研究者紹介システム

野村 正
ノムラ タダシ
医学部附属病院 形成外科
准教授
医学
Last Updated :2022/04/17

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    医学部附属病院 形成外科
  • 【配置】

    大学院医学研究科 医科学専攻

学位

  • 博士(医学), 神戸大学

授業科目

  • 臨床医学講義3(形成外科), 医学部 医学科, 2021
  • 個別計画実習(形成外科), 医学部 医学科, 2021

ジャンル

  • 医療・健康 / 臨床医学
  • 医療・健康 / がん治療

コメントテーマ

  • 形成外科
  • 血管腫
  • 血管奇形
  • マイクロサージャリー
  • 再建外科
  • 皮膚腫瘍外科

研究活動

研究キーワード

  • 形成外科
  • 再建外科
  • 脈管腫瘍
  • 脈管奇形
  • 皮膚腫瘍

研究分野

  • ライフサイエンス / 形成外科学

論文

  • Maki Kanzawa, Takayuki Kodama, Hayato Maruguchi, Hidetoshi Gon, Ryuko Tsukamoto, Masato Komatsu, Tadashi Nomura, Takanori Hirose, Tomoo Itoh

    We herein report three cases of mature teratomas with pineal gland differentiation, which is a less recognized phenomenon. Case 1 was a 6-year-old male with a neck mass, Case 2 was a 23-year-old female with a retroperitoneal mass, and Case 3 was a 45-year-old female with a retroperitoneal mass. Each case showed the typical macroscopic and histological findings of mature teratoma, such as solid and cystic lesions mainly lined with a mature squamous epithelium. All cases also showed glial differentiation. Small foci of lobulated cell nests were detected in the center of or adjacent to mature glial tissue. Cells had a clear to pale eosinophilic cytoplasm with small round nuclei. Immunohistochemically, cells were positive for synaptophysin, neurofilament protein with a perivascular "club-shaped swelling" pattern, and cone-rod homeobox protein. To the best of our knowledge, this is the first report of pineal gland differentiation arising in mature teratoma, which may be easily overlooked or misdiagnosed as somatic-type tumors, particularly neuroendocrine tumors. To avoid overtreatment, pathologists need to be aware that pineal gland differentiation may occur in mature teratomas.

    2021年11月, Pathology international, 71 (11), 771 - 776, 英語, 国際誌

  • Ryosuke Tamura, Kazunobu Hashikawa, Shunsuke Sakakibara, Takeo Osaki, Daiki Kitano, Hayato Maruguchi, Tadashi Nomura, Daisuke Sugiyama, Hiroto Terashi

    INTRODUCTION: We hypothesized that hybrid artificial nerves might overcome the limitations of a nerve conduit by isolating nerve fascicles from autologous nerves. Nerve sacrifice during harvest, a drawback of conventional autologous nerve transplantation, may be reduced by the hot dog method. The hot dog method (based on the morphology of hybrid artificial nerves) adds nerve conduits to autologous nerve fascicles. METHODS: Forty-eight rats with a 10-mm sciatic nerve defect were divided into six groups (n = 8 per group) according to the neural reconstruction method: autologous nerve transplantation, the hot dog method, nerve conduit, nerve fascicle transplantation, sham control, and nerve fascicle isolation were classified as Groups I, II, III, IV, V, and VI, respectively. The sciatic nerve function was assessed in these groups, a histological evaluation was performed, and statistical analyses were conducted based on these data. RESULTS: Group III (nerve conduit) and Group IV (nerve fascicle transplantation) showed the lowest functional and axonal regenerative effects, followed by Group II (hot dog method) and Group I (autologous nerve transplantation). Group VI (nerve fascicle isolation) tended to achieve better recovery in motor function and axonal regeneration than Group I (autologous nerve transplantation). CONCLUSIONS: The hot dog method is simple, safe, and easy to execute. This method can serve as a new neural reconstruction method that uses artificial nerves.

    2021年10月, The International journal of artificial organs, 44 (10), 711 - 717, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Sturge-Weber症候群に伴う口腔内化膿性肉芽腫の治療経験:術前塞栓療法と外科的切除の併用

    酒井 亜結美, 野村 正, 明石 昌也, 橋川 和信, 寺師 浩人

    57歳女性。19歳時にSturge-Weber症候群を発症し、4年前より右上歯肉に赤色病変が出現した。数ヵ月前から病変が急速に増大し、病変による咀嚼困難、構音障害を生じたため当院へ受診となった。受診時、悪臭や拍動を伴う易出血性の右上歯肉病変が口腔内を占拠し、顔面造影CTおよび血管造影検査では病変は大口蓋動脈と顔面動脈から豊富に栄養され、硬口蓋の広範囲に及んでいた。症状の緩和目的で口腔内に突出した病変を切除する方針となったが、右上歯肉病変は止血困難であることが予想されたため、まず動脈塞栓療法を行い、次いで外科的切除術が行われた。その結果、病理組織学的に化膿性肉芽腫と診断された。術後6ヵ月経過現在、病変の再増大や再出血はなく、咀嚼も構音も改善した。

    (一社)日本形成外科学会, 2021年09月, 日本形成外科学会会誌, 41 (9), 522 - 527, 日本語

    [査読有り]

  • 野村 正, 田村 亮介, 寺師 浩人

    克誠堂出版(株), 2021年07月, 形成外科, 64 (7), 809 - 816, 日本語

  • 外陰部に発生したaggressive angiomyxomaの1例

    平位 恵梨, 野村 正, 林 知子, 橋川 和信, 寺師 浩人

    22歳女性。外陰部腫瘤を主訴に前医の産婦人科を受診後、精査加療目的で当科へ紹介となった。初診時、右外陰部に90×40mm大、弾性軟の皮下腫瘤が認められた。また、MRIでは皮下に限局し、境界明瞭な病変がみられ、T1強調像で辺縁は高信号、内部は低信号を呈し、T2強調像では高信号域の内部に渦状の構造が確認された。部分生検では診断が得られず、摘出生検を行った結果、病理組織学的にaggressive angiomyxomaと確定診断された。目下、術後8ヵ月経過で再発はみられていない。

    (一社)日本形成外科学会, 2021年07月, 日本形成外科学会会誌, 41 (7), 371 - 377, 日本語

  • Daiki Kitano, Shunsuke Sakakibara, Yasuhisa Ishida, Tadashi Nomura, Hiroto Terashi

    A congenital cheek fistula is a rare malformation in the buccal area. Here, we report the case of a congenital cheek fistula in a 50-year-old woman who visited our clinic with complaints of swelling and pain in her left cheek. Physical examination revealed a small hole in the left corner of the mouth present since birth. She had no other congenital malformations in the maxillofacial region such as an accessory ear and cleft lip. Manual compression of the cheek mass induced serous discharge from the hole. Magnetic resonance imaging (MRI) showed a cystic lesion in the left cheek and a fistula within the orbicularis oris muscle that opened into the small hole. After immediate incision and drainage of the cyst, both the cyst and fistula were surgically resected. The cystic lesion was completely delineated from the boundary of the parotid gland. The orbicularis oris muscle was partially incised to remove the fistula and the surrounding scar tissue. Histopathological examination of the resected specimen revealed a cavity consisting of epithelium inside the fistula. The postoperative course was insignificant. No recurrence of the cyst was observed six months postoperatively. The operative and pathological findings demonstrated that the ectoderm-derived epithelial tissue was enclosed by the mesoderm-derived muscle tissue. The mixture of different germ layer-derived tissues suggested that the fistula was a type of congenital transverse facial cleft induced by malfusion of the mandibular and maxillary prominences during embryonic development. The differential diagnoses of the congenital cheek fistula included orocutaneous fistulas and salivary fistulas. MRI was useful in delineating the border between the lesion and the surrounding tissue.

    2021年06月, Cureus, 13 (6), e15657, 英語, 国際誌

  • 野村 正, 大崎 健夫, 大澤 沙由理, 武田 玲伊子, 長谷川 泰子, 榊原 俊介, 橋川 和信, 寺師 浩人

    毛細血管奇形(単純性血管腫)に対する色素レーザー治療が普及し約30年が経過した.現在,本邦ではパルス幅可変式ロングパルス色素レーザーによる治療が第一選択であり,近年では紫斑形成が少ない機器も販売されている.小児では治療早期の照射が推奨される傾向があるが,長期には依然再発の問題がある.色素レーザーの治療効果を高める薬剤や治療法の開発が待たれるところである.(著者抄録)

    (NPO)日本レーザー医学会, 2021年04月, 日本レーザー医学会誌, 42 (1), 18 - 22, 日本語

    [査読有り][招待有り]

  • A Rare Case of Infantile Hemangioma Requiring Ear Reconstruction

    Maruguchi, Hayato, Nomura, Tadashi, Osawa, Sayuri

    2021年03月, JOURNAL OF VASCULAR ANOMALIES, 2 (1), e003, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Daiki Kitano, Takeo Osaki, Shunsuke Sakakibara, Tadashi Nomura, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi

    INTRODUCTION: Limited literature exists regarding the positional relationship between the pedicled-rectus abdominis myocutaneous (p-RAMC) flap and residual pelvic organs post posterior pelvic exenteration (PPE). PRESENTATION OF CASE: Four patients underwent PPE and reconstruction with a p-RAMC flap. After harvesting the p-RAMC flap with the deep inferior epigastric artery and veins as the vascular pedicle, the intra-pelvic shortest pathway of the flap was created. We dissected the subcutaneous tissues of the flap donor site toward the perineal defect along the inner wall of the pelvis. The pubic origin of the rectus abdominis muscle was preserved. A three-dimensional model was constructed using an image processing software. The vascular pedicle ran almost linearly along the inner wall of the pelvis. The muscle belly was placed on the pelvic floor through the posterior wall of the urinary bladder which filled the dead space of the resected area. All flaps survived without significant complications. DISCUSSION: Assigning the cranial side of the flap to the perineum and caudal side to the pelvic floor could reduce postoperative intrapelvic complications. By preserving the pubic origin of the rectus abdominis muscle, a shock absorber of the pedicle of the flap was created, preventing over-traction of the flap while passing through the intrapelvic pathway. CONCLUSION: A p-RAMC flap via intra-pelvic shortest pathway is an ideal reconstructive method for large skin defect in perineal area after PPE.

    2021年02月09日, International journal of surgery case reports, 80, 105629 - 105629, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Haruo Ogawa, Junya Kusumoto, Tadashi Nomura, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi, Shunsuke Sakakibara

    BACKGROUND:  Intraoperative vasospasm during reconstructive microvascular surgery is often unpredictable and may lead to devastating flap loss. Therefore, various vasodilators are used in reconstructive microsurgery to prevent and relieve vasospasm. Lidocaine is a vasodilator commonly used in microvascular surgery. Although many reports have described its in vitro and in vivo concentration-dependent vasodilatory effects, limited studies have examined the pharmacological effects of lidocaine on blood vessels in terms of persistence and titer. METHODS:  In this study, the vasodilatory effect of lidocaine was examined by using the wire myograph system. Abdominal aortas were harvested from female rats, sliced into rings of 1-mm thickness, and mounted in the wire myograph system. Next, 10, 5, 2, and 1% lidocaine solutions were applied to the artery, and the change in vasodilation force, persistence of the force, and time required to reach equilibrium were measured. RESULTS:  The vasodilatory effect was confirmed in all groups following lidocaine treatment. Although strong vasodilation was observed in the 10% lidocaine group, it was accompanied by irreversible degeneration of the artery. Vasodilation in the 1% lidocaine group was weaker than that in the other groups 500 seconds after lidocaine addition (p < 0.05). Between the 5 and 2% lidocaine groups, 5% lidocaine showed a stronger vasodilatory effect 400 to 600 seconds after lidocaine addition (p < 0.01); however, there was no significant difference in these groups after 700 seconds. Additionally, there was no difference in the time required for the relaxation force to reach equilibrium among the 5, 2, and 1% lidocaine groups. CONCLUSION:  Although our study confirmed the dose-dependent vasodilatory effect of lidocaine, 5% lidocaine showed the best vasodilatory effect and continuity with minimal irreversible changes in the arterial tissue.

    2021年01月31日, Journal of reconstructive microsurgery, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Takeo Osaki, Ryosuke Tamura, Tadashi Nomura, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi

    PURPOSE: This study aimed to examine the usefulness of treating orbital blowout fracture using a customized rigid carrier. MATERIAL AND METHODS: Patients who underwent surgery for orbital blowout fractures in our department from April 2016 to March 2019 were recruited in the study. We molded a rigid thermoplastic material into the same shape as the reconstruction material according to the 3D model and transplanted it into the orbital space along with the reconstruction material. We assessed Hertel exophthalmometry, awareness of diplopia, and the Hess area ratio (HAR%). RESULTS: We performed this procedure in 15 patients with blowout fractures. Reconstruction materials used were iliac bone, absorbable plates, and titanium mesh in 12, 2, and 1 patient, respectively. None of the patients showed a difference of more than 2 mm on Hertel exophthalmometry. Only one patient had diplopia after surgery. The average preoperative and postoperative HAR% were 83.1 and 90.6, respectively. HAR% was more than 85% in 6 of 7 postoperative cases. CONCLUSIONS: This method can be applied for surgery using various reconstructive materials and can be a useful method, especially in patients with a wide range of orbital bone defects.

    Elsevier BV, 2020年11月, Journal of Cranio-Maxillofacial Surgery, 48 (11), 1052 - 1056, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • 播種性血管内凝固症候群を合併した青色ゴムまり様母斑症候群の治療経験

    酒井 玲子, 野村 正, 吉岡 剛, 寺師 浩人

    67歳男性。60歳頃より皮下腫瘤が全身に多発拡大して皮下出血を繰り返すようになった。更に数ヵ月前より皮膚病変の疼痛も出現したため当科へ紹介となった。初診時、体幹や四肢に皮下出血を伴う皮下腫瘤を多数認められ、口腔粘膜下にも腫瘤がみられた。精査の結果、重度の播種性血管内凝固症候群(DIC)を合併した青色ゴムまり様母斑症候群と診断され、トラネキサム酸とカモスタットメシル酸塩が投与された。だが、改善に乏しく、抗凝固療法を追加したところ症状の改善が得られた。退院後、皮膚病変は保存的に経過観察されたが、皮膚病変の自潰を契機にDICの再増悪を認め、最終的にはDICによる多臓器不全で初診から1年1ヵ月後に死亡となった。

    (一社)日本形成外科学会, 2020年11月, 日本形成外科学会会誌, 40 (11), 612 - 618, 日本語

    [査読有り]

  • Takeo Osaki, Hidetaka Murakami, Ryosuke Tamura, Tadashi Nomura, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi

    Correct anatomical reconstruction of the orbital wall for function and cosmesis is important; however, this is difficult because of the structure's complexity. The authors aimed to analyze and classify orbital morphology from computed tomography (CT) images and examine the relationship between orbital morphology and eyelid morphology in the Japanese population. CT images of 60 men (right side, 29; left side, 31) and 44 women (each side, 22) were included. The lengths of the orbital medial wall and floor in the coronal plane at the anterior, middle, and posterior planes of the orbit; angle between them; simotic index; and the thickness of upper eyelid were measured. Additionally, the presence or absence of double eyelids was evaluated. Non-paired Student's t test and Pearson correlation coefficient test were used for analysis. Orbital morphology was symmetrical on both sides, and men had a larger orbit than women. Orbital morphology was classified into 2 groups according to the posterior angle, and there was a difference between the groups in the simotic index. The difference between groups may represent a genetic difference between the Jomon and Yayoi people and not only provide a new classification for the orbit of the population but also be useful in orbital reconstruction.

    Ovid Technologies (Wolters Kluwer Health), 2020年07月07日, Journal of Craniofacial Surgery, Publish Ahead of Print (7), 1875 - 1878, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Tadashi Nomura, Mika Nakasone, Takako Okamoto, Hirotaka Ejiri, Sayuri Osawa, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi

    Infantile hemangioma (IH) is a benign vascular tumor that gradually involutes over several years. Rapidly involuting congenital hemangioma (RICH) is the relatively rare congenital vascular tumor that is fully grown at birth and does not undergo postnatal growth and involutes during the first year. However, after involution of both IH and RICH, some have severe sequelae, such as redundant skin or conspicuous scarring, requiring additional treatment. We present the case of a 6-year-old girl with a concave deformity due to subcutaneous atrophy, skin darkening, and altered skin texture of her left zygomatic region following involution of a hemangioma. We successfully treated this patient by transferring a dermal fat graft. This technique can be beneficial for atrophic sequelae after regression of a hemangioma and is easy to perform and cosmetically effective.

    Wiley, 2020年07月, Pediatric Dermatology, 37 (4), 776 - 779, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Factors Preventing Prolonged Closed-Suction Drain Placement after Immediate Breast Reconstruction with Tissue Expanders.

    Takahiro Tokiyoshi, Chiharu Tsunashima, Tadashi Nomura, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi, Susumu Kawamura

    BACKGROUND: Prolonged drain placement occasionally causes complications such as infection in patients who have undergone implant-based breast reconstruction; therefore, the drainage period must be shortened to avoid complications. PURPOSE: To identify the factors that prevent prolonged drain placement in patients who have undergone immediate breast reconstruction with tissue expanders. METHODS: This was a retrospective medical chart review of all patients who underwent immediate breast reconstruction with tissue expanders at a single center from April 2013 to March 2016. Closed-suction drains were placed in and on the implant pocket. An extra drain was positioned in the axilla in patients undergoing axillary lymph node dissection. The drains were removed at a drainage volume of ≤50 ml per 24 hours. Prolonged drain placement was defined as a period greater than the 75th percentile among all patients. Nine potential risk factors associated with prolonged drain placement were analyzed with multivariate logistic regression analysis. RESULTS: In total, 89 tissue expanders in 89 patients were placed in this study. Prolonged drain placement, determined as ≥9 days (range, 5-14 days), was significantly associated with body mass index ≥25 kg/m2, tissue expander size ≥500 ml, and intraoperative bleeding ≥100 ml, in the multivariate analysis. Axillary lymph node dissection with extra-axillary drainage did not prolong the drainage period. CONCLUSIONS: Our findings suggested that placing an extra-axillary closed-suction drain following axillary dissection, and reducing intraoperative bleeding and surgical trauma, could prevent prolonged drain placement in immediate breast reconstruction with tissue expanders.

    2020年02月28日, The Kobe journal of medical sciences, 65 (4), E132-E137, 英語, 国内誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Naoki Otsuki, Tatsuya Furukawa, Mehmet Ozgur Avinçsal, Masanori Teshima, Hirotaka Shinomiya, Taro Oshikiri, Tetsu Nakamura, Tadashi Nomura, Kazunobu Hashikawa, Ken-Ichi Nibu

    OBJECTIVE: Free flap reconstruction in elderly patients is one of the most challenging surgeries in the treatment of head and neck cancers. The aim of this study was to examine the oncological and functional outcomes of free flap reconstruction for elderly patients with head and neck cancer. METHODS: We retrospectively reviewed elderly patients who underwent free flap reconstruction for the treatment of head and neck cancers. All patients were 80 years or older. Clinicopathologic features, surgical procedures, oncological and functional outcomes were obtained from medical records. RESULTS: Free flap reconstructions were performed in 13 patients (3 female, 10 male). The mean age was 82.6 ± 3.4 years (range: 80-91). The mean follow-up period was 23.3 months (range 4-41 months). The mean disease-free survival was 49 ± 6 months (range 4-60 months). All patients had been alive more than one year after surgery. Reconstruction was performed using free jejunum in 10 patients and radial forearm flap in 3 patients. Graft necrosis occurred in 2 patients. Other two patients experienced major postoperative medical complications. CONCLUSION: Free flap reconstruction in well-selected older adults is safe and effective. Advanced age should not preclude consideration of free flap reconstruction in those patients.

    2020年02月, Auris, nasus, larynx, 47 (1), 123 - 127, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • Hayato Maruguchi, Tadashi Nomura, Satoru Sasaki, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi

    Teratomas and lymphatic malformations are included in the differential diagnosis of congenital neck masses. They can exhibit similar clinical findings. The authors present a case of mature teratoma that had been managed as a lymphatic malformation for years. Clinicians should be careful not to dismiss clues for the correct diagnosis.

    Informa UK Limited, 2019年01月01日, Case Reports in Plastic Surgery and Hand Surgery, 6 (1), 63 - 68, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Takeo Osaki, Tadashi Nomura, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi

    A reverse vascular pedicle digital island flap is a useful treatment option for reconstruction in fingertip amputation. We describe a surgical procedure to preserve the dorsal branch of the digital nerve in the middle phalanx during elevation of this flap with favourable outcomes.

    Informa UK Limited, 2019年01月01日, Case Reports in Plastic Surgery and Hand Surgery, 6 (1), 74 - 78, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Kitano D, Osaki T, Nakasone M, Nomura T, Hashikawa K, Terashi H

    INTRODUCTION: Diffuse plexiform neurofibroma (DPN) in patients with neurofibromatosis type 1 (NF1) causes motility dysfunction in severe cases. Transcatheter arterial embolisation (TAE) is an effective haemorrhage control method in vascular tumour surgery. PRESENTATION OF CASE: We performed debulking surgery for DPN in the buttock and posterior thigh of two NF1 patients. Preoperative TAE with gelatine particles to tumour feeder vessels was conducted in both cases. Operative bleeding volumes were 500 and 4970 mL, respectively. In the latter case, the resection area extended to the upper poles of the buttocks, and the tumour invaded deeply into the surrounding tissues. Massive haemorrhage occurred, and internal iliac arterial balloon was inflated temporarily to further suppress the bleeding. Delayed wound healing due to TAE occurred; debridement and wound closure were required. Motor function improvement was confirmed in both patients. DISCUSSION: Bleeding volumes varied because of highly developed collateral pathways and tumour invasiveness. As the upper pole of the buttock was perfused by the superior gluteal artery and its numerous collateral vessels, complete haemostasis was difficult despite adequate TAE. Because delineating the tumour border from the normal tissue was impossible due to the high tumour invasiveness, cutting into the hypervascular tumour was inevitable. As gelatine particles were absorbed but remained within the vessels, prolonged wound ischaemia and delayed healing occurred. CONCLUSION: Although TAE with gelatine particles and balloon occlusion were reliable haemorrhage control methods in debulking surgery for lower limb DPN, optimal haemorrhage control technique, compatible with haemostasis and wound healing, was desired.

    2019年01月, Int J Surg Case Rep, 55, 132 - 135, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hiroaki Hanafusa, Naoya Morisada, Tadashi Nomura, Daisuke Kobayashi, Yoshinobu Akasaka, Ming Juan Ye, Kandai Nozu, Noriyuki Nishimura, Kazumoto Iijima, Hideto Nakao

    CLOVES syndrome is characterized by congenital lipomatous overgrowth, vascular malformation, epidermal nevi, and scoliosis/spinal malformation. It is caused by somatic mosaicism of gain-of-function variants of PIK3CA. Here, we describe a novel case of a 5-year-old Japanese girl with CLOVES and concurrent pancreatic steatosis. She had a recurrent somatic mutation in PIK3CA (NM_006218.3: c.1357G>A, p.Glu453Lys), elevated HbA1c levels, and pancreatic steatosis. This case indicates that pancreatic screening is critical for PIK3CA-related disorders.

    2019年, Human genome variation, 6 (6), 31 - 31, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 退縮後に摘出術を行った耳下腺乳児血管腫の治療経験

    丸口勇人, 野村正, 町田怜央, 村上英毅, 高須啓之, 橋川和信, 寺師浩人

    2018年12月, 日本形成外科学会会誌, 38 (12号), 652 - 658, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 静脈奇形に対する硬化療法におけるオレイン酸エタノールアミンとポリドカノールの比較検討

    倉本康世, 野村正, 江尻浩隆, 川北育子, 櫻井敦, 橋川和信, 寺師浩人

    2018年04月, 形成外科, 61 (4号), 450 - 456, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 【頭頸部動静脈奇形の最新治療】 動静脈奇形に対する手術療法 nidusを見極めるわれわれの試み

    野村正, 江尻浩隆, 櫻井敦, 川北育子, 橋川和信, 寺師浩人

    2017年06月, 形成外科, 60 (6号), 649 - 660, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 北川敬之, 野村正, 橋川和信, 藤原進, 田島翔子, 錦織千佳子, 寺師浩人

    2017年03月, Skin Cancer, 31 (3号), 233 - 237, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Low-Grade Myxofibrosarcoma of the Rectus Abdominus Muscle Infiltrating into Abdominal Cavity: A Case Report.

    Tadashi Nomura, Shunsuke Sakakibara, Aya Moriwaki, Teruya Kawamoto, Satoshi Suzuki, Takeshi Ishimura, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi

    Objective: Myxofibrosarcoma (MFS) is a relatively rare tumor that is histologically characterized by myxoid stroma and spindle cell proliferation. This tumor most commonly arises as a slow growing, enlarging painless mass in the extremities of elderly patients. Methods: We report a case of a primary, low-grade MFS in the rectus abdominis muscle infiltrating the abdominal cavity of a 75-year-old man. Results: The patient underwent a wide excision of the right abdominal wall mass with a 3-cm surgical margin from the scar due to a biopsy. The tumor infiltrated the urinary bladder, peritoneum, and external iliac vessels. Twenty-six months after the initial operation, he had recurrences in his abdominal wall, urinary bladder, and right iliac vessels. Conclusions: To our knowledge, primary MFS of the muscle in the abdomen has not been documented previously. Although this case was histopathologically classified as a low-grade tumor, it infiltrated the abdominal cavity. The tumor is suspected to have penetrated the abdominal cavity below the linea arcuata, which lacks the posterior sheath of the rectus abdominis muscle; from there, it could easily spread without being blocked by any biological barriers.

    2017年, Eplasty, 17, e6, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • A Novel Method of Noninvasive Monitoring of Free Flaps With Near-Infrared Spectroscopy.

    Hiroyuki Takasu, Kazunobu Hashikawa, Tadashi Nomura, Shunsuke Sakakibara, Takeo Osaki, Hiroto Terashi

    Objective: Thrombosis of a site of anastomosis in microsurgical free tissue transfer can result in tissue necrosis. To salvage potentially failing free flap, various methods of monitoring the viability of tissue have been described. We report a novel method of monitoring free flaps using near-infrared spectroscopy. Methods: After microsurgical operation, we monitored the regional oxygen saturation of the flap with using the In-Vivo Optical Spectroscopy. A total of 57 patients participated in this study. Results: Of 57 cases, arterial insufficiency was detected in 1 case and venous insufficiency was detected in 3 cases. Regional oxygen saturation decreased before the flap color changed to a pale or congestive color. We could salvage these 4 patients by re-exploration. Conclusions: The postoperative monitoring with the In-Vivo Optical Spectroscopy is noninvasive, continuous, reliable, and reproducible. This technique could be one of the best methods for monitoring microsurgical free tissue transfers.

    2017年, Eplasty, 17, e37, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hirotaka Shinomiya, Shingo Hasegawa, Daisuke Yamashita, Yasuo Ejima, Yoshida Kenji, Naoki Otsuki, Naomi Kiyota, Shunsuke Sakakibara, Tadashi Nomura, Kazunobu Hashikawa, Eiji Kohmura, Ryohei Sasaki, Ken-Ichi Nibu

    BACKGROUND: The purpose of this study was to analyze outcomes for the treatment of locally advanced temporal bone cancer by means of concomitant chemoradiotherapy (CCRT) with a combination of cisplatin (CDDP), 5-fluorouracil (5-FU), and docetaxel (TPF). METHODS: Between 2006 and 2011, 34 patients with squamous cell carcinoma of the temporal bone were treated at Kobe University Hospital. Medical records were retrospectively reviewed to obtain information concerning patient characteristics, extent of disease, treatment, adverse events, and oncologic results. RESULTS: Ten patients were treated with CCRT using TPF regimen. The 5-year overall survival rate and disease-free survival rate were both 60%. Of special interest is that even for patients with unresectable T4 disease, the 5-year overall survival rate was 56%. CONCLUSION: The results of our study indicate that CCRT with TPF for locally advanced temporal bone cancer is an effective and promising regimen. © 2015 Wiley Periodicals, Inc. Head Neck 38: E949-E953, 2016.

    2016年04月, Head & neck, 38 Suppl 1, E949-53 - 53, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 野村正, 榊原俊介, 西藤勝, 河野範男, 橋川和信, 寺師浩人

    2016年, Oncoplastic Breast Surgery, 1 (2), 1 - 6, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hirotaka Ejiri, Tadashi Nomura, Masumi Hasegawa, Chiaki Tatsumi, Midori Imai, Shunsuke Sakakibara, Hiroto Terashi

    In this study, we sought to establish a defined experimental system for fibroblast growth similar to that of the living dermis. To this end, we evaluated the growth and biochemical characteristics of fibroblasts cultured with serum-free HFDM-1, a finely tuned synthetic medium for human fibroblast culture. Three culture conditions were used to grow fibroblasts obtained from primary culture: (1) culture with Dulbecco's modified Eagle medium (DMEM) plus 10 % fetal bovine serum (serum-supplemented DMEM), (2) culture with DMEM (serum-free DMEM), and (3) culture with HFDM-1 (HFDM-1), and fibroblast morphology, growth, collagen type I production, and lipid composition were analyzed. Fibroblasts grown in HFDM-1 maintained cell numbers at nearly 100 % from days 14 to 21 and produced more collagen type I than cells grown in serum-supplemented and serum-free DMEM. Arachidonic acid (20: 4) and total polyunsaturated fatty acids were lower in cells grown in serum-free DMEM and HFDM-1 than in serum-supplemented DMEM. These results suggested that HFDM-1 recapitulated growth conditions in the dermis better than traditional, serum-supplemented DMEM. In addition, the controlled chemical composition of HFDM-1 eliminated a potential source of variability in cell culture conditions.

    SPRINGER, 2015年05月, CYTOTECHNOLOGY, 67 (3), 507 - 514, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Shunsuke Sakakibara, Hiroyuki Onishi, Kazunobu Hashikawa, Masaya Akashi, Akiko Sakakibara, Tadashi Nomura, Hiroto Terashi

    Background Most free flap reconstruction complications involve vascular compromise. Evaluation of vascular anatomy provides considerable information that can potentially minimize these complications. Previous reports have shown that contrast-enhanced computed tomography is effective for understanding three-dimensional arterial anatomy. However, most vascular complications result from venous thromboses, making imaging of venous anatomy highly desirable. Methods The phase-lag computed tomography angiography (pl-CTA) technique involves 64-channel (virtually, 128-channel) multidetector CT and is used to acquire arterial images using conventional CTA. Venous images are three-dimensionally reconstructed using a subtraction technique involving combined venous phase and arterial phase images, using a computer workstation. Results This technique was used to examine 48 patients (12 lower leg reconstructions, 34 head and neck reconstructions, and 2 upper extremity reconstructions) without complications. The pl-CTA technique can be used for three-dimensional visualization of peripheral veins measuring approximately 1 mm in diameter. Conclusion The pl-CTA information was especially helpful for secondary free flap reconstructions in the head and neck region after malignant tumor recurrence. In such cases, radical dissection of the neck was performed as part of the first operation, and many vessels, including veins, were resected and used in the first free-tissue transfer. The pl-CTA images also allowed visualization of varicose changes in the lower leg region and helped us avoid selecting those vessels for anastomosis. Thus, the pl-CTA-derived venous anatomy information was useful for exact evaluations during the planning of free-tissue transfers.

    THIEME MEDICAL PUBL INC, 2015年05月, JOURNAL OF RECONSTRUCTIVE MICROSURGERY, 31 (4), 305 - 312, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Simple and easy surgical technique for infantile hemangiomas: intralesional excision and primary closure

    Nomura T, Osaki T, Ishinagi H, Ejiri H, Terashi H

    OBJECTIVE: Infantile hemangioma (IH) is a benign vascular tumor that gradually shrinks over several years. Involuting or involuted IHs usually retain their shape, however, and result in redundant skin or conspicuous scarring due to ulceration in the proliferating phase. We present a case series of 12 patients who underwent intralesional excision and primary closure for treatment of involuting or involuted IH. METHODS: Twelve patients (5 boys, 7 girls) underwent our treatment method for involuting or involuted IH. A blinded assessor evaluated clinical result of each patient. RESULTS: Surgical results were excellent in 4 patients, good in 6, and fair in 2. A small dog ear was prominent in 1 patient; nevertheless, all parents were satisfied with the results. CONCLUSIONS: Intralesional excision and primary closure for treatment of involuting or involuted IH is an easy and simple procedure that does not result in dog-ear formation or elongated residual scarring.

    2015年01月, Eplasty, 15 (-), e3, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 開頭術後頭部皮膚潰瘍の原因に関する検討とその対策 死腔形成と脳室-腹腔シャントが及ぼす影響について

    野村 正, 橋川 和信, 榊原 俊介, 高須 啓之, 寺師 浩人

    2014年12月, 日本頭蓋顎顔面外科学会誌, 30 (4号), 171 - 178, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masaya Akashi, Tadashi Nomura, Shunsuke Sakakibara, Akiko Sakakibara, Kazunobu Hashikawa

    Introduction: Magnetic resonance angiography (MRA) is currently considered the most useful test to evaluate the vascular anatomy of the lower leg prior to free fibula osteocutaneous flap transfer. This study aimed to confirm the validity of preoperative MRA. Methods: In 19 patients underwent free fibula osteocutaneous flap transfer for maxillary and mandibular reconstruction, the MRA and intraoperative findings and the postoperative complications were retrospectively analyzed. The location and number of distal septocutaneous perforators (dSCPs) that were preoperatively identified and harvested with flaps were documented. Results: Preoperative MRA detected dSCPs with 100 % sensitivity. MRA findings also revealed the diversity of vascular structures, such as the tibio-peroneal bifurcation location and the anatomical relationship between the peroneal vessels and the fibula. No patients suffered postoperative ischemic complications in the donor leg. The total flap survival rate was 95 %. Conclusions: Preoperative MRA effectively excluded large vessel anomalies and peripheral vascular disease, and precisely identified the septocutaneous perforators. Additionally, preoperative MRA contributed to a safer fibular osteotomy by predicting the anatomical relationship between the peroneal vessels and the fibula. (c) 2013 Wiley Periodicals, Inc.

    WILEY-BLACKWELL, 2013年09月, MICROSURGERY, 33 (6), 454 - 459, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • がん切除後下顎骨再建における再建理論「CATコンセプト」 臨床症例における実践結果

    橋川 和信, 明石 昌也, 野村 正, 寺師 浩人

    (一社)日本頭頸部癌学会, 2013年05月, 頭頸部癌, 39 (2号), 166 - 166, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 野村正

    2012年, Skin Cancer, 27, 186 - 190, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Gluteal fold VY advancement flapに基づく再建を行った外陰癌の1症例

    小川 晴生, 野村 正, 寺師 浩人, 時吉 貴宏, 岩山 隆憲, 田原 真也

    2010年09月, Skin Cancer, 25 (2号), 195 - 199, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 永田 育子, 櫻井 敦, 野村 正, 見目 和崇, 牧口 貴哉, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    脈管奇形に対する硬化療法の安全性向上のために、simulation cavernography(SC)による術中透視所見を後ろ向きに検討した。対象は静脈奇形症例42名・計80回で、SCの動態を4分類した。Type-Iは63%(50例)で、造影剤は病変内に留まった。Type-IIは10%(8例)で、太い流出血管への流出を確認したが、穿刺部位の変更により造影剤は病変内に留まった。Type-IIIaは26%(21例)で、太い流出血管への流出を確認したが、用手的圧迫により造影剤は病変内に留まった。Type-IIIbは1%(1例)で、穿刺部位の変更や用手的圧迫でも造影剤の主要血管への流出を確認した。硬化療法はType-I〜Type-IIIaでは施行し、Type-IIIbでは断念した。全例、肺梗塞・脳梗塞などの重篤な合併症は認められなかった。術中透視を行わずに硬化療法を行っていた場合、37%の症例で合併症を引き起こしていた可能性が示唆され、術中透視は硬化療法の安全性向上に有効であると思われた。

    克誠堂出版(株), 2008年05月, 形成外科, 51 (5), 555 - 560, 日本語

    [査読有り]

  • 櫻井 敦, 野村 正, 永田 育子, 牧口 貴哉, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    血管奇形に対する硬化療法に術中シミュレーションを導入し、その成績を報告した。対象は静脈奇形に対して硬化療法を施行し、造影記録を確認できた15症例(男性7名、女性8名)で、これらの症例に対して合計33回の治療を行った。術中シミュレーションの結果は以下の4タイプに分類した。造影剤が病変内に留まり、そのまま硬化療法を施行した症例(タイプ1,82%)。太い流出静脈や主要血管への流出が確認され、穿刺部位を変えて硬化療法を施行した症例(タイプ2,15%)。用手的圧迫で病変内に留まり、硬化療法を施行した症例(タイプ3a,0%)。用手的圧迫でも病変内に留まらず、硬化療法を断念した症例(タイプ3b,3%)。タイプ3aは硬化療法施行時にしばしば経験するが、今回の症例中では見られなかった。タイプ2と3bを併せると18%の症例で流出静脈を認めたが、いずれの症例も重篤な合併症は見られず、経過は良好であった。

    日本シミュレーション外科学会, 2008年01月, 日本シミュレーション外科学会会誌, 15 (4), 91 - 94, 日本語

  • 江尻 浩隆, 野村 正, 野々村 秀明

    肺癌で皮膚転移が認められる場合の多くは, 既に他臓器にも転移をしており, 皮膚転移に対する切除術は一般的に生命予後を改善しないと考えられている。しかし患者のQOLに寄与でき, かつ病状が許すならば切除術も考慮すべきと考えられている。今回我々は, 肺癌の皮膚転移に対して切除術を施行した6症例について検討した。症例は57歳から76歳までの男性4例と女性2例で, 平均年齢は64.0歳, 組織型は腺癌4例, 扁平上皮癌1例, 小細胞癌1例であった。肺癌の診断から死亡までの平均期間は13.0月, 皮膚転移から死亡までの期間は6.2月で, 諸家の報告と同様切除術は生命予後を改善しないという結果となった。しかし, すべての症例において術後創部は特に問題なく治癒し, 疼痛などの愁訴はすべて改善を認めたことから, 切除術は患者のQOLに寄与することができる重要な手段の一つであると考えられた。

    The Japanese Skin Cancer Society, 2008年, Skin Cancer, 23 (1), 47 - 52, 日本語

    [査読有り]

  • 小川 晴生, 野村 正, 岩山 隆憲, 江尻 浩隆, 田原 真也

    有棘細胞癌は耳介原発の皮膚悪性腫瘍の約半数を占め, 腫瘍の切除により生じた欠損に対しては, しばしば組織移植による耳介皮膚, 軟骨再建を要する。我々は, 耳介後面に発生した有棘細胞癌の切除により耳介後面の1/2の皮膚および軟骨の欠損を生じた症例に対して耳介再建を行った。耳介軟骨の欠損が広範囲に及んでいたため, 肋軟骨移植が必要と考えたが, 患者が肋軟骨移植を希望しなかった。そのため, 耳介を縮小した上で軟骨形成を行う方針とした。耳前部皮膚の楔状切除, chondrocutaneous advancement flapを用いて耳介を縮小し, 健側の耳甲介軟骨移植, 側頭頭頂筋膜弁移植および分層植皮術を用いて耳介を再建した。術後1年で腫瘍の再発・転移を認めていない。また, 再建された耳介は健側耳介に比べて小さく変形を残すが, 眼鏡を装用することが可能である。

    The Japanese Skin Cancer Society, 2008年, Skin Cancer, 23 (3), 384 - 389, 日本語

  • 血管奇形硬化療法における術中透視下病変造影の重要性 静脈奇形症例の検討

    永田 育子, 見目 和崇, 牧口 貴哉, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也, 櫻井 敦, 野村 正, 野瀬 謙介, 久徳 茂雄

    (一社)日本形成外科学会, 2007年04月, 日本形成外科学会会誌, 27 (4), 346 - 346, 日本語

  • 櫻井 敦, 野村 正, 見目 和崇, 永田 育子, 牧口 貴哉, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    日本シミュレーション外科学会, 2006年11月, 日本シミュレーション外科学会会誌, 14 (1-2), 42 - 42, 日本語

  • 外鼻基底細胞癌100症例の必要切除深度に応じた部位別再建術式の選択

    寺師浩人, 橋川和信, 野村正, 田原真也, 倉田荘太郎

    約4年間における全摘出標本のある外鼻基底細胞癌100例を対象に検討した.鼻翼部は,全層または粘膜下切除後,遊離複合移植術を第一選択とし,場合によっては局所皮弁術を組み合わせた即時再建術を行う.鼻翼溝部は筋肉を含めて切除し,その後二段階手術を推奨する.再建方法として第一選択は鼻唇溝皮弁術である.鼻背側面部は症例に応じて二段階手術を推奨し,再建方法として鼻唇溝皮弁術か全層植皮術を第一選択とする.鼻背部は症例に応じて二段階手術を推奨し,再建方法としてaxial front nasal flapを第一選択とし,場合によってはほかの方法を組み合わせる.鼻尖部〜鼻柱部は,軟骨が露出するまで切除し,その後二段階手術を推奨する.再建方法として局所皮弁術を第一選択とする

    (一社)日本頭蓋顎顔面外科学会, 2005年09月, 日本頭蓋顎顔面外科学会誌, 21巻, 3号, pp.203-212 (3), 203 - 212, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Periostesl blood supplyとdirect blood supplyによる骨生存形態を同時に観察し得た遊離腓骨皮弁再建の1例

    横尾聡, 古土井春吾, 梅田正博, 古森孝英, 辻依子, 野村正, 田原真也

    2005年01月, 日本口腔科学会雑誌, 54巻, 1号, pp. 127-127, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Positive narrowing pharyngoplasty with forearm flap for functional restoration after extensive soft palate resection

    Hashikawa Kazunobu, Tahara Shinya, Terashi Hiroto, Ichinose Akihiro, Nomura Tadashi, Omori Makoto, Sanno Toshiaki

    The restoration of velopharyngeal function after extensive soft palate resection to treat malignant oropharyngeal tumors is a major challenge to reconstructive surgeons. The authors had previously reconstructed soft palatal defects routinely with the folded forearm flap. A patient who had more than half of the soft palate excised experienced postoperative velopharyngeal dysfunction. To restore efficient velopharyngeal function, pharyngoplasty was additively applied where the folded ridge of the forearm flap was sutured to the posterior pharyngeal wall in an inverse manner of the pharyngeal flap technique. The essence of the procedure was positive narrowing of the nasopharyngeal space. Five patients who underwent this pharyngoplasty and another five who did not were evaluated for postoperative functions of speech intelligibility and of nasal regurgitation during oral feeding. The velopharyngeal movements of all patients were examined under a nasopharyngeal endoscope. The evaluations demonstrated that this surgical procedure afforded satisfactory results. This positive narrowing pharyngoplasty technique is simple, easy, and minimally invasive to the remaining healthy tissue, and it is the method of choice for the reconstruction of the soft palate after malignant tumor resection.

    2005年, Plastic And Reconstructive Surgery, Vol. 115, No. 2, pp. 388-393 (2), 388 - 93, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 外陰部悪性黒色腫の治療経験

    野村正, 寺師浩人, 田原真也, 上田正登, 高井利浩, 鄭柄貴, 松永亜紀子, 山上奈生

    2004年10月, Skin Cancer, 19巻, 2号, pp. 233-237, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 褥瘡患者の便失禁に対する多孔性ポリウレタン素材肛門用装具(コンビーンアナルプラグ)の使用経験

    野口まどか, 安藤嘉子, 寺師浩人, 辻依子, 宮村卓, 野村正, 長野徹, 高井利浩, 田原真也

    2004年08月, 日本褥瘡学会誌, 6巻, 3号, pp. 417-417, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 放射線治療により創傷治癒が遅延した臀部褥瘡の一例

    安藤嘉子, 野口まどか, 寺師浩人, 柳英之, 辻依子, 宮村卓, 野村正, 長野徹, 高井利浩, 田原真也

    2004年08月, 日本褥瘡学会誌, 6巻, 3号, pp. 430-430, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 圧分布測定システム(FSA,VERG社製)を用いた座位における車椅子用体圧分散クッションの客観的評価

    宮村卓, 寺師浩人, 野口まどか, 辻依子, 安藤嘉子, 長野徹, 高井利浩, 野村正, 田原真也

    2004年08月, 日本褥瘡学会誌, 6巻, 3号, pp. 434-434, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 同一の大胸筋皮弁にて2回の再建を施行した頬部未分化癌の1例 内側胸筋神経温存の有用性

    馬殿逸子, 横尾聡, 南川勉, 古土井春吾, 梅田正博, 古森孝英, 野村正, 寺師浩人, 丹生健一

    2004年07月, 日本口腔科学会雑誌, 53巻, 3号, pp. 143-143, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 遊離皮弁移植により下腿切断を回避し得た症例

    野村 正, 大守 誠, 辻 依子, 宮村 卓, 一瀬 晃洋, 寺師 浩人, 田原 真也, 牧口 貴哉, 小西 和人

    (一社)日本マイクロサージャリー学会, 2004年06月, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 17 (2), 187 - 187, 日本語

  • Yokoo Satoshi, Komori Takahide, Furudoi Syungo, Umeda Masahiro, Nomura Tadashi, Hashikawa Kazunobu, Ichinose Akihiro, Tahara Shinya

    This study reviews reconstruction of complex three-dimensional oral and maxillofacial defects using the single free radial forearm flap or the single free rectus abdominis musculocutaneous flap. Between 1996 and 2003, 124 patients underwent oral and maxillofacial reconstruction in the Department of Oral and Maxillofacial Surgery, Kobe University Graduate School of Medicine. Outcomes for 22 patients who underwent three-dimensional reconstruction of multiple surfaces were evaluated. Reconstruction was performed after resection of malignant tumors in all 22 patients. Single FAFs were utilized for 11 patients and single RAMs for the remaining 11. Flap survival rate was 100%. No major donor morbidity was observed, and all surviving patients (20/22) were able to perform normal daily living activities. Single FAF and RAM are useful materials for one-stage reconstruction of complex three-dimensional oral and maxillofacial defects requiring replacement of skin, mucosa, and intervening soft tissues. Good to excellent aesthetic results can be attained in most patients.

    2004年03月, Journal Of Oral Science, Vol. 46, No. 1, pp. 65-70 (1), 65 - 70, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ペーシングワイヤー残存による胸骨骨髄炎の1例

    成瀬栄美, 辻依子, 柳英之, 野村正, 寺師浩人, 田原真也, 最所裕司, 吉龍澄子

    2004年03月, 日本形成外科学会会誌, 24巻, 3号, pp. 214-214, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Do multiple venous anastomoses reduce risk of thrombosis in free-flap transfer? Efficacy of dual anastomoses of separate venous systems

    Ichinose Akihiro, Terashi Hiroto, Nakahara Minoru, Sugimoto Isao, Hashikawa Kazunobu, Nomura Tadashi, Ogata Nobutaka, Yokoo Satoshi, Tahara Shinya

    Whether or not multiple venous anastomoses reduce the risk of free-flap failure is a subject of controversy. We report here, for the first time, on the importance of selecting 2 separate venous systems of the flap for dual anastomoses. The efficacy of multiple anastomoses was verified through a retrospective review of 310 cases of the free radial forearm flap transfer. Dual anastomoses of separate venous systems (the superficial and the deep) showed a lower incidence of venous insufficiency than single anastomosis did (0.7% versus 7.5%; P < 0.05). On the other hand, dual anastomoses of a sole venous system showed no significant difference in the incidence of venous insufficiency compared with single anastomosis (11.5% versus 7.5%; P = 0.48). Our results suggest that dual venous anastomoses of separate venous systems is conducive to reduced risk of flap failure and affords protection against venous catastrophe through a self-compensating mechanism that obviates thrombosis of either anastomosis.

    2004年01月, Annals Of Plastic Surgery, Vol. 52, No. 1, pp. 61-63 (1), 61 - 3, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 合併症 ストーマ周囲肉芽腫に対し硬化療法が有効であった一事例

    野口まどか, 安藤嘉子, 野村正, 寺師浩人, 生田肇

    2003年12月, 日本ストーマリハビリテーション学会誌, 19巻, 3号, pp. 105-105, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 顎口腔再建での筋皮弁移植における支配神経温存,再形成の意義

    横尾聡, 古土井春吾, 渋谷恭之, 梅田正博, 古森孝英, 野村正, 田原真也

    2003年11月, 日本口腔科学会雑誌, 52巻, 6号, pp. 382-382, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 精神疾患患者の褥瘡について(その2)

    辻依子, 寺師浩人, 野口まどか, 野村正, 柳英之, 安藤嘉子, 宮村卓, 長野徹, 高井利浩, 田原真也

    2003年08月, 日本褥瘡学会誌, 5巻, 2号, pp. 377-377, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 圧分布測定システム(FSA,VERG社製)を用いた体圧分散寝具の客観的評価

    宮村卓, 寺師浩人, 野村正, 野口まどか, 辻依子, 柳英之, 安藤嘉子, 長野徹, 高井利浩, 田原真也

    2003年08月, 日本褥瘡学会誌, 5巻, 2号, pp. 360-360, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • ベッドサイドのテレビの位置移動が褥瘡治癒に影響した1例の検討

    安藤嘉子, 田村由美, 佐浦隆一, 野口まどか, 寺師浩人, 野村正, 辻依子, 柳英之, 宮村卓, 田原真也

    2003年08月, 日本褥瘡学会誌, 5巻, 2号, pp. 376-376, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • カデックス軟膏による皮膚への障害についての検討

    高井利浩, 寺師浩人, 辻依子, 長野徹, 野口まどか, 安藤嘉子, 柳英之, 野村正, 宮村卓, 田原真也

    2003年08月, 日本褥瘡学会誌, 5巻, 2号, pp. 310-310, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • SLEと化膿性脊椎炎を合併した仙骨部褥瘡患者に対し多職種合同カンファレンスを行い褥瘡縮小に至った1例

    野口まどか, 寺師浩人, 柳英之, 辻依子, 宮村卓, 佐浦隆一, 安藤嘉子, 野村正, 中原実, 田原真也

    2003年08月, 日本褥瘡学会誌, 5巻, 2号, pp. 314-314, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 熱傷後の脱色素斑に対する治療 Thin-minigraftingを用いて

    大守誠, 寺師浩人, 野村正, 牧口貴哉, 成瀬栄美, 田原真也, 塚本金作

    2003年06月, 日本熱傷学会機関誌, 29巻, 2号, pp. 117-117, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 診断に難渋した顔面Low-grade fibromyxoid sarcomaの1例

    野村正, 寺師浩人, 大守誠, 小熊孝, 田原真也

    2003年04月, 日本頭蓋顎顔面外科学会誌, 19巻, 1号, pp. 45-45, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Short-term postoperative flow changes after free radial forearm flap transfer: possible cause of vascular occlusion.

    Akihiro Ichinose, Shinya Tahara, Hiroto Terashi, Tadashi Nomura, Makoto Omori

    The risk for free flap thrombosis is greatly influenced by blood flow. Postoperative hemodynamic changes in vascular pedicles of the microvascular skin flap have not been reported, however. This study focuses on the intraoperative and postoperative changes in the flow volume in the vascular pedicles of the free forearm flap examined by color Doppler ultrasonography. The arterial flow volume increased continuously until day 7, compared with which, the volume after flap elevation was 36%. On day 1, it reached only 52%. In the venous pedicle, the flow volume through the cutaneous vein was only 37% compared with that through the radial vena comitans after flap elevation, whereas the volume through both veins was equal on day 7. Drastic changes in the flow explain the possible vascular occlusion during the early postoperative period in the free forearm flap transfer.

    2003年02月, Annals of plastic surgery, 50 (2), 160 - 4, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • 精神科疾患と褥瘡の発生ー一人の精神疾患患者を通してー

    寺師浩人, 野口まどか, 柳英之, 野村正, 巽妙子, 佐浦隆一, 田原真也

    2003年, 日本褥瘡学会誌, 5巻, pp. 33-36, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Indications for vascularized free rectus abdominis musculocutaneous flap in oromandibular region in terms of efficiency of anterior rectus sheath

    Yokoo Satoshi, Komori Takahide, Furudoi Syungo, Shibuya Yasuyuki, Umeda Masahiro, Ichinose Akihiro, Nomura Tadashi, Terashi Hiroto, Tahara Shinya, Nibu Ken-Ichi

    2003年, Microsurgery, Vol. 23, No. 2, pp. 96-102, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 横尾 聡, 古森 孝英, 古土井 春吾, 梅田 正博, 野村 正, 田原 真也

    (NPO)日本口腔科学会, 2001年11月, 日本口腔科学会雑誌, 50 (6), 526 - 526, 日本語

  • Satoshi Yokoo, Takahide Komori, Shungo Furudoi, Masahiro Umeda, Tadashi Nomura, Shinya Tahara

    To improve the stability of the cutaneous portion of the vascularized free peroneal osteocutaneous flap (the so-called peroneal flap), various anatomic studies have been conducted, and a reliable notion of the course of cutaneous perforators has been provided; however, anatomic anomalies have occasionally been observed. The authors encountered a rare type of cutaneous perforator in the distal third of the lower leg. It was located under the inferior surface of the flexor hallucis longus muscle, after running in the soleus muscle parallel to the fibula, and then joined the posterior tibial artery. Since absolutely definite diagnostic methods have not been established for the course of the cutaneous perforator, surgery with the possibility of secondary anastomosis, always with a separate peroneal flap, should be a consideration.

    2001年05月, Journal of Reconstructive Microsurgery, 17 (4), 225 - 228

    研究論文(学術雑誌)

  • Satoshi Yokoo, Shinya Tahara, Yoriko Tsuji, Tadashi Nomura, Kazunobu Hashikawa, Hirofumi Hanagaki, Syungo Furudoi, Masahiro Umeda, Takahide Komori

    Purpose: This paper presents surgical techniques for reconstruction of the cheek, oral commissure and vermillion in the repair of full-thickness cheek defects after resection of buccal-mucosal squamous cell carcinoma. Patients and Methods: Four reconstructions in one-stage surgery with either a free radial forearm flap or a rectus abdominis musculocutaneous flap for cheek and oral commissure were carried out. There were combined with a new approach for vermillion advancement flaps. Most challenging was the need not only for morphological reconstruction of the orifice, but also for physiological reestablishment of sphincteric and sensory functions in the vermillion. Results: Morphological and physiological reconstruction of the lip with sphincteric and sensory functions was attained. Conclusion: This valuable reconstruction technique was demonstrated in large, full thickness defects involving the cheek, oral commissure and vermilion. © 2001 European Association for Cranio-Maxillofacial Surgery.

    2001年, Journal of Cranio-Maxillofacial Surgery, 29 (6), 344 - 350

    研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 野村 正, 橋川 和信

    創閉鎖に用いる縫合は、開大した組織同士を接着させてヒトの創修復能を手助けすることを主目的とする創治癒の基本手技である。この目的のために外科領域では、近年では対象とする組織や使用目的によって様々な縫合糸が開発されている。本稿では主に、皮膚や筋膜に用いる縫合糸、縫合材料ならびに縫合後の創管理に用いるドレッシング材や新しい医療機器について適応や特徴を述べる。(著者抄録)

    (株)全日本病院出版会, 2021年09月, Orthopaedics, 34 (9), 11 - 17, 日本語

  • 野村 正, 兵藤 伊久夫

    (株)日本医事新報社, 2021年08月, 日本医事新報, (5076), 45 - 45, 日本語

  • 右下腿前面に生じた類上皮肉腫の治療経験

    熊西麗衣, 石田泰久, 野村正, 橋川和信, 河本旭哉, 寺師浩人

    2019年, 日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 62nd

  • 【STEP UP!Local flap】 眼周囲で有用な局所皮弁 皮下茎皮弁による再建方法

    野村正, 寺師浩人

    2018年10月, PEPARS, (142号), 33 - 41, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【形成外科 珠玉のオペ[2]応用編-次世代に継承したい秘伝のテクニック-】 四肢・体幹外科 血管腫 血液貯留型血管奇形に対する手術療法

    野村正, 寺師浩人

    2018年07月, 形成外科, 61 (増刊), S229 - S237, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【眼窩壁再建における材料の選択】 眼窩骨折に対する腸骨髄質移植

    橋川和信, 野村正, 寺師浩人

    2018年01月, 形成外科, 61 (1号), 53 - 58, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【レーザー治療の合併症から学ぶ】 乳児血管腫に対する早期レーザー治療により潰瘍を生じた1例

    森脇綾, 江尻浩隆, 野村正

    2017年12月, 形成外科, 60 (12号), 1359 - 1363, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 似たもの画像、あいまい画像を一刀両断! 画像診断道場 実はこうだった(第74回) 急速に増大する耳下部の皮下腫瘤 診断・治療は?

    野村正

    2017年09月, 日本医事新報, (4871号), 7 - 8, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【頭頸部悪性腫瘍の疑問に答える】 治療選択 基底細胞癌の治療を教えてください

    野村正, 寺師浩人

    2017年09月, JOHNS, 33 (9号), 1215 - 1217, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【形成外科が扱う皮膚疾患の現在】 形成外科が扱う皮膚良性疾患のマクロ診断と手術治療

    寺師浩人, 野村正

    2017年08月, 形成外科, 60 (8号), 859 - 873, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 不全切断指の血行評価にICG蛍光造影法を用いた1例

    江草豪, 大崎健夫, 青木大地, 木谷慶太郎, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    2017年06月, 日本形成外科学会会誌, 37 (6号), 341, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • なんでも健康相談.「血管腫」について教えてください

    野村正

    2017年, NHKテキストきょうの健康, 3, 114, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 非常勤形成外科医による乳房一次再建症例の検討

    野村正, 榊原俊介, 西藤勝, 河野範男, 橋川和信, 寺師浩人

    2016年12月, Oncoplastic Breast Surgery, 1 (2号), 82 - 87, 日本語

    [査読有り]

  • 食道癌術後胃管気管支瘻に対して有茎広背筋弁を用いて閉鎖した1例

    高須啓之, 橋川和信, 野村正, 寺師浩人, 玉城秀行, 田中雄悟, 中村哲

    2016年07月, 日本形成外科学会会誌, 36 (7号), 352, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • 野村正

    2016年04月, 日本レーザー歯学会誌, 27 (1号), 21 - 26, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 毛細血管奇形(単純性血管腫)の標準的レーザー治療

    野村正, 江尻浩隆

    2016年03月, PEPARS, (111), 1 - 9, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    2016年03月, Skin Cancer, 30 (3号), 157 - 162, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 顔面の植皮

    野村正, 寺師浩人

    2016年, PAPERS, 120, 29 - 37, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 無侵襲混合血酸素飽和度監視システム:INVOSを用いた遊離皮弁術後モニタリング

    高須啓之, 橋川和信, 野村正, 榊原俊介, 寺師浩人

    2015年11月, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集 42回, 206, 日本語

    会議報告等

  • 【皮膚外科のための皮膚軟部腫瘍診断の基礎】 臨床ならびに病理診断 皮膚外科のための腫瘍病理の見方

    寺師浩人, 野村正

    2015年04月, PEPARS, (100号), 23 - 33, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 複数回の化学放射線療法を施行された多重癌患者に対する遊離広背筋皮弁を用いた頭蓋再建の経験

    高須 啓之, 榊原 俊介, 橋川 和信, 野村 正, 寺師 浩人

    2014年12月, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集 41回, 161, 日本語

    その他

  • 悪性腫瘍切除後に生じた胸腹壁欠損に対する再建術式の検討

    野村 正, 榊原 俊介, 江尻 浩隆, 橋川 和信, 寺師 浩人

    2014年12月, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集 41回, 204, 日本語

    その他

  • 再発胃癌切除後に生じた胸腹壁欠損に対する治療経験

    長谷川 泰子, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人, 明石 昌也, 前田 翔

    (一社)日本形成外科学会, 2014年11月, 日本形成外科学会会誌, 34 (11号), 851 - 851, 日本語

    その他

  • 骨および関節露出を伴う足背部潰瘍の地道な保存加療による治療経験

    高須 啓之, 熊西 麗衣, 橋川 和信, 野村 正, 寺師 浩人

    2014年11月, 日本形成外科学会会誌, 34 (11号), 860, 日本語

    その他

  • 榊原 俊介, 野村 正, 高須 啓之, 橋川 和信, 寺師 浩人

    2014年09月, 日本マイクロサージャリー学会会誌, 27 (3号), 72 - 78, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 腫瘍切除後に生じた胸腹壁欠損に対する再建手術の検討

    野村 正, 榊原 俊介, 江尻 浩隆, 橋川 和信, 寺師 浩人

    2014年07月, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集 30回, 132, 日本語

    その他

  • 遊離皮弁移植のコツ 遊離皮弁移植の術前計画における画像検査の有用性

    橋川 和信, 榊原 俊介, 野村 正, 寺師 浩人

    2014年05月, 日本形成外科学会会誌, 34 (5号), 392, 日本語

    その他

  • 【コツがわかる!形成外科の基本手技-後期臨床研修医・外科系医師のために-】 ケロイドと肥厚性瘢痕の病態と治療法

    野村 正, 寺師 浩人

    2014年04月, PEPARS, (88号), 14 - 22, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【皮弁移植に必要な血管の術前評価】 フェーズラグCTA(pl-CTA)による静脈術前評価

    榊原 俊介, 大西 宏之, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    2013年12月, 形成外科, 56 (12号), 1271 - 1280, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 血管奇形に対するエコーガイド下硬化療法の経験 有用性と問題点について

    野村 正, 江尻 浩隆, 石椛 寛芳, 柳沢 曜, 橋川 和信, 寺師 浩人

    2013年11月, 日本シミュレーション外科学会会誌, 21 (2号), 96 - 97, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • 【小外傷・熱傷・褥瘡 創傷に対応する「ワザ」と「知恵」】 急性創傷のピットフォール!誤った対応をしないポイント すぐに家に帰らせてはいけない一見軽微な急性創傷を見逃さないポイント

    野村 正, 寺師 浩人

    2013年11月, 薬局, 64 (12号), 2979 - 2983, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 遊離皮弁による頭蓋再建症例の検討

    野村 正, 橋川 和信, 榊原 俊介, 高須 啓之, 田原 真也, 寺師 浩人

    2013年09月, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集40周年記念, 199, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • 血管吻合術後の管理と移植組織サルベージ法の実際 多様な血管吻合術後皮弁モニタリング

    榊原 俊介, 高須 啓之, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    2013年09月, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集40周年記念, 127, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • 移植皮弁の選択 私のファーストチョイス 足部・下腿に用いる皮弁 Contourを重視した足部および下腿遠位部の再建法

    野村 正, 大崎 健夫, 石椛 寛芳, 森脇 綾, 高須 啓之, 江尻 浩隆, 榊原 俊介, 橋川 和信, 寺師 浩人

    2013年09月, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集40周年記念, 136, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    会議報告等

  • 【皮膚悪性腫瘍-基礎と臨床の最新研究動向-】 基底細胞癌 基底細胞癌の治療 外科的治療

    寺師 浩人, 橋川 和信, 野村 正

    2013年08月, 日本臨床, 71 (増刊4 皮膚悪性腫瘍), 633 - 638, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 寺師 浩人, 前重 伯壮, 野村 正, 宇佐美 眞

    2013年07月, 静脈経腸栄養, 28 (4), 939 - 943, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【褥瘡の治療 実践マニュアル】 褥瘡の保存的治療 被覆材と体圧分散方法

    野村 正, 野口 まどか, 寺師 浩人

    2013年07月, PEPARS, (79号), 38 - 45, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 寺師 浩人, 前重 伯壮, 野村 正, 宇佐美 眞

    2013年07月, 静脈経腸栄養, 28 (4号), 939 - 943, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 症例 生検によりMikulicz病と診断した両側眼窩内腫瘍の1例

    後村 大祐, 野村 正, 石椛 寛芳

    克誠堂出版, 2013年04月, 形成外科, 56 (4), 451 - 456, 日本語

  • 遊離皮弁を用いた頭頸部再建症例における周術期抗凝固療法の合併症について VTE予防の観点から

    高須啓之, 橋川和信, 榊原俊介, 野村正, 寺師浩人

    2012年12月, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集39回, 301, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • 微小脈管吻合における直針付き縫合糸の有用性

    橋川和信, 野村正

    2012年12月, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集39回, 230, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • 後期高齢者に対するマイクロサージャリーは危険か?

    高須啓之, 橋川和信, 榊原俊介, 野村正, 寺師浩人

    2012年12月, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集39回, 207, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • リンパ浮腫の治療 簡易に良結果を得る方法 リンパ管静脈吻合手技を容易にするためのアイデアと工夫

    橋川和信, 野村正, 寺師浩人

    2012年12月, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集39回, 158, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • 3D-CTA像の体表への投射を利用した血管マーキング

    榊原俊介, 江尻浩隆, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    2012年12月, 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集39回, 221, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • 赤唇部の毛細血管奇形(単純性血管腫)に対するパルス色素レーザー照射効果の検討

    江尻浩隆, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    2012年10月, 日本レーザー医学会誌, 33 (3号), 307, 日本語

    [査読有り]

    会議報告等

  • Lipid analysis of normal dermis and hypertrophic scars (vol 15, pg 833, 2007)

    Tadashi Nomura, Hiroto Terashi, Makoto Omori, Atsushi Sakurai, Masumi Hasegawa, Shinya Tahara

    WILEY-BLACKWELL, 2008年05月, WOUND REPAIR AND REGENERATION, 16 (3), 468 - 468, 英語

    その他

  • Miki Fujii, Hiroto Terashi, Kazunobu Hashikawa, Tadashi Nomura, Makoto Omori, Shinya Tahara

    BLACKWELL PUBLISHING, 2007年11月, DERMATOLOGIC SURGERY, 33 (11), 1368 - 1373, 英語

    その他

  • Tadashi Nomura, Hiroto Terashi, Makoto Omori, Atsushi Sakurai, Takeru Sunagawa, Masumi Hasegawa, Shinya Tahara

    Hypertrophic scars (HS) are a consequence of abnormal wound healing. We examined fatty acids that are contained within, and participate in, every reaction through the membrane; then, we analyzed the percentage composition of the fatty acids in deepithelialized normal dermis (ND) and HS. In vivo HS samples were obtained from six patients undergoing surgical excision, and ND samples from five patients undergoing skin grafting surgery for excess. In vitro, cultured fibroblasts from HS and ND were also analyzed. The percentage composition of fatty acids extracted from all the samples was analyzed. In vivo, arachidonic acid (20:4) was significantly more abundant in HS than in ND, in the phospholipids from both whole tissue and cell membranes. In vitro, there were no significant differences among ND, HS, and 10% fetal calf serum. The results suggest that HS formation does not necessarily involve simple excess of 20:4; however, there are considerable differences in the percentage composition of 20:4 between ND and HS. Arachidonic acid probably participates in the formation and maintenance of HS, whereas in vitro cultured fibroblasts are affected largely by fetal calf serum.

    BLACKWELL PUBLISHING, 2007年11月, WOUND REPAIR AND REGENERATION, 15 (6), 833 - 837, 英語

  • 巨大皮膚欠損症例に対するVacuum-Assisted Closureによる治療経験

    野村 正, 寺師 浩人, 辻 依子, 野々村 秀明, 一瀬 晃洋, 田原 真也

    2003年01月20日, 日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery, 23 (1), 45 - 50, 日本語

  • 硬化療法による外耳道化膿性肉芽腫の治療経験

    野村 正, 田原 真也, 中原 実

    2001年09月20日, 日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery, 21 (9), 559 - 562, 日本語

  • 【遊離皮弁をきれいに仕上げる-私の工夫-】遊離皮弁を用いた頭蓋再建

    野村 正, 橋川 和信, 高須 啓之

    頭蓋は皮膚軟部ならびに骨の複合体であり、脳を保護する極めて重要な役割を担っている。当科では再建においては、脳保護の観点から創治癒を最優先事項とし、感染や脳神経学的合併症を回避することに注力する。続いて整容面での改善が必要な場合は二次的に修正術を行う。特に脳外科術後の感染症例の再建では、皮膚軟部、硬組織、硬膜外腔、硬膜ならびに副鼻腔との関連など各項目についてデブリードマン、再建方法と再建時期について検討する。遊離皮弁は血流が豊富で新鮮な組織を移植でき、創治癒の観点からも極めて有用な方法である。皮島が整容面で問題となる場合はティッシュエキスパンダー法などで二次的に修正する。(著者抄録)

    (株)全日本病院出版会, 2022年02月, PEPARS, (182), 35 - 41, 日本語

  • 【まずはここから!四肢のしこり診療ガイド】筋増殖疾患、筋原性腫瘍

    野村 正, 原 仁美, 寺師 浩人

    本稿で述べる筋肉に由来する増殖疾患は日常診療で頻繁に遭遇する疾患ではない。さらに画像診断で特徴的な所見を有するものは少なく、診断が困難な場合も多い。常に悪性疾患を念頭に診療し、診断に迷う場合は積極的に生検を行う。外傷後の腫瘤で石灰化を認めるものは骨化性筋炎を疑う。四肢で有痛性の硬結は血管平滑筋腫が鑑別に挙がる。表在性平滑筋肉腫は皮膚型と皮下型があり、切除様式に相違がある。横紋筋肉腫は複数診療科での集学的治療が必要であり、エキスパートに紹介することも検討する。(著者抄録)

    (株)全日本病院出版会, 2022年01月, PEPARS, (181), 74 - 81, 日本語

  • 野村 正, 橋川 和信

    <文献概要>POINT ▼一次再建では,遊離腹直筋皮弁移植を中心にできるだけシンプルな再建を心がける。▼眼窩底欠損症例では,チタンメッシュなどの硬組織再建を検討する。▼頭蓋底手術では,移植皮弁により頭蓋内と鼻腔の確実な遮断を行う。▼義眼床再建では,義眼を挿入する十分なスペースを作成する。

    (株)医学書院, 2021年12月, 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, 93 (13), 1124 - 1127, 日本語

書籍等出版物

  • 図解こどものあざとできもの : 診断力を身につける

    野村正, 林礼人, 大原,國章編

    分担執筆, A皮膚皮下/軟部腫瘍 pp14-19、pp24-26, 全日本病院出版会, 2020年09月, 日本語, ISBN: 9784865192766

  • もう迷わない血管腫・血管奇形 : 分類・診断と治療・手技のコツ

    野村 正

    分担執筆, 3章、Ⅱ.血管奇形、10.顔面部動静脈奇形, 克誠堂出版, 2020年06月, 日本語, ISBN: 9784771905368

  • 形成外科治療手技全書 第5巻 腫瘍・母斑・血管奇形 / 第4章4動静脈奇形

    野村正

    分担執筆, 克誠堂, 2018年, 日本語

    学術書

  • 皮膚科医・形成外科医のためのレーザー治療スタンダード / 第3章8 毛細血管拡張症の標準的治療

    野村正

    その他, 羊土社, 2017年, 日本語

    学術書

  • 皮膚科医・形成外科医のためのレーザー治療スタンダード / 第1章3 色素レーザー

    野村正

    その他, 羊土社, 2017年, 日本語

    学術書

  • まるわかり創傷治療のキホン / 第2章急性創傷 I小外傷 3創傷治療のピットフォール

    野村正, 寺師浩人

    その他, 南山堂, 2014年09月, 日本語

    学術書

  • まるわかり創傷治療のキホン / 第2章急性創傷 II熱傷 3熱傷局所治療のピットフォール

    野村正, 寺師浩人

    その他, 南山堂, 2014年09月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • 創傷のすべて / 第III章 その他の創傷,9. 動静脈奇形による潰瘍

    野村正, 寺師浩人

    共著, 克誠堂出版, 2012年09月, 日本語

    学術書

講演・口頭発表等

  • 指神経背側枝を温存した逆行性指動脈皮弁による指尖部再建の経験

    大﨑 健夫, 田村 亮介, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第45回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2018年12月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 膠原病にPADを合併した難治性足潰瘍に対して腰部交感神経節ブロックを施行し、良好な結果が得られた3症例

    佐竹 寛, 田村 亮介, 佐藤 仁昭, 本山 泰士, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第120回関西形成外科学会学術集会, 2018年11月, 日本語, 西宮, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 食道癌胃管再建術後の膵頭十二指腸切除術において胃管血管茎の血行再建を行った2例

    星野 早香, 北野 大希, 大﨑 健夫, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第120回関西形成外科学会学術集会, 2018年11月, 日本語, 西宮, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 動脈閉塞による虚血を合併する膠原病性潰瘍の治療経験

    長谷川 泰子, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第4回日本下肢救済・足病学会関西地方会学術集会, 2018年10月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 超音波ガイド下ヒアルロン酸注入法と注入前後のLaser Speckle Flowgraphyによる皮膚血流評価の経験

    岩山 隆憲, 橋川 和信, 大﨑 健夫, 山城 憲二郎, 野村 正, 福本 毅, 原岡 剛一

    第41回日本美容外科学会総会, 2018年10月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 唇裂術後様変形をきたした外傷性上口唇瘢痕拘縮の一例

    大﨑 健夫, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第36回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2018年10月, 日本語, 札幌, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【皮膚軟部腫瘍診療ガイドライン作成部門ガイドラインシンポジウム】 非上皮系良性腫瘍

    野村 正, 東 隆一, 小室 明人

    第27回日本形成外科学会基礎学術集会, 2018年10月, 日本語, 東京, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 【特別講演】血管腫・血管奇形の診断と治療.~過去20年の経験から~

    野村 正

    第72回東海形成外科学会, 2018年10月, 日本語, 名古屋, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 【教育パネルディスカッションⅡ「通」シリーズ~重箱のすみまで 2.外傷及び腫瘍切除後の顔面組織の再建:「NPWTを用いた頭皮~顔面・頸部皮膚欠損に対する再建」】開頭後の頭皮・頭蓋欠損に対するNPWTを用いた再建術の限界

    寺師 浩人, 榊原 俊介, 野村 正, 橋川 和信

    第36回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2018年10月, 日本語, 札幌, 国内会議

    その他

  • 【教育パネルディスカッションII 「通」シリーズ~重箱のすみまで 頭頸部癌の再建治療を行う頭頸部再建外科:Aesthetic mindをそなえた顔面再建~What are the final goals?】がん切除によって生じた顔面の全層欠損に対する再建戦略-Step-Surgery Concept-

    橋川 和信, 野村 正, 大﨑 健夫, 原岡 剛一, 寺師 浩人

    第36回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2018年10月, 日本語, 札幌, 国内会議

    その他

  • 脈管奇形

    野村 正

    平成30年度厚生労働省科学研究補助金難治性疾患等政策研究事業,第2回市民公開講座, 2018年09月, 日本語, 松本, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 皮膚軟部組織欠損を伴う下腿骨髄炎・感染性偽関節に対するMasquelet法を用いた治療戦略

    長谷川 泰子, 榊原 俊介, 髙須 啓之, 田村 亮介, 大﨑 健夫, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第10回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2018年07月, 日本語, さいたま, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 乳児血管腫・その他の血管性腫瘍

    野村 正

    第10回血管腫血管奇形講習会, 2018年07月, 日本語, 大阪, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 当科で経験した外陰部悪性黒色腫の2例

    北川 敬之, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第34回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2018年07月, 日本語, 浜松, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 耳下腺部リンパ管奇形として長年加療を受けていた成熟嚢胞性奇形腫の一例

    丸口 勇人, 野村 正, 佐々木 了, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第15回日本血管腫血管奇形学会学術集会, 2018年07月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高気圧酸素療法が行われた難治性潰瘍35例の検討 ~継続・中止を検討するタイミングに関する分析~

    江尻 浩隆, 木谷 慶太郎, 髙須 啓之, 岩山 隆憲, 岩谷 博篤, 榊原 俊介, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第10回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2018年07月, 日本語, さいたま, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • CLOVES症候群の一症例(第2報)

    野村 正, 森貞 直哉, 森 健, 木谷 慶太郎, 倉本 康世, 橋川 和信, 飯島 一誠, 寺師 浩人

    第15回日本血管腫血管奇形学会学術集会, 2018年07月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 切除に難渋した下肢巨大神経線維腫の一例

    北野 大希, 大﨑 健夫, 松森 万里子, 榊原 俊介, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第3回TaKkle in WATER, 2018年06月, 日本語, 徳島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【シンポジウム8:標準化への挑戦-ビデオから学ぶ施設間の違い-】神戸大学における下顎区域切除後のプレート再建

    橋川 和信, 野村 正, 寺師 浩人

    第42回日本頭頸部癌学会, 2018年06月, 日本語, 東京, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 【シンポジウム4:手術手技ビデオ:経験を宝に】マイクロサージャリーを用いた脈管奇形の手術療法

    野村 正, 石椛 寛芳, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第38回日本静脈学会総会, 2018年06月, 日本語, 横須賀, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 潰瘍化した乳児血管腫に対するプロプラノロール内服療法の有用性の検討

    丸口 勇人, 野村 正

    Scientific Meeting of Infantile hemangioma by Leading Experts 2, 2018年05月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 外陰部に発生したaggressive angiomyxomaの1例

    市川 恵梨, 野村 正, 林 知子, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第45回兵庫県形成外科医会研究会, 2018年05月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Compartmentalization  using barbed sutures in the treatment of infiltrative venous malformations.

    Tadashi Nomura, Daichi Aoki, Keitaro Kitani, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi

    22nd International Workshop of the International Society for the Study of Vascular Anomalies, 2018年05月, 英語, Amsterdam, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Comparison of Percutaneous Polidocanol Injection and Percutaneous Ethanolamine Oleate Injection for the Treatment of Venous Malformations.

    Tadashi Nomura, Hirotaka Ejiri, Yasuyo Kuramoto, Atsushi Sakurai, Ikuko Kawakita, Hayato Maruguchi, Kazunobu Hashikawa, Hiroto Terashi

    22nd International Workshop of the International Society for the Study of Vascular Anomalies, 2018年05月, 英語, Amsterdam, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 乳児血管腫に対してプロプラノール内服療法に加え、手術療法を併用した症例の検討

    榎本 格, 野村 正, 江尻 浩隆, 森脇 綾, 石椛 寛芳, 藤井 美樹, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 頭部皮膚潰瘍に対するbipedicle flap法を用いた治療法

    山城 憲二郎, 野村 正, 木谷 慶太郎, 榎本 格, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当科で経験した外陰部悪性黒色腫の2例

    北川 敬之, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当科でのシリコン乳房インプラント抜去についての検討

    市川 恵梨, 一瀬 晃洋, 岩山 隆憲, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 足部動静脈奇形による難治性潰瘍の治療経験

    丸口 勇人, 松葉 啓文, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 術前診断で血管奇形を疑われた2例

    瀬野 彩香, 野村 正, 榎本 格, 青木 大地, 山城 憲二郎, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 手指部に生じた静脈奇形に対する手術療法の検討

    石椛 寛芳, 奥野 友孝, 野村 正

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 眼窩形態の解析研究 ~内壁と下壁のなす角と距離の関係~

    大﨑 健夫, 村上 英毅, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【シンポジウム5:心臓血管術後縦隔炎に対するリカバリー】心臓血管術後87例の検討

    木谷 慶太郎, 榊原 俊介, 榎本 格, 大澤 沙由理, 大﨑 健夫, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 【シンポジウム4:術後または外傷後の四肢骨髄炎に対するリカバリー】当院における下肢骨髄炎の治療経験(術後または外傷後の四肢骨髄炎に対するリカバリー)

    長谷川 泰子, 榊原 俊介, 木谷 慶太郎, 大澤 沙由理, 大﨑 健夫, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 【シンポジウム16:脳外科術後に生じた硬膜外膿瘍および頭蓋骨欠損に対するリカバリー】 脳外科術後に生じた頭部創傷に対する治療戦略

    野村 正, 髙須 啓之, 榊原 俊介, 大﨑 健夫, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • レーザースペックルフローグラフィーと血管造影所見を比較した3症例

    大澤 沙由理, 長谷川 泰子, 野村 正, 寺師 浩人

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Klippel-Trenaunay症候群に合併したstreptococcal toxic shock syndromeの治療経験

    仲宗根 美佳, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018年04月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 褥瘡治癒後の瘢痕に生じたと考えられる皮膚石灰沈着症の1例

    長谷川 泰子, 青木 大地, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第15回日本褥瘡学会近畿地方会学術集会, 2018年03月, 日本語, 草津, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 術前に血管奇形が疑われた大腿筋肉内病変の治療経験

    山城 憲二郎, 青木 大地, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第118回関西形成外科学会学術集会, 2018年03月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 血管奇形の手術療法

    野村 正

    The 18th Kansai Interuniversity Symposium on State-of-the-art in PRS, 2018年02月, 日本語, 別府, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当科での四肢における遊離皮弁移植の検討.

    大﨑健夫, 田村亮介, 髙須啓之, 長谷川泰子, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    第44回日本マイクロサージャリー学会学術集会(宮崎), 2017年12月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 宮崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 顕微鏡を用いた血管腫・血管奇形の治療経験.

    村井信幸, 野村正, 寺師浩人

    第44回日本マイクロサージャリー学会学術集会(宮崎), 2017年12月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 宮崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【パネルディスカッション2 皮弁・切断指モニタリングのアップデート】当科における移植皮弁モニタリング法の選択 -感度と簡便さを満たす最適な組み合わせとは-.

    野村正, 髙須啓之, 大﨑健夫, 田村亮介, 榊原俊介, 橋川和信, 寺師浩人

    第44回日本マイクロサージャリー学会学術集会(宮崎), 2017年12月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 宮崎, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 【シンポジウム1「神経再建術後に脳の可塑性はあるか?」】神経再建術後に脳の可塑性はあるか?~舌下神経-顔面神経クロスリンク型神経移植術の経験から考察する~.

    橋川和信, 野村正, 寺師浩人

    第44回日本マイクロサージャリー学会学術集会(宮崎), 2017年12月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 宮崎, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 2回の遊離皮弁を含む複数回の手術加療を経て治癒した基礎疾患を有する脛骨開放骨折後感染症例の治療経験.

    髙須啓之, 長谷川泰子, 大﨑健夫, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    第44回日本マイクロサージャリー学会学術集会(宮崎), 2017年12月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 宮崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 左中指の腱鞘線維腫の一例.

    平位恵梨, 石田泰久, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    第117回関西形成外科学会学術集会(和歌山), 2017年11月, 日本語, 関西形成外科学会, 和歌山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 外斜視を呈した小児眼窩底骨折の一例.

    大﨑健夫, 川北育子, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    第35回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会(福岡), 2017年11月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 動静脈奇形に対するマイクロアレイによる網羅的検討.

    野村正, 榊原俊介, 橋川和信, 寺師浩人

    第26回日本形成外科学会基礎学術集会(大阪), 2017年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院における重症下肢虚血治療中のリハビリテーションの介入状況についての検討.

    長谷川泰子, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    第3回日本下肢救済・足病学会関西地方会学術集会(奈良), 2017年10月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会関西地方会, 奈良, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 撮影方法に関しての画像の簡易な補正方法に関しての工夫 -テープとマジックを用いて-.

    村上英毅, 榊原俊介, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    第26回日本形成外科学会基礎学術集会(大阪), 2017年10月, 英語, 日本形成外科学会, 大阪, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 【第4回皮膚腫瘍外科分野指導医シンポジウム】外鼻広範囲欠損.

    野村正, 橋川和信, 寺師浩人, 魚住真樹

    第26回日本形成外科学会基礎学術集会(大阪), 2017年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 遊離腹部皮弁移植術後に手術療法を要した腹壁ヘルニア症例の検討.

    野村正, 髙須啓之, 青木大地, 橋川和信, 寺師浩人

    第5回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会(東京), 2017年09月, 日本語, 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 乳児血管腫の診断と治療.

    野村正

    第9回血管腫血管奇形講習会(郡山), 2017年07月, 日本語, 血管腫血管奇形学会, 郡山, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 当科における陰圧閉鎖療法の応用について.

    髙須啓之, 長谷川泰子, 木谷慶太郎, 大﨑健夫, 榊原俊介, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    第9回日本創傷外科学会総会・学術集会(岐阜), 2017年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 岐阜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院における過去3年間で局所陰圧閉鎖療法および限局的洗浄型NPWTを用いた症例の検討.

    長谷川泰子, 北川敬之, 森脇綾, 木谷慶太郎, 榊原俊介, 髙須啓之, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    第9回日本創傷外科学会総会・学術集会(岐阜), 2017年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 岐阜, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 色素レーザー照射後に潰瘍を生じた乳児血管腫症例の検討.

    野村正, 江尻浩隆, 森脇綾, 岩山隆憲, 榊原俊介, 髙須啓之, 長谷川泰子, 石椛寛芳, 橋川和信, 寺師浩人

    第30回日本レーザー医学会関西地方会(神戸), 2017年07月, 日本語, 日本レーザー医学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重度カリフラワー耳に対する肋軟骨移植術の治療経験.

    林知子, 髙須啓之, 野村正, 長谷川泰子, 森脇綾, 倉本康世, 近藤千紗, 橋川和信, 寺師浩人

    第116回関西形成外科学会学術集会(大阪), 2017年07月, 日本語, 関西形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【シンポジウム3「マイクロサージャリーを用いた頭頸部領域の再手術」】頭頸部の既手術部位を遊離皮弁で再建する際の吻合血管選択に関する考察.

    橋川和信, 野村正, 寺師浩人

    第9回日本創傷外科学会総会・学術集会(岐阜), 2017年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 岐阜, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 【腫瘍切除・再建コロシアム1】外鼻広範囲欠損.

    野村正, 橋川和信, 寺師浩人, 魚住真樹

    第33回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会(秋田), 2017年06月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会, 秋田, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • Perineural invasion(PNI)を示したCutaneous squamouscell carcinoma(SCC)の4例.

    北川敬之, 野村正, 髙須啓之, 青木大地, 長谷川泰子, 岩谷博篤, 橋川和信, 寺師浩人

    第33回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会(秋田), 2017年06月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会, 秋田, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Free Latissimus Dorsi Musculocutaneous Flap for Pelvic Floor Reconstruction Following.Pelvic Exenteration.

    Nomura T, Kitagawa H, Takasu H, Sakakibara S, Hashikawa K, Terashi H

    9th Congress of World Society for Reconstructive Microsurgery(Seoul), 2017年06月, 日本語, World Society for Reconstructive Microsurgery, Seoul, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重症下肢虚血患者が入院治療中に悪性腫瘍の診断に至った3例の経験.

    長谷川泰子, 森脇綾, 青木大地, 大﨑健夫, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    第9回日本下肢救済・足病学会学術集会(福岡), 2017年05月, 日本語, 日本下肢救済・足病学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 不全切断指の血行評価にICG蛍光造影法を用いた3例.

    江草豪, 大﨑健夫, 青木大地, 木谷慶太郎, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    第60回日本形成外科学会総会・学術集会(大阪), 2017年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当科で経験したTufted angiomaの4例.

    北川敬之, 野村正, 江尻浩隆, 川北育子, 橋川和信, 寺師浩人

    第60回日本形成外科学会総会・学術集会(大阪), 2017年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院における坐骨部褥瘡に対する外科的治療の経験.

    長谷川泰子, 森脇綾, 田場史子, 髙須啓之, 大﨑健夫, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    第60回日本形成外科学会総会・学術集会(大阪), 2017年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高気圧酸素療法が行われた難治性潰瘍25例の検討 ~治療効果に対する影響因子の分析~.

    江尻浩隆, 木谷慶太郎, 高須啓之, 岩山隆憲, 榊原俊介, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    第60回日本形成外科学会総会・学術集会(大阪), 2017年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 感染した植込み型デバイス抜去後の創傷管理についての検討-持続洗浄型局所陰圧閉鎖療法を中心に-.

    村上英毅, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    第60回日本形成外科学会総会・学術集会(大阪), 2017年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【シンポジウム5 血管奇形:自験例から見た「良い」「悪い」部分切除の条件】当科における血管奇形の部分切除の戦略と工夫 -脈管の構成要素に応じた手術術式-.

    野村正, 江尻浩隆, 橋川和信, 寺師浩人

    第60回日本形成外科学会総会・学術集会(大阪), 2017年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 【シンポジウム2「頭頸部再建に残された課題-二次再建の挑戦と課題-」】重症下顎骨放射線骨髄炎に対する手術―デブリドマン範囲を病理組織学的検討結果から考察する―.

    橋川和信, 明石昌也, 楠元順哉, 野村正, 寺師浩人

    第60回日本形成外科学会総会・学術集会(大阪), 2017年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • ブーメラン型有茎広背筋皮弁で閉鎖した慢性膿胸の2例.

    髙須啓之, 野村正, 北川敬之, 青木大地, 橋川和信, 寺師浩人

    第60回日本形成外科学会総会・学術集会(大阪), 2017年04月, 英語, 日本形成外科学会, 大阪, 韓国, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 当院での糖尿病性足病変における足関節可動域制限と潰瘍発症との関連についての検討.

    長谷川泰子, 森脇綾, 北川敬之, 木谷慶太郎, 楠元順哉, 野村正, 橋川和信, 小田純生, 杉元雅晴, 守口舞輝, 前重伯壮, 寺師浩人

    第15回日本フットケア学会年次学術集会(岡山), 2017年03月, 日本語, 日本フットケア学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 不全切断指の血行評価にICG蛍光造影法を用いた1例.

    江草豪, 大﨑健夫, 青木大地, 木谷慶太郎, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人

    第22回日本形成外科手術手技学会(東京), 2017年02月, 日本語, 日本形成外科手術手技学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 複数の不全切断指の血行評価にICG蛍光造影法を用いた1例

    江草 豪, 大﨑 健夫, 青木 大地, 木谷 慶太郎, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第43回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2016年11月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 広島市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 節外性NK/T細胞リンパ腫鼻型の内科的治療後の外鼻変形に対して再建を要した1例

    近藤 千紗, 野村 正, 髙須 啓之, 森脇 綾, 北川 敬之, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第114回関西形成外科学会学術集会, 2016年11月, 日本語, 関西形成外科学会学術集会, 高槻市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 神経浸潤のみを認め手術を繰り返した鼻根部再発有棘細胞癌の一例

    青木 大地, 長谷川 泰子, 北川 敬之, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第114回関西形成外科学会学術集会, 2016年11月, 日本語, 関西形成外科学会学術集会, 高槻市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 術後血流不全により緊急再開創術を要した遊離空腸移植症例の検討

    髙須 啓之, 橋川 和信, 野村 正, 大﨑 健夫, 寺師 浩人

    第44回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2016年11月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 広島市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 骨盤内臓全摘後に遊離広背筋皮弁移植による会陰部再建術を行った症例の検討

    野村 正, 北川 敬之, 髙須 啓之, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第47回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2016年11月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 広島市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 関節リウマチ患者の慢性創傷における治療方針決定因子についての検討

    長谷川 泰子, 森脇 綾, 田場 史子, 武田 玲伊子, 北川 敬之, 木谷 慶太郎, 江草 豪, 倉本 康世, 小田 純生, 杉元 雅晴, 前重 伯壮, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第114回関西形成外科学会学術集会, 2016年11月, 日本語, 関西形成外科学会学術集会, 高槻市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【ビデオシンポジウム 皮弁移植術を極める】当科における遊離前腕皮弁移植を用いた再建戦略

    野村 正, 髙須 啓之, 楠元 順哉, 橋川 和信, 田原 真也, 寺師 浩人

    第48回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2016年11月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 広島市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • レックリングハウゼン病の下眼瞼外反に対し耳介軟骨移植とCaraji anchor suture systemで吊上げを行った1例

    髙須 啓之, 橋川 和信, 野村 正, 寺師 浩人

    第34回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2016年11月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 治療抵抗性毛細血管奇形に対するパルス可変式色素レーザー・Nd:YAGレーザー併用療法の検討

    野村 正, 江尻 浩隆, 榊原 俊介, 柳 英之, 辻 依子, 武川 力, 田原 真也, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第37回日本レーザー医学会総会, 2016年10月, 日本語, 日本レーザー医学会総会, 旭川市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【パネルディスカッション3.血管治療の基礎から臨床へ】動静脈奇形の増殖機序に関する検討

    野村 正, 江尻 浩隆, 榊原 俊介, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第25回日本形成外科学会基礎学術集会, 2016年09月, 日本語, 日本形成外科学会基礎学術集会, 大阪市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 踵骨骨髄炎に対し創内持続陰圧洗浄療法を用いて治療した3例

    長谷川 泰子, 榊原 俊介, 森脇 綾, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第8回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2016年07月, 日本語, 日本創傷外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Peripherally Inserted Central Catheter(PICC) 挿入時にガイドワイヤーの一部が遺残し、腱内に迷入していた1症例

    倉本 康世, 高須 啓之, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第113回関西形成外科学会学術集会, 2016年07月, 日本語, 関西形成外科学会学術集会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 膝窩リンパ節転移を認めた母趾悪性黒色腫の一例

    北川 敬之, 野村 正, 橋川 和信, 藤原 進, 田島 翔子, 錦織 千佳子, 寺師 浩人

    第32回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2016年05月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会, 鹿児島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 皮膚切除を伴う骨盤内臓全摘後に遊離広背筋皮弁移植による再建術を行った症例の検討

    野村 正, 北川 敬之, 髙須 啓之, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第32回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2016年05月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 鹿児島市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当科における皮膚悪性腫瘍切除後の外鼻再建に対する検討

    石椛 寛芳, 柳沢 曜, 山本 明穂, 平山 泰樹, 野村 正

    第32回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2016年05月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 鹿児島市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【ランチョンセミナー】乳児血管腫の病態と治療

    野村 正

    第13回日本血管腫血管奇形学会, 2016年05月, 日本語, 日本血管腫血管奇形学会, 石垣市, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • CLOVES syndromeが疑われた症例の経験

    野村 正, 江尻 浩隆, 田場 史子, 木谷 慶太郎, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第13回日本血管腫血管奇形学会, 2016年05月, 日本語, 日本血管腫血管奇形学会, 石垣市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 流出型神経端側縫合を利用する腫瘍切除後顔面神経即時再建-同一施設における連続20症例の検討-

    橋川 和信, 野村 正, 寺師 浩人

    第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院で経験した踵骨骨髄炎の9例

    長谷川 泰子, 榊原 俊介, 大澤 沙由理, 江尻浩隆, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 洗浄型NPWTを用いた下肢骨髄炎の検討

    榊原 俊介, 大澤 沙由理, 木谷 慶太郎, 髙須 啓之, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 仙腸骨部慢性放射線性潰瘍の治療経験

    岡本 貴子, 髙須 啓之, 木村 倫子, 吉岡 剛, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 静脈奇形に対する硬化療法におけるオレイン酸モノエタノールアミンとポリドカノールの比較検討

    倉本 康世, 野村 正, 江尻 浩隆, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 青色ゴム球様母斑症候群の治療経験

    酒井 玲子, 野村 正, 吉岡 剛, 江尻 浩隆, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 食道癌術後胃管気管支瘻に対して有茎広背筋弁を用いて閉鎖した1例

    高須 啓之, 橋川 和信, 野村 正, 寺師 浩人, 玉城 秀行, 田中 雄悟, 中村 哲

    第59回日本形成外科学会, 2016年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 眼瞼部基底細胞癌の部位別組織像と切除法の検討

    北川 敬之, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 我々の乳児血管腫に対する治療方針(プロプラノロール内服単独とレーザーおよび手術併用療法について)

    森脇 綾, 野村 正, 江尻 浩隆, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 異所性蒙古斑のレーザー治療後の色素沈着に対する工夫と経過

    木村 倫子, 野村 正, 川北(永田) 育子, 髙須 啓之, 江尻 浩隆, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【シンポジウム5.動静脈奇形の最新治療:手術,塞栓,硬化療法】動静脈奇形に対する集学的治療 ~手術療法を成功に導く最新治療コンセプト~

    野村 正, 江尻 浩隆, 川北 育子, 櫻井 敦, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第59回日本形成外科学会総会・学術集会, 2016年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 福岡市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 骨盤内臓全摘術後に有茎大網弁及び遊離広背筋充填術を施行した一例

    北川 敬之, 野村 正, 山下 公大, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第112回関西形成外科学会学術集会, 2016年03月, 日本語, 関西形成外科学会学術集会, 枚方市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 食道癌術後胃管気管支瘻に対して有茎広背筋弁を用いて閉鎖した1例

    髙須 啓之, 橋川 和信, 玉城 英行, 田中 雄吾, 中村 哲, 野村 正, 寺師 浩人

    第21回日本形成外科手術手技学会, 2016年02月, 日本語, 日本形成外科手術手技学会, さいたま市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【特別企画「眼窩骨折の治療指針」】神戸大学形成外科における眼窩骨折の治療

    橋川 和信, 木谷 慶太郎, 髙須 啓之, 野村 正, 寺師 浩人

    第27回日本眼瞼義眼床手術学会, 2016年02月, 日本語, 日本眼瞼義眼床手術学会, 横浜市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 無侵襲混合血酸素飽和度監視システム:INVOSを用いた遊離皮弁術後モニタリング

    髙須 啓之, 野村 正, 寺師 浩人

    第42回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2015年11月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, さいたま市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 動静脈奇形の増殖機序に関する検討【第2報】-成長ホルモン受容体を巡って-

    野村 正, 榊原 俊介, 寺師 浩人

    第24回日本形成外科学会 基礎学術集会, 2015年10月, 日本語, 日本形成外科学会 基礎学術集会, 盛岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 常勤形成外科医不在施設における乳房一次再建症例の検討

    野村 正

    第3回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会, 2015年09月, 日本語, 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会, 札幌市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【シンポジウム3.皮膚悪性腫瘍に対する外科治療の現状とこれから】顔面基底細胞癌に対する外科治療~切除と再建を両立させる方策~

    野村 正, 寺師 浩人

    第31回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2015年07月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 大阪市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【アフタヌーンセミナー】表在性血管腫・血管奇形に対する色素レーザー治療

    野村 正

    第12回血管腫血管奇形学会, 2015年07月, 日本語, 血管腫血管奇形学会, 東京都, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Effectiveness of lymphography for lymphatic leakage after neck dissection

    Tatsuya Furukawa, Masaki Uozumi, Dai Hashimoto, Hikari Shimoda, Hirotaka Shinomiya, Yuriko Fukuda, Tomohisa Shibata, Ryota Kawasaki, Tadashi Nomura, Hiroyoshi Ishinagi

    4th Congress of Asian Society of Head and Neck Oncology, 2015年06月, 英語, 日本頭頚部癌学会, 神戸, 国際会議

    ポスター発表

  • 【ランチョンセミナー】小児における創傷のtotal management~よりよい創傷治癒を実現するための原理原則~

    野村 正

    第52回日本小児外科学会学術集会, 2015年05月, 日本語, 日本小児外科学会学術集会, 神戸市, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 当科における転移性皮膚腫瘍の統計と治療

    石椛 寛芳, 山本 明穂, 野村 正

    第58回日本形成外科学会総会・学術集会, 2015年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 常勤形成外科不在施設における自家組織を用いた乳房一次再建

    野村 正, 榊原 俊介, 寺師 浩人

    第58回日本形成外科学会総会・学術集会, 2015年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【第2回皮膚腫瘍外科分野指導医シンポジウム Oncoplastic Skin Surgery ~私ならこう治す!】外鼻皮膚腫瘍に対するtotal management

    野村 正, 橋川 和信

    第58回日本形成外科学会総会・学術集会, 2015年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 京都市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【ランチョンセミナー1.変わるレーザー治療 ~リスクが少ない治療へのシフト~】今さら聞けないQスイッチアレックスレーザーのキホン

    野村 正

    第58回日本形成外科学会総会・学術集会, 2015年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 京都市, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 難治性下腿潰瘍の一例

    北川 敬之, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人, 柳沢 曜

    第109回関西形成外科学会学術集会, 2015年03月, 日本語, 関西形成外科学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 自家組織を用いた乳房二次再建における紙粘土による簡便なシミュレーション法

    野村 正

    第20回日本形成外科手術手技学会, 2015年02月, 日本語, 日本形成外科手術手技学会, 鎌倉, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 複数回の化学放射線療法を施行された多重癌患者に対する遊離広背筋皮弁を用いた頭蓋再建の経験

    髙須 啓之, 榊原 俊介, 橋川 和信, 野村 正, 寺師 浩人

    第41回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2014年12月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 海洋外傷により受傷した重度下腿開放骨折に対して、遊離広背筋皮弁により再建を行った1例

    田村 亮介, 野村 正, 寺師 浩人, 新倉 路生, 櫻井 敦志

    第41回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2014年12月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 下肢血管造影検査後に手指壊疽を起こしたBuerger病の1例

    木谷 慶太郎, 倉本 康世, 大澤 沙由理, 野村 正, 寺師 浩人

    第108回関西形成外科学会学術集会, 2014年12月, 日本語, 関西形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 悪性腫瘍切除後に生じた胸腹壁欠損に対する再建術式の検討

    野村 正, 榊原 俊介, 江尻 浩隆, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第41回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2014年12月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【シンポジウム1.リンパ浮腫治療におけるマイクロサージャリー】直針付き縫合糸を用いるback-wall techniqueの微小リンパ管吻合における有用性

    橋川 和信, 野村 正, 寺師 浩人

    第41回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2014年12月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 京都, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 動静脈奇形の増殖機序に関する検討-成長ホルモン受容体を巡って-

    野村 正, 江尻 浩隆, 榊原 俊介, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第23回日本形成外科学会基礎学術集会, 2014年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 松本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 吻合静脈閉塞も生存した遊離空腸パッチの一症例

    秋山 幹雄, 柳沢 曜, 石椛 寛芳, 橋本 大, 野村 正

    第107回関西形成外科学会・第49回中部形成外科学会合同学術集会, 2014年07月, 日本語, 関西形成外科学会・中部形成外科学会, 加賀, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 肺癌後頭部転移の2症例

    石椛 寛芳, 柳沢 曜, 野村 正, 川田 貴章, 大﨑 健夫

    第30回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2014年07月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 腫瘍切除後に生じた胸腹壁欠損に対する再建手術の検討

    野村 正, 榊原 俊介, 江尻 浩隆, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第30回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2014年07月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【イブニングセミナー2.Next Patient oriented Wound Therapy~次世代の患者本位の創傷治療~】局所陰圧閉鎖療法の変遷~「壁吸引」から「SNaP陰圧閉鎖療法システム」へ~

    野村 正

    第6回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2014年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 高松, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • リピオドールによるリンパ管造影にて治癒を得た鼠径リンパ節郭清後リンパ漏の1例

    村上 英毅, 上野 一樹, 大守 誠, 野村 正

    第107回関西形成外科学会・第49回中部形成外科学会合同学術集会, 2014年07月, 日本語, 関西形成外科学会・中部形成外科学会, 加賀, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 乳児血管腫に対する色素レーザー治療の検討~Vbeam は従来型ダイレーザーよりも退縮時期を早めるか?~

    江尻 浩隆, 野村 正, 寺師 浩人

    第57回日本形成外科学会総会・学術集会, 2014年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 動静脈奇形に対する集学的治療の適応と限界

    野村 正, 江尻 浩隆, 櫻井 敦, 川北 育子, 小川 晴生, 柳沢 曜, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第57回日本形成外科学会総会・学術集会, 2014年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院における胸壁・腹壁全層欠損の治療法についての検討

    長谷川 泰子, 野村 正, 榊原 俊介, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第57回日本形成外科学会総会・学術集会, 2014年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 開頭術後頭部人工物露出症例の原因に関する検討とその対策

    野村 正, 橋川 和信, 榊原 俊介, 髙須 啓之, 田原 真也, 寺師 浩人

    第57回日本形成外科学会総会・学術集会, 2014年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【特別企画 第1回皮膚腫瘍外科指導専門医シンポジウム"Unfavorable result cases~明日の治療に向けて~"】3-1:皮膚腫瘍外科における unfavorable result cases の分類 何が unfavorable なのか?

    野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第57回日本形成外科学会総会・学術集会, 2014年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 長崎, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • Importance of the control of sclerosant egress on the sclerotherapy for venous malformations

    Ejiri H, Nomura T, Sakakibara S, Terashi H

    ISSVA 20th International Workshop on Vascular Anomalies, 2014年04月, 英語, ISSVA 20th International Workshop on Vascular Anomalies, Melbourne, Australia, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Calvarial radionecrosis

    村山 友梨, 榊原 俊介, 森脇 綾, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第57回日本形成外科学会総会・学術集会, 2014年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Buerger 病による手指壊疽に対するDistal Venous Arterialization の一例

    柳沢 曜, 石椛 寛芳, 秋山 幹雄, 長谷川 泰子, 野村 正, 寺師 浩人

    第57回日本形成外科学会総会・学術集会, 2014年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Buerger 病による手指壊疽に対するDistal Venous Arterializationの一例

    柳沢 曜, 石椛 寛芳, 秋山 幹雄, 長谷川 泰子, 野村 正, 寺師 浩人

    第57回日本手外科学会学術集会, 2014年04月, 日本語, 日本手外科学会, 宜野湾, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • パネルディスカッション3. ビデオで伝えたい私の手順

    野村 正, 榊原 俊介, 高須 啓之, 明石 昌也, 橋川 和信, 田原 真也, 寺師 浩人

    第19回日本形成外科手術手技学会, 2014年02月, 日本語, 日本形成外科手術手技学会, 愛知, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 頭頸部再建術後に仮性動脈瘤を生じた一例.

    川田 貴章, 柳沢 曜, 石椛 寛芳, 長谷川 泰子, 野村 正

    第105回関西形成外科学会学術集会, 2013年12月, 日本語, 関西形成外科学会学術集会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 胃癌術後の腹壁再発切除術により生じた 胸腹壁欠損に対する治療経験

    長谷川 泰子, 野村 正, 明石 昌也, 前田 翔, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第105回関西形成外科学会学術集会, 2013年12月, 日本語, 関西形成外科学会学術集会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 血管奇形に対するエコーガイド下硬化療法の経験 ~有用性と問題点について~.

    野村 正, 江尻 浩隆, 石椛 寛芳, 柳沢 曜, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第23回日本シミュレーション外科学会, 2013年11月, 日本語, 日本シミュレーション外科学会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 開頭術後頭部皮膚潰瘍の原因に関する検討とその対策.

    野村 正, 橋川 和信, 髙須 啓之, 榊原 俊介, 寺師 浩人

    第31回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2013年10月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 遊離皮弁による頭蓋再建症例の検討.

    野村 正, 橋川 和信, 榊原 俊介, 髙須 啓之, 田原 真也, 寺師 浩人

    第40回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2013年09月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 盛岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 脳外科術後SSIにおけるICG蛍光造影の有用性-腐骨の評価-.

    榊原 俊介, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第40回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2013年09月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 盛岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【パネルディスカッション3-I.移植皮弁の選択 私のファーストチョイス-足部・下腿に用いる皮弁-】Contourを重視した足部および下腿遠位部の再建法.

    野村 正, 大﨑 健夫, 石椛 寛芳, 森脇 綾, 髙須 啓之, 江尻 浩隆, 榊原 俊介, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第40回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2013年09月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 盛岡市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【パネルディスカッション1.血管吻合術後の管理と移植組織サルベージ法の実際】多様な血管吻合術後皮弁モニタリング.

    榊原 俊介, 髙須 啓之, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第40回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2013年09月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 盛岡市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 【シンポジウム2.知覚皮弁の適応と成績】皮弁と知覚に関する経験と考察.

    橋川 和信, 榊原 俊介, 辻 依子, 奥村 興, 野村 正, 田原 真也, 寺師 浩人

    第40回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2013年09月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 盛岡市, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 腹腔内へ広範囲に浸潤した腹直筋内low-grade myofibrosarcomaの治療経験.

    野村 正, 榊原 俊介, 森脇 綾, 奥村 興, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第29回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2013年08月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 甲府市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • がん切除後下顎再建における再建理論「CATコンセプト」.

    橋川 和信, 明石 昌也, 野村 正, 寺師 浩人

    第37回日本頭頸部癌学会, 2013年06月, 日本語, 日本頭頸部癌学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 苺状血管腫に対するレーザー照射後に潰瘍を形成した症例の検討.

    長谷川 泰子, 柳沢 曜, 石椛 寛芳, 田村 亮介, 野村 正

    第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 2013年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 鼻骨骨折整復固定術における術中エコーの有用性の検討.

    石椛 寛芳, 柳沢 曜, 野村 正, 田村 亮介, 長谷川 泰子, 大﨑 健夫, 後村 大祐

    第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 2013年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当科における頭蓋再建の治療方針~シャントと術後合併症との検討~.

    野村 正, 橋川 和信, 榊原 俊介, 辻 依子, 川北 育子, 田原 真也, 寺師 浩人

    第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 2013年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 硬化療法施行後に、縮小することなく疼痛が改善された静脈奇形症例の検討.

    江尻 浩隆, 野村 正, 橋川 和信, 川北 育子, 寺師 浩人

    第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 2013年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 【ミニシンポジウム11.頭頸部再建における周術期合併症】当院における頭頸部再建術後の安静期間と周術期合併症に関する検討.

    田村 亮介, 柳沢 曜, 石椛 寛芳, 長谷川 泰子, 野村 正, 田原 真也

    第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 2013年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • シリコーンゲルドレッシング「エスアイエイドⓇ」を用いた tie over 法の一工夫.

    髙須 啓之, 橋川 和信, 野村 正, 寺師 浩人

    第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 2013年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 皮膚悪性腫瘍切除後に生じた眼角部上下眼瞼皮膚欠損に対するExtended V-Y flapの有用性に関する検討.

    田村 亮介, 柳沢 曜, 石椛 寛芳, 長谷川 泰子, 野村 正, 大﨑 健夫, 寺師 浩人

    第103回関西形成外科学会学術集会, 2013年03月, 日本語, 関西形成外科学会学術集会, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 乳児血管腫対する病変内切除の有用性.

    野村 正, 江尻 浩隆, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第18回日本形成外科手術手技学会, 2013年02月, 日本語, 日本形成外科手術手技学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • CATコンセプトによる下顎再建の実践.

    橋川 和信, 野村 正, 寺師 浩人

    第18回日本形成外科手術手技学会, 2013年02月, 日本語, 日本形成外科手術手技学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 特異的な治癒様相を呈した遊離腓骨による下顎区域再建の1例

    横尾 聡, 宮崎英隆, 牧口貴哉, 野村 正, 古土井春吾, 古森孝英

    第31回日本口腔腫瘍学会総会, 2013年01月, 日本語, 日本口腔腫瘍学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 遊離皮弁を用いた頭頸部再建症例における周術期抗凝固療法の合併症について-VTE予防の観点から-

    髙須 啓之, 橋川 和信, 榊原 俊介, 野村 正, 寺師 浩人

    第39回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2012年12月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 北九州, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 遊離鼠径皮弁により前足部再建を行なった2例

    大﨑 健夫, 川北 育子, 辻本 賢樹, 西尾 優志, 石椛 寛芳, 野村 正

    第39回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2012年12月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 北九州, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 乳び胸水に対するリピオドールリンパ管造影法による治療法の検討

    野村 正, 大﨑 健夫, 石椛 寛芳, 寺師 浩人

    第39回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2012年12月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 北九州, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 後期高齢者に対するマイクロサージャリーは危険か?

    髙須 啓之, 橋川 和信, 榊原 俊介, 野村 正, 寺師 浩人

    第39回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2012年12月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 北九州, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • リンパ管静脈吻合手技を容易にするためのアイデアと工夫

    橋川 和信, 野村 正, 寺師 浩人

    第39回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2012年12月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 北九州, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • NF1 患者の坐骨神経に発生したMPNST の1 例 ~大腿切断時の腫瘍摘出の観点から~

    川北 育子, 大﨑 健夫, 西尾 優志, 辻本 賢樹, 野村 正, 寺師 浩人

    第102回日本形成外科学会関西支部学術集会, 2012年12月, 日本語, 日本形成外科学会関西支部, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 3D-CTA像の体表への投射を利用した血管マーキング

    榊原 俊介, 江尻 浩隆, 森脇 綾, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第39回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2012年12月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 北九州, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 陳旧性眼窩骨折の治療アルゴリズム

    橋川 和信, 大守 誠, 野村 正, 川北 育子, 寺師 浩人

    第30回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2012年11月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会, 大阪, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 短パルス色素レーザー照射後に潰瘍を生じた乳児血管腫症例の検討

    野村 正, 江尻 浩隆, 川北 育子, 寺師 浩人

    第33回日本レーザー医学会総会, 2012年11月, 日本語, 日本レーザー医学会, 吹田, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 赤唇部の毛細血管奇形(単純性血管腫)に対するパルス色素レーザー照射効果の検討

    江尻 浩隆, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人

    第33回日本レーザー医学会総会, 2012年11月, 日本語, 日本レーザー医学会, 吹田, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 頭蓋再建術後、VPシャントチューブを介して腹膜炎を合併し、その後に硬膜下膿瘍が顕在化した一例

    石椛 寛芳, 野村 正, 後村 大祐, 大﨑 健夫, 廣瀬 智史

    第4回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2012年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 外科的治療を行った肺癌頭頸部転移症例の検討

    野村 正, 大﨑 健夫, 石椛 寛芳, 後村 大祐

    第28回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2012年06月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会, 札幌, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 鼻骨骨折における術後外観に影響を与える因子の検討

    石椛 寛芳, 野村 正, 大﨑 健夫, 後村 大祐

    第55回日本形成外科学会総会・学術集会, 2012年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院でのリンパ管奇形に対する治療効果の検討

    後村 大祐, 野村 正, 石椛 寛芳, 大﨑 健夫

    第55回日本形成外科学会総会・学術集会, 2012年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 前足部壊死性筋膜炎11例の検討 ―部位と治癒期間との関連―

    大﨑 健夫, 野村 正, 石椛 寛芳, 後村 大祐

    第55回日本形成外科学会総会・学術集会, 2012年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 手術療法を行った乳児血管腫の検討 ~病変内切除の有用性について~

    野村 正, 大﨑 健夫, 石椛 寛芳, 後村 大祐

    第55回日本形成外科学会総会・学術集会, 2012年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Focal typeの静脈奇形はinfiltrative typeよりも硬化療法が効きやすいか? ~同一術者、硬化剤による検討~

    江尻 浩隆, 橋川 和信, 永田 育子, 野村 正, 田原 真也

    第55回日本形成外科学会総会・学術集会, 2012年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当科における静脈奇形に対する手術治療の経験

    石椛 寛芳, 野村 正, 大﨑 健夫, 後村 大祐

    第100回日本形成外科学会 関西支部, 2012年03月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • プロプラノロール投与後に外科的切除を行った乳児血管腫の一例

    後村 大祐, 野村 正, 石椛 寛芳, 大﨑 健夫, 藤井 美樹

    第100回日本形成外科学会 関西支部, 2012年03月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 両側眼窩内腫瘍の1例

    後村 大祐, 野村 正, 石椛 寛芳, 大﨑 健夫

    第99回日本形成外科学会 関西支部学術集会, 2011年12月, 日本語, 日本形成外科学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 乳輪下膿瘍の3例

    大﨑 健夫, 野村 正, 石椛 寛芳, 後村 大祐

    第99回日本形成外科学会 関西支部学術集会, 2011年12月, 日本語, 日本形成外科学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院での遊離下腹部皮弁による乳房再建におけるMDCTを用いた術前Planningの実際

    大﨑 健夫, 野村 正, 石椛 寛芳, 後村 大祐

    第38回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2011年11月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 手術療法を行った乳児血管腫の検討

    野村 正, 大﨑 健夫, 石椛 寛芳, 後村 大祐, 田原 真也

    (社)日本形成外科学会 九州支部学術集会 第87回例会, 2011年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 大分, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒトリンパ管におけるプロスタノイドレセプターの発現

    榊原 俊介, 今井 緑, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也

    第20回日本形成外科学会基礎学術集会, 2011年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 心不全が原因と考えられるpunch out型下腿潰瘍の2例

    大﨑 健夫, 野村 正, 石椛 寛芳

    第98回日本形成外科学会 関西支部学術集会, 2011年07月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Coma blister4症例の治療経験

    石椛 寛芳, 野村 正, 大﨑 健夫, 小川 晴生, 江尻 浩隆, 時吉 貴宏

    第3回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2011年07月, 日本語, 日本創傷外科学会, 札幌, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 眼瞼悪性腫瘍切除後欠損に対する再建術式の検討

    野村 正, 大﨑 健夫, 石椛 寛芳, 寺師 浩人

    第27回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2011年06月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 鼻骨骨折における鼻中隔(鼻中隔軟骨, 篩骨垂直板, 鋤骨)整復の重要性

    石椛 寛芳, 野村 正, 大﨑 健夫

    第54回日本形成外科学会総会・学術集会, 2011年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会, 徳島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 頭部皮膚潰瘍に対する再建術式の検討

    野村 正, 大﨑 健夫, 石椛 寛芳

    第54回日本形成外科学会総会・学術集会, 2011年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会, 徳島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 虚血性心疾患を有する患者に対する遊離組織移植術の経験

    大﨑 健夫, 野村 正, 石椛 寛芳

    第54回日本形成外科学会総会・学術集会, 2011年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会, 徳島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • extended V-Y flapにより内眼角部皮膚欠損を再建した2例

    大﨑 健夫, 野村 正, 石椛 寛芳

    第96回日本形成外科学会関西支部学術集会, 2010年12月, 日本語, 日本形成外科学会関西支部学術集会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 新しい皮弁血流モニター法~INVOS:無侵襲混合血酸素飽和度監視装置を用いて~第2報

    髙須 啓之, 橋川 和信, 野村 正, 田原 真也

    第37回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2010年11月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 広背筋皮弁を用いたcross-leg free flapにより下腿再建を行った2症例の経験

    大﨑 健夫, 野村 正, 石椛 寛芳, 大守 誠

    第37回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2010年11月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会学術集会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 頭部チタンメッシュ露出症例に対する再建の経験

    野村 正, 大﨑 健夫, 時吉 貴宏

    第28回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2010年10月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 無血清HFDM-1に脂肪酸を添加した培地での培養線維芽細胞の検討 ~安全な培養細胞注入を目指して~

    江尻 浩隆, 寺師 浩人, 田原 真也, 野村 正

    第19回日本形成外科学会基礎学術集会, 2010年09月, 日本語, 日本形成外科学会基礎学術集会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重度褥瘡(潰瘍)をどこで診る?~褥瘡(潰瘍)ターミナルを取り巻く問題点~

    野村 正, 大﨑 健夫, 時吉 貴宏, 前田 奈保子

    第12回日本褥瘡学会学術集会, 2010年08月, 日本語, 日本褥瘡学会学術集会, 千葉, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 肘部褥瘡の2例

    大﨑 健夫, 野村 正, 石椛 寛芳

    第95回日本形成外科学会関西支部学術集会, 2010年07月, 日本語, 日本形成外科学会関西支部学術集会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 肘部褥瘡の2例

    大﨑 健夫, 野村 正, 石椛 寛芳

    第2回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2010年07月, 日本語, 日本創傷外科学会総会・学術集会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 左足底に生じた石灰化腱膜線維腫の一例

    石椛 寛芳, 野村 正, 大﨑 健夫, 時吉 貴宏

    第95回日本形成外科学会関西支部学術集会, 2010年07月, 日本語, 日本形成外科学会関西支部学術集会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • けがの手当て ~早くきれいに治すには~

    野村 正

    第2回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2010年07月, 日本語, 日本創傷外科学会総会・学術集会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 鼻腔裏打ち再建の経験

    大﨑 健夫, 野村 正, 時吉 貴宏

    第26回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2010年06月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当科における肋軟骨炎の治療経験

    時吉 貴宏, 野村 正, 大﨑 健夫, 小川 晴生

    第53回日本形成外科学会総会・学術集会, 2010年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 金沢, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 新しい皮弁血流モニター法~INVOS:無侵襲混合血酸素飽和度監視装置を用いて~

    髙須 啓之, 橋川 和信, 野村 正, 田原 真也

    第53回日本形成外科学会総会・学術集会, 2010年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 金沢, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 血管腫の治療

    野村 正

    第53回日本形成外科学会総会・学術集会, 2010年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 金沢, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 外鼻全層欠損における鼻腔裏打ち再建の経験

    大﨑 健夫, 野村 正, 時吉 貴宏

    第53回日本形成外科学会総会・学術集会, 2010年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 金沢, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Cystic typeの静脈奇形に対する治療法選択の検討 ~切除術?硬化療法?~

    江尻 浩隆, 小川 晴生, 橋川 和信, 野村 正, 櫻井 敦, 永田 育子, 田原 真也

    第53回日本形成外科学会総会・学術集会, 2010年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会・学術集会, 金沢, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 特異な経過をたどった眼窩腫瘍の一例

    野村正

    第32回兵庫県形成外科医会研究会, 2009年11月, 日本語, 兵庫県形成外科医会研究会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 遊離皮弁術後モニタリングとしての無侵襲混合血酸素飽和度監視装置(INVOS5100C)の可能性.

    野村正, 橋川和信, 田原真也

    第36回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2009年10月, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 徳島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 四肢spindle cell hemangiomaの治療経験

    野村正, 江尻浩隆, 榊原俊介, 寺師浩人, 田原真也

    第6回血管腫・血管奇形研究会, 2009年07月, 日本語, 血管腫・血管奇形研究会, 札幌, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Kasabach-Merritt現象を呈した右手・前腕tufted angiomaの1例

    江尻浩隆, 小川晴生, 野村正

    第6回血管腫・血管奇形研究会, 2009年07月, 日本語, 血管腫・血管奇形研究会, 札幌, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • リンパ管奇形に対する 当科でのエタノール硬化療法.

    野村正, 小川晴生

    第92回日本形成外科学会関西支部学術集会, 2009年06月, 日本語, 日本形成外科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Gluteal fold V-Y advancement flapに基づき再建した外陰癌の1症例.

    小川晴生, 野村正, 寺師浩人, 田原真也

    第25回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2009年05月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • -外鼻, 口唇を中心として-外鼻, 上口唇基底細胞癌の治療指針~再発ゼロ&マスクゼロを目指す

    寺師浩人, 橋川和信, 野村正, 田原真也

    第52回日本形成外科学会総会・学術集会, 2009年04月, 日本語, 日本形成外科学会総会, 横浜, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 全身麻酔下における皮膚レ-ザ-照射時の引火の危険性~多施設を対象としたアンケート調査に基づく検討~.

    橋川和信, 杉本庸, 野村正, 田原真也

    第52回日本形成外科学会総会・学術集会, 2009年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 静脈奇形の硬化療法における硬化剤の注入量と血色素尿の関連について-理想的な注入量を目指して-.

    江尻浩隆, 野村正, 橋川和信, 田原真也

    第52回日本形成外科学会総会・学術集会, 2009年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 手の静脈奇形に対する硬化療法.

    江尻浩隆, 野村正, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第52回日本形成外科学会総会・学術集会, 2009年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 手に発生した静脈奇形に対する硬化療法 Sclerotherapy for venous malformations in the hand and forearm.

    江尻浩隆, 野村正, 橋川和信, 田原真也

    第52回日本手の外科学会学術集会, 2009年04月, 日本語, 日本手の外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 頭部皮膚潰瘍に対する手術方法の検討

    野村正, 小川晴生, 江尻浩隆, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第1回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2009年01月, 日本語, 日本創傷外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 遊離前腕皮弁による鼻部悪性腫瘍再建の経験

    小川晴生, 野村正

    第22回神戸形成外科集談会, 2008年10月, 日本語, 神戸形成外科集談会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 無血清での培養線維芽細胞の検討~安全な培養細胞注入を目指して~

    江尻浩隆, 寺師浩人, 田原真也, 野村正

    第17回日本形成外科学会基礎学術集会, 2008年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 整復術後に眼球陥凹が遷延した外下方転移型頬骨骨折の2症例

    小川晴生, 野村正, 江尻浩隆, 田原真也

    第26回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2008年10月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 機能的耳介温存および根治的摘出を行った耳介後面有棘細胞癌の1症例

    小川晴生, 野村正, 江尻浩隆, 田原真也

    第24回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2008年07月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会, 岐阜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 直腸瘻を伴った骨盤骨折後殿部難治性皮膚潰瘍の治療経験

    江尻浩隆, 小川晴生, 野村正

    第90回日本形成外科学会関西支部学術集会, 2008年06月, 日本語, 日本形成外科学会, 奈良, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 足趾Garlic-Clove Fibromaの2症例

    小川晴生, 野村正, 江尻浩隆, 田原真也

    第90回日本形成外科学会関西支部学術集会, 2008年06月, 日本語, 日本形成外科学会, 奈良, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 全身麻酔下におけるDYE laser照射術中に引火による顔面熱傷を生じた一症例

    野村正, 寺師浩人, 田原真也

    第5回血管腫・血管奇形研究会, 2008年04月, 日本語, 血管腫・血管奇形研究会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 静脈奇形に対する神戸大学の治療戦略

    野村正, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第51回日本形成外科学会総会・学術集会, 2008年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 静脈奇形に対する硬化療法による治療経験-治療効果と組織壊死について-

    野村正, 小川晴生, 江尻浩隆, 寺師浩人, 田原真也

    第51回日本形成外科学会総会・学術集会, 2008年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Venous Malformation のより確実な診断にむけて~病理所見と画像所見を比較した観点から~

    野村正, 江尻浩隆, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第5回血管腫・血管奇形研究会, 2008年04月, 日本語, 血管腫・血管奇形研究会, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 逆行性皮弁により再建した前足部皮膚潰瘍の2例.

    小川晴生, 野村正, 江尻浩隆

    第89回日本形成外科学会関西支部学術集会, 2007年12月, 日本語, 日本形成外科学会, 高槻, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Infantile Hemangiomaの潰瘍形成に関する検討.

    野村正, 杉本庸, 寺師浩人, 田原真也

    第89回日本形成外科学会関西支部学術集会, 2007年12月, 日本語, 日本形成外科学会, 高槻, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 内視鏡下経鼻腔的整復術(EER)は眼窩内側壁骨折治療の標準的術式となり得るか.

    橋川和信, 杉本庸, 野村正, 田原真也

    第25回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2007年11月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 上顎部分切除症例に対する遊離皮弁による再建手術の経験.

    野村正, 江尻浩隆, 小川晴生, 橋川和信, 田原真也

    第25回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2007年11月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 硬膜外膿瘍に対し遊離広背筋皮弁とGORE-TEXを用いた1例.

    江尻浩隆, 野村正

    第25回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2007年11月, 日本語, 日本頭蓋顎顔面外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 組織内脂肪酸組成解析によるscarless wound healingへのアプローチ.

    野村正, 寺師浩人, 田原真也

    第16回日本形成外科学会基礎学術集会, 2007年10月, 日本語, 日本形成外科学会, 神戸, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 喉頭全摘舌根部部分切除症例に対する舌動脈再建の治療経験.

    小川晴生, 野村正, 田原真也

    第34回日本マイクロサイジャリー学会学術集会, 2007年10月, 日本語, 日本マイクロサイジャリー学会, 福島, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 坐骨結節切除により会陰部褥瘡を生じた車いす患者2例の報告.

    寺師浩人, 田原真也, 野村正

    第9回日本褥瘡学会学術集会, 2007年09月, 日本語, 日本褥瘡学会, 前橋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 頭頸部再建におけるconventional flap,とくに前腕皮弁のreliabilityとversatilityについて.

    橋川和信, 横尾聡, 野村正, 丹生健一, 寺師浩人, 田原真也

    第31回日本頭頸部癌学会・第28回頭頸部手術手技研究会, 2007年06月, 日本語, 日本頭頸部癌学会, 横浜, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 頭頸部再建Conventional flap vs.Perforator flapとくに前腕皮弁のrealiabilityとversatility

    橋川和信, 横尾聡, 野村正, 丹生健一, 寺師浩人, 田原真也

    第31回日本頭頸部癌学会, 2007年06月, 日本語, 日本頭頸部癌学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 静脈奇形の治療戦略 血行動態を考慮した静脈奇形に対する我々の治療戦略 硬化療法の適応と限界について.

    野村正, 寺師浩人, 田原真也

    第27回日本静脈学会総会, 2007年06月, 日本語, 日本静脈学会, 京都, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 頭部への放射線療法により発生した基底細胞癌の2例.

    寺師浩人, 田原真也, 野村正, 江尻浩隆

    第23回日本皮膚悪性腫瘍学会, 2007年05月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当科における肺癌皮膚転移切除症例の検討.

    江尻浩隆, 野村正

    第24回日本皮膚悪性腫瘍学会, 2007年05月, 日本語, 日本皮膚悪性腫瘍学会, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 乳房温存手術後に生じた皮膚潰瘍症例の検討.

    野村正, 江尻浩隆

    第50回日本形成外科学会総会・学術集会, 2007年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 静脈奇形硬化療法における術中透視下病変造影の重要性.

    野村正, 橋川和信, 寺師浩人, 田原真也

    第50回日本形成外科学会総会・学術集会, 2007年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 口唇部血液貯留性病変に対する硬化療法による治療経験.

    野村正, 寺師浩人, 田原真也

    第50回日本形成外科学会総会・学術集会, 2007年04月, 日本語, 日本形成外科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

所属学協会

  • 日本頭蓋顎顔面外科学会

  • 日本創傷外科学会

  • 日本褥瘡学会

  • 日本皮膚悪性腫瘍学会

  • 日本マイクロサージャリー学会

  • 日本レーザー医学会

  • 日本血管腫血管奇形学会

  • 日本形成外科学会

  • 日本頭頸部癌学会

共同研究・競争的資金等の研究課題