研究者紹介システム

西野 孝
ニシノ タカシ
大学院工学研究科 応用化学専攻
教授
応用化学関係
Last Updated :2021/11/20

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院工学研究科 応用化学専攻
  • 【配置】

    工学部 応用化学科

学位

  • 工学博士, 神戸大学

授業科目

ジャンル

  • 科学・技術 / 化学

コメントテーマ

  • 高分子構造
  • 高分子薄膜
  • セルロース

研究ニュース

研究活動

研究キーワード

  • 環境関連高分子
  • 高分子薄膜・表面
  • 高分子物性
  • 高分子構造

研究分野

  • ナノテク・材料 / 高分子化学

委員歴

  • 日本レオロジー学会, 理事
  • 近畿化学協会, 理事
  • 日本接着学会, 会長
  • 近畿化学協会, 事業企画委員
  • 日本複合材料学会, 評議員
  • セルロース学会, 評議員
  • 日本接着学会, 関西支部副支部長
  • 高分子学会, 高分子表面研究会運営委員長

論文

  • Seira Morimune-Moriya, Takuya Goto, Takashi Nishino

    In this study, the effect of aspect ratio of graphene oxide (GO) on the properties of poly (vinyl alcohol) (PVA) nanocomposites were investigated. The PVA/GO nanocomposites were prepared by a simple solution casting method. GO with 3 different lateral sizes, 0.5, 1.5 and 3 mu m were used. The higher the aspect ratio, the higher the Young's modulus obtained. The effect of aspect ratio on Young's modulus was in agreement with the Halpin-Tsai model, especially when GO was highly aligned in uniaxially drawn nanocomposites. Similar to the Young's modulus, the barrier properties increased with increasing GO aspect ratio. On the other hand, the highest glass transition temperature as well as the highest thermal decomposition temperature was achieved for the GO of the lowest aspect ratio.[GRAPHICS].

    TAYLOR & FRANCIS LTD, 2019年07月, NANOCOMPOSITES, 5 (3), 84 - 93, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • OGURA TADAYUKI, KUBOTA CHIHIRO, SUZUKI TOYOKO, OKANO KENTARO, TANAKA NORIKAZU, MATSUMOTO TAKUYA, NISHINO TAKASHI, MORI ATSUNORI, OKITA TAKUMI, FUNAHASHI MASAHIRO

    日本化学会, 2019年06月, Chemistry Letters, 48 (6), 611 - 614, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Manami Hara, Shigeru Kitahata, Keisuke Nishimori, Koki Miyahara, Kaya Tokuda, Nishino Takashi, 丸山 達生

    Nature publishing groupp, 2019年05月, Polymer Journal, 51, 489 - 499, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Jian Shen, Iori Sugimoto, Takuya Matsumoto, Shohei Horike, Yasuko Koshiba, Kenji Ishida, Atsunori Mori, Takashi Nishino

    © 2018, The Society of Polymer Science, Japan. In this study, semiconductive elastomers composed of homopolythiophene with disiloxane moieties were developed. The crosslinked molecular structure in the polythiophene elastomers was introduced by dicumyl peroxide, one of the typical peroxide crosslinking reagents. The elastomers were produced through a hot-pressing process above the melting point of the polythiophene. Stress–strain curves that included tensile tests and cycle loading–unloading tests defined the crosslinked polythiophenes as elastomers. Their electrical conductivities were evaluated by two-point measurements under nondeformation and uniaxial deformation states. The results indicated that the concentration of crosslinking reagents greatly influenced the mechanical and electrical properties of crosslinking polymers. With the addition of the crosslinking reagent in concentrations from 2.5 phr to 10.0 phr, elongation at break decreased largely from 95% to 51%, while excellent elastic recoveries were observed. In the electrical resistivity measurements, all the crosslinking polymers possessed high stability of electrical properties against elongation.

    2019年02月01日, Polymer Journal, 51 (2), 257 - 263, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Lai Nang Duy, Ryo Sekiya, Masatoshi Tosaka, Shigeru Yamago, Takuya Matsumoto, Takashi Nishino, Takayuki Ichikawa, Takeharu Haino

    The Chemical Society of Japan, 2019年01月05日, Chemistry Letters, 48 (1), 43 - 46, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takashi Kato, Takuya Matsumoto, Chizuru Hongo, Takashi Nishino

    2019年01月, Nanocomposites, 4, 127 - 136, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hiroaki Ito, Mibuki Sakata, Chizuru Hongo, Takuya Matsumoto, Takashi Nishino

    2019年01月, Nanocomposites, 4, 167 - 177, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Ngesa Ezekiel Mushi, Takashi Nishino, Lars A. Berglund, Qi Zhou

    2018年11月, ACS Sustainable Chem. Eng., 7(1), 1692–1697, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Chun-Yen Liu, Daisuke Goto, Chizuru Hongo, Takuya Matsumoto, Takashi Nishino

    2018年10月, ACS Applied Bio Materials, 1, 1362 - 1368, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Megumi Komada, Yuta Nakanishi, Takuya Matsumoto, Masaru Kotera, Chizuru Hongo, Takashi Nishino

    Primer treatments to improve the adhesive properties of isotactic polypropylene (it.PP) have advantages in terms of their simple process and reasonable costs. However, a large contribution to the optimization of the treatment condition is required because of many parameters for achieving high adhesion strength. In addition, the mechanisms of primer effects have not been explained completely. We investigated the primer effects of dimethyloctadecylamine on the it.PP surface from the viewpoint of structural and surface properties. The it.PP main chains in the thin film state were aligned in parallel to the substrates. After amine primer treatment, the dimethyloctadecylamine assembled on the it.PP layer within 5 h. The primer alignments enhanced adhesive strength between it.PP and cyanoacrylate adhesives. The surface free energy of it.PP and cyanoacrylate adhesives was also increased by primer treatment. The time dependence of primer effects on the adhesion strength and surface properties was clarified.

    Elsevier Ltd, 2018年08月01日, International Journal of Adhesion and Adhesives, 84, 173 - 177, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Naoki Miyagawa, Toyoko Suzuki, Kentaro Okano, Takuya Matsumoto, Takashi Nishino, Atsunori Mori

    Polyamide composed of furan dimer, which is prepared from biomass-derived organic molecule 2-furfural, is synthesized. The reaction of 2,2′-furan dimer 5,5′-dicarbonyl chloride with several 1,ω-diamines was carried out with a solution or interfacial polycondensation leading to the corresponding polyamide. Measurement of the melting point was performed resulting to exhibit a higher temperature compared with the related polyamide bearing a single furan ring composed of furan-2,5-dicarboxylic acid (FDCA). Thermal analyses (TG–DTA) also indicated higher temperatures of decomposition than those of FDCA-derived polyamide. © 2018 Wiley Periodicals, Inc. J. Polym. Sci., Part A: Polym. Chem. 2018, 56, 1516–1519.

    John Wiley and Sons Inc., 2018年07月15日, Journal of Polymer Science, Part A: Polymer Chemistry, 56 (14), 1516 - 1519, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Seira Morimune-Moriya, Michaela Salajkova, Qi Zhou, Takashi Nishino, Lars A Berglund

    Although research on nanopaper structures from cellulose nanofibrils (CNFs) is well established, the mechanical behavior is not well understood, especially not when CNF is combined with hard nanoparticles. Cationic CNF (Q-CNF) was prepared and successfully decorated by anionic nanodiamond (ND) nanoparticles in hydrocolloidal form. The Q-CNF/ND nanocomposites were filtered from a hydrocolloid and dried. Unlike many other carbon nanocomposites, the Q-CNF/ND nanocomposites were optically transparent. Reinforcement effects from the nanodiamond were remarkable, such as Young's modulus (9.8 → 16.6 GPa) and tensile strength (209.5 → 277.5 MPa) at a content of only 1.9% v/v of ND, and the reinforcement mechanisms are discussed. Strong effects on CNF network deformation mechanisms were revealed by loading-unloading experiments. Scratch hardness also increased strongly with increased addition of ND.

    2018年07月09日, Biomacromolecules, 19 (7), 2423 - 2431, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kota Mizutani, Chizuru Hongo, Takuya Matsumoto, Takashi Nishino

    A high performance and functional properties in pressure-sensitive adhesives (PSAs) are attractive in fundamental and industrial fields. To control the performance of PSAs, nanofillers have been loaded into them. In this study, we focused on composites of acrylic PSAs and nanodiamonds (NDs). The loaded NDs reinforced the mechanical properties and increased the performance of the PSAs. NDs in a PSA formed a network structure. In this study, we revealed that the acidic–basic state was a key factor in the control of the dispersion of the NDs. When a PSA emulsions and ND aqueous dispersion was mixed under basic conditions, the composites demonstrated higher PSA properties (tack, holding, and peeling strength). We investigated the effect of the ND loading on the PSA properties from the viewpoints of the nanostructure and acid–base interactions. © 2018 Wiley Periodicals, Inc. J. Appl. Polym. Sci. 2018, 135, 46349.

    John Wiley and Sons Inc., 2018年06月15日, Journal of Applied Polymer Science, 135 (23), 173 - 177, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Mirei Usuba, Chizuru Hongo, Takuya Matsumoto, Takashi Nishino

    We prepared microwave-responsive “on-demand-peeling” adhesives simply by mixing second-generation acrylic adhesives with ionic liquids. A rapid response (< 30 s for adhesive failure) to microwave irradiation was achieved using a microwave oven. This “on-demand-peeling” was attributed to local heating of the ionic liquid in the adhesive by microwave irradiation. In addition, the adhesive strength was not influenced by the ionic liquid additives without microwave irradiation. We revealed that the local heating and the plasticizing effect of the ionic liquid were the cause of the “on-demand-peeling”. Our preparation method for these microwave-responsive adhesives is simple, conventional, and attractive for the fundamental and industrial fields.

    Nature Publishing Group, 2018年06月07日, Polymer Journal, 50, 1 - 6, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Keisuke Nishimori, Shigeru Kitahata, Takashi Nishino, Tatsuo Maruyama

    Controlling the surface properties of solid polymers is important for practical applications. We here succeeded in controlling the surface segregation of polymers to display carboxy groups on an outermost surface, which allowed the covalent immobilization of functional molecules via the carboxy groups on a substrate surface. Random methacrylate-based copolymers containing carboxy groups, which were protected with perfluoroacyl (Rf) groups, were dip-coated on acrylic substrate surfaces. X-ray photoelectron spectroscopy and contact-angle measurements revealed that the Rf groups were segregated to the outermost surface of the dip-coated substrates. The Rf groups were removed by hydrolysis of the Rf esters in the copolymers, resulting in the display of carboxy groups on the surface. The quantification of carboxy groups on a surface revealed that the carboxy groups were reactive to a water-soluble solute in an aqueous solution. The surface segregation was affected by the molecular structure of the copolymer used for dip-coating.

    American Chemical Society, 2018年06月05日, Langmuir, 34 (22), 6396 - 6404, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Noninvasive Analysis of Brain Shift Transformation in Closed Cranium using MR Images Acquired in Different Body Positions

    Kumamoto Etsuko, Hayashi Shigeto, Matsuda Kento, Kyotani Katsusuke, Nishino Takashi, Nakai Tomoaki, Kohmura Eiji

    2018年06月, Proceedings of International Society for Magnetic Resonance in Medicine 26th Annual Meeting and Exibition, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Suchismita Chatterjee, Takuya Matsumoto, Takashi Nishino, Tooru Ooya

    Poly(2-(methacryloyloxy)ethyl phosphorylcholine) (PMPC) is known as a biocompatible polymers. Copolymerization of 2-(methacryloyloxy)ethyl phosphorylcholine (MPC) and hydrophobic monomers is a general approach that gives bioinert functions to solid materials via the surface coating. However, due to the amorphous nature and super hydrophilicity of the MPC-based copolymers, both the surface and the mechanical properties are not controlled for biomedical applications. Here, the modulated mechanical property and the surface wettability of the MPC-based copolymers are shown by using a polyhedral oligomeric silsesquioxane (POSS) methacrylate. MPC is copolymerized with POSS methacrylates bearing different vertex groups of ethyl (C2H5), hexayl (C6H13), and octayl (C8H17) via radical polymerization. It is found that only the C2H5-POSS induces the increased mechanical strength, low surface wettability, and cellular attachment, suggesting that the C2H5-POSS moiety restricts the motion of PMPC chain. The finding is anticipated to be tuned for both surface and bulk functions of PMPC for biomedical applications.

    Wiley-VCH Verlag, 2018年04月01日, Macromolecular Chemistry and Physics, 219 (8), 17052, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Sunglin Lee, Masayuki Kimoto, Masakazu Tanaka, Hideto Tsuji, Takashi Nishino

    Elastic moduli of the crystalline regions (crystal modulus) of poly(lactic acid)s (PLA), poly (L-lactic acid) (PLLA), poly(D-lactic acid) (PDLA) and their stereocomplex (scPLA) in the directions parallel (El) and perpendicular (Et) to the chain axis were measured by X-ray diffraction. The El value of PLLA and PDLA coincided as 14 GPa, whereas the El value of scPLA was 20 GPa at room temperature. These relatively low El values for PLAs and scPLA, compared with other polymers with planar zigzag skeletons in the crystalline regions, were considered to be attributed by helical structure. The difference of the El values between PLAs and scPLA could be explained by the difference of the helix types, that is, 31 helical skeleton of scPLA in the crystalline regions is slightly extended compared with 103 helix of PLAs. In addition, these El values were found to be temperature independent down to cryogenic temperature. The Et values of scPLA were around 4 GPa, which is higher than those (around 3 GPa) of PLLA and PDLA. The higher melting point (∼230 °C) compared with those (∼180 °C) of PLLA and PDLA can be attributed to higher Et value of scPLA, in other words, higher intermolecular interaction of scPLA compared with those of PLLA and PDLA. However, compared with the Et value (4 GPa) of polyethylene where only van der Waals interaction acts, there exist no strong intermolecular interaction for PLAs and scPLA.

    Elsevier Ltd, 2018年02月28日, Polymer (United Kingdom), 138 (28), 124 - 131, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takuya Matsumoto, Yuta Nakanishi, Chizuru Hongo, Hideki Hakukawa, Shin Horiuchi, Takashi Nishino

    The modification of surface properties of isotactic polypropylene (it.PP) has attracted much attention in fundamental science and industrial applications. Primer treatment is a promising methods that is employed to overcome the poor adhesive property of it.PP. In this study, we examined the primer effect of the cobalt complexes, cobalt (II) acetylacetonate Co(acac)2 and cobalt (III) acetylacetonate Co(acac)3, from the perspectives of adhesive strength, curing process, surface structure, affinity between substrate and adhesive, morphology and interfacial thickness. The results obtained explain the increased adhesive strength between an isotactic polypropylene substrate and a cyanoacrylate adhesive. In particular, the interfacial regions were evaluated as “interphase” by nano-Raman scattering microscopy and transmission electron microscope-energy-dispersive X-ray spectroscopy. The region is expanded by applying Co(acac)2 primer as the adhesive strength increased. The Co(acac)2 primer caused the increased adhesive property with the enhancement of molecular interaction, chemical affinity, and mutual diffusion.

    Elsevier Ltd, 2018年02月14日, Polymer (United Kingdom), 137 (14), 63 - 71, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Satoru Sato, Kenji Shintani, Naokazu Idota, Takashi Nishino, Yoshiyuki Sugahara

    Transparent organic-inorganic hybrids with a whitish colour were prepared from cellulose diacetate (CDA) nanosheets derived from Dion-Jacobson-type ion-exchangeable layered perovskite HLaNb2O7 center dot xH(2)O (HLaNb) to prepare CDA-based hybrids bearing covalent bonds between HLaNb nanosheets and CDA matrices for improved mechanical properties. An n-decoxy derivative of HLaNb (C10_HLaNb) was exfoliated in acetonitrile by ultrasonication. TEM and AFM images revealed that C10_HLaNb was exfoliated into individual nanosheets. In order to explore the local environment around HLaNb nanosheets, a very small amount of CDA was reacted with a C10_HLaNb nanosheet dispersion [molar ratio COH:(NbOH + NbOC10H21) = 4:1] at 80 A degrees C, and solid-state C-13 NMR with cross polarization and magic angle spinning techniques showed that an alcohol-exchange-type reaction was proceeded to graft the CDA chains to the HLaNb nanosheets via new Nb-O-C covalent linkages. The CDA-based hybrids were prepared by dispersing 5 mass% of HLaNb nanosheets in CDA and subsequent heating at 80 A degrees C for 1-7 days to cause a grafting reaction, and the product prepared by a 1-day grafting reaction exhibited improved mechanical properties compared to neat CDA; the Young's modulus, tensile strength and toughness increased by 18, 34 and 78%, respectively. The mechanical properties deteriorated with further extension of the reaction period, however. In addition, a hybrid film prepared by mixing CDA and a C10_HLaNb nanosheet dispersion exhibited only a slight improvement in mechanical properties. These results clearly indicate that formation of an appropriate number of Nb-O-C bonds at the nanosheet/CDA interfaces is effective for improving mechanical properties.

    SPRINGER, 2017年12月, CELLULOSE, 24 (12), 5463 - 5473, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Seira Morimune-Moriya, Maiko Ariyoshi, Takuya Goto, Takashi Nishino

    In this study, graphene oxide (GO) reinforced poly (vinyl alcohol) (PVA) nanocomposite fibers were prepared. In order to achieve the high mechanical properties, the fibers were prepared through a gel process, and subsequently ultradrawn by two-step drawing. In the first stage, the fibers were drawn at 150 degrees C up to a draw ratio (DR) of 50. In the second stage, the drawn fibers were drawn at 220 degrees C to a DR of 58. It was revealed that the PVA crystallites were almost fully oriented in the ultradrawn fibers. The ultradrawn PVA/GO nanocomposite fibers showed excellent mechanical properties that are comparable to those of glass fiber with only 1% wily GO loading. It was suggested that the effective stress transfer was achieved in the ultradrawn PVA/GO nanocomposite fibers due to the strong interaction between highly oriented PVA and highly aligned GO. (C) 2017 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    ELSEVIER SCI LTD, 2017年11月, COMPOSITES SCIENCE AND TECHNOLOGY, 152 (10), 159 - 164, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Naoki Miyagawa, Tadayuki Ogura, Kentaro Okano, Takuya Matsumoto, Takashi Nishino, Atsunori Mori

    Furan dimer diester was obtained by reductive or oxidative homocoupling of furan carboxylate derivatives in the presence of a nickel or palladium catalyst. Treatment of the obtained diester with 1,omega-diol in the presence of titanium alkoxide as a catalyst leads to the corresponding polyester in excellent yields. The obtained polymers show remarkably high melting points compared with the related polyesters composed of a single furan ring derived from furan-2,5-dicarboxylic acid (FDCA). Thermal properties of the furan dimer-derived polyesters are comparable with those of terephthalate polymers such as poly(ethylene terephthalate).

    CHEMICAL SOC JAPAN, 2017年10月, CHEMISTRY LETTERS, 46 (10), 1535 - 1538, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Jian Shen, Keisuke Fujita, Takuya Matsumoto, Chizuru Hongo, Masahiro Misaki, Kenji Ishida, Atsunori Mori, Takashi Nishino

    Poly(3-hexylthiophene) (P3HT) is widely shown to have considerable advantages in photovoltaic cells, including excellent electrical performance, but its fragility remains a challenge for material applications and processing of stretchable devices. Herein, high-molecular-weight and highly regioregular poly(3-substituted thiophene) with disiloxane moieties in the side chains (P3SiT) is synthesized. An investigation of the molecular structure and physical properties of self-supported cast films of P3SiT reveals excellent flexible mechanical properties derived from the disiloxane groups in the side chains. The larger fracture strain reaches over 200% compared with that of poly(3-hexylthiophene) (14%). In addition, its Young's modulus (43 MPa) and low glass transition temperature (-10 degrees C) result in a typical elastic mechanical property. For the electrical property, the sheet resistivity of the drawn thiophene polymer shows the value almost equal to that of poly(3-hexylthiophene). The anisotropy of electrical resistivity is observed due to orientation of the drawn polymer.

    WILEY-V C H VERLAG GMBH, 2017年10月, MACROMOLECULAR CHEMISTRY AND PHYSICS, 218 (19), 1700197, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Sunglin Lee, Chizuru Hongo, Takashi Nishino

    Elastic modulus of the crystalline regions (crystal modulus) of poly(glycolic acid) (PGA) in the directions parallel (El) and perpendicular (Et) to the chain axis was measured by X-ray diffraction. The El value of PGA was 104 GPa at room temperature. This relatively low El value suggests that the PGA skeleton is not fully extended as reported before but contracted. The Et value of PGA was obtained as 7 GPa, which resembles that (7 GPa) of poly(vinyl alcohol) based on intermolecular hydrogen bonds. This reveals strong intermolecular interactions act between PGA molecules in the crystal lattice. Both low El value and high Et value are considered to contribute to the extraordinarily high melting point (223 °C) of PGA among aliphatic polyesters. Temperature dependence (13-400 K) of both El and Et of PGA was also investigated. Abrupt changes around 200 K for both directions were considered to be caused by molecular motion in the crystalline regions of PGA.

    American Chemical Society, 2017年07月11日, Macromolecules, 50 (13), 5074 - 5079, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takuya Matsumoto, Keishirou Nishi, Shunsuke Tamba, Masaru Kotera, Chizuru Hongo, Atsunori Mori, Takashi Nishino

    Recently, the synthesis of P3HT with high head-to-tail regioregularity and the control of the molecular weight have been achieved. Herein, we evaluated the structure in thin films of various molecular weight P3HT (from M-w = 13 k to 828 k) prepared under diverse conditions through X-ray diffraction measurements. Higher molecular weight P3HT had the increase of "Face-on" structure in the thin films. From the structure of thin films prepared under other conditions, the main attribution was the speeds of sedimentation and inhabitation of the crystallization. Moreover, at the surface, the P3HT thin films with high molecular weight (M-w = 828 k) emerged "Edge-on"-rich structure. With the larger distance from thin film surface, the structure gradually changed from "Edge-on" to "Face-on". These fundamental results would lead the suggestion in fabrication and performance of organic electronic devices. (C) 2017 Published by Elsevier Ltd.

    ELSEVIER SCI LTD, 2017年06月, POLYMER, 119 (16), 76 - 82, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takuya Matsumoto, Keishirou Nishi, Shunsuke Tamba, Masaru Kotera, Chizuru Hongo, Atsunori Mori, Takashi Nishino

    Recently, the synthesis of P3HT with high head-to-tail regioregularity and the control of the molecular weight have been achieved. Herein, we evaluated the structure in thin films of various molecular weight P3HT (from M-w = 13 k to 828 k) prepared under diverse conditions through X-ray diffraction measurements. Higher molecular weight P3HT had the increase of "Face-on" structure in the thin films. From the structure of thin films prepared under other conditions, the main attribution was the speeds of sedimentation and inhabitation of the crystallization. Moreover, at the surface, the P3HT thin films with high molecular weight (M-w = 828 k) emerged "Edge-on"-rich structure. With the larger distance from thin film surface, the structure gradually changed from "Edge-on" to "Face-on". These fundamental results would lead the suggestion in fabrication and performance of organic electronic devices. (C) 2017 Published by Elsevier Ltd.

    ELSEVIER SCI LTD, 2017年06月, POLYMER, 119, 76 - 82, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kohji Nobuta, Hiroshi Teramura, Hiroaki Ito, Chizuru Hongo, Hideo Kawaguchi, Chiaki Ogino, Akihiko Kondo, Takashi Nishino

    Four types of kenaf bast fibers were prepared via a combination of Wise treatments, for delignification, and alkaline treatments, for the removal of hemicellulose. Each type of kenaf bast fiber with different refining processes were nano fibrillated by grinding. Resulting, cellulose nanofiber (CNF) sheet was obtained from CNF by vacuum filtration (Scheme 1). The structures and properties of these CNF sheets then were investigated to determine how the CNF components had affected these properties. All of the CNFs from different refining processes were classified as a cellulose I-beta type by X-ray diffraction. However, the mechanical properties (Young's modulus, tensile strength and toughness) of the CNF sheet with Wise treatment were higher than the properties of the other three CNF sheets. These results strongly suggested that alkaline treatment was unnecessary for the removal of hemicellulose, and that the application of the Wise treatment effectively imparted high mechanical properties to the cellulose microfiber.

    SPRINGER, 2016年02月, CELLULOSE, 23 (1), 403 - 414, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Fujita K, Sumino Y, Ide K, Tamba S, Shono K, Shen J, Nishino T, Mori A, Yasuda T

    2016年, Macromolecules, 49 (4), 1259 - 1269

    [査読有り]

  • Saori Shiota, Shunsuke Yamamoto, Ayane Shimomura, Akio Ojida, Takashi Nishino, Tatsuo Maruyama

    We quantified amino groups displayed on inorganic and organic surfaces in aqueous solution using different types of cleavable fluorescent compounds and an aldehyde dye. The cleavable fluorescent compounds were designed to bind covalently to amino groups and then liberated under specific conditions. Among the investigated materials, cleavable coumarin was most appropriate for the quantification of amino groups on silica and resin surfaces. The developed method can measure small amounts (similar to pmol/cm(2)) of amino groups on a flat polymeric surface, detecting only amino groups that are exposed to aqueous solution and available for surface immobilization of ligands and biomolecules.

    AMER CHEMICAL SOC, 2015年08月, LANGMUIR, 31 (32), 8824 - 8829, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kaya Tokuda, Miki Noda, Tatsuo Maruyama, Masaru Kotera, Takashi Nishino

    A polyethylene terephthalate polymer surface was modified by dip coating in a polymer mixture composed of methacrylate-based terpolymers containing both perfluoroalkyl (R-f) groups and poly(ethylene oxide) (PEO) side chains, vinylidenefluoridetetrafluoroethylene copolymers ((CH2CF2)(80)(CF2CF2)(20)) and poly(methyl methacrylate). The terpolymers contained Rf groups with various numbers of carbons. After the dip coating, both the Rf groups and the PEO chains predominantly segregated on the top surface. The modified surfaces were characterized with X-ray photoelectron spectroscopy, protein adsorption, thrombogenesis and cell adhesion. The results indicate that because of the surface-segregated PEO chains, the surfaces exhibited resistance to nonspecific protein adsorption, antithrombogenicity and resistance to cell adhesion. In addition, covalent conjugation of biotin with the PEO termini enabled selective immobilization of streptavidin from a mixed protein solution on the dip-coated surface.

    NATURE PUBLISHING GROUP, 2015年04月, POLYMER JOURNAL, 47 (4), 328 - 333, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kaya Tokuda, Tomoya Ogino, Masaru Kotera, Takashi Nishino

    A poly(methyl methacrylate) (PMMA) surface was fluorinated by immersion in 3-(perfluoro-7-methyloctyl)-1,2-epoxypropene and subsequent heat treatment at 120 degrees C. The water contact angle on PMMA increased from 67 degrees to 111 degrees after the fluorination treatment with no loss of optical transparency. This high contact angle corresponds to a surface free energy of 10 mJ m(-2), which is much lower than that of poly(tetrafluoroethylene) (22 mJ m(-2)). X-ray photoelectron spectroscopy analysis revealed that the surface was almost completely covered by fluoroalkyl groups, which imparted high hydrophobicity. This simple fluorination method effectively lowers the surface free energy of PMMA. The fluorinated PMMA also demonstrated low albumin adsorption, low blood clotting and antifouling properties against fingerprints. These characteristics reveal that fluorinated PMMA generated by a simple immersion treatment could serve as an antithrombogenic or antifingerprint fouling material.

    NATURE PUBLISHING GROUP, 2015年01月, POLYMER JOURNAL, 47 (1), 66 - 70, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Nishino, T, Meguro, M, Tokuda, K, Ueda, Y

    2015年, J. Adhesion Soc. Jpn, 51, 243 - 247, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Shunsuke Yamamoto, Shigeru Kitahata, Ayane Shimomura, Kaya Tokuda, Takashi Nishino, Tatsuo Maruyama

    We propose a rational strategy to control the surface segregation of an amphiphilic copolymer in its dip-coating with a low-molecular-weight surfactant. We synthesized a water-insoluble methacrylate-based copolymer containing oligo(ethylene glycol) (OEG) (copolymer 1) and a perfluoroalkylated surfactant (surfactant 1) containing OEG. The dip-coating of copolymer 1 with surfactant 1 resulted in the segregation of surfactant 1 on the top surface of the dip-coated layer due to the high hydrophobicity of its perfluoroalkyl group. OEG moieties of surfactant 1 were accompanied by those of copolymer 1 in its segregation, allowing the OEG moieties of copolymer 1 to be located just below the top surface of the dip-coated layer. The removal of surfactant 1 produced the surface covered by the OEG moieties of the copolymer that exhibited antifouling properties. Using this strategy, we also succeeded in the introduction of carboxy groups on the dip-coated surface and demonstrated that the carboxy groups were available for the immobilization of functional molecules on the surface.

    AMER CHEMICAL SOC, 2015年01月, LANGMUIR, 31 (1), 125 - 131, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kaya Tokuda, Motoko Kawasaki, Masaru Kotera, Takashi Nishino

    Polymer surfaces were modified using methacrylate terpolymers containing both perfluoroalkyl (Rf) groups and poly(ethylene oxide) (PEO) as side chains in the same molecule. The structure and properties of the modified surfaces were evaluated using X-ray photoelectron spectroscopy and by measuring the dynamic contact angles and 90 degrees peel strength. It was found that not only Rf groups but also PEO side chains were segregated on the surface being against the order of the surface free energy. The terpolymer modified surface is hydrophobic in air because Rf groups are predominant, but it becomes hydrophilic in water because the surface is covered with PEO side chains. This response to the environment is rapid and reversible. The modified surface showed high water repellency because of the surface Rf groups and high adhesive strength because of the side chains.

    AMER CHEMICAL SOC, 2015年01月, LANGMUIR, 31 (1), 209 - 214, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 植物の機能解明と新たな機能材料創出の可能性

    寺村 浩, 延田 紘治, 川口 秀夫, 荻野 千秋, 西野 孝, 近藤 昭彦

    2014年04月, バイオインダストリー, 31 (4), 62 - 68, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Seira Morimune, Masaru Kotera, Takashi Nishino, Takuya Goto

    The unique potential of graphene oxide (GO) was exploited in the nanocomposites by a simple uniaxial drawing (up to three times) of poly(vinyl alcohol) (PVA)/GO nanocomposites with a small amount loading of GO. From X-ray diffraction images, the PVA crystallites were found to be oriented parallel to the drawn direction. At the same time, exfoliated GO platelets were found to be aligned parallel to the film surface. Compared with the properties of the as-cast nanocomposites, those of the uniaxially drawn nanocomposites were found to be remarkably enhanced. For the mechanical properties, not only Young's modulus and tensile strength but also the toughness of the nanocomposites increased by the uniaxial drawing. It was revealed that 260% increase in toughness was achieved for the drawn nanocomposite with 1% w/w GO loading. Significant suppression of the swelling in water resulted in the excellent barrier properties against water, which exceeded that of the conventional high-barrier polymer, such as poly(vinylidene chloride). We revealed that this simple, fast and environmentally friendly process of uniaxial drawing exploits the excellent properties and high aspect ratio of GO in the nanocomposites. (C) 2014 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2014年04月, CARBON, 70, 38 - 45, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yuta Asai, Yusuke Ariake, Hitomi Saito, Naokazu Idota, Kimihiro Matsukawa, Takashi Nishino, Yoshiyuki Sugahara

    Nanosheets bearing CF3(CF2)(7)C2H4O groups on their surface were prepared from a CF3(CF2) 7C2H4O derivative of ion-exchangeable layered perovskite HLaNb2O7 center dot xH(2)O (HLaNb) via exfoliation, and were further utilized to prepare epoxy-based hybrids. The CF3(CF2)(7)C2H4O derivative of HLaNb (C10F_HLaNb) was prepared by reacting the n-decoxy derivative of HLaNb with 1H,1H,2H,2H-perfluorodecanol, CF3(CF2)(7)C2H4OH. TEM and AFM observations revealed that the C10F_HLaNb was exfoliated into individual nanosheets bearing surfaces covered with CF3(CF2)(7)C2H4O groups after ultrasonication in acetonitrile. The nanosheet dispersion in acetonitrile was employed to prepare epoxy-based hybrids, and the FE-TEM image of the epoxy-based hybrid with 5 mass% of the nanosheets (C10F_HLaNb/epoxy_5) showed that the nanosheets were dispersed in the epoxy matrix. Thermogravimetry of C10F_HLaNb/epoxy_5 and neat epoxy resin indicated that the initial mass loss due to water decreased and the thermal decomposition retarded by introducing C10F_HLaNb nanosheets. Dynamic mechanical thermal analysis revealed that the glass transition temperature of C10F_HLaNb/epoxy_5 (161 degrees C) was higher than that of neat epoxy resin (110 degrees C). These results clearly exhibit that thermal properties were improved by incorporating nanosheets bearing hydrophobic CF3(CF2) 7C2H4O groups in the epoxy resin most likely due to a decrease in water content. A water uptake test demonstrated that the water uptake rate of C10F_HLaNb/epoxy_5 was lower than that of the neat epoxy.

    ROYAL SOC CHEMISTRY, 2014年, RSC ADVANCES, 4 (51), 26932 - 26939, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masaru Kotera, Akiko Nozawa, Sachie Kakimoto, Takashi Nishino

    The tensile deformation behaviors of poly(ethylene terephthalate) (PET) surfaces with different draw ratio (lambda) were observed in situ using an atomic force microscope (AFM). Heterogeneous deformation was observed on the PET surfaces with lambda = 2. In contrast, for PET (lambda >= 5), the microscopic deformation by AFM coincided with the macroscopic one. This indicates that the deformation process for the oriented PET (lambda >= 5) surface could be described as an affine deformation. The apparent Poisson's ratio of the PET surface slightly decreased with an increase of . This suggested that the strain in the direction perpendicular to the tensile load was affected by the molecular orientation of the amorphous region.

    TAYLOR & FRANCIS INC, 2013年12月, JOURNAL OF MACROMOLECULAR SCIENCE PART B-PHYSICS, 52 (12), 1861 - 1869, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Joby Kochumalayil, Seira Morimune, 西野 孝, Olli Ikkala, Andreas Walther, Lars Berglund

    Nacre-mimetic bionanocomposites of high montmorillonite (MTM) clay content, prepared from hydra. colloidal suspensions, suffer from reduced strength and stiffness at high relative humidity. We address this problem by chemical modification of xyloglucan in (XG)/MTM nacremimetic nanocomposites, by subjecting the XG to regioselective periodate oxidation of side chains to enable it to form covalent cross-links to hydroxyl groups in neighboring XG chains or to the MTM surface. The resulting materials are analyzed by FTIR spectroscopy, thermogravimetric analysis, carbohydrate analysis, calorimetry, X-ray diffraction, scanning electron microscopy, tensile tests, and oxygen barrier properties. We compare the resulting mechanical properties at low and high relative humidity. The periodate oxidation leads to a strong increase in modulus and strength of the materials. A modulus of 30 GPa for cross-linked composite at 50% relative humidity compared with 13.7 GPa for neat XG/MTM demonstrates that periodate oxidation of the XG side chains leads to crucially improved stress transfer at the XG/MTM interface, possibly through covalent bond formation. This enhanced interfacial adhesion and internal cross-linking of the matrix moreover preserves the mechanical properties at high humidity condition and leads to a Young's modulus of 21 GPa at 90%RH.

    AMER CHEMICAL SOC, 2013年11月, Biomacromolecules, 14 (11), 3842 - 3849, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Elyas Afra, Hossein Yousefi, Mohamad Mandi Hadilam, Takashi Nishino

    Cellulose fibers were fibrillated using mechanical beating (shearing refiner) and ultra-fine friction grinder, respectively. The fibrillated fibers were then used to make paper. Mechanical beating process created a partial skin fibrillation, while grinding turned fiber from micro to nanoscale through nanofibrillation mechanism. The partially fibrillated and nano fibrillated fibers had significant effects on paper density, tear strength, tensile strength and water drainage time. The effect of nanofibrillation on paper properties was quantitatively higher than that of mechanical beating. Paper sheets from nanofibrillated cellulose have a higher density, higher tensile strength and lower tear strength compared to those subjected to mechanical beating. Mechanical beating and nanofibrillation were both found to be promising fiber structural modifications. Long water drainage time was an important drawback of both fibrillation methods. (C) 2013 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    ELSEVIER SCI LTD, 2013年09月, CARBOHYDRATE POLYMERS, 97 (2), 725 - 730, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hossein Yousefi, Takashi Nishino, Alireza Shakeri, Mehdi Faezipour, Ghanbar Ebrahimi, Masaru Kotera

    Water-repellent all-cellulose nanocomposite (ACNC) was made using the silane coupling agent dodecyltriethoxysilane. The ACNC, consisting of cellulose nanofibers incorporated into a cellulosic matrix, was prepared by reducing crystallinity in the surface of the cellulose nanofibers using DMAc/LiCl solvent, followed by applying pressure and drying. The ACNC surface turned from hydrophilic to hydrophobic by silane coupling treatment. X-ray photoelectron spectroscopy (XPS) measurements confirmed the existence of the silane coupling agent on the surface after treatment. As silane concentration increased, the water contact angle of treated ACNC increased, to a maximum value of 93 degrees. Thermogravimetric analysis and atomic force micrographs showed a multilayered treatment. The silane treated ACNC showed lower water absorption compared to that of untreated one. The silane coupling treatment was also found to increase the mechanical performance of ACNC. Creation of a hydrophobic surface reduces the potential damage associated with water in outdoor applications of ACNC.

    TAYLOR & FRANCIS LTD, 2013年06月, JOURNAL OF ADHESION SCIENCE AND TECHNOLOGY, 27 (12), 1324 - 1334, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masaru Kotera, Boo Samyul, Kouhei Araie, Yuri Sugioka, Takashi Nishino, Satoshi Maji, Miki Noda, Kazunobu Senoo, Tomoyuki Koganezawa, Ichiro Hirosawa

    The microstructures of 3,4,3',4'-biphenyltetracarboxylic dianhydride - p-phenylene diamine (BPDA-PPD) polyimide (PI) thin films with different thicknesses were investigated by grazing incidence X-ray diffraction (GIXD) and X-ray reflectivity (XRR) at the SPring-8 synchrotron radiation facility. The film density calculated from XRR profiles increased with decreasing the film thickness. Processing of PI thin films from precursor polyamic acid (PAA) solutions involves simultaneous thermal imidization, evaporation of residual solvents and crystallization. The thickness reduction during imidization was smaller for the thinner PAA film. This implies that the much more larger amount of the residual solvent in the thinner PAA film brings high molecular mobility, which results in the higher conversion to PI at any curing temperature. The thinner BPDA-PPD film was more dense than the thicker film because of better molecular packing, which is a result of much more amount of the residual solvent for the thinner film during the thermal curing. (C) 2013 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    ELSEVIER SCI LTD, 2013年04月, POLYMER, 54 (9), 2435 - 2439, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tamba S, Fuji K, Meguro H, Okamoto S, Tendo T, Komobuchi R, Sugie A, Nishino T, Mori A

    2013年, Chemistry Letters, 42 (3), 281 - 283

    [査読有り]

  • 平山 道夫, 西野 孝

    2013年01月, 日本ゴム協会誌, 86 (1), 3 - 7, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Ayane Shimomura, Takashi Nishino, Tatsuo Maruyama

    The implementation of a reactive functional group onto a material surface is of great importance. Reactive functional groups (e.g., an amino group and a hydroxyl group) are usually hydrophilic, which makes it difficult to display them on a dry polymer surface. We here propose a novel method for displaying amino groups on the surfaces of polymeric substrates through dip-coating of a methacrylate-based copolymer. We synthesized copolymers composed of methyl methacrylate and 2-aminoethyl methacrylate with different protecting groups or ion-complexes on their amino groups, then dip-coated the copolymers onto a poly(methyl methacrylate) (PMMA) substrate. Evaluation using a cleavable fluorescent compound, which was synthesized in the present study to quantify a small amount (pmol/cm(2)) of amino groups on a solid surface, revealed that the protection of amino groups affected their surface segregation in the copolymer coating. p-Toluenesulfonate ion-complex and tert-butoxycarbonyl (Boc) protection of amino groups were found to effectively display amino groups on the surface (more than 70 pmol/cm(2)). The density of amino groups displayed on a surface can be easily controlled by mixing the copolymer and PMMA before dip-coating. Dip-coating of the copolymer with Boc protection on various polymeric substrates also successfully displayed amino groups on their surfaces. Finally, we demonstrated that the amino groups displayed can be utilized for the immobilization of a DNA oligonucleotide on a substrate surface.

    AMER CHEMICAL SOC, 2013年01月, LANGMUIR, 29 (3), 932 - 938, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Microstructures of Poly--olefin/Adhesives Interface using Grazing Incidence X-ray Diffraction

    M.Kotera, M.Komada, K.Yokoyama, S.Takeda, J.Matsui, T.Nishino

    2012年12月, Status Report of Hyogo-Beamlines with Research Results, 1, 67 - 70, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Houssine Sehaqui, Seira Morimune, Takashi Nishino, Lars A. Berglund

    Nonwoven membranes based on electrospun, fibers are of great interest in applications such as biomedical, filtering, and protective clothing.. The poor, mechanical performance is a limitation, as is some of the electrospinning Solvents. To address these problems, porous nonwoven membranes based on nanofibrillated cellulose (NFC) modified by a hydroxyethyl cellulose (HEC) polymer coating. are prepared. NFC/HEC aqueous suspensions are subjected to simple vacuum filtration: in a Paper-making fashion,, followed by supercritical CO2. drying., These nonwoven nanocomposite membranes are truly nanostructured and exhibit a nanoporous, network structure with high specific surface area, as analyzed by nitrogen adsorption and FE-SEM. Mechanical properties by tensile tests show high strength combined with remarkable high strain to failure up to 55%. XRD analysis revealed significant fibril realignment during tensile stretching. After postdrawing of the random mats, the modulus and strength are strongly increased. The present preparation route uses components from renewable resources, is environmentally friendly, and results in permeable membranes of exceptional imechanical performance.

    AMER CHEMICAL SOC, 2012年11月, BIOMACROMOLECULES, 13 (11), 3661 - 3667, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Seira Morimune, Takashi Nishino, Takuya Goto

    Graphene, a single layer of graphite, has recently attracted a large amount of attention because of its extremely high electronic and thermal properties, as many nanoscale materials are based on individual graphene. Graphene oxide (GO), which is the intermediate during the chemical processing of graphene, consists of graphene functionalized with oxygen-containing functional groups that imparts the desirable solution-processability to the neat graphene. Herein, poly(vinyl alcohol) (PVA), a hydrophilic polymer, was selected as the matrix, and PVA/GO nanocomposites were prepared by a simple and environment friendly process using water as the proceeding medium. In the PVA matrix, GO was exfoliated and nanodispersed. We found that the nanocomposites constructed by the incorporation of GO up to 1% by weight possess remarkable properties, such as significantly high mechanical and thermal properties. These excellent reinforcement effects were achieved not only by the rigid structure and high aspect ratio of the exfoliated GO but also by the strong interaction between PVA and GO. Furthermore, owing to the sheet-like structure of GO, the barrier properties of the nanocomposites were found to be dramatically increased. Polymer Journal (2012) 44, 1056-1063; doi: 10.1038/pj.2012.58; published online 18 April 2012

    NATURE PUBLISHING GROUP, 2012年10月, POLYMER JOURNAL, 44 (10), 1056 - 1063, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Seira Morimune, Takashi Nishino, Takuya Goto

    Graphene oxide (GO) possesses the desirable characteristic of aqueous solution processability attributed to the oxygen-containing functional groups on the basal planes and edges of graphene. To provide an alternative to conventional procedures for fabricating poly (methyl methacrylate) (PMMA)/GO nanocomposites, which use organic solutions and/or surfactants, we have developed an environmentally friendly technique in which PMMA is polymerized by soap-free emulsion polymerization and incorporated with GO using water as a processing medium. Experimental results showed that the fabricated PMMA/GO nanocomposites had excellent mechanical, thermal, and O-2 barrier properties with the nanodispersion of GO.

    AMER CHEMICAL SOC, 2012年07月, ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES, 4 (7), 3596 - 3601, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masaru Kotera, Yoshimasa Urushihara, Daiki Izumo, Takashi Nishino

    The interfacial structure of all-polyethylene laminate (linear low density polyethylene (LLDPE)/deuterated polyethylene (D-PE)) was investigated using different microprobe methods, scanning thermal microscopy (SThM), and confocal laser nano-Raman spectroscopy. By scanning the thermal probe under isothermal conditions over a cross section of the laminate film, a high-contrast image of apparent thermal conductivity at the interfacial region was obtained even for the flat height region observed using an atomic force micrograph. The apparent thermal conductivity and the Raman intensity gradually change across the tapered interfacial region between the two PEs. The interfacial thickness was estimated to be in the micrometer-order depending on the thermal treatment of the laminate film. Additionally, the peel strength of the LLDPE/D-PE laminate increased as the interfacial thickness increased. This suggests that both the LLDPE and D-PE molecular chains were entangled with each other, and/or both crystalline lamellae were in an interlocking state during thermal treatment. (C) 2012 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    ELSEVIER SCI LTD, 2012年04月, POLYMER, 53 (9), 1966 - 1971, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kotera Masaru, Urushihara Yoshimasa, Izumo Daiki, Nishino Takashi

    The interfacial structure of laminated poly-alpha-olefin, polyethylene (PE)/polypropylene (PP), film was investigated by scanning thermal microscope (SThM). Spatial resolution of this technique was estimated as 1.5 mu m. Notwithstanding the flatness of the sample as observed in the height image of an atomic force micrograph, micro-thermomechanical analysis could distinguish each polymer. By scanning the thermal probe at isothermal temperature over a cross-section of the laminate film, a high-contrast image of apparent thermal conductivity at the interfacial region was obtained. The interfacial thickness was estimated to be in the micrometer order depending on the thermal treatment of the laminate film. This result coincides with the results of synchrotron X-ray microbeam diffraction. Moreover, the peel strength of the PE/PP laminate was considered to be influenced by the interfacial thickness. It is concluded that this proposed thermal-probe method is as a powerful tool for investigating the interfacial region of the polymer composites. (C) 2011 Elsevier B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2012年03月, Thermochimica Acta, 531, 1 - 5, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Ahmed Jalal Uddin, Yasuo Gotoh, Yutaka Ohkoshi, Takashi Nishino, Ryokei Endo

    The elastic modulus (El) of crystalline regions in the direction parallel to the chain axis in a new semiaromatic polyamide 9-T (PA9-T) containing a long aliphatic chain unit was measured by X-ray diffraction and the derived El value was discussed in terms of its molecular conformation and mechanical properties. For low and high molecular weight PA9-Ts, the El value of 40 GPa was obtained. The low El value for PA9-T is due to the presence of aromatic groups with long crankshaft arms, which result in a greater moment of force during deformation compared with those polymers with planner zigzag molecular conformation like polyethylene and nylon 6 a-form. Another factor for the low El is due to the contraction of its molecular chains that is likely originated from the existence of a torsional conformation. The presence of contraction causes some internal rotation in the polymer chain during extensional deformation, which results in low El. POLYM. ENG. SCI., 2012. (C) 2011 Society of Plastics Engineers

    WILEY-BLACKWELL, 2012年02月, POLYMER ENGINEERING AND SCIENCE, 52 (2), 331 - 337, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Houssine Sehaqui, Ngesa Ezekiel Mushi, Seira Morimune, Michaela Salajkova, Takashi Nishino, Lars A. Berglund

    To exploit the mechanical potential of native cellulose fibrils, we report on the preparation of nanopaper with preferred orientation of nanofibrillated cellulose (TEMPO-NFC) by cold drawing. The preparation route is papermaking-like and includes vacuum filtering of a TEMPO-oxidated NFC water dispersion, drawing in wet state and drying. The orientation of the fibrils in the nanopaper was assessed by AFM and wide-angle Xray diffraction analysis, and the effect on mechanical properties of the resulting nanopaper structure was investigated by tensile tests. At high. draw ratio, the degree of orientation is as high as 82 and 89% in and cross-sectional planes of the nanopaper, respectively, and the Young's modulus is 33 GPa. This is much higher than mechanical properties of isotropic nanopaper. The cold drawing method can be also applied to NFC nanocomposites as demonstrated, by preparation of TEMPO-NFC/hydroxyethyl cellulose (HEC) nanocomposites. The introduction of the soft HEC matrix allows further tailoring of the mechanical properties.

    AMER CHEMICAL SOC, 2012年02月, ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES, 4 (2), 1043 - 1049, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 西野 孝

    2012年02月, 日本接着学会誌, 48, 48 - 57, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Houssine Sehaqui, Ngesa Ezekiel Mushi, Seira Morimune, Michaela Salajkova, Takashi Nishino, Lars A. Berglund

    To exploit the mechanical potential of native cellulose fibrils, we report on the preparation of nanopaper with preferred orientation of nanofibrillated cellulose (TEMPO-NFC) by cold drawing. The preparation route is papermaking-like and includes vacuum filtering of a TEMPO-oxidated NFC water dispersion, drawing in wet state and drying. The orientation of the fibrils in the nanopaper was assessed by AFM and wide-angle Xray diffraction analysis, and the effect on mechanical properties of the resulting nanopaper structure was investigated by tensile tests. At high. draw ratio, the degree of orientation is as high as 82 and 89% in and cross-sectional planes of the nanopaper, respectively, and the Young's modulus is 33 GPa. This is much higher than mechanical properties of isotropic nanopaper. The cold drawing method can be also applied to NFC nanocomposites as demonstrated, by preparation of TEMPO-NFC/hydroxyethyl cellulose (HEC) nanocomposites. The introduction of the soft HEC matrix allows further tailoring of the mechanical properties.

    AMER CHEMICAL SOC, 2012年02月, ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES, 4 (2), 1043 - 1049, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 西野 孝

    2012年, 日本接着学会誌, Vol.48, pp.48-57, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Atsuyuki Inui, Takeshi Kokubu, Hiroyuki Fujioka, Issei Nagura, Ryosuke Sakata, Hanako Nishimoto, Masaru Kotera, Takashi Nishino, Masahiro Kurosaka

    Background: This study evaluated the application of a layered cell free poly (L-lactic acid) (PLLA) scaffold to regenerate an infraspinatus tendon defect in a rabbit model. We hypothesized that PLLA scaffold without cultivated cells would lead to regeneration of tissue with mechanical properties similar to reattached infraspinatus without tendon defects.Methods: Layered PLLA fabric with a smooth surface on one side and a pile-finished surface on the other side was used. Novel form of layered PLLA scaffold was created by superimposing 2 PLLA fabrics. Defects of the infraspinatus tendon were created in 32 rabbits and the PLLA scaffolds were transplanted, four rabbits were used as normal control. Contralateral infraspinatus tendons were reattached to humeral head without scaffold implantation. Histological and mechanical evaluations were performed at 4, 8, and 16 weeks after operation.Results: At 4 weeks postoperatively, cell migration was observed in the interstice of the PLLA fibers. Regenerated tissue was directly connected to the bone composed mainly of type III collagen, at 16 weeks postoperatively. The ultimate failure load increased in a time-dependent manner and no statistical difference was seen between normal infraspinatus tendon and scaffold group at 8 and 16 weeks postoperatively. There were no differences between scaffold group and reattach group at each time of point. The stiffness did not improve significantly in both groups.Conclusions: A novel form of layered PLLA scaffold has the potential to induce cell migration into the scaffold and to bridge the tendon defect with mechanical properties similar to reattached infraspinatus tendon model. © 2011 Inui et al licensee BioMed Central Ltd.

    2011年12月02日, Sports Medicine, Arthroscopy, Rehabilitation, Therapy and Technology, 3 (1), 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hossein Yousefi, Takashi Nishino, Mehdi Faezipour, Ghanbar Ebrahimi, Alireza Shakeri

    All-cellulose nanocomposite was directly fabricated using nanowelding of cellulose microfibers as a starting material, in 1-butyl-3-methylimidazolium chloride (BMIMC1) as a solvent, for the first time. The average diameter of the reinforcing component (undissolved nanofibrils) in the nanocomposite made directly from cellulose microfibers (NC-microfiber) was 53 +/- 16 nm. Owing to its high mechanical properties (tensile strength of 208 MPa and Young's modulus of 20 GPa), high transparency (76% at a wavelength of 800 nm), and, complete barrier to air and biodegradability, the NC-microfiber is regarded as a high multiperformance material. The NC-microfiber made directly from cellulose microfibers showed similar macro-, micro-, and nanostructures and the same properties as those made from solvent-based welding of ground cellulose nanofibers (NC-nanofiber). Omitting the step of cellulose nanofiber production makes the direct production of all-cellulose nanocomposite from cellulose microfibers easier, shorter, and cheaper than using cellulose nanofibers as starting material. The direct nanowelding of macro/micrometer-sized materials is theorized to be a fundamental approach for making nanocomposites.

    AMER CHEMICAL SOC, 2011年11月, BIOMACROMOLECULES, 12 (11), 4080 - 4085, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Seira Morimune, Masaru Kotera, Takashi Nishino, Kimiya Goto, Katsuhiko Hata

    Carbon-based nanomaterials, such as carbon nanotubes, are well-known for their unique physical properties. They have attracted interest as reinforcing fillers because of their superb mechanical properties (Young's modulus >= 1 TPa and tensile strength = 100-150 GPa). However, the success of the reinforcement has been limited because of their tendency to form agglomerates in polymer matrices. We report the excellent reinforcement properties of polymer nanocomposites by the incorporation of nanodiamond (ND). ND has been expected to offer polymer nanocomposites optimal properties because of its smooth surface and excellent optical, mechanical, and thermal properties, which can approach the values of single diamond crystal. We prepared poly(vinyl alcohol) (PVA)/ND nanocomposites by a simple casting method from aqueous medium and achieved the high dispersibility of ND in the PVA matrices. The resulting nanocomposites had excellent properties derived both from ND and PVA. The Young's modulus of the nanocomposites in particular increased 2.5 times compared with that of PVA film with only 1 wt % ND loading. For the thermal properties, the thermal conductivity of the nanocomposites increased dramatically, much above the calculated values, especially at a low content of ND. Furthermore, it was revealed that PVA/ND nanocomposites remained high transparency of PVA even if ND particles were imparted. We anticipate that ND will be able to compete as a nanofiller against conventional carbon-based nanofillers for polymer composites, and it is possible their reinforcement properties will be extended in the future.

    AMER CHEMICAL SOC, 2011年06月, MACROMOLECULES, 44 (11), 4415 - 4421, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hossein Yousefi, Mehdi Faezipour, Takashi Nishino, Alireza Shakeri, Ghanbar Ebrahimi

    All-cellulose composite (ACC) and nanocomposite (ACNC) were, respectively, made from microfiber and grinding-based nanofiber of canola straw by using a partial dissolution method with the solvent N,N-dimethylacetamide/lithium chloride (DMAc/LiCl). The dissolution times were 5, 10, 20, 30, 60 and 120 mins. The resultant composites were compared with neat micro-and nanofiber sheets. The average diameter of microfiber was 26 mu m, which was downsized to 32nm after grinding. The grinding process is a simple, cheap and fast downsizing method that could reduce fiber diameter by almost three orders of magnitude. The tensile strength of the nanofiber sheet was 11 times higher than that of the microfiber sheet. As dissolution time increased, the amount of non-crystalline matrix in the ACC and ACNC increased, and the apparent crystallinity decreased. The ACC had a tensile strength of 59 MPa when the dissolution time was 120 min, whereas the ACNC approached a maximum tensile strength of 164 MPa after a short dissolution time (10 min). Fiber pull-out was observed in the tensile-broken surfaces of the micro-and nanofiber sheets, and fibers tended to break when the dissolution time was long. Polymer Journal (2011) 43, 559-564; doi:10.1038/pj.2011.31; published online 20 April 2011

    NATURE PUBLISHING GROUP, 2011年06月, POLYMER JOURNAL, 43 (6), 559 - 564, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takashi Nishino, Tai'ichi Okamoto, Hiroshi Sakurai

    Tensile deformation behaviors of the crystalline regions of poly(trimethylene terephthalate) (PTT) and of PTT films were investigated at temperatures ranging from room temperature down to 18 K. The elastic moduli of the crystalline regions (crystal modulus) were found to be temperature dependent. Measured by X-ray diffraction, the crystal modulus along the chain axis (E,) was 2.59 GPa at 300 K and 5.39 GPa at 18 K, and the crystal modulus in the direction perpendicular to the chain axis (E,) was.3.7 GPa at 300 K and 7.4 GPa at 18 K. This inversion of the usual order of E, and E, values is a result of the extraordinarily small E, due to the very contracted skeleton of PTT and makes a PTT film macroscopically isotropic even after uniaxial drawing up to a draw ratio of 4. The E(1) and the macroscopic storage modulus coincide each other, and both increased with decreasing temperature. Even at 18 K, a drawn PTT film could be strained up to 8% without loading-unloading hysteresis.

    AMER CHEMICAL SOC, 2011年04月, MACROMOLECULES, 44 (7), 2106 - 2111, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takashi Nishino, Masaru Kotera, Mari Suetsugu, Hiroki Murakami, Yoshimasa Urushihara

    Natural cellulosic ramie fiber was acetylated using supercritical carbon dioxide (sc-CO(2)) as a reaction medium. The structure and properties of the acetylated fibers were investigated using infrared spectroscopy, scanning electron microscopy, X-ray diffraction (including synchrotron microbeam X-ray diffraction), nano-Raman scattering, and a tensile test. The acetylation reaction proceeded without using an organic solvent, and it reached to the core part of the fiber within a short period while maintaining the fiber morphology. The crystallites of cellulose triacetate II and cellulose coexist in the fiber. The acetylated fiber with an average degree of substitution of 1.9 showed high modulus (34.5 GPa) and high strength (763 MPa), which are the highest values for cellulose diacetate so far reported to date. (C) 2010 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    ELSEVIER SCI LTD, 2011年02月, POLYMER, 52 (3), 830 - 836, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Atsuyuki Inui, Takeshi Kokubu, Takeshi Makino, Issei Nagura, Narikazu Toyokawa, Ryosuke Sakata, Masaru Kotera, Takashi Nishino, Hiroyuki Fujioka, Masahiro Kurosaka

    A successful scaffold for use in tendon tissue engineering requires a high affinity for living organisms and the ability to maintain its mechanical strength until maturation of the regenerated tissue. We compared two types of poly(L-lactic acid) (PLLA) scaffolds for use in tendon regeneration, a plain-woven PLLA fabric (fabric P) with a smooth surface only and a double layered PLLA fabric (fabric D) with a smooth surface on one side and a rough (pile-finished) surface on the other side. These two types of fabric were implanted into the back muscles of rabbits and evaluated at three and six weeks after implantation. Histological examination showed collagen tissues were highly regenerated on the rough surface of fabric D. On the other hand, liner cell attachment was seen in the smooth surface of fabric P and fabric D. The total DNA amount was significantly higher in fabric D. Additionally, mechanical examination showed fabric P had lost its mechanical strength by six weeks after implantation, while the strength of fabric D was maintained. Fabric D had more cell migration on one side and less cell adhesion on the other side and maintained its initial strength. Thus, a novel form of double-layered PLLA fabric has the potential to be used as a scaffold in tendon regeneration.

    SPRINGER, 2010年12月, INTERNATIONAL ORTHOPAEDICS, 34 (8), 1327 - 1332, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Helena Nilsson, Sylvain Galland, Per Tomas Larsson, E. Kristofer Gamstedt, Takashi Nishino, Lars A. Berglund, Tommy Iversen

    All-cellulose composites are commonly prepared using cellulose solvents. In this study, moldable all-cellulose I wood fiber materials of high cellulose purity (97%) were successfully compression molded. Water is the only processing aid. The material is interesting as a "green" biocomposite for industrial applications. Dissolving wood fiber pulps (Eucalyptus hardwood and conifer softwood) are used and the influence of pulp origin, beating and pressing temperature (20-180 degrees C) on supramolecular cellulose nanostructure is studied by solid state CP/MAS (13)C NMR. Average molar mass is determined by SEC to assess process degradation effects. Mechanical properties are determined in tensile tests. High-density composites were obtained with a Young's modulus of up to 13 GPa. In addition, nanoscale cellulose fibril aggregation was confirmed due to processing, and resulted in a less moisture sensitive material. (c) 2010 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    ELSEVIER SCI LTD, 2010年10月, COMPOSITES SCIENCE AND TECHNOLOGY, 70 (12), 1704 - 1712, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Jian Min Zhang, Zeinab Mousavi, Nattakan Soykeabkaew, Paul Smith, Takashi Nishino, Ton Peijs

    The area of self-reinforced polymer composites is one of the fastest growing areas in engineering polymers, but until now these materials have been mainly developed on the basis of thermoplastic fibers of moderate performance. In this work, we report on a new type OF self-reinforced composites based on high-performance aramid fibers to produce an "all-aramid" composite by applying a surface-dissolution method to fuse poly(p-phenylene terephthalamide) (PPTA) fibers together. After immersion in concentrated (95 %) sulphuric acid (H2SO4) for a selected period of time, partially dissolved fiber surfaces were converted into a PPTA interphase or matrix phase. Following extraction of H2SO4 and drying, a consolidated all-aramid composite was formed. The structure, mechanical- and thermal properties of these single-polymer composites were investigated. Optimum processing conditions resulted in unidirectional composites of high reinforcement content (similar to 75 vol %) and good interfacial bonding. The all-aramid composites featured a Young's modulus of similar to 65 GPa at room temperature, and a tensile strength of 1.4 GPa, which are comparable with or exceed the corresponding values of conventional aramid/epoxy composites. However, since fiber, matrix and interphase in all-aramid composites are based on the same high-temperature resistant PPTA polymer, a high modulus of similar to 50 GPa was maintained up to 250 degrees C, demonstrating the potential of these materials for high-temperature applications.

    AMER CHEMICAL SOC, 2010年03月, ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES, 2 (3), 919 - 926, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Seira Morimune, Masaru Kotera, Takashi Nishino

    2010年, The Journal of Adhesion Socioety of Japan, Vol.46, pp.320-325, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ALL-CELLULOSE NANOCOMPOSITE MADE FROM NANOFIBRILLATED CELLULOSE

    Hossein Yousefi, Takashi Nishino, Mehdi Faezipour, Ghanbar Ebrahimi, Alireza Shakeri, Seira Morimune

    Commercial microfibrillated cellulose (MFC) was ground and turned into nanofibrillated cellulose (NFC), then all-cellulose nanocomposites (ACNC) were prepared by partially dissolving method. The nanocomposites, with different ratios of undissolved core part of NFC in a matrix of partially dissolved skin part of NFC, were produced using DMAc/LiCI as solvent system. Five dissolution times of 5, 10, 20, 30 and 60 minutes were used as variables and the results were compared with the properties of neat MFC and NFC sheets. The structure and properties of MFC, NFC and nanocomposites were characterized using atomic force microscopy, field emission scanning electron microscopy, X-ray diffraction and tensile tests. The mechanical properties of NFC are significantly larger than those of MFC. As dissolution time increased, the apparent crystallinity of ACNC decreased and more amount of matrix covered the nanofibre surfaces. The ACNC showed best tensile strength (156 MPa) and Young's modulus (13.2 GPa) at 10 minutes dissolution time. The advantage of ACNC is that they are fully bio-based, easily recyclable, fully biodegradable and strong materials.

    ADCOTEC LTD, 2010年, ADVANCED COMPOSITES LETTERS, 19 (6), 204 - 209, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • J0401-2-5 界面制御した短繊維状HAp/PLLA複合材料の変形・破壊特性評価(生体材料およびその表面改質材(2))

    田中 基嗣, 二宮 理, 北條 正樹, 安達 泰治, 小寺 賢, 西野 孝, 金原 勲

    2009年09月, 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting, 2009 (6), 275 - 276, 日本語

    [査読有り]

  • Yoshimasa Urushihara, Takashi Nishino

    Surface properties and structure of an oxygen-plasma-treated thermoplastic fluoroelastomer film under mechanical stretching were investigated using dynamic contact angle. X-ray photoelectron spectroscopy and field-emission scanning electron microscopy. The contact angle of water on the surface decreased from 96 to 36 by the plasma treatment. The contact angle increased under uniaxial stretching: the plasma treatment effect decreased. This was considered to be due to a dilution of the plasma-oxidized chains through the surface exposure of the matrix embedded chains by stretching. In other words, under stretching, the surface of plasma-treated films can be regarded as being chemically heterogeneous and being composed of treated and untreated parts. On the contrary, by the new surface modification procedure, that is, in situ plasma treatment under stretching, high hydrophilicity and high surface oxygen concentration were found to be maintained even at a high stretching ratio. (C) 2009 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    ELSEVIER SCI LTD, 2009年07月, POLYMER, 50 (14), 3245 - 3249, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Christian Aulin, Susanna Ahola, Peter Josefsson, Takashi Nishino, Yasuo Hirose, Monika Osterberg, Lars Wagberg

    A systematic study of the degree of molecular ordering and swelling of different nanocellulose model films has been conducted. Crystalline cellulose II surfaces were prepared by spin-coating of the precursor cellulose solutions onto oxidized silicon wafers before regeneration in water or by using the Langmuir-Schaefer (LS) technique. Amorphous cellulose films were also prepared by spin-coating of a precursor cellulose solution onto oxidized silicon wafers. Crystalline cellulose I surfaces were prepared by spin-coating wafers with aqueous suspensions of sulfate-stabilized cellulose nanocrystals and low-charged microfibrillated cellulose (LC-MFC). In addition, a dispersion of high-charged MFC was used for the buildup of polyelectrolyte multilayers with polyetheyleneimine on silica with the aid of the layer-by-layer (LbL) technique. These preparation methods produced smooth thin films on the nanometer scale Suitable for X-ray diffraction and swelling measurements. The surface morphology and thickness of the cellulose films were characterized in detail by atomic force microscopy (AFM) and ellipsometry measurements, respectively. To determine the surface energy of the cellulose surfaces, that Is, their ability to engage in different interactions with different materials, they were characterized through contact angle measurements against water, glycerol, and methylene iodide. Small incidence angle X-ray diffraction revealed that the nanocrystal and MFC films exhibited a cellulose I crystal structure and that the films prepared from N-methylmorpholine-N-oxide (NMMO), LiCl/DMAc solutions, using the LS technique, possessed a cellulose II structure. The degree of crystalline ordering was highest in the nanocrystal films (similar to 87%), whereas the MFC, NMMO, and LS films exhibited a degree of crystallinity of about 60%. The N,N-dimethylacetamide(DMAc)/LiCl film possessed very low crystalline ordering (<15%). It was also established that the films ha different mesostructures, that is, structures around 10 nm, depending on the preparation conditions. The LS and LiCl/DMAc films are smooth without any clear mesostructure, whereas the other films have a clear mesostructure in which the dimensions are dependent oil the size of the nanocrystals, fibrillar cellulose, and electrostatic charge of the MFC. The swelling of the films was studied using a quartz crystal microbalance with dissipation. To understand the swelling properties of the films, it was necessary to consider both the difference in crystalline ordering and the difference in mesostructure of the films.

    AMER CHEMICAL SOC, 2009年07月, LANGMUIR, 25 (13), 7675 - 7685, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Nattakan Soykeabkaew, Chandeep Sian, Saharman Gea, Takashi Nishino, Ton Peijs

    All-cellulose nanocomposites using bacterial cellulose (BC) as a single raw material were prepared by a surface selective dissolution method. The effect of the immersion time of BC in the solvent (lithium chloride/N,N-dimethylacetamide) during preparation on the nanocomposite properties was investigated. The structure, morphology and mechanical properties of the nanocomposites were characterized by X-ray diffraction, scanning electron microscopy, and tensile testing. The optimum immersion time of 10 min allowed the preparation of nanocomposites with an average tensile strength of 411 MPa and Young's modulus of 18 GPa. With the longest immersion time of 60 min, the prepared composite sheet turns to express a very high toughness characteristic possessing a work-to-fracture as high as 16 MJ/m(3). These biobased nanocomposites show high performances thanks to their unique structure and properties.

    SPRINGER, 2009年06月, CELLULOSE, 16 (3), 435 - 444, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Nattakan Soykeabkaew, Takashi Nishino, Ton Peijs

    All-cellulose composites of Lyocell and high modulus/strength cellulose fibres were successfully prepared using a surface selective dissolution method. The effect of immersion time of the fibres in the solvent during composite's preparation and the effect of the starting fibre's structure on their properties were investigated. Scanning electron microscopy, X-ray diffraction, dynamic mechanical analysis, and tensile testing were used to assess the structure and properties of the composites. These all-cellulose composites of regenerated cellulose fibres demonstrate a promising route to biocomposites with excellent mechanical and thermal properties which can also be tuned depending upon a selection of fibres and preparation parameters. Crown Copyright (C) 2008 Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.

    ELSEVIER SCI LTD, 2009年04月, COMPOSITES PART A-APPLIED SCIENCE AND MANUFACTURING, 40 (4), 321 - 328, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Nattakan Soykeabkaew, Takashi Nishino, Ton Peijs

    All-cellulose composites of Lyocell and high modulus/strength cellulose fibres were successfully prepared using a surface selective dissolution method. The effect of immersion time of the fibres in the solvent during composite's preparation and the effect of the starting fibre's structure on their properties were investigated. Scanning electron microscopy, X-ray diffraction, dynamic mechanical analysis, and tensile testing were used to assess the structure and properties of the composites. These all-cellulose composites of regenerated cellulose fibres demonstrate a promising route to biocomposites with excellent mechanical and thermal properties which can also be tuned depending upon a selection of fibres and preparation parameters. Crown Copyright (C) 2008 Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.

    ELSEVIER SCI LTD, 2009年04月, COMPOSITES PART A-APPLIED SCIENCE AND MANUFACTURING, 40 (4), 321 - 328, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • バイオナノファイバーの構造と物性

    西野 孝

    2009年03月, 機能材料, Vol 29. No.3 pp.6-18, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Mai Iwashita, Masaru Kotera, Takashi Nishino

    We report a novel, economical method of preparing well-aligned and well-oriented nanoribbons made of poly(vinyl alcohol) (PVA). The method requires no special equipment and easily produces nanoribbon. The structure of uniaxially drawn nanoribbon was investigated by polarized microscopy, polarized FT-IR, and X-ray diffraction, which showed high molecular and crystallite orientations. The well-aligned PVA nanoribbon, measuring several tens of micrometer width and around 400 nm thickness, had a Young's modulus of 9 GPa and a tensile strength of 350 MPa. Copyright (C) 2008 John Wiley & Sons, Ltd.

    WILEY-BLACKWELL, 2009年03月, POLYMERS FOR ADVANCED TECHNOLOGIES, 20 (3), 258 - 262, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 生分解性コンポジット複合材料 機能化と信頼性の実現へ

    西野 孝, 小寺 賢

    2009年02月, ポリファイル, Vol 46. No.540 pp.31-33, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Yoshimasa Urushihara, Lei Li, Junji Matsui, Takashi Nishino

    An in situ observation technique of filler displacement during tensile deformation of a nanocomposite was developed by combining a field-emission scanning electron microscope (FE-SEM) with a tensile device. The direct observation was applied to a natural rubber (NR) vulcanizate filled with silica nanofillers. The displacement of the nanofillers was Successfully observed while detecting the stress and strain of the vulcanizate simultaneously. The experimental results proved that this technique was Suitable and useful for structural studies of nanoparticulate rubber. (C) 2008 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    ELSEVIER SCI LTD, 2009年02月, COMPOSITES PART A-APPLIED SCIENCE AND MANUFACTURING, 40 (2), 232 - 234, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takashi Nishino, Naho Kitamura, Kazuyoshi Murotani

    Free radical polymerization under ambient conditions gives very low-molecular weight homopolymer of isopropenyl acetate (IPAc). On the other hand, poly (isopropenyl acetate) (PIPAc) with. a weight average molecular weight over 104 was found to be synthesized by high-pressure (1 GPa) radical polymerization. Poly(isopropenyl alcohol) (PIPOH) was then derived from PIPAc by saponification. The structure and properties of PIPAc and PIPOH were investigated using X-ray diffraction, thermal analyses, X-ray photoelectron spectroscopy, and dynamic contact angles. Though PIPOH is insoluble in water, the surface free energy (55 mJ/m(2)) was comparable with that of poly(vinyl alcohol). To utilize the peculiar combination of "aqueous insolubileity and high hydrophilicity" of PIPOH, biocompatibilities of PIPOH surface was investigated. The PIPOH surface was found to show high repellencies to albumin adsorption, whole thrombogenesis, and cell adhesion. (C) 2008 Wiley Periodicals, Inc. J Polym Sci Part A: Polym Chem 47: 754-761, 2009

    JOHN WILEY & SONS INC, 2009年02月, JOURNAL OF POLYMER SCIENCE PART A-POLYMER CHEMISTRY, 47 (3), 754 - 761, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • T. Nishino, M. Kotera, Y. Sugiura

    Thermal expansion behavior was investigated for tangusten zirconium phosphate (Zr2(WO4)(PO4)2 (ZWP)) particulate filled poly(ether ether ketone) (PEEK) composite. ZWP is known as ceramic filler with a negative thermal expansion. By incorporating ZWP with 40 volume %, the linear thermal expansion coefficient of the PEEK composite was reduced to almost same value (2.53 X 10-5 K-1) with that of aluminum. This decrease was found to be quite effective for the decrease of the residual stress at the interface between aluminum plate and the composite. © 2009 IOP Publishing Ltd.

    Institute of Physics Publishing, 2009年, Journal of Physics: Conference Series, 184, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 西野 孝

    2009年01月, 繊維学会誌, Vol 65. No.1 pp.33-35, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Nattakan Soykeabkaew, Noriko Arimoto, Takashi Nishino, Ton Peijs

    All-cellulose composites were successfully prepared by a surface selective dissolution method of aligned ligno-cellulosic fibres using lithium chloride/N,N-dimethylacetamide as a solvent. The effect of the immersion time of the aligned fibres in the solvent during preparation was investigated, The structure and mechanical properties of the composites were characterized by X-ray diffraction, scanning electron microscopy, and tensile testing. Optimization of the immersion time resulted in all-cellulose composites with excellent mechanical properties, i.e. a longitudinal tensile strength and Young's modulus of 460 MPa and 28 GPa, respectively. Strong interfacial interaction was also observed for these all-cellulose composites with good interface dominated properties like transverse tensile strengths in the range of 22-40 MPa. The significant advantages of these composites are their biobased and biodegradable character combined with excellent mechanical properties due to their very high fibre volume fraction which makes them as a potential alternative to glass-fibre-reinforced composites. Crown Copyright (C) 2008 Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.

    ELSEVIER SCI LTD, 2008年08月, COMPOSITES SCIENCE AND TECHNOLOGY, 68 (10-11), 2201 - 2207, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Marielle Henriksson, Lars A. Berglund, Per Isaksson, Tom Lindstrom, Takashi Nishino

    Cellulose nanofibrils offer interesting potential as a native fibrous constituent of mechanical performance exceeding the plant fibers in current use for commercial products. In the present study, wood nanofibrils are used to prepare porous cellulose nanopaper of remarkably high toughness. Nanopapers of different porosities and from nanofibrils of different molar mass are prepared. Uniaxial tensile tests are performed and structure-property relationships are discussed. The high toughness of highly porous nanopaper is related to the nanofibrillar network structure and high mechanical nanofibril performance. Also, molar mass correlates with tensile strength. This indicates that nanofibril fracture controls ultimate strength. Furthermore, the large strain-to-failure means that mechanisms, such as interfibril slippage, also contributes to inelastic deformation in addition to deformation of the nanofibrils themselves.

    AMER CHEMICAL SOC, 2008年06月, BIOMACROMOLECULES, 9 (6), 1579 - 1585, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 高分子表面・界面のX線的解析とその応用

    西野 孝

    2008年, 科学と工業, Vol 82. pp.589-595, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Takashi Nishino, Koichi Hirao, Masaru Kotera

    Mechanical reinforcement of an all-sustainable composite, composed of papyrus stemmilled particles as reinforcement and poly-L-lactic acid (PLLA) resin as matrix, was investigated. The papyrus particles (average diameter of 70 mu m) could be well dispersed in PLLA resin up to 50 wt% without any surface modification. Young's modulus of the composite was 4.2 GPa at 50 wt% of the papyrus content. This is a two-fold increment in modulus as compared to that of the PLLA matrix. The tensile strength of the composite was almost constant around 48 MPa irrespective of the papyrus content. Temperature dependence of the storage modulus demonstrated that the incorporation of papyrus restricts the large drop in the modulus above the glass transition of PLLA.

    VSP BV, 2007年10月, ADVANCED COMPOSITE MATERIALS, 16 (4), 259 - 267, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takashi Nishino, Noriko Arimoto

    An all-cellulose composite was prepared from conventional filter paper by converting a selective dissolved fiber surface into a matrix. The structure and mechanical, thermal, and optical properties of this composite were investigated using X-ray diffraction, a scanning electron microscope, an optical microscope, a tensile test, and dynamic viscoelastic analyses. After optimizing the immersion condition of the filter paper in a solvent, the fibers, with selectively dissolved surfaces, were unified by compression followed by drying. The tensile strength of the composite reached 211 MPa at 25 degrees C, isotropically. This value was comparable or even higher than those of conventional glass-fiber-mat-reinforced composites. The composites possessed a high storage modulus of more than 20 GPa at -150 degrees C, and a storage modulus of the GPa order was maintained up to around 250 degrees C. The good interface is considered to bring optical transparency to this composite. In addition, this composite is composed of sustainable resources and is biodegradable after service, which gives it advantages with regard to disposal, composting, and incineration.

    AMER CHEMICAL SOC, 2007年09月, BIOMACROMOLECULES, 8 (9), 2712 - 2716, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Youhei Urushida, Masahiro Nakano, Satoru Matsuda, Naoko Inoue, Satoru Kanai, Naho Kitamura, Takashi Nishino, Kei Kamino

    Barnacle attachment to various foreign materials in water is guided by an extracellular multiprotein complex. A 19 kDa cement protein was purified from the Megabalanus rosa cement, and its cDNA was cloned and sequenced. The gene was expressed only in the basal portion of the animal, where the histologically identified cement gland is located. The sequence of the protein showed no homology to other known proteins in the databases, indicating that it is a novel protein. Agreement between the molecular mass determined by MS and the molecular weight estimated from the cDNA indicated that the protein bears no post-translational modifications. The bacterial recombinant was prepared in soluble form under physiologic conditions, and was demonstrated to have underwater irreversible adsorption activity to a variety of surface materials, including positively charged, negatively charged and hydrophobic ones. Thus, the function of the protein was suggested to be coupling to foreign material surfaces during underwater attachment. Homologous genes were isolated from Balanus albicostatus and B. improvisus, and their amino acid compositions showed strong resemblance to that of M. rosa, with six amino acids, Ser, Thr, Ala, Gly, Val and Lys, comprising 66-70% of the total, suggesting that such a biased amino acid composition may be important for the function of this protein.

    BLACKWELL PUBLISHING, 2007年08月, FEBS JOURNAL, 274 (16), 4336 - 4346, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 西野 孝

    2007年, 繊維学会誌, Vol.63 pp.238-287, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Masaru Kotera, Takashi Nishino, Toshikazu Taura, Masahiko Saito, Aya Nakai, Takahisa Koyama, Yasushi Kagoshima

    Interfacial structure of laminated polyethylene (PE)/polypropylene (PP) films was investigated by synchrotron X-ray microbeam. The X-ray microbeam (0.9 mu m (vertical) x 1.7 mu m (horizontal)) formed using a phase zone plate was irradiated on the cross-section of the laminated films. In order to irradiate X-ray microbeam in the direction perpendicular to the cross-section of the film sample, adjustment of the sample setting was performed by Thomson scattering method. The Thomson scattering intensity is proportional to the number of the irradiated electrons, so the irradiated position of the X-ray microbeam could be determined from the intensity profile with high spatial resolution. By changing the sample position, diffraction patterns could be obtained from the laminated films across the PE/PP interfacial region. The thickness of the interfacial region of the annealed laminate was estimated as 5 mu m judging from the changes of the diffraction intensities from the PE crystallites to the PP ones. The interfacial thickness depended on the thermal treatment of the film. It was found that the adhesion strength of the PE/PP laminate increased with increasing the interfacial thickness. Both of PE and PP chains entangled each other during laminate processing. The entangled molecular chains play important role as anchoring effect at the PE/PP interdiffusion region. However, the phase separation progressed with further crystallization by annealing. Thus, the adhesion strength of the PE/PP laminate was considered to be influenced by the interfacial thickness.

    VSP BV, 2007年, COMPOSITE INTERFACES, 14 (1), 63 - 72, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masaru Kotera, Takashi Nishino, Toshikazu Taura, Masahiko Saito, Aya Nakai, Takahisa Koyama, Yasushi Kagoshima

    Interfacial structure of laminated polyethylene (PE)/polypropylene (PP) films was investigated by synchrotron X-ray microbeam. The X-ray microbeam (0.9 mu m (vertical) x 1.7 mu m (horizontal)) formed using a phase zone plate was irradiated on the cross-section of the laminated films. In order to irradiate X-ray microbeam in the direction perpendicular to the cross-section of the film sample, adjustment of the sample setting was performed by Thomson scattering method. The Thomson scattering intensity is proportional to the number of the irradiated electrons, so the irradiated position of the X-ray microbeam could be determined from the intensity profile with high spatial resolution. By changing the sample position, diffraction patterns could be obtained from the laminated films across the PE/PP interfacial region. The thickness of the interfacial region of the annealed laminate was estimated as 5 mu m judging from the changes of the diffraction intensities from the PE crystallites to the PP ones. The interfacial thickness depended on the thermal treatment of the film. It was found that the adhesion strength of the PE/PP laminate increased with increasing the interfacial thickness. Both of PE and PP chains entangled each other during laminate processing. The entangled molecular chains play important role as anchoring effect at the PE/PP interdiffusion region. However, the phase separation progressed with further crystallization by annealing. Thus, the adhesion strength of the PE/PP laminate was considered to be influenced by the interfacial thickness.

    VSP BV, 2007年, COMPOSITE INTERFACES, 14 (1), 63 - 72, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masaru Kotera, Aya Nakai, Masahiko Saito, Takayuki Izu, Takashi Nishino

    The elastic modulus, El, of the crystalline regions of poly (p-phenylene terephthalamide) (PPTA) single fiber in the direction parallel to the chain axis was measured by X-ray diffraction using synchrotron radiation at beamline BL46XU of SPring-8. The E-l value of the PPTA single fiber was obtained as 156 GPa at room temperature from the initial slope of the stress-strain curve of the crystal lattice. However, the inclination of the stress-strain curve changed at a tensile stress of around 1000 MPa, which produced an E-l' value of 199 GPa in a higher stress region. This indicates that the deformation mechanism in the crystal lattice at higher tensile stress was different from that in the initial stage of the tensile deformation. Stress hardening of PPTA was also observed macroscopically during the tensile deformation process. Stress hardening in the crystal lattice was found to directly affect macroscopic stress hardening of the PPTA fiber.

    NATURE PUBLISHING GROUP, 2007年, POLYMER JOURNAL, 39 (12), 1295 - 1299, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • X-ray microdiffraction analysis for the interfacial structure of polymer laminate

    M. Kotera, T. Nishino, T. Taura, M. Saito, A. Nakai, T. Koyama, Y. Kagoshima

    Interfacial structure of laminated polyethylene (PE) /polypropylene (PP) films was investigated by synchrotron X-ray microbeam. The X-ray microbeam (0.9 mu m (vertical)) formed using, a phase zone plate was irradiated on the cross-section of the laminated films. In order to irradiate X-ray microbeam in the direction perpendicular to the cross-section of the film sample, adjustment of the sample setting was performed by Thomson scattering method. By changing the sample position, diffraction patterns could be obtained from the laminated films across the PE/PP interfacial region. The thickness of the interfacial region of the annealed laminate was estimated as 5 mu m judging from the changes of the diffraction intensities from the PE crystallites to the PP ones. The interfacial thickness depended on the thermal treatment of the film. It was found that the adhesion strength of the PEW laminate increased with increasing the interfacial thickness. Both of PE and PP chains entangled each other during laminate processing. The entangled molecular chains play important role as anchoring effect at the PE/PP interdiffusion region. However, the phase separation progressed with further crystallization by annealing. Thus, the adhesion strength of the PE/PP laminate was considered to be influenced by the interfacial thickness.

    DESTECH PUBLICATIONS, INC, 2006年, DESIGN, MANUFACTURING AND APPLICATIONS OF COMPOSITES, 278 - 285, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Polymer composites with reduced thermal expansion

    Takashi Nishino, Masaru Kotera, Yasuko Nishiguchi, Yoshiharu Sugiura

    Thermal expansion behavior of the composite was investigated. By incorporating fibers/ fillers with negative thermal expansion, the thermal expansion coefficient of the composite could be reduced. The laminated composite composed of the PBO fiber and the epoxy resin (fiber volume fraction of 60 %) was found to show two dimensionally negative thermal expansion with the a value around - 7 X 10(-6) K-1. For the ZWP particulate filled (40 vol %) PEEK composite, the a value of the composite could be reduced to almost same value with that of Al. These decreases of the thermal expansion coefficient were quite effective for the decrease of the residual stress at the interface. We here would like to propose "EXOTIC COMPOSITES", which shows curious properties, in this case, negative thermal expansion.

    DESTECH PUBLICATIONS, INC, 2006年, DESIGN, MANUFACTURING AND APPLICATIONS OF COMPOSITES, 320 - 329, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Takashi Nishino, Koichi Hirao, Masaru Kotera

    Mechanical reinforcement of environmentally friendly composite, composed of kenaf fibers as reinforcement and Poly-L-lactic acid (PLLA) resin as matrix, was investigated. The stress on the incorporated fibers in the composite under transverse load was monitored in situ and non-destructively using X-ray diffraction. The outer applied stress was found to be well transferred to the incorporated kenaf fibers through the PLLA matrix, which suggests a strong interaction between the fiber and the matrix. In addition, it was also revealed that a silane-coupling treatment to the kenaf fiber was effective for the improvement of interfacial adhesion. (c) 2006 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    ELSEVIER SCI LTD, 2006年, COMPOSITES PART A-APPLIED SCIENCE AND MANUFACTURING, 37 (12), 2269 - 2273, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • T Nishino, Y Urushihara, M Meguro, K Nakamae

    The surface free energy of diblock copolymer, composed of methyl methacrylate and 2-perfluorooctylethyl methacrylate (PMMA-b-PFEMA), was compared with that of PFEMA homopolymer (P-PFEMA) in correlation with their structures in the solid state and in the solution using dynamic contact angle, X-ray photoelectron spectroscopy, X-ray diffraction, and dynamic light scattering. The PMMA-b-PFEMA film cast from chloroform solution was found to possess very low surface free energy (7.8 mJ/m(2)) compared with the Surface free energies of the P-PFEMA (8.5 mJ/m(2)) and the PMMA-b-PFEMA (9.8 mJ/m(2)) films cast from CF3CF2CHCl2 solutions. These differences in the surface free energy were brought about by the variations in their surface structures. The very low surface free energy was considered to have originated from the surface segregation of the PFEMA segments highly self-assembled by the presence of chloroform. (C) 2004 Elsevier Inc. All rights reserved.

    ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE, 2005年03月, JOURNAL OF COLLOID AND INTERFACE SCIENCE, 283 (2), 533 - 538, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Y Urushihara, T Nishino

    Film-forming conditions (cast solvents and film-forming technique: casting or spin-coating) are found to regulate the surface free energy of a diblock copolymer composed of methyl methacrylate and 2-perfluorooctylethyl methacrylate (PMMA-b-PFEMA). The surface properties and structures both in the solid state and in the solution of this polymer were investigated using dynamic contact angle, X-ray photoelectron spectroscopy, X-ray diffraction, reflection-adsorption Fourier transform infrared spectroscopy, dynamic light scattering, and surface pressure measurements. The surface free energy of the PMMA-b-PFEMA film drastically changed from 7.8 to 28.4 mJ/m(2), depending on the film-forming conditions. For the film cast from the micellar solution, the surface free energy is governed by the unimers, localized at the air-solution interface. On the other hand, higher amounts of micelles with the laid perfluoroalkyl side chains were exposed on the surface of the spin-coated film, which yielded a relatively high surface free energy. These findings demonstrated a significant effect of the in-solution molecular association on the surface structures and properties of the solid. In particular, the in-solution unimers played the most important role in lowering the surface free energy of the PMMA-b-PFEMA films.

    AMER CHEMICAL SOC, 2005年03月, LANGMUIR, 21 (6), 2614 - 2618, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 西野 孝

    2005年, 繊維学会誌(繊維と工業), 61(3),58-62, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 西野 孝, 廣富 賢

    2005年, 日本接着学会誌, 41(2),49-53, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • パーフルオロアルキル鎖を有する高分子を用いた表面の低エネルギー化

    漆原 良昌, 西野 孝

    2005年, コンバーテック, 33(4),102-103, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • セルロース/セルロース複合材料

    西野 孝

    2005年, Cellulose Commun, 12(1),18-22, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • T Nishino, Y Urushihara, M Meguro, K Nakamae

    Polymers with perfluoroalkyl side chains have recently attracted a great deal of interest as additives to surface hydrophobicity to values higher than these corresponding to polytetrafluoroethylene. The structure and surface free energy of random and diblock copolymers of methyl methacrylate and 2-perfluorooctylethyl methacrylate (PMMA-r-PFEMA and PNIMA-b-PFEMA, respectively) were compared using dynamic contact angle, X-ray photoelectron spectroscopy, X-ray diffraction, and reflection-adsorption FT-IR spectroscopy. The PMMA-b-PFEMA solution cast film showed a surface free energy of 7.8 mJ/m(2). This value was lower than that of PMMA-r-PFEMA solution cast film (13.4 mJ/m(2)) but is comparable to the lowest value (6.7 mJ/m(2)) reported in literature. The surface of PMMA-b-PFEMA was almost covered with the CF3 groups of self-assembled perfluoroalkyl side chains. On the other hand, more CF2 groups and methacrylate main chain were exposed on the PMMA-r-PFEMA film surface due to parallel orientation of the perfluoroalkyl side chains, which determined the relatively higher surface free energy of the PMMA-r-PFEMA film. (C) 2004 Elsevier Inc. All rights reserved.

    ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE, 2004年11月, JOURNAL OF COLLOID AND INTERFACE SCIENCE, 279 (2), 364 - 369, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • S Ikeda, K Akamatsu, H Nawafune, T Nishino, S Deki

    A study aimed at investigating the process of formation of hybrid nanocomposites consisting of a thin polyimide layer containing copper nanoparticles of varying sizes (3-10 nm in diameter) is described. In this system, precursor layers in which copper ions are fully or modestly doped in a chemically modified polyimide matrix are annealed in a hydrogen atmosphere at a constant heating rate. Reduction behavior of doped copper ions and changes in the chemical structure of the matrix film were characterized by inductively coupled plasma atomic emission spectroscopy and Fourier transform infrared spectroscopy, respectively. The results revealed that there is a strong correlation between both the process of reduction to form copper nanoparticles and the dehydration reaction of the matrix that forms heterocyclic imide rings (re-imidization), depending on the initial loading of copper ions. Transmission electron microscopy coupled with nanobeam energy-dispersive X-ray analysis was utilized to observe that upon annealing at a relatively high temperature, copper clusters and nanoparticles are initially formed, and further annealing lead to growth of larger monodispersed particles, which could be attributed to diffusion-controlled aggregative growth at the expense of clusters and smaller particles. These experiments provided important implications for the microstructural tuning of the hybrid nanocomposites based on approaches using these ion-doped precursor resins.

    AMER CHEMICAL SOC, 2004年10月, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B, 108 (40), 15599 - 15607, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • AN Suciu, T Iwatsubo, M Matsuda, T Nishino

    This paper presents an experimental investigation upon the wear characteristics of a novel bearing system proposed for the artificial knee joints. Such bearing system is original in the meaning that micro-pockets are machined on surface of the rigid femoral component; a poro-elastic-hydrated layer, called artificial cartilage, covers the rigid tibial substrate. Under compression, the fluid exudes from the artificial cartilage, fills and pressurizes the micro-pockets. In this way, a poro-elasto-hydrodynamic regime of lubrication is developed. Wear tests are performed with different types of artificial cartilages made in PVA hydrogel, articulating against smooth and micro-pocket-covered femoral components. Influence of the number of walking cycles, femoral porosity, depth of the micro-pockets, water content and polymerization degree of the PVA hydrogel upon its wear factor is illustrated. For wear tests performed until 10(6) walking cycles, in the case of PVA hydrogel with 12 300 polymerization degree and 77% water content versus smooth component, the wear factor is on order of 10(-6) - 10(-5) mm(3)/Nm; for the same artificial cartilage against a femoral component uniformly covered by identical micro-pockets of 50 mum depth, on 15% of its surface, the wear factor drops in the range 10(-7) - 10(-6) mm(3)/Nm, i.e., the wear factor reduces with 80%. The highest wear reduction due to the micro-pockets presence is obtained in the case of PVA hydrogel with 77% water content, i.e., for a fluid amount similar to that of the natural cartilage.

    JAPAN SOC MECHANICAL ENGINEERS, 2004年03月, JSME INTERNATIONAL JOURNAL SERIES C-MECHANICAL SYSTEMS MACHINE ELEMENTS AND MANUFACTURING, 47 (1), 209 - 217, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • AN Suciu, T Iwatsubo, M Matsuda, T Nishino

    This paper presents an experimental investigation upon the wear characteristics of a novel bearing system proposed for the artificial knee joints. Such bearing system is original in the meaning that micro-pockets are machined on surface of the rigid femoral component; a poro-elastic-hydrated layer, called artificial cartilage, covers the rigid tibial substrate. Under compression, the fluid exudes from the artificial cartilage, fills and pressurizes the micro-pockets. In this way, a poro-elasto-hydrodynamic regime of lubrication is developed. Wear tests are performed with different types of artificial cartilages made in PVA hydrogel, articulating against smooth and micro-pocket-covered femoral components. Influence of the number of walking cycles, femoral porosity, depth of the micro-pockets, water content and polymerization degree of the PVA hydrogel upon its wear factor is illustrated. For wear tests performed until 10(6) walking cycles, in the case of PVA hydrogel with 12 300 polymerization degree and 77% water content versus smooth component, the wear factor is on order of 10(-6) - 10(-5) mm(3)/Nm; for the same artificial cartilage against a femoral component uniformly covered by identical micro-pockets of 50 mum depth, on 15% of its surface, the wear factor drops in the range 10(-7) - 10(-6) mm(3)/Nm, i.e., the wear factor reduces with 80%. The highest wear reduction due to the micro-pockets presence is obtained in the case of PVA hydrogel with 77% water content, i.e., for a fluid amount similar to that of the natural cartilage.

    JAPAN SOC MECHANICAL ENGINEERS, 2004年03月, JSME INTERNATIONAL JOURNAL SERIES C-MECHANICAL SYSTEMS MACHINE ELEMENTS AND MANUFACTURING, 47 (1), 209 - 217, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • AN Suciu, T Iwatsubo, M Matsuda, T Nishino

    An experimental investigation upon the durability of the artificial knee joints with PVA hydrogel articular cartilage is presented. PVA hydrogel is manufactured by the cyclic freezing/thawing and annealing methods; femoral component is a disc made in stainless steel. This work is original in the meaning that: a weighting method to differentiate the worn mass from the mass of exuded water for PVA hydrogel is suggested; an original wear test rig, which simulates the anterior-posterior displacement of the knee motion during walking is proposed; wear factor variation against the number of walking cycles (durability curve) for PVA hydrogel is reported. The lowest wear factor obtained is on order of 10(-6) 10(-5)mm(3)/Nm. PVA hydrogel with reduced water content (45 - 50%) produces the smallest wear factor, for the same polymerization degree. Reduction of the wear factor is on order of 10(4) when the PVA polymerization degree increases from 1800 to 12 300. PVA hydrogel manufactured on a hydrophobic substrate (PTFE) presents a 16 - 27% lower wear factor than that prepared on a hydrophilic substrate (glass). When layer thickness increases from 2 to 3.6 mm, the wear factor reduction is 18%. Influence of the standing interval in start-up conditions on the wear factor is also investigated.

    JAPAN SOC MECHANICAL ENGINEERS, 2004年03月, JSME INTERNATIONAL JOURNAL SERIES C-MECHANICAL SYSTEMS MACHINE ELEMENTS AND MANUFACTURING, 47 (1), 199 - 208, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Micro Analysis for Polymer Materials by X-ray Microscopes

    KOTERA Masaru, NISHINO Takashi, KAGOSHIMA Yasushi

    2004年, SPring-8 Research Frontiers 2003, pp. 41-42, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • T Nishino, A Nozawa, M Kotera, K Nakamae

    The mechanical tensile deformation of Kapton type polyimide (PI) film surface was observed in situ using an atomic force microscope (AFM). From the changes of the AFM images under the loads, the microscopic (5 mum x 5 mum range), mesoscopic (50 mum x 50 mum range) and macroscopic (20 mm range) surface deformations could be evaluated. The microscopic stress-strain curves with different magnifications were found to coincide one another, which indicates an affine deformation of the PI film. Young's modulus of PI film was obtained as 1.8 GPa from the initial slope of the stress-strain curve by AFM. The film was found to shrunk in the direction perpendicular to the loading axis, and the apparent Poisson's ratio was evaluated as 0.45.

    SOC RHEOLOGY, JAPAN, 2004年, NIHON REOROJI GAKKAISHI, 32 (4), 211 - 214, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • T Nishino, K Hirao, M Kotera, K Nakamae, H Inagaki

    Mechanical properties of environmentally friendly composite made of kenaf fibre and poly-L-lactic acid (PLLA) resin was investigated. Young's modulus (6.3 GPa) and the tensile strength (62 MPa) of the kenaf/PLLA composite (fibre content = 70 vol. %) were comparable to those of traditional composites. These properties were higher than those of the kenaf sheet and the PLLA film themselves. This is considered to attribute to the strong interaction between the kenaf fibre and PLLA. In addition, the storage modulus of the composite remain unchanged up to the melting point of PLLA. The effects of the molecular weight of PLLA, the orientation of the kenaf fibres in the sheet on the mechanical properties of the composite were also investigated. It was found that kenaf fibre can be a good candidate for the reinforcement fibre of high performance biodegradable polymer composites. (C) 2003 Elsevier Science Ltd. All rights reserved.

    ELSEVIER SCI LTD, 2003年07月, COMPOSITES SCIENCE AND TECHNOLOGY, 63 (9), 1281 - 1286, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • M Kotera, T Nishino, K Nakamae

    Temperature dependence of the stress transfer from the matrix resin to the incorporated fiber has been measured for poly(p-phenylene benzobisoxazole) (PBO) fiber/bismaleimide (BMI) resin composite by a novel X-ray diffraction method. At 120degreesC, stress transfer and tensile strength of the PBO/BMI composite are superior to that of the PBO/epoxy composite, due to the excellent thermal resistance and good mechanical property of BMI resins. The PBO/BMI composite possesses good adhesion and excellent mechanical proper-ties at high temperature, which are suitable for thermal resistance applications.

    VSP BV, 2002年, COMPOSITE INTERFACES, 9 (3), 309 - 318, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • パピルス繊維の環境調和型複合材料への展開

    NISHINO Takashi, HIRAO Koichi, KOTERA Masaru, NAKAMAE Kathuhiko

    2001年, 神戸パピルス研究所創立10周年記念論文集, pp. 71-72, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Residual Stress Evaluation in Aromatic Polyimide by X-ray Diffraction

    NISHINO Takashi, KOTERA Masaru, NAKAMAE Katsuhiko

    2001年, Polyimides and Other High Temperature Polymers: Synthesis, Characterization and, vol. 1, pp. 65-77, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Elastic Modulus of the Crystalline Regions of High Performance Polymers using Synchrotron Radiation

    NISHINO Takashi, KOTERA Masaru, OKADA Kenya, SAKURAI Hiroshi, NAKAMAE Katsuhiko, KATSUYA Yoshio, KAGOSHIMA Yasushi, TSUSAKA Yoshiyuki, MATSUI Junji

    2001年, Mater. Sci. Res., Int. Special Technical Publication, vol. 1, pp. 1378-1381, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • T Nishino, M Kotera, N Inayoshi, N Miki, K Nakamae

    Processing of polyimide (PI) from precursor polyamic acid (PAA) solution involves simultaneous imidization, evaporation of solvent and crystallization, so imidization process influences the final properties of PI. The residual stress at the interface between the most popular PI (PMDA-ODA) and the aluminum substrate was measured by X-ray diffraction method and the relationship between the microstructure and the mechanical properties was investigated for PI with different imidization processes. The residual stress and the mechanical properties of PI depend on the imidization process. The skeletal structure is suggested to be changed by the amount of residual solvent during imidization process, which brings the difference in the residual stress. (C) 2000 Elsevier Science Ltd. All rights reserved.

    ELSEVIER SCI LTD, 2000年08月, POLYMER, 41 (18), 6913 - 6918, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • T Nishino, A Nozawa, M Kotera, K Nakamae

    The tensile X-Y stage, providing a load cell and a stretching device, has been constructed to observe the surface deformation of polymer film in situ by using an atomic force microscope (AFM). From the three-dimensional AFM images, the streak-like bumps were observed on a polyethylene terephalate (PET) film surface. By monitoring the change in the distance between them by the tensile load, the strain was evaluated in the direction both parallel and perpendicular to the tensile direction. The microscopic stress-strain relationship by AFM coincided with the macroscopic one, which indicates so-called affine deformation of PET film. Young's modulus was obtained as 2.3 GPa for PET from the initial slope of the stress-strain curve by AFM. The apparent Poisson ratio of the PET film surface could be also evaluated. (C) 2000 American Institute of Physics. [S0034-6748(00)01605-1].

    AMER INST PHYSICS, 2000年05月, REVIEW OF SCIENTIFIC INSTRUMENTS, 71 (5), 2094 - 2096, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • M. Kotera, T. Nishino, K. Nakamae

    Processing of polyimide (PI) from precursor polyamic acid (PAA) involves simultaneous imidization, evaporation of residual solvent and crystallization. These overlapped processes were analyzed by temperature modulated differential scanning calorimetry (T-MDSC). Glass transition temperature (T(g)) of precursor PAA was manifested by T-MDSC, and it was 107 °C for pyromellitic dianhydride-oxidianiline (PMDA-ODA) PAA cast from N- methyl-2-pyrrolidone (NMP) solution. The thermal cyclization reaction from PAA to PI is considered to progress randomly. The solvent system for casting PAA, influenced the conversion to PI, which is found to affect the T(g) of PAA. (C) 2000 Elsevier Science Ltd.

    Elsevier Science Ltd, 2000年05月, Polymer, 41 (10), 3615 - 3619, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 松本 拓也, 西野 孝

    2019年01月, 日本画像学会誌, 58 (1), 122 - 130, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 接着技術の普及に向けて

    西野 孝

    日本工業出版, 2018年08月, 建築設備と配管工事, 56 (9), 1 - 4, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 高分子量化・高立体規則化によって生まれるポリチオフェンの新たな側面―新奇から新規な高分子材料へ

    西野 孝, 森 敦紀

    日本化学会, 2018年04月, 化学と工業, 71 (4), 326 - 328, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 接着における高分子インターフェーズの基礎

    西野 孝

    プラスチック成形加工学会, 2018年03月, 成形加工, 30 (3), 98 - 102, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 西野 孝

    日本ゴム協会, 2017年03月, 日本ゴム協会誌, 90 (5), 237 - 242, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 高分子の“実用表面”の実態に迫る

    西野 孝

    化学同人, 2017年02月, 化学, 72, 19 - 23, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 高撥水・高接着性表面 –表面自由エネルギーのエントロピー成分の利用-

    西野 孝

    日本接着学会, 2016年12月, 接着の技術, 36 (3), 19 - 23, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 高分子の表面・界面と粘・接着:Interphase

    西野 孝

    高分子学会, 2016年10月, 高分子, 65 (10), 561 - 563, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 接着界面科学(4) X線回折を利用した接着表面・界面の構造解析

    西野 孝

    日本接着学会, 2015年06月, 日本接着学会誌, 51 (6), 206 - 210, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 酸化グラフェンの樹脂中への分散化による高性能複合材料の開発

    西野 孝

    シーエムシー出版, 2015年02月, 月刊ファインケミカル, 44, 38 - 45, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • セルロースの熱膨張率測定

    西野 孝

    セルロース学会, 2015年01月, Cellulose Communication, 22, 36 - 40, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 西野 孝

    色材協会, 2014年11月, 色材協会誌, 87, 410 - 414, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 西野 孝

    繊維学会, 2014年09月, 繊維学会誌, 70, 434 - 437, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 引張り強度の一番高い高分子材料は何か:ベスト3を比べる

    西野 孝

    2013年10月, 高分子, 62, 621 - 624, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 高分子の補強材としての「酸化グラフェン」高分子の補強材としての「酸化グラフェン」

    森棟 せいら, 西野 孝

    2013年06月, Material Stage, 13 (3), 31 - 34, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • High Performance Polymer Composites with Nanocarbon Materials

    Seira Morimune, Takashi Nishino

    SOC FIBER SCIENCE TECHNOLOGY, 2013年03月, SEN-I GAKKAISHI, 69 (3), P70 - P76, 日本語

    その他

  • 森棟 せいら, 西野 孝

    2013年03月, 繊維学会誌, 69 (3), 70 - 76, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 西野 孝

    2013年02月, 日本ゴム協会誌, 86 (2), 28 - 34, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 酢酸セルロースのアセチル基の空間分布 放射光,ナノラマン散乱を利用した高空間分解能解析

    西野 孝

    2013年01月, Cellulose Communications, 20 (1), 11 - 15, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • セルロースナノファイバー

    西野 孝

    2012年06月, 繊維機械学会誌, 65, 313 - 319, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • エキゾチック高分子複合材料

    西野 孝

    2010年, 電子材料, Vol.49 No.1 pp-44-48, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 高強度・高弾性率高分子

    西野 孝

    2009年, 高分子, Vol.58 pp.385-388, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 建材から果ては航空宇宙用途まで「鉄よりもタフな紙」~ナノペーパーの可能性~

    西野 孝

    2009年, Material Stage, Vol.9 No.2 pp.1-2, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 拡大する高分子表面の活用と課題

    西野 孝

    2009年, 高分子, Vol.58 pp.305-306, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 高分子表面・界面の機能化と解析技術の最新の展開

    西野 孝

    2007年, Polyfile, pp26-28, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • エキゾチック高分子複合材料

    西野 孝

    2007年, 未来材料, Vol.7 pp36-40, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 西野 孝

    2006年, 高分子, Vol.55 pp285-289, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 表面改質による高分子の機能化

    西野 孝

    2006年, 科学と工業, Vol.80 pp.512-518, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 環境調和型ナノコンポジット

    西野 孝

    2005年12月, 材料の科学と工学, Vol.42 No.6 pp.8-13, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 高分子表面の化学的撥水・撥油化の限界と実際

    西野 孝

    2005年, 繊維機械学会誌, Vol.58 No.8 pp.282-287, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 植物繊維を利用した環境調和型複合材料

    西野 孝

    2004年, 高分子加工, Vol.53,51-57, 日本語

    その他

  • 西野 孝

    2003年, 日本接着学会誌, 39, 24-29, 日本語

    その他

  • X線回折

    西野 孝

    2003年, 接着の技術, Vol.23,32-36, 日本語

    その他

書籍等出版物

  • New Polymeric Materials Based on Element-Blocks "Alternative Aspects of Polythiophenes"

    Takashi Nishino, Takuya Matsumoto, Atsunori Mori

    その他, Springer, 2019年01月, 英語, ISBN: 9811328889

    学術書

  • Green Composites 2nd Edition, Cellulose Fibre / Nanofiber from Natural Sources including waste based sources

    西野 孝

    その他, ELSEVIER, 2017年02月, 英語

    学術書

  • 高分子科学 -合成から物性まで-

    西野 孝

    その他, 講談社, 2016年09月, 日本語

    学術書

  • 酸化グラフェンの機能と応用 第7章 第5項 酸化グラフェン/高分子複合体の力学的性質

    森棟 せいら, 西野 孝

    その他, シーエムシー出版, 2016年04月, 日本語

    学術書

  • 「スーパーバイオマス 植物に学ぶ,植物を活かす」 第8章 植物種と製法を異にするセルロースナノファイバーとナノ複合材料

    西野 孝

    共著, 慶應義塾大学出版会, 2016年02月, 日本語, ISBN: 9784766423037

    学術書

  • 「シランカップリング剤の使いこなしノウハウ集」 第6章第一節 セルロース繊維/樹脂コンポジットにおけるシランカップリング剤の効果と使用法

    西野 孝

    共著, 技術情報出版, 2016年01月, 日本語, ISBN: 9784861046100

    学術書

  • 「元素ブロック高分子 -有機-無機ハイブリッド材用の新概念-」 第7章第1項 元素ブロック高分子を用いた高撥水かつ高接着性表面の創製

    西野 孝

    共著, シーエムシー出版, 2015年12月, 日本語, ISBN: 9784781311364

    学術書

  • All-cellulose composites” Handbook of Green Materials, vol.2, Bionanocomposites: Processing, Characterization and Properties

    NISHINO TAKASHI, Ton Peijs

    共著, World Scientific Publishing, 2014年06月, 英語, ISBN: 9789814566452

    学術書

  • 化学便覧 応用化学編 第7版 第18章 第11節 高性能高分子材料

    西野 孝

    その他, 丸善, 2014年01月, 日本語, ISBN: 9784621087596

    学術書

  • Preparation, Microstructure and Properties of Biofibers

    西野 孝

    共著, Wiley-VCH Verlag, 2013年10月, 英語, ISBN: 9783527329854

    学術書

  • シランカップリング剤の効果と使用法

    西野 孝

    共著, S&T出版, 2012年11月, 日本語

    学術書

  • 接着・解体技術総覧 第7章「接着界面の分析評価」

    西野 孝

    共著, エヌジーティー, 2011年, 日本語

    学術書

  • 接着・解体技術総覧 第1章「接着界面の残留応力」

    西野 孝

    共著, エヌジーティー, 2011年, 日本語

    学術書

  • Search for Useful Substances in Papyrus Cyperus L

    Nariaki Wakiuchi, Hajime Tamaki, Takashi Nishino, Yukihiro Sugimoto

    共著, Chapter 3, Utilisation and Management of Medicinal Plants, 2010年, 英語

    学術書

  • 社会人が学ぶ生産プロセス技術 "高分子材料と加工”

    西野 孝

    共著, (財)神戸市産業振興財団, 2009年03月, 日本語

    学術書

  • 界面吸着制御、ぬれ制御とその評価及びトラブル・問題点と解決方法

    西野 孝

    共著, 技術情報協会, 2009年, 日本語

    学術書

  • 高分子分析ハンドブック(改訂版) "表面の結晶構造"

    西野 孝

    共著, 紀伊国屋書店, 2008年09月, 日本語

    学術書

  • 高分子分析ハンドブック(改訂版) "残留応力"

    西野 孝

    共著, 紀伊国屋書店, 2008年09月, 日本語

    学術書

  • 高分子分析技術最前線 ”放射光を用いた観察法”

    西野 孝

    共著, 共立出版, 2007年12月, 日本語

    学術書

  • <新しい>撥水および親水化技術 ”表面エネルギー低減化による撥水性付与”

    西野 孝

    共著, 技術情報協会, 2007年, 日本語

    学術書

  • 接着ハンドブック 第4版 ”表面・界面の構造と物性”

    西野 孝

    共著, 日刊工業新聞社, 2007年, 日本語

    学術書

  • エコマテリアルハンドブック セルロースのみからなる複合材料-全セルロース複合材料-

    西野 孝

    共著, 丸善, 2007年, 日本語

    学術書

  • エコマテリアルハンドブック

    西野 孝

    共著, 丸善, 2007年, 日本語

    学術書

  • ”ファイバー”スーパーバイオミメティックス~近未来の新技術創成~

    西野 孝

    共著, エヌ・ティー・エス, 2006年10月, 日本語

    学術書

  • プラスチック成形品の高次構造解析入門

    西野 孝

    共著, 日刊工業新聞社, 2006年02月, 日本語

    学術書

  • 環境調和複合材料の開発と応用

    日和 千秋, 西野 孝, 藤井 透

    共著, シーエムシー出版, 2005年11月, 日本語

    学術書

  • 実力養成化学スクール 実用高分子化学2

    西野 孝

    共著, 丸善, 2005年, 日本語

    学術書

  • 高分子辞典(第3版)

    西野 孝

    共著, 朝倉書店, 2005年, 日本語

    学術書

講演・口頭発表等

  • 超臨界二酸化炭素中での変性によるポリビニルブチラールフィルムの作製とガラス接着性

    依藤 雅, 松本拓也, 西野 孝

    接着界面科学シンポジウム, 2019年11月11日, 日本語, 日本接着学会, 京都市, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリプロピレン/オレフィンエラストマー接着界面の熱処理過程での構造変化

    土井一輝, 松本拓也, 西野 孝

    接着界面科学シンポジウム, 2019年11月11日, 日本語, 日本接着学会, 京都市, 国内会議

    ポスター発表

  • セルロースナノファイバー/ポリスチレン複合材料の構造と力学物性

    森 峻一, 松本拓也, 西野 孝

    2019年繊維学会秋季研究発表会, 2019年11月10日, 日本語, 繊維学会, 信州大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 延伸を誘因とする高分子/金属ナノワイヤ複合材料の配向・配列挙動

    野中大暉, 松本拓也, 西野 孝

    2019年繊維学会秋季研究発表会, 2019年11月09日, 日本語, 繊維学会, 信州大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 複合材料界面の接着・疲労と応力伝達

    西野 孝

    構造接着・精密接着シンポジウム, 2019年11月, 日本語, 日本接着学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 熱履歴を異にするポリアミド表面の構造と細胞接着性

    奥 京子, 松本拓也, 西野 孝

    第15回関西支部若手の会, 2019年10月21日, 日本語, 日本接着学会, 大阪府立大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 氷晶配向を利用したナノダイヤモンド充てん複合材料の高熱伝導化

    吉富大浩, 松本拓也, 西野 孝

    第9回CSJ化学フェスタ2019, 2019年10月17日, 日本語, 日本化学会, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • テトラフルオロエチレン/ビニルアルコール共重合体の骨格構造と結晶弾性率の関係性

    虫明仁夢, 松本拓也, 西野 孝

    第9回CSJ化学フェスタ2019, 2019年10月17日, 日本語, 日本化学会, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • 充てん量を異にするセルロースナノファイバー含有ポリウレタンの創製

    八木奈那美, 松本拓也, 西野 孝

    第67回レオロジー討論会, 2019年10月16日, 日本語, 日本レオロジー学会, 滋賀県立大学, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリプロピレン/オレフィンエラストマー界面のIn situ Raman分光分析を用いた構造変化解析‐熱処理効果‐ .

    土井一輝, 松本拓也, 西野 孝

    第67回レオロジー討論会, 2019年10月16日, 日本語, 日本レオロジー学会, 滋賀県立大学, 国内会議

    ポスター発表

  • ナノダイヤモンド充てんによるポリエーテルエーテルケトンの高性能化

    釜矢雄介, 松本拓也, 西野 孝

    第67回レオロジー討論会, 2019年10月16日, 日本語, 日本レオロジー学会, 滋賀県立大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 医用材料としてのセルロース

    西野 孝

    ナノセルロース塾, 2019年10月, 日本語, 京都市, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • X線CTを用いた接着の剥離過程における三次元in situ観察

    八木健人, 松本拓也, 西野 孝

    第68回高分子討論会, 2019年09月26日, 日本語, 高分子学会, 福井大学, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリチオフェンへのシロキサン基導入と架橋構造導入による力学物性制御

    松本拓也, 申 健, 橿本将輝, 久保田智大, 森 敦紀, 西野 孝

    第68回高分子討論会, 2019年09月26日, 日本語, 高分子学会, 福井大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリプロピレン/オレフィンエラストマー接着界面の熱処理過程に伴う構造変化解析

    土井一輝, 松本拓也, 西野 孝

    第68回高分子討論会, 2019年09月25日, 日本語, 高分子学会, 福井大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 高分子/金属ナノワイヤ複合材料の延伸に誘起される配向挙動

    野中大暉, 松本拓也, 西野 孝

    第68回高分子討論会, 2019年09月25日, 日本語, 高分子学会, 福井大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 接着界面を捉えてみたい― 40年を顧みて ―

    西野 孝

    日本接着学会 中部支部40周年記念シンポジウム, 2019年09月, 日本語, 日本接着学会, 愛知工業大学, 国内会議

    口頭発表(基調)

  • Nano-Analyses of Adhesion Interphase between Poly-α-olefins

    Takashi Nishino

    Korea-Japan Joint Symposium on Polymer Science, 2019年09月, 英語, Yonsei University, 国際会議

    口頭発表(招待・特別)

  • Analyses of Mechanical Reinforcement for Cellulose Nanofibers/Clay Nanocomposites Using X-ray Diffraction

    Shunichi MORI, Takuya OHASHI, Takuya MATSUMOTO, Takashi NISHINO

    22nd International Conference on Composite Materials 2019 (ICCM22), 2019年08月14日, 英語, Melboume, Australia, 国際会議

    ポスター発表

  • 超臨界二酸化炭素中での化学修飾を用いたブロック変性ポリビニルアルコールの作製とその構造解析

    依藤 雅, 松本拓也, 西野 孝

    第65回高分子研究発表会(神戸), 2019年07月12日, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • X線CTを用いたせん断剥離過程における接着部位の三次元in situ観察

    八木健人, 松本拓也, 西野 孝

    第65回高分子研究発表会(神戸), 2019年07月12日, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • 氷晶配向を利用したエポキシ/ナノダイヤモンド複合材料の創製

    吉富大浩, 松本拓也, 西野 孝

    第65回高分子研究発表会(神戸), 2019年07月12日, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリオールとしてセルロースナノファイバーを利用したポリウレタンの創製

    八木奈那美, 松本拓也, 西野 孝

    第65回高分子研究発表会(神戸), 2019年07月12日, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • テトラフルオロエチレン/ビニルアルコール共重合体の結晶弾性率と骨格構造

    虫明仁夢, 松本拓也, 西野 孝

    第65回高分子研究発表会(神戸), 2019年07月12日, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリエーテルエーテルケトン/ナノダイヤモンド複合材料の創製と物性

    釜矢雄介, 松本拓也, 西野 孝

    第65回高分子研究発表会(神戸), 2019年07月12日, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリアミド表面の細胞接着挙動

    奥 京子, 松本拓也, 西野 孝

    第65回高分子研究発表会(神戸), 2019年07月12日, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • セルロースナノファイバーのバイオ・メディカル展開

    西野 孝

    CNF技術講演会, 2019年07月, 日本語, 富士市, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • せん断剥離過程におけるX線CTを用いた接着部位の三次元観察

    八木健人, 松本拓也, 西野 孝

    日本接着学会第57回年次大会, 2019年06月20日, 日本語, 日本接着学会, 北九州市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • アイソタクチックポリプロピレン/変性ポリプロピレンラミネートフィルムの接着性の評価および界面構造解析

    土井一輝, 松本拓也, 西野 孝

    日本接着学会第57回年次大会, 2019年06月20日, 日本語, 日本接着学会, 北九州市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高性能高分子

    西野 孝

    「高分子化学」化学技術基礎講座, 2019年06月, 日本語, 日本化学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 表面・界面・接着

    西野 孝

    第53回高分子の基礎と応用講座, 2019年06月, 日本語, 高分子学会関西支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • セルロースナノファイバー/モンモリロナイト複合材料の力学的補強効果に関するX線的解析

    森 峻一, 大橋卓弥, 松本拓也, 西野 孝

    第68回高分子学会年次大会, 2019年05月30日, 日本語, 高分子学会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 延伸によって誘起される金属ナノワイヤ複合材料の配向解析

    野中大暉, 松本拓也, 西野 孝

    第68回高分子学会年次大会, 2019年05月29日, 日本語, 高分子学会, 大阪市, 国内会議

    ポスター発表

  • 超臨界二酸化炭素中での化学修飾を利用したポリビニルアルコール系ブロック共重合体の作製

    依藤 雅, 松本拓也, 西野 孝

    第68回高分子学会年次大会, 2019年05月29日, 日本語, 高分子学会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高分子複合材料の残留応力と応力伝達

    西野 孝

    第47回高分子同友会・総合講演, 2019年04月, 日本語, 高分子学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 造形と架橋を可能にした3Dプリンタ(リアクティブ3Dプリンタ) - ランニングシューズへの適用とラバーにまつわる話題 -

    西野 孝

    第124回 東海機能性材料研究会, 2019年03月, 日本語, 浜松市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • リアクティブ3Dプリンタによるラバー造形とランニングシューズへの展開

    西野 孝

    ポリウレタンフォーラム ポリウレタンを考えるXX, 2019年03月, 日本語, ポリウレタン研究会, 豊田市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • リアクティブ3Dプリンタとランニングシューズへの展開

    西野 孝

    日本3Dプリンティング産業技術協会, 2019年02月, 日本語, 新材料研究会, 東京都, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • ラバーの3Dプリンティングとランニングシューズへの展開

    西野 孝

    第4回日本機械学会イノベーション講演会, 2019年01月, 日本語, 日本機械学会, 東京都, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • ミクロ偏析により機能性官能基が表層に濃縮されるポリプロピレンの表面修飾コーティング

    原 真奈美, 西森 圭亮, 北畑 繁, 西野 孝, 丸山 達生

    若手フロンティア研究会2018, 2018年12月, 日本語, 神戸大学研究基盤センター, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • Surface modification of isotactic polypropylene by polymer coating

    Manami HARA, Keisuke NISHIMORI, Shigeru KITAHATA, Takashi NISHINO, Maruyama Tatsuo

    1st GLowing Polymer Symposium in KANTO, 2018年12月, 英語, 高分子学会, Tokyo, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Facile coating of a polypropylene surface for the preparation of a biosensor

    Manami HARA, Keisuke NISHIMORI, Shigeru KITAHATA, Takashi NISHINO, Maruyama Tatsuo

    IPC2018, 2018年12月, 英語, 高分子学会, 広島市, 国際会議

    ポスター発表

  • 界面はInterfaceか Interphaseか

    西野 孝

    接着界面科学研究会10周年記念シンポジウム, 2018年11月, 日本語, 日本接着学会, 京都市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • セルロースナノファイバーの成形加工と高機能化

    西野 孝

    第26回成形加工シンポジア18, 2018年11月, 日本語, プラスチック成形加工学会, 浜松市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • ALL-Cellulose NANO2 COMPOSITES

    TAKASHI NISHINO

    The 10th International Conference on Green Composites (ICGC-11),, 2018年11月, 英語, 中国, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 変性ポリオレフィンを用いたポリプロピレンの表面修飾コーティング

    原 真奈美, 西森 圭亮, 北畑 繁, 西野 孝, 丸山 達生

    第67回高分子討論会, 2018年09月, 日本語, 高分子学会, 札幌市, 国内会議

    ポスター発表

  • 分子量傾斜ポリエチレンオキシド薄膜の創製と物性

    田中 典和, 松本 拓也, 西野 孝

    第67回高分子討論会, 2018年09月, 日本語, 高分子学会, 札幌市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 疎水基を側鎖に有するポリ置換メチレンの合成と表面物性

    河南 英知, 松本 拓也, 西野 孝

    第67回高分子討論会, 2018年09月, 日本語, 高分子学会, 札幌市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリアクリル酸エステル/ナノダイヤモンド複合材料の粘着特性のpH依存性

    松本 拓也, 水谷 光太, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第67回高分子討論会, 2018年09月, 日本語, 高分子学会, 札幌市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ひと塗りで機能を発現するポリプロピレンの表面修飾コーティング

    原 真奈美, 西森 圭亮, 北畑 繁, 西野 孝, 丸山 達生

    化学工学会第50回秋季大会, 2018年09月, 日本語, 化学工学会, 鹿児島市, 国内会議

    ポスター発表

  • パーオキサイド架橋によるポリチオフェンのエラストマー化

    申 健, 松本 拓也, 森 敦紀, 西野 孝

    第67回高分子討論会, 2018年09月, 日本語, 高分子学会, 札幌市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • セルロースナノファイバーとガラス

    西野 孝

    第155回ニューガラス研究会, 2018年09月, 日本語, 札幌市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • セルロースナノファイバークライオゲルの多孔性を利用した油吸収材料

    松本 拓也, 宮垣 晶, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第67回高分子討論会, 2018年09月, 日本語, 高分子学会, 札幌市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • セルロースナノファイバーが拓く新たな機能

    西野 孝

    第67回高分子討論会, 2018年09月, 日本語, 高分子学会, 札幌市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Surface Properties and Adhesion Durability of Isotactic Polypropylene Irradiated by Electron Beam

    Yuka Okumura, Takuya Matsumoto, Takashi Nishino

    12th European Adhesion Conference and 4th Luso-Brazillian conference on Adhesion and Adhesives (EURADH/CLBA 2018), 2018年09月, 英語, リスボン, 国際会議

    ポスター発表

  • Surface Modification through Friedel-Crafts Reaction and Epoxidation for Adhesion between Poly(ether ether ketone) and Epoxy Adhesives

    Takuya Matsumoto, Akira Miyagaki, Takashi Nishino

    12th European Adhesion Conference and 4th Luso-Brazillian conference on Adhesion and Adhesives (EURADH/CLBA 2018), 2018年09月, 英語, リスボン, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Structure and Properties of Cellulose Nanofibers/Cerium Dioxide Nanocomposites

    Hiroaki Takahashi, Takuya Matsumoto, Takashi Nishino

    The 10th International Conference of Modification, Degradation, and Stabilization of Polymers, 2018年09月, 英語, 東京都, 国際会議

    ポスター発表

  • Interfacial Structure between Deuterated and Non-deuterated Polyamide 66

    Naoki Shimoura, Takuya Matsumoto, Takashi Nishino

    12th European Adhesion Conference and 4th Luso-Brazillian conference on Adhesion and Adhesives (EURADH/CLBA 2018), 2018年09月, 英語, リスボン, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Elastic Modulus of the Crystalline Regions of Poly(alkylene furanoate)

    Yuki Ueda, Takuya Matsumoto, Takashi Nishino

    The 10th International Conference of Modification, Degradation, and Stabilization of Polymers, 2018年09月, 英語, 東京都, 国際会議

    ポスター発表

  • Cellulosic ecocomposites with nanofillers

    Takashi Nishino

    The 10th International Conference of Modification, Degradation, and Stabilization of Polymers, 2018年09月, 英語, 東京都, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 3Dプリンタによるラバーの造形, 3D Printing of Rubber

    西野 孝, 鶴井 孝文, 鈴木 洋, 日出間 るり, 石田 謙司, 福島 達也, 小柴 康子, 松本 拓也, 兼吉 高宏, 長谷 朝博, 福地 雄介, 吉永 尚生, 大西 淳, 塩山 務, 原野 健一

    第67回高分子討論会, 2018年09月, 日本語, 高分子学会, 札幌市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 変性ポリオレフィンを用いた高分子塗布によるアイソタクチックポリプロピレンの表面機能化

    原 真奈美, 西森 圭亮, 北畑 繁, 西野 孝, 丸山 達生

    第64回高分子研究発表会(神戸), 2018年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • 電子線処理を施したアイソタクチックポリプロピレンの耐久接着性

    奥村 優香, 松本 拓也, 西野 孝

    第64回高分子研究発表会(神戸), 2018年07月, 日本語, 高分子学会 関西支部, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • 超臨界二酸化炭素を反応媒体としたポリビニルアルコールのブチラール化

    依藤 雅, 松本 拓也, 西野 孝

    第64回高分子研究発表会(神戸), 2018年07月, 日本語, 高分子学会 関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 超延伸を施した超高分子量ポリエチレン/金ナノワイヤ複合材料の構造と物性

    野中 大暉, 松本 拓也, 西野 孝

    第64回高分子研究発表会(神戸), 2018年07月, 日本語, 高分子学会 関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ナノセルロース/変性モンモリロナイト複合材料の応力伝達に関するX線的解析

    森 峻一, 大橋 卓弥, 松本 拓也, 西野 孝

    第64回高分子研究発表会(神戸), 2018年07月, 日本語, 高分子学会 関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • せん断剥離過程のX線CTを用いた三次元非破壊観察と被着体のプラズマ処理

    八木 健人, 松本 拓也, 西野 孝

    第64回高分子研究発表会(神戸), 2018年07月, 日本語, 高分子学会 関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • アイソタクチックポリプロピレン/無水マレイン酸変性ポリプロピレンラミネートフィルムの接着性と界面構造

    土井 一輝, 松本 拓也, 西野 孝

    第64回高分子研究発表会(神戸), 2018年07月, 日本語, 高分子学会 関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • X線回折法を用いた変性クレイ充てんナノセルロース複合材料の応力伝達解析

    森 峻一, 大橋 卓弥, 松本 拓也, 西野 孝

    セルロース学会第25回年次大会, 2018年07月, 日本語, セルロース学会, 宇治市, 国内会議

    ポスター発表

  • Surface-segregation of carboxy groups in a polymer by simple dip-coating of a polymer on substrate surfaces

    西森 圭亮, 北畑 繁, 下村 文音, 西野 孝, 丸山 達生

    MACRO18 World Polymer Congress, 2018年07月, 英語, Leishman Associates, Cairns, 国際会議

    ポスター発表

  • POSS- 2-(methacryloyloxy)ethyl phosphorylcholine (MPC)-based copolymers for controlling surface and bulk properties

    CHATTERJEE Suchismita, 松本拓也, 西野 孝, 大谷 亨

    第64回 高分子研究発表会 (神戸), 2018年07月, 英語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Friedel-Craftsアシル化反応およびエポキシ化によるポリ(エーテルエーテルケトン)の表面修飾と接着性

    松本 拓也, 宮垣 晶, 釜矢 雄介, 西野 孝

    第151回ポバール会, 2018年07月, 日本語, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 表面・界面・接着

    西野 孝

    第53回 高分子の基礎と応用講座, 2018年06月, 日本語, 高分子学会関西支部, 大阪市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 電子線を照射したアイソタクチックポリプロピレンにおける接着機構

    奥村 優香, 松本 拓也, 西野 孝

    第56回接着学会年次大会, 2018年06月, 日本語, 日本接着学会, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • 接着の結果としての複合材料界面での残留応力と応力伝達

    西野 孝

    36回高分子表面研究会講座, 2018年06月, 日本語, 高分子学会関西支部, 大阪市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 酸化セリウム充てんセルロースナノファイバー複合材料の構造と物性

    髙橋 洋暁, 松本 拓也, 西野 孝

    平成30年度繊維学会年次大会, 2018年06月, 日本語, 繊維学会, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • 作製法を異にするセルロースナノファイバー充てんポリメタクリル酸メチル複合材料の創製と物性

    阪田 美吹, 松本 拓也, 西野 孝

    平成30年度繊維学会年次大会, 2018年06月, 日本語, 繊維学会, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • 高分子複合材料の残留応力と応力伝達

    西野 孝

    高分子同友会勉強会, 2018年06月, 日本語, 高分子学会, 東京都, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 高分子塗布によるポリプロピレンの表面機能化

    原 真奈美, 西森 圭亮, 北畑 繁, 西野 孝, 丸山 達生

    第7回 JACI/GSCシンポジウム, 2018年06月, 日本語, 新化学技術推進協会, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • 高性能高分子

    西野 孝

    日本化学会「高分子化学」化学技術基礎講座, 2018年06月, 日本語, 日本化学会, 東京都, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • ポリアルキレンフラノエートの結晶弾性率

    上田 裕貴, 松本 拓也, 西野 孝

    第7回JACI/GSCシンポジウム, 2018年06月, 日本語, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • ナノラマン分光法を用いたポリアミド66/重水素化ポリアミド66界面の構造解析

    下浦 直樹, 松本 拓也, 西野 孝

    第56回接着学会年次大会, 2018年06月, 日本語, 日本接着学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • せん断剥離過程のX線CTを用いた三次元観察と被着体の表面処理

    八木 健人, 松本 拓也, 西野 孝

    第56回接着学会年次大会, 2018年06月, 日本語, 日本接着学会, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • X線回折法を用いたナノセルロース/変性クレイ複合材料の応力伝達解析

    森 峻一, 大橋 卓弥, 松本 拓也, 西野 孝

    第7回JACI/GSCシンポジウム, 2018年06月, 日本語, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • 平行な溝を有する足場上での高配向コラーゲンフィルムの作製および力学物性

    松原 佑樹, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第67回高分子学会年次大会, 2018年05月, 日本語, 高分子学会, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 分子量傾斜ポリエチレンオキシド薄膜の作製と物性

    田中 典和, 松本 拓也, 西野 孝

    第67回高分子学会年次大会, 2018年05月, 日本語, 高分子学会, 名古屋市, 国内会議

    ポスター発表

  • 塗るだけで機能を発現するポリプロピレンの表面修飾コーティング

    原 真奈美, 西森 圭亮, 北畑 繁, 西野 孝, 丸山 達生

    第67回高分子学会年次大会, 2018年05月, 日本語, 高分子学会, 名古屋市, 国内会議

    ポスター発表

  • 側鎖に親水・疎水基を有するポリ置換メチレンの合成と表面物性

    河南 英知, 松本 拓也, 西野 孝

    第67回高分子学会年次大会, 2018年05月, 日本語, 高分子学会, 名古屋市, 国内会議

    ポスター発表

  • 重水素ラベル法を用いた同種ポリアミド66界面の厚み評価

    下浦 直樹, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第67回高分子学会年次大会, 2018年05月, 日本語, 高分子学会, 名古屋市, 国内会議

    ポスター発表

  • 合成高分子の表面偏析を利用したカルボキシ基の表面提示

    西森 圭亮, 北畑 繁, 下村 文音, 西野 孝, 丸山 達生

    第67回高分子学会年次大会, 2018年05月, 日本語, 高分子学会, 名古屋, 国内会議

    ポスター発表

  • ペンタフルオロスルファニル基を導入した疎水表面の創生

    謝 一珺, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第67回高分子学会年次大会, 2018年05月, 日本語, 高分子学会, 名古屋市, 国内会議

    ポスター発表

  • 接着プライマーを用いたポリプロピレンの表面修飾コーティング

    原 真奈美, 西森 圭亮, 北畑 繁, 西野 孝, 丸山 達生

    化学工学会第83年会, 2018年03月, 日本語, 化学工学会, 大阪市, 国内会議

    ポスター発表

  • 高分子表面・界面の異原理。多観点解析と接着

    西野 孝

    次世代ナノテクフォーラム2018, 2018年03月, 日本語, 大阪市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 高分子エキゾチック複合材料

    西野 孝

    スーパーコンポジット研究会 第9回討論会, 2018年03月, 日本語, スーパーコンポジット研究会, 東京都, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Multisystem analysis of adhesive interfacial thickness of polyolefin-based hot melt adhesives / polypropylene substrates

    Takuya Matsumoto, Yusuke Shimizu, Chizuru Hongo, Takashi Nishino

    日本化学会 第98春季年会, 2018年03月, 英語, 日本化学会, 船橋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 元素ブロック高分子と界面制御

    西野 孝

    第二回元素ブロック研究会, 2018年02月, 日本語, 京都市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • ポリ(3-ヘキシルチオフェン)の構造と熱伝導制御

    小牧 瑛典, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第6回元素ブロック合同修士論文発表会, 2018年02月, 日本語, 京都市, 国内会議

    ポスター発表

  • Primer Effect on interface Structure and Adhesion of Cyanoacrylate / Isotactic Polypropylene

    Takashi Nishino, Yuta Nakanishi, Chizuru Hongo, Takuya Matsumoto, Shin Horiuchi

    The 2018 Annual Meeting & 6th World Congress on Adhesion and Related Phenomena Meeting, 2018年02月, 英語, サンディエゴ, 国際会議

    ポスター発表

  • Polysilane as an Adhesive for Poly-α-olefins

    Takashi Nishino, Yutaka Godai, Takuya Matsumoto

    The 2018 Annual Meeting & 6th World Congress on Adhesion and Related Phenomena Meeting, 2018年02月, 英語, サンディエゴ, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Microwave-assisted Easy Debonding of Adhesives Containing Ionic Liquid

    Mirei Usuba, Takuya Matsumoto, Chizuru Hongo, Takashi Nishino

    The 2018 Annual Meeting & 6th World Congress on Adhesion and Related Phenomena Meeting, 2018年02月, 英語, サンディエゴ, 国際会議

    ポスター発表

  • Covalent Adhesion of Poly(ether ether ketone) through Surface Epoxidation

    Akira Miyagaki, Takuya Matsumoto, Takashi Nishino

    The 2018 Annual Meeting & 6th World Congress on Adhesion and Related Phenomena Meeting, 2018年02月, 英語, サンディエゴ, 国際会議

    ポスター発表

  • Acrylic Pressure Sensitive Adhesive with Nanodiamond

    Kota Mizutani, Takuya Matsumoto, Chizuru Hongo, Takashi Nishino

    The 2018 Annual Meeting & 6th World Congress on Adhesion and Related Phenomena Meeting, 2018年02月, 英語, サンディエゴ, 国際会議

    ポスター発表

  • フラン環を有するポリエステルの結晶弾性率

    上田 裕貴, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    フロンティアソフトマター開発専用ビームライン産学連合体第7回研究発表会, 2018年01月, 日本語, 福岡市, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリマーコーティングによるポリプロピレンの表面修飾

    原 真奈美, 西森 圭亮, 北畑 繁, 徳田 桂也, 西野 孝, 丸山 達生

    研究基盤センター 若手フロンティア研究会, 2017年12月, 日本語, 神戸大学, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • 変性ポリプロピレンによるナノダイヤモンドの疎水化とアイソタクチックポリプロピレンとの複合化

    小松 大志, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第26回ポリマー材料フォーラム, 2017年11月, 日本語, 大阪市, 国内会議

    ポスター発表

  • リメチレン基を有する芳香族ポリエステルの結晶弾性率

    菊川 侑亮, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第26回ポリマー材料フォーラム, 2017年11月, 日本語, 大阪市, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリシランを塗布したポリオレフィンの接着とその界面評価

    松本 拓也, 五代 裕, 土井 一輝, 本郷 千鶴, 西野 孝

    プラスチック成形加工学会 第25回秋季大会, 2017年11月, 日本語, プラスチック成形加工学会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ナノラマン分光法を用いたポリアミド66界面の厚み評価

    下浦 直樹, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    日本接着学会関西支部 第13回若手の会, 2017年11月, 日本語, 日本接着学会関西支部, 大阪市, 国内会議

    ポスター発表

  • セルロース系材料

    西野 孝

    第二回ポリマーカレッジ, 2017年11月, 日本語, 高分子学会, 大阪市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • オレフィン系エラストマーを用いた接着と界面

    西野 孝

    第28回エラストマー討論会, 2017年11月, 日本語, 日本ゴム協会, 宇治市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Synthesis of Furan-Dimer Based Biopolyester

    NAOKI MIYAGAWA, TADAYUKI OGURA, OKANO KENTARO, TAKUYA MATSUMOTO, TAKASHI NISHINO, MORI ATSUNORI

    The 11th International Symposium on Integrated Synthesis, 2017年11月, 英語, 淡路島, 国際会議

    ポスター発表

  • All-ポリプロピレンナノ複合材料の成形と物性

    西野 孝, 朝比奈 勇志, 本郷 千鶴, 松本 拓也

    プラスチック成形加工学会 第25回秋季大会, 2017年11月, 日本語, プラスチック成形加工学会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 平行な溝を有する足場上でのコラーゲンフィルムの高配向化および高強度化

    松原 佑樹, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第7回CSJ化学フェスタ2017, 2017年10月, 日本語, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • 作製法を異にするセルロースナノファイバー充てんポリメタクリル酸メチル複合材料の創製と物性

    阪田 美吹, 松本 拓也, 西野 孝

    第7回CSJ化学フェスタ2017, 2017年10月, 日本語, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • リグニン残量を制御したセルロースから得られた各種ナノファイバーの構造と物性

    村上 大祐, 松本 拓也, 大島 智子, 寺村 浩, 川口 秀夫, 荻野 千秋, 近藤 昭彦, 西野 孝

    第7回CSJ化学フェスタ2017, 2017年10月, 日本語, 日本化学会, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • リアクティブ3Dプリンタによるテーラーメイドラバー製品の設計生産プロジェクト(SIP)

    西野 孝

    第66回金型研究分科会, 2017年10月, 日本語, 日本ゴム協会, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 2,5-ポリトリメチレンフラノエートの結晶弾性率

    上田 裕貴, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第7回CSJ化学フェスタ2017, 2017年10月, 日本語, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • 電子線処理を施したアイソタクチックポリプロピレンの接着界面における物性評価

    奥村 優香, 松本 拓也, 西野 孝

    第68回 コロイドおよび界面化学討論会, 2017年09月, 日本語, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • 植物由来のトリメチレン基を有する芳香族ポリエステルの結晶弾性率

    菊川 侑亮, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第66回高分子討論会, 2017年09月, 日本語, 高分子学会, 松山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 今なぜセルロースナノファイバーなのか

    西野 孝

    2017年度関西接着ワークショップ 第1回研究会, 2017年09月, 日本語, 接着学会関西支部, 大阪市, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 含フッ素高分子と接着プライマーを用いたポリプロピレンの表面修飾法の開発

    原 真奈美, 西森 圭亮, 北畑 繁, 徳田 桂也, 西野 孝, 丸山 達生

    化学工学会第49回秋季大会, 2017年09月, 日本語, 化学工学会, 名古屋市, 国内会議

    ポスター発表

  • 界面フリー複合材料の創製と物性

    西野 孝, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 小寺 賢

    第66回高分子討論会, 2017年09月, 日本語, 高分子学会, 松山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • モンモリロナイト充てんナノセルロースペーパーの応力伝達のX線解析

    松本 拓也, 大橋 卓弥, 森 峻一, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第66回高分子討論会, 2017年09月, 日本語, 高分子学会, 松山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリオレフィン接着剤としてのポリシラン

    西野 孝

    第66回高分子討論会, 2017年09月, 日本語, 高分子学会, 松山市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • ポリエーテルエーテルケトン表面のエポキシ化と接着性

    宮垣 晶, 松本 拓也, 西野 孝

    第68回 コロイドおよび界面化学討論会, 2017年09月, 日本語, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリ(3-ヘキシルチオフェン)の構造と熱伝導の異方性制御

    小牧 瑛典, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第66回高分子討論会, 2017年09月, 日本語, 高分子学会, 松山市, 国内会議

    ポスター発表

  • ナノダイヤモンド充てんアクリル系エマルション粘着剤

    水谷 光太, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第68回 コロイドおよび界面化学討論会, 2017年09月, 日本語, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • イオン液体のマイクロ波応答急速加熱を用いた易剥離性接着剤の創製

    薄刃 美玲, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第66回高分子討論会, 2017年09月, 日本語, 高分子学会, 松山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • アイソタクチックポリプロピレン/疎水化ナノダイヤモンド複合材料

    小松 大志, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第66回高分子討論会, 2017年09月, 日本語, 高分子学会, 松山市, 国内会議

    ポスター発表

  • アイソタクチックポリプロピレン/シアノアクリレート接着Interphase解析によるコバルト錯体のプライマー効果

    松本 拓也, 中西 祐太, 本郷 千鶴, 堀内 伸, 西野 孝

    第66回高分子討論会, 2017年09月, 日本語, 高分子学会, 松山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Nano2 Composites

    Takashi Nishino

    8th International Workshop on Polymer Metal Nanocomposites, 2017年09月, 英語, Prague, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Functionalization of isotactic polypropylene surface by coating polymers for biomolecule immobilization

    Manami HARA, Keisuke NISHIMORI, Shigeru KITAHATA, Takashi NISHINO, Maruyama Tatsuo

    The International Conference for Young Chemists (ICYC) 2017, 2017年08月, 日本語, Universiti Sains Malaysia, Penang, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Enhancement Mechanism of Cobalt Complex Primers on Adhesion Property of isotactic Polypropylene

    Takuya Matsumoto, Yuta Nakanishi, Chizuru Hongo, Takashi Nishino

    IUMRS-ICAM2017 The 15th International Conference on Advanced Materials, 2017年08月, 英語, 京都市, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 平行な溝を有する足場上でのコラーゲンフィルムの高配向化

    松原 佑樹, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第63回高分子研究発表会(神戸), 2017年07月, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 分子量を異にするポリエチレンオキシド薄膜の構造と表面物性

    田中 典和, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第63回高分子研究発表会(神戸), 2017年07月, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 電子線を用いたアイソタクチックポリプロピレンの表面処理と接着性

    奥村 優香, 松本 拓也, 西野 孝

    第63回高分子研究発表会(神戸), 2017年07月, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 側鎖にエステルを有するポリメチレンの合成と表面物性

    河南 英知, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第63回高分子研究発表会(神戸), 2017年07月, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重水素化ポリアミド66を用いた同種高分子界面の構造解析

    下浦 直樹, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第63回高分子研究発表会(神戸), 2017年07月, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 作製法を異にするセルロースナノファイバー充てんポリメタクリル酸メチル複合材料の創製

    阪田 美吹, 松本 拓也, 西野 孝

    第63回高分子研究発表会(神戸), 2017年07月, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高性能高分子

    西野 孝

    日本化学会「高分子化学」化学技術基礎講座, 2017年07月, 日本語, 日本化学会, 東京都, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 含フッ素高分子のdip-coatによるアイソタクチックポリプロピレンの表面機能化

    原 真奈美, 西森 圭亮, 北畑 繁, 徳田 桂也, 西野 孝, 丸山 達生

    第63回高分子研究発表会(神戸), 2017年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • 化学構造を異にする含フッ素官能基を有するポリメタクリレート表面の撥水性

    謝 一珺, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第63回高分子研究発表会(神戸), 2017年07月, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • リグニン量を制御したセルロースナノファイバーの構造と物性

    村上 大祐, 松本 拓也, 大島 智子, 寺村 浩, 川口 秀夫, 荻野 千秋, 近藤 昭彦, 西野 孝

    第63回高分子研究発表会(神戸), 2017年07月, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリトリメチレンフラノエートの結晶弾性率

    上田 裕貴, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第63回高分子研究発表会(神戸), 2017年07月, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • セルロースナノファイバーを複合材料でいかに生かすか

    西野 孝

    ナノセルロースフォーラム, 2017年07月, 日本語, 東京都, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • イオン液体添加による接着剤へのマイクロ波応答剥離性の付与

    薄刃 美玲, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第63回高分子研究発表会(神戸), 2017年07月, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • MR Volume Registration using Anatomical Reference Organ “Merkmal” for Analysis of the Brain Shift Transformation in the Closed Cranium

    Matsuda Kento, Kumamoto Etsuko, Hayashi Shigeto, Kyotani Katsusuke, Nishino Takashi, Nakai Tomoaki, Kohmura Eiji

    The 39th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC’17), 2017年07月, 英語, 国際会議

    ポスター発表

  • In situ培養を用いたバクテリアセルロース充てんアイソタクチッポリプロピレン複合材料の創製

    髙橋 洋暁, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第63回高分子研究発表会(神戸), 2017年07月, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Crystal Structure and Mechanical Properties of Poly(glycolic acid)

    Lee Sunglin, Takashi Nishino

    8th International Conference on Green and Sustainable Chemistry (GSC8), 2017年07月, 英語, メルボルン, 国際会議

    ポスター発表

  • 表面・界面・接着

    西野 孝

    高分子の基礎と応用講座, 2017年06月, 日本語, 高分子学会関西支部, 大阪市, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • リグニン含有量を異にするセルロースから得られた各種ナノファイバーの構造と物性

    村上 大祐, 松本 拓也, 大島 智子, 寺村 浩, 川口 秀夫, 荻野 千秋, 近藤 昭彦, 西野 孝

    平成29年度繊維学会年次大会, 2017年06月, 日本語, 繊維学会, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • モンモリロナイト充てんセルロースナノファイバーの補強性と応力伝達

    西野 孝, 大橋卓弥, 本郷 千鶴

    平成29年度繊維学会年次大会, 2017年06月, 日本語, 繊維学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • マイクロ波応答易剥離性接着剤の創製

    薄刃美玲, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第55回接着学会年次大会, 2017年06月, 日本語, 日本接着学会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • フリーデル・クラフツ反応による表面修飾を施したポリエーテルエーテルケトンの接着性

    宮垣 晶, 松本 拓也, 西野 孝

    第55回接着学会年次大会, 2017年06月, 日本語, 日本接着学会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ナノダイヤモンド充てんアクリル系粘着剤の構造と物性

    水谷 光太, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第55回接着学会年次大会, 2017年06月, 日本語, 日本接着学会, 大阪市, 国内会議

    ポスター発表

  • ナノセルロースクライオゲルの 植物油吸収剤への応用

    佐藤 達哉, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    平成29年度繊維学会年次大会, 2017年06月, 日本語, 繊維学会, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • エレクトロスピニング法を用いた高配列・高配向ポリグリコール酸ナノファイバーの創製と力学物性

    イ ソンリン, 本郷 千鶴, 西野 孝

    平成29年度繊維学会年次大会, 2017年06月, 日本語, 繊維学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • X線CTを用いた接着剤の紙への浸み込みの三次元顕微観察

    松本 拓也, 古高 啓介, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第55回接着学会年次大会, 2017年06月, 日本語, 日本接着学会, 大阪市, 国内会議

    ポスター発表

  • 変性ポリオレフィンを用いた高分子塗布によるポリプロピレン表面機能化法の開発

    原 真奈美, 西森 圭亮, 北畑 繁, 徳田 桂也, 西野 孝, 丸山 達生

    第66回高分子学会年次大会, 2017年05月, 日本語, 高分子学会, 千葉市, 国内会議

    ポスター発表

  • 同種異形ナノ複合材料

    西野 孝

    プラスチック成形加工学会関西支部総会講演会, 2017年05月, 日本語, プラスチック成形加工学会関西支部, 大阪市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 体位変換に伴う脳実質変位・変形解析のための解剖学的基準を用いたMRボリュームデータ位置整合

    松田 健利, 熊本 悦子, 林 成人, 西野 孝, 中井 友昭, 甲村 英二

    第61 回 システム制御情報学会研究発表講演会, 2017年05月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 層状ケイ酸塩を導入した環境調和型高分子ナノ複合材料の応力伝達に関するX線的解析

    西野 孝, 大橋 卓弥, 森棟-守谷 せいら

    日本材料学会 第66期学術講演会, 2017年05月, 日本語, 日本材料学会, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高配向ポリグリコール酸ファイバーの創製と力学物性

    イ ソンリン, TU Wei, PEIJS Ton, 西野 孝

    第66回高分子学会年次大会, 2017年05月, 日本語, 高分子学会, 千葉市, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリエーテルエーテルケトンのフリーデル・クラフツ反応による表面

    宮垣 晶, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第66回高分子学会年次大会, 2017年05月, 日本語, 高分子学会, 千葉市, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリ(3-ヘキシルチオフェン)の熱伝導異方性

    小牧 瑛典, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第66回高分子学会年次大会, 2017年05月, 日本語, 高分子学会, 千葉市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • フッ素含有高分子の塗布によるプラスチック表面へのカルボキシ基の提示

    西森 圭亮, 北畑 繁, 下村 文音, 西野 孝, 丸山 達生

    第66回高分子学会年次大会, 2017年05月, 日本語, 高分子学会, 千葉市, 国内会議

    ポスター発表

  • ナノダイヤモンド非極性溶媒分散液の作製とアイソタクチックポリプロピレンとの複合化

    小松 大志, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第66回高分子学会年次大会, 2017年05月, 日本語, 高分子学会, 千葉市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ナノダイヤモンド充てんによるポリアクリル酸エステル粘着剤の高性能化

    水谷 光太, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第66回高分子学会年次大会, 2017年05月, 日本語, 高分子学会, 千葉市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ナノセルロースクライオゲルの構造制御と油吸収能

    佐藤達哉, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第66回高分子学会年次大会, 2017年05月, 日本語, 高分子学会, 千葉市, 国内会議

    ポスター発表

  • Introduction of reactive sites on a polypropylene surface by coating fluorine-containing polymer with modified polyolefin

    Manami HARA, Keisuke NISHIMORI, Shigeru KITAHATA, Takashi NISHINO, Maruyama Tatsuo

    Fifth International Symposium Frontiers in Polymer Science, 2017年05月, 英語, Elsevier, Seville, 国際会議

    ポスター発表

  • 2,6-ポリトリメチレンナフタラートの結晶弾性率の温度依存性

    菊川侑亮, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第66回高分子学会年次大会, 2017年05月, 日本語, 高分子学会, 千葉市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 樹脂界面の接着と残留応力

    西野 孝

    第151回ラドテック研究会講演会, 2017年04月, 日本語, 東京都, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 高分子表面・界面の構造と接着

    西野 孝

    高分子同友会・関西勉強会, 2017年04月, 日本語, 高分子学会関西支部, 大阪市, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 変性ポリオレフィンを用いた高分子塗布によるポリプロピレンへの反応点の導入

    原 真奈美, 西森 圭亮, 北畑 繁, 徳田 桂也, 西野 孝, 丸山 達生

    化学工学会第19回化学工学会学生発表会, 2017年03月, 日本語, 化学工学会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 元素ブロック高分子を用いたポリ-α-オレフィンの接着と界面解析

    五代 裕, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    元素ブロック 第5回合同修士論文発表会, 2017年03月, 日本語, 京都市, 国内会議

    ポスター発表

  • 芳香族求電子置換反応を用いたポリエーテルエーテルケトンの表面改質

    松本 拓也, 宮垣 晶, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第2回構造接着研究シンポジウム, 2017年01月, 日本語, つくば市, 国内会議

    ポスター発表

  • 高分子表面への粘着性の付与と粘着剤の機能化

    西野 孝

    日本接着学会粘着研究会 第153例会, 2017年01月, 日本語, 大阪市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Synthesis and Mechanical Properties of Polythiophene with Disiloxane Side Chains

    松本 拓也, 申 健, 村上 航平, 本郷 千鶴, 森 敦紀, 西野 孝

    The 2nd International Symposium on Polymeric Materials Based on Element-Blocks, 2017年01月, 英語, 京都市, 国際会議

    ポスター発表

  • Ultradrawn Polyethylene Composites with Nanodiamond

    岡本 翔太, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    The 11th SPSJ International Polymer Conference (IPC 2016), 2016年12月, 英語, 高分子学会, 福岡市, 国際会議

    ポスター発表

  • Strength and Structure of Adhesive Interface between Isotactic Polypropylene / Olefin-based Hot Melt Adhesives

    清水 陽介, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    The 11th SPSJ International Polymer Conference (IPC2016), 2016年12月, 英語, 高分子学会, 福岡市, 国際会議

    ポスター発表

  • Introduction of carboxy groups to plastic surfaces by segregation of fluorine‒containing polymers

    西森 圭亮, 北畑 繁, 下村 文音, 西野 孝, 丸山 達生

    The 11th SPSJ International Polymer Conference (IPC 2016), 2016年12月, 英語, The Society of Polymer Science, 福岡市, 国際会議

    ポスター発表

  • Flexible and semi-conductive poly (3-substituted thiophene)

    申 健, 村上 航平, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 森 敦紀, 西野 孝

    The 11th SPSJ International Polymer Conference (IPC2016), 2016年12月, 英語, 高分子学会, 福岡市, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • All-cellulose Eco& Nano Composites, International Polymer Conference

    西野 孝

    Society of Polymer Science, 2016年12月, 英語, 福岡市, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Adhesion and Interphase of Polyolefins

    西野 孝

    Grobal Research Efforts on Engineering and Nanomaterials (GREEN 2016), 2016年12月, 英語, 台北市, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 汎用プラスチック材料の表面機能化を目的とした新規高分子塗布技術の開発

    西森 圭亮, 北畑 繁, 下村 文音, 西野 孝, 丸山 達生

    第5回 ネイチャー・インダストリー・アワード, 2016年11月, 日本語, 大阪科学技術センター, 大阪市, 国内会議

    ポスター発表

  • 耐熱性ポリアミドの結晶構造と力学物性

    イ ソンリン, 三井 淳一, 川原 光博, 上田 一恵, 西野 孝

    第6回CSJ化学フェスタ2016, 2016年11月, 日本語, 日本化学会, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • 就職を目指す学生へのアドバイス

    西野 孝

    成形加工若手セミナー, 2016年11月, 日本語, プラスチック成形加工学会関西支部, 豊中市, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 高分子エキゾチック複合材料

    西野 孝

    関西若手高分子, 2016年11月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 極低温における2,6-ポリトリメチレンナフタラートの結晶弾性率

    菊川 侑亮, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第6回CSJ化学フェスタ2016, 2016年11月, 日本語, 日本化学会, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリ(3-ヘキシルチオフェン)の配向制御による熱伝導の異方性発現

    小牧 瑛典, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第6回CSJフェスタ2016, 2016年11月, 日本語, 日本化学会, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • ナノダイヤモンド非極性溶媒分散液の作製とアイソタクチックポリプロピレンとの複合化

    小松 大志, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    プラスチック成形加工学会関西支部平成28年度若手セミナー, 2016年11月, 日本語, プラスチック成形加工学会関西支部, 豊中市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • セルロースのナノファイバー化とナノ複合材料

    西野 孝

    バイオマスイノベーション研究会公開セミナー, 2016年11月, 日本語, 近畿バイオインダストリー振興会, 大阪市, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • TEMPO酸化処理とグラインダー処理により作製したセルロースナノファイバーエアロゲルの構造と物性

    佐藤 達哉, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    平成28年度プラスチック成形加工学会関西支部若手セミナー, 2016年11月, 日本語, プラスチック成形加工学会関西支部, 豊中市, 国内会議

    ポスター発表

  • Structure and Properties of Ultradrawn Ultra High Molecular Weight Polyethylene / Nanodiamond Composites

    岡本 翔太, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    The 9th International Conference on Green Composites(ICGC-9), 2016年11月, 英語, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • Stress Transfer Analyses of Chemically Modified Cellulose / Montmorillonite Nanocomposites

    大橋 卓弥, 森棟(守谷) せいら, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    9th International Conference on Green Composites (ICGC-9), 2016年11月, 英語, 神戸市, 国際会議

    ポスター発表

  • Mechanical properties of well-alligned and well-oriented poly glycolic acid nanofibers by electrospinning

    イ ソンリン, 本郷 千鶴, 西野 孝

    9th International Conference on Green Composites(ICGC-9), 2016年11月, 英語, 神戸市, 国際会議

    ポスター発表

  • Mechanical and Functional Properties of Cellulose Nanofiber Sheets Involving Silver Nanoparticles

    松本 拓也, 伊藤 洋晃, 本郷 千鶴, 西野 孝

    9th International Conference on Green Composites (ICGC-9), 2016年11月, 英語, 神戸市, 国際会議

    ポスター発表

  • Elastic modulus of the crystalline regions of poly lactic acid

    イ ソンリン, 本郷 千鶴, 西野 孝

    9th International Conference on Green Composites(ICGC-9), 2016年11月, 英語, 神戸市, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Bacterial Cellulose / Zirconium Oxide or Barium Titanate by in-situ Cultivation

    松本 拓也, 楢原 理沙, 本郷 千鶴, 西野 孝

    9th International Conference on Green Composites (ICGC-9), 2016年11月, 英語, 神戸市, 国際会議

    ポスター発表

  • 軽量・高強度を実現する高分子複合材料

    西野 孝

    高分子学会Webiner No.1605, 2016年10月, 日本語, 高分子学会, 東京都, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Properties of Polythiophene based Thermoplastic Elastomer

    申 健, 村上 航平, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 森 敦紀, 西野 孝

    The International Rubber Conference 2016, 2016年10月, 英語, 北九州市, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Mechanical Properties of Polyurethane-based Function-graded Rubbers

    藤尾 慎, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    The International Rubber Conference 2016, 2016年10月, 英語, 北九州市, 国際会議

    ポスター発表

  • 電界紡糸法を用いた高性能ポリイミドナノ複合材料の創製

    本郷 誠人, 溝口 圭衣子, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第65回高分子討論会, 2016年09月, 日本語, 高分子学会, 横浜市, 国内会議

    ポスター発表

  • 高配向した超高分子量ポリエチレン/ナノダイヤモンド複合材料の構造と物性

    岡本 翔太, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第65回高分子討論会, 2016年09月, 日本語, 高分子学会, 横浜市, 国内会議

    ポスター発表

  • 含フッ素高分子の偏析作用によるプラスチック表面へのカルボキシ基の提示

    西森 圭亮, 北畑 繁, 下村 文音, 西野 孝, 丸山 達生

    化学工学会 第48回秋季大会, 2016年09月, 日本語, 化学工学会, 徳島市, 国内会議

    ポスター発表

  • 含フッ素基を有する高分子側鎖の偏析を利用したプラスチック材料表面へのカルボキシ基の提示

    西森 圭亮, 北畑 繁, 下村 文音, 西野 孝, 丸山 達生

    第65回高分子討論会, 2016年09月, 日本語, 高分子学会, 横浜市, 国内会議

    ポスター発表

  • リアクティブ3Dプリンタによるテーラーメイド傾斜機能ラバーの創製

    藤尾 慎, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第65回高分子討論会, 2016年09月, 日本語, 高分子学会, 横浜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリチオフェン半導体のエラストマー化

    申 健, 村上 航平, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 森 敦紀, 西野 孝

    第65回高分子討論会, 2016年09月, 日本語, 高分子学会, 横浜市, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリシランを用いたポリ-α-オレフィンの接着と界面解析

    五代 裕, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第65回高分子討論会, 2016年09月, 日本語, 高分子学会, 横浜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリエーテルエーテルケトン表面の化学修飾と接着性

    宮垣 晶, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第12回日本接着学会関西支部若手の会, 2016年09月, 日本語, 日本接着学会関西支部, 吹田市, 国内会議

    ポスター発表

  • フッ素高分子側鎖の偏析を利用したプラスチック表面へのカルボキシ基の提示

    西森 圭亮, 北畑 繁, 下村 文音, 西野 孝, 丸山 達生

    化学工学会 第49回秋季大会, 2016年09月, 日本語, 化学工学会, 名古屋市, 国内会議

    ポスター発表

  • ナノダイヤモンド充てんによる高性能アクリル系粘着剤の創製

    水谷 光太, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第12回日本接着学会関西支部若手の会, 2016年09月, 日本語, 接着学会, 吹田市, 国内会議

    ポスター発表

  • コーティングの表面・界面と接着

    西野 孝

    第26回フォトポリマー講習会, 2016年09月, 日本語, 東京都, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • X線回折法を利用したセルロースナノファイバー/クレイ複合材料の応力伝達解析

    大橋 卓弥, 森棟(守谷) せいら, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第65回高分子討論会, 2016年09月, 日本語, 高分子学会, 横浜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Primer Effect on Interface Structure and Adhesion of Cyanoacrylate/Isotactic Polypropylene

    西野 孝, 中西 佑太, 本郷 千鶴, 松本 拓也

    Eleventh European Adhesion Conference and Thirteenth International Triennial Conference on the Science and Technology of Adhesion and Adhesives (EURADH2016 Adhesion’16), 2016年09月, 英語, 接着学会, グラスゴー・イギリス, 国際会議

    ポスター発表

  • Adhesion and Interfacial Structure of Isotactic Polypropylene / Olefin-based Hot Melt Adhesives

    清水 陽介, 本郷 千鶴, 西野 孝

    Eleventh European Adhesion Conference and Thirteenth International Triennial Conference on the Science and Technology of Adhesion and Adhesives (EURADH2016 Adhesion’16), 2016年09月, 英語, 日本接着学会, グラスゴー・イギリス, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Structure and properties of electrospun poly glycolic acid nanofiber

    イ ソンリン, 本郷 千鶴, 西野 孝

    3rd International conference on Bio-based Polymers and Composites (BiPoCo2016), 2016年08月, 英語, ハンガリー, 国際会議

    ポスター発表

  • Noninvasive Analysis of Brain Shift Transformation at Resting State Based on Magnetic Resonance Imaging

    Hayashi Shigeto, Kumamoto Etsuko, Katsusuke Kyotani, Matsuda Taketoshi, Nishino Takashi, Nakai Tomoaki, Kohmura Eiji

    The 38th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, 2016年08月, 英語, 国際会議

    ポスター発表

  • 溶融混錬によって作製したナノダイヤモンド / アイソタクチックポリプロピレン複合材料

    小松 大志, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第62回高分子研究発表会(神戸), 2016年07月, 日本語, 高分子学会 関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 機能性フィルムの表面・界面解析

    西野 孝

    機能性フィルム研究会, 2016年07月, 日本語, 姫路市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 含フッ素高分子側鎖の偏析を利用した塗膜最表面へのカルボキシ基の提示

    西森 圭亮, 北畑 繁, 下村 文音, 西野 孝, 丸山 達生

    第63回高分子研究発表会, 2016年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • 含フッ素基を有する高分子側鎖の偏析を利用した基板表面への反応性官能基の提示

    西森 圭亮, 北畑 繁, 下村 文音, 西野 孝, 丸山 達生

    第62回高分子研究発表会, 2016年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • 環境調和型高分子の表面・界面制御と機能発現

    西野 孝

    日本真空学会関西支部&日本表面科学会関西支部合同セミナー2016, 2016年07月, 日本語, 京都市, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 化学的表面修飾を施したポリエーテルケトンの接着性

    宮垣 晶, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第62回高分子研究発表会(神戸), 2016年07月, 日本語, 高分子学会 関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • リアクティブ3Dプリンタへの応用を目指した傾斜機能ラバーの創製

    藤尾 慎, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第62回高分子研究発表会(神戸), 2016年07月, 日本語, 高分子学会 関西支部, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリエーテルエーテルケトンの化学的表面修飾による表面改質と接着性

    宮垣 晶, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第34回関西界面科学セミナー, 2016年07月, 日本語, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリ(3-ヘキシルチオフェン)の熱伝導性

    小牧 瑛典, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第62回高分子研究発表会(神戸), 2016年07月, 日本語, 高分子学会 関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ナノダイヤモンド充てんアクリル系粘着剤の高性能化

    水谷 光太, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第34回関西界面科学セミナー, 2016年07月, 日本語, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • ナノダイヤモンド/ポリアクリル酸エステルの粘着特性

    水谷 光太, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第62回高分子研究発表会(神戸), 2016年07月, 日本語, 高分子学会 関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ナノセルロースエアロゲルを用いた鉱物油吸収材

    佐藤 達哉, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第62回高分子研究発表会(神戸), 2016年07月, 日本語, 高分子学会 関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • セルロースナノファイバー/銀ナノ複合材料の創製

    西野 孝, 伊藤 洋晃, 本郷 千鶴

    第148回ポバール会, 2016年07月, 日本語, 京都市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • イオン液体の添加による接着剤のマイクロ波応答剥離性

    薄刃 美玲, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第62回高分子研究発表会(神戸), 2016年07月, 日本語, 高分子学会 関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 2,6-ポリトリメチレンナフタラートの結晶弾性率

    菊川 侑亮, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第62回高分子研究発表会(神戸), 2016年07月, 日本語, 高分子学会 関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 表面・界面・接着

    西野 孝

    第50回高分子の基礎と応用講座, 2016年06月, 日本語, 高分子学会関西支部, 大阪市, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 生分解性高分子の結晶構造と力学物性

    イ ソンリン, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第5回 JACI/GSCシンポジウム, 2016年06月, 日本語, 公益社団法人 新化学技術推進協会, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • 高分子固体表面・界面の構造と物性 分子レベル観察から見えてくる界面構造

    西野 孝

    第110回東海機能性材料研究会, 2016年06月, 日本語, 浜松市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • ポリ-α-オレフィン / ポリシラン接着界面の構造と物性

    五代 裕, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第54回接着年次大会・ACA2016, 2016年06月, 英語, 日本接着学会, 東京都, 国際会議

    ポスター発表

  • ポリエーテルエーテルケトンの表面修飾と接着性

    宮垣 晶, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第54回接着年次大会・ACA2016, 2016年06月, 英語, 日本接着学会, 東京都, 国際会議

    ポスター発表

  • ブタノール/硫酸法によりリグニン含有量を調節したリグノセルロースナノファイバーシートの物性

    松本 拓也, 小林(岡久) 陽子, 寺村 浩, 大島 智子, 森田 健太, 本郷 千鶴, 川口 秀夫, 荻野 千秋, 近藤 昭彦, 西野 孝

    第5回 JACI/GSCシンポジウム, 2016年06月, 日本語, 公益社団法人 新化学技術推進協会, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • ナノダイヤモンド充てん粘着剤の剥離特性

    水谷 光太, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第54回接着年次大会・ACA2016, 2016年06月, 英語, 日本接着学会, 東京都, 国際会議

    ポスター発表

  • ナノセルロースエアロゲルの構造と油吸収

    佐藤 達哉, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第5回 JACI/GSCシンポジウム, 2016年06月, 日本語, 公益社団法人 新化学技術推進協会, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • セルロースナノファイバー/モンモリロナイト複合材料の構造と力学物性

    大橋 卓弥, 森棟(守谷) せいら, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    平成28年度繊維学会年次大会, 2016年06月, 日本語, 繊維学会, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • コラーゲン/セルロースナノファイバー複合材料の創製と細胞足場材料への応用

    本郷 千鶴, 西村 みなみ, 後藤 大輔, 西野 孝

    第5回 JACI/GSCシンポジウム, 2016年06月, 日本語, 公益社団法人 新化学技術推進協会, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • イオン液体含有接着剤のマイクロ波応答剥離

    薄刃 美玲, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第54回接着年次大会・ACA2016, 2016年06月, 英語, 日本接着学会, 東京都, 国際会議

    ポスター発表

  • Structure and Adhesion Property of Isotactic Polypropylene / Olefin-based Hot Melt Adhesives Interface

    清水 陽介, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第54回接着年次大会・ACA2016, 2016年06月, 英語, 日本接着学会, 東京都, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Display of carboxy groups on substrate surfaces using the segregation of fluorine-containing side chains of polymers

    西森 圭亮, 北畑 繁, 下村 文音, 西野 孝, 丸山 達生

    6th International Colloids Conference, 2016年06月, 英語, Elsevier, Berlin, 国際会議

    ポスター発表

  • all-ポリイミドナノ複合材料の創製

    本郷 誠人, 溝口 圭衣子, 本郷 千鶴, 西野 孝

    平成28年度繊維学会年次大会, 2016年06月, 日本語, 繊維学会, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • 高性能ポリイミドナノ複合材料の創製

    本郷 誠人, 溝口 圭衣子, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第65回高分子学会年次大会, 2016年05月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • 含フッ素基を有するポリマー側鎖の偏析を利用した材料表面への反応性官能基の提示

    西森 圭亮, 北畑 繁, 下村 文音, 西野 孝, 丸山 達生

    第65回高分子学会年次大会, 2016年05月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリデカメチレンテレフタルアミドの結晶構造と力学物性

    イ ソンリン, 三井 淳一, 川原 光博, 上田 一恵, 西野 孝

    第65回高分子学会年次大会, 2016年05月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • シロキサン基を結合した高分子量ポリチオフェンの力学および電気物性

    申 健, 村上 航平, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 森 敦紀, 西野 孝

    第65回高分子学会年次大会, 2016年05月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • アイソタクチックポリプロピレン/ポリ-α-オレフィン界面の構造と接着性

    清水 陽介, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第65回高分子学会年次大会, 2016年05月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • Ultradrawing of Ultra High Molecular Weight Polyethylene Composite with Nanodiamond

    岡本 翔太, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第65回高分子学会年次大会, 2016年05月, 英語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Stress Transfer Analyses of Cellulose Nanofibers Nanocomposites with Clay

    大橋 卓弥, 森棟(守谷) せいら, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第65回高分子学会年次大会, 2016年05月, 英語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Spectroscopic analyses of poly-α-olefin / polysilane adhesive interface

    五代 裕, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第65回高分子学会年次大会, 2016年05月, 英語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 3Dプリンタ用傾斜機能ラバーの創製

    藤尾 慎, 松本 拓也, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第65回高分子学会年次大会, 2016年05月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • 変性ポリオレフィンとPEG系含フッ素高分子を用いたポリプロピレン表面修飾法の開発

    北畑 繁, 山本 俊輔, 徳田 桂也, 西野 孝, 丸山 達生

    化学工学会第81回年会, 2016年03月, 日本語, 化学工学会, 吹田市, 国内会議

    ポスター発表

  • 新規pH応答性超分子ゲル化剤の開発

    西森 圭亮, 北畑 繁, 西野 孝, 丸山 達生

    第18回化学工学会学生発表会, 2016年03月, 日本語, 化学工学会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 蛍光物質を用いた固体表面上アミノ基の新規定量方法の開発

    丸山 達生, 塩田 彩織, 下村 文音, 王子田 彰夫, 西野 孝

    化学工学会 第81年会, 2016年03月, 日本語, 化学工学会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ナノダイヤモンドを添加した超高分子量ポリエチレン超延伸材料の構造

    岡本 翔太, 本郷 千鶴, 西野 孝

    フロンティアソフトマター開発専用ビームライン産学連合体第5回研究発表会, 2016年01月, 日本語, 名古屋市, 国内会議

    ポスター発表

  • Temperature Dependence of the Elastic Modulus of the Crystalline Regions of Collagen Triple Helix

    Konoike Syogo, Chizuru Hongo, Takashi Nishino

    The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015), 2015年12月, 英語, ハワイ, 国際会議

    ポスター発表

  • Structure and Properties of Bacterial Cellulose / Nanofiller Composites by in situ Cultivation

    Risa Narahara, Chizuru Hongo, Takashi Nishino

    The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015), 2015年12月, 英語, ハワイ, 国際会議

    ポスター発表

  • Structure and Adhesion of Crystalline Polymer Interfaces

    Takashi Nishino

    Pacifichem. 2015, 2015年12月, 英語, ホノルル, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Primer Effect on Adhesion and Microstructure of Isotactic Polypropylene/Cyanoacrylate Interface

    Yuta Nakanishi, Chizuru Hongo, Takashi Nishino

    2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015), 2015年12月, 英語, ハワイ, 国際会議

    ポスター発表

  • Mechanical Durability of Interface Controlled Silica Particulate Composite

    Kenji Shintani, Chizuru Hongo, Takashi Nishino

    The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015), 2015年12月, 英語, ハワイ, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Elastic modulus of the crystalline regions of biobased polyesters

    Sunglin Lee, Chizuru Hongo, Takashi Nishino

    The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015), 2015年12月, 英語, ハワイ, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 電界紡糸法によるポリスチレンおよびポリイソプレンナノファイバーの創製

    本郷 誠人, 本郷 千鶴, 西野 孝

    プラスチック成形加工学会関西支部平成27年度若手セミナー, 2015年11月, 日本語, プラスチック成形加工学会, 大阪市, 国内会議

    ポスター発表

  • 高性能高分子材料とエキゾチック性

    西野 孝

    関西ゴム技術研修所,特別講義, 2015年11月, 日本語, 日本ゴム協会関西支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • ナノ細孔中で合成されたポリスチレンの物性とマルチスケール構造解析

    大橋 卓弥, 本郷 千鶴, 植村 卓史, 西野 孝

    プラスチック成形加工学会関西支部平成27年度若手セミナー, 2015年11月, 日本語, プラスチック成形加工学会, 大阪市, 国内会議

    ポスター発表

  • ナノラマン分光法を用いたポリ-α-オレフィン / ポリシラン接着界面の構造解析

    五代 裕, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第16回高分子表面研究討論会, 2015年11月, 日本語, 京都市, 国内会議

    ポスター発表

  • ナノラマン分光法を用いたポリ-α-オレフィン / ポリシラン接着界面の構造解析

    五代 裕, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第11回日本接着学会関西支部若手の会, 2015年11月, 日本語, 日本接着学会関西支部, 姫路市, 国内会議

    ポスター発表

  • ナノダイヤモンド充てん超高分子量ポリエチレン複合材料の超延伸

    岡本 翔太, 本郷 千鶴, 西野 孝

    プラスチック成形加工学会関西支部平成27年度若手セミナー, 2015年11月, 日本語, プラスチック成形加工学会, 大阪市, 国内会議

    ポスター発表

  • エチレン-オクテン共重合体を用いたアイソタクチックポリプロピレン接着界面の構造および接着性の評価

    清水 陽介, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第16回高分子表面研究討論会, 2015年11月, 日本語, 京都市, 国内会議

    ポスター発表

  • エチレン-オクテン共重合体を用いたアイソタクチックポリプロピレン接着界面の構造および接着性の評価

    清水 陽介, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第11回日本接着学会関西支部若手の会, 2015年11月, 日本語, 日本接着学会関西支部, 姫路市, 国内会議

    ポスター発表

  • 体位変換に伴う脳位置変化・変形のMRI解析

    林 成人, 中井 友昭, 篠山 隆司, 甲村 英二, 山下 晴央, 京谷 勉輔, 熊本 悦子, 西野 孝

    日本脳神経外科学会第74回学術総会, 2015年10月, 日本語, 札幌市, 国内会議

    ポスター発表

  • 高分子の表面分析概論

    西野 孝

    関西接着ワークショップ,2015年度第2回研究会, 2015年10月, 日本語, 接着学会関西支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • ナノダイヤモンド充てん変性セルロースナノファイバー複合材料

    加藤 喬, 本郷 千鶴, 西野 孝

    日本化学会秋季事業 第5回CSJフェスタ2015, 2015年10月, 日本語, 日本化学会, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • シロキサン側鎖を有する高分子量ポリチオフェンの合成と物性

    申 健, 村上 航平, 本郷 千鶴, 森 敦紀, 西野 孝

    平成27年度繊維学会秋季研究発表会, 2015年10月, 日本語, 繊維学会, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Polymer Nanocomposites with Nanodiamonds

    Takashi Nishino

    The 11th Internal Conference on Advanced Polymers vis Macromolecular Engineering (APME),, 2015年10月, 英語, 横浜市, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Effect of Molecular-Weight of Poly(3-hexylthiophene) on Thin Film Structure

    Takuya Matsumoto, Keishirou Nishi, Chizuru Hongo, Masaru Kotera, Syunsuke Tanba, Atsumori Mori, Takashi Nishino

    The 11th Internal Conference on Advanced Polymers vis Macromolecular Engineering (APME2015), 2015年10月, 英語, 横浜市, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 両親媒性高分子と低分子界面活性剤を用いた様々な樹脂表面の親水化処理

    北畑 繁, 山本 俊輔, 徳田 桂也, 西野 孝, 丸山 達生

    第64回高分子討論会, 2015年09月, 日本語, 高分子学会, 仙台市, 国内会議

    ポスター発表

  • 両親媒性高分子とフッ素系界面活性剤を用いた様々な樹脂表面の親水化処理

    北畑 繁, 山本 俊輔, 徳田 桂也, 西野 孝, 丸山 達生

    化学工学会第47回秋季大会, 2015年09月, 日本語, 化学工学会, 札幌市, 国内会議

    ポスター発表

  • 超延伸を施した超高分子量ポリエチレン/ナノダイヤモンド複合材料の構造と物性

    岡本 翔太, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第64回高分子討論会, 2015年09月, 日本語, 高分子学会, 仙台市, 国内会議

    ポスター発表

  • マテリアル-マテリアルインターフェースのレオロジー

    西野 孝

    第63回レオロジー討論会 レオロジーフォーラム15, 2015年09月, 日本語, レオロジー学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • バイオベースポリエステルの結晶弾性率の温度依存性

    イ ソンリン, 木本 真之, 田中 正和, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第64回高分子討論会, 2015年09月, 日本語, 高分子学会, 仙台市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ナノダイヤモンドを充てんした変性セルロースナノファイバー複合材料の構造と物性

    加藤 喬, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第64回高分子討論会, 2015年09月, 日本語, 高分子学会, 仙台市, 国内会議

    ポスター発表

  • セルロースナノファイバー/銀ナノ粒子複合材料の創製

    伊藤 洋晃, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第64回高分子討論会, 2015年09月, 日本語, 高分子学会, 仙台市, 国内会議

    ポスター発表

  • コラーゲンの構造と力学物性

    鴻池 昭吾, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第64回高分子討論会, 2015年09月, 日本語, 高分子学会, 仙台市, 国内会議

    ポスター発表

  • コラーゲン/セルロースナノファイバー複合材料の構造と生体材料への応用

    後藤 大輔, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第64回高分子討論会, 2015年09月, 日本語, 高分子学会, 仙台市, 国内会議

    ポスター発表

  • Primer Effect on Adhesion between Isotactic Polypropylene/Cyanoacrylate Adhesive

    Yuta Nakanishi, Chizuru Hongo, Takashi Nishino

    International Symposium on Rheology, 2015年09月, 英語, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • In situ培養を用いたバクテリアセルロース/無機ナノフィラー複合材料の創製

    楢原 理沙, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第64回高分子討論会, 2015年09月, 日本語, 高分子学会, 仙台市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • High Functional Single Nano Silver Particulate Cellulose Nanofiber Composite

    Hiroaki Ito, Chizuru Hongo, Takashi Nishino

    International Symposium on Rheology, 2015年09月, 英語, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • Cryogenic Mechanical Properties of Biobased Polyesters

    Sunglin Lee, Chizuru Hongo, Takashi Nishino

    International Symposium on Rheology, 2015年09月, 英語, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • 高分子表面・界面の構造・物性解析と接着

    西野 孝

    第13回若手からベテランのためのセミナー, 2015年08月, 日本語, 日本ゴム協会関東支部, 東京都, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 超高分子量ポリエチレン/ナノダイヤモンド複合材料の超延伸

    岡本 翔太, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第61回高分子研究発表会(神戸), 2015年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 側鎖にシロキサン基を有する高分子量ポリチオフェンの合成と物性

    申 健, 村上 航平, 本郷 千鶴, 森 敦紀, 西野 孝

    第61回高分子研究発表会(神戸), 2015年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 芯鞘エレクトロスピニング法による全ポリ乳酸複合材料の創製

    飴野 利菜, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第61回高分子研究発表会(神戸), 2015年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • 高性能高分子

    西野 孝

    日本化学会「高分子化学」化学技術基礎講座, 2015年07月, 日本語, 日本化学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 元素ブロック高分子の表面構造と物性

    西野 孝

    日本学術振興会第174委員会セミナー, 2015年07月, 日本語, 日本学術振興会第174委員会, 京都市, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 軽量・高強度を実現する革新的構造材料としての高分子複合材料

    西野 孝

    第60回高分子夏期大学, 2015年07月, 日本語, 高分子学会, 新潟市, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • ポリ-α-オレフィン / ポリシラン界面のナノラマン分光法による解析

    五代 裕, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第61回高分子研究発表会(神戸), 2015年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • プライマー処理を施したアイソタクチックポリプロピレンの瞬間接着剤に対する接着性と界面構造

    中西 佑太, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第146回ポバール会, 2015年07月, 日本語, 京都市, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • フッ素系界面活性剤と両親媒性高分子の塗布による様々な樹脂表面の親水化

    北畑 繁, 山本 俊輔, 徳田 桂也, 西野 孝, 丸山 達生

    第61回高分子研究発表会(神戸), 2015年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • ナノ細孔中で空間束縛を受けたポリスチレンの構造変化と物性

    大橋 卓弥, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第61回高分子研究発表会(神戸), 2015年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • コラーゲントリプルヘリックスの結晶弾性率の温度依存性

    鴻池 昭吾, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第61回高分子研究発表会(神戸), 2015年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • コラーゲン/セルロースナノファイバー複合材料の力学物性と生体材料への応用

    後藤 大輔, 本郷 千鶴, 西野 孝

    セルロース学会第22回年次大会, 2015年07月, 日本語, セルロース学会, 札幌市, 国内会議

    ポスター発表

  • エレクトロスピニングを用いたポリイソプレン,ポリスチレンナノファイバーの創製

    本郷 誠人, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第61回高分子研究発表会(神戸), 2015年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • アイソタクチックポリプロピレン/オレフィンエラストマー界面の構造と接着

    清水 陽介, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第61回高分子研究発表会(神戸), 2015年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • In situ培養を用いたバクテリアセルロース/ジルコニア複合材料の創製

    楢原 理沙, 本郷 千鶴, 西野 孝

    セルロース学会第22回年次大会, 2015年07月, 日本語, セルロース学会, 札幌市, 国内会議

    ポスター発表

  • 表面・界面・接着

    西野 孝

    第50回 高分子の基礎と応用講座, 2015年06月, 日本語, 高分子学会関西支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 酸化処理を施したセルロースナノファイバーの銀修飾と機能発現

    伊藤 洋晃, 本郷 千鶴, 西野 孝

    平成27年度繊維学会年次大会, 2015年06月, 日本語, 繊維学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 作製時のpHを異にするコラーゲン/セルロースナノファイバー複合材料の構造と力学物性

    後藤 大輔, 本郷 千鶴, 西野 孝

    平成27年度繊維学会年次大会, 2015年06月, 日本語, 繊維学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 界面制御を施したシリカ充てん複合材料の力学的耐久性

    新谷 健治, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第53回日本接着学会年次大会, 2015年06月, 日本語, 日本接着学会, 名古屋市, 国内会議

    ポスター発表

  • エレクトロスピニング法によるall-ポリイミドナノ複合材料の創製と力学物性

    本郷 千鶴, 溝口 圭衣子, 西野 孝

    プラスチック成形加工学会第26回会年次大会, 2015年06月, 日本語, プラスチック成形加工学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • アイソタクチックポリプロピレン/ポリ-α-オレフィンの接着性と界面構造

    清水 陽介, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第53回日本接着学会年次大会, 2015年06月, 日本語, 日本接着学会, 名古屋市, 国内会議

    ポスター発表

  • アイソタクチックポリプロピレン / シアノアクリレート系接着剤の界面構造とプライマー果の検討

    中西 佑太, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第53回日本接着学会年次大会, 2015年06月, 日本語, 日本接着学会, 名古屋市, 国内会議

    ポスター発表

  • Temperature Dependence of the Elastic Modulus of the Crystalline Regions and High Melting Point of Poly(glycolic acid)

    Sunglin Lee, Chizuru Hongo, Takashi Nishino

    The 5th International Conference on Bio-based Polymers (ICBP2015), 2015年06月, 英語, シンガポール, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Structure and Properties of Cellulose Nanofibers by Mechanical and Chemical Nanofibrillations

    Takashi Kato, Chizuru Hongo, Takashi Nishino

    The 5th International Conference on Bio-based Polymers (ICBP2015), 2015年06月, 英語, シンガポール, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • All-cellulose Composites and NanoComposites

    Takashi Nishino

    5th International Conference on Biobased Polymers, Singapore, 2015年06月, 英語, シンガポール, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 粒子表面への高分子吸着処理を施したシリカ充てん複合材料の機械的耐久性

    新谷 健治, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第64回高分子学会年次大会, 2015年05月, 日本語, 高分子学会, 札幌市, 国内会議

    ポスター発表

  • 足場材料を目指したコラーゲン/セルロースナノファイバー複合材料の作製

    本郷 千鶴, 西村 みなみ, 後藤 大輔, 西野 孝

    第64回高分子学会年次大会, 2015年05月, 日本語, 高分子学会, 札幌市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高分子表面はどこまで顕になっているのか

    西野 孝

    界面科学学術講演会, 2015年05月, 日本語, 大阪市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 結晶性高分子表面・界面の構造と物性

    西野 孝

    第64回高分子学会年次大会, 2015年05月, 日本語, 高分子学会, 札幌市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • コラーゲンの結晶弾性率

    鴻池 昭吾, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第64回高分子年次大会, 2015年05月, 日本語, 高分子学会, 札幌市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • カーボンナノフィラーを充てんした変性セルロースナノファイバー複合材料

    加藤 喬, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第64回高分子学会年次大会, 2015年05月, 日本語, 高分子学会, 札幌市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Interfacial Structure and Adhesion between Isotactic Polypropylene Applying Primer and Cyanoacrylate

    Yuta Nakanishi, Chizuru Hongo, Takashi Nishino

    第64回高分子学会年次大会, 2015年05月, 英語, 高分子学会, 札幌市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • In situ Cultivation of Bacterial Cellulose in the Presence of Inorganic fillers

    Risa Narahara, Chizuru Hongo, Takashi Nishino

    第64回高分子学会年次大会, 2015年05月, 英語, 高分子学会, 札幌市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Elastic Modulus of the Crystalline Regions of Poly(glycolic acid)

    Sunglin Lee, Chizuru Hongo, Takashi Nishino

    第64回高分子学会年次大会, 2015年05月, 英語, 高分子学会, 札幌市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高分子界面の複合評価と接着

    西野 孝

    日本学術振興会第167委員会76回例会, 2015年04月, 日本語, 日本学術振興会第167委員会, 東京都, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 合成高分子の官能基配向制御を利用した塗布による材料表面の防汚化および機能化

    北畑 繁, 山本 俊輔, 下村 文音, 徳田 桂也, 西野 孝, 丸山 達生

    化学工学会 第80年会, 2015年03月, 日本語, 化学工学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Silver Modification of TEMPO Oxidized Cellulose Nanofibers

    ITO HIROAKI, HONGO CHIZURU, NISHINO TAKASHI

    International Symposium on Wood Science and Technology 2015 (IAWPS2015), 2015年03月, 英語, 木材学会, 東京, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 炭素ナノ素材の複合材料への展開

    西野 孝

    高分子学会関西支部講演会, 2015年02月, 日本語, 高分子学会関西支部, 大阪市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 高性能環境調和ナノ複合材料

    西野 孝

    第19回関西大学先端科学技術シンポジウム, 2015年01月, 日本語, 関西大学先端科学技術推進機構, 吹田市, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 低分子界面活性剤を用いた高分子の浸漬塗布による様々なプラスチック基板表面の親水化

    北畑 繁, 山本 俊輔, 下村 文音, 徳田 桂也, 西野 孝, 丸山 達生

    化学工学会 姫路大会2014, 2014年12月, 日本語, 化学工学会, 姫路市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 含フッ素基を利用したポリエチレンオキシド側鎖の表面偏析とその機能

    徳田 桂也, 河﨑 元子, 野田 実希, 小寺 賢, 西野 孝

    第145回ポバール会, 2014年12月, 日本語, ポバール会, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 一軸身長したアクリル系誘電エラストマーの分子配向と絶縁破壊強度

    奥 慎太郎, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    第26回エラストマー討論会, 2014年12月, 日本語, 名古屋市, 国内会議

    ポスター発表

  • Novel method to quantitate a small amount of amino groups on solid surfaces using fluorescent compounds

    塩田 彩織, 下村 文音, 西野 孝, 王子田 彰夫, 丸山 達生

    The 10th SPSJ International Polymer Conference, 2014年12月, 英語, 高分子学会, Tsukuba, 国際会議

    ポスター発表

  • 粒子表面への高分子吸着処理を施したシリカ充てん複合材料の創製と物性

    新谷 健治, 本郷 千鶴, 西野 孝

    プラスチック成形加工学会関西支部 平成26年度若手セミナー, 2014年11月, 日本語, プラスチック成形加工学会関西支部, 大阪市, 国内会議

    ポスター発表

  • 元素ブロック高分子の構造と力学物性

    西野 孝

    無機高分子シンポジウム, 2014年11月, 日本語, 高分子学会無機高分子研究会, 東京, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 銀修飾TEMPO酸化セルロースナノファイバーの構造と物性

    伊藤 洋晃, 本郷 千鶴, 西野 孝

    プラスチック成形加工学会関西支部 平成26年度若手セミナー, 2014年11月, 日本語, プラスチック成形加工学会関西支部, 大阪市, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリマー材料の積層界面構造制御と機能発現

    西野 孝

    第23回ポリマー材料フォーラム, 2014年11月, 日本語, 奈良市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • ポリ(3-ヘキシルチオフェン)の薄膜構造に影響を与える要因

    西 敬士郎, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 冨士 敢太, 丹波 俊輔, 森 敦紀, 西野 孝

    島津新素材セミナー, 2014年11月, 日本語, 島津製作所, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • ナノダイヤモンド添加によるアイソタクチックポリプロピレンの高強度化

    弓達 智紀, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝, 後藤 公也, 畑 克彦

    第23回ポリマー材料フォーラム, 2014年11月, 日本語, 奈良市, 国内会議

    ポスター発表

  • ナノカーボンコンポジットの物性

    西野 孝

    重合工学レクチャーシリーズ, 2014年11月, 日本語, 近畿化学協会重合工学部会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • コラーゲンの結晶弾性率の温度依存性

    鴻池 昭吾, 西野 孝

    プラスチック成形加工学会関西支部 平成26年度若手セミナー, 2014年11月, 日本語, プラスチック成形加工学会関西支部, 大阪市, 国内会議

    ポスター発表

  • コラーゲン/セルロースナノファイバー複合材料の力学物性制御

    後藤 大輔, 本郷 千鶴, 西野 孝

    プラスチック成形加工学会関西支部 平成26年度若手セミナー, 2014年11月, 日本語, プラスチック成形加工学会関西支部, 大阪市, 国内会議

    ポスター発表

  • グラフェンオキサイド/ナノダイヤモンド充てん高分子複合材料

    西野 孝

    第22回フィラーシンポジウム, 2014年11月, 日本語, フィラー研究会, 神奈川, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • グラインダー処理とTEMPO酸化処理により作製したセルロースナノファイバーの構造と物性

    加藤 喬, 本郷 千鶴, 西野 孝

    プラスチック成形加工学会関西支部 平成26年度若手セミナー, 2014年11月, 日本語, プラスチック成形加工学会関西支部, 大阪市, 国内会議

    ポスター発表

  • In situ培養を用いたバクテリアセルロース/グラフェンオキサイド複合材料の創製

    楢原 理沙, 本郷 千鶴, 西野 孝

    プラスチック成形加工学会関西支部 平成26年度若手セミナー, 2014年11月, 日本語, プラスチック成形加工学会関西支部, 大阪市, 国内会議

    ポスター発表

  • All-セルロース複合材料を用いたナノダイヤモンド充てん高熱伝導性材料の創製

    森尾 恵梨, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝, 後藤 公也, 畑 克彦

    第23回ポリマー材料フォーラム, 2014年11月, 日本語, 奈良市, 国内会議

    ポスター発表

  • 結晶化高分子界面の構造と物性

    西野 孝

    高分子基礎物性講座, 2014年10月, 日本語, 高分子学会 基礎物性研究会, 東京, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 異なる手法を用いて作製したセルロースナノファイバーの構造・物性比較

    加藤 喬, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    第4回CSJフェスタ, 2014年10月, 日本語, 日本化学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリグリコール酸の高融点と結晶弾性率

    イ ソンリン, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    Ibiok 部門会, 2014年10月, 日本語, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • ディップコート法によるタンパク質の選択的吸着高分子表面の創製

    徳田 桂也, 野田 実希, 丸山 達生, 小寺 賢, 西野 孝

    第4回CSJフェスタ, 2014年10月, 日本語, 日本化学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 両親媒性高分子と低分子界面活性剤を用いた親水的表面の作製

    北畑 繁, 山本 俊輔, 下村 文音, 徳田 桂也, 西野 孝, 丸山 達生

    第63回高分子討論会, 2014年09月, 日本語, 高分子学会, 長崎市, 国内会議

    ポスター発表

  • 低分子界面活性剤と両親媒性高分子の塗布による親水的機能性表面の作製

    北畑 繁, 山本 俊輔, 下村 文音, 徳田 桂也, 西野 孝, 丸山 達生

    化学工学会 第46回秋季大会, 2014年09月, 日本語, 化学工学会, 福岡市, 国内会議

    ポスター発表

  • 接着のための界面制御

    西野 孝

    海ミニシンポジウム, 2014年09月, 日本語, 高分子学会東海支部, 豊田市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 精製工程を異にするセルロースファイバーの物性評価

    延田 紘治, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第63回高分子討論会, 2014年09月, 日本語, 高分子学会, 長崎市, 国内会議

    ポスター発表

  • 高配列・高配向アイソタクチックポリプロピレンナノファイバーの創製と力学物性

    朝比奈 勇志, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    第63回高分子討論会, 2014年09月, 日本語, 高分子学会, 長崎市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 蛍光物質を用いた固体材料表面の微量アミノ基定量方法の開発

    塩田 彩織, 下村 文音, 西野 孝, 王子田 彰夫, 丸山 達生

    第63回 高分子討論会, 2014年09月, 日本語, 高分子学会, 長崎市, 国内会議

    ポスター発表

  • 蛍光物質による固体材料表面の高感度な新規アミノ基定量方法の開発

    塩田 彩織, 下村 文音, 西野 孝, 王子田 彰夫, 丸山 達生

    化学工学会 第46回秋季大会, 2014年09月, 日本語, 化学工学会, 福岡市, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリジメチルシロキサン側鎖を有するメタクリレート共重合体の表面物性

    西野 孝, 三浦 響子, 河﨑 元子, 高野 聖史

    第63回高分子討論会, 2014年09月, 日本語, 高分子学会, 長崎市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリグリコール酸の高融点と結晶弾性率

    イ ソンリン, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    第63回高分子討論会, 2014年09月, 日本語, 高分子学会, 長崎市, 国内会議

    ポスター発表

  • ひまし油を原料とするバイオマスポリマーの極限力学物性

    西野 孝, 田中 義人, 本郷 千鶴, 小寺 賢

    第63回高分子討論会, 2014年09月, 日本語, 高分子学会, 長崎市, 国内会議

    ポスター発表

  • ナノダイヤモンド充てんアイソタクチックポリプロピレンナノ複合材料の創製

    弓達 智紀, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝, 後藤 公也, 畑 克彦

    第63回高分子討論会, 2014年09月, 日本語, 高分子学会, 長崎市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ナノダイヤモンドを用いたall-セルロース複合材料の高熱伝導率化

    森尾 恵梨, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝, 後藤 公也, 畑 克彦

    第63回高分子討論会, 2014年09月, 日本語, 高分子学会, 長崎市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • コラーゲンの三重らせん構造と極限力学物性におけるX線的解析

    本郷 千鶴, 鴻池 昭吾, 小寺 賢, 西野 孝

    第63回高分子討論会, 2014年09月, 日本語, 高分子学会, 長崎市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • エレクトロスピニング法を用いたall-ポリイミドナノ複合材料の創製

    溝口 圭衣子, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    第63回高分子討論会, 2014年09月, 日本語, 高分子学会, 長崎市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • アクリル系粘着剤の誘電エラストマー展開と絶縁破壊強度

    奥 慎太郎, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    第63回高分子討論会, 2014年09月, 日本語, 高分子学会, 長崎市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Well-aligned and Well-oriented isotactic Polypropylene Nanofibera

    ASAHINA YUJI, HONGO CHIZURU, KOTERA MASARU, NISHINO TAKASHI

    The International Symposium on Fiber Science and Tecnology (ISF2014), 2014年09月, 英語, 東京, 国際会議

    ポスター発表

  • Thin Film Structure and Surface Properties of Poly(3-hexylethiophene) with Different Molecular Weight

    NISHI KEISHIRO, HONGO CHIZURU, KOTERA MASARU, FUJI KANTA, TAMBA SYUNSUKE, MORI ATSUNORI, NISHINO TAKASHI

    5th World Congress on Adhesion and Related Phenomena, 2014年09月, 英語, 日本接着学会, 奈良市, 国際会議

    ポスター発表

  • Thin Film Structure and Surface Properties of Poly(3-hexylethiophene)

    NISHI KEISHIRO, HONGO CHIZURU, KOTERA MASARU, FUJI KANTA, TAMBA SYUNSUKE, MORI ATSUNORI, NISHINO TAKASHI

    The International Symposium on Fiber Science and Tecnology (ISF2014), 2014年09月, 英語, 東京, 国際会議

    ポスター発表

  • Structure and Electrical Breakdown Strength of Acrylic Pressure Sensitive Adhesives

    OKU SHINTAROU, HONGO CHIZURU, KOTERA MASARU, NISHINO TAKASHI

    5th World Congress on Adhesion and Related Phenomena 英文, 2014年09月, 英語, 日本接着学会, 奈良市, 国際会議

    ポスター発表

  • Preparation of All-Polyimide Nanocomposite Using electrospinning

    MIZOGUCHI KEIKO, HONGO CHIZURU, KOTERA MASARU, NISHINO TAKASHI

    The International Symposium on Fiber Science and Tecnology (ISF2014), 2014年09月, 英語, 東京, 国際会議

    ポスター発表

  • Microstructure of poly (vinil alcohol) / Clay Nanocomposite Thin Films Evoluted by Small Angle Incidence X-ray Diffraction

    FUJIURA SAE, HONGO CHIZURU, KOTERA MASARU, NISHINO TAKASHI

    5th World Congress on Adhesion and Related Phenomena, 2014年09月, 英語, 日本接着学会, 奈良市, 国際会議

    ポスター発表

  • Microstructure and Adhesion of Isotactic Polypropylene / Cyanoacrylate Interface by Applying Primer

    NAKANISHI YUTA, KOMADA MEGUMI, HONGO CHIZURU, KOTERA MASARU, NISHINO TAKASHI

    5th World Congress on Adhesion and Related Phenomena 英文, 2014年09月, 英語, 日本接着学会, 奈良市, 国際会議

    ポスター発表

  • Isotactic Polypropylene / Nanodiamond Composite

    YUDATE TOMOKI, HONGO CHIZURU, KOTERA MASARU, NISHINO TAKASHI, GOTO KIMIYA, HATA KATSUHIKO

    5th World Congress on Adhesion and Related Phenomena, 2014年09月, 英語, 日本接着学会, 奈良市, 国際会議

    ポスター発表

  • 粒子表面への高分子吸着処理を施したシリカ充てん複合材料の創製と物性

    新谷 健治, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    第60回高分子研究発表会(神戸), 2014年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 静電相互作用を利用したコラーゲン/セルロースナノファイバー複合材料の創製

    後藤 大輔, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    第60回高分子研究発表会(神戸), 2014年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 芯鞘エレクトロスピニング法によるポリ乳酸のステレオコンプレックス化

    飴野 利菜, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    第60回高分子研究発表会(神戸), 2014年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 作製法を異にするセルロースナノファイバーの物性

    加藤 喬, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    第60回高分子研究発表会(神戸), 2014年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高撥水かつ高接着性表面の創製

    西野 孝

    繊維加工技術研究会第47講演会, 2014年07月, 日本語, 大阪市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 高分子材料界面の構造観察と制御

    西野 孝

    第32回関西界面科学セミナー, 2014年07月, 日本語, 日本化学会, コロイド界面部会関西支部, 神戸市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 高性能高分子

    西野 孝

    「高分子化学」化学技術基礎講座, 2014年07月, 日本語, 日本化学会, 東京, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 蛍光物質を用いた高感度な固体表面のアミノ基定量方法の開発

    塩田 彩織, 下村 文音, 西野 孝, 王子田 彰夫, 丸山 達生

    第60回高分子研究発表会(神戸), 2014年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • 気相法によるセルロースナノファイバー表面の混合エステル化とナノ複合材料

    延田 紘治, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    セルロース学会第21回年次大会, 2014年07月, 日本語, セルロース学会, 鹿児島市, 国内会議

    ポスター発表

  • 含フッ素低分子界面活性剤と両親媒性高分子の塗布による親水性機能的表面の作製

    北畑 繁, 山本 俊輔, 下村 文音, 徳田 桂也, 西野 孝, 丸山 達生

    第60回高分子研究発表会(神戸), 2014年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • プライマー処理を施したアイソタクチックポリプロピレン/シアノアクリレート界面の構造と物性

    中西 佑太, 駒田 めぐみ, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    第60回高分子研究発表会(神戸), 2014年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • コラーゲンの極低温における結晶弾性率

    鴻池 昭吾, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    第60回高分子研究発表会(神戸), 2014年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • クレイ充てんポリビニルアルコール薄膜の構造評価

    藤浦 紗恵, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    第60回高分子研究発表会(神戸), 2014年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • グラインダー処理とTEMPO酸化処理により得られたセルロースナノファイバーの構造・物性比較

    加藤 喬, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    セルロース学会第21回年次大会, 2014年07月, 日本語, セルロース学会, 鹿児島市, 国内会議

    ポスター発表

  • アクリル系誘電エラストマーの構造と絶縁破壊

    奥 慎太郎, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    第60回高分子研究発表会(神戸), 2014年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • TEMPO酸化セルロースナノファイバーの銀修飾と機能発現

    伊藤 洋晃, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    第60回高分子研究発表会(神戸), 2014年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • In situ 培養を用いたバクテリアセルロース/グラフェンオキサイド複合材料の構造と物性

    楢原 理沙, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    第60回高分子研究発表会(神戸), 2014年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 由来を異にするコラーゲンの結晶弾性率

    鴻池 昭吾, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    平成26年度繊維学会年次大会, 2014年06月, 日本語, 繊維学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 分子量を異にするポリ(3-ヘキシルチオフェン)の薄膜構造と物性

    西 敬士郎, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 冨士 敢太, 丹波 俊輔, 森 敦紀, 西野 孝

    平成26年度繊維学会年次大会, 2014年06月, 日本語, 繊維学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 表面・界面・接着

    西野 孝

    第48回 高分子の基礎と応用講座, 2014年06月, 日本語, 高分子学会 関西支部, 大阪市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • エレクトロスピニング法を用いた高配列・高配向アイソタクチックポリプロピレンナノファイバーの創製

    朝比奈 勇志, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    平成26年度繊維学会年次大会, 2014年06月, 日本語, 繊維学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Preparation of well aligned and well-oriented all-polyimide nano composite

    MORIO ERI, HONGO CHIZURU, KOTERA MASARU, NISHINO TAKASHI, GOTO KIMIYA, HATA KATHUHIKO

    16th EUROPEAN CONFERENCE ON COMPOSITE MATERIALS, 2014年06月, 英語, SPAIN, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Novel method to quantitate amino groups on solid surfaces using fluorescent compounds

    塩田 彩織, 下村 文音, 西野 孝, 王子田 彰夫, 丸山 達生

    4th international Colloids Conference, 2014年06月, 英語, Elsevier, Madrid, 国際会議

    ポスター発表

  • Low-fouling surface prepared by the dip-coating of amphiphilic polymer with a low-molecular-weight surfactant

    丸山 達生, 山本 俊輔, 下村 文音, 徳田 桂也, 西野 孝

    4th International Colloids Conference, 2014年06月, 英語, Elsevier, Madrid, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Interfacial structure analyses of polymer laminates using scanning thermal microscope, micro-beam x-ray diffraction, and nano-raman spectroscope

    HONGO CHIZURU, KOTERA MASARU, URUSHIHARA YOSHIMASA, IZUMO DAIKI, NISHINO TAKASHI

    16th EUROPEAN CONFERENCE ON COMPOSITE MATERIALS, 2014年06月, 英語, SPAIN, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • All-cellulose composite with high thermal conductivity using nanodiamonds

    MIZOGUCHI KEIKO, HONGO CHIZURU, KOTERA MASARU, NISHINO TAKASHI

    16th EUROPEAN CONFERENCE ON COMPOSITE MATERIALS, 2014年06月, 英語, SPAIN, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 表面に偏析したポリエチレンオキシド側鎖を利用したタンパク質の選択的吸着

    徳田 桂也, 野田 実希, 丸山 達生, 小寺 賢, 西野 孝

    第63回高分子学会年次大会, 2014年05月, 日本語, 高分子学会, 名古屋市, 国内会議

    ポスター発表

  • 高分子表面・界面の機能化と解析

    西野 孝

    日本接着学会関西支部講演会, 2014年05月, 日本語, 日本接着学会関西支部, 大阪市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 蛍光物質による固体表面の新規アミノ基定量方法の開発

    塩田 彩織, 下村 文音, 西野 孝, 王子田 彰夫, 丸山 達生

    第63回高分子学会年次大会, 2014年05月, 日本語, 高分子学会, 名古屋市, 国内会議

    ポスター発表

  • 含フッ素基を含む多機能高分子表面の創製

    徳田 桂也, 西野 孝

    界面コロキウム, 2014年05月, 日本語, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • マイクロプローブを用いた高分子ラミネート界面の構造解析

    本郷 千鶴, 小寺 賢, 竹内 美由紀, 磯貝 明, 西野 孝

    第63回高分子学会年次大会, 2014年05月, 日本語, 高分子学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリビニルアルコール/クレイナノコンポジット薄膜の構造評価

    藤浦 紗恵, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    第63回高分子学会年次大会, 2014年05月, 日本語, 高分子学会, 名古屋市, 国内会議

    ポスター発表

  • アクリル系誘電エラストマーの構造と絶縁破壊強度

    奥 慎太郎, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    第63回高分子学会年次大会, 2014年05月, 日本語, 高分子学会, 名古屋市, 国内会議

    ポスター発表

  • X線回折法を用いたクレイ充てんナノ複合材料における応力伝達状態解析

    西野 孝, 森棟 せいら, 廣兼 大介

    日本材料学会第63期通常総会・学術講演会ならびに各種併設行事, 2014年05月, 日本語, 日本材料学会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Properties of Isotactic Polypropylene/ Nanodiamond Composite

    YUDATE TOMOKI, HONGO CHIZURU, KOTERA MASARU, NISHINO TAKASHI

    第63回高分子学会年次大会, 2014年05月, 英語, 高分子学会, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • One pot processing cellulose acetate butyrate composite filled with cellulose nanofiber

    NOBUTA KOHJI, HONGO CHIZURU, KOTERA MASARU, NISHINO TAKASHI

    The 8th International Conference on Green Composites (ICGC-8), 2014年05月, 英語, ソウル, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • High Functional All-Cellulose Composite with Nanodiamons

    MORIO ERI, HONGO CHIZURU, KOTERA MASARU, NISHINO TAKASHI

    第63回高分子学会年次大会, 2014年05月, 英語, 高分子学会, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • All-polyimide Nanocomposite using Electrospinning

    MIZOGUCHI KEIKO, HONGO CHIZURU, KOTERA MASARU, NISHINO TAKASHI

    第63回高分子学会年次大会, 2014年05月, 英語, 高分子学会, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • All-Poly(lactic acid) Nanocomposite, The 8th International Conference on Green Composites

    NISHINO TAKASHI, FUKE YOHKO, KOTERA MASARU

    The 8th International Conference on Green Composites (ICGC-8), 2014年05月, 英語, ソウル, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 低分子界面活性剤と両親媒性高分子による親水的な機能性表面の作製

    山本 俊輔, 下村 文音, 徳田 桂也, 西野 孝, 丸山 達生

    化学工学会第79年会, 2014年03月, 日本語, 化学工学会, 岐阜市, 国内会議

    ポスター発表

  • アクリル系誘電エラストマーの伸長に伴う構造変化と絶縁破壊

    奥 慎太郎, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    第25回エラストマー討論会, 2013年12月, 日本語, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高配列・高配向ポリイミドナノファイバーを用いたAll-ポリイミドナノ複合材料の創製

    西野 孝, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    プラスチック成形加工学会関西支部 第2回若手セミナー, 2013年11月, 日本語, 京都市, 国内会議

    ポスター発表

  • ナノダイヤモンドを用いたall-セルロース複合材料の高熱伝導化

    森尾 恵梨, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝, 後藤 公也, 畑 克彦

    プラスチック成形加工学会関西支部 第2回若手セミナー, 2013年11月, 日本語, 京都市, 国内会議

    ポスター発表

  • アイソタクチックポリプロピレン/ナノダイヤモンド複合材料の創製

    弓達 智紀, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝, 後藤 公也, 畑 克彦

    プラスチック成形加工学会関西支部 第2回若手セミナー, 2013年11月, 日本語, 京都市, 国内会議

    ポスター発表

  • "極"と"超"に挑戦する高分子材料

    延田 紘治, 西野 孝

    第2回バイオマスリファイナリーシンポジウム, 2013年11月, 日本語, 広島市, 国内会議

    ポスター発表

  • 微小角入射X線回折を用いたポリビニルアルコール薄膜の表面構造解析

    藤浦 紗恵, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    第9回日本接着学会関西支部若手の会, 2013年09月, 日本語, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • 高配列・高配向ポリイミドナノファイバー複合材料の創製と力学特性

    小寺 賢, 溝口 圭衣子, 野田 はる菜, 西野 孝

    第62回高分子討論会, 2013年09月, 日本語, 高分子学会, 金沢市, 国内会議

    ポスター発表

  • 蛍光物質を用いた固体表面のアミノ基定量方法の開発

    塩田 彩織, 下村 文音, 西野 孝, 丸山 達生

    化学工学会 第45回秋季大会, 2013年09月, 日本語, 化学工学会, 岡山市, 国内会議

    ポスター発表

  • 気相法によるセルロースナノファイバーの混合エステル化とナノ複合材料

    延田 紘治, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    第62回高分子討論会, 2013年09月, 日本語, 金沢市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 含フッ素界面活性剤と両親媒性高分子の塗布による親水表面の作製

    山本 俊輔, 下村 文音, 徳田 桂也, 西野 孝, 丸山 達生

    第62回高分子討論会, 2013年09月, 日本語, 高分子学会, 金沢市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 各種イネ科植物から作製したセルロースナノファイバーシートの物性評価

    延田 紘治, 寺村 浩, 荻野 千秋, 近藤 昭彦, 西野 孝, 平野 恒, 佐塚 隆志, 北野 英己

    平成25年度繊維学会秋季研究発表会, 2013年09月, 日本語, 名古屋市, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリ(3-アルキルチオフェン)薄膜の構造と表面物性

    西野 孝, 西 敬士郎, 小寺 賢, 冨士 敢太, 丹波 俊輔, 森 敦紀

    第62回高分子討論会, 2013年09月, 日本語, 金沢市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ひまし油由来高分子の結晶弾性率の温度依存性

    田中 義人, 高橋 健太, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    平成25年度繊維学会秋季研究発表会, 2013年09月, 日本語, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ひまし油由来高分子の極低温における結晶弾性率

    田中 義人, 高橋 健太, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    第62回高分子討論会, 2013年09月, 日本語, 金沢市, 国内会議

    ポスター発表

  • ナノダイヤ修飾を施したセルロースナノファイバーから成るナノ複合材料の力学物性

    森棟 せいら, Michaela Salajkova, Qi Zhou, 西野 孝, Lars A. Berglund, 後藤 公也, 畑 克彦

    第62回高分子討論会, 2013年09月, 日本語, 金沢市, 国内会議

    ポスター発表

  • ナノダイヤモンド充てんポリビニルアルコール繊維の超延伸

    森棟 せいら, 藤田 郁弥, 小寺 賢, 西野 孝, 後藤 公也, 畑 克彦

    平成25年度繊維学会秋季研究発表会, 2013年09月, 日本語, 名古屋市, 国内会議

    ポスター発表

  • Synchrotron Structural Analyses of Isotactic Polypropylene / Adhrsive Interface

    西野 孝, 駒田 めぐみ, 小寺 賢

    ADHESHION'13, 2013年09月, 英語, UK, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Structure and Properties of Poly (methyl methacrylate) Nanocompoistes Reinforced with Graphene Oxide

    森棟 せいら, 西野 孝, 後藤 拓也

    第62回高分子討論会, 2013年09月, 英語, 金沢市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Multifunctional Polymer Surface with Segregation of Poly (ethylene oxide) Side Chains

    徳田 桂也, 野田 実希, 小寺 賢, 西野 孝

    ADHESHION'13, 2013年09月, 英語, UK, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 高配列・高配向ポリビニルアルコールナノファイバーおよびナノリボンの創製と力学物性

    小寺 賢, 岩下 真衣, 今村 彩佳, 西野 孝

    第142回ポバール会, 2013年07月, 日本語, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高配列・高配向ポリイミドナノファイバーの力学物性

    溝口 圭衣子, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    第59回高分子研究発表会(神戸), 2013年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高配列・高配向アイソタクチックポリプロピレンナノファイバーの力学物性

    朝比奈 勇志, 定金 祐司, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    第59回高分子研究発表会(神戸), 2013年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 各種イネ科植物から作製したセルロースナノファイバーシートの物性

    延田 紘治, 寺村 浩, 荻野 千秋, 近藤 昭彦, 西野 孝, 平野 恒, 佐塚 隆志, 北野 英己

    セルロース学会第20回年次大会, 2013年07月, 日本語, 京都市, 国内会議

    ポスター発表

  • ラビング処理を施したポリビニルアルコールの薄膜構造

    藤浦 紗恵, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    第59回高分子研究発表会(神戸), 2013年07月, 日本語, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリ(3-ヘキシルオフェン)の薄膜構造と物性

    西 敬士郎, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 冨士 敢太, 丹波 俊輔, 森 敦紀, 西野 孝

    第59回高分子研究発表会(神戸), 2013年07月, 日本語, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリエチレンオキシド側鎖が偏析した高分子表面の接着性

    徳田 桂也, 野田 実希, 小寺 賢, 本郷 千鶴, 西野 孝

    第59回高分子研究発表会(神戸), 2013年07月, 日本語, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • ナノダイヤモンド充てんアイソタクチックポリプロピレン複合材料の創製

    弓達 智紀, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝, 後藤 公也, 畑 克彦

    第59回高分子研究発表会(神戸), 2013年07月, 日本語, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ナノダイヤモンド充てんall-セルロース複合材料の創製

    森尾 恵梨, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝, 後藤 公也, 畑 克彦

    第59回高分子研究発表会(神戸), 2013年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ナノダイヤモンド充てんall-セルロースナノ複合材料の構造と物性

    森棟 せいら, 西野 孝, Michaela Salajkova, Qi Zhou, Lars A. Berglund, 後藤 公也, 畑 克彦

    セルロース学会第20回年次大会, 2013年07月, 日本語, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • アクリル系粘着剤の誘電エラストマーへの展開

    奥 慎太郎, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    第59回高分子研究発表会(神戸), 2013年07月, 日本語, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Poly (vinyl alcohol)/Graphene Oxide Fiber Prepared by Gel Process

    森棟 せいら, 西野 孝, 後藤 拓也

    The 19th International Conference on Composite Materials, 2013年07月, 英語, CANADA, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Nanodiamond Reinforced Polymer Nanocomposites Prepared in Aqueous Media

    森棟 せいら, 小寺 賢, 西野 孝, 後藤 公也, 畑 克彦

    11th International Conference Advanced Carbon Nano Structures 2013, 2013年07月, 英語, Russia, 国際会議

    ポスター発表

  • 表面に偏析したポリエチレンオキシド側鎖を用いた表面改質と機能発現

    徳田 桂也, 野田 実希, 小寺 賢, 西野 孝

    第20回コロマトグラフィーシンポジウム, 2013年06月, 日本語, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • 植物源を異にするセルロースナノファイバーシートの構造と物性

    延田 紘治, 平野 恒, 佐塚 隆志, 北野 英己, 寺村 浩, 荻野 千秋, 近藤 昭彦, 西野 孝

    第2回JACI/GSC 講演会, 2013年06月, 日本語, 新化学技術推進協会, 大阪市, 国内会議

    ポスター発表

  • フッ素化試薬を用いたポリメタクリル酸メチル表面の低自由エネルギー化

    徳田 桂也, 荻野 智也, 小寺 賢, 西野 孝

    第51回日本接着学会年次大会, 2013年06月, 日本語, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • アイソタクチックポリプロピレン/シアノアクリレート接着界面構造に及ぼすプライマー効果

    西野 孝, 駒田 めぐみ, 小寺 賢, 本郷 千鶴

    第51回日本接着学会年次大会, 2013年06月, 日本語, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • アイソタクチックポリプロピレン/オレフィン系エラストマー界面構造と接着性

    西野 孝, 三木 尚之, 小寺 賢, 本郷 千鶴, 漆原 良昌

    第51回日本接着学会年次大会, 2013年06月, 日本語, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 膜厚を異にするポリイミド薄膜の環化過程における構造評価

    新家 康平, 夫 参悦, 小寺 賢, 西野 孝, 馬路 哲, 野田 実希, 妹尾 政宣

    第62回高分子学会年次大会, 2013年05月, 日本語, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 植物源を異にするセルロースナノファイバーシートの物性評価

    延田 紘治, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    第62回高分子学会年次大会, 2013年05月, 日本語, 京都市, 国内会議

    ポスター発表

  • 高分子塗布による防汚機能表面の作成

    山本 俊輔, 下村 文音, 徳田 桂也, 西野 孝, 丸山 達生

    第62回高分子学会年次大会, 2013年05月, 日本語, 高分子学会, 京都市, 国内会議

    ポスター発表

  • ひまし油由来高分子の結晶弾性率

    田中 義人, 高橋 健太, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    第62回高分子学会年次大会, 2013年05月, 日本語, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • シンジオタクチックポリスチレンの結晶多形と弾性率

    尾上 潤, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    第62回高分子学会年次大会, 2013年05月, 日本語, 京都市, 国内会議

    ポスター発表

  • コラーゲン三重らせんの結晶弾性率

    本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝

    第62回高分子学会年次大会, 2013年05月, 日本語, 高分子学会, 京都, 国内会議

    ポスター発表

  • アイソタクチックポリプロピレン/オレフィン系エラストマー界面の構造解析

    三木 尚之, 本郷 千鶴, 小寺 賢, 西野 孝, 漆原 良昌

    第62回高分子学会年次大会, 2013年05月, 日本語, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Structure and Properties of Graphene Oxide Reinforced Poly(vinyl alcohol) Nanocomposite Fibers

    Seira Morimune, Takashi Nishino, Takuya Goto

    第62回高分子学会年次大会, 2013年05月, 英語, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Multifunctional Polymer Surface Using Segregated Poly(ethylene oxide) Side Chains

    Kaya TOKUDA, Miki NODA, Masaru KOTERA, Takashi NISHINO

    第62回高分子学会年次大会, 2013年05月, 英語, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • How can we effectively display a hydrophilic moiety (NH2-) by simple dip-coating of a functional polymer on a substrate?

    下村 文音, 西野 孝, 丸山 達生

    Third International Symposium Frontiers in Polymer Science, 2013年05月, 英語, Elsevier, Sitges, 国際会議

    ポスター発表

  • プラスチック材料表面を機能化可能な塗布型ポリマーの開発

    下村 文音, 丸山 達生, 西野 孝, 松山 秀人

    化学工学会 第78年会, 2013年03月, 日本語, 化学工学会, 大阪大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • すれすれ入射X線法によるポリイミド薄膜の環化過程と構造評価

    新家 康平, 夫 参悦, 小寺 賢, 西野 孝, 馬路 哲, 野田 実希, 妹尾 政宣

    第15回高分子表面研究討論会, 2013年02月, 日本語, 東京都新宿区, 国内会議

    ポスター発表

  • アイソタクチックポリプロピレン/オレフィン系エラストマーの界面構造解析

    三木 尚之, 小寺 賢, 西野 孝, 漆原 良昌

    第15回高分子表面研究討論会, 2013年02月, 日本語, 東京都新宿区, 国内会議

    ポスター発表

  • PMMA-based Copolymer that can Functionalize Surfaces of Plastic Substrates by Simple Coating

    下村 文音, 丸山 達生, 西野 孝, 松山 秀人

    The 9th SPSJ International Polymer Conference, 2012年12月, 英語, 高分子学会, 神戸市, 国際会議

    ポスター発表

  • Microstructure of Isotactic Polypropylene / Adhesive Interface Investigated by Small Angle Incidence X-ray Diffraction

    M.Komada, M.Kotera, T.Nishino

    The 9th SPSJ International Polymer Conference, 2012年12月, 英語, 神戸市, 国際会議

    ポスター発表

  • All-Poly(lactic acid) Nanocomposite Prepared by Coaxial Electrospinning

    Y.Fuke, M.Koera, T.Nishino

    The 9th SPSJ International Polymer Conference, 2012年12月, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Methacrylate-based Copolymer that can Functionalize Surfaces of Substrates by Simple Dip-coating for Immobilization of Functional Molecules

    下村 文音, 丸山 達生, 西野 孝, 松山 秀人

    10th Japan-Korea Symposium on Materials & Interfaces, 2012年11月, 英語, 化学工学会, 京都市, 国際会議

    ポスター発表

  • Properties and Degradation Behavior of Cellulose Nanofibers Incorporated Poly(L-lactic acid) In situ Nanocomposite

    Motoki Fujimoto, Katsuya Jinno, Masaru kotera, Takashi Nishino

    3rd International Cellulose Conference, 2012年10月, 英語, 札幌市, 国際会議

    ポスター発表

  • In situ Cultivation of Bacterial Cellulose in the Presence of Nanodaiamond

    Takashi Nishino, Mari Suetsugu, Maiko Ariyoshi, Yasushi Hisaoka, Masaru Kotera, Kmiya Goto, Katsuhiko Hata

    3rd International Cellulose Conference, 2012年10月, 英語, 札幌市, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • In situ Cultivation of Bacterial Cellulose in the Presence of Montmorillonaite

    Maiko Ariyoshi, Mari Suetsugu, Masaru kotera, Takashi Nishino

    3rd International Cellulose Conference, 2012年10月, 英語, 札幌市, 国際会議

    ポスター発表

  • Acetylation reactivity of various cellulose nanofibers

    Kohji Nobuta, Mari Suetsugu, Masaru kotera, Takashi Nishino

    3rd International Cellulose Conference, 2012年10月, 英語, 札幌市, 国際会議

    ポスター発表

  • 微小角入射X線回折法を用いたアイソタクチックポリプロピレン/接着剤界面における微細構造評価

    駒田 めぐみ, 小寺 賢, 西野 孝

    第8回日本接着学会関西支部 若手の会, 2012年09月, 日本語, 福岡市, 国内会議

    ポスター発表

  • 微小角入射X線回折法によるアイソタクチックポリプロピレン/シアノアクリレート系接着剤界面における微細構造の評価

    駒田 めぐみ, 小寺 賢, 西野 孝

    第61回高分子討論会, 2012年09月, 日本語, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 塗布型高分子によるプラスチック表面の機能化

    山本 俊輔, 下村 文音, 西野 孝, 丸山 達生

    化学工学会 第44回秋季大会, 2012年09月, 日本語, 高分子学会, 仙台市, 国内会議

    ポスター発表

  • 酸化グラフェン充てんエポキシ樹脂ナノ複合材料の物性

    何 政輝, 小寺 賢, 西野 孝, 後藤 拓也

    第61回高分子討論会, 2012年09月, 日本語, 名古屋市, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリエチレンオキシド側鎖が偏析した高分子表面におけるタンパク質の吸着挙動

    徳田 桂也, 野田 実希, 小寺 賢, 西野 孝

    第8回日本接着学会関西支部 若手の会, 2012年09月, 日本語, 福岡市, 国内会議

    ポスター発表

  • プラスチック表面を簡便に機能化可能な新規塗布型高分子の開発

    下村 文音, 丸山 達生, 西野 孝, 松山 秀人

    第61回高分子討論会, 2012年09月, 日本語, 高分子学会, 名古屋市, 国内会議

    ポスター発表

  • フッ素化試薬を用いた低エネルギー化ポリメタクリル酸メチル表面の創製

    徳田 桂也, 荻野 智也, 小寺 賢, 西野 孝

    第61回高分子討論会, 2012年09月, 日本語, 名古屋市, 国内会議

    ポスター発表

  • セルロースナノファイバー/ポリ-L-乳酸 In situ ナノ複合材料の物性と分解挙動

    藤本 基喜, 神野 勝也, 小寺 賢, 西野 孝

    第61回高分子討論会, 2012年09月, 日本語, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • エレクトロスピニング法による高配列・高配向ポリイミドナノファイバーの創製

    小寺 賢, 野田 はる菜, 西野 孝

    平成24年度繊維学会秋季研究発表会, 2012年09月, 日本語, 福井市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • In situ 培養を用いたバクテリアセルロース/クレイナノ複合材料の構造と物性

    有吉 麻衣子, 小寺 賢, 西野 孝

    第61回高分子討論会, 2012年09月, 日本語, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Preparation of Cellulose Acetate Composite Filled with Cellulose Nanofiber

    Kouji Nobuta, Masaru Kotera, Takashi Nishino

    The Seventh International Workshop on Green Composites, 2012年08月, 英語, 浜松市, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • In situ 重合法を用いたセルロースナノファイバー充てんポリ-L-乳酸複合材料の構造と物性

    藤本 基喜, 神野 勝也, 小寺 賢, 西野 孝

    平成24年度第43回繊維学会夏季セミナー, 2012年08月, 日本語, 奈良市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • In situ Biosynthesis of Bacterial Cellurose in the Presence of Nanodiamonds

    Takashi Nishino, Mari Suethugu, Maiko Ariyoshi, Yasushi Hisaoka, Masaru Kotera

    The Seventh International Workshop on Green Composites, 2012年08月, 英語, 浜松市, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 高分子ショートナノファイバーの面選択的機能化による高次構造化

    下村 文音, 丸山 達生, 西野 孝, 松山 秀人

    第58回高分子研究発表会, 2012年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • Introduction of reaction points to a glass surface by polymer coating

    山本 俊輔, 下村 文音, 西野 孝, 丸山 達生

    Colloids and Nanomedicine 2012, 2012年07月, 英語, Elsevier, Amsterdam, 国際会議

    ポスター発表

  • 表面に偏析したポリエチレンオキシド側鎖を用いた高撥水・高接着性高分子表面の創製

    徳田 桂也, 野田 実希, 小寺 賢, 西野 孝

    第50回日本接着学会年次大会, 2012年06月, 日本語, 福島市, 国内会議

    ポスター発表

  • 微小角入射X線回折法を用いたアイソタクチックポリプロピレン/接着剤界面における微細構造の評価

    駒田 めぐみ, 小寺 賢, 西野 孝

    第50回日本接着学会年次大会, 2012年06月, 日本語, 福島市, 国内会議

    ポスター発表

  • 微小角入射X線回折を用いた無機物界面でのナイロン6の構造評価

    西野 孝, 杉岡 由梨, 小寺 賢

    平成24年度繊維学会年次大会, 2012年06月, 日本語, 東京都江戸川区」, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 芯鞘エレクトロスピニング法により作製した全ポリ乳酸ナノ複合材料の構造と物性

    冨宅 陽子, 小寺 賢, 西野 孝

    平成24年度繊維学会年次大会, 2012年06月, 日本語, 東京都江戸川区, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 酸化グラフェン充てんエポキシ樹脂複合材料の創製

    何 政輝, 小寺 賢, 西野 孝, 後藤 拓也

    第50回日本接着学会年次大会, 2012年06月, 日本語, 福島市, 国内会議

    ポスター発表

  • 硬化時の接触媒体を異にするエポキシ樹脂界面

    早坂 惇, 小寺 賢, 西野 孝

    平成24年度繊維学会年次大会, 2012年06月, 日本語, 東京都江戸川区, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 気相法によるセルロースナノファイバーのアセチル化とナノ複合材料

    延田 紘治, 小寺 賢, 西野 孝

    平成24年度繊維学会年次大会, 2012年06月, 日本語, 東京都江戸川区, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PREPARATION OF GRAPHENE OXIDE REINFORCED POLY(METHYL METHACRYLATE)

    S.Morimune, T.Nishino, t.Goto

    15th European Conference on Composite Materials, 2012年06月, 英語, Venice,Italy, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • ALL-ポリ乳酸複合材料における界面構造評価

    西野 孝, 辻 孝介, 小寺 賢, 漆原 良昌

    第50回日本接着学会年次大会, 2012年06月, 日本語, 福島市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 熱イミド化過程におけるポリイミド薄膜の構造評価

    小寺 賢, 夫 参悦, 新家 康平, 西野 孝

    第61回高分子学会年次大会, 2012年05月, 日本語, 横浜市, 国内会議

    ポスター発表

  • 塗布型高分子を用いたガラス表面への反応点の導入

    山本 俊輔, 下村 文音, 水口 奈美, 西野 孝, 丸山 達生

    第61回高分子学会年次大会, 2012年05月, 日本語, 横浜市, 国内会議

    ポスター発表

  • 塗布型高分子を用いたガラス基板表面への反応点の導入

    山本 俊輔, 下村 文音, 西野 孝, 丸山 達生

    第61回高分子研究発表会(横浜), 2012年05月, 日本語, 高分子学会, 横浜市, 国内会議

    ポスター発表

  • 芯鞘エレクトロスピニングを用いた全ポリ乳酸ナノ複合材料の創製

    冨宅 陽子, 小寺 賢, 西野 孝

    第61回高分子学会年次大会, 2012年05月, 日本語, 横浜市, 国内会議

    ポスター発表

  • 各種植物バイオマスからの高機能・高性能ナノ複合材料の創製

    延田 紘治, 西野 孝

    NC-CARP公開キックオフシンポジウム, 2012年05月, 日本語, 東京都文京区, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリ(3-ヘキシルチオフェン)の表面構造と力学物性

    菰渕 遼, 丹波 俊輔, 小寺 賢, 森 敦紀, 西野 孝

    第61回高分子学会年次大会, 2012年05月, 日本語, 横浜市, 国内会議

    ポスター発表

  • セルロ-スナノファイバー充てん酢酸セルロース複合材料の創製

    延田 紘治, 小寺 賢, 西野 孝

    第61回高分子学会年次大会, 2012年05月, 日本語, 横浜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • セルロースナノファイバー充てんポリ-L-乳酸 in situ 複合材料

    藤本 基喜, 神野 勝也, 小寺 賢, 西野 孝

    第61回高分子学会年次大会, 2012年05月, 日本語, 横浜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • クレイ存在下でのバクテリアセルロースの in situ 培養

    有吉 麻衣子, 小寺 賢, 西野 孝

    第61回高分子学会年次大会, 2012年05月, 日本語, 横浜市, 国内会議

    ポスター発表

  • Nylon11の極低温における結晶弾性率

    田中 義人, 高橋 健太, 小寺 賢, 西野 孝

    第61回高分子学会年次大会, 2012年05月, 日本語, 横浜市, 国内会議

    ポスター発表

  • Cellulosic Nanocomposites through acetylation of Cellulose Nanofaiber

    Seira Morimune, Koji Nobuta, Reika Tatsugami, Masaru Kotera, Takashi Nishino

    International donference on Bio-Based Polymers and omposites, 2012年05月, 英語, Siofok,Lake Balaton,Hungary, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 界面におけるナイロン6の結晶構造

    西野 孝, 杉岡 由梨, 小寺 賢

    第3回日本複合材料合同会議, 2012年03月, 日本語, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • セルロースナノファイバーのアセチル化とナノ複合材料の創製

    延田 紘治, 西野 孝

    関西レオロジー研究会, 2012年03月, 日本語, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • クレイ系ナノ複合材料における応力伝達のX線的解析

    西野 孝, 森棟 せいら, 小寺 賢

    第3回 日本複合材料合同会議, 2012年03月, 日本語, 京都市, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 複合材料における環境調和性

    西野 孝

    日本接着学会関西支部第31回H&I研究会, 2012年02月, 日本語, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 高分子材料の解析技術~ナノスケールから見れば

    西野 孝

    キンカ高分子化学研修コース, 2012年02月, 日本語, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • セルロースナノファイバー

    西野 孝

    繊維機械学会ナノファイバー研究会公開講演会, 2012年02月, 日本語, 繊維機械学会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 全てセルロースなのに複合材料

    西野 孝

    セルロース学会西部支部セミナー, 2011年12月, 日本語, セルロース学会, 長崎市, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 酸化グラフェンを充てんした高分子ナノ複合材料の構造と物性

    森棟 せいら, 西野 孝, 後藤 拓也

    若手フロンティア研究会, 2011年12月, 日本語, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • 高分子の力学的極限を求めて

    西野 孝

    高度制御汎用性高分子開発のための基盤研究推進国際プロジェクト, 2011年12月, 日本語, 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • エレクトロスピニングを用いた全ポリ乳酸ナノ複合材料の創製

    冨宅 陽子, 西野 孝

    若手フロンティア研究会, 2011年12月, 日本語, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • X線回折から見た高分子の表面構造

    西野 孝

    日本接着学会粘着研究会30周年記念講演会, 2011年11月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 高分子エキゾチック複合材料

    西野 孝

    KOBE 工学サミット in Tokyo, 2011年10月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 医工連携による外科手術用トレーニング脳モデルの開発

    小寺 賢, 林 成人, 岩下 真依, 寺田 沙織, 西野 孝, 甲村 英二, 大熊 良美, 大庭 喜一郎, 森田 寿一

    第19回秋季大会 成形加工シンポジア’11(秋田), 2011年10月, 日本語, プラスチック成型加工学会, 秋田市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 塗布によりプラスチック表面を機能化可能なポリメタクリル酸系高分子の開発

    下村文音, 丸山 達生, 西野 孝, 松山 秀人

    第60回高分子討論会, 2011年09月, 日本語, 高分子学会, 岡山市, 国内会議

    ポスター発表

  • 塗布によりプラスチック表面に生体分子を固定化できる高分子の開発

    下村文音, 丸山 達生, 西野 孝, 松山 秀人

    化学工学会第43回秋季大会, 2011年09月, 日本語, 化学工学会, 名古屋市, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリチオフェンの結晶弾性率

    西野 孝, 天藤 理, 菰渕 遼, 丹波 俊輔, 小寺 賢, 森 敦紀

    第60回高分子討論会, 2011年09月, 日本語, 高分子学会, 岡山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリエチレンオキシド側鎖が偏析した機能性高分子表面の創製

    德田 佳也, 野田 実希, 小寺 賢, 西野 孝

    第60回高分子討論会, 2011年09月, 日本語, 高分子学会, 岡山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • セルロースナノファイバー表面のアセチル化とナノ複合材料の創製

    延田 紘治, 龍神 麗花, 小寺 賢, 西野 孝

    第60回高分子討論会, 2011年09月, 日本語, 高分子学会, 岡山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • X線回折法を用いたクレイ充てんポリビニルアルコールナノ複合材料の応力伝達

    森棟 せいら, 小寺 賢, 西野 孝

    第60回高分子討論会, 2011年09月, 日本語, 高分子学会, 岡山市, 国内会議

    ポスター発表

  • Structure and Properties of Epoxy Resin Surface Cured in Contact with Diffrent Substrates

    Hayasaka Makoto, Kotera Masaru, Nishino Takashi

    The 4th asian Conference on Adhesion, 2011年09月, 英語, The Society of Adhesion & Interface, Korea, 国際会議

    ポスター発表

  • Structure and Molecular Motion of Polymer Thin Films Evaluated Using S-ray Probe

    Nishino takashi

    The 4th asian Conference on Adhesion, 2011年09月, 英語, The Society of Adhesion & Interface, Korea, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Preparation and Characterization of Graphene Oxide Reinforced Poly(vinyl alcohol) Nanocomposites

    Morimune Seira, Nishino Takashi, Goto Takuya

    第60回高分子討論会, 2011年09月, 英語, 高分子学会, 岡山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • GRAPHENE OXIDE REINFORCED POLY (VINYL ALCOHOL) NANOCOMPOSITES

    Morimune seira, Nishino Takashi, Goto Takuya

    The 18th International Conference on Composites Materials, 2011年08月, 英語, 韓国, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 高性能高分子

    西野 孝

    「高分子化学」化学技術基礎講座, 2011年07月, 日本語, 日本化学会, 東京, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • ポリビニルアルコール/酸化グラフェンナノ複合材料の構造と物性

    森棟 せいら, 西野 孝, 後藤 拓也

    第57回高分子研究発表会(神戸), 2011年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリエチレンオキシド側鎖の偏析を利用した多機能表面の創製

    德田 桂也, 小寺 賢, 西野 孝

    第57回高分子研究発表会(神戸), 2011年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • バクテリアセルロースへの各種加工による構造および物性変化

    有吉 麻衣子, 小寺 賢, 西野 孝

    第57回高分子研究発表会(神戸), 2011年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • エレクトロスピニングを用いた全ポリ乳酸ナノ複合材料の創製

    冨宅 陽子, 小寺 賢, 西野 孝

    第57回高分子研究発表会(神戸), 2011年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 微小角入射X線回折法によるポリイミド薄膜の構造

    小寺 賢, 夫 参悦, 西野 孝, 馬路 哲, 妹尾 政宣

    平成23年度繊維学会年次大会, 2011年06月, 日本語, 繊維学会, 東京都江戸川区, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 超臨界二酸化炭素を媒体としたポリビニルアルコールの修飾と機能発現

    西野 孝, 吉尾 梓, 伊藤 康敏, 吉田 良夫

    平成23年度繊維学会年次大会, 2011年06月, 日本語, 繊維学会, 東京都江戸川区, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高分子界面の構造と物性に関するX線的研究

    西野 孝

    第49回日本接着学会年次大会, 2011年06月, 日本語, 日本接着学会, 豊田市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 原子間力顕微鏡を用いた複合材料界面の力学物性評価

    西野 孝, 信澤 果那子

    第49回日本接着学会年次大会, 2011年06月, 日本語, 日本接着学会, 豊田市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリ-L-乳酸の表面構造と物性

    田中 康平, 西野 孝

    第22回プラスチック成型加工学会年次大会, 2011年06月, 日本語, プラスチック成型加工学会, 東京都江戸川区, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリエチレンオキシド側鎖の偏析を利用した表面改質と機能発現

    德田 桂也, 小寺 賢, 西野 孝

    第49回日本接着学会年次大会, 2011年06月, 日本語, 日本接着学会, 豊田市, 国内会議

    ポスター発表

  • エポキシ樹脂表面構造,物性の接触媒体依存性

    早坂 惇, 小寺 賢, 西野 孝

    第49回日本接着学会年次大会, 2011年06月, 日本語, 日本接着学会, 豊田市, 国内会議

    ポスター発表

  • Polymethacrylate-Based Copolymer that can Functionalize Material Surfaces by Simple Coating for Immobilization of Biomaromolecules

    下村文音, 丸山 達生, 西野 孝, 松山 秀人

    Affinity2011, 2011年06月, 英語, DECHEMA, Tavira, Portugal, 国際会議

    ポスター発表

  • In situ 重合法を用いたポリ-L-乳酸/セルロースナノ繊維複合材料の構造と物性

    藤本 基喜, 西野 孝, 小寺 賢

    第57回高分子研究発表会(神戸), 2011年06月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 全ポリ乳酸複合材料とその界面評価

    西野 孝, 小寺 賢, 辻 孝介

    第19回複合材料界面シンポジウム, 2011年04月, 日本語, 複合材料界面科学研究会, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • セルロースナノファイバー表面の混合エステル化とナノ複合材料の創製

    延田 紘治, 龍神 麗花, 小寺 賢, 西野 孝

    第60回高分子学会年次大会, 2011年04月, 日本語, 高分子学会, 大阪市, 国内会議

    ポスター発表

  • エレクトロスピニング法による高配列・高配向アイソタクチックポリプロピレンナノファイバーの創製

    定金 祐司, 小寺 賢, 西野 孝

    第60回高分子学会年次大会, 2011年04月, 日本語, 高分子学会, 大阪市, 国内会議

    ポスター発表

  • X線をプローブとするアイソタクチック・ポリブテン-1薄膜における結晶転移解析

    西野 孝, 小寺 賢, 鳥田 一哉

    第60回高分子学会年次大会, 2011年04月, 日本語, 高分子学会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Structure and Properties of Nanodiamond Reinforced Polymer Nanocomposites

    Morimune Seira, Kotera Masaru, Nishino Takashi, Goto Kimiya, Hata Katsuhiko

    第60回高分子学会年次大会, 2011年04月, 英語, 高分子学会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高分子材料の解析技術~ナノスケールから見れば

    西野 孝

    キンカ高分子化学研修コース, 2011年02月, 日本語, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 高分子表面・界面解析のためのX線回折

    西野 孝

    コロイド界面科学振興会, 2011年01月, 日本語, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • X線をプローブとした高分子表面・界面解析

    西野 孝

    10-5ポリマーフロンティア21, 2011年01月, 日本語, 東京都, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 環境調和型複合材料の作製

    西野 孝

    一日神戸大学, 2010年12月, 日本語, 尼崎市, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • ナノファイバー充てん天然ゴムにおける補強効果

    奥野 泰正, 小寺 賢, 西野 孝

    第22回エラストマー討論会, 2010年12月, 日本語, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 環境に調和する複合材料All-セルロース複合材料

    西野 孝

    かがわ糖質バイオフォーラム, 2010年11月, 日本語, 高松市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • ナノダイヤ充てん高分子複合材料の構造および物性

    森棟 せいら, 小寺 賢, 西野 孝, 後藤 公也, 畑 克彦

    第18回プラスチック成形加工学会秋季大会 「成形加工シンポジア’10神戸」, 2010年11月, 日本語, プラスチック成形加工学会, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • グラインダーを利用した高性能繊維からのナノファイバーの創製

    奥野 泰正, 小寺 賢, 西野 孝

    第18回プラスチック成形加工学会秋季大会 「成形加工シンポジア’10神戸」, 2010年11月, 日本語, プラスチック成形加工学会, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • 炭素-炭素三重結合を有する直鎖状高分子の結晶弾性率

    天藤 理, 小寺 賢, 森 敦紀, 西野 孝

    第59回高分子討論会, 2010年09月, 日本語, 高分子学会, 札幌市, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリビニルアルコール/クレイナノ複合材料の配向制御

    森棟 せいら, 小寺 賢, 井上 由香利, 西野 孝

    第59回高分子討論会, 2010年09月, 日本語, 高分子学会, 札幌市, 国内会議

    ポスター発表

  • ナノダイヤモンド充てんバクテリアセルロース複合材料の創製

    西野 孝, 小寺 賢, 末次 真梨, 久岡 育司, 後藤 公也, 畑 克彦

    第59回高分子討論会, 2010年09月, 日本語, 高分子学会, 札幌市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • グラインダーを用いた高性能繊維のナノファイバー化

    奥野 泰正, 小寺 賢, 西野 孝

    第59回高分子討論会, 2010年09月, 日本語, 高分子学会, 札幌市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • アイソタクチック・ポリブテン-1薄膜の結晶転移

    西野 孝, 小寺 賢, 鳥田 一哉

    第59回高分子討論会, 2010年09月, 日本語, 高分子学会, 札幌市, 国内会議

    ポスター発表

  • Structure and Properties of Poly (vinyl alcohol) Composites with Nanodiamond

    Seira Morimune, Masaru Kotera, Takashi Nishino, Kimiya Goto, Katsuhiko Hata

    International Conference on Interface & Interphases in Multicomponent Materials, 2010年09月, 英語, UK, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Structure and properties of poly(vinyl alcohol) acylated under supercritical carbon dioxide

    Azusa Yoshio, Yasutoshi Itoh, Yoshio Yoshida, Takashi Nishino

    4th World Congress on Adheshion and Related Phenomena, 2010年09月, 英語, Arcashon France, 国際会議

    ポスター発表

  • Nanodiamond Reinforced Polymer Nanocompoistes

    Seira Morimune, Masaru Kotera, Takashi Nishino, Kimiya Goto, Katsuhiko Hata

    Diamond 2010 21st European Conference on Diamond, Diamond-Like Materials, Carbon Nanotubes, and Nitrides, 2010年09月, 英語, Budapest, Hungary, 国際会議

    ポスター発表

  • Micro-thermal and nano-raman interfacial analyses of all-poly (lactic acid) composite

    Takashi Nishino, Masaru Kotera, Kosuke Tsuji, Yasumasa Urushihara

    4th World Congress on Adheshion and Related Phenomena, 2010年09月, 英語, Arcachon France, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Highly water repellent but highly adhesive polymer surface

    Takashi Nishino

    4th World Congress on Adheshion and Related Phenomena, 2010年09月, 英語, Arcachon France, 国際会議

    口頭発表(招待・特別)

  • All Poly (lactic acid) Composite

    Takashi NIshino, Masaru Kotera, Kosuke Tsuji, Hideto Tsuji, Kiyotsuna Toyohara

    The 6th International Workshop on Green Composites, 2010年09月, 英語, Korea, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 全セルロース複合材料

    西野 孝

    関西バイオポリマー研究会, 2010年08月, 日本語, 大阪市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 炭素-炭素三重結合を骨格に有する高分子の合成とその結晶弾性率

    天藤 理, 小寺 賢, 森 敦紀, 西野 孝

    第56回高分子研究発表会(神戸), 2010年07月, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • 高分子表面の構造と物性解析

    西野 孝

    第74回高分子若手研究会[関西], 2010年07月, 日本語, 神戸市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • ポリ乳酸の構造と物性,そして複合材料への展開

    西野 孝

    高分子学会エコマテリアル研究会, 2010年07月, 日本語, 東京都, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • ポリビニルアルコール/ナノダイヤモンド複合材料の創製

    森棟 せいら, 小寺 賢, 西野 孝, 後藤 公也, 畑 克彦

    第56回高分子研究発表会(神戸), 2010年07月, 日本語, 高分子学会関西支部, 神戸市, 国内会議

    ポスター発表

  • エポキシ樹脂の表面物性の接触媒体依存性

    早坂 惇, 小寺 賢, 西野 孝

    第56回高分子研究発表会(神戸), 2010年07月, 日本語, 高分子学会 関西支部, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 微小角入射X線回折法によるナイロン6薄膜の評価

    杉岡 由梨, 西野 孝, 小寺 賢

    第48回日本接着学会年次大会, 2010年06月, 日本語, 日本接着学会, 吹田市, 国内会議

    ポスター発表

  • 微小角入射X線回折法によるアイソタクチックポリブテン-1薄膜の構造解析 -結晶転移に及ぼす表面と界面の影響-

    西野 孝, 小寺 賢, 鳥田 一哉

    第48回日本接着学会年次大会, 2010年06月, 日本語, 日本接着学会, 吹田市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 超臨界二酸化炭素を利用したポリビニルアルコールの化学修飾と粘着特性

    西野 孝, 吉尾 梓, 伊藤 康敏, 吉田 良夫

    平成22年度繊維学会年次大会, 2010年06月, 日本語, 繊維学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 脂肪族ポリアミドの結晶弾性率の温度依存性

    西野 孝, 小寺 賢, 高橋 健太

    平成22年度繊維学会年次大会, 2010年06月, 日本語, 繊維学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高配列・高配向させたビフェニルタイプポリイミドナノファイバーの創製

    小寺 賢, 野田 はる菜, 西野 孝

    平成22年度繊維学会年次大会, 2010年06月, 日本語, 繊維学会, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • 高性能高分子

    西野 孝

    化学技術基礎講座「高分子化学」, 2010年06月, 日本語, 日本化学会産学交流委員会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 硬化時の接触媒体を異にするエポキシ樹脂表面の評価

    西野 孝, 早坂 惇, 小寺 賢

    第48回日本接着学会年次大会, 2010年06月, 日本語, 日本接着学会, 吹田市, 国内会議

    ポスター発表

  • クラインダーを用いた高性能繊維の微細フィブリル化

    西野 孝, 小寺 賢, 奥野 泰正

    平成22年度繊維学会年次大会, 2010年06月, 日本語, 繊維学会, 東京都, 国内会議

    ポスター発表

  • In situ 重合法を用いたポリ-L-乳酸/バクテリアセルロース複合材料の創製

    西野 孝, 小寺 賢, 辻 孝介

    第21回プラスチック成形加工学会年次大会, 2010年06月, 日本語, プラスチック成形加工学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 微小角入射X線回折によるナイロン6薄膜の構造解析

    西野 孝, 小寺 賢, 杉岡 由梨

    第59回高分子学会年次大会, 2010年05月, 日本語, 高分子学会, 横浜市, 国内会議

    ポスター発表

  • 全ポリ乳酸複合材料の構造と力学物性

    小寺 賢, 辻 孝介, 西野 孝, 辻 秀人, 豊原 清綱

    第59回高分子学会年次大会, 2010年05月, 日本語, 高分子学会, 横浜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 酸化グラフェン充てんポリビニルアルコール複合材料の創製

    西野 孝, 森棟 せいら, 後藤 拓也

    第59回高分子学会年次大会, 2010年05月, 日本語, 高分子学会, 横浜市, 国内会議

    ポスター発表

  • ナノダイヤモンド共存下でのバクテリアセルロースのin situ培養

    西野 孝, 小寺 賢, 末次 真梨, 後藤 公也, 畑 克彦

    第59回高分子学会年次大会, 2010年05月, 日本語, 高分子学会, 横浜市, 国内会議

    ポスター発表

  • Structure and Properties of Poly (vinyl alcohol) /Nanodiamond Composites

    Seira MORIMUNE, Masaru KOTERA, Takashi NISHINO, Kimiya GOTO, Katsuhiko HATA

    第59回高分子学会年次大会, 2010年05月, 英語, 高分子学会, 横浜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • SPring-8放射光を用いた遺伝子組織組換えシルク単繊維の結晶弾性率測定

    小寺 賢, 高橋 健太, 西野 孝, 玉田 靖, 小林 一稔

    第59回高分子学会年次大会, 2010年05月, 日本語, 高分子学会, 横浜市, 国内会議

    ポスター発表

  • 環境調和型セルロース系複合材料

    西野 孝

    岐阜県産業技術センター創立100周年記念特別講演会, 2010年04月, 日本語, 岐阜県, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 高分子材料の解析技術~ナノスケールから見れば

    西野 孝

    キンカ高分子化学研修コース, 2010年02月, 日本語, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • Nanodiamond reinfoced Poly (vinyl alcohol) Nanocomposite

    西野 孝, 小寺 賢, 森棟 せいら, 後藤 公也, 畑 克彦

    Gordon Research Conferences, 2010年01月, 英語, Ventura, CA, 国際会議

    ポスター発表

  • 放射光の高輝度を利用したこうぶんしの広角X線回折の利用

    西野 孝

    SPring-8利用者懇談会、2009年度第1回高分子科学研究会, 2009年11月, 日本語, SPring-8, 兵庫県佐用郡, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 微小角入射X線回折法を用いたナイロン6薄膜の評価

    西野 孝, 小寺 賢, 杉岡 由梨, 廣瀬 康男

    第5回日本接着学会関西支部若手研究者の会, 2009年11月, 日本語, 日本接着学会, 加古川市, 国内会議

    ポスター発表

  • 高分子材料を用いた手術訓練用脳モデルの開発

    小寺 賢, 岩下 真依, 林 成人, 寺田 沙織, 大熊 良美, 大庭 喜一郎, 森田 寿一, 甲村 英二, 西野 孝

    第31回日本バイオマテリアル学会大会, 2009年11月, 日本語, 日本バイオマテリアル学会, 京都市, 国内会議

    ポスター発表

  • 微小角入射X線回折法によるラビング処理を施したポリエチレンテレフタラート表面の構造評価

    小寺 賢, 吉谷 博司, 鳥田 一哉, 西野 孝

    第58回 高分子討論会, 2009年09月, 日本語, 高分子学会, 熊本市, 国内会議

    ポスター発表

  • 微細構造を異にするセルロースのアセチル化に伴う結晶構造の変化

    西野 孝, 小寺 賢, 末次 真梨

    第58回 高分子討論会, 2009年09月, 日本語, 高分子学会, 熊本市, 国内会議

    ポスター発表

  • 脳神経外科手術トレーニングを支援する脳モデルの創製

    小寺 賢, 岩下 真依, 寺田 沙織, 西野 孝, 林 成人, 甲村 英二, 大熊 良美, 大庭 喜一郎, 森田 寿一

    第58回 高分子討論会, 2009年09月, 日本語, 高分子学会, 熊本市, 国内会議

    ポスター発表

  • 全セルロース複合材料の新展開

    西野 孝, 小寺 賢, 末次 真梨

    第58回 高分子討論会, 2009年09月, 日本語, 高分子学会, 熊本市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 極低温領域における脂肪族ポリアミドの結晶弾性率

    西野 孝, 小寺 賢, 高橋 健太, 吉田 昌嗣, 伊寿 隆幸

    第58回 高分子討論会, 2009年09月, 日本語, 高分子学会, 熊本市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリエチレンオキシド側鎖の偏析を利用した高分子表面の接着性

    西野 孝, 野田 実希, 玉村 周作

    第58回 高分子討論会, 2009年09月, 日本語, 高分子学会, 熊本市, 国内会議

    ポスター発表

  • ナノダイヤモンド充てんポリビニルアルコール複合材料の創製

    西野 孝, 小寺 賢, 森棟 せいら, 後藤 公也, 畑 克彦

    第58回 高分子討論会, 2009年09月, 日本語, 高分子学会, 熊本市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • セルロースナノファイバー間で in situ 重合したポリ-L-乳酸の構造と物性

    西野 孝, 小寺 賢, 神野 勝也

    第58回 高分子討論会, 2009年09月, 日本語, 高分子学会, 熊本市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ステレオコンプレックスを利用した全ポリ乳酸複合材料の構造と物性

    小寺 賢, 辻 孝介, 西野 孝, 辻 秀人, 豊原 清綱

    第58回 高分子討論会, 2009年09月, 日本語, 高分子学会, 熊本市, 国内会議

    ポスター発表

  • イオン液体を用いたエレクトロスピニング法による高配列・高配向アイソタクチックポリプロピレン繊維の作製

    西野 孝, 小寺 賢, 定金 祐司

    第58回 高分子討論会, 2009年09月, 日本語, 高分子学会, 熊本市, 国内会議

    ポスター発表

  • 微小角入射X線回折法を用いたナイロン6薄膜の構造評価

    西野 孝, 小寺 賢, 杉岡 由梨, 廣瀬 康男

    第55回 高分子研究発表会(神戸), 2009年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 微細構造を異にするセルロースのアセチル化に伴う結晶構造変化

    西野 孝, 小寺 賢, 末次 真梨

    セルロース学会 第16回 年次大会, 2009年07月, 日本語, セルロース学会, 札幌市, 国内会議

    ポスター発表

  • 配向バクテリアセルロースを用いて実測した分子鎖軸に対して直角方向の結晶弾性率

    西野 孝, 田浦 歳和, 田中 正和, 長濱 英和, 田村 裕

    セルロース学会 第16回年次大会, 2009年07月, 日本語, セルロース学会, 札幌市, 国内会議

    ポスター発表

  • 超臨界二酸化炭素を媒体としたポリビニルアルコールの化学修飾と粘着特性

    西野 孝, 吉尾 梓, 伊藤 康敏, 吉田 良夫

    第55回 高分子研究発表会(神戸), 2009年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高性能高分子

    西野 孝

    日本化学会 「高分子化学」研修コース, 2009年07月, 日本語, 日本化学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • ポリビニルアルコール系ナノコンポジットにおけるクレイの配向制御と物性

    西野 孝, 小寺 賢, 森棟 せいら, 井上 由香利

    第55回 高分子研究発表会(神戸), 2009年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • バクテリアセルロース繊維間で in situ 重合したポリ-L-乳酸の構造と特性

    西野 孝, 小寺 賢, 神野 勝也, 永谷 早祐美

    セルロース学会 第16回 年次大会, 2009年07月, 日本語, セルロース学会, 札幌市, 国内会議

    ポスター発表

  • グラインダー処理による高性能繊維のナノファイバー化

    西野 孝, 小寺 賢, 奥野 泰正

    第55回 高分子研究発表会(神戸), 2009年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • エレクトロスピニング法によるポリイミドナノファイバーの創製

    小寺 賢, 野田 はる菜, 西野 孝

    第55回 高分子研究発表会(神戸), 2009年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Poly (vinyl alcohol) Composite with Nanodiamond

    Seira Morimune, Masaru Kotera, Takashi Nishino, Kimiya Gotoh, Katsuhiko Hata

    17th International Conference on Composite Materials, 2009年07月, 英語, Edinburgh, UK, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Micro-Thermal,X-ray and Raman Analyses of Polyolefin Interfaces

    Takashi Nishino, Masaru Kotera, Daiki Izumo, Yoshimasa Urushihara

    17th International Conference on Composite Materials, 2009年07月, 英語, Esinburgh, UK, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Cellulose Nanocomposite Prepared by Acetylation of Bacterial Cellulose using Suoercritical Carbon Dioxide

    Mari Suetsugu, Masaru Kotera, Takashi Nishino

    17th International Conference on Composite Materials, 2009年07月, 英語, Edinburgh, UK, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 視射角入射X線回折法によるラビング処理を施したポリエチレンテレフタラート表面の構造解析

    小寺 賢, 吉谷 博司, 鳥田 一哉, 西野 孝

    平成21年度繊維学会年次大会, 2009年06月, 日本語, (社)繊維学会, 東京都江戸川区, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高配列・高配向したポリビニルアルコールナノリボンの創製

    西野 孝, 小寺 賢, 岩下 真依

    第20回 プラスチック成型加工学会 年次大会, 2009年06月, 日本語, (社)プラスチック成型加工学会, 東京都江戸川区, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • イオン液体を用いたエレクトロスピニング法によるポリプロピレン繊維の作製

    西野 孝, 小寺 賢, 定金 祐司

    平成21年度 繊維学会年次大会, 2009年06月, 日本語, (社)繊維学会, 東京都江戸川区, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Structure and Properties of Poly(vinyl alcohol) Chemically Modified under Supercritical Carbon Dioxide

    Takashi Nishino, Itoh Yasutoshi, Yoshio Azusa, Yoshida Yoshio

    The Third Asian Conference on Adhesion 2009, 2009年06月, 英語, The adhesion Society of Japan, 浜松市, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Adhesion Properties and Biocompatibilities on Polymer Surface with Segregation of Poly (ethylene oxide) Side Chains

    Noda Miki, Tamamura Shusaku, Nishino Takashi, Takano Kiyofumi

    The Third Asian Conference on Adhesion 2009, 2009年06月, 英語, 浜松市, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Exotic Polymers and Composites

    Takashi Nishino

    Henkel technical conference, 2009年05月, 英語, Henkel Japan, 箕面市, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • マイクロプローブを用いたポリ-α-オレフィン界面の構造解析

    小寺 賢, 出雲 大樹, 西野 孝, 漆原 良昌

    第13回高分子表面研究討論会, 2009年01月, 日本語, 高分子学会, 東京都目黒区, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリエチレンオキシド鎖が偏析した高分子表面へのタンパク質の吸着挙動

    西野 孝, 野田 実希, 玉村 周作, 高野 聖史

    第4回日本接着学会関西支部 若手研究者の会, 2008年12月, 日本語, 日本接着学会, 大阪市, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリ-L-乳酸表面の構造と接着性

    西野 孝, 小寺 賢, 田林 俊介, 田中 康平

    第56回レオロジー討論会, 2008年10月, 日本語, 日本レオロジー学会, 新潟市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 走査型サーマル顕微鏡を用いたポリ乳酸ラミネート界面の構造および物性評価

    小寺 賢, 辻 孝介, 西野 孝, 漆原 良昌, 辻 秀人, 若木 裕之, 成田 淳一

    第57回高分子討論会, 2008年09月, 日本語, 高分子学会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 自己補強性ポリ(p-フェニレンテレフタルアミド)複合材料の創製

    西野 孝, 小寺 賢, 礒川 翔

    第57回高分子討論会, 2008年09月, 日本語, 高分子学会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 視斜角入射X線回折法を用いたアイソタクチックポリブテン-1の結晶転移挙動の解析

    西野 孝, 小寺 賢, 鳥田 一哉, 松元 孝行, 椋本 将

    第57回高分子討論会, 2008年09月, 日本語, 高分子学会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 極低温における脂肪族ポリアミドの結晶弾性率

    西野 孝, 小寺 賢, 高橋 健太, 吉田 昌嗣, 伊寿 隆幸

    第57回高分子討論会, 2008年09月, 日本語, 高分子学会, 大阪市, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリエチレンオキシド側鎖が偏析した高分子表面へのタンパク質の吸着挙動

    西野 孝, 野田 実希, 玉村 周作, 高野 聖史

    第57回高分子討論会, 2008年09月, 日本語, 高分子学会, 大阪市, 国内会議

    ポスター発表

  • Chemical Modification of Bacterial Cellulose using Supercritical Carbon Dioxide and Preparation of Cellulosic Nanocomposite

    末次 真梨, 西野 孝, 小寺 賢

    5th International Workshop on Green Composites, 2008年08月, 英語, 福島市, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Bacterial Cellulose/Poly(L-lactic acid) composite Prepared by In situ Polymerization

    西野 孝, 小寺 賢, 神野 勝也

    5th International Workshop on Green Composites, 2008年08月, 英語, 福島市, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 超臨界二酸化炭素を用いたバクテリアセルロース繊維表面の化学修飾と複合材料の創製

    西野 孝, 小寺 賢, 末次 真梨

    第54回高分子研究発表会(神戸), 2008年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 超臨界二酸化炭素を用いたバクテリアセルロース繊維表面のアセチル化と複合材料の創製

    西野 孝, 小寺 賢, 末次 真梨

    セルロース学会第15回年次大会, 2008年07月, 日本語, セルロース学会, 京都市, 国内会議

    ポスター発表

  • 超臨界二酸化炭素を用いたセルロース繊維表面のエステル化と複合材料化

    西野 孝, 小寺 賢, 村上 広樹, 末次 真梨

    セルロース学会第15回年次大会, 2008年07月, 日本語, セルロース学会, 京都市, 国内会議

    ポスター発表

  • 走査型サーマル顕微鏡を用いたポリ乳酸ラミネートフィルムの界面構造および物性評価

    小寺 賢, 辻 孝介, 西野 孝, 漆原 良昌, 辻 秀人, 若木 裕之, 成田 淳一

    第54回高分子研究発表会(神戸), 2008年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 接触媒体を異にするポリ-L-乳酸の表面構造と物性

    西野 孝, 小寺 賢, 田林 俊介, 田中 康平

    第54回高分子研究発表会(神戸), 2008年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 視斜角入射X線回折法を用いたアイソタクチックポリブテン-1表面の構造解析

    西野 孝, 小寺 賢, 鳥田 一哉

    第54回高分子研究発表会(神戸), 2008年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高分子表面の構造と低自由エネルギー化

    西野 孝

    第25回ナノテク部会研究会, 2008年07月, 日本語, 表面技術協会, 東京都新宿区, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 極低温におけるナイロン12の結晶弾性率

    西野 孝, 小寺 賢, 高橋 健太

    第54回高分子研究発表会(神戸), 2008年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリエチレンオキシド側鎖の偏析を利用した高分子表面におけるタンパク質の吸着挙動

    西野 孝, 野田 実希, 玉村 周作, 高野 聖史

    第54回高分子研究発表会(神戸), 2008年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • In situ 重合法によるポリ-L-乳酸/バクテリアセルロース複合材料の物性と構造

    西野 孝, 小寺 賢, 神野 勝也, 永谷 早祐美, 有本 典子

    第54回高分子研究発表会(神戸), 2008年07月, 日本語, 高分子学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • In situ 重合法によるポリ-L-乳酸/バクテリアセルロース複合材料の物性

    西野 孝, 小寺 賢, 神野 勝也, 永谷 早祐美

    セルロース学会第15回年次大会, 2008年07月, 日本語, セルロース学会, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 超臨界二酸化炭素を媒体としたポリビニルアルコールの化学修飾と物性

    西野 孝, 伊藤 康敏, 吉田 良夫

    第46回日本接着学会年次大会, 2008年06月, 日本語, 日本接着学会, 吹田市, 国内会議

    ポスター発表

  • 繊維表面のマトリックス化を利用した全ポリ(p-フェニレンテレフタルアミド)複合材料

    西野 孝, 小寺 賢, 礒川 翔

    平成20年度繊維学会年次大会, 2008年06月, 日本語, (社)繊維学会, 東京都江戸川区, 国内会議

    ポスター発表

  • 極限条件における高分子の極限力学物性の評価

    西野 孝

    平成20年度繊維学会年次大会, 2008年06月, 日本語, (社)繊維学会, 東京都江戸川区, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • マイクロプローブを用いたポリ-α-オレフィン界面の構造解析

    小寺 賢, 出雲 大樹, 西野 孝, 漆原 良昌

    平成20年度繊維学会年次大会, 2008年06月, 日本語, (社)繊維学会, 東京都江戸川区, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • マイクロプローブを用いたポリ-α-オレフィン界面の構造解析

    小寺 賢, 西野 孝, 出雲 大樹, 漆原 良昌

    第46回日本接着学会年次大会, 2008年06月, 日本語, 日本接着学会, 吹田市, 国内会議

    ポスター発表

  • セルロース系素材の複合材料への利用展開

    西野 孝

    竹の高度利用研究センター閉所記念講演会, 2008年06月, 日本語, 同志社大学 竹の高度利用研究センター, 京田辺市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • グラフトによるポリエチレンへの水酸基の導入と接着性

    西野 孝, 北村 菜穂

    平成20年度繊維学会年次大会, 2008年06月, 日本語, (社)繊維学会, 東京都江戸川区, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 超臨界二酸化炭素を利用したポリビニルアルコールの化学修飾とその粘着特性

    西野 孝, 伊藤 康敏, 吉田 良夫

    第57回 高分子学会年次大会, 2008年05月, 日本語, 高分子学会, 横浜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 全ポリビニルアルコール複合材料の創製およびその物性

    西野 孝, 小寺 賢, 山内 智史

    第57回高分子学会年次大会, 2008年05月, 日本語, 高分子学会, 横浜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 種々マイクロプローブを用いたポリオレフィンラミネート界面の構造評価

    小寺 賢, 出雲 大樹, 西野 孝, 漆原 良昌

    第57回 高分子学会年次大会, 2008年05月, 日本語, 高分子学会, 横浜市, 国内会議

    ポスター発表

  • 視斜角入射X線回折法によるナイロン6薄膜の構造解析

    小寺 賢, 廣瀬 康男, 西野 孝

    第57回高分子学会年次大会, 2008年05月, 日本語, 高分子学会, 横浜市, 国内会議

    ポスター発表

  • 高分子材料を用いた手術訓練用脳モデルの創製

    岩下 真依, 小寺 賢, 西野 孝, 林 成人, 甲村 英二

    第57回 高分子学会年次大会, 2008年05月, 日本語, 高分子学会, 横浜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリ乳酸およびそのステレオコンプレックスの結晶弾性率

    西野 孝, 小寺 賢, 木本 真之, 辻 秀人, 若木 裕之, 成田 淳一

    第57回 高分子学会年次大会, 2008年05月, 日本語, 高分子学会, 横浜市, 国内会議

    ポスター発表

  • マイクロプローブを用いたポリ-α-オレフィン界面の構造解析

    小寺 賢, 西野 孝, 出雲 大樹, 漆原 良昌

    第16回 複合材料界面シンポジウム, 2008年04月, 日本語, 長野県上田市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリビニルアルコール系ナノコンポジット延伸物におけるクレイの配向と物性

    西野 孝, 小寺 賢, 井上 由香里

    第16回 複合材料界面シンポジウム, 2008年04月, 日本語, 複合材料界面科学研究会, 長野県上田市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • In-Plane Orientation of Clay in Drawn Poly(vinyl alcohol) Nanocomposite

    TAKASHI NISHINO

    Gordon Research Conference, 2008年01月, 英語, Crowne Olaza Ventura, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 超臨界二酸化炭素を利用したポリビニルアルコールの化学修飾とその物性

    西野 孝, 伊藤 康敏, 吉田 良夫

    第3回 日本接着学会関西支部若手研究者の会, 2007年12月, 日本語, 日本接着学会, 兵庫県立大学書写キャンパス, 国内会議

    ポスター発表

  • Modifications of Cellulose Fibers Using Suoercritical Carbon Dioxide for Ecocomposites

    TAKASHI NISHINO, MASARU KOTERA, HIROKI MURAKAMI, MARI SUETSUGU

    The 10th Pacific Polymer Conference 2007, 2007年12月, 英語, The Society of Polymer Science, Japan, 神戸国際会議場, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 原子間力顕微鏡を用いた高分子複合材料の繊維周りの変形挙動の観察

    西野 孝, 信澤 果那子

    第55回 レオロジー討論会, 2007年11月, 日本語, 日本レオロジー学会, 金沢大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 超極低温におけるナイロン類の結晶弾性率

    西野 孝, 小寺 賢, 吉田 昌嗣, 伊寿 隆幸

    平成19年度 繊維学会秋季研究発表会, 2007年10月, 日本語, 繊維学会, 京都工芸繊維大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 繊維表面の部分溶解により作製した全ポリ(p-フェニレンテレフタルアミド)複合材料

    西野 孝, 小寺 賢, 礒川 翔

    平成19年度 繊維学会秋季研究発表会, 2007年10月, 日本語, 繊維学会, 京都工芸繊維大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高機能・高性能高分子複合材料の創製

    西野 孝

    高分子同友会, 2007年10月, 日本語, 薬業年金会館, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • ポリ乳酸ステレオコンプレックスの結晶弾性率

    西野 孝, 小寺 賢, 木本 真之, 藤原 剛也, 辻 秀人, 若木 裕之, 成田 淳一

    平成19年度 繊維学会秋季研究発表会, 2007年10月, 日本語, 繊維学会, 京都工芸繊維大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Temperacture Dependence of the Elastic of the Crystalline Regions of Celluloses

    TAKASHI NISHINO, MASARU KOTERA, MASAYUKI KIMOTO

    2nd Internartional Cellulose Conference 2007, 2007年10月, 英語, セルロース学会, タワーホール船堀, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Mechanical Properties of Well Aligned and Well Oriented Poly(vinyl alcohol) Nanoribon

    西野 孝, 小寺 賢, 岩下 真依

    9th International Symposium on Polymers for Advanced Technologies, 2007年10月, 英語, 上海交通大学, 上海, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • In situ 重合法によるポリ-L-乳酸をマトリックスとしたバクテリアセルロース複合材料の創製

    西野 孝, 小寺 賢, 永谷 早裕美, 有本 典子, 神野 勝也

    平成19年度 繊維学会秋季研究発表会, 2007年10月, 日本語, 繊維学会, 京都工芸繊維大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Esterification of Cellulose using Supercritical Carbon Dioxide

    TAKASHI NISHINO, MASARU KOTERA, HIROKI MURAKAMI

    2nd International Cellulose Conference 2007, 2007年10月, 英語, セルロース学会, タワーホール船堀, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Eco & Nano-Polymer Composites

    TAKASHI NISHINO

    3rd International Workshop on Polymer/Metal Nanocomposites, 2007年10月, 英語, 神戸大学, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 超臨界二酸化炭素を利用したセルロース繊維表面の化学修飾と複合材料化

    西野 孝, 小寺 賢, 村上 広樹, 末次 真梨

    第56回 高分子討論会, 2007年09月, 日本語, 高分子学会, 名古屋工業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 走査型サーマル顕微鏡を用いた高分子ラミネートフィルム界面の構造と物性

    西野 孝, 小寺 賢, 出雲 大樹, 漆原 良昌

    第56回 高分子討論会, 2007年09月, 日本語, 高分子学会, 名古屋工業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 繊維・フィルム表面の構造と物性

    西野 孝

    第64回 東海機能性材料研究会, 2007年09月, 日本語, 東海機能性材料研究会, クリエート浜松, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 視斜角入射法を用いたポリオキシメチレン表面のX線的構造評価と物性

    西野 孝, 小寺 賢, 廣瀬 康男

    第56回 高分子討論会, 2007年09月, 日本語, 高分子学会, 名古屋工業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 界面修飾を施したヒドロキシアパタイト/ポリ乳酸複合材料の力学物性

    西野 孝, 小寺 賢, 杉原 理規, 田中 秀和, 安達 泰治, 北條 正樹, 田中 基嗣

    第56回 高分子討論会, 2007年09月, 日本語, 高分子学会, 名古屋工業大学, 国内会議

    ポスター発表

  • In Situ 重合法によるポリ-L-乳酸をマトリックスとしたバクテリアセルロース複合材料の創製と力学物性

    西野 孝, 小寺 賢, 永谷 早裕美, 有本 典子, 神野 勝也

    第56回 高分子討論会, 2007年09月, 日本語, 高分子学会, 名古屋工業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高分子材料を用いた手術訓練用脳モデルの創製

    岩下 真依, 西野 孝, 小寺 賢, 林 成人, 甲村 英二

    第2回 関西若手研究発表会, 2007年08月, 日本語, 日本バイオマテリアル学会, 大阪府立大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 超臨界二酸化炭素を利用したセルロースのエステル化

    西野 孝, 小寺 賢, 村上 広樹

    第14回 セルロース学会年次大会, 2007年07月, 日本語, セルロース学会, 静岡大学 大学会館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 超臨界二酸化炭素を媒体としたポリビニルアルコールの化学修飾

    西野 孝, 伊藤 康敏, 吉田 良夫

    第52回 高分子研究発表会(神戸), 2007年07月, 日本語, 高分子学会, 兵庫県中央労働センター, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 全ポリ(p-フェニレンテレフタルアミド)複合材料の構造と力学物性

    西野 孝, 小寺 賢, 礒川 翔

    第53回 高分子研究発表会, 2007年07月, 日本語, 高分子学会, 兵庫県中央労働センター, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高分子表面・界面のナノ解析とハイブリッド体への展開

    西野 孝

    「分子ナノテクノロジー」第174委員会, 2007年07月, 日本語, 日本学術振興会産学協力研究, 京都テルサ, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 極低温におけるセルロースの結晶弾性率

    西野 孝, 小寺 賢, 木本 真之

    第14回 セルロース学会年次大会, 2007年07月, 日本語, セルロース学会, 静岡大学 大学会館, 国内会議

    ポスター発表

  • プローブ顕微鏡によるアイソタクチック・ポリプロピレンのトランスクリスタルの物性評価

    西野 孝, 小寺 賢, 小林 司, 信澤 果那子, 漆原 良昌

    第53回 高分子研究発表会, 2007年07月, 日本語, 高分子学会, 兵庫県中央労働センター, 国内会議

    ポスター発表

  • セルロース結晶の力学物性とその環境調和型複合材料への応用に関する研究

    西野 孝

    第14回 セルロース学会年次大会, 2007年07月, 日本語, セルロース学会, 静岡大学 大学会館, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Repair of Denteriorated CFRP using Super Crutical Carbon Dioxide

    西野 孝

    16th International Conference on Composite Materials, 2007年07月, 英語, 複合材料学会, 国立京都国際会館, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Micro Mechanical and Thermal Analyses of Polymer Trascrystal using Scanning Probe Microscopes

    TAKASHI NISHINO, MASARU KOTERA, TSUKASA KOBAYASHI, KANAKO NOBUSAWA, YOSHIMASA URUSHIHARA

    16th International Conference on Composite Materials, 2007年07月, 英語, 複合材料学会, 国立京都国際会館, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 超臨界二酸化炭素を利用したポリビニルアルコールの化学修飾

    西野 孝, 伊藤 泰敏, 吉田 良夫

    第45回 日本接着学会年次大会, 2007年06月, 日本語, 日本接着学会, 東京大学弥生講堂, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 走査型サーマル顕微鏡を用いた高分子ラミネートフィルムにおける接着界面の厚み評価

    小寺 賢, 出雲 大樹, 西野 孝, 漆原 良昌

    第45回 日本接着学会年次大会, 2007年06月, 日本語, 日本接着学会, 東京大学弥生講堂, 国内会議

    ポスター発表

  • 走査型サーマル顕微鏡を用いたポリ-α-アレフィン界面の構造解析

    西野 孝, 小寺 賢, 出雲 大樹, 漆原 良昌

    平成19年度繊維学会年次大会, 2007年06月, 日本語, 繊維学会, タワーホール船堀, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 繊維・フィルム表面の構造と物性に関する研究

    西野 孝

    平成19年度繊維学会年次大会, 2007年06月, 日本語, 繊維学会, タワーホール船堀, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 高性能高分子

    西野 孝

    高分子化学 研修コース, 2007年06月, 日本語, 日本化学会, 日本化学会 化学会館, 国内会議

    その他

  • 極低温化における天然高分子の結晶弾性率

    西野 孝, 小寺 賢, 木本 真之

    平成19年度繊維学会年次大会, 2007年06月, 日本語, 繊維学会, タワーホール船堀, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ラビングを利用した高配列・高配向ポリビニルアルコールナノリボンの創製と力学物性

    西野 孝, 小寺 賢, 岩下 真依

    平成19年度繊維学会年次大会, 2007年06月, 日本語, 繊維学会, タワーホール船堀, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリ-L-乳酸の表面構造と物性

    西野 孝, 田中 康平

    平成19年度繊維学会年次大会, 2007年06月, 日本語, 繊維学会, タワーホール船堀, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 超臨界二酸化炭素を用いたセルロース繊維表面のエステル化

    西野 孝, 村上 広樹, 小寺 賢

    第56回 高分子学会年次大会, 2007年05月, 日本語, 高分子学会, 国立京都国際会館, 国内会議

    ポスター発表

  • 走査型プローブ顕微鏡を用いたトランスクリスタル力学・熱マイクロ分析

    西野 孝, 小林 司, 信澤 果那子, 小寺 賢, 漆原 良昌

    第55回高分子学会年次大会, 2007年05月, 日本語, 高分子学会, 名古屋国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 走査型サーマル顕微鏡を用いた高分子ラミネートフィルムにおける界面厚み評価

    小寺 賢, 出雲 大樹, 西野 孝, 漆原 良昌

    第56回 高分子学会年次大会, 2007年05月, 日本語, 高分子学会, 国立京都国際会館, 国内会議

    ポスター発表

  • 全ポリビニルアルコール複合材料の物性

    西野 孝, 小寺 賢, 山内 智史

    第56回 高分子学会年次大会, 2007年05月, 日本語, 高分子学会, 国立京都国際会館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 視斜角入射X線回折法によるポリオキシメチレン表面の構造と物性評価

    西野 孝, 小寺 賢, 廣瀬 康男

    第56回 高分子学会年次大会, 2007年05月, 日本語, 高分子学会, 国立京都国際会館, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリ乳酸/ヒドロキシアパタイト複合材料の界面制御と力学物性

    西野 孝, 小寺 賢, 杉原 理規, 田中 秀和, 田中 基嗣, 安達 泰治, 北條 正樹

    第56回 高分子学会年次大会, 2007年05月, 日本語, 高分子学会, 国立京都国際会館, 国内会議

    ポスター発表

  • 走査型プローブ顕微鏡による高分子トランスクリスタル界面の力学・熱マイクロ分析

    西野 孝, 小林 司, 信澤 果那子, 小寺 賢, 漆原 良昌

    第15回 複合材料界面シンポジウム, 2007年04月, 日本語, 京都工芸繊維大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 走査型サーマル顕微鏡を用いた高分子ラミネート界面の構造解析

    小寺 賢, 出雲 大樹, 西野 孝, 漆原 良昌

    第15回 複合材料界面シンポジウム, 2007年04月, 日本語, 京都工芸繊維大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 全ポリビニルアルコール複合材料の構造および力学物性

    西野 孝, 小寺 賢, 山内 智史

    第15回 複合材料界面シンポジウム, 2007年04月, 日本語, 京都工芸繊維大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Recent Trends of All-Sustainable Composites

    TAKASHI NISHINO

    The 1st of International Conference on Bio-Composites, 2007年04月, 英語, Lab.of.Adheshion & Bio-Composites, Seoul National University, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 高分子成形体の表面構造・物性の調べ方と接着

    西野 孝

    高分子加工技術研究会 第63回例会, 2007年03月, 日本語, 高分子加工技術研究会, 東京工業大学, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 高分子材料の解析技術~ナノスケールからみれば

    西野 孝

    キンカ高分子化学研修コース, 2007年03月, 日本語, 大阪科学技術センター, 国内会議

    その他

  • 3次元スキャホールドの製造システムの開発

    西野 孝, 北條 正樹

    第5回 関西広域クラスター合同成果発表会, 2007年02月, 日本語, 千里ライフサイエンスセンタービル, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • X線回折を利用したポリ‐α‐オレフィン界面の構造解析

    西野 孝, 小寺 賢, 井上 健太郎

    第12回高分子表面研究討論会, 2007年01月, 日本語, 高分子表面研究会, 東京工業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 走査型プローブ顕微鏡による高分子トランスクリスタル層の熱・力学マイクロ解析

    西野 孝, 小林 司, 信澤 果那子, 小寺 賢, 漆原 良昌

    第12回 高分子表面研究討論会, 2007年01月, 日本語, 高分子表面研究会, 東京工業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • X線マイクロビームを用いた高分子ラミネート界面の構造評価

    小寺 賢, 西野 孝, 小山 貴久, 篭島 靖

    第20回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム, 2007年01月, 日本語, 日本放射光学会, 広島国際会議場, 国内会議

    ポスター発表

  • 超臨界二酸化炭素を利用したセルロース繊維表面の化学修飾

    西野 孝, 村上 広樹, 中村 昌智, 小寺 賢

    日本接着学会関西支部 第2回若手研究者の会, 2006年12月, 日本語, 日本接着学会関西支部, 神戸大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 組み紐構造を有する高強度・低弾性率高分子複合材料の創製

    小寺 賢, 西野 孝, 大坪 茂幹

    第2回 若手研究者の会, 2006年12月, 日本語, 日本接着学会 関西支部, 神戸大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 接触媒体を異にするポリ‐L‐乳酸表面の構造と物性

    西野 孝, 田中 康平

    日本接着学界関西支部 第2回若手研究者の会, 2006年12月, 日本語, 日本接着学会 関西支部, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 医用材料と加工

    西野 孝

    産学連携製造中核人材育成事業 実証講義, 2006年12月, 日本語, 神戸市産業振興センター, 国内会議

    その他

  • マイクロプローブを用いた高分子ラミネートフィルムの界面構造

    小寺 賢, 西野 孝, 漆原 良昌

    第2回若手研究者の会, 2006年12月, 日本語, 日本接着学会 関西支部, 神戸大学, 国内会議

    ポスター発表

  • セルロースナノ複合材料

    西野 孝

    第31回関西繊維科学講座, 2006年12月, 日本語, 繊維学会 関西支部, 京都工芸繊維大学, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 高分子材料の撥水化技術とその可能性

    西野 孝

    第19回建材情報交流会, 2006年11月, 日本語, 日本建築材料協会, 大阪科学技術センター, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • マイクロプローブを用いたポリエチレン/ポリプロピレンラミネート界面の構造評価

    小寺 賢, 西野 孝

    第1回 次世代型ポリオレフィン研究会, 2006年11月, 日本語, 日本化学会, 北陸先端科学技術大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高分子表面修飾

    西野 孝

    複合材料技術者認定プログラム講座, 2006年10月, 日本語, 複合材料界面科学研究会, 湘南工科大学, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 原子間力顕微鏡を用いたポリエチレンテレフタラート表面のin-situ変形観察

    小寺 賢, 西野 孝, 野澤 亜紀子

    第54回 レオロジー討論会, 2006年10月, 日本語, レオロジー学会, 九州大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • エキゾチック高分子複合材料

    西野 孝

    ゴム技術フォーラム第246回月例会, 2006年10月, 日本語, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • X-Ray Diffraction Analyses of PLLA Film Surfaces Annealed on Different Mediums

    Nishino Takashi, Tanaka Kohei

    The 3rd World Congress on Adhesion and Related Phenomena, 2006年10月, 英語, Jiuhua SPA & Resort, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Recent Trends of Cellulosic Ecocomposites

    Nishino Takashi

    The 3rd Gratama Workshop, 2006年10月, 英語, Awaji-Yumebutai, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • High Water Repellent but High Adhesive Polymer Surface

    Nishino Takashi, Kawasaki Motoko, Takano Kiyofumi

    The 3rd Congress on Adhesion and Rlated Phenomena, 2006年10月, 英語, Jiuhua SPA & Resort, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • X線回折による高分子表面・界面の評価

    西野 孝

    接着に関する分析評価技術セミナー, 2006年09月, 日本語, 日本接着学会, 大阪市立工業研究所 大講堂, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 微小角入射X線回折法によるポリ‐L‐乳酸フィルム表面の構造および物性評価

    西野 孝, 田中 康平

    第55回高分子討論会, 2006年09月, 日本語, 高分子学会, 富山大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 配向ポリビニルアルコール・ナノコンポジットの構造と物性

    西野 孝, 井上 由香利, 小寺 賢

    第55回高分子討論会, 2006年09月, 日本語, 高分子学会, 富山大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 超臨界二酸化炭素を利用したセルロースエステルの創製

    西野 孝, 村上 広樹, 小寺 賢

    第55回高分子討論会, 2006年09月, 日本語, 高分子学会, 富山大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 走査型プローブ顕微鏡を用いたトランスクリスタル界面の力学・熱マイクロ分析

    西野 孝, 小林 司, 信澤 果那子, 小寺 賢, 漆原 良昌

    第55回高分子討論会, 2006年09月, 日本語, 高分子学会, 富山大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • マイクロプローブによるポリエチレン/ポリプロピレンラミネート界面の計測

    小寺 賢, 西野 孝, 漆原 良昌

    第55回 高分子討論会, 2006年09月, 日本語, 高分子学会, 富山大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • SPring-8と高分子,そしてセルロース

    西野 孝

    セルロース若手セミナー, 2006年09月, 日本語, ダイセル化学工業 西播磨研修センター, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • Self reinforced sustainable composites

    Nishino Takashi, Arimoto Noriko, Yamauchi Satoshi

    The 10th Japan-Europe Symposium on Composite Materials, 2006年09月, 英語, 信州大学, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Self Reinforced Cellulose Composites

    Nishino Takashi, Arimoto Noriko, Nattakan Soykeabkaew, Ton Peijs

    Fourth International Workshop on Green Composites, 2006年09月, 英語, The Society of Materials Science, Japan, 日本大学 駿河台キャンパス, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • X-Ray Microdiffraction Analysis for the Interfacial Structure of Polymer Laminate

    KOTERA MASARU, NISHINO TAKASHI, TOSHIKAZU TAURA, SAITOU MASAHIKO, AYA NAKAI, T KOYAMA, Y. KAGOSHIMA

    Six Joint Canada-Japan Workshop on Composites, 2006年08月, 英語, RYERSON UNIVERSITY, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Self Reinforced Ecocomposites

    Nishino Takashi, Arimoto Noriko, Yamauti Satoshi

    6th Joint Canada-Japan Workshop on Composites, 2006年08月, 英語, Ryerson University, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 微小角入射X線回折法を用いたポリオキシメチレン表面の構造評価と物性

    西野 孝, 小寺 賢, 廣瀬 康男

    第52回高分子研究発表会(神戸), 2006年07月, 日本語, 高分子学会, 兵庫県中央労働センター, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 残留応力の低減化を目的とした低熱膨張複合材料の創製

    西野 孝, 小寺 賢, 杉浦 義晴

    第52回高分子研究発表会(神戸), 2006年07月, 日本語, 高分子学会, 兵庫県中央労働センター, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高配列・高配向ポリビニルアルコールナノリボンの創製と力学物性

    西野 孝, 小寺 賢, 岩下 真依

    第52回 高分子研究発表会(神戸), 2006年07月, 日本語, 高分子学会, 兵庫県中央労働センター, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 極低温下における絹フィブロインの結晶弾性率

    西野 孝, 小寺 賢, 木本 真之

    第52回高分子研究発表会(神戸), 2006年07月, 日本語, 高分子学会, 兵庫県中央労働センター, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 環境調和を有する自己補強型高分子複合材料

    西野 孝

    第24回関西科学セミナー ‐エコマテリアルと界面科学‐, 2006年07月, 日本語, 日本化学会コロイド, 界面化学部会関西支部, リゾートレクリエーションセンター アイ・アイ・ランド, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • ポリ乳酸/ヒドロキシアパタイト複合材料の創製と力学物性

    西野 孝, 小寺 賢, 杉原 理規, 根師 伸博, 田中 基嗣, 安達 泰治, 北條 正樹

    第52回高分子研究発表会(神戸), 2006年07月, 日本語, 高分子学会, 兵庫県中央労働センター, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリビニルアルコール同種異型複合材料の力学物性

    西野 孝, 小寺 賢, 山内 智史

    第52回高分子研究発表会(神戸), 2006年07月, 日本語, 高分子学会, 兵庫県中央労働センター, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリイソプロペニルアルコールの高圧合成とその機能

    西野 孝, 北村 菜穂, 室谷 和良

    第126回 ポバール会, 2006年07月, 日本語, ポバール会, 京大会館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • セルロース繊維表面のマトリックス化を利用した全セルロース複合材料の創製

    西野 孝, 有本 典子, Nattakan Soykeabkaew, Ton Peijs

    第13回 セルロース学会年次大会, 2006年07月, 日本語, セルロース学会, 東京大学 弥生講堂, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Crystal Modulus of High Performance Polymers using SPring-8

    Nishino Takashi

    Synchrotron Radiation in Polymer Science Ⅲ, 2006年07月, 英語, SPring-8, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 複合材料の熱膨張挙動の制御による界面での残留応力の低減化

    西野 孝, 小寺 賢, 杉浦 義晴

    第44回日本接着学会年次大会, 2006年06月, 日本語, 日本接着学会, 愛知工業大学 愛和会館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 走査型プローブ顕微鏡を用いたトランスクリスタル層の力学・熱マイクロ分析

    西野 孝, 小林 司, 信澤 果那子, 漆原 良昌

    平成18年度 繊維学会年次大会, 2006年06月, 日本語, 繊維学会, タワーホール船堀, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高性能高分子

    西野 孝

    第4回 「高分子化学」研修コース, 2006年06月, 日本語, 日本化学会, 化学会館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • マイクロプローブを用いたポリエチレン/ポリプロピレンフィルム界面の評価

    小寺 賢, 西野 孝, 漆原 良昌

    平成18年度 繊維学会年次大会, 2006年06月, 日本語, 繊維学会, タワーホール船堀, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 超臨界二酸化炭素を利用したセルロース繊維表面の化学修飾

    西野 孝, 村上 広樹, 中村 昌智, 小寺 賢

    第55回高分子学会年次大会, 2006年05月, 日本語, 高分子学会, 名古屋国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • マイクロプローブを用いた高分子ラミネートフィルムの界面構造

    小寺 賢, 西野 孝, 漆原 良昌

    第55回高分子学会年次大会, 2006年05月, 日本語, 高分子学会, 名古屋国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリ‐L‐乳酸フィルム表面のX線的構造評価と物性

    西野 孝, 田中 康平

    第55回高分子学会年次大会, 2006年05月, 日本語, 高分子学会, 名古屋国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • In situ 重合によるバクテリアセルロース/ポリ乳酸複合材料の創製

    西野 孝, 有本 典子

    第55回高分子学会年次大会, 2006年05月, 日本語, 高分子学会, 名古屋国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 組み紐構造を利用した高強度・低弾性率・高伸度複合材料

    西野 孝, 大坪 茂幹

    第14回複合材料界面シンポジウム, 2006年04月, 日本語, 複合材料界面科学研究会, ウェルとばた, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Cryogenic Crystal Modulus of Polymers

    Nishino Takashi

    13th International Conference on Deformation, Yield and Fracture of Polymers, 2006年04月, 英語, Kerkrade, The Netherlands, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 撥水・撥油性高分子材料の表面設計 ―研究の進展と今後の展望―

    西野 孝

    第21回高分子同友会総合講演会, 2006年03月, 日本語, 高分子同友会, 化学会館, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 繊維強化によるPVA人工半月板の性能向上に関する研究

    大西 拓人, 松田 光正, 神吉 博, 黒坂 昌弘, 村津 裕嗣, 西野 孝

    日本機械学会関西支部第81回定時総会講演会, 2006年03月, 日本語, 同志社大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高分子材料の解析技術~ナノスケールから見れば

    西野 孝

    第3回 キンカ高分子化学研修コース, 2006年03月, 日本語, 近畿化学協会, 大阪科学技術センター, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 高分子材料のメディカル利用の一形態

    西野 孝

    医工連携フォーラム, 2006年03月, 日本語, 神戸大学, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • ビニロン網によるPVAハイドロゲル人工半月板の強化に関する研究

    岩田 卓也, 神吉 博, 松田 光正, 西野 孝, 黒坂 昌弘, 村津 裕嗣

    日本機械学会関西学生会講演会, 2006年03月, 日本語, 同志社大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 極低温におけるポリトリメチレンテレフタラートの構造と力学物性

    西野 孝, 岡本 泰一, 桜井 浩志

    第127回 ポバール会, 2005年12月, 日本語, ポバール会, 京大会館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • アイソタクチック・ポリプロピレンのトランスクリスタル界面における力学・熱マイクロ分析

    西野 孝, 小林 司, 信澤 果那子, 小寺 賢, 漆原 良昌

    日本接着学会関西支部 第1回若手研究者の会, 2005年12月, 日本語, 日本接着学会 関西支部, 関西大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • SPring-8放射光を用いた高分子ラミネートフィルム界面の構造

    小寺 賢, 西野 孝

    日本接着学会関西支部 第1回若手研究者の会, 2005年12月, 日本語, 日本接着学会 関西支部, 関西大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 進行する材料革命-環境との調和を求めて-

    西野 孝

    第1376回 例会, 2005年11月, 日本語, 神戸凌霜午餐会, 湊川神社会館, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 高分子の結晶弾性率と環境調和・エキゾチック複合材料

    西野 孝

    生存研生物機能材料分野 集中講義, 2005年11月, 日本語, 京都大学生存圏研究所生物機能材料分野, 京都大学生存圏研究所, 国内会議

    その他

  • 欠損部X線CT断層画像を用いた骨再生用ポーラスScaffold造型

    樋口 洋平, 安達 泰治, 西野 孝, 井上 剛臣, 馬場 俊輔, 冨田 佳宏

    日本機械学会バイオエンジニアリング部門第16回バイオフロンティア講演会, 2005年11月, 日本語, 立命館大, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Preparation of All-Cellulose Composite by Partial Dissolving of Fibers

    西野 孝, 有本 典子

    第9回 SAMPE先端材料技術国際会議, 2005年11月, 英語, 先端材料技術協会, 東京ビッグサイト, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • High Water Repellent, High Adhesive Polymer Surface

    西野 孝, 河﨑 元子, 高野 聖史

    第9回 SAMPE先端材料技術国際会議, 2005年11月, 英語, 先端材料技術協会, 東京ビッグサイト, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Mechanical Response of Elastomer with Polar Functional Groups

    西野 孝, 漆原 良昌

    International Rubber Conference 2005 YOKOHAMA, 2005年10月, 英語, 社団法人 日本ゴム協会, パシフィコ横浜, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Fabrication and Characterization of Elastomer Composite with High Strength, Low Modulus and high Elongation at Break

    西野 孝, 大坪 茂幹

    International Rubber Conference 2005 YOKOHAMA, 2005年10月, 英語, 社団法人 日本ゴム協会, パシフィコ横浜, 国際会議

    ポスター発表

  • 極低温におけるポリトリメチレンテレフタラートの力学物性

    西野 孝, 岡本 泰一, 桜井 浩志

    第54回 高分子討論会, 2005年09月, 日本語, 社団法人 高分子学会, 山形大学 小白川キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • X線回折法を用いたポリオロフィレン・ラミネート界面の構造解析

    西野 孝, 井上 健太郎, 小寺 賢

    第54回 高分子討論会, 2005年09月, 日本語, 社団法人 高分子学会, 山形大学 小白川キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • SPring-8放射光を用いたポリ(p-フェニレンテレフタルアミド)単繊維の高応力下における構造変化

    小寺 賢, 西野 孝

    第54回 高分子学会年次大会, 2005年09月, 日本語, 社団法人 高分子学会, 山形大学 小白川キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • SPring-8放射光を用いたポリ(p-フェニレンテレフタルアミド)単繊維のストレスハードニングの解析

    小寺 賢, 西野 孝

    第16回 繊維連合研究発表会, 2005年08月, 日本語, 信州大学繊維学部, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 超臨界二酸化炭素を用いたセルロース繊維表面の化学修飾

    西野 孝, 中村 昌智

    第51回 高分子研究発表会, 2005年07月, 日本語, 高分子学会, 兵庫県中央労働センター, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 走査型プロープ顕微鏡を用いたアイソタクチック・ポリプロピレンの力学・熱マイクロ分析

    西野 孝, 小林 司, 信澤 果那子, 漆原 良昌

    第51回 高分子研究発表会, 2005年07月, 日本語, 高分子学会, 兵庫県中央労働センター, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 接触媒体を異にするポリ-L-乳酸薄膜構造のX線的解析

    西野 孝, 田中 康平

    第, 2005年07月, 日本語, 高分子学会, 兵庫県中央労働センター, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高分子材料の残留応力とX線回折

    西野 孝

    近畿化学協会エレクトロニクス部会 平成17年度見学・研修セミナー, 2005年07月, 日本語, 社団法人 近畿化学協会エレクトロニクス部会, 東レ株式会社 大津事業所, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 高弾性率高分子と低弾性率高分子

    西野 孝

    第48回 関西レオロジー研究会例会, 2005年07月, 日本語, 日本レオロジー学会 関西レオロジー研究会, 東洋紡総合研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • X-ray Microdiffraction for Polymer Materials at BL24XU of SPring-8

    KOTERA Masaru, KAGOSHIMA Yasushi, KOYAMA Takahisa, NISHINO Takashi

    XRM2005 The 8th International Conference on X-ray Microscopy, 2005年07月, 英語, イーグレット姫路, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 微小角入射X線回折法によるポリエチレン/ポリプロピレン積層界面の構造評価

    西野 孝, 井上 健太郎

    平成17年度 繊維学会年次大会, 2005年06月, 日本語, 社団法人 繊維学会, 長良川国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 超臨界二酸化炭素を利用したアイソタクチック・ポリプロピレンへの無水マレイン酸のグラフト

    西野 孝, 吉田 良夫

    第43回 日本接着学会年次大会, 2005年06月, 日本語, 日本接着学会, 関西大学100周年記念会館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 繊維表面のマトリックス化を利用した全セルロース複合材料の創製

    西野 孝, 有本 典子

    平成17年度 繊維学会年次大会, 2005年06月, 日本語, 社団法人 繊維学会, 長良川国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • SPring-8放射光X線マイクロビーム用いた高分子材料の局所構造解析

    小寺 賢, 西野 孝, 田浦 歳和, 齊藤 允彦, 中井 綾, 篭島 靖, 小山 貴久

    平成17年度繊維学会年次大会, 2005年06月, 日本語, 長良川国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • All-cellulose coposites by partial dissolving of fibers

    西野 孝, 有本 典子

    3rd International Conference on Eco-Composites, 2005年06月, 英語, KTH AVE Wood and Biobased Composites, Royal Institute of Tecnology, Stockholm, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 微小角入射X線回折法による極性基含有高分子積層薄膜の界面構造の解析

    西野 孝, 井上 健太郎

    第54回 高分子学会年次大会, 2005年05月, 日本語, 社団法人 高分子学会, パシフィコ横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高強度・低弾性率・高伸度の特性を併せ持つ高分子複合材料

    西野 孝, 大坪 茂幹

    第54回 高分子学会年次大会, 2005年05月, 日本語, 社団法人 高分子学会, パシフィコ横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 含フッ素基を利用したポリエチレンオキシド鎖の表面偏析と生体適合性

    西野 孝, 河﨑 元子, 高野 聖史

    第54回 高分子学会年次大会, 2005年05月, 日本語, 社団法人 高分子学会, パシフィコ横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリビニルアルコール系ナノコンポジットにおけるクレイの配向制御

    西野 孝, 阪上 由香利

    第54回 高分子学会年次大会, 2005年05月, 日本語, 社団法人 高分子学会, パシフィコ横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • X線マイクロビーム用いたポリ(p-フェニレンテレフタルアミド)繊維の局所構造解析

    小寺 賢, 西野 孝, 篭島 靖, 小山 貴久

    第54回高分子学会年次大会, 2005年05月, 日本語, 横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • 超臨界二酸化炭素を利用した炭素繊維充てん複合材料の疲労修復

    西野 孝, 川野 悦裕, 岡田 賢也

    第13回 複合材料界面シンポジウム, 2005年04月, 日本語, 複合材料界面科学研究会, 東京理科大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 環境調和型複合材料

    西野 孝

    第3回 神戸工学サミット, 2005年04月, 日本語, 神戸大学工学部, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 微小角入射X線回析によるアイソタクチックポリプロピレン表面での結晶化挙動の評価

    西野 孝, 齋藤 允彦, 中前 勝彦

    第53回高分子学会年次大会, 2004年, 日本語, 高分子学会, 神戸国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 二次元で負の熱膨張係数を有する高分子複合材料の創製

    西野 孝, 西口 泰子, 中前 勝彦

    第53回高分子学会年次大会, 2004年, 日本語, 高分子学会, 神戸国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 繊維の部分溶解を利用した全セルロース複合材料の創製

    西野 孝, 有本 典子, 中前 勝彦

    第50回高分子研究発表会, 2004年, 日本語, 不明, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 植物繊維を利用したエコ複合材料

    西野 孝

    第1回ひょうごエコタウン推進会議シーズフォーラム, 2004年, 日本語, 未記入, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高分子表面・界面とX線回析

    西野 孝

    高分子学会 第22回高分子表面研究会講座, 2004年, 日本語, 不明, 不明, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高分子材料の解析技術-ナノスケールから見れば

    西野 孝

    第1回キンカ高分子化学研修コース, 2004年, 日本語, 近畿化学協会, 大阪科学技術センター, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高分子の撥水性と接着性の限界を見極める

    西野 孝

    第14回事業化へ向けたアカデミーからの技術研究発表会, 2004年, 日本語, 不明, 大阪産業創造館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 原子間力顕微鏡を用いたトランスクリスタルの引張変形挙動の解析

    西野 孝, 信澤 果那子, 中前 勝彦

    第53回高分子学会年次大会, 2004年, 日本語, 高分子学会, 神戸国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 極低温におけるポリ(p-フェニレンテレフタルアミド)の結晶弾性率

    西野 孝, 伊寿 隆幸, 中前 勝彦

    第53回高分子学会年次大会, 2004年, 日本語, 高分子学会, 神戸国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 極低温におけるポリエステルおよびポリアミドの結晶弾性率

    西野 孝, 伊寿 隆幸, 櫻井 浩志

    平成16年度繊維学会年次大会, 2004年, 日本語, 繊維学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 含フッ素鎖を有するポリメタクリレートジブロック共重合体の表面性質-キャスト溶媒と熱処理の影響-

    漆原 良昌, 西野 孝, 目黒 将司, 中前 勝彦

    第53回高分子学会年次大会, 2004年, 日本語, 高分子学会, 神戸国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 含フッ素鎖を有するポリメタクリレートジブロック共重合体の表面性質

    漆原 良昌, 西野 孝, 目黒 将司, 中前 勝彦

    第53回高分子学会年次大会, 2004年, 日本語, 高分子学会, 神戸国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 含フッ素ポリメタクリレートの構造制御と表面物性

    西野 孝

    日本学術振興会 繊維・高分子機能加工第120委員会 第125回合同分科会研究報告会, 2004年, 日本語, 不明, 不明, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリビニルアルコール/クレイナノコンポジットの延伸挙動および耐水性

    西野 孝, 中井 綾, 中前 勝彦

    第53回高分子学会年次大会, 2004年, 日本語, 高分子学会, 神戸国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリビニルアルコール系ナノコンポジットの配向挙動

    西野 孝, 中井 綾, 阪上 由香利

    第53回高分子討論会, 2004年, 日本語, 不明, 不明, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • ポリビニルアルコール系ナノコンポジットの創製・構造・物性

    西野 孝

    日本材料科学会 第3回講演会 ポリマー系複合材料の最近の動向, 2004年, 日本語, 不明, 不明, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリビニルアルコール系ナノコンポジットの創製・構造・機能

    西野 孝, 中井 綾, 安田 光伸, 増田 昭博, 大塚 祐二

    第12回複合材料界面シンポジウム, 2004年, 日本語, 複合材料界面科学研究会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリビニルアルコール系ナノコンポジットの創製と物性

    西野 孝, 中井 綾, 阪上 由香利

    第125回ポバール会, 2004年, 日本語, 不明, 不明, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリトリメチレンテレフタラート延伸フィルムの力学物性

    西野 孝, 岡本 泰一, 中前 勝彦

    第50回高分子研究発表会, 2004年, 英語, 高分子学会;高分子学会関西支部, 神戸, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • ポリエチレン表面へのイソプロペニルアルコールのグラフト化

    西野 孝, 北村 菜穂, 中前 勝彦

    第53回高分子学会年次大会, 2004年, 日本語, 高分子学会, 神戸国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリエチレンオキシド鎖の表面偏析を利用した環境応答性表面の接着性

    西野 孝, 河崎 元子, 中前 勝彦

    第50回高分子研究発表会, 2004年, 日本語, 不明, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • セルロースの分子特性と複合材料

    西野 孝

    第52回高分子材料セミナー, 2004年, 日本語, 日本材料学会 高分子材料部門委員会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • エキゾチックな高分子複合材料

    西野 孝

    第17回エラストマー討論会, 2004年, 日本語, 不明, 不明, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • X-ray diffraction studies on the surface structure of polymers

    NISHINO Takashi

    2004 Beijing International Bondingn Technology Symposium, 2004年, 英語, 不明, 不明, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • SPring-8放射光を用いたポリ(p-フェニレンテレフタルアミド)単繊維の結晶弾性率測定

    小寺 賢, 西野 孝, 伊寿 隆幸, 中井 綾, 齋藤 充彦, 西口 泰子, 井上 健太郎, 岡本 泰一, 川野 悦裕, 中前 勝彦

    第53回高分子学会年次大会, 2004年, 日本語, 高分子学会, 神戸国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Self-assembly and Surface Properties of Diblock Copolymer with Perfluoroalkyl Side Chains

    URUSHIBARA Yoshimasa, NISHINO Takashi, NAKAMAE Katsuhiko

    40th International Symposium on Macromolecules World Polymer Congress MACRO2004, 2004年, 英語, 未記入, 未記入, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • PVAハイドロゲルを用いた人工膝関節の摩耗の軽減に関する研究

    大西 拓人, 松田 光正, 神吉 博, 西野 孝, 吉矢 晋一, 村津 裕嗣

    日本機械学会関西学生会卒業研究発表講演会, 2004年, 日本語, 日本機械学会関西支部, 大阪府立大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • New Trends of Eco Composites

    NISHINO Takashi

    Fifth Joint CANADA-JAPAN Workshop on Composites, 2004年, 英語, 不明, 不明, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • High Pressure Synthesis and Biocompatibility of Poly(isopropenyl alcohol)

    NISHINO Takashi, KITAMURA Naho

    40th International Symposium on Macromolecules World Polymer Congress MACRO2004, 2004年, 英語, 未記入, 未記入, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Cryogenic Crystal Modulus of Polymers

    NISHINO Takashi, IZU Takayuki, SAKURAI Hiroshi

    40th International Symposium on Macromolecules World Polymer Congress MACRO2004, 2004年, 英語, 未記入, 未記入, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • All Cellulose Composite

    NISHINO Takashi, MATSUDA Ikuyo, HIRAO Koichi

    2nd International Workshop on "Green " Composites, 2004年, 英語, 未記入, 未記入, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • AFM Investigations on the Mechanical zproperties of Transcrystalline Regions of Composite

    NISHINO Takashi, NOBUSAWA Kanako

    Fifth Joint CANADA-JAPAN Workshop on Composites, 2004年, 英語, 不明, 不明, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 放射光X線マイクロビームによる高分子表面・界面の測定

    小寺 賢, 西野 孝, 田浦 歳和, 齊藤 允彦, 中井 綾, 伊寿 隆幸, 篭島 靖, 新美 敏弘, 小山 貴久, 和田 いづみ, 中前 勝彦

    第52回高分子討論会, 2003年, 日本語, 高分子学会, 山口大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 超臨界CO2中でのポリカーボネートブレンド物の結晶化

    西野 孝, 古川 和也, 中前 勝彦

    第52回高分子学会年次大会, 2003年, 日本語, 高分子学会, 名古屋国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 全セルロース複合材料による“超”天然材料の創製と機能発現―複合材料におけるEcoとは―

    西野 孝

    第1回積水化学自然に学ぶものづくりフォーラム, 2003年, 日本語, 未記入, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 繊維・マトリックスが共にセルロースからなる複合材料の創製と機能

    西野 孝, 松田 幾代, 平野 功一, 中前 勝彦

    第12回ポリマー材料フォーラム, 2003年, 日本語, 高分子学会, 千里ライフサイエンスセンター, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 自己補強性セルロース複合材料の創製

    西野 孝, 松田 幾代, 平尾 功一, 中前 勝彦

    第52回高分子学会年次大会, 2003年, 日本語, 高分子学会, 名古屋国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高性能高分子

    西野 孝

    日本化学会 高分子化学研修コース, 2003年, 日本語, 日本化学会, 化学会館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 原子間力顕微鏡を用いた高分子高次構造の変形挙動の解析

    西野 孝, 信澤 果那子, 中前 勝彦

    第52回高分子討論会, 2003年, 日本語, 高分子学会, 山口大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 原子間力顕微鏡を用いたトランスクリスタル層の変形挙動の解析

    西野 孝, 信澤 果那子, 中前 勝彦

    繊維学会年次大会, 2003年, 日本語, 繊維学会, 京都リサーチパーク, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 原子間力顕微鏡によるトランスクリスタル層の力学物性の解析

    西野 孝, 信澤 果那子, 中前 勝彦

    第51回レオロジー討論会, 2003年, 日本語, 日本レオロジー学会, 京大会館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 極低温における分子鎖軸に対して直角方向の結晶弾性率

    西野 孝, 田浦 歳和, 中前 勝彦

    第52回高分子学会年次大会, 2003年, 日本語, 高分子学会, 名古屋国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 極低温におけるポリアミド,ポリエステルの結晶弾性率

    西野 孝, 伊寿 隆幸, 櫻井 浩志, 中前 勝彦

    第51回レオロジー討論会, 2003年, 日本語, 日本レオロジー学会, 京大会館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 極低温におけるポリアミドの分子鎖軸方向の結晶弾性率

    西野 孝, 伊寿 隆幸, 中前 勝彦

    第52回高分子学会年次大会, 2003年, 日本語, 高分子学会, 名古屋国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 含フッ素側鎖を有するポリメタクリレートの自己組織化と表面性質

    西野 孝, 漆原 良昌, 中前 勝彦

    第41回日本接着学会年次大会, 2003年, 日本語, 日本接着学会, 関西大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリビニルアルコール系ナノコンポジットの創製と物性

    西野 孝, 中井 綾, 中前 勝彦

    第11回複合材料界面シンポジウム, 2003年, 日本語, 複合材料界面科学研究会, 大阪工業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリビニルアルコール/クレイナノコンポジットの創製と物性

    西野 孝, 中井 綾, 中前 勝彦

    第52回高分子討論会, 2003年, 日本語, 高分子学会, 山口大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリイソプロペニルアルコールを用いた親水性表面の創製

    西野 孝, 北村 菜穂, 室谷 和良, 中前 勝彦

    第49回高分子研究発表会, 2003年, 日本語, 高分子学会関西支部, 兵庫県民会館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリ(p-フェニレンベンゾビスオキサゾール)繊維充てん複合材料の熱膨張挙動の制御

    西野 孝, 西口 泰子, 中前 勝彦

    第49回高分子研究発表会, 2003年, 日本語, 高分子学会関西支部, 兵庫県民会館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • プラズマ処理を施したエラストマー表面の力学応答挙動

    西野 孝, 立石 明子, 漆原 良昌, 中前 勝彦

    第41回日本接着学会年次大会, 2003年, 日本語, 日本接着学会, 関西大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • セルロース分子の力学特性と複合材料への展開

    西野 孝

    日本材料学会 複合材料部門講演会, 2003年, 日本語, 日本材料学会 複合材料部門, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • セルロース自己補強性複合材料の創製

    西野 孝, 松田 幾代, 平尾 功一, 中前 勝彦

    第122回ポバール会, 2003年, 日本語, ポバール会, 京大会館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • セルロース自己補強性複合材料の創製

    西野 孝, 松田 幾代, 平尾 功一, 中前 勝彦

    第10回セルロース学会年次大会, 2003年, 日本語, セルロース学会, 関西大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • セルロース/セルロース複合材料の創製

    西野 孝, 松田 幾代, 平尾 功一, 中前 勝彦

    繊維学会年次大会, 2003年, 日本語, 繊維学会, 京都リサーチパーク, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ケナフ繊維充てん環境調和型複合材料の作製とその物性

    西野 孝

    第7回ケナフ等植物資源利用研究会, 2003年, 日本語, ケナフ等植物資源利用による地球環境保全協議会, 機会振興会館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • エコ・コンポジットの動向

    西野 孝

    第60回高分子若手研究会, 2003年, 日本語, 高分子学会関西地区若手研究会, 京都府立ゼミナールハウス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • アイソタクチックポリプロピレン表面構造のX線回折による評価―接触媒体の影響―

    西野 孝, 齊藤 允彦, 椋本 将, 中前 勝彦

    第41回日本接着学会年次大会, 2003年, 日本語, 日本接着学会, 関西大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • SPring-8放射光マイクロビームによる高分子界面の測定

    小寺 賢, 西野 孝, 齊藤 允彦, 中井 綾, 伊寿 隆幸, 篭島 靖, 新美 敏弘, 小山 貴久, 和田 いづみ, 中前 勝彦

    第123回ポバール, 2003年, 日本語, ポバール会, 京大会館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • SPring-8X線マイクロビームを用いた高分子材料の界面構造解析

    小寺 賢, 西野 孝, 田浦 歳和, 齊藤 允彦, 中井 綾, 篭島 靖, 新美 敏弘, 小山 貴久, 和田 いづみ, 中前 勝彦

    第11回複合材料界面シンポジウム, 2003年, 日本語, 複合材料界面科学研究会, 大阪工業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Preparation and Properties of Whole Cellulose Composite

    NISHINO Takashi, MATSUDA Ikuyo, HIRANO Koichi, NAKAMAE Katsuhiko

    8th Japan International SAMPE Symposium, 2003年, 英語, 未記入, 未記入, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Cellulose Self-Reinforced Composite

    NISHINO Takashi, MATSUDA Ikuyo, HIRAO Koichi

    Eco Comp 2003, 2003年, 英語, 未記入, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

所属学協会

  • American Chemical Society

  • 日本学術振興会第120委員会

  • 近畿化学協会

  • 日本複合材料学会

  • セルロース学会

  • 日本バイオマテリアル学会

  • 複合材料界面科学研究会

  • 日本接着学会

  • 日本ゴム協会

  • 日本レオロジー学会

  • 日本材料学会

  • 繊維学会

  • 日本化学会

  • 高分子学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

産業財産権

  • ゴム用コーティング剤およびそれから形成された塗膜を備えたシール

    西野 孝, 徳田桂也

    特願2013-253552, 2013年12月06日, 大学長, 特許6281863, 2018年02月02日

    特許権

  • ポリビニルアルコール系コンポジット繊維及びその製造方法

    西野 孝, 森棟 せいら

    特願2012-018068, 2012年01月31日, 大学長, 特許5811871, 2015年10月02日

    特許権

  • 脳モデル

    西野 孝, 小寺 賢, 甲村 英二, 林 成人, 岩下 真衣

    特願2008-089895, 2008年03月31日, 大学長, 特許5219582, 2013年03月15日

    特許権

  • 手術訓練用脳モデル

    西野 孝, 小寺 賢, 岩下 真衣, 林 成人, 甲村 英二

    特願2007-103961, 2007年04月11日, 大学長, 特許5176055, 2013年01月18日

    特許権

  • 高分子材料の直接造形法および直接造形装置

    西野 孝

    特願2007-033269, 2007年02月14日, 大学長, 特許4972725, 2012年04月20日

    特許権