研究者紹介システム

中畑 寛之
ナカハタ ヒロユキ
大学院人文学研究科 文化構造専攻
教授
文学関係
Last Updated :2022/09/16

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院人文学研究科 文化構造専攻
  • 【配置】

    文学部 人文学科

学位

  • 博士(文学), 神戸大学

授業科目

ジャンル

  • 文化・芸術・流行 / 文学・哲学・思想

コメントテーマ

  • フランス近現代文学
  • マラルメ

研究活動

研究キーワード

  • ステファヌ・マラルメ
  • フランス文学
  • 出版

研究分野

  • 人文・社会 / ヨーロッパ文学

論文

  • 『大鴉』、あるいは本の夢円居 ー レスクリード、マネ、マラルメ

    中畑寛之

    2020年02月, CORRESPONDANCES コレスポンダンス 北村卓教授・岩根久教授・和田章男教授退職記念論文集, 313 - 327, 日本語

    論文集(書籍)内論文

  • マラルメ三景 ―「地平を読み解く者」のまなざし ―

    中畑 寛之

    水声社, 2018年10月, 『象徴主義と<風景>』(坂巻康司、立花史、津森圭一、廣田大地 編), 184 - 217, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • レオン・ヴァニエとマラルメ

    中畑 寛之

    神戸大学仏語仏文学研究会, 2018年03月, EBOK, (29-30), 1 - 26, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 死にし子に花束を ―『アナトールの墓』を読む

    中畑 寛之

    水声社, 2013年11月, 『マラルメの現在』(大出敦 編), 175 - 205, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 中畑 寛之

    En expliquant son <> dans la <> des Divagations (1897), Mallarme a sacre une nouvelle ecriture : le poeme critique. C'est, tout d'abord, comme le poete l'indique, une evolution du poeme en prose baudelairien, mais aussi l'aboutissement de <<[sa] recherche>> litteraire apres <> du vers libre. Or, on trouve egalement dans les lettres a Albert Mockel (17 oct. 1894) et Charles Bonnier (fev. 1895) cette expression mallarmeenne, utilisee pour les feliciter de leurs ouvrages : Propos de litterature et Cheres faces. La lecture de ces deux textes nous apprend que le poeme critique consiste a reflechir sur la poesie plus moderne. Mais, paradoxalement, <>, la derniere section des Divagations, traite de sujets apparemment etrangers aux Lettres, les affaires sociales ou politiques. Nous nous proposons dans cet essai d'eclaircir les causes de ce decalage et d'expliquer comment elles produisent une forme <> pour demonter les systemes en crise d'une societe qui aliene la poesie et qui empeche l'apparition d'un poeme ideal, le Livre.

    日本フランス語フランス文学会関西支部, 2008年, 関西フランス語フランス文学, 14, 80 - 91, 日本語

  • 中畑 寛之

    日本フランス語フランス文学会関西支部, 2002年, 関西フランス語フランス文学, 8, 23 - 34, 日本語

  • 中畑 寛之

    日本フランス語フランス文学会, 2005年, フランス語フランス文学研究, 87, 16 - 31, フランス語

  • 中畑 寛之

    日本フランス語フランス文学会, 2004年, フランス語フランス文学研究, 84, 85 - 102, フランス語

  • 中畑 寛之

    Invite a Oxford et Cambridge en 1894, Mallarme a fait une conference sur la musique et les lettres. Apres son preambule, il commence a parler de l'apparition du vers libre comme d'une des nouveautes les plus surprenantes. Alors que deja pres de dix ans se sont ecoules depuis que l'<< on a touche au vers >>, pourquoi Mallarme traite-t-il soudain de cela comme d'un phenomene venant d'apparaitre? Le vers libre n'etait-il pas connu meme en Angleterre, puisque le chroniqueur qu'etait Mallarme avait deje insere un article intitule << Vers et Musique en France >> dans le periodique anglais The National Observer en mars 1892? Par consequent, c'est d'une part, parce que le conferencier entreprend de satisfaire a la demande universitaire: Lecture consacree a la litterature francaise, d'autre part, c'est qu'il y trouve un sujet primordial a traiter: << l'attentat >> commis sur le vers. En effet, cette metaphore structure la conference tout comme elle la deruit, car le titre annonce aurait << les Lettres et la Musique >> pour organiser devant un public anglais, une fete poetique. Pendant les annees 1892-1894 appellees << ere des attentats >>, par leurs actions directes, les anarchistes << mettaient le feu >> a la capitale. Mallarme note des similitudes entre le vers libre et la bombe. Son interet pour l'engin lance par l'anarchiste Vaillant, l'oblige a examiner les dommages et les contributions de << l'attentat >> politico-poetique et a reflehir plus profondement sur ce qu'est le vers. Aussi, au lieu d'<< enguirlander l'autel >>, le poete-pretre exprime un doute fondamental: << Quelque chose comme les Lettres existe-t-il >>? Nous nous proposons dans cet article d'analyser la metaphore de l'attentat qui rapproche et relie, dans ce << morceau d'esthetique raide >>, ces deux phenomenes de la fin du XIX^e sicle que sont le vers libre et la bombe anarchiste, afin d'eclairer leur repercussion sur la poetique mallarmeenne.

    日本フランス語フランス文学会, 2001年, フランス語フランス文学研究, 79, 36 - 46, 日本語

MISC

  • 私はここでその幻影を観ているのか? : マラルメの『エロディアード』上演をめざして

    中畑 寛之

    19世紀末パリに生きた象徴派詩人ステファヌ・マラルメの未完の遺作『エロディアードの婚礼神秘劇』(1957年に死後出版)を採りあげ、その上演可能性を考えてみたい。22歳のときに制作が始まる「エロディアード」は、「もはや悲劇ではなく、詩篇とする」という若き詩人自身の言明ゆえに、その作品が根底に持っている演劇との繋がりをしばしば見失わせてきたように思われる。書簡などから再構成した30年以上に及ぶその制作過程、詩人自身の演劇論、そしてテクストそれ自体の解釈によって多角的に、この作品が晩年のマラルメが夢想した<祝祭>の譜面であること、そしてその演劇性を考察することで、来るべきその舞台上演の姿を明らかにする。

    大阪音楽大学, 2007年, 大阪音楽大学研究紀要, 46, 55 - 71, 日本語

書籍等出版物

  • GRIHL(グリール)II 文学に働く力、文学が発する力

    野呂康, 森本淳生, 桑瀬章二郎, 嶋中博章, 辻川慶子, 杉浦順子, 中畑寛之

    共編者(共編著者), 吉田書店, 2021年11月07日, ISBN: 4905497981

  • フランス語でサバイバル!(三訂版)

    中畑 寛之

    共著, 白水社, 2019年02月, フランス語, ISBN: 9784560061329

    教科書・概説・概論

  • フランス語初級文法 ななつ星

    中畑 寛之

    共著, 朝日出版社, 2019年01月, フランス語, ISBN: 9784255352961

    教科書・概説・概論

  • ベルナール・テセードル 『起源の物語 ― クールべの《世界の起源》をめぐって』

    中畑 寛之

    単訳, 水声社, 2018年11月, 日本語, ISBN: 9784801003736

    学術書

  • GRIHL 文学の使い方をめぐる日仏の対話 (「文芸事象の歴史研究会」編著・訳)

    野呂康, 中畑寛之, 嶋中博章, 杉浦順子, 辻川慶子, 森本淳生

    共編者(共編著者), 吉田書店, 2017年02月, 日本語, ISBN: 9784905497486

    学術書

  • ボン、アロンジ!

    坂本 千代, 松田 浩則, 岩本 和子, 中畑 寛之, 朝倉 三枝, 南 コニー

    共著, 朝日出版社, 2017年01月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • 世紀末の白い爆弾 ー ステファヌ・マラルメの書物と演劇、そして行動

    中畑 寛之

    単著, 水声社, 2009年11月, 日本語, ISBN: 9784891767488

    学術書

所属学協会

  • 関西マラルメ研究会

  • 日本マラルメ研究会

  • 日本フランス語フランス文学会

共同研究・競争的資金等の研究課題