研究者紹介システム

鎌原 淳三
カマハラ ジュンゾウ
大学院海事科学研究科 海事科学専攻
准教授
電気通信工学関係
Last Updated :2022/09/16

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院海事科学研究科 海事科学専攻
  • 【配置】

    海洋政策科学部 海洋政策科学科, 海事科学部 グローバル輸送科学科

学位

  • 博士(工学), 大阪大学

授業科目

ジャンル

  • 情報・通信・メディア / データベース・データマイニング

コメントテーマ

  • インターネット技術
  • データベース
  • 情報検索
  • 画像処理

研究活動

プロフィール情報

  • プロフィール

    1992 阪大・基礎工・情報卒. 1996 同博士後期課程中退. 同年神戸商船大学商船学部助手. 2000 同講師. 2003 同助教授. 同年神戸大学海事科学部助教授. 2003〜2004 米ミネソタ大学研究員. 2005〜2007 阪大サイバーメディアセンター招へい助教授(兼). 2007より神戸大学海事科学研究科准教授. マルチメディア・データベース・情報推薦の研究に従事. IEEE, ACM, 情報処理学会, 電子情報通信学会各会員. 博士(工学).

研究キーワード

  • 情報推薦
  • データベース
  • マルチメディア
  • 教育システム

研究分野

  • 情報通信 / 知覚情報処理 / マルチメディア
  • 情報通信 / ヒューマンインタフェース、インタラクション
  • 情報通信 / データベース

論文

  • Boris Svilicic, Junzo Kamahara, Matthew Rooks, Yoshiji Yano

    The maritime transport industry is increasingly reliant on computing and communication technologies, and the need for cyber risk management of critical systems and assets on vessels is becoming critically important. In this paper, a comprehensive cyber risk assessment of a ship is presented. An experimental process consisting of assessment preparation activities, assessment conduct and results communication has been developed. The assessment conduct relies on a survey developed and performed by interviewing a ship's crew. Computational vulnerability scanning of the ship's Electronic Chart Display and Information System (ECDIS) is introduced as a specific part of this cyber security assessment. The assessment process presented has been experimentally tested by evaluating the cyber security level of Kobe University's training ship Fukae-maru. For computational vulnerability scanning, an industry-leading software tool has been used, and a quantitative cyber risk analysis has been conducted to evaluate cyber risks on the ship.

    CAMBRIDGE UNIV PRESS, 2019年09月, JOURNAL OF NAVIGATION, 72 (5), 1108 - 1120, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Boris Svilicic, Junzo Kamahara, Jasmin Celic, Johan Bolmsten

    The growing reliance of the shipping industry on information and communication technologies places a high premium on cyber risk management. The International Maritime Organization has imposed improvement of the approved safety management system of ships by incorporating the cyber risk management no later than the first annual verification of a shipping company's document of compliance following 1 January 2021. In this paper, we present a framework for assessing cyber risks that affect safe operation of ships. The framework relies on an on-board survey to identify existing safeguards, cyber security testing to detect vulnerabilities and threats, and determination of the cyber risk level. The cyber security testing of the ship's critical systems and assets, as the specific part of the framework, is introduced and studied. The cyber security testing method is based on computational vulnerability scanning and penetration testing techniques, which is aligned with the upcoming maritime standard IEC 63154. For a case study, the testing of a shipboard Electronic Chart Display and Information System cyber security was performed using an industry vulnerability scanning tool.

    SPRINGER HEIDELBERG, 2019年09月, WMU JOURNAL OF MARITIME AFFAIRS, 18 (3), 509 - 520, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 顔検出に基づく構図モデルを用いたリアルタイム動画撮影支援の提案

    鎌原 淳三

    2018年09月, 情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS), 2018-DBS-167 (11), 1 - 4, 日本語

  • A FRAMEWORK FOR CYBER SECURITY RISK ASSESSMENT OF SHIPS

    Boris Svilicic, Jasmin Celic, Junzo Kamahara, Johan Bolmsten

    In maritime traffic, with the growing reliance on innovative ICT technologies, maritime cyber risk management to secure not only data, but as well as safe and reliable ship transport operations becomes increasingly important. This paper presents a framework for conducting general and comprehensive cyber risk assessment of ships to offer guidance for improving security level of cyber systems onboard ships. The assessment covers methods for identification of the both technical and administrative cyber threats and vulnerabilities, and relies on identification of ship cyber risk critical systems and assets. The vulnerability scanning and penetration testing as specific elements of ships cyber security assessment have been studied. The given methodology for cyber risk level determination is based on a qualitative approach to assessing risk.

    INT CENTER NUMERICAL METHODS ENGINEERING, 2018年, 19TH ANNUAL GENERAL ASSEMBLY (AGA) OF THE INTERNATIONAL ASSOCIATION OF MARITIME UNIVERSITIES (IAMU), 21 - 28, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Location-dependent Content-based Image Retrieval System Based on a P2P Mobile Agent Framework

    Yusuke Ariyoshi, Junzo Kamahara, Naoki Tanaka, Katsutoshi Hirayama, Takashi Nagamatsu, Yuuichi Teranishi

    In this article, we propose a geoconscious contentbased image retrieval system based on a P2P mobile agent framework. This system retrieves similar photographs from an image database of location- dependent photographs (e. g., photos of buildings, landmarks, etc.), which use GPS positions for geo-tagging. The P2P mobile agent framework supports intelligent agents. This agent searches similar content image using a query photograph by traversing the P2P network, instead of the mobile device issuing the query. In this paper, we describe the design of the proposed system and a portion of its implementation. This prototype system produces a new peer and rearranges the placement of image agents among peers for workload balancing. Furthermore, we provide the experimental results of our implementation for managing location-dependent image agents, which are clustered with peers in a distributed Delaunay network.

    IEEE, 2013年, 2013 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON PERVASIVE COMPUTING AND COMMUNICATIONS WORKSHOPS (PERCOM WORKSHOPS), 72 - 77, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Development and Algorithmic Analysis of Maritime Human Resource Database

    Junzo Kamahara, Mathew ROOKS, Masao FURUSHO

    2012年10月, Proc of 13th Annual General Assembly of the IAMU, 英語

    [査読有り]

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Takashi Nagamatsu, Yukina Iwamoto, Ryuichi Sugano, Junzo Kamahara, Naoki Tanaka, Michiya Yamamoto

    We have proposed a novel geometric model of the eye in order to avoid the problems faced while using the conventional spherical model of the cornea for three dimensional (3D) model-based gaze estimation. The proposed model models the eye, including the boundary region of the cornea, as a general surface of revolution about the optical axis of the eye. Furthermore, a method for calculating the point of gaze (POG) on the basis of our model has been proposed. A prototype system for estimating the POG was developed using this method. The average root mean square errors (RMSEs) of the proposed method were experimentally found to be smaller than those of the gaze estimation method that is based on a spherical model of the cornea.

    IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG, 2012年06月, IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS, E95D (6), 1656 - 1667, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takashi Nagamatsu, Yukina Iwamoto, Ryuichi Sugano, Junzo Kamahara, Naoki Tanaka, Michiya Yamamoto

    We have proposed a novel geometric model of the eye in order to avoid the problems faced while using the conventional spherical model of the cornea for three dimensional (3D) model-based gaze estimation. The proposed model models the eye, including the boundary region of the cornea, as a general surface of revolution about the optical axis of the eye. Furthermore, a method for calculating the point of gaze (POG) on the basis of our model has been proposed. A prototype system for estimating the POG was developed using this method. The average root mean square errors (RMSEs) of the proposed method were experimentally found to be smaller than those of the gaze estimation method that is based on a spherical model of the cornea. © 2012 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers.

    2012年06月, IEICE Transactions on Information and Systems, E95-D (6), 1656 - 1667

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tatsuhiko Ueki, Ryuichi Sugano, Takashi Nagamatsu, Junzo Kamahara

    We propose the use of a particle filter in an automatic user-calibration method for a remote gaze-tracking system. From previous studies, the optical axis of the eye is estimated using two calibrated cameras and two light sources. To realize gaze tracking without user calibration, we must estimate the offsets between the optical and visual axes of the eyes. We propose a method for estimating these offsets automatically. We use a particle filter to calculate the offsets based on the fact that true offsets make no distinction between the points of gaze (POGs) that are calculated from the optical axes of the eyes, irrespective of where the user gazes on the display. We evaluated the proposed method by simulation. Furthermore, we developed a prototype system, which was evaluated experimentally.

    2012年05月, Proc. of the international conference extended abstracts on Human factors in computing systems (CHI EA '12), 2225 - 2230, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Takashi Nagamatsu, Michiya Yamamoto, Ryuichi Sugano, Junzo Kamahara

    In this paper, we propose a mathematical model for a wide range gaze tracking system based on corneal reflections and pupil using calibrated stereo cameras and light sources. We demonstrate a general calculation method for estimating the optical axis of the eye for a combination of non-coaxial and coaxial configurations of many cameras and light sources. Gaze estimation is possible only when light is reflected from the spherical surface of the cornea. Moreover, we provide a method for calculating the eye rotation range where gaze tracking can be achieved, which is useful for positioning cameras and light sources in real world applications. © 2012 ACM.

    2012年, Eye Tracking Research and Applications Symposium (ETRA), 257 - 260, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Junzo Kamahara, Naoki Tanaka, Katsutoshi Hirayama, Takashi Nagamatsu, Yuuichi Teranishi, Yusuke Ariyoshi

    In this article, we focus on the design of an agent-based P2P system for 'geoconscious' image retrieval. This system constitutes intelligent agents on the structured P2P framework PIAX (P2P Interactive Agent eXtension), which is especially enhanced for location-oriented services. In our design, a cluster agent manages the geometric area for image agents as a Voronoi region. We show some results from the implementation of our system and check the splitting of the Voronoi region using a test algorithm, thus confirming the behavior of our cluster agent.

    IEEE COMPUTER SOC, 2012年, 2012 SEVENTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON BROADBAND, WIRELESS COMPUTING, COMMUNICATION AND APPLICATIONS (BWCCA 2012), 82 - 87, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Junzo Kamahara, Takashi Nagamatsu, Naoki Tanaka

    Nowadays, an enormous number of photographic images are uploaded on the Internet by casual users. In this study, we consider the concept of embedding geographical identification of locations as geotags in images. We attempt to retrieve images having certain similarities (or identical objects) from a geotagged image dataset. We then define the images having identical objects as orthologous images. Using content-based image retrieval (CBIR), we propose a ranking function - orthologous identity function (OIF) - to estimate the degree to which two images contain similarities in the form of identical objects; OIF is a similarity rating function that uses the geographic distance and image distance of photographs. Further, we evaluate the OIF as a ranking function by calculating the mean reciprocal rank (MRR) using our experimental dataset. The results reveal that the OIF can improve the efficiency of retrieving orthologous images as compared to using only geographic distance or image distance. Copyright 2012 ACM.

    2012年, GeoMM 2012 - Proceedings of the 2012 ACM International Workshop on Geotagging and Its Applications in Multimedia, Co-located with ACM Multimedia 2012, 9 - 14, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Takashi Nagamatsu, Ryuichi Sugano, Yukina Iwamoto, Junzo Kamahara, Naoki Tanaka

    This paper presents a user-calibration-free method for estimating the point of gaze (POG). This method provides a fast and stable solution for realizing user-calibration-free gaze estimation more accurately than the conventional method that uses the optical axis of the eye as an approximation of the visual axis of the eye. The optical axis of the eye can be estimated by using two cameras and two light sources. This estimation is carried out by using a spherical model of the cornea. The point of intersection of the optical axis of the eye with the object that the user gazes at is termed POA. On the basis of an assumption that the visual axes of both eyes intersect on the object, the POG is approximately estimated using the binocular 3D eye model as the midpoint of the line joining the POAs of both eyes. Based on this method, we have developed a prototype system that comprises a 19 '' display with two pairs of stereo cameras. We evaluated the system experimentally with 20 subjects who were at a distance of 600 mm from the display. The root-mean-square error (RMSE) of measurement of POG in the display screen coordinate system is 1.58 degrees.

    IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG, 2011年09月, IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS, E94D (9), 1817 - 1829, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takashi Nagamatsu, Ryuichi Sugano, Yukina Iwamoto, Junzo Kamahara, Naoki Tanaka

    This paper presents a user-calibration-free method for estimating the point of gaze (POG). This method provides a fast and stable solution for realizing user-calibration-free gaze estimation more accurately than the conventional method that uses the optical axis of the eye as an approximation of the visual axis of the eye. The optical axis of the eye can be estimated by using two cameras and two light sources. This estimation is carried out by using a spherical model of the cornea. The point of intersection of the optical axis of the eye with the object that the user gazes at is termed POA. On the basis of an assumption that the visual axes of both eyes intersect on the object, the POG is approximately estimated using the binocular 3D eye model as the midpoint of the line joining the POAs of both eyes. Based on this method, we have developed a prototype system that comprises a 19′ display with two pairs of stereo cameras. We evaluated the system experimentally with 20 subjects who were at a distance of 600mm from the display. The root-mean-square error (RMSE) of measurement of POG in the display screen coordinate system is 1.58°. © 2011 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers.

    2011年09月, IEICE Transactions on Information and Systems, E94-D (9), 1817 - 1829

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Method for Increasing Area over which User's Gaze can be Estimated Based on Gaze Cones

    T. Nagamatsu, R. Sugano, J. Kamahara, M. Yamamoto

    2011年03月, Proceedings of the 1st Conference on Novel Gaze-Controlled Applications NGCA‘11, (poster 1)

    [査読有り]

  • リスティングの法則に基づく眼球の視軸と光軸の回転モデルとそれを利用した視線推定手法と評価手法(マルチメディア処理)

    長松 隆, 鎌原 淳三, 田中 直樹

    幅広い利用者に受け入れられるコンピュータ操作方法として,視線計測技術を利用したインタフェースの研究が盛んに行われている.視線計測装置の研究において,眼球の形状モデルを用いたモデルベースのアプローチが,個人ごとのキャリブレーションの手間を削減できることから注目されている.本研究では,モデルベースの視線計測装置を対象として,視線を適切に計算するために,眼球の形状モデルに加えて,眼球の回転が従うリスティングの法則に基づく眼球の視軸と光軸の回転モデルを新たに提案した.そして,そのモデルを利用した視線推定手法を開発した.更に,そのモデルに基づく視線計測装置の評価手法も開発し,新たに開発した視線推定手法と従来の手法との比較を行った.

    社団法人電子情報通信学会, 2010年04月01日, 電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム, 93 (4), 511 - 521, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Gaze Estimation Method based on Aspherical Model of Cornea: Surface of Revolution about Optical Axis of Eye

    Takashi Nagamatsu, Yukina Iwamoto, Junzo Kamahara, Naoki Tanaka, Michiya Yamamoto

    2010年03月, Proceedings of ETRA 2010: ACM Symposium on Eye-Tracking Research & Applications, 255 - 258

    [査読有り]

  • Junzo Kamahara, Takashi Nagamatsu, Yohei Kaieda, Yutaka Ishii

    In a previous study, we proposed a method for identifying hardships in a task by analyzing operating logs of learners using a multimedia player. However, this method could not deal with the varying rate of playback speed; thus, it was difficult to compare the analyzed operation logs for each user. We propose the CPT (Cumulative Playback Time) and normalized CPT as a more generic calculation for the time consumed by user operations for watching of a video. The average result of normalized CPT for 9 subjects could cover almost all aspects of the difficulty of a task (task hardship). Moreover, by using normalized CPT, we could classify the segments of task hardship. ©2010 IEEE.

    2010年, 2010 5th International Conference on Future Information Technology, FutureTech 2010 - Proceedings, 1 - 6, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Junzo Kamahara, Takashi Nagamatsu, Masashi Tada, Yohei Kaieda, Yutaka Ishii

    We develop a multimedia instruction system for the inheritance of skills. This system identifies the difficult segments of video by analyzing user behavior. Difficulties may be inferred by the learner's requiring more time to fully process a portion of video; they may replay or pause the video during the course of a segment, or play it at a slow speed. These difficult video segments are subsequently assumed to require the addition of expert, instructor annotations, in order to enable learning. We propose. a time-dependent annotation mechanism, employing a level of detail (LoD) approach. This annotation is superimposed upon the video, based on the user's selected speed of playback. The LoD, which reflects the difficulty of the training material, is used to adapt whether to display the annotation to the user. We present the results of an experiment that describes the relationship between the difficulty of material and the LoDs.

    SPRINGER-VERLAG BERLIN, 2010年, USER MODELING, ADAPTATION, AND PERSONALIZATION, PROCEEDINGS, 6075, 87 - +, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Takashi Nagamatsu, Ryuichi Sugano, Yukina Iwamoto, Junzo Kamahara, Naoki Tanaka

    This paper presents a user-calibration-free method for estimating the point of gaze (POG) on a display accurately with estimation of the horizontal angles between the visual and the optical axes of both eyes. By using one pair of cameras and two light sources, the optical axis of the eye can be estimated. This estimation is carried out by using a spherical model of the cornea. The point of intersection of the optical axis of the eye with the display is termed POA. By detecting the POAs of both the eyes, the POG is approximately estimated as the midpoint of the line joining the POAs of both the eyes on the basis of the binocular eye model; therefore, we can estimate the horizontal angles between the visual and the optical axes of both the eyes without requiring user calibration. We have developed a prototype system based on this method using a 19" display with two pairs of stereo cameras. We evaluated the system experimentally with 20 subjects who were at a distance of 600 mm from the display. The result shows that the average of the root-mean-square error (RMSE) of measurement of POG in the display screen coordinate system is 16.55 mm (equivalent to less than 1.58°). © 2010 ACM.

    2010年, Eye Tracking Research and Applications Symposium (ETRA), 251 - 254

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • A Hybrid Recommendation Method with Double SVD Reduction

    Yusuke Ariyoshi, Junzo Kamahara

    An issue related to recommendation is the requirement of considerable memory for calculating the recommendation score. We propose a hybrid information recommendation method using singular value decomposition (SVD) to reduce data size for calculation. This method combines two steps. First, the method reduces the number of documents on the basis of the users' rating pattern by applying SVD based on collaborative filtering (CF). Second, it reduces the number of terms on the basis of the term frequency pattern of the reduced documents by applying SVD based on content-based filtering (CBF). The experimental results show that the proposed method has almost the same mean absolute error (MAE) as the SVD-based CBF. Originally, our data set has 9924 terms. The SVD-based CBF reduces the number of terms to 45 and the proposed method to 15 while preserving the same MAE. This means that the proposed method is effective for calculating recommendation.

    SPRINGER-VERLAG BERLIN, 2010年, DATABASE SYSTEMS FOR ADVANCED APPLICATIONS, 6193, 365 - +, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Junzo Kamahara, Takashi Nagamatsu, Yuki Fukuhara, Yohei Kaieda, Yutaka Ishii

    We propose a new identification method that aids in the development of multimedia contents of task instruction. Our method can identify the difficult parts of a task in an instruction video by analyzing the operation logs of multimedia player used by a user to understand the difficult parts. The experimental results show that we can identify those video segments that the learners find difficult to learn from. This method could also identify the hardships that the expert did not anticipate.

    SPRINGER-VERLAG BERLIN, 2009年, SEMANTIC MULTIMEDIA, PROCEEDINGS, 5887, 161 - +, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Takashi Nagamatsu, Junzo Kamahara, Naoki Tanaka

    This paper presents a calibration-free method for estimating the point of gaze (POG) on a display by using two pairs of stereo cameras. By using one pair of cameras and two light sources, the optical axis of the eye and the position of the center of the cornea can be estimated. This estimation is carried out by using a spherical model of the cornea. One pair of cameras is used for the estimation of the optical axis of the left eye, and the other pair is used for the estimation of the optical axis of the right eye. The point of intersection of optical axis with the display is termed the point of the optical axis (POA). The POG is approximately estimated as the midpoint of the line joining POAs of both the eyes with the display. We have developed a prototype system based on this method and demonstrated that the midpoint of POAs was closer to the fiducial point that the user gazed at than each POA.

    2009年, Conference on Human Factors in Computing Systems - Proceedings, 3613 - 3618

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 道路面管理のための劣化にロバストな白線検出手法(画像認識,コンピュータビジョン)

    田中直樹, 小栗朗, 鎌原淳三, 井上健

    本論文では,レーザ路面画像からの白線抽出方式を提案している.道路面管理において主要な路面要素の一つである白線領域の抽出が必要となり,その抽出方式は白線の劣化による切れやかすれに頑健であることが求められる.また,路面の荒れに起因する高ノイズ性,撮像に用いたレーザイメージング装置の低コントラスト性にも耐え得る必要がある.提案方式は,Jensen-Shannon divergenceを用いたエッジ抽出及びモフォロジーを用いたエッジ強調,ノイズ処理,領域抽出に基づいており,レーザ路面画像の低コントラスト性や白線のかすれなどに対応できる抽出を実現している.コマツエンジニアリングにより公開された319枚の路面画像データベースと新たに提供された路面画像7733枚(非公開)を用いた白線抽出実験を実施し,それぞれ約95%,98%の正抽出率を得ている.なお,レーザイメージング装置では,一部の黄線がやや暗い白線として観測されるため,それらも対象として抽出し,抽出後平均輝度値による白線・黄線の判別を試みている.

    社団法人電子情報通信学会, 2008年08月, 電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム, 91 (8), 2129 - 2136, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Takashi Nagamatsu, Junzo Kamahara, Naoki Tanaka

    This paper presents a method to estimate the optic and visual axes of an eye and the Point Of Gaze (POG) on the bases of Listing's law using stereo cameras for three-dimensional (3D) gaze tracking. By using two cameras and two light sources, the optic axis of the eye can be estimated on the basis of a spherical model of a cornea. A one-point calibration is required to estimate the angle of the visual axis from the optic axis. However, a real cornea has an aspheric shape and therefore it is difficult to estimate the POG in all the directions accurately. We have used three light sources to improve the estimation of the POG. Two light sources near the center of the pupil in the camera image are used for estimating the POG. The experimental results show that the accuracy of the estimation of the visual axis is under about 1°. © 2008 IEEE.

    2008年, Proceedings of the 17th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication, RO-MAN, 59 - 64

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Takashi Nagamatsu, Junzo Kamahara, Takumi Iko, Naoki Tanaka

    This paper presents a one-point calibration gaze tracking method based on eyeball kinematics using stereo cameras. By using two cameras and two light sources, the optic axis of the eye can be estimated. One-point calibration is required to estimate the angle of the visual axis from the optic axis. The eyeball rotates with optic and visual axes based on the eyeball kinematics (Listing's law). Therefore, we introduced eyeball kinematics to the one-point calibration process in order to properly estimate the visual axis. The prototype system was developed and it was found that the accuracy was under 1° around the center and bottom of the display. Copyright © 2008 by the Association for Computing Machinery, Inc.

    2008年, Eye Tracking Research and Applications Symposium (ETRA), 95 - 98

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 3D Gaze Tracking with Easy Calibration Using Stereo Cameras for Robot and Human Communication

    Takashi Nagamatsu, Junzo Kamahara, Naoki Tanaka

    This paper presents a method to estimate the optic and visual axes of an eye and the Point Of Gaze (POG) on the bases of Listing's law using stereo cameras for three-dimensional (3D) gaze tracking. By using two cameras and two light sources, the optic axis of the eye can be estimated on the basis of a spherical model of a cornea. A one-point calibration is required to estimate the angle of the visual axis from the optic axis. However, a real cornea has an aspheric shape and therefore it is difficult to estimate the POG in all the directions accurately. We have used three light sources to improve the estimation of the POG. Two light sources near the center of the pupil in the camera image are used for estimating the POG. The experimental results show that the accuracy of the estimation of the visual axis is under about 1 degrees.

    IEEE, 2008年, 2008 17TH IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ROBOT AND HUMAN INTERACTIVE COMMUNICATION, VOLS 1 AND 2, 59 - 64, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Takashi Nagamatsu, Junzo Kamahara, Takumi Iko, Naoki Tanaka

    This paper presents a one-point calibration gaze tracking method based on eyeball kinematics using stereo cameras. By using two cameras and two light sources, the optic axis of the eye can be estimated. One-point calibration is required to estimate the angle of the visual axis from the optic axis. The eyeball rotates with optic and visual axes based on the eyeball kinematics (Listing's law). Therefore, we introduced eyeball kinematics to the one-point calibration process in order to properly estimate the visual axis. The prototype system was developed and it was found that the accuracy was under 1 degrees around the center and bottom of the display.

    ASSOC COMPUTING MACHINERY, 2008年, PROCEEDINGS OF THE EYE TRACKING RESEARCH AND APPLICATIONS SYMPOSIUM (ETRA 2008), 95 - 98, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Development of a Skill Acquisition Support System Using Expert's Eye Movement

    2007年, Human Interface, Part II HCII 2007 LNCS 4558, pp.430-439, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Yuuichi Teranishi, Junzo Kamahara, Shinji Shimojo

    In this paper, we propose a new map-based content sharing system 'MapWiki' for ubiquitous content distribution. In MapWiki, users can publish location-dependent information on the map as Wiki contents which contains links or inline images of the objects in the ubiquitous environment by simple formatting rules. The status change of the content are updated on the map in real-time which enables users to communicate between real field and virtual environment. Publishers and receivers are authenticated using social network to ensure the trustfulness of the content. We have implemented MapWiki on Google Maps and evaluated its effectiveness. We also propose a distributed P2P-based content management method to manage locationdependent information of GMapWiki. In this content management method, each user stores his or her own locationdependent content in the local computer. This P2P-based content management method realizes scalability, flexibility and privacy of the GMapWiki system. We have enhanced a P2P networking method called 'LL-Net' to implement a prototype system and confirmed its feasibility. © 2006 ACADEMY PUBLISHER.

    Academy Publisher, 2006年, Journal of Computers, 1 (3), 13 - 19, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yuuichi Teranishi, Junzo Kamahara, Shinji Shimojo

    In this paper, we propose a new map-based collaboration environment 'MapWiki' for ubiquitous content distribution. In MapWiki, users can publish Wiki contents which contains links or inline images of the objects in the ubiquitous environment by simple formatting rules. The status change of the content are updated on the map in real-time which enables users to communicate between real field and virtual environment. Publishers and receivers are authenticated using social network to ensure the trustfulness of the content. We implemented MapWiki mechanism on Google Maps and evaluated its feasibility and usefulness. © 2005 IEEE.

    2006年, Proceedings - 2006 Symposium on Applications and the Internet Workshops, SAINT 2006 Workshops, 2006, 146 - 149, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • J Kamahara, T Asakawa, S Shimojo, H Miyahara

    Current collaborative filtering can't represent various aspects of users' interests. We propose a recommendation method in which a user can find new interests that are partially similar to the user's taste. Partial similarity is an aspect of the user's preference which is projected by the community in which the user belongs. We. developed a television program recommendation system which performs such recommendation with serendipity, conducted an actual experiment and evaluated its results.

    IEEE COMPUTER SOC, 2005年, 11TH INTERNATIONAL MULTIMEDIA MODELLING CONFERENCE, PROCEEDINGS, pp.433-438, 433 - 438, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • S. Takeuchi, J. Kamahara, S. Shimojo, H. Miyahara

    In the real world, people get filtered information through word-of-mouth communication. This type of information is "filtered" because the information from one user to another is filtered by the people who pass the information to other people. We propose an Information Propagation Model, which simulates word-of-mouth communication on a computer network. In this model, certain information of interest to a user is automatically distributed to neighboring users. Therefore, this model works as an information filtering system filtered by a human network. In this paper we describe the concepts of this model, the features found in this model, and the preliminary experiment, which was carried out by real users. Results of the experiment show both the effectiveness of filtering in our model, and also that the value of information correlates closely with the distance from which the information was transferred.

    Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc., 2003年, Proceedings - 2003 Symposium on Applications and the Internet, SAINT 2003, pp.40-47, 40 - 47, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 動的なカテゴリ定義を利用した個人化サービスの実現

    岡本 道也, 山下 剛士, 鎌原 淳三, 下條 真司, 宮原 秀夫

    2002年03月, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 携帯端末を用いた情報伝播モデルによる実験に基づいた情報伝達力の評価

    竹内 亨, 鎌原 淳三, 佐伯 勇, 寺岡 伸悟, 原田 隆司, 下條真司, 宮原 秀夫

    2002年03月, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 映像文法のためのカット先読み機構を備えた自動ダイジェスト生成システム

    西澤 尚宏, 鎌原 淳三, 春藤 憲司, 塚田 清志, 有木 康雄, 上原 邦昭, 下條真司, 宮原 秀夫

    2002年03月, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Personalized Video for Contents Delivery Network

    2002年, Proceedings of 7th Asian Computing Science Conference (Advances in Computing Sci ence - ASIAN 2002), Lecture Notes in Computer Science, LNCS 2550, pp.15-18, 英語

    [招待有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • シナリオテンプレートによるスポーツダイジェスト自動生成機構

    2002年, 電子情報通信学会論文誌B, Vol. J85-B, No.8, pp.1269-1276, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ユーザ間の関連性に基づいた連続的情報転送モデル

    竹内亨, 鎌原淳三, 下條真司, 宮原秀夫

    2001年03月, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • ユーザの嗜好の部分的な類似性を利用した情報推薦手法の提案

    浅川智文, 鎌原淳三, 下條真司, 宮原秀夫, 川口知昭, 山口陽一

    2001年03月, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 動的生成されたシナリオを用いた個人化コンテンツの自動生成

    岡本道也, 鎌原淳三, 下條真司, 宮原秀夫

    2001年03月, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • M Okamoto, K Ueda, J Kamahara, S Shimojo, H Miyahara

    In this article, we propose a personalized sports digest composition system with scenario templates and show its architecture. While conventional methods only select anti show important events in a simple series, our system is capable to add a direction to them with considering a story of a whole game. We apply our prototype system to the summer Japan championship tournament of high school baseball. We provided the personalized digest service of the summer championship tournament of high school baseball in 2000 to the limited audience of the Internet and received the positive feedbacks of our system from about 100 users.

    IEEE COMPUTER SOC, 2001年, SEVENTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON DATABASE SYSTEMS FOR ADVANCED APPLICATIONS, PROCEEDINGS, pp.170-171, 170 - 171, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Automatic Production of Personalized with DynamicScenario

    2001年, 2001 IEEE Pacific Rim Conference on Communications, Computers and Signal Processing Vol.I (PACRIM'01), pp.91-94, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • マルチメディアニュースシステムにおけるコミュニティによるフィルタリング機構の提案

    浅川智文, 鎌原淳三, 下條真司, 宮原秀夫

    2000年03月, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 教師付き学習を利用したストーリー性を持つシナリオテンプレートによるダイジェスト自動生成機構

    岡本道也, 植田和憲, 鎌原淳三, 下條真司, 宮原秀夫

    2000年03月, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Enhancement of News On-Demand Systems via User-Oriented News Digest Composing Mechanisms

    1999年, Proceedings of EUROMEDIA `99, pp.90-97, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 自動再構成を行うマルチメディアニュース推薦システム

    1998年, 情報処理学会論文誌:データベース(TOD), Vol.40, No. SIG3(TOD1), pp.124-133, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuyoshi Mii, Yuuichi Teranishi, Akira Kojima, Hiroki Akama, Tetsuji Satoh, Katsumi Teranaka, Junzou Kamahara, Shinji Shimojo, Shojiro Nishio

    To effectively use news videos that are valuable as references, we need a system that stores a copious amount of news material and allows on-demand retrieval and display of news contents. This paper proposes a news on-demand system that integrates retrieval and editing functions. The authors show that more advanced revision of news digests is possible by integrating guided navigation and time-adjusting browsing. Guided navigation facilitates retrieval of news contents from a large amount of material by automatically presenting guide information. Time-adjusting browsing satisfies a user's editing requests by sharing editing templates for news contents. This paper also proposes high-speed editing using a scenario-tree management function that helps achieve integration of guided navigation and time-adjusting browsing. © 1998 Scripta Technica.

    John Wiley and Sons Inc., 1998年, Systems and Computers in Japan, 29 (10), 1 - 14, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 複数局の番組のニュースを統合するニュース・オン・デマンドシステム

    金田輝哉, 鎌原淳三, 池澤真人, 下條真司, 西尾章治郎, 宮原秀夫

    1997年03月, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • A NEW SCENARIO LANGUAGE FOR ANALYSIS AND SYNTHESIS OF THE TV NEWS PROGRAM

    1997年, Proceedings of the 4th International Conference on Multimedia Modeling '97, pp.85-88, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • ニュースの検索と編集を融合するニュース・オンデマンド・システムの設計と実現

    1997年, 電子情報通信学会論文誌 D-II, Vol. J81-D-II, No. 3, pp.516-528, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ニュースの再構成が可能なニュース・オン・デマンドシステムの実現

    菅野昭博, 八幡 孝, 三井一能(N, 寺西裕一(N, 佐藤哲司(N, 寺中勝美(NT, 鎌原淳三, 下條真司, 西尾章治郎, 宮原秀夫

    【工学部論文データから移行】

    1996年03月, 第7回データ工学ワークショップ(DEWS'96)論文集, pp.127-132, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • A NEWS ON DEMAND SYSTEM WITH AUTOMATIC PROGRAM COMPOSITION AND QOS CONTROL MECHANISM,

    1996年, International Journal of Information Technology, Vol.2, No.1, pp.1-22, 英語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Personalized video for Contents Delivery Network

    S Shimojo, J Kamahara, T Nishizawa, H Miyahara

    By the introduction of Contents Delivery Network, more personalized program is required for satisfying with various users' request. For achieving the variety of programs, we proposed a new architecture for contents delivery. By this architecture, the chunk of the video stored at the database is selected and edited based on the profile of metadata and a viewer on his side. Not only connecting the chunk of the merely chosen video, we propose the method of giving a scenario, and the method of introducing movie grammar for editing the chunks of video.

    SPRINGER-VERLAG BERLIN, 1905年06月24日, ADVANCES IN COMPUTING SCIENCE-ASIAN 2002, 2550, 15 - 18, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 有吉 勇介, 鎌原 淳三, 平山 勝敏, 田中 直樹, 長松 隆, 寺西 裕一

    尾道市立大学経済情報学部, 2013年12月, 尾道市立大学経済情報論集 = Journal of economics, management & information science, 13 (2), 167 - 181, 日本語

  • 視線計測装置のための遠方を見ることによるユーザキャリブレーション手法 (ヒューマン情報処理)

    長松 隆, 植木 達彦, 鎌原 淳三

    電子情報通信学会, 2013年05月30日, 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 113 (73), 65 - 68, 日本語

  • 視線計測装置のための遠方を見ることによるユーザキャリブレーション手法 (ヒューマンコミュニケーション基礎)

    長松 隆, 植木 達彦, 鎌原 淳三

    電子情報通信学会, 2013年05月30日, 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 113 (72), 65 - 68, 日本語

  • P2Pを用いた位置情報付き画像の類似画像検索性能評価

    山上祥, 鎌原淳三, 長松隆, 吉田健作

    本研究ではタグなどの情報を画像につけて、それを使って検索するtext-basedな手法ではなく、画像の様々な要素の分布や特性を数値で表し特徴量として、これを用いて画像を検索するcontent-basedな手法を用いる。この特徴量同士の特徴距離を求めることで類似画像の検索を行う。しかしこの手法は、大量の画像を一台のPCで行うには時間がかかる。そこで低コストでサーバを持たずにこれを実行するために、P2Pによるネットワークを利用し分散処理環境で行う。特徴量の計算はそれぞれの画像のエージェントが行う。またこの検索をあらかじめ正解のわかっている画像データで実行し検索精度を評価した。

    一般社団法人情報処理学会, 2013年03月06日, 全国大会講演論文集, 2013 (1), 655 - 657, 日本語

  • 押し込み型タッチディスプレイにおける触覚フィードバックに関する研究

    中根正博, 越前祥生, 鎌原淳三, 長松隆

    タッチディスプレイ型ユーザインタフェースは、操作が簡単で直感的に分かり易いため広く用いられているが、一般的に押す面が平らであるため、正しく操作出来たという実感がない、また意図とは異なる場所を押してしまうなどの問題がある。これらの問題を解消し、自然な押下感を提示するためには、振動などで知覚させるよりも、パネル表面を実際に押し込める方がよいと考え、押し込み型タッチパネルを開発している。本研究では、押し込み型タッチパネルの触覚フィードバックの改良として、実験により押し込み型タッチパネルに最適な押し込み幅や遊びを求め、押し込み型タッチパネルで触覚によりボタン形状の判別が可能であるか評価を行っている。

    一般社団法人情報処理学会, 2013年03月06日, 全国大会講演論文集, 2013 (1), 69 - 71, 日本語

  • 視線計測装置のための遠方を見ることによるユーザキャリブレーション手法 (第98回 ヒューマンインタフェース学会研究会 コミュニケーション支援および一般)

    長松 隆, 植木 達彦, 鎌原 淳三

    ヒューマンインタフェース学会, 2013年, ヒューマンインタフェース学会研究報告集, 15, 65 - 68, 日本語

  • 解析・計測 両眼モデルを用いたユーザキャリブレーションフリー視線計測手法

    長松 隆, 鎌原 淳三, 田中 直樹

    日本工業出版, 2012年06月, 画像ラボ, 23 (6), 29 - 34, 日本語

  • 意図的注視を伴わずにユーザキャリブレーションを行う視線計測手法

    植木達彦, 菅野隆一, 長松隆, 鎌原淳三

    様々な人が利用できるコンピュータの操作法として視線計測技術を用いた方法がある。しかし、現在の視線計測技術では、利用前に、ユーザによる数点の注視を伴うユーザキャリブレーションが必要である。最近の研究では、片眼をステレオカメラで撮影することにより眼球の光軸を求め、1点注視のユーザキャリブレーションで眼球の視軸すなわち視線を高精度で求めることが可能となっている。本研究では、両眼の光軸を求め、眼球がリスティングの法則に従って回転することと、両眼の視軸がディスプレイ平面上で交差することを利用し、意図的注視を伴わずにユーザキャリブレーションを行う手法について述べる。

    一般社団法人情報処理学会, 2012年03月06日, 全国大会講演論文集, 2012 (1), 47 - 49, 日本語

  • 広範囲計測が可能なユーザキャリブレーションフリー視線計測装置の提案

    菅野 隆一, 長松 隆, 鎌原 淳三, 田中 直樹, 山本 倫也

    2011年09月, ヒューマンインタフェースシンポジウム2011 DVD-ROM論文集, 439 - 444

  • パネルの遊びから押せる場所が分かるタッチディスプレイの開発

    棚瀬直政, 島田景司, 長松隆, 赤澤輝彦, 鎌原淳三

    タッチディスプレイは、ATMなどで広く利用されている。一般的
    なタッチディスプレイは、押す面が平らで固定されており、正し
    く操作できたという実感に乏しい。これまでに振動や映像でフ
    ィードバックを行うものはあったが、実際に押し込めるものは
    ほとんどなかった。本研究では、タッチディスプレイを可動の
    アクリル板で作成し、実際に押し込める機構を組み込んだ。表
    示された画像に対応してパネルを押せる場所(押下可能領域)
    と押せない場所(押下不可能領域)があるが、押下可能領域は
    パネルに遊びを持たせることで表現し、押下不可能領域は電磁
    石でパネルをしっかりと固定することにより表現した。

    一般社団法人情報処理学会, 2011年03月02日, 全国大会講演論文集, 2011 (1), 315 - 317, 日本語

  • 角膜反射を用いた三次元視線計測手法--リスティングの法則に基づく眼球の光軸と視軸の回転モデルによる視線推定

    長松 隆, 鎌原 淳三, 田中 直樹

    日本工業出版, 2010年12月, 画像ラボ, 21 (12), 57 - 63, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 非球面角膜モデルを用いた視線計測手法の提案

    岩本 由貴奈, 菅野 隆一, 長松 隆, 鎌原 淳三, 山本 倫也

    2010年03月08日, 全国大会講演論文集, 72 (0), 101 - 102, 日本語

  • 利用者によるキャリブレーションがいらない視線計測手法 (第67回 ヒューマンインタフェース学会研究会 コミュニケーション支援および一般)

    長松 隆, 鎌原 淳三, 田中 直樹

    ヒューマンインタフェース学会, 2010年, ヒューマンインタフェース学会研究報告集, 12, 31 - 34, 日本語

  • 王克, 鎌原淳三

    CBIR(Content-Based Image Retrieval)という,画像の内容に基づく画像検索技術に関する研究が進んでいる.その内,色彩特徴が画像の最も重要な視覚特徴の1つとして内容に基づく画像検索技術に幅広く利用されている.本稿では画像に対し,中心に重点を置いて分割し,L^*a^*b^*表色系で分割された画像ごとに累積ヒストグラムを求め,類似度測度はユークリッド距離で計算するという手法を提案した.実験により,提案した手法は計算の複雑性が高くなったが,検索精度が高まったことがわかった.

    社団法人映像情報メディア学会, 2009年02月04日, 映像情報メディア学会技術報告, 33 (6), 163 - 166, 日本語

  • 中心重点画像分割による色彩特徴量に基づく画像検索の提案と比較(画像処理,ITS画像処理,映像メディア及び一般)

    王克, 鎌原淳三

    CBIR(Content-Based Image Retrieval)という,画像の内容に基づく画像検索技術に関する研究が進んでいる.その内,色彩特徴が画像の最も重要な視覚特徴の1つとして内容に基づく画像検索技術に幅広く利用されている.本稿では画像に対し,中心に重点を置いて分割し,L^*a^*b^*表色系で分割された画像ごとに累積ヒストグラムを求め,類似度測度はユークリッド距離で計算するという手法を提案した.実験により,提案した手法は計算の複雑性が高くなったが,検索精度が高まったことがわかった.

    社団法人電子情報通信学会, 2009年01月28日, 電子情報通信学会技術研究報告. IE, 画像工学, 108 (425), 163 - 166

  • 中心重点画像分割による色彩特徴量に基づく画像検索の提案と比較(画像処理,ITS画像処理,映像メディア及び一般)

    王克, 鎌原淳三

    CBIR(Content-Based Image Retrieval)という,画像の内容に基づく画像検索技術に関する研究が進んでいる.その内,色彩特徴が画像の最も重要な視覚特徴の1つとして内容に基づく画像検索技術に幅広く利用されている.本稿では画像に対し,中心に重点を置いて分割し,L^*a^*b^*表色系で分割された画像ごとに累積ヒストグラムを求め,類似度測度はユークリッド距離で計算するという手法を提案した.実験により,提案した手法は計算の複雑性が高くなったが,検索精度が高まったことがわかった.

    社団法人電子情報通信学会, 2009年01月28日, 電子情報通信学会技術研究報告. ITS, 108 (424), 163 - 166

  • ステレオカメラを利用した1点キャリブレーションによる視線計測手法

    長松 隆, 鎌原 淳三, 伊香 拓真, 田中 直樹

    社団法人情報処理学会, 2008年03月13日, 全国大会講演論文集, 70 (0), 7 - 8, 日本語

  • 視線を利用した技能継承支援システムにおけるマルチメディア拡張

    鎌原 淳三, 海江田 洋平, 長松 隆, 嶋田 博行

    技能継承を支援するために,視線情報を用いた暗黙の技能知識獲得と学習を行うことができるマルチメディアシステムの開発を行っている.本システムではJMF(Java Media Framework)を用いることで視線情報と映像が同期表示する視線検出・オーサリング・プレゼンテーションを可能にした.本稿では,本システムにおけるシナリオをSMILサブセットで記述可能とし,視線情報を加えるために行った拡張について説明する.

    一般社団法人電子情報通信学会, 2007年06月28日, 電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学, 107 (114), 19 - 24, 日本語

  • 視線を利用した技能継承支援システムにおけるマルチメディア拡張

    鎌原 淳三, 海江田 洋平, 長松 隆, 嶋田 博行

    技能継承を支援するために,視線情報を用いた暗黙の技能知識獲得と学習を行うことができるマルチメディアシステムの開発を行っている.本システムではJMF(Java Media Framework)を用いることで視線情報と映像が同期表示する視線検出・オーサリング・プレゼンテーションを可能にした.本稿では,本システムにおけるシナリオをSMILサブセットで記述可能とし,視線情報を加えるために行った拡張について説明する.

    一般社団法人電子情報通信学会, 2007年06月21日, 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解, 107 (115), 19 - 24, 日本語

  • 視線を利用した技能継承支援システムの設計と開発

    海江田 洋平, 長松 隆, 鎌原 淳三, 嶋田 博行

    2007年03月06日, 第69回全国大会講演論文集, 2007 (1), 471 - 472, 日本語

  • Shinji Shimojo, Yuuichi Teranishi, Kaname Harumoto, Junzo Kamahara, Takeshi Okuda, Kazuo Imai, Kenichi Yamazaki, Hiroshi Sunaga, Michiharu Takemoto

    2007年, SAINT - 2007 International Symposium on Applications and the Internet - Workshops, SAINT-W, 英語

  • 位置座標付き画像データベースによる類似度とGPS座標を用いた撮影対象建物特定手法(テーマセッション(2),データ工学とメディア理解との融合)

    鎌原淳三, 曽田篤, 下條真司

    GPS内蔵携帯電話の普及により,撮影した画像の撮影位置情報を容易に取得し,画像内に埋め込むことが出来るようになっている.しかし,位置情報を基に画像を地図に貼る場合を考えると,必要な位置情報は撮影対象の位置情報である.そこで本稿では,すでに対象となる場所の位置情報付きの画像データベースがあることを前提として,撮影位置情報を埋め込まれた画像の撮影対象建物を特定する手法を提案する.これにより非常に少ない計算量で,撮影された画像の対象物を同定することが可能となった.

    社団法人電子情報通信学会, 2006年06月09日, 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解, 106 (100), 13 - 18, 日本語

  • 位置座標付き画像データベースによる類似度とGPS座標を用いた撮影対象建物特定手法(テーマセッション(2),データ工学とメディア理解との融合)

    鎌原淳三, 曽田篤, 下條真司

    GPS内蔵携帯電話の普及により,撮影した画像の撮影位置情報を容易に取得し,画像内に埋め込むことが出来るようになっている.しかし,位置情報を基に画像を地図に貼る場合を考えると,必要な位置情報は撮影対象の位置情報である.そこで本稿では,すでに対象となる場所の位置情報付きの画像データベースがあることを前提として,撮影位置情報を埋め込まれた画像の撮影対象建物を特定する手法を提案する.これにより非常に少ない計算量で,撮影された画像の対象物を同定することが可能となった.

    社団法人電子情報通信学会, 2006年06月09日, 電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学, 106 (98), 13 - 18

  • MapWiki:共有地図を用いたユビキタスコンテンツ流通環境

    寺西 裕一, 鎌原 淳三, 下條 真司

    2005年11月23日, マルチメディア通信と分散処理 ワークショップ論文集, 2005 (19), 414 - 419, 日本語

  • ウェブによる個人化地図共有システムの提案(Webシステム, 夏のデータベースワークショップDBWS2005)

    鎌原淳三, 下條真司

    近年、地図を利用した位置情報アプリケーションが多く提案され、個人によるコミュニケーションにも用いられるようになってきている。しかし、標準の地図を使うには困難が多く、個人が自分で位置に基づいた情報を公開出来るようにはなっていない。そこでユーザが自分で描画した地図をウェブで公開する際にそのメタデータも同時に公開することで、個人の地図を共有できる仕組みを提案している。その際、地理識別子による空間参照と同様の考え方に基づき、場所の共有を場所に対する参照(リンク)として表現し、その参照関係を定義した。またこれを実現するための地図描画アップレットを開発している。

    社団法人情報処理学会, 2005年07月13日, 情報処理学会研究報告. データベース・システム研究会報告, 2005 (67), 135 - 142

  • ウェブによる個人化地図共有システムの提案

    鎌原 淳三, 下條 真司

    近年、地図を利用した位置情報アプリケーションが多く提案され、個人によるコミュニケーションにも用いられるようになってきている。しかし、標準の地図を使うには困難が多く、個人が自分で位置に基づいた情報を公開出来るようにはなっていない。そこでユーザが自分で描画した地図をウェブで公開する際にそのメタデータも同時に公開することで、個人の地図を共有できる仕組みを提案している。その際、地理識別子による空間参照と同様の考え方に基づき、場所の共有を場所に対する参照(リンク)として表現し、その参照関係を定義した。またこれを実現するための地図描画アップレットを開発している。

    一般社団法人情報処理学会, 2005年07月13日, 情報処理学会研究報告. DBS,データベースシステム研究会報告, 137 (1), 135 - 142, 日本語

  • ウェブによる個人化地図共有システムの提案(Webシステム, 夏のデータベースワークショップ2005)

    鎌原淳三, 下條真司

    近年、地図を利用した位置情報アプリケーションが多く提案され、個人によるコミュニケーションにも用いられるようになってきている。しかし、標準の地図を使うには困難が多く、個人が自分で位置に基づいた情報を公開出来るようにはなっていない。そこでユーザが自分で描画した地図をウェブで公開する際にそのメタデータも同時に公開することで、個人の地図を共有できる仕組みを提案している。その際、地理識別子による空間参照と同様の考え方に基づき、場所の共有を場所に対する参照(リンク)として表現し、その参照関係を定義した。またこれを実現するための地図描画アップレットを開発している。

    社団法人電子情報通信学会, 2005年07月06日, 電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学, 105 (171), 107 - 112

  • 新ブロードバンド教科書(上)

    2003年, IDGジャパン

  • シナリオテンプレートによるスポーツダイジェスト自動生成機構(<特集>インターネットアーキテクチャ技術論文特集)

    岡本道也, 鎌原淳三, 植田和憲, 下條真司, 宮原秀夫

    短時間で概要を把握するための映像コンテンツとしてダイジェストがある.スポーツダイジェストの場合,試合のもつストーリーをダイジェストにおいてユーザに提示する必要がある.本研究ではスポーツの試合のストーリー決定に教師付き学習プログラムC4.5を利用し,決定したストーリーに対応するシナリオテンプレートを用いて,ダイジェストを自動的に生成する手法を提案する.また,本手法を野球に適用しシステムを実装した.このシステムを用いて実際に行われた試合のスポーツダイジェストを生成し,朝日放送による試合へのコメントと比較を行った.その結果,本システムによって生成されたスポーツダイジェストと朝日放送によるコメントとの間に多くの関連性が見られることがわかった.

    社団法人電子情報通信学会, 2002年08月01日, 電子情報通信学会論文誌. B, 通信, 85 (8), 1269 - 1276, 日本語

  • ユーザの関連性を用いた情報伝播モデルの評価実験

    竹内亨, 鎌原淳三, 下條真司, 宮原秀夫

    インターネット上の情報流通における情報フィルタリング手法がいくつか提案されているが、情報の価値を判断する際の基準として, 情報の発信者とそれを伝えてきた中継者に対する信頼性が考えられる.そこで我々は, 隣接ユーザとの関連性に基づいて情報を連続的に転送する情報伝播モデルの提案を行っている.このモデルでは, 情報転送の可否を転送を行うユーザが判断するため, そのユーザに対する信頼性を情報に対する優先度として評価することによって, 情報に対するフィルタリングが可能となる.これをヒューマンネットフィルタリング(Human Network based Filtering)と呼ぶ.本モデルに対する評価実験の結果から, ユーザ間の関連性に一定のフィルタリング効果があることが分かった.

    社団法人情報処理学会, 2001年07月17日, 情報処理学会研究報告. データベース・システム研究会報告, 2001 (70), 169 - 176, 日本語

  • ユーザの関連性を用いた情報伝播モデルの評価実験

    竹内亨, 鎌原淳三, 下條真司, 宮原秀夫

    インターネット上の情報流通における情報フィルタリング手法がいくつか提案されているが, 情報の価値を判断する際の基準として, 情報の発信者とそれを伝えてきた中継者に対する信頼性が考えられる.そこで我々は, 隣接ユーザとの関連性に基づいて情報を連続的に転送する情報伝播モデルの提案を行っている.このモデルでは, 情報転送の可否を転送を行うユーザが判断するため, そのユーザに対する信頼性を情報に対する優先度として評価することによって, 情報に対するフィルタリングが可能となる.これをヒューマンネットフィルタリング(Human Network based Filtering)と呼ぶ.本モデルに対する評価実験の結果から, ユーザ間の関連性に一定のフィルタリング効果があることが分かった.

    社団法人電子情報通信学会, 2001年07月11日, 電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学, 101 (192), 1 - 8, 日本語

  • メール攻撃に対する一考察

    的場進, 鎌原淳三

    甲南大学, 1999年12月, 甲南大学紀要 理学編, 46 (2), 137 - 142, 日本語

  • シナリオテンプレートによるストーリー性を重視したダイジェスト生成機構

    植田和憲, 鎌原淳三, 下條真司, 宮原秀夫

    スポーツニュースなどにおいて、実際に試合を見ることができなかった視聴者がその内容を把握できることを目的として、試合のダイジェストが放映されている。現状では、ダイジェストは放送局側で作成しているため視点が固定されており、個々の視聴者にとって必ずしも満足できるとは言えない。また、そもそもダイジェスト自体が無い場合もある。そこでダイジェストの自動生成によって、視聴者の見たい場面や選手を優先的に表示することと、これまでダイジェストの無かったようなスポーツのダイジェストを生成することを目的としたシステムの研究を行っている。本稿では、シナリオテンプレートを使用する方式を提案し、ストーリー性を重視したダイジェストの自動生成を可能とするシステムの提案・設計を行っている。

    社団法人電子情報通信学会, 1999年07月22日, 電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学, 99 (202), 13 - 18, 日本語

  • シナリオテンプレートによるストーリー性を重視したダイジェスト生成機構

    植田和憲, 鎌原淳三, 下條真司, 宮原秀夫

    スポーツニュースなどにおいて、実際に試合を見ることができなかった視聴者がその内容を把握できることを目的として、試合のダイジェストが放映されている。現状では、ダイジェストは放送局側で作成しているため視点が固定されており、個々の視聴者にとって必ずしも満足できるとは言えない。また、そもそもダイジェスト自体が無い場合もある。そこでダイジェストの自動生成によって、視聴者の見たい場面や選手を優先的に表示することと、これまでダイジェストの無かったようなスポーツのダイジェストを生成することを目的としたシステムの研究を行っている。 本稿では、シナリオテンプレートを使用する方式を提案し、ストーリー性を重視したダイジェストの自動生成を可能とするシステムの提案・設計を行っている。

    社団法人情報処理学会, 1999年07月21日, 情報処理学会研究報告. データベース・システム研究会報告, 99 (61), 139 - 144

  • 自動再構成を行うマルチメディアニュース推薦システム

    鎌原淳三, 香取啓志, 下條真司, 宮原秀夫, 西尾章治郎

    本稿ではTVニュースの自動再構成を行う推薦システムを提案する. TVニュースを見るのは時間がかかるため, 我々は再生時間の異なるダイジェストモード, リラックスモード, ノーマルモードという三種類のプレゼンテーションスタイルを提供する. このようなプレゼンテーションを行うために, TVニュースの内容を解析しシーン単位に分割してデータベースに蓄積する. システムは再生時に利用者のプロファイルに基づいて必要とされるニュースを取り出し, プレゼンテーションのために合成する. 利用者のプロファイルとして,キーワードベクトルとカテゴリーベクトルを用いる. システムは利用者の操作が最小限で済むように設計されている. そのため, 利用者は普通にTVを見ているのと同じような感覚でニュースを見ることができ, ビデオのような操作も行うことができる. システムは, そのような操作の情報を集めて利用者のプロファイルを更新する. 本稿では, また基礎的な実験の結果についても示している.

    社団法人情報処理学会, 1999年02月15日, 情報処理学会論文誌. データベース, 40 (3), 124 - 133

  • Junzo Kamahara, Yuji Nomura, Kazunori Ueda, Keishi Kandori, Shinji Shimojo, Hideo Miyahara

    In this paper, we propose a new recommendation system for a TV news with automatic recomposition. For the time consuming browsing of the TV news articles, we propose three modes of presentation, the digest mode, the relaxed mode, and the normal mode, where each presentation length is different. To make these presentation, TV news articles are decomposed, analyzed, and stored in the database scene by scene. Then, the system selects desired items and synthesizes these scenes into a presentation based on a user’s profile. For the profile of the user, we use a keyword vector and a category vector of news articles. The sys- tem is designed so that user’s control to the system becomes minimum. Therefore, a user only plays, skips, plays previous, and rewinds news articles in the system as same as an ordinary TV. However, different from an ordinary TV, the system collects user’s behavior while he uses the system. Based on this information, the system updates the user’s profile. We also show preliminary experimental results.

    Springer Verlag, 1999年, Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics), 1554, 221 - 235, 英語

  • 二コ-スのデ-タベ-ス化

    香取啓志, 下条真司, 鎌原淳三

    日本工業出版, 1998年08月, 画像ラボ, 9 (8), 41 - 45

  • 利用者操作情報を用いたマルチメディアニュースの学内利用実験

    鎌原淳三, 下條真司

    現在、我々は利用者の操作情報に基づいて利用者の興味を反映したマルチメディアニュースを提供するシステムの研究開発を行っている。このシステムでは、利用者の情報を蓄積し、ニュースを再生する際に、個人の興味の高いものから順に再生したり、興味の応じて再生時間を変更する。本稿では、このシステムを使った大阪大学内での学内利用実験の概要とプレゼンテーションモードについて説明する。なお、本実験は平成10年6月から開始する予定である。

    社団法人情報処理学会, 1998年07月09日, 情報処理学会研究報告. データベース・システム研究会報告, 98 (58), 281 - 286

  • ニュースコンテンツの検索と編集機能を融合するニュースオンデマンドシステムの設計と実現

    三井一能, 寺西裕一, 小島明, 赤間浩樹, 佐藤哲司, 寺中勝美, 鎌原淳三, 下條真司, 西尾章治郎

    資料的価値が高いニュース映像を有効に利用するためには, 大量に蓄積し利用者の要求に応じてオンデマンドで検索・提示するシステムが必要とされる.本論文では, 検索と編集を融合させたニュースオンデマンドシステムを提案する.本システムにより, ガイド情報を自動提示することで大量のニュースからの検索を容易にするガイド付ナビゲーションと, ニュースコンテンツの編集テンプレートを共有化して検索ユーザによる編集要求を実現する時間的ブラウジングを融合し, より高度なニュースの絞込みが可能となることを示す.更に, この融合を実現するために, シナリオ木管理機能による編集の高速化を行う.

    社団法人電子情報通信学会, 1998年03月25日, 電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-情報処理, 81 (3), 516 - 528, 日本語

  • ニュースのデータベース化

    1998年, 画像ラボ(日本工業出版), Vol.9, No. 8, pp.41-45

  • コミュニティを考慮したTVニュース配送システムの提案

    池澤真人, 鎌原淳三, 金田輝哉, 下條真司, 西尾章治郎, 宮原秀夫

    我々はこれまでTVで放映されているニュース番組をデータベースに蓄積して利用者の要求時にネットワーク経由でニュースを提供するNews-on-Demand (NOD)システムの研究・開発を行ってきた。現在TVの多チャンネル化が進むに伴い提供する番組も多様な対象層(コミュニティ)に渡るものが求められる一方, 利用者は自分の見たい番組を探すのがいっそう困難になりつつある。そこで我々は利用者は手間をかけずに自分の観たいニュースが見る事ができるのに加えて, 利用者個人はもとより, 利用者の所属するコミュニティの好みや嗜好を反映して自動的にニュース番組を生成し, 利用者に配送するシステムを提案する。

    社団法人情報処理学会, 1997年09月24日, 全国大会講演論文集, 55 (3), 547 - 548, 日本語

  • シナリオデータベースによるニュース・オン・デマンドシステムの実現

    三井一能, 寺西裕一, 赤間浩樹, 佐藤哲司, 寺中勝美, 八幡孝, 菅野昭博, 鎌原淳三, 下條真司, 西尾章治郎, 宮原秀夫

    我々のグループでは, 利用者の要求に応じて, 多様なプレゼンテーションを提供できるニュース・オン・デマンド(News On-Demand: NOD)システムの研究開発を行なっている. 利用者が大量に存在するニュースの中から, 興味のあるニュースを検索し, 見たい観点で見られるように, 1)キーワードに対する関連用語の自動提示機能 2)テンプレートによる自動再構成機能を持つシナリオデータベース(SDB)を設計した. また, このSDBの上にNODシステムを構築し, 技術ニュースへの適用を行なった.

    社団法人電子情報通信学会, 1996年05月22日, 電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学, 96 (54), 7 - 12, 日本語

  • 情報処理演習へのインターネットの利用に関する一考察

    的場進, 松本茂樹, 石田晴康, 鎌原淳三

    甲南大学, 1994年, 甲南大學紀要. 理学編, 41 (2), 1 - 21

  • 6軸動揺タッチパネルの提案

    田代遥, 中根正博, 鎌原淳三, 長松隆

    タッチパネルの表面パネルを6軸で支えて駆動することにより触覚フィードバックを実現するものを提案する。サーボモータを6つ使用することにより、タッチパネルが水平のまま上下するだけでなく傾くことが可能になる。これより、タッチパネルに触れる指が1本だけでなく2本目においても検出し、触覚フィードバックが可能になる。

    2014年03月11日, 第76回全国大会講演論文集, 2014 (1), 43 - 44, 日本語

  • ウェブによる個人化地図共有システムの提案

    鎌原淳三

    2005年, 夏のデータベースワークショップDBWS電子情報通信学会, 信学技報, 2005 (2005), 107 - 112

書籍等出版物

  • 新ブロードバンド教科書(上)

    鎌原淳三

    分担執筆, 第5章 P2Pのミドルウェアとそのアプリケーション, IDGジャパン, 2003年10月

講演・口頭発表等

  • 顔画像の視線計測による熟達度判別のための視線分析手法の検討

    鎌原淳三, 長松隆, 廣江葵, 伊藤京子, 青柳西蔵, 高田健治

    第12回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム, 2020年03月02日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 顔認識を用いた動画撮影支援のための構図判定モデルの提案

    鎌原 淳三

    電子情報通信学会総合大会2017, 2017年03月22日, 日本語, 電子情報通信学会, 名城大学, 本研究は人物の構図に着目し,映像フレーム内での顔位置が適切になるよう支援するのに必要な構図判定のモデルを提案した.実験で専門家であるプロのカメラマンが撮影した映像から被写体の顔の大きさと顔の中心位置の関係を調べ,構図判定モデルを構築した.このモデルに基づいて別の映像を評価したところ,対象フレーム数の 96%以上がモデルの範囲内に収まっており,モデルに従うことが確認できた., 国内会議

    ポスター発表

  • WobblySurface: tactile feedback by holding/releasing a surface panel

    Takashi Nagamatsu, Sachio Echizen, Teruhiko Akazawa, Junzo Kamahara

    Proceedings of the ACM International Conference on Interactive Tabletops and Surface (ITS '11), 2011年11月15日, 英語, Kobe, Japan, 国際会議

    メディア報道等

  • Method for Increasing Area over which User’s Gaze can be Estimated Based on Gaze Cones

    Takashi Nagamatsu, Ryuichi Sugano, Junzo Kamahara, Michiya Yamamoto

    Novel Gaze-Controlled Applications 2011(NGCA 2011), 2011年05月27日, 英語, Karlskrona, Sweden, 国際会議

    ポスター発表

  • 携帯電話アプリを用いた地域情報提供システムにおける位置情報つき画像データベースの最適検索半径の検討

    鎌原淳三, 長松隆

    電子情報通信学会 第19回データ工学ワークショップ, 2008年03月

    口頭発表(一般)

  • 位置座標付き画像データベースによる類似度とGPS座標を用いた撮影対象建物特定手法

    2006年

  • MapWiki: 共有地図を用いたユビキタスコンテンツ流通環境

    2005年

  • ウェブによる個人化地図共有システムの提案

    2005年

  • 映像間の関連性を考慮したダイジェスト自動生成手法の提案

    DEWS2003, 2002年

  • マーキングマップによる空間認知に基づいた地域情報推薦手法

    DEWS2003, 2002年

  • 映像文法のためのカット先読み機構を備えた自動ダイジェスト生成システム

    DEWS2002, 2001年

  • 動的なカテゴリ定義による個人化サービスの実現

    DEWS2002, 2001年

  • ユーザの関連性を用いた情報伝播モデルの評価実験

    2001年

  • An Architecture of Personalized Sports Digest System with Scenario Templates

    Proceedings of the 7th Int'l Conf. on Database Systems for Advanced Applications (DASFAA2001), 2001年

  • Automatic Production of Personalized with DynamicScenario

    2001 IEEE Pacific Rim Conference on Communications, Computers and Signal Processing Vol.I (PACRIM'01), 2001年

  • 動的生成されたシナリオを用いた個人化コンテンツの自動生成

    DEWS2001, 2000年

  • ユーザ間の関連性に基づいた連続的情報転送モデル

    2000年

  • ユーザの嗜好の部分的な類似性を利用した情報推薦手法の提案

    2000年

  • シナリオテンプレートによるストーリー性を重視したダイジェスト生成機構

    1999年

  • 教師付き学習を利用したストーリー性を持つシナリオテンプレートによるダイジェスト自動生成機構

    1999年

  • マルチメディアニュースシステムにおけるコミュニティによるフィルタリング機構の提案

    1999年

  • 利用者操作情報を用いたマルチメディアニュースの学内利用実験

    1998年

  • 利用者行動により学習を行うマルチメディアニュースフィルタリング実験

    1998年

  • コミュニティを考慮したTVニュース配送システムの提案

    1997年

  • シナリオデータベースによるニュース・オン・デマンドシステムの実現

    1996年

  • 複数局の番組のニュースを統合するニュース・オン・デマンドシステム

    1996年

  • 情報ネットワーク上のマルチメディアデータベースとしてのNews On Demand System

    1996年

  • オンデマンド・ニュース・オーサリング・システム

    1996年

  • 広帯域ネットワークを利用したニュース・オンデマンド・システムの設計と実装

    1996年

  • 利用者情報を用いた電子ニュース記事評価機能の試作

    1993年

  • ネットワークニュースモニタリングシステム

    1993年

所属学協会

  • 情報処理学会

  • 電子情報通信学会

  • IEEE

  • ACM

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 幾何学的な制約、画面情報、瞳孔径の変化を用いた校正不要な視線計測技術

    長松 隆, 竹村 憲太郎, 鎌原 淳三, 山本 倫也, 田中 直樹, 中山 実

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 神戸大学, 2020年04月 - 2024年03月, 研究分担者

  • 長松 隆, 竹村 憲太郎, 鎌原 淳三, 山本 倫也, 田中 直樹

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 神戸大学, 2016年04月 - 2020年03月, 研究分担者

    視線を利用したヒューマンインタフェースの研究開発は、今後、急速に進展すると予想される。しかしながら、利用前にユーザが数点の注視を行う校正作業(キャリブレーション)が必要なままであり、応用範囲が限定される状況にあった。 本研究では、幾何学的な制約によるランタイムキャリブレーションについて研究し、その限界を示した。そのため新たな方法を検討した結果、画面情報を活用したランタイムキャリブレーション手法を提案した。画面情報としては、顕著性マップ、顔の領域抽出を利用した。その結果、顕著性マップより、顔の領域抽出を用いた場合で、精度よくキャリブレーションを行えることが示唆された。

  • 田中 直樹, 鎌原 淳三, 長松 隆, 熊澤 宏之

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 神戸大学, 2016年04月 - 2020年03月, 研究分担者

    視覚障がい者は、鉄道駅のプラットフォームからの転落事故の増加などが見られ、その安全性の確保や行動範囲を広げるための歩行支援が求められている。本研究課題では、ウエアラブルデバイスなどにより取得した情景画像から、案内看板などの文字列や、点字ブロックなど視覚障がい者の歩行支援オブジェクトの抽出やその種別の判別などに関する研究を実施した。低解像度文字列の強調方式、文字列領域抽出、点字ブロックの判別及び領域抽出方式の開発などの成果を達成している。

  • 鎌原 淳三

    造船学術研究推進機構, 研究助成金, 神戸大学, 2016年04月 - 2018年03月, 研究代表者

    競争的資金

  • 長松 隆, 田中 直樹, 鎌原 淳三, 山本 倫也

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 神戸大学, 2011年04月 - 2015年03月, 研究分担者

    3次元眼球モデルを用いて高精度かつキャリブレーションフリーの3 次元視線計測技術を開発した。さらに、視線計測可能空間の広範囲化手法とそれを実環境に適用させるための視線計測可能空間シミュレータの開発を通して、多様な環境での視線インタラクションを可能とする技術基盤を開発した。それらの技術基盤を用いて、博物館、車等を対象としたアプリケーションを開発した。

  • 田中 直樹, 鎌原 淳三, 長松 隆

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 神戸大学, 2010年10月 - 2014年03月, 研究分担者

    道路面の管理のための路面観測システムの構築に関すす研究をおこなった。道路は、重要な社会インフラであるが総延長が100万kmともなりその管理は容易ではない。路面画像による道路観測の自動化には、一般に低コントラスト・高ノイズとなる路面画像への対応、路面性状の異なる排水性・非排水性路面への対応などが必要となる。さらに、クラックそのものが深さ、形状などが多様であり画像特性が一様でない困難さを伴う。本提案方式では、主にモルフォジィ演算などを活用し十分な実用性能を持つ検出性能を有してシステムの開発に成功している。

  • 鎌原 淳三, 平山 勝敏, 寺西 裕一, 有吉 勇介, 長松 隆, 田中 直樹

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 神戸大学, 2010年 - 2012年, 研究代表者

    本研究課題はインターネット上に存在する位置情報付きの画像に関する情報を、位置に応じて分散エージェント上で管理するシステムの設計と開発を行った。各エージェントは管理している画像の特徴量を計算し、画像類似度と位置を用いて画像クラスタリングを行う。そして、(1)画像による検索要求に対して類似する画像クラスタを求め(2)その画像クラスタ中から要求された画像に類似した画像を結果として返す処理を分散環境において行う。

  • 鎌原淳三

    科学技術振興機構, 研究成果展開事業 シーズ発掘試験研究, 神戸大学, 2007年04月 - 2008年03月, 研究代表者

    位置座標付き画像の類似度に基づいて位置情報だけでは不可能な店舗特定を可能にする地域情報データベースシステムを構築する。本技術ではGPS内蔵カメラ付き携帯電話のようにメモリに制約がある場合でも最小限の通信でデータベースから店舗を特定し当該店舗の情報を得ることができる。本試験研究ではこのようなデータベースシステムに多くのデータを蓄積しモバイル用途における最適な検索半径が得られる条件について検討する。

    競争的資金

  • アジア諸国の船員教育システムと船員市場に関する調査

    石田 憲治, 古荘 雅生, 鎌原 淳三, 藤本 昌志, 有田 俊晃, 渕 真輝, 有馬 英利, 三輪 誠

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 神戸大学, 2005年 - 2007年, 研究分担者

    平成17〜19年度までの研究活動実績は以下の通りであった; 1)平成18年度に引き続き、「海事クラスター」構想の実現化に向けての活動; 1.1平成17年度から始めた、海事クラスターの調査研究は「国際海事都市神戸」再生のための研究会へと継続させて、平成19年4月からは神戸市役所みなと総局、神戸市商工会議所、神戸大学海事科学研究科国際海事教育研究センターを中心とした委員会を形成した。 1.2石田は平成18年から、JETRO,国土交通省運輸監理部,神戸市埠頭公社,神戸経済同友会主催の「海事クラスター構築」に関してシンポジウムのパネラーとして4回講演した。 1.3オーストラリアとウクライナでの国際学会にて成果を発表した。国内の学会には5回発表した。 1.4このプロジェクトを通して3名の修士が生まれた。 2)海事教育機関と船員市場調査; 2.1古荘が、平成18,19年に国際海事機関(IMO)の海上船員安全委員会(MSC)に出席して、国際船員安全教育についての調査をおこなった。 2.2石田、古荘と大学院生2名が、ウクライナオデッサ海事大学にて開催された24カ国46海事系大学から構成される(International Association of Maritime Universities:世界海事大学連合)の第8回定期総会に出席して、神戸の海事クラスター動向、船橋当直マネジメントに関する論文の発表。各国の海事教育の比較調査。ウクライナや経由地のトルコに関する船員行政、船員市場調査をおこなった。 上記の、年度毎の成果は神戸大学海事科学部付属国際海事教育研究センター発行のBULLETIN2005,6,7年度版に掲載されている。