研究者紹介システム

原田 勉
ハラダ ツトム
大学院経営学研究科 経営学専攻
教授
商学・経済学関係
Last Updated :2022/08/13

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院経営学研究科 経営学専攻
  • 【配置】

    経営学部 経営学科

学位

  • 経済学博士(Ph.D.), スタンフォード大学

授業科目

ジャンル

  • 経営・産業 / 製造業
  • 経営・産業 / イノベーション

コメントテーマ

  • イノベーション
  • 技術マネジメント
  • 経営戦略

研究活動

研究キーワード

  • 産業組織・経済成長論
  • 経営戦略・組織・技術マネジメント

研究分野

  • 人文・社会 / 経営学

委員歴

  • 2016年, Global Journals, Global Journals 編集委員
  • 2015年, アジア市場経済学会, 編集委員『Economies』
  • 2009年07月 - 現在, 関西情報・産業活性化センター, 「e-Kansaiレポート」委員会主査
  • 2003年10月 - 現在, 関西生産性本部, 関西経営品質賞判定委員会副委員長
  • 2001年04月 - 現在, 関西生産性本部, 関西経営品質協議会企画実践委員会副委員長
  • 1999年04月 - 現在, 日本学術振興会, 産業構造中小企業第118委員会委員
  • 神戸大学経済経営学会, 国民経済雑誌編集長

受賞

  • 2000年06月 組織学会, 組織学会高宮賞(著書部門), 知識転換の経営学

    原田 勉

  • 2000年01月 日本ナレッジマネジメント学会, 日本ナレッジマネジメント学会研究奨励賞, 知識転換の経営学

    原田 勉

  • 2000年01月 社団法人日本経営協会, 経営科学文献賞奨励賞, 知識転換の経営学

    原田 勉

  • 1999年06月 組織学会, 組織学会高宮賞(論文部門), 汎用・専用技術の相互浸透

    原田 勉

論文

  • Tsutomu Harada

    AbstractThis study examined whether three heads are better than four in terms of performance and learning properties in group decision-making. It was predicted that learning incoherence took place in tetrads because the majority rule could not be applied when two subgroups emerged. As a result, tetrads underperformed triads. To examine this hypothesis, we adopted a reinforcement learning framework using simple Q-learning and estimated learning parameters. Overall, the results were consistent with the hypothesis. Further, this study is one of a few attempts to apply a computational approach to learning behavior in small groups. This approach enables the identification of underlying learning parameters in group decision-making.

    Springer Science and Business Media LLC, 2021年10月, Scientific Reports, 11 (1), 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tsutomu Harada

    Although it is considered that two heads are better than one, related studies argued that groups rarely outperform their best members. This study examined not only whether two heads are better than one but also whether three heads are better than two or one in the context of two-armed bandit problems where learning plays an instrumental role in achieving high performance. This research revealed that a U-shaped correlation exists between performance and group size. The performance was highest for either individuals or triads, but the lowest for dyads. Moreover, this study estimated learning properties and determined that high inverse temperature (exploitation) accounted for high performance. In particular, it was shown that group effects regarding the inverse temperatures in dyads did not generate higher values to surpass the averages of their two group members. In contrast, triads gave rise to higher values of the inverse temperatures than their averages of their individual group members. These results were consistent with our proposed hypothesis that learning coherence is likely to emerge in individuals and triads, but not in dyads, which in turn leads to higher performance. This hypothesis is based on the classical argument by Simmel stating that while dyads are likely to involve more emotion and generate greater variability, triads are the smallest structure which tends to constrain emotions, reduce individuality, and generate behavioral convergences or uniformity because of the ‘‘two against one” social pressures. As a result, three heads or one head were better than two in our study.

    Public Library of Science (PLoS), 2021年06月17日, PLOS ONE, 16 (6), e0252122 - e0252122, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tsutomu Harada

    This study examined the effects of mood and risk-taking on divergent and convergent thinking using a Q-learning computation model. The results revealed that while mood was not significantly related to divergent or convergent thinking (as creative thinking types), risk-taking exerted positive effects on divergent thinking in the face of negative rewards. The results were consistent with the representational change theory in insight problem solving. Although this theory accounts directly for insight, the underlying idea of going beyond current contexts and implicit constrains could be applied to creative thinking as well. The results indeed accounted for the relevance of this theory to divergent thinking. The current study is one of the first empirical studies simultaneously examining the role of mood and risk-taking in creativity. In particular, no related studies exist that took a computational approach to estimate the relevant parameters in the framework of dynamic optimization. Our Q learning model enables to distinguish and identify the different roles of mood and risk-taking in updating Q values and making decisions.

    Frontiers Media SA, 2021年01月21日, Frontiers in Psychology, 11, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 西田哲学における場所的論理と過程的論理の直交性と斜交性

    原田 勉

    2020年08月, 国民経済雑誌, 222 (2), 1 - 17, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • The effects of risk-taking, exploitation, and exploration on creativity

    Tsutomu Harada

    2020年08月, PLOS ONE, 15 (7), 1 - 16, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Learning From Success or Failure? – Positivity Biases Revisited

    Tsutomu Harada

    2020年07月, Frontiers in Psychology, 11, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • OODA ループ

    原田 勉

    2020年03月, IEレビュー, 61 (1), 63 - 69

    [招待有り]

  • OODAループによる イノベーション・マネジメントへの挑戦

    原田 勉

    2019年10月, 研究開発リーダー, 16 (7), 50 - 53

    [査読有り]

  • 創造的人材の条件

    原田 勉

    2019年06月, 商工金融, (6), 5 - 21, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • グローバル・マトリックス組織の ダイナミック・マネジメント

    原田 勉

    2018年09月, 国民経済雑誌, 218 (3), 1 - 14, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • A Model of Inter-sectoral Flow of Technology Using Technology and Innovation Flow Matrices

    HARADA Tsutomu

    2018年04月, Economic Systems Research, 30 (2), 238 - 251, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Endogenous Innovation under New Keynesian Dynamic Stochasitc General Equilibrium Model

    HARADA Tsutomu

    2018年03月, Economics of Innvation and New Technology, 27 (4), 361 - 376, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 即身成仏と利他行の両立可能性についての再検討

    原田 勉

    2017年03月, 密教学会報, (55), 29 - 39

  • 原田 勉

    神戸大学経済経営学会, 2016年10月, 国民経済雑誌, 214 (4), 17 - 32, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Estimating Innovation Input-output Matrix and Innovation Linkages in the East Asian Region and the United States

    HARADA Tsutomu

    2016年03月, Journal of Economic Structures, 5 (9), 1 - 24, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Managing Innovation Probabilities: Core-driven vs. Bottleneck-removing Innovations

    HARADA Tsutomu

    2015年09月, Business and Management Studies, 1 (2), 66 - 76, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Changing Productive Relations, Linkage Effects, and Industrialization

    HARADA Tsutomu

    2015年09月, Economic Systems Research, 27 (3), 374 - 390, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tsutomu Harada

    This article develops an inter-sectoral endogenous innovation model that is able to account for changing productive relations among sectors and examines how the relation-specific investment affects the evolution of industry structure. It is shown that in the steady state, the economy gets stuck in the "growth trap" where the economy still achieves positive growth, but at the lowest level. The most efficient remedies for the growth trap are to facilitate relation-specific investment among sectors and to decrease the degree of specialization in the economy. Thus, the relation-specific investment is indeed instrumental in improving economic efficiency in the face of the growth trap. These remedies could be implemented by subsidies on relation-specific groups and permanent R&D taxes. (C) 2014 Elsevier B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2015年03月, STRUCTURAL CHANGE AND ECONOMIC DYNAMICS, 32 (1), 1 - 10, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 原田 勉, 見吉 英彦

    神戸大学, 2015年03月, 国民経済雑誌, 211 (3), 17 - 33, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Effects of Diversity on Innovation in Complex Technology Systems and Ownership Structure

    HARADA Tsutomu

    2014年12月, Journal of Management and Sustainability, 4 (4), 36 - 46, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 原田 勉, 見吉 英彦

    神戸大学, 2014年09月, 国民経済雑誌, 210 (3), 21 - 34, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • イノベーションを成功に導く「確率の経営」

    原田 勉

    2014年09月, 調査月報, (72), 2 - 3, 日本語

  • Dynamic Strategies and Management of Focusing Devices

    HARADA Tsutomu

    2014年05月, Journal of Management and Sustainability, 4 (2), 22 - 33, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tsutomu Harada

    This paper models a focusing device of innovation in which a cluster has an o-ring type production function and each technology component endogenously upgrades its quality. We show that provided the magnitude of innovation is the same across technology components, competitive equilibrium is an efficient mechanism by which core technology-driven innovations emerge with expanding inequality among clusters. Our result is in sharp contrast to bottleneck-removed innovation which is widely accepted. The inefficiency arises, however, when low-powered incentives, such as cost plus contracting, are employed to reward innovation. In this case, the corresponding factor price provides erroneous information regarding the potential benefits of innovation, which should be corrected by some form of policy intervention. © 2013 Taylor & Francis.

    2014年01月, Economics of Innovation and New Technology, 23 (1), 49 - 62, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 焦点化装置とイノベーション・メカニズムの経済学的分析

    原田 勉

    神戸大学, 2012年10月, 国民経済雑誌, 206 (4), 53 - 61, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Tsutomu Harada

    This paper develops a multi-sector endogenous innovation model that is able to account for the dynamics of comparative advantage of each sector within the economy. The model in this paper assumes that two kinds of learning effects exist in R& D: advantages of backwardness and forwardness. It is shown that if the economy is divided into advanced and backward sectors, in the latter sectors, the advantage of backwardness dominates, leading to cyclic repetition of comparative advantage. However, in the former sectors, the advantage of forwardness becomes more significant, so comparative advantage among these sectors stabilizes. Thus, the direction of learning spillovers has a critical effect on the dynamics of comparative advantage. Given this result, it is shown that only R& D policies for the marginal sector are effective in facilitating economic growth. If a decision is made to facilitate R& D investment within advanced sectors, R& D taxes, rather than subsidies, should be imposed on this marginal sector. Moreover, it is shown that trade liberalization does not affect the intrinsic dynamics of comparative advantage among surviving sectors in the economy if the locus of this marginal sector does not change significantly after trade liberalization. © 2011 University of Venice.

    2012年03月, Research in Economics, 66 (1), 72 - 81, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 汎用・専用技術の相互作用と経済成長

    原田 勉

    神戸大学, 2010年11月, 国民経済雑誌, 202 (5), 41 - 59, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Tsutomu Harada

    This paper constructs an endogenous growth model that identifies three patterns in the division of labor in terms of innovation between GPT and SPT sectors: (1) the SPT stage, (2) the GPT-SPT joint-research stage, and (3) the autonomous GPT stage. It is shown that the emergence of GPT only has a temporary level effect, and a negative effect on economic growth. However, the new phenomenon of the autonomous GPT stage has a positive influence on both growth and level effects. This result theoretically explains the emergence and resolution of the IT productivity paradox.

    SPRINGER, 2010年10月, JOURNAL OF EVOLUTIONARY ECONOMICS, 20 (5), 741 - 764, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tsutomu Harada

    This paper develops an integrated model of neoclassical and endogenous growth, which accounts for both income inequalities across countries and the convergence hypothesis, while all the growth stylized facts are satisfied. The model in this paper assumes that an economy industrializes in two stages. In the first stage, the economy starts indus trialization through factor accumulation (the Solow stage) and after sufficient factor accumulation, it switches to the second stage of endogenous growth through innovation (the AK stage). Therefore, it becomes crucial to determine when switching from the Solow to the AK stages is implemented. We model this switching problem as a two-stage optimal control and show that the growth rate declines during the Solow stage, while in the AK stage it becomes constant. In addition, we draw several policy implications. © 2010 Taylor & Francis.

    2010年09月, Economics of Innovation and New Technology, 19 (6), 521 - 538, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tsutomu Harada

    This paper develops a two-stage economic growth model with real options and examines the effects of various subsidy policies. The economic stages are the deterministic and stochastic AK stages, and the economy may shift between the two, depending upon state variables and technological shocks. This model allows for path-dependent economic growth that accounts for both club convergence and divergence across countries. Moreover, it is shown that under certain conditions, a decrease in the subsidy rate facilitates the shift from the deterministic to stochastic AK stages, which is defined as "economic progress", even in the face of an economic crisis, while more subsidies delay economic progress and promote the shift from the stochastic to deterministic AK stages, which is defined as "economic regress". © 2010 Elsevier B.V.

    2010年08月, Structural Change and Economic Dynamics, 21 (3), 197 - 205, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • シュンペーター的企業の条件―メタ組織論へのいざない

    原田 勉

    2007年06月, 中小公庫マンスリー, 54 (6), 6 - 13, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 情報化、ネットワーク化における技術普及とその決定要因

    原田 勉

    2007年02月, 国民経済雑誌, 195 (2), 95 - 114, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 汎用・専用技術の相互浸透-インターフェイス知識の蓄積-

    原田 勉

    2006年04月, 日本の企業システム 第4巻 組織能力・知識・人材, 4, 207-231, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 産業集積地におけるコミュニケーション行動と企業業績-東大阪市高井田地区・金型製造業者の定量的分析-

    原田 勉

    2005年08月, 調査季報, (74), 50 - 75, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 汎用技術と技術アーキテクチャー:ファナックの事例

    原田 勉

    2005年04月, 国民経済雑誌, 191 (3), 69 - 83, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 日本におけるITの経済的効果とパラドクス

    原田 勉

    2004年, 経済研究, 55 (4), 299 - 312, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • T Harada

    The purpose of this paper is to reexamine the role of gatekeeper in R&D organizations through the data collected from a midium-sized machine tool firm. Although the related literature points out (1) information gathering and (2) information transmitting functions as main roles of gatekeeper, this paper further suggests (3) knowledge transforming function that has to be executed within R&D organizations. We will argue that since the latter function often requires distinctive skills that impede information gathering activities, there emerges a three-step flow of communication instead of a two-step flow of communication. We define persons fulfilling this new role as a knowledge transformer, and related testable hypotheses are derived. The latter part of this paper proposes new measuring methods that identify knowledge transformers and test these hypotheses. (C) 2003 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2003年12月, RESEARCH POLICY, 32 (10), 1737 - 1751, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • リアル・オプションとしてのITアウトソーシング

    原田 勉

    2003年, 国民経済雑誌, 187 (6), 53-67, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • ITの利用形態と組織能力の活用

    原田 勉

    2003年, 組織科学, 37 (2), 49-61, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 技術吸引能力仮説の再検討:旧技術によるスピルオーバー効果

    原田 勉

    2002年06月, 組織科学, 36 (2), 64 - 90, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 事業コンセプトとビジネスモデル

    原田 勉

    2001年10月, OMNI-MANAGEMENT, 10 (10), 7 - 11, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • ナレッジマネジメント:その背景と仕掛け

    原田 勉

    2001年09月, FINANSURANCE, 9 (4), 14 - 23, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 構造転換期の中小企業-NC工作機械技術普及調査を通じて-

    原田 勉

    2001年02月, 商工金融, (2), 75 - 90, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • ランダマイゼーション戦略の薦め

    原田 勉

    2001年02月, 岐阜経済, (2), 75 - 90, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • ITと補完的スキルの形成

    原田 勉

    2001年01月, 国民経済雑誌, 184 (1), 75 - 90, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • ナレッジマネジメントへのアプローチ

    原田 勉

    2001年01月, 標準化と品質管理, 54 (1), 20 - 25, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 原田 勉, 米川 進

    2000年03月, 通商産業研究所 DISCUSSION PAPER SERIES, (0), 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 競争優位・劣位性の相互転換サイクルと経営戦略の課題

    原田 勉

    2000年02月, ナレッジ・マネジメント研究年報, (2), 75 - 90, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 技術革新プロセスにおける情報フロー媒介性の検討:ネットワーク中心性再考

    原田 勉

    1999年06月, 経営行動科学, 13 (1), 33 - 42, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 境界連結活動における学習効率性

    原田 勉

    1999年06月, ビジネス・インサイト, 7 (2), 100 - 116, 日本語

    [査読有り]

  • コミュニケーション・ネットワークと相互作用による学習:ネットワーク・インターフェイスにおける知識転換

    原田 勉

    1999年03月, ビジネス・レビュー, 46 (4), 49 - 68, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 汎用・専用技術の相互浸透:インターフェイス知識の蓄積

    原田 勉

    1998年12月, 組織科学, 31 (4), 93 - 111, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 研究開発組織における3段階のコミュニケーション・フロー:ゲートキーパーからトランスフォーマーへ

    原田 勉

    1998年06月, 組織科学, 32 (2), 78 - 96, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 原田 勉

    神戸大学経済経営学会, 1998年04月, 国民経済雑誌, 177 (4), 91 - 114, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 新たな技術的収斂の達成:ファナックにおける技術革新の分析

    原田 勉

    1998年04月, 研究年報, 44, 87 - 104, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Japanses Puzzle

    HARADA Tsutomu

    1998年04月, Chemicals and Long-term Economic Growth, in A.Arora, R.Landan and N.Rosenberg (eds.), 103 - 135, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • PDCAからOODAループへ

    原田 勉

    2022年02月, 商工金融, 4 - 18, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • ポジティブデビアンス・アプローチによる イノベーション規定要因の分析

    原田 勉

    2022年04月, 国民経済雑誌, 225 (4), 1 - 12, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 原田 勉

    神戸大学, 2000年03月, 國民經濟雜誌, 181 (3), 93 - 106, 日本語

MISC

  • ITと補完的スキルの形成 (<特集> 情報技術(IT)と企業経営)

    原田 勉

    神戸大学, 2001年07月, 國民經濟雜誌, 184 (1), 71 - 87, 日本語

  • 情報メディアとしての口頭コミュニケーションとそのパターン

    原田 勉

    本研究の目的は、研究開発組織における情報メディアとしてのゲートキーパーの役割について中堅工作機械メーカーから収集したデータをもとに再検討を行うことにある。既存の研究では、ゲートキーパーの受け持つ機能として、(1)情報収集機能、(2)情報伝達機能、が指摘されてきたが、現在では、それに加え、(3)知識転換機能が重要な役割を果たしていることを議論する。そして、これらの機能のうち、情報収集機能と知識転換機能には別々の異なった、しかも相対立するスキルが要求されるため、ゲートキーパーとコミュニケーション・スターは一致せず、したがって、2段階ではなく3段階のコミュニケーション・フローが生じるというのが本研究の基本的な仮説である。われわれは、後者のコミュニケーション・スターを外部情報を組織特有の知へと転換するトランスフォーマーとして定義し、既存の実証研究とは異なった新たなエコノメトリック手法により仮説の検討を行う。

    一般社団法人情報処理学会, 2000年07月11日, 情報処理学会研究報告, 2000 (63), 1 - 6, 日本語

  • 産業集積地のダイナミズムに関する実証分析

    原田 勉

    神戸大学, 2008年11月, 國民經濟雜誌, 198 (5), 1 - 16, 日本語

書籍等出版物

  • POSITIVE DEVIANCE

    原田 勉

    単訳, 2021年03月

  • OODA MANAGEMENT

    原田 勉

    単著, 東洋経済新報社, 2020年07月

  • OODA LOOP

    原田 勉

    単訳, 東洋経済新報社, 2019年02月, 日本語

    一般書・啓蒙書

  • Economics of an Innovation System

    原田 勉

    単著, Routledge, 2019年, 英語

    学術書

  • イノベーションを巻き起こす 「ダイナミック組織」戦略

    原田 勉

    単著, 日本実業出版社, 2016年10月, 日本語

    一般書・啓蒙書

  • イノベーション戦略の論理-確率の経営とは?

    原田 勉

    単著, 中公新書, 2014年03月, 日本語

    一般書・啓蒙書

  • 実践力を鍛える戦略ノート 戦略立案編

    原田 勉

    単著, 東洋経済新報社, 2010年04月, 日本語

    一般書・啓蒙書

  • ケース演習でわかる 技術マネジメント

    原田 勉

    単著, 日本経済新聞出版社, 2007年06月, 日本語

    一般書・啓蒙書

  • 汎用・専用技術の経済分析-新たなイノベーション・モデルの構築-

    原田 勉

    単著, 白桃書房, 2007年05月, 日本語

    学術書

  • 実践力を鍛える戦略ノート[企業価値評価編]

    原田 勉

    単著, 東洋経済新報社, 2007年04月, 日本語

    一般書・啓蒙書

  • 『実践力を鍛える 戦略ノート[マーケティング編]』

    原田 勉

    単著, 東洋経済新報社, 2006年04月, 日本語

    学術書

  • MBA戦略立案トレーニング

    原田 勉

    単著, 東洋経済新報社, 2003年, 日本語

    学術書

  • ケースで読む 競争逆転の経営戦略

    原田 勉

    単著, 東洋経済新報社, 2000年09月, 日本語

    学術書

  • 知識転換の経営学

    原田 勉

    単著, 東洋経済新報社, 1999年06月, 日本語

    学術書

講演・口頭発表等

  • 三人集まれば文殊の智慧?-グループダイナミクスへの計算論的アプローチ-

    原田 勉

    組織学会, 2021年06月06日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 創造性規定要因への計算論的アプローチ-創造性、活用・探索および気分-

    原田 勉

    組織学会, 2020年06月07日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 個人レベルの創造性を規定する要因に関する実証分析

    組織学会・日本経営学会関西部会, 2019年07月06日

    口頭発表(一般)

  • 破壊的・持続的イノベーションのマクロ経済的 インプリケーション

    原田 勉

    組織学会, 2018年06月10日

    口頭発表(一般)

  • Multi-sector Induced Innovation Model: Another Use of Input-output

    原田 勉

    21st International Input-Output Conference, 2013年07月, 英語, The International Input-Output Association, 北九州, 国際会議

    ポスター発表

  • Competing Technologies and the Effect of Competition on Innovation

    原田 勉

    進化経済学会関西研究部会, 2008年06月, 日本語, 進化経済学会, 京都大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 3段階のコミュニケーション・フロー

    原田 勉

    組織学会研究発表大会, 1998年07月, 日本語, 組織学会, 慶応大学藤沢キャンパス, 国内会議

    ポスター発表

  • グループにおけるリスク、活用、探索の創造性に対する影響 -計算論的アプローチ-

    原田 勉

    組織学会, 2022年06月04日, 日本語

    口頭発表(一般)

所属学協会

  • 日本経済学会

  • 組織学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 大規模生体データを用いたAIによる個人・集団レベルの創造性に関する実証研究

    原田 勉, 滝口 哲也, 古和 久朋, 伊藤 宗彦, 鈴木 竜太, 松嶋 登, 小川 進, 平野 光俊, 松本 陽一, 日置 孝一, 陳 金輝

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(A), 基盤研究(A), 神戸大学, 2019年04月 - 2024年03月, 研究代表者

  • 原田 勉

    学術研究助成基金助成金/基盤研究(C), 2014年04月 - 2019年03月, 研究代表者

    競争的資金

  • 先端ビジネスシステムの研究開発教育拠点

    加護野 忠男

    2006年

    競争的資金

  • 先端ビジネスシステムの研究開発教育拠点

    加護野 忠男

    2005年

    競争的資金