研究者紹介システム

木村 建次郎
キムラ ケンジロウ
数理・データサイエンスセンター
教授
応用理学関係
Last Updated :2021/01/22

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    数理・データサイエンスセンター
  • 【配置】

    大学院理学研究科 化学専攻

学位

  • 博士(工学), 京都大学

授業科目

ジャンル

  • 科学・技術 / 化学

コメントテーマ

  • 磁気イメージング
  • 非破壊検査
  • ベンチャー
  • マンモグラフィ

研究ニュース

研究活動

研究キーワード

  • 逆解析
  • 乳癌
  • 非破壊検査
  • 電池
  • 医療機器
  • 原子間力顕微鏡
  • 生体高分子
  • 界面
  • 走査型プローブ顕微鏡

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 計測工学
  • ナノテク・材料 / 薄膜、表面界面物性
  • ナノテク・材料 / 基礎物理化学
  • 自然科学一般 / 生物物理、化学物理、ソフトマターの物理
  • 自然科学一般 / 半導体、光物性、原子物理
  • 自然科学一般 / 半導体、光物性、原子物理

受賞

  • 2020年01月 国土交通省, 令和元年度 i-Construction大賞 優秀賞, インフラ構造物の非破壊検査に向むけた世界最高性能-超広帯域レーダの実現

    株式会社Integral Geometry Science

    電磁波のパルス波形が、コンクリート固有の誘電分散性によって拡がり、レーダの高周波化が空間分解能の向上に生かされない本質的な問題に対して、誘電分散性を取り入れた波動散乱の逆問題の解析解導出に成功。 鉄道トンネル覆工検査レーダに生かされ、社会実装することに成功し、東海、東日本各地で活用され、インフラマネジメントに貢献。

    その他の賞

  • 2019年11月 公益財団法人計測自動制御学会, IIFES2019 大学・高専テクニカルアカデミー研究発表奨励賞, 高感度非侵襲乳がん計測技術の開発

    神戸大学木村建次郎研究室

    応用数学上の未解決問題を解決(多重経路散乱場の逆解析理論)したことにより、世界で初めてマイクロ波マンモグラフィの実現に成功。さらに、高濃度乳房に対する有効性を実証した。

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2019年10月 神戸大学, 令和元年度学長表彰

    木村建次郎

    外部資金に措置される間接経費の獲得を通じ、神戸大学の財務上の貢献が著しい研究者として、57名が被表彰者に選出され、代表者3名のうちの一人として表彰式に出席した。

    その他の賞

  • 2019年05月 応用物理学会, 第46回(2019年春季)応用物理学会講演奨励賞, 超高感度磁気計測および画像再構成理論に基づく埋め込み型防犯ゲートシステムの開発

    鈴木章吾, 松田聖樹, 木村建次郎, 美馬勇輝, 木村憲明

    本研究では、壁や地面に埋め込み、“拳銃の所持者が検査されていることに気づかない“都市に溶け込む防犯ゲートシステム1)の開発を進めている。非磁性体であるコンクリートや木材の壁や地面に埋め込まれた2次元超高感度磁気センサアレイにて、強磁性体である拳銃が発する磁場の空間分布を検出し、木村らが開発した静磁場の画像再構成理論を用いて、拳銃近界の磁場の空間分布を再構成する。通路やビルの壁等、都市の各所に埋め込み、犯罪者がどの地点でどういった銃を所持しているか、画像判定し、そのデータを管轄のセキュリティセンターで集計し、警察と連携して犯罪を未然に防ぐシステムを実現を目指している。

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2018年05月 応用物理学会, 第44回(2018年春季)応用物理学会講演奨励賞, マイクロ波散乱場断層イメージングシステムを用いた高濃度乳房における乳癌スクリーニング

    稲垣明里, 木村建次郎, 河野誠之, 谷野裕一, 三木万由子, 高尾信太郎, 渡邊奈津子, 小西豊, 岡本交二, 松本元, 山神和彦, 美馬勇輝, 土井恭二, 木村憲明

  • 2017年11月 国立研究開発法人 日本医療研究開発機構, 第一回日本医療研究開発大賞 日本医療研究開発機構理事長賞, 次世代乳癌スクリーニングのためのマイクロ波 散乱場断層イメージングシステムの開発

    木村 建次郎

  • 2017年10月 国立大学法人 神戸大学, 第9回 学長表彰(神戸大学)

    木村 建次郎

  • 2017年10月 神戸大学, 神戸大学理学部ホームカミングデイ第8回サイエンスフロンティア優秀発表賞, マイクロ波散乱場断層イメージングシステムの開発と乳房内3次元誘電率分布計測への応用

    稲垣明里, 木村建次郎, 木村憲明

  • 2017年06月 一般社団法人エレクトロニクス実装学会, 2017マイクロエレクトロニクスショー(第31回最先端実装技術・パッケージング展)アカデミックプラザ5年連続継続賞

    神戸大学木村建次郎研究室

  • 2015年10月 公益社団法人日本化学会, 第5回CSJ化学フェスタ2015 優秀ポスター賞, 電⼦やイオンの流れを可視化する装置の開発

    美馬勇輝, 木村憲明, 木村建次郎

  • 2014年06月 一般社団法人エレクトロニクス実装学会, 2014マイクロエレクトロニクスショー(第28回最先端実装技術・パッケージング展) アカデミックプラザ賞, “物質界面の構造を映像化するサブサーフェスイメージング法の開発”

    木村 建次郎, 野本和誠, 小畑恵子, 鈴木智子, 美馬勇輝, 大薮範昭, 稲男健, 木村憲明

  • 2014年02月 第一回 京都SMI中辻賞, “高分解能サブサーフェスイメージング法の開発”

    木村 建次郎

  • 2009年09月 分子科学会, 第3回 分子科学討論会 優秀講演賞, “液中ダイナミックモード原子間力顕微鏡による局所溶媒和の構造解析”

    木村 建次郎

  • 2008年11月 公益社団法人 日本表面科学会, 第14回 日本表面科学会 技術賞, “走査型容量顕微鏡によるMOSFET動作時の不純物分布計測”

    木村 建次郎, 山田啓文, 臼田宏治, 小林圭

  • 2007年06月 公益財団法人 京都技術科学センター, 関西テクノアイディアコンテスト テクノ愛’07 大学の部 京都大学VBL施設長賞, 溶媒和構造可視化装置

    木村建次郎, 大薮範昭

  • 2006年06月 京都大学, 京都大学VBL第10回若手研究助成 優秀賞, “特殊共振構造を用いた超微弱静電気力検出センサーの開発”

    木村 建次郎

  • 2006年05月 ナノ学会, ナノ学会 第4回大会 Best Young Presenter Award, “走査型容量原子間力顕微鏡の開発とナノ電子デバイス解析への応用”

    木村建次郎

  • 2005年11月 公益財団法人 京都技術科学センター, 関西テクノアイディアコンテスト テクノ愛’05 大学の部 準グランプリ ハイテク部門, “2次元配列された電子線照射源を用いた電子顕微鏡および符号化電子線アレイ照射方式を用いた高感度2次電子検出法”

    平成16年, 日本国

  • 2005年06月 京都大学, 京都大学ナノ工学高等研究院 第3回若手研究者発表会 優秀賞, “走査型容量顕微鏡による動作中MOSFETにおける2次元キャリア密度分布計測”

    平成18年, 日本国

  • 2004年11月 公益財団法人 京都技術科学センター, 関西テクノアイディアコンテスト テクノ愛’04 大学の部 優秀賞, “2次元電子ビームリソグラフィー”

    木村建次郎(京都大学)

    平成20年, 日本国

  • 2004年09月 応用物理学会, 第16回(2004年春季)応用物理学会 講演奨励賞, “走査型容量原子間力顕微鏡(SCFM)による半導体不純物濃度評価”

    木村建次郎(京都大学)

    平成21年, 日本国

論文

  • Local electric current reconstruction theory for nondestructive inspection inside battery cell using magnetic field measurement

    Kenjiro Kimura, Yuki Mima, Noriaki Kimura

    2017年10月, Science & Technology, 1 (1), 1 - 16, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kiminori Uchida, Kazuki Mita, Osamu Matsuoka, Takeharu Isaki, Kenjiro Kimura, Hiroshi Onishi

    Isotactic polypropylene sheets were uniaxially stretched and observed with a frequency-modulation atomic force microscope operated in phenyloctane liquid. Crystalline lamellae were seen in fibrils with their axis parallel to the stretched direction. Individual CH3 side-chains of three-fold helices were identified in the lamellae. Fragmentation of the lamellae was induced by further stretching. The real-space features observed with the microscope were successfully compared with X-ray scattering results obtained in a synchrotron radiation facility. (C) 2015 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    ELSEVIER SCI LTD, 2016年01月15日, POLYMER, 82, 349 - 355, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 高感度磁気抵抗効果素子による磁場の計測と電磁場再構成法を用いた高分解能コンクリート内部鉄筋検査技術に関する研究

    木村建次郎, 美馬勇輝, 大藪範昭, 稲男健, 木村憲明

    2013年10月01日, 非破壊検査, 62 (10), 527 - 528, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hirotake Imada, Kenjiro Kimura, Hiroshi Onishi

    The structure of liquid water and 2-propanol on the (104) surface of calcite (CaCO3) was probed by frequency-modulation atomic force microscopy. The microscope tip scanned each liquid to record the tip-surface force perturbed by the liquid structure at the interface. In water, the force distribution on planes cross-sectional to the surface presents a 0.5-nm-thick checkerboard-like pattern matching the corrugated topography of the calcite surface. This provides evidence that the local water density was laterally and vertically modulated. With 2-propanol, a laterally uniform, vertically layered structure was found between the first laterally structured layer and the bulk liquid. These results are consistent with the density distributions of water and ethanol proposed in earlier X-ray and simulation studies.

    AMER CHEMICAL SOC, 2013年08月, LANGMUIR, 29 (34), 10744 - 10751, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hirotake Imada, Kenjiro Kimura, Hiroshi Onishi

    The structure of liquid water and 2-propanol on the (104) surface of calcite (CaCO3) was probed by frequency-modulation atomic force microscopy. The microscope tip scanned each liquid to record the tip-surface force perturbed by the liquid structure at the interface. In water, the force distribution on planes cross-sectional to the surface presents a 0.5-nm-thick checkerboard-like pattern matching the corrugated topography of the calcite surface. This provides evidence that the local water density was laterally and vertically modulated. With 2-propanol, a laterally uniform, vertically layered structure was found between the first laterally structured layer and the bulk liquid. These results are consistent with the density distributions of water and ethanol proposed in earlier X-ray and simulation studies.

    AMER CHEMICAL SOC, 2013年07月24日, LANGMUIR, 29 (34), 10744 - 10751, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hirotake Imada, Kenjiro Kimura, Hiroshi Onishi

    The atom-resolved topography of calcite nanoparticles was observed in water using a frequency-modulation atomic force microscope. Locally ordered structures were found and assigned to a (104) facet of crystalline calcite. (C) 2013 Elsevier B. V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2013年06月, CHEMICAL PHYSICS, 419, 193 - 195, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kei Kobayashi, Noriaki Oyabu, Kenjiro Kimura, Shinichiro Ido, Kazuhiro Suzuki, Takashi Imai, Katsunori Tagami, Masaru Tsukada, Hirofumi Yamada

    A three-dimensional interaction force mapping experiment was carried out on a muscovite mica surface in an aqueous solution using a high-resolution and low-thermal drift frequency-modulation atomic force microscope. By collecting oscillatory frequency shift versus distance curves at the mica/solution interface, complicated hydration structures on the mica surface were visualized. Reconstructed two-dimensional frequency shift maps showed dot-like or honeycomb-like patterns at different tip-sample distances with a separation of 0.2 nm with each other, which agree well to the water molecule density maps predicted by a statistical-mechanical theory. Moreover, site-specific force versus distance curves showed a good agreement with theoretically calculated site-specific force curves by a molecular dynamics simulation. It is found that the first and second hydration layers give honeycomb-like and dot-like patterns in the two-dimensional frequency shift images, respectively, corresponding to the lateral distribution function in each layer. (C) 2013 AIP Publishing LLC.

    AMER INST PHYSICS, 2013年05月09日, JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS, 138 (18), 184704(1-7) - 184704(1-7), 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kei Kobayashi, Noriaki Oyabu, Kenjiro Kimura, Shinichiro Ido, Kazuhiro Suzuki, Takashi Imai, Katsunori Tagami, Masaru Tsukada, Hirofumi Yamada

    A three-dimensional interaction force mapping experiment was carried out on a muscovite mica surface in an aqueous solution using a high-resolution and low-thermal drift frequency-modulation atomic force microscope. By collecting oscillatory frequency shift versus distance curves at the mica/solution interface, complicated hydration structures on the mica surface were visualized. Reconstructed two-dimensional frequency shift maps showed dot-like or honeycomb-like patterns at different tip-sample distances with a separation of 0.2 nm with each other, which agree well to the water molecule density maps predicted by a statistical-mechanical theory. Moreover, site-specific force versus distance curves showed a good agreement with theoretically calculated site-specific force curves by a molecular dynamics simulation. It is found that the first and second hydration layers give honeycomb-like and dot-like patterns in the two-dimensional frequency shift images, respectively, corresponding to the lateral distribution function in each layer. (C) 2013 AIP Publishing LLC.

    AMER INST PHYSICS, 2013年05月, JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS, 138 (18), 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takumi Hiasa, Kenjiro Kimura, Hiroshi Onishi

    COOH- and OH-terminated thiolate monolayers were self-assembled on gold films, immersed in aliphatic alcohols, and probed using frequency-modulation atomic force microscopy. The tip-surface force was observed over the monolayers as a function of the vertical and lateral coordinates. The alcohols were structured over the monolayers to form liquid layers, as evidenced by the force strengths modulated along the vertical coordinate. The liquid layer of primary C-4 and C-8 alcohols was not homogeneous along the lateral coordinate over the COOH-terminated monolayer, perturbed by hydrogen bonding across the interface. On the other hand, tertiary C-5 and C-8 alcohols presented laterally homogeneous liquid layers. Over the OH-terminated monolayer, even primary octanol presented as laterally homogeneous layers. The laterally homogeneous or inhomogeneous distribution of the liquid alcohols was interpreted as the alcoholic OH groups being more or less able to engage the monolayers via hydrogen bonds, respectively.

    AMER CHEMICAL SOC, 2013年03月, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C, 117 (11), 5730 - 5735, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Shinichiro Ido, Kenjiro Kimura, Noriaki Oyabu, Kei Kobayashi, Masaru Tsukada, Kazumi Matsushige, Hirofumi Yamada

    The DNA double helix was first elucidated by J.D. Watson and F.H.C. Crick over a half century ago. However, no one could actually "see" the well-known structure ever. Among all real-space observation methods, only atomic force microscopy (AFM) enables us to visualize the biologically active structure of natural DNA in water. However, conventional AFM measurements often caused the structural deformation of DNA because of the strong interaction forces acting on DNA. Moreover, large contact area between the AFM probe and DNA hindered us from imaging sub-molecular-scale features smaller than helical periodicity of DNA. Here, we show the direct observation of native plasmid DNA in water using an ultra-low-noise AFM with the highly sensitive force detection method (frequency modulation AFM: FM-AFM). Our micrographs of DNA vividly exhibited not only overall structure of the B-form double helix in water but also local structures which deviate from the crystallographic structures of DNA without any damage. Moreover, the interaction force area in the FM-AFM was small enough to clearly discern individual functional groups within DNA. The technique was also applied to explore the synthesized DNA nanostructures toward the current nanobiotechnology. This work will be essential for considering the structure-function relationship of biomolecular systems in vivo and for in situ analysis of DNA-based nanodevices. © 2013 American Chemical Society.

    2013年02月26日, ACS Nano, 7 (2), 1817 - 1822, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Shinichiro Ido, Kenjiro Kimura, Noriaki Oyabu, Kei Kobayashi, Masaru Tsukada, Kazumi Matsushige, Hirofumi Yamada

    The DNA double helix was first elucidated by J.D. Watson and F.H.C. Crick over a half century ago. However, no one could actually "see" the well-known structure ever. Among all real-space observation methods, only atomic force microscopy (AFM) enables us to visualize the biologically active structure of natural DNA in water. However, conventional AFM measurements often caused the structural deformation of DNA because of the strong interaction forces acting on DNA. Moreover, large contact area between the AFM probe and DNA hindered us from imaging sub-molecular-scale features smaller than helical periodicity of DNA. Here, we show the direct observation of native plasmid DNA in water using an ultra-low-noise AFM with the highly sensitive force detection method (frequency modulation AFM: FM-AFM). Our micrographs of DNA vividly exhibited not only overall structure of the B-form double helix in water but also local structures which deviate from the crystallographic structures of DNA without any damage. Moreover, the interaction force area in the FM-AFM was small enough to clearly discern Individual functional groups within DNA. The technique was also applied to explore the synthesized DNA nanostructures toward the current nanobiotechnology. This work will be essential for considering the structure function relationship of biomolecular systems in vivo and for in situ analysis of DNA-based nanodevices.

    AMER CHEMICAL SOC, 2013年02月, ACS NANO, 7 (2), 1817 - 1822, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Specific Hydration on p-Nitroaniline Crystal Studied by Atomic Force Microscopy

    Rina Nishioka, Takumi Hiasa, Kenjiro Kimura, Hiroshi Onishi

    2013年01月, Journal of Physical Chemistry C, 117 (6), 2939 - 2943, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tomoki Sugihara, Itsuho Hayashi, Hiroshi Onishi, Kenjiro Kimura, Atsuo Tamura

    Peptide nanotubes are self-assembled fibrous materials composed of cyclic polypeptides. Recently, various aspects of peptide nanotubes have been studied, in particular the utility of different methods for making peptide nanotubes with diverse designed functions. In order to investigate the relationship between formation, function and stability, it is essential to analyze the precise structure of peptide nanotubes. Atomic-scale surface imaging in liquids was recently achieved using frequency modulation atomic force microscopy with improved force sensing. Here we provide a precise surface structural analysis of peptide nanotubes in water without crystallizing them obtained by imaging the nanotubes at the subnanometer scale in water. In addition, the local hydration structure around the peptide nanotubes was observed at the nanotube/water interface. © 2013 Elsevier B.V. All rights reserved.

    Elsevier B.V., 2013年, Chemical Physics, 419, 74 - 77, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takumi Hiasa, Kenjiro Kimura, Hiroshi Onishi

    The interface of graphite and liquid 1-decanol was studied using frequency modulation atomic force microscopy (FM-AFM). The topography of epitaxially physisorbed decanol on the substrate was traced with submolecular resolution. The tip-surface force was monitored in the liquid as a function of the vertical and lateral tip coordinates to reveal the cross-sectional structure of the interfacial decanol. Four or more liquid layers were identified by vertically modulated force distributions. The first and second liquid layers were laterally heterogeneous, as evidenced by a force distribution that was periodically modulated along lateral coordinates. A possible structuring mechanism is proposed on the basis of energy gain by hydrogen bonding and van der Waals interactions.

    AMER CHEMICAL SOC, 2012年12月, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C, 116 (50), 26475 - 26479, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hydration of hydrophilic thiolate monolayers visualized by atomic force microscopy

    Takumi Hiasa, Kenjiro Kimura, Hiroshi Onishi

    2012年03月, Physical Chemistry Chemical Physics, 14 (23), 8419 - 8424, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takumi Hiasa, Kenjiro Kimura, Hiroshi Onishi

    Self-assembled monolayers of 1-dodecanethiol were prepared on Au(1 1 1) films and immersed in liquid hydrocarbons: n-dodecane, n-hexadecane and 1-phenyloctane. Topographic protrusions of individual CH3 groups of the thiols were identified using a frequency-modulation atomic force microscope operated in the liquids. The pN-order, tip-surface force was determined as a function of the tip-surface distance and lateral coordinate to visualize structured liquids over the monolayers. Oscillatory modulations appeared on one-dimensional force-distance curves corresponding to liquid layers. On the other hand, the force distribution was homogenous along lateral coordinates, since any functional groups that produce specific interactions were absent at the interfaces. The layer-to-layer spacings were insensitive to the alkyl chain length, suggesting that the n-alkanes were oriented with their molecular axis parallel to the surface. A larger distance was observed with phenyloctane, which was ascribed to the large excluded volume of the phenyl group. (C) 2012 Elsevier B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2012年02月20日, COLLOIDS AND SURFACES A-PHYSICOCHEMICAL AND ENGINEERING ASPECTS, 396, 203 - 207, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Minitips in Frequency-Modulation Atomic Force Microscopy at Liquid-Solid Interfaces

    日浅 巧, 木村 建次郎, 大西 洋

    2012年02月07日, Japanese Journal of Applied Physics, 51 (2R), 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Minitips in Frequency-Modulation Atomic Force Microscopy at Liquid–Solid Interfaces

    Takumi Hiasa, Kenjiro Kimura, Hiroshi Onishi

    2012年02月, Japanese Journal of Applied Physics, 51 (2R), 025703(1-4) - 025703(1-4), 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takumi Hiasa, Tomoki Sugihara, Kenjiro Kimura, Hiroshi Onishi

    The subnanometer topography of a partially crystalline polyethylene film was observed in liquid n-dodecane using a frequency-modulation atomic force microscope. Locally ordered structures were found and assigned to a (100) facet of crystalline domains.

    IOP PUBLISHING LTD, 2012年02月, JOURNAL OF PHYSICS-CONDENSED MATTER, 24 (8), 084011 (1-4) - 084011 (1-4), 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takumi Hiasa, Kenjiro Kimura, Hiroshi Onishi

    Self-assembled monolayers of 1-dodecanethiol were prepared on Au(1 1 1) films and immersed in liquid hydrocarbons: n-dodecane, n-hexadecane and 1-phenyloctane. Topographic protrusions of individual CH3 groups of the thiols were identified using a frequency-modulation atomic force microscope operated in the liquids. The pN-order, tip-surface force was determined as a function of the tip-surface distance and lateral coordinate to visualize structured liquids over the monolayers. Oscillatory modulations appeared on one-dimensional force-distance curves corresponding to liquid layers. On the other hand, the force distribution was homogenous along lateral coordinates, since any functional groups that produce specific interactions were absent at the interfaces. The layer-to-layer spacings were insensitive to the alkyl chain length, suggesting that the n-alkanes were oriented with their molecular axis parallel to the surface. A larger distance was observed with phenyloctane, which was ascribed to the large excluded volume of the phenyl group. (C) 2012 Elsevier B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2012年02月, COLLOIDS AND SURFACES A-PHYSICOCHEMICAL AND ENGINEERING ASPECTS, 396, 203 - 207, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yasunari Ando, Tomoki Sugihara, Kenjiro Kimura, Akihiko Tsuda

    An anthracene derivative, having benzamide substituents bearing optically active alkyl chains, in hexane forms one-handedly biased helical supramolecular nanofibres, which show unequal linear dichroism (LD) in right- and left-handed vortex flows. © 2011 The Royal Society of Chemistry.

    2011年11月14日, Chemical Communications, 47 (42), 11748 - 11750, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • T. Hiasa, K. Kimura, H. Onishi, M. Ohta, K. Watanabe, R. Kokawa, N. Oyabu, K. Kobayashi, H. Yamada

    An α-Al2O3(0112) wafer was immersed in an aqueous KCl solution of 1 mol L-1 and observed with a frequency-modulation atomic force microscope. The tip-surface force was precisely determined as a function of the tip-surface distance. The force-distance relationship contained oscillations accompanied with an exponentially decayed, electric double layer force. The force oscillations were ascribed to liquid water layers confined over the Al2O3 surface. © 2010 American Chemical Society.

    2010年12月16日, Journal of Physical Chemistry C, 114 (49), 21423 - 21426, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takumi Hiasa, Kenjiro Kimura, Hiroshi Onishi, Masahiro Ohta, Kazuyuki Watanabe, Ryohei Kokawa, Noriaki Oyabu, Kei Kobayashi, Hirofumi Yamada

    An alpha-Al2O3(01 (1) over bar2) wafer was immersed in an aqueous KCl solution of 1 mol L-1 and observed with a frequency-modulation atomic force microscope. The tip-surface force was precisely determined as a function of the tip-surface distance. The force-distance relationship contained oscillations accompanied with an exponentially decayed, electric double layer force. The force oscillations were ascribed to liquid water layers confined over the Al2O3 surface.

    AMER CHEMICAL SOC, 2010年12月, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C, 114 (49), 21423 - 21426, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Keita Fujio, Kenjiro Kimura, Naoki Koide, Hiroyuki Katayama, Hiroshi Onishi

    Single-crystalline TiO2(110) wafers were modified with black dye (BD) to simulate dye-sensitized, solar cell electrodes. The surface of the modified wafers was observed with a frequency-modulation atomic force microscopy in vacuum. Adsorbed BD was identified in a constant-frequency-shift topography. Mechanical energy that dissipated from the oscillating cantilever to the surface was enhanced in the presence of BD. (C) 2010 The Japan Society of Applied Physics

    JAPAN SOC APPLIED PHYSICS, 2010年08月, JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 49 (8), 08LB06(1-3) - 08LB06(1-3), 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kenjiro Kimura, Shinichiro Ido, Noriaki Oyabu, Kei Kobayashi, Yoshiki Hirata, Takashi Imai, Hirofumi Yamada

    Hydration structures at biomolecular surfaces are essential for understanding the mechanisms of the various biofunctions and stability of biomolecules. Here, we demonstrate the measurement of local hydration structures using an atomic force microscopy system equipped with a low-noise deflection sensor. We applied this method to the analysis of the muscovite mica/water interface and succeeded in visualizing a hydration structure that is site-specific on a crystal. Furthermore, at the biomolecule/buffer solution interface, we found surface hydration layers that are more packed than those at the muscovite mica/water interface. (C) 2010 American Institute of Physics. [doi: 10.1063/1.3408289]

    AMER INST PHYSICS, 2010年05月, JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS, 132 (19), 194705(1-5) - 194705(1-5), 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takumi Hiasa, Kenjiro Kimura, Hiroshi Onishi, Masahiro Ohta, Kazuyuki Watanabe, Ryohei Kokawa, Noriaki Oyabu, Kei Kobayashi, Hirofumi Yamada

    The topography and solvation structure of a solution-TiO2 interface were observed in the dark using highly sensitive, frequency-modulated atomic force microscopy (FM-AFM). The nucleation and growth of an ionic solute, KCI, in this study, were observed in constant frequency-shift topography. The force applied to the tip was determined as a function of tip-surface distance. Modulations were identified on some force curves and were found to be related to the site-specific density of water molecules. (C) 2009 The Japan Society of Applied Physics

    JAPAN SOC APPLIED PHYSICS, 2009年08月, JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 48 (8), 08JB19 - 08JB19, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • K. Kimura, K. Kobayashi, H. Yamada, K. Matsushige

    Topographic imaging or friction force imaging of a polymer lamella in molecular resolution using atomic force microscopy (AFM) is significantly disturbed by the existence of an amorphous layer on top of the crystal. In this paper, we report the first successful molecular imaging of a polymer lamella using force modulation microscopy (FMM), which is capable of imaging crystalline molecules even if the crystal surface is covered with an amorphous layer. Molecular chains of a poly(vinylidenefluoride-trifluoroethylene)(P(VDF -TrFE)) lamella under an amorphous layer were clearly imaged using FMM at room temperature in ambient conditions. The origins and mechanisms of the image contrast in molecular resolution are also discussed.

    IOP PUBLISHING LTD, 2007年08月, NANOTECHNOLOGY, 18 (30), 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • K Kimura, K Kobayashi, H Yamada, T Horiuchi, K Ishida, K Matsushige

    We have succeeded in the orientation control of molecular chains in high-density polyethylene thin films using an atomic force microscope as a modification tool. To modify the molecular orientation, we scanned a cantilever tip in contact with the film surface while the film temperature was kept just below its melting point. This "modification scan" aligned molecular chains parallel to the scan direction, thus well-aligned lamellar crystals were subsequently formed. Since polyethylene is the most simple linear crystalline polymer, the result strongly suggests the applicability of the technique to many other linear polymers, which promisingly expands its potential for device applications.

    INST PURE APPLIED PHYSICS, 2004年11月, JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS PART 2-LETTERS & EXPRESS LETTERS, 43 (11A), L1390 - L1393, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • K Kimura, K Kobayashi, H Yamada, T Horiuchi, K Ishida, K Matsushige

    We successfully controlled the molecular orientation of flat-on lamellar crystals of the ferroelectric copolymer, vinylidenefluoride and trifluoroethylene (P(VDF-TrFE)), on Pt and All surfaces utilizing atomic force microscopy (AFM). The orientation was controlled by scanning a cantilever tip in contact with the film surface whose temperature was kept at just below its melting point (T-m). The molecules were stretched in the scan direction and new edge-oil crystals were subsequently formed, whose lamellar planes were perpendicular to the scan direction. We also attempted to modify an isotactic poly-1-butene (IPB) thin film and a polyaniline emeraldine base (PAN1-EB) thin film utilizing AFM. In the case of IPB film, structures similar to edge-on crystals of P(VDF-TrFE) were obtained when modified with the film temperature kept at just below its T-m. The result strongly suggests that this orientation control technique is also applicable to IPB. On the other hand, in the case of PAN1-EB film, we could obtain many ellipsoidal grains in the scanned area. One possible mechanism is that PAN1-EB molecular chains were stretched parallel to the modification scan to form fibrils or bundles.

    INST PURE APPLIED PHYSICS, 2004年07月, JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS PART 1-REGULAR PAPERS SHORT NOTES & REVIEW PAPERS, 43 (7B), 4575 - 4579, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • K Kimura, K Kobayashi, H Yamada, T Horiuchi, K Ishida, K Matsushige

    We have developed an orientation control technique for polymer molecules utilizing contact-mode atomic force microscopy (AFM). In this technique, the molecular chains were directly modified by scanning an AFM cantilever tip in contact with the film surface at the temperature just below its melting point. We call this process "modification scan". Here, we applied this technique to poly(vinylidenefluoride-trifluoroethylene) (P(VDF-TrFE)) thin films on graphite and glass. We prepared a 75-nm thick copolymer crystalline film on graphite whose lamellar plane was perpendicular to the substrate (edge-on), and also prepared a film of the same thickness on glass whose lamellar plane was parallel to the substrate (flat-on). After applying this technique on both films, molecular chains were stretched and aligned to the modification scan direction, and new edge-on crystals were obtained, whose lamellar planes were well-aligned perpendicular to the modification scan direction. (C) 2004 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 2004年05月, EUROPEAN POLYMER JOURNAL, 40 (5), 933 - 938, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • K Kimura, K Kobayashi, H Yamada, T Horiuchi, K Ishida, K Matsushige

    We have developed an aligning technique for polymer crystals and molecular chains utilizing contact-mode atomic force microscopy (AFM). We have aligned lamellar crystals and molecular chains of poly(vinylidenefluoride-trifluoroethylene) thin films. By scanning the film surface using an AFM cantilever tip at the temperature range of 70-100degreesC, we aligned the crystals to the scan direction. Moreover, we successfully aligned the molecular chains to the scan direction by scanning at a higher temperature (135degreesC). The aligned chains subsequently formed large lamellar crystals, which were still ferroelectric. (C) 2003 American Institute of Physics.

    AMER INST PHYSICS, 2003年06月, APPLIED PHYSICS LETTERS, 82 (23), 4050 - 4052, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

MISC

  • Multi-static Inverse Wave Scattering Theory and Microwave Mammography

    Kenjiro Kimura, Noriaki Kimura

    2020年03月15日, システム制御情報学会, 64 (3), 87 - 91, 英語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 直流がいしピン部の健全性評価手法の検討

    栃岡 慧, 渡辺 朋広, 伊東 和彦, 田中 弘毅, 宮口 浩一, 木村 建次郎, 鈴木章吾, 松田聖樹, 美馬勇輝

    2020年03月, 令和2年電気学会全国大会論文集, 日本語

  • 散乱場逆問題の解析解発見とマイクロ波マンモグラフィの実現

    木村建次郎, 前澤眞之, 稲垣明里, 木村憲明

    2019年07月25日, Medical Science Digest, 45 (8), 52 - 54, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 非破壊リアルタイム蓄電池内電流イメージング技術の開発

    松田聖樹, 鈴木章吾, 田口龍一, 坂倉涼太, 美馬勇輝, 木村憲明, 木村建次郎

    2019年06月, JPCA Show 2019 アカデミックプラザ論文集, AP-17 - AP-17, 日本語

  • 平行金属平板間の非破壊高速電流イメージング

    松田聖樹, 鈴木章吾, 美馬勇輝, 木村憲明, 木村建次郎

    2018年06月, 第32回最先端実装技術・パッケージング展アカデミックプラザ論文集, AP-18 - AP-18, 日本語

  • 蓄電池内部-非破壊高分解能電流密度分布映像化技術

    木村建次郎, 松田聖樹, 鈴木章吾, 美馬勇輝, 木村憲明

    2018年05月01日, 金属, 88 (5), 31 - 40, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • “物体内部を透視する眼”に関する研究

    木村建次郎

    2017年12月20日, くさだより, (28), 20 - 21, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • サブサーフェス磁気イメージングシステムによる物体内磁気微粒子の非破壊映像化と医療応用に関する検討

    稲垣明里, 木村建次郎, 美馬勇輝, 松田聖樹, 鈴木章吾, 鈴木智子, 木村憲明

    2017年06月, 第31回最先端実装技術・パッケージング展アカデミックプラザ論文集, AP-24 - AP-24, 日本語

  • サブサーフェス磁気イメージング法を用いたインダクタの電流経路映像化

    鈴木章吾, 稲垣明里, 美馬勇輝, 木村憲明, 木村建次郎

    2016年09月, 第26回マイクロエレクトロニクスシンポジウム論文集, 367 - 370, 日本語

  • 磁場逆解析に基づくフォーカス処理を用いたサブサーフェス磁気イメージング

    木村建次郎, 稲垣明里, 鈴木章吾, 松田聖樹, 美馬勇輝, 木村憲明

    2016年06月, 第30回最先端実装技術・パッケージング展アカデミックプラザ論文集, AP-05 - AP-05, 日本語

  • サブサーフェス磁気イメージングシステムの開発と半導体チップ内部の電流経路映像化への応用

    美馬勇輝, 木村憲明, 木村建次郎

    2015年11月01日, ケミカルエンジニヤリング, 60 (10), 511 - 511, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • コンクリート中の鉄筋の磁気イメージング

    星島一輝, 中田成幸, 美馬勇輝, 木村建次郎

    2015年08月, 第5回コンクリート構造物の非破壊検査シンポジウム論文集, 5, 337 - 340, 日本語

  • 電流経路可視化技術-蓄電池非破壊検査への応用-

    木村建次郎, 美馬勇輝, 木村憲明

    2015年07月01日, 電気学会誌, 135 (7), 437 - 440, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 高分解能電流経路映像化システムによる蓄電池の非破壊検査

    木村建次郎, 野本和誠, 美馬勇輝, 木村憲明

    2015年06月, 第29回最先端実装技術・パッケージング展 アカデミックプラザ論文集, AP-18 - AP-18, 日本語

  • 高分解能サブサーフェスイメージング法の研究

    木村建次郎

    2014年12月25日, くさだより, 25, 19 - 19

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 物質界面の構造を映像化するサブサーフェスイメージング法の開発

    木村建次郎, 野本和誠, 小畑恵子, 鈴木智子, 美馬勇輝, 大藪範昭, 稲男健, 木村憲明

    2014年06月, 第28回最先端実装技術・パッケージング展 アカデミックプラザ論文集, AP-17, 日本語

  • FM-AFMで観る界面液体構造の化学

    日浅巧, 西岡利奈, 木村建次郎, 大西洋

    2013年07月10日, 表面科学, 34, 352 - 357, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 電流経路の非破壊映像化装置の実用化‐電子部品、プリント基板、電池の不良解析への応用

    美馬勇輝, 大藪範昭, 稲男健, 木村憲明, 木村建次郎

    2013年06月, 第27回最先端実装技術・パッケージング展アカデミックプラザ論文集, AP-34 - AP-34, 日本語

  • Hydration of hydrophilic thiolate monolayers visualized by atomic force microscopy (vol 14, pg 8419, 2012)

    Takumi Hiasa, Kenjiro Kimura, Hiroshi Onishi

    ROYAL SOC CHEMISTRY, 2013年, PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS, 15 (48), 21097 - 21097, 英語

    その他

  • Failure analysis of electric circuit board by high resolution magnetic field microscopy

    Yuki Mima, Kenjiro Kimura, Noriaki Oyabu, Takashi Inao, Noriaki Kimura

    In this paper, we demonstrate various electric current imaging using electromagnetic field reconstruction method, and show its capability of reducing stray magnetic field effect.

    IEEE, 2013年, 2013 IEEE 3RD CPMT SYMPOSIUM JAPAN (ICSJ 2013), 257 - 260, 英語

  • ここまで来た原子間力顕微鏡 イオン液体中で固体物質表面の原子を観察

    木村建次郎

    2012年12月08日, 月刊化学, 68, 63 - 63, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Kenjiro Kimura, Shinichiro Ido, Noriaki Oyabu, Kei Kobayashi, Yoshiki Hirata, Takashi Imai, Hirofumi Yamada

    Hydration structures at biomolecular surfaces are essential for understanding the mechanisms of the various biofunctions and stability of biomolecules. Here, we demonstrate the measurement of local hydration structures using an atomic force microscopy system equipped with a low-noise deflection sensor. We applied this method to the analysis of the muscovite mica/water interface and succeeded in visualizing a hydration structure that is site-specific on a crystal. Furthermore, at the biomolecule/buffer solution interface, we found surface hydration layers that are more packed than those at the muscovite mica/water interface. © 2010 American Institute of Physics.

    2010年05月21日, Journal of Chemical Physics, 132 (19), 194705, 英語

  • Takumi Hiasa, Kenjiro Kimura, Hiroshi Onishi, Masahiro Ohta, Kazuyuki Watanabe, Ryohei Kokawa, Noriaki Oyabu, Kei Kobayashi, Hirofumi Yamada

    The topography and solvation structure of a solution-TiO2 interface were observed in the dark using highly sensitive, frequency-modulated atomic force microscopy (FM-AFM). The nucleation and growth of an ionic solute, KCI, in this study, were observed in constant frequency-shift topography. The force applied to the tip was determined as a function of tip-surface distance. Modulations were identified on some force curves and were found to be related to the site-specific density of water molecules. (C) 2009 The Japan Society of Applied Physics

    JAPAN SOC APPLIED PHYSICS, 2009年08月, JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 48 (8), 3pages, 英語

  • Kenjiro Kimura, Kei Kobayashi, Kazumi Matsushige, Koji Usuda, Hirofumi Yamada

    Scanning capacitance force microscopy (SCFM) is a promising tool for investigation of two-dimensional carrier density distribution on semiconducting devices. Its sensitivity is strongly dependent on the Q factor of the mechanical resonance mode of the cantilever. Therefore, measurement in vacuum is more appropriate for increasing the sensitivity. In this letter, the authors describe noncontact-mode (NC) SCFM which is combined with the frequency modulation detection method and its signal characteristics. The authors derived a quasiquantitative calibration curve which correlates to the amplitude signal in NC-SCFM to the dopant density. Using the calibration curve, the authors obtained a quasiquantitative two-dimensional dopant density distribution map on a cross-sectional transistor device. (c) 2007 American Institute of Physics.

    AMER INST PHYSICS, 2007年02月, APPLIED PHYSICS LETTERS, 90 (8), 083101 - 083101(1-3), 英語

  • Kenjiro Kimura, Kei Kobayashi, Kazumi Matsushige, Hirofumi Yamada

    In order to increase the sensitivity of potential or capacitance measurement in Kelvin probe force microscopy or scanning capacitance force microscopy, the frequency of alternating electric field applied between the tip and the sample is tuned close to the mechanical resonance frequencies of the cantilever. The authors have designed a cantilever with a tailored resonance modes suitable for these measurements. The ratio of the first and the second resonance frequencies is optimized by the finite element method. Furthermore, they modified a commercially available cantilever according to the calculation. The performance of the modified cantilever was demonstrated in the scanning capacitance force microscopy measurement.

    AMER INST PHYSICS, 2007年01月, APPLIED PHYSICS LETTERS, 90 (5), 053113 - 053113(1-3), 英語

  • 臼田 宏治, 木村 建次郎, 小林 圭, 山田 啓文

    2007年, 表面科学, 28 (2), 84 - 90, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Kenjiro Kimura, Kei Kobayashi, Hirofumi Yamada, Kazumi Matsushige, Koji Usuda

    We developed scanning probe microscopy procedures for simultaneous measurements of device characteristics and two-dimensional (2D) carrier distribution on operating cross-sectioned semiconductor devices in order to investigate their operating or failure mechanisms. Usually one cannot operate semiconductor device in a chip once the chip was cleaved and polished to expose its cross-sectioned surface because of lost electrical connections to the device. Here we employed a focused ion beam (FIB) apparatus for etching contact holes and fabricating additional electrical connections to the device by chemical vapor deposition (CVD) method. FIB-CVD is capable of fabricating three-dimensional wirings toward each electrode in a specific device. We prepared a cross-sectioned metal-oxide semiconductor field-effect-transistor sample with external tungsten wirings for device operation and performed scanning capacitance microscopy observations for dynamic 2D carrier distribution mapping on this sample. © 2006 American Vacuum Society.

    2006年05月, Journal of Vacuum Science and Technology B: Microelectronics and Nanometer Structures, 24 (3), 1371 - 1376, 英語

  • Takeshi Fukuma, Kenjiro Kimura, Kei Kobayashi, Hirofumi Yamada, Kazumi Matsushige

    We have developed a frequency-modulation atomic force microscope (FM-AFM) with a wideband cantilever deflection sensor using the heterodyne optical beam deflection method. The method enhances the bandwidth of the deflection measurement up to the maximum frequency for the laser power modulation, which can be as high as gigahertz order. The phase and frequency of the cantilever vibration at 5.24 MHz are detected with a deflection noise density of 100 fm/ root Hz. FM-AFM imaging is performed on a Au(111) surface with a high-frequency cantilever. (c) 2005 American Institute of Physics.

    AMER INST PHYSICS, 2005年12月, REVIEW OF SCIENTIFIC INSTRUMENTS, 76 (12), 126110, 英語

  • Kenjiro Kimura, Kei Kobayashi, Hirofumi Yamada, Koji Usuda, Kazumi Matsushige

    We investigated two-dimensional carrier profiles in metal-oxide-semiconductor field effect transistors (MOSFETs) using scanning capacitance force microscopy (SCFM), which was based on electrostatic force detection. We successfully obtained clear contrasts on source, drain, and channel regions by contact-mode SCFM, which corresponded to their dopant concentrations. Furthermore, the contrast on the channel region was changed by applying dc offset voltage to the gate electrode. We also compared line profile obtained from the SCFM image with a dopant profile measured by secondary ion mass spectroscopy (SIMS). (c) 2005 American Vacuum Society.

    A V S AMER INST PHYSICS, 2005年07月, JOURNAL OF VACUUM SCIENCE & TECHNOLOGY B, 23 (4), 1454 - 1458, 英語

  • TWO-DIMENSIONAL CARRIER PROFILING ON OPERATING SIMOSFET BY SCANNING CAPACITANCE MICROSCOPY

    K. Kimura, K. Kobayashi, H. Yamada, K. Usuda, K. Matsushige

    2005年, Proceedings of the 8th International Workshop on the Fabrication, Characterization and Modeling of Ultra Shallow Junctions in Semiconductors, 127 - 133

  • Takeshi Fukuma, Kenjiro Kimura, Kei Kobayashi, Hirofumi Yamada, Kazumi Matsushige

    We have developed a dynamic force microscope (DFM) with a wideband cantilever deflection sensor using heterodyne optical beam deflection (HOBD) method. The bandwidth of HOBD method is limited only by the maximum frequency for laser power modulation, which can be as high as gigahertz order. This technique allows us to use high cantilever resonance frequencies for improving the sensitivity and time response of DFM. In this letter, basic principle and experimental setup of HOBD method are described. Deflection measurement of a cantilever vibration at about 7 MHz is demonstrated. Using this cantilever, DFM imaging with a relatively fast scanning speed is performed. (C) 2004 American Institute of Physics.

    AMER INST PHYSICS, 2004年12月, Applied Physics Letter, 85 (25), 6287 - 6289, 英語, 20041215 Applied Physics Letter, 85巻, 25号, pp.6287-6289.pdf, パスワードが無い

  • K Kimura, K Kobayashi, H Yamada, K Matsushige

    We developed scanning capacitance force microscopy (SCFM) capable of mapping local differential capacitance (00011), based on atomic force microscopy (AFM), by detecting an electrostatic force (ESF) between a tip and a sample. While an electric field alternating at an angular frequency (omega) is applied between the tip and the sample, an induced ESF oscillating at its third harmonic frequency (3omega), which contain information on partial derivativeC/partial derivativeV is detected using a lock-in amplifier (LIA). In this paper, we showed some dynamic-mode SCFM results obtained on a Si test sample. Clear dopant contrasts were obtained by dynamic-mode SCFM operated in air. An apparent position of the p-n junction was moved when an applied d.c. bias voltage was changed. A dynamic-mode SCFM image obtained in a vacuum condition utilizing frequency modulation (FM) detection method also showed clear dopant contrast. (C) 2003 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

    ELSEVIER SCIENCE BV, 2003年03月, APPLIED SURFACE SCIENCE, 210 (1-2), 93 - 98, 英語

書籍等出版物

  • リチウムイオン電池の分析、解析と評価技術事例集

    技術情報協会, 木村建次郎, 木村憲明, 美馬勇輝, 鈴木章吾, 松田聖樹, 薮本海

    分担執筆, 第5章 第2節 蓄電池内部-非破壊電流密度分布映像化技術-逆問題の解析解発見と超高感度磁気計測-, 技術情報協会, 2019年11月29日, pp.353-361, 日本語, ISBN: 9784861047701

    学術書

  • ポストリチウムに向けた革新的二次電池の材料開発

    境, 哲男, 木村建次郎, 鈴木章吾, 松田聖樹, 美馬勇輝, 木村憲明

    分担執筆, 高分解能電流経路映像化システムの開発-磁場計測に基づく蓄電池内電流の非破壊可視化のための基礎理論-, エヌ・ティー・エス, 2018年02月08日, pp.129-141, 日本語, ISBN: 9784860435233

    学術書

  • 巨大構造物ヘルスモニタリング : 劣化のメカニズムから監視技術とその実際まで

    藤野, 陽三, 木村建次郎, 美馬勇輝, 木村憲明, 弓井孝佳, 森康成, 星島一輝, 中田成幸, 土井恭二

    分担執筆, 非破壊モニタリングのための3次元データ解析技術および装置技術, エヌ・ティー・エス, 2015年03月, pp.129-141, 日本語, ISBN: 9784860434250

    学術書

講演・口頭発表等

  • 世界初のマイクロ波マンモグラフィ ~乳がん検診は新時代へ~

    木村建次郎

    東京都医工連携HUB機構 令和元年度 第11回クラスター研究会(Web開催), 2020年03月24日, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 超高エネルギー密度蓄電池の電流密度分布診断技術の開発

    木村建次郎, 松田聖樹, 鈴木章吾, 薮本海, 美馬勇輝, 木村憲明

    日本化学会第100春季年会, 2020年03月24日, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 多重経路散乱場理論の開発とマイクロ波マンモグラフィへの応用

    木村建次郎, 木村憲明, 稲垣明里, 美馬勇輝, 前澤眞之

    第67回応用物理学会春季学術講演会, 2020年03月24日, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 非破壊検査に革新をもたらす画像再構成理論と計測技術

    木村建次郎

    日本学術振興会 先進セラミックス第124委員会 第160回会議研究会【コロナウイルスの影響により延期】, 2020年03月12日, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 産学連携による世界初のマイクロ波マンモグラフィの実現 ~数学における未解決問題の解決・特許取得から、医療機器開発へ~

    木村建次郎

    ヘルスケア・医療機器 開発展 併催セミナー, 2020年02月28日, インテックス大阪, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 散乱逆問題の解析解発見とマイクロ波マンモグラフィの実現

    木村建次郎

    第6回全国医療機器開発会議 第二部, 2020年02月04日, 新霞ヶ関ビル, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 医療ベンチャー創業におけるアカデミアの役割

    木村建次郎

    2020年度大学発ベンチャー創出シンポジウム, 2020年01月27日, 東京ミッドタウン日比谷BASEQ, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 次世代乳がんスクリーニングのための世界初のマイクロ波マンモグラフィの実現

    木村建次郎

    第13回 日本電磁波エネルギー応用学会 研究会, 2020年01月23日, 京都アカデミアフォーラムin丸の内 大会議室CD, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 波動散乱の逆問題の解決とマイクロ波マンモグラフィの実現

    木村建次郎, 稲垣明里, 前澤眞之, 國久智成, 谷野裕一, 結縁幸子, 松本元, 山神和彦, 小西豊, 岡本交二, 美馬勇輝, 土井恭二, 木村憲明, 廣利浩一, 高尾信太郎

    第17回日本乳癌学会近畿地方会, 2019年12月07日, 三宮研修センター, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 非破壊検査に確信をもたらす画像再構成理論と計測技術

    木村建次郎

    堺ロータリークラブ講演会, 2019年12月05日, ホテル・アゴーラリージェンシー大阪堺, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 世界初の乳がん早期発見技術の実現

    木村建次郎

    神戸医療産業都市一般公開講演会 医療の最前線、神戸で働く~神戸医療産業都市で働く人々~, 2019年11月09日, 神戸臨床研究情報センター, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 現行乳がん検診技術の課題と世界初マイクロ波マンモグラフィの実現

    木村建次郎

    2019-2020国際ロータリー第2640地区 地区大会, 2019年10月26日, ホテル・アゴーラ リージェンシー大阪堺, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 世界初マイクロ波マンモグラフィの開発と臨床研究、今後の医療技術進歩の可能性

    木村建次郎

    兵庫県保険医協会神戸支部第40回総会記念講演, 2019年10月19日, 兵庫県保険医協会, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • レベル5-完全自動運転車実現のための高分解能磁気映像化技術の開発

    木村建次郎

    令和元年度兵庫県最先端技術研究事業(COEプログラム)認定式, 2019年09月05日, 神戸国際展示場 2号館, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • リアルタイム電流密度分布映像化システムとLIB電池-次世代故障解析・品質管理技術

    木村建次郎

    イノベーションジャパン2019, 2019年08月30日, 東京ビッグサイト青海展示棟ホールB, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 非破壊検査に革新をもたらす画像再構成理論と計測技術

    木村建次郎

    医療現場革新プログラム, 2019年08月07日, 神戸, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 非破壊検査に革新をもたらす画像再構成理論と計測技術

    木村建次郎

    新技術説明会, 2019年08月01日, JST東京本部別館1Fホール, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 非破壊検査に革新をもたらす画像再構成理論と計測技術

    木村建次郎

    新電気利用技術研究会, 2019年07月30日, 日本鉄道電気技術協会, NDKロータスビル, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • マイクロ波マンモグラフィの乳癌患者, 健常者への適用

    木村建次郎, 稲垣明里, 結縁幸子, 松本元, 山神和彦, 小西豊, 鶴原知子, 山元奈穂, 渡邊奈津子, 岡本交二, 土井恭二, 美馬勇輝, 木村憲明

    第27回日本乳癌学会学術総会, 2019年07月12日, 京王プラザホテル, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Development of Microwave Scattering Field Tomography for Next-generation Breast Cancer Screening-次世代乳癌スクリーニングのためのマイクロ波散乱場断層イメージングシステムの開発と臨床研究-

    木村建次郎, 稲垣明里, 國久智成, 谷野裕一, 橋本知久, 佐久間淑子, 三木万由子, 廣利浩一, 高尾信太郎, 結縁幸子, 松本元, 山神和彦, 山元奈穂, 渡邊奈津子, 鶴原知子, 小西豊, 岡本交二, 美馬勇輝, 土井恭二, 木村憲明

    第75回日本放射線技術学会総会学術大会, 2019年04月12日, パシフィコ横浜, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • マイクロ波マンモグラフィの実現- 次世代乳癌検診の世界標準に向けて-

    木村 建次郎, 稲垣明里, 國久智成, 谷野裕一, 橋本知久, 佐久間淑子, 三木万由子, 廣利浩一, 高尾信太郎, 結縁幸子, 松本元, 山神和彦, 山元奈穂, 渡邊奈津子, 鶴原知子, 小西豊, 岡本交二, 美馬勇輝, 土井恭二, 木村憲明

    第28回 日本乳癌画像研究会, 2019年02月10日, 仙台国際センター, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 次世代乳がん検診に向けた世界初のマイクロ波マンモグラフィの開発と臨床研究 -高濃度乳房にも有効な痛みのない、被曝のない、造影剤を用いない高感度乳がん画像診断技術の実現-

    木村 建次郎

    神戸医療産業都市20周年記念 市民講演会, 2019年01月27日, 神戸国際会議場, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 蓄電池内の電流密度分布を非破壊映像化する理論と計測技術

    木村 建次郎

    電気化学セミナー 最先端電池技術-2019, 2019年01月23日, 千葉工業大学津田沼校舎, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 電池評価の非破壊・可視化

    木村建次郎

    日本学術振興会 薄膜第131委員会 第286回委員会・第292回研究会, 2018年12月18日, 奈良, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 次世代乳がん検診に向けた世界初のマイクロ波マンモグラフィの開発と臨床研究-現行のX線マンモグラフィは65才未満のアジア人の半数以上が適用困難-

    木村建次郎

    神戸大学 数理・データサイエンスセンター 1周年記念シンポジウム データサイエンスが創る未来, 2018年12月01日, 神戸大学 出光佐三記念六甲台講堂, 日本国, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 超精密磁気計測に基づく蓄電池内電流密度分布/電位分布の非破壊可視化に関する研究

    木村建次郎, 美馬勇輝, 田口龍一, 鈴木章吾, 松田聖樹, 木村憲明

    第59回電池討論会, 2018年11月28日, 大阪府立国際会議場(グランキューブ大阪), 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 次世代乳がんスクリーニングに向けたマイクロ波散乱場断層イメージングシステムの開発と臨床研究

    木村建次郎, 稲垣明里, 谷野裕一, 木村憲明, 土井恭二, 美馬勇輝, 山神和彦, 松本元, 三木万由子, 高尾信太郎, 廣利浩一, 佐久間淑子, 渡邊奈津子, 小西豊, 岡本交二

    第28回日本乳癌検診学会学術総会, 2018年11月23日, 大阪国際会議場(グランキューブ大阪), 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 次世代乳がんスクリーニングに向けたマイクロ波散乱場断層イメージングシステムの開発と臨床研究

    KIMURA KENJIROU, Akari Inagaki, Yuki Mima, Kyoji Doi, Noriaki Kimura, Nao Yamamoto, Tomoko Tsuruhara, Natsuko Watanabe, Yutaka Konishi, Koji Okamoto, Yuen Sachiko, Hajime Matsumoto, Kazuhiko Yamagami

    第31回マイクロプロセス・ナノテクノロジー国際会議, 2018年11月16日, 札幌パークホテル, 日本国, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 次世代蓄電池の故障解析, 高度品質管理を担う非破壊電流密度分布映像化システムの開発と実用化

    木村建次郎

    第5回関西二次電池展, 2018年09月27日, インテックス大阪, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Development of Microwave Scattered Field Tomographic Imaging System and Clinical Trial Results

    Kenjiro Kimura, Akari Inagaki, Seishi Kono, Hirokazu Tanino, Tomohisa Hashimoto, Toshiko Sakuma, Mayuko Miki, Shintaro Takao, Natsuko Watanabe, Yutaka Konishi, Koji Okamoto, Hajime Matsumoto, Kazuhiko Yamagami, Yuki Mima, Kyoji Doi, Noriaki Kimura

    第26回日本乳癌学会学術総会(International Symposium 4 ISY-2-04-2), 2018年05月17日, 国立京都国際会館, 日本国, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • マイクロ波散乱場断層イメージングシステムの開発

    木村 建次郎

    第40回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会, 2018年03月24日, 京王プラザホテル, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 次世代サブサーフェスイメージングシステムの研究開発 -みえないものをみるための理論と技術-

    木村 建次郎

    神戸大学×三菱重工 データサイエンスセミナー, 2018年03月16日, 三菱重工業株式会社神戸造船所, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 次世代乳癌スクリーニングのためのマイクロ波散乱場断層イメージングシステムの開発

    木村 建次郎

    医療機器等ビジネスセミナー~乳癌における診断から再建まで~【神戸医療産業都市クラスター 交流会】, 2018年01月23日, 神戸臨床研究情報センター, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • サブサーフェス磁気イメージングシステムによる蓄電池内-電流密度分布不均一性評価

    木村建次郎, 松田聖樹, 鈴木章吾, 美馬勇輝, 木村憲明

    第58回電池討論会, 2017年11月15日, 福岡国際会議場, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • “物体内部を透視する眼”に関する研究

    木村建次郎

    京都大学 大学院講義「原子分子工学持論」における特別講義, 2017年11月08日, 京都大学, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 高分解能非破壊検査のための画像再構成理論と磁気映像化システムの開発

    木村 建次郎, 鈴木章吾, 松田聖樹, 稲垣明里, 美馬勇輝, 木村憲明

    第5回岩崎コンファレンス 社会基盤の向上につながる磁気センサとその活用, 2017年11月, 中央大学駿河台記念会, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • サブサーフェス磁気イメージングシステムの実用化

    木村建次郎

    イノベーションリーダーサミット, 2017年10月25日, 虎ノ門ヒルズ, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 次世代乳癌スクリーニングのためのマイクロ波散乱場断層イメージングシステムの開発

    木村 建次郎

    第27回京都乳癌コンセンサス会議, 2017年09月16日, ウエスティン都ホテル京都, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • マイクロ波散乱場断層イメージングシステムの開発と高濃度乳房における乳癌映像化への応用

    木村建次郎, 稲垣明里, 河野誠之, 木村憲明, 三木万由子, 広利浩一, 橋本知久, 佐久間淑子, 高尾信太郎

    第25回日本乳癌学会学術総会, 2017年07月15日, マリンメッセ福岡・福岡国際会議場, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 乳癌スクリーニングのためのマイクロ波散乱場断層イメージングシステムの開発

    木村建次郎, 稲垣明里, 山下祐司, 河野誠之, 三木万由子, 広利浩一, 橋本知久, 佐久間淑子, 高尾信太郎, 土井恭二, 木村憲明

    第64回応用物理学会春季学術講演会, 2017年03月17日, パシフィコ横浜, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非破壊画像診断システムの最近の動向と鉄道応用の可能性

    木村 建次郎

    平成29年 電気学会全国大会, 2017年03月15日, 富山大学, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • マイクロ波散乱場断層イメージングシステムの開発

    木村 建次郎

    「国産医療機器創出促進基盤等整備事業 平成28年度 神戸医療機器創出イノベーションフォーラム」, 2017年03月03日, ホテルクラウンパレス神戸, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 高分解能電流経路映像化システムの開発と蓄電池非破壊検査への応用-電池内部の電流経路を診る-

    木村建次郎, 美馬勇輝, 木村憲明

    nanotech2017, 2017年02月16日, 東京ビッグサイト, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 次世代乳癌スクリーニングのためのマイクロ波散乱場断層イメージングシステムの開発

    木村建次郎

    医療法人社団 伍仁会 神戸アーバン乳腺クリニック開院10周年・岡本乳腺クリニック新規開院祝賀会, 2017年01月28日, ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 蓄電池内の3次元電流映像化に関する研究

    木村建次郎, 松田聖樹, 鈴木章吾, 稲垣明里, 美馬勇輝, 木村憲明

    第57回電池討論会, 2016年11月30日, 幕張メッセ, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 場の逆解析に基づくサブサーフェスイメージング法の開発と生体、リチウムイオン蓄電池の非破壊検査への応用

    木村建次郎

    CEATEC JAPAN 2016 ベンチャー&ユニバーシティエリア,ミニステージB20, 2016年10月07日, 幕張メッセ, 日本国, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • リアルタイムマイクロ波マンモグラフィの研究開発

    木村建次郎, 木村憲明

    総務省ICTイノベーションフォーラム2016, 2016年10月04日, 幕張メッセ, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 高分解能電流経路映像化システムの開発と蓄電池非破壊検査への応用-電池内部の電流経路を見る-

    木村 建次郎

    新型電池オープンラボ第19回講演会, 2016年09月28日, 神奈川大学横浜キャンパス, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • サブサーフェスイメージング法の開発と乳癌、リチウムイオン蓄電池検査への応用

    木村建次郎

    イノベーション・ジャパン2016, 2016年08月26日, 東京ビッグサイト, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • マイクロ波散乱場断層イメージングシステムの開発- 撮像速度の向上に関する検討 -

    木村建次郎, 田村沙綾, 木村憲明, 山下祐司, 河野誠之, 田中優子, 三木万由子, 広利浩一, 橋本知久, 佐久間淑子, 高尾信太郎

    第24回日本乳癌学会学術総会, 2016年06月17日, 東京ビッグサイト, 日本国, 国内会議

    ポスター発表

  • ナノシステムの大規模集積化に向けた高速電子線露光法の開発

    木村建次郎

    第7回さきがけ研究者交流会, 2016年02月27日, JST東京本部 別館, 日本国, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 高分解能電流経路映像化システムの捲回型蓄電池への応用

    美馬勇輝, 野本 和誠, 木村 憲明, 木村 建次郎

    第56回電池討論会, 2015年11月13日, 愛知県産業労働センター ウインクあいち, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 微弱電波を用いた非侵襲乳癌画像診断法の開発 ―高感度乳癌検出を目指して―

    木村建次郎, 木村憲明, 広利浩一, 橋本知久, 佐久間淑子, 三木万由子, 高尾信太郎

    第25回日本乳癌検診学会学術総会, 2015年10月30日, つくば国際会議場, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 最先端画像計測装置の開発と実用化 -安全,安心な社会を目指して-

    木村建次郎

    戦略目標「プロセスインテグレーションによる次世代ナノシステムの創製」 3研究領域第3回合同公開シンポジウム, 2015年08月27日, 東京, 日本国, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • サブサーフェスイメージング法の開発と生体、蓄電池,インフラ画像検査への応用

    木村建次郎

    イノベーション・ジャパン2015, 2015年08月27日, 東京ビッグサイト, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 木村研究室の活動, 期待する研究成果のアウトリーチ支援

    木村建次郎

    第5回関西地域大学研究支援スタッフミーティング, 2015年08月02日, 神戸大学, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 高分解能電流経路映像化システムによる蓄電池の非破壊検査

    木村建次郎, 野本和誠, 美馬勇輝, 木村憲明

    2015マイクロエレクトロニクスショー(第29回最先端実装技術・パッケージング展)アカデミックプラザ, 2015年06月04日, 東京ビッグサイト, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高分解能電流経路映像化システムの開発と電子部品,蓄電池非破壊検査への応用

    木村建次郎

    先端計測分析技術・機器開発プログラム新技術説明会, 2015年03月23日, JST東京本部別館ホール, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • リアルタイムマイクロ波マンモグラフィの開発

    木村建次郎, 向殿麦, 木村憲明, 三木万由子, 高尾信太郎

    第62回応用物理学会春季学術講演会, 2015年03月14日, 東海大学 湘南キャンパス, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 磁気映像化による非破壊画像検査 - 電子部品,リチウム蓄電池内部の故障個所を特定 -

    木村建次郎

    グリーンイノベーション新技術説明会, 2015年01月16日, JST東京本部別館ホール, 日本国, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 電磁場再構成トンネル磁気抵抗効果顕微鏡の開発と電池内部の電流経路映像化への応用

    木村建次郎, 美馬勇輝, 野本和誠, 大薮範昭, 木村憲明

    第55回電池討論会, 2014年11月19日, 国立京都国際会館, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高分解能サブサーフェスイメージング法の開発

    木村建次郎

    戦略目標「プロセスインテグレーションによる次世代ナノシステムの創製」3研究領域第2回合同公開シンポジウム, 2014年10月01日, 東京, 日本国, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • Nondestructive electric current density imaging inside rechargeable battery cel

    木村 建次郎

    第17回 非接触原子間力顕微鏡国際会議, 2014年08月, 千葉県つくば国際会議場, 日本国, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 「プローブ顕微鏡と有機エレクトロニクス ~関西若手研究者からの情報発信~」“電池内部の電流経路を映像化する非破壊検査システムの開発

    木村 建次郎

    応用物理学 会関西支部 平成26年度第1回講演会, 2014年06月26日, 京都大学, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 電磁場再構成磁気イメージング装置の開発と電池内部非破壊検査への応用

    木村 建次郎

    2014年04月09日

    [招待有り]

  • 電流経路を映像化する磁気イメージング技術★徹底解説 ~Liイオン電池や電子部品の故障解析における革新的技術を詳解~

    木村 建次郎

    Electronic Journal 第2077回 Technical Seminar, 2014年04月02日, 東京, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 電磁場再構成磁気イメージング装置の開発と電池内部非破壊検査への応用

    木村建次郎

    電気化学会 第81回大会, 2014年03月30日, 関西大学, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 電流経路映像化装置の開発と電池内部の非破壊画像診断への応用

    木村建次郎

    FC EXPO2014アカデミックフォーラム, 2014年02月28日, 東京ビッグサイト, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高分解能サブサーフェスイメージング法の開発

    木村 建次郎

    第6回京都SMI産学公連携セミナー, 2014年02月25日, 京都大学京大オフィス, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 高分解能磁気イメージング装置 -電子部品、電池内部の電気の流れを映像化非破壊故障解析-

    木村建次郎

    Ceatec Japan 2013 出展者セミナー, 2013年10月04日, 幕張メッセ, 日本国, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 周波数検出方式原子間力顕微鏡による固液界面の構造解析

    木村 建次郎

    日本分析化学会第62年会 溶液界面研究懇談会, 2013年09月10日, 近畿大学, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 研究シーズ・ベンチャー立ち上げ

    木村 建次郎

    神戸医療産業都市 クラスター交流会, 2013年02月, 神戸, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 電流経路を映像化する磁気イメージング技術★徹底解説 ~Liイオン電池の検査や電子部品の故障解析における革新的技術を詳解~

    木村 建次郎

    Electronic Journal 第1564回Technical Seminar, 2013年01月, 東京, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • トンネル磁気抵抗効果顕微鏡と電磁場再構成法の開発

    木村 建次郎

    ナノプローブテクノロジー第167委員会 第69回研究会, 2013年01月, 東京, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • ナノシステムの大規模集積化に向けた高速電子線露光法の開発

    木村 建次郎

    さきがけ「ナノシステムと機能創発」第2期生研究成果報告会, 2012年12月, 東京, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Development of magnetic field microscopy for interconnection testing inside passivation layer

    K. Kimura, Y. Mima, N. Oyabu, N. Kimura, T. Inao

    SSDM2012国際会議, 2012年09月, 京都, 日本国, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 物質界面における構造と電荷移動を可視化する走査型プローブ顕微鏡法の開発

    木村建次郎

    第50回日本生物物理学会年会, 2012年09月, 名古屋, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • トンネル磁気抵抗効果素子を用いた高分解能コンクリート内部鉄筋検査技術に関する研究

    木村建次郎, 美馬勇輝, 大藪範昭, 稲男健, 木村憲明

    日本非破壊検査協会平成24年度春季講演大会, 2012年04月22日, 東京, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 磁気イメージング装置の高性能化と電子産業会への普及

    木村建次郎

    イノベーション推進事業成果報告会, 2012年03月22日, 神戸, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 電磁場再構成機能を備えた磁気イメージング装置の開発と電子部品故障解析への応用

    木村建次郎, 美馬勇輝, 木村憲明, 大藪範昭, 稲男健

    高温エレクトロニクス研究会, 2012年03月21日, 神奈川, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 物質内部を診る顕微鏡法の開発

    木村建次郎

    科研費特定領域研究「高次系分子科学」第6回合同班会議, 2011年12月10日, 沖縄, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 次世代磁気イメージング法の開発と電子部品の非破壊検査への応用

    木村建次郎

    semicon japan 次世代技術パビリオン出展者プレゼンテーション, 2011年12月09日, 幕張メッセ, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 次世代磁気イメージング法の開発

    木村建次郎

    村田製作所における講演, 2011年11月, 滋賀

  • 電子部品・プリント基板の非破壊検査装置

    木村建次郎

    イノベーションジャパン2011大学見本市, 2011年09月, 東京, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Maskless Electron Beam Stepper

    K.Kimura

    国際ナノテクノロジー総合展, 2011年02月, 東京, 日本国, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 次世代半導体デバイス検査技術、製造技術に関する研究

    木村建次郎

    村田製作所における講演, 2010年10月, 滋賀

  • Liquid Structure on Solid Surface Investigated by Atomic Force Microscopy

    K. Kimura, T.Hiasa, H.Onishi, M.Ohta, K.Watanabe, R.Kokawa, S.Ido, N.Oyabu, K.Kobayahi, T.Imai, H.Yamada

    日印二国間交流事業セミナー, 2010年09月, 神戸, 日本国, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 電磁場逆解析法の開発と磁場顕微鏡への応用

    木村建次郎, 宮下愛子, 木村憲明

    第71回応用物理学関係連合講演会, 2010年09月, 長崎大学, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 見えないものを診る:顕微鏡の原理

    木村建次郎

    高大連携特別講義, 2010年08月, 神戸大学, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • AFMで探る金属酸化物界面の溶液構造

    木村建次郎, 日浅巧, 井戸慎一郎, 大藪範昭, 小林圭, 今井隆志, 山田啓文, 大西洋

    日本化学会第90春季年会特別企画「固液界面の溶液構造」, 2010年03月, 近畿大学, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Hydration Structures Studied by Frequency Modulation Atomic Force Microscopy and 3D Referential Interaction Site Model Theory

    K. Kimura, T.Hiasa, H.Onishi, T.Imai, S.Ido, N.Oyabu, K.Kobayashi, H.Yamada

    The 7th International Workshop on Oxide Surfaces (IWOX- VII) 2010, 2010年01月, 新潟, 日本国, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 液中ダイナミックモード原子間力顕微鏡による局所溶媒和の構造解析

    木村建次郎, 日浅巧, 井戸慎一郎, 大藪範昭, 小林圭, 今井隆志, 大西洋, 山田啓文

    分子科学討論会2009, 2009年09月, 名古屋大学, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Local Hydration Structures Investigated by Frequency Modulation Atomic Force Microscopy

    K. Kimura, T.Hiasa, H.Onishi, M.Ohta, K.Watanabe, R.Kokawa, S.Ido, N.Oyabu, K.Kobayashi, T.Imai, H.Yamada

    二国間交流事業セミナー Reent Progress in Spectroscopy and Theory in Chemistry, 2009年03月, Boston, インド, 国際会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 埋もれた物質界面における構造解析のための新規走査型プローブ顕微鏡法の開拓

    木村建次郎

    阿南工業高等専門学校第7回寄附講座セミナー, 2009年02月, 徳島, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • FM-AFM Study of Buried Metal Oxide Interfaces

    K. Kimura, S.Kataoka, T.Hiasa, A.Sasahara, H.Onishi, N.Oyabu, M.Ohta, K.Watanabe, R.Kokawa, K.Kobayashi, H.Yamada

    The Sixth International Workshop on Oxide Surface (IWOX- VI), 2009年01月, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Scanning Probe Tomography Developed for Visualising Buried Magnetic Structures

    K. Kimura, T.Hiasa, H.Onishi

    2008 MRS Fall Meeting, 2008年12月, Boston, アメリカ合衆国, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Development of Scanning Probe Tomography and its Application for Visualizing Internal Nanomagnetic Structures

    K. Kimura, T.Hiasa, H.Onishi

    2008 MRS Fall Meeting, 2008年12月, Boston, アメリカ合衆国, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Molecule-Scale Hydration Structures Investigated by Frequency modulation atomic force microscopy

    K. Kimura, S.Ido, N.Oyabu, K.Kobayashi, T.Imai, H.Yamada

    2008 MRS Fall Meeting, 2008年12月, Boston, アメリカ合衆国, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Molecule-Scale Hydration Structures Investigated by Frequency Modulation Atomic Force Microscopy

    K. Kimura, S.Ido, N.Oyabu, K.Kobayashi, T.Imai, H.Yamada

    11th International Conference on Non-Contact Atomic Force Microscopy (NCAFM2008), 2008年09月, Madrid, スペイン, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 液中ダイナミックモード原子間力顕微鏡による局所溶媒和の構造解析

    木村建次郎, 井戸慎一郎, 大藪範昭, 小林圭, 今井隆志, 大西洋, 山田啓文

    第69回応用物理学会学関係連合講演会, 2008年09月, 中部大学, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ダイナミックモード原子間力顕微鏡による生体高分子および周辺溶媒和の構造解析

    木村建次郎, 井戸慎一郎, 大藪範昭, 小林圭, 今井隆志, 松重和美, 大西洋, 山田啓文

    神戸大学理学研究科生物学専攻学術講演会, 2008年07月, 神戸大学, 日本国, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 液中ダイナミックモード原子間力顕微鏡による局所溶媒和構造の観察

    木村健次郎, 井戸慎一郎, 大藪範昭, 小林圭, 今井隆志, 松重和美, 山田啓文, 大西洋

    特定領域「高次分子科学」第3回合同班会議, 2008年05月, 新潟, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 液中ダイナミックモード原子間力顕微鏡による局所溶媒和構造計測

    木村建次郎, 井戸慎一郎, 大藪範昭, 小林圭, 今井隆志, 田上勝規, 塚田捷, 松重和美, 山田啓文

    春季第55回応用物理学会関係連合講演会, 2008年03月, 日本大学, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 液中ダイナミックモード原子間力顕微鏡による局所溶媒和構造の観察

    木村建次郎, 井戸慎一郎, 大藪範昭, 小林圭, 今井隆志, 松重和美, 山田啓文

    ソフトナノテクノロジー研究部会 第3回研究会, 2008年01月, 東京工業大学, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Local Solvation Force Measurements by Frequenscy Modulation Atomic Force Microscopy

    K. Kimura, T. Horiuchi, N.Oyabu, K. Kobayashi, Y.Hirata, M.Abe, K. Matsushige, S. Morita, H.Yamada

    The 10th International NC-AFM Conference, 2007年09月, Antalya, トルコ共和国, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 液中ダイナミックモード原子間力顕微鏡による局所水和構造計測

    木村建次郎, 堀内喬, 大藪範昭, 小林圭, 平和芳樹, 松重和美, 山田啓文

    秋期第68回応用物理学関係連合講演会(プローブ顕微鏡6.6), 2007年09月, 北海道工業大学, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 液中ダイナミックモード原子間力顕微鏡による局所水和構造計測

    木村建次郎, 堀内喬, 大藪範昭, 小林圭, 平和芳樹, 松重和美, 山田啓文

    秋期第68回応用物理学関係連合講演会(特定テーマB:生体分子計測・バイオテクノロジー10.1), 2007年09月, 北海道工業大学, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 液中ダイナミックモード原子間力顕微鏡による溶媒和力計測

    木村建次郎, 堀内喬, 大藪範昭, 小林圭, 平和芳樹, 山田啓文, 松重和美

    日本顕微鏡学会63回学術講演会, 2007年05月, 朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 液中ダイナミックモード原子間力顕微鏡による溶媒和力計測

    木村建次郎, 堀内喬, 小林圭, 平和芳樹, 山田啓文, 松重和美

    春季第53回応用物理学関係連合講演会, 2007年03月, 青山学院大学, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Hydration Force Measurements by Frequency Modulation Dynamic Force Microscopy

    K. Kimura, T. Horiuchi, K. Kobayashi, K. Matsushige, H.Yamad, h International Colloquium on Scanning, Probe Microscopy

    14th International Colloquium on Scanning Probe Microscopy, 2006年12月, Atagawa Heights, 日本国, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 液中ダイナミックモード原子間力顕微鏡による溶媒和力計測

    木村建次郎, 堀内喬, 小林圭, 平和芳樹, 山田啓文, 松重和美

    秋期第67回応用物理学関係連合講演会, 2006年09月, 立命館大学, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 2D carrier profiling on operating Si-MOSFET by SCFM and SCM

    K. Kimura, K. Kobayashi, H. Yamada, K. Usuda, K. Matsushige

    9th International Conference on Non-Contact Atomic Force Microscopy, 2006年07月, 神戸, 日本国, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Designing Resonance Modes of AFM Cantilevers and its Application for Probing of Electric Properties and Operation with Ultrasmall Oscillation Amplitude

    K. Kimura, K. Kobayashi, H. Yamada, K. Matsushige

    2005 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, 2005年10月, Belgium, ベルギー王国, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 走査型プローブ顕微鏡による有機ELデバイス界面における2次元キャリア密度分布計測

    木村建次郎, 小林圭, 山田啓文, 寺尾佑生, 松重和美

    秋期第66回応用物理学関係連合講演会, 2005年09月, 徳島大学, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 走査型容量原子間力顕微鏡による動作中Si-MOSFETの2次元キャリア密度分布計測

    木村建次郎, 小林圭, 山田啓文, 臼田宏治, 松重和美

    秋期第66回応用物理学関係連合講演会, 2005年09月, 徳島大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Two-dimensional Carrier Profiling on Operating Si-MOSFET by Scanning Capacitance Force Microscopy and SCM

    K. Kimura, K. Kobayashi, H. Yamada, K. Usuda, K. Matsushige

    13th International Colloquium on Scanning Probe Microscopy (ICSPM13), 2005年07月, 札幌, 日本国, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Designing Resonance Modes of AFM Cantilevers for the Versatile Applications to High-Sensitive Force Detectors

    K. Kimura, K. Kobayashi, H. Yamada, K. Matsushige

    13th International Colloquium on Scanning Probe Microscopy (ICSPM13), 2005年07月, 札幌, 日本国, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Two-dimensional Carrier Profiling on Operating Si-MOSFET by Scanning Capacitance Force Microscopy

    K. Kimura, K. Kobayashi, H. Yamada, K. Usuda, K. Matsushige

    The 8th International Workshop on the Fabrication, Characterization and Modeling of Ultra Shallow Junctions in Semiconductors, 2005年06月, Florida, アメリカ合衆国, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 走査型容量原子間力家顕微鏡及び走査型容量顕微鏡による動作中Si-MOSFETの2次元キャリア密度分布計測

    木村建次郎, 小林圭, 山田啓文, 臼田宏治, 松重和美

    春季第52回応用物理学関係連合講演会, 2005年03月, 埼玉大学, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Two-dimensional Carrier Profiling on Operating Si-MOSFET by Scanning Capacitance Force Microscopy

    K. Kimura, K. Kobayashi, H. Yamada, K. Usuda, K. Matsushige

    2004 MRS Fall Meeting, 2004年12月, Boston, アメリカ合衆国, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Designing Resonance Modes of AFM Cantilevers and its Application for Probing of Electric Properties and Operation with Ultrasmall Oscillation Amplitude

    K. Kimura, K. Kobayashi, H. Yamada, K. Matsushige

    2004 MRS Fall Meeting, 2004年12月, Boston, アメリカ合衆国, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 走査型容量原子間力顕微鏡によるSi-MOSFETの2次元不純物分布評価

    木村建次郎, 小林圭, 山田啓文, 臼田宏治, 松重和美

    秋期第65回応用物理学関係連合講演会, 2004年09月, 東北学院大学, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 走査型容量原子間力顕微鏡(SCFM)による半導体不純物濃度評価

    木村建次郎, 小林圭, 山田啓文, 松重和美

    春季第51回応用物理学関係連合講演会, 2004年03月, 東京工科大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Scanning Capacitance Force Microscopy imaging of Metal-Oxide-Semiconductor Field Effect Transistors

    K. Kimura, K. Kobayashi, H. Yamada, K. Usuda, K. Matsushige

    7th International Conference on Atomically Controlled Surfaces, Interfaces and Nanostructures, 2003年11月, 奈良, 日本国, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Scanning Capacitance Force Microscopy imaging of Metal –Oxide-Semiconductor Field Effect Transistors

    K. Kimura, K. Kobayashi, H. Yamada, K. Usuda, K. Matsushige

    AVS 50th International Symposium & Exhibition, 2003年11月, Baltimore, アメリカ合衆国, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 特殊共振構造を有するカンチレバーを用いた静電気力検出の高感度化

    木村建次郎, 小林圭, 山田啓文, 松重和美

    秋期第64回応用物理学関係連合講演会, 2003年08月, 福岡大学, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 走査型容量原子間力顕微鏡によるSi-MOSFETの2次元不純物分布評価

    木村建次郎, 小林圭, 山田啓文, 臼田宏治, 松重和美

    秋期第64回応用物理学関係連合講演会, 2003年08月, 福岡大学, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Metal-Oxide-Semiconductor Field Effect Transistors Investigated by Scanning Capacitance Force Microscopy

    K. Kimura, K. Kobayashi, H. Yamada, K. Usuda, K. Matsushige

    12th International Conference on Scanning Tunneling Microscopy/Spectroscopy and Related Techniques, 2003年07月, Eindhoven, オランダ王国, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 走査型容量原子間力顕微鏡によるSi-MOSFETの2次元不純物分布計測

    木村建次郎, 小林圭, 山田啓文, 臼田宏治, 松重和美

    春季第50回応用物理学関係連合講演会, 2003年03月, 神奈川大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 走査型容量原子間力顕微鏡によるSi-pn接合の評価

    木村建次郎, 小林圭, 堀内俊寿, 山田啓文, 松重和美

    秋期第63回応用物理学関係連合講演会, 2002年09月, 新潟大学, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Scanning Capacitance Force Microscopy

    K. Kimura, K. Kobayashi, H. Yamada, K. Matsushige

    The 5th International Conference on Noncontact Atomic Force Microscopy, 2002年08月, Montreal, カナダ, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 容量原子間力顕微鏡による強誘電体材料評価

    木村建次郎, 小林圭, 山田啓文, 松重和美, 沖野裕丈

    春季第49回応用物理学関係連合講演会, 2002年03月, 日本語, 東海大学, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ケルビンプローブ顕微鏡による表面電位/容量同時測定

    木村建次郎, 小林圭, 堀内俊寿, 山田啓文, 松重和美, 杉村博之

    秋期第62回応用物理学関係連合講演会, 2001年09月, 日本語, 愛知工業大学, 日本国, 国内会議

    口頭発表(一般)

所属学協会

  • 電子情報通信学会

  • 日本乳癌検診学会

  • 日本応用数理学会

  • エレクトロニクス実装学会

  • 計測自動制御学会

  • 分子科学会

  • 日本非破壊検査協会

  • 土木学会

  • ナノ学会

  • 表面科学会

  • 日本顕微鏡学会

  • 日本物理学会

  • 応用物理学会

  • 日本乳癌学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 超高エネルギー密度蓄電池の健全性診断技術と社会インフラへの展開

    木村 憲明

    NEDO ベンチャー企業等によるエネルギー革新技術支援事業(フェーズC), 2019年04月 - 2020年05月

    競争的資金

  • スーパーセキュリティゲートの実現

    木村 建次郎

    JST未来社会創造事業, 2017年11月 - 2020年03月, 研究代表者

    競争的資金

  • 次世代乳癌スクリーニングのためのマイクロ波散乱場断層イメージングシステムの開発

    木村 建次郎

    AMED 医療分野研究成果展開事業, 2015年11月 - 2019年03月, 研究代表者

    競争的資金

  • 電池用-高分解能電流経路映像化システムの開発

    木村 建次郎

    JST先端計測 重点開発領域「グリーンイノベーション領域」要素技術タイプ 研究成果展開事業(先端計測分析技術・機器開発プログラム), 2013年10月 - 2017年03月, 研究代表者

    競争的資金

  • -

    競争的資金