研究者紹介システム

胡 云芳
コ ウンホウ
大学院経済学研究科 経済学専攻
教授
商学・経済学関係
Last Updated :2021/11/20

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院経済学研究科 経済学専攻
  • 【配置】

    経済学部 経済学科

学位

  • 博士(経済学), 神戸大学

授業科目

ミニ講義

ジャンル

  • 経済・金融 / 為替・通貨・貿易

コメントテーマ

  • 国際経済論
  • 経済成長論

研究活動

研究キーワード

  • 国際貿易、資本移動
  • 経済成長・経済発展
  • マクロ経済動学

研究分野

  • 人文・社会 / 理論経済学
  • 人文・社会 / 経済政策

論文

  • Yunfang Hu, Kazuo Mino

    This paper explores the relation between capital accumulation and transformation of industrial structure in a small open economy. Using a three-sector neoclassical growth model with non-homothetic preferences, we examine the dynamic behaviour of the small country in the alternative trade regimes. We show that capital accumulation plays a leading role in the process of structural transformation. It is also revealed that the trade pattern significantly affects structural change. We demonstrate that our model can mimic a typical pattern of change in industrial structure that has been observed in many developed economies.

    WILEY-BLACKWELL, 2014年12月, PACIFIC ECONOMIC REVIEW, 19 (5), 634 - 656, 英語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yunfang Hu, C. Kemp, Koji Shimomura

    We study a two-country endogenous growth model in which the long-run growth is propelled by the accumulation of physical and human capital. We show that in the integrated world economy, there exists a unique and locally saddlepoint stable balanced growth equilibrium. We also show that the incorporation of adjustment costs in the process of human capital accumulation leads to a lower long-run growth rate. We then show that, in the 2-country world economy with international trade, balanced growth is possible. Finally, we present a dynamic Heckscher-Ohlin theorem concerning the pattern of international trade.

    SPRINGER, 2009年10月, Economic Theory, 41 (1), 67 - 84, 英語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yunfang Hu, Laixun Zhao

    This chapter models productive labor standards (LS) in a two-stage, two-period model of international oligopoly, where a home government chooses subsidies on LS and output first, and oligopolistic firms determine productions of LS and output later. We show that the optimal LS maintained is higher in a dynamic setup (i.e., across periods) than in a static setup (or when firms behave myopically). Thus, even in poor countries, it benefits to maintain a certain level of LS. A minimum international LS directly affecting only the less efficient firm may lower the profits of the rival firm also. With inter-temporal LS carryovers, first-period optimal subsidies are more efficient on LS than on output. If the home government cares about LS (or human rights) in the foreign country, then it is better not to provide home subsidies, because such subsidies reduce foreign LS. © 2009 Springer Berlin Heidelberg.

    Springer Berlin Heidelberg, 2009年, International Trade and Economic Dynamics: Essays in Memory of Koji Shimomura, pp.217-237, 217 - 237, 英語

    [査読有り]

    論文集(書籍)内論文

  • Yunfang Hu, Ryoji Ohdoi, Koji Shimomura

    We construct a two-sector endogenous growth model in which productive government spending is essential for sustaining an economy's long-run growth. It is shown that, like the original one-sector [Barro, R.J., 1990. Government spending in a simple model of endogenous growth. Journal of Political Economy 98, 103-125] model, the balanced growth path (BGP) equilibrium is unique under some conditions. Unlike Barro (1990), however, our two-sector framework exhibits transitional dynamics. In fact, when the intertemporal elasticity of substitution for consumption is large, around the BGP equilibrium, there is a continuum of equilibrium paths whose growth rates commonly converge to a balanced growth rate. That is, the BGP equilibrium is indeterminate. (c) 2007 Elsevier Inc. All rights reserved.

    LOUISIANA STATE UNIV PR, 2008年09月, JOURNAL OF MACROECONOMICS, 30 (3), 1104 - 1123, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 内生的成長モデルにおける家計の市場労働供給に関する考察

    胡 雲芳

    2008年, 国民経済雑誌, 198 (5)

  • Yunfang Hu

    In this paper, we construct a three-sector endogenous growth model in which long-run growth is propelled by human capital accumulation. We show that although the addition of a home sector to the standard two-sector endogenous growth model preserves the well-behaved balanced growth equilibrium properties, it generates new transitional dynamics around the balanced growth path. It is shown that, when there is a positive shock to physical capital, our model is more likely to exhibit paradoxical growth than are standard multisector endogenous growth models that exclude home production. Our analysis adds new results to those from the related literature on leisure. © Journal compilation © 2008 Japanese Economic Association.

    WILEY-BLACKWELL, 2008年, Japanese Economic Review, 59 (3), 292 - 311, 英語, 国際誌, 国際共著していない

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yunfang Hu, Kazuo Nishimura, Koji Shimomura

    Based on the Jones (1971) model, we construct two dynamic models of international trade in which the rate of time preference is either constant or time-varying. The main purpose is to study whether and under what conditions the results derived in the Jones model still hold in the dynamic framework. It is shown that the results of dynamic models may be similar or different to those obtained in the static model. For example, it is possible that, in both static and dynamic models, an increase in the commodity price raises this commodity's output and the return to the specific factor in this sector. However, the effects on the wage rate may be different due to the factor accumulation impact in the dynamic framework.

    EMERALD GROUP PUBLISHING LTD, 2008年, CONTEMPORARY AND EMERGING ISSUES IN TRADE THEORY AND POLICY, 4, 191 - 207, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • HU Yunfang, SHIMOMURA Koji

    This paper examines a two-country dynamic general equilibrium model with status-seeking agents. We show that the introduction of status-seeking behavior brings about new properties in equilibrium dynamics. While there exists a continuum of steady states in the standard dynamic models, the present framework demonstrates that, under some conditions, there uniquely exists an incompletely specialized steady state, which is locally saddle-point stable. Therefore, catching-up and overtaking phenomena seen in economic development can be explained, and comparative statics analysis also is made possible. Our comparative statics analysis illustrates, for example, that trade pattern is determined in the Heckscher-Ohlin manner; the patient country acts just like a capital abundant one to export the capital-intensive good. Furthermore, as distinct from the existing literature, the present study shows that the existence of an incompletely specialized steady state can be ensured even if the two countries conduct different policies.

    BLACKWELL PUBLISHING, 2007年05月, Review of Development Economics, 11 (2), 258 - 274, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 貿易利益理論の展開 (勁草書房)

    菊池徹, 胡雲芳

    2007年, グローバリゼーションの国際経済学

  • Status-Seeking, Catching-Up and Policy Effect Analysis in a Dynamic Heckscher-Ohlin Mdoel

    Yunfang Hu, Koji Shimomura

    2007年, Review of Development of Economics

    [査読有り]

  • YF Hu, MC Kemp, K Shimomura

    The Frankel, Romer and Lucas theories of endogenous growth rest on the assumptions of knowledge-based externalities and price-taking representative agents. It is argued that, in a context of long-run growth, these assumptions are mutually incompatible, that representative agents will cooperate to internalize the externalities and will cease to be price takers, and that, therefore, the relevance of theories based on those assumptions must be questioned.

    BLACKWELL PUBLISHING, 2006年02月, REVIEW OF DEVELOPMENT ECONOMICS, 10 (1), 113 - 115, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Dynamic Three-Sector Models of International Trade

    Yunfang Hu, Kazuo Nishimura, Koji Shimomura

    2006年, Asia-Pacific Journal of Accounting and Economics, Vol. 13, pp 73-85, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Schooling, Working Experiences, and Human Capital Formation

    HU Yunfang, MINO Kazuo

    2005年12月, Economics Bulletin, Vol. 15, No. 3, pp. 1-8., 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • YF Hu, MC Kemp, K Shimomura

    This paper presents a dynamic general equilibrium model of multi-country, two-good and two-factor, in which both long-run growth and international trade patterns are examined. In each country, government expenditure on a public intermediate good plays a crucial role in the realization of persistent growth. It is shown that the long-run pattern of international trade is determined in a Heckscher-Ohlin manner.

    BLACKWELL PUBLISHING, 2005年11月, REVIEW OF DEVELOPMENT ECONOMICS, 9 (4), 467 - 481, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 内生的成長と国際貿易

    胡 云芳, 下村 耕嗣

    2004年05月, 国民経済雑誌, 第189巻第5号,33-45頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 市場開放,産業政策及び東アジア地域における経済発展についての再考

    胡 雲芳

    2021年, 国民経済雑誌, 223 (1)

  • Yunfang Hu, Takuma Kunieda, Kazuo Nishimura, Ping Wang

    National Bureau of Economic Research, 2020年05月, NBER WORKING PAPER, (27278)

  • Been-Lon Chen, Yunfang Hu, Kazuo Mino

    Elsevier BV, 2020年, Journal of Macroeconomics, 65, 103236 - 103236

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Capital Allocation and Wealth Distribution in the Global Economy with Financial Frictions

    Been-Lon Chen, Yunfang Hu, Kazuo Mino

    2020年, KIER Discussion Paper, (1045)

  • 貿易自由化、教育の選択と所得格差

    浅海達也, 胡 雲芳

    2018年, 国民経済雑誌, 218 (6)

    研究論文(学術雑誌)

  • Trade Pattern and Growth Paths: Timing of Openness

    胡 雲芳

    2016年, 国民経済雑誌, 19 - 31

    研究論文(学術雑誌)

  • 胡云芳, 三野 和雄

    2013年, Journal of International Economics, 90, 214 - 224, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Financial Integration and Aggregate Stability

    Yunfang Hu, Kazuo Mino

    2011年, マクロ経済動学の非線形数理, 11 - 30, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Multiple Equilibria and Welfare Effects of Transfers in a Two-Country Dynamic General Equilibrium Model

    Yunfang Hu, Koji Shimomura

    2011年, International Journal of Development and Conflict, 1, 379 - 397, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Optimal Entry Restriction Program for a New Industry

    Yunfang Hu, Henry Jr. Wan

    2009年, 経済の数理解析, 112 - 128

    [査読有り]

MISC

  • 国際貿易論

    中西 訓嗣, 胡 云芳

    ミネルヴァ書房, 2016年03月, ハンドブック経済学, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(その他)

講演・口頭発表等

  • On the Stabilization Effect of Progressive Tax in a Small-Open Economy with Endogenous Growth

    胡 云芳

    日本国際経済学会第75回全国大会, 2016年10月, 英語, This paper studies stabilization effects of nonlinear income taxation in small open economies with endogenous growth. We show that in the standard setting where domestic households freely lend to or borrow from foreign households under an exogenously given world interest rate, progressive taxation gives rise to equilibrium indeterminacy, while regressive taxation establishes eq, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Progressive Tax and Equilibrium Indeterminacy in an Open Economy

    胡 云芳

    14th SAET Conference on Current Trends in Economics, 2014年08月, 英語, Waseda University, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(一般)

  • Analysis of Fiscal Shocks in a Small-Open Economy with Home Production

    胡 云芳

    Far Eastern Meeting of Econometric Society, 2007年07月, 英語, 台湾, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(一般)

  • A Multi-Country Dynamic Heckscher-Ohlin Model with Physical and Human Capital

    胡 云芳

    Conference on New Directions in International Trade Theory, 2007年06月, 英語, Nottingham, UK, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • (Comment)“An Endogenous Growth Model Approch to the Korea Economic Growth Factors”

    HU Yunfang

    An International Conference on Korea and the World Economy, 2005年12月, 英語, RCIE, AKES, and KDI, University of Washington, Seattle, USA, 国際会議

    その他

  • Dynamic Labor Standards under International Oligopoly

    HU Yunfang

    Kobe COE One-Day Workshop on International Trade, 2005年10月, 英語, 神戸大学21世紀COEプログラム, 神戸大学経済経営研究所, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Status-Seeking, Catching-Up and Policy Effect Analysis in a Dynamic Heckscher-Ohlin Model

    胡 云芳

    日本経済学会秋季大会, 2005年09月, 日本語, 日本経済学会秋季大会, 中央大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Dynamic Labor Standards under International Oligopoly

    HU Yunfang

    Kobe COE Advanced Economic Study Series, 2005年07月, 英語, 神戸大学21世紀COEプログラム, 神戸大学経済経営研究所, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Fiscal Policy, Home Production and Growth Dynamics

    胡 云芳

    日本経済学会春季大会, 2005年06月, 日本語, 日本経済学会, 京都産業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Status-Seeking, Catching-Up and Policy Effect Analysis in a Dynamic Heckscher-Ohlin Model

    HU Yunfang

    Kobe COE Advanced Economic Study Series, 2005年05月, 英語, 神戸大学21世紀COEプログラム, 神戸大学経済経営研究所, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Status-Seeking, Catching-Up and Policy Effect Analysis in a Dynamic Heckscher-Ohlin Model

    HU Yunfang

    The Spring Midwest International Economics and Economic Theory Meetings, 2005年04月, 英語, The Spring Midwest International Economics and Economic Theory Meetings, Vanderbilt University, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Indeterminacy in a Two-Sector Endogenous Growth Model with Productive Government Spending

    HU Yunfang

    小樽商科大学経済研究会, 2005年01月, 日本語, 小樽商科大学商学部経済学科, 小樽商科大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Indeterminacy in a Two-Sector Endogenous Growth Model with Productive Government

    胡 云芳

    73rd Annual Conference of the Southern Economic Association, 2003年11月, 英語, San Antonio, TX, USA, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(一般)

  • Capital Allocation and Wealth Distribution in a Global Economy with Financial Frictions and Firm Heterogeneity

    胡 雲芳

    日本国際経済学会第10回春季大会, 2021年06月05日

    口頭発表(一般)

所属学協会

  • IEFS Japan

    2002年 - 現在
  • 日本国際経済学会

    2002年 - 現在
  • 日本経済学会

    2002年 - 現在

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 中西 訓嗣

    科学研究費補助金/基盤研究(A), 2016年04月 - 2021年03月, 研究分担者

    競争的資金

  • 胡 云芳

    学術研究助成基金助成金/基盤研究(C), 2013年04月 - 2016年03月, 研究代表者

    競争的資金

  • 中西 訓嗣

    科学研究費補助金/基盤研究(A), 2010年04月 - 2015年03月

    競争的資金

  • 下村 和雄

    科学研究費補助金/基盤研究(A), 2006年

    競争的資金

  • 趙 来勲

    科学研究費補助金/萌芽研究, 2005年

    競争的資金

  • 胡 云芳, 三野 和雄, 大土井 涼二

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 神戸大学, 2017年04月 - 2022年03月, 研究代表者

    本研究は1国または複数の国での経済成長・経済発展、マクロ経済政策の動学効果、金融市場の発展度合い及び部門間の資源配分、産業構造変化に関する諸問題を分析することを目的とする。 国際間の経済成長・発展格差の要因分析。知識・人的資本の蓄積につれて、高い技能が必要とする新しい技術がつぎつぎと採用することは1国経済の持続的な発展・成長に重要であることを示した。知識の蓄積不足、もしくは新技術の採用に障壁があった場合、経済の成長が止まり、発展の罠に落ちる可能性がある。人的資本の形成、物的資本の投資及び生産性の働きを考察し、経済成長・発展および生活レベルの格差の要因究明に理論およびデータ分析を行った。
    金融市場の発展度合いと実体経済の構造変化。financial frictionsのある2国経済において定常均衡の性質を分析し、金融市場の市場発展の成熟度合い、生産性または政策に関連するパラメータに変化があった場合の短期及び長期の調整を考察できる。また国際間の資本移動なしのリカードモデルのフレームワークでは一国で発生する信用危機は外国における景気の低減につながることを示した。
    マクロ経済政策の安定性効果および所得分配等。財政政策の経済安定性効果を開放経済で検討することで、所得税と金融資産の利子所得税とは異なる安定性効果が持つことを示した。また、熟練労働者と非熟練労働者の比率の決定要因を検討し1国経済の産業構造の形成および所得分配に与える影響を見ることができる。

  • 胡 云芳, 三野 和雄

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 東北大学, 2010年 - 2012年, 研究代表者

    経済活動の中で、直接市場を経ない部分は予想以上に大きい。マクロ経済の部門間資源配分、財政政策の効果を検討する際に、家庭内生産活動に与える影響は無視できない。本研究は、非市場部門を含んだ経済成長モデルを構築し、財政政策の長期及び短期的効果を分析した。市場・非市場財間の代替関係はモデル経済の動学に影響を与えるため、家庭内生産部門の導入が財政政策に従来と異なる効果をもたらすことを示した。

  • 個人の効用関数の異質性を考慮した不平等分析

    中元 康裕, 三野 和雄, 胡 云芳

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 関西大学, 2019年04月 - 2022年03月

    効用関数の異質性を考慮する主要な研究を展望し、以下の重要な点に関して既存研究では十分な分析がなされていないことを確認した。(1)非相似型の選好に着目した不平等研究はごく少数である。(2)相似型・非相似型に限定せず、一般的な効用関数を用いた多数の個人が存在する閉鎖経済のラムゼイモデルを用いた不平等分析はごく少数である。(3)経済不平等問題の多くは閉鎖経済に限定されており、国際貿易が経済不平等に与える影響、もしくは、経済不平等が国際貿易構造に果たす役割の研究はごく少数である。 本年度の研究実績は以下のとおりである。(1)については、モデル構築をし均衡の証明をした。現在は、不平等分析を実施している。(2)については、経済均衡が存在することを解析的に証明し、その上で、数値分析を行っている。(3)に関連する国際貿易の研究として、当初の予定にはなかったが既存研究を精査する中で、"The Pareto distribution, asymetric shape parameters, and equilibrium in an asymmetric Melitz model"を執筆した。本論文では、企業の生産性の異質性に着目した2国の国際貿易モデルにおいて、既存研究においては企業の生産性分布が2国で異なる場合、①外国販売のみを実施し自国販売をしないPure exportersが存在する②複数均衡が存在する③経済厚生が改善しないという、①から③の可能性を示唆したが、分布関数を特定化していないため、条件が曖昧なものであった。そこで、分布関数を特定化し、①から③の検証を行った。その結果、生産性分布が国家間で異なっていたとしても、分布関数をパレート型に限定した場合、①から③の可能性がないことを解析的に証明し、既存のメリッツモデルと同じ結論に帰着することを示した。

  • International Conference on International Trade, Financial Integration and Economic Growth

    胡 云芳

    公益財団法人村田学術振興財団, 研究会(学会)助成, 神戸大学, 2015年11月 - 2015年11月, 研究代表者

  • 経済成長と国際貿易

    胡 雲芳

    学術振興野村基金, 国際交流・研究者海外派遣, 2005年 - 2005年, 研究代表者

社会貢献活動

  • 国際経済学講座:貿易摩擦の拡大と日本の貿易政策ー世界市場で生き残る日本企業とは

    芦屋市立公民館

    講師, 2018年07月28日 - 2018年09月29日