研究者紹介システム

余田 有希子
ヨデン ユキコ
大学院人間発達環境学研究科 人間発達専攻
助教
音楽関係
Last Updated :2022/01/10

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院人間発達環境学研究科 人間発達専攻

学位

  • 博士(学術), 東京芸術大学

研究活動

研究キーワード

  • 音楽とテクノロジー
  • 作曲
  • 映像と音楽
  • 映画音楽
  • マルチチャンネル

研究分野

  • 人文・社会 / 芸術実践論

受賞

  • 2020年11月 G’s ACADEMY TOKYO, GLOBAL GEEK AUDTION優勝, Namaoto

    余田有希子

  • 2006年03月 東京藝術大学, アカンサス音楽賞

論文

  • 日本の映画音楽における楽器法 ートーキー初期から1950年代洋楽系作曲家の試み (博士論文)

    余田有希子

    2012年03月

    [査読有り]

  • 現代作品における邦楽器の用法 (修士論文)

    余田有希子

    2008年03月

    [査読有り]

MISC

  • 無声映画伴奏譜集にみられる楽曲構造の分析

    余田有希子

    2020年04月, 日本学術振興会2019年度実施報告書

  • (5)若手研究者の派遣実績の詳細

    余田有希子

    2019年08月, 日本学術振興会 「国際的な活躍が期待できる研究者の育成事業」実施報告書, 16 - 17

  • 音楽環境創造科一期生として

    余田有希子

    2018年08月, 東京藝術大学音楽学部同声会 同声会報, (21), 51

  • 芸術によるまちづくり事業

    余田有希子

    2017年03月, 東京藝術大学アートリエゾンセンター 平成28年度足立区からの受託研究に関する報告書, 28 - 29

  • 制約の中から生まれる新たな発想

    余田有希子

    2016年09月, 日本映画学会 会報, 27 - 29

  • 芸術によるまちづくり事業

    余田有希子

    2016年03月, 東京藝術大学アートリエゾンセンター 平成27年度足立区からの受託研究に関する報告書, 28 - 31

  • 芸術によるまちづくり事業

    余田有希子

    2015年03月, 東京藝術大学アートリエゾンセンター 平成26年度足立区からの受託研究に関する報告書, 28 - 29

  • 教員研修会

    余田有希子

    2015年03月, 東京藝術大学アートリエゾンセンター 平成26年度足立区からの受託研究に関する報告書, 17

  • 日本の映画音楽における楽器法

    余田有希子

    2013年03月, 東京藝術大学大学院音楽研究科 博士学位記録2011, 37 - 38

  • 「KINCO」における音響作品について − 付録CDライナーノート

    余田有希子

    2008年03月, KINCO 日銀ウォーキングミュージアムKINCO, 65

  • 「caress」 − 音の制作に関して

    余田有希子

    2008年03月, KINCO 日銀ウォーキングミュージアムKINCO, 32 - 33

    記事・総説・解説・論説等(その他)

講演・口頭発表等

  • マルチチャンネル音響システムの研究と創作

    余田有希子

    海外派遣研究者による成果発表会, 2019年01月26日

    [招待有り]

    口頭発表(一般)

  • An analysis of Toru Takemitsu’s Kwaidan

    Yukiko Yoden

    2018年06月

    口頭発表(一般)

  • Photoplay Music Analysis Musical Style in Relation to Moods and Actions

    Yukiko Yoden

    2018年06月

    口頭発表(一般)

  • Music representation system for Shakuhachi

    Yukiko Yoden

    2018年01月

    口頭発表(一般)

  • 「KINCO」シンポジウム 現代の美術と音 〜芸大美術研究科油画と 音楽環境創造科の活動から

    2007年11月

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

所属学協会

  • 日本映画学会

Works(作品等)

  • Bits of the Hits

    2021年01月

  • daylight journey

    2020年03月

  • mimesis 56.8

    2018年08月

  • mimesis

    2018年04月

  • 藤原京と平城京

    2017年05月

  • ムーラン・ド・ラ・ギャレット

    2016年04月

  • my hometown

    2015年01月

  • Departure

    2015年01月

  • 邂逅

    2014年09月

  • 映像作品「“Garden”動くモチーフについて」の音響

    2013年01月

  • 4つのバラの物語

    2012年06月

  • アニメーション「就活狂想曲」の劇中音楽

    2012年03月

  • アニメーション「羽衣」の劇中音楽

    2011年11月

  • アニメーション「Al Dente Tango」の劇中音楽

    2011年01月

  • sword line

    2010年11月

  • 映画「よるのくちぶえ」劇中音楽

    2010年03月

  • アニメーション「賢者の贈り物」の劇中音楽

    2010年03月

  • dialogs

    2009年06月

  • 映画「セジと少年合唱団」劇中音楽

    2009年01月

  • ワイングラスを持つ娘

    2008年08月 - 2008年12月

  • ディアナとニンフたち

    2008年08月 - 2008年12月

  • 奇跡の光

    2008年08月 - 2008年12月

  • Caress

    2008年11月

  • 玉響〜tamayura〜

    2008年10月

  • Felice

    2008年10月

  • NEXT

    2008年09月

  • 映画「八咫鏡」の劇中音楽

    2008年07月

  • 相剋・相生

    2008年03月

  • 繭倉

    2006年08月

  • 迷真

    2006年03月

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 余田 有希子

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究, 若手研究, 東京藝術大学, 2019年04月 - 2023年03月, 研究代表者

    無声映画期には、「Hurry music」「Love scene」「Battle」など映画の場面や感情・アクションを想定して作曲・編曲された伴奏用音楽がインデックスと共に纏められ、欧米を中心に数多くの伴奏譜集が編纂・出版された。当時の映画伴奏用カタログ集に収録された豊富な楽譜資料は、感情や情景・アクションが音楽構造にどのように表出されるのかを研究する上で貴重な資料である。しかし、無声映画期の映画音楽研究では、 特定の作品や作曲家の音楽に着目したものが多く、通底する音楽構造を探る研究はほとんどみられない。本研究では楽譜分析ソフトを利用し、当時の伴奏譜集に収録された楽譜から感情・情景・アクションと音楽構造の関係を明らかにすることを目的としている。 今年度は下記の2点を中心に研究を遂行した。 1、楽譜資料の整理・リスト化と再分類 各楽曲の作曲・編曲者によって様々なタイトルやインデックスが用いられており、また伴奏譜集によってカテゴライズの手法も異なっているため、分析対象の伴奏譜集に収録された全楽曲を整理・リスト化した上で、再分類する作業を行った。 2、Humdrum Toolkitに関する基礎調査 本研究では、同時に多数の楽譜データベースを分析できるソフトウェアツール 「Humdrum Toolkit」を利用しながら無声映画伴奏譜集に収録された楽曲の音楽構造と感情・情景・アクションの関係性を分析する予定であり、「Humdrum Toolkit」のアップデートやデータベース作成を進めているスタンフォード大学CCARHにて基礎調査を行った。

  • 日本学術振興会, 国際的な活躍が期待できる研究者の育成事業, 東京藝術大学, 2017年09月 - 2018年08月, その他