研究者紹介システム

今石 浩正
イマイシ ヒロマサ
バイオシグナル総合研究センター
教授
農芸化学関係
Last Updated :2021/04/12

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    バイオシグナル総合研究センター
  • 【配置】

    農学部 生命機能科学科, 大学院農学研究科 生命機能科学専攻, 環境保全推進センター

学位

  • 理学博士, 京都大学

研究シーズ

授業科目

ジャンル

  • 科学・技術 / 生命科学
  • 防災・くらし / 食生活

コメントテーマ

  • 農薬
  • 環境遺伝子
  • チトクロームP450
  • 汚染食品浄化技術

研究活動

研究キーワード

  • バイオマーカー、薬物代謝、遺伝子

研究分野

  • 環境・農学 / 環境農学 / P450 農薬
  • ライフサイエンス / 分子生物学 / P450 バイオマーカー

委員歴

  • 2019年03月 - 2020年03月, 「イノベーション創出強化研究推進事業」評議員
  • 日本農芸化学会, 関西支部神戸大学幹事, 評議員

受賞

  • 2015年12月 第38回日本分子生物学会年会 第88回日本生化学会大会 合同大会, 若手優秀発表賞, 真核生物のP450活性を制御する新規遺伝子の探索と利用

    河合 佑樹, 原 茅乃, 今石 浩正

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2009年10月 第82回日本生化学会大会, 優秀プレゼンテーション賞, ケージド化合物を用いたP450酵素活性の光制御

    水谷 和幸, 森垣 憲一, 達 吉郎, 一色 邦夫, 今石 浩正

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2009年06月 第18回環境化学討論会, ナイスプレゼンテーション賞, ウリ科植物ズッキーニにおける残留性有機汚染物質の吸収経路の解明

    山崎 清志, 前田 耕作, 細木 直樹, 玄 康洙, 朴 杓允, 今石 浩正, 乾 秀之

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2003年06月 第3回環太平洋農薬国際会議, ポスター賞, Molecular characterization of CYP71 gene familiy in Lolium rigidum biotypes multiple resistance to herbicides

    H.Tsujii, N.Dillon, D.Liu, H.Imaishi, H.Ohkawa

    国際学会・会議・シンポジウム等の賞

論文

  • Ami Oguro, Yasuhiro Ishihara, Ferbian Milas Siswanto, Takeshi Yamazaki, Atsuhiko Ishida, Hiromasa Imaishi, Susumu Imaoka

    Elsevier BV, 2020年12月, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular and Cell Biology of Lipids, 158858 - 158858, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Shun Tamaki, Hiromasa Imaishi

    Elsevier BV, 2020年12月, Drug Metabolism and Pharmacokinetics, 35 (6), 497 - 504, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Marie Yamada, Koji Hatsuta, Mayuko Niikawa, Hiromasa Imaishi

    Korean Society for Microbiology and Biotechnology, 2020年08月28日, Journal of Microbiology and Biotechnology, 30 (8), 1207 - 1213, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tamaki S, Kato S, Shinomura T, Ishikawa T, Imaishi H

    Some carotenoids are found in the Euglena gracilis, including β-carotene, diadinoxanthin, diatoxanthins, and neoxanthin as the major species; however, the molecular mechanism underlying carotenoid biosynthesis in E. gracilis is not well understood. To clarify the pathway and regulation of carotenoid biosynthesis in this alga, we functionally characterized the cytochrome P450 (CYP)-type carotene hydroxylase gene EgCYP97H1. Heterologous in vivo enzyme assay in E. coli indicated that EgCYP97H1 hydroxylated β-carotene to β-cryptoxanthin. E. gracilis cells suppressing EgCYP97H1 resulted in marked growth inhibition and reductions in total carotenoid and chlorophyll contents. Analysis of carotenoid composition revealed that suppression of EgCYP97H1 resulted in higher level of β-carotene, suggesting that EgCYP97H1 is physiologically essential for carotenoid biosynthesis and thus normal cell growth. To our knowledge, this is the first time EgCYP97H1 has been suggested to be β-carotene monohydroxylase, but not β-carotene dihydroxylase. Moreover, during light adaptation of dark-grown E. gracilis, transcript levels of the carotenoid biosynthetic genes (EgCYP97H1, geranylgeranyl pyrophosphate synthase EgcrtE, and phytoene synthase EgcrtB) remained virtually unchanged. In contrast, carotenoid accumulation in E. gracilis grown under the same conditions was inhibited by treatment with a translational inhibitor but not a transcriptional inhibitor, indicating that photo-responsive carotenoid biosynthesis is regulated post-transcriptionally in this alga.

    2019年01月, Plant Sci., 278, 80 - 87, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Metabolism of steroids by cytochrome P450 2C9 variants.

    Tomohide Uno, Ryosuke Nakano, Rie Kitagawa, Mai Okada, kengo Kanamaru, Shinji Takenaka, Yuichi Uno, Hiromasa Imaishi

    CYP2C9 is a human microsomal cytochrome P450c (CYP). Much variation in CYP2C9 levels and activity can be attributed to polymorphisms of this gene. Wild-type CYP2C9 and ten mutants were co-expressed with NADPH-cytochrome P450 reductase in Escherichia coli. The hydroxylase activities toward steroids were examined. CYP2C9.2, CYP2C9.3, CYP2C9.4, CYP2C9.16, CYP2C9.28, CYP2C9.48 and

    2018年08月, Biopharmaceutics & Drug Disposition, 39 (8), 371 - 377, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Metabolism of steroids by cytochrome P450 2C9 variants

    Uno T, Nakano R, Kitagawa R, Okada M, Kanamaru K, Takenaka S, Uno Y, Imaishi H

    2018年08月, Biopharm Drug Dispos., 39, 371 - 377, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Serum derived from ulcerative colitis mouse changes the metabolism of the fluorescent substrate by P450 depending on the degree of disease progression

    Yamamoto R, Muroi K, Imaishi H

    2018年06月, Chem Biol Interact., 290, 88 - 98, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • TAMAKI Shun, YAGI Mitsuhiko, NISHIHATA Yuki, YAMAJI Hideki, SHIGERI Yasushi, UNO Tomohide, IMAISHI Hiromasa

    2018年03月, Journal of Microbiology and Biotechnology, 28 (3), 439 - 447, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Modification of N-terminal amino acids of fungal benzoate hydroxylase (CYP53A15) for the production of p-hydroxybenzoate and optimization of bioproduction conditions in Escherichia coli

    Tamaki S, Yagi M, Nishihata Y, Yamaji H, Shigeri Y, Uno T, Imaishi H

    2018年03月, J. Microbiol. Biotech., 28 (3), 439 - 447, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Effect of genetic polymorphism of human CYP2B6 on the metabolic activation of chlorpyrifos

    Hiromasa Imaishi, Tatsushi Goto

    2018年01月, Pesticide Biodhemistry and Physiology, 114, 42 - 48, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Metabolism of 7-ethoxycoumarin, flavanone and steroids by cytochrome P450 2C9 variants.

    Uno T, Nakano R, Kanamaru K, Takenaka S, Uno Y, Imaishi H

    2017年11月, Biopharm Drug Dispos, 38 (8), 486 - 493, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Functional characterization of CYP52G3 from Aspergillus oryzae and its application for bioconversion and synthesis of hydroxyl flavanone and steroids

    宇野 知秀, Takeshi Yanase, Hiromasa Imaishi

    Aspergillus oryzae is a fungus widely used in traditional Japanese fermentation industries. Cytochrome P450 (CYP) proteins are ubiquitously distributed in nature and display a broad range of enzymatic activities. A novel CYP52 (CYP52G3) gene was found in A. oryzae. In this study, we report the functional characterization of CYP52G3. The recombinant protein was expressed heterol

    2017年05月, Biotechnology and Applied Biochemistry, 64 (3), 385 - 391, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Functional characterization of CYP52G3 from Aspergillus oryzae and its application for bioconversion and synthesis of hydroxyl flavanone and steroids

    Uno T, Yanase T, Imaishi H

    2017年05月, Biotechnol. Appl. Biochem, 64 (3), 385 - 391, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Prediction of Compound Toxicity from Enzymatic Reaction Patterns Based on Cell Survival Rate Curves

    TOHYAMA Kohei, YAJIMA Daishi, IMAISHI Hiromasa, OHKAWA Takenao

    2016年12月, Proceedings of Biotechnology and Bioinformatics Symposium 2016, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Point mutation of cytochrome P450 2A6 (a polymorphic allele CYP2A6.25) confers new substrate specificity towards flavonoids

    UNO Tomohide, OGURA Chiaki, IZUMI Chihiro, NAKAMUJRA Masahiko, YANASE Takeshi, Hiroshi YAMAZAKI, ASHIDA Hitoshi, KANAMARU Kengo, YAMAGATA Hiroshi, IMAISHI Hiromasa

    2015年07月, Biopharmaceutics & Drug Disposition, 36 (8), 552 - 563, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Point mutation of cytochrome P450 2A6 (a polymorphic allele CYP2A6.25) confers new substrate specificity towards flavonoids

    Uno T, Ogura C, Izumi C, Nakamura M, Yanase T, Yamazaki H, Ashida H, Kanamaru K, Yamagata H, Imaishi H

    2015年07月, Biopharm. Drug Dispos, 36 (8), 552–563, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Functional Characterization of CYP1A9 and CYP1C1 from Anguillus japonica

    Uno T, Izumi C, Takenaka S, Yanase T, Imaishi H, Kanamaru K, Yamagata, HKaminishi Y, Itakura T

    2015年07月, Environmen. Toxicol. Pharmacol, 40 (2), 360 - 8, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Functional Characterization of CYP1A9 and CYP1C1 from Anguillus japonica.

    宇野 知秀, 和泉 智保, 竹中 慎治, 柳瀬 剛士, 今石 浩正, 金丸 研吾, 山形 裕士, 上西, 板倉

    2015年, Environ. Toxicol. and Pharmacol., 40, 360 - 368, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Parallel assay of inkjet-printed cytochrome P450

    Kanemura E, Goto T, Tatsu Y, Imaishi H, Morigaki K

    2014年05月, Anal. Methods, 2117 - 2124, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Molecular mechanisms of herbicide-inducible gene expression of tobacco CYP71AH11 metabolizing the herbicide chlorotoluron

    GION Keiko, INUI Hideyuki, IMAISHI Hiromasa, OHKAWA Hideo, TAKAKUMA Kazuyuki, YAMADA Takashi, KAMBARA Yumiko, NAKAI Shuichi, FUJIWARA Hiroyuki, MIYAMURA Takashi

    2014年, Pestic Biochem Physiol, 108, 49 - 57, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Predicting Toxicity of Food-Related Compounds Using Fuzzy Decision Trees

    YAJIMA Daishi, OHKAWA Takenao, MUROI Kouhei, IMAISHI Hiromasa

    2014年01月, International Journal of Bioscience, Biochemistry and Bioinformatics, 4 (1), 33 - 38, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Molecular mechanisms of herbicide-inducible gene expression of tobacco CYP71AH11 metabolizing the herbicide chlorotoluron

    Gion, K, qual contribution, Inui, H, qual contribution, Takakuma, K, qual contribution, Yamada, T, Kambara, Y, Nakai, S, Fujiwara, H, Miyamura, T, Imaishi, H, Ohkawa, H

    2014年01月, Pesticide Biochemistry and Physiology, 108, 49 - 57, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Discharge of perfluorinated compounds from rivers and their influence on the coastal seas of Hyogo prefecture,

    Takemine S, Matsumura C, Yamamoto K, Suzuki M, Tsurukawa M, Imaishi H, Nakano T, Kondo A

    2014年01月, Japan./Environmental Pollution, 184, 397 - 404, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Metabolism of 7-ethoxycoumarin, safrole, flavanone and hydroxyflavanone by cytochrome P450 2A6 variants.

    宇野 知秀, 尾部 悠一郎, 小倉 千佳, 山本 貢平, 金丸 研吾, 山形 裕士, 今石 浩正

    多種の生体異物を代謝するヒトシトクロームP450 2A6の野生型および13種の変異型酵素をNADPH-シトクロームP450還元酵素とともに大腸菌で発現し、組換え酵素の7-エトキシクマリン、サロール、フラバノン、水酸化フラバノンの代謝を解析し、2A6ファミリーがフラボノイドを代謝することを明らかにした。

    2013年11月, Biopharm Drug Dispos., 34 (2), 87 - 97, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Microarrays of phospholipid bilayers generated by inkjet-printing

    Yamada,M, 森垣 憲一, 今石 浩正

    2013年05月, Langmuir, 29 (6404), 6408, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Surface functionalization of a polymeric lipid bilayer for coupling a model biological membrane with molecules, cells, and microstructures

    Morigaki K, Mizutani K, Saito M, Okazaki T, Nakajima Y, Tatsu Y, Imaishi H

    2013年02月, Langmuir, 29 (8), 2722 - 2730, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Investigation of environmental contaminationof mono-isopropylnaphthalene, di-isopropylnaphthalene and tri-isopropylnaphthalene in Hyogo in Japan

    Suzuki M, Matsumura C, Nakano T, Imaishi H

    2012年11月, Environmental Science and Pollution Research, 19 (9), 3959 - 68, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Microarray of human P450 with an integrated oxygen sensing film for high-throughput detection of metabolic activities

    Chang G, Mori Y, Mori S, Irie T, Nagai H, Goto T, Tatsu Y, Imaishi H, Morigaki K

    2012年06月, Anal. Chem., 84 (12), 5292-5297, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Photo-regulation of cytochrome P450 activity by using caged compound

    Morigaki K, Mizutani K, Kanemura E, Tatsu Y, Yumoto N, Imaishi H

    2012年01月, Anal. Chem, 84 (1), 155 - 160, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Vertically integrated human P450 and oxygen sensing film for the assays of P450 metabolic activities

    Chang G, Morigaki K, Tatsu Y, Hikawa T, Goto T, Imaishi H

    2011年04月, Anal. Chem, 83 (8), 2956 - 2963, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Structural basis of species differences between human and experimental animal CYP1A1s in metabolism of 3,3',4,4',5-pentachlorobiphenyl

    Yamazaki K, Suzuki M, Itoh T, Yamamoto K, Kanemitsu M, Matsumura C, Nakano T, Sakaki T, Fukami Y, Imaishi H, Inui H

    2011年04月, Journal of Biochemistry, 149, 487 - 494, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Metabolism of the herbicides chlorotoluron, diuron, linuron, simazine,and atrazine byCYP1A9 and CYP1C1 from Japanese eel (Anguilla japonica)

    Uno T, Kajia S, Gotoh T, Imaishi H, Nakamura M, Kanamaru K, Yamagata H, Kaminishi Y, Itakura T

    2011年, Pesticide Biochemistry and Physiology, in press, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 食品の安全性評価へのバイオセンサーの利用

    今石 浩正, 後藤 達志, 宇野 知秀, 森垣 憲一

    2010年, BRAIN TECHNO NEWS, 142, 21-25, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • The effects of single nucleotide polymorphisms in CYP2A13 on metabolism of 5-methoxypsolaren

    Goto T, Moriuchi H, Fu X, Ikegawa T, Matsubara T, Chang G, Uno T, Morigaki K, Isshiki K, Imaishi H

    2010年, Drug Metab. Dispos, 38,2110-2116, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Synthesis of optically active strigolactones: Enzymatic resolution and asymmetric hydroxylation

    Takikawa H, Imaishi H, Tanaka A, Jikumaru S, Fujiwara M, Sasaki M

    2010年, Tetrahedron: Asymmetry 21, 21, 1166 - 1168, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Glucose concentration determination based on silica sol-gel encapsulated glucose oxidase optical biosensor arrays

    Chang G, Tatsu Y, Goto T, Imaishi H, Morigaki K

    2010年, Talanta, 83 (1), 61 - 65, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Ferulic acid production in the brewing of rice wine (sake)

    Uno T, Itoh O, Miyamoto T, Kubo M, Kanamaru K, Yamagata H, Yasufuku Y, Imaishi H

    2009年, Journal of the Institute of Brewing, 115(2), 116-121, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Molecular cloning of CYP76A3, a novel cytochrome P450 from Petunia hybrida catalyzing the -hydroxylation of myristic acid

    今石 浩正, 石飛 詩子

    2008年, Biologia Plantarum, 52(2), 242-250, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Cloning, expression in yeast, and functional characterization of CYP71D14, a root-specific cytochrome P450 from Petunia hybrida

    今石 浩正, 松下 知見

    2008年, Acta Physiologia Plantarum, 30, 333-338, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Bioconversion of small molecules by cytochrome P450 species expressed in Escherichia coli

    宇野 知秀, 岡本 聡太, 増田 智子, 伊東 鎮, 宇野 雄一, 中村 正彦, 金丸 研吾, 山形 裕士, 今石 浩正

    2008年, Biotechnology and Applied Biochemistry, 66, 89-97, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Bioconversion by functional P450 1A9 and P450 1C1 of Anguilla japonica

    宇野 知秀, 岡本 聡太, 増田 智子, 今石 浩正, 中村 正彦, 金丸 研吾, 山形 裕士, El-Kady M.A, 上西 由翁, 板倉 隆夫

    2008年, Comp Biochem Physiol C Toxicol Pharmacol., 147, 278-285, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Immobilization and activity assay of cytochrome P450 on patterned lipid membranes

    Ueda Y, Morigaki K, Tatsu Y, Yumoto, N, Imaishi H

    2007年04月, Biochem. Biophys. Res. Commun, 355 (4), 926 - 931, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tissue-specific expression of rice CYP72A21 induced by auxins and herbicides

    広瀬 幸子, 川東 広幸, 田切 明美, 今石 浩正, 大川 秀郎, 大川 安信

    2007年, Plant Biotechnology Reports, 1巻 27-36, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Molecular Cloning of CYP76B9, a Cytochrome P450 from Petunia hybrida, Catalyzing the -Hydroxylation of Capric Acid and Lauric Acid

    今石 浩正, Petkova, A.M

    2007年, Biosci. Biotechnol. Biochem., 71巻 104-113, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Isolation and functional characterization in yeast of CYP72A18, a rice cytochrome P450 that catalyzes (-1)-hydroxylation of the herbicide pelargonic acid

    今石 浩正, 松本 寿子

    2007年, Pestic. Biochem. Physiol., 88巻 71-77, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Expression of Arabidopsis thaliana cytochrome P450 monooxygenase, CYP71A12, in yeast catalyzes the metabolism of herbicide pyrazoxyfen

    今石 浩正, 林 悦子, 藤本 健司

    2007年, Plant Biotechnology, 24, 393-396, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Determination of Phosphorylated Amino Acid Residues of Rab8 from Bombyx mori

    Tomohide Uno, Takuya Nakada, Okamoto Satoshi, Masahiko Nakamura, Mamoru Matsubara, Hiroshi Yamagata, Hiromasa Imaishi, Kengo Kanamaru, MIchihiro Takagai

    2007年, Arichives of insect biochemistry and physiology, 66, 89 - 97, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Bioconversion by functional P450 1A9 and 1C1of Anguillus japonica,

    Tomohide Uno, Sota Okamoto, Satoko Masuda, Hiromasa Imaishi, Masahiko Nakamura, Kengo Kanamaru, Hiroshi Yamagata, Ei-Kady, Kaminishi, Takao Itakura

    2007年, Comprehensive biochemistry and physiology C Toxicology Pharamacology, 147, 278 - 285, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Modification of small molecules by using cytochrome P450 expressed in Escherichia coli.

    宇野 知秀, 中尾 敦史, 増田 智子, 谷口 雄規, 金丸 研吾, 山形 裕士, 中村 正彦, 今石 浩正, 大野 清春

    2006年, J Ind Microbiol Biotechnol, 33(12):1043-50, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Cloning, expression in yeast, and functional characterization of CYP76A4, a novel cytochrome P450 of petunia that catalyzes (omega-1)-hydroxylation of lauric acid.

    TAMAKI K, IMAISHI Hiromasa, OHKAWA Hideo, OHNO Kiyoharu, SUGIMOTO M

    2005年, Biosci Biotechnol Biochem, 69 2 406-9, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Rearrangement of the genes for the biosynthesis of benzoxazinones in the evolution of Triticeae species

    NOMURA T, ISHIHARA A, IMAISHI Hiromasa, OHKAWA Hideo, ENDO T.R, IWAMURA H

    2003年, Planta, 217,776-782, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Molecular characterization and chromosomal localization of cyotochrome P450 genes involved in the biosynthesis of cyclic hydroxamic acids in hexaploid wheat

    野村 泰治, 石原 了, 今石 浩正, 遠藤 隆, 大川 秀郎, 岩村 俶

    2002年, Mol. Genet. Genomics, 267巻 210-217, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • CYP92B1, A cytochrome P450, expressed in petunia flower buds, that catalyzes monooxidation of long-chain fatty acids

    今石 浩正, Petokova, A. M, 大川 秀郎

    2002年, Biosci. Biotechnol. Biochem., 66巻 1819-1828, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Structures and functions of novel cytochrome P450 species expressed during flowering

    OHKAWA H, IMAISHI Hiromasa

    2000年, Biotechnol. Biotechnol. Eq., Vol 14. pp. 52-55, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Molecular cloning of novel cytochrome P450 species induced by chemical treatment in cultured tobacco cells

    YAMADA T, KANBARA Y, IMAISHI Hiromasa, OHKAWA H

    2000年, Pestic. Biochem. Physiol., Vol 68 . pp. 11-25, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Inhibitory effects of 1,4-Naphthoquinone derivatives on rat cytochromeP4501A1-dependent monooxygenase activity in recombinant yeast microsomes

    INOUE K, SAITO A, ORITA M, TONOMURA B, IMAISHI Hiromasa, OHKAWA H

    2000年, J. Biochem., Vol 127. pp. 1041-1046, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • CYP78A1 preferentially expressed in developing inflorescences of Zea mays encoded a cytochrome P450-dependent lauric acid 12-monooxygenase

    IMAISHI Hiromasa, MATSUO S, SAWAI E, OHKAWA H

    2000年, Biosci. Biotechnol. Biochem., Vol 64 . pp. 1696-1701, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Green-tissue-specific expression of a reconstructed cry1C gene encoding the active fragment of Bacillus thuringiensis ω-endotoxin in haploid tobacco plants conferring resistance to Spodoptera litura

    Christov N. K, IMAISHI Hiromasa, OHKAWA H

    1999年, Pestic. Biochem. Physiol., Vol 63 . pp. 1433-1444, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Encoding of a cytochrome P450-dependent lauric acid monooxygenase by CYP703A1 specifically expressed in the floral buds of petunia hybrida

    IMAISHI Hiromasa, MATSUMOTO Y, ISHITOBI U, OHKAWA H

    1999年, Biosci. Biotechnol. Biochem., Vol 63 . pp. 2082-2090, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Cytochrome P450 biodiversity and plant protection

    OHKAWA H, TSUJII H, SHIMOJI M, IMAJUKU Y, IMAISHI Hiromasa

    1999年, J. Pesticide Sci, Vol 24. pp. 197-203, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Molecular cloning and sequence analysis of catalase cDNA from green pepper seedlings elicited with arachidonic acid

    YAMADA T, IMAISHI Hiromasa, OHKAWA H

    1998年, Biosci. Biotechnol. Biochem., Vol 62 . pp. 753-758, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Molecular cloning and expression in Saccharomyces cerevisiae of tobacco NADPH-cytochrome P450 oxidoreductase cDNA

    YAMADA T, IMAISHI Hiromasa, OKA A, OHKAWA H

    1998年, Biosci. Biotechnol. Biochem., Vol 62 . pp. 1403-1411, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Purification and immunochemical characteristics of NADPH-cytochrome P-450 oxidoreductase from tobacco cultured cells

    IMAISHI Hiromasa, YAMADA T, OHKAWA H

    1995年, Biochim. Biophys. Acta, Vol 1246 . pp. 53-60, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 5-Epi-aristolochene 3-hydroxylase from green pepper

    HOSHINO T, YAMAURA T, IMAISHI Hiromasa, CHIDA M, YOSHIZAWA Y, HIGASHI K, OHKAWA H, MIZUTANI, J

    1995年, Phytochemistry, Vol 38 . pp. 609-613, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Analysis of DNA bend structure of promoter regulatory regions of xylene-metabolizing genes on the Pseudomonas TOL plasmid

    Gomada, M, IMAISHI Hiromasa, MIURA K, INOUYE S, NAKAZAWA T, NAKAZAWA A, YAMADA T, OHKAWA H

    1994年, J. Biochem., Vol 116 . pp. 1096-1104, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Physical map location of the rpoN gene of Escherichia coli

    IMAISHI Hiromasa, GOMADA, M, MIURA K, INOUYE S, NAKAZAWA A

    1993年, J. Bacteriol., Vol 175 . pp. 1550-1551, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Determination of the subunit contact region of aspartase

    YUMOTO N, MURASE S, IMAISHI Hiromasa, NAKAZAWA A, NAKAZAWA T

    1992年, Biochem. Int., Vol 28 . pp. 413-422, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Analysis of an upstream regulatory sequence required for activation of the regulatory gene xylS in xylene metabolism directed by the TOL plasmid of Pseudomonas putida

    GOMADA, M, INOUYE S, IMAISHI Hiromasa, NAKAZAWA A, NAKAZAWA T

    1992年, Mol. Gen. Genet., Vol 233 . pp. 419-426, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Activation of aspartase by site-directed mutagenesis

    MURASE S, TAKAGI J. S, HIGASHI Y, IMAISHI Hiromasa, YUMOTO N, TOKUSHIGE M

    1991年, Biochem. Biophys. Res. Commun., Vol 177 . pp. 414-419, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Preparation of active hybrid enzymes composed of the native and chemically inactivated aspartase subunits from Escherichia coli

    IMAISHI Hiromasa, YUMOTO N, TOKUSHIGE M

    1990年, Biotechnol. Appl. Biochem., Vol 12 . pp. 196-205, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • DMPOの鉄イオンと錯体形成

    牧野 圭祐, 萩原 琢也, 今石 浩正, 西 正敏, 藤井 敏司, 大矢 博昭, 村上 章

    1990年, 磁気共鳴と医学, Vol 1 . pp. 96-100, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • DMPO spin trapping in the presence of Fe ion

    MAKINO K, HAGIWARA T, IMAISHI Hiromasa, NISHI M, FUJII S, OHYA H, MURAKAMI A

    1990年, Free Rad. Res. Comms., Vol 9 . pp. 233-240, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Characterization of intermediate species during the molecular assembly of spartase

    IMAISHI Hiromasa, YUMOTO N, TOKUSHIGE M

    1989年, Physiol. Chem. Phys. Med. NMR, Vol 21 . pp. 221-228, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • An artifact in the ESR spectrum obtained by spin trapping with DMPO

    MAKINO K, IMAISHI Hiromasa, MORINISHI S, HAGIWARA T, TAKEUCHI T, MURAKAMI A, NISHI M

    1989年, Free Rad. Res. Comms., Vol 6 . pp. 19-28, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Reversed-phase ion-pair chromatography of oligodeoxyribonucleotides

    MAKINO K, OZAKI H, MATSUMOTO T, IMAISHI Hiromasa, TAKEUCHI T, FUKUI T

    1987年, J. Chromatogr., Vol 400 . pp. 271-277, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • A reversed-phase liquid chromatographic columns for the analysis of single-stranded oligo-DNAs

    MAKINO K, OZAKI H, IMAISHI Hiromasa, TAKEUCHI T, FUKUI T, HATANO H

    1987年, Chromatographia, Vol 23 . pp. 247-253, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 脂質過酸化初期過程のESRによる基礎的研究

    牧野 圭祐, 今石 浩正, 武内 民男, 藤田 雄三

    1986年, Chemistry Express, Vol 1 . pp. 153-156, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • An ESR study on lipid peroxidation process. Formation of hydrogen atoms and hydroxyl radicals

    MAKINO K, IMAISHI Hiromasa, MORINISHI S, TAKEUCHI T, FUJITA Y

    1986年, Biochem. Biophys. Res. Commun., Vol 141 . pp. 381-386, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 真核光合成生物におけるシトクロムP450型カロテン水酸化酵素 (CYP97)の機能解析

    玉木 峻, 今石 浩正

    2018年10月, BSJ-review, 9, 80 - 89, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 花芽形成とP450

    今石 浩正, 大川 秀郎

    2000年, 植物の化学調節, Vol 35 . pp. 95-102, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • ペチュニアの花芽特異的に発現しているP450の構造と機能

    今石 浩正, 大川 秀郎

    1999年, Nippon Nogeikagaku Kaishi, Vol 73 . pp. 1039-1042, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Molecular Mechanisms of Herbicide Resistance with Special Emphasis on Cytochrome P450 Monooxygenases

    OHKAWA Hideo, IMAISHI Hiromasa, SHIOTA Noriaki, YAMADA Takashi, INUI Hideyuki, OHKAWA Yasunobu

    1998年, Plant Biotechnology, 15 4 173-176, 英語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Molecular Mechanisms of Herbicide Resistance

    OHKAWA Hideo, IMAISHI Hiromasa, SHIOTA Noriaki, INUI Hideyuki, OHKAWA Yasunobu

    1998年, Reviews in Toxicology, 2 245-252, 英語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • CYTOCHROME P450 MONOOXYGENASES METABOLIZING HERBICIDES

    OHKAWA Hideo, SHIOTA Noriaki, IMAISHI Hiromasa, YAMADA Takashi, INUI Hideyuki, OHKAWA Yasunobu

    1998年, Biotechnology & Biotechnological Equipment, 12 17-22, 英語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

書籍等出版物

  • 基礎的研究業務研究成果集(2011年度終了課題)

    今石 浩正

    その他, 農研機構 生研センター, 2012年, 日本語, 食品の安全性評価用超高感度ナノセンサーの開発

    調査報告書

  • BRAIN TECHNO NEWS 142

    今石 浩正, 後藤 達志, 宇野 知秀, 森垣 憲一

    その他, 農研機構 生研センター, 2010年, 日本語, 食品の安全性評価へのバイオセンサーの利用

    学術書

  • 第5節農薬等負荷軽減作物 「植物代謝工学ハンドブック」

    大川 秀郎, 乾 秀之, 今石 浩正

    共著, 株式会社エス・ティ・エス, 2002年, 日本語

    学術書

  • 「植物代謝工学ハンドブック」

    大川 秀郎, 乾 秀之, 今石 浩正

    その他, (株)エス・ティー・エス, 2002年, 日本語, 第5節 農薬等負荷軽減作物

    学術書

  • Oxygen and Life

    Imaishi H, Ohkawa H

    その他, ELSEVIER, Amsterdam, 2002年, 英語, Cytochrome P450 species specifically expressed in flower buds Metabolize fatty acids Ed

    学術書

  • 基礎生化学実験法 第3巻タンパク質 II. 機能・動態解析法

    乾 秀之, 今石 浩正, 大川 秀郎

    その他, 日本生化学会編, 2001年, 日本語, タンパク質の発現、植物での発現

    学術書

  • タンパク質の発現、植物での発現

    乾 秀之, 今石 浩正, 大川 秀郎

    共著, 基礎生化学実験法 第3巻タンパク質II機能・動態解析法, 2001年, 日本語

    学術書

  • Herbicide Resistant Transgenic Plants Expressing Cytochrome P450 Monooxygenases Metabolizing Xenobiotics

    OHKAWA Hideo, INUI Hideyuki, IMAJUKU Yoshiro, IMAISHI Hiromasa

    共著, Agrochemical Discovery: Insect, Weed, and Fungal Control, 2001年, 英語

    学術書

  • ACS volume Based on Pesticide Science: New Chemistry

    Ohkawa H, Inui H, Imajuku Y, Imaishi H, Ohkawa Y

    その他, American Chemical Society, 2001年, 英語, Herbicide resistance transgenic plants expressing cytochrome P450 monooxygenases metabolizing xenobiotics

    学術書

  • Pesticide Chemistry and Bioscience: The food-environment challenge

    Ohkawa H, Imaishi H, Shiota N, Inui H

    その他, The Royal Society of Chemistry, Cambridge, 1999年, 英語, Cytochrome P450s and other xenobiotic metabolizing enzymes in plants

    学術書

  • Cytochrome P450s and other Xenobiotic Metabolizing Enzymes in Plants

    OHKAWA Hideo, IMAISHI Hiromasa, SHIOTA Noriaki, YAMADA Takashi, INUI Hideyuki

    共著, Pesticide Chemistry and Bioscience: The Food-Environment Challenge, 1999年, 英語

    学術書

  • Pseudomonas: Molecular Biology and Biotechnology

    Nakazawa A, Inouye S, Gomada M, Imaishi H, Nakazawa T

    その他, American Society for Microbiology, 1992年, 英語, Upstream regulatory sequence for transcriptional activation of catabolic genes on the TOL plasmid

    学術書

  • Molecular structure and Life

    Nakazawa A, Inouye S, Gomada M, Imaishi H, Nakazawa T

    その他, Japan Sci. Soc. Press Tokyo CRC Press Boca Raton, 1992年, 英語, A DNA-loop model for transcriptional activation of xylene-metabolizing genes on Pseudomonas TOL plasmid

    学術書

講演・口頭発表等

  • -見えざる病気を探し出せ- 膜結合型薬物代謝酵素を用いた革新的バイオマーカー開発への挑戦

    今石浩正

    020年度一般社団法人先端膜工学研究推進機構活動報告会膜工学春季講演会・膜工学サロン案内, 2021年03月09日, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • ヒト薬物代謝酵素CYP1A1酵素活性を制御する新規蛋白性因子の探索

    渡邊 みのり, 山本 耀介, 今石 浩正

    日本薬学会第140年会(コロナウイルス拡散防止のため中止), 2020年03月26日, 国立京都国際会館, 国内会議

    ポスター発表

  • 炎症性腸疾患診断のための新規バイオマーカーの開発研究

    加藤 七海, ;今石 浩正

    第42 回日本分子生物学会年会, 2019年12月03日, 日本語, マリンメッセ福岡, 国内会議

    ポスター発表

  • P450酵素と肝炎マウス血清との相互作用を利用した疾患診断法の開発

    桑田 紘輝, 今石 浩正

    第42 回日本分子生物学会年会, 2019年12月03日, マリンメッセ福岡, 国内会議

    ポスター発表

  • 急性肝炎診断のための新規バイオマーカーの開発研究

    米塚 靖浩, ;今石 浩正

    第42 回日本分子生物学会年会, 2019年12月03日, マリンメッセ福岡, 国内会議

    ポスター発表

  • ヒトCYP2A6の酵素活性を制御す津新規たんぱく質の探索

    山本 耀介, 今石 浩正

    令和元年内外環境応答・代謝酵素研究会, 2019年09月21日, 日本語, 東北医科薬科大学小松島キャンパス, 国内会議

    ポスター発表

  • 非変異原性発がん物質による化学発がんメカニズムに対する基礎的研究

    山田 真理恵, 今石 浩正

    令和元年内外環境応答・代謝酵素研究会, 2019年09月21日, 日本語, 東北医科薬科大学小松島キャンパス, 国内会議

    ポスター発表

  • シトクロムP450を用いた糖尿病診断技術の開発

    今石 浩正

    第92回日本生化学会大会, 2019年09月18日, 日本語, パシフィコ横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • 固定化したシトクロムP450発現大腸菌によるwhole cell bioconversion

    藤井 敦士, 石坂 明穂, 勝田 知尚, 今石 浩正, 山地 秀樹

    化学工学会第84年会, 2019年03月, 日本語, 化学工学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 非変異原性発がん物質による化学発がんメカニズムに対する基礎的研究

    山田 真理恵, 今石 浩正

    第41回日本分子生物学会年会, 2018年11月, 日本語, パシフィコ横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • 潰瘍性大腸炎診断用新規バイオマーカーに関する基礎的研究

    今石 浩正

    平成30年度 内外環境応答・代謝酵素研究会, 2018年11月, 日本語, 鳥取大学, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 真核生物のCYP2A6酵素活性を制御する新規蛋白質の機能解析

    山本 耀介, 渡邊 みのり, 今石 浩正

    第41回日本分子生物学会年会, 2018年11月, 日本語, パシフィコ横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • シトクロムP450を用いた新規糖尿病診断技術の開発

    玉木 峻, 今石 浩正

    第41回日本分子生物学会年会, 2018年11月, 日本語, パシフィコ横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • P450酵素と肝炎マウス血清との相互作用を利用した新規疾患診断法の開発

    桒田 紘輝, 玉木 峻, 今石 浩正

    第41回日本分子生物学会年会, 2018年11月, 日本語, パシフィコ横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • CYP1A1酵素活性変化に関与する新規タンパク性因子のスクリーニングと機能解析に関する研究

    渡邊 みのり, 山本 耀介, 今石 浩正

    第41回日本分子生物学会年会, 2018年11月, 日本語, パシフィコ横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • Molecular screening and functional analysis of novel genes controlling P450 activities in HepG2 cells

    Yosuke Yamamoto, Hiromoasa Imaishi

    第33回薬物動態学会年会(MDO International Symposium との合同大会), 2018年10月, 英語, 石川県立音楽堂, 国際会議

    ポスター発表

  • 大腸菌における安息香酸水酸化酵素の異種発現と生物生産システムへの応用

    玉木 峻, 今石 浩正

    2017年度生命科学系学会合同年次大会(第40回日本分子生物学会), 2017年12月, 日本語, 神戸国際展示場, 国内会議

    ポスター発表

  • 真核生物のP450活性を制御する新規遺伝子の探索と機能解析

    山本 耀介, 原 茅乃, 今石 浩正

    2017年度生命科学系学会合同年次大会(第40回日本分子生物学会), 2017年12月, 日本語, 神戸国際展示場, 国内会議

    ポスター発表

  • 食品由来のニトロソアミン化合物の代謝活性化に対するCYP2E1の遺伝子多型の効果

    藤山 友里, 今石 浩正

    2017年度生命科学系学会合同年次大会(第40回日本分子生物学会), 2017年12月, 日本語, 神戸国際展示場, 国内会議

    ポスター発表

  • 患者モデルマウス血清とP450酵素との相互作用を利用したバイオマーカーの開発

    養父 隆承, 山本 龍一, 今石 浩正

    2017年度生命科学系学会合同年次大会(第40回日本分子生物学会), 2017年12月, 日本語, 神戸国際展示場, 国内会議

    ポスター発表

  • 炎症性疾患の新規診断技術の開発

    山本 龍一, 荒井 啓輔, 福本 巧, 今石 浩正

    2017年度生命科学系学会合同年次大会(第40回日本分子生物学会), 2017年12月, 日本語, 神戸国際展示場, 国内会議

    ポスター発表

  • ヒトCYP3A4酵素を利用したアフラトキシンB1解毒法の開発

    山田 真理恵, 今石 浩正

    2017年度生命科学系学会合同年次大会(第40回日本分子生物学会), 2017年12月, 日本語, 神戸国際展示場, 国内会議

    ポスター発表

  • ユーグレナのカロテノイド生合成系におけるシトクロムP450の機能解析

    玉木 峻, 今石 浩正

    日本植物学会第81回大会, 2017年09月, 日本語, 東京理科大学, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • CYP53A15発現大腸菌を用いたp-ヒドロキシ安息香酸生産性の向上

    玉木 峻, 今石 浩正

    第69回日本生物工学会大会, 2017年09月, 日本語, 早稲田大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 微細藻類ユーグレナにおけるβ-カロテン水酸化酵素遺伝子の機能解析

    玉木 峻, 加藤 翔太, 篠村 知子, 石川 孝博, 今石 浩正

    第58回日本植物生理学会年会, 2017年03月, 日本語, 鹿児島大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • CYP2E1の遺伝子多型がニトロソアミンの代謝活性化に与える影響に関する研究

    藤山 友里, 今石 浩正

    日本農芸化学会年会2017年度大会, 2017年03月, 日本語, パシフィコ横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Reduction of aflatoxin B1 toxicity by using food compounds and CYP3A4 gene in human

    Hiroyuki WATANABE, Koji HATSUTA, Hiromasa IMAISHI

    ISMYCO 2016(マイコトキシン学会), 2016年12月, 英語, 東京大学弥生講堂, 国際会議

    ポスター発表

  • 真核生物のP450活性を制御する新規遺伝子の探索と利用

    河合 佑樹, 原 茅乃, 今石 浩正

    第39回日本分子生物学会年会, 2016年11月, 日本語, パシフィコ横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • 真核生物のP450活性を制御する新規遺伝子の探索と解析

    原 茅乃, 河合 佑樹, 今石 浩正

    第39回日本分子生物学会年会, 2016年11月, 日本語, パシフィコ横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • 疾患モデルマウスの血清とP450酵素との相互作用を利用とした炎症性疾患診断法の開発

    飯阪 有佳理, 山本 龍一, 今石浩正

    第39回日本分子生物学会年会, 2016年11月, 日本語, パシフィコ横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • 肝疾患の新規診断技術の開発

    山本 龍一, 荒井 啓輔, 福本 巧, 今石 浩正

    第39回日本分子生物学会年会, 2016年11月, 日本語, パシフィコ横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • ユーグレナにおけるシトクロムP450の遺伝子解析とβ-カロテン水酸化活性の評価

    玉木 峻, 石川 孝博, 今石 浩正

    ユーグレナ研究会第32回研究集会, 2016年11月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 細胞生存率曲線に基づくサブクラスの推定による酵素反応パターンからの化合物毒性予測

    遠山 耕平, 矢島 大嗣, 今石 浩正, 大川 剛直

    第108回MPS・第46回BIO合同研究発表会, 2016年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 潰瘍性大腸炎の新規診断技術の開発

    山本龍一, 室井康平, 今石浩正

    BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第92回日本生化学会大会 合同大会), 2015年12月, 日本語, 神戸国際展示場, 国内会議

    ポスター発表

  • 真核生物のP450活性を制御する新規遺伝子の探索と利用

    河合佑樹, 原茅乃, 今石浩正

    BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会), 2015年12月, 日本語, 神戸ポートピアホテル, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 食品成分によるマイコトキシンの毒性抑制に対するヒト遺伝子多型の影響

    渡辺浩行, 室井康平, 今石浩正

    BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第93回日本生化学会大会 合同大会), 2015年12月, 日本語, 神戸国際展示場, 国内会議

    ポスター発表

  • P450発現のエピジェネティック制御に対する非変異原性化学物質の影響に関する研究

    池田直樹, 今石浩正

    BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第91回日本生化学会大会 合同大会), 2015年12月, 日本語, 神戸国際展示場, 国内会議

    ポスター発表

  • CYP3A4を用いたマイコトキシン汚染食品浄化技術の開発

    初田浩志, 今石浩正

    BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第90回日本生化学会大会 合同大会), 2015年12月, 日本語, 神戸国際展示場, 国内会議

    ポスター発表

  • CYP3A4を用いたマイコトキシン汚染食品浄化技術の開発

    初田浩志, 今石浩正

    BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第89回日本生化学会大会 合同大会), 2015年12月, 日本語, 神戸国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • CYP2A6酵素活性変化に関与する新規タンパク性因子のスクリーニングと機能解析に関する研究

    原茅乃, 河合佑樹, 今石浩正

    BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第93回日本生化学会大会 合同大会), 2015年12月, 日本語, 神戸国際展示場, 国内会議

    ポスター発表

  • シトクロムP450発現大腸菌を用いたwhole cell bioconversionに及ぼす培養・反応条件の影響

    原田 真行, 森中 涼平, 勝田 知尚, 今石 浩正, 山地 秀樹

    化学工学会第47回秋季大会, 2015年09月, 日本語, 化学工学会, 札幌, 国内会議

    ポスター発表

  • ヒト代謝酵素を利用した血中 代謝物パターン識別による 新規診断技術の開発

    今石 浩正

    メディカルジャパン2015, 2015年02月, 日本語, インテックス大阪, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 医薬品-食品間の薬物相互作用の解析: CYP3A4 および ABCB1 に対する食品成分の影響

    澤田 夏美, 坂口 正和, 今石 浩正

    日本農芸化学会関西支部大会(第 486 回講演会), 2014年09月, 日本語, 奈良先端科学技術大学院大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒト‐実験動物間における薬物代謝酵素 P450 の比較生化学研究

    池田 直樹, 今石 浩正, 澤田夏美

    日本農芸化学会関西支部大会(第 486 回講演会), 2014年09月, 日本語, 奈良先端科学技術大学院大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 薬物排出に対するする医薬品- 食品間の薬物相互作用の影響

    澤田 夏美, 後藤 達志, 今石 浩正

    第36回日本分子生物学会, 2013年12月, 日本語, 神戸国際展示場, 国内会議

    ポスター発表

  • 食品成分によるヒト薬物代謝酵素CYP2C19の薬物代謝活性変化に関する研究

    藤木 亜衣, 澤田 夏美, 今石 浩正

    第36回日本分子生物学会, 2013年12月, 日本語, 神戸国際展示場, 国内会議

    ポスター発表

  • 食糧生産を支える最近の科学技術とその応用研究

    今石 浩正

    第3回神戸大学食の安全・安心科学センター/東京大学食の安全研究センター共同開催フォーラム 平成25年度神戸大学大学院農学研究科公開講座, 2013年09月, 日本語, 神戸大学百年記念館, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • シトクロムP450発現大腸菌の増殖と酵素活性に及ぼす培養条件の影響

    森中 涼平, 山地 秀樹, 今石 浩正

    第65回日本生物工学会大会, 2013年09月, 日本語, 日本生物工学会, 広島市, 国内会議

    ポスター発表

  • 大腸菌へと異種発現させたCYP53A15によるp-ヒドロキシ安息香酸の生物変換

    初田浩志, 八木光彦, 今石 浩正

    2013年度 P450、UGT、SULT研究会, 2013年06月, 日本語, コテージヒムカ フェニックスシーガイアリゾート内, 国内会議

    ポスター発表

  • 食品化合物-医薬品間の薬物相互作用が、遺伝子多型を再現したヒト薬物代謝酵素活性に与える影響

    藤木 亜衣, 澤田 夏美, 今石 浩正

    2013年度 P450、UGT、SULT研究会, 2013年06月, 日本語, コテージヒムカ フェニックスシーガイアリゾート内, 国内会議

    ポスター発表

  • 食品安全性評価を目指した薬物代謝系及び薬物排出系の相互作用解析

    澤田 夏美, 後藤 達志, 今石 浩正

    2013年度 P450、UGT、SULT研究会, 2013年06月, 日本語, コテージヒムカ フェニックスシーガイアリゾート内, 国内会議

    ポスター発表

  • ヒトP450反応パターン解析を用いた食品関連化合物の毒性予測

    今石 浩正

    2013年度 P450、UGT、SULT研究会, 2013年06月, 日本語, コテージヒムカ フェニックスシーガイアリゾート内, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • ヒトP450発現大腸菌膜画分を用いたUmu-testによる食品関連化合物の変異原性評価

    室井 康平, 森 大気, 後藤 達志, 澤田 夏美, 今石 浩正

    2013年度 P450、UGT、SULT研究会, 2013年06月, 日本語, コテージヒムカ フェニックスシーガイアリゾート内, 国内会議

    ポスター発表

  • 食品化合物によるヒト薬物(医薬品)排出系トランスポーター活性の阻害

    澤田(川崎) 夏美, 後藤 達志, 今石 浩正

    第85回日本生化学会大会, 2012年12月, 日本語, 福岡国際会議場 マリンメッセ福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 食品化合物と医薬品との薬物相互作用によるヒ卜薬物代謝酵素活性の影響

    藤木 亜衣, 澤田(川崎) 夏美, 今石 浩正

    第85回日本生化学会大会, 2012年12月, 日本語, 福岡田擦会議場 マリンメッセ福岡, 国内会議

    ポスター発表

  • NADPH‐ シトクロムP450還元酵素の遺伝子多型と食品がCYP3A4の薬物代謝活性に与える影響

    坂口 正和, 澤田(川崎) 夏美, 今石 浩正

    第85回日本生化学会大会, 2012年12月, 日本語, 福岡田擦会議場 マリンメッセ福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒトP450を用いた化合物安全性評価研究

    今石 浩正

    ユーグレナ研究会第28回研究集会, 2012年11月, 日本語, 石川県立大学, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • Application of Cytochrome P450 for the drug developments

    Imaishi, H

    華中師範学校での講義, 2012年07月, 英語, 華中師範学校, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Coupling model cellular membranes with molecules, cells, and 3D objects

    Morigaki, K, Saito, M, Okazaki, T, Nakajima, Y, Tatsu, Y, Imaishi, H

    International Association of Colloid and Interface Scientists,Conference, 2012年05月, 英語, 仙台国際センター, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 食品添加物の安全性評価への大腸菌発現ヒトP450酵素の利用

    後藤 達志, 森 大気, 三木 悠, 今石 浩正

    日本農芸化学会2012年度大会, 2012年03月, 日本語, 京都女子大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 食品の安全性評価用バイオセンシングシステムの開発

    今石 浩正, 森垣 憲一, 後藤 達志, 森 大気

    日本農芸学会2012年度大会, 2012年03月, 日本語, 京都女子大学, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • ヒトCYP2C9の遺伝子多型が食品酸化に与える影響

    今石 浩正, 八田 真衣, 松井 麻記, 後藤 達志

    日本薬学会第132年会, 2012年03月, 日本語, 北海道大学, 国内会議

    ポスター発表

  • ウム試験を用いた食品化合物の変異原性評価

    森 大気, 三木 悠, 松井 悠紀, 室井 康平, 後藤 達志, 今石 浩正

    日本農芸化学会2012年度大会, 2012年03月, 日本語, 京都女子大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Surface functionalization of polymeric lipid bilayers for coupling with molecules, cells, and 3D objects

    Morigaki K, Saito M, Mizutani K, Okazaki T, Nakajima Y, Tatsu Y, Imaishi, H

    243 Meeting of the American Chemical Society, 2012年03月, 英語, Sun diego convention center, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • P450 microarrays fabricated in microwells by the inkjet printing

    Kanemura E, Yamada M, Goto T, Tatsu Y, Imaishi H, Morigaki K

    243 Meeting of the American Chemical Society, 2012年03月, 英語, Sun diego convention center, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • ヒトP450発現大腸菌による食品化合物の網羅的な代謝試験

    清水 泰博, 松原 俊之, 後藤 達志, 森垣 憲一, 今石 浩正

    第34回日本分子生物学会, 2011年12月, 日本語, パシフィコ横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒトCYP2C9の遺伝子多型が食品酸化に与える影響Influence of CYP2C9 alleles on food oxidation

    今石 浩正, 八田 真衣, 松井 麻記, 後藤 達志

    第34回日本分子生物学会, 2011年12月, 日本語, パシフィコ横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • METABOLISM AND MEDABOLIC ACTIVATION OF FOOD-COMPOSITION BY HUMAN P450 VARIANTS REPRESENTING SINGLE NUCLEOTIDE POLYMORPHISMS

    今石 浩正, 後藤 達志, 森 大気, 八田 真衣, 松井 麻記, 桧皮 貴史

    17th North American Regional ISSX Meeting, 2011年10月, 英語, Hilton Atlanta Hotel, 国際会議

    ポスター発表

  • パターン化脂質二分子膜へのロドプシンの再構成

    Okada, K, Morigaki, K, Imaishi, H, Hyashi, H

    第49回日本生物物理学会年会, 2011年09月, 日本語, 兵庫県立大学姫路書写キャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 微生物変換へ応用可能なキメラP450酵素の作製と機能解析

    八木 光彦, 滝川 浩郷, 佐々木 満, 今石 浩正

    第84回日本生化学会大会, 2011年09月, 日本語, 国立京都国際会館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 改変変異原生試験を用いた食品成分の安全性評価研究

    森 大気, 三木 悠, 松井 悠紀, 後藤 達志, 今石 浩正

    第84回日本生化学会大会, 2011年09月, 日本語, 国立京都国際会館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ポリマー脂質二分子膜を基盤とした生体膜機能界面の創製

    森垣 憲一, 水谷 和幸, 齋藤 慎, 今石 浩正

    第60回高分子討論会, 2011年09月, 日本語, 岡山大学津島キャンパス, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • ヒトシトクロム2B6によるクロルピリホスの代謝活性化に見られる遺伝子多型の影響

    後藤 達志, 森 大気, 八田 真衣, 松井 麻記, 今石 浩正

    第84回日本生化学会大会, 2011年09月, 日本語, 国立京都国際会館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • シトクロムP450と酵素センサーを積層化したP450マイクロアレイの開発

    森 芳直, 常 鋼, 後藤 達志, 今石 浩正, 森垣 憲一

    第84回日本生化学会大会, 2011年09月, 日本語, 国立京都国際会館, 国内会議

    ポスター発表

  • インクジェット技術によるP450マイクロアレイ作製とケージド補酵素を用いた活性測定

    金村 絵美, 山田 美紗登, 後藤 達志, 今石 浩正, 森垣 憲一

    第84回日本生化学会大会, 2011年09月, 日本語, 国立京都国際会館, 国内会議

    ポスター発表

  • NADPH―シトクロムP450還元酵素の遺伝子多型によるCYP3A4の代謝活性変化

    坂口 正和, 後藤 達志, 今石 浩正

    第84回日本生化学会大会, 2011年09月, 日本語, 国立京都国際会館, 国内会議

    ポスター発表

  • Metablic activation of food-composition by human P450 variants representing single nucleotide polumorphisms

    今石 浩正, 後藤 達志, 桧皮 貴史, 森 大気, 八田 真衣, 松井 麻記

    36th FEBS CONGRESS, 2011年06月, 英語, トリノ リンゴット会議場, 国際会議

    ポスター発表

  • シトクロムP450 遺伝子多型が食品酸化に与える影響

    今石 浩正, 後藤 達志, 桧皮 貴史, 八田 真衣, 松井 麻記

    日本薬学会第131回年会, 2011年03月, 日本語, 日本薬学会, ツインメッセ静岡, 国内会議

    ポスター発表

  • クロルピリホス代謝に見られるヒトCYP2B6遺伝子多型の影響

    後藤 達志, 森 大気, 森垣 憲一, 宇野 知秀, 清水 泰博, 有澤 章, 今石 浩正

    日本農芸学会2011年度大会, 2011年03月, 日本語, 日本農芸学会, 京都女子大, 国内会議

    ポスター発表

  • ヒト薬物代謝酵素による食品危険物質の代謝活性化評価に関する研究

    後藤 達志, 桧皮 貴史, 八田 真衣, 松井 麻紀, 三木 悠, 森 大気, 清水 泰博, 有澤 章, 今石 浩正

    日本農芸化学会関西支部 第468回 講演会, 2011年02月, 日本語, 日本農芸化学会関西支部, 京都大学楽友会館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 微細加工チップを用いたシトクロムP450代謝活性測定技術

    金村 絵美, 水谷 和幸, 森垣 憲, 達 吉郎, 今石 浩正

    BMB2010(第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会), 2010年12月, 日本語, 神戸国際展示場, 国内会議

    ポスター発表

  • ヒトシトクロムP450 2A13 および2B6 によるフラノクマリン類の代謝

    後藤 達志, 森垣 憲一, 宇野 知秀, 清水 泰博, 有澤 章, 今石 浩正

    BMB2010(第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会), 2010年12月, 日本語, 神戸国際展示場, 国内会議

    ポスター発表

  • ヒトP450 を組込んだ新規薬物動態評価用バイオセンサーの開発

    後藤 達志, 森垣 憲一, 今石 浩正

    BMB2010(第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会), 2010年12月, 日本語, 神戸国際展示場, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • ヒトCYP2C9 の遺伝子多型が及ぼす食品化合物の代謝活性への影響

    八田 真衣, 後藤 達志, 桧皮 貴史, 松井 麻記, 今石 浩正

    BMB2010(第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会), 2010年12月, 日本語, 日本分子生物学会, 日本生化学会, 神戸国際展示場, 国内会議

    ポスター発表

  • Effects of single nucleotide polymorphisms in CYP2A13 on metabolism of 5-methoxypsolaren.

    今石 浩正

    2010環太平洋国際化学会議, 2010年12月, 英語, 日本化学会, アメリカ化学会, カナダ化学会, オーストラリア化学会, ニュージーランド化学会, 韓国化学会, 中国化学会, ハワイ コンベンションセンター, 国際会議

    ポスター発表

  • CYP1A1 の遺伝子多型による食品成分の代謝活性変化

    桧皮 貴史, 後藤 達志, 八田 真衣, 松井 麻記, 今石 浩正

    BMB2010(第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会), 2010年12月, 日本語, 日本分子生物学会, 日本生化学会, 神戸国際展示場, 国内会議

    ポスター発表

  • Atrazine の代謝に対するヒトCYP1A2 の遺伝子多型の影響

    松井 麻記, 後藤 達志, 桧皮 貴史, 八田 真衣, 今石 浩正

    BMB2010(第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会), 2010年12月, 日本語, 日本分子生物学会, 日本生化学会, 神戸国際展示場, 国内会議

    ポスター発表

  • パターン化モデル生体膜を利用した膜タンパク質再構成技術の開発

    森垣 憲一, 岡田 佳祐, 水谷 和幸, 今石 浩正

    第36回 日本生体エネルギー研究会&特定領域研究「革新的ナノバイオ」合同シンポジウム, 2010年11月, 日本語, 大阪大学吹田キャンパス銀杏会館, 国内会議

    ポスター発表

  • Metabolic Activation of 5-Methoxypsoralen by Human CYP2A13 Variants Representing Single Nucleotied

    Goto T, Morigaki K, Uno T, Arisawa A, Imaishi H

    日本薬物動態学会第25回年会, 2010年10月, 英語, 大宮ソニックシティー, 国内会議

    ポスター発表

  • ヒト酸化酵素を用いた化合物生産と化合物安全性評価システムの開発

    今石 浩正

    イノベーションジャパン2010, 2010年09月, 日本語, 独)科学技術振興機構, 独)新エネルギー産業技術総合開発機構, 東京国際フォーラム, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Immobilization of cytochrome P450 on the solid surface

    水谷 和幸, 田和 圭子, 今石 浩正, 森垣 憲一

    日本生物物理学会第48回年会, 2010年09月, 英語, 日本生物物理学会, 東北大学川内北キャンパス, 国内会議

    ポスター発表

  • Formation of substrate supported planar phospholipid bilayers in the presence of detergents

    岡田 佳祐, 今石 浩正, 森垣 憲一

    日本生物物理学会第48回年会, 2010年09月, 英語, 日本生物物理学会, 東北大学川内北キャンパス, 国内会議

    ポスター発表

  • Composite membranes of polymeric and fluid lipid bilayers

    K Morigaki, T Okazaki, Y Tatsu, H Imaishi

    Soft Matter Physics 2010, 2010年08月, 英語, 東京大学柏キャンパス, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • パターン化モデル生体膜を利用した膜タンパク質再構成技術の開発

    森垣 憲一, 岡田 佳祐, 水谷 和幸, 今石 浩正

    本特定領域研究の第5回班会議「膜超分子モーターの革新的ナノサイエンス」, 2010年06月, 日本語, 学習院大学創立百周年記念館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • P450酸化酵素を用いた脂肪酸酸化研究

    今石 浩正

    第2回部門会, 2010年03月, 日本語, 神戸大学バイオプロダクションプロジェクト, 神戸大学 百年記念会館, 国内会議

    ポスター発表

  • 難合成化合物のP450酵素を用いた生物生産技術の利用

    今石 浩正

    第4回(大阪・兵庫・和歌山地区)非公開型科学技術情報交換会, 2009年12月, 日本語, (独)科学技術振興機構 JSTイノベーションプラザ大阪, 大阪国際会議場, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 界面活性剤を用いたリン脂質膜の固体基板への固定化手法

    森垣 憲一, 村 成, 稲葉 岳, 岡崎 敬, 川崎 隆史, 今石 浩正

    生物物理学会第47回年会, 2009年11月, 英語, 徳島文理大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • High-throughput Assay of Human P450 Activities by Using Immobilized Microsomes on Oxygen Sensor

    Gang Chang, 森垣 憲一, 達 吉郎, 宇野 知秀, 一色 邦夫, 今石 浩正

    薬物動態学会第24回年会, 2009年11月, 英語, 国立京都国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒトCYP2A13による食物由来成分の代謝における遺伝子多型の影響

    後藤 達志, 桧皮 貴史, 宇野 知秀, 一色 邦夫, 森垣 憲一, 今石 浩正

    第82回日本生化学会大会, 2009年10月, 日本語, 神戸ポートアイランド, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • シトクロムP450遺伝子多型CYP2C9*2とCYP2C9*3が食品酸化に与える影響

    平井 洋輔, 後藤 達志, 宇野 知秀, 一色 邦夫, 森垣 憲一, 今石 浩正

    第82回日本生化学会大会, 2009年10月, 日本語, 神戸ポートアイランド, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ケージド化合物を用いたP450酵素活性の光制御

    水谷 和幸, 森垣 憲一, 達 吉郎, 一色 邦夫, 今石 浩正

    第82回日本生化学会大会, 2009年10月, 日本語, 神戸国際展示場, 国内会議

    ポスター発表

  • CYP1A1の遺伝子多型による食品成分の代謝活性変化

    桧皮 貴史, 後藤 達志, 宇野 知秀, 一色 邦夫, 森垣 憲一, 今石 浩正

    第82回日本生化学会大会, 2009年10月, 日本語, 神戸ポートアイランド, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • シトクロムP450の遺伝子多型情報の活用~個人レベルの化合物安全性評価への応用

    後藤 達志, 今石 浩正

    アドバンスセミナー, 2009年08月, 日本語, メルシャン株式会社生物資源研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Investigation of hydroxylated polychlorinated biphenyls (OH-PCBs) in the air and the sediments around the paper Recycling plant

    鈴木 元治, Takemine S, Tsurukawa M, Matsumura C, Nakano T, 今石 浩正

    Dioxin2009, 2009年08月, 英語, Beijin China, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • ウリ科植物ズッキーニにおける残留性有機汚染物質の吸収経路の解明

    山崎 清志, 前田 耕作, 細木 直樹, 玄 康洙, 池田 健一, 朴 杓允, 今石 浩正, 乾 秀之

    第18回環境化学討論会, 2009年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ズッキーニ植物における残留性有機汚染物質の吸収・移行経路

    山崎 清志, 前田 耕作, 細木 直樹, 玄 康洙, 池田 健一, 朴 杓允, 今石 浩正, 乾 秀之

    2009年度日本農芸化学会, 2009年03月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒト薬物代謝酵素シトクロムP450を基板表面に固定化したバイオセンサーの開発

    水谷 和幸, 森垣 憲一, 田和 圭子, 今石 浩正

    日本農芸化学会関西支部例会(第458回講演会), 2009年02月, 日本語, 京大会館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ズッキーニ植物における残留農薬有機汚染物質の吸収・移行経路

    山崎 清志, 前田 耕作, 細木 直樹, 玄 康洙, 池田 健一, 朴 杓允, 今石 浩正, 乾 秀之

    日本農芸化学会, 2009年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ウリ科植物ズッキーニにおける残留性有機汚染物質の吸収経路の解明

    山崎 清志, 前田 耕作, 細木 直樹, 玄 康洙, 池田 健一, 朴 杓允, 今石 浩正, 乾 秀之

    環境化学討論会, 2009年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 食の安心・安全 農薬の進歩とその安全性

    今石 浩正

    神戸市生涯学習支援センター講演会, 2009年01月, 日本語, 神戸市教育委員会, 神戸市生涯学習支援センター講演会, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • ヒトP450分子種、CYP2C18を発現した大腸菌による食品成分の代謝分析

    池川 朋代, 森内 寛, 付 学軍, 森垣 憲一, 一色 邦夫, 今石 浩正

    日本農芸化学会関西支部例会(第457回講演会), 2008年12月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒトP450酵素発現大腸菌を用いた食品成分の代謝分析

    池川 朋代, 森内 寛, 付 学軍, 森垣 憲一, 一色 邦夫, 今石 浩正

    第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会 BMB2008 2008.12.9-12, 2008年12月, 日本語, 神戸国際展示場, 国内会議

    ポスター発表

  • ヒトCYP2C9 およびCYP2C19の遺伝子多型による薬物代謝活性変化の解析

    付 学軍, 平井 洋輔, 森内 寛, 池川 朋代, 森垣 憲一, 一色 邦夫, 今石 浩正

    日本農芸化学会関西支部例会(第457回講演会), 2008年12月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒトCYP2C19およびCYP3A5の遺伝子多型による薬物代謝活性変化の解析

    付 学軍, 森内 寛, 池川 朋代, 宇野 知秀, 森垣 憲一, 一色 邦夫, 今石 浩正

    第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会 BMB2008 2008.12.9-12, 2008年12月, 日本語, 神戸国際展示場, 国内会議

    ポスター発表

  • ヒトCYP2C18酵素タンパク質の大腸菌内安定発現とその酵素化学的性質

    森内 寛, 付 学軍, 池川 朋代, 平井 洋輔, 森垣 憲一, 一色 邦夫, 今石 浩正

    第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会 BMB2008 2008.12.9-12, 2008年12月, 日本語, 神戸国際展示場, 国内会議

    ポスター発表

  • 食品・医薬品の安全性評価を目指した超高感度ナノバイオセンサー作製への挑戦

    今石 浩正

    第1回神戸大学バイオサイエンス研究会・若手研究者交流会, 2008年11月, 日本語, 神戸大学医学研究科, 神戸大学 神緑会館多目的ホール, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • ナノテクノロジーとバイオの融合

    今石 浩正

    シンポジウム「ナノテクノロジーとバイオの融合」, 2008年02月, 日本語, 神戸大学滝川記念会館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • パターン化脂質膜に固定されたチトクロムP450を用いた酵素活性アッセイ法

    上田 佳弘, 森垣 憲一, 達 吉郎, 湯元 昇, 今石 浩正

    第30回日本分子生物学会・第80回日本生化学会大会 合同大会, 2007年12月, 日本語, パシフィコ横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • Immobilization of cytochrome P450 on micropatterned lipid bilayer substrates for the parallel assay of their activities

    上田 佳弘, 森垣 憲一, 達 吉郎, 湯元 昇, 今石 浩正

    日本生物物理学会第45回年会, 2007年12月, 英語, パシフィコ横浜, 国内会議

    ポスター発表

  • チトクロームP450を用いた創薬のための分子ライブラリーの開発

    今石 浩正

    第18回『バイオテクノロジー産業化のための技術シーズ公開会』, 2007年08月, 日本語, 大阪科学技術センター, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高等生物のP450大腸菌発現系を用いたバイオコンバージョンシステムとその応用

    岡本 聡太, 宇野 知秀, 増田 智子, 伊東 鎮, 桝井 孝一, 山本 高明, 佐々木 彩子, 中西 昭二, 小野 雄介, 堀本 智仁, 金丸 研吾, 山形 裕士, 今石 浩正

    日本薬学会2007年度会, 2007年03月, 日本語, 富山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 遺伝子組み換え生物を用いた生物変換法の利用と応用

    今石 浩正

    神戸大学東京フェア, 2007年01月, 日本語, 神戸大学, ホテルフロラシオン青山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 病害虫抵抗性遺伝子を発現した新機能性イネの作出と利用

    今石 浩正, 大野 清春

    遺伝子組換え技術を応用した次世代型植物の開発に関する研究, 2006年03月, 日本語, (独)農業生物資源研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • P450酵素タンパク質を用いたコンビケム研究

    今石 浩正

    三共(株)薬剤動態研究所セミナー, 2006年02月, 日本語, 三共(株)薬剤動態研究所会議室, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 膜結合型P450酵素タンパク質の大腸菌発現と創薬への利用

    今石 浩正

    アステラス先端技術セミナー, 2005年05月, 日本語, アステラス製薬酵素研究所講堂, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 1原子酸素添加酵素チトクロームP450 を用いたバイオコンビケムへの応用

    増田 智子, 中尾 淳史, 宇野 知秀, 谷口 雄規, 山形 裕士, 金丸 研吾, 大野 清治, 今石 浩正

    第20回Combinatorial Chemistry研究会, 2005年04月, 日本語, Combinatorial Chemistry研究会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 病害虫抵抗性遺伝子を発現した新機能性イネの作出と利用

    今石 浩正, 大野 清春

    遺伝子組換え技術を応用した次世代型植物の開発に関する研究, 2005年03月, 日本語, (独)農業生物資源研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 1原子酸素添加酵素チトクロームP450 を用いたバイオコンビケムへの応用

    増田 智子, 中尾 敦史, 宇野 知秀, 谷口 雄規, 山形 裕士, 金丸 研吾, 大野 清春, 今石 浩正

    第21回Combinatorial Chemistry 研究会, 2005年, 日本語, Combinatorial Chemistry 研究会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 微生物変換系を用いた創薬支援へのP450酵素の応用

    今石 浩正

    JBA・一日神戸大学 微生物バイオの新展開, 2005年, 日本語, 神戸大学, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 超効率的微生物変換系の応用

    今石 浩正

    神戸大学産学官民連携フォーラム, 2005年, 日本語, 神戸大学, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Study of Biocombinatorial chemistry using Cytochrome P450 monooxygenase

    TANIGUCHI Y, IMAISHI Hiromasa, MASUI K, NAKAO A, MASUDA T, YAMAGATA H, OONO Kiyoharu

    第78回日本生化学会大会, 2005年, 英語, 日本生化学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Preparation of recombinant microtuble by using of mouse aipha- and bata-tubulin individually expressed in E.coli,

    KAWANISHI T, MATUMOTO H, NAGAYA M, YUMOTO N, IMAISHI Hiromasa, OONO Kiyoharu

    第78回日本生化学会大会, 2005年, 英語, 日本生化学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 脂肪酸水酸化反応を触媒するトウモロコシCYP78A1を発現させた組替え体シロイヌナズナの解析

    藤本 健司, 今石 浩正, 佐々木 満, 滝川 浩郷, 乾 秀之, 大野 清春

    日本農芸化学会関西支部第437回講演会, 2004年12月, 日本語, 日本農芸化学会関西支部, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • P450酵素の創薬への応用

    今石 浩正

    塩野義研究セミナー, 2004年09月, 日本語, 塩野義製薬株式会社 中央研究所 創薬研究所会議室, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 脂肪酸水素化酵素の構造とその生理的役割

    今石 浩正

    産業技術総合研究所人間系セミナー, 2003年09月, 日本語, 産業技術総合研究所高分子化学実験棟会議室, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Molecular characterization of CYP71 gene family in Lolium regidum biotypes multiple resistance to herbicides

    辻井 久恵, Dillon, N, Liu, D, 今石 浩正, 大川 秀郎

    3rd-Pan-Pacific Conference on Pesticide Science, 2003年06月, 英語, Honolulu, Hawai, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • イネCYP72A18の脂肪酸代謝

    松本 寿々子, 清水 まゆみ, 劉 徳立, 今石 浩正, 滝川 浩郷, 佐々木 満, 大川 秀郎

    日本農芸化学会関西支部第432回講演会, 2003年, 日本語, 日本農芸化学会関西支部, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Strategies for Transgenic Plants Monitoring and Reducing Pesticide Residues

    大川 秀郎, 乾 秀之, 今石 浩正

    Sixth International Symposium on Cytochrome P450 Biodiversity, 2002年08月, 英語, Los Angeles,USA., 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Molecular Function of Cytochrome P450 Species as Targets for Pest Management Chemicals

    大川 秀郎, 乾 秀之, 今石 浩正

    10th IUPAC International Congress on the Chemistry of Crop Protection, 2002年08月, 英語, Basel,Switzerland, 国際会議

    口頭発表(一般)

所属学協会

  • 日本薬学会

  • 日本化学会

  • 日本生物物理学会

  • 日本薬物動態学会

  • 日本生化学会

  • 日本分子生物学会

  • 日本農芸化学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

産業財産権

  • 疾患のバイオマーカーの検出方法、検出装置

    今石浩正, 伊原航平

    特願2020-065362, 2020年03月31日, 大学長

    特許権

  • 炎症性疾患のバイオマーカー

    今石浩正

    特願2015-101694, 2015年05月19日, 大学長, 特許6501607, 2019年03月29日

    特許権

  • がん診断用のバイオマーカー

    今石浩正, 山本龍一, 福本巧, 荒井啓輔

    特願2017-232760, 2017年12月04日, 大学長

    特許権

  • シトクロムP450酵素代謝活性パターンによる化合物の毒性予測法

    森垣憲一, 堀本勝久, 今石浩正

    特願2012-023269, 2012年02月06日, 大学長, 特許5930170, 2016年05月13日

    特許権

  • 多様なチトクロムP450分子種の酵素活性を網羅的かつ高効率で測定する方法及びキット

    今石浩正, 森垣憲一, 常鋼, 達吉郎

    PCT/JP2010/064567, 2010年08月27日, 大学長, WO11027718, 2011年03月10日, 再公表11-027718, 特許5713318, 2015年03月20日

    特許権

  • 膜結合型P450発現用カセットプラスミド

    今石 浩正, 宇野 知秀

    特願2006-132484, 2006年05月11日, 大学長, 特開2007-300852, 2007年11月22日, 特許4899050, 2012年01月13日, 2012年03月21日

    特許権

  • ヒドロキシ脂肪酸類縁体およびその製造法

    特願PTC/JP2010/69468, 2010年11月02日, 大学長

    特許権

  • ヒドロキシ脂肪酸アミドカルボン酸およびその製造法

    今石浩正, 佐々木満, 滝川浩郷

    特願2010-074284, 2010年03月29日, 大学長

    特許権

  • ヒドロキシ脂肪酸エステルおよびその製造法

    今石浩正, 佐々木満, 滝川浩郷

    特願2009-253640, 2009年11月05日, 大学長

    特許権

  • 固定化チトクロムP450と酸素センサーを有する積層基板

    森垣憲一, 常鋼, 今石浩正

    特願2009-201190, 2009年09月01日, 大学長

    特許権

  • NADPH依存性酵素又は該依存性酵素により還元される酸化酵素の酵素活性を測定する方法及びキット

    森垣憲一, 達吉郎, 今石浩正

    特願2009-201187, 2009年09月01日, 大学長

    特許権

  • 基板上に固定化された膜結合型チトクロームP450の活性測定

    今石浩正, 森垣憲一, 達吉郎, 湯元昇

    特願2007-027382, 2007年02月06日, 大学長, 特開2008-187975, 2008年08月21日

    特許権

  • バイオコンビケムによる化合物ライブラリーの効率的な生産方法

    今石浩正, 宇野知秀

    特願2004-325353, 2004年11月09日, 大学長, 特開2006-129836, 2006年05月25日

    特許権

  • タバコ由来の誘導性プロモーター領域

    大川秀郎, 今石浩正

    特願平11-251615, 1999年09月06日, 大学長, 特開2001-69989, 2001年03月21日

    特許権

  • 新規チトクロームP450遺伝子

    大川秀郎, 今石浩正

    特願平9-253167, 1998年09月18日, 大学長, 特開平10-304879, 1998年11月17日

    特許権