研究者紹介システム

原 将也
ハラ マサヤ
大学院人間発達環境学研究科 人間環境学専攻
助教
人文科学その他
Last Updated :2022/01/10

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院人間発達環境学研究科 人間環境学専攻
  • 【配置】

    国際人間科学部 環境共生学科, 発達科学部 人間環境学科

学位

  • 博士(地域研究), 京都大学
  • ザンビアの多民族農村の人びとの暮らしに関する地域研究

授業科目

ジャンル

  • 各国事情 / アフリカ

研究活動

プロフィール情報

  • プロフィール

    フィールドワークを基本として、地域に暮らす生活者の視点から地域社会の構造や課題を探っています。生業に焦点をあて、人びとの暮らしの変容を見つめてきました。おもにアフリカのザンビアを対象として、焼畑農耕を営みキャッサバを栽培する人びとに着目し、農耕形態や土地利用、生態資源の利用、食文化、移住、地域史などの視点から、多民族が共生する社会のしくみを解明しています。最近では日本の農村もフィールドとして、地域で展開される農業をはじめとした生業の特性と地域社会とのかかわりなどに関心をもって研究しています。

     

研究キーワード

  • 焼畑農耕
  • ザンビア
  • アフリカ
  • キャッサバ
  • 移住
  • 生業

研究分野

  • 人文・社会 / 人文地理学
  • 人文・社会 / 地域研究
  • 人文・社会 / 地理学

委員歴

  • 2018年04月 - 2020年03月, 立正地理学会, 集会委員

受賞

  • 2021年06月 日本熱帯生態学会, 第25回吉良賞奨励賞

    原 将也

  • 2019年06月 立正地理学振興会, 2018年度田中啓爾記念地理学奨励賞

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2018年06月 日本熱帯生態学会, 第28回日本熱帯生態学会年次大会(静岡)優秀発表賞, 西アフリカ・サヘル地域における都市ゴミを活用した緑化実験と9年間にわたる植物種の構成変化

    大山修一, 桐越仁美, 原 将也, 堀 光順, 青池歌子, イブラヒム マンマン

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

論文

MISC

  • 2020年度環境形成科学演習(原ゼミ)研究報告書―滋賀県近江八幡市―

    原 将也 編

    2021年02月

  • Cover Photo: A woman carrying cassava tuberous roots from fields to her home after harvesting in miombo woodlands in Mufumbwe District, Northwestern Zambia

    Hara Masaya

    2020年03月, TROPICS, 28 (4)

    [招待有り]

    その他

  • 大山修一監修『帝国書院地理シリーズ 新・世界の国々5 アフリカ州』(編集協力)

    原 将也

    2020年03月

    その他

  • 現代アフリカの多民族農村における民族ごとに受け継がれる食文化に関する地域研究

    原 将也

    2019年07月, 食の文化研究助成 研究成果報告書, 2, 37 - 41, 日本語

    会議報告等

  • 書評「島田周平・上田元編:世界地誌シリーズ8:アフリカ」

    原 将也

    2019年05月, アフリカ研究, 95, 33 - 35, 日本語

    書評論文,書評,文献紹介等

  • 中村和郎・次山信男・滝沢由美子監修『DOORドア―208の国と地域がわかる国際理解地図③アフリカ』(内容協力)

    原 将也

    地図情報センター/帝国書院, 2018年10月, 日本語

    その他

  • 新刊ライブラリー「伊藤千尋著:都市と農村を架ける―ザンビア農村社会の変容と人びとの流動性」

    原 将也

    JANESニュースレター, 2016年03月, JANESニュースレター, 23, 66 - 67, 日本語

    書評論文,書評,文献紹介等

  • キャッサバの種茎は銀行と同じだ―ザンビア農村の生活世界

    原 将也

    2013年11月, アジア・アフリカ地域研究, 13 (1), 66 - 69, 日本語

    その他

  • 大山修一監修『帝国書院地理シリーズ 世界の国々5 アフリカ州』(編集協力)

    原 将也

    帝国書院, 2012年03月, 日本語

    その他

書籍等出版物

  • Takahashi Motoki, Oyama Shuichi and Ramiarison Aime Herinjatovo eds. Development and Subsistence in Globalising Africa: Beyond the Dichotomy

    Hara Masaya

    分担執筆, The potential created by mobility: Social ties with strangers in the migration history of one family in northwestern Zambia, Langaa RPCIG, 2021年03月, 203-219, ISBN: 9789956551576

    学術書

  • 原 将也

    分担執筆, 第38章 東京オリンピックとザンビア―日本に響き渡った「ザンビア、バンザイ」の声, 明石書店, 2020年08月, 247-251, ISBN: 9784750350622

    一般書・啓蒙書

  • 島田周平・大山修一編『ザンビアを知るための55章』

    原 将也

    分担執筆, 第32章 ショッピングモールと市場―都市における大量消費と農村の自家消費, 明石書店, 2020年08月, 217-221, ISBN: 9784750350622

    一般書・啓蒙書

  • 島田周平・大山修一編『ザンビアを知るための55章』

    原 将也

    分担執筆, コラム13 よみがえった先祖の霊マキシ, 明石書店, 2020年08月, 156-158, ISBN: 9784750350622

    一般書・啓蒙書

  • 島田周平・大山修一編『ザンビアを知るための55章』

    原 将也

    分担執筆, 第21章 ルバレ―少年の通過儀礼ムカンダ, 明石書店, 2020年08月, 152-155, ISBN: 9784750350622

    一般書・啓蒙書

  • 島田周平・大山修一編『ザンビアを知るための55章』

    原 将也

    分担執筆, コラム12 たき火を囲んで語り継がれる昔話, 明石書店, 2020年08月, 144-146, ISBN: 9784750350622

    一般書・啓蒙書

  • 島田周平・大山修一編『ザンビアを知るための55章』

    原 将也

    分担執筆, 第19章 ルンダ―交易を通してキャッサバを取り入れた民族, 明石書店, 2020年08月, 139-143, ISBN: 9784750350622

    一般書・啓蒙書

  • 島田周平・大山修一編『ザンビアを知るための55章』

    原 将也

    分担執筆, 第14章 ザンビアの民族と言語―多様な民族と言語が共存する国, 明石書店, 2020年08月, 104-108, ISBN: 9784750350622

    一般書・啓蒙書

  • 島田周平・大山修一編『ザンビアを知るための55章』

    原 将也

    分担執筆, 第6章 コッパーベルト―鉱山バブルによる都市の発達, 明石書店, 2020年08月, 58-62, ISBN: 9784750350622

  • 島田周平・大山修一編『ザンビアを知るための55章』

    原 将也

    分担執筆, 第1章 地形と気候―起伏に富み、水資源豊かな大地, 明石書店, 2020年08月, 22-26, ISBN: 9784750350622

  • 立正大学ウズベキスタン学術調査隊編『カラ・テペ テルメズの仏教遺跡』

    島津 弘, 大石雅之, 原 将也

    分担執筆, スルハンダリヤ地域の自然地理的環境, 六一書房, 2020年03月, 177-192, ISBN: 9784864451284

    学術書

  • 太田 至編『アフリカ紛争・共生データアーカイブ第2巻』

    原 将也

    分担執筆, キャッサバの種茎の贈与、ほか, 京都大学アフリカ地域研究資料センター, 2015年06月, 107-111, 日本語

    学術書

  • 福島直樹・原 将也・成澤徳子編『ラオス・ザンビア農村における生業と社会的ネットワークに関する研究―農作物と生活用品のやりとりを中心に』

    原 将也

    共編者(共編著者), ザンビア北西部における多民族の混住と食料確保にみる社会関係, 2014年03月, 14-25, 日本語

    学術書

  • 太田 至編『アフリカ紛争・共生データアーカイブ第1巻』

    原 将也

    分担執筆, 多民族が混住する農村における移住者の振る舞い、ほか, 京都大学アフリカ地域研究資料センター, 2014年03月, 99-100, 日本語

    学術書

講演・口頭発表等

  • 群馬県におけるキャッサバ栽培の試み―冬季の苗木管理に着目して

    原 将也, 中澤芽衣, 黒崎龍悟

    第31回日本熱帯生態学会年次大会, 2021年06月26日, 広島大学, 広島県東広島市(オンライン), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ザンビア北西部における生業からみる多民族の共生

    原 将也

    日本熱帯生態学会第25回吉良賞奨励賞受賞記念講演, 2021年06月26日, 広島大学, 広島県東広島市(オンライン)

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • アフリカ農村で豊かさと地域開発について考える

    原 将也

    2021年度立正地理学会熊谷例会, 2021年06月01日, オンライン, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 北ローデシアにおける地方行政と多民族農村の形成

    原 将也

    日本アフリカ学会第58回学術大会, 2021年05月22日, 広島市立大学, 広島県広島市(オンライン), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ザンビア北西部における多民族地域の形成過程:他民族の移入に着目して

    原 将也

    2020年日本地理学会秋季学術大会, 2020年11月14日, オンライン, 国内会議

    ポスター発表

  • 宮城県名取川堤外地における農地利用の実態と浸水リスク

    横山貴史・原 将也・宇津川喬子・伊藤徹哉・島津 弘

    2020年度日本地理学会春季学術大会, 2020年03月28日, 国内会議

    ポスター発表

  • ザンビアの都市出身者による出身村の創出

    原 将也

    日本アフリカ学会第56回学術大会, 2019年05月19日, 日本語, 京都精華大学, 京都府京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ナミビアのモパネウッドランドにおいて動物の種子散布がシロアリ塚に多様な植生を生み出す

    山科千里, 原 将也

    2019年日本地理学会春季学術大会, 2019年03月20日, 日本語, 専修大学, 神奈川県川崎市, 国内会議

    ポスター発表

  • ザンビア北西部におけるキャッサバ塊根の収穫方法とその収量比較の試み

    原 将也

    日本熱帯農業学会第125回講演会, 2019年03月17日, 日本語, 千葉大学, 千葉県柏市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • はじめての予習用動画と反転授業

    宇津川喬子, 原 将也

    平成30年度立正大学大学教育再生加速プログラム(AP)シンポジウム:主体的学習を促すための動画と反転授業, 2019年02月26日, 日本語, 立正大学, 埼玉県熊谷市

    口頭発表(一般)

  • 現代アフリカの多民族農村における民族ごとに受け継がれる食文化に関する地域研究

    原 将也

    2017年度「食の文化研究助成」中間報告会, 2019年02月20日, 日本語, TKPガーデンシティ品川, 東京都品川区

    口頭発表(一般)

  • アフリカ多民族農村の生活世界―ザンビアにおける移住・生業・国家政策から

    原 将也

    第3回環境科学研究所談話会, 2018年12月19日, 日本語, 立正大学, 埼玉県熊谷市

    口頭発表(招待・特別)

  • ザンビア北西部の民族境界における多民族農村の形成

    原 将也

    2018年人文地理学会大会, 2018年11月24日, 日本語, 奈良大学, 奈良県奈良市, 国内会議

    ポスター発表

  • 西アフリカ・サヘル地域における都市ゴミを活用した緑化実験と9 年間にわたる植物種の構成変化

    大山修一, 桐越仁美, 原 将也, 堀 光順, 青池歌子, イブラヒム マンマン

    第28回日本熱帯生態学会年次大会(静岡), 2018年06月09日, 日本語, 静岡大学, 静岡県静岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ザンビア北西部の農業景観―主食作物に着目して

    原 将也

    第73回立正地理学会研究発表大会, 2018年06月02日, 日本語, 立正大学熊谷キャンパス, 埼玉県熊谷市, 国内会議

    ポスター発表

  • ザンビア北西部の多民族農村における移入史と土地利用

    原 将也

    日本アフリカ学会第55回学術大会, 2018年05月27日, 日本語, 北海道大学, 北海道札幌市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ザンビア北西部の多民族農村における移住と生業からみた社会関係の連鎖

    原 将也

    日本文化人類学会近畿地区研究懇談会, 2018年03月18日, 日本語, 大阪大学, 大阪府吹田市

    口頭発表(一般)

  • フィールドワークの進め方

    原 将也

    京都大学くすのきセミナーin東京, 2017年11月19日, 日本語, 京都大学産官学連携本部東京日本橋サテライトオフィス, 東京都中央区

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • アフリカ農村で援助について考えてみよう

    原 将也

    2017年11月10日, 日本語, 百合学院高等学校, 兵庫県尼崎市

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Land-use preferences among ethnic groups in northwestern Zambia

    Masaya Hara

    The 7th Institute of African Studies Humanities Korea International Conference: Africa at Work in the Age of Globalization, 2017年10月13日, 日本語, Hankuk University of Foreign Studies, Yongin, South Korea

    [招待有り]

    ポスター発表

  • フィールドワークの進め方

    原 将也

    2017年09月12日, 日本語, 宮崎県立高鍋高等学校, 宮崎県児湯郡高鍋町

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • ザンビア北西部における多民族農村の移住にみられる「保証人」の役割

    原 将也

    日本アフリカ学会第54回学術大会, 2017年05月21日, 日本語, 信州大学, 長野県長野市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • アフリカ農村で援助について考えてみよう

    原 将也

    2016年11月17日, 日本語, 福井県立羽水高等学校, 福井県福井市

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • SG地理特別講義―アフリカにおける食料問題

    原 将也

    2016年11月11日, 日本語, 愛知県立旭丘高等学校, 愛知県名古屋市

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • アフリカ農村で援助について考えてみよう

    原 将也

    2016年09月16日, 日本語, 石川県立金沢泉丘高等学校, 石川県金沢市

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Cassava cultivation and livelihood stability of the Lunda people in northwestern Zambia

    Masaya Hara

    15th Congress of the International Society of Ethnobiology, 2016年08月02日, 日本語, Makerere University, Kampala, Uganda, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • アフリカ農村で援助について考えてみよう

    原 将也

    市立高校京大研修2016】~京都大学での学びを実感しよう~, 2016年07月09日, 日本語, 京都大学, 京都府京都市

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 「逆転の発想」による荒廃地の環境修復と紛争予防:西アフリカ・サヘルにおける都市ゴミと家畜を使った緑化活動

    大山修一, 桐越仁美, 原 将也, 近藤 史

    日本熱帯農業学会第119回講演会, 2016年03月23日, 日本語, 明治大学, 神奈川県川崎市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • アフリカ農民の移動と都市:ザンビア農村に生きる人びとの生活から

    原 将也

    京都大学ウィンターミーティング:グローバル時代の学びの探求, 2015年12月19日, 日本語, 京都大学, 京都府京都市

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • ザンビア北西部の農村における個人史からみる移住形態

    原 将也

    2015年人文地理学会大会, 2015年11月15日, 日本語, 大阪大学, 大阪府豊中市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ザンビア北西部における民族間の農耕形態と土地利用のちがい

    原 将也

    2015年日本地理学会秋季学術大会, 2015年09月19日, 日本語, 愛媛大学, 愛媛県松山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ザンビア農村における民族間の作物選択の違いと耕作地の特性

    原 将也

    第25回日本熱帯生態学会年次大会(京都), 2015年06月20日, 日本語, 京都大学, 京都府京都市, 国内会議

    ポスター発表

  • ザンビアにおける多民族農村の形成と人びとの生活世界

    原 将也

    日本アフリカ学会第51回学術大会, 2014年05月26日, 日本語, 京都大学, 京都府京都市, 国内会議

    ポスター発表

  • ザンビア北西部の農村における多民族の混住と世帯の生計にみるキャッサバ栽培の重要性

    原 将也

    日本文化人類学会近畿地区研究懇談会, 2014年03月30日, 日本語, 国立民族学博物館, 大阪府吹田市

    口頭発表(一般)

  • アフリカ・ザンビアの多民族農村にみられる人口流入と生活世界

    原 将也

    2014年日本地理学会春季学術大会, 2014年03月27日, 日本語, 国士舘大学, 東京都世田谷区, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ザンビアの焼畑農耕

    原 将也

    兵庫県立西宮今津高等学校理科「自然環境と人間」, 2013年11月21日, 日本語, 兵庫県立西宮今津高等学校, 兵庫県西宮市

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 日本の外でローカルに研究する

    原 将也

    京大フェス2013わくわくゼミナール「“グローバル人材”を生み出すフィールドワーク」, 2013年10月26日, 日本語, 京都大学, 京都府京都市

  • Social ties and food exchanges in a multi-ethnic agricultural community in Northwestern Zambia

    Masaya Hara

    African Potentials 2013: International Symposium on Conflict Resolution and Coexistence, 2013年10月05日, 日本語, Kyoto University, Kyoto, Japan

    ポスター発表

  • Livelihood strategy in multi-ethnic agricultural community, northwestern Zambia: Focus on food exchange on off-crop season

    Masaya Hara

    Livelihood, Social Ties, and Inter-personal Relationships in Agricultural Communities: The Social Dynamics in Southeast Asia and Southern Africa, 2013年09月25日, 日本語, National University of Laos, Vientiane, Laos

    口頭発表(一般)

  • Livelihood strategy in multi-ethnic agricultural community, northwestern Zambia: Focus on food exchange on off-crop season

    Masaya Hara

    Livelihood, Social Ties, and Inter-personal Relationships in Agricultural Communities: The Social Dynamics in Southeast Asia and Southern Africa, 2013年09月12日, 日本語, University of Zambia, Lusaka, Zambia

    口頭発表(一般)

  • アフリカ農村の生活

    原 将也

    2012年11月07日, 日本語, 京都外国語大学, 京都府京都市

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • The migration process and contributions of guarantors for immigrants in a multi-ethnic community in northwestern Zambia

    Hara Masaya

    34th International Geographical Congress, 2021年08月16日, Istanbul University, Istanbul, Turkey (Online), トルコ共和国, 国際会議

    口頭発表(一般)

所属学協会

  • 日本熱帯生態学会

  • 日本地理学会

  • 日本アフリカ学会

  • 人文地理学会

  • 日本熱帯農業学会

  • International Society of Ethnobiology

  • 民族自然誌研究会

  • 立正地理学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 西アフリカ・サヘル地域の環境修復による地域住民の生業支援と平和貢献モデルの構築

    大山 修一, 中野 智子, 阪本 拓人, 近藤 史, 桐越 仁美, 原 将也, 中澤 芽衣

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(A), 基盤研究(A), 京都大学, 2021年04月 - 2026年03月, 研究分担者

  • アフリカにおける多民族社会成立の解明―地方行政における伝統的権威の裁量に着目して

    原 将也

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究, 若手研究, 神戸大学, 2019年04月 - 2023年03月, 研究代表者

    本研究では、植民地期以降現在までのザンビア北西部において伝統的権威に着目し、多民族社会が成立する要因を解明し、共生社会を実現する社会の統治構造を探ることを目的としている。 2019年8月にザンビア北西部で現地調査を実施した。調査地域はカオンデという民族のチーフが治める領域である。しかしルンダやルバレ、チョークウェ、ルチャジといった複数の民族が居住する。「伝統的権威の裁量と他民族の受け入れ」に関する聞き取り調査を実施した。最も古いカオンデ以外の他民族の村は、1940年代後半に、カオンデの伝統的権威による許しを受けて、調査地域に移入していたことがわかった。また「地方行政における伝統的権威の役割」について検討するため、伝統的権威による調停の実態を調査した。調停は住民間で生じたもめ事を解決する場である。調停はカオンデの伝統的権威によって執りしきられ、地域を治める伝統的権威の意向が反映されていることがわかった。また同月、イギリスのオックスフォード大学において、北ローデシアの植民地統治と伝統的権威の役割に関する行政文書を収集した。イギリスによる間接統治のもと、カオンデの伝統的権威は植民地政府によって、その数や治める地理的範囲について管理されていた。植民地統治の過程において、地域住民に対する伝統的権威の権力や地方行政における役割が強まったことが示唆される。 本研究と関連して、ザンビア北西部における移入史と土地利用の変遷をまとめた論考が、日本熱帯生態学会の学術誌TROPICSに掲載された。ザンビア北西部の多民族農村において、民族ごとに栽培する作物が異なっている現状を報告した。移入時期や民族ごとの栽培する作物の違いから、村人のあいだでは利用する生態環境にずれがあり、ひとつの地域において民族間で土地利用が競合していないことを明らかにした。

  • 自然-社会の動態からみた河川堤外地空間の即応的展開に関する地理学的研究

    島津 弘, 鈴木 重雄, 宇津川 喬子, 本岡 拓哉, 伊藤 徹哉, 横山 貴史, 原 将也, 原 美登里

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 立正大学, 2018年04月 - 2021年03月, 研究分担者

    今年度は主として名取川で調査を行った.共同調査は10月,12月,2月に1泊2日または2泊3日で実施した.10月は堤外地の堆積構造を知るための露頭調査および記載と仙台市立博物館における調査範囲周辺の江戸時代に作成された絵図の複写を行った.12月は国土交通省仙台河川国道事務所,JA名取岩沼,名取市農業委員会事務局における聞き取り,氾濫堆積物の露頭記載,令和元年台風19号の被害概要の把握を行った.2月には堤外地の掘削による堆積物調査,台風19号による堆積物調査,植生調査,土地利用に関する聞き取り調査,台風時の出水に関する聞き取り調査,台風後の耕作状況の調査を行った. その結果,次のことが明らかになった.堤外地の高水敷は洪水・堆積の繰り返しで現河床からの高度が上昇していった.1952(昭和27)年以前には現在堤外の高水敷の部分にも集落が存在し,その当時の屋敷林やスギ苗育苗地跡の植生が現在でも残存している.一方で,堤防建設後に堤外地に定着したと考えられるオニグルミやハリエンジュ等の河畔植生,ネザサが見られた.広く堤外地では農業が行われており,秋~冬にはダイコン,ニンジン等根菜類や特産のタマネギ,曲がりネギ,ユキナ,ハクサイ等葉菜類,ムギが栽培されていた.一部には水田も存在している.出荷する野菜が広く栽培されている区画もあるが,細かく区割りされて家庭菜園となっているところも見られる.土地所有は複雑で,地主から土地を借りて耕作しているところが多かったが,土地所有者が不明となっているところも見みれた.台風19号の洪水では高水敷も大部分が水没し,畑部分でも2m以上の深さで浸水した.高水敷の中には段丘状の段差が見られるが,低位面には礫を含む新たな土砂堆積が見られたものの,畑の大半が位置する高位面の堆積はわずかであった.洪水後,流下してきたゴミや植物片は片付けられ,農業が再開されていた.

  • 現代アフリカの多民族農村における民族ごとに受け継がれる食文化に関する地域研究

    原 将也

    味の素食の文化センター食の文化研究助成, 2018年04月 - 2019年03月, 研究代表者

    競争的資金

  • 植民地期アフリカにおける伝統的権威を主体とした地域開発と民族境界の生成

    原 将也

    松下幸之助記念財団, 2017年10月 - 2018年09月, 研究代表者

    競争的資金

  • 現代アフリカの多民族農村における地域社会の再構築―ホスト社会に対する移住者の関わりに着目して

    原 将也

    日本科学協会笹川科学研究助成, 2016年04月 - 2017年02月, 研究代表者

    競争的資金

  • アフリカ農村における多民族の共生―混住する民族間にみられる生業の違いと相互扶助

    原 将也

    日本学術振興会, 特別研究員奨励費, 2013年04月 - 2016年03月, 研究代表者

    競争的資金

  • アフリカにおける脱プラスチックの取り組みと廃棄物利用のビジネス化に関する研究

    大山 修一

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 挑戦的研究(開拓), 挑戦的研究(開拓), 京都大学, 2021年07月 - 2025年03月, 研究分担者

  • 国連「健康権」枠組みに基づく新型コロナウイルスへの各国対応の評価と理論的再構成

    井口 克郎

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽), 挑戦的研究(萌芽), 神戸大学, 2021年07月 - 2024年03月, 研究分担者