研究者紹介システム

松林 洋一
マツバヤシ ヨウイチ
大学院経済学研究科 経済学専攻
教授
商学・経済学関係
Last Updated :2020/08/26

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院経済学研究科 経済学専攻
  • 【配置】

    経済学部 経済学科

学位

  • 博士(経済学), 神戸大学

授業科目

ジャンル

  • 経済・金融 / 金融・証券

コメントテーマ

  • 経常収支
  • グローバル・マネーフロー
  • 金融危機

研究活動

研究キーワード

  • External Imbalances
  • 政策協調
  • 対外不均衡

研究分野

  • 人文・社会 / 経済政策
  • 人文・社会 / 経済政策

論文

  • 『訪日外国人消費動向調査』個票データを用いた インバウンド需要の計量分析

    松林 洋一

    アジア太平洋研究所, 2019年08月, APIR Trend Watch, 56, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Does Government Promote or Hinder Capital Accumulation? Evidence from Japan's High-Growth Era

    松林 洋一

    2019年06月, Structural Change and Economic Dynamics, 49, 245 - 265, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 都道府県別訪日外客数の月次推計と予測

    松林 洋一

    2019年05月, APIR Trend Watch, 54, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Quantitative Easing Policy, Exchange Rates and Business Activity by Industry in Japan from 2001 to 2006

    松林 洋一

    2019年, Singapore Economic Review, online ready, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 萩原 泰治, 松林 洋一

    We empirically examine the relationship between capital accumulation, vintage and productivity of industries in Japan using firm-level microdata. Our analyses confirm that vintage significantly influenced productivity during the period of economic expansion. The effect was particularly notable during the upturn that started in 2000, when most examined industries displayed stron

    World Scientific, 2019年, The Singapore Economic Review, 64 (3), 747 - 771, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 「訪日外国人消費動向調査」個票データ分析から得られる関西インバウンド戦略へのインプリケーション(2)-訪日外国人の移動パターン-

    松林 洋一

    2019年01月, APIR Trend Watch, 51, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 訪日外国人消費動向調査」個票データ分析から得られる関西インバウンド戦略へのインプリケーション(1)

    松林 洋一

    2018年06月, APIR Trend Watch, 47, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 国際資金余剰・世界金利・長期停滞

    松林 洋一

    内閣府経済社会総合研究所, 2018年03月, 経済分析, 193, 131 - 160, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ユーロ圏経済の長期停滞の可能性について 2000-2016年

    松林 洋一

    2018年02月, EUの揺らぎ, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 萩原 泰治, 松林 洋一

    We empirically examine the relationship between capital accumulation, vintage and productivity of industries in Japan using firm-level microdata. Our analyses confirm that vintage significantly influenced productivity during the period of economic expansion. The effect was particularly notable during the upturn that started in 2000, when most examined industries displayed stron

    World Scientific, 2016年06月, The Singapore Economic Review, Online Ready, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 地域DSGEモデルの応用可能性:家計の異質性を考慮して

    松林 洋一

    2016年01月, APIR Discussion paper, (41), 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Development of a Regional DSGE Model in Japan: Empirical Evidence of Economic Stagnation in the Kansai Economy

    松林 洋一

    2015年04月, APIR Discussion paper, (38), 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 松林 洋一, 北野 重人

    Routledge, 2013年11月, Financial Globalization and Regionalism in East Asia ,Chapter2, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • KITANO Shigeto, MATSUBAYASHI Yoichi

    Routledge, 2013年11月, Takuji Kinkyo, Shigeyuki Hamori, Yoichi Matsubayashi (eds.), Financial Globalization and Regionalism in East Asia, 29 - 46, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 金融危機とグローバル・インバランス

    松林 洋一, 福田 慎一

    東洋経済新報社, 2013年04月, なぜ金融危機は起こるのか:金融経済研究のフロンティア, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Deepening of International Interdependence and the East Asian Economy:Empirical Evidence based on Global VAR

    松林 洋一

    内閣府経済社会総合研究所, 2013年04月, 世界経済の構造転換が東アジア地域に与える影響, 英語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Substitutability of Savings by Sectors:OECD Experiences

    松林 洋一, 藤井 隆雄

    2012年08月, 神戸大学Discussion Paper, No.1215,pp.1-48, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 対外不均衡と国際資金フロー:グローバル・インバランス論を超えて

    松林 洋一, 貝塚 啓明, 財務省財務総合政策研究所

    中央経済社, 2012年03月, 国際的なマネーフロー研究, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Income Uncertainty,Risk Aversion,and Consumption Behavior:The Japanese Experience from 1987 to 2009

    松林 洋一, Yasuhide Tamura

    graduate school of Kobe University, 2012年03月, Kobe Economic Review, 57, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Empirical analysis of import demand behavior of least developed countries

    松林 洋一, 羽森 茂之

    2009年, Economics Bulletin, Vol.29, No.2 pp.1460 – 1475, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Empirical analysis of export demand behavior of LDCs: Panel cointegration approach

    松林 洋一, 羽森 茂之

    2009年, Economics Bulletin, Vol.29, No.3 pp. 1996 – 2005, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yoichi Matsubayashi

    The purpose of this study is to analyze fluctuations in the current account in Japan by deconstructing structural and non-structural components with a new method. The study shows that at the beginning of the 1980's, most components of the current account in Japan were structural. After the Plaza agreement in 1985, however, Japan's structural current account sharply decreased. Since the end of 1990s, the structural components increased again and reached nearly 2% of GDP and these movements are generally associated with the structural components of equipment investment. Business fluctuations in Japan and world, especially in the U.S. play an important role in the non-structural current account. Cyclical movements of the current account are remarkable because they include periods of recession, and this tendency was notable in the 1990s. (C) 2005 Elsevier B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2006年12月, JAPAN AND THE WORLD ECONOMY, 18 (4), 545 - 567, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • An Empirical Analysis on the Business Cycle Transmission between Japan and the United States

    羽森 茂之, 谷崎 久志, 松林 洋一

    2006年12月, Eurasian Review of Economics and Finance, Vol.2, No.2, pp.1-8, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hisashi Tanizaki, Shigeyuki Hamori, Yoichi Matsubayashi

    2006年, Statistical Papers, Vol.47 pp.109-124, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 谷崎 久志, 羽森 茂之, 松林 洋一

    2006年01月, Statistical Papers, Vol.47, No.1, pp.109-124, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 実質金利の国際的収束:代替的検証

    松林 洋一

    2005年10月, 国民経済雑誌, 第194巻第4号, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Y Matsubayashi

    This paper re-examines whether the huge external deficits in the United States for the last few decades are sustainable by using time series methods. Two distinct analytical differences from earlier works are considered. First, the private sector and government are separated to construct the current account identities used in this paper. Second, both the necessary and sufficient conditions for the sustainability of external deficits are explicitly considered. Taking these modifications into consideration, the empirical results of this study do not necessarily reject the hypothesis that external deficits in the US are sustainable. (C) 2004 Elsevier B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2005年04月, JAPAN AND THE WORLD ECONOMY, 17 (2), 223 - 237, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yoichi Matsubayashi, Shigeyuki Hamori

    This paper empirically analyses the stability of the aggregate import demand function for G7 countries. The standard cointegration test and a test developed by Gregory and Hansen are performed. The results of standard cointegration tests suggest that there is no stable cointegrating relation between real import, real GDP and relative import price for all G7 countries. The cointegrating relation is empirically supported for France and Germany if structural change for cointegrating vector is explicitly taken into consideration. The cointegrating relation is empirically rejected for Canada, Italy, Japan, the UK and the USA. Thus, the stimulation of domestic business conditions will not necessarily link the quantity of imports for these five countries.

    2003年09月10日, Applied Economics, 35 (13), 1497 - 1504, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Y Matsubayashi, S Hamori

    This paper empirically analyses the stability of the aggregate import demand function for G7 countries. The standard cointegration test and a test developed by Gregory and Hansen are performed. The results of standard cointegration tests suggest that there is no stable cointegrating relation between real import, real GDP and relative import price for all G7 countries. The cointegrating relation is empirically supported for France and Germany if structural change for cointegrating vector is explicitly taken into consideration. The cointegrating relation is empirically rejected for Canada, Italy, Japan, the UK and the USA. Thus, the stimulation of domestic business conditions will not necessarily link the quantity of imports for these five countries.

    ROUTLEDGE TAYLOR & FRANCIS LTD, 2003年09月, APPLIED ECONOMICS, 35 (13), 1497 - 1504, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 国際金融

    松林 洋一

    2004年04月, 植松忠博・小川一夫編『日本経済論』, 未記入, 日本語

    その他

  • 経済収支の決定と変動

    松林 洋一

    2003年04月, 中西訓嗣、広瀬憲三、井川一宏編「国際経済理論」, 第11章, 日本語

    その他

書籍等出版物

  • グローバル・マネーフローの実証分析:金融危機後の新たな課題

    藤田 誠一, 松林 洋一, 北野 重人

    ミネルヴァ書房, 2014年04月, 日本語

    学術書

  • Financial Globalization and Regionalism in East Asia

    KINKYO Takuji, MATSUBAYASHI Yoichi, HAMORI Shigeyuki

    共編者(共編著者), Routledge, 2013年12月, 英語

    学術書

  • Global Linkages and Economic Rebalancing in East Asia

    KINKYO Takuji, MATSUBAYASHI Yoichi, HAMORI Shigeyuki

    共編者(共編著者), World Scientific, 2012年12月, 英語

    学術書

  • 新国際金融

    松林 洋一

    共著, 有斐閣, 2007年, 日本語

    教科書・概説・概論

講演・口頭発表等

  • Bank profitability in Europe before and after the global financial crisis

    WIERZBOWSKA AGATA, Matsubayashi Yoichi

    Modern Monetary Economics Summer Institute (MME), 2017年09月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 日本の経常収支:1885-2014

    松林 洋一

    経済学部例会, 2014年11月, 日本語, 経済学研究科, 経済学研究科, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 我が国経常収支の動向:赤字化の可能性と対応

    松林 洋一

    中部経済連合経済委員会会議, 2014年10月, 日本語, 中部経済連合, 中部経済連合, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 我が国経常収支の長期的変動と短期的変動

    松林 洋一

    日本国際経済学会, 2014年10月, 日本語, 京都産業大学, 京都産業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Program and Policy Evaluation Dvelopment and Application of an Area DSGE Model : Economic Stagnation in Western Japan and an Examination into its Causes

    松林 洋一

    The International Convention of the East Asian Economic Association, 2014年10月, 英語, Chulalongkorn University, Chulalongkorn University, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • A New Solution to the Equity Premium Puzzle and the Risk-Free Rate Puzzle: Theory and Evidence

    松林 洋一

    日本金融学会秋季大会, 2014年10月, 日本語, 山口大学, 山口大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地域DSGEモデルの開発:関西経済への適用可能性の検証

    松林 洋一

    マクロモデル会議, 2014年09月, 日本語, 日本経済研究センター, APIR, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 国際資金フロー・欧州金融機関・金融危機

    松林 洋一

    日本金融学会秋季大会, 2013年09月, 日本語, 日本金融学会, 名古屋大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 経常収支赤字化の意味

    松林 洋一

    日経センターセミナー, 2013年08月, 日本語, 日経センター, 日経センター, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The Potential Welfare Benefit of Capital Controls: the Case of Korea

    KITANO Shigeto, MATSUBAYASHI Yoichi

    13th SAET Conference on Current Trends in Economics, 2013年07月, 英語, MINES ParisTech, MINES ParisTech, France, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • External Imbalances in Japan:past, present and future

    松林 洋一

    Japanese Week in Brussels 2013, 2013年03月, 英語, European Economic and Social Committee, Brussels, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 国際的な相互依存の深化と東アジア関係:Global VARによる定量分析

    松林 洋一

    日中韓シンポジウム「世界の構造変化が東アジア経済に与える影響」, 2013年02月, 日本語, 内閣府, 内閣府, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 景気動向と個人デフォルトの関係について階層ベイズパネルプロビットモデルによる検証

    松林 洋一

    日本金融学会秋季大会, 2012年09月, 日本語, 日本金融学会, 北九州市立大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 先進諸国経済は新興国経済の足枷となるか

    松林 洋一

    世界経済の構造転換が東アジア地域に与える影響に関する研究, 2012年06月, 日本語, 内閣府, 内閣府, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 対外不均衡と国際資金フロー:グローバルインバランス論を超えて

    松林 洋一

    明治大学マクロコンファランス, 2012年01月, 日本語, 明治大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Capital Accumulation, Vintage, and Productivity: The Japanese Experience from 1980 to 2007

    萩原 泰治, 松林 洋一

    WIFO Seminar, 2010年03月, 英語, WIFO (Öesterreichische Institut für Wirtschaftsforschung), Wien, Austria, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Optimal Current Account in the U.S. 1976-2002

    松林 洋一

    RIEBセミナー, 2003年03月, 英語, 神戸大学経済経営研究所, 神戸大学経済経営研究所, 国内会議

    その他

共同研究・競争的資金等の研究課題