研究者紹介システム

内田 誠
ウチダ マコト
大学院海事科学研究科 海事科学専攻
教授
船舶工学関係
Last Updated :2022/09/16

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院海事科学研究科 海事科学専攻
  • 【配置】

    海洋政策科学部 海洋政策科学科, 海事科学部 マリンエンジニアリング学科

学位

  • 博士(工学), 大阪大学

授業科目

ジャンル

  • 環境・交通 / 航空・海運

コメントテーマ

  • 推進工学
  • 舶用機関
  • マリンエンジニアリング

研究活動

研究分野

  • フロンティア(航空・船舶) / 船舶海洋工学
  • 人文・社会 / 教育工学

委員歴

  • 2021年 - 2022年, 文部科学省高等教育局, 商船系大学における海事人材育成に関する懇談会 委員
  • 2021年 - 現在, 海洋会, 「海洋会の行く末」検討委員会 委員
  • 2018年10月 - 2021年02月, 国土交通省海事局, 船員養成の改革に関する検討会 委員
  • 2016年 - 現在, 梅木靖之記念財団, 評議員
  • 2016年 - 2019年, 神戸海難防止研究会, 理事
  • 2016年 - 2019年, 日本海事センター, 海運問題研究会・総合企画会議 委員
  • 2016年 - 2019年, 国土交通省神戸運輸監理部, マリンエキスパート表彰選考委員会 委員長
  • 2016年 - 2019年, 神戸大学海事科学振興財団, 副会長
  • 2010年 - 2015年, 神戸大学海事科学振興財団, 常務理事
  • 2010年 - 2015年, 千趣留学生奨学財団, 評議員
  • 2009年 - 2010年, 海技振興センター, ERMに関する専門委員会 委員
  • 2009年 - 2009年, 海洋政策研究財団, 内航船員の確保に関する予備調査専門家検討会 委員
  • 日本船舶海洋工学会, 関西支部授賞審査委員長
  • 日本船舶海洋工学会, 関西支部運営委員
  • 日本マリンエンジニアリング学会, 論文査読委員
  • 日本マリンエンジニアリング学会, 代議員
  • 日本マリンエンジニアリング学会, 理事
  • 日本船舶海洋工学会, 代議員
  • 日本船舶海洋工学会, 日本船舶海洋工学会 関西支部商議員
  • 2022年 - 現在, 日本海事センター, 海運問題研究会 船員問題委員会 委員

論文

  • Adi Mas Nizar, Takashi MIWA, Takashi OZAKI, Makoto UCHIDA

    The Japan Institute of Marine Engineering, 2021年11月, 日本マリンエンジニアリング学会誌, 56 (6), 961 - 969, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Measuring Situation Awareness in Engine Control Operation

    Adi Mas Nizar, Takashi MIWA, Makoto UCHIDA

    2021年10月, Proceedings of the International Association of Maritime Universities(IAMU) Conference, The 21st Annual General Assembly, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 船舶機関シミュレータの動力負荷特性 -ERM環境の強化に向けて-

    内田誠, 鵜飼梓, 中根弘貴, 油木代一

    2021年09月, 日本マリンエンジニアリング学会第91回学術講演会講演論文集, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 意識向上のためのERM 訓練手法

    中村真澄, 松永直也, 山下訓史, 中根教道, 中田禅, 鈴木辰茂, 平田大和, 三輪誠, 内田誠

    2021年09月, 日本マリンエンジニアリング学会第91回学術講演会講演論文集, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Tatsuro Ishida, Takashi Miwa, Makoto Uchida

    Springer Science and Business Media LLC, 2021年09月, WMU Journal of Maritime Affairs, 20 (3), 335 - 355, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 石田達朗, 三輪誠, 内田誠

    Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers, 2020年12月, 日本船舶海洋工学会論文集, 32, 269 - 277

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Threat Managementを考慮したERMスキル計測手法の検討

    中村真澄, 三島亮太, 國貞晴信, 松永直也, 山下訓史, 中根教道, 中田禅, 三輪誠, 内田誠

    2020年10月, 日本マリンエンジニアリング学会第90回学術講演会講演論文集, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 遠隔監視状態におけるERMコミュニケーション手法の検討

    石田達朗, 三輪誠, 内田誠

    2020年10月, 日本マリンエンジニアリング学会第90回学術講演会講演論文集, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 複雑システムの組織資源管理向上に関する研究

    閑戸龍哉, 内田誠

    2020年10月, 日本マリンエンジニアリング学会第90回学術講演会講演論文集, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • ERM訓練の効果向上を目指したERSにおける前後進過渡現象の再現性に関する検討

    鵜飼梓, 内田誠

    2020年10月, 日本マリンエンジニアリング学会第90回学術講演会講演論文集, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 船舶推進動力系の過渡応答に関する研究

    山腰和輝, 内田誠

    2020年10月, 日本マリンエンジニアリング学会第90回学術講演会講演論文集, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Nozomi Takemura, Gamini Lokuketagoda, Masumi Nakamura, Makoto Uchida, Takashi Miwa

    Journal of Advanced Marine Engineering and Technology, 2020年08月31日, Journal of Advanced Marine Engineering and Technology, 44 (4), 344 - 350, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ERMスキル計測手法の検討について

    中村 真澄, 占部 大貴, 松永 直也, 小林 一平, 中根 教道, 中田 禅, 山下 訓史, 三輪 誠, 内田 誠

    日本マリンエンジニアリング学会, 2019年10月, 日本マリンエンジニアリング学会学術講演会講演論文集, (88), 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Alarm History: Approach for Suitable Warning System Improvement in Ship Engine Operation

    Adi Mas Nizar, Takashi Miwa, Makoto Uchida

    2019年10月, 日本マリンエンジニアリング学会第89回学術講演会講演論文集, 英語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • MEPS (Marine Engine Plant Simulator)におけるERM訓練評価手法の検討

    石田達朗, 三輪誠, 内田誠

    2019年10月, 日本マリンエンジニアリング学会第89回学術講演会講演論文集, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 推進動力シミュレーションにおける過給機モデルの検討

    三原滉平, 内田誠, 長谷川雅俊

    2019年10月, 日本マリンエンジニアリング学会第89回学術講演会講演論文集, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • A Study on Work Load Evaluation Method and Quantitative Evaluation Method for Engine-room Resource Management Training

    Tatsuro Ishida, Takashi Miwa, Makoto Uchida

    2019年10月, Proceedings of International Association of Maritime Universities Conference, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 船舶機関運用管理者のワークロード推定方法の研究 -行動観察(VACP 評価)と心拍変動データを用いた客観的評価の検討-

    石田達朗, 三輪誠, 内田誠

    2019年06月, 日本船舶海洋工学会2019年春季講演会論文集, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Adi Mas Nizar, Takashi Miwa, Makoto Uchida, Masumi Nakamura

    Springer International Publishing, 2019年06月, AHFE 2019: Advances in Usability and User Experience, 49 - 57, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Proposal Study to Application of Existing Simulator for Next-Generation Maritime Education

    MIWA Takashi, Gamini Lokuketagoda, NAKAMURA Masumi, SASAWAKI Yuh, KADO Maki, UCHIDA Makoto

    IMLA ICERS Committee, 2018年10月, The 14th International Conference on Engine Room Simulators (ICERS 14 Manila), 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • MIWA Takashi, WU Yanbin, SASAWAKI Yuh, KADO Maki, Gamini Lokuketagoda, UCHIDA Makoto

    日本マリンエンジニアリング学会, 2018年05月, 日本マリンエンジニアリング学会誌, 53 (3), 423 - 428, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • WU Yanbin, SASAWAKI Yuh, KADO Maki, Hossein Enshaei, UCHIDA Makoto, MIWA Takashi

    The Korean Society of Marine Engineering, 2018年02月, Journal of the Korean Society of Marine Engineering, 42 (2), 136 - 141, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yanbin Wu, Takashi Miwa, Makoto Uchida

    Human fatigue caused by either physical exertion or mental strain is one of the most significant factors that constrain operator’s functional capability to fulfill specific tasks. To ensure working performance and to improve occupational health, this paper aims to develop a quantitative method to evaluate operator fatigue during conducting pipeline works. A Japanese version of Borg’s Rating of Perceived Exertion (RPE) scale and heart inter-beat intervals (RR interval) are measured in an experiment study. Hurst exponent (HE) is extracted from detrended fluctuation analysis (DFA) to define the fractal structures of RR interval time series. Results show that HE during working condition is significantly higher than during rest condition.

    Springer Verlag, 2018年, Advances in Intelligent Systems and Computing, 602, 446 - 454, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Study on Reducing Communication Stress in Marine Engine room Situation

    MIWA TAKASHI, Wu Yanbin, Sasawaki Yuh, Kado Maki, Gamini Lokuketagoda, Uchida Makoto

    It is a fact that the correct and safe operation of machinery by engineers, is of paramount
    importance for safe navigation of vessels. Added to this fact is the effective communication and clear
    manifestation of intentions by engineers while managing the engine room resources at their disposal.
    Proper communication is an essential requirement in engine room in special situati

    2017年10月, Proceedings of the 11th International Symposium on Marine Engineering (ISME), 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Study on Evaluation of Maritime Engineer’s Working Performance and Mental Work Load in Multi-Tasking Situation

    NAKAMURA Tomohiko, WU Yanbin, MIWA Takashi, UCHIDA Makoto

    2017年10月, Proceedings of the 11th International Symposium on Marine Engineering, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Improvement of Engine Room Simulator Visibility for Maritime Education Training

    MIWA Takashi, WU Yanbin, SASAWAKI Yuh, KADO Maki, Gamini Lokuketagoda, UCHIDA Makoto

    IMLA ICERS Committee, 2017年09月, The 13th International Conference on Engine Room Simulators (ICERS 13 Odessa), 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Changes in work accuracy in a noisy environment : A case of work accuracy in the marine engine room environment

    MIWA Takashi, Wu Yanbin, Uchida Makoto, Sasawaki Yuh, Kado Maki, Gamini Lokuketagoda

    It is a requirement that the noise level in the engine rooms of modern ships meet the International Maritime Organization
    (IMO) noise level code criteria. This standard comes as it had been revealed that, in noisy environments, ship engineers are
    uncomfortable and lack concentration, and as a result might experience a reduction in work accuracy. In a noisy environment, it has

    Journal of the Korean Society of Marine Engineering, 2017年06月, Journal of the Korean Society of Marine Engineering, 41 (5), 461 - 466, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 実海域における推進動力システムのシミュレーョン ―強風環境下の動特性 ―

    長谷川雅俊, 斉藤敏樹, 油木代一, 内田 誠

    日本マリンエンジニアリング学会, 2017年05月, 日本マリンエンジニアリング学会学術講演会講演論文集, (87), 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 実海域における推進動力システムのシミュレーション -ピッチングに起因する負荷変動-

    斉藤敏樹, 森井厚作, 山路海, 油木代一, 内田 誠, 長谷川雅俊

    日本マリンエンジニアリング学会, 2017年05月, 日本マリンエンジニアリング学会学術講演会講演論文集, (87), 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Yanbin Wu, Takashi Miwa, Makoto Uchida

    Mental workload (MWL) is one of core elements of human factor construct reflecting arousal level, and its optimisation is crucial to maintain favourable operator functional state. However, sensible, reliable, and diagnostic measurement of MWL is essential for applications of adaptive aiding system design, usability testing, and seafarers' training. To develop robust MWL measures, 10 participants voluntarily participated in a simulator-based experiment study. During this study, the participants carried out standard four-level calibration tasks and simulated four-level maritime operation tasks, their heart rate and electroencephalogram (EEG) were continuously measured using a heart rate sensor and an ambulatory EEG device, which includes an accelerometer to distinguish signal corruption epochs induced by body movement artefact. After each task, NASA Task Load Index was collected as subjective measurement. One-way analysis of variance was used to test the sensitivity of MWL measures and Pearson's correlation coefficients were calculated. The significantly sensitive indices for n-back task and simulator-based maritime operation task were different, supporting the limited cognitive resource pool theory. EEG features showed higher sensitivity than heart-rate-related measures.

    TAYLOR & FRANCIS LTD, 2017年, JOURNAL OF MARINE ENGINEERING AND TECHNOLOGY, 16 (2), 61 - 69, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Y. Wu, T. Miwa, M. Uchida

    While simulator based maritime training is widely implemented under international maritime organization (IMO) convention and model courses, troublesome issues such as objective evaluation of training effectiveness remain unsolved. Physiological computing system (PhyCS) refers to an innovative bidirectional human computer interaction which is achieved by monitoring, analysing, and responding to operators' psychophysiological activities in real-time. With the development of wearable devices, it becomes promising to apply PhyCS, which was considered as a laboratory technology, in real-world scenarios. In our experience utilizing view tracker, portable heart beat sensor, electroencephalogram device, and web-cameras in simulator based maritime training, PhyCS shows potential for advanced applications in operator performance assessment, usability tests, and adaptive training. However, ambulatory working environment, body movement artefact, and model verification are intricate obstacles that constrain its applications in the real world. By examining the advantages and obstacles, this paper aims to develop guidelines to apply PhyCS in the real-world.

    Royal Institution of Naval Architects, 2017年, Transactions of the Royal Institution of Naval Architects Part A: International Journal of Maritime Engineering, 159 (A2), 149 - 157, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Study on the Work Accuracy under the Marine Engine Room Environment

    Takashi Miwa, Wu Yanbin, Yuh Sasawaki, Maki Kado, Gamini Lokuketagoda, Makoto Uchida

    2016年11月, International Symposium on Marine Engineering and Technology 2016, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Improving safe working practices and work confidence of Marine Engineers

    Takashi Miwa, Wu Yanbin, Gamini Lokuketagoda, Makoto Uchida

    2016年10月, Proceedings of 7th PAAMES and AMEC2016, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Two barriers of using EEG and HRV to evaluate operator functional state in maritime simulator operations

    Yanbin Wu, Takashi Miwa, Makoto Uchida

    ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD, 2016年07月, INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY, 51, 1148 - 1149, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Study on engine room communication under the marine engine simulator environment

    Takashi Miwa, Yanbin Wu, Masumi Nakamura, Makoto Uchida

    ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD, 2016年07月, INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY, 51, 226 - 226, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 舶用機関事故分析に基づく教育訓練モデル構築の試みについて

    中村 真澄, 三輪 誠, 内田 誠

    日本マリンエンジニアリング学会, 2016年03月, 日本マリンエンジニアリング学会誌, 51 (2), 223 - 229, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Study on evaluation of communication aptitude in maritime education with marine engine room simulator

    MIWA Takashi, WU Yanbin, NAKAMURA Masumi, UCHIDA Makoto

    IMLA ICERS Committee, 2015年11月, The 12th International Conference on Engine Room Simulators (ICERS 12 Istanbul), 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Study on advantages and obstacles of applying physiological computing in ERS-based maritime training

    WU Yanbin, MIWA Takashi, UCHIDA Makoto, NAKAMURA Masumi

    IMLA ICERS Committee, 2015年11月, The 12th International Conference on Engine Room Simulators (ICERS 12 Istanbul), 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Yanbin Wu, Takashi Miwa, Kaoru Shimamoto, Makoto Uchida

    Engine-room Resource Management (ERM) is a widely used approach to achieve ship’s safe navigation by effectively managing the resources of personnel, equipment, and information in the machinery space. According to the requirements of the International Maritime Organization’s (IMO) International Convention on Standards of Training, Certification and Watchkeeping for Seafarers, maritime education organizations and universities are developing ERM training courses, by which both experienced and newly recruited seafarers are educated. The maritime industry needs to know whether the training courses are effective or not. This paper aims to propose a quantitative evaluation method of a crew team performance regarding Engine-room Resource Management. A hierarchy framework, composed of four medial elements and 12 associated elements of non-technical skills, is built to construct the evaluation criteria. Analytical Hierarchy Process (AHP) method is used to calculate the weight of each criterion, and prior research is done by survey to collect the opinions of experts on important aspects of ERM. Both local and global weights of evaluation criteria are decided. During the evaluation process, a behavioral markers system is devised to ensure that evaluators are both objective and consistent. We use the fuzzy comprehensive evaluation method to calculate the results and a final team performance score can be obtained. The results of this case study show that this method is applicable for the assessment of Engine-room Resource Management training courses.

    Springer Verlag, 2015年10月01日, WMU Journal of Maritime Affairs, 14 (2), 333 - 347, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 舶用機関プラントシミュレータ教育訓練における操作員の心的負荷評価方法

    WU Yanbin, 三輪 誠, 中村 真澄, 内田 誠

    日本マリンエンジニアリング学会, 2015年10月, 日本マリンエンジニアリング学会学術講演会講演論文集, (85), 英語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 船舶機関安全管理に関する研究 - 繰り返し発生する警報に対する訓練生の行動の変化

    三輪 誠, WU Yanbin, 中村 真澄, 内田 誠

    日本マリンエンジニアリング学会, 2015年10月, 日本マリンエンジニアリング学会学術講演会講演論文集, (85), 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 実海域における推進動力システムのシミュレーション - 風影響の分析

    長谷川 雅俊, 油木 代一, 内田 誠

    日本マリンエンジニアリング学会, 2015年10月, 日本マリンエンジニアリング学会学術講演会講演論文集, (85), 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Study on workload measurements at the marine engineering education under the marine engine simulator environment

    MIWA Takashi, Kaoru SHIMAMOTO, WU Yanbin, NAKAMURA Masumi, UCHIDA Makoto

    The Royal Institution of Naval Architects, 2015年09月, International Conference on Ship & Offshore Technology (ICSOT KOREA 2015), 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Physiological Computing for Maritime Ergonomics Applications

    WU Yanbin, MIWA Takashi, UCHIDA Makoto

    The Royal Institution of Naval Architects, 2015年09月, International Conference on Ship & Offshore Technology (ICSOT KOREA 2015), 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 油木 代一, 内田 誠, 三輪 誠

    神戸大学, 2015年07月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, 12, 23 - 29, 日本語

  • SASA Kenji, TERADA Daisuke, SHIOTANI Shigeaki, WAKABAYASHI Nobukazu, IKEBUCHI Takuro, CHEN Chen, TAKAYAMA Atsuyoshi, UCHIDA Makoto

    Elsevier, 2015年06月, J. Ocean Engineering, 104, 294 - 309, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Relationship Between Characteristics of Human Factors Based on Marine Accident Analysis

    Masumi Nakamura, Takashi Miwa, Makoto Uchida

    Most marine engine accidents are caused by human errors, such as misperception, misjudgment and misoperation. It is essential to comprehensively analyze human errors occurred during marine engine plant operation, and to investigate more effective measures to prevent the similar errors. The Engine-room Resource Management training has become more important for marine engineers working in a complex system. In this paper, first, characteristics of total human errors are investigated by taking 298 marine accidents records from Japan Marine Accident Inquiry. Second, the latent factors which are common factors in accident records are determined using covariance structure analysis. Moreover, the relationships between latent factors and onshore management personnel were investigated using System Dynamics. In this work, a basic model for effective education and support method which improve the marine engineers' skills is considered.

    IEEE, 2015年, 2015 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON INDUSTRIAL ENGINEERING AND ENGINEERING MANAGEMENT (IEEM), 886 - 891, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 舶用機関事故分析に基づく教育訓練モデル構築の試みについて

    中村 真澄, 三輪 誠, 内田 誠

    日本マリンエンジニアリング学会, 2014年11月, 日本マリンエンジニアリング学会学術講演会講演論文集, (84), 65 - 66, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 舶用機関プラントシミュレータ教育訓練における評価方法に関する研究 -心的負荷と生体反応-

    嶋本 薫, 毋 岩斌, 三輪 誠, 内田 誠

    日本マリンエンジニアリング学会, 2014年11月, 日本マリンエンジニアリング学会学術講演会講演論文集, (84), 67 - 68, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 舶用機関プラントシミュレータ教育訓練における生体反応計測に関する考察

    三輪 誠, 嶋本 薫, 中村 真澄, 内田 誠

    日本マリンエンジニアリング学会, 2014年11月, 日本マリンエンジニアリング学会学術講演会講演論文集, (84), 73 - 74, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 熱発電モジュールによる排熱回収に関する基本性能

    内田 誠, 福島 竜太郎, 油木 代一

    日本マリンエンジニアリング学会, 2014年11月, 日本マリンエンジニアリング学会学術講演会講演論文集, (84), 201 - 204, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Aim to High degree of Marine Engineering education - Based on the viewpoints of MET and HE -

    UCHIDA Makoto

    2014年10月, Proceedings of the Asia Maritime & Fisheries Universities Forum (AMFUF 2014), 1 - 11, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Study on Development of Comprehensive Evaluation Method Using Multiples Biological Response Data under the Engine Room Simulator

    三輪 誠, 嶋本 薫, 毋 岩斌, 中村 真澄, 内田 誠

    2014年09月, Proceedings of the 10th International Symposium on Marine Engineering, 10, PID109, 1 - 4, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Comparison and Correlation between Subjective and Objective Mental Work-load Measurement

    毋 岩斌, 嶋本 薫, 三輪 誠, 中村 真澄, 内田 誠

    2014年09月, Proceedings of the 10th International Symposium on Marine Engineering, 10, PID117, 1 - 4, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 連続モニタリングシステム計測に基づく就航中船舶推進動力特性の分析

    長井 駿介, 内田 誠

    日本船舶海洋工学会, 2014年05月, 日本船舶海洋工学会講演論文集, 18, 157 - 160, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 人的要因による顕在事象と潜在事象の比較に基づく舶用機関事故防止に関する研究 - 多次元的考察の必要性

    中村 真澄, 三輪 誠, 内田 誠

    日本マリンエンジニアリング学会, 2014年03月, 日本マリンエンジニアリング学会誌, 49 (2), 106 - 112, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Quantitative Evaluation Method of Team Performance Regarding ERM

    WU Yanbin, UCHIDA Makoto

    The Royal Institution of Naval Architects, 2014年02月, Proceedings, International Conference on Human Factors in Ship Design & Operation 2014, 123 - 129, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • プラントモニタリング処理に船舶機関士の学習モデルを付加した機関管理支援に関する研究

    光藤 春樹, 石川 航, 内田 誠

    日本マリンエンジニアリング学会, 2014年01月, 日本マリンエンジニアリング学会誌, 49 (1), 119 - 125, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Modeling Optimum Operation of Ship Machinery by Using System Dynamics

    HANDANI Dhimas Widhi, UCHIDA Makoto

    日本マリンエンジニアリング学会, 2014年01月, 日本マリンエンジニアリング学会誌, 49 (1), 133 - 141, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Using System Dynamics to Simulate the Management of Operation and Maintenance of Ship Machinery under a Port Availability Constraint

    HANDANI Dhimas Widhi, UCHIDA Makoto

    ExcelingTech Publishers, London, UK, 2013年12月, International Journal of Supply Chain Management, 2 (4), 76 - 84, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Study on Eye Movement of Student and Skilled Engineer under the MEPS Environment

    MIWA Takashi, HISADA Shoutaro, SUZUKI Tomohiro, NAKAMURA Masumi, UCHIDA Makoto

    IMLA ICERS Committee, 2013年10月, The 11th International Conference on Engine Room Simulators (ICERS 11 Busan), 13 - 20, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 舶用機関事故の人的エラーに関する潜在事象の考察

    中村 真澄, 内田 誠, 三輪 誠

    日本マリンエンジニアリング学会, 2013年09月, 日本マリンエンジニアリング学会学術講演会講演論文集, (83), 87 - 88, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 熱発電モジュールによる舶用主機排熱回収に関する基礎研究(続報)-複数機種の性能比較-

    福島 竜太郎, 谷所 宏司, 油木 代一, 渡邉 智史, 内田 誠

    日本マリンエンジニアリング学会, 2013年09月, 日本マリンエンジニアリング学会学術講演会講演論文集, (83), 53 - 54, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 実海域における推進動力システムのシミュレーションモデルについて

    大川 明奈, 長井 駿介, 内田 誠, 三輪 誠

    日本マリンエンジニアリング学会, 2013年09月, 日本マリンエンジニアリング学会学術講演会講演論文集, (83), 147 - 148, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 機関管理支援人工知能システム「Virtual Ship Engineer」の活用による異常予知に関する研究

    石川 航, 三輪 誠, 内田 誠

    日本マリンエンジニアリング学会, 2013年09月, 日本マリンエンジニアリング学会学術講演会講演論文集, (83), 89 - 90, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • System Dynamics Simulation for Risk Management of Ship Machinery ComponentSystem Dynamics Simulation for Risk Management of Ship Machinery ComponentSystem Dynamics Simulation for Risk Management of Ship Machinery Component

    HANDANI Dhimas Widhi, UCHIDA Makoto

    日本マリンエンジニアリング学会, 2013年09月, 日本マリンエンジニアリング学会学術講演会講演論文集, (83), 63 - 64, 英語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • MEPS環境下における機関士の人間反応データ計測

    久田 将太郎, 三輪 誠, 鈴木 智比呂, 油木 代一, 内田 誠

    日本マリンエンジニアリング学会, 2013年09月, 日本マリンエンジニアリング学会学術講演会講演論文集, (83), 91 - 92, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 舶用機関事故における人的エラーの数量化

    中村 真澄, 内田 誠

    日本マリンエンジニアリング学会, 2013年07月, 日本マリンエンジニアリング学会誌, 48 (4), 131 - 136, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 船舶機関プラントにおけるコントロールコンソールのユーザビリティに関する研究 -マリンエンジニアの年齢と経験に関する考察-

    有田 俊晃, 河本健 一郎, 廣野 康平, 内田 誠, 古莊 雅生

    日本人間工学会, 2013年06月, 日本人間工学会誌, 49 (特別号), 292 - 293, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Numerical Performance Investigations of Screw Propellers by Lifting Surface Theory

    BICER Baris, UCHIDA Makoto

    公益社団法人日本マリンエンジニアリング学会, 2013年03月, 日本マリンエンジニアリング学会誌, 48 (2), 105 - 111, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Characteristic Analysis of Marine Propellers by Using of Classical Lifting Surface Method

    BICER Baris, UCHIDA Makoto

    Universiti Malaysia Terengganu, 2012年10月, Proceedings, 8th International Conference On Marine Technology (MARTEC2012), (MTP-34), 1 - 6, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 舶用機関事故における人的エラーの数量化

    中村 真澄, 内田 誠

    2012年09月, 日本マリンエンジニアリング学会学術講演会講演論文集, No.82, pp.145-146, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 熱発電モジュールによる舶用主機排熱回収に関する基礎研究

    谷所 宏司, 伊藤 雄太, 油木 代一, 空 篤司, 内田 誠

    2012年09月, 日本マリンエンジニアリング学会学術講演会講演論文集, No.82, pp.173-174, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 船舶機関制御卓のユーザビリティに関する研究

    有田 俊晃, 河本健 一郎, 廣野 康平, 内田 誠, 古莊 雅生

    ヒューマンインタフェース学会, 2012年09月, ヒューマンインタフェースシンポジウム2012論文集, 433 - 440, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • プラントモニタリング処理に船舶機関士の学習モデルを付加した機関管理支援に関する研究

    光藤 春樹, 石川 航, 内田 誠

    2012年09月, 日本マリンエンジニアリング学会学術講演会講演論文集, No.82, pp.147-148, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Numerical Performance Investigations of Screw Propellers by Lifting Surface Theory

    BICER Baris, UCHIDA Makoto

    2012年09月, 日本マリンエンジニアリング学会学術講演会講演論文集, No.82, pp.13-14, 英語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 連続モニタリングシステムによる就航中船舶の性能把握

    長安 明奈, 長井 駿介, 内田 誠

    日本船舶海洋工学会, 2012年05月, 日本船舶海洋工学会講演論文集, 14, 103 - 106, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 船体運動と気象海象データから見た国際航海の運航評価に関する基礎的研究

    笹 健児, 寺田 大介, 塩谷 茂明, 若林 伸和, 小林 英一, 牧野 秀成, 嶋田 陽一, 内田 誠, 種本 純

    2012年05月, 日本船舶海洋工学会講演論文集, No.14, pp.107-110, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • A Numerical Study on Propeller Performance Analysis by Using Lifting Surface Method

    BICER Baris, UCHIDA Makoto

    2012年05月, 日本船舶海洋工学会講演論文集, No.14, pp.259-262, 英語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Simulation on Optimum Operation of Ship Main Engine Support System by Using System Dynamics

    D. W. Handani, M. Uchida

    Operation of ship requires a reliable support system of main engine. This paper proposes new models in System Dynamics(SD) simulation for determining the reliability degradation of ship machinery components which are installed in main engine support system. This study purpose is to optimize the availability and minimize the total operation cost which are comprised of running, maintenance, penalty and downtime cost. Reliability analysis is taken into account based on failure rate data record. There are two SD models in this paper. An optimization model endeavors value of minimum Reliability Index(RI) as decision to obtain the highest availability and the lowest total cost. The forecasting model constructs the maintenance judgment when RI reaches the minimum RI in next subsequent voyage. Pumps which are operated in fuel oil, sea water cooling and fresh water cooling system are analyzed. Optimization model results optimum total operation cost and availability, while total operation cost in forecasting model is lower.

    IEEE, 2012年, 2012 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON INDUSTRIAL ENGINEERING AND ENGINEERING MANAGEMENT (IEEM), (P-0621), 1935 - 1939, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 笹 健児, 寺田 大介, 塩谷 茂明, 小林 英一, 若林 伸和, 牧野 秀成, 嶋田 陽一, 内田 誠

    公益社団法人 日本航海学会, 2012年, 日本航海学会誌 NAVIGATION, 180, 42 - 47, 日本語

  • 国際海上輸送の安全性・効率性から見た貨物船の運航性能に関する研究

    笹 健児, 寺田 大介, 塩谷 茂明, 小林 英一, 若林 伸和, 牧野 秀成, 嶋田 陽一, 内田 誠

    日本船舶海洋工学会, 2011年11月, 日本船舶海洋工学会講演論文集, 13, 303 - 306, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Study on Improvement of Marine Engine Safety Management Based on Analysis of Failure and Damage Data

    兵埜 晴之, 阿南 正和, 内田 誠, 引間 俊雄

    2011年10月, Proceedings of the 9th International Symposium on Marine Engineering, D8-3, pp.1-6, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Fundamental Study on Collection of Waste Heat Energy Using Thermoelectric Module

    関屋 徹, 谷所 宏司, 篠原 圭佑, 内田 誠, 油木 代一

    2011年10月, Proceedings of the 9th International Symposium on Marine Engineering, A6-2, pp.1-6, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Incorporation of Malfunctions in Equipment in Marine Engine Plant Simulator

    Tomohisa Dan, Makoto Uchida, Hiromasa Ikawa, Yasunaga Maeda, Akira Sou

    機関室シミュレータは船舶職員の養成においては有用なツールとなっている。本論文では,船舶機器の故障に至る前兆現象をシミュレータに組み込む手法について提案している。機器の故障についての実データを解析したところ,人的な感覚(五感)で発見する故障は船舶運航の停止など重大な故障を未然に防ぐことが可能であることを得た。そこで,この故障の前兆をプラント構成機器の動作に組み込み,シミュレータに取り入れることで有効な訓練が行えると考えられる。

    IMLA ICERS Committee, 2011年09月, The 10th International Conference on Engine Room Simulators (ICERS 10 St.Petersburg), (No.11), 1 - 8, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 熱電素子による排熱エネルギー回収に関する基礎研究(第2報)

    関屋 徹, 谷所 宏司, 篠原 圭佑, 内田 誠, 油木 代一

    2011年05月, 日本マリンエンジニアリング学会学術講演会講演論文集, No.81, pp.35-36, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 船舶機関の故障・損傷データの分析に基づく安全管理技術の向上に関する研究

    兵埜 晴之, 阿南 正和, 内田 誠, 引間 俊雄

    2011年05月, 日本マリンエンジニアリング学会学術講演会講演論文集, No.81, pp.37-38, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 人的要因による顕在事象と潜在事象の比較に基づく舶用機関事故防止に関する研究

    中村 真澄, 内田 誠

    2011年05月, 日本マリンエンジニアリング学会学術講演会講演論文集, No.81, pp.39-40, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • PC版機関室シミュレータ環境下における眼球運動計測に基づく機関運転管理評価法に関する検討(II)

    中村 真澄, 内田 誠, 引間 俊雄

    2011年01月, 弓削商船高等専門学校紀要, No.33, pp.1-5, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 地域イノベーションを目的とするハイブリッド・グラスボートの性能

    三原 伊文, 石光 冴介, 山口 伸弥, 古賀 英司, 嶋津 裕樹, 内田 誠, 藤本 正明

    2010年12月, 国立高等専門学校機構大島商船高等専門学校紀要, No.43, pp.25-29, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 熱電素子による排熱エネルギー回収に関する基礎研究

    内田 誠, 新舎 一樹, 油木 代一

    2010年08月, 日本マリンエンジニアリング学会学術講演会講演論文集, No.80, pp.157-158, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 太陽光パワーを活用したハイブリッド小型漁船によるGHG削減の試算

    嶋津 裕樹, 内田 誠, 三原 伊文, 米倉 信義

    2010年08月, 日本マリンエンジニアリング学会学術講演会講演論文集, No.80, pp.91-92, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 船舶機関の運用トラブルに関する実態調査

    引間 俊雄, 内田 誠, 八木 優, 高畠 陽路

    日本マリンエンジニアリング学会, 2010年08月, 日本マリンエンジニアリング学会学術講演会講演論文集, (No.80), 77 - 78, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • プロペラ空気吸い込みによる翼面上の不均一空洞形成に関する研究

    岩崎 章浩, 内田 誠

    2010年08月, 日本マリンエンジニアリング学会学術講演会講演論文集, No.80, pp.159-160, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Propulsion Performance of Hybrid Small Fishing Vessel Equipped with Solar Cells

    MIHARA Yoshinori, UCHIDA Makoto, SHIMAZU Yuki, YONEKURA Nobuyoshi, FUJITANI Chikashi

    2009年10月, Proceedings of the 8th International Symposium on Marine Engineering, CM-1-38, pp.1-6, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Advanced Study of Bearing Forces Caused by Air Ventilation on Marine Screw Propeller

    UCHIDA Makoto, SUGAMI Takuya, ABURAGI Daiichi

    2009年10月, Proceedings of the 8th International Symposium on Marine Engineering, EM-1-33, pp.1-6, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 太陽光パワーを活用するハイブリッド小型漁船の推進性能

    三原 伊文, 藤谷 親, 内田 誠, 嶋津 裕樹, 米倉 信義

    2009年09月, 日本マリンエンジニアリング学会学術講演会講演論文集, No.79, pp.133-134, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • プロペラ空気吸込みによる起振力に関する研究

    内田 誠, 洲上 卓也, 油木 代一

    2009年09月, 日本マリンエンジニアリング学会学術講演会講演論文集, No.79, pp.131-132, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • プロペラ空気吸い込みによる空洞形成と水面挙動

    内田 誠, 若松 丈裕, 洲上 卓也

    2008年09月, 日本マリンエンジニアリング学会学術講演会講演論文集, No.78, pp.61-62, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 可変ピッチプロペラの空気吸い込みによる空洞形成と起振力

    内田 誠, 手島 克典, 若松 丈裕, 洲上 卓也

    2007年11月, 日本船舶海洋工学会講演論文集, Vol.5K, pp.109-110, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 山田早苗コレクションに基づく近代日本商船隊の変遷

    内田 誠, 山本 幸一

    2007年07月, 神戸大学大学院海事科学研究科紀要, No.4, pp.125-131, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • プロペラ空気吸込みによる空洞形成と起振力(第2報)

    内田 誠, 手島 克典, 若松 丈裕

    2007年05月, 日本船舶海洋工学会講演論文集, Vol.4, pp.385-388, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • プロペラ空気吸い込みによる空洞形成と起振力

    内田 誠, 手島 克典, 松本 勇喜, 若松 丈裕

    2007年05月, 日本船舶海洋工学会論文集, Vol. 6, pp. 297-304, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • PC版機関室シミュレータ環境下における眼球運動計測に基づく機関運転管理評価法に関する研究

    内田 誠, 中山 真澄, 引間 俊雄

    2007年05月, 日本マリンエンジニアリング学会学術講演会講演論文集, No.76, pp.39-40, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • プロペラ空気吸込みによる空洞形成と起振力

    内田 誠, 松本 勇喜, 手島 克典

    2006年05月, 日本船舶海洋工学会講演論文集, Vol.2K, pp.161-164, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Advanced Education and Research on Marine Propulsion

    内田 誠, 西川 榮一

    2006年03月, International Association of Maritime Universities Journal, Vol.4, No.2, pp.39-46, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Advanced Education and Research on Marine Propulsion

    内田 誠, 西川 榮一

    2005年10月, Proceedings of the Sixth General Assembly and Conference of the International Association of Maritime Universities, pp.303-311, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 船とフジツボ(付着による推進への影響は?)

    内田 誠

    2004年11月, 日本付着生物学会シンポジウムフジツボと人とのかかわり講演要旨集, pp.16-17, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Analysis of Human Error in Marine Engine Management

    内田 誠

    2004年11月, Proceedings of the Fifth General Assembly and Conference of the International Association of Maritime Universities, pp.85-93, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Professional Marine Engineer’s Eye Movement in Case of Engine Operations by Using Engine Room Simulator

    Ali KUSOGLU, 内田 誠, 古莊 雅生, Cengiz DENIZ

    2004年10月, 日本マリンエンジニアリング学会学術講演会講演論文集, No.72, pp.99-100, 英語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 船舶諸要目の統計分析によるコンテナ船の特徴とその大型化に関する研究

    福谷 文江, 西川 榮一, 内田 誠

    2004年09月, 関西造船協会論文集, No.242, pp.125-132, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 船舶機関管理におけるヒューマンファクター

    内田 誠

    2004年05月, 日本マリンエンジニアリング学会学術講演会講演論文集, No.71, pp.39-40, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • ソーラーエネルギーの船舶利用に関する研究

    内田 誠, 松本 勇喜, 西川 榮一

    2004年05月, 日本マリンエンジニアリング学会学術講演会講演論文集, No.71, pp.47-48, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Estimation of Oil Spill in Turkish Strait

    Sevilay CAN, 内田 誠, 西尾 茂

    2003年10月, 可視化情報学会誌, Vol.23 (Suppl. No.2), 165 - 168, 英語

    [査読有り]

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 実海域航行中船舶の推進性能分析法に関する研究 ―船舶プロペラ表面粗度影響の評価―

    万碧 玉, 西川 榮一, 内田 誠

    2003年03月, 関西造船協会論文集, No.239, pp.55-60, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • アブログデータを利用した就航中船舶の性能分析について

    西川 榮一, 万 碧玉, 佐藤 睦, 内田 誠

    2002年11月, 日本マリンエンジニアリング学会誌, Vol.37, No.11, pp.36-45, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ERS as a Field for Research on Safety Management

    内田 誠, Ali KUSOGLU, Ismail CICEK, Ahmet BAYULKEN, 中澤 武

    2002年10月, Proceedings of International Maritime Lecturers’ Association Twelfth Conference, pp.353-364, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • The Experiment and Numerical Calculation of Propeller Performance with Surface Roughness Effects

    万碧 玉, 西川 榮一, 内田 誠

    2002年09月, 関西造船協会論文集, No.238, pp.49-54, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Improvement of Marine Engineering Curriculum Using the Engine Room Simulator

    Ismail CICEK, 内田 誠

    2002年09月, Proceedings of the Third General Assembly and Conference of the International Association of Maritime Universities, Session VI, WG 1, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 直進翼性能に対する表面粗さ影響の実験と数値計算

    万 碧玉, 西川 榮一, 内田 誠, 松本 勝

    2001年09月, 関西造船協会論文集, No.236, pp.59-65, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 水面近傍を航走する水中翼の性能

    兼子 忠範, 内田 誠, 西川 榮一

    2000年03月, 関西造船協会誌, No.233, pp.17-22, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ハイブリッド電気推進ソーラーボートの試作

    西川 榮一, 内田 誠, 油木 代一, 田中 応友, 森口 達雄

    1999年07月, 神戸商船大学紀要, Part II, Vol.47, pp.137-144, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 大阪湾における船舶の航行実態と大気汚染物質の排出負荷

    西川 榮一, 野口 祐一郎, 内田 誠, 梶谷 真悟

    1998年10月, 日本航海学会論文集, No.99, pp.83-90, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ’97ソーラーボートの設計・製作と性能試験

    西川 榮一, 内田 誠, 奥田 哲也, 兼子 忠範, 長野 政継, 油木 代一

    1998年07月, 神戸商船大学紀要, Part II, Vol.46, pp.153-159, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 水面近傍を走行する水中翼の性能試験(第2報)

    西川 榮一, 内田 誠, 西嶋 孝典, 板垣 裕一, 油木 代一

    1997年07月, 神戸商船大学紀要, Part II, Vol.45, pp.129-134, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 神戸商船大学の回流水槽の現状 -震災復旧後の基本性能-

    内田 誠, 西川 榮一, 油木 代一

    1997年07月, 神戸商船大学紀要, Part II, Vol.45, pp.119-127, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 水面を貫通して上下に運動する水平二次元柱に働く負荷変動

    内田 誠, 胡 克峰, 西嶋 孝典

    The load fluctuation acting on a propeller blade in the condition that the propeller blade exposes partially over the water surface had been investigated experimentally (Uchida and Naito, 1992). The experiments had made clear the interesting phenomenon that the negative torque acted on the blade at tbe moment when it was passing through the water surface from water to air, And the former report proposed the hypothesis that the negative torque was due to the force caused by the change oh the added mass of the blade along the rotational direction. In order to confirm the above hypothesis, the forces acting on a horizontal cylinder passing through the water surface are experimentally investigated in this report. The experimental results are compared with the calculated results, The calculation is carried out according to the theory that the test cylinder is acted by a force system of 5 component, those are, the inertial force of real mass and added mass, the drag, the buoyancy and the force caused by the change of added mass. The last component acts in the same direction with the cylinder motion from water to air. It is a negative force called here the added fluctuation force, The calculated results are in approximate agreement with experimental results, The existence of the added fluctuation force component is confirmed.

    INTERNATIONAL SOCIETY OFFSHORE& POLAR ENGINEERS, 1997年, 関西造船協会誌, No.227, pp.1-6, 427 - 434, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • The force acting on a horizontal cylinder passing through the water surface

    M Uchida, K Hu, T Nishijima

    The load fluctuation acting on a propeller blade in the condition that the propeller blade exposes partially over the water surface had been investigated experimentally (Uchida and Naito, 1992). The experiments had made clear the interesting phenomenon that the negative torque acted on the blade at tbe moment when it was passing through the water surface from water to air, And the former report proposed the hypothesis that the negative torque was due to the force caused by the change oh the added mass of the blade along the rotational direction. In order to confirm the above hypothesis, the forces acting on a horizontal cylinder passing through the water surface are experimentally investigated in this report. The experimental results are compared with the calculated results, The calculation is carried out according to the theory that the test cylinder is acted by a force system of 5 component, those are, the inertial force of real mass and added mass, the drag, the buoyancy and the force caused by the change of added mass. The last component acts in the same direction with the cylinder motion from water to air. It is a negative force called here the added fluctuation force, The calculated results are in approximate agreement with experimental results, The existence of the added fluctuation force component is confirmed.

    INTERNATIONAL SOCIETY OFFSHORE& POLAR ENGINEERS, 1997年, PROCEEDINGS OF THE SEVENTH (1997) INTERNATIONAL OFFSHORE AND POLAR ENGINEERING CONFERENCE, VOL III, 1997, Vol.III, pp.427-434, 427 - 434, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 水面近傍を走行する水中翼の性能試験

    西川 榮一, 内田 誠, 油木 代一, 西嶋 孝典, 浅野 篤史, 石原 健太, 鈴木 喜博, 船江 幸司

    1996年07月, 神戸商船大学紀要, Part II, Vol.44, pp.63-68, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • うず格子モデルによるキャビテーション発生範囲の推定

    西川 榮一, 内田 誠, 北坂 朋生

    1994年07月, 神戸商船大学紀要, Part II, Vol.42, pp.89-96, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • New Circulating Water Channel of the Kobe University of Mercantile Marine

    内田 誠, 西川 榮一, 戸田 保幸, 向 克巳

    1994年07月, Proc. of Korea-Japan Joint Workshop on CWC, pp.117-123, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 深江丸推進性能の経時変化

    西川 榮一, 内田 誠, 油木 代一

    1993年07月, 神戸商船大学紀要, Part II, Vol.41, pp.117-122, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • ソーラーボートの設計と製作(光耀’92の船体と推進システム)

    西川 榮一, 内田 誠, 有木 寛之, 北坂 朋生, 糀谷 健, 財田 武彦, 武岡 信幸, 仲田 淳一, 古田 秀規, 松本 照生

    1993年07月, 神戸商船大学紀要, Part II, Vol.41, pp.79-88, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 運航データによる就航中船舶の推進性能分析

    小野, 中村, 高原, 武藤, 野田, 井上, 村上, 西川 榮一, 内田 誠

    1992年09月, 航海訓練所調査研究時報, No.69, pp.1-21, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • プロペラの単翼に働く負荷変動に関する研究(翼の一部が水面上に露出する場合)

    内田 誠, 内藤 林

    1992年09月, 関西造船協会誌, No.218, pp.235-241, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 可変ピッチプロペラ装備船のサーフェースフォース -実測値と簡易推定値との比較-

    西川 榮一, 内田 誠, 藤岡 哲哉

    1992年03月, 関西造船協会誌, No.217, pp.61-65, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 荷重度変更法によるCPP船自航要素の測定

    西川 榮一, 内田 誠, 服部 行男

    1991年07月, 神戸商船大学紀要, Part II, Vol.39, pp.97-104, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • マン・マシン・システムとしての船舶の安全性について

    多田 光男, 片木 威, 菊池 潤, 内田 誠, 三原 伊文, 松下 邦幸

    1991年02月, 弓削商船高等専門学校紀要, No.13, pp.1-4, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • A Study on the Propulsive Performance of a Training Ship FUKAE-MARU in Actual Service

    西川 榮一, 内田 誠, 中井 昇

    1990年10月, Technical Papers of 4th International Symposium on Marine Engineering, Vol.II, pp.A-4-1 - A-4-7, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 可変ピッチプロペラ翼応力の簡易推定法

    内田 誠, 西川 榮一, 神山 英雄

    1990年09月, 関西造船協会誌, No.214, pp.75-80, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • プロペラ空気吸込みと起振力 -第2報-

    西川 榮一, 藤山 愛一郎, 内田 誠, 岡田 正之

    1990年08月, 日本舶用機関学会誌, Vol.25, No.8, pp.19-25, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • An Experimental Study on the Ventilation of Marine Propeller and its Effects on the Propeller Performance and Shaft Force

    西川 榮一, 内田 誠

    1989年10月, Proc. of 4th Int. Symp. on Practical Design of Ships and Mobile Units, Vol.1, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 可変ピッチプロペラ装備船のサーフェースフォースの測定

    西川 榮一, 内田 誠, 中井 昇, 神山 英雄, 藤岡 哲哉

    1989年09月, 関西造船協会誌, No.212, pp.81-88, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 実船可変ピッチプロペラの翼荷重の測定

    内田 誠, 西川 榮一, 中井 昇, 神山 英雄, 上入佐 光

    1989年03月, 関西造船協会誌, No.211, pp.69-75, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 波浪中で作動するプロペラの単翼に働く負荷変動に関する研究 (第1報)

    内藤 林, 内田 誠

    1988年09月, 関西造船協会誌, No.210, pp.61-68, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 揚力面渦格子法によるスループリグセールの特性予測

    橋本 淳, 内田 誠

    1986年09月, 日本航海学会論文集, No.75, pp.95-103, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 就航中主機負荷実績の分析指数について

    劉 千山, 橋本 淳, 内田 誠

    1986年08月, 日本舶用機関学会誌, Vol.21, No.8, pp.16-23, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 運航時推進性能に及ぼすプロペラ汚損および船体汚損の影響(CPP船とFPP船の比較)

    西川 榮一, 内田 誠, 劉 千山, 安藤 聡一郎

    1986年07月, 神戸商船大学紀要, Part II, Vol.34, pp.41-46, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • CPP船深江丸の推進特性と汚損影響

    西川 榮一, 内田 誠

    1985年07月, 神戸商船大学紀要, Part II, Vol.33, pp.27-34, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 実船プロペラの表面粗さ

    西川 榮一, 内田 誠

    1984年07月, 神戸商船大学紀要, Part II, Vol.32, pp.57-66, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

MISC

  • 内田 誠

    一般社団法人日本海運集会所, 2018年07月, 海運, (1090), 48 - 51, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 神戸大学海事科学部・海事科学研究科の現況と機能強化

    内田 誠

    海洋会, 2016年03月, 海洋, (896), 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 内田誠

    The Japan Institute of Marine Engineering, 2016年, 日本マリンエンジニアリング学会誌, 51 (5), 556 - 556, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 神戸大学海事科学部の現況と機能強化

    内田 誠

    神戸海難防止協会, 2015年03月, 神戸海難防止協会会報, (12), 2 - 6, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 事故は決して無くならない - ヒトがヒトとして活動する限り -

    内田 誠

    船員災害防止協会, 2014年07月, 船員と災害防止, 54 (448), 33 - 38, 日本語

    [招待有り]

    機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等

  • プロペラ(流体推進器)の特徴:船舶用と航空機用との対比および船舶推進の展開

    内田 誠

    神戸大学大学院海事科学研究科, 2013年03月, 神戸大学海事博物館研究年報, 40, 21 - 24, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 山田早苗コレクション 第2報

    内田 誠

    2005年03月, 神戸大学海事博物館研究年報, No.33, pp13-16, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 船舶推進性能に及ぼす表面汚損の影響

    内田 誠

    2005年01月, 日本マリンエンジニアリング学会誌, Vol.40, No.1, pp.10-11, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 山田早苗コレクション - 日本の商船隊行動記録集

    内田 誠

    2004年03月, 神戸大学海事博物館研究年報, No.32, pp.4-5, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 係留けん引時の推力減少率

    中井 昇, 中澤 武, 西川 榮一, 内田 誠

    1990年03月, 日本舶用機関学会誌, Vol.25, No.3, pp.225-230, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

書籍等出版物

  • 海上輸送の三原則

    神戸大学海上輸送の三原則編集委員会, 神戸大学

    分担執筆, 第1部第4章第3節, 海文堂出版, 2013年07月, 日本語, ISBN: 9784303164102

講演・口頭発表等

  • 実海域における船速低下の計算手法ごとの定量評価と検証

    笹 健児, FALTINSEN ODD M, 塩谷 茂明, 内田 誠

    日本船舶海洋工学会第 1回推進・運動性能研究会, 2015年06月, 日本語, 大阪府立大学 I-siteなんば, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 船体運動と気象海象データから見た国際航海の運航評価に関する基礎的研究

    笹 健児, 寺田 大介, 塩谷 茂明, 若林 伸和, 小林 英一, 牧野 秀成, 嶋田 陽一, 内田 誠, 種本 純

    日本船舶海洋工学会講演会, 2012年05月, 日本語, 日本船舶海洋工学会, 神戸市産業振興センター, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 国際海上輸送の安全性・効率性から見た貨物船の運航性能に関する研究

    笹 健児, 寺田 大介, 塩谷 茂明, 小林 英一, 若林 伸和, 牧野 秀成, 嶋田 陽一, 内田 誠

    日本船舶海洋工学会講演会, 2011年11月, 日本語, 日本船舶海洋工学会, 神戸市産業振興センター, 国内会議

    口頭発表(一般)

所属学協会

  • 日本航海学会

  • 日本船舶海洋工学会

  • 日本マリンエンジニアリング学会

共同研究・競争的資金等の研究課題