研究者紹介システム

齋藤 勝彦
サイトウ カツヒコ
大学院海事科学研究科 海事科学専攻
教授
工学その他
Last Updated :2022/08/14

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院海事科学研究科 海事科学専攻
  • 【配置】

    海洋政策科学部 海洋政策科学科, 海事科学部 グローバル輸送科学科, 大学院海事科学研究科 附属国際海事研究センター

学位

  • 博士(工学), 大阪大学

授業科目

ジャンル

  • 環境・交通 / 物流

コメントテーマ

  • 輸送包装
  • 段ボール
  • 緩衝防振包装
  • 貨物管理

研究活動

研究キーワード

  • 輸送包装

研究分野

  • フロンティア(航空・船舶) / 船舶海洋工学
  • 情報通信 / 機械力学、メカトロニクス
  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 安全工学
  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 社会システム工学

委員歴

  • 2020年 - 現在, 日本包装学会, 会長
  • 2016年 - 現在, Packaging Technology and Science, Editorial Board
  • 2014年 - 現在, Journal of APPLIED PACKAGING RESEARCH, Editorial Board
  • 2014年 - 2020年, International Association of Packaging Research Institutes, Board Member
  • 2012年 - 2016年, 日本包装学会, 副会長
  • 2012年 - 2014年, 日本包装学会, 国際交流委員長
  • 2008年 - 2010年, 日本包装学会, 学会誌編集委員長
  • 2006年 - 現在, IAPRI World Conference on Packaging, Scientific Committee
  • 2004年 - 2007年, 日本包装学会, 研究委員会委員長

受賞

論文

  • Experimental verification on the effectiveness of random vibration testing with controlling acceleration and velocity kurtosis

    Daichi Nakai, Katsuhiko Saito

    2021年11月, Journal of Applied Packaging Research, Aailable at https:// scholarworks.rit.edu/japr/vol13/iss2/2, 13 (2), 1 - 20, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • A Method for Generating Random Vibration Considering Response Spectrum Kurtosis

    Daichi Nakai, Katsuhiko Saito

    2021年08月, Journal of Packaging Science & Technology, Japan, Original Paper, 30 (4), 261 - 272, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 正弦半波による1試料での製品衝撃強さ試験

    堀口翔伍, 斎藤勝彦

    2020年12月, 日本包装学会誌一般論文, 29 (6), 437 - 448, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Obtaining mechanical shock fragility statistics for simple stochastic cushioning design

    Shogo Horiguchi, Katsuhiko Saito

    2020年11月, Journal of Applied Packaging Research, Aailable at https://scholarworks.rit.edu/japr/vol12/iss1/5, 12 (1), 63 - 78, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 初速度を考慮した落下高さ換算手法

    波夛野諭志, 斎藤勝彦

    2020年10月, 日本包装学会誌一般論文, 29 (5), 363 - 374, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Estimating Method of Compression Strength for Regular Slotted Container of Any Size

    Takashi Takayama, Katsuhiko Saito

    2020年06月, Proceedings of 22nd IAPRI World Conference on Packaging, 93 - 98, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Estimation Method of Velocity on Truck Bed

    Daichi Nakai, Katsuhiko Saito

    2020年06月, Proceedings of 22nd IAPRI World Conference on Packaging, 76 - 80, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 箱サイズを限定しない0201形式段ボール箱の圧縮強度推定式

    高山 崇, 齋藤 勝彦, 東山 哲

    2019年06月, 日本包装学会誌、一般論文, 28 (3), 175 - 186, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Experimental and Theoretical Evaluation of the Effect of Panel Geometry on the Failure of Corrugated Board Panel

    Takashi Takayama, Katsuhiko Saito, Akira Higashiyama

    2019年06月, Journal of Applied Packaging Research, Available at: https://scholarworks.rit.edu/japr/vol11/iss2/6, 11 (2), 75 - 89, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • A Method for Predicting the Compression Strength of Any Type of Corrugated Box

    Takashi Takayama, Katsuhiko Saito

    2019年06月, Proc. of the 29th IAPRI Symp. on Packaging, 119 - 126, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • A Method for Generating Random Vibration Using Acceleration Kurtosis and Velocity Kurtosis

    Daichi Nakai, Katsuhiko Saito

    2019年06月, Journal of Applied Packaging Research, Available at: https://scholarworks.rit.edu/japr/vol11/iss2/5, 11 (2), 64 - 74, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Test method for enhanced mechanical shock fragility statistics accuracy

    Shogo Horiguchi, Katsuhiko Saito

    2019年04月, Packaging Technology and Science, DOI:10.1002/pts.2428, 32 (4), 199 - 210, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 輸送車両荷台の速度変化推定方法

    中井 太一, 齋藤 勝彦

    2019年02月, 日本包装学会誌一般論文, 28 (1), 33 - 44, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 湿度環境変動時の段ボール箱一定荷重圧縮特性

    波夛野 諭志, 齋藤 勝彦, 東山 哲, 中尾 善和

    2018年08月, 日本包装学会誌一般論文, 27 (4), 209 - 216, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Simplified design method of cushioning package using structural corrugated board

    Qi Zhang, Katsuhiko SAITO

    2018年06月, Proc. of 21st IAPRI World Conference on Packaging, 93 - 103, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Meishu Piao, Katsuhiko Saito, Kazuaki Kawaguchi, Chen Zhong

    Free-fall tests are generally conducted as the last verification step in the cushioning package design process. However, in practice, design requirements are often not met in a single pass of verification testing and two or three repetitions of the ‘design and test’ steps are typically required, necessitating significant amounts of labour and material resources. Therefore, if the product is a prototype or an expensive product, repeated testing is difficult due to the limited quantity or high cost of samples. For such cases, a new method called the ‘hybrid free-fall test’ is proposed for preventing damage to a tested product. Using this method, the peak shock acceleration occurring during a target (high) free-fall height test can be predicted using the data from a safety free-fall height test. The packaged product is usually conceptually modelled to assist in packaging research, and so far, several physical models have been proposed. In this study, we review one such model, the friction-viscous damping model, and propose a new prediction method for the hybrid free-fall test in which a reconsidered friction-viscous damping model is applied. Furthermore, we used expanded polyethylene and structured corrugated sleeve cushioning materials for verification and considered an effective physical model for each cushioning material.

    John Wiley and Sons Ltd, 2018年05月01日, Packaging Technology and Science, 31 (5), 331 - 341, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 段ボール構造体を用いた緩衝包装の簡易設計法

    張 奇, 齋藤 勝彦, 高橋 光

    2017年12月, 日本包装学会誌一般論文, 26 (6), 331 - 343, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Damping Package Design using Structural Corrugated Board

    Qi Zhang, Katsuhiko SAITO, Katsushige Nagaoka

    2017年09月, Journal of Applied Packaging Research, Available at: https://scholarworks.rit.edu/japr/vol9/iss3/2, Vol.9 (No.3), Article 2, pp.19 - 33, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Study on transport environment of cultural properties via ship in Japan

    Hiroshi WADA, Katsuhiko SAITO

    2017年05月, Proceedings of the 28th IAPRI Symposium on Packaging, 163 - 167, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • あらゆる形式の段ボール箱に適応可能な圧縮強度推定方法の提案

    高山崇, 東山哲, 牧内隆文, 齋藤 勝彦

    2017年04月, 日本包装学会誌一般論文, 26 (2), 109 - 121, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Proposal of Hybrid Damping Package Design

    Qi Zhang, Katsuhiko Saito, Katsushige Nagaoka

    2016年09月, Journal of Applied Packaging Research, Available at: https://scholarworks.rit.edu/japr/vol8/iss3/6, 8 (3-6), 61 - 72, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Chen Zhong, Jiang Li, Kazuaki Kawaguchi, Katsuhiko Saito, Hongshen An

    The express shipping industry in China has developed rapidly in recent years. Express shipping is dedicated to small packages. This package type, which is classified as transport package, has a high risk of product damage because of its characteristics. The design of transport packages is closely related to the shipping environment and has been studied by many researchers. However, the reference value of these research results in the context of China is questionable because the logistics environment in the country varies greatly from that abroad. This issue has been the subject of limited research attention, on which convincing research is lacking. This study measures and analyzes the representative express shipping environment in China using the careful design of a test package. Furthermore, the drop height and orientation of the testing package are analyzed to clarified the shock level on the package during shipping. The findings of this research provide a valuable reference for the optimal design of the express packages in China and for packaging performance tests in the laboratory. Copyright (c) 2016 John Wiley & Sons, Ltd.

    WILEY, 2016年08月, PACKAGING TECHNOLOGY AND SCIENCE, DOI:10.1002/pts.2226, 29 (8-9), 437 - 449, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hybrid Free-fall Test – Proposal & Effectiveness Verification by Dynamic Compression Test -

    Meishu PIAO, Katsuhiko SAITO, Kazuaki KAWAGUCHI, Chen ZHONG

    2015年06月, Proceedings of the 27th IAPRI Symposium on Packaging, 60 - 67, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Damage Control Method for Stacked Packaging

    Hiroaki KITAZAWA, Yutaka ISHIKAWA, Katsuhiko SAITO

    2015年06月, Proceedings of the 27th IAPRI Symposium on Packaging, 45 - 58, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Analysis of Transportation Vibrations and Proposal of Method to Calculate Fatigue Equivalent PSD Based on Vibration Fatigue of Packaged Products

    Kazuki TSUDA, Katsuhiko SAITO

    2015年06月, Proceedings of the 27th IAPRI Symposium on Packaging, 15 - 23, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Method for controlling damage to products subjected to cumulative fatigue considering damage degree at each layer in stacked packaging

    Hiroaki KITAZAWA, Katsuhiko SAITO, Yutaka ISHIKAWA

    日本包装学会, 2015年04月, Journal of Packaging Science & Thechnology, Japan, 24 (2), 69 - 78, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ハイブリッド緩衝包装設計の提案

    張 奇, 齋藤 勝彦

    2014年12月, 日本包装学会誌一般論文, 23 (6), 417 - 424, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 蓄積疲労を考慮した青果物のための新たな損傷予測理論の構築(第2報)-多段積み包装されたイチゴ果実の損傷発生に及ぼす繰り返し衝撃の影響―

    北澤 裕明, 齋藤 勝彦

    2014年08月, 日本包装学会誌一般論文, 23 (4), 277 - 285, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Chen Zhong, Katsuhiko Saito, Kazuaki Kawaguchi, Hiroshi Setoue

    To verify the cushion performance of transport packaging, two traditional drop test methods - free fall and controlled shock tests - and a traditional simulation method are often used. However, it is difficult to assure the safety of a test product when the traditional drop test method is applied, and results from the traditional simulation method are not sufficiently accurate to be used to test packaging material. Therefore, we propose a new test method called the hybrid drop test' by integrating the traditional drop test and simulation methods. The hybrid drop test ensures the safety of the test product and improves test efficiency. The results of the verification test show that this new drop test method can be applied to test the cushion performance of pulp mould transport packaging. Copyright (c) 2013 John Wiley & Sons, Ltd.

    WILEY-BLACKWELL, 2014年07月, PACKAGING TECHNOLOGY AND SCIENCE, DOI: 10.1002/pts.2050, 27 (7), 509 - 520, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Shock Analysis during Fruits Expert from Japan to Neighbouring Regions

    Hiroaki KITAZAWA, Yutaka ISHIKAWA, Katsuhiko SAITO

    2014年06月, Proc. Of 19th IAPRI World Conference on Packaging, 195 - 200, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Evaluation Method of Abrasion Damage on Corrugated Board

    Meishu PIAO, Akinari TAKAHASHI, Katsuhiko SAITO, Akira HIGASHIYAMA

    IAPRI, 2014年06月, Proc. Of 19th IAPRI World Conference on Packaging, 183 - 194, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Hiroaki Kitazawa, Katsuhiko Saito, Yutaka Ishikawa

    To investigate the influence of different combinations of peak acceleration and velocity change on repetitive-shock-induced damages leading to cumulative fatigue in products, we performed drop tests of products packaged similar to those in actual transportation, from several different drop heights and with two kinds of cushioning materials. The damage boundary curves (DBCs), corresponding to the degree of damage per shock, were prepared to investigate the possibility of DBC application for the evaluation of repetitive-shock-induced damage. The drop test showed erroneous results, when predicting repetitive-shock-induced damage, if based only on the relationship between peak acceleration and the degree of damage per shock, as have been carried out in previously reported studies. In our study, the DBCs for a specific degree of damage per shock were prepared, although the ranges of the peak acceleration and velocity change were limited. Preparation of DBC corresponding to the degree of damage per shock, as determined from the peak acceleration and velocity change beforehand, may increase the accuracy of predicting repetitive-shock-induced damage to products from cumulative fatigue. Copyright (c) 2013 John Wiley & Sons, Ltd.

    WILEY-BLACKWELL, 2014年03月, PACKAGING TECHNOLOGY AND SCIENCE, DOI: 10.1002/pts.2026, 27 (3), 221 - 230, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 非ガウス型ランダム振動が包装内容品の応答に与える影響―実験による検討―

    細山 亮, 齋藤 勝彦, 中嶋 隆勝

    日本包装学会, 2013年08月, 日本包装学会誌一般論文, 22 (4), 269 - 278, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Equivalent Drop Test for Structural Corrugated Fiberboard and Pulp Mould Cushions

    Chen ZHONG, SAITO KATSUHIKO

    2013年06月, Proc. of the 26th IAPRI Symp., 235 - 244, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Effectiveness of Stationary Non-Gaussian Random Vibration Testing and its Influence on Packaging

    Akira HOSOYAMA, SAITO KATSUHIKO, Takamasa NAKAJIMA

    2013年06月, Proc. of the 26th IAPRI Symp., 86 - 97, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Chen Zhong, Katsuhiko Saito, Kazuaki Kawaguchi

    In this study, the reliability of the traditional equivalent drop theory for transport packaging was experimentally evaluated, and a new physical model that considers the factor of friction was proposed. Using this new model, mathematical shock response equations of a shock test and a test at free-fall were deduced. In addition, a correcting condition was reached. To let the equivalent free-fall height be exactly equivalent, a new friction equivalent drop theory was proposed. This theory not only significantly reduces experimental errors and improves the accuracy of equivalent experiments but also provides a new theoretical basis for experimental analysis of structural cushioning materials. Copyright © 2012 John Wiley & Sons, Ltd.

    2013年03月, Packaging Technology and Science, 26 (2), 67 - 81, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 非ガウス型ランダム振動が包装内容品の応答に与える影響-数値計算による検討-

    細山 亮, 齋藤 勝彦, 中嶋 隆勝

    日本包装学会, 2012年12月, 日本包装学会誌、一般論文, Vol.21, No.6, pp.471-478 (4), 269 - 278, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Modified Equivalent Drop Test for Structural Corrugated Fiberboard Cushioning

    Chen ZHONG, Katsuhiko SAITO

    日本包装学会, 2012年08月, 日本包装学会誌、一般論文, Vol.21, No.4, pp281-293 (4), 281 - 293, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Equivalent Drop Test for Structural Pulp Mould Cushion

    Chen ZHONG, Katsuhiko SAITO

    2012年07月, Journal of Appllied Packaging Research, Vol.6, No.3, pp.185-201, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 非ガウス型ランダム振動試験の有効性に関する実験的検証

    細山 亮, 斎藤 勝彦, 中嶋 隆勝

    日本包装学会, 2012年04月, 日本包装学会誌、一般論文, Vol.21, No.2, pp.107-114 (2), 107 - 114, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Improvement of Equivalent Drop Theory for Transport Packaging

    Chen Zhong, Katsuhiko Saito, Kazuaki Kawaguchi

    DESTECH PUBLICATIONS, INC, 2012年, 18TH IAPRI WORLD PACKAGING CONFERENCE, 71 - 71, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Non-Gaussian Random Vibrations Using Kurtosis

    Akira Hosoyama, Katsuhiko Saito, Takamasa Nakajima

    We propose a new method for generating non-Gaussian vibrations. It is based on an earthquake generation technique that can calculate both a power spectral density (PSD) and kurtosis. To validate this method, we compared vibrations obtained from a transportation event, the traditional method and the new method. During transportation, we measured cart vibrations and calculated a PSD and kurtosis. In the traditional method, we set the PSD and generate Gaussian random vibrations using the inverse Fourier transform. In the new method, we set both the PSD and kurtosis and generate non-Gaussian random vibrations. Current vibration tests need to set the PSD and the phases of the frequency components. However, the phases are not regulated by the JIS or ASTM standards, unlike the PSD, and are usually assigned random values. Thus, random vibrations are always Gaussian, while the actual field-measured vibrations are often non-Gaussian. This implies that the current tests are inadequate. Since the proposed method can change the vibration envelope by controlling the phases, it can also change a kurtosis. Therefore, the method can generate non-Gaussian vibrations. As such, it is expected to improve the accuracy of vibration tests and consequently reduce damage during transportation as well as excessive packaging.

    DESTECH PUBLICATIONS, INC, 2012年, 18TH IAPRI WORLD PACKAGING CONFERENCE, pp.35-40, 35 - 40, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Chen Zhong, Katsuhiko Saito

    To evaluate quantitatively the performance of cushioning materials, a cushion curve is indispensable. However, the desired cushioning effect may sometimes be absent when we use the cushion curve to design a transport package. In addition, to plot the cushion curve, massive dynamic compression tests are traditionally necessary. Thus, large amounts of labor and material resources are required. Therefore, we used expanded polyethylene and laminated-board cushion as test materials to represent typical cushioning materials, and proposed simplified performance evaluation methods based on certain dynamic compression tests. An analysis of the experimental results showed that to obtain a more accurate packaging design, the shearing effect must be taken into account when using the cushion curve; For both plastic and paper cushions, new proposed performance evaluation methods significantly reduce the number of dynamic compression tests needed to accurately evaluate an actual packaging design.

    TRANS TECH PUBLICATIONS LTD, 2012年, PACKAGING SCIENCE AND TECHNOLOGY, 200, 136 - 142, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Shock Response of a Frictional-viscous Damping Model of Cushioning Material

    Chen ZHONG, Katsuhiko SAITO, Kazuaki KAWAGUCHI

    2011年10月, Journal of Appllied Packaging Research, Vol.5, No.4, pp.197-214, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Modified Simulated Drop Test for Transmitted Shock Characteristics of Structural Plastic Foam Cushioning Materials

    Katsuhiko SAITO, Chen ZHONG

    2010年10月, Proc. of 17th IAPRI World Conference on Packaging,, pp.491-495, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Modified Simulated Drop Test for Transmitted Shock Characteristics of Structural Corrugated Fiber Board

    Chen ZHONG, Katsuhiko SAITO

    2010年10月, Journal of Appllied Packaging Research, Vol.4, No.4,pp.189-201, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 段積みされた段ボール箱のロッキング運動による擦れ損の定量評価

    松浦 和司, 斎藤 勝彦, 東山 哲

    日本包装学会, 2010年08月, 日本包装学会誌, 19,4,pp.289-296 (4), 289 - 296, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Sustainablility Assesment for Optimizing Logistics-oriented Protective Packaging Design

    Lijiang HUO, Katsuhiko SAITO

    日本包装学会, 2010年06月, 日本包装学会誌, 19,3,pp.203-214 (3), 203 - 214, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Equivalent Drop Test Modification for Determination of Cushioning Performance

    Chen ZHONG, Katsuhiko SAITO

    日本包装学会, 2010年04月, 日本包装学会誌, 19,2,pp.123-136 (2), 123 - 136, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • An Evaluation Method for Quality Sustainability of Protecive Cushioning

    Lijiang HUO, Katsuhiko SAITO

    2010年01月, Journal of Appllied Packaging Research, 2010.1.pp.1-14, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Establishment of Sustainability Indicator of Cushioning Packaging

    Lijiang HUO, Katsuhiko SAITO, Yukiomi NAKAGAWA

    2009年08月, 日本包装学会誌, 18-4,pp.259-269, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 高速度カメラを用いた包装貨物落下試験評価

    川口 和晃, 斎藤 勝彦

    2009年06月, 日本包装学会誌, 18-3, pp.203-212, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Study on Optimum Tension of Securing Rope

    Young-Du KIM, Katsuhiko SAITO

    2009年05月, Proc. of the 24th IAPRI Symp., 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Evaluation of Free Fall Test for Conatainer by High Speed Camera

    Kazuaki KAWAGUCHI, Katsuhiko SAITO

    2009年05月, Proc. of the 24th IAPRI Symp., 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Multidimensional Life Cycle Assesment on Various Mouled Pulp Production Systems

    Lijiang HUO, Katsuhiko SAITO

    2009年03月, Packaging Technology and Science, DOI: 10.1002/pts.852, 22 (5), 261 - 273, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Environment Impact Evaluation of Packaging Materials

    Lijiang HUO, Katsuhiko SAITO

    2008年11月, Packaging Engineering, China, Vol.29, N0.11, pp.65-68, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Optimum Initial Tension of Securing Rope

    Young-Du KIM, Katsuhiko SAITO

    2008年10月, 日本包装学会誌, Vo.17, No.5, pp.357-365, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Prediction of Residual Tension of Securing Rope by Oscillation Test

    Young-Du KIM, Katsuhiko SAITO

    2008年09月, Journal of Navigation and Port Research, Korea, Vo.32, No.7, pp.537-542, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • The Environment and Handling of Products

    Hiroshi SETOUE, Katsuhiko SAITO

    2008年06月, Proc. of IAPRI World Conf. on Packaging, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • On-site Vibration Testing for Cushioning Package

    Shinichi MIZUGUCHI, Hidenobu CHIDA, Katsuhiko SAITO

    2008年06月, Proc. of 16th IAPRI World Conf. on Packaging, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • New Approach for Moulded Pulp Cushioning by Detachable Components and Commercial 3-D CAD System

    Yukiomi NAKAGAWA, Masaharu YAMAMOTO, Katsuhiko SAITO

    2008年06月, Proc. of 16th IAPRI World Conference on Packaging, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Multi-criteria Evaluation Techniques for Sustainable Packaging Systems

    Lijiang HUO, Katsuhiko SAITO

    2008年06月, 日本包装学会誌, Vo.17, No.3, pp.167-178, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Environmental Impact Evaluation of Packaging Materials

    Lijiang HUO, Katsuhiko SAITO

    2008年06月, Proc. of 16th IAPRI World Conf. on Packaging, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 減衰の影響を考慮した包装貨物等価落下試験の実験的検証

    川口 和晃, 斎藤 勝彦

    2008年02月, 日本包装学会誌, Vo.17, No.1, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Prediction of Fluctuation Tension of Securing Rope by Oscillation

    Young-Du KIM, Katsuhiko SAITO

    2007年12月, 日本包装学会誌, Vol.16, No.6, pp.413-423, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 組み付け式金型を利用したパルプモウルド緩衝材の低コスト化に関する研究

    中川 幸臣, 佐藤 幹彦, 斎藤 勝彦

    2007年10月, 日本包装学会誌, Vol.16, No.5, pp.335-345, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ガタ振動をともなう包装品の振動耐久性に関する検討

    津田 和城, 中嶋 隆勝, 斎藤 勝彦

    2007年09月, 日本航海学会論文集, 117号、pp.111-117, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Experimental Verification on Non-linear Gap Vibration of Packaged Product

    Kazuki TSUDA, Takamasa NAKAJIMA, Katsuhiko SAITO

    2007年09月, Proc. of the 23rd IAPRI Symp., 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Equivalent Drop Theory with Damping

    Katsuhiko SAITO, Kazuaki KAWAGUCH

    2007年09月, Proc. of the 23rd IAPRI Symp., 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Development of a new type molded pulp cushioning to reduce a cost and lead time

    Yukiomi NAKAGAWA, Katsuhiko SAITO

    2007年09月, Proc. of the 23rd IAPRI Symp., 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Concept Identification and Implementation of Sustainable Packaging Systems

    Lijiang HUO, Katsuhiko SAITO

    2007年08月, 日本包装学会誌, Voi.16, No.4, pp.269-281, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 包装貨物落下試験の等価性について

    川口 和晃, 斎藤 勝彦

    2007年03月, 日本航海学会論文集, 116号、pp.255-260, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 段ボール構造体を用いた緩衝包装に関する一考察

    中川 幸臣, 斎藤 勝彦

    2007年03月, 日本航海学会論文集, 116号、pp.261-268, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 包装品の非線形ガタ振動に関する実験的検証

    津田 和城, 中嶋 隆勝, 斎藤 勝彦

    2007年02月, 日本包装学会誌, Vol.16, No.1, pp.53-61, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 段ボール構造体の落下衝撃シミュレーション

    中川 幸臣, 丹羽 一邦, 斎藤 勝彦

    2006年12月, 日本包装学会誌, Vol.15, No.6, pp.333-343, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Intermittent Measurement of Loading Platform Vibration

    Katsuhiko Saito

    日本包装学会, 2006年10月, Proc. of the 15th IAPRI World Conf. on Packaging, 15 (2), 89 - 94, 日本語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Experimental Investigation on Vibration of Package with Gap

    Kazuki TSUDA, Takamasa NAKAJIMA, Katsuhiko SAITO

    2006年10月, Proc. of the 15th IAPRI World Conf. on Packaging

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Evaluation of Cushioning Property for Sleeve-strucure Corrugated Fiberboard

    Yukiomi NAKAGAWA, Katsuhiko SAITO

    2006年10月, Proc. of the 15th IAPRI World Conf. on Packaging

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 段積みブロックの振動挙動シミュレーション

    斎藤 勝彦, 浅岡 正人

    日本包装学会, 2006年08月, 日本包装学会誌, Vol.15, No.4, pp.201-208 (4), 201 - 208, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • がたを有する被包装物の振動に関する実験的検討

    津田 和城, 中嶋 隆勝, 斎藤 勝彦

    2006年03月, 日本航海学会論文集, Vol.114, pp.201-207, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Quasi-Theoretical Investigation of Vibration of Package with Gap

    Kazuki TSUDA, Takamasa NAKAJIMA, Katsuhiko SAITO

    2005年05月, Proc. of the 22nd IAPRI Symp., Oral Presentation Session

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Mathematical Simulation of Pallet Load Slipping Motion in Vibration

    Katsuhiko Saito

    2005年05月, Proc. of the 22nd IAPRI Symp., Oral Presentation Session

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Design of Corrugated Fiberboard Cushion under Moisture Stress

    Yukiomi NAKAGAWA, Katsuhiko SAITO

    2005年05月, Proc. of the 22nd IAPRI Symp., Presentation

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • パレットロード安定性評価法に関する研究

    斎藤 勝彦, 浅岡 正人

    2005年03月, 日本航海学会論文集, 112号, pp.247-253, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Equivalence of Drop Testing by Free Fall and Controlled Shock

    Katsuhiko SAITO

    2004年06月, Proc. of the 14th IAPRI Conf., 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Quality Management of Moisture-proof Packing

    SAITO KATSUHIKO

    2003年05月, Proc. of the 21st IAPRI Symp., 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 振動試験によるパレットロードスタビライザの機能評価

    齋藤 勝彦, 久保雅義, 切通佑介, 平野誠

    2002年10月, 日本包装学会誌一般論文, 11 (5), 275 - 282, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 振動によるパレットロードの荷動き挙動

    齋藤 勝彦, 久保雅義, 切通佑介

    2002年09月, 日本航海学会論文集, (107), 41 - 45, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 「損傷境界曲線評価法」類型の考案および試験方法の体系化

    中嶋 隆勝, 齋藤 勝彦, 寺岸義春

    2002年08月, 日本包装学会誌一般論文, 11 (4), 217 - 229, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Efficiency of Pallet Load Stabilizer

    SAITO KATSUHIKO

    2002年06月, Proceedings of the 13th IAPRI World Conference on Packaging, 631 - 636, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Development of Probability Based DBC Evaluation Method -Derivation of "Non-reappearance of the Defects on the Market in Experiments"-

    NAKAJIMA TAKAMASA, SAITO KATSUHIKO, TERAGISHI TOSHIHARU

    2002年06月, Proceedings of the 13th IAPRI World Conference on Packaging, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 損傷境界曲線評価法の実験的検証

    中嶋 隆勝, 齋藤 勝彦, 寺岸義春

    2002年04月, 日本包装学会誌一般論文, 11 (2), 115 - 124, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 製品衝撃強さ試験における問題点の実験的確認

    齋藤 勝彦, 中嶋 隆勝

    2002年02月, 日本機械学会論文集C編, 68 (666), 191 - 198, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 新しい製品衝撃強さ評価試験方法の提案

    中嶋 隆勝, 齋藤 勝彦, 寺岸義春

    2001年12月, 日本機械学会論文集C編, 67 (664), 248 - 253, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 確率論を導入した製品の損傷境界曲線評価法

    中嶋 隆勝, 齋藤 勝彦, 寺岸義春

    2001年09月, 日本航海学会論文集, (105), 63 - 70, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Damage Boundary Analysis on Products -Proposal of New Test Methods for Mechanical Shock Fragility of Products-

    NAKAJIMA TAKAMASA, SAITO KATSUHIKO, TERAGISHI TOSHIHARU

    2001年06月, Proceedings of the 12th IAPRI World Conference on Packaging, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 水平振動床上物体のすべり運動の評価について

    齋藤 勝彦, 久保雅義, 友原直人, 切通佑介

    2000年12月, 日本包装学会誌一般論文, 9 (6), 369 - 375, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • パレタイジング作業者の筋負荷と積み込み貨物に作用する衝撃力の関係について

    齋藤 勝彦, 久保雅義, 川野常夫, 小林正明

    2000年09月, 日本航海学会論文集, (103), 135 - 141, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Test Methods for Mechanical Shock Fragility of Products

    NAKAJIMA TAKAMASA, SAITO KATSUHIKO, TERAGISHI TOSHIHARU

    2000年06月, Proceedings of the 20th IAPRI Symposium, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Shock Load by Palletizing Operation

    SAITO KATSUHIKO, KUBO MASAYOSHI

    2000年06月, Proceedings of the 20th IAPRI Symposium, 117 - 122, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 段積みされた製品の非線形モデルによる衝撃強さの検討

    中嶋 隆勝, 齋藤 勝彦, 久保雅義, 寺岸義春

    2000年02月, 日本包装学会誌一般論文, 9 (1), 33 - 46, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ロールボックスパレット積み込み作業時の段ボール箱に作用する衝撃に関する実験的研究

    齋藤 勝彦, 久保雅義

    1999年09月, 日本航海学会論文集, (101), 291 - 296, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Mechanical Shock Fragility of Stacked Products - Consideration with 1 Dimensional Model -

    NAKAJIMA TAKAMASA, SAITO KATSUHIKO, KUBO MASAYOSHI, TERAGISHI YOSHIHARU

    1999年07月, Proceedings of the 11th IAPRI World Conference on Packaging, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Cargo Handling during Transportation by Overnight Small Parcel Delivery Services

    SAITO KATSUHIKO, KUBO MASAYOSHI

    1999年07月, Proc. of the 11th IAPRI Conf. on Packaging, 669 - 674, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 段積み粘弾性支持された製品の線形モデルによる衝撃強さの検討

    中嶋 隆勝, 齋藤 勝彦, 久保雅義, 寺岸義春

    1999年06月, 日本包装学会誌一般論文, 8 (3), 123 - 134, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 宅配便における荷扱いの現状分析

    齋藤 勝彦, 久保雅義, 劉 剛

    1998年09月, 日本航海学会論文集, (99), 117 - 124, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Experimental Study on Palletized Cargo Shifting by Horizontal Vibration

    SAITO KATSUHIKO, KUBO MASAYOSHI

    1998年06月, Proc. of the 19th IAPRI Symp., Session6 (No.4), 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 宅配便で輸送される荷物が受ける衝撃力の実態

    齋藤 勝彦, 久保雅義, 劉 剛

    1998年02月, 日本包装学会誌一般論文, 7 (1), 23 - 33, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • パレタイズ貨物の荷崩れ振動回数について

    齋藤 勝彦, 久保雅義

    1998年02月, 日本包装学会誌一般論文, 7 (1), 13 - 22, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 水平振動によるパレタイズ貨物の荷動き挙動の計測実験

    齋藤 勝彦, 久保雅義

    1997年08月, 日本包装学会誌一般論文, 6 (4), 201 - 212, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • パレタイズ貨物の荷崩れ防止対策に関する基礎的研究

    齋藤 勝彦, 久保雅義

    1997年03月, 日本航海学会論文集, (96), 275 - 282, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 地震動による保管貨物の荷崩れ防止対策に関する基礎的研究-水平振動している床面に置かれた物体の滑り特性-

    齋藤 勝彦, 久保雅義

    1996年09月, 日本航海学会論文集, (95), 325 - 330, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Measurement and analysis of vibrations on the trailer bed, with particular attention to velocity kurtosis and kurtosis response spectrum

    Daichi Nakai, Katsuhiko Saito

    2022年08月, Journal of Packaging Science & Technology, Japan, Original Paper, 31 (4), 227 - 239, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 損傷境界曲線を用いた緩衝包装評価におけるローパスフィルタの影響

    川口和晃, 斎藤勝彦

    2022年02月, 日本包装学会誌ノート, 31 (1), 57 - 62, 日本語

    [査読有り]

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • Comparison of Different Random Vibrations for a Packaging Test

    Daichi Nakai, Katsuhiko Saito

    2022年02月, Journal of Packaging Science & Technology, Japan, Note, 31 (1), 43 - 56, 英語

    [査読有り]

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 損傷境界曲線を用いた緩衝包装評価方法

    川口和晃, 斎藤勝彦

    2021年04月, 日本包装学会誌技術報告, 30 (2), 139 - 147, 日本語

    [査読有り]

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 間欠計測によるランダム振動統計値の信頼性

    進村竜也, 斎藤勝彦, 秋田直也, 奥山俊博

    2020年12月, 日本包装学会誌ノート, 29 (6), 449 - 455, 日本語

    [査読有り]

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 未固縛包装物の跳ね上がり試験

    射手谷友博, 斎藤勝彦, 上原雅史

    2020年10月, 日本包装学会誌技術報告, 29 (5), 381 - 389, 日本語

    [査読有り]

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 箱サイズを限定しない0201形式段ボール箱の圧縮強度推定式の妥当性の検証

    高山 崇, 斎藤勝彦

    2020年10月, 日本包装学会誌ノート, 29 (5), 375 - 379, 日本語

    [査読有り]

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 段ボール箱段積み安全管理に関する研究

    齋藤 勝彦

    2019年12月, 日本包装学会誌総説, 28 (6), 347 - 359, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 物流包装物の落下高さ換算について

    田畑 綾華, 齋藤 勝彦, 川口 和晃

    日本包装学会, 2019年04月, 日本包装学会誌解説, 28 (2), 69 - 78, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 静荷重作用下での段ボール箱の含水率と伸縮率の関係について

    波夛野諭志, 齋藤 勝彦, 東山哲, 中尾善和

    2017年04月, 日本包装学会誌ノート, 26 (2), 131 - 136, 日本語

    [査読有り]

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 輸送包装評価のための振動・衝撃試験

    上原 雅史, 齋藤 勝彦

    2016年08月, 日本包装学会誌解説, 25 (4), 203 - 210, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 段ボール箱圧縮試験の等価性Ⅰー荷重期間による荷重係数ー

    齋藤 勝彦, 波夛野 諭志

    2016年02月, 日本包装学会誌、ノート, 25 (1), 37 - 40, 日本語

    [査読有り]

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 段ボール箱の静圧縮試験と積重ね荷重試験の等価性

    大河原 駿, 齋藤 勝彦, 東山 哲

    2014年10月, 日本包装学会誌、ノート, 23 (5), 369 - 372, 日本語

    [査読有り]

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 安全な落下高さでの自由落下試験による包装貨物限界落下高さでの衝撃加速度の推定

    川口 和晃, 齋藤 勝彦, 竹内 雅和

    2014年10月, 日本包装学会誌、技術報告, 23 (5), 373 - 379, 日本語

    [査読有り]

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 段ボールの擦れ損進行

    高橋 明成, 齋藤 勝彦

    2014年08月, 日本包装学会誌技術報告, 23 (4), 287 - 292, 日本語

    [査読有り]

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 段ボール箱クリープの簡易推定

    大山 絢加, 齋藤 勝彦, 山原 栄司

    日本包装学会, 2013年04月, 日本包装学会誌ノート, 22 (2), 163 - 167, 日本語

    [査読有り]

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 段ボール静圧縮強度の統計的検討

    松本 諒平, 齋藤 勝彦, 山原 栄司

    日本包装学会, 2013年04月, 日本包装学会誌技術報告, 22 (2), 169 - 174, 日本語

    [査読有り]

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 段ボール箱擦れ損再現簡易振動試験

    安藤 文明, 斎藤 勝彦, 東山 哲

    日本包装学会, 2012年06月, 日本包装学会誌、技術報告, Vol.21, No.3, pp.213-218 (3), 213 - 218, 日本語

    [査読有り]

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 包装設計における動的緩衝係数曲線の利用

    祝原 彩, 齋藤 勝彦, 尾上 ちあき, 瀬戸上 裕

    2011年06月, 日本包装学会誌, Vol.20, No.3, pp.197-202, 日本語

    [査読有り]

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 段積み段ボール箱の強度設計について

    室谷 めぐみ, 齋藤 勝彦, 山原 栄司

    2011年06月, 日本包装学会誌, Vol.20, No.3, pp.203-208, 日本語

    [査読有り]

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 手押し台車配送による包装貨物の蓄積疲労

    劉 建楠, 斎藤 勝彦

    日本包装学会, 2010年08月, 日本包装学会誌, Vol.9, No.4,pp.297-303 (4), 297 - 303, 日本語

    [査読有り]

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • パレット積みされた段ボール箱の限界保管時間について

    田村 祥, 斎藤 勝彦, 山原 栄司

    2009年06月, 日本包装学会誌, 18-3, pp.213-217, 日本語

    [査読有り]

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 環境負荷要因としての荷扱いレベルの評価

    瀬戸上 裕, 斎藤 勝彦

    2008年12月, 日本包装学会誌, Vo.17, No.6, pp.433-440, 日本語

    [査読有り]

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 段ボールの擦れ損評価について

    李 江, 斎藤 勝彦

    2008年06月, 日本包装学会誌, Vo.17, No.3, pp.185-189, 日本語

    [査読有り]

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 緩衝包装材の性能評価に関する研究

    川原 拓, 斎藤 勝彦, 瀬戸上 裕

    2008年06月, 日本包装学会誌, Vol.13, No.3, pp.179-183, 日本語

    [査読有り]

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 荷台振動の間欠計測

    斎藤 勝彦, 森田 勉

    日本包装学会, 2006年04月, 日本包装学会誌, Vol.15, No2, pp.89-94 (2), 89 - 94, 日本語

    [査読有り]

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 衝撃記録計を用いた荷台の簡易振動計測

    斎藤 勝彦

    2004年12月, 日本航海学会誌、NAVIGATION, 161号, pp.65-68, 日本語

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 包装貨物落下試験に関する実験的検討

    斎藤 勝彦, 川口 和晃

    2004年10月, 日本包装学会誌, Vol.13, No.5, pp.303-308, 日本語

    [査読有り]

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 防湿梱包の品質管理に関する基礎的研究

    齋藤 勝彦, 山崎 潔, 山口 広高

    2003年06月, 日本航海学会誌NAVIGATION研究調査, (156), 83 - 88, 日本語

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 輸送包装の最適化と輸送環境

    齋藤 勝彦, 長谷川 淳英

    2001年12月, 日本包装学会誌総説, 10 (6), 257 - 262, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 環境対応型バラ緩衝材の力学的特性

    齋藤 勝彦, 久保雅義, 中川博史

    2000年04月, 日本包装学会誌ノート, 9 (2), 97 - 103, 日本語

    [査読有り]

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 荷崩れ振動回数の統計的性質

    齋藤 勝彦, 久保雅義

    1999年02月, 日本包装学会誌ノート, 8 (1), 19 - 22, 日本語

    [査読有り]

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 阪神・淡路大震災による倉庫内貨物の被災状況

    齋藤 勝彦, 久保雅義, 石田広史

    1996年06月, 日本航海学会誌, NAVIGATION, (128), 9 - 11, 日本語

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 製品衝撃強さ試験における問題点の実験的確認

    中嶋 隆勝, 斎藤 勝彦, 寺岸 義春

    In the previous study of shock response analysis for linear and nonlinear models representing products, we found the possibility of two kinds of strange phenomena. These phenomena lead to overestimation in the mechanical-shock fragility test. In order to verify these problems as stated above (in the mechanical-shock fragility tests, ex. JIS Z 0119 and ASTM D 3332), we conducted the shock experiments with a real product and an experimental model (which represent the situation that products are stacked). As a result of that, we confirmed that there is a possibility that these phenomena may occur in mechanical-shock fragility tests. The outline of these phenomena is as follows: (1) the critical acceleration of products may depend upon the velocity change of the shock pulse in the critical acceleration test. (The dependency of the critical acceleration on velocity change) (2) there is a possibility that the products may be more fragile reversely when a certain shock pulse with a lower acceleration is applied. (The reverse phenomenon in the critical acceleration shock test)

    一般社団法人日本機械学会, 2002年02月25日, 日本機械学會論文集. C編 = Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers. C, 68 (666), 539 - 546, 日本語

  • パックイチゴの振動易損性評価 (第45回全日本包装技術研究大会) -- (輸送包装部会)

    田村 祥, 斎藤 勝彦

    日本包装技術協会, 2007年11月21日, 全日本包装技術研究大会・日本MH協会年次大会, 45, 22 - 25, 日本語

  • 減衰を考慮した包装貨物等価落下試験の実験的検証 (第45回全日本包装技術研究大会) -- (輸送包装部会)

    川口 和晃, 斎藤 勝彦

    日本包装技術協会, 2007年11月21日, 全日本包装技術研究大会・日本MH協会年次大会, 45, 51 - 54, 日本語

  • 簡易振動試験による包装品の現場検査 (第45回全日本包装技術研究大会) -- (輸送包装部会)

    上原 雅史, 斎藤 勝彦

    日本包装技術協会, 2007年11月21日, 全日本包装技術研究大会・日本MH協会年次大会, 45, 9 - 12, 日本語

  • ボトルラベル印刷擦れの再現振動試験について (第47回全日本包装技術研究大会) -- (輸送包装部会)

    上原 雅史, 斎藤 勝彦

    日本包装技術協会, 2009年11月19日, 全日本包装技術研究大会, 47, 18 - 21, 日本語

  • 宅配貨物荷扱いレベルの実態

    斎藤勝彦

    2022年08月, 日本包装学会誌解説, 31 (4), 211 - 218, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 損傷境界曲線評価試験および保証範囲確認試験 (特集 第38回全日本包装技術研究大会優秀発表)

    中嶋 隆勝, 寺岸 義春, 斎藤 勝彦

    日本包装技術協会, 2001年02月, 包装技術, 39 (2), 194 - 199, 日本語

書籍等出版物

  • 実務者のための力学的輸送包装設計ハンドブック

    斎藤 勝彦

    監修, テクノシステム, 2018年10月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • トコトンやさしい段ボールの本

    レンゴー株式会社, 齋藤 勝彦

    監修, 日刊工業新聞社, 2016年09月, 日本語

    一般書・啓蒙書

  • 輸送包装の基礎と実務

    斎藤 勝彦, 長谷川 淳英

    共著, 幸書房, 2008年09月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • 海上貨物輸送論

    久保 雅義, 斎藤 勝彦, 水井 真治, 浅木 健司, 笹 健児

    共著, 成山堂書店, 2008年03月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • 輸送包装の科学

    斎藤 勝彦

    単著, 日本包装学会, 2004年06月, 日本語

    教科書・概説・概論

講演・口頭発表等

  • 速度の尖度を考慮した振動試験方法

    中井太地, 斎藤勝彦

    第59回全日本包装技術研究大会, 2021年12月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 包装貨物跳ね上がり試験の構築

    射手谷友博, 斎藤勝彦, 上原雅史

    第30回日本包装学会年次大会, 2021年07月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 間欠計測によるランダム振動試験の構築

    進村竜也, 斎藤勝彦, 秋田直也

    第30回日本包装学会年次大会, 2021年07月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 激動試験機を用いた輸送振動再現試験に関する研究

    海原大智, 斎藤勝彦, 上原雅史

    第30回日本包装学会年次大会, 2021年07月, 日本語

    ポスター発表

  • 静荷重後の段ボール箱残存圧縮強度に関する研究

    平田宜己, 斎藤勝彦, 東山哲

    第30回日本包装学会年次大会, 2021年07月, 日本語

    ポスター発表

  • スマートフォンによる輸送車両荷台振動計測

    佐々木駿, 斎藤勝彦, 秋田直也

    第30回日本包装学会年次大会, 2021年07月, 日本語

    ポスター発表

  • 緩衝材材料による衝撃波形形状の違いが1自由度ばねマス系における加速度応答に与える影響

    堀口翔伍, 斎藤勝彦, 津田和城, 細山亮

    第30回日本包装学会年次大会, 2021年07月, 日本語

  • 損傷境界曲線を用いた緩衝包装評価方法

    川口和晃, 斎藤勝彦

    第30回日本包装学会年次大会, 2021年07月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 加速度データを用いたトラックの停止・発進挙動にみられる特徴の分析

    陳蘭節, 秋田直也, 斎藤勝彦

    第30回日本包装学会年次大会, 2021年07月, 日本語

    ポスター発表

  • 簡易計測による不規則振動統計値の信頼性

    進村竜也, 斎藤勝彦, 秋田直也, 奥山俊博

    第29回日本包装学会年次大会, 2020年07月, 日本語

    ポスター発表

  • 走行中段差乗り越えによる未固縛包装物の跳ね上がり衝撃

    射手谷友博, 斎藤勝彦, 上原雅史

    第29回日本包装学会年次大会, 2020年07月, 日本語

    ポスター発表

  • ドライブレコーダーを用いたトラック走行時の加速度発生状況の基礎的分析

    陳蘭節, 秋田直也, 斎藤勝彦

    第29回日本包装学会年次大会, 2020年07月, 日本語

    ポスター発表

  • 初速度を考慮した落下高さ換算手法

    波夛野諭志, 斎藤勝彦

    第29回日本包装学会年次大会, 2020年07月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 正弦半波のみを用いた1試料による製品衝撃強さ試験条件決定法の提案

    堀口翔伍, 斎藤勝彦

    第29回日本包装学会年次大会, 2020年07月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • A novel mechanical-shock fragility test of a product for simple stochastic cushioning design

    Shogo Horiguchi, Katsuhiko Saito

    IAPRI 2020 22nd World Packaging Conference, Mexico, 2020年06月, 英語

    口頭発表(一般)

  • 輸送中におけるワレモノ指定貨物の荷扱い

    進村 竜也, 齋藤 勝彦, 秋田 直也

    第28回日本包装学会年次大会, 2019年07月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 輸送車両荷台の振動速度推定方法

    中井 太地, 齋藤 勝彦

    第28回日本包装学会年次大会, 2019年07月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 包装貨物落下試験における落下高さについて

    田畑 綾華, 齋藤 勝彦, 川口 和晃

    第28回日本包装学会年次大会, 2019年07月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 固縛されていない包装物の振動跳ね上がり特性

    射手谷 友博, 齋藤 勝彦, 上原 雅史

    第28回日本包装学会年次大会, 2019年07月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 宅配貨物荷扱いに及ぼすケアマークの影響

    田畑 綾華, 齋藤 勝彦, 秋田 直也

    第56回全日本包装技術研究大会, 2018年11月, 日本語, 幕張メッセ, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 包装貨物落下環境計測解析について

    田畑 綾華, 齋藤 勝彦, 川口 和晃

    第27回日本包装学会年次大会, 2018年07月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 統計値を用いた製品衝撃強さ試験に関する提案

    堀口 翔伍, 齋藤 勝彦

    第27回日本包装学会年次大会, 2018年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 湿度環境変動時の段ボール箱一定荷重圧縮特性

    波夛野 諭志, 齋藤 勝彦, 東山 哲, 中尾 善和

    第27回日本包装学会年次大会, 2018年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 自動車用雹害軽減シートの評価

    齋藤 勝彦, 奥山 俊博, 東 清大

    第27回日本包装学会年次大会, 2018年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 静荷重下段ボール箱の圧縮挙動に及ぼす段ボール含水率の影響について

    波夛野 諭志, 齋藤 勝彦, 東山 哲, 中尾 善和

    第55回全日本包装技術研究大会, 2017年11月, 日本語, 名古屋国際会議場, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 静荷重作用下で含水率が急変する段ボール箱の伸縮挙動について

    波夛野 諭志, 齋藤 勝彦, 東山 哲, 中尾 善和

    第26回日本包装学会年次大会, 2017年07月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 狭幅(約10cm以下)のパネルを有する段ボール箱の圧縮強度推定方法

    高山 崇, 東山 哲, 牧内 隆文, 齋藤 勝彦

    第26回日本包装学会年次大会, 2017年07月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 簡易型衝撃記録計を用いた包装貨物落下高さ計測の有効性について

    田畑 綾華, 齋藤 勝彦, 池川智和

    第26回日本包装学会年次大会, 2017年07月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 海上輸送を経由する文化財輸送環境の評価

    和田 浩, 宮地 鼓, 齋藤 勝彦

    第26回日本包装学会年次大会, 2017年07月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 包装貨物評価のためのハイブリッド自由落下試験に関する研究

    朴 美淑, 齋藤 勝彦, 川口 和晃

    第25回日本包装学会年次大会, 2016年07月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 発泡プラスチック緩衝系のハイブリッド包装設計の有効性提案

    張 奇, 齋藤 勝彦, 長岡 克樹, 高木 悦朗

    第25回日本包装学会年次大会, 2016年07月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 段ボール箱の擦れ損再現における激動試験の有効性

    宮本 真琴, 齋藤 勝彦

    第25回日本包装学会年次大会, 2016年07月, 日本語, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • 振動試験による段ボール箱の擦れ損再現

    深津 菜央, 齋藤 勝彦

    第25回日本包装学会年次大会, 2016年07月, 日本語, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • 含水率が急変する段ボール箱の圧縮挙動

    波夛野 諭志, 齋藤 勝彦, 東山 哲

    第25回日本包装学会年次大会, 2016年07月, 日本語, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • クラフト紙の擦れ損の定量評価

    中井 太地, 齋藤 勝彦

    第25回日本包装学会年次大会, 2016年07月, 日本語, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • Method for controlling damage to products subjected to cumulative fatigue considering damage degree at each layer in stacked packaging(多段積み包装における段ごとの損傷度を考慮した蓄積疲労により損傷する物品の損傷制御方法の提案)

    北澤 裕明, 齋藤 勝彦, 石川 豊

    第25回日本包装学会年次大会, 2016年07月, 日本語, 神戸, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 実輸送データに基づく振動試験条件の導出に関する考察

    上原 雅史, 齋藤 勝彦

    第53回全日本包装技術研究大会, 2015年11月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 段ボール箱の擦れ損再現のための振動試験について

    澤田 千奈美, 齋藤 勝彦, 東山 哲

    第24回日本包装学会年次大会, 2015年07月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 積み重ね荷重時の段ボール箱圧縮速度に及ぼす段ボール含水率の影響について

    広川 秀美, 齋藤 勝彦, 東山 哲

    第24回日本包装学会年次大会, 2015年07月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    ポスター発表

  • ハイブリッド自由落下試験の精度に及ぼす包装品物理モデリングの影響

    朴 美淑, 齋藤 勝彦, 川口 和晃, 瀬戸上 裕

    第24回日本包装学会年次大会, 2015年07月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    ポスター発表

  • Study for Prediction of Peak Acceleration on Package Freight by Free Fall Test

    Kazuaki KAWAGUCHI, Katsuhiko SAITO, Masakazu TAKEUCHI

    Proceeding of 27th IAPRI Symposium on Packaging, Poster Presentation, 2015年06月, 英語, 国際会議

    ポスター発表

  • 適正な緩衝包装のための輸送包装試験

    齋藤 勝彦

    日本試験機工業会機関誌、TEST, pp.4-6, 2015年01月, 日本語, 国内会議

    その他

  • 包装内容品を破損なく評価する落下試験方法の提案

    川口 和晃, 齋藤 勝彦, 竹内 雅和

    第52回全日本包装技術研究大会, 2014年11月, 日本語, 札幌, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 振動試験における試験品の固定の有無が包装内容品に与える影響

    細山 亮, 齋藤 勝彦

    第52回全日本包装技術研究大会, 2014年11月, 日本語, 札幌, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Transport Packaging Tests for Optimum Package Cushioning Materials

    Katsuhiko SAITO

    PAC2014 Conference, 2014年11月, 英語, Yonsei Univ. and Wonju Medical Industry TechnoValley, Wonju, KOREA, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Corrugated Box Dynamics

    Katsuhiko SAITO

    ICPTS2014, The 2nd Asia Packaging Network Conference, 2014年10月, 英語, Jiangnang Univ., Wuxi, CHINA, 国際会議

    口頭発表(基調)

  • 落下試験機を用いた加速度予測方法

    川口 和晃, 齋藤 勝彦, 竹内 雅和

    第23回日本包装学会年次大会, 2014年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 摩擦ハザードによる段ボール擦れ損域の拡大と輝度変化

    高橋 明成, 齋藤 勝彦, 東山 哲

    第23回日本包装学会年次大会, 2014年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ハイブリッド緩衝包装設計

    張 奇, 齋藤 勝彦, 長岡 克樹, 高木 悦朗

    第23回日本包装学会年次大会, 2014年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Relation between Abrasion Damage Index and Consumer’s Attitude on Corrugated Sheet

    Meishu PIAO, Katsuhiko SAITO, Akira HIGASHIYAMA

    第23回日本包装学会年次大会, 2014年07月, 英語, 国内会議

    ポスター発表

  • 「おもてなしの国」の輸送包装

    齋藤 勝彦

    日本包装学会誌、解説、Vol.23, No.1, pp.37-40, 2014年02月, 日本語, 国内会議

    その他

  • 輸送包装コミュニティの設立

    川口 和晃, 齋藤 勝彦, 津田 和城

    第51回全日本包装技術研究大会, 2013年11月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 段ボール箱の擦れキズ再現試験の新たな試み

    千田 詠介, 齋藤 勝彦

    第51回全日本包装技術研究大会, 2013年11月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 包装物の蓄積疲労度からみた輸送振動間欠計測条件の設定法について

    齋藤 勝彦, 上原 雅史

    第22回日本包装学会年次大会講演要旨集, 2013年07月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 段ボール箱クリープの簡易推定

    大山 絢加, 齋藤 勝彦, 山原 栄司

    第22回日本包装学会年次大会講演要旨集, 2013年07月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 段ボールの擦れ損進行に関する研究

    高橋 明成, 齋藤 勝彦, 東山 哲

    第22回日本包装学会年次大会講演要旨集, 2013年07月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 段ボールの圧縮強度に関する統計的検討

    松本 諒平, 齋藤 勝彦, 山原 栄司

    第22回日本包装学会年次大会講演要旨集, 2013年07月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 衝撃加速度と速度変化の違いが繰り返し衝撃によるイチゴの損傷発生に及ぼす影響

    北澤 裕明, 齋藤 勝彦, 石川 豊

    第22回日本包装学会年次大会講演要旨集, 2013年07月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 緩衝と防振を両立する適正包装コンセプト

    張 奇, 長岡 克樹, 高木 悦朗, 齋藤 勝彦

    第22回日本包装学会年次大会講演要旨集, 2013年07月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The Hybrid Drop Test

    Chen ZHONG, Katsuhiko SAITO, Kazuaki KAWAGUCHI, Hiroshi SETOUE

    第22回日本包装学会年次大会講演要旨集, 2013年07月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Research and Development of Transport Packaging in Japan

    SAITO KATSUHIKO

    International Packaging Seminar 2013, 2013年07月, 英語, Tokyo Univ., 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 輸送包装試験における多軸同時加振の有効性に関する考察

    上原 雅史, 齋藤 勝彦, 高橋 明成

    日本包装学会年次大会, 2012年07月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 中国における包装技術の大学教育

    朱 麗, 齋藤 勝彦

    日本包装学会年次大会, 2012年07月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 段ボール箱の段積み限界推定法の検証実験

    大山 絢加, 齋藤 勝彦, 山原 栄司

    日本包装学会年次大会, 2012年07月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 段ボール箱のロッキングによる擦れ損を再現する簡易試験の提案

    安藤 文明, 齋藤 勝彦, 東山 哲

    日本包装学会年次大会, 2012年07月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 段ボール圧縮強度の統計的評価

    松本 諒平, 齋藤 勝彦, 山原 栄司

    日本包装学会年次大会, 2012年07月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 多方向同時加振が蓄積疲労に及ぼす影響

    高橋 明成, 齋藤 勝彦, 上原 雅史

    日本包装学会年次大会, 2012年07月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    ポスター発表

  • Improvement of Equivalent Free-fall Height for Transport Packaging

    Chen ZHONG, Katsuhiko SAITO, Kazuaki KAWAGUCHI

    日本包装学会年次大会, 2012年07月, 英語, 東京大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 輸送包装評価法の研究を通じた人材育成

    齋藤 勝彦

    第20回日本包装学会年次大会, 2011年07月, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 輸送振動による段ボール箱表面擦れ損の現場再現について

    安藤 文明, 齋藤 勝彦, 東山 哲

    第20回日本包装学会年次大会講演要旨集, 2011年07月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 包装品の振動疲労評価実験モデルについて

    細山 亮, 齋藤 勝彦

    第20回日本包装学会年次大会講演要旨集, 2011年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 包装設計のための緩衝材せん断動圧縮試験

    尾上 ちあき, 齋藤 勝彦, 瀬戸上 裕

    第20回日本包装学会年次大会講演要旨集, 2011年07月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 片持ち支持底面落下に対する緩衝性能評価

    松本 諒平, 齋藤 勝彦, 根本 鉄郎

    第20回日本包装学会年次大会講演要旨集, 2011年07月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 動的緩衝係数曲線を利用した包装設計について

    祝原 彩, 齋藤 勝彦, 尾上 ちあき, 瀬戸上 裕

    第20回日本包装学会年次大会講演要旨集, 2011年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 段積みされた段ボール箱の必要圧縮強度

    室谷 めぐみ, 齋藤 勝彦, 山原 栄司

    第20回日本包装学会年次大会講演要旨集, 2011年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 段ボール箱の圧縮強さに及ぼす静荷重の影響

    高田 利夫, 津田 和城, 齋藤 勝彦

    第20回日本包装学会年次大会講演要旨集, 2011年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • フラップ改良による段ボール箱の段積み安定性向上について

    大山 絢加, 齋藤 勝彦, 東山 哲

    第20回日本包装学会年次大会講演要旨集, 2011年07月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • Transport Environment Data Station

    Qi ZHANG, 齋藤 勝彦

    第20回日本包装学会年次大会講演要旨集, 2011年07月, 英語, 国内会議

    ポスター発表

  • Shock Response on Frictional-viscous Damping Model

    Chen ZHONG, 齋藤 勝彦, Kazuaki KAWAGUCHI

    第20回日本包装学会年次大会講演要旨集, 2011年07月, 英語, 国内会議

    ポスター発表

  • ボトルラベル印刷擦れに対する各種振動試験の比較について

    上原 雅史, 斎藤 勝彦

    全日本包装技術研究大会, 2010年12月, 日本語, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 大型設備の緩衝施工のための緩衝材選定方法

    根本 鉄郎, 斎藤 勝彦, 江口 正修, 塀 等

    全日本包装技術研究大会, 2010年12月, 日本語, 京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 包装用緩衝材の力学モデルに関する考察

    祝原 彩, 斎藤 勝彦, 松本 諒平, 瀬戸上 裕

    日本包装学会年次大会, 2010年07月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    ポスター発表

  • 包装貨物の振動疲労からみた配送用手押し台車のハザード評価

    劉 建楠, 斎藤 勝彦

    日本包装学会年次大会, 2010年07月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 段積みされた段ボール箱のロッキング運動による擦れ損の定量評価

    松浦 和司, 斎藤 勝彦, 東山 哲

    日本包装学会年次大会, 2010年07月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ランダム振動試験によるボトルラベル印刷擦れの現場再現性について

    安藤 文明, 斎藤 勝彦, 上原 雅史

    日本包装学会年次大会, 2010年07月, 日本語, 東京大学, 国内会議

    ポスター発表

  • パレタイズドカートンのクリープ特性

    室谷 めぐみ, 斎藤 勝彦, 藤田 浩貴, 山原 栄司

    日本包装学会年次大会, 2010年07月, 日本語, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • Sustainablility Assesment for Optimum Protective Cushioning

    Lijiang HUO, Katsuhiko SAITO

    日本包装学会年次大会, 2010年07月, 英語, 東京大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Modified Simulated Drop Test for Transmitted Shock Characteristics of Structural Corrugated Fiber Board

    Chen ZHONG, Katsuhiko SAITO

    日本包装学会年次大会, 2010年07月, 英語, 東京大学, 国内会議

    ポスター発表

  • ボトルラベル印刷擦れの再現振動試験について

    上原 雅史, 斎藤 勝彦

    全日本包装技術研究大会, 2009年11月, 日本語, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 配送用手押し台車による振動損傷度評価

    劉 建楠, 斎藤 勝彦

    18回日本包装学会年次大会, 2009年07月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 段積みされた段ボール箱の強度推定

    室谷 めぐみ, 斎藤 勝彦

    18回日本包装学会年次大会, 2009年07月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 衝撃・振動データの分離基準に関する研究

    清水 円嘉, 水井 真治, 斎藤 勝彦

    18回日本包装学会年次大会, 2009年07月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 緩衝性能評価としての等価落下試験の改善

    仲 辰, 斎藤 勝彦

    18回日本包装学会年次大会, 2009年07月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 簡易振動試験による実輸送擦れ損再現

    上原 雅史, 斎藤 勝彦

    18回日本包装学会年次大会, 2009年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 画像解析による段ボール擦れ損評価について

    松浦 和司, 上枝 弘明, 斎藤 勝彦, 東山 哲

    18回日本包装学会年次大会, 2009年07月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • パレット積みされた段ボール箱の限界保管時間について

    田村 祥, 斎藤 勝彦, 山原 栄司

    18回日本包装学会年次大会, 2009年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • クッションカーブを利用した緩衝包装設計の不確実性について

    祝原 彩, 斎藤 勝彦, 瀬戸上 裕

    18回日本包装学会年次大会, 2009年07月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 輸送用手押し台車の振動計測

    劉 建楠, 斎藤 勝彦

    17回日本包装学会年次大会, 2008年07月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 段ボール振動擦れ損評価について

    松浦 和司, 斎藤 勝彦

    17回日本包装学会年次大会, 2008年07月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 合理的な固縛索張力の設定について

    金 泳杜, 斎藤 勝彦

    17回日本包装学会年次大会, 2008年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高速度カメラによる包装貨物落下試験の評価

    川口 和晃, 斎藤 勝彦

    17回日本包装学会年次大会, 2008年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 輸送用トレーに収納された自動車部品の安定性評価試験

    平山 正道, 斎藤 勝彦

    第41回全日本包装技術研究大会, 2007年11月, 日本語, 日本包装技術協会, 札幌コンベンションセンター, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 減衰を考慮した包装貨物等価落下試験方法の実験的検証

    川口 和晃, 斎藤 勝彦

    第41回全日本包装技術研究大会, 2007年11月, 日本語, 日本包装技術協会, 札幌コンベンションセンター, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 簡易振動試験による包装品の現場検査

    上原 雅史, 斎藤 勝彦

    第41回全日本包装技術研究大会, 2007年11月, 日本語, 日本包装技術協会, 札幌コンベンションセンター, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • パックイチゴの振動易損性評価

    田村 祥, 斎藤 勝彦

    第41回全日本包装技術研究大会, 2007年11月, 日本語, 日本包装技術協会, 札幌コンベンションセンター, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 衝撃振動分離に関する検討

    斎藤 勝彦

    第16回日本包装学会年次大会, 2007年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 緩衝材性能評価のための等価落下試験について

    朴 錦実, 斎藤 勝彦

    第16回日本包装学会年次大会, 2007年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京, 国内会議

    ポスター発表

  • 画像解析による擦れ損の定量評価

    李 江, 斎藤 勝彦

    第16回日本包装学会年次大会, 2007年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 3次元CADを利用したパルプモウルド緩衝材の包装設計

    中川 幸臣, 佐藤 幹彦, 山本 昌治, 依田 康宏, 斎藤 勝彦

    第15回日本包装学会年次大会, 2006年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京大学農学部, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 包装貨物振動試験機IDEX輸送梱包試験機

    水口 槇, 上原 雅史, 斎藤 勝彦

    第15回日本包装学会年次大会, 2006年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京大学農学部, 国内会議

    ポスター発表

  • 個別要素法による段積みブロックの振動挙動シミュレーション

    斎藤 勝彦, 浅岡 正人

    第15回日本包装学会年次大会, 2006年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京大学農学部, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 貨物で見られるガタと被包装物の振動に関する実験的検討

    津田 和城, 中嶋 隆勝, 斎藤 勝彦

    第15回日本包装学会年次大会, 2006年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京大学農学部, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 段積みブロックの振動挙動問題

    斎藤 勝彦, 浅岡 正人

    第14回日本包装学会年次大会, 2005年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京品川区民会館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 衝撃試験装置を用いた等価落下試験法

    川口 和晃, 斎藤 勝彦

    第14回日本包装学会年次大会, 2005年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京品川区民会館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • がたを有する被包装物の飛び跳ね現象に関する検討-解析と実験の比較-

    津田 和城, 中嶋 隆勝, 斎藤 勝彦

    第14回日本包装学会年次大会, 2005年07月, 日本語, 日本包装学会, 東京品川区民会館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 包装貨物落下試験に関する一考察

    斎藤 勝彦, 川口 和晃

    第13回日本包装学会年次大会, 2004年06月, 日本語, 日本包装学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • トラック荷台振動の系統的計測事例

    斎藤 勝彦

    第13回日本包装学会, 2004年06月, 日本語, 日本包装学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 個別要素法による振動下段積みブロック不安定挙動の数値的検討

    齋藤 勝彦

    第41回全日本包装技術研究大会, 2003年11月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 輸出梱包用防湿フィルムのヒートシール作業に関する一考察

    齋藤 勝彦, 山崎 潔, 山口 広高

    第12回日本包装学会年次大会, 2003年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 包装貨物内のがたの製品振動特性に及ぼす影響ー試験時間の決定方法ー

    津田 和城, 中嶋 隆勝, 齋藤 勝彦, 寺岸義春, 高田利夫

    第12回日本包装学会年次大会, 2003年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 自由落下試験と衝撃落下試験の等価性

    高山臣旦, 齋藤 勝彦, 川口和晃

    第12回日本包装学会年次大会, 2003年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 包装貨物のがたの製品振動特性に及ぼす影響

    津田 和城, 中嶋 隆勝, 齋藤 勝彦, 寺岸義春, 高田利夫

    第40回全日本包装技術研究大会, 2002年12月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 衝撃試験装置を用いた包装貨物落下試験の等価性に関する一考察

    齋藤 勝彦

    第40回全日本包装技術研究大会, 2002年12月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • パレットロードスタビライザの機能評価について

    齋藤 勝彦, 久保雅義, 切通佑介, 平野誠

    第11回日本包装学会年次大会, 2002年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 振動によるパレットロード荷動き挙動の定量評価

    齋藤 勝彦, 久保雅義, 切通佑介

    第11回日本包装学会年次大会, 2002年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • パレットロード用水平ベルトの荷崩れ防止性能

    齋藤 勝彦

    日本MH協会創立45周年記念大会, 2001年11月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 確率DBC評価法の開発-市場クレームの非再現性を導出‐

    中嶋 隆勝, 齋藤 勝彦, 寺岸義春

    第39回全日本包装技術研究大会, 2001年11月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒートシールされた防湿バリヤーの性能について

    齋藤 勝彦

    第39回全日本包装技術研究大会, 2001年11月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 実測SRSデータに基づく製品DBC評価法に関する検討

    中嶋 隆勝, 齋藤 勝彦, 寺岸義春

    第10回日本包装学会年次大会, 2001年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Evaluation of Slipping Motions of Brick on Horizontal Vibration Table

    SAITO KATSUHIKO

    12th IAPRI World Conf. on Packaging, 2001年06月, 英語, 国際会議

    ポスター発表

  • 損傷境界曲線評価試験および保証範囲確認試験

    中嶋 隆勝, 齋藤 勝彦, 寺岸義春

    第38回全日本包装技術研究大会, 2000年11月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 振動試験による荷崩れ防止対策の評価法の提案

    齋藤 勝彦, 久保雅義, 切通佑介

    第38回全日本包装技術研究大会, 2000年11月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 製品衝撃強さ試験法の実験的検討

    中嶋 隆勝, 齋藤 勝彦

    第9回日本包装学会年次大会, 2000年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 振動水平床上物体のすべり挙動について

    齋藤 勝彦, 久保雅義, 友原直人, 切通佑介

    第9回日本包装学会年次大会, 2000年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • パレタイジング作業の分析について

    齋藤 勝彦, 久保雅義, 川野常夫, 小林正明

    第9回日本包装学会年次大会, 2000年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 仕分け作業時の包装貨物に作用する衝撃について

    齋藤 勝彦

    第43回日本MH協会年次大会, 1999年12月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 輸送環境情報データベースの構築に向けて

    齋藤 勝彦

    第37回全日本包装技術研究大会, 1999年11月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 包装設計のための製品衝撃強さ試験方法に関する提言

    中嶋 隆勝, 齋藤 勝彦, 久保雅義, 寺岸義春

    第37回全日本包装技術研究大会, 1999年11月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 包材選択総合評価モデルの開発に関する基礎的研究

    齋藤 勝彦, 久保雅義, 中川博史

    第8回日本包装学会年次大会, 1999年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 段積み物体の荷崩れ挙動に及ぼす摩擦係数の影響について

    齋藤 勝彦, 久保雅義, 友原直人

    第8回日本包装学会年次大会, 1999年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 段積みされた製品の衝撃強さについて-破壊形態の違いによる影響-

    中嶋 隆勝, 齋藤 勝彦, 久保雅義, 寺岸義春

    第8回日本包装学会年次大会, 1999年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 輸送中の荷崩れ問題解決のための研究プロジエクトについて

    齋藤 勝彦, 久保雅義, 友原直人

    第36回全日本包装技術研究大会, 1998年11月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 仕分け作業の分析について

    齋藤 勝彦, 久保雅義

    第42回日本MH協会年次大会, 1998年11月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 段積みされた製品の衝撃強さについて-1次元モデルによる検討-

    中嶋 隆勝, 齋藤 勝彦, 久保雅義, 寺岸義春

    第7回日本包装学会年次大会, 1998年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 実験による荷崩れ振動回数のばらつきについて

    齋藤 勝彦, 久保雅義

    第7回日本包装学会年次大会, 1998年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 宅配便による「ワレモノ」の取り扱いについて

    齋藤 勝彦, 久保雅義, 劉 剛

    第35回全日本包装技術研究大会, 1997年11月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 荷崩れ防止対策について

    齋藤 勝彦, 久保雅義, 高木保夫

    第35回全日本包装技術研究大会, 1997年11月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 宅配便貨物の衝撃実態計測

    齋藤 勝彦, 久保雅義, 劉 剛

    第6回日本包装学会年次大会, 1997年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 水平振動によるパレタイズ貨物の荷崩れ特性

    齋藤 勝彦, 久保雅義

    第6回日本包装学会年次大会, 1997年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 振動外力作用下のパレタイズ貨物の荷動き特性

    齋藤 勝彦, 久保雅義

    第6回日本包装学会年次大会, 1997年06月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • パレタイズ貨物の荷崩れ挙動に関する実験的研究

    齋藤 勝彦, 久保雅義

    神戸商船大学震災研究会研究報告第2号, 1997年01月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 兵庫県南部地震による保管貨物の荷崩れとその力学的検討

    齋藤 勝彦, 久保雅義

    第5回日本包装学会年次大会, 1996年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 阪神・淡路大震災による倉庫内貨物の被災とその力学的検討

    齋藤 勝彦, 久保雅義

    神戸商船大学震災研究会研究報告第1号, 1996年01月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 蓄積疲労評価からみた簡易型3軸同時振動試験の有効性

    海原大智, 斎藤勝彦, 上原雅史

    第31回日本包装学会年次大会, 2022年07月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 一定荷重負荷後の段ボール箱耐荷重特性

    平田宜己, 斎藤勝彦, 東山哲

    第31回日本包装学会年次大会, 2022年07月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 段ボール箱の余裕寸法適否検証に関する一提案

    貞本純杏, 斎藤勝彦, 東山哲

    第31回日本包装学会年次大会, 2022年07月, 日本語

    ポスター発表

  • 損傷境界曲線を用いたハイブリッド自由落下試験

    川口和晃, 斎藤勝彦

    第31回日本包装学会年次大会, 2022年07月, 日本語

    口頭発表(一般)

所属学協会

  • International Association of Packaging Research Institutes

  • 日本包装学会

共同研究・競争的資金等の研究課題