研究者紹介システム

片山 健太
カタヤマ ケンタ
大学院科学技術イノベーション研究科 科学技術イノベーション専攻
助教
生物関係
Last Updated :2021/07/25

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院科学技術イノベーション研究科 科学技術イノベーション専攻
  • 【配置】

    先端バイオ工学研究センター

学位

  • 博士(理学), 東京大学

研究活動

プロフィール情報

  • プロフィール

    植物のミトコンドリアや膜脂質の研究をしてきました。東大の駒場時代には、動物での発見に先駆けて植物でカルジオリピン合成酵素遺伝子の同定に成功しました。また、東大農学部時代には、真核生物で初めてミトコンドリアゲノムの編集に成功しました。現在も引き続き、オルガネラの革新的な形質転換技術や植物のゲノム編集育種技術の開発等に携わっています。

研究キーワード

  • ゲノム編集
  • 植物
  • 葉緑体
  • ミトコンドリア
  • 脂質
  • 生体膜
  • カルジオリピン

研究分野

  • 環境・農学 / 遺伝育種科学
  • ライフサイエンス / 形態、構造
  • ライフサイエンス / 植物分子、生理科学

受賞

  • 2015年08月 日本植物細胞分子生物学会, 第33回大会 ベストポスター賞, ミトコンドリア外膜および外膜に由来する構造の蛍光ライブイメージング

    山下晃弘, 藤本優, 片山健太, 堤伸浩, 有村慎一

  • 2014年09月 International ERATO Higashiyama Live-Holonics Symposium 2014 “Plant Live-Cell Imaging and Microdevices”, Best Poster Award, Simultaneous live imaging of mitochondrial outer membrane and matrix in Arabidopsis thaliana.

    Akihiro Yamashita, Masaru Fujimoto, Kenta Katayama, Nobuhiro Tsutsumi, Shin-ichi Arimura

  • 2009年03月 gCOE(生体シグナル)リトリート, ポスター賞, Role of the cardiolipin synthase in plant mitochondria

    片山 健太

  • 2008年 植物脂質シンポジウム 第1回ポスター賞

    日本国

論文

  • Kenta Katayama, Hitoshi Mitsunobu, Keiji Nishida

    2019年10月, Current Opinion in Chemical Biology, 52, 79 - 84, 英語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Jakob Petereit, Kenta Katayama, Christin Lorenz, Linda Ewert, Peter Schertl, Andreas Kitsche, Hajime Wada, Margrit Frentzen, Hans-Peter Braun, Holger Eubel

    In eukaryotes the presence of the dimeric phospholipid cardiolipin (CL) is limited to the mitochondrial membranes. It resides predominantly in the inner membrane where it interacts with components of the mitochondrial electron transfer chain. CL deficiency has previously been shown to affect abundances of the plant NADH-dehydrogenase complex and its association with dimeric cyctochrome c reductase. Using an Arabidopsis thaliana knock-out mutant for the final enzyme of CL biosynthesis we here extend current knowledge on the dependence of plant respiration on CL. By correlating respiratory enzyme abundances with enzymatic capacities in mitochondria isolated from wild type, CL deficient and CL complemented heterotrophic cell culture lines a new picture of the participation of CL in plant respiration is emerging. Data indicate a loss of a general reduction of respiratory capacity in CL deficient mitochondria which cannot solely be attributed to decreased abundances or capacities of mitochondrial electron transfer protein complexes and supercomplexes. Instead, it most likely is the result of a loss of the mobile electron carrier cytochrome c. Furthermore, enzymes of the tricarboxylic acid cycle are found to have lower maximum activities in the mutant, including the succinate dehydrogenase complex. Interestingly, abundance of the latter is not altered, indicative of a direct impact of CL deficiency on the enzymatic capacity of this electron transfer chain protein complex.

    FRONTIERS MEDIA SA, 2017年02月, FRONTIERS IN PLANT SCIENCE, 8, 72, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Akihiro Yamashita, Masaru Fujimoto, Kenta Katayama, Nobuhiro Tsutsumi, Shin-ichi Arimura

    Mitochondria are double-membrane organelles that move around and change their shapes dynamically. In plants, the dynamics of the outer membrane is not well understood. We recently demonstrated that mitochondria had tubular protrusions of the outer membrane with little or no matrix, called MOPs (mitochondrial outer-membrane protrusions; MOPs). Here we show that a MOP can form a bridge between two mitochondria in Arabidopsis thaliana. The bridge does not appear to involve the inner membranes. Live imaging revealed stretching of the MOP bridge, demonstrating the flexibility of the outer membrane. Mitochondria frequently undergo fission and fusion. These observations raise the possibility that MOPs bridges have a role in these processes.

    TAYLOR & FRANCIS INC, 2016年, PLANT SIGNALING & BEHAVIOR, 11 (5), 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Akihiro Yamashita, Masaru Fujimoto, Kenta Katayama, Shohei Yamaoka, Nobuhiro Tsutsumi, Shin-ichi Arimura

    Mitochondria are dynamic organelles that have inner and outer membranes. In plants, the inner membrane has been well studied but relatively little is known about the outer membrane. Here we report that Arabidopsis cells have mitochondrial outer membrane-derived structures, some of which protrude from the main body of mitochondria (mitochondrial outer-membrane protrusions; MOPs), while others form vesicle-like structures without a matrix marker. The latter vesicle-like structures are similar to some mammalian MDVs (mitochondrial-derived vesicles). Live imaging demonstrated that a plant MDV budded off from the tip of a MOP. MDVs were also observed in the drp3a drp3b double mutant, indicating that they could be formed without the mitochondrial fission factors DRP3A and DRP3B. Double staining studies showed that the MDVs were not peroxisomes, endosomes, Golgi apparatus or trans-Golgi network (TGN). The numbers of MDVs and MOPs increased in senescent leaves and after dark treatment. Together, these results suggest that MDVs and MOPs are related to leaf senescence.

    PUBLIC LIBRARY SCIENCE, 2016年01月, PLOS ONE, 11 (1), e0146717, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Ryo Tanoue, Megumi Kobayashi, Kenta Katayama, Noriko Nagata, Hajime Wada

    Phosphatidylglycerophosphate (PGP) synthase, encoded by PGP1 and PGP2 in Arabidopsis, catalyzes a committed step in the biosynthesis of phosphatidylglycerol (PG). In this study, we isolated a pgp1pgp2 double mutant of Arabidopsis to study the function of PG. In this mutant, embryo development was delayed and the majority of seeds did not germinate. Thylakoid membranes did not develop in plastids, mitochondrial membrane structures were abnormal in the mutant embryos, and radiolabeling of phospholipids showed that radioactivity was not significantly incorporated into PG. These results demonstrated that PG biosynthesis is essential for the development of embryos and normal membrane structures of chloroplasts and mitochondria. (C) 2014 Federation of European Biochemical Societies. Published by Elsevier B. V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2014年05月, FEBS LETTERS, 588 (9), 1680 - 1685, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Li-Beisson Y, Shorrosh B, Beisson F, Andersson MX, Arondel V, Bates PD, Baud S, Bird D, Debono A, Durrett TP, Franke RB, Graham IA, Katayama K, Kelly AA, Larson T, Markham JE, Miquel M, Molina I, Nishida I, Rowland O, Samuels L, Schmid KM, Wada H, Welti R, Xu C, Zallot R, Ohlrogge J

    2013年, The Arabidopsis book / American Society of Plant Biologists, 11, e0161

    [査読有り]

  • Kenta Katayama, Hajime Wada

    Cardiolipin (CL) is widely distributed in various prokaryotes and eukaryotes as a membrane phospholipid. In eukaryotes, it is localized in the inner membrane and at the contact sites between the inner and outer membranes of mitochondria. CL is suggested to be involved in many mitochondrial functions. We previously identified the CLS gene for CL synthase in Arabidopsis Methane, and showed it to be a useful tool for understanding the physiological roles of CL in higher plants. In this study, we isolated homozygous cls mutants (cls-1 and cls-2) of A. thaliana, in which the CLS gene was disrupted by T-DNA insertion, by observing the development of embryos obtained after self-fertilization of heterozygous as. mutants. Both embryogenesis and growth of the homozygous cls mutants were substantially retarded relative to wild type, and additional phenotypes were observed, namely slow root growth, an abnormal veining pattern in cotyledons, and a low yield of seed production. The delayed embryogenesis and growth of homozygous cls mutants were recovered by introduction of CLS into the mutants. These findings demonstrate that CLS plays important roles in development of A. thaliana, presumably due to the biosynthesis of CL in the mitochondria.

    UNIV TOKYO CYTOLOGIA, 2012年06月, CYTOLOGIA, 77 (2), 123 - 129, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hisako Kubota, Isamu Sakurai, Kenta Katayama, Naoki Mizusawa, Shunsuke Ohashi, Masami Kobayashi, Pengpeng Zhang, Eva-Mari Aro, Hajime Wada

    We generated Synechocystis sp. PCC 6803 strains, designated F-His and J-His, which express histidine-tagged PsaF and PsaJ subunits, respectively, for simple purification of the photosystem I (PSI) complex. Six histidine residues were genetically added to the C-terminus of the PsaF subunit in F-His cells and the N-terminus of the PsaJ subunit in J-His cells. The histidine residues introduced had no apparent effect on photoautotrophic growth of the cells or the activity of PSI and PSII in thylakoid membranes. PSI complexes could be simply purified from the F-His and J-His cells by Ni2+-affinity column chromatography. When thylakoid membranes corresponding to 20 mg chlorophyll were used, PSI complexes corresponding to about 7 mg chlorophyll could be purified in both strains. The purified PSI complexes could be separated into monomers and trimers by ultracentrifugation in glycerol density gradient and high activity was recorded for trimers isolated from the F-His and J-His strains. Blue-Native PAGE and SDS-PAGE analysis of monomers and trimers indicated the existence of two distinct monomers with different subunit compositions and no contamination of PSI with other complexes, such as PSII and Cyt b(6)f. Further analysis of proteins and lipids in the purified PSI indicated the presence of novel proteins in the monomers and about six lipid molecules per monomer unit in the trimers. These results demonstrate that active PSI complexes can be simply purified from the constructed strains and the strains are very useful tools for analysis of PSI. (C) 2009 Elsevier B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2010年01月, BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-BIOENERGETICS, 1797 (1), 98 - 105, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kubota H, Sakurai I, Katayama K, Mizusawa N, Ohashi S, Kobayashi M, Zhang P, Aro EM, Wada H

    1, 2010年01月, Biochimica et biophysica acta, 1797, 98 - 105

    [査読有り]

  • Li-Beisson Y, Shorrosh B, Beisson F, Andersson MX, Arondel V, Bates PD, Baud S, Bird D, Debono A, Durrett TP, Franke RB, Graham IA, Katayama K, Kelly AA, Larson T, Markham JE, Miquel M, Molina I, Nishida I, Rowland O, Samuels L, Schmid KM, Wada H, Welti R, Xu C, Zallot R, Ohlrogge J

    2010年, The Arabidopsis book / American Society of Plant Biologists, 8, e0133

    [査読有り]

  • K Katayama, Sakurai, I, H Wada

    Cardiolipin (CL) is an anionic phospholipid with a dimeric structure. In eukaryotes, it is primarily localized in the inner membranes of mitochondria. Although the biosynthetic pathway of CL is well known, the gene for CL synthase has not been identified in any higher organisms. In this study, the CLS gene for a CL synthase has been identified in a higher plant, Arabidopsis thaliana. We have shown that the CLS gene encodes a CL synthase by demonstrating its ability to catalyze the reaction of CL synthesis from CDP-diacylglycerol and phosphatidylglycerol, and that CLS is targeted into mitochondria. These findings demonstrate that CLS is a CL synthase located in mitochondria. (C) 2004 Federation of European Biochemical Societies. Published by Elsevier B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2004年11月, FEBS LETTERS, 577 (1-2), 193 - 198, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

MISC

  • A COMPUTATIONAL TOOL TO DESIGN UNIQUE GUIDE RNAS FOR TARGET-AID MEDIATED GENOME-WIDE BASE EDITING

    Kenta Katayama, Jun Teramoto, Akihiko Kondo, Keiji Nishida

    2019年11月, Frontiers in Genome Engineering 2019

    [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • 植物ミトコンドリアにおけるゲノム編集の成功

    片山 健太, 日高 朋美, 風間 智彦, 鳥山 欽哉, 有村 慎一, 西田 敬二

    2019年09月, 日本植物学会第83回大会

  • MitoTALENによる植物ミトコンドリアゲノム編集の成功

    片山健太, 風間智彦, 鳥山欽哉, 有村慎一, 近藤昭彦, 西田敬二

    2019年06月, 第19回日本蛋白質科学会年会・第71回日本細胞生物学会大会 合同年次大会

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)

  • 膜脂質からみた植物の共生オルガネラの機能解析

    片山健太

    2018年06月, 第5回神戸プラントサイエンス研究会

    [招待有り]

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)

  • Formation of the mitochondrial outer membrane derived protrusions and vesicles in Arabidopsis thaliana

    Akihiro Yamashita, Masaru Fujimoto, Kenta Katayama, Shohei Yamaoka, Nobuhiro Tsutsumi, Shin-ichi Arimura

    2016年03月, 第57回日本植物生理学会年会

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)

  • ミトコンドリア分裂異常変異と細胞壁組成との関係

    長 恵理子, 片山 健太, 西村 明日香, 櫻井 望, 須田 邦裕, 藤本 優, 堤 伸浩, 有村 慎一

    2016年03月, 日本育種学会 春季大会

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)

  • 植物におけるミトコンドリアと外膜のダイナミクス

    山下晃弘, 藤本優, 片山健太, 山岡尚平, 堤伸浩, 有村慎一

    2016年, 日本細胞生物学会大会(Web), 68th, ROMBUNNO.S4‐2 (WEB ONLY), 日本語

  • 植物ミトコンドリア分裂の新機構因子の解析

    長 恵理子, 山下 寛子, 片山 健太, 堤 伸浩, 藤本 優, 有村 慎一

    2015年09月, 日本育種学会 秋季大会

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)

  • ミトコンドリア外膜および外膜に由来する構造の蛍光ライブイメージング

    山下晃弘, 藤本優, 片山健太, 堤伸浩, 有村慎一

    ベストポスター賞受賞

    2015年08月, 第33回日本植物細胞分子生物学会大会

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)

  • 植物におけるミトコンドリア外膜タンパク質の高時間分解能ライブイメージング

    山下晃弘, 藤本優, 片山健太, 堤伸浩, 有村慎一

    2015年07月, YoungMito2015

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)

  • ゼニゴケを用いたミトコンドリア分裂因子の解析

    長岡 渚, 栗栖 里奈, 片山 健太, 石崎 公庸, 河内 孝之, 堤 伸浩, 有村 慎一

    2015年03月, 日本植物生理学会

  • シロイヌナズナのミトコンドリア形態を支える脂質代謝

    片山 健太, 出村 政彬, 清瀬 友規, 岡咲 洋三, 斉藤 和季, 和田 元, 堤 伸浩, 有村 慎一

    2015年03月, 日本植物生理学会 シンポジウム

    [招待有り]

  • シロイヌナズナを用いたミトコンドリア外膜とマトリクスの蛍光ライブイメージング

    山下 晃弘, 藤本 優, 片山 健太, 堤 伸浩, 有村 慎一

    2014年12月, 植物電子顕微鏡若手ワークショップ2014

  • 植物ミトコンドリア形態を維持するミトコンドリア脂質代謝酵素の解析

    片山健太, 清瀬友規, 出村政彬, 岡咲洋三, 藤岡(川本)真理, 神田雅子, 山下寛子, 斉藤和季, 和田元, 有村慎一, 堤伸浩

    2014年11月, 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集

    [査読有り][招待有り]

  • Simultaneous live imaging of mitochondrial outer membrane and matrix in Arabidopsis thaliana.

    Akihiro Yamashita, Masaru Fujimoto, Kenta Katayama, Nobuhiro Tsutsumi, Shin-ichi Arimura

    2014年09月, International ERATO Higashiyama Live-Holonics Symposium 2014 “Plant Live-Cell Imaging and Microdevices”

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • ミトコンドリア形態の均一性に関わるFZR1(FUZOROI1)の機能解析

    出村政彬, 片山健太, 岡咲洋三, 斉藤和季, 堤伸浩, 有村慎一

    2014年03月11日, 日本植物生理学会年会要旨集, 55th, 159, 日本語

  • カルジオリピンリモデリング酵素ホモログとその変異体の解析

    片山健太, 藤岡(川本)真理, 神田雅子, 山下寛子, 出村政彬, 和田元, 有村慎一, 堤伸浩

    2014年03月11日, 日本植物生理学会年会要旨集, 55th, 159, 日本語

  • ミトコンドリアにおける膜脂質代謝とその変化が膜形態のダイナミクスに与える影響

    片山健太, 藤岡(川本)真理, 和田元, 有村慎一, 堤伸浩

    2013年08月20日, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 31st, 216, 日本語

  • 植物ミトコンドリア融合における脂質の機能解析

    片山健太, 有村慎一, 和田元, 堤伸浩

    2013年08月20日, 日本植物学会大会研究発表記録, 77th, 141, 日本語

  • ELM1/ELM2非依存型ミトコンドリア分裂は低温で一時的に誘導される

    有村慎一, 栗栖里奈, 角谷直樹, 片山健太, 堤伸浩

    2013年08月20日, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 31st, 237, 日本語

  • ミトコンドリアの大きさが不揃いなシロイヌナズナ突然変異体fzr(fuzoroi)の解析

    出村政彬, 片山健太, 堤伸浩, 有村慎一

    2013年03月14日, 日本植物生理学会年会要旨集, 54th, 164, 日本語

  • カルジオリピンは植物においてミトコンドリア内膜の融合に必要である

    片山健太, 和田元, 有村慎一, 堤伸浩

    2013年03月14日, 日本植物生理学会年会要旨集, 54th, 164, 日本語

  • ゼニゴケを用いたミトコンドリア分裂因子の解析

    長岡渚, 栗栖里奈, 片山健太, 石崎公庸, 河内孝之, 堤伸浩, 有村慎一

    2013年03月14日, 日本植物生理学会年会要旨集, 54th, 164, 日本語

  • 植物ミトコンドリアとゲノム構造のダイナミクス

    有村慎一, 片山健太, 堤伸浩

    2012年09月14日, 育種学研究, 14, 31, 日本語

  • 植物ミトコンドリアにおける脂質機能の解析

    片山健太, 有村慎一, 堤伸浩, 和田元

    2012年09月14日, 日本植物学会大会研究発表記録, 76th, 225, 日本語

  • 植物ミトコンドリアにおける膜脂質の代謝に関する研究

    片山健太, 有村慎一, 堤伸浩, 和田元

    2012年08月03日, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 30th, 165, 日本語

  • シロイヌナズナミトコンドリア形態を維持する遺伝子群の解析

    有村慎一, 片山健太, 出村政彬, 柴村明宏, 細川恵太郎, 堤伸浩

    2012年08月03日, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 30th, 133, 日本語

  • シロイヌナズナの胚におけるホスファチジルグリセロールの機能解析

    田上遼, 小林恵, 片山健太, 永田典子, 和田元

    2012年03月09日, 日本植物生理学会年会要旨集, 53rd, 143, 日本語

  • 物質集積部位としてのミトコンドリアの動態と高次機能

    堤伸浩, 片山健太, 有村慎一

    2012年03月09日, 日本植物生理学会年会要旨集, 53rd, 96, 日本語

    [招待有り]

  • 田上遼, 片山健太, 和田元

    2011年03月11日, 日本植物生理学会年会要旨集, 52nd, 177, 日本語

  • 片山健太, AKBARI Hana, FRENTZEN Margrit, 和田元

    2011年03月11日, 日本植物生理学会年会要旨集, 52nd, 344, 日本語

  • Kenta Katayama, Hana Akbari, Sayuri Tanabashi, Noriko Nagata, Margrit Frentzen, Hajime Wada

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2010年08月, CHEMISTRY AND PHYSICS OF LIPIDS, 163, S17 - S18, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • 田中遼, 片山健太, 和田元

    2010年03月12日, 日本植物生理学会年会要旨集, 51st, 256, 日本語

  • 片山健太, AKBARI Hana, FRENTZEN Margrit, 和田元

    2010年03月12日, 日本植物生理学会年会要旨集, 51st, 157, 日本語

  • 片山健太, 和田元

    2009年04月, Plant Morphol, 21 (1), 17 - 28, 日本語

  • 膜脂質研究に多細胞性をどう生かすか―オルガネラ機能および発生におけるカルジオリピンの役割―

    片山健太, 和田元

    2008年09月25日, 日本植物学会大会研究発表記録, 72nd, 75, 日本語

  • 片山健太, 棚橋沙由理, 永田典子, 和田元

    2008年03月15日, 日本植物生理学会年会要旨集, 49th, 278, 日本語

  • ミトコンドリアに局在する膜脂質カルジオリピンが形態形成に果たす役割

    片山健太, 和田元

    2007年09月06日, 日本植物学会大会研究発表記録, 71st, 138, 日本語

  • 片山健太, 和田元

    2007年03月15日, 日本植物生理学会年会要旨集, 48th, 90, 日本語

  • Characterization of the cardiolipin synthase gene of higher plants

    Kenta Katayama, Hajime Wada

    OXFORD UNIV PRESS, 2007年, PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 48, S18 - S18, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • ミトコンドリアに局在する膜脂質カルジオリピンは植物の形態形成に重要な役割を果たす

    片山健太, 和田元

    2007年, 日本分子生物学会・日本生化学会 合同年会(BMB2007), 2P-0113, 日本語

    [査読有り]

  • 氏原哲朗, 片山健太, 桜井勇, 和田元

    2005年03月, 日本植物生理学会年会要旨集, 46th, 193, 日本語

  • 片山健太, 桜井勇, 和田元

    2005年03月, 日本植物生理学会年会要旨集, 46th, 130, 日本語

  • Isolation and characterization of the gene encoding a cardiolipin synthase of higher plants

    K Katayama, Sakurai, I, H Wada

    OXFORD UNIV PRESS, 2005年, PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 46, S55 - S55, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • 高等植物におけるカルジオリピンの生合成の機能

    片山健太, 桜井勇, 和田元

    2004年11月25日, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 27th, 852, 日本語

所属学協会

  • 日本育種学会

  • 日本細胞生物学会

  • 日本油化学会

  • 日本農芸化学会

  • 日本分子生物学会

  • 日本生化学会

  • 日本植物学会

  • 日本植物生理学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 分子育種への応用に向けた植物ミトコンドリア多様性の基礎的解析

    科学研究費補助金(特別研究員奨励費), 2011年04月 - 2014年03月

    競争的資金

  • 膜脂質に注目したオルガネラ膜構築の分子機構に関する研究

    科学研究費補助金(特別研究員奨励費), 2005年04月 - 2008年03月

    膜脂質合成酵素遺伝子の欠損変異植物体を用いて、膜脂質が多様であることの意味に迫る

    競争的資金

産業財産権

  • オルガネラ形質転換体の選別方法

    片山 健太, 寺本 潤, 西田 敬二

    特願2020-054225, 2020年03月25日

    特許権

  • オルガネラで機能するプロモーターの選別方法

    片山 健太, 西田 敬二

    特願2019-42535, 2019年03月08日

    特許権

  • 植物ミトコンドリアゲノムの編集方法

    有村慎一, 風間智彦, 片山健太, 日高朋美, 鳥山欽哉, 堤伸浩

    特願2017- 24923, 2017年02月14日, 特開2018-130043, 2018年08月23日, 特許US15/895,118, 外国, この特許での主要な発見はほぼ私によってなされたものだが、発見は同内容、片山抜きの研究が風間有村らによりnature plantsに掲載。

    特許権