研究者紹介システム

末包 伸吾
スエカネ シンゴ
大学院工学研究科 建築学専攻
教授
土木・建築工学関係
Last Updated :2022/09/25

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院工学研究科 建築学専攻
  • 【配置】

    工学部 建築学科

学位

  • 博士(工学), 神戸大学
  • 建築・都市デザインの理論的探究と実践

授業科目

ジャンル

  • 科学・技術 / 建築

コメントテーマ

  • 建築空間構成論
  • 近・現代建築家の建築思想
  • 建築意匠

研究活動

研究キーワード

  • architectural history and design architectural and urban planning
  • 建築史・意匠 建築計画・都市計画

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築史、意匠
  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築計画、都市計画

論文

  • ピーター・ズントーの建築創作およびその現代的意義に関する考察

    末包伸吾

    2021年, Designシンポジウム2021講演論文集, 252 - 243

    [査読有り]

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 伊丹潤の言説における朝鮮の美の思想に関する研究─柳宗悦の「悲哀の美」の思想に対する伊丹 潤の見解に着目して─

    後藤沙羅,末包伸吾,増岡亮

    2021年, Designシンポジウム2021講演論文集, 74 - 80

    [査読有り]

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • ピエール・コーニッグの独立住宅作品における主空間と架構表現

    増岡亮, 末包伸吾

    2021年, Designシンポジウム2021講演論文集, 255 - 259

    [査読有り]

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 後藤 沙羅, 末包 伸吾, 増岡 亮

    This paper is a part of the researches to characterize and identify the architectural theory of Jun Itami (1937-2011) through all the currently available articles written by him. The keywords of the subjects were sorted out as a number of items and examined from the viewpoint of hierarchy of composition of the meaning by extracting important sentence. As the first level of his architectural thought, three items of 【Joseon period】, 【Korea】, 【Contemporary Japan】 were extracted. This paper is examining 《Nature》,《Human Spirit》, and 《City》 that make up【Contemporary Japan】. 《Nature》consists of the third level of three items of[Natural objects], [Natural environment], and [The role of nature]. [Natural objects] consists of the 4th level of four items of 〈Water〉, 〈Wood〉, 〈Stone〉, and〈Soil〉. [Natural environment] consists of the 4th level of seven items of 〈Magnificence〉, 〈Environment〉, 〈Face〉, 〈Light〉, 〈Wind〉, 〈Sound〉, and 〈Sky〉. [The role of nature] consists of the 4th level of five items of 〈Harmony〉, 〈Antagonist〉, 〈Fusion〉, 〈Coexistence〉, and 〈Multi-layered〉. 《Human spirit》 consists of the third level of five items of [Perceptual structure], [Changing to the line of sight], [Art], [Drawing], and [Parthenon temple]. [Drawing] consists of the 4th level of five items of 〈Physicality〉, 〈Layering and blocking〉, 〈Primitive experience〉, 〈Tuning〉, and 〈The significance of contemporary drawing〉. 《City》 consists of the third level of two items of [Life in the city], and [Architecture in the city].

    In 【Contemporary Japan】, industrialization and internationalization are progressing, various spatial and temporal boundaries are fading, everyday life and 《Architecture》 itself continue to change day by day. Human beings are being isolated from 《Nature》, 《Architecture》, and 《City》.

    While presenting an awareness of the problem of 《City》, he examined various ways of the relationship between 《Nature》 and 《Architecture》, and found and explained the concept of 〈Face〉and[Perceptual structure] in his own word.

    日本建築学会, 2021年, 日本建築学会計画系論文集, 86 (786), 2189 - 2200, 日本語

    [査読有り]

  • 伊丹潤の言説における【韓】に関する建築思想

    後藤 沙羅, 末包 伸吾, 増岡 亮

    日本建築学会, 2020年12月, 日本建築学会計画系論文集, (778), 2795 - 2805, 日本語

    [査読有り]

  • 後藤 沙羅, 末包 伸吾, 増岡 亮

     This paper is a part of the researches to characterize and identify the architectural theory of Jun Itami (1937-2011) through all the currently available articles written by him. The keywords of the subjects were sorted out as a number of items and examined from the viewpoint of hierarchy of composition of the meaning by extracting important sentence. As the first level of his architectural thought, three items of【Joseon period】, 【South Korea】, 【Modern Japan】 were extracted. This paper is examining 【Joseon period】 consisted by the second level of two items of 《Objects》and 《Spirit》.

     《Objects》 consists of the third level of three items of [Livingware], [Artworks], and [Beauty of objects]. [Livingware] consists of the 4th level of two items of〈Furniture〉and〈Ceramics〉 . [Artworks] consists of the 4th level of two items of〈Buddha statues〉and 〈Folk paintings〉. 《Spirit》 consists of the third level of four items of [Confucianism], [Lifestyle], [Study of Muneyoshi Yanagi], and [Beauty of spirit]. [Confucianism] consists of the 4th level of five items of〈Courtesy〉, 〈Nature and culture〉, 〈Yin-Yang〉, 〈Anonymity〉, and〈Influence on housings〉. [Lifestyle]consists of the 4th level of two items of 〈Culture of sitting〉 and 〈Influence on housings〉. [Study of Muneyoshi Yanagi], consists of the 4th level of two items of 〈Theory of sorrow〉 and 〈Theory of line and white of sorrow〉.

     First, Itami observes [Livingware] and [Artworks], or 《Objects》of 【Joseon period】in his own daily life, so that he felt those unique beauties that were created from close relationships with people of the day, their lives, traditions and customs. These concepts and senses had a great influence on his architectural theory. And as [Beauty of objects], he pursued about the background of the formative beauty and existential beauty of the 《Objects》 of 【Joseon period】, and he made a mention of the 《Spirit》 of those who value a life with the nature of those days when they were produced and used the 《Objects》.

     Next, as the《Spirit》of【Joseon period】, he found that the society and life were established on several fundamental concepts in the culture of [Confucianism] which was flowing under the people at the time. Regarding [Lifestyle], he said about the relationship between humans and nature. he also discussed the beauty of Korean unique line and white as [Consideration to Muneyoshi Yanagi].

     In this way, in order to explore the root of the beauty of 《Objects》 created by people of 【Joseon period】, Itami pursued the 《Spirit》 of the people of those days. It can be said that the knowledge and sense of 【Joseon period】 obtained in this way became the basis of his architectural theory and driving force of building design activities.

    日本建築学会, 2019年06月, 日本建築学会計画系論文集, (760), 1485 - 1495, 日本語

    [査読有り]

  • ラファエル・ソリアノの独立住宅作品にみる主空間と架構表現

    増岡亮, 末包伸吾

    2019年, Designシンポジウム2019講演論文集, 289 - 292, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • チャールズ・ムーアの建築思想とその空間構成手法に関する研究 『ディメンジョン』及び1970年代初期までの独立住宅作品の空間構成の分析を通じて

    末包伸吾, 増岡亮

    2019年, Designシンポジウム2019講演論文集, 285 - 288, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • A study on Continuity of Indeer and Out door Space in 6 Major Works of Raphael Soriano’s Detached Houses

    増岡 亮, 末包 伸吾

    Architectural Institute of Korea, 2018年10月, Proc. Of 12th ISAIA(International Symposium on Architectural Interchange in Asia), 710 - 714, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 水野 優子, 栗山 尚子, 三輪 康一, 末包 伸吾, 安田 丑作

    市民やまちづくり組織と行政・事業者が協働で地域課題に取り組んでいくことが社会課題として求められているなかで、神戸市は「神戸市民による地域活動の推進に関する条例」を2004年に施行し、すでに一定の活動実績を有したモデル的な地区において、その活動実績をもとに、地域内のゆるやかなネットワークにもとづいた組織とパートナーシップ協定を締結し、3年間という期間限定で人的・費用的な支援をおこなうことで、さらに総合的、自律的な地域運営を担う組織への移行促進を図った。 本論ではその実態を明らかにすることで、重層的にまちづくり組織が存在する地域において、それらまちづくり組織が組織間の連携にもとづく総合的、自立的・自律的な地域運営組織へと移行する際の課題を整理し、その移行に向けての支援方策に向けての視座を示すことを目的としている。

    日本都市計画学会, 2017年10月, 日本都市計画学会都市計画論文集, 第52巻 (第3号), 998 - 1005, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 末包 伸吾

     This paper is intended to comprehensively and relatively grasp the content and its position of the book Survival Through Design, as a discourse on Neutra's 【Age Recognition】. The keywords of the subjects were sorted out as a number of items and examined from the viewpoint of the hierarchical composition of the meaning, by extracting the thesis which becomes the subject from his thesis, which leads to the policy and method. 【Age Recognition】 shown in Neutra's book is consisted of the second level of five items of "environment", "civilization", "style", "construction", and "beauty". "Environment" consists of [natural environment] and [artificial environment]. "Civilization" is [technology], [technology / machine], [standardization], [product / material], [performance], [maintenance], and [user / client]. In this paper I mainly focus on the items of the second level, from the items, which are particularly mentioned and exhaustively examined in each chapter.
     First, concerning Neutra 's concept of "Environment", he shows concern about human beings being separated from "nature", and the necessity of "finding" the interrelationship of natural phenomena from "nature". In particular, it will be distinguished by the uniqueness of the collaborative "Genius Loci" in California. At the same time, Neutra shows the necessity of gazing at the individuality to each of the "nature" components according to the growth and function of "nature", "to find" harmony between growth and function in the "natural environment". In [artificial environment], he looked at production (growth) and discordance of function, and contrast with [natural environment]. Neutra raises "found out" "function founded" from "natural environment", which is different from the general modern functional theory, he said "function" to his own "biology" As a matter of fact, we have identified the "adjustment", "change" of the environment by ourselves.
     Then, as a concept about his "Civilization", although [technology] itself shows the expectation for the transformation that life brings to life and the interest in adaptation of its design, [technology] is only a means, at the same time, its progress is obviously an opportunity to lose human nature. Among them, he finds a clear difference between "standardization" by [technology] and the "unity" that responds to the characteristics of the region, that is, it leads to the authenticity of regionalism. This "unity" is a concern for altering the way of making towns and buildings by "standardization" and the act of daily life itself, he was conscious of that. And he presented consistency created by form, material, scale etc. as his own "useful scale". In other words, it can be said that Neutra positions [technology] under the interaction of nature and humanity. This is also in agreement with the second phase of Walter Benjamin's technology two stages (the first stage of which is to conquer nature).
     From the perspective of such civilization, Neutra is a necessary condition for "Survival" that Neutra is the subject, positive standardization of materials, and improvement of construction technology by the standardization taking into account the characteristics of the region. He acquired a viewpoint on harmony of both with the universality of recruitment and the individuality of the importance of the material of "raw" for the "Survival" of humanity for his architectural design.

    日本建築学会, 2017年08月, 日本建築学会計画系論文集, 第82巻 (第738号), 2113 - 2122, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • “My Universities” International Architectural Education Summit

    Shingo SUEKANE

    2017年

  • 現代建築における時間の概念とその表現手法に関する研究-1990年代以降の美術館・博物館・劇場の事例分析を通じて

    末包 伸吾, 増岡 亮

    日本建築学会・日本機械学会・精密工学会・日本設計工学会・日本デザイン学会・人工知能学会, 2016年12月, Designシンポジウム2016講演論文集, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • クレイグ・エルウッドの建築思想である「オーダー」からみる空間構成-ミース・ファン・デル・ローエの「オーダー」と比較して

    増岡 亮, 末包 伸吾

    日本建築学会・日本機械学会・精密工学会・日本設計工学会・日本デザイン学会・人工知能学会, 2016年02月, Designシンポジウム2016講演論文集, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 末包 伸吾, 増岡 亮

    This paper investigates the type and its transformation of spatial composition in Craig Ellwood's residential worksfocusing on structural system. Analysis deals with 28 works and consists of structure construction, structure of the main façade, inner space structure. As a result, following points are derived. In the 1950s, order in space is created by setting direction and showing beams in inner and outer space. In the 1960s, order in space is given by forming an architectural framework with pillars and beams clearly exposed in the exterior space.

    日本建築学会, 2016年02月, 日本建築学会計画系論文集, 81 (720), 498 - 498, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 同時代的な「進歩」のなかに「記憶」の層を紡ぐ:ベンヤミンに学ぶこと

    末包 伸吾

    日本建築協会, 2016年01月, 建築人, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • A study on relationship of the interior exterior spaces and the opening in 6 major works of Pierre Koenig’s residential buildings

    SUEKANE Shingo

    2016年, Proc. of the 11th International Symposium on Architectural Interchanges in Asia, 840 - 845, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • The Educational Influences of Frank Lloyd Wright through Analysis on Rudolph M. Schindler’Theory and Design

    末包 伸吾

    2015年10月, Proceedings of Asian Conference of Design and Theory, 51 - 62, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 増岡 亮, 末包 伸吾

    日本建築学会, 2015年07月, 日本建築学会計画系論文集, (713), 1681 - 1688, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • エリアマネジメントの視点からみた神戸市におけるまちづくり組織の特性に関する研究

    水野 優子, 三輪 康一, 栗山 尚子, 末包 伸吾, 安田 丑作

    日本建築学会, 2014年12月, 日本建築学会住宅系研究報告会論文集, 9, 157 - 163, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 石井修の独立住宅作品の空間構成とその手法に関する研究-阪神間独立住宅地における街並み形成への展開に着目して-

    末包 伸吾, 栗山 尚子, 三輪 康一

    日本建築学会;日本機械学会;精密工学会;日本設計工学会;日本デザイン学会;人工知能学会, 2014年11月, Designシンポジウム2014講演論文集, 204 - 208, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Study on Change in Scenic Views near High-rise Buildings: Simulation Analyses of the Scenic Views from the Primary Scenic Viewpoints in Kobe City, Japan

    KURIYAMA Naoko, MIWA Koichi, SUEKANE Shingo

    Vietnam Urban Planning & Development Association, 2014年11月, Proceedings 2014 International Symposium on City Planning, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • A Study on Relations of Inside-outside Space and the Opening in Seven Works of Craig Ellwood’s Residential Buildings

    MASUOKA Ryo, SUEKANE Shingo

    2014年10月, Proceedings of the 10th International Symposium on Architectural Interchanges in Asia (Ⅱ), 844 - 848, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • An Analysis of Otto Wagner’s Influences on Schindler at the Wagner School

    SUEKANE Shingo

    2014年10月, Proceedings of the 10th International Symposium on Architectural Interchanges in Asia (Ⅱ), 777 - 781, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • ケース・スタディ・ハウス・プログラムにおけるクレイグ・エルウッドの空間像-ケース・スタディ・ハウスにみるライフスタイルと空間表象に関する研究(その2)-

    末包 伸吾, 増岡 亮

    意匠学会, 2014年, 意匠学会デザイン理論, (65), 31 - 43, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 増岡 亮, 末包 伸吾

    日本建築学会, 2014年, 日本建築学会計画系論文集, (706), 2775 - 2785, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • クレイグ・エルウッドの建築思想における主題の特質とその変遷

    増岡 亮, 末包 伸吾

    日本建築学会; 日本機械学会; 精密工学会; 日本設計工学会; 日本デザイン学会; 人工知能学会, 2014年, Designシンポジウム2014講演論文集, 213 - 216, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    日本建築学会, 2013年01月, 日本建築学会計画系論文集, 78 (683), 133 - 140, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 末包 伸吾

    日本建築学会, 2013年, 日本建築学会計画系論文集, (684), 509 - 517, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 斜面住宅市街地に立地する街区公園の空間構成とその評価に関する研究-神戸市の街区公園のレベル差に注目した分析を通じて-

    三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    日本建築学会, 2012年12月, 日本建築学会住宅系研究報告会論文集, (7), 107 - 114, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • タウンハウス団地における住み手の改変行為による景観変容とその評価-神戸市のタウンハウス事例における生活景の評価分析を通して-

    三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    日本建築学会, 2012年12月, 日本建築学会住宅系研究報告会論文集, (7), 55 - 64, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 設計者の阪神間の地域像に関する言説と設計手法に関する研究-第2次世界大戦以降の阪神間に建つ独立住宅作品を対象として-

    末包 伸吾, 三輪 康一, 栗山 尚子

    日本建築学会;日本機械学会;精密工学会;日本設計工学会;日本デザイン学会;人工知能学会, 2012年10月, Designシンポジウム2012講演論文集, 381 - 388, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 末包 伸吾

    日本建築学会, 2012年, 日本建築学会計画系論文集, (673), 723 - 731, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 集合住宅“団地”の再編(再生・更新)手法に関する技術開発研究

    江川 直樹, 鳴海 邦碩, 末包 伸吾

    関西大学, 2012年, 技苑, (134), 51 - 62, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 関西大学とインドネシア・ガジャマダ大学との建築・都市デザインに関する国際ワークショップ・プログラム

    末包 伸吾, 江川 直樹, 岡 絵理子, 鳴海 邦碩

    日本建築学会, 2012年, 日本建築学会第12回建築教育シンポジウム建築教育研究論文報告集, 11 - 16, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ケース・スタディ・ハウス・プログラムにおけるラファエル・ソリアノの空間像-ケース・スタディ・ハウスにみるライフスタイルと空間の表象に関する研究(その1)-

    末包 伸吾

    意匠学会, 2012年, 意匠学会デザイン理論, (61), 49 - 62, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Prefabrication and Locality in R. M. Schindler’s “Schindler Shelter”

    SUEKANE Shingo, YAMASAKI Yasuhiro

    2012年, Proc. of the 9th International Symposium on Architectural Interchanges in Asia 2012, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 広瀬鎌二の鉄骨造独立住宅作品「SHシリーズ」の空間構成と架構形式に関する研究

    末包 伸吾

    意匠学会, 2011年, 意匠学会デザイン理論, (59), 33 - 47, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • タウンハウス団地の住み手の改変行為と生活景の形成

    三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    2010年09月, 2010年度日本建築学会大会都市計画部門研究協議会資料、景観の計画的リビジョン2景観からの価値創造, pp.51-54, 日本語

  • 三輪 康一, 安田 丑作, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    2010年02月, 日本建築学会技術報告集, 第16巻, 第32号, pp. 291-296, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 現代建築の理論とデザイン:普遍性と個別性の再統合を求めて

    末包 伸吾

    解説

    関西大学, 2010年, 関西大学理工学会誌理工学と技術, 17 (17), 29 - 32, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 栗山 尚子, 南野 剛也, 三輪 康一, 末包 伸吾, 安田 丑作

    2009年10月, 日本建築学会計画系論文集, 第644号, pp.2207-2214, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 三輪 康一, 安田 丑作, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    2009年03月, 住宅総合研究財団研究論文集, No.35, pp. 37-48, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 論考の主題とその構成にみるルドルフ・シンドラーの時代認識

    末包 伸吾

    日本建築学会, 2009年, 日本建築学会計画系論文集, 74 (638), 979 - 985, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Study on the effect and the evaluation of planning waterside parks with residents’participation :Focus on the cases planned in the process of reconstruction from Great Hanshin-Awaji Earthquake

    Naoko Kuriyama, Koichi Miwa, Shingo Suekane, Chusaku Yasuda

    2008年10月, The 21st EAROPH World Congress and Mayors’Caucus, CD-ROM, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 山麓密集市街地における土地利用変化と空間管理-神戸市上池田地区の空き地・空き家の動向とその対応-

    三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    2008年09月, 2008年度日本建築学会大会(中国)都市計画部門研究協議会資料、「人口減少時代における土地利用計画の運用と展望-アーバンフォームとマネージメントを中心として-」, pp.77-80, 日本語

  • 主題とその構成にみる建築家ルドルフ・シンドラーの論考の特質とその変遷

    末包 伸吾

    This paper is one of the researches to characterize and identify the architectural theory of Rudolph Schindler. This paper investigates the contents, types and their transformation of his architectural theoretical writings according to their referred issues. Analysis deals with 18 writings works and derives followings; Three major issues, such as 'Recognition of Age', 'Space Architecture', and 'Principle and Technique of Spatial Composition' and lower level of issues are extracted. Every theoretical writing is characterized owing to extracted issues. As for types of his architectural writings, theoretical one, methodological one, and intermediate one are derived and identified. Then analysis proceeds to investigate the transformation of his architectural thinking according to extracted issues, and derives the terms with their characters.

    日本建築学会, 2008年05月30日, 日本建築学会計画系論文集, (627), 1155 - 1164, 日本語

    [査読有り]

  • フランク・ロイド・ライトのテキスタイル・ブロック住宅の空間構成

    末包 伸吾, Suekane Shingo, スエカネ シンゴ

    意匠学会, 2008年, デザイン理論, (52), 63 - 77, 日本語

    [査読有り]

  • 密集市街地整備における共同建替えの事業実効性に関する研究-神戸市新開地地区および水道筋地区における事例分析を通して-

    三宅 雅樹, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    2007年12月, 日本建築学会住宅系研究報告会論文集2, pp.293-300, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 密集市街地における個別改善型住環境整備とその評価に関する研究-神戸市長田区駒ヶ林地区における事例調査を通じて-

    末包 伸吾, 安田 丑作, 三輪 康一, 栗山 尚子, 今西 康剛

    2007年12月, 日本建築学会住宅系研究報告会論文集2, pp.215-224, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 三輪 康一, 野間 修一, 安田 丑作, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    The purpose of this study is to point out the problems of the color design guideline in the reported system of urban landscape, focusing on buildings in Amagasaki City. We figured out the characteristics of color of buildings on the basis of analysis of largest color, secondary color, and accentual color of buildings by fieldwork and documents submitted to the City. We concluded that more detailed color design guideline and advice should be necessary. Finally, we suggested the color standard of Munsell color depending to residential, commercial and mixed-use area.

    2007年12月, 日本建築学会技術報告集, 13 (26), 757 - 762, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 配置計画および平面計画にみるリチャード・ノイトラの住宅作品の空間構成

    末包 伸吾

    2007年11月, 意匠学会「デザイン理論」, Vol.51, pp.17-30, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 密集市街地における協調的住環境改善手法とその評価に関する研究-神戸市における接道不良区域の事例分析を通して-

    藤井 一成, 三輪 康一, 安田 丑作, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    2007年04月, 日本都市計画学会都市計画論文集一般研究論文, 42-1, pp.87-92, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 密集住宅市街地整備における小規模組合施行土地区画整理事業の有効性に関する研究 -神戸市神前町2丁目北地区における事例研究を通して-

    三宅 雅樹, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    2006年12月, 日本建築学会住宅系研究論文報告会論文集1、日本建築学会, 317-324, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Study on the existing condition and the evaluation of the scenic viewpoints in Kobe City

    栗山 尚子, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾

    2006年10月, Proceedings Volume Ⅰ The 6th International Symposium on Architectural Interchanges in Asia 2006, 535-540, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Study on the possibility of designating main streets as view corridors in hillside urban areas -a study of downhill scenic views in Kobe City, JAPAN-

    栗山 尚子, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾

    2006年08月, Proceedings of International Symposium on Urban Planning 2006, 489-500, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 斜面市街地における住民の眺望景観意識に関する研究-神戸市の毎日登山者の生活景に着目して-

    栗山 尚子, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾

    2006年03月, 都市研究、近畿都市学会学術雑誌2006, 5・6号、第5・6号、115-136, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ワークショップ方式によるまちづくりプロセスとその評価に関する研究 -震災復興まちづくりにおける公園づくりの事例調査を通して-

    末包 伸吾, 安田 丑作, 三輪 康一, 栗山 尚子, 三宅 雅樹, 岸上 純子

    2006年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 第10号, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • ワークショップ方式によるまちづくりプロセスとその評価に関する研究

    末包 伸吾, 安田 丑作, 三輪 康一, 栗山 尚子, 三宅 雅樹

    2006年03月, 都市安全研究センター研究報告, 第10号、pp.235~245, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 斜面市街地における眺望の類型と眺望景観行政の現状に関する研究 -国内11都市に着目して-

    栗山 尚子, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾

    2005年, 神戸大学大学院自然科学研究科紀要, 23-B,109-118, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 山麓市街地における更新活動の現況と更新性の評価に関する研究

    木村 政文, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾

    2005年, 神戸大学大学院自然科学研究科紀要, 23-B,51-59, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • The Study on the classification and the spatial characteristics of the sloping city area by the inclination angle

    KIMURA Masafumi, YASUDA Chusaku, MIWA Koichi, SUEKANE Shingo

    2004年, Proceedings、International Symposium on City Planning,2004, 323-332, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Study on the special characteristics in the slope city area for the renewal of the residence

    KIMURA Masafumi, YASUDA Chusaku, MIWA Koichi, SUEKANE Shingo

    2004年, Proceedings、5th International Symposium on Architectural Interchanges in Asia, 292-295, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Study on the roles of view protection methods in the case of Seattle,USA

    KIMURA Masafumi, YASUDA Chusaku, MIWA Koichi, SUEKANE Shingo

    2004年, Proceedings、5th International Symposium on Architectural Interchanges in Asia, 296-300, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • A Study on the effect on streetscape with scenic views by the layout of street trees-The analysis of north-south streets in the hillside urban area of Kobe City-

    KIMURA Masafumi, YASUDA Chusaku, MIWA Koichi, SUEKANE Shingo

    2004年, Proceedings、International Symposium on City Planning 2004, 187-196, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 山麓市街地にふさわしい住環境モデルの提案-街区協同再生システムの事例検証を通じて-

    安田丑作, 三輪康一, 末包伸吾, 木村政文, 栗山尚子

    2004年, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, (8), 295 - 315, 日本語

  • 山麓密集住宅市街地におけるアクセシビリティの評価に関する研究

    安田丑作, 三輪康一, 末包伸吾, 木村政文, 栗山尚子

    2004年, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, (8), 277 - 285, 日本語

  • 山麓密集住宅市街地における共用的利用に着目した領域構成に関する研究

    安田丑作, 三輪康一, 末包伸吾, 木村政文, 栗山尚子

    2004年, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, (8), 287 - 293, 日本語

  • 斜面市街地の眺望景観保全施策の現状と今後の展開への考察-米国ワシントン州シアトル市の中心市街地を事例として-

    栗山 尚子, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾

    2003年, 都市研究第3号、近畿都市学会学術雑誌, 2003年第3号,147-167, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 傾斜角度を用いた斜面市街地の分類と空間特性に関する研究

    木村 政文, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾

    2003年, 神戸大学大学院自然科学研究科紀要, 22-B 29-39, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Study on the Space Characteristics of the Foot of the Residential Areas.

    KIMURA Masafumi, YASUDA Chusaku, MIWA Koichi, SUEKANE Shingo

    2003年, Memoirs of the Faculty of Engineering , Kobe University., No.50,19-26, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Study on the Present Situaion and the Future Evolution about View Protection Policies in a City with Slopes-In the Case of City of Seattle, WA, USA.

    KURIYAMA Naoko, YASUDA Chusaku, MIWA Koichi, SUEKANE Shingo

    2003年, Memoirs of the Faculty of Engineering , Kobe University., No.50,1-18, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • On the characteristics, civil recognition and management policy of the scenic view -Focused on the sloped street to the port of Kobe and Busan-

    G.SEO, C.YASUDA, K.MIWA, S.SUEKANE

    2002年, Proc. of 4th International Symposium on Architectural Interchange in Asia, 128 - 141

    [査読有り]

  • A Study on the integration of the Prefabrication and the Locality of Case Study Houses

    S.SUEKANE

    2002年, Proc. of 4th International Symposium on Architectural Interchange in Asia, 633 - 638

    [査読有り]

  • Study on the evalution of View Corridor Policy in Seattle, WA, USA

    栗山 尚子, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾

    2002年, Proc. 4th International Symposium on Architectural Interchange in Asia, 132 - 137, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • A Study on the Process and the Factors of Realization of the Joint Housing Projects in the Great Hanshin-Awaji Earthquake Disaster Afflicted Urban Area

    S.SUEKANE, C.YASUDA, K.MIWA

    2000年, Proc. of International;Symposium on City, 49 - 56

    [査読有り]

  • A study on the characteristics of scenic view and the civil recognition for landscape in a city with port-Focused on sloped street of Busan-

    G.SEO, C.YASUDA, K.MIWA, S.SUEKANE

    2000年, Proc. of International Symposium on City Planning 2000, 104 - 112

    [査読有り]

  • 赤松 建吾, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾

    This paper aims to show the way of the planning's composition which improves living environment and townscape thorough evaluating the composition of border areas of lot and the planting layout. This paper is consisted of the following two steps: This first is looking for the composed line of border areas concerning the planting's composition through investigating the sense of inhabitants; The second is exploring the planting's composition involved with the border area of lot through analyzing on the perceptive structure of inhabitants and the landscape evaluation test. According to the analysis, it became clear that the disposition dotted with the upper middle-sized tree got the high planting's evaluation under spatial restrictions.

    公益社団法人 日本都市計画学会, 2000年, 都市計画論文集, 35, 613 - 618, 日本語

    [査読有り]

  • 末包 伸吾

    This paper investigates the type and its transformation of spatial composition in Rudolph Schindler's residential works focusing on their living rooms. Analysis deals with 41 works and consists of composition of the space between entry and living room, composition of plan, section and volume of living room, and relationship with adjoining space. The results of this investigation are followings: Schindler mainly adapted the subtle differentiation of ceiling height to articulate between entry and living room and diagonal composition for planning the living room. He mainly adapted the subtle manner to composite the sectional composition with both flat and pitched roof, and composted living room with interpenetrating slab and volume. As for the relationship with living room and adjoining room, he finally reached to the manner of inclusion.

    日本建築学会, 1999年, 日本建築学会計画系論文集, 64 (518), 321 - 328, 日本語

    [査読有り]

  • 末包 伸吾

    This paper is an investigation of the spatial composition of Richard Neutra's residential buildings focusing on the material and the modular system. The analysis contains, structure, exterior and interior finishing materials, modular system on both plan and section, and composition of elevation. As a result of this analysis, following points are derived: Neutra mainly adopted horizontal window, and gradually used together curtain wall and wall for the composition of elevation. As for the materials, Neutra mainly adopted both plaster and wood, and gradually used with stone or brick. Neutra clearly defined these components of composition which to be succeeded and changed, and transformed his way of composition every 5 year.

    日本建築学会, 1999年, 日本建築学会計画系論文集, 64 (521), 277 - 283, 日本語

    [査読有り]

  • 末包 伸吾, 安田 丑作, 三輪 康一, 三宅 雅樹

    This paper aims to investigate the casual relations between the character of district and the character of damage and reconstruction focusing on Kobe area attacked by the Great Hanshin-Awaji Earthquake in 1995. As a result of this study, authors pointed out following things: ratio of reconstruction has high casual relations with the character of district; the districts which value high ratio of the wooden construction and the building volume show high ratio of reconstruction. The districts which value high ratio of population density, small lots, and tenement housing, show low ratio of reconstruction; 6 types of areas derived through analysis well explains not only the character of the areas determined by regulations but the relations derived from the casual characters of damage and reconstruction; obstructing factors for reconstruction are derived as disconnection to the road and the complexity of rights.

    公益社団法人 日本都市計画学会, 1998年, 都市計画論文集, 33, 841 - 846, 日本語

    [査読有り]

  • 三輪 康一, 安田 丑作, 末包 伸吾, 三宅 雅樹

    The purpose of his paper is to clarify the form and site type of the detached houses rebuilding after the Great Hanshin-Awaji Earthquake Disaster area and to evaluate their effects on the townscape. We used the observation on the detached houses rebuilding and the questionnaire to their dwellers in two densely built-up areas. The result is as follows: 1) there are many cases belong to the 2 or 3 story and narrow frontage type, and there are many bases belong to the type which can not contain the effective open-spaces. 2) The relation is observed between lot size and that type.

    公益社団法人 日本都市計画学会, 1998年, 都市計画論文集, 33, 853 - 858, 日本語

    [査読有り]

  • 末包 伸吾

    This paper is an investigation of the spatial composition in Rudolph Schindler's residential buildings focusing on the planning of rooms and sequences. As a result, following points are derived. By mid 1930s, Schindler adopted various manners on the planning in terms of the sequence and the planning of the rooms. After mid 1930s, Schindler gradually turned his manner towards both the simple introducing and the unify of the space of living room.

    日本建築学会, 1997年, 日本建築学会計画系論文集, 62 (497), 221 - 227, 日本語

    [査読有り]

  • 末包 伸吾

    This paper is an investigation of the spatial composition in Rudolph Schindler's residential buildings focusing on material and modular system. As a result, following points are derived. Schindler kept his composition based on both composition by planes and 4ft modular system. He kept consistency to translates one factor every 5 year. Factors are constituted by material. planning, and sectional composition. This translations of spatial composition were clearly defined by his theory.

    日本建築学会, 1997年, 日本建築学会計画系論文集, 62 (494), 261 - 267, 日本語

    [査読有り]

  • 末包 伸吾, 安田 丑作, 三輪 康一

    This paper is an investigation on the actual conditions of the damage and the reconstruction through attacked by the Great Hanshin-Awaji earthquake in Kobe City. As a result, which focused on the differences of areas, the sequences of the reconstruction, and the problems of small lots, even including the analysis on the typical areas of the inner areas on case study basis, we can conclude as follows. Badly damaged areas covers the inner areas. The worst damaged areas are less reconstructed than the other areas. There are topological differences concerning the reconstruction. The first peak of the reconstruction had been finished by August, 1955. An extensive analysis on Midoro-district shows that can be pointed out as, complexity of rights, and disconnection to the road.

    公益社団法人 日本都市計画学会, 1996年, 都市計画論文集, 31, 817 - 822, 日本語

    [査読有り]

  • 三輪 康一, 安田 丑作, 末包 伸吾

    THIS PAPER AIMS TO CLARIFY THE CHARACTERISTICS OF THE POPULATION AND HOUSEHOLD CHANGES OF THE SUBURBAN HOUSING ESTATES IN KOBE CITY, AND TO CONSIDER THE CONDITION AND THE FACTORS OF THE HOUSING IMPROVEMENT IN THE DETACHED HOUSE DISTRICTS. THE RESULTS IS AS FOLLOWS: 1)THEY SHOW A RAPID AGING RATE OF INCREASE IN MANY DISTRICTS WHICH WERE MADE BY NEW URBAN RESIDENTIAL BUILD-UP AREA DEVELOPMENT PROJECT AND BY OPERATION OF HOUSING CONSTRUCTION ON ONE ESTATE RATHER THAN BY LAND READJUSTMENT PROJECT. 2)IT IS CONSIDERED THE HOUSING IMPROVEMENT OCCURS ACCORDING TO EACH LIFE STAGE OF THE INHABITANT. 3)IN CASE OF THE SMALL SITE WHICH IS YIELDED BY SUBDIVISION, IT CAUSES WORSE IN LIVING ENVIRONMENT.

    公益社団法人 日本都市計画学会, 1996年, 都市計画論文集, 31, 463 - 468, 日本語

    [査読有り]

  • ルドルフ・シンドラーのウィーン期の建築論と建築作品について

    末包 伸吾, Suekane Shingo, スエカネ シンゴ

    関西意匠学会, 1995年11月18日, デザイン理論, 34 (34), 15 - 26, 日本語

    [査読有り]

  • Research on the Design Concept and Design Method at the PODO HOTEL by Jun Itami

    Sara Goto, Shingo Suekane, Ryo Masuoka

    2022年03月, The Journal of the Asian Conference of Design History and Theory, (4), 130 - 141, 英語

    [査読有り]

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Sara Goto, Shingo Suekane, Ryo Masuoka

    Wiley, 2022年05月07日, JAPAN ARCHITECTURAL REVIEW, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾

    神戸大学, 1998年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 2, 197 - 208, 日本語

  • 後藤 沙羅, 末包 伸吾, 増岡 亮

    This paper is a part of the researches to characterize and identify the architectural theory of Jun Itami (1937-2011) through his articles. The keywords were sorted out as items and examined from the viewpoint of hierarchy of the meaning. The first level items of his architectural theory are 【Joseon period】, 【Korea】, and 【Contemporary Japan】. This paper is examining 《Architecture》that makes up【Contemporary Japan】.

    日本建築学会, 2022年09月01日, 日本建築学会計画系論文集, 87 (799), 1774 - 1785, 日本語

MISC

  • 伊丹潤の建築思想および建築作品に関する研究

    後藤 沙羅, 末包 伸吾, 増岡 亮

    日本建築学会, 2018年06月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (58), 637 - 640, 日本語

  • 集合住宅"団地"の再編(再生・更新)手法に関する技術開発研究 (特集 プロジェクト研究報告概要集) -- (私立大学戦略的研究基盤形成支援事業プロジェクト)

    江川 直樹, 鳴海 邦碩, 岡 絵理子, 橋寺 知子, 末包 伸吾, 髙田 光雄, 小玉 祐一郎, 平山 洋介, 大坪 明, 小浦 久子, 糟谷 佐紀, 室崎 千重, 林 泰義, 藤本 昌也, 安原 秀, 星田 逸郎

    関西大学先端科学技術推進機構, 2016年, 技苑 = Innovative technology world, (142), 1 - 21, 日本語

  • 9043 クレイグ・エルウッドの独立住宅作品における空間構成手法に関する研究 : 〈空間の連続性〉とその変遷に着目して(建築史・建築意匠・建築論)

    水野 陽介, 末包 伸吾, 増岡 亮

    一般社団法人日本建築学会, 2014年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (54), 837 - 840, 日本語

  • 7017 タウンハウス団地における個別建替えに伴う景観変容に関する研究 : 神戸市須磨・西神ニュータウンにおける事例分析を通して(都市計画)

    柚本 直子, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    一般社団法人日本建築学会, 2013年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (53), 457 - 460, 日本語

  • 7212 タウンハウス団地における住み手の改変行為による景観変容とその評価に関する研究 : 神戸のタウンハウス事例における生活景の評価分析を通して(景観の評価手法,都市計画,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)

    下野 真理子, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    一般社団法人日本建築学会, 2012年09月12日, 学術講演梗概集, 2012, 481 - 482, 日本語

  • 7064 タウンハウス団地における住み手の改変行為による景観変容とその評価に関する研究 : 神戸のタウンハウス事例における生活景の評価分析を通して(都市計画)

    下野 真理子, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    一般社団法人日本建築学会, 2012年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (52), 613 - 616, 日本語

  • 関西の建築界/群像第19回

    末包 伸吾

    日本建築協会, 2011年03月, 建築と社会, 68, 日本語

    機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等

  • 風土を読み解く-原風景の展開-

    末包 伸吾, 山崎 康弘

    兵庫県建築士会, 2009年, 兵庫県建築士会会報集, (372), 8 - 9, 日本語

    機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等

  • 密集市街地における街区協同再生システム構築のための理論とその実践的検証

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 荏原 明則, 加藤 恵正, 小浦 久子, 木村 政文

    2008年03月, 平成17-19年度文部科学省科学研究費補助金基盤研究B研究成果報告書, pp.1-160, 日本語

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 阪神・淡路大震災の被災市街地における復興と街区協同再生システム

    末包 伸吾

    2008年03月, こうべまちづくり会館レポート「宙」「まちづくりの宙と波」, Vol.4, pp.129-150, 日本語

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 市民まちづくり活動における地域空間像の形成プロセスとその評価に関する研究

    三輪康一, 安田丑作, 末包伸吾, 栗山尚子

    2007年, 平成17-18年度文部科学省科学研究費補助金(基盤研究(C): 課題番号17560550)研究成果報告書, 1 - 196, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • SCENARIO-TAMBA 私たちで創るこれからの箕面

    三輪康一, 末包伸吾, 栗山尚子

    2007年, 日本建築学会120周年記念近畿支部主催事業報告書「美しくまちをつくる,むらをつくる」, 1 - 70, 日本語

    会議報告等

  • 山麓密集市街地の住環境整備手法としての街区協同再生システムの可能性-神戸市長田区上池田地区を事例として-

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    2005年09月, 2005年度日本建築学会大会(近畿)都市計画部門研究協議会資料、都市変容の予兆としての阪神・淡路大震災復興10年-阪神淡路から次代への都市計画へのメッセージ-, pp.102-105, 日本語

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 平成16年度オールドタウン調査報告書-神戸西神南ニュータウン井吹台北町近隣センター用地土地利用計画に関する調査研究報告書-

    安田丑作, 三輪康一, 末包伸吾, 栗山尚子

    2005年, 神戸市, 1 - 182, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 山麓密集住宅市街地における住環境性能と連携型住環境形成手法に関する研究

    安田丑作, 三輪康一, 末包伸吾, 木村政文, 栗山尚子

    2005年, 平成15-16年度文部科学省科学研究費補助金(基盤研究(c)(2):課題番号15560535)研究成果報告書, 1 - 92, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 平成15年度オールドタウン調査報告書-神戸市の計画的開発住宅市街地におけるオールドタウン化に関する調査研究-

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 小川 佳英, その他共著者

    2004年, 神戸市みなと総局, 未記入, 日本語

    その他

  • 水平線の家-芦屋モダニズムへのオマージュ

    末包 伸吾, 栄 隆志

    2004年, The Tile Front 2004, Vol.4,44-45, 日本語

    その他

  • 神戸市すまいの安心支援センターにおける相談データの分析調査報告書

    安田丑作, 三輪康一, 末包伸吾, 栗山尚子, 森崎輝行

    2004年, 神戸市すまいの安心支援センター, 1 - 142, 日本語

    [招待有り]

    機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等

  • 神戸真生塾・真生乳児院

    安田 丑作, 中山 孝, 末包 伸吾, 久戸瀬 一夫

    2003年, hiroba, 475号,20-21, 日本語

    その他

  • ニュータウンの環境変化への対応に関する調査研究(その3)報告書

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, その他共著者

    2003年, 神戸市みなと総局, 未記入, 日本語

    その他

  • 臨海立地型集客施設における眺望型滞在空間の構成と眺望行動・意識に関する研究 : 神戸ハーバーランドにおける事例調査を通じて(2002年度大会 (北陸) 学術講演梗概集)

    河上 厚子, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 徐 金泓

    一般社団法人日本建築学会, 2002年06月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2002, 185 - 186, 日本語

  • 建築論・建築意匠から「環境」を考える(建築歴史・意匠部門(2)パネルディスカッション)(2000年度日本建築学会大会(東北))

    西田 雅嗣, 末包 伸吾

    日本建築学会, 2001年02月20日, 建築雑誌, 116 (1467), 90 - 90, 日本語

  • 阪神・淡路大震災の被災市街地における被災・復旧特性と地域特性の相関に関する研究-神戸市街地における事例調査を通じて-

    末包 伸吾, 安田 丑作, 三輪 康一, 三宅 雅樹

    日本都市計画学会, 1998年10月09日, 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning, 33, 841 - 846, 日本語

  • 阪神大震災の被災密集市街地における再建住宅の類型化とまちなみ評価に関する研究

    三輪 康一, 安田 丑作, 末包 伸吾, 三宅 雅樹

    日本都市計画学会, 1998年10月09日, 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning, 33, 853 - 858, 日本語

  • 郊外住宅団地における人口・世帯変動特性と住宅更新に関する研究-神戸市の郊外住宅団地における高齢化の進展と戸建住宅地の更新の分析を通じて-

    三輪 康一, 安田 丑作, 末包 伸吾

    日本都市計画学会, 1996年11月01日, 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning, 31, 463 - 468, 日本語

  • 阪神・淡路大震災における被災と復旧の実態-神戸市における事例調査を通じて-

    末包 伸吾, 安田 丑作, 三輪 康一

    日本都市計画学会, 1996年11月01日, 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning, 31, 817 - 822, 日本語

  • 9301 エドワード・キリングワースの独立住宅作品にみる空間とその構成法に関する研究 : 軸による構成と<反覆>する外部空間に着目して(作家論・作品論(4),建築歴史・意匠)

    菊池 悠二, 末包 伸吾, 山崎 康弘

    一般社団法人日本建築学会, 2009年07月20日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2009, 601 - 602, 日本語

  • 7278 我が国における地域景観像の構造とその評価に関する研究 : 景観計画の事例分析を通して(景観イメージ,都市計画)

    酒見 和裕, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    一般社団法人日本建築学会, 2009年07月20日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2009, 625 - 626, 日本語

  • 7322 住宅地の前面道路の生活領域化と路地性の継承に関する研究 : 神戸市の震災復興整備事例に着目して(密集市街地整備,都市計画)

    木下 佳那子, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    一般社団法人日本建築学会, 2009年07月20日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2009, 713 - 714, 日本語

  • 7161 建築物の高層化による都市景観の変化とその評価に関する研究(その1) : 神戸の主要な眺望点からみた都市景観に関するシミュレーション分析を通して(都市景観,都市計画)

    栗山 尚子, 堀口 亮輔, 三輪 康一, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 2009年07月20日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2009, 391 - 392, 日本語

  • 7162 建築物の高層化による都市景観の変化とその評価に関する研究(その2) : 神戸の主要な眺望点からみた都市景観に関するシミュレーション分析を通して(都市景観,都市計画)

    堀口 亮輔, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    一般社団法人日本建築学会, 2009年07月20日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2009, 393 - 394, 日本語

  • 7417 共同建替住宅におけるコミュニティの継続と変容に関する研究 : 神戸市における共同建替事例の調査分析を通して(地区まちづくりと制度,都市計画)

    寺井 彩, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    一般社団法人日本建築学会, 2009年07月20日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2009, 903 - 904, 日本語

  • 7052 ニュータウンにおける住民による地域活動の実態とその効果に関する研究 : 神戸市の計画的開発住宅地の事例分析を通して(都市計画)

    和田野 美久仁, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    一般社団法人日本建築学会, 2007年05月22日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (47), 597 - 600, 日本語

  • 7051 まちなみ景観形成のための住民主導のルールづくりに関する研究 : 神戸市新長田駅北地区東部における景観シミュレーション分析によるまちなみ形成ルールの検証(都市計画)

    中島 広貴, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    一般社団法人日本建築学会, 2007年05月22日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (47), 593 - 596, 日本語

  • 7066 都市景観形成のための大規模建築物の色彩誘導基準に関する研究 : 尼崎市の景観届出制度適用建築物の実態調査を通して(都市計画)

    野間 修一, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    一般社団法人日本建築学会, 2007年05月22日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (47), 653 - 656, 日本語

  • 7026 街路空間の賑わい創出の手法としてのオープンカフェとその評価に関する研究 : 三宮中央通りと有馬温泉・湯本坂における社会実験事例の分析を通して(都市計画)

    山本 卓史, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    一般社団法人日本建築学会, 2007年05月22日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (47), 493 - 496, 日本語

  • 7011 まちづくり活動における地域空間像の特性とその評価に関する研究 : 神戸市におけるまちづくり事例の分析を通して(都市計画)

    長山 寛, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    一般社団法人日本建築学会, 2007年05月22日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (47), 433 - 436, 日本語

  • 7014 山麓密集市街地における土地利用の更新と空間管理に関する研究 : 神戸市長田区上池田地区の空き地・空き家に着目して(都市計画)

    加藤 智佳子, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 永田 勇一

    一般社団法人日本建築学会, 2007年05月22日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (47), 445 - 448, 日本語

  • 9038 ヨーン・ウッツォンの建築作品における空間とその構成手法に関する研究 : 断面構成と空間演出手法に着目して(建築史・建築意匠・建築論)

    山崎 篤史, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 2007年05月22日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (47), 949 - 952, 日本語

  • 5008 コーポラティブハウスにおける事業プロセスとコーディネーターの役割に関する研究 : コーディネーターの提案と「自由設計」「コミュニティ形成」の関係に着目して(建築計画)

    長谷川 あみ湖, 末包 伸吾, 安田 丑作, 栗山 尚子, 三輪 康一, 三島 史路

    一般社団法人日本建築学会, 2006年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (46), 29 - 32, 日本語

  • 7017 斜面市街地の都市軸における眺望景観の特性とその評価に関する研究 : 神戸市におけるView Corridor確保の可能性に着目して(都市計画)

    井上 猛, 末包 伸吾, 安田 丑作, 栗山 尚子, 三輪 康一, 中島 広貴

    一般社団法人日本建築学会, 2006年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (46), 401 - 404, 日本語

  • 7032 商店街におけるまちづくり手法としての地域イベントの活用とその評価に関する研究 : 神戸市長田区の「鉄板こなもん祭」における事例分析を通して(都市計画)

    長谷川 正樹, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 和田野 美久仁

    一般社団法人日本建築学会, 2006年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (46), 461 - 464, 日本語

  • 7044 ニュータウンの近隣センターにおける地域施設の機能変化に関する研究 : 神戸市のニュータウンにおける事例調査を通して(都市計画)

    山本 英里花, 今西 康剛, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    一般社団法人日本建築学会, 2006年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (46), 509 - 512, 日本語

  • 7068 市民まちづくり活動とその組織形態の展開に関する研究 : 神戸市におけるまちづくり組織の事例分析を通して(都市計画)

    二宗 亜紀, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 益山 勝成, 北澤 恵

    一般社団法人日本建築学会, 2005年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (45), 645 - 648, 日本語

  • 7039 昭和初期に開発された阪神間郊外住宅地における景観デザイン誘導に関する研究 : 武庫之荘地区における景観シミュレーション分析を通して(都市計画)

    曽我部 暁人, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 岸上 純子

    一般社団法人日本建築学会, 2005年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (45), 529 - 532, 日本語

  • 9022 都市型狭小独立住宅作品における内部空間の立体構成に関する研究 : 1990年代後半以隆の住宅作品における空間の連続性に着目して(建築史・建築意匠・建築論)

    伊藤 和弥, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 2005年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (45), 829 - 832, 日本語

  • 9040 広瀬鎌二の鉄骨住宅作品「SHシリーズ」における空間構成と架構形式に関する研究(建築史・建築意匠・建築論)

    林 俊博, 末包 伸吾, 長谷川 あみ湖, 藤井 一成

    一般社団法人日本建築学会, 2005年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (45), 901 - 904, 日本語

  • 5113 設計競技応募案にみる公園、広場の設計手法とその評価に関する研究 : 「ヨコハマポートサイド地区水際公園」と「日本におけるイタリア2001年記念広場」の分析を通して(建築計画)

    萩山 恭朋, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    一般社団法人日本建築学会, 2004年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (44), 449 - 452, 日本語

  • 9048 石井修の独立住宅作品の空間構成とその手法に関する研究 : 阪神間独立住宅地における街並み形成への展開の可能性に着目して(建築史・建築意匠・建築論)

    延東 治, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    一般社団法人日本建築学会, 2004年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (44), 1149 - 1152, 日本語

  • 7027 山麓密集住宅市街地におけるアクセシビリティの評価に関する研究 : 神戸市長田区上池田地区における現地調査を通して(都市計画)

    渋谷 俊典, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 木村 政文

    一般社団法人日本建築学会, 2004年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (44), 613 - 616, 日本語

  • 7054 斜面市街地における河川の眺望型景観マネジメントに関する研究 : 神戸市における河川景観の事例調査を通じて(都市計画)

    中村 周平, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 木山 正典, 栗山 尚子

    一般社団法人日本建築学会, 2003年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (43), 621 - 624, 日本語

  • 7048 眺望型街路景観のイメージに植栽が与える影響に関する研究 その1 : 神戸市の斜面市街地における南北幹線の事例調査を通じて(都市計画)

    川鍋 祐子, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 木山 正典

    一般社団法人日本建築学会, 2003年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (43), 597 - 600, 日本語

  • 7065 ニュータウンの自律的成熟のための市民活動に関する研究 : 神戸市西区における市民活動団体への調査を通じて(都市計画)

    内橋 菜穂, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 2003年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (43), 665 - 668, 日本語

  • 7015 密集市街地における個別住環境改善型整備手法に関する研究・その(1) : 大阪市・京都市・神戸市における適用実態及び同意基準について(都市計画)

    山口 佑介, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 木村 政文

    一般社団法人日本建築学会, 2003年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (43), 465 - 468, 日本語

  • 7016 密集市街地における個別住環境改善型整備手法に関する研究・その(2) : 路地敷地群住環境形成シミュレーションとその結果について(都市計画)

    木村 政文, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 山口 佑介

    一般社団法人日本建築学会, 2003年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (43), 469 - 472, 日本語

  • 6001 ニュータウンとその周辺農村地域における相補的交流の実態とその評価に関する研究 : 西神ニュータウンと周辺農村集落における事例調査を通じて(農村計画)

    中尾 元, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 2003年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (43), 389 - 392, 日本語

  • 7014 共同建替におけるコミュニティ形成の実態とその形成要因に関する研究 : 神戸市における震災復興共同建替事業の事例調査を通じて(都市計画)

    上島 信之, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 木山 正典

    一般社団法人日本建築学会, 2003年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (43), 461 - 464, 日本語

  • 7073 阪神間の震災復興土地区画整理事業区域における住宅地景観の形成とその評価に関する研究(その2) : 敷際空間の連続性に着目して(都市計画)

    山田 良一, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 木山 正典, 河上 厚子

    一般社団法人日本建築学会, 2001年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (41), 673 - 676, 日本語

  • 7072 阪神間の震災復興土地区画整理事業区域における住宅地景観の形成とその評価に関する研究(その1) : 敷際空間の連続性に着目して(都市計画)

    河上 厚子, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 木山 正典, 山田 良一

    一般社団法人日本建築学会, 2001年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (41), 669 - 672, 日本語

  • 7052 臨海立地型集合住宅群における空間イメージと景観構成要素の相関に関する研究 : 阪神間の景観コーディネーション方式集合住宅地計画の事例分析を通じて(都市計画)

    岡田 光輝, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 2001年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (41), 589 - 592, 日本語

  • 7017 大規模ニュータウンにおけるタウンセンターの機能変化と環境マネージメントシステムに関する研究 : 西神ニュータウンにおける事例調査を通じて(都市計画)

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 岡村 佳臣

    一般社団法人日本建築学会, 2001年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (41), 449 - 452, 日本語

  • 7050 市街地における集合住宅の立地にともなう住環境変容とその評価に関する研究 : 阪神・淡路大震災以降の芦屋市における事例調査を通じて(都市計画)

    安田 丑作, 三輪 康一, 菅原 康雄, 末包 伸吾, 水野 尋夫

    一般社団法人日本建築学会, 2000年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (40), 601 - 604, 日本語

  • 7027 臨港都市における景観認識と眺望型景観の形成要因に関する研究 : 釜山市の斜面市街地における事例調査を通じて(都市計画)

    徐 金泓, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 2000年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (40), 509 - 512, 日本語

  • 7022 街路景観における植栽の配置構成とその評価に関する研究 : 神戸市開発住宅地における植栽の認知構造分析を通じて(都市計画)

    赤松 建吾, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 木山 正典

    一般社団法人日本建築学会, 2000年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (40), 489 - 492, 日本語

  • 9034 リチャード・ノイトラの集合住宅作品における空間構成に関する考察(建築史・建築意匠・建築論)

    弓立 真紀, 末包 伸吾, 今井 洋人

    一般社団法人日本建築学会, 1999年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (39), 1033 - 1036, 日本語

  • 6011 大都市圏周辺部における土地利用の実態とその評価に関する研究 : 三田市の旧都市計画区域外における団地開発手法と住民意識調査の分析を通して その2(農村計画)

    近藤 裕介, 安田 丑作, 志賀 咲穂, 三輪 康一, 末包 伸吾, 榎木 理人

    一般社団法人日本建築学会, 1999年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (39), 449 - 452, 日本語

  • 7003 震災復興における住宅再建とまちなみ形成のための住環境誘導手法に関する考察(その1) : 野田北部地区における、地区計画適応事例の再建住宅の類型と外部空間構成(都市計画)

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 田中 秀明, 安田 幸弘

    一般社団法人日本建築学会, 1999年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (39), 477 - 480, 日本語

  • 6012 大都市圏周辺部における土地利用の実態とその評価に関する研究 : 加古川市神野地区における集落地区計画の評価を通して(農村計画)

    末包 伸吾, 安田 丑作, 志賀 咲穂, 三輪 康一, 榎木 理人, 近藤 裕介

    一般社団法人日本建築学会, 1999年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (39), 453 - 456, 日本語

  • 6010 大都市圏周辺部における土地利用の実態とその評価に関する研究 : 三田市の旧都市計画区域外における団地開発手法と住民意識調査の分析を通して その1(農村計画)

    榎木 理人, 安田 丑作, 志賀 咲穂, 三輪 康一, 末包 伸吾, 近藤 裕介

    一般社団法人日本建築学会, 1999年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (39), 445 - 448, 日本語

  • 7014 阪神・淡路大震災の被災地におけるまちづくり組織の役割とその変化に関する研究(その1) : まちづくり組織における活動とその支援の変遷(都市計画)

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 富田 裕介, 松島 啓之

    一般社団法人日本建築学会, 1999年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (39), 521 - 524, 日本語

  • 7015 阪神・淡路大震災の被災地におけるまちづくり組織の役割とその変化に関する研究(その2) : まちづくり組織の役割と今後のまちづくりのあり方(都市計画)

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 富田 裕介, 松島 啓之

    一般社団法人日本建築学会, 1999年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (39), 525 - 528, 日本語

  • 7063 宅地および機能変容に伴う景観変化とその評価に関する研究 : 神戸市山手住宅地における街路景観の事例調査を通して, その1(都市計画)

    赤松 建吾, 船橋 秀暢, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 木山 正典

    一般社団法人日本建築学会, 1999年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (39), 717 - 720, 日本語

  • 7025 ニュータウンにおける住宅更新と宅地変容に伴う非住居系機能の立地評価と誘導施策に関する研究(その1) : 神戸市の開発住宅団地における事例調査を通して(都市計画)

    立花 貴光, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 大矢 浩史

    一般社団法人日本建築学会, 1999年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (39), 565 - 568, 日本語

  • 7026 ニュータウンにおける住宅更新と宅地変容に伴う非住居系機能の立地評価と誘導施策に関する研究(その2) : 神戸市の開発住宅団地における事例調査を通して(都市計画)

    大矢 浩史, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 立花 貴光

    一般社団法人日本建築学会, 1999年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (39), 569 - 572, 日本語

  • 9058 「ケース・スタディ・ハウス」の配置・平面計画にみる空間構成法に関する考察 : 「ケース・スタディ・ハウス」研究(2)(建築史・建築意匠・建築論)

    安田 斉嗣, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 1998年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (38), 1001 - 1004, 日本語

  • 9055 ルドルフ・シンドラーの規格化住宅 : 「シンドラー・シェルター」に関する考察(建築史・建築意匠・建築論)

    末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 1998年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (38), 989 - 992, 日本語

  • 7079 大学キャンパス外部空間と市街地環境形成に関する研究(1) : 京阪神の大学キャンパスの類型及び大学開放の実態について(都市計画)

    大矢 浩史, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 長谷川 哲也

    一般社団法人日本建築学会, 1998年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (38), 693 - 696, 日本語

  • 9057 「ケース・スタディ・ハウス」における素材とモデュールにみる規格化に関する考察 : 「ケース・スタディ・ハウス」研究(1)(建築史・建築意匠・建築論)

    山崎 康弘, 末包 伸吾, 安田 斉嗣

    一般社団法人日本建築学会, 1998年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (38), 997 - 1000, 日本語

  • 7015 阪神・淡路大震災の被災地における地域特性と復旧過程に関する研究(その4) : 神戸市長田区野田北部地区と灘区味泥地区における事例調査を通じて(都市計画)

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 三宅 雅樹, 田中 秀明, 富田 裕介

    一般社団法人日本建築学会, 1998年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (38), 437 - 440, 日本語

  • 7055 地域福祉センターの利用実態と配置構成に関する研究 : 神戸市のニュータウンにおける事例分析(都市計画)

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 家木 淳, 中野 吾郎

    一般社団法人日本建築学会, 1998年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (38), 597 - 600, 日本語

  • 7021 阪神・淡路大震災の被災地における住宅再建とまちなみ形成に関する研究 : (その1)再建戸建住宅の形態分析と類型化(都市計画)

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 三宅 雅樹, 田中 秀明, 富田 裕介

    一般社団法人日本建築学会, 1998年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (38), 461 - 464, 日本語

  • 9014 ミースの独立住宅における平面計画とタイルによるグリッドに関する考察 : ミース・ファン・デル・ローエの空間構成法に関する研究(1)(建築史・建築意匠・建築論)

    安田 斉嗣, 末包 伸吾, 木村 達也

    一般社団法人日本建築学会, 1997年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (37), 721 - 724, 日本語

  • 9015 ミースの独立住宅における架構形式に関する考察 : ミース・ファン・デル・ローエの空間構成法に関する研究(2)(建築史・建築意匠・建築論)

    木村 達也, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 1997年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (37), 725 - 728, 日本語

  • 7071 公共公益施設の運営の実態とその問題点に関する研究 : 神戸市のニュータウンにおける公共公益施設に関する研究(その3)(都市計画)

    三輪 康一, 安田 丑作, 末包 伸吾, 黒川 正樹, 家木 淳

    一般社団法人日本建築学会, 1997年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (37), 585 - 588, 日本語

  • 7009 公共空間におけるランドスケープ・デザインの手法とその意識に関する研究(1) : 公園・広場の公開設計競技応募案にみるデザイン手法の分析(都市計画)

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 松井 悟, 長谷川 哲也

    一般社団法人日本建築学会, 1997年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (37), 337 - 340, 日本語

  • 7036 阪神・淡路大震災による神戸の都市イメージの変化に関する研究 : イメージ形成におけるプリント・メディアの影響を通して(都市計画)

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 山村 裕之

    一般社団法人日本建築学会, 1997年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (37), 445 - 448, 日本語

  • 5030 震災時における神戸市の公共施設での機能転用に関する定量的分析 : 公共施設の避難・防災拠点としての利用に関する研究 その1(建築計画)

    末包 伸吾, 安田 丑作, 三輪 康一, 木村 政文

    一般社団法人日本建築学会, 1996年07月03日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (36), 421 - 424, 日本語

  • 5040 阪神・淡路大震災における被災と復旧の特性に関する研究(その2) : 神戸市味泥地区における事例調査を通じて(建築計画)

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 細田 尚宏

    一般社団法人日本建築学会, 1996年07月03日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (36), 461 - 464, 日本語

  • 7055 神戸市のニュータウンの環境変化に関する研究 : (その2) 住宅改善の要因とその評価に関する研究(都市計画)

    三輪 康一, 安田 丑作, 末包 伸吾, 上田 真史

    一般社団法人日本建築学会, 1996年07月03日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (36), 921 - 924, 日本語

  • 5039 阪神・淡路大震災における被災と復旧の特性に関する研究(その1) : 神戸市における事例調査を通じて(建築計画)

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 細田 尚宏

    一般社団法人日本建築学会, 1996年07月03日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (36), 457 - 460, 日本語

  • 9051 Eames夫妻のデザイン思想と建築創作に関する研究(建築史・建築意匠・建築論)

    杉野 卓史, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 1996年07月03日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (36), 1337 - 1340, 日本語

  • 7030 阪神・淡路大震災の被災地における復興まちづくり組織とまちづくり支援に関する研究 : (その1)復興まちづくり組織の活動とその役割(都市計画)

    黒川 正樹, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 谷本 裕美

    一般社団法人日本建築学会, 1996年07月03日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (36), 821 - 824, 日本語

  • 7019 阪神・淡路大震災による景観資源の被災状況と復興に関する研究 : その1 神戸市の住宅地における景観資源被災調査を通じて(都市計画)

    藤原 義幸, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 木山 正典

    一般社団法人日本建築学会, 1996年07月03日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (36), 777 - 780, 日本語

  • 7020 阪神・淡路大震災による景観資源の被災状況と復興に関する研究 : その2 住民の景観に関する意識調査を通じて(都市計画)

    木山 正典, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 藤原 義幸

    一般社団法人日本建築学会, 1996年07月03日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (36), 781 - 784, 日本語

  • 5031 震災時における神戸市の公共施設間での連携に関する定量的分析 : 公共施設の避難・防災拠点としての利用に関する研究 その2(建築計画)

    木村 政文, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 1996年07月03日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (36), 425 - 428, 日本語

  • 7031 阪神・淡路大震災の被災地における復興まちづくり組織とまちづくり支援に関する研究 : (その2)復興まちづくり組織への支援とその役割(都市計画)

    谷本 裕美, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 黒川 正樹

    一般社団法人日本建築学会, 1996年07月03日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (36), 825 - 828, 日本語

  • 9043 シンドラーのモジュールを用いた空間構成法に関する考察 : ルドルフ・シンドラー研究(IV)(建築史・建築意匠・建築論)

    末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 1996年07月03日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (36), 1305 - 1308, 日本語

  • 942 ルドルフ・シンドラーのウィーン美術アカデミー時代の作品について : ルドルフ・シンドラー研究(II)(建築史・建築意匠・建築論)

    末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 1995年06月13日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (35), 1157 - 1160, 日本語

  • 551 大都市中心市街地に立地する複合建築施設のアトリウム空間構成に関する研究(建築計画)

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 木山 正典, 山川 ひろみ

    一般社団法人日本建築学会, 1995年06月13日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (35), 453 - 456, 日本語

  • 752 大都市インナーエリアの地域構造に関する研究 : (その10)建築専門家による住宅改善(都市計画)

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 木山 正典, 谷川 憲治

    一般社団法人日本建築学会, 1995年06月13日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (35), 745 - 748, 日本語

  • 729 斜面地に形成された市街地の街路景観構成に関する研究 : 神戸市の南北幹線街路におけるケーススタディを通して(都市計画)

    嶋田 勝次, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 木山 正典, 三栖 健一

    一般社団法人日本建築学会, 1995年06月13日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (35), 653 - 656, 日本語

  • 783 計画的開発住宅地の人口動態に関する研究 : 神戸市における事例調査を通して(都市計画)

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 木山 正典, 中川 龍一

    一般社団法人日本建築学会, 1995年06月13日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (35), 869 - 872, 日本語

  • 505 積層集合住宅の共用空間に対する居住者意識に関する研究(建築計画)

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 木山 正典, 松本 猛

    一般社団法人日本建築学会, 1995年06月13日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (35), 273 - 276, 日本語

  • 7323 まちづくりアーカイブズの構築とその課題に関する研究 : 神戸市におけるまちづくり資料を事例として(コミュニティ活動,都市計画,学術講演会・建築デザイン発表会)

    玄 伽〓, 三輪 康一, 末包 伸吾, 水野 優子, 栗山 尚子

    一般社団法人日本建築学会, 2015年09月04日, 学術講演梗概集, 2015, 703 - 704, 日本語

  • 7496 山麓市街地における居住者の生活実態とまちづくり課題に関する研究 : 神戸市高取山地区における事例分析を通して(住民参加(1),都市計画)

    永田 勇一, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    一般社団法人日本建築学会, 2008年07月20日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2008, 1051 - 1052, 日本語

  • 9380 広瀬鎌二の鉄骨住宅作品「SHシリーズ」における空間構成と架構形式に関する研究(2) : 架構形式および空間構成材に関する考察を通して(作家論・作品論(5),建築歴史・意匠)

    林 俊博, 末包 伸吾, 長谷川 あみ湖, 藤井 一成

    一般社団法人日本建築学会, 2005年07月31日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2005, 759 - 760, 日本語

  • 9379 広瀬鎌二の鉄骨住宅作品「SHシリーズ」における空間構成と架構形式に関する研究(1) : 配置構成および平面構成に関する考察を通して(作家論・作品論(5),建築歴史・意匠)

    長谷川 あみ湖, 末包 伸吾, 林 俊博, 藤井 一成

    一般社団法人日本建築学会, 2005年07月31日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2005, 757 - 758, 日本語

  • 5283 設計競技応募案にみる公園、広場の設計手法とその評価に関する研究 : 「ヨコハマポートサイド地区水際公園」と「日本におけるイタリア2001年記念広場」の分析を通して(設計手法・CAD,建築計画I)

    萩山 恭朋, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    一般社団法人日本建築学会, 2004年07月31日, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2004, 565 - 566, 日本語

  • 9345 ケース・スタディ・ハウス・プログラムにおける建築家の思考とその表現に関する研究 : 空間描写としてのパース表現に着目して(意匠論:イメージ(1),建築歴史・意匠)

    箕浦 浩樹, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2010, 689 - 690, 日本語

  • 7362 タウンハウスにおける住み手による景観形成とその変容に関する研究 : 神戸のニュータウンの事例分析を通じて(景観法・景観計画,都市計画)

    田染 茉莉子, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    一般社団法人日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2010, 771 - 772, 日本語

  • 9028 ヘルマン・ヘルツベルハーの建築思想と空間構成手法に関する研究 : 教育施設作品における〈spatial structure〉と〈familiarity〉に着目して(建築史・建築意匠・建築論)

    角川 雅洋, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 2011年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (51), 821 - 824, 日本語

  • 9027 クレイグ・エルウッドの建築思想とその空間構成手法に関する研究 : 〈rhythm〉と〈order〉の関係に着目して(建築史・建築意匠・建築論)

    平田 拓也, 末包 伸吾, 山崎 康弘

    一般社団法人日本建築学会, 2011年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (51), 817 - 820, 日本語

  • 9029 チャールズ・ムーアの建築思想とその空間構成手法に関する研究 : 『ディメンション』及び1970年代初期までの独立住宅作品の空間構成の分析を通して(建築史・建築意匠・建築論)

    鷲尾 有美, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 2011年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (51), 825 - 828, 日本語

  • 9033 わが国の大架構建築における覆いの空間構成論とその手法に関する研究 : 1970年以降の建築作品の〈形態・架構・素材〉に着目して(建築史・建築意匠・建築論)

    松島 将太, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 2011年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (51), 841 - 844, 日本語

  • 9032 槇文彦の『記憶の形象』にみる〈奥〉の思想とその空間構成手法に関する研究(建築史・建築意匠・建築論)

    小村 秀数, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 2011年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (51), 837 - 840, 日本語

  • 9025 リチャード・ノイトラの独立住宅作品における空間構成とその手法に関する研究 : 居間空間を中心とした内外空間の構成と柱・梁の架構表現に着目して(建築史・建築意匠・建築論)

    文元 慎二, 末包 伸吾, 山崎 康弘

    一般社団法人日本建築学会, 2011年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (51), 809 - 812, 日本語

  • 9034 建設プロセスにみる建築の公共性に関する研究 : 1990年以降の市民参加型公共建築作品に着目して(建築史・建築意匠・建築論)

    原田 智弘, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 2011年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (51), 845 - 848, 日本語

  • 9030 OMAのシアトル・パブリック・ライブラリーにおける設計プロセスとその建築思想に関する研究(建築史・建築意匠・建築論)

    宮下 智美, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 2011年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (51), 829 - 832, 日本語

  • 9038 「近代化産業遺産」のコンバージョンの計画と活用手法に関する研究 : 倉敷アイビースクエアの事例分析を主として(建築史・建築意匠・建築論)

    高田 理子, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 2010年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (50), 885 - 888, 日本語

  • 9012 ルイス・バラガンの独立住宅作品における空間とその構成手法に関する研究 : 建築思想と立体構成に着目して(建築史・建築意匠・建築論)

    井上 麻優, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 2010年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (50), 781 - 784, 日本語

  • 9011 ケース・スタディ・ハウス・プログラムにおける建築家の思考とその表現に関する研究 : 空間描写としてのパース表現に着目して(建築史・建築意匠・建築論)

    箕浦 浩樹, 末包 伸吾, 山崎 康弘

    一般社団法人日本建築学会, 2010年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (50), 777 - 780, 日本語

  • 5026 美術館のアプローチ空間の構成とその評価に関する研究 : 1990年以降の美術館建築の事例分析を通して(建築計画)

    野村 恒司, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    一般社団法人日本建築学会, 2009年05月22日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (49), 101 - 104, 日本語

  • 5057 村野藤吾の建築作品における主立面のファサード構成に関する研究 : 都市建築としてのあり方に着目して(建築計画)

    嘉祥寺 絢子, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 2009年05月22日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (49), 225 - 228, 日本語

  • 9028 阪神間の独立住宅作品における空間構成論とその手法に関する研究 : 第二次世界大戦以降の住宅作品における地域性への言及に着目して(建築史・建築意匠・建築論)

    三箇 将容, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 2009年05月22日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (49), 817 - 820, 日本語

  • 7063 我が国における地域景観像の構造とその評価に関する研究 : 景観計画の事例分析を通して(都市計画)

    酒見 和裕, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    一般社団法人日本建築学会, 2009年05月22日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (49), 537 - 540, 日本語

  • 7044 共同建替住宅におけるコミュニティの継続と変容に関する研究 : 神戸市における共同建替事例の調査分析を通して(都市計画)

    寺井 彩, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    一般社団法人日本建築学会, 2009年05月22日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (49), 461 - 464, 日本語

  • 7057 住宅地の前面道路の生活領域化と路地性の継承に関する研究 : 神戸市の震災復興整備事例に着目して(都市計画)

    木下 佳那子, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    一般社団法人日本建築学会, 2009年05月22日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (49), 513 - 516, 日本語

  • 7062 建築物の高層化による都市景観の変化とその評価に関する研究 : 神戸の主要な眺望点からみた都市景観に関するシミュレーション分析を通して(都市計画)

    堀口 亮輔, 栗山 尚子, 三輪 康一, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 2009年05月22日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (49), 533 - 536, 日本語

  • 7043 商店街におけるオープンスペースの活用と地域コミュニティへの影響に関する研究 : 神戸市内の商店街の事例調査を通して(都市計画)

    川尻 健介, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    一般社団法人日本建築学会, 2009年05月22日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (49), 457 - 460, 日本語

  • 7060 都市における地区イメージが屋外広告物に及ぼす影響に関する研究 : 神戸市都心市街地における事例分析を通じて

    井上 亮, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 木山 正典

    一般社団法人日本建築学会, 2002年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (42), 717 - 720, 日本語

  • 7055 臨海立地型集客施設における眺望型滞在空間の構成と眺望行動・意識に関する研究 : 神戸ハーバーランドにおける事例調査を通じて

    河上 厚子, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 徐 金泓

    一般社団法人日本建築学会, 2002年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (42), 697 - 700, 日本語

  • 7082 インナーエリアにおけるまちなみ景観の形成とその評価に関する研究 : 神戸市における景観形成市民協定に着目して

    阪口 太志, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 木山 正典

    一般社団法人日本建築学会, 2002年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (42), 805 - 808, 日本語

  • 7014 インナーエリアにおける個別改善型住環境整備手法に関する研究 : 神戸市における建築基準法 43 条ただし書き許可の事例分析を通じて

    金 明権, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 2002年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (42), 533 - 536, 日本語

  • 7035 山麓密集住宅市街地における住環境特性とその評価に関する研究 : 神戸市長田区上池田地区における事例調査を通じて

    伊藤 洋美, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 2002年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (42), 617 - 620, 日本語

  • 7021 まちづくり協議会の役割の変遷と地域の自主管理活動に関する研究 : 神戸市における復興まちづくり活動の調査分析を通じて

    須田 友哉, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 2002年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (42), 561 - 564, 日本語

  • 5027 相隣空間との関わりからみた都市型狭小独立住宅の空間構成に関する研究 : 1990 年代後半の独立住宅作品の領域構成に着目して

    木下 利英子, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 2002年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, (42), 105 - 108, 日本語

  • 臨港都市における斜面地の眺望型景観の特性と景観意識に関する研究-神戸市の斜面市街地における事例調査を通じて-

    黒川暢久, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 木山 正典, 徐 金泓

    一般社団法人日本建築学会, 2002年, 日本建築学会近畿支部研究報告集 計画系, 42, 701 - 704, 日本語

  • ルドルフ・M・シンドラーの'Space Architecture'にみる近代主義建築の空間とその構成法に関する研究(建築歴史・意匠)

    末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 1997年09月20日, 建築雑誌. 建築年報, 1997, 91 - 91, 日本語

  • 固有性と普遍性をつなぐ空間構成の展開

    末包 伸吾, Suekane Shingo, スエカネ シンゴ

    意匠学会, 2008年05月31日, デザイン理論, 52, 132 - 133, 日本語

  • ルドルフ・シンドラーの空間構成

    末包 伸吾, Suekane Shingo, スエカネ シンゴ

    関西意匠学会, 2000年11月11日, デザイン理論, 39, 104 - 105, 日本語

  • 都市美アドバイザ-チ-ム (特集 都市と景観) -- (事例)

    吉田 鉄也, 三輪 康一, 末包 伸吾

    第一法規出版, 1998年03月, 月刊自治フォーラム, (462), 42 - 46, 日本語

  • A Study on the Space and Its Composition of the ""Case Study Houses"" : The Comparative and Typological Analysis on the Spatial Composition of the Modern Architecture in Los Angeles

    末包 伸吾, Yasuda Masashi, Yamasaki Yasuhiro

    神戸大学, 1998年11月, 神戸大學工學部研究報告, 45, 31 - 46, 英語

  • The Functional Diversions of the Public Facilities as Refuge and Rescue Bases under the condition of the Great Hanshin-Awaji Earthquake

    Yasuda Chusaku, Miwa Koichi, Suekane shingo

    神戸大学, 1996年12月22日, 神戸大學工學部研究報告, 43, 1 - 7, 英語

  • インナーエリアにおける町並み景観の形成とその評価に関する研究 : 神戸市における景観形成市民協定に着目して(2002年度大会 (北陸) 学術講演梗概集)

    阪口 太志, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 木山 正典

    一般社団法人日本建築学会, 2002年06月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2002, 415 - 416, 日本語

  • まちづくり協議会の役割の変遷と地域自主管理活動に関する研究 : 神戸市における復興まちづくり活動の調査分析を通じて(2002年度大会 (北陸) 学術講演梗概集)

    須田 友哉, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 2002年06月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2002, 957 - 958, 日本語

  • 山麓密集住宅市街地における住環境特性とその評価に関する研究 : その2. 上池田地区における住環境特性とその評価(2002年度大会 (北陸) 学術講演梗概集)

    三輪 康一, 安田 丑作, 末包 伸吾, 伊藤 洋美

    一般社団法人日本建築学会, 2002年06月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2002, 753 - 754, 日本語

  • 住み手がつくる住宅地景観形成とその可能性に関する研究 : 阪神間の震災復興土地区画整理事業区域における外構空間の形成とその評価の調査分析を通じて(2002年度大会 (北陸) 学術講演梗概集)

    奥村 恵巳, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 2002年06月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2002, 805 - 806, 日本語

  • 7226 阪神・淡路大震災の被災地における空地とその利用に関する研究(その1) : 神戸市における事例調査を通じて

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 松島 啓之, 岡村 佳臣

    一般社団法人日本建築学会, 2000年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2000, 451 - 452, 日本語

  • 7232 市街地における集合住宅の立地にともなう住環境変容とその評価に関する研究 : 阪神・淡路大震災以降の芦屋市における事例調査を通じて

    安田 丑作, 三輪 康一, 菅原 康雄, 末包 伸吾, 水野 尋夫

    一般社団法人日本建築学会, 2000年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2000, 463 - 464, 日本語

  • 7224 阪神・淡路大震災の被災地における共同建替事業とその実現プロセスに関する研究 : 神戸市における事例調査を通じて(その1)

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 安田 幸弘, 岡田 光輝

    一般社団法人日本建築学会, 2000年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2000, 447 - 448, 日本語

  • 7109 都市圏周縁部における共生型土地利用の実態とその評価に関する研究 : 三田市都市計画区域編入地域の既存小規模開発団地における事例分析を通じて

    榎木 理人, 安田 丑作, 志賀 咲穂, 三輪 康一, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 2000年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2000, 217 - 218, 日本語

  • 7038 大都市における都心居住の実態とその評価に関する研究 : 大阪市の都心居住容積ボーナス制度適用事例の分析を通じて

    立花 貴光, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 2000年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2000, 75 - 76, 日本語

  • 阪神 淡路大震災の被災地における共同建替事業とその実現プロセスに関する研究-神戸市における事例調査を通じて-

    安田丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 安田 幸弘, 岡田 光輝

    一般社団法人日本建築学会, 2000年, 日本建築学会学術講演梗概集, 2000, 449 - 450, 日本語

  • 6076 大都市圏周辺部における土地利用の実態とその評価に関する研究 : 加古川市神野地区における集落地区計画の評価を通して

    末包 伸吾, 志賀 咲穂, 近藤 裕介, 安田 丑作, 三輪 康一, 榎木 理人

    一般社団法人日本建築学会, 1999年07月30日, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, 1999, 547 - 548, 日本語

  • 6074 大都市圏周辺部における土地利用の実態とその評価に関する研究 : 三田市の旧都市計画区域外における団地開発手法と住民意識調査の分析を通して その1

    榎木 理人, 志賀 咲穂, 末包 伸吾, 安田 丑作, 三輪 康一, 近藤 裕介

    一般社団法人日本建築学会, 1999年07月30日, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, 1999, 543 - 544, 日本語

  • 6075 大都市圏周辺部における土地利用の実態とその評価に関する研究 : 三田市の旧都市計画区域外における団地開発手法と住民意識調査の分析を通して その2

    近藤 裕介, 志賀 咲穂, 末包 伸吾, 安田 丑作, 三輪 康一, 榎木 理人

    一般社団法人日本建築学会, 1999年07月30日, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, 1999, 545 - 546, 日本語

  • 7478 大阪湾臨海部の開発計画と土地利用の変遷に関する研究 : 尼崎市・大阪市・堺市臨海部における事例分析を通して

    山下 和則, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 1999年07月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 1999, 955 - 956, 日本語

  • 7457 都市景観構成要素としての屋外広告物の規制および実態とその評価に関する研究 : 神戸市における景観シュミレーション分析を通して その1

    徐 金泓, 平群 志樹, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 1999年07月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 1999, 913 - 914, 日本語

  • 7075 阪神・淡路大震災の被災地におけるまちづくり組織の役割とその変化に関する研究(その2) : まちづくり組織の役割と今後のまちづくりのあり方

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 富田 裕介, 松島 啓之

    一般社団法人日本建築学会, 1999年07月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 1999, 149 - 150, 日本語

  • 7074 阪神・淡路大震災の被災地におけるまちづくり組織の役割とその変化に関する研究(その1) : まちづくり組織における活動とその支援の変遷

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 富田 裕介, 松島 啓之

    一般社団法人日本建築学会, 1999年07月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 1999, 147 - 148, 日本語

  • 7080 震災復興における住宅再建とまちなみ形成のための住環境誘導手法に関する考察(その2) : 野田北部地区における、地区計画適応事例の内部空間構成

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 田中 秀明, 安田 幸弘

    一般社団法人日本建築学会, 1999年07月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 1999, 159 - 160, 日本語

  • 7226 宅地および機能変容に伴う景観変化とその評価に関する研究 : 神戸市山手住宅地における街路景観の事例調査を通して, その2

    船橋 秀暢, 赤松 建吾, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 木山 正典

    一般社団法人日本建築学会, 1999年07月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 1999, 451 - 452, 日本語

  • 9320 「アーツ・アンド・アーキテクチュア」誌に掲載された独立住宅作品の空間構成材・モデュール : 1940年代・50年代のカリフォルニア近代建築の展開に関する考察 (1)

    藤本 真美子, 末包 伸吾, 山崎 康弘

    一般社団法人日本建築学会, 1999年07月30日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 1999, 639 - 640, 日本語

  • 7361 ニュータウンにおける住宅更新と宅地変容に伴う非住居系機能の立地評価と誘導施策に関する研究(その1) : 神戸市の開発住宅団地における事例調査を通して

    立花 貴光, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 大矢 浩史

    一般社団法人日本建築学会, 1999年07月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 1999, 721 - 722, 日本語

  • 9240 Eames夫妻のデザイン思想と建築創作に関する研究

    杉野 卓史, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 1996年07月30日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 1996, 479 - 480, 日本語

  • 9238 シンドラーのモジュールを用いた空間構成方に関する考察 : ルドルフ・シンドラー研究(IV)

    末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 1996年07月30日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 1996, 475 - 476, 日本語

  • 7336 大学キャンパス外部空間と市街地環境形成に関する研究(2) : 京阪神の大学キャンパスとその周辺住民の利用・意識実態調査を通して(建築群の環境)

    長谷川 哲也, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 大矢 浩史

    一般社団法人日本建築学会, 1998年07月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 1998, 671 - 672, 日本語

  • 7335 大学キャンパス外部空間と市街地環境形成に関する研究(1) : 京阪神の大学キャンパスの類型及び大学開放の実態について(建築群の環境)

    大矢 浩史, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 長谷川 哲也

    一般社団法人日本建築学会, 1998年07月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 1998, 669 - 670, 日本語

  • 9256 ルドルフ・シンドラーの規格化住宅「シンドラー・シェルター」に関する考察

    末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 1998年07月30日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 1998, 511 - 512, 日本語

  • 7252 アメリカ合衆国における歴史的建造物の保全と活用に関する研究 : シアトル市の中心市街地における事例を通して(2)(歴史的景観・海外(1))

    船橋 秀暢, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 曽野 正之

    一般社団法人日本建築学会, 1998年07月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 1998, 503 - 504, 日本語

  • 7251 アメリカ合衆国における歴史的建造物の保全と活用に関する研究 : シアトル市の中心市街地における事例を通して(1)(歴史的景観・海外(1))

    船橋 秀暢, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 曽野 正之

    一般社団法人日本建築学会, 1998年07月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 1998, 501 - 502, 日本語

  • 7374 神戸市都心地域における機能の変遷に関する研究 : 阪神・淡路大震災前後の旧居留地における都心機能と建築活動の分析を通して その1(阪神大震災(1)市街地復興(1))

    平郡 志樹, 永野 一朗, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 1998年07月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 1998, 747 - 748, 日本語

  • 7375 神戸市旧居留地における都市景観形成地域と地区計画の制度とその評価に関する研究 : 阪神・淡路大震災前後の旧居留地における都心機能と建築活動の分析を通して その2(阪神大震災(1)市街地復興(1))

    永野 一朗, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 1998年07月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 1998, 749 - 750, 日本語

  • 7380 阪神大震災の被災地における住宅再建とまちなみ形成に関する研究 : (その1)再建戸建住宅の形態分析と類型化(阪神大震災(2)市街地復興(2))

    三輪 康一, 安田 丑作, 末包 伸吾, 三宅 雅樹, 田中 秀明, 富田 裕介

    一般社団法人日本建築学会, 1998年07月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 1998, 759 - 760, 日本語

  • 9190 ミースの独立住宅における架構形式に関する考察 : ミース・ファン・デル・ローエの空間構成法に関する研究(2)

    木村 達也, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 1997年07月30日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 1997, 377 - 378, 日本語

  • 9189 ミースの独立住宅における平面計画とタイルによるグリッドに関する考察 : ミース・ファン・デル・ローエの空間構成法に関する研究(1)

    安田 斉嗣, 末包 伸吾, 木村 達也

    一般社団法人日本建築学会, 1997年07月30日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 1997, 375 - 376, 日本語

  • 7411 阪神・淡路大震災の被災地における地域特性と復旧過程に関する研究(その1) : 神戸市における事例調査を通じて

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 木山 正典, 遠藤 宏

    一般社団法人日本建築学会, 1997年07月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 1997, 821 - 822, 日本語

  • 7412 阪神・淡路大震災の被災地における地域特性と復旧過程に関する研究(その2) : 神戸市における事例調査を通じて

    遠藤 宏, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 木山 正典

    一般社団法人日本建築学会, 1997年07月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 1997, 823 - 824, 日本語

  • 7180 公共公益施設の運営の実態とその問題点に関する研究 : 神戸市のニュータウンにおける公共公益施設に関する研究(その3)

    三輪 康一, 安田 丑作, 末包 伸吾, 黒川 正樹

    一般社団法人日本建築学会, 1997年07月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 1997, 359 - 360, 日本語

  • 7178 公共公益施設の立地位置要求と利用圏に関する研究 : 神戸市のニュータウンにおける公共公益施設に関する研究(その1)

    家木 淳, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 黒川 正樹

    一般社団法人日本建築学会, 1997年07月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 1997, 355 - 356, 日本語

  • 7179 公共公益施設の利用特性とその評価に関する研究 : 神戸市のニュータウンにおける公共公益施設に関する研究(その2)

    黒川 正樹, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 1997年07月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 1997, 357 - 358, 日本語

  • 7315 神戸市のニュータウンの環境変化に関する研究 : (その2) 住宅改善の要因とその評価に関する研究

    三輪 康一, 安田 丑作, 末包 伸吾, 上田 真史

    一般社団法人日本建築学会, 1996年07月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 1996, 629 - 630, 日本語

  • 7314 神戸市のニュータウンの環境変化に関する研究 : (その1) 戸建て住宅の更新と宅地変更に関する実態分析

    上田 真史, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 1996年07月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 1996, 627 - 628, 日本語

  • 7041 阪神・淡路大震災による景観資源の被災状況と復興に関する研究 : -その2 神戸市の住宅地における景観資源被災調査を通じて-

    木山 正典, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 藤原 義幸

    一般社団法人日本建築学会, 1996年07月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 1996, 81 - 82, 日本語

  • 7042 阪神・淡路大震災における被災と復旧の特性に関する研究(その1) : -神戸市における事例調査を通じて-

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 細田 尚宏

    一般社団法人日本建築学会, 1996年07月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 1996, 83 - 84, 日本語

  • 7078 阪神・淡路大震災の被災地における復興まちづくり組織とまちづくり支援に関する研究 : (その2) 復興まちづくり組織への支援とその役割

    谷本 裕美, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 黒川 正樹

    一般社団法人日本建築学会, 1996年07月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 1996, 155 - 156, 日本語

  • 7077 阪神・淡路大震災の被災地における復興まちづくり組織とまちづくり支援に関する研究 : (その1) 復興まちづくりの組織の活動とその役割

    黒川 正樹, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 谷本 裕美

    一般社団法人日本建築学会, 1996年07月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 1996, 153 - 154, 日本語

  • 5161 震災時における神戸市の公共施設間での携帯に関する定量的分析 : 公共施設の避難・防災拠点としての利用に関する研究 その2

    木村 政文, 三輪 康一, 安田 丑作, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 1996年07月30日, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 1996, 321 - 322, 日本語

  • 共同化による住宅再建に関する研究-阪神 淡路大震災の被災地における事例調査を通じて-

    土井康弘, 三輪 康一, 末包 伸吾, 土井 康弘

    一般社団法人日本建築学会, 1996年, 日本建築学会学術講演梗概集, 1996, 101 - 102, 日本語

  • 9250 シンドラーのウィーン美術アカデミー在籍中の建築論に見るワグナーの影響について : ルドルフ・シンドラー研究(III)

    末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 1995年07月20日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 1995, 499 - 500, 日本語

  • 7079 斜面地に形成された市街地の街路景観構成に関する研究 : 神戸市の南北幹線道路におけるケーススタディを通して

    嶋田 勝次, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 木山 正典, 三栖 健一

    一般社団法人日本建築学会, 1995年07月20日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 1995, 157 - 158, 日本語

  • 7342 大都市のインナーエリアの地域構造に関する研究(その10) : 建築専門家による住宅改善

    嶋田 勝次, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 木山 正典, 谷川 憲治

    一般社団法人日本建築学会, 1995年07月20日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 1995, 683 - 684, 日本語

  • 7396 計画的開発住宅地の人口動態に関する研究 : 神戸市における事例調査を通して

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 木山 正典, 中川 龍一

    一般社団法人日本建築学会, 1995年07月20日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 1995, 791 - 792, 日本語

  • 都市における地区イメージが屋外広告物に及ぼす影響に関する研究 : 神戸市都心市街地における事例分析を通じて(2002年度大会 (北陸) 学術講演梗概集)

    井上 亮, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 木山 正典

    一般社団法人日本建築学会, 2002年06月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2002, 329 - 330, 日本語

  • クレイグ・エルウッドの独立住宅作品における空間構成と架構形式に関する研究(2002年度大会 (北陸) 学術講演梗概集)

    増岡 亮, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 2002年06月30日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2002, 463 - 464, 日本語

  • 臨港都市における斜面地の眺望景観の特性と景観意識に関する研究 : 神戸市の斜面市街地における事例調査を通じて(2002年度大会 (北陸) 学術講演梗概集)

    黒川 暢久, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 木山 正典, 徐 金泓

    一般社団法人日本建築学会, 2002年06月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2002, 187 - 188, 日本語

  • 相隣空間との関わりからみた都市型狭小独立住宅の空間構成に関する研究 : 1990年代後半の独立住宅作品の領域構成に着目して(空間構成(2),建築計画II)

    木下 利英子, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 2002年06月30日, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, 2002, 545 - 546, 日本語

  • 7543 住民参加型まちづくりによる親水空間づくりの効果と評価に関する研究 : 阪神淡路大震災の復興整備における<せせらぎ>の事例分析を通して(地区環境整備の制度と事例,都市計画)

    大平 泰巨, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    一般社団法人日本建築学会, 2007年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2007, 1151 - 1152, 日本語

  • 7537 山麓密集市街地における土地利用の更新と空間管理に関する研究-その1 : 神戸市長田区上池田地区の空き地・空き家に着目して(郊外の地区環境整備,都市計画)

    永田 勇一, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 加藤 智佳子

    一般社団法人日本建築学会, 2007年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2007, 1139 - 1140, 日本語

  • 7528 密集市街地における個別改善型住環境整備とその評価に関する研究 : 神戸市長田区駒ヶ林地区における事例調査を通して(密集市街地,都市計画)

    今西 康剛, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    一般社団法人日本建築学会, 2007年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2007, 1121 - 1122, 日本語

  • 7222 斜面市街地の都市軸における眺望景観の特性とその評価に関する研究(その2) : 神戸市におけるview corridor確保の可能性に着目して(広域景観,都市計画)

    栗山 尚子, 井上 猛, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 2007年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2007, 501 - 502, 日本語

  • 7243 都市景観形成のための大規模建築物の色彩誘導基準に関する研究 : 尼崎市の景観届出制度適用建築物の実態調査を通して(色彩,都市計画)

    野間 修一, 末包 伸吾, 安田 丑作, 栗山 尚子, 三輪 康一

    一般社団法人日本建築学会, 2007年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2007, 543 - 544, 日本語

  • 7215 風致地区の住宅地変容と景観デザイン誘導に関する研究(その2) : 大阪市聖天山風致地区における敷際空間の景観シミュレーション分析を通して(景観シミュレーション(1),都市計画)

    三島 史跡, 末包 伸吾, 安田 丑作, 栗山 尚子, 三輪 康一

    一般社団法人日本建築学会, 2007年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2007, 487 - 488, 日本語

  • 7051 まちなみ景観形成のための住民主導のルールづくりに関する研究 : 神戸市新長田駅北地区東部における景観シミュレーション分析によるまちなみ形成ルールの検証(条例・ルール,都市計画)

    中島 広貴, 末包 伸吾, 安田 丑作, 栗山 尚子, 三輪 康一

    一般社団法人日本建築学会, 2007年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2007, 131 - 132, 日本語

  • 9298 ヨーン・ウッツォンの建築作品における空間とその構成手法に関する研究 : 断面構成と空間演出手法に着目して(作家論・作品論(5),建築歴史・意匠)

    山崎 篤史, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 2007年07月31日, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2007, 595 - 596, 日本語

  • 7132 眺望型街路景観のイメージに植栽が与える影響に関する研究 その2 : 神戸市の斜面市街地における南北幹線の事例調査を通じて(街路空間と歩行者行動,都市計画)

    栗山 尚子, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 木山 正典, 川鍋 祐子

    一般社団法人日本建築学会, 2003年07月30日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2003, 293 - 294, 日本語

  • 眺望型街路景観のイメージに植栽が与える影響に関する研究 その1-神戸市の斜面市街地における南北幹線の事例調査を通じて-

    川鍋祐子, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 木山 正典

    一般社団法人日本建築学会, 2003年, 日本建築学会大会学術梗概集, 7131, 291 - 292, 日本語

  • 共同建替におけるコミュニティ形成の実態とその形成要因に関する研究

    上島信之, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 2003年, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 2003, 803 - 804, 日本語

  • 7282 密集市街地整備における組合施行小規模土地区画整理事業の有効性に関する考察 : 神戸市神前町2丁目北地区における事例研究を通して(市街地の環境・安全と制度, 都市計画)

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 三宅 雅樹

    一般社団法人日本建築学会, 2006年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2006, 587 - 588, 日本語

  • 7139 景観形成における計画協議の運用実態とその実効性に関する研究 : 神戸市の都市景観条例およびまちづくり条例の適用事例の分析を通して(景観形成と参加, 都市計画)

    長谷川 寛, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 益山 勝成

    一般社団法人日本建築学会, 2006年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2006, 301 - 302, 日本語

  • 7420 まちづくりにおける空間像に関する研究 : その1 空間像の形態の特性とその類型化(都市の空間像・構造, 都市計画)

    長山 寛, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 北澤 恵

    一般社団法人日本建築学会, 2006年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2006, 863 - 864, 日本語

  • 7421 まちづくりにおける空間像に関する研究 : その2 空間像の形成プロセスとその評価(都市の空間像・構造, 都市計画)

    三輪 康一, 安田 丑作, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 北澤 恵, 長山 寛

    一般社団法人日本建築学会, 2006年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2006, 865 - 866, 日本語

  • 7217 阪神間の震災復興土地区画整理事業区域における住宅地景観の形成とその評価に関する研究(その1) : 敷際空間の連続性に着目して(震災復興と景観,都市計画)

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 木山 正典, 山田 良一, 奥村 恵巳, 河上 厚子

    一般社団法人日本建築学会, 2001年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2001, 433 - 434, 日本語

  • 7218 阪神間の震災復興土地区画整理事業区域における住宅地景観の形成とその評価に関する研究(その2) : 敷際空間の連続性に着目して(震災復興と景観,都市計画)

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 木山 正典, 山田 良一, 奥村 恵巳, 河上 厚子

    一般社団法人日本建築学会, 2001年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2001, 435 - 436, 日本語

  • 7219 阪神間の震災復興土地区画整理事業区域における住宅地景観の形成とその評価に関する研究(その3) : 敷際空間の連続性に着目して(震災復興と景観,都市計画)

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 木山 正典, 山田 良一, 奥村 恵巳, 河上 厚子

    一般社団法人日本建築学会, 2001年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2001, 437 - 438, 日本語

  • 7487 臨海立地型集合住宅群における空間イメージと景観構成要素の相関に関する研究 :阪神間の景観コーディネーション方式集合住宅地計画の事例分析を通じて(その2)(住宅地景観,都市計画)

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 岡田 光輝, 井上 亮

    一般社団法人日本建築学会, 2001年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2001, 973 - 974, 日本語

  • 7486 臨海立地型集合住宅群における空間イメージと景観構成要素の相関に関する研究 :阪神間の景観コーディネーション方式集合住宅地計画の事例分析を通じて(その1)(住宅地景観,都市計画)

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 岡田 光輝, 井上 亮

    一般社団法人日本建築学会, 2001年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2001, 971 - 972, 日本語

  • 7470 住民参加型景観まちづくりの形成過程とその評価に関する研究 : 神戸市北野町山本通地区,岡本地区,南京町地区における事例調査を通じて(その2)(保全制度・運動,都市計画)

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 馮 俊, 大江 孝弥, 阪口 太志

    一般社団法人日本建築学会, 2001年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2001, 939 - 940, 日本語

  • 7469 住民参加型景観まちづくりの形成過程とその評価に関する研究 : 神戸市北野町山本通地区,岡本地区,南京町地区における事例調査を通じて(その1)(保全制度・運動,都市計画)

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 馮 俊, 阪口 太志, 大江 孝弥

    一般社団法人日本建築学会, 2001年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2001, 937 - 938, 日本語

  • 7314 韓国における都市景観政策の新しい動向 : 改正都市計画法と都市計画条例を中心に(海外都市景観,都市計画)

    徐 金泓, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 2001年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2001, 627 - 628, 日本語

  • 7288 大規模ニュータウンにおけるタウンセンターの機能変化と環境マネージメントシステムに関する研究 : 西神ニュータウンにおける事例調査を通じて(郊外土地利用,都市計画)

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 岡村 佳臣

    一般社団法人日本建築学会, 2001年07月31日, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2001, 575 - 576, 日本語

  • 15 ルドルフ・シンドラー研究(I) : シンドラーの生涯(建築歴史・意匠)

    末包 伸吾

    一般社団法人日本建築学会, 1995年02月18日, 研究報告集. 計画系, (65), 377 - 380, 日本語

書籍等出版物

  • 思想家と建築 ベンヤミン

    単訳, 丸善, 2019年

  • 関西の建築界 群像

    末包 伸吾

    その他, 日本建築協会, 2017年, 日本語

    学術書

  • ARCHITECTON

    末包伸吾

    pp.1-4, 総合資格(株), 2017年

  • 日本の建築意匠

    平尾 和洋, 青柳 憲昌, 山本 直彦, 大影 佳史, 朽木 順綱, 倉方 俊輔, 末包 伸吾, 中江 研, 福原 和則, 本田 昌昭

    共著, 学芸出版社, 2016年12月, 日本語

    学術書

  • 設計者選定を考える

    末包 伸吾

    その他, 建築設計02,日本建築設計学会,pp.38-47, 日本建築設計学会, 2016年05月, 日本語

    学術書

  • 推薦のことば

    末包 伸吾

    近代建築6月号別冊,卒業制作2015,pp.206-7, 近代建築社, 2015年06月, 日本語

    学術書

  • 革新と追想という両義性のなかで

    末包 伸吾, 岩田 章吾

    共著, 日本建築設計学会, 2015年05月, 日本語

    学術書

  • 建築論事典 中国語版

    末包 伸吾

    その他, 彰国社, 2012年, 中国語

    事典・辞書

  • 審査講評 「大きな自然に呼応する建築」

    末包 伸吾

    その他, 技報堂出版, 2011年, 日本語

    学術書

  • 審査講評 「アーバン・フィジックスの構想」

    末包 伸吾

    その他, 技報堂出版, 2010年, 日本語

    学術書

  • 審査講評 「記憶の器」

    末包 伸吾

    その他, 技報堂出版, 2009年, 日本語

    学術書

  • テキスト 建築意匠 韓国語版

    平尾 和洋, 末包 伸吾

    その他, 学芸出版社, 2009年

    教科書・概説・概論

  • テキスト 建築の20世紀

    本田昌昭, 末包伸吾

    第3章4・5(pp.54-59), 第6章(pp.95-108), 第10章(pp.157-171), 第12章 3および5・6(pp.198-200,203-206)の執筆,共編者,全体企画・編集を担当,全239 p., 学芸出版社, 2009年

  • 建築論事典

    末包 伸吾

    その他, 建築論事典, pp.164-165, 248-249, 彰国社, 2008年, 日本語

    事典・辞書

  • 市民まちづくり活動における地域空間像の形成プロセスとその評価に関する研究

    三輪 康一, 安田 丑作, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    共著, 平成17-18年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書, 2007年03月, 日本語

    調査報告書

  • 「美しくまちをつくる,むらをつくる」SCENARIO-TAMBA 私たちで創るこれからの箕面

    三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    共著, 本建築学会120周年記念近畿支部主催事業報告書 日本建築学会120周年記念近畿支部主催事業実行委員会,日本建築学会近畿支部都市計画部会, 2007年03月, 日本語

    調査報告書

  • テキスト建築意匠

    末包 伸吾

    共著, 学芸出版社, 2006年12月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • SDレビューの25年

    末包 伸吾

    単著, 鹿島出版会, 2006年10月, 日本語

    学術書

  • さりげなくなじませる

    末包 伸吾

    単著, 建設通信新聞, 2006年07月, 日本語

    その他

  • コラボレーションの風景

    末包 伸吾

    単著, 日建設計ニュースレター, 2006年07月, 日本語

    学術書

  • ルドルフ・シンドラー カリフォルニアのモダンリビング

    末包伸吾

    単訳, 鹿島出版会, 1999年

  • 阪神・淡路大震災調査報告 建築編-10 都市計画 農漁村計画

    (分担執筆)2.1の一部(pp.78-81 共著),2.2.6(pp.116-118 共著),2.2.8(pp.120-122単著),5.1.2(pp.354-358 共著),5.2.4(pp.374-378 共著), 丸善, 1999年

  • 近代建築史

    石田 潤一郎, 中川 理, 梅宮 弘光, 笠原 一人, 川島 洋一, 小林 正子, 末包 伸吾, 千代 章一郎, 田中 禎彦, 中嶋 節子

    共著, 第Ⅶ章(pp.97-114), 昭和堂, 1998年04月, 日本語

    学術書

  • ルドルフ・M・シンドラーの‘Space Architecture'にみる近代主義建築の空間とその構成法に関する研究

    末包伸吾

    神戸大学博士論文, 1996年

  • 都市と建築のパブリックスペース

    森島清太, 末包伸吾

    単訳, 同朋舎出版, 1995年

  • 落水荘

    中島隆, 末包伸吾

    単訳, 同朋舎出版, 1995年

  • クロール・ギャラリー リヴァプール・テート・ギャラリー

    中島隆, 末包伸吾

    単訳, 同朋舎出版, 1993年

  • 卒業制作2022 近代建築 2022年 6月号増刊

    分担執筆, p.232 推薦のことば, 近代建築社, 2022年06月

  • 建築設計 10

    分担執筆, p.76 あえて100年前から100年後を想起する。, 一般社団法人日本建築設計学会, 2022年06月

講演・口頭発表等

  • アルド・ファン・アイクの建築作品の空間構成に関する研究および設計提案 ?<対現象>と<コンフィギュレーション>に着目して?

    具志堅 美菜子, 末包 伸吾, 増岡 亮

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 2020年06月, 日本語, 日本建築学会

  • 『Body, Memory, and Architecture』にみるチャールズ・ムーアの建築思想と空間構成に関する研究 ?シーランチにおける住宅作品の分析を通して?

    竹田 理紗, 末包 伸吾, 増岡 亮

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 2020年06月, 日本語, 日本建築学会

  • 現代建築における<テクトニック><ステレオトミック>概念に関する研究 ?アルベルト・カンポ・バエザの建築思想と建築作品の分析を中心として?

    斎藤 愛, 末包 伸吾, 増岡 亮

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 2020年06月, 日本語, 日本建築学会

  • 『SUBSTANCE AND FUNCTION IN ARCHITECTURE』にみるラファエル・ソリアノの建築思想とその空間構成に関する研究

    伊藤 大輝, 末包 伸吾, 増岡 亮

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 2019年06月, 日本語, 日本建築学会

  • 谷口吉生の空間構成理論とその手法に関する研究

    山本 雅則, 末包 伸吾, 増岡 亮

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 2019年06月, 日本語, 日本建築学会

  • 住宅地におけるオープンガーデンの形成とその評価に関する研究-参加型景観によって表出する情景の創出に関する研究(その3)-

    中村 大樹, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    2018年度日本建築学会大会学術講演会, 2018年09月, 日本語, 日本建築学会, 仙台市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 都心地域における賑わい空間への参加意識とその評価に関する研究-参加型景観によって表出する情景の創出に関する研究(その3)

    黒田 知沙, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    2018年度日本建築学会近畿支部研究報告会, 2018年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 住宅地におけるオープンガーデンの形成とその評価に関する研究-参加型景観によって表出する情景の創出に関する研究(その2)

    中村 大樹, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    2018年度日本建築学会近畿支部研究報告会, 2018年06月, 日本語, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 伊丹潤の建築思想および建築作品に関する研究

    後藤 沙羅, 末包 伸吾, 増岡 亮

    2018年度日本建築学会近畿支部研究報告会, 2018年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 『都市と建築のパブリックスペース』にみるヘルマン・ヘルツベルハーの建築思想とその空間構成に関する研究

    宮﨑 信, 末包 伸吾, 増岡 亮

    2018年度日本建築学会近畿支部研究報告会, 2018年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 『ダブルスキン型』の現代独立住宅作品における空間構成理論とその手法に関する研究

    仲川 絵理, 末包 伸吾, 増岡 亮

    2018年度日本建築学会近畿支部研究報告会, 2018年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 「参加型景観」の特性と評価 「参加型景観」によって表出する情景の創出に関する研究(その2)

    中村 大樹, 黒田 知沙, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2017年08月, 日本語, 日本建築学会

  • 「参加型景観」の類型化 「参加型景観」によって表出する情景の創出に関する研究(その1)

    栗山 尚子, 中村 大樹, 黒田 知沙, 三輪 康一, 末包 伸吾

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2017年08月, 日本語, 日本建築学会

  • 「参加型景観」の類型化とその特性-参加型景観によって表出する情景の創出に関する研究(その1)-

    中村 大樹, 黒田 知沙, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    日本建築学会近畿支部研究報告集, 2017年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部

  • 市民まちづくり組織のこれから-エリアマネジメント・シンポジウム-

    三輪 康一, 末包 伸吾, 水野 優子, 栗山 尚子, 上山 卓, 河合 節治, 今井 政仁, 米山 浩

    市民まちづくり組織のこれから-エリアマネジメント・シンポジウム-, 2015年12月, 日本語, 神戸大学エリアマネジメント研究会、木南会(神戸大学建築学科同窓会), 神戸まちづくり会館2階ホール, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • ルドルフ・シンドラーの空間構成理念とその手法

    末包 伸吾

    日本建築学会「近代建築史研究の最先端(第10回)」, 2014年11月, 日本語, 日本建築学会, 京都市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 尼崎市の都市美形成 これまでとこれから

    末包 伸吾

    第8回まちかどチャーミング賞授賞式記念講演会, 2012年, 日本語, 尼崎市, 尼崎市, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 固有性と普遍性をつなぐ空間構成の展開

    末包 伸吾

    意匠学会第49回大会, 2007年11月, 日本語, 意匠学会, 神戸市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 現代建築の主題を追う

    末包 伸吾

    レクチャー建築意匠, 2007年10月, 日本語, MEDIA SHOP, 京都市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 密集市街地における個別改善型住環境整備とその評価に関する研究-神戸市長田区駒ヶ林地区における事例調査を通して-

    今西 康剛, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    日本建築学会大会(九州)学術講演会, 2007年08月, 日本語, 日本建築学会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 風致地区の住宅地変容と景観デザイン誘導に関する研究-大阪市聖天山風致地区における敷際空間の景観シミュレーション分析を通して-

    三島 史路, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    日本建築学会大会(九州)学術講演会, 2007年08月, 日本語, 日本建築学会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 都市景観形成のための大規模建築物の色彩誘導基準に関する研究-尼崎市の景観届出制度適用建築物の実態調査を通して-

    野間 修一, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    日本建築学会大会(九州)学術講演会, 2007年08月, 日本語, 日本建築学会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 住民参加型まちづくりによる親水空間づくりの効果と評価に関する研究-阪神淡路大震災の復興整備における<せせらぎ>の事例分析を通して-

    大平 泰巨, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    日本建築学会大会(九州)学術講演会, 2007年08月, 日本語, 日本建築学会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 斜面市街地の都市軸における眺望景観の特性とその評価に関する研究(その2)-神戸市におけるView Corridor確保の可能性に着目して-

    栗山 尚子, 井上 猛, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾

    日本建築学会大会(九州)学術講演会, 2007年08月, 日本語, 日本建築学会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 山麗密集市街地における土地利用の更新と空間管理に関する研究 その2-神戸市長田区上池田地区の空き地・空き家に着目して-

    加藤 智佳子, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 永田 勇一

    日本建築学会大会(九州)学術講演会, 2007年08月, 日本語, 日本建築学会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 山麗密集市街地における土地利用の更新と空間管理に関する研究 その1-神戸市長田区上池田地区の空き地・空き家に着目して-

    永田 勇一, 加藤 智佳子, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    日本建築学会大会(九州)学術講演会, 2007年08月, 日本語, 日本建築学会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 再建戸建住宅の前面道路及び敷際空間の生活領域化に関する研究-神戸市の震災復興土地区画整理事業地区に着目して-

    長谷川 寛, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    日本建築学会大会(九州)学術講演会, 2007年08月, 日本語, 日本建築学会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ルドルフ・M・シンドラーの建築思想における主題の変遷と主概念の構造に関する研究

    夏間 一郎, 末包 伸吾

    日本建築学会大会(九州)学術講演会, 2007年08月, 日本語, 日本建築学会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヨーン・ウッツォンの建築作品における空間とその構成手法に関する研究-断面構成と空間演出手法に着目して-

    山崎 篤史, 末包 伸吾

    日本建築学会大会(九州)学術講演会, 2007年08月, 日本語, 日本建築学会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • まちなみ景観形成のための住民主導のルールづくりに関する研究-神戸市新長田駅北地区東部における景観シミュレーション分析によるまちなみ形成ルールの検証-

    中島 広貴, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    日本建築学会大会(九州)学術講演会, 2007年08月, 日本語, 日本建築学会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ニュータウンにおける住民による地域活動の実態とその効果に関する研究-神戸市の計画的開発住宅地の事例分析を通して-

    和田野 美久仁, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    日本建築学会大会(九州)学術講演会, 2007年08月, 日本語, 日本建築学会, 福岡市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 密集市街地における個別改善型住環境整備とその評価に関する研究-神戸市長田区駒ヶ林地区における事例調査を通して-

    今西 康剛, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2007年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 風致地区の住宅変容と景観デザイン誘導に関する研究-大阪市聖天山風致地区における敷際空間の景観シミュレーション分析を通して-

    三島 史路, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2007年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 被災地における共同建替え手法の事業実効性に関する研究-新開地2丁目2ブロック地区の事例分析-

    三宅 雅樹, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2007年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 都市景観形成のための大規模建築物の色彩誘導基準に関する研究-尼崎市の景観届出制度適用建築物の実態調査を通して-

    野間 修一, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2007年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 住民参加型まちづくりによる親水空間づくりの効果と評価に関する研究-阪神淡路大震災の復興整備における<せせらぎ>の事例分析を通して-

    大平 泰巨, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2007年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 山麗密集市街地における土地利用の更新と空間管理に関する研究-神戸市長田区上池田地区の空き地・空き家に着目して-

    加藤 智佳子, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 永田 勇一

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2007年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 再建戸建住宅の前面道路及び敷際空間の生活領域化に関する研究-神戸市の震災復興土地区画整理事業地区に着目して-

    長谷川 寛, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2007年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 街路空間の賑わい創出の手法としてのオープンカフェとその評価に関する研究-三宮中央通りと有馬温泉・湯本坂における社会実験事例の分析を通して-

    山本 卓史, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2007年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ルドルフ・M・シンドラーの建築思想における主題の変遷と主概念の構造に関する研究

    夏間 一郎, 末包 伸吾

    日本建築学会近畿支部研究報告会, 2007年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヨーン・ウッツォンの建築作品における空間とその構成手法に関する研究

    山崎 篤史, 末包 伸吾

    日本建築学会近畿支部研究報告会, 2007年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • まちなみ景観形成のための住民主導のルールづくりに関する研究-神戸市新長田駅北地区東部における景観シミュレーション分析によるまちなみ形成ルールの検証-

    中島 広貴, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2007年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • まちづくり活動における地域空間像の特性とその評価に関する研究-神戸市におけるまちづくり事例の分析を通して-

    長山 寛, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2007年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ニュータウンにおける住民による地域活動の実態とその効果に関する研究-神戸市の計画的開発住宅地の事例分析を通して-

    和田野 美久仁, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2007年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 建築論の現在:方法論を語る-空間構成論から-

    末包 伸吾

    第8回セミナー建築論の現在, 2007年05月, 日本語, 日本建築学会建築論・意匠小委員会, 京都市, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 固有性と普遍性

    末包 伸吾

    日本建築家協会兵庫会アーキテクツサロン, 2007年03月, 日本語, 日本建築家協会, 日本真珠会館, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 固有性と普遍性

    末包 伸吾

    日本建築家協会デザイントーク2006, 2007年01月, 日本語, 日本建築家協会, 大阪市中央公会堂, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • b-in-d, 吾妻の家,夙川の家

    末包伸吾

    日本建築家協会 JIAデザイントーク, 2007年

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 建築論の現在 方法論を語る-空間構成論から-

    末包伸吾

    日本建築学会第8回セミナー建築論の現在, 2007年

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • ルドルフ・シンドラー/空間体験の魅力に迫る

    末包 伸吾

    日本建築家協会講演会, 2006年10月, 日本語, 日本建築家協会, TOTOテクニカルセンター大阪, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 密集市街地整備における組合施行小規模土地区画整理事業の有効性に関する考察-神戸市神前町2丁目北地区における事例研究を通して-

    三宅 雅樹, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    日本建築学会大会学術講演会2006, 2006年09月, 日本語, 日本建築学会, 神奈川大学(横浜市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 密集市街地における協調的住環境改善手法とその評価に関する研究 その2-神戸市における接道不良区域の事例分析を通して-

    加藤 智佳子, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 三宅 雅樹, 藤井 一成

    日本建築学会大会学術講演会2006, 2006年09月, 日本語, 日本建築学会, 神奈川大学(横浜市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 密集市街地における協調的住環境改善手法とその評価に関する研究 その1-神戸市における接道不良区域の事例分析を通して-

    野間 修一, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 三宅 雅樹, 藤井 一成

    日本建築学会大会学術講演会2006, 2006年09月, 日本語, 日本建築学会, 神奈川大学(横浜市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 斜面市街地の都市軸における眺望景観の特性とその評価に関する研究(その1)-神戸市におけるView Corridor確保の可能性に着目して-

    中島 広貴, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 井上 猛

    日本建築学会大会学術講演会2006, 2006年09月, 日本語, 日本建築学会, 神奈川大学(横浜市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 景観形成における計画協議の運用実態とその実効性に関する研究-神戸市の都市景観条例およびまちづくり条例の適用事例の分析を通して-

    長谷川 寛, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 益山 勝成

    日本建築学会大会学術講演会2006, 2006年09月, 日本語, 日本建築学会, 神奈川大学(横浜市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • まちづくりにおける空間像に関する研究 -その2 空間像の形成プロセスとその評価-

    三輪 康一, 安田 丑作, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 北澤 恵, 長山 寛

    日本建築学会大会学術講演会2006, 2006年09月, 日本語, 日本建築学会, 神奈川大学(横浜市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • まちづくりにおける空間像に関する研究 -その1 空間像の形態の特性とその類型化-

    長山 寛, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 北澤 恵

    日本建築学会大会学術講演会2006, 2006年09月, 日本語, 日本建築学会, 神奈川大学(横浜市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ニュータウンの近隣センターにおける地域施設の機能変化に関する研究-神戸市のニュータウンにおける事例調査を通して-

    今西 康剛, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 山本 英里花

    日本建築学会大会学術講演会2006, 2006年09月, 日本語, 日本建築学会, 神奈川大学(横浜市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 林雅子の独立住宅作品の空間構成とその手法に関する研究-<空間の骨格>に着目して-

    井上 尚也, 末包 伸吾, 山崎 篤史

    日本建築学会近畿支部研究報告会2006, 2006年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪工業技術専門学校(大阪市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 密集市街地における組合施行小規模土地区画整理事業の有効性に関する考察-神前町2丁目北地区震災復興土地区画整理事業の事例研究を通して-

    三宅 雅樹, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    日本建築学会近畿支部研究報告会2006, 2006年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪工業技術専門学校(大阪市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 密集市街地における協調的住環境改善手法とその評価に関する研究-神戸市における接道不良区域の事例分析を通して-

    藤井 一成, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 三宅 雅樹, 加藤 智佳子

    日本建築学会近畿支部研究報告会2006, 2006年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪工業技術専門学校(大阪市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 商店街におけるまちづくり手法としての地域イベントの活用とその評価に関する研究-神戸市長田区の「鉄板こなもん祭」における事例分析を通して-

    長谷川 正樹, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 和田野 美久仁

    日本建築学会近畿支部研究報告会2006, 2006年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 阪工業技術専門学校(大阪市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 斜面市街地の都市軸における眺望景観の特性とその評価に関する研究-神戸市におけるView Corridor確保の可能性に着目して-

    井上 猛, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 中島 広貴

    日本建築学会近畿支部研究報告会2006, 2006年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪工業技術専門学校(大阪市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 篠原一男の独立住宅作品における空間構成とその手法に関する研究-室の構成と集合形式に着目して-

    梅田 武宏, 末包 伸吾, 夏間 一郎

    日本建築学会近畿支部研究報告会2006, 2006年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪工業技術専門学校(大阪市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 景観形成における計画協議の運用実態とその実効性に関する研究-神戸市の都市景観条例およびまちづくり条例の適用事例の分析を通して-

    益山 勝成, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 長谷川 寛

    日本建築学会近畿支部研究報告会2006, 2006年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪工業技術専門学校(大阪市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ワークショップ方式によるまちづくりプロセスとその評価に関する研究-震災復興まちづくりにおける公園づくりの事例調査を通して-

    岸上 純子, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 三宅 雅樹, 山本 卓史

    日本建築学会近畿支部研究報告会2006, 2006年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪工業技術専門学校(大阪市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • マルセル・ブロイヤーの独立住宅作品の空間構成とその手法に関する研究 -<Flowing Space>と石壁の関係に着目して-

    今井 裕平, 末包 伸吾, 大平 泰臣

    日本建築学会近畿支部研究報告会2006, 2006年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪工業技術専門学校(大阪市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • まちづくりにおける空間像に関する研究 -その2 空間像の形成プロセスとその評価-

    三輪 康一, 安田 丑作, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 北澤 恵, 長山 寛

    日本建築学会近畿支部研究報告会2006, 2006年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪工業技術専門学校(大阪市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • まちづくりにおける空間像に関する研究 -その1 空間像の形態の特性とその類型化-

    北澤 恵, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 長山 寛

    日本建築学会近畿支部研究報告会2006, 2006年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪工業技術専門学校(大阪市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ニュータウンの近隣センターにおける地域施設の機能変化に関する研究-神戸市のニュータウンにおける事例調査を通して-

    山本 英里花, 今西 康剛, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    日本建築学会近畿支部研究報告会2006, 2006年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 工業技術専門学校(大阪市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • コ-ポラティブハウスにおける事業プロセスとコーディネーターの役割に関する研究-コーディネーターの提案と「自由設計」「コミュニティ形成」の関係に着目して-

    長谷川 あみ湖, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 三島 史路

    日本建築学会近畿支部研究報告会2006, 2006年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪工業技術専門学校(大阪市), 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 都市密集市街地再生のための鉄骨造独立住宅の実践的研究・設計

    末包 伸吾

    建築鋼構造研究フォーラム, 2006年03月, 日本語, 日本鉄鋼連盟, 日本鉄鋼連盟会館, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • R.M.シンドラー 空間体験の魅力に迫る

    末包伸吾

    日本建築家協会 近畿支部講演会, 2006年

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 都心密集市街地再生のための鉄骨造独立住宅の実践的研究・設計-21世紀における鉄骨造住 宅の可能性を探る(2)-

    末包伸吾, 田中剛

    第10回建築鋼構造研究フォーラム, 2006年

  • 神戸のまちづくり これまでとこれから

    末包 伸吾

    こうべまちづくりセンター第4期まちづくり学校専修講座, 2005年09月, 日本語, こうべまちづくりセンター, こうべまちづくり会館, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 都市型狭小独立住宅作品における内部空間の立体構成に関する研究―1990年代後半以降の住宅作品における空間の連続性に着目して―

    伊藤 和弥, 末包 伸吾

    日本建築学会近畿支部研究報告会,計画系, 2005年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪工業技術専門学校(OCT)1号館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 昭和初期に開発された阪神間郊外住宅地における景観デザイン誘導に関する研究―武庫之荘地区における景観シミュレーション分析を通して―

    曽我部 暁人, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 岸上 純子

    日本建築学会近畿支部研究報告会,計画系, 2005年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪工業技術専門学校(OCT)1号館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 斜面都市における密集市街地整備の現状とその評価に関する研究-全国斜面都市連絡協議会加盟都市における事例の分析を通して-

    石田 崇, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 木村 政文

    日本建築学会近畿支部研究報告会,計画系, 2005年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪工業技術専門学校(OCT)1号館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 斜面地に建つ独立住宅作品における空間構成論とその手法に関する研究-第二次世界大戦以降の住宅作品の事例分析を通して-

    三谷 帯介, 末包 伸吾, 梅田 武宏, 山本 英里花

    日本建築学会近畿支部研究報告会,計画系, 2005年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪工業技術専門学校(OCT)1号館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 市民まちづくり活動とその組織形態の展開に関する研究―神戸市におけるまちづくり組織の事例分析を通して―

    二宗 亜紀, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 益山 勝成, 北澤 恵

    日本建築学会近畿支部研究報告会,計画系, 2005年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪工業技術専門学校(OCT)1号館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 広瀬鎌二の鉄骨住宅作品「SHシリーズ」における空間構成と架構形式に関する研究

    林 俊博, 末包 伸吾, 長谷川 あみ湖, 藤井 一成

    日本建築学会近畿支部研究報告会,計画系, 2005年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪工業技術専門学校(OCT)1号館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ラファエル・ソリアノの独立住宅作品における空間構成と架構形式に関する研究

    砂川 善, 末包 伸吾, 今井 裕平

    日本建築学会近畿支部研究報告会,計画系, 2005年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪工業技術専門学校(OCT)1号館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 広瀬鎌二の鉄骨住宅作品「SHシリーズ」における空間構成と架構形式に関する研究(2)-架構形式および空間構成材に関する考察を通して-

    林 俊博, 末包 伸吾, 長谷川 あみ湖, 藤井 一成

    日本建築学会大会学術講演会, 2005年, 日本語, 日本建築学会, 近畿大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 広瀬鎌二の鉄骨住宅作品「SHシリーズ」における空間構成と架構形式に関する研究(1)-配置構成および平面構成に関する考察を通して-

    長谷川 あみ湖, 末包 伸吾, 藤井 一成, 林 俊博

    日本建築学会大会学術講演会, 2005年, 日本語, 日本建築学会, 近畿大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • カリフォルニアのモダンリビング-ルドルフ・シンドラーのスペース・アーキテクチャー

    末包伸吾

    第44回大阪ガスアプテック塾セミナー, 2005年

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 緑化建築物の空間構成と緑化手法に関する研究-わが国の1970年代以降の現代建築作品の事例分析を通して-

    下向 芙実子, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    日本建築学会近畿支部研究報告会,計画系, 2004年, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 設計競技応募案にみる講演,広場の設計手法とその評価に関する研究-「ヨコハマポートサイド地区水際公園」と「日本におけるイタリア2001年記念広場」の分析を通して

    萩山 恭朋, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    日本建築学会近畿支部研究報告会,計画系, 2004年, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 設計競技応募案にみる公園,広場の設計手法とその評価に関する研究-「ヨコハマポートサイド地区水際公園」と「日本におけるイタリア2001年記念広場」の分析を通して-

    萩山 恭朋, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    日本建築学会近畿支部研究報告会,計画系, 2004年, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 石井修の独立住宅作品の空間構成とその手法に関する研究-阪神間独立住宅地における街並み形成への展開の可能性に着目して-

    延東 治, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    日本建築学会近畿支部研究報告会,計画系, 2004年, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 山麓密集住宅市街地における住宅更新モデルによる住環境改善に関する研究-神戸市長田区上池田地区におけるシミュレーションを通して-

    木村 政文, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 渋谷 俊典

    日本建築学会近畿支部研究報告会,計画系, 2004年, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 山麓密集住宅市街地におけるアクセシビリティの評価に関する研究-神戸市長田区上池田地区における現地調査を通して-

    渋谷 俊典, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 木村 政文

    日本建築学会近畿支部研究報告会,計画系, 2004年, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 山麓密集市街地における住宅更新モデルによる住環境改善に関する研究-神戸市長田区上池田地区におけるシミュレーションを通して-

    木村 政文, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 渋谷 俊典

    日本建築学会近畿支部研究報告会,計画系, 2004年, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 山麓密集市街地におけるアクセシビリティの評価に関する研究-神戸市長田区上池田地区における現地調査を通して-

    渋谷 俊典, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 木村 政文

    日本建築学会近畿支部研究報告会,計画系, 2004年, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 居住者ニーズからみた住宅ストック形式の課題に関する研究-神戸市住宅相談カルテの分析を通して-

    西尾 昌之, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    日本建築学会近畿支部研究報告会,計画系, 2004年, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 石井修の独立住宅作品の空間構成とその手法に関する研究

    延東治, 末包伸吾

    日本建築学会大会学術講演, 2004年

  • 密集市街地における個別住環境改善型整備手法に関する研究その②-路地敷地群住環境形成シミュレーションとその結果について-

    木村 政文, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 山口 佑介

    日本建築学会大会学術講演会, 2003年, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 密集市街地における個別住環境改善型整備手法に関する研究その②-路地敷地群住環境形成シミュレーションとその結果について-

    木村 政文, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 山口 佑介

    日本建築学会近畿支部研究報告会, 2003年, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 密集市街地における個別住環境改善型整備手法に関する研究その①-大阪市・京都市・神戸市における適用実態および同意基準について-

    山口 佑介, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 木村 政文

    日本建築学会大会学術講演会, 2003年, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 密集市街地における個別住環境改善型整備手法に関する研究その①-大阪市・京都市・神戸市における適用実態および同意基準について-

    山口 佑介, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 木村 政文

    日本建築学会近畿支部研究報告会, 2003年, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 眺望型街路景観のイメージに植栽が与える影響に関する研究その1-神戸市の斜面市街地における南北幹線の事例調査を通じて-

    川鍋 祐子, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 木山 正典

    日本建築学会大会学術講演会, 2003年, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 眺望型街路景観のイメージに植栽が与える影響に関する研究その1-神戸市の斜面市街地における南北幹線の事例調査を通じて-

    川鍋 祐子, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 木山 正典

    日本建築学会近畿支部研究報告会, 2003年, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 眺望型街路景観のイメージに植栽が与える影響に関する研究その2-神戸市の斜面市街地における南北幹線の事例調査を通じて-

    栗山 尚子, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 川鍋 祐子, 木山 正典

    日本建築学会大会学術講演会, 2003年, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 眺望型街路景観のイメージに植栽が与える影響に関する研究その2-神戸市の斜面市街地における南北幹線の事例調査を通じて-

    栗山 尚子, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 川鍋 祐子, 木山 正典

    日本建築学会近畿支部研究報告会, 2003年, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 斜面市街地における河川の眺望型景観マネージメントに関する研究-神戸市における河川景観の事例調査を通じて

    中村 周平, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 木山 正典

    日本建築学会近畿支部研究報告会, 2003年, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 共同建替におけるコミュニティ形成の実態とその形成要因に関する研究-神戸市における震災復興共同建替事業の事例調査を通じて-

    上島 信之, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 木山 正典

    日本建築学会大会学術講演会, 2003年, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 共同建替におけるコミュニティ形成の実態とその形成要因に関する研究-神戸市における震災復興共同建替事業の事例調査を通じて-

    上島 信之, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 木山 正典

    日本建築学会近畿支部研究報告会, 2003年, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ニュータウンの自律的成熟のための市民活動に関する研究-神戸市西区における市民活動団体への調査を通じて-

    内橋 菜穂, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾

    日本建築学会近畿支部研究報告会, 2003年, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ニュータウンとその周辺農村地域における相補的交流の実態とその評価に関する研究-西神ニュータウンと周辺農村集落における事例調査を通じて-

    中尾 元, 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾

    日本建築学会近畿支部研究報告会, 2003年, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 都心密集市街地再生のための鉄骨造戸建住宅群の提案-21世紀における鉄骨造住宅の可能性を探る-

    末包伸吾, 田中剛

    第7回建築鋼構造研究フォーラム, 2003年

  • 9033 クレイグ・エルウッドの独立住宅作品における空間構成と架構形式に関する研究

    増岡 亮, 末包 伸吾

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 2002年05月24日, 日本語, 日本建築学会

  • ルドルフ・シンドラーの空間構成

    末包伸吾

    意匠学会第41回大会研究発表会, 2000年

  • 「アーツ・アンド・アーキテクチャー」誌に掲載された独立住宅作品の平面・立体構成

    山崎康弘, 末包伸吾

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 1999年

  • 「アーツ・アンド・アーキテクチャー」誌に掲載された独立住宅作品の空間構成材・モデュール

    藤本真美子, 末包伸吾, 山崎康弘

    日本建築学会大会学術講演, 1999年

  • ルドルフ・シンドラーの規格化住宅「シンドラー・シェルター」に関する考察

    末包伸吾

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 1998年

  • ルドルフ・シンドラーの住宅建築にみる居間空間の空間構成法

    末包伸吾

    日本建築学会大会学術講演, 1997年

  • シンドラーのモデュールを用いた空間構成法に関する考察

    末包伸吾

    日本建築学会大会学術講演, 1996年

  • シンドラーのウィーン美術アカデミー在籍中の建築論にみるワグナーの影響について

    末包伸吾

    日本建築学会大会学術講演, 1995年

  • 安藤忠雄の建築思想と空間構成手法に関する研究─美術館・博物館建築における<ミクロコスモスの追求>と<幾何学の解放>に着目して─

    木村 友哉, 末包 伸吾, 増岡 亮, 後藤 沙羅

    令和3年度(2021年度)日本建築学会近畿支部研究報告会, 2021年06月27日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • ピーター・ズントーの建築思想および建築作品にする研究─<Sachverhalt> の操作における<Atmosphären>の創出に着目して─

    松井 優香, 末包 伸吾, 増岡 亮, 後藤 沙羅

    令和3年度(2021年度)日本建築学会近畿支部研究報告会, 2021年06月27日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 1984年以降の我が国における小学校建築の空間構成理論及び手法とその変遷に関する研究

    横田慎一朗, 末包 伸吾, 増岡 亮, 後藤 沙羅

    令和3年度(2021年度)日本建築学会近畿支部研究報告会, 2021年06月21日, 日本語

    口頭発表(一般)

所属学協会

  • 意匠学会

  • 日本都市計画学会

  • 日本建築学会

Works(作品等)

  • リトル・グリーン(乳幼児 保育施設)

    末包伸吾, 増岡亮, 西田建設

    2018年

  • 加古川市こども園プロポーザル

    末包 伸吾, 岩田 章吾

    2016年

  • 菊谷町の家

    末包 伸吾, 山崎 康弘, 徳岡工務店

    2013年

  • 桜通りの家

    末包 伸吾, 山崎 康弘, 増田 敬彦, 徳岡工務店

    2011年

  • 苦楽園の鍼灸院

    末包 伸吾, 山崎 康弘, 徳岡工務店

    2010年

  • 緑地公園の家

    末包 伸吾, 山崎 康弘, 徳岡工務店

    2009年

  • SUNCUBE

    末包 伸吾, 山崎 康弘, 日塗

    2009年

  • 夙川の家

    末包 伸吾

    2005年09月, Hiroba,498,28-29(2005)

  • 阿倍野の家

    末包 伸吾

    2005年09月, Hiroba,497,30-31(2005)

  • 水平線の家

    末包伸吾, 栄隆志, 建設工房タチカワ

    2004年

  • 吾妻の家

    末包伸吾, 栄隆志, 建設工房タチカワ

    2003年

  • 神戸真生塾

    安田丑作, 末包伸吾, 中山隆, 飛鳥建設

    2003年

  • b-in-d

    末包伸吾, 栄隆志, トーア建設

    2001年

  • 東陽MKビル江東サービスセンター

    植野糾, 末包伸吾, 鹿島建設

    1994年

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 末包 伸吾

    学術研究助成基金助成金/挑戦的萌芽研究, 2016年04月 - 2019年03月, 研究代表者

    競争的資金

  • 三輪 康一

    学術研究助成基金助成金/挑戦的萌芽研究, 2016年04月 - 2018年03月

    競争的資金

  • 末包 伸吾

    学術研究助成基金助成金/基盤研究(C), 2013年04月 - 2016年03月, 研究代表者

    競争的資金

  • 三輪 康一

    学術研究助成基金助成金/基盤研究(C), 2013年04月 - 2016年03月

    競争的資金

  • 前田 忠直, 富永 譲, 末包 伸吾, 水上 優, 朽木 順綱, 杉山 真魚

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 京都大学, 2011年11月18日 - 2014年03月31日

    本研究は,建築空間の生成を「生きた生活世界」の具体化として解読しようとする建築論的研究である。以下に示す3つの課題(I,II,III項目),及び5つの細目課題について代表者と研究分担者により同時平行的に遂行し,それらを比較検討した。 I.20世紀の建築家の思索(方法概念)の生成論的研究:1)ステートメント,講義・講演録,著作による分析,2)建築家のスケッチ,紀行文による分析 II.建築作品の生成論的研究:3)建築作品の生成過程の実証的研究,4)アーカイヴ訪問,現地調査(作品調査及びサイト調査)による実証的検証 III.総括:5)生成論的分析による存在論的建築論の構築

  • 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 神戸大学, 2010年 - 2012年

    タウンハウス団地の開発時の計画的景観に対して,住み手の改変による景観変容を生活景から評価し,更新のためのガイドラインの考え方を導くことを目的とする.そのため,改変の実態と居住者や改変者の意向を把握し,改変のシミュレーションによる景観評価の結果,同化のデザインと異化のデザインの評価の枠組みを提示し,さらに,建替えモデルの景観評価によって,計画的景観と生活景の調和の更新ガイドラインの考え方を示した.

  • 末包 伸吾

    科学研究費補助金/基盤研究(C), 2006年, 研究代表者

    競争的資金

  • 安田 丑作

    科学研究費補助金/基盤研究(B), 2005年

    競争的資金

  • 三輪 康一

    科学研究費補助金/基盤研究(C), 2005年

    競争的資金

  • 山麓密集住宅市街地における住環境性能と連携型住環境形成手法に関する研究

    安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 木村 政文, 栗山 尚子

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 神戸大学, 2003年 - 2004年

    (1)「山麓住環境単位」の設定と領域設定に関する研究: 神戸市の山麓密集住宅市街地を対象に,地形的・歴史的条件と現地調査結果の分析により,「山麓住環境単位」を設定した. 函館,長崎等の山麓部に広がる市街地を対象に,傾斜角度から斜面市街地の類型化を行い,斜面市街地の領域を設定した. 神戸市長田区上池田地区(山麓密集住宅市街地)を対象に,土地の共用的利用領域の事例調査と分析を通して,共用的領域の定義づけとその特徴を示した. (2)「山麓住環境単位」における住環境性能に関する研究: 安全性,快適性,利便性,持続性に関する指標を設定し、住環境性能の評価を行い,「山麓住環境単位」の設定の有効性を検証した. 神戸市長田区上池田地区における調査分析とシミュレーションを通して,山麓密集住宅市街地整備の妨害要因であるアクセシビリティの定義づけ及び住環境の改善手法としての有効性を示した. (3)連携型住環境整備手法に関する研究: 多様な住環境整備手法の中で,接道義務の特例の許可化(建築基準法43条ただし書)について,許可事例を抽出しての類型別の住環境性能評価を行い,連携型住環境整備手法開発の予備的検討とした. 大阪・京都・神戸の3市の個別住環境改善型整備手法の適用実態と同意基準の調査分析とシミュレーションにより,整備手法の違いによる住環境性能の評価の変化を検証した. (4)山麓密集住宅市街地の更新性に関する研究: 神戸市長田区上池田地区で,敷地面積・接道条件等の条件をふまえ,民間所有の戸建住宅と集合住宅の更新状況の動向分析を把握し、現代生活において必要と仮定した敷地面積と比較し,対象地域の更新適応性を評価した. (5)山麓密集住宅市街地型住環境形成システムの構築へ向けてのシミュレーション: 神戸市長田区上池田地区の計画敷地において,街区共同再生システムのシミュレーションから山麓市街地にふさわしい住環境モデルを提案した.

  • 密集市街地における小規模連携住環境形成手法と住民企画型事業手法に関する研究

    安田 丑作, 末包 伸吾, 三輪 康一

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 神戸大学, 2000年 - 2001年

    本年度は以下の調査研究を行った。 被災密集市街地における小規模連携型住環境形成システムのための外部空間の共同・協調化の実態と居住者意識:住宅再建と外構共同化に関する居住者意識に関する調査・分析 まちづくり事業の可能性をもつ協議会のある地区において,再建住宅の居住者に対するアンケート調査を行い,外構共同化・協調化の需要を把握した. 被災密集市街地におけるまちづくり組織の役割とその機能変化に関する調査分析:住宅市街地における住民主体の景観形成に関する調査・分析 ここでは,市民協定制度の内容と運用の実態を,建築行為の届出書,現地目視調査,ヒアリング調査によって分析を加えた。その結果,市民協定制度におけるまちなみ形成の意識,制度の有効性,評価について,他の制度と比較して特徴的な傾向を見出し,問題点を導いた。 住民企画事業手法に関する調査・分析:住民企画型事業手法に関する調査・分析 住民による自主管理活動に着目し,その先進的事例について実施したヒアリング調査,アンケート調査の結果を分析し,運営の実態問題点を明らかにした。 研究のとりまとめ 以上の調査研究を総括し,復興のアーバンデザインに関する包括的議論や,より具体的に協調型の街区デザインの提案を行い,本研究のまとめとした。

  • 1940・50年代のロサンゼルス近代建築における規格化と地域性の融合に関する研究

    末包 伸吾

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 奨励研究(A), 奨励研究(A), 神戸大学, 1999年 - 2000年

    本年度は,昨年度の,(1)「アーツ・アンド・アーキテクチャー(以下,AA)」誌の特徴の把握,(2)3.1940年代・50年代におけるロサンゼルス近代建築の空間構成に関する分析予備的分析をふまえ,特に,1940年代・50年代のロサンゼルス近代建築を先導した建築家ピエール・コーニッグの住宅作品の空間構成に関する調査・分析とその考察を行った. まず,彼の住宅作品の,空間構成材と架構の類型とその移行を考察し,以下の諸点を明らかにしている.空間構成材については,特に内部空間において,素材の統一化により空間の均質化と一体性がつくり出されていたこととともに,架構については,様々な試行を重ねた結果,鉄骨造の特性をいかした長大なスパンの簡潔な架構システムへと移行したこと示した. ついで,配置構成と平面・立体構成の類型とその移行を考察し,以下の諸点を明らかにした.配置構成では,敷地の形状をいかして簡潔な導入をおこない,様々なプライバシーの確保法を用いて居室の開放性を保持している.公・私室の配置では,住宅の階数に関係なく,それらの形態や配置は簡潔な分離をとり,公室も私室も一体的な空間を創出していた.主公室の構成では,主公室により全体の一体性を持たせる傾向にあり,特に居間的空間で,配置構成の試行により一体的な空間をつくりだしている.立体構成については,立体的にも立面的にもやや複雑なものから,より簡潔,または天井面を延長した外部への志向性の高い立体構成と簡潔な立面構成を持つ作品へと移行していく. さらに,外部空間の構成と自然との融合手法の類型とその移行について,階数に関係なく外部への指向性が高く,外部空間に中間領域を持たせたものから,内部空間との一体化を意識した外部空間へと変化していることを導いた. 以上の調査分析から,コーニッグは地域性をいかすために直接的に外部に働きかける規格化された住宅から,簡潔な規格化された形態のなかに地域性をとり入れることを内部空間で展開している,コーニッグの住宅作品における規格化と地域性の融合を論じ,彼の現代的意義を明らかした.

  • 震災復興における住宅再建とまちなみ形成のための住環境誘導手法に関する研究

    安田 丑作, 末包 伸吾, 三輪 康一

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 神戸大学, 1998年 - 1999年

    震災後の住宅再建とまちなみ形成の為の住環境誘導手法の評価を行うことを目的に、神戸市長田区野田北部地区で地区計画の適用された住宅の類型化を行い、そして、類型化による住宅タイプと外部構成、敷地条作の関係に関して考察を行った。その結果、以下の点が明らかにした。狭小敷地における再建では、住宅タイプと外部構成、敷地条件との関係が高くなっており、外部空間にゆとりの空間が無くなっていることを導いた。ついで地区計画の適用された住宅の内部空間構成について考察を行い,特に、住宅タイプ別の公室構成、私室構成、動線の有無、居住水準に着目した.その結果、狭小敷地での再建では、公室にゆとりが無く、内外のプライバシーに問題があることを導いた。さらに,神戸市長田区野中北部地区における1街区を取り上げ、街並み誘導型地区計画とインナー長屋制度を適用して1街区全体を再建した場合の住環境の変化に関して考察を行い,そのの結果、従来型の再建では必要な居住水準が得られないこと、隣地境界からの距離が50cmで地区計画を適用すると街区の密集性が高まる事が明らかになった。

  • ロス・アンゼルスにおける近代主義建築の形成と発展過程に関する研究

    末包 伸吾

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 奨励研究(A), 奨励研究(A), 神戸大学, 1997年 - 1998年

    本研究課題は,申請者の学位論文であるシンドラーに関する研究を発展させ,リチャード・ノイトラや,彼らに続く第2世代の建築家を中心に展開されたケース・スタディ・ハウスについて,それらの空間と構成法を中心とする分析を行うことで,ロス・アンゼルス近代建築の形成及び発展過程を,特に近代的建築言語や近代的空間構成と地域性との関係に着目し,その本質と意義を明らかにすることを目的としている。 本年度は平成9年度に作成した,構成材,配置計画,平面計画,立・断面計画,そして全体のヴォリュームについての分析図をもとに,ノイトラとケース・スタディ・ハウスの空間構成を類型的に把握し,その特質とともに経年的な移行を明らかにした。さらにシンドラーに関する研究との比較検討によって,カリフォルニアの近代建築の形成と発展過程の特徴を導いた。 その結果,近代主義建築は一般に地域性を廃した表現であったことから,地域性を重んじた空間造形を主題とする現代においては批判の対象となっているが,ロサンゼルスにおける近代建築運動は,住宅を中心に,近代的な空間構成と地域性が融合された点に特色があることを導いた。さらに,このことは,現代建築の進展の可能性として提示されている「批判的地域主義」の先駆的事例と考えられることから現代的意義を有する点を明らかにし,さらにロサンゼルス近代建築が提示した住宅像は,我が国の戦後の住宅像への大きな影響を与えたが,本研究課題で,その特性を明らかした。