研究者紹介システム

井上 一哉
イノウエ カズヤ
大学院農学研究科 食料共生システム学専攻
准教授
農業工学関係
Last Updated :2021/05/12

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院農学研究科 食料共生システム学専攻
  • 【配置】

    農学部 食料環境システム学科

学位

  • 農学博士, 京都大学

授業科目

ジャンル

  • 環境・交通 / 農業

コメントテーマ

  • 土壌汚染
  • 地下水汚染
  • ランダムウォーク粒子追跡法
  • オランダの地下水利用
  • 雪崩

研究活動

研究分野

  • 環境・農学 / 地域環境工学、農村計画学

受賞

  • 2015年05月 土木学会, 2014年度応用力学論文賞, 粒子追跡法を用いた不均質帯水層における揚水井の集水域と汚染物質流入確率のアンサンブル推定

    井上 一哉, 松山 紗希, 田中 勉

    日本国

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2012年11月 神戸大学農学部六篠会, 六篠若手賞, 地下水汚染物質の移流分散現象に関する数値モデリングと健康リスク評価への応用

    井上 一哉

    その他の賞

  • 2011年11月 日本雨水資源化システム学会, 日本雨水資源化システム学会 奨励賞, 地下水汚染物質の移流分散現象に関する数値モデリングと健康リスク評価への応用

    井上 一哉

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2009年05月 国際地盤工学会議IS-Kyoto 2009, 国際地盤工学会議IS-Kyoto 若手研究者賞, Assessment of Well Capture Zone Using Particle Tracking

    井上 一哉

    国際学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2006年11月 農業土木学会, 農業土木学会京都支部研究奨励賞, 柵渠水路底面の浸透破壊 -平常水位と水位上昇時の解析-

    井上 一哉

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2005年08月 地盤工学会, 優秀論文発表賞, 物質移動特性の不確実性を考慮した観測井配置の検討

    井上 一哉

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

論文

  • Effects of truncation on transport parameters estimated from spatial and temporal moments in homogeneous porous media

    Tomoki Kurasawa, Mariko Suzuki, Kazuya Inoue

    2020年10月, The Seventh Asian-Pacific Symposium on Structural Reliability and Its Applications (APSSRA2020), 283 - 288, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Prediction of dam leakage using machine learning

    Kazuya Inoue, Mariko Suzuki

    2020年10月, The Seventh Asian-Pacific Symposium on Structural Reliability and Its Applications (APSSRA2020), 341 - 346, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Experimental assessment of solute dispersion in stratified porous media

    Tomoki Kurasawa, Mariko Suzuki, Kazuya Inoue

    2020年10月, Hydrological Research Letters, 14 (4), 123 - 129, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Fundamental study on properties of short fiver-reinforced concrete mixed with expansive additive and shrinkage reducing admixture

    Mariko SUZUKI, Yasuhiro OKUDA, Takashi OHSAWA, Kensaku ICHIKAWA, Kazuya INOUE

    2020年08月, Advances in Construction Materials Proceedings of the Conmat'20, 849 - 857, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 鈴木 麻里子, 齊藤 裕仁, 松家 武樹, 松下 晴彦, 井上 一哉

    砕石製造過程の濁水処理に伴い発生する脱水ケーキは,大部分が利用されず埋立て処分されている.処分場の残余容量逼迫の緩和および有限な天然資源の確保を図るためにも,砕石脱水ケーキの有効利用が望まれている.そこで本研究では,粘結性に優れる砕石脱水ケーキを遮水材などの土質材料へ利用することを想定し,物理試験や力学試験を実施するとともに土工用粘性土などと比較した.その結果,砕石脱水ケーキは粘性土と大きく異なる性質を有し,特に締め固めた土の一般的な力学的性質と一致しなかった.ゆえに,砕石脱水ケーキは,従来の土質材料の管理手法では扱えない可能性が示唆された.また,砕石脱水ケーキの強度増加には,含水比の低減や粒度調整が有効であり,特に含水比の低減が効果的であることが明らかとなった.

    公益社団法人 農業農村工学会, 2020年, 農業農村工学会論文集, 88 (2), I_179 - I_184, 日本語

    [査読有り]

  • 溶質のマクロ分散現象に及ぼす物理的不均質場のアップスケール効果

    倉澤智樹, 井上一哉

    2019年12月, 土木学会論文集A2(応用力学), 75 (2), I_93 - I_104, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ダルシー・非ダルシー遷移領域での溶質分散性に関する実験的検討

    鈴木美妃, 鈴木麻里子, 北嶋竜也, 井上一哉

    2019年11月, 土木学会論文集B1(水工学), 75 (2), I_1213 - I_1218, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 混和材料を配合したコンクリートの乾燥収縮ひび割れ抑制効果に関する定量的評価

    鈴木 麻里子, 奥田 康博, 大澤 孝史, 岩本 昭仁, 井上 一哉

    2019年06月, 農業農村工学論文集, 87 (1), I_117 - I_122, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 群知能によるパラメータ最適化

    井上 一哉, 鈴木 麻里子

    土木学会, 2018年12月, 土木学会論文集A2(応用力学), 74 (4), 33 - 44, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 地下ダム止水壁の透水性能に応じた溶質輸送現象に関する実験的検討

    井上 一哉, 高田 大輝, 濱田 莉菜子, 鈴木 麻里子, 小林 晃

    土木学会, 2018年11月, 土木学会論文集B1(水工学), 74 (5), 343 - 348, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Experimental investigations on solute transport behavior in subsurface dam corresponding to hydraulic barrier performance of cut-off wallEvaluation of non-Darcy flow and solute transport in porous media through column experiments hydraulic barrier perform

    Kitajima Tatsuya, Inoue Kazuya, Suzuki Mariko, Tanaka Tsutomu

    PAWEES, 2018年11月, Proceeding of PAWEES and INWEPF 2018, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Experimental investigations on solute transport behavior in subsurface dam corresponding to hydraulic barrier performance of cut-off wall

    Takada Hiroki, Inoue Kazuya, Hamada Rinako, Suzuki Mariko, Tanaka Tsutomu

    PAWEES, 2018年11月, Proceeding of PAWEES and INWEPF 2018, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Experimental investigations on solute transport behavior in underground dam

    Hamada Rinako, Inoue Kazuya, Takada Hiroki, Tanaka Tsutomu

    International Society of Offshore and Polar Engineering, 2018年06月, Proceedings of the 28th International Offshore and Polar Engineering Conference, 769 - 774, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 小型二次元矢板締切り地盤において相対密度が浸透流及び浸透破壊特性に及ぼす影響

    田中 勉, 永井 茂, 笠松晃次, 前田直人, 上野夏貴, 藤井理央, 井上一哉

    神戸大学都市安全研究センター, 2018年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 22 (1), In printing, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 地下ダム貯水湖内の溶質輸送挙動に関する実験的検討

    井上 一哉, 濱田 莉菜子, 小林 晃

    土木学会, 2018年02月, 土木学会論文集B1(水工学), 74 (4), 25 - 30, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 中規模溶質輸送実験を用いた溶質マクロ分散性に及ぼす相関長と不均質度の影響評価

    井上 一哉, 小尾 泰輝, 濱田 莉菜子, 教野 真帆, 田中 勉

    土木学会, 2017年12月, 土木学会論文集A2(応用力学), 73 (2), 85 - 96, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Assessing solute macrodispersion in heterogeneous porous formations using random walk particle tracking

    Hamada Rinako, Inoue Kazuya, Kobi Yasuteru, Tanaka Tsutomu

    ACOMEN2017, 2017年09月, Book of abstracts of the 7th International Conference on Advanced Computational Methods in Engineering, 43 - 45, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Half 2D Model Tests on Seepage Failure of Soil in front of Sheet Piles and Non-Dimensional Formulization of the Critical Hydraulic Head Difference Hc

    永井 茂, 田中 勉, 三木 昂史, 笠松 晃次, 井上 一哉

    ISOPE (International Society of Offshore and Polar Engineering), 2017年06月, Proceedings of the 16th International Offshore and Polar Engineering Conference & Exhibition 2017 (ISOPE-2017), In printing, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Yasuteru Kobi, Kazuya Inoue, Tsutomu Tanaka

    Solute transport phenomenon is one of the crucial issues in predicting and spreading of a contaminant plume in natural aquifers. In this study, conservative solute transport simulations were conducted in two-dimensional heterogeneous aquifers to assess the transitional development of temporal moment characteristics up to the fourth order associated with macrodispersion phenomena. The aquifer system investigated here relied on the hydrogeologic data in the southwest of the Netherlands and was modeled as the heterogeneous aquifer with a certain geometric variance. Three types of physical heterogeneities in subsurface materials were represented as randomly correlated hydraulic conductivity fields, which were geostatistically generated under the isotropic assumption of the correlation length. Random walk particle tracking linked with temporal moment approach, which was based on observed breakthrough curves at several predefined control planes, demonstrated asymptotic variations of the second and fourth moments. Results also showed that the degree of the physical heterogeneity affected the degree of the increase of each moment, indicating that this plume behavior reflected the hydraulic conductivity distribution on which the evolution of plume was considerably dependent.

    GEOMATE International Society, 2017年05月01日, International Journal of GEOMATE, 12 (33), 114 - 121, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 溶質輸送特性の不確実性を伴う地下水揚水法の影響領域に関する数値解析的検討

    井上 一哉, 上田 祥央, 田中 勉

    2017年03月, 神戸大学都市安全センター研究報告, 21, 306 - 314, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • ランダムウォーク粒子追跡法による地下水揚水処理範囲の三次元確率空間分布推定

    井上 一哉, 藤白 沙都, 田中 勉

    土木学会, 2017年02月, 土木学会論文集B1(水工学), 73 (4), 55 - 60, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 水溶性汚染物質の地下水揚水可能範囲に対する確率空間分布の時系列推定方法

    井上 一哉, 上田 祥央, 田中 勉

    土木学会, 2016年12月, 土木学会論文集A2(応用力学), 72 (2), 121 - 132, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Moment Characteristics of Solute Macrodispersion Phenomena in Heterogeneous Aquifers

    小尾 泰輝, 井上 一哉, 田中 勉

    GEOMATE International Society, 2016年11月, Proceedings of the Second International Conference on Science, Engineering and Environment, 764 - 769, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Experimental findings of soil particle movement in 2D seepage failure of soil using Particle Image Velocimetry

    TANAKA TSUTOMU, SANNABE SOSUKE, NAGAI SHIGERU, KASAMATSU KOHJI, INOUE KAZUYA

    TC213 of ISSMGE (Internation Society of Soil Mechanics and Geotechnical Engineering), 2016年09月, Proceedings of the Eighth International Conference on Scour and Erosion (ICSE-8), Oxford, UK September 12-15 2016, 8 (1), In printing, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Quantification of Macrodipsersion in Laboratory-Scale Heterogeneous Porous Formations

    INOUE KAZUYA, KURASAWA TOMOKI, TANAKA TSUTOMU

    GEOMATE International, 2016年05月, International Journal of GEOMATE, 10 (21), 1854 - 1961, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 二次元矢板締切り地盤の浸透破壊におけるPIV解析と地盤形状の変化

    田中 勉, 参鍋 漱祐, 永井 茂, 笠松 晃次, 井上 一哉

    2016年02月, 地盤工学会誌「土と基礎」, 64 (2), 18 - 21, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 後方粒子追跡法による取水井の集水域の確率分布推定法

    井上 一哉, 田中 勉

    土木学会, 2016年02月, 土木学会論文集B1(水工学), 72 (4), I_271 - I_276, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 中規模溶質輸送実験による不均質多孔質体内の溶質マクロ分散現象と局所的不均質性の定量化

    井上 一哉, 藤原 隆之, 倉澤 智樹, 田中 勉

    土木学会, 2016年01月, 土木学会論文集A2(応用力学), 71 (2), I_691_I_702, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ランダムウォーク粒子追跡法を用いた不均質帯水層内の複数揚水井への溶質到達領域と到達時間の空間分布推定

    井上 一哉, 田中 勉

    土木学会, 2016年01月, 土木学会論文集A2(応用力学), 71 (2), I_79 - I_90, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Laboratory-Scale Macrodispersion in Heterogeneous Porous Formation and Its Quantification Using Spatial and Temporal Moment Approaches

    INOUE KAZUYA, KURASAWA TOMOKI, TANAKA TSUTOMU

    GEOMATE International, 2015年11月, Proceedings of Fifth International Conference on Geotechnique, Construction Materials and Environment, 102 - 107, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Identifying Macrodispersion in Stratified Porous Formations Using Spatial and Temporal Moment Approaches

    INOUE KAZUYA, KURASAWA TOMOKI, FUJIWARA TAKAYUKI, TANAKA TSUTOMU

    The International Society of Offshore and Polar Engineers, 2015年06月, Proceedings of the 25th International Offshore and Polar Engineering Conference, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • ランダムウォーク粒子追跡法による取水井の溶質捕獲領域とトラベルタイム推定

    井上 一哉, 倉澤 智樹, 田中 勉

    This paper presents a stochastic methodology using random walk particle tracking to estimate solute capture zones in a pumping well. Realizations of heterogeneous aquifer are represented as randomly correlated hydraulic conductivity and partition coefficient fields. By superposition of all solute capture zones, probability distributions are obtained that describe the probabilit

    土木学会, 2015年02月, 土木学会論文集B1(水工学), 71 (4), I_229 - I_234, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Random walk particle tracking for quantifying anomalous transport in laboratory-scale, heterogeneous porous formations

    K. Inoue, T. Fujiwara, T. Tanaka

    Intermediate-scale laboratory solute transport experiments on heterogeneous porous media were conducted in a 1 m length, 1 m height and 0.03 m thickness sandbox with small blocks of fine sand. Use of visualization of dye solution linked with spatial moment analysis was applied to the identification of the changes in anomalous transport in longitudinal and transverse directions caused by the presence of physical heterogeneities. Random Walk Particle Tracking (RWPT) was employed to reconstruct the dye tracer behavior in the abrupt changes of physical properties of the porous materials. The applicability of RWPT was also verified numerically through macrodispersivity estimation using spatial moment approaches based on dye tracer distributions, demonstrating a good agreement between the experimental and numerical results. Experimental and numerical results adequately displayed the macrodispersivity evolution subject to the existence of abrupt change of hydraulic conductivity. Furthermore, the results demonstrated that the physical heterogeneity relevant to the hydraulic conductivity is not a unique factor to define the longitudinal macrodispersivity.

    CRC PRESS-TAYLOR & FRANCIS GROUP, 2015年, Computer Methods and Recent Advances in Geomechanics, 607 - 612, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Kazuya Inoue, Tsutomu Tanaka

    A series of solute transport simulations in physically heterogeneous aquifers were conducted to assess the impacts on macrodispersion under saturated flow conditions. The aquifer system of concern relied on the hydrogeological data in a site in the Netherlands and was generated geostatistically as randomly correlated hydraulic conductivity. Ensemble computations in 100 realizations were based upon random walk particle tracking linked with temporal moments to estimate three macrodispersivities. The results showed the scale dependence of macrodispersivities and the asymptotic nature of longitudinal macrodispersivity. From a practical standpoint, the simulations demonstrated that control plane and its middle element provide almost identical macrodispersivity estimates in terms of transverse mixing, but differ markedly from estimates of longitudinal mixing.

    Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, 2015年, 15th Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, ARC 2015: New Innovations and Sustainability, 685 - 690, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Tsutomu Tanaka, Ritsu Tachimura, Shinya Kusumi, Shigeru Nagai, Kazuya Inoue

    For deep and/or large excavation of soil with a high ground water level, three-dimensional seepage flow through soil within a cofferdam is a problem. Three-dimensionally concentrated flow lowers the stability against seepage failure more than in the two-dimensional condition. To clarify the three-dimensional seepage failure mechanism, experiments were conducted under three-dimensional flow conditions for various cases, and analyses of FEM seepage flow and stability against seepage failure of soil were carried out. Theoretical critical hydraulic head differences based on the Prismatic failure concept are defined as HPF. From experiments, the hydraulic head differences at an abrupt change of discharge Hd, at the onset of soil deformation Hy, and at failure Hf are considered. The self-stabilizing effects and the method for estimating Hf using the value HPF are discussed.

    Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, 2015年, 15th Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, ARC 2015: New Innovations and Sustainability, 1 (1), 1608 - 1613, 英語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 粒子追跡法を用いた不均質帯水層における揚水井の集水域と汚染物質流入確率のアンサンブル推定

    井上 一哉, 松山 紗希, 田中 勉

    本研究では,地下水揚水に伴う揚水井の集水域を後方粒子追跡法により効率的に推定する方法を提案した.また,面積と周長の推定に加えて,移流時間の等しい集水域同士をアンサンブル推定する方法を考案した.不均質透水場を対象に,サイトデータを基に不均質度の等しい100通りの透水係数分布を地球統計学的に発生させ,集水域を推定した.その結果,透水係数の不均質度と揚水量の増加は集水域分布の推定確率を低下させる方向に作用する結果を得た.また,ランダムウォーク粒子追跡法を用いて,移流時間の異なる集水域ごとに,集水域から揚水井に至る汚染物質の流入確率をアンサンブル推定した.その結果,低い揚水量ほど揚水井への物質流入確率は低下し,遅延係数の空間分布を化学的不均質性として考慮すると,流入確率はさらに低下する結果を得た.

    土木学会, 2014年12月, 土木学会論文集A2分冊(応用力学), 70 (2), I_51 - I_62, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • A case study of piping failure of dams caused by Typhoon No.15 in 2011 on Awaji Island

    Tsutomu Tanaka, Shinya Kusumi, Takashi Miki, Ritsu Tachimura, Kazuya Inoue

    ICSE7, 2014年12月, Seventh International Conference on Scour and Erosion (ICSE-7), (1), In printing, 英語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Attenuation of Nitrate and Chloride Impacts in Porous Media by Use of Rice and Food Residues

    Saki Matsuyama, Kazuya Inoue, Tsutomu Tanaka

    IWA, 2014年11月, Proceedings of the 9th IWA International Symposium on Waste Management Problems in Agro-Industries, 578 - 585, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Effects of Use of Agricultural Wastes on Nitrate or Chloride Transport in Porous Media

    Kazuya Inoue, Saki Matsuyama, Tsutomu Tanaka

    This paper investigated the possible use of agricultural wastes including rice husk, rice straw and rice bran for attenuation nitrate- or chloride-induced problems such as nitrate pollution or soil salinization in porous media. Column experiments with 30cm in length were carried out under saturated flow conditions using two different solutions of KNO3 and NaCl. Each agricultura

    JRCSA, 2014年07月, Journal of Rainwater Catchment Systems, 20 (1), 19 - 27, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 既設老朽管の損傷レベルが更生管力学挙動に与える影響

    澤田 豊, 園田 悠介, 小野 耕平, 井上 一哉, 毛利 栄征, 有吉 充, 河端 俊典

    農業農村工学会, 2014年06月, 農業農村工学会論文集, (291), 25 - 31, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Finite Element Analyses on Mechanical Behavior of Inner Rehabilitated Pipes Affected by Outer Aging Pipes

    Ono, K, Sawada, Y, Izumi, A, Miki, T, Sonoda, Y, Inoue, K, Kawabata, T, Ligh, H. I, Hinobayashi, J

    2014年06月, Proceedings of the 24th International Society of Offshore and Polar Engineering Conference, 709 - 714, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Assessing Reuse of Agricultural and Food Residues for Nitrate Attenuation in Porous Media

    Kazuya INOUE, Saki MATSUYAMA, Tsutomu TANAKA

    Nitrate pollution in groundwater is related to surplus nitrate fertilizers and animal waste disposal. As high nitrate concentration leads to health concern, mass reduction of nitrate in a contaminated site is important. From the perspective of recent reuse streams, this paper assessed the potential of agricultural and food residues such as rice husk, rice straw and used coffee

    2014年03月, International Journal of GEOMATE, 6 (1), 779 - 784, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 単純化した不均質帯水層内の溶質分散実験と数値解析による評価

    井上 一哉, 藤原 隆之, 田中 勉

    Laboratory-scale experiments on simplified heterogeneous porous media were conducted in a 100 - 100 - 3 cm sandbox with small blocks of fine or coarse sand. The use of visualization of dye solute and the measurement of NaCl concentration were applied to transitional estimates in longitudinal and transverse dispersivities caused by the presence of heterogeneities. Results showe

    土木学会, 2014年02月, 土木学会論文集B1(水工学), 70 (4), 1105 - 1110, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • K. Ono, K. Inoue, Y. Sawada, A. Izumi, Y. Sonoda, T. Miki, Y. Mohri, H. I. Ling, L. Li, J. Hinobayashi, T. Kawabata

    This paper discusses an experimental study on the pipe rehabilitation method for the purpose of establishing a fundamental design standard. In this method, as the new pipe is directly inserted into the aging pipe, there are several possibilities in terms of cost reduction. It is not clear how the damaged outer pipe mechanically influences the inner pipe through interaction with the surrounding soil when an external force is applied to the ground. In this study, centrifuge model tests for the buried pipe are carried out. The test results indicated that deformation mode of the new pipe largely depends on the damage level of the outer pipe. When the damage state is not serious, the outer pipe protects the inner pipe from deforming and behaves positively. However, the outer pipe, if at ultimate limit state, has almost no influence on the mechanical behavior of the inner pipe. Additionally, the concentration of stress within the inner pipe tends to occur at the position where there is cracking of the outer pipe in a certain damaged condition. © 2014 American Society of Civil Engineers.

    American Society of Civil Engineers (ASCE), 2014年, Pipelines 2014: From Underground to the Forefront of Innovation and Sustainability - Proceedings of the Pipelines 2014 Conference, 1040 - 1048, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Identifying Solute Dispersivity in Unsaturated Porous Media Using a Non-Intrusive Technique

    Kazuya INOUE, Takayuki FUJIWARA, Tsutomu TANAKA

    A non-intrusive methodology using spatial moment analysis linked with image processing of a dye tracer behavior in porous media was applied to identify time-series variation of dispersivities not only in longitudinal but in transverse directions under saturated and unsaturated conditions. Dye tracer experiments were carried out in a two-dimensional and vertically placed water t

    2013年12月, International Journal of GEOMATE, 5 (2), 743 - 748, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Reuse of Agricultural and Food Residues for Retarding and Attenuating Nitrate in Porous Media

    Kazuya INOUE, Saki MATSUYAMA, Tsutomu TANAKA

    2013年11月, Proceedings of the Third International Conference on Geotechnique, Construction Materials and Environment, 439 - 444, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Dye Tracer Experiments for Identifying Solute Dispersivity in Unsaturated Porous Media

    Kazuya INOUE, Takayuki FUJIWARA, Tsutomu TANAKA

    2013年11月, Proceedings of the Third International Conference on Geotechnique, Construction Materials and Environment, 433 - 437, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 不均質地盤を対象とした中規模溶質輸送実験と空間・時間モーメント法による溶質分散パラメータ同定

    井上 一哉, 藤原 隆之, 田中 勉

    Geological media exhibit heterogeneities in their hydraulic properties, which lead to enhanced spreading and mixing of the transported solutes.
    Intermediate-scale laboratory experiments on heterogeneous porous media were conducted in a 1 m (length), 1 m (height) and 0.03 m (depth) sandbox with small blocks of fine or coarse sand.
    The use of visualization of dye solute and the

    2013年09月, 土木学会論文集A2分冊(応用力学), 69 (2), 9 - 18, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Simultaneous Estimation of Transverse and Longitudinal Dispersion in Unsaturated Soils Using Spatial Moments and Image Processing

    Kazuya INOUE, Haruka SHIMADA, Tsutomu TANAKA

    A new methodology using spatial moment analysis linked with image processing of a dye tracer behavior in porous media was developed to estimate dispersivities not only in longitudinal but in transverse directions. Laboratory and field tracer experiments using a relatively mobile dye tracer Brilliant Blue FCF were conducted under saturated and unsaturated flow conditions. Dye tr

    2013年09月, Proceedings of the 18th International Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, 3033 - 3036, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Effects of Plane Shapes of a Cofferdam on 3D Seepage Failure Stability and Axisymmetric Approximation

    田中 勉, 久住 慎也, 井上 一哉

    Under construction

    2013年09月, Proceedings of the 18th International Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, 2103 - 2106, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Use of Zero-Valent Iron Powder for Nitrate Reduction in Soil under Saturated and Unsaturated Conditions

    Kazuya INOUE, Haruka SHIMADA, Ikko IHARA, Tsutomu Tanaka

    This paper presented a potential use of zero-valent iron (ZVI) powder for the reduction and retardation of nitrate in soil columns under saturated and unsaturated flow conditions. Uniform mixture ratios of ZVI powder with soil were of concern in the range of 30 % by weight of soil in order to investigate the change of mobility and reduction of nitrate. As a comparison, layered

    2013年06月, Journal of Water and Environment Technology, 11 (3), 175 - 185, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ランダムウォーク粒子追跡法による不均質帯水層内の溶質マクロ分散評価

    井上 一哉, 藤原 隆之, 田中 勉

    Conservative and sorptive transport simulations were conducted in heterogeneous aquifers to assess characteristics of macrodispersion. Heterogeneities in subsurface materials were represented as randomly correlated hydraulic conductivity and sorption partition coefficient fields. Transport computations were based upon a random walk particle tracking model linked with temporal a

    2013年02月, 土木学会論文集B1(水工学), 69 (4), 583 - 588, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 色素トレーサと画像処理,空間モーメント法を融合した不飽和領域における縦分散と横分散の推定

    井上 一哉, 鈴木 克季, 島田 遥, 小林 晃, 田中 勉

    A new methodology using spatial moment analysis linked with image processing of a dye tracer behavior in porous media was developed to estimate dispersivities not only in longitudinal but in transverse directions. Laboratory tracer experiments using a relatively mobile dye tracer Brilliant Blue FCF were conducted under saturated and unsaturated flow conditions. Uniformly packed

    2012年09月, 土木学会論文集A2分冊(応用力学), 68 (2), 527 - 538, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Assessment of Nitrate Reduction Using Zero-Valent Iron Powder in Soil Columns

    Kazuya INOUE, Haruka SHIMADA, Ikko IHARA, Tsutomu TANAKA

    2012年09月, Proceedings of the 9th International Symposium on Ecohydraulics, 8pages, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Seepage Failure of Sand in Three Dimensions -Experiments and Numerical Analyses-

    田中 勉, 宋 爽, 芝 優大, 久住 慎也, 井上 一哉

    Under construction

    2012年05月, Sixth International Conference on Scour and Erosion (ICSE-6), 1535 - 1542, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 画像処理による油輸送の定量化手法の開発とホットウォーターフラッシング実験への適用

    井上 一哉, 竹之内 亮, 光田 和希, 田中 勉

    Under construction.

    土木学会, 2012年04月, 土木学会論文集B1(水工学)特別号・水工学論文集, 68 (4), 565 - 560, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Quantifying Macrodispersion in Stratified Porous Formations Using Image Processing and Spatial Moment Analysis

    Katsutoshi SUZUKI, Kazuya INOUE, Akira KOBAYASHI, Tsutomu TANAKA

    Laboratory dye tracer experiments with a pulse source were conducted under saturated unidirectional flow conditions in a two-dimensional and vertically placed water tank. In tracer experiments, homogeneous and stratified porous formations, which were comprised by a few combinations with three types of soil particles, were of concern to examine the effect of variation of pore st

    2011年12月, International Journal of GEOMATE, 1 (2), 88 - 94, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Experimental Investigation for Nitrate Reduction Using Iron Powder in Porous Media

    Haruka SHIMADA, Kazuya INOUE, Ikko IHARA, Tsutomu TANAKA

    This paper assessed the potential of iron powder as a nitrate reduction and retardation material in porous media. Under saturated and unsaturated flow conditions, column experiments were conducted in silica sand with a mixture of two kinds of iron powders. Experimental breakthrough curves were analyzed using temporal moments not only to estimate the retardation factor and the d

    2011年12月, International Journal of GEOMATE, 1 (2), 111 - 116, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Using Spatial Moments in Conjunction with Image Processing to Estimate Macrodispersion in Stratified Aquifers

    Katsutoshi SUZUKI, Kazuya INOUE, Akira KOBAYASHI, Tsutomu TANAKA

    2011年11月, Proceedings of the First International Conference on Geotechnique, Construction Materials and Environment, 281 - 286, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Random Walk Particle Tracking to Assess Macrodispersion in Stratified Aquifers under Chemically Heterogeneous Conditions

    Kazuya INOUE, Haruka SHIMADA, Tsutomu TANAKA

    2011年11月, Proceedings of the Fifth International Conference on Advanced Computational Methods in Engineering, 1 - 10, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Experimental Investigation for Nitrate Reduction Using Iron Powder in Porous Media

    Haruka SHIMADA, Kazuya INOUE, Ikko IHARA, Katsutoshi SUZUKI, Tsutomu TANAKA

    2011年11月, Proceedings of the First International Conference on Geotechnique, Construction Materials and Environment, 275 - 280, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 溶質のマクロ分散とトラベル時間に与える成層地盤のアップスケールの影響

    井上 一哉, 島田 遥, 田中 勉

    This paper presents advective-dispersive solute transport processes using a random walk particle tracking approach in upscaled stratified aquifers. An upscaling of hydraulic conductivity distributions is conducted not only for the idealized stratified aquifers but also for an aquifer in a field where the profile of hydraulic conductivity distributions in a vertical direction wa

    土木学会, 2011年09月, 土木学会論文集A2分冊(応用力学), 67 (2), 521 - 532, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Assessment of a UV Excited Fluorescent Dye Technique for Estimating Solute Dispersion in Porous Media

    Kazuya INOUE, Ryo TAKENOUTI, Akira KOBAYASHI, Tsutomu TANAKA

    Dyes are important tracers to investigate subsurface water movement and solute transport processes. Laboratory tracer experiments with a fluorescent dye, Brilliant Sulfaflavine, are carried out in a two-dimensional water flow tank uniformly packed with glass beads over a wide range of steady state water flow rates. Under ultraviolet (UV) illumination conditions the fluorescent

    雨水資源化システム学会, 2011年07月, Journal of Rainwater Catchment Systems, 17 (1), 1 - 9, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Theory and Experimental Findings of Seepage failure of Soil under Various Flow Conditions

    田中 勉, 橋本 和樹, 井上 一哉

    Under construction.

    2011年05月, Proceedings of the 14th Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, 6pages in CD-ROM, 1 - 6, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 色素トレーサと空間モーメント解析を用いたマクロ分散長推定法

    井上 一哉, 小林 晃, 鈴木 克季, 竹之内 亮, 田中 勉

    Laboratory dye tracer experiments with a pulse source were conducted in homogeneous and stratified porous formations under saturated unidirectional flow conditions. % which was comprised by a few combinations with three types of soil particles. A new methodology using spatial moment analysis linked with image processing of a dye tracer behavior was developed to estimate macrodi

    土木学会, 2011年02月, 水工学論文集, 55, 603 - 618, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Health Risk Assessment for a Leachate Plume from a Landfill under Different Hydrogeological Conditions

    Kazuya INOUE, Gerard J.M. UFFINK, Akira KOBAYASHI, Tsutomu TANAKA

    Risk assessment is an effective scientific tool which enables to quantify the human health impacts due to exposure to contaminated water. This paper aims at presenting an integrated approach for the health risk assessment of subsurface contamination by benzene leached from a landfill in the Netherlands and at demonstrating the effect of hydrogeological conditions such as the hy

    雨水資源化システム学会, 2011年01月, Journal of Rainwater Catchment Systems, 16 (2), 1 - 12, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Assessment of the Use of Hand Warmer for Nitrate Retardation in Porous Media

    Kazuya INOUE, Ikko IHARA, Akari YOSHINO, Tsutomu TANAKA

    This paper assessed the possible reuse of used hand warmer contents (HWCs) as a nitrate retardation material in porous media. Under saturated and unsaturated flow conditions, column experiments with a pulse source of potassium nitrate solution were conducted in silica sand and Andisols with a mixture of HWCs. Mixture of HWCs and flow velocities in a flow field were varied in or

    2010年12月, Journal of Water and Environment Technology, 8 (4), 355 - 362, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 粒子追跡法と時間・空間モーメント法による取水井の物質回収評価

    井上 一哉, 光田 和希, Gerard J.M, UFFINK, 田中 勉

    The objective of this study is to assess the capture performance of an extraction well using particle tracking approaches. A series of chemical transport simulations with first-order reaction and retardation were conducted in physically heterogeneous stratified aquifers. Backward and random walk particle tracking approaches were applied to delineate time-related capture zone re

    土木学会, 2010年09月, 応用力学論文集, 13, 847 - 858, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 二次元堤体のパイピング破壊に関する実験的研究

    田中 勉, 土居 央, 井上 一哉

    Under construction.

    神戸大学都市安全研究センター, 2010年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, (14), 203 - 212, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 成層地盤のマクロ分散に及ぼす物理的・化学的不均質性の影響に関する粒子追跡アプローチ

    井上 一哉

    A series of chemical transport simulations in physically and chemically heterogeneous stratified aquifers were conducted to assess the impacts on macrodispersion. Transport computations were based upon a random walk particle tracking model linked with spatial and temporal moment approaches. The results indicated that the longitudinal macrodispersivity depends upon the variance

    土木学会, 2010年02月, 水工学論文集, 54, 607 - 612, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Disparity of Macrodispersivity Estimated from Temporal and Spatial Moments Using Random Walk Particle Tracking in Heterogeneous Porous Formations

    Kazuya INOUE, Gerard J.M. UFFINK, Akira KOBAYASHI, Naoko MATSUNAGA, Tsutomu TANAKA

    This paper presents advective and dispersive solute transport processes in naturally heterogeneous porous formations based on a random walk particle tracking method. Specifically, the disparity of macrodispersivities estimated from temporal moments of breakthrough curves at control planes and from spatial moments of particle cloud is investigated in non-uniform flow systems und

    雨水資源化システム学会, 2010年01月, Journal of Rainwater Catchment Systems, 15 (2), 21 - 31, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuya Inoue, Tsutomu Tanaka, Naoko Setsune

    Risk assessment is meaningful to quantitatively define adverse effects on human health and natural environment and it is possible to choose the most effective action related to groundwater contamination. In this paper, parameter uncertainties in risk assessment in geo-environmental system are examined through a probabilistic application of deterministic contaminant transport model using Latin hypercube sampling. One of the agricultural chemicals, 1,3-dichloropropene, is of concern to simulate its fate released from a line source in a two-dimensional homogeneous aquifer. The results indicate that the degree of the effect of parameter uncertainty is spatially different at exposure points and the dispersivity and the retardation factor are influential parameters to risk values while the water ingestion rate and the reduction factor of contaminant source play small roles in predicting the risk. Furthermore, it is found that the parameter uncertainty should be addressed in risk assessment procedures for groundwater contamination associated with agricultural chemicals. Copyright © 2009 Inderscience Enterprises Ltd.

    2009年12月, International Journal of Risk Assessment and Management, 13 (2), 127 - 136, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ジオグリッドを用いた補強地盤の透水特性に関する実験的研究

    内田 一徳, 河端 俊典, 井上 一哉, 松田 光平, 岩出 郁美, 宮川 智弘

    国際ジオシンセティックス学会日本支部, 2009年12月, ジオシンセティックス論文集, 24, 49 - 54, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 地下水揚水処理と汚染防護領域評価に向けた取水井の集水域分布と物質捕獲率に関する検討

    井上 一哉, 高尾 幸宏, 田中 勉

    Delineating capture zones plays an important role in the protection of dringking water wells. This paper aimed at assessing capture zones relevant to the activity of extraction wells and capture probability of well that initial particle distributions are extracted by the well within a certain time. Laboratory tracer experiments linked with particle tracking approach were conduc

    土木学会, 2009年11月, 環境工学研究論文集, 46, 287 - 298, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ランダムウォーク粒子追跡法によるマクロ分散評価と流れ条件の影響

    井上 一哉, 松永 尚子, 田中 勉

    This paper presents advective and dispersive mass transport processes in naturally heterogeneous porous formations based on a random walk particle tracking approach. This approach linked with spatial and temporal moment analysis is applied to the estimation of longitudinal and transverse macrodispersivities. Three different flow regimes including uniform, radial and divergent f

    土木学会, 2009年09月, 応用力学論文集, 12, 895 - 904, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Reliability Assessment of Monitoring Well Networks in Stratified Groundwater Flow Systems

    Kazuya INOUE, Gerard J.M. UFFINK, Misa TABATA, Tsutomu TANAKA

    2009年09月, Proceedings of the 10th International Conference on Structural Safety and Reliability, 268 - 275, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Non-intrusive Technique for identifying Solute Dispersion in Porous Media Using Image Analysis

    Kazuya INOUE, Ryo TAKENOUTI, Tsutomu TANAKA

    2009年06月, Proceedings of the 19th International Offshore and Polar Engineering Conference, 70 - 708, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Evaluation of Permeability for Reinforced Ground with Geogrid

    Uchida Kazunori, Kawabata, T, Inoue Kazuya

    2009年06月, Proceedings of 19th International Offshore and Polar Engineering Conference, 2 (CD), 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Effect of pipe thickness on the behavior of flexible pipes with equivalent bending ring stiffness

    Kawabata, T, Shoda Daisuke, Izumi, A, Inoue Kazuya, Mohri Yoshiyuki, Ariyoshi Mitsuru

    2009年06月, Proceedings of 19th International Offshore and Polar Engineering Conference, 2 (CD), 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 粒子追跡法による集水域の時間変動と粒子捕獲確率に関する評価

    井上 一哉, Gerard J.M. Uffink, 田中 勉

    The aim of this work is to assess time-related capture zones relevant to the activity of extraction wells with different pumping rates. The flow is steady and two-dimensional in a homogeneous domain with isotropic and anisotropic transmissivities. Spatial locations of time-related well capture zones for nonreactive solute are delineated using backward particle tracking approach

    土木学会, 2009年02月, 水工学論文集, 53, 523 - 528, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Application of Random Walk Particle Tracking to the Delineation of Capture Zones

    Kazuya INOUE, Yukihiro TAKAO, Tsutomu TANAKA

    2009年, Proceedings of the 19th International Offshore and Polar Engineering Conference, 311 - 317, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Assessment of well capture zone using particle tracking

    K. Inoue, T. Tanaka, G. J. M. Uffink

    The aim of this study is to assess time-related capture zones relevant to the activity of extraction wells with different pumping rates. The flow is steady and two-dimensional in a homogeneous domain with isotropic and anisotropic transmissivities. Spatial locations of time-related well capture zones for nonreactive solute are delineated using backward particle tracking approach. The results showed the effects of well configuration, pumping rate and interaction between individual capture zones belonging to each extraction well on the variation of second order spatial moments as well as the form of capture zones. Moreover, total probability that initial particle distributions associated with time-related capture zones were extracted by the well within a given time was identified through random walk particle tracking. Extraction well comprising the outer capture zone displayed a substantial increase of total probability due to the particle pass through a boundary between the inner and outer capture zones.

    CRC PRESS-TAYLOR & FRANCIS GROUP, 2009年, PREDICTION AND SIMULATION METHODS FOR GEOHAZARD MITIGATION, 145 - +, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 分散性の異なる不均質多孔質体内における縦分散現象に関する実験的検討

    井上 一哉, 正木 一平, 松永 尚子, 田中 勉

    Dispersivity is a medium-dependent hydrodynamic parameter that characterizes solute dispersion in a porous medium. Under saturated unidirectional flow condition, laboratory tracer experiments with a pulse source were conducted in homogeneous flow field as well as in less heterogeneous porous formation, which was comprised by a few combinations with three types of soil particles

    土木学会, 2008年02月, 水工学論文集, 52, 403 - 408, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Application of Particle Tracking Method to Dispersivity Identification and Its Experimental Verification

    井上 一哉, 小林 晃, 松永 尚子, 田中 勉

    This paper focuses on the application of a particle tracking approach that incorporates temporal moment analysis to dispersivity estimation linked with an inverse analysis under a limited number of observation points. Laboratory solute displacement experiments in saturated homogeneous porous media are conducted to observe a time series of NaCl concentrations at four observation

    JRCSA, 2008年01月, Journal of Rainwater Catchment Systems, 13 (2), 7 - 16, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • NAPLプール推定へ向けた時間モーメントの空間変動評価

    井上 一哉, 正木 一平, 鈴木 章世, 田中 勉

    In this paper, the method of temporal moment (MOM) formulae is applied to analyze breakthrough data from a laboratory miscible displacement experiments of sodium chloride as a conservative tracer and to investigate the influence of the magnitude of entrapped nonaqueous phase liquid (NAPL) to the spatial variation of one-, two- and three-temporal moments at observation points in

    土木学会, 2007年11月, 環境工学研究論文集, 44, 641 - 651, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 空間濃度分布と空間モーメント解析による分散長推定

    井上 一哉, 正木 一平, 小林 晃, 田中 勉

    Laboratory tracer experiments are implemented in homogeneous flow field under saturated steady flow condition with a pulse source. Application of dye tracer with Brilliant Blue FCF is allowed to visualize solute behavior and to obtain the images of plume evolution. Through an image processing, spatial concentration distributions of dye tracer with 0.125, 0.250 and 0.500 of init

    2007年02月, 水工学論文集, 51, 487 - 492, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • An evaluation of dispersion characteristics through a sandy mud soil layer

    K. Inoue, T. Kawabata, K. Uchida, T. Tanaka

    Laboratory tracer experiments are conducted to elucidate the effect of sandy mud soil on dispersion phenomena under steady saturated flow condition using genetic algorithm linked with an analytical solution of the advection-dispersion equation and temporal moment analysis based on concentration variation. The results show that sandy mud soil layer contributes to the development of complicated transport pathways and provides not only the increase of longitudinal dispersivity but the substantial decrease of transverse dispersivity. Additionally, the methods of temporal moments exhibit a significant index to characterize the heterogeneous porous formations.

    INTERNATIONAL SOCIETY OFFSHORE& POLAR ENGINEERS, 2007年, PROCEEDINGS OF THE SEVENTEENTH (2007) INTERNATIONAL OFFSHORE AND POLAR ENGINEERING CONFERENCE, VOL 1- 4, PROCEEDINGS, 530 - +, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • LNAPLプルーム探査のための観測井配置手法の検討

    井上 一哉, 正木 一平, 田中 勉

    Monitoring networks are designed based on a developed methodology linked contaminant transport simulations from LNAPL source and optimization models. Advection and dispersion simulation generates LNAPL plume realizations while the use of Latin hypercube sampling accounts for uncertainty in transport parameters and in contaminant source characteristics. Genetic algorithm provide

    2006年11月, 環境工学研究論文集, 43, 517 - 525, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Parameter Estimation and Contaminant Source Characterization in Horizontal Tracer Experiment in Two-Layered Porous Media

    Kazuya INOUE, Ippei MASAKI, Tsutomu TANAKA

    Laboratory tracer experiments are conducted to investigate solute transport in 100-cm long, horizontally placed flow field under steady saturated water flow conditions. Uniformly packed homogeneous and two-layered flow fields having cross-sectional areas of 50 × 6cm2 are of concern. NaCl breakthrough curves are measured with salt sensors inserted with regular intervals along th

    2006年07月, Journal of Rainwater Catchment Systems, 12 (1), 1 - 9, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 分散長に及ぼす透水係数分布の影響とパラメータ推定手法の比較

    井上 一哉, 正木 一平, 小林 晃, 田中 勉

    Laboratory tracer experiments were conducted to investigate solute transport in 100-cm long, horizontally placed transmissivity field under steady saturated water flow condition. Uniformly packed homogeneous and layered formations of sand having cross-sectional areas of 50×6cm2 were used under various hydraulic gradient conditions. NaCl breakthrough curves in the flow fields we

    2006年02月, 水工学論文集, 50, 235 - 240, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tracer Experiments and Parameter Estimation in Horizontally Two-Dimensional Homogeneous Porous Media

    Kazuya INOUE, Ippei MASAKI, Naoko SETSUNE, Tsutomu TANAKA

    The aims of this study are to investigate transport characteristics of a dye tracer in homogeneous porous media and to estimate transport parameters using an image analysis technique. Laboratory tracer experiments with a dye, Brilliant Blue FCF, are conducted in a water flow tank with dimensions of 1 × 0.5 × 0.06 m, homogeneously packed with sands under steady state and saturat

    農業土木学会, 2006年02月, Transactions of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering,, 74 (1), 87 - 95, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Decrease in the safety factor for seepage failure of subsoil due to bridge abutment construction within a cofferdam

    T. Hirose, T. Tanaka, K. Inoue, T. Sakaida

    This paper discusses the decrease in the safety factor for seepage failure of subsoil due to bridge abutment construction within a cofferdam for two cases: (1) where piping occurred in the subsoil under a downstream bridge abutment, in which gravel was overlaid with silty sand of low permeability and (2) where piping did not occur in the upstream subsoil, where gravel prevailed. Analyses of seepage flow and stability against seepage failure were conducted before and after the abutment construction for these cases, and the following results were obtained: The safety factor against seepage failure of subsoil decreased to F(s)=0.809 (1/1.81) after the abutment construction for the downstream case, and to F(s)=2.700 (1/2.30) for the upstream case. This is because the exit area of flowing water in the cofferdam decreased to 1/2.26.

    INTERNATIONAL SOCIETY OFFSHORE& POLAR ENGINEERS, 2006年, PROCEEDINGS OF THE SIXTEENTH (2006) INTERNATIONAL OFFSHORE AND POLAR ENGINEERING CONFERENCE, VOL 2, pp.441-448, 441 - 448, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • K. Inoue, I. Masaki, Y. Shimada, T. Tanaka

    Laboratory tracer experiments are conducted in homogeneous and two-layered flow fields under various hydraulic gradient conditions. NaCl solution dyed with Brilliant Blue FCF is used as a tracer in order to measure NaCl breakthrough curves and obtain images of dye tracer movement. Inverse analysis through genetic algorithm and image analysis are employed to estimate dispersivity, dispersion coefficient and retardation factor. The results show that dispersivity estimated from image analysis is about one order smaller than that of GA estimates. Moreover, it is revealed that tracer is slightly retarded relative to pore water velocity. As for parameter estimation in two-layered media, the values of equivalent dispersivity to the entire flow region exist between the values estimated in each layer. Estimated dispersivity in layered media depends on transport pathway of contaminant, suggesting the importance of observation location in parameter estimation problem.

    WIT PRESS, 2006年, WATER POLLUTION VIII: MODELLING, MONITORING AND MANAGEMENT, 95, 389 - +, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • K. Inoue, N. Setsune, F. Suzuki, T. Tanaka

    Tracer experiments are carried out in water flow tank with 80cm height, 80cm length and 20cm width, which is filled homogeneously with two different types of sand materials. Brilliant Blue FCF, which makes the flow paths visible, is applied as a point source at the surface of the flow field. Dispersivity and dispersion coefficient are estimated using a time series of images of tracer transition. Experimental results show a linear dependence of dispersion coefficients on tracer velocity at a certain velocity and exhibits non-linearity in the range of higher water content. While values of dispersivity show an independency of rainfall intensity, dispersivity in unsaturated flow region is approximately one order larger than that in saturated flow region, indicating that transport parameters depend strongly on the water content where solute passes through.

    WIT PRESS, 2006年, WATER POLLUTION VIII: MODELLING, MONITORING AND MANAGEMENT, 95, 309 - +, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 締切り矢板内地盤の浸透破壊に対する性能設計の考え方

    田中 勉, 廣瀬 哲夫, 井上 一哉, 永井 茂

    2005年12月, 農業土木学会論文集, Vol.73, No.6,.107-116, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Laboratory Investigation of Dispersion and Retardation Characteristics in Homogeneous Porous Media

    Kazuya INOUE, Ippei MASAKI, Naoko SETSUNE, Tsutomu TANAKA

    2005年07月, Proceedings of International Conference on Energy, Environment and Disasters, CD=ROM, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Evaluation of Parameter Uncertainties in Risk Assessment of Agricultural Chemical

    Kazuya INOUE, Naoko SETSUNE, Tsutomu TANAKA

    2005年07月, Proceedings of International Conference on Energy, Environment and Disasters, CD - ROM, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Image Analysis to Determine the Dispersion Coefficient and Dispersivity in Capillary and Saturated Zone

    Kazuya INOUE, Keisuke INOUE, Akira KOBAYASHI, Tsutomu TANAKA

    2005年06月, Proceedings of the International Symposium on Advanced Experimental Unsaturated Soil Mechanics, 467 - 473, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Monitoring Network Design for Detection of Groundwater Contamination under Parameter Uncertainty

    Kazuya INOUE, Ippei MASAKI, Tsutomu TANAKA

    Monitoring networks are designed based on a developed methodology linked contaminant transport simulations and optimization models. Advection and dispersion simulation generates plume realizations while the use of Latin Hypercube Sampling, one of the Monte Carlo techniques, accounts for uncertainty in transport parameters and in contaminant source characteristics. Optimization

    雨水資源化システム学会, 2005年01月, Journal of Rainwater Catchment Systems, 10 (2), 11 - 18, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Application of a genetic algorithm to the design of groundwater monitoring well networks under conditions of uncertainty

    K Inoue, T Tanaka, Masaki, I

    Monitoring networks are designed based on a newly developed methodology linking contaminant transport simulations and optimization models. Advection and dispersion simulation generates plume realizations, while the use of the Latin Hypercube Sampling accounts for uncertainty in transport parameters and in contaminant source characteristics. The optimization model using a Genetic Algorithm adequately designs a given number of wells in order to maximize the detection probability and to cover the vacant area where plumes can pass through.

    INTERNATIONAL SOCIETY OFFSHORE& POLAR ENGINEERS, 2005年, PROCEEDINGS OF THE FIFTEENTH (2005) INTERNATIONAL OFFSHORE AND POLAR ENGINEERING CONFERENCE, VOL 1, 617 - 624, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Fundamental Experiment of Solute Transfer in Saltwater Intrusion Condition,

    Akira KOBAYASHI, Tomoyasu KAMIYA, Kazuya INOUE, Shigeyasu AOYAMA

    2004年, roceedings of the International Symposium on Engineering Practice and Performance of Soft Deposits (IS-Osaka 2004), 361 - 366, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Evaluation of seepage failure of soil with a loaded filter in front of sheet piles in two dimensions using Extended Prismatic failure concept.

    Tanaka Tsutomu, Setsune Naoko, Inoue Kazuya, Kusaka Tomoya

    2004年, Proceeding of the 4th International Conference on Filters and Drainages in Geotechnical and Environmental Engineering., pp.169-180, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Applicability of genetic algorithm for identifying the groundwater contamination source

    Kazuya INOUE, Akira KOBAYASHI, Shigeyasu AOYAMA

    Estimating the characteristics of groundwater contamination source is a very important topic in geo-environmental studies. In the present study, an applicability of Genetic Algorithm (GA) to the problem of identifying the contamination source is examined. Six parameters of the contamination source are identified by this method, which are its location, its size (the length of th

    2003年07月, Journal of Rainwater Catchment Systems, 8 (2), 7 - 14, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 地盤内における窒素化合物の形態変化を考慮した物質移動解析の検証

    井上 一哉, 小林 晃, 青山 咸康

    An one-dimensional finite element mass transport model with nitrogen species transformation was developed to predict the transport of nitrate-nitrogen (NO_3-N}), nitrite-nitrogen (NO_2-N), and ammonium-nitrogen (NH_4-N) in porous media. Field experiments using sulfate ammonium were performed and temporal and spatial distributions of NO_3-N concentration and volumetric water con

    2003年06月, 農業土木学会論文集, 7 (3), 33 - 42, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Examination of dispersion coefficient in two-dimensional saturated and unsaturated porous media, Transactions of the Japanese Society of Irrigation

    Kazuya INOUE, Akira KOBAYASHI, Keisuke INOUE, Shigeyasu AOYAMA

    The objectives of this study were to obtain the dispersion coefficient and dispersivity based on a statistical model using image analysis and to investigate dye tracer movements in two-dimensional saturated and unsaturated porous media through laboratory experiments. Flow fields with the different water levels were composed of two types of glass beads in two-dimensional tank to

    農業土木学会, 2003年06月, Transactions of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering, 71 (3), 75 - 83, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Fundamental characteristics of transport phenomenon in unsaturated zone

    Kazuya INOUE, Akira KOBAYASHI, Naoko TERAMURA, Shigeyasu AOYAMA

    2003年, Proceedings of the International Symposium on Groundwater Problems related to Geo-Environment, (ISOkayama2003),, 571 - 578, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Genetic Algorithm Solution for Estimating the Groundwater Contamination Source

    Kazuya INOUE, Akira KOBAYASHI, Shigeyasu AOYAMA

    2002年07月, Proceeding of the 6th International Symposium on Environmental Geotechnology and Global Sustainable Development, 737 - 744, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

MISC

  • 地盤の浸透破壊に対する安定解析法

    田中 勉, 井上 一哉

    2004年, 性能設計に関する勉強会報告及び研究発表会講演集、農業土木学会・材料施工部会研究部会「性能設計に関する勉強会」、農業土木学会・土地改良施設に関する機能及び性能検討委員会, 85-92, 日本語

    [査読有り]

    その他

書籍等出版物

  • はじめての微分方程式入門

    井上 一哉

    単著, プレアデス出版, 2013年10月, 日本語

    学術書

講演・口頭発表等

  • 水位変動に応じた地下止水壁周辺の塩水分布に関する実験的検討

    高田大輝, 鈴木麻里子, 井上一哉

    第27回雨水資源化システム学会大会講演会, 2019年11月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 均一な粗粒土の平均粒径が一次元浸透流及び浸透破壊特性に及ぼす影響

    田中勉, 前田直人, 中村仁美, 井上一哉, 鈴木麻里子, 永井茂

    第76回農業農村工学会京都支部講演会, 2019年11月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 物理的な不均質性地盤の溶質輸送に及ぼすアップスケールの影響評価

    倉澤智樹, 井上一哉

    第76回農業農村工学会京都支部講演会, 2019年11月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 群知能を用いた地下水汚染源同定

    川田歩美, 鈴木麻里子, 井上一哉

    第76回農業農村工学会京都支部講演会, 2019年11月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 群知能によるパラメータ同定精度の比較

    川田歩美, 鈴木麻里子, 井上一哉

    第9回構造物の安全性・信頼性に関する国内シンポジウム, 2019年10月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 多孔質体の物理的・流体的特性と溶質の分散性の関係

    鈴木美妃, 鈴木麻里子, 井上一哉

    第9回構造物の安全性・信頼性に関する国内シンポジウム, 2019年10月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 小型二次元矢板締切り地盤の浸透破壊-試料砂の平均粒径の限界水頭差への影響-

    中村仁美, 田中勉, 永井茂, 前田直人, 井上一哉, 鈴木麻里子

    2019年度農業農村工学会大会講演会, 2019年09月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 粗粒媒体における溶質の分散性に関する実験的検討

    北嶋竜也, 鈴木美妃, 鈴木麻里子井上一哉

    2019年度農業農村工学会大会講演会, 2019年09月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 地下遮水壁周辺の塩水輸送過程に関する実験的検討

    高田大輝, 鈴木麻里子, 井上一哉

    2019年度農業農村工学会大会講演会, 2019年09月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 小型二次元複列矢板内地盤の浸透破壊 -実験と解析-

    田中 勉, 前田直人, 黒川和己, 中村仁美, 井上一哉, 鈴木麻里子, 永井茂

    第54回地盤工学研究発表会, 2019年07月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 地下ダム湖内の溶質輸送に及ぼす難透水性傾斜基盤の影響

    濱田 莉菜子, 井上 一哉, 田中 勉, 鈴木 麻里子

    平成30年度農業農村工学会京都支部, 2018年11月, 日本語, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地下ダム湖内の溶質輸送現象の実験的・数値解析的検討

    濱田 莉菜子, 井上 一哉, 高田 大輝, 鈴木 麻里子, 田中 勉

    平成30年度雨水資源化システム学会, 2018年10月, 日本語, 雨水資源化システム学会, 鹿児島市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 低品質な砕石ズリを有効利用したコンクリートの作製

    鈴木麻里子, 井上一哉, 田中勉

    H30年度農業農村工学会大会講演会, 2018年09月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地下ダム止水壁の遮水性能に応じた移流分散挙動の定量化

    高田 大輝, 井上一哉, 鈴木麻里子, 田中勉

    H30年度農業農村工学会大会講演会, 2018年09月, 日本語, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 多孔質体内における浸透流と溶質輸送の非線形性に関する実験的検討

    北嶋 竜也, 井上一哉, 鈴木麻里子, 田中勉

    H30年度農業農村工学会大会講演会, 2018年09月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地下ダム湖内の溶質輸送に及ぼす水溶液比重と難透水性傾斜基盤の影響

    濱田莉菜子, 井上一哉, 田中勉, 鈴木麻里子

    第53回地盤工学研究発表会, 2018年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 小型二次元矢板締切り地盤において相対密度が浸透流および浸透破壊特性に及ぼす影響

    前田 直人, 田中 勉, 笠松 晃次, 上野夏貴, 藤井理央, 鈴木 麻里子, 井上 一哉, 永井 茂

    第53回地盤工学研究発表会, 2018年07月, 日本語, 高松市、香川県, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 群知能によるパラメータ最適化

    井上一哉, 鈴木麻里子

    第21回応用力学シンポジウム, 2018年05月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 溶質輸送経路に関する実験的評価

    小尾 泰輝, 井上 一哉, 田中 勉

    平成29年度農業農村工学会京都支部, 2017年10月, 日本語, 金沢市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 揚水井の捕獲領域の推定

    藤白 沙都, 井上 一哉, 田中 勉

    平成29年度農業農村工学会京都支部, 2017年10月, 日本語, 金沢市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 貯留型地下ダム湖内の溶質輸送に及ぼす水溶液比重の影響

    濱田 莉菜子, 井上 一哉, 田中 勉, 高田 大輝, 小林 晃

    平成29年度雨水資源化システム学会, 2017年10月, 日本語, 雨水資源化システム学会, 松山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 砂質系サイトの溶質マクロ分散評価

    上田 祥央, 井上 一哉, 田中 勉

    平成29年度農業農村工学会京都支部, 2017年10月, 日本語, 金沢市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PIV解析を用いた小型二次元矢板締切り地盤における土粒子移動領域の考察

    笠松 晃次, 田中 勉, 永井 茂, 前田 直人, 井上 一哉

    平成29年度農業農村工学会 第74回京都支部講演会, 2017年10月, 日本語, 石川県地場産業振興センター、石川市、石川県, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地下ダム場における溶質輸送現象の定量化

    濱田 莉菜子, 井上 一哉, 田中 勉

    土木学会第72回年次学術講演会, 2017年09月, 日本語, 九州大学伊都キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 小型二次元矢板締切り地盤の浸透破壊特性

    前田 直人, 田中 勉, 永井 茂, 笠松 晃次, 井上 一哉

    第52回地盤工学研究発表会, 2017年09月, 日本語, 名古屋市、愛知県, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 中規模溶質輸送実験によるマクロ分散現象の評価

    小尾 泰輝, 井上 一哉, 田中 勉

    平成29年度農業農村工学会大会, 2017年08月, 日本語, 藤沢市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地下水揚水法による溶質流入空間の確率的推定手法

    藤白 沙都, 井上 一哉, 田中 勉

    平成29年度農業農村工学会大会, 2017年08月, 日本語, 藤沢市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 小型二次元矢板締切り地盤において相対密度が浸透破壊に及ぼす影響

    前田 直人, 田中 勉, 笠松 晃次, 藤井理央, 井上 一哉

    平成29年度農業農村工学会大会講演会, 2017年08月, 日本語, 藤沢市、香川県, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 小型二次元実験地盤における相対密度の異方透水性への影響

    阪本達彦, 田中 勉, 上野夏貴, 井上 一哉

    平成29年度農業農村工学会大会講演会, 2017年08月, 日本語, 藤沢市、香川県, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 成層地盤内を移行する溶質のマクロ分散評価

    上田 祥央, 井上 一哉, 田中 勉

    第52回地盤工学研究発表会, 2017年07月, 日本語, 地盤工学会, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 不均質地盤のアップスケールによる溶質マクロ分散への影響

    小尾 泰輝, 井上 一哉, 田中 勉

    平成28年度農業農村工学会京都支部講演会, 2016年11月, 日本語, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地下水汚染物質の不確実性を考慮した溶質捕獲領域の確率的推定

    井上 一哉, 上田 祥央, 田中 勉

    平成28年度農業農村工学会京都支部講演会, 2016年11月, 日本語, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 小型二次元矢板締切り地盤の浸透流特性 -相対密度の効果-

    田中 勉, 永井 茂, 笠松 晃次, 阪本 達彦, 前田 直人, 井上 一哉

    平成28年度農業農村工学会 第73回京都支部講演会, 2016年11月, 日本語, リバーサイドホテル、大阪市、大阪府, 田中 勉, 永井 茂, 笠松晃次, 阪本達彦, 前田直人, 井上一哉, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地下ダム止水壁周辺の溶質輸送現象の定量化

    井上 一哉, 濱田 莉菜子, 田中 勉

    平成28年度雨水資源化システム学会大会講演会, 2016年10月, 日本語, 京都市, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 粒子追跡法を用いた揚水井の経時溶質捕獲領域の推定

    上田 祥央, 井上 一哉, 田中 勉

    第51回地盤工学研究発表会, 2016年09月, 日本語, 岡山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 溶質のマクロ分散性に与える透水係数分布のアップスケールの影響に関する実験的検討

    井上 一哉, 倉澤 智樹, 小尾 泰輝, 上田 祥央, 田中 勉

    第51回地盤工学研究発表会, 2016年09月, 日本語, 岡山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 小型二次元地盤の浸透破壊実験と限界水頭差の無次元化式の妥当性

    田中 勉, 永井 茂, 笠松 晃次, 前田 直人, 井上 一哉

    第51回地盤工学研究発表会, 2016年09月, 日本語, 岡山県岡山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 中規模溶質輸送実験による物理的不均質場のアップスケールと溶質マクロ分散の関係

    井上 一哉, 倉澤 智樹, 田中 勉

    平成28年度農業農村工学会大会, 2016年08月, 日本語, 仙台市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 小型二次元実験地盤における透水係数成分の逆解析とその異方性

    齋藤 寛, 田中 勉, 阪本 達彦, 井上 一哉

    平成28年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集, 2016年08月, 日本語, 仙台市、宮城県, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 水溶性汚染物質の広域輸送に関する数値解析的検討

    小尾 泰輝, 井上 一哉, 田中 勉

    第22回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会, 2016年06月, 日本語, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 汚染地下水の揚水可能範囲の推定

    上田 祥央, 井上 一哉, 田中 勉

    第22回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会, 2016年06月, 日本語, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 水溶性汚染物質の地下水揚水可能範囲に対する空間確率分布の時系列推定方法

    井上 一哉, 上田 祥央, 田中 勉

    第19回応用力学シンポジウム, 2016年05月, 日本語, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 不均質多孔質体内のマクロ分散現象に関するラボレベルアプローチ

    井上 一哉, 倉澤 智樹, 田中 勉

    平成27年度農業農村工学会京都支部, 2015年11月, 日本語, 滋賀県,大津市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 透水係数分布のアップスケールによるマクロ分散性への影響

    井上 一哉, 倉澤 智樹, 田中 勉

    平成27年度雨水資源化システム学会大会, 2015年11月, 日本語, 雨水資源化システム学会, 愛知県,名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PIV 解析を用いた小型二次元実験地盤における土粒子挙動の把握

    参鍋 漱祐, 田中 勉, 永井 茂, 井上 一哉

    平成27年度農業農村工学会 第72回京都支部講演会講演要旨集4-04, 2015年11月, 日本語, 農業農村工学会京都支部, 大津市、滋賀県, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 不均質透水場における溶質のマクロ分散現象とスケール依存性の定量化

    井上 一哉, 藤原 隆之, 倉澤 智樹, 田中 勉

    土木学会第70回年次学術講演会, 2015年09月, 日本語, 土木学会, 岡山県,岡山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 二次元地盤浸透破壊に対する限界水頭差の無次元化に関する研究

    三木 昂史, 田中 勉, 永井 茂, 参鍋 漱祐, 井上 一哉

    平成26年度農業農村工学会大会, 2015年09月, 日本語, 農業農村工学会, 岡山県、岡山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地盤の浸透破壊に対する安定性 -地盤の諸条件が限界水頭差に及ぼす影響-

    田中 勉, 山本 拓児, 永井 茂, 三木 昂史, 参鍋 漱祐, 笠松 晃次, 井上 一哉

    平成26年度農業農村工学会大会講演会, 2015年09月, 日本語, 農業農村工学会京都支部, 岡山県、岡山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 三次元浸透破壊実験地盤の詳細解析と透水係数逆解析

    舘村 立, 田中 勉, 永井 茂, 井上 一哉

    第50回地盤工学研究発表会, 2015年09月, 日本語, 地盤工学会, 北海道、札幌市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 不均質地盤内の溶質分散現象に関する実験的検討

    藤原 隆之, 井上 一哉, 倉澤 智樹, 田中 勉

    平成26年度農業農村工学会京都支部講演会, 2014年11月, 日本語, 農業農村工学会京都支部, 岐阜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 農業副産物と食品残渣の利用による陰イオンの輸送挙動評価

    松山 紗希, 井上 一哉, 田中 勉

    平成26年度雨水資源化システム学会大会, 2014年11月, 日本語, 雨水資源化システム学会, 福井市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 透水係数の不均質性を考慮した溶質分散現象の評価

    藤原 隆之, 井上 一哉, 倉澤 智樹, 田中 勉

    平成26年度雨水資源化システム学会大会, 2014年11月, 日本語, 雨水資源化システム学会, 福井市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 成層地盤のアップスケールによる溶質マクロ分散への影響

    井上 一哉, 倉澤 智樹, 田中 勉

    平成26年度農業農村工学会京都支部講演会, 2014年11月, 日本語, 農業農村工学会京都支部, 岐阜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 取水井の集水域と物質回収に関する粒子追跡解析

    松山 紗希, 井上 一哉, 田中 勉

    平成26年度農業農村工学会京都支部講演会, 2014年11月, 日本語, 農業農村工学会京都支部, 岐阜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 三次元浸透破壊実験地盤の詳細解析とその考察

    舘村 立, 田中 勉, 井上 一哉

    平成26年度農業農村工学会 第71回京都支部講演会講演要旨集, 2014年11月, 日本語, 農業農村工学会京都支部, 岐阜県、岐阜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ランダムウォーク粒子追跡法を用いた取水井への溶質到達領域・トラベルタイム分布推定

    井上 一哉, 倉澤 智樹, 田中 勉

    平成26年度雨水資源化システム学会大会, 2014年11月, 日本語, 雨水資源化システム学会, 福井市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 二次元矢板締切り層状堆積地盤の浸透流及び浸透破壊特性

    柴田 奈緒, 田中 勉, 三木 昂史, 井上 一哉

    平成26年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集, 2014年08月, 日本語, 農業農村工学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 同一環剛性を有する管厚の異なるたわみ性パイプの遠心力模型実験

    泉 明良, 澤田 豊, 井上 一哉, 河端 俊典, 日野林 譲二, Hoe I. Ling, 毛利 栄征

    平成26年度農業農村工学会大会講演会, 2014年08月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 損傷レベルの異なる既設管が更生管変形特性に与える影響に関する遠心力模型実験

    澤田 豊, 井上 一哉, 園田 悠介, 小野 耕平, 三木 太貴, 泉 明良, 河端 俊典, 高原 祥, 毛利 栄征, Ling H.I

    平成26年度農業農村工学会大会講演会, 2014年08月, 日本語, 新潟市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 小型二次元地盤の浸透破壊実験-破壊メカニズムの解明に向けて-

    参鍋 漱祐, 田中 勉, 舘村 立, 井上 一哉

    平成26年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集, 2014年08月, 日本語, 農業農村工学会京都支部, 新潟県、新潟市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 材料施工分野の広報活動に関する事例紹介

    井上 一哉, 澤田 豊, 河端 俊典, 田中 勉

    平成26年度農業農村工学会大会, 2014年08月, 日本語, 農業農村工学会, 新潟市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 空間モーメント法による成層地盤のマクロ分散推定

    倉澤 智樹, 井上 一哉, 藤原 隆之, 田中 勉

    平成26年度農業農村工学会大会, 2014年08月, 日本語, 農業農村工学会, 新潟市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 農地土壌でのゼロ価鉄による硝酸減衰効果

    井上 一哉, 松山 紗希, 来見田 美咲, 田中 勉

    第49回地盤工学研究発表会, 2014年07月, 日本語, 地盤工学会, 北九州市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 平成23年台風15号による淡路島被災ため池調査―堤体土質判定, 浸透流解析と原因究明―

    田中 勉, 古井 勝之, 久住 慎也, 三木 昂史, 井上 一哉

    平成25年度農業農村工学会 第70回京都支部講演会, 2013年11月, 日本語, 度農業農村工学会 京都支部, 京都府、京都市, 平成25年度農業農村工学会 第70回京都支部講演会講演要旨集4-13, pp.132-133., 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 農業副産物の硝酸汚染予防効果に関する実験的検討

    松山 紗希, 井上 一哉, 田中 勉

    平成25年度農業農村工学会京都支部講演会, 2013年11月, 日本語, 農業農村工学会京都支部, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 空間・時間モーメント法による不均質透水場内のマクロ分散評価

    藤原 隆之, 井上 一哉, 田中 勉

    平成25年度農業農村工学会京都支部講演会, 2013年11月, 日本語, 農業農村工学会京都支部, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 実験地盤における異方透水性の値および実験地盤と実地盤における異方透水性の効果

    柴田 奈緒, 田中 勉, 久住 慎也, 井上 一哉

    平成25年度農業農村工学会大会講演会, 2013年09月, 日本語, 農業農村工学会, 東京、東京都, 平成25年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集, pp.600-601., 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 三次元地盤の浸透破壊実験及び解析

    舘村 立, 田中 勉, 久住 慎也, 井上 一哉

    平成25年度農業農村工学会大会講演会, 2013年09月, 日本語, 農業農村工学会, 東京、東京都, 平成25年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集, pp.602-603., 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Effects of Plane Shapes of a Cofferdam on 3D Seepage Failure Stability and Axisymmetric Approximation

    Tsutomu Tanaka, Shinya Kusumi, Kazuya Inoue

    18th International Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, 2013年09月, 英語, ISSMGE, Paris, France, 国際会議

    ポスター発表

  • 小型二次元地盤(1/2 model)の浸透破壊-理論解析と実験-

    田中 勉, 宋 爽, 李 麗, 井上 一哉

    第48回地盤工学研究発表会発表講演集, 2013年07月, 日本語, 地盤工学会, 富山県、富山市, 第48回地盤工学研究発表会発表講演集, pp.1079-1080. (発表07.25.) (2013.07.23-25.)(), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ゼロ価鉄による硝酸性窒素の還元効果と持続性に関する実験的検討

    井上 一哉, 島田 遥, 松山 紗希, 田中 勉

    第48回地盤工学研究発表会, 2013年07月, 日本語, 地盤工学会, 富山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地下水の硝酸汚染軽減に向けた農業副産物と食品残渣の利用に関する実験的検討

    松山 紗希, 井上 一哉, 田中 勉

    第19回地下水・土壌汚染対策とその防止対策に関する研究集会, 2013年06月, 日本語, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 画像処理と空間モーメント法を応用した溶質のマクロ分散推定

    藤原 隆之, 井上 一哉, 田中 勉

    第19回地下水・土壌汚染対策とその防止対策に関する研究集会, 2013年06月, 日本語, 京都市, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 物理的・化学的不均質地盤における溶質のマクロ分散に関する検討

    井上 一哉, 田中 勉

    平成24年度雨水資源化システム学会大会講演会, 2012年11月, 日本語, 雨水資源化システム学会, 沖縄県座間味村, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 三次元浸透破壊実験地盤の異方透水性-逆解析と採取試料透水試験-

    田中 勉, 平尾 拓也, 柴田 奈緒, 井上 一哉

    平成24年度農業農村工学会 第69回京都支部講演会, 2012年11月, 日本語, 農業農村工学会 京都支部, 新潟県、新潟市, 平成24年度農業農村工学会 第69回京都支部講演会講演要旨集5-05, pp.450-1513., 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地盤の浸透破壊に対する限界水頭差-基準類算定式に含まれる安全率, 設計安全率及び実質的な安全率の関係-

    田中 勉, 宋 爽, 平尾 拓也, 井上 一哉

    平成24年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集, 2012年09月, 日本語, 農業農村工学会, 北海道、札幌市, pp.784-785., 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 三次元浸透破壊における締切り平面形状の効果と軸対称近似

    田中 勉, 久住 慎也, 井上 一哉

    第47回地盤工学研究発表会, 2012年07月, 日本語, 地盤工学会, 青森県、八戸市, pp.907-908., 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ゼロ価鉄を用いた硝酸還元に関するカラム実験

    島田 遥, 井上 一哉, 田中 勉, 古田 智之, 吉川 英一郎, 飯島 勝之

    第47回地盤工学研究発表会, 2012年07月, 日本語, 地盤工学会, 青森県弘前市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 鉄粉を用いた土壌中の硝酸濃度減衰の評価

    井上 一哉, 島田 遥, 田中 勉, 古田 智之, 吉川 英一郎, 飯島 勝之

    第18回地下水・土壌汚染対策とその防止対策に関する研究集会, 2012年06月, 日本語, さいたま市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 溶質のマクロ分散に及ぼす透水係数分布の影響

    鈴木 克季, 井上 一哉, 田中 勉

    平成23年度農業農村工学会京都支部講演会, 2011年11月, 日本語, 奈良市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 鉄粉混合地盤の硝酸還元効果に関する実験的検討

    島田 遥, 井上 一哉, 井原 一高, 鈴木 克季, 田中 勉

    平成23年度農業農村工学会京都支部講演会, 2011年11月, 日本語, 奈良市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 鉄粉による硝酸の遅延と減衰の効果

    島田 遥, 井上 一哉, 田中 勉

    平成23年度雨水資源化システム学会大会, 2011年11月, 日本語, 愛媛県松山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 空間モーメント法を応用した不飽和帯の分散推定法

    鈴木 克季, 井上 一哉, 田中 勉

    平成23年度雨水資源化システム学会大会, 2011年11月, 日本語, 愛媛県松山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ランダムウォーク粒子追跡法による取水井の物質回収における粒子挙動評価

    光田 和希, 井上 一哉, 田中 勉

    平成23年度農業農村工学会京都支部講演会, 2011年11月, 日本語, 奈良市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ホットウォータフラッシングによる油輸送挙動の定量化に向けた実験的検討

    井上 一哉, 竹之内 亮, 光田 和希, 田中 勉

    平成23年度雨水資源化システム学会大会, 2011年11月, 日本語, 愛媛県松山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • UV励起した色素トレーサ実験と溶質分散推定への応用

    井上 一哉, 鈴木 克季, 竹之内 亮, 吉賀 雄規, 田中 勉

    平成23年度農業農村工学会京都支部講演会, 2011年11月, 日本語, 奈良市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 硝酸汚染の軽減に向けた鉄粉利用に関する実験的検討

    島田 遥, 井上 一哉, 井原 一高, 鈴木 克季, 田中 勉

    第9回環境地盤工学シンポジウム, 2011年10月, 日本語, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ホットウォーターフラッシングによるNAPL原液の移動特性評価

    井上 一哉, 竹之内 亮, 光田 和希, 田中 勉

    第9回環境地盤工学シンポジウム, 2011年10月, 日本語, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 3次元地盤における粒子追跡法を用いた取水井の集水域評価

    光田 和希, 井上 一哉, 田中 勉

    第7回構造物の安全性・信頼性に関する国内シンポジウム, 2011年10月, 日本語, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 埋立処分場からのベンゼン漏洩に対する環境リスク評価

    井上 一哉, 田中 勉

    平成22年度農業農村工学会京都支部講演会, 2010年11月, 日本語, 三重県津市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 取水井の物質回収における遅延現象および質量減衰の影響

    光田 和希, 井上 一哉, 田中 勉, Gerard J.M. UFFINK

    平成22年度雨水資源化システム学会大会, 2010年11月, 日本語, 岐阜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 時系列画像に基づく空間モーメント法の分散長推定への応用とマクロ分散現象の評価

    鈴木 克季, 井上 一哉, 竹之内 亮, 田中 勉

    平成22年度農業農村工学会京都支部講演会, 2010年11月, 日本語, 三重県津市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 使い捨てカイロの硝酸遅延効果に関する実験的検討

    井上 一哉, 井原 一高, 島田 遥, 吉野 亜香利, 田中 勉

    平成22年度農業農村工学会京都支部講演会, 2010年11月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 画像解析によるホットウォーターフラッシングの評価

    竹之内 亮, 井上 一哉, 田中 勉

    平成22年度雨水資源化システム学会大会, 2010年11月, 日本語, 岐阜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • トラップされたNAPLの移動性向上に関する実験的検討

    竹之内 亮, 井上 一哉, 田中 勉

    平成22年度農業農村工学会京都支部講演会, 2010年11月, 日本語, 三重県津市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • クリーニング場より地下水に漏洩したテトレクロロエチレンに対する健康リスク評価

    高尾 幸宏, 井上 一哉, 田中 勉

    平成22年度雨水資源化システム学会大会, 2010年11月, 日本語, 岐阜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 空間モーメントを用いた分散長推定法の提案とマクロ分散現象の評価

    井上 一哉, 竹之内 亮, 鈴木 克季, 田中 勉

    第47回環境工学研究フォーラム, 2010年10月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 有限変形有限要素法による積雪変形解析

    齋藤 佳彦, 大槻 政哉, 成田 英器, 井上 一哉

    雪氷研究大会2010, 2010年09月, 日本語, 仙台市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 取水井への物質流入確率に関する評価

    高尾 幸宏, 井上 一哉, 光田 和希, 田中 勉

    平成21年度農業農村工学会京都支部講演会, 2009年11月, 日本語, 富山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 画像解析による溶質分散評価

    竹之内 亮, 井上 一哉, 鈴木 克季, 田中 勉

    平成21年度農業農村工学会京都支部講演会, 2009年11月, 日本語, 富山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 多孔質体の物理特性の分散現象への影響

    竹之内 亮, 井上 一哉, 鈴木 克季, 田中 勉

    平成21年度雨水資源化システム学会大会, 2009年10月, 日本語, 石川県金沢市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 取水井の物質流入確率および時間モーメント評価

    高尾 幸宏, 井上 一哉, 光田 和希, 田中 勉

    平成21年度雨水資源化システム学会大会, 2009年10月, 日本語, 石川県金沢市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • マクロ分散評価に及ぼす生物化学特性の影響,

    井上 一哉, Gerard J.M, UFFINK, 吉野 亜香利, 田中 勉

    平成21年度雨水資源化システム学会大会, 2009年10月, 日本語, 石川県金沢市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 粒子追跡ランダムウォーク解析によるマクロ分散評価

    井上 一哉, 松永 尚子, Gerard J.M, UFFINK, 田中 勉

    第44回地盤工学研究発表会, 2009年08月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 取水井の集水域分布と物質捕獲率に関する実験的・解析的検討

    井上 一哉, 高尾 幸宏, 田畑 見紗, 光田 和希, 田中 勉

    平成21年度農業農村工学会大会, 2009年08月, 日本語, 茨城県つくば市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 時間・空間モーメント法のマクロ分散推定への応用

    井上 一哉, 松永 尚子, 吉野 亜香利, Gerard J.M, UFFINK, 田中 勉

    平成21年度農業農村工学会大会, 2009年08月, 日本語, 茨城県つくば市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 蛍光色素を用いた画像解析による分散現象の実験的検討

    井上 一哉, 竹之内 亮, 松永 尚子, 鈴木 克季, 田中 勉

    平成21年度農業農村工学会大会, 2009年08月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 取水井の集水域に対する実験的検討と粒子追跡法による評価

    高尾 幸宏, 井上 一哉, 田畑 見紗, 田中 勉

    第15回地下水・土壌汚染対策とその防止対策に関する研究集会, 2009年06月, 日本語, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 観測井の地下水汚染探査に関するリスク-コスト評価

    井上 一哉, 井上 真哉, 田中 勉

    第58回理論応用力学講演会, 2009年06月, 日本語, 東京都港区, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 画像解析における蛍光色素の適用性の検討

    竹之内 亮, 井上 一哉, 松永 尚子, 田中 勉

    第15回地下水・土壌汚染対策とその防止対策に関する研究集会, 2009年06月, 日本語, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 有限変形FEMによる斜面積雪変形解析の試み

    齋藤 佳彦, 大槻 政哉, 井上 一哉, 成田 英器

    2009寒地技術シンポジウム, 2009年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 粒子追跡法を用いた観測井配置の信頼性評価

    田畑 見紗, 井上 一哉, Gerard UFFINK, 田中 勉

    平成20年度雨水資源化システム学会大会, 2008年11月, 日本語, 山形県鶴岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 粒子追跡法によるCapture Zone評価

    井上 一哉, Gerard UFFINK, 高尾 幸宏, 松永 尚子, 田中 勉

    平成20年度農業農村工学会京都支部講演会, 2008年11月, 日本語, 福井市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 多孔質体の物理特性と分散性の関係

    田畑 見紗, 井上 一哉, 河端 俊典, 内田 一徳, 田中 勉

    平成20年度農業農村工学会京都支部講演会, 2008年11月, 日本語, 福井市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 時間・空間モーメントに及ぼす化学的不均質性の影響

    松永 尚子, 井上 一哉, Gerard UFFINK, 田中 勉

    平成20年度農業農村工学会京都支部講演会, 2008年11月, 日本語, 福井市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 時間モーメントに及ぼすNAPLプール位置の影響

    井上 一哉, 鈴木 章世, 竹之内 亮, 田中 勉

    平成20年度農業農村工学会京都支部講演会, 2008年11月, 日本語, 福井市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 減衰を伴う物質移行挙動に関する解析的検討

    松永 尚子, 井上 一哉, Gerard UFFINK, 田中 勉

    平成20年度雨水資源化システム学会大会, 2008年11月, 日本語, 山形県鶴岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 時間モーメント情報による分散特性評価と透水係数推定への応用

    井上 一哉, 田畑 見紗, 河端 俊典, 内田 一徳, 田中 勉

    平成20年度農業農村工学会大会, 2008年08月, 日本語, 秋田市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 粒子追跡法の横分散長逆解析への応用と実験的検証

    松永 尚子, 井上 一哉, 正木 一平, 田中 勉

    平成19年度農業農村工学会京都支部講演会, 2007年11月, 日本語, 和歌山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ため池底泥土の分散能に関する一考察

    井上 一哉, 田畑 見紗, 河端 俊典, 内田 一徳, 田中 勉

    平成19年度農業農村工学会京都支部講演会, 2007年11月, 日本語, 和歌山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ため池堤体材料の異方透水性

    田中 勉, 土居 央, 小寺 義昭, 井上 一哉

    農業土木学会京都支部第64回研究発表会講演要旨集, 2007年11月, 日本語, 農業土木学会京都支部, 和歌山県、和歌山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • NAPL存在地盤における移流分散実験と時間モーメント特性に関する考察

    鈴木 章世, 井上 一哉, 正木 一平, 田中 勉

    平成19年度農業農村工学会京都支部講演会, 2007年11月, 日本語, 和歌山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 領域内にトラップされたNAPLの物質移行に対する影響

    鈴木 章世, 井上 一哉, 正木 一平, 田中 勉

    平成19年度農業農村工学会大会, 2007年08月, 日本語, 島根県松江市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 粒子追跡法による不均質地盤内の物質移行に関する検討

    井上 一哉, 松永 尚子, 田中 勉

    平成19年度農業農村工学会大会, 2007年08月, 日本語, 島根県松江市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 層地盤内の物質輸送に関する時間モーメント特性評価

    井上 一哉, 河端 俊典, 内田 一徳, 田中 勉

    平成19年度農業農村工学会大会, 2007年08月, 日本語, 島根県松江市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ジオグリッドを用いた補強地盤の模型透水実験

    内田 一徳, 河端 俊典, 井上 一哉, 松川 哲也, 松田 光平

    平成19年度農業農村工学会大会, 2007年08月, 日本語, 島根県松江市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 柵渠水路底面の浸透破壊事例における安定解析と防止対策工法の評価

    田中 勉, ファン ティ ハン チャン, 井上 一哉, 高島 亙

    第42回地盤工学研究発表会平成19年度発表講演集, 2007年07月, 日本語, 地盤工学会, 愛知県, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • NAPL漏洩探査の観測井配置に対するリスク-コスト評価

    井上 一哉, 田中 勉

    第6回構造物の安全性・信頼性に関する国内シンポジウム, 2007年06月, 日本語, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • NAPL影響下にある水溶性物質の時間モーメント特性評価

    井上 一哉, 正木 一平, 鈴木 章世, 田中 勉

    第7回環境地盤工学シンポジウム, 2007年, 日本語, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 不均質浸透場の物質移行に関する縦分散長評価

    井上 一哉, 松永 尚子, 田中 勉

    平成18年度日本雨水資源化システム学会, 2006年11月, 日本語, 山口市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 柵渠水路底面の浸透破壊 -防止対策工法と評価-

    田中 勉, ファン ティ ハン チャン, 井上 一哉, 高島 亙

    農業土木学会京都支部第63回研究発表会講演要旨集, 2006年11月, 日本語, 農業土木学会京都支部, 大阪府、大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 画像解析による不飽和地盤内の分散特性評価

    鈴木 章世, 井上 一哉, 瀬恒 直子, 田中 勉

    平成18年度農業土木学会京都支部講演会, 2006年11月, 日本語, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ため池底泥土の移流分散特性に関する検討

    井上 一哉, 河端 俊典, 内田 一徳, 田中 勉

    成18年度日本雨水資源化システム学会, 2006年11月, 日本語, 山口市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • DNAPL漏洩探査に向けた観測井配置の検討

    井上 一哉, 田中 勉

    平成18年度農業土木学会京都支部講演会, 2006年11月, 日本語, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 常願寺川横江頭首工の改修における基礎地盤の浸透流特性と浸透破壊安定性(その2)-本設グラウト止水壁及び副堤一体化の効果-

    田中 勉, 横山 豊彰, 井上 一哉

    平成18年度農業土木学会大会講演会講演要旨集, 2006年08月, 日本語, 農業土木学会, 栃木県、宇都宮市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 常願寺川横江頭首工の改修における基礎地盤の浸透流特性と浸透破壊安定性(その1)-仮設グラウト止水壁の効果-

    田中 勉, 横山 豊彰, 井上 一哉

    平成18年度農業土木学会大会講演会講演要旨集, 2006年08月, 日本語, 農業土木学会, 栃木県、宇都宮市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ノイズを付加した観測データを用いた物質移動パラメータ推定

    正木 一平, 井上 一哉, 田中 勉

    平成18年度農業土木学会大会, 2006年08月, 日本語, 栃木県宇都宮市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 物質移動パラメータの逆解析における透水係数分布の影響

    正木 一平, 井上 一哉, 島田 幸奈, 田中 勉

    第41回地盤工学研究発表会, 2006年07月, 日本語, 鹿児島市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 画像解析を用いた不飽和地盤の分散長推定に関する検討

    井上 一哉, 瀬恒 直子, 鈴木 章世, 田中 勉

    第41回地盤工学研究発表会, 2006年07月, 日本語, 鹿児島市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 物質移動パラメータ推定における層状地盤の影響

    井上 一哉, 正木 一平, 有吉 充, 島田 幸奈, 田中 勉

    日本雨水資源化システム学会研究発表会, 2005年11月, 日本語, 日本雨水資源化システム学会, 沖縄県那覇市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 不飽和地盤における分散挙動の実験的検討

    井上 一哉, 瀬恒 直子, 鈴木 章世, 田中 勉

    日本雨水資源化システム学会研究発表会, 2005年11月, 日本語, 雨水資源化システム学会, 沖縄県那覇市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地下水汚染探査の観測井配置とリスク-コスト評価,

    井上 一哉, 田中 勉

    日本雨水資源化システム学会研究発表会, 2005年11月, 日本語, 雨水資源化システム学会, 沖縄県那覇市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地下水汚染のリスク評価における不確実性の感度分布

    井上 一哉, 瀬恒 直子, 田中 勉

    日本雨水資源化システム学会研究発表会, 2005年11月, 日本語, 雨水資源化システム学会, 沖縄県那覇市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 画像解析を用いた物質移動パラメータの実験的検討

    正木 一平, 井上 一哉, 瀬恒 直子, 田中 勉

    平成17 年度農業土木学会大会講演会講演要旨集, 2005年08月, 日本語, 農業土木学会, 岐阜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 物質移動特性の不確実性を考慮した観測井配置の検討

    井上 一哉, 正木 一平, 田中 勉

    第40回地盤工学研究発表会, 2005年07月, 日本語, 地盤工学会, 北海道函館市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地下水汚染のリスク評価における不確実性に関する検討

    瀬恒 直子, 井上 一哉, 田中 勉

    第40回地盤工学研究発表会, 2005年07月, 日本語, 地盤工学会, 北海道函館市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 均質地盤内におけるトレーサ移動特性の実験的検討

    井上 一哉, 正木 一平, 瀬恒 直子, 田中 勉

    第40回地盤工学研究発表会, 2005年07月, 日本語, 地盤工学会, 北海道函館市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 二次元集中流地盤の浸透破壊実験,

    田中 勉, 上村 宣博, 井上 一哉

    平成17 年度農業土木学会大会講演会講演要旨集, 938-939., 2005年, 日本語, 不明, 不明, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 締切り矢板内掘削地盤の浸透破壊に対する安全設計の考え方

    田中 勉, 井上 一哉, 廣瀬 哲夫, 永井 茂

    第40地盤工学研究発表会発表講演集,1317-1318., 2005年, 日本語, 不明, 不明, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 軸対象地盤の浸透破壊実験

    田中 勉, 井上 一哉, 浦田 憲, 坂井田 貴士

    第40 回地盤工学研究発表会発表講演集, 1319-1320., 2005年, 日本語, 不明, 不明, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 柵渠水路底面の浸透破壊 -平常水位と水位上昇時の解析-

    田中 勉, 上村 宣博, 浦田 憲, 井上 一哉, 小宅 伸治, 高島 亙, 岩崎 美由貴

    農業土木学会京都支部第62 回研究発表会講演要旨集,.238-239., 2005年, 日本語, 不明, 不明, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 遺伝的アルゴリズムを用いた実験地盤の異方透水係数逆解析

    田中 勉, 井上 一哉, 田内 憲一朗

    第40回地盤工学研究発表会発表講演集,1295-1296., 2005年, 日本語, 不明, 不明, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 遺伝的アルゴリズムによる地下水汚染探査のための観測井配置

    井上 一哉, 正木 一平, 瀬恒 直子, 田中 勉

    第6回環境地盤工学シンポジウム, 2005年, 日本語, 札幌市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地下水汚染リスク評価における縦分散長の不確実性の影響

    瀬恒 直子, 井上 一哉, 田中 勉

    第61回農業土木学会京都支部, 2004年11月, 日本語, 農業土木学会京都支部, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地下水汚染源の探査に関する観測井配置の検討

    井上 一哉, 正木 一平, 田中 勉

    第61回農業土木学会京都支部会, 2004年, 日本語, 農業土木学会京都支部, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地下水汚染のリスク評価に対するモデルパラメータの影響

    井上 一哉, 田中 勉

    第39回地盤工学研究発表会, 2004年, 日本語, 地盤工学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 柵渠水路底面の浸透破壊-土質・水理条件と地盤の安定性-

    田中 勉, 浦田 憲, 井上 一哉, 坂井田 貴士, 小宅 伸治, 高島 亙, 岩崎 美由貴

    第61回農業土木学会京都支部会, 2004年, 日本語, 農業土木学会京都支部, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 柵渠水路底面の浸透破壊-事例報告-

    小宅 伸治, 高島 亙, 岩崎 美由貴, 田中 勉, 浦田 憲, 井上 一哉, 坂井田 貴士

    第61回農業土木学会京都支部会, 2004年, 日本語, 農業土木学会京都支部, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 観測データのノイズを伴う地下水汚染源推定

    井上 一哉, 田中 勉

    H16年度農業土木学大会講演会, 2004年, 日本語, 農業土木学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 海水場内の移流分散挙動に関する基礎的実験

    神谷 智康, 小林 晃, 青山 咸康, 井上 一哉

    地下水地盤環境に関するシンポジウム, 2004年, 日本語, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 押えフィルターによる締切り矢板掘削地盤の安定性(平成16年度発表講演集pp.1193-1194)

    田中 勉, 瀬恒 直子, 井上 一哉, 日下 知哉

    第39回地盤工学研究発表会, 2004年, 日本語, 地盤工学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • パラメータの不確実性を考慮した地下水汚染のリスク評価

    井上 一哉, 田中 勉

    地下水・土壌汚染対策とその防止対策に関する研究集会, 2004年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ジェットグラウチングによる締切り矢板掘削地盤の浸透破壊安定性に対する効果

    田中 勉, 横山 豊彰, 井上 一哉, 仲間 美幸

    平成16年度農業土木学大会講演会, 2004年, 日本語, 農業土木学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地下水汚染源の推定に対する遺伝的アルゴリズムの適用性

    井上 一哉, 小林 晃, 青山 咸康, 田中 勉

    地盤の環境・計測技術に関するシンポジウム, 2003年12月, 日本語, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 画像解析を用いた沿岸帯水層の塩水侵入に関する室内実験

    神谷 智康, 小林 晃, 井上 一哉, 青山 咸康

    平成15年度農業土木学会大会, 2003年07月, 日本語, 那覇市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 不飽和領域における分散現象の実験的検討

    井上 一哉, 小林 晃, 寺村 直子, 青山 咸康

    第37回地盤工学研究発表会, 2002年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 画像解析を用いた分散特性の実験的検討

    井上 一哉, 小林 晃, 寺村 直子, 青山 咸康

    平成14年度農業土木学会大会, 2002年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 硝酸態窒素の輸送解析の検証

    井上 一哉, 小林 晃, 青山 咸康

    第4回環境地盤工学シンポジウム, 2001年, 日本語, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 硝酸態窒素の輸送解析の検証

    井上 一哉, 小林 晃, 青山 咸康

    第36回地盤工学研究発表会, 2001年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 遺伝的アルゴリズムによる地下水汚染源の推定

    井上 一哉, 小林 晃, 青山 咸康

    平成13年度農業土木学会大会, 2001年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地下ダム迂回流を伴う物質輸送解析

    井上 一哉, 浜口 俊雄, 青山 咸康

    第35回地盤工学研究発表会, 2000年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地下ダムを考慮した硝酸性窒素による地下水汚染解析

    井上 一哉, 浜口 俊雄, 青山 咸康

    平成12年度農業土木学会大会, 2000年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 断面自由水面解析手法の提案と地下止水壁越流解析への適用

    井上 一哉, 浜口 俊雄, 青山 咸康

    農業土木学会京都支部研究発表会, 1999年, 日本語, 富山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 重力式コンクリートダムに作用する地震時動水圧簡易推定法の提案-斜方振動への対応-

    松本 伸介, 井上 一哉, 篠 和夫

    平成10年度農業土木学会大会, 1998年08月, 日本語, 京都市, 国内会議

    口頭発表(一般)

共同研究・競争的資金等の研究課題