研究者紹介システム

黄 リン
コウ リン
大学院経営学研究科 経営学専攻
教授
商学・経済学関係
Last Updated :2022/01/10

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院経営学研究科 経営学専攻
  • 【配置】

    国際連携推進機構 アジア総合学術センター, 経営学部 経営学科, 数理・データサイエンスセンター

学位

  • 商学博士, 神戸大学

授業科目

ジャンル

  • 各国事情 / 中国
  • 経営・産業 / 企業経営

コメントテーマ

  • 中国市場
  • 中国ビジネス
  • チャイナリスク
  • グローバル・マーケティング

研究活動

研究分野

  • 人文・社会 / 商学 / マーケティング・流通システム

委員歴

  • 2019年05月, 日本商業学会, 副会長
  • 1998年04月 - 2019年04月, 日本商業学会, 幹事
  • 2015年06月 - 2017年05月, 日本商業学会, 関西部会 幹事
  • 2015年08月 - 2016年07月, 日本学術振興会, 特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員・書面評価員
  • 2013年01月 - 2015年10月, 国際ビジネス研究学会, 幹事
  • 2013年06月 - 2015年05月, 日本商業学会, 国際企画委員会 委員
  • 2010年04月 - 2013年03月, 国際ビジネス研究学会, 学会賞委員(幹事)
  • 2007年04月 - 2009年03月, 国際ビジネス研究学会, 幹事
  • 2008年12月, 地域活性学会, 理事
  • 2004年04月 - 2008年03月, 中国経営管理学会, 理事
  • 2004年04月 - 2007年03月, The Society for Chinese Management Studies, Review board member: Chinese management studies
  • 2004年04月 - 2007年03月, 中国経営管理学会, 中国経営管理学会中国経営管理研究雑誌編集委員
  • 2002年04月, 国際ビジネス研究学会, 審査委員
  • Taylor & Francis, Referee: Journal of the Asia Pacific Economy
  • Taylor & Francis, Referee: Journal of the Asia Pacific Economy

受賞

  • 2003年05月 日本商業学会, 日本商業学会 学会賞, -

    黄 磷

  • 2003年05月 国際ビジネス研究学会, 国際ビジネス研究学会 学会賞, -

    黄 磷

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 1993年05月 日本商業学会, 日本商業学会・奨励賞, -

    黄 磷

論文

  • 業績向上に繋げる顧客起点のデジタル変革ー医薬営業のデジタル活用の効果ー

    黄 磷, 篠田幸司

    2021年03月, 国民経済雑誌, 223 (3), 14 - 29

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 日本稲作文化影響下的人情観探析

    黄梅, 黄 磷

    2020年02月, 人民論壇2020年2月pp126-127, 2019 (2月), 126 - 127, 中国語

    [査読有り]

  • Biao Gao, Lin Huang

    Smart media combines media and artificial intelligence (AI) and can also be a user-centered content service market. However, existing research lacks an understanding of user's perceptions concerning smart services generated by different user experience types across different payment groups. Taking AI-powered Smart TV (AI TV) as a typical research object, this study (1) develops a theoretical model by integrating the technology acceptance model with users' smart service belief factors and (2) employs the user experience type as an original moderator. Using data from 585 AI TV users, the structural equation modeling analysis suggests that perceived two-way communication, perceived personalization, and perceived co-creation as three belief factors, are important antecedent constructs in the extended technology acceptance model. The analysis also suggests that the user experience type exerts positive moderating effects on two-way communication and personalization to attitude toward behavior and purchase intention. This study thus contributes to the literature on smart service by identifying and studying smart service belief factors. The addition of smart service belief factors as antecedents, as well as user experience type as a moderator, are crucial to expand the generalizability of TAM to the smart media service context. From a customer experience management perspective, this study shows how to convert ad-supported users into new paid subscribers, while keeping existing subscribers by fulfilling their smart service requirements.

    ELSEVIER SCI LTD, 2019年12月, HELIYON, 5 (12), 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 「一帯一路」構想と「三人四脚型」ビジネスの復権

    黄 磷

    2019年11月, 東アジア論壇, 2019 (15), 17 - 19, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Japanese Social Welfare System Reform and Transformation of Social Governance

    Jin-wen Song, Lin Huang

    2019年02月, Japan Study as a Public Good in Asia, 3 - 15, 英語

    [査読有り]

    論文集(書籍)内論文

  • 模倣から創造へのロジックー中国自動車メーカー「吉利汽車」の成長

    黄 磷, 李 東浩

    2018年06月, 国民経済雑誌, 217 (6), 19 - 48, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 日本自動車産業における新モジュール化がもたらす企業間関係の変化

    黄 磷, 南澤裕一郎

    2017年05月, 国民経済雑誌, 215 (5), 30 - 45, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Lin HUANG, Masayoshi maruyama, Lihui Wu

    Since 2002, the Chinese government has initiated the "Wet Market Transforming into Food Supermarket (WMTFS)" program that aims to transform the traditional fresh food retailing system into a more efficient system that adopts a supermarket operation mode. However, after years of effort, the process of implementing the WMTFS program has been painfully slow. In addition to several supply side factors, this paper focuses on the consumer demand side using survey data in three large Chinese cities to identify the factors affecting consumers' decisions to buy fresh food from traditional vs modern retail formats. It further explores regional differences in consumers' shopping behavior. We find that freshness, accessibility, and whether buyers can bargain are influencing factors and the effects of socioeconomic factors such as income and storage facility are very limited. In addition, we find regional difference exists in consumers' retail format preferences. We suggested that managers of fresh food supermarket should enhance product freshness and safety in the future. Meanwhile, since traditional retail formats are still preferred by many consumers, the policy-makers should give a further thinking on the specific way of transformation. (C) 2015 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    ELSEVIER SCI LTD, 2016年12月, Journal of Retailing and consumer Services, 30, 33 - 39, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • インバウンド市場のマーケティング-関西から見た日本のインバウンド市場-

    黄 磷, 田中義次

    2016年07月, ビジネスインサイト, (94), 3 - 6, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 中国企業競争力の構造及び特徴

    黄 磷

    2016年05月, 韓国成均館大学 現代中国研究所, 15 - 27, 中国語

    研究論文(学術雑誌)

  • 少子高齢化がもたらす課題とチャンスー超高齢化社会の日本から見える未来

    黄 磷

    2016年05月, 北京大学・神戸大学「国際共同研究拠点シンポジウム」, 1 - 6, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 小売企業のサプライ・チェーン展開と経営業績

    黄 磷

    2015年07月, 国民経済雑誌, 212 (1), 29 - 39, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • How consumer characteristics moderate time effects on online purchase preference: an empirical analysis

    LI ZHEN, Lin HUANG

    2014年10月, Asia Journal Marketing, 16 (3), 1 - 22, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 中国経済の内需主導型成長への転換と中国消費者のブランド選択

    黄 磷, 李 雪松, 符 国群

    2014年03月, 神戸大学 国際学術セミナー報告書, 1 - 55, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 日本企業のグローバル競争力の再考

    黄 磷

    2013年05月, 国民経済雑誌, 第207巻 (第5号), 1 - 20, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • ヨーロッパ市場における日中企業の戦略

    黄 磷

    2013年01月, 東亜経済研究, 29 - 40, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 後発企業の国際M&A戦略 レノボ・グループによるIBMのPC事業部門の買収

    黄 磷, 範超

    2011年06月, 多国籍企業研究, (4), 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • グローバル・サプライ・チェーン・ネットワークの戦略とマネジメント

    黄 磷

    2011年04月, 国民経済雑誌, 203 (4), 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 中国・ASENAロジスティクスのダイナミズム

    黄 磷, 長谷川 雅行

    2011年02月, 季刊 ビジネス・インサイト, (72), 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 小売業の空間的変容-中国の都市における商業人口と中心地性の変化-

    黄 磷

    2010年01月, 小売業革新, 251 - 265, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 中国市場における小売国際化~日米欧小売企業の事業展開~

    黄 リン

    2009年06月, 小売企業の国際展開, 91 - 121, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 中国企業の海外直接投資と経営資源獲得戦略

    黄 リン

    2009年05月, 国民経済雑誌, 第199巻 第5号, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 中国企業のビジネスシステムと競争力

    黄 リン

    2009年05月, 中国経営管理研究, 第8号, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Huang Lin

    The purpose of this article is to examine the development process of marketing-resources-based competition in the Chinese market by using three case studies of South Korean firms: Samsung, LG, and Hyundai. This study first asks how Korean firms were able to develop a strong market position in China despite their inferior technology relative to Japanese firms and their late entry into the Chinese market vis-a-vis Japanese, American, and European firms. The second question is how Korean firms were able to overcome the challenges of fierce price competition in China and, in particular, how firms were able to evade confrontation with the Chinese firms. In this article, the strategies of latecomers in the global competitive market will be examined. The process of market entry and market position establishment by Korean firms in China will be described. This article also shows how the firms develop branding and marketing communication strategies. Product development capabilities with speed and differentiation are the basis of Korean firms' competitiveness in the Chinese and global markets. The conclusion posits the major findings within the perspective of marketing-resources-based competition and discusses the implications and limitations.

    SAGE Publications, 2009年03月, China Information, 23 (1), 129 - 157

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • アジアでのビジネス展開

    黄 リン

    2008年10月, Business Insight, (63 2008年秋号), 2 - 3, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 第3次産業

    黄 リン

    2008年09月, 中国総覧 2007~2008年版, 338ー343, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 日本の小売企業の競争力 イトーヨーカ堂の中国での事業展開

    黄 磷, 李 東浩

    2008年06月, 一橋ビジネスレビュー, 56 (1), 62 - 75, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 自動車物流-全国市場への挑戦-

    黄 リン

    2007年10月, 東亜〔East Asia〕, No.484 2007年10月号, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • グローバル競争における後発企業のキャッチアップ戦略-技術競争とマーケティング資源ベースの競争-

    黄 リン

    2007年06月, 国民経済雑誌, 第195巻 第6号 49-67頁, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Marketing-Resourcse Based Competition:Strategies for the Catch-up of South Korean Firms,the Latecomers in the Chinese Market

    黄 リン

    2007年03月, JETRO『Competition and Cooperation among Asian Enterprises in China』, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • ブランディング・イン・チャイナ:巨大市場・中国を制するブランド戦略

    黄 リン

    2007年01月, マーケティングジャーナル, 2007-103 127-130頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • アジアでのビジネス展開

    黄 リン

    2007年01月, Business Insight, 2006年冬号 No.56, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 中国企業のビジネスシステムへの試論

    黄 リン

    2006年07月, 国民経済雑誌, 第194巻 第1号 1-14頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • The Business System of Foreign Retailers in Emerging Market:Case of Wal-Mart

    黄 リン, 石瑾

    2006年07月, 国民経済雑誌, 194 (1), 95 - 106, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 中国市場で勝ち抜くためのロジスティクス戦略

    黄 リン

    2006年04月, LOGISTICS SISTEMUS, 15 (3), 36 - 43, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 中国におけるフランチャイズ事業の発展と現状

    黄 リン

    2006年02月, 地域総合研究, 第33巻 第2号 19-31頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 中国・ASEAN経済関係の新展開-相互投資とFTAの時代

    黄 磷, 大西康雄

    2006年01月, アジア経済研究所, -, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 中国におけるフランチャイズ(FC)市場の発展とFC事業の将来性

    黄 磷

    2005年10月, 流通情報, (436), 34 - 43, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 「中国企業の国際化のアジア生産調達ネットワークへのインパクト-マレーシアと中国の貿易関係と相互直接投資-」

    黄 リン

    2005年06月, 『神戸大学Discussion Paper』, 2005・18, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 現地化戦略と中国事業の経営業績

    黄 リン

    2005年04月, 国民経済雑誌, 第190巻第3号,15-26頁。, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 中国市場で成功するための現代物流

    黄 リン

    2004年10月, 海運, 2004年10月号 48-50頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 中国対アジア投資の現状ーその特徴と展望

    黄 磷

    2004年08月, 東亜〔East Asia〕, 22 - 29, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 中国市場でのブランド管理と営業活動

    黄 リン

    2004年03月, 国民経済雑誌, 53 - 64, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 「中国国内市場で成功するためのロジスティクス」

    黄 リン

    2004年, 『LOGISTICS SISTEMS』, 8-14頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • グローバル・ネットワークとしての企業

    黄 リン

    2004年, Harvard Business Review, 109-112頁, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 中国でのロジスティクス進展状況と日本企業の対応

    黄 磷

    2003年12月, DAIFUKU NEWS, (70), 1 - 3, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 中国市場のリスクとその対策ー環境リスクと代金回収問題

    黄 磷

    2003年08月, マーケティング・ジャーナル, 3 (89), 26 - 33, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 中国ビジネスと現代物流

    黄 リン

    2003年03月, 東亜, (429), 10 - 16, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 中国の小売業(3)大規模商業企業集団

    黄 リン

    2003年03月, 日中経協ジャーナル, (110), 18 - 23, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 中国の小売業(2)-外資系小売企業の概況とカルフールの成功

    黄 磷

    2003年02月, 日本経協ジャーナル, 33 - 37, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 中国ビジネスと現代物流

    黄 磷

    2003年, 東亜, No.429,10-16, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 中国の小売業

    黄 磷

    2003年, 日中経協ジャーナル, No.108-111,18-23, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 海爾の市場連鎖を通したBPR

    黄 リン, 蘚 慧文

    2003年, 中国経営管理研究, 第3号86-119, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 中国ビジネスと物流

    黄 磷

    2003年01月, 海事産業研究所報, (439), 4 - 21, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ネットワーク編成の卸売企業

    黄 リン

    2002年08月, 国民経済雑誌, 第186巻 第2号 159-182頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • マーケティング資源の国際移転についてー日米欧企業の中国市場戦略の比較

    黄 磷

    2000年07月, 国民経済雑誌, 182 (1), 69 - 83, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Huang Lin

    Informa UK Limited, 2000年12月04日, Journal of Global Marketing, 14 (1-2), 83 - 109

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 海外市場参入の理論展開

    黄 磷

    1999年02月, 流通研究, 2 (1), 31 - 41, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 中国流通の変貌と日本小売り企業の対中投資

    黄 磷, 向山雅夫

    1996年03月, 流通科学大学論集ー流通・経営編, 8 (2), 39 - 73, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 現代日本的市場競争機制

    黄 磷

    1995年03月, 経済学動態, 56 - 61, 中国語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 大型国有貿易・商業・物資企業改革の方向

    黄 磷

    1995年, 中国的国有企業改革, 39-47, 中国語

    研究論文(学術雑誌)

  • 現代日本的市場競争機制

    黄 磷

    1995年, 経済学動態, 56-61, 中国語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 大型国有貿易・商業・物資企業改革の方向

    黄 磷

    1995年01月, 中国的国有企業改革, 39 - 47, 中国語

    研究論文(学術雑誌)

  • Global Marketing Innovation

    黄 磷

    1995年01月, Marketing: Tasks and Perspectives, Kyungpook National University Press, 603 - 625, 中国語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Mengjia Gao, Lin Huang

    The aim of this study was to understand how omnichannel integration quality affects customer loyalty through customer engagement and relationship program receptiveness and to verify the relationship between customer engagement and relationship program receptiveness in omnichannel retailing. Data was collected through a questionnaire with 378 available respondents. PLS-SEM was exerted to examine the model. The results disclosed the positive influence of omnichannel integration quality on customer engagement and relationship program receptiveness, which consequently impacted customer loyalty. Also, the positive influence of customer engagement on relationship program receptiveness was proved. Further, the role as mediators of customer engagement and relationship program receptiveness was explored. This study contributed to the omnichannel literature by confirming that psychological and behavioral customer engagement plays a vital role in omnichannel retailing. This study also helped omnichannel retailers understand that providing a seamless, consistent and reassuring environment can facilitate customer engagement and thereby gain customer loyalty.

    Elsevier BV, 2021年08月02日, Journal of Retailing and Consumer Services, 63, 102688 - 102688, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Biao Gao, Lin Huang

    <abstract> <p>Smart media usage is influenced by certain critical factors and can be further affected by the degree of diffusion in the market. However, existing research lacks sufficient understanding of the factors affecting smart media usage and their influential mechanisms. Taking AI-enabled smart TV in China as the research object, this study (1) develops a base model that includes users' three key gratifications (bi-directional communication, personalization, and co-creation); and (2) takes two sub-dimensions of market development (geographic segment and income segment) as moderators. Using data from 407 valid samples of current users, the partial least squares structural equation modeling analysis suggests that these three key smart gratifications can impact continuance intention with the moderating effect of market development. This study thus contributes to the literature by (1) clarifying the smart media gratification opportunities (smart media users' motivations or needs) for using smart media itself; (2) exploring the impact of the degree of market development on the uses and gratifications of the smart media itself; and (3) combining the uses and gratifications theory, and the diffusion of innovations theory, to complement each other in a model that provides a more complete picture of smart media usage.</p> </abstract>

    American Institute of Mathematical Sciences (AIMS), 2021年08月26日, Mathematical Biosciences and Engineering, 18 (6), 7218 - 7238, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 新しい広域経済圏の形成と第三国ビジネス : 「一帯一路」構想と企業間協働

    黄 磷

    2019年04月, 国民経済雑誌, 219 (4), 69 - 79, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)

  • マーケティング論で学ぶ標準化戦略と市場反応力

    黄 磷

    2018年10月, 経済学・経営学 学習のために(国民経済雑誌別冊), 1 - 9, 日本語

    その他

  • 発展モデル転換の日中比較ー多元化する世界経済の日中関係

    黄 磷

    2017年06月, 神戸大学・北京外国語大学共同主催第2回国際共同研究拠点シンポジウム報告集, 日本語

    その他

  • 変わるアジアの人的ネットワークを海外事業に活かす

    黄 磷

    2016年12月, Asia Business Compass, 5, 2, 日本語

    その他

  • 少子高齢化がもたらす課題とチャンス-超高齢化社会の日本から見える未来-

    黄 磷

    2016年05月, 第一回 北京外国語大学・神戸大学国際共同研究拠点シンポジウム, 1 - 6, 日本語

    その他

  • 第2位中国「世界の工場」から「世界の市場」へ

    黄 磷

    2016年02月, JBIC Today, 6, 日本語

    その他

  • 自書を語る『人生を変えるMBA-「神戸方式」で学ぶ最先端の経営学』

    黄 磷

    2015年11月, 書斎の窓, (642), 39 - 42, 日本語

    その他

  • 書評:『中国・東南アジアにおける流通・マーケティング革新』

    黄 磷

    2015年03月, 白桃書房, 43 - 44, 日本語

    その他

  • 書評:『変化する中国の小売業ー小売業態の発展プロセス』

    黄 磷

    2015年02月, 専修大学出版局, 41 - 42, 日本語

    その他

  • グローバル市場で成功するための五つの視点

    黄 磷

    2014年01月, Business Insight, (84), 45 - 50, 日本語

    その他

  • 適切なリスク管理で中国でのハイリターンを狙えーチャイナリスク再考(第2回)

    黄 磷

    2013年09月, 日経ビジネスONLINE, 2013.9.5, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 中国が有望な市場であることに変わりはないーチャイナリスク再考(第1回)

    黄 磷

    2013年09月, 日経ビジネスONLINE, 2013.9.4, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 中国市場拡大の鍵は“内陸都市”と“広域消費圏”にあり

    黄 磷, 電通総研

    2012年02月, GLOBAL INSIGHT REPORT, p2 - p32, 日本語

    機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等

  • 流通産業発展のアンバランスの解消による産業高度化

    黄 磷

    2011年09月, 日中経協ジャーナル, (212), 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 世界規模での競争とグローバル・マーケティング

    黄 磷

    2009年10月, 経済学・経営学学習のために, 2009度後期号, 日本語

    その他

  • 中国の内需拡大と国内市場開拓

    黄 リン

    2009年08月, 日中経協ジャーナル, 188, 5 - 8, 日本語

    その他

  • 国際経営応用研究 先端事例で学ぶ国際経営のエッセンス

    黄 リン

    現代経営学研究所, 2009年08月, Business Insight, (No.66 2009年夏号), 26 - 27, 日本語

    その他

  • 日米欧小売企業の中国での事業展開

    黄 リン

    2009年07月, シリーズ現代流通体系<3> 小売業の国際化プロセス, 91-121, 日本語

    その他

  • 阪神・淡路大震災から「創造的復興」の経験と教訓 ~減災と防災のノウハウを迅速かつ的確に伝えるために~

    黄 リン

    日本華人教授会議・NPO中日学術交流センター, 2009年05月, 東アジア論壇, (5), 20 - 22, 日本語

    その他

  • 2010年以降の中国市場

    黄 リン

    2008年10月, Business Insight, (63 2008年秋号), 日本語

    その他

  • 中国の水処理市場に関する調査報告書

    黄 磷

    2008年06月, 中国の水処理市場に関する調査報告書, 日本語

    その他

  • 実施報告書

    黄 磷

    2005年08月, 上海・長江経済討論・交流会 2005年8月4日, 29 - 46, 日本語

    その他

  • カルフールの中国大陸での戦略展開

    黄 リン

    2003年08月, 神戸大学, 2003・19, 日本語

    その他

  • 中国の活力と中国市場に関する見方

    黄 磷

    2002年10月, ひょうご経済, (76), 9 - 17, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 平成十二年度 中国・長江中流域の物流調査報告書

    黄 磷

    2000年12月, 平成十二年度 中国・長江中流域の物流調査報告書, 1 - 69, 日本語

    その他

  • 長江流域の物流産業の現状分析と展望

    黄 リン

    2000年10月, 神戸大学Discussion Paper, 2000・39, 日本語

    その他

  • 平成十一年度 長江下流域の物流需要調査報告書

    黄 磷

    1999年12月, 平成十一年度 長江下流域の物流需要調査報告書, 日本語

    その他

  • 中国市場統合と地域間物流

    黄 リン

    1999年06月, ディスカッションペーパー, 9915, 日本語

    その他

  • 平成九年度 長江流域の物流システム調査報告書

    黄 磷

    1998年12月, 平成九年度 長江流域の物流システム調査報告書, 日本語

    その他

  • Asia's Crisis and the Impact on the FDI Flows to China

    黄 リン

    1998年06月, ディスカッションペーパー, 9842, 英語

    その他

  • 中国の流通体制と流通企業の改革

    黄 リン

    1996年06月, ディスカッションペーパー, 9631, 日本語

    その他

  • 卸売企業の経営業績と成長戦略

    黄 リン

    1996年05月, ディスカッションペーパー, 9626, 日本語

    その他

  • パネルディスカッション:DXを通じての企業変革と価値づくり

    黄 磷 ほか

    2021年07月20日, 季刊 ビジネス・インサイト, (114), 24 - 30

    会議報告等

  • 顧客価値を起点にしたデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進

    黄 磷

    2021年07月20日, 季刊 ビジネス・インサイト, (114), 1 - 4

  • 講演会(第3部) ヨーロッパ市場における日中企業の戦略分析 (第2回山口大学大学院経済学研究科公開シンポジウム)

    黄 磷

    山口大学東亜経済学会, 2013年01月, 東亜経済研究 = Asian economic review, 71 (2), 129 - 140, 日本語

  • 問題提起 (第22回シンポジウム:BRICs市場開拓とボリュームゾーン戦略)

    黄 [リン]

    神戸大学, 2012年, Business insight : the journal for deeper insights into business, 20 (1), 58 - 60, 日本語

  • 特別講演 中国国内市場で成功するためのロジスティクス戦略 (特集 企業価値を高める次世代ロジスティクスを目指して--ロジスティクス関西大会 2004)

    Huang Lin

    日本ロジスティクスシステム協会, 2004年05月, ロジスティクスシステム, 13 (4), 8 - 14, 日本語

  • 中国ビジネスと現代物流(ロジスティクス) (特集 中国ロジスティクス事情)

    黄 〔リン〕

    日本ロジスティクスシステム協会, 2003年09月, ロジスティクスシステム, 12 (8), 8 - 12, 日本語

書籍等出版物

  • Japan Study as a Public Good in Asia

    黄 リン

    共著, Springer Singapore, 2019年02月, 英語

    学術書

  • インバウンド市場を拓くマーケティング

    黄 磷, 田中 義次

    共著, 地方創生カレッジ, 2018年03月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • 地方創生の戦略と新たな方向性

    黄 磷

    単著, 現代経営学研究所(神戸大学), 2017年11月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • ヨーロッパ市場における日中企業の戦略分析

    黄 磷

    その他, 東亜経済研究, 2013年01月, 日本語

    学術書

  • 日中関係史1972-2012

    黄, 服部健治, 丸川知雄

    共著, 東京大学出版会, 2012年08月, 日本語

    学術書

  • 百年後の日本と中国

    黄, 辛亥革命百周年記念活動執行委員会

    その他, 社会科学文献出版社(中国), 2012年03月, 中国語

    その他

  • Global Business Report

    黄, 稲葉 由之

    監修, 電通総研, 2012年02月, 日本語

    調査報告書

  • 構造転換期の中国経済

    黄 磷, 佐々木信彰

    共著, 世界思想社, 2010年12月, 日本語

    学術書

  • 小売業革新

    黄 磷, 高嶋 克義, 西村 順二

    共著, 千倉書房版, 2010年06月, 日本語

    学術書

  • 経済学・経営学学習のために

    黄 磷

    単著, 神戸大学経済経営学会, 2009年10月, 日本語

    その他

  • 小売企業の国際展開

    黄 磷, 向山雅夫, 崔相鐡

    共著, 中央経済社, 2009年06月, 日本語

    学術書

  • 「阪神大震災」的教訓与「創造性復興」

    黄 リン

    中国民主法制出版社, 2009年, 中国語

    調査報告書

  • 中国総覧(2007~2008年版)

    黄 磷, 中国総覧編集委員会

    共著, ぎょうせい, 2008年09月, 日本語

    学術書

  • 現代中国産業経済論

    黄 磷, 佐々木信彰

    共著, 世界思想社, 2007年10月, 日本語

    学術書

  • 中国総覧(2005~2006年版)

    黄 磷, 中国総覧編集委員会

    共著, ぎょうせい, 2006年06月, 日本語

    学術書

  • 中国・ASEAN経済関係の新展開-相互投資とFTAの時代

    黄 リン, 大西 康雄, その他 共著者有

    共著, アジア経済研究所, 2006年01月, 日本語

    学術書

  • 中国・アジアの小売業革新~全球化のインパクト~

    黄 磷, 矢作敏行

    共著, 日本マーケティング協会, 2004年06月, 日本語

    学術書

  • 中国経済論

    黄 リン, 加藤 弘之, その他 共著者有

    共著, ミネルヴァ書房, 2004年04月, 日本語

    学術書

  • 中国・東南アジア経済関係の新展開

    黄 磷, 大西康雄

    共著, アジア経済研究所, 2004年03月, 日本語

    学術書

  • 「グローバル・ネットワークとしての企業」

    黄 リン

    単著, 『Harvard Business Review』, 2004年, 日本語

    学術書

  • 現代中国ビジネス論

    黄 リン, 佐々木 信彰, その他 共著者有

    共著, *, 2003年11月, 日本語

    学術書

  • 中国産業ハンドブック

    黄 リン, 丸川 知雄, その他 共著者有

    共著, 蒼蒼社, 2003年04月, 日本語

    学術書

  • 対中ビジネスの経営戦略

    黄 リン, 上原 一慶, その他共著者

    共著, 蒼々社, 2003年, 日本語

    学術書

  • 新興市場戦略論

    黄 リン

    単著, 千倉書房, 2003年, 日本語

    学術書

  • 中国総覧 2003年版

    黄 磷

    単著, 株式会社 ぎょうせい, 2003年01月, 日本語

    その他

  • WTO加盟後の中国市場

    黄 磷

    単著, 蒼蒼社, 2002年, 日本語

    学術書

  • WTO加盟後の中国市場

    黄 磷

    編者(編著者), 蒼蒼社, 2002年01月, 日本語

    学術書

  • Greater China in the Global Market

    黄 磷, Yigang Pan

    共著, The Haworth Press, 2000年, 英語

    学術書

  • Greater China in the Global Market

    黄 磷, Yigang Pan

    共著, The Haworth Press, 2000年01月, 英語

    学術書

  • 日本流通領域的全面革新

    黄 磷

    単著, 上海遠東出版社, 1998年, 中国語

    学術書

  • 日本流通領域的全面革新

    黄 磷

    単著, 上海遠東出版社, 1998年01月, 中国語

    学術書

  • 現代中国経済の分析

    黄 磷, 佐々木 信彰

    共著, 世界思想社, 1997年07月, 日本語

    学術書

  • 現代日本市場経済

    黄 磷

    単著, 湖南出版社, 1996年, 中国語

    学術書

  • 現代日本市場経済

    黄 磷

    編者(編著者), 湖南出版社, 1996年01月, 中国語

    学術書

  • 入門インターネット

    黄 磷, 松島 克守, 名和 小太郎, 吉村克己, ディヴィト・モールズ, ヴィクター・マーリー, アンドレス・シュナイダー, 金澤 敬吾, 根本 彰

    共著, 日本能率協会マネジメントセンター, 1995年02月, 日本語

    一般書・啓蒙書

  • 流通空間構造の動態分析

    黄 磷

    単著, 千倉書房, 1992年06月, 日本語

    学術書

講演・口頭発表等

  • An SEM Analysis of Smart Media User’s Continuance Intention: The Moderating Effect of Market Development, Digital Inequity, AI Functions, Content Type and Experience Intensity

    高 彪, 黄 磷

    日本商業学会第70回全国研究大会, 2020年09月19日

    口頭発表(一般)

  • 超高齢化社会への学際融合的アプローチ:医療健康マネジメント、持続的経済発展と「人情」社会

    黄磷ほか

    神戸大学ホノルル拠点(HOKU)ワークショップ2019, 2019年11月01日, 英語

    口頭発表(基調)

  • 超高齢化社会における制度変革と健康・医療のイノベーション

    黄 リン

    神戸大学経営学研究科・日本総合研究所などハワイ共同研究発表会, 2018年11月, 日本語, 神戸大学ホノルル拠点, Approaches for advanced Issues in Japan the United States and China: Super Aging Society,Technology Innovation and Trade Friction, 国際会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • An Empirical Research on Cross-Border Partnerships-Japanese Companies Doing Business with Overseas Partners-

    黄 磷, 伊東 正裕

    2018 Global Marketing Conference at Tokyo, 2018年07月, 英語, 日本商業学会・American Marking Association・ほか6つの学会, 日本東京, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • クロスボーダー・パートナーシップの決定要因

    黄 磷, 伊東 正裕

    日本商業学会 第7回全国研究報告大会, 2017年12月, 日本語, 日本商業学会, 福岡 中村学園大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 第2回ハノイ神戸大学連絡拠点シンポジウム

    黄 磷

    第2回ハノイ神戸大学連絡拠点シンポジウム, 2017年09月, 日本語, 神戸大学・Foreign Trade University, 神戸大学, 国際会議

    その他

  • 多元化する世界経済の日中関係

    黄 磷

    第二回神戸大学・北京外国語大学国際共同拠点シンポジウム, 2017年06月, 日本語, 神戸大学・北京外国語大学, 神戸大学, 国際会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 日本消費市場の課題:超高齢社会の見える未来

    黄 磷

    ワークショップ「日中少子化と超高齢社会の消費市場」, 2016年08月, 中国語, 北京外国語大学・神戸大学, 北京外国語大学北京日本学研究センタービル内, 国際会議

    口頭発表(基調)

  • 少子高齢化がもたらす課題とチャンスー超高齢社会の日本から見える本来ー

    黄 磷

    第一回北京外国語大学・神戸大学国際共同研究拠点シンポジウム, 2016年06月, 中国語, 北京外国語大学北京日本学研究センタービル内, 国際会議

    口頭発表(基調)

  • 中国企業競争力の構造及び特徴

    黄 磷

    中国商業文化及び国家との関係, 2016年05月, 中国語, 韓国成均館大学 現代中国研究所, 成均館大学, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 東アジアの産業構造の変化と企業行動

    黄 磷

    神戸大学・北京外国語大学国際共同研究拠点設立記念シンポジウム, 2015年07月, 日本語, 神戸大学・北京外国語大学, 神戸大学, 国際会議

    その他

  • サービス業の収益性と生産性の国際比較分析

    黄 磷

    日本商業学会, 2015年05月, 日本語, 日本商業学会, 香川大学 幸町南キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 中国市場における日系サービス業の事業展開の現状と課題

    黄 ?

    第4回サービス業発展論壇, 2014年11月, 中国語, 浙江樹人大学, 浙江樹人大学, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 企業ウェブサイトのマーケティング利用の成果に関する経験的探究研究

    黄 ?, LI ZHEN

    2014 ICAMA Consumption Trends in Asian Markets, 2014年03月, 英語, Sogang University, Seoul, Korea, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 中国経済の最新動向と中国消費者のブランド選択

    黄 磷

    神戸大学学術セミナー, 2013年11月, 中国語, 神戸大学大学院経営学研究科・アジア総合学術センター, 中国北京 長富宮飯店, 国際会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 小売業のイノーベーションのグローバル展開

    黄 ?

    日本商業学会, 2013年05月, 日本語, 日本商業学会, 立命館大学びわこ・くさつキャンパス, 国内会議

    口頭発表(基調)

  • ヨーロッパ市場における日中企業の戦略比較

    黄 ?

    山口大学大学院経営学研究科公開シンポジウム・国際市場におけるアジア企業の動向と展望, 2012年12月, 日本語, 山口大学大学院経営学研究科, 山口大学, 国内会議

    口頭発表(基調)

  • 中国企業文化の特徴及び変遷

    黄 ?

    「中国現代企業文化の変遷」討論会儀, 2012年06月, 中国語, 韓国成均館大学現代中国研究所, 韓国成均館大学, 国際会議

    口頭発表(基調)

  • 海外市場における日本企業の競争力の再考

    黄 磷

    日本商業学会 第61回全国研究大会, 2011年05月, 日本語, 日本商業学会, 熊本学園大学, 国内会議

    その他

  • SCMの理論発展と実践:日中比較

    黄 磷

    国際交流 学術ワークショップ, 2011年03月, 中国語, 神戸大学・上海交通大学, 上海交通大学安泰経済与管理学院, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 中国における日米欧小売企業の戦略比較

    黄 磷

    中国経営管理学会第11回研究大会, 2010年05月, 日本語, 第11回研究大会実行委員会, 大阪商業大学, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • The Nature of Supremarkrt Revolution in East Asia:Wihe aCentral Focus on the Empirical Analysis of Consumers`Shopping Behavior

    黄 ?

    中国人民大学ビジネススクール, 2010年05月, 中国語, 中国人民大学, 中国人民大学, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Markrting Department`s Lecture

    黄 磷, 丸山 雅吉

    中国人民大学ビジネススクール, 2010年05月, 英語, 中国人民大学, 中国人民大学, 国際会議

    ポスター発表

  • 中国企業のビジネスシステムと競争力

    黄 磷

    国際金融危機背景下の東南アジア経済増加形式及び企業経営形式の討論会, 2009年12月, 日本語, 厦門大学マクロ経済研究センター・神戸大学中国国際研究教育研究センター, 中国厦門大学, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 小売技術生成の環境条件と国際移転に対する影響について

    黄 リン

    国際ビジネス研究学会第16回全国大会, 2009年10月, 日本語, 国際ビジネス研究学会, 横浜, 国内会議

    その他

  • 日米欧小売企業の中国市場での事業展開:-カルフール、ウォルマート、IYの比較研究

    黄 リン

    多国籍企業学会西部部会6月例会, 2009年06月, 日本語, 多国籍企業学会, 神戸, 国内会議

    その他

  • 日米欧小売企業の中国市場での事業展開-カルフール、ウォルマート、IYの比較研究

    黄 リン

    多国籍企業学会西部部会6月例会, 2009年06月, 日本語, 多国籍企業学会, 神戸, 国内会議

    その他

  • 多様性からみるグローバル・ネットワークの優位とリスク

    黄 リン

    日本商業学会 第59回全国研究大会, 2009年05月, 日本語, 日本商業学会, 関西大学, 国内会議

    その他

  • 多様性からみるグローバル・ネットワークの優位とリスク

    黄 リン

    第59回全国研究大会, 2009年05月, 日本語, 日本商業学会, 大阪, 国内会議

    その他

  • 多国籍企業のグローバルマーケティング

    黄 リン

    多国籍企業のグローバルマーケティング 国際サミット会議, 2009年04月, 中国語, 中国南開大学, 南開大学, 国際会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 多国籍企業のグローバルマーケティング

    黄 リン

    国際サミット会議『多国籍企業のグローバルマーケティング』, 2009年04月, 中国語, 南開大学, 天津, 国際会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 中国-多民族社会の現実

    黄 リン

    グローバリズムと多民族社会, 2008年11月, 日本語, 日本華人教授会議, 早稲田大学, 国内会議

    その他

  • 中国-多民族社会の現実

    黄 リン

    グローバリズムと多民族社会-中国の現実、世界の課題, 2008年11月, 日本語, 日本華人教授会議, 東京, 国内会議

    その他

  • 中国市場のボリュームゾーンでブランド展開を

    黄 リン

    日中経済討論会, 2008年11月, 日本語, 関西経済連合会、JETRO等, 大阪国際会議場, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • アジア新時代に求められている共通課題と革新型人材像

    黄 リン

    北京神戸大学デー, 2008年11月, 日本語, 神戸大学, 北京, 国際会議

    その他

  • 台湾の半導体産業クラスター:ビジネスモデルと企業間関係の連動

    黄 リン

    国際ビジネス研究学会第15回全国大会, 2008年10月, 日本語, 国際ビジネス研究学会, 岡山, 国内会議

    その他

  • 第九回世界華商大会の誘致と開催による成果

    黄 リン

    座談会「第九回世界華商大会を語る」, 2008年06月, 日本語, 日本華僑華人学会, 大阪, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 中国企業ビジネスシステムへの試論

    黄 リン

    国際比較から見た中国的経営, 2008年05月, 日本語, 中国経営管理学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 中国における国内物流と航空貨物の動向について

    黄 リン

    エアポートビジネス研究会, 2008年02月, 日本語, エアポートビジネス研究会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 中国企業の事業継承

    黄 磷

    中国企業伝承問題学術研究討論会ワークショップ, 2007年11月, 日本語, 神大・中国コラボレーションセンター, 北京, 国際会議

    その他

  • 中国の医薬品流通チャネルの変革と中国の医薬品流通制度改革

    黄 磷

    中国の医薬品流通制度と流通チャネルの革新ワークショップ, 2007年11月, 日本語, 神大・中国コラボレーションセンター, 北京, 国際会議

    その他

  • 中国家電流通チャネルの変革

    黄 磷

    国際学術研究討論会ワークショップ, 2006年05月, 日本語, 北京, 国際会議

    その他

  • 国際化M&A時代のコーポレート・ガバナンス

    黄 磷

    中国コラボレーションセンター シンポジウム, 2005年10月, 日本語, 神大・中国コラボレーションセンター, 北京, 国際会議

    その他

  • グローバル・マーケティングーその独自の理論課題とは-

    黄 磷

    日本商業学会, 2004年12月, 日本語, 日本商業学会, -, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 中国市場における広域物流

    黄 磷

    日中現代物流シンポジウム, 2004年10月, 日本語, 神大・中国コラボレーションセンター, 北京, 国際会議

    その他

  • グローバル競争時代のマネジメント人材教育と国際コラボレーション

    黄 磷

    中国コラボレーションセンター設立記念シンポジウム, 2004年03月, 日本語, 神大・中国コラボレーションセンター, 北京, 国際会議

    その他

  • 長江中下流域地区の最新物流需要

    黄 磷

    長江プロジェクト南京会議, 2000年10月, 中国語, 神戸・阪神協議会・神戸市, 中国南京, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • アジア通貨危機と日本企業の対中投資

    黄 磷

    経済交流シンポジウム, 1998年06月, 英語, 中国人民大学・北京中国大学校友海外交流協会, 中国人民大学, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

所属学協会

  • 日本ダイレクトマーケティング学会

    2019年05月
  • 国際ビジネス研究学会

  • 中国経営管理学会

  • アジア政経学会

  • 日本商業学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 丸山 雅祥

    科学研究費補助金/基盤研究(B), 2012年04月 - 2016年03月

    競争的資金

  • 黄 りん

    日本学術振興会, 科学研究費補助金/基盤研究(B), 基盤研究(B), 神戸大学, 2010年 - 2014年03月31日

    本研究では、日本企業の海外事業の競争力と経営業績を実証的に分析するために、グローバル競争力の評価指標を開発し、先進国市場だけでなく新興国市場における企業のフィールド調査を行った。製造業とサービス業における日本企業のグローバル競争力の相違、日本企業の海外事業の経営業績に影響し、海外市場での競争力の基盤になっている要素を明確にした。また、グローバル競争力の変化を財務指標による国際比較という分析手法で明らかにし、新興国市場、国際M&A、グローバル・マーケティング、グローバルSCMや現地営業活動などの側面から説明するための理論概念と分析枠組みを提示して、グローバル競争力に関する理論的説明を深めた。

    競争的資金

  • 南 知惠子

    日本学術振興会, 科学研究費補助金/基盤研究(C), 基盤研究(C), 神戸大学, 2009年 - 2011年

    200字で本研究は、ITサービス産業において、顧客の経営課題導出プロセス、およびサービス提供の組織形態がソリューションビジネスの成果に与える影響を明らかにすることを研究課題とする。顧客の経営課題導出プロセスにはプロアクティブ型、受注型など様々なパターンが存在し、継続的な関係性に基づくが、互恵的なプロセスおよび導入成果の逐次的な確認がソリューションビジネスの成果に影響を与えることが確認された。

    競争的資金

  • 丸山 雅祥

    日本学術振興会, 科学研究費補助金/基盤研究(A), 基盤研究(A), 神戸大学, 2008年 - 2011年

    近年の東アジア諸国(日本、中国、韓国、台湾、ベトナムなど)の流通革命の基本構造に関して理論的・実証的研究を行った。各地域において消費者行動に関する膨大なアンケート調査を実施し、店舗選択の基本要因(消費者の社会経済要因、小売店舗の要因、文化的要因など)に関する実証分析や、消費者側から見た伝統市場(在来市場)とスーパーに対する評価の実証分析を行うと共に、流通関係者(卸売業者、小売業者、流通政策の担当者)への聞き取り調査を実施した。研究成果は多数の国際学会で発表するとともに、国際的な学術専門誌から多数の論文を公刊し、広く成果を発信した。

    競争的資金

  • 先端ビジネスシステムの研究開発教育拠点

    加護野 忠男

    2006年

    競争的資金

  • 高嶋 克義

    日本学術振興会, 科学研究費補助金/基盤研究(B), 基盤研究(B), 神戸大学, 2006年 - 2008年

    本研究では、企業における競争優位の構築のために導入される営業活動のプロセス革新について、営業研究、顧客関係管理論、国際マーケティング論などの各理論視点から考察を行い、営業プロセス革新を導入した日本企業や海外企業の事例分析や質問紙調査に基づいて、さまざまな産業・企業での営業活動におけるプロセス革新の特徴や有効性を検討するとともに、営業プロセス革新がいかにして企業の競争優位の基盤構築を可能にするのかを明らかにした。

    競争的資金

  • 先端ビジネスシステムの研究開発教育拠点

    加護野 忠男

    2005年

    競争的資金

  • 黄 リン

    科学研究費補助金/基盤研究(A), 2005年, 研究代表者

    競争的資金

  • 石井 淳藏

    科学研究費補助金/基盤研究(A), 2005年

    競争的資金

  • 丸山 雅祥, 南川 和充, 鄭 潤チョル, 山下 悠, 松井 建二, 黄 りん

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 神戸大学, 2012年04月01日 - 2017年03月31日

    近年、音楽から書籍、画像、映像を始めとするコンテンツが「デジタル製品」としてネット経由で流通する「デジタル流通革命」が起き、通信や放送、新聞、出版、音楽など、数多くの産業で従来の業界の壁を破壊する産業融合が進行している。本研究では、このデジタル流通革命の経済効果という研究課題に対して、ビジネス・エコノミクスの立場から、ケーススタディ・理論・実証の三位一体の形で取り組み、ビジネスモデルならびに産業構造の変化と社会的厚生との関係を理論と実証の両面から明らかにした。研究成果は多数の国際学会で発表すると共に、国際的な学術専門誌から多数の論文を公刊し、広く成果を発信した。

  • グローバル・ネットワーク型企業における競争基盤と資源展開に関する実証研究

    黄 りん, 石井 淳蔵, 高嶋 克義, 小川 進, 南 知惠子, 栗木 契

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(A), 基盤研究(A), 神戸大学, 2004年 - 2006年

    本研究は、グローバル市場におけるマーケティング資源の戦略展開および管理体制、とくに日本企業における組織資源と情報の移転・共有化のなかで,技術資源と人的資源と並んで、マーケティング資源がどのように展開されているか,また日米企業との比較において、マーケティング資源の展開と管理が日本企業のグローバルな競争優位とどのように関連するのかといった問題を明らかにすることを目的にしています。 分析結果をまとめると、現地化戦略は現地法人の経営業績と正の関係があることを支持する結果になっていないが、親会社の現地経営への強い関与は現地法人の経営業績にマイナスの影響を与える結果を統計的に明らかにしています。 また、親会社が現地法人の取締役員会の主導権を握り、本社から重要なポストに管理職を派遣して現地法人の財務に関して目を光らす経営コントロールのスタイルは、現地での意思決定スピードを遅くし、現地環境の変化への反応能力を阻害することを統計的に示し、このタイプの企業で現地市場での競争力を低下させている可能性がある。 さらに、IBMの営業のマネジメントに着目し、「ソリューション」という複雑なサービス商品の営業に求められる統合的かつ専門的な問題解決を実現するとともに、その営業をグローバルかつ個別的にマネジメントするために構築されている仕組みを明らかにした。 さらに、マーケティング資源のなかで、ブランド資源と関係的資源のマネジメントの理論的な問題を考察し、研究開発における顧客関係資源の重要性を実証的に明らかにし、製造企業と小売企業の関係的資源をベースにした相互作用のなかで実現する複線型開発という概念を提起した。

  • インターネットにおけるコミュニケーションとコミュニティの戦略的構築に関する研究

    石井 淳蔵, 高嶋 克義, 小川 進, 黄 りん, 南 知惠子, 栗木 契

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(A), 基盤研究(A), 神戸大学, 2003年 - 2005年

    本研究は、インターネットにおけるコミュニケーションとコミュニティの戦略的構築について明らかにすることを目的とし、平成15年度から17年度にかけて、3年間にわたり行われた。本報告書は、2部構成をとり、第一部は、インターネット上のコミュニティの戦略的構築に関する研究報告、第二部では、インターネットにおけるコミュニケーションの戦略的構築に関する研究報告とする。 第一部の研究は、研究代表者石井淳蔵の統括のもと、研究代表者自身、研究分担者黄りん、栗木契(平成17年度は海外渡航のため研究組織より離脱)によって、まとめられた。 第一部では、近年急速に発展しつつあるネットコミュニティのうち、とりわけアバター・サイトに焦点をあて、そのビジネスモデルとしての可能性を考察した。アバターは、ネット上で消費者に仮想体験をさせることを可能にし、ネット上で消費行動が完結するために、ネット・ビジネスモデルとしても成功している。仮想経験については象徴性の概念によって理論的に説明がなされる。 第二部は、研究代表者石井淳蔵の統括のもと、研究分担者高嶋克義、小川進、南知惠子(平成17年度は海外渡航のため研究組織を離脱)によって行われた研究についての報告となっている。研究分担者、高嶋克義は、Eコマースと競争構造について注目し、ビジネスの成功要因と制約要因を明らかにした。研究分担者小川進は、インターネットが消費者参加型開発の進展を促していることに注目し、製品アイデアの創造や製品化の可否の決定をユーザー起点で行う仕組みであるUD法を採用し、販売業績において成功しているしくみを明らかにした。研究分担者南知惠子は、ソリューション・ビジネスの事例をもとに、イントラネットとSFA(営業支援システム)、さらにインターネットを通じてのコミュニケーションによってなされていることを明らかにした。

  • 卸売業の構造変化とベンチャー型経営の躍進

    小西 一彦, 中橋 国蔵, 黄 リン, 上瀬 昭司, 秋山 秀一, 西村 順二

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 2003年 - 2004年

    1.わが国の卸売業の現状を把握するとともに、革新的な経営を行うことによって、飛躍的な発展も可能であるような時代に入っていることを、理論的、実証的にも明らかにすることが本研究の目的であり課題であった。前2回の実態調査を踏まえて、今回、新たに、近畿2府4県と東京都まで範囲に入れて、詳細な卸売業経営の実態調査を行うことができた。また、重要な卸売企業の経営者に対して深堀のインタビューを行えた。「現代卸売業研究会」を計10回、開催し理論的考察を行った。これらの共同研究の成果として、小西一彦/現代卸売業研究会編『第3回卸売業経営実態調査』(兵庫県立大学経済経営研究所、2004年9月、1頁-115頁)を刊行することができた。個別的にも、字頁のように、いくつかの研究成果を発表することができた。今回の助成研究で研究申請者らが得た成果は大きかったと総括できる。なお、本様式には掲載されなかったが、今回の研究では、申請者たち以外にも、計9名の研究者・大学院生が「現代卸売業研究会」のメンバーとして参加し、それぞれ関係の研究成果を執筆している。 2.2004年3月に実施した「第3回卸売業経営実態調査」(対象は、比較的大規模卸の東京都1000社、大阪府1000社、兵庫県500社、その他近畿500社、計3000社と、中小零細だがベンチャー型の全国1000社卸を、同一設問でアンケート調査し、それらをいろいろな角度から分析した。その結果、卸売業では、今、猛烈な勢いで規模の拡大や吸収合併が行われているが、意外にも、規模自体は経営成果と相関するところはないことがわかった。規模より経営の考え方や企業化精神、経営理念、市場でのポジショニング、企画力、営業力、技術力、評価システム、職場の雰囲気、意思決定の速さ、など、端的に言えば、ベンチャー的な新しい時代の経営であるか否かこそが、経営の成果と大きく関係していることが確認できた。 3.社会的には相変わらず「卸中抜き」論が根強いが、それは理論的には誤りであること、実際上も飛躍する卸がかなり多く存在していることを、申請者たちはこれまでも繰り返し強調してきたが、今回も、同様のことを、一層、確かなデータに基づいて強調することができる。今、卸売業は、これまでの長い冬の時代を終えて、再活性化の時代を迎えているということができるだろう。阪神・淡路大震災の影響で被害が大きかった地域の卸売業の最新の状況も調査したかったが条件が不足していたのでできなかった。また、一層、体系的な卸売業の理論の構築とマクロ的な政策の提言を行うまでは至らなかった。これらはわれわれに残された大きな課題である。

  • 中国内陸部における地域開発に関する総合的研究:新たな地域開発モデルの構築をめざして

    加藤 弘之, 中兼 和津次, 毛里 和子, 菱田 雅晴, 丸川 知雄, 梶谷 懐, 大島 一二, 黄 りん, 天児 慧, 大塚 豊

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(A), 基盤研究(A), 神戸大学, 2002年 - 2004年

    本研究では、2002年12月、2003年3月、2003年9月の3度、四川省広元市において現地調査を実施し、また2003年8月には新疆ウイグル自治区カシュガルにおいて、2003年12月には四川省南充県において補足調査を実施した。そして、研究成果の公開と内外研究者との交流を目的として、2004年9月4日〜5日に四川省都江堰市において国際シンポジウムを開催した。シンポジウムの開催と論文集の作成については、神戸大学経済学部・経済経営研究所21世紀COEプロジェクト「新しい日本型経済パラダイムの研究教育拠点」から一部資金援助を得た。 本研究で得られた新たな知見はつきのとおりである。 1.グローバル化の進展が内陸部と沿海部との地域格差の拡大に結果していることが明らかにされた。とくに、内陸部の中小都市においてそれは深刻であり、インフラ建設の強化が必ずしも格差縮小をもたらしていない。 1.内陸部県以下レベルの経済が直面している問題の深刻さが明らかになった。その主たる問題は、(1)「喫飯財政」、すなわち支出のほとんどが人件費で消えるような財政状況にあること、(2)制度化された財政収入を表す「予算内資金」が不足していること、(3)負債が積み増されていること、(4)医療、教育などの基本的な公共サービスを実施する人的、物的な力がないことの四点に集約される。 2.教育の役割の重要性が明らかになった。貧困地域での教育レベルを保持するためには、教育関連支出の財政負担を郷村政府から県政府へ移管する必要があるが、それと同時に、有限な資源の有効利用をはかるために、教育の収益性をいかに上げるかにも注目すべきである。 3.土地流動化政策にかかわる新たな論点が明らかになった。グローバル化の直接的インパクトのひとつが、出稼ぎの増大であるが、出稼ぎ者が耕作しなくなった土地をどう有効利用するかが問題となっている。実態調査にもとづくと、農業の収益率が低いため、土地経営権の移転は有効に機能しておらず、農地の粗放的利用が進行している現状が明らかになった。 本研究では、主として県レベルの地方政府、企業、中間組織の活動に焦点をあてて進めたが、研究を進める過程で、より下級の郷村レベルあるいは農家レベルでの生産・消費行動のミクロ分析の必要性を痛感した。この点は今後の研究課題として残されている。

  • 阪神地域における起業支援システムの構築

    谷 武幸, 黄 りん, 岡部 孝好, 坂下 昭宣, 原田 勉, 高嶋 克義, 石井 淳藏, 加登 豊, 金井 壽宏, 宮下 國生, 田村 正紀

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 地域連携推進研究費, 地域連携推進研究費, 神戸大学, 2000年 - 2002年

    最初に設定した研究目的は、起業プロセスとそれを支える社会システム、特に起業支援システムに関する調査を行い、この調査・分析をもとに、阪神地域の特性に合わせた起業支援システムを構築し、これを運用することであった。しかも、「社内起業家塾」を長年にわたって企画し、起業家の育成・支援を行ってきた関西生産性本部と連携して、研究を遂行してきた。 第1年度には、文献をサーベイするとともに、神戸長田地区や東大阪地区におけるフィールド調査に基づき、上場会社4500余社を対象としたサーベイ調査を実施した。店頭上場会社などでは、積極的組織文化が形成されていること、またインターネットをテコに躍進していることが発見された。したがって、起業プロセスにおいて、積極的組織文化やHPの整備が重要といえる。第1年度には、この他、フィールド調査に基づいて、起業プロセスにかかわるケースをいくつか作成した。 第2年度には、阪神地域における起業は、一つには中国企業との連携を取ることから、WTO加盟後の中国市場の変化を見据えて地域発展と企業の事業展開の方向性と可能性を明らかにするため、中国の流通研究者や専門家を招いて、WTO加盟後の流通システムの変化と現状および日本の対応を討論するために、ワークショップを開催するとともに、その成果の出版を行った。さらに、企業間ネットワーク構造と技術的パフォーマンスとの間の関連性を明らかにするため、東大阪市の中小製造業を対象としたサーベイ調査を行った。外部組織との集中的コミュニケーション行動が技術的パフォーマンスにつながっていることを発見した。 第3年度においては、東大阪市地域における前年度のサーベイ調査の分析から、旧技術における経験が新技術の吸収能力に作用するとの仮説を検証できた。 各年度の調査および調査結果は以上の通りであるが、起業支援システムとしてはケース集を42、動画コンテンツを35作成し、神戸大学経営学研究科のHP上で公開している。

  • 新「流通革命」下の卸売業に関する研究

    小西 一彦, 秋山 秀一, 黄 りん, 上瀬 昭司

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 神戸商科大学, 2000年 - 2001年

    申請者たちは「阪神・淡路大震災」で大打撃を被った兵庫県とくに神戸市の経済の復興のためには地域卸売業の発展こそが大きな鍵を握っているという判断の下に、とりあえず3年前に兵庫県下卸売企業を対象に簡単な経営実態調査を実施した。今回はそれを踏まえての第2回目のものであるが、対象が大阪府下の卸売企業まで広げられている。この種の調査では比較的詳細で大規模なものとなった。実施後、詳細に分析を行うとともに、最近わが国の卸売業の構造と行動にはかつてなく大きな変化も見られるようになっていることから、その実情も明らかにしようと試みた。震災の影響は兵庫県の卸売業には今も見られる。しかし、経済の不況の長期化や非被災地の有力競合者らとの競争激化の影響から、目下、県下の卸売企業の経営は戦後で最大の困難に直面している。しかし、そのような状況下にあるにもかかわらず、過去3年間の経営が増収増益であるような企業も多数存在している。それも事実なのである。一般にそれら企業では他にも通じると思われるが、新しい時代を反映した理念や戦略などが採られていることも明らかになった。 こうして、本研究では、第1に、地域卸売業の震災後の経営の実態が明らかにされ、今後の展望が示されている。第2に、最近、「卸中抜き」論、あるいは「新流通革命」論と称してのかつての「流通革命」論と同様な「卸排除」論、「卸衰退」論が喧伝されているが、それは誤りであり、卸売業は新しい発展の時代に入ったことが主張されている。第3に、それについても一層の詳しい研究が必要であると見て、卸売業の分野に集中した共同研究者の集団が形成されたことも大きな成果の一つと考えている。昨年度に引き続き今年度に入ってからも何度となく卸売業の研究会が開催された。それを踏まえて、兵庫県と大阪府の3000社の卸売業に対して経営実態調査が実施された。回答を寄せられた企業577社(兵庫県223社、大阪府322社)に対して「調査結果報告書」が礼状とともに書面で送付された。神戸市と大阪市の両商工会議所からは講演会の開催とその場での申請者たちによる「卸売業の経営実態調査結果」の報告会が開催された。比較的著名な卸売企業約10社の経営者に申請者らが共同でインタビュウを実施した。最後にそれらを受けて今年5月に開催される日本商業学会全国大会でも共同で研究報告が行われることになっている。

  • 新興市場における多国籍企業の市場行動に関する研究

    黄 りん

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 奨励研究(A), 奨励研究(A), 神戸大学, 2000年 - 2001年

    今年度も研究計画に従い、日本企業と欧米企業の本社と現地法人のヒアリングを行った。上海、北京、東莞などの現地調査で中国での市場戦略、現地法人の戦略的位置付け、現地での販売活動、現地からの輸出活動および部品調達の現状と問題、広告・営業活動、代金回収などについて一次情報を収集した。また、平成13年7月にはAntwerp大学CIMDAを訪問し、EU企業の対中投資に詳しい研究者にヒアリングを行った。現地調査では、日系企業や欧米企業の現地法人のほかに海爾など有力現地企業の市場戦略も調査した。さらに外資系企業に関する各種資料を収集し、整理した。 また、日米欧多国籍企業の現地法人を対象に質問票調査を実施した。回収された質問票のデータ入力作業とその統計分析を終え、過去に実施した調査研究と新しい収集した調査データをプールして複数時点間の比較分析を行っている。 現時点では、つぎのような結論といくつかの新しい事実を発見した。1)長期的なコミットメント、ブランド・イメージの確立、全国市場を目指した戦略展開、そして、マーケティング資源の移転が重要であること。2)日本企業のマーケティング活動は相対的に低調であること。3)輸出生産拠点として、また従来の取引先への販売を中心になっていること。4)現地市場でのブランド・イメージの確立やマーケテイング活動が相対的に重視されてないこと。5)日本企業は地域市場適応戦略を採用している。この事実はこの調査研究の大きな発見である。結果的に、日本企業のブランド資産を維持できず、また、ブランド・イメージを確立していない。6)結論的に、生産技術や製造プロセスに関連した資源、あるいは人的資源の移転や蓄積のみでなく、マーケティング資源にもっと目を向ける必要がある。なお、これらの研究成果をとりまとめ、学会での報告を行う予定である。

  • 中国の内陸開発戦略と発展の波及メカニズムについての研究

    加藤 弘之, 黄 りん, 岡本 由美子, 陳 光輝, てき 林瑜, 松永 宣明

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 国際学術研究, 国際学術研究, 神戸大学, 1996年 - 1997年

    本研究の目的は、沿海から内陸への経済発展の波及メカニズムを明らかにし、それを促進するための政府の役割を検討することにある。我々は、沿海から内陸への経済発展の波及のメインルートとして注目されている長江流域地域に焦点を当てて、政府関係部門と現地企業、外資企業への聞き取り調査,および各地の研究者との研究交流を通じて、各地の地域発展の現状を分析し、各地の開発戦略の比較検討を行った。 本研究から得られた新たな知見は以下の3点である。 1.長江を通じた物流ネットワークは充分に機能しているとはいえず、「長江流域共同市場」はいまだ成立していない。ただし、長江沿いの高速道路網の整備が急ピッチで進み、京九鉄道(北京一香港・九龍)が完成するなど、道路と鉄道が地域間での相互依存を高める役割を果たしている。 2.各地方政府は独自に発展戦略を策定しており、発展戦略は地域間での整合性を欠いている。また、中央政府は地域間での発展戦略を調整する機能を十分に持っていない。この欠陥を補うために、地方政府レベルでの政策協調を目指した地域間協力が始まっているか、これまでのところ見るべき成果は上がっていない。 3.行政区画を越えた「地域経済圏」がしだいに形成されつつあるが、その実態は複雑である。家電製品のような産業では激しい市場競争によって全国規模での財の流動化が見られる一方、自動車のような基幹産業では政府の手厚い保護がある。2で指摘したように、地方政府間での発展戦略に整合性が欠けている現状では、激しい市場競争と手厚い保護の併存状況は、今後とも継続するであろう。

  • 中国経済の市場化と物流システムの形成

    黄 りん

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 重点領域研究, 重点領域研究, 神戸大学, 1996年 - 1996年

    本研究課題である「中国経済における物流システムの形成と経済の市場化との関係」を進めた。既存の文献を検討した上で、調査の枠組みを明確すると同時に、中国進出企業データベースを構築した。「長江経済地帯」を中心とした地域経済圏の形成にかかわる物流問題に関する文献と資料を整理し、論文およびその他の形態でその研究成果を発表した。そのなかで、物流という視点からみた「長江経済地帯」開発の現状と展望を明らかにした。これをもとに日本の物流企業を中心にその本社の中国事業担当者を対象に訪問面接調査を実施し、訪問調査の資料および記録を整理した。調査対象企業には、日本通運、日新や日新運輸など物流企業と、中国国内の物流事業を展開している伊藤忠商事や丸紅などの商社も調査した。調査から得た主な発見は、総合商社が「現地市場対応型」の対中投資を行った企業のための物流ネットワークを形成し、それが機能しはじめていること、地域経済圏内のトラック輸送のための道路整備が急速に進み、道路インフラはかなり改善されているが、地域経済圏の間での道路にはまだ問題が多いことなどである。調査の成果に基いて内陸部への投資に関わる問題や長江流域のコンテナ輸送の問題などについて、神戸市「上海・長江交易促進委員会や日本コンテナ協会などのセミナーで報告した。また、中国の物流関連の地域別統計資料をデータベース化し、その分析を行った。分析結果の一部は発表したが、その詳細な結果を論文の形態で発表する予定である。これまでの分析結果からみると、長江デルタ地域の相互作用が強く、広域経済圏が形成しつつある。中国の中部地域の成長核都市は武漢であり、西部地域の成長核都市は重慶と成都であることを地域間の貨物輸送データによっても確認された。さらに、長江水運の障害が多く、中期的にはあまり期待ができないことも明らかになった。

  • 日本の消費者のグリーン意識・環境意識と消費行動に関する実証研究

    黄 りん

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 奨励研究(A), 奨励研究(A), 小樽商科大学, 1994年 - 1994年

    本研究課題である消費者のグリーン意識・環境意識がその消費行動に与えている影響を、食料品の消費行動を中心に研究を進めた。予備調査として主婦、学生のグループインタビューを複数に行い、20人前後の被験者に面接した。平成6年2月29日までに札幌、東京、神戸で300人の被験者にアンケート調査を行い、回答を得た。アンケート調査票は環境問題の関心度、リサイクル行動、食料品の購買行動についての45の質問で構成されている。 分析の結果、日本の消費者の環境意識がきわめて高く、また「地球に優しい」製品の開発、製品の広告・表示・包装、リサイクリングなどのマーケティング問題への関心も高いことを明らかした。しかしながら、グリーン意識と環境意識は必ずしもその消費行動に結び付いてないという実態も明らかにした。また、グリーンコンシューマ-と呼ばれるグループの消費者は、積極的に分別リサイクルに取り組み、食品添加物などの問題に対して拒絶的な態度を示し、食料品への価格弾力性が小さいことも明らかにした。 この研究結果からは、グリーンコンシューマ-を「生活文化」として定着させるためには、エコマークなどの商品環境情報を周知させるシステムづくりの必要性、そして企業が環境マーケティングを押し進める必要性があるという示唆が得られる。 なお、調査結果を現在論文にまとめている段階であるが、95年5月に開催される日本商業学会全国大会で報告する予定である。

  • 外資系企業の経営戦略と経営成果

    吉原 英樹, 黄 リン

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 一般研究(C), 一般研究(C), 神戸大学, 1991年 - 1991年

    本研究課題である外資系企業の経営戦略と経営成果について実証的研究を進めた。日本の中の外国企業(外資系企業)1490社に、企業戦略および研究開発、生産、マ-ケティングなどの機能別戦略、経営成果に関するアンケ-ト調査表を郵送し、平成4年2月29日までに440社から回答を得た。アンケ-ト調査表は、53の質問、18ペ-ジ、日本語と英語の双方で表現、の本格的なものである。440社の回答は、この種のアンケ-ト調査に関しては異例の多さといったよい。アンケ-ト質問の回答に関する統計分析の結果を基礎にして、外資系企業の成功のキ-ファクタ-を明らかにし、理論的な含意を検討した。平成4年3月27日に、外資系企業に関心のある研究者、実務家、コンサルタントなどを対象としたセミナ-でアンケ-ト調査にもとづいた分析結果を報告する予定である。アンケ-ト調就のこれまでの分析から、日本で成功している外資系企業の特徴として、日本市場を重視、日本子会社を戦略拠点にする、自主的経営を実施、現地人(日本人)が社長、イノベ-ションを生み出す、イノベ-ションの成果を本国親会社に逆移転している、などが明らかになっている。アンケ-ト調査と並行して主要な外資系企業への訪問インタビュ-調査を実施した。そのインタビュ-調査の分析は現在進めているが、すでに1編の研究論文ができている。黄論文は、外資系自動車メ-カ-のなかで成功しているビ-・エム・ダブリュ-のケ-スを分析した。そのなかで、マ-ケティング・イノベ-ションと現地市場への適応の重要性を示し、日本市場で成功するための外資系企業のマ-ケティング戦略の特徴を検討した。以上のような研究からえた成果は、多国籍企業の理論の新しい展開のための材料でもある。すなわち、多国籍企業にとって日本市場および日本子会社の戦略的な位置づけ、自律的な経営と革新の双方向的な移転の間題はますます重要になろう。