研究者紹介システム

河端 俊典
カワバタ トシノリ
学長・役員等
理事
副学長
農業工学関係
Last Updated :2023/03/10

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    学長・役員等
  • 【配置】

    学術研究推進機構 先端的異分野共創研究推進室, 農学部 食料環境システム学科, 大学院農学研究科 食料共生システム学専攻, 高等学術研究院, 統合研究拠点, 戦略企画室, 産官学連携本部

学位

  • 博士(工学), 神戸大学

授業科目

ジャンル

  • 環境・交通 / 農業

コメントテーマ

  • 地盤工学
  • ため池の耐震性
  • パイプライン
  • 水質浄化
  • ゼオライト

研究活動

研究キーワード

  • パイプライン
  • 地盤工学

研究分野

  • 環境・農学 / 地域環境工学、農村計画学

受賞

  • 2017年01月 Transportation Infrastructure Geotechnology, THE FUMIO TATSUOKA BEST PAPER AWARD 2016, Axial Behavior of Buried Rehabilitated Pipe in Liquefaction Ground; Geosynthetic-Reinforced Walls and Embankments

    河端俊典

    国内外の国際的学術賞

  • 2012年11月 ジオシンセティックス学会日本支部, 技術奨励賞, ジオグリッドによる圧力管屈曲部の耐震化工法の研究開発

    河端 俊典, 澤田 豊, 毛利栄征

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2011年09月 農業農村工学会, 優秀論文賞, 圧力曲管部スラスト防護工法の設計手法の提案

    澤田 豊, 河端 俊典, 毛利 栄征

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2006年08月 農業土木学会, 農業土木学会沢田賞, 管路の浅埋設工法の開発と普及

    河端 俊典

  • 2002年12月 国際ジオシンセティックス学会日本支部, ジオシンセティックス学会技術賞, ジオグリッドによるパイプラインの浅埋設施工について

    河端 俊典

論文

  • 時吉 充亮, 竹内 翔吾, 木津 遼太郎, 澤田 豊, 河端 俊典

    公益社団法人 農業農村工学会, 2023年, 農業農村工学会論文集, 91 (1), IV_1 - IV_4, 日本語

  • 園田 悠介, 澤田 豊, 伊川 千颯, 高原 源太朗, 河端 俊典

    管埋設時の管底側部は,狭窄で作業スペースが限られることから,十分な品質の埋戻しや締固めを確保することが困難な場合がある.不十分な埋戻し・締固めは,管に不測の変形や応力集中を引き起こす可能性がある.本研究では,管底側部の埋戻しの代わりに,土木材料として実績の多いEPSを管基礎として設置する方法を提案し,その有効性について,ポリエチレン管(内径300 mm)を用いた埋設模型実験により検討した.その結果,EPSの形状によっては,管底や管とEPSの接点でひずみが集中する傾向にあるものの,締固め不足により生じるひずみの集中と比較して顕著に小さく,管の破損につながる可能性は低いことから,EPSの管基礎としての有効性が示された.

    国際ジオシンセティックス学会 日本支部, 2022年10月07日, ジオシンセティックス論文集, 37, 85 - 92, 日本語

  • Yusuke Sonoda, Yutaka Sawada, Kohei Ono, Yoko Ohta, Toshinori Kawabata

    Springer Science and Business Media LLC, 2022年08月15日, Transportation Infrastructure Geotechnology

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yoko Ohta, Yutaka Sawada, Mitsuru Ariyoshi, Yoshiyuki Mohri, Toshinori Kawabata

    Thomas Telford Ltd., 2022年03月11日, International Journal of Physical Modelling in Geotechnics, 22 (2), 99 - 110, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yutaka Sawada, Junichi Arita, Masaki Omori, Mitsuru Ariyoshi, Toshinori Kawabata

    Conventional precast concrete conduits for earth dams are fixed with prestressed concrete (PC) steel or bolts at the joints. This leads to problems of ground-following performance and water leakage, which severely hinders the performance of these installations and the wider infrastructure of which they form a part. In this study, a new type of precast concrete conduit without PC steel or bolts is developed. The following three issues are considered in the development of the new conduits: (1) the likelihood of not only bending but also lateral misalignment at the joints between conduits; (2) the likelihood of joint separation during earthquakes, especially when the conduit is subjected to axial shaking; and (3) the likelihood of leakage under bent and elongated conditions. Each issue is verified through settlement experiments, a shaking-table test, and watertightness tests. Two types of countermeasure are proposed to suppress lateral misalignment, and new precast concrete conduits with a flexible joint structure and higher watertightness than conventional ones are developed.

    2022年02月01日, Journal of Pipeline Systems Engineering and Practice, 13 (1)

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 松本 赳, 澤田 豊, 清水 正義, 河端 俊典

    近年,農業用ため池の老朽化にともなう堤体改修工事が増加している.検討項目のひとつである堤体内浸潤線の予測に関して,一般的な改修工法である前刃金工法(傾斜コアを用いた改修)の設計では,傾斜コアの形状と上流側水位および堤体材の透水係数をもとに計算される.しかし,この方法では基礎地盤への浸透が発生しないという条件のもとで計算が行われ,実際の浸潤線と異なることが指摘されている.本研究ではFEM浸透流解析をもとに,現行の浸潤線計算式の問題点について整理した.その結果,傾斜コアの透水性が低い場合,現行設計法による浸潤線は安定計算上危険側に計算されること,および,基礎地盤内の浸透が堤体内浸潤線の上昇に影響することがわかった.また,この2つの問題に対して,各堤体材の透水係数を変数とする関数を用いることで,現行設計法の計算上の誤差を小さくし,より実際の浸潤線に近い結果を得る方法を提案した.

    公益社団法人 農業農村工学会, 2022年, 農業農村工学会論文集, 90 (2), I_259 - I_266, 日本語

    [査読有り]

  • 金森 拓也, 有田 淳一, 浅野 勇, 川邉 翔平, 青柳 邦夫, 河端 俊典, 澤田 豊, 森 充広

    粗骨材寸法が大きい高強度なコンクリート材料にも適用できる回転式水中摩耗試験装置を開発した.本研究では,開発した装置において,安定した流況が発生し,かつ大きな摩耗作用が生じる試験条件を実験的に検討した.結果として,①水深40cm・回転速度70rpmの条件で安定した水流が発生すること,②短角柱状(19×19×20mm)の研磨材を用いることで大きな摩耗力が働くことが確認された.また,コンクリートやモルタルを対象とした促進摩耗試験から,供試体に発生する摩耗の特徴を検証した.その結果, 異種材料が隣接する供試体配置では,材料が切り替わる直下の供試体で異種材料間の影響を受ける可能性が示唆された.一方,このような異種材料間の影響を軽減するためには,同一材料の流下距離を長くとることが有効であることも確認された.

    公益社団法人 農業農村工学会, 2022年, 農業農村工学会論文集, 90 (1), I_139 - I_148, 日本語

    [査読有り]

  • ジオグリッドによる矢板引抜き時のたわみ性管の変形抑制効果について

    園田悠介, 徳増美月, 澤田豊, 河端俊典

    2021年12月, ジオシンセティックス論文集, 36, 37 - 44, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ジオシンセティッククレイライナーが敷設されたため池堤体の浸潤線設定方法の提案

    澤田 豊, 松本 赳, 井上 和徳, 浦部 朋子, 河端 俊典

    2021年12月, 農業農村工学会論文集, 89 (2), I_363 - I_369, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 園田 悠介, 徳増 美月, 澤田 豊, 河端 俊典

    矢板施工でパイプラインを敷設する場合,矢板引抜きにより,ひび割れの発生や管の変形が進行するなどの事例が報告されている.たわみ性管の場合,現行の農業用パイプライン設計基準では,基礎材の反力係数を経験的に小さく見積もることで矢板引抜きの影響を考慮しているが,施工条件等を合理的に反映できていないのが現状である.本研究では,矢板引抜き中の管変形と土圧変化ならびに重要な施工条件である矢板溝幅の影響を解明するため,二方向荷重計を備えたたわみ性模型管を用いて,溝幅を変えた条件で矢板の引抜き実験を実施した.その結果,管に作用する土圧の著しい低下および管の変形の多くは,矢板下端が管頂部を通過するまでに発生すること,また,溝幅を大きくしたケースでは,水平土圧の低下が抑えられるだけではなく,鉛直土圧も減少することで,管の変形が抑制されることが明らかとなった.

    公益社団法人 農業農村工学会, 2021年12月, 農業農村工学会論文集, 89 (2), I_379 - I_386, 日本語

    [査読有り]

  • 基礎材料に固結工法を用いた屈曲管路のスラスト力対策工法に関する遠心振動実験

    有吉 充, 太田 遥子, 澤田 豊, 毛利 栄征, 泉 明良, 河端 俊典

    2021年07月, 農業農村工学会論文集, 89 (2), I_235 - I_231, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takegawa, N., Sawada, Y., Kawabata, T.

    Informa UK Limited, 2021年06月, Marine Georesources & Geotechnology, 39 (6), 649 - 658

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Naoki Takegawa, Yutaka Sawada, Toshinori Kawabata

    To reduce the damage caused when a tsunami overflows coastal dikes, this study performs hydraulic experiments and numerical simulations and proposes a new method for slowing the tsunami by intentionally eroding parts of the ground. The effectiveness of the proposed method is assessed, velocity-reduction mechanism is clarified, and reduced tsunami velocity is predicted. Using crushed expanded polystyrene (EPS) as the ground material, vertical erosion is enhanced and a large depression is formed that changes the flow from supercritical to subcritical, thereby decelerating it. Assuming a constant tsunami overflow rate, the tsunami velocity after deceleration can be predicted with 20% uncertainty.

    2021年04月, Journal of Earthquake and Tsunami, 15 (2), 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Megumi Kitada, Yutaka Sawada, Toshinori Kawabata

    In the bends of pipelines, a thrust force is generated depending on the internal water pressure and bending angles. Although heavy concrete blocks are generally installed at pipe bends to resist thrust force, the blocks can be considered as weak points during earthquakes. Thus, a lightweight thrust countermeasure of wrapping pipe bends with a geogrid was developed to resist thrust forces. However, when the effect of this reinforced method is insufficient or geogrids are difficult to install at pipe bends, the reinforcement of the passive area behind the pipe bends is required. In the present study, geocell reinforcements were proposed. To investigate the geocell reinforcements for pipe bends under lateral loading, lateral loading tests were conducted on a plate that simulates pipe bends, which was reinforced with a honeycomb-shaped geocell. As a result, the honeycomb-shaped geocell was effective against lateral loading, and the resistance increased when gravel with a high shear resistance was used as the filling material inside the geocell. Moreover, reinforcements using a geocell with multiple single cells can prevent plate floating.

    2021年, Transportation Infrastructure Geotechnology, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yutaka Sawada, Junichi Arita, Masaki Omori, Toshinori Kawabata

    In this study, we report the damage characteristics of conduits in irrigation earth dams based on the surveys conducted on four dams with different conduit types (cast-in-place and precast types) and diameters (600–1000 mm). The damage condition (cracks, leakage, and joint separation) and the deformation of conduits were observed using a self-propelled measuring system with an inertial measurement unit (gyroscope and accelerometer) and a CCD camera. Results reveal that cracks were scarce in conduits, and most conduit deformations were accommodated by the joint separation. In particular, in the precast conduits, because the number of joints per unit length was more, the deformation tended to be allocated to several joints. Moreover, settlements of conduits were not simply convex in accordance with the overburden pressures but were significantly affected by intake structures and structural cutoff walls. Although, in the future, it is necessary to develop conduits with joints having both high sealing performance and flexibility, the results obtained from this study will provide important knowledge for this development.

    2021年01月, Paddy and Water Environment, 19 (1), 239 - 247, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Mariko Suzuki, Kazuya Inoue, Toshinori Kawabata

    Springer Singapore, 2021年, Lecture Notes in Civil Engineering, 3 - 12, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    論文集(書籍)内論文

  • 戸田茉優, 宮崎礼丈, 澤田豊, 河端俊典

    パイプライン敷設時,土留めを行う矢板施工では,埋戻し後の矢板引抜きによる埋設管への影響により,埋設管の変形や損傷等の被害が問題となっている.施工コスト削減を目的として,近年ジオグリッドを用いてパイプラインを浅く埋設することがあるが,施工時の埋設管への影響については未解明な点が多い.本研究では,パイプラインが浅く埋設された場合に矢板引抜きがたわみ性管に与える影響を解明するために,模型実験を行った.実験結果より,ジオグリッドと砕石を用いたケースでは,管側部の水平土圧が保たれることにより埋設管の変形が抑制されることが明らかとなった.しかしながら,矢板引抜きによって埋設管の支持角が減少し,管底に土圧が集中する可能性があることがわかった.

    国際ジオシンセティックス学会 日本支部, 2020年12月, ジオシンセティックス論文集, 35, 179 - 184, 日本語

    [査読有り]

  • Kyungbeom Jeong, Satoru Shibuya, Toshinori Kawabata, Yutaka Sawada, Hiroshi Nakazawa

    In this paper, shaking table tests were carried out on both a small-scale and a full-scale earth-fill dams with geosynthetic clay liners to examine their seismic performance. The behavior of these fully instrumented earth-fill dams when subjected to seismic loading was also simulated by numerical analysis. Firstly, in the small-scale shaking table test, no failure was observed along the geosynthetic clay liner when the earth-fill dam was subjected to seismic motion. Numerical analysis confirmed that the behavior of the model earth-fill dam was unaffected by the geosynthetic clay liner. Secondly, a comparative shaking table test was carried out on full-scale earth-fill dams, one with a sloping core zone and another with a geosynthetic clay liner. Both model dams showed similar acceleration response and deformation behavior. It should be mentioned that the acceleration response increased gradually toward the top of the dam, and the deformation, after shaking, was relatively large near the foot of the slope. These observations were successfully simulated by the numerical analysis.

    2020年04月, Geotextiles and Geomembranes, 48 (2), 190 - 197, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Mizuki Tokumasu, Yutaka Sawada, Takuya Ishikawa, Ohta Yoko, Toshinori Kawabata

    Large diameter pipelines in Japan are commonly buried in open-excavation using sheet piles because of the limited work sites and poor ground conditions. However sheet pile extraction is likely to cause significant damage to buried flexible pipes. In the Japanese current design guidelines for irrigation pipelines, influences of the sheet pile conditions have been ignored. In this study, model experiments were conducted to clarify the influences of ground density and sheet pile characteristics (the friction of the sheet pile, and the scale of the voids after sheet pile extraction) on the mechanical behavior of the buried pipes. Moreover, PIV (particle image velocimetry) analyses were carried out to evaluate the displacement of the backfill material around the pipe. The experimental results revealed that the deformation of the model pipe became large when the ground density decreased, and the sheet pile characteristics influenced the buried pipe during sheet pile extraction.

    2020年, Pipelines 2020: Utility Engineering, Surveying, and Multidisciplinary Topics - Proceedings of Sessions of the Pipelines 2020 Conference, 31 - 39, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 遮水シートを用いたため池堤体の地震後性能に関する考察

    中澤 博志, 澤田 豊, 小田 哲也, 澁谷 啓, 河端 俊典

    2020年01月, 材料, 69 (1), 21 - 28, 日本語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takegawa, N, Sawada, Y, Kawabata, T

    Taylor & Francis, 2020年01月, Marine Georesources & Geotechnology, 38 (1), 64 - 72, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Sawada,Y., Nakazawa,H., Take,W.A, Kawabata,T.

    Elsevier BV, 2019年12月, Soils and Foundations, 59 (6), 1830 - 1844, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ジオシンセティッククレイライナーを用いて改修されたため池堤体の現地水位計測

    澤田豊, 眞木陸, 神信浩一, 谷本幹夫, 中澤博志, 河端俊典

    2019年12月, 農業農村工学会論文集, 309, Ⅰ_357 - 363, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Shaking table tests for buried pipe bends with thrust restraints using geogrid and gravel in liquefied ground

    Ohta, Y, Sawada, Y, Kawamura, M, Ono, K, Kawabata, T

    International Society of Ocean and Polar Engineering, 2019年06月, Proceedings of the 29th International Society of Ocean and Polar Engineering Conference, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Model Experiments on Influence of Sheet-pile Extraction on Mechanical Behavior of Twin Buried Flexible Pipes

    Toda, M, Sawada, Y, Miyazaki, N, Ishikawa, T, Kawabata, T

    International Society of Ocean and Polar Engineering, 2019年06月, Proceedings of the 29th International Society of Ocean and Polar Engineering Conference, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Effects of angle and interface friction of buried pipe bend on lateral resistance force

    Kawamura, M, Sawada, Y, Ohta, Y, Ono, K, Kawabata, T

    International Society of Ocean and Polar Engineering, 2019年06月, Proceedings of the 29th International Society of Ocean and Polar Engineering Conference, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 中澤 博志, 澤田 豊, 重元 凜太郎, 古林 智宏, 谷本 幹夫, 澁谷 啓, 河端 俊典, 森田 明平, 小田 哲也, 梶原 浩一, 井上 貴仁

    近年のため池改修では,ベントナイト系遮水シート(GCL)を用いて改修する事例が増えている.既 往の研究で GCL および従来の前刃金工法を用いた堤体を対象とした実大規模震動実験で,両者の耐震 性が検証された.実際の施工では,GCL を継ぎ足す場合に重ね合わせ部が設けられる.また,階段状 のみならず直線状に設置される例も見られる.しかしながら,GCL 重ね合わせ部や設置方法の違いが 堤体の安定性におよぼす影響は明らかでない.そこで本研究では,重ね合わせ部および直線状に設置 された GCL を有する堤高 3 m の堤体を対象に震動実験を行い,既往研究の連続かつ階段状に設置され た GCL を有する堤体との比較検討を行った.実験結果から,レベル2 地震動により,重ね合わせ部の 相対変位は発生しないことが明らかになった.さらに,クラック発生状況および堤体の変形状況から, 直線状よりも階段状に設置した堤体の方が耐震性が高いことが明らかになった.Recent years, Geosynthetic Clay Liners (GCLs) have been used to repair deteriorated small earth dams as impermeable materials. In a past study, the seismic performance of the embankment, in which a continuous GCL was installed in a stairs shape was verified. When retrofitting a embankment with GCL, GCL panel overlap can be introduced. In addition to a stairs shape, GCLs are used in a straight shape. However, the effects of GCL panel overlap and difference of installation methods on the seismic performance of the embankments remain unclear. In this study, full-scale shaking table tests were performed for 3 m embankment models with GCLs installed in a stairs shape and a straight shape, which were compared with the embankment with a continuous GCL in the past study. As a result, it was indicated that no change in GCL overlap length occurred due to shear displacement associated with Level2 shaking. Moreover, comparing the damage survey of embankments, it was revealed that the seismic performance of the straight shape is lower than that of the stairs shape.

    防災科学技術研究所, 2019年01月29日, 防災科学技術研究所研究資料 = Technical Note of the National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience, 425, 1 - 102, 日本語

  • Sawada, Y, Nakazawa, H, Take, W.A, Kawabat, T

    Elsevier, 2019年, Geotextiles and Geomembranes, 47 (4), 502 - 513, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ベントナイト系遮水シートの設置方法がため池堤体の耐震生に与える影響

    中澤 博志, 澤田 豊, 重元 凜太郎, 古林 智宏, 谷本 幹夫, 澁谷 啓, 河端 俊典, 森田 明平, 小田 哲也, 梶原 浩一, 井上 貴仁

    2019年01月, 防災科学技術研究所研究資料, (425), 102, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • ジオグリッドを用いた埋設管スラスト防護工法の形状寸法が付加抵抗力に与える影響について

    太田 遥子, 澤田 豊, 小野 耕平, 河村 未奈, 河端 俊典

    国際ジオシンセティックス学会日本支部, 2018年12月, ジオシンセティックス学会論文集, (33), 55 - 60, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Seismic behavior and numerical simulation of earth-fill dam with geosynthetic clay liner in shaking table test

    Kyungbeom Jeong, Satoru Shibuya, Satsuki Kataoka, Jemin Baek, Toshinori Kawabata, Yutaka Sawada, Hiroshi Nakazawa

    In this paper, shaking table tests by using a small-scale as well as a full-scale earth-fill dams with geosynthetic clay liner were carried out in order to examine aseismicity of these earth-fill dams. Moreover, the behavior of these fully instrumented earth-fill dams subjected to seismic loading was simulated by numerical analysis. First, in the small-scale shaking table test, there observed no failure along the geosynthetic clay liner when the earth-fill dam was subjected to seismic motion. When the stability of the model dam was simulated by pseudo-static limit equilibrium analysis, and also the seismic response was simulated by FEM seismic analysis, it was successfully confirmed that the behavior of the model earth-fill dam was unaffected by the existence of the geosynthetic clay liner. Second, comparative shaking table tests by using a full-scale earth-fill dam with sloping core zone and the other with geosynthetic clay liner were carried out. The acceleration response as well as the deformation behavior was similar between these two models, both having 3m high. It should be mentioned that the acceleration response increased gradually towards the dam top and the deformation after shaking was relatively large near the foot of the slope. These observations were, to a great extent, successfully simulated by the numerical analysis.

    International Geosynthetics Society, 2018年09月, 11th International Conference on Geosynthetics 2018, ICG 2018, 4, 2935 - 2942, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Kohei Ono, Yu Yokota, Yutaka Sawada, Toshinori Kawabata

    The aim of the present study is to elucidate the soil–pipe interaction in saturated sand with different effective stress. A force–displacement curve that took into account the variation of the effective stress was formulated based on the results of lateral loading experiments on a model pipe. To reproduce liquefaction experimentally, the effective stress of the soil bed was controlled by the upward seepage induced by a hydraulic gradient. The model pipe was pulled laterally under either displacement or load control. The experimental results indicate that the normalised force–displacement relationships can be well approximated by hyperbolic curves under each hydraulic gradient. When the variation in effective stress is reflected in the submerged unit weight of the soil, the two coefficients of the hyperbolic curves also show a hyperbolic dependence on the unit weight, and the ultimate resistive force increases in proportion to the unit weight. The predicted force–displacement curve fits relatively well to the experimental results.

    Taylor and Francis Ltd., 2018年07月04日, International Journal of Geotechnical Engineering, 12 (4), 420 - 428, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kohei Ono, Kenji Terada, Yutaka Sawada, Hoe I. Ling, Toshinori Kawabata

    Two-dimensional simulation was carried out using a fluid coupled-DEM (discrete element method) analysis on lateral loading experiments for a pipe buried in saturated sand. The interaction between soil and pore water was reproduced by dividing the model into solid and fluid phases. The variation of the excess pore water pressure was calculated on a fluid mesh based on the pore volume change and was then given to the soil particles in the solid phase. The head difference between the fluid meshes produced upward seepage to the soil model. Liquefaction was reproduced by the decrease of the contact force between the soil particles due to the upward seepage. The force-displacement curves obtained from lateral loading simulations showed good agreement with the experimental results under various effective stress conditions. Distribution maps of contact force and displacement of soil particles revealed displacement mechanism of the buried pipe and its surrounding soil. The variation of the void ratio and the excess pore water pressure with the pipe displacement could be reproduced to some extent, and the applicability of this analysis method to interaction problems has been verified.

    Springer US, 2018年06月01日, Transportation Infrastructure Geotechnology, 5 (2), 93 - 113, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 内圧及び外圧作用時の低剛性埋没管の円周方向ひずみの評価

    有吉 充, 泉 明良, 河端 俊典

    公益社団法人 農業農村工学会, 2018年06月, 農業農村工学会論文集No.306(86-1), 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Model Experiments on Influence of the Bending Angles on Lateral Resistance Acting on Buried Pipe Bends

    Ohta,Y, Sawada,Y, Ono,K, Hoe I.Ling, Kawabata,T

    International Society of Ocean and Polar Engineering, 2018年06月, Proceedings of the 28th International Society of Offshore and Polar Engineering Conference, 589 - 593, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 開水路継ぎ目部近傍の土砂吸い出し過程に関する実験的検討

    竹川 尚希, 澤田 豊, 河端 俊典

    公益社団法人 土木学会, 2018年02月, 土木学会論文集B1(水工学), 74 (4), I_703 - I_708, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Naoki Takegawa, Yutaka Sawada, Kazuki Murai, Toshinori Kawabata

    In the present study, hydraulic model experiments were conducted to clarify the influence of liquefaction on the scour behind coastal dikes due to tsunami overflow. In particular, the variation of the scour profile (scour depth, scour length and scour area) due to liquefaction was discussed. Degree of liquefaction was controlled by upward seepage, which was induced by the head difference between a water tank and a sand bed. Six hydraulic gradients were applied to the sand bed. The experimental results showed that liquefaction had a significant impact on the scour profile. At high hydraulic gradient, slope failures occurred due to reduction of effective stress of the sand bed. As a result, scour length was increased by the slope failures. Furthermore, the maximum scour depth and scour area for high hydraulic gradient became smaller than that for low hydraulic gradient.

    Taylor and Francis Ltd., 2018年01月02日, International Journal of Geotechnical Engineering, 12 (1), 40 - 45, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • In Situ and Laboratory Testing of Small Diameter PVC Irrigation Pipes for Investigation of Fatigue Failure.

    Ariyoshi, M, Tanaka, Y, Izumi, A, Kawabata, T

    2018年01月, Transportation Infrastructure Geotechnology, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • R. Shigemoto, Y. Sawada, R. Maki, T. Kawabata

    In the repair work for aged small earth dams, geosynthetic clay liners (GCLs) are used as impermeable materials in addition to cohesive soils. However, the design standard for small earth dams using the GCLs is not established since there are few studies on their mechanical characteristics. In this study, in order to examine the mechanical characteristics of GCLs laid in embankments during earthquakes, cyclic direct shear tests were conducted on the internal bentonite layer of needle-punched GCL. The tests were performed under the conditions of the normal stress of 25 kPa considering the low confining pressure in embankments, and the amplitude of shear displacement of 0.5, 1.0, 3.0, and 5.0 mm. It was found that the shear strength decreased with the number of cycles on the tests, due to the rupture of needle-punching and pullout of it from geotextiles. Moreover, the results revealed that the amount of decrease in the shear strength increased, as the amplitude became larger.

    American Society of Civil Engineers (ASCE), 2018年, Geotechnical Special Publication, 2018- (293), 365 - 372, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Yutaka Sawada, Hiroshi Nakazawa, Tetsuya Oda, Seita Kobayashi, Satoru Shibuya, Toshinori Kawabata

    In Japan, a large number of old small earth dams are in critical need of repair due to leakage and poor earthquake resistance. In addition to cohesive soils, geosynthetic clay liners (GCLs) are used as impervious materials to repair such dams. This paper discusses the seismic performance of small earth dams, with reservoirs on their upstream side, repaired with a sloping core zone and a GCL on the basis of the results of full-scale shaking table tests performed at the E-Defense facility. The main focus is on the differences in mechanical behavior between the upstream and downstream sides of the dam. The results elucidate that the effective stress of the upstream embankment materials increased because of the undrained shear behavior of the compacted soils, although the deformation on the upstream side was larger than that on the downstream side. A large phase difference in the measured accelerations between the upstream slope and the downstream slope was also observed. Therefore, it is concluded that significant differences occurred in the dynamic behavior of the upstream side and the downstream side.

    Japanese Geotechnical Society, 2018年, Soils and Foundations, 58 (3), 519 - 533, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ベントナイト系遮水シートとため池堤体土のせん断強度特性

    重元 凜太郎, 澤田 豊, 眞木 陸, 河端 俊典

    国際ジオシンセティックス学会日本支部, 2017年11月, ジオシンセティックス論文集, 32, 73 - 80, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 津波越流により生じる海岸堤防裏法尻の洗掘形状の簡易推定法

    竹川 尚希, 澤田 豊, 河端 俊典

    公益社団法人土木学会, 2017年10月, 土木学会論文集B2(海岸工学), 73 (2), I_1045 - I_1050, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 実大規模震動実験におけるため池堤体の残留変形調査

    中澤 博志, 澤田 豊, 小田 哲也, 古林 智宏, 小林 成太, 河端 俊典, 澁谷 啓, 片岡 沙都紀, 山下 拓三

    公益社団法人土木学会, 2017年09月, 土木学会論文集A1(構造・地震工学), 73 (4), I_815 - I_826, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Model Experiment on Earth Pressure Acting on Buried Pipe during Sheet Pile Extraction

    Terada, K, Takahara, S, Ono, K, Sawada, Y, Kawabata, T

    ASCE, 2017年08月, Proceedings of the Pipelines 2017 Conference, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Effect of Scour Protections against Tsunami Overflow at a Landward Toe of Coastal Dikes

    Takegawa, N, Sawada, Y, Kawabata, T

    International Society of Offshore and Polar Engineering, 2017年06月, Proceedings of the 27th International Society of Ocean and Polar Engineering Conference, 976 - 980, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 中澤 博志, 澤田 豊, 古林 智宏, 小田 哲也, 小林 成太, 河端 俊典, 澁谷 啓, 片岡 沙都紀, 山下 拓三, 梶原 浩一, 井上 貴仁

    防災科学技術研究所, 2017年02月, 防災科学技術研究所 研究資料, (410), 1 - 87, 日本語

  • 動水勾配と載荷速度の変化が埋設管の水平抵抗力に与える影響

    小野 耕平, 横田 木綿, 井谷 昌功, 澤田 豊, 河端 俊典

    公益社団法人農業農村工学会, 2017年02月, 農業農村工学会論文集, (304), I_29 - I_35, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ため池堤体の耐震安全性に関する実験研究―改修されたため池堤体の耐震性能検証―

    中澤 博志, 澤田 豊, 古林 智宏, 小田 哲也, 小林 成太, 河端 俊典, 澁谷 啓, 片岡 沙都紀, 山下 拓三, 梶原 浩一, 井上 貴仁

    2017年02月, 防災科学技術研究所研究資料, (410), 87p, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Kohei Ono, Yu Yokota, Yoko Ohta, Yutaka Sawada, Hoe I. Ling, Toshinori Kawabata

    A series of lateral loading experiments were conducted for a model pipe buried in saturated sand to obtain the relationships between the lateral resistive force and lateral displacement of the pipe. The model pipe was pulled laterally by an actuator after the effective stress of the soil bed was controlled by the upward seepage induced by a hydraulic gradient. The experimental results showed that the lateral resistive force increased non-linearly with the lateral displacement of the pipe. The relationship between the ultimate resistive force and the hydraulic gradient was linear. The force-displacement relationships were well approximated by hyperbolic curves under each hydraulic gradient. The relationships between the coefficients of the hyperbolic curve and hydraulic gradient were also approximated nonlinearly as hyperbolic curves.

    American Society of Civil Engineers (ASCE), 2017年, Pipelines 2017: Planning and Design - Proceedings of Sessions of the Pipelines 2017 Conference, 44 - 53, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 地盤のせん断変形を受ける更生埋設管の変形挙動について

    泉 明良, 三木 太貴, 澤田 豊, 河端 俊典

    公益社団法人 農業農村工学会, 2016年12月, 農業農村工学会論文集, (303), I_241 - I_249, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 前刃金工法および遮水シート工法により改修されたため池堤体の実大規模振動実験

    澤田 豊, 中澤 博志, 片岡 沙都紀, 小林 成太, 小田 哲也, 古林 智宏, 澁谷 啓, 山下 拓三, 谷 和夫, 梶原 浩一, 河端 俊典

    ジオシンセティックス学会日本支部, 2016年12月, ジオシンセティックス論文集, 31, 167 - 174, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 階段状に設置したベントナイト系遮水シートがため池堤体の地震時挙動におよぼす影響

    小田 哲也, 澤田 豊, 中澤 博志, 小林 成太, 澁谷 啓, 河端 俊典

    ジオシンセティックス学会日本支部, 2016年12月, ジオシンセティックス論文集, 31, 175 - 182, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 液状化地盤のせん断抵抗力に与えるジオグリッドの補強効果に関する埋設管の水平載荷実験

    小野 耕平, 横田 木綿, 澤田 豊, 河端 俊典

    ジオシンセティックス学会日本支部, 2016年12月, ジオシンセティックス論文集, 31, 261 - 268, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 遮水シートで改修されたため池堤体の耐震性

    澁谷啓, 河端俊典

    2016年11月, ジオシンセティックス技術情報, 32 (3), 25‐34,1(1), 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Model experiment and numerical simulation on influence of liquefaction on scour at a landward toe of coastal dykes due to tsunami overflow

    Takegawa, N, Sawada, Y, Murai, K, Kawabata, T

    CRC Press, 2016年09月, Proceedings of the 8th International Conference on Scour and Erosion, 343 - 348, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Long-Term behavior of grlass fiber reunified polyethylene

    Tokiyoshi,M, Vanspeybroeck,P, Inoue,K, Fullgrabe,S, Kuriyama,T, Kawabata,T, Hinobayashi,J

    2016年09月, Proceedings of the 18th Plastic Pipes Conference, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Lateral Loading Experiments for Buried Pipe in Reinforced Ground with Geogrids under Different Hydraulic Gradient

    Ono, K, Yokota, Y, Sawada, Y, Kawabata, T

    2016年09月, Proceedings of the 6th European Geosynthetics Congress, 1322 - 1331, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Lateral Loading Test for Buried Pipe under Different Hydraulic Gradient

    Ono, K, Yokota, Y, Sawada, Y, Kawabata, T

    International Society of Offshore and Polar Engineering, 2016年06月, Proceedings of the 26th International Society of Ocean and Polar Engineering Conference, 664 - 669, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Influence of Effective Stress of Soil on Scour at Landward Toe of Coastal Dykes under Tsunami Overflow

    Sawada, Y, Takegawa, N, Murai, K, Kawabata, T

    International Society of Offshore and Polar Engineering, 2016年06月, Proceedings of the 26th International Society of Ocean and Polar Engineering Conference, 843 - 847, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Akira Izumi, Kohei Ono, Syo Takahara, Yutaka Sawada, Toshinori Kawabata

    In Japan, the total length of aging irrigation pipeline increases and requires a lot of repair work. As part of the repair work for an aging pipeline, pipe rehabilitation has been used. In this method, the inner pipe (rehabilitated pipe) is inserted into the outer aging pipe. Studies on the axial behavior of the rehabilitated pipe are not readily conducted although the influence of the outer aging pipe on the cross-section behavior of the inner pipe is evaluated by model tests, centrifuge tests, and FEM analyses. In this study, shaking table tests are conducted to verify the dynamic behavior along the axial direction of the inner pipe used for the method. To model inner pipes, polyvinyl chloride (PVC) and polyethylene (PE) pipe, which are 3040 mm in length and 140 mm in diameter, are used. To model outer pipes, different types of concrete pipes in length are used. Test results indicate that the amplitude of the bending strain of the PVC pipe with the outer pipe is large shortly after the pipe was moved horizontally due to liquefaction. In addition, the gradient of the bending strain increment to the horizontal displacement increment of the pipe end increases in proportion to the length of the outer pipe.

    Springer US, 2016年06月01日, Transportation Infrastructure Geotechnology, 3 (2), 60 - 73, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Development of Biodegradable Resin Concrete toward Geo-Environmental Load Reduction

    Suzuki,M, Kotake,N, Kawabata,T

    2016年05月, Proc. of the 15th Japan-Korea-France-Canada Joint Seminar on Geoenvironmental Engineering, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Centrifugal Modeling of Gabion Facing Geosynthetic Reinforced Soil Retaining Walls

    Xu,Lei, Ling, Hoe I, Collin, James G, Han, Jie, Leshchinsky, Dov, Tanyu, Burak, Li, Liming, Kawabata,T, Rimoldi, Pietro

    ASCE, 2016年04月, Proceedings of the International Conference, Pipeline 2015, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 同一環剛性を有する管厚の異なるたわみ性埋設パイプの動的挙動特性

    泉明良, 日野林譲二, 毛利栄征, 有吉充, 河端俊典

    2016年03月, 農業農村工学会論文集, 84 (2), Ⅰ_113 - 120

    [査読有り]

  • 液状化地盤における管路屈曲部の設計に関する検討

    井谷昌功, 藤田信夫, 毛利栄征, 河端俊典

    2016年03月, 農業農村工学会論文集, 84 (2), Ⅳ_5 - 6

    [査読有り]

  • 地盤のせん断変形がたわみ性埋設管のたわみ量に与える影響

    泉 明良, 澤田 豊, 三木 太貴, 河端 俊典

    公益社団法人土木学会, 2016年02月, 土木学会論文集A2(応用力学), 71 (2), I_869 - I_877, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 液状化地盤中の管路屈曲部の動的挙動に関する検討

    井谷 昌功, 藤田 信夫, 有吉 充, 毛利 栄征, 河端 俊典

    公益社団法人農業農村工学会, 2016年02月, 農業農村工学会論文集, (301), 1 - 8, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Jeong Kyung-Beom, Shibuya Satoru, Kataoka Satsuki, Baek Je-Min, Kawabata Toshinori, Sawada Yutaka

    Recently, a bentonite sheet is often employed in deteriorated earth-fill dams for preventing water leakage. However, it is concerned that a slipping type of failure may occur at the boundary between the bentonite sheet and the fill material in the event of seismic attack. In this paper, seismic behavior of a small-sized earth fill model inside which a bentonite sheet was mantled was examined in shaking table test, and it was simulated by numerical analysis. It is manifested in the shaking table test that a shallow slip surface developed in the fill above the bentonite sheet, and no harmful deformation was observed along the bentonite sheet when subjected to seismic motion, noting also that the shallow failure was successfully simulated by pseudo static limit equilibrium analysis. In addition, it was confirmed that the seismic response of the model earth-fill was unaffected by the existence of bentonite sheet as examined by FEM seismic numerical simulations.

    公益社団法人 地盤工学会, 2016年, Japanese Geotechnical Society Special Publication, 4 (2), 27 - 30, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • E-defenseで実施した実物大ため池堤体加振実験の数値解析シミュレーション

    丁 經凡, 澁谷 啓, 片岡 沙都紀, 白 濟民, 河端 俊典, 澤田 豊, 中澤 博志

    地盤工学会, 2016年, 地盤工学シンポジウム論文集 地盤工学会 編, 60, 249 - 254, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 生分解性樹脂コンクリートの統計的劣化予測

    鈴木麻里子, 久保京子, 河端俊典

    コンクリート工学会, 2016年01月, コンクリート工学会論文集, 27, 1 - 6, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • PBSA, PLAを用いた生分解性樹脂コンクリートの劣化比較

    鈴木麻里子, 久保京子, 河端俊典

    コンクリート工学会, 2016年01月, コンクリート工学会論文集, 27, 7 - 12, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Model Experiments for the Mechanical Behavior of Buried Rehabilitated Pipes under Eccentric Loading

    S. Takahara, K. Ono, Y. Sawada, T. Kawabata

    Trenchless rehabilitations have often been used for repairing aging irrigation pipes. However, in the Japanese design standard for irrigation pipes, the design of the rehabilitations is not prescribed. Many of past studies have not dealt with the mechanical behavior of rehabilitated pipes under eccentric loading, and the behavior has not been understood. In this study, for investigating the mechanical behavior of the rehabilitated pipes under eccentric loading, model experiments and FE-analyses were conducted. In the experiments, the rehabilitated pipes were modeled by placing the aluminum segments around the polyvinyl chloride (PVC) pipes, and the pipes were loaded with the air-bag. The results indicated that the only liners under eccentric loading deformed in oblique directions with the shift of the loading positions. On the other hand, the deformations of the liners with the host pipes were dependent on both the directions of loads acting on the liners and the damage states of the host pipes.

    AMER SOC CIVIL ENGINEERS, 2016年, PIPELINES 2016 - OUT OF SIGHT, OUT OF MIND, NOT OUT OF RISK, 1698 - 1709, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • DEM Analysis on the Mechanical Behavior of Buried Pipe during Sheet-Pile Extraction

    K. Terada, K. Ono, S. Takahara, T. Miki, Y. Sawada, T. Kawabata

    In Japan, a sheet-pile method is often used to install pipelines with large diameter into the ground because of narrow work sites and high groundwater levels. However, voids develop in the ground associated with the extraction of sheet-piles. Therefore, the ground around the buried pipes rapidly deforms, and the earth pressure acting on the pipes changes. In this paper, in order to investigate the mechanical behavior of the buried pipe during sheet-pile extraction, two-dimensional analyses by discrete element method were conducted. In this analysis, sheet-piles with three kinds of embedded length was installed, and flexible pipe having diameter of 1.0 m was modeled and backfilled in sand or cohesive soil. The result of the analyses indicated that the sheet-pile extraction led to the development of a loose area in the ground. The loose area resulted in settlement and deflection of the flexible pipe. Especially in the case of cohesive soil, the settlement and deflection were larger than expected.

    AMER SOC CIVIL ENGINEERS, 2016年, PIPELINES 2016 - OUT OF SIGHT, OUT OF MIND, NOT OUT OF RISK, 1207 - 1217, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 水平載荷時の継手構造管路屈曲部の挙動メカニズム

    井谷 昌功, 藤田 信夫, 横田木綿, 有吉 充, 毛利 栄征, 河端 俊典

    公益社団法人農業農村工学会, 2015年12月, 農業農村工学会論文集, (300), 177 - 183, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 補強体を有する混成堤の津波外力作用下の安定性に関する解析的検討

    澤田 豊, 三宅 達夫, 宮本 順司, 河端 俊典

    公益社団法人土木学会, 2015年11月, 土木学会論文集C(地圏工学), 71 (4), 352 - 364, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • MPS法を用いた津波による海岸構造物背後地盤の洗掘に関する数値解析

    村井 和樹, 澤田 豊, 河端 俊典

    公益社団法人地盤工学会関西支部, 2015年11月, Kansai Geo-Symposium 2015 論文集, 7 - 12, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Yutaka Sawada, Michio Miyake, Junji Miyamoto, Toshinori Kawabata

    In this study, distinct element method (DEM) analysis and slip analysis based on the simplified Bishop method have been carried out in order to investigate stability of a caisson-type breakwater under tsunami-induced seepage and establish the design method of the caisson foundation. The effect of seepage on the bearing capacity of the caisson foundation was introduced as the reduction of the effective weight of the rubble mound in the both analyses. As a result of the distinct element (DE) analysis, it has been revealed that the shear strain of the rubble mound increases due to the tsunami-induced seepage. Moreover, from the slope stability analysis, it has been indicated that the safety factor decreases by 7–10 % due to the seepage force, which is approximately corresponding to the increase rates of shear deformation in DE analysis.

    Springer US, 2015年09月01日, Transportation Infrastructure Geotechnology, 2 (3), 120 - 138, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kohei Ono, Yusuke Sonoda, Yutaka Sawada, Hoe I. Ling, Toshinori Kawabata

    In Japan, a trenchless rehabilitation method has often been used for replacing aging irrigation pipes because of the economical reason. With the method, damaged host pipes are repaired with new pipes. Namely, the rehabilitated pipeline system comprises two pipes: a damaged host pipe and a liner. The mechanical behavior of liners is influenced by host pipes. In the present study, in order to reveal the mechanical behaviors, centrifuge model tests were carried out under various conditions including the damage levels of the host pipe, the positions of surcharge load, the ring stiffness of the liner, and the stiffness of the backfill. Test results indicate that the deflection of the liner increases with the damage level of the host pipe, and the influence of the host pipe on the liner is negligible when the host pipe reaches the ultimate damaged state. In addition, the strain concentration occurs at the crown of the inner due to the contact between the edge of the damaged host pipe and the liner. The strain concentration is reduced by 20 % with the increase of the ring stiffness of the liner. It is also revealed that the strain concentration appears even if the stiffness of backfills increases.

    Springer US, 2015年09月01日, Transportation Infrastructure Geotechnology, 2 (3), 139 - 154, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Shaking Table Test for Axial Behavior of Buried Inner Rehabilitated Pipes Affected by Aging Pipes in Liquefied Ground

    Izumi, A, Ono, K, Ling Hoe, I, Kawabata, T

    ASCE, 2015年08月, Proceedings of the International Conference of Pipelines 2015, 1040 - 1048, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 生分解性樹脂コンクリートの推進管への適用

    鈴木麻里子, 久保京子, 河端俊典

    公益社団法人農業農村工学会, 2015年04月, 農魚婦農村工学会論文集, (296), Ⅳ5 - 6, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 鈴木麻里子, 久保京子, 河端俊典

    2015年04月, 農業農村工学会論文集, (296), Ⅳ - 5-Ⅳ-6, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Effect of Different Exposure Conditions on Degradation Characteristics of Biodegradable Resin Mortar

    Suzuki, M, Kubo, K, Suzuki, T, Sawada, Y, Kawabata, T

    公益社団法人農業農村工学会, 2015年04月, JIDRE Journal, I_19 - I_24, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 農業用パイプラインにおける漏水事故実態に関する調査研究−琵琶湖周辺の幹線系パイプラインの事例—

    井谷昌功, 西山竜朗, 井端洸, 河端 俊典

    日本雨水学会, 2015年02月, Journal of Rainwater Catchment Systems, 20 (2), 61 - 66, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 横波共振法を適用した農業用パイプラインの機能診断に関する研究

    茨田 匠, 井谷 昌功, 澤田 豊, 河端 俊典

    公益社団法人農業農村工学会, 2015年02月, 農業農村工学会論文集, (295), 31 - 38, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 液状化地盤における埋設管の水平抵抗力に関する模型実験

    井谷 昌功, 藤田 信夫, 澤田 豊, 有吉 充, 毛利 栄征, 河端 俊典

    公益社団法人農業農村工学会, 2015年02月, 農業農村工学会論文集, (295), 77 - 83, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • A. Izumi, K. Ono, S. Takahara, Y. Sawada, M. Ariyoshi, Y. Mohri, T. Kawabata

    In Japan, the main irrigation pipeline network is increasingly getting older and losing its function due to deterioration. The concept of in-situ rehabilitation for aging pipelines, which can improve the performance of a damaged pipe by installing new pipeline inside of the existing aging pipeline, has gained increasing attention. However, the seismic mechanical behavior of pipeline rehabilitated by this method is not substantially clear. In this study, to clarify the effect of damaged outer pipe on the inner pipe, shaking table tests were conducted for the buried pipe in liquefied ground. To model the inner pipe, polyvinyl-chloride (PVC) and polyethylene (PE) pipe were used. To model the outer aging pipe, different types of concrete pipes in length were used. The test results indicated that the amplitude of the bending strain in PVC pipe sharply increased due to the stress concentration at the gap between outer pipes. Additionally, the deflection mode of the pipe was categorized into two main types bow-shaped deformation and pendulum-shaped deformation.

    American Society of Civil Engineers (ASCE), 2015年, Pipelines 2015: Recent Advances in Underground Pipeline Engineering and Construction - Proceedings of the Pipelines 2015 Conference, 316 - 324, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 防波堤背後の洗掘が水平抵抗力に及ぼす影響

    澤田 豊, 河端 俊典

    土木学会, 2014年10月, 土木学会論文集B3(海洋開発), 70 (2), 510 - 515, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • DEM analyses on L-shaped breakwaters subjected to lateral loads

    Sawada, Y, Kawabata, T

    2014年09月, Proceedings of the 14th International Conference of the International Association for Computer Methods and Advances in Geomechanics, 1779 - 1784, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 同一環剛性を有する管厚の異なるたわみ性パイプの力学挙動特性

    泉明良, 澤田豊, 日野林譲二, 毛利栄征, 有吉充, 河端俊典

    2014年08月, 農業農村工学会論文集, 82 (4), 49 - 57

    [査読有り]

  • 同一環剛性を有する管厚の異なるたわみ性パイプの力学挙動特性

    泉 明良, 澤田 豊, 日野林 譲二, 毛利 栄征, 有吉 充, 河端 俊典

    公益社団法人 農業農村工学会, 2014年08月, 農業農村工学会論文集, (292), 231 - 239, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Centrifuge model test for buried inner rehabilitated pipes affected by aging pipes with different damage level

    Ono, K, Inoue, K, Sawada, Y, Izumi, A, Sonoda, Y, Miki, T, Mohri, Y, Ling Hoe, I, Li, Liming, Hinobayashi, J, Kawabata, T

    ASCE, 2014年08月, Proceedings of the Pipelines 2014 Conference, 1040 - 1048, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 鈴木麻里子, 鈴木武志, 河端俊典

    コンクリート工学会, 2014年07月, コンクリート工学論文集, Vol.25, 119 - 124, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 既設老朽管の損傷レベルが更生管力学挙動に与える影響

    澤田 豊, 園田 悠介, 小野 耕平, 井上 一哉, 毛利 栄征, 有吉 充, 河端 俊典

    農業農村工学会, 2014年06月, 農業農村工学会論文集, (291), 25 - 31, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Mechanical Characteristics of Environmetally-friendly Biodegradable Resin Concrete

    Suzuki, M, Kubo, K, Sawada, Y, Kawabata, T

    2014年06月, Cocrete Innovation Conference 2014, 7pages, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Finite Element Analyses on Mechanical Behavior of Inner Rehabilitated Pipes Affected by Outer Aging Pipes

    Ono, K, Sawada, Y, Izumi, A, Miki, T, Sonoda, Y, Inoue, K, Kawabata, T, Ligh, H. I, Hinobayashi, J

    2014年06月, Proceedings of the 24th International Society of Offshore and Polar Engineering Conference, 709 - 714, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Pore Water Pressure and Liquefaction in Saturated Sand Bed Induced by Tsunami

    Sawada, Y, Miyake, M, Sumida, H, Kawabata, T

    2014年04月, IDRE Journal, (290), 55 - 62, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Lateral Behavior of L-Shaped Breakwaters Subjected to Scour

    Sawada, Y, Kawabata, T

    Research Center for Urban Safety and Security, Kobe University, 2014年03月, Report of Research Center for Urban Safety and Security, 18, 198 - 202, 英語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 澤田 豊, 園田 悠介, 小野 耕平, 井上 一哉, 毛利 栄征, 有吉 充, 河端 俊典

    近年, 耐用年数を迎える農業用管路の増加に伴い, 非開削での施工が可能な管路更生工法の採用が進展している.しかしながら, 更生管の力学挙動は未解明で, 設計手法も確立されていない現状にある.更生工法では, 老朽化した既設管を撤去せずに管路を更新するため, 半永久的に更生管外周に既設管が残存する.本研究では, 既設管損傷レベルと荷重条件を変化させた土中埋設実験を実施し, 既設管が更生管力学挙動に与える影響について検討した.その結果, 既設管損傷レベルの進行に伴い, 更生管のたわみが増大することが明らかになった.また, 損傷状態によっては, 既設管と更生管が点接触することで, 局所的に卓越したひずみが発生することがわかった.さらに, 地表面偏心荷重の場合, ひずみが卓越する箇所が損傷レベルにより異なることが明らかになった.

    The Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering, 2014年, 農業農村工学会論文集, 82 (3), 157 - 163, 日本語

  • H. Ling, H. I. Ling, T. Kawabata

    A simplified pseudo-static limit equilibrium approach is used to analyse a full-scale slope failure that occurred during the 1995 Kobe earthquake. The slope is 28 m high, having a gentle angle of 26.5 degrees, and has a factor of safety as high as 2.43 in the absence of an earthquake. In addition to a factor of safety, the critical failure surface obtained from pseudo-static analysis is compared with that of the actual failure surface. Contradictory to some design codes that use only a horizontal seismic coefficient, this study finds that a rational analysis must take into consideration both horizontal and vertical seismic accelerations. The analysis including vertical acceleration may give a shallower or deeper failure surface than cases where vertical acceleration is ignored. An analysis combining horizontal and upward accelerations results in a deeper failure surface than when only downward or no vertical acceleration is considered. The effects of soil properties on the slope stability are also investigated. The study suggests that for near-fault earthquakes, slopes may be subjected to vertical (upward) seismic coefficient as large as 90% that of horizontal, larger than that specified in existing design codes.

    ICE PUBLISHING, 2014年, GEOTECHNIQUE, 64 (5), 400 - 404, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 基床部の乱れがたわみ性埋設管の力学挙動に与える影響

    河端 俊典

    土木学会, 2013年09月, 土木学会論文集 A2(応用力学), 69 (2), 779 - 786, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Mechanical Behavior of Buried Inner Rehabilitated Pipes Affected by Aging Pipes with Different Damage Level

    Kawabata Toshinori, Mohri Yoshiyuki

    ISOPE, 2013年07月, Proceedings of 23rd International Offshore and Polar Engineering Conference,, CD, 1 - 10, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Experiments for Buried Flexible Pipe Supported by Non-Uniform Bedding

    Kawabata Toshinori

    ISOPE, 2013年07月, , Proceedings of 23rd International Offshore and Polar Engineering Conference,, CD, 1 - 10, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • The Influence of Non-uniform Bedding on the Mechanical Behavior of Buried Flexible Pipe,

    Kawabata Toshinori, Ling Hoe I

    ASCE, 2013年06月, Proceedings of International Conference for Pipeline Engineering, ASCE, Forth worth,TX, USA., CD, 1 - 12, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 鈴木麻里子, 河端俊典, 内田一徳

    農業農村工学会, 2013年04月, 農業農村工学会論文集, (284), 171 - 176, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 環境に配慮した仮設資材開発のための基礎的研究-生分解性受信コンクリートの力学的検討-

    鈴木麻里子, 久保京子, 秦栄三, 中村誠, 吉村睦, 河端俊典

    2013年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, (17), 309 - 313, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 大口径パイプラインの地震被害 —被害状況と復旧の考え方—

    河端 俊典, 毛利 栄征

    2012年12月, 地盤工学ジャーナル, Vol.7, No.1, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Lateral response of buried bend restrained by reinforcement using geogrid

    Ariyoshi Mitsuru, Mohri Yoshiyuki, Kawabata Toshinori

    IGS Euro, 2012年09月, Proceedings of Euro-Geo 5, Valencia, Spain, CD, 1 - 12, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Dynamic Behavior of Buried Flexible Pipes of Varying Thickness Using the Shaking Table Test,

    Kawabata Toshinori, Mohri Yoshiyuki, Ariyoshi Mitsuru

    ASCE, 2012年08月, Proceedings of International Conference for Pipeline Engineering, ASCE, Miami Beach, FL, USA., CD, 1 - 12, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Dynamic behavior for buried flexible pipe subjected to ground shear deformation

    Kawabata Toshinori, Mohri Yoshiyuki

    ISOPE, 2012年06月, Proceedings of 22nd International Offshore and Polar Engineering Conference, ISOPE2012, Rhodes, Greece, Proceedings of 23rd International Offshore and Polar Engineering Conference,, CD, 1 - 10, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Deposited Muddy Soil Reuse Technique Using Industrial Waste for Reconstruction of Small Earth fill Dams

    Kawabata Toshinori

    ISOPE, 2012年06月, Proceedings of 22nd International Offshore and Polar Engineering Conference, ISOPE2012, Rhodes, Greece, Proceedings of 23rd International Offshore and Polar Engineering Conference,, CD, 1 - 10, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 鈴木麻里子, 河端俊典, 内田一徳

    2012年03月, 神戸大学都市安全研究センタ-研究報告, (16), 339 - 344, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 液状化地盤内における内圧管路屈曲部スラスト防護工法の動的挙動に関する検討

    河端 俊典, 澤田 豊, 毛利 栄征, LING Hoe I

    2011年09月, 土木学会論文集C(地圏工学), 67 (3), 399 - 406, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Dynamic Behavior of Buried Circular Structures during Earthquake by Discrete Element Method

    Kawabata Toshinori, Ling Hoe I, Mohri Yoshiyuki

    ISOPE, 2011年06月, , Proceedings of 21st International Offshore and Polar Engineering Conference, ISOPE2011, Hawaii, USA, CD, 1 - 10, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 個別要素法による埋設管路の水平載荷時挙動解析

    河端俊典, 澤田豊, 柏木歩, 毛利栄征, 有吉充

    2011年05月, 農業農村工学会誌, 79 (5), 11 - 14

    [査読有り]

  • 施工過程を考慮した埋設パイプの数値解析

    毛利栄征, 河端 俊典

    農業農村工学会, 2011年05月, 水土の知,農業農村工学会誌, Vol.79 (No.5), 7 - 10, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 個別要素法による埋設管路の水平載荷挙動解析

    河端 俊典, 澤田 豊, 柏木 歩, 有吉 充, 毛利 栄征

    農業農村工学会, 2011年05月, 水土の知, 79 (5), 337 - 340, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Experiments and Numerical Analyses for Spillway on Small Earth Dam Subjected to Simple Shear

    Kawabata Toshinori, Ling Hoe I, Mohri Yoshiyuki

    ASCE, 2011年03月, Proceedings of Geo-Frontiers, ASCE, Dallas, USA, CD, 1 - 10, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Kawabata Toshinori, Suzuki Mariko, Uchida Kazunori, Suzuki Takeshi

    Japan has 210,000 earth-fill dams and many of them are located in the Hyogo prefecture. They have distinct zones of dissimilar material, a watertight clay core. The suitable soil materials of impermeable core zone are very important; nevertheless it is difficult for us to secure them near the dam site. It becomes expensive to reconstruct an old earth-fill dam, because the suitable soil materials have to be borrowed in from some distance. In addition, these earth-fill dams have large deposit of muddy soil in the reservoir. Such muddy soil reduced the volume of water kept in the reservoir and declined the quality of water. Though the muddy soil have to be removed, it is not easy to dispose it because of the high moisture content. In this paper, we proposed the using of the soil for impermeable core zone, using materials that should be recycled. It is necessary to be said that the material is not only low cost but also mechanically stable and environmentally friendly. Therefore, we made decision regarding the best mixture proportion based on the results of unconfined compression, and permeability tests.

    IOS PRESS, 2011年, DEFORMATION CHARACTERISTICS OF GEOMATERIALS, PTS 1 AND 2, 762 - 765, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 河端 俊典

    1995年の兵庫県南部地震では,多くのため池洪水吐が被災した.一般的に重量構造物である洪水吐は,地震時に大きな慣性力を受けることで破壊・変位を生ずることがその主因とされている.筆者らは,ジオグリッドを取り付けた耐震性を有する軽量洪水吐を提案し,振動台実験によりその有効性を明らかにしたが,メカニズムは未だ解明されていない.本研究では,地震時の地盤のせん断変形に着目し,提案工法に対して繰返し単純せん断試験を行った.アルミ棒積層体を用いた模型実験,および個別要素法(DEM)を用いた数値解析の双方から,その挙動メカニズムを検討した.実験および解析の結果から,洪水吐側壁に取り付けた補強材の引抜き抵抗により,洪水吐の変位が抑制されることが明らかになった.

    国際ジオシンセティックス学会日本支部, 2010年12月, ジオシンセティックス論文集, 25, 127 - 132, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 河端 俊典

    近年,老朽開水路の改修やコスト縮減の観点から,パイプラインの浅埋設工法の適用が進展しているが,圧力管路水平屈曲部に作用するスラスト力に対する当工法の有効性は未解明のままである.そこで本研究では,ジオグリッドを用いた浅埋設工法を対象とした小型模型実験を行い,その有効性について検討した.実験結果より,浅埋設工法がスラスト防護工法に有効であることが明らかとなった.また,受働地盤の抵抗メカニズムについて,2次元個別要素法から検討した結果,水平抵抗力の増加について,ジオグリッドを用いて補強した領域が一体化することに起因することが明らかになった.

    Japan Chapter of International Geosynthetics Society, 2010年12月, ジオシンセティックス論文集, 25, 27 - 32, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Lateral Loading Experiment on buried pipe using liquefied stabilized soil as backfill material for thrust restraint

    Kawabata, T, Kashiwagi, A, Sawada, Y, Okuno, S, Ling, H. I

    2010年08月, Proceedings of International Conference of Pipeline 2010, 1244 - 1254, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 組み合わせ荷重下における部分拡幅杭の水平支持機構,

    河端 俊典

    農業農村工学会, 2010年06月, 農業農村工学会論文集, (267), 17 - 25, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ため池の新しい改修技術

    内田 一徳, 田中 勉, 河端 俊典, 安部 優吉, 松井 輝峰, 常友 永市, 法田 公良

    Under construction.

    農業農村工学会, 2010年06月, 水土の知 (農業農村工学会誌), 78 (6), 3 - 6, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Vertical loading tests for buried flexible pipes with equivalent ring stiffness

    Kawabata Toshinori, Mohri Yoshiyuki, Ling Hoe I, Ariyoshi Mitsuru

    ISOPE, 2010年06月, Proceedings of 20th International Offshore and Polar Engineering Conference, ISOPE2010, Beijing, China, CD, 1 - 10, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Lateral Loading Experiments on Thrust Restraint for Shallowly Buried Pipelines using Geogrids

    Kawabata Toshinori, Mohri Yoshiyuki, Ling Hoe I

    ISOPE, 2010年06月, Proceedings of 20th International Offshore and Polar Engineering Conference, ISOPE2010, Beijing, China, CD, 1 - 10, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Creation of the Soil for Impermeable Core Zone for Earth-fill Dams

    Kawabata Toshinori

    ISOPE, 2010年06月, Proceedings of 20th International Offshore and Polar Engineering Conference, ISOPE2010, Beijing, China, CD, 1 - 10, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Clarification of dynamic behavior of spillway on small earth dam subjected to simple shear

    Kawabata Toshinori, Mohri Yoshiyuki

    ISOPE, 2010年06月, Proceedings of 20th International Offshore and Polar Engineering Conference, ISOPE2010, Beijing, China, CD, 1 - 10, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Field verification test for buried bend with lightweight thrust restraint using geogrid

    Kawabata, T, Sawada, Y, Izumi, A, Kashiwagi, A, Hanazawa, T, Okuno, S, Suzuki, M

    2010年05月, Proceedings of the 9th International Conference on Geosynthetics, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 圧力曲管部スラスト防護工法の設計手法の提案

    澤田 豊, 河端 俊典, 毛利栄征

    農業農村工学会, 2010年02月, 農業農村工学会論文集, (265), 33 - 40, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 河端 俊典

    近年,埋設パイプライン施工時の埋戻しに際して,流動化処理土を用いる事例が増加している.本論では,スラスト力が作用する曲管部の受働側地盤における埋戻し材に流動化処理土を使用するとともに,その中に補強材を敷設することにより,受働抵抗力増加を図る新たなスラスト防護工法を提案し,口径260mmの模型パイプを使用した水平載荷模型実験を実施した.計測項目は,パイプに作用する水平荷重,パイプの水平変位である.実験結果より,補強材が,流動化処理土の有する脆性的な性質を改善し,受働抵抗力増加に寄与することがわかった.また,補強材の種類が受働抵抗力の増減に影響を与えることが明らかとなった.

    国際ジオシンセティックス学会日本支部, 2009年12月, ジオシンセティックス論文集, Vol.24, 171 - 176, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 河端 俊典

    農業用パイプライン等の圧力管曲部には,その曲角度と内圧の大きさに応じてスラスト力が発生する.現行の設計基準では,大きなスラスト力が発生する場合,曲管部にコンクリートブロックを設けることでスラスト力を支持するが,コンクリートブロックは重量構造物であるため,地震時の位相差による継手離脱などの被災原因にもなっている.筆者らはスラスト力の対策工法として,ジオグリッドを用いた軽量なスラスト防護工法を提案し,検討を進めている.本研究では,スラスト防護工法として流動化処理土を用いる際の各種補強材の効果について,曲げ試験を行い,さらにPIV(Particle Image Velocimetry:粒子画像流速測定法)による画像解析を行うことにより検討を加えた.

    国際ジオシンセティックス学会日本支部, 2009年12月, ジオシンセティックス論文集, Vol.24, 91 - 96, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 内田 一徳, 河端 俊典, 井上 一哉, 松田 光平, 岩出 郁美, 宮川 智弘

    近年,全国にある多くのため池が老朽化により改修の必要性が生じている.また,将来予想される地震を考慮して,ため池の耐震化が急務となってきており,ジオグリッドを用いた補強土工法を堤体に適用することなどが提案されている.しかしながら,ジオグリッド敷設が堤体の透水特性に与える影響については未解明のままである.そこで本研究では,ジオグリッドの有無が補強地盤の透水特性に与える影響を明らかにするため,大型三軸セル透水実験装置と大型土槽透水実験装置を用いて実験を行った.その結果,ジオグリッドが地盤の透水特性に与える影響は極めて小さいことがわかった.

    国際ジオシンセティックス学会日本支部, 2009年12月, ジオシンセティックス論文集, 24, 49 - 54, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 河端 俊典, 澤田 豊, 泉明 良, 柏木 歩, 花澤 貴文

    筆者らは,圧力管曲部に作用するスラスト力の対策工法として,ジオグリッドを用いた軽量なスラスト防護工法を提案し,これまでに模型実験,数値解析,大規模模型埋設実験験ならびに振動台実験などによって当提案工法がスラスト対策工法として有効であり,耐震性に優れていることを明らかにしてきた.本研究では,サイホン部緊急布設替えの施工に際して,当提案工法を採用し,管内水圧,周辺地盤の土圧,ジオグリッドの発生ひずみを計測した.計測結果から,現場においても当提案工法の有効性が実証された.

    ジオシンセティックス学会日本支部, 2009年12月, ジオシンセティックス論文集, 24, 165 - 170, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 河端 俊典, 澤田 豊, 毛利 栄征

    圧力管曲部に作用するスラスト力に対して,一般的にコンクリートブロックが用いられる.著者らは,耐震性を考慮し,ジオグリッドを用いた軽量なスラスト防護工法を考案した.また,その機能の有効性を模型実験より検討した.本論文では,8.4m×5.4m×4mの大型土槽内で,口径300mmの90度曲管を含む試験管路を作製し,実規模埋設実験を実施し,当工法の内圧負荷時の力学挙動について検討を行った.実験結果から当工法では,スラスト力に対する曲管移動量の抑制が確認された.また,ジオグリッドの引張剛性,寸法および設置方法を変えた実験から,これらの実験条件の変化が当工法により付加される抵抗力に大きな影響を及ぼすことが明らかとなった.

    公益社団法人 農業農村工学会, 2009年08月25日, 農業農村工学会論文集, 77 (4), 439 - 445, 日本語

  • 圧力管曲部の軽量スラスト防護工法の実規模埋設実験

    河端 俊典, 澤田 豊, 毛利 栄征

    農業農村工学会, 2009年08月, 農業農村工学会論文集, (262), 111 - 117, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Full scale loading tests of liquefied stabilized soil reinforced with geosynthetics

    Kawabata, T, Izumi, A, Kashiwagi, A

    2009年06月, Proceedings of 19th International Offshore and Polar Engineering Conference, 2 (CD), 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Field Test on Lightweight Thrust Restraint for Buried Bend

    Kawabata, T, Hanazawa, T, Sawada, Y, Izumi, A, Kashiwagi, A, Shigenaka, A, Nanno, I

    2009年06月, Proceedings of 19th International Offshore and Polar Engineering Conference, 2, 62 - 66, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Evaluation of Permeability for Reinforced Ground with Geogrid

    Uchida Kazunori, Kawabata, T, Inoue Kazuya

    2009年06月, Proceedings of 19th International Offshore and Polar Engineering Conference, 2 (CD), 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Evaluation of Lateral Resistance for Buried Conditions around Pipe with Horizontal Loading

    Kashiwagi, A, Kawabata, T

    2009年06月, Proceedings of 19th International Offshore and Polar Engineering Conference, 2 (CD), 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Effect of pipe thickness on the behavior of flexible pipes with equivalent bending ring stiffness

    Kawabata, T, Shoda Daisuke, Izumi, A, Inoue Kazuya, Mohri Yoshiyuki, Ariyoshi Mitsuru

    2009年06月, Proceedings of 19th International Offshore and Polar Engineering Conference, 2 (CD), 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Distinct element analysis for group piles subjected to vertical loading

    Kawabata Toshinori, Uchida Kazunori

    2009年06月, Proceedings of 19th International Offshore and Polar Engineering Conference, 2 (CD), 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 個別要素法を用いた一次元上昇浸透流による粒子間力の低減と粒子移動特性の把握

    田中 勉, 廣瀬 哲夫, 内田 一徳, 河端 俊典, 中瀬 仁

    Under construction.

    神戸大学都市安全研究センター, 2009年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, (13), 243 - 253, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 軽量曲管スラスト防護工法による付加抵抗力算定式

    澤田 豊, 河端 俊典, 毛利 栄征, 内田 一徳

    農業農村工学会, 2009年02月, 農業農村工学会論文集, (259), 43 - 51, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 河端 俊典, 澤田 豊, 柏木 歩, 毛利 栄征, 内田 一徳

    内圧管路の屈曲部にはスラスト力が作用する.通常,このスラスト力に対し曲管は背面地盤の受働抵抗力により支持される.農林水産省設計基準において,曲管に作用する受働抵抗力は,ランキンの受働土圧から算出される水平抵抗力の65%と規定されている.本研究では,曲管の背面地盤をジオグリッドにより補強する新たなスラスト防護工法を考案し,当工法を対象とした水平載荷模型実験を行った.その結果,当工法によって水平抵抗力が増加することが確認された.さらに,個別要素法を用いた数値解析により水平載荷模型実験をシミュレートし,当提案工法による水平抵抗力増加メカニズムについて検討した.その結果,補強領域地盤の一体化により水平抵抗力が増加していることが明らかとなった.

    ジオシンセティックス学会日本支部, 2008年12月, ジオシンセティックス論文集, 23, 127 - 132, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 河端 俊典, 澤田 豊, 毛利 栄征, 泉明 良, 有吉 充, 平井 貴雄, 斉藤 喜久雄

    圧力管曲管部に発生するスラスト力に対して,一般的にコンクリートブロックが曲管部に打設される.しかしながら,地震時にコンクリートブロックが曲管部の大きな変位や,隣接管の離脱などを生じさせることが報告されている.その対策として,著者らはジオグリッドを用いた軽量スラスト防護工法を提案し,これまでに,水平載荷実験や実規模実験,数値解析などを行い,当提案工法がスラスト防護工法として十分有効であることが明らかとなった.しかしながら,当提案工法の耐震性は明らかにされていない.そこで本研究では,当提案工法の地震時挙動を明らかにし,耐震性を検討するために振動台実験を行った.実験結果から,液状化地盤において,曲管部に当工法を用いた場合,管の水平移動量が抑制され,また曲管部の離脱が抑制されることが確認された.

    ジオシンセティックス学会日本支部, 2008年11月, ジオシンセティックス論文集, 23, 133 - 138, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Lateral Loading Tests for New Thrust Restraint Technique Using Liquefied Stabilized Soil with Geosynthetics

    Kawabata, T, Sawada, Y, Mohri, Y, Kashiwagi, A, Izumi, A, Uchida, K

    2008年09月, Proceedings of the 4th European Geosynthetics Conference, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Dynamic Behavior of Buried Pipe Bend with Lightweight Thrust Restraint during Liquefaction

    Kawabata Toshinori, Mohri, Y, Sawada, Y, Izumi, A, Kashiwagi, A, Ariyoshi, M, Uchida, K

    2008年09月, Proceedings of the 4th European Geosynthetics Conference, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 部分拡幅杭の凸部底面に作用する極限支持力の算定

    河端 俊典

    農業農村工学会, 2008年08月, 農業農村工学会論文集, (第256号), 1 - 8, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • The Effect of Liquefied Stabilized Soil with Geosynthetics against Thrust Force of Buried Bend

    Kawabata, T, Sawada, Y, Kashiwagi, A, Izumi, A, Uchida, K, Mohri, Y

    2008年07月, Proceedings of 18th International Offshore and Polar Engineering Conference, (2), 768 - 772, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Shaking Table Experiments on Lightweight Thrust Restraint for Buried Bend

    Kawabata, T, Mohri, Y, Sawada, Y, Izumi, A, Kashiwagi, A, Ariyoshi, M, Uchida, K

    ASCE, 2008年07月, Proceedings of International Conference of Pipeline 2008, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • New Thrust Restraint Technique Using Geosynthetics for Buried Bend

    Kawabata Toshinori, Mohri, Y, Sawada, Y, Kashiwagi, A, Izumi, A, Uchida, K

    2008年07月, Proceedings of International Conference of Pipeline 2008, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Lateral Loading Tests for Buried Bend with Light-Weight Thrust Restraint in Liquefaction

    Kawabata, T, Sawada, Y, Izumi, A, Kashiwagi, A, Uchida, K, Mohri, Y, Ariyoshi, M

    2008年07月, Proceedings of 18th International Offshore and Polar Engineering Conference, (2), 660 - 664, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Field Measurement and Numerical Analysis for Buried Large Diameter Steel Pipes

    Kawabata Toshinori, Mohri, Y, Shoda DAisuke, Ariyoshi, M

    ASCE, 2008年07月, Proceedings of International Conference on Pipeline 2008, CD, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Dynamic Behavior for Lightweight Spillway with Geosynthetics on Small Earth Dam

    Kawabata Toshinori, Uchida Kazunori, Mohri, Y

    ASCE, 2008年05月, , Proceedings of Geotechnical Earthquake Engineering and Soil Dynamics IV, Sacramento, California, USA, CD, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 埋設管の地震被害と耐震対策

    河端 俊典

    農業農村工学会, 2008年02月, 水土の知,農業農村工学会誌, Vol.76 (No.2), 3 - 6, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Finite Element Analysis of Pipe Buried in Saturated Soil Deposit Subject to Earthquake Loading

    Ling Hoe I, Sun Lixum, Liu Huabei, Mohri Yoshiyuki, Kawabata Toshinori

    2008年02月, Journal of Earthquake and Tsunami, Vol. 2 (No. 1), 1 - 17, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Full-scale experiments on bend of pressure pipeline using geogrid

    Y. Sawada, T. Kawabata, K. Uchida, A. Totsugi, J. Hironaka

    In a bend of pressure pipeline, thrust force is generated. Commonly concrete block is setup on the bend in order to resist the thrust force. However, such heavy concrete block becomes a weak point during earthquake. Therefore a lightweight thrust restraint using geogrids and an anchor plate was suggested in previous study. In the present study, full-scale experiments were conducted using a pipeline (phi 300) to verify the effect for the proposed method in actual size. As the results, the lateral movement of bend in case of the proposed method was reduced in comparison with a bend without the restraint. In addition it was clarified that the effect was depended on the stiffness and the length of geosynthetics.

    TAYLOR & FRANCIS LTD, 2008年, NEW HORIZONS IN EARTH REINFORCEMENT, 545 - 549, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Closed Form Solution and FE.Analysis for Buried Flexible Pipe Under High Fills

    Kawabata Toshinori, Ling Hoe I, Shoda Daisuke

    地盤工学会, 2007年12月, Soils and Foundations, Vol.47 (No.6), 1101 - 1107, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 河端 俊典

    農業用ため池の付帯施設である洪水吐は,通常鉄筋コンクリート製の重量構造物である.兵庫県南部地震では多くの農業用ため池が被災したが,主な被災事例として,ため池洪水吐と堤体間のはく離とそれに伴う地盤の破壊が確認された.本研究ではため池洪水吐の動的挙動を明らかにするために,ため池模型の振動実験から,洪水吐の重量,剛性,断面形状,およびジオグリッドの有無が動的挙動に及ぼす影響について検討を行った.
    その結果,ジオグリッドにより補強した洪水吐は,これまでの無補強の洪水吐と比較して,高い耐震性を有しており,洪水吐両側壁の背面地盤が一体化した土塊となって挙動することで,洪水吐の変位と変形に影響を及ぼしていることが明らかになった.

    国際ジオシンセティックス学会日本支部, 2007年11月, ジオシンセティックス論文集, 22 (Vol.22), 243 - 248, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 澤田 豊, 河端 俊典, 毛利 栄征, 内田 一徳

    圧力管曲部には内圧と曲がり角度に応じてスラスト力が作用する.著者らはジオグリッドならびにアンカープレートを曲管部に用いた耐震性の高いスラスト対策工法を考案し,水平載荷模型実験および数値解析から,その有効性を明らかにした.また,当工法により付加される水平抵抗力の算定を行った.しかしながら,これまでの算定式にはジオグリッドの伸び特性が考慮されておらず,詳細な設計に至っていないのが現状である.本論では,ジオグリッドの伸び特性を考慮した水平抵抗力の算定式を提案した.さらに,口径300mmの模擬管路を用いて行った実大規模実験の結果と比較を行い,提案式の予測精度について検討を行った.

    ジオシンセティックス学会日本支部, 2007年11月, ジオシンセティックス論文集, 22, 253 - 258, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Large Scale Tests of Buried Bend with Lightweight Thrust Restraint Method

    Kawabata, T, Sawada, Y, Ogushi, K, Totsugi, A, Hironaka, J, Uchida, K

    2007年07月, Proceedings of 17th International Offshore and Polar Engineering Conference, 908 - 9013, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Estimation of Incremental Resistance of Lightweight Thrust Restraint for Buried Bend Using Geosynthetics

    Sawada, Y, Kawabata, T, Mohri, Y, Uchida, K

    2007年07月, Proceedings of 17th International Offshore and Polar Engineering Conference, 914 - 920, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • An Evaluation of Dispersion Characteristics through a Sandy Mud Soil Layer

    Kazuya INOUE, Toshinori KAWABATA, Kazunori UCHIDA, Tsutomu TANAKA

    2007年07月, Proceedings of the 17th International Offshore and Polar Engineering Conference & Exhibition 2007, 530 - 537, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Shaking Table Tests for Lightweight Spillway on Small Earth Dam

    Kawabata Toshinori, Uchida Kazunori, Mohri Yoshiyuki

    2007年06月, Proceedings of 17th International Offshore and Polar Engineering Conference, 908 - 9013, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Analysis of Ultimate Bearing Capacity for Base of Pile with Multi-Stepped Two Diameters,

    Shoda Daisuke, Uchida Kazunori, Kawabata Toshinori

    2007年06月, Proceedings of 17th International Offshore and Polar Engineering Conference, CD, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 小田 哲也, 河端 俊典, 毛利 栄征, 田村 弘幸, 中島 博文

    神戸大学都市安全研究センター, 2007年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 11, 377 - 382, 日本語

  • Shoda Daisuke, Kawabata Toshinori, Uchida Kazunori, Nadamoto Yuta

    神戸大学都市安全研究センター, 2007年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 11, 357 - 366, 英語

  • Shoda Daisuke, Kawabata Toshinori, Uchida Kazunori

    神戸大学都市安全研究センター, 2007年03月, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 11, 347 - 355, 英語

  • Sawada, Y, Kawabata, T, Mohri, Y, Uchida, K

    Research Center for Urban Safety and Security, Kobe University, 2007年03月, Report of Research Center for Urban Safety and Security, 11, 367 - 376, 英語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Large scale tests of buried bend with lightweight thrust restraint using geosynthetics

    Toshinori Kawabata, Yutaka Sawada, Ken Ogushi, Atushi Totsugi, Junichi Hironaka, Kazunori Uchida

    The thrust force generated by internal pressure tends to move the bend of underground pipeline to back side. Commonly concrete blocks are set up on the bend in order to resist the thrust force. However, such heavy concrete blocks become a weak point during earthquake. Therefore a lightweight thrust restraint using geosynthetics and anchor plate was suggested in this study. In previous study the lateral loading tests were carried out to prove the effect of the proposed method. In this study, large scale tests were conducted using a pipeline (phi 300) to investigate the effect of the proposed method in actual size. As the results, the resistance force in case of using proposed method increased 60% comparing in case of non-reinforced pipe. In addition it was clarified that the incremental resistance due to proposed method was influenced by the stiffness and the length of geosynthetics.

    INTERNATIONAL SOCIETY OFFSHORE& POLAR ENGINEERS, 2007年, PROCEEDINGS OF THE SEVENTEENTH (2007) INTERNATIONAL OFFSHORE AND POLAR ENGINEERING CONFERENCE, VOL 1- 4, PROCEEDINGS, 908 - +, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • ジオシンセティックスを用いた軽量曲管部スラスト防護工法の実規模実験

    河端 俊典

    2006年12月, ジオシンセティックス論文集, Vol.21, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 澤田 豊, 河端 俊典, 毛利 栄征, 内田 一徳

    農業用パイプラインなどの圧力管曲部には内圧と曲がり角度に応じて不平衡力が作用する.このスラスト力に対して,曲管にジオグリッドならびにアンカープレートを連結した耐震性に優れたスラスト対策工法を考案し,模型実験および数値解析から,その有効性ならびに抵抗メカニズムを明らかにしてきた.本論では,これらのメカニズムに基づいた増加抵抗力-変位関係式を提案し,そのパラメータである最大抵抗力と最大抵抗力発生変位の決定手法に関して検討を行った.さらに,提案された増加抵抗力-変位関係で模型実験をシミュレーションし,提案算定式の精度の検証を行った.その結果,提案式が高い精度を有していることが明らかになった.

    ジオシンセティックス学会日本支部, 2006年12月, ジオシンセティックス論文集, 21, 97 - 104, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 河端 俊典, 澤田 豊, 大串 賢, 戸継 昭人, 弘中 淳市, 毛利 栄征, 内田 一徳

    圧力管曲部に作用するスラスト力に対して,一般的にコンクリートブロックが打設される.著者らは,耐震性を考慮し,ジオグリッドを用いた軽量なスラスト防護工法を考案した.また,その有効性を模型実験より確認した.本研究では,8.4m×5.4m×4mの大型土槽内で,口径300mmの90度曲管を含む,試験管路を作製し,実規模埋設実験を実施した.実験結果から当工法では,スラスト力に対する水平抵抗力の増加が見られた.また,ジオグリッドの剛性および長さを変えた実験から,それらの要素が増加抵抗力に影響を及ぼすことが確認された.

    ジオシンセティックス学会日本支部, 2006年12月, ジオシンセティックス論文集, 21, 105 - 110, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 強震時における埋設管浮上メカニズム

    河端 俊典

    2006年11月, 日本地震工学ジポジウム論文集, Vol.12, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • The Behavior of Buried Flexible Pipe under High Fills and Design Implications

    河端 俊典

    2006年10月, Journal of Geotechnical and Environmental Engineering, ASCE,, Vol.132, No. 10, pp. 1354-1359, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 模型実験による軽量曲管スラスト防護工法の機能検証とその発現機構

    河端 俊典, 澤田 豊, 毛利 栄征, 内田 一徳

    農業土木学会, 2006年08月, 農業土木学会論文集, (244), 179 - 185, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • The Behavior of Flexible Pipe in Peat Ground

    Kawabata, T, Lign, H., I, Osawa, M, Sawada, Y, Matsukawa, T

    ASCE, 2006年07月, Proceedings of International Conference of Pipeline 2006, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 部分拡幅杭の鉛直載荷支持機構

    河端 俊典

    農業土木学会, 2006年02月, 農業土木学会論文集, Vol. 241 (1), 79 - 85, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Toshinori Kawabata, Yoshiyuki Mohri, Hiroyuki Tamura, Daisuke Shoda, Tetsuya Oda

    Field buried pipe tests were conducted using steel pipes with 3500mm-diameter and 26mm-thickness as a part of Irrigation Pipeline Project. In current design for irrigation pipeline in Japan, there are no design criteria for pipeline with diameter larger than 3000 mm. In the field tests, two cases of backfilling methods were employed. In Case 1, soil-cement was used as backfill material to a height of half the diameter measured from the bottom of the pipe. In Case 2, soil-cement was used as backfill to a height of quarter diameter measured from the bottom of the pipe. The mixed rock, which was recycled crushed concrete and crushed gravel, was backfilled above soil-cement to the top of the pipe. The pipe was buried under a depth of approximately 3.0 m in both cases. Displacement transducers were installed in the pipes and strain gauges were attached to the inner of the pipe. Earth pressure transducers and pore water pressure transducers were installed in the backfill materials around the pipes. The deformations in each of the backfilling stage were measured. It is found that the behavior of the buried pipe was strongly influenced by backfilling methods and external force. Copyright ASCE 2006.

    2006年, Proceedings of the 2006 Pipeline Division Specialty Conference - Pipelines 2006: Service to the Owner, 211, 78, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Toshinori Kawabata, Yoshiyuki Mohri, Hoe I. Ling, Tomohiro Kitano

    A bend in the pipeline with internal pressure will generate thrust externally. For a buried pipe, this thrust is supported by the passive earth pressure through the backfill at the bend, which is typically supported by the concrete block. The magnitude and the shape of distribution of the earth pressure are not readily known. In this paper, pit tests were conducted using a pipe model having 260 mm diameter and that was equipped with 20 bi-axial load cells on the surface. Similar tests were conducted using a plate for direct comparison. The earth pressure distributions acting on the pipe surface were observed. In addition, numerical analyses by distinct element method were conducted to clarify the mechanism of the behavior of the laterally loaded pipe. The test and the numerical analyses results indicated that the passive soil pressure distribution for a plate was uniform. However, in case of a pipe bend, the lateral earth pressure distribution was not uniform and it was affected by friction between the pipe surface and soil. Copyright ASCE 2006.

    2006年, Proceedings of the 2006 Pipeline Division Specialty Conference - Pipelines 2006: Service to the Owner, 211, 84, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Model tests for new lightweight thrust restraint using geogrid

    T. Kawabata, Y. Sawada, K. Uchida, T. Kitano, H. I. Ling, T. Hirai, K. Saito

    Concrete blocks are commonly used at the bend of buried pipelines to restraint thrust force. However the heavy concrete blocks move significantly in earthquake or exhibit large settlement in soft ground. In this paper, the use of geogrid as thrust restraint was proposed and the lateral loading tests for this new light weight method was conducted using model pipe having a diameter of 90 mm in order to examine the effect and the resistant mechanism.

    MILLPRESS SCIENCE PUBLISHERS, 2006年, GEOSYNTHETICS, VOLS 1-4, 1695 - +, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Lateral load capacity for pile with multi-stepped two diameters embedded in sand

    Kazunori Uchida, Toshinori Kawabata, Aki Ohara, Daisuke Shoda

    A pile with multi-stepped two diameters (MS-pile) is applied for the foundation of medium scale structures. A series of model pile tests subjected lateral loads is conducted to discuss the following issues; (1) bearing capacity of piles with multiple-stepped two diameters compared to the one of cylinder pile, (2) ground displacement behavior around lateral loaded pile, (3) bearing effect due to the shape of convex and concave, (4) earth pressure distribution along the piles. As a result of this investigation, the following conclusions are obtained: (1) In the bearing capacity, there is an only slight scatter between the piles. Considering the difference of frontal projected area, the shape of concave and convex contributes to the lateral bearing capacity in MS-piles. (2) Failure takes place around the displacement ratio of 10%. Active failure wedge develops at the front and the backside side of piles through the rotation center for laterally loaded pile. (3) There is the bearing effect of the press down due to the shape of convex and concave in the front side of the rotation center. (4) The pressure distribution of MS-pile is similar to one of cylinder pile.

    INTERNATIONAL SOCIETY OFFSHORE& POLAR ENGINEERS, 2006年, PROCEEDINGS OF THE SIXTEENTH (2006) INTERNATIONAL OFFSHORE AND POLAR ENGINEERING CONFERENCE, VOL 2, 524 - 529, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • ジオグリッドを用いた圧力管曲部スラスト防護工法の抵抗メカニズムに関する検討

    澤田 豊, 河端 俊典, 内田 一徳, 北野 知洋

    2005年12月, ジオシンセティックス論文集,, Vol. 20,217-222, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 澤田 豊, 河端 俊典, 北野 知洋, 内田 一徳, 平井 貴雄, 斉藤 喜久雄

    圧力管曲部に発生するスラスト力に抵抗するために通常,曲管部にコンクリート製ブロックを設けるが,これらの従来工法では,曲管部が重量構造物となり,局部沈下や地震時の位相差による継手離脱の誘因となる.本研究では,この従来工法に変わる新たな工法として,ジオグリッドを用いたスラスト防護工法を考案し,その実用性を図る.これまで,∅90の模型パイプを対象とした水平載荷模型実験から当工法の有効性を明らかにした.今回,当工法の抵抗メカニズムを検討するため,個別要素法による数値解析を実施した.さらに模型実験において地表面粒子挙動をPIV(粒子画像測定法)解析から検討した.数値解析および画像解析結果から,ジオグリッドで囲まれた領域およびその上方地盤が一体化することが明らかとなった.

    ジオシンセティックス学会日本支部, 2005年12月, ジオシンセティックス論文集, 20, 217 - 222, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 繰返し単純せん断を受ける埋設管の浮上メカニズム

    河端 俊典, 大石 順司, 中瀬 仁, 毛利 栄征, 内田 一徳

    2005年10月, 農業土木学会論文集, 第239号,.59-66, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Lateral Loading Experiments on Thrust Protecting Method for Buried Bend with Geogrid

    Kawabata, T, Sawada, Y, Uchida, K, Hirai, T, Saito, K

    ASCE, 2005年07月, Proceedings of Geo-Frontiers 2005, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Experiments for Aseismic Thrust Protection Using Geogrid

    Kawabata, T, Sawada, Y, Kitano, T, Uchida, K

    2005年07月, Proceedings of International Conference on Energy, Environment and Disasters, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Examination of aseismic thrust protection for buried pipe using geogrid

    Kawabata Toshinori, Sawada Yutaka, Kitano Tomohiro, Uchida Kazunori

    2005年07月, Proceedings of International Conference on Energy, Environment and Disasters (INCEED 2005),Charlotte, NC, USA, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 横波超音波共振法による農業用水管路の探傷の有効性

    茨田 匠, 吉村 睦, 河端 俊典, 石黒 覚

    2005年06月, 農業土木学会論文集, 第237号,.123-128 (with English A, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Uplift Mechanism of Underground Structures in Dry Sand Subjected to Cyclic Simple Shear by DEM,

    Kawabata Toshinori, Uchida Kazunori, Ooishi J, Nakase H

    2005年06月, Proceedings of 15th International Offshore and Polar Engineering Conference,ISOPE2005, Seoul, Korea,, 539-542, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Research on the Dynamic Action of Earthquakes Contributing to Uplifting of Underground Structures,

    Suehiro T, Nakase H, Mohri Y, Kawabata Toshinori

    2005年06月, Proceedings of 15th International Offshore and Polar Engineering Conference, ISOPE2005, Seoul, Korea,, 746- 749, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Load Bearing Behavior for Pile with Multiple Stepped Two Diameters Embedded in Decomposed Granite SoilI,

    Uchida Kazunori, Kawabata Toshinori, Imai M, Shoda D

    2005年06月, Proceedings of 15th International Offshore and Polar Engineering Conference,ISOPE2005, Seoul, Korea, 543-547, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Mechanical behavior of model pile with multiple stepped two diameters,

    Uchida Kazunori, Kawabata Toshinori, Imai M, Shoda D, Nakase H

    2005年01月, Proceedings of Geofrontiers 2005, ASCE, Austin, USA,, GSP132,.1-10, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Lateral Loading Experiments on Thrust Protecting Method for Buried Bend with Geogrid,

    Kawabata Toshinori, Uchida Kazunori, Sawada Yutaka, Hirai T, Saito K

    2005年01月, Proceedings of Geofrontiers 2005, ASCE, Austin, TX,USA,, GSP140, .1-8, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • ジオグリッドを用いた圧力管路曲管部スラスト防護工法に関する実験

    河端 俊典, 内田 一徳, 澤田 豊, 平井 貴雄, 斉藤 喜久雄

    2004年12月, ジオシンセティックス学会論文集, Vol.19,59-64, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 河端 俊典, 澤田 豊, 内田 一徳, 平井 貴雄, 斉藤 喜久雄

    ジオグリッドを用いたスラスト防護工法の有効性を明らかにするために,従来工法であるコンクリートブロックを模擬した矩形断面を有する模型ならびにジオグリッドを用いたスラスト防護工法を設置した∅90の模型パイブを対象として,乾燥砂地盤内で横引き実験を行い,その挙動特性について検討した.その結果,パイプ後方に籠状にジオグリッドを設置する工法が極めてスラスト防護に有効であることが明らかになった.また,土被りを変化させた実験結果から,ジオグリッドによる増加抵抗力に関して,籠状領域の上下面引抜き抵抗に基づく設計のモデル化を行い,増加抵抗力の算定式を提案した.

    ジオシンセティックス学会日本支部, 2004年12月, ジオシンセティックス論文集, 19, 59 - 64, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Distribution of Traffic Loads for Shallowly Buried Pipe by D.E.M Analyses.

    KAWABATA Toshinori, ARIYOSHI M, UCHIDA Kazunori, LING H I, NAKASE H, SAWADA Y, MOHRI Y

    2004年08月, Proceedings of Pipeline 2004, CD Dir.9B.1-10, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Distribution of Traffic Loads for Shallowly Buried Pipe by D.E.M. Analyses

    Kawabata, T, Ariyoshi, M, Uchida, K, Ling, H. I, Nakase, H, Sawada, Y, Mohri, Y

    ASCE, 2004年08月, Proceedings of International Conference of Pipeline 2004, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Lateral Loading Tests for Buried Pipe with Geosynthetics.

    KAWABATA Toshinori, UCHIDA Kazunori, Ling H I, NAKASE H, SAWADA Y, HIRAI T, SAITO K

    2004年07月, Proceeding of GeoTrans, ASCE, Voi.1,609-616, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Evaluation of Load Bearing Mechanism for Pile with Multiple Stepped Two Diameters.

    UCHIDA Kazunori, KAWABATA Toshinori, NAKASE H, IMAI M, SYODA D

    2004年05月, Proceedings of 14th Int. Offshore and Polar Engineering Conference, ISOPE 2004, 未記入, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • ジオグリッドを用いたライフライン曲管部のスラスト防護に関する基礎的研究(その2)

    河端 俊典, 内田 一徳, 田中 泰雄, 澤田 豊, 平井 貴雄, 斉藤 喜久雄

    2004年04月, 神戸大学都市安全研究センター報告, 8, 327 - 333, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 大石 順司, 河端 俊典, 中瀬 仁, 内田 一徳, 澤田 豊

    液状化時に地中構造物には,大きな浮力が作用し,浮上が生じる.しかし,実際の浮上メカニズムに関しては,浮力の影響のみならず地盤のせん断による影響が考えられる.そこで,本研究では,乾燥地盤における繰り返し単純せん断試験ならびに個別要素法解析から,地中構造物の浮上メカニズムの検討を行った.その結果,乾燥地盤において,繰り返しせん断を受けることにより,構造物が浮上することを確認した.また,地盤のせん断に対し,地中構造物の変位する側の下部に抵抗力が発生し,構造物を押し上げる方向に作用することがわかった.

    公益社団法人 地盤工学会, 2004年, 地盤工学研究発表会 発表講演集, 39, 1859 - 1860

  • 澤田 豊, 河端 俊典, 内田 一徳, 大石 順司, 中瀬 仁, 毛利 栄征, 平井 貴雄

    現在,ため池の底樋おいて,パイプをコンクリートで巻き立てる、いわゆる剛構造底樋が一般的である。しかし,このような剛体構造の樋管では,局所的な沈下等に追従することができず,水みちの発達を助長し,多くのため池被災の主要因となっている。このような問題に対し,本研究では,ため池底樋にたわみ性管を使用した場合の室内模型実験及び個別要素法による数値解析を行った。結果、管に作用する水平土圧に関して、剛性底樋よりもたわみ性管が大きく、水みち発達の抑制に有効である事がわかった。

    公益社団法人 地盤工学会, 2004年, 地盤工学研究発表会 発表講演集, 39, 1749 - 1750

  • 永田 将也, 河端 俊典, 内田 一徳, 平山 豪隆, 平井 貴雄, 斉藤 喜久雄

    本論は、曲管部にジオグリッドを組合わせることによって,合理的かつ安全な新スラスト防護工法を考案し,従来のスラストブロック工法が抱えていた諸問題を解決すべく,その工法の基礎性能を模型試験から明らかにするとともに,実用化の可能性を検討するものである.φ90mmの模型パイプを対象に,幅500×長さ2000×高さ500mmの鋼板製土槽において乾燥砂を用い,厳密な地盤密度管理のもとで水平載荷試験を行い,その抵抗力について検討した.その結果,水平抵抗力ならびに地盤内応力状態から,パイプの後方にジオグリッドを鉛直方向に設置する工法が,スラスト防護工法として極めて有効であることが明らかになった.

    公益社団法人 地盤工学会, 2004年, 地盤工学研究発表会 発表講演集, 39, 1745 - 1746

  • 有吉 充, 河端 俊典, 内田 一徳, 中瀬 仁, 毛利 栄征

    近年,建設コスト縮減や環境問題を考慮して,パイプラインの浅埋設化が進展している.しかしながら,浅く埋設された場合,輪荷重によるパイプ挙動は明らかになっておらず,管頂部に応力集中が発生する可能性も指摘されている.本論文では,輪荷重載荷時の浅埋設パイプ挙動,さらに,管上部に土嚢を設置し,輪荷重載荷時のパイプ挙動に土嚢がどのような影響を及ぼすかDEM解析から検討を行った.土嚢を管上部に設置すると,管上部で輪荷重が分散され,パイプに発生する応力が減少することがわかった.また,土嚢をパイプの直上部に設置すると,接触した箇所で応力集中が発生した.

    公益社団法人 地盤工学会, 2004年, 地盤工学研究発表会 発表講演集, 39, 1747 - 1748

  • Lateral loading tests for buried pipe with geosynthetics

    T Kawabata, K Uchida, HI Ling, H Nakase, Y Sawada, J Hirai, K Saito

    The thrust force generated due to internal water pressure in a pipe tends to move the bend of underground pipeline to the backside. This thrust force is supported by the passive soil pressure at the back of the ground. The thrust force is commonly resisted by the concrete block at the bend. The earth pressure distribution at the back of the ground as the pipe moves laterally is not readily known. In addition, concrete block is not desired in the event of earthquakes because of its inertia force to move. In this paper, pit tests were conducted using a model pipe having a diameter of 90 mm. in a dry sandy ground. Geosynthetic was used as. anchor to resist the movement of the pipe. In addition, similar tests were conducted using a model pipe of square surface assuming it as a concrete block. The resisting force acting on the model pipe and the earth pressure in the sand. ground were measured as the pipe moved horizontally in the ground. The development of slip surface in the backfill ground surface was also investigated. The test results showed that proposed lightweight method that used geosynthetic had significant effect in improving the resistance against thrust force.

    AMER SOC CIVIL ENGINEERS, 2004年, GEOTECHNICAL ENGINEERING FOR TRANSPORTATION PROJECTS, VOL 1, 126 (126), 609 - 616, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 河端 俊典, 内田 一徳, 田中 泰雄, 平井 貴雄, 斉藤 喜久雄, 澤田 豊, 中瀬 仁, 平山 豪隆, 今井 正幸

    本論では,ジオシンセティクスを活用したスラスト防護工法の有効性を明らかにするため,∅90の模型パイプを対象に,乾燥砂地盤内で横引き実験を行い,その抵抗力について検討した.その結果,パイプの後方にジオグリッドを鉛直方向に設置する工法が,スラスト防護工法として極めて有効であるこが明らかになった.さらに,そのメカニズムについてDEM解析から検討を加えた.

    ジオシンセティックス学会日本支部, 2003年12月, ジオシンセティックス論文集, 18, 215 - 220, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 河端 俊典, 田中 泰雄, 内田 一徳, 中瀬 仁, 平井 貴雄, 斉藤 喜久雄, 澤田 豊, 今井 正幸

    神戸大学都市安全研究センター, 2003年03月, 神戸大学都市安全研究センター報告, 7, 299 - 305, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 大石 順司, 内田 一徳, 河端 俊典, 呉山 和男

    部分拡幅杭は、施工機械の小型化、施工時間の短縮、耐震性・効率性・コスト削減・建設公害(産廃土)の軽減などを目的として開発された杭である。杭中間部に拡大部を設けることにより、拡大径と同じ径をもつ直杭よりも高い支持力が得られる特徴を有しているが、その支持機構に関しては未だ不明な点が多い。本研究では、杭を半分に切断した杭模型を用いて、アクリル板越しに砂粒子の挙動をデジタル連続写真によって観察し、拡大部のせん断機構を検討した。直杭との比較、拡大部径による比較、拡大部長による比較などの結果、せん断によって芯部長さが長い杭の方が、より大きな支持力を有することが判明した。

    公益社団法人 地盤工学会, 2003年, 地盤工学研究発表会 発表講演集, 38, 1515 - 1516

  • 今井 正幸, 内田 一徳, 河端 俊典, 中瀬 仁

    部分拡幅杭は、施工機械の小型化、施工時間の短縮、軟弱地盤への耐震性・効率性・コスト削減・建設公害(産廃土)の軽減などを目的として開発された杭である。しかし、その支持機構に関しては、未だ不明な点が多い。そこで今回は、DEM解析を用いて、直杭との支持力の違い、凹部長さによる支持力の違い、先端支持力などの支持力成分の割合、杭凹部における粒子の挙動などについて検討した。この結果、拡幅杭凹部においてせん断が生じ、荷重が分散されて、より大きな支持力を生むことが判明した。また、凹部長さの長い方が、より大きな支持力を有することが判明した。

    公益社団法人 地盤工学会, 2003年, 地盤工学研究発表会 発表講演集, 38, 1513 - 1514

  • 有吉 充, 河端 俊典, 内田 一徳, 中瀬 仁, 毛利 栄征

    近年,大口径パイプラインの建設コスト縮減や環境問題を考慮して,パイプラインの浅埋設化が進展してきている。しかし,大口径たわみ性パイプが道路下に浅く埋設された場合の,輪荷重による影響に関しては明らかになっておらず,その挙動特性の解明と,設計手法の整備が急務であると考えられる。今回,埋設深を通常の場合と浅い場合,さらに,各埋設深で2種類の異なる剛性のパイプにおける輪荷重挙動を,個別要素法により検討した。結果として,埋設深および剛性の違いにより,鉛直土圧分布,管に発生する鉛直応力,管周辺土への影響などが大きく異なることがわかった。

    公益社団法人 地盤工学会, 2003年, 地盤工学研究発表会 発表講演集, 38, 1763 - 1764

  • 大型振動台実験による埋設管の浮上と個別要素法解析

    中瀬 仁, 本田 中, 末広 俊夫, 毛利 栄征, 河端 俊典, 安田 進

    2003年, 地盤工学シンポジウム論文集, Vol.48,pp.185-192, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 液状化による地中構造物の浮き上がり被害に関する研究

    河端 俊典

    2003年, 液状化による地中構造物の浮き上がり被害に関する受託研究委員会,地盤工学会, 未記入, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • ジオシンセティックスを用いた曲管部スラスト防護工法に関する基礎研究

    河端 俊典, 内田 一徳, 田中 泰雄, 平井 貴雄, 斎藤 喜久雄, 澤田 豊, 中瀬 仁, 平山 豪隆, 今井 正幸

    2003年, ジオシンセティックス論文集, Vol.18, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Full-Scale Experiments on Uplift of Underground Structures Due to Liquefaction by Dynamite Blasting

    NAKASE H, MOHRI Y, KAWABATA Toshinori, YASUDA S

    2003年, 港湾・臨海部都市機能の耐震性向上に関するシンポジウム論文集,地盤工学会, pp.162-165, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Experiments on Buried Flexible Pipe Using Backfill of Cover with Geosynthetics, New Pipeline Technologies, Security, and Safety

    KAWABATA Toshinori, UCHIDA Kazunori, HIRAI T, MOHRI Y, LING H. I, KOYAMA N

    2003年, Proc. of Int. Conf. onPipeline Engineering and Construction, ASCE,Baltimore, MD, USA, Vol.2,pp.1271-1278, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • D.E.M. Analyses on Behavior of Shallowly Buried Pipe Subject to Traffic Loads, New Pipeline Technologies, Security, and Safety

    KAWABATA Toshinori, UCHIDA Kazunori, ARIYOSHI M, NAKASE H, MOHRI Y, LING H. I

    2003年, Proc. of Int. Conf. onPipeline Engineering and Construction, ASCE,Baltimore, MD, USA, Vol.2,pp.1218-1227, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Centrifugal Modeling of Seismic Behavior of Large-Diameter Pipe in Liquefiable Soil

    LING H. I, MOHRI Y, KAWABATA Toshinori, LIU H, BURKE C, SUN L

    2003年, Journal of Geotechnical and Geoenvironmental Engineering, ASCE, Vol.18, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Ling Hoe. I., 毛利 栄征, 河端 俊典

    Japan Chapter of International Geosynthetics Society, 2002年, ジオシンセティックス技術情報, 18 (1), 16 - 25, 日本語

  • 毛利 栄征, 河端 俊典, 藤田 信夫, Ling Hoe I.

    地中に埋設されるパイプラインは地下水によって浮力を受けている。このためパイプラインは浮上を防止するために所定の深さ以上に埋設することが不可欠であるが、このことが工事経費拡大の主要因となっている。このため特に、大口径のパイプラインでは掘削する溝が深くなることから、施工経費の縮減のためには浅く埋設する事が要求されてきている。
    本論文では浅く埋設したパイプラインの浮上を防止することを目的としたジオグリッドの効果を大型埋設実験によって確認した。実験に用いたパイプの口径は1100mmである。ジオグリッドをパイプの上部に敷設することによってパイプの周辺に埋設した埋戻し材を拘束することができる,とともに,その重量全体による浮上防止効果を期待することができることを明らかにした。さらに、ジオグリッドには単純な引き抜きではなく、曲げモードが卓越することからパイプの浮上防止メカニズムについても言及している。

    Japan Chapter of International Geosynthetics Society, 1997年, ジオシンセティックスシンポジウム発表論文集, 12, 98 - 106

MISC

  • ベントナイト系遮水シートにより改修されるため池の耐震性

    澤田 豊, 中澤 博志, 河端 俊典

    新樹社, 2019年04月, 防水ジャーナル, (2019年4月号), 68 - 71, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 遮水シートを用いたため池堤体の耐震性に関する実大実験(その1)-プロジェクト概要-

    中澤博志, 澤田豊, 重元凜太郎, 古林智宏, 豊吉巧也, 谷本幹夫, 小田哲也, 澁谷啓, 河端俊典

    2018年, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 53rd

  • 遮水シートを用いたため池堤体の耐震性に関する実大実験(その2)-実験後の堤体損傷状況-

    重元凜太郎, 澤田豊, 豊吉巧也, 中澤博志, 古林智宏, 澁谷啓, 河端俊典

    2018年, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 53rd

  • 農業農村整備におけるジオシンセティックスの活用

    澤田 豊, 河端 俊典

    国際ジオシンセティックス学会日本支部, 2016年07月, ジオシンセティックス技術情報, 32 (2), 24 - 29, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 兵庫県におけるため池の耐震調査と保全・管理について

    小田 哲也, 森脇 馨, 谷垣 和彦, 野村 純数, 澤田 豊, 河端 俊典

    公益社団法人農業農村工学会, 2015年12月, 水土の知, 83 (12), 7 - 10, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • ジオグリッドによる圧力管屈曲部の耐震化工法の研究開発

    河端 俊典, 澤田 豊, 毛利 栄征

    ジオシンセティックス学会日本支部, 2011年07月, ジオシンセティックス技術情報, 27 (2), 28 - 35, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 正田 大輔, 河端 俊典, 内田 一徳

    本研究の目的は,鉛直と水平の組み合わせ荷重下における凹凸形状をもつ部分拡幅杭の支持機構の解明と極限支持力を算定することである.その基本的な支持機構を把握するために,拡幅形状の異なる金属製模型杭を用いた水平と,鉛直・水平組み合わせ載荷実験ならびにDEM解析をそれぞれ実施した.さらに,本実験ならびに解析結果から,水平土圧の深度方向分布を仮定し,組み合わせ載荷時の水平極限支持力について算定を行った.その結果,水平載荷時において,水平方向の投影面積が大きい杭が最も大きな支持力を発揮することがわかった.また組み合わせ載荷時においては,鉛直荷重の増加に伴う凸部底面の押込みの効果により,水平支持力が増加することがわかった.さらに,凸部底面の押込みの効果を考慮した提案土圧分布は,実測の土圧分布を精度よく表現した.

    公益社団法人 農業農村工学会, 2010年06月25日, 農業農村工学会論文集, 78 (3), 157 - 165, 日本語

    [査読有り]

  • ため池の新しい改修技術 (小特集 自然と共生する兵庫の水利ネットワーク保全の取組み)

    内田 一徳, 田中 勉, 河端 俊典

    農業農村工学会, 2010年06月, 水土の知, 78 (6), 485 - 488, 日本語

  • 流動化処理土による大口径パイプラインの埋設

    毛利 栄征, 河端 俊典

    総合土木研究所, 2010年04月, 基礎工, 38 (4), 60 - 62, 日本語

    [査読有り]

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 産官学連携の環の中における大学の技術者教育

    河端 俊典

    農業農村工学会, 2009年02月01日, 水土の知 : 農業農村工学会誌 : journal of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering, 77 (2), 89 - 92, 日本語

  • 産官学連携の環に中における大学の技術者教育

    河端 俊典

    農業農村工学会, 2009年02月, 水土の知,農業農村工学会誌, Vol.77 (No.2), 7 - 10, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 農業水利施設へのジオシンセティックスの応用について

    河端 俊典

    国際ジオシンセティックス学会日本支部, 2008年11月, ジオシンセティックス学会誌,, Vol.24 (No.3), 26 - 31, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 正田 大輔, 河端 俊典, 内田 一徳

    農業農村工学会, 2008年08月25日, 農業農村工学会論文集, 76 (4), 343 - 350, 日本語

  • 埋設管の地震被害と耐震対策

    毛利 栄征, 藤田 信夫, 河端 俊典

    農業農村工学会, 2008年02月01日, 水土の知 : 農業農村工学会誌 :, 76 (2), 95 - 98, 日本語

  • 模型実験による軽量曲管スラスト防護工法の機能検証とその発現機構

    河端 俊典, 澤田 豊, 毛利 栄征, 内田 一徳

    農業土木学会, 2006年08月25日, 農業土木学会論文集, 74 (4), 581 - 587, 日本語

  • ジオグリッドを用いたライフライン曲管部のスラスト防護に関する基礎的研究(その2)

    河端 俊典, 内田 一徳, 田中 泰雄, 澤田 豊, 平井 貴雄, 斉藤 喜久雄

    2004年04月, 神戸大学都市安全研究センター報告, 第8号,327-333, 日本語

    その他

  • 正田 大輔, 内田 一徳, 河端 俊典, 今井 正幸, 中瀬 仁

    部分拡幅杭は、杭の中間部に拡大部を設けた現場打ちソイルセメント杭であり、コスト削減、建設廃土軽減などの特徴が挙げられる。前回は半割杭の実験を行ったが、杭と壁面との摩擦などの影響が懸念される。そこで本研究では円形杭を用い、下記の観点から検討を行う。

    公益社団法人 地盤工学会, 2004年, 地盤工学研究発表会 発表講演集, 39 (0), 1507 - 1508

  • 正田 大輔, 河端 俊典, 内田 一徳, 平井 貴雄, 小山 望, 澤田 豊, 毛利 栄征

    近年、ジオシンセティックス等を用いた補強盛土が広く普及してきている.このような補強盛土においては,周辺地山からの湧水や雨水排水などを主目的として,排水パイプが埋設される場合があるが,補強盛土中に埋設されるパイプの挙動特性は明らかになっておらず,適切な設計手法の確立が望まれているところである.今回、二方向ロードセルを20個配置したφ150のたわみ性模型パイプを作製し,中型土槽を用いた埋設実験を実施し,沈下に伴うパイプならびに周辺地盤の挙動について検討した.

    公益社団法人 地盤工学会, 2003年, 地盤工学研究発表会 発表講演集, 38 (0), 1767 - 1768

  • ジオグリッドを用いたライフライン曲管部のスラスト防護に関する基礎的研究

    河端 俊典, 田中 泰雄, 内田 一徳, 平井 貴雄, 中瀬 仁, 斉藤 喜久雄, 澤田 豊, 今井 正幸

    2003年, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 7 299-305, 日本語

    その他

  • 高盛土下におけるたわみ性パイプの挙動計測

    河端 俊典, 毛利 栄征, リン ホー アイ

    A long-term observation of the behavior of buried flexible pipe under a cover depth of 47.1m was carried out. It was found out that the current sewerage design guidelines resulted in extremely conservative design values. A general solution for the thin-wall ring under external pressure was derived. Based on the measured deflections and strains of the pipe, the earth pressure that acts on the flexible pipe under high fills was estimated. In comparing the measured and calculated results, it was found that the vertical earth pressure distribution was concave in shape having 90% of average earth pressure at the pipe top.

    地盤工学会, 2002年11月01日, 土と基礎 = Soil mechanics and foundation engineering, 50 (11), 12 - 14, 日本語

  • 浅埋設パイプラインの限界埋設深に関する研究

    毛利 栄征, 河端 俊典, 藤田 信夫

    農業土木学会, 2000年08月25日, 農業土木学会論文集, 68 (4), 551 - 559, 日本語

  • 埋設パイプの浮上に伴う限界抵抗力に関する実験的検討

    毛利 栄征, 河端 俊典, Ling Hoe I., SUN Lixun

    農業土木学会, 2000年02月25日, 農業土木学会論文集, 68 (1), 25 - 33, 日本語

  • 大口径低外圧剛性パイプの埋設挙動--現場埋設実験と施工過程を考慮した非線形弾性解析

    河端 俊典, 毛利 栄征, 近藤 武

    農業土木学会, 1993年10月, 農業土木学会論文集, (167), p19 - 27, 日本語

  • 強化プラスチック複合管の砕石埋戻し工法 (水<特集>)

    河端 俊典, 藤田 信夫

    クボタ技術企画室, 1991年, Kubota technical report, (23), p199 - 211, 日本語

  • 大口径可とう性パイプの土中挙動--矢板施工の場合

    毛利 栄征, 河端 俊典

    農業土木技術研究会, 1987年06月, 水と土, (69), p7 - 14, 日本語

書籍等出版物

  • New Horizons in Earth Reinforcement, Shaking Table Test for Lightweight Spillway with Geogrid

    Kawabata Toshinori, Uchida Kazunori

    共著, Taylor & Francis /Balkema,, 2008年01月, 英語

    学術書

  • New Horizons in Earth Reinforcement, Full-Scale Experiments on Bend of Pressure Pipeline Using Geogrid

    Sawada, Y, Kawabata, T, Totsugi, A, Hironaka, J, Uchida, K

    共著, Taylor & Francis, 2007年11月, 英語

    学術書

  • Geosynthetics;Model Tests for New Lightweight Thrust Restraint Using Geogrid

    Kawabata Toshinori

    共著, Geosynthetics, 2006年09月, 英語

    学術書

  • Geosynthetics, Model tests for new lightweight thrust restrain using geogrid

    Kawabata, T, Sawada, Y, Uchida, K, Kitano, T, Ling, H.I, Hirai, T, Saito, K

    共著, Millpress Science, 2006年09月, 英語

    学術書

  • Effect of Geosynthetic Reinforcement on Soil-Pipe Interaction-,

    河端 俊典

    共著, Geosynthetics and Geosynthetic-Engineered Structures, 2005年07月, 英語

    学術書

  • Geosynthetic Reinforcement in the Mitigation of Pipeline Flotation

    河端 俊典

    共著, Reinforced Soil Engineering, Advances in Research and Practice, 2003年08月, 英語

    学術書

  • 5.3.4 パイプ,8.3 パイプライン

    河端 俊典

    共著, 建設材料-地域環境の創造, 2003年02月, 日本語

    学術書

  • Geosynthetic Reinforcement in the Mitigation of Pipeline Flotation -, Advances in Reinforced Soil Research and Practice

    MOHRI Y, KAWABATA Toshinori, LING H I

    共著, Dekker, Inc., New York, 2003年, 英語

    学術書

  • 5.3.4 パイプ,8.3 パイプライン,建設材料 - 地域環境の創造(青山咸康ほか編集)

    河端 俊典

    共著, 朝倉書店, 2003年, 日本語

    学術書

  • Performance of shallow cover method with Geogrid on Pipe at Site

    河端 俊典

    共著, Geosynthetics- state of the Art – Recent Developments,, 2002年09月, 英語

    学術書

  • FEM Simulation Analysis on Liquefaction - induced Countermeasure Test for Underground PipelinesEarthquake Geotechnical Engineering,

    河端 俊典

    共著, Balkema, 1999年06月, 英語

    学術書

講演・口頭発表等

  • ベントナイト系遮水シートを敷設したため池堤体の浸潤線の位置に関する解析的検討

    阿部春輝,眞木 陸,澤田 豊,河端 俊典

    第76回農業農村工学会京都支部研究発表会, 2019年11月27日, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ベントナイト系遮水シートを敷設したため池堤体の現地水位計測

    眞木 陸,澤田 豊,河端 俊典,神信 浩一,谷本 幹夫,中澤 博志

    第76回農業農村工学会京都支部研究発表会, 2019年11月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 3次元FEMによる軟弱地盤内のPE管及び継手の挙動に関する検討

    上田前向,徳増美月,高原源太朗,日野林譲二,澤田豊,河端俊典

    2019年度農業農村工学会大会講演会, 2019年09月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • EPS 破砕片を用いた地盤侵食の促進に関する水理実験

    竹川尚希,角川莉央,澤田 豊,河端俊典

    2019年度農業農村工学会大会講演会, 2019年09月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 矢板施工時における二条埋設管の敷設間隔が変形挙動に及ぼす影響

    戸田 茉優, 宮崎 礼丈, 石川 拓也, 澤田 豊, 河端 俊典

    第54回地盤工学研究発表会, 2019年07月, 日本語, さいたま市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 埋設管の屈曲角度が水平抵抗力に与える影響に関する3次元個別要素法解析

    廣川 慎, 寺田 健司, 澤田 豊, 河端 俊典

    第54回地盤工学研究発表会, 2019年07月, 日本語, さいたま市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 屈曲角度および表面摩擦が異なる曲管の水平載荷実験

    河村 未奈, 太田 遥子, 澤田 豊, 河端 俊典

    第54回地盤工学研究発表会, 2019年07月, 日本語, さいたま市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ジオグリッドと砕石を用いた圧力管路屈曲部スラスト対策工法に関する1G場小型振動実験②(液状化地盤での有効性の検討)

    太田 遥子, 河村 未奈, 喜多田 恵, 澤田 豊, 河端 俊典

    第54回地盤工学研究発表会, 2019年07月, 日本語, さいたま市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ジオグリッドと砕石を用いた圧力管路屈曲部スラスト対策工法に関する1G場小型振動実験①(耐震性の検討)

    喜多田 恵, 太田 遥子, 河村 未奈, 澤田 豊, 河端 俊典

    第54回地盤工学研究発表会, 2019年07月, 日本語, さいたま市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 矢板引抜きが二条埋設たわみ性管に及ぼす影響関するDEM解析

    宮崎 礼丈, 石川 拓也, 戸田 茉優, 澤田 豊, 河端 俊典

    農業農村工学会京都支部第75回研究発表会, 2018年11月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 不同沈下させたポリエチレン管路の繰り返し内水圧負荷時の力学的挙動

    上田 前向, 澤田 豊, 河端 俊典, 日野林 讓二, 髙原 源太朗

    農業農村工学会京都支部第75回研究発表会, 2018年11月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 軽量スラスト防護工法の形状寸法効果に関する一考察

    太田 遥子, 河村 未奈, 澤田 豊, 河端 俊典

    農業農村工学会京都支部第75回研究発表会, 2018年11月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 圧力管路屈曲部の角度が水平スラスト抵抗力に与える影響

    河村 未奈, 太田 遥子, 澤田 豊, 河端 俊典

    農業農村工学会京都支部第75回研究発表会, 2018年11月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ガラス繊維強化ポリエチレン管の泥炭地盤における埋設挙動(その2)

    日野林 讓二, 髙原 源太朗, 加後 郁也, 高橋 勝徳, 花山 一典, 中村 和正, 大久保 天, 河端 俊典

    第67回農業農村工学会北海道支部研究発表講演会, 2018年11月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 基床部の緩みが埋設管継手部近傍の管体挙動に与える影響

    石川 拓也, 小野 耕平, 澤田 豊, 春本 朋洋, 森上 浩伸, 河端 俊典

    平成30年度農業農村工学会大会講演会, 2018年09月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 海岸堤防を越流する津波想定した鉛直噴に対する洗堀策の実験的検討

    竹川 尚希, 戸田 茉優, 澤田 豊, 河端 俊典

    平成30年度農業農村工学会大会講演会, 2018年09月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ジオグリッドを用いた埋設管屈曲部のスラスト防護工法に関する個別要素法シミュレーション

    寺田 健司, 廣川 慎, 澤田 豊, 河端 俊典

    平成30年度農業農村工学会大会講演会, 2018年09月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • コンクリート製柔構造底樋の動的挙動に関する実験的検討

    宮崎 礼丈, 有吉 充, 有田 淳一, 澤田 豊, 河端 俊典

    平成30年度農業農村工学会大会講演会, 2018年09月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ガラス繊維強化ポリエチレン管システムの地盤変状による管軸方向変位が生じた場合の繰り返し内水圧による挙動

    髙原 源太朗, 上田 前向, 澤田 豊, 日野林 譲二, 加後 郁也, 中村 和正, 河端 俊典

    平成30年度農業農村工学会大会講演会, 2018年09月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ガラス繊維強化ポリエチレン管システムEF 継手の変形挙動解析

    瀬戸 敦詞, 髙原 源太朗, 日野林 譲二, 栗山 卓, 河端 俊典

    平成30年度農業農村工学会大会講演会, 2018年09月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ガラス繊維強化ポリエチレン管システムEF 継手の内圧挙動解析

    山田 和毅, 瀬戸 敦詞, 髙原 源太朗, 日野林 譲二, 栗山 卓, 河端 俊典

    平成30年度農業農村工学会大会講演会, 2018年09月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 遮水シートを用いたため池堤体の耐震性に関する実大実験(その2)-実験後の堤体損傷状況-

    重元 凜太郎, 澤田 豊, 豊吉 巧也, 中澤 博志, 古林 智宏, 澁谷 啓, 河端 俊典

    第53回地盤工学研究発表会, 2018年07月, 日本語, 高松市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 遮水シートを用いたため池堤体の耐震性に関する実大実験(その1)-プロジェクト概要-

    中澤 博志, 澤田 豊, 重元 凜太郎, 古林 智宏, 豊吉 巧也, 谷本 幹夫, 小田 哲也, 澁谷 啓, 河端 俊典

    第53回地盤工学研究発表会, 2018年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 遮水シートの敷設方法がため池堤体の動的挙動に及ぼす影響

    眞木 陸, 重元 凜太郎, 澤田 豊, 小竹 望, 鈴木 麻里子, 河端 俊典

    第53回地盤工学研究発表会, 2018年07月, 日本語, 高松市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ガラス繊維強化ポリエチレン管の開発と泥炭地盤での埋設挙動

    髙原源太朗, 時吉充亮, 加後郁也, 花山一典, 栗山卓, 中村和正, 河端 俊典

    農業農村工学会北海道支部第66回研究発表会講演会, 2017年11月, 日本語, 札幌市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 開水路継目部における背面土砂の吸い出しに関する水理模型実験

    竹川尚希, 澤田豊, 河端 俊典

    農業農村工学会京都支部第74回研究発表会講演会, 2017年10月, 日本語, 金沢市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 個別要素法による矢板引抜き時における埋設管と周辺地盤の相互作用に関する検討

    寺田 健司, 高原 祥, 澤田 豊, 河端 俊典

    第52回地盤工学研究発表会, 2017年09月, 日本語, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 異なる矢板設置条件におけるたわみ性埋設管の力学挙動に関する模型実験

    寺田 健司, 高原 祥, 宮崎 礼丈, 小野 耕平, 太田 遥子, 澤田 豊, 河端 俊典

    第52回地盤工学研究発表会, 2017年09月, 日本語, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 内圧及び輪荷重が作用した塩化ビニル管の現地計測

    有吉充, 田中良和, 泉明良, 河端 俊典

    平成29年度農業農村工学会大会講演会, 2017年08月, 日本語, 藤沢市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 泥炭地盤におけるガラス繊維強化ポリエチレン管システムの埋設挙動

    髙原源太朗, 日野林讓二, 加後郁也, 花山一典, 中村和正, 栗山卓, 河端 俊典

    平成29年度農業農村工学会大会講演会, 2017年08月, 日本語, 藤沢市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 津波越流により生じる海岸堤防背後における洗掘形状の推定について

    竹川 尚希, 澤田 豊, 河端 俊典

    平成29年度農業農村工学会大会講演会, 2017年08月, 日本語, 藤沢市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地盤沈下に伴うポリエチレン管及びその継手部近傍の変形挙動に関する模型実験

    上田 前向, 高原 源太朗, 日野林 譲二, 澤田 豊, 河端 俊典

    平成29年度農業農村工学会大会講演会, 2017年08月, 日本語, 藤沢市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 遮水シート工法により改修されたため池堤体の動的挙動に関する小型振動実験

    重元 凜太郎, 眞木 陸, 澤田 豊, 小竹 望, 鈴木 麻里子, 清水 敬三, 井上 和徳, 神信 浩一, 中澤 博志, 小田 哲也, 河端 俊典

    平成29年度農業農村工学会大会講演会, 2017年08月, 日本語, 藤沢市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 基床部の緩みが継手を有するたわみ性埋設管の力学挙動に及ぼす影響

    小野 耕平, 石川 拓也, 澤田 豊, 春本 朋洋, 森上 浩伸, 河端 俊典

    平成29年度農業農村工学会大会講演会, 2017年08月, 日本語, 藤沢市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ため池堤体内に設置されるベントナイト系遮水シートの力学特性に関する検討

    重元 凜太郎, 澤田 豊, 清水 敬三, 西村 達也, 神信 浩一, 河端 俊典

    平成29年度農業農村工学会大会講演会, 2017年08月, 日本語, 藤沢市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ジオグリッドを用いた海岸堤防背後地盤の洗掘対策に関する模型実験

    竹川 尚希, 堀尾 有加, 澤田 豊, 河端 俊典

    平成29年度農業農村工学会大会講演会, 2017年08月, 日本語, 藤沢市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ガラス繊維強化ポリエチレン管の曲げの特性

    青山勇基, 時吉充亮, 日野林讓二, 加後郁也, 花山一典, 中村和正, 栗山卓, 河端 俊典

    平成29年度農業農村工学会大会講演会, 2017年08月, 日本語, 藤沢市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ガラス繊維強化ポリエチレン管システムの曲げの特性(継手)

    瀬戸敦詞, 髙原源太朗, 日野林讓二, 加後郁也, 花山一典, 中村和正, 栗山卓, 河端 俊典

    平成29年度農業農村工学会大会講演会, 2017年08月, 日本語, 藤沢市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ガラス繊維強化ポリエチレン管システムの開発

    時吉充亮, 日野林讓二, 加後郁也, 花山一典, 栗山卓, 河端 俊典

    平成29年度農業農村工学会大会講演会, 2017年08月, 日本語, 藤沢市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Model Experiment on Earth Pressure Acting on Buried Pipe during Sheet Pile Extraction

    寺田 健司, 高原 祥, 小野 耕平, 澤田 豊, Hoe I. Ling, 河端 俊典

    International Conference of Pipeline 2017, ASCE, 2017年08月, 英語, Phoenix, Arizona, 国際会議

    ポスター発表

  • 様々な有効応力下における埋設管の水平抵抗力の予測

    小野 耕平, 横田 木綿, 太田 遥子, 澤田 豊, 河端 俊典

    第52回地盤工学研究発表会, 2017年07月, 日本語, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 水平力を受ける埋設管の液状化時の変位特性に関する模型実験

    小野 耕平, 横田 木綿, 太田 遥子, 澤田 豊, 河端 俊典

    第52回地盤工学研究発表会, 2017年07月, 日本語, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ニューマーク法による実物大ため池堤体加振実験の残留すべり解析

    丁 經凡, 白 濟民, 澁谷 啓, 河端 俊典, 片岡 沙都紀, 澤田 豊, 中澤 博志

    第52回地盤工学研究発表会, 2017年07月, 日本語, 名古屋, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 矢板引抜きによる埋設管のたわみに関するDEM解析

    寺田 健司, 小野 耕平, 高原 祥, 上田 前向, 澤田 豊, 河端 俊典

    第51回地盤工学研究発表会, 2016年09月, 日本語, 岡山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地盤のせん断変形を受ける埋設管たわみの予測について

    高原 祥, 泉 明良, 三木 太貴, 小野 耕平, 澤田 豊, 河端 俊典

    第51回地盤工学研究発表会, 2016年09月, 日本語, 岡山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 異なる動水勾配下における埋設管の水平抵抗力と載荷速度の関係

    小野 耕平, 横田 木綿, 重元 凛太郎, 澤田 豊, 河端 俊典

    第51回地盤工学研究発表会, 2016年09月, 日本語, 岡山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ベントナイトシートを敷設した小型ため池堤体模型の振動台実験

    丁 經凡, 白 濟民, 澁谷 啓, 河端 俊典, 片岡 沙都紀, 澤田 豊

    第51回地盤工学研究発表会, 2016年09月, 日本語, 岡山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • せん断変形を受ける二重構造管の既設管損傷過程を考慮した個別要素法解析

    高原 祥, 泉 明良, 三木 太貴, 小野 耕平, 澤田 豊, 河端 俊典

    平成28年度農業農村工学会大会講演会, 2016年09月, 日本語, 仙台市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 津波越流による海岸堤防裏法尻の最大洗掘深の予測について

    竹川 尚希, 澤田 豊, 村井 和樹, 河端 俊典

    平成28年度農業農村工学会大会講演会, 2016年08月, 日本語, 仙台市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 水中暴露した生分解性樹脂コンクリートの強度低下比較

    鈴木麻里子, 足立優斗, 秦栄三, 中村誠, 吉村睦, 河端俊典

    農業農村工学会, 2016年08月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 海岸堤防背後地盤の液状化が津波越流による洗掘に及ぼす影響

    澤田 豊, 竹川 尚希, 村井 和樹, 河端 俊典

    平成28年度農業農村工学会大会講演会, 2016年08月, 日本語, 仙台市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 液状化地盤における埋設管の水平載荷実験に関するPIV解析

    小野 耕平, 横田 木綿, 澤田 豊, 河端 俊典

    平成28年度農業農村工学会大会講演会, 2016年08月, 日本語, 仙台市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ジオグリッドを用いた補強地盤における埋設管の水平抵抗力と液状化程度の関係

    横田 木綿, 小野 耕平, 澤田 豊, 河端 俊典

    平成28年度農業農村工学会大会講演会, 2016年08月, 日本語, 仙台市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地盤せん断変形時のたわみ性埋設管に作用する土圧分布に関する考察

    三木 太貴, 泉 明良, 澤田 豊, 河端 俊典

    平成27年度農業農村工学会京都支部講演会, 2015年11月, 日本語, 大津市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 循環型地域環境に配慮した生分解性樹脂コンクリートに関する基礎的研究

    鈴木麻里子, 佐藤隆治, 河端俊典, 中村誠, 吉村睦

    平成27年度地盤工学会四国支部技術研究発表会,pp.51-52(高松), 2015年11月, 日本語, 高松市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 基床厚が埋設管のたわみに与える影響に関する一考察

    高原 祥, 小野 耕平, 澤田 豊, 河端 俊典

    平成27年度農業農村工学会京都支部講演会, 2015年11月, 日本語, 大津市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 液状化地盤における管路挙動 -隈戸川地区幹線用水路の被災事例-

    春本朋洋, 宮田 勉, 河端 俊典, 有吉 充, 毛利 栄征, 井谷 昌功

    平成27年度農業農村工学会京都支部講演会, 2015年11月, 日本語, 大津市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ため池の耐震調査と整備について~兵庫県の事例~

    小田 哲也, 谷垣 和彦, 野村 純数, 河端 俊典, 澤田 豊

    平成27年度農業農村工学会京都支部講演会, 2015年11月, 日本語, 大津市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 偏心荷重を受ける更生管の力学挙動に関する模型実験

    小野 耕平, 高原 祥, 竹川 尚希, 澤田 豊, 河端 俊典

    平成27年度農業農村工学会大会講演会, 2015年09月, 日本語, 岡山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 偏心荷重を受ける更生管の力学挙動に関する3次元有限要素解析

    高原 祥, 小野 耕平, 澤田 豊, 河端 俊典

    平成27年度農業農村工学会大会講演会, 2015年09月, 日本語, 岡山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地盤のせん断変形がたわみ性管の力学挙動に与える影響

    泉 明良, 三木 太貴, 寺田 健司, 澤田 豊, 河端 俊典

    平成27年度農業農村工学会大会講演会, 2015年09月, 日本語, 岡山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 生分解性レジンコンクリートの分解制御方法の検討

    鈴木 武志, 所谷 百恵, 鈴木 麻里子, 久保 京子, 河端 俊典, 藤嶽 暢英

    日本土壌肥料学会京都大会, 2015年09月, 日本語, 日本土壌肥料学会, 京都大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 水平載荷実験による継手構造管路屈曲部の挙動

    井谷昌功, 藤田信夫, 横田木綿, 有吉充, 毛利栄征, 河端 俊典

    平成27年度農業農村工学会大会講演会, 2015年09月, 日本語, 岡山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 衝撃弾性波によるトンネル背面空洞探査に関する実験

    茨田 匠, 浅尾 瞳, 澤田 豊, 河端 俊典

    平成27年度農業農村工学会大会講演会, 2015年09月, 日本語, 岡山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 繰返しせん断変形を受ける更生管の変形挙動に関するDEM解析

    三木 太貴, 泉 明良, 澤田 豊, 河端 俊典

    平成27年度農業農村工学会大会講演会, 2015年09月, 日本語, 岡山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 管路更生管の変形挙動に関する繰返しせん断実験

    泉 明良, 三木 太貴, 澤田 豊, 河端 俊典

    平成27年度農業農村工学会大会講演会, 2015年09月, 日本語, 岡山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 液状化程度の異なる地盤の洗掘に関する検討

    澤田 豊, 村井 和樹, 河端 俊典

    平成27年度農業農村工学会大会講演会, 2015年09月, 日本語, 岡山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 液状化地盤における継手構造管路屈曲部の動的挙動

    藤田信夫, 井谷昌功, 有吉充, 毛利栄征, 河端 俊典

    平成27年度農業農村工学会大会講演会, 2015年09月, 日本語, 岡山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 液状化時における更生管軸方向挙動に関する振動台実験

    小野耕平, 泉 明良, 高原 祥, 河端 俊典, 毛利栄征, 有吉 充

    平成27年度農業農村工学会大会講演会, 2015年09月, 日本語, 岡山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 異なる樹脂を用いた生分解性モルタルの圧縮強度比較

    鈴木麻里子, 佐藤隆治, 河端俊典, 中村誠, 吉村睦

    平成27年度農業農村工学会大会講演会, 2015年09月, 日本語, 岡山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ため池堤体土の非排水繰返し載荷に伴う強度低下特性に関する実験的検討

    小林 成太, 澤田 豊, 河端 俊典, 野村 純数, 小田 哲也, 三輪 顕, 藤澤 大吾, 田平 健二

    平成27年度農業農村工学会大会講演会, 2015年09月, 日本語, 岡山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • パイプラインの動的挙動に関する研究経緯について

    河端 俊典

    H26年度農業農村工学会京都支部講習会・研修会, 2015年02月, 日本語, 京都, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 農業用パイプラインに用いるダクタイル鋳鉄管の機能診断手法に関する研究

    茨田 匠, 井谷 昌功, 澤田 豊, 河端 俊典

    平成26年度農業農村工学会京都支部講演会, 2014年11月, 日本語, 岐阜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 竹材による小規模斜面の補強効果に関する検討

    真木 貴也, 澤田 豊, 河端 俊典

    平成26年度農業農村工学会京都支部講演会, 2014年11月, 日本語, 岐阜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 繰返し載荷を受けるため池堤体土の強度低下特性の検討

    澤田豊, 小林成太, 泉明良, 鈴木麻里子, 小野耕平, 河端俊典, 野村純数, 小田哲也, 三輪顕, 藤澤大吾, 田平健二

    農業農村工学会京都支部研究発表会講演要旨集, 2014年11月, 日本語, 国内会議

    その他

  • 繰り返し載荷を受けるため池堤体土の強度低下特性の検討

    澤田 豊, 小林 成太, 泉 明良, 鈴木 麻里子, 小野 耕平, 河端 俊典

    平成26年度農業農村工学会京都支部講演会, 2014年11月, 日本語, 岐阜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 埋設管の水平抵抗力と液状化程度の関係

    井谷 昌功, 藤田 信夫, 澤田 豊, 河端 俊典, 有吉 充, 毛利 栄征

    平成26年度農業農村工学会大会講演会, 2014年08月, 日本語, 新潟市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 同一環剛性を有する管厚の異なるたわみ性パイプの遠心力模型実験

    泉 明良, 澤田 豊, 井上 一哉, 河端 俊典, 日野林 譲二, Hoe I. Ling, 毛利 栄征

    平成26年度農業農村工学会大会講演会, 2014年08月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 損傷レベルの異なる既設管が更生管変形特性に与える影響に関する遠心力模型実験

    澤田 豊, 井上 一哉, 園田 悠介, 小野 耕平, 三木 太貴, 泉 明良, 河端 俊典, 高原 祥, 毛利 栄征, Ling H.I

    平成26年度農業農村工学会大会講演会, 2014年08月, 日本語, 新潟市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 水分量の異なる環境下における生分解性樹脂コンクリートの曲げ強度変化

    河端 俊典, 鈴木 武志, 鈴木 麻里子

    H26年度農業農村工学会大会, 2014年08月, 日本語, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 衝撃弾性波を用いたコンクリート構造物の背面空洞深さ測定に関する実験

    茨田 匠, 浅尾 瞳, 澤田 豊, 河端 俊典

    平成26年度農業農村工学会大会講演会, 2014年08月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 斜面を対象とした竹材の補強効果に関する模型実験

    澤田 豊, 甲賀 洋輔, 真木 貴也, 河端 俊典, 横田 木綿

    平成26年度農業農村工学会大会講演会, 2014年08月, 日本語, 新潟市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 材料施工分野の広報活動に関する事例紹介

    井上 一哉, 澤田 豊, 河端 俊典, 田中 勉

    平成26年度農業農村工学会大会, 2014年08月, 日本語, 農業農村工学会, 新潟市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 管路更生工法に要求される材料長期性能と設計緒言への反映

    河端 俊典

    H26年度農業農村工学会大会, 2014年08月, 日本語, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 管路更生工法による単独管施工性試験の検討

    河端 俊典

    H26年度農業農村工学会大会, 2014年08月, 日本語, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 管路更生工法における単独管の内圧および内圧負荷時の継手部曲げ変形性能試験による照査技術の検討

    河端 俊典

    H26年度農業農村工学会大会, 2014年08月, 日本語, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 液状化地盤における断面形状の異なる埋設管の水平抵抗力

    藤田 信夫, 井谷 昌功, 澤田 豊, 河端 俊典, 有吉 充, 毛利 栄征

    平成26年度農業農村工学会大会講演会, 2014年08月, 日本語, 新潟市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • せん断変形を受ける埋設管のたわみ量に関する一考察

    澤田 豊, 泉 明良, 原田 文, 小林 成太, 河端 俊典

    平成26年度農業農村工学会大会講演会, 2014年08月, 日本語, 新潟市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 老朽既設管の影響を受ける更生管力学挙動に関する遠心力模型実験

    澤田 豊, 園田 悠介, 小野 耕平, 三木 太貴, 高原 祥, 毛利 栄征, 河端 俊典

    第49回地盤工学研究発表会, 2014年07月, 日本語, 北九州市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 竹材を利用した斜面補強に関する実験的検討

    澤田 豊, 甲賀 洋輔, 真木 貴也, 横田 木綿, 河端 俊典

    第49回地盤工学研究発表会, 2014年07月, 日本語, 北九州市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 生分解性樹脂コンクリートの劣化進度に関する一考察-分子量および樹脂含有率の影響-

    河端 俊典, 鈴木 麻里子

    第49回地盤工学研究発表会, 2014年07月, 日本語, 北九州市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 生分解性樹脂コンクリートの劣化進度に関する一考察―分子量および樹脂含有率の影響―

    鈴木麻里子, 久保京子, 秦栄三, 中村誠, 吉村睦, 河端俊典

    地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 2014年07月, 日本語, 国内会議

    その他

  • 生分解性樹脂コンクリートの曲げ強度特性に与える埋設土の影響

    鈴木麻里子, 久保京子, 秦栄三, 中村誠, 吉村睦, 河端俊典

    地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 2014年07月, 日本語, 国内会議

    その他

  • せん断変形を受ける埋設管のたわみ量の評価

    澤田 豊, 泉 明良, 原田 文, 小林 成太, 河端 俊典

    第49回地盤工学研究発表会, 2014年07月, 日本語, 北九州市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • MECHANICAL CHARACTERISTICS OF ENVIRONMENTALLY-FRIENDLY BIODEGRADABLE RESIN CONCRETE

    Suzuki M, Kubo K, Sawada Y, Kawabata T

    Concrete Innovation Conference 2014, 2014年06月, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 不均一な地盤条件における埋設管力学挙動に関する模型実験―ロゼット解析法による実験的検討―

    河端 俊典

    H25年度農業農村工学会大会講演会, 2013年09月, 日本語, 東京農業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 不均一な地盤条件における埋設管力学挙動に関する検討―長軸大口径管を対象とした3次元有限要素法解析

    河端 俊典

    H25年度農業農村工学会大会講演会, 2013年09月, 日本語, 東京農業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 損傷レベルの異なる老朽既設管の影響を受ける更生管の力学挙動

    河端 俊典

    H25年度農業農村工学会大会講演会, 2013年09月, 日本語, 東京農業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 生分解性樹脂コンクリートの劣化速度に関する一考察―4ケ月土中養生―

    鈴木麻里子, 久保京子, 秦栄三, 中村誠, 吉村睦, 鈴木武志, 河端俊典

    農業農村工学会大会講演会講演要旨集, 2013年09月, 日本語, 国内会議

    その他

  • 生分解性樹脂コンクリートの劣化速度に関する一考察 -4ヶ月土中養生-

    河端 俊典

    H25年度農業農村工学会大会講演会, 2013年09月, 日本語, 東京農業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 生分解性コンクリートの劣化による圧縮強度変化および加水分解性に関する一考察

    鈴木麻里子, 久保京子, 秦栄三, 中村誠, 吉村睦, 鈴木武志, 河端俊典

    農業農村工学会大会講演会講演要旨集, 2013年09月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 生分解性コンクリートの劣化による圧縮強度変化および加水分解性に関する一考察

    河端 俊典

    H25年度農業農村工学会大会講演会, 2013年09月, 日本語, 東京農業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 老朽既設管の影響を受ける更生管力学挙動に関する偏心載荷実験

    河端 俊典

    第48回地盤工学研究発表会, 2013年07月, 日本語, 富山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 分解性樹脂コンクリートの力学的アプローチによる劣化進度評価—4ヶ月土中養生−

    河端 俊典

    第48回地盤工学研究発表会, 2013年07月, 日本語, 富山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 分解性樹脂コンクリートの力学的アプローチによる劣化進度評価―4ケ月土中養生―

    鈴木麻里子, 久保京子, 秦栄三, 中村誠, 吉村睦, 河端俊典

    地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 2013年07月, 日本語, 国内会議

    その他

  • 埋設管周辺部グリッド補強効果に関する単純せん断実験

    河端 俊典

    農業農村工学会京都支部第69回研究発表会, 2012年11月, 日本語, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 周辺地盤密度を考慮した不均一地盤における埋設管力学挙動に関する模型実験

    河端 俊典

    農業農村工学会京都支部第69回研究発表会, 2012年11月, 日本語, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 不均一地盤が埋設管挙動に与える影響に関する有限要素法解析

    河端 俊典

    H25年度農業農村工学会大会講演会, 2012年09月, 日本語, 北海道大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 不均一地盤が埋設管挙動に与える影響に関する模型実験

    河端 俊典

    H25年度農業農村工学会大会講演会, 2012年09月, 日本語, 北海道大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 剛体基礎上たわみ性埋設管の動的挙動

    河端 俊典

    H25年度農業農村工学会大会講演会, 2012年09月, 日本語, 北海道大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 管路更生工法による曲管内面シワの水理特性

    河端 俊典

    H25年度農業農村工学会大会講演会, 2012年09月, 日本語, 北海道大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ため池改修時における旧堤体土・池底汚泥再利用技術に関する一考察

    鈴木 麻里子, 河端俊典, 内田一徳

    農業農村工学会大会講演会講演要旨集, 2012年09月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • ため池改修時における旧堤体土・池底汚泥再利用技術に関する一考察

    河端 俊典

    H25年度農業農村工学会大会講演会, 2012年09月, 日本語, 北海道大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 不均一な地盤条件における埋設管力学挙動に関する模型実験

    河端 俊典

    第47回地盤工学研究発表会, 2012年07月, 日本語, 八戸工大, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 不均一な地盤条件における埋設管の力学挙動に関する有限要素法解析

    河端 俊典

    第47回地盤工学研究発表会, 2012年07月, 日本語, 八戸工大, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 内部応力に基づく円環断面の力学挙動算定

    河端 俊典

    第47回地盤工学研究発表会, 2012年07月, 日本語, 八戸工大, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 管厚が地盤のせん断変形を受けるたわみ性埋設管の変形挙動に及ぼす影響

    河端 俊典

    第47回地盤工学研究発表会, 2012年07月, 日本語, 八戸工大, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • せん断土槽を用いた同一環剛性を有するたわみ性埋設管の振動台実験に関する一考察

    河端 俊典

    第47回地盤工学研究発表会, 2012年07月, 日本語, 八戸工大, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Deposited Muddy Soil Reuse Technique Using Industrial Waste for Reconstruction of Small Earth fill Dams

    Suzuki M, Kawabata T, Uchida K, Suzuki T

    -, 2012年06月, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 地盤のせん断変形を受けるたわみ性埋設パイプの変形挙動に関する模型実験

    河端 俊典

    農業農村工学会京都支部第68回研究発表会, 2011年11月, 日本語, 奈良, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 管剛性が地盤のせん断変形を受ける埋設管の挙動に与える影響

    河端 俊典

    農業農村工学会京都支部第68回研究発表会, 2011年11月, 日本語, 奈良, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 管厚の変化が薄肉円環の応力挙動に与える影響に関する検討

    河端 俊典

    農業農村工学会京都支部第68回研究発表会, 2011年11月, 日本語, 奈良, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ため池コア材への底泥土再利用技術に関する実験的検討

    河端 俊典

    農業農村工学会京都支部第68回研究発表会, 2011年11月, 日本語, 奈良, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 流動化処理土を用いた軽量曲管スラスト対策工の現場実証実験

    河端 俊典

    H23年度農業農村工学会大会講演会, 2011年09月, 日本語, 九州大, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 管口径が地盤のせん断変形を受ける埋設管の挙動に及ぼす影響

    河端 俊典

    H23年度農業農村工学会大会講演会, 2011年09月, 日本語, 九州大, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • パイプラインの評価・診断技術の適用性の確認

    河端 俊典

    H23年度農業農村工学会大会講演会, 2011年09月, 日本語, 九州大, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ため池コア部への底泥土再利用に大型混錬機を用いる検討

    鈴木麻里子, 河端俊典, 吉原正博, 常友永市, 内田一徳

    農業農村工学会大会講演会講演要旨集, 2011年09月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • ため池コア部への底泥土再利用に大型混錬機を用いる検討

    河端 俊典

    H23年度農業農村工学会大会講演会, 2011年09月, 日本語, 九州大, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • せん断変形をうけるたわみ性埋設管の変形挙動に関する実験的検討

    河端 俊典

    H23年度農業農村工学会大会講演会, 2011年09月, 日本語, 九州大, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Mechanical behavior of blended geo-materials for impermeable core zone of small earth-fill dams using recycled materials

    Kawabata T, Suzuki M, Uchida K, Suzuki T

    International Symposium on Deformation Characteristics of Geomaterials, Deformation Characteristics of Geomaterials, Vol.2, Hanrimwon Co.,Ltd., 2011年09月, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Airy の応力関数を用いた埋設管内部応力挙動精査

    河端 俊典

    H23年度農業農村工学会大会講演会, 2011年09月, 日本語, 九州大, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 埋設管の挙動予測における薄肉円環の構造解の適用限界に関する一考察

    河端 俊典, 内田 一徳

    46 回地盤工学研究発表会, 2011年07月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地盤のせん断変形を受ける剛性埋設パイプの浮上に関するDEM解析

    河端 俊典

    46 回地盤工学研究発表会, 2011年07月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地盤のせん断変形を受けるたわみ性埋設パイプの変形挙動に関する一考察

    河端 俊典

    46 回地盤工学研究発表会, 2011年07月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大型混錬機を用いたため池底泥土のコア材への適用に関する一考察

    鈴木麻里子, 河端俊典, 吉原正博, 常友永市, 内田一徳

    地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 2011年07月, 日本語, 国内会議

    その他

  • 大型混錬機を用いたため池底泥土のコア材への適用に関する一考察

    河端 俊典

    46 回地盤工学研究発表会, 2011年07月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ため池コア材への底泥土再利用技術に関する実験的検討

    鈴木麻里子, 河端俊典, 内田一徳

    農業農村工学会京都支部研究発表会講演要旨集, 2011年, 日本語, 国内会議

    その他

  • 砕石を用いた曲管部スラスト防護工法の水平載荷試験

    河端 俊典

    農業農村工学会京都支部第67回研究発表会, 2010年11月, 日本語, 津, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 流動化処理土を用いた大口径パイプラインの埋設とその有効性について

    河端 俊典

    H22年度農業農村工学会大会, 2010年09月, 日本語, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 耐震性を考慮した軽量スラスト防護工法の解析的検討

    河端 俊典

    H22年度農業農村工学会大会, 2010年09月, 日本語, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • パイプラインにおける適切な機能保全のための診断手法の検討

    河端 俊典

    H22年度農業農村工学会大会講演会, 2010年09月, 日本語, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 同一剛性を有する管厚の異なる低外圧剛性たわみ性パイプの埋設実験

    河端 俊典

    第45 回地盤工学研究発表会論文集, 2010年08月, 日本語, 愛媛大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 鉄筋補強流動化処理土の曲げ特性

    河端 俊典

    第45 回地盤工学研究発表会論文集, 2010年08月, 日本語, 愛媛大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 浅埋設圧力管路屈曲部のスラスト防護挙動に関する模型実験

    河端 俊典

    第45 回地盤工学研究発表会論文集, 2010年08月, 日本語, 愛媛大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 浅埋設圧力管路屈曲部のスラスト防護挙動に関するDEM解析

    河端 俊典

    第45 回地盤工学研究発表会論文集, 2010年08月, 日本語, 愛媛大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 環境に配慮したブレンドコア用土の力学挙動に関する検討

    内田一徳, 鈴木麻里子, 河端俊典

    地盤工学研究発表会発表講演集, 2010年08月, 日本語, 国内会議

    その他

  • 環境に配慮したブレンドコア用土の力学挙動に関する検討

    河端 俊典

    第45 回地盤工学研究発表会論文集, 2010年08月, 日本語, 愛媛大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • DEM解析による単純せん断を受ける矩形洪水吐の動的挙動の検討

    河端 俊典

    第45 回地盤工学研究発表会論文集, 2010年08月, 日本語, 愛媛大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Creation of the Soil for Impermeable Core Zone for Earth-fill Dams

    Kawabata T, Suzuki M, Suzuki T, Uchida K

    20th Int. Conf. of ISOPE, 2010年06月, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Field verification test for buried bend with lightweight thrust restraint using geogrid

    Kawabata T, Sawada Y, Izumi A, Kashiwagi A, Hanazawa T, Okuno S, Suzuki M

    Proceedings of International Geosynthetics Society, 2010年05月, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 台形の中空ゴムシールを用いた目地補修工法の変形追従性と止水性

    青柳邦夫, 小澤忠利, 河端俊典, 鈴木麻里子

    農業農村工学会京都支部研究発表会講演要旨集, 2009年11月, 日本語, 国内会議

    その他

  • 産業廃棄物をブレンドしたコア用土の水質特性に関する実験的検討

    内田一徳, 斉田洋之, 鈴木麻里子, 岩出郁美, 河端俊典

    農業農村工学会大会講演会講演要旨集, 2009年08月, 日本語, 国内会議

    その他

  • ブレンドしたため池コア用土の溶出成分特性に関する検討

    内田一徳, 斉田洋之, 河端俊典, 岩出郁美, 鈴木麻里子, 鈴木武志

    地盤工学研究発表会発表講演集, 2009年08月, 日本語, 国内会議

    その他

  • 内圧管屈曲部背面地盤の補強効果に関する検討

    柏木 歩, 澤田 豊, 河端 俊典, 毛利 栄征, 有吉 充, 花澤 貴文, 志村 和信, 中島 博文

    平成20年度農業農村工学会京都支部講演会, 2008年11月, 日本語, 福井市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 多孔質体の物理特性と分散性の関係

    田畑 見紗, 井上 一哉, 河端 俊典, 内田 一徳, 田中 勉

    平成20年度農業農村工学会京都支部講演会, 2008年11月, 日本語, 福井市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 圧力管曲部軽量スラスト防護工法の動的挙動の検討

    泉 明良, 河端 俊典, 澤田 豊, 毛利 栄征, 有吉 充, 内田 一徳

    平成20年度農業農村工学会京都支部講演会, 2008年11月, 日本語, 福井市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 埋設曲管スラスト対策に関する振動台実験

    泉 明良, 河端 俊典, 澤田 豊, 毛利 栄征, 有吉 充, 内田 一徳

    平成20年度農業農村工学会大会講演会, 2008年08月, 日本語, 秋田市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 埋設管曲部軽量スラスト防護工法の現場実証試験

    河端 俊典, 澤田 豊, 泉 明良, 花澤 貴文, 戸継 昭人, 平井 貴雄, 武田 久和, 福田 武治

    平成20年度農業農村工学会大会講演会, 2008年08月, 日本語, 秋田市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 時間モーメント情報による分散特性評価と透水係数推定への応用

    井上 一哉, 田畑 見紗, 河端 俊典, 内田 一徳, 田中 勉

    平成20年度農業農村工学会大会, 2008年08月, 日本語, 秋田市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ジオグリッドを用いた曲管部背面地盤の補強効果に関する模型実験

    柏木 歩, 河端 俊典, 澤田 豊, 毛利 栄征, 花澤 貴文, 志村 和信, 中島 博文

    平成20年度農業農村工学会大会講演会, 2008年08月, 日本語, 秋田市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • DEMによる曲管部背面地盤の補強効果検討

    澤田 豊, 灘本 優太, 河端 俊典, 毛利 栄征, 花澤 貴文, 中島 博文, 志村 和信, 内田 一徳

    平成20年度農業農村工学会大会講演会, 2008年08月, 日本語, 秋田市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 埋設管曲部軽量スラスト防護工法の振動台実験

    河端 俊典, 毛利 栄征, 澤田 豊, 泉 明良, 有吉 充, 藤本 夏子

    第43回地盤工学研究発表会, 2008年07月, 日本語, 広島市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 背面地盤を補強した曲管部の水平載荷実験

    河端 俊典, 澤田 豊, 柏木 歩, 花澤 貴文, 毛利 栄征, 内田 一徳

    第43回地盤工学研究発表会, 2008年07月, 日本語, 広島市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 背面地盤の補強による曲管部の水平抵抗力増加メカニズム

    澤田 豊, 河端 俊典, 毛利 栄征, 灘本 優太, 柏木 歩, 内田 一徳

    第43回地盤工学研究発表会, 2008年07月, 日本語, 広島市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ため池底泥土の分散能に関する一考察

    井上 一哉, 田畑 見紗, 河端 俊典, 内田 一徳, 田中 勉

    平成19年度農業農村工学会京都支部講演会, 2007年11月, 日本語, 和歌山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • DEMを用いた一次元上昇浸透流による地盤の限界状態と砂粒子の力学的特性

    廣瀬 哲夫, 田中 勉, 内田 一徳, 河端 俊典, 中瀬 仁

    農業土木学会京都支部第64回研究発表会講演要旨集, 2007年11月, 日本語, 農業土木学会, 和歌山県、和歌山市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 層地盤内の物質輸送に関する時間モーメント特性評価

    井上 一哉, 河端 俊典, 内田 一徳, 田中 勉

    平成19年度農業農村工学会大会, 2007年08月, 日本語, 島根県松江市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 曲管部軽量化スラスト防護工法の有効性の検討

    澤田 豊, 河端 俊典, 毛利 栄征, 内田 一徳

    平成18年度農業土木学会大会講演会, 2007年08月, 日本語, 宇都宮市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 圧力管曲部軽量スラスト防護工法の内圧負荷実験

    澤田 豊, 河端 俊典, 柏木 歩, 毛利 栄征, 内田 一徳

    平成19年度農業土木学会大会講演会, 2007年08月, 日本語, 松江市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 圧力管曲部軽量スラスト防護工法の増加水平抵抗力の算定

    澤田 豊, 河端 俊典, 毛利 栄征, 内田 一徳

    平成19年度農業土木学会大会講演会, 2007年08月, 日本語, 松江市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ジオシンセティックスを用いた曲管部の内圧負荷挙動について

    澤田 豊, 大串 賢, 河端 俊典, 戸継 昭人, 弘中 淳一, 毛利 栄征, 内田 一徳

    第42回地盤工学研究発表会, 2007年08月, 日本語, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ジオグリッドを用いた補強地盤の模型透水実験

    内田 一徳, 河端 俊典, 井上 一哉, 松川 哲也, 松田 光平

    平成19年度農業農村工学会大会, 2007年08月, 日本語, 島根県松江市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • DEMを用いた地盤の一次元上昇流による浸透破壊と砂粒子移動特性の把握

    廣瀬 哲夫, 田中 勉, 内田 一徳, 河端 俊典, 中瀬 仁

    平成19年度農業土木学会大会講演会講演要旨集, 2007年08月, 日本語, 農業土木学会, 島根県、松江市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 圧力管屈曲部軽量スラスト防護工法の曲管変位を考慮した増加抵抗力算定式の提案

    澤田 豊, 河端 俊典, 内田 一徳, 柏木 歩, 毛利 栄征

    第42回地盤工学研究発表会, 2007年07月, 日本語, 名古屋市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ため池底泥土の移流分散特性に関する検討

    井上 一哉, 河端 俊典, 内田 一徳, 田中 勉

    成18年度日本雨水資源化システム学会, 2006年11月, 日本語, 山口市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ジオシンセティックスを用いた曲管部軽量スラスト防護工法による水平抵抗力の算定

    澤田 豊, 河端 俊典, 高見 美和子, 渡邊 康治, 内田 一徳

    第41回地盤工学研究発表会, 2006年08月, 日本語, 鹿児島市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 超大口径薄肉パイプラインの埋設挙動に関する検討

    河端 俊典, 毛利 栄征, 小田 哲也, 松川 哲也

    不明, 2005年07月, 日本語, 不明, 不明, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 軽量スラスト防護工法に関する水平載荷試験の地表面画像解析

    河端 俊典, 内田 一徳, 澤田 豊, 高見 美和子

    第40回地盤工学研究発表会講演集, 2005年07月, 日本語, 不明, 函館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 軽量スラスト防護工法に関する水平載荷試験の地表面画像解析

    河端 俊典, 内田 一徳, 澤田 豊, 高見 美和子

    第40回地盤工学研究発表会, 2005年07月, 日本語, 函館市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 軽量スラスト防護工法における抵抗メカニズムに関するDEM 解析

    河端 俊典, 内田 一徳, 澤田 豊, 北野 知洋

    第40回地盤工学研究発表会講演集, 2005年07月, 日本語, 不明, 函館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 軽量スラスト防護工法における抵抗メカニズムに関するDEM解析

    河端 俊典, 内田 一徳, 澤田 豊, 北野 知洋, 中瀬 仁, 平井 貴雄, 斉藤 喜久雄

    第40回地盤工学研究発表会, 2005年07月, 日本語, 函館市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • まさ土における部分拡幅杭の支持機構に関する検討

    内田 一徳, 河端 俊典, 正田 大輔, 小原 亜季

    第40回地盤工学研究発表会講演集, 2005年07月, 日本語, 不明, 函館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • DEM による埋設管の浮上に関する単純せん断シミュレーション

    大石 順司, 河端 俊典, 内田 一徳, 高辻 祥子

    第40回地盤工学研究発表会講演集, 2005年07月, 日本語, 不明, 函館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • DEM解析による部分拡幅杭の支持機構に関する検討

    内田 一徳, 河端 俊典, 今井 正幸, 正田 大輔, 中瀬 仁

    H16年度農業土木学会大会, 2004年09月, 日本語, 農業土木学会, 札幌, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 部分拡幅杭の支持機構に関する検討

    内田 一徳, 河端 俊典, 中瀬 仁, 正田 大輔, 今井 正幸, 大石 順司

    第39回地盤工学研究発表会, 2004年07月, 日本語, 地盤工学会, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地中構造物の浮上に関する単純せん断試験

    河端 俊典, 内田 一徳, 中瀬 仁, 大石 順司, 澤田 豊

    第39回地盤工学研究発表会, 2004年07月, 日本語, 地盤工学会, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 浅埋設パイプの土嚢による輸荷重分散効果に関するDEM解析

    河端 俊典, 内田 一徳, 有吉 充, 中瀬 仁, 毛利 栄征

    第39回地盤工学研究発表会, 2004年07月, 日本語, 地盤工学会, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ため池底樋に作用する土圧の検討

    河端 俊典, 内田 一徳, 毛利 栄征, 平井 貴雄, 中瀬 仁, 大石 順司, 澤田 豊

    第39回地盤工学研究発表会, 2004年07月, 日本語, 地盤工学会, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ジオグリッドを用いた曲管のスラスト防護工法に関する水平載荷試験

    河端 俊典, 内田 一徳, 平井 貴雄, 斉藤 喜久雄, 平山 豪隆

    第39回地盤工学研究発表会, 2004年07月, 日本語, 地盤工学会, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 模型実験による部分拡幅杭の支持機構に関する検討

    河端 俊典, 内田 一徳, 大石 順司, 呉山 和男

    第38回地盤工学研究発表会講演集, 2003年07月, 日本語, 地盤工学会, 秋田, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • DEM による部分拡幅杭の支持機構に関する検討

    内田 一徳, 河端 俊典, 今井 正幸, 中瀬 仁

    第38回地盤工学研究発表会講演集, 2003年07月, 日本語, 地盤工学会, 秋田, 国内会議

    口頭発表(一般)

所属学協会

  • 日本地震工学会

  • 国際ジオシンセティックス学会

  • 農業土木学会

  • 土木学会

  • 米国土木学会

  • 国際基礎土質工学会

  • 地盤工学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 河端 俊典

    科学研究費補助金/基盤研究(A), 2017年04月 - 2020年03月, 研究代表者

    競争的資金

  • 河端 俊典

    学術研究助成基金助成金/挑戦的萌芽研究, 2016年04月 - 2018年03月, 研究代表者

    競争的資金

  • 理学・工学・農学・海事科学・システム情報学の研究体験

    河端 俊典

    国立研究開発法人科学技術振興機構, 日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン), 2017年, 研究代表者

    競争的資金

  • 河端 俊典

    学術研究助成基金助成金/挑戦的萌芽研究, 2013年04月 - 2015年03月, 研究代表者

    競争的資金

  • 河端 俊典

    科学研究費補助金/基盤研究(A), 2012年04月 - 2015年03月, 研究代表者

    競争的資金

  • 内田 一徳

    科学研究費補助金/基盤研究(B), 2010年

    競争的資金

  • 河端 俊典

    科学研究費補助金/基盤研究(A), 2008年, 研究代表者

    競争的資金

  • 内田 一徳

    科学研究費補助金/基盤研究(A), 2005年

    競争的資金

  • 河端 俊典

    科学研究費補助金/基盤研究(B), 2005年, 研究代表者

    競争的資金

  • 老朽化ため池底樋の力学挙動の解明と柔構造樋管周辺地盤の浸透メカニズムに関する研究

    河端 俊典, 内田 一徳, 田中 勉

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 神戸大学, 2002年 - 2004年

    (1)平行平板モードを利用した2方向ロードセル(H14年度開発済み)を装着できる低剛性のφ150mmたわみ性模型パイプ(アルミ製,管厚1.0mmならびに2.0mm)を変形特性を計測可能なものへ改良した. (2)上記のたわみ性模型パイプを対象に,鋼板製土槽(H14年度作製)を用いた模型埋設実験をおこない,特に,埋戻し地盤中にジオシンセティックスを挿入し,補強土堤体を模擬した底樋管の埋設挙動特性ならびに沈下時挙動特性に関して検討した. 実験条件は,14,15年度で実施した緩詰条件(相対密度Dr36.9%)に加えて,中密詰条件(Dr54.8%)ならびに密詰め条件(Dr81.9%)とした.なお,上載荷重は,今までと同様最大85Kpaとした. (3)また,埋戻し過程ならびに上載圧載荷過程において,中たわみ性パイプ(t=2.0mm)ならびに低外圧剛性たわみ性パイプ(t=1.0mm)に作用する土圧の大きさとその方向を詳細に検討するため,実験手順に沿った有限要素非線形解析ならびに.沈下時挙動を解明するために,DEM解析プログラムを大幅に改良し,口径の10%を超える大変形挙動時のパイプに作用する土圧の大きさと方向を正確に算定した. その結果,以下のことが明らかになった. (4)緩詰め地盤ならびに中詰め地盤では,パイプの沈下にともなう鉛直荷重総量から判断して,パイプ上部に布設されたジオシンセティクスの効果がほとんど無いことが明らかになった.しかながら密詰め地盤では,パイプの沈下時,パイプに作用する鉛直荷重は急激に減少し,地盤中に敷設されたジオグリッドが,鉛直荷重を負担していることが明らかになった. (5)また,パイプ剛性ならびに地盤剛性を変化させた実験結果から得られた,パイプに作用する土圧ならびに周辺地盤中の応力から総合的に判断して,現行の設計基準で仮定されている,鉛直荷重分布が等分布,水平土圧分布が放物線形状であるというSpanglerの土圧分布では,パイプの安全で経済的な設計が出来ないことが明らかになった.