研究者紹介システム

田中 剛
タナカ ツヨシ
大学院工学研究科 建築学専攻
教授
土木・建築工学関係
Last Updated :2022/09/18

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院工学研究科 建築学専攻
  • 【配置】

    工学部 建築学科

学位

  • 博士(工学), 神戸大学
  • 鋼構造建築の合理的な接合部の設計と施工

授業科目

ジャンル

  • 科学・技術 / 建築

コメントテーマ

  • 鋼構造建築
  • 設計
  • 溶接
  • 耐震補強
  • 耐震診断

研究活動

研究キーワード

  • 柱脚
  • 溶接
  • 柱梁接合部
  • 鋼構造

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築構造、材料

受賞

  • 2007年11月 日本鋼構造協会, 日本鋼構造協会論文賞, 断面形状の異なる柱に鋼製エンドタブを用いて溶接接合された梁の塑性変形能力

    井口 智晴, 田渕 基嗣, 田中 剛

    学会誌・学術雑誌による顕彰

  • 2002年06月 日本鋼構造協会, 日本鋼構造協会論文賞, 円形鋼管柱梁仕口における梁ウェブ接合部の曲げ耐力評価

    田中 剛, 田渕 基嗣, 村上 裕通

    学会誌・学術雑誌による顕彰

  • 2020年11月 日本鋼構造協会, 論文賞, サブマージアーク溶接による先組みビルトH梁端接合部の塑性変形能力

    田渕基嗣, 中野達也, 浅田勇人, 高塚康平, 田中剛, 志村竜一, 福本孝男, 遠山和裕, 鎌倉和彦, 藤沢清二, 板谷俊臣, 島野幸弘, 大塚英郎, 一戸康生

論文

  • Pengjun Luo, Hayato Asada, Tsuyoshi Tanaka

    © 2020 Elsevier Ltd In the present study, limit analysis is performed for T-joints with partial-joint-penetration (PJP) weld by taking advantage of the slip-line field theory and von Mises failure criterion. The strength evaluation equations are derived from the limit analysis and applied to evaluate the ultimate strength of T-joints. The results indicate that ultimate strengths of the longitudinal T-joints are in proportion to the weld throat thickness and independent of weld type. Whereas, the transverse fillet weld and PJP weld T-joints respectively show about 40% and 180% strength increase comparing with their longitudinal counterparts. In addition, the loading angle and material stress ratio effects on the ultimate strength of T-joint are observed depending on the weld types significantly. The finite element models that have been calibrated using the test results are applied to validate analytical results. Good agreements are achieved between the analytical and numerical results regarding the ultimate strengths and fracture angles, which reveals the feasibility and the capacity of the proposed strength equations in evaluating the mechanical behavior of T-joints with arbitrary weld geometries, loading angles, and material stress ratios.

    2020年06月15日, Engineering Structures, 213

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Pengjun Luo, Hayato Asada, Chia Ming Uang, Tsuyoshi Tanaka

    © 2020 American Society of Civil Engineers. Partial-joint-penetration (PJP) groove weld is commonly used as an alternative to fillet weld when high-strength joints are needed. The majority of previous research on the effect of loading angle on the weld strength focuses on fillet welds, but not PJP welds. Both US specifications and Japan recommendations use a directional strength increase factor to determine the strength of fillet welds. However, these factors do not apply to PJP welds; also, US specifications, Japan recommendations, and European standards give different design criteria for PJP welds loaded with 90°. This paper presents results from a study that investigated the mechanical behavior of PJP welds under different loading angles. Results obtained from both finite-element analysis and experiments indicate that current US design practice is conservative when the directionality effect is ignored in calculating the strength of PJP welds.

    2020年04月, Journal of Structural Engineering (United States), 146 (4)

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 前田 純花, 田中 剛, 浅田 勇人, 平野 公大

     While the embedded column base connection is effective for securing stiffness and strength relative to the other type of column base connections, the bearing resistance of embedded portion of the column due to the prying action, may results in undesirable failure mode such as punching shear failure which lead to significant deterioration in the strength. Previous studies have reported that improved the strength, ductility capacity and decreased the strength deterioration were attributed to the arrangement of U-shaped rebars and hoops surrounding the column. Based on these experimental results, Japanese design provision specified the estimation of plastic flexural strength of exterior column base based on the lateral resistance mechanism including axial yielding of U-shaped rebars. This provision however had not clearly specified the reinforcement details.

     The objective of this study is to provide the recommended details of U-shaped rebars for achieving satisfactory performance and evaluate the ultimate strength of column base connection. Cyclic lateral loading tests were performed with SHS column-grade beam sub-assemblages to investigate the cyclic responses including failure modes and ultimate resistances with emphasizing on contribution of rebars to the lateral resistance. A total of 13 specimens were tested, with embedment lengths of column, the amount of U-shaped and hoop rebars and the spacing between the rebar and column in the loading direction taken as key test parameters (See Table 1, Figs. 1 and 2).

     Based on test results, the influence of the reinforcement details on the fracture behavior of the connection, the contribution of the rebars and resulting ultimate strength were investigated (See Table 3 and Figs. 3 to 5). It was observed that the upper U-shaped rebar yielded or remained elastic at the ultimate load, depending on the details of U-shaped rebars as shown in Fig. 7. The evaluation method of anchorage strength of 90° bending rebars [Ref. 5] was extended for embedded column base connection and used to predict the anchorage strength of U-shaped rebars. The predicted axial force of the U-shaped rebars given by the lesser of axial yielding and the anchorage strength of rebar fairly agreed with the experimental results (Fig. 11). In other words, this method can be applicable to determine proper detailing for ensuring the axial yielding of the U-shaped rebars. Furthermore, the ultimate strengths of the embedded column base connection were evaluated assuming the same resistance mechanism in current provision and using modified axial resistance of rebars given by Eq. (9). The proposed method was able to consistently predict the experimental ultimate strengths, regardless of the details of U-shaped rebars (Fig. 13).

    日本建築学会, 2019年12月, 日本建築学会構造系論文集, 84 (766), 1613 - 1620, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 浅田 勇人, 田中 剛, 山下 達雄, 藤原 有希

     Hot-dipped zinc coating is well recognized as a standard method of long-term protection from corrosion and is widely applied to heavy steel products such as building structures in Japan. In this process, liquid metal assisted cracking (LMAC) has sometimes occurred at vent and drain holes which were located at the corner of welded beam-to-column connection during hot-dip galvanizing. However, the mechanism of the phenomenon has not been well understood. To develop the understanding of the phenomenon, This study focuses on the effect of geometrical parameters such as the flange-to-web thickness ratio, the web thickness, the diameter of the holes, and their position on LMAC to develop the understanding of the mechanisms through which LMAC that initiated from the edge of holes and seek to identify an effective way for preventing them in practice. As the pilot study, Immersion tests were performed with scaled test specimens to investigate the thermal and strain histories due to the thermal expansion and contraction in hot-dip galvanizing process. A companion analytical model shown in Fig. 4, which is capable of simulating the test results was developed. The verified numerical model was used to develop the helpful index for evaluating the effect of geometric parameters on LMAC, in term of the tensile strain at the point corresponding to LMAC occurrence shown in Fig, 11. From the investigations, the following conclusions were drawn:

     Immersion testing with the flange thickness as the test parameter showed that as the flange thickness increases, the strain at the circular hole edges also increases. For a web thickness of 9 mm, LMAC occurred at two locations at the top of the test specimen when 32 mm flange was attached. Furthermore, microscope images (SEM) of the cracks and the behavior of the strain in the vicinity of the circular holes showed that the LMAC occurred while the test specimen was immersed in the molten zinc.

     Increases in the tensile strain, which is defined as the difference between the maximum compressive strain at the strain concentration point at the edge of the circular holes during and the strain at steady state, cause significant increases in LMAC.

     As the flange-to-web thickness ratio increases, the tensile stress that occurs at the hole edges increases as well, and the occurrence of cracking also increases significantly. However, even for cases in which the flange-to-web thickness ratio is the same, it is possible to reduce the tensile strain by increasing the web thickness. Therefore, increasing the web thickness, as well as reducing the flange-to-web thickness ratio, is effective in preventing cracking.

     Increasing the diameter of the circular holes by a factor of 1.7 results in an approximately 20% reduction in the tensile strain. Increasing the distance between the circular hole edges and the weld toes within the range over which the holes still function as drain holes (L = 4 - 24 mm) has small effects on reducing the tensile strain.

    日本建築学会, 2019年08月, 日本建築学会構造系論文集, 84 (762), 1033 - 1042, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • サブマージアーク溶接による先組みビルトH 梁端接合部の塑性変形能力(梁端接合部の塑性変形能力とサブマージアーク溶接金属の靱性の関係)

    高塚 康平, 中野 達也, 浅田 勇人, 田中 剛, 田渕 基嗣

    日本鋼構造協会, 2019年03月, 鋼構造論文集, 26 (101), 31 - 42, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • サブマージアーク溶接による先組みビルトH 梁端接合部の塑性変形能力(実大部分架構実験)

    浅田 勇人, 中野 達也, 高塚 康平, 田中 剛, 田渕 基嗣

    日本鋼構造協会, 2019年03月, 鋼構造論文集, 26 (101), 15 - 30, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 実大柱梁部分架構の浸漬実験によるめっき割れに関する検討

    藤原 有希, 浅田 勇人, 田中 剛, 上野 悟, 北野 祐司

    2018年11月, 鋼構造年次論文報告集, 26, 448 - 455, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 浅田 勇人, 田中 剛, 吉見 信之

     In moment frame combined with dampers, the beam-to-column connection is subjected to not only bending moment but axial force in accordance with the damper arrangements. Previous investigation on existing steel passive controlled building structures [Ref. 1] pointed out that the beam axial force reaches up to 30% of its yield strength on entire beam cross section. For such beams, in addition to causing beam instability [Ref. 2], the presence of axial force tends to reduce the magnitude of plastic strength. Furthermore, Not only WF section but also RHS is commonly used for column in Japan. When the beam is connected to RHS column, it is well recognized that the strength of beam-to-column connection is significantly affected by out-of-plane bending strength of column flange (wall) and the lack of design consideration for this effect lead to decrease of plastic deformation capacity[Ref. 3 and 4]. The current recommendation for design of connections in steel structures [Ref. 5] specified the strength evaluation in consideration of this effect. However, the recommendation is only applicable to beam-to-column connection subjected to only bending moment.
     This paper presents strength evaluation of H-beam-to-RHS connection subjected to both bending moment and axial force. In order to derive the strength formulae, the limit analyses based on upper bound theorem were performed. Six collapse mechanisms of beam-to-column connection including the mechanism proposed by [Ref. 6] shown in Fig. 3 and Fig. 4 are considered in this study. All collapse mechanisms consist of axial yielding of beam flange, yielding of beam web along the beam depth and multiple out-of-plane yielding lines on the column flange. The best upper bound can be given by the lowest value of six collapse loads under axial force given. Therefore, the plastic strength of beam-to-column connection is defined by whichever is smaller of the upper bound solution aforementioned and plastic strength of beam.
     The axial force-moment interaction curves (N-M interaction curves) obtained by derived equations shown in Fig. 7, clearly indicated that when strength of beam-to-column connection were governed by collapse load of column flange, the strength of beam-to-column connection was significantly decreased with increase in axial force even if the plastic neutral axis exists within the beam web. Based on this observation, N-M interaction curves for the collapse load were approximated with bi-linear N-M interaction, as shown in Fig. 8. In response, the practical design equations for the yield strength and plastic strength were further developed ensuring a consistency with current design equations.
     In order to examine the validity of proposed design formulae, Finite element analyses were conducted with beam-column subassemblage models under bending moment and/or axial tensile force shown in Fig. 11, In the analysis, axial force ratio of beam, thickness of beam web and thickness of column were varied within the range of practical application. Additionally, the presence of weld access hole placed at beam ends was also examined. As shown in Fig. 15, the prediction by proposed design equations agreed with FEA results within the 8% error for the range of properties examined.

    日本建築学会, 2018年11月, 日本建築学会構造系論文集, 83 (753), 1701 - 1711, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 外ダイアフラムにより高強度鋼柱と合成梁を接合した部分架構実験

    竹内 佑騎, 浅田 勇人, 田中 剛, 多賀 謙蔵, 矢橋健太郎

    2018年11月, 鋼構造年次論文報告集, 26, 645 - 652, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • H形断面鋼構造柱脚部の変形能力改善に関わる付加鋼材の必要高さ

    LEE JOONKWON, 中村 優人, 多賀 謙藏, 浅田 勇人, 田中 剛

    WF column bases reinforced with supplemental steel plate on its web which intends to improve plastic deformation capacity of column under high axial load and large drift demands, have been developed by the authors. This paper presents cyclic loading tests and numerical simulations of WF column reinforced with supplemental steel plate with various its length. The results showed

    日本鋼構造協会, 2018年11月, 鋼構造年次論文報告集, 26, 672 - 677, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Liquid metal assisted cracking initiated at drain holes during hot-dip galvanizing

    藤原 有希, 浅田 勇人, 田中 剛, 山下 達雄, 北野 祐司, 渡会 健, 村上 慶弘

    2018年07月, Proceedings of the 25th International Galvanizing Conference (INTERGALVA 2018), 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 浅田 勇人, 岡崎 太一郎, 田中 剛, 中井 沙耶, 橋岡 昇吾

     Due to simplicity, many engineers have chosen a single-shear bolted joint for the end connections of circular hollow-structural-section (HSS) braces. A flat plate is welded to the brace, and this plate, in turn, is connected to a gusset plate using slip-critical, high-strength bolts in single shear (see Fig. 1). Where such connection is adopted, the braces may be susceptible to an undesirable buckling mode that involves formation of two plastic hinges at one bracing connection and one hinge in the other bracing connection. The fundamental cause of this buckling mode is the inherent eccentricity between the brace and gusset plate and lack of out-of-plane stiffness and strength of the bracing connection. The concerned buckling mode was observed in a number of buildings after the 1995 Kobe earthquake and 2011 Tohoku earthquake [Ref. 1]. A typical example where the buckling mode led to fracture of the connection is shown in Photo 1. Past studies, conducted by the authors [Ref. 2], have alarmed that deformation concentration in the connection results in substantially smaller compressive strength and energy dissipation capacity of the brace. Therefore, every care must be taken to avoid the buckling mode that causes deformation concentration in the bracing connections.
    The analysis model proposed by Tada et al. [Ref. 3 and 4] is extended to account for the out-of-plane rotational stiffness and strength of the gusset plates (Figs. 2 to 4 and 8) and the possibility that their stiffness may be unequal between the two ends (Figs. 5 and 6). Using this model, generalized strength formulae are derived for braces in compression. The formulae indicate that, within the range of practical application, the difference in stiffness between the two end connections have little effect on the compressive strength of braces (Fig. 7). The validity of the strength formulae is examined by six monotonic loading tests (Figs. 9 and 10). The six specimens had different gusset plate width to examine a range of end stiffness and strength. The test results and corroborating finite element simulations (Fig. 11) agreed with the model in failure mode and strength (Fig. 15).
    The finite element model was extended to conduct a parametric study over a wider range of geometrical properties such as brace length (Lb = 2,089 to 3,000 mm ), brace section (76.3×2.8, 76.3×4.2 and 114.3×4.5), length of bracing connection (kaLb=195 to 546 mm), isolated length of flexible segment of flat plate and gusset plate (kakbLb = 45 and 75 mm), thickness of flat plate and gusset plate (tfp = tgp =9 to 16 mm), and width of gusset plate and flat plate (bgp =130 to 540 mm; bfp =130 and 180 mm symbols defined in Table 2). Results for a total of 118 models demonstrated that the proposed formulae estimate the buckling mode and compressive strength with error margin of 10% , for the range of properties examined. The study suggests that the use of compact (short and stiff) bracing connections is effective to prevent the concerned buckling mode.

    日本建築学会, 2018年02月, 日本建築学会構造系論文集, 83 (744), 309 - 319, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • M. Okamoto, T. Tanaka, H. Asada

    © 2018 Taylor & Francis Group, London. This paper proposes the new strength formula for the CHS column to H-beam connections stiffened by exterior diaphragms in which the effect of material strength and geometric properties are unified. In order to derive the strength formula, limit analysis based on upper bound theorem was performed. Since the theoretical solution is too complicated to use in practice, the unknown variable to define the yield line in collapse mechanism was approximated by means of parametric study to develop the practical strength formula. The validity of the strength formula was verified in comparison to FEA and previous test results.

    2018年, Tubular Structures XVI - Proceedings of the 16th International Symposium on Tubular Structures, ISTS 2017, 271 - 278, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • K. Hirano, T. Tanaka, H. Asada

    © 2018 Taylor & Francis Group, London. In this study, cyclic lateral loading tests were performed with eight simply-supported SHS column to reinforced concrete grade beam subassemblages to investigate the effect of rebars surrounding column on ultimate resistance determined by punching shear failure. In the tests, embedment lengths of column, presence of U-shaped and/or hoop rebars were taken as test parameters. From the test results, the specimens whose columns were surrounded with U-shaped and/or hoop rebars exhibited larger strength capacity, smaller strength deterioration compared to the specimens whose columns were not surrounded with rebars. Static equilibrium at column face cross-section revealed that the rebars surrounding the column mostly resisted to resultant bearing force in the loading direction in post-punching shear crack resistance. The results provided fundamental insight on the developments of more reliable strength estimation model and concise reinforcement details.

    2018年, Tubular Structures XVI - Proceedings of the 16th International Symposium on Tubular Structures, ISTS 2017, 279 - 284, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • H形鋼と水平スチフナを併用した梁端補強構法に関する研究

    中藤 駿, 浅田 勇人, 田中 剛

    2017年11月, 鋼構造年次論文報告集, 25, 101 - 106, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ブレース付き外ダイアフラム形式柱梁接合部の繰返し載荷実験

    竹内 佑騎, 浅田 勇人, 田中 剛, 多賀 謙蔵

    2017年11月, 鋼構造年次論文報告集, 25, 280 - 286, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Lateral Loading Tests of Embedded RHS Column Base Connection with Small Edge Distance

    浅田 勇人, 田中 剛

    2017年11月, Proceedings of 9th International Symposium on Steel Structures (ISSS-2017), 118 - 121, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • H形断面鋼構造柱脚部の塑性変形能力改善手法に関する研究

    中村 優人, LEE JOONKWON, 多賀 謙藏, 浅田 勇人, 田中 剛

    When huge earthquake ground motion is input to steel building structure, the column bases subjected to combined axial force and bending moment may reach the ultimate state by local buckling. Even if the seismic performance is improved by using high strength steels in the frame, it is difficult to avoid plastic hinges in the column bases at ultimate state. In this study, we prop

    日本鋼構造協会, 2017年11月, 鋼構造年次論文報告集, 25, 780 - 797, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Buckling strength of Hollow Structural Section (HSS) brace with one-lap bolted joints

    浅田 勇人, 岡崎太一郎, 田中 剛

    2017年10月, Proceedings. of The 15th East Asia-Pacific Conference on Structural Engineering and Construction(EASEC-15), 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 一面せん断接合部を有する鋼管ブレースの座屈モードおよび座屈荷重

    中井 沙耶, 浅田 勇人, 岡崎太一郎, 田中 剛

    2017年08月, 第12回日中建築構造技術会交流論文集, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 平板割込形式鋼管ブレースの座屈荷重に与える接合部剛性の影響

    中井 沙耶, 浅田 勇人, 岡崎 太一郎, 田中 剛, 橋岡 昇吾

    2016年11月, 鋼構造年次論文報告集, 24, 836 - 843, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 先組みビルトH 梁のSAW 靱性と繰返し塑性変形能力

    浅田 勇人, 高塚 康平, 中野 達也, 田中 剛, 吹田 啓一郎

    2016年11月, 鋼構造年次論文報告集, 24, 184 - 191, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 接合部詳細に着目した円形鋼管ブレースの繰返し載荷実験

    橋岡 昇吾, 浅田 勇人, 岡崎 太一郎, 田中 剛, 中井 沙耶

    2016年11月, 鋼構造年次論文報告集, 24, 844 - 850, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 斜方から載荷される各種溶接継目の耐力評価

    吉末 理紗, 田中 剛, 浅田 勇人, 田中 未咲

    2016年11月, 鋼構造年次論文報告集, 24, 747 - 754, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 軸力と曲げを受ける角形鋼管柱梁接合部の全塑性耐力

    吉見 信之, 浅田 勇人, 田中 剛

    2016年11月, 鋼構造年次論文報告集, 24, 269 - 276, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 外リングダイアフラム形式円形鋼管柱梁接合部の耐力評価

    岡本 真梨子, 田中 剛, 浅田 勇人

    2016年11月, 鋼構造年次論文報告集, 24, 277 - 284, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hayato Asada, Tsuyoshi Tanaka, Satoshi Yamada

    This paper examines applicability of proposed retrofit method using H-section haunch to H-beam-to-RHS column connections. When using RHS column, it is concerned that force transfer capacity of supplemental haunch is significantly affected by detailing of the connection between the haunch and column. In particular, when the haunch directly connect to column face without diaphragm, namely, non-diaphragm connection, it is necessary that the requirement for strength of column-to-haunch connection must be revealed to achieve the satisfactory retrofit performance. For this purpose, the design strength formulae were derived through the limit analysis based on upper bound theorem approach. In order to investigate the effect of detailing of column-to-haunch connection on retrofit performance, cyclic loading tests and FEA were performed. From the test and numerical results, local yielding of column-to-haunch connection caused contribution of haunches to plateau and consequently resulted in rupture of original beam flange at the beam end. Retrofit specimen which had sufficient local strength in column-to-haunch connection could prevent the fracture of original beam end and exhibited satisfactory performance.

    2016年10月, Journal of Structural and Construction Engineering, 81 (728), 1733 - 1742

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 浅田 勇人, 田中 剛, 山田 哲

    日本建築学会, 2016年10月, 日本建築学会構造系論文集, 81 (728), 1733 - 1733, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Ultimate Strength Evaluation of Fillet Welds with Arbitrary Cross Section under Combined Tension and Shear

    吉末 理紗, 田中 剛, 浅田 勇人

    2016年10月, Proc. of 11th Pacific Structural Steel Conference, 1123 - 1129, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Structural Behavior of Ultra High Strength CHS Column-to-H-beam Connections Stiffened by Exterior Diaphragms, Proc. of 11th Pacific Structural Steel Conferenc

    岡本 真梨子, 田中 剛, 浅田 勇人

    2016年10月, Proc. of 11th Pacific Structural Steel Conference, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Structural Behavior of Ultra High Strength CHS Column-to-H-beam Connections Stiffened by Exterior Diaphragms

    岡本 真梨子, 田中 剛, 浅田 勇人

    2016年10月, Proc. of 11th Pacific Structural Steel Conference, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Static Loading Tests on Exterior Column Base Embedded in Grade Beam

    山野 優希, 浅田 勇人, 田中 剛

    2016年10月, Proc. of 11th Pacific Structural Steel Conference, 1143 - 1148, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Experimental Evaluation of Flexural Strength of Interior Column Base Embedded in Reinforced Concrete Grade Beam

    浅田 勇人, 田中 剛

    2016年08月, Proc. of 5th ISUDM, 英語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 北岡 聡, 田中 剛

    神戸大学大学院工学研究科, 2016年, 神戸大学大学院工学研究科・システム情報学研究科紀要, 8, 日本語

  • 外リングダイアフラム形式超高強度円形鋼管柱梁接合部に関する研究

    田中 剛, 浅田 勇人

    2015年11月, 鋼構造年次論文報告集, 23, 195 - 202, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ブレース付骨組のガセット板溶接接合部の降伏耐力に関する考察

    浅田 勇人, 前田 晋吾, 田中 剛, 田中 未咲

    2015年11月, 鋼構造年次論文報告集, 23, 248 - 254, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • H 形鋼を付加する補強構法の角形鋼管柱梁接合部への適用の検討

    上原 拓馬, 浅田 勇人, 田中 剛, 山田 哲

    2015年11月, 鋼構造年次論文報告集, 23, 527 - 534, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Experimental Evaluation of Force Transfer between Embedded Column Base and Concrete Foundation on Interior Column

    浅田 勇人, 田中 剛, 富谷 保彰

    2015年11月, Proc. of the 8th International Symposium on Steel Structures (ISSS2015), 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Ultimate Strength Evaluation of Inclined Fillet Welds

    田中 未咲, 浅田 勇人, 田中 剛

    2015年06月, Proc. of the 8th International Conference on Behavior of Steel structures in Seismic Areas (STESSA 2015), 345 - 352, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Simplified Strut Modeling for Beam-to-Column Connection Retrofitted with Supplemental H-section Haunches

    上原 拓馬, 浅田 勇人, 田中 剛

    2015年06月, Proc. of the 8th International Conference on Behavior of Steel structures in Seismic Areas (STESSA 2015), 702 - 708, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Plastic deformation capacity of RHS column with Weld defect

    高倉 正幸, 田中 剛, 浅田 勇人, 上田 遼

    2015年06月, Proc. of the 8th International Conference on Behavior of Steel structures in Seismic Areas (STESSA 2015), 755 - 762, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 浅田 勇人, 的場 弘晃, 田中 剛, 山田 哲

    日本建築学会, 2015年04月, 日本建築学会構造系論文集, 80 (710), 681 - 681, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 補強梁端接合部の応力伝達機構と簡易力学モデルの提案

    浅田 勇人, 上原 拓馬, 田中 剛, 的場 弘晃

    2015年03月, 構造工学論文集, 61 B, 151 - 160, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 田中 剛, 吹田 啓一郎, 朝倉 直毅, 津嘉田 敬章, 魚住 奈緒美, 高塚 康平

    This paper discusses the influence of floor slabs on deformation capacity of welded beam-to-column connections used for steel moment resisting frames until ductile fracture due to cyclic loading. It is well-known that floor slabs often lead to reduction of deformation capacity of beams caused by fracture of lower flanges. Because the neutral axis of a composite beam moves to the upper side from the centroid of a bare beam section in positive bending, the strain of the lower flange increases. Eight test specimens shown in Figure 1 were prepared for loading tests. The specimen was composed of a rolled H-beam (H-500×200×l0×l6) and a cold formed square hollow section column (RHS-350×350×22). The connection detail with no weld access hole was adopted. Two types of specimens with different flexural moment capacity transferred at the web connection, which depend on the thickness of the panel flange, were prepared. The flexural strength of the beam web connection of CNSS series with a thicker panel flange (22mm) is superior to that of CNSW series with a thinner panel flange (9mm). The specimen was simply-supported at both ends of the column and the lateral load was applied at the top of the beam as shown in Figure 2. The tests were carried out under cyclic loading with specified beam rotation amplitudes, namely, θ,= 1.2θp, 2.0θp and 3.0θp, where θb denotes rotation angle of the beam and θP denotes elastic rotation angle corresponding to the full plastic moment of the bare beam. Figure 3 shows moment versus rotation relationships. All specimens failed due to fracture along the entire width of the beam flanges. Figure 4 shows the skeleton curves. Due to existence of the floor slab, maximum strength of the composite beam in positive bending was superior to that of the bare beam. Elastic stiffness of the composite beam was about 1.8 times larger than that of the bare beam. On the other hand, in negative bending, increase of maximum strength was slightly small and elastic stiffness did not increase. The relationships between cumulative plastic deformation ηu, which is cumulative plastic deformation Σθb divided by θP, and the loading amplitude μ =θb,/θP is shown in Figure 5(b) by a double logarithmic plot with the past test results1) of bare beams. The plastic deformation capacity of the composite beam is lower than that of the bare beam, and that of CNSW series with reduced flexural strength is further lower than that of CNSS series with sufficient flexural strength. In order to investigate the influence of the floor slab on strain behaviors of the lower beam flange, analysis on basis of column deflection curve was carried out. The analytical model have ineffective zone at the beam end to consider the reduced flexural strength of beam web connections as shown in Figure 9. The extent of ineffective zone is modeled using the result of limit analysis shown in chapter 4. Figure 17 shows the comparisons of moment versus rotation relationships between test results and analytical results. Figure 18 shows the comparisons of moment versus strain of lower flange relationships between test results and analytical results. The analytical results agree well with the test results. Figure 20 shows the relationships between the plastic strain amplitude εp obtained by the analysis and the cumulative plastic deformation ηu obtained from the test. The cumulative plastic deformation ηu decreases with increasing the plastic strain amplitude εp, and the plots stand in a line independent of the test parameters. The influence of floor slabs on deformation capacity can be estimated by using the plastic strain amplitude εp.

    Architectural Institute of Japan, 2015年, 日本建築学会構造系論文集, 80 (707), 127 - 136, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 浅田 勇人, 的場 弘晃, 田中 剛, 山田 哲

    Cyclic loading tests were conducted to investigate the seismic retrofit effects for steel beams with floor slab. Strain concentration in the lower flanges due to the presence of concrete slab was significantly reduced by attaching haunches to either upper and lower or lower beam flanges in comparison with un-retrofitted specimen, and plastic deformation capacity was improved. However, when the haunch was applied to only lower beam flanges, strains in the upper flanges tended to increase subjected to negative bending. FE analyses were conducted to verify the effect of retrofit, when attaching haunch to only lower beam flange. Numerical results indicate possibility of avoidance of extensive damage to the upper flanges by enhancing force transfer efficiency of lower haunch.

    2015年, 日本建築学会構造系論文集, 80 (715), 1479 - 1487, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hayato Asada, Tsuyoshi Tanaka, Satoshi Yamada, Hiroaki Matoba

    This Paper proposes a method to improve plastic deformation capacity of the welded wide flange beam-to-column connections in existing steel buildings by using supplemental H-section haunches jointed by high-strength bolts and welding which expected to secure construction quality. By attaching supplemental haunches to upper and lower flanges of the beam end, the critical section is moved from the beam end to the beam cross-section corresponding to the tip of the supplemental haunch. As a result, it could prevent the fracture of beam flange initiated from toe of weld access hole. Cumulative plastic deformation capacities of retrofitted specimens were 1.5 to 2.0 times larger than that of un-retrofitted specimen.

    KOREAN SOC STEEL CONSTRUCTION-KSSC, 2014年12月, INTERNATIONAL JOURNAL OF STEEL STRUCTURES, 14 (4), 865 - 871, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 梁端溶接接合部の歪振幅と変形能力

    魚住 奈緒美, 田中 剛, 吹田 啓一郎, 朝倉 直毅, 高塚 康平

    日本鋼構造協会, 2014年11月, 鋼構造年次論文報告集, 22, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 梁にH 形鋼を付加する耐震補強構法の合成梁への適用に関する検討

    的場 弘晃, 浅田 勇人, 田中 剛, 山田 哲

    2014年11月, 鋼構造年次論文報告集, 22, 603 - 610, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ガセットプレートの面外剛性に着目した山形鋼ブレース載荷実験

    浅田 勇人, 田仲 秀典, 田中 剛

    2014年11月, 鋼構造年次論文報告集, 22, 34 - 41, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 780N/mm2級鋼を用いた異種鋼材H形断面柱の部材性能に関する研究

    大和田 尚吾, 木下 康仁, 浅田 勇人, 多賀 謙藏, 田中 剛

    一般社団法人 日本鋼構造協会, 2014年11月, 鋼構造年次論文報告集, 22, 710 - 715, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 接合部耐力が小さくスカラップを有するH 形断面梁(SCWシリーズ) の変形能力および亀裂進展 : 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁溶接接合部の変形能力 その20

    魚住 奈緒美, 田中 剛, 吹田 啓一郎, 朝倉 直毅, 高塚 康平

    一般社団法人日本建築学会, 2014年09月, 学術講演梗概集, 2014, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 接合部耐力が小さくスカラップを有するH 形断面梁(SCWシリーズ) の載荷実験 : 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁溶接接合部の変形能力 その19

    朝倉 直毅, 田中 剛, 吹田 啓一郎, 魚住 奈緒美, 高塚 康平

    一般社団法人日本建築学会, 2014年09月, 学術講演梗概集, 2014, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁溶接接合部の変形能力 : その18 スカラップおよび接合部耐力が変形能力および亀裂進展に及ぼす影響

    魚住 奈緒美, 田中 剛, 吹田 啓一郎, 朝倉 直毅, 高塚 康平

    一般社団法人日本建築学会, 2014年06月, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (54), 369 - 372, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 海溝型長周期地震動の応答による柱梁溶接接合部の接合詳細や梁断面寸法の違いを考慮した損傷度評価

    高塚 康平, 吹田 啓一郎, 田中 剛

    This paper presents results of damage evaluation of moment connection subjected to long period ground motion. From test results conducted in this study and previous studies, crack propagation formulation is obtained to predict the deformation capacity for random amplitude loading. From seismic response analysis of high-rise building subjected to ground motion predicted in Kansa

    日本建築学会, 2014年03月, 構造工学論文集, 60 (B), 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ノンスチフナ形式H形断面柱梁接合部の局部耐力

    北岡 聡, 田中 剛

    This paper proposes the strength evaluation method of column to beam connections without stress continuity plates. Proposed method is
    based on yield line theory considering limit states of connection including local flange bending (LFB), local web yielding (LWY) and
    interaction of each other. The strength of connection can be also expressed as a function of column and beam-flan

    日本建築学会, 2014年03月, 日本建築学会構造系論文集, 697 (79), 419 - 426, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 高塚 康平, 吹田 啓一郎, 田中 剛, 梅田 敏弘

    This paper presents results of full-scale cyclic loading tests of moment connection under constant deformation amplitude
    conducted to evaluate deformation capacity. The effects of beam section size and of weld access hole are investigated by four
    type specimens. The relationships between ductility amplitude of beam rotation, cumulative plastic deformation and crack
    propagation

    日本建築学会, 2014年02月01日, 日本建築学会構造系論文集, 79 (696), 315 - 321, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Seismic Retrofit on Beam-to-Column Connections in Existing Steel Buildings Using Supplemental H-shaped Haunch

    Hayato ASADA, Hiroaki MATOBA, Tsuyoshi TANAKA, Satoshi YAMADA

    2013年11月, Proc. of ISSS2013, CD - ROM (4 pages), 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • H 形鋼をボルト接合により付加する耐震補強構法に関する研究

    的場 弘晃, 浅田 勇人, 田中 剛, 山田 哲

    日本鋼構造協会, 2013年11月, 鋼構造年次論文報告集, Vol.21, 738 - 745, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Effects of Out-of-plane Stiffness of Gusset Plate on Elasto-plastic behavior of Single Angle Braces

    Hayato ASADA, Hidenori TANAKA, Tsuyoshi TANAKA

    2013年10月, Proc. of Pacific Structural Steel Conference (PSSC2013 ), 812 - 817, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 佐藤 勇介, 田中 剛, 上田 遼, 萩野 毅, 大村 修太朗

    In application of conventional ceramic end tabs for beam flange weld in beam-to-column welded
    connections, the lack of penetration is often observed at the start and the end points of the weld first
    pass. Especially, weld defects of bottom flanges for field-welding type result in poor plastic
    deformation capacity of the beam, because they are located at the outer surface of bea

    2013年10月, Proceedings of the 10th Pacific Structural Steel Conference, 79 - 84, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 朝倉 直毅, 田中 剛, 津嘉田 敬章, 吹田 啓一郎, 高塚 康平

    This paper presents results of full-scale cyclic loading tests under constant deformation amplitude
    conducted to evaluate deformation capacity of H-beams with composite slabs connected to SHS
    columns. Test specimens are designed and fabricated to investigate the influence of composite slabs
    and flexural strength of beam end connections. The relationship between deformation ampl

    2013年10月, Proceedings of the 10th Pacific Structural Steel Conference, 73 - 78, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 変動振幅履歴におけるスカラップの有無を考慮した損傷度評価 : 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁溶接接合部の変形能力 その14

    高塚 康平, 吹田 啓一郎, 田中 剛, 梅田 敏弘

    一般社団法人日本建築学会, 2013年08月, 学術講演梗概集, 2013, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • スカラップを有する合成梁の載荷実験 : 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁溶接接合部の変形能力 その15

    魚住 奈緒美, 田中 剛, 吹田 啓一郎, 朝倉 直毅

    一般社団法人日本建築学会, 2013年08月, 学術講演梗概集, 2013, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • スカラップを有する合成梁の歪性状および亀裂進展 : 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁溶接接合部の変形能力 その16

    朝倉 直毅, 田中 剛, 吹田 啓一郎, 魚住 奈緒美

    一般社団法人日本建築学会, 2013年08月, 学術講演梗概集, 2013, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • スカラップの有無と梁断面寸法の違いが変形能力に及ぼす影響 : 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁溶接接合部の変形能力 その13

    梅田 敏弘, 高塚 康平, 吹田 啓一郎, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2013年08月, 学術講演梗概集, 2013, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 既存超高層建築物の梁端溶接接合部の補強方法に関する研究 : その2 補強試験体の実験結果

    豊島 憲太, 伊中 泰穂, 多賀 謙蔵, 田邊 義和, 浅田 勇人, 田中 剛, 吹田 啓一郎

    一般社団法人日本建築学会, 2013年08月, 学術講演梗概集, 2013, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁溶接接合部の変形能力 : その14 スカラップを有する合成梁の載荷実験

    魚住 奈緒美, 田中 剛, 吹田 啓一郎, 朝倉 直毅

    一般社団法人日本建築学会, 2013年06月, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (53), 389 - 392, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁溶接接合部の変形能力 : その13 変動振幅履歴におけるスカラップの有無を考慮した損傷度評価

    高塚 康平, 吹田 啓一郎, 田中 剛, 梅田 敏弘

    一般社団法人日本建築学会, 2013年06月, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (53), 385 - 388, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 吹田 啓一郎, 田中 剛, 真鍋 義貴, 高塚 康平

    日本建築学会, 2013年01月, 日本建築学会構造系論文集, 78 (689), 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 松尾 真太朗, 小山田 拓郎, 池田 竜輔, 田中 剛

    This paper presents the behavior of offset beam-to-column connection panels with exterior diaphragms. The plastic strength of panel is
    proposed based on two collapse mechanisms of the connection panels. One of the mechanism is only panel yielding type which is the same as
    the standard panel. The other is a mechanism by a combination of yielding in some parts such as panels, ext

    日本建築学会, 2013年, 日本建築学会構造系論文集, 78 (692), 1823 - 1830, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 吹田 啓一郎, 田中 剛, 真鍋 義貴, 高塚 康平

    This paper presents results of full-scale loading tests of welded moment connections subjected to variable amplitude cyclic loadings. The tests were conducted by two types of loading protocols, i.e. the two different constant amplitudes and the random amplitudes. The deformation capacity of specimens are compared with predicted deformation capacity based on the relationships be

    日本建築学会, 2012年12月, 日本建築学会構造系論文集, 77 (682), 1951 - 1958, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 2方向載荷を受けるノンダイアフラム形式円形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動

    西村 有司, 田中 剛, 高田 武之

    This paper describes an analytical study on CHS column-to-beam connections without diaphragms. In this type of connections, thickness of columns at the connection area is increased to transfer force from beam flanges. The authors reported the test results and the finite element analyses on the failure mode and the elasto-plastic behaviour of the connections with plane subassemb

    日本鋼構造協会, 2012年11月, 鋼構造年次論文報告集, 20, 151 - 158, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部段違いパネルの力学的挙動

    尾園 正樹, 松尾真太朗, 小山田拓郎, 田中 剛

    This paper presents the behavior of offset beam-to-column connection panels with exterior diaphragms. The plastic strength of panel is proposed based on three collapse mechanisms of the connection panels. One of the mechanisms is only panel yielding type which is the same as the standard panel. Others are mechanisms by a combination of yielding in some parts such as panel, exte

    日本鋼構造協会, 2012年11月, 鋼構造年次論文報告集, 20, 159 - 166, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 改良型固形エンドタブを用いて現場溶接接合された梁の変形能力

    上田 遼, 田中 剛, 佐藤 勇介, 萩野 毅, 大村 修太朗

    When conventional end tabs made of ceramic are used for fabrication of beam-tocolumn welded connections, weld defects of penetration of beam flanges are often observed. Those defects occur at the start point or the end point in the weld first pass. The lower beam flanges with the weld defects for field-welding type often shows poor deformation capacity. Improved ceramic end tab

    日本鋼構造協会, 2012年11月, 鋼構造年次論文報告集, 20, 109 - 116, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Cyclic Loading Tests of Single Angle braces Focusing on Out-of-plane Stiffness of Gusset Plate

    ASADA Hayato, TANAKA Tsuyoshi, TANAKA Hidenor

    2012年05月, Proceedings of 10th CUEE, CD - ROM (5 pages), 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • スカラップの有無が変形能力に及ぼす影響-塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁溶接接合部の変形能力 その2-

    田中 剛

    2012年03月, 日本建築学会構造系論文集, 第77巻第673号453頁, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 吹田 啓一郎, 田中 剛, 佐藤 篤司, 真鍋 義貴, 津嘉田 敬章, 蘇 鐘〓

    日本建築学会, 2012年01月, 日本建築学会構造系論文集, 77 (671), 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 田中 剛

    This paper describes experimental and analytical studies on square hollow section column to H shaped beam connections stiffened by exterior ring diaphragms. Tensile or compressive tests using by simplified model specimens were carried out to investigate the effect of the connection details. The full plastic strength is obtained by applying limit analysis to the collapse mechanism, which consists of the yield zone on the column wall, on the ring diaphragm and on the beam flange. Further, practical formulae are proposed for predicting the yield strength and the ultimate strength of the connections.

    2011年10月, 日本建築学会構造系論文集, 76 (668), 1855 - 1864, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 田中 剛

    This paper presents results of full-scale cyclic loading tests under constant deformation amplitude conducted to evaluate deformation capacity of welded beam-to-column connection adopted in moment frames. Test specimens are designed and fabricated to investigate the influence of flexural strength of beam end connection. The deformation capacity expressed by the relationships between ductility and cumulative plastic deformation is revealed from test results. The relationships between crack growth at welded joint and strength of connection is evaluated regarding deformation amplitude. The initiation of crack is investigated about distribution of stress and strain obtained from FEM analysis.

    2011年06月, 日本建築学会構造系論文集, 76 (664), 1135 - 1142, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 松尾 真太朗, 佐分利 和宏, 田中 剛, 井上 一朗

    This paper proposes design procedures that yielding of beams occurs before RHS-column to beam connections stiffened by exterior diaphragms yield. Cyclic loading tests of beam-column subassemblages for interior columns were conducted in order to verify the validity of the proposed design method, and elasto-plastic behaviors of beam-column subassemblages for exterior column or concrete filled tube column were investigated. The test results reveal that the design method is valid. Stiffness of beams with exterior diaphragms can be properly predicted by assuming that beams are connected rigidly to columns. Deformation capacities of specimens whose beams are connected to exterior diaphragms with high-strength bolts are substantially larger than that of the specimen that beam flanges and exterior diaphragms are welded.

    日本建築学会, 2010年02月, 日本建築学会構造系論文集, 75 (648), 425 - 433, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 薄板鋼板の組立て溶接に関する検討

    白波瀬 真司, 田中 剛, 横山 重和, 児玉 真二

    2009年11月, 日本鋼構造協会鋼構造年次論文報告集第17巻, 第17巻, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ノンダイアフラム形式円形鋼管柱梁接合部の局部破壊

    田中 剛, 田渕 基嗣, 高田 武之, 塩飽 豊明

    2009年11月, 日本鋼構造協会鋼構造年次論文報告集, 17巻, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 松尾 真太朗, 田中 剛, 井上 一朗

    In this paper, design formulae of RHS-column to beam connections with exterior diaphragms are proposed for exterior columns, where design formulae mean yield strength and ultimate strength. The authors have presented strength calculation formulae for interior columns, and it is possible to derive strength calculation formulae for exterior columns in the same way. For the perpose of comfirming the validity of the formulae, we performed monotonic tensile loading tests for beam-to-column connections. Major findings from the tests are summarized as follows: (1) the calculated values of the yield strength agreed well with the experimental results, (2) although the calculated values of the ultimate strength were about 45∼70% of the experimental results, deformation of column tube walls was not very large.

    日本建築学会, 2008年04月, 日本建築学会構造系論文集, 73 (626), 653 - 660, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 分割外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動に関する実験的研究

    松尾 真太朗, 田中 剛, 井上 一朗

    This paper proposes RHS-column to beam connections with an exterior diaphragm composed of two steel plates (hereafter called divided exterior diaphragm). The divided exterior diaphragm is expected to be constructed easier than the conventional connection. First, strength formulae of exterior diaphragms connected to beam flanges with high strength bolts are proposed, and loading tests showed that the calculated values of strength agreed well with the experimental values. Secondary, loading tests were performed in order to examine the elasto-plastic behavior of the divided exterior diaphragm connection. Major findings from the tests are summarized as follows. (1) The elasto-plastic behavior of the divided exterior diaphragm connection is the same as that of the conventional connection. (2) The web plate welded to the divided exterior diaphragm is effective against reduction of slip load and deformation of diaphragm slits.

    社団法人 日本鋼構造協会, 2008年, 鋼構造論文集, 15 (59), 87 - 98, 日本語

  • 松尾 真太朗, 田中 剛, 井上 一朗

    This paper proposes design formulae for RHS-column to beam connections with exterior diaphragms. In Ref. 7), full plastic strength and ultimate strength were obtained by applying plastic analysis to the collapse mechanism, which consists of yield lines on the column tube wall and three yield zones of the exterior diaphragm under uniform strain condition. In this paper, yield strength and ultimate strength are derived based on some informations obtained by plastic analysis. Next, approximate formulae for evaluating the yield strength and the ultimate strength of the connections are proposed in order to make the method proposed above more practical. Finally, the design method of fillet welded connections between the column tube wall and the exterior diaphragms is proposed, too.

    日本建築学会, 2007年, 日本建築学会構造系論文集, 72 (618), 221 - 228, 日本語

  • 冷却時間と化学成分を考慮した溶接金属の強度評価式

    西田 祐三, 田渕 基嗣, 田中 剛

    2006年03月, 鋼構造, 13巻49号, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 松尾 真太朗, 田中 剛, 井上 一朗

    This paper addresses the derivation of collapse load of rectangular hollow sections (RHS)-column to beam connections with exterior diaphragm based on the method of plastic analysis. The presented formulae are available for arbitrary shapes of exterior diaphragms, and include the influence of weld details between the diaphragms and the column. In order to verify the validity of the collapse load, tests of the connections were performed. Major findings from the tests are summarized as follows: (1) the yield strength obtained from the tests was about 70 to 80% of the collapse loads, (2) there were 14 to 45% differences between the experimental maximum strength and the calculated maximum strength, (3) the experimental maximum strength of specimens which were expected to fracture in the fillet weld between RHS-column and exterior diaphragm agreed well with the calculated maximum strength, and (4) the assumed collapse mechanisms agreed well with the ultimate states of the connections.

    日本建築学会, 2006年, 日本建築学会構造系論文集, 71 (606), 225 - 232, 日本語

  • 断面形状の異なる柱に鋼製エンドタブを用いて溶接接合された梁の塑性変形能力

    井口 智晴, 田渕 基嗣, 田中 剛

    2005年12月, 鋼構造論文集, 12巻48号, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 溶接入熱に伴う現場混用接合部の張力変動

    難波 尚, 田渕 基嗣, 田中 剛, 西田 祐三

    2005年11月, 日本鋼構造協会鋼構造年次論文報告集,, 第13巻, pp.207-214, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 入熱量およびパス間温度が溶接金属の機械的性質に及ぼす影響

    横山 重和, 田渕 基嗣, 田中 剛, 吉村 鉄也, 西田 祐三, 中野 利彦

    2004年12月, 鋼構造論文集, Vol.11,№44,15-26, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 前面斜交すみ肉溶接継目の強度評価-すみ肉溶接による柱、梁仕口に関する研究(その3)-

    白髪 誠一, 田渕 基嗣, 田中 剛

    2004年11月, 日本建築学会構造系論文集, №585,199-206, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 弱軸H型断面柱梁接合部パネルの耐力評価

    難波 尚, 田渕 基嗣, 田中 剛

    2004年11月, 鋼構造年次論文報告集, 第12巻,253-260, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 現場混用接合形式角形鋼管柱梁接合部の高力ボルト接合部における応力伝達に関する研究

    江見 卓郎, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 長谷 洋司

    2004年09月, 鋼構造論文集, Vol.11 №43 25-40, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 鋼管柱梁接合部パネルの全塑性耐力の評価

    難波 尚, 田渕 基嗣, 田中 剛

    2004年06月, 鋼構造論文集, Vol.11,№42,1-14, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • テーパー管形式角形鋼管柱梁接合部パネルの弾塑性挙動

    難波 尚, 田渕 基嗣, 田中 剛, 北岡 聡

    2004年05月, 日本建築学会構造系論文集, №579,95-102, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 溶接施工条件による通しダイアフラムの変形に関する実験的研究

    横山 重和, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 橋本 紘世

    2003年, 鋼構造年次論文集, 第11巻673-680, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Flexural behaviour of H section beam webs connected with hollow section columns

    T Tanaka, M Tabuchi

    Flexural moment transferred from a beam web to a hollow section column depends on diameter-to-thickness ratio of the column, because the stress is transferred by the out-of-plane flexural resistance of the column wall. This paper presents collapse moment of web connections obtained by applying limit analysis. The analytical results are verified through comparison with results by finite element analysis. Further, practical formulae for predicting the strength of web connections is proposed.

    A A BALKEMA PUBLISHERS, 2003年, TUBULAR STRUCTURES X, 447-456, 447 - 456, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Behaviour of SHS column to beam end plate connection with high strength bolts

    H Namba, M Tabuchi, T Tanaka, T Harada, A Fukuda, K Furumi, T Morita

    The purpose of this study is to investigate the behaviour of SHS column to beam end plate connection with high strength bolts. Direct tensile tests using simplified connections are conducted with varying thickness of columns. Also, finite element analysis (FEA), which have a capability to simulate the detailed behaviour of these connections, bolt cramping characteristic, several contacting interactions and as matter of course non-linear material characteristics, are developed. The verification of FE modelling is conducted by the correspondences of detailed behaviour between tests and FEA results.

    A A BALKEMA PUBLISHERS, 2003年, TUBULAR STRUCTURES X, 457-464, 457 - 462, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 2方向載荷を受ける増厚形式角形鋼管柱梁接合部の挙動

    田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 森田 隆司, 山本 義徳

    2003年, 鋼構造年次論文集, 第11巻615-622, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 2方向加力を受ける角形鋼管柱梁接合部パネルの弾塑性挙動

    米田 直樹, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 日浦 博和

    2003年, 鋼構造年次論文集, 第11巻607-614, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 耐震性と柱梁母材の再利用性に配慮した鋼構造無溶接接合システム-塑性化スプリットティの切削形状の違いによる影響-

    樋口敦也, 伊原拓哉, 浅田勇人, 多賀謙藏, 田中剛

    2021年11月, 鋼構造年次論文報告集, 29, 631 - 637

    [査読有り]

  • 曲げとせん断を受ける異形隅肉溶接継目の耐力評価に関する研究

    野田透子, 田中剛, 森はる奈, 畔上進, 浅田 勇人

    2021年11月, 鋼構造年次論文報告集, 29, 646 - 654

    [査読有り]

  • ロボット溶接によって通しダイアフラムに接合された冷間プレス成形角形鋼管柱の塑性変形能力 : 角部溶接部詳細が柱の繰返し曲げ性能に与える影響

    岡本 昌大, 濱地 南美, 田中 剛, 浅田 勇人, 小関 千尋, 藤沢 清二, 大庭 諒介, 田渕 基嗣

    2020年12月, 鋼構造論文集, 27 (108), 31 - 43

    [査読有り]

  • ロボット溶接によって通しダイアフラムに接合された冷間プレス角形鋼管の角部溶接金属強度

    小関 千尋, 田渕 基嗣, 藤沢 清二, 浅田 勇人, 田中 剛

    2020年12月, 鋼構造論文集, 27 (108), 17 - 29

    [査読有り]

  • 小型試験体を用いた冷間成形角形鋼管柱の塑性変形能力の推定

    濱地 南美, 田中 剛, 岩竹 ちよ美, 田畑 晃人, 西村 有司

    2020年11月, 28, 510 - 518

    [査読有り]

  • U 形鋼製デバイスの弾塑性挙動の評価と住宅用耐力壁への適用

    伊藤 綾那, 佐藤 圭一, 清水 信孝, 田中 剛

    2020年10月, 日本建築学会構造系論文集, 85 (776), 1313 - 1323

  • 難波 尚, 田渕 基嗣, 田中 剛

    This paper describes the behavior of joint panels in circular hollow section (CHS) column to beam connections. Eleven connection sub-assemblages were tested to investigate the behavior of joint panels. In addition to the tests, finite element analyses (FEA) were performed to complement the test results. The variables of this study are column diameter to thickness ratio (D/t), aspect ratio of joint panel (H/D) and with/without transverse beam (T.B.). During the test, it has been found, the joint panel with larger D/t ratio (D/f=37,48) failed according to shear buckling, and transverse beam contributes to prevent the buckling. The yield strength of joint panel is predictable by a conventional formula based on the shear flow theorem. Also, the full plastic strength of joint panel gives good agreement to the tests results.

    日本建築学会, 1999年, 日本建築学会構造系論文集, 64 (518), 95 - 102, 日本語

  • 白髪 誠一, 田渕 基嗣, 田中 剛

    In this paper, tensile tests were carried out to investigate strength of oblique crossing joint by fillet weld. The results of macro tests explain that inadequate penetration of fillet weld occurred at the acute side of welds because of the small oblique angle. The results of tensile tests explain as follows ; 1) The failure of joint often occurred at the obtuse side of welds. 2) Failure angle of welds disagrees with the angles of those minimum throat thicknesses. 3) The strength of fillet weld decreases with smaller oblique angle.

    日本建築学会, 2001年, 日本建築学会構造系論文集, 66 (550), 159 - 166, 日本語

  • 白髪 誠一, 田渕 基嗣, 田中 剛

    In this paper, tensile tests were carried out to investigate elastic-plastic behavior of fillet weld. When the fillet weld size is enough (more than 0.7 times plate thickness), specimens with base metal thickness 12mm failed in base metal. Finite element analyses assuming plane strain state are carried out. Test results can be simulated by the analyses. In the limit analysis based on the slip line fields theory, mechanism of fillet weld assumed as the shear line connecting a root to a toe of fillet weld was derived. Analytical results agree with the test results.

    日本建築学会, 1998年, 日本建築学会構造系論文集, 63 (507), 147 - 154, 日本語

  • 田中 剛, 金谷 弘, 田渕 基嗣

    The strength of hollow steel spheres used as nodes in tubular space trusses is investigated. In the previous papers [Refs. 1,2 and 3], the authors have reported experimental and analytical studies of the strength of balls without any stiffener subjected to direct uniaxial force from the circular tubes welded to ,the ball. In the practice, as a ball is usually fabricated from two cold-formed hemispheres, the ball has often an interior diaphragm in its equatorial plane for the purpose of easily fabricating as well as reinforcement. Uniaxial compressive tests of the ball joint with/without an interior diaphragm were carried out to investigate the effect of the reinforcement. Method of limit analysis is used to estimate the effect of the reinforcement by the interior diaphragm. Further, a practical formula which is obtained by superposing the diaphragm strength on the ball strength is proposed for predicting the strength of the balls with the interior diaphragm.

    日本建築学会, 1995年, 日本建築学会構造系論文集, 60 (468), 137 - 146, 日本語

  • 石井 大吾, 田中 剛

    This paper describes the bearing strength of concrete filling in a steel column. Single or double tubular column specimens filled with concrete that have mechanical shear keys, were tested under compressive and tensile load. The test results verified that the width to thickness ratio of column influenced on the bearing strength of concrete filling in a steel column, and the influence of number of the mechanical shear keys, embedded depth of the inside column and eccentricity of the inside column were small. Local stress states near the mechanical shear keys were modeled and the yield condition by Mohr-Coulomb applied to the stress state. Based on the model, the equations of evaluating the bearing strength were derived and its validity was confirmed.

    一般社団法人日本建築学会, 2008年08月30日, 日本建築学会構造系論文集 = Transactions of AIJ. Journal of structural and construction engineering, (630), 1385 - 1391, 日本語

MISC

  • 梁にH形鋼を高力ボルト接合により付加する耐震補強構法に関する研究 -その4 角形鋼管柱梁接合部を対象とした実験の概要と設計方針-

    的場 弘晃, 浅田 勇人, 田中 剛, 山田 哲, 上原 拓馬

    日本建築学会, 2015年06月27日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (55), 393 - 396, 日本語

  • 梁にH形鋼を高力ボルト接合により付加する耐震補強構法に関する研究 -その5 角形鋼管柱梁接合部を対象とした実験の結果と有限要素解析による検証-

    上原 拓馬, 浅田 勇人, 田中 剛, 山田 哲, 的場 弘晃

    日本建築学会, 2015年06月27日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (55), 397 - 400, 日本語

  • 1510 角形鋼管柱の塑性変形能力に及ぼす溶接欠陥の影響 :その3 欠陥高さを因子とした載荷実験(溶接材料,溶接条件(2),材料施工,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)

    高倉 正幸, 田中 剛, 佐藤 勇介, 中澤 好道, 鎌倉 和彦

    一般社団法人日本建築学会, 2014年09月12日, 学術講演梗概集, 2014, 1019 - 1020, 日本語

  • 22340 埋込み柱脚基礎梁接合部の応力伝達機構 : その1 埋込み深さ,梁せいおよび梁主筋比を因子とした実験(柱脚(2),構造III,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)

    山本 将真, 田中 剛, 浅田 勇人, 富谷 保彰

    一般社団法人日本建築学会, 2014年09月12日, 学術講演梗概集, 2014, 679 - 680, 日本語

  • 22373 柱に高強度鋼H-SA700を用いた外ダイアフラム形式箱形断面柱梁接合部に関する研究 : その2 荷重変形関係および局部耐力(柱梁接合部(4),構造III,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)

    横井 大輔, 田中 剛, 浅田 勇人, 倉田 正志

    一般社団法人日本建築学会, 2014年09月12日, 学術講演梗概集, 2014, 745 - 746, 日本語

  • 22341 埋込み柱脚基礎梁接合部の応力伝達機構 : その2 各因子が応力伝達機構に与える影響(柱脚(2),構造III,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)

    富谷 保彰, 田中 剛, 浅田 勇人, 山本 将真

    一般社団法人日本建築学会, 2014年09月12日, 学術講演梗概集, 2014, 681 - 682, 日本語

  • 22372 柱に高強度鋼H-SA700を用いた外ダイアフラム形式箱形断面柱梁接合部に関する研究 : その1 実験計画および破壊状況(柱梁接合部(4),構造III,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)

    倉田 正志, 田中 剛, 浅田 勇人, 横井 大輔

    一般社団法人日本建築学会, 2014年09月12日, 学術講演梗概集, 2014, 743 - 744, 日本語

  • 22552 ブレース付き骨組におけるガセットプレート端溶接接合部の耐力評価に関する研究 その1 部分架構実験(ブレース(6),構造III,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)

    田中 未咲, 浅田 勇人, 田中 剛, 前田 晋吾

    一般社団法人日本建築学会, 2014年09月12日, 学術講演梗概集, 2014, 1103 - 1104, 日本語

  • 22554 引張ブレースの弾塑性挙動へ与えるガセットプレート面外曲げ剛性の影響 その3 二面せん断山形鋼ブレースの繰返し載荷実験(実験概要)(ブレース(6),構造III,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)

    浅田 勇人, 田中 剛, 田仲 秀典

    一般社団法人日本建築学会, 2014年09月12日, 学術講演梗概集, 2014, 1107 - 1108, 日本語

  • 22553 ブレース付き骨組におけるガセットプレート端溶接接合部の耐力評価に関する研究 その2 有限要素数値解析(ブレース(6),構造III,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)

    前田 晋吾, 浅田 勇人, 田中 剛, 田中 未咲

    一般社団法人日本建築学会, 2014年09月12日, 学術講演梗概集, 2014, 1105 - 1106, 日本語

  • 22555 引張ブレースの弾塑性挙動へ与えるガセットプレート面外曲げ剛性の影響 その4 二面せん断山形鋼ブレースの繰返し載荷実験(考察)(ブレース(6),構造III,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)

    田仲 秀典, 浅田 勇人, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2014年09月12日, 学術講演梗概集, 2014, 1109 - 1110, 日本語

  • 22472 フランジに780N/mm^2級鋼材を用いた異種鋼材H形断面柱の部材性能評価に関する研究 : その1 実験計画(柱材(1),構造III,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)

    木下 康仁, 浅田 勇人, 大和田 尚吾, 多賀 謙藏, 遠藤 千尋, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2014年09月12日, 学術講演梗概集, 2014, 943 - 944, 日本語

  • 22473 フランジに780N/mm^2級鋼材を用いた異種鋼材H形断面柱の部材性能評価に関する研究 : その2 実験結果(柱材(1),構造III,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)

    大和田 尚吾, 浅田 勇人, 木下 康仁, 多賀 謙藏, 遠藤 千尋, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2014年09月12日, 学術講演梗概集, 2014, 945 - 946, 日本語

  • 大入力地震動に対する既存鋼構造建築物の補強方法ならびに補強設計法の提案

    豊島憲太, 伊中泰穂, 浅田勇人, 多賀謙藏, 田邉義和, 田中剛, 吹田啓一郎

    2014年06月, 日本建築学会近畿支部研究報告集, 構造系 (54), 565 - 568, 日本語

  • 2124 引張ブレースの弾塑性挙動へ与えるガセットプレート面外曲げ剛性の影響 : その2 二面せん断山形鋼ブレースの繰返し載荷実験(構造)

    田仲 秀典, 浅田 勇人, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2014年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (54), 525 - 528, 日本語

  • 2125 ブレース付き骨組におけるガセットプレート溶接接合部の耐力評価に関する研究 : その1 部分架構実験および有限要素解析(構造)

    田中 未咲, 浅田 勇人, 田中 剛, 前田 晋吾

    一般社団法人日本建築学会, 2014年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (54), 529 - 532, 日本語

  • 2107 フランジに780N/mm^2級鋼材を用いた異種鋼材H形断面柱の部材性能評価に関する研究(構造)

    大和田 尚吾, 木下 康仁, 遠藤 千尋, 浅田 勇人, 多賀 謙蔵, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2014年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (54), 457 - 460, 日本語

  • 2095 柱に高強度鋼H-SA700を用いた外ダイアフラム形式箱形断面柱梁接合部に関する実験的研究(構造)

    横井 大輔, 田中 剛, 浅田 勇人

    一般社団法人日本建築学会, 2014年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (54), 409 - 412, 日本語

  • 2096 埋込み柱脚基礎梁接合部の応力伝達機構に関する研究 : その1 埋込み深さ,梁せいおよび梁主筋比を因子とした実験(構造)

    富谷 保彰, 田中 剛, 浅田 勇人, 山本 将真

    一般社団法人日本建築学会, 2014年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (54), 413 - 416, 日本語

  • 既存超高層建築物の梁端溶接接合部の補強方法に関する研究 その1解析的検討

    伊中泰穂, 豊島憲太, 多賀謙蔵, 田邊義和, 浅田勇人, 田中剛, 吹田啓一郎

    2013年09月, 日本建築学会大会学術講演梗概集, C-1 (構造III), 801 - 802, 日本語

  • 1586 改良型固形エンドタブを用いて角形鋼管柱に現場溶接接合された梁の塑性変形能力 : その4 破壊状況および塑性変形能力(溶接ロボット・工事現場接合,材料施工,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

    佐藤 勇介, 田中 剛, 上田 遼, 萩野 毅, 大村 修太朗

    一般社団法人日本建築学会, 2013年08月30日, 学術講演梗概集, 2013, 1171 - 1172, 日本語

  • 1592 角形鋼管柱の塑性変形能力に及ぼす溶接欠陥の影響 : その1 欠陥位置および載荷方向を因子とした載荷実験(溶接材料,溶接条件(3),材料施工,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

    鎌倉 和彦, 田中 剛, 上田 遼, 佐藤 勇介, 中澤 好道, 佐々木 靖文

    一般社団法人日本建築学会, 2013年08月30日, 学術講演梗概集, 2013, 1183 - 1184, 日本語

  • 1585 改良型固形エンドタブを用いて角形鋼管柱に現場溶接接合された梁の塑性変形能力 : その3 欠陥長さおよび開先形状を因子とした載荷実験(溶接ロボット・工事現場接合,材料施工,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

    大村 修太朗, 田中 剛, 佐藤 勇介, 上田 遼, 萩野 毅

    一般社団法人日本建築学会, 2013年08月30日, 学術講演梗概集, 2013, 1169 - 1170, 日本語

  • 22444 露出柱脚基礎梁接合部の応力伝達機構に関する研究 : その6 柱型主筋が応力伝達機構に与える影響(柱脚(1),構造III,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

    富谷 保彰, 田中 剛, 浅田 勇人, 山本 将真

    一般社団法人日本建築学会, 2013年08月30日, 学術講演梗概集, 2013, 887 - 888, 日本語

  • 22443 露出柱脚基礎梁接合部の応力伝達機構に関する研究 : その5 柱型主筋比および定着方法を因子とした実験(柱脚(1),構造III,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

    山本 将真, 田中 剛, 浅田 勇人, 富谷 保彰

    一般社団法人日本建築学会, 2013年08月30日, 学術講演梗概集, 2013, 885 - 886, 日本語

  • 22664 引張ブレースの弾塑性挙動へ与えるガセットプレート面外曲げ剛性の影響 : その2 実験結果の考察(ブレース(8),構造III,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

    田仲 秀典, 浅田 勇人, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2013年08月30日, 学術講演梗概集, 2013, 1327 - 1328, 日本語

  • 22667 柱と梁に接合されたガセットプレート端溶接接合部の応力伝達機構に関する検討 : その1 弾性応力解析(ブレース(8),構造III,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

    前田 晋吾, 浅田 勇人, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2013年08月30日, 学術講演梗概集, 2013, 1333 - 1334, 日本語

  • 22663 引張ブレースの弾塑性挙動へ与えるガセットプレート面外曲げ剛性の影響 : その1 実験概要(ブレース(8),構造III,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

    浅田 勇人, 田中 剛, 田仲 秀典

    一般社団法人日本建築学会, 2013年08月30日, 学術講演梗概集, 2013, 1325 - 1326, 日本語

  • 22687 梁にH形鋼を高力ボルト接合により付加する耐震補強構法に関する研究 : その1 H形断面柱梁接合部の実験(耐震補強(2),構造III,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

    的場 弘晃, 浅田 勇人, 田中 剛, 山田 哲

    一般社団法人日本建築学会, 2013年08月30日, 学術講演梗概集, 2013, 1373 - 1374, 日本語

  • 22414 段差を有する外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部パネルの力学的挙動 : その5 高さ調整材を利用した梁継手の提案および確認実験(柱梁接合部(8),構造III,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

    松尾 真太朗, 池田 竜輔, 小山田 拓郎, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2013年08月30日, 学術講演梗概集, 2013, 827 - 828, 日本語

  • 22413 Elasto-Plastic Behaviors of Joint Panels at the Connection of RHS-Column and Two Hshaped Beams with Exterior Diaphragms : Part4. Discussion on the Test Result

    牟 犇, 松尾 真太朗, 小山田 拓郎, 池田 竜輔, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2013年08月30日, 学術講演梗概集, 2013, 825 - 826, 英語

  • 22412 段差を有する外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部パネルの力学的挙動 : その3・耐力評価および実験概要(柱梁接合部(8),構造III,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

    池田 竜輔, 松尾 真太朗, 小山田 拓郎, 牟 犇, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2013年08月30日, 学術講演梗概集, 2013, 823 - 824, 日本語

  • 22385 高強度鋼H-SA700を用いた柱梁接合部パネルの十字形架構実験 : その3 溶接部強度を因子とした円形鋼管柱梁接合部パネルの載荷実験(柱梁接合部(3),構造III,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

    横井 大輔, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2013年08月30日, 学術講演梗概集, 2013, 769 - 770, 日本語

  • 既存超高層建築物の梁端溶接接合部の補強方法に関する解析的研究

    伊中泰穂, 豊島憲太, 多賀謙蔵, 田邊義和, 田中剛, 吹田啓一郎

    2013年06月, 日本建築学会近畿支部研究報告集, 構造系 (53), 397 - 400, 日本語

  • 2095 柱の塑性変形能力に及ぼす溶接欠陥の影響 : その1 冷間プレス成形角形鋼管柱の載荷実験(構造)

    上田 遼, 田中 剛, 佐藤 勇介, 中澤 好道, 鎌倉 和彦, 佐々木 靖文

    一般社団法人日本建築学会, 2013年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (53), 377 - 380, 日本語

  • 2096 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁溶接接合部の変形能力 : その12 スカラップと梁断面寸法が変形能力に及ぼす影響(構造)

    梅田 敏弘, 吹田 啓一郎, 田中 剛, 高塚 康平

    一般社団法人日本建築学会, 2013年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (53), 381 - 384, 日本語

  • 2110 露出柱脚基礎梁接合部の応力伝達機構に関する研究 : その3 柱型主筋比および定着方法を因子とした実験(構造)

    富谷 保彰, 田中 剛, 浅田 勇人, 山本 将真

    一般社団法人日本建築学会, 2013年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (53), 437 - 440, 日本語

  • 2112 引張ブレースの弾塑性挙動へ与えるガセットプレート面外曲げ剛性の影響 : その1 山形鋼ブレースの繰返し載荷実験(構造)

    田仲 秀典, 浅田 勇人, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2013年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (53), 445 - 448, 日本語

  • 2101 梁にH形鋼を高力ボルト接合により付加する耐震補強構法に関する研究 : その1 H形断面柱梁接合部の実験(構造)

    的場 弘晃, 浅田 勇人, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2013年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (53), 401 - 404, 日本語

  • 2094 改良型固形エンドタブを用いて角形鋼管柱に溶接接合された梁の塑性変形能力 : その2 欠陥長さおよび開先形状を因子とした載荷実験(構造)

    佐藤 勇介, 田中 剛, 上田 遼, 萩野 毅, 大村 修太朗

    一般社団法人日本建築学会, 2013年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (53), 373 - 376, 日本語

  • 段差を有する外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部パネルの力学的挙動(その3)幅厚比の影響および耐力評価

    池田 竜輔, 小山田 拓郎, 松尾 真太朗, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2013年03月, 日本建築学会研究報告. 九州支部. AIJ Kyushu Chapter architectural research meeting. 日本建築学会九州支部 編, (52), 421 - 424, 日本語

  • 長周期地震動による応答を模したランダム載荷による亀裂進展と変形能力 : 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁溶接接合部の変形能力 その9

    真鍋 義貴, 吹田 啓一郎, 田中 剛, 高塚 康平

    一般社団法人日本建築学会, 2012年09月12日, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 2012 (0), 1209 - 1210, 日本語

  • 合成スラブによる影響 : 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁溶接接合部の変形能力 その1

    朝倉 直毅, 田中 剛, 吹田 啓一郎, 津嘉田 敬章, 上田 遼

    2012年09月12日, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 2012 (0), 1211 - 1212, 日本語

  • 合成スラブが梁フランジの歪性状に及ぼす影響 : 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁溶接接合部の変形能力 その11

    津嘉田 敬章, 田中 剛, 吹田 啓一郎, 朝倉 直毅, 上田 遼

    一般社団法人日本建築学会, 2012年09月12日, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 2012 (0), 1213 - 1214, 日本語

  • 梁断面寸法の違いが変形能力に及ぼす影響 : 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁接合部の変形能力 その12

    高塚 康平, 吹田 啓一郎, 田中 剛, 真鍋 義貴

    一般社団法人日本建築学会, 2012年09月12日, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 2012 (0), 1215 - 1216, 日本語

  • 1042 改良型固形エンドタブを用いて角形鋼管柱に現場溶接接合された梁の塑性変形能力 : その1 エンドタブ形式および欠陥の有無を因子とした載荷実験(工事現場接合(2),材料施工,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)

    大村 修太朗, 田中 剛, 佐藤 勇介, 上田 遼, 萩野 毅

    一般社団法人日本建築学会, 2012年09月12日, 学術講演梗概集, 2012, 83 - 84, 日本語

  • 1041 梁の塑性変形能力に及ぼす溶接欠陥の影響 : その3 溶接部強度を因子とした載荷実験(工事現場接合(1),材料施工,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)

    上田 遼, 田中 剛, 吹田 啓一郎, 佐藤 勇介, 山根 正寛, 中澤 好道

    一般社団法人日本建築学会, 2012年09月12日, 学術講演梗概集, 2012, 81 - 82, 日本語

  • 1043 改良型固形エンドタブを用いて角形鋼管柱に現場溶接接合された梁の塑性変形能力 : その2 塑性変形能力および有限要素数値解析による検討(工事現場接合(2),材料施工,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)

    佐藤 勇介, 田中 剛, 上田 遼, 萩野 毅, 大村 修太朗

    一般社団法人日本建築学会, 2012年09月12日, 学術講演梗概集, 2012, 85 - 86, 日本語

  • 22621 段差を有する外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部パネルの力学的挙動 : その1・耐力算定法と実験概要(柱梁接合部(4),構造III,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)

    松尾 真太朗, 尾園 正樹, 小山田 拓郎, 窪寺 弘顕, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2012年09月12日, 学術講演梗概集, 2012, 1241 - 1242, 日本語

  • 22628 高強度鋼H-SA700を用いた柱梁接合部パネルの十字形架構実験 : その2 破壊状況およびパネルせん断耐力(柱梁接合部(5),構造III,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)

    田中 剛, 藤澤 一善

    一般社団法人日本建築学会, 2012年09月12日, 学術講演梗概集, 2012, 1255 - 1256, 日本語

  • 22622 段差を有する外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部パネルの力学的挙動 : その2・実験結果と考察(柱梁接合部(4),構造III,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)

    尾園 正樹, 松尾 真太朗, 小山田 拓郎, 窪寺 弘顕, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2012年09月12日, 学術講演梗概集, 2012, 1243 - 1244, 日本語

  • 22627 高強度鋼H-SA700を用いた柱梁接合部パネルの十字形架構実験 : その1 柱断面形状および溶接部強度を因子とした載荷実験(柱梁接合部(5),構造III,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)

    藤澤 一善, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2012年09月12日, 学術講演梗概集, 2012, 1253 - 1254, 日本語

  • 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁溶接接合部の変形能力 : その8 長周期地震動による応答を模したランダム載荷による亀裂進展と変形能力

    真鍋義貴, 吹田 啓一郎, 田中剛, 高塚 康平

    2012年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集, 構造系 (52), 445 - 448, 日本語

  • 梁の塑性変形能力に及ぼす溶接欠陥の影響 : その2 現場溶接形式の溶接部強度を因子とした載荷実験

    上田 遼, 田中 剛, 吹田 啓一郎, 佐藤 勇介, 山根 正寛, 中澤 好道

    一般社団法人日本建築学会, 2012年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集, 構造系 (52), 437 - 440, 日本語

  • 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁溶接接合部の変形能力 : その9 合成スラブによる影響

    朝倉 直毅, 田中 剛, 吹田 啓一郎, 津嘉田 敬章, 上田 遼

    一般社団法人日本建築学会, 2012年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集, 構造系 (52), 449 - 452, 日本語

  • 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁溶接接合部の変形能力 : その10 合成スラブが梁フランジの歪性状に及ぼす影響

    津嘉田 敬章, 田中 剛, 吹田 啓一郎, 朝倉 直毅, 上田 遼

    一般社団法人日本建築学会, 2012年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集, 構造系 (52), 453 - 456, 日本語

  • 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁接合部の変形能力 : その11 梁断面寸法の違いが変形能力に及ぼす影響

    高塚 康平, 吹田 啓一郎, 田中 剛, 真鍋 義貴

    一般社団法人日本建築学会, 2012年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集, 構造系 (52), 457 - 460, 日本語

  • 2124 高強度鋼H-SA700を用いた柱梁接合部パネルの弾塑性挙動(構造)

    田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2012年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (52), 493 - 496, 日本語

  • 2111 改良型固形エンドタブを用いて角形鋼管柱に溶接接合された梁の塑性変形能力 : その1 エンドタブ形式および欠陥の有無を因子とした載荷実験(構造)

    佐藤 勇介, 田中 剛, 上田 遼, 萩野 毅, 大村 修太朗

    一般社団法人日本建築学会, 2012年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (52), 441 - 444, 日本語

  • 2127 露出柱脚基礎梁接合部の応力伝達機構に関する研究 : その2 梁主筋比およびあばら筋比を因子とした実験(構造)

    山本 将真, 田中 剛, 吉松 遼平

    一般社団法人日本建築学会, 2012年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (52), 505 - 508, 日本語

  • 265 段差を有する外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部パネルの力学的挙動 : その2・十字形部分架構実験(建築構造)

    尾園 正樹, 小山田 拓郎, 松尾 真太朗, 田中 剛, 窪寺 弘顕

    一般社団法人日本建築学会, 2012年03月01日, 日本建築学会研究報告. 九州支部. 1, 構造系, (51), 481 - 484, 日本語

  • 264 段差を有する外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部パネルの力学的挙動 : その1・耐力算定法とパネル耐力に及ぼすパラメータの影響(建築構造)

    小山田 拓郎, 尾園 正樹, 松尾 真太朗, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2012年03月01日, 日本建築学会研究報告. 九州支部. 1, 構造系, (51), 477 - 480, 日本語

  • 梁の塑性変形能力に及ぼす溶接欠陥の影響 : その1 開先形状および欠陥位置を因子とした載荷実験

    田中 剛, 上田 遼, 吹田 啓一郎, 津嘉田 敬章, 山根 正寛, 中澤 好道

    一般社団法人日本建築学会, 2011年07月20日, 日本建築学会大会学術講演梗概集, A (材料施工), 1033 - 1034, 日本語

  • 梁の塑性変形能力に及ぼす溶接欠陥の影響 : その2 破壊状況および塑性変形能力

    上田 遼, 田中 剛, 吹田 啓一郎, 津嘉田 敬章, 山根 正寛, 中澤 好道

    一般社団法人日本建築学会, 2011年07月20日, 日本建築学会大会学術講演梗概集, A (材料施工), 1035 - 1036, 日本語

  • 上町断層帯地震に対する設計用地震動ならびに設計法に関する研究 : その6 鉄骨造建物の設計法の提案

    西村 勝尚, 多賀 謙蔵, 福本 義之, 田中 嘉一, 吹田 啓一郎, 多田 元英, 田中 剛, 向出 静司

    一般社団法人日本建築学会, 2011年07月20日, 日本建築学会大会学術講演梗概集, C-1 (構造III), 691 - 692, 日本語

  • 上町断層帯地震に対する設計用地震動ならびに設計法に関する研究 : その7 鉄骨造建物の適用例

    堀本 明伸, 西村 勝尚, 多賀 謙蔵, 吹田 啓一郎, 多田 元英, 田中 剛, 向出 静司, 塚越 治夫

    一般社団法人日本建築学会, 2011年07月20日, 日本建築学会大会学術講演梗概集, C-1 (構造III), 693 - 694, 日本語

  • ウェブ接合部耐力が強い梁端接合部の実験結果と亀裂進展の特徴 : 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁溶接接合部の変形能力 その4

    吹田 啓一郎, 真鍋 義貴, 佐藤 篤司, 津嘉田 敬章, 田中 剛, 蘇 鐘〓

    一般社団法人日本建築学会, 2011年07月20日, 日本建築学会大会学術講演梗概集, C-1 (構造III), 1033 - 1034, 日本語

  • スカラップの有無が変形能力に及ぼす影響 : 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁溶接接合部の変形能力 その6

    高塚 康平, 吹田 啓一郎, 田中 剛, 真鍋 義貴

    一般社団法人日本建築学会, 2011年07月20日, 日本建築学会大会学術講演梗概集, C-1 (構造III), 1035 - 1036, 日本語

  • 二段階変動振幅による載荷履歴が変形能力と亀裂進展に及ぼす影響 : 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁溶接接合部の変形能力 その7

    真鍋 義貴, 吹田 啓一郎, 田中 剛, 高塚 康平

    一般社団法人日本建築学会, 2011年07月20日, 日本建築学会大会学術講演梗概集, C-1 (構造III), 1037 - 1038, 日本語

  • エンドタブ形式および溶接条件が変形能力に与ぼす影響 : 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁溶接接合部の変形能力 その8

    津嘉田 敬章, 田中 剛, 吹田 啓一郎, 上田 遼

    一般社団法人日本建築学会, 2011年07月20日, 日本建築学会大会学術講演梗概集, C-1 (構造III), 1039 - 1040, 日本語

  • 22549 ノンダイアフラム形式円形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動 : その6 破壊起点の歪挙動(柱梁接合部(6),構造III)

    西村 有司, 田中 剛, 田渕 基嗣, 高田 武之, 大隈 亮佑

    一般社団法人日本建築学会, 2011年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2011, 1097 - 1098, 日本語

  • 22547 ノンダイアフラム形式円形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動 : その4 パネル梁耐力比を因子とした十字形架構実験(柱梁接合部(6),構造III)

    大隈 亮佑, 田中 剛, 田渕 基嗣, 高田 武之, 西村 有司

    一般社団法人日本建築学会, 2011年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2011, 1093 - 1094, 日本語

  • 22548 ノンダイアフラム形式円形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動 : その5 局部変形および接合部パネルせん断変形(柱梁接合部(6),構造III)

    高田 武之, 田中 剛, 田渕 基嗣, 大隈 亮佑, 西村 有司

    一般社団法人日本建築学会, 2011年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2011, 1095 - 1096, 日本語

  • 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁溶接接合部の変形能力 : その7 エンドタブ形式および溶接条件が変形能力に及ぼす影響

    津嘉田 敬章, 田中 剛, 吹田 啓一郎, 上田 遼

    一般社団法人日本建築学会, 2011年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集, 構造系 (51), 257 - 260, 日本語

  • 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁溶接接合部の変形能力 : その6 二段階変動振幅による載荷履歴が変形能力と亀裂進展に及ぼす影響

    真鍋 義貴, 吹田 啓一郎, 田中 剛, 高塚 康平

    一般社団法人日本建築学会, 2011年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集, 構造系 (51), 253 - 256, 日本語

  • 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁溶接接合部の変形能力 : その5 スカラップの有無が変形能力に及ぼす影響

    高塚 康平, 吹田 啓一郎, 田中 剛, 真鍋 義貴

    一般社団法人日本建築学会, 2011年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集, 構造系 (51), 249 - 252, 日本語

  • 梁の塑性変形能力に及ぼす溶接欠陥の影響 : その1 開先形状および欠陥位置を因子とした載荷実験

    上田 遼, 田中 剛, 吹田 啓一郎, 津嘉田 敬章, 山根 正寛, 中澤 好道

    一般社団法人日本建築学会, 2011年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集, 構造系 (51), 265 - 268, 日本語

  • ウェブ接合部耐力が梁フランジの歪性状に与える影響 : 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁溶接接合部の変形能力 その5

    津嘉田 敬章, 田中 剛, 真鍋 義貴, 吹田 啓一郎, 佐藤 篤司, 蘇鐘ギョク

    一般社団法人日本建築学会, 2010年07月20日, 日本建築学会大会学術講演梗概集, C-1 (構造III), 771 - 772, 日本語

  • ウェブ接合部耐力の異なる梁端接合部の実験と復元力特性 : 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁溶接接合部の変形能力 その3

    吹田 啓一郎, 真鍋 義貴, 佐藤 篤司, 津嘉田 敬章, 田中 剛, 蘇鐘 〓

    一般社団法人日本建築学会, 2010年07月20日, 日本建築学会大会学術講演梗概集, C-1 (構造III), 769 - 770, 日本語

  • 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁溶接接合部の変形能力 : その3 ウェブ接合部耐力が変形能力と亀裂進展に及ぼす影響

    真鍋 義貴, 吹田 啓一郎, 佐藤 篤司, 津嘉田 敬章, 田中 剛, 蘇 鐘ギョク

    一般社団法人日本建築学会, 2010年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集, 構造系 (50), 177 - 180, 日本語

  • 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁溶接接合部の変形能力 : その4 ウェブ接合部耐力が溶接部の歪集中に及ぼす影響

    津嘉田 敬章, 田中 剛, 吹田 啓一郎, 真鍋 義貴, 佐藤 篤司

    一般社団法人日本建築学会, 2010年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集, 構造系 (50), 181 - 184, 日本語

  • 円形鋼管柱に接合される外ダイアフラムの引張耐力

    木村 慧, 松尾 真太朗, 田中 剛, 吹田 啓一郎, 井根 達比古

    一般社団法人日本建築学会, 2007年05月22日, 日本建築学会近畿支部研究報告集, 構造系 (47), 129 - 132, 日本語

  • 角形鋼管柱に接合される梁ウェブ接合部の曲げ耐力

    吹田 啓一郎, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2000年07月, 日本建築学会大会学術講演梗概集, C-1 (構造III), 731 - 732, 日本語

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)

  • 23302 増し打ち補強梁のあと施工による主筋の定着性能確認実験 : その1.実験(あと施工アンカー(2),構造IV)

    宇野 綾真, 田渕 基嗣, 孫 玉平, 田中 剛, 奥山 岳典, 北條 稔郎

    一般社団法人日本建築学会, 2011年07月20日, 学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 2011, 629 - 630, 日本語

  • 22371 径差の大きい異幅接合形式角形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動 : その5 外柱形式および隅柱形式の耐力評価(柱梁接合部(4),構造III,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)

    上田 学, 田中 剛, 関口 剛志

    一般社団法人日本建築学会, 2014年09月12日, 学術講演梗概集, 2014, 741 - 742, 日本語

  • 1593 角形鋼管柱の塑性変形能力に及ぼす溶接欠陥の影響 : その2 破壊状況および塑性変形能力(溶接材料,溶接条件(3),材料施工,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

    上田 遼, 田中 剛, 佐藤 勇介, 中澤 好道, 鎌倉 和彦, 佐々木 靖文

    一般社団法人日本建築学会, 2013年08月30日, 学術講演梗概集, 2013, 1185 - 1186, 日本語

  • 22409 径差の大きい異幅接合形式角形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動 : その4 荷重-変形関係-(柱梁接合部(7),構造III,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

    関口 剛志, 田中 剛, 上田 学

    一般社団法人日本建築学会, 2013年08月30日, 学術講演梗概集, 2013, 817 - 818, 日本語

  • 22408 径差の大きい異幅接合形式角形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動 : その3 接合形式および補強の有無を因子とした片持ち柱実験(柱梁接合部(7),構造III,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

    上田 学, 田中 剛, 関口 剛志

    一般社団法人日本建築学会, 2013年08月30日, 学術講演梗概集, 2013, 815 - 816, 日本語

  • 22557 露出柱脚基礎梁接合部の応力伝達機構に関する研究 : その4 耐力評価(柱脚(1),構造III,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)

    吉松 遼平, 田中 剛, 山本 将真

    一般社団法人日本建築学会, 2012年09月12日, 学術講演梗概集, 2012, 1113 - 1114, 日本語

  • 22556 露出柱脚基礎梁接合部の応力伝達機構に関する研究 : その3 梁主筋比およびあばら筋比を因子とした実験(柱脚(1),構造III,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)

    山本 将真, 田中 剛, 吉松 遼平

    一般社団法人日本建築学会, 2012年09月12日, 学術講演梗概集, 2012, 1111 - 1112, 日本語

  • 22618 径差の大きい異幅接合形式角形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動 : その2 極限解析による耐力評価(柱梁接合部(3),構造III,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)

    三好 誠二, 田中 剛, 上田 学

    一般社団法人日本建築学会, 2012年09月12日, 学術講演梗概集, 2012, 1235 - 1236, 日本語

  • 22617 径差の大きい異幅接合形式角形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動 : その1 ダイアフラム厚および補強の有無を因子とした片持ち柱実験(柱梁接合部(3),構造III,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)

    上田 学, 田中 剛, 三好 誠二

    一般社団法人日本建築学会, 2012年09月12日, 学術講演梗概集, 2012, 1233 - 1234, 日本語

  • 2121 径差の大きい異幅接合形式角形鋼管柱梁接合部に関する研究 : その1 ダイアフラム厚および補強の有無を因子とした片持ち柱実験(構造)

    上田 学, 田中 剛, 三好 誠二

    一般社団法人日本建築学会, 2012年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (52), 481 - 484, 日本語

  • 2122 径差の大きい異幅接合形式角形鋼管柱梁接合部の耐力評価法 : その2 耐力評価(構造)

    三好 誠二, 田中 剛, 上田 学

    一般社団法人日本建築学会, 2012年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (52), 485 - 488, 日本語

  • 22471 露出柱脚基礎梁接合部の応力伝達機構に関する研究 : その1.実験計画および破壊性状(柱脚(1),構造III)

    古谷 祐希, 田中 剛, 吉松 遼平

    一般社団法人日本建築学会, 2011年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2011, 941 - 942, 日本語

  • 22472 露出柱脚基礎梁接合部の応力伝達機構に関する研究 : その2.荷重-変形関係および基礎梁接合部内の応力伝達機構(柱脚(1),構造III)

    吉松 遼平, 田中 剛, 古谷 祐希

    一般社団法人日本建築学会, 2011年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2011, 943 - 944, 日本語

  • 22543 異幅角形鋼管柱梁接合部における通しダイアフラムの面外曲げ耐力 : その1. 接合形式を因子とした片持ち柱実験(柱梁接合部(5),構造III)

    寺嶋 正雄, 田中 剛, 田渕 基嗣, 三好 誠二

    一般社団法人日本建築学会, 2011年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2011, 1085 - 1086, 日本語

  • 22544 異幅角形鋼管柱梁接合部における通しダイアフラムの面外曲げ耐力 : その2. 極限解析による耐力評価(柱梁接合部(5),構造III)

    三好 誠二, 田中 剛, 田渕 基嗣, 寺嶋 正雄

    一般社団法人日本建築学会, 2011年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2011, 1087 - 1088, 日本語

  • 23303 増し打ち補強梁のあと施工による主筋の定着性能確認実験 : その2.実験結果の考察(あと施工アンカー(2),構造IV)

    北條 稔郎, 田渕 基嗣, 孫 玉平, 田中 剛, 奥山 岳典, 宇野 綾真

    一般社団法人日本建築学会, 2011年07月20日, 学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 2011, 631 - 632, 日本語

  • 2225 長締めボルト引張接合形式による柱RC・梁S混合接合部に関する実験的研究(合成・混合構造)

    福本 昇, 田渕 基嗣, 田中 剛, 佐藤 尚隆

    本論文は,K形鋼梁の端部を鉄筋コンクリート造柱の接合部に埋め込み,エンドプレートを介して長締め高力ボルトにより引張接合する場合の接合部の力学的性状を実験的に調べたものである。内部十字型柱・梁接合部を対象とした実験より,接合部詳細が接合部の弾塑性挙動に与える影響を明らかにし,この接合構法による接合部の耐力算定法を提案した。

    日本コンクリート工学協会, 1996年, コンクリート工学年次論文報告集, 18 (2), 1355 - 1360, 日本語

  • 柱の塑性変形能力に及ぼす溶接欠陥の影響

    高倉 正幸, 田中 剛, 上田 遼

    日本鋼構造協会, 2014年11月, 鋼構造年次論文報告集 Proceedings of constructional steel, 22, 680 - 687, 日本語

  • 2100 分割外ダイアフラム形式角形鋼管柱H形断面梁接合部の部分架構実験(構造)

    松尾 真太朗, 田中 剛, 井上 一朗

    一般社団法人日本建築学会, 2008年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (48), 397 - 400, 日本語

  • 2104 あと施工アンカーを用いたRC部材S部材間接合部の弾塑性挙動 : その3 アスペクト比による影響(構造)

    村井 英一, 田渕 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2008年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (48), 413 - 416, 日本語

  • 2062 既存地下構造の再利用におけるRC梁の補強に関する研究 : その1 補強梁の曲げせん断実験(構造)

    北條 稔郎, 田渕 基嗣, 孫 玉平, 田中 剛, 森 浩二, 谷口 貴大

    一般社団法人日本建築学会, 2008年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (48), 245 - 248, 日本語

  • 2095 梁端フランジ溶接部の溶接欠陥位置が梁の塑性変形能力に及ぼす影響(構造)

    田中 剛, 田渕 基嗣, 大北 芳幸

    一般社団法人日本建築学会, 2008年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (48), 377 - 380, 日本語

  • 2032 外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動に関する研究 : その3. 耐力算定式および側柱形式を想定した接合部引張実験(構造)

    松尾 真太朗, 田中 剛, 井上 一朗

    一般社団法人日本建築学会, 2007年05月22日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (47), 125 - 128, 日本語

  • 2042 あと施工アンカーを用いたRC部材S部材間接合部の弾塑性挙動 : その1 実験(構造)

    村井 英一, 田渕 基嗣, 田中 剛, 片岡 達郎

    一般社団法人日本建築学会, 2007年05月22日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (47), 165 - 168, 日本語

  • 2043 あと施工アンカーを用いたRC部材S部材間接合部の弾塑性挙動 : その2 耐力評価(構造)

    田中 剛, 田渕 基嗣, 片岡 達郎, 村井 英一

    一般社団法人日本建築学会, 2007年05月22日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (47), 169 - 172, 日本語

  • 2047 外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の降伏耐力評価に関する研究(構造)

    松尾 真太朗, 田中 剛, 井上 一朗

    一般社団法人日本建築学会, 2006年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (46), 185 - 188, 日本語

  • 2086 引張軸力とせん断力を受けるあと施工アンカーの弾塑性挙動 : その3 モルタルの有無および載荷履歴による影響(構造)

    片岡 達郎, 田渕 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2006年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (46), 341 - 344, 日本語

  • 2099 引張軸力とせん断力を受けるあと施工アンカーの弾塑性挙動 : その2 荷重比による影響(構造)

    片岡 達郎, 田渕 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2005年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (45), 393 - 396, 日本語

  • 2084 外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動に関する研究 : その1. 塑性論に基づく崩壊荷重の誘導(構造)

    田中 剛, 松尾 真太朗, 金 成龍

    一般社団法人日本建築学会, 2005年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (45), 333 - 336, 日本語

  • 2085 外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動に関する研究 : その2. 接合部の局部引張実験(構造)

    松尾 真太朗, 聲高 裕治, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2005年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (45), 337 - 340, 日本語

  • 2087 鋼構造柱梁接合部パネルの設計式に関する一考察(構造)

    難波 尚, 田渕 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2005年05月23日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (45), 345 - 348, 日本語

  • 2072 現場混用接合形式による角形鋼管柱梁接合部の力学的性状に関する研究 : その3. ボルト配列の影響(梁せい500mmの場合)(構造)

    江見 卓郎, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 長谷 洋司

    一般社団法人日本建築学会, 2004年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (44), 285 - 288, 日本語

  • 2076 弱軸H形断面柱梁接合部パネルの弾塑性挙動 : その1. 有限要素解析(構造)

    難波 尚, 田渕 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2004年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (44), 301 - 304, 日本語

  • 2082 引張軸力とせん断力を受けるあと施工アンカーの弾塑性挙動 : その1 要素実験(構造)

    田中 剛, 田渕 基嗣, 益居 綾

    一般社団法人日本建築学会, 2004年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (44), 325 - 328, 日本語

  • 2075 2方向加力を受ける鋼管柱梁接合部パネルの弾塑性挙動に関する研究 : その3 軸力比の影響(構造)

    日浦 博和, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 米田 直樹

    一般社団法人日本建築学会, 2004年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (44), 297 - 300, 日本語

  • 現場混用接合形式による角形鋼管柱梁接合部の力学性状に関する研究-その4. ボルト配列の影響 (梁せい980mmの場合)-

    三輪剛, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 江見 卓郎, 長谷 洋司

    一般社団法人日本建築学会, 2004年, 日本建築学会近畿支部研究報告集, 44, 289 - 292, 日本語

  • 2082 パス間温度及び入熱量が溶接施工効率に与える影響(構造)

    西田 祐三, 田淵 基嗣, 田中 剛, 横山 重和, 吉村 鉄也, 中野 利彦

    一般社団法人日本建築学会, 2003年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (43), 325 - 328, 日本語

  • 2084 現場混用接合形式による角形鋼管柱梁接合部の力学的性状に関する研究 : その2.鋼管幅厚比の影響(構造)

    長谷 洋司, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 江見 卓郎

    一般社団法人日本建築学会, 2003年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (43), 333 - 336, 日本語

  • 2086 2方向加力を受ける角形鋼管柱梁接合部パネルの弾塑性挙動に関する研究 : その2 載荷実験(構造)

    日浦 博和, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 米田 直樹

    一般社団法人日本建築学会, 2003年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (43), 341 - 344, 日本語

  • 2083 梁端部の溶接欠陥が梁の塑性変形能力に及ぼす影響 : その3 ダイアフラム,溶接部,梁フランジの強度比の影響(構造)

    吉村 鉄也, 田渕 基嗣, 田中 剛, 安井 一浩, 横田 和伸, 藤田 哲也

    一般社団法人日本建築学会, 2003年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (43), 329 - 332, 日本語

  • 2049 溶接施工による通しダイアフラムの変形に関する研究 : その1 ダイアフラムの板厚の影響(構造)

    橋本 紘世, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 横山 重和, 濱名 正洋

    一般社団法人日本建築学会, 2001年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (41), 193 - 196, 日本語

  • 2052 ダブラープレートで補強されたH形断面柱梁接合部パネルの弾塑性挙動(構造)

    景山 誠, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚

    一般社団法人日本建築学会, 2001年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (41), 205 - 208, 日本語

  • 2057 鉄骨造骨組の弾塑性挙動に及ぼす接合部変形の影響(構造)

    前西 美菜, 田渕 基嗣, 上場 輝康, 田中 剛, 難波 尚

    一般社団法人日本建築学会, 2001年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (41), 225 - 228, 日本語

  • 2048 梁端部の溶接欠陥が梁の塑性変形能力に及ばす影響 : その1 アンダーマッチングの溶接部を対象にした予備実験(構造)

    田中 剛, 田渕 基嗣, 井口 智晴, 吉村 鉄也

    一般社団法人日本建築学会, 2001年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (41), 189 - 192, 日本語

  • 2050 現場混用接合形式による角形鋼管柱・梁接合部の力学性状に関する研究 : その1. 高力ボルト張力の影響(構造)

    難波 尚, 田渕 基嗣, 田中 剛, 増田 寿史

    一般社団法人日本建築学会, 2001年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (41), 197 - 200, 日本語

  • 柱梁接合部パネルのせん断変形が梁の曲げ挙動に及ぼす影響

    田渕基嗣, 田中 剛, 川島 伯典

    一般社団法人日本建築学会, 2001年, 日本建築学会近畿支部研究報告集, 41, 221 - 224, 日本語

  • 2040 すみ肉溶接による柱・梁仕口に関する研究 : その8.山形ラーメン接合部の載荷実験(構造)

    白髪 誠一, 田渕 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2000年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (40), 173 - 176, 日本語

  • 2046 鋼構造柱・梁接合部パネルの耐力評価 : その2.軸力比、幅厚比、角形鋼管製法の影響(構造)

    田渕 基嗣, 田中 剛, 桑原 進, 伊藤 茂樹

    一般社団法人日本建築学会, 2000年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (40), 197 - 200, 日本語

  • 2045 鋼構造柱・梁接合部パネルの耐力評価 : その1.パネルアスペクト比の影響(構造)

    田中 剛, 田渕 基嗣, 桑原 進, 伊藤 茂樹

    一般社団法人日本建築学会, 2000年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (40), 193 - 196, 日本語

  • 2044 梁が偏心するテーパー管形式接合部パネルに関する研究 : その1.接合部パネルの材料特性の影響(構造)

    難波 尚, 田渕 基嗣, 田中 剛, 田中 智三

    一般社団法人日本建築学会, 2000年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (40), 189 - 192, 日本語

  • 2047 現場混用接合における梁フランジの溶接入熱が高力ボルト接合部に与える影響 : その1.角形鋼管幅厚比D/t=29の場合(構造)

    木原 茂郎, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 横山 重和, 増田 寿史

    一般社団法人日本建築学会, 2000年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (40), 201 - 204, 日本語

  • 2049 箱形断面柱に接合される梁ウエブ接合部の曲げ耐力(構造)

    吹田 啓一郎, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2000年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (40), 209 - 212, 日本語

  • 2048 角形鋼管柱・梁接合部のエンドタブ形状が梁の塑性変形能力に及ばす影響(構造)

    井口 智晴, 田渕 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2000年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (40), 205 - 208, 日本語

  • 2050 角形鋼管柱・梁接合部パネルのせん断変形が梁の弾塑性挙動に及ぼす影響(構造)

    川島 伯典, 田渕 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2000年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (40), 213 - 216, 日本語

  • 2056 エンドタブ形式が梁フランジの破断に及ぼす影響(構造)

    井口 智晴, 田渕 基嗣, 田中 剛, 江本 大輔

    一般社団法人日本建築学会, 1999年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (39), 249 - 252, 日本語

  • 2055 スカラップに起因する梁フランジの破断に及ぼす梁フランジ幅厚比の影響(構造)

    江本 大輔, 田渕 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 1999年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (39), 245 - 248, 日本語

  • 2043 すみ肉溶接による柱・梁仕口に関する研究 : その7 エンドプレート形式接合部におけるすみ肉溶接継目の有限要素解析(構造)

    川島 伯典, 田渕 基嗣, 田中 剛, 白髪 誠一

    一般社団法人日本建築学会, 1999年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (39), 197 - 200, 日本語

  • 2039 有限要素解析を用いた高力ボルト接合部の弾塑性挙動に関する研究 : その1 構成要素の基本挙動(構造)

    増田 寿史, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚

    一般社団法人日本建築学会, 1999年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (39), 181 - 184, 日本語

  • 2044 すみ肉溶接による柱・梁仕口に関する研究 : その6 不等脚すみ肉溶接継目の耐力評価(構造)

    白髪 誠一, 田渕 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 1999年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (39), 201 - 204, 日本語

  • 接合部パネルのせん断挙動が梁部材の曲げ挙動に与える影響

    田中剛, 田渕 基嗣

    一般社団法人日本建築学会, 1999年, 日本建築学会近畿支部研究報告集, 39, 253 - 256, 日本語

  • 梁偏心接合形式の角形鋼管柱 梁接合部パネルに関する研究-その1. 有限要素解析による予備検討-

    田中智三, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚

    一般社団法人日本建築学会, 1999年, 日本建築学会近畿支部研究報告集, 39, 241 - 244, 日本語

  • 2022 長締め高力ボルトを用いた柱RC・梁S混合接合部に関する研究(構造)

    増田 寿史, 田渕 基嗣, 田中 剛, 福本 昇

    一般社団法人日本建築学会, 1998年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (38), 97 - 100, 日本語

  • 2074 すみ肉溶接による柱・梁仕口に関する研究 : その5.前面すみ肉溶接継目の耐力評価(構造)

    白髪 誠一, 田渕 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 1998年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (38), 305 - 308, 日本語

  • 2081 絞り管形式角形鋼管柱・梁接合部パネルに関する研究 : その2.考察(構造)

    田中 剛, 田渕 基嗣, 北岡 聡, 難波 尚

    一般社団法人日本建築学会, 1998年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (38), 333 - 336, 日本語

  • 2080 絞り管形式角形鋼管柱・梁接合部パネルに関する研究 : その1.実験概要(構造)

    北岡 聡, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚

    一般社団法人日本建築学会, 1998年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (38), 329 - 332, 日本語

  • 2076 H形柱・梁接合部パネルに関する研究(構造)

    難波 尚, 田渕 基嗣, 田中 剛, 北岡 聡

    一般社団法人日本建築学会, 1998年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (38), 313 - 316, 日本語

  • 2077 通しダイアフラム形式角形鋼管柱・梁溶接接合部における歪性状(構造)

    江本 大輔, 田淵 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 1998年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (38), 317 - 320, 日本語

  • 2044 すみ肉溶接による柱・梁仕口に関する研究 : その4.斜交すみ肉溶接継目の強度評価(構造)

    白髪 誠一, 田渕 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 1997年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (37), 197 - 200, 日本語

  • 2048 角形鋼管柱に接合されたH形梁の曲げ挙動(構造)

    森 康一, 田渕 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 1997年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (37), 213 - 216, 日本語

  • 2049 絞り管形式の角型鋼管柱・梁接合部パネルに関する研究 : その1 予備検討(構造)

    北岡 聡, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚

    一般社団法人日本建築学会, 1997年05月26日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (37), 217 - 220, 日本語

  • 2058 すみ肉溶接による柱・梁仕口に関する研究 : その3.エンドプレート形式仕口の載荷実験(構造)

    田渕 基嗣, 田中 剛, 白髪 誠一, 石川 幹夫, 古海 賢二

    一般社団法人日本建築学会, 1996年07月03日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (36), 245 - 248, 日本語

  • 2057 すみ肉溶接による柱・梁仕口に関する研究 : その2.溶接部の強度評価(構造)

    白髪 誠一, 田渕 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 1996年07月03日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (36), 241 - 244, 日本語

  • 2066 円形鋼管柱・梁接合部パネルの弾塑性挙動に関する実験的研究(構造)

    難波 尚, 田渕 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 1996年07月03日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (36), 277 - 280, 日本語

  • 2062 スカラップを有する角形鋼管柱・梁接合邦の梁フランジ歪分布 : その2.スカラップ形状,鋼管径厚比,フランジ幅による影響(構造)

    田中 剛, 田渕 基嗣

    一般社団法人日本建築学会, 1996年07月03日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (36), 261 - 264, 日本語

  • 223 角形鋼管柱・梁接合部の強度と剛性に関する研究 : その1 接合部の局部変形の影響(構造)

    森 康一, 田渕 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 1995年06月13日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (35), 117 - 120, 日本語

  • 218 角形鋼管柱・梁スプリットティー形式接合部に関する研究 : その4 引張ボルト8本形式(構造)

    田中 剛, 田渕 基嗣, 弘瀬 哲也, 古海 賢二, 宇佐見 建造

    一般社団法人日本建築学会, 1995年06月13日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (35), 97 - 100, 日本語

  • 220 すみ肉溶接による柱・梁仕口に関する研究 : その1. 溶接部の基礎実験(構造)

    白髪 誠一, 田渕 基嗣, 田中 剛, 石川 幹夫, 古海 賢二

    一般社団法人日本建築学会, 1995年06月13日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (35), 105 - 108, 日本語

  • 2037 仕口部を増厚した円形鋼管柱・梁接合部の耐力推定(構造)

    難波 尚, 金谷 弘, 上場 輝康, 田中 剛, 濱塚 輝雄, 森栄 茂樹

    一般社団法人日本建築学会, 1994年06月07日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (34), 189 - 192, 日本語

  • 2032 冷間プレス成形による厚肉角形鋼管の材料性状(構造)

    田中 剛, 金谷 弘, 田渕 基嗣, 工藤 弘

    一般社団法人日本建築学会, 1993年06月07日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (33), 153 - 156, 日本語

  • 2128 ボールジョイントの耐力・剛性に関する実験研究 : その2. ボールジョイントの局部破壊(構造)

    田中 剛, 金谷 弘, 田渕 基嗣, 上場 輝康

    一般社団法人日本建築学会, 1985年05月01日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (25), 521 - 524, 日本語

  • 2065 弾性シェル解析によるボールジョイントの剛性・耐力の考察(構造)

    田中 剛, 上場 輝康, 田渕 基嗣, 金谷 弘

    一般社団法人日本建築学会, 1983年06月01日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (23), 285 - 288, 日本語

  • 1524 角形鋼管柱の塑性変形能力に及ぼす溶接欠陥の影響:その4 CTODによる欠陥評価(溶接欠陥,材料施工,学術講演会・建築デザイン発表会)

    高倉 正幸, 田中 剛, 浅田 勇人, 上田 遼, 中澤 好道, 鎌倉 和彦

    一般社団法人日本建築学会, 2015年09月04日, 学術講演梗概集, 2015, 1047 - 1048, 日本語

  • 22562 接合部性能に着目したブレース付ラーメンの耐震性能評価 : その2 円形鋼管ブレース(D/t=18)の載荷実験(実験計画)(ブレース(6),構造III,学術講演会・建築デザイン発表会)

    浅田 勇人, 岡崎 太一郎, 田中 剛, 橋岡 昇吾

    一般社団法人日本建築学会, 2015年09月04日, 学術講演梗概集, 2015, 1123 - 1124, 日本語

  • 22534 引張ブレースの弾塑性挙動へ与えるガセットプレート面外曲げ剛性の影響 : その5 一面せん断接合された山形鋼ブレースの有限要素解析(ブレース(1),構造III,学術講演会・建築デザイン発表会)

    田仲 秀典, 浅田 勇人, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2015年09月04日, 学術講演梗概集, 2015, 1067 - 1068, 日本語

  • 22520 斜方隅肉溶接継目の最大耐力評価(溶接(1),構造III,学術講演会・建築デザイン発表会)

    田中 未咲, 浅田 勇人, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2015年09月04日, 学術講演梗概集, 2015, 1039 - 1040, 日本語

  • 22476 フランジに780N/mm^2級鋼材を用いた異種鋼材H形断面を柱材とする鋼架構の力学特性に関する研究 : その1 実験計画(柱材(3),構造III,学術講演会・建築デザイン発表会)

    山下 怜士, 加藤 彰浩, 大和田 尚吾, 浅田 勇人, 多賀 謙藏, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2015年09月04日, 学術講演梗概集, 2015, 951 - 952, 日本語

  • 22477 フランジに780N/mm^2級鋼材を用いた異種鋼材H形断面を柱材とする鋼架構の力学特性に関する研究 : その2 実験結果(柱材(3),構造III,学術講演会・建築デザイン発表会)

    加藤 彰浩, 山下 怜士, 大和田 尚吾, 浅田 勇人, 多賀 謙藏, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2015年09月04日, 学術講演梗概集, 2015, 953 - 954, 日本語

  • 22563 接合部性能に着目したブレース付ラーメンの耐震性能評価 : その3 円形鋼管ブレース(D/t=18)の載荷実験(実験結果)(ブレース(6),構造III,学術講演会・建築デザイン発表会)

    橋岡 昇吾, 浅田 勇人, 岡崎 太一郎, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2015年09月04日, 学術講演梗概集, 2015, 1125 - 1126, 日本語

  • 22396 梁にH形鋼を高力ボルト接合により付加する耐震補強構法に関する研究 : その4 角形鋼管柱梁接合部を対象とした実験の概要(柱梁接合部(7),構造III,学術講演会・建築デザイン発表会)

    的場 弘晃, 浅田 勇人, 田中 剛, 山田 哲, 上原 拓馬

    一般社団法人日本建築学会, 2015年09月04日, 学術講演梗概集, 2015, 791 - 792, 日本語

  • 22397 梁にH形鋼を高力ボルト接合により付加する耐震補強構法に関する研究 : その5 角形鋼管柱梁接合部を対象とした実験の結果と有限要素解析による検証(柱梁接合部(7),構造III,学術講演会・建築デザイン発表会)

    上原 拓馬, 浅田 勇人, 田中 剛, 山田 哲, 的場 弘晃

    一般社団法人日本建築学会, 2015年09月04日, 学術講演梗概集, 2015, 793 - 794, 日本語

  • 22364 二段階振幅繰返し載荷履歴を受ける合成梁の変形能力 : 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁溶接接合部の変形能力 その23(柱梁接合部(2),構造III,学術講演会・建築デザイン発表会)

    吉見 信之, 田中 剛, 浅田 勇人, 魚住 奈緒美

    一般社団法人日本建築学会, 2015年09月04日, 学術講演梗概集, 2015, 727 - 728, 日本語

  • 22351 上町断層帯地震に対する設計用地震動ならびに設計法に関する研究 : その15 塑性変形能力の目安(設計法(3),構造III,学術講演会・建築デザイン発表会)

    福本 義之, 田中 剛, 吹田 啓一郎, 多田 元英, 西村 勝尚

    一般社団法人日本建築学会, 2015年09月04日, 学術講演梗概集, 2015, 701 - 702, 日本語

  • 22363 梁端接合部の繰返し延性破断が超高層建物の耐震性能に及ぼす影響 : 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁溶接接合部の変形能力 その22(柱梁接合部(2),構造III,学術講演会・建築デザイン発表会)

    高塚 康平, 吹田 啓一郎, 田中 剛, 梅田 敏弘

    一般社団法人日本建築学会, 2015年09月04日, 学術講演梗概集, 2015, 725 - 726, 日本語

  • 22314 埋込み柱脚基礎梁接合部の応力伝達機構 : その4 各因子が応力伝達機構に与える影響(柱脚(2),構造III,学術講演会・建築デザイン発表会)

    山野 優希, 田中 剛, 浅田 勇人, 富谷 保彰

    一般社団法人日本建築学会, 2015年09月04日, 学術講演梗概集, 2015, 627 - 628, 日本語

  • 22313 埋込み柱脚基礎梁接合部の応力伝達機構 : その3 外柱形式を対象とした実験(柱脚(2),構造III,学術講演会・建築デザイン発表会)

    富谷 保彰, 田中 剛, 浅田 勇人, 山野 優希

    一般社団法人日本建築学会, 2015年09月04日, 学術講演梗概集, 2015, 625 - 626, 日本語

  • 22350 上町断層帯地震に対する設計用地震動ならびに設計法に関する研究 : その14 梁端破断までの塑性変形能力に及ぼす各種因子の影響(設計法(3),構造III,学術講演会・建築デザイン発表会)

    田中 剛, 福本 義之, 吹田 啓一郎, 多田 元英, 西村 勝尚

    一般社団法人日本建築学会, 2015年09月04日, 学術講演梗概集, 2015, 699 - 700, 日本語

  • 22603 RC柱S梁混合構造における非貫通梁の接合方法が接合部の弾塑性挙動に及ぼす影響 : その2:構造性能評価(混合構造:柱梁接合部(1),構造III)

    石井 大吾, 田渕 基嗣, 田中 剛, 山口 温弘

    一般社団法人日本建築学会, 2008年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2008, 1205 - 1206, 日本語

  • 22602 RC柱S梁混合構造における非貫通梁の接合方法が接合部の弾塑性挙動に及ぼす影響 : その1:実験概要(混合構造:柱梁接合部(1),構造III)

    山口 温弘, 田渕 基嗣, 田中 剛, 石井 大吾

    一般社団法人日本建築学会, 2008年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2008, 1203 - 1204, 日本語

  • 23184 既存地下構造の再利用におけるRC梁の補強に関する研究 : その1.補強梁の曲げせん断実験(梁(1),構造IV)

    北條 稔郎, 田中 剛, 田渕 基嗣, 森 浩二, 孫 玉平, 谷口 貴大

    一般社団法人日本建築学会, 2008年07月20日, 学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 2008, 417 - 418, 日本語

  • 22508 外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動に関する研究 : その7.分割外ダイアフラム形式角形鋼管柱H形断面梁接合部の部分架構実験(柱梁接合部(3),構造III)

    松尾 真太朗, 田中 剛, 井上 一朗

    一般社団法人日本建築学会, 2008年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2008, 1015 - 1016, 日本語

  • 22511 上下階で柱幅の異なる角形鋼管柱梁接合部における通しダイアフラムの耐力評価(柱梁接合部(3),構造III)

    寺嶋 正雄, 田渕 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2008年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2008, 1021 - 1022, 日本語

  • 23185 既存地下構造の再利用におけるRC梁の補強に関する研究 : その2.補強梁の曲げせん断実験の考察(梁(1),構造IV)

    谷口 貴大, 田中 剛, 田渕 基嗣, 森 浩二, 孫 玉平, 北條 稔郎

    一般社団法人日本建築学会, 2008年07月20日, 学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 2008, 419 - 420, 日本語

  • 22533 あと施工アンカーを用いたRC部材S部材間接合部の弾塑性挙動 : その4.アスペクト比による影響・実験(接合部:柱ほか,構造III)

    片岡 達郎, 田渕 基嗣, 田中 剛, 村井 英一

    一般社団法人日本建築学会, 2008年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2008, 1065 - 1066, 日本語

  • 22534 あと施工アンカーを用いたRC部材S部材間接合部の弾塑性挙動 : その5.アスペクト比による影響・耐力評価(接合部:柱ほか,構造III)

    村井 英一, 田渕 基嗣, 田中 剛, 片岡 達郎

    一般社団法人日本建築学会, 2008年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2008, 1067 - 1068, 日本語

  • 22504 梁端部の溶接欠陥が梁の塑性変形能力に及ぼす影響 : その11.破壊状況および塑性変形能力(柱梁接合部(2),構造III)

    田中 剛, 田渕 基嗣, 大北 芳幸

    一般社団法人日本建築学会, 2008年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2008, 1007 - 1008, 日本語

  • 22503 梁端部の溶接欠陥が梁の塑性変形能力に及ぼす影響 : その10.溶接欠陥位置を変化させた実験(柱梁接合部(2),構造III)

    田渕 基嗣, 田中 剛, 大北 芳幸

    一般社団法人日本建築学会, 2008年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2008, 1005 - 1006, 日本語

  • 22275 冷却時間と化学成分を考慮した溶接金属の強度推定式(接合要素(3),構造III)

    西田 祐三, 田渕 基嗣, 田中 剛, 中野 利彦

    一般社団法人日本建築学会, 2005年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2005, 549 - 550, 日本語

  • 22394 外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動に関する研究 : その3.接合部の局部引張実験(案験結果および考察)とFEM解析(柱梁接合部(3),構造III)

    田中 剛, 松尾 真太朗, 聲高 裕治

    一般社団法人日本建築学会, 2005年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2005, 787 - 788, 日本語

  • 22393 外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動に関する研究 : その2.接合部の局部引張実験(実験計画,実験結果)(柱梁接合部(3),構造III)

    松尾 真太朗, 聲高 裕治, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2005年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2005, 785 - 786, 日本語

  • 22392 外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動に関する研究 : その1. 塑性論に基づく崩壊荷重の誘導(柱梁接合部(3),構造III)

    金 成龍, 松尾 真太朗, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2005年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2005, 783 - 784, 日本語

  • 22518 引張軸力とせん断力を受けるあと施工アンカーの弾塑性挙動 : その2.荷重比による影響(合成構造全般,構造III)

    片岡 達郎, 田渕 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2005年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2005, 1035 - 1036, 日本語

  • 22321 現場混用接合形式による角形鋼管柱梁接合部の力学的性状に関する研究 : その4.1列配置時の挙動(柱梁接合部(6),構造III)

    江見 卓郎, 田渕 基嗣, 田中 岡, 難波 尚, 長谷 洋司, 三輪 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2004年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2004, 641 - 642, 日本語

  • 22322 現場混用接合形式による角形鋼管柱梁接合部の力学的性状に関する研究 : その5.2列配置時の挙動(柱梁接合部(6),構造III)

    三輪 剛, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 江見 卓郎, 長谷 洋司

    一般社団法人日本建築学会, 2004年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2004, 643 - 644, 日本語

  • 22340 2方向載荷を受ける増厚形式角形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動 : その1.実験概要(柱梁接合部(9),構造III)

    山本 義徳, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 森田 隆司

    一般社団法人日本建築学会, 2004年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2004, 679 - 680, 日本語

  • 22341 2方向載荷を受ける増厚形式角形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動 : その2.実験結果(柱梁接合部(9),構造III)

    森田 隆司, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 山本 義徳

    一般社団法人日本建築学会, 2004年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2004, 681 - 682, 日本語

  • 22343 2方向加力を受ける鋼管柱梁接合部パネルの弾塑性挙動に関する研究 : その6 有限要素解析(柱梁接合部(9),構造III)

    日浦 博和, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 米田 直樹, 森田 隆司

    一般社団法人日本建築学会, 2004年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2004, 685 - 686, 日本語

  • 22342 2方向加力を受ける鋼管柱梁接合部パネルの弾塑性挙動に関する研究 : その5 軸力比の影響(柱梁接合部(9),構造III)

    米田 直樹, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 日浦 博和, 森田 隆司

    一般社団法人日本建築学会, 2004年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2004, 683 - 684, 日本語

  • 22591 引張軸力とせん断力を受けるあと施工アンカーの弾塑性挙動 : その1.要素実験(切り替え部,構造III)

    田中 剛, 田渕 基嗣, 益居 綾

    一般社団法人日本建築学会, 2004年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2004, 1181 - 1182, 日本語

  • 22304 スプリットティー形式引張接合部の有限要素解析(柱梁接合部(4),構造III)

    太田 悠紀, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚

    一般社団法人日本建築学会, 2004年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2004, 607 - 608, 日本語

  • 22527 ノンスチフナ形式H形断面強軸柱梁接合部の弾塑性挙動に関する研究 : その1. 上界定理による接合部の崩壊荷重の誘導(柱梁接合部(4),構造III)

    北岡 聡, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 福田 浩司, 鈴木 至

    一般社団法人日本建築学会, 2009年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2009, 1053 - 1054, 日本語

  • 22542 リングパネル構法を適用した柱梁接合部の耐力評価 : その2 圧縮ストラットによる応力伝達および接合部の耐力評価(柱梁接合部(6),構造III)

    寺田 岳彦, 石井 大吾, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2009年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2009, 1083 - 1084, 日本語

  • 22525 分割外ダイアフラム形式角形鋼管柱H形断面梁接合部の部分架構実験 : その3 実験結果および考察(柱梁接合部(4),構造III)

    松尾 真太朗, 佐分利 和宏, 九嶋 壮一郎, 田中 剛, 井上 一朗

    一般社団法人日本建築学会, 2009年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2009, 1049 - 1050, 日本語

  • 22541 リングパネル構法を適用した柱梁接合部の耐力評価 : その1 テコ作用による応力伝達(柱梁接合部(6),構造III)

    石井 大吾, 寺田 岳彦, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2009年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2009, 1081 - 1082, 日本語

  • 22523 分割外ダイアフラム形式角形鋼管柱H形断面梁接合部の部分架構実験 : その1 接合部設計法(柱梁接合部(4),構造III)

    佐分利 和宏, 松尾 真太朗, 九嶋 壮一郎, 田中 剛, 井上 一朗

    一般社団法人日本建築学会, 2009年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2009, 1045 - 1046, 日本語

  • 22524 分割外ダイアフラム形式角形鋼管柱H形断面梁接合部の部分架構実験 : その2 実験計画および履歴性状(柱梁接合部(4),構造III)

    九嶋 壮一郎, 松尾 真太朗, 佐分利 和宏, 田中 剛, 井上 一朗

    一般社団法人日本建築学会, 2009年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2009, 1047 - 1048, 日本語

  • 22515 降伏比の高い鋼材を用いた冷間プレス成形角形鋼管柱梁接合部パネルの弾塑性挙動(柱梁接合部(2),構造III)

    藤岡 将利, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 山口 種美, 竹内 一郎

    一般社団法人日本建築学会, 2009年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2009, 1029 - 1030, 日本語

  • 22528 ノンスチフナ形式H形断面強軸柱梁接合部の弾塑性挙動に関する研究 : その2.接合部引張実験(柱梁接合部(4),構造III)

    鈴木 至, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 福田 浩司, 北岡 聡

    一般社団法人日本建築学会, 2009年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2009, 1055 - 1056, 日本語

  • 23340 既存地下構造の再利用におけるRC梁の補強に関する研究 : その3. 補強梁の曲げ実験(耐震補強:梁ほか,構造IV)

    奥山 岳典, 北條 稔郎, 田渕 基嗣, 孫 玉平, 田中 剛, 森 浩二

    一般社団法人日本建築学会, 2009年07月20日, 学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 2009, 701 - 702, 日本語

  • 23341 既存地下構造の再利用におけるRC梁の補強に関する研究 : その4. 補強梁の曲げ実験結果(耐震補強:梁ほか,構造IV)

    北條 稔郎, 田渕 基嗣, 孫 玉平, 田中 剛, 森 浩二, 奥山 岳典

    一般社団法人日本建築学会, 2009年07月20日, 学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 2009, 703 - 704, 日本語

  • 22380 ノンダイアフラム形式円形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動 : その2 実験結果(柱梁接合部(6),構造III)

    高田 武之, 田中 剛, 田渕 基嗣, 塩飽 豊明, 大隈 亮佑, 西村 有司

    一般社団法人日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2010, 759 - 760, 日本語

  • 22373 外リングダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動 : その1. 実験計画および破壊状況(柱梁接合部(5),構造III)

    松下 政弘, 田中 剛, 田渕 基嗣, 山口 温弘, 伊藤 綾那, 塩飽 豊明

    一般社団法人日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2010, 745 - 746, 日本語

  • 22375 外リングダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動 : その3. 極限解析(柱梁接合部(5),構造III)

    伊藤 綾那, 田中 剛, 田渕 基嗣, 山口 温弘, 松下 政弘, 塩飽 豊明

    一般社団法人日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2010, 749 - 750, 日本語

  • 22379 ノンダイアフラム形式円形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動 : その1 十字型架構実験計画(柱梁接合部(6),構造III)

    大隈 亮佑, 田中 剛, 田渕 基嗣, 塩飽 豊明, 高田 武之, 西村 有司

    一般社団法人日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2010, 757 - 758, 日本語

  • 22374 外リングダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動 : その2. 実験結果(柱梁接合部(5),構造III)

    山口 温弘, 田中 剛, 田渕 基嗣, 伊藤 綾那, 松下 政弘, 塩飽 豊明

    一般社団法人日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2010, 747 - 748, 日本語

  • 22381 ノンダイアフラム形式円形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動 : その3 破壊状況の検討(柱梁接合部(6),構造III)

    西村 有司, 田中 剛, 田渕 基嗣, 塩飽 豊明, 高田 武之, 大隈 亮佑

    一般社団法人日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2010, 761 - 762, 日本語

  • 22376 外リングダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動 : その4. 耐力評価(柱梁接合部(5),構造III)

    田中 剛, 田渕 基嗣, 山口 温弘, 伊藤 綾那, 松下 政弘, 塩飽 豊明

    一般社団法人日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2010, 751 - 752, 日本語

  • 23194 既存地下構造の再利用におけるRC梁の補強に関する研究 : 補強梁柱接合部実験 その1.実験(柱梁接合部(3),構造IV)

    古谷 祐希, 田渕 基嗣, 孫 玉平, 田中 剛, 森 浩二, 北條 稔郎

    一般社団法人日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 2010, 413 - 414, 日本語

  • 23195 既存地下構造の再利用におけるRC梁の補強に関する研究 : 補強梁柱接合部実験 その2.実験結果の考察(柱梁接合部(3),構造IV)

    北條 稔郎, 田渕 基嗣, 孫 玉平, 田中 剛, 森 浩二, 古谷 祐希

    一般社団法人日本建築学会, 2010年07月20日, 学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 2010, 415 - 416, 日本語

  • 2072 外リングダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動 : その4 梁偏心形式接合部の耐力評価(構造)

    伊藤 綾那, 田中 剛, 田渕 基嗣, 生駒 圭佑, 松下 政弘

    一般社団法人日本建築学会, 2011年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (51), 285 - 288, 日本語

  • 2069 ノンダイアフラム形式円形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動 : その4 破壊起点の歪挙動(構造)

    西村 有司, 田中 剛, 田渕 基嗣, 高田 武之, 大隈 亮佑

    一般社団法人日本建築学会, 2011年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (51), 273 - 276, 日本語

  • 2076 露出柱脚基礎梁接合部の応力伝達機構に関する研究 : その1 載荷方法,アンカーボルト埋込み長さおよび接合部補強方法を因子とした実験(構造)

    吉松 遼平, 田中 剛, 古谷 祐希

    一般社団法人日本建築学会, 2011年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (51), 301 - 304, 日本語

  • 2088 増し打ち補強梁のあと施工による主筋の定着性能確認実験(構造)

    北條 稔郎, 田渕 基嗣, 孫 玉平, 田中 剛, 奥山 岳典

    一般社団法人日本建築学会, 2011年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (51), 349 - 352, 日本語

  • 2068 ノンダイアフラム形式円形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動 : その3 接合部パネルのせん断変形による影響(構造)

    高田 武之, 田中 剛, 田渕 基嗣, 大隈 亮佑, 西村 有司

    一般社団法人日本建築学会, 2011年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (51), 269 - 272, 日本語

  • 2071 外リングダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動 : その3 梁偏心形式単純模型実験(構造)

    生駒 圭佑, 田中 剛, 田渕 基嗣, 伊藤 綾那, 松下 政弘

    一般社団法人日本建築学会, 2011年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (51), 281 - 284, 日本語

  • 2055 ノンダイアフラム形式円形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動 : その2 破壊性状の検討(構造)

    西村 有司, 田中 剛, 田渕 基嗣, 塩飽 豊明, 高田 武之, 大隈 亮佑

    一般社団法人日本建築学会, 2010年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (50), 217 - 220, 日本語

  • 2052 外リングダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動 : その1 単純模型実験(構造)

    山口 温弘, 田中 剛, 田渕 基嗣, 伊藤 綾那, 松下 政弘, 塩飽 豊明

    一般社団法人日本建築学会, 2010年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (50), 205 - 208, 日本語

  • 2054 ノンダイアフラム形式円形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動 : その1 十字形架構実験(構造)

    大隈 亮佑, 田中 剛, 田渕 基嗣, 塩飽 豊明, 高田 武之, 西村 有司

    一般社団法人日本建築学会, 2010年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (50), 213 - 216, 日本語

  • 2099 既存地下構造の再利用におけるRC梁の補強に関する研究 : その3.補強梁柱接合部実験(構造)

    北條 稔郎, 田渕 基嗣, 孫 玉平, 田中 剛, 森 浩二, 古谷 祐希

    一般社団法人日本建築学会, 2010年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (50), 393 - 396, 日本語

  • 2060 既存地下構造の再利用におけるRC梁の補強に関する研究 : その2.補強梁の曲げ実験(構造)

    北條 稔郎, 田渕 基嗣, 孫 玉平, 田中 剛, 森 浩二, 奥山 岳典

    一般社団法人日本建築学会, 2009年05月22日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (49), 237 - 240, 日本語

  • 2108 分割外ダイアフラム形式角形鋼管柱H形断面梁接合部の部分架構実験 : その1 接合部設計法および実験計画(構造)

    佐分利 和宏, 松尾 真太朗, 田中 剛, 井上 一朗

    一般社団法人日本建築学会, 2009年05月22日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (49), 429 - 432, 日本語

  • 2109 分割外ダイアフラム形式角形鋼管柱H形断面梁接合部の部分架構実験 : その2 実験結果および考察(構造)

    松尾 真太朗, 佐分利 和宏, 田中 剛, 井上 一朗

    一般社団法人日本建築学会, 2009年05月22日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (49), 433 - 436, 日本語

  • 437 柱梁接合部の溶接金属の強度評価 : 建築鉄骨の溶接接合部に関する研究(第6報)(強度・破壊(III))

    西田 祐三, 田渕 基嗣, 田中 剛, 中野 利彦

    社団法人溶接学会, 2004年08月20日, 溶接学会全国大会講演概要, (75), 316 - 317, 日本語

  • 331 端部欠陥が破壊性状および塑性変形能力に及ぼす影響 : 鉄骨造柱梁溶接接合部の構造特性に与える溶接欠陥の影響(第 2 報)

    吉村 鉄也, 田渕 基嗣, 田中 剛, 安井 一浩

    社団法人溶接学会, 2003年09月08日, 溶接学会全国大会講演概要, (73), 242 - 243, 日本語

  • 427 パス間温度および入熱量が溶接金属の機械的性質に与える影響 : 建築鉄骨の溶接接合部に関する研究(第 5 報)

    西田 祐三, 田渕 基嗣, 田中 剛, 横山 重和, 吉村 鉄也, 中野 利彦

    社団法人溶接学会, 2003年09月08日, 溶接学会全国大会講演概要, (73), 352 - 353, 日本語

  • 330 溶接始終端に人工欠陥を設けた実大接合部の載荷実験 : 鉄骨造柱梁溶接接合部の構造特性に与える溶接欠陥の影響(第 1 報)

    安井 一浩, 田渕 基嗣, 田中 剛, 吉村 鉄也

    社団法人溶接学会, 2003年09月08日, 溶接学会全国大会講演概要, (73), 240 - 241, 日本語

  • 432 角形鋼管柱梁溶接接合部における通しダイアフラムの変形

    橋本 紘世, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 横山 重和, 濱名 正洋

    社団法人溶接学会, 2002年09月03日, 溶接学会全国大会講演概要, (71), 392 - 393, 日本語

  • 307 入熱量およびパス間温度が溶接部の熱履歴に与える影響 : 建築鉄骨の溶接接合部に関する研究(第3報)

    西田 祐三, 田渕 基嗣, 田中 剛, 横山 重和, 吉村 鉄也, 中野 利彦

    社団法人溶接学会, 2002年09月03日, 溶接学会全国大会講演概要, (71), 228 - 229, 日本語

  • 308 溶接条件が溶接部の強度に与える影響 : 建築鉄骨の溶接接合部に関する研究(第4報)

    吉村 鉄也, 田渕 基嗣, 田中 剛, 横山 重和, 西田 祐三, 中野 利彦

    社団法人溶接学会, 2002年09月03日, 溶接学会全国大会講演概要, (71), 230 - 231, 日本語

  • 258 柱梁溶接接合部における端部欠陥が梁の塑性変形能力に及ぼす影響

    安井 一浩, 田渕 基嗣, 田中 剛, 吉村 鉄也

    社団法人溶接学会, 2002年09月03日, 溶接学会全国大会講演概要, (71), 200 - 201, 日本語

  • 2046 梁端部の溶接欠陥が梁の塑性変形能力に及ぼす影響 : その 2 欠陥長さによる影響

    安井 一浩, 田渕 基嗣, 田中 剛, 吉村 鉄也

    一般社団法人日本建築学会, 2002年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (42), 181 - 184, 日本語

  • 2047 溶接施工による通しダイアフラムの変形に関する研究 : その 2 CO_2 ガスシールド半自動アーク溶接の場合

    難波 尚, 田渕 基嗣, 田中 剛, 濱名 正洋

    一般社団法人日本建築学会, 2002年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (42), 185 - 188, 日本語

  • 2056 ブレース付き鉄骨造骨組における露出柱脚の耐震補強に関する研究

    畑中 理沙, 田渕 基嗣, 田中 剛, 益居 綾

    一般社団法人日本建築学会, 2002年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (42), 221 - 224, 日本語

  • 2040 溶接条件が溶接部の施工効率および機械的性質に与える影響 : その 1 溶接条件と溶接施工効率

    西田 祐三, 田渕 基嗣, 田中 剛, 横山 重和, 吉村 鉄也, 中野 利彦

    一般社団法人日本建築学会, 2002年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (42), 157 - 160, 日本語

  • 2048 2 方向加力を受ける角形鋼管柱梁接合部パネルの弾塑性挙動に関する研究 : その 1 予備解析

    米田 直樹, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚

    一般社団法人日本建築学会, 2002年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (42), 189 - 192, 日本語

  • 2054 梁ウェブ高力ボルト摩擦接合部の曲げ挙動に関する研究

    長谷 洋司, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 江見 卓郎

    一般社団法人日本建築学会, 2002年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (42), 213 - 216, 日本語

  • 2041 溶接条件が溶接部の施工効率および機械的性質に与える影響 : その 2 溶接条件と機械的性質

    吉村 鉄也, 田渕 基嗣, 田中 剛, 横山 重和, 西田 祐三, 中野 利彦

    一般社団法人日本建築学会, 2002年05月24日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (42), 161 - 164, 日本語

  • 124 板厚とパス間温度が溶接部の熱履歴に与える影響 : 建築鉄骨の溶接接合部に関する研究(第1報)

    横山 重和, 田渕 基嗣, 田中 剛, 吉村 鉄也, 中野 利彦

    社団法人溶接学会, 2002年03月24日, 溶接学会全国大会講演概要, (70), 50 - 51, 日本語

  • 22341 通しダイアフラム形式で角形鋼管柱に接合される H 形断面梁の破壊性状に関する研究 : その 2 梁フランジ板厚を変化させた場合の実験結果

    田中 剛, 田渕 基嗣, 井口 智晴, 木原 茂郎

    一般社団法人日本建築学会, 2002年08月02日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2002, 681 - 682, 日本語

  • 22338 梁端部の溶接欠陥が梁の塑性変形能力に及ぼす影響 : その 4 欠陥長さによる影響・実験結果

    安井 一浩, 田渕 基嗣, 田中 剛, 吉村 鉄也

    一般社団法人日本建築学会, 2002年08月02日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2002, 675 - 676, 日本語

  • 22342 通しダイアフラム形式で角形鋼管柱に接合される H 形断面梁の破壊性状に関する研究 : その 3 梁フランジ板厚を変化させた場合の数値解析結果

    井口 智晴, 田渕 基嗣, 田中 剛, 木原 茂郎

    一般社団法人日本建築学会, 2002年08月02日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2002, 683 - 684, 日本語

  • 22401 ブレース付き鉄骨造骨組における露出柱脚の耐震補強に関する研究 : その 1. 実験概要

    畑中 理沙, 田渕 基嗣, 田中 剛, 益居 綾

    一般社団法人日本建築学会, 2002年08月02日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2002, 801 - 802, 日本語

  • 22337 梁端部の溶接欠陥が梁の塑性変形能力に及ぼす影響 : その 3 欠陥長さによる影響・実験概要

    吉村 鉄也, 田渕 基嗣, 田中 剛, 安井 一浩

    一般社団法人日本建築学会, 2002年08月02日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2002, 673 - 674, 日本語

  • 22368 2 方向加力を受ける角形鋼管柱梁接合部パネルの弾塑性挙動に関する研究 : その 1 接合部パネルの耐力評価

    難波 尚, 田渕 基嗣, 田中 剛, 米田 直樹

    一般社団法人日本建築学会, 2002年08月02日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2002, 735 - 736, 日本語

  • 22402 ブレース付き鉄骨造骨組における露出柱脚の耐震補強に関する研究 : その 2. 実験結果

    益居 綾, 田渕 基嗣, 田中 剛, 畑中 理沙

    一般社団法人日本建築学会, 2002年08月02日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2002, 803 - 804, 日本語

  • 22318 梁ウェブ高力ボルト摩擦接合部の曲げ挙動に関する研究

    長谷 洋司, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 江見 卓郎

    一般社団法人日本建築学会, 2002年08月02日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2002, 635 - 636, 日本語

  • 22217 溶接施工による通しダイアフラムの変形性状 : その 2 CO_2 ガスシールド半自動アーク溶接の場合

    橋本 紘世, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 横山 重和, 濱名 正洋

    一般社団法人日本建築学会, 2002年08月02日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2002, 433 - 434, 日本語

  • 2方向加力を受ける角形鋼管柱梁接合部パネルの弾塑性挙動に関する研究 (その2 接合部パネルの応力分布)

    米田直樹, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚

    一般社団法人日本建築学会, 2002年, 日本建築学会学術講演梗概集, 構造系C-1, 2002.8, 737 - 738, 日本語

  • 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁溶接接合部の変形能力 : その8 長周期地震動による応答を模したランダム載荷による亀裂進展と変形能力 (構造)

    真鍋 義貴, 吹田 啓一郎, 田中 剛, 高塚 康平

    一般社団法人日本建築学会, 2011年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (51), 445 - 448, 日本語

  • 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁溶接接合部の変形能力 : その10 合成スラブが梁フランジの歪性状に及ぼす影響 (構造)

    津嘉田 敬章, 田中 剛, 吹田 啓一郎, 朝倉 直毅, 上田 遼

    一般社団法人日本建築学会, 2011年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (51), 453 - 456, 日本語

  • 梁の塑性変形能力に及ぼす溶接欠陥の影響 : その2 現場溶接形式の溶接部強度を因子とした載荷実験 (構造)

    上田 遼, 田中 剛, 吹田 啓一郎, 佐藤 勇介, 山根 正寛, 中澤 好道

    一般社団法人日本建築学会, 2011年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (51), 437 - 440, 日本語

  • 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁接合部の変形能力 : その11 梁断面寸法の違いが変形能力に及ぼす影響 (構造)

    高塚 康平, 吹田 啓一郎, 田中 剛, 真鍋 義貴

    一般社団法人日本建築学会, 2011年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (51), 457 - 460, 日本語

  • 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁溶接接合部の変形能力 : その9 合成スラブによる影響 (構造)

    朝倉 直毅, 田中 剛, 吹田 啓一郎, 津嘉田 敬章, 上田 遼

    一般社団法人日本建築学会, 2011年05月25日, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, (51), 449 - 452, 日本語

  • 22468 長締めボルトを用いた柱RC・梁S混合構造接合部に関する研究 : その1 パイロット実験

    田中 剛, 田渕 基嗣, 福本 昇, 石原 誠一郎

    一般社団法人日本建築学会, 1995年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1995, 935 - 936, 日本語

  • 22303 仕口を増厚した円形鋼管柱・梁接合部の弾塑性挙動に関する研究 : その5 設計式

    難波 尚, 上場 輝康, 田渕 基嗣, 田中 剛, 脇田 孝彦

    一般社団法人日本建築学会, 1995年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1995, 605 - 606, 日本語

  • 22207 すみ肉溶接を用いた柱・梁仕口に関する研究 : その1.溶接部の基礎実験

    白髪 誠一, 田渕 基嗣, 田中 剛, 石川 幹夫, 古海 賢二

    一般社団法人日本建築学会, 1995年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1995, 413 - 414, 日本語

  • 22277 角形鋼管柱・梁接部の強度と剛性に関する研究 : その1 接合部の局部変形の影響

    森 康一, 田渕 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 1995年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1995, 553 - 554, 日本語

  • 22302 仕口を増厚した円形鋼管柱・梁接合部の弾塑性挙動に関する研究 : その4 水平荷重を受ける接合部の弾塑性FEM数値解析

    上場 輝康, 田中 剛, 田渕 基嗣, 難波 尚, 脇田 孝彦

    一般社団法人日本建築学会, 1995年07月20日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1995, 603 - 604, 日本語

  • 21758 仕口部を増厚した円形鋼管柱・梁接合部の弾塑性挙動に関する研究 : その2 水平荷重実験

    栄藤 修, 浜塚 輝雄, 田中 剛, 金谷 弘, 難波 尚, 上場 輝康

    一般社団法人日本建築学会, 1994年07月25日, 学術講演梗概集. C, 構造II, 1994, 1449 - 1450, 日本語

  • 21759 仕口部を増厚した円形鋼管柱・梁接合部の弾塑性挙動に関する研究 : その3 局部耐力推定式

    浜塚 輝雄, 上場 輝康, 難波 尚, 金谷 弘, 栄藤 修, 田中 剛, 森栄 茂樹

    一般社団法人日本建築学会, 1994年07月25日, 学術講演梗概集. C, 構造II, 1994, 1451 - 1452, 日本語

  • 21543 高張力遠心鋳鋼管柱・梁接合部の実験 : 高張力遠心鋳鋼管柱の研究I

    難波 尚, 金谷 弘, 上場 輝康, 田中 剛, 脇田 孝彦, 栄藤 修, 清水 広典

    一般社団法人日本建築学会, 1993年07月25日, 学術講演梗概集. C, 構造II, 1993, 1239 - 1240, 日本語

  • 21263 高層RC造建物を対象とした有孔梁のせん断性状に関する実験研究 : その1 実験概要および実験結果

    福本 昇, 佐藤 尚隆, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 1992年08月01日, 学術講演梗概集. C, 構造II, 1992, 699 - 700, 日本語

  • 21240 30階建高層鉄筋コンクリート造集合住宅の開発 : (その3)柱梁接合部実験

    福本 昇, 加藤 完二, 田中 剛, 佐藤 尚隆

    一般社団法人日本建築学会, 1991年08月01日, 学術講演梗概集. C, 構造II, 1991, 893 - 894, 日本語

  • 22357 現場混用接合における梁フランジの溶接入熱が高力ボルト接合部に与える影響 : その1. 角形鋼管幅厚比D/t=29の場合

    木原 茂郎, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 横山 重和, 増田 寿史

    一般社団法人日本建築学会, 2000年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2000, 713 - 714, 日本語

  • 22320 すみ肉溶接を用いた柱・梁仕口に関する研究 : その9. 山形ラーメン接合部の強度評価

    白髪 誠一, 田渕 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2000年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2000, 639 - 640, 日本語

  • 22319 すみ肉溶接を用いた柱・梁仕口に関する研究 : その8. 山形ラーメン接合部の載荷実験

    田渕 基嗣, 白髪 誠一, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2000年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2000, 637 - 638, 日本語

  • 22345 角形鋼管柱・梁接合部のエンドタブ形状が梁の塑性変形能力に及ぼす影響 : その2. 破壊状況

    井口 智晴, 田渕 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2000年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2000, 689 - 690, 日本語

  • 22324 パネルせん断変形が梁の曲げ挙動に及ぼす影響 : その1. パネル梁耐力比を変化させた実験

    川島 伯典, 田渕 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2000年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2000, 647 - 648, 日本語

  • 22344 角形鋼管柱・梁接合部のエンドタブ形状が梁の塑性変形能力に及ぼす影響 : その1. 実験結果

    田中 剛, 田渕 基嗣, 井口 智晴

    一般社団法人日本建築学会, 2000年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2000, 687 - 688, 日本語

  • 22323 梁が偏心するテーパー管形式接合部パネルに関する研究 : その2. 考察

    難波 尚, 田渕 基嗣, 田中 剛, 田中 智三

    一般社団法人日本建築学会, 2000年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2000, 645 - 646, 日本語

  • 22322 梁が偏心するテーパー管形式接合部パネルに関する研究 : その1. 実験

    田中 智三, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚

    一般社団法人日本建築学会, 2000年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2000, 643 - 644, 日本語

  • 22627 長締め高力ボルトを用いた柱RC・梁S混合構造接合部に関する研究 : その3 ボルト配置および試験体形状による影響

    増田 寿史, 田渕 基嗣, 田中 剛, 福本 昇

    一般社団法人日本建築学会, 1998年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1998, 1251 - 1252, 日本語

  • 22240 鋼構造柱梁接合部パネルの弾塑性挙動 : その4 製法の異なる角形鋼管柱・梁接合部パネルの実験

    田中 智三, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚

    一般社団法人日本建築学会, 1998年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1998, 477 - 478, 日本語

  • 22233 絞り管形式角形鋼管柱・梁接合部パネルに関する研究 : その2. 考察

    田中 剛, 田渕 基嗣, 北岡 聡, 難波 尚

    一般社団法人日本建築学会, 1998年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1998, 463 - 464, 日本語

  • 22213 通しダイアフラム形式角形鋼管柱・梁溶接接合部における歪性状

    江本 大輔, 田渕 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 1998年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1998, 423 - 424, 日本語

  • 22239 鋼構造柱・梁接合部パネルの弾塑性挙動 : その3 H形柱・梁接合部パネルの実験

    難波 尚, 田渕 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 1998年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1998, 475 - 476, 日本語

  • 22232 絞り管形式角形鋼管柱・梁接合部パネルに関する研究 : その1. 実験

    北岡 聡, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚

    一般社団法人日本建築学会, 1998年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1998, 461 - 462, 日本語

  • 22168 すみ肉溶接を用いた柱・梁仕口に関する研究 : その5. 前面すみ肉溶接継目の耐力評価

    白髪 誠一, 田渕 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 1998年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1998, 333 - 334, 日本語

  • 22272 接合部パネルのせん断挙動が梁部材の曲げ挙動に与える影響

    田渕 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 1999年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1999, 543 - 544, 日本語

  • 22267 通しダイアフラムで角形鋼管柱に接合されるH型鋼梁の破壊性状に関する研究 : その2 エンドタブ形状の影響

    井口 智晴, 田渕 基嗣, 田中 剛, 江本 大輔

    一般社団法人日本建築学会, 1999年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1999, 533 - 534, 日本語

  • 22276 梁偏心接合形式の角形鋼管柱・梁接合部パネルに関する研究 : その1.有限要素解析による予備検討

    田中 智三, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚

    一般社団法人日本建築学会, 1999年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1999, 551 - 552, 日本語

  • 22371 すみ肉溶接を用いた柱・梁仕口に関する研究 : その7.エンドプレート形式接合部におけるすみ肉溶接継目の有限要素解析

    川島 伯典, 田渕 基嗣, 田中 剛, 白髪 誠一

    一般社団法人日本建築学会, 1999年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1999, 741 - 742, 日本語

  • 22363 有限要素解析を用いた高力ボルト接合部の弾塑性挙動に関する研究 : その1 摩擦接合形式の基本挙動

    増田 寿史, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚

    一般社団法人日本建築学会, 1999年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1999, 725 - 726, 日本語

  • 22364 有限要素解析を用いた高力ボルト接合部の弾塑性挙動に関する研究 : その2 引張接合形式の基本挙動

    難波 尚, 田渕 基嗣, 田中 剛, 増田 寿史

    一般社団法人日本建築学会, 1999年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1999, 727 - 728, 日本語

  • 22370 すみ肉溶接を用いた柱・梁仕口に関する研究 : その6.不等脚すみ肉溶接継目の耐力評価

    白髪 誠一, 田渕 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 1999年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1999, 739 - 740, 日本語

  • 通しダイアルラム形式で角形鋼管柱に接合されるH形鋼梁の破壊性状に関する研究 その1 梁フランジ幅厚比の影響

    江本大輔, 田渕 基嗣, 田中 剛, 井口 智晴

    一般社団法人日本建築学会, 1999年, 日本建築学会大会学術講演梗概集 (中国), 1999. 09, 531 - 532, 日本語

  • 引張軸力を受ける露出柱脚の弾塑性挙動に関する研究 (その2.) 実験結果

    田中剛, 田渕 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 1999年, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 1999.9, 1, 635 - 636, 日本語

  • 22221 絞り管形式の角形鋼管柱・梁接合部パネルに関する研究 : その1. 有限要素法による解析

    北岡 聡, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚

    一般社団法人日本建築学会, 1997年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1997, 441 - 442, 日本語

  • 22145 すみ肉溶接を用いた柱・梁仕口に関する研究 : その4. 斜交すみ肉溶接継目の強度評価

    白髪 誠一, 田渕 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 1997年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1997, 289 - 290, 日本語

  • 22165 通しダイアフラム形式で接合されるH形鋼梁の塑性変形能力に関する実大実験 : その1. 実験計画

    井上 一朗, 上場 輝康, 甲津 功夫, 吹田 啓一郎, 多田 元英, 立山 英二, 田渕 基嗣, 田中 剛, 豊田 政男, 中島 正愛, 藤田 佳広, 丸岡 義臣, 室田 達郎, 森迫 清貴, 森田 耕次

    一般社団法人日本建築学会, 1997年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1997, 329 - 330, 日本語

  • 22174 角型鋼管柱に接合されたH形梁の曲げ挙動に関する考察

    田中 剛, 田渕 基嗣, 森 康一

    一般社団法人日本建築学会, 1997年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1997, 347 - 348, 日本語

  • 22166 通しダイアフラム形式で接合されるH形鋼梁の塑性変形能力に関する実大実験 : その2 工場溶接タイプ・材料E5による実験[1]

    田渕 基嗣, 上場 輝康, 田中 剛, 江本 大輔

    一般社団法人日本建築学会, 1997年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1997, 331 - 332, 日本語

  • 22526 長締めボルトを用いた柱RC・梁S混合構造接合部に関する研究 : その2 接合部形状による影響

    福本 昇, 田渕 基嗣, 田中 剛, 佐藤 尚隆

    一般社団法人日本建築学会, 1997年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1997, 1051 - 1052, 日本語

  • 22229 すみ肉溶接を用いた柱・梁仕口に関する研究 : その2. 溶接部の強度評価

    白髪 誠一, 田渕 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 1996年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1996, 457 - 458, 日本語

  • 22230 すみ肉溶接を用いた柱・梁仕口に関する研究 : その3. エンドプレート形式仕口の載荷実験

    田渕 基嗣, 田中 剛, 白髪 誠一, 石川 幹夫, 古海 賢二

    一般社団法人日本建築学会, 1996年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1996, 459 - 460, 日本語

  • 22295 角形鋼管柱・梁接合部の強度と合成に関する研究 : その2 角形鋼管柱に接合されるH形梁の曲げ挙動

    森 康一, 田渕 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 1996年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1996, 589 - 590, 日本語

  • 22279 円形鋼管柱・梁接合部パネルに関する実験的研究

    難波 尚, 田渕 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 1996年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1996, 557 - 558, 日本語

  • 22312 スカラップを有する角形鋼管柱・梁接合部の梁フランジ歪分布 : その3. 梁端に水平ハンチを設けた場合

    田中 剛, 田渕 基嗣

    一般社団法人日本建築学会, 1996年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 1996, 623 - 624, 日本語

  • 22399 円形鋼管柱に接合される外ダイアフラムの引張耐力(接合部(6),構造III)

    木村 慧, 松尾 真太朗, 田中 剛, 吹田 啓一郎, 井根 達比古, 井上 一朗

    一般社団法人日本建築学会, 2007年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2007, 797 - 798, 日本語

  • 22400 外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動に関する研究 : その6. 側柱形式を想定した接合部引張実験(接合部(6),構造III)

    松尾 真太朗, 田中 剛, 井上 一朗

    一般社団法人日本建築学会, 2007年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2007, 799 - 800, 日本語

  • 22434 梁端部の溶接欠陥が梁の塑性変形能力に及ぼす影響 : その5実験計画(柱梁接合部(1),構造III)

    田渕 基嗣, 田中 剛, 吉村 鉄也, 安井 一浩, 石原 完爾, 横田 和伸, 藤田 哲也, 三村 麻里

    一般社団法人日本建築学会, 2003年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2003, 867 - 868, 日本語

  • 22475 上下階で柱幅が異なる角形鋼管柱梁接合部に関する研究 : その1予備数値解析(柱梁接合部(5),構造III)

    田中 剛, 田渕 基嗣, 冨田 洋平

    一般社団法人日本建築学会, 2003年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2003, 949 - 950, 日本語

  • 22476 上下階で柱幅が異なる角形鋼管柱梁接合部に関する研究 : その2解析結果(柱梁接合部(5),構造III)

    冨田 洋平, 田渕 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2003年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2003, 951 - 952, 日本語

  • 22464 現場混用接合形式による角形鋼管柱梁接合部の力学的性状に関する研究 : その3.鋼管幅厚比の影響・実験結果(柱梁接合部(4),構造III)

    江見 卓郎, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 長谷 洋司

    一般社団法人日本建築学会, 2003年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2003, 927 - 928, 日本語

  • 22481 2方向加力を受ける角形鋼管柱梁接合部パネルの弾塑性挙動に関する研究 : その3載荷実験概要(柱梁接合部(5),構造III)

    日浦 博和, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 米田 直樹

    一般社団法人日本建築学会, 2003年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2003, 961 - 962, 日本語

  • 22482 2方向加力を受ける角形鋼管柱梁接合部パネルの弾塑性挙動に関する研究 : その4載荷実験結果(柱梁接合部(5),構造III)

    米田 直樹, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 日浦 博和

    一般社団法人日本建築学会, 2003年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2003, 963 - 964, 日本語

  • 22463 現場混用接合形式による角形鋼管柱梁接合部の力学的性状に関する研究 : その2.鋼管幅厚比の影響・実験計画(柱梁接合部(4),構造III)

    長谷 洋司, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 江見 卓郎

    一般社団法人日本建築学会, 2003年07月30日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2003, 925 - 926, 日本語

  • 22267 外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動に関する研究 : その4. 上界定理による崩壊荷重の誘導(柱梁接合部 (1), 構造III)

    田中 剛, 松尾 真太朗, 井上 一朗

    一般社団法人日本建築学会, 2006年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2006, 533 - 534, 日本語

  • 22268 外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動に関する研究 : その5. 下界定理による降伏耐力評価(柱梁接合部 (1), 構造III)

    松尾 真太朗, 田中 剛, 井上 一朗

    一般社団法人日本建築学会, 2006年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2006, 535 - 536, 日本語

  • 22557 引張軸力とせん断力を受けるあと施工アンカーの弾塑性挙動 : その3. モルタルの有無による影響(接合部・切替部・付着, 構造III)

    片岡 達郎, 田渕 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2006年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2006, 1113 - 1114, 日本語

  • 22505 水平隅肉溶接の施工試験 : その1. 現行の施工方法による溶接品質(接合要素 (4), 構造III)

    若間 靖志, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚

    一般社団法人日本建築学会, 2006年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2006, 1009 - 1010, 日本語

  • 22410 現場混用接合形式による角形鋼管柱・梁接合部の力学性状に関する研究 : その1.高力ボルト張力の影響(柱梁接合部(4),構造III)

    江見 卓郎, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 増田 寿史

    一般社団法人日本建築学会, 2001年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2001, 819 - 820, 日本語

  • 22379 溶接施工による通しダイアフラムの変形性状 : その1 ダイアフラム厚の影響(溶接(3),構造III)

    橋本 紘世, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 横山 重和, 濱名 正洋

    一般社団法人日本建築学会, 2001年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2001, 757 - 758, 日本語

  • 22434 鉄骨造骨組の弾塑性挙動に及ぼす接合部変形の影響(柱梁接合部(9),構造III)

    前西 美菜, 田渕 基嗣, 上場 輝康, 田中 剛, 難波 尚

    一般社団法人日本建築学会, 2001年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2001, 867 - 868, 日本語

  • 22452 梁端部の溶接欠陥が梁の塑性変形能力に及ぼす影響 : その1 アンダーマッチングの溶接部を対象にした予備実験・実験概要(柱梁接合部(12),構造III)

    吉村 鉄也, 田渕 基嗣, 田中 剛

    一般社団法人日本建築学会, 2001年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2001, 903 - 904, 日本語

  • 22441 ダブラープレートで補強されたH形断面柱梁接合部パネルの弾塑性挙動(柱梁接合部(10),構造III)

    影山 誠, 田中 剛, 田渕 基嗣, 難波 尚

    一般社団法人日本建築学会, 2001年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2001, 881 - 882, 日本語

  • 22437 パネルのせん断変形が梁の曲げ挙動に及ぼす影響 : その2.柱断面形状を変化させた実験(柱梁接合部(9),構造III)

    難波 尚, 田渕 基嗣, 田中 剛, 川島 伯典

    一般社団法人日本建築学会, 2001年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2001, 873 - 874, 日本語

  • 22453 梁端部の溶接欠陥が梁の塑性変形能力に及ぼす影響 : その2 アンダーマッチングの溶接部を対象にした予備実験・実験概要(柱梁接合部(12),構造III)

    田中 剛, 田渕 基嗣, 吉村 鉄也

    一般社団法人日本建築学会, 2001年07月31日, 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2001, 905 - 906, 日本語

  • パネルのせん断変形が梁の曲げ挙動に及ぼす影響-その3. 数値解析及および考察-

    田渕基嗣, 難波 尚, 田中 剛, 川島 伯典

    一般社団法人日本建築学会, 2001年, 日本建築学会大会学術講演梗概集C-1, 2001. 9, 875 - 876, 日本語

書籍等出版物

  • 冷間成形角形鋼管設計・施工マニュアル

    田中 剛

    共編者(共編著者), 一般社団法人 日本建築センター, 2018年01月, 日本語, ISBN: 9784889101720

    学術書

  • 鉄骨工事技術指針・工場製作編

    田中 剛

    共著, 一般社団法人 日本建築学会, 2018年01月, 日本語, ISBN: 9784818910782

    学術書

  • 鉄骨工事技術指針・工事現場施工編

    田中 剛

    共著, 一般社団法人 日本建築学会, 2018年01月, 日本語, ISBN: 9784818910799

    学術書

  • 建築工事標準仕様書 JASS 6 鉄骨工事

    田中 剛

    共著, 一般社団法人 日本建築学会, 2018年01月, 日本語, ISBN: 9784818915473

    学術書

  • 建築工事監理指針 平成25年度版

    田中 剛

    その他, 一般社団法人 公共建築協会, 2013年10月, 日本語, ISBN: 9784905873372

    その他

  • 鋼構造接合部設計指針

    田中 剛

    共著, 日本建築学会, 2012年03月, 日本語

    学術書

  • 鋼構造接合部設計指針

    田中 剛

    共著, 日本建築学会, 2006年03月, 日本語

    学術書

  • 鋼構造接合部設計指針(第4版)

    日本建築学会

    日本建築学会,丸善出版 (発売), 2021年02月, 日本語, ISBN: 9784818906037

講演・口頭発表等

  • H形補強材を付加した角形鋼管柱梁接合部における補強材負担応力の簡易推定法-その 2 簡易力学モデルによる補強材の負担応力の推定-

    中藤 駿, 浅田 勇人, 田中 剛, 奥山 真希

    日本建築学会大会学術講演会, 2018年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • H形補強材を付加した角形鋼管柱梁接合部における補強材負担応力の簡易推定法-その 1 外ダイアフラム形式を用いた柱-補強材接合部の局部剛性の推定-

    奥山 真希, 浅田 勇人, 田中 剛, 中藤 駿

    日本建築学会大会学術講演会, 2018年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 梁端ウェブ接合部に発生する溶融亜鉛めっき割れに関する研究- その 6

    藤原有希, 浅田勇人, 田中 剛, 山下 達雄, 宮坂 淳一, 古舘 岳実

    日本建築学会大会学術講演会, 2018年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 埋込み柱脚基礎梁接合部の応力伝達機構-その 9 帯筋の補強効果-

    平野 公大, 田中 剛, 浅田 勇人, 前田 純花

    日本建築学会大会学術講演会, 2018年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 埋込み柱脚基礎梁接合部の応力伝達機構-その 10 実験因子の影響-

    前田 純花, 田中 剛, 浅田 勇人, 平野 公大

    日本建築学会大会学術講演会, 2018年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 実大柱梁部分架構の溶融亜鉛浸漬実験 その 2 実験結果および解析的検討

    浅田 勇人, 田中 剛, 藤原 有希, 小林 輝昭, 上野 悟, 犬伏 昭, 北野 祐司, 渡会 竹志, 村上 慶弘, 藤沢 清二

    日本建築学会大会学術講演会, 2018年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 実大柱梁部分架構の溶融亜鉛浸漬実験 その 1 実験計画

    犬伏 昭, 浅田 勇人, 田中 剛, 藤原 有希, 小林 輝昭, 上野 悟, 北野 祐司, 渡会 竹志, 村上 慶弘, 藤沢 清二

    日本建築学会大会学術講演会, 2018年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 外リングダイアフラム形式コンクリート充填超高強度円形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動-その1 単純模型実験-

    田中 剛, 岡本 真梨子, 浅田 勇人

    日本建築学会大会学術講演会, 2018年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 外リングダイアフラム形式コンクリート充填超高強度円形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動 -その 2 T字形架構実験および局部耐力-

    岡本 真梨子, 田中 剛, 浅田 勇人

    日本建築学会大会学術講演会, 2018年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 一面せん断接合部を有する鋼管ブレースの座屈荷重に与えるガセットプレートの面外曲げ剛性および耐力の影響 その 3 現実的なガセットプレート形状を考慮した座屈荷重算定法

    中井 沙耶, 浅田 勇人, 岡崎 太一郎, 田中 剛

    日本建築学会大会学術講演会, 2018年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ガセットプレートが取り付く外ダイアフラム形式箱形断面柱梁接合部の弾塑性挙動 その 4 床スラブを有する部分架構実験に関する考察

    矢橋 健太郎, 浅田 勇人, 田中 剛, 多賀 謙蔵, 竹内 佑騎, 竹島 徹, 中尾 尊澄, 梅本 優也

    日本建築学会大会学術講演会, 2018年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ガセットプレートが取り付く外ダイアフラム形式箱形断面柱梁接合部の弾塑性挙動 その 3 床スラブを有する部分架構実験

    竹内 佑騎, 浅田 勇人, 田中 剛, 多賀 謙蔵, 矢橋 健太郎, 竹島 徹, 中尾 尊澄, 梅本 優也

    日本建築学会大会学術講演会, 2018年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • H形断面部材を用いた鋼構造建築物柱脚部の塑性変形能力改善手法に関する研究 (その3)

    LEE JOONKWON, 中村優人, 多賀 謙藏, 浅田勇人, 田中 剛, 竹島徹, 中尾尊澄, 梅本優也

    2018年度日本建築学会大会(東北), 2018年09月, 日本語, 日本建築学会, 仙台市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • H形補強材を付加した角形鋼管柱梁接合部における補強材負担応力の簡易推定法

    中藤 駿, 浅田 勇人, 田中 剛

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2018年06月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 梁端ウェブ接合部に設けられためっき抜き円形孔に発生する溶融亜鉛めっき割れに及ぼす鋼材特性の影響

    藤原有希, 浅田勇人, 田中 剛, 山下 達雄, 宮坂 淳一

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2018年06月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 埋込み柱脚基礎梁接合部の応力伝達機構に関する研究-その5 外柱柱脚の接合部破壊に対する帯筋の補強効果-

    前田 純花, 田中 剛, 浅田 勇人, 平野 公大

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2018年06月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 外リングダイアフラム形式コンクリート充填超高強度円形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動

    岡本 真梨子, 田中 剛, 浅田 勇人

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2018年06月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ガセットプレートが取り付く外ダイアフラム形式箱形断面柱梁接合部の弾塑性挙動 その2 床スラブを有する場合

    竹内 佑騎, 浅田 勇人, 田中 剛, 多賀 謙蔵, 矢橋 健太郎, 竹島 徹, 中尾 尊澄, 梅本 優也

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2018年06月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • H形断面部材を用いた鋼構造建築物柱脚部の塑性変形能力改善手法に関する研究 (その2)

    LEE JOONKWON, 中村優人, 多賀 謙藏, 浅田勇人, 田中 剛, 竹島徹, 中尾尊澄, 梅本優也

    平成30年度日本建築学会近畿支部研究発表会, 2018年06月, 日本語, 日本建築学会 近畿支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 梁端接合部の破断に与える載荷振幅の影響 その2 鋼種と歪振幅および破断回数との関係

    奥山 真貴, 田中 剛, 浅田 勇人

    日本建築学会大会学術講演会, 2017年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 梁端接合部の破断に与える載荷振幅の影響 その1 載荷振幅と歪振幅および破断回数との関係

    田中 剛, 浅田 勇人, 奥山 真貴

    日本建築学会大会学術講演会, 2017年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 梁端ウェブ接合部に発生する溶融亜鉛脆化割れに関する研究 その5 熱応力解析における材料特性のモデル化の影響

    藤原 有希, 浅田 勇人, 田中 剛, 山下 達雄

    日本建築学会大会学術講演会, 2017年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 梁にH形鋼を高力ボルト接合により付加する耐震補強構法に関する研究 その9 水平スチフナの有無および取り付け位置の影響

    中藤 駿, 浅田 勇人, 田中 剛, 吉見 信之

    日本建築学会大会学術講演会, 2017年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 溶接部と母材の強度比が隅肉溶接継目の耐力に与える影響 その2 降伏面に基づく極限解析

    吉末 理沙, 田中 剛, 浅田 勇人, 松山 将太朗

    日本建築学会大会学術講演会, 2017年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 溶接部と母材の強度比が隅肉溶接継目の耐力に与える影響 その1 載荷実験

    松山 将太朗, 田中 剛, 浅田 勇人, 吉末 理沙

    日本建築学会大会学術講演会, 2017年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 埋込み柱脚基礎梁接合部の応力伝達機構 その8 実験因子の影響

    平野 公大, 田中 剛, 浅田 勇人, 山野 優希

    日本建築学会大会学術講演会, 2017年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 埋込み柱脚基礎梁接合部の応力伝達機構 その7 補強筋の効果

    山野 優希, 田中 剛, 浅田 勇人, 平野 公大

    日本建築学会大会学術講演会, 2017年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 角形鋼管柱に接合されるH形鋼梁が曲げと軸力を受ける場合の耐力評価 その2 耐力評価式の誘導と有限要素解析による検証

    浅田 勇人, 田中 剛, 吉見 信之

    日本建築学会大会学術講演会, 2017年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 角形鋼管柱に接合されるH形鋼梁が曲げと軸力を受ける場合の耐力評価 その1 全塑性耐力の誘導

    吉見 信之, 浅田 勇人, 田中 剛

    日本建築学会大会学術講演会, 2017年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 外リングダイアフラム形式円形鋼管柱梁接合部の耐力評価式

    岡本 真梨子, 田中 剛, 浅田 勇人

    日本建築学会大会学術講演会, 2017年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 一面せん断接合部を有する鋼管ブレースの座屈荷重に与えるガセットプレートの面外曲げ剛性および耐力の影響 その2 載荷実験および有限要素解析

    中井 沙耶, 浅田 勇人, 岡崎 太一郎, 田中 剛, 橋岡 昇吾

    日本建築学会大会学術講演会, 2017年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 一面せん断接合部を有する鋼管ブレースの座屈荷重に与えるガセットプレートの面外曲げ剛性および耐力の影響 その1 座屈荷重算定式の誘導

    橋岡 昇吾, 浅田 勇人, 岡崎 太一郎, 田中 剛, 中井 沙耶

    日本建築学会大会学術講演会, 2017年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • サブマージアーク溶接による先組みビルトH梁端接合部の塑性変形能力 その3 Mシリーズの実験結果および塑性変形能力の分析

    中野 達也, 浅田 勇人, 高塚 康平, 田中 剛, 田渕 基嗣

    日本建築学会大会学術講演会, 2017年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • サブマージアーク溶接による先組みビルトH梁端接合部の塑性変形能力 その2 SシリーズおよびLシリーズの実験結果

    高塚 康平, 浅田 勇人, 中野 達也, 田中 剛, 田渕 基嗣

    日本建築学会大会学術講演会, 2017年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • サブマージアーク溶接による先組みビルトH梁端接合部の塑性変形能力 その1 実験概要

    田渕 基嗣, 田中 剛, 中野 達也, 浅田 勇人, 高塚 康平

    日本建築学会大会学術講演会, 2017年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ガセットプレートが取り付く外ダイアフラム形式箱形断面柱梁接合部の弾塑性挙動 その2 有限要素解析

    竹内 佑騎, 浅田 勇人, 田中 剛, 多賀 謙蔵, 吉見 信之, 竹島 徹, 中尾 尊澄, 梅本 優也

    日本建築学会大会学術講演会, 2017年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ガセットプレートが取り付く外ダイアフラム形式箱形断面柱梁接合部の弾塑性挙動 その1 部分架構実験

    中尾 尊澄, 浅田 勇人, 田中 剛, 多賀 謙蔵, 竹内 佑騎, 吉見 信之, 竹島 徹, 梅本 優也

    日本建築学会大会学術講演会, 2017年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • H形断面部材を用いた鋼構造建築物柱脚部の塑性変形能力改善手法に関する研究(その1)

    中村優人, LEE JOONKWON, 多賀 謙藏, 浅田勇人, 田中 剛, 竹島徹, 中尾尊澄, 梅本優也

    2017年度日本建築学会大会(中国), 2017年09月, 日本語, 日本建築学会, 広島市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • H形断面部材を用いた鋼構造建築物柱脚部の塑性変形能力改善手法に関する研究(その2)

    LEE Joonkwon, 中村 優人, 多賀 謙藏, 浅田 勇人, 田中 剛, 竹島 徹, 中尾 尊澄, 梅本 優也

    日本建築学会大会学術講演会, 2017年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • H形断面部材を用いた鋼構造建築物柱脚部の塑性変形能力改善手法に関する研究(その2)

    LEE JOONKWON, 中村優人, 多賀 謙藏, 浅田勇人, 田中 剛, 竹島徹, 中尾尊澄, 梅本優也

    2017年度日本建築学会大会(中国), 2017年09月, 日本語, 日本建築学会, 広島市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • H形断面部材を用いた鋼構造建築物柱脚部の塑性変形能力改善手法に関する研究(その1)

    中村 優人, LEE Joonkwon, 多賀 謙藏, 浅田 勇人, 田中 剛, 竹島 徹, 中尾 尊澄, 梅本 優也

    日本建築学会大会学術講演会, 2017年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 梁端ウェブ接合部に設けられるめっき抜き円形孔周辺に発生する溶融亜鉛めっき割れに関する解析的検討

    藤原 有希, 浅田 勇人, 田中 剛, 山下 達雄

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2017年06月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 梁にH形鋼を高力ボルト接合により付加する耐震補強構法に関する研究 ‐その8 水平スチフナの有無および取り付け位置の影響‐

    中藤 駿, 浅田 勇人, 田中 剛, 吉見 信之

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2017年06月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 溶接部と母材の強度比が隅肉溶接継目の耐力に与える影響

    松山 将太朗, 田中 剛, 浅田 勇人, 吉末 理沙

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2017年06月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 埋込み柱脚基礎梁接合部の応力伝達機構に関する研究 ‐その4 外柱柱脚の接合部耐力に対する補強筋の効果

    平野 公大, 田中 剛, 浅田 勇人, 山野 優希

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2017年06月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 角形鋼管柱に接合されるH形鋼梁が曲げと軸力を受ける場合の梁端接合部の耐力評価

    吉見 信之, 浅田 勇人, 田中 剛

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2017年06月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 一面せん断接合部を有する鋼管ブレースの座屈荷重に与えるガセットプレートの面外曲げ剛性および耐力の影響

    中井 沙耶, 浅田 勇人, 岡崎 太一郎, 田中 剛, 橋岡 昇吾

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2017年06月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • サブマージアーク溶接による先組みビルトH梁端接合部の塑性変形能力 その4 有限要素解析

    浅田 勇人, 田中 剛, 殿井 雅之, 高塚 康平, 田渕 基嗣

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2017年06月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ガセットプレートが取り付く外ダイアフラム形式箱形断面柱梁接合部の弾塑性挙動

    竹内 佑騎, 浅田 勇人, 田中 剛, 多賀 謙蔵, 吉見 信之, 竹島 徹, 中尾 尊澄, 梅本 優也

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2017年06月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • H形断面部材を用いた鋼構造建築物柱脚部の塑性変形能力改善手法に関する研究

    LEE Joonkwon, 中村 優人, 多賀 謙藏, 浅田 勇人, 田中 剛, 竹島 徹, 中尾 尊澄, 梅本 優也

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2017年06月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • H形断面部材を用いた鋼構造建築物柱脚部の塑性変形能力改善手法に関する研究

    中村優人, LEE JOONKWON, 多賀 謙藏, 浅田勇人, 田中 剛, 竹島徹, 中尾尊澄, 梅本優也

    平成29年度日本建築学会近畿支部研究発表会, 2017年06月, 日本語, 日本建築学会 近畿支部, 大阪市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 梁端ウェブ接合部に発生する溶融亜鉛脆化割れに関する研究‐その4 数値解析による各因子の影響分析‐

    高倉 正幸, 浅田 勇人, 田中 剛, 山下 達雄, 西澤 淳

    日本建築学会大会学術講演会, 2016年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 梁端ウェブ接合部に発生する溶融亜鉛脆化割れに関する研究‐その3 浸漬測定実験および熱伝導・熱応力解析‐

    浅田 勇人, 田中 剛, 高倉 正幸, 山下 達雄, 西澤 淳

    日本建築学会大会学術講演会, 2016年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 梁端ウェブ接合部に発生する溶融亜鉛脆化割れに関する研究- その2 溶融亜鉛脆化割れに及ぼす影響因子の検討-

    西澤 淳, 山下 達雄, 田中 剛, 浅田 勇人, 高倉 正幸, 古館 岳実

    日本建築学会大会学術講演会, 2016年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 梁端ウェブ接合部に発生する溶融亜鉛脆化割れに関する研究- その1 小型モデル試験体を用いた溶融亜鉛脆化割れの再現実験-

    山下 達雄, 西澤 淳, 田中 剛, 浅田 勇人, 高倉 正幸, 古館 岳実

    日本建築学会大会学術講演会, 2016年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 梁にH 形鋼を高力ボルト接合により付加する耐震補強構法に関する研究 -その8 補強材と水平スチフナを併用した補強構法の検証(有限要素解析)

    上原 拓馬, 浅田 勇人, 田中 剛, 中藤 駿, 吉見 信之

    日本建築学会大会学術講演会, 2016年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 梁にH 形鋼を高力ボルト接合により付加する耐震補強構法に関する研究 -その7 補強材と水平スチフナを併用した補強構法の検証(部分架構実験)-

    上原 拓馬, 浅田 勇人, 田中 剛, 中藤 駿, 吉見 信之

    日本建築学会大会学術講演会, 2016年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 梁にH 形鋼を高力ボルト接合により付加する耐震補強構法に関する研究 -その6 梁下に補強材を取り付ける場合の設計方針と梁端接合部の耐力評価-

    吉見 信之, 浅田 勇人, 田中 剛, 中藤 駿, 上原 拓馬

    日本建築学会大会学術講演会, 2016年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 埋込み柱脚基礎梁接合部の応力伝達機構 -その6 各因子の影響-

    平野 公大, 田中 剛, 浅田 勇人, 山野 優希

    日本建築学会大会学術講演会, 2016年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 埋込み柱脚基礎梁接合部の応力伝達機構 -その5 外柱柱脚の実験-

    山野 優希, 田中 剛, 浅田 勇人, 平野 公大

    日本建築学会大会学術講演会, 2016年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 接合部性能に着目したブレース付ラーメンの耐震性能評価 その5 円形鋼管ブレース(D

    橋岡 昇吾, 浅田 勇人, 岡崎 太一郎, 田中 剛, 中井 沙耶

    日本建築学会大会学術講演会, 2016年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 隅肉溶接継目および部分溶込み溶接継目の耐力評価 -その2 FEA および実験との比較-

    吉末 理沙, 田中 剛, 浅田 勇人, 田中 未咲

    日本建築学会大会学術講演会, 2016年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 隅肉溶接継目および部分溶込み溶接継目の耐力評価 -その1 降伏面に基づく極限解析-

    田中 未咲, 田中 剛, 浅田 勇人, 吉末 理沙

    日本建築学会大会学術講演会, 2016年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 管通し平板ガセット形式接合部を有するブレースの座屈荷重に与えるガセットプレート剛性の影響

    橋岡 昇吾, 浅田 勇人, 岡崎 太一郎, 田中 剛, 中井 沙耶

    日本建築学会大会学術講演会, 2016年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 外リングダイアフラム形式超高強度円形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動 -その2 局部耐力および塑性変形能力-

    岡本 真梨子, 田中 剛, 浅田 勇人

    日本建築学会大会学術講演会, 2016年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 外リングダイアフラム形式超高強度円形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動 -その1 載荷実験-

    田中 剛, 岡本 真梨子, 浅田 勇人

    日本建築学会大会学術講演会, 2016年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 梁にH形鋼を高力ボルト接合により付加する耐震補強構法に関する研究 その7 補強材と水平スチフナを併用した補強構法の検証

    中藤 駿, 浅田 勇人, 田中 剛, 上原 拓馬, 吉見 信之

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2016年06月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 梁にH形鋼を高力ボルト接合により付加する耐震補強構法に関する研究 その6 梁下に補強材を取り付ける場合の設計方針と梁端接合部の耐力評価

    吉見 信之, 浅田 勇人, 田中 剛, 中藤 駿, 上原 拓馬

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2016年06月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 埋込み柱脚基礎梁接合部の応力伝達機構に関する研究 その3 外柱柱脚のパンチングシヤー破壊

    平野 公大, 田中 剛, 浅田 勇人, 山野 優希

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2016年06月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 隅肉溶接継目および部分溶込み溶接継目の耐力評価 その2 FEAおよび実験との比較

    吉末 理沙, 田中 剛, 浅田 勇人, 田中 未咲

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2016年06月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 隅肉溶接継目および部分溶込み溶接継目の耐力評価 その1 降伏面に基づく極限解析

    田中 未咲, 田中 剛, 浅田 勇人, 吉末 理沙

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2016年06月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 外リングダイアフラム形式超高強度円形鋼管柱梁接合部のT字形架構実験

    岡本 真梨子, 田中 剛, 浅田 勇人

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2016年06月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • サブマージアーク溶接による先組みビルトH梁端接合部の塑性変形能力 その2

    殿井 雅之, 浅田 勇人, 田中 剛, 福井 良祐, 高塚 康平, 吹田 啓一郎, 遠山 和裕, 鎌倉 和彦

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2016年06月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 梁にH 形鋼を高力ボルト接合により付加する耐震補強構法に関する研究,-その5 角形鋼管柱梁接合部を対象とした実験の結果と有限要素解析による検証-

    上原 拓馬, 浅田 勇人, 田中 剛, 山田 哲, 的場 弘晃

    日本建築学会大会学術講演会, 2015年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 梁にH 形鋼を高力ボルト接合により付加する耐震補強構法に関する研究,-その4 角形鋼管柱梁接合部を対象とした実験の概要-

    的場 弘晃, 浅田 勇人, 田中 剛, 山田 哲, 上原 拓馬

    日本建築学会大会学術講演会, 2015年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 埋込み柱脚基礎梁接合部の応力伝達機構-その4 各因子が応力伝達機構に与える影響-

    山野 優希, 浅田 勇人, 田中 剛, 富谷 保彰

    日本建築学会大会学術講演会, 2015年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 埋込み柱脚基礎梁接合部の応力伝達機構-その3 外柱形式を対象とした実験-

    富谷 保彰, 浅田 勇人, 田中 剛, 山野 優希

    日本建築学会大会学術講演会, 2015年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 二段階振幅繰返し載荷履歴を受ける合成梁の変形能力,塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁溶接接合部の変形能力 その23

    吉見 信之, 田中 剛, 浅田 勇人, 魚住 奈緒美

    日本建築学会大会学術講演会, 2015年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 接合部性能に着目したブレース付ラーメンの耐震性能評価 その2 円形鋼管ブレース(D/t=18) の載荷実験 (実験結果)

    橋岡 昇吾, 浅田 勇人, 岡崎 太一郎, 田中 剛

    日本建築学会大会学術講演会, 2015年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 接合部性能に着目したブレース付ラーメンの耐震性能評価 その2 円形鋼管ブレース(D/t=18) の載荷実験 (実験計画)

    浅田 勇人, 岡崎 太一郎, 田中 剛, 橋岡 昇吾

    日本建築学会大会学術講演会, 2015年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 斜方隅肉溶接継目の最大耐力評価

    田中 未咲, 田中 剛, 浅田 勇人

    日本建築学会大会学術講演会, 2015年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 角形鋼管柱の塑性変形能力に及ぼす溶接欠陥の影響‐その 4 CTOD による欠陥評価‐

    髙倉 正幸, 田中 剛, 浅田 勇人, 上田 遼, 中澤 良道, 鎌倉 和彦

    日本建築学会大会学術講演会, 2015年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • フランジに780N/mm2 級鋼材を用いた異種鋼材H 形断面を柱材とする鋼架構の力学特性に関する研究(その2 実験結果)

    加藤 彰浩, 山下 玲士, 大和田 尚吾, 浅田 勇人, 多賀 謙藏, 田中 剛

    日本建築学会大会学術講演会, 2015年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • フランジに780N/mm2 級鋼材を用いた異種鋼材H 形断面を柱材とする鋼架構の力学特性に関する研究(その1 実験計画)

    山下 玲士, 加藤 彰浩, 大和田 尚吾, 浅田 勇人, 多賀 謙藏, 田中 剛

    日本建築学会大会学術講演会, 2015年09月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 梁にH形鋼を高力ボルト接合により付加する耐震補強構法に関する研究,-その5 角形鋼管柱梁接合部を対象とした実験の結果と有限要素解析による検証-

    上原 拓馬, 浅田 勇人, 田中 剛, 山田 哲, 的場 弘晃

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2015年06月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 梁にH形鋼を高力ボルト接合により付加する耐震補強構法に関する研究,-その4 角形鋼管柱梁接合部を対象とした実験の概要と設計方針-

    的場 弘晃, 浅田 勇人, 田中 剛, 山田 哲, 上原 拓馬

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2015年06月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 埋込み柱脚基礎梁接合部の応力伝達機構に関する研究,-その2 外柱形式を対象とした実験-

    山野 優希, 富谷 保彰, 浅田 勇人, 田中 剛

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2015年06月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 柱の塑性変形能力に及ぼす溶接欠陥の影響- その2 欠陥高さを因子とした載荷実験およびCTOD による欠陥評価-

    髙倉 正幸, 田中 剛, 浅田 勇人, 上田 遼, 中澤 良道, 鎌倉 和彦

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2015年06月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 塑性歪履歴を受ける鋼構造柱梁溶接接合部の変形能力,-その21 二段階振幅繰返し載荷履歴を受ける合成梁の変形能力-

    吉見 信之, 田中 剛, 浅田 勇人, 魚住 奈緒美

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2015年06月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 斜方隅肉溶接継目の最大耐力評価

    田中 未咲, 田中 剛, 浅田 勇人

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2015年06月, 日本語, 日本建築学会, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • フランジに780N/mm²級鋼材を用いた異種鋼材H形断面柱の部材性能評価に関する研究(その2 実験結果)

    大和田 尚吾, 木下 康仁, 遠藤 千尋, 浅田 勇人, 多賀 謙藏, 田中 剛

    2014年度日本建築学会大会学術講演会, 2014年09月, 日本語, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • フランジに780N/mm²級鋼材を用いた異種鋼材H形断面柱の部材性能評価に関する研究(その1 実験計画)

    木下 康仁, 大和田 尚吾, 遠藤 千尋, 浅田 勇人, 多賀 謙藏, 田中 剛

    2014年度日本建築学会大会学術講演会, 2014年09月, 日本語, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大入力地震動に対する既存鋼構造建築物の補強方法ならびに補強設計法の提案

    豊島 憲太, 伊中 泰穂, 浅田 勇人, 多賀 謙藏, 田中 剛, 田邉 義和, 吹田 啓一郎

    平成26年度日本建築学会近畿支部研究発表会, 2014年06月, 日本語, 大阪工業技術専門学校, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • フランジに780N/mm2 級鋼材を用いた異種鋼材H形断面柱の部材性能評価に関する研究

    大和田 尚吾, 遠藤 千尋, 木下 康仁, 浅田 勇人, 多賀 謙藏, 田中 剛

    平成26年度日本建築学会近畿支部研究発表会, 2014年06月, 日本語, 大阪工業技術専門学校, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 既存超高層建築物の梁端溶接接合部の補強方法に関する研究 その2 補強試験体の実験結果

    豊島 憲太, 伊中 泰穂, 多賀 謙藏, 田邉義和, 浅田勇人, 田中剛, 吹田啓一郎

    2013年度日本建築学会大会学術講演会, 2013年08月, 日本語, 北海道大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 既存超高層建築物の梁端溶接接合部の補強方法に関する研究 その1 解析的検討

    伊中 泰穂, 豊島 憲太, 多賀 謙藏, 田邉義和, 浅田勇人, 田中剛, 吹田啓一郎

    2013年度日本建築学会大会学術講演会, 2013年08月, 日本語, 北海道大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 既存超高層建築物の梁端溶接接合部の補強方法に関する解析的研究

    伊中 泰穂, 豊島 憲太, 多賀 謙藏, 田邉義和, 田中剛, 吹田啓一郎

    平成25年度日本建築学会近畿支部研究発表会, 2013年06月, 日本語, 大阪工業技術専門学校, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 上町断層帯地震に対する設計用地震動ならびに設計法に関する研究 その6 鉄骨造建物の設計法の提案

    西村 勝尚, 多賀 謙藏, 福本 義之, 田中 嘉一, 吹田 啓一郎, 多田 元英, 田中 剛, 向出 静司

    日本建築学会大会, 2011年08月, 日本語, 早稲田大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 上町断層帯地震に対する設計用地震動ならびに設計法に関する研究 その7 鉄骨造建物の適用例

    堀本 明伸, 西村 勝尚, 多賀 謙藏, 吹田 啓一郎, 多田 元英, 田中 剛, 向出 静司, 塚越 治夫

    日本建築学会大会, 2011年08月, 日本語, 早稲田大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動に関する研究 その2接合部の局部引張実験(実験計画,実験結果)

    田中 剛

    日本建築学会大会, 2005年09月, 日本語, 日本建築学会, 北海道大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動に関する研究 その1塑性論に基づく崩壊荷重の誘導

    金 成龍, 田中 剛

    日本建築学会大会, 2005年09月, 日本語, 日本建築学会, 北海道大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動に関する研究 その3接合部の引張実験(実験結果および考察)とFEM解析

    田中 剛

    日本建築学会大会, 2005年09月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 北海道大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動に関する研究 その2接合部の局部引張実験

    田中 剛

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2005年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪工業技術専門学校, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動に関する研究 その1塑性論に基づく崩壊荷重の誘導

    田中 剛, 金 成龍

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2005年06月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪工業技術専門学校, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 引張軸力とせん断力を受けるあと施工アンカーの弾塑性挙動-その3 モルタルの有無および載荷履歴による影響-

    片岡 達郎, 田渕 基嗣, 田中 剛

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2005年06月, 日本語, 大阪工業技術専門学校, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 引張軸力とせん断力を受けるあと施工アンカーの弾塑性挙動-その2 荷重比による影響-

    片岡 達郎, 田渕 基嗣, 田中 剛

    日本建築学会近畿支部研究発表会, 2005年03月, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 大阪工業技術専門学校, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 断面形状の異なる柱に鋼製エンドタブを用いて溶接接合された梁の塑性変形能力 その2.破壊状況

    藤本 俊宏, 田渕 基嗣, 田中 剛, 井口 智晴

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2004年, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 弱軸H形断面柱梁接合部パネルの全塑性耐力の評価 その1.有限要素解析

    難波 尚, 田渕 基嗣, 田中 剛

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2004年, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 現場混用形式による角形鋼管柱梁接合部の力学的性状に関する研究 その5.2列配置時の挙動

    江見 卓郎, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 長谷 洋司, 三輪 剛

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2004年, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 現場混用形式による角形鋼管柱梁接合部の力学的性状に関する研究 その4.1列配置時の挙動

    江見 卓郎, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 長谷 洋司, 三輪 剛

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2004年, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 形状の異なる柱に鋼製エンドタブを用いて溶接接合された梁の塑性変形能力 その1.実験概要

    藤本 俊宏, 田渕 基嗣, 田中 剛, 井口 智晴

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2004年, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • スプリットティー形式引張接合部の有限要素解析

    太田 悠紀, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2004年, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 2方向載荷を受ける増圧形式角形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動 その1.実験結果

    難波 尚, 田渕 基嗣, 田中 剛

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2004年, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 2方向載荷を受ける鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動に関する研究 その5.軸力比の影響

    米田 直樹, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 日浦 博和, 森田 隆司

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2004年, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 2方向加力を受ける鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動に関する研究 その6.有限要素解析

    米田 直樹, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 日浦 博和, 森田 隆司

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2004年, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 梁端部の溶接欠陥が梁の塑性変形能力に及ぼす影響 その7 溶接部の超音波探傷

    笠原 基弘, 田渕 基嗣, 田中 剛, 石原 完爾, 横田 和伸, 藤田 哲也, 三村 麻里, 吉村 鉄也, 安井 一浩

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2003年, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 梁端部の溶接欠陥が梁の塑性変形能力に及ぼす影響 その6 鋼材および溶接部の材料特性

    横田 和伸, 田渕 基嗣, 田中 剛, 吉村 鉄也, 安井 一浩, 石原 完爾, 藤田 哲也, 三村 麻里

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2003年, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 梁端部の溶接欠陥が梁の塑性変形能力に及ぼす影響 その5 実験計画

    田渕 基嗣, 田中 剛, 吉村 鉄也, 安井 一浩, 石原 完爾, 横田 和伸, 藤田 哲也, 三村 麻里

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2003年, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 溶接部の溶接欠陥が梁の塑性変形能力に及ぼす影響 その3 ダイアフラム,溶接部,梁フリンジの強度比の影響-

    吉村 鉄也, 田渕 基嗣, 田中 剛, 安井 一浩

    日本建築学会近畿支部研究報告集, 2003年, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 溶接始終端に人工欠陥を設けた実大接合部の載荷実験-鉄骨造柱梁溶接接合部の構造特性に与える溶接欠陥の影響(第2報)

    吉村 鉄也, 田渕 基嗣, 田中 剛, 安井 一浩

    溶接学会全国大会講演概要, 2003年, 日本語, 溶接学会, 大阪大学コンベンションセンター, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 溶接始終端に人工欠陥を設けた実大接合部の載荷実験-鉄骨造柱梁溶接接合部の構造特性に与える溶接欠陥の影響(第1報)

    安井 一浩, 田渕 基嗣, 田中 剛, 吉村 鉄也

    溶接学会全国大会講演概要, 2003年, 日本語, 溶接学会, 大阪大学コンベンションセンター, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 上下階で柱幅が異なる角形鋼管柱梁接合部に関する研究 その2解析結果

    富田 洋平, 田渕 基嗣, 田中 剛

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2003年, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 上下階で柱幅が異なる角形鋼管柱梁接合部に関する研究 その1予備数値解析

    田中 剛, 田渕 基嗣, 富田 洋平

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2003年, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 上下階で柱幅が異なる角形鋼管柱梁接合部に関する研究 その1予備数値解析

    田中 剛, 田渕 基嗣, 富田 洋平

    日本建築学会近畿支部研究報告集, 2003年, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 現場混用接合形式による角形鋼管柱梁接合部の力学的性状に関する研究 その3.鋼管幅厚比の影響・実験結果

    江見 卓郎, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 長谷 洋司

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2003年, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 現場混用接合形式による角形鋼管柱梁接合部の力学的性状に関する研究 その2.鋼管幅厚比の影響・実験計画

    長谷 洋司, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 江見 卓郎

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2003年, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 現場混用接合形式による角形綱管柱梁接合部の力学的性状に関する研究 その2.鋼管幅厚比の影響

    長谷 洋司, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 江見 卓郎

    日本建築学会近畿支部研究報告集, 2003年, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • パス間温度及び入熱量が溶接施工効率に与える影響

    西田 祐三, 田渕 基嗣, 田中 剛, 横山 重和, 吉村 鉄也, 中野 利彦

    日本建築学会近畿支部研究報告集, 2003年, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 2方向加力を受ける角柱鋼管柱梁接合部パネルの弾塑性挙動に関する研究 その4 載荷実験結果

    米田 直樹, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 日浦 博和

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2003年, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 2方向加力を受ける角柱鋼管柱梁接合部パネルの弾塑性挙動に関する研究 その3 載荷実験概要

    日浦 博和, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 米田 直樹

    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2003年, 日本語, 日本建築学会, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 2方向加力を受ける角柱鋼管柱梁接合部パネルの弾塑性挙動に関する研究

    日浦 博和, 田渕 基嗣, 田中 剛, 難波 尚, 米田 直樹

    日本建築学会近畿支部研究報告集, 2003年, 日本語, 日本建築学会近畿支部, 未記入, 国内会議

    口頭発表(一般)

所属学協会

  • 日本コンクリート工学会

  • 日本鋼構造協会

  • 溶接学会

  • 日本建築学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 多賀 謙蔵

    科学研究費補助金/基盤研究(B), 2016年04月 - 2019年03月

    競争的資金

  • 田中 剛

    学術研究助成基金助成金/基盤研究(C), 2015年04月 - 2018年03月, 研究代表者

    競争的資金

  • 多賀 謙蔵

    学術研究助成基金助成金/基盤研究(C), 2013年04月 - 2016年03月

    競争的資金

  • 田中 剛

    学術研究助成基金助成金/基盤研究(C), 2011年, 研究代表者

    競争的資金

  • 鋼構造建築物の溶接接合部における合理的な欠陥評価法の構築

    田中 剛, 多賀 謙蔵, 浅田 勇人, 高塚 康平

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 神戸大学, 2020年04月 - 2024年03月

    本研究の目的は,溶接欠陥が構造性能に与える影響を構造実験により把握した上で力学的に解明し,合理的な判定ルールに基づいた検査規準を構築することである。 2020年度の前半では,既往の実験資料を収集・整理し,欠陥の寸法因子と実験結果との関係をデータベース化するとともに,試験体をモデル化した有限要素数値解析(FEA)を行い,欠陥周辺の応力状態・歪状態を把握した。既往の実験結果およびFEAの結果に基づき,梁端溶接接合部を対象とした試験体の実験計画を立案し試験体を製作した。試験体は,梁にH-500×200×10×16(SN490B),柱に350×350×16(BCR295)を用い,梁と柱を通しダイアフラム形式で接合したT字形試験体である。 工場溶接形式を想定した外開先の溶接部の始終端に,鋼片を挿入することにより人工的な欠陥を設けた。実験因子は,溶接欠陥の寸法(欠陥高さh,欠陥長さL)である。①欠陥無し,②h=5mm,L=5mm,③h=10mm,L=5mm,④h=15mm,L=5mm,⑤h=19mm,L=5mm,⑥h=5mm,L=15mm,の6体の試験体を製作した。また,同時に溶接部の機械的性質を調べるために,溶接継手試験体も製作した。溶接はCO2ガスシールドアーク溶接(YGW11)により行い,積層方法は4層5パスである。溶接施工時には,電流,電圧,溶接速度およびパス間温度を計測した。 試験体の製作終了後,フェーズドアレイ探傷試験を行った。この試験記録は,構造実験終了時に実際に入っていた欠陥と比較することにより,フェーズドアレイ探傷の探傷精度を検証することに用いる。