 50 (32), 3493 - 3514, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiko Seki, Masahiko Shibamoto

    IGI Global, 2018年, International Journal of Multimedia Data Engineering and Management, 9 (1), 22 - 35, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 米切手取引市場(第2章第3節)

    柴本 昌彦, 高槻 泰郎

    岩波書店, 2017年08月, 深尾京司・中村尚史・中林真幸編『岩波講座日本経済の歴史第2巻 近世:16世紀末から19世紀前半』, 2, 130 - 143, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Masahiko Shibamoto

    This paper re-examines empirical evidence on the potency of Japanese monetary policy in the 1990s by comparing the estimated impacts of various proxies for monetary policy shocks on the macroeconomy. My empirical results demonstrate that surprise target changes modeled as proxies for monetary policy shocks had impacts on real output and financial variables over the period 1990-2001. I also show that the estimated effects of identified monetary policy shocks depend on whether or not the shocks are expected: the monetary policy effects on the economy are underestimated when the empirical models fail to control for the market expectation for the monetary policy stance.

    WILEY-BLACKWELL, 2016年12月, MANCHESTER SCHOOL, 84 (6), 795 - 810, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 弱識別に頑健な統計量を用いた日本における消費資産価格モデルの再検討

    柴本 昌彦

    2016年09月, 国民経済雑誌, 第214巻第3号,pp.79-96, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Masahiko Shibamoto, Yoshiro Tsutsui, Chisako Yamane

    This study proposes a panel co-integration approach using the PANIC method for understanding the regional growth dynamics using non-stationary panel data, and applies it to Japanese prefectures. This approach enables us to analyze both long-run equilibrium growth path and short-run dynamics across the regions. Specifically, we find that there is one common source of growth to which prefectures attach different weights, that the per capita real income of follower-prefectures will catch up to that of leader-prefectures, and that temporal fluctuations of the catch-up process elicited by Barro type regression qualitatively corresponds to short-run dynamics across prefectures by the PANIC method. (C) 2016 Elsevier Inc. All rights reserved.

    ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE, 2016年06月, JOURNAL OF THE JAPANESE AND INTERNATIONAL ECONOMIES, 40, 17 - 30, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Cross-country evidence on determinants of fiscal policy effectiveness – the role of capital flows and a country’s international trade and financial position.

    WIERZBOWSKA AGATA, SHIBAMOTO MASAHIKO

    RIEB, Kobe University, 2015年03月, Discussion Paper Series, DP 2015-08, 英語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Masahiko Shibamoto, Minoru Tachibana

    The present paper uses Japanese firm-level data to investigate the effects of monetary policy on stock. The main purpose of this paper is to examine whether monetary policy has heterogeneous effects on stock returns and whether such heterogeneity can be explained by existing theories of monetary transmission mechanisms. We find little evidence that the demand sides of the interest rate and balance sheet channels explain the heterogeneous effects of monetary policy. However, there is evidence that the supply sides of the interest rate and balance sheet channels, when measured by capital intensity, financial leverage and interest payment burden, can explain its heterogeneous effects.

    WILEY-BLACKWELL, 2014年09月, JAPANESE ECONOMIC REVIEW, 65 (3), 375 - 396, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masahiko Shibamoto, Masato Shizume

    A veteran finance minister, Takahashi Korekiyo, brought an early recovery for Japan from the Great Depression of the 1930s by prescribing a combination of expansionary fiscal, exchange rate, and monetary policies. To explore the comprehensive transmission mechanism of Takahashi's macroeconomic policy package, including the expectation channel, we construct a structural vector auto-regression (S-VAR) model with three state variables (output, price, and the inflation expectations) and three policy variables (fiscal balance, exchange rate, and money stock). Our analysis reveals that the exchange rate adjustment undertaken as an independent policy tool had the strongest effect, and that changes in people's expectations played a significant role for escaping from the Great Depression. During the second half of 1931, in particular, speculation on Japan's departure from the gold standard and the inflation that was likely to follow reversed the existing expectations: instead of expecting deflation, people began to expect inflation, months ahead of the actual departure from the gold standard. As a whole, the choice of the level of the exchange rate was crucial for changing people's expectations as well as promoting exports. (C) 2014 Elsevier Inc. All rights reserved.

    ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE, 2014年07月, EXPLORATIONS IN ECONOMIC HISTORY, 53 (1), 1 - 18, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masahiko Shibamoto, Yoshiro Tsutsui

    Studies using dynamic panel regression approach have found a high speed of income convergence among the world and the regional economies. For example, Lee et al. (1997, 1998) report 30% per annum. This note argues that their estimates of the convergence speed can be seriously overstated. Using a factor model, we show that the coefficient of the lagged income in their specification may not be the long-run convergence speed, but the adjustment speed of the short-run deviation from the long-run equilibrium path. We give an example of an empirical analysis, where the short-run adjustment speed is about 40%. 2014 © 2014 Taylor & Francis.

    Routledge, 2014年, Applied Economics Letters, 21 (8), 533 - 535, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 先進国金融政策の国際的波及-国際資金フローに対するグローバル・スピルオーバー効果-

    柴本 昌彦

    ミネルヴァ書房, 2014年04月, 藤田誠一・松林洋一・北野重人編著『グローバル・マネーフローの実証分析』, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Macroeconomic Policy with Financial Market Stability: A Case Study of the Early 19th Century in Japan

    TAKATSUKI YASUO, SHIBAMOTO MASAHIKO

    RIEB Kobe University, 2014年03月, Discussion Paper Series, (DP2014-16), 英語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 金融政策の実証分析に関する覚書

    柴本 昌彦

    2012年12月, 国民経済雑誌, 第206巻第6号,pp.79-100, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Masahiko Shibamoto, Shigeto Kitano

    Previous studies decompose the current account and the real exchange rate into temporary and permanent shocks and argue that a temporary shock creates the combination of a current account surplus (deficit) and real exchange rate depreciation (appreciation). The present paper extends their framework by examining a possible structural break in current account and real exchange rate dynamics. Using G7 country data for 1980-2007, we find structural changes in two-variable dynamics for all G7 countries during the 1990s. Temporary shocks have not been the main source of fluctuation in the current account since the 1990s. Our empirical results imply that the conventional mechanism has played a limited role in explaining the dynamics of the two variables.

    WILEY-BLACKWELL, 2012年12月, PACIFIC ECONOMIC REVIEW, 17 (5), 619 - 634, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 日本の非伝統的金融政策ショックの識別と長短金利差への影響

    柴本 昌彦

    2012年02月, 国民経済雑誌, 第205巻第2号,pp.73-88, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 為替レートと経常収支:調整メカニズムの構造変化

    北野 重人, 柴本 昌彦

    2010年10月, グローバル・インバランスの経済分析, 第4章, 105-134頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 品目別物価指数の特性と金融政策の相対価格への波及効果:近年の研究動向及び日本のデータを用いた実証研究

    柴本 昌彦

    2009年10月, 国民経済雑誌, 第200巻第4号,pp.83-99, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Masahiko Shibamoto

    This paper reports the estimates of a monetary policy reaction function for the Bank of Japan in a data-rich environment. There are two main findings. First, a weak identification problem arises in the estimates under the specifications that some previous works employ, though in a data-rich environment it may be possible to avoid this problem. Second, the evidence from the estimates in a data-rich environment suggests that the Bank of Japan only controlled the inflation forecast, and placed no weight on output stabilization directly over the period from November 1988 through February 2001. (C) 2007 Elsevier B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2008年12月, JAPAN AND THE WORLD ECONOMY, 20 (4), 497 - 520, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • An analysis of monetary policy shocks in Japan: A factor augmented vector autoregressive approach

    Masahiko Shibamoto

    This paper analyses monetary policy shocks in Japan using a factor augmented vector autoregressive approach. There are three main findings. First, the time lags with which the monetary policy shocks are transmitted vary between the various macroeconomic time series. These include several series that have not been included thus far in standard vector autoregressive analysis, including housing starts and employment indices. Second, a coherent picture of monetary policy effects on the economy is obtained. Third, it is found that monetary policy shocks have a stronger impact on real variables, such as employment and housing starts, than industrial production.

    BLACKWELL PUBLISHING, 2007年12月, JAPANESE ECONOMIC REVIEW, 58 (4), 484 - 503, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 兵庫県と全国の事業継承:2つのアンケート調査をもとにして

    柴本昌彦, 海野晋悟

    中央経済社, 2020年07月, 家森信善編著『地域金融機関による事業承継支援と信用保証制度』, 15, 212 - 224, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 経済教室:日銀新体制の課題(下) ETF・REIT購入有効 先行きの指針意図明示を

    柴本 昌彦

    日本経済新聞社, 2018年03月, 日本経済新聞, 日本語

    その他

  • Measuring Social Change Using Text Data: A Simple Distributional Approach

    KAMIHIGASHI Takashi, SEKI Kazuhiro, SHIBAMOTO Masahiko

    Springer, 2017年11月, Reconstruction of the Public Sphere in the Socially Mediated Age, 139 - 163, 英語

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 農業金融の矛盾と公債市場の安定

    高槻 泰郎, 柴本 昌彦, 牧原 成征

    岩波書店, 2017年08月, 深尾京司・中村尚史・中林真幸編『岩波講座日本経済の歴史第2巻 近世:16世紀末から19世紀前半』, 105 - 147, 日本語

    その他

書籍等出版物

  • 黒田日銀 超緩和の経済分析

    大村 敬一, 翁 邦雄, 北坂 真一, 柴本 昌彦, 田幡 直樹, 早川 英男, 細野 薫

    その他, 日本経済新聞社, 2018年10月, 日本語

    一般書・啓蒙書

講演・口頭発表等

  • Identifying Quantitative and Qualitative Monetary Policy Shocks

    SHIBAMOTO Masahiko, NAKASHIMA, Kiyotaka, TAKAHASHI, Koji

    2019 CEBRA Annual Meeting, 2019年07月, 英語, Central Bank Research Association, SIPA Columbia University, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • (討論者)"Black Market Prices during World War II in Japan: An Estimate Using the Hedonic Approach"(報告者 鎮目雅人)

    柴本 昌彦

    日本経済学会2019春季大会, 2019年06月, 日本語, 日本経済学会, 武蔵大学 江古田キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • (討論者)"The Collateral Channel versus the Bank Lending Channel: Evidence from a Massive Earthquake"(報告者 植杉威一郎、宮川大介、細野薫、小野有人、内田浩史)

    柴本 昌彦

    日本金融学会2019春季大会, 2019年05月, 日本語, 日本金融学会, 学習院大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Inflation Shock, Expectation, and Monetary Policy

    柴本 昌彦, Kenneth N. Kuttner

    Monetary Economic Workshop, 2019年02月, 日本語, 関西学院大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Identifying Quantitative and Qualitative Monetary Policy Shocks

    柴本 昌彦, NAKASHIMA Kiyotaka, TAKAHASHI Koji

    日本銀行金融研究所セミナー, 2019年02月, 日本語, 日本銀行金融研究所, 日本銀行金融研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • (司会)「創業・成長を金融面から支援するために」

    柴本 昌彦

    神戸大学経済経営研究所創立100周年記念連続シンポジウム「企業や地域の成長・活性化に貢献できる金融ビジネスに向けて」, 2018年12月, 日本語, 神戸大学経済経営研究所, ANAクラウンプラザホテル神戸, 国内会議

    その他

  • Learning by Implementing Macroeconomic Policy: Empirical Assessment using Data in Early Modern Japan

    SHIBAMOTO Masahiko

    Financial History Workshop, 2018年11月, 英語, 早稲田大学 重点領域研究機構, 早稲田大学, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • (司会)Kick-off conference for the Center for Computational Social Science (CCSS)

    柴本 昌彦

    Kick-off conference for the Center for Computational Social Science (CCSS), 2018年10月, 英語, 神戸大学計算社会科学センター, 神戸大学, 国際会議

    その他

  • (座長)セッション:金融政策・貨幣マクロⅡ

    柴本 昌彦

    日本金融学会2018年度秋季大会, 2018年10月, 日本語, 日本金融学会, 名古屋市立大学, 国内会議

    その他

  • 金融政策の実証分析に関する最近の進展について

    柴本 昌彦

    日本金融学会2018年度秋季大会, 2018年10月, 日本語, 日本金融学会, 名古屋市立大学, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • Recent Progress in Empirical Analysis of Monetary Policy

    SHIBAMOTO Masahiko

    科研基盤研究(B)「金融政策正常化を規定する社会経済的要因を考慮したマクロ経済分析:理論・実証・歴史」共催Monetary Economics Workshop in Honor of Prof. Kenneth Kuttner at Kobe University(基盤研究(S)第21回研究会), 2018年09月, 英語, 基盤研究(S)「包括的な金融・財政政策のリスクマネジメント:理論・実証・シミュレーション」, 神戸大学経済経営研究所, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Identifying Unconventional Monetary Policy Shocks

    SHIBAMOTO Masahiko, NAKASHIMA Kiyotaka, TAKAHASHI Koji

    2018 Asian Meeting of the Econometric Society, 2018年06月, 英語, Asian Meeting of the Econometric Society, Sogang University, Seoul, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Identifying Unconventional Monetary Policy Shocks

    SHIBAMOTO Masahiko, NAKASHIMA Kiyotaka, TAKAHASHI Koji

    2018 International Association for Applied Econometrics Conference, 2018年06月, 英語, International Association for Applied Econometrics Conference, Université du Québec à Montréal, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 近世日本の中央市場と気候変動

    柴本 昌彦

    第6回CODHセミナー『歴史ビッグデータ~過去の記録の統合解析に向けた古文書データ化の挑戦~』, 2018年03月, 日本語, 人文学オープンデータ共同利用センター, 国立情報学研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Risk-Taking Channel of Unconventional Monetary Policies in Bank Lending

    SHIBAMOTO Masahiko, NAKASHIMA Kiyotaka

    2018 Royal Economic Society Annual Conference, 2018年03月, 英語, 2018 Royal Economic Society Annual Conference, University of Sussex, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Inflation Shocks, Expectations and Monetary Policy

    SHIBAMOTO Masahiko

    Brown bag seminar, 2017年08月, 英語, Williams College, Williams College, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • (コメント)"Household Credit and Local Economic Uncertainty" (Edison Yu)

    SHIBAMOTO Masahiko

    Western Economic Association International 92nd Annual Conference, 2017年06月, 英語, Western Economic Association International 92nd Annual Conference, Marriott Marquis & Marina, San Diego, California, 国際会議

    その他

  • Identifying Unconventional Monetary Policy Shocks

    SHIBAMOTO Masahiko

    Western Economic Association International 92nd Annual Conference, 2017年06月, 英語, Western Economic Association International 92nd Annual Conference, Marriott Marquis & Marina, San Diego, California, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 銘柄固有の金融極性辞書の構築

    柴本 昌彦

    第18回人工知能学会 金融情報学研究会(SIG-FIN), 2017年03月, 日本語, FinGate, FinGate, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低金利下における金融政策効果

    柴本 昌彦

    応用マクロ・金融ワークショップ, 2017年03月, 日本語, 神戸大学, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Identifying Unconventional Monetary Policy Shocks

    柴本 昌彦

    経済学部ファカルティセミナー, 2017年02月, 日本語, 甲南大学経済学部, 甲南大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Identifying Unconventional Monetary Policy Shocks

    柴本 昌彦

    マクロ・金融ワークショップ, 2017年01月, 日本語, 一橋大学経済研究所, 一橋大学経済研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 江戸時代経済に関するマクロ時系列分析

    柴本 昌彦

    RoMacS Workshop 2016 『家計の子ども数選択と経済の出生率決定に関する研究』, 2016年12月, 日本語, ON INTERNATIONAL ACCOUNTING ISSUES, 広島大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Monetary Policy under a Low Interest Rate: Japan's Experience

    柴本 昌彦

    Financial and Real Interdependecies: volatility, inequalities and economic policies, 2016年11月, 英語, Aix-Marseille School of Economics (AMSI), Narseille, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Identifying Unconventional Monetary Policy Shocks

    SHIBAMOTO Masahiko

    日本金融学会2016年度秋季大会, 2016年09月, 英語, 日本金融学会, 早稲田大学, 国内会議

    その他

  • Empirical Assessment of the Impact of Monetary Policy Communication on Financial Market

    柴本 昌彦

    神戸大学金融研究会(兼松セミナー共催), 2015年12月, 日本語, 神戸大学金融研究会, 兼松セミナー, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Empirical Assessment of the Impact of Monetary Policy Communication on Financial Market

    SHIBAMOTO Masahiko

    2015 Kobe-Peking Joint Conference on Economics, 2015年12月, 英語, 北京大学経済学院, Peking University, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • (コメント)"Implicit Coodination of Interest Rate, Money, and Government Spending for GDP (Inbong Ha, Mikyung Bae, Younghwan Lee)"

    柴本 昌彦

    日本金融学会2015年度秋季大会, 2015年10月, 日本語, 日本金融学会, 東北大学, 国内会議

    その他

  • Market-Perceived Monetary Policy Surprises and the Expectation Channel

    柴本 昌彦

    マクロ・金融ワークショップ, 2015年09月, 日本語, 高知大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • (コメント)"Bank Lending Channel of Real Estate Prices (Kaoru Hosono, Makoto Hazama, Iichiro Uesugi)"

    柴本 昌彦

    第9回地域金融コンファランス, 2015年08月, 日本語, 地域金融コンファランス, 関西外国語大学, 国内会議

    その他

  • "Delphic vs. Odyssean Monetary Policy and the Price Puzzle (Gabriela Best, Pavel Kapinos)"

    SHIBAMOTO Masahiko

    Western Economic Association International 90th Annual Conference, 2015年07月, 英語, Western Economic Association International, Hilton Hawaiian Village Waikiki, 国際会議

    その他

  • (コメント)"Impact of Exchange Rate Shocks on Japanese Exports: Quantitative Assessment using the Structural VAR model(中田勇人、祝迫得夫)"

    柴本 昌彦

    日本経済学会2015年度春季大会, 2015年05月, 日本語, 日本経済学会, 新潟大学, 国内会議

    その他

  • Japanese Monetary Policy Tackling the Financial Crisis

    SHIBAMOTO Masahiko

    RIEBセミナー(金融システム研究部会共催)"Macroeconomic and Regulatory Changes and Development of Management of Financial Institutions after the Financial Crisis: Perspectives from Japan and Indonesia", 2015年04月, 英語, 神戸大学経済経営研究所, 神戸大学, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Measuring the Effect of Monetary Policy from Financial Market Reaction

    柴本 昌彦

    経済学部研究会, 2015年02月, 日本語, 札幌学院大学, 札幌学院大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Market-Perceived Monetary Policy Surprise

    柴本 昌彦

    Monetary Economic Workshop, 2015年02月, 日本語, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Empirical Assessment of the Impact of Monetary Policy Communication on Financial Market

    SHIBAMOTO Masahiko

    Western Economic Association International 11th International Conference, 2015年01月, 英語, Victoria University of Wellington, Massey University, Wellington, The Museum of New Zealand Te Papa Tongarewa, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Communication with Market Participants for Macroeconomic Policy: Empirical Assessment Using Data in Early Modern Japan

    柴本 昌彦, 高槻 泰郎

    金融研究所セミナー, 2015年01月, 日本語, 日本銀行, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • (コメント)"Real Effects of the End of Bank-borrower Relationships: Evidence from a Loan-level Data(中島清貴、高橋耕史)"

    柴本 昌彦

    日本経済学会2014年度秋季大会, 2014年10月, 日本語, 日本経済学会, 西南学院大学, 国内会議

    その他

  • (コメント)"Dynamic Analyses for Vector Asset Bubble Trend of Accumulated Co-integration Errors: Fundamental Projection Approach (Yun-Yeong KIM)"

    柴本 昌彦

    日本金融学会2014年度秋季大会, 2014年10月, 日本語, 日本金融学会, 山口大学, 国内会議

    その他

  • Decomposing the Effect of Monetary Policy in a Low Interest Rate Environment

    柴本 昌彦

    IISSワークショップ/RIEB政策研究ワークショップ「マクロ財政・金融政策効果の実証的評価」(神戸大学社会科学系教育研究府/神戸大学経済経営研究所主催、科研基盤研究(A)「デフレ・円高・財政危機:バブル経済の後遺症に関する包括的理論・実証分析と政策対応」/神戸大学金融研究会/RIEBセミナー共催), 2014年10月, 日本語, 神戸大学社会科学系教育研究府, 神戸大学経済経営研究所, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Accounting for Unemployment and Inflation Dynamics Using Time Varying NAIRU Concept

    柴本 昌彦

    神戸大学金融研究会(六甲フォーラム / 科学研究費補助金(基盤研究(A))「デフレ・円高・財政危機:バブル経済の後遺症に関する包括的理論・実証分析と政策対応」/「DSGEの集い」共催), 2014年10月, 日本語, 神戸大学, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Cross-Country Evidence on Determinants of Fiscal Policy Effectiveness - The Role of Capital Flows and Country's International Trade and Financial Position

    WIERZBOWSKA Agata, 柴本 昌彦

    第11回 Modern Monetary Economics Summer Institute(RIEBセミナー共催), 2014年09月, 日本語, 神戸大学金融研究会, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • "Exogenous Shocks, Macroeconomic Fluctuations and Monetary Policy - An Empirical Analysis of Japanese Economy(王 芮)"

    柴本 昌彦

    第11回 Modern Monetary Economics Summer Institute(RIEBセミナー共催), 2014年09月, 日本語, 神戸大学金融研究会, 神戸大学, 国内会議

    その他

  • Macroeconomic Policy with Financial Market Stability: The Case of Japan's Early 19th Century

    高槻 泰郎, 柴本 昌彦

    小樽商科大学土曜研究会(経済学研究会), 2014年07月, 日本語, 小樽商科大学, 小樽商科大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • (座長)セッション:経済史における計量分析

    柴本 昌彦

    日本経済学会2014年度春季大会, 2014年06月, 日本語, 日本経済学会, 同志社大学, 国内会議

    その他

  • Macroeconomic Policy with Financial Market Stability: The Case of Japan's Early 19th Century

    高槻 泰郎, 柴本 昌彦

    日本経済学会2014年度春季大会, 2014年06月, 日本語, 日本経済学会, 同志社大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • How Did Takahashi Korekiyo Rescue Japan from the Great Depression?

    柴本 昌彦, 鎮目 雅人

    日本経済学会2014年度春季大会, 2014年06月, 日本語, 日本経済学会, 同志社大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • (ディスカッサント)"The Effects of Surprise and Anticipated Technology Changes on International Relative Prices and Trade (Deokwoo Nam)"

    SHIBAMOTO Masahiko

    The 2nd Hanyang-Kobe-Nanyang Conference in Economics, 2014年05月, 英語, 漢陽大学校経済金融大学・経済研究所, 神戸大学経済経営研究所・大学院経済学研究科, 南洋理工大学経済学部, 神戸大学, 国際会議

    その他

  • Macroeconomic Policy with Financial Market Stability: The Case of Japan's Early 19th Century

    高槻 泰郎, 柴本 昌彦

    The Osaka Workshop on Economics of Institutions and Organizations, 2014年05月, 英語, The Osaka Workshop on Economics of Institutions and Organizations, 大阪大学, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • How Did Takahashi Korekiyo Rescue Japan from the Great Depression?

    柴本 昌彦, 鎮目 雅人

    日本金融学会2014年度春季大会, 2014年05月, 日本語, 日本金融学会, 慶應義塾大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Macroeconomic Policy with Financial Market Stability: The Case of Japan's Early 19th Century

    高槻 泰郎, 柴本 昌彦

    経済制度史研究会, 2014年04月, 日本語, 経済制度史研究会, 東京大学社会科学研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Macroeconomic Policy with Financial Market Stability: The Case of Japan's Early 19th Century

    高槻 泰郎, 柴本 昌彦

    TEA会(2014年度春期研究会), 2014年03月, 日本語, 神戸大学農学研究科, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Macroeconomic Policy with Financial Market Stability: The Case of Japan's Early 19th Century

    柴本 昌彦, 高槻 泰郎

    金融研究会(科学研究費補助金(基盤研究(A))「デフレ・円高・財政危機:バブル経済の後遺症に関する包括的理論・実証分析と政策対応」共催), 2014年02月, 日本語, 神戸大学金融研究会, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • How Did Takahashi Korekiyo Rescue Japan from the Great Depression?

    柴本 昌彦, 鎮目 雅人

    金融研究会(科学研究費補助金(基盤研究(A))「デフレ・円高・財政危機:バブル経済の後遺症に関する包括的理論・実証分析と政策対応」共催), 2014年02月, 日本語, 神戸大学金融研究会, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • (コメント)"The Effects of Commodity Price Shocks and Systematic Monetary Policy in Developed Countries(関根篤史)"

    柴本 昌彦

    日本金融学会2013年度秋季大会, 2013年09月, 英語, 日本金融学会, 名古屋大学, 国内会議

    その他

  • 金融仲介機関は取引企業の倒産リスクにどう影響を及ぼすか?

    柴本 昌彦

    第7回地域金融コンファランス, 2013年09月, 日本語, 大阪大学経済学研究科, 神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • (コメント)"Unconventional Monetary Policy and Exchange Rates(細野薫)"

    柴本 昌彦

    第7回地域金融コンファランス, 2013年09月, 日本語, 大阪大学経済学研究科, 神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ, 国内会議

    その他

  • The Impacts of Monetary Policy Decisions and Communication on Financial Markets in a Low Interest Rate Environment

    SHIBAMOTO Masahiko

    Asia-Pacific Economic Association (APEA) 9th Annual Conference, 2013年07月, 英語, Osaka University, Osaka University, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • The Impacts of Monetary Policy Decisions and Communication on Financial Markets in a Low Interest Rate Environment

    SHIBAMOTO Masahiko

    The 1st Hanyang-Kobe-Nanyang Conference in Economics, 2013年06月, 英語, Hanyang University, Hanyang University, Seoul, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 非伝統的金融政策に関する実証研究と論点整理

    柴本 昌彦

    第495回 神戸大学金融研究会, 2013年04月, 日本語, 神戸大学金融研究会, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • マクロ実証分析における一般化モーメント法(GMM)の活用

    柴本 昌彦

    第491回 神戸大学金融研究会, 2012年12月, 日本語, 神戸大学金融研究会, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • マクロ時系列分析-金融政策に関する実証研究の紹介-

    柴本 昌彦

    第491回 神戸大学金融研究会, 2012年12月, 日本語, 神戸大学金融研究会, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • (コメント)"Global house price fluctuations: synchronization and determinants(平田英明)"

    柴本 昌彦

    第14回マクロコンファレンス, 2012年12月, 日本語, 大阪大学大学院経済学研究科・社会経済研究所等グローバルCOEプログラム「人間行動と社会経済ダイナミクス」, ホテル阪急エキスポパーク, 国内会議

    その他

  • 長期金利の変動要因:主要国のパネル分析と日米の要因分解(一上響)

    柴本 昌彦

    神戸大学金融研究会「最近のマクロ金融経済研究の紹介と検討」(RIEBワークショップ・神戸大学社会科学系教育研究府共催), 2012年11月, 日本語, 神戸大学金融研究会, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The Impacts of Monetary Policy Decisions and Communication on Financial Markets in a Low Interest Rate Environment: Evidence from Japan

    柴本 昌彦

    Macroeconomics Workshop, 2012年10月, 日本語, 東京大学経済学研究科, 東京大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The Impact of the BOJ Monetary Policy Communication on Financial Markets

    柴本 昌彦

    第9回 Modern Monetary Economics Summer Institute(MME SI) in Kobe (RIEBセミナー/神戸大学社会科学系教育研究府共催), 2012年09月, 日本語, 神戸大学金融研究会, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The Impact of the BOJ Monetary Policy Decisions and Communication on the Financial Market

    柴本 昌彦

    マクロ・金融ワークショップ, 2012年07月, 英語, 一橋大学経済研究所, 一橋大学経済研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The Impact of the BOJ Monetary Policy Decisions and Communication on the Financial Market

    柴本 昌彦

    Monetary Economics Workshop, 2012年07月, 英語, Monetary Economics Workshop, 大阪大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • How Did Takahashi Korekiyo Rescue Japan from the Great Depression?

    SHIBAMOTO Masahiko, SHIZUME Masato

    Economic History Association 71st Annual Meeting, 2011年09月, 英語, Economic History Association, Boston, Massachusetts, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • The Effects of Quantitative Easing Policy in Japan: The Role of Stock Price

    柴本 昌彦

    六甲フォーラム, 2011年06月, 日本語, 神戸大学大学院経済学研究科, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 両大戦間期日本のマクロ経済政策の効果について:インフレ予想を含むVARによる推計

    柴本 昌彦

    日本銀行金融研究所セミナー, 2010年06月, 日本語, 日本銀行金融研究所, 日本銀行金融研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Individual Stock Returns and Monetary Policy: Evidence from Japanese Data

    柴本 昌彦

    日本金融学会 2009年度秋季大会, 2009年11月, 日本語, 日本金融学会, 香川大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Understanding Regional Growth Dynamics in Japan: Panel Cointegration Approach Utilizing the PANIC Method

    柴本 昌彦, 筒井 義郎, 山根 智沙子

    2009年度日本経済学会秋季大会, 2009年10月, 日本語, 日本経済学会, 専修大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Understanding Regional Growth Dynamics in Japan: Panel Cointegration Approach Utilizing the PANIC Method

    柴本 昌彦, 筒井 義郎, 山根 智沙子

    第3回 地域金融コンファランス, 2009年08月, 日本語, 大阪大学経済学研究科, 大阪大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The Estimation of the New Keynesian Phillips Curve in Japan and Its Implication for the Inflation Responses to a Monetary Policy Shock

    柴本 昌彦

    日本金融学会 2009年度春季大会, 2009年05月, 日本語, 日本金融学会, 東京大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Understanding Regional Growth Dynamics in Japan: Nonstationary Panel Data Approach

    柴本 昌彦

    マクロ・金融カンファレンス, 2009年03月, 日本語, 宮崎産業経営大学経営学部中尾田宏講師, 宮崎産業経営大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The Estimation of the New Keynesian Phillips Curve in Japan and Its Implication for the Inflation Response to a Monetary Policy Shock

    柴本 昌彦

    日本銀行金融研究所セミナー, 2009年03月, 日本語, 日本銀行金融研究所, 日本銀行金融研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Understanding Output and Price Dynamics in Japan: Why Have Japan's Price Movements Been Relatively Stable Since the 1990s?

    柴本 昌彦

    金融研究会/マクロ・金融ワークショップ (共催)「合同研究会」, 2008年11月, 日本語, 一橋大学経済研究所, 一橋大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Understanding Output and Price Dynamics in Japan: Why Have Japan's Price Movements Been Relatively Stable Since the 1990s?

    柴本 昌彦

    第6回Modern Monetary Economics Summer Institute, 2008年09月, 日本語, 神戸大学金融研究会, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The Estimation of the New Keynesian Phillips Curve in Japan and Its Implication for the Inflation Response to a Monetary Policy Shock

    柴本 昌彦

    Monetary Economic Workshop, 2008年09月, 日本語, Monetary Economic Workshop, 大阪大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The Estimation of the New Keynesian Phillips Curve in Japan and Its Implication for the Inflation Response to a Monetary Policy Shock

    柴本 昌彦

    六甲フォーラム, 2008年05月, 日本語, 神戸大学経済学部, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • (Comment) "Land Prices and Fundamentals (NAKAMURA Koji, SAITA Yumi)"

    柴本 昌彦

    第9回 マクロコンファレンス, 2007年12月, 日本語, 慶應義塾大学経商連携21世紀COEプログラム, 慶應義塾大学, 国内会議

    その他

  • Efficacy of Fiscal Policy in Japan:Keynesian and Non-Keynesian Effects on Aggregate Demand

    柴本 昌彦

    日本金融学会2007年秋季大会, 2007年09月, 日本語, 日本金融学会, 同志社大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • (Comment) "Interbank Market, Stock Market, and Bank Performance in East Asia (INOGUCHI Masahiro)"

    柴本 昌彦

    Modern Monetary Economics Summer Institute, 2007年08月, 日本語, 神戸大学21世紀COEプログラム(神戸大学金融研究会共催), 神戸大学, 国内会議

    その他

  • Testing for Convergence Hypotheses in Japan: A Nonstationary Panel Approach

    柴本 昌彦

    Monetary Economics Workshop, 2007年06月, 日本語, Monetary Economics Workshop, 大阪大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Efficacy of Fiscal Policy in Japan: Evidence of Keynesian and Non-Keynesian Effects on Aggregate Demand

    柴本 昌彦

    兼松フェローシップセミナー, 2007年05月, 日本語, 神戸大学経済経営研究所, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Efficacy of Fiscal Policy in Japan: Evidence of Keynesian and Non-Keynesian Effects on Aggregate Demand

    柴本 昌彦

    応用計量経済学コンファレンス, 2007年02月, 日本語, 大阪大学経済学研究科, 大阪大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The Estimation of Monetary Policy Reaction Function in a Data-Rich Environment: the Case of Japan

    柴本 昌彦

    理論・計量経済学セミナー, 2006年10月, 日本語, 大阪府立大学経済学部, 大阪府立大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The Estimation of Monetary Policy Reaction Function in a Data-Rich Environment: the Case of Japan

    柴本 昌彦

    日本経済学会2006年秋季大会, 2006年10月, 日本語, 日本経済学会, 大阪市立大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The Estimation of Monetary Policy Reaction Function in a Data-Rich Environment: the Case of Japan

    柴本 昌彦

    RIEBセミナー, 2006年10月, 日本語, 神戸大学経済経営研究所, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The Estimation of Monetary Policy Reaction Function in a Data-Rich Environment: the Case of Japan

    柴本 昌彦

    マクロ経済学研究会, 2006年06月, 日本語, マクロ経済学研究会(COE 行動経済学研究会共催), 京都大学; 大阪大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Identifying Quantitative and Qualitative Monetary Policy Shocks

    柴本昌彦

    The Osaka Workshop on Economics of Institutions and Organization, 2020年01月10日, 東京大学社会科学研究所, 大阪大学大学院国際公共政策研究科

  • マイナス金利政策と銀行行動:論点整理

    柴本 昌彦

    「マイナス金利環境の下で の地域金融機関の経営の現状と課題」第2回研究会, 2020年08月04日, 日本語, 一般財団法人 アジア太平洋研究所, アジア太平洋研究所(オンライン)

    [招待有り]

共同研究・競争的資金等の研究課題