研究者紹介システム

松田 毅
マツダ ツヨシ
先端融合研究環
教授
哲学関係
Last Updated :2020/08/31

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    先端融合研究環
  • 【配置】

    大学院人文学研究科 文化構造専攻

学位

  • Ph.D., オスナァブリュック大学

授業科目

ミニ講義

ジャンル

  • 文化・芸術・流行 / 文学・哲学・思想
  • 環境・交通 / 公害・エネルギー

コメントテーマ

  • 哲学
  • フッサール
  • 環境倫理学
  • 環境運動
  • アスベスト問題

研究活動

研究キーワード

  • 環境倫理(リスク論)
  • ライプニッツ、現象学
  • 認識論・存在論

研究分野

  • 人文・社会 / 哲学、倫理学

委員歴

  • ライプニッツ協会, 理事
  • 関西哲学会, 委員

論文

  • 南方熊楠の自然神学

    松田 毅

    神戸大学人文学研究科, 2019年03月, 神戸大学文学部紀要, (46), 001 - 026, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Radical democracy and environmental policy in Japanese context from the viewpoint of philosophy of social capital

    MATSUDA Tsuyoshi

    神戸大学人文学研究科, 2019年03月, 倫理創成研究, (12), 68 - 95, 英語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • ライプニッツの経済哲学試論――自然と規範

    松田 毅

    日本ライプニッツ協会, 2018年11月, ライプニッツ研究, (5), 119 - 133, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 二つの形成的自然――カドワースとライプニッツの差異

    松田 毅

    西日本哲学会, 2018年10月, 西日本哲学年報, (26), 001 - 016, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 松田 毅

    大学院人文学研究科, 2018年, 神戸大学文学部紀要, (45), 93 - 137, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 松田 毅

    大学院人文学研究科, 2018年, 21世紀倫理創成研究, (11), 70 - 91, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 松田 毅

    大学院人文学研究科, 2017年, 神戸大学文学部紀要, (44), 1 - 48., 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • MATSUDA Tsuyoshi

    Souel National University., 2017年, The Journal of Philosophical Ideas, Special Issue, 395 - 419, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • MATSUDA Tsuyoshi

    大学院人文学研究科, 2017年, 21世紀倫理創成研究, (10), 78 - 94, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 松田 毅

    日本応用哲学会, 2016年, Contemporary and Applied Philosophy, (8), 1 - 14, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ライプニッツの無限概念――神の自動機械の無限性を中心に

    松田 毅

    新プラント主義協会, 2016年, 新プラント主義研究, (15), 21 - 27, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • The Nature and Norm of Economy from the Leibnizian point of view

    MATSUDA Tsuyoshi

    Olms, 2016年, Vorträge desⅩ.Internationalen Leibniz-Kongresses, (1), Ⅰ.421 - 435., 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • The actual time in later Leibniz

    MATSUDA Tsuyoshi

    Olms, 2016年, Vorträge desⅩ.Internationalen Leibniz-Kongresses, Ⅲ. 441 - 455., 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • MATSUDA Tsuyoshi

    CCPEA, 2016年, selected papers in Contemporary and Applied Philosophy The 2nd CCPEA, 101 - 117, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 松田 毅

    大学院人文学研究科, 2015年, 21世紀倫理創成研究, (8), 84 - 98, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Ethics for Public Health from the view point of Advocacy

    MATSUDA Tsuyoshi

    Science Press Beijing., 2015年, Research on Practice Route of Applied Ethics in East Asia Proceedings of The 5th International Conference Applied Ethics and Applied Philosophy in East Asia, (1), 65 - 75, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 有機的物体のモデルとしての「テセウスの船」に関するライプニッツの解決

    松田 毅

    2014年, ライプニッツ研究, (3), 183 - 201, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ライプニッツの様相論――スピノザの「有限様態の必然性」に対して

    松田 毅

    2014年, 哲学, (65), 73 - 89, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ライプニッツの「生物の哲学」序論――コルドモアへの批評から――

    松田 毅

    2014年, 西日本哲学年報, (22), 17 - 35, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ライプニッツのアンビバレンス――スピノザとの創造的葛藤――

    松田 毅

    2014年, 思想, (1080), 95 - 114, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • フッサールのメレオロジーに関する試論――相互外在と相互内在――

    松田 毅

    2013年, 神戸大学文学部紀要, (40), 1 - 31, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Examining Hermeneutical Ethics as Applied Philosophy for Risk Society, From a Case of Acceptance and Withdrawal of the Nuclear Power Plants

    松田 毅

    2013年, The 3rd International Conference Applied Ethics and Applied Philosophy in East Asia, (1), 86 - 113, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • ライプニッツはスピノザと出会う前からライプニッツだったのか

    松田 毅

    2012年, ライプニッツ研究, (2), 86 - 113, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • The Meaning of Kant's Transformation of Leibnizian "Principle of Reason" from a contemporary Leibnizian point of view

    松田 毅

    2012年, 愛知, (24), 25 - 84, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Applied Philosophical Possibilities of Qualitative Research From Experiences of Fieldwork about Environmental Risks

    松田 毅

    2012年, The 2nd International Conference Applied Ethics and Applied Philosophy in East Asia, (1), 105 - 114, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 横浜鶴見区のアスベスト健康リスク調査における「登録もれ」に関する考察

    松田 毅

    2011年, 倫理創成研究, (4), 86 - 113, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ライプニッツはスピノザをどう読んだか――『神学・政治論』・「自然主義」・ライプニッツ――

    松田 毅

    2011年, スピノザ研究, (11), 65 - 86, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Evils as parts of the history: towards a Leibnizian mereological consideration

    松田 毅

    2011年, 愛知, (23), 22 - 37, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • A Leibnizian Mereological Consideration About Geometrical Beings, Bodies and Monads

    松田 毅

    2011年, Ⅸ.Internationaler Leibniz-Kongreß. Natur und Subjekt,, (1), 652 - 659, 英語

    [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 子どものアスベストリスクの問題 日仏二社会のけい肺・アスベスト疾患――空間的マッピングと人文学的研究」報告として

    松田 毅

    2010年, 倫理創成研究, (3), 86 - 113, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • ライプニッツ原因概念の現代的意義――D.ルイスの分析を手がかりに

    松田 毅

    2010年, ライプニッツ研究, No 1.pp.115-134, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Leibniz on Causation:From his definition of cause as ‘coinferens’

    松田 毅

    2010年, Studia Leibnitiana Sonderheft, No 37.pp. 101-110, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • A Consideration about the Foundation of Precautionary Principle From Japanese Cases and Discussions in Environmental Ethics

    松田 毅

    2010年, Proceedings of The 1st International Conference Applied Ethics and Applied Philosophy in East Asia, No 1.pp.87-99, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 二つの個体概念――ライプニッツとスピノザ――

    松田 毅

    2009年, 神戸大学文学部紀要, (36), 1 - 28, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • ライプニッツ的「合理性」をめぐる論争から

    松田 毅

    2009年, 哲学の探求, (36), 25 - 42, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Towards the Precautionary Human Science――A Case from Japanese Experiences of Environmental Risks

    松田 毅

    2009年, 倫理創成研究, (2), 133 - 146, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • Masayuki Itoh, Makoto Suemoto, Koji Matsuoka, Atsushi Ito, Kiyomitsu Yui, Tsuyoshi Matsuda, Masanobu Ishikawa

    Purpose - The purpose of this paper is to introduce the Regional Centre of Expertise (RCE) on education for sustainable development (ESD) Hyogo-Kobe, and the contribution of Kobe University as a model case. An attempt to develop and implement a new ESD programme in higher education is also reported. Design/methodology/approach - A brief description of RCE Hyogo-Kobe, which was approved in 2007, is followed by the description of the contribution of Kobe University to the RCE's starting phase to date and in the near future. The initiative of establishing the RCE as well as the design and implementation of the ESD programme developed through the collaboration of three faculties: the Faculty of Human Development, the Faculty of Letters, and the Faculty of Economics. The programme focuses on students carrying out participatory action research enabled by collaboration with regional stakeholders on ESD and SD. Findings - Interdisciplinary collaboration was found to be essential in creating an innovative education programme in higher education. Activities and projects on ESD that existed earlier played important roles in the initiative, in formation of the network, and in directing RCE activities. Originality/value - Information from the case study will be useful in the establishment and development of an RCE through the initiative of an institute of higher education. © Emerald Group Publishing Limited.

    2008年, International Journal of Sustainability in Higher Education, 9 (4), 479 - 486, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Leibnizian Dream Arguments and the Question of the Reality of Bodies

    松田 毅

    2007年09月, 愛知, 第19号・57-70頁, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • ライプニッツの「心の哲学」小論――スピノザ=ダマシオのテーゼ「人間精神は人間身体の観念である」から

    松田 毅

    2007年05月, 水声通信, 第17号・80-86頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 法則の偶然性と出来事の偶然性――因果性に関するライプニッツの定義から

    松田 毅

    2007年03月, 紀要, 35号・1-33頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Leibnizsche Traum Argumente und die Frage nach der Realiaet des Koerpers

    松田 毅

    2006年06月, Ⅷ Internationaler Leibniz-Kongress, Einheit und Vielheit,Vortraege, pp.580-587, ドイツ語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 環境リスクと合理的意思決定――インフォームド・コンセントを手掛かりとして

    松田 毅

    2006年03月, 文化學年報, 25, pp.1-23, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • ライプニッツの「物体論」――ライプニッツとバークリの認識論はどう違うか

    松田 毅

    2006年03月, 神戸大学文学部紀要, 32, pp.1-46, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 二つの迷宮とモナド――ライプニッツと現象学的モナドロジーの対比のために

    松田 毅

    2005年11月, 現象学年報, 21,pp.49-60, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 形式存在論の範疇としての志向性――D.W.スミスのアプローチ

    松田 毅

    2005年09月, 愛知, 17, pp.34-43, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • なぜライプニッツは時間と空間を「観念的」と考えるのか――ライプニッツ・クラーク書簡の認識論的考察

    松田 毅

    2005年06月, アルケー 関西哲学会年報, 13,pp.62-75, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 志向性は自然化可能か?――現象学からのアプローチ

    松田 毅

    2005年03月, 平成14・15・16年度科学研究費補助金基盤研究(B)(2)研究成果報告書, 50-66頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • ライプニッツの認識論の現代的可能性の探究――懐疑主義批判と実在論的探求――

    松田 毅

    2005年03月, 平成14・15・16年度科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書, 1-30頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 認識論的実在論――懐疑論と認識論の将来に関するウイリアムズの診断

    松田 毅

    2004年09月, 哲学論叢, 31号・104-113頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • ライプニッツ自由論の可能性――スピノザとの差異から

    松田 毅

    2004年09月, 神戸大学哲学懇話会編 愛知, 16号・6-35頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 意味を救う――フッサール現象学の「意味」

    松田 毅

    2004年02月, 神戸大学文学部紀要, 31号・37-127頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • モナドロジックな「心」の哲学の可能性――ライプニッツの自己知をめぐる反懐疑主義的論証から見た「合理性」

    松田 毅

    2003年09月, フランス哲学・思想研究, 第8号・41-53頁, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 「最善」の認識論――ライプニッツ「弁神論」の方法論あるいは「パングロス主義」?

    松田 毅

    2003年03月, 神戸大学文学部紀要, 30号・51-85, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Vielheit und Einheit der Gründe im principium rationis aus dem antiskeptizistischen Gesichtspunkte von Leibniz

    Matsuda Tsuyoshi

    2001年06月, Ⅶ.Internationaler Leibniz-Kongreß Nihi sine Ratione Mensch,Natur und Technik im Werken von G.W.Leibniz Vorträge, 785-792, ドイツ語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ライプニッツ哲学の形成における懐疑主義の役割――「観念」の存在規定をめぐるシモン・フーシェのマルブランシュ批判から

    松田 毅

    2001年03月, 神戸大学文学部紀要, 28号・1-57頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • ライプニッツの懐疑主義論駁の試みをめぐって――1711年のある未公刊の草稿の提起する諸問題

    松田 毅

    2001年03月, 神戸大学大学院文化学研究科 文化學年報, 第20号・1-53頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 発見法としての「真の論理学」――ライプニッツにおけるアナロジーの論理を中心に

    松田 毅

    2000年03月, 神戸大学文学部五〇周年記念論集, 1-23頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 現実の現実性(続)社会的現実を可能にするものとは何か(社会哲学的素描Ⅱ)

    松田 毅

    2000年03月, 神戸大学哲学懇話会編 愛知, 第15号・2-51頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 現実の現実性(続)社会的現実を可能にするものとは何か(社会哲学的素描Ⅰ)

    松田 毅

    1998年06月, 神戸大学哲学懇話会編 愛知, 第14号・18-34頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 自己関係と相互関係――フッサール間主観性の現象学の帰結――

    松田 毅

    1998年03月, 神戸大学文学部紀要, 第25号・1-58頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • ライプニッツ哲学における言語と科学方法論との関連

    松田 毅

    1998年03月, 平成8・9年度科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書, 1-30頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 環境倫理の基礎づけ-現代の論争と南方熊楠の「森の思想」

    松田 毅

    上廣倫理財団, 1997年, 上廣倫理財団報告論文集, (7), 181 - p199, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 「持続可能な社会」をめぐって-その可能性の環境倫理学的考察

    松田 毅

    九州芸術工科大学, 1997年, 九州芸術工科大学、一般・基礎教育系列研究論集, (13), 21 - 81, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • ライプニッツ哲学における現象と実在-方法論からの検討

    松田 毅

    西日本哲学会, 1997年, 西日本哲学年報, (5), 15 - 27, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ライプニッツの自然言語論

    松田 毅

    関西哲学会, 1995年, アルケー, (3), 128 - 137, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 実体間の関係を反省する-ライプニッツのモナド論的反省

    松田 毅

    日本哲学会, 1993年, 哲学, なし (43), 112 - p122, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ライプニッツの反省行為論-その独自性と歴史性

    松田 毅

    西日本哲学会, 1993年, 西日本哲学年報, (1), 55 - 67, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • フッサールのファンタジー-現象学的還元の現象学の試み

    松田 毅

    日本哲学会, 1986年, 哲学, なし (36), 185 - 195, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 後期フッサールにおける根源我と生活世界の問題

    松田 毅

    1985年, 関西哲学会紀要, なし (19), 46 - 51, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • フッサールにおける間主観性の現象学

    松田 毅

    1984年, 哲学論叢, なし (11), 43 - 53, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ライプニッツの時間論――「現実的時間の関係主義」

    松田毅

    2020年03月, 神戸大学文学部紀要, 47, 1 - 41

  • Substantial Form and Atomism From Leibniz’s remarks about Cordemoy

    Tsuyoshi Matsuda

    2019年06月, Review Roumania Philosophie, 66, 177 - 188, 英語

    [査読有り][招待有り]

MISC

  • 倫理創成研究の動向 シュレーダー=フレチェットの『リスクと合理性』から

    松田 毅

    2006年03月, 倫理創成講座 ニューズレター, 4,pp43-46, 日本語

    その他

  • リスク論と「インフォームド・コンセント・ディレンマ」――シュレーダー=フレチェットの『リスクと合理性』から

    松田 毅

    2006年03月, 倫理創成講座 ニューズレター, 第4号・43-46頁, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 科学哲学と倫理学の問題としての「リスクと合理性」

    松田 毅

    2005年03月, 倫理創成講座 ニューズレター, 5,pp.53-55, 日本語

    その他

  • リスク・コモンズ・予防原則

    松田 毅

    2005年03月, 倫理創成講座 ニューズレター, 第3号・21-25頁, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 水の「環境倫理」――「コモンズ」としての水あるいは水の「グローバル化」

    松田 毅

    2004年03月, 倫理創成講座 ニューズレター, 第2号・6-10頁, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • いまなぜライプニッツの認識論を論じるのか?――『ライプニッツの認識論』によせて――

    松田 毅

    2004年01月, 創文, 2004年1-2月号・47-50頁, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 諫早湾干潟の現在から見た環境倫理的課題

    松田 毅

    2003年03月, 倫理創成講座 ニューズレター, 創刊号・11-15頁, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 書評エルンスト・カッシーラー著(山本義隆訳)『改訳決定版 現代物理学における決定論と非決定論――因果問題についての歴史的・体系的研究』

    松田毅

    2019年06月, 『図書新聞』, (3404)

    [招待有り]

  • 日本哲学会学協会シンポ「生命とは何か」統括文

    松田毅

    2018年04月, 哲学, (70), 69 - 72

    [招待有り]

  • 「種」とは何か:生物学の哲学の現場から論じる

    松田毅

    2017年06月, アルケー, (25), 27 - 32

    [招待有り]

  • 日本哲学会学協会シンポ「宗教と哲学」趣意文

    松田毅

    2017年04月, 哲学, (68), 92 - 93

    [招待有り]

  • メタ科学技術研究の目標と背景について――倫理創成プロジェクトの10年を振り返りながら

    松田毅

    2017年03月, 倫理創成研究, (10), 1 - 20

  • 「震災とアスベスト・リスク」に関するクロスロード試作と試行から

    松田毅

    2016年03月, 倫理創成研究, (9), 1 - 16

  • ESDシンポに寄せて――神戸大学倫理創成プロジェクトの活動から――

    松田毅

    2015年03月, 持続可能な環境? 公害問題の歴史からわれわれは、何を学んだのか、三菱UFJ環境財団・神戸大学助成プロジェクト ESD対話シンポジウム報告書(栢木清吾・塚原東吾編), 123 - 134

    [招待有り]

  • アスベストと震災の問題に関する人文学的研究について――2005年以後の神戸大学倫理創成プロジェクトの活動から

    松田毅, 震災アスベスト研究会編

    2015年03月, 『アスベストリスク 阪神・淡路大震災から20年』, 122 - 128

    [招待有り]

  • 座談会Ⅰ「虚軸としてのスピノザ」

    松田毅, 合田正人, 鈴木泉, 上野修

    2014年04月, 『思想』岩波書店, 7 - 44

    [招待有り]

  • アスベスト問題に関する人文学的研究について

    松田毅

    2014年03月, 倫理創成研究, (7), 59 - 68

  • マンガで読む 震災とアスベスト(桜風舎)

    神戸大学人文学研究科倫理創成プロジェクト, 京都精華大学マンガ研究科機能マンガプロジェクト

    2014年, 1 - 32

  • 地域の災害を認識すること・記録すること・伝えること

    松田毅

    2013年11月, リンク, (5), 147 - 150

    [招待有り]

  • 生命と心のメレオロジー:歴史と現在

    松田毅

    2013年07月, 46 (1), 87 - 88

  • 震災の人文学に向けて――岩手、宮城の調査報告から――

    松田毅

    2013年03月, 倫理創成研究, (6), 79 - 92

  • アスベスト被害に関するマンガ「石の綿」制作について

    松田毅

    2012年03月, 倫理創成研究, (5), 48 - 54

  • 共同討議趣意説明

    松田毅

    2020年07月, 関西哲学会年報『アルケー』, (28), 1 - 3

    [招待有り]

書籍等出版物

  • 改訂新版『石の綿—終わらないアスベスト禍』

    松田 毅・竹宮惠子

    監修, 神戸大学出版会, 2018年, 日本語

    一般書・啓蒙書

  • ライプニッツ著作集第2期第3巻『技術・医学・社会システム』

    松田 毅

    共訳, 工作舎, 2018年, 日本語, ISBN: 9784875024941

    学術書

  • Transdisziplinär' 'Interkulturell'.Technikphilosophie nach der akademischen Kleinstaaterei.

    MATSUDA Tsuyoshi

    共著, Koenigshausen & Neumann., 2015年, 英語, Festschrift für Bernhard Irrgang, ISBN: 9783826053610

    学術書

  • 部分と全体の哲学――歴史と現在

    松田 毅

    共編者(共編著者), 春秋社, 2014年, 日本語

    学術書

  • イルガング[解釈学的倫理学――科学技術社会を生きるために」

    松田 毅

    監修, 昭和堂, 2014年, 日本語

    学術書

  • デカルトをめぐる論戦

    松田克進, 出口康夫, 安孫子信

    共著, 京都大学学術出版会, 2013年, 日本語

    学術書

  • 石の綿--マンガで読むアスベスト問題

    松田 毅・竹宮惠子

    監修, かもがわ出版, 2012年, 日本語

    一般書・啓蒙書

  • ライプニッツ読本

    松田 毅

    共著, 法政大学出版局, 2012年, 日本語

    学術書

  • 環境学入門

    武田 義明, 林 美鶴, 堀江 修, 星 信彦, 梶並 昭彦, 上田 裕清, 竹中 信幸, 島村 健, 竹内 憲司, 國部 克彦, 松田 毅, 米谷 淳, 吉村 知里

    その他, アドスリー, 2011年10月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • 応用哲学を学ぶ人のために

    松田 毅

    共著, 世界思想社, 2011年, 日本語

    学術書

  • ライプニッツを学ぶ人のために

    松田 毅

    共著, 世界思想社, 2009年, 日本語

    学術書

  • 哲学の歴史第5巻デカルト革命 「ライプニッツ」の箇所担当

    松田 毅

    共著, 中央公論新社, 2007年12月, 日本語

    学術書

  • 環境リスクと合理的意思決定――市民参加の哲学

    松田 毅

    共訳, 昭和堂, 2007年11月, 日本語

    学術書

  • 真理の探究 一七世紀合理主義の射程

    松田 毅

    共著, 知泉書館, 2005年06月, 日本語

    学術書

  • ライプニッツの認識論――懐疑主義との対決

    松田 毅

    単著, 創文社, 2003年12月, 日本語

    学術書

  • 認知科学事典

    松田 毅

    共著, 共立出版社, 2002年07月, 日本語

    学術書

  • ライプニッツ、その思想と生涯

    松田 毅

    共訳, シュプリンガー・フェアラーク東京, 2002年05月, 日本語

    学術書

  • フレーゲ著作集

    松田 毅

    共訳, 勁草書房, 2002年05月, 日本語

    学術書

  • 西洋哲学史近代編

    松田 毅

    共著, ミネルヴァ書房, 1995年, 日本語, ISBN: 4623025276

    学術書

  • デヴィット・カー,フッサール-批判的・比較的研究

    松田 毅

    共訳, 晃洋書房, 1993年, 日本語

    学術書

  • ライプニッツ著作集『中国学・地質学・普遍学』

    松田 毅

    共訳, 工作舎, 1991年, 日本語, ISBN: 4875021933

    学術書

  • Der Satz vom Grund und die Reflexion-Identität und Differenz bei Leibniz

    MATSUDA Tsuyoshi

    単著, Peter Lang, 1990年, ドイツ語, ISBN: 3631423772

    学術書

  • カール=オットー・アーペル,哲学の変換

    松田 毅

    共訳, 二玄社, 1986年, 日本語

    学術書

  • 世界哲学史6

    伊藤邦武他編

    分担執筆, 時空をめぐる論争, 筑摩書房, 2020年06月

  • マンガ/漫画/MANGA : 人文学の視点から

    前川, 修, 奥村, 弘

    共著, 神戸大学出版会,神戸新聞総合出版センター(発売), 2020年03月, 日本語, ISBN: 9784909364098

  • 忍び寄る震災アスベスト 阪神・淡路と東日本

    中部剛・加藤正文

    その他, インタビュー「アスベスト災害を問う」, かもがわ出版, 2014年01月

講演・口頭発表等

  • Leibniz on time from a monadological point of view

    MATSUDA Tsuyoshi

    International workshop on; the variety and unity of modern Germany philosophy from Leibniz, Kant and Schelling with Professor Martin Schönfeld,, 2019年03月, 英語, 神戸大学, 神戸大学, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • The Grade of the Causation and the Responsibility focusing on “Omission”,

    MATSUDA Tsuyoshi

    第11回応用哲学国際会議, 2018年12月, 英語, 京都大学, 京都大学, 国際会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • ライプニッツの時間論――「現実的時間の関係主義」

    松田 毅

    第10回ライプニッツ協会大会, 2018年11月, 日本語, 日本ライプニッツ協会, 金沢星稜大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The “Gradualism” of Causation and its Significance for Responsibility

    MATSUDA Tsuyoshi

    8th international conference of Applied Ethics and Comparative Thought East Asia, 2018年09月, 英語, 神戸大学, 神戸大学, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Radical democracy and reform of environmental policy in Japanese context

    MATSUDA Tsuyoshi

    第24回世界哲学会議, 2018年08月, 英語, 北京大学, 北京CNCC, 国際会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 原因と責任――重層的把握に向かって

    松田 毅

    第77回日本哲学会, 2018年05月, 日本語, 日本哲学会, 神戸大学, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • Traum und Regenbogen – eine leibnizsche Betrachtung.

    MATSUDA Tsuyoshi

    Leibniz Gesellschaft 講演, 2018年03月, ドイツ語, Leibniz Gesellschaft, Leibniz Gesellschaft,Hannover, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 二つの形成的自然――カドワースとライプニッツの差異

    松田 毅

    第68回西日本哲学会, 2017年12月, 日本語, 西日本哲学会, 福岡大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 南方熊楠の自然主義

    松田 毅

    第5回日中哲学フォーラム, 2017年09月, 日本語, 日本哲学会・中国社会科学院哲学研究所・立命館大学人文科学研究所、協賛中華日本哲学会, 立命館大学, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 生命は実体か属性か―ライプニッツの考察

    松田 毅

    研究会「哲学史から見た生命・生物:アリストテレス、デカルト、ライプニッツ」, 2017年03月, 日本語, 楽友会館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ライプニッツの経済哲学試論――自然と規範

    松田 毅

    第8回ライプニッツ協会大会, 2016年11月, 日本語, ライプニッツ協会大会, 東京大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • メタ科学技術研究の目標について

    松田 毅

    第1回メタ科学技術研究(MST)プロジェクト・ワークショップ, 2016年11月, 日本語, 神戸大学, 神戸大学, 国内会議

    その他

  • Leibnizian naturalism seen from his reception of Anaxagoras’s perichôresis

    MATSUDA Tsuyoshi

    The Third Conference on Contemporary Philosophy in East Asia, 2016年08月, 英語, Souel National University, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • The Nature and Norm of Economy from the Leibnizian point of view

    MATSUDA Tsuyoshi

    Ⅹ.Internationalen Leibniz-Kongresses, 2016年07月, 英語, Leibniz Gesellschaft, Leibniz University (Hannover), 国際会議

    口頭発表(一般)

  • The actual time in later Leibniz

    MATSUDA Tsuyoshi

    Ⅹ.Internationalen Leibniz-Kongresses, 2016年07月, 英語, Leibniz Gesellschaft, Leibniz University (Hannover), 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Asbestos in Japan: Class Action as Booster for Regulation

    MATSUDA Tsuyoshi

    AAS in Asia 2016, 2016年06月, 英語, AAS, 同志社大学, 国際会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • Substantial form and the “evolution” in Leibniz from the viewpoint of temporalization of the grate chain of being

    MATSUDA Tsuyoshi

    Seoul Seminar in Early Modern Philosophy, 2016年04月, 英語, Souel National University, Souel National University, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • アスベスト問題に関するアクション・リサーチによる環境教育について

    松田 毅

    第4回石綿問題総合対策研究会, 2016年01月, 日本語, 石綿問題総合対策研究会, 東京工業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ライプニッツの「形相」概念について考える――初期近世の「生物学」的文脈から

    松田 毅

    京都哲学史研究会, 2015年12月, 日本語, 京都哲学史研究会, 楽友会館, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ライプニッツの“evolutio”概念について

    松田 毅

    第9回生物学基礎論研究会, 2015年09月, 日本語, 第9回生物学基礎論研究会, 東京農業大学・オホーツクキャンパス, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 被災の時間 復興の時間」―課題としての阪神・淡路大震災と東日本大震災

    松田 毅

    第7回 応用哲学会, 2015年04月, 日本語, 日本応用哲学会, 東北大学, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • Towards environmental ethical conception of “social capital” as “commons”

    MATSUDA Tsuyoshi

    The 6th International Conference Applied Ethics and Applied Philosophy in East Asia, 2015年04月, 英語, 国立台湾大学, 国立台湾大学, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • モナドロジーを「動物の哲学」として読む

    松田 毅

    ライプニッツ協会春大会, 2015年03月, 日本語, ライプニッツ協会, 学習院大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ライプニッツの様相論——スピノザの「有限様態の必然性」に対して

    松田 毅

    第2回日本哲学会学協会シンポジウム, 2014年, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • ライプニッツの無限概念——神の自動機械の無限性を中心に

    松田 毅

    ネオプラトニズム研究会大会, 2014年, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Substantial Form and Atomism From Leibniz’s remarks about Cordemoy

    松田 毅

    Leibniz's Controversies on Substantial Forms, 2014年, 英語, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Leibniz and Philosophy of Biology

    松田 毅

    The Second Conference on Contemporary Philosophy in East Asia, 2014年, 英語, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Ethics for Public Health from the view point of Advocacy

    松田 毅

    The 5th International Conference Applied Ethics and Applied Philosophy in East Asia, 2014年, 英語, 国際会議

    口頭発表(基調)

  • ライプニッツの「生物の哲学」序論——コルドモアへの批評から——

    松田 毅

    西日本哲学会第64回大会, 2013年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 身体のメレオロジー:ライプニッツとインワーゲン

    松田 毅

    第45回科学哲学会ワークショップ, 2012年, 日本語, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 「ものの持続的同一性」に関するライプニッツの形而上学的考察の検討——「実体形相」とテセウスの船の譬え——

    松田 毅

    第4回ライプニッツ協会大会, 2012年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Examining Hermeneutical Ethics as Applied Philosophy for Risk Society, From a Case of Acceptance and Withdrawal of the Nuclear Power Plants

    松田 毅

    The 3rd International Conference Applied Ethics and Applied Philosophy in East Asia, 2012年, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • A Leibnizian Ontological Consideration about Geometrical Beings, Bodies and Monads, From a Mereological point of view” Workshop of Early Modern Philosophy

    松田 毅

    Workshop of Early Modern Philosophy, 2012年, 英語, University of South Florida, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • フッサールのメレオロジーに関する試論――相互外在と相互内在――

    松田 毅

    日本現象学会 第33回研究大会, 2011年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Environmental Risks as Seamless Events and Institutional Gaps of Applied Ethics

    松田 毅

    the National Conference on Ethics of Science, Technology, and Engineering, 2011年, 英語, 国際会議

    口頭発表(基調)

  • Applied Philosophical Possibilities of Qualitative Research From Experiences of Fieldwork about Environmental Risks

    松田 毅

    The 2nd International Conference Applied Ethics and Applied Philosophy in East Asia, 2011年, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • A Leibnizian Mereological Consideration About Geometrical Beings, Bodies and Monads

    松田 毅

    Ⅸ.Internationaler Leibniz-Kongreß. Natur und Subjekt, 2011年, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • ライプニッツのメレオロジー序論――多元論か一元論か

    松田 毅

    第2回ライプニッツ協会大会, 2010年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Evils as parts of the history towards a Leibnizian mereological consideration

    松田 毅

    das internationale Symposium 300 Jahre Essais de Théodicée – Rezeption und Transformation, 2010年, 英語, 国際会議

    その他

  • An Analysis of a Public Health Risk Assessment Survey from the Perspective of Environmental Ethics

    松田 毅

    EPICOH-Medichem 2010 Occupational Health under Globalization and New Technology, 2010年, 英語, 国際会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • A Consideration about the Foundation of Precautionary Principle From Japanese Cases and Discussions in Environmental Ethics

    松田 毅

    The 1st International Conference Applied Ethics and Applied Philosophy in East Asia, 2010年, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 「アクション・リサーチ」によるリスク論の探究――アスベストによる健康被害の問題を手がかりに――

    松田 毅

    第1回日本応用哲学会, 2009年, 日本語, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • ライプニッツはスピノザをどう読んだか――パリ滞在前後の1670 年代のテキストから――

    松田 毅

    第52回スピノザ協会研究会, 2009年, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • ライプニッツの原因概念、歴史的文脈と現代的意義

    松田 毅

    第1回ライプニッツ協会大会, 2009年, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The Meaning of Kant's Transformation of Leibnizian "Principle of Reason" from a contemporary Leibnizian point of view

    松田 毅

    The Kantian Heritage International Conference, 2009年, 英語, 国立台湾大学, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • ライプニッツ的「合理性」をめぐって

    松田 毅

    哲学若手研究者フォーラム, 2008年, 日本語, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Towards the Precautionary Human Science――A case from Japanese experiences of environmental risks――

    松田 毅

    The 38th IIS World Congress Central European University, 2008年, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 自然法則の偶然性と「因果性」の分析――ライプニッツの知識論の一視角

    松田 毅

    慶応大学COE「ライプニッツ研究会」, 2007年03月, 日本語, 慶応大学文学部, 慶応大学文学部, 国内会議

    口頭発表(招待・特別)

  • Leibniz on Causation:From his definition of cause as ‘coinferens’

    松田 毅

    Ⅳth international Conference of Leibniz Society in Spain, 2007年, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 環境リスク論から見た防災文化の創成

    松田 毅

    学術シンポジウム「防災文化の創成」, 2007年01月, 日本語, 神戸大学文学部, JAICA神戸, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • Leibnizsche Traum Argumente und die Frage nach der Realitaet des Koerpers

    松田 毅

    Ⅷ Internationaler Leibniz-Kongress, 2006年07月, 英語, Internationale Leibniz Gesellschaft, Hannover, Germany, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 環境リスクと合理的意思決定――インフォームド・コンセントを手掛かりとして

    松田 毅

    第56回日本倫理学会, 2005年10月, 日本語, 日本倫理学会, 岡山大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 二つの迷宮とモナド――ライプニッツと現象学的モナドロジーの対比のために

    松田 毅

    日本現象学会第26回研究大会, 2004年11月, 日本語, 日本現象学会, 東洋大学, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • なぜライプニッツは時間と空間を「観念的」と考えるのか?――ライプニッツ=クラーク書簡の認識論的考察

    松田 毅

    関西哲学会第57回大会, 2004年10月, 日本語, 関西哲学会, 立命館大学, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Leibniz’s “Realism” in its contrast to Berkeley’s Principles

    松田 毅

    Leibniz and the Engish-speaking World, 2003年09月, 英語, British Society for the History of Philosophy, University of Liverpool UK, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • モナドロジックな「心」の哲学の可能性――ライプニッツの自己知をめぐる反懐疑主義的論証から見た「合理性」

    松田 毅

    日仏哲学会, 2003年03月, 日本語, 日仏哲学会, 京大会館, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Vielheit und Einheit der Gründe im principium rationis aus dem antiskeptizistischen Gesichtspunkt von Leibniz

    Matsuda Tsuyoshi

    Ⅶ.Inernatonaler Leibniz-Kongreß, 2001年09月, ドイツ語, Internationelle Leibniz Gesellschaft, TU Berlin Germany, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Leibniz’s relationalism of actual time

    MATSUDA Tsuyoshi

    The Australasian Seminar in Early Modern Philosophy conference, 2019年11月26日

所属学協会

  • 日本倫理学会

  • 国際ライプニッツ学会

  • 西日本哲学会

  • 関西哲学会

  • 日本現象学会

  • 日本科学哲学会

  • 日本哲学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 松田 毅

    学術研究助成基金助成金/基盤研究(C), 2017年04月 - 2021年03月, 研究代表者

    競争的資金

  • 松田 毅

    学術研究助成基金助成金/基盤研究(C), 2013年04月 - 2017年03月, 研究代表者

    競争的資金

  • 部分と全体の哲学-歴史と現在

    松田 毅

    研究成果公開促進費/学術図書, 2014年04月 - 2015年03月, 研究代表者

    競争的資金

  • 松田 毅

    科学研究費補助金/基盤研究(B), 2010年04月 - 2013年03月, 研究代表者

    競争的資金

  • 日仏二社会の珪肺・アスベスト疾患-空間的マッピングと人文学的研究

    松田 毅

    日本学術振興会, 2国間共同研究, 神戸大学, 2008年 - 2011年, 研究代表者

    競争的資金

  • 松田 毅

    科学研究費補助金/基盤研究(C), 2006年, 研究代表者

    競争的資金

  • 工学の学際的発展に対応する新たな工学倫理フレームワークの構築

    藤木篤(代表)松田 毅ほか

    日本学術振興会, 科学研究費補助金, 基盤研究(B), 神戸大学, 2020年04月 - 2024年03月, 研究分担者

  • 生命・環境技術の社会実装に関する先端融合研究―21世紀型参加のビジョンと試行―

    松田 毅

    日本学術振興会, 課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業領域開拓プログラム, 受託研究, 神戸大学, 2017年10月 - 2020年09月, 研究代表者

  • アスベストで急増する胸膜中皮腫に関する患者と家族のQOLを高めるケアガイドライン

    長松康子(代表)松田 毅ほか

    日本学術振興会, 科学研究費補助金, 基盤研究(B), 神戸大学, 2016年04月 - 2019年03月, 研究分担者

  • 社会合意形成を実現するマンガの機能構築

    竹宮惠子(代表)松田 毅

    日本学術振興会, 科学研究費補助金, 基盤研究(C), 神戸大学, 2013年04月 - 2016年03月, 研究分担者

  • 近現代哲学の虚軸としてのスピノザ研究

    上野修(代表)松田 毅ほか

    日本学術振興会, 科学研究費補助金, 基盤研究(B), 神戸大学, 2010年04月 - 2013年04月, 研究分担者

  • 古典力と対話力を核とする人文学教育

    佐々木衛(代表)松田 毅ほか

    日本学術振興会, 大学院教育改革支援プログラム, 神戸大学, 2008年 - 2011年, 研究分担者

  • 環境人文学の構築――持続可能な社会実現に寄与する人文学分野の人材養成を目指して

    松田 毅

    カシオ科学振興財団, 研究助成, 一般助成, 神戸大学, 2009年04月 - 2010年03月, 研究代表者

  • アクション・リサーチ型ESDの開発と推進

    末本誠(代表)松田 毅ほか

    文部科学省, 現代GP, 神戸大学, 2007年10月 - 2010年03月, 研究分担者

  • 認識における超越論的立場と自然主義的立場との対立に関する概念史的・問題論的研究

    山本道雄(代表)松田 毅ほか

    日本学術振興会, 科学研究費補助金, 基盤研究(B), 神戸大学, 2002年04月 - 2006年03月, 研究分担者

  • ライプニッツ認識論の現代的可能性の研究―懐疑主義批判と実在論的探究

    松田 毅

    日本学術振興会, 科学研究費補助金, 基盤研究(C), 神戸大学, 2002年04月 - 2005年03月, 研究代表者

  • ライプニッツの認識論―懐疑主義との対決

    松田 毅

    日本学術振興会, 科学研究費補助金, 研究成果公開促進費, 神戸大学, 2003年 - 2003年, 研究代表者

  • ライプニッツ哲学における懐疑論の役割―予定調和と類比の意味論の生成の研究

    松田 毅

    日本学術振興会, 科学研究費補助金, 萌芽的研究, 神戸大学, 2000年04月 - 2002年03月, 研究代表者

  • シモン・フーシェとの関連で見たライプニッツ哲学の発展における懐疑論の役割

    松田 毅

    ドイツ学術交流会, 再招待プログラム, 神戸大学, 2000年04月 - 2000年06月, 研究代表者

  • ライプニッツ哲学における言語と科学方法論との関連

    松田 毅

    日本学術振興会, 科学研究費補助金, 基盤研究(C), 九州芸術工科大学・神戸大学, 1996年04月 - 1998年03月, 研究代表者

  • ライプニッツにおける自然言語と人工言語の意味論の問題

    松田 毅

    日本学術振興会, 科学研究費補助金, 一般研究(C)萌芽的研究, 九州芸術工科大学, 1994年04月 - 1996年03月, 研究代表者

  • 環境倫理の基礎づけ――現代の論争と南方熊楠の「森の思想」

    松田 毅

    上廣財団, 若手研究者助成, 1993年04月 - 1994年03月, 研究代表者