研究者紹介システム

山内 知也
ヤマウチ トモヤ
大学院海事科学研究科 海事科学専攻
教授
応用理学関係
Last Updated :2022/09/18

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院海事科学研究科 海事科学専攻
  • 【配置】

    海洋政策科学部 海洋政策科学科, 海事科学部 海洋安全システム科学科, 大学院海事科学研究科 附属国際海事研究センター

学位

  • 博士(工学), 大阪大学
  • 高分子中イオントラックの構造評価と形成機構の解明

授業科目

ミニ講義

ジャンル

  • 科学・技術 / 原子力・原発

コメントテーマ

  • イオントラック
  • 放射線物理
  • 放射線計測

研究ニュース

研究活動

研究キーワード

  • 放射線計測
  • 放射線物理
  • イオントラック

研究分野

  • エネルギー / 量子ビーム科学

受賞

  • 2006年11月 日本放射線安全管理学会, 日本放射線安全管理学会最優秀論文賞, 論文「イメージングプレートにおけるPSL強度分布に着目した線種識別法の提案」

    小田 啓二, 塚原 一孝, 多田 英哲, 山内 知也

    国内外の国際的学術賞

論文

  • Takamasa Hihara, Masato Kanasaki, Takafumi Asai, Tamon Kusumoto, Satoshi Kodaira, Hiromitsu Kiriyama, Keiji Oda, Tomoya Yamauchi, Wei-Yen Woon, Yasuhiro Kuramitsu, Yuji Fukuda

    AbstractA new diagnosis method for the discriminative detection of laser-accelerated multi-MeV carbon ions from background oxygen ions utilizing solid-state nuclear track detectors (SSNTDs) is proposed. The idea is to combine two kinds of SSNTDs having different track registration sensitivities: Bisphenol A polycarbonate detects carbon and the heavier ions, and polyethylene terephthalate detects oxygen and the heavier ions. The method is calibrated with mono-energetic carbon and oxygen ion beams from the heavy ion accelerator. Based on the calibration data, the method is applied to identify carbon ions accelerated from multilayered graphene targets irradiated by a high-power laser, where the generation of high-energy high-purity carbon ions is expected. It is found that 93 ± 1% of the accelerated heavy ions with energies larger than 14 MeV are carbons. The results thus obtained support that carbon-rich heavy ion acceleration is achieved.

    Springer Science and Business Media LLC, 2021年12月, Scientific Reports, 11 (1), 16283 - 16283, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tamon Kusumoto, Masato Kanasaki, Ippei Ishikawa, Rémi Barillon, Yoshihide Honda, Sachiko Tojo, Satoshi Kodaira, Tomoya Yamauchi

    Elsevier BV, 2021年09月, Radiation Measurements, 147, 106645 - 106645, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tomoya Yamauchi, Masato Kanasaki, Rémi Barillon

    Modified structure along latent tracks and track formation process have been investigated in poly (allyl diglycol carbonate), PADC, which is well recognized as a sensitive etched track detector. This knowledge is essential to develop novel detectors with improved track registration property. The track structures of protons and heavy ions (He, C, Ne, Ar, Fe, Kr and Xe) have been examined by means of FT-IR spectrometry, covering the stopping power region between 1.2 to 12,000 eV/nm. Through a set of experiments on low-LET radiations—such as gamma ray-, multi-step damage process by electron hits was confirmed in the radiation-sensitive parts of the PADC repeat-unit. From this result, we unveiled for the first-time the layered structure in tracks, in relation with the number of secondary electrons. We also proved that the etch pit was formed when at least two repeat-units were destroyed along the track radial direction. To evaluate the number of secondary electrons around the tracks, a series of numerical simulations were performed with Geant4-DNA. Therefore, we are proposing new physical criterions to describe the detection thresholds. Furthermore, we propose a present issue of the definition of detection threshold for semi-relativistic C ions. Additionally, as a possible chemical criterion, formation density of hydroxyl group is suggested to express the response of PADC.

    MDPI AG, 2021年08月10日, Polymers, 13 (16), 2665 - 2665, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masato Kanasaki, Keita Sakamoto, Takafumi Asai, Satoshi Jinno, Satoshi Kodaira, Tomoya Yamauchi, Keiji Oda, Yuji Fukuda

    © 2020 A combination of CR-39 track detectors and a stepwise energy filter is a simple method to measure the energy spectrum of laser-accelerated protons. The number of etch pits in each area of the CR-39 detector is expected to represent the energy spectrum because the different thicknesses of the filters result in different areas into which the energy reaches in CR-39. However, the higher energy regions may overlap depending on the sensitivity of CR-39. To avoid overlapping, i.e., overestimation of the number of etch pits for each energy region, a correction method for the energy spectrum from the number of etch pits was developed. Based on the calculation results of the reaching energy values and incident energy ranges for CR-39, etch pits are selected that should be counted in each area. CR-39 with stepwise energy filters provides a corrected energy spectrum of laser-accelerated protons by applying the developed method.

    Elsevier BV, 2020年11月, High Energy Density Physics, 37, 100852 - 100852, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • PADC検出器中高エネルギーイオントラックの構造と検出閾値

    岡田智暉, 楠本多聞, 金崎真聡, 小田啓二, 小平聡, 山内知也

    2020年09月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, 17, 67 - 75, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Tamon Kusumoto, Rémi Barillon, Shogo Okada, Tomoya Yamauchi, Satoshi Kodaira

    © 2020 Elsevier Ltd In this study, we represent the track response data of poly (allyl diglycol carbonate) (PADC) using the number of interactions with the stopping medium induced by secondary electrons. The Number of Interactions induced by Secondary Electrons (NISE) is calculated using a Monte Carlo simulation code in Geant4-DNA. The description of the track response data given by NISE is improved compared with those proposed previously based on the stopping power and Radial Electron Fluence around Ion Tracks (REFIT). We also simulate the removal cross sections of the carbonate ester bond in PADC irradiated with protons and heavy ions (He, C, and Fe) based on the NISE. A radiation-oxidation kinetics model is combined with the estimation obtained in the present study. Discrepancies are found between the experimental results and our present simulation even after applying the radiation-oxidation kinetics model in the low stopping power region (<10 eV). Our results demonstrate that the interactions among electrons lying within the low-energy region (<7.4 eV) and the energy dependence of the yields due to bond breaks are crucial for obtaining more accurate estimation.

    Elsevier BV, 2020年08月, Radiation Measurements, 138, 106445 - 106445, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tamon Kusumoto, Shogo Okada, Hisaya Kurashige, Kazuo Kobayashi, Michel Fromm, Quentin Raffy, Nicolas Ludwig, Masato Kanasaki, Keiji Oda, Yoshihide Honda, Sachiko Tojo, Jean Emmanuel Groetz, Ryo Ogawara, Satoshi Kodaira, Rémi Barillon, Tomoya Yamauchi

    © 2019 Elsevier Ltd It has been confirmed that the density of carbonate ester in poly(allyl diglycol carbonate) (PADC), which is a well-known polymeric nuclear track detector CR-39, begins decreasing above a critical dose of about 60 kGy during exposures to Co-60 gamma rays and Ultra Soft X-rays (USX: Kα (Al) with energy 1.49 keV). After exposure to Co-60 gamma rays at 77 K and room temperature (RT), a significant difference in Electron Spin Resonance (ESR) spectra has been observed at both sides of a critical dose of 60 kGy, where is a threshold for the degradation of carbonate ester in PADC. Namely, the types of free radicals in PADC are different from each other below and above this critical dose. Changes in FT-IR spectra of carbonate ester in PADC above critical doses for gamma ray and USX exposures have also been observed, while that of ether decreases linearly with increasing absorbed dose. These results are well concordant with previous results obtained with 28 MeV electron beams. They also indicate that at least two hits of electrons are needed to destroy the carbonate ester in PADC. The layered structure of ion tracks in PADC can be explained thanks to these experimental results. Also, some clues for the identification of created radicals have been obtained from the results using both ESR and IR.

    2020年05月, Radiation Physics and Chemistry, 170 (108628), 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masato Kanasaki, Tomoya Yamauchi, Keiji Oda, Yuji Fukuda

    The solid state nuclear track detector CR-39 is themost reliable ion detector used in laser-driven ion acceleration experiments. This is because CR-39 detectors can measure from one ion without X-ray and electron noise generated by the interaction between the intense laser pulse and the target matter. In addition, the incident energy and the spatial distributions of the laser-accelerated ions are also revealed by the careful analysis of the etch pits in CR-39 detectors. The present paper comments on CR-39 detectors based on previous studies with a focus on an analysis technique of the etch pits to obtain the incident energy of the laser-accelerated ions.

    SPRINGER INTERNATIONAL PUBLISHING AG, 2020年, PROGRESS IN ULTRAFAST INTENSE LASER SCIENCE XV, 136, 133 - 147, 英語

    [査読有り]

    論文集(書籍)内論文

  • Tamon Kusumoto, Rémi Barillon, Tomoya Yamauchi

    © 2019 Elsevier B.V. We try to establish a universal description for the response curve (i.e., relation between the track registration sensitivity and a physical parameters) of polyethylene terephthalate (PET) as a polymeric nuclear track detector. To do so, we adopt a newly developed physical concept Radial Electron Fluence around Ion Tracks (REFIT) using a Monte Carlo simulation in Geant4-DNA, which has been defined as the number of secondary electrons passing through a cylindrical surface that is co-axial to the ion path. We find 11% disagreement for the description of the detection thresholds, from which etch pits start their evolutions when the value of REFIT at a radius of 4.0 nm is used. However, compared to other physical parameters, the REFIT offers improved parameters for the detection thresholds of PET, such as the stopping power, Zeff/β and RELω0=1000 eV. Finally, we discuss future issues affecting implementation of REFIT.

    2019年12月15日, Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms, 461, 260 - 266, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tamon Kusumoto, Morikazu Sakai, Atsushi Yoshida, Tadashi Kambara, Yoshiyuki Yanagisawa, Satoshi Kodaira, Keiji Oda, Masato Kanasaki, Koji Kuraoka, Rémi Barillon, Tomoya Yamauchi

    © 2018 Elsevier B.V. We aim to determine the detection threshold of Kapton as an Etched Track Detector irradiated with 345 MeV/u U ion, as well as other several heavy ions of Al, Si, Ar, Kr and Xe. The heavier ions are found to have higher detection threshold in the stopping power. At the same stopping power, the track registration sensitivity decreases with increasing the nuclear charge of ions. U ion has the lowest sensitivity as S = 0.04 at the detection threshold of 3400 keV/μm. We have updated the conventional radial dose distribution theory using a relatively new experimentally supported formula for the effective charge up to U ion. The local doses at a track radius of 0.8 nm, which is half of the length of a repeat unit of Kapton, is useful to understand the relation between the sensitivity of heavy ions and the stopping power at each detection threshold.

    Elsevier, 2019年12月01日, Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms, 460, 240 - 243, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • マイクロメートルスケール水素クラスター発生装置の開発とmulti-MeV高純度陽子線の高繰り返し発生

    神野 智史, 金崎 真聡, 松井 隆太郎, 岸本 泰明, 小田 啓二, 山内 知也, 上坂 充, 桐山 博光, 福田 祐仁

    レーザー駆動イオン加速技術において,ミクロンサイズの水素クラスターのクーロン爆発を利用して,高繰 り返しで,multi-MeV の純陽子線を発生させる方法を提案した.本研究において,クライオスタットで冷却した 高圧水素ガスをパルスバルブに接続した円錐ノズルを介して真空中に噴射することによりミクロンサイズの水素 クラスターターゲットを発生させる装置を開発した.水素クラスターのサイズ分布は,散乱光の角度分布から Mie 散乱理論に基づき,Tikhonov 正則化法を利用して数学的に見積もった.25 K,6 MPa の状態の水素を噴射し た場合,クラスターの最大サイズは 2.15±0.1 μm であると見積もられた.その上で,J-KAREN-P 施設において水 素クラスターをターゲットとした 0.1 Hz 高繰り返し陽子加速の実証実験を行った.トムソンパラボラスペクトロ メーターを用いたエネルギー測定では,最大 7 MeV の純陽子線を観測した.高出力レーザーパルスとミクロンサ イズ水素クラスターの相互作用過程に関する三次元 Particle-in-Cell(PIC)シミュレーションにおいては,レー ザー伝搬方向に加速される 300 MeV におよぶ高指向性の準単色陽子発生が予測され,本手法は,将来的に高繰り 返しの高エネルギー高純度陽子源の有力候補になる可能性を秘めている.

    プラズマ・核融合学会, 2019年10月, プラズマ・核融合学会誌 = Journal of plasma and fusion research, 95 (10), 483 - 489, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 濵野拳, 楠本多聞, 金崎真聡, 小平聡, 小田啓二, 山内知也

    2019年09月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, 16, 56 - 61, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 千葉昌寛, 楠本多聞, 金崎真聡, 小田啓二, 小平聡, 山内知也

    2019年09月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, 16, 46 - 55, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 坂本渓太, 金崎真聡, 森井厚作, 神野智史, 小平聡, 山内知也, 小田啓二, 福田祐仁

    2019年09月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, 16, 34 - 40, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 浅井孝文, 金崎真聡, 神野智史, 北川暢子, 首藤信通, 小平聡, 山内知也, 小田啓二, 森島邦博, 福田祐仁

    2019年09月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, 16, 27 - 33, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 清水和輝, 金崎真聡, 神野智史, 小田啓二, 山内知也, 古山雄一, 谷池晃, 福田祐二

    2019年09月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, 16, 20 - 26, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Takafumi Asai, Masato Kanasaki, Satoshi Jinno, Nobuko Kitagawa, Nobumichi Shutoh, Satoshi Kodaira, Tomoya Yamauchi, Keiji Oda, Kunihiro Morishima, Yuji Fukuda

    © 2019 Nuclear emulsions are applied to identify multi-MeV protons accelerated by an intense PW-class laser. Although nuclear emulsions, which record the three-dimensional trajectories of charged particles, feature high sensitivity and a sub-micron spatial resolution, they have never been used for the detection of laser-accelerated ions. This is because intense laser-matter interactions generate not only ions but also copious electrons, including secondary electrons induced by X-rays, which are recorded as background noise in a nuclear emulsion. Therefore, it is not a trivial task to identify ion tracks in a nuclear emulsion exposed to such extreme mixed radiation fields. Here, for the first time, we have succeeded in identifying the signals from laser-accelerated protons in nuclear emulsions by suppressing the background noise signals through the use of desensitized development conditions, i.e., a developer solution with a pH of 7.3 and a development time of 25 min. The energy spectrum obtained from a stack of nuclear emulsion films shows good agreement with that obtained from a stack of films of the conventional solid-state nuclear track detector material CR-39, which is sensitive only to ions. An additional benchmark experiment with 100-MeV protons from a conventional accelerator apparatus confirms that nuclear emulsions have the potential to measure 100-MeV-class laser-accelerated protons.

    ELSEVIER, 2019年07月, High Energy Density Physics, 32, 44 - 50, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tamon Kusumoto, Yvette Ngono-Ravache, Emmanuel Balanzat, Catherine Galindo, Nicolas Ludwig, Quentin Raffy, Tomoya Yamauchi, Satoshi Kodaira, Rémi Barillon

    © 2019 Elsevier Ltd We report the loss of carbonate ester and the creation of embedded CO 2 molecules and OH groups in poly (allyl diglycol carbonate) (PADC) irradiated with C (11 MeV/u) and O ion (7.5 MeV/u) beams under vacuum at low temperatures (11, 100 and 200 K) and at room temperature (RT) using in-situ FT-IR spectrometry. For comparison with these experiments, the behavior under O ions (6 MeV/u) irradiations in ambient air is examined by off-line FT-IR spectrometry. The radiation chemical yield for loss of carbonate ester (G-carbonate) in PADC irradiated with O ions at 11 K is lower than that obtained at RT. Furthermore, the G value of embedded CO 2 molecules (G-CO 2 ) under O ion decreases with decreasing temperature. As CO 2 molecules have been said to be formed from the fragmentation of carbonate groups, G-CO 2 is compared to G-carbonate. For given temperatures, G-CO 2 is significantly lower than G-carbonate. These findings imply that the molecular and radical mobility is crucial for CO 2 formation after damage to carbonate groups. As for OH groups, their formation under vacuum is suppressed at low temperatures and a tenuous formation is observed at RT. Oxygen and potentially water molecules, which are present in ambient air, play important roles in the formation of OH groups as new end-points.

    Elsevier, 2019年06月, Polymer Degradation and Stability, 164, 102 - 108, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 山内 知也, 楠本 多聞

    高分子系エッチング型飛跡検出器中に形成されるイオントラックの構造と形成機構を理解する ために分析的研究とシミュレーション研究を展開している。照射後の官能基密度変化を,トラッ クの単位長さ当たりの損傷数(損傷密度)や,損傷の径方向サイズ(実効的トラックコア半径),放 射線化学収率について,1.0 から 12,000 eV/nm の広い阻止能域で評価している。エッチピットを生 む損傷形成に果たす多段階の低エネルギー電子のヒットの役割を明らかにしている。

    日本アイソトープ協会, 2019年04月, RADIOISOTOPES, 68 (4), 247 - 258, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tamon Kusumoto, Yutaka Mori, Masato Kanasaki, Keiji Oda, Satoshi Kodaira, Rémi Barillon, Tomoya Yamauchi

    © 2018 Elsevier Ltd We aim to elucidate the chemical damage structure in poly(allyl diglycol carbonate), PADC, exposed to UV photons with a wavelength of 222 nm using FT-IR spectrometric method. The number density of carbonyl (C˭O) in PADC, which composes carbonate ester, is hardly affected by the UV photons below the critical fluence of 3.0 × 10 19 photons/cm 2 . The number density of carbonyl decreases only above the critical fluence, while those of ether and C-O-C in carbonate ester are monotonically cleaved. These findings corroborate the previous result using 28 MeV electron beams, in which the carbonate ester is lost only above the critical fluence of 1.6 × 10 15 electrons/cm 2 , where the overlapping of electron tracks becomes significant. We extend the conventional track overlapping model to clarify the spatial distribution of point-like defects after the UV exposure. The discrete damage is seen at the critical condition, based on the extended track overlapping model.

    Elsevier, 2019年04月, Radiation Physics and Chemistry, 157, 60 - 64, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Michel Fromm, Satoshi Kodaira, Tamon Kusumoto, Rémi Barillon, Tomoya Yamauchi

    © 2019 Elsevier Ltd This review paper intends at identifying the early processes arising during the formation of a latent ion track in Poly Allyl Diglycol Carbonate (PADC). We briefly summarize the physical and chemical processes specific to the description of the interaction of ionizing radiation with matter. Then we gather published information in relation to PADC response regarding energy absorption and further transient species formation. Emphasis is given to the chemistry of radicals. Due to a lack of available data in relation with clearly identified unpaired electron carriers in PADC, we use data stemming from surrogate molecules. Based on such data we suggest mechanisms for the decomposition of PADC during the early times of ion track formation. The α-sites of ether functional groups in PADC appear undoubtedly as critical targets which during further decomposition behave as the most probable origin of Carbon dioxide release. All suggested mechanisms are multi-step processes. Combining different concepts and data in relation with the dynamics of transient species formed in the ion track of a polymer material, we propose that the effective track radius may be described as the radial extension of reactive species formed rather than the maximum distance at which δ-rays escape out of ion's trajectory. Lastly, generalization of the different processes collected allows two major pathways to be proposed for describing the fate of damaged ether moieties in PADC. This way, evidence is given for a higher sensitivity of ether functional groups compared to ester carbonate ones. The latter generally being destroyed as a consequence of prior damaging of the ether group. Discussion presented here is of interest to the nuclear track community.

    Elsevier, 2019年03月, Polymer Degradation and Stability, 161, 213 - 224, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tamon Kusumoto, Ziad EL Bitar, Shogo Okada, Pierre Gillet, Nicolas Arbor, Masato Kanasaki, Yutaka Mori, Keiji Oda, Abdel Mjid Nourreddine, Hisaya Kurashige, Michel Fromm, Pierre Cloutier, Andrew D. Bass, Léon Sanche, Satoshi Kodaira, Rémi Barillon, Tomoya Yamauchi

    © 2018 Elsevier Ltd The detection threshold of poly(allyl dyglycol carbonate), PADC, for C ions is determined as 55 eV/nm in stopping power, which is significantly higher than that for proton and He ions. The stopping power is not a universal parameter for expressing the detection threshold of PADC. A new physical parameter of Radial Electron Fluence around Ion Tracks, REFIT, is proposed to describe the detection threshold of PADC. It is defined as the number density of electrons passing through the surface of a cylinder of a certain radius that is co-axial with the trajectory. Furthermore, preliminary calculations are presently being performed using the Monte Carlo simulation code of Geant4-DNA. The values of the REFIT at the detection thresholds for each ion are of the same order. Several issues affecting implementation of the REFIT paramter are discussed. These include the effects of impact parameter relating to the initial locations of secondary electrons, the effects of electron attachment below the cut off energy of 7.4 eV and the necessity of a more physically realistic medium than water for Monte Carlo simultaions.

    Elsevier, 2018年11月, Radiation Measurements, 118, 50 - 53, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tamon Kusumoto, Michel Fromm, Pierre Cloutier, Andrew D. Bass, Léon Sanche, Rémi Barillon, Tomoya Yamauchi

    © 2018 American Chemical Society. The aim of the present study is to evaluate the mechanisms by which secondary electrons of low energy degrade poly(allyl diglycol carbonate) (PADC) when it is used as a Solid State Nuclear Track Detector. We measured, by time-of-flight mass spectrometry, the positive and negative ions desorbed by the impact of 5-30 eV electrons on three monolayer thick films of various PADC surrogate molecules, which contained ether and/or carbonyl (Câ•O) moieties. As cleavages within the molecules progress, most anion yields are seen to decrease with an increasing cumulative number of incident electrons (i.e., fluence). In contrast, the yield of O- at incident energies >15 eV, which is associated with damage at a carbonyl group, increases monotonically with fluence. This finding implies that cleavage of carbonyl groups occurs after damage to other oxygen containing groups within the surrogates. The present result corroborates the previously postulated two-step degradation process in PADC irradiated with high-energy electrons and 222 nm UV photons. More generally, these results underline the importance of considering the role of low energy secondary electrons in the deterioration of high-sensitivity energetic particle detectors.

    American Chemical Society Publication, 2018年09月13日, Journal of Physical Chemistry C, 122 (36), 21056 - 21061, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • N. Ludwig, T. Kusumoto, C. Galindo, P. Peaupardin, S. Pin, J. P. Renault, D. Muller, T. Yamauchi, S. Kodaira, R. Barillon, Q. Raffy

    © 2018 Elsevier Ltd Phenylalanine aqueous solutions were irradiated with Bragg-Peak energy protons (0.6–5.6 MeV). An innovative circulation setup has been developed for the irradiation of these solutions with low-energy protons. Every detectable radiolysis product has been identified and quantified after irradiation. While tyrosines are well-known products of phenylalanine radiolysis, 2,5-dihydroxyphenylalanine and dimers were detected in high quantities, for the first time. The track-yields (G’-values) of all products formed under proton irradiation were determined and compared to those obtained with gamma-rays, and 2,5-dopa and dimers production seems to be specific to accelerated ions. A bi-radical mechanism could explain their higher production with a higher density of energy deposition in the track structure.

    Elsevier, 2018年09月, Radiation Measurements, 116, 55 - 59, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tomoya Yamauchi, Tamon Kusumoto, Takuya Ueno, Yutaka Mori, Masato Kanasaki, Keiji Oda, Satoshi Kodaira, Rémi Barillon

    © 2018 Elsevier Ltd G values of the losses of typical functional groups in PET films along boron ion tracks have been determined using FT-IR spectrometry. G value for the loss of aromatic-ring clearly increases above 270 eV/nm. Those of ester and ethylene increase around the slightly lower stopping power of 250 eV/nm. The detection thresholds are defined by determining the original points from which the evolution of etch pit starts along the latent track, when the chemical etching was progressing starting from the front surface of each incident ion trajectory. The thresholds for B, C, N, O, Ar and Kr ions have been determined for other kind of PET sheets. Values of the sensitivity at the thresholds are fairly higher at heavy ions with smaller atomic number.

    Elsevier, 2018年09月, Radiation Measurements, 116, 51 - 54, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 酒井 盛寿, 楠本 多聞, 金崎 真聡, 小田 啓二, 山内 知也

    The radial dose distribution model explains the track structure as a result of interaction of delta-rays with the sensitive parts of the detector medium. In this model, the effective charge, Zeff, is an important parameter which expresses the mean equilibrium charge states of projectiles in the stopping media. The Effective charge formula by Heckman is widely used in the field

    神戸大学大学院海事科学研究科, 2018年07月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, 15, 31 - 42, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 金崎 真聡, 小田 啓二, 山内 知也, 福田 祐仁

    2017年11月, 放射線化学, (104), 35 - 39, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 東京電力福島第一原発事故による小児甲状腺がんの多発

    山内 知也

    日本科学史学会, 2017年10月, 科学史研究, 56 (283), 234 - 244, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 斉藤 さちこ, 山内 知也

    Amounts of radioactive cesium, Cs-137 and Cs-134, in 24 h urine of 37 children have been determined using an HP-Ge detector, in Fukushima Prefecture between February 2014 and March 2016. As comparisons, those of 25 children have been also measured who live in Western Japan from September 2016 to March 2017, and that of one child in Ibaraki Prefecture from April 2014 to January

    神戸大学大学院海事科学研究科, 2017年07月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, 14, 23 - 30, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 楠本 多聞, 森 豊, 金崎 真聡, 小田 啓二, 山内 知也, 誉田 義英, 藤乗 幸子, ミッシェル フロム, ジョンエマニュエル グロエ, 小平 聡, 北村 尚, レミ バリオン

    PADC 薄膜に 28 MeV 電子線および軟 X 線を照射し、実効的なトラックサイズやG 値等の化学的損傷パラメータを評価した。エーテル基の相対吸光度はフルエンスの増加に伴って線形的に減少したが、カルボニル基およびメチン基のそれは 1.6 × 10^15electrons/cm^2 以上の領域でのみ減少した。照射後に新たな端点として生成するヒドロキシル基の生成率も同フルエンス以上の領域で減少することも確認した。同様の傾向が超軟 X 線照射時にも確認された。28 MeV 電子線照射時のエーテル基損失のG 値はガンマ線のそれとほぼ同程度であり、70 MeV のプロトンの半分程度であった。これはプロトンの飛跡に沿った損傷が元の構造に戻る再結合を抑制していることを示唆する結果であった。カルボニル基損失のG値は’“Single-hit zone” では 10

    日本放射線化学会, 2017年04月, 放射線化学, 103, 41 - 45, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 高感度飛跡検出器PADC中に形成されるイオントラックの特徴

    楠本 多聞, 寺下 佳孝, 森 豊, 金崎 真聡, 小田 啓二, 山内 知也, 小平 聡, 北村 尚, 誉田 義英, 藤乗 幸子, ジアットELバイタ, ニコラアーバ, クアンタンラフィ, レミバリオン, ジョンエマニュエルグロエ, ミッシェルフロム

    A review is given for our recent studies on latent track structure in Poly(allyl diglycol carbonate), PADC, which is the most sensitive etched track detector. We have investigated the irradiation effects of protons and heavy ions, covering the stopping power ranging from 1.2 to 12,000 eV/nm, as well as gamma rays from Co-60 with an average LET of about 0.2 eV/nm and 28 MeV elec

    応用物理学会放射分科会, 2017年02月, 放射線, 42 (3), 73 - 82, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 分子長の異なるモノマーから合成した固体飛跡検出器の開発と重粒子線による損傷解析

    川嶋 元, 小平 聡, 井原 大輔, 安田 仲宏, 楠本 多聞, 森 豊, 山内 知也, 小林 啓一, ベントン エリック

    応用物理学会放射線分科会, 2017年01月, 放射線, 42 (3), 83 - 90, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tamon KUSUMOTO, Yutaka MORI, Masato KANASAKI, Keiji ODA, Satoshi KODAIRA, Yoshihide HONDA, Sachiko TOJO, Rémi BARILLON, 山内 知也

    The latent track structure of 28 MeV electrons in poly(allyl diglycol carbonate), PADC, has been investigated using FT-IR spectral method. The density of ether decreases linearly with increasing the fluence. Chemical damage parameters of effective track radius, damage density and radiation chemical yield, for loss of ether are evaluated as 0.023 nm, 0.01 scissions/nm and 19 sci

    The Physical Society of Japan, 2016年11月, JPS Conference Proceedings, Proceedings of International Symposium on Radiation Detectors and Their Uses (ISRD2016), 11, 010001, 1 - 6, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • K. Oda, T. Nakayama, K. Umetani, M. Kajihara, T. Yamauchi

    A novel technique for designing a radiator suitable for personal neutron dosemeter based on plastic track detector was discussed. A multi-layer structure has been proposed in the previous report, where the thicknesses of plural polyethylene (PE) layers and insensitive ones were determined by iterative calculations of double integral. In order to arrange this procedure and make it more systematic, unfolding calculation has been employed to estimate an ideal radiator containing an arbitrary hydrogen concentration. In the second step, realistic materials replaced it with consideration of minimisation of the layer number and commercial availability. A radiator consisting of three layers of PE, Upilex and Kapton sheets was finally designed, for which a deviation in the energy dependence between 0.1 and 20 MeV could be controlled within 18 %. An applicability of fluorescent nuclear track detector element has also been discussed.

    OXFORD UNIV PRESS, 2016年09月, RADIATION PROTECTION DOSIMETRY, 170 (1-4), 158 - 161, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • M. Nishiuchi, H. Sakai, T. Zh. Esirkepov, K. Nishio, T. A. Pikuz, A. Ya. Faenov, I. Yu. Skobelev, R. Orlando, A. S. Pirozhkov, A. Sagisaka, K. Ogura, M. Kanasaki, H. Kiriyama, Y. Fukuda, H. Koura, M. Kando, T. Yamauchi, Y. Watanabe, S. V. Bulanov, K. Kondo, K. Imci, S. Nagamiya

    A combination of a petawatt laser and nuclear physics techniques can crucially facilitate the measurement of exotic nuclei properties. With numerical simulations and laser-driven experiments we show prospects for the Laser-driven Exotic Nuclei extraction-acceleration method proposed in [M. Nishiuchi et al., Phys, Plasmas 22, 033107 (2015)]: a femtosecond petawatt laser, irradiating a target bombarded by an external ion beam, extracts from the target and accelerates to few GeV highly charged short-lived heavy exotic nuclei created in the target via nuclear reactions.

    MAIK NAUKA/INTERPERIODICA/SPRINGER, 2016年04月, Plasma Physics Reports, 42 (4), 327 - 337, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 福島県県民健康調査のデータをどう読むべきか 福島県内の甲状腺被ばく線量はチェルノブイリ周辺国のそれと比べても決して低くない

    山内 知也

    消費者法ニュース発行会議, 2016年04月, 消費者法ニュース, 107 (107), 144 - 147, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tamon Kusumoto, Yutaka Mori, Masato Kanasaki, Ryunosuke Ikenaga, Keiji Oda, Satoshi Kodaira, Hisashi Kitamura, Rémi Barillon, Tomoya Yamauchi

    © 2016 Elsevier Ltd. All rights reserved. A series of FT-IR spectrometric studies has been performed to understand the latent track structure in poly(allyl diglycol carbonate), PADC, which were exposed to proton beams with energies of 20, 30 and 70 MeV. These energies are too high to register etchable tracks in PADC. Chemical damage parameters, such as damage density, effective track core radius and radiation chemical yields, for losses of ether bond, carbonate ester bond and CH groups in PADC are evaluated as a function of the stopping power, which were compared to the previous results for 5.7 MeV proton and heavy ions, between He and Xe. Graphs of the chemical damage parameters are given at the wide stopping powers ranging from 1 to 12,000 keV/μm. The decreasing behaviors of the ether and carbonate ester bonds are on the almost identical trends with those of the heavy ions. On the contrary to this, the reducing behavior of CH groups is similar to that of the gamma rays. Different dependence of the chemical damage parameters for the loss of CH groups is found on the stopping powers between the both sides of the detection threshold as an etched track detector.

    ELSEVIER, 2016年04月, Radiation Measurements, 87, 35 - 42, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • M. Kanasaki, S. Jinno, H. Sakaki, K. Kondo, K. Oda, T. Yamauchi, Y. Fukuda

    The diagnosis method, using a combination of a permanent magnet and CR-39 track detectors, has been developed to separately measure the energy spectrum of the laser-accelerated MeV/n-class high-Z ions and that of MeV protons. The main role of magnet is separating between high-Z ions and protons, not for the usual energy spectrometer, while ion energy was precisely determined from careful analysis of the etch pit shapes and the etch pit growth behaviors in the CR-39. The method was applied to laser-driven ion acceleration experiments using CO2 clusters embedded in a background H-2 gas. Ion energy spectra with uncertainty Delta E = 0.1 MeV n(-1) for protons and carbon/oxygen ions were simultaneously obtained separately. The maximum energies of carbon/oxygen ions and protons were determined as 1.1 +/- 0.1 MeV and 1.6 +/- 0.1 MeV n(-1), respectively. The sharp decrease around 1 MeV n(-1) observed in the energy spectrum of carbon/oxygen ions could be due to a trace of the ambipolar hydrodynamic expansion of CO2 clusters. Thanks to the combination of the magnet and the CR-39, the method is robust against electromagnetic pulse (EMP).

    IOP PUBLISHING LTD, 2016年03月, PLASMA PHYSICS AND CONTROLLED FUSION, 58 (3), 034013, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tamon Kusumoto, Yutaka Mori, Masato Kanasaki, Takuya Ueno, Yuka Kameda, Keiji Oda, Satoshi Kodaira, Hisashi Kitamura, Rémi Barillon, Tomoya Yamauchi

    © 2015 Elsevier Ltd. All rights reserved. Modified structure along ion tracks in poly(allyl diglycol carbonate), PADC, films exposed to protons and heavy ions, He, C, Ne, Ar, Fe, and Xe, in air has been examined by means of FT-IR spectroscopy, covering the stopping power ranging from 10 to 12,000 keV/μm. The damage density for the loss of CH groups and the amount of formed OH groups along each tracks are estimated and compared to the previous results on the ether and the carbonate ester bonds. The CH groups are lost in the center region of the track core with other functional groups and the OH groups are created as new end-points of the polymer network. We obtained the molar absorption coefficient for OH of water absorbed in PADC films as 9.7 × 103 M-1 cm-1. It has been assumed that the coefficient is applicable to the OH groups on the polymer. The amount of OH groups are almost equivalent to the damage density of the ether bonds.

    ELSEVIER, 2015年12月01日, Radiation Measurements, 83, 59 - 62, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tomoya Yamauchi, Tamon Kusumoto, Kenya Matsukawa, Yutaka Mori, Masato Kanasaki, Keiji Oda, Satoshi Kodaira, K. Yoshida, Y. Yanagisawa, T Kambara, A. Yoshida

    理化学研究所 仁科加速器研究センター, 2015年12月, RIKEN Accelerator Progress Report 2014 Vol. 48, 48, 254, 英語

    [査読有り]

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Masato Kanasaki, Satoshi Jinno, Hironao Sakaki, Anatoly Ya. Faenov, Tatiana A. Pikuz, Mamiko Nishiuchi, Hiromitsu Kiriyama, Masaki Kando, Akira Sugiyama, Kiminori Kondo, Ryutaro Matsui, Yasuaki Kishimoto, Kunihiro Morishima, Yukinobu Watanabe, Clare Scullion, Ashley G. Smyth, Aaron Alejo, Domenico Doria, Satyabrata Kar, Marco Borghesi, Keiji Oda, Tomoya Yamauchi, Yuji Fukuda

    An inhomogeneous spatial distribution of laser accelerated carbon/oxygen ions produced via the hydrodynamic ambipolar expansion of CO2 clusters has been measured by using CR-39 detectors. An inhomogeneous etch pits spatial distribution has appeared on the etched CR-39 detector installed on the laser propagation direction, while homogeneous ones are appeared on those installed at 45 degrees and 90 degrees from the laser propagation direction. From the range of ions in CR-39 obtained by using the multi-step etching technique, the averaged energies of carbon/oxygen ions for all directions are determined as 0.78 +/- 0.09 MeV/n. The number of ions in the laser propagation direction is about 1.5 times larger than those in other directions. The inhomogeneous etch pits spatial distribution in the laser propagation direction could originate from an ion beam collimation and modulation by the effect of electromagnetic structures created in the laser plasma. (C) 2015 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2015年12月, RADIATION MEASUREMENTS, 83, 12 - 14, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Remi Barillon, Tomoya Yamauchi, Yutaka Mori, Quentin Raffy

    A first attempt is made to mix the radial dose model with a simple radio-oxidation kinetic to simulate the G values for carbonate ester bond scissions in PADC induced by different ions from proton to Xenon with LET ranging from 10 to 1.20 x 10(4) keV mu m(-1). Even if some discrepancies exist between experimental and simulated data, this work tends to prove that O-2 concentration in PADC rules the observed experimental LET dependence on carbonate ester bond scission in PADC irradiated in air. (C) 2015 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2015年12月, RADIATION MEASUREMENTS, 83, 1 - 4, 英語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 楠本 多聞, 森 豊, 金崎 真聡, 上野 琢也, 亀田 結貴, 小田 啓二, 小平 聡, 北村 尚, 山内 知也

    Modified structure along ion tracks in poly(allyl diglycol carbonate), PADC, films exposed to protons and heavy ions, He, C, Ne, Ar, Fe, Kr and Xe, in air has been examined by means of FT-IR spectroscopy, covering the stopping power ranging from 10 to 12000 keV/μm. The damage density for the loss of CH groups and the amount of formed OH groups along each track are estimated and

    神戸大学大学院海事科学研究科, 2015年09月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, 12, 30 - 38, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 光中性子を考慮したレーザー駆動イオンビーム計測体系の設計

    金崎 真聡, 神野 智史, 近藤 公伯, 榊 秦直, 福田 祐仁, 小田 啓二, 山内 知也

    応用物理学会放射線分科会, 2015年04月, 放射線, 40 (3), 133 - 136, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • M. Nishiuchi, H. Sakaki, T. Zh Esirkepov, K. Nishio, T. A. Pikuz, A. Ya Faenov, I. Yu Skobelev, R. Orlandi, H. Sako, A. S. Pirozhkov, K. Matsukawa, A. Sagisaka, K. Ogura, M. Kanasaki, H. Kiriyama, Y. Fukuda, H. Koura, M. Kando, T. Yamauchi, Y. Watanabe, S. V. Bulanov, K. Kondo, K. Imai, S. Nagamiya

    Almost fully stripped Fe ions accelerated up to 0.9 GeV are demonstrated with a 200 TW femtosecond high-intensity laser irradiating a micron-thick Al foil with Fe impurity on the surface. An energetic low-emittance high-density beam of heavy ions with a large charge-to-mass ratio can be obtained, which is useful for many applications, such as a compact radio isotope source in combination with conventional technology. (C) 2015 AIP Publishing LLC.

    AMER INST PHYSICS, 2015年03月, PHYSICS OF PLASMAS, 22 (3), 033107 (1 - 8), 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • M. Nishiuchi, H. Sakaki, T. Zh. Esirkepov, K. Nishio, T. A. Pikuz, A. Ya. Faenov, A. S. Pirozhkov, A. Sagisaka, K. Ogura, M. Kanasaki, H. Kiriyama, Y. Fukuda, M. Kando, T. Yamauchi, Y. Watanabe, S. V. Bulanov, K. Kondo, K. Imai, S. Nagamiya

    Experimental demonstration of multi-charged heavy ion acceleration from the interaction between the ultra-intense short pulse laser system and the metal target is presented. The laser pulse of < 10 J laser energy, 36 fs pulse width, and the contrast level of similar to 10(10) from 200 TW class Ti: sapphire J-KAREN laser system at JAEA is used in the experiment. Almost fully stripped Fe ions accelerated up to 0.9 GeV are demonstrated. This is achieved by the high intensity laser field of similar to 10(21)Wcm(-2) interacting with the solid density target. The demonstrated iron ions with high charge to mass ratio (Q/M) is difficult to be achieved by the conventional heavy ion source technique in the accelerators.

    SPIE-INT SOC OPTICAL ENGINEERING, 2015年, RESEARCH USING EXTREME LIGHT: ENTERING NEW FRONTIERS WITH PETAWATT-CLASS LASERS II, 9515, 95151D, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 大橋 改, 中山 高宏, 宮田 隆永, 山内 知也, 小田 啓二

    神戸大学, 2014年07月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, 11, 39 - 44, 日本語

  • M. Nishiuchi, H. Sakaki, S. Maeda, A. Sagisaka, A. S. Pirozhkov, T. Pikuz, A. Faenov, K. Ogura, M. Kanasaki, K. Matsukawa, T. Kusumoto, A. Tao, T. Fukami, T. Esirkepov, J. Koga, H. Kiriyama, H. Okada, T. Shimomura, M. Tanoue, Y. Nakai, Y. Fukuda, S. Sakai, J. Tamura, K. Nishio, H. Sako, M. Kando, T. Yamauchi, Y. Watanabe, S. V. Bulanov, K. Kondo

    © 2013 AIP Publishing LLC. Experimental demonstration of multi-charged heavy ion acceleration from the interaction between the ultra-intense short pulse laser system and the metal target is presented. Al ions are accelerated up to 12 MeV/u (324 MeV total energy). To our knowledge, this is far the highest energy ever reported for the case of acceleration of the heavy ions produced by the <10 J laser energy of 200 TW class Ti:sapphire laser system. Adding to that, thanks to the extraordinary high intensity laser field of ∼1021 Wcm-2, the accelerated ions are almost fully stripped, having high charge to mass ratio (Q/M).

    2014年02月01日, Review of Scientific Instruments, 85 (2), 02B904, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • H. Sakaki, M. Nishiuchi, S. Maeda, A. Sagisaka, A. S. Pirozhkov, T. Pikuz, A. Faenov, K. Ogura, T. Fukami, K. Matsukawa, M. Kanasaki, Y. Fukuda, A. Yogo, T. Esirkepov, H. Kiriyama, T. Shimomura, Y. Nakai, M. Tanoue, K. Torimoto, M. Okamoto, T. Sato, K. Niita, J. Tamura, K. Nishio, H. Sako, T. Yamauchi, Y. Watanabe, S. Bulanov, K. Kondo

    High intensity laser-plasma interaction has attracted considerable interest for a number of years. The laser-plasma interaction is accompanied by generation of various charged particle beams, such as high-energy proton and ions with high charge to mass ratio (Q/M; same as multi-charged ions). Results of simultaneous novel measurements of electron-induced photonuclear neutrons (photoneutron), which are a diagnostic of the laser-plasma interaction, are proposed to use for optimization of the laser-plasma ion generation. The proposed method is demonstrated by the laser irradiation with the intensity of 1 x 10(21) W/cm(2) on the metal foil target. The photoneutrons are measured by using NE213 liquid scintillation detectors. Heavy-ion signal is registered with the CR-39 track detector simultaneously. The measured signals of the electron-induced photoneutrons are well reproduced by using the Particle and Heavy Ion Transport code System. The results obtained provide useful approach for analyzing the various laser based ion beams. (c) 2013 AIP Publishing LLC.

    AMER INST PHYSICS, 2014年02月, REVIEW OF SCIENTIFIC INSTRUMENTS, 85 (2), 02A705, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • CR-39を用いたレーザー駆動陽子線計測における光中性子起因エッチピット弁別手法の開発

    金崎 真聡, 福田 祐仁, 近藤 公伯, 小田 啓二, 山内 知也

    レーザー学会, 2014年02月, レーザー研究, 42 (2), 168 - 173, 英語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ポリイミド中重イオントラックの特性評価

    松川 兼也, 山内 知也, 森 豊, 金崎 真聡, 又井 悠里, 楠本 多聞, 田尾 陽, 小田 啓二, 小平 聡, 小西 輝昭, 北村 尚

    応用物理学会放射線分科会, 2014年01月, 放射線, 39 (3), 135 - 144, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Ion acceleration by the 10(21) Wcm(-2) intensity high contrast laser pulses interacting with the thin foil target

    M. Nishiuchi, H. Sakaki, K. Nishio, H. Sako, T. A. Pikuz, A. Ya. Faenov, T. Zh. Esirkepov, A. S. Pirozhkov, K. Matsukawa, A. Sagisaka, K. Ogura, M. Kanasaki, H. Kiriyama, Y. Fukuda, M. Kando, T. Yamauchi, Y. Watanabe, S. V. Bulanov, K. Kondo

    Almost fully stripped aluminum ion acceleration up to 12 MeV/u from the interaction between the ultra-intense short pulse high contrast laser and the micrometer thick foil target is presented.

    IEEE, 2014年, 2014 CONFERENCE ON LASERS AND ELECTRO-OPTICS (CLEO), 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • PADC飛跡検出器中に形成される重イオントラックの構造分析

    森 豊, 楠本 多聞, 又井 悠里, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小平 聡, 北村 尚, 小西 輝昭, 安田 仲宏, 藤乗 幸子, 誉田 義英, 山内 知也

    神戸大学, 2013年07月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, 10, 21 - 32, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Tomoya Yamauchi, Kenya Matsukawa, Yutaka Mori, Masato Kanasaki, Atsuto Hattori, Yuri Matai, Tamon Kusumoto, Akira Tao, Keiji Oda, Satoshi Kodaira, Teruaki Konishi, Hisashi Kitamura, Nakahiro Yasuda, Remi Barillon

    The track registration property in polyimide Kapton has been examined for heavy ions, including 2.3GeV Fe and 24 GeV Xe ions. Conventional track formation criteria fail to predict the thresholds of etch pit formation, while a chemical criterion stating that etchable tracks are formed when two adjacent diphenyl ethers are broken in the vicinity of the ion's trajectory should be more appropriate. Discriminative detections of ultra-heavy components in cosmic rays, such as Bi, Th, and U ions, are possible by measuring the recorded track length. © 2013 The Japan Society of Applied Physics.

    The Japan Society of Applied Physics, 2013年04月, Applied Physics Express, 6 (4), 1 - 4, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yutaka Mori, Tomoya Yamauchi, Masato Kanasaki, Atsuto Hattori, Keiji Oda, Satoshi Kodaira, Teruaki Konishi, Nakahiro Yasuda, Sachiko Tojo, Yoshihide Honda, Remi Barillon

    In order to understand the vacuum effects on the sensitivity of PADC detectors from the viewpoint of molecule structural modification along nuclear tracks, a series of FT-IR spectrometric studies has been made for PADC films exposed to He and C ions at energies below 6 MeV/n, as well as to gamma rays from an intense Co-60 source, under the both conditions of in air and in vacuum. The radiation chemical yields for the losses of ether and carbonate ester bonds are hardly affected by the environmental conditions in the cases of He and C ion irradiations. For gamma ray, the yields are about half in vacuum compared to those in air. The formation of OH groups is fairly suppressed in vacuum in all cases. Recombination of free radicals resulted in modified polymeric network formation would be enhanced in heavy ion irradiations rather than in that of gamma irradiations. (c) 2012 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2013年03月, RADIATION MEASUREMENTS, 50, 97 - 102, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Y. Fukuda, H. Sakaki, M. Kanasaki, A. Yogo, S. Jinno, M. Tampo, A. Ya. Faenov, T. A. Pikuz, Y. Hayashi, M. Kando, A. S. Pirozhkov, T. Shimomura, H. Kiriyama, S. Kurashima, T. Kamiya, K. Oda, T. Yamauchi, K. Kondo, S. V. Bulanov

    A new diagnosis method for high energy ions utilizing a single CR-39 detector mounted on plastic plates is demonstrated to identify the presence of the high energy component beyond the CR-39's detection threshold limit. On irradiation of the CR-39 detector unit with a 25 MeV per nucleon He ion beam from conventional rf-accelerators, a large number of etch pits having elliptical openings are observed on the rear surface of the CR-39. Detailed investigations reveal that these etch pits are created by heavy ions inelastically backscattered from the plastic plates. This ion detection method is applied to laser-driven ion acceleration experiments using cluster-gas targets, and ion signals with energies up to 50 MeV per nucleon are identified. (c) 2012 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2013年03月, RADIATION MEASUREMENTS, 50, 92 - 96, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • R. Barillon, Y. Mori, M. Kanasaki, T. Yamauchi, N. Yasuda

    Chemical ester bond scission induced by incoming ions in polyethylene terephthalate (PET), bisphenol A polycarbonate (PC), polyallyl diglycol carbonate (PADC), have been systematically determined by FT-IR transmission measurements. The studied ions (H, He, C, Ne, I, Ar, Fe, Kr, Xe) have LET ranging from 10 to 10 000 keV μm-1. We discuss the opportunity to simulate the experimental chemical cross section obtained with an approach based on the dose deposited by the secondary electrons removed by the incoming ion. Such an approach has been already successfully applied for LR115. © 2012 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    2013年03月, Radiation Measurements, 50, 38 - 42, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tomoya Yamauchi, Shunsuke Kaifu, Yutaka Mori, Masato Kanasaki, Keiji Oda, Satoshi Kodaira, Teruaki Konishi, Nakahiro Yasuda, Remi Barillon

    Track registration properties in polyimide films, KAPTON, for heavy ions have been examined by means of FT-IR Spectrometry and the chemical etching in sodium hypochlorite solution. The effective track core size for the loss of C=O and C-N-C composing imide bonds, and diphenyl ethers of C-O-C have been evaluated under the irradiations by Ne, Fe and Xe ions at energies less than 6 MeV/n. On the other hand, the etching property of the polyimide films has been examined in the sodium hypochlorite solution at temperature of 55 degrees C. Before the etchings, the films were exposed to H, C, Ne, Fe and Xe ions, at incident energies below 6 MeV/n. The etch pits are found only on the films exposed to Fe and Xe ions, indicating significant difference on the etch pit size between them. This implies that the polyimide film has charge or energy resolution for these relatively heavy ions. The threshold level of the etchable track registration is inferred to be around 2500 keV/mu m. The effective track core radius at this stopping power for the loss of diphenyl ether is 1.6 nm, which is equivalent to the length between the adjacent diphenyl ether bonds in the polyimide chains. Breakings at two adjacent diphenyl ethers in radial direction of latent tracks may produce etchable tracks in KAPTON. (c) 2012 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2013年03月, RADIATION MEASUREMENTS, 50, 16 - 21, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masato Kanasaki, Atsuto Hattori, Hironao Sakaki, Yuji Fukuda, Akifumi Yogo, Satoshi Jinno, Mamiko Nishiuchi, Koichi Ogura, Kiminori Kondo, Keiji Oda, Tomoya Yamauchi

    A precise measurement has been made utilizing a stacked CR-39 detectors unit for laser-accelerated high intensity protons. The proton beams are derived from a thin polyimide target exposed to an high intense Ti:sapphire laser 8 J energy and 40 fs duration. The sample sets, stacked radiochromic film and CR-39 detectors covered with 13 mu m aluminum filter, are irradiated under vacuum condition. By analyzing the etch pits on the last layer of CR-39 which recorded etchable tracks, the energies of each proton in high-energy region are evaluated more precisely than in the past. The residual ranges for each particle in the last layer has been obtained from etch pit growth curves with multi-step etching technique. The maximum energy of proton is 14.39 +/- 0.05 MeV. This method allows us to measure the maximum energy of proton precisely, which can obtain high energy resolution with uncertainty Delta E = 0.1 MeV in the laser-driven particle acceleration experiment. (c) 2012 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2013年03月, RADIATION MEASUREMENTS, 50, 46 - 49, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masato Kanasaki, Yuji Fukuda, Hironao Sakaki, Akifumi Yogo, Satoshi Jinno, Mamiko Nishiuchi, Atsuto Hattori, Kenya Matsukawa, Kiminori Kondo, Keiji Oda, Tomoya Yamauchi

    In laser-driven ion acceleration experiments applying cluster-gas targets, a significant amount of high energy electrons are produced. Such fast electrons can produce photo-neutrons via bremsstrahlung processes followed by (gamma,n) reactions. When the CR-39 is exposed to photoneutrons, it records etchable tracks of generated ions depending on their species and energy as background noises. To minimize the effect of photo-neutrons, the configuration of the CR-39 detector unit and beam dump for high energy electrons has been examined by Monte Carlo simulations. As a result, we have found the suitable configuration for CR-39 to detect only laser-accelerated ions with less contaminant by photo-neutrons in one laser shot.

    IEEE, 2013年, 2013 CONFERENCE ON LASERS AND ELECTRO-OPTICS PACIFIC RIM (CLEO-PR), 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Y. Fukuda, H. Sakaki, M. Kanasaki, A. Yogo, S. Jinno, M. Tampo, A. Ya. Faenov, T. A. Pikuz, Y. Hayashi, M. Kando, A. S. Pirozhkov, T. Shimomura, H. Kiriyama, S. Kurashima, T. Kamiya, K. Oda, T. Yamauchi, K. Kondo, S. V. Bulanov

    We demonstrate a new ion diagnosis method for high energy ions by utilizing a combination of a single CR-39 detector and plastic plates, which enables to detect high energy ions beyond the detection threshold limit of the CR-39. This detection method coupled with a magnetic spectrometer is applied to identify high energy ions of 50 MeV per nucleon in laser-driven ion acceleration experiments using cluster-gas targets.

    SPIE-INT SOC OPTICAL ENGINEERING, 2013年, LASER ACCELERATION OF ELECTRONS, PROTONS, AND IONS II; AND MEDICAL APPLICATIONS OF LASER-GENERATED BEAMS OF PARTICLES II; AND HARNESSING RELATIVISTIC PLASMA WAVES III, 8779, 87790F, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Nabil M. Hassan, Yuri Matai, Tamon Kusumoto, Yutaka Mori, Masato Kanasaki, Keiji Oda, Hisashi Kitamura, Teruaki Konishi, Satoshi Kodaira, Nakahiro Yasuda, Tomoya Yamauchi

    The sensitization effect of carbon dioxide treatments with 0.6 MPa on poly(allyl diglycol carbonate) (PADC) etched track detectors is confirmed for protons and He, C, and Fe ions, where the stopping powers range from 10 to 600 keV/μm. Based on the FT-IR study for the PADC films that were maintained at room temperature and at elevated temperatures, the diffusion coefficient of carbon dioxide, is determined as D = 14,670exp(-9030/T(K)) cm2/s. The sensitivity is enhanced when carbon dioxide is released toward the chemical etching solution that passes through the detector surface. Segmented PADC polymer chains are washed away by the flow of carbon dioxide along the latent tracks in PADC, which results in a higher track etch rate. © 2013 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    2013年, Radiation Measurements, 59, 23 - 29, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • S. Kodaira, D. Nanjo, H. Kawashima, N. Yasuda, T. Konishi, M. Kurano, H. Kitamura, Y. Uchihori, S. Naka, S. Ota, Y. Ideguchi, N. Hasebe, Y. Mori, T. Yamauchi

    As a feasibility study, gas chromatography-mass spectrometry (GC-MS) and matrix-assisted laser desorption ionization-mass spectrometry (MALDI-MS) have been applied to analyze etch products of CR-39 plastic (one of the most frequently used solid states nuclear track detector) for the understanding of track formation and etching mechanisms by heavy ion irradiation. The etch products of irradiated CR-39 dissolved in sodium hydroxide solution (NaOH) contain radiation-induced fragments. For the GC-MS analysis, we found peaks of diethylene glycol (DEG) and a small but a definitive peak of ethylene glycol (EG) in the etch products from CR-39 irradiated by 60 MeV N ion beams. The etch products of unitradiated CR-39 showed a clear peak of DEG, but no other significant peaks were found. DEG is known to be released from the CR-39 molecule as a fragment by alkaline hydrolysis reaction of the polymer. We postulate that EG was formed as a result of the breaking of the ether bond (C-O-C) of the DEG part of the CR-39 polymer by the irradiation. The mass distribution of polyallylalcohol was obtained from the etch products from irradiated and unirradiated CR-39 samples by MALDI-MS analysis. Polyallylalcohol, with the repeating mass interval of m/z = 58 Da (dalton) between m/z = 800 and 3500, was expected to be produced from CR-39 by alkaline hydrolysis. We used IAA as a matrix to assist the ionization of organic analyte in MALDI-MS analysis and found that peaks from IAA covered mass spectrum in the lower m/z region making difficult to identify CR-39 fragment peaks which were also be seen in the same region. The mass spectrometry analysis using GC-MS and MALDI-MS will be powerful tools to investigate the radiation-induced polymeric fragments and helping to understand the track formation mechanism in CR-39 by heavy ions. (C) 2011 Elsevier B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2012年09月, NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION B-BEAM INTERACTIONS WITH MATERIALS AND ATOMS, 286, 229 - 232, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yutaka Mori, Tomoya Yamauchi, Masato Kanasaki, Atsuto Hattori, Yuri Matai, Kenya Matsukawa, Keiji Oda, Satoshi Kodaira, Hisashi Kitamura, Teruaki Konishi, Nakahiro Yasuda, Sachiko Tojo, Yoshihide Honda, Remi Barillon

    The radiation chemical yields for losses of ether and carbonate ester bonds in poly(allyl diglycol carbonate) (PADC) have been determined by means of Fourier transform infrared (FT-IR) spectrometry for He (2.3 and 20 MeV) ions, as well as C (1.10, 1.25, and 1.39 GeV) and Fe (20.8 and 22.8 GeV) ions. The radiation chemical yields are higher at lower stopping powers for each ion and greater with increasing charge at the same stopping powers. Secondary electrons with higher energy should play a significant role to increase the yields by producing damage at a relatively distant place from the ion trajectories. (C) 2012 The Japan Society of Applied Physics

    JAPAN SOC APPLIED PHYSICS, 2012年08月, APPLIED PHYSICS EXPRESS, 5 (8), 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 深尾 裕亮, 金崎 真聡, 森 豊, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏

    神戸大学, 2012年07月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, 9, 69 - 78, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 梶原 将司, 小田 啓二, 山内 知也, 大口 裕之, 山本 幸佳

    神戸大学大学院海事科学研究科, 2012年07月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, Vol.9, pp.20-25, 20 - 25, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Tomoya Yamauchi, Yutaka Mori, Akira Morimoto, Masato Kanasaki, Keiji Oda, Satoshi Kodaira, Teruaki Konishi, Nakahiro Yasuda, Sachiko Tojo, Yoshihide Honda, Remi Barillon

    The damage structure of latent tracks in poly(ethylene terephthalate) (PET) has been examined by Fourier transform infrared (FT-IR) measurements. Results are compared with those from previous studies on bisphenol A polycarbonate (PC) and poly(allyl diglycol carbonate) (PADC). These polymers are exposed to protons and heavy ions (He, C, Ne, Si, Ar, Fe, Kr, and Xe) in air with energies less than 6 MeV/n, as well as gamma rays from an intense Co-60 source. Chemical damage parameters, namely, damage density, which is the number of losses of considered functional groups per unit length of tracks, radial size of the track core, in which the considered chemical groups are lost, and radiation chemical yields (G values) for each group are evaluated as a function of the stopping power. It has been confirmed that latent tracks will be etchable when the radial track core size is larger than the distance between two adjacent breaking points of polymer chains. The predominant breaking points are the C-O bonds in ether, ester, and carbonate ester bonds. (C) 2012 The Japan Society of Applied Physics

    JAPAN SOC APPLIED PHYSICS, 2012年05月, Japanese Journal of Applied Physics, 51 (5), 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masato Kanasaki, Yuji Fukuda, Hironao Sakaki, Toshihiko Hori, Motonobu Tampo, Kiminori Kondo, Satoshi Kurashima, Tomihiro Kamiya, Keiji Oda, Tomoya Yamauchi

    A single CR-39 detector mounted on plastic plates is irradiated with a 100 MeV He ion beam. Although the beam energy is much greater than the detection threshold limit of the CR-39 detector, a large number of etch pits having elliptical openings are observed on the rear surface. Detailed investigations reveal that these etch pits are created by heavy ions inelastically backscattered from the plastic plates. This method allows a simple diagnosis of the ion beam profile and the presence of the high-energy component beyond the detection threshold limit of the CR-39 detector, especially in mixed-radiation fields such as laser-driven ion acceleration experiments. (C) 2012 The Japan Society of Applied Physics

    JAPAN SOC APPLIED PHYSICS, 2012年05月, JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 51 (5), 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • M. Nishiuchi, A. S. Pirozhkov, H. Sakaki, K. Ogura, T. Zh Esirkepov, T. Tanimoto, M. Kanasaki, A. Yogo, T. Hori, A. Sagisaka, Y. Fukuda, Y. Matsumoto, S. Entani, S. Sakai, C. M. Brenner, D. Neely, T. Yamauchi, S. V. Bulanov, K. Kondo

    A 7 MeV proton beam collimated to 16 mrad containing more than 10(6) particles is experimentally demonstrated by focusing a 2 J, 60 fs pulse of a Ti:sapphire laser onto targets of different materials and thicknesses placed in a millimeter scale conical holder. The electric potential induced on the target holder by laser-driven electrons accelerates and dynamically controls a portion of a divergent quasi-thermal proton beam originated from the target, producing a quasi-monoenergetic "pencil" beam. (C) 2012 American Institute of Physics. [http://dx.doi.org/10.1063/1.3697843]

    AMER INST PHYSICS, 2012年03月, PHYSICS OF PLASMAS, 19 (3), 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masato Kanasaki, Tomoya Yamauchi, Yuji Fukuda, Hironao Sakaki, Toshihiko Hori, Motonobu Tampo, Satoshi Kurashima, Tomihiro Kamiya, Keiji Oda, Kiminori Kondo

    A new diagnosis method has been developed utilizing back scattered particles for high energy intense ion beams. The CR-39 detector mounted on the uniform back-scatterer was irradiated with He-4(2+) ions with an energy 25 MeV/n, which is never recorded as etchable track in CR-39. We found that it is possible to diagnose by analyzing the etch pits on the rear surface of CR-39 that directly contacted on the back-scatterers. It turns out that most of etch pits in the rear surface are made by the backscattered particles by investigating the growth pattern of each etch pit with multi-step etching technique. This method allows simple diagnosis of the ion beam profile and intensity distribution in mixed radiation field such as laser-driven ion acceleration experiments.

    AMER INST PHYSICS, 2012年, LASER-DRIVEN RELATIVISTIC PLASMAS APPLIED TO SCIENCE, ENERGY, INDUSTRY, AND MEDICINE, 1465, 142 - 147, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Keiji Oda, Daisuke Hayano, Masashi Kajihara, Hiroyuki Ohguchi, Tomoya Yamauchi, Takayoshi Yamamoto

    An ideal radiator structure has been discussed for perfectly constant energy dependence of PADC (poly-allyl-diglycol carbonate) based neutron dosemeter. A contribution of a hydrogen atom to the dosemeter sensitivity was numerically evaluated as a function of both depth in the radiator and neutron energy. The energy dependence of the sensitivity can be expressed by the integral of the product of this function and depth-dependent density of hydrogen atoms. The distribution of hydrogen density was obtained by unfolding the integral equation. It was found that the deviation in relative sensitivity of the dosemeter consisting of PADC and a designed radiator could be reduced within 5.4% in the energy range of 1-20 MeV. (C) 2011 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2011年12月, RADIATION MEASUREMENTS, 46 (12), 1786 - 1789, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 新しい固体飛跡検出器としてのポリイミド薄膜

    海部 俊介, 森 豊, 金崎 真聡, 山内 知也, 小田 啓二, 小平 聡, 小西 輝昭, 安田 仲宏

    応用物理学会放射線分科会, 2011年10月, 放射線, Vol. 37, No. 3, pp. 157-163 (3), 157 - 163, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ポリエチレンテレフタレート薄膜中重イオントラックの損傷構造

    森本 彰, 森 豊, 山内 知也, 小田 啓二, 小平 聡, 小西 輝昭, 安田 仲宏

    応用物理学会放射線分科会, 2011年10月, 放射線, Vol. 37, No. 3, pp. 133-141 (3), 133 - 141, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • クラスターターゲットを用いた革新的レーザー駆動イオン加速研究における固体飛跡検出器CR-39の利用

    福田 祐仁, 反保 元伸, 榊 泰直, 近藤 公伯, 金崎 真聡, 山内 知也

    2011年10月, 放射線, Vol. 37, No. 3, pp. 169-172 (3), 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • エッチピットの多次元構造解析による飛跡検出器の応答特性評価

    服部 篤人, 森 豊, 山内 知也, 小田 啓二

    応用物理学会放射線分科会, 2011年10月, 放射線, Vol. 37, No. 3, pp. 143-148 (3), 143 - 148, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • イオン照射したPADC固体飛跡検出器の表面特性評価

    森 豊, 前田 佑介, 金崎 真聡, 山内 知也, 小田 啓二, 蔵岡 孝治, 安田 仲宏, 小西 輝昭, 小平 聡, 誉田 義英, 藤乗 幸子

    応用物理学会放射線分科会, 2011年10月, 放射線, Vol. 37, No. 3, pp. 149-155 (3), 149 - 155, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yutaka Mori, Tomoya Yamauchi, Masato Kanasaki, Yusuke Maeda, Keiji Oda, Satoshi Kodaira, Teruaki Konishi, Nakahiro Yasuda, Remi Barillon

    Chemical modification along ion tracks in PADC films has been studied by means of FT-IR spectrometry, which was exposed to proton and heavy ions of He, C, Ne, Ar, Fe, Kr and Xe with energies around the Bragg peaks. This study covers a wide region of the stopping power ranging from 10 to 10,000 keV/mu m. Removal cross sections for the loss of ether and carbonate ester bonds are assessed for each ion, as a function of the stopping power. Chemical damage parameters like the damage density, the effective track core radius and the radiation chemical yields. G values (scissions/100 eV), for each bond are also derived. We have found anomalous dependence of these parameters on the stopping power. The G value for the loss of carbonate ester bond decreased from 20 for proton down to 5 for C and Ne ions, and then increased with atomic number of heavy ions up to 8 for Xe ion. Radial dose distribution for each ion has been also calculated. Results are discussed from the viewpoint of polymeric structure of PADC that consists of two parts with different radio-sensitivities. (C) 2011 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2011年10月, RADIATION MEASUREMENTS, 46 (10), 1147 - 1153, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • PADC飛跡検出器を用いた後方散乱粒子による高強度イオンビーム特性簡易診断法

    金崎 真聡, 山内 知也, 福田 祐仁, 榊 泰直, 堀 利彦, 反保 元伸, 近藤 公伯, 倉島 俊, 神谷 富裕

    2011年10月, 放射線, Vol. 37, No. 3, pp. 127-131 (3), 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hirotaka Rito, Tomoya Yamauchi, Keiji Oda

    In order to develop an active-type personal dosemeter having suitable sensitivity to high-energy neutrons, the characteristic response of silicon surface barrier detector has been investigated experimentally and theoretically. An agreement of the shape of pulse-height distribution, its change with radiator thickness and the relative sensitivity was confirmed between the calculated and experimental results for 14.8-MeV neutrons. The angular dependence was estimated for other neutron energies, and found that the angular dependence decreased with the incident energy. The reason was also discussed with regard to the radiator thickness relative to maximum range of recoil protons.

    OXFORD UNIV PRESS, 2011年07月, RADIATION PROTECTION DOSIMETRY, 146 (1-3), 69 - 71, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 森本 彰, 森 豊, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏

    2011年07月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, 8, pp. 31-40, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 前田 佑介, 森 豊, 金崎 真聡, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏, 藤城 幸子, 誉田 義英, 蔵岡 孝治

    2011年07月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, 8, pp. 21-29, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Tomoya Yamauchi, Yutaka Mori, Keiji Oda, Satoshi Kodaira, Nakahiro Yasuda, Remi Barillon

    2010年12月, KEK Proceedings/ RADIATION DETECTORS AND THEIR USES, 2010-10, 1-11

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 紫外線照射下における高分子系飛跡検出器中カーボネートエステル結合損失の量子収率

    坂本 淳志, 森 豊, 金崎 真聡, 山内 知也, 小田 啓二

    神戸大学, 2010年07月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, 7, pp. 87-98, 87 - 98, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Keiji Oda, Daisuku Hayano, Tomoya Yamauchi, Hiroyuki Ohguchi, Takayoshi Yamamoto

    The practical applicability of several techniques has been investigated for improving the energy dependence of PADC-based personal neutron dosemeter for a commercial dose-assessment service. Under a constraint of no modification in detector material and the fixed chemical processes, two technical attempts have been investigated: an analysis of etch-pit data obtained by microscopic observation and a design of radiator structure. In addition to the number of etch-pits, information of their distribution in terms of various parameters was analyzed. it was found that the two-window method was possibly applicable to the distribution in the etch-pit size and the gray-level. In the latter, a performance of radiator-degrader structure has been confirmed experimentally, and it was found to be one of most promising techniques. (C) 2009 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2009年10月, RADIATION MEASUREMENTS, 44 (9-10), 977 - 980, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tomoya Yamauchi, Yutaka Mori, Hiraku Chikada, Atsushi Sakamoto, Junpei Kii, Masato Kanasaki, Keiji Oda, Masami Fujii

    The fading of carbon dioxide treatment on PADC detectors after alpha-particle irradiations has been confirmed to relate to the diffusion loss of carbon dioxide. Diffusion coefficient of carbon dioxide in the film is found to be D = 1.1 x 10(-9) cm(2)/s at room temperature. The effect of the post-irradiation treatment has strong relation with the dissolving process of carbon dioxide into the etching solution through the renewing surface of the detector during etching. Absorbed carbon dioxide can modify the network structure of PADC with higher permeability for etching solution. (C) 2009 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2009年10月, RADIATION MEASUREMENTS, 44 (9-10), 1105 - 1108, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Y. Fukuda, A. Ya. Faenov, M. Tampo, T. A. Pikuz, T. Nakamura, M. Kando, Y. Hayashi, A. Yogo, H. Sakaki, T. Kameshima, A. S. Pirozhkov, K. Ogura, M. Mori, T. Zh. Esirkepov, J. Koga, A. S. Boldarev, V. A. Gasilov, A. I. Magunov, T. Yamauchi, R. Kodama, P. R. Bolton, Y. Kato, T. Tajima, H. Daido, S. V. Bulanov

    An approach for accelerating ions, with the use of a cluster-gas target and an ultrashort pulse laser of 150-mJ energy and 40-fs duration, is presented. Ions with energy 10-20 MeV per nucleon having a small divergence (full angle) of 3.4 degrees are generated in the forward direction, corresponding to approximately tenfold increase in the ion energies compared to previous experiments using solid targets. It is inferred from a particle-in-cell simulation that the high energy ions are generated at the rear side of the target due to the formation of a strong dipole vortex structure in subcritical density plasmas.

    AMER PHYSICAL SOC, 2009年10月, PHYSICAL REVIEW LETTERS, 103 (16), 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 高エネルギー中性子用直読式個人線量計の設計

    岩野 健介, 里藤 裕隆, 竹本 友樹, 山内 知也, 小田 啓二

    2009年07月, 放射線, 34・3・218-226, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 森 豊, 坂本 淳志, 山内 知也, 小田 啓二, 安田 仲宏

    2009年07月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, 第6号、pp. 65-72, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • S. Kodaira, N. Yasuda, H. Tawara, K. Ogura, T. Doke, N. Hasebe, T. Yamauchi

    We experimentally determined the suitable conditions of temperature and air pressure for measuring charge and mass compositions of heavy cosmic rays using CR-39 track detectors during long-duration, high-altitude balloon flights. The experiments were carried out utilizing Fe ion beams from Heavy Ion Medical Accelerator (HIMAC). Changes in the track registration sensitivity with temperature were studied at temperatures between 213 and 293 K. The charge and mass shifts around Fe ions are possibly 0.11 cu (charge unit) and 0.47 amu (atomic mass unit) at the temperature deviation between 227 and 243 K at balloon altitude. Decrease in track registration sensitivity as air pressure decreases has been observed between 13 Pa and 27 kPa. The charge and mass shifts around Fe ions are inferred to be 0.02 cu and 0.09 amu, respectively, when pressure varies between 20 and 27 kPa. During balloon flight, air pressure drops below this; therefore, care must be taken to keep the temperature and air pressure of CR-39 detectors within acceptable limits. (C) 2009 Elsevier B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2009年05月, NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION B-BEAM INTERACTIONS WITH MATERIALS AND ATOMS, 267 (10), 1817 - 1822, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yutaka Mori, Toshiji Ikeda, Tomoya Yamauchi, Atsushi Sakamoto, Hiraku Chikada, Yoshihide Honda, Keiji Oda

    Radiation chemical yield, C value, for loss of carbonate ester bonds in PADC films, exposed to gamma ray from intense Co-60 source, has been determined by means of FT-IR spectrometry. The obtained value of 20 (scissions/100 eV) is fairly higher than that from heavy ion irradiations. It was found the density of hydroxide group in the film significantly increased by the exposure in air but hardly changed in vacuum. (C) 2009 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2009年02月, RADIATION MEASUREMENTS, 44 (2), 211 - 213, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • H. Ohguchi, K. Oda, T. Yamauchi, T. Nakamura, D. Maki

    Poly allyl diglycol carbonate (PADC) plastic has been widely used as one of most sensitive detectors for personal neutron dosimeter. However, a considerably large number of false pits, which are very difficult to he distinguished from etched tracks induced by neutrons, appear even on the surface of non-irradiated PADC plastic. We have developed a new pre-soaking technique where PADC is soaked in a chemical solution before etching process. Owing to this procedure, the number of false background pits could be successfully reduced by one tenth compared with that for non-treated PADC samples. We have also applied this improved type of PADC practically to personal neutron dosimetry, coupled with a polyethylene sheet for fast neutrons in MeV region and a boron nitride sheet for lower energy neutrons. The measured detection efficiency of the dosimeter mounted on the water phantom was compared with results calculated by Monte Carlo simulation using the MCNP4C2 code. It was confirmed that the energy response of the dosimeter evaluated by the sum of etch-pits on two regions would agree well with the energy dependence of the neutron-fluence to personal-dose-equivalent conversion coefficient given by ICRP Publication 74. (C) 2008 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2008年07月, RADIATION MEASUREMENTS, 43, S500 - S503, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • T. Yamauchi, S. Watanabe, A. Seto, K. Oda, N. Yasuda, R. Barillon

    In order to identify the chemical modification along nuclear tracks in CR-39 detectors, we have made a series of FF-IR measurements for thin CR-39 plastic films irradiated by Fe ions. The films were reduced in the thickness by long time chemical etchings down to 5 mu m from as-received CR-39 sheets of 100 mu m thick. It enabled us to obtain unsaturated IR spectra. The samples were exposed to 147 MeV Fe ions at HIMAC in air. Amount of loss of carbonated ester bonds due to the exposure was assessed from the changes in the absorbance of C=O and G-O-C bonds with Fe fluence. The assessed G-value for destroying carbonate ester bonds was found to be about 10 (scission/100 eV). (C) 2008 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2008年07月, RADIATION MEASUREMENTS, 43, S106 - S110, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • T. Yamauchi, S. Watanabe, K. Oda, N. Yasuda, R. Barillon

    Chemical modification of LR-115 induced by the irradiation of gamma-ray and 147 MeV Fe ions has been observed. Density of O-NO2 and C-O-C bonds in the sheets was decreased. We also confirmed the modification by chemical etching during early stage in LR-115 exposed to Fe ions. The absorption band around 1740cm(-1) was reduced rapidly, which can be attributable to C=O bonds of some additives contained in LR-115. We have derived the radial track etch rate from the reduction of the absorbance, (C) 2008 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2008年07月, RADIATION MEASUREMENTS, 43, S116 - S119, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tomoya Yamauchi, Yutaka Mori, Keiji Oda, Nakahiro Yasuda, Hisashi Kitamura, Remi Barillon

    To identify the chemical modifications along nuclear tracks in poly(allyl diglycol carbonate) (PADC), we have made a series of Fourier transform infrared (FT-IR) measurements for films with a thickness of about 3 mu m that have been exposed to C, Ne, Ar, and Fe ions in air. The amount of carbonated ester bonds lost due to the exposure was estimated from the changes in the absorbance of C=O and C-O-C bonds with the heavy ion fluence. The G-value for the breaking of carbonate ester bonds and the corresponding track core radii were obtained as a function of stopping power. The calculated radial dose distribution indicated that the core was formed at regions where the local dose was higher than 10(6) Gy. [DOI: 10.1143/JJAP.47.3606]

    JAPAN SOCIETY APPLIED PHYSICS, 2008年05月, JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 47 (5), 3606 - 3609, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Keiji Oda, Kensuke Iwano, Tomoya Yamauchi, Tomoya Nunomiya, Shigeru Abe, Takashi Nakamura

    In order to improve an active type dosemeter for protection dosimetry against high-energy neutrons, characteristic response of an electronic personal dosemeter consisting of Si semiconductor detector covered with polyethylene radiator has been checked in monoenergetic neutron fields of 14.8 and 65 MeV. Pulse height distributions have been measured for several different radiator thicknesses. An analytical estimation of distributions in energy dissipated in depletion layer of Si detector has been carried out under simplified conditions. A good agreement was confirmed between both distributions in the shape and its variation with the radiator thickness and the neutron energy. The energy dependence of the dosemeter response has also been discussed. It is suggested that the energy dependence could be compensated by introducing the two-window technique with different discrimination levels on the pulse height. (c) 2007 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2008年02月, RADIATION MEASUREMENTS, 43 (2-6), 1072 - 1076, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hiroyuki Ohguchi, Wakako Shinozaki, Keiji Oda, Takashi Nakamura, Tomoya Yamauchi

    PADC (Poly-allyl diglycol carbonate) has been widely used for personal neutron dosimeter. However, false pits are often observed on etched surfaces of non-irradiated PADC plastic, which are very similar to those induced by neutrons and difficult to distinguish under microscopic view. The purpose of this study is to investigate about an effective pre-soaking process for reducing the number of background pits with keeping the neutron sensitivity higher. The optimum pre-soaking condition was determined by a practical index of lower detectable dose (LDD). Under the condition, the response of the neutron dosimeter consisting of PADC plastic nuclear track detector and a polyethylene radiator was also investigated for several different neutron energies. An improvement in its energy dependence was experimentally confirmed. (C) 2008 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2008年02月, RADIATION MEASUREMENTS, 43 (2-6), 437 - 441, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ポリカーボネート中重イオントラックの層構造

    渡邉 宗一郎, 山内 知也, 小田 啓二, 安田 仲宏

    神戸大学, 2007年07月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, 4, 61-70, 61 - 70, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • David Broggio, Remi Barillon, Jean-Marc Jung, Nakahiro Yasuda, Tomoya Yamauchi, Hisashi Kitamura, Pierre Bischoff

    We present a dosimeter prototype, devoted to ion beam dosimetry, tested with Helium, Carbon and Neon ions having an equivalent range in water of 150 mm. A polyvinyltoluene based plastic scintillator is used to convert the deposited energy into scintillation, a measurement probe and a long optical fibre guide the light to a photon counting unit. Using 10-40 mu m thick scintillators we show that the dosimeter gain is enough to provide useful measurements, the ion-induced scintillation can be interpreted using a model taking into account the energy deposited by secondary electrons. For a practical purpose it is shown that a linear relationship can be established between the scintillation signal and the relative dose. (c) 2006 Elsevier B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2007年01月, NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION B-BEAM INTERACTIONS WITH MATERIALS AND ATOMS, 254 (1), 3 - 9, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 小田 啓二, 塚原 一孝, 多田 英哲, 山内 知也

    Supplementary experiments and theoretical consideration have been performed about a new method for particle identification with an imaging plate, which was proposed in the previous paper. The imaging plate was exposed to 137Cs γ-rays, 2 MeV-protons accelerated by a tandem Van de Graaff, X-rays emitted from a tube operated under the condition of 20-70 kV, as well as α-and β-rays. The frequency distribution in PSL intensity in a pixel of 100 μm x 100 μm was measured and the standard deviation was obtained by fitting to a Gaussian. It was confirmed that the relative standard deviation decreased with the average PSL intensity for every radiation species and that the curves were roughly divided into four groups of α-rays, protons, β-rays and photons.
    In the second step, these data were analyzed by plotting the square of the relative standard deviation against the average PSL intensity in full-log scale, where the relation should be expressed by a straight line with an slope of -1 provided that the deviation could be dominated only by statistical fluctuation. The data for α-and β-rays deviated from a straight line and approached to each saturated value as the average. PSL intensity increased. This saturation was considered to be caused by inhomogeneity in the source intensity. It was also pointed out that the value of interception on full-log plot would have important information about PSL reading efficiency, one of characteristic parameters of imaging plate.

    JAPANESE SOCIETY OF RADIATION SAFETY MANAGEMENT, 2006年11月, 日本放射線安全管理学会誌, 第5巻第2号, pp.101-106 (2), 101 - 106, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 小田 啓二, 塚原 一孝, 多田 英哲, 山内 知也

    A new attempt has been carried out for providing an additional function of particle identification for the imaging plate of two-dimensional position sensitive device. This proposed method is based on the statistical feature that PSL intensity recorded in a small pixel may suffer from fluctuation even though the PSL intensity seems to be almost uniform in a larger area. Dividing a scan area of about 3 mm square into more than 1, 000 pixels of 0.1 mm square, frequency distribution in PSL intensity became sharper with increasing β-ray irradiation time. The broadness was quantified by the standard deviation obtained by fitting measured distribution to Gaussian. It was experimentally confirmed that the standard deviation for α-rays was much higher than that for β-rays on the condition of the same average PSL intensity, which means that α-and β-rays can be successfully discriminated by the proposed method. From a viewpoint of practical application to monitoring of radioisotope contamination in controlled area, two problems were also investigated concerning about the mixed irradiation of α-and β-rays and the minimum scanarea for deriving distribution.

    JAPANESE SOCIETY OF RADIATION SAFETY MANAGEMENT, 2006年07月, 日本放射線安全管理学会誌, 第5巻第1号, pp.32-38 (1), 32 - 38, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ポリカーボネート中重イオントラックに沿った損傷分布

    渡邉 宗一郎, 山内 知也, 小田 啓二, 安田 仲宏

    2006年06月, 神戸大学海事科学部紀要, Vol. 3, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • T Yamauchi, R Barillon, E Balanzat, T Asuka, K Izumi, T Masutani, K Oda

    Yields of CO2 gas formation and the scissions at ether bonds have been determined along ion tracks in CR-39 plastics. Thin CR-39 films with 15 mu m thickness were irradiated by 130MeV C-13 ions at 450 incidence up to 10(13) ions/cm(2), and then IR spectra were obtained without removing the samples from the vacuum chamber. The absorption band for CO2 was observed clearly around 2338 cm(-1), whose absorbance increased proportional to the fluence up to 3 x 10(12) ions/cm(2) and then saturated. Using a mole absorption coefficient for gaseous CO2, the yield along the track was determined to be 7200 CO2 molecules/mu m. This means that the G-value of CO2 formation in CR-39 was about 3.6 molecules/100 eV The scission yield of ether bonds was found to be 11,000 scissions/mu m. This corresponds to a G-value of about 5.5 scissions/100 eV. These values suggest that the parts between the two carbonate ester bonds in each repeat unit of CR-39 can be segmented into two CO2 and other small molecules along the nuclear tracks. (c) 2005 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2005年11月, RADIATION MEASUREMENTS, 40 (2-6), 224 - 228, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • K Oda, Y Imasaka, T Yamauchi, Y Nakane, A Endo, H Tawara, Y Yamaguchi

    Subsequent to the proposal of a two-layer structured radiator for more efficient detection of high-energy neutrons with a plastic nuclear track detector (PNTD), its availability has been investigated both experimentally and theoretically. An inner deuterized hydrocarbon (CD2) layer adjacent to PNTD should play the role of both a radiator of deuterons recoiled there and a degrader for energetic protons recoiled in the outer layer of a CH2 material. It was found that the energy dependence of the efficiency was changed sensitively by the thickness of the CD2 layer. A best combination of CH2 and CD2 thickness was estimated under a condition of a constant total thickness. For example, the sensitivity could be flattened within 20% between about 5 and 70 MeV by using I g/cm(2)-CD2 and 2 g/CM2-CH2. (c) 2005 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2005年11月, RADIATION MEASUREMENTS, 40 (2-6), 570 - 574, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • D Broggio, JM Jung, R Barillon, Yamauchi, T

    We report results concerning the degradation of the scintillation yield of the plastic scintillator BC-418 under ion beam irradiation. Lithium, carbon and iodine ions have been used at different energies. For each ion the decrease of the scintillation yield, as a function of fluence, can be described by summation of several exponential functions. The scintillation yield at low fluence can be described by a model taking into account the energy deposited by secondary electrons, which leads to an evaluation of the quenching density for this scintillator between 0.2 and 0.7 erg/cm(3). (c) 2005 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2005年11月, RADIATION MEASUREMENTS, 40 (2-6), 736 - 740, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • N Yasuda, T Konishi, K Matsumoto, T Yamauchi, T Asuka, Y Furusawa, Y Sato, K Oda, H Tawara, K Hieda

    A system to expose biological specimens to medium-energy (2.6-6.0 MeV/u) irradiation has been developed at the NIRS-HIMAC. In order to determine the beam energy or LET at the irradiation position in air, the dose distribution for 6.0 MeV/u carbon beam has been obtained using a secondary electron monitor and a flat-type ionization chamber by using air as the energy absorber. Imaging plates were applied to assess the beam profile distribution. The intensity of photo-stimulated luminescence (PSL) was found to be almost proportional to the energy deposited within the sensitive layer of the imaging plate. It has been confirmed that a uniform irradiation field can be produced (about +/- 5% within 20 turn in diameter) at low-intensity exposure from 10(1) to 10(4) ions/cm(2)/s. Long-term beam stability in the low-intensity condition has also been demonstrated. As a consequence, the methodology for uniform, stable and low-intensity beam exposure has been established, and the continuously variable linear energy transfer (LET) values have also been obtained by changing the distance from the endcap of beamport, for biological studies. (c) 2005 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2005年11月, RADIATION MEASUREMENTS, 40 (2-6), 384 - 388, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • T Yamauchi, N Yasuda, T Asuka, K Izumi, T Masutani, K Oda, R Barillon

    The radial core size of tracks in CR-39 plastics has been determined for several heavy ions, 0 (8.6 MeV), Ne (18.8 MeV), Si (27 MeV), Ar (35 MeV) and Fe (80 MeV), by AFM and UV methods. In the AFM method, the core radii were assessed from the growth behavior of minute etch pits within 1 min of etching. These were derived from each intersection of the extrapolated line, fitted to each growth curve of etch pit radius. With the UV method, changes in the UV-visible spectra of CR-39 with fluence were obtained. Then the critical fluence where the track overlapping became statistically significant was determined for each ion. Based on the track overlapping model, the track core radius was calculated. Both methods were found to give results concordant with each other for these heavy ions. (c) 2005 Elsevier B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2005年07月, NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION B-BEAM INTERACTIONS WITH MATERIALS AND ATOMS, 236, 318 - 322, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • D Broggio, JM Jung, R Barillon, T Yamauchi

    We have measured the deterioration of the scintillation yield of anthracene samples under carbon beams at nine different energies between 25 and 100 MeV. The real-time measurement of the scintillation yield has been performed by means of an optical fibre connected to a compact photon counting head. Results are interpreted by the Birks model from which we deduce the fluence needed to reduce the scintillation yield by a factor of two and also an estimation of the damage cross-sections of scintillation centres. (C) 2004 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2005年06月, RADIATION MEASUREMENTS, 39 (3), 283 - 287, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • CR-39検出器中重イオントラック径方向サイズ評価

    阿須賀 拓, 山内 知也, 小田 啓二, 安田 仲宏

    2005年06月, 神戸大学海事科学部紀要, 2、179-184, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • N Kubota, H Mimura, T Yamauchi, A Kitamura

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2004年04月, MARINE POLLUTION BULLETIN, 48 (7-8), 800 - 805, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Keiji Oda, Yuichi Imasaka, Tomoya Yamauchi, Yoshihiro Nakane, Akira Endo, Yasuhiro Yamaguchi

    In order to develop a passive-type personal dosimeter based on plastic nuclear track detector (PNTD) for high-energy neutrons, a selection of radiator material and its thickness is one of key-points as well as utilization of high-sensitive type of PNTD. The radiator effect has been preliminarily estimated by numerical calculations using the angular differential cross section and characteristic data for charged particle detection with PNTD. A hydrogen compound, commonly used as a radiator, was expected to be not so effective for energetic neutrons higher than 10 MeV, so that a deuterized material was checked as one of the alternatives. The performance of these materials has been investigated through experiments quasi-monoenergetic neutron field, and the measured results were compared with those obtained numerical1y. It was also recognized that the dependence of relative sensitivity on the radiator thickness was considerable affected by a contamination of lower energy component in the neutron field. © 2014 Atomic Energy Society of Japan.

    2004年, Journal of Nuclear Science and Technology, 41, 514 - 517, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • T Yamauchi, H Nakai, Y Somaki, K Oda

    FT-IR spectral studies have been made for CR-39 detectors irradiated by garnma-rays, protons and carbon ions. An absorption peak for CO, appeared and grew with the fluence. The peak height was found to decrease gradually by storing in air. Absorbance of the OH group produced by ion bombardment was observed separately from that of adsorbed water using an FT-IR system on the beam line. The concentration of OH group would govern the rate of penetration of chemical agents along the track. (C) 2003 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2003年09月, RADIATION MEASUREMENTS, 36 (1-6), 99 - 103, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • T Yamauchi

    A review was given for our recent studies on the latent tracks in CR-39 nuclear track detector. The radial size of track core has been determined through UV spectral measurements combined to the model of track overlapping and by AFM observations of slightly etched detectors. The track core radius was found to be about a few nano-meters and almost proportional to the cubic root of stepping power. As a control Study, the etching properties of CR-39, irradiated by low-LET radiation.. has been examined. The observed depth dependence and dose-rate dependence of the bulk etch rate of the irradiated CR-39 were explained that the damage formation process was governed by the reaction between the radiation induced radicals and the oxygen supplied from the air. This indicated that latent tracks in CR-39 are produced through local radiation induced oxidation process along the ion paths. Studies on vibration spectra, near-IR, FT-IR and Raman spectra, of CR-39 have also been carried out to estimate the chemical structure of the latent tracks. The creation of OH group in irradiated CR-39 has been confirmed. (C) 2003 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2003年09月, RADIATION MEASUREMENTS, 36 (1-6), 73 - 81, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • K Oda, Y Imasaka, K Tsukahara, T Yamauchi, Y Nakane, Y Yamaguchi

    The effect of radiators Supplying charged particles to plastic nuclear track detectors has been investigated both experimentally and theoretically in order to apply them to personal dosimeters for high-energy neutrons. Performance of four types of radiator materials, CH2, CD2 (deuterized hydrocarbon), LiF (lithium fluoride) and C (graphite), was checked in a quasi-monocnergetic neutron field generated by p-Li reactions. The efficiency has been numerically calculated based on a model with a special attention to the angular dependence of cross sections and data of characteristic response to light ions. The effect of respective radiator candidates has been evaluated as a function of the neutron energy. A two-layer radiator has also been proposed to adjust the energy dependence of the relative sensitivity to conversion factor for dose-equivalent. (C) 2003 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2003年09月, RADIATION MEASUREMENTS, 36 (1-6), 119 - 124, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • T Yamauchi, Y Somaki, H Nakai, K Oda, T Ikeda, H Honda, S Tagawa

    To explain the previously observed changes in the bulk etching property of CR-39 induced by gamma or high-energy electron irradiation, both a mass balance equation for the radicals, the active sites by irradiation, and a diffusion equation for the dissolved oxygen were applied to calculate the damage distribution in depth. The depth distribution of the damage in gamma-irradiated CR-39 was interpreted as a result of the exhaust of the dissolved oxygen in the deeper layer. The present calculations and the previous experiments imply that latent tracks in CR-39 are also produced through the local oxidation process along the ion path. (C) 2003 Elsevier B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2003年08月, NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION B-BEAM INTERACTIONS WITH MATERIALS AND ATOMS, 208, 489 - 494, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • T Yamauchi, D Mineyama, H Nakai, K Oda, N Yasuda

    The radial size of track cores in CR-39 plastics for several types of ions has been determined by two different methods. First, atomic force microscope observations were performed on the irradiated CR-39 subsequent to the slight chemical etchings. The track core radii for C, O, Ne and Xe ions evaluated from the intersections of the extrapolated lines, fitted to each growth curve of etch pit radius, were found to be in the range between 2.8 and 4.1 nm, independent of the ion species. Second, UV-visible spectra of the irradiated CR-39 were obtained at various fluences. Based on a track overlapping model, the track core radii are evaluated for H, He, C and O ions. Their core radii were almost proportional to the cube root of the stopping power. The results from the two different measurements are in good agreement with each other. (C) 2003 Elsevier B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2003年08月, NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION B-BEAM INTERACTIONS WITH MATERIALS AND ATOMS, 208, 149 - 154, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • R Barillon, T Yamauchi

    Chemical damages induced by gamma-rays (Co-60), proton and oxygen ions in a cellulose nitrate detector (LR115) were quantified by infra-red spectrometry. The linear relationship between chemical damages and parameters like dose, ion fluence and LET proves that similar radiation chemistry occurs for those different exposures and that the chemical damages can not be described with a Poisson law. (C) 2003 Elsevier B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2003年08月, NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION B-BEAM INTERACTIONS WITH MATERIALS AND ATOMS, 208, 336 - 339, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • T Yamauchi, A EL-Rahmany, D Mineyama, H Nakai, K Oda

    The fission fragment tracks in CR-39 detectors have been observed carefully using an atomic force microscope after extremely short chemical etching in stirred 6 N KOH solution kept at 70degreesC. It was found from the etch-pit growth curve for the etching duration between 10 and 1800 s that there existed a thin layer within about 70 nm where the bulk etch rate was anomalously high. The track core radius of fission fragment was also evaluated to be about 6 nm from the extrapolation of the growth curve in a thinner region. (C) 2003 Elsevier Science Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2003年04月, RADIATION MEASUREMENTS, 37 (2), 119 - 125, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 海洋微生物に結合した有機スズ化合物TBTClの加速器分析

    久保田 直義, 三村 治夫, 山内 知也, 北村 晃

    2003年, 神戸商船大学紀要 第二類, 第51号, pp.97-103, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • CR-39検出器極表面層のエッチング特性と核分裂片トラックコア半径

    嶺山 太祐, 中井 裕丈, 山内 知也, 小田 啓二, アハメド エルラーマニー

    神戸大学, 2002年07月, 神戸商船大学紀要第二類, 50, p. 133-139, 133 - 139, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Characteristic response of plastic track detectors to 40-80 MeV neutrons

    K Oda, Y Saito, N Miyawaki, T Yamauchi, A El Rahmany, Y Nakane, Y Yamaguchi

    This paper investigates the characteristic response of plastic track detectors to high-energy neutrons. Three types of plastic nuclear track detector (PNTD), Baryotrak made of pure CR-39, TD-1 made of CR-39 containing an antioxidant and TNF-1 made of a copolymer of CR-39/N-isopropylacrylamide, were exposed in quasi-monoenergetic neutron fields generated by p-Li reactions. The total efficiencies for TD-1 and TNF-1 were more than double and triple that of Baryotrak respectively. In addition, the species of particles were classified into three groups, i.e. proton relatives, alpha particles and heavy ions, by analysing the etch-pit growth Curve obtained by step-by-step etching. In a 65 MeV neutron field about half of the tracks recorded in pure CR-39 were due to heavy ions, whereas the TNF-1 detector could effectively register the protons, accounting for 70% of the tracks. The results could be explained by the difference in the sensitivity to high-energy protons.

    NUCLEAR TECHNOLOGY PUBL, 2002年, RADIATION PROTECTION DOSIMETRY, 101 (1-4), 569 - 572, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 固体飛跡検出器による超高強度レーザープラズマ誘起高輝度イオンビーム計測

    反保元伸, 児玉了祐, 山中龍彦, 山内知也, 小田啓二

    2001年10月, 放射線, 27 (4), 61, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 軽イオンに対するCR-39飛跡検出器の特性評価

    一定 弘毅, 山内 知也, 小田 啓二, ビルジット ドルシェル, デートリッヒ ヘルムスドルフ, カリン カドネル, フランソワ バジニ, ミッシェル フロム, アライ シャンボデ

    応用物理学会,放射線分科会, 2001年10月, 放射線, 27-4, p. 7-18 (4), 7 - 18, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 陽子線による高エネルギーγ線の発生とその応用

    宮脇 信正, 山内 知也, 宮本 宏, 小田 啓二

    神戸大学, 2001年07月, 神戸商船大学紀要第二類, 49, 187-194, 187 - 194, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • リチウムイオンに対するCR-39飛跡検出器の特性評価

    一定 弘毅, 山内 知也, 小田 啓二, ビルジット ドルシェル, デートリッヒ ヘルムスドルフ, カリン カドネル, フランソワ バジニ, ミッシェル フロム, アライ シャンボデ

    神戸大学, 2001年07月, 神戸商船大学紀要第二類, 49, p.203-209, 203 - 209, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • RESPONSE OF PLASTIC NUCLEAR TRACK DETECTORS TO HIGH-ENERGY NEUTRONS

    Y Saito, A EL-Rhamany, N Miyawaki, T Yamauchi, Y Nakane, Y Yamaguchi, K Oda

    2001年07月, 神戸商船大学紀要第二類, 49, p. 195-201

    研究論文(学術雑誌)

  • T Yamauchi, H Ichijo, K Oda, B Doerschel, D Hermsdorf, K Kadner, F Vaginay, M Fromm, A Chambaudet

    The depth dependent track etch rates of two types of CR-39, TASTRAK and BARYOTRAK, for Li-7 ions with incident energies of 4.82, 6.75 and 10.77 MeV have been evaluated from track length measurements. The pit lengths versus the etching time obtained by three different laboratories have the same trend, but did not agree completely. The differences can be attributed to an error margin of less than one decimal point in the etching temperature. Significant deviations were also present for the assessed track etch rates. Most of the deviation was attributed to the derivation step of the growth curves. A sufficient amount of data and reasonably smooth growth curves were required near the Bragg peak in order to make a precise estimation. (C) 2001 Elsevier Science Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2001年06月, RADIATION MEASUREMENTS, 34 (1-6), 37 - 43, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • T Yamauchi, H Ichijo, K Oda

    A bottle-like structure was discovered in etched tracks of fission fragments recorded in the gamma-ray-irradiated CR-39 track detector. The etched track has a relatively larger pit radius near the etched surface and has a smaller one in the deeper layer. This indicates that the supply of oxygen from the air should control the damage formation process. (C) 2001 Elsevier Science Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2001年04月, RADIATION MEASUREMENTS, 33 (2), 189 - 192, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • T. Yamauchi, S. Takada, H. Ichijo, K. Oda

    Raman and near-IR spectral studies have been made on the proton irradiated CR-39 plastics with 3.4 MeV at fluences ranging from 1010 to 1014 ions cm-2. The density of -CH2- group began to decrease after the air leak subsequent to the irradiation. This implies an important role of the oxygen on forming the permanent damage along the latent track. Production of OH group and some types of radicals was confirmed by near-IR observations in the air. © 2001 Elsevier Science Ltd. All rights reserved.

    2001年, Radiation Measurements, 34 (1-6), 69 - 73, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • K. Oda, H. Ichijo, N. Miyawaki, T. Yamauchi, Y. Nakane

    Two subjects have been studied for establishing an efficient detection technique applicable to neutrons with an energy higher than 20 MeV, for which personnel dosimetry becomes more important especially in space activities and radiation protection around high-energy accelerators. A performance of a new sensitive detector, recently developed copolymer of CR-39 and N-isopropylacrylamide, was checked in a D-T neutron field. It was confirmed experimentally that its sensitivity was several times as high as a pure CR-39 in the radiator effect and more than twice in the total efficiency. In the other experiment, CR-39 samples were exposed to 65 MeV quasi-monoenergetic neutrons, and the registration characteristics have been investigated from a fundamental point of view. The particles recorded were divided into three groups of proton relatives, α-particles and heavy ions by applying the growth curve method and the multi-step etching technique. The measured fractions were in good agreement with the values calculated by SSNERS code previously developed. © 2001 Elsevier Science Ltd. All rights reserved.

    2001年, Radiation Measurements, 34 (1-6), 171 - 175, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • T. Yamauchi, H. Ichijo, K. Oda

    The depth-dependent bulk etch rate has been examined for the gamma-irradiated CR-39 at doses ranging from 20 to 100 kGy. The thickness of the damaged region in gamma-irradiated CR-39 plastics, in which the bulk etch rate was significantly enhanced, was found to be limited in the thin layer near the surface and decreases with increasing the dose-rate, while it barely depend on the total dose. This indicates that it is possible to apply CR-39 plastics as high dose gamma-dosimeter by assessing both the bulk etch rate in the damaged region and its thickness in principle. © 2001 Elsevier Science Ltd. All rights reserved.

    2001年, Radiation Measurements, 34 (1-6), 85 - 89, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Raman and FT-IR Study on Proton and Gamma Irradiated CR-39 Detector and the Effect of Air-leak on the Latent Track Fromation

    Tomoya Yamauchi

    2000年12月, 第8回神戸商船大学研究発表会要旨集, p. 1-4

    研究論文(学術雑誌)

  • Gamma-ray and Ion Irradiation Effects on the Optical Property of CR-39 Detector and Their Latent Track Size

    Tomoya Yamauchi, Hirotaka Ichijo, Keiji Oda

    2000年12月, Proceedings of the First International Symposium on Supercritical Water-cooled Reactor, Design nd Technology, (SCR-2000), 407, p. 274-287

    研究論文(学術雑誌)

  • 小田 啓二, 宮脇 信正, 山内 知也, 馬場 末喜

    本報告では, 137Cs γ線源が作る放射線場の特徴およびこの場に置かれた物質内での深部線量曲線について議論した。まず, 線量計測上基本量であるカーマと吸収線量を記述するために簡単な数式化を行った。真空中での平行光子ビーム照射という条件では, 急激な増加とその後の緩やかな減少という, よく知られた深さ分布のパターンが確認できた。
    この理論的予想に反して, 11mg/cm2のプラスチック基板上の15mg/cm2の硫酸カルシウムTL素子とアルミニウムフォイルを用いた実験では, 深部線量がアルミニウムの厚さ30mg/cm2で表面の値に比べて約30%減少するという結果となった。これは26keV光子の減弱に相当する。いくつかの別の実験および吸収線量のオーダー推定より, 表面での線量は線源カプセルや空気層で発生した二次電子に影響されていると推論した。
    より定量的に議論するため, EGS4モンテカルロコードを用いて, ステンレスカプセル入りガラス状球形線源と仮定して, 二次電子フルエンスを計算した。この結果, フルエンスでは二次電子は一次γ線のわずか3%程度しかないが, 線量換算係数がきわめて高いため, 表面での吸収線量への寄与は70%を超えることがわかった。物質へのγ線照射や線量計の較正実験の際には, これら二次電子への配慮が必要である。

    公益社団法人 日本アイソトープ協会, 2000年10月15日, Radioisotopes, 49 (10), 471 - 478, 日本語

  • UV-VISIBLE SPECTRAL STUDY ON THE LATENT TRACK OF LIGHT IONS IN CR-39 PLASTICS DETECTOR

    Tomoya YAMAUCHI, Tomoki TANIGUCHI, Keiji ODA

    1999年08月, KEK Proceedings/ RADIATION DETECTORS AND THEIR USES, 99-8, p.45-55

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • T. Yamauchi, T. Taniguchi, K. Oda

    The response of CR-39 detector has been obtained precisely for protons, deuterons, tritons, alpha-particles and lithiumions with energies of a few MeV/nucleon. The track etch rates were determined from the growth curves of pit radius and summarized as the response functions. The accuracy of this method is high enough to discriminate among hydrogen isotopes under a certain condition. The correlation between the response and LET with various cut-off energies has also been examined. It was found that LET is not an unique parameter describing the response function adequately for different ions by the same expression.

    Elsevier Science Ltd, 1999年, Radiation Measurements, 31 (1), 261 - 264, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • T. Yamauchi, T. Taniguchi, K. Oda, T. Ikeda, Y. Honda, S. Tagawa

    The effect of gamma-rays and pulsed electrons has been investigated on the bulk etch rate of CR-39 detector at doses up to 100 kGy under various dose-rate between 0.0044 and 35.0 Gy/s. The bulk etch rate increased exponentially with the dose at every examined dose-rates. It was revealed to be strongly depend on the dose-rate: the bulk etch rate was decreased with increasing dose-rate at the same total dose. A primitive model was proposed to explain the dose-rate effect in which oxygen dissolved was assumed to dominate the damage formation process.

    Elsevier Science Ltd, 1999年, Radiation Measurements, 31 (1), 121 - 126, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • F. Sato, Y. Tanimura, T. Tanaka, T. Iida, T. Yamauchi, K. Oda

    A CR-39 track detector was successfully used to measure the outline of thin low-energy ion beams. After the etching, the surface of the detector was examined with an observation system composed of a Normarski microscope, a CCD camera and a digital image processing computer. Beam images obtained with the system were in good agreement on the outline of the beam formed with a beam aperture. Also, the resolving power in the beam outline measurement was roughly explained from the consideration of the ion range and the etch-pit growth in the chemical etching for the CR-39 detector.

    Elsevier Science Ltd, 1999年, Radiation Measurements, 31 (1), 253 - 256, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • PWR一次冷却水中ホウ素濃度計測システムの設計

    小島 雄司, 山口 隆, 日尾 慎司, 大橋 正次, 山内 知也, 小田 啓二

    神戸大学, 1998年07月, 神戸商船大学紀要第二類, 46, p. 11- 18, 11 - 18, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 「もんじゅ」ナトリウム漏洩・火災事故とその問題点

    小林 圭二, 小出 裕章, 今中 哲二, 海老澤 徹, 川野 眞治, 久米 三四郎, 正脇 謙次, 山内 知也

    A Sodium leak and fire accident occurred in the fast breeder reactor MONJU on the 8th of December in 1995. Investigations were carried out by Power Reactor and Nuclear Fuel Development Corporation, and officially, by the Science and Technology Agency and the Nuclear Safty Commission. Referring their reports, we pointed out the problems raised in the accident and discussed them

    京都大学原子炉実験所, 1998年01月, 京都大学原子炉実験所第32回学術講演会報文集, 第32回 (16), 87 - 91, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • γ線及び電子線照射によるCR-39飛跡検出器の特性変化

    吉田 勝也, 山内 知也, 小田 啓二, 池田 稔治, 誉田 義英, 田川 精一

    1997年10月, 放射線, 23-3, p. 113-119, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 低エネルギーイオンに対するCR-39飛跡検出器の応答評価法の研究

    田辺 直, 谷口 知輝, 山内 知也, 小田 啓二, 三宅 寛

    神戸大学, 1997年07月, 神戸商船大学紀要第二類, 45, p.141-146, 141 - 146, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • K Oda, K Yoshida, T Yamauchi, Y Honda, T Ikeda, S Tagawa

    The effects of Co-60 gamma-rays and about 25-MeV pulsed electrons have been investigated on CR-39 plastic nuclear track detector. The bulk etch rate was measured as a function of the absorbed dose under three different irradiation conditions; gamma-ray exposure in air at the dose rate of 6 kGy/h, that in vacuum and electron shower in air at 126 kGy/h on average. It was found that the bulk etch rate (V) increased nearly exponentially with the dose (D); V=V(o)exp(kD), and the characteristic parameter (k) was 35, 9 and 12 MGy(-1), respectively. It is considered that a lack of oxygen in damage formation processes could occur momentarily during a short electron pulse, just similarly to the vacuum effect of reduction in track etch rates in outgassed CR-39 plastic.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 1997年, RADIATION MEASUREMENTS, 28 (1-6), 85 - 88, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • T Yamauchi, K Oda, S Tanabe, H Matsumoto, H Miyake

    Triton response of the CR-39 track detector has been studied at energy ranges below 2.7 MeV. Triton irradiation was made both on the top and the well polished side surface of the CR-39 sample sheets, using Li-6(n,t)He-4 reaction in a thermal neutron field. At large residual ranges more than 10 mu m, fine results of etch rate ratio were obtained by analysing the growth curves of etch-pit radius on the top surface. But the response at near the track end-point could not be obtained well in this method, as a result of the missing track effect. Clearly resolved response at short residual ranges was attained by means of the shape analysis of the etch-pit profile observed on the side surface.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 1997年, RADIATION MEASUREMENTS, 28 (1-6), 191 - 196, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 固体線量計の表層部線量計測への応用

    吉田 真, 吉田 勝也, 小田 啓二, 山内 知也

    神戸大学, 1996年07月, 神戸商船大学紀要第二類, 44, p. 69-74, 69 - 74, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Triton, Deuteron and Proton Response of the CR-39 Track Detector

    Tomoya YAMAUCHI, Hiroyoshi MATSUMOTO, Keiji ODA

    1996年07月, KEK Proceedings/ RADIATION DETECTORS AND THEIR USES, 96-4, p.41-49

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • トリトンに対するCR-39飛跡検出器の応答特性

    山内 知也, 小田 啓二, 松本 博吉, 田辺 直, 三宅 寛, 占部 逸正, 義本 孝昭, 辻本 忠

    1996年01月, 京都大学原子炉実験所第30回学術講演会報文集, p. 229-238, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • モンテカルロシュミレーションを用いた光子検出器システムの設計

    布子 章, 小田 啓二, 山内 知也, 三宅 寛

    1995年10月, 神戸商船大学紀要第二類, 43, p. 19-24, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • CR-39飛跡検出器を用いた水素同位体の識別計測

    松本 博吉, 山内 知也, 義本 孝明, 小田 啓二, 占部 逸正, 三宅 寛, 辻本 忠

    神戸大学, 1995年10月, 神戸商船大学紀要第二類, 43, p. 47-51, 47 - 51, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Study on the Calibration of CR-39 Track Detector for Low Energy Proton and Alpha-particles

    Tomoya YAMAUCHI, Keiji ODA, Hiroyoshi MATSUMOTO, Hiroshi MIYAKE

    1995年06月, KEK Proceedings/ RADIATION DETECTORS AND THEIR USES, 95-1, p.97-106

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • エッチピット成長曲線に現れるミッシングトラック効果

    山内 知也, 松本 博吉, 小田 啓二, 三宅 寛

    1995年05月, 放射線, 21-2, p. 10-19 (2), 10 - 19, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • T Yamauchi, H Matsumoto, K Oda, H Miyake

    The deuteron response function has been reconstructed from etch-pit growth curves obtained by the multi-step etching technique. The experimental results showed that the etch rate ratio for short residual ranges depended significantly upon the energy of incident deuterons, which is contrary to theoretical expectation. From simulated calculations based on a fundamental track evolution model, we found that there exists a missing segment on the trajectory, where information about the response function could never be reflected directly by the real growth curve. It is concluded that the incident energy dependence observed may be attributed to the missing track effect. © 1994.

    1995年, Radiation Measurements, 24 (1), 101 - 104, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Thermal Release Behavior of Helium Implanted into Titanium

    Tomoya Yamauchi, Shinsuke Yamanaka, Masanobu Miyaka

    1993年10月, Technology Report of the Osaka University, 43, 2147, p. 197-204

    研究論文(学術雑誌)

  • Thermal Release Behavior of Helium Implanted into Nickel, Copper and Silver

    Tomoya Yamauchi, Shinsuke Yamanaka, Masanobu Miyaka

    1993年10月, Technology Report of the Osaka University, 43, 2146, p. 187-195

    研究論文(学術雑誌)

  • H. Miyake, J. Sasaki, T. Iwao, K. Oda, T. Yamauchi, T. Inoue, N. Shiota, H. Tsubo

    The investigation on long-range transport of aerosol particles over the North Pacific was performed using PIXE. Sampling was carried out on board a large sailing ship, T.S. "Nippon Maru", during the cruise round the North Pacific from June 21 to August 31 in 1991. Aerosol samples were collected with two sets of Battelle-type 10 stage cascade impactors in parallel. Radon daughter concentrations were concurrently measured in order to obtain the time scale of air mass transport from continents using the half-life of radon (3.8 d). The data were compared with those obtained by the previous sampling cruises of R/V Hakuho Maru in 1985, 1989 and 1990. Anomalously high concentrations of fine sulfur (particle size < 1 μm) and silicon were observed around the northern part of the central North Pacific. Trajectories of air mass suggested that the increase of these components were caused by the big volcanic eruption of Mt. Pinatubo in the Philippine Islands on June 15, 1991. © 1993.

    1993年04月03日, Nuclear Inst. and Methods in Physics Research, B, 75 (1-4), 282 - 286, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • K. Oda, I. Csige, T. Yamauchi, H. Miyake, E. V. Benton

    The proton response of the TS-16 type of CR-39 plastic nuclear track detector has been studied with accelerated and fast neutron induced protons in vacuum and in air. The diameters of etched tracks were measured as a function of etching time and the etch rate ration and the etch induction layer were determined from the growth curve of the diameter using a variable etch rate ratio model. In the case of the accelerated protons in vacuum an anomalous incident angle dependence of the response is observed. © 1994.

    1993年, Nuclear Tracks And Radiation Measurements (1993), 22 (1-4), 729 - 732, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • T YAMAUCHI, K ODA, H MIYAKE

    The property of latent track registration for CR-39 plastic track detectors outgassed in vacuum has been examined. It was found that the sensitivity of CR-39 detectors recovered partially when exposed to air after alpha-particle irradiation. The life-time of radicals produced by the irradiation could be evaluated from the dependence of recovery on the time between irradiation and air exposure. At least two components of radicals with life-times of about 40 min and a few min were found to be formed.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 1992年10月, NUCLEAR TRACKS AND RADIATION MEASUREMENTS, 20 (4), 615 - 617, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • T YAMAUCHI, S YAMANAKA, M MIYAKE

    Thermal release behavior of helium implanted into silver with 20 keV He+ ions to fluences ranging from 5 X 10(20) to 5 X 10(21) ions/m2 has been studied. The number of release peaks increased and the initiating temperature for helium release became lower with increasing fluence. Above a fluence of 1.5 X 10(21) ions/m2, a significant release peak was observed around 550-degrees-C independently of fluence. It was ascertained that the activation energy for helium release in this peak was equivalent to that for the silver self-diffusion. The helium releasing mechanism was discussed, comparing the results for silver to those for copper and nickel.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 1992年07月, JOURNAL OF NUCLEAR MATERIALS, 189 (2), 217 - 221, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • T YAMAUCHI, S YAMANAKA, M MIYAKE

    The thermal release behavior of helium implanted into nickel with 20 keV He+ ions at fluences ranging from 1 x 10(17) to 5 x 10(17) ions/cm2 has been studied. The number of helium release peaks increased and the temperature at which the release began became lower with increasing fluence. The surfaces of nickel samples heated after ion implantation were also examined. The release peaks were associated with distinct surface damage features such as holes and blisters. The release peak at high temperatures appeared to be controlled by the thermal vacancy absorption of bubbles. The release peaks at lower temperatures was attributable to the interbubble fracture associated with helium precipitation into bubbles.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 1991年03月, JOURNAL OF NUCLEAR MATERIALS, 179, 308 - 311, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • H ATSUMI, T YAMAUCHI, M MIYAKE

    Thermal desorption measurements were performed on three isotropic graphite samples which were exposed to helium gas at 100-700-degrees-C under 7-130 kPa for 1 h. Helium atoms which were desorbed from the sample during ramp heating at 10-degrees-C/min in vacuum were identified with a quadrupole mass spectrometer. Helium was dissolved into graphite for a few ppm in atomic fraction. The thermal desorption curve for ISO-880U appears to consist of two peaks (450 and 620-degrees-C) after helium gas exposure at above 500-degrees-C. The helium desorption can be ascribed to the diffusion-controlled process where the helium atoms may leave through bulk surface and open pores.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 1991年03月, JOURNAL OF NUCLEAR MATERIALS, 179, 227 - 230, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • T YAMAUCHI, S YAMANAKA, M MIYAKE

    ELSEVIER SCIENCE BV, 1990年11月, JOURNAL OF NUCLEAR MATERIALS, 174 (1), 53 - 59, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • CR-39飛跡検出器中の酸素濃度と拡散係数

    三宅 寛, 山内 知也, 小田 啓二

    1990年08月, 放射線, Vol.16, No.3, pp.59-70, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • T YAMAUCHI, S TOKURA, S YAMANAKA, M MIYAKE

    ELSEVIER SCIENCE BV, 1988年07月, JOURNAL OF NUCLEAR MATERIALS, 155, 438 - 442, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • S TOKURA, H ATSUMI, T YAMAUCHI, M SHINNO, S YAMANAKA, M MIYAKE

    ELSEVIER SCIENCE BV, 1988年07月, JOURNAL OF NUCLEAR MATERIALS, 155, 246 - 250, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • H ATSUMI, S TOKURA, T YAMAUCHI, S YAMANAKA, M MIYAKE

    ELSEVIER SCIENCE BV, 1986年11月, JOURNAL OF NUCLEAR MATERIALS, 141, 258 - 261, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Y. Kuramitsu, T. Minami, T. Hihara, K. Sakai, T. Nishimoto, S. Isayama, Y. T. Liao, K. T. Wu, W. Y. Woon, S. H. Chen, Y. L. Liu, S. M. He, C. Y. Su, M. Ota, S. Egashira, A. Morace, Y. Sakawa, Y. Abe, H. Habara, R. Kodama, L. N. K. Döhl, N. Woolsey, M. Koenig, H. S. Kumar, N. Ohnishi, M. Kanasaki, T. Asai, T. Yamauchi, K. Oda, Ko. Kondo, H. Kiriyama, Y. Fukuda

    AbstractGraphene is known as an atomically thin, transparent, highly electrically and thermally conductive, light-weight, and the strongest 2D material. We investigate disruptive application of graphene as a target of laser-driven ion acceleration. We develop large-area suspended graphene (LSG) and by transferring graphene layer by layer we control the thickness with precision down to a single atomic layer. Direct irradiations of the LSG targets generate MeV protons and carbons from sub-relativistic to relativistic laser intensities from low contrast to high contrast conditions without plasma mirror, evidently showing the durability of graphene.

    Springer Science and Business Media LLC, 2022年02月, Scientific Reports, 12 (2346), 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 森 豊, 坂本 淳志, 山内 知也, 小田 啓二, 安田 仲宏

    神戸大学大学院海事科学研究科, 2009年07月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要 = Review of the Faculty of Maritime Sciences, Kobe University, 6, 65 - 72, 日本語

  • 渡邉 宗一郎, 山内 知也, 小田 啓二, 安田 仲宏

    神戸大学海事科学部, 2007年07月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要 = Review of the Faculty of Maritime Sciences, Kobe University, 4, 61 - 70, 日本語

  • Oda Keiji, Miyawaki Nobumasa, Yamauchi Tomoya, Baba Suiki

    In this report are discussed the characteristics of a radiation field generated by a small gamma-ray source and the depth-dose curve in a material placed there.The experiments with TLDs and a 137Cs source resulted in a depth-dependence of about 30% decrease by aluminum wall of 100mg/cm2, to the contrary of a well-known pattern, i.e.saturation after a rapid build-up for parallel photon beam.In order to investigate the discrepancy, a Monte Carlo simulation was employed to calculate the energy distribution of the secondary electrons in an approximate geometry of a spherical source of glass sealed in a stainless-steel capsule.It was confirmed that the surface dose may be affected considerably by secondary electrons generated in the capsule and/or the air between the source and the detector. The angular distribution of secondary electrons and scattered photons have also been calculated, with which the function of a collimator was discussed.

    Japanese Society of Radiation Safety Management, 2002年, Radiation Safety Management, 1 (1), 7 - 11, 英語

  • 福田 祐仁, 金崎 真聡, 神野 智史, 松井 隆太郎, 樹下 真治, 匂坂 明人, 小倉 浩一, 宮坂 泰弘, 近藤 康太郎, 浅井 孝文, 清水 和輝, 坂本 渓太, 北川 暢子, 森島 邦博, 小平 聡, 小田 啓二, 山内 知也, 上坂 充, 近藤 公伯, 河内 哲哉, 神門 正城, 桐山 博光, 岸本 泰明

    一般社団法人 日本物理学会, 2019年, 日本物理学会講演概要集, 74.2, 622 - 622, 日本語

  • 神野 智史, 金崎 真聡, 高野 雄太, 森井 厚作, 浅井 孝文, 坂本 渓太, 清水 和輝, 匂坂 明人, 小倉 浩一, 宮坂 泰弘, 森島 邦博, 小平 聡, 松井 隆太郎, 岸本 泰明, 小田 啓二, 山内 知也, 上坂 充, 近藤 公伯, 河内 哲哉, 神門 正城, 桐山 博光, 福田 祐仁

    一般社団法人 日本物理学会, 2019年, 日本物理学会講演概要集, 74.1, 608 - 608, 日本語

  • 福田 祐仁, 金崎 真聡, 神野 智史, 匂坂 明人, 小倉 浩一, 宮坂 泰弘, 中新 信彦, 宇野 雅貴, 高野 雄太, 森井 厚作, 浅井 孝文, 坂本 渓太, 清水 和輝, 森島 邦博, 小平 聡, 岡本 祐樹, 松井 隆太郎, 岸本 泰明, 小田 啓二, 山内 知也, 上坂 充, 近藤 公伯, 河内 哲哉, 神門 正城, 桐山 博光

    一般社団法人 日本物理学会, 2018年, 日本物理学会講演概要集, 73.1, 560 - 560, 日本語

MISC

  • 固体飛跡検出器中に形成される重イオントラックの構造分析

    山内 知也, 楠本 多聞, 寺下 佳孝, 東 和樹, 大谷 拓也, 酒井 盛寿, 濵野 拳, 千葉 昌寛, 小平 聡

    量子科学技術研究開発機構, 2018年12月, 平成29年度放医研サイクロトロン利用報告書, QST-M-15, 36 - 39, 日本語

    機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等

  • ホウ素イオンを照射したポリカーボネート薄膜中放射線損傷の面分布

    浜野拳, 楠本多聞, 東和樹, 大谷拓也, 酒井盛和, 金崎真聡, 小田啓二, 小平聡, 山内知也

    2018年09月05日, 応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM), 79th, ROMBUNNO.20a‐224B‐4, 日本語

  • 検出閾値周辺におけるポリエチレンテレフタレート中イオントラック構造の研究

    千葉昌寛, 楠本多聞, 東和樹, 大谷拓也, 酒井盛寿, 金崎真聡, 小田啓二, 小平聡, 山内知也

    2018年09月05日, 応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM), 79th, ROMBUNNO.20a‐224B‐3, 日本語

  • FT‐IRを用いたナイロン6の水素イオン照射による吸光度変化と化学的損傷パラメータ

    酒井盛寿, 楠本多聞, 小平聡, 千葉昌寛, 濱野拳, 金崎真聡, 小田啓二, 山内知也

    2018年09月05日, 応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM), 79th, ROMBUNNO.20a‐224B‐5, 日本語

  • ESR法を用いたガンマ線照射によるPADC検出器中の損傷評価

    大谷拓也, 楠本多聞, 金崎真聡, 小田啓二, 小林一雄, 譽田義英, 藤乗幸子, 山内知也

    2018年09月05日, 応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM), 79th, ROMBUNNO.20a‐224B‐2, 日本語

  • イオントラックに沿ったヒドロキシル基密度によるPADC飛跡検出器の応答特性

    東和樹, 千葉昌寛, 濱野拳, 楠本多聞, 金崎真聡, 小田啓二, 小平聡, 山内知也

    2018年09月05日, 応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM), 79th, ROMBUNNO.20a‐224B‐1, 日本語

  • エッチング型飛跡検出器の閾値に対する化学的クライテリオンの確立

    山内知也, 楠本多聞, 楠本多聞, 寺下佳孝, 東和樹, 大谷拓也, 酒井盛寿, 金崎真聡, 小田啓二, 小平聡, 小西輝昭, BARILLON R

    2018年09月, 量子科学技術研究開発機構研究報告書(Web), (8), 135‐136 (WEB ONLY), 日本語

  • 山内 知也

    岩波書店, 2018年09月, 科学, 88 (9), 0906 - 0914, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • PADC検出器の閾値を記述する新しい物理概念としてのイオントラック内径方向電子フルエンス

    楠本多聞, 楠本多聞, EL BITAR Ziad, 岡田勝吾, GILLET Pierre, ARBOR Nicolas, 森豊, 金崎真聡, 小田啓二, NOURREDINE Abdel‐Mijid, 藏重久弥, FROMM Michel, CLOUTIER Pierre, BASS Andrew D, 小平聡, SANCHE Leon, BARILLON Remi, 山内知也

    2018年03月05日, 応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM), 65th, ROMBUNNO.17p‐A304‐1, 日本語

  • 局所線量分布の現代的更新とPET検出器への活用

    酒井盛寿, 楠本多聞, 楠本多聞, 寺下佳孝, 金崎真聡, 小田啓二, 山内知也

    2018年03月05日, 応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM), 65th, ROMBUNNO.17p‐A304‐5, 日本語

  • PADC検出器中イオントラック内の段階的損傷形成過程

    大谷拓也, 楠本多聞, 寺下佳孝, 金崎真聡, 小田啓二, 小林一雄, 譽田義英, 藤乗幸子, 山内知也

    2018年03月05日, 応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM), 65th, ROMBUNNO.17p‐A304‐3, 日本語

  • 固体飛跡検出器中に形成される重イオントラックの構造分析

    山内 知也, 多聞楠本, 寺下佳孝, 上田隆裕, 上野琢也, 小平聡

    量子科学技術研究開発機構, 2017年12月, 平成28年度放医研サイクロトロン利用報告書, QST-M-6, 日本語

    機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等

  • 高分子系飛跡検出器の応答特性を表す化学的クライテリオンの確立

    山内知也, 楠本多聞, 楠本多聞, 上田隆裕, 上野琢也, 亀田結貴, 寺下佳孝, 金崎真聡, 小田啓二, 北村尚, 小平聡, 小西輝昭, BARILLON R

    2017年09月, 量子科学技術研究開発機構研究報告書(Web), (6), 161‐162 (WEB ONLY), 日本語

  • 高分子系エッチング型飛跡検出器中イオントラックの研究 (光・量子デバイス研究会・量子ビームを用いたマイクロ・バイオプラットフォームとメディカル応用)

    楠本 多聞, 森 豊, 山内 知也

    電気学会, 2017年03月29日, 電気学会研究会資料. OQD = The papers of technical meeting on optical and quantum devices, IEE Japan, 2017 (26), 5 - 10, 日本語

  • 固体飛跡検出器中に形成される重イオントラックの構造分析

    山内 知也, 楠本 多聞, 上田 隆裕, 上野 琢也, 小平 聡, 北村 尚

    ポリアリルジグリコールカーボネート(PADC)は、エッチング型飛跡検出器としては最も高い感度を有する高分子材料であり、そこに形成されるプロトンのイオントラック構造について赤外線分光法を用いた分析を実施した。照射したプロトンのエネルギーは検出閾値以下であり、エッチピットは形成されない(20、30、70 MeV)。PADCに関しては、HIMAC共同利用研究として、5.7 MeVプロトンとHeからXeまでの重イオン照射後の分析を行っているので、阻止能としては、1.2から12,000 keV/µmの範囲をカバーする充実したデータが蓄積された。イオントラック構造の特性を表現するために、三種類の化学的損傷パラメータを用いた。それらは損傷密度(イオントラックの単位長さあたりの着目する官能基の損失数)と実効的トラックコア半径(着目する官能基が失われている径方向の広が

    放射線医学総合研究所, 2016年10月, 平成27年度サイクロトロン利用報告書, NIRS-M-290, 50 - 54, 日本語

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)

  • 固体飛跡検出器中に形成される重イオントラックの構造分析

    山内 知也, 楠本 多聞, 池永 龍之介, 安田 修一郎, 小平 聡, 北村 尚

    ポリアリルジグリコールカーボネート(PADC)をはじめとする種々の高分子系飛跡検出器中に形成されるプロトントラックの構造上の特徴を分析化学的に明らかにし、重イオントラックに関する結果との総合的な比較検討を通じて、イオントラック形成機構解明のための基礎的知見を得ることを目的とする。関連するPADCについてのHIMACからのプロトンと重イオンを利用した研究を振り返ると、阻止能領域では10~12000 keV/μmの領域での分析に取り組んできたが、今回実施した30 MeVプロトンの阻止能は2.5 keV/µmであった。放射線感受性が最も高いエーテル基に着目すると、その損失の実効的トラックコア半径は 0.26 nmであり、同損失の放射線化学収率(G値)は100 eVあたり24であった。このG値は、Co-60線源からのガンマ線や5.7 MeVプロトン照射におけ

    放射線医学総合研究所, 2015年10月, 平成26年度サイクロトロン利用報告書, NIRS-M-284, 44 - 47, 日本語

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)

  • クラスターターゲットを用いたレーザー駆動イオン加速における背景ガスイオンの加速

    金崎真聡, 神野智史, 榊泰直, FAENOV A. Ya, PIKUZ T.A, 西内満美子, 桐山博光, 神門正城, 近藤公伯, 松井隆太郎, SCULLION C, SMYTH A.G, AARON A, DORIA D, BORGHESI M, 小田啓二, 山内知也, 岸本泰明, 福田祐仁

    2015年02月26日, 応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM), 62nd, ROMBUNNO.14A-A15-3, 日本語

  • 28pTN-7 レーザー駆動粒子線加速における電子温度計測手法の確立(28pTN ビーム物理領域,領域2合同 レーザープラズマ加速および高エネルギー密度物理2,領域2(プラズマ))

    榊 泰直, 西内 満美子, 前田 祥太, 石田 祥大, 山下 智弘, 片平 慶, Pikuz Taniana A., Faenov Anatory Ya., Esirkepov Timur, Pirozhkov Alexander S., 松川 健也, 匂坂 明人, 小倉 浩一, 金崎 真聡, 桐山 博光, 福田 祐二, 山内 知也, 渡辺 幸信, 近藤 公伯

    一般社団法人日本物理学会, 2014年03月05日, 日本物理学会講演概要集, 69 (1), 266 - 266, 日本語

  • クラスターターゲットから発生するMeV級イオンの空間分布

    金崎真聡, 神野智史, 榊泰直, 西内満美子, 近藤公伯, 小田啓二, 山内知也, 松井隆太郎, 岸本泰明, DORIA D, BORGHESI M, 福田祐仁

    2014年03月03日, 応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM), 61st, ROMBUNNO.17A-F7-1, 日本語

  • レーザー駆動型重イオン源の可能性

    西内満美子, 榊泰直, 西尾勝久, 佐甲博之, PIKUZ Taniana, PIKUZ Taniana, FAENOV Anatory, FAENOV Anatory, TIMUR Esirkepov, PIROZIKOV Alexander, 松川健也, 前田祥太, 匂坂明人, 小倉浩一, 金崎真聡, 金崎真聡, 桐山博光, 福田祐二, 神門正城, 山内知也, 渡辺幸信, BULANOV Sergei, 近藤公伯, 今井憲一, 永宮正治

    2014年, 日本物理学会講演概要集, 69 (1)

  • 27pKB-5 高コントラスト超高強度短パルスレーザーJ-KARENによるレーザー駆動イオン加速実験(プラズマ基礎・プラズマ科学(高強度レーザー・粒子加速・THz光源・X線レーザー),領域2(プラズマ基礎・プラズマ科学・核融合プラズマ・プラズマ宇宙物理))

    西内 満美子, 松川 兼也, 田尾 陽, 楠本 多聞, 金崎 真聡, 森 豊, 神門 正城, Esirkepov T.Zh, 岡田 大, 桐山 博光, 下村 拓也, 榊 泰直, 田上 学, 中井 善基, 岡本 征洋, 鳥本 和弘, 近藤 修二, 金沢 修平, 松本 吉弘, 圓谷 志郎, 境 誠司, 錦野 将元, 匂坂 明人, 河内 哲也, 山内 知也, 渡辺 幸信, Bulanov S.V, 近藤 公伯, 前田 祥太, Pirozhkov A.S, Pikuz T.A, Faenov Ya, 小倉 浩一, 福田 祐仁

    一般社団法人 日本物理学会, 2013年, 日本物理学会講演概要集, 68 (0), 199 - 199, 日本語

  • 27pKB-6 超高強度超短パルスレーザーの薄膜照射で発生する電子スペクトル計測(プラズマ基礎・プラズマ科学(高強度レーザー・粒子加速・THz光源・X線レーザー),領域2(プラズマ基礎・プラズマ科学・核融合プラズマ・プラズマ宇宙物理))

    前田 祥太, 松川 兼也, 田尾 陽, 楠本 多聞, 金崎 真聡, 森 豊, 神門 正城, Esirkepov T.Zh, 岡田 大, 桐山 博光, 下村 拓也, 西内 満美子, 田上 学, 中井 善基, 岡本 征洋, 鳥本 和弘, 近藤 修二, 金沢 修平, 松本 吉弘, 圓谷 志郎, 境 誠司, 錦野 将元, 榊 泰直, 河内 哲也, 山内 知也, 渡辺 幸信, Bulanov S.V, 近藤 公伯, 匂坂 明人, Pirozhkov A.S, Pikuz T.A, Faenov Ya, 小倉 浩一, 福田 祐仁

    一般社団法人 日本物理学会, 2013年, 日本物理学会講演概要集, 68 (0), 200 - 200, 日本語

  • 27pKB-7 レーザー駆動粒子線加速の中性子計測とその評価(プラズマ基礎・プラズマ科学(高強度レーザー・粒子加速・THz光源・X線レーザー),領域2(プラズマ基礎・プラズマ科学・核融合プラズマ・プラズマ宇宙物理))

    榊 泰直, 松川 兼也, 田尾 陽, 楠本 多聞, 金崎 真聡, 山内 知也, 渡辺 幸信, 近藤 公伯, 西内 満美子, 前田 祥太, 匂坂 明人, Pirozhkov A.S, Pikuz T.A, Faenov A.Ya, 小倉 浩, 福田 祐仁

    一般社団法人 日本物理学会, 2013年, 日本物理学会講演概要集, 68 (0), 200 - 200, 日本語

  • 小平 聡, 山内 知也

    2012年09月, 放射線化学, 94, 27-40, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 18pFJ-8 原子力機構関西研における薄膜ターゲットを用いた陽子線加速の現状(18pFJ プラズマ科学(ビーム・高強度レーザー),領域2(プラズマ基礎・プラズマ科学・核融合プラズマ・プラズマ宇宙物理))

    西内 満美子, 小倉 浩一, 谷本 壮, Pirozhkov Alexander S., 榊 泰直, 福田 祐仁, 金崎 真聡, 神門 正城, Esirkepov T. Zh., 匂坂 明人, 余語 覚文, 下村 拓也, 田上 学, 中井 善基, 松本 吉弘, 圓谷 志郎, 境 誠司, 山内 知也, 近藤 公伯

    一般社団法人日本物理学会, 2012年08月24日, 日本物理学会講演概要集, 67 (2), 195 - 195, 日本語

  • 金崎 真聡, 福田 祐仁, 榊 泰直, 西内 満美子, 近藤 公伯, 倉島 俊, 神谷 富裕, 服部 篤人, 小田 啓二, 山内 知也

    2012年05月, プラズマ・核融合学会誌, 88, 5, 261-275, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 固体飛跡検出器研究会(神戸大学2011)の報告

    山内 知也

    2011年10月, 放射線, Vol. 37, No. 3, pp. 179-183, 日本語

    その他

  • 山内 知也

    2011年10月, 小学図書館ニュース付録, 第992号, p. 1, 日本語

    その他

  • 後方散乱粒子を用いた高エネルギーイオンビームの特性診断

    福田祐仁, 榊泰直, 堀利彦, 反保元伸, 倉島聡, 神谷富裕, 近藤公伯, 金崎真聡, 金崎真聡, 山内知也

    2011年, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集(CD-ROM), 58th

  • CR-39を用いた後方散乱粒子による高強度イオンビーム特性簡易診断法

    金崎真聡, 金崎真聡, 山内知也, 福田祐仁, 榊泰直, 堀利彦, 反保元伸, 倉島俊, 神谷富裕, 近藤公伯

    2011年, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集(CD-ROM), 58th

  • 福田 祐仁, 小瀧 秀行, 余語 覚文, 榊 泰直, Kameshima T., Pirozhkov A. S., 小倉 浩, 森 道昭, Esirkepov T. Zh., 甲賀 ジェームス, Boldarev A. S., Faenov A. Ya., Gasikov V. A., Magunov A. I., 兒玉 了祐, 山内 知也, Bolton P. R., 加藤 義章, 田島 俊樹, 大道 博行, Bulanov S. V., 反保 元伸, Pikuz T. A., 中村 龍史, 神門 正城, 林 由紀雄, 本間 隆之, 川瀬 啓悟

    一般社団法人 日本物理学会, 2010年, 日本物理学会講演概要集, 65 (0), 250 - 250, 日本語

  • クラスターターゲットを用いたレーザー駆動イオン加速

    福田祐仁, FAENOV A. Ya., FAENOV A. Ya., 反保元伸, PIKUZA T. A., PIKUZA T. A., 中村龍史, 神門正城, 林由紀雄, 本間隆之, 川瀬啓悟, 小瀧秀行, 余語覚文, 榊泰直, PIROZHKOV A. S., 小倉浩, 森道昭, ESIRKEPOV T. Zh., 甲賀ジェームス, BOLDAREV A. S., GASILOV V. A., MAGUNOV A. I., 兒玉了祐, 山内知也, BOLTON P. R., 加藤義章, 田島俊樹, 大道博行, BULANOV S. V., BULANOV S. V.

    2010年, 日本物理学会講演概要集, 65 (1)

  • クラスターターゲットを用いたイオン加速

    福田祐仁, FAENOV A. Ya., FAENOV A. Ya., 反保元伸, PIKUZ T. A., PIKUZ T. A., 中村龍史, 神門正城, 林由紀雄, 余語覚文, 榊泰直, 川瀬啓悟, PIROZHKOV A. S., 小倉浩一, 森道昭, ESIRKEPOV T. Zh., 甲賀ジェームス, 山内知也, 兒玉了祐, BOLTON P. R., 近藤公伯, 河西俊一, 加藤義章, 田島俊樹, 大道博行, BULANOV S. V., BULANOV S. V.

    2010年, 応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM), 71st

  • クラスターターゲットを用いたレーザー駆動イオン加速の高エネルギー化

    福田祐仁, FAENOV A.Ya., FAENOV A.Ya., 反保元伸, PIKUZ T.A., 中村龍史, 神門正城, 林由紀雄, 本間隆之, 川瀬啓悟, 余語覚文, 榊泰直, PIROZHKOV A.S., 小倉浩, 森道昭, ESIRKEPOV T.Zh., 甲賀ジェームス, BOLDAREV A.S., GASILOV V.A., MAGUNOV A.I., 兒玉了祐, 山内知也, BOLTON P.R., 加藤義章, 田島俊樹, 大道博行, BULANOV S.V., BULANOV S.V.

    2009年, 分子科学討論会講演プログラム&要旨(Web), 3rd

  • 飛跡検出器と原子間力顕微鏡とを利用した超高強度レーザー照射誘起イオンおよび光子の測定

    山内知也, 芦田洋之, 嶺山太佑, 小田啓二, 反保元伸, 児玉了祐, 山中龍彦

    2002年, 大阪大学レーザー核融合研究センター共同研究成果報告書, 2001

  • プロトン照射したPADC検出器表面上液滴の接触角異常

    前田 佑介, 森 豊, 金崎 真聡, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏, 藤乗 幸子, 誉田 義英, 蔵岡 孝治

    神戸大学, 2011年07月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, 8, 21 - 29, 日本語

  • 光刺激ルミネッセンス線量計としてのKCl:Eu素子

    辻井 正憲, 田川 泰, 佐飛 勇, 山内 知也, 小田 啓二

    神戸大学, 1997年07月, 神戸商船大学紀要. 第二類, 商船・理工学篇, 45, 135 - 140, 日本語

  • クラスターターゲットから発生するレーザー加速イオンの高精度計測

    金崎真聡, 神野智史, 榊泰直, 近藤公伯, 小田啓二, 山内知也, 福田祐仁

    2017年, 応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM), 64th

  • レーザー駆動イオン加速における光中性子発生を考慮したイオン計測体系の設計

    金崎真聡, 神野智史, 榊泰直, 近藤公伯, 小田啓二, 山内知也, 福田祐仁

    2015年, 応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM), 76th

  • 重イオン成分を含む混成場への固体飛跡検出器群の適用

    山内知也, ELYWA Mohammed, 楠本多聞, 田尾陽, 池永龍之介, 安田修一郎, 小田啓二, 小平聡, 北村尚, 西内満美子, 榊泰直, 金崎真聡, 福田祐仁, 近藤公伯

    2015年, 応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM), 62nd

  • 薄膜ターゲットを用いたレーザー駆動陽子加速

    匂坂明人, 西内満美子, PIROZHKOV Alexander S., 小倉浩一, 榊泰直, 前田祥太, 前田祥太, PIKUZ Tatiana A., FAENOV Anatoly Ya., 福田祐仁, 金崎真聡, 金崎真聡, 松川兼也, 松川兼也, 神門正城, 桐山博光, 岡田大, 金沢修平, 近藤修司, 下村拓也, 中井善基, 田上学, 境誠司, 渡辺幸信, 山内知也, ESIRKEPOV Timur Zh., BULANOV Sergei V., 近藤公伯

    2014年, 応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM), 61st

  • レーザー駆動イオンビーム計測における光中性子の影響評価

    金崎真聡, 金崎真聡, 福田祐仁, 榊泰直, 余語覚文, 神野智史, 西内満美子, 服部篤人, 松川兼也, 近藤公伯, 小田啓二, 山内知也

    2013年, 応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM), 60th

書籍等出版物

  • 核と放射線の現代史 開発 被ばく 抵抗

    若尾裕司, 木戸衛一編, 北村陽子, 中尾麻伊香, 高椅博子, 市川浩, 小島智恵子, 友次晋介, 佐藤温子, 川口悠子, 和田喜彦, 山本昭宏, 後藤宣代, 藤岡毅, 山内知也, 竹本真希子

    分担執筆, 昭和堂, 2021年03月

  • 放射線被ばくによる健康影響とリスク評価 欧州放射線リスク委員会(ECRR)2010年勧告

    山内 知也

    共訳, 明石書店, 2011年11月, 日本語, 現在放射線リスクの国際的権威とされている国際放射線防護委員会(ICRP)のリスクモデルの分析・批判を目的に97年に設立された欧州放射線リスク委員会・ECRR。ICRPが基礎としてきた倫理的・法的原則の見直しから、主には低線量放射線の健康影響・損害に関して、内部被曝を考慮に入れた新たなリスクモデルを提起したECRR勧告日本語版。

    学術書

講演・口頭発表等

  • 二酸化炭素処理によるPADC検出器の重イオンに対する応答特性の向上

    宗 晃汰, 橋本 勇史, 田中 俊裕, 林 勇利, 伊藤 大洋, 楠本 多聞, 金崎 真聡, 小平 聡, 山内 知也

    第82回応用物理学会秋季学術講演会, 2021年09月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • PADC 検出器中の高エネルギーイオントラックの構造分析 3

    林 勇利, 伊藤 大洋, 宗 晃汰, 橋本 勇史, 田中 俊裕, 楠本 多聞, 金崎 真聡, 小平 聡, 山内 知也

    第82回応用物理学会秋季学術講演会, 2021年09月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 固体飛跡検出器としてのポリカーボネートが持つ検出感度の深さ依存性

    橋本 勇史, 田中 俊裕, 林 勇利, 伊藤 大洋, 宗 晃汰, 楠本 多聞, 金崎 真聡, 小平 聡, 山内 知也

    第82回応用物理学会秋季学術講演会, 2021年09月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 重合度を調整した PADC 検出器の重イオンに対する感度評価

    伊藤 大洋, 橋本 勇史, 林 勇利, 田中 俊裕, 宗 晃汰, 楠本 多聞, 金崎 真聡, 小平 聡, 石川 一平, 山内 知也

    第82回応用物理学会秋季学術講演会, 2021年09月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 検出閾値近傍におけるポリエチレンテレフタレートの損傷構造評価 3

    田中 俊裕, 楠本 多聞, 林 勇利, 橋本 勇史, 宗 晃汰, 伊藤 大洋, 金崎 真聡, 小平 聡, 山内 知也

    第82回応用物理学会秋季学術講演会, 2021年09月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 固体飛跡検出器としてのポリカーボネートの検出閾値の決定 2

    橋本 勇史, 岡田 智暉, 田中 俊裕, 林 勇利, 楠本 多聞, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小平 聡, 山内 知也

    第68回応用物理学会春季学術講演会, 2021年03月18日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • PADC検出器中の高エネルギーイオントラックの構造分析(2)

    林 勇利, 岡田 智暉, 橋本 勇史, 田中 俊裕, 楠本 多聞, 金崎 真聡, 小平 聡, 山内 知也

    第68回応用物理学会春季学術講演会, 2021年03月18日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 検出閾値近傍におけるポリエチレンテレフタレートの損傷構造評価

    田中 俊裕, 楠本 多聞, 岡田 智暉, 林 勇利, 橋本 勇史, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小平 聡, 山内 知也

    第68回応用物理学会春季学術講演会, 2021年03月18日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 検出閾値近傍におけるポリエチレンテレフタレートの損傷構造評価

    田中 俊裕, 楠本 多聞, 岡田 智暉, 林 勇利, 橋本 勇史, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小平 聡, 山内 知也

    第81回応用物理学会秋季学術講演会, 2020年09月08日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • PADC 検出器に対する重イオンの検出閾値

    岡田 智暉, 田中 俊裕, 橋本 勇史, 林 勇利, 楠本 多聞, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小平 聡, 山内 知也

    第81回応用物理学会秋季学術講演会, 2020年09月08日, 日本語

  • PADC 検出器中高エネルギーイオントラックの構造分析

    林 勇利, 岡田 智暉, 橋本 勇史, 田中 俊裕, 楠本 多聞, 金崎 真聡, 小平 聡, 山内 知也

    第81回応用物理学会秋季学術講演会, 2020年09月08日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 固体飛跡検出器としてのポリカーボネートの検出閾値の決定

    橋本 勇史, 岡田 智暉, 田中 俊裕, 林 勇利, 楠本 多聞, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小平 聡, 山内 知也

    第81回応用物理学会秋季学術講演会, 2020年09月08日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • PADC検出器中高エネルギーイオントラックの構造分析と検出閾値

    岡田智暉, 濵野拳, 千葉昌寛, 楠本多聞, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小平聡, 山内知也

    第67回応用物理学会春季学術講演会, 2020年03月14日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • Application of Nuclear Emulsions for the Identification of Laser-accelerated Multi-MeV Protons

    T. Asai, M. Kanasaki, S. Jinno, N. Kitagawa, N. Shutoh, S. Kodaira, T. Yamauchi, K. Oda, K. Morishima, Y. Fukuda

    International Conference on Materials and Systems for Sustainability 2019, 2019年11月03日, 英語, 国際会議

    ポスター発表

  • Measurement of Laser-accelerated Protons using Several Types of Track Detectors

    Masato Kanasaki, Satoshi Jinno, Kunihiro Morishima, Satoshi Kodaira, Takafumi Asai, Keita Sakamoto, Kazuki Shimizu, Keiji Oda, Tomoya Yamauchi, Yuji Fukuda

    International Conference on Materials and Systems for Sustainability 2019, 2019年10月02日, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • PADC中に形成されるイオントラック中の構造変化と検出閾値

    岡田 智暉, 濱野 拳, 千葉 昌寛, 楠本 多聞, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小平 聡, 山内 知也

    第80回応用物理学会秋季学術講演会, 2019年09月21日, 日本語, 応用物理学会, 北海道大学札幌キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 赤外分光法とエッチングテストによるポリエチレンテレフタレートの検出閾値近傍の損傷評価

    千葉 昌寛, 楠本 多聞, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小平 聡, 山内 知也

    第80回応用物理学会秋季学術講演会, 2019年09月21日, 日本語, 応用物理学会, 北海道大学札幌キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 異なる初期吸光度を有するポリカーボネート薄膜中イオントラック内損傷密度の核種依存性

    濵野 拳, 楠本 多聞, 岡田 智暉, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小平 聡, 山内 知也

    第80回応用物理学会秋季学術講演会, 2019年09月21日, 日本語, 応用物理学会, 北海道大学札幌キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • リアルタイムトムソンパラボラスペクトロメータを用いた水素クラスターターゲットから発生した陽子線のエネルギースペクトル計測

    清水 和輝, 神野 智史, 金崎 真聡, 浅井 孝文, 坂本 渓太, 小田 啓二, 山内 知也, 古山 雄一, 谷池 晃, 福田 祐仁

    応用物理学会 第80回応用物理学会秋季学術講演会, 2019年09月18日, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 原子核乾板による100 MeV級レーザー加速プロトン計測

    浅井 孝文, 金崎 真聡, 神野 智史, 北川 暢子, 首藤 信通, 小平 聡, 山内 知也, 小田 啓二, 森島 邦博, 福田 祐仁

    応用物理学会 第80回応用物理学会秋季学術講演会, 2019年09月18日, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 固体飛跡検出器CR-39を用いた数百MeV級陽子線用エネルギースペクトロメータの開発

    坂本 渓太, 金崎 真聡, 浅井 孝文, 神野 智史, 小平 聡, 山内 知也, 小田 啓二, 福田 祐仁

    応用物理学会 第80回応用物理学会秋季学術講演会, 2019年09月18日, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Radial Electron Fluence around Ion Tracks as a Physical Parameter to Describe the Detection Thresholds of Etched Track Detectors

    Tomoya Yamauchi, Tamon Kusumoto, Shogo Okada, Satoshi Kodaira, Hisaya Kurashige, Ziad EL Bitar, Masato Kanasaki, Keiji Oda, Quentin Raffy, Abdel-Mjid Nourreddine, Remi Barillon

    19th International Conference on Solid State Dosimetry, 2019年09月18日, 英語, International Conference Center Hiroshima, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • The Precise Measurements of Laser-accelerated Protons from Hydrogen Cluster Targets by CR-39 Track Detectors

    Masato Kanasaki, Kousaku Morii, Keita Sakamoto, Yuta Takano, Takafumi Asai, Kazuki Shimizu, Satoshi Jinno, Tomoya Yamauchi, Keiji Oda, Yuji Fukuda

    19th International Conference on Solid State Dosimetry, 2019年09月16日, 英語, 国際会議

    ポスター発表

  • エッチング型飛跡検出器の閾値に対する化学的クライテリオンの確立

    山内 知也

    平成30年度放射線医学総合研究所重粒子線がん治療装置等共同利用研究成果発表会, 2019年04月, 日本語, 千葉みなとポートホテル, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 赤外分光法とエッチング実験によるポリエチレンテレフタレートの検出閾値近傍の損傷評価

    千葉 昌寛, 楠本 多聞, 大谷 拓也, 酒井 盛寿, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小平 聡, 山内 知也

    第33回固体飛跡検出器研究会, 2019年03月, 英語, 名古屋大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重イオン照射によるポリカーボネート薄膜中放射線損傷の面分布特性

    濵野 拳, 楠本 多聞, 東 和樹, 大谷 拓也, 酒井 盛寿, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小平 聡, 山内 知也

    第33回固体飛跡検出器研究会, 2019年03月, 日本語, 名古屋大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重イオンを照射したポリカーボネート薄膜中放射線損傷の面分布

    濵野 拳, 楠本 多聞, 東 和樹, 大谷 拓也, 酒井 盛寿, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小平 聡, 山内 知也

    第66回応用物理学会春季学術講演会, 2019年03月, 日本語, 東京工業大学、大岡山キャンパス, 固体飛跡検出器の一つであるビスフェノール A ポリカーボネート(以下 PC)に関して、 これまでに重イオンやガンマ線など様々な放射線を用いた照射実験が行われてきた。これ らの照射前後の有機高分子の構造を調べる手段として赤外顕微鏡(以下 IRT)を用いた。図 1 に顕微赤外法を用いて PC における C=O 基の吸光度をマッピング測定した結果を示す。 表示している領域は 4000×4000 μm2 である。図から吸光度すなわち面密度にストライプパ ターンが存在することが確認できる。本研究では単位面積あたりの各官能基のモル数を面 密度とし、それをパラメータにしてイオントラック生成に及ぼす面密度の影響を評価し た。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 固体飛跡検出器CR-39を用いたレーザー加速陽子線エネルギースペクトル計測の高精度化

    坂本 渓太, 金崎 真聡, 森井 厚作, 神野 智史, 小平 聡, 山内 知也, 小田 啓二, 福田 祐仁

    第66回応用物理学会春季学術講演会, 2019年03月, 日本語, 東京工業大学 大岡山キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 固体飛跡検出器CR-39を用いたレーザー加速陽子線エネルギースペクトルの高精度計測

    坂本 渓太, 金崎 真聡, 森井 厚作, 神野 智史, 小平 聡, 山内 知也, 小田 啓二, 福田 祐仁

    第33回固体飛跡検出器研究会, 2019年03月, 日本語, 名古屋大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 原子核乾板を用いた100 MeV級レーザー加速陽子線計測手法の開発

    浅井 孝文, 金崎 真聡, 森島 邦博, 神野 智史, 小平 聡, 首藤 信通, 小田 啓二, 山内 知也, 桐山 博光, 福田 祐仁

    第66回応用物理学会春季学術講演会, 2019年03月, 日本語, 東京工業大学 大岡山キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 原子核乾板を用いた100 MeV級レーザー加速プロトン計測手法の開発

    浅井 孝文, 金崎 真聡, 森島 邦博, 神野 智史, 小平 聡, 首藤 信通, 小田 啓二, 山内 知也, 桐山 博光, 福田 祐仁

    第33回固体飛跡検出器研究会, 2019年03月, 日本語, 名古屋大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 検出閾値周辺におけるポリエチレンテレフタレート中イオントラック構造の研究

    千葉 晶寛, 楠本 多聞, 東 和樹, 大谷 拓也, 酒井 盛寿, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小平 聡, 山内 知也

    第66回応用物理学会春季学術講演会, 2019年03月, 日本語, 東京工業大学、大岡山キャンパス, ポリエチレンテレフタレート(PET)の検出閾値は製造法などによって一定の幅で変化することで知られ ている。その閾値を制御することができれば、放射線混成場において任意の重イオンを選択的に検出す る新たな固体飛跡検出器の開発につながると考える。本研究は PET の閾値を決定する潜在イオントラッ ク構造の変化を詳細に解析することを目的としている。先行する研究から PET の各官能基の放射線化学 収率(G 値)と阻止能の関係には明確なステップがあることがわかっている[1]。このステップ状の変化は PET の検出閾値と密接に関係していると考えられる。本研究では G 値のステップ近傍での損傷構造を解 明すべく、2.5μm の PET 薄膜のスタックに B-11 イオンの照射を行い、照射前後の赤外線吸収スペクトル を求め、G 値の評価を行った。また同素材で 13μ, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • レーザー加速イオン計測用リアルタイムトムソンパラボラスペクトロメータの特性評価

    清水 和輝, 金崎 真聡, 神野 智史, 浅井 孝文, 坂本 渓太, 小田 啓二, 山内 知也, 古山 雄一, 谷池 晃, 福田 祐仁

    第66回応用物理学会春季学術講演会, 2019年03月, 日本語, 東京工業大学 大岡山キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • レーザー加速イオン計測用リアルタイムトムソンパラボラスペクトロメータの校正

    清水 和輝, 金崎 真聡, 神野 智史, 浅井 孝文, 坂本 渓太, 小田 啓二, 山内 知也, 古山 雄一, 谷池 晃, 福田 祐仁

    第33回固体飛跡検出器研究会, 2019年03月, 日本語, 名古屋大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリカプロラクタムとポリヘキサメチレンアジパミド中カルボニル基に見られるイオン照射下の放射線感受性の相違

    酒井 盛寿, 千葉 晶寛, 濵野 拳, 楠本 多聞, 小平 聡, 金崎 真聡, 小田 啓二, 山内 知也

    第66回応用物理学会春季学術講演会, 2019年03月, 日本語, 東京工業大学、大岡山キャンパス, 高分子系固体飛跡検出器であるポリアリルジグリコールカーボネート(PADC)やポリエチレン テレフタレート(PET)、ビスフェノール A ポリカーボネート(PC)中に形成されるイオントラ ックについての系統的な研究が行われている。イオントラックの構造分析の手法としては主に赤 外分光分析が用いられており[1]、先行する研究ではその手法により、ポリカプロラクタム(ナイ ロン6)に水素イオンを照射した際の吸光度変化および化学的損傷パラメータを求めている[2]。 本研究ではアミド基を含む高分子であるポリテトラメチレンアジパミド(ナイロン4,6)とポ リヘキサメチレンアジパミド(ナイロン6,6)に C イオンを照射した際の吸光度変化と化学的損 傷パラメータを求めた。Fig.1 に未照射ナイロン6,6薄膜の赤外線吸収スペクトルを示す。実験で は Goodfello, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリイミド樹脂のウランイオンを含む重イオンに対する応答特性

    山内 知也, 楠本 多聞, 酒井 盛寿, 吉田 敦, 神原 正, 小平 聡, 金崎 真聡, 小田 啓二, 蔵岡 孝治, レミ バリオン

    第33回固体飛跡検出器研究会, 2019年03月, 英語, 名古屋大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒドロキシル基生成密度によるPADC飛跡検出器応答特性の記述

    山内 知也, 楠本 多聞, 東 和樹, 小平 聡, 金崎 真聡, 小田 啓二, 蔵岡 孝治, レミ バリオン

    第33回固体飛跡検出器研究会, 2019年03月, 日本語, 名古屋大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC飛跡検出器の検出閾値を表す指標としてのイオントラック内径方向電子フルエンス

    山内 知也

    大阪大学産業科学研究所附属量子ビーム研究施設平成30年度成果報告会, 2019年03月, 日本語, 大阪大学産業科学研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC中に形成されるイオントラックの構造分析とエッチング特性評価

    岡田 智暉, 東 和樹, 大谷 拓也, 酒井 盛寿, 千葉 昌寛, 濵野 拳, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小平 聡, 楠本 多聞, 山内 知也

    第33回固体飛跡検出器研究会, 2019年03月, 日本語, 名古屋大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ESR法を用いたガンマ線照射によるPADC検出器中損傷評価(2)

    大谷 拓也, 千葉 昌寛, 濵野 拳, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小林 一雄, 譽田 義英, 籐乗 幸子, 山内 知也

    第66回応用物理学会春季学術講演会, 2019年03月, 日本語, 東京工業大学、大岡山キャンパス, ポリアリルジグリコールカーボネート(PADC)は最も感度の高いエッチング型飛跡検出 器として知られている。近年、PADC 内の潜在飛跡形成機構の解明のための研究が体系的に 進められており、エーテル基が最も損傷を受けやすいこと、新たな端点としてヒドロキシル 基が生成されることなどが明らかにされた。また、赤外分光法を用いた研究において PADC にガンマ線を照射すると 60 kGy 程度の低線量域まではエーテル基のみが損傷を受け、60 kGy 以降の線量ではじめてカーボネートエステルの損傷が始まることを確認できた[1]。こ のカーボネートエステルが損傷する吸収線量を「臨界線量」と定義した。この段階的な損傷 過程をラジカルの生成と消滅との関係で理解するために電子スピン共鳴分光法(ESR)を適 用し分析を行った。ESR 法において PADC に液体窒素温度下, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • CR-39を用いた水素クラスターターゲットから発生するレーザー加速陽子線の計測

    金崎 真聡, 森井 厚作, 坂本 渓太, 高野 雄太, 浅井 孝文, 清水 和輝, 山内 知也, 小田 啓二, 神野 智史, 福田 祐仁

    第33回固体飛跡検出器研究会, 2019年03月, 日本語, 名古屋大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • リアルタイムトムソンパラボラスペクトロメータの校正

    清水 和輝, 神野 智史, 金崎 真聡, 谷池 晃, 古山 雄一, 小田 啓二, 山内 知也, 福田 祐二

    神戸大学若手フロンティア研究会, 2018年12月, 日本語, 神戸大学百年記念館, 国内会議

    ポスター発表

  • Measurement of laser-accelerated MeV-class protons from hydrogen clusters using CR-39 track detectors

    Kousaku Morii, Masato Kanasaki, Satoshi Jinno, Yuta Takano, Takafumi Asai, Keita Sakamoto, Kazuki Shimizu, Tomoya Yamauchi, Keiji Oda, Yuji Fukuda

    The 14th International Workshop on Ionizing Radiation Monitoring, 2018年12月, 英語, 千代田テクノル大洗事業所, 国際会議

    ポスター発表

  • Development of the passive energy spectrometer for laser-accelerated protons

    Keita Sakamoto, Takafumi Asai, Satoshi Jinno, Yuji Fukuda, Tomoya Yamauchi, Keiji Oda, Satoshi Kodaira, Masato Kanasaki

    The 14th International Workshop on Ionizing Radiation Monitoring, 2018年12月, 英語, 千代田テクノル大洗事業所, 国際会議

    ポスター発表

  • Characterization of laser-accelerated protons from micron-sized hydrogen cluster targets using track detectors

    Masato Kanasaki, Satoshi Jinno, Kunihiro Morishima, Satoshi Kodaira, Yuta Takano, Kousaku Morii, Takafumi Asai, Keita Sakamoto, Kazuki Shimizu, Keiji Oda, Tomoya Yamauchi, Hiromitsu Kiriyama, Yuji Fukuda

    The 14th International Workshop on Ionizing Radiation Monitoring, 2018年12月, 英語, 千代田テクノル大洗事業所, 国際会議

    ポスター発表

  • Characterization of hydrogen clusters for laser-driven proton acceleration by optical microscope

    Yuta Takano, Masato Kanasaki, Satoshi Jinno, Masataka Uno, Tomoya Yamauchi, Keiji Oda, Yuji Fukuda

    The 14th International Workshop on Ionizing Radiation Monitoring, 2018年12月, 英語, 千代田テクノル大洗事業所, 国際会議

    ポスター発表

  • A study on latent track structure in polyethylene terephthalate around the detection threshold

    Akihiro Chiba, Tamon Kusumoto, Kazuki Azuma, Takuya Otani, Morikazu Sakai, Masato Kanasaki, Keiji Oda, Satoshi Kodaira, Tomoya Yamauchi

    The 14th International Workshop on Ionizing Radiation Monitoring, 2018年12月, 英語, 千代田テクノル大洗事業所, 国際会議

    ポスター発表

  • Areal distribution of radiation damage in bisphenol A polycarbonate films caused by heavy ions

    Ken Hamano, Tamon Kusumoto, Kazuki Azuma, Takuya Otani, Morikazu Sakai, Masato Kanasaki, Keiji Oda, Tomoya Yamauchi

    The 14th International Workshop on Ionizing Radiation Monitoring, 2018年12月, 英語, 千代田テクノル大洗事業所, 国際会議

    ポスター発表

  • Application of a nuclear emulsion to laser-driven ion acceleration experiment using micron-sized hydrogen cluster target

    Takafumi Asai, Masato Kanasaki, Satoshi Jinno, Nobumichi Shutoh, Tomoya Yamauchi, Keiji Oda, Kunihiro Morishima, Yuji Fukuda

    The 14th International Workshop on Ionizing Radiation Monitoring, 2018年12月, 英語, 千代田テクノル大洗事業所, 国際会議

    ポスター発表

  • A calibration study of a real-time Thomson parabola spectrometer using tandem accelerator

    Kazuki Shimizu, Masato Kanasaki, Satoshi Jinno, Yuta Takano, Kousaku Morii, Takafumi Asai, Keita Sakamoto, Keiji Oda, Tomoya Yamauchi, Yuichi Furuyama, Akira Taniike, Hiromitsu Kiriyama, Yuji Fukuda

    The 14th International Workshop on Ionizing Radiation Monitoring, 2018年12月, 英語, 千代田テクノル大洗事業所, 国際会議

    ポスター発表

  • Observation of micron-sized hydrogen clusters for the target of laser-driven proton acceleration by optical microscope

    Yuta Takano, Masato Kanasaki, Satoshi Jinno, Masataka Uno, Tomoya Yamauchi, Keiji Oda, Yuji Fukuda

    The 2nd QST International Symposium, 2018年11月, 英語, Nara Kasugano International Forum, 国際会議

    ポスター発表

  • Measurement of laser-accelerated MeV-class protons using CR-39 track detectors

    Kousaku Morii, Masato Kanasaki, Satoshi Jinno, Yuta Takano, Takafumi Asai, Keita Sakamoto, Kazuki Shimizu, Tomoya Yamauchi, Keiji Oda, Yuji Fukuda

    The 2nd QST International Symposium, 2018年11月, 英語, Nara Kasugano International Forum, 国際会議

    ポスター発表

  • Excess of Childhood Thyroid Cancer Indicates UNSCEAR 2016 White Paper is Out of Science

    山内 知也

    The International Workshop “Radiation Diplomacy”: The History and the Present, 2018年11月, 英語, Institute for research in Humanities, Kyoto University (京都大学人文科学研究所), Reporting to the General Assembly, the United Nations Scientific Committee on the Effects of Atomic Radiation, UNSCEAR, was set up in 1955. After the Partial Nuclear Test Ban Treaty, the dominant sources of artificial radiation have been the nuclear facilities, especially after some of their catastrophic explosions. Six years after the Chernobyl accident (1986), childhood thyro, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Energy measurement of laser-accelerated protons by using a nuclear emulsion

    Takafumi Asai, Masato Kanasaki, Satoshi Jinno, Nobumichi Shutoh, Tomoya Yamauchi, Keiji Oda, Kunihiro Morishima, Yuji Fukuda

    The 2nd QST International Symposium, 2018年11月, 英語, Nara Kasugano International Forum, 国際会議

    ポスター発表

  • Development of the passive energy spectrometer using CR-39 track detector

    Keita Sakamoto, Takafumi Asai, Satoshi Jinno, Yuji Fukuda, Tomoya Yamauchi, Keiji Oda, Satoshi Kodaira, Masato Kanasaki

    The 2nd QST International Symposium, 2018年11月, 英語, Nara Kasugano International Forum, 国際会議

    ポスター発表

  • A calibration study of a real-time Thomson parabola system by using tandem accelerator

    Kazuki Shimizu, Satoshi Jinno, Yuta Takano, Kousaku Morii, Takafumi Asai, Keita Sakamoto, Keiji Oda, Tomoya Yamauchi, Yuichi Furuyama, Akira Taniike, Hiromitsu Kiriyama, Yuji Fukuda, Masato Kanasaki

    The 2nd QST International Symposium, 2018年11月, 英語, Nara Kasugano International Forum, 国際会議

    ポスター発表

  • 東電福島原発事故後の小児甲状腺がんに関する評価の問題点(2)検査結果の分析

    津田 敏秀, 山内 知也, 柿原 泰, 瀬川 嘉之

    第77回日本公衆衛生学会総会, 2018年10月, 日本語, ビッグパレットふくしま, 【目的】2011年3月の東京電力福島原子力発電所事故の半年後より、福島県は、事故当時18歳以下であった住民を対象として、甲状腺検査を行ってきた。第1巡目(先行検査)は2011年10月から2014年3月、第2巡目は2014年4月から2016年3月、第3巡目は2016年4月から2018年3月に実施している。 WHOが原発事故によるがんの多発を予測し、すでに専門国際誌に学術論文(Tsuda et al. Epidemiology 2016;27: 316-322)で甲状腺がんの多発が示され国際学会から書簡が寄せられても原発事故と小児甲状腺がん多発の因果関係判断を先延ばしにされ、何らの対策もないまま時間の浪費をしている福島県の検討委員会の問題点を指摘する。【方法】「因果関係がある」とは、確率上昇、発生率あるいは有病割合の上昇を観察した時に言う。因果関係につい, 国内会議

    ポスター発表

  • 東電福島原発事故後の小児甲状腺がんに関する評価の問題点(1)-UNSCEAR2016白書の検討-

    山内 知也, 柿原 泰, 瀬川 嘉之, 津田 敏秀

    第77回日本公衆衛生学会総会, 2018年10月, 日本語, ビッグパレットふくしま, 【目的】1955年の国連総会において設立された原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)は、電離放射線への被ばくのレベルと影響を評価し報告している。各国政府や国際放射線防護委員会(ICRPを)含む諸機関によって、放射線リスクを評価し防護対策を確立するための科学的な基礎としてUNSCEARの評価は利用されている。 東京電力福島原子力発電所事故後にもUNSCEAR2013報告書を公刊し、小児甲状腺がんの多発については「福島第一原発事故後の甲状腺吸収線量がチェルノブイリ事故後の線量よりも大幅に 低いため、福島県でチェルノブイリ原発事故の時のように多数の放射線誘発性甲状腺がんが発生するというように考える必要はない。」(222節)としている。これは環境省の専門家会議や日本学術会議の報告、福島県の県民健康調査検討委員会での議論にも反映している。本, 国内会議

    ポスター発表

  • 固体飛跡検出器CR-39を用いた水素クラスターのクーロン爆発で加速されるMeV級陽子線の計測

    森井 厚作, 坂本 渓太, 浅井 孝文, 清水 和輝, 宇野 雅貴, 山内 知也, 小田 啓二, 神野 智史, 桐山 博光, 福田 祐仁, 金崎 真聡

    第79回 応用物理学会秋季学術講演会, 2018年09月, 日本語, 名古屋国際会議場, 国内会議

    ポスター発表

  • 原子核乾板を用いたレーザー加速陽子線の計測

    浅井 孝文, 森島 邦博, 宇野 雅貴, 高野 雄太, 森井 厚作, 坂本 渓太, 清水 和輝, 神野 智史, 小平 聡, 首藤 信通, 小田 啓二, 山内 知也, 福田 祐二, 桐山 博光, 金崎 真聡

    第79回 応用物理学会秋季学術講演会, 2018年09月, 日本語, 名古屋国際会議場, 国内会議

    ポスター発表

  • 検出閾値周辺におけるポリエチレンテレフタレート中イオントラック構造の研究

    千葉 昌寛, 楠本 多聞, 東 和樹, 大谷 拓也, 酒井 盛寿, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小平 聡, 山内 知也

    第79回応用物理学会秋季学術講演会, 2018年09月, 日本語, 名古屋国際会議場, ポリエチレンテレフタレート(PET)検出器の検出閾値は製造法などによって一定の幅で変化することで知られている。その閾値を制御することができれば、放射線混成場において任意の重イオンを選択的に検出する新たな固体飛跡検出器の開発につながると考える。本研究では、先行する研究から明らかになった放射線化学収率(G値)のステップ近傍での損傷構造を解明すべくPET薄膜のスタックにB-11イオンの照射を行い、G値の評価を行った。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • レーザー駆動陽子線加速における水素クラスターターゲットの光学顕微鏡によるサイズ計測及び数密度の評価

    高野 雄太, 金崎 真聡, 神野 智史, 宇野 雅貴, 山内 知也, 小田 啓二, 福田 祐仁

    第79回 応用物理学会秋季学術講演, 2018年09月, 日本語, 名古屋国際会議場, 国内会議

    ポスター発表

  • レーザー加速陽子線用受動型エネルギースペクトロメータの開発

    坂本 渓太, 宇野 雅貴, 浅井 孝文, 神野 智史, 福田 祐仁, 山内 知也, 小田 啓二, 小平 聡, 金崎 真聡

    第79回 応用物理学会秋季学術講演会, 2018年09月, 日本語, 名古屋国際会議場, 国内会議

    ポスター発表

  • ホウ素イオンを照射したポリカーボネート薄膜中放射線損傷の面分布

    濵野 拳, 楠本 多聞, 東 和樹, 大谷 拓也, 酒井 盛和, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小平 聡, 山内 知也

    第79回応用物理学会秋季学術講演会, 2018年09月, 日本語, 名古屋国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • タンデム加速器を用いたリアルタイムトムソンパラボラスペクトロメータの校正

    清水 和輝, 神野 智史, 宇野 雅貴, 高野 雄太, 森井 厚作, 浅井 孝文, 坂本 渓太, 小田 啓二, 山内 知也, 古山 雄一, 谷池 晃, 福田 祐二, 桐山 博光, 金崎 真聡

    第79回 応用物理学会秋季学術講演会, 2018年09月, 日本語, 名古屋国際会議場, 国内会議

    ポスター発表

  • イオントラックに沿ったヒドロキシル基密度によるPADC飛跡検出器の応答特性

    東 和樹, 楠本 多聞, 千葉 昌寛, 濵野 拳, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小平 聡, 山内 知也

    第79回応用物理学会秋季学術講演会, 2018年09月, 日本語, 名古屋国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • FT-IRを用いたナイロン6の水素イオン照射による吸光度変化と化学的損傷パラメータ

    酒井 盛寿, 楠本 多聞, 小平 聡, 千葉 昌寛, 濱野 拳, 金崎 真聡, 小田 啓二, 山内 知也

    第79回応用物理学会秋季学術講演会, 2018年09月, 日本語, 名古屋国際会議場, ナイロン6(ポリアミド)という高分子材料に焦点を当て赤外分光分析を用いて水素イオン照射前後の吸光度変化や化学的損傷パラメータについての考察を行った。ナイロン6は繰り返し構造内にアミド基を有している。一方、人体に多く含まれるたんぱく質にもペプチド結合と呼ばれるアミド基が存在することからアミド基の放射線感受性を調べることは重要であると言える。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ESR 法を用いたガンマ線照射による PADC 検出器中の損傷評価

    大谷 拓也, 楠本 多聞, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小林 一雄, 譽田 義英, 藤乗 幸子, 山内 知也

    第79回応用物理学会秋季学術講演会, 2018年09月, 日本語, 名古屋国際会議場, ポリアリルジグリコールカーボネート(PADC)検出器は最も感度の高いエッチング型の飛跡検出器として知られている。これまでの研究においてPADCにガンマ線を照射すると60 kGyの臨界線量を超ええた領域でのみ、カーボネートエステルとCH基が損傷することが赤外分光法と電子スピン共鳴分光法(ESR)により明らかになった。電子スピン共鳴分光法で得られた、臨界線量前後でのスペクトルが異なることから、これらのラジカルの特定を目的とし、PADCに似た構造を持つモノマーを用いて、損傷評価を行う。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Drastic decrease of carbonyl group following the loss of ether in PADC exposed to 222 nm UV photons

    Tamon Kusumoto, Yutaka Mori, Masato Kanasaki, Keiji Oda, Satoshi Kodaira, Remi Barillon, Tomoya Yamauchi

    The 13th meeting of the “Ionizing Radiation and Polymers” symposium, 2018年08月, 英語, Moscow, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • An up-to-date local dose distribution theory for describing the track registration property of Kapton film irradiated with heavy ions, including U ion

    Tamon Kusumoto, Morikazu Sakai, A.Yoshida, T. Kambara, Y. Yanagisawa, Satoshi Kodaira, Keiji Oda, Remi Barillon, Tomoya Yamauchi

    10th International symposium on Swift Heavy Ions in Matter and 28th International Conference on Atomic Collisions in Solids, 2018年07月, 英語, Caen, France, 国際会議

    ポスター発表

  • 放射線影響評価の国際機関(UNSCEAR)の歴史と現在 ー東電福島原発事故の健康影響をめぐる日本の論争を理解するためにー 小児甲状腺がんの多発とUNSCEAR2016白書の非科学的性格

    山内 知也

    日本科学史学会第65回年会 シンポジウムS4(公開), 2018年05月, 日本語, 東京理科大学, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 飛跡検出器を駆使したレーザー加速陽子線の計測

    金崎 真聡, 神野 智史, 森島 邦博, 小平 聡, 宇野 雅貴, 高野 雄太, 森井 厚作, 浅井 孝文, 坂本 渓太, 清水 和輝, 小田 啓二, 山内 知也, 桐山 博光, 福田 祐仁

    光・量子ビーム科学合同シンポジウム 2018, 2018年05月, 日本語, 関西光科学研究所 多目的ホール, 国内会議

    ポスター発表

  • 水素クラスターサイズ計測用光学顕微鏡の開発

    高野 雄太, 金崎 真聡, 神野 智史, 宇野 雅貴, 山内 知也, 小田 啓二, 福田 祐仁

    光・量子ビーム科学合同シンポジウム 2018, 2018年05月, 日本語, 関西光科学研究所 多目的ホール, 国内会議

    ポスター発表

  • 固体飛跡検出器CR-39を用いた水素クラスターのクーロン爆発によるMeV級陽子線のエネルギースペクトル計測

    森井 厚作, 宇野 雅貴, 浅井 孝文, 坂本 渓太, 清水 和輝, 小田 啓二, 山内 知也, 福田 祐仁, 神野 智史, 金崎 真聡

    光・量子ビーム科学合同シンポジウム 2018, 2018年05月, 日本語, 関西光科学研究所 多目的ホール, 国内会議

    ポスター発表

  • 固体飛跡検出器CR-39を用いた レーザー加速陽子線用エネルギースペクトロメータの開発

    坂本 渓太, 宇野 雅貴, 浅井 孝文, 神野 智史, 福田 祐仁, 山内 知也, 小田 啓二, 小平 聡, 金崎 真聡

    光・量子ビーム科学合同シンポジウム 2018, 2018年05月, 日本語, 関西光科学研究所 多目的ホール, 国内会議

    ポスター発表

  • レーザー加速イオン計測における原子核乾板の適用可能性の検討

    浅井 孝文, 森島 邦博, 宇野 雅貴, 高野 雄太, 森井 厚作, 坂本 渓太, 清水 和輝, 神野 智史, 小平 聡, 首藤 信通, 小田 啓二, 山内 知也, 福田 祐二, 金崎 真聡

    光・量子ビーム科学合同シンポジウム 2018, 2018年05月, 日本語, 関西光科学研究所 多目的ホール, 国内会議

    ポスター発表

  • リアルタイムトムソンパラボラシステムの校正

    清水 和輝, 神野 智史, 宇野 雅貴, 高野 雄太, 森井 厚作, 浅井 孝文, 坂本 渓太, 小田 啓二, 山内 知也, 古山 雄一, 谷池 晃, 福田 祐二, 金崎 真聡

    光・量子ビーム科学合同シンポジウム 2018, 2018年05月, 日本語, 関西光科学研究所 多目的ホール, 国内会議

    ポスター発表

  • エッチング型飛跡検出器の閾値に対する化学的クライテリオンの確立

    山内 知也

    平成29年度HIMAC共同利用研究成果発表会, 2018年04月, 日本語, ホテルポートプラザちば, For typical polymeric etched track detectors of PET, PC, PI and PADC, chemical damage parameters of damage density (the amount of loss of considered functional groups per unit length of tracks), effective track core radius (the considered chemical groups are lost with that radius) and the radiation chemical yields, G values, for each group are evaluated, as a function of the st, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 赤外分光分析を用いたナイロン 6 のプロトン照射による吸光度変化と化学的 損傷パラメータ

    酒井 盛寿, 楠本 多聞, 寺下 佳孝, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小平 聡, 山内 知也

    第32回固体飛跡検出器研究会, 2018年03月, 日本語, 量子科学技術研究開発機構 関西光科学研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高感度飛跡検出器 PADC の閾値に対する新しい物理概念としてのイオントラック内径方向電子フルエンス

    楠本 多聞, EL バイタ ジアッド, 岡田 勝吾, ジレット ピエール, アーバ ニコラ, 森 豊, 金崎 真聡, 小田 啓二, ヌレディン アブデル-ミジッド, 藏重 久弥, ミッシェル フロム, クロウティエ ピエール, D バス アンドリュ, レオン サンチェ, 小平 聡, レミ バリオン, 山内 知也

    第32回固体飛跡検出器研究会, 2018年03月, 日本語, 量子科学技術研究開発機構 関西光科学研究所, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 検出閾値周辺におけるポリエチレンテレフタレート中イオントラック構造の研究

    千葉 昌寛, 楠本 多聞, 寺下 佳孝, 東 和樹, 大谷 拓也, 酒井 盛寿, 小田 啓二, 金崎 真聡, 小平 聡, 山内 知也

    第32回固体飛跡検出器研究会, 2018年03月, 日本語, 量子科学技術研究開発機構 関西光科学研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 局所線量分布の現代的更新と PET 検出器への活用

    酒井 盛寿, 楠本 多聞, 寺下 佳孝, 金崎 真聡, 小田 啓二, 山内 知也

    第65回応用物理学会春季学術講演会, 2018年03月, 日本語, 早稲田大学西早稲田キャンパス, 炭素イオンまでの比較的軽いイオンでは相対速度が 1%以上の領域で両者 の式から得られる実効電荷に差はなく、鉄イオンより重いイオンでは相対速度が 1%から 30%の領 域で Schiwietz らの実効電荷が Heckman の実効電荷を上回ることがわかった。さらに検出閾値に おける線量分布を計算し、イオントラック形成機構に関する考察を行った。その結果、局所線量が増加するほど感度も増加することがわかり、局所線量が大きくなるとイオントラック により深い損傷を与えると考えられる。また PET 検出器閾値での Geant4-DNA シミュレーションの 結果も発表したいと考えている。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリアリルジグリコールカーボネート中メチン基に着目したイオントラック構造分析

    寺下 佳孝, 楠本 多聞, 小田 啓二, 金崎 真聡, 小平 聡, 山内 知也

    第32回固体飛跡検出器研究会, 2018年03月, 日本語, 量子科学技術研究開発機構 関西光科学研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ホウ素イオンを照射したポリカーボネート薄膜中放射線損傷の面分布

    濵野 拳, 楠本 多聞, 寺下 佳孝, 東 和樹, 大谷 拓也, 酒井 盛寿, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小平 聡, 山内 知也

    第32回固体飛跡検出器研究会, 2018年03月, 日本語, 量子科学技術研究開発機構 関西光科学研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • イオントラックに沿ったヒドロキシル基密度による PADC 飛跡検出器の応答特性の記 述

    東 和樹, 楠本 多聞, 寺下 佳孝, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小平 聡, 山内 知也

    第32回固体飛跡検出器研究会, 2018年03月, 日本語, 量子科学技術研究開発機構 関西光科学研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • イオントラックに沿ったヒドロキシル基密度による PADC 飛跡検出器の応答特性の記述

    東 和樹, 楠本 多聞, 寺下 佳孝, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小平 聡, 山内 知也

    第65回応用物理学会春季学術講演会, 2018年03月, 日本語, 早稲田大学西早稲田キャンパス, 確認するべき一つの課題は、水のヒドロキシル基のモル吸光係数と高分子中の新しい端点に なっているヒドロキシル基のそれが同一であると考えてよいかどうかというものである。本研 究ではカール・フィッシャー電量適定法と赤外分光法を用いて、高分子中にヒドロキシル基を 有するポリビニルアルコール(PVA)を用いてそのモル吸光係数を求めた。市販のPVA薄膜の厚 さは最も薄いものでも 10 μm を超えており、ヒドロキシル基伸縮のピークは飽和してしまい、 定量的な評価はできなかった。自作のPVA薄膜の赤外線スペクトルを図2に示す。膜厚はおよ そ 5 μm であった。可能な限り脱気した状態で赤外線スペクトルを求め、水が含まれていない と仮定してモル吸光係数を求めたところ、1.2x104 M-1cm-1という値が得られている。講演では 薄膜に含まれている水分量を補正したモ, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC 中メチン基に着目したトラック構造分析

    寺下 佳孝, 楠本 多聞, 小田 啓二, 金崎 真聡, 森 豊, 小平 聡, 山内 知也

    第65回応用物理学会春季学術講演会, 2018年03月, 日本語, 早稲田大学西早稲田キャンパス, 本研究では厚さ3 μm以下にした薄膜PADC(フクビ化学社製、BARYOTRAK)に対し、放射 線医学総合研究所内の HIMAC の中エネルギービーム照射室でプロトン、C イオン、Kr イオン、 Xe イオンの照射及びサイクロトロン棟の汎用照射室で He イオンの照射を行った。また、ガンマ 線照射については大阪大学産業科学研究所附属の量子ビーム科学研究施設の Co-60 で行った。な お、分析には日本分光社製の真空密閉タイプの FT/IR-6100S を使用し、官能基ごとに照射前後の 赤外吸収スペクトルの吸光度を測定した。一例として、図 1 にメチン基(2920 cm-1)付近に着目 した線量の異なる Kr イオン照射前後の差スペクトルと赤外吸収スペクトルを示しており、縦軸 が吸光度、横軸が波数の関係となっている。結果から、照射線量が増えると吸光度の, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC 検出器中イオントラック内の段階的損傷形成過程

    大谷 拓也, 楠本 多聞, 寺下 佳孝, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小林 一雄, 誉田 義英, 藤乗 幸子, 山内 知也

    第65回応用物理学会春季学術講演会, 2018年03月, 日本語, 早稲田大学西早稲田キャンパス, 官能基の定性的・定量的分析 には赤外線分光法を利用したが、この段階的な損傷過程をラジカルの生成と消滅との関係 で理解するために電子スピン共鳴分光法(ESR)を新たに適用した。ESR の結果からエーテ ル基のみが損傷している状態とエーテル基に加えカーボネートエステルが損傷している状 態を評価するため実験を行った。Fig 2 は室温下で低線量(33 kGy)と高線量(100 kG)でガンマ 線を照射したスペクトルである。この結果において低線量と高線量のスペクトルが明らか に異なることから生成されたラジカルの種類が異なることが確認できた。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC 検出器の閾値を記述する新しい物理概念としてのイオントラック内径方向電子フルエンス

    楠本 多聞, EL バイタ ジアッド, 岡田 勝吾, ジレット ピエール, アーバ ニコラ, 森 豊, 金崎 真聡, 小田 啓二, ヌレディン アブデル-ミジッド, 藏重 久弥, フロム ミッシェル, クロウティエ ピエール, D バス アンドリュ, 小平 聡, サンチェ レオン, バリオン レミ, 山内 知也

    第65回応用物理学会春季学術講演会, 2018年03月, 日本語, 早稲田大学西早稲田キャンパス, 本研究ではモンテカルロ法を用いたシミュレーションコードである、Geant4-DNA を用い て、潜在飛跡周囲の二次電子の個数密度を計算した。一般的にフルエンスは、ある球体に入 射する粒子の数を、その球の大円の断面積で除した値と定義される。本研究では、ある半径 を持った円柱側面を通過する電子の個数密度をイオントラック内径方向電子フルエンス (Radial Electron Fluence around Ion Tracks: REFIT)と定義し、プロトン、He 及び C イオン のそれぞれの検出閾値において計算した(Fig. 1)。飛跡中心からの距離が PADC の繰り返 し構造の長さの半分である 1 nm で、それぞれのイオン種の REFIT の値はオーダーが一致し た。また、この計算結果は上述した2段階の損傷形成モデルとも良く一致している。しかし, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ESR法を用いたガンマ線照射時のPADC検出器中フリーラジカルの研究

    楠本 多聞, 大谷 拓也, 寺下 佳孝, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小林 一雄, 藤乗 幸子, 誉田 義英, 山内 知也

    大阪大学産業科学研究所附属量子ビーム科学研究施設平成29年度成果報告会, 2018年03月, 日本語, 大阪大学産業科学研究所, 国内会議

    ポスター発表

  • ESR 法を用いた PADC 中にガンマ線照射によって形成される損傷の研究

    大谷 拓也, 楠本 多聞, 寺下 佳孝, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小林 一雄, 藤乗 幸子, 誉田 義英, 山内 知也

    第32回固体飛跡検出器研究会, 2018年03月, 日本語, 量子科学技術研究開発機構 関西光科学研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Determination of radiochemical yields of hydroxyl radical production in water under low energy proton irradiations

    N. Ludwig, Tamon Kusumoto, C. Galindo, P. Peaupardin, D. Muller, 山内 知也, Satoshi Kodaira, Remi Barillon, Q. Raffy

    2nd International Symposium on Radiation Detectors and Their Uses (ISRD 2018), 2018年01月, 英語, High Energy Accelerator Research Organization (KEK), 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Applicability of polyimide films for identification of ultra-heavy components, including uranium ions in galactic cosmic ray

    Tamon Kusumoto, Satoshi Kodaira, Keiji Oda, 山内 知也, Remi Barillon, Atsushi Yoshida, Tadashi Kambara, Yoshiyuki Yanagisawa

    2nd International Symposium on Radiation Detectors and Their Uses, ISRD2018, 2018年01月, 英語, High Energy Accelerator Research Organization (KEK), The detection threshold was defined as the original point where the evolution of etch pits start along the latent track, when the chemical etching were progressing from the front surface each heavy ion entered. In normal incidence, the original point can be observed as an intersect of the fitted growth curve of each etch pit, which is a plot of etch pit radius against the thick, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Study of hydroxyl group in poly(allyl diglycol carbonate) and poly(vinyl alcohol)

    Kazuki Azuma, Tamon Kusumoto, Yoshitaka Terashita, Masato Kanasaki, Keiji Oda, 山内 知也

    The 13th International Workshop on Ionizing Radiation Monitoring, 2017年12月, 英語, 千代田テクノル大洗事業所, 国際会議

    ポスター発表

  • Dual stage formation process of the damage by gamma ray in radio-sensitive parts in PADC detectors

    Takuya Otani, Tamon Kusumoto, Yoshitaka Terashita, Masato Kanasaki, Keiji Oda, Kazuo Kobayashi, Yoshihide Honda, Sachiko Tojo, 山内 知也

    The 13th International Workshop on Ionizing Radiation Monitoring, 2017年12月, 英語, 千代田テクノル大洗事業所, 国際会議

    ポスター発表

  • An-up-date to local dose distribution theory considering effective charge for ion tracks and its applications to detection thresholds in PET and PI

    Morikazu Sakai, Tamon Kusumoto, Yoshitaka Terashita, Masato Kanasaki, Keiji Oda, Tomoya Yamauchi

    The 13th International Workshop on Ionizing Radiation Monitoring, 2017年12月, 英語, 千代田テクノル大洗事業所, 国際会議

    ポスター発表

  • 計測されていない放射能が存在しないことにされ計測されなかった被曝がなかったことにされていることについて

    山内 知也

    科学技術論学会第16回年次研究大会, 2017年11月, 日本語, 九州大学馬出キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Phenylalanine radiolysis under ion irradiation: Mechanistic study and determination of the radiolytic yields

    N. Ludwig, Tamon Kusumoto, C. Galindo, P. Peaupardin, Y. Le Gall, D. Mulle, 山内 知也, Satoshi Kodaira, Remi Barillon, Q. Raffy

    30th Miller Conference on Radiation Chemistry, 2017年10月, 英語, Castellamarre del Golfo, Italy, 国際会議

    ポスター発表

  • Molecular study of the radiolysis of a model protein irradiated by accelerated ions

    N. Ludwig, Tamon Kusumoto, C. Galindo, P. Peaupardin, Y. Le Gall, D. Muller, 山内 知也, Satoshi Kodaira, Remi Barillon, Q. Raffy

    30th Miller Conference on Radiation Chemistry, 2017年10月, 英語, Castellamarre del Golfo, Italy, 国際会議

    ポスター発表

  • 低エネルギー電子

    楠本 多聞, ピエール クロウティエ, ミッシェル フロム, アンドリュー A バス, レオン サンチェ, 山内 知也

    第60回放射線化学討論会, 2017年09月, 日本語, 産業技術総合研究所 つくば中央, 国内会議

    ポスター発表

  • メチン基とメチレン基の赤外線吸収ピークに着目した PADC 中イオントラック構造の分析

    寺下 佳孝, 楠本 多聞, 小田 啓二, 金崎 真聡, 森 豊, 小平 聡, 山内 知也

    第78回応用物理学会秋季学術講演会, 2017年09月, 日本語, 福岡国際会議場, 昨年の秋の年会において重合度の異なる PADC やモノマーである ADC の赤外線吸収スペクトルについて報告し、3000 cm-1付近のCH2(メチレン基)とCH(メチン基)の伸縮振動に帰属されるピークの強度比と重合度との関係について報告した。具体的には、3 つのピークのうち 2960 cm-1 と 2890 cm-1 はメチレン基に帰属され、真ん中にある 2920 cm-1 はメチン基に帰属される。図 1 に示すように PADC 中の H のほとんどはメチレン基を構成しており、メチン基を構成しているのは、繰り返し構造あたり 2 個のみである。また、これらは重合の際に生まれる三叉路に位置している。これまでの PADC 中イオントラック構造の研究において、エーテル基とカーボネートエステル基が高い放射線感受性を有しており、3 次元構造を生み出しているポリ, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Distinct step-like changes in G values for the losses of typical functional groups in poly(ethylene terephthalate) along B ion tracks around the detection threshold 

    Tomoya Yamauchi, Tamon Kusumoto, Yutaka Mori, Masato Kanasaki, Keiji Oda, Satoshi Kodaira, Remi Barillon

    27th International Conference on Nuclear Tracks and Radiation Measurements, 2017年09月, 英語, The University of Strasbourg, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Radial electron fluence around ion tracks as a new physical parameter for the detection threshold of PADC using Geant4-DNA toolkit

    Tamon Kusumoto, Ziad EL Bitar, Shogo Okada, Pierre Gillet, Nicolas Arbor, Masato Kanasaki, Keiji Oda, Abdel-Mijid Nourredine, Hisaya Kurashige, Remi Barillon, 山内 知也

    27th International Conference on Nuclear Tracks and Radiation Measurements, 2017年08月, 英語, The University of Strasbourg, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Quantitative analyses of hydroxyl group in poly(allyl diglycol carbonate) and poly(vinyl alcohol)

    Kazuki Azuma, Tamon Kusumoto, Yoshitaka Terashita, Masato Kanasaki, Keiji Oda, 山内 知也

    27th International Conference on Nuclear Tracks and Radiation Measurements, 2017年08月, 英語, The University of Strasbourg, 国内会議

    ポスター発表

  • Dual stage damage formation process in radio-sensitive parts of PADC detectors exposed to gamma rays

    Takuya Otani, Tamon Kusumoto, Yoshitaka Terashita, Masato Kanasaki, Keiji Oda, Yoshihide Honda, Sachiko Tojo, 山内 知也

    27th International Conference on Nuclear Tracks and Radiation Measurements, 2017年08月, 英語, The University of Strasbourg, 国際会議

    ポスター発表

  • Dependence of G values for losses of typical functional groups along heavy ion tracks in bisphenol A polycarbonate on the surface demsity

    Tomoya Yamauchi, Tamon Kusumoto, Kazuki Azuma, Takuya Otani, Morikazu Sakai, Yutaka Mori, Masato Kanasaki, Keiji Oda, Remi Barillon

    27th International Conference on Nuclear Tracks and Radiation Measurements, 2017年08月, 英語, The University of Strasbourg, 国際会議

    ポスター発表

  • An up-to-date local dose distribution theory for ion tracks and its applications to detection thresholds in PET and PI

    Morikazu Sakai, Tamon Kusumoto, Yoshitaka Terashita, Masato Kanasaki, Keiji Oda, Tomoya Yamauchi

    27th International Conference on Nuclear Tracks and Radiation Measurements, 2017年08月, 英語, The University of Strasbourg, 国際会議

    ポスター発表

  • Anomalous increase of the contact angle of water droplets on the surface of PADC detector exposed to proton

    Tamon Kusumoto, Koji Kuraoka, Yutaka Mori, Masato Kanasaki, Satoshi Kodaira, Yoshihide Honda, Sachiko Tojo, Remi Barillon, Tomoya Yamauchi

    27th International Conference on Nuclear Tracks and Radiation Measurements, 2017年08月, 英語, The University of Strasbourg, 国際会議

    ポスター発表

  • 屋内に残された放射性セシウムから見えてくる原発事故後の6年間

    山内 知也

    日本科学史学会第64回年会, 2017年06月, 日本語, 香川大学教育学部, 年間 50 mSv 未満の地域への避難指示が 2017 年 3 月までに解除されようとしている。避難を求 める声はかき消され、「除染」が進められている。「除染」を行っても、決して元の状態には戻ら ないにも関わらず、「除染」を行った後には住民はそこに戻るという論理が政策としてまかり通っ ている。ここではこの議論で決定的に抜け落ちている問題を提起したい。それは屋内の放射能汚 染である。 福島県南相馬市内の家屋や公共施設内の放射能汚染についての調査に関わる機会を得た。ある 施設は福島第一原発からは北方に 23 km 離れたところに位置する。そこには調理実習室があり、 「お菓子づくり教室(2016.3.6.)」や「おつまみ作り教室(2016.3.12.)」、「スイーツ作り教室 (2016.3.16.)」が開催されていた。最後の料理教室と同日になるが、同調理室, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高分子系飛跡検出器の応答特性を表す化学的クライテリオンの確立

    山内 知也

    平成28年度HIMAC共同利用研究成果発表会, 2017年04月, 日本語, ホテルポートプラザちば, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 赤外顕微鏡を用いた高分子中イオントラックの分析

    上田 隆裕, 寺下 佳孝, 楠本 多聞, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小平 聡, 山内 知也

    第31回固体飛跡検出器研究会, 2017年03月, 日本語, 量研機構関西光科学研究所, 高分子中イオントラック研究に赤外分光法が有効であることが知られており、体系的に研究が進められてきた。赤外分光法では一般的に測定スポットが10 mmである赤外分光器が利用されてきたが、近年では研究が新たな段階に進み赤外分光器の約数百分の一以下である赤外顕微鏡を用いた分析も行われるようになった。本研究では赤外顕微鏡を利用した様々な重イオン照射による高分子中イオントラックの分析を行い、特に赤外顕微鏡の機能の一つである任意に格子点数や測定面積を決めることが可能である顕微マッピング機能を用いた分析に注力した。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重イオン弁別型飛跡検出器開発のためのPETの特性評価

    上野 琢也, 楠本 多聞, 寺下 佳孝, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小平 聡, 山内 知也

    第31回固体飛跡検出器研究会, 2017年03月, 日本語, 量研機構関西光科学研究所, 現在、最も感度の高い検出器はポリアリルジグリコールカーボネート(PADC)であるが放射線混成場での応用に際して、感度の異なる複数の検出器を効果的に活用する必要がある。そこで、本研究ではポリエチレンテレフタレート(PET)に関して重イオンに対する応答特性の評価を行い、検出閾値と感度を求めた。また、赤外分光法を用いてPETの主鎖を構成する官能基ごとの化学的損傷パラメータを求めた。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 実効電荷を考慮した局所線量分布の現代的更新とその閾値周辺への活用

    酒井 盛寿, 楠本 多聞, 上野 琢也, 寺下 佳孝, 金崎 真聡, 小田 啓二, 山内 知也

    第31回固体飛跡検出器研究会, 2017年03月, 日本語, 量研機構関西光科学研究所, 実効電荷Zは入射粒子の電荷を表すパラメータである。実効電荷を用いた物理的パラメータの1つとして局所線量分布理論が挙げられる。本研究ではSchiwietzらによって提唱された実効電荷を局所線量分布に適用し、PETおよびPIの検出閾値周辺への活用を試みた。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 紫外線照射下でPADC検出器中に形成される損傷特性評価

    楠本 多聞, 森 豊, 金崎 真聡, 小田 啓二, 山内 知也

    第31回固体飛跡検出器研究会, 2017年03月, 日本語, 量研機構関西光科学研究所, ポリアリルジグリコールカーボネート(PADC)に波長222 nmの紫外線を照射した際、確認された段階的な形成過程を理解することを目的とし、トラックの重なりモデルを点的損傷と考えられるUV損傷の重なりに拡張し、考察を進めた。それによると、ある領域内に含まれるUV損傷の数と損傷を受けているPADCの繰り返し構造の数はオーダーが一致している。これにより、紫外線照射の場合にも、カルボニル基の損傷は隣接するエーテルが損傷を受けた場合にのみ起こることが示された。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 紫外線(222 nm)照射下で PADC 検出器中に形成される 損傷サイズ評価

    楠本 多聞, 森 豊, 金崎 真聡, 小田 啓二, レミ バリオン, 山内 知也

    第64回応用物理学会春季学術講演会, 2017年03月, 日本語, パシフィコ横浜, ポリアリルジグリコールカーボネート(PADC)検出器は、最も感度の高いエッチング型飛跡検出器として知られている。我々は先に実施した 28 MeV 電子線照射実験にて、カーボ ネートエステル基の損傷は隣接するエーテル基が損傷を受けた後にのみ生じること、そし て、その放射線化学収率はエーテル基のそれと同程度にまで著しく増大することを見出した。それは電子トラックの重なりが顕著となるクリティカルフルエンス以上で観察され るが、同様の傾向は波長 222 nm の紫外線照射においても確認されている。本研究では、 紫外線照射下で確認された段階的な損傷形成過程を理解することを目的とし、電子線トラ ックの重なりを考察する際に用いた直線的損傷である、トラックの重なりモデルを点的損 傷と考えられる UV 損傷の重なりに拡張し、考察を進めた。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高分子系飛跡検出器中に形成されるイオントラック

    山内 知也

    第31固体飛跡検出器研究会, 2017年03月, 日本語, 量子科学技術研究開発機構 関西光科学研究所, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 高分子系エッチング型飛跡検出器中に形成されるイオントラック の検出閾値近傍における特徴

    山内 知也, 楠本 多聞, 寺下 佳孝, 金崎 真聡, 小田 啓二, レミ バリオン

    第64回応用物理学会春季学術講演会, 2017年03月, 日本語, パシフィコ横浜, 本研究における高分子系エッチング型飛跡検出器としては、ポリアリルジグリコールカーボネ ート(PADC)やビスフェノール A ポリカーボネート(PC)、ポリエチレンテレフタレート(PET)、 ポリイミド樹脂(PI)の Kapton や UPILEX を念頭においている。PADC は数 MeV のプロトンに 対して感度を有するが、Kapton は図1に示すように Si や Al 程度の重イオンでなければブラッグ ピーク近傍でも感度を持たない。また、PC はアルファ線を記録するが、PET には写らないなど、 これら高分子材料間の飛跡形成感度は大きく異なっている。我々は飛跡検出器としての感度とそ れぞれの高分子構造との関係を明らかにする目的をもって、これらの高分子材料中に形成される イオントラック構造を、赤外線分光分析法を用いて系統的に調べてきた。その一方で, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高分子系エッチング型飛跡検出器中イオントラックの研究

    楠本 多聞, 森 豊, 山内 知也

    光・量子デバイス研究会 電気学会, 2017年03月, 日本語, 兵庫県民会館, The latent track structures in polymeric etched track detectors of PET, PC and PADC films are examined comprehensively for proton and heavy ions. Chemical damage parameters of damage density, which is the number of loss of considered functional groups per unit distance of track length, effective track core radius, in which the chemical groups are lost, and the radiation chemica, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 固体飛跡検出器研究会 歴史と現在、そしてこれから

    山内 知也

    第31回固体飛跡検出器研究会, 2017年03月, 日本語, 量子科学技術研究開発機構 関西光科学研究所, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 検出閾値近傍におけるPADC中イオントラックのステップ状構造変化

    寺下 佳孝, 楠本 多聞, 小田 啓二, 金崎 真聡, 小平 聡, 山内 知也

    第64回応用物理学会春季学術講演会, 2017年03月, 日本語, 東京工業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 検出閾値近傍におけるPADC中イオントラックのステップ状構造変化

    寺下 佳孝, 楠本 多聞, 小田 啓二, 金崎 真聡, 小平 聡, 山内 知也

    第31回固体飛跡検出器研究会, 2017年03月, 日本語, 量研機構関西光科学研究所, PADCは固体飛跡検出器の中で最も感度が高いが、その検出感度を決定する構造上の特性についてはまだ未解明な部分が多い。そのため、本研究ではPADCのプロトンに対する検出閾値である17 eV/nm付近のH及びHeイオン照射を行い、その赤外線分光分析から構造上の特性を解明することを目的とした。分析の結果、実効的トラックコア半径と阻止能の関係に注目すると、検出閾値付近では変化が緩やかなステップ状になっていることが分かった。これは、閾値付近のエネルギーではトラックの径方向の広がりがPADCの繰り返し構造内にとどまるためと考えられる。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリビニルアルコール中ヒドロキシル基の赤外線分光法による定量分析

    東 和樹, 楠本 多聞, 寺下 佳孝, 上野 琢也, 上田 隆裕, 亀田 結貴, 金崎 真聡, 小田 啓二, 山内 知也

    第31回固体飛跡検出器研究会, 2017年03月, 日本語, 量研機構関西光科学研究所, PADC(ポリアリル・ジグリコール・カーボネート)は極めて高い感度と優れた電荷分解能を持つエッチング型飛跡検出器として知られている。現在PADCにイオンを照射すると潜在飛跡に沿ってヒドロキシル基が生成されることが分かっている事からさらに感度の高い検出器を開発するためにもヒドロキシル基の定量分析が必要である。そこで高分子鎖中にヒドロキシル基を含むPVA(ポリビニルアルコール)に着目した。 カールフィッシャー電量滴定法や赤外分光法を用いてPVA内に形成されるヒドロキシル基の定量評価を行うとともに、過去の研究で求められたモル吸光係数の妥当性を検証するために、ヒドロキシル基のモル吸光係数を求めて従来の値と比較した。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC検出器中に存在するヒドロキシル基の定量分析とその化学エッチング特性

    亀田 結貴, 金崎 真聡, 神野 智史, 福田 祐仁, 小田 啓二, 山内 知也

    第31回固体飛跡検出器研究会, 2017年03月, 日本語, 量研機構関西光科学研究所, 近年、PADC中に形成される潜在飛跡形成機構を明らかにする研究が盛んに行われているが、未だ未解明な部分が残されている。特に、切断された高分子鎖の端点に存在するヒドロキシル基は、感度を決定する上で重要なパラメータとなるトラックエッチング速度を支配している。本研究では、形成されるトラックの化学構造を明らかにすることを目的とし、PADC中に存在するヒドロキシル基の定量分析と、その化学エッチング特性について調べた。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC検出器中に形成されるイオントラックと二次電子フルエンスの関係

    楠本 多聞, 小田 啓二, ジアッド エル ビタ, ニコラス アーバ, レミ バリオン, 山内 知也

    第31回固体飛跡検出器研究会, 2017年03月, 日本語, 量研機構関西光科学研究所, ポリアリルジグリコールカーボネート(PADC)中のカルボニル基の損傷は、隣接するエーテル基が失われている場合にのみ起こることが28 MeVの電子線や波長222 nmの紫外線照射実験を通して明らかにされた。これは飛跡の重なりの影響であり、PADC中に形成されるイオントラックの構造を理解するためには二次電子のフルエンスに着目する必要があることを示唆する結果であった。本研究ではGeant4DNAを用いてイオン照射時に発生する二次電子の個数を求め、先に求めているコア半径との関係を明らかにすることを目的とした。詳細は発表に譲る, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC検出器の放射線感受性領域に見られる段階的な損傷過程

    楠本 多聞, 上田 隆裕, 上野 琢也, 亀田 結貴, 寺下 佳孝, 金崎 真聡, 小田 啓二, 誉田 義英, 藤乗 幸子, 山内 知也

    第31回固体飛跡検出器研究会, 2017年03月, 日本語, 量研機構関西光科学研究所, ポリアリルジグリコールカーボネート(PADC)検出器は最も感度の高いエッチング型の飛跡検出器として知られている。近年、PADC間に形成される潜在飛跡形成機構の解明のための研究が体系的に進められている。本研究ではPADCに電子平衡下でガンマ線を照射した。それによるとカーボネートエステル基の密度は吸収線量60 kGy以上の領域でのみ減少し始めた。これはPADC内に形成される損傷の層構造の理解を助ける結果となった。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重合度の異なるプラスチック飛跡検出器(ポリアリルジグリコールカーボネート)の赤外線吸収スペクトル分析

    寺下 佳孝, 楠本 多聞, 上田 隆裕, 上野 琢也, 亀田 結貴, 金崎 真聡, 小田 啓二, 石川 一平, 山内 知也

    第77回応用物理学会秋季学術講演会, 2016年09月, 日本語, 朱鷺メッセ, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 固体飛跡検出器としてのポリエチレンテレフタレートの特性研究

    上野 琢也, 楠本 多聞, 小田 啓二, 金崎 真聡, 北村 尚, 小平 聡, 山内 知也

    第77回応用物理学会秋季学術講演会, 2016年09月, 日本語, 朱鷺メッセ, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 顕微マッピング機能による放射線損傷パラメータの評価

    上田 隆裕, 楠本 多聞, 小田 啓二, 金崎 真聡, 北村 尚, 小平 聡, 山内 知也

    第77回応用物理学会秋季学術講演会, 2016年09月, 日本語, 朱鷺メッセ, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC飛跡検出器の放射線高感受性部に見られる段階的な損傷形成

    楠本 多聞, 森 豊, 金崎 真聡, 小田 啓二, 誉田 義英, 藤乗 幸子, ミッシェル フロム, ジョンーエマニュエル グロエッ, 小平 聡, 北村 尚, レミ バリオン, 山内 知也

    第59回放射線化学討論会, 2016年09月, 日本語, 量子科学技術研究開発機構 高崎量子応用研究所, PADCに28 MeVの電子線を照射し、赤外線分光分析を用いて潜在飛跡形成機構の解明のための研究を行った。その結果、カルボニル基は、隣接するエーテル基が損傷を受けた場合にのみ損傷を受ける事が明らかになった。これは、トラックの層構造を理解する上で非常に重要な結果である。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC 検出器に対するエッチピット生成感度の深さ依存性

    亀田 結貴, 金崎 真聡, 福田 祐仁, 神野 智史, 小田 啓二, 山内 知也

    第77回応用物理学会秋季学術講演会, 2016年09月, 日本語, 朱鷺メッセ, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高閾値検出器としてのポリエチレンテレフタレートの特性研究 (2)

    上野 琢也, 楠本 多聞, 小田 啓二, 金崎 真聡, 北村 尚, 小平 聡, 山内 知也

    第63回応用物理学会春季学術講演会, 2016年03月, 日本語, 東京工業大学 大岡山キャンパス, 本研究 では PET に焦点を当て重イオン毎の検出閾値と感度を求めた。また、従来の研究からプロトン や He と C 以上の比較的重いイオンとの間で化学的損傷パラメータの傾向に明確な違いがある ことが分かっている[2]。そこで赤外分光法を用いて PET の分子レベルでの損傷を評価するため PET の主鎖を構成する官能基ごとの化学的損傷パラメータを求めた。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高分子系飛跡検出器内の放射線損傷形成機構

    山内 知也

    平成27年度大阪大学産業科学研究所附属量子ビーム科学研究施設成果報告会, 2016年03月, 日本語, 大阪大学産業科学技術研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 顕微赤外分光法によるポリイミド薄膜に対する重イオン照射効果

    池永 龍之介, 金崎 真聡, 楠本 多聞, 安田 修一郎, 小田 啓二, 小平 聡, 北村 尚, 山内 知也

    第30回固体飛跡検出器研究会, 2016年03月, 日本語, 福井大学 敦賀キャンパス, これまでに高閾値固体飛跡検出器としてPIについて、入射エネルギーが6 MeV/n以下の重イオン照射実験が体系的に行われてきた。しかし高エネルギー域の応用分野に対応するため、本研究ではKapton、UPILEX-S、UPILEX-RNの三種類のPIを対象に100 MeV/n以上の重イオンを照射し、顕微赤外分光法を用いた損傷構造の解析を目的とした。3種類のポリイミド薄膜に高エネルギー重イオンを照射した結果、低エネルギー重イオン照射の結果と比べると、損傷パラメータは同様の傾向を示し、同じ阻止能域での低エネルギー、高エネルギーの結果が同程度の値を示すことが確認された。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 顕微マッピング測定を用いた損傷構造の分析

    上田 隆裕, 楠本 多聞, 小田 啓二, 金崎 真聡, 北村 尚, 小平 聡, 山内 知也

    第63回応用物理学会春季学術講演会, 2016年03月, 日本語, 東京工業大学 大岡山キャンパス, 現在高分子トラック損傷構造について赤外顕微鏡を用いた分析が行われている。従来用いて きた赤外分光器と比べると測定域が小さく顕微鏡下で任意に測定点を決めることが出来るため、 高フルエンスを実現するためにビームを細くするような小さな範囲を測定するために利用され ている。しかし、ビーム照射域を絞ると強度にばらつきが生じることが知られており、そのため 正確な定量分析が阻まれる。そこで、赤外顕微鏡の機能の一つである任意に格子点数や測定面積 を決めることが可能である顕微マッピング測定機能の活用を試みた。同機能を用いることによ りビーム強度の分布を明らかにすると共に、照射前後の吸光度比より化学的損傷パラメータの 算出が可能となる。さらに過去に得られた結果と比較することにより、顕微マッピング機能の有 効性の確認を行うことが本研究の目的である。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 顕微マッピング測定を用いた損傷構造の分析

    上田 隆裕, 楠本 多聞, 小田 啓二, 金崎 真聡, 北村 尚, 小平 聡, 山内 知也

    第30回固体飛跡検出器研究会, 2016年03月, 日本語, 福井大学 敦賀キャンパス, 現在高分子トラック損傷構造について赤外顕微鏡を用いた分析が行われている。従来用いてきた赤外分光器と比べると測定域が小さく顕微鏡下で任意に測定点を決めることが出来るため、高フルエンスを実現するためにビームを細くするような小さな範囲を測定するために利用されている。しかし、ビーム照射域を絞ると強度にばらつきが生じることが知られており、そのため正確な定量分析が阻まれる。そこで、赤外顕微鏡のマッピング測定機能を用いることによりビーム強度の分布を明らかにすると共に、照射前後の吸光度比より化学的損傷パラメータの算出を試みた。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリエチレンテレフタレート中重イオントラックの特性評価

    上野 琢也, 楠本 多聞, 池永 龍之介, 安田 修一郎, 小田 啓二, 北村 尚, 小平 聡, 山内 知也

    第30回固体飛跡検出器研究会, 2016年03月, 日本語, 福井大学 敦賀キャンパス, ポリエチレンテレフタレート(PET)は高閾値型飛跡検出器として知られ、プロトンやアルファ線など比較的に軽いイオンに対して感度を持たないため、混成場において重イオンのみを検出することが可能である。そこで、本研究ではPET試料に関して重イオンに対する応答特性の評価を行い、検出閾値と感度を求めた。また、赤外分光法を用いてPETの主鎖を構成する官能基ごとの化学的損傷パラメータを求めた。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリイミド系エッチング型飛跡検出器の重イオンに対する検出閾値

    安田 修一郎, 楠本 多聞, 池永 龍之介, 上野 琢也, 小田 啓二, 小平 聡, 北村 尚, 蔵岡 孝治, 山内 知也

    第30回固体飛跡検出器研究会, 2016年03月, 日本語, 福井大学 敦賀キャンパス, 今までポリイミド樹脂に対し重イオンを照射した研究がいくつか報告されている。本研究ではポリイミド樹脂のUPILEX-RNに新たに注目し、固体飛跡検出器への応用可能性を探ることを目的とした。さらに固体飛跡検出器としての利用実績のあるUPILEX-S及びKaptonを対象に、特に高エネルギーの重イオン応答特性を精査した。UPILEX-RNはNeイオンより重いイオンに対し感度を示した。さらに、形成初期段階のエッチピットを走査型電子顕微鏡で観察することで、試料ごとに各イオンの検出閾値を決定した。また、局所線量分布論を用いるとエッチピット形成に必要な線量は原子番号が大きいイオンほど少ないことが分かった。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC検出器中高エネルギープロトントラックの構造分析

    楠本 多聞, 森 豊, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小平 聡, 北村 尚, 山内 知也

    第30回固体飛跡検出器研究会, 2016年03月, 日本語, 福井大学 敦賀キャンパス, ポリアリルジグリコールカーボネート(PADC)は最も感度の高いエッチング型の飛跡検出器として知られている。その応用分野は拡大する一方で、潜在飛跡の形成機構については未だ未解明な部分が多く残されている。本研究では、検出閾値以上のエネルギーを持つプロトンをPADC薄膜に照射し、種々の化学的損傷パラメータを評価した。それによると、CH基の損傷密度及び実効的トラック半径が検出閾値周辺で阻止能に依存しないことが明らかとなった。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC 検出器中に形成される 28 MeV 電子線飛跡の構造分析

    楠本 多聞, 森 豊, 金崎 真聡, 小田 啓二, 誉田 義英, 藤乗 幸子, 山内 知也

    第63回応用物理学会春季学術講演会, 2016年03月, 日本語, 東京工業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC検出器中に形成される28 MeV電子線飛跡の構造分析

    楠本 多聞, 森 豊, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小平 聡, 誉田 義英, 藤乗 幸子, 山内 知也

    第30回固体飛跡検出器研究会, 2016年03月, 日本語, 福井大学 敦賀キャンパス, ポリアリルジグリコールカーボネート(PADC)は最も感度の高いエッチング型の飛跡検出器として知られている。本研究では、PADCに28 MeVの電子線を照射し、種々の化学的損傷パラメータを評価した。エーテル基の相対吸光度は照射フルエンスに対して線形的に減少している一方で、カーボネートエステル基及びCH基のそれは1.6×1015 electrons/cm2以上の照射で減少し始めた。我々はこのフルエンスにおいてトラックの重なりが顕著になると考え、考察を進めた。詳細については発表に譲る。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC 検出器中イオントラックに生成されるヒドロキシル基の研究

    亀田 結貴, 楠本 多聞, 池永 龍之介, 安田 修一郎, 小田 啓二, 北村 尚, 小平 聡, 山内 知也

    第63回応用物理学会春季学術講演会, 2016年03月, 日本語, 東京工業大学 大岡山キャンパス, 潜 在飛跡の構造に関しては PADC 薄膜に対する赤外分光法を用いた研究が系統的に行われてきたが、これまでの研究 からプロトン及び重イオンを照射した PADC 中において新たに形成されている分子鎖の端点にヒドロキシル基が生 じており、さらに大気中からトラックの内表面に集まる水の存在が確認されている。このヒドロキシル基とトラッ ク近傍に集まる水を定量評価し、その挙動を明確にすることを目的として研究が進められてきているが、これまでの BARYOTRAK に加えて新たに HARZLAS TNF-1 についての実験に着手した。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC検出器中イオントラックに生成されるヒドロキシル基の研究

    亀田 結貴, 楠本 多聞, 池永 龍之介, 安田 修一郎, 小田 啓二, 北村 尚, 小平 聡, 山内 知也

    第30回固体飛跡検出器研究会, 2016年03月, 日本語, 福井大学 敦賀キャンパス, プロトン及び重イオンを照射したPADC中には高分子鎖の新たな端点としてヒドロキシル基が生成していることが確認されており、その周辺に水が集まってきている。本研究では赤外分光法を用いてPADC中イオントラックに生成されるヒドロキシル基を定量評価した。BARYOTRAKについて従来の大気中でのイオン照射に加えて真空中での照射も行ない、そのG値は大気中照射の結果よりも低い値であることを確認した。またHARZLAS TNF-1に関して大気中照射をしたところ、BARYOTRAKと同様にPADC中に生成されるヒドロキシル基の増加量は阻止能とよい相関関係をもつことが確認できた。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Radiation chemical yields for loss of carbonyl bonds in poly(allyl diglycol carbonate) and other polymeric etched track detector at the LETs ranging from 0.025 to 12,000 keV/µm

    Tamon Kusumoto, Yutaka Mori, Masato Kanasaki, Keiji ODA, Satoshi Kodaira, Hisashi Kitamura, Yoshihide Honda, Sachiko Tojo, Remi Barillon, Tomoya Yamauchi

    International Symposium on Radiation Detectors and Their Uses 2016, 2016年01月, 英語, High Energy Accelerator Research Organization (KEK), 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 未照射の PADC 検出器中に存在するヒドロキシル基の定量評価

    亀田 結貴, 楠本 多聞, 池永 龍之介, 安田 修一郎, 金崎 真聡, 小田 啓二, 北村 尚, 小平 聡, 山内 知也

    第76回応用物理学会秋季学術講演会2015年, 2015年09月, 日本語, 名古屋国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高閾値検出器としてのポリエチレンテレフタレートの特性研究

    上野 琢也, 楠本 多聞, 池永 龍之介, 安田 修一郎, 金崎 真聡, 小田 啓二, 北村 尚, 小平 聡, 山内 知也

    第76回応用物理学会秋季学術講演会2015年, 2015年09月, 日本語, 名古屋国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 顕微赤外分光システムを用いたイオントラック構造分析

    上田 隆裕, 楠本 多聞, 池永 龍之介, 安田 修一郎, 金崎 真聡, 小田 啓二, 北村 尚, 小平 聡, 山内 知也

    第76回応用物理学会秋季学術講演会2015年, 2015年09月, 日本語, 名古屋国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリイミド薄膜(BPDA/ODA)の重イオンに対する放射線損傷パラメータ

    池永 龍之介, 楠本 多聞, 安田 修一郎, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小平 聡, 北村 尚, 山内 知也

    第76回応用物理学会秋季学術講演会2015年, 2015年09月, 日本語, 名古屋国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリイミド樹脂(BPDA/ODA)の重イオン応答特性評価

    安田 修一郎, 楠本 多聞, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小平 聡, 北村 尚, 蔵岡 孝治, 山内 知也

    第76回応用物理学会秋季学術講演会2015年, 2015年09月, 日本語, 名古屋国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC 検出器中重イオントラック形成機構における 低エネルギー電子の役割

    楠本 多聞, 森 豊, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小平 聡, 北村 尚, 誉田 義英, 藤乗 幸子, 山内 知也

    第76回応用物理学会秋季学術講演会2015年, 2015年09月, 日本語, 名古屋国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高分子系飛跡検出器の応答特性を表す化学的クライテリオンの確立

    山内 知也

    平成26年度放射線医学研究所重粒子線がん治療装置等共同利用研究成果発表会, 2015年04月, 日本語, ホテルポートプラザちば, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Generalization of radiator design techniques for personal neutron dosemeters by unfolding method

    K. Oda, T. Nalayama, K. Umetani, M. Kajihara, T. Yamauchi

    International Conference on Individual Monitoring of Ionising Radiation, 2015年04月, 英語, Bruges, Belgium, 国際会議

    ポスター発表

  • 分子間長の異なるモノマーから合成されたポリマーの荷電粒子に対するレスポンス 顕微FT-IR測定(II)

    川嶋 元, 小平 聡, 安田 仲宏, 池永 龍之介, 山内 知也, 小林 啓一, エリック ベントン

    第29回固体飛跡検出器研究会, 2015年03月, 日本語, 福井大学 敦賀キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重イオン成分を含む混成場への固体飛跡検出器群の適用

    山内 知也, ムハンマド エリワ, 楠本 多聞, 田尾 陽, 池永 龍之介, 安田 修一郎, 小田 啓二, 小平 聡, 北村 尚, 西内 満美子, 榊 泰直, 金崎 真聡, 福田 祐仁, 近藤 公伯

    第62回応用物理学会春季学術講演会, 2015年03月, 日本語, 東海大学 湘南キャンパス, PADC はプロトンに対しても感度を有しているが、PET(ポリエチレン テレフタレート)や PI(ポリイミド)は不感である。また PET はブラッグピーク近傍の炭素や酸素 に対しては感度を有するがPIはそれらに対しても不感である。したがってPIを利用することでAlよりも原子番号の大きな重イオンを弁別計測することが可能である。検出感度の低さは一般に不利な性質であると理解されがちであるが、固体飛跡検出器をひとつのセ ットにした場合には、プロトンや他の軽イオンが作るエッチピットのノイズに邪魔されること無く重イオン成分が検出できるので、利点に変わる。発表では原子力研究開発機構・関西光科学研究所の大型レーザー施設 J-KAREN を利用したイオン加速実験の結果についても言及する。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重イオンを含む放射線混成場への固体飛跡検出器群の適用

    山内 知也, ムハンマド エリワ, 楠本 多聞, 田尾 陽, 池永 龍之介, 安田 修一郎, 小田 啓二, 小平 聡, 北村 尚, 西内 満美子, 榊 泰直, 金崎 真聡, 福田 祐仁, 近藤 公伯

    第29回固体飛跡検出器研究会, 2015年03月, 日本語, 福井大学 敦賀キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 従来型赤外分光と顕微分光との相互比較

    上田 隆裕, 楠本 多聞, 池永 龍之介, 安田 修一郎, 小田 啓二, 小平 聡, 北村 尚, 山内 知也

    第29回固体飛跡検出器研究会, 2015年03月, 日本語, 福井大学 敦賀キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 従来型実効電荷と加速器物理等で用いられる実効電荷の相互比較

    楠本 多聞, 上野 琢也, 小田 啓二, 山内 知也

    第29回固体飛跡検出器研究会, 2015年03月, 日本語, 福井大学 敦賀キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高閾値飛跡検出器としてのポリイミド樹脂の研究

    安田 修一郎, 松川 兼也, 小田 啓二, 小平 聡, 小西 輝明, 北村 尚, 蔵岡 孝治, 山内 知也

    第62回応用物理学会春季学術講演会, 2015年03月, 日本語, 東海大学 湘南キャンパス, 本研究は耐放射線性に優れるエンジニアリングプラスチックとして知 られているポリイミド樹脂に注目し、その高閾値飛跡検出器としての応用可能性を探ることを目的とした。エッチピット径とエッチング処理による溶出厚の関係を求めたところ、1.1 MeV/n の Ne イオンを照射した試料ではエッチピットがエッチング処理の途中から生成していることが 確認できた。この現象はポリイミド樹脂の一種である UPILEX-S(宇部興産社製) 及び Kapton(ニラコ社製)においても確認することができた。新しい試みとして走査型電 子顕微鏡を用いて、UPILEX-RN、UPILEX-S、及び Kapton を対象として生成初期段階のエッチピットの観察及びエッチピット検出閾値の決定を行った。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高閾値飛跡検出器としてのポリイミド樹脂の研究

    安田 修一郎, 楠本 多聞, 小田 啓二, 小平 聡, 北村 尚, 蔵岡 孝治, 山内 知也

    第29回固体飛跡検出器研究会, 2015年03月, 日本語, 福井大学 敦賀キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • レーザー駆動陽子線を用いたプラズマイメージングへの固体飛跡検出器の利用

    福田 裕仁, 金崎 真聡, 近藤 公伯, 杉山 僚, 小田 啓二, 山内 知也

    第29回固体飛跡検出器研究会, 2015年03月, 日本語, 福井大学 敦賀キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • イオン照射及び化学エッチングによるプラスチック表面の特性変化

    岩﨑 研太, 楠本 多聞, 池永 龍之介, 安田 修一郎, 小田 啓二, 小平 聡, 北村 尚, 山内 知也

    第29回固体飛跡検出器研究会, 2015年03月, 日本語, 福井大学 敦賀キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Xeイオン(290 MeV/n)、Krイオン(400 MeV/n)を照射したポリイミドの損傷構造

    池永 龍之介, 楠本 多聞, 小田 啓二, 小平 聡, 北村 尚, 山内 知也

    第29回固体飛跡検出器研究会, 2015年03月, 日本語, 福井大学 敦賀キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Xe イオン(290 MeV/n), Kr イオン(400 MeV/n)を照射したポリイミドの損傷構造

    池永 龍之介, 松川 兼也, 小田 啓二, 小西 輝明, 小平 聡, 北村 尚, 山内 知也

    第62回応用物理学会春季学術講演会, 2015年03月, 日本語, 東海大学 湘南キャンパス, 本研究では、 ポリイミド樹脂の Kapton を用いて 290 MeV/n 以上の重イオンを照射し、赤外分光法を用いて損傷構造を分析することを目的とした。同分析法より、重イオン照射による各官能基 の吸光度の低下を確認した。続いてトラック単位長さあたりの損傷数(損傷密度)、放射 線化学収率(G 値)及び実効的トラックコア半径を算出し、これまでの研究で得られた 6 MeV/n 以下の重イオン照射効果とともに比較、評価した。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC 検出器中重イオントラック内に形成される ヒドロキシル基の役割

    楠本 多聞, 森 豊, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小平 聡, 北村 尚, 山内 知也

    第62回応用物理学会春季学術講演会, 2015年03月, 日本語, 東海大学 湘南キャンパス, ポリアリルジグリコールカーボネート検出器(PADC)は、最も感度の高いエッチング型飛跡検出器として知られている。我々は、PADC 中に形成されるイオントラック(潜在飛跡)の 構造を理解するためにその薄膜に対する赤外線分光分析を利用した体系的な分析を進めてきており、その高分子鎖中のエーテル基やカーボネートエステル基が損傷を受けやすく、トラックエッチング速度の関係する新たな端点としてヒドロキシル基が生成していることを明らかにしてきた。本研究では PADC 中に形成されるトラックの化学構造を 明らかにすることを目的とし、重イオン照射後にイオントラック内に形成されるヒドロキシル基の定量評価を試みた。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC検出器中重イオントラック内に形成されるOH基の役割

    楠本 多聞, 森 豊, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小平 聡, 北村 尚, 山内 知也

    第29回固体飛跡検出器研究会, 2015年03月, 日本語, 福井大学 敦賀キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC検出器中イオントラックに生成されるヒドロキシル基の研究

    亀田 結貴, 楠本 多聞, 池永 龍之介, 安田 修一郎, 小田 啓二, 蔵岡 孝治, 小平 聡, 北村 尚, 山内 知也

    第29回固体飛跡検出器研究会, 2015年03月, 日本語, 福井大学 敦賀キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Quantum yields for loss of carbonate ester bonds in polymeric nuclear track detectors under 222 nm UV radiations

    Tomoya Yamauchi, Atsushi Sakamoto, Tamon Kusumoto, Yutaka Mori, Masato Kanasaki, Keiji Oda

    26th International Conference on Nuclear Tracks in Solids, 2014年09月, 英語, International Nuclear Track Society, Kobe University, Kobe University, The effects of ultraviolet (UV) photons on bisphenol-A polycarbonate (PC), polyethylene telephtalate (PET), and poly(allyl diglycol carbonate) (PADC), at a wavelength of 222 nm has been examined by means of FT-IR spectrometry, which have been applied for polymeric nuclear track detectors. The progress of photo-Fries reaction has been found in PC, as well as de-carbonyl reaction, 国際会議

    ポスター発表

  • On the modified structure around the latent tracks in PADC films exposed to protons and heavy ions

    Tamon Kusumoto, Yutaka Mori, Masato Kanasaki, Keiji Oda, Satoshi Kodaira, Hisashi Kitamura, Remi Barillon, Tomoya Yamauchi

    26th International Conference on Nuclear Tracks in Solids, 2014年09月, 英語, International Nuclear Track Society, Kobe University, Kobe University, A series of FT-IR measurements has been performed to understand the modified structure of latent tracks in poly(allyl diglycol carbonate) (PADC) films exposed to protons and heavy ions, He, C, Ne, Ar, Fe, Kr and Xe, in air or in vacuum. The examined stopping power ranged from 10 to 12000 keV/μm. For every examined ions, the effective track core radius for CH2 group is almost eq, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Feature of radiation damage formed along the nuclear tracks in bisphenol A polycarbonate films

    Ryunosuke Ikenaga, Yutaka Mori, Tamon Kusumoto, Keiji Oda, Satoshi Kodaira, Teruaki Konishi, Hisashi Kitamura, Tomoya Yamauchi

    26th International Conference on Nuclear Tracks in Solids, 2014年09月, 英語, International Nuclear Track Society, Kobe University, Kobe University, A series of FT-IR spectrometric studies has been carried out on bisphenol A polycarbonate (PC) films exposed to protons and heavy ions, as well as low LET radiations like gamma rays from an intense Co-60 source and high energy electron beams. It has been confirmed that the radiation chemical yields, G value, for the loss of carbonate ester bonds in PC hardly depends on the stop, 国際会議

    ポスター発表

  • A study on polyimide films as an etched track detector with higher registration threshold

    Shuichiro Yasuda, Yutaka Mori, Kenya Matsukawa, Tamon Kusumoto, Keiji Oda, Satoshi Kodaira, Teruaki Konishi, Hisashi Kitamura, Tomoya Yamauchi

    26th International Conference on Nuclear Tracks in Solids, 2014年09月, 英語, International Nuclear Track Society, Kobe University, Kobe University, It is well known that different polymeric etched track detectors have their own track registration properties. The polymeric Kapton is known for its ability to maintain excellent physical, electrical, and mechanical properties in wide temperature regions from 4 K to 673 K. It works as an etched track detector with a higher threshold for etch pit formation. In this study, the tr, 国際会議

    ポスター発表

  • 固体飛跡検出器中に中に形成される重イオントラックの構造

    山内 知也

    平成25年度放射線医学総合研究所重粒子線がん治療装置等共同利用研究報告書, 2014年04月, 日本語, ホテルポートプラザちば, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 分子間長の異なるモノマーから合成されたポリマーの荷電粒子に対するレスポンス -顕微FT-IR測定-

    川嶋 元, 小平 聡, 中川 健太, 安田 仲宏, 松川 兼也, 森 豊, 山内 知也, 小林 啓一

    第28回固体飛跡検出器研究会, 2014年03月, 日本語, 神戸大学, 固体飛跡検出器で最も感度が高いとして知られるCR-39ポリマー(poly allyl diglycol carbonate)は、1979にCartwrightらにより報告された後、個人被ばく線量計、宇宙放射線測定器などとして、放射線計測現場において広く活用されているにもかかわらず、CR-39が持つ優れた重粒子照射特性についての科学的考察は今だ十分ではない。 我々は、重イオン照射によりプラスチック内部で起こる物理的、化学的反応課程、及びその結果形成される潜在飛跡損傷メカニズムの解明のために、質量分析法(MS)や電子スピン共鳴法(ESR)を用いて検討を重ね、一部の結果を報告した(Kodaira et al., Rad. Meas. 2012)。一方では、CR-39に似た新材料の合成も試みており、昨年の本研究会において、合成した3種類のポリマーのうちの2種, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 薄膜ターゲットを用いたレーザー駆動陽子加速

    匂坂 明人, 西内 満美子, Alexander S. Pirozhkov, 小倉 浩一, 榊 泰直, 前田 翔太, Tatiana A. Pikuz, Anatoly Ya. Faenov, 福田 祐二, 金崎 真聡, 松川 兼也, 神門 正城, 桐山 博光, 岡田 大, 金沢 修平, 近藤 修司, 下村 拓也, 中井 善基, 田上 学, 境 誠司, 渡辺 幸信, 山内 知也, Timur Zh. Esirkepov, Sergei V. Bulanov, 近藤 公伯

    第61回応用物理学会春季学術講演会, 2014年03月, 日本語, 青山学院大学, 日本原子力研究開発機構設置のチタンサファイアレーザー(J-KAREN)を用いて、薄膜ターゲットに照射した。レーザーのパルス幅は半値全幅で~40 fs であった。レーザーパルスは軸外し放物面鏡により集光され、集光強度は~1x1021 W/cm2 と見積もられる。ターゲット裏面方向に発生する陽子をCR-39 とRCF の組み合わせにより測定した。また、レーザーとアルミ薄膜ターゲットとの相互作用を調べるため、レーザー反射方向に発生する高次高調波(2 次〜4 次)を、分光器によって測定した。アルミ薄膜ターゲットを用いた場合、陽子の最大エネルギーは 40 MeV 程度に達した, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重イオンに対するポリカーボネートのエッチング特性

    中村 洋明, 森 豊, 松川 兼也, 楠本 多聞, 小田 啓二, 小平 聡, 小西 輝昭, 北村 尚, 山内 知也

    第28回固体飛跡検出器研究会, 2014年03月, 日本語, 神戸大学, 近年、潜在飛跡の構造に関してはポリカーボネート(PC)に対する赤外線分光法を利用した研究が体系的に行われており、高分子鎖を構成しているカーボネートエステル結合が選択的に損傷を受けていることが明らかになっている。次の課題は、潜在飛跡の構造や径方向サイズとそれに沿ったエッチング速度あるいは検出感度との関係を明らかにすることである。本研究では、プロトンや重イオンを照射したPC検出器の検出感度をエッチピット径から決定した。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高閾値飛跡検出器としてのポリエチレンテレフタレートの研究

    石間 倖太朗, 松川 兼也, 楠本 多聞, 田尾 陽, 森 豊, 北村 尚, 小平 聡, 小西 輝昭, 小田 啓二, 山内 知也

    第28回固体飛跡検出器研究会, 2014年03月, 日本語, 神戸大学, 宇宙放射線計測やレーザー駆動粒子線加速実験といった種々の放射線からなる混成場における計測において感度の異なる複数の検出器を活用する必要がある。ポリエチレンテレフタレート(PET)は決して感度の高い検出器ではないが、プロトンやアルファ線など比較的に軽いイオンに対する感度を持たないために、これらとより重たい重イオンが同時に入射してくるようなケースでは、重イオンのみを検出することが可能である。そこで本研究では現在入手可能なPET材料に対して、いくつか重イオンに対する検出特性を評価した。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高閾値飛跡検出器としてのエンジニアリングプラスチックの応用可能性

    松川 兼也, 森 豊, 楠本 多聞, 小田 啓二, 小平 聡, 北村 尚, 山内 知也

    第28回固体飛跡検出器研究会, 2014年03月, 日本語, 神戸大学, これまでにポリアリルジグリコールカーボネート(PADC)を始めとする種々のポリマーに対し、重イオンやガンマ線照射による放射線影響が体系的に研究されてきた。本研究では耐放射線性に優れるいくつかのエンジニアリングプラスチックに注目し、高閾値固体飛跡検出器としての応用可能性について評価した。エッチピット形成感度、及び重イオン照射効果について評価した結果、ポリイミド樹脂上にエッチピットが生成するためには隣接する2ヶ所以上のジフェニルエーテル結合が必要であることがわかった。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高閾値型飛跡検出器としてのポリエチレンテレフタレートの研究(Ⅱ)

    田尾 陽, 森 豊, 金崎 真聡, 小平 聡, 小西 輝昭, 小田 啓二, 山内 知也

    第61回応用物理学会春季学術講演会, 2014年03月, 日本語, 青山学院大学, エッチング型飛跡検出器は、プロトンや重イオンの通り道である飛跡を化学エッチング処理によって拡大し、それぞれを、顕微鏡下においてエッチピットとして観察する放射線検出器である。最も検出感度の高いCR-39 という商品名でよばれるポリアリルジグリコールカーボネート(PADC)がその代表的な検出器として知られている。感度のより高い素子を開発することは、ひとつの研究の方向性として重要であるが、ある検出閾値を有する検出器が必要とされるようなケースが生まれている。例えば、高強度レーザー駆動イオン加速実験において、電子線やX 線、プロトンからなる複雑な混合場において重イオンを検出する必要が生まれている。この場合、プロトンやアルファ線には感度は持たないが、CやOイオンには感度を有するようなエッチング型飛跡検出器の適用が期待されている。Fig. 1 はポリエチレンテレフ, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高分子系飛跡検出器中イオントラックの特性

    山内 知也

    平成25年度大阪大学産業科学研究所附属量子ビーム科学研究施設成果報告会, 2014年03月, 日本語, 大阪大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高強度レーザーとクラスターとの相互作用から発生するMeV級イオンの空間分布・エネルギー分布測定

    金崎 真聡, 神野 智史, 榊 泰直, 西内 満美子, 近藤 公伯, 小田 啓二, 山内 知也, 松井 隆太郎, 岸本 泰明, D. Doria, M. Borghesi, 福田 祐仁

    第28回固体飛跡検出器研究会, 2014年03月, 日本語, 神戸大学, クラスターターゲットを用いたレーザー駆動イオン加速実験においては、クーロン爆発によって等方的に発生する低エネルギー成分(< 数MeV/n)に加え、磁気双極子渦の運動によってレーザー進行方向に加速される高エネルギー成分(>> 数MeV/n)が存在する。本研究では、比較的低エネルギーのイオンについて、その空間分布とエネルギー分布の測定を試み、加速機構について検討した。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高域値飛跡検出器としてのポリイミド樹脂の研究

    安田 修一郎, 森 豊, 松川 兼也, 楠本 多聞, 小田 啓二, 小平 聡, 小西 輝昭, 北村 尚, 山内 知也

    第28回固体飛跡検出器研究会, 2014年03月, 日本語, 神戸大学, これまでにポリイミド樹脂に対し重イオンを照射した研究がいくつか報告されている。本研究ではポリイミド樹脂であるカプトンを用いて、その主鎖を担うイミド結合、ジフェニルエーテル結合のモル吸光係数を算出した。またAl, Si, Ar, Fe, Kr, Xe イオンを照射して感度及び検出閾値の再評価に取り組んだ。検出閾値では先行する研究と比較して差異は認められなかったが、感度では明確な差異が認められた。これはエッチング処理時の溶液量の違いによる流れの差異に起因すると判断した。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリカーボネート中に形成される放射線損傷の特徴

    池永 龍之介, 森 豊, 松川 兼也, 楠本 多聞, 小田 啓二, 小平 聡, 小西 輝昭, 北村 尚, 山内 知也

    第28回固体飛跡検出器研究会, 2014年03月, 日本語, 神戸大学, PCの潜在飛跡機構の解明のため、我々はこれまでに重イオン照射、ガンマ線照射などについて系統的な研究を進めてきた。しかしPC中に形成されるイオントラックの構造と形成機構をより理解するためには、低エネルギー電子の影響を排除した実験が必要となっている。本研究ではPCに28 MeVの電子線を照射し顕微赤外分光分析によって損傷を評価した。また、重イオントラックに沿った化学構造変化についても顕微赤外分光分析を行った。代表的な官能基について、照射前後の吸光度の変化から放射線化学収率を含むいくつかの化学的損傷パラメータを算出し、損傷を評価した。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリアリルジグリコールカーボネート検出器中に形成されるプロトン及び重イオントラックの構造

    森 豊, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小平 聡, 北村 尚, 小西 輝昭, 藤乗 幸子, 誉田 義英, 山内 知也

    第28回固体飛跡検出器研究会, 2014年03月, 日本語, 神戸大学, 本研究ではポリアリルジグリコールカーボネート(PADC)薄膜に陽子及び重イオンを照射し、そのイオントラック構造を赤外線分光法で求めた。対象としたイオン種はプロトンとHeからXeイオンまでの重イオンであった。阻止能域で言えば10 keV/µmから12,000 keV/μmの範囲を本研究はカバーしている。PADC中の代表的な官能基であるカーボネートエステル結合及びエーテル結合について、実効的トラックコア半径と損傷密度、放射線化学収率(G値)を評価した。PADCでは同一のイオン種では阻止能が低いほどG値が高いという特異な傾向が、分析した総てのイオン種で確認された。, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • クラスターターゲットから発生するMeV 級イオンの空間分布

    金崎 真聡, 神野 智史, 榊 泰直, 西内 満美子, 近藤 公伯, 小田 啓二, 山内 知也, 松井 隆太郎, 岸本 泰明, D. Doria, M. Borghesi, 福田 祐二

    第61回応用物理学会春季学術講演会, 2014年03月, 日本語, 青山学院大学, クラスターターゲットを用いたレーザー駆動イオン加速実験では、固体ターゲットの場合に比べてイオンの加速効率が高く、最大で50 MeV/n のHe イオンの加速を達成している1)。クラスターターゲットを用いた場合、クーロン爆発によって等方的に発生する比較的低エネルギーの成分(< 数MeV/n)のものに加え、磁気双極子渦の運動によってレーザー進行方向に加速される高エネルギー成分(>> 数MeV/n)のものが存在する。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC飛跡検出器中重イオントラックの赤外分光分析

    楠本 多聞, 森 豊, 金崎 真聡, 又井 悠里, 小田 啓二, 小平 聡, 北村 尚, 山内 知也

    第28回固体飛跡検出器研究会, 2014年03月, 日本語, 神戸大学, ポリアリルジグリコールカーボネート(PADC)検出器は最も感度の高い飛跡検出器として知られている。 PADC は、その繰り返し構造の中央にエーテル基があり2 つのカーボネートエステル基がエチル基を介して対称の位置に存在する。それらの外側には重合時に生まれたポリエチレン状の3 次元ネットワークが広がっており、それらは他の繰り返し構造と結びついている。本研究ではエチル基等を構成するCH2 基に着目し、赤外線分光分析を用いて化学的損傷パラメータを評価した。得られた結果は、先に求めているエーテル基やカーボネートエステル基のものと比較検討した。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC 検出器中重イオントラックの赤外線分光分析による研究(1)

    楠本 多聞, 森 豊, 金崎 真聡, 小田 啓二, 小西 輝昭, 小平 聡, 北村 尚, 山内 知也

    第61回応用物理学会春季学術講演会, 2014年03月, 日本語, 青山学院大学, ポリアリルジグリコールカーボネート(PADC)出器は、最も感度の高いエッチング型飛跡検出器として知られている。我々は、PADC 中に形成されるイオントラック(潜在飛跡)の構造を理解するためにその薄膜に対する赤外線分光分析を利用した体系的な分析を進めてきており、その高分子鎖中のエーテル基やカーボネートエステル基が損傷を受けやすく、トラックエッチング速度の関係する新たな端点としてヒドロキシル基が生成していることを明らかにしてきた。PADC は熱硬化性樹脂であるが、その繰り返し構造の中央にはエーテル基があり2 つのカーボネートエステル基がエチル基を介して対称の位置に置かれている。それらの外側には重合時に生まれたポリエチレン状の3 次元ネットワークが広がっており、それらは他の繰り返し構造と結びついている。本研究ではエチル基等を構成するCH2基に着目し、化学的, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC検出器中イオントラック内に形成されるヒドロキシル基の役割

    又井 悠里, 金崎 真聡, 森 豊, 小田 啓二, 小平 聡, 小西 輝昭, 安田 仲宏, 山内 知也

    第28回固体飛跡検出器研究会, 2014年03月, 日本語, 神戸大学, プロトン及び重イオンを照射したPADC中では新たな端点としてヒドロキシル基が生成していることが確認されており、その周辺に水が集まってきていると考えられている。本研究では赤外分光法によりイオントラック内に形成されるヒドロキシル基を定量評価した。また、水のみを評価するカール・フィッシャー電量滴定法に着手し重イオン照射後のPADC中に水が存在することを確認した。照射した試料を潜在飛跡が失われる程度の極短時間エッチングすると照射前と同程度までヒドロキシル基が減少し、そこから推定されたトラックエッチング速度は顕微サイズで得られたそれとオーダーで等しくなった。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Identification of Cs-137 and Sr-90 (Y-90) using imaging plate

    OHASHI KAI, TAKAHIRO NAKAYAMA, YAMAUCHI TOMOYA, ODA KEIJI

    9th Inrternational Workshop on Ionizing Radiation Monitoring, 2013年12月, 英語, Oarai, Japan, 国際会議

    ポスター発表

  • イメージングプレートを用いたCs-137とSr-90(Y-90)の識別

    大橋 改, 中山 高宏, 山内 知也, 小田 啓二

    日本放射線安全管理学会, 2013年11月, 日本語, 北海道大学学術交流会館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重イオンに対するPADC 検出器の応答特性

    楠本 多聞, 森 豊, 小田 啓二, 小西 輝昭, 小平 聡, 北村 尚, 安田 仲宏, 山内 知也

    第74回応用物理学会秋季学術講演会, 2013年09月, 日本語, 同志社大学京田辺キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高閾値型飛跡検出器としてのポリエチレンテレフタレートの研究

    田尾 陽, 森 豊, 小平 聡, 小西 輝昭, 小田 啓二, 山内 知也

    第74回応用物理学会秋季学術講演会, 2013年09月, 日本語, 同志社大学京田辺キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリイミド薄膜の重イオン応答特性評価

    松川 兼也, 森 豊, 小田 啓二, 小西 輝昭, 小平 聡, 北村 尚, 山内 知也

    第74回応用物理学会秋季学術講演会, 2013年09月, 日本語, 同志社大学京田辺キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC 中潜在飛跡近傍における水の定量評価

    又井 悠里, 金崎 真聡, 森 豊, 小田 啓二, 小平 聡, 小西 輝昭, 山内 知也

    第74回応用物理学会秋季学術講演会, 2013年09月, 日本語, 同志社大学京田辺キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • A diagnosis method of laser-accelerated protons using CR-39 in a field contaminated by photo-neutrons

    Masato Kanasaki, Yuji Fukuda, Hironao Sakaki, Akifumi Yogo, Satoshi Jinno, Mamiko Nishiuchi, Atsuto Hattori, Kenya Matsukawa, Kiminori Kondo, Keiji Oda, Tomoya Yamauchi

    The Eighth International Conference on Inertial Fusion Science and Applications, 2013年09月, 英語, Nara, Japan, 国際会議

    ポスター発表

  • イメージングプレートを用いたCs-137とSr-90(Y-90)の識別

    大橋 改, 小田 啓二, 山内 知也

    日本保健物理学会第46回研究発表会, 2013年06月, 日本語, 日本保健物理学会, ホテルポートプラザちば、千葉市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 固体飛跡検出器中に形成される重イオントラックの構造

    山内 知也

    平成24年度HIMAC共同利用研究成果発表会, 2013年04月, 日本語, ホテルポートプラザちば, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 飛跡検出器の重イオンに対する真空効果を考慮した応答特性

    服部 篤人, 金崎 真聡, 福田 祐仁, 榊 泰直, 余語 覚文, 神野 智史, 堀 利彦, 倉島 俊, 神谷 富裕, 近藤 公伯, 小田 啓二, 山内 知也

    第27回固体飛跡検出器研究会, 2013年03月, 日本語, 神戸大学, PADC飛跡検出器はその潜在飛跡形成に関する研究が進められる一方で、様々な分野で使用されている。今後より一層の高精度なイオン計測をするためには照射環境が検出感度に与える影響についても精査する必要がある。特にレーザー駆動粒子加速実験に注目した時に、試料は真空中に保持されているため、その真空が与える影響を無視することはできない。そこで本実験では、今まで実験がなされていなかった重イオンに対する真空効果の影響について調べた。その結果、重イオンに対する真空効果の影響をはじめて確認することができ、真空保持時間に依存した検出器の応答特性を評価した。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 電子スピン共鳴法を用いた重イオン照射によりCR-39に生成するラジカルの測定

    川嶋 元, 小平 聡, 川野 涼, 花岡 慶祐, 小西 輝昭, 北村 尚, 内堀 幸夫, 長谷部 信行, 鷲尾 方一, 濱 義昌, 森 豊, 山内 知也

    第27回固体飛跡検出器研究会, 2013年03月, 日本語, 神戸大学, 放射線計測分野においてCR-39プラスチックは広く利用されているにも関わらず、重粒子線照射によってCR-39内部でおこる化学反応とエッチング操作後に観察されるエッチピットの大きさや形状との関連性は未解決のままである。我々は、CR-39における重粒子線飛跡生成メカニズムの解明を目標に、①重粒子線照射時にCR-39内部で起きるラジカル反応とその生成物の検出、及び、②エッチピット形成の基となる放射線損傷由来の分子フラグメントの検出を行い、エッチピットのLET依存性の関連性を包括的に解明し、CR-39の持つ高感度特異性の要因分析を進めている。今回の講演では、イオンビームを照射したときに生成するラジカルの測定を電子スピン共鳴法により行い、重イオン特有の照射効果について発表する。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重イオンに対するPADC検出器の応答特性

    楠本 多聞, ナビル ハッサン, 服部 篤人, 森 豊, 小田 啓二, 小平 聡, 北村 尚, 安田 仲宏, 山内 知也

    第27回固体飛跡検出器研究会, 2013年03月, 日本語, 神戸大学, ポリアリル・ジグルコール・カーボネート(PADC)検出器は、最も感度の高いエッチング型飛跡検出器として知られており、近年潜在飛跡の構造に関してはPADC薄膜に対する赤外線分光法を利用した研究が体系的に行われている。次の課題は、潜在飛跡の構造や径方向サイズとそれに沿ったエッチング速度あるいは検出感度との関係を明らかにすることである。本研究では、プロトンや重イオンを照射したPADC検出器の検出感度を、エッチピット径やエッチピットの先端角、トラック長さから決定した。また、感度の限定的エネルギー損失(REL)依存性を求め、先行する研究との比較をおこなった。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高閾値飛跡検出器としてのポリイミド薄膜の応用

    松川 兼也, 森 豊, 小田 啓二, 小西 輝昭, 小平 聡, 北村 尚, 安田 仲宏, 山内 知也

    第60 回応用物理学会春季学術講演会, 2013年03月, 日本語, 応用物理学会, 神奈川工科大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高閾値型飛跡検出器としてのポリエチレンテレフタレートの研究

    田尾 陽, 服部 篤人, 森 豊, 小田 啓二, 小平 聡, 小西 輝昭, 安田 仲宏, 山内 知也

    第27回固体飛跡検出器研究会, 2013年03月, 日本語, 神戸大学, 宇宙放射線計測やレーザー駆動粒子線加速実験といった種々の放射線からなる混成場においては、感度の異なる複数の固体飛跡検出器を効果的に活用する必要がある。ポリエチレン・テレフタレート(PET)は決して感度の高いエッチング型検出器ではないが、プロトンやα線に対する感度が無いために、これらとより重たい重イオンが同時に入射してくるようなケースでは、その重イオンのみを検出することが可能である。そこで本研究では現在入手可能なPET材料に対して、複数の重イオンに対する検出特性を評価した。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高エネルギー重イオン照射に対するPADC飛跡検出器の放射線化学収率

    森 豊, 金崎 真聡, 服部 篤人, 小田 啓二, 小平 聡, 北村 尚, 小西 輝昭, 安田 仲宏, 藤乗 幸子, 誉田 義英, 山内 知也

    第27回固体飛跡検出器研究会, 2013年03月, 日本語, 神戸大学, これまでPADC薄膜に6 MeV/n以下の重イオン照射し、赤外分光を用いて高分子飛跡材料中のイオントラック構造分析についての研究を進めてきた。特にPADC中のカルボニル基の放射線化学収率(G値)はプロトン照射によるが最も大きい値であった。そこでコバルト60を用いたガンマー線照射を実施したところ、プロトンのG値よりも大きな値を得たことから、より阻止能が低いほどG値が大きくなるという結果が確認された。そこで本研究ではこれまでよりも高エネルギーのC (1.10, 1.25 and 1.39 GeV)、 Fe (20.8 and 22.8 GeV)、Xe (10 GeV)イオンを照射し化学的損傷パラメータを求めた。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 後方散乱粒子によるレーザー駆動イオンビームの簡易診断法

    金崎 真聡, 福田 祐仁, 榊 泰直, 余語 覚文, 神野 智史, 倉島 俊, 神谷 富裕, 近藤 公伯, 小田 啓二, 山内 知也

    第27回固体飛跡検出器研究会, 2013年03月, 日本語, 神戸大学, CR-39を用いた高強度高エネルギーイオンビームに対する簡易診断法を開発した。適切な散乱体の上に重ねたCR-39に対して、加速器にてHeイオンをエネルギー及びフルエンスともに検出閾値以上の条件で照射した。多段階エッチング法により解析を行った結果、CR-39の裏面には後方散乱粒子によってエッチピットが形成されていることが明らかとなった。また、裏面のエッチピットの分布すなわち後方散乱粒子を利用して高エネルギーイオンビームの診断が可能であることを確認した。この手法を、クラスターターゲットを用いたレーザー駆動イオン加速実験に適用し、50 MeV/nのHeイオンの検出に成功した。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 検出閾値近傍における PADC 中イオントラックのステップ状構造変化

    寺下 佳孝, 楠本 多聞, 小田 啓二, 金崎 真聡, 小平 聡, 山内 知也

    第64回応用物理学会春季学術講演会, 2013年03月, 日本語, パシフィコ横浜, 固体飛跡検出器の中で最も感度が高く、中性子やラドン計測にも使用可能な検出器としてポリ アリルジグリコールカーボネート(PADC)がある。PADC は高強度電磁パルス下で電子線や X 線に感度を持たず、特定のイオンのみを弁別して測定することが可能なのでレーザー駆動イオン 加速器実験にも利用される。しかし、検出感度を決定する構造上の特性についてまだ未解明な部 分が多い。そのため、本研究ではPADCのプロトンに対する検出閾値である17 eV/nm付近のH 及び He イオン照射を行い、その赤外線分光分析から構造上の特性を解明することを目的とした。 化学的損傷パラメータとしては、トラック単位距離あたりの官能基の損傷数である損傷密度、官 能基が失われている径方向の広がりを示す実効的トラックコア半径、放射線化学収率(G 値)を 利用し、これら 3 つの化学的損傷, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • レーザー駆動イオンビーム計測における光中性子の影響評価

    金崎 真聡, 福田 祐仁, 榊 泰直, 余語 覚文, 神野 智史, 西内 満美子, 服部 篤人, 松川 兼也, 近藤 公伯, 小田 啓二, 山内 知也

    第60 回応用物理学会春季学術講演会, 2013年03月, 日本語, 応用物理学会, 神奈川工科大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリイミド中重イオントラックの特性評価

    松川 兼也, 服部 篤人, 小田 啓二, 小西 輝昭, 小平 聡, 北村 尚, 安田 仲宏, 山内 知也

    第27回固体飛跡検出器研究会, 2013年03月, 日本語, 神戸大学, これまでにポリアリル・ジグリコール・カーボネート(PADC)を始めとする種々のポリマーに対し、重イオンやガンマ線照射による放射線影響が体系的に研究されてきた。それらのエッチピットの生成有無に関しては隣り合う2つのC-O結合の損傷が関係していると考えられている。本研究では、ポリイミド樹脂であるKaptonのエッチピット生成に寄与する損傷構造の解明と、検出閾値の推定に取り組んだ。検出閾値の推定にあたり、阻止能を用いて閾値を説明することは困難であることがわかった。発表では、複数の物理パラメータの適用可能性について議論する。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • クラスターターゲットを用いたレーザー駆動イオン加速実験における光中性子の評価

    金崎 真聡, 福田 祐仁, 榊 泰直, 余語 覚文, 神野 智史, 西内 満美子, 近藤 公伯, 小田 啓二, 山内 知也

    第27回固体飛跡検出器研究会, 2013年03月, 日本語, 神戸大学, クラスターターゲットを用いたレーザー駆動イオン加速実験では、高エネルギーイオンが発生すると同時に、最大で300 MeV程度の高エネルギー電子線の発生が確認されている。このような電子線は実験装置を構成する物質中に入射すると制動放射によりエネルギーの高い光子を放出し、さらに、発生した光子と物質中の原子核との光核反応により中性子を発生する。そこで本研究では、CR-39を用いたレーザー駆動イオンビーム診断においてノイズとなり得る光中性子の影響を、モンテカルロシミュレーションおよび3He検出器による実測を組み合わせて評価した。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC中潜在飛跡近傍における水の定量評価

    又井 悠里, 金崎 真聡, 森 豊, 小田 啓二, 小平 聡, 小西 輝昭, 安田 仲宏, 山内 知也

    第27回固体飛跡検出器研究会, 2013年03月, 日本語, 神戸大学, プロトン及び重イオンを照射したPADC中では新たな端点としてヒドロキシル基が生成していることが知られるようになってきた。本研究ではトラック近傍に集まる水を定量評価する手段として従来の赤外分光法に加え、カールフィッシャー電量滴定法を用いた実験に着手した。未照射のPADC中に存在する水の量は試料厚さに比例することがカールフィッシャー法においても確認できた。得られた水分測定値を赤外分光法により得られたヒドロキシル基周辺の吸光度と比較しPADC中における水の挙動を定量評価する手段として両者が補間的な関係になり得るかどうかを調べた。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC 中潜在飛跡近傍における水の挙動(2)

    又井 悠里, 金崎 真聡, 森 豊, 山内 知也, 小田 啓二, 小平 聡, 小西 輝昭, 安田 仲宏

    第60 回応用物理学会春季学術講演会, 2013年03月, 日本語, 応用物理学会, 神奈川工科大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • On the mechanism of sensitization of poly(allyl diglycol carbonate) track detector by carbon dioxide treatment

    Nabil M. Hassan, Yuri Matai, Tamon Kusumoto, Yutaka Mori, Masato Kanasaki, Keiji Oda, Hisahi Kitamura, Teruaki Konishi, Satoshi Kodaira, Nakahiro Yasuda, Tomoya Yamauchi

    第27回固体飛跡検出器研究会, 2013年03月, 英語, 神戸大学, Sensitization effect of poly(allyl diglycol carbonate), PADC, etched track detectors by carbon dioxide treatments with 0.6 MPa is confirmed for proton and He, C, and Fe ions, at the stopping powers ranging from 10 to 600 keV/μm. Based on the FT-IR study for the PADC films kept at room temperature and at elevated temperatures, the diffusion coefficient of carbon dioxide, D, is d, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • CR-39 およびZnS(Ag)蛍光膜による固体ターゲットを用いたレーザー駆動イオンビームの計測

    金崎 真聡, 福田 祐仁, 榊 泰直, 余語 覚文, 神野 智史, 西内 満美子, 小倉 浩一, 赤城 卓, 近藤 公伯, 小田 啓二, 山内 知也

    第27回固体飛跡検出器研究会, 2013年03月, 日本語, 神戸大学, 高強度レーザーによる固体ターゲットを用いたレーザー駆動イオン加速実験では、最大で40 MeVのプロトンの発生が確認されている。イオン計測にはCR-39 が広く利用されているが、最大エネルギーの決定精度については、様々な問題点が残されていた。本研究では積層したCR-39 を用い、レーザーによって加速されたイオンの計測を行なった。エッチピットが確認された最終層のCR-39 に対して、多段階エッチング法を適用することで、最終層内での飛程を算出し、最大エネルギーをE=0.1 MeV という高い精度で決定した。また、ZnS(Ag)蛍光体を用いたオンライン型検出器による計測も行った。, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Latent tracks in polymeric etched track detectors

    山内 知也

    13th Advanced Photon Research Symposium, 2012年11月, 英語, Quantum Beam Science Directorate & Kansai Ohoton Science Institute, 関西光科学研究所(木津), 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Threshold of Etchable Track Formation and Chemical Damage Parameters in PI, PET, PC, and PADC Films at the Stopping Powers Ranging from 10 to 12,000 keV/µm

    Kenya Matsukawa, Yutaka Mori, Masato Kanasaki, Atsuto Hattori, Yuri Matai, Keiji Oda, Satoshi Kodaira, Hisashi Kitamura, Teruaki Konishi, Nakahiro Yasuda, Sachiko Tojo, Yoshihide Honda, Remi Barillon, Tomoya Yamauchi

    The 8th International Symposium on Swift Heavy Ions in Matter, 2012年10月, 英語, Kyoto University, 国際会議

    ポスター発表

  • Greater Radiation Chemical Yields for Losses of the Ether and Carbonate Ester Bonds in PADC at the Lower Stopping Powers

    Yutaka Mori, Tomoya Yamauchi, Masato Kanasaki, Atsuto Hattori, Yuri Matai, Kenya Matsukawa, Keiji Oda, Satoshi Kodaira, Hisashi Kitamura, Teruaki Konishi, Nakahiro Yasuda, Sachiko Tojo, Yoshihide Honda, Remi Barillom

    The 8th International Symposium on Swift Heavy Ions in Matter, 2012年10月, 英語, Kyoto University, 国際会議

    ポスター発表

  • Design of a wide energy range stacked CR-39 detector diminishing contaminant photo-neutrons using Monte Carlo particle transport simulations

    Masato Kanasaki, Yuji Fukuda, Hironao Sakaki, Akifumi Yogo, Satoshi Jinno, Mamiko Nishiuchi, Atsuto Hattori, Kenya Matsukawa, Kiminori Kondo, Keiji Oda, 山内 知也

    International Symposium on Ultrafast Intense Laser Science 11, 2012年10月, 英語, Jeju, Korea, 国際会議

    ポスター発表

  • PADCの高エネルギー重イオン照射に対する放射線化学収率

    森 豊, 金崎 真聡, 服部 篤人, 小田 啓二, 小平 聡, 北村 尚, 小西 輝昭, 安田 仲宏, 藤乗 幸子, 誉田 義英, 山内 知也

    第73回応用物理学会学術講演会, 2012年09月, 日本語, 応用物理学会, 愛媛大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 飛跡検出器の重イオンに対する真空効果を考慮した応答特性評価

    服部 篤人, 金崎 真聡, 福田 祐仁, 榊 泰直, 余語 覚文, 神野 智史, 堀 利彦, 倉島 俊, 神谷 富裕, 近藤 公伯, 小田 啓二, 山内 知也

    第73回応用物理学会学術講演会, 2012年09月, 日本語, 応用物理学会, 愛媛大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重イオンを照射したポリアラミド薄膜の赤外分光分析

    松川 兼也, 森 豊, 小田 啓二, 小西 輝昭, 小平 聡, 北村 尚, 安田 仲宏, 山内 知也

    第73回応用物理学会学術講演会, 2012年09月, 日本語, 応用物理学会, 愛媛大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • レーザー駆動イオンビーム・オンラインイメージング解析用ZnS(Ag)蛍光膜の発光応答特性評価

    金崎 真聡, 榊 泰直, 福田 祐仁, 余語 覚文, 神野 智史, 近藤 公伯, 赤城 卓, 服部 篤人, 松川 兼也, 小田 啓二, 山内 知也

    第73回応用物理学会学術講演会, 2012年09月, 日本語, 応用物理学会, 愛媛大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC中潜在飛跡近傍における水の挙動

    又井 悠里, 金崎 真聡, 森 豊, 山内 知也, 小田 啓二, 小平 聡, 小西 輝昭, 安田 仲宏

    第73回応用物理学会学術講演会, 2012年09月, 日本語, 応用物理学会, 愛媛大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 固体飛跡検出器中に形成される重イオントラックの構造

    山内 知也

    H23年度HIMAC共同利用成果発表会, 2012年04月, 日本語, 放射線医学総合研究所, ホテルポートプラザちば, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 二酸化炭素処理によるPADC 検出器の増感機構

    深尾 裕亮, 金崎 真聡, 森 豊, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏

    第59回応用物理学関係連合講演会, 2012年03月, 日本語, 早稲田大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 二酸化炭素処理によるPADC検出器の増感機構

    深尾 裕亮, 金崎 真聡, 森 豊, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏

    第26回固体飛跡検出器研究会, 2012年03月, 日本語, 固体飛跡検出器研究会/応用物理学会放射線分科会, 神戸大学 深江キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 質量分析法と電子スピン共鳴法を用いた重イオン照射によりCR-39に生成する飛跡生成メカニズムの研究

    川嶋 元, 小平 聡, 安田 仲宏, 小西 輝昭, 北村 尚, 中川 健太, 長谷部 信行, 鷲尾 方一, 濱 義昌, 森 豊, 山内 知也

    第26回固体飛跡検出器研究会, 2012年03月, 日本語, 固体飛跡検出器研究会/応用物理学会放射線分科会, 神戸大学 深江キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高閾値飛跡検出器としてのポリイミド中重イオントラックの研究

    海部 俊介, 金崎 真聡, 森 豊, 山内 知也, 小田 啓二, 小平 聡, 小西 輝昭, 安田 仲宏

    第59回応用物理学関係連合講演会, 2012年03月, 日本語, 早稲田大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高閾値飛跡検出器としてのポリイミド中重イオントラックの研究

    海部 俊介, 金崎 真聡, 森 豊, 山内 知也, 小田 啓二, 小平 聡, 小西 輝昭, 安田 仲宏

    第26回固体飛跡検出器研究会, 2012年03月, 日本語, 固体飛跡検出器研究会/応用物理学会放射線分科会, 神戸大学 深江キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高分子系飛跡検出器中に形成される放射線損傷

    山内 知也

    平成23年度大阪大学産業科学研究所附属量子ビーム科学研究施設成果報告会, 2012年03月, 日本語, 大阪大学産業科学研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高分子系飛跡検出器の赤外・ラマン分光による研究

    松川 兼也, 服部 篤人, 金崎 真聡, 山内 知也, 小田 啓二, 小平 聡, 小西 輝昭, 安田 仲宏

    第26回固体飛跡検出器研究会, 2012年03月, 日本語, 固体飛跡検出器研究会/応用物理学会放射線分科会, 神戸大学 深江キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • リアルタイム型トムソンパラボラシステムによるレーザー駆動粒子線計測

    金崎 真聡, 榊 泰直, 福田 祐仁, 余語 覚文, 神野 智史, 西内 満美子, 小倉 浩一, 近藤 公伯, 小田 啓二, 山内 知也

    第26回固体飛跡検出器研究会, 2012年03月, 日本語, 固体飛跡検出器研究会/応用物理学会放射線分科会, 神戸大学 深江キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリエチレンテレフタレート中重イオントラックの特性評価

    森本 彰, 森 豊, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏, 藤乗 幸子, 誉田 義英

    第59回応用物理学関係連合講演会, 2012年03月, 日本語, 早稲田大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリエチレンテレフタレート中重イオントラックの特性評価

    森本 彰, 森 豊, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏, 藤乗 幸子, 誉田 義英

    第26回固体飛跡検出器研究会, 2012年03月, 日本語, 固体飛跡検出器研究会/応用物理学会放射線分科会, 神戸大学 深江キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • クラスターターゲットを用いたレーザー駆動イオン加速における後方散乱イオンを用いた 高エネルギーイオンの同定

    福田 祐仁, 榊 泰直, 金崎 真聡, 余語 覚文, 神野 智史, 反保 元伸, アナトリー ファエノフ, タチアナ ピカッツ, 林 由紀雄, 神門 正城, アレクサンダー ピロシコフ, 下村 拓也, 桐山 博光, 近藤 公伯, セルゲイ ブラノフ, 倉島 俊, 神谷 富裕, 小田 啓二, 山内 知也

    第26回固体飛跡検出器研究会, 2012年03月, 日本語, 固体飛跡検出器研究会/応用物理学会放射線分科会, 神戸大学 深江キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC飛跡検出器中重イオントラックに沿った損傷分析

    森 豊, 金崎 真聡, 山内 知也, 小田 啓二, 小平 聡, 小西 輝昭, 安田 仲宏

    第26回固体飛跡検出器研究会, 2012年03月, 日本語, 固体飛跡検出器研究会/応用物理学会放射線分科会, 神戸大学 深江キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC中潜在飛跡近傍における水の挙動

    又井 悠里, 金崎 真聡, 森 豊, 山内 知也, 小田 啓二, 小平 聡, 小西 輝昭, 安田 仲宏

    第26回固体飛跡検出器研究会, 2012年03月, 日本語, 固体飛跡検出器研究会/応用物理学会放射線分科会, 神戸大学 深江キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • CR-39 によるレーザー駆動粒子線の高精度エネルギー評価

    服部 篤人, 金崎 真聡, 福田 祐仁, 榊 泰直, 余語 覚文, 神野 智史, 西内 満美子, 小倉 浩一, 近藤 公伯, 小田 啓二, 山内 知也

    第59回応用物理学関係連合講演会, 2012年03月, 日本語, 早稲田大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • CR-39によるレーザー駆動粒子線の高精度エネルギー評価

    服部 篤人, 金崎 真聡, 榊 泰直, 福田 祐仁, 余語 覚文, 神野 智史, 西内 満美子, 小倉 浩一, 近藤 公伯, 小田 啓二, 山内 知也

    第26回固体飛跡検出器研究会, 2012年03月, 日本語, 固体飛跡検出器研究会/応用物理学会放射線分科会, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • CR-39を用いたレーザー駆動陽子線の高精度計測

    金崎 真聡, 福田 祐仁, 榊 泰直, 神野 智史, 西内 満美子, 小倉 浩一, 近藤 公伯, 小田 啓二, 山内 知也

    レーザー学会学術講演会第32回年次大会, 2012年01月, 日本語, 社団法人レーザー学会, TKP仙台カンファレンスセンター, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Reduction of the latent track core size of C ions in PADC irradiated in vacuum

    Yutaka Mori, Tomoya Yamauchi, Masato Kanasaki, Keiji Oda, Satoshi Kodaira, Teruaki Konishi, Nakahiro Yasuda, Sachiko Tojo, Yoshihide Honda, Remi Barillon

    25th International Conference on Nuclear Tracks in Solids, 2011年09月, 英語, International Nuclear Track Society, Puebura, Mexico, 国際会議

    ポスター発表

  • High energy components of the intense laser-driven proton beams detected by stacked CR-39

    Masato Kanasaki, Yuji Fukuda, Hironao Sakaki, Akifumi Yogo, Toshihiko Hori, Mamiko Nishiuchi, A. S. Pirozhkov, Koichi Ogura, T. Tanimoto, A. Sagisaka, Kiminori Kondo, H. Kiriyama, Takuya Shimomura, S. Kanazawa, 山内 知也

    25th International Conference on Nuclear Tracks in Solids, 2011年09月, 英語, Puebla, Mexico, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Applicability of the polyimide films as a new SSNTD material

    Tomoya Yamauchi, Shunsuke Kaifu, Yutaka Mori, Masato Kanasaki, Keiji Oda, Satoshi Kodaira, Nakahiro Yasuda, Remi Barillon

    25th International Conference on Nuclear Tracks in Solids, 2011年09月, 英語, International Nuclear Track Society, Puebura, Mexico, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 飛跡検出器の応答特性評価と低温照射による感度変化

    服部 篤人, 森 豊, 山内 知也, 小田 啓二

    第72回応用物理学会学術講演会, 2011年08月, 日本語, 応用物理学会, 山形大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリエチレンテレフタレートの固体飛跡検出器としての特性評価

    森本 彰, 森 豊, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏

    第72回応用物理学会学術講演会, 2011年08月, 日本語, 応用物理学会, 山形大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリイミド固体飛跡検出器の重イオン照射効果

    海部 俊介, 森 豊, 金崎 真聡, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏

    第72回応用物理学会学術講演会, 2011年08月, 日本語, 応用物理学会, 山形大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADCに吸蔵させた二酸化炭素がエッチピットに及ぼす効果

    深尾 裕亮, 金崎 真聡, 森 豊, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏

    第72回応用物理学会学術講演会, 2011年08月, 日本語, 応用物理学会, 山形大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Mass spectrometry analysis of etch products from CR-39 plastic irradiated by heavy ions

    Satoshi Kodaira, D. Nanjo, H. Kawashima, Nakahiro Yasuda, Teruaki Konishi, M. Kurano, Hisashi Kitamura, Y. Uchihori, S. Naka, S, Ota, Y. Ideguchi, N. Hasabe, Yutaka Mori, Tomoya Yamauchi

    16th International Conference on Radiation Effects in Insulators, 2011年08月, 英語, Peking University, 国際会議

    ポスター発表

  • Dependence of track core structure on the stopping powers ranging from 10 to 12,000 keV/μm in PET, PC and PADC films

    Tomoya Yamauchi, Yutaka Mori, Akira Morimoto, Masato Kanasaki, Keiji Oda, Teruaki Konishi, Satoshi Kodaira, Nakahiro Yasuda, Sachiko Tojo, Yoshihide Honda, Remi Barillon

    16th International Conference on Radiation Effects in Insulators, 2011年08月, 英語, Peking University, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • The Effect of Photo-Neutrons on Diagnostics Using CR-39 for Laser-Accelerated Ion Beam

    Masato Kanasaki, Yuji Fukuda, Hironao Sakaki, Akifumi Yogo, Satoshi Jinno, Mamiko Nishiuchi, Atsuto Hattori, Kenya Matsukawa, Kiminori Kondo, Keiji Oda, Tomoya Yamauchi

    The 10th Conference on Laser and Electro-Optics Pacific Rim, 2011年07月, 英語, Kyoto, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • A diagnosis of intense ion beam by CR-39 detectors analyzing the back-scattered particles

    Masato Kanasaki, Yuji Fukuda, Hironao Sakaki, M. Tampo, Kiminori Kondo, S. Kurashima, T. Kamiya, Keiji Oda, 山内 知也

    International symposium 3rd Laser-driven Relativistic Plasmas Applied to Science, Energy, Industry, and Medicine, 2011年06月, 英語, Kyoto, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 二酸化炭素を吸蔵させたPADC検出器の特性評価

    深尾 裕亮, 金崎 真聡, 森 豊, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏

    固体飛跡検出器研究会(神戸大学2011), 2011年03月, 日本語, 神戸大学 深江キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 新しい固体飛跡検出器としてのポリイミド薄膜

    海部 俊介, 森 豊, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏

    固体飛跡検出器研究会(神戸大学2011), 2011年03月, 日本語, 神戸大学 深江キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 新しい固体飛跡検出器としてのポリイミド薄膜

    海部 俊介, 森 豊, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏

    2011年春期第58回応用物理学関係連合講演会, 2011年03月, 日本語, 応用物理学会, 神奈川工科大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 後方散乱粒子を用いた高エネルギーイオンビームの特性診断

    福田 祐仁, 榊 泰直, 堀 利彦, 反保 元伸, 倉島 聡, 神谷 富裕, 近藤 公伯, 金崎 真聡, 山内 知也

    2011年春期第58回応用物理学関係連合講演会, 2011年03月, 日本語, 応用物理学会, 神奈川工科大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • マリー・キュリーの考えたこと

    山内 知也

    固体飛跡検出器研究会(神戸大学2011), 2011年03月, 日本語, 神戸大学 深江キャンパス, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • プロトン照射したPADC検出器表面の液滴に見られた接触角の異常

    山内 知也, 誉田 義英, 藤乗 幸子, 小田 啓二, 蔵岡 孝治, 森 豊, 金崎 真聡, 前田 佑介, 海部 俊介, 深尾 裕亮, 森本 彰, 服部 篤人, 安田 仲宏, 小平 聡

    H22年度大阪大学産業科学研究所量子ビーム科学研究施設成果報告会, 2011年03月, 日本語, 大阪大学産業科学研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • プロトン照射したPADC検出器表面の液滴に見られた接触角の異常

    山内 知也, 小田 啓二, 蔵岡 孝治, 森 豊, 前田 佑介, 海部 俊介, 深尾 裕亮, 森本 彰, 金崎 真聡, 誉田 義英, 藤乗 幸子, 安田 仲宏, 小平 聡

    H22年度大阪大学産業科学研究所附量子ビーム科学研究施設成果報告会, 2011年03月, 日本語, 大阪大学産業科学研究所附量子ビーム科学研究施設, 大阪大学産業科学研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • エッチピットの多次元構造解析による飛跡検出器の応答特性評価

    服部 篤人, 森 豊, 山内 知也, 小田 啓二

    固体飛跡検出器研究会(神戸大学2011), 2011年03月, 日本語, 神戸大学 深江キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • イオン照射したPADC検出器中に生成するフリーラジカルのESR分光分析

    市村 紘資, 森 豊, 前田 佑介, 金崎 真聡, 山内 知也, 小田 啓二, 小平 聡, 小西 輝昭, 安田 仲宏

    固体飛跡検出器研究会(神戸大学2011), 2011年03月, 日本語, 神戸大学 深江キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • イオン照射したCR-39固体飛跡検出器の表面特性評価

    前田 佑介, 森 豊, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏, 蔵岡 孝治

    固体飛跡検出器研究会(神戸大学2011), 2011年03月, 日本語, 神戸大学 深江キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PET薄膜中重イオントラックの構造分析

    森本 彰, 森 豊, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏

    固体飛跡検出器研究会(神戸大学2011), 2011年03月, 日本語, 神戸大学 深江キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC飛跡検出器におよぼす高エネルギー炭素イオン照射効果

    森 豊, 金崎 真聡, 前田 佑介, 山内 知也, 小田 啓二, 小平 聡, 小西 輝昭, 安田 仲宏

    固体飛跡検出器研究会(神戸大学2011), 2011年03月, 日本語, 神戸大学 深江キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC検出器中135MeV/n炭素イオントラックに沿った化学構造変化

    森 豊, 金崎 真聡, 前田 佑介, 山内 知也, 小田 啓二, 小平 聡, 小西 輝昭, 安田 仲宏

    2011年春期第58回応用物理学関係連合講演会, 2011年03月, 日本語, 応用物理学会, 神奈川工科大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • CR-39を用いた後方散乱粒子による高強度イオンビーム特性簡易診断法

    金崎 真聡, 山内 知也, 福田 祐仁, 榊 泰直, 堀 利彦, 反保 元伸, 倉島 俊, 神谷 富裕, 近藤 公伯

    固体飛跡検出器研究会(神戸大学2011), 2011年03月, 日本語, 神戸大学 深江キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • CR-39を用いた後方散乱粒子による高強度イオンビーム特性簡易診断法

    金崎 真聡, 山内 知也, 福田 祐仁, 榊 泰直, 掘 利彦, 反保 元伸, 倉島 俊, 神谷 富裕, 近藤 公伯

    2011年春期第58回応用物理学関係連合講演会, 2011年03月, 日本語, 応用物理学会, 神奈川工科大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 二酸化炭素を吸蔵させたPADCの特性評価(3)

    深尾 裕亮, 金崎 真聡, 森 豊, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏

    第71回応用物理学会学術講演会, 2010年09月, 日本語, 応用物理学会, 長崎大学文教キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重イオンを照射したポリイミド薄膜の赤外分光分析

    海部 俊介, 森 豊, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏

    第71回応用物理学会学術講演会, 2010年09月, 日本語, 応用物理学会, 長崎大学文教キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • クラスターターゲットを用いたイオン加速

    福田 祐仁, アナトリー ファエノフ, 反保 元伸, ピカッツ タチアナ, 中村 龍史, 神門 正城, 林 由紀雄, 余語 覚文, 榊 泰直, 川瀬 啓吾, アレキサンダー ピロシコフ, 小倉 浩一, 森 道昭, チムール エシュレケポフ, 甲賀 ジェームス, 山内 知也, 兒玉 了祐, ボルトン ポール, 近藤 公伯, 河西 俊一, 加藤 義章, 田島 俊樹, 大道 博之, ブラノフ セルゲイ

    第71回応用物理学会学術講演会, 2010年09月, 日本語, 応用物理学会, 長崎大学文教キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • イオン照射したCR-39表面の濡れ性(2)

    前田 佑介, 森 豊, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏, 蔵岡 孝治

    第71回応用物理学会学術講演会, 2010年09月, 日本語, 応用物理学会, 長崎大学文教キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PET中重イオントラックの赤外分光分析

    森本 彰, 森 豊, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏

    第71回応用物理学会学術講演会, 2010年09月, 日本語, 応用物理学会, 長崎大学文教キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC飛跡検出器中に形成されるトラックに沿った水の密度

    金崎 真聡, 森 豊, 前田 佑介, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏

    第71回応用物理学会学術講演会, 2010年09月, 日本語, 応用物理学会, 長崎大学文教キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC飛跡検出器に及ぼす陽子及び重イオン照射効果(3)

    森 豊, 金崎 真聡, 前田 佑介, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏

    第71回応用物理学会学術講演会, 2010年09月, 日本語, 応用物理学会, 長崎大学文教キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 固体飛跡検出器中重イオントラックに沿った損傷構造

    山内 知也, 森 豊, 金崎 真聡, 前田 佑介, 小田 啓二, 安田 仲宏, 小西 輝昭, レミ バリオン

    H21年度HIMAC共同利用研究成果発表会, 2010年04月, 日本語, 放射線医学総合研究所, ホテルポートプラザちば, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 二酸化炭素処理によるPADC検出器特性の変化

    深尾 裕亮, 近田 啓, 金崎 真聡, 森 豊, 坂本 敦志, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏

    第25回固体飛跡検出器研究会, 2010年03月, 日本語, 固体飛跡検出器研究会/応用物理学会放射線分科会, 早稲田大学・大久保キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 二酸化炭素を吸蔵させたPADCの特性評価(2)

    金崎 真聡, 近田 啓, 森 豊, 坂本 淳史, 深尾 裕亮, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏

    2010年春期第57回応用物理学会関係連合講演会, 2010年03月, 日本語, 応用物理学会, 東海大学湘南キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 紫外線照射下における高分子飛跡検出器中カーボネートエステル損失の量子収率

    坂本 淳志, 森 豊, 金崎 真聡, 前田 裕介, 山内 知也, 小田 啓二

    第25回固体飛跡検出器研究会, 2010年03月, 日本語, 固体飛跡検出器研究会/応用物理学会放射線分科会, 早稲田大学・大久保キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 固体飛跡検出器中カーボネートエステル結合に及ぼす紫外線照射効果

    坂本 淳志, 森 豊, 山内 知也, 小田 啓二

    2010年春期第57回応用物理学会関係連合講演会, 2010年03月, 日本語, 東海大学湘南キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • イオン照射したCR-39表面の親水性

    前田 佑介, 森 豊, 坂本 淳志, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏, 蔵岡 孝治

    第25回固体飛跡検出器研究会, 2010年03月, 日本語, 固体飛跡検出器研究会/応用物理学会放射線分科会, 早稲田大学・大久保キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PET中重イオントラックの構造分析

    森本 彰, 森 豊, 坂本 淳志, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏

    第25回固体飛跡検出器研究会, 2010年03月, 日本語, 固体飛跡検出器研究会/応用物理学会放射線分科会, 早稲田大学・大久保キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC飛跡検出器中に形成されるトラックに沿った水の密度

    金崎 真聡, 浦城 翔太, 森 豊, 坂本 淳志, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏

    第25回固体飛跡検出器研究会, 2010年03月, 日本語, 固体飛跡検出器研究会/応用物理学会放射線分科会, 早稲田大学・大久保キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC飛跡検出器に及ぼす陽子及び重イオン照射効果(II)

    森 豊, 坂本 淳志, 金崎 真聡, 前田 裕介, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏

    第25回固体飛跡検出器研究会, 2010年03月, 日本語, 固体飛跡検出器研究会/応用物理学会放射線分科会, 早稲田大学・大久保キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC飛跡検出器に及ぼす陽子及び重イオン照射効果(2)

    森 豊, 坂本 淳志, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏

    2010年春期第57回応用物理学会関係連合講演会, 2010年03月, 日本語, 応用物理学会, 東海大学湘南キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC(CR-39)中放射線損傷のG値評価

    山内 知也, 森 豊, 藤乗 幸子, 誉田 義英, 小田 啓二

    大阪大学産業科学研究所附属量子ビーム科学研究施設成果報告会, 2010年03月, 日本語, 大阪大学産業科学研究所附属量子ビーム科学研究施設, 大阪大学産業科学研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Kr及びXeイオンを照射したポリイミド薄膜の赤外線分光分析

    海部 俊介, 森 豊, 坂本 淳志, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏, 蔵岡 孝治

    第25回固体飛跡検出器研究会, 2010年03月, 日本語, 固体飛跡検出器研究会/応用物理学会放射線分科会, 早稲田大学・大久保キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC飛跡検出器中重イオントラックの構造

    山内 知也, 森 豊, 小田 啓二, 安田 仲宏, 小平 聡, レミ バリオン

    第24回「放射線検出器とその応用」研究会, 2010年01月, 日本語, 高エネルギ加速器研究機構 放射線科学センター, 高エネルギー加速器研究機構, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 二酸化炭素を吸蔵させたPADCの特性評価

    近田 啓, 森 豊, 坂本 淳志, 山内 知也, 小田 啓二

    第70回応用物理学会学術講演会, 2009年09月, 日本語, 応用物理学会, 富山大学, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • イオン照射したCR-39表面の濡れ性

    前田 佑介, 森 豊, 坂本 淳志, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏, 蔵岡 孝治

    第70回応用物理学会学術講演会, 2009年09月, 日本語, 応用物理学会, 富山大学, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • PADC飛跡検出器中ヒドロキシル基濃度の評価

    金崎 真聡, 森 豊, 坂本 淳志, 山内 知也, 小田 啓二, 小西 輝昭, 安田 仲宏

    第70回応用物理学会学術講演会, 2009年09月, 日本語, 応用物理学会, 富山大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 紫外線照射したPC及びPADC中におけるカルボニル基喪失の量子収率

    坂本 淳志, 森 豊, 山内 知也, 小田 啓二

    第56回応用物理学関係連合講演会, 2009年04月, 日本語, 応用物理学会, 筑波大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 固体飛跡検出器中中イオントラックに沿った損傷構造

    山内 知也, 森 豊, 安田 仲宏, 小田 啓二, レミ バリオン

    H20年度HIMAC共同利用研究成果発表会, 2009年04月, 日本語, 放射線医学総合研究所, ホテルポートプラザちば, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • PADC飛跡検出器に及ぼす陽子及び重イオン照射効果

    森 豊, 坂本 淳志, 山内 知也, 小田 啓二, 安田 仲宏

    第56回応用物理学関係連合講演会, 2009年04月, 日本語, 応用物理学会, 筑波大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 二酸化炭素を吸蔵させたPADCの特性評価

    近田 啓, 森 豊, 坂本 淳志, 金崎 真聡, 山内 知也, 小田 啓二

    第24回固体飛跡検出器研究会, 2009年03月, 日本語, 固体飛跡検出器研究会/応用物理学会放射線分科会, 早稲田大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 赤外分光法による有機材料中水酸基定評評価

    金崎 真聡, 森 豊, 坂本 淳志, 山内 知也, 小田 啓二

    第24回固体飛跡検出器研究会, 2009年03月, 日本語, 固体飛跡検出器研究会/応用物理学会放射線分科会, 早稲田大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 硝酸セルロース中に形成されるイオントラックと局所線量

    斎木 和哉, 森 豊, 坂本 淳志, 金崎 真聡, 前田 佑介, 山内 知也, 小田 啓二, 安田 仲宏

    第24回固体飛跡検出器研究会, 2009年03月, 日本語, 固体飛跡検出器研究会/応用物理学会放射線分科会, 早稲田大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 紫外線照射したPC及びPADC中におけるカルボニル基喪失の量子収量

    坂本 淳志, 森 豊, 金崎 真聡, 前田 佑介, 山内 知也, 小田 啓二

    第24回固体飛跡検出器研究会, 2009年03月, 日本語, 固体飛跡検出器研究会/応用物理学会放射線分科会, 早稲田大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • イオン照射したCR-39表面の親水性

    前田 佑介, 森 豊, 坂本 淳志, 山内 知也, 小田 啓二, 安田 仲宏, 蔵岡 孝治

    第24回固体飛跡検出器研究会, 2009年03月, 日本語, 固体飛跡検出器研究会/応用物理学会放射線分科会, 早稲田大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC飛跡検出器に及ぼす陽子及び重イオン照射効果

    森 豊, 坂本 淳志, 金崎 真聡, 前田 佑介, 山内 知也, 小田 啓二, 安田 仲宏

    第24回固体飛跡検出器研究会, 2009年03月, 日本語, 固体飛跡検出器研究会/応用物理学会放射線分科会, 早稲田大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC(CR-39)中放射線損傷のG値評価

    山内 知也, 池田 稔治, 誉田 義英, 小田 啓二

    平成20年度加速器量子ビーム実験室成果報告会, 2009年03月, 日本語, 大阪大学産業科学研究所 加速器量子ビーム実験室, 大阪大学産業科学研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Track core size of proton and heavy ions in PADC detectors

    T. Yamauchi, Y. Mori, K. Oda, N. Yasuda, R. Barillon

    24th International Conference on Nuclear Tracks in Solids, 2008年10月, 英語, International Nuclear Track Society, Istituto Nazional di Fisica Nucleare, Universita di Bologna, Bologna, Italy, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Sensitization of PADC track detectors in carbon dioxide gas

    T. Yamauchi, Y. Mori, H. Chikada, H. Sakamoto, J. Kii, M. Kanasaki, K. Oda

    24th International Conference on Nuclear Tracks in Solids, 2008年10月, 英語, International Nuclear Track Society, Istituto Nazional di Fisica Nucleare, Universita di Bologna, Bologna, Italy, 国際会議

    ポスター発表

  • 高分子材料中重イオントラックに沿った損傷分布

    山内 知也, 森 豊, 小田 啓二, 安田 仲宏, レミ バリオン

    HIMAC共同利用研究成果発表会, 2008年04月, 日本語, 放射線医学総合研究所, ポートプラザちば(千葉市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 二酸化炭素を吸蔵させたPADCの特性評価

    近田 啓, 森 豊, 山内 知也, 小田 啓二

    第23回固体飛跡検出器研究会, 2008年03月, 日本語, 早稲田大学 大久保キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PC及びPADC中における光化学過程

    坂本 淳志, 森 豊, 山内 知也, 小田 啓二

    第23回固体飛跡検出器研究会, 2008年03月, 日本語, 早稲田大学 大久保キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC薄膜中重イオントラック構造

    森 豊, 山内 知也, 小田 啓二, 安田 仲宏

    第23回固体飛跡検出器研究会, 2008年03月, 日本語, 早稲田大学 大久保キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC中陽子及び重イオンのトラックコアサイズ

    山内 知也, 森 豊, 小田 啓二, 安田 仲宏, レミ バリオン

    第23回固体飛跡検出器研究会, 2008年03月, 日本語, 早稲田大学 大久保キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PADC中重イオントラック構造

    森 豊, 山内 知也, 小田 啓二, 安田 仲宏

    第55回応用物理学関係連合講演会, 2008年03月, 日本語, 日本大学理工学部 船橋キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Chemical modification along heavy ion tracks in PADC films

    Tomoya Yamauchi, Yutaka Mori, Keiji Oda, Nakahiro Yasuda, Remi Barillon

    14th International Conference on Radiation Effects in Insulators, 2007年08月, 英語, Caen, France, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • ポリカーボネート中重イオントラックに沿った損傷分布

    渡邉 宗一郎, 山内 知也, 小田 啓二, 安田 仲宏

    第54回応用物理学関係連合講演会, 2007年03月, 日本語, 青山学院大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Makrofol KG中重イオントラックに沿った損傷分布

    渡邉 宗一郎, 山内 知也, 小田 啓二, 安田 仲宏

    第22回固体飛跡検出器研究会, 2007年03月, 日本語, 放射線医学総合研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • CR-39中重イオントラック内で生じている放射線化学反応

    森 豊, 山内 知也, 小田 啓二, 安田 仲宏

    第22回固体飛跡検出器研究会, 2007年03月, 日本語, 固体飛跡検出器研究会/応用物理学会放射線分科会, 放射線医学総合研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • CR-39の感度に及ぼす二酸化炭素吸蔵効果

    喜井 純平, 山内 知也, 小田 啓二

    第22回固体飛跡検出器研究会, 2007年03月, 日本語, 固体飛跡検出器研究会/応用物理学会放射線分科会, 放射線医学総合研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • CR-39に及ぼす紫外線照射効果

    松尾 隆弘, 山内 知也, 小田 啓二

    第22回固体飛跡検出器研究会, 2007年03月, 日本語, 固体飛跡検出器研究会/応用物理学会放射線分科会, 放射線医学総合研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリカーボネート中重イオントラックに沿った損傷分布(2)

    渡邉 宗一郎, 山内 知也, 小田 啓二, 安田 仲宏

    第67回応用物理学会学術講演会, 2006年08月, 日本語, 立命館大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリカーボネート中重イオントラックに沿った損傷分布

    渡邉 宗一郎, 山内 知也, 安田 仲宏, 小田 啓二

    第21回固体飛跡検出器研究会, 2006年03月, 日本語, 固体飛跡検出器研究会/応用物理学会放射線分科会, 放射線医学総合研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリカーボネート中重イオントラックに沿った損傷

    渡邉 宗一郎, 山内 知也, 安田 仲宏, 小田 啓二

    第53回応用物理学会関連連合講演会, 2006年03月, 日本語, 武蔵工業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • CR39&LR-115検出器中トラック構造研究の進め方について

    山内 知也

    第21回固体飛跡検出器研究会, 2006年03月, 日本語, 放射線医学総合研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリカーボネート中の重イオントラックに沿った損傷分布

    渡邉 宗一郎, 山内 知也, 安田 仲宏, 小田 啓二, レミ バリオン

    第66回応用物理学会学術講演会, 2005年09月, 日本語, 徳島大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 低分子ガス放出を伴うトラック形成機構

    山内 知也

    第20回固体飛跡検出器研究会, 2005年02月, 日本語, 固体飛跡検出器研究会/応用物理学会放射線分科会, 近畿大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリカーボネート中重イオントラック損傷分布

    桝谷 隆志, 山内 知也, 小田 啓二, 安田 仲宏

    第20回固体飛跡検出器研究会, 2005年02月, 日本語, 固体飛跡検出器研究会/応用物理学会放射線分科会, 近畿大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • CR-39検出器中重イオントラック径方向サイズ評価

    阿須賀 拓, 山内 知也, 小田 啓二, 安田 仲宏

    第20回固体飛跡検出器研究会, 2005年02月, 日本語, 固体飛跡検出器研究会/応用物理学会放射線分科会, 近畿大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • CR-39プラスチックの赤外線吸収スペクトル

    泉 健太郎, 山内 知也, 小田 啓二

    第20回固体飛跡検出器研究会, 2005年02月, 日本語, 固体飛跡検出器研究会/応用物理学会放射線分科会, 近畿大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高エネルギー中性子用積算型個人線量計の開発(Ⅲ)

    今坂 雄一, 塚原 一孝, 山内 知也, 小田 啓二, 遠藤 章, 中根 佳宏, 山口 泰弘

    日本原子力学会2004年(第42回)春の年会要旨集 pp.171, 2004年03月, 日本語, 日本原子力学会, 岡山大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • CR-39中イオントラックに沿った二酸化炭素生成

    山内 知也, 阿須賀 拓, 泉 健太郎, 桝谷 隆志, 小田 啓二, レミ バリオン, エマニエル バロンザ

    第19回固飛跡検出器研究会, 2004年03月, 日本語, 未記入, 近畿大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 海水による二酸化炭素の吸収・固定に関する基礎研究

    劉 秋生, 福田 勝哉, 大辻 友雄, 井川 博雅, 山内 知也, 杉田 英昭, 中澤 武, 石田 憲治

    神戸大学海事科学部プロジェクト研究報告会要旨集 pp.43-45, 2004年, 日本語, 神戸大学海事科学部, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • イメージングプレートにおけるPSL強度分布の線種依存性

    塚原 一孝, 光山 隆士, 山内 知也, 小田 啓二

    日本放射線安全管理学会第2回学術大会講演予稿集 pp.43, 2003年12月, 日本語, 日本放射線安全管理学会, つくば研究交流センター, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Studies on the nuclear tracks in CR-39 plastics

    YAMAUCHI Tomoya

    Invited Talk in Technische Universitat Dresden Germany 6 Nov., 2003年10月, 英語, 未記入, 未記入, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 点状ガンマ線源周辺における電子平衡の乱れ

    小田 啓二, 田邉 幸治, 山内 知也, 馬場 末喜

    第40回理工学における同位元素・放射線研究発表会要旨集 pp.1, 2003年07月, 日本語, 日本アイソトープ協会, 日本青年館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Deuterized radiation for detection of high-energy neutrons with plastic nuclear track detector

    ODA Keiji, IMASAKA Y, YAMAUCHI Tomoya, NAKANE Y, ENDO A, YAMAGUCHI Y

    Abstracts of 2nd iTRS international symposium on radiation safety and detection technology pp.88, 2003年, 英語, 未記入, 未記入, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 銅に注入されたヘリウムの熱放出挙動

    山内 知也, 戸倉 茂, 山中 伸介, 三宅 正宣

    昭和63年日本原子力学会年会, 1988年04月, 日本語, 東京工業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • He+イオンを照射した銅からのヘリウム熱放出挙動

    山内 知也, 山中 伸介, 三宅 正宣

    昭和62年日本原子力学会年会, 1987年04月, 日本語, 名古屋大学工学部, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • イオン照射チタンからのヘリウム熱放出挙動

    山内 知也, 山中 伸介, 三宅 正宣

    昭和61年度日本原子力学会年会, 1986年03月, 日本語, 京都大学宇治キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ガンマ線照射したPADC検出器のエッチング特性

    石原文太, 伊藤大洋, 宗晃汰, 田中俊裕, 橋本勇史, 林勇利, 誉田義英, 藤乗幸子, 金崎真聡, 山内知也

    第34回固体飛跡検出器研究会, 2022年03月27日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 二酸化炭素処理による PADC 検出器の重イオンに対する 応答特性の向上

    宗 晃汰, 橋本 勇史, 田中 俊裕, 林 勇利, 伊藤 大洋, 楠本 多聞, 金崎 真聡, 小平 聡, 山内 知也

    第34回固体飛跡検出器研究会, 2022年03月27日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 重合度を調整したPADC検出器の重イオンに対する感度評価 2

    伊藤 大洋, 橋本 勇史, 林 勇利, 田中 俊裕, 宗 晃汰, 楠本 多聞, 金崎 真聡, 小平 聡, 石川 一平, 山内 知也

    第34回固体飛跡検出器研究会, 2022年03月27日, 日本語

  • PADC 検出器の重イオンに対する 応答特性の向上 2

    宗 晃汰, 橋本 勇史, 田中 俊裕, 林 勇利, 伊藤 大洋, 楠本 多聞, 金崎 真聡, 小平 聡, 山内 知也

    第69回応用物理学会春季学術講演会, 2022年03月25日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 重合度を調整したPADC検出器の重イオンに対する感度評価 2

    伊藤 大洋, 橋本 勇史, 林 勇利, 田中 俊裕, 宗 晃汰, 楠本 多聞, 金崎 真聡, 小平 聡, 石川 一平, 山内 知也

    第69回応用物理学会春季学術講演会, 2022年03月25日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 高分子系飛跡検出器中イオントラックの構造と形成機構

    山内知也

    日本原子力学会2022年春の年会, 2022年03月16日, 日本語

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Automatization of cluster size measurement system for laser-driven ion acceleration

    Takashi Kaji, Masato Kanasaki, Takafumi Asai, Takato Nakagawa, Hiroyuki Tanabe, Satoshi Jinno, Tomoya Yamauchi, Yuji Fukuda

    International Conference on Materials and Systems for Sustainability 2021, 2021年11月05日, 英語

  • Development of the New Method to Measure Laser-accelerated Sub-GeV Protons Utilizing Multiple Coulomb Scattering in an Emulsion Cloud Chamber

    T. Asai, M. Kanasaki, S. Jinno, N. Kitagawa, N. Shutoh, S. Kodaira, T. Yamauchi, K. Oda, K. Morishima, Y. Fukuda

    International Conference on Materials and Systems for Sustainability 2021, 2021年11月05日, 英語

  • Measurement of Laser accelerated ions using active and passive ion detector systems

    Masato Kanasaki, Takafumi Asai, Takato Nakagawa, Takashi Kaji, Hiroyuki Tanabe, Satoshi Jinno, Kunihiro Morishima, Nobuko Kitagawa, Satoshi Kodaira, Tomoya Yamauchi, Yuji Fukuda

    International Conference on Materials and Systems for Sustainability 2021, 2021年11月05日, 英語

  • Analysis Method of Laser-accelerated Sub-GeV-class Proton Tracks in Emulsion Cloud Chamber using Deep Learning Technique

    H. Tanabe, T. Asai, M. Kanasaki, S. Jinno, N. Kitagawa, N. Shutoh, S. Kodaira, T. Yamauchi, K. Oda, K. Morishima, Y. Fukuda

    International Conference on Materials and Systems for Sustainability 2021, 2021年10月05日, 英語

  • Development of the simultaneous energy spectrometer for laser-accelerated ions and electrons,

    Takato Nakagawa, Masato Kanasaki, Takafumi Asai, Takashi Kaji, Hiroyuki Tanabe, Satoshi Jinno, Tomoya Yamauchi, Yuji Fukuda

    International Conference on Materials and Systems for Sustainability 2021, 2021年10月05日, 英語

  • リアルタイムトムソンパラボラスペクトロメータを用いたレーザー加速されたアルゴン多価イオンの計測

    中川 貴斗, 金崎 真聡, 浅井 孝文, 鍛治 賢志, 田邊 寛之, 神野 智史, 山内 知也, 福田 祐仁

    第82回応用物理学会秋季学術講演会, 2021年09月12日, 日本語

  • A New Measurement Method for Laser-accelerated Sub-GeV Protons utilizing Multiple Coulomb Scattering in an Emulsion Cloud Chamber

    Takafumi Asai, Masato Kanasaki, Satoshi Jinno, Nobuko Kitagawa, Nobumichi Shutoh, Satoshi Kodaira, Tomoya Yamauchi, Keiji Oda, Kunihiro Morishima, Yuji Fukuda

    HIGH ENERGY DENSITY SCIENCES 2021, 2021年04月19日, 英語

    [招待有り]

    口頭発表(一般)

共同研究・競争的資金等の研究課題