研究者紹介システム

長尾 毅
ナガオ タカシ
都市安全研究センター
教授
土木・建築工学関係
Last Updated :2022/06/23

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    都市安全研究センター
  • 【配置】

    工学部 市民工学科, 大学院工学研究科 市民工学専攻

学位

  • 博士(工学), 京都大学

授業科目

ジャンル

  • 科学・技術 / 工学
  • 防災・くらし / 火山・地震

コメントテーマ

  • 地震工学
  • 設計工学
  • 耐震性評価
  • 地震動の評価

研究活動

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 構造工学、地震工学

論文

  • Christino Boyke, Afif Navir Refani, Takashi Nagao

    In Indonesia, infrastructure, such as port facilities, has been damaged by earthquakes. Therefore, evaluating rational earthquake ground motions (EGMs) for seismic design is necessary to mitigate earthquake disasters in the future. The EGMs in the Indonesian Seismic Code are stipulated based on the ASCE standards and not on site-specific ones. This study aims to propose site-specific EGMs for the seismic design of port facilities in Indonesia. The EGM records and ground data in Indonesia were used for analysis. The EGM incidents in the bedrock were evaluated with deconvolution analysis. The obtained EGMs were amplitude-adjusted to peak ground acceleration similar to that of the EGMs in the bedrock in the Indonesian Seismic Code. A seismic response analysis considering nonlinear soil characteristics was conducted, and 144 EGMs at port sites were obtained. Considering the variation in the obtained EGMs, we propose site-specific EGMs for the seismic design of port facilities. A comparison of the proposed EGMs with those in the design code reveals that the difference between them is significant.

    {MDPI} {AG}, 2022年02月14日, Applied Sciences, 12 (4), 1963 - 1963, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Variation Evaluation of Path Characteristic and Site Amplification Factor of Earthquake Ground Motion at Four Sites in Central Japan

    Takashi Nagao

    The considered parameters in seismic design vary, with the Earthquake Ground Motion (EGM) having the largest variation. Since source characteristic, path characteristic, and Site Amplification Factor (SAF) influence the EGM, it is crucial to appropriately consider their variations. Source characteristic variations are mainly considered in a seismic hazard analysis, which is commonly used to evaluate variations in EGM. However, it is also important to evaluate variations in path characteristic and SAF with only a few studies having individually and quantitatively examined the variations of these two characteristics. In this study, based on strong-motion observation records obtained from four sites in central Japan, the three characteristics were extracted from seismograms using the concept of spectral inversion. After removing the source characteristic, the path characteristic and SAF were separated, and the variations in these two characteristics were quantified. To separate and obtain each characteristic from the observed record, one constraint condition must be imposed, whereas the variations in the constraint condition must be ignored. In that case, the variations in the constraint condition are included in the variations of the separated characteristics. In this study, this problem was solved by evaluating the variation in the constraint condition, which is the SAF at a hard rock site, by the use of the vertical array observation record at the site.

    EOS ASSOC, 2021年10月, ENGINEERING TECHNOLOGY & APPLIED SCIENCE RESEARCH, 11 (5), 7658 - 7664, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Evaluation Methods of Vertical Subgrade Reaction Modulus and Rotational Resistance Moment for Seismic Design of Embedded Foundations

    Takashi Nagao, Ryota Tsutaba

    In a seismic design of embedded foundations, the vertical Subgrade Reaction (SR) acting on a foundation bottom surface and the Rotational Resistance Moment (RRM) generated by the SR are calculated using an SR Modulus (SRM). The SRM and RRM depend on both ground rigidity and Foundation Width (FW). However, the SRM and RRM calculation methods adopted in design codes might not properly consider their FW dependency. In this study, SRM and RRM evaluation methods for embedded foundations subjected to a seismic load were examined by conducting a two-dimensional finite element analysis under the condition where ground rigidity and FW were changed considering the nonlinearity of the ground. The results show that when the seismic load is large and the nonlinearity of the ground appears, the SR distribution is different from the assumption in the design code. The FW dependency of the SRM was lower than the assumption of the design code. Furthermore, methods to calculate the SRM and RRM in accordance with the FW and ground rigidity are proposed.

    EOS ASSOC, 2021年08月, ENGINEERING TECHNOLOGY & APPLIED SCIENCE RESEARCH, 11 (4), 7386 - 7392, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • T. Nagao

    Since an Earthquake Ground Motion (EGM) is amplified from the propagation through the ground, different models are required for each ground type in the seismic design of structures. While the shallow subsurface indicators are used for the classification of ground types, a deep subsurface has a significant impact on the amplification of the EGMs. This study discusses the maximum credible EGMs for seismic design reflecting seismic amplification due to deep subsurface. The design spectra, reflecting the site amplification factor of the target location, are presented by the calculation of the EGMs with the same source and path characteristics and different site amplification factors as recent major Japanese earthquake records have shown, from the perspective of establishing the maximum credible EGMs that may occur in the future at a target site. The present design spectra, which are based on the natural period of a shallow subsurface, are compared with those based on the site amplification factors, considering the effect of deep subsurfaces. Although there are almost no differences in the design spectra with the present design methods according to the surface ground type, the proposed method provides significantly different design spectra for each site amplification factor.

    Engineering, Technology & Applied Science Research, 2021年04月11日, Engineering, Technology & Applied Science Research, 11 (2), 6873 - 6881

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Effect of Foundation Width on Subgrade Reaction Modulus

    Takashi Nagao

    Structures are subjected to vertical and horizontal loads. Vertical subgrade reaction acts on the foundation bottom surface, and in the case of an embedded structure, horizontal subgrade reaction acts on the embedded part. The subgrade reaction is obtained by multiplying the displacement of the foundation by the Subgrade Reaction Modulus (SRM). In practice, SRM is calculated using an equation that incorporates the negative power relationship of the Foundation Width (FW). If the structure is evaluated to be poorly seismic resistant, it is necessary to widen FW. However, when the FW is widened, the design value of SRM decreases. In this case, it is not possible to expect an increase in the subgrade reaction proportional to the increase of FW. Therefore, when the inertia force is very high, the FW has to be very wide. However, underestimating SRM can lead to structural overdesign. In this study, the relationship between SRM and FW, for a structure in which vertical and horizontal load act simultaneously, was analyzed. Compared with the design practice assumptions, the horizontal SRM was found to be highly dependent on FW while the vertical SRM was shown to be less dependent on FW.

    EOS ASSOC, 2020年10月, ENGINEERING TECHNOLOGY & APPLIED SCIENCE RESEARCH, 10 (5), 6253 - 6258, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 宮下健一朗,長尾 毅

    Japan Society of Civil Engineers, 2020年09月, 土木学会論文集A1(地震工学論文集第39巻), 76 (4), I_596 - I_609

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Source- and Site-Specific Earthquake Ground Motions Application of a State-of-the-Art Evaluation Method

    Takashi Nagao, Yasuhiro Fukushima

    Seismic codes stipulate earthquake ground motions by considering the seismicity and seismic amplification properties of the ground at the target site. However, the effects of source, path, and site amplification characteristics are not sufficiently anticipated in seismic codes. Regarding the source and path characteristics, earthquakes that have the strongest influence on the target site should be considered specifically, and, concerning seismic amplification, the effects of not only a shallow subsurface but also a deep subsurface should be considered. This article takes the design spectra of Japanese highway bridges as an object and compares them with the spectra produced by a ground motion prediction equation and the source- and site-specific spectra evaluated using a state-of-the-art method. The results show that the spectra differ greatly. In this way, the necessity of the application of a state-of-the-art technique in the evaluation of source, path, and site amplification characteristics is demonstrated.

    EOS ASSOC, 2020年08月, ENGINEERING TECHNOLOGY & APPLIED SCIENCE RESEARCH, 10 (4), 5882 - 5888, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • State of Seismic Hazard Analysis: Reviewing the Needs after Mw 7.8 Gorkha, Nepal Earthquake

    T. N. Bhattarai, T. Nagao, T. N. Lohani

    2020年07月, Journal of Development Innovations, 4 (1), 48 - 63

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • An Experimental Study on the Way Bottom Widening of Pier Foundations Affects Seismic Resistance

    Takashi Nagao

    The resistance of a pier to horizontal loads, like seismic loads, is due to the flexural rigidity of its foundations and the horizontal subgrade reaction. In the event of a massive earthquake, the latter becomes very small because of the softening of the ground, while the structure may experience a large inertia force and lateral spreading pressure. Therefore, structures with high seismic resistance are required in areas with high seismicity. When a wide caisson is used as a pier foundation, a rotational resistance moment caused by the vertical subgrade reaction acting on the foundation bottom can be expected. Although this rotational resistance moment increases if the foundation is widened, in design practice the subgrade reaction coefficient is evaluated as being low under such circumstances. Therefore, even if the foundation is widened, the rotational resistance moment does not increase greatly. Rotational resistance commensurate with the increased construction cost due to foundation widening cannot be expected. In the present study, horizontal loading experiments were performed at one pier with a normal foundation and at one with widened at the bottom foundation, and the way that the widening affected the seismic performance was examined. The results show that compared with the normal foundation, the bottom-widened one experienced far less displacement and offered higher earthquake resistance.

    EOS ASSOC, 2020年06月, ENGINEERING TECHNOLOGY & APPLIED SCIENCE RESEARCH, 10 (3), 5713 - 5718, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Daisuke Shibata, Takashi Nagao

    International Information and Engineering Technology Association, 2020年04月30日, International Journal of Safety and Security Engineering, 10 (2), 209 - 218

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Seismic Amplification by Deep Subsurface and Proposal of a New Proxy

    Nagao, Takashi

    Codes of practice and ground motion prediction equations involve ground structure proxies to account for seismic amplification. Although the ground consists of both shallow and deep subsurface, proxies are mainly related to the shallow subsurface as it is shallow subsurface information that is mostly available. However, as deep subsurface seismic amplification is not negligible, it may not be appropriate to use shallow subsurface proxies. In this study, the relationship between shallow and deep subsurface seismic amplification factors is discussed on the basis of S-wave velocity profile data from Japanese KiK-net strong-motion observation system stations. The correlation between typical proxies such as the average S-wave velocity of the top 30m of the ground surface and the seismic amplification factor was examined. Although there was a negative correlation between the two, the degree of the correlation was weak. A new proxy showing stronger correlations with the seismic amplification factor is proposed and its effectiveness is demonstrated.

    EOS ASSOC, 2020年02月, ENGINEERING TECHNOLOGY & APPLIED SCIENCE RESEARCH, 10 (1), 5157 - 5163, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takashi Nagao, Panpan Lu

    © 2019 Elsevier Ltd Pile-supported wharves undergo lateral displacement as well as structural damage due to earthquakes. Therefore, residual displacement and structural safety assessment are necessary for earthquake-resistant design of pile-supported wharves. This study introduces a simplified reliability estimation method for pile-supported wharves, involving the residual displacement caused by earthquakes and the variation of earthquake ground motions. As the residual displacement of wharves is strongly affected by the deformation of subsoil caused by earthquakes, a soil-structure system finite element earthquake response analysis was performed. To reduce the computational load for the evaluation of a probability distribution of residual displacement, a first-order second-moment method estimating the probabilistic response of structures with a small number of trials was applied. Thefinite element analyses demonstrate that the summed squared Fourier amplitudes (SSFAs) of the input seismic motion for a cumulative probability frequency band better estimated the residual displacement. A simplified reliability estimation method utilizing three results of finite element analyses is proposed following the demonstration of its applicability.

    2020年02月, Soil Dynamics and Earthquake Engineering, 129

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Experimental Study of the Lateral Spreading Pressure Acting on a Pile Foundation During Earthquakes

    Takashi Nagao, Daisuke Shibata

    In the seismic design of pile foundations, the safety of the pile is assessed by considering the inertial force during an earthquake and subgrade reaction as external forces against the pile. The amount of deformation of the pile must be limited to a small value to maintain the safety of the pile. In the event of a large earthquake, quay walls and seawalls are subjected to lateral spreading because of the influence of biased seaward earth pressure. The amount of lateral spreading is considerably larger than what can be expected in a typical pile seismic design and may reach several meters. In this study, loading experiments that reproduced lateral spreading were conducted to evaluate the lateral spreading pressure acting on a pile when considerably large lateral spreading occurred. The experiment results showed that lateral spreading pressure depended on the ratio of pile spacing to pile diameter while the peak value of lateral spreading pressure was larger than the one assumed in practical design.

    EOS ASSOC, 2019年12月, ENGINEERING TECHNOLOGY & APPLIED SCIENCE RESEARCH, 9 (6), 5021 - 5028, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Variation of Earthquake Ground Motions with Focus on Site Amplification Factors

    Fukushima Yasuhiro, Nagao Takashi

    2019年08月, ENGINEERING TECHNOLOGY & APPLIED SCIENCE RESEARCH, 9 (4), 4355 - 4360

    [査読有り]

  • 福島 康宏, 長尾 毅

    地震動を決定する要素の一つであるサイト増幅特性のばらつきに着目した地震動のばらつきの評価を行った.対象地点での地震観測記録のフーリエスペクトルを,対象地点と同時記録が得られている近隣強震観測点(基準点)での地震観測記録のフーリエスペクトルで除した比を基準点における経験的サイト増幅特性に乗じることにより,対象地点のサイト増幅特性を多数の地震について評価し,そのばらつきを算定した.さらに,サイト増幅特性のばらつきを考慮した地震動を評価し,最大加速度,最大速度および速度のPSI値のばらつき検討し,これらとサイト増幅特性のばらつきの相関を議論した.

    公益社団法人 土木学会, 2019年, 土木学会論文集A1(構造・地震工学), 75 (4), I_763 - I_769, 日本語

    [査読有り]

  • A simple estimation method of the probability distribution of residual displacement and maximum bending moment for pile supported wharf by earthquake

    長尾 毅, LU Panpan

    © 2019 Taylor & Francis Group, London. It is necessary to conduct two-dimensional nonlinear earthquake response analysis many times in order to evaluate probabilistic characteristic of residual deformations and maximum bending moment of a pile supported wharf by earthquake. This paper aims at proposing a simple estimation method for those parameters of pile supported wharf. Variations of input earthquake ground motion were evaluated based on the variations of site amplification factors. It was shown that the probability distributions of residual deformations and maximum bending moment of a pile supported wharf can be evaluated with enough accuracy by using the result of three earthquake response analyses.

    2019年, IALCCE2018, 2763 - 2768, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 震源のモデル化の違いによるスラブ内地震の予測地震動の比較

    福島康宏, 長尾 毅, 尾茂淳平, 末冨岩雄

    土木学会, 2018年, 土木学会論文集A1(構造・地震工学), 74 (4), 1035 - 1044, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 控え直杭式矢板岸壁の簡易耐震性能照査法における控え杭のモデル化方法の改善

    宮下健一朗, 長尾 毅

    土木学会, 2018年, 土木学会論文集A1(構造・地震工学), 74 (4), 686 - 698, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • SHIBATA D, 長尾 毅

    © 2018 WIT Press. An open-type wharf with a pneumatic caisson foundation has strong earthquake resistance because of its high rigidity. Construction of wharves with stronger seismic resistance and a larger planned depth is indispensable to accommodate ever-increasing larger vessels. Considering this trend and strong earthquake resistance, open-type wharves with a pneumatic caisson foundation will be widely applied in the future. Consequently, it is necessary to establish a practical design method of the wharf. Existing practical earthquake resistant design methods for an open-type wharf with a steel pipe pile foundation follow the below-mentioned procedure: (i) To calculate acceleration response spectra at the position of 1/β below the virtual ground surface by means of a one-dimensional earthquake response analysis of the ground. Here, the virtual ground surface means a 1/2 gradient face in between the slope and the seabed. β is a pile characteristic value; (ii) To calculate response acceleration corresponding to the natural period of the wharf. Here, the damping constant is 20%; (iii) To divide the response acceleration by gravity acceleration to obtain seismic coefficients; and (iv) To calculate inertial force using the seismic coefficients and verify the stability of the structure. To follow the design procedure described above may be appropriate. However, the difference in the rigidity of foundation between the two structural types should be considered. The authors conducted two-dimensional finite element earthquake response analyses, modelling both open-type wharves with pneumatic caissons and soil layers, and discussed their earthquake responses. As a result of this study, the earthquake response of the wharf with pneumatic caissons is different from that on a steel pipe pile foundation. The optimum evaluation positions of acceleration response spectra have proved to be foundation bottom levels, and the optimum damping constant for the evaluation of response acceleration to range from 5–20%.

    2018年, SUSI2018, 180, 209 - 225, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • A simple estimation method of the probability distribution of residual deformation of quay walls considering variation of earthquake ground motion

    HIRAI T, 長尾 毅

    © 2017 Taylor & Francis Group, London. It is necessary to conduct two-dimensional nonlinear earthquake response analysis many times in order to evaluate probabilistic characteristic of residual deformations of a gravity type quay wall. This paper aims at proposing a simple estimation method of effects of variation in earthquake ground motion on residual deformation of quay walls. Variations of input strong motions are considered as ones of site amplification factors and of site phase characteristics. As the result, the distribution of residual deformation of a quay wall is simply estimated with residual deformations by 3 earthquake response analyses.

    2017年, 16WCEE, 485 - 491, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 小田 隼也, 長尾 毅

    耐震強化桟橋のレベル2地震動に対する設計では2次元地震応答解析を行う必要があるが,照査用断面はレベル1地震動の照査結果による断面を初期断面とするため,レベル2地震動に対する性能を満足する最終的な断面との間に乖離があり,最適断面が得られるまで2次元地震応答解析を繰り返す必要がある.本研究では,設計実務における計算負荷の低減を目的とし,2次元地震応答解析の結果を計算負荷の低い骨組解析で再現する方法について検討した.

    公益社団法人 土木学会, 2017年, 土木学会論文集B3(海洋開発), 73 (2), I_414 - I_419, 日本語

    [査読有り]

  • 長尾 毅, 末冨 岩雄, 福島 康宏, 今村 年成, 北原 武嗣

    性能設計の導入が各種基準類において謳われているものの,現実的には画一的な手法が採用されているのが現状と言わざるをえない.断面諸元を決定するプロセスを性能設計体系における設計事例として示す後編に先立ち、前編に相当する本稿では,現状の設計基準での入力地震動設定手法をレビューした上で,震源特性,伝播経路特性,サイト増幅特性を考慮した震源依存かつ地点依存の設計地震動の設定例を示し,基準類に位置付けられている地震動との対比を行い,現行の規定では過大になる場合もあることを示した.

    公益社団法人 土木学会, 2017年, 土木学会論文集A1(構造・地震工学), 73 (4), I_832 - I_840, 日本語

    [査読有り]

  • 長尾 毅, 箱田 貴大, 伊藤 佳洋, 山田 雅行, 西端 薫, 津田 章

    本研究では,建設後年数を経た岸壁の舗装直下に生じた空洞を常時微動を用いて検出する方法について検討した.観測対象は空洞の発生が確認されている堺泉北港であり,観測方法として単点観測とアレイ観測を用いた.アレイ観測のピッチは,観測・解析負荷を考慮すると,あまり短くすることは現実ではないと考えられることから,1.8m~5.4m程度とした.アレイ観測では位相速度から,単点観測ではH/Vスペクトルなどの健全部と空洞発生部の違いから空洞を検出できるかについて検討した.

    公益社団法人 土木学会, 2017年, 土木学会論文集B3(海洋開発), 73 (2), I_450 - I_455, 日本語

    [査読有り]

  • 陸 盼盼, 長尾 毅

    桟橋のレベル1地震動に対する耐震設計は信頼性設計法が用いられているが,標準的な設計法は地震動のばらつきを考慮した手法とはなっていない.本研究では,地震動のばらつきを考慮した桟橋の耐震信頼性を簡易に評価する手法について検討した.検討対象項目は残留変形量と最大曲げモーメントとし,地震動のばらつきを考慮した多数回の2次元地震応答解析によって得られるこれら指標の確率分布を,3ケースの代表的な地震動による地震応答解析によって評価する方法を示した.

    公益社団法人 土木学会, 2017年, 土木学会論文集B3(海洋開発), 73 (2), I_402 - I_407, 日本語

    [査読有り]

  • 福島 康宏, 後藤 浩之, 長尾 毅, 尾茂 淳平, 末冨 岩雄

    2016年熊本地震は,地震調査研究推進本部による長期評価が行われている活断層の活動により発生した地震であった.益城町に顕著な被害を生じさせた4月16日1時26分頃発生した地震の規模はMJMA 7.3であったが,震源断層に対応する布田川断層帯布田川区間の事前の評価ではMJMA 7.0と,実際に発生した地震のほうが大きな地震規模であった.
    本検討では,KiK-net益城サイトを対象として,観測された地震動と事前の活断層評価に基づき推定される地震動との比較を行った結果,加速度応答スペクトルで比較すると観測記録の大きさに近い地震動が推定されたが,住宅被害などにとって重要な周期1秒前後の周期帯では観測記録を下回る結果となった.

    公益社団法人 土木学会, 2017年, 土木学会論文集A1(構造・地震工学), 73 (4), I_551 - I_557, 日本語

    [査読有り]

  • 柴田 大介, 長尾 毅

    桟橋のレベル1地震動に対する耐震性能照査では照査用震度を算出する必要があるものの,ニューマチックケーソン式桟橋の照査用震度算出方法はいまだ確立されていない.本研究では,ニューマチックケーソン式桟橋を対象として,卓越周波数を変化させた複数の入力地震動を用いて二次元地震応答解析を実施した.検討の結果,ニューマチックケーソン式桟橋の照査用震度算出方法は鋼管杭を用いた桟橋の算出方法と異なることが明らかとなり,最適な応答加速度スペクトル算出位置は基礎杭下端位置,最大応答加速度を計算する際の最適な減衰定数は5%から20%の範囲であった.

    公益社団法人 土木学会, 2017年, 土木学会論文集A1(構造・地震工学), 73 (4), I_655 - I_671, 日本語

    [査読有り]

  • 長尾 毅, 福田 健, 伊藤 佳洋

    深層地盤構造による増幅特性は一般に一次元構造を仮定した増幅特性と比較して大きな振幅を示す.このため,解析的にサイト増幅特性を精度良く評価することは困難を伴うことが多く,強震記録の解析により評価される.一方で,耐震設計や地震防災の観点からはサイト増幅特性を任意の地点で簡易に評価することが求められる.本研究では,一次元の深層地盤構造を仮定した周波数伝達関数を補正することでサイト増幅特性を安全側に評価する方法について,中部・北陸・中国・四国地方を対象に,クリギング法等の適用を検討した.さらに,周波数伝達関数の精度が悪い場合の改善方法として,常時微動H/Vスペクトルを用いて精度向上を図る方法についても検討した.

    公益社団法人 土木学会, 2017年, 土木学会論文集A1(構造・地震工学), 73 (4), I_148 - I_160, 日本語

    [査読有り]

  • Taranidhi Lohani, 長尾 毅, 福島康弘

    © 2017 WIT Press. The 2016 Kumamoto Earthquake has caused vast building damages and human losses, although Japan is one of the world's well-prepared countries against earthquake disaster. The accelerometers set in Mashiki town area of Kumamoto prefecture rolled to the full scale measuring the seismic intensity as 7 in JMA scale of 7. In addition to such large shaking, there are opinions about the existence of three parallel fault lines beneath the town and the area lying on very soft volcanic soils regarding the vast damage of this particular area. In order to investigate the soil behaviour of this area, microtremor array studies were conducted starting from April 2016 to September 2016. Phase velocity obtained by spatial autocorrelation method was cross-checked with the borehole data available and was also found to be correlating well. Besides, the shear wave velocity distribution in the field was also consistent with the extent of damage observed after the earthquake.

    2017年, Int. J. of Safety and Security Eng., 7 (4), 577 - 584, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Evaluation of the Damage Level of Open-Type Wharf by Earthquake Focusing on the Natural Frequency

    長尾 毅, ODA TOSHIYA

    2017年, ICOSSAR2017, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 長尾 毅, LOHANI Tara Nidhi, 福島 康宏, 伊藤 佳洋, 北後 明彦, 尾茂 淳平

    2016年熊本地震は各地に大きな被害をもたらしたが,特に熊本県益城町においては甚大な住宅被害が生じた.現地における特に甚大な住宅被害は県道28号と秋津川の間に挟まれたエリアに局在しており,局所的な地盤条件によって住宅被害の甚大なスポットが生じたことが示唆された.本研究では,住宅被害の激しかったエリアを中心に常時微動観測を実施し,地盤条件と住宅被害の相関について考察した.常時微動観測は単点観測とアレイ観測を併用するとともに,本震直後と3ヶ月以上経過後の条件の結果を比較することで地盤非線形の影響を検討した.さらに常時微動観測時に得られた余震記録から,サイト増幅特性の推定を試みた.

    公益社団法人 土木学会, 2017年, 土木学会論文集A1(構造・地震工学), 73 (4), I_294 - I_309, 日本語

    [査読有り]

  • 長尾 毅, 香川 耀平, 山田 雅行, 伊藤 佳洋

    京都盆地を対象に深層地盤構造による地震動の増幅特性を有限差分法を用いて評価した.有限差分法のみを用いた解析結果は,堆積層が薄い一部の強震観測点を除き経験的増幅特性を十分に評価できなかったため,近傍地点の経験的増幅特性と有限差分法による解析結果を組み合わせて精度の良い増幅特性の評価を試みた.さらに,広範囲の周波数帯における増幅特性を評価するため,対象領域の異なる2種類の3次元有限差分法の結果を組み合わせた検討を行った.

    公益社団法人 土木学会, 2016年, 土木学会論文集A1(構造・地震工学)/Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. A1 (Structural Engineering & Earthquake Engineering (SE, 72 (4), I_317 - I_330, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 長尾 毅, 伊藤 佳洋, 山田 雅行, 森田 真弘

    琉球弧の中央部に位置する沖縄島の地層構成は,琉球層群,島尻層群が堆積している.琉球層群のうち琉球石灰岩層は,標準貫入試験により得られるN値のばらつきが大きいことが特徴である.このためS波速度は非常に範囲の広い値が報告されている.これは固結の程度のばらつきによると考えられるが,標準貫入試験やPS検層の実施においてはボアホールを形成する段階で基本的に地盤の固結構造を破壊するため,非破壊状態の地盤剛性が必ずしも適切に得られているとはいえない可能性がある.本研究では,非破壊状態での那覇港周辺の地盤のS波速度構造を評価するため,常時微動アレイ観測を行って空間自己相関法により表層から地震基盤に至るS波速度構造を推定した.

    公益社団法人 土木学会, 2016年, 土木学会論文集B3(海洋開発), 72 (2), I_479 - I_484, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 寺島 彰人, 長尾 毅, 大澤 史崇

    現行の港湾基準では,桟橋のレベル1地震動に対する設計は震度法で実施し,耐震強化施設等では動的相互作用を考慮した非線形有効応力解析によりレベル2地震動に対する照査を行うこととなっている.レベル2地震動のような大規模地震時には上部工に作用する慣性力だけではなく地盤変形等の影響が卓越し,杭の地中部で大きな断面力が発生するが,通常の簡易な骨組解析ではこの現象を再現できないと考えられる.本研究は,桟橋構造の簡易な設計手法の確立に向けた基礎的な検討として,周波数特性がフラットなホワイトノイズ波を基盤入力波形とした二次元動的有効応力解析(FLIP)を実施し,この解析による桟橋の鋼管杭に発生する曲げモーメントの分布及び値に着目して,弾塑性骨組計算による再現計算を試みたものである.

    公益社団法人 土木学会, 2016年, 土木学会論文集B3(海洋開発), 72 (2), I_473 - I_478, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 長尾 毅, 加納 嵩士, 伊藤 佳洋, 山田 雅行

    深層地盤構造による増幅特性は一般に一次元構造を仮定した増幅特性と比較して大きな振幅を示す.このため,解析的にサイト増幅特性を精度良く評価することは困難を伴うことが多く,強震記録の解析により評価される.一方で,耐震設計や地震防災の観点からはサイト増幅特性を任意の地点で簡易に評価することが求められる.本研究では,一次元の深層地盤構造を仮定した周波数伝達関数を補正することでサイト増幅特性を安全側に評価する方法を検討した.近畿地方を対象に適用法を示し,平成25年の淡路島付近の地震を対象に各種の増幅特性を用いて震度の再現解析を実施し,安全側に震度を評価できることを示した.

    公益社団法人 土木学会, 2016年, 土木学会論文集A1(構造・地震工学)/Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. A1 (Structural Engineering & Earthquake Engineering (SE, 72 (4), I_188 - I_198, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 山田 雅行, 伊藤 佳洋, 長尾 毅, 野津 厚, 長坂 陽介, 大岩根 尚

    比較的小さな盆地構造(カルデラ)を有する薩摩硫黄島において,臨時地震観測によってサイト増幅特性の算定を行い,一方で,常時微動観測(単点H/Vおよびアレイ観測)を行い,地盤モデルの推定を行った.硫黄島港および薩摩硫黄島飛行場において算定したサイト増幅特性と,常時微動に基づく地盤モデルに対して一次元重複反射を用いて算定した伝達関数の比較を行った.港湾および飛行場の伝達関数は,0.2~0.3Hz付近にピークは見られるものの,それほど明瞭なピークは見られず,サイト増幅特性には盆地構造による3次元的な効果や,地震波の入射方向の効果が含まれているものと考えられる.また,港湾と飛行場のサイト増幅特性の0.2~0.3Hz付近の共通の特徴から,両地点は深い構造を共有していると推察され,実際のカルデラ構造が従来の解釈より複雑である可能性が示唆された.

    公益社団法人 土木学会, 2016年, 土木学会論文集A1(構造・地震工学)/Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. A1 (Structural Engineering & Earthquake Engineering (SE, 72 (4), I_691 - I_699, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 出口 拓磨, 長尾 毅, 山田 雅行, 伊藤 佳洋

    高密度に強震観測ネットワークが構築されている御前崎半島周辺地域を対象に,任意の地点においてサイト増幅特性を評価する方法を検討した.深層地盤構造をモデル化した3次元有限差分法を用いた複数の地点の振動特性の比と経験的サイト増幅特性を用いて低周波側の増幅特性を評価し,高周波側についてはエリア内をゾーン区分したうえで経験的増幅特性の平均倍率によって増幅特性を評価するものである.また強震動シミュレーションを行って本研究の手法によって得られたサイト増幅特性の適用性について検討した.

    公益社団法人 土木学会, 2016年, 土木学会論文集A1(構造・地震工学)/Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. A1 (Structural Engineering & Earthquake Engineering (SE, 72 (4), I_199 - I_212, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 長尾 毅, 福田 健, 伊藤 佳洋, 山田 雅行

    港湾構造物の設計地震動は,震源特性,伝播経路特性,サイト増幅特性を考慮して設定されている.このうちサイト増幅特性は,強震記録の解析により評価する方法が推奨されているが,強震記録が得られていない地点については,常時微動観測により評価する方法が提案されている.更に,より簡易な方法として,地震基盤に至る地盤構造をもとにした周波数伝達関数を補正することでサイト増幅特性を評価する方法も近畿地方を対象に提案されている.本研究ではこの方法を九州地方の港湾にも適用するとともに,クリギング法を適用した補正方法について検討し,両者の精度について相互比較を行った.

    公益社団法人 土木学会, 2016年, 土木学会論文集B3(海洋開発), 72 (2), I_485 - I_490, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 伊藤 佳洋, 長尾 毅, 山田 雅行, 森田 真弘

    建設後年数を経た臨海部護岸や岸壁においては,裏埋土の流出等が生じた結果,護岸直背後の舗装直下に空洞が生じる場合がある.このような空洞を非破壊で検出する方法として,常時微動の活用が考えられる.これまで,60cm程度の短いピッチで機器を配置する常時微動アレイ観測により空洞を検出できるという報告はあるが,一般に数百mの延長を持つ岸壁を60cm程度のアレイ展開で観測するには多くの労力を要することは否めない.そこで,本研究では,数百mの延長を持つ岸壁を対象として,岸壁背後の埋め立て地盤までを広範囲に調査することを目的として,空洞を単点常時微動観測により検出する手法の適用性について検討を行った.

    公益社団法人 土木学会, 2016年, 土木学会論文集B3(海洋開発), 72 (2), I_760 - I_765, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Evaluation method of the life-cycle cost of quay walls in view of earthquake resistance

    長尾 毅, SONE A, NISHIMURA S

    2016年, 16WCEE, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • An efficient detection method of the peak frequency of microtremor HV spectral ratio using a low-pass filter

    山田 雅行, YAGi S, 長尾 毅, 野津 厚, 伊藤 佳洋

    2016年, 16WCEE, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 長尾 毅, 小松 歩実, 小田 隼也

    桟橋は背後の土留めからの荷重伝達が行われない構造とすることが一般的である.これは桟橋上部工と背後地盤を独立にすることで,桟橋上部工に背後地盤の土圧が伝達されなくなるため,耐震性能上有利となると考えられてきたためである.しかしながら,地盤-構造物の一体解析によって桟橋の地震応答解析を行うと,杭頭ではなく地中部で杭が塑性化する結果となることが多いほか,桟橋上部工と土留めを結合した方が独立とした条件よりも杭に生じる断面力が小さくなるケースがあることが既往の研究でも指摘されている.以上の背景のもと,本研究では,土留めとの境界条件が桟橋の耐震性能に及ぼす影響について検討した.

    公益社団法人 土木学会, 2015年, 土木学会論文集B3(海洋開発), 71 (2), I_155 - I_160, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 山田 雅行, 伊藤 佳洋, 野津 厚, 長尾 毅

    「港湾の施設の技術上の基準・同解説」に震源モデルの設定方法が示されていない,沈み込んだ海洋プレートの内部で発生するプレート内地震(スラブ内地震)のうち,首都圏直下のM<sub>w</sub>7.3プレート内地震と安芸灘プレート内地震について,震源のモデル化手法を提案した.震源のモデル化は,(1)想定地震の地震モーメントの設定,(2)アスペリティ総面積の算定,(3)短周期レベルの算定,(4)技術基準に基づいてその他のパラメータの算定,(5)疑似点震源モデルを適用,(6)震源位置は対象施設直下に設定,(7)断層上端深さを海洋プレート上面深度に設定,(8)歴史地震の震度や内閣府による予測震度との整合性を確認,の手順で行うことを提案した.この手順をM<sub>w</sub>7.3プレート内地震と安芸灘プレート内地震に適用し,妥当性の確認を行った./&nbsp

    公益社団法人 土木学会, 2015年, 土木学会論文集B3(海洋開発), 71 (2), I_718 - I_723, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 長尾 毅, 小田 隼也, 小松 歩実

    大震災発生後には緊急支援物資の輸送が必要であるが,沿岸域の係留施設も被災している可能性が高い.兵庫県南部地震発生時,神戸港で旅客輸送に使われていたT桟橋は,解体撤去後の調査で地中部などで杭の座屈が生じていたことが分かった.仮に大規模な余震が生じていれば大災害が生じていた可能性があったといえる.桟橋の杭の被災後の健全性評価は綿密な現地調査を行う必要がある.ただし,桟橋は被災により固有周期が長くなると想定されるが,既往の研究により,常時微動により桟橋の固有周期を推定することが可能と報告されている.以上の背景のもと,本研究では,大震災発生時の桟橋の固有周期の変化度から桟橋の被災程度を推定する方法について検討した.

    公益社団法人 土木学会, 2015年, 土木学会論文集B3(海洋開発), 71 (2), I_161 - I_166, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 塩崎 禎郎, 長尾 毅, 小堤 治, 宮下 健一朗

    二次元有効応力解析による直杭式横桟橋の被災事例の再現計算において,1)鋼管杭が横切る地盤のせん断強度を適切に表現できるモデルを用いる,2)鋼管杭の降伏強度は実強度を用いることで,桟橋の残留水平変位と,鋼管杭の局部座屈位置を概ね再現することができた.しかし,鋼管杭は簡易なバイリニア型の非線形梁要素でモデル化し,比較的粗いメッシュであったため,詳細な座屈発生位置や,残存耐力まで評価することは困難であった.一方,地震後の桟橋使用の可否の判断には,残存耐力の適切な評価が重要である.そこで,本論文では,シェル要素を用いた三次元FEM解析で局部座屈を考慮した鋼管杭の<i>M</i>-φ関係を求め,二次元有効応力解析の梁要素に導入する方法を提案した.その結果,座屈発生位置や残存耐力評価の精度を高められることを確認した.

    公益社団法人 土木学会, 2015年, 土木学会論文集A1(構造・地震工学)/Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. A1 (Structural Engineering & Earthquake Engineering (SE, 71 (4), I_537 - I_546, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 伊藤 佳洋, 山田 雅行, 岡部 登, 野津 厚, 長尾 毅, 高橋 宏彰, 水谷 亮祐

    海溝型巨大地震による強震動の波形,スペクトルなどを高精度で再現できる震源モデルとして野津らによりSPGAモデルが開発されている.このモデルで歴史地震の震度データを満足するように震源モデルの作成を行えば,歴史地震の再来を想定した被害予測などに適用することが可能となると考えられる.<br> そこで本研究では,1703年元禄関東地震の実際の震度分布と整合するようなSPGAモデルを作成することを試みた.SPGAの位置,パラメータを,実際の震度と計算結果の震度の相関を見ながら選定した結果,概ね震度分布と整合するSPGAモデルを設定することができた.

    公益社団法人 土木学会, 2015年, 土木学会論文集A1(構造・地震工学)/Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. A1 (Structural Engineering & Earthquake Engineering (SE, 71 (4), I_401 - I_407, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 防波堤の波浪及び津波に対する性能照査体系のあり方に関する一考察

    長尾 毅, 辻尾 大樹

    土木学会, 2014年, 土木学会論文集B2(海岸工学), 70 (2), 1016 - 1020, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 地震ハザードを考慮した岸壁の耐震性能水準最適化に関する研究

    長尾 毅, 曽根 照人, 西村 壮介

    土木学会, 2014年, 土木学会論文集A1(構造・地震工学), 70 (3), 418 - 434, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 桟橋の杭頭剛性と土留めとの境界条件が耐震性能に及ぼす影響に関する基礎的研究

    長尾 毅, 佐藤 俊

    土木学会, 2014年, 土木学会論文集B3(海洋開発), 70 (2), 816 - 821, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 鬼首地域における地震動増幅の要因分析

    山田雅行, 長尾 毅, 野津 厚

    土木学会, 2014年, 土木学会論文集A1(構造・地震工学), 70 (4), 33 - 43, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 深層地盤構造と常時微動の活用によるサイト増幅特性の評価に関する研究

    長尾 毅, 山田 雅行, 野津 厚

    土木学会, 2013年, 土木学会論文集A1(構造・地震工学), 69 (4), 252 - 259, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 汚濁防止膜の経過月数による強度劣化に関する実海域実験

    島田 伊浩, 新井 洋一, 長尾 毅, 三吉 正英, 山本 直文, 岡本 直, 石坂 修, 須藤 彰二

    土木学会, 2013年, 土木学会論文集B3(海洋開発), 69 (2), 203 - 208, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 汚濁防止膜カーテン強度の経時劣化評価法に関する研究

    長尾 毅, 島田 伊浩, 三吉 正英, 小坂 康之, 力竹 正広, 東 博之

    土木学会, 2013年, 土木学会論文集B3(海洋開発), 69 (2), 197 - 202, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ライフサイクルコスト最小化の観点による既設防波堤の最適な復旧水準に関する研究

    長尾 毅, 辻尾 大樹, 熊谷 健蔵

    土木学会, 2013年, 土木学会論文集B3(海洋開発), 69 (2), 185 - 190, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ライフサイクルコスト最小化による防波堤の目標整備水準の検討

    長尾 毅, 辻尾 大樹, 熊谷 健蔵

    土木学会, 2013年, 土木学会論文集B2(海岸工学), 69 (2), 951 - 955, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ニューマチックケーソン式横桟橋の耐震性能照査法に関する研究

    大石 雅彦, 長尾 毅, 大内 正敏, 佐藤 祐輔, 清宮 理

    土木学会, 2013年, 土木学会論文集B3(海洋開発), 69 (2), 155 - 160, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 平井 俊之, 長尾 毅

    性能設計体系への移行により,岸壁等の構造物の設計法は,安全率による評価から破壊確率や変形量を評価する方法へと変わりつつある.残留変形量を確率的に評価するためには,地震動の強さ等のばらつきの影響を考慮するために2次元の地震応答解析を相当数実施する必要があり,現状では多くの労力が必要である.本研究では,重力式岸壁を対象として,入力地震動のばらつきにより生じる残留変形量のばらつきを簡易的に評価する手法について検討を行った.その結果,サイト増幅特性とサイト位相特性をばらつかせた地震応答解析結果のばらつきは,平均及び平均±標準偏差のサイト増幅特性を用いた計3ケースの地震応答解析を行うことによって簡易的に評価できるとの可能性が示された.

    Japan Society of Civil Engineers, 2012年, 土木学会論文集B3(海洋開発), 68 (2), I_468 - I_473, 日本語

  • 宮下 健一朗, 長尾 毅

    著者らは,桟橋の設計において鋼材重量最小化を目的関数,杭のモーメントが全塑性モーメント以下となることを制約条件とした最適化問題として照査用断面を設定する方法を既往の研究で示している.しかしながら,既往の研究における検討は,地盤変形の影響が大きくなる地盤剛性のコントラストが大きい地盤条件に限定していた.また,液状化層が厚いケースでは精度が低かった.本研究では,まず,地盤剛性のコントラストが小さい地盤条件において提案法の適用性を検討した.次に,液状化層が厚いケースにおいて,提案法の精度を向上させる地盤バネ特性を示し,修正した照査用断面設定法で液状化層が厚いケースにおいて適切な断面を設定できることを示した.

    Japan Society of Civil Engineers, 2012年, 土木学会論文集B3(海洋開発), 68 (2), I_348 - I_353, 日本語

  • 長尾 毅, 桒原 直範

    性能設計体系への移行により,港湾構造物の耐震性能照査は,使用目的を勘案して構造物に要求される性能を満たす許容変形量を設定し,作用する地震動に対して構造物の残留変形量が許容変形量以下になることを確認する照査体系となった.現在のところ,地震作用による構造物の変形量を精度良く推定する手法としては,2次元地震応答解析が挙げられる.しかし,当該手法は計算負荷が大きいことから,これに替わる簡易な耐震照査手法の確立が望まれている.筆者らは既報において,傾斜式護岸を対象に,液状化を許容しない条件下で簡易的に護岸の天端鉛直変位を評価する照査手法を提案している.本研究では,既報の手法を拡張し,液状化を許容した条件下での傾斜式護岸の簡易耐震照査手法を提案したものである.

    Japan Society of Civil Engineers, 2012年, 土木学会論文集B3(海洋開発), 68 (2), I_456 - I_461, 日本語

  • 長尾 毅, 山田 雅行, 野津 厚

    常時微動H/Vスペクトルのピークの情報はしばしば地震動の増幅特性の簡易評価等において用いられる.常時微動を構成する波動成分は表面波や実体波など様々なものが考えられるが,少なくともピークの振幅が有限でかつ地震動の増幅特性との相関が認められる場合があるという点については,常時微動が表面波のみから構成されていると仮定すると,説明することが困難であるといえる.本研究では,主として常時微動H/Vスペクトルのピーク周波数・振幅について,ミディアムレスポンスを用いて表面波,実体波の波動成分の混入比等の観点から解釈を試みた.

    公益社団法人 土木学会, 2012年, 土木学会論文集A1(構造・地震工学), 68 (1), 48 - 62, 日本語

  • 野津 厚, 山田 雅行, 長尾 毅, 入倉 孝次郎

    2011年東北地方太平洋沖地震の際、震源断層に比較的近い宮城県から茨城県にかけての多くの地点で観測された0.2-1Hzの帯域の速度波形は明瞭なパルスによって特徴付けられている。これらの強震動パルスは、構造物に対して影響を及ぼしやすい周波数帯域に現れているという点で、内陸地殻内地震による強震動パルスと共通の特徴を有していると言える。海溝型巨大地震がもたらす強震動パルスも構造物に大きな影響を及ぼす可能性があり、今後、海溝型巨大地震に対する強震動予測、特に耐震設計を目的とする強震動予測を行う場合には、強震動パルスの生成を意識した震源のモデル化を行うことが重要と考えられる。本稿においては、まず、海溝型巨大地震による強震動パルスの生成事例を示す。次に、それらの再現を目的として構築された既往の震源モデルを整理し、強震動パルスを生じたと考えられる領域(強震動パルス生成域)の諸特性と地震規模との関係を調べる。

    公益社団法人 日本地震工学会, 2012年, 日本地震工学会論文集, 12, 4_209 - 4_228, 日本語

  • 長尾 毅, 辻尾 大樹, 熊谷 健蔵, 石河 雅典

    防波堤に関するライフサイクルコスト(LCC)最小化手法の検討が進められているが,既往事例は,限られた検討条件によるものであり,LCC最小となる耐力作用比(目標耐力作用比)を一般化するまでの情報は得られていない.そこで,本研究は,ケーソン式混成堤を対象として,目標耐力作用比を簡易推定するための基礎的検討として,様々な波浪条件,被害額条件を設定し,それらの条件が目標耐力作用比に与える影響を検討した.その結果,本検討条件では,目標耐力作用比はF港で0.7~0.8,S港で1.0~1.2であり,検討条件によって大きな違いがあることがわかった.また,裾長度パラメータγ50の増加や間接被害額比の減少に伴い目標耐力作用比は減少する傾向にあるが,その影響は比較的小さく,本研究の範囲では砕波の条件が目標耐力作用比に最も強く影響することがわかった.

    Japan Society of Civil Engineers, 2012年, 土木学会論文集B3(海洋開発), 68 (2), I_294 - I_299, 日本語

  • Masumi Yamada, Masayuki Yamada, Koji Hada, Shiro Ohmi, Takashi Nagao

    SEISMOLOGICAL SOC AMER, 2010年07月, SEISMOLOGICAL RESEARCH LETTERS, 81 (4), 597 - 604, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 長尾 毅, 辻尾 大樹, 熊谷 健蔵

    It is necessary to maintain wave dissipating blocks for the armor of breakwaters properly because settlement of blocks often causes large disaster. Therefore, clarification of correlation between block settlement and breakwater displacement is important for the establishment of effective maintenance strategy. Previous study discusses maintenance strategy of breakwaters armored with wave dissipating blocks on the assumption of uniform displacement of breakwaters, however, uneven displacement of breakwaters is observed in field. This study considers uneven displacement of breakwaters and discusses the maintenance criteria for the minimum repair cost during working life of breakwaters.

    Japan Society of Civil Engineers, 2010年, 土木学会論文集B2(海岸工学), 66 (1), 836 - 840, 英語

  • Atsushi Nozu, Takashi Nagao, Masayuki Yamada

    The strong motion simulation technique using site-dependent amplification and phase characteristics was originally proposed by Kowada et al. and its applicability has been extensively studied by the authors. One disadvantage of the method, however, was that it cannot generate a ground motion that satisfies causality conditions, meaning a ground motion with zero amplitude at the beginning of the time history. In this article, the authors revise the method by introducing a smoothing technique in the procedure to generate Green's functions. It was confirmed that the revised method can generate causal ground motions, which are in agreement with the observed ground motions during the 2003 Tokachi-oki earthquake.

    2009年, Doboku Gakkai Ronbunshuu A, 65 (3), 808 - 813

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 塩崎 禎郎, 長尾 毅, 小堤 治, 宮下 健一郎

    直杭式横桟橋の被災事例の再現計算では,二次元有効応力解析コードFLIPが適用されるケースが多い.1995年兵庫県南部地震におけるT桟橋の被災事例の再現計算では,これまでの検討で,桟橋の残留水平変位は再現できていたが,鋼管杭の座屈位置が再現できない課題が残されていた.そこで,本論文では,この課題を解決するため,次に示す3点について修正を行った.1)杭が横切る地盤では地盤のせん断強度を適切に表現できるモデル化を行う.2)土留め護岸直下の砂層で発生していたせん断変形のロック現象を解消するためにsteady state現象を表現可能な構成則を用いる.3)鋼材の降伏強度は規格値ではなく実際の値を用いる.その結果,桟橋の残留水平変位とともに,鋼管杭の座屈位置を再現することができた.

    Japan Society of Civil Engineers, 2009年, 土木学会論文集A1(構造・地震工学), 65 (1), 881 - 891

  • 長尾 毅

    This study aims at discussing the efficient evaluation method of failure probability of breakwaters in view of cumulative sliding displacement by Monte Carlo simulation. The target problem is different from many other problems because failure probability is judged by the cumulative displacement during the design working life of breakwaters. The fact that failure probability shall be evaluated by the repetitive actions of waves makes the adoption of variance reduction techniques difficult. The proposed method evaluates the cumulative probability distribution of sliding displacement for one year by importance sampling method and calculates failure probability for design working life by using the cumulative probability distribution.

    公益社団法人 土木学会, 2009年, 構造工学論文集 A, 55, 236 - 248

  • 長尾 毅, 宮下 健一朗

    The standard earthquake resistant design method of quay wall against a level-one earthquake ground motion is a pseudo-static method and is not necessarily in harmony with the failure mechanism of quay walls. Therefore, authors proposed a frame model for the evaluation of the seismic performance of sheet pile quay wall with vertical pile anchorage in the previous study. This study aims at improving the frame model proposed in the previous study for the precise reproduction of the deformation of quay wall. Major improvement was made on the evaluation of soil reaction spring model for the deformation of sheet pile and the model for the calculation of residual deformation of soil layers beneath the sheet pile.

    公益社団法人 土木学会, 2009年, 構造工学論文集 A, 55, 421 - 434

  • 長尾 毅, 尾崎 竜三

    This study discusses the life cycle cost for sheet pile quay walls considering the progress of corrosion. It is necessary to calculate the failure probabilities according to the decrease of section modulus by corrosion for the evaluation of life cycle cost. The condition that the section modulus becomes initial value after the restoration work makes the evaluation of life cycle cost difficult. We proposed the simple evaluation method of life cycle cost and showed that the proposed method well evaluates the failure probability corresponding to the minimum life cycle cost. We also compared the failure probability for minimum life cycle cost with that for minimum expected total cost.

    公益社団法人 土木学会, 2009年, 構造工学論文集 A, 55, 249 - 260

  • Design method for caisson-type breakwaters covered with wave-dissipating blocks considering LCC during execution

    Takeshi Yoshioka, Takashi Nagao

    TAYLOR & FRANCIS LTD, 2007年, APPLICATIONS OF STATISICS AND PROBABILITY IN CIVIL ENGINEERING, 289 - 290, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Katsuaki Konno, Takahiro Suzuki, Yasuhiro Kamata, Takashi Nagao

    First, Average S-wave velocity in the uppermost 30 m (Vs30) obtained from PS-logging data and site amplification factors for peak acceleration and velocity derived from strong motion records are compared at the dense strong-motion network sites in Yokohama (Y-NET). Next, a simple method for estimating Vs30 is examined at Y-NET sites. This method involves placing 3 sensors in the shape of the letter 'L' for simultaneous microtremor observation. Finally, a method to estimate peak ground acceleration and velocity using Vs30 is proposed and its applicability is investigated.

    2007年, Doboku Gakkai Ronbunshuu A, 63 (4), 639 - 654

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Calderas Atsushi Nozu, Masayuki Yamada, Takashi Nagao

    Strong motion simulation technique using site-dependent amplification and phase characteristics, whose applicability is already shown for short-period ground motions, is applied to basin-induced surface waves with periods of several seconds. First, empirical site amplification factors are estimated for strong-motion sites in Kyushu region, Japan, including sites in calderas. Then, the tequenique is applied to simulate ground motions from the Kagoshimaken-Hokuseibu earthquake of March, 1997, with special reference to predominant basin-induced surface waves in the calderas at preriods of several seconds. The good agreement between the synthetic and the observed ground motions indicates the applicability of the method to ground motions with periods of several seconds.

    2006年, Doboku Gakkai Ronbunshuu A, 62 (4), 891 - 905

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 長尾 毅, 菊池 喜昭

    現在,構造物の性能設計に関する取り組みが各方面で行われている.また,政府調達協定やTBT 協定などを背景に,ISO 規格などの国際規格との整合性・調和性が今後は強く求められるため,国際標準と調和的な設計体系の確立が早急に必要となっている.このため本稿では,港湾構造物の設計法の改定に向けた取り組みを紹介する.

    公益社団法人 地盤工学会, 2004年, 地盤工学研究発表会 発表講演集, 39, 25 - 26

MISC

  • 福島 康宏, 長尾 毅

    神戸大学都市安全研究センター, 2018年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, (22), 26 - 44, 日本語

  • 柴田 大介, 長尾 毅

    神戸大学都市安全研究センター, 2017年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, (21), 91 - 98, 日本語

  • ニューマチックケーソンの桟橋基礎への適用 (特集 最近のケーソン工法)

    長尾 毅, 大石 雅彦

    総合土木研究所, 2015年05月, 基礎工 = The foundation engineering & equipment, monthly : 土木・建築基礎工事と機材の専門誌, 43 (5), 32 - 35, 日本語

  • 薩摩硫黄島の港湾および飛行場における常時微動を用いた地盤調査

    山田 雅行, 伊藤 佳洋, 長尾 毅

    物理探査学会, 2015年, 公益社団法人物理探査学会学術講演会講演論文集 = Proceedings of the SEGJ Conference, 133, 125 - 128, 日本語

  • 港湾基準改正前夜とその後

    長尾 毅

    2013年03月15日, 土木學會誌, 98 (3), 24 - 25, 日本語

  • 海溝型巨大地震による地震動の予測のための震源パラメターの経験式 : 強震動パルスの生成に着目して

    野津 厚, 長尾 毅

    港湾空港技術研究所, 2012年09月, 港湾空港技術研究所資料, (1257), 2 - 22, 日本語

  • スペクトルインバージョンに基づく全国の港湾等の強震観測地点におけるサイト増幅特性

    野津 厚, 長尾 毅

    港湾空港技術研究所, 2005年12月, 港湾空港技術研究所資料, (1112), 1 - 56, 日本語

講演・口頭発表等

  • 特別講演「土木構造物の性能設計法の動向について」

    長尾 毅

    第458 回構造懇話会平成25 年度総会, 2013年, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 地震動の増幅特性とその評価法について

    長尾 毅

    第175回オープンゼミナール, 2013年, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 鬼首地域における地震動増幅の要因分析

    山田 雅行, 長尾 毅, 野津 厚

    第33回地震工学研究発表会, 2013年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

共同研究・競争的資金等の研究課題

産業財産権

  • ケーソン、ニューマチックケーソン工法及び構造物

    長尾 毅, 小宅 知行, 大石 雅彦

    特願2019-121870, 2019年06月28日, 国立大学法人神戸大学, オリエンタル白石株式会社, 特開2021-008720, 2021年01月28日

    特許権