研究者紹介システム

蔵岡 孝治
クラオカ コウジ
大学院海事科学研究科 海事科学専攻
教授
応用化学関係
Last Updated :2023/01/12

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院海事科学研究科 海事科学専攻
  • 【配置】

    海洋政策科学部 海洋政策科学科, 海事科学部 海洋安全システム科学科, 先端膜工学研究センター

学位

  • 博士(工学), 京都大学
  • 機能性有機-無機ハイブリッド膜の開発

授業科目

ジャンル

  • 科学・技術 / 化学

コメントテーマ

  • 包装材料
  • ガスバリア膜
  • 分離膜
  • 機能性コーティング

研究活動

研究キーワード

  • ゾル-ゲル法
  • 機能性コーティング
  • 分離膜
  • 有機-無機ハイブリッド
  • 包装材料

研究分野

  • ナノテク・材料 / ナノ材料科学
  • ナノテク・材料 / 無機物質、無機材料化学

受賞

  • 2022年07月 日本包装学会, 学生ベストポスター賞, ポリアクリロニトリルを用いたグラフェン分散有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の開発

    池康平, 蔵岡孝治

  • 2019年07月 日本包装学会, 学生ベストポスター賞, グラフェンを用いた有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製

    中川 涼, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第28回年次大会で最も優れたポスター発表であったため, 日本国

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2001年04月 文部科学省, 第60回注目発明, 気相におけるアルコール蒸気阻止膜

    蔵岡 孝治, 矢澤 哲夫

  • 1998年05月 日本セラミックス協会, 第53回(平成10年度)日本セラミックス協会技術賞受賞, 新規多孔質ガラスによる高性能分離膜の開発

    矢澤 哲夫, 蔵岡 孝治, 田中 博史

  • 1997年04月 科学技術庁, 第56回注目発明, 無機キセロゲル膜およびその製造方法ならびに無機キセロゲル膜からなる気体分離膜

    蔵岡 孝治, 矢澤 哲夫, 田中 博史

論文

  • Koji Kuraoka, Ryoga Yamamoto

    Springer Science and Business Media LLC, 2022年07月14日, Journal of Sol-Gel Science and Technology, 英語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Koji Kuraoka, Tomomi Iwasaki

    Springer Science and Business Media LLC, 2022年04月23日, Journal of Sol-Gel Science and Technology, 英語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Koji KURAOKA, Kazumi MIKI

    Ceramic Society of Japan, 2020年08月01日, Journal of the Ceramic Society of Japan, 128 (8), 573 - 576

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Koji KURAOKA, Yuta SHIMMEN, Hidetoshi KATO, Hiroyasu SEKI, Takeshi NISHIKAWA

    Ceramic Society of Japan, 2020年04月01日, Journal of the Ceramic Society of Japan, 128 (4), 229 - 232

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tamon Kusumoto, Morikazu Sakai, Atsushi Yoshida, Tadashi Kambara, Yoshiyuki Yanagisawa, Satoshi Kodaira, Keiji Oda, Masato Kanasaki, Koji Kuraoka, Rémi Barillon, Tomoya Yamauchi

    © 2018 Elsevier B.V. We aim to determine the detection threshold of Kapton as an Etched Track Detector irradiated with 345 MeV/u U ion, as well as other several heavy ions of Al, Si, Ar, Kr and Xe. The heavier ions are found to have higher detection threshold in the stopping power. At the same stopping power, the track registration sensitivity decreases with increasing the nuclear charge of ions. U ion has the lowest sensitivity as S = 0.04 at the detection threshold of 3400 keV/μm. We have updated the conventional radial dose distribution theory using a relatively new experimentally supported formula for the effective charge up to U ion. The local doses at a track radius of 0.8 nm, which is half of the length of a repeat unit of Kapton, is useful to understand the relation between the sensitivity of heavy ions and the stopping power at each detection threshold.

    Elsevier, 2019年12月01日, Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms, 460, 240 - 243, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Mutsuo Tanaka, Takahiro Sawaguchi, Yoshiki Hirata, Osamu Niwa, Keiko Tawa, Chisato Sasakawa, Koji Kuraoka

    © 2017 Elsevier Inc. Properties of modified surface, behavior against salting-out effect, suppressive effect for protein nonspecific adsorption, and wettability were examined using various mercapto compounds bearing methyloligoethylene glycol, oligoethylene glycol, alkyl oligoethylene glycol, alkyl phosphoryl choline, alkyl inverse phosphoryl choline, and alkyl sulfobetaine moieties. The behavior against salting-out effect was examined using gold nanoparticle with PBS and NaCl aqueous solution. The suppressive effect for protein nonspecific adsorption was evaluated by SPR, and the wettability was measured on the SPR chip. The gold nanoparticle modified with 8C3EG, 12C4EG, 12CPC, 6CCP, and 12CCP showed excellent behavior against salting-out effect. The suppression of protein nonspecific adsorption was effective with 6EG, 12C4EG, 12CPC, and 12CS. On the other hand, the modified surface possessed high wettability except for the surface modified with M6EG. The results indicate that incorporation of alkyl group into surface modification materials is effective for the enhancement of behavior against salting-out effect and suppressive effect for protein nonspecific adsorption regardless of wettability. Among the zwitter ionic derivatives, inverse phosphoryl choline derivatives showed intriguing properties, high behavior against salting-out effect with high wettability but low suppressive effect for protein nonspecific adsorption.

    2017年07月01日, Journal of Colloid and Interface Science, 497, 309 - 316, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 温度応答性高分子を利用したクレイナノコンポジット膜の作製と膜特性評価

    池田 真吾, 村上 知弘, 蔵岡 孝治

    日本包装学会, 2017年04月, 日本包装学会誌, 26 (2), 123 - 130, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • シリカ/ポリヒドロキシウレタン有機‐無機ハイブリッドガスバリア膜の作製とその膜特性

    鶴見 達明, 蔵岡 孝治, 辻本 智雄, 福岡 弘直

    日本包装学会, 2016年06月, 日本包装学会誌, 25 (3), 151 - 157, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • シリカ/ポリヒドロキシウレタン有機‐無機ハイブリッドガスバリア膜の作製

    鶴見 達明, 蔵岡 孝治, 辻本 智雄, 福岡 弘直

    日本包装学会, 2015年08月, 日本包装学会誌, 24 (4), 209 - 215, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 架橋構造を導入したシリカ/キトサン有機‐無機ハイブリッドガスバリア膜の作製

    山本 梨紗子, 蔵岡 孝治

    日本包装学会, 2014年12月, 日本包装学会誌, 23 (6), 435 - 442, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • シリカ/キトサン有機‐無機ハイブリッドガスバリア膜の作製

    山本 梨紗子, 蔵岡 孝治

    日本包装学会, 2014年06月, 日本包装学会誌, 23 (3), 195 - 201, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Koji Kuraoka, Shinji Matsuura, Kosuke Ueda

    Highly ethylene-selective organic inorganic hybrid membranes were prepared via sol gel method and Ag+-exchange treatment. The ratio of the permeance, C2H4/C2H6 through the membrane was more than 90 at 373 K and showed a dependence on temperature. Increase in the measurement temperature promoted the decomplexation of C2H4 from sites. The membrane indicates C2H4 selectivity even at relatively high temperature and at 298 K using a mixture of 50% C2H4-50% C2H6 as feed gas.

    CHEMICAL SOC JAPAN, 2014年05月, CHEMISTRY LETTERS, 43 (5), 582 - 583, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 層状複水酸化物を用いた有機‐無機ハイブリッドガスバリア膜の作製

    塩野 剛, 蔵岡 孝治, 奥宮 毅

    日本包装学会, 2014年04月, 日本包装学会誌, 23 (2), 131 - 140, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 架橋構造を導入したシリカ/デンプン有機‐無機ハイブリッドガスバリア膜の作製‐トリカルバリル酸の添加効果‐

    金澤 未祐, 蔵岡 孝治

    日本包装学会, 2013年10月, 日本包装学会誌, 22 (5), 347 - 356, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 架橋構造を導入したシリカ/デンプン有機‐無機ハイブリッドガスバリア膜の作製

    金澤 未祐, 畑 あゆみ, 蔵岡 孝治

    日本包装学会, 2012年10月, 日本包装学会誌, 21(5), p363-369 (5), 363 - 369, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 架橋構造を導入したシリカ/ポリビニルアルコール有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製―クエン酸の効果―

    木下 侑亮, 芦原 宏, 橋本 有史, 蔵岡 孝治

    日本包装学会, 2011年12月, 日本包装学会誌, 20(6), 493-500 (6), 493 - 500, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • イオン照射したPADC固体飛跡検出器の表面特性評価

    森 豊, 前田 佑介, 金崎 真聡, 山内 知也, 小田 啓二, 蔵岡 孝治, 安田 仲宏, 小西 輝昭, 小平 聡, 誉田 義英, 藤乗 幸子

    応用物理学会放射線分科会, 2011年10月, 放射線, Vol. 37, No. 3, pp. 149-155 (3), 149 - 155, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 前田 佑介, 森 豊, 金崎 真聡, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏, 藤城 幸子, 誉田 義英, 蔵岡 孝治

    神戸大学大学院海事科学研究科, 2011年07月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, 8, pp. 21-29, 21 - 29, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Koji Kuraoka, Soshi Nanbu, Norioki Kawasaki

    Silica/poly(butylene succinate-co-adipate) organic-inorganic hybrid biodegradable materials were prepared by the sol-gel method. Fourier-transform infrared spectroscopy (FT-IR) and Thermogravimetry/differential thermal analysis (TG/DTA) indicated that the inorganic (SiO(2), C(6)H(5)SiO(3/2)) and organic (PBSA) components were well dispersed in the hybrid material. Heat resistant test shows that the hybrid material was both heat resistant and flexible. The presence of phenyl groups and siloxane network was responsible for the flexibility and heat resistance.

    SPRINGER, 2011年03月, Journal of Polymer Research, 18 (2), 279 - 282, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 架橋構造を導入したシリカ/ポリビニルアルコール有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製―マレイン酸の効果―

    木下 侑亮, 芦原 宏, 橋本 有史, 蔵岡 孝治

    日本包装学会, 2011年02月, 日本包装学会誌, 20(1), 35-41 (6), 493 - 500, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • シリカ/デンプン有機-無機ハイブリッド生分解性材料への可塑剤添加効果

    畑 あゆみ, 蔵岡 孝治

    日本包装学会, 2010年12月, 日本包装学会誌, 19(6), 475-481 (6), 475 - 481, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Koji Kuraoka, Arifumi Hashimoto, Hiroshi Ashihara

    Silica/poly(vinyl alcohol) (PVA) organic-inorganic hybrid gas barrier films were prepared by sol-gel method with microwave irradiation using tetraethoxysilane (TEOS), methyltriethoxysilane (MeTEOS) and poly(vinyl alcohol) on polypropylene (PP) substrates. Oxygen permeation through the films was measured by a variable-pressure method. Water vapor transmission rate of the films was also evaluated by dish method. Oxygen permeability coefficients of the hybrid layer was small and about one-sixth of those of poly(vinylidene chloride) (PVDC) and water vapor transmission rate of the hybrid layer was the same order of PVDC. Pencil hardnesses (50 g load) of the PP with the hybrid layers were more than HB. These values were considerably higher than that of PP (6B). These properties were thought to be due to well dispersion of inorganic segments (silica) and organic segments (PVA) at molecular level in the hybrid. From the results, it was found that the organic-inorganic hybrids could be applicable to gas barrier films.

    DESALINATION PUBL, 2010年05月, DESALINATION AND WATER TREATMENT, 17 (1-3), 66 - 71, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Koji Kuraoka, Arifumi Hashimoto, Hiroshi Ashihara

    Silica/poly(vinyl alcohol) (PVA) organic-inorganic hybrid gas barrier films were prepared by sol-gel method with microwave irradiation using tetraethoxysilane (TEOS), methyltriethoxysilane (MeTEOS) and poly(vinyl alcohol) on polypropylene (PP) substrates. Oxygen permeation through the films was measured by a variable-pressure method. Water vapor transmission rate of the films was also evaluated by dish method. Oxygen permeability coefficients of the hybrid layer was small and about one-sixth of those of poly(vinylidene chloride) (PVDC) and water vapor transmission rate of the hybrid layer was the same order of PVDC. Pencil hardnesses (50 g load) of the PP with the hybrid layers were more than HB. These values were considerably higher than that of PP (6B). These properties were thought to be due to well dispersion of inorganic segments (silica) and organic segments (PVA) at molecular level in the hybrid. From the results, it was found that the organic-inorganic hybrids could be applicable to gas barrier films. © 2010 Desalination Publications.

    Taylor and Francis Inc., 2010年, Desalination and Water Treatment, 17 (1-3), 66 - 71, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • シリカ/デンプン有機-無機ハイブリッド生分解性材料の作製

    畑 あゆみ, 南部 壮志, 蔵岡 孝治

    日本包装学会, 2009年12月, 日本包装学会誌, 18(6), 401-406 (6), 475 - 481, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Koji Kuraoka, Jun Ueno

    Clay/poly(methyl metacrylate) (PMMA) organic-inorganic hybrid gas barrier layers on PP were prepared by photopolymerization. The effects of clay content oil the oxygen barrier property and surface hardness of the films were investigated. Oxygen permeability coefficients of the hybrid layer was small and about eight times higher than that of poly(vinylidene chloride) (PVDC) and water vapor transmission rate of the hybrid layer was the same order of PVDC. Pencil hardnesses (50 g load) of the PP with the hybrid layers were more than B. These values were considerably higher than that of PP (6B). These properties were thought to be due to well dispersion of inorganic segments (clay) and organic segments (PMMA) in the hybrid. From the results, it was found that the organic-inorganic hybrids could be applicable to gas barrier films. (C) 2009 The Ceramic Society of Japan. All rights reserved.

    CERAMIC SOC JAPAN-NIPPON SERAMIKKUSU KYOKAI, 2009年11月, JOURNAL OF THE CERAMIC SOCIETY OF JAPAN, 117 (1371), 1243 - 1245, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ゾル−ゲル法による有機-無機ハイブリッド生分解性材料の作製とその特性評価

    南部 壮志, 蔵岡 孝治

    日本包装学会, 2009年10月, 日本包装学会誌, 18(5), 331-340 (5), 331 - 340, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • シリカ/変性ポリビニルアルコール有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製とその膜特性

    蔵岡 孝治, 芦原 宏, 橋本 有史

    日本包装学会, 2009年04月, 日本包装学会誌, 18(2), p.141-148 (2), 141 - 148, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ゾル−ゲル法によるシリカ/ポリブチレンサクシネートアジペート有機-無機ハイブリッド生分解性材料の作製−3官能ケイ素アルコキシドの効果−

    南部 壮志, 蔵岡 孝治

    日本包装学会, 2009年02月, 日本包装学会誌, 18巻1号p.41 (1), 41 - 49, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • T. Yazawa, T. Shojo, A. Mineshige, S. Yusa, M. Kobune, K. Kuraoka

    A proton-conducting solid electrolyte membrane based on polyvinyl phosphonic acid (PVPA) and 3-glycidoxypropyltrimethoxysilane was developed via the sol-gel process. The electrical conductivity of the organically-modified membrane obtained with optimum composition was 3.7 x 10(-2) S.cm(-1) at 353 K under 90% of relative humidity (RH), which was sufficient for its practical use as a solid electrolyte for fuel cells. In addition, a membrane based on polyphosphoric acid (PPA) and alkoxysilane was fabricated for comparison by employing polyethylene glycol dimethacrylate (PDM) as an additive. Though the PPA system (with PDM) exhibited similar electrical conductivity to the PVPA system, the latter had a superior mechanical strength and flexibility. Furthermore, the PVPA-based membrane with optimum composition was thermally stable up to ca. 473 K. The membrane exhibited electrical conductivity of 1.3 x 10(-2) S.cm(-1) at 398 K even under 30% of RE, which was similar to that of Nafion (R) at the same temperature under 100% of RH. (C) 2008 Elsevier B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2008年03月, SOLID STATE IONICS, 178 (39-40), 1958 - 1962, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • シリカ/ポリビニルアルコール有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製とその特性

    蔵岡 孝治, 植田 剛士, 橋本 有史, 佐藤 正昭

    日本包装学会, 2007年04月, 日本包装学会誌, 16(2), 135-140 (2), 135 - 140, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masaru Yamashita, Koji Kuraoka

    SPRINGER, 2007年04月, Journal of Materials Science, 42 (8), 2907 - 2912, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Koji Kuraoka, Masa-aki Sato, Yuri Hamano, Tsutomu Ioroi, Kazuaki Yasuda, Tetsuo Yazawa

    SPRINGER, 2007年03月, JOURNAL OF MATERIALS SCIENCE, 42 (6), 2212 - 2214, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tetsuo Yazawa, Masaaki Kishimoto, Tomomi Inoue, Atsushi Mineshige, Masafumi Kobune, Koji Kuraoka

    SPRINGER, 2007年01月, JOURNAL OF MATERIALS SCIENCE, 42 (2), 723 - 727, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Koji Kuraoka, Takeshi Ueda, Masahiro Fujiwara, Masa-aki Sato

    A cobalt phthalocyanine/porous glass composite membrane for oxygen separation was prepared by ship-m-a-bottle synthesis where encapsulation of cobalt phthalocyanine into pores of porous glass was achieved by chemical vapour deposition using 1,2-dicyanobenzene. Formation of CoPc in the pores of porous glass was confirmed by UV-vis spectroscopy. Single gas permeation through the membrane was measured at 298, 323 and 373 K using O-2 and N-2. Ratio of the permeances, O-2/N-2 through the membrane was about 3. This value was three times higher than the theoretical Knudsen value (O-2/N-2 = 0.94). Binary gas permeation at 298 K was also investigated using a gas mixture of 79% N-2-21% O-2. The ideal separation factor of O-2/N-2 through the membrane was 2.9. This value was the same as the O-2/N-2 selectivity factor calculated from the single gas measurement. This membrane indicates O-2-selectivity even at relatively high temperature and at 298 K using a gas mixture of 79% N-2-21% O-2 as feed gas. (c) 2006 Elsevier B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2006年12月, JOURNAL OF MEMBRANE SCIENCE, 286 (1-2), 12 - 14, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Preparation of thin Pd membrane on CeO2-modified porous metal by a combined method of electroless plating and chemical vapor deposition

    Jianhua Tong, Caili Su, Koji Kuraoka, Hiroyuki Suda, Yasuyuki Matsumura

    2006年01月, Journal of Membrane Science, 269, 101-108, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • T Akai, K Kuraoka, DP Chen, Y Yamamoto, T Shirakami, K Urabe, T Yazawa

    The leaching behavior of Na from soda-lime-silicate glass was investigated by preparing glass powders with average particle diameters of 53 and 19 mu m, and leaching in HNO3 at 90 degrees-140 degrees C. A new theoretical equation for Na leaching from a spherical particle is proposed based on the assumption that a rate-determining process is the three-dimensional self-diffusion of Na in glass. The diffusion constant (D) of Na in glass was obtained by fitting the experimental data to a theoretical equation. The values of D and activation energy obtained are comparable to those obtained in other studies on larger particles.

    BLACKWELL PUBLISHING, 2005年10月, JOURNAL OF THE AMERICAN CERAMIC SOCIETY, 88 (10), 2962 - 2965, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Stabilities and pore size effect of proton-conducting organic-inorganic hybrid membranes prepared through surface modification of porous glasses

    Takashi Kikukawa, Koji Kuraoka, Kazuhiro Kawabe, Masaru Yamashita, Kohei Fukumi, Kazuyuki Hirao, Tetsuo Yazawa

    2005年07月, Journal of Membrane Science, 259, 161-166, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • K Kuraoka, T Ueda, M Sato, T Okamoto, T Yazawa

    SPRINGER, 2005年07月, JOURNAL OF MATERIALS SCIENCE, 40 (13), 3577 - 3579, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • CL Su, T Jin, K Kuraoka, Y Matsumura, T Yazawa

    A thin palladium film supported on SiO2-modified porous stainless steel has been fabricated by a novel preparation procedure. SiO2 colloid suspensions with different particle sizes were applied to modify the pore size of the substrate and form an intermediate SiO2 layer to support the palladium layer as well. Palladium nuclei were seeded inside the pores of the modified substrate besides some particles deposited over the surface by a chemical vapor deposition process using Pd(F(6)acac)(2) as the metal precursor, and then a palladium layer of 2-6 mu m was prepared by an electroless plating process. The membrane had a H-2 permeance of 2.7 x 10(-6) mol/m(2.)s(.)Pa and a permselectivity of P-H2/P-N2 in the range of 300-450 measured using single pure gases at a pressure difference of 0.5 x 10(5) Pa and at 773 K. The surface morphology and the components of the different layers of the membrane have been studied by scanning electron microscopy and energy-dispersive X-ray analysis. The permeance and permselectivity of the membranes with different thicknesses have bean measured at different temperatures and pressures. The stability of the membrane during the heat cycles indicated that a stable structure of the composite membrane was fabricated. The transportation mechanism is elucidated based on the analysis.

    AMER CHEMICAL SOC, 2005年04月, INDUSTRIAL & ENGINEERING CHEMISTRY RESEARCH, 44 (9), 3053 - 3058, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Facilitated transport of C2H4 in a SiO2-poly(N-vinylpyrrolidone)-Ag+ inorganic-organic hybrid membrane

    C Su, K Kuraoka, T Yazawa

    Inorganic-organic hybrid membranes containing silica as the structure matrix, poly(N-vinylpyrrolidone) (PVP) as the organic mediating agent and silver ions as olefinic carriers were prepared using sol-gel method and dip-coating process. The structure and permeances of the membranes for N-2, He, C2H4, C2H6 at different temperatures indicated that defect-free membranes were obtained and the transportation of the C2H4 through the membranes followed the dissolution and diffusion mechanism. Ideal separation factors of C2H4/C2H6 through the membranes were evaluated at the temperature of 298,373 and 423 K respectively using mixture gas of 50% C2H4-50% C2H6. The results showed that the ideal separation factors of C2H4/C2H6 through the membranes were obviously greater than the ratio of PC2H4/PC2H6 obtained from the single gas measurement due to the hindering effect by the adsorbed C2H4 The ideal separation factors of C2H4/C2H6 increased with temperature and reached 10 at 423 K, which suggested that C2H4 and C2H6 could be separated at lower humidity compared to the reported organic polymer/silver salt membranes in which humidified gases and higher silver loading were usually used. The transport of C2H4 in the inorganic-organic hybrid membrane was proposed to follow the hopping mechanism, that is, olefins moved across the fixed silver sites.

    SPRINGER, 2005年03月, JOURNAL OF SOL-GEL SCIENCE AND TECHNOLOGY, 33 (3), 327 - 332, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Preparation of flexible inorganic-organic hybrid proton-conducting membranes via sol-gel processing

    Y Hamano, K Yasuda, T Yazawa, K Kuraoka

    SPRINGER, 2004年12月, JOURNAL OF MATERIALS SCIENCE, 39 (23), 7097 - 7099, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Preparation of an organic-inorganic hybrid ionic conductive material with thermal and chemical stability

    T Kikukawa, K Kuraoka, K Kawabe, K Yasuda, K Hirao, T Yazawa

    An organic-inorganic hybrid ionic conductive material was prepared through oxidation of thiol groups in a surface-modified porous glass. Surface-modified pores in the hybrid materials acted as permeation paths for protons. Proton conductivity of the hybrid material was 4.2 X 10(-2) S/cm at 120degreesC under 100% relative humidity. This hybrid material was thermally stable at high temperature (above 100degreesC) due to the temperature-tolerant inorganic frameworks.

    WILEY-BLACKWELL, 2004年03月, JOURNAL OF THE AMERICAN CERAMIC SOCIETY, 87 (3), 504 - 506, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Pore-filled palladium-glass composite membranes for hydrogen separation by novel electroless plating technique

    K Kuraoka, H Zhao, T Yazawa

    KLUWER ACADEMIC PUBL, 2004年03月, JOURNAL OF MATERIALS SCIENCE, 39 (5), 1879 - 1881, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 多孔質ガラスのナノ細孔を利用した有機-無機ナノハイブリッド固体電解質膜の開発

    蔵岡 孝治, 菊川 敬, 矢澤 哲夫

    日本化学会, 2004年, 化学と工業, Vol.57[1],pp.41-44 (1), 41 - 44, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • T Ioroi, K Kuraoka, K Yasuda, T Yazawa, Y Miyazaki

    A porous glass membrane modified with sulfonic acid groups was evaluated as a proton-conducting electrolyte in direct methanol fuel cells (DMFCs), and the performance was examined. The cell performance was characterized by voltage vs. current measurements, electrochemical impedance spectroscopy, and methanol permeation (crossover) measurements. When diluted methanol (3 M) was supplied to the cell, the porous glass membrane showed inferior performance compared to Nafion due to lower conductivity of the porous glass membrane. However, the porous glass membrane showed better performance with a 17.5 M methanol solution than the Nafion membrane. This better performance of the porous glass membrane is due to the lower methanol permeation in concentrated methanol solutions. (C) 2004 The Electrochemical Society.

    ELECTROCHEMICAL SOC INC, 2004年, ELECTROCHEMICAL AND SOLID STATE LETTERS, 7 (11), A394 - A396, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Novel Pd/SiO2 membrane supported on porous stainless steel for high temperature hydrogen separation

    C Su, T Jin, K Kuraoka, Y Matsumura, T Yazawa

    Thin Palladiun/SiO2 composite membrane supported on porous stainless steel has been fabricated by a novel preparation procedure. SiO2 colloid suspensions with different particle sizes were applied to modify the pore size of the substrate and also form an intermediate SiO2 layer to support the palladium layer. Palladium nuclei were seeded by a chemical vapor deposition process using Pd(F-6acac)(2) as metal precursor, and then a palladium layer thinner than 10 mum was prepared by electroless plating. The membrane had a hydrogen permeance of 2.7x10(-6) mol/m(2).s.Pa and a permselectivity of P-H2 / P-N2 in the range of 300-400 at 773K. The preparation process showed that SiO2 layer had a unique property for palladium adhesion compared with other studied metal oxides. The seeding process by chemical vapor deposition showed this step is significant for the preparation of a defect-free membrane. A novel electroless plating process was also applied using a weak acidic both, which is different from the usually used basic ones containing N2H4. The surface morphology and component of the membrane have been studied by scanning electron micrograph (SEM) and energy-dispersive X-ray analysis (EDX). The permeance and permselectivity of the membrane to hydrogen have bean measured at different temperatures.

    MATERIALS RESEARCH SOCIETY, 2004年, MATERIALS AND TECHNOLOGY FOR HYDROGEN ECONOMY, 801, 217 - 224, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Koji Kuraoka, Yoko Tanaka, Masaru Yamashita, Tetsuo Yazawa

    High performance membranes having aligned nanopores were prepared by an organic-inorganic hybrid process using an electric field to align the liquid crystal molecules therein. © 2004 Royal Society of Chemistry.

    2004年, Chemical Communications, 4 (10), 1198 - 1199, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • MP Kapoor, Y Ichihashi, K Kuraoka, Y Matsumura

    Thermally stable mesoporous titanium oxide can be synthesized under non-aqueous conditions by reacting a sodium-glycotitanate(IV) complex and hexadecylamine in ethylene glycol. The mesoporous structure is retained after calcination in air at 350 degreesC for 5 h. Modification of the compound with palladium by the deposition-precipitation method results in formation of ultrafine palladium particles. Although a fairly large part of the particles are considered to be confined in the blind pores, the catalytic activity for methanol decomposition to carbon monoxide and hydrogen is significantly higher than that of palladium supported on a commercial titanium oxide. (C) 2003 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2003年05月, JOURNAL OF MOLECULAR CATALYSIS A-CHEMICAL, 198 (1-2), 303 - 308, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Catalytic methanol decomposition over palladium deposited on mesoporous cerium oxide

    MP Kapoor, Y Ichihashi, K Kuraoka, WJ Shen, Y Matsumura

    Ultrafine palladium particles can be deposited on mesoporous cerium oxide by a deposition-precipitation method. After reduction with hydrogen at 300degreesC, palladium on the mesoporous compound is cationic with a valence close to +1 whereas the particles have a metallic structure. The catalytic activity in selective methanol decomposition to hydrogen and carbon monoxide at 180degreesC is significantly higher than that of palladium supported on non-porous cerium oxide, suggesting that the mesoporous structure is advantageous to the reaction. When the palladium content is high, part of mesopores are probably choked with large palladium particles, which will cause saturation of the activity.

    KLUWER ACADEMIC/PLENUM PUBL, 2003年05月, CATALYSIS LETTERS, 88 (1-2), 83 - 87, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Synthesis of a microporous layered titanium phenylphosphonate in presence of sodium dodecylsulfate

    NK Mal, M Fujiwara, Y Yamada, K Kuraoka, M Matsukata

    Microporous layered titanium phenylphosphonate, Ti(O3PC6H5)(2) and sulfonated titanium phenylphosphonate, Ti(O3PC6H4SO3H)(0.89) (O3PC6H5)(1.1).1.8H(2)O were prepared in the presence of sodium dodecylsulfate (SDS). Interplanar spacing (d(001)) of titanium phenylphosphonate is 1.43 nm and after sulfonation it increased to 1.64 nm. The surface area of titanium phenylphosphonate is 264 m(2) g(-1).

    CERAMIC SOC JAPAN-NIPPON SERAMIKKUSU KYOKAI, 2003年04月, JOURNAL OF THE CERAMIC SOCIETY OF JAPAN, 111 (4), 219 - 221, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 耐熱性、耐有機溶剤性を有するナノ細孔を利用した新規無機-有機ハイブリッド固体電解質膜の開発

    蔵岡 孝治

    燃料電池開発情報センター, 2003年, 燃料電気, Vol.2[4],pp.59-61 (4), 59 - 61, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • ”有機-無機ハイブリッド・ナノガラス”

    山下 勝, 菊川 敬, 川部 和宏, 蔵岡 孝治, 矢澤 哲夫

    2003年, 機能性ナノガラスの最新技術と応用(監修:平尾一之・田中修平・西井準治、シーエムシー出版), pp.63-81, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Sodium extraction from the waste glass by acid leaching to obtain silica source for construction materials

    T Akai, D Chen, Y Yamamoto, T Shirakami, K Urabe, K Kuraoka, T Yazawa

    For the purpose of utilizing waste glass as construction materials, i.e., replacement of sand in cement, we studied the extraction of sodium from the soda-lime-silicate glass powders by acid solution. The soda-lime-glass having similar composition of bottle glass was ground to the size smaller than 63mum and leached in nitric acid. The fractions of leached Na and Ca were estimated by analyzing the concentration of those elements in leached solution by atomic absorption spectroscopy and inductively coupled plasma spectroscopy (ICP). The leaching behavior largely depended on the particle size and treatment temperature. It is found that the elusion of Na can be explained by diffusion equation. The preliminary reaction test for this leached glass and cement is also presented.

    AMER CERAMIC SOC, 2003年, ENVIRONMENTAL ISSUES AND WASTE MANAGEMENT TECHNOLOGIES IN THE CERAMIC AND NUCLEAR INDUSTRIES VIII, 143, 39 - 46, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Mal Nawal Kishor, 藤原 正浩, 山田 裕介, 藏岡 孝治, 松方 正彦

    Microporous layered titanium phenylphosphonate, Ti(O3PC6H5)2 and sulfonated titanium phenylphosphonate, Ti(O3PC6H4SO3H)0.89 (O3PC6H5)1.1·1.8H2O were prepared in the presence of sodium dodecylsulfate (SDS). Interplanar spacing (d001) of titanium phenylphosphonate is 1.43 nm and after sulfonation it increased to 1.64 nm. The surface area of titanium phenylphosphonate is 264m2g-1.

    Ceramic Society of Japan, 2003年, 公益社団法人日本セラミックス協会 日本セラミックス協会学術論文誌, 111 (1292), 219 - 221, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Formation of silicalite-1 in channels of novel SiO2-ZrO2 porous glass tubes used as both a silica source and a substrate

    T Jin, K Kuraoka, Y Matsumura, T Onishi, T Yazawa

    Silicalite-1 has been prepared using a novel SiO2-ZrO2 porous glass tube as both a silica source and a substrate. The SiO2ZrO2 glass tube was found to possess sufficient physical strength to enable practical use as a separation and catalytic membrane after silicate-1 deposition within its channel. This is in contrast to porous SiO2 glass which cannot be used to synthesize a silicalite-1 deposited membrane with enough physical strength to perform gas permeance measurements.

    AMER CERAMIC SOC, 2002年10月, JOURNAL OF THE AMERICAN CERAMIC SOCIETY, 85 (10), 2569 - 2571, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • NK Mal, M Fujiwara, S Ichikawa, K Kuraoka

    Novel mesolamellar niobium phosphates have been synthesized using neutral and cationic surfactants. Long range ordered mesostructured lamellar phase was obtained with hexadecylamine (HDA) as a surfactant. A cationic surfactant, cetyltrimethylammonium bromide (CTMABr) gives disordered lamellar structure. Influence of various parameters such as temperature, surfactant/Nb, H3PO4/Nb and method of preparation were studied. Mesolamellar spacing of compounds prepared using HDA is between 3.53 and 4.35 run, depending upon synthesis parameters.

    CERAMIC SOC JAPAN-NIPPON SERAMIKKUSU KYOKAI, 2002年10月, JOURNAL OF THE CERAMIC SOCIETY OF JAPAN, 110 (10), 890 - 893, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Formation of silicalite-1 in channels of novel SiO2-ZrO2 porous glass tubes used as both a silica source and a substrate

    T Jin, K Kuraoka, Y Matsumura, T Onishi, T Yazawa

    Silicalite-1 has been prepared using a novel SiO2-ZrO2 porous glass tube as both a silica source and a substrate. The SiO2ZrO2 glass tube was found to possess sufficient physical strength to enable practical use as a separation and catalytic membrane after silicate-1 deposition within its channel. This is in contrast to porous SiO2 glass which cannot be used to synthesize a silicalite-1 deposited membrane with enough physical strength to perform gas permeance measurements.

    AMER CERAMIC SOC, 2002年10月, JOURNAL OF THE AMERICAN CERAMIC SOCIETY, 85 (10), 2569 - 2571, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Preparation of surface modified porous membranes and their pervaporation properties

    T Jin, K Kuraoka, T Yazawa

    The porous glass membrane modified by hydrophobic organocompound such as octadecyldimethylchlorosilane was prepared and methanol separation using this membrane was attempted to carry out by pervaporation technique.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2002年09月, DESALINATION, 148 (1-3), 17 - 18, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Preparation of surface modified porous membranes and their pervaporation properties

    T Jin, K Kuraoka, T Yazawa

    The porous glass membrane modified by hydrophobic organocompound such as octadecyldimethylchlorosilane was prepared and methanol separation using this membrane was attempted to carry out by pervaporation technique.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2002年09月, DESALINATION, 148 (1-3), 17 - 18, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Increasing the stability of silver(I) ions in inorganic-organic hybrid membranes for C2H4/C2H6 separation by using weakly self-coordinating anions of the silver salts

    C. Su, K. Kuraoka, T. Yazawa

    SPRINGER, 2002年04月, Journal of Materials Science letters, 21 (7), 525 - 527, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Synthesis, characterization and catalytic properties of mesoporous titanostanno silicate, Ti-Sn-MCM-41

    NK Mal, P Kumar, M Fujiwara, K Kuraoka

    Mesoporous titanostanno silicate, Ti-Sn-M-CM-41 was prepared by direct hydrothermal synthesis. Samples were characterized using XRD, SEM, UV-visible, FT-IR, Sorption techniques (N-2 and H2O), TG-DTA and Si-29 MAS NMR. Sn-containing samples are more hydrophilic in nature and contain more hydroxyl groups in comparison to Si-MCM-41. The selectivity of cyclohexene to cyclohexene oxide in the presence of tert-butyl hydroperoxide over Sn-Ti-MCM-41 is higher than Ti-MCM-41.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2002年, IMPACT OF ZEOLITES AND OTHER POROUS MATERIALS ON THE NEW TECHNOLOGIES AT THE BEGINNING OF THE NEW MILLENNIUM, PTS A AND B, 142, 1379 - 1386, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Restructured V-MCM-41 with non-leaching vanadium and improved hydrothermal stability prepared by secondary synthesis

    NK Mal, P Kumar, M Fujiwara, K Kuraoka

    Restructured V-MCM-41 prepared using parent V-MCM-41 (calcined form) via secondary synthesis possessing non-leaching vanadium in framework shows remarkable hydrothermal stability. Samples were characterized using various techniques such as XRD, N-2-sorption, UV-visible, FT-IR, TG-DTA and V-51 MAS NMR. Activity of parent and restructured V-MCM-41 were compare in the oxidation of toluene and 1-naphthol in the presence of aqueous H2O2. Conversion of toluene and 1-naphthol over reused restructured V-MCM-41 are 2 fold more than that of parent V-MCM-41 with similar Si/V ratio.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2002年, IMPACT OF ZEOLITES AND OTHER POROUS MATERIALS ON THE NEW TECHNOLOGIES AT THE BEGINNING OF THE NEW MILLENNIUM, PTS A AND B, 142, 1307 - 1314, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • MP Kapoor, A Bhaumik, S Inagaki, K Kuraoka, T Yazawa

    Titanium containing ethane bridged hybrid mesoporous materials with uniform hexagonal arrangement are prepared by two different routes and characterized using several analytical techniques. The effect of substitution of bridged silsesquioxane precursors for siloxane precursors on the properties of resultant mesoporous bulk materials are also evaluated and discussed in term of mesoscopic order and oxidation catalysis. The materials are highly hydrophobic and selectively epoxidize the alpha-pinene to alpha-pinene oxide ( with >99% selectivity) and display high hydrogen peroxide efficiencies.

    ROYAL SOC CHEMISTRY, 2002年, JOURNAL OF MATERIALS CHEMISTRY, 12 (10), 3078 - 3083, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • K Kuraoka, T Hirano, T Yazawa

    A high gas selectivity, high flexibility glass hollow-fiber membrane based on spinodal phase separation has been prepared by direct winding from glass melt, followed by acid leaching processing.

    ROYAL SOC CHEMISTRY, 2002年, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 6 (6), 664 - 665, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Effect of Additive ZrO2 on spinodal phase separation and pore distribution of borosilicate glasses

    W.-F. Du, K. Kuraoka, T. Akai, T. Yazawa

    Sodium borosilicate porous glasses arising from spinodal phase separation are promising functional materials for separation membranes, enzyme and catalyst supports, and photonic materials. The present paper studied the effect of the additive of ZrO2 on the spinodal phase separation and pore distribution of the sodium borosilicate glasses using B-11 nuclear magnetic resonance spectrum, Si-29 nuclear magnetic resonance spectrum, mercury measurement, and nitrogen adsorption techniques. The experimental results showed that ZrO2 inhibited both the initiation process in early stage and the coarsening process in later stage of the spinodal phase separation. The pore volume was found to decrease slightly with the addition of ZrO2 at the beginning. However, when ZrO2 content > 7 mass%, the pore volume decreases dramatically with further addition of ZrO2. 65% of the pore volume in the sample without addition of ZrO2 will be lost when the addition amount of ZrO2 increases from 0 to 10 mass%. The inhibition effect on the pore volume is due to the structural change of boron network by the introduction of ZrO2. The oxygen defects, such as oxygen vacancy, which initiates the spinodal phase separation, are reduced during the transformation process from four-coordinated boron to three-coordinated boron by the introduction of ZrO2. The growth of the pore size of the sample, which is controlled by the dynamic process of coarsening in the later stage of the spinodal phase separation, is also inhibited by the introduction of ZrO2. With the addition of zirconia, the three-coordinated boron with stronger bond energy increases. This may reduce the movement of the oxygen-contained boron groups during mass transfer of the coarsening process of the spinodal phase separation, and consequently inhibit the growth of the pore size.

    AMER CHEMICAL SOC, 2001年12月, The Journal of Physical Chemistry B, 105 (48), 11949 - 11954, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Methanol vapor separation through the silica membrane prepared by the CVD method with the aid of evacuation

    K Kuraoka, T Kakitani, T Suetsugu, T Yazawa

    Two types of the silica membrane were prepared by the CVD with the aid of evacuation. Porous glass tubes with outer diameter of 5 mm, inner diameter of 4 mm were used as supports. Mean pore diameters of the supports were 4 mn (CVD-1) and 2 nm (CVD-2), respectively. Tetraethoxysilane (TEOS, Si(OC2H5)(4)) and oxygen were used as reactants. The inside of the membrane modules were evacuated with a vacuum pump to deposit silica near the pores preferentially. Due to evaluate methanol vapor separation, mixed gas separation of the membranes were measured using H-2-10%CH3OH and CO-10%CH3OH gas mixtures at 373 and 473 K. At 473 K, the separation factors of H-2/CH3OH were about 6 for CVD-1 and about 20 for CVD-2. These value were higher than that of the porous glass membrane with mean pore diameter of 4 mn (H-2/CH3OH = 1.2). The separation factor for CVD-2 was about 5 times as large as the theoretical Knudsen value (H-2/CH3OH = 4). (C) 2001 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2001年10月, SEPARATION AND PURIFICATION TECHNOLOGY, 25 (1-3), 161 - 166, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Ethene/Ethane (C2H4/C2H6) separation through an inorganic-organic hybrid membrane containing silver(I) ions as olefin carriers;using poly(N-vinylpyrrolidone) as a mediation agent

    C. Su, K. Kuraoka, T. Yazawa

    Novel inorganic-organic membranes that contained Ag+ ions as olefin carriers were prepared using sol-gel and dip-coating processes. The permeance of the membranes for nitrogen, helium, ethane (C2H6), and ethene (C2H4) were evaluated using the single-gas permeation method at temperatures of 298, 373, and 423 K. The results showed that the selectivity of the membranes to C2H4 against C2H6 increased as the measurement temperature increased, because the decomplexation rate of C2H4 molecules from Ag+ sites is enhanced by increases in the temperature. Fourier transform infrared spectrophotometry of the hybrid membranes and the performance of the membranes at 373 and 423 K indicated that poly(N-vinylpyrrolidone) (PVP) had a role in increasing the flexibility of the inorganic network and also served as a mediation agent to fix Ag+ ions in the polymer segments, because of the coordination interaction between the Ag+ ions and the PVP.

    AMER CERAMIC SOC, 2001年03月, Journal of the American Ceramic Society, 84 (3), 654 - 656, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hydrocarbon separation via porous glass membranes surface-modified using organosilane compounds

    K Kuraoka, Y Chujo, T Yazawa

    The present paper describes the synthesis and properties of porous glass membranes surface-modified using organosilane compounds with different hydrocarbon lengths (CnH2n+1(CH3)(2)SiCl; n = 1, 3, 8, 18). Single gas permeation through the membranes was measured at 298, 333 and 373 K using He, N-2, CO2, CH4, C2H6, C3H8, n-C4H10 and i-C4H10. The membranes showed highly selective separation of hydrocarbon gases and high permeances. Hydrocarbon gas selectivity increased with increasing carbon chain length in the hydrocarbon gases and in the organosilane compounds used. For C18 membrane (surface-modified with dimethyloctadecylchlorosilane), the ratio of the permeances, n-C4H10/N-2 was 66.6 at 298 K, 22.5 at 333 K and 14.0 at 373 K. The value at 298 K is around 100 times the theoretical Knudsen value (n-C4H10/N-2 = 0.69). Binary gas permeation at 373 K was also investigated using a gas mixture of 90% CH4-10% n-C4H10. The ideal separation factor of n-C4H10/CH4 through C18 membrane was 8.8, higher than in single gas measurement due to hindering by adsorbed molecules. To evaluate the adsorption affinities of the hydrocarbon gases CH4, C2H6, C3H8, n-C4H10 and i-C4H10 on surface-modified membranes at high temperature, dynamic flow adsorption measurement was performed at 373 K. Due to the low relative pressures, all the isotherms obtained followed Henry's adsorption equation almost exactly. Amounts of hydrocarbon gases adsorbed increased with increasing carbon chain length in the organosilane compounds. These results confirmed that surface modification of porous glass membranes using a covalently bonded molecular monolayer is a special way of altering membrane performance to introduce various organic functionalities. The main frame of surface-modified membrane was inorganic glass with rigid pore. which were modified by the organic monolayer. The permeation paths of gas molecules were maintained due to the small influence of the micro-Brownian motion of the organic chains. These surface-modified membranes, therefore, displayed high thermal stability and high permeance as well as organic functionality (high selectivity). (C) 2001 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2001年02月, JOURNAL OF MEMBRANE SCIENCE, 182 (1-2), 139 - 149, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Study of Al2O3 effect on structural change and phase separation in Na2O-B2O3-SiO2 glass by NMR

    W.-F. Du, K. Kuraoka, T. Akai, T. Yazawa

    The effect of Al2O3 on the structure change and the phase separation in Na2O-B2O3-SiO2 glass was investigated using B-11 nuclear magnetic resonance (NMR), Si-29 MAS NMR, and Al-27 MAS NMR together with infrared absorption spectroscopy and field emission scanning electron microscopy (FE-SEM). The results show that the structure change from the introduction of Al2O3 contributes greatly to the inhibition of phase separation. First, the introduction of Al2O3 imparts an ionic character to the boron-oxygen network, resulting in the formation of B-O-Al-O-Si bonds and thus increases the compatibility of the silicon network with the boron-oxygen network. Second, the addition of Al2O3 causes the sodium ion to transfer from the boron-oxygen network to AlO4 tetradedra, changing a number of four-coordinated borons into three-coordinated borons. As the bond energy of the four-coordinated boron is weaker than that of the three-coordinated boron, the -B-O-Si- bond with the four-coordinated boron in Na2O-B2O3-SiO2 glasses is easily broken and results in severe phase separation during heat treatment. However, the -B-O-Al- bond with the three-coordinated boron formed in Na2O-B2O3-SiO2-Al2O3 glasses is difficult to be broken due to the high bond energy. In addition, the silicon network in Na2O-B2O3-SiO2-Al2O3 glasses is also strengthened by the addition of Al2O3, which prevents [BO] groups from further aggregation. As a result, the tendency of the glass towards phase separation is greatly suppressed in the Na2O-B2O3-SiO2-Al2O3 system. (C) 2000 Kluwer Academic Publishers.

    KLUWER ACADEMIC PUBL, 2000年10月, Journal of Materials Science, 35 (19), 4865 - 4871, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Microporous silica xerogel membrane with high selectivity and high permeance for carbon dioxide separation

    K. Kuraoka, N. Kubo, T. Yazawa

    2000年10月, Journal of Sol-Gel Science and Technology, 19, 515 - 518, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Study of kinetics of the phase separation in sodium borate glasses

    WF Du, K Kuraoka, T Akai, T Yazawa

    The kinetics of the phase separation in 15Na(2)O-85B(2)O(3) binary glasses was investigated using B-11 nuclear-magnetic-resonance (NMR) spectra, X-ray diffraction (XRD) and scanning electron microscopy (SEM) observation. It was found that the equilibrium of the phase separation took long time due to the growth of a boron-rich phase and the composition fluctuation in Na-rich phase. Although the XRD results showed that the development of the boron-rich phase was through nucleation and growth, the NMR spectra indicated that the sodium-rich phase always occurred as amorphous glasses with fluctuation in composition during the phase separation. This may result from that the over-coordination of oxygen atoms in the sodium-rich phase, which renders difficulties in the crystallization of the sodium-rich phase with less than 75 mol% sodium oxides. It was found that, at 500 degrees C, the 15Na(2)O-85B(2)O(3) glasses was finally separated into Na2O . 9B(2)O(3) and 3Na(2)O . B2O3 rather than those being proposed by the conventional phase diagram. (C) 2000 Kluwer Academic Publishers.

    KLUWER ACADEMIC PUBL, 2000年08月, JOURNAL OF MATERIALS SCIENCE, 35 (15), 3913 - 3921, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Preparation of molecular-sieving glass hollow fiber membranes based on phase separation

    K Kuraoka, R Amakawa, K Matsumoto, T Yazawa

    Glass hollow fiber membranes with ultra-micropores (pore diameter less than 1 nm) were prepared by acid leaching. The effects of various acids and leaching times on the preparation of the membranes were investigated. It was found from acid leaching that the sodium ions of the Al-0 (composition: 62.5SiO(2)-28.3B(2)O(3)-9.2Na(2)O wt.%) and Al-3 (composition: 62.5SiO(2)-27.3B(2)O(3)-7.2Na(2)O-3.0Al(2)O(3) wt.%) glass hollow fibers were completely eluted after 10 and 90 min, respectively, with 3 mol/dm(3) HNO3, and after 30 and 90 min, respectively, with 3 mol/dm(3) H3PO4 or 3 mol/dm(3) CH3COOH. Ideal separation factors of H-2/N-2 were measured at 373 K using a gas mixture of 50% H-2-50% N-2. The membranes showed highly selective separation of hydrogen. Values for the Al-0 hollow fiber membrane treated with 3 mol/dm(3) HNO3 reached more than 80. However, ideal separation factors of H-2/N-2 for the Al-3 hollow fiber membranes treated with various acids were smaller. This is thought to be due to the addition of Al2O3. Four coordination aluminum species (AlO4-) are strongly attracted to alkali metal ions because of charge compensation. Sodium ions in the Al-3 glass hollow fibers were, therefore, prevented from moving within the glass network and the destruction of the glass network during acid leaching caused defects in the Al-3 glass hollow fiber membranes. The formation mechanism of the ultra-micropores was also investigated. From N-2 adsorption measurement and gas separation measurement, it was concluded that the ultra-micropores of the membranes were formed by elution of the phase-separated sodium borate-rich phase at sub-nanometer level and that these defect-free membranes could only be obtained by using phase separation rather than elution of homogeneously distributed ions from homogeneous glasses (no phase separation) such as the alkali-silicate glasses reported previously. (C) 2000 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2000年08月, JOURNAL OF MEMBRANE SCIENCE, 175 (2), 215 - 223, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Clarification of phase separation mechanism of sodium borosilicate glasses in early stage by nuclear magnetic resonance

    T Yazawa, K Kuraoka, T Akai, N Umesaki, WF Du

    Nuclear magnetic resonance (NMR) spectra have been used to investigate the spinodal phase separation of sodium borosilicate glasses in the early stage, in which the phase separation is induced by rapidly quenching as opposed to heat treatment at a constant temperature. The experimental results show that the spinodal phase separation occurs under the quenching rates of 10(6) and 10 Ws. Although the domain size of the phase separation increases with decreasing quenching rate, B-11 NMR spectra and Si-29 MAS NMR spectra do not vary with the change of the domain size of the spinodal phase separation resulting from oxygen diffusion on quenching. The structure-analysis by NMR measurement indicates that the oxygen diffusion is controlled by a vacancy mechanism. On the basis of these NMR data, a structural model in the initial stage of the spinodal phase separation is proposed. The model suggests that the oxygen vacancy migrates by rotating itself to neighboring-bridged oxygen and reacting with the neighboring-bridged oxygen while the coordination number of the boron and silicon does not change. By the rotation and reaction, borons are connected together along the motion trace of the vacancy. According to the model, double-boron-group chains and triborate-group chains with high connectivity may be formed on rapidly quenched sodium borosilicate glasses.

    AMER CHEMICAL SOC, 2000年03月, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B, 104 (9), 2109 - 2116, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Study of phase separation in Na2O-B2O3 glass system by nuclear magnetic resonance

    W.-F. Du, K. Kuraoka, T. Akai, T. Yazawa

    The B-11 nuclear magnetic resonance (NMR) spectra, together with X-ray diffraction (XRD) and scanning electron microscopy (SEM), have been used to investigate the phase separation in 15Na(2)O-85B(2)O(3) binary glass. Based on the present investigation we suggest that the phase equilibrium in sodium borate glasses is controlled by the rate competition of the nucleation and crystal growth between two immiscible phases rather than those being proposed by the conventional phase diagram. The experimental results show that the sodium-rich phase, after being heat-treated at 500 degrees C, was not Na2O . 4B(2)O(3) as indicated by phase diagram. The over-coordination of oxygen atoms in the sodium-rich phase rendered difficulties in the crystallization of the sodium-rich phase with less than 75 mol % sodium oxide. Therefore, the high growth rate of the boron-rich phase can force the residual glass toward much higher concentrations of sodium oxide. According to the NMR measurements, it was found that, after reaching equilibrium,: the 15Na(2)O-85B(2)O(3) glass separated into Na2O . 9B(2)O(3) and 3Na(2)O . B2O3. (C)2000 Academic Press.

    ACADEMIC PRESS INC, 2000年02月, Journal of Solid State Chemistry, 149 (2), 459 - 464, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Preparation of an MCM-41/Nafion composite material; a selective catalyst for α-methylstyrene dimerization

    M. Fujiwara, K. Kuraoka, T. Yazawa, Q. Xu, M. Tanaka, Y. Souma

    A MCM-41/Nafion(R) composite prepared from tetraethoxysilane and Nafion gel solution with cetyltrimethylammonium surfactant, is a highly selective catalyst for alpha-methylstyrene dimerization to form the corresponding acyclic dimer.

    ROYAL SOC CHEMISTRY, 2000年, Chemical Communications, 16 (16), 1523 - 1524, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • A novel method for the synthesis of ZSM-5 zeolite membranes on a porous alumina tube: the role of a dry-gel barrier in pores

    HB Zhao, T Jin, K Kuraoka, T Yazawa

    An aluminosilicate gel barrier as a zeolite precursor is first incorporated in the pores of an alumina support tube and then subjected to hydrothermal crystallization, leading to ZSM-5 zeolite membranes with high compactness at the molecular level.

    ROYAL SOC CHEMISTRY, 2000年, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 17 (17), 1621 - 1622, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • A novel inorganic-organic hybrid membrane for oxygen/nitrogen separation containing a cobalt(II) Schiff base complex as oxygen carrier using poly(N-vinylpyrrolidone) as mediator

    K Kuraoka, Y Chujo, T Yazawa

    A novel oxygen selective inorganic-organic hybrid membrane containing (N,N'-disalicylideneethylenediaminato)cobalt(ii) (salcomine) as an oxygen carrier was prepared via the sol-gel method using poly(N-vinylpyrrolidone) (PVP) as the mediation agent.

    ROYAL SOC CHEMISTRY, 2000年, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 24 (24), 2477 - 2478, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 杜 偉坊, 蔵岡 孝治, 赤井 智子, 矢澤 哲夫

    The kinetics of phase separation in 15Na2O⋅85B2O3 binary glass was investigated using 11B nuclear-magnetic-resonance (NMR) spectra together with X-ray diffraction (XRD) and scanning electron microscopy (SEM). The experimental results showed that the product of sodium-rich phase after heat-treated at 500°C was not Na2O⋅4B2O3 as suggested by previous phase diagram. It was found that the high growth rate of boron-rich phase can force residual glass to much higher concentrations of sodium oxide. After reaching equilibrium, a 15Na2O⋅85B2O3 glass was separated into Na2O⋅9B2O3 and 3Na2O⋅B2O3 according to NMR measurement.

    公益社団法人日本セラミックス協会, 1999年12月01日, 日本セラミックス協会学術論文誌, 107 (1252), 1151 - 1155, 英語

  • W.-F. Du, K. Kuraoka, T. Akai, T. Yazawa

    The kinetics of phase separation in 15Na(2)O . 85B(2)O(3) binary glass was investigated using B-11 nuclear-magnetic-resonance (NMR) spectra together with X-ray diffraction (XRD) and scanning electron microscopy (SEM). The experimental results showed that the product of sodium-rich phase after heat-treated at 500 degrees C was not Na2O . 4B(2)O(3) as suggested by previous phase diagram. It was found that the high growth rate of boron-rich phase can force residual glass to much higher concentrations of sodium oxide. After reaching equilibrium, a 15Na(2)O . 85B(2)O(3) glass was separated into Na2O . 9B(2)O(3) and 3Na(2)O . B2O3 according to NMR measurement.

    CERAMIC SOC JAPAN-NIPPON SERAMIKKUSU KYOKAI, 1999年12月, Journal of the Ceramic Society of Japan, 107 (12), 1151 - 1155, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Characterization of pores arising from spinodal phase separation in quenched sodium borosilicate glasses

    WF Du, K Kuraoka, T Yazawa

    The characterization of pores arising from spinodal phase separation in quenched sodium borosilicate glasses is investigated. Theory predicts that the wavelength of the initial stage for spinodal phase separation on cooling is ca. 5-10 nm, whereas after acid leaching, the size of the pore based on so-called spinodal decomposition is much smaller with pores formed in quenched sodium borosilicate glass after leaching being of micropore type with radii of <1 nm. The acid leaching model proposed in the present study suggests that the characteristics of the pores in the quenched glass result from the small amplitude of the spinodal decomposition wave on cooling.

    ROYAL SOC CHEMISTRY, 1999年11月, JOURNAL OF MATERIALS CHEMISTRY, 9 (11), 2723 - 2725, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Effect of cooling rate on pore distribution in quenched sodium borosilicate glasses

    T. Yazawa, K. Kuraoka, W.-F. Du

    1999年10月, The Journal of Physical Chemistry B, 103, 9841 - 9845, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Permeation of methanol vapor through silica membranes prepared by the CVD method with the aid of evacuation

    K Kuraoka, SG Zhang, K Okita, T Kakitani, T Yazawa

    Silica membranes were prepared by depositing silica on porous glass tubes with the aid of evacuation using tetraethoxysilane as a reactant in the temperature range 673-773 K. The basic permeation properties of methanol vapor in gas phase were investigated. This membrane appears to hinder permeation of methanol vapor. This behavior is quite different from the original porous glass and other reported membranes. The separation factors of He/CH3OH were 7.1 at 373 K and 16.9 at 473 K. These values are much higher than the Knudsen value (He/CH3OH=2.8). The permeances of He and N-2 through this membrane were also measured for varying temperatures in order to investigate the permeation mechanism. Gas permeation through the membrane was predominantly governed by an activated diffusion mechanism. (C) 1999 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 1999年07月, JOURNAL OF MEMBRANE SCIENCE, 160 (1), 31 - 39, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Preparation of tubular silica-glass membranes with thin silica layers by sputtering, using the novel sputtering apparatus for tubular supports

    K Kuraoka, T Yazawa

    Tubular SiO2-glass membranes with thin, dense SiO2 layers on porous glass supports were prepared via sputtering, using the novel sputtering apparatus for tubular supports. This apparatus had a holder for tubular supports and a rotation mechanism, The sputtering conditions of the membranes were investigated. A support temperature of 573 K was determined to be the best among the temperatures that were selected in our experiments. Scanning electron microscopy observations showed that the membrane surfaces became smooth as the sputtering time increased and had no cracks. The permeances of helium, nitrogen, and CO2 were measured at a temperature of 373 K, The permeances for the membranes were on the order of 10(-9) mol.m(-2).s(-1).Pa-1 (10(-5) cm(3)(STP).cm(-2).s(-1).(cm Hg)(-1)). The ratio of the permeances of helium to nitrogen was similar to the theoretical Knudsen value. These values were much lower than the values that were expected from the dense SiO2 glass. This phenomenon was considered to be attributable to the presence of microcracks during the sputtering deposition.

    AMER CERAMIC SOC, 1999年05月, JOURNAL OF THE AMERICAN CERAMIC SOCIETY, 82 (5), 1325 - 1328, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Application of organic-inorganic polymer hybrids as selective gas permeation membranes

    R Tamaki, Y Chujo, K Kuraoka, T Yazawa

    The gas permeability of polymer hybrid membranes has been investigated. The membranes were prepared by dip-coating a methanol solution of poly(N-vinylpyrrolidone) (PVP) and methyltrimethoxysilane (MTMOS) on porous glass tubes. The permeance was measured by using N-2, CO2 and He separately at a pressure of 1 kg cm(-2). It was found that the permeance of these gases all increased with temperature in the PVP hybrid membranes. In particular, the permeance of He increased at a much greater rate with temperature, resulting in high selectivity against N-2. For instance, the permeance of He is 150 times greater than that of N-2 at 100 degrees C. The results indicate the dense structure of PVP hybrid membranes as confirmed by SEM observations. The hybrid membranes also exhibited high selectivity of CO2 against N-2. This could be attributed to the high polarity of amide groups in PVP chains which would facilitate the sorption of CO2. These polymer hybrid membranes were also found to have high thermal stability compared to organic polymer membranes.

    ROYAL SOC CHEMISTRY, 1999年, JOURNAL OF MATERIALS CHEMISTRY, 9 (8), 1741 - 1746, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Production of carbon monoxide and hydrogen by methanol decomposition over nickel dispersed on porous glass

    Y Matsumura, K Kuraoka, T Yazawa, M Haruta

    The methanol decomposition to carbon monoxide and hydrogen is catalyzed at 200 degrees C over nickel supported on porous glasses of which major pore diameters are 4, 19, and 45 nm. The catalyst in which the crystallite size of nickel is close to the pore diameter of 19 nm is the most active while in other samples the crystallite size is significantly different from the pore diameter, suggesting that the reaction over nickel particles is enhanced in the pore of which size is close to that of the particles. (C) 1998 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 1998年10月, CATALYSIS TODAY, 45 (1-4), 191 - 196, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Trial for preparation of glass capillary membranes by elution of alkali metal ions

    K Kuraoka, Z Qun, K Kushibe, T Yazawa

    The gas separation characteristics of ultramicroporous glass capillary membranes were investigated. Glass capillary membranes which had ultramicropores (pore diameter less than 1 nm) were prepared by elution of alkali metal ions from glass capillaries, It was found from elution treatment that alkali metal ions of 3.5 Na (composition: 77.8 SiO2, 22.2 Na2O mol%) and 3.5 K (composition: 77.8 SiO2, 22.2 K2O mol%) glass capillaries were completely eluted after 90 and 10 minutes with 3 mol/L HNO3, 240 and 10 minutes with 3 mol/L CH3COOH and 3 mol/L H3PO4, respectively. Permeations of N-2, He, and CO2 were measured at 298, 373, and 473 K. Permeation rates of the 3.5 Na and 3.5 K glass capillary membranes were 1-10(-1) (cm(3)(STP).cm(-2).s(-1).cmHg(-1)). The ratios of permeation rates, CO2/N-2 and He/N-2, were similar to the theoretical Knudsen values.

    MARCEL DEKKER INC, 1998年, SEPARATION SCIENCE AND TECHNOLOGY, 33 (3), 297 - 309, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Preparation of Core-Shell Structured Superfine-Particle Dispersed Glasses

    Norio Murase, Koji Kuraoka, Tetsuo Yazawa

    A sol-gel method has been used to prepare particle-dispersed glasses containing superfine (less than 30 nm in diameter) particles of cuprous oxide Cu(2)O. The Xray diffraction spectrum of the bulk material and the absorption spectra of thin (less than 1 mu m thick) films show that partial reduction induced by an exposure to H(2) produces core-shell-structured (Cu(2)O core and Cu shell) superfine-particle-dispersed glasses. Those glasses are stable in a dry atmosphere.

    GORDON BREACH PUBLISHING, TAYLOR & FRANCIS GROUP, 1998年, MOLECULAR CRYSTALS AND LIQUID CRYSTALS SCIENCE AND TECHNOLOGY SECTION A-MOLECULAR CRYSTALS AND LIQUID CRYSTALS, 314, 273 - 278, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Development and disappearance of microporous structure in acid treated E-glass fiber

    H Tanaka, K Kuraoka, H Yamanaka, T Yazawa

    E-glass fiber with diameter of 11-12 mu m was prepared and treated in hot dilute hydrochloric acid solution to prepare microporous glass. The surface was leached with 1 mol/l acid and microporous layer was formed. The pore volume and specific surface area of the porous layer initially increased, reached maxima and then decreased with acid treatment. Micropores developed by leaching collapsed after prolonged acid treatment as a result of structural transformation of the leached layer. The leach rate of soluble components decreased with the disappearance of micropores. The pore structure of the fibers treated with 4 mol/l acid altered similarly while the fibers were completely leached in a short period. (C) 1997 Elsevier Science B.V.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 1997年07月, JOURNAL OF NON-CRYSTALLINE SOLIDS, 215 (2-3), 262 - 270, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Polyamide-silica gel hybrids containing metal salts: Preparation via the sol-gel reaction

    CV Avadhani, Y Chujo, K Kuraoka, T Yazawa

    The hydrolysis and condensation of tetramethoxysilane in a DMF solution of polyamides containing LiCl, CaCl2 or ZnCl2, both in presence and absence of polyoxazoline, resulted in the facile formation of polyamide-silica gel hybrids. Films were cast from the resulting mixtures and evaporation of the solvent resulted in the formation of clear, transparent hybrids with the salts dispersed at the molecular level. Pyrolysis of hybrids at 600 degrees C gave porous silica. Pore size and surface characteristics of these silica gel samples indicated a porous nature with a pore radius of 1.1 nm for silica gels obtained from hybrids HPA-6 (containing no salt) and HPA-9 (containing ZnCl2) and a surface area of 213 m(2)g(-1) and 310 m(2)g(-1), respectively. Silica gel from hybrid HPA-7 (containing LiCl) had a pore radius of 1.9 nm and a surface area of 15 m(2)g(-1). The silica gel samples obtained from hybrids HPA-6, HPA-7 and HPA-9 exhibited narrow slit-like pores with a pore volume of 0.68 cm(3)g(-1).

    SPRINGER VERLAG, 1997年05月, POLYMER BULLETIN, 38 (5), 501 - 508, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Highly selective separation of CO2 and He by xerogel coated porous glass membrane

    K. Kuraoka, H. Tanaka, T. Yazawa

    SPRINGER, 1996年01月, Journal of Materials Science letters, 15 (1), 1 - 3, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • PREPARATION AND OPTICAL PROPERTY OF MONOLITHIC SILICA-GEL UNIFORMLY DISPERSED WITH GOLD COLLOID FROM AQUEOUS-SOLUTION

    T YAZAWA, K KADONO, H TANAKA, T SAKAGUCHI, S TSUBOTA, K KURAOKA, M MIYA, DX WANG

    Gold colloids were prepared from aqueous HAuCl4 solutions ranging in concentration from 0.01 to 0.05 wt% by reducing with sodium citrate and dispersed in a monolithic disk, with 35 mm diameter and 1 mm thickness, by the sol-gel method. Tetramethoxysilane is the only useful reagent as Si source. The particle size of dispersed gold colloids was about 50 nm. This silica gel had a third-order optical non-linearity and its susceptibility, chi(3), was about 7 x 10(-12) esu.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 1994年05月, JOURNAL OF NON-CRYSTALLINE SOLIDS, 170 (1), 105 - 108, 英語

    [査読有り]

MISC

  • 有機-無機ハイブリッド機能性膜の開発

    蔵岡孝治

    2022年02月, セラミックス, 57 (2), 82 - 85, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 環境に配慮した有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製とその特性

    蔵岡 孝治

    日刊工業新聞社, 2016年10月, 工業材料, 64 (10), 48 - 52, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 有機−無機ハイブリッドガスバリア膜の作製とその特性

    蔵岡 孝治

    日本包装学会, 2016年02月, 日本包装学会誌, 25 (1), 11 - 17, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 有機-無機ハイブリッドハードコート

    蔵岡 孝治

    2015年07月, 高分子, 64 (7), 431 - 432, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 有機-無機ハイブリッド生分解性ガスバリア膜の開発

    蔵岡 孝治

    2013年07月, ケミカルエンジニヤリング, 58 (7), 57 - 60, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 有機-無機ハイブリッド生分解性ガスバリア膜の開発 (小特集 先端的セラミックス材料の開発と応用)

    蔵岡 孝治

    化学工業社, 2013年07月, ケミカルエンジニヤリング, 58 (7), 537 - 540, 日本語

  • 蔵岡 孝治, 三村 治夫

    公益社団法人 日本航海学会, 2012年04月, NAVIGATION, 180号、p.52-55, 52 - 55, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 有機−無機ハイブリッドガスバリア膜の開発

    蔵岡 孝治

    日本包装技術協会, 2011年12月, 包装技術, 49[12]、20-23 (12), 842 - 845, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • プロトン照射したPADC検出器表面上液滴の接触角異常

    前田 佑介, 森 豊, 金崎 真聡, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏, 藤乗 幸子, 誉田 義英, 蔵岡 孝治

    神戸大学, 2011年07月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, 8, 21 - 29, 日本語

  • 有機-無機ハイブリッド材料をキーワードに新たに開発された機能性材料の創製

    蔵岡 孝治

    2011年03月, WEB Journal, 117、2-5, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 有機−無機ハイブリッドガスバリア膜

    蔵岡 孝治

    2011年03月, 工業材料, 59[3]、54-57, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 有機-無機ハイブリッド化による有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の創製

    蔵岡 孝治

    加工技術研究会, 2009年08月, コンバーテック, 37[8]、84-87 (8), 84 - 87, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 包装基礎講座 ガラス容器の包装材料(1)ガラスとは?

    蔵岡 孝治

    日本包装学会, 2009年02月, 日本包装学会誌, 18巻1号p.60 (1), 60 - 65, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 神戸大学機能性包装材料研究室における研究

    蔵岡 孝治

    日本包装学会, 2008年12月, 日本包装学会誌, 17巻6号p.395 (6), 395 - 401, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • T. Yazawa, T. Shojo, A. Mineshige, S. Yusa, M. Kobune, K. Kuraoka

    A proton-conducting solid electrolyte membrane based on polyvinyl phosphonic acid (PVPA) and 3-glycidoxypropyltrimethoxysilane was developed via the sol-gel process. The electrical conductivity of the organically modified membrane obtained with optimum composition was 3.7 × 10-2 S/cm at 80°C under 90% relative humidity (RH), which was sufficient for its practical use as a solid electrolyte for fuel cells. In addition, a membrane based on polyphosphoric acid (PPA) and alkoxysilane was fabricated for comparison, by employing polyethylene glycol dimethacrylate (PDM) as an additive. Although the PPA system (with PDM) exhibited similar electrical conductivity to the PVPA system, the latter had superior mechanical strength and flexibility. Furthermore, the PVPA-based membrane with optimum composition was thermally stable up to ca. 200°C. The membrane exhibited electrical conductivity of 1.3 × 10-2 S/cm at 125°C even under 30% RH, which was similar to that of Nafion® at the same temperature under 100% RH. © 2008 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    2008年04月, Fuel Cells Bulletin, 2008 (4), 12 - 16

  • 多孔質ガラスを用いた有機-無機ハイブリッド固体電解質膜の開発

    蔵岡 孝治

    ニュ-ガラスフォ-ラム, 2008年03月, NEW GLASS, 23[1], 12-16 (1), 12 - 16, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 有機無機ハイブリッド法による配向膜の作製 (特集 ナノガラスプロジェクトの成果と展望) -- (産総研関西センターの成果と展望)

    山下 勝, 赤井 智子, 蔵岡 孝治

    ニュ-ガラスフォ-ラム, 2006年, ニュ-ガラス, 21 (2), 21 - 24, 日本語

  • ナノプロジェクト研究最前線 多孔質ガラスの表面改質反応を用いた有機-無機ハイブリッド導電性膜の作製

    菊川 敬, 蔵岡 孝治, 矢澤 哲夫

    ニュ-ガラスフォ-ラム, 2003年, ニュ-ガラス, 18 (1), 40 - 43, 日本語

  • 研究最先端 気体分離用無機膜

    蔵岡 孝治, 矢沢 哲夫

    ニュ-ガラスフォ-ラム, 1996年12月, ニュ-ガラス, 11 (4), 45 - 48, 日本語

  • ガス分離用無機多孔膜

    田中 博史, 矢沢 哲夫, 蔵岡 孝治

    工業技術院大阪工業技術研究所, 1994年12月, 大阪工業技術研究所季報, 45 (4), p137 - 154, 日本語

書籍等出版物

  • ”第4章有機無機ハイブリッドによる高耐熱樹脂の作製技術 第7節有機-無機ハイブリッド生分解性材料の作製と耐熱性向上”、高耐熱樹脂の開発事例集

    蔵岡 孝治

    その他, 技術情報協会, 2018年07月, 日本語

    学術書

  • 最新高機能コーティングの技術・材料・評価(第3編コーティング材料と応用 第7章有機-無機ハイブリッドガスバリア膜)

    蔵岡 孝治

    その他, シーエムシー出版, 2015年11月, 日本語

    学術書

  • ゾル-ゲル法の最新応用と展望(第7章環境・生体応用 4 有機-無機ハイブリッドガスバリア膜)

    蔵岡 孝治

    その他, シーエムシー出版, 2014年02月, 日本語

    学術書

  • 透明性を損なわないフィルム・コーティング剤への機能性付与(第7章第5節 マイクロ波照射によるシリカ/ポリビニルアルコール有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製と膜特性)

    蔵岡 孝治

    その他, 技術情報協会, 2012年11月, 日本語

    学術書

  • バリアフィルムの高機能化・評価 事例集(第3章第3節 マイクロ波照射によるシリカ/ポリビニルアルコール有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製と膜特性)

    蔵岡 孝治

    その他, 技術情報協会, 2010年07月, 日本語

    学術書

  • 剥離対策と接着・密着性の向上(第5章第9節 有機-無機ハイブリッドハードコート膜及びガスバリア膜の作製とその膜特性)

    蔵岡 孝治

    共著, サイエンス&テクノロジー株式会社, 2010年05月, 日本語

    学術書

  • プラスチックハードコート材料の最新技術(第6章機能 5ガスバリア性)

    蔵岡 孝治

    単著, シーエムシー出版, 2008年10月, 日本語

    学術書

  • プラスチックハードコート材料の最新技術(第2章調整法 3気相法)

    蔵岡 孝治

    単著, シーエムシー出版, 2008年10月, 日本語

    学術書

  • プラスチック基材を中心としたハードコート膜における材料設計・塗工技術と硬度の向上(第1章第1節[7] 無機マトリックス中に有機高分子を分散させた有機-無機ハイブリッドハードコート膜の作製とその特性)

    蔵岡 孝治

    共著, 技術情報協会, 2005年04月, 日本語

    学術書

講演・口頭発表等

  • 有機構造規定剤を用いた無機-有機ハイブリッド二酸化炭素(CO2)分離膜のCO2分離特性

    蔵岡孝治, 平田俊輝

    日本セラミックス協会第35回秋季シンポジウム, 2022年09月16日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • ポリアクリロニトリルを用いたグラフェン分散有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の開発

    池康平, 蔵岡孝治

    日本包装学会第31回年次大会, 2022年07月21日, 日本語

    ポスター発表

  • グラフェンを分散したシリカ/ポリビニルアルコール有機-無機ハイブリッドガスバリア膜のガスバリア特性

    蔵岡孝治, 平山大悟

    日本包装学会第31回年次大会, 2022年07月21日, 日本語

    ポスター発表

  • アセチルセルロースを用いた海洋生分解性有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の開発

    古賀結子, 蔵岡孝治

    日本包装学会第31回年次大会, 2022年07月21日, 日本語

    ポスター発表

  • ポリ乳酸を用いた有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製とその特性評価

    文能陽利, 蔵岡孝治

    日本包装学会第31回年次大会, 2022年07月21日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 層状複水酸化物を用いた温度応答性を持つ有機-無機コンポジットガスバリア膜の作製と特性評価

    金子和樹, 池田真吾, 蔵岡孝治

    日本包装学会第31回年次大会, 2022年07月21日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • ポリビニルアルコールを用いたグラフェン分散有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製と膜特性評価

    宮瀬秀和, 蔵岡孝治

    日本包装学会第31回年次大会, 2022年07月21日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 有機構造規定剤用いた有機-無機ハイブリッド二酸化炭素分離膜の作製とその特性評価

    平田俊輝, 蔵岡孝治

    第60回セラミックス基礎科学討論会, 2022年01月09日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 塩基性の異なるアミノ基を有する有機-無機ハイブリッド二酸化炭素分離膜の作製

    蔵岡孝治, 山本崚雅, 竹内雄作

    第60回セラミックス基礎科学討論会, 2022年01月09日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • アミノ基を有する有機-無機ハイブリッド二酸化炭素(CO2)分離膜のCO2分離特性

    蔵岡孝治, 山本崚雅, 竹内雄作

    日本セラミックス協会第34回秋季シンポジウム, 2021年09月02日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 有機-無機コンポジット膜のガスバリア性に対する層状複水酸化物粒径の影響

    池田真吾, 金子和樹, 蔵岡孝治

    日本包装学会第30回年次大会, 2021年07月02日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • グラフェンを分散した有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製

    宮瀬秀和, 蔵岡孝治

    日本包装学会第30回年次大会, 2021年07月01日, 日本語

    ポスター発表

  • 生分解性高分子を用いた有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製

    文能陽利, 蔵岡孝治

    日本包装学会第30回年次大会, 2021年07月01日, 日本語

    ポスター発表

  • 層状複水酸化物を用いた温度応答性を持つ有機-無機コンポジットガスバリア膜の作製

    金子和樹, 池田真吾, 蔵岡孝治

    日本包装学会第30回年次大会, 2021年07月01日, 日本語

    ポスター発表

  • グラフェンを分散したシリカ/ポリアクリロニトリル有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製

    蔵岡孝治, 中川涼

    日本包装学会第30回年次大会, 2021年07月01日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • シリカ/変性ポリビニルアルコール有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製と膜特性評価

    原田直輝, 光田祥貢, 蔵岡孝治

    日本包装学会第30回年次大会, 2021年07月01日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 無機-有機ハイブリッド二酸化炭素分離膜の気体透過特性

    蔵岡孝治, 浅井博敬, 平田俊輝

    日本セラミックス協会2021年年会, 2021年03月24日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • アミノ基を有する有機-無機ハイブリッド二酸化炭素分離膜の作製とその特性評価

    山本崚雅, 蔵岡孝治

    第59回セラミックス基礎科学討論会, 2021年01月07日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 有機-無機ハイブリッド固体電解質膜の作製と膜特性評価

    中野勇輝, 蔵岡孝治

    第59回セラミックス基礎科学討論会, 2021年01月07日, 日本語

  • 有機-無機ハイブリッドを用いた防食・防錆塗料の作製とその特性評価

    宮元優誠, 蔵岡孝治

    第59回セラミックス基礎科学討論会, 2021年01月07日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • Mg-Al系層状複水酸化物を用いたナノコンポジットガスバリア膜の作製

    金子和樹, 池田真吾, 蔵岡孝治

    日本包装学会第29回年次大会, 2020年07月15日, 日本語

  • 光重合性ポリシルセスキオキサンを用いた有機‐無機ハイブリッドガスバリア膜のガスバリア特性

    蔵岡孝治, 小坂誠二郎, 加藤秀利, 関浩康

    日本包装学会第29回年次大会, 2020年07月15日, 日本語

  • 変性ポリビニルアルコール/セルロースナノクリスタルナノコンポジットガスバリア膜の作製

    原田直輝, 蔵岡孝治, 光田祥貢

    日本包装学会第29回年次大会, 2020年07月15日, 日本語

  • グラフェンを分散した有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製と膜特性評価

    中川涼, 蔵岡孝治

    日本包装学会第29回年次大会, 2020年07月15日, 日本語

  • 無機−有機ハイブリッド二酸化炭素分離膜のガス分離特性

    蔵岡 孝治, 浅井 博敬, 平田 俊輝

    日本セラミックス協会2020年年会, 2020年03月18日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 有機-無機ハイブリッド酸素分離膜の作製とその特性評価

    森山 和友, 蔵岡 孝治

    第58回セラミックス基礎科学討論会, 2020年01月09日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 有機-無機ハイブリッド油水分離膜の作製とその特性評価

    野村 悠斗, 蔵岡 孝治

    第58回セラミックス基礎科学討論会, 2020年01月09日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 架橋構造を導入したシリカ/セルロース有機‐無機ハイブリッドガスバリア膜のガスバリア特性

    蔵岡 孝治, 岩崎 友美

    第58回セラミックス基礎科学討論会, 2020年01月09日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • Gas barrier properties of organic-inorganic hybrid gas barrier membranes using surface modified layered double hydroxide

    蔵岡 孝治, 三木万海

    Pacific Rim Conference of Ceramic Societies 13 (PACRIM13), 2019年10月28日, 英語, 国際会議

    ポスター発表

  • 架橋構造を導入したスメクタイト分散シリカ/ポリビニルアルコール有機‐無機ハイブリッドガスバリア膜のガスバリア特性

    蔵岡 孝治, 原谷 知宏

    日本包装学会第28回年次大会, 2019年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京大学、東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 陰イオン交換した層状複水酸化物を用いた感温性ガスバリア膜の作製

    池田 真吾, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第28回年次大会, 2019年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京大学、東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • グラフェンを用いた有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製と膜特性評価

    平山 大悟, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第28回年次大会, 2019年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京大学、東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • グラフェンを用いた有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製

    中川 涼, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第28回年次大会, 2019年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京大学、東京, 国内会議

    ポスター発表

  • Preparation and Characterization of Chitosan/Silica/Titania Organic-inorganic Nano Hybrid Antibacterial Membranes

    崔 冬冬, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第28回年次大会, 2019年07月, 英語, 日本包装学会, 東京大学、東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 有機-無機ハイブリッド酸素分離膜の作製とその分離特性

    蔵岡 孝治, 森山 和友

    日本セラミックス協会2019年年会, 2019年03月, 日本語, 日本セラミックス協会, 工学院大学(新宿キャンパス), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリイミド樹脂のウランイオンを含む重イオンに対する応答特性

    山内 知也, 楠本 多聞, 酒井 盛寿, 吉田 敦, 神原 正, 小平 聡, 金崎 真聡, 小田 啓二, 蔵岡 孝治, レミ バリオン

    第33回固体飛跡検出器研究会, 2019年03月, 英語, 名古屋大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒドロキシル基生成密度によるPADC飛跡検出器応答特性の記述

    山内 知也, 楠本 多聞, 東 和樹, 小平 聡, 金崎 真聡, 小田 啓二, 蔵岡 孝治, レミ バリオン

    第33回固体飛跡検出器研究会, 2019年03月, 日本語, 名古屋大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 層状化合物を分散したシリカ/ポリビニルアルコール有機−無機ハイブリッドガスバリア膜の作製とガスバリア特性

    蔵岡 孝治, 原谷 知宏

    第57回セラミックス基礎科学討論会, 2019年01月, 日本語, 仙台国際センター、宮城, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリ塩化ビニリデン/クレイナノコンポジットガスバリア膜の作製と膜特性評価

    新免 正史, 蔵岡 孝治

    第57回セラミックス基礎科学討論会, 2019年01月, 日本語, 仙台国際センター、宮城, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 有機-無機ハイブリッド二酸化炭素分離膜の作製とその特性評価

    浅井 博敬, 蔵岡 孝治

    日本セラミックス協会第31回秋季シンポジウム, 2018年09月, 日本語, 日本セラミックス協会, 名古屋工業大学、愛知, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 表面修飾層状複水酸化物を用いた有機‐無機ハイブリッドガスバリア膜の作製とガスバリア特性

    蔵岡 孝治, 三木 万海

    日本セラミックス協会第31回秋季シンポジウム, 2018年09月, 日本語, 日本セラミックス協会, 名古屋工業大学、愛知, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 様々な溶媒を用いた感温度性ナノコンポジット膜の作製と特性評価

    池田 真吾, 村上 知弘, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第27回年次大会, 2018年07月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 表面修飾層状複水酸化物を用いた有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製と膜特性

    蔵岡 孝治, 三木 万海

    日本包装学会第27回年次大会, 2018年07月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 重合性ポリシルセスキオキサンを用いた有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製と膜特性評価

    小坂 誠二郎, 蔵岡 孝治, 関 浩康, 加藤 秀利

    日本包装学会第27回年次大会, 2018年07月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • グラフェンを用いた有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製

    平山 大悟, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第27回年次大会, 2018年07月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    ポスター発表

  • シリカ/ポリエチレンイミン有機-無機ハイブリッド油水分離膜の作製とその特性

    蔵岡 孝治, 田中 拓磨

    日本セラミックス協会2018年年会, 2018年03月, 日本語, 東北大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 実用化に向けた高CO2透過性を有するシリカ系ガス分離膜の開発

    長谷川 寛篤, 溝嶋 浩文, 蔵岡 孝治

    膜シンポジウム2017, 2017年11月, 日本語, 日本膜学会, 富山大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 高CO2透過性を有するシリカ系ガス分離膜の開発

    長谷川 寛篤, 溝嶋 浩文, 蔵岡 孝治

    化学工学会第49回秋季大会, 2017年09月, 日本語, 名古屋大学、愛知, 国内会議

    ポスター発表

  • 架橋構造を導入したシリカ/セルロース有機‐無機ハイブリッドガスバリア膜の作製とガスバリア特性

    蔵岡 孝治, 岩崎 友美

    日本セラミックス協会第30回秋季シンポジウム, 2017年09月, 日本語, 日本セラミックス協会, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Anomalous increase of the contact angle of water droplets on the surface of PADC detector exposed to proton

    Tamon Kusumoto, Koji Kuraoka, Yutaka Mori, Masato Kanasaki, Satoshi Kodaira, Yoshihide Honda, Sachiko Tojo, Remi Barillon, Tomoya Yamauchi

    27th International Conference on Nuclear Tracks and Radiation Measurements, 2017年08月, 英語, The University of Strasbourg, 国際会議

    ポスター発表

  • 層状複水酸化物を用いた有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製と膜特性評価

    三木 万海, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第26回年次大会, 2017年07月, 日本語, 東京大学、東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 層状複水酸化物を用いた感温性ガスバリア膜の作製

    池田 真吾, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第26回年次大会, 2017年07月, 日本語, 東京大学、東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重合性ポリシルセスキオキサンを用いた有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製

    小坂 誠二郎, 蔵岡 孝治, 関 浩康, 加藤 秀利

    日本包装学会第26回年次大会, 2017年07月, 日本語, 東京大学、東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 架橋構造を導入したシリカ/セルロース有機‐無機ハイブリッドガスバリア膜の作製と膜特性

    蔵岡 孝治, 岩崎 友美

    日本包装学会第26回年次大会, 2017年07月, 日本語, 東京大学、東京, 国内会議

    ポスター発表

  • シアネート樹脂を用いた有機‐無機ハイブリッド材料の作製とその物性評価

    濱口 達也, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第26回年次大会, 2017年07月, 日本語, 東京大学、東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリシルセスキオキサンを用いた有機-無機ハイブリッドガスバリア膜のガスバリア特性

    蔵岡 孝治, 新免 佑太, 小坂 誠二郎, 関 浩康, 加藤 秀利

    日本セラミックス協会2017年年会, 2017年03月, 日本語, 日本大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 有機-無機ハイブリッド二酸化炭素分離膜の作製と気体透過特性

    中谷 遼, 蔵岡 孝治

    第55回セラミックス基礎科学討論会, 2017年01月, 日本語, 岡山コンベンションセンター、岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 層状複水酸化物を用いた有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製

    三木 万海, 蔵岡 孝治

    膜シンポジウム2016, 2016年12月, 日本語, 関西大学、大阪, 国内会議

    ポスター発表

  • 実用化を目指したシリカ系CO2分離膜の開発と分離特性の評価

    小山 昭洋, 長谷川 寛篤, 渡邉 公浩, 蔵岡 孝治

    膜シンポジウム2016, 2016年12月, 日本語, 関西大学、大阪, 国内会議

    ポスター発表

  • 有機修飾層状複水酸化物を用いた有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製

    蔵岡 孝治, 塩野 剛, 三木 万海

    日本セラミックス協会第29回秋季シンポジウム, 2016年09月, 日本語, 広島大学、広島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 実用化を目指したシリカ系CO2分離膜の開発

    小山 昭洋, 長谷川 寛篤, 渡邉 公浩, 蔵岡 孝治

    化学工学会第48回秋季大会, 2016年09月, 日本語, 徳島大学、徳島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ゾルゲル法により作製した実用サイズシリカ管状膜のCO2分離

    長谷川 寛篤, 小山 昭洋, 渡邉 公浩, 蔵岡 孝治

    化学工学会第48回秋季大会, 2016年09月, 日本語, 徳島大学、徳島, 国内会議

    ポスター発表

  • 層状複水酸化物を用いた有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製

    蔵岡 孝治, 三木 万海

    日本包装学会第25回年次大会, 2016年07月, 日本語, 神戸大学、兵庫, 国内会議

    ポスター発表

  • 層状化合物を分散した有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製とその膜特性評価

    原谷 知宏, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第25回年次大会, 2016年07月, 日本語, 神戸大学、兵庫, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリシルセスキオキサンを用いた有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製とガスバリア特性

    蔵岡 孝治, 新免 佑太, 小坂 誠二郎, 関 浩康, 加藤 秀利

    日本包装学会第25回年次大会, 2016年07月, 日本語, 神戸大学、兵庫, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • シリカ/セルロース有機‐無機ハイブリッドガスバリア膜の作製と膜特性評価

    岩崎 友美, 蔵岡 孝治, 西岡 幸泰, 小林 理規, 竹内 秀治

    日本包装学会第25回年次大会, 2016年07月, 日本語, 神戸大学、兵庫, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Preparation of silica/hydrophilic polymer inorganic-organic hybrid oil/water separation membranes via sol-gel method

    田中 拓磨, 蔵岡 孝治

    The 10th Conference of Aseanian Membrane Society (AMS10), 2016年07月, 英語, 奈良春日野国際フォーラム甍~I・RA・KA~、奈良, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Preparation and gas barrier properties of silica/starch organic-inorganic hybrid gas barrier membranes with cross-linked structure

    蔵岡 孝治, 金澤 未祐

    The 10th Conference of Aseanian Membrane Society (AMS10), 2016年07月, 英語, 奈良春日野国際フォーラム甍~I・RA・KA~、奈良, 国際会議

    ポスター発表

  • Preparation and gas barrier properties of silica/chitosan organic-inorganic hybrid gas barrier membranes with cross-linked structure

    蔵岡 孝治, 山本 梨紗子

    The 10th Conference of Aseanian Membrane Society (AMS10), 2016年07月, 英語, 奈良春日野国際フォーラム甍~I・RA・KA~、奈良, 国際会議

    ポスター発表

  • 架橋構造を導入したシリカ/キトサン有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製と膜特性

    蔵岡 孝治, 山本 梨沙子

    日本セラミックス協会 2016年年会, 2016年03月, 日本語, 早稲田大学(東京), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリイミド系エッチング型飛跡検出器の重イオンに対する検出閾値

    安田 修一郎, 楠本 多聞, 池永 龍之介, 上野 琢也, 小田 啓二, 小平 聡, 北村 尚, 蔵岡 孝治, 山内 知也

    第30回固体飛跡検出器研究会, 2016年03月, 日本語, 福井大学 敦賀キャンパス, 今までポリイミド樹脂に対し重イオンを照射した研究がいくつか報告されている。本研究ではポリイミド樹脂のUPILEX-RNに新たに注目し、固体飛跡検出器への応用可能性を探ることを目的とした。さらに固体飛跡検出器としての利用実績のあるUPILEX-S及びKaptonを対象に、特に高エネルギーの重イオン応答特性を精査した。UPILEX-RNはNeイオンより重いイオンに対し感度を示した。さらに、形成初期段階のエッチピットを走査型電子顕微鏡で観察することで、試料ごとに各イオンの検出閾値を決定した。また、局所線量分布論を用いるとエッチピット形成に必要な線量は原子番号が大きいイオンほど少ないことが分かった。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Preparation of silica/hydrophilic polymer inorganic­organic hybrid oil/water separation membranes via sol­-gel method

    TANAKA TAKUMA, 蔵岡 孝治

    2015環太平洋国際化学会議(PACIFICHEM 2015), 2015年12月, 英語, 国際会議

    ポスター発表

  • Preparation and gas barrier properties of silica/chitosan organic-inorganic hybrid gas barrier membranes via sol-gel method

    蔵岡 孝治, YAMAMOTO RISAKO

    2015環太平洋国際化学会議(PACIFICHEM 2015), 2015年12月, 英語, 国際会議

    ポスター発表

  • ポリイミド樹脂(BPDA/ODA)の重イオン応答特性評価

    安田 修一郎, 楠本 多聞, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小平 聡, 北村 尚, 蔵岡 孝治, 山内 知也

    第76回応用物理学会秋季学術講演会2015年, 2015年09月, 日本語, 名古屋国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 層状化合物を分散した有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製

    原谷 知宏, 蔵岡 孝治, 西岡 幸泰, 小林 理規, 竹内 秀治

    日本包装学会第24回年次大会, 2015年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京大学、東京, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリシルセスキオキサンを用いた有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製と膜特性評価

    新免 佑太, 西川 健, 関 浩康, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第24回年次大会, 2015年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京大学、東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • セルロースを用いた有機‐無機ハイブリッドガスバリア膜の作製

    岩崎 友美, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第24回年次大会, 2015年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京大学、東京, 国内会議

    ポスター発表

  • シリカ/ポリヒドロキシウレタン有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製と膜特性評価

    鶴見 達明, 辻本 智雄, 福岡 弘直, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第24回年次大会, 2015年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京大学、東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • クレイ/ポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)ナノコンポジット膜の構造解析とバリア性の温度応答特性

    池田 真吾, 村上 知弘, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第24回年次大会, 2015年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京大学、東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高閾値飛跡検出器としてのポリイミド樹脂の研究

    安田 修一郎, 松川 兼也, 小田 啓二, 小平 聡, 小西 輝明, 北村 尚, 蔵岡 孝治, 山内 知也

    第62回応用物理学会春季学術講演会, 2015年03月, 日本語, 東海大学 湘南キャンパス, 本研究は耐放射線性に優れるエンジニアリングプラスチックとして知 られているポリイミド樹脂に注目し、その高閾値飛跡検出器としての応用可能性を探ることを目的とした。エッチピット径とエッチング処理による溶出厚の関係を求めたところ、1.1 MeV/n の Ne イオンを照射した試料ではエッチピットがエッチング処理の途中から生成していることが 確認できた。この現象はポリイミド樹脂の一種である UPILEX-S(宇部興産社製) 及び Kapton(ニラコ社製)においても確認することができた。新しい試みとして走査型電 子顕微鏡を用いて、UPILEX-RN、UPILEX-S、及び Kapton を対象として生成初期段階のエッチピットの観察及びエッチピット検出閾値の決定を行った。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高閾値飛跡検出器としてのポリイミド樹脂の研究

    安田 修一郎, 楠本 多聞, 小田 啓二, 小平 聡, 北村 尚, 蔵岡 孝治, 山内 知也

    第29回固体飛跡検出器研究会, 2015年03月, 日本語, 福井大学 敦賀キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC検出器中イオントラックに生成されるヒドロキシル基の研究

    亀田 結貴, 楠本 多聞, 池永 龍之介, 安田 修一郎, 小田 啓二, 蔵岡 孝治, 小平 聡, 北村 尚, 山内 知也

    第29回固体飛跡検出器研究会, 2015年03月, 日本語, 福井大学 敦賀キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 有機―無機ハイブリッドオレフィン分離膜の作製と気体透過特性

    谷 直人, 蔵岡 孝治

    日本セラミックス協会第27回秋季シンポジウム, 2014年09月, 日本語, 日本セラミックス協会, 鹿児島大学、鹿児島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • シリカ/キトサン有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製とガスバリア特性

    蔵岡 孝治, 山本 梨紗子

    日本セラミックス協会第27回秋季シンポジウム, 2014年09月, 日本語, 日本セラミックス協会, 鹿児島大学、鹿児島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 層状複水酸化物を用いた有機‐無機ハイブリッドガスバリア膜の作製とその特性評価

    河端 浩平, 奥宮 毅, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第23回年次大会, 2014年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京大学、東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 架橋構造を導入したシリカ/デンプン有機‐無機ハイブリッドガスバリア膜の作製とガスバリア特性

    蔵岡 孝治, 金澤 未祐

    日本包装学会第23回年次大会, 2014年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京大学、東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 架橋構造を導入したシリカ/キトサン有機‐無機ハイブリッドガスバリア膜の作製とその特性評価

    山本 梨紗子, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第23回年次大会, 2014年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京大学、東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリヒドロキシウレタンを用いた有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製

    鶴見 達明, 辻本 智雄, 福岡 弘直, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第23回年次大会, 2014年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京大学、東京, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリシルセスキオキサンを用いた有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製

    新免 佑太, 西川 健, 関 浩康, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第23回年次大会, 2014年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京大学、東京, 国内会議

    ポスター発表

  • クレイ/N-イソプロピルアクリルアミドナノコンポジット膜の作製と膜特性評価

    池田 真吾, 村上 知弘, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第23回年次大会, 2014年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京大学、東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Preparation and Properties of Silica/poly(vinyl alcohol) Organic-inorganic Hybrid Gas Barrier Films with Cross-linked Structure

    蔵岡 孝治, 阿部 竜介, 木下 侑亮

    13th International Ceramic Congress (CIMTEC2014), 2014年06月, 英語, Palazzo dei Congressi, Italy, 国際会議

    ポスター発表

  • 重合性層状複水酸化物を用いた有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製とガスバリア特性

    蔵岡 孝治, 山城 一藤, 奥宮 毅

    日本セラミックス協会2014年年会, 2014年03月, 日本語, 日本セラミックス協会, 慶應義塾大学、神奈川, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 有機-無機ハイブリッドオレフィン分離膜の作製

    谷 直人, 蔵岡 孝治

    日本セラミックス協会第26回秋季シンポジウム, 2013年09月, 日本語, 日本セラミックス協会, 信州大学、長野, 国内会議

    ポスター発表

  • 有機‐無機ハイブリッド気体分離膜の作製と気体透過特性

    西村 大知, 蔵岡 孝治

    日本セラミックス協会第26回秋季シンポジウム, 2013年09月, 日本語, 日本セラミックス協会, 信州大学、長野, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 架橋構造を導入したシリカ/デンプン有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製と膜特性

    蔵岡 孝治, 金澤 未祐

    日本セラミックス協会第26回秋季シンポジウム, 2013年09月, 日本語, 日本セラミックス協会, 信州大学、長野, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Preparation and gas barrier properties of silica/starch organic-inorganic hybrid gas barrier films with cross-linked structures

    KURAOKA KOJI, KANAZAWA MIYU

    International Conference & Exhibition on Advanced & Nano Materials (ICANM 2013), 2013年08月, 英語, Université Laval, Quebec City, Canada, 国際会議

    ポスター発表

  • 層状複水酸化物を用いた有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製と膜特性評価

    塩野 剛, 山城 一藤, 奥宮 毅, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第22回年次大会, 2013年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京大学、東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 層状複水酸化物を用いた有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製

    河端 浩平, 奥宮 毅, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第22回年次大会, 2013年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京大学、東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 架橋構造を導入したシリカ/ポリビニルアルコール有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製と膜特性

    蔵岡 孝治, 阿部 竜介, 木下 侑亮

    日本包装学会第22回年次大会, 2013年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京大学、東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 架橋構造を導入したシリカ/デンプン有機‐無機ハイブリッドガスバリア膜の作製と膜特性評価

    金澤 未祐, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第22回年次大会, 2013年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京大学、東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリカーボネートジオールを用いた有機-無機ハイブリッドハードコートの作製と特性評価

    辻 隼人, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第22回年次大会, 2013年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京大学、東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • キトサンを用いた有機‐無機ハイブリッドガスバリア膜の作製

    山本 梨紗子, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第22回年次大会, 2013年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京大学、東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 層状複水酸化物を用いた有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製とガスバリア特性

    蔵岡 孝治, 塩野剛, 山城一藤, 奥宮毅

    日本セラミックス協会2013年年会, 2013年03月, 日本語, 日本セラミックス協会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 炭化水素基を導入した有機-無機ハイブリッドガス分離膜の作製

    西村 大知, 蔵岡 孝治

    膜シンポジウム2012, 2012年11月, 日本語, 日本膜学会, 神戸大学、神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • 層状複水酸化物を用いた有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製

    塩野 剛, 山城 一藤, 奥宮 毅, 蔵岡 孝治

    膜シンポジウム2012, 2012年11月, 日本語, 日本膜学会, 神戸大学、神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • 層状複水酸化物/ポリメタクリル酸メチル有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製と膜特性

    蔵岡 孝治, 山城 一藤, 上野 淳, 奥宮 毅

    膜シンポジウム2012, 2012年11月, 日本語, 神戸大学、神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 架橋構造を導入したシリカ/デンプン有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製

    金澤 未祐, 畑 あゆみ, 蔵岡 孝治

    膜シンポジウム2012, 2012年11月, 日本語, 日本膜学会, 神戸大学、神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • 炭化水素基を導入した有機-無機ハイブリッドガス分離膜の作製

    西村 大知, 蔵岡 孝治

    日本セラミックス協会第25回秋季シンポジウム, 2012年09月, 日本語, 日本セラミックス協会, 名古屋大学、名古屋, 国内会議

    ポスター発表

  • シリカ/デンプン有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製とガスバリア特性

    蔵岡 孝治, 金澤 未祐

    日本セラミックス協会第25回秋季シンポジウム, 2012年09月, 日本語, 日本セラミックス協会, 名古屋大学、名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Preparation and Properties of Organic-Inorganic Hybrid Facilitated Olefin Separation Membranes via Sol-Gel Method

    Koji Kuraoka, Shinji Matsuura, Kosuke Ueda

    Euromembrane2012, 2012年09月, 英語, London, UK, 国際会議

    ポスター発表

  • 層状複水酸化物を用いた有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製

    塩野 剛, 山城 一藤, 奥宮 毅, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第21回年次大会, 2012年07月, 日本語, 東京大学、東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 層状複水酸化物/ポリメタクリル酸メチル有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製と膜特性

    蔵岡 孝治, 山城 一藤, 上野 淳, 奥宮 毅

    日本包装学会第21回年次大会, 2012年07月, 日本語, 東京大学、東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 架橋構造を導入したポリビニルアルコール/シリカ有機−無機ハイブリッドガスバリア膜の作製と膜特性評価

    阿部 竜介, 木下 侑亮, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第21回年次大会, 2012年07月, 日本語, 東京大学、東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • デンプンを用いた有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製

    金澤 未祐, 畑 あゆみ, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第21回年次大会, 2012年07月, 日本語, 東京大学、東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 架橋構造を導入したシリカ/ポリビニルアルコール有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製

    蔵岡 孝治, 木下 侑亮

    日本セラミックス協会2012年年会, 2012年03月, 日本語, 京都大学、京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • スメクタイト/ポリメタクリル酸メチル有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製とガスバリア特性

    蔵岡 孝治, 上野 淳

    日本セラミックス協会第24回秋季シンポジウム, 2011年09月, 日本語, 日本セラミックス協会, 北海道大学、北海道, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 層状複水酸化物を用いた有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製と膜特性評価

    山城 一藤, 上野 淳, 蔵岡 孝治, 奥宮 毅

    日本包装学会第20回年次大会, 2011年07月, 日本語, 日本包装学会, 京都大学、京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 架橋構造を導入したシリカ/ポリビニルアルコール有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製と膜特性

    木下 侑亮, 蔵岡 孝治, 橋本 有史, 芦原 宏

    日本包装学会第20回年次大会, 2011年07月, 日本語, 日本包装学会, 京都大学、京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリエステルを用いた有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製

    阿部 竜介, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第20回年次大会, 2011年07月, 日本語, 日本包装学会, 京都大学、京都, 国内会議

    ポスター発表

  • ポリアクリル酸ナトリウムを用いた有機-無機ハイブリッドエチレン分離膜の作製と気体透過特性

    松浦 慎二, 植田 浩介, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第20回年次大会, 2011年07月, 日本語, 日本包装学会, 京都大学、京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ゼラチンを用いた有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製と膜特性評価

    大塚 悠司, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第20回年次大会, 2011年07月, 日本語, 日本包装学会, 京都大学、京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • シリカ/デンプン有機-無機ハイブリッド生分解性材料へのリン酸添加効果

    蔵岡 孝治, 畑 あゆみ

    日本包装学会第20回年次大会, 2011年07月, 日本語, 日本包装学会, 京都大学、京都, 国内会議

    ポスター発表

  • 有機-無機ハイブリッドオレフィン分離膜の気体透過特性

    蔵岡 孝治, 植田 浩介

    日本セラミックス協会2011年年会, 2011年03月, 日本語, 日本セラミックス協会, 静岡大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • プロトン照射したPADC検出器表面の液滴に見られた接触角の異常

    山内 知也, 誉田 義英, 藤乗 幸子, 小田 啓二, 蔵岡 孝治, 森 豊, 金崎 真聡, 前田 佑介, 海部 俊介, 深尾 裕亮, 森本 彰, 服部 篤人, 安田 仲宏, 小平 聡

    H22年度大阪大学産業科学研究所量子ビーム科学研究施設成果報告会, 2011年03月, 日本語, 大阪大学産業科学研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • イオン照射したCR-39固体飛跡検出器の表面特性評価

    前田 佑介, 森 豊, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏, 蔵岡 孝治

    固体飛跡検出器研究会(神戸大学2011), 2011年03月, 日本語, 神戸大学 深江キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Preparation of organic-inorganic hybrid facilitated olefin separation membranes via sol-gel method

    Koji Kuraoka, Kosuke Ueda

    International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010), 2010年12月, 英語, the Chemical Society of Japan (CSJ), the American Chemical Society (ACS), the Canadian Society for Chemistry (CSC), the New Zealand Institute of Chemistry (NZIC), the Royal Australian Chemical Institute (RACI), the Korean Chemical Society (KCS), the Chine, Hawai`i Convention Center, Honolulu, 国際会議

    ポスター発表

  • Preparation of Silica/Modified Poly(Vinyl Alcohol) Organic-Inorganic Hybrid Gas Barrier Films by Sol-Gel Method with Microwave Irradiation

    Koji Kuraoka, Hiroshi Ashihara, Arifumi Hashimoto

    3rd International Congress on Ceramics (ICC3), 2010年11月, 英語, the Ceramic Society of Japan, 大阪国際会議場、大阪, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • イオン照射したCR-39表面の濡れ性(2)

    前田 佑介, 森 豊, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏, 蔵岡 孝治

    第71回応用物理学会学術講演会, 2010年09月, 日本語, 応用物理学会, 長崎大学文教キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 層状複水酸化物を用いた有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製

    山城 一藤, 上野 淳, 蔵岡 孝治, 奥宮 毅

    日本包装学会第19回年次大会, 2010年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 銀イオンを担持した有機-無機ハイブリッドオレフィン分離膜の開発

    松浦 慎二, 植田 浩介, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第19回年次大会, 2010年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 架橋構造を導入したシリカ/ポリビニルアルコール有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製

    木下 侑亮, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第19回年次大会, 2010年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京大学, 国内会議

    ポスター発表

  • スメクタイト/ポリメタクリル酸メチル有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製と膜特性

    蔵岡 孝治, 上野 淳

    日本包装学会第19回年次大会, 2010年07月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    ポスター発表

  • シリカ/デンプン有機-無機ハイブリッド生分解性材料の作製と特性評価

    畑 あゆみ, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第19回年次大会, 2010年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • エチレン分離能を有する有機‐無機ハイブリッド膜の作製と気体透過特性

    植田 浩介, 松浦 慎二, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第19回年次大会, 2010年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • アルミナマトリックス有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製

    大塚 悠司, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第19回年次大会, 2010年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京大学, 国内会議

    ポスター発表

  • シリカ/ポリブチレンサクシネートアジペート有機-無機ハイブリッド生分解性材料の作製

    蔵岡 孝治, 南部 壮志

    日本セラミックス2010年年会, 2010年03月, 日本語, 日本セラミックス, 東京農工大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • イオン照射したCR-39表面の親水性

    前田 佑介, 森 豊, 坂本 淳志, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏, 蔵岡 孝治

    第25回固体飛跡検出器研究会, 2010年03月, 日本語, 固体飛跡検出器研究会/応用物理学会放射線分科会, 早稲田大学・大久保キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Kr及びXeイオンを照射したポリイミド薄膜の赤外線分光分析

    海部 俊介, 森 豊, 坂本 淳志, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏, 蔵岡 孝治

    第25回固体飛跡検出器研究会, 2010年03月, 日本語, 固体飛跡検出器研究会/応用物理学会放射線分科会, 早稲田大学・大久保キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • シリカ/ポリブチレンサクシネートアジペート有機-無機ハイブリッド生分解性材料の作製

    南部 壮志, 蔵岡 孝治

    第1回バイオプラスチックシンポジウム, 2009年10月, 日本語, 産業技術総合研究所関西センター, 産総研バイオポリマーコンソーシアム, 関西バイオポリマー研究会, 京都工芸繊維大学, 池田市民文化会館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • シリカ/デンプン有機-無機ハイブリッド生分解性材料の作製

    畑 あゆみ, 南部 壮志, 蔵岡 孝治

    第1回バイオプラスチックシンポジウム, 2009年10月, 日本語, 産業技術総合研究所関西センター, 産総研バイオポリマーコンソーシアム, 関西バイオポリマー研究会, 京都工芸繊維大学, 池田市民文化会館、大阪, 国内会議

    ポスター発表

  • ゾル−ゲル法による有機-無機ハイブリッドオレフィン分離膜の作製

    蔵岡 孝治, 植田 浩介

    日本セラミックス協会第21回秋季シンポジウム, 2009年09月, 日本語, 日本セラミックス協会, 愛媛大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • イオン照射したCR-39表面の濡れ性

    前田 佑介, 森 豊, 坂本 淳志, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏, 蔵岡 孝治

    第70回応用物理学会学術講演会, 2009年09月, 日本語, 応用物理学会, 富山大学, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 粘土を用いた有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製

    蔵岡 孝治, 松岡 美友紀, 上野 淳

    日本包装学会第18回年次大会, 2009年07月, 日本語, 東京大学、東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 多糖類を用いた有機-無機ハイブリッド生分解性材料の作製

    畑 あゆみ, 南部 壮志, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第18回年次大会, 2009年07月, 日本語, 東京大学、東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 層状ケイ酸塩を利用した有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製と膜特性

    上野 淳, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第18回年次大会, 2009年07月, 日本語, 東京大学、東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • シリカ/ポリブチレンサクシネートアジペート有機-無機ハイブリッド生分解性材料の作製

    南部 壮志, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第18回年次大会, 2009年07月, 日本語, 東京大学、東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • シリカ/変性ポリビニルアルコール有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製と膜特性

    芦原 宏, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第18回年次大会, 2009年07月, 日本語, 東京大学、東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Preparation and properties of silica/poly(vinyl alcohol) organic-inorganic hybrid gas barrier films via sol-gel method with microwave irradiation

    Koji Kuraoka, Arifumi Hashimoto, Hiroshi Ashihara

    The Fifth Conference of Aseanian Membrane Society (AMS5), 2009年07月, 英語, 神戸ポートピアホテル、神戸, 国際会議

    ポスター発表

  • マイクロ波照射によるシリカ/変性ポリビニルアルコール有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製とその膜特性

    蔵岡 孝治, 芦原 宏, 橋本 有史

    日本セラミックス協会2009年年会, 2009年03月, 日本語, 日本セラミックス協会, 東京理科大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • イオン照射したCR-39表面の親水性

    前田 佑介, 森 豊, 坂本 淳志, 山内 知也, 小田 啓二, 安田 仲宏, 蔵岡 孝治

    第24回固体飛跡検出器研究会, 2009年03月, 日本語, 固体飛跡検出器研究会/応用物理学会放射線分科会, 早稲田大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • マイクロ波照射によるシリカ/ポリビニルアルコール有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製

    蔵岡 孝治, 橋本 有史

    日本セラミックス協会第20回秋季シンポジウム, 2008年09月, 日本語, 日本セラミックス協会, 北九州国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 変性ポリビニルアルコールを用いた有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製とその特性

    蔵岡 孝治, 芦原 宏, 橋本 有史

    日本包装学会第17回年次大会, 2008年07月, 日本語, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ゾル-ゲル法による有機-無機ハイブリッド生分解性材料の作製-ケイ素アルコキシドの検討-

    南部 壮志, 蔵岡 孝治

    日本包装学会第17回年次大会, 2008年07月, 日本語, 神戸大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 金属フタロシアニン/多孔質ガラス複合膜の気体透過特性

    蔵岡 孝治, 植田 剛士, 藤原 正浩, 佐藤 正昭

    日本セラミックス協会2008年年会, 2008年03月, 日本語, 長岡技術科学大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 粘土を用いた有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製

    蔵岡 孝治, 根引 啓滋, 上野 淳, 佐藤 正昭

    日本セラミックス協会第19回秋季シンポジウム, 2007年09月, 日本語, 名古屋工業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 金属フタロシアニン/多孔質ガラス複合膜の作製とその気体透過特性

    藤原 正浩, 蔵岡 孝治, 佐藤 正昭

    日本セラミックス協会第20回秋季シンポジウム, 2007年09月, 日本語, 名古屋工業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • シリカマトリックス有機-無機ハイブリッド生分解性材料の作製

    蔵岡 孝治, 中村 圭佑, 佐藤 正昭

    日本包装学会第16回年次大会, 2007年07月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    ポスター発表

  • シリカ/ポリビニルアルコール有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製とその特性

    橋本 有史, 蔵岡 孝治, 佐藤 正昭

    日本包装学会第16回年次大会, 2007年07月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 有機金属錯体/多孔質ガラス複合膜の作製と気体透過特性

    蔵岡 孝治, 藤原 正浩, 植田 剛士, 佐藤 正昭

    日本セラミックス協会第19回秋季シンポジウム, 2006年09月, 日本語, 日本セラミックス協会, 山梨大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • シリカマトリックス有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の作製とその特性

    蔵岡 孝治, 橋本 有史, 植田 剛士, 佐藤 正昭

    日本包装学会第15年次大会, 2006年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 機能性有機-無機ハイブリッドコーティング膜

    蔵岡 孝治

    ガラス科学技術研究会2005年度第4回研究会, 2006年03月, 日本語, ニューガラスフォーラム, ニューガラスフォーラム, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 遷移金属イオンを含有した有機-無機ハイブリッド膜の気体透過特性

    蔵岡 孝治, 早田 真二, 植田 剛士, 佐藤 正昭

    日本セラミックス協会第18回秋季シンポジウム, 2005年09月, 日本語, 日本セラミックス協会, 大阪府立大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ボトルシップ合成法により細孔内に有機金属錯体を担持した多孔質ガラスの気体透過性

    植田 剛士, 蔵岡 孝治, 佐藤 正昭

    第44回セラミック基礎科学討論会, 2005年01月, 日本語, 日本セラミックス協会日本セラミックス協会基礎科学部会, 高知市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリビニルリン酸をドープした有機-無機ナノハイブリッド固体電解質膜の創製

    荘所 正, 浅原 正宏, 蔵岡 孝治, 小舟 正文, 嶺重 温, 遊佐 真一, 矢澤 哲夫

    日本セラミックス協会 年会・秋季シンポジウム 講演予稿集, 2005年, 公益社団法人 日本セラミックス協会, 固体高分子形燃料電池の電解質にはパーフルオロスルホン酸系の電解質膜が使用されている。しかし、低加湿、100℃以上では著しく導電性が低下する問題がある。そのため耐熱性に優れ、無加湿・低加湿条件でプロトン導電性を有する材料が研究されている。そこで本研究では、新規のプロトン導電性材料として、ゾル-ゲル法によって、シリカ骨格中にポリビニルリン酸(PVPA)をドープさせ、有機-無機ナノハイブリッド膜を作製し、導電率を評価した。得られた膜は80℃、相対湿度90%で1×10-3S/cmの導電率を示した。また、ドープさせるPVPAを増やすと導電率も増加した。

  • シリカマトリックス有機-無機ハイブリッド膜の包装材料への適用性

    蔵岡 孝治, 植田 剛士, 佐藤 正昭

    日本セラミック協会2004年年会予稿集 pp.218, 2004年03月, 日本語, 日本セラミック協会, 湘南工科大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 有機無機ハイブリッドによる気孔配向膜の作製

    山下 勝, 田中 葉子, 蔵岡 孝治, 矢澤 哲夫

    日本セラミック協会2004年年会予稿集 pp.201, 2004年, 日本語, 日本セラミック協会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 無機-有機ハイブリッド導電性材料の作成方法の検討

    川部 和宏, 山下 勝, 蔵岡 孝治, 平尾 一之, 菊川 敬, 小西 明男, 矢澤 哲夫

    日本セラミック協会2004年年会予稿集 pp.220, 2004年, 日本語, 日本セラミック協会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリエーテルを分子分散した有機無機ナノハイブリッドガラス膜の気体透過特性

    井上 友見, 蔵岡 孝治, 酒井 貴明, 嶺 重温, 小舟 正文, 矢澤 哲夫

    日本セラミック協会2004年年会予稿集 pp.220, 2004年, 日本語, 日本セラミック協会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ゾルゲル法による無機-有機ハイブリッド導電性膜の作製と評価

    川部 和宏, 山下 勝, 蔵岡 孝治, 菊川 敬, 小西 明男, 谷上 嘉規, 平尾 一之, 矢澤 哲夫

    日本膜学会膜シンポジウム2003予稿集 pp.33-36, 2003年11月, 日本語, 日本膜学会, 京都大学化学研究所・共同研究棟大セミナー室, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 有機-無機ハイブリッド材料のプロトン伝導性と耐熱性

    菊川 隆, 蔵岡 孝治, 川部 和宏, 平尾 一之, 矢澤 哲夫

    日本膜学会第25年会講演予稿集 pp.57-58, 2003年, 日本語, 日本膜学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 導電性有機-無機ハイブリッドガラスの広温度領域でのプロトン伝導性

    菊川 敬, 蔵岡 孝治, 川部 和宏, 山下 勝, 平尾 一之, 矢澤 哲夫

    ガラスおよびフォトニクス材料討論会予稿集, 2003年, 日本語, 日本セラミックス協会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 多孔質ガラスをマトリックスとした導電性有機-無機ハイブリッド膜の作製

    菊川 隆, 蔵岡 孝治, 平尾 一之, 矢澤 哲夫

    日本膜学会第25年会講演予稿集 pp.85, 2003年, 日本語, 日本膜学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリエーテルを分子分散した有機無機ナノハイブリッドガラス膜の気体透過特性

    井上 友見, 蔵岡 孝治, 酒井 貴明, 嶺 重温, 小舟 正文, 矢澤 哲夫

    日本セラミックス協会平成15年度支部連合学術講演会予稿集 pp.1116, 2003年, 日本語, 日本セラミックス協会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • プロトン導電性有機-無機ハイブリッド材料の作製

    菊川 敬, 蔵岡 孝治, 川部 和宏, 平尾 一之, 矢澤 哲夫

    2003年秋季第64回応用物理学会学術講演会予稿集 pp.1116, 2003年, 日本語, 応用物理学会, 福岡大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ゾルゲル法による無機-有機ハイブリッド導電材料の作製

    川部 和宏, 山下 勝, 蔵岡 孝治, 平尾 一之, 小西 明男, 谷上 嘉規, 矢澤 哲夫

    ポリマー材料フォーラム予稿集 pp.142, 2003年, 日本語, 高分子学会, 千里ライフサイエンスセンター, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Preparation of the high performance membrane having aligned nano-pores using organic-inorganic hybrid process

    KURAOKA Kouji, TANAKA Y, YAMASHITA M, YAZAWA T

    Proceedings of Incorporating the 16th Fall Meeting of the Ceramic Society of Japan, 2003年, 英語, 未記入, 未記入, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Preparation and ion conductivity of novel organic-inorganic nano-hybrid membrane with chemical and thermal stability

    KIKUKAWA T, KURAOKA Kouji, HIRAO K, YAZAWA T

    Proceedings of The 5th International Meeting of Pacific Rim Ceramic Societies Incorporating the 16th Fall Meeting of the Ceramic Society of Japan pp.190, 2003年, 英語, 未記入, 未記入, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Novel metal-ceramics composite membrane for high temperature hydrogen separation

    SU C, KURAOKA Kouji, JIN T, YAZAWA T

    Proceedings of 2003 MRS Fall Meeting, 2003年, 英語, 未記入, 未記入, 国際会議

    口頭発表(一般)

所属学協会

  • 日本包装学会

  • 日本化学会

  • 日本膜学会

  • 日本セラミックス協会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • バイオガス分離精製に資するロバスト有機-無機ハイブリッドCO2促進輸送膜の開発

    蔵岡 孝治, 田中 睦生

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 神戸大学, 2019年04月 - 2022年03月

  • A-STEP「多糖類を用いた有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の開発」

    蔵岡 孝治

    研究成果最適展開支援プログラム フィージビリティスタディステージ 探索タイプ, 2013年, 研究代表者

    競争的資金

  • A-STEP「多糖類を用いた有機-無機ハイブリッドガスバリア膜の開発」

    蔵岡 孝治

    研究成果最適展開支援プログラム フィージビリティスタディステージ 探索タイプ, 2012年, 研究代表者

    競争的資金

  • 蔵岡 孝治

    科学研究費補助金/基盤研究(C), 2008年, 研究代表者

    競争的資金

産業財産権

  • シリカ-ポリヒドロキシウレタン樹脂組成物及び有機無機ハイブリッド膜

    蔵岡孝治, 辻本智雄, 福岡弘直

    特願2014-135144, 2014年06月30日, 大学長, 特許6374236, 2018年07月27日

    特許権

  • シロキサン樹脂組成物

    蔵岡孝治, 関浩康, 加藤秀利

    特願2017-109034, 2017年06月01日, 特許6770779, 2020年09月30日

    特許権

  • シロキサン樹脂組成物

    蔵岡孝治, 関浩康, 加藤秀利

    特願2015-245072, 2015年12月16日, 特許6529036, 2019年05月24日

    特許権

  • 酸性ガス含有ガス処理用分離膜、及び酸性ガス含有ガス処理用分離膜の製造方法

    蔵岡孝治, 倉橋智彦

    特願2017-555008, 特許6457659, 2018年12月28日

    特許権

  • ポリカーボネート樹脂用コーティング組成物及びコーティング物

    蔵岡孝治, 増渕徹夫, 佐藤敏行, 上山靖之, 山元淳一

    特願2014-64475, 特許6298678

    特許権

  • 二酸化炭素分離膜

    蔵岡孝治, 石野政治, 倉橋智彦

    特願2016-19470, 特許6177360

    特許権