研究者紹介システム

石黒 一彦
イシグロ カズヒコ
大学院海事科学研究科 海事科学専攻
准教授
土木・建築工学関係
Last Updated :2022/09/26

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院海事科学研究科 海事科学専攻
  • 【配置】

    海洋政策科学部 海洋政策科学科, 海事科学部 グローバル輸送科学科

学位

  • 博士(学術), 東北大学
  • 内航海運における輸送効率性向上や船員不足の経済影響分析
  • 港湾の運営効率性評価分析とその応用

授業科目

ジャンル

  • 環境・交通 / 物流

コメントテーマ

  • モーダルシフト
  • 港湾計画
  • 国際物流
  • 北極海航路
  • 内航海運

研究活動

研究キーワード

  • 国際物流
  • 港湾計画

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 土木計画学、交通工学

受賞

  • 2016年10月 日本海運経済学会, 学会賞(論文の部), 船社の寄港地を考慮した港湾被災後における輸送経路別貨物量の推計

    石黒一彦

  • 2010年10月 日本海運経済学会, 国際交流賞, ターミナルオペレータと船社の相互依存関係

    石黒一彦

  • 2022年09月 International Association of Maritime Economists (IAME), The Best Paper Award in relation with the International Journal of Shipping and Transport Logistics, Impact of Northern Sea Route Expansion on Container Cargo Transportation and Trade between East Asia and Europe

    Ruixuan Yu, Kazuhiko Ishiguro

論文

  • Estimation of container cargo flow between China and Europe considering the impact of Northern Sea Route expansion

    Ruixuan Yu, Kazuhiko Ishiguro

    2021年11月, Proceedings of the Conference Rotterdam 2021, IAME, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Seafarer Shortage Problem in Coastal Shipping Industry and its Economic Impact in Japan

    Kazuhiko Ishiguro, Yoshiaki Ando, Raito Suegami, Kaito Yamada

    2021年11月, Proceedings of the Conference Rotterdam 2021, IAME, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 内航海運における船員不足とその経済的影響の推計

    安藤良彬, 石黒一彦

    2021年10月, 海運経済研究, 55, 51 - 60, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Measuring the Efficiency of Automated Container Terminals in China and Korea

    Yunna Xu, Kazuhiko Ishiguro

    2019年09月, Asian Transport Studies, 5 (4), 584 - 599, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Efficiency Evaluation of Automated Container Terminals in East Asia

    Kazuhiko Ishiguro, Yunna Xu

    2019年06月, Proceedings of the Conference Athens 2019, IAME, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Measuring the Efficiency of Automated Container Terminals in Japan and China

    Yunna Xu, Kazuhiko Ishiguro, Ruoyu Hu

    2018年09月, Proceedings of the 7th International Conference on Transportation Logistics, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Estimation of Seafarer Shortage in Coastal Shipping and its Economic Impact in Japan

    Yoshiaki Ando, Kazuhiko Ishiguro

    2018年09月, Proceedings of the 7th International Conference on Transportation Logistics, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Spatial Computable General Equilibrium Model for Estimating Impact of Maritime Transportation Market Change

    Kosuke Okamoto, Kazuhiko Ishiguro

    International Association of Maritime Economists, 2017年06月, Proceedings of the Conference Kyoto 2017, IAME, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 内航海運の船舶管理における法的側面の課題

    畑本郁彦, 石黒一彦, 羽原敬二, 古莊雅生

    2017年, 日本航海学会論文集, 136, 135 - 143, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • The economic impact of transportation infrastructure improvement on seaborne trade in East Asia

    Kosuke Okamoto, Kazuhiko Ishiguro

    2016年09月, Proceedings of the 6th International Conference on Transportation Logistics, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 北極海航路利用LNG輸送の経済性分析

    石黒 一彦

    日本海運経済学会, 2015年, 海運経済研究, 49 (49), 11 - 20, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Container Vessel Schedule and Japanese Shippers’ Port Choice Behavior

    Kazuhiko Ishiguro, Hiroto Kayano

    International Association of Maritime Economists, 2015年, Proceedings of the Conference Kuala Lumpur 2015, IAME, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Container traffic constraints at Algiers ports

    Zouane Kamel, Himouri Slimane, Kazuhiko Ishiguro, Masaya Omae

    International Association of Maritime Economists, 2015年, Proceedings of the Conference Kuala Lumpur 2015, IAME, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • リバース・ロジスティクス効率化効果推計モデル

    石黒 一彦

    2014年03月, 内航海運研究, 3, 31 - 40, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 茅野 宏人, 石黒 一彦

    本研究では集計ロジットモデルにより東北・中国・四国地方の輸出入コンテナ貨物の荷主の港湾選択行動分析を行った.配船スケジュールを考慮した平均待ち時間と四種類の海上輸送時間を採用したことが本研究の特徴である.モデル推定結果より,荷主は輸出において平均的な輸送時間を重視し,輸入において最も輸送時間が掛かるケースを想定していることが明らかとなった.また,荷主は平均待ち時間と海上輸送日数の合計の海上総輸送時間を考慮していることも明らかとなった.積替え時間は輸出の場合に考慮され,輸入では考慮されないことも推察された.モデルを用いたシナリオ分析により,単に便を増加させるだけでなく,曜日も考慮した誘致を行うことが有用であること,寄港へのインセンティブを廃止しても影響はそれ程大きくないことが示された.

    土木学会, 2014年, 土木学会論文集D3, 70 (5), 789 - 799, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 船社の寄港地を考慮した港湾被災後における輸送経路別貨物量の推計

    石黒 一彦

    日本海運経済学会, 2014年, 海運経済研究, 48 (48), 63 - 72, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Container Cargo Transportation Model including Multi-Layer Transportation Network and Economy of Scale

    石黒 一彦

    International Association of Maritime Economists, 2014年, Proceedings of the Conference Norfolk 2014, IAME, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • カボタージュ規制緩和が地域経済および内航需要量に与える影響

    石黒 一彦

    2013年, 内航海運研究, 2, 43 - 54, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Asian Container Cargo Transportation Model including Multi-Layer Transportation Network and Economy of Scale

    Kazuhiko Ishiguro, Pitu Mirchandani

    2013年, Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, 9, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 多地域応用一般均衡モデルを用いた船員問題の分析

    石黒 一彦

    2012年, 内航海運研究, 1, 11 - 19, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • The Impact of Increase in Containership Size on the Asia-Europe-North America Trade

    Kazuhiko Ishiguro

    2010年, eProceedings of The 3rd International Conference on Transportation Logistics, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Effects of Transport Infrastructure Improvement on the International and Domestic Freight Flow in Japan

    Yoshihiro Kameyama, Kazuhiko Ishiguro

    2010年, eProceedings of The 3rd International Conference on Transportation Logistics, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 規模の経済と多層ネットワークを考慮した広域物流拠点配置モデルの開発

    西垣 雅弘, 石黒 一彦, 小谷 通泰, 秋田 直也

    2009年11月, 土木計画学研究・論文集, 26 (4), 753 - 762, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ターミナルオペレータと船社の相互依存関係

    石黒 一彦

    日本海運経済学会, 2009年10月, 海運経済研究, No.43,pp.69-78 (43), 69 - 77, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 海運と空運の代替性を考慮した多地域応用一般均衡モデルによる貿易予測

    石黒 一彦

    2006年, 海運経済研究, No.40, pp.87-96, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • The Impact of Increase in Containership Size on the Inter-regional and Intra-regional Trade

    Kazuhiko Ishiguro, Shinya Hanaoka, Hajime Inamura

    2006年, Proceedings of the IAME Conference Melbourne 2006, CD-ROM, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Analysis of Recent Transition in Port Choice of Post-Panamax Containerships in Asia

    Shinya Hanaoka, Peerapol Boontaveeyuwat, Kazuhiko Ishiguro

    2006年, Proceedings of the IAME Conference Melbourne 2006, CD-ROM, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • K Ishiguro, H Inamura

    Transportation-related costs both at ports and for inland transportation are very high, which is essentially caused by the high cost of labor and construction of infrastructure. This condition, however, is also caused by protectionist policies in the domestic transportation field. This chapter discusses and identifies barriers in the operation and management of maritime and multimodal transportation. The effect of the removal of barriers is calculated by applying a Spatial Computable General Equilibrium (SCGE) model that includes behavior of the transportation sector. The results of case studies show that a 10% reduction of import or export costs produces a 10% increase in total trade.

    JAI-ELSEVIER SCIENCE INC, 2005年, Global Competition in Transportation Markets: Analysis and Policy Making, 13, 337 - 368, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 石黒 一彦, 花岡 伸也, 稲村 肇, 松木 清徳

    本研究では海運業の行動を考慮した多地域一般均衡モデルの開発を行った. その中で海運サービスの生産構造を明確に表現したことと, 海運サービスの生産量と財の輸送需要量の関連を明確に表現したことが特徴である. モデルの適用例として, グローバルアライアンスの形成, 船舶大型化, 内航海運市場の開放, 船員国籍の自由化の影響評価を行い, モデルの安定性を確認するとともに, 各変化の影響を定量的に把握した. 本研究で構築したモデルと従来の氷塊輸送型モデルとの比較を行った結果, 今回は産業分類が粗いため, 貿易量全体としては各地域間とも若干の差は見られるものの, 顕著な相違点は無かった.

    Japan Society of Civil Engineers, 2004年, 土木計画学研究・論文集, Vol.21,No.3,pp.745-750, 745 - 750, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 船社別寄港パターンを考慮した超大型コンテナ船就航可能性の検討

    花岡 伸也, 石黒 一彦, 小坂 浩之, 赤倉 康寛

    2004年, 土木計画学研究・論文集, Vol.21,No.3,pp.751-758, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Dvelopment of Multi-regional Computable General Equilibrium Model Taking Account of Ocean Carriers' Behavior and Scale Economy

    ISHIGURO Kazuhiko, ISHIKURA T, HANAOKAS, INAMURA H

    2003年, Journal of the Eastern Asia Society For Transportation Studies, Vol.2273-2742, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 菊地 竜也, 石黒 一彦, 稲村 肇, 石倉 智樹

    建設産業では, 需要情報の非共有状態やリードタイムの存在が主な原因で起こるブルウィップ効果の影響によりサプライチェーンの所々で過大な在庫が生じている一方で, SCMは進んでいない. よって, 建設産業でのSCMによる在庫削減の定量的評価を目的とし, 在庫理論にブルウイップ効果の理論を組み込むことで, ゼネコン主導型のサプライチェーンにおける在庫管理モデルを構築した. シミュレーションではSCM導入により在庫量を現状の30%以上削減できることを示し, 建設産業におけるSCMの有用性を示すことができた.

    Japan Society of Civil Engineers, 2001年, 土木計画学研究・論文集, Vol.18,No.3,pp.395-402, 395 - 402, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Identification of Relationship between Embodied By-product Requirements and Domestic Production Technology in Japan: 1985-1995

    Shigemi Kagawa, Tomoki Ishikura, Gloria P. Gerilla, Kazuhiko Ishiguro

    2001年, Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.4, No.5, pp.151-166, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • K. Ishiguro, H. Inamura

    Spatial computable general equilibrium (SCGE) theory has been applied to an international trade model to evaluate tariff and fiscal policies of a country. Those models can not be applied for the evaluation of transport policies such as port development and tax/subsidy piolicy against transportation sectors since they do not deal with ocean freight and ocean carriers explicitly in the model. Ocean freight oftern varies with the changes of compoetitive conditions and/or demand/supply balances in the short run, while it should reflect the actual expenditure of the carriers in the long run. The model proposed here considers the profit maximization behavior of ocean carriers, and deals with ocean freight explicitly. The model is applied to four major economic regions Japan, USA, EU and Asia. A multi-level function composed of the Cobb-Douglas function is adopted to produce reliable parameters of the production function for many industries.

    2001年, Maritime Policy and Management, 28 (3), 251 - 264, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Development of International Trade Model Taking Account of Ocean Carriers Behavior

    Kazuhiko Ishiguro, Tomoki Ishikura, Shigemi Kagawa, Hajime Inamura

    2001年, Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.4, No.1, pp.329-338, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 花岡 伸也, 石黒 一彦, 菊地 竜也, 稲村 肇

    本研究では, 荷主の地方港湾の利用を促進し, かつ全国的に効率的な港湾整備計画・制度を策定することを目標として, 調査するべき主要な課題の一つである荷主の港湾選択行動要因を, 国際コンテナ貨物を取り扱う荷主を対象として分析した. まずヒアリング調査に基づき, 荷主の港湾選択要因を港湾特性, 貨物特性, 荷主特性の3つの特性に分類した. 次に従来研究で考慮されてこなかった「(商社が介在するか否かの場合の) 業種別の貨物流動」に視点を当て, 統計データの分析およびロジットモデルによる比較分析を行った. 分析の結果, 荷主の港湾選択行動が貨物流動の業種別に異なることを明らかにした. また, 港湾選択行動を的確に把握するためのデータ整備上の問題について考察した.

    Japan Society of Civil Engineers, 2000年, 土木計画学研究・論文集, Vol.17,pp.835-840, 835 - 840, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 石黒 一彦, 桜田 崇治, 稲村 肇

    本研究は物資流動量の変化に伴う規模の経済性を明示的に組み込んだ広域物流拠点配置モデルを構築した. 目的関数は総輸送費用最小化であり, 拠点施設整備規模増加および拠点取扱量増加に伴って限界費用が逓減する定式化となっている. 数値シミュレーションとして, 東日本の現在の幹線道路ネットワークに現実の貨物ODを分割配分法により配分した. その結果, 現実的な時間で十分信用に足る結果を得ることができた. 物流拠点は自地域および周辺地域の発生集中量により, 自立型, 周辺依存型, 孤立型に分類されることが確認でき, また最適規模の施設整備を行うことにより, 大幅に総輸送費用を削減することが可能であることを示した.

    Japan Society of Civil Engineers, 2000年, 土木計画学研究・論文集, Vol.17,pp.693-700, 693 - 700, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Container Port Location Strategy Based on Domestic Port Choice Modeling and Optimal Liner Routing Approach

    Meor Aziz Osman, Kazuhiko Ishiguro, Hajime Inamura

    1999年, Infrastructure Planning Review, Vol.16, pp.627-636, 627 - 636, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 石黒 一彦, 稲村 肇, 桜田 崇治

    物流量予測手法の一つとして産業連関表を将来の経済状況を用いて更新した後, 物量単位に変換する方法がある. 産業連関表は他の統計と比較して十分な信頼性があるものと考えられるが, 額量変換の際の詳細な単価が不明であるため結果として十分な精度が得られない. 本研究では卸売業及び卸売出荷品を販売額として組み込み, 物流に即した形の修正SNA型産業連関表を作成し, 全国貨物純流動調査三日間調査をもとに作成した物量ベースSNA型産業連関表と比較することにより業種別の商品単価を推計した. 各単価の直接の検証は不可能だが, 集計部分で2種類の統計データとの比較検討を行った結果, 概ね良好な結果が得られた

    Japan Society of Civil Engineers, 1998年, 土木計画学研究・論文集, Vol.15,pp.565-572, 565 - 572, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 石黒 一彦, 稲村 肇, 徳永 幸之

    交通量予測のための将来の物流量の把握・予測, また交通問題解決のための物流の合理化が現在大きな課題となっている. 生産から消費に至る物流においてその中心にいるのは卸売業であるにもかかわらず, 従来その卸売物流の実態についてはほとんど解明されていない. そこで本研究では地域間の卸売物流の階層構造, 最近10年間での卸売業の集積の変化と更にその変化の著しい品目についての変化理由をそれぞれ物流の観点で考察した. その結果, 品目別の卸売業の都道府県単位での地域間階層構造, 商物分離, 消費地への立地指向, 食料品における小売業の成長をそれぞれ物流ベースから明らかにできた.

    公益社団法人 土木学会, 1998年, 土木学会論文集, No.583/Ⅳ-38,pp.13-22, 13 - 22, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Spatial Distribution of Wholesale Industries in the View Point of Physical Distribution and Monetary Transaction

    Kazuhiko Ishiguro, Hajime Inamura

    1997年, Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.2, No.6, pp.1779-1790, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Asian Container Transportation Network and Its Effects on the Japanese Shipping Industry

    Hajime Inamura, Kazuhiko Ishiguro, Meor Aziz Osman

    1997年, IATSS Research, Vol.21, No.2, pp.100-108, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • APEC4カ国間の産業貿易依存関係の分析

    石黒 一彦, L. L. Mendoza, 稲村 肇, 徳永 幸之

    1995年, 土木学会論文集, No.524/Ⅳ-29,pp.49-57, No.524,IV - 29, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 石黒 一彦, 稲村 肇

    公益社団法人 日本航海学会, 2004年, 日本航海学会誌 NAVIGATION, 159, 16 - 21, 日本語

  • Impact of Northern Sea Route Expansion on Container Cargo Transportation and Trade between East Asia and Europe

    Ruixuan Yu, Kazuhiko Ishiguro

    2022年09月, Proceedings of the Conference Busan 2022, IAME, 1956 - 1980, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

MISC

  • 神戸港・大阪港港勢圏における国際海上コンテナ貨物の国内輸送実態の分析

    秋田 直也, 石黒 一彦

    日本船舶海洋工学会, 2010年06月, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, (10), 355 - 358, 日本語

  • 規模の経済と多層ネットワークを考慮したアジア域内海上コンテナ輸送モデルの開発と適用 (オーガナイズドセッション(OS1) 輸送の三原則を統合した国際海上輸送システム創出の研究)

    石黒 一彦, 秋田 直也

    日本船舶海洋工学会, 2009年11月, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, (9), 19 - 22, 日本語

  • 地方港湾・空港国際化の現状と課題

    徳永 幸之, 石黒 一彦

    運輸政策研究機構, 2000年01月, 運輸政策研究, 2 (4), 21 - 29, 日本語

書籍等出版物

  • モーダルシフトと内航海運

    森隆行, 松尾俊彦, 田中康仁, 石田信博, 永岩健一郎, 石黒一彦

    共著, 海文堂出版, 2020年04月

  • グローバル・ロジスティクス・ネットワーク : 国境を越えて世界を流れる貨物

    アジア物流研究会, 柴崎, 隆一

    分担執筆, 成山堂, 2019年02月, 日本語, ISBN: 9784425931613

  • 土木計画学ハンドブック

    土木学会土木計画学ハンドブック編集委員会

    分担執筆, コロナ社, 2017年03月, 日本語, ISBN: 9784339052527

  • 内航海運

    森 隆行, 石田 信博, 永岩 健一郎, 松尾 俊彦, 石黒 一彦, 李 志明

    共著, 晃洋書房, 2014年06月, 日本語

    学術書

  • 国際海上コンテナ輸送概論

    今井, 昭夫

    分担執筆, 東海大学出版会, 2009年02月, 日本語, ISBN: 9784486017950

  • 沿岸域環境事典 = Encyclopedia of coastal zone environment

    日本沿岸域学会

    分担執筆, 共立出版, 2004年07月, 日本語, ISBN: 4320074149

  • 空から見る国土の変遷

    日本写真測量学会

    分担執筆, 古今書院, 2002年08月, 日本語, ISBN: 4772240365

講演・口頭発表等

  • Efficiency Evaluation of Automated Container Terminals in East Asia

    Kazuhiko Ishiguro

    IAME Conference Athens 2019, 2019年06月26日, 英語

    口頭発表(一般)

  • Container Vessel Schedule and Japanese Shippers’ Port Choice Behavior

    Kazuhiko Ishiguro, Hiroto Kayano

    International Association of Maritime Economists Annual Conference 2015, 2015年08月, 英語, International Association of Maritime Economists, Kuala Lumpur, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Equilibrium Model for Analysis on Opening and Improving Transportation Routes

    Kazuhiko Ishiguro, Pitu Mirchandani

    INFORMS Annual Meeting, 2012, 2012年, 英語, Phoenix, AZ, USA, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 多地域応用一般均衡モデルによる海運政策の評価

    石黒 一彦, 稲村 肇

    土木計画学研究・講演集 Vol.27, 2003年, 日本語, 土木学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 船舶大型化と船社の経営状況との関連分析

    石黒 一彦, 花岡 伸也, 小坂 浩之, 樋口 直人

    土木計画学研究・講演集 Vol.27, 2003年, 日本語, 土木学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

所属学協会

  • The Institute for Operations Research and the Management Sciences

    2012年 - 現在
  • International Association of Maritime Economists

    2010年 - 現在
  • アジア交通学会

  • 日本海運経済学会

  • 応用地域学会

  • 環太平洋産業連関分析学会

  • 日本物流学会

  • 土木学会

共同研究・競争的資金等の研究課題