研究者紹介システム

梅田 民樹
ウメダ タミキ
大学院海事科学研究科 海事科学専攻
准教授
物理学関係
Last Updated :2022/09/16

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院海事科学研究科 海事科学専攻
  • 【配置】

    海洋政策科学部 海洋政策科学科, 海事科学部 マリンエンジニアリング学科

学位

  • 理学博士, 京都大学

授業科目

ジャンル

  • 科学・技術 / 物理学

コメントテーマ

  • 細胞運動
  • 脂質膜
  • 海水浄化
  • マイクロバブル

研究活動

研究キーワード

  • 形態形成
  • パターン形成
  • 細胞運動
  • 脂質膜

研究分野

  • ライフサイエンス / 細胞生物学
  • ライフサイエンス / 生物物理学
  • 自然科学一般 / 生物物理、化学物理、ソフトマターの物理

論文

  • Hiroshi Koyama, Tamiki Umeda, Kazuyuki Nakamura, Tomoyuki Higuchi, Akatsuki Kimura

    Different models for animal cell cytokinesis posit that the stiffness of the equatorial cortex is either increased or decreased relative to the stiffness of the polar cortex. A recent work has suggested that the critical cytokinesis signaling complex centralspindlin may reduce the stiffness of the equatorial cortex by inactivating the small GTPase Rac. To determine if such a reduction occurs and if it depends on centralspindlin, we devised a method to estimate cortical bending stiffness with high spatio-temporal resolution from in vivo cell shapes. Using the early Caenorhabditis elegans embryo as a model, we show that the stiffness of the equatorial cell surface is reduced during cytokinesis, whereas the stiffness of the polar cell surface remains stiff. The equatorial reduction of stiffness was compromised in cells with a mutation in the gene encoding the ZEN-4/kinesin-6 subunit of centralspindlin. Theoretical modeling showed that the absence of the equatorial reduction of stiffness could explain the arrest of furrow ingression in the mutant. By contrast, the equatorial reduction of stiffness was sufficient to generate a cleavage furrow even without the constriction force of the contractile ring. In this regime, the contractile ring had a supportive contribution to furrow ingression. We conclude that stiffness is reduced around the equator in a centralspindlin-dependent manner. In addition, computational modeling suggests that proper regulation of stiffness could be sufficient for cleavage furrow ingression.

    PUBLIC LIBRARY SCIENCE, 2012年02月, PLOS ONE, 7 (2), e31607, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Numerical Simulation of Seawater Flows and Electrolysis in a MHD-based Oil Separator

    NAKAMOTO YUYA, AKAZAWA TERUHIKO, IWAMOTO YUJI, UMEDA TAMIKI

    2010年10月, Proceedings of Techno-Ocean 2010 (CD-ROM), 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • A simulation study of the growth and the spatial distribution of plankton in the estuary of the Yodo River, Osaka Bay

    Hideaki NOZATO, Tamiki UMEDA, Mitsuru HAYASHI

    2008年04月, Proceedings of Oceans'08 MTS/IEEE Kobe-Techno-Ocean'08 Conference in (CD), 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Formation and maintenance of tubular membrane projections: Experiments and numerical calculations

    Tamiki Umeda, Takehiko Inaba, Akihiko Ishijima, Kingo Takiguchi, Hirokazu Hotani

    2008年, BioSystems, Vol.93 115-119, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Stepwise shrinkage of liposomes driven by thermal fluctuations of the membranes

    Tamiki Umeda, Fumimasa Nomura, Takehiko Inaba, Kingo Takiguchi, Hirokazu Hotani

    2005年06月, ChemPhysChem, Volume 6, Issue 6, p1047-1050, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Opening-up of lipid bilayer vesicles by guest molecules adsorption isotherm and numerical calculation

    SUEZAKI Y, UMEDA Tamiki

    2005年02月, Journal of Optoelectronics and Advanced Materials, Vol.7,No.1,25-34, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Theoretical analysis of opening-up vesicles with single and two holes

    UMEDA Tamiki, SUEZAKI Y, TAKIGUCHI K, Hotani H

    2005年01月, Physical Review E, 71,011913, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Cell sorting by differential cell motility Cell sorting by differential cell motility

    UMEDA Tamiki, INOUYE K

    2004年01月, Journal of Theoretical Biology, Vol.226, pp215-224, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Mechanical analyses of morphological and topological transformation of liposomes

    HOTANI H, INABA T, NOMURA F, TAKEDA S, TAKIGUCHI K, ITOH T, UMEDA Tamiki, ISHIJIMA A

    2003年09月, Biosystems, Vol.71,pp.93-100, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

講演・口頭発表等

  • ローレンツ力を利用した分離装置による海水からの魚卵の分離

    赤澤 輝彦, 上村 直輝, 岩本 雄二, 梅田 民樹

    第96回 低温工学・超電導学会研究発表会, 2018年05月, 日本語, タワーホール船堀, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ローレンツ力を利用した海水・油分離装置内の海水流れと流路断面形状に関する研究

    赤澤 輝彦, 岩田 祐樹, 永友 勇気, 岩本 雄二, 梅田 民樹

    第89回低温工学・超電導学会研究発表会, 2014年05月, 日本語, タワーホール船堀, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大阪湾淀川河口域における植物プランクトンの空間分布の数値シミュレーション

    野里 英昭, 梅田 民樹, 林 美鶴

    第18回日本数理生物学会大会, 2008年09月, 日本語, 京都市, 国内会議

    ポスター発表

所属学協会

  • 日本数理生物学会

  • 日本生物物理学会

共同研究・競争的資金等の研究課題