研究者紹介システム

出口 雅士
デグチ マサシ
大学院医学研究科 医科学専攻
教授
医学
Last Updated :2022/04/15

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院医学研究科 医科学専攻
  • 【配置】

    医学部附属病院 産科婦人科

学位

  • 博士(医学), 神戸大学

授業科目

ジャンル

  • 医療・健康 / 臨床医学
  • 医療・健康 / がん治療

コメントテーマ

  • 周産期
  • 出生前診断
  • 母子感染
  • サイトメガロウイルス感染症
  • トキソプラズマ感染
  • 習慣流産

研究活動

研究キーワード

  • 産科婦人科
  • 遺伝子多型

研究分野

  • ライフサイエンス / 産婦人科学

受賞

  • 2006年07月 兵庫県産科婦人科学会, 兵庫県産科婦人科学会学術奨励賞, Lack of association between endometriosis and N-acetyl transferase 1 (NAT1) and 2 (NAT2) polymorphisms in a Japanese population.

    出口 雅士

論文

  • Naohisa Masuko, Kenji Tanimura, Nobue Kojima, Hitomi Imafuku, Masashi Deguchi, Yuko Okada, Yushi Hirota, Wataru Ogawa, Hideto Yamada

    AIM: The aim of this prospective cohort study was to evaluate the risk factors for postpartum glucose intolerance (GI) in women with gestational diabetes mellitus (GDM). METHOD: A total of 140 women with GDM were enrolled. Of these, 115 underwent a 75-g oral glucose tolerance test (OGTT) at 12 weeks after delivery. Clinical factors and parameters in the antepartum 75-g OGTT associated with postpartum GI were evaluated by logistic regression analyses. RESULTS: Twenty-two (19.1%) of the 115 women with GDM developed postpartum GI. The univariate and multivariable logistic regression analyses revealed that low oral disposition index (DI) was a risk factor for postpartum GI (OR, 0.2; 95% CI, 0.04-0.7; p < 0.05), and that no clinical factors were associated with postpartum GI. CONCLUSIONS: Lower oral DI on the antepartum 75-g OGTT may be a useful marker for identifying GDM women who are at high risk for postpartum GI.

    2022年01月20日, The journal of obstetrics and gynaecology research, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Midori Hijikata, Ichiro Morioka, Aya Okahashi, Nobuhiko Nagano, Kaori Kawakami, Atsushi Komatsu, Kei Kawana, Shohei Ohyama, Kazumichi Fujioka, Kenji Tanimura, Masashi Deguchi, Miwa Sasai, Masahiro Yamamoto, Hideto Yamada

    INTRODUCTION: The aims were to investigate the clinical characteristics of Toxoplasma gondii (T. gondii) immunoglobulin (Ig) M-positive mothers and to clarify the incidences of serum T. gondii IgM or blood T. gondii DNA positivity in newborns born to the mothers and the actual congenital T. gondii infection. METHODS: Mothers with T. gondii IgM positivity and newborns born to the mothers from 2013 to 2020 were prospectively investigated. Serum T. gondii IgG and IgM were measured by enzyme-linked immunosorbent assay. Blood T. gondii DNA was detected by semi-nested polymerase chain reaction. Congenital T. gondii infection was diagnosed based on clinical characteristic manifestations with serum T. gondii IgG positivity at any age or T. gondii IgG positivity after 12 months of age. RESULTS: Among 71 T. gondii IgM-positive mothers, including one with triplets, 41% had low T. gondii IgG avidity index and 73% received maternal therapy. Among 73 newborns who were examined for serum T. gondii IgG and IgM at birth, none had clinical manifestations, and one (1.4%) had T. gondii IgM positivity. Among 32 newborns who were examined for blood T. gondii DNA at birth, two (6.3%) were positive. All patients with serum T. gondii IgM or blood T. gondii DNA positivity showed T. gondii IgG negativity within 12 months of age. CONCLUSIONS: A few newborns born to T. gondii IgM-positive mothers were suspected of having congenital T. gondii infection based on serum T. gondii IgM or blood T. gondii DNA testing at birth. However, none developed congenital T. gondii infection.

    2021年12月17日, Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Hitomi Imafuku, Kenji Tanimura, Yutoku Shi, Akiko Uchida, Masashi Deguchi, Yoshito Terai

    INTRODUCTION: Placenta accreta spectrum (PAS) is a life-threating obstetric complication, and prenatal prediction of PAS can decrease maternal morbidity and mortality. The aim of this prospective cohort study was to determine the clinical factors associated with PAS. METHODS: Pregnant women who delivered at a university hospital were enrolled. Clinical data were collected from medical records, and logistic regression analyses were performed to determine which clinical factors were associated with PAS. RESULTS: Eighty-seven (2.1%) of the 4146 pregnant women experienced PAS. Multivariable analyses revealed that a prior history of cesarean section (CS) (OR 3.3; 95% CI 1.9-5.7; p < 0.01), dilation and curettage (D&C) (OR 2.8; 95% CI 1.7-4.6; p < 0.01), hysteroscopic surgery (OR 5.7; 95% CI 2.3-14.4; p < 0.01), uterine artery embolization (UAE) (OR 44.1; 95% CI 13.8-141.0; p < 0.01), current pregnancy via assisted reproductive technology (ART) (OR 4.1; 95% CI 2.4-7.1; p < 0.01), and the presence of placenta previa in the current pregnancy (OR 13.1; 95% CI 7.9-21.8; p < 0.01) were independently associated with the occurrence of PAS. CONCLUSION: Pregnant women who have a prior history of CS, D&C, hysteroscopic surgery, UAE, current pregnancy via ART, and the presence of placenta previa in the current pregnancy are high risk for PAS.

    2021年09月01日, Placenta, 112, 180 - 184, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • 非初感染母体から出生した重篤な症候性先天性サイトメガロウイルス感染症児の一例

    今福 仁美, 谷村 憲司, 益子 尚久, 内田 明子, 藤本 将史, 京野 由紀, 藤岡 一路, 出口 雅士, 寺井 義人

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2021年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 57 (Suppl.), P163 - P163, 日本語

  • 胎児治療と新生児治療の併用は先天性サイトメガロウイルス感染症児の予後を改善する

    谷村 憲司, 施 裕徳, 内田 明子, 今福 仁美, 藤岡 一路, 森岡 一朗, 出口 雅士, 峰松 俊夫, 寺井 義人, 山田 秀人

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2021年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 57 (Suppl.), P177 - P177, 日本語

  • 谷村 憲司, 施 裕徳, 内田 明子, 上中 美月, 今福 仁美, 藤岡 一路, 森岡 一朗, 出口 雅士, 寺井 義人, 山田 秀人

    「産婦人科の進歩」編集室, 2021年05月, 産婦人科の進歩, 73 (2), 152 - 152, 日本語

  • トキソプラズマ-IgG avidity index高値母体から発生した先天性トキソプラズマ感染疑いの1例

    谷村 憲司, 内田 明子, 笹川 勇樹, 施 裕徳, 白川 得朗, 今福 仁美, 出口 雅士, 芦名 満理子, 藤岡 一路, 森岡 一朗, 笹井 美和, 山本 雅裕, 山田 秀人

    (一社)日本産婦人科感染症学会, 2021年05月, 日本産婦人科感染症学会学術講演会プログラム・抄録集, 37回, 53 - 53, 日本語

  • 山本 雄也, 上野 嘉子, 松田 耕平, 野上 宗伸, 出口 雅士, 上原 慶一郎, 三木 智子, 村上 卓道

    金原出版(株), 2021年04月, 臨床放射線, 66 (4), 381 - 385, 日本語

  • Fetal Goitrous Hyperthyroidism in a Pregnant Woman with Triiodothyronine-Predominant Graves' Disease.

    Keiichi Washio, Mizuki Uenaka, Kenji Tanimura, Masashi Deguchi, Kosuke Nishida, Kazumichi Fujioka, Hideto Yamada

    Triiodothyronine (T3)-predominant Graves' disease is characterized by increased serum free T3 (FT3) levels after free thyroxine (FT4) levels become normal or even low during antithyroid drug treatment. We encountered a 34-year-old pregnant woman, gravida 5 para 4, who was complicated by T3-predominant Graves' disease. She was diagnosed with Graves' disease at 20 years old, and had received methimazole. Methimazole was changed to potassium iodide to reduce the risk of congenital anomalies during the first trimester. The dose of antithyroid drugs was adjusted based on maternal FT4 levels, so that maternal Graves' disease deteriorated and fetal goitrous hyperthyroidism appeared during the second trimester. Since the fetus presented goiter and tachycardia at 27-28 gestational weeks, doses of methimazole and potassium iodide were increased. A male newborn weighing 2604 g was delivered by a cesarean section at 35 gestational weeks. The newborn was diagnosed with neonatal hyperthyroidism, and received methimazole for six months. He developed normally with normal thyroid function at 1 year old. In pregnancies complicated by T3-predominant Graves' disease, the kinds and doses of antithyroid drugs have to be carefully selected to maintain maternal levels of FT4 as well as FT3 within the normal range, considering trimesters of pregnancy, teratogenicity of medication, and maternal levels of thyroid-stimulating hormone receptor antibody.

    2021年02月08日, The Kobe journal of medical sciences, 66 (4), E153-E158, 英語, 国内誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Kenji Tanimura, Yutoku Shi, Akiko Uchida, Mizuki Uenaka, Hitomi Imafuku, Toshihiko Ikuta, Kazumichi Fujioka, Ichiro Morioka, Masashi Deguchi, Toshio Minematsu, Hideto Yamada

    Infants with symptomatic congenital cytomegalovirus infection (cCMV) suffer from long-term sequelae. This study aimed at evaluating the efficacy of combining immunoglobulin (Ig) fetal therapy (FT) and neonatal therapy (NT) with antiviral drugs to improve neurological outcomes of affected infants. Women whose fetuses had symptomatic cCMV received Ig injection into the fetal peritoneal cavity and/or maternal blood as FT, while affected newborns received oral valganciclovir or intravenous ganciclovir as NT. We compared the neurological outcomes at ≥18 months old between infants receiving FT with or without NT (FT group) and those receiving NT only (NT group). From 2009-2019, 15 women whose fetuses had symptomatic cCMV received FT, while 19 newborns received NT only. In FT group, two newborns died, and two were <18 months old. Neurological outcomes of the remaining 11 infants in FT group were as follows: normal 45.5 %, mild impairments 36.4 %, and severe impairments 18.2 %. In NT group, one newborn died, one's parents refused the follow-up, one was <18 months old, and two had only chorioretinitis as symptoms. Neurological outcomes of the remaining 14 infants in NT group were as follows: normal 21.4 %, mild impairments 14.3 %, and severe impairments 64.3 %. The proportion of infants with severe impairments in FT group was significantly lower than that in NT group (18.2 % vs 64.3 %, p < 0.05). This is the first trial demonstrating that the combination of Ig FT and NT with antiviral drugs may be more effective in improving neurological outcomes of newborns with symptomatic cCMV as compared to NT only.

    2020年12月16日, Journal of reproductive immunology, 143, 103263 - 103263, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • 出口 雅士, 谷村 憲司, 蝦名 康彦, 山田 秀人

    <文献概要>血栓性素因のうち抗リン脂質抗体症候群のみ,不育症の明らかな原因といえる。そのほかの血栓性素因としては,わが国ではプロテインS低下,凝固第XII因子低下が代表的である。これらの(抗)凝固因子低下と不育症には弱い関連があるものの,治療が妊娠予後を改善するエビデンスは乏しい。不妊症と血栓性素因との関連についてはさらにエビデンスに乏しく,血栓性素因のある不妊・不育症患者の全例に抗凝固療法を行うべきではない。抗リン脂質抗体症候群については確立された治療法(低用量アスピリンとヘパリンの併用)があり,不育症(生化学的妊娠の反復を含む)や妊娠34週未満早産,胎児発育不全,妊娠高血圧症候群,常位胎盤早期剥離,HELLP症候群などの妊娠合併症があれば,不妊治療施設でもプレコンセプションケアとして積極的に診断検査基準に含まれる抗リン脂質抗体(aPL)を測定する。一方,血栓症の既往からみつかった血栓性素因についてはまったく対応が異なり,不妊治療に伴う卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の徴候がみられた場合や妊娠が明らかとなった場合は,積極的にヘパリンを含む抗凝固療法を行う必用がある。また,凝固検査の評価においては,本検査が非常に繊細な検査であり,採血・検体処理手技により検査値が大きく変動する可能性があることに留意し,より正確な凝固検査を実施する体制を整備していくことが重要である。

    金原出版(株), 2020年12月, 産婦人科の実際, 69 (13), 1605 - 1614, 日本語

  • Hitomi Imafuku, Hideto Yamada, Akiko Uchida, Masashi Deguchi, Tokuro Shirakawa, Yuki Sasagawa, Yutoku Shi, Kazumichi Fujioka, Ichiro Morioka, Kenji Tanimura

    This prospective cohort study aimed to determine clinical factors associated with congenital cytomegalovirus (CMV) infection in pregnancy. Newborns born at a perinatal medical center received PCR analyses for CMV-DNA in their urine with informed consent. Clinical data, including age, maternal fever or flu-like symptoms, complications, ultrasound fetal abnormality, gestational weeks at delivery, and birth weight, were collected. Logistic regression analyses determined clinical findings associated with congenital CMV infection (cCMV). cCMV was diagnosed in 32 of 4380 pregnancies. Univariate and multivariable analyses revealed that age < 25 years old (OR 2.7, 95% CI 1.1-6.6; p < 0.05), the presence of maternal fever or flu-like symptoms (5.4, 2.6-11.2; p < 0.01), ultrasound fetal abnormalities (12.7, 5.8-27.7; p < 0.01), and preterm delivery at less than 34 gestational weeks (2.6, 1.1-6.0; p < 0.05) were independent clinical findings associated with cCMV. A combination of maternal fever/flu-like symptoms, ultrasound fetal abnormalities, or preterm delivery at less than 34 gestational weeks as optimal predictive factors showed 90.6% sensitivity, 66.4% specificity, and a maximum Youden index of 0.57. CMV-DNA tests in the urine of newborns born to mothers with these clinical manifestations may be an effective method in detecting cCMV as a targeted screening with a high sensitivity.

    2020年11月12日, Scientific reports, 10 (1), 19706 - 19706, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Kenji Tanimura, Shigeru Saito, Mikiya Nakatsuka, Takeshi Nagamatsu, Tomoyuki Fujii, Atsushi Fukui, Masashi Deguchi, Yuki Sasagawa, Noriko Arase, Hisashi Arase, Hideto Yamada

    Objective The clinical manifestations of antiphospholipid syndrome (APS) include vascular thrombosis and pregnancy morbidity as well as recurrent pregnancy loss (RPL). However, in more than half of patients with RPL, the cause is never determined. Recently, beta(2)-glycoprotein I (beta(2)GPI) complexed with HLA class II molecules (beta(2)GPI/HLA-DR) was found to be a major autoantibody target in APS. The present study was undertaken to assess the serum levels of autoantibodies against the beta(2)GPI/HLA II complex as a potential risk factor for RPL in women. Methods Serum levels of antiphospholipid antibodies (aPLs), including IgG/IgM anticardiolipin antibodies, IgG/IgM anti-beta(2)GPI antibodies, and lupus anticoagulant as well as anti-beta(2)GPI/HLA-DR antibodies, were measured in 227 women with RPL. In this prospective, multicenter, cross-sectional study, women with RPL and their partners underwent HLA-DR immunotyping and analysis to identify potential causes and risk factors associated with RPL. The normal range for anti-beta(2)GPI/HLA-DR antibody levels was determined using serum samples obtained from a control population of female subjects (208 women of childbearing potential). Results Of the 227 women with RPL, aPL antibodies were detected in 19.8%, and 52 (22.9%) tested positive for anti-beta(2)GPI/HLA-DR antibodies. Among the 227 women, 121 (53.3%) had no risk factors for RPL, and among these women with unexplained RPL, 24 (19.8%) were positive for anti-beta(2)GPI/HLA-DR antibodies. Of the 112 women who had clinical symptoms of APS but did not have levels of aPLs that met the diagnostic criteria for APS, 21 (18.8%) were positive for anti-beta(2)GPI/HLA-DR antibodies. Conclusion The anti-beta(2)GPI/HLA-DR antibody is frequently associated with RPL. Detection of these autoantibodies is useful in understanding the pathogenesis of RPL. Our findings may provide potential new therapeutic strategies for addressing RPL in patients with obstetric APS.

    WILEY, 2020年11月, ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY, 72 (11), 1882 - 1891, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Kenji Tanimura, Shigeru Saito, Mikiya Nakatsuka, Takeshi Nagamatsu, Tomoyuki Fujii, Atsushi Fukui, Masashi Deguchi, Yuki Sasagawa, Noriko Arase, Hisashi Arase, Hideto Yamada

    OBJECTIVE: The clinical manifestations of antiphospholipid syndrome (APS) include vascular thrombosis and pregnancy morbidity as well as recurrent pregnancy loss (RPL). However, in more than half of patients with RPL, the cause is never determined. Recently, β2 -glycoprotein I (β2 GPI) complexed with HLA class II molecules (β2 GPI/HLA-DR) was found to be a major autoantibody target in APS. The present study was undertaken to assess the serum levels of autoantibodies against the β2 GPI/HLA II complex as a potential risk factor for RPL in women. METHODS: Serum levels of antiphospholipid antibodies (aPLs), including IgG/IgM anticardiolipin antibodies, IgG/IgM anti-β2 GPI antibodies, and lupus anticoagulant as well as anti-β2 GPI/HLA-DR antibodies, were measured in 227 women with RPL. In this prospective, multicenter, cross-sectional study, women with RPL and their partners underwent HLA-DR immunotyping and analysis to identify potential causes and risk factors associated with RPL. The normal range for anti-β2 GPI/HLA-DR antibody levels was determined using serum samples obtained from a control population of female subjects (208 women of childbearing potential). RESULTS: Of the 227 women with RPL, aPL antibodies were detected in 19.8%, and 52 (22.9%) tested positive for anti-β2 GPI/HLA-DR antibodies. Among the 227 women, 121 (53.3%) had no risk factors for RPL, and among these women with unexplained RPL, 24 (19.8%) were positive for anti-β2 GPI/HLA-DR antibodies. Of the 112 women who had clinical symptoms of APS but did not have levels of aPLs that met the diagnostic criteria for APS, 21 (18.8%) were positive for anti-β2 GPI/HLA-DR antibodies. CONCLUSION: The anti-β2 GPI/HLA-DR antibody is frequently associated with RPL. Detection of these autoantibodies is useful in understanding the pathogenesis of RPL. Our findings may provide potential new therapeutic strategies for addressing RPL in patients with obstetric APS.

    2020年11月, Arthritis & rheumatology (Hoboken, N.J.), 72 (11), 1882 - 1891, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • Hideto Yamada, Kenji Tanimura, Sachiyo Fukushima, Kazumichi Fujioka, Masashi Deguchi, Yuki Sasagawa, Shinya Tairaku, Toru Funakoshi, Ichiro Morioka

    OBJECTIVES: This prospective cohort study aimed to evaluate the efficacy of the universal neonatal urine screening, followed by diagnosis, workup and antiviral therapy for symptomatic congenital cytomegalovirus (CMV) infection to reduce neurological impairments and sequelae. METHODS: Neonates born in three facilities underwent the universal urine screening of PCR analyses for CMV-DNA. Neonates with symptomatic congenital CMV infection (cCMV) received oral valganciclovir (VGCV) of 32 mg/kg/day for six weeks or six months, and were evaluated for neurological outcomes including developmental quotient (DQ) and hearing function at around 18 months of corrected age. RESULTS: cCMV was diagnosed in 56 (0.48%) of 11,736 neonates, consisting of 23 neonates with symptomatic and 33 with asymptomatic cCMV. The incidence of cCMV in the general perinatal medical center (0.69%) was higher than that in the primary maternity hospital (0.23%, p<0.01%). Twenty of the 23 infants with symptomatic cCMV received VGCV therapy, and 19 underwent neurological assessment. Eight neonates (42%) had severe sequelae of DQ < 70, bilateral hearing dysfunction, and/or epilepsy. Four neonates (21%) had mild sequelae of DQ 70-79 or unilateral hearing dysfunction only, and seven (37%) showed normal development without any impairment. CONCLUSIONS: This study on a large scale demonstrated that a series of universal neonatal urine screening, diagnosis, workup, and VGCV therapy for neonates with symptomatic cCMV may decrease neurological impairments, because 58% of the treated infants had normal development or mild sequelae. The universal urine screening likely identifies subclinical symptomatic cCMV. Mothers with fetuses of cCMV seem to be selectively transferred to perinatal medical centers before deliveries.

    2020年04月06日, Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy, 26 (8), 790 - 794, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 安積 麻帆, 鈴木 嘉穂, 出口 雅士, 松本 培世, 長又 哲史, 高橋 良輔, 蝦名 康彦, 寺井 義人

    子宮頸部小細胞癌は子宮頸部に発生する高異型度神経内分泌腫瘍であり、子宮頸癌の1〜3%を占めるに過ぎないが、早期に再発・転移をきたすことが多く予後不良な疾患として知られている。統一した治療方針は確立されていない。一方で子宮頸癌の治療において、腫瘍径が大きく、摘出が困難な進行症例では、術前化学療法が考慮される。今回我々は、局所進行子宮頸部小細胞癌に術前後の化学療法を施行し、良好な経過を得られたので報告する。症例は76歳。多量の不正出血を主訴に来院した。子宮傍組織に至る86mm大の腫瘤を認め、IIB期と診断した。組織診はsmall cell carcinomaであった。術前化学療法としてイリノテカン+シスプラチン(CPT-P)療法を1コース施行したところ、著明な縮小を認めたため、直ちに広汎子宮全摘術、両側付属器摘出術、骨盤リンパ節郭清、傍大動脈リンパ節郭清を行った。術後に2コースを追加し、術後7ヵ月で再発なく外来経過観察中である。転移のない局所進行子宮頸部小細胞癌では、術前後の化学療法が奏功し、予後を改善する可能性がある。(著者抄録)

    (公社)日本婦人科腫瘍学会, 2020年04月, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 38 (2), 193 - 199, 日本語

  • Satoshi Nagamata, Yukiko Nakasuji, Keitaro Yamanaka, Maho Azumi, Keiichi Washio, Maho Shimizu, Ryosuke Takahashi, Kazuyo Matsumoto, Yuka Murata, Kaho Suzuki, Masashi Deguchi, Hideto Yamada, Yoshito Terai

    Primary peritoneal carcinosarcomas which arise from extragenital locations are extremely rare. Carinosarcomas contain both carcinomatous and sarcomatous elements and can be mainly detected in the female genital tract. We herein report a case of primary peritoneal carcinosarcoma diagnosed by laparoscopic surgery and treated with olaparib. A 62-year-old woman referred to our hospital due to abdominal distension. From imaging findings, we suspected advanced primary peritoneal carcinoma, and laparoscopic surgery was thereafter performed. The pathological diagnosis was carcinosarcoma, and the patient received chemotherapy with docetaxel and carboplatin. After three cycles of chemotherapy, the interval debulking surgery was attempted but resulted in suboptimal results. Because the bilateral ovaries were observed with a normal size and normal findings, we considered that the most likely diagnosis was primary peritoneal carcinosarcoma. After the additional chemotherapy and a 6-month observation period, the tumor relapsed. The patient received chemotherapy again, and the peritoneal carcinosarcoma was judged to be a platinum-sensitive tumor. Oral administration of olaparib was thus initiated. Although a dose reduction was needed due to anemia, olaparib was effective, and the patient could continue the drug for another 7 months. This is the first report of primary peritoneal carcinosarcoma treated with olaparib and shows that it could be a treatment option for platinum-sensitive tumors.

    2020年, Case reports in obstetrics and gynecology, 2020, 9106390 - 9106390, 英語, 国際誌

  • Sachiyo Fukushima, Ichiro Morioka, Shohei Ohyama, Kosuke Nishida, Sota Iwatani, Kazumichi Fujioka, Tsurue Mandai, Hisayuki Matsumoto, Yuji Nakamachi, Masashi Deguchi, Kenji Tanimura, Kazumoto Iijima, Hideto Yamada

    OBJECTIVE: This study aimed to evaluate the neurodevelopmental outcomes of infants with symptomatic congenital cytomegalovirus (SCCMV) disease after antiviral treatment and investigate the symptoms at birth associated with a developmental quotient (DQ) < 70. METHODS: In this prospective study conducted from 2009 to 2018, infants with SCCMV disease who received oral valganciclovir (VGCV; 32 mg/kg/day) for 6 weeks (November 2009 to June 2015) or 6 months (July 2015 to March 2018) were evaluated for their neurodevelopmental outcomes at around 18 months of corrected age. Sequelae were categorized as follows: no impairment with a DQ ≥ 80 and no hearing dysfunction; mild sequelae including unilateral hearing dysfunction or a DQ of 70-79; and severe sequelae with a DQ < 70, bilateral hearing dysfunction requiring hearing aids, blindness or epilepsy requiring anti-epileptic drugs. DQ was assessed using the Kyoto Scale of Psychological Development. Symptoms at birth associated with a DQ < 70 were determined using univariate and receiver operating characteristic curve analyses. RESULTS: Of the 24 treated infants, 21 reached > 18 months of corrected age. Six (29%) were no impairment, 4 (19%) had mild sequelae, and 11 (52%) developed severe sequelae. The symptoms at birth associated with a DQ < 70 were microcephaly and/or small for gestational age. CONCLUSION: In our cohort of infants with SCCMV disease after VGCV treatment, the incidence of severe sequelae at 18 months of corrected age was around 50%. When microcephaly and/or small for gestational age are seen at birth, a low DQ may appear even after oral VGCV treatment.

    2019年10月, Brain & development, 41 (9), 743 - 750, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 症候性先天性サイトメガロウイルス感染症に対する胎児治療と新生児治療の有効性

    谷村 憲司, 内田 明子, 今福 仁美, 森實 真由美, 出口 雅士, 藤岡 一路, 森岡 一朗, 峰松 俊夫, 山田 秀人

    (一社)日本産婦人科感染症学会, 2019年09月, 日本産婦人科感染症学会誌, 3 (1), 87 - 87, 日本語

  • Sasagawa Y, Yamada H, Morizane M, Deguchi M, Shirakawa T, Morioka I, Tanimura K

    The aims of this study were to assess the effect of maternal screening for hepatitis B (HB) virus and a perinatal prevention program of mother-to-child transmission, and to identify clinical characteristics and findings associated with HB exacerbation during pregnancy. This prospective cohort study enrolled 3796 pregnant women and their neonates with informed consent. Pregnant women underwent maternal universal screening for HBs antigen (Ag) in the first trimester. If HBs Ag was positive, serum levels of HBe Ag, alanine transaminase (AST), aspartate aminotransferase (ALT), and HB virus (HBV) DNA were measured. All neonates delivered from HBs Ag-positive women were given HB immune globulin and HB vaccine based on the guidelines of the perinatal prevention program. Of the 3796 pregnant women, 40 (1.05%) tested positive for HBs Ag. Three (7.5%) of the 40 HBs Ag-positive women experienced exacerbation of HBV infection during pregnancy. Serum levels of AST (median 776 vs. 22 mIU/ml, p < 0.01), ALT (median 325 vs. 15 mIU/ml, p < 0.01), and HBV-DNA (median 9.1 vs. 5.4 log copies/ml, p < 0.05), and frequencies of HBe Ag-positive (100% vs. 29.7%, p < 0.05) and symptoms of itching or general fatigue (66.7% vs. 0%, p < 0.01) in three women with exacerbation of HBV infection were significantly higher than those in 37 women without exacerbation. There was no case of mother-to-child transmission, suggesting the perinatal HBV prevention program was effective. Levels of HBe Ag, liver enzymes, and HBV-DNA as well as symptoms of itching and general fatigue should be carefully monitored for HBs Ag-positive women during pregnancy and the postpartum period.

    2019年08月, Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy, 25 (8), 621 - 625, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hideto Yamada, Kenji Tanimura, Masashi Deguchi, Shinya Tairaku, Mayumi Morizane, Akiko Uchida, Yasuhiko Ebina, Akira Nishikawa

    Primary infection with Toxoplasma gondii (T. gondii) during pregnancy may cause congenital infection of the infant. This study evaluated whether screening using IgG avidity and multiplex-nested polymerase chain reaction (PCR) methods was effective for detecting a high-risk pregnancy for congenital T. gondii infection. In a prospective cohort study serum T. gondii IgG avidity was measured in 469 pregnant women who had a positive test for T. gondii antibody plus a positive or equivocal test for IgM. Multiplex-nested PCR for T. gondii DNA on amniotic fluid, maternal blood, and neonatal blood was performed with informed consent. Low (<30%), borderline (30-35%), and high (>35%) IgG avidity indices were found in 104 (22.2%), 30 (6.4%), and 305 (71.4%), respectively. A total of 12 cases had a positive PCR test for amniotic fluids of the prenatal amniocentesis or at birth, or neonatal blood. Seven of the 12 cases were diagnosed as having congenital T. gondii infection, and they had low IgG avidity indices. Congenital T. gondii infection screening using of IgG avidity and multiplex-nested PCR methods for pregnant women with a positive test for T. gondii antibody plus a positive or equivocal test for T. gondii IgM was useful for detecting a high-risk pregnancy and diagnosing congenital T. gondii infection.

    2019年06月, Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy, 25 (6), 427 - 430, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 卵巣癌患者における治療前Prognostic nutritional indexと予後

    蝦名 康彦, 長又 哲史, 鈴木 嘉穂, 若橋 宣, 宮原 義也, 出口 雅士, 山田 秀人

    日本女性栄養・代謝学会, 2019年06月, 日本女性栄養・代謝学会誌, 25, 49 - 50, 日本語

  • Maho Miyaji, Masashi Deguchi, Kenji Tanimura, Yuki Sasagawa, Mayumi Morizane, Yasuhiko Ebina, Hideto Yamada

    The aim of this prospective cohort study was to evaluate clinical factors associated with pregnancy outcomes in women with recurrent pregnancy loss (RPL). Women with a history of two or more pregnancy losses underwent workups for clinical factors of RPL and their pregnancies were followed-up with informed consent. Two hundred eleven (81.5%) of 259 women with RPL became pregnant. The multivariable analyses demonstrated that age (p < .01, OR 0.9, 95%CI 0.97-0.83), uterine abnormality (p < .05, OR 0.3, 95%CI 0.11-0.8), and protein C (PC) deficiency (p < .01, OR 0.14, 95%CI 0.03-0.6) were independent factors for becoming pregnancy in women with RPL. The number of previous pregnancy loss (p < .01, OR 0.57, 95%CI 0.43-0.75) and natural killer (NK) cell activity ≥33% (p < .01, OR 0.31, 95%CI 0.13-0.73) were independent factors for live birth in the subsequent pregnancy. Advanced age, the presence of uterine abnormality, and PC deficiency were risk factors for reduced pregnancy rate in women with RPL. Increased number of previous pregnancy loss and high NK cell activity were risk factors for miscarriage in the subsequent pregnancy. These results involve important information and are helpful for clinical practitioners.

    2019年04月23日, Gynecological endocrinology : the official journal of the International Society of Gynecological Endocrinology, 35 (10), 1 - 6, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Shohei Ohyama, Ichiro Morioka, Sachiyo Fukushima, Keiji Yamana, Kosuke Nishida, Sota Iwatani, Kazumichi Fujioka, Hisayuki Matsumoto, Takamitsu Imanishi, Yuji Nakamachi, Masashi Deguchi, Kenji Tanimura, Kazumoto Iijima, Hideto Yamada

    Although earlier studies have shown that antiviral treatment regimens using valganciclovir (VGCV) improved hearing function in some infants with congenital cytomegalovirus (CMV) infection; its efficacy on the severity of hearing dysfunction is unclear. We conducted a prospective study among 26 infants with congenital CMV infections from 2009 to 2018. Oral VGCV (32 mg/kg/day) was administered for 6 weeks (November 2009 to June 2015; n = 20) or 6 months (July 2015 to March 2018, n = 6). Hearing function was evaluated by measuring the auditory brainstem response before VGCV treatment and at 6 months. Hearing dysfunction, defined as a V-wave threshold >40 dB, was categorized into: most severe, ≥91 dB; severe, 61⁻90 dB; and moderate, 41⁻60 dB. Hearing improvement was defined as a decrease of ≥20 dB from the pretreatment V-wave threshold. Of 52 ears in 26 infants with congenital CMV infection, 29 (56%) had hearing dysfunction, and of 29 ears, 16 (55%) improved after VGCV treatment. Although, 16 (84%) of 19 ears with moderate or severe hearing dysfunction improved after treatment (p < 0.001), 10 ears with the most severe form did not. In conclusion, VGCV treatment is effective in improving moderate and severe hearing dysfunction in infants with congenital CMV infection.

    2019年03月19日, International journal of molecular sciences, 20 (6), 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Neonatal Alloimmune Thrombocytopenia: A Report of Four Cases.

    Uenaka M, Morizane M, Tanimura K, Deguchi M, Ebina Y, Hashimoto M, Morioka I, Yamada H

    Antibodies against fetal platelet alloantigens in maternal blood cause neonatal alloimmune thrombocytopenia (NAIT). We encountered four newborns with NAIT from three women. A woman carried anti-human platelet antigen (HPA)-1a antibody, and vaginally delivered a newborn who had subarachnoid hemorrhage and platelet transfusions. She delivered the second newborn by a cesarean section who had no symptom. The second woman carried anti-human leukocyte antigen-A2 antibody and vaginally delivered a newborn who had no symptom. The third woman with a history of recurrent pregnancy losses carried anti-HPA-4b antibody, and delivered a newborn by a cesarean section who received platelet transfusions and immunoglobulin infusions. Antiplatelet antibody screening may be helpful in women who have a history of blood transfusion, or previous neonates with thrombocytopenia or intracranial hemorrhage.

    2019年03月, The Kobe journal of medical sciences, 64 (6), E197 - E199, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 出口雅士, 谷村憲司, 山田秀人

    抗リン脂質抗体(aPL)は1980年代中頃に発見され、不育症や妊娠合併症、血栓塞栓症との関連が解析されてきた。抗リン脂質抗体症候群(APS)は1986年に誕生した疾患群で、aPLを有し、かつ臨床症状として血栓症や妊娠高血圧腎症、子癇、胎盤機能不全、胎児発育不全(FGR)による早産、および不育症といった妊娠合併症をきたす疾患である。APS合併妊娠は治療が可能であり、妊娠合併症の原因検索の一つとしてaPLの検索は重要である。(著者抄録)

    (株)診断と治療社, 2019年02月, 産科と婦人科, 86 (2号), 223 - 229, 日本語

    [招待有り]

  • Fetal Primary Small Bowel Volvulus Associated with Acute Gastric Dilatation Detected by Ultrasonography.

    Sachiyo Fukushima, Kazumichi Fujioka, Mariko Ashina, Shohei Ohyama, Toshihiko Ikuta, Kosuke Nishida, Harunori Miyauchi, Yuichi Okata, Yuko Bitoh, Kenji Tanimura, Masashi Deguchi, Hideto Yamada, Kazumoto Iijima

    Fetal intestinal volvulus is a rare condition, and fetal diagnosis of this disease is still challenging, especially in primary cases not accompanied by other comorbidities, such as intestinal malformations. Herein, we report a case of fetal primary small bowel volvulus associated with acute gastric dilatation detected by ultrasonography. We speculate that the mechanism of acute gastric dilatation in our case was peristatic malfunction of the whole intestine caused by a strangulated ileus resulting from fetal intestinal volvulus. In conclusion, acute gastric dilatation detected by fetal ultrasound can indicate the fetal intestinal volvulus.

    2019年01月11日, The Kobe journal of medical sciences, 64 (4), E157-E159 - E159, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Mizuki Uenaka, Mayumi Morizane, Kenji Tanimura, Masashi Deguchi, Maki Kanzawa, Tomoo Itoh, Hideto Yamada

    INTRODUCTION: Cytomegalovirus (CMV) infection is the most common cause of congenital viral infections in humans. The unusual structure of the placenta plays a pivotal role in CMV transmission from mothers to fetuses. The aim of this study was to evaluate the histopathological findings of placentas with congenital CMV infections. METHODS: We obtained placental specimens from 35 women who had newborns with congenital CMV infections. Placental specimens, extraplacental membranes, and umbilical cords were stained with hematoxylin and eosin, and subjected to immunohistochemical analysis. We evaluated the localization of CMV-infected cells and other histological parameters. RESULTS: Thirty (86%) of the 35 placentas tested positive for CMV-infected cell proteins by immunohistochemistry. A majority of CMV-positive cells were present in fibroblasts and endothelial cells in the villi. The number of CMV-infected cells was inversely correlated to gestational age at delivery. The frequency of chronic villitis (65% vs. 11%; p < 0.01) and changes of the villi (38% vs. 0%; p < 0.05) in the placentas from mothers with symptomatic congenital CMV infections was higher than those observed in samples from mothers with asymptomatic congenital infections. The frequency of changes of the decidua (43% vs. 5%; p < 0.01) in the placentas from mothers with non-primary CMV infections was higher than those from mothers with primary infections. DISCUSSION: Chronic villitis and changes of the villi were associated with symptomatic congenital CMV infections. The changes of the decidua were associated with congenital CMV infections, in mothers with non-primary CMV infections.

    2019年01月, Placenta, 75, 62 - 67, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 妊婦のB型肝炎スクリーニングと垂直感染予防

    笹川勇樹, 谷村憲司, 森實真由美, 出口雅士, 山田秀人

    2008年から7月から2016年12月までにHBs抗原検査を行い、分娩した妊婦3796名とその新生児を対象に、前向き研究を実施した。B型肝炎(HBV)キャリア妊婦における妊娠中のB型肝炎増悪(Flare)の発生頻度および臨床的特徴、HBVスクリーニングによる母子感染予防対策の有用性も調査した。対象となったHBs抗原陽性40名を分析対象とした。HBs抗原陽性妊婦からの出生児40名中、転院5名を除く35名に垂直感染予防策が完遂されて、全例で垂直感染は見られなかった。分析対象40名のうち、3名(7.5%)でFlareがみられ、Flareがみられた3名中2名で皮膚そう痒感や全身倦怠感などの臨床症状を呈し、3名ともHBV-DNA量が増加した。HBVスクリーニングによる母子感染予防対策は有効であると考えられた。HBs抗原陽性妊婦がFlareを起こすことは稀ではなく、劇症化する場合もあり、内科のある高次施設での妊娠管理が望ましいと考えられた。

    兵庫県母性衛生学会, 2018年12月, 兵庫県母性衛生学会雑誌, (27号), 67 - 68, 日本語

    [査読有り]

  • Hideto Yamada, Kenji Tanimura, Shinya Tairaku, Ichiro Morioka, Masashi Deguchi, Mayumi Morizane, Satoshi Nagamata, Kana Ozaki, Yasuhiko Ebina, Toshio Minematsu

    The aim of this nested case-control study was to evaluate clinical factors associated with the occurrence of congenital cytomegalovirus (CMV) infection in pregnant women with non-primary CMV infection. In a cohort study of CMV screening for 2193 pregnant women and their newborns, seven newborns with congenital CMV infection were identified among 1287 pregnant women with non-primary CMV infection that was defined as negative IgM and positive IgG with IgG avidity index >45%. In the 1287 women with non-primary CMV infection, clinical findings and complications were compared between pregnancies with and without congenital CMV infection. Clinical factors associated with the occurrence of congenital CMV infection were evaluated. The birth weight of newborns with congenital CMV infection was less than that of newborns without congenital infection (p < 0.05). Univariate logistic regression analyses demonstrated that threatened premature delivery (OR 10.6, 95%CI 2.0-55.0; p < 0.01) and multiple pregnancy (OR 7.1, 95%CI 1.4-37.4; p < 0.05) were associated with congenital infection. Multivariable logistic regression analyses demonstrated that threatened premature delivery (OR 8.4, 95%CI 1.5-48.1; p < 0.05) was a single risk factor for congenital CMV infection in pregnant women with non-primary CMV infection. This study revealed for the first time that threatened premature delivery was associated with the occurrence of congenital CMV infection in pregnant women with non-primary CMV infection, the pathophysiology of which may be closely associated with CMV reactivation during pregnancy.

    2018年09月, Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy, 24 (9), 702 - 706, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 在胎30週未満の胎児発育不全児における予後不良に関連する因子の検討

    内山 美穂子, 谷村 憲司, 白國 あかり, 森實 真由美, 出口 雅士, 藤岡 一路, 森岡 一朗, 山田 秀人

    妊娠30週未満で分娩となった胎児発育不全児(FGR)16例を対象に、予後不良に関連する因子について検討した。その結果、後遺症なし生存中の予後良好群は8例、後遺症あり生存または、子宮内胎児死亡、新生児死亡の予後不良群は8例であった。予後良好群に比べ予後不良群では、妊娠回数が少なく、FGR診断時胎児推定体重のSD値が小さく、高度の胎児血流異常ありの割合が高かった。FGRの原因やリスク因子としては妊娠高血圧症候群が62.4%を占めていた。また、FGR診断後にHDP(妊娠高血圧症候群)を発症した症例もみられた。

    「産婦人科の進歩」編集室, 2018年08月, 産婦人科の進歩, 70 (3), 270 - 277, 日本語

    [査読有り]

  • Eisuke Ueshima, Koji Sugimoto, Takuya Okada, Naoto Katayama, Yutaka Koide, Keitaro Sofue, Mayumi Morizane, Kenji Tanimura, Masashi Deguchi, Masato Yamaguchi

    PURPOSE: To justify a classification system for angiographic images of uterine artery embolization (UAE) for postpartum hemorrhage (PPH) and identify new risk factors associated with failed embolization. MATERIALS AND METHODS: A retrospective analysis of 63 consecutive patients who underwent UAE for severe PPH was performed. Uterine artery angiography (UA) before embolization was classified into two types: type 1 was defined as complete staining and type 2 was defined as partial staining of the uterine arteries. The clinical outcome, UA classification, and other possible factors previously reported were evaluated. Univariate and multivariate analyses were performed to determine the factors related to clinical outcomes. RESULTS: Sixty-three patients were enrolled (type 1, 22; type 2, 41). The clinical success rates of the primary UAE session were 90.9% (20/22) for type 1 and 61.0% (25/41) for type 2 (p = 0.018). Univariate and multivariate analyses demonstrated that the only UA classification was significantly associated with primary UAE failure (p = 0.033). CONCLUSIONS: The UA classification is an independent predictive factor of the clinical success rate of the primary UAE session for PPH; thus, it is an intuitive and optimal predictor for interventional radiologists to decide whether additional therapy is necessary.

    2018年06月, Japanese journal of radiology, 36 (6), 394 - 400, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 大山 正平, 森岡 一朗, 福嶋 祥代, 芦名 満理子, 生田 寿彦, 大久保 沙紀, 山名 啓司, 藤岡 一路, 森實 真由美, 出口 雅士, 谷村 憲司, 飯島 一誠, 山田 秀人

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2018年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 54 (2), 621 - 621, 日本語

  • 症候性先天性CMV感染児の1歳6ヵ月時点でのDQ<70と関連する周産期リスク因子の後方視的検討

    福嶋 祥代, 森岡 一朗, 芦名 満理子, 生田 寿彦, 大山 正平, 大久保 沙紀, 山名 啓司, 藤岡 一路, 森實 真由美, 出口 雅士, 谷村 憲司, 飯島 一誠, 山田 秀人

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2018年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 54 (2), 622 - 622, 日本語

  • 尿サイトメガロウイルス(CMV)スクリーニングで同定した先天性CMV感染児の前方視的観察研究

    福嶋 祥代, 森岡 一朗, 芦名 満理子, 生田 寿彦, 大山 正平, 大久保 沙紀, 山名 啓司, 藤岡 一路, 森實 真由美, 出口 雅士, 谷村 憲司, 船越 徹, 大橋 正伸, 飯島 一誠, 山田 秀人

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2018年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 54 (2), 622 - 622, 日本語

  • PPAPスコアリングシステムを用いた前置胎盤の管理

    谷村 憲司, 森實 真由美, 出口 雅士, 上野 嘉子, 山田 秀人

    「産婦人科の進歩」編集室, 2018年05月, 産婦人科の進歩, 70 (2), 218 - 218, 日本語

  • Yoko Maesawa, Masashi Deguchi, Kenji Tanimura, Mayumi Morizane, Yasuhiko Ebina, Hideto Yamada

    Purpose: This study aimed to assess the efficacy of high-dose i.v. immunoglobulin (HIVIg) therapy in pregnant women with antiphospholipid syndrome (APS) secondary to systemic lupus erythematosus with a history of pregnancy failure, despite receiving low-dose aspirin plus unfractionated heparin therapy, of which condition being designated as "aspirin-heparin-resistant APS" (AHRAPS). Methods: The HIVIg therapy (20 g/d, 5 days) was performed for the pregnancies of five women with AHRAPS. Results: Five of the eight pregnancies ended in live births. The gestational ages of delivery in four of the five pregnancies were extended, compared with previous pregnancies. The HIVIg therapy was considered to be successful for these four pregnancies. Excluding one pregnancy that ended in miscarriage with an abnormal chromosome karyotype of the villi, the HIVIg therapy was considered to be successful in four (57.1%) of the seven pregnancies of the women with AHRAPS. Although all the live newborns were prematurely delivered, no adverse effect of the HIVIg therapy was observed. Conclusions: The HIVIg therapy might be beneficial as an immune modifier for pregnant women with AHRAPS. However, the precise indication of which women with AHRAPS who should receive HIVIg therapy remains unknown.

    2018年04月, Reproductive medicine and biology, 17 (2), 149 - 154, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kenji Tanimura, Mayumi Morizane, Masashi Deguchi, Yasuhiko Ebina, Utaru Tanaka, Yoshiko Ueno, Kazuhiro Kitajima, Tetsuo Maeda, Kazuro Sugimura, Hideto Yamada

    INTRODUCTION: Placenta previa (PP) is one of the most significant risk factors for adherent placenta (AP). The aim of this study was to evaluate the diagnostic efficacy of a novel scoring system for predicting AP in pregnant women with PP. METHODS: This prospective cohort study enrolled 175 women with PP. The placenta previa with adherent placenta score (PPAP score) is composed of 2 categories: (1) past history of cesarean section (CS), surgical abortion, and/or uterine surgery; and (2) ultrasonography and magnetic resonance imaging findings. Each category is graded as 0, 1, 2, or 4 points, yielding a total score between 0 and 24. When women with PP had PPAP score ≥8, they were considered to be at a high risk for AP and received placement of preoperative internal iliac artery occlusion balloon catheters. If they were found to have AP during CS, they underwent hysterectomy or placenta removal using advanced bipolar with balloon catheter occlusion. The predictive accuracy of PPAP score was evaluated. RESULTS: In total, 23 of the 175 women with PP were diagnosed as having AP, histopathologically or clinically. Twenty-one of 24 women with PPAP score ≥8 had AP, whereas two of 151 women with PPAP score <8 had AP. The scoring system yielded 91.3% sensitivity, 98.0% specificity, 87.5% positive predictive value, and 98.7% negative predictive value for predicting AP in women with PP. DISCUSSION: This prospective study demonstrated that PPAP scoring system may be useful for predicting AP in women with PP.

    2018年04月, Placenta, 64, 27 - 33, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • A Case of Congenital Complete Atrioventricular Block Treated with Transdermal Tulobuterol

    Ikuta T, Fujioka K, Sato Y, Ashina M, FukushimaS, Ohyama S, Okubo S, Yamana K, Morizane M, Tanimura K, Deguchi M, Iijima K, Morioka I, Yamada H

    Congenital complete atrioventricular block (CCAVB) is a condition in which the atria and ventricles beat independently of each other. CCAVB cases require permanent pacemaker implantation until adulthood. Nevertheless, consensus regarding postnatal medical therapy for bradycardia has not been reached. Here we report the case of a newborn with CCAVB, whose intractable bradycardia was successfully treated with transdermal tulobuterol. Tulobuterol is a selective β2-adrenoceptor agonist, widely used safely as bronchodilator in children. It also has positive inotropic and chronotropic effect via β1-adrenoceptors. We believe the tulobuterol patch can be used as an optional therapy for CCAVB where pacemaker implantation is not available.

    2018年04月, Kobe J Med Sci, 63 (4), E109 - E112, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Masashi Deguchi, Yoko Maesawa, Shino Kubota, Mayumi Morizane, Kenji Tanimura, Yasuhiko Ebina, Hideto Yamada

    The aim of this prospective study was to determine clinical factors associated with adverse pregnancy outcomes in women with systematic lupus erythematosus (SLE). Fifty-six pregnancies from 46 women with SLE were enrolled. Risk factors for pregnancy loss, premature delivery, hypertensive disorders of pregnancy (HDP), and light-for-date neonate (LFD), were evaluated. Univariate and multivariate logistic regression analyses revealed a history of two or more pregnancy losses before 10 gestational weeks (GW) (OR 11.5, 95%CI 1.72-76.8) as a risk factor for pregnancy loss; low levels of blood complements (OR 7.55, 95%CI 1.10-51.9) and antiphospholipid syndrome (OR 26.5, 95%CI 3.17-219) as risk factors for premature delivery before 37 GW; SLEDAI score at conception (OR 1.68, 95%CI 1.05-2.68) and positive tests for two or more antiphospholipid antibodies (OR 6.89, 95%CI 1.13-41.9) as risk factors for premature delivery before 34 GW; prednisolone therapy >14mg/day (OR 7.55, 95%CI 1.10-51.9) as a risk factor for HDP; and low dose aspirin therapy (OR 0.21, 95%CI 0.05-0.97) decreased the risk for LFD neonate. These results have important implications for clinicians managing SLE complicated pregnancy.

    2018年02月, Journal of reproductive immunology, 125, 39 - 44, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Shigeki Shimada, Yasuhiko Ebina, Norifumi Iijima, Masashi Deguchi, Hideto Yamada

    PROBLEM: Is an abnormal increase or decrease of M1/M2 macrophages observed in the deciduae of miscarriages with normal fetal chromosome (MN)? METHODS OF STUDY: Deciduae of 18 MN and 26 miscarriages with abnormal fetal chromosome (MA) were obtained. Additionally, deciduae from 15 women whose pregnancies ended in induced abortions (IA) and endometriums at the mid-luteal phase from 19 non-pregnant women endomeriums of mid-luteal phases (EM) were obtained. Macrophages were analyzed by flow cytometry using monoclonal antibodies for CD68, HLA-DR, and CD163. RESULTS: M1 macrophages, defined as CD68+ HLA-DR+ CD163- cells, increased in MN compared with MA or IA. M2 macrophages, defined as CD68+ HLA-DR- CD163+ cells, increased in the deciduae of MA and IA compared with EM. However, this increase was not observed in the deciduae of MN. CONCLUSION: Our findings of phenotypic characters of decidual macrophages in MN provide additional evidence that M2 polarization is favorable for the maintenance of early stages of pregnancy.

    2018年02月, American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989), 79 (2), 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • インフルエンザ

    出口雅士, 山田秀人

    2018年, 産婦人科感染症マニュアル, 263 - 270, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazumichi Fujioka, Ichiro Morioka, Kosuke Nishida, Mayumi Morizane, Kenji Tanimura, Masashi Deguchi, Kazumoto Iijima, Hideto Yamada

    We report two cases of pulmonary hypoplasia due to fetal ascites in symptomatic congenital cytomegalovirus (CMV) infections despite fetal therapy. The patients died soon after birth. The pathogenesis of pulmonary hypoplasia in our cases might be thoracic compression due to massive fetal ascites as a result of liver insufficiency. Despite aggressive fetal treatment, including multiple immunoglobulin administration, which was supposed to diminish the pathogenic effects of CMV either by neutralization or immunomodulatory effects, the fetal ascites was uncontrollable. To prevent development of pulmonary hypoplasia in symptomatic congenital CMV infections, further fetal intervention to reduce ascites should be considered.

    FRONTIERS MEDIA SA, 2017年11月, FRONTIERS IN PEDIATRICS, 5, 241, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kenji Tanimura, Shinya Tairaku, Ichiro Morioka, Kana Ozaki, Satoshi Nagamata, Mayumi Morizane, Masashi Deguchi, Yasuhiko Ebina, Toshio Minematsu, Hideto Yamada

    Background: The aim of this prospective cohort study was to evaluate the efficacy of maternal screening for congenital cytomegalovirus infection (CCI) using cytomegalovirus (CMV) immunoglobulin G (IgG) and the IgG avidity index (AI). Methods: Pregnant women underwent screening of CMV IgG and AI measurements. IgG-negative women underwent remeasurement of IgG after educational intervention. Women with an AI ≤45% received further examinations, including measurement of CMV IgM. All newborns received polymerase chain reaction analyses of the urine, and CCI was diagnosed by the detection of CMV-DNA in the urine. Primary infection was defined as an AI <35% and/or positive IgM (>1.20 index). Serum samples from women with an AI >45% were stored, and the IgM levels were measured after delivery. The efficacy of AI and IgM for CCI screening was compared. Results: A total of 1562 (71.2%) women tested positive for IgG. In this study, 10 newborns with CCI were detected. The presence of infection in 3 newborns from mothers with primary infection was predicted by screening of IgG and AI <35%. However, infection in 7 newborns from women with nonprimary infection could not be predicted by screening of CMV IgG, AI <35%, or IgM. The application of an AI <35% for CCI screening yielded 22.2% sensitivity, 95.0% specificity, 2.5% positive predictive value, and 99.5% negative predictive value and was similar to that of IgM (11.1% sensitivity, 93.2% specificity, 0.9% positive predictive value, and 92.7% negative predictive value). Conclusions: Maternal screening using CMV IgG and AI can identify pregnancies with CCI from primary infection, but overlooks a number of those from nonprimary infection.

    2017年10月30日, Clinical infectious diseases : an official publication of the Infectious Diseases Society of America, 65 (10), 1652 - 1658, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 【TORCH症候群-母子感染における問題点】 先天性トキソプラズマ症の予防、診断と治療

    出口雅士, 谷村憲司

    2017年09月, 日本医事新報, (4872号), 40 - 47, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 【TORCH症候群-母子感染における問題点】 先天性サイトメガロウイルス感染症の予防、診断と治療

    谷村憲司, 出口雅士

    2017年09月, 日本医事新報, (4872号), 33 - 39, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 妊娠中にネフローゼ症候群を発症し、ステロイドおよび血漿交換にて完全寛解に至った一例

    小嶋 真理子, 後藤 俊介, 泉 博子, 内田 明子, 出口 雅士, 藤井 秀毅, 山田 秀人, 西 慎一

    (一社)日本腎臓学会, 2017年09月, 日本腎臓学会誌, 59 (6), 717 - 717, 日本語

  • 妊娠中の腎機能悪化を契機に発見された高Ca血症の一例

    泉 博子, 藤井 秀毅, 内山 美穂子, 出口 雅士, 山田 秀人, 西 愼一

    (一社)日本腎臓学会, 2017年09月, 日本腎臓学会誌, 59 (6), 874 - 874, 日本語

  • Masashi Deguchi, Hideto Yamada, Mayumi Sugiura-Ogasawara, Mamoru Morikawa, Daisuke Fujita, Akinori Miki, Shintaro Makino, Atsuko Murashima

    The aim of this study was to understand the clinical features of antiphospholipid syndrome (APS)-complicated pregnancies and evaluate risk factors for the adverse pregnancy outcomes. This multicenter study evaluated live-birth rates according to therapy modality for APS and risk factors of pregnancy loss in 81 pregnancies. Risk factors for pregnancy complications, including premature delivery before 34 gestational weeks, hypertensive disorders of pregnancy, thrombocytopenia, and light-for-date neonate, were evaluated in 51 women who received low dose aspirin (LDA) plus unfractionated heparin (UFH) and delivered after 24 GW. The live-birth rate in APS pregnancies with LDA+UFH therapy was 92.6%. A multiple logistic regression analysis demonstrated that LDA+UFH therapy decreased the risk of pregnancy loss (OR 0.13, 95%CI 0.03-0.62), and that a history of pregnancy loss despite LDA+UFH therapy increased the risk of pregnancy loss (OR 8.74, 95%CI 1.69-45.2). LDA therapy prior to pregnancy decreased the risk of premature delivery (OR 0.14, 95%CI 0.03-0.69). Positive tests for two or more anti-phospholipid antibodies increased the risks of premature delivery (OR 9.61, 95%CI 1.78-51.8) and thrombocytopenia (OR 4.90, 95%CI 1.11-21.7). Laboratory findings of low complements increased the risk of hypertensive disorders of pregnancy (OR 12.1, 95%CI 1.61-91.0). Standard therapy yielded high live-birth rates. Positive tests for two or more anti-phospholipid antibodies and low complements were associated with adverse pregnancy outcomes. These results have important implications for clinicians.

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2017年08月, Journal of reproductive immunology, 122, 21 - 27, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 【産婦人科領域における難病を考える-新たに成立した難病法の視点から】 [指定難病疾患] 抗リン脂質抗体症候群

    出口雅士, 谷村憲司, 山田秀人

    2017年07月, 産科と婦人科, 84 (7号), 804 - 809, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 西田 浩輔, 森岡 一朗, 大山 正平, 福嶋 祥代, 山名 啓司, 黒川 大輔, 岩谷 壮太, 藤岡 一路, 飯島 一誠, 出口 雅士, 谷村 憲司, 山田 秀人

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2017年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 53 (2), 482 - 482, 日本語

  • Qianlan Fan, Yuan Cheng, Hsun-Ming Chang, Masashi Deguchi, Aaron J Hsueh, Peter C K Leung

    Epithelial ovarian carcinomas account for more than 90% of human ovarian cancers and have become the primary cause of death for gynecological malignancies. Unlimited cell proliferation and resistance to cell apoptosis contribute to the development of ovarian cancers. However, the underlying mechanisms involved in these processes in epithelial ovarian carcinomas are yet poorly understood. In the present study, we examined the Hippo signaling gene expression and investigated the effects of Sphingosine 1-phosphate (S1P) on cell proliferation and the underlying mechanisms in human ovarian cancer cell lines, OVCAR3 and SKOV3. Our results demonstrate that S1P disrupts Hippo signaling by reducing YAP phosphorylation and increasing the expression of CCN1 and CCN2 in both ovarian cancer cells. Furthermore, the increase in CCN1/CCN2 expression contributes to the S1P-induced increase in cancer cell proliferation.

    IMPACT JOURNALS LLC, 2017年04月18日, Oncotarget, 8 (16), 27166 - 27176, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yasuhiko Ebina, Yukari Nishino, Masashi Deguchi, Yoko Maesawa, Yuki Nakashima, Hideto Yamada

    This study aimed to evaluate whether natural killer (NK) cell activity was associated with the etiology of recurrent miscarriage (RM), and to evaluate the predictive value of NK cell activity for outcomes of following pregnancies in women with RM. Peripheral NK cell activity was measured in 160 non-pregnant women with a history of two or more miscarriages. This activity was compared according to the etiology of RM and to pregnancy outcomes in women who became pregnant. NK cell activity in women with unexplained RM was significantly higher than that in those with known etiologies of RM. NK cell activity in women whose next pregnancies ended in miscarriage of fetuses with a normal chromosome karyotype (MN) was higher than that in those with live births (p<0.05). Women with NK cell activity ≥33% had a higher risk for MN (relative risk 3.4, 95% confidence interval 1.3-8.7). An increase in peripheral NK cell activity was associated with MN. This increase might be involved in the pathophysiology underlying RM.

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2017年04月, Journal of reproductive immunology, 120, 42 - 47, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kenji Tanimura, Shinya Tairaku, Yasuhiko Ebina, Ichiro Morioka, Satoshi Nagamata, Kana Deguchi, Mayumi Morizane, Masashi Deguchi, Toshio Minematsu, Hideto Yamada

    BACKGROUND: This prospective study aimed to determine maternal clinical, laboratory, and ultrasound findings that effectively predict the occurrence of congenital cytomegalovirus (CMV) infection (CCI) in high-risk pregnant women. METHODS: Three hundred CMV immunoglobulin (Ig) M-positive pregnant women were enrolled. The maternal clinical and laboratory findings, including serum CMV IgM and IgG; IgG avidity index (AI); antigenemia assay (C7-HRP); polymerase chain reaction (PCR) for the detection of CMV-DNA in the maternal serum, urine, and uterine cervical secretion; and prenatal ultrasound findings, were evaluated. To determine predictive factors for the occurrence of CCI, logistic regression analyses were performed. RESULTS: In 22 of the 300 women, CCI was confirmed using PCR for CMV-DNA in newborn urine. Univariate analyses demonstrated that the presence of maternal flu-like symptoms, presence of ultrasound fetal abnormalities, serum titers of CMV IgM, positive results for C7-HRP, CMV IgG AI <40%, and positive PCR results in the uterine cervical secretion were statistically associated with the occurrence of CCI. Multivariable analysis revealed that the presence of ultrasound fetal abnormalities (odds ratio [OR], 31.9; 95% confidence interval [CI], 8.5-120.3; P < .001) and positive PCR results in the uterine cervical secretion (OR, 16.4; 95% CI, 5.0-54.1; P < .001) were independent predictive factors of CCI in CMV IgM-positive women. CONCLUSIONS: This is the first prospective cohort study to suggest that the presence of CMV-DNA in the maternal uterine cervical secretion and ultrasound fetal abnormalities are predictive of the occurrence of congenital CMV infection in high-risk pregnant women.

    OXFORD UNIV PRESS INC, 2017年01月15日, Clinical infectious diseases : an official publication of the Infectious Diseases Society of America, 64 (2), 159 - 165, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 【周産期医学必修知識第8版】 産科編 抗リン脂質抗体検査

    出口雅士, 谷村憲司, 山田秀人

    2016年12月, 周産期医学, 46 (増刊), 114 - 117, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 【産婦人科感染症の最前線】 母子に影響を与える感染症 トキソプラズマ感染症

    山田秀人, 出口雅士, 森岡一朗, 谷村憲司, 蝦名康彦

    2016年12月, 産婦人科の実際, 65 (13号), 1719 - 1724, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Risk factors for postpartum glucose intolerance in women with gestational diabetes mellitus.

    Nobue Kojima, Kenji Tanimura, Masashi Deguchi, Mayumi Morizane, Yushi Hirota, Wataru Ogawa, Hideto Yamada

    OBJECTIVES: To determine the risk factors for glucose intolerance (GI) during the postpartum period in women with gestational diabetes mellitus (GDM). METHODS: This prospective cohort study included 72 Japanese women with GDM who underwent 75 g oral glucose tolerance tests (OGTT) at 12 weeks after delivery. These women were divided into the GI group and the normal group based on postpartum OGTT. Risk factors for GI, including levels of blood glucose (BG), area under the curve (AUC) of glucose, AUC insulin, HbA1c, homeostasis model assessment-insulin resistance (HOMA-IR), HOMA-β, insulinogenic index (II) and the oral disposition index (DI) in antepartum OGTT, were analyzed by logistic regression analyses. RESULTS: Of the 72 women, 60 (83.3%) were normal and 12 (16.7%) had GI. By univariate logistic regression analyses, fasting BG, AUC glucose, HOMA-β, II and oral DI were selected as risk factors for GI. Multivariate logistic regression analysis revealed that the level of II in antepartum OGTT was a significant factor that predicted GI after delivery (odds ratio, 0.008; 95% CI, 0.0001-0.9; p < 0.05). CONCLUSIONS: II measured by OGTT during pregnancy might be a useful predictor of GI within the early postpartum period in women with GDM.

    2016年10月, Gynecological endocrinology : the official journal of the International Society of Gynecological Endocrinology, 32 (10), 803 - 806, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yasuhiko Ebina, Shigeki Shimada, Masashi Deguchi, Yoko Maesawa, Norifumi Iijima, Hideto Yamada

    PROBLEM: The aim of this prospective study was to evaluate phenotypic differences of helper T (Th), cytotoxic T (Tc), and regulatory T (Treg) cells in the deciduae of missed miscarriage with a normal chromosome karyotype of a fetus (MN) and missed miscarriage with an abnormal chromosome karyotype of a fetus (MA). METHODS OF STUDY: The decidua of 19 MN and 28 MA was obtained. Additionally, the decidua of 15 induced abortion (IA) and the endometrium of 19 non-pregnant women (EM) were obtained. IFN-γ(+) , IL-17(+) , CD25(high) Foxp3(+) cells in CD4(+) (Th) cells, and IFN-γ(+) cells in CD8(+) (Tc) cells were evaluated by flow cytometry. RESULTS: The percentages of IFN-γ(+) Tc and CD4(+) CD25(high) Foxp3(+) (Treg) cells in MN were significantly increased as compared with MA and IA. The percentage of IFN-γ(+) Th in MN was increased as compared with IA. CONCLUSION: Activation of IFN-γ(+) Tc and Treg cells in the decidua might be associated with the pathophysiology underlying MN.

    2016年09月, American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989), 76 (3), 199 - 204, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Protein S deficiency complicated pregnancy in women with recurrent pregnancy loss.

    Nanae Shinozaki, Yasuhiko Ebina, Masashi Deguchi, Kenji Tanimura, Mayumi Morizane, Hideto Yamada

    This prospective study aimed to evaluate pregnancy outcome and complications in women with recurrent pregnancy loss (RPL) and protein S (PS) deficiency, who received low dose aspirin (LDA) or LDA plus heparin (LDA/H) therapies. Clinical characteristics, pregnancy outcome and complications of 38 women with two or more RPL and <60% of plasma free PS antigen were compared among three groups: antiphospholipid antibody (aPL)-negative women who received LDA (group A), aPL-negative women who received LDA/H (group B) and aPL-positive women who received LDA/H (group C). Gestational weeks (GW) at delivery in group C (median 32 GW) were earlier than 40 GW in group A and 38.5 GW in group B (p < 0.05). The birth weight in group C (median 1794 g) was less than 2855 g in group B (p < 0.05). The incidences of fetal growth restriction (37.5%), pregnancy-induced hypertension (37.5%), and preterm delivery (62.5%) in group C were higher than those (4.5%, 0%, and 4.5%, respectively) in group B (p<0.05). Women with RPL, PS deficiency, and positive aPL had high risks for adverse pregnancy outcome and complications, even when they received LDA/H therapy. Among women with RPL, PS, and negative aPL, there was no difference in these risks between LDA alone and LDA/H therapies.

    2016年08月, Gynecological endocrinology : the official journal of the International Society of Gynecological Endocrinology, 32 (8), 672 - 674, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 切迫早産入院管理の結果、妊娠29週未満で早産となった児の予後に関連する因子の検討

    宇治田直也, 谷村憲司, 平久進也, 前澤陽子, 森實真由美, 出口雅士, 森岡一朗, 山田秀人

    2016年05月, 産婦人科の進歩, 68 (2号), 69 - 74, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Klippel-Trenaunay-Weber症候群合併妊娠の1例

    奥幸樹, 谷村憲司, 平久進也, 前澤陽子, 森實真由美, 森本規之, 出口雅士, 山田秀人

    2016年05月, 産婦人科の進歩, 68 (2号), 93 - 98, 日本語

    [査読有り]

  • Kosuke Nishida, Ichiro Morioka, Yuji Nakamachi, Yoko Kobayashi, Takamitsu Imanishi, Seiji Kawano, Sota Iwatani, Tsubasa Koda, Masashi Deguchi, Kenji Tanimura, Daisuke Yamashita, Ken-Ichi Nibu, Toru Funakoshi, Masanobu Ohashi, Naoki Inoue, Kazumoto Iijima, Hideto Yamada

    BACKGROUND: Newborn screening for urinary cytomegalovirus (CMV) and early introduction of antiviral treatment are expected to improve neurological outcomes in symptomatic congenital CMV-infected infants. This cohort study prospectively evaluated neurological outcomes in symptomatic congenital CMV-infected infants following the introduction of hospital-based newborn urinary CMV screening and antiviral treatment. SUBJECTS/METHODS: Following institutional review board approval and written informed consent from their parents, newborns were prospectively screened from 2009 to 2014 for urinary CMV-DNA by PCR within 1 week after birth at Kobe University Hospital and affiliated hospitals. CMV-positive newborns were further examined at Kobe University Hospital, and those diagnosed as symptomatic were treated with valganciclovir for 6 weeks plus immunoglobulin. Clinical neurological outcomes were evaluated at age ⩾12 months and categorized by the presence and severity of neurologic sequelae. RESULTS: Urine samples of 6348 newborns were screened, with 32 (0.50%) positive for CMV. Of these, 16 were diagnosed with symptomatic infection and 12 received antiviral treatment. Four infants developed severe impairment (33%), three developed mild impairment (25%), and five developed normally (42%). CONCLUSIONS: This is the first Japanese report of neurological assessments in infants with symptomatic congenital CMV infection who received early diagnosis and antiviral treatment. Urinary screening, resulting in early diagnosis and treatment, may yield better neurological outcomes in symptomatic congenital CMV-infected infants.

    2016年02月, Brain & development, 38 (2), 209 - 16, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takeshi Kato, Tsurue Mandai, Sota Iwatani, Tsubasa Koda, Miwako Nagasaka, Kaori Fujita, Daisuke Kurokawa, Keiji Yamana, Kosuke Nishida, Mariko Taniguchi-Ikeda, Kenji Tanimura, Masashi Deguchi, Hideto Yamada, Kazumoto Iijima, Ichiro Morioka

    Background: Few studies have targeted psychomotor development and associated perinatal risk factors in Japanese very low birth weight (VLBW) infants who are severely small for gestational age (SGA). Design/subjects: A single-center study was conducted in 104 Japanese VLBW infants who were born preterm, due to maternal, umbilical cord, or placental abnormalities, between 2000 and 2007. Psychomotor development as a developmental quotient (DQ) was assessed using the Kyoto Scale of Psychological Development at 3 years corrected age. Severely SGA was defined as birth weight or length below -2 standard deviation values of the mean values at the same gestation. VLBW infants were divided into 2 subgroups based on gestational age at birth: >= 28 weeks (n = 64) and <28 weeks (n = 40). DQs of infants with severe SGA were compared with those of infants who were appropriate for gestational age (AGA). Factors associated with developmental disabilities in VLBW infants with severe SGA (n = 23) were determined. Results: In the group born at >= 28 weeks gestation, infants with severe SGA had normal DQ values and did not significantly differ from those with AGA. However, in the group born at <28 weeks gestation, severe SGA infants had significantly lower postural motor DQ values than AGA infants. Gestational age <28 weeks was an independent factor for low postural motor DQ, regardless of the cause of severe SGA or pregnancy termination. Conclusions: Extremely preterm newborns with severe SGA are at risk of motor developmental disability at age 3 years. (C) 2015 The Japanese Society of Child Neurology. Published by Elsevier B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2016年02月, BRAIN & DEVELOPMENT, 38 (2), 188 - 195, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 西田 浩輔, 森岡 一朗, 出口 雅士, 谷村 憲司, 平久 進也, 蝦名 康彦, 山田 秀人

    (公社)日本産科婦人科学会, 2016年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 68 (2), 781 - 781, 日本語

  • 電撃性紫斑病(重症型先天性プロテインC欠損症)の出生前診断を行った2例

    野村晃子, 平久進也, 谷村憲司, 出口雅士, 山田秀人, 池田真理子, 戸田達史

    2015年12月, 兵庫県母性衛生学会雑誌, (24号), 39 - 42, 日本語

    [査読有り]

  • 【伝染性紅斑を見直す】 母子感染の実態 全国産科施設を対象とした実態調査

    蝦名康彦, 平久進也, 森岡一朗, 出口雅士, 森實真由美, 山田秀人

    2015年11月, 小児科, 56 (12号), 1867 - 1873, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Deguchi Masashi, Yamada Hideto, Fujita Daisuke, Sugiura Mayumi, Morikawa Mamoru, Miki Akinori, Makino Shintaro, Murashima Atsuko

    2015年11月, JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY, 112, 134

    [査読有り]

  • Kenji Tanimura, Akira Nishikawa, Shinya Tairaku, Nanae Shinozaki, Masashi Deguchi, Mayumi Morizane, Yasuhiko Ebina, Ichiro Morioka, Hideto Yamada

    Primary Toxoplasma gondii (T. gondii) infection during pregnancy may lead to congenital toxoplasmosis. Maternal screening using T. gondii IgG avidity measurement and multiplex nested PCR was performed. The aim of this prospective cohort study was to determine a cut-off value of IgG avidity index (AI) for the prediction of the presence of T. gondii DNA in the amniotic fluid. One hundred thirty-nine women with positive or equivocal tests for IgM underwent both serum IgG avidity measurement and PCR analysis for the amniotic fluid. Nine had positive PCR results, and three of them were diagnosed as having congenital infection. A cut-off value of IgG AI was determined using receiver operating characteristic analysis. IgG AI (mean 13%) in women with positive PCR results was significantly lower than that (39%) in women with negative results. A cut-off value of <25% IgG AI yields the best results with 77.8% sensitivity and 81.5% specificity for the presence of T. gondii DNA in the amniotic fluid. None of women with IgG AI of ≥30% had a positive PCR result or congenital infection. This study firstly demonstrated that a cut-off value of 25-30% IgG AI might be useful for the prediction of the presence of T. gondii DNA in the amniotic fluid and congenital infection.

    2015年09月, Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy, 21 (9), 668 - 71, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yasuhiko Ebina, Masahiro Ieko, Sumiyoshi Naito, Gen Kobashi, Masashi Deguchi, Hisanori Minakami, Tatsuya Atsumi, Hideto Yamada

    It was the study objective to evaluate whether low levels of plasma protein S (PS) activity, free PS, protein C (PC) activity and coagulation factor XII (FXII) during early pregnancy are related to adverse pregnancy outcomes. Peripheral blood samples were obtained at 8-14 gestational weeks (GW) from a consecutive series of 1,220 women. The levels of plasma PS activity, free PS, PC activity, and FXII were measured. Cut-off values were defined as < 1st, < 5th, and < 10th percentiles of values obtained from 933 women whose pregnancies ended in normal deliveries without complications. PS activity of < 10th percentile yielded risks of pregnancy-induced hypertension (PIH) and severe PIH, while free PS level of < 5th percentile yielded a risk of pre-eclampsia. FXII level of < 1st percentile yielded a risk of premature delivery (PD) at < 34 GW. None was associated with PD at < 37 GW, fetal growth restriction or fetal loss. A multivariate analysis demonstrated that PS activity of < 10th percentile (odds ratio 5.9, 95 % confidence interval 1.7-18.1) and body mass index (BMI) ≥ 25 kg/m² (4.3, 1.1-13.3) were independent risk factors for severe PIH. Similarly, free PS level of < 5th percentile (4.4, 1.0-14.3) and BMI ≥ 25 kg/m² (4.0, 1.3-10.9) were independent risk factors for pre-eclampsia. In conclusion, women with low levels of plasma PS activity and free PS during early pregnancy might have increased risks of PIH, severe PIH or pre-eclampsia. Women with low FXII level might have an increased risk of PD at < 34 GW.

    20150416, 2015年07月, Thrombosis and haemostasis, 114 (1), 65 - 9, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • 【母子感染Update】 妊娠とサイトメガロウイルス CMV母子感染対策の現状と問題点

    出口雅士, 山田秀人

    2015年06月, 医学のあゆみ, 253 (13号), 1215 - 1219, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 【Stop the 流産】 難治性不育症に対する高用量免疫グロブリン療法

    出口雅士, 前澤陽子, 武田真光, 山田秀人

    2015年06月, 産婦人科の実際, 64 (6号), 797 - 803, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Hideto Yamada, Masashi Deguchi, Yoko Maesawa, Yuki Nakajima, Yukari Nishino, Kenji Tanimura, Yasuhiko Ebina

    This study aimed to evaluate changes in natural killer (NK) cell activity and the percentage of monocytes in women with recurrent miscarriage who received medium-dose intravenous immunoglobulin (IVIg) therapy. Fourteen women with a history of six or more recurrent miscarriages of unexplained etiology received 60-g IVIg therapy (20 g daily, for three days) during early gestation. NK cell activity in the peripheral blood decreased to 12% one week after therapy compared with before therapy (median, 22%, P < 0.001) and the percentage of monocytes increased from 5.2% to 7.5% (P < 0.005). Four pregnancies ended in live births of healthy neonates, whereas the other ten pregnancies ended in miscarriages. Excluding one miscarriage with a chromosomal abnormality, the live birth rate was 30.8% (4/13). The rate of reduction of NK cell activity in the success group (-58.8%) tended to be greater than that in the failure group (-14.8%, P = 0.057).

    2015年06月, Journal of reproductive immunology, 109, 48 - 51, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yuan Cheng, Yi Feng, Lina Jansson, Yorino Sato, Masashi Deguchi, Kazuhiro Kawamura, Aaron J Hsueh

    Hippo signaling pathway consists of conserved serine/threonine kinases to maintain optimal organ sizes. Studies have demonstrated that fragmentation of murine ovaries increases actin polymerization and disrupts Hippo signaling, leading to nuclear translocation of Hippo signaling effector Yes-associated protein (YAP) in ovarian follicles and follicle growth. For patients with polycystic ovarian syndrome showing follicle arrest, ovarian wedge resection and laser drilling promote follicle growth. Because these damaging procedures likely involve actin polymerization, we tested whether actin polymerization-promoting drugs could promote YAP translocation and stimulate follicle growth. Treatment of murine ovaries with μM Jasplakinolide (JASP), an actin polymerization-promoting cyclic peptide, or sphingosine-1-phosphate (S1P), a follicular fluid constituent known to promote actin polymerization, increased the conversion of globular actin to the filamentous form, followed by increased nuclear YAP and expression of downstream connective tissue growth factor (CCN2). After short-term treatments with JASP or S1P, in vitro cultured and in vivo grafted ovaries showed follicle growth. Furthermore, induction of constitutively active YAP in ovarian grafts of transgenic mice enhanced follicle development, whereas treatment of human ovarian cortices with JASP or S1P increased CCN2 expression. Thus, JASP and S1P stimulate follicle growth and are potential therapeutic agents for treating polycystic ovarian syndrome and other ovarian disorders.

    2015年06月, FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology, 29 (6), 2423 - 30, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 妊娠中のサイトメガロウイルス検査とその解釈

    出口雅士

    2015年05月, 産婦人科の進歩, 67 (2号), 140 - 144, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yasuhiko Ebina, Toshio Minematsu, Ichiro Morioka, Masashi Deguchi, Shinya Tairaku, Kenji Tanimura, Ayako Sonoyama, Satoshi Nagamata, Mayumi Morizane, Hideto Yamada

    BACKGROUND: Human Cytomegalovirus (CMV) is the virus most frequently responsible for severe diseases of the fetus and newborn. The reported intrauterine transmission rate of CMV following primary maternal infection is approximately 40%. Invasive techniques are needed for the prenatal diagnosis of congenital CMV infection. OBJECTIVES: The aim of this study was to evaluate whether the rapidity of change in the CMV IgG avidity index (AI) is associated with the presence of congenital CMV infection among mothers with suspected primary CMV infection. STUDY DESIGN: The serum CMV IgG AI was repeatedly measured in 17 pregnant women with positive or borderline test results for CMV IgM together with an initial IgG AI value of <40%. Their neonates underwent polymerase chain reaction analyses for the presence of CMV DNA in the urine. The rapidity of change in the IgG AI per 4 weeks was defined as the ΔAI (%). The ΔAI of women with congenital CMV infection was compared with that of women with no infection. RESULTS: The ΔAI of nine mothers with congenital CMV infection (median,15.7%; range,7.8-42.8%) was significantly higher than that of eight mothers with no infection (median, 6.5%, range, 2.0-8.8%; p<0.001). The incidences of congenital CMV infection were 100.0%, 16.7%, and 0.0% among mothers with a ΔAI of >10, 5-10, and <5%, respectively. CONCLUSIONS: Measurement of the ΔAI in pregnant women might be useful for estimating the risk of mother-to-neonate CMV transmission.

    2015年05月, Journal of clinical virology : the official publication of the Pan American Society for Clinical Virology, 66, 44 - 7, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • Yoko Maesawa, Hideto Yamada, Masashi Deguchi, Yasuhiko Ebina

    The aim of this study was to evaluate whether the presence of history of biochemical pregnancy (BP) was associated with clinical characteristics and the subsequent pregnancy outcome among women with recurrent spontaneous abortion (RSA). One-hundred and seventy-five RSA women with two or more clinical pregnancy losses were enrolled. The clinical characteristics were compared between 164 women with history of 0-1 BP (Group A) and 11 women with two or more BP (Group B). The frequency of previous pregnancy loss and history of in vitro fertilization and embryo transfer in Group B was higher than that in Group A; while frequency of secondary RSA in Group B was lower than Group A. The subsequent pregnancy outcome was assessed prospectively; and live-birth rate in Group A (72.9%) was higher (p < 0.05) than that in Group B (41.7%). The incidence of reproductive failure (58.3%, p < 0.05) and spontaneous abortion with normal chromosome (25.0%, p = 0.050) in Group B was higher than those (27.1 and 5.9%, respectively) in Group A. RSA women with two or more BP had higher risk of reproductive failure and spontaneous abortion with normal chromosome together with lower chance of live-birth. The results of the present study involve important information and are helpful for clinical practitioners.

    2015年04月, Gynecological endocrinology : the official journal of the International Society of Gynecological Endocrinology, 31 (4), 306 - 8, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kenji Tanimura, Yui Yamasaki, Yasuhiko Ebina, Masashi Deguchi, Yoshiko Ueno, Kazuhiro Kitajima, Hideto Yamada

    OBJECTIVE: Adherent placenta is a life-threatening condition in pregnancy, and is often complicated by placenta previa. The aim of this prospective study was to determine prenatal imaging findings that predict the presence of adherent placenta in pregnancies with placenta previa. STUDY DESIGN: The study included 58 consecutive pregnant women with placenta previa who underwent both ultrasonography and magnetic resonance imaging prenatally. Ultrasonographic findings of anterior placental location, grade 2 or higher placental lacunae (PL≥G2), loss of retroplacental hypoechoic clear zone (LCZ) and the presence of turbulent blood flow in the arteries were evaluated, in addition to MRI findings. Forty-three women underwent cesarean section alone; 15 women with adherent placenta underwent cesarean section followed by hysterectomy with pathological examination. To determine imaging findings that predict adherent placenta, univariate and multivariate logistic regression analyses were performed. RESULTS: Univariate logistic regression analyses demonstrated that anterior placental location, PL≥G2, LCZ, and MRI were associated with the presence of adherent placenta. Multivariate analyses revealed that LCZ (p<0.01, odds ratio 15.6, 95%CI 2.1-114.6) was a single significant predictor of adherent placenta in women with placenta previa. CONCLUSION: This prospective study demonstrated for the first time that US findings, especially LCZ, might be useful for identifying patients at high risk for adherent placenta among pregnant women with placenta previa.

    2015年04月, European journal of obstetrics, gynecology, and reproductive biology, 187, 41 - 4, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Human Recombinant H2 Relaxin Induces AKT and GSK3β Phosphorylation and HTR-8/SVneo Cell Proliferation.

    Astuti Y, Nakabayashi K, Deguchi M, Ebina Y, Yamada H

    Relaxin is essential for trophoblast development during pregnancy. Evidence shows that relaxin increases trophoblast cell migration capacity. Here, we show the effect of relaxin on protein kinase B (AKT) activation and glycogen synthase kinase 3-beta (GSK3β) inactivation as well as on the proliferation of HTR-8/SVneo cells, a model of human extravillous trophoblast (EVT). HTR-8/SVneo cells were treated with different doses of human recombinant (rH2) relaxin in serum-deprived conditions and treated for increasing time with 1 ng/mL of rH2 relaxin. Western blot analysis was performed to detect pAKT, AKT, pGSK3β, GSK3β, and actin expression. Proliferation of HTR-8/SVneo cells was analyzed by MTS assay. rH2 relaxin treatment increased the ratio of pAKT/AKT, pGSK3β/GSK3β, and proliferation in HTR-8/SVneo cells. Furthermore, AKT and GSK3β activation by rH2 relaxin was inhibited by a phosphoinositide 3-kinase (PI3K) inhibitor. This study suggests that rH2 relaxin induces AKT and GSK3β phosphorylation as well as proliferation in HTR-8/SVneo cells.

    1, 2015年03月24日, The Kobe journal of medical sciences, 61 (1), E1-8 - 8, 英語, 国内誌

    [査読有り]

  • Hideto Yamada, Shinya Tairaku, Ichiro Morioka, Ayako Sonoyama, Kenji Tanimura, Masashi Deguchi, Satoshi Nagamata, Yasuhiko Ebina

    OBJECTIVES: The aim of this survey study was to evaluate a state of mother-to-child infections in Japan. METHODS: A nationwide survey on 2714 obstetric facilities where regular maternity checkups were carried out was conducted. A primary questionnaire assessed numbers of pregnancies including induced abortion, spontaneous abortion, still-birth as well as live-birth, which were affected by congenital infections of 6 pathogens during a year of 2011. The secondary questionnaire assessed clinical information, diagnostic modality, and the outcome for each case. The clinical features and diagnostic problems were evaluated. RESULTS: The high reply rates for the primary (73.7%) and the secondary questionnaire (100%) were achieved. The presence of congenital infections for 34 cases with cytomegalovirus (CMV), 1 with Toxoplasma gondii, 4 with rubella virus, 5 with Treponema pallidum, 8 with herpes simplex virus, and 69 with parvovirus B19 was confirmed after questionnaire assessment. The incidence of fetal demise among pregnancies with congenital parvovirus B19 infection was up to 71.0%. Eleven mothers with hydrops fetalis received prenatal fetal therapies involving fetal blood transfusion and immunoglobulin administration, whereas only three pregnancies (27.3%) ended in live-births. CONCLUSIONS: This survey study for the first time revealed the annual frequency of pregnancies with mother-to-child infections of 6 pathogens in Japan. The results involve important information and are helpful for clinical practitioners. The majority of neonates with congenital infection of CMV or T. gondii might be undiagnosed in obstetric facilities.

    2015年03月, Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy, 21 (3), 161 - 4, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 西田 浩輔, 森岡 一朗, 出口 雅士, 谷村 憲司, 平久 進也, 蝦名 康彦, 船越 徹, 大橋 正伸, 山田 秀人

    (公社)日本産科婦人科学会, 2015年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 67 (2), 601 - 601, 日本語

  • 森岡 一朗, 西田 浩輔, 出口 雅士, 谷村 憲司, 平久 進也, 蝦名 康彦, 山田 秀人

    (公社)日本産科婦人科学会, 2015年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 67 (2), 602 - 602, 日本語

  • Kazuhiro Kitajima, Utaru Tanaka, Yoshiko Ueno, Tetsuo Maeda, Yuko Suenaga, Satoru Takahashi, Masashi Deguchi, Yoshiya Miyahara, Yasuhiko Ebina, Hideto Yamada, Masakatsu Tsurusaki, Yukihisa Tamaki, Kazuro Sugimura

    BACKGROUND AND PURPOSE: To investigate the diagnostic performance of diffusion-weighted imaging (DWI) and contrast-enhanced imaging in combination with T2-weighted imaging (T2WI) for magnetic resonance imaging (MRI) evaluation of intrapelvic recurrence of gynecological malignancies. MATERIALS AND METHODS: Sixty-two patients with suspected intrapelvic recurrence of gynecological malignancies underwent pelvic MRI including T2WI DWI, and contrast-enhanced imaging. Diagnostic performance for detection of local recurrence, pelvic lymph node and bone metastases, and peritoneal lesions was evaluated by consensus reading of two experienced radiologists using a 5-point scoring system, and compared among T2WI with unenhanced T1-weighted imaging (T1WI) (protocol A), a combination of protocol A and DWI (protocol B), and a combination of protocol B and contrast-enhanced imaging (protocol C). Final diagnoses were obtained by histopathological examinations, radiological imaging and clinical follow-up for at least 6 months. Receiver operating characteristic (ROC) analysis and McNemar test were employed for statistical analysis. RESULTS: Locally recurrent disease, lymph node recurrence, peritoneal dissemination and bone metastases were present in 48.4%, 29.0%, 16.1%, and 6.5% of the patients, respectively. The patient-based sensitivity, specificity, accuracy, and area under the ROC curve (AUC) for detection of intrapelvic recurrence were 55.0, 81.8, 64.5% and 0.753 for protocol A, 80.0, 77.3, 79.0% and 0.838 for protocol B, and 80.0, 90.9, 83.9% and 0.862 for protocol C, respectively. The sensitivity, accuracy, and AUC were significantly better for protocols B and C than for protocol A (p<0.001). There was no significant difference between protocols B and C. CONCLUSION: MRI using a combination of DWI and T2WI gives comparatively acceptable results for assessment of intrapelvic recurrence of gynecological malignancies.

    2015年, PloS one, 10 (1), e0117411, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Viper bite during pregnancy: case report

    M. Nishimoto, Y. Miyahara, Y. Ebina, M. Deguchi, S. Matsuoka, H. Yamada

    Viper bites in pregnant women have rarely been reported thus far. Moreover, there is no consensus regarding the treatment of such cases. In this paper, the authors report the successful treatment of viper bite during pregnancy without using antivenom.

    I R O G CANADA, INC, 2015年, CLINICAL AND EXPERIMENTAL OBSTETRICS & GYNECOLOGY, 42 (2), 243 - 245, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • サイトメガロウイルス妊娠管理マニュアル

    藤井 知行, 金山 尚裕, 川名 敬, 齋藤 滋, 鮫島 浩, 増崎 英明, 山田 秀人, 岡 明, 古谷野 伸, 森内 浩幸, 森岡 一朗, 吉川 哲史, 井上 直樹, 木村 宏, 錫谷 達夫, 峰松 俊夫, 小林 廉毅, 川名 尚, 小島 俊行, 鮫島 浩二, 谷村 憲司, 出口 雅士, 永松 健, 山口 暁, 厚生労働科学班研究成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業, 成育疾患克服等総合研究事業, 母子感染の実態把握及び検査, 治療に関する

    (公社)日本産科婦人科学会, 2014年12月, 日本産科婦人科学会雑誌, 66 (12付録), 1 - 15, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 【周産期感染症2014】 産科からみた周産期感染症 妊婦のサイトメガロウイルス感染症

    出口 雅士, 山田 秀人

    2014年11月, 周産期医学, 44 (増刊), 158 - 163, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yasuhiko Ebina, Toshio Minematsu, Ayako Sonoyama, Ichiro Morioka, Naoki Inoue, Shinya Tairaku, Satoshi Nagamata, Kenji Tanimura, Mayumi Morizane, Masashi Deguchi, Hideto Yamada

    BACKGROUND: Cytomegalovirus (CMV) causes congenital infection with high mortality and morbidity rates in affected neonates. OBJECTIVES: To evaluate the maternal IgG avidity value for the prediction of congenital CMV infection. STUDY DESIGN: The serum IgG avidity in all mothers was measured, and the urine of their neonates was assessed for CMV DNA in a prospective cohort study. RESULTS: Of 759 women with a positive test for CMV IgG, 14 had congenital CMV infection. CMV IgG avidity indices in the congenital infection group (median 35.1%) were significantly lower than those in the non-congenital infection group (70.4%). A cutoff value of <40% IgG avidity index with 96.1% specificity and 64.3% sensitivity for congenital infection was determined by receiver operating characteristic curve analyses. The highest sensitivity (88.9%), 96.2% specificity, 27.6% positive predictive value, 99.8% negative predictive value, and 96.1% accuracy were found when IgG avidity was measured in <28 weeks of gestation. CONCLUSION: The IgG avidity measurement with a cutoff value of <40% IgG avidity index might be helpful in predicting congenital CMV infection, especially in <28 weeks of gestation.

    2014年11月, Journal of perinatal medicine, 42 (6), 755 - 9, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 不育症と生化学的妊娠

    前澤 陽子, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 山田 秀人

    2014年10月, 産婦人科の進歩, 66 (4号), 491, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 治療抵抗性の抗リン脂質抗体症候群合併妊娠に対する大量免疫グロブリン療法

    出口 雅士, 谷村 憲司, 篠崎 奈々絵, 今福 仁美, 前澤 陽子, 平久 進也, 葉 宜慧, 山田 秀人

    2014年10月, 産婦人科の進歩, 66 (4号), 492, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 原因不明の難治性習慣流産14例に対する60g免疫グロブリン療法

    葉 宜慧, 出口 雅士, 中島 由貴, 伊勢 由香里, 前澤 陽子, 篠崎 奈々絵, 蝦名 康彦, 山田 秀人

    2014年10月, 産婦人科の進歩, 66 (4号), 492, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 妊娠により1型糖尿病性腎症の悪化をみとめ腎生検を施行した一例

    石田 理紗, 後藤 俊介, 中井 健太郎, 河野 圭志, 藤井 秀毅, 石原 あゆみ, 出口 雅士, 原 重雄, 西 慎一

    (一社)日本腎臓学会, 2014年08月, 日本腎臓学会誌, 56 (6号), 692 - 692, 日本語

  • Prophylactic intravenous immunoglobulin injections to mothers with primary cytomegalovirus infection.

    Kenji Tanimura, Shinya Tairaku, Masashi Deguchi, Ayako Sonoyama, Mayumi Morizane, Yasuhiko Ebina, Ichiro Morioka, Hideto Yamada

    The aim of this trial study was to assess the preventive efficacy of immunoglobulin with a high titer of anti-CMV antibody for mother-to-fetus cytomegalovirus (CMV) transmission among pregnant women with primary/acute CMV infection. The primary CMV infection in mothers was diagnosed by a positive test for CMV IgM and/or low IgG avidity. Intact type immunoglobulin with a high titer of anti-CMV antibody was injected intravenously at a dosage of 2.5-5.0 g/day for consecutive 3 days to mothers with primary CMV infection. Four pregnant women were enrolled. One pregnancy ended in no congenital infection, while two pregnancies ended in congenital CMV infection. The other one pregnancy was terminated. The mother-to-fetus CMV transmission rate was found to be high as 66.7% (2/3). This preliminary result suggests that intravenous immunoglobulin injections are not effective for the prevention of mother-to-fetus CMV transmission in the present protocol.

    2014年07月11日, The Kobe journal of medical sciences, 60 (2), E25-9 - 9, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yoshiya Miyahara, Natsuko Makihara, Yui Yamasaki, Yasuhiko Ebina, Masashi Deguchi, Hideto Yamada

    OBJECTIVE: The aim of this study was to determine the risk factors for hemorrhagic shock in women with placental polyp. MATERIALS AND METHODS: Twelve women (group A) developed hemorrhagic shock (shock index<1.5) and received uterine artery embolization (UAE). The other 25 women (group B) had shock index<1.5 and did not receive UAE. All women underwent transcervical resection (TCR). The risk factors for the development of hemorrhagic shock, including the age, conception mode, numbers of previous abortion, gestational weeks at termination of pregnancy (TOP), blood loss weights at TOP and at TCR, were analyzed. RESULTS: When compared with group B, group A had higher in vitro fertilization-embryo transfer (IVF-ET) pregnancy rate (58.3 versus 12.0%, p<0.01), number of previous abortion (median 1.58 versus 0.68, p<0.05), gestational weeks at TOP (median 36.5 versus 17.0 weeks, p<0.05), and blood loss weight at TOP (median 2151 versus 40 g, p<0.05). A logistic regression analysis reveled that IVF-ET (OR 41, 95% CI 1.3-1264) and blood loss weight at TOP (1.0025, 1.0006-1.0044) were independent risk factors for hemorrhagic shock. CONCLUSIONS: For the first time, IVF-ET pregnancy was found to be a risk factor for the development of hemorrhagic shock in women with placental polyp.

    2014年07月, Gynecological endocrinology : the official journal of the International Society of Gynecological Endocrinology, 30 (7), 502 - 4, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro Kitajima, Yuko Suenaga, Yoshiko Ueno, Tomonori Kanda, Tetsuo Maeda, Masashi Deguchi, Yasuhiko Ebina, Hideto Yamada, Satoru Takahashi, Kazuro Sugimura

    Purpose: To investigate the fusion of pelvic magnetic resonance imaging (MRI) and fluorodeoxyglucose positron emission tomography (PET) for assessment of locoregional extension and nodal staging of cervical cancer. Methods: PET/computed tomography (CT), MRI, and non-fused and fusion of PET and MRI for assessing the extent of the primary tumor and metastasis to nodes were evaluated. Results: Accuracy for T-status was 83.3% for fused and non-fused PET/MRI and MRI proved significantly more accurate than PET/CT (53.3%) (P=.0077). Sensitivity, specificity, and accuracy for nodal metastasis were 92.3%, 88.2%, and 90.0% for fused PET/MRI and PET/contrast-enhanced CT; 84.6%, 94.1%, and 90.0% for nonfused PET/MRI; and 69.2%, 100%, and 86.7% for MRI. Conclusion: Fused PET/MRI combines the individual advantages of MRI and PET. (C) 2014 Elsevier Inc. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE INC, 2014年07月, CLINICAL IMAGING, 38 (4), 464 - 469, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hideto Yamada, Shinya Tairaku, Ichiro Morioka, Yasuhiko Ebina, Ayako Sonoyama, Kenji Tanimura, Masashi Deguchi, Satoshi Nagamata

    Mother-to-child infections cause congenital infection with disease and sequelae. To evaluate a state of maternal blood screening for mother-to-child infections in Japan, we for the first time conducted a nationwide survey on obstetric facilities where regular maternity checkups were carried out. A questionnaire assessment involved an annual number of deliveries, scale of facilities and a state of maternal blood screening for eight pathogens. A high rate (73.7%) of reply to the questionnaire was achieved from 1990 facilities, covering 75.1% of annual number of delivery in 2011. The performance rates of blood screening were more than 99% for rubella virus, Treponema pallidum, human immunodeficiency virus (HIV), human T cell leukemia virus type 1 (HTLV-1), hepatitis B virus, and hepatitis C virus, while the rate was found to be only 4.5% for cytomegalovirus (CMV), and 48.5% for Toxoplasma gondii with large differences in regions. Most of the facilities performed blood tests for rubella virus, Treponema pallidum, HIV, hepatitis B virus and hepatitis C virus once in early pregnancy, while approximately 28% of the facilities performed blood tests for HTLV-1 once during the 2nd or 3rd trimester. Most of the facilities used HA tests for Toxoplasma gondii, whereas there was a wide variation in antibody measurement methods for CMV. Generally, the obstetric facilities in Japan have performed maternal blood screening properly according to the current recommendations. The results of this survey involve important information and are helpful for clinical practitioners.

    2014年05月, Congenital anomalies, 54 (2), 100 - 3, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Management of Thromboembolism in Pregnant Women with Inherited Antithrombin

    Ebina Y, Nakamachi Y, Tanimura K, Morizane M, Morikami D, Deguchi M, Kawano S, Yamada H

    2014年04月, Exprimental & Clinical Cardiology, 20 (6), 145 - 159, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 不育症患者における非妊娠時の末梢血NK細胞活性と妊娠帰結

    伊勢 由香里, 出口 雅士, 中島 由貴, 白川 得朗, 前澤 陽子, 篠崎 奈々絵, 蝦名 康彦, 山田 秀人

    2014年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 66 (2号), 691, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 治療抵抗性の抗リン脂質抗体症候群合併妊娠に対する大量免疫グロブリン療法

    出口 雅士, 宮原 義也, 谷村 憲司, 白川 得朗, 篠崎 奈々絵, 前澤 陽子, 蝦名 康彦, 山田 秀人

    2014年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 66 (2号), 587, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 原因不明かつ6回以上自然流産の既往のある治療抵抗性・難治性習慣流産14人に対する60g免疫グロブリン療法

    中島 由貴, 出口 雅士, 伊勢 由香里, 白川 得朗, 前澤 陽子, 篠崎 奈々絵, 蝦名 康彦, 山田 秀人

    2014年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 66 (2号), 586, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • プロテインS低下不育症の妊娠帰結

    篠崎 奈々絵, 出口 雅士, 森上 聡子, 前澤 陽子, 平久 進也, 松岡 正造, 蝦名 康彦, 森田 宏紀, 山田 秀人

    2014年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 66 (2号), 584, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Kazuhiro Kawamura, Yuan Cheng, Nao Suzuki, Masashi Deguchi, Yorino Sato, Seido Takae, Chi-hong Ho, Nanami Kawamura, Midori Tamura, Shu Hashimoto, Yodo Sugishita, Yoshiharu Morimoto, Yoshihiko Hosoi, Nobuhito Yoshioka, Bunpei Ishizuka, Aaron J Hsueh

    Primary ovarian insufficiency (POI) and polycystic ovarian syndrome are ovarian diseases causing infertility. Although there is no effective treatment for POI, therapies for polycystic ovarian syndrome include ovarian wedge resection or laser drilling to induce follicle growth. Underlying mechanisms for these disruptive procedures are unclear. Here, we explored the role of the conserved Hippo signaling pathway that serves to maintain optimal size across organs and species. We found that fragmentation of murine ovaries promoted actin polymerization and disrupted ovarian Hippo signaling, leading to increased expression of downstream growth factors, promotion of follicle growth, and the generation of mature oocytes. In addition to elucidating mechanisms underlying follicle growth elicited by ovarian damage, we further demonstrated additive follicle growth when ovarian fragmentation was combined with Akt stimulator treatments. We then extended results to treatment of infertility in POI patients via disruption of Hippo signaling by fragmenting ovaries followed by Akt stimulator treatment and autografting. We successfully promoted follicle growth, retrieved mature oocytes, and performed in vitro fertilization. Following embryo transfer, a healthy baby was delivered. The ovarian fragmentation-in vitro activation approach is not only valuable for treating infertility of POI patients but could also be useful for middle-aged infertile women, cancer patients undergoing sterilizing treatments, and other conditions of diminished ovarian reserve.

    2013年10月22日, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 110 (43), 17474 - 9, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yuan Cheng, Kazuhiro Kawamura, Seido Takae, Masashi Deguchi, Qing Yang, Calvin Kuo, Aaron J W Hsueh

    R-spondin proteins are adult stem cell growth factors capable of stimulating gut development by activating LGR4, 5, and 6 receptors to promote Wnt signaling. Although multiple Wnt ligands and cognate Frizzled receptors are expressed in the ovary, their physiological roles are unclear. Based on bioinformatic and in situ hybridization analyses, we demonstrated the exclusive expression of R-spondin2 in oocytes of ovarian follicles. In cultured somatic cells from preantral follicles, R-spondin2 treatment (ED50: 3 ng/ml) synergized with Wnt3a to stimulate Wnt signaling. In cultured ovarian explants from prepubertal mice containing preantral follicles, treatment with R-spondin2, similar to follicle stimulating hormone, promoted the development of primary follicles to the secondary stage. In vivo administration of an R-spondin agonist stimulated the development of primary follicles to the antral stage in both immature mice and gonadotropin releasing hormone antagonist-treated adult mice. Subsequent treatment with gonadotropins allowed the generation of mature oocytes capable of undergoing early embryonic development and successful pregnancy. Furthermore, R-spondin agonist treatment of immune-deficient mice grafted with human cortical fragments stimulated the development of primary follicles to the secondary stage. Thus, oocyte-derived R-spondin2 is a paracrine factor essential for primary follicle development, and R-spondin agonists could provide a new treatment regimen for infertile women with low responses to the traditional gonadotropin therapy.

    2013年06月, FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology, 27 (6), 2175 - 84, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Pradeep Reddy, Masashi Deguchi, Yuan Cheng, Aaron J W Hsueh

    [This corrects the article on p. e73763 in vol. 8.].

    2013年, PloS one, 8 (9), 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Pradeep Reddy, Masashi Deguchi, Yuan Cheng, Aaron J W Hsueh

    Hippo pathway controls the organ size by modulating cell proliferation and apoptosis. However, the upstream regulation of hippo signaling by actin cytoskeleton is not clear. To elucidate the role of actin as an upstream regulator of Hippo signaling, the levels of F (filamentous)-actin in cells were elevated using jasplakinolide, an actin-stabilizing drug. Induction of F-actin formation in HeLa cells resulted in decreased phosphorylation of YAP, a key effector molecule for Hippo signaling. The activated YAP is localized to the cell nucleus and YAP increase was associated with increased expression of downstream CCN growth factors CCN1/CYR61 and CCN2/CTGF. The effect of the actin-stabilizing drug was blocked when YAP levels were suppressed in YAP "knock-down" cells. In summary, using an actin-stabilizing drug we show that actin cytoskeleton is one of the upstream regulators of Hippo signaling capable of activating YAP and increasing its downstream CCN growth factors.

    2013年, PloS one, 8 (9), e73763, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Natsuko Makihara, Tetsuo Maeda, Meiko Nishimura, Masashi Deguchi, Ayako Sonoyama, Koji Nakabayashi, Fumi Kawakami, Tomoo Itoh, Hideto Yamada

    Neuroendocrine carcinomas (NEC) of the female genital tract are aggressive and uncommon tumors, which usually involve the uterine cervix and ovary, and are seen very rarely in the endometrium. Only less than 10 cases of large cell NEC (LCNEC) of the endometrium have been reported in the literature and their radiological findings are not well described. We report here two cases of pathologically proven LCNEC of the uterine endometrium. In both cases, the uterine body was enlarged and the tumor occupied part of the uterine cavity. Endometrial mass exhibited heterogeneous high intensity on T2-weighted magnetic resonance (MR) images, and diffusion-weighted MR images revealed high intensity throughout the tumor, consistent with malignancy. LCNEC is a highly malignant neoplasm without particular findings in terms of diagnostic imaging and pathology, so its preoperative definitive diagnosis is very difficult. However, when laboratory test, pathologic diagnosis and MR imaging suggest a poorly differentiated uterine malignancy, positron emission tomography-computed tomography scan should be performed as a general assessment to help with diagnosis.

    2012年06月26日, Rare tumors, 4 (3), e37, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yuan Cheng, Kazuhiro Kawamura, Masashi Deguchi, Seido Takae, Sabine M Mulders, Aaron J W Hsueh

    In addition to its role in blood coagulation, thrombin directly stimulates protease-activated receptors (PAR) or interacts with thrombomodulin (THBD) to activate membrane-bound protein C which stimulates PAR1 and PAR4 receptors to promote downstream pleiotropic effects. Our DNA microarray, RT-PCR, and immunostaining analyses demonstrated ovarian expression of THBD, activated protein C (APC) receptor [endothelial protein C receptor (EPCR)], as well as PAR1 and PAR4 receptors in mice. After treatment of gonadotropin-primed immature mice with an ovulatory dose of human chorionic gonadotropin (hCG) (a LH surrogate), major increases in the expression of THBD, EPCR, PAR1, and PAR4 were detected in granulosa and cumulus cells of preovulatory follicles. Immunoassay analyses demonstrated sustained increases in ovarian prothrombin and APC levels after hCG stimulation. We obtained luteinizing granulosa cells from mice treated sequentially with equine CG and hCG. Treatment of these cells with thrombin or agonists for PAR1 or PAR4 decreased basal and forskolin-induced cAMP biosynthesis and suppressed hCG-stimulated progesterone production. In cultured preovulatory follicles, treatment with hirudin (a thrombin antagonist) and SCH79797 (a PAR1 antagonist) augmented hCG-stimulated progesterone biosynthesis, suggesting a suppressive role of endogenous thrombin in steroidogenesis. Furthermore, intrabursal injection with hirudin or SCH79797 led to ipsilateral increases in ovarian progesterone content. Our findings demonstrated increased ovarian expression of key components of the thrombin-APC-PAR1/4 signaling system after LH/hCG stimulation, and this signaling pathway may allow optimal luteinization of preovulatory follicles. In addition to assessing the role of thrombin and associated genes in progesterone production by the periovulatory ovary, these findings provide a model with which to study molecular mechanisms underlying thrombin-APC-PAR1/4 signaling.

    2012年02月, Molecular endocrinology (Baltimore, Md.), 26 (2), 331 - 40, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yuan Cheng, Ai Yata, Cynthia Klein, Joon-Ho Cho, Masashi Deguchi, Aaron J W Hsueh

    Development of ovarian follicles is regulated by pituitary-derived gonadotropins together with local ovarian paracrine factors. Based on DNA microarray data, we performed RT-PCR and immunostaining to demonstrate the expression of interleukin 7 transcripts in oocytes of preantral, antral, and preovulatory follicles in rats. We also found the expression of interleukin 7 receptor and the coreceptor interleukin 2 receptor gamma in granulosa cells, cumulus cells, and preovulatory oocytes. In cultured rat granulosa cells obtained from early antral and preovulatory follicles, treatment with interleukin 7 stimulated the phosphorylation of AKT, glycogen synthase kinase (GSK3B), and STAT5 proteins in a time- and dose-dependent manner. Furthermore, measurement of mitochondrial reductase activity indicated that treatment with interleukin 7, similar to gonadotropins, increased the number of viable granulosa cells during a 24-h culture period. Furthermore, monitoring of the activities of apoptotic enzymes (caspase 3/7) indicated that treatment with interleukin 7 suppressed apoptosis of cultured granulosa cells from both antral and preovulatory follicles following serum withdrawal. The apoptosis-suppressing actions of interleukin 7 were blocked by an inhibitor of the phosphoinositol-3-kinase (PIK3)/AKT pathway. Furthermore, treatment of cultured preovulatory follicles with interleukin 7, like treatment with human chorionic gonadotropin, induced germinal vesicle breakdown of oocytes. The stimulatory effect of interleukin 7 was also blocked by inhibitors of the PIK3/AKT pathway. The present findings suggest that oocyte-derived interleukin 7 could act on neighboring granulosa cells as a survival factor and promote the nuclear maturation of preovulatory oocytes through activation of the PIK3/AKT pathway.

    2011年04月, Biology of reproduction, 84 (4), 707 - 14, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 卵巣腫瘍手術症例における下肢静脈血栓症術前診断の検討

    出口雅士

    2009年11月, 産婦人科の進歩, 61巻, 4号, pp. 413-413, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 卵巣甲状腺腫の術前画像診断に関する検討

    出口雅士

    2009年11月, 産婦人科の進歩, 61巻, 4号, pp. 413-413, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 腹腔鏡下卵巣腫瘍核出術時の工夫

    森實真由美, 出口雅士

    2009年11月, 産婦人科の進歩, 61巻, 4号, pp. 424-424, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • AFP産生性の子宮内膜癌の1症例

    出口雅士

    2009年11月, 産婦人科の進歩, 61巻, 4号, pp. 410-410, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 妊婦における2価陽イオンミネラルの尿中排泄動態

    森實真由美, 出口雅士

    2009年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 45巻, 2号, pp. 656-656, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 完全型心内膜欠損症根治術既往褥婦が突然死をきたした症例

    出口雅士

    2009年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 45巻, 2号, pp. 685-685, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 消化管穿孔をきたした腹膜偽粘液腫症例の検討

    出口雅士, 山崎峰夫

    2009年05月, 産婦人科の進歩, 61巻, 2号, pp. 196-196, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 悪性黒色腫に転化した卵巣成熟奇形腫の一例

    出口雅士, 山崎峰夫

    2008年11月, 産婦人科の進歩, 60巻, 4号, pp. 440-440, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 胎児中大脳動脈収縮期最大血流速度は正常であったが急速遂娩に至ったRh不適合妊娠例

    森實真由美, 出口雅士, 山崎峰夫

    2008年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 44巻, 2号, pp. 612-612, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 出生前3次元超音波検査による肺体積測定の有用性の検討

    森實真由美, 出口雅士, 山崎峰夫

    2008年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 44巻, 2号, pp. 561-561, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Association study of vascular endothelial growth factor gene polymorphisms in endometrial carcinomas in a Japanese population

    M. Amano, S. Yoshida, S. Kennedy, N. Takemura, M. Deguchi, N. Ohara, T. Maruo

    Objective: Vascular endothelial growth factor (VEGF) is one of the most potent endothelial cell mitogens and plays a critical role in angiogenesis of endometrial carcinomas. Several studies have demonstrated positive associations between VEGF gene polymorphisms and several carcinomas. In this study we investigated whether VEGF gene polymorphisms are associated with endometrial carcinomas in a Japanese population. Methods: The allele frequencies and genotype distributions of VEGF -460 C/T, +405 G/C, and +936 C/T polymorphisms were examined in 105 endometrial carcinomas and 179 controls using PCR-RFLP analysis. An association of these polymorphisms with three-year disease-free survival was evaluated using the Kaplan-Meier method. Results: No significant differences in the allele frequencies and genotype distributions of VEGF -460 C/T (p = 0.54, 0.90), +405 G/C (p = 0.31, 0.17), and +936 C/T polymorphisms (p = 0.46, 0.24) were observed between endometrial carcinoma patients and controls. There were no significant differences in the frequencies of haplotype -460 T/+405 C between patients and controls. Futhermore, VEGF 460 C/T, +405 G/C, and +936 C/T polymorphisms were not associated with three-year disease-free survival of endometrial carcinoma patients. Conclusions: Although limited by sample size, our study did not demonstrated any evidence that VEGF -460 C/T, +405 G/C, and +936 C/T polymorphisms are associated with an increased risk of endometrial carcinomas in Japanese women.

    I R O G CANADA, INC, 2008年, EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY, 29 (4), 333 - 337, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Association study between catechol-O-methyltransferase polymorphisms and uterine leiomyomas in a Japanese population

    J. Morikawa, S. Yoshida, S. Kennedy, N. Takemura, M. Sugimoto, K. Kitao, M. Deguchi, N. Ohara, T. Maruo

    Purpose: To investigate a possible association between uterine leiomyomas and catechol-O-methyltransferase (COMT) polymorphisms in a Japanese population. Methods: We compared the allele frequencies and genotype distributions of the exon 4 NlaIII restriction site polymorphism (RSP), the P2 promoter HindIII RSP at - 1217, and the exon 6 BglI RSP in the COMT gene in 250 leiomyoma cases and 182 controls using polymerase chain reaction-restriction fragment-length polymorphism analysis. Results: No significant differences in allele frequencies and genotype distributions of the exon 4 NlaIII RSP, the P2 promoter HindIII RSP at 1217, and the exon 6 BglI RSP were found between uterine leiomyoma cases and controls. Moreover, no associations were noted between these three polymorphisms in COMT genes and leiomyoma size or a family history of uterine leiomyomas. Conclusion: COMT gene polymorphisms are unlikely to be associated with an increased risk of uterine leiomyomas in a Japanese population.

    I R O G CANADA, INC, 2008年, CLINICAL AND EXPERIMENTAL OBSTETRICS & GYNECOLOGY, 35 (1), 35 - 40, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Association study between epidermal growth factor receptor and epidermal growth factor polymorphisms and endometriosis in a Japanese population

    Deguchi M, Ohara N, Maruo T

    2007年07月, Gynecological Endocrinology, Vol. 23, No. 8, pp. 474-478, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Keisuke Kitao, Shigeki Yoshida, Stephen Kennedy, Naoya Takemura, Makoto Sugimoto, Masashi Deguchi, Noriyuki Ohara, Takeshi Maruo

    Endometrial cancer is associated with both EGFR and HER2 receptor activation. The EGFR and HER2 genes could be disease susceptibility candidate genes for this cancer. This study was conducted to investigate a possible association between EGFR and HER2 gene polymorphisms and endometrial cancer and the influence of these polymorphisms on the clinical outcome of endometrial cancer patients in a Japanese population. The authors compare the genotype distributions and allele frequencies of the EGFR +2073 A/T and HER2 +655 A/G polymorphisms in 116 endometrial cancer patients and 213 controls using polymerase chain reaction-restriction fragment length polymorphism (RFLP) analysis. RFLP results were confirmed by direct DNA sequencing. Of the 116 patients, 76 (65.5%) could be followed free survival estimates were computed using the Kaplan-Meier method and differences between survival periods were assessed using the log-rank test. No significant differences were observed in either genotype distributions or allele frequencies in the EGFR +2073 A/T and HER2 +655 A /G polymorphisms between endometrial cancer patients and controls. The stratification by histological types and staging failed to identify significant differences between endometrial cancer patients and controls. No statistical differences were noted between these polymorphisms and disease-free survival (Kaplan-Meier log-rank test P = .55 and .66, for the EGFR +2073 A/T and HER2 +655 A/G, respectively). These results suggest that the EGFR +2073 A/T and HEM +655 A/G polymorphisms are not associated with endometrial cancer in a Japanese population. These conclusions arc based oil relatively small numbers and will require verification from additional independent studies.

    SAGE PUBLICATIONS INC, 2007年05月, REPRODUCTIVE SCIENCES, 14 (4), 349 - 357, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 子宮内膜症におけるVascular endomethelial growth factor遺伝子多型の解析

    小原範之, 北尾敬祐, 出口雅士, 丸尾猛

    2007年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 59巻, 2号, pp. 457-457, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 子宮体癌におけるvascular endothelial growth factor遺伝子多型の解析

    小原範之, 北尾敬祐, 出口雅士, 丸尾猛

    2007年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 59巻, 2号, pp. 383-383, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 子宮体癌におけるepidermal growth factor receptor,human epidermal growth factor receptor 2遺伝子多型の解析

    北尾敬祐, 小原範之, 出口雅士, 丸尾猛

    2007年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 59巻, 2号, pp. 384-384, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 子宮体癌におけるcatechol-O-methyltransferase遺伝子多型の解析

    出口雅士, 小原範之, 北尾敬祐, 丸尾猛

    2007年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 59巻, 2号, pp. 382-382, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 子宮筋腫におけるcatechol-O-methyltransferase遺伝子多型の解析

    小原範之, 出口雅士, 北尾敬祐, 丸尾猛

    2007年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 59巻, 2号, pp. 628-628, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Yoshiyuki Ikuhashi, Shigeki Yoshida, Stephen Kennedy, Krina Zondervan, Naoya Takemura, Masashi Deguchi, Noriyuki Ohara, Takeshi Maruo

    Background. Vascular endothelial growth factor (VEGF) concentration in endometriosis patients is higher than controls, in serum and ascites, suggesting that VEGF may play an important role in the pathogenesis of endometriosis. In this study, we investigated whether polymorphisms in the VEGF gene are associated with endometriosis in a Japanese population. Methods. Genotyping of VEGF -460 C/T, +405 G/C and +936 C/T polymorphisms were performed in 147 endometriosis cases diagnosed by laparotomy or laparoscopy at a university hospital, and 181 controls, by polymerase chain reaction-restriction fragment length polymorphism analysis. We compared the genotype distribution and allele frequency of these 3 polymorphisms between endometriosis patients and controls. Results. No significant differences in the frequency and genotype distribution of VEGF -460 C/T, +405 G/C and +936 C/T polymorphisms were found between the endometriosis patients ( all disease stages) and controls. However, a positive association was found between stage III-IV disease and the VEGF +936 Tallele (p = 0.018). Conclusions. The VEGF +936 Tallele is associated with an increased risk of stage III-IV endometriosis in a Japanese population.

    TAYLOR & FRANCIS AS, 2007年, ACTA OBSTETRICIA ET GYNECOLOGICA SCANDINAVICA, 86 (11), 1352 - 1358, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 当科で経験したPosterior reversible encephalopathy syndrome(PRES)の2症例

    北尾敬祐, 出口雅士, 小原範之, 丸尾猛

    2006年12月, 兵庫県母性衛生学会雑誌, 15号, pp. 77-79, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 子宮内膜細胞診が発見の契機となった原発性腹膜癌の一例

    出口雅士, 山崎峰夫, 丸尾猛

    2006年11月, 産婦人科の進歩, 58巻, 4号, pp. 508-508, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • インスリンアナログによる糖尿病合併妊婦の治療 持効型溶解インスリンアナログを用いた1型糖尿病合併妊婦の管理経験

    北尾敬祐, 出口雅士, 松岡正造, 小原範之, 山崎峰夫, 丸尾猛

    2006年10月, 糖尿病と妊娠, 6巻, 2号, pp. S50-S50, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Makoto Sugimoto, Shigeki Yoshida, Stephen Kennedy, Masashi Deguchi, Noriyuki Ohara, Takeshi Maruo

    OBJECTIVE: The matrix metalloproteinases (MMPs) are a family of zinc-dependent proteases that degrade all the components of the extracellular matrix (ECM). Several studies have demonstrated association between MMP gene polymorphisms and various cancers. The object of this study was to investigate whether file MMP-1 and MMP-9 gene promoter polymorphisms are associated with endometrial carcinomas ill a Japanese population. METHODS: We compared the allele frequencies and genotype distributions Of each single nucleotide polymorphism in the promoter regions of MMP-1 (-1607 1G/2G) and MMP-9 (-1562 C/T) in 107 endometrial carcinoma cases and 213 controls using polymerase chain reaction-restriction fragment-length polymorphism (PCR-RFLP) analysis. RESULTS: The allele frequencies of MMP-1 -1607 2G and MMP-9 -1562T were 64.0% and 10.7% in the cases and 70.0% and 16.7% in the controls, respectively. No significant differences in the allele frequencies or genotype distributions were found between cases and controls for the MMP-1 -1607 1G/2G polymorphism. However, a small but significant difference in, the allele frequency of the MMP-9 -1562T allele was noted between cases and controls (P = .046; odds ratio [OR] = 1.01; 95% confidence interval [CI], 1.01 to 2.73). Stratification by histology revealed a significant difference in the frequency of the MMP-9 -1562T allele between endometrioid carcinoma cases (10.2%) and controls (P = .043; OR = 1.76; 95% CI, 1.02 to 3.03); we did not find a significant difference in the frequency of the MMP-9 -1562T allele between non-endometrioid carcinoma cases (13.2%) and controls. CONCLUSION: These results suggest that the MMP-9 -1562 C/T polymorphism may be associated with susceptibility to endometrioid carcinoma in the Japanese population.

    ELSEVIER SCIENCE INC, 2006年10月, JOURNAL OF THE SOCIETY FOR GYNECOLOGIC INVESTIGATION, 13 (7), 523 - 529, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 当科での子宮癌肉腫13症例の検討

    出口雅士, 山崎峰夫, 丸尾猛

    2006年09月, 日本癌治療学会誌, 41巻, 2号, pp. 734-734, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 過去5年間に経験した腹膜偽粘液腫11症例の検討

    出口雅士, 山崎峰夫, 丸尾猛

    2006年09月, 日本癌治療学会誌, 41巻, 2号, pp. 770-770, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 食道静脈瘤からの出血を繰り返したアルコール性肝硬変合併妊娠の管理経験

    出口雅士, 北尾敬祐, 山崎峰夫, 丸尾猛

    2006年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 42巻, 2号, pp. 544-544, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 当科における産科出血に対する選択的子宮動脈塞栓術の現況

    出口雅士, 北尾敬祐, 小原範之, 丸尾猛

    2006年05月, 産婦人科の進歩, 58巻, 2号, pp. 225-228, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • N Takemura, S Yoshida, S Kennedy, M Deguchi, N Ohara, T Maruo

    OBJECTIVE: Matrix metalloproteinases (MMPs) play are important role in modeling and remodeling the extracellular matrix in leiomyomas. Hence, the investigated whether associations exist between leiomyomas and promoter polymorphisms in the MMP-1 and MMP-9 genes in a Japanese population. METHODS: We compared the distribution of polymorphisms in the promoter regions of MMP-1 (-1607 1G/2G) and MMP-9 (-1562 C/T) in 267 leiomyoma patients and 184 control patients using polymerase chain reaction-fragment-length polymorphism (PCP-RFLP) analysis. RESULTS: The allele frequencies of the MMP-1 - 1607 2G and MMP-9 - 1562 T polymorphisms were 74.6% and 18.6% in leiomyoma patients, anal 71.3% and 18.6% in control patients, respectively. No signs scant differences in allele frequencies or genotype distributions were found between leiomyoma and control patients. Moreover, no associations were found between MMP-1 and MMP-9 genotypes and leiomyoma size or a family history of the condition. CONCLUSION: These findings suggest that MMP-1 and MMP-9 promoter polymorphisms are unlikely to be associated with an increased risk of uterine leiomyomas in Japanese women.

    ELSEVIER SCIENCE INC, 2006年04月, JOURNAL OF THE SOCIETY FOR GYNECOLOGIC INVESTIGATION, 13 (3), 232 - 236, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 子宮体癌発症におけるMatrix metalloproteinase-1,-9遺伝子多型の解析

    杉本誠, 吉田茂樹, 小原範之, 出口雅士, 竹村直也, 生橋義之, 天野真理子, 丸尾猛

    2006年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 58巻, 2号, pp.392-392, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 子宮筋腫におけるMatrix metalloproteinase(MMP)-1ならびにMMP-9遺伝子多型の解析

    竹村直也, 吉田茂樹, 小原範之, 杉本誠, 生橋義之, 天野真理子, 出口雅士, 丸尾猛

    2006年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 58巻, 2号, pp.448-448, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • T Tsujino, N Ohara, S Yoshida, S Kennedy, N Takemura, M Deguchi, T Maruo

    The CYP17 gene is thought to be a candidate gene for susceptibility to hormone-related diseases. A single (T -> C) nucleotide polymorphism in the promoter region of CYP17 is speculated to influence its transcription. The present study was conducted to investigate the possible association between uterine leiomyomas and CYP17 gene polymorphism in a Japanese population. Genotyping analysis of the CYP17 gene was performed in 138 leiomyoma cases, 183 unaffected controls and 179 population controls using polymerase chain reaction and restriction fragment length polymorphism analysis. No significant difference in CYP17 genotype distribution was noted between leiomyoma cases and controls. Women carrying the A2 allele were not at an increased risk of uterine leiomyoma compared with those carrying the A1 allele in unaffected controls (odds ratio, 1.26; 95% confidence interval, 0.92-1.72) and those carrying the A1 allele in population controls (odds ratio, 0.99; 95% confidence interval, 0.72-1.36). No significant difference in allele frequencies were found between leiomyoma cases and controls. These findings suggest that CYP17 gene polymorphism is unlikely to be associated with an increased risk of uterine leiomyomas in a Japanese population.

    PARTHENON PUBLISHING GROUP, 2006年02月, GYNECOLOGICAL ENDOCRINOLOGY, 22 (2), 87 - 91, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • IVF-ET施行後に重症OHSSと左鎖骨下静脈血栓症を発症した2症例

    北尾敬祐, 市田耕太郎, 小原範之, 鈴木嘉穂, 生橋義之, 斎田有紀, 森川哲, 出口雅士, 森田宏紀, 丸尾猛

    2006年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 58巻, 2号, pp.503-503, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 肺リンパ脈管筋腫症合併妊娠の一例

    藤本美樹, 佐々木紘子, 森田宏紀, 出口雅士, 北尾敬祐, 小原範之, 丸尾猛

    2005年12月, 兵庫県母性衛生学会雑誌, 14号, pp.57-59, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 当科における産科出血に対する選択的子宮動脈塞栓術の現況

    鈴木嘉穂, 森田宏紀, 齋田有紀, 生橋義之, 森川哲, 市田耕太郎, 出口雅士, 北尾敬祐, 小原範之, 丸尾猛

    2005年10月, 産婦人科の進歩, 57巻, 4号, pp.475-475, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 血管内発育子宮原発非上皮性腫瘍2例の経験

    竹村直也, 吉田茂樹, 濱名伸也, 高松裕幸, 杉本誠, 若橋宣, 出口雅士, 中林幸士, 本山覚, 丸尾猛

    2005年09月, 日本癌治療学会誌, 40巻, 2号, pp.613-613, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 肺リンパ脈管筋腫症合併妊娠の一例

    藤本美樹, 佐々木紘子, 森田宏紀, 出口雅士, 北尾敬祐, 船越徹, 小原範之, 丸尾猛

    2005年05月, 産婦人科の進歩, 57巻, 2号, pp.256-256, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 子宮内膜症におけるN-acetyltransferase(NAT)1ならびにNAT2遺伝子領域におけるTDT(伝達不平衡)解析

    吉田茂樹, 出口雅士, 生橋義之, 竹村直也, 杉本誠, 小原範之, 丸尾猛, スティーブン・ケネディー

    2005年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 57巻, 2号, pp. 486-486, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 子宮内膜症におけるIntercellular adhesion molecule-1(ICAM-1)遺伝子多型の解析

    山下正子, 吉田茂樹, 出口雅士, 生橋義之, 竹村直也, 杉本誠, 小原範之, 丸尾猛, スティーブン・ケネディー

    2005年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 57巻, 2号, pp. 487-487, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • シスプラチン感受性卵巣癌細胞の増殖とアポトーシスに及ぼすImatinib mesylateの影響の検討

    出口雅士, 本山覚, FernandezJovelle, 濱名伸也, ベンジャミン・ツァン, 丸尾猛

    2005年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 57巻, 2号, pp. 616-616, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Lack of association between endometriosis and N-Acetyl Transferase 1 (NAT1) and 2 (NAT2) polymorphisms in a Japanese population

    Deguchi Masashi, Yoshida Shigeki, Kennedy Stephen, Ohara Noriyuki, Motoyama Satoru, Maruo Takeshi

    2005年, Journal Of The Society For Gynecologic Investigation, Vol. 12, No. 3, pp. 208-213, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 当科における若年子宮体癌症例の検討

    竹村直也, 稲垣美恵子, 出口雅士, 浜名伸也, 武内享介, 本山覚, 丸尾猛

    2004年06月, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 22巻, 3号, pp. 222-222, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • A case of multiple ovarian cysts in a prepubertal girl with severe hypothyroidism due to autoimmune thyroiditis

    K Takeuchi, M Deguchi, Y Takeshima, T Maruo

    Some children with profound and long-standing hypothyroidism present with signs of paradoxical sexual maturation. In females, it is characterized by breast development, vaginal bleeding, lack of pubic hair, and delayed bone age. A case of multiple ovarian cysts in a prepubertal girl with severe hypothyroidism due to autoimmune thyroiditis is reported. A 7-year, 8-month-old girl presented with precocious puberty and vaginal bleeding. A pelvic ultrasound revealed markedly enlarged ovaries with numerous cysts which disappeared dramatically after thyroid replacement. When large multiple ovarian cysts with vaginal bleeding are found in a prepubertal girl who has a retarded bone age, the possibility of associated hypothyroidism should be considered. Health care providers should keep this in mind because this constellation of symptoms can be completely reversed with the initiation of thyroid replacement.

    BLACKWELL PUBLISHING INC, 2004年05月, INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER, 14 (3), 543 - 545, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 日本人子宮内膜症におけるN-acetyltransferase(NAT)1ならびにNAT2遺伝子多型の解析

    出口雅士, 吉田茂樹, 大森伸也, 森實真由美, 丸尾猛, スティーブン・ケネディー

    2004年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 56巻, 2号, pp. 609-609, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 日本人子宮筋腫患者におけるCYP17 MspA1遺伝子多型の解析

    辻野太郎, 小原範之, 吉田茂樹, 大森伸哉, 森實真由美, 出口雅士, 丸尾猛, スティーブン・ケネディー

    2004年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 56巻, 2号, pp. 415-415, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 子宮内膜症におけるN-acetyltransferase(NAT)1ならびにNAT2遺伝子多型の解析 家族性子宮内膜症と非家族性子宮内膜症の比較

    吉田茂樹, 大森伸哉, 森實真由美, 出口雅士, 丸尾猛, ステイブン・ケネデイ

    2004年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 56巻, 2号, pp. 609-609, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 子宮筋腫患者におけるERαならびにERβ遺伝子多型の解析

    大森伸哉, 吉田茂樹, 辻野太郎, 森實真由美, 出口雅士, 小原範之, 丸尾猛

    2004年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 56巻, 2号, pp. 415-415, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 松岡正造, 濱名伸也, 武内享介, 山中良彦, 大木規義, 出口雅士, 森實真由美, 高谷友紀子, 本山覚, 丸尾猛

    近畿産科婦人科学会, 2004年, 産婦人科の進歩, 56巻, 2, pp. 113-115 (2), 113 - 115, 日本語

  • Neoadjuvant high-dose intraarterial infusion chemotherapy under percutaneous pelvic perfusion with extracorporeal chemofiltration in patients with stages IIIa-IVa cervical cancer

    Motoyama Satoru, Hamana Shinya, Ku Yonson, Laoag-Fernandez Jovelle B, Deguchi Masashi, Yoshida Shigeki, Tominaga Masahiro, Iwasaki Takeshi, Ohara Noriyuki, Maruo Takeshi

    2004年, Gynecologic Oncology, Vol. 95, No. 3, pp. 576-582, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 卵巣未分化胚細胞腫の放射線治療後に生じた腟壁血管肉腫の一例

    出口雅士, 濱名伸也, 武内享介, 吉田茂樹, 本山覚, 丸尾猛

    2003年09月, 日本癌治療学会誌, 38巻, 2号, pp. 754-754, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 広汎性子宮全摘術後の排尿障害に対するウラピジル投与の有用性

    本山覚, 松岡正造, 浜名伸也, 出口雅士, 丸尾猛

    2003年09月, 産科と婦人科, 70巻, 9号, pp. 1275-1279, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 当院における子宮体癌の治療と予後成績

    出口雅士, 高谷友紀子, 濱名伸也, 武木田茂樹, 吉田茂樹, 武内享介, 本山覚, 丸尾猛

    2003年08月, 産婦人科の進歩, 55巻, 3号, pp. 324-326, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 当科における子宮頸部悪性腺腫の診断

    松岡正造, 浜名伸也, 武内享介, 山中良彦, 大木規義, 出口雅士, 森實真由美, 高谷友紀子, 本山覚, 丸尾猛

    2003年05月, 産婦人科の進歩, 55巻, 2号, pp. 269-269, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 出口雅士, 中島淳子, 武内享介, 武木田茂樹, 濱名伸也, 竹島泰弘, 丸尾猛

    「産婦人科の進歩」編集室, 2003年05月, 産婦人科の進歩, 55巻, 2号, pp. 256-256 (2), 256 - 256, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 福永次雄, 本山覚, 千々和真理, 濱名伸也, 出口雅士, 丸尾猛

    近年の医療では抗生物質,抗腫瘍剤,免疫抑制剤やカテーテル類の多用による易感染性宿主(compromised host)が増加するなかで,深在性真菌症に対する対応が重要視されてきている.深在性真菌症は患者の死因に直接結びつく場合があるので,その予防,診断,治療と管理は重要である.
    今回,われわれは産婦人科入院患者で有効抗生物質投与にもかかわらず37.0℃以上の発熱を示す109症例について,血中真菌抗原検出法のカンジテック(CAND-TEC)とファンギテック(FUNGI-TEC)を施行し,CAND-TECが(4+)以上,またはFUNGI-TECが11.0 pg/ml 以上の陽性を深在性真菌症発生の指標としてとらえ,本症の病態把握と適正な管理法について検討した.検討項目として,血中真菌抗原陽性群と血中真菌抗原陰性群において,基礎疾患の良・悪性別,カテーテル類使用の有無,白血球数,CRP(C-reactive protein)値を比較検討した.血中真菌抗原陽性群での良性疾患の割合は8.7%と血中真菌抗原陰性群での32.5%に比較して有意に低率であった.血中真菌抗原陽性群では4500/mm3以下の白血球減少が52.1%と血中真菌抗原陰性群での12.5%に比べ有意に高率であった.また血中真菌抗原陽性と判定された時点から1ヵ月以内の死亡について調査したところ,血中真菌抗原陽性群での死亡率は39.1%であり,同時期の血中真菌抗原陰性群での死亡率15.0%に比較して有意に高率であった.さらに当科作成の真菌血症管理指針に基づき行った血中真菌抗原陽性患者に対する治療効果の検討では,有効率は68.0%と従来報告の35~50%に比して改善傾向が認められた.〔産婦の進歩55(2):161-166, 2003(平成15年5月)〕

    近畿産科婦人科学会, 2003年05月, 産婦人科の進歩, 55巻, 2, pp. 161-166 (2), 161 - 166, 日本語

  • 経皮的骨盤灌流化学療法

    本山覚, 濱名伸也, 出口雅士, 吉田茂樹

    2003年05月, 産婦人科の進歩, 55巻, 2号, pp. 239-239, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Simultaneous immunohistochemical localization of beta-catenin and cyclin D1 in differentiated but not in undifferentiated human endometrial carcinoma

    F Narita, A Sato, S Hamana, M Deguchi, T Otani, T Maruo

    Purpose: beta-catenin plays dual important roles in epithelial cell-cell adhesion in cytoplasm as well as in the nuclear T-cell factor (TCF)/lymphoid enhancing factor-1 (LEF-1) signaling pathway. Abnormal nuclear accumulation of beta-catenin promotes colorectal carcinogenesis by triggering the expression of cyclin D1 gene through the TCF/LEF-1 pathway. The purpose of this study was to investigate the possible involvement of the TCF/LEF-1 pathway in endometrial carcinbgenesis. Methods: Immunohistochemical localization of beta-catenin and cyclin D1 in normal endometrium, hyperplastic endometrium and endometrial carcinoma were assessed on serial tissue sections. Results: Nuclear accumulation of beta-catenin was observed in endometrial carcinomas compared with normal endometria. Cyclin D1-positive endometrial cancer cases were beta-catenin-positive in the nuclei, especially in 70% (7/10) of G1 and 55.6% (5/9) of G2 differentiated endometrial carcinomas, but never in G3 undifferentiated ones. Conclusions: These results imply that the simultaneous nuclear accumulation of beta-catenin and cyclin D1 - suggesting the activation of the TCF/LEF-1 pathway - may be a potential marker for the progression of Type 1 endometrial carcinogenesis.

    I R O G CANADA, INC, 2003年, EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY, 24 (2), 129 - 134, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 開腹術を要したまれな腹腔鏡下手術合併症の2例ー脾破裂症例と肉芽腫腹膜炎症例の検討ー

    大木規義, 武内享介, 出口雅士, 山田隆, 丸尾猛

    2003年, 医薬の門, 43巻, pp. 86-88, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 濱名 伸也, 出口 雅士, 宮原 義也, 本山 覚, 丸尾 猛

    近畿産科婦人科学会, 2003年, 産婦人科の進歩, 55 (1), 49 - 51, 日本語

  • 出口 雅士, 濱名 伸也, 武木田 茂樹, 立岩 洋一, 山辺 晋吾, 本山 覚, 丸尾 猛

    近畿産科婦人科学会, 2002年, 産婦人科の進歩, 54 (5), 381 - 382, 日本語

MISC

  • 妊娠とCOVID-19 第二報

    山田秀人, 山田秀人, 山田秀人, 出口雅士

    2022年, 母性衛生, 62 (4)

  • 【COVID-19-その診断と治療】妊婦における臨床像

    山田 秀人, 出口 雅士

    2020年2月12日の『Lancet』に、武漢市内で妊娠後期に新型コロナウイルスに感染した妊婦9例が報告されて以来、妊婦のCOVID-19に関する情報が数多く発表されている。これまでの報告によれば、早産リスクは高いが、胎児異常、流産、死産のリスクは高くはない。母子感染率は2〜4%であるが、胎児感染はまれである。妊婦はCOVID-19への不安を強く感じており、産後うつ病のリスクが高いことが指摘されている。妊娠が重症化リスクであり、日本でも妊娠後期の感染で急激に悪化した症例が報告されているため、妊娠中は感染予防を常に心がける。ワクチンを接種することのメリットが、デメリットを上回ると考えられるので、特に感染の多い地域や感染リスクの高い医療従事者等、および糖尿病、高血圧、気管支喘息などの基礎疾患を合併している方は、接種を検討する。(著者抄録)

    (株)ライフメディコム, 2021年11月, カレントテラピー, 39 (11), 1081 - 1086, 日本語

  • 分娩後に急性腎障害をきたし血漿交換が著効した重症HELLP症候群の1例

    原 明子, 河野 圭志, 藤井 秀毅, 出口 雅士, 西 慎一

    (一社)日本透析医学会, 2021年11月, 日本透析医学会雑誌, 54 (11), 597 - 602, 日本語

  • エイズ文化フォーラム「防げる、防ごう、母子感染!〜ウイルス感染症〜」でのアンケート解析

    高野 政志, 出口 雅士, 羽柴 知恵子, 鈴木 ひとみ, 喜多 恒和

    (一社)日本性感染症学会, 2021年11月, 日本性感染症学会誌, 32 (2), 101 - 101, 日本語

  • 胎児発育不全児の予後不良に関連する因子の検討

    吉本 梓希子, 谷村 憲司, 久保田 いろは, 栖田 園子, 施 裕徳, 内田 明子, 白川 得朗, 今福 仁美, 出口 雅士, 寺井 義人

    「産婦人科の進歩」編集室, 2021年10月, 産婦人科の進歩, 73 (4), 500 - 500, 日本語

  • 山田 秀人, 出口 雅士

    2020年2月12日Lancetに、武漢市内で妊娠後期に新型コロナウイルスに感染した妊婦9例が報告されて以来、妊婦の新型コロナウイルス感染に関する論文が多数発表された。これまでの報告によれば、早産リスクは高いが、胎児異常、流産、死産のリスクは高くはない。母子感染率は2〜4%と推定されるが、胎児感染は稀である。世界的に妊婦の症状は非妊婦と変わらないとの報告が多いが、11月に米国疾病予防センターは、妊娠は重症化リスクであると発表した。母乳を介した感染リスクは極めて低い。ワクチンは、現時点で妊婦、胎児や出生児への安全性は確立していないが、ワクチン接種対象からは除外しない。感染リスクが高い医療従事者、重症化リスクの肥満や糖尿病などを合併している方は、ワクチン接種を考慮する。(著者抄録)

    (公社)日本母性衛生学会, 2021年07月, 母性衛生, 62 (2), 学8 - 学17, 日本語

  • 出口 雅士, 山田 秀人

    <文献概要>●産科医師は母子感染予防をかねて日頃より妊婦に感染予防策を啓発していくことがパンデミック時の妊婦の感染予防に役立つ.●産科医師自身も平時から分娩介助時の職業感染予防に関心をもち,標準予防策を実施していくことがシミュレーショントレーニングになる.●産科に特化した国内の感染情報収集とその情報の発信体制の確立が望まれる.●移動の制限を伴うパンデミックは妊婦のみならず,褥婦の精神環境の悪化にもつながり,適切なサポートが必要である.

    (株)医学書院, 2021年06月, 臨床婦人科産科, 75 (6), 573 - 578, 日本語

  • COVID-19と周産期医療 国内でのCOVID-19感染妊婦の現状 妊婦レジストリの解析結果(中間報告)

    出口 雅士, 施 裕徳, 山田 秀人

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2021年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 57 (Suppl.), P90 - P90, 日本語

  • 非初感染母体から出生した重篤な症候性先天性サイトメガロウイルス感染症児の一例

    今福 仁美, 谷村 憲司, 益子 尚久, 内田 明子, 藤本 将史, 京野 由紀, 藤岡 一路, 出口 雅士, 寺井 義人

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2021年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 57 (Suppl.), P163 - P163, 日本語

  • 胎児治療と新生児治療の併用は先天性サイトメガロウイルス感染症児の予後を改善する

    谷村 憲司, 施 裕徳, 内田 明子, 今福 仁美, 藤岡 一路, 森岡 一朗, 出口 雅士, 峰松 俊夫, 寺井 義人, 山田 秀人

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2021年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 57 (Suppl.), P177 - P177, 日本語

  • 出口 雅士

    「産婦人科の進歩」編集室, 2021年05月, 産婦人科の進歩, 73 (2), 85 - 89, 日本語

  • 益子 尚久, 谷村 憲司, 小畑 権大, 今福 仁美, 出口 雅士, 寺井 義人

    「産婦人科の進歩」編集室, 2021年05月, 産婦人科の進歩, 73 (2), 137 - 137, 日本語

  • 不育症と子宮内膜マイクロバイオームとの関連

    施 裕徳, 谷村 憲司, 笹川 勇樹, 内田 明子, 尾崎 可奈, 白川 得朗, 今福 仁美, 出口 雅士, 山田 秀人

    (一社)日本産婦人科感染症学会, 2021年05月, 日本産婦人科感染症学会学術講演会プログラム・抄録集, 37回, 35 - 35, 日本語

  • 梅毒合併妊娠8例の検討

    出口 雅士, 谷村 憲司, 施 裕徳, 内田 明子, 白川 得朗, 今福 仁美, 森實 真由美, 山田 秀人

    (一社)日本産婦人科感染症学会, 2021年05月, 日本産婦人科感染症学会学術講演会プログラム・抄録集, 37回, 43 - 43, 日本語

  • 周産期母子医療センターでの先天性サイトメガロウイルス感染に関与する臨床所見

    今福 仁美, 谷村 憲司, 内田 明子, 施 裕徳, 笹川 勇樹, 白川 得朗, 出口 雅士, 山田 秀人

    (一社)日本産婦人科感染症学会, 2021年05月, 日本産婦人科感染症学会学術講演会プログラム・抄録集, 37回, 50 - 50, 日本語

  • 産科一次施設における先天性サイトメガロウイルス感染症発生の臨床的リスク因子

    内田 明子, 谷村 憲司, 今福 仁美, 笹川 勇樹, 施 裕徳, 白川 得朗, 出口 雅士, 森實 真由美, 大橋 正伸, 山田 秀人

    (一社)日本産婦人科感染症学会, 2021年05月, 日本産婦人科感染症学会学術講演会プログラム・抄録集, 37回, 52 - 52, 日本語

  • 国内での新型コロナウイルス感染妊婦の現状 妊婦レジストリ研究

    出口 雅士, 施 裕徳, 山田 秀人

    国内での新型コロナウイルス(COVID-19)妊婦症例の蓄積と解析が必要と考え、2020年9月よりレジストリー研究を開始した。2021年4月20日までに401名のCOVID-19感染妊婦が報告され61名のレジストリー登録が完了した。1)新型コロナウイルス感染妊婦の疾患登録システム(患者レジストリー)、2)新型コロナウイルス感染妊婦61名の概要、3)妊婦でのCOVID中等症・重症の危険因子、4)胎児感染、5)COVID感染妊婦からの出生児の管理、について述べた。

    (一社)日本産婦人科感染症学会, 2021年05月, 日本産婦人科感染症学会誌, 5 (1), 8 - 15, 日本語

  • 山本 雄也, 上野 嘉子, 松田 耕平, 野上 宗伸, 出口 雅士, 上原 慶一郎, 三木 智子, 村上 卓道

    症例は70歳代女性で、帯下、不正性器出血を主訴に受診し、子宮に腫瘤性病変を指摘された。MRIでは子宮体部に91×73×78mm大の腫瘤を認めた。画像所見からは子宮肉腫が疑われたが、由来部位が同定困難であり、非類内膜腺癌なども鑑別に挙げられた。腫瘤は複数の成分からなっており、T2強調像では腹側部は低信号、背頭部は比較的高信号、背尾側部は中程度の高信号を呈していた。18F-FDG PETでは腹側部はFDG集積が弱く、背頭部には軽度の集積、背尾部に強い集積を認めた。肉眼所見では子宮内腔に腫瘤が充満していた。画像所見にみられた腫瘍の各成分についての病理学的な特徴は以下のとおりであった。腫瘤腹側部には、異型の乏しい腺管構造が散見され、大小不同の核を呈する紡錘形細胞が認められた。腫瘤背頭部には、典型性の強い紡錘形細胞が多数認められ、正常な腺構造は認められなかった。腫瘤背頭部では、異型性の強い紡錘形細胞や壊死組織、炎症細胞が多数認められた。細胞密度は高く、正常な腺構造は認められなかった。根治的手術(子宮全摘術および両側付属器切除)が実施され、病理学的に腺肉腫の診断がなされた。子宮筋層の深部浸潤があり、pT1c FIGO IC期相当と判断された。術後特に問題なく退院となったが、術後2年3ヵ月で多発肺転移が生じた。全身状態良好であり、転移病変の増大が遅い点から経過観察の方針となり、術後3年9ヵ月時点では無症状で生存している。

    金原出版(株), 2021年04月, 臨床放射線, 66 (4), 381 - 385, 日本語

  • 慢性子宮内膜炎(CE)の子宮内pH測定による新しいCEフォロー法について

    遠藤 俊明, 板橋 詠子, 本間 寛之, 池田 詩子, 逸見 博文, 馬場 剛, 木谷 保, 施 裕徳, 出口 雅士, 山田 秀人, 齋藤 豪, 藤井 美穂

    (公社)日本産科婦人科学会, 2021年03月, 日本産科婦人科学会雑誌, 73 (臨増), S - 340, 日本語

  • 先進医療下子宮体癌に対する腹腔鏡下傍大動脈リンパ節郭清術登録結果の検討

    鈴木 嘉穂, 高橋 良輔, 山中 啓太郎, 鷲尾 佳一, 清水 真帆, 長又 哲史, 村田 友香, 出口 雅士, 寺井 義人

    (公社)日本婦人科腫瘍学会, 2021年01月, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 39 (1), 115 - 115, 日本語

  • 腹腔鏡下手術及び開腹手術との比較によるロボット支援下準広汎子宮全摘術導入の安全性に関する検討

    村田 友香, 鈴木 嘉穂, 山中 啓太郎, 安積 麻帆, 鷲尾 佳一, 清水 真帆, 高橋 良輔, 長又 哲史, 松本 培世, 出口 雅士, 寺井 義人

    (公社)日本婦人科腫瘍学会, 2021年01月, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 39 (1), 294 - 294, 日本語

  • Saturated salt solution固定法Cadaverを用いた腹腔鏡下婦人科悪性腫瘍手術トレーニング

    長又 哲史, 山中 啓太郎, 安積 麻帆, 清水 真帆, 鷲尾 佳一, 高橋 良輔, 村田 友香, 鈴木 嘉穂, 出口 雅士, 寺井 義人

    (公社)日本婦人科腫瘍学会, 2021年01月, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 39 (1), 311 - 311, 日本語

  • 後期高齢者における抗がん剤治療の安全性についての検討

    高橋 良輔, 山中 啓太郎, 安積 麻帆, 鷲尾 佳一, 清水 真帆, 長又 哲史, 村田 友香, 鈴木 嘉穂, 出口 雅士, 寺井 義人

    (公社)日本婦人科腫瘍学会, 2021年01月, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 39 (1), 318 - 318, 日本語

  • A NOVEL AUTOANTIBODY AGAINST beta 2-GLYCOPROTEIN I/HLA CLASS II COMPLEXES IS A MAJOR RISK FACTOR FOR RECURRENT PREGNANCY LOSS

    Kenji Tanimura, Shigeru Saito, Mikiya Nakatsuka, Takeshi Nagamatsu, Tomoyuki Fujii, Atsushi Fukui, Yuki Sasagawa, Masashi Deguchi, Noriko Arase, Hisashi Arase, Hideto Yamada

    W B SAUNDERS CO LTD, 2021年01月, PLACENTA, 103, 253 - 254, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • 母子感染の話題~新型コロナウイルス,梅毒,トキソプラズマ,サイトメガロウイルス

    山田秀人, 出口雅士, 谷村憲司

    2021年, 日本女性栄養・代謝学会誌, 27 (1)

  • 完全型アンドロゲン不応症に対して腹腔鏡下性腺摘除術を施行した1例

    笹川勇樹, 出口雅士, 安積麻帆, 冨本雅子, 鷲尾佳一, 清水真帆, 長又哲史, 西本昌司, 山崎友維, 村田友香, 寺井義人

    2021年, 日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会(Web), 61st

  • 胎児治療と新生児治療の併用は先天性サイトメガロウイルス感染症児の予後を改善する

    谷村憲司, 施裕徳, 内田明子, 今福仁美, 藤岡一路, 森岡一朗, 出口雅士, 峰松俊夫, 寺井義人, 山田秀人

    2021年, 日本周産期・新生児医学会雑誌(Web), 57 (Suppl)

  • 非初感染母体から出生した重篤な症候性先天性サイトメガロウイルス感染症児の一例

    今福仁美, 谷村憲司, 益子尚久, 内田明子, 藤本将史, 京野由紀, 藤岡一路, 出口雅士, 寺井義人

    2021年, 日本周産期・新生児医学会雑誌(Web), 57 (Suppl)

  • ディベート-血栓性素因と不育症 プロテインS低下と不育症、産科異常

    出口 雅士

    (一社)日本生殖医学会, 2020年11月, 日本生殖医学会雑誌, 65 (4), 260 - 260, 日本語

  • β2GPI/HLA-DR複合体は産科的抗リン脂質抗体症候群の自己抗体の標的である

    山田 秀人, 出口 雅士

    (一社)日本生殖医学会, 2020年11月, 日本生殖医学会雑誌, 65 (4), 309 - 309, 日本語

  • 子宮内pHが新たな慢性子宮内膜炎のマーカーになる可能性について

    板橋 詠子, 遠藤 俊明, 本間 寛之, 池田 詩子, 逸見 博文, 木谷 保, 久野 芳佳, 森下 美幸, 馬場 剛, 齋藤 豪, 東口 篤司, 施 裕徳, 出口 雅士, 山田 秀人, 藤井 美穂

    (一社)日本生殖医学会, 2020年11月, 日本生殖医学会雑誌, 65 (4), 345 - 345, 日本語

  • 精神疾患合併妊娠の妊娠中・産後増悪誘因ならびに児への影響に関する検討

    谷村 憲司, 施 裕徳, 内田 明子, 笹川 勇樹, 白川 得朗, 今福 仁美, 出口 雅士, 山田 秀人

    「産婦人科の進歩」編集室, 2020年10月, 産婦人科の進歩, 72 (4), 458 - 458, 日本語

  • 高橋 良輔, 清水 真帆, 長又 哲史, 松本 培世, 村田 友香, 鈴木 嘉穂, 出口 雅士, 寺井 義人

    進行卵巣癌・原発性腹膜癌に対して術前化学療法(NAC)を行う際の主な診断方法として腹腔鏡下生検(LB)と体腔液の穿刺吸引細胞診がある。このうちLBは開腹手術に比べて低侵襲であり、診断の確実性からも有用な方法であるが、全身状態不良などの理由で腹腔鏡手術ですら躊躇する症例も少なくない。一方、穿刺吸引細胞診は全身状態不良な患者でも比較的安全に施行できるが、組織型の診断が困難という欠点がある。そこで、組織型の再現がしやすいcell block法(CB法)を穿刺吸引細胞診に取り入れている。今回、当院で2008〜2018年に進行卵巣癌もしくは原発性腹膜癌が疑われ治療された患者のうち、NAC施行時の診断目的にLBもしくはCB法を行い、根治手術時に病理診断が可能であった53例を対象とし、LB群(18例)とCB群(35例)に分け、「診断精度」「診断までに要した日数」「検査に伴う合併症」などについて群間比較した。結果、診断精度はLB群の全例で生検による診断と最終的な病理診断が一致していた。CB群では、漿液性癌の診断精度は高かったが、粘液性癌や癌肉腫では診断困難なケースが多かった。診断までに要した日数はLB群が平均8.9日、CB群が平均7.0日で、CB群ほうが有意に短かった。合併症の発生率に有意差は認めなかった。

    「産婦人科の進歩」編集室, 2020年08月, 産婦人科の進歩, 72 (3), 211 - 215, 日本語

  • 【[必携]専攻医と指導医のための産科診療到達目標】病態・疾患編【合併症妊娠】抗リン脂質抗体症候群

    山田 秀人, 谷村 憲司, 出口 雅士

    (株)東京医学社, 2020年08月, 周産期医学, 50 (8), 1451 - 1453, 日本語

  • 妊娠初期のプロテインS低値と産科異常との関連

    安積 麻帆, 出口 雅士, 清水 真帆, 笹川 勇樹, 森實 真由美, 谷村 憲司, 山田 秀人

    「産婦人科の進歩」編集室, 2020年05月, 産婦人科の進歩, 72 (2), 154 - 154, 日本語

  • トキソプラズマIgG avidity index高値母体から発生した先天性トキソプラズマ感染疑いの1例

    谷村 憲司, 笹川 勇樹, 内田 明子, 今福 仁美, 出口 雅士, 藤岡 一路, 森岡 一朗, 笹井 美和, 山本 雅裕, 山田 秀人

    「産婦人科の進歩」編集室, 2020年05月, 産婦人科の進歩, 72 (2), 162 - 162, 日本語

  • Sex cord tumor with annular tubulesの1例

    峯 凪り, 寺井 義人, 山中 啓太郎, 鷲尾 佳一, 清水 真帆, 高橋 良輔, 長又 哲史, 村田 友香, 鈴木 嘉穂, 出口 雅士, 山田 秀人

    「産婦人科の進歩」編集室, 2020年05月, 産婦人科の進歩, 72 (2), 169 - 169, 日本語

  • 妊娠糖尿病妊婦におけるHeavy For Date児出生の予測因子

    益子 尚久, 谷村 憲司, 施 裕徳, 内田 明子, 笹川 勇樹, 白川 得郎, 今福 仁美, 出口 雅士, 山田 秀人

    「産婦人科の進歩」編集室, 2020年05月, 産婦人科の進歩, 72 (2), 177 - 177, 日本語

  • 子宮筋腫の術前治療におけるGnRHアンタゴニストの有用性についての検討

    山中 啓太郎, 寺井 義人, 高橋 良輔, 鷲尾 佳一, 清水 真帆, 松本 培世, 長又 哲史, 村田 友香, 鈴木 嘉穂, 出口 雅士, 山田 秀人

    「産婦人科の進歩」編集室, 2020年05月, 産婦人科の進歩, 72 (2), 186 - 186, 日本語

  • 出口 雅士

    (株)南江堂, 2020年04月, 内科, 125 (4), 1021 - 1022, 日本語

  • 出口 雅士, 谷村 憲司, 山田 秀人

    (株)診断と治療社, 2020年03月, 産科と婦人科, 87 (Suppl.), 230 - 235, 日本語

  • 卵巣癌において浸潤能,遊走能を促進する新規遺伝子の検索

    川口 徹也, 清水 真帆, 鷲尾 佳一, 高橋 良輔, 長又 哲史, 松本 培世, 村田 友香, 鈴木 嘉穂, 出口 雅士, 山田 秀人, 寺井 義人, 鈴木 聡

    (公社)日本産科婦人科学会, 2020年03月, 日本産科婦人科学会雑誌, 72 (臨増), S - 401, 日本語

  • 当院における子宮頸癌に対するベバシズマブの使用経験

    長又 哲史, 山中 啓太郎, 鷲尾 佳一, 清水 真帆, 高橋 良輔, 松本 培世, 鈴木 嘉穂, 出口 雅士, 寺井 義人, 山田 秀人

    (公社)日本産科婦人科学会, 2020年03月, 日本産科婦人科学会雑誌, 72 (臨増), S - 490, 日本語

  • 子宮頸癌に対する放射線治療後の不全骨折発症のリスク因子についての後方視的検討

    松本 培世, 鈴木 嘉穂, 鷲尾 佳一, 清水 真帆, 高橋 良輔, 長又 哲史, 村田 友香, 出口 雅士, 山田 秀人, 寺井 義人

    (公社)日本産科婦人科学会, 2020年03月, 日本産科婦人科学会雑誌, 72 (臨増), S - 535, 日本語

  • 当院におけるロボット支援下手術の導入と腹腔鏡手術との比較検討

    鈴木 嘉穂, 長又 哲史, 山中 啓太郎, 鷲尾 佳一, 清水 真帆, 高橋 良輔, 松本 培世, 村田 友香, 出口 雅士, 山田 秀人, 寺井 義人

    (公社)日本産科婦人科学会, 2020年03月, 日本産科婦人科学会雑誌, 72 (臨増), S - 627, 日本語

  • BevacizumabとOlaparibの併用療法によって再発卵巣癌治療は変わったか?

    高橋 良輔, 鈴木 嘉穂, 山中 啓太郎, 鷲尾 佳一, 清水 真帆, 長又 哲史, 松本 培世, 村田 友香, 出口 雅士, 山田 秀人, 寺井 義人

    (公社)日本産科婦人科学会, 2020年03月, 日本産科婦人科学会雑誌, 72 (臨増), S - 643, 日本語

  • 【母子感染症の必修知識-エキスパートに学び予防につなげる】総論 母子感染スクリーニング方法と診断の話題

    山田 秀人, 谷村 憲司, 出口 雅士

    <Key Points>(1)最近では、先天性CMV感染児の症候性/無症候性の割合や後遺症リスクは、母体の妊娠中のCMV初感染/非初感染の別にかかわらず同程度とされる。(2)全妊婦を対象とした抗体スクリーニングでは、半数以上を占める母体CMV非初感染(非活性化ないし再感染)による先天性感染児を見逃す。(3)妊婦ターゲットスクリーニングとして、リスク因子の症状や所見を認めた場合、母体血CMV IgGとIgMを測定する。IgG陽性であれば、保険適用で新生児尿CMV核酸検査を行う。(4)新生児聴覚スクリーニングでリファー(要再検)の新生児には、保険適用で新生児尿CMV核酸検査を生後3週以内にその分娩施設で行う。(5)トキソプラズマIgM陽性妊婦からの出生児は、症状や所見がなくても生後12ヵ月までフォローアップし、血液検査を行う。(6)出生前羊水でトキソプラズマDNA陰性であっても、分娩時羊水や新生児血液でDNA陽性となって先天性感染と診断されることがある。(著者抄録)

    (株)東京医学社, 2020年01月, 小児内科, 52 (1), 23 - 29, 日本語

  • 山田 秀人, 谷村 憲司, 出口 雅士

    <Key Points>(1)最近では、先天性CMV感染児の症候性/無症候性の割合や後遺症リスクは、母体の妊娠中のCMV初感染/非初感染の別にかかわらず同程度とされる。(2)全妊婦を対象とした抗体スクリーニングでは、半数以上を占める母体CMV非初感染(非活性化ないし再感染)による先天性感染児を見逃す。(3)妊婦ターゲットスクリーニングとして、リスク因子の症状や所見を認めた場合、母体血CMV IgGとIgMを測定する。IgG陽性であれば、保険適用で新生児尿CMV核酸検査を行う。(4)新生児聴覚スクリーニングでリファー(要再検)の新生児には、保険適用で新生児尿CMV核酸検査を生後3週以内にその分娩施設で行う。(5)トキソプラズマIgM陽性妊婦からの出生児は、症状や所見がなくても生後12ヵ月までフォローアップし、血液検査を行う。(6)出生前羊水でトキソプラズマDNA陰性であっても、分娩時羊水や新生児血液でDNA陽性となって先天性感染と診断されることがある。(著者抄録)

    (株)東京医学社, 2020年01月, 小児内科, 52 (1), 23 - 29, 日本語

  • 血栓性素因と妊娠

    出口 雅士

    妊娠は凝固系を含む母体の恒常性に劇的な変化をもたらす。多くの凝固因子が増加する一方、プロテインS(PS)は妊娠8〜13週には既に低下し、その低値は妊娠末期まで継続し過凝固となる。抗リン脂質抗体(aPL)が不育症の原因とされたのち、他の血栓性素因と不育症の関連も検討されたが、原因とするまでの根拠がなく「リスク因子」と考えられている。1)抗リン脂質抗体症候群は妊娠高血圧症候群、胎児発育不全等の原因となる。aPLによる産科異常は血栓だけでなく、胎盤絨毛傷害が関与する。妊娠前からの低用量アスピリン(LDA)と妊娠後のヘパリン(Hep)が妊娠予後を改善するが、さらなる妊娠予後改善のため、プレドニゾロンや免疫グロブリン、最近ではヒドロキシクロロキンの投与が試みられている。2)PS低下は不育症や産科異常の「リスク因子」とされる。我々の妊娠コホートの中間解析では、妊娠初期PS低値と産科異常の関連は認めなかったが、過去の死産歴と関係した。治療はaPL陰性の場合、LDA単独で十分かもしれない。3)凝固第XII因子低下と不育症の関連では、第XII因子やPSのEGF like domainに対する抗体が注目されている。自己抗体によるEGF系抑制による胎盤形成障害が不育症に関連しているのかもしれない。凝固カスケードは止血以外にも、炎症や細胞増殖など多くの作用がある。産婦人科には凝固が関わる生理現象が多くあり、その機能調節と凝固の関連についての研究が今後進んでいくことを期待したい。(著者抄録)

    (一社)日本検査血液学会, 2019年11月, 日本検査血液学会雑誌, 20 (3), 455 - 463, 日本語

  • HIV母子感染予防のcART 「HIV母子感染予防対策マニュアル(第8版)」および「HIV感染妊娠に関する診療ガイドライン(初版)より

    白野 倫徳, 山田 里佳, 谷口 晴記, 塚原 優己, 井上 孝実, 出口 雅士, 中西 豊, 鳥谷部 邦明, 大里 和広, 千田 時弘, 杉野 祐子, 羽柴 知恵子, 渡邊 英恵, 杉浦 敦, 吉野 直人, 定月 みゆき, 田中 瑞恵, 桃原 祥人, 喜多 恒和

    (一社)日本エイズ学会, 2019年11月, 日本エイズ学会誌, 21 (4), 455 - 455, 日本語

  • 当院における子宮頸癌に対するベバシズマブの使用経験

    長又 哲史, 清水 真帆, 高橋 良輔, 松本 培世, 村田 友香, 鈴木 嘉穂, 出口 雅士, 寺井 義人

    「産婦人科の進歩」編集室, 2019年10月, 産婦人科の進歩, 71 (4), 419 - 419, 日本語

  • HIV感染予防の最近の話題-PrEP、U=Uなどの話題とともに- HIV母子感染予防マニュアルについて 挙児希望HIV感染者の感染予防の紹介

    山田 里佳, 谷口 晴記, 塚原 優己, 井上 孝実, 白野 倫徳, 出口 雅士, 中西 豊, 鳥谷部 邦明, 大里 和広, 千田 時弘, 杉野 祐子, 羽柴 知恵子, 渡邊 英恵, 定月 みゆき, 田中 瑞恵, 喜多 恒和

    (一社)日本性感染症学会, 2019年10月, 日本性感染症学会誌, 30 (2), 212 - 212, 日本語

  • 当院における子宮頸癌に対するベバシズマブの使用経験

    長又 哲史, 清水 真帆, 高橋 良輔, 松本 培世, 村田 友香, 鈴木 嘉穂, 出口 雅士, 寺井 義人

    「産婦人科の進歩」編集室, 2019年10月, 産婦人科の進歩, 71 (4), 419 - 419, 日本語

  • 妊娠と自己免疫疾患の管理 ITPの免疫グロブリン大量療法を含めて

    出口 雅士

    日本女性栄養・代謝学会, 2019年09月, 日本女性栄養・代謝学会学術集会プログラム・抄録集, 43回, 44 - 44, 日本語

  • 全身性エリテマトーデス合併妊娠における産科異常のリスク因子

    白川 得朗, 窪田 詩乃, 出口 雅士, 谷村 憲司, 森實 真由美, 山田 秀人

    日本女性栄養・代謝学会, 2019年09月, 日本女性栄養・代謝学会学術集会プログラム・抄録集, 43回, 61 - 61, 日本語

  • 子宮頸部上皮内新生物(CIN)合併妊娠における保存的管理に関する検討

    木原 智子, 蝦名 康彦, 今福 仁美, 長又 哲史, 上中 美月, 鈴木 嘉穂, 出口 雅士, 山田 秀人

    日本女性栄養・代謝学会, 2019年09月, 日本女性栄養・代謝学会学術集会プログラム・抄録集, 43回, 64 - 64, 日本語

  • Prognostic nutritional index(PNI)と卵巣癌患者の予後に関する検討

    松本 培世, 蝦名 康彦, 長又 哲史, 高橋 良輔, 清水 真帆, 安積 麻帆, 鈴木 嘉穂, 出口 雅士, 山田 秀人

    日本女性栄養・代謝学会, 2019年09月, 日本女性栄養・代謝学会学術集会プログラム・抄録集, 43回, 65 - 65, 日本語

  • 谷村 憲司, 齋藤 滋, 中塚 幹也, 藤井 知行, 出口 雅士, 山田 秀人

    (公社)日本母性衛生学会, 2019年09月, 母性衛生, 60 (3), 162 - 162, 日本語

  • 症候性先天性サイトメガロウイルス感染症に対する胎児治療と新生児治療の有効性

    谷村 憲司, 内田 明子, 今福 仁美, 森實 真由美, 出口 雅士, 藤岡 一路, 森岡 一朗, 峰松 俊夫, 山田 秀人

    (一社)日本産婦人科感染症学会, 2019年09月, 日本産婦人科感染症学会誌, 3 (1), 87 - 87, 日本語

  • トキソプラズマ抗体妊婦スクリーニングに関する前向きコホート研究

    内田 明子, 谷村 憲司, 西川 鑑, 清水 亜由美, 施 裕徳, 田中 恵里加, 森實 真由美, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 森岡 一朗, 山田 秀人

    (一社)日本産婦人科感染症学会, 2019年09月, 日本産婦人科感染症学会誌, 3 (1), 88 - 88, 日本語

  • HBV妊婦スクリーニングと母子感染予防の前向き研究

    笹川 勇樹, 谷村 憲司, 山名 哲司, 森實 真由美, 出口 雅士, 森岡 一朗, 山田 秀人

    (一社)日本産婦人科感染症学会, 2019年09月, 日本産婦人科感染症学会誌, 3 (1), 91 - 91, 日本語

  • Autoantibody against beta2-glycoprotein I/HLA class II complex as a risk factor for recurrent pregnancy loss

    Kenji Tanimura, Shigeru Saito, Mikiya Nakatsuka, Takeshi Nagamatsu, Tomoyuki Fujii, Yuki Sasagawa, Masashi Deguchi, Noriko Arase, Hisashi Arase, Hideto Yamada

    SAGE PUBLICATIONS LTD, 2019年09月, LUPUS, 28, 54 - 54, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • 長又 哲史, 安積 麻帆, 清水 真帆, 高橋 良輔, 松本 培世, 鈴木 嘉穂, 出口 雅士, 寺井 義人

    (一社)日本産科婦人科内視鏡学会, 2019年08月, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, 35 (Suppl.I), 281 - 281, 日本語

  • 血栓性素因と妊娠

    出口 雅士

    (一社)日本検査血液学会, 2019年06月, 日本検査血液学会雑誌, 20 (学術集会), S221 - S222, 日本語

  • 谷村 憲司, 齋藤 滋, 中塚 幹也, 永松 健, 藤井 知行, 笹川 勇樹, 出口 雅士, 福井 淳史, 山田 秀人

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2019年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 55 (2), 431 - 431, 日本語

  • 日本におけるHIV感染妊娠に関する診療ガイドライン初版とHIV母子感染予防対策マニュアル第7版の改訂

    鳥谷部 邦明, 谷口 晴記, 吉野 直人, 杉浦 敦, 定月 みゆき, 桃原 祥人, 出口 雅士, 大里 和広, 喜多 恒和, 厚生労働科学研究費補助金エイズ対策政策研究事業「HIV感染者の妊娠・出産・予後に関する疫学的・コホート的調査研究と情報の普及啓発法の開発ならびに診療体制の整備と均てん化に関する研究」班

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2019年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 55 (2), 528 - 528, 日本語

  • 白川 得朗, 森實 真由美, 谷村 憲司, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 山田 秀人

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2019年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 55 (2), 529 - 529, 日本語

  • 島岡 昌生, 出口 雅士, 前澤 陽子, 谷村 憲司, 森實 真由美, 蝦名 康彦, 山田 秀人

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2019年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 55 (2), 565 - 565, 日本語

  • 卵巣癌初回治療におけるdose-dense TC療法とTC+bevacizumab併用療法の比較

    鈴木 嘉穂, 中筋 由紀子, 安積 麻帆, 高橋 良輔, 長又 哲史, 松本 培世, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 寺井 義人

    (公社)日本婦人科腫瘍学会, 2019年06月, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 37 (3), 451 - 451, 日本語

  • 卵巣癌・腹膜癌の術前化学療法時の診断において、腹腔鏡下生検と体腔液Cell block法の比較検討

    高橋 良輔, 鈴木 嘉穂, 中筋 由紀子, 安積 麻帆, 長又 哲史, 松本 培世, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 寺井 義人

    (公社)日本婦人科腫瘍学会, 2019年06月, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 37 (3), 457 - 457, 日本語

  • 子宮頸がんに対する放射線治療後不全骨折発症のリスクについての検討

    松本 培世, 鈴木 嘉穂, 安積 麻帆, 中筋 由紀子, 清水 真帆, 高橋 良輔, 長又 哲史, 蝦名 康彦, 出口 雅士, 寺井 義人

    (公社)日本婦人科腫瘍学会, 2019年06月, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 37 (3), 476 - 476, 日本語

  • トラベクテジンの長期投与が可能であった平滑筋肉腫の二例

    長又 哲史, 蝦名 康彦, 安積 麻帆, 高橋 良輔, 松本 培世, 鈴木 嘉穂, 出口 雅士, 寺井 義人

    (公社)日本婦人科腫瘍学会, 2019年06月, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 37 (3), 525 - 525, 日本語

  • 妊孕性温存手術を施行したI期の卵巣上皮性境界悪性腫瘍の予後に関する検討

    安積 麻帆, 鈴木 嘉穂, 中筋 由紀子, 高橋 良輔, 松本 培世, 長又 哲史, 出口 雅士, 寺井 義人, 山田 秀人

    (公社)日本婦人科腫瘍学会, 2019年06月, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 37 (3), 530 - 530, 日本語

  • 胎児甲状腺腫を来たしたT3優位型バセドウ病合併妊娠の2例

    鷲尾 佳一, 上中 美月, 白川 得朗, 谷村 憲司, 森實 真由美, 出口 雅士, 山田 秀人

    日本女性栄養・代謝学会, 2019年06月, 日本女性栄養・代謝学会誌, 25, 59 - 60, 日本語

  • メトホルミンが著効したインスリン抵抗症合併妊娠の1例

    上中 美月, 鷲尾 佳一, 出口 雅士, 谷村 憲司, 森實 真由美, 山田 秀人

    日本女性栄養・代謝学会, 2019年06月, 日本女性栄養・代謝学会誌, 25, 67 - 68, 日本語

  • 卵巣癌初回治療におけるdose-dense TC療法とTC+bevacizumab併用療法の比較

    鈴木 嘉穂, 中筋 由紀子, 安積 麻帆, 高橋 良輔, 長又 哲史, 松本 培世, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 寺井 義人

    (公社)日本婦人科腫瘍学会, 2019年06月, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 37 (3), 451 - 451, 日本語

  • 卵巣癌・腹膜癌の術前化学療法時の診断において、腹腔鏡下生検と体腔液Cell block法の比較検討

    高橋 良輔, 鈴木 嘉穂, 中筋 由紀子, 安積 麻帆, 長又 哲史, 松本 培世, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 寺井 義人

    (公社)日本婦人科腫瘍学会, 2019年06月, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 37 (3), 457 - 457, 日本語

  • 子宮頸がんに対する放射線治療後不全骨折発症のリスクについての検討

    松本 培世, 鈴木 嘉穂, 安積 麻帆, 中筋 由紀子, 清水 真帆, 高橋 良輔, 長又 哲史, 蝦名 康彦, 出口 雅士, 寺井 義人

    (公社)日本婦人科腫瘍学会, 2019年06月, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 37 (3), 476 - 476, 日本語

  • トラベクテジンの長期投与が可能であった平滑筋肉腫の二例

    長又 哲史, 蝦名 康彦, 安積 麻帆, 高橋 良輔, 松本 培世, 鈴木 嘉穂, 出口 雅士, 寺井 義人

    (公社)日本婦人科腫瘍学会, 2019年06月, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 37 (3), 525 - 525, 日本語

  • 妊孕性温存手術を施行したI期の卵巣上皮性境界悪性腫瘍の予後に関する検討

    安積 麻帆, 鈴木 嘉穂, 中筋 由紀子, 高橋 良輔, 松本 培世, 長又 哲史, 出口 雅士, 寺井 義人, 山田 秀人

    (公社)日本婦人科腫瘍学会, 2019年06月, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 37 (3), 530 - 530, 日本語

  • 妊娠中に維持透析療法を要した慢性腎不全合併妊娠3症例

    黒島 瑞穂, 谷村 憲司, 森實 真由美, 出口 雅士, 山田 秀人

    妊娠中に維持透析療法を要した慢性腎不全(CRF)合併妊娠3症例の臨床経過を調べ、周産期管理の問題点を検討した。症例1(43歳、G3P2)は腎血管性高血圧によるCRF患者で、妊娠26週に透析導入したが、高血圧が持続するため、Dry Weight(DW)を漸減したところ、羊水過少傾向を示し、胎児発育不全(FGR)となった。症例2(40歳、G1P0)は、IgA腎症によるCRFにて38歳時に透析導入となり、妊娠中期からDWを漸増したところ、羊水過多症を合併した。症例3(37歳、G1P0)は、膀胱尿管逆流症によるCRFにて18歳時に透析導入となり、血圧コントロールの目的でDWを漸減したところ、羊水過少傾向となったが、重篤なFGRは認めなかった。3例とも早産で、2例が極低出生体重児であった。維持透析を要する妊婦の管理には産科、新生児科、腎臓内科の綿密な連携が必須であることが示唆された。

    「産婦人科の進歩」編集室, 2019年05月, 産婦人科の進歩, 71 (2), 103 - 108, 日本語

  • 「HIV母子感染マニュアル第8版」改訂内容について

    山田 里佳, 谷口 晴記, 塚原 優己, 井上 孝実, 白野 倫徳, 出口 雅士, 中西 豊, 鳥谷部 邦明, 大里 和広, 千田 時弘, 杉野 祐子, 羽柴 知恵子, 渡邊 英恵, 杉浦 敦, 吉野 直人, 定月 みゆき, 田中 瑞恵, 桃原 祥人, 喜多 恒和, 厚生労働科学研究費補助金エイズ対策政策研究事業「HIV感染者の妊娠・出産・予後に関する疫学的・コホート的調査研究と情報の普及啓発法の開発ならびに診療体制の整備と均てん化に関する研究」班

    (一社)日本産婦人科感染症学会, 2019年05月, 日本産婦人科感染症学会学術講演会プログラム・抄録集, 36回, 42 - 42, 日本語

  • 黒島 瑞穂, 谷村 憲司, 森實 真由美, 出口 雅士, 山田 秀人

    妊娠中に維持透析療法を要した慢性腎不全(CRF)合併妊娠3症例の臨床経過を調べ、周産期管理の問題点を検討した。症例1(43歳、G3P2)は腎血管性高血圧によるCRF患者で、妊娠26週に透析導入したが、高血圧が持続するため、Dry Weight(DW)を漸減したところ、羊水過少傾向を示し、胎児発育不全(FGR)となった。症例2(40歳、G1P0)は、IgA腎症によるCRFにて38歳時に透析導入となり、妊娠中期からDWを漸増したところ、羊水過多症を合併した。症例3(37歳、G1P0)は、膀胱尿管逆流症によるCRFにて18歳時に透析導入となり、血圧コントロールの目的でDWを漸減したところ、羊水過少傾向となったが、重篤なFGRは認めなかった。3例とも早産で、2例が極低出生体重児であった。維持透析を要する妊婦の管理には産科、新生児科、腎臓内科の綿密な連携が必須であることが示唆された。

    「産婦人科の進歩」編集室, 2019年05月, 産婦人科の進歩, 71 (2), 103 - 108, 日本語

  • 中筋 由紀子, 鈴木 嘉穂, 長又 哲史, 安積 麻帆, 高橋 良輔, 松本 培世, 蝦名 康彦, 出口 雅士, 寺井 義人, 山田 秀人

    「産婦人科の進歩」編集室, 2019年05月, 産婦人科の進歩, 71 (2), 230 - 230, 日本語

  • 当院で経験した腹膜原発癌肉腫の2例

    中筋 由紀子, 鈴木 嘉穂, 長又 哲史, 安積 麻帆, 高橋 良輔, 松本 培世, 蝦名 康彦, 出口 雅士, 寺井 義人, 山田 秀人

    「産婦人科の進歩」編集室, 2019年05月, 産婦人科の進歩, 71 (2), 230 - 230, 日本語

  • 正常胎児と全奇胎の双胎(complete hydatidiform mole coexistent with a fetus)の3症例

    吉澤 ひかり, 蝦名 康彦, 今福 仁美, 鈴木 嘉穂, 若橋 宣, 宮原 義也, 出口 雅士, 山田 秀人

    過去10年間に当科で経験した正常胎児と全奇胎の双胎(CHMCF)3例について報告した。CHMCFの診断週数は12〜14週で、2例は排卵誘発による妊娠であった。母体合併症は妊娠悪阻が1例、性器出血が3例であった。診断後、妊娠継続に関するリスクについて十分な説明を行ったところ、2例は妊娠中絶を希望したが、残りの1例は希望により妊娠継続をしていた。だが、臨床的侵入奇胎のため妊娠21週1日目で人工妊娠中絶となった。3例中2例では続発性疾患(奇胎後hCG存続症1例、臨床的侵入奇胎1例)を認め、化学療法にて寛解が得られた。

    「産婦人科の進歩」編集室, 2019年02月, 産婦人科の進歩, 71 (1), 9 - 16, 日本語

  • 不育症の診断と治療

    出口 雅士

    (公社)日本産科婦人科学会, 2019年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 71 (臨増), S - 40, 日本語

  • 日本におけるHIV感染妊娠に関する診療ガイドライン初版とHIV母子感染予防対策マニュアル第7版の改訂について

    山田 里佳, 喜多 恒和, 谷口 晴記, 塚原 優己, 井上 孝実, 千田 時弘, 大里 和広, 中西 豊, 定月 みゆき, 鳥谷部 邦明, 杉浦 敦, 桃原 祥人, 出口 雅士, HIV感染者の妊娠・出産・予後に関する疫学的・コホート的調査研究と情報の普及啓発法の開発ならびに診療体制の整備と均てん化に関する研究

    (公社)日本産科婦人科学会, 2019年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 71 (臨増), S - 453, 日本語

  • 妊娠初期のプロテインS低値と産科異常との関連

    出口 雅士, 谷村 憲司, 蝦名 康彦, 山田 秀人

    日本生殖免疫学会, 2018年11月, Reproductive Immunology and Biology, 33 (1-2), 110 - 110, 日本語

  • HIV感染妊娠に関する診療ガイドライン初版とHIV母子感染予防対策マニュアル第7版の比較

    山田 里佳, 喜多 恒和, 吉野 直人, 杉浦 敦, 田中 瑞恵, 定月 みゆき, 桃原 祥人, 谷口 晴記, 塚原 優己, 井上 孝美, 千田 時弘, 大里 和広, 中西 豊, 白野 倫徳, 鳥谷部 邦明, 杉野 祐子, 羽柴 知恵子, 出口 雅士, 厚労科研エイズ対策政策研究事業HIV感染者の妊娠、出産、予後に関する疫学的、コホート的調査研究と情報の普及啓発法の開発ならびに診療体制の整備と均てん化に関する研究班

    (一社)日本エイズ学会, 2018年11月, 日本エイズ学会誌, 20 (4), 467 - 467, 日本語

  • Kenji Tanimura, Shigeru Saito, Mikiya Nakatsuka, Takeshi Nagamatsu, Tomoyuki Fujii, Yuki Sasagawa, Masashi Deguchi, Yasuhiko Ebina, Noriko Arase, Hisashi Arase, Hideto Yamada

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2018年11月, JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY, 130, 32 - 32, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • 不育症リスク因子としてのネオ・セルフ抗体

    谷村 憲司, 齋藤 滋, 中塚 幹也, 永松 健, 藤井 知行, 笹川 勇樹, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 荒瀬 規子, 荒瀬 尚, 山田 秀人

    日本生殖免疫学会, 2018年11月, Reproductive Immunology and Biology, 33 (1-2), 93 - 93, 日本語

  • 出口 雅士, 山田 秀人

    (公社)日本母性衛生学会, 2018年09月, 母性衛生, 59 (3), 49 - 49, 日本語

  • 木原 智子, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 上中 美月, 鈴木 嘉穂, 宮原 義也, 山田 秀人

    (公社)日本母性衛生学会, 2018年09月, 母性衛生, 59 (3), 238 - 238, 日本語

  • 宮地 真帆, 出口 雅士, 今福 仁美, 谷村 憲司, 森實 真由美, 蝦名 康彦, 山田 秀人

    (公社)日本母性衛生学会, 2018年09月, 母性衛生, 59 (3), 293 - 293, 日本語

  • 今福 仁美, 森實 真由美, 谷村 憲司, 出口 雅士, 山田 秀人

    (公社)日本母性衛生学会, 2018年09月, 母性衛生, 59 (3), 311 - 311, 日本語

  • 不育症のトピックス 不育症とネオ・セルフ

    谷村 憲司, 笹川 勇樹, 今福 仁美, 森實 真由美, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 荒瀬 規子, 荒瀬 尚, 齋藤 滋, 山田 秀人

    (一社)日本生殖医学会, 2018年08月, 日本生殖医学会雑誌, 63 (3), 230 - 230, 日本語

  • 吉澤 ひかり, 谷村 憲司, 内山 美穂子, 白國 あかり, 森實 真由美, 出口 雅士, 藤岡 一路, 森岡 一朗, 山田 秀人

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2018年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 54 (2), 548 - 548, 日本語

  • 黒島 瑞穂, 谷村 憲司, 笹川 勇樹, 白川 得朗, 今福 仁美, 森實 真由美, 出口 雅士, 山田 秀人

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2018年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 54 (2), 615 - 615, 日本語

  • 笹川 勇樹, 谷村 憲司, 山名 哲司, 森實 真由美, 出口 雅士, 森岡 一朗, 山田 秀人

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2018年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 54 (2), 636 - 636, 日本語

  • 上中 美月, 森實 真由美, 谷村 憲司, 出口 雅士, 森岡 一朗, 山田 秀人

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2018年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 54 (2), 638 - 638, 日本語

  • 谷村 憲司, 内田 明子, 今福 仁美, 森實 真由美, 出口 雅士, 藤岡 一路, 森岡 一朗, 峰松 俊夫, 山田 秀人

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2018年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 54 (2), 638 - 638, 日本語

  • 内田 明子, 谷村 憲司, 西川 鑑, 里吉 雅恵, 清水 亜由美, 施 裕徳, 田中 恵里加, 森實 真由美, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 森岡 一朗, 山田 秀人

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2018年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 54 (2), 689 - 689, 日本語

  • 白川 得朗, 出口 雅士, 宮地 真帆, 森實 真由美, 谷村 憲司, 蝦名 康彦, 山田 秀人

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2018年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 54 (2), 710 - 710, 日本語

  • HBV妊婦スクリーニングと母子感染予防の前向き研究

    笹川 勇樹, 谷村 憲司, 山名 哲司, 森實 真由美, 出口 雅士, 森岡 一朗, 山田 秀人

    (一社)日本産婦人科感染症学会, 2018年05月, 日本産婦人科感染症学会学術講演会プログラム・抄録集, 35回, 54 - 54, 日本語

  • サイトメガロウイルス母子感染の対策

    山田秀人, 森岡一朗, 出口雅士, 谷村憲司, 平久進也, 森實真由美, 蝦名康彦, 峰松俊夫

    (一社)日本産婦人科感染症学会, 2018年, 日本産婦人科感染症学会誌, 2 (1), 2 - 12, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Maho Miyaji, Masashi Deguchi, Yoko Maesawa, Kenji Tanimura, Mayumi Morizane, Hideto Yamada

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2017年11月, JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY, 124, 76 - 76, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • Shigeki Shimada, Yasuhiko Ebina, Masashi Deguchi, Hideto Yamada

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2017年11月, JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY, 124, 81 - 82, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • Ichiro Morioka, Shohei Ohyama, Sachiyo Fukushima, Kosuke Nishida, Keiji Yamana, Kazumichi Fujioka, Kazumoto Iijima, Mayumi Morizane, Kenji Tanimura, Masashi Deguchi, Hideto Yamada

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2017年11月, JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY, 124, 80 - 81, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • Ichiro Morioka, Sachiyo Fukushima, Shohei Ohyama, Kosuke Nishida, Keiji Yamana, Kazumichi Fujioka, Kazumoto Iijima, Mayumi Morizane, Kenji Tanimura, Masashi Deguchi, Hideto Yamada

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2017年11月, JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY, 124, 80 - 80, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • Yutoku Shi, Masashi Deguchi, Kenji Tanimura, Akiko Uchida, Erika Tanaka, Ryosuke Takahashi, Maho Miyaji, Mayumi Morizane, Yasuhiko Ebina, Ichro Morioka, Ayumi Shimizu, Akira Nishikawa, Hideto Yamada

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2017年11月, JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY, 124, 81 - 81, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • 抗リン脂質抗体症候群合併妊娠において産科異常と関連する因子

    出口 雅士, 杉浦 真弓, 森川 守, 藤田 太輔, 三木 明徳, 牧野 真太郎, 山田 秀人, 村島 温子

    日本妊娠高血圧学会, 2017年09月, 日本妊娠高血圧学会雑誌, 24, 76 - 76, 日本語

  • 胎児を守るためのウイルス感染対策 (特集 感染対策の視点で考える乳幼児のウイルス感染症)

    出口 雅士, 森實 真由美, 蝦名 康彦, 山田 秀人

    診断と治療社, 2017年05月, チャイルドヘルス, 20 (5), 346 - 351, 日本語

  • 胎児腹水を呈した症候性先天性サイトメガロウイルス感染症3例の出生後の臨床経過

    西田浩輔, 森岡一朗, 出口雅士, 谷村憲司, 平久進也, 蝦名康彦, 山田秀人

    (公社)日本産科婦人科学会, 2017年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 69 (2号), 1024 - 1024, 日本語

    会議報告等

  • サイトメガロウイルス (特集 周産期のウイルス感染症) -- (妊娠・分娩・産褥時の対応)

    山田 秀人, 谷村 憲司, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 森岡 一朗, 峰松 俊夫

    東京医学社, 2017年02月, 周産期医学, 47 (2), 213 - 218, 日本語

  • Masashi Deguchi, Nanae Shinozaki, Yasuhiko Ebina, Hideto Yamada

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2016年11月, JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY, 118, 143 - 143, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • Yasuhiko Ebina, Yukari Nishino, Masashi Deguchi, Yoko Maesawa, Yuki Nakajima, Hideto Yamada

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2016年11月, JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY, 118, 132 - 132, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • Satoko Morikami, Kenji Tanimura, Masashi Deguchi, Yasuhiko Ebina, Noriko Arase, Koyuki Hirayasu, Tadahiro Suenaga, Masako Kohyama, Tatsuya Atsumi, Hideto Yamada, Hisashi Arase

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2016年11月, JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY, 118, 117 - 117, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • Shinya Tairaku, Kenji Tanimura, Ichiro Morioka, Kana Ozaki, Satoshi Nagamata, Mayumi Morizane, Masashi Deguchi, Yasuhiko Ebina, Toshio Minematsu, Hideto Yamada

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2016年11月, JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY, 118, 119 - 119, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • Kenji Tanimura, Masashi Deguchi, Yasuhiko Ebina, Hisashi Arase, Hideto Yamada

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2016年11月, JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY, 118, 145 - 146, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • Yoko Maesawa, Masashi Deguchi, Shinya Tairaku, Mayumi Morizane, Kenji Tanimura, Yasuhiko Ebina, Hideto Yamada

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2016年11月, JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY, 118, 116 - 116, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • Masashi Deguchi, Yoko Maesawa, Kana Ozaki, Kenji Tanimura, Mayumi Morizane, Yasuhiko Ebina, Hideto Yamada

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2016年11月, JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY, 118, 131 - 132, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • Saki Sato, Mayumi Morizane, Daisuke Ueda, Yoko Maesawa, Shinya Tairaku, Kenji Tanimura, Masashi Deguchi, Yasuhiko Ebina, Hideto Yamada

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2016年11月, JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY, 118, 120 - 120, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • Mayumi Morizane, Kana Ozaki, Yoko Maesawa, Shinya Tairaku, Kenji Tanimura, Masashi Deguchi, Yasuhiko Ebina, Hideto Yamada

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2016年11月, JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY, 118, 113 - 113, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • 抗リン脂質抗体症候群における抗Prothrombin/HLA-DR抗体

    森上 聡子, 谷村 憲司, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 荒瀬 規子, 平安 恒幸, 末永 忠広, 香山 雅子, 渥美 達也, 山田 秀人, 荒瀬 尚

    日本生殖免疫学会, 2016年11月, Reproductive Immunology and Biology, 31 (1-2), 110 - 110, 日本語

  • A NOVEL AUTOANTIBODY IS ASSOCIATED WITH RECURRENT MISCARRIAGE

    Kenji Tanimura, Masashi Deguchi, Mayumi Morizane, Yasuhiko Ebina, Hisashi Arase, Hideto Yamada

    W B SAUNDERS CO LTD, 2016年10月, PLACENTA, 46, 108 - 108, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • VASA PREVIA PRENATALLY DIAGNOSED BY ULTRASOUND SCANNING AND MAGNETIC RESONANCE IMAGING; REPORT OF 3 CASES

    Erika Tanaka, Mayumi Morizane, Mihoko Uchiyama, Masashi Deguchi, Utaru Tanaka, Tetsuo Maeda, Hideto Yamada

    W B SAUNDERS CO LTD, 2016年10月, PLACENTA, 46, 109 - 109, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • PREDICTION OF ADHERENT PLACENTA WITH PLACENTA PREVIA USING A NOVEL SCORING SYSTEM

    Ryosuke Takahashi, Kenji Tanimura, Masashi Deguchi, Mayumi Morizane, Hideto Yamada

    W B SAUNDERS CO LTD, 2016年10月, PLACENTA, 46, 108 - 108, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • 新生児同種免疫性血小板減少症の3例

    内山 美穂子, 出口 雅士, 平久 進也, 森本 規之, 森實 真由美, 谷村 憲司, 香田 翼, 森岡 一朗, 山田 秀人

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2016年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 52 (2), 678 - 678, 日本語

  • 抗リン脂質抗体症候群合併妊娠 診療ガイドライン

    村島温子, 渥美達也, 井上永介, 大田えりか, 奥健志, 小澤伸晃, 金子佳代子, 後藤美賀子, 齋藤滋, 杉浦真弓, 関口将軌, 高橋尚人, 出口雅士, 中山雅弘, 野澤和久, 平井千裕, 藤田太輔, 松岡健太郎, 松木祐子, MariaOlgaAmengualPriego, 三木明徳, 光田信明, 森臨太郎, 山田秀人, 山本亮, 横山健次, 和田芳直

    2016年, 抗リン脂質抗体症候群合併妊娠 診療ガイドライン, 20 - 31, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • Masashi Deguchi

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2015年11月, JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY, 112, 143 - 143, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • Nanae Shinozaki, Yasuhiko Ebina, Masashi Deguchi, Kenji Tanimura, Mayumi Morizane, Hideto Yamada

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2015年11月, JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY, 112, 137 - 137, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • Yasuhiko Ebina, Masashi Deguchi, Kenji Tanimura, Hideto Yamada

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2015年11月, JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY, 112, 135 - 135, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • 抗リン脂質抗体症候群女性の妊娠中の管理状況に関する多施設症例調査

    出口 雅士, 山田 秀人, 藤田 太輔, 杉浦 真弓, 森川 守, 三木 明徳, 牧野 真太郎, 村島 温子

    日本生殖免疫学会, 2015年11月, Reproductive Immunology and Biology, 30 (1-2), 110 - 110, 日本語

  • PREDICTION OF ADHERENT PLACENTA IN PATIENTS WITH PLACENTA PREVIA USING ULTRASONOGRAPHY AND MAGNETIC RESONANCE IMAGING

    Kenji Tanimura, Yui Yamasaki, Yoshiko Ueno, Tetsuo Maeda, Yasuhiko Ebina, Masashi Deguchi, Mayumi Morizane, Hideto Yamada

    W B SAUNDERS CO LTD, 2015年10月, PLACENTA, 36 (10), A5 - A6, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • 抗リン脂質抗体症候群女性の妊娠中の管理状況に関する多施設症例調査

    出口 雅士, 藤田 太輔, 三木 明徳, 牧野 真太郎, 山田 秀人, 村島 温子

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2015年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 51 (2), 925 - 925, 日本語

  • 新生児尿スクリーニングと抗ウイルス薬治療導入後の症候性先天性サイトメガロウイルス感染児の後遺症発生率

    西田 浩輔, 森岡 一朗, 香田 翼, 長坂 美和子, 岩谷 壮太, 出口 雅士, 谷村 憲司, 平久 進也, 船越 徹, 大橋 正伸, 飯島 一誠, 山田 秀人

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2015年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 51 (2), 663 - 663, 日本語

  • 新生児尿スクリーニングと抗ウイルス薬治療導入後の症候性先天性サイトメガロウイルス感染児の後遺症発生率

    森岡 一朗, 西田 浩輔, 香田 翼, 岩谷 壮太, 出口 雅士, 谷村 憲司, 平久 進也, 蝦名 康彦, 船越 徹, 大橋 正伸, 飯島 一誠, 山田 秀人

    (一社)日本産婦人科感染症学会, 2015年05月, 日本産婦人科感染症学会学術講演会プログラム・抄録集, 32回, 37 - 37, 日本語

  • 症候性先天性サイトメガロウイルス感染児の聴性脳幹反応に対する抗ウイルス薬治療の効果と問題点

    森岡 一朗, 西田 浩輔, 香田 翼, 岩谷 壮太, 出口 雅士, 谷村 憲司, 平久 進也, 蝦名 康彦, 飯島 一誠, 山田 秀人

    (一社)日本産婦人科感染症学会, 2015年05月, 日本産婦人科感染症学会学術講演会プログラム・抄録集, 32回, 38 - 38, 日本語

  • 周産期の炎症・感染への挑戦 先天性サイトメガロウイルス感染の効果的な周産期管理法の確立を目指して

    森岡 一朗, 平久 進也, 蝦名 康彦, 谷村 憲司, 出口 雅士, 園山 綾子, 峰松 俊夫, 井上 直樹, 飯島 一誠, 山田 秀人

    2015年01月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 50 (別冊), 22 - 23, 日本語

    会議報告等

  • P3-43-7 中期流死産歴を有する抗リン脂質抗体症候群合併妊娠に対する治療効果(Group145 合併症妊娠8,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第67回学術講演会)

    山野 由美香, 出口 雅士, 谷村 憲司, 山崎 友維, 篠崎 奈々絵, 前澤 陽子, 蝦名 康彦, 山田 秀人

    日本産科婦人科学会, 2015年, 日本産科婦人科學會雜誌, 67 (2), 933 - 933, 日本語

  • P2-30-3 血漿プロテインS低値の女性に対する遺伝子診断と妊娠時の治療法選択(Group 71 不育症 臨床,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第67回学術講演会)

    篠崎 奈々絵, 出口 雅士, 上中 美月, 山崎 友維, 平久 進也, 森實 真由美, 谷村 憲司, 蝦名 康彦, 森田 宏紀, 山田 秀人

    日本産科婦人科学会, 2015年, 日本産科婦人科學會雜誌, 67 (2), 725 - 725, 日本語

  • P2-30-8 不育症患者における生化学的妊娠既往と妊娠予後(Group 71 不育症 臨床,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第67回学術講演会)

    前澤 陽子, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 山田 秀人

    日本産科婦人科学会, 2015年, 日本産科婦人科學會雜誌, 67 (2), 727 - 727, 日本語

  • P2-58-3 18番染色体短腕欠損が原因と考えられた全前脳胞症の1症例(Group 99 胎児異常1,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第67回学術講演会)

    山崎 友維, 上中 美月, 平久 進也, 篠崎 奈々絵, 森實 真由美, 谷村 憲司, 出口 雅士, 宮原 義也, 蝦名 康彦, 森田 宏紀, 山田 秀人

    日本産科婦人科学会, 2015年, 日本産科婦人科學會雜誌, 67 (2), 806 - 806, 日本語

  • P2-59-7 抗SS-A抗体陽性妊婦の胎児大動脈-上大静脈房室伝導時間スクリーニングと先天性完全房室ブロックの発症予防(Group 100 胎児異常2,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第67回学術講演会)

    荒井 貴子, 平久 進也, 谷村 憲司, 金子 めぐみ, 篠崎 奈々絵, 出口 雅士, 森岡 一朗, 山田 秀人

    日本産科婦人科学会, 2015年, 日本産科婦人科學會雜誌, 67 (2), 811 - 811, 日本語

  • P3-54-8 切迫早産入院管理の結果,妊娠29週未満で早産となった児の予後解析(Group 156 早産6,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第67回学術講演会)

    宇治田 直也, 谷村 憲司, 平久 進也, 篠崎 奈々絵, 出口 雅士, 森岡 一朗, 山田 秀人

    日本産科婦人科学会, 2015年, 日本産科婦人科學會雜誌, 67 (2), 967 - 967, 日本語

  • P1-27-5 免疫グロブリンを用いたサイトメガロウイルス胎児感染予防と胎児治療(Group27 感染症1,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第67回学術講演会)

    上中 美月, 谷村 憲司, 金子 めぐみ, 鷲尾 佳一, 出口 可奈, 平久 進也, 篠崎 奈々絵, 森實 真由美, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 森岡 一朗, 山田 秀人

    日本産科婦人科学会, 2015年, 日本産科婦人科學會雜誌, 67 (2), 602 - 602, 日本語

  • P1-31-1 Marfan症候群合併妊娠の3例(Group31 合併症妊娠2,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第67回学術講演会)

    鷲尾 佳一, 上中 美月, 平久 進也, 篠崎 奈々絵, 谷村 憲司, 出口 雅士, 山田 秀人

    日本産科婦人科学会, 2015年, 日本産科婦人科學會雜誌, 67 (2), 613 - 613, 日本語

  • P1-36-8 巨大胎盤内血腫, Breus' moleの2例(Group36 胎盤2,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第67回学術講演会)

    金子 めぐみ, 出口 雅士, 山崎 友維, 篠崎 奈々絵, 西本 昌司, 上中 美月, 平久 進也, 谷村 憲司, 山田 秀人

    日本産科婦人科学会, 2015年, 日本産科婦人科學會雜誌, 67 (2), 631 - 631, 日本語

  • ISP-15-1 A rapid increase of serum IgG avidity index in women with congenital cytomegalovirus infection(Group 15 Perinatology 5,IS Poster,International Session) :

    Deguchi Masashi, Ebina Yasuhiko, Minematsu Toshio, Morioka Ichiro, Tairaku Shinya, Tanimura Kenji, Sonoyama Ayako, Nagamata Satoshi, Morizane Mayumi, Yamada Hideto

    日本産科婦人科学会, 2015年, 日本産科婦人科學會雜誌, 67 (2), 1042 - 1042, 英語

  • ISP-11-3 Low levels of plasma protein S, protein C, and coagulation factor XII during early pregnancy and adverse pregnancy outcome(Group 11 Perinatology 1,IS Poster,International Session) :

    Ebina Yasuhiko, Kobashi Gen, Deguchi Masashi, Minakami Hisanori, Yamada Hideto

    日本産科婦人科学会, 2015年, 日本産科婦人科學會雜誌, 67 (2), 1031 - 1031, 英語

  • NW-9-1 先天性トキソプラズマ感染の出生前予測に有用なトキソプラズマIgG avidity index cut-off値(ミニワークショップ9 周産期ウイルス感染,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第67回学術講演会)

    谷村 憲司, 西川 鑑, 平久 進也, 篠崎 奈々絵, 森實 真由美, 出口 雅士, 森岡 一朗, 山田 秀人

    日本産科婦人科学会, 2015年, 日本産科婦人科學會雜誌, 67 (2), 512 - 512, 日本語

  • NW-9-2 サイトメガロウイルスIgM陽性妊婦における先天性感染発生の予知因子(ミニワークショップ9 周産期ウイルス感染,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第67回学術講演会)

    平久 進也, 蝦名 康彦, 森岡 一朗, 荒井 貴子, 園山 綾子, 谷村 憲司, 出口 雅士, 峰松 俊夫, 山田 秀人

    日本産科婦人科学会, 2015年, 日本産科婦人科學會雜誌, 67 (2), 512 - 512, 日本語

  • N. Shinozaki, M. Deguchi, K. Tanimura, Y. Ebina, H. Yamada

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2014年12月, JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY, 106, 8 - 8, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • 免疫グロブリン投与によるサイトメガロウイルス母子感染予防の試み

    出口 可奈, 谷村 憲司, 平久 進也, 篠崎 奈々絵, 森實 真由美, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 森岡 一朗, 山田 秀人

    2014年10月, 産婦人科の進歩, 66 (4号), 485, 日本語

    会議報告等

  • 先天性トキソプラズマ感染症の出生前予測に有用なトキソプラズマIgG avidity index cut-off値

    谷村 憲司, 西川 鑑, 平久 進也, 篠崎 奈々絵, 森實 真由美, 出口 雅士, 山田 秀人

    2014年10月, 産婦人科の進歩, 66 (4号), 484, 日本語

    会議報告等

  • 症候性先天性サイトメガロウイルス感染に対する免疫グロブリンを用いた胎児治療

    上中 美月, 谷村 憲司, 鷲尾 佳一, 平久 進也, 篠崎 奈々絵, 森實 真由美, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 森岡 一朗, 山田 秀人

    2014年10月, 産婦人科の進歩, 66 (4号), 485, 日本語

    会議報告等

  • 受容体以後のシグナル伝達障害によるインスリン抵抗性を合併し、妊娠中もメトホルミン投与を要した一例

    鷲尾 佳一, 上中 美月, 篠崎 奈々絵, 森實 真由美, 谷村 憲司, 出口 雅士, 山田 秀人, 平田 悠, 西本 祐希, 廣田 勇士, 小川 渉

    2014年10月, 糖尿病と妊娠, 14 (2号), S - 88, 日本語

    会議報告等

  • 【妊娠と薬物治療ガイドブック】 妊婦の薬物療法の実際 合併症妊娠のリスクと薬剤選択時の留意点 産科感染症(TORCH症候群)

    出口 雅士, 山田 秀人

    2014年09月, 調剤と情報, 20 (11号), 1312 - 1320, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • バセドウ病合併妊娠における産科異常と新生児甲状腺機能異常発症の危険因子の検討

    上中 美月, 谷村 憲司, 平久 進也, 篠崎 奈々絵, 森實 真由美, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 森岡 一朗, 山田 秀人

    2014年09月, 日本内分泌学会雑誌, 90 (2号), 512, 日本語

    会議報告等

  • 胎盤トキソプラズマ感染を認めた2症例

    出口 雅士, 松岡 正造, 白川 得朗, 小嶋 伸恵, 平久 進也, 篠崎 奈々絵, 鈴木 嘉穂, 谷村 憲司, 森岡 一朗, 山田 秀人

    2014年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 50 (2号), 801, 日本語

    会議報告等

  • 子宮体癌根治術における廓清リンパ節および子宮筋層にリンパ脈管筋腫症細胞を認めた一例

    森田 宏紀, 山崎 友維, 白川 友香, 平久 進也, 鈴木 嘉穂, 今福 仁美, 生橋 義之, 出口 雅士, 宮原 義也, 新谷 潔, 蝦名 康彦, 川上 史, 山田 秀人

    (公社)日本婦人科腫瘍学会, 2014年06月, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 32 (3), 590 - 590, 日本語

    会議報告等

  • 近年日本における母子感染の実態

    平久 進也, 森岡 一朗, 蝦名 康彦, 園山 綾子, 谷村 憲司, 出口 雅士, 山田 秀人

    2014年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 50 (2号), 779, 日本語

    会議報告等

  • インスリン治療を要した妊娠糖尿病妊婦の臨床像

    小嶋 伸恵, 白川 得朗, 平久 進也, 篠崎 奈々絵, 谷村 憲司, 出口 雅士, 松岡 正造, 山田 秀人

    2014年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 50 (2号), 870, 日本語

    会議報告等

  • Polymerization of Actin Promotes Ovarian Follicle Growth Mediated By the Hippo Signaling Effector YAP

    Yuan Cheng, Kazuhiro Kawamura, Masashi Deguchi, Yorino Sato, Yi Feng, Aaron J. W. Hsueh

    ENDOCRINE SOC, 2014年06月, ENDOCRINE REVIEWS, 35 (3), 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • 妊娠に関連した高安病の6症例

    中島 由貴, 出口 雅士, 内田 明子, 市橋 さなえ, 出口 可奈, 西野 由香里, 西本 昌司, 白川 得朗, 小嶋 伸恵, 平久 進也, 鈴木 嘉穂, 篠崎 奈々絵, 松岡 正造, 山田 秀人

    2014年05月, 産婦人科の進歩, 66 (2号), 243, 日本語

    会議報告等

  • 習慣流産の検査と治療について

    出口 雅士

    2014年05月, 産婦人科の進歩, 66 (2号), 185 - 186, 日本語

    [招待有り]

    その他

  • 子宮下部から子宮前壁を走行する卵膜血管を認めた2例

    西野 由香里, 松岡 正造, 出口 雅士, 市橋 さなえ, 内田 明子, 中島 由貴, 西本 昌司, 白川 得朗, 小嶋 伸恵, 平久 進也, 鈴木 嘉穂, 篠崎 奈々絵, 山田 秀人

    2014年05月, 産婦人科の進歩, 66 (2号), 216, 日本語

    会議報告等

  • IgG avidityとPCR法を用いたサイトメガロウイルス妊婦スクリーニング

    笹川 勇樹, 蝦名 康彦, 長又 哲史, 園山 綾子, 伊勢 由香里, 森岡 一朗, 平久 進也, 谷村 憲司, 出口 雅士, 峰松 俊夫, 山田 秀人

    2014年05月, 産婦人科の進歩, 66 (2号), 250, 日本語

    会議報告等

  • 妊娠35週より急速に増大した胎児脳腫瘍の1例

    山崎 友維, 宮原 義也, 平久 進也, 篠崎 奈々絵, 出口 雅士, 森田 宏紀, 山田 秀人

    2014年03月, 超音波医学, 41 (2号), 265, 日本語

    会議報告等

  • 【一般小児科医のための新生児対応パーフェクトガイド】 母子感染が疑われる児への対応 サイトメガロウイルス抗体・トキソプラズマ抗体

    森岡 一朗, 山田 秀人, 平久 進也, 蝦名 康彦, 出口 雅士, 香田 翼, 飯島 一誠

    2014年03月, 小児科診療, 77 (3号), 347 - 350, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 不育症および自己免疫疾患における抗リン脂質抗体陽性患者の妊娠帰結

    宮原 義也, 出口 雅士, 篠崎 奈々絵, 谷村 憲司, 蝦名 康彦, 山田 秀人

    2014年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 66 (2号), 585, 日本語

    会議報告等

  • 妊娠35週より急速に増大した胎児脳腫瘍の1例

    内田 明子, 山崎 友維, 牧原 夏子, 生橋 義之, 松岡 正造, 出口 雅士, 宮原 義也, 森田 宏紀, 蝦名 康彦, 山田 秀人

    2014年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 66 (2号), 716, 日本語

    会議報告等

  • 人工透析導入を回避しえた糖尿病性腎症3B期合併妊娠の1例

    石原 あゆみ, 松岡 正造, 出口 雅士, 森上 聡子, 篠崎 奈々絵, 笹川 勇樹, 山下 萌, 中島 由貴, 伊勢 由香里, 平久 進也, 山田 秀人

    2014年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 66 (2号), 534, 日本語

    会議報告等

  • 周産期の感染症 先天性サイトメガロウイルス(CMV)感染の診断における新生児血中CMV-IgM、アンチゲネミア、CMV-DNAの意義

    森岡 一朗, 平久 進也, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 山田 秀人

    2014年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 66 (2号), 450, 日本語

    会議報告等

  • 産科出血等の管理 分娩後出血に対する選択的動脈塞栓術無効に関連する因子の検討

    山崎 友維, 森田 宏紀, 平久 進也, 篠崎 奈々絵, 出口 雅士, 松岡 正造, 宮原 義也, 蝦名 康彦, 山田 秀人

    2014年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 66 (2号), 461, 日本語

    会議報告等

  • 抗リン脂質抗体症候群母体から出生した児に胃破裂を発症した1例

    山下 萌, 出口 雅士, 森田 宏紀, 松岡 正造, 平久 進也, 篠崎 奈々絵, 小嶋 伸恵, 中島 由貴, 伊勢 由香里, 石原 あゆみ, 森岡 一朗, 山田 秀人

    2014年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 66 (2号), 531, 日本語

    会議報告等

  • 近年日本における母子感染の実態

    平久 進也, 森岡 一朗, 蝦名 康彦, 長又 哲史, 園山 綾子, 谷村 憲司, 出口 雅士, 山田 秀人

    2014年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 66 (2号), 684, 日本語

    会議報告等

  • 急速なIgG avidity index上昇はサイトメガロウイルス先天性感染の発生予知因子である

    市橋 さなえ, 蝦名 康彦, 平久 進也, 出口 雅士, 森岡 一朗, 谷村 憲司, 峰松 俊夫, 山田 秀人

    2014年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 66 (2号), 685, 日本語

    会議報告等

  • IgG avidityとPCR法を用いたサイトメガロウイルス妊婦スクリーニング

    笹川 勇樹, 蝦名 康彦, 長又 哲史, 園山 綾子, 伊勢 由香里, 森岡 一朗, 平久 進也, 谷村 憲司, 出口 雅士, 峰松 俊夫, 山田 秀人

    2014年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 66 (2号), 685, 日本語

    会議報告等

  • HLAクラスII/β2-glycoprotein Iタンパク質複合体は抗リン脂質抗体症候群の病態に関わる主要な標的分子である

    谷村 憲司, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 山田 秀人, 荒瀬 尚

    2014年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 66 (2号), 584, 日本語

    会議報告等

  • 【読み方がわかる!説明できる!産科の臨床検査ディクショナリー これさえあれば妊婦健診で困らない! エコーもCTGも】 (第4章)特別なニードがある場合の検査を理解しよう! ヒトパルボウイルスB19

    蝦名 康彦, 出口 雅士, 山田 秀人

    2014年01月, ペリネイタルケア, (2014新春増刊), 181 - 184, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【読み方がわかる!説明できる!産科の臨床検査ディクショナリー これさえあれば妊婦健診で困らない! エコーもCTGも】 (第4章)特別なニードがある場合の検査を理解しよう! サイトメガロウイルス抗体

    蝦名 康彦, 出口 雅士, 山田 秀人

    2014年01月, ペリネイタルケア, (2014新春増刊), 176 - 180, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【読み方がわかる!説明できる!産科の臨床検査ディクショナリー これさえあれば妊婦健診で困らない! エコーもCTGも】 (第4章)特別なニードがある場合の検査を理解しよう! トキソプラズマ抗体

    平久 進也, 出口 雅士, 山田 秀人

    2014年01月, ペリネイタルケア, (2014新春増刊), 171 - 175, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 【読み方がわかる!説明できる!産科の臨床検査ディクショナリー これさえあれば妊婦健診で困らない! エコーもCTGも】 (第4章)特別なニードがある場合の検査を理解しよう! 自己抗体検査

    出口 雅士, 蝦名 康彦, 山田 秀人

    2014年01月, ペリネイタルケア, (2014新春増刊), 166 - 170, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • P2-37-4 近年日本における母子感染の実態(Group 75 周産期の感染症2,一般演題,第66回学術講演会)

    平久 進也, 森岡 一朗, 蝦名 康彦, 長又 哲史, 園山 綾子, 谷村 憲司, 出口 雅士, 山田 秀人

    日本産科婦人科学会, 2014年, 日本産科婦人科學會雜誌, 66 (2), 684 - 684, 日本語

  • ISAC-3-4 The IgG avidity value for the prediction of congenital cytomegalovirus infection in a prospective cohort study(Group 3 Perinatology,IS Award Candidate,International Session) :

    Nagamata Satoshi, Ebina Yasuhiko, Minematsu Toshio, Sonoyama Ayako, Morioka Ichiro, Tairaku Shinya, Tanimura Kenji, Morizane Mayumi, Deguchi Masashi, Yamada Hideto

    日本産科婦人科学会, 2014年, 日本産科婦人科學會雜誌, 66 (2), 920 - 920, 英語

  • ISP-20-4 Association between protein C, protein S, factor XII, and spontaneous abortion, adverse pregnancy outcome(Group 20 Reproduction 3,IS Poster,International Session) :

    Ebina Yasuhiko, Kobashi Gen, Deguchi Masashi, Minakami Hisanori, Yamada Hideto

    日本産科婦人科学会, 2014年, 日本産科婦人科學會雜誌, 66 (2), 973 - 973, 英語

  • 臨床研究の成果を実地臨床へ生かそう―産科編 我が国における多施設共同研究の現状―サイトメガロウイルス―

    山田秀人, 森岡一朗, 平久進也, 谷村憲司, 出口雅士, 蝦名康彦

    2013年10月10日, 周産期医学, 43 (10), 1295 - 1299, 日本語

  • 当院におけるプロテインS低下症例に関する検討

    篠崎 奈々絵, 出口 雅士, 前澤 陽子, 森田 宏紀, 山田 秀人

    2013年10月, 日本生殖医学会雑誌, 58 (4号), 396, 日本語

    会議報告等

  • 【いま知りたい!母子感染対策 トキソプラズマ,サイトメガロウイルスを中心に】 母子感染の恐れのある感染症の情報

    山田 秀人, 平久 進也, 森岡 一朗, 蝦名 康彦, 出口 雅士, 長又 哲史

    2013年07月, 助産雑誌, 67 (7号), 520 - 525, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 先天性サイトメガロウイルス感染症対策のための妊婦教育の効果の検討,妊婦・新生児スクリーニング体制の構築及び感染新生児の発症リスク同定に関する研究 サイトメガロウイルス母子感染対策のための妊婦教育効果の検討,ならびに妊婦スクリーニング体制の構築

    山田秀人, 古谷野伸, 岡明, 井上直樹, 森岡一朗, 森内浩幸, 吉川哲史, 伊藤裕司, 浅野仁覚, 五石圭司, 三牧正和, 蝦名康彦, 谷村憲司, 平久進也, 園山綾子, 出口雅士

    2013年, 先天性サイトメガロウイルス感染症対策のための妊婦教育の効果の検討、妊婦・新生児スクリーニング体制の構築及び感染新生児の発症リスク同定に関する研究 平成23-24年度 総合研究報告書, 31 - 53, 日本語

  • 先天性サイトメガロウイルス感染症対策のための妊婦教育の効果の検討,妊婦・新生児スクリーニング体制の構築及び感染新生児の発症リスク同定に関する研究 サイトメガロウイルス母子感染対策のための妊婦教育効果の検討,ならびに妊婦スクリーニング体制の構築

    山田秀人, 古谷野伸, 岡明, 井上直樹, 森岡一朗, 森内浩幸, 吉川哲史, 伊藤裕司, 浅野仁覚, 三牧正和, 蝦名康彦, 平久進也, 出口雅士

    2013年, 先天性サイトメガロウイルス感染症対策のための妊婦教育の効果の検討、妊婦・新生児スクリーニング体制の構築及び感染新生児の発症リスク同定に関する研究 平成24年度 総括・分担研究報告書, 29 - 47, 日本語

  • K2-7-2 卵母細胞由来Interleukin 7(IL-7)はPI3K/AKT回路を介し卵巣顆粒膜細胞のアポトーシスを抑制し卵母細胞の核成熟を促進する(高得点演題7,生殖医学)

    山田 愛, 出口 雅士, JW Hsueh Aaron, 中林 幸士, 山田 秀人

    日本産科婦人科学会, 2012年, 日本産科婦人科學會雜誌, 64 (2), 582 - 582, 日本語

  • 分娩後大量出血に対する選択的動脈塞栓術の有用性

    山崎 友雄, 森田 宏紀, 白川 得朗, 吉田 奈央, 牧原 夏子, 鈴木 嘉穂, 天野 真理子, 森本 規之, 森実 真由美, 出口 雅士, 山崎 峰夫, 山田 秀人

    日本周産期・新生児医学会, 2010年, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 46 (2), 370 - 370, 日本語

  • SLE合併妊娠の臨床像

    天野 真理子, 牧原 夏子, 園山 綾子, 鈴木 嘉穂, 森本 規之, 森実 真由美, 出口 雅士, 森田 宏紀, 山崎 峰夫, 山田 秀人

    日本周産期・新生児医学会, 2010年, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 46 (2), 472 - 472, 日本語

  • 先天性アンチトロンビンIII欠乏症合併妊娠9例の検討

    森実 真由美, 武居 智信, 鈴木 嘉穂, 牧原 夏子, 天野 真理子, 森本 規之, 出口 雅士, 森田 宏紀, 山崎 峰夫, 山田 秀人

    日本周産期・新生児医学会, 2010年, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 46 (2), 476 - 476, 日本語

  • 新しい作用機序をもつ抗癌剤投与時の制吐剤について

    出口雅士

    2008年05月, 産婦人科の進歩, 60巻, 2号, pp. 161-161, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 【女性診療科外来プラクティス】 腫瘍外来 腫瘍外来の検査 CT

    出口雅士, 丸尾猛

    2006年04月, 臨床婦人科産科, 60巻, 4号, pp. 389-395, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • A case of postirradiation vaginal angiosarcoma treated with recombinant interleukin-2 therapy

    K Takeuchi, M Deguchi, S Hamana, S Motoyama, S Kitazawa, T Maruo

    Angiosarcoma of the vagina is an extremely rare neoplasm and is characterized by frequent recurrence and early metastatic spread. Although previous reports emphasized the poor prognosis of this disease, effective treatment strategies have not been adequately stated. We report a case of angiosarcoma of the vagina, in which the diagnosis was made 9 years after intrapelvic irradiation, and recombinant interleukin-2 (rIL-2) therapy could be effective to suppress the development of distant metastasis. We recommend rIL-2 therapy in combination with irradiation as a palliative therapeutic option for vaginal angiosarcoma when the tumor is inoperable or the patient refuses to undergo surgery. Although vaginal angiosarcoma is an extremely rare condition, its possibility should be borne in mind when finding a vaginal mass in a previously irradiated patient.

    BLACKWELL PUBLISHING, 2005年11月, INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER, 15 (6), 1163 - 1165, 英語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Pregnancy complicated with pulmonary lymphangioleiomyomatosis: Case report

    M. Fujimoto, N. Ohara, H. Sasaki, T. Funakoshi, H. Morita, M. Deguchi, T. Maruo

    A case of a 30-year-old primiparous woman with pulmonary lymphangioleiomyomatosis is described. The patient had experienced six episodes of spontaneous pneumothorax at the age of 27 years and had been diagnosed as having pulmonary lymphangioleiomyomatosis based on histological findings of specimens obtained by transbronchial biopsy. She had undertaken open lung surgery and thoracoscopy. Thereafter, she became pregnant spontaneously. Her antenatal course was uneventful with no exacerbation of respiratory status. At 38 weeks of gestation, she underwent a selective cesarean section and myomectomy under combined spinal and epidural anesthesia. Her postoperative course was uneventful. No remarkable changes in computed tomographic findings of the lung were noted on the 20th day of postoperation compared with those before pregnancy. She has been followed-up in the pulmonary outpatient clinic with no deterioration of the disease.

    2005年, Clinical and Experimental Obstetrics and Gynecology, 32 (3), 199 - 200, 英語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Adenofibromasarcoma originating from a mural nodule of ovarian serous cystadenoma

    K Takeuchi, S Kitazawa, M Deguchi, T Maruo

    A 83-year-old woman received bilateral salpingo-oophorectomy and hysterectomy due to a provisional diagnosis of ovarian cystic tumor. The tumor had a unilocular cystic cavity demonstrating serous cystadenoma and a solid mural nodule representing a biphasic pattern with mesenchyrnal and glandular components. The glandular elements were composed of benign serous cells, whereas the niesenchymal components consisted of an admixture of fibroinatous stromal cells without atypia and sarcomatous overgrowth. The area of transition from a fibromatous component to sarcomatous overgrowth was identified. After a 2-year follow-up, there were no signs of tumor recurrence or systemic disease. To the authors' knowledge, this is the first reported case of adenofibrosarconia originating from a mural nodule of ovarian serous cystadenoma.

    I R O G CANADA, INC, 2005年, EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY, 26 (5), 511 - 513, 英語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • ゴナドトロピン非依存性思春期早発症で発症し,経過中に性中枢の早熟が誘発された甲状腺機能低下症の1例

    八木麻理子, 竹島泰弘, 出口雅士, 歳内亨介, 松尾雅文, 中村肇

    2003年03月01日, 日本小児科学会雑誌, 107 (3), 574, 日本語

  • イレウス合併妊娠4症例の臨床的検討--その診断と治療方針に関する考察

    大木 規義, 武内 享介, 出口 雅士

    東京医学社, 2003年03月, 周産期医学, 33 (3), 405 - 408, 日本語

書籍等出版物

  • 実践臨床生殖免疫学 / 大量免疫グロブリン

    山田秀人, 出口雅士

    その他, 中外医学社, 2018年, 日本語

    学術書

  • 実践臨床生殖免疫学 / 凝固異常(血栓性素因)

    出口雅士, 山田秀人

    その他, 中外医学社, 2018年, 日本語

    学術書

  • 産婦人科感染症マニュアル / インフルエンザ

    出口雅士, 山田秀人

    その他, 金原出版, 2018年, 日本語

    学術書

  • 産婦人科研修の必修知識2016~2018 / 常位胎盤早期剥離

    出口雅士, 山田秀人

    その他, 日本産科婦人科学会, 2016年, 日本語

    学術書

  • 抗リン脂質抗体症候群合併妊娠 診療ガイドライン / CQ3 産科的 APS のリスクにあった治療方法は ?

    出口雅士, 山田秀人, 金子佳代子, 後藤美賀子, 村島温子

    その他, 南山堂, 2016年, 日本語

    学術書

  • 抗リン脂質抗体症候群合併妊娠 診療ガイドライン / CQ2 産科的APSのリスクの評価方法は ?

    出口雅士, 山田秀人, 金子佳代子, 後藤美賀子, 村島温子

    その他, 南山堂, 2016年, 日本語

    学術書

  • 止血・血栓ハンドブック / 抗リン脂質抗体症候群と妊娠・分娩

    出口雅士, 谷村憲司, 山田秀人

    その他, 西村書店, 2015年, 日本語

    学術書

講演・口頭発表等

  • 先天性サイトメガロウイルス感染発生に関連する臨床・検査所見

    山田 秀人, 内田 明子, 出口 雅士, 谷村 憲司

    AMED 成育疾患克服等総合研究事業「母子感染に対する母子保健体制構築と医療開発技術のための研究」平成30年度第2回班会議, 2018年12月, 日本語, 東京, 国内会議

    その他

  • 不育症リスク因子としてのネオ・セルフ抗体

    谷村 憲司, 齋藤 滋, 中塚 幹也, 永松 健, 藤井 知行, 笹川 勇樹, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 荒瀬 規子, 荒瀬 尚, 山田 秀人

    第33回日本生殖免疫学会総会・学術集会, 2018年11月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 妊娠初期のプロテインS低値と産科異常との関連

    出口 雅士, 谷村 憲司, 蝦名 康彦, 山田 秀人

    第33回日本生殖免疫学会総会・学術集会, 2018年11月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 分娩後出血に対するUAEの帰結およびUAE後の妊娠についての検討

    今福 仁美, 森實真由美, 谷村 憲司, 出口 雅士, 山田 秀人

    第59回日本母性衛生学会総会・学術集会, 2018年10月, 日本語, 新潟, 国内会議

    ポスター発表

  • 不育症診療の現状と課題~さらなる妊娠予後改善にむけて~

    出口 雅士, 山田 秀人

    第59回日本母性衛生学会総会・学術集会, 2018年10月, 日本語, 新潟, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 妊婦抗体スクリーニングおよび臨床所見による先天性サイトメガロウイルス感染の発生予知

    内田 明子, 谷村 憲司, 平久 進也, 尾崎 可奈, 長又 哲史, 森實真由美, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 森岡 一朗, 峰松 俊夫, 山田 秀人

    第45回日本産婦人科医会学術集会, 2018年10月, 日本語, 大阪, 国内会議

    ポスター発表

  • 神戸大学における不育症の臨床因子と妊娠予後の検討

    宮地 真帆, 出口 雅士, 今福 仁美, 谷村 憲司, 森實真由美, 蝦名 康彦, 山田 秀人

    第59回日本母性衛生学会総会・学術集会, 2018年10月, 日本語, 新潟, 国内会議

    ポスター発表

  • 子宮頸部上皮内新生物(CIN)合併妊娠における保存的管理に関する検討

    木原 智子, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 上中 美月, 鈴木 嘉穂, 宮原 義也, 山田 秀人

    第59回日本母性衛生学会総会・学術集会, 2018年10月, 日本語, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 不育症のトピックス~不育症とネオ・セルフ

    谷村 憲司, 笹川 勇樹, 今福 仁美, 森實真由美, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 荒瀬 規子, 荒瀬 尚, 齋藤 滋, 山田 秀人

    第63回日本生殖医学会学術講演会・総会, 2018年09月, 日本語, 旭川, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • Pregnancy outcomes subsequent to uterine arterial embolization for severe post-partum hemorrhage

    Mayumi Morizane, Hitomi Imafuku, Tokurou Shirakawa, Kenji Tanimura, Masashi Deguchi, Hideto Yamada

    The 20th congress of federation of asia oceania perinatal societies (FAOPS), 2018年09月, 英語, Manila, 国際会議

    ポスター発表

  • Placental pathology of congenital cytomegalovirus infection

    Mizuki Uenaka, Mayumi Morizane, Kenji Tanimura, Masashi Deguchi, Kanzawa Maki, Hideto Yamada

    International federation of placenta associations (IFPA) 2018 Tokyo, 2018年09月, 英語, Tokyo, 国際会議

    ポスター発表

  • 卵巣境界悪性腫瘍治療後にPET/CTで傍大動脈リンパ節転移を疑った傍神経節腫の1例

    松本 培世, 蝦名 康彦, 安積 真帆, 鈴木 嘉穂, 若橋 宣, 宮原 義也, 出口 雅士, 上野 嘉子, 田中宇多留, 村上 卓道, 小松 正人, 神澤 真紀, 伊藤 智雄, 山田 秀人

    第19回JSAWI, 2018年08月, 日本語, 淡路, 国内会議

    ポスター発表

  • 卵巣癌患者における治療前Prognostic nutritional indexと予後

    蝦名 康彦, 長又 哲史, 鈴木 嘉穂, 若橋 宣, 宮原 義也, 出口 雅士, 山田 秀人

    第42回日本産科婦人科栄養・代謝研究会, 2018年08月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 胎児甲状腺腫を来たしたT3優位型バセドウ病合併妊娠の2例

    鷲尾 佳一, 上中 美月, 谷村 憲司, 白川 得朗, 森實真由美, 出口 雅士, 山田 秀人

    第42回日本産科婦人科栄養・代謝研究会, 2018年08月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 胎児甲状腺腫を来たしたT3優位型バセドウ病合併妊娠の2例

    鷲尾 佳一, 上中 美月, 谷村 憲司, 白川 得朗, 森實真由美, 出口 雅士, 山田 秀人

    第41回日本母体胎児医学会学術集会, 2018年08月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • メトホルミンが著効したインスリン抵抗症合併妊娠の1例

    上中 美月, 鷲尾 佳一, 出口 雅士, 谷村 憲司, 森實真由美, 山田 秀人

    第42回日本産科婦人科栄養・代謝研究会, 2018年08月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 妊婦のB型肝炎スクリーニングと垂直感染予防

    笹川 勇樹, 谷村 憲司, 山名 哲司, 森實真由美, 出口 雅士, 森岡 一朗, 山田 秀人

    第54回日本周産期・新生児医学会学術集会, 2018年07月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 尿サイトメガロウイルス(CMV)スクリーニングで同定した先天性CMV感染児の前方視的観察研究

    福嶋 祥代, 森岡 一朗, 芦名 満理子, 生田 寿彦, 大山 正平, 大久保 沙紀, 山名 啓司, 藤岡 一路, 森實 真由美, 出口 雅士, 谷村 憲司, 船越 徹, 大橋 正伸, 飯島 一誠, 山田 秀人

    第 54 回日本周産期・新生児医学会学術集会, 2018年07月, 日本語, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院不育症外来における不育症リスク因子と治療成績

    白川 得朗, 出口 雅士, 宮地 真帆, 森實真由美, 谷村 憲司, 蝦名 康彦, 山田 秀人

    第54回日本周産期・新生児医学会学術集会, 2018年07月, 日本語, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 当院における先天性トキソプラズマ感染症の発生に関する臨床前向き研究

    大山 正平, 森岡 一朗, 福嶋 祥代, 芦名 満理子, 生田 寿彦, 大久保 沙紀, 山名 啓司, 藤岡 一路, 森實 真由美, 出口 雅士, 谷村 憲司, 飯島 一誠, 山田 秀人

    第 54 回日本周産期・新生児医学会学術集会, 2018年07月, 日本語, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 胎児発育不全児の予後不良に関連する因子の検討

    吉澤ひかり, 谷村 憲司, 内山美穂子, 白國あかり, 森實真由美, 出口 雅士, 藤岡 一路, 森岡 一朗, 山田 秀人

    第54回日本周産期・新生児医学会学術集会, 2018年07月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 先天性サイトメガロウイルス感染の胎盤病理

    上中 美月, 森實真由美, 谷村 憲司, 出口 雅士, 森岡 一朗, 山田 秀人

    第54回日本周産期・新生児医学会学術集会, 2018年07月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 進行卵巣・腹膜癌における腹水セルブロック法による免疫組織化学の検討

    安積 麻帆, 蝦名 康彦, 鈴木 嘉穂, 若橋 宣, 宮原 義也, 出口 雅士, 山田 秀人

    第92回兵庫県産婦人科学会学術集会, 2018年07月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 症候性先天性CMV感染児の1歳6か月時点でのDQ<70と関連する新生児期リスク因子の後方視的検討

    福嶋 祥代, 森岡 一朗, 芦名 満理子, 生田 寿彦, 大山 正平, 大久保 沙紀, 山名 啓司, 藤岡 一路, 森實 真由美, 出口 雅士, 谷村 憲司, 飯島 一誠, 山田 秀人

    第 54 回日本周産期・新生児医学会学術集会, 2018年07月, 日本語, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 症候性の先天性サイトメガロウイルス感染症に対する胎児治療と新生児治療

    谷村 憲司, 内田 明子, 今福 仁美, 森實真由美, 出口 雅士, 藤岡 一路, 森岡 一朗, 峰松 俊夫, 山田 秀人

    第54回日本周産期・新生児医学会学術集会, 2018年07月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 抗β2GPI/HLA-DR抗体と不育、産科異常との関連解明と治療指針の確立

    谷村 憲司, 出口 雅士, 齋藤 滋, 山田 秀人

    AMED成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業「不育症の原因解明、予防治療に関する研究」平成30年度 第1回班会議, 2018年07月, 日本語, 東京, 国内会議

    その他

  • 維持透析療法を要した腎不全合併妊娠3例

    黒島 瑞穂, 谷村 憲司, 笹川 勇樹, 白川 得朗, 今福 仁美, 森實真由美, 出口 雅士, 山田 秀人

    第54回日本周産期・新生児医学会学術集会, 2018年07月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • トキソプラズマ妊婦スクリーニングの前向きコホート研究

    内田 明子, 谷村 憲司, 西川 鑑, 里吉 雅恵, 清水亜由美, 施 裕徳, 田中恵里加, 森實真由美, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 森岡 一朗, 山田 秀人

    第54回日本周産期・新生児医学会学術集会, 2018年07月, 日本語, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • トキソプラズマ抗体妊婦スクリーニングの前向きコホート研究

    内田 明子, 谷村 憲司, 西川 鑑, 清水亜由美, 施 裕徳, 田中恵里加, 森實真由美, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 森岡 一朗, 山田 秀人

    第54回日本周産期・新生児医学会学術集会, 2018年07月, 日本語, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • CIN2患者に対するレーザー蒸散術の検討(第二報)

    蝦名 康彦, 上中 美月, 今福 仁美, 長又 哲史, 鈴木 嘉穂, 宮原 義也, 出口 雅士, 山田 秀人

    第92回兵庫県産婦人科学会学術集会, 2018年07月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 妊婦のB型肝炎スクリーニングと垂直感染予防

    笹川 勇樹, 谷村 憲司, 山名 哲司, 森實真由美, 出口 雅士, 森岡 一朗, 山田 秀人

    第138回近畿産科婦人科学会総会, 2018年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 子宮頚部上皮内新生物(CIN)合併妊娠における保存的管理に関する検討

    白國あかり, 蝦名 康彦, 今福 仁美, 長又 哲史, 上中 美月, 鈴木 嘉穂, 若橋 宣, 宮原 義也, 出口 雅士, 山田 秀人

    第138回近畿産科婦人科学会総会, 2018年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • トラベクテジンにより長期間病勢コントロールを行った平滑筋肉腫の一例

    長又 哲史, 蝦名 康彦, 鈴木 嘉穂, 若橋 宣, 宮原 義也, 出口 雅士, 山田 秀人

    第138回近畿産科婦人科学会総会, 2018年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • PPAPスコアリングシステムを用いた前置胎盤の管理

    谷村 憲司, 森實真由美, 出口 雅士, 上野 嘉子, 山田 秀人

    第138回近畿産科婦人科学会総会, 2018年06月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Autoantibodies against β2-glycoprotein I/HLA class II complexes in women with recurrent pregnancy loss

    Kenji Tanimura, Masashi Deguchi, Yasuhiko Ebina, Arase Nao, Saito Shigeru, Arase Hisashi, Hideto Yamada

    The 38th annual meeting of the american sciety for reproductive immunology, 2018年06月, 英語, Shanghai, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 症候性の先天性サイトメガロウイルス感染症に対する胎児治療と新生児治療の有効性

    谷村 憲司, 内田 明子, 今福 仁美, 森實真由美, 出口 雅士, 藤岡 一路, 森岡 一朗, 峰松 俊夫, 山田 秀人

    第35回日本産婦人科感染症学会学術集会, 2018年05月, 日本語, 岐阜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • トキソプラズマ抗体妊婦スクリーニングに関する前向きコホート研究

    内田 明子, 谷村 憲司, 西川 鑑, 清水亜由美, 施 裕徳, 田中恵里加, 森實真由美, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 森岡 一朗, 山田 秀人

    第35回日本産婦人科感染症学会学術集会, 2018年05月, 日本語, 岐阜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Three cases of complete hydatidiform mole coexistent with a live twin fetus

    Hikari Yoshizawa, Yasuhiko Ebina, Hitomi Imafuku, Kaho Suzuki, Senn Wakahashi, Yoshiya Miyahara, Masashi Deguchi, Hideto Yamada

    第70回日本産科婦人科学会学術講演会, 2018年05月, 英語, 仙台, 国内会議

    ポスター発表

  • The distribution of etiology and therapy outcomes of recurrent pregnancy loss at our recurrent pregnancy loss clinic

    Maho Miyaji, Masashi Deguchi, Kenji Tanimura, Mayumi Morizane, Yasuhiko Ebina, Hideto Yamada

    第70回日本産科婦人科学会学術講演会, 2018年05月, 英語, 仙台, 国内会議

    ポスター発表

  • Risk factors for congenital cytomegalovirus infection in pregnant women with non-primary infection

    Akiko Uchida, Kenji Tanimura, Shinya Tairaku, Kana Ozaki, Satoshi Nagamata, Mayumi Morizane, Masashi Deguchi, Yasuhiko Ebina, Morioka I, Toshio Minematsu, Hideto Yamada

    第70回日本産科婦人科学会学術講演会, 2018年05月, 英語, 仙台, 国内会議

    その他

  • Prenatal genetic diagnosis for neonatal alloimmune thrombocytepenia for women with the history of neonatal alloimmune thrombocytopenia

    Akari Shirakuni, Masashi Deguchi, Maho Miyaji, Yutoku Shi, Akiko Uchida, Sanae Ichihashi, Nasashi Nishimoto, Tokuro Shirakawa, Kenji Tanimura, Mayumi Morizane, Ichiro Morioka, Hideto Yamada

    第70回日本産科婦人科学会学術講演会, 2018年05月, 英語, 仙台, 国内会議

    ポスター発表

  • Pregnancy outcomes subsequent to uterine arterial embolization for severe post-partum hemorrhage

    Hitomi Imafuku, Mayumi Morizane, Tokuro Shirakawa, Kenji Tanimura, Masashi Deguchi, Hideto Yamada

    第70回日本産科婦人科学会学術講演会, 2018年05月, 英語, 仙台, 国内会議

    ポスター発表

  • Immunoglobulin fetal therapy for symptomatic congenital cytomegalovirus infection

    Yutoku Shi, Kenji Tanimura, Akiko Uchida, Mizuki Uenaka, Mayumi Morizane, Masashi Deguchi, Yasuhiko Ebina, Ichiro Morioka, Hideto Yamada

    第70回日本産科婦人科学会学術講演会, 2018年05月, 英語, 仙台, 国内会議

    ポスター発表

  • HBV妊婦スクリーニングと母子感染予防の前向き研究

    笹川 勇樹, 谷村 憲司, 山名 哲司, 森實真由美, 出口 雅士, 森岡 一朗, 山田 秀人

    第35回日本産婦人科感染症学会学術集会, 2018年05月, 日本語, 岐阜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Efficacy of maternal screening and perinatal prevention program for hepatitis B

    Tokuro Shirakawa, Yuki Sasagawa, Masashi Deguchi, Kenji Tanimura, Mayumi Morizane, Morioka Ichiro, Hideto Yamada

    第70回日本産科婦人科学会学術講演会, 2018年05月, 英語, 仙台, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • DomainV of β2GPI has very high affinity with MHC class II

    Yuki Sasagawa, Kenji Tanimura, Satoko Morikami, Masashi Deguchi, Yasuhiko Ebina, Hideto Yamada, Arase Hisashi

    第70回日本産科婦人科学会学術講演会, 2018年05月, 英語, 仙台, 国内会議

    ポスター発表

  • CKD4Tで挙児に至ったIgA腎症の一例

    泉博子, 藤井秀毅, 後藤俊介, 高橋良輔, 出口雅士, 小川悟志, 石村武志, 藤澤正人, 山田秀人, 西愼一

    第51回 日本臨床腎移植学会, 2018年02月, 日本語, 日本臨床腎移植学会, Kobe, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • 先天性サイトメガロウイルス感染児の聴性脳幹反応に対する抗ウイルス薬治療の効果

    森岡一朗, 大山正平, 福嶋祥代, 西田浩輔, 山名啓司, 藤岡一路, 飯島一誠, 森實真由美, 谷村憲司, 出口雅士, 山田秀人

    第32回日本生殖免疫学会総会・学術集会, 2017年12月, 日本語, 日本生殖免疫学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 抗ウイルス薬治療を行った症候性先天性サイトメガロウイルス感染児の1歳6か月時の神経学的予後評価と予後不良因子の検討

    森岡一朗, 福嶋祥代, 大山正平, 西田浩輔, 山名啓司, 藤岡一路, 飯島一誠, 森實真由美, 谷村憲司, 出口雅士, 山田秀人

    第32回日本生殖免疫学会総会・学術集会, 2017年12月, 日本語, 日本生殖免疫学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • トキソプラズマ妊婦スクリーニングの前向きコホート研究

    施 裕徳, 出口雅士, 西川 鑑, 清水亜由美, 谷村憲司, 内田明子, 田中恵理加, 森實真由美, 蝦名康彦, 森岡一朗, 山田秀人

    第32回日本生殖免疫学会総会・学術集会, 2017年12月, 日本語, 日本生殖免疫学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • サイトメガロウイルス

    谷村憲司, 蝦名康彦, 出口雅士, 森實真由美, 森岡一朗, 峰松俊夫, 山田秀人

    第32回日本生殖免疫学会総会・学術集会, 2017年12月, 日本語, 日本生殖免疫学会, 東京, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 妊娠中にネフローゼ症候群を発症し、ステロイドおよび血漿交換にて完全寛解に至った一例

    小嶋 真理子, 後藤 俊介, 泉 博子, 内田 朋子, 出口雅士, 藤井 秀毅, 山田 秀人, 西 慎一

    第47回 日本腎臓学会西部学術大会, 2017年10月, 日本語, 日本腎臓学会, Okayama, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 不育症 体のケアと心のケア 治療抵抗性、難治性の習慣流産に対する治療

    出口雅士

    母性衛生, 2017年09月, 日本語

    [招待有り]

    口頭発表(一般)

  • 先天性CMV感染児の出生体重と神経学的予後に関する検討

    西田浩輔, 森岡一朗, 大山正平, 福嶋祥代, 山名啓司, 黒川大輔, 岩谷壮太, 藤岡一路, 飯島一誠, 出口雅士, 谷村憲司, 山田秀人

    第53回日本周産期・新生児医学会学術集会, 2017年07月, 日本語, 日本周産期・新生児医学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 胎児腹水を呈した症候性先天性サイトメガロウイルス感染症3例の出生後の臨床経過

    西田浩輔, 森岡一朗, 出口雅士, 谷村憲司, 平久進也, 蝦名康彦, 山田秀人

    第69回日本産科婦人科学会学術集会, 2017年05月, 日本語, 日本産婦人科学会, 広島, 国内会議

    ポスター発表

  • 持続血糖モニターを用いた妊娠糖尿病患者における分娩中の血糖動態の検討

    黒飛 友里, 村前 直和, 岡田 裕子, 山田 倫子, 中村 友昭, 福岡 秀規, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 谷村 憲司, 森實 真由美, 出口 雅士, 山田 秀人, 小川 渉

    第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年05月, 日本語, 日本糖尿病学会, 名古屋, 国内会議

    ポスター発表

  • トキソプラズマ妊婦スクリーニングの前向き研究

    田中恵里加, 谷村憲司, 高橋良輔, 平久進也, 森實真由美, 出口雅士, 蝦名康彦, 森岡一朗, 清水亜由美, 西川 鑑, 山田秀人

    第34回日本産婦人科感染症学会, 2017年05月, 日本語, 日本産婦人科感染症学会, 奈良, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Two cases of prenatal genetic diagnosis for neonatal alloimmune thrombocytopenia for women with the history of neonatal alloimmune thrombocytopenia in the prior pregnancy

    Deguchi M, Tanimura K, Uenaka M, Morizane M, Morioka I, Yamada H

    21st International Conference on Prenatal Diagnosis and Therapy, 2017年05月, 英語, International Society for Prenatal Diagnosis, San Diego, USA, 国際会議

    ポスター発表

  • Noninvasive methods for predicting congenital cytomegalovirus infection in high-risk pregnant women

    Tanimura K, Tairaku S, Ebina Y, Morioka I, Nagamata S, Ozaki K, Morizane M, Deguchi M, Minematsu T, Yamada H

    21st International Conference on Prenatal Diagnosis and Therapy, 2017年05月, 英語, International Society for Prenatal Diagnosis, San Diego, USA, 国際会議

    ポスター発表

  • Efficacy of maternal serological screening for congenital cytomegalovirus infection

    Tairaku S, Tanimura K, Morioka I, Ozaki K, Nagamata S, Morizane M, Deguchi M, Ebina Y, Minematsu T, Yamada H

    第69回日本産科婦人科学会学術集会, 2017年05月, 日本語, 日本産婦人科学会, 広島, 国内会議

    ポスター発表

  • 妊婦のサイトメガロウイルス抗体スクリーニングの有用性

    平久進也, 谷村憲司, 森岡一朗, 尾崎可奈, 長又哲史, 森實真由美, 出口雅士, 蝦名康彦, 峰松俊夫, 山田秀人

    第31回日本生殖免疫学会, 2016年12月, 日本語, 日本生殖免疫学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • インスリン使用/非使用GDM症例におけるインスリン分泌能・感受性指標の比較

    平野靖子, 村前直和, 高橋陸, 山田倫子, 中村友昭, 福岡秀規, 岡田裕子, 廣田勇士, 坂口一彦, 谷村憲司, 森實真由美, 出口雅士, 山田秀人, 小川渉

    第32回日本糖尿病・妊娠学会学術集会, 2016年12月, 日本語, 日本糖尿病・妊娠学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • インスリン使用/非使用GDM症例における インスリン分泌能・感受性指標の比較

    平野 靖子, 三浦 洋, 村前 直和, 高橋 陸, 山田 倫子, 中村 友昭, 福岡 秀規, 岡田 裕子, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 森實 真由美, 出口 雅士, 山田 秀人, 小川 渉

    第32回日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会, 2016年11月, 日本語, 日本糖尿病・妊娠学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 胎児甲状腺機能亢進症を来たしたT3優位型バセドウ病合併妊娠の1例

    上中美月, 出口雅士, 豊永絢香, 小嶋伸恵, 平久進也, 篠崎奈々絵, 森實真由美, 谷村憲司, 西田浩輔, 森岡一朗, 山田秀人

    第52回日本周産期・新生児医学会学術集会, 2016年07月, 日本語, 日本周産期・新生児医学会, 富山, 国内会議

    ポスター発表

  • 新生児同種免疫性血小板減少症の3例

    内山美穂子, 出口雅士, 平久進也, 森本規之, 森實真由美, 谷村憲司, 香田 翼, 森岡一朗, 山田秀人

    第52回日本周産期・新生児医学会学術集会, 2016年07月, 日本語, 日本周産期・新生児医学会, 富山, 国内会議

    ポスター発表

  • シンポジウム:本邦におけるパルボウイルスB19母子感染の実態

    蝦名康彦, 平久進也, 森岡一朗, 出口雅士, 谷村憲司, 森實真由美, 山田秀人

    第52回日本周産期・新生児医学会学術集会, 2016年07月, 日本語, 日本周産期・新生児医学会, 富山, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • Mycoplasma hominisisによる子宮内感染から新生児遷延性肺高血圧症を呈した早産児の1例

    森岡一朗, 前山花織, 岩谷壮太, 出口可奈, 谷村憲司, 出口雅士, 飯島一誠, 山田 秀人

    第33回日本産婦人科感染症学会学術集会, 2016年07月, 日本語, 日本産婦人科感染症学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • IgG avidity とPCR 法を用いたサイトメガロウイルス妊婦スクリーニング

    平久進也, 谷村憲司, 森岡一朗, 出口可奈, 長又哲史, 森實真由美, 出口雅士, 蝦名康彦, 峰松俊夫, 山田秀人

    第34回日本産婦人科感染症学会学術集会, 2016年07月, 日本語, 日本産婦人科感染症学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 胎児甲状腺機能亢進症を来たしたTRAb著明高値バセドウ病合併妊娠の一例

    上中美月, 出口雅士, 豊永絢香, 小嶋伸恵, 平久進也, 篠崎奈々絵, 森實真由美, 谷村憲司, 西田浩輔, 森岡一朗, 吉田健一, 高橋 裕, 山田秀人

    第134回近畿産科婦人科学会, 2016年06月, 日本語, 近畿産科婦人科学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • IgG avidityとPCR法を用いたサイトメガロウイルス妊婦スクリーニング

    平久進也, 谷村憲司, 森岡一朗, 長又哲史, 出口雅士, 蝦名康彦, 峰松俊夫, 山田秀人

    第134回近畿産科婦人科学会, 2016年06月, 日本語, 近畿産科婦人科学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 先天性サイトメガロウイルス感染症児における生後早期の頭部MRI所見

    西田浩輔, 森岡 一朗, 出口雅士, 谷村憲司, 平久進也, 蝦名康彦, 山田秀人

    第68回日本産科婦人科学会, 2016年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 新生児同種免疫性血小板減少症の2例:過去の妊娠で児が新生児同種免疫性血小板減少症を発症した女性の周産期管理

    上中美月, 森實真由美, 平久進也, 谷村憲司, 出口雅士, 森岡一朗, 山田秀人

    第68回日本産科婦人科学会, 2016年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • The effect of maternal screening for HBV and perinatal HBV prevention program

    Yuki Sasagawa, Masashi Deguchi, Akiko Takeda, Kenji Tanimura, Mayumi Morizane, Ichiro Morioka, Hideto Yamada

    第68回日本産科婦人科学会, 2016年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • Maternal blood screening for congenital cytomegalovirus infection of the infants

    Shinya Tairaku, Kenji Tanimura, Ichiro Morioka, Satoshi Nagamata, Masashi Deguchi, Yasuhiko Ebina, Toshio Minematsu, Hideto Yamada

    第68回日本産科婦人科学会, 2016年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 「母児の予後からみた娩出のタイミングと方法」、癒着胎盤予測スコアを用いた前置胎盤の手術管理

    谷村憲司, 森實真由美, 出口雅士, 蝦名康彦, 森岡一朗, 山田秀人

    第34回周産期学シンポジウム, 2016年02月, 日本語, 日本周産期新生児医学会, 神戸, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 先天性アンチトロンビン欠乏症合併妊婦における遺伝子解析結果と臨床像の検討

    蝦名 康彦, 中町 祐司, 谷村 憲司, 森實 真由美, 平久 進也, 出口 雅士, 河野 誠司, 山田 秀人

    第1回産婦人科遺伝診療学会, 2015年12月, 日本語, 産婦人科遺伝診療学会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 糖代謝異常合併妊娠における 必要インスリンの増加量および関連因子の検討

    山田 倫子, 岡田 裕子, 浦井 伸, 伊藤 潤, 佐藤 洋幸, 細川 友誠, 竹内 健人, 三浦 洋, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小嶋 伸恵, 谷村 憲司, 出口 雅士, 山田 秀人, 小川 渉

    第31回日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会, 2015年11月, 日本語, 日本糖尿病・妊娠学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 1型糖尿病合併妊娠患者における 産後の血糖コントロールに 関する検討

    浦井 伸, 岡田 裕子, 山田 倫子, 伊藤 潤, 佐藤 洋幸, 細川 友誠, 竹内 健人, 三浦 洋, 廣田 勇士, 坂口 一彦, 小嶋 伸恵, 谷村 憲司, 出口 雅士, 山田 秀人, 小川 渉

    第31回日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会, 2015年11月, 日本語, 日本糖尿病・妊娠学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 妊娠中に急性増悪を来したB型肝炎ウイルスキャリア妊婦の2例

    大原雅代, 谷村憲司, 笹川勇樹, 平久進也, 前澤陽子, 森實真由美, 出口雅士, 森岡一朗, 山田秀人

    第38回日本母体胎児医学会, 2015年10月, 日本語, 日本母体胎児医学会, 別府, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 新生児尿スクリーニングと抗ウイルス薬治療導入後の症候性先天性サイトメガロウイルス感染児の後遺症発生率

    西田浩輔, 森岡一朗, 香田 翼, 長坂美和子, 岩谷壮太, 出口雅士, 谷村憲司, 平久進也, 船越 徹, 大橋正伸, 飯島一誠, 山田秀人

    第51回日本周産期・新生児医学会総会学術集会, 2015年07月, 日本語, 日本周産期・新生児医学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 新生児尿スクリーニングと抗ウイルス薬治療導入後の症候性先天性サイトメガロウイルス感染児の後遺症発生率

    森岡一朗, 西田浩輔, 香田 翼, 岩谷壮太, 出口雅士, 谷村憲司, 平久進也, 蝦名康彦, 船越 徹, 大橋正伸, 飯島一誠, 山田秀人

    第32回日本産婦人科感染症学会学術講演会, 2015年05月, 日本語, 日本産婦人科感染症学会, 宇都宮, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 症候性先天性サイトメガロウイルス感染児の聴性脳幹反応に対する抗ウイルス薬治療の効果と問題点

    森岡一朗, 西田浩輔, 香田 翼, 岩谷壮太, 出口雅士, 谷村憲司, 平久進也, 蝦名康彦, 飯島一誠, 山田秀人

    第32回日本産婦人科感染症学会学術講演会, 2015年05月, 日本語, 日本産婦人科感染症学会, 宇都宮, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • サイトメガロウイルス胎児感染の母体IgG avidity indexは急速に上昇する

    蝦名康彦, 出口雅士, 峰松俊夫, 平久進也, 谷村憲司, 出口可奈, 山野由美香, 森實真由美, 森岡一朗, 山田秀人

    第32回日本産婦人科感染症学会学術講演会, 2015年05月, 日本語, 日本産婦人科感染症学会, 宇都宮, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • サイトメガロウイルスIgM 陽性妊婦における先天性感染発生の予測因子

    谷村憲司, 平久進也, 出口雅士, 森實真由美, 蝦名康彦, 森岡一朗, 峰松俊夫, 山田秀人

    第32回日本産婦人科感染症学会学術講演会, 2015年05月, 日本語, 日本産婦人科感染症学会, 宇都宮, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • IgG avidity とPCR 法を用いたサイトメガロウイルス妊婦スクリーニング

    平久進也, 蝦名康彦, 笹川勇樹, 長又哲史, 園山綾子, 森岡一朗, 谷村憲司, 出口雅士, 峰松俊夫, 山田秀人

    第32回日本産婦人科感染症学会学術講演会, 2015年05月, 日本語, 日本産婦人科感染症学会, 宇都宮, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 免疫グロブリンを用いたサイトメガロウイルス胎児感染予防と胎児治療

    上中美月, 谷村憲司, 金子めぐみ, 鷲尾佳一, 出口可奈, 平久進也, 篠崎奈々絵, 森實真由美, 出口雅士, 蝦名康彦, 森岡一朗, 山田秀人

    第67回日本産科婦人科学会学術講演会, 2015年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • 全新生児を対象とした尿サイトメガロウイルススクリーニングの臨床的有用性

    西田浩輔, 森岡一朗, 出口雅士, 谷村憲司, 平久進也, 蝦名康彦, 船越 徹, 大橋正伸, 山田秀人

    第67回日本産科婦人科学会学術講演会, 2015年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • 先天性トキソプラズマ感染の出生前予測に有用なトキソプラズマIgG avidity index cut-off 値

    谷村憲司, 西川 鑑, 平久進也, 出口雅士, 蝦名康彦, 森岡一朗, 山田秀人

    第67回日本産科婦人科学会学術講演会, 2015年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 切迫早産入院管理の結果、妊娠29週未満で早産となった児の予後解析

    宇治田直也, 谷村憲司, 平久進也, 篠崎奈々絵, 出口雅士, 森岡一朗, 山田秀人

    第67回日本産科婦人科学会学術講演会, 2015年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • 症候性先天性サイトメガロウイルス感染児の聴性脳幹反応に対する抗ウイルス薬治療の効果

    森岡一朗, 西田浩輔, 出口雅士, 谷村憲司, 平久進也, 蝦名康彦, 山田秀人

    第67回日本産科婦人科学会学術講演会, 2015年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • 抗SS-A抗体陽性妊婦の胎児大動脈-上大静脈房室伝導時間スクリーニングと先天性完全房室ブロックの発生予防

    荒井貴子, 平久進也, 谷村憲司, 金子めぐみ, 篠崎奈々絵, 出口雅士, 森岡一朗, 山田秀人

    第67回日本産科婦人科学会学術講演会, 2015年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • サイトメガロウイルスIgM陽性妊婦における先天性感染発生の予知因子

    平久進也, 蝦名康彦, 森岡一朗, 荒井貴子, 園山綾子, 谷村憲司, 出口雅士, 峰松俊夫, 山田秀人

    第67回日本産科婦人科学会学術講演会, 2015年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Incidence of sequelae in symptomatic congenital cytomegalovirus-infected infants after introduction of newborn urine screening and antiviral treatment.

    Nishida Kosuke, Morioka Ichiro, Kobayashi Yoko, Nakamachi Yuji, Imanishi Takamitsu, Deguchi Masashi, Tanimura Kenji, Funakoshi Toru, Ohashi Masanobu, Inoue Naoki, Iijima Kazumoto, Yamada Hideto

    5th International Congenital CMV Conference, 2015年04月, 英語, The QIMR Berghofer Medical Research Institute, Brisbane, オーストラリア, 国際会議

    ポスター発表

  • Follow-Up Study of Infants With Symptomatic Congenital Cytomegalovirus Infection Diagnosed by Urine Screening Soon After Birth

    西田 浩輔, 中町 祐司, 小林 曜子, 岡崎 葉子, 野口 依子, 出口 雅士, 谷村 憲司, 河野 誠司, 飯島 一誠, 山田 秀人, 森岡 一郎

    2015 Asian Society for Pediatric Research Annual Meeting, 2015年04月, 英語, osaka, Japan, 国際会議

    ポスター発表

  • Efficacy of antiviral treatment on abnormal auditory brainstem responses in congenital cytomegalovirus-infected infants.

    Morioka Ichiro, Nishida Kosuke, Yamashita Daisuke, Kobayashi Yoko, Nakamachi Yuji, Imanishi Takamitsu, Deguchi Masashi, Tanimura Kenji, Kawano Seiji, Nibu Kenichi, Iijima Kazumoto, Yamada Hedeto

    Pediatric Academic Societies Annual Meeting, 2015年04月, 英語, Pediatric Academic Societies, San Diego, アメリカ, 国際会議

    ポスター発表

  • Efficacy of antiviral treatment on abnormal auditory brainstem responses in congenital cytomegalovirus-infected infants.

    Morioka Ichiro, Nishida Kosuke, Yamashita Daisuke, Imanishi Takamitsu, Deguchi Masashi, Tanimura Kenji, Nibu Kenichi, Iijima Kazumoto, Yamada Hideto

    5th International Congenital CMV Conference, 2015年04月, 英語, The QIMR Berghofer Medical Research Institute, Brisbane, オーストラリア, 国際会議

    ポスター発表

  • Efficacy of Antiviral Treatment on Abnormal Auditory Brainstem Responses in Congenital Cytomegalovirus-Infected Infants

    森岡 一郎, 西田 浩輔, 山下 大輔, 小林 曜子, 中町 祐司, 今西 孝充, 出口 雅士, 谷村 憲司, 河野 誠司, 丹生 健一, 飯島 一誠, 山田 秀人

    2015 Pediatric Academic Society Annual Meeting, 2015年04月, 英語, osaka, Japan, 国際会議

    ポスター発表

  • A rapid increase of serum IgG avidity index in women with a congenital cytomegalovirus infection.

    Deguchi Masashi, Ebina Yasuhiko, Minematsu Toshio, Morioka Ichiro, Tairaku Shinya, Tanimura Kenji, Sonoyama Ayako, Nagamata Shinya, Morizane Mayumi, Yamada Hideto

    第67回日本産科婦人科学会学術講演会, 2015年04月, 英語, 日本産科婦人科学会, 横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • 1型糖尿病性腎症・顕性腎症期に妊娠、出産した一症例

    石田 理紗, 後藤 俊介, 中井 健太郎, 河野 圭志, 藤井 秀毅, 西 慎一, 石原 あゆみ, 出口 雅士, 原 重雄

    第25回 腎と妊娠研究会, 2015年03月, 日本語, 腎と妊娠研究会, 横浜, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • プロテインS低下女性に対する遺伝子検査の現状

    篠崎奈々絵, 出口 雅士, 谷村 憲司, 蝦名 康彦, 山田 秀人

    第29回日本生殖免疫学会学術集会, 2014年12月, 日本語, 日本生殖免疫学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • サイトメガロウイルスIgM陽性妊婦における先天性感染発生予知のための前方視的研究

    谷村 憲司, 平久 進也, 森實真由美, 蝦名 康彦, 出口 雅士, 森岡 一朗, 峰松 俊夫, 山田 秀人

    厚生労働科学研究助成金(成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業)『母子感染の実態把握及び検査・治療に関する研究』平成26年度第3回会議, 2014年12月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 先天性アンチトロンビン欠乏症合併妊婦における血栓塞栓症の管理~遺伝子解析結果と臨床像の検討~

    蝦名 康彦, 中町 祐司, 谷村 憲司, 森實真由美, 森上 聡子, 出口 雅士, 河野 誠司, 山田 秀人

    第59回日本人類遺伝学会・第21回日本遺伝子診療学会合同大会, 2014年11月, 日本語, 日本人類遺伝学会・日本遺伝子診療学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 受容体以後のシグナル伝達障害によるインスリン抵抗症を合併し、妊娠中もメトホルミン投与を要した一例

    鷲尾 佳一, 上中 美月, 篠崎 奈々絵, 森實 真由美, 谷村 憲司, 出口 雅士, 山田 秀人, 平田 悠, 西本 祐希, 廣田 勇士, 小川 渉

    第30回日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会, 2014年11月, 日本語, 日本糖尿病・妊娠学会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 受容体以後のシグナル伝達障害によるインスリン抵抗症が疑われ妊娠中メトホルミンが著効した1例

    鷲尾 佳一, 上中 美月, 篠崎奈々絵, 森實真由美, 平田 悠, 西本 祐希, 廣田 勇士, 小川 渉, 谷村 憲司, 出口 雅士, 山田 秀人

    第30回糖尿病・妊娠学会年次学術集会, 2014年11月, 日本語, 糖尿病・妊娠学会, 長崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • バセドウ病合併妊娠における産科異常と新生児甲状腺機能異常発症の危険因子の検討

    上中 美月, 谷村 憲司, 平久 進也, 篠崎 奈々絵, 森實 真由美, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 森岡 一朗, 山田 秀人

    第57回日本甲状腺学会学術集会, 2014年11月, 日本語, 日本甲状腺学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 免疫グロブリン投与によるサイトメガロウイルス母子感染予防の試み

    出口 可奈, 谷村 憲司, 平久 進也, 篠崎 奈々絵, 森實 真由美, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 森岡 一朗, 山田 秀人

    第131回近畿産科婦人科学会学術集会, 2014年10月, 日本語, 近畿産科婦人科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 不育症診断・治療の最近の話題

    出口 雅士

    第131回近畿産科婦人科学会学術集会, 2014年10月, 日本語, 近畿産婦人科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(基調)

  • 不育症と生化学的妊娠

    前澤 陽子, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 山田 秀人

    第131回近畿産科婦人科学会学術集会, 2014年10月, 日本語, 近畿産婦人科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 妊娠により1型糖尿病の悪化をみとめ腎生検を施行した1例

    石田 理紗, 後藤 俊介, 中井 健太郎, 河野 圭志, 藤井 秀毅, 石原 あゆみ, 出口 雅士, 原 重雄, 西 慎一

    第44回 日本腎臓学会西部学術大会, 2014年10月, 日本語, 日本腎臓学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 内腸骨動脈閉鎖バルーンカテーテルを用いた前置癒着胎盤に対する帝王切開術

    谷村 憲司, 松岡 正造, 森實真由美, 出口 雅士, 森田 宏紀, 蝦名 康彦, 山田 秀人

    第38回日本産婦人科手術学会, 2014年10月, 日本語, 日本産婦人科手術学会, 札幌, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 先天性トキソプラズマ感染症の出生前予測に有用なトキソプラズマ IgG avidity index cut-off値

    谷村 憲司, 西川 鑑, 平久 進也, 篠崎奈々絵, 森實真由美, 出口 雅士, 山田 秀人

    第131回近畿産科婦人科学会学術集会, 2014年10月, 日本語, 近畿産婦人科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 症候性先天性サイトメガロウイルス感染に対する免疫グロブリンを用いた胎児治療

    上中 美月, 谷村 憲司, 鷲尾 佳一, 平久 進也, 篠崎 奈々絵, 森實 真由美, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 森岡 一朗, 山田 秀人

    第131回近畿産科婦人科学会学術集会, 2014年10月, 日本語, 近畿産科婦人科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 治療抵抗性の抗リン脂質抗体症候群合併妊娠に対する大量免疫グロブリン療法

    出口 雅士, 谷村 憲司, 篠崎奈々絵, 今福 仁美, 前澤 陽子, 平久 進也, 葉 宜慧, 山田 秀人

    第131回近畿産科婦人科学会学術集会, 2014年10月, 日本語, 近畿産婦人科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 原因不明の難治性習慣流産14例に対する60g免疫グロブリン療法

    葉 宜慧, 出口 雅士, 中島 由貴, 伊勢由香里, 前澤 陽子, 篠崎奈々絵, 蝦名 康彦, 山田 秀人

    第131回近畿産科婦人科学会学術集会, 2014年10月, 日本語, 近畿産婦人科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • プロテインS低下女性に対する遺伝子検査の現状

    篠崎奈々絵, 上中 美月, 山崎 友維, 平久 進也, 森實真由美, 谷村 憲司, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 森田 宏紀, 山田 秀人

    第131回近畿産科婦人科学会学術集会, 2014年10月, 日本語, 近畿産婦人科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 母体血清AFP上昇を伴ったBreus Moleの1例

    上野嘉子, 北島一宏, 前田哲雄, 高橋哲, 田中宇多留, 末永裕子, 西本昌司, 出口雅士, 川上史, 山田秀人, 伊藤智雄, 杉村和朗

    The 16th Japanese Society for the Advancement of Women's Imaging, 2014年08月, 日本語, TheJapanese Society for the Advancement of Women's Imaging, 兵庫, 国内会議

    ポスター発表

  • 胎盤トキソプラズマ感染を認めた2例

    出口 雅士, 松岡 正造, 白川 得朗, 小嶋 伸恵, 平久 進也, 篠崎 奈々絵, 鈴木 嘉穂, 谷村 憲司, 森岡 一朗, 山田 秀人

    第50回日本周産期・新生児医学会学術集会, 2014年07月, 日本語, 日本周産期・新生児医学会, 千葉, 国内会議

    ポスター発表

  • 胎盤トキソプラズマ感染を認めた2症例

    出口 雅士, 松岡 正造, 白川 得朗, 小嶋 伸恵, 平久 進也, 篠崎奈々絵, 鈴木 嘉穂, 谷村 憲司, 森岡 一朗, 山田 秀人

    第50回日本周産期・新生児医学会学術集会, 2014年07月, 日本語, 日本周産期・新生児医学会, 浦安, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 子宮体癌根治術における廓清リンパ節および子宮筋層にリンパ脈管筋腫症細胞を認めた一例

    森田 宏紀, 山崎 友維, 白川 友香, 平久 進也, 鈴木 嘉穂, 今福 仁美, 生橋 義之, 出口 雅士, 宮原 義也, 新谷 潔, 蝦名 康彦, 川上 史, 山田 秀人

    第56回日本婦人科腫瘍学会学術講演会, 2014年07月, 日本語, 第57回日本婦人科腫瘍学会, 宇都宮, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 近年日本における母子感染の実態

    平久 進也, 森岡 一朗, 蝦名 康彦, 園山 綾子, 谷村 憲司, 出口 雅士, 山田 秀人

    第50回日本周産期・新生児医学会学術集会, 2014年07月, 日本語, 日本周産期・新生児医学会, 千葉, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • インスリン治療を要した妊娠糖尿病妊婦の臨床像

    小嶋 伸恵, 白川 得朗, 平久 進也, 篠崎奈々絵, 谷村 憲司, 出口 雅士, 松岡 正造, 山田 秀人

    第50回日本周産期・新生児医学会学術集会, 2014年07月, 日本語, 日本周産期・新生児医学会, 浦安, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The IgG avidity value for the prediction of congenital cytomegalovirus infection in a prospective cohort study

    Ebina Y, Minematsu T, Sonoyama A, Morioka I, Inoue N, Tairaku S, Nagamata S, Tanimura K, Morizane M, Deguchi M, Yamada H

    39th Annual International Herpesvirus Workshop, 2014年07月, 英語, Kobe, Japan, 国際会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • Rapid increase in CMV IgG avidity correlates with cytomegalovirus transmission to the fetus

    Ebina Y, Ichihasi S, Tairaku S, Deguchi M, Morioka I, Tanimura K, Minematsu T, Yamada H

    39th Annual International Herpesvirus Workshop, 2014年07月, 英語, Kobe, Japan, 国際会議

    ポスター発表

  • 母体血サイトメガロウイルスIgG avidity 測定による先天性感染の発生予知

    長又 哲史, 蝦名 康彦, 峰松 俊夫, 園山 綾子, 森岡 一朗, 平久 進也, 谷村 憲司, 森賓真由美, 出口 雅士, 山田 秀人

    第31回日本産婦人科感染症研究会, 2014年06月, 日本語, 日本産婦人科感染症研究会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 妊娠中の水痘初感染により子宮内胎児死亡に至った1例

    小嶋 伸恵, 谷村 憲司, 平久 進也, 篠崎奈々絵, 出口 雅士, 松岡 正造, 山田 秀人

    第31回日本産婦人科感染症研究会, 2014年06月, 日本語, 日本産婦人科感染症研究会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 妊娠に関連した高安病の6症例

    中島 由貴, 出口 雅士, 内田 明子, 市橋さなえ, 出口 可奈, 西野由香里, 西本 昌司, 白川 得朗, 小嶋 伸恵, 平久 進也, 鈴木 嘉穂, 篠崎奈々絵, 松岡 正造, 山田 秀人

    第130回近畿産科婦人科学会学術集会, 2014年06月, 日本語, 近畿産婦人科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 胎盤トキソプラズマ感染を認めた2症例

    松岡 正造, 平久 進也, 出口 雅士, 篠崎奈々絵, 鈴木 嘉穂, 中島 由貴, 伊勢由香里, 森岡 一朗, 山田 秀人

    第31回日本産婦人科感染症研究会, 2014年06月, 日本語, 日本産婦人科感染症研究会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 全国産科施設を対象としたパルボウイルスB19母子感染の実態調査

    蝦名 康彦, 平久 進也, 森岡 一朗, 谷村 憲司, 出口 雅士, 長又 哲史, 山田 秀人

    第55回日本臨床ウイルス学会, 2014年06月, 日本語, 日本臨床ウイルス学会, 札幌, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 全国産科施設を対象としたパルボウイルスB19母子感染の実態調査

    蝦名 康彦, 平久 進也, 森岡 一朗, 園山 綾子, 谷村 憲司, 出口 雅士, 長又 哲史, 山田 秀人

    第31回日本産婦人科感染症研究会, 2014年06月, 日本語, 日本産婦人科感染症研究会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 全国産科施設を対象としたCMV、トキソプラズマ、風疹、梅毒、単純ヘルペス母子感染の実態調査

    出口 雅士, 平久 進也, 森岡 一朗, 蝦名 康彦, 園山 綾子, 谷村 憲司, 長又 哲史, 山田 秀人

    第31回日本産婦人科感染症研究会, 2014年06月, 日本語, 日本産婦人科感染症研究会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 先天性サイトメガロウイルス(CMV)感染の診断における新生児血中CMV-IgM、アンチゲネミア、CMV-DNA の意義

    森岡 一朗, 平久 進也, 谷村 憲司, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 藤田 花織, 黒川 大輔, 長坂美和子, 香田 翼, 横田 知之, 柴田 暁男, 飯島 一誠, 山田 秀人

    第31回日本産婦人科感染症研究会, 2014年06月, 日本語, 日本産婦人科感染症研究会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 症候性先天性サイトメガロウイルス感染児に対する抗ウイルス薬治療

    森岡 一朗, 平久 進也, 谷村 憲司, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 藤田 花織, 黒川 大輔, 長坂美和子, 香田 翼, 横田 知之, 柴田 暁男, 飯島 誠, 山田 秀人

    第31回日本産婦人科感染症研究会, 2014年06月, 日本語, 日本産婦人科感染症研究会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 周産期リステリア症の2例

    市橋さなえ, 鈴木 嘉穂, 出口 雅士, 松岡 正造, 谷村 憲司, 森實真由美, 篠崎奈々絵, 平久 進也, 山田 秀人

    第88回兵庫県産科婦人科学会学術集会, 2014年06月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 子宮下部から子宮前壁を走行する卵膜血管を認めた2例

    西野由香里, 松岡 正造, 出口 雅士, 市橋さなえ, 内田 明子, 中島 由貴, 西本 昌司, 白川 得朗, 小嶋 伸恵, 平久 進也, 鈴木 嘉穂, 篠崎奈々絵, 山田 秀人

    第130回近畿産科婦人科学会学術集会, 2014年06月, 日本語, 近畿産婦人科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 筋強直性ジストロフィー合併妊娠の2例

    内田 明子, 平久 進也, 篠崎奈々絵, 森實真由美, 谷村 憲司, 出口 雅士, 松岡 正造, 山田 秀人

    第88回兵庫県産科婦人科学会学術集会, 2014年06月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 寒冷凝集素症合併妊娠の一例

    豊永 絢香, 中島 由貴, 出口 雅士, 篠崎奈々絵, 平久 進也, 鈴木 嘉穂, 松岡 正造, 山田 秀人

    平成26年度兵庫県母性衛生学会学術集会, 2014年06月, 日本語, 兵庫県母性衛生学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • サイトメガロウイルス先天性感染例においてIgG avidity index は急速に増加する

    市橋さなえ, 蝦名 康彦, 平久 進也, 出口 雅士, 森岡 一朗, 谷村 憲司, 峰松 俊夫, 山田 秀人

    第31回日本産婦人科感染症研究会, 2014年06月, 日本語, 日本産婦人科感染症研究会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • サイトメガロウイルス先天性感染例においてIgG avidity indexは急速に増加する

    蝦名 康彦, 峰松 俊夫, 市橋さなえ, 平久 進也, 出口 雅士, 森岡 一朗, 谷村 憲司, 山田 秀人

    第55回日本臨床ウイルス学会, 2014年06月, 日本語, 日本臨床ウイルス学会, 札幌, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The IgG avidity value for the prediction of congenital cytomegalovirus infection in a prospective cohort study.

    Yasuhiko Ebina, Toshio Minematsu, Ayako Sonoyama, Ichiro Morioka, Naoki Inoue, Shinya Tairaku, Satoshi Nagamata, Kenji Tanimura, Mayumi Morizane, Masashi Deguchi, Hideto Yamada

    The 39th Annual International Herpesvirus Workshop, 2014年06月, 英語, NOVARTIS, 神戸, 国際会議

    ポスター発表

  • Rapid increase in CMV IgG avidity correlates with cytomegalovirus transmission to the fetus.

    Yasuhiko Ebina, Sanae Ichihashi, Shinya Tairaku, Masashi Deguchi, Ichiro Morioka, Kenji Tanimura, Toshio Minematsu, Hideto Yamada

    The 39th Annual International Herpesvirus Workshop, 2014年06月, 英語, NOVARTIS, 神戸, 国際会議

    ポスター発表

  • MHCクラスII の新しい抗原提示機能は抗リン脂質抗体症候群の病態と関連する

    谷村 憲司, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 山田 秀人, 荒瀬 尚, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 山田 秀人, 荒瀬 尚

    第31回日本産婦人科感染症研究会, 2014年06月, 日本語, 日本産婦人科感染症研究会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Low total IgM values and high cytomegalovirus loads in the blood of newborns with symptomatic congenital cytomegalovirus infection.

    Ichiro Morioka, Yoko Kobayashi, Tsubasa Koda, Yuji Nakamachi, Yoko Okazaki, Yoriko Noguchi, Shinya Tairaku, Kenji Tanimura, Masashi Deguchi, Yasuhiko Ebina, Seiji Kawano, Kazumoto Iijima, Hideto Yamada

    The 39th Annual International Herpesvirus Workshop, 2014年06月, 英語, NOVARTIS, 神戸, 国際会議

    ポスター発表

  • IgG AvidityとPCR法を用いたサイトメガロウイルス妊婦スクリーニング【シンポジウム】母子感染~妊婦スクリーニングの効果と課題~

    平久 進也, 蝦名 康彦, 笹川 勇樹, 長又 哲史, 園山 綾子, 伊勢由香里, 森岡 一朗, 谷村 憲司, 出口 雅士, 峰松 俊夫, 山田 秀人

    第31回日本産婦人科感染症研究会, 2014年06月, 日本語, 日本産婦人科感染症研究会, 神戸, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • IgG avidityとPCR法を用いたサイトメガロウイルス妊婦スクリーニング

    笹川 勇樹, 蝦名 康彦, 長又 哲史, 園山 綾子, 伊勢 由香里, 森岡 一朗, 平久 進也, 谷村 憲司, 出口 雅士, 峰松 俊夫, 山田 秀人

    第130回近畿産科婦人科学会学術集会, 2014年06月, 日本語, 近畿産科婦人科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 妊娠35週より急速に増大した胎児脳腫瘍の1例

    山崎 友維, 宮原 義也, 平久 進也, 篠崎奈々絵, 出口 雅士, 森田 宏紀, 山田 秀人

    日本超音波医学会第87回学術集会, 2014年05月, 日本語, 日本超音波医学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 分娩後出血に対する選択的動脈塞栓術無効に関連する因子の検討

    山崎 友維, 森田 宏紀, 平久 進也, 篠崎奈々絵, 出口 雅士, 松岡 正造, 宮原 義也, 蝦名 康彦, 山田 秀人

    第66回日本産科婦人科学会学術講演会, 2014年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 東京, 国内会議

    その他

  • 不育症患者における非妊娠時の末梢血NK細胞活性と妊娠帰結

    伊勢由香里, 出口 雅士, 中島 由貴, 白川 得朗, 前澤 陽子, 篠崎奈々絵, 蝦名 康彦, 山田 秀人

    第66回日本産科婦人科学会学術講演会, 2014年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 不育症および自己免疫疾患における抗リン脂質抗体陽性患者の妊娠帰結

    宮原 義也, 出口 雅士, 篠崎奈々絵, 谷村 憲司, 蝦名 康彦, 山田 秀人

    第66回日本産科婦人科学会学術講演会, 2014年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 妊娠35週より急速に増大した胎児脳腫瘍の1例

    内田 明子, 山崎 友維, 牧原 夏子, 生橋 義之, 松岡 正造, 出口 雅士, 宮原 義也, 森田 宏紀, 蝦名 康彦, 山田 秀人

    第66回日本産科婦人科学会学術講演会, 2014年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 先天性サイトメガロウイルス(CMV)感染の診断における新生児血中CMV-IgM、アンチゲネミア、CMV-DNAの意義

    森岡 一朗, 平久 進也, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 山田 秀人

    第66回日本産科婦人科学会学術講演会, 2014年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 東京, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 人工透析導入を回避しえた糖尿病性腎症3B期合併妊娠の1例

    石原あゆみ, 松岡 正造, 出口 雅士, 森上 聡子, 篠崎奈々絵, 笹川 勇樹, 山下 萌, 中島 由貴, 伊勢由香里, 平久 進也, 山田 秀人

    第66回日本産科婦人科学会学術講演会, 2014年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 治療抵抗性の抗リン脂質抗体症候群合併妊娠に対する大量免疫グロブリン療法

    出口 雅士, 宮原 義也, 谷村 憲司, 白川 得朗, 篠崎奈々絵, 前澤 陽子, 蝦名 康彦, 山田 秀人

    第66回日本産科婦人科学会学術講演会, 2014年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 抗リン脂質抗体症候群母体から出生した児に胃破裂を発症した1例

    山下 萌, 出口 雅士, 森田 宏紀, 松岡 正造, 平久 進也, 篠崎 奈々絵, 小嶋 伸恵, 中島 由貴, 伊勢 由香里, 石原 あゆみ, 森岡 一朗, 山田 秀人

    第66回日本産科婦人科学会学術講演会, 2014年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 原因不明かつ6回以上自然流産の既往のある治療抵抗性・難治性習慣流産14人に対する60g免疫グロブリン療法

    中島 由貴, 出口 雅士, 伊勢由香里, 白川 得朗, 前澤 陽子, 篠崎奈々絵, 蝦名 康彦, 山田 秀人

    第66回日本産科婦人科学会学術講演会, 2014年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 近年日本における母子感染の実態

    平久 進也, 森岡 一朗, 蝦名 康彦, 長又 哲史, 園山 綾子, 谷村 憲司, 出口 雅士, 山田 秀人

    第66回日本産科婦人科学会学術講演会, 2014年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 近年における母子感染の実態

    平久 進也, 森岡 一朗, 長又 哲史, 蝦名 康彦, 園山 綾子, 谷村 憲司, 出口 雅士, 山田 秀人

    第66回日本産科婦人科学会学術講演会, 2014年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 急速なIgG Avidity index上昇はサイトメガロウイルス先天性感染の発生予知因子である

    市橋 さなえ, 蝦名 康彦, 平久 進也, 出口 雅士, 森岡 一朗, 谷村 憲司, 峰松 俊夫, 山田 秀人

    第66回日本産科婦人科学会学術講演会, 2014年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • プロテインS低下不育症の妊娠帰結

    篠崎奈々絵, 出口 雅士, 森上 聡子, 前澤 陽子, 平久 進也, 松岡 正造, 蝦名 康彦, 森田 宏紀, 山田 秀人

    第66回日本産科婦人科学会学術講演会, 2014年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • The IgG avidity value for the prediction of congenital cytomegalovirus infection in a prospective cohort study.

    Satoshi Nagamata, Yasuhiko Ebina, Toshio Minematsu, Ayako Sonoyama, Ichiro Morioka, Shinya Tairaku, Keiji Tanimura, Mayumi Morizane, Masashi Deguchi, Hideto Yamada

    第66回日本産科婦人科学会学術講演会, 2014年04月, 英語, 日本産科婦人科学会, 東京, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • IgG avidityとPCR法を用いたサイトメガロウイルス妊婦スクリーニング

    笹川 勇樹, 蝦名 康彦, 長又 哲史, 園山 綾子, 伊勢 由香里, 森岡 一朗, 平久 進也, 谷村 憲司, 出口 雅士, 峰松 俊夫, 山田 秀人

    第66回日本産科婦人科学会学術講演会, 2014年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • HLAクラスII/β2-glycoprotein Iタンパク質複合体は抗リン脂質抗体症候群の病態に関わる主要な標的分子である。

    谷村 憲司, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 山田 秀人, 荒瀬 尚

    第66回日本産科婦人科学会学術講演会, 2014年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • Association between protein C, protein S, factor XII, and spontaneous abortion, adverse

    Ebina Y, Kobashi G, Deguchi M, Minakami H, Yamada H

    第66回日本産科婦人科学会学術講演会, 2014年04月, 英語, 日本産科婦人科学会, 東京, 国内会議

    その他

  • MHC class IIの新しい抗原提示機構は抗リン脂質抗体症候群の病態に関連する

    谷村 憲司, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 山田 秀人, 荒瀬 尚

    平成26年度位育会総会, 2014年02月, 日本語, 位育会, 神戸, 国内会議

    その他

  • IgG avidityとPCR法を用いたサイトメガロウイルス妊婦スクリーニング

    笹川 勇樹, 蝦名 康彦, 長又 哲史, 園山 綾子, 伊勢由香里, 森岡 一朗, 平久 進也, 谷村 憲司, 出口 雅士, 峰松 俊夫, 山田 秀人

    第5回神戸産婦人科臨床フォーラム, 2014年01月, 日本語, 兵庫県産科婦人科学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Cellular misfolded proteins transported to the cell surface by MHC class II molecules are targets for autoantibodies in autoimmune diseases

    谷村 憲司, 出口 雅士, 蝦名 康彦, 山田 秀人, 荒瀬 尚

    平成25年度大阪大学微生物病研究所業績発表会, 2014年01月, 日本語, 大阪大学, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当院におけるプロテインS低下症例に関する検討

    篠崎 奈々絵, 出口 雅士, 前澤 陽子, 森田 宏紀, 山田 秀人

    日本生殖医学会雑誌, 2013年10月, 日本語

  • K2-7-2 卵母細胞由来Interleukin 7(IL-7)はPI3K/AKT回路を介し卵巣顆粒膜細胞のアポトーシスを抑制し卵母細胞の核成熟を促進する(高得点演題7,生殖医学)

    山田 愛, 出口 雅士, JW Hsueh Aaron, 中林 幸士, 山田 秀人

    日本産科婦人科學會雜誌, 2012年, 日本語, 日本産科婦人科学会

  • 先天性アンチトロンビンIII欠乏症合併妊娠9例の検討

    森実 真由美, 武居 智信, 鈴木 嘉穂, 牧原 夏子, 天野 真理子, 森本 規之, 出口 雅士, 森田 宏紀, 山崎 峰夫, 山田 秀人

    日本周産期・新生児医学会雑誌, 2010年, 日本語, 日本周産期・新生児医学会

  • SLE合併妊娠の臨床像

    天野 真理子, 牧原 夏子, 園山 綾子, 鈴木 嘉穂, 森本 規之, 森実 真由美, 出口 雅士, 森田 宏紀, 山崎 峰夫, 山田 秀人

    日本周産期・新生児医学会雑誌, 2010年, 日本語, 日本周産期・新生児医学会

  • 分娩後大量出血に対する選択的動脈塞栓術の有用性

    山崎 友雄, 森田 宏紀, 白川 得朗, 吉田 奈央, 牧原 夏子, 鈴木 嘉穂, 天野 真理子, 森本 規之, 森実 真由美, 出口 雅士, 山崎 峰夫, 山田 秀人

    日本周産期・新生児医学会雑誌, 2010年, 日本語, 日本周産期・新生児医学会

  • ICG蛍光法を用いて術中骨盤内lymphnode navigationを施行した腟悪性黒色腫の1例

    池田哲哉, 錦織千佳子, 出口雅士, 吉田茂樹

    日本皮膚科学会第416回大阪地方会, 2009年12月, 日本語, 大阪地方会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 持効型溶解インスリンアナログを用いた一型糖尿病合併妊婦の管理経験

    芦谷尚子, 牧原夏子, 出口雅士, 松岡正造, 北尾敬祐, 森田宏紀, 小原範之, 山崎峰夫, 丸尾猛, 小川渉

    第117回近畿産科婦人科学会学術集会, 2007年11月, 日本語, 近畿産科婦人科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 巨大外陰部腫瘤の一症例

    杉本誠, 竹村直也, 出口雅士, 中林幸士, 吉田茂樹, 山崎峰夫, 丸尾猛

    第117回近畿産科婦人科学会学術集会, 2007年11月, 日本語, 近畿産科婦人科学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 第一子が前期破水の二絨毛膜双胎の肺低形成評価に三次元超音波検査が有用であった一例

    芦谷尚子, 森田宏紀, 牧原夏子, 松岡正造, 出口雅士, 北尾敬祐, 山崎峰夫, 丸尾猛

    第43回日本周産期・新生児医学会学術集会, 2007年07月, 日本語, 日本周産期・新生児医学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 治療に苦慮したリンパ嚢腫症例

    杉本誠, 竹村直也, 出口雅士, 中林幸士, 吉田茂樹, 山崎峰夫, 丸尾猛

    第81回兵庫県産科婦人科学会学術集会, 2007年07月, 日本語, 兵庫県産科婦人科学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 産後大量出血のため内腸骨動脈塞栓術を受けた後の妊娠で癒着胎盤をきたした一症例

    牧原夏子, 北尾敬祐, 天野真理子, 芦谷尚子, 出口雅士, 松岡正造, 森田宏紀, 山崎峰夫, 丸尾猛

    第43回日本周産期・新生児医学会学術集会, 2007年07月, 日本語, 日本周産期・新生児医学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Super high-dose intraarterial CDDP infusion under percutaneous pelvic perfusion with extracorporeal chemofiltration for advanced uterine cervical cancer

    丸尾猛, 本山覚, 吉田茂樹, 出口雅士

    The7thInternationalOperativeWorkshop, 2007年07月, 英語, Frauenklinik, Klinikum Bayreuth Gmbh, Mayo Clinic, USA, Bayreuth, Germany, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 当院で経験した腹膜偽粘液腫十一症例の検討

    中林幸士, 竹村直也, 天野真理子, 出口雅士, 吉田茂樹, 山崎峰夫, 丸尾猛

    第116回近畿産科婦人科学会学術集会, 2007年06月, 日本語, 近畿産科婦人科学会, 大津, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 子宮内膜症におけるVascular endothelial growth factor遺伝子多型の解析

    生橋義之, 吉田茂樹, 小原範之, 竹村直也, 杉本誠, 天野真理子, 北尾敬祐, 出口雅士, 丸尾猛

    第59回日本産科婦人科学会学術講演会, 2007年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 子宮内膜症におけるepithelial growth factor ならびに epithelial growth factor receptor 遺伝子多型の解析

    吉田茂樹, 小原範之, 北尾敬祐, 杉本誠, 竹村直也, 生橋義之, 天野真理子, 出口雅士, 丸尾猛

    第59回日本産科婦人科学会学術講演会, 2007年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 子宮体癌におけるvascular endothelial growth factor遺伝子多型の解析

    天野真理子, 吉田茂樹, 小原範之, 竹村直也, 杉本誠, 生橋義之, 北尾敬祐, 出口雅士, 丸尾猛

    第59回日本産科婦人科学会学術講演会, 2007年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 子宮体癌におけるepidermal growth factor receptor, human epidermal growth factor receptor 2 遺伝子多型の解析

    北尾敬祐, 吉田茂樹, 小原範之, 竹村直也, 杉本誠, 生橋義之, 天野真理子, 出口雅士, 丸尾猛

    第59回日本産科婦人科学会学術講演会, 2007年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 子宮体癌におけるcatechol-O-methyltransferase遺伝子多型の解析

    出口雅士, 吉田茂樹, 小原範之, 竹村直也, 杉本誠, 生橋義之, 天野真理子, 北尾敬祐, 丸尾猛

    第59回日本産科婦人科学会学術講演会, 2007年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 子宮筋腫におけるcatechol-O-methyltransferase遺伝子多型の解析

    杉本誠, 吉田茂樹, 小原範之, 竹村直也, 生橋義之, 天野真理子, 出口雅士, 北尾敬祐, 丸尾猛

    第59回日本産科婦人科学会学術講演会, 2007年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • インスリンアナログによる糖尿病合併妊婦の治療 持効型溶解インスリンアナログを用いた一型糖尿病合併妊婦の管理経験

    芦谷 尚子, 森田 宏紀, 北尾 敬祐, 出口 雅士, 松岡 正造, 小原 範之, 山崎 峰夫, 丸尾 猛

    第22回日本糖尿病・妊娠学会、ワークショップ, 2006年11月, 日本語, 日本糖尿病・妊娠学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 当科での子宮癌肉腫十三症例の検討

    竹村 直也, 出口 雅士, 中林 幸士, 吉田 茂樹, 山崎 峰夫, 丸尾 猛

    第44回日本癌治療学会, 2006年10月, 日本語, 日本癌治療学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 過去五年間に経験した腹膜偽粘液腫十一症例の検討

    中林 幸士, 竹村 直也, 出口 雅士, 吉田 茂樹, 山崎 峰夫, 丸尾 猛

    第44回日本癌治療学会, 2006年10月, 日本語, 日本癌治療学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 食道静脈瘤からの出血を繰り返したアルコール性肝硬変合併妊娠の管理経験

    森田 宏紀, 出口 雅士, 北尾 敬祐, 山崎 峰夫, 丸尾 猛

    第42回日本周産期・新生児医学会学術集会, 2006年07月, 日本語, 日本周産期・新生児医学会, 宮崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 子宮体癌発症におけるMatrix metalloproteinase-1, -9遺伝子多型の解析

    吉田 茂樹, 小原 範之, 出口 雅士, 竹村 直也, 丸尾 猛

    第58回日本産科婦人科学会総会・学術講演会, 2006年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • 子宮筋腫におけるMatrix metalloproteinase(MMP)-1ならびにMMP-9遺伝子多型の解析

    竹村 直也, 吉田 茂樹, 小原 範之, 出口 雅士, 丸尾 猛

    第58回日本産科婦人科学会総会・学術講演会, 2006年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • IVF-ET試行後に重症OHSSと左鎖骨下静脈血栓症を発症した二症例

    北尾 敬祐, 小原 範之, 出口 雅士, 森田 宏紀, 丸尾 猛

    第58回日本産科婦人科学会総会・学術講演会, 2006年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • 当科における産科出血に対する選択的子宮動脈塞栓術の現況

    鈴木 嘉穂, 森田 宏紀, 斎田 有紀, 生橋 義之, 森川 哲, 市田 耕太郎, 出口 雅士, 小原 範之, 北尾 敬祐, 丸尾 猛

    第113回近畿産婦人科学会, 2005年10月, 日本語, 近畿産婦人科学会, 滋賀, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 肺リンパ管筋腫症合併妊娠の1例

    藤本 美樹, 佐々木 紘子, 森田 宏紀, 出口 雅士, 北尾 敬祐, 船越 徹, 小原 範之, 丸尾 猛

    第17回兵庫県母性衛生学会, 2005年07月, 日本語, 兵庫県母性衛生学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 妊娠28週で発症し寛解導入後に帝王切開術で健児を得たALLの1例

    森川 哲, 北尾 敬祐, 森田 宏紀, 甲角 真子, 出口 雅士, 小原 範之, 丸尾 猛

    第79回兵庫県産婦人科学会, 2005年07月, 日本語, 兵庫県産婦人科学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Update of neoadjuvant chemotherapy using percutaneous pelvic perfusion with extracorporeal chemofiltration (PPPEC) for advanced uterine cervical carcinoma

    丸尾 猛, 本山 覚, 濱名 伸也, 出口 雅士

    6th International Operative Workshop, 2005年07月, 英語, Bayreuth, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 肺リンパ管筋腫症合併妊娠の1例

    藤本 美樹, 佐々木 紘子, 森田 宏紀, 出口 雅士, 北尾 敬祐, 船越 徹, 小原 範之, 丸尾 猛

    第112回近畿産婦人科学会, 2005年06月, 日本語, 近畿産婦人科学会, 和歌山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 子宮内膜症における N-acetyltransferase (NAT) 1ならびに NAT2 遺伝子領域におけるTDT (伝達不平衡) 解析

    吉田 茂樹, 出口 雅士, 生橋 義之, 竹村 直也, 杉本 誠, 小原 範之, 丸尾 猛, ステイーブン ケネデイー

    第五十七回日本産科婦人科学会総会・学術講演会, 2005年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 子宮内膜症における Intercellular adhesion molecule-1 (ICAM-1) 遺伝子多型の解析

    山下 正子, 吉田 茂樹, 出口 雅士, 生橋 義之, 竹村 直也, 杉本 誠, 小原 範之, 丸尾 猛, ステイーブン ケネデイー

    第五十七回日本産科婦人科学会総会・学術講演会, 2005年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • シスプラチン感受性卵巣癌細胞の増殖とアポトーシスに及ぼす Imatinib mesylate の影響の検討

    出口 雅士, 本山 覚, ジョベル フェルナンデス, 浜名 伸也, ベンジャミン ツァン, 丸尾 猛

    第五十七回日本産科婦人科学会総会・学術講演会, 2005年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 日本人子宮筋腫患者における CYP17MspA1 遺伝子多型の解析

    辻野 太郎, 小原 範之, 吉田 茂樹, 大森 伸也, 森實 真由美, 出口 雅士, 丸尾 猛, ステイーブン・ケネディー

    第五十六回日本産科婦人科学会学術講演会, 2004年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 子宮内膜症における N-acetyltransferase (NAT)1 ならびに NAT2 遺伝子多型の解析

    出口 雅士, 吉田 茂樹, 大森 伸也, 森實 真由美, 丸尾 猛, ステイーブン・ケネディー

    第五十六回日本産科婦人科学会学術講演会, 2004年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 子宮内膜症における N-acetyltransferase (NAT) 1 ならびに NAT2遺伝子多型の解析 -家族性子宮内膜症と非家族性子宮内膜症の比較-

    吉田 茂樹, 大森 伸也, 森實 真由美, 出口 雅士, 丸尾 猛, ステイーブン ケネデイー

    第五十六回日本産科婦人科学会学術講演会, 2004年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 子宮筋腫患者における ERαならびに ERβ遺伝子多型の解析

    大森 伸哉, 吉田 茂樹, 辻野 太郎, 森實 真由美, 出口 雅士, 小原 範之, 丸尾 猛

    第五十六回日本産科婦人科学会学術講演会, 2004年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Tumor necrosis factor-α-1031T/C promoter polymorphism is associated with an increased risk of endometriosis in a Japanese population

    Tasneem Asghar, 吉田 茂樹, 大森 伸哉, 森實 真由美, 出口 雅士, 王 茁, Steven Kennedy, 丸尾 猛

    第五十六回日本産科婦人科学会学術講演会, 2004年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Super high-dose intraarterial CDDP infusion under percutaneous pelvic perfusion with extracorporeal chemofiltration for advanced uterine cervical cancer

    本山 覚, 出口 雅士, 濱名 伸也, 吉田 茂樹, 具 英成, 宮原 義也, 立岩 洋一, 丸尾 猛

    Special Lecture, 2003年10月, 英語, Bali, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 子宮頸部扁平上皮細胞の癌化における活動型 Notch1 発現の検討

    出口 雅士, 濱名 伸也, 森山 俊武, 吉田 茂樹, 本山 覚, 丸尾 猛

    第五十五回日本産科婦人科学会, 2003年04月, 日本語, 日本産科婦人科学会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

所属学協会

  • 日本周産期新生児学会

  • 婦人科腫瘍学会

  • 日本癌治療学会

  • 日本産科婦人科学会

共同研究・競争的資金等の研究課題