研究者紹介システム

宮原 泰之
ミヤハラ ヤスユキ
大学院経営学研究科 経営学専攻
教授
商学・経済学関係
Last Updated :2020/09/01

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院経営学研究科 経営学専攻
  • 【配置】

    経営学部 経営学科

学位

  • 博士(経済学), 神戸大学

授業科目

ジャンル

  • 経済・金融 / 経済理論

コメントテーマ

  • ゲーム理論

研究活動

研究キーワード

  • 組織の経済学
  • 契約理論
  • ゲーム理論

研究分野

  • 人文・社会 / 理論経済学

論文

  • 宮原 泰之

    組織における会議費用の存在が社会余剰に与える影響をプリンシパル・エージェント関係を用いて分析する。会議費用が存在する場合,均衡において非効率性が発生することが示される。また,非効率的なエージェントの会議費用の増加はそのエージェントの均衡利得には全く影響を与えず,効率的なエージェントの利得を増加させ,プリンシパルの均衡利得を減少させることが明らかとなる。会議費用削減のための投資が可能である場合,プリンシパルのみが投資の誘因をもつことが示される。

    2018年04月, 国民経済雑誌, 217 (4), 61 - 77, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 定兼 仁, 宮原 泰之

    本論文では,組織の意思決定者の情報獲得活動が組織のメンバーとのコミュニ ケーションに与える影響について分析する。意思決定者が情報獲得活動を行わない 場合には組織のメンバーが保有する情報の伝達は全く行われない。一方,意思決定 者が情報獲得活動を行う場合には情報伝達内容が改善されることが明らかとなる。 さらに,情報獲得活動によって得られるシグナルの情報精度が低い場合でさえ,情 報獲得活動が情報伝達内容を改善することがあることが明らかとなる。

    2016年04月, 国民経済雑誌, 213 (4), 43 - 59, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 評判におけるステルス・マーケティングの影響に関するゲーム理論的分析

    宮原 泰之, 日野 喜文

    2014年03月, 国民経済雑誌, 209 (3), 73 - 83, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Yasuyuki Miyahara, Tadashi Sekiguchi

    We study finitely repeated games where players can decide whether to monitor the other players' actions or not every period. Monitoring is assumed to be costless and private. We compare our model with the standard one where the players automatically monitor each other. Since monitoring other players never hurts, any equilibrium payoff vector of a standard finitely repeated game is an equilibrium payoff vector of the same game with monitoring options. We show that some finitely repeated games with monitoring options have sequential equilibrium outcomes which cannot be sustained under the standard model, even if the stage game has a unique Nash equilibrium. We also present sufficient conditions for a folk theorem, when the players have a long horizon. © 2013 Elsevier Inc.

    2013年09月, Journal of Economic Theory, 148 (5), 1929 - 1952, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 宮原 泰之

    本論文の目的は有限回繰り返しゲームにおける既存研究を非自明均衡という概念から整理し,有限回繰り返しゲームの分野を概観することにある。非自明均衡が存在することはフォーク定理が成り立つための必要条件である。完全観測の下ではステージゲームの均衡利得ベクトルの一意性はサブゲーム完全均衡利得ベクトルの一意性を意味する。つまり,自明な均衡のみが存在することを意味する。しかし,それ以外の観測構造では必ずしも,ステージゲームの均衡利得ベクトルの一意性は逐次均衡利得ベクトルの一意性を意味しないことが明らかとなる。つまり,情報が完全でないほうがフォーク定理が成り立つことがあることを示す。

    2012年04月, 国民経済雑誌, 205 (4), 39 - 53, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 宮原 泰之

    経営者,上司,部下の3人から構成される組織を考え,上司と部下はプロジェクト実行のために努力を投入するという状況を分析する.部下が選択した努力をモニターすることができ,モニターすれば部下が選択した努力を完全に観察することができる.しかし,観察された努力はモニターの私的情報となる.経営者はこの情報をモニターに報告してもらわなければならない.このようなモニ
    タリング技術がある場合に経営者は誰にモニタリングを委譲すべきかを明らかにした.モニタリング費用が十分に小さい状況を考える.このとき,追加的に従業員を雇う費用がかからなければ,モニタリング活動に特化した従業員を雇って委譲することが望ましく,費用がかかる場合は上司に委譲することが望ましいという結果が得られた.

    2010年05月, 国民経済雑誌, 201 (5), 79 - 95, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Elichi Miyagawa, Yasuyuki Miyahara, Tadashi Sekiguchi

    The folk theorem literature has been relaxing the assumption on how much players know about each other's past action. Here we consider a general model where players can "buy" precise information. Every period, each player decides whether to pay a cost to accurately observe the actions chosen by other players in the previous period. When a player does not pay the cost, he obtains only imperfect private signals. Observational decisions are unobservable to others. Known strategies such as trigger strategies do not work since they fail to motivate players to pay for information. This paper shows that the folk theorem holds for any level of observation costs. Unlike existing folk theorems with private monitoring, ours imposes virtually no restriction on the nature of costless imperfect signals. The theorem does not use explicit or costless communication, thereby having implications on antitrust laws that rely on evidence of explicit communication. The main message is that accurate observation alone, however costly, enables efficient cooperation in general repeated games. (C) 2007 Elsevier Inc. All rights reserved.

    ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE, 2008年03月, JOURNAL OF ECONOMIC THEORY, 139 (1), 192 - 221, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 申告納税制度の契約構造

    鈴木 一水, 宮原 泰之

    2006年04月, 産業経理, 66 (2), 109 - 116, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 宮原 泰之

    本稿では,隠れた行動と隠れた情報が存在する場合について,ひとりのプリンシパルとふたりのエージェントの関係における効率性を研究する。プリンシパルとエージェント間でコミュニケーションは可能であるが,プリンシパルはコミュニケーションの後にエージェントの報酬体系を設計する状況を考える。このとき,効率性を達成することはできないことを明らかにする。

    2004年11月, 国民経済雑誌, 190 (5), 27 - 39, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 宮原 泰之

    長期的な関係において,相手が過去に選択した行動を観測するには費用を伴うとした場合に,協力が達成可能かどうかを明らかにする。本稿では,ランダム・マッチング・モデルにおいて評判が協力達成のために有効であることを示す。そして,従来の評判効果に関する研究とは異なり,コミットメント・タイプではないという評判を形成することによって協力を達成することができることを明らかにする。

    2003年05月, 国民経済雑誌, 188 (2), 97 - 108, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

MISC

書籍等出版物

  • 組織の経済学

    伊藤 秀史, 小林 創, 宮原 泰之

    共著, 有斐閣, 2019年12月, 日本語, ISBN: 9784641165502

    教科書・概説・概論

講演・口頭発表等

  • Communication Enhancement through Information Acquisition by Uninformed Player

    宮原 泰之, 定兼 仁

    WEAI 15th International Conference, 2019年03月, 英語, Kieo University, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Communication Enhancement through Information Acquisition by Uninformed Player

    Yasuyuki Miyahara, Hitoshi Sadakane

    The 28th International Conference on Game Theory, 2017年07月, 英語, ストーニーブルック大学, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Finitely Repeated Games with Automatic and Optional Monitoring

    Yasuyuki Miyahara, Tadashi Sekiguchi

    The 27th International Conference on Game Theory, 2016年07月, 英語, ストーニーブルック大学, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Finitely Repeated Games with Automatic and Optional Monitoring

    宮原 泰之, 関口 格

    第20回DCコンファレンス(TCERミクロコンファレンス), 2014年10月, 日本語, 福岡大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Finitely Repeated Games with Automatic and Optional Monitoring

    宮原 泰之, 関口 格

    一橋大学経済理論ワークショップ, 2014年06月, 日本語, 一橋大学, 一橋大学, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 観測費用を伴う繰り返し囚人のジレンマ・ゲームにおける評判

    宮原 泰之

    ゲーム理論ワークショップ 2011, 2011年03月, 日本語, 科学研究費補助金 基盤研究(S) ゲーム理論のフロンティア理論と応用(研究代表者:岡田 章(一橋大学大学院経済学研究科)), 名古屋大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Repeated Games with Observation Costs

    宮原 泰之, 関口 格

    DCコンファレンス, 2002年09月, 日本語, 広島大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

所属学協会

  • 日本経済学会

共同研究・競争的資金等の研究課題