研究者紹介システム

佐々木 康二
ササキ コウジ
医学部附属病院 放射線診断・IVR科
助教
医学
Last Updated :2022/08/07

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    医学部附属病院 放射線診断・IVR科

学位

  • 学士(医学), 三重大学

研究活動

研究キーワード

  • 放射線診断学
  • 画像下治療
  • 救急医学

研究分野

  • ライフサイエンス / 放射線科学 / IVR
  • ライフサイエンス / 救急医学 / 救急IVR

論文

  • Koji Sasaki, Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Masashi Tajiri, Mostafa Ahmed, Tomoyuki Gentsu, Eisuke Ueshima, Keitaro Sofue, Koji Sugimoto, Takamichi Murakami

    PURPOSE: The purpose is to investigate the major and minor complications of the pancreas after transcatheter arterial embolization (TAE) using n-butyl-2-cyanoacrylate (NBCA) for bleeding from pancreatic arteries. MATERIALS AND METHODS: Thirty-three patients who underwent TAE using NBCA for acute bleeding from pancreatic arteries and their parent arteries followed by contrast-enhanced computed tomography (CE-CT) were evaluated retrospectively. Complications and risk factors were assessed using Mann-Whitney U test or Fisher's exact test for the univariate analysis. Patients' characteristic, embolized artery, procedure details, and clinical outcomes were examined as possible risk factors. RESULTS: TAE was performed successfully in all patients. Minor pancreatic complications occurred in 10 patients (30%), including acute mild pancreatitis (n = 4) and focal lack of pancreatic parenchymal enhancement on CE-CT without pancreatitis (n = 6). No cases of major pancreatic complications, such as moderate/severe pancreatitis, were reported. Embolized artery was the only significant risk factor. The rate of complications per embolized artery were 15% (three out of 20 patients) in the arteries of the pancreatic head and 54% (seven out of 13 patients) in the arteries of pancreatic body and tail (p = 0.025). CONCLUSION: TAE using NBCA for acute bleeding from pancreatic arteries is efficacious and safe. Mild pancreatic complications were observed more frequently in case of embolization of the pancreatic body and tail region than the pancreatic head.

    2021年10月06日, Japanese journal of radiology, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Koji Sasaki, Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Mostafa Ahmed, Tomoyuki Gentsu, Eisuke Ueshima, Keitaro Sofue, Kenji Tanimura, Hideto Yamada, Koji Sugimoto, Takamichi Murakami

    Abstract Purpose To evaluate the efficacy of superselective transcatheter arterial embolization (TAE) for intractable postpartum hemorrhage (PPH) due to genital tract trauma (GTT) after vaginal delivery. Methods We evaluated 27 patients who underwent TAE for intractable PPH due to GTT after vaginal delivery at our institution between January 2008 and December 2020. Patients were divided into two groups according to TAE procedure; TAE performed as close as possible to the bleeding point, at least more peripherally than the second branch of the anterior division of the internal iliac artery, was defined as superselective TAE (S-TAE). TAE performed from the proximal segment of the internal iliac artery was defined as proximal TAE (P-TAE). Patient characteristics, pre-procedural contrast-enhanced computed tomography (CE-CT), procedure details, technical/clinical success, and complications were evaluated separately for the S-TAE and P-TAE groups. Results The combined technical/clinical success rate was 92%. No major procedure-related complications were seen (mean follow-up: 6.12 ± 3.93 days). The combined technical/clinical success rate of S-TAE was 100% and of P-TAE was 67% (p = 0.04). S-TAE was performed more frequently in patients with pre-procedural CE-CT (p = 0.01) and use of permanent embolic materials (p = 0.003). Conclusion S-TAE is safe and effective for intractable PPH due to GTT. Pre-procedural CE-CT may be useful for detecting the culprit artery and be helpful in performing S-TAE.

    Springer Science and Business Media LLC, 2021年07月24日, Emergency Radiology, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Mostafa Hamada, Eisuke Ueshima, Takeaki Ishihara, Yutaka Koide, Takuya Okada, Hiroki Horinouchi, Jun Ishida, Hiroshi Mayahara, Koji Sasaki, Tomoyuki Gentsu, Keitaro Sofue, Masato Yamaguchi, Ryohei Sasaki, Koji Sugimoto, Takamichi Murakami

    Background Technological developments have led to an increased usage of external-body radiotherapy (RT) for the treatment of hepatocellular carcinoma (HCC). Transcatheter arterial chemoembolization (TACE) may be required later in patients treated with RT because of the high recurrence rate and multinodular presentation of HCC. However, despite the risk of liver function impairment, the cumulative liver damage correlated with TACE following a hepatic RT has not been adequately assessed. Purpose To evaluate the feasibility of TACE following RT for HCC. Materials and methods Sixty-seven patients with HCC who underwent TACE after RT were retrospectively evaluated between 2012 and 2018. We assessed increases in Child–Turcotte–Pugh (CTP) by ≥2 points at 1 month, the incidence of major complications, survival duration, and short-term mortality within 6 months after TACE. Furthermore, we evaluated the predictive factors for liver function impairment and short-term mortality. Results Eight patients experienced a CTP increase ≥2 points at 1 month. There were no cases of liver abscesses or bilomas. Nine patients died within 6 months following TACE. The mean liver dose (MLD) was a significant predictor of liver function impairment at 1 month ( p = 0.042). Low liver functional reserve, distant metastasis ( p = 0.037), MLD ( p = 0.046), TACE type ( p = 0.025), and TACE within 3 months following RT ( p = 0.007) were significant predictors of short-term mortality. Conclusions Despite the feasibility of TACE following RT, clinicians should pay attention to impaired pretreatment liver function, following high dose RT, and the short duration between RT and TACE.

    SAGE Publications, 2021年07月, Acta Radiologica Open, 10 (7), 205846012110349 - 205846012110349

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Koji Maruyama, Ryota Kawasaki, Yutaka Koide, Hiroki Horinouchi, Koji Sasaki, Tomoyuki Gentsu, Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Koji Sugimoto

    BACKGROUND: Preoperative prediction of thromboembolic complications using magnetic resonance imaging (MRI) in coronary arteries and carotid arteries has been established. However, the technique has not been applied in peripheral arteries. This study aimed to assess the relationship between thromboembolic complications during endovascular treatment (EVT) for iliac artery occlusion and signal intensity on MRI. METHODS: This single-institution study included 52 iliac artery occlusions in 51 patients (mean age, 70.4 years) who underwent successful EVT between January 2010 and March 2018. MRI using an inversion recovery-prepared, steady-state free precession technique was performed preoperatively. Thromboembolic complications were defined as distal embolization and in-stent protrusion greater than 25% of the stent cross-sectional area confirmed by angiography and intravascular ultrasonography, regardless of symptoms. The highest signal intensity of iliac artery occlusion divided by the signal intensity of adjacent iliopsoas muscle (target-to-muscle ratio, TMR) was measured on MR images. Multivariate analysis was performed to clarify the predictors of thromboembolic complications during EVT. RESULTS: Thromboembolic complications observed in 11 vessels (21.2%) from 11 patients comprised distal embolization (n = 4) and in-stent protrusion (n = 7). A TMR cutoff value > 2.57 had a sensitivity of 90.9%, specificity of 78.0%, positive predictive value of 52.6%, and negative predictive value of 97.0% for detecting thromboembolic complications during EVT. In the multivariate analysis, TMR >2.57 was the only independent factor associated with thromboembolic complications (odds ratio, 30.10; 95% confidence interval, 3.26-278.00; P = 0.003). CONCLUSIONS: The presence of higher signal intensity in iliac artery occlusion on MRI is useful for predicting thromboembolic complications during EVT.

    2021年05月, Annals of vascular surgery, 73, 211 - 221, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Koji Maruyama, Takuya Okada, Takeshi Ueha, Kayako Isohashi, Hayato Ikeda, Yasukazu Kanai, Koji Sasaki, Tomoyuki Gentsu, Eisuke Ueshima, Keitaro Sofue, Munenobu Nogami, Masato Yamaguchi, Koji Sugimoto, Yoshitada Sakai, Jun Hatazawa, Takamichi Murakami

    Carbon dioxide (CO2) treatment is reported to have an antitumor effect owing to the improvement in intratumoral hypoxia. Previous studies were based on histological analysis alone. In the present study, the improvement in intratumoral hypoxia by percutaneous CO2 treatment in vivo was determined using 18F-fluoromisonidazole positron emission tomography-computed tomography (18F-FMISO PET-CT) images. Twelve Japanese nude mice underwent implantation of LM8 tumor cells in the dorsal subcutaneous area 2 weeks before percutaneous CO2 treatment and 18F-FMISO PET-CT scans. Immediately after intravenous injection of 18F-FMISO, CO2 and room air were administered transcutaneously in the CO2-treated group (n=6) and a control group (n=6), respectively; each treatment was performed for 10 minutes. PET-CT was performed 2 h after administration of 18F-FMISO. 18F-FMISO tumor uptake was quantitatively evaluated using the maximum standardized uptake value (SUVmax), tumor-to-liver ratio (TLR), tumor-to-muscle ratio (TMR), metabolic tumor volume (MTV) and total lesion glycolysis (TLG). Mean ± standard error of the mean (SEM) of the tumor volume was not significantly different between the two groups (CO2-treated group, 1.178±0.450 cm3; control group, 1.368±0.295 cm3; P=0.485). Mean ± SEM of SUVmax, TLR, MTV (cm3) and TLG were significantly lower in the CO2-treated group compared with the control group (0.880±0.095 vs. 1.253±0.071, P=0.015; 1.063±0.147361 vs. 1.455±0.078, P=0.041; 0.353±0.139 vs. 1.569±0.438, P=0.015; 0.182±0.070 vs. 1.028±0.338, P=0.015), respectively. TMR was not significantly different between the two groups (4.520±0.503 vs. 5.504±0.310; P=0.240). In conclusion, 18F-FMISO PET revealed that percutaneous CO2 treatment improved intratumoral hypoxia in vivo. This technique enables assessment of the therapeutic effect in CO2 treatment by imaging, and may contribute to its clinical application.

    2021年03月, Oncology letters, 21 (3), 207 - 207, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • 治療適応の基準を満たさない腎血管筋脂肪腫の破裂

    元津 倫幸, 山口 雅人, 佐々木 康二, Hamada M.A.S., 上嶋 英介, 岡田 卓也, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (公社)日本医学放射線学会, 2020年10月, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 56回, S144 - S144, 日本語

  • 液体塞栓物質(NBCA)を極める! エキスパートへの道 膵領域の急性出血に対するNBCAを用いた動脈塞栓術の検討

    佐々木 康二, 岡田 卓也, 山口 雅人, Hamada Mostafa, 元津 倫幸, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2020年08月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 35 (Suppl.), 122 - 122, 日本語

  • 骨転移疼痛に対する集学的治療 -この痛みをどう治療するか- 骨転移に対する骨セメント治療 経皮的椎体形成術の適応を考える

    岡田 卓也, 佐々木 康二, Hamada M.A.S., 元津 倫幸, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2020年08月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 35 (Suppl.), 131 - 131, 日本語

  • 大動脈解離に対するIVR 大動脈解離に対するIVRの現況と課題

    山口 雅人, 岡田 卓也, 佐々木 康二, 元津 倫幸, 上嶋 英介, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2020年08月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 35 (Suppl.), 133 - 133, 日本語

  • ドセタキセル含浸薬剤溶出性ビーズの基礎的検討

    谷 龍一郎, 岡田 卓也, 上嶋 英介, 篠原 正和, 元津 倫幸, 佐々木 康二, Hamada M.A.S, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2020年08月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 35 (Suppl.), 282 - 282, 日本語

  • 骨転移の痛みのマネージメント 脊椎転移に対する経皮的椎体形成術の適応について考える

    岡田 卓也, 佐々木 康二, 角谷 賢一朗, 宮脇 大輔, 酒井 良忠, 坂下 明大, 今村 善宣, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (NPO)日本緩和医療学会, 2020年08月, Palliative Care Research, 15 (Suppl.), S37 - S37, 日本語

  • Hiroki Horinouchi, Keitaro Sofue, Tatsuya Nishii, Koji Maruyama, Koji Sasaki, Tomoyuki Gentsu, Eisuke Ueshima, Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Koji Sugimoto, Takamichi Murakami

    PURPOSE: To assess the utility of whole-aorta CT angiography (CTA) with 15 mL contrast material (CM) on time-resolved imaging for endovascular abdominal aortic repair (EVAR). METHODS: Twenty-six patients with a high-risk of post-contrast acute kidney injury (PC-AKI) underwent CTA with 15 mL CM using temporal maximum intensity projection (tMIP-CTA) generated from time-resolved imaging. The aortoiliac CT values were measured. Two observers measured the arterial diameters in unenhanced CT and tMIP-CTA images, and image quality was evaluated on a 5-point scale. The presence of the accessory renal artery, inferior mesenteric artery (IMA) occlusion, and instructions for use (IFU) of EVAR were evaluated. RESULTS: CT examinations were successfully performed, and no patients developed PC-AKI. The mean CT values of the whole aorta were 267.5 ± 51.4 HU, which gradually decreased according to the distal levels of the aorta. Bland-Altman analysis revealed excellent agreement for the external arterial diameter measurements between unenhanced CT and tMIP-CTA. Excellent interobserver agreement was achieved for the measurements of the external (ICCs, 0.910-0.992) and internal arterial diameters (ICCs, 0.895-0.993). Excellent or good overall image quality was achieved in 24 (92 %) patients. The presence of the accessory renal artery, IMA occlusion and the assessment of IFU were in 100 % agreement. Multivariate analysis revealed aortic volume as the most significant independent factor associated with strong aortic enhancement (p = 0.004). CONCLUSIONS: Whole-aorta tMIP-CTA on time-resolved imaging is useful for maintaining contrast enhancement and image quality for EVAR planning, and can substantially reduce the amount of CM.

    2020年05月, European journal of radiology, 126, 108861 - 108861, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Hiroki Horinouchi, Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Koji Maruyama, Koji Sasaki, Tomoyuki Gentsu, Eisuke Ueshima, Keitaro Sofue, Ryota Kawasaki, Yoshikatsu Nomura, Atsushi Omura, Kenji Okada, Koji Sugimoto, Takamichi Murakami

    PURPOSE: To evaluate the mid-term outcomes of transarterial embolization (TAE) for type II endoleak after endovascular abdominal aortic aneurysm repair (EVAR) and investigate the predictors of sac enlargement after embolization. MATERIALS AND METHODS: We conducted a retrospective analysis of 55 patients [48 men and 7 women, median age 79.0 (interquartile ranges 74-82) years] who underwent TAE for type II endoleak from 2010 to 2018. The aneurysmal sac enlargement, endoleaks, aneurysm-related adverse event rate, and reintervention rate were evaluated. Patients' characteristics and clinical factors were evaluated for their association with sac enlargement. RESULTS: Fifty-five patients underwent TAE with technical success and were subsequently followed for a median of 636 (interquartile ranges 446-1292) days. The freedom from sac enlargement rates at 1, 3, and 5 years was 73.2%, 32.0%, and 26.7%, respectively. After initial TAE, the recurrent type II, delayed type I, and occult type III endoleak were identified in 39 (71%), 5 (9%), and 3 (5%) patients, respectively. Although a patient had aorto-duodenal fistula, there was no aneurysm-related death. The freedom from reintervention rates was 84.6%, 35.7%, and 17.0%, respectively. In the multivariate analysis, sac diameter > 55 mm at initial TAE (hazard ratios, 3.23; 95% confidence intervals, 1.22-8.58; P < 0.05) was a significant predictor of sac enlargement. CONCLUSION: TAE for type II endoleak was not effective in preventing sac enlargement, and reinterventions were required among the mid-term follow-up. The sac diameter > 55 mm at initial TAE was a significant predictor of sac enlargement.

    2020年05月, Cardiovascular and interventional radiology, 43 (5), 696 - 705, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 【画像診断ドリル 救急医と放射線科医が伝授する適切なオーダーと読影法】(第5章)腹部画像診断ドリル 症例12.入院中に突然発症の腹痛を自覚した60歳代の男性

    佐々木 康二, 岡田 卓也, 石田 時也

    (株)羊土社, 2020年04月, レジデントノート, 22 (2), 367 - 372, 日本語

  • 【画像診断ドリル 救急医と放射線科医が伝授する適切なオーダーと読影法】(第5章)腹部画像診断ドリル 症例13.ジムでトレーニング中に突然の心窩部痛で救急搬送された40歳代の男性

    佐々木 康二, 岡田 卓也, 石田 時也

    (株)羊土社, 2020年04月, レジデントノート, 22 (2), 373 - 378, 日本語

  • 【画像診断ドリル 救急医と放射線科医が伝授する適切なオーダーと読影法】(第5章)腹部画像診断ドリル 症例14.前日からの腰痛が持続するため内科外来を受診した80歳代の男性

    佐々木 康二, 岡田 卓也, 石田 時也

    (株)羊土社, 2020年04月, レジデントノート, 22 (2), 379 - 385, 日本語

  • Maruyama K, Sofue K, Horinouchi H, Okada T, Ueshima E, Gentsu T, Sasaki K, Yamaguchi M, Sugimoto K, Murakami T.

    OBJECTIVE: The aim of this study was to assess the utility of 70-kilovoltage-peak (kVp) contrast-enhanced computed tomography (CECT) for visualization and identification of the right adrenal vein (RAV) in comparison with that of conventional 120-kVp CECT. METHODS: This retrospective study included patients who underwent adrenal venous sampling with concurrent biphasic 120-kVp (120-kVp group, n = 43) or 70-kVp (70-kVp group, n = 47) CECT. Signal-to-noise ratios, contrast-to-noise ratios, longitudinal lengths, conspicuity scores, RAV detection rates, and size-specific dose estimates were compared between the 2 groups. RESULTS: In comparison with the 120-kVp group, the 70-kVp group had significantly higher signal-to-noise and contrast-to-noise ratios (P < 0.001-P = 0.033), greater longitudinal lengths (P < 0.001-P = 0.002), superior conspicuity scores for the RAV (P < 0.001), higher RAV detection rates (P = 0.015-P = 0.033), and lower size-specific dose estimates (P < 0.001). CONCLUSIONS: Seventy-kilovoltage-peak CECT has advantages over conventional 120-kVp CECT and is potentially useful for noninvasive assessment of the precise anatomy of the RAV.

    2020年01月, J Comput Assist Tomogr., 44 (1), 153 - 159, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 当院における脾動脈瘤に対する動脈塞栓術の治療成績

    岡田 卓也, 佐々木 康二, Hamada Mostafa, 堀之内 宏樹, 元津 倫幸, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本脈管学会, 2019年10月, 脈管学, 59 (Suppl.), S140 - S140, 日本語

    [査読有り]

  • Iliac Branch Endoprosthesisを用いたステントグラフト内挿術の初期成績

    元津 倫幸, 山口 雅人, Hamada Mostafa, 佐々木 康二, 堀之内 宏樹, 上嶋 英介, 岡田 卓也, 祖父江 慶太郎, 後竹 康子, 中井 秀和, 山中 勝弘, 大村 篤史, 岡田 健次, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本脈管学会, 2019年10月, 脈管学, 59 (Suppl.), S175 - S175, 日本語

    [査読有り]

  • 最新のエビデンスに基づくステントグラフト治療の現況と課題 大動脈解離

    山口 雅人, 岡田 卓也, 元津 倫幸, 佐々木 康二, 堀之内 宏樹, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (公社)日本医学放射線学会, 2019年09月, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 55回, S408 - S408, 日本語

    [査読有り]

  • 直腸静脈瘤に対して上直腸静脈直接穿刺法で塞栓術を行った1例

    元津 倫幸, 岡田 卓也, 小出 裕, 佐々木 康二, Hamada M.A.S., 堀之内 宏樹, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年09月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (1), 79 - 79, 日本語

    [査読有り]

  • Ryuichiro Tani, Keitaro Sofue, Koji Sugimoto, Naoto Katayama, Mostafa A S Hamada, Koji Maruyama, Hiroki Horinouchi, Tomoyuki Gentsu, Koji Sasaki, Eisuke Ueshima, Yutaka Koide, Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Takamichi Murakami

    PURPOSE: To assess the safety and efficacy of transarterial embolization (TAE) and to evaluate the utility of contrast-enhanced computed tomography (CE-CT) for life-threatening spontaneous retroperitoneal hemorrhage (SRH). METHODS: Nineteen patients underwent TAE following CE-CT for life-threatening SRH. CE-CT and angiographic findings, technical successes, and clinical successes were evaluated. The diagnostic performance of CE-CT for the detection of active bleeding arteries was also assessed by two independent readers. RESULTS: Active extravasation of contrast material was accurately observed in 78.9‒84.2% of the patients on CE-CT. Angiograms revealed active extravasation in 37 arteries of 15 patients (78.9%), and 4 patients showed no sign of active bleeding. Sensitivity, positive predictive value, and accuracy rate of CE-CT for the detection of active bleeding vessels was 59.5%, 62.9‒71.0% and 55.6‒60.0% respectively. The successful embolization of 48 intended arteries was achieved in all the patients, including empirical TAE in four patients. Hemodynamic stabilization was achieved in 17 patients (89.5%) with a significant decrease in transfusion (p < 0.001). CONCLUSION: TAE is a technically safe and clinically effective treatment method for life-threatening SRH. CE-CT has moderate capability for accurate identification of active bleeding arteries. TAE including arteries that potentially distribute anatomic territory of the hematoma is essential.

    2019年04月, Japanese journal of radiology, 37 (4), 328 - 335, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Koji Maruyama, Keitaro Sofue, Takuya Okada, Yutaka Koide, Eisuke Ueshima, Genzo Iguchi, Ryuichiro Tani, Tomoyuki Gentsu, Hiroki Horinouchi, Koji Sasaki, Masato Yamaguchi, Koji Sugimoto, Takamichi Murakami

    PURPOSE: To evaluate the advantages of intraprocedural CT during adrenal venous sampling (AVS) to confirm accurate catheterization of the right adrenal vein (RAV). MATERIALS AND METHODS: This single-institution study included 106 patients (mean age 52.4 years; range 28-74 years) with primary aldosteronism who performed contrast-enhanced CT (CECT) before AVS following AVS between January 2011 and March 2018. After catheterization of the RAV under fluoroscopic guidance, unenhanced CT images were obtained to confirm catheter position on unified CT angiography system. Catheter repositioning was performed when the catheter was inaccurately positioned. Venography findings were classified into two groups: (1) presumably cannulated in the RAV (presumed RAV group) and (2) obscured visualization of the RAV because of collateral vessels (obscured RAV group). Success rates of AVS were compared using Fisher's exact test. RESULTS: The overall success of AVS was achieved in 104 patients (98.1%). Catheter was deviated into the IVC during intraprocedural CT in four patients. Fourteen patients (14.0%) required catheter repositioning by intraprocedural CT images, and accurate catheterization in the RAV was eventually accomplished. The success rate of AVS was significantly higher in the presumed RAV group (90.1% [73/81]) than that in the obscured RAV group (68.4% [13/19]) (p = 0.024). If intraprocedural CT was not acquired during AVS, the success rate of AVS would have been significantly lower (84.9% [90/106]) compared with that use of intraprocedural CT (98.1% [104/106]) (p < 0.001). CONCLUSIONS: Intraprocedural unenhanced CT by referring to the preprocedural CECT before AVS enables the confirmation of accurate catheterization of the RAV. LEVEL OF EVIDENCE: Level 4, case series.

    2019年04月, Cardiovascular and interventional radiology, 42 (4), 542 - 551, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yuki Ikeno, Koji Sasaki, Takashi Matsueda, Takeshi Inoue, Hiroshi Tanaka, Koji Sugimoto, Yutaka Okita

    OBJECTIVE: To evaluate the impact of white matter changes on neurologic outcomes after total arch replacement using antegrade cerebral perfusion. METHODS: White matter changes were assessed using a visual Fazekas scale on preoperative magnetic resonance images. From October 1999 to December 2016, 359 patients who had demonstrated changes on preoperative magnetic resonance imaging underwent elective total arch replacement using antegrade cerebral perfusion. Patients were classified into 3 severity groups: mild (100 patients), moderate (158 patients), and severe (101 patients). Mean follow-up time was 4.8 ± 3.6 years. Multivariate logistic regression methods were used to evaluate for an independent association between white matter changes and postoperative neurological outcomes. RESULTS: Hospital mortality was 2.8% (10/359), and no significant differences were found across the 3 groups (P = .604). Multivariate analysis demonstrated that the severity of white matter change was significantly associated with both postoperative permanent neurologic deficit (odds ratio, 5.77; 95% confidence interval, 1.58-38.4, P = .005) and transient neurologic deficit (odds ratio, 2.46; 95% confidence interval, 1.45-4.37, P < .001). CONCLUSIONS: White matter changes, defined using the visual Fazekas scale on preoperative magnetic resonance imaging, were significantly associated with significant postoperative adverse neurologic outcomes after total arch replacement using antegrade cerebral perfusion.

    2019年04月, The Journal of thoracic and cardiovascular surgery, 157 (4), 1350 - 1357, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Koji Sasaki, Ryota Kawasaki, Hiroki Horinouchi, Tomoyuki Gentsu, Megumi Kinoshita, Koji Sugimoto

    The Japanese Society of Interventional Radiology, 2018年, Interventional Radiology, 3 (3), 126 - 130

    研究論文(学術雑誌)

  • 岡田 卓也, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道, 曽宮 雄一郎, 香川 清澄, 前林 知樹, Hamada M.A.S., 佐々木 康二, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 上嶋 英介

    Following up patients after coil embolization with non-invasive imaging such as CT or MRI is important to evaluate recanalization, surrounding and distal organ ischemia and complications, but can be difficult due to metal artifact or other factors. In this article, the characteristics of X-ray, CT and MRI to assess post-embolization state were addressed. The recent trend including dual energy CT, metal artifact reduction algorithm on CT, and sequences for MR angiography were summarized with some clinical cases.

    一般社団法人日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2018年, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 33 (2), 137 - 143, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 佐々木, 康二, Second autho

    2015年10月, 日本臨床救急医学会誌, 18 (5), 686 - 690, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 便中異物を主訴に来院した日本海裂頭条虫症の1例

    佐々木康二

    2010年, 愛仁会医学研究誌, 41, 72 - 74, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Mari Yamaoka, Yohei Kanzawa, Shun Tatehara, Koji Sasaki, Shimpei Mizuki, Jun Ohnishi, Takahiro Nakajima, Naoto Ishimaru, Saori Kinami

    Edizioni Internazionali srl, Divisione EDIMES Edizioni Medico-Scientifiche, 2022年03月01日, Infezioni in Medicina, 30 (1), 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 【血管内治療における抗血栓療法】外傷性・医原性血管損傷に対するバイアバーン留置後の抗血栓療法

    岡田 卓也, 松代 啓吾, Hamada Mostafa, 佐々木 康二, 元津 倫幸, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本血管内治療学会, 2021年, 日本血管内治療学会誌, 22 (1), 50 - 53, 日本語

  • 当院における内臓動脈瘤に対する血管内治療の経験

    山口 雅人, 松永 直樹, 佐々木 康二, 元津 倫幸, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本脈管学会, 2021年10月, 脈管学, 61 (Suppl.), S149 - S149, 日本語

  • 逆チャンス型胸椎骨折による血胸の一例

    松永 直樹, 岡田 卓也, 大野 雄康, 松代 啓吾, 佐々木 康二, 元津 倫幸, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (公社)日本医学放射線学会, 2021年08月, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 57回, S464 - S464, 日本語

  • 大動脈疾患に対するIVR治療の現況と課題 EVARの遠隔期成績向上への取り組み

    元津 倫幸, 山口 雅人, 佐々木 康二, Hamada Mostafa, 上嶋 英介, 岡田 卓也, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2021年04月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 36 (Suppl.), 125 - 125, 日本語

  • Shaggy aorta症例における上腸間膜動脈バルーンプロテクション併用下TEVARの有用性の検討

    佐々木 康二, 岡田 卓也, 山口 雅人, 田尻 昌士, Hamada Mostafa, 元津 倫幸, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2021年04月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 36 (Suppl.), 160 - 160, 日本語

  • 上顎癌動注化学療法における腫瘍進展方向と栄養血管に関する検討(Tumor extension and feeding arteries in intraarterial chemotherapy for maxillary cancer)

    Hamada Mostafa, 岡田 卓也, 山口 雅人, 佐々木 康二, 元津 倫幸, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2021年04月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 36 (Suppl.), 201 - 201, 英語

  • 陰部腟静脈瘤に対し血管内治療を行った1例

    田尻 昌士, 岡田 卓也, Ahmed Mostafa, 佐々木 康二, 元津 倫幸, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2021年04月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 36 (Suppl.), 251 - 251, 日本語

  • 【血管内治療における抗血栓療法】外傷性・医原性血管損傷に対するバイアバーン留置後の抗血栓療法

    岡田 卓也, 松代 啓吾, Hamada Mostafa, 佐々木 康二, 元津 倫幸, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    外傷性・医原性血管損傷に対するバイアバーンステントグラフト留置後の抗血栓療法には定まった見解はなく、治療担当医の判断に委ねられている。浅大腿動脈の閉塞性疾患に対するバイアバーン留置後の抗血栓療法に準じた治療が行われることが多いが、治療血管の部位や再出血のリスクなどを鑑みて調整する必要がある。腹部分枝では、血管の蛇行や血管周囲の炎症や感染など、グラフト閉塞の原因となり得る因子がある一方で、必ずしも長期開存が求められない場合もある。腸骨動脈では、グラフト閉塞の可能性は基本的に低いと思われるため、場合によっては抗血栓療法を行わないのも一つの選択肢である。反対に、鎖骨下動脈では確実な開存性を担保したい場合が多く、抗血栓療法は必須と考える。外傷性・医原性出血に対するバイアバーンステントグラフトの長期成績はいまだ不明であり、さらなるエビデンスの構築が望まれる。(著者抄録)

    (一社)日本血管内治療学会, 2021年, 日本血管内治療学会誌, 22 (1), 50 - 53, 日本語

  • 大学病院における遺伝的アルゴリズムを用いた当直予定表作成システムの開発

    松尾 秀俊, 松永 卓明, 佐々木 康二, 岡田 卓也, 西尾 瑞穂, 河野 淳, 村上 卓道

    (一社)日本医療情報学会, 2021年11月, 医療情報学連合大会論文集, 41回, 1122 - 1124, 日本語

MISC

  • 当院における脾動脈瘤に対する動脈塞栓術の治療成績

    岡田 卓也, 佐々木 康二, Hamada Mostafa, 堀之内 宏樹, 元津 倫幸, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本脈管学会, 2019年10月, 脈管学, 59 (Suppl.), S140 - S140, 日本語

  • Iliac Branch Endoprosthesisを用いたステントグラフト内挿術の初期成績

    元津 倫幸, 山口 雅人, Hamada Mostafa, 佐々木 康二, 堀之内 宏樹, 上嶋 英介, 岡田 卓也, 祖父江 慶太郎, 後竹 康子, 中井 秀和, 山中 勝弘, 大村 篤史, 岡田 健次, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本脈管学会, 2019年10月, 脈管学, 59 (Suppl.), S175 - S175, 日本語

  • 最新のエビデンスに基づくステントグラフト治療の現況と課題 大動脈解離

    山口 雅人, 岡田 卓也, 元津 倫幸, 佐々木 康二, 堀之内 宏樹, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (公社)日本医学放射線学会, 2019年09月, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 55回, S408 - S408, 日本語

  • 直腸静脈瘤に対して上直腸静脈直接穿刺法で塞栓術を行った1例

    元津 倫幸, 岡田 卓也, 小出 裕, 佐々木 康二, Hamada M.A.S., 堀之内 宏樹, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年09月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (1), 79 - 79, 日本語

  • 【エンドリーク】Type II endoleakの制御を目的とした術前塞栓術

    山口 雅人, 元津 倫幸, 佐々木 康二, 岡田 卓也, 小出 裕, 杉本 幸司, 村上 卓道, 後竹 康子, 中井 秀和, 山中 勝弘, 岡田 健次, 林 太郎, 川崎 竜太, 森 岳樹, 魚谷 健祐, 谷口 尚範, 福田 哲也, 宮本 直和, 坂本 憲昭

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年09月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (1), 28 - 35, 日本語

  • 肝細胞癌に対する放射線照射治療後の経動脈的化学塞栓療法の安全性の検討

    小出 裕, ムスタファ・ハマダ, 上嶋 英介, 堀之内 宏樹, 佐々木 康二, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 岡田 卓也, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 石田 淳, 石原 武明, 佐々木 良平, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年05月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (Suppl.), 226 - 226, 日本語

  • 当院における経腟分娩後の産道出血に対する動脈塞栓術の検討

    佐々木 康二, 岡田 卓也, HAMADA MOSTAFA, 堀之内 宏樹, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年05月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (Suppl.), 239 - 239, 日本語

  • Iliac Branch Endoprosthesisを用いたステントグラフト内挿術の初期成績

    元津 倫幸, 山口 雅人, 佐々木 康二, 堀之内 宏樹, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 小出 裕, 岡田 卓也, 祖父江 慶太郎, 後竹 康子, 中井 秀和, 山中 勝弘, 岡田 健次, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年05月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (Suppl.), 255 - 255, 日本語

  • 当院における大動脈解離に対するTEVARの治療成績

    岡田 卓也, 山口 雅人, 佐々木 康二, 堀之内 宏樹, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 後竹 康子, 中井 秀和, 山中 勝弘, 岡田 健次, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年05月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (Suppl.), 259 - 259, 日本語

  • CTで認識できない骨病変に対するCTガイド下骨生検の検討

    谷 龍一郎, 岡田 卓也, 佐々木 康二, HAMADA MOSTAFA, 堀之内 宏樹, 元津 倫幸, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年05月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (Suppl.), 314 - 314, 日本語

  • 肝細胞癌に対する放射線照射治療後の経動脈的化学塞栓療法の安全性の検討

    小出 裕, ムスタファ・ハマダ, 上嶋 英介, 堀之内 宏樹, 佐々木 康二, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 岡田 卓也, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 石田 淳, 石原 武明, 佐々木 良平, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2019年05月, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌, 34 (Suppl.), 226 - 226, 日本語

  • 当院における脾動脈瘤に対する動脈塞栓術の治療成績

    岡田卓也, 佐々木康二, HAMADA Mostafa, 堀之内宏樹, 元津倫幸, 上嶋英介, 祖父江慶太郎, 山口雅人, 杉本幸司, 村上卓道

    2019年, 脈管学(Web), 59 (supplement)

  • TypeII endoleakの制御を目的とした術前塞栓術

    山口雅人, 元津倫幸, 佐々木康二, 岡田卓也, 小出裕, 杉本幸司, 村上卓道, 後竹康子, 中井秀和, 山中勝弘, 岡田健次, 林太郎, 川崎竜太, 森岳樹, 魚谷健祐, 谷口尚範, 福田哲也, 宮本直和, 坂本憲昭

    2019年, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌(Web), 34 (1)

  • Iliac Branch Endoprosthesisを用いたステントグラフト内挿術の初期成績

    元津倫幸, 山口雅人, HAMADA Mostafa, 佐々木康二, 堀之内宏樹, 上嶋英介, 岡田卓也, 祖父江慶太郎, 後竹康子, 中井秀和, 山中勝弘, 大村篤史, 岡田健次, 杉本幸司, 村上卓道

    2019年, 脈管学(Web), 59 (supplement)

  • 直腸静脈瘤に対して上直腸静脈直接穿刺法で塞栓術を行った1例

    元津倫幸, 岡田卓也, 小出裕, 佐々木康二, HAMADA M.A.S., 堀之内宏樹, 谷龍一郎, 上嶋英介, 祖父江慶太郎, 山口雅人, 杉本幸司, 村上卓道

    2019年, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌(Web), 34 (1)

  • 大動脈解離

    山口雅人, 岡田卓也, 元津倫幸, 佐々木康二, 堀之内宏樹, 杉本幸司, 村上卓道

    2019年, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 55th

  • 破裂性十二指腸静脈瘤に対してバルーン閉塞下逆行性静脈瘤塞栓術を施行した1例

    小出 裕, 岡田 卓也, 佐々木 康二, 元津 倫幸, Hamada M.A.S., 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 祖父江 慶太郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2018年11月, IVR: Interventional Radiology, 33 (3), 317 - 318, 日本語

  • 頭頸部癌による急性出血に対する動脈塞栓術の検討

    小出 裕, 岡田 卓也, 佐々木 康二, 元津 倫幸, 谷 龍一郎, 山口 雅人, 杉本 幸司, 村上 卓道

    (一社)日本救急医学会, 2018年10月, 日本救急医学会雑誌, 29 (10), 464 - 464, 日本語

  • 中長期成績からみた腹部大動脈瘤ステントグラフトの功罪 IMA閉塞例におけるEVAR後のType 2エンドリークの検討 予防的IMA塞栓術は有用か?

    岡田 卓也, 元津 倫幸, 山口 雅人, 佐々木 康二, Hamada Mostafa, 谷 龍一郎, 上嶋 英介, 小出 裕, 祖父江 慶太郎, 杉本 幸司, 村上 卓道, 後竹 康子, 中井 秀和, 山中 勝弘, 田中 裕史

    (一社)日本脈管学会, 2018年09月, 脈管学, 58 (Suppl.), S107 - S107, 日本語

  • 池野友基, 佐々木康二, 大山詔子, 幸田陽次郎, 陽川孝樹, 後竹康子, 邉見宗一郎, 中井秀和, 松枝崇, 山中勝弘, 田中裕史, 杉本幸司, 大北裕

    1999年10月〜2016年12月に弓部全置換術を施行した350例を、術前MRIのFLAIR像を用いて大脳白質病変(WMC)をFazekasスケールにより3群(Mild 100例、Moderate 158例、Severe 101例)に分け、早期・長期成績に及ぼす影響について検討した。全体の30日死亡率と院内死亡率はそれぞれ1.4%、2.8%であり、Severe群は1年死亡の有意な危険因子であった。恒久的脳障害(PND)と一過性脳障害(TND)はそれぞれ2.2%、7.8%で生じ、いずれもWMC重症度と有意に相関した。多変量解析では、PND発生の有意な危険因子としてatherothrombotic aorta、Severe WMC、人工心肺時間が挙げられ、TND発生の有意な危険因子としてatherothrombotic aorta、Severe WMC、頸動脈狭窄があげられた。平均観察期間4.8年で97例の遠隔死亡を認め、5年生存率はWMCの重症度と相関して有意に減少し、心大血管・脳血管関連死亡回避率もWMCの重症度と相関して有意に低下した。

    (NPO)日本心臓血管外科学会, 2018年07月, 日本心臓血管外科学会雑誌, 47 (4号), vii - xii, 日本語

    [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 高齢者の大脳白質病変評価と選択的脳灌流下弓部全置換術の成績についての検討

    池野友基, 佐々木康二, 大山詔子, 藤末淳, 幸田陽次郎, 陽川孝樹, 後竹康子, 邉見宗一郎, 中井秀和, 松枝崇, 井上武, 田中裕史, 大北裕, 齋木佳克

    2018年, 日本心臓血管外科学会学術総会(Web), 48th

  • IMA閉塞例におけるEVAR後のType2エンドリークの検討:予防的IMA塞栓術は有用か?

    岡田卓也, 元津倫幸, 山口雅人, 佐々木康二, HAMADA Mostafa, 谷龍一郎, 上嶋英介, 小出裕, 祖父江慶太郎, 杉本幸司, 村上卓道, 後竹康子, 中井秀和, 山中勝弘, 田中裕史

    2018年, 脈管学(Web), 58 (supplement)

  • 短区間の急性膝窩動脈閉塞症に対する深大腿動脈への血栓移動術

    川崎 竜太, 杉本 幸司, 宮本 直和, 木下 めぐ美, 堀之内 宏樹, 元津 倫幸, 佐々木 康二

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2017年04月, IVR: Interventional Radiology, 32 (Suppl.), 193 - 193, 日本語

  • 治療に難渋した胸部大動脈術後のtype II endoleakの二例

    元津 倫幸, 川崎 竜太, 木下 めぐ美, 佐々木 康二, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2017年04月, IVR: Interventional Radiology, 32 (Suppl.), 339 - 339, 日本語

  • 腸骨動脈閉塞のMRIプラークイメージング MRI所見と血管内治療中の血栓塞栓性合併症の対比

    川崎 竜太, 杉本 幸司, 大木 晴香, 宮本 直和, 元津 倫幸, 堀之内 宏樹, 佐々木 康二

    (一社)日本脈管学会, 2016年10月, 脈管学, 56 (Suppl.), S140 - S140, 日本語

  • MR plaque imagingが治療方針決定に有用であった下肢動脈閉塞症の4例

    川崎 竜太, 杉本 幸司, 木下 めぐ美, 元津 倫幸, 佐々木 康二, 幸田 陽次郎, 石垣 隆弘, 立石 直毅, 邉見 宗一郎, 中井 秀和, 松田 均, 吉田 正人, 向原 伸彦

    (一社)日本脈管学会, 2016年10月, 脈管学, 56 (Suppl.), S142 - S142, 日本語

  • 腰動脈が関与したType II endoleakに対して0.008インチガイドワイヤーを用いたナックルワイヤーテクニックにて塞栓術を行った1例

    佐々木 康二, 川崎 竜太, 元津 倫幸, 木下 めぐ美, 堀之内 宏樹, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年08月, IVR: Interventional Radiology, 31 (3), 267 - 267, 日本語

  • MRIプラークイメージングにて脂質プラークとプラーク内出血が疑われた右総腸骨動脈狭窄の1治療例

    佐々木 康二, 川崎 竜太, 木下 めぐ美, 堀之内 宏樹, 宮田 大嗣, 澤田 隆弘, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年06月, IVR: Interventional Radiology, 31 (2), 180 - 180, 日本語

  • 腸骨動脈閉塞の術前MRIプラークイメージングの有用性

    川崎 竜太, 大木 晴香, 宮本 直和, 木下 めぐ美, 堀之内 宏樹, 佐々木 康二, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年04月, IVR: Interventional Radiology, 31 (Suppl.), 139 - 139, 日本語

  • MRプラークイメージングで不安定プラークが予想された総腸骨動脈狭窄の1治療例

    佐々木 康二, 川崎 竜太, 木下 めぐ美, 堀ノ内 宏樹, 宮田 大嗣, 澤田 隆弘, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年04月, IVR: Interventional Radiology, 31 (Suppl.), 234 - 234, 日本語

  • EVARにおける3D MR Roadmapの使用経験

    堀之内 宏樹, 川崎 竜太, 木下 めぐ美, 佐々木 康二, 松田 均, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2016年04月, IVR: Interventional Radiology, 31 (Suppl.), 235 - 235, 日本語

  • MR plaque imagingが治療方針決定に有用であった下肢動脈閉塞症の4例

    川崎竜太, 杉本幸司, 木下めぐ美, 元津倫幸, 佐々木康二, 幸田陽次郎, 石垣隆弘, 立石直毅, 邉見宗一郎, 中井秀和, 松田均, 吉田正人, 向原伸彦

    2016年, 脈管学(Web), 56 (supplement), S142(J‐STAGE), 日本語

  • 腸骨動脈閉塞のMRIプラークイメージング―MRI所見と血管内治療中の血栓塞栓性合併症の対比―

    川崎竜太, 杉本幸司, 大木晴香, 宮本直和, 元津倫幸, 堀之内宏樹, 佐々木康二

    2016年, 脈管学(Web), 56 (supplement), S140(J‐STAGE), 日本語

  • 腸骨動脈ステント内急性血栓症に対する高流量ウロキナーゼ持続動注療法

    川崎 竜太, 木下 めぐ美, 堀之内 宏樹, 佐々木 康二, 澤田 隆弘, 宮田 大輔, 杉本 幸司

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会, 2015年09月, IVR: Interventional Radiology, 30 (3), 286 - 286, 日本語

  • 当院における内臓動脈瘤に対する血管内治療の経験

    山口雅人, 松永直樹, 佐々木康二, 元津倫幸, 岡田卓也, 杉本幸司, 村上卓道

    2021年, 脈管学(Web), 61 (supplement)

書籍等出版物

  • レジデントノート増刊号 画像診断ドリル 救急医と放射線科医が伝授する適切なオーダーと読影法

    佐々木康二、岡田卓也

    共著, p181-199, 羊土社, 2020年03月

  • 今日読んで明日からできる診断推論

    佐々木康二

    共著, 10 しびれ p117-122, 日本医事新報社, 2015年12月

  • 臨床消化器内科 特集:非B非C型肝癌の治療:6.非B非C型肝癌の治療

    佐々木康二, 上嶋英介, 岡田卓也, 山口雅人, 杉本幸司, 村上卓道

    共著, 3)肝動脈化学塞栓術, 日本メディカルセンター, 2022年02月

講演・口頭発表等

  • Overview and recent update of IVR for postpartum hemorrhage

    佐々木康二

    第219回 関西アンギオ・IVRカンファレンス, 2020年02月01日, 日本語

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • SMA分枝解離を伴ったcomplicated type B dissection に対するTEVARで悩んだ2症例

    佐々木 康二

    第2回 兵庫血管内治療カンファレンス, 2019年11月29日, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 離脱式マイクロコイルによるtemporary anchoring techniqueを用いて塞栓を行なった腹腔動脈瘤の1例

    佐々木 康二

    兵庫県心臓血管外科研究会, 2019年07月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • TAE for postpartum hemorrhage due to genital tract injury after vaginal delivery

    佐々木 康二

    2019年05月31日, 英語, 第48回日本IVR学会総会, 福岡, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • EVAR術前のIMA/LA塞栓

    佐々木康二

    兵庫Coil Embolization Conference, 2018年10月19日, 日本語, 国内会議

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Embolization with NBCA for acute bleeding from pancreatic and peripancreatic arteries.

    佐々木康二

    第47回日本IVR学会総会, 2018年06月01日, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 当院における膵領域のNBCAを用いた動脈塞栓術の検討

    佐々木康二

    第1回日本LEMT研究会, 2017年11月18日, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 総肝動脈仮性瘤に対して VIABAHN®ステントグラフトを用いて治療した一例

    佐々木康二

    兵庫県IVR懇話会, 2017年10月14日, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 腰動脈が関与したType Ⅱ endoleakに対して0.008インチガイドワイヤーを用いたナックルガイドワイヤーテクニックで塞栓を行った1例

    佐々木康二

    第61回関西IVR研究会, 2016年06月25日, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • MRプラークイメージングで不安定プラークが予想された総腸骨動脈狭窄の1例

    佐々木康二

    第45回日本IVR学会総会, 2016年05月27日, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • アルコール多飲を契機に乳酸アシドーシスを来した糖尿病患者の1例

    佐々木康二

    第42回日本救急医学会総会・学術集会, 2014年10月28日, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 化膿性筋炎を合併した肺炎球菌敗血症の1例

    佐々木康二

    第41回日本救急医学会総会・学術集会, 2013年10月21日, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 肺動脈からの喀血を来した肺膿瘍の一例

    佐々木康二, 上嶋英介, 山口雅人, 八幡宥徳, 松代啓吾, 元津倫幸, 岡田卓也, 祖父江慶太郎, 杉本幸司, 村上卓道

    第71回 関西IVR研究会, 2022年07月09日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • Preemptive aortic side branch embolization before EVAR with EXCLUDER®︎ : A multicenter prospective study

    Koji Sasaki, Masato Yamaguchi, Tomoyuki Gentsu, Ryota Kawasaki, Hiroki Horinouchi, Noriaki Sakamoto, Kensuke Uotani, Naokazu Miyamoto, Tetsuya Fukuda, Takanori Taniguchi, Takeki Mori, Eisuke Ueshima, Takuya Okada, Koji Sugimoto, Takamichi Murakami

    The 16th Annual Scientific meeting of Asia Pacific Society of Cardiovascular and Interventional Radiology, 2022年06月06日, 英語

    口頭発表(一般)

  • EVAR後の内腸骨動脈瘤をup-and-over techniqueを用いてExcluder IBEで治療した1例

    佐々木康二, 岡田卓也, 山口雅人, 松代啓吾, 元津倫幸, 上嶋英介, 杉本幸司, 村上卓道

    第69回 関西IVR研究会, 2021年07月24日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • Shaggy aorta症例における上腸間膜動脈バルーンプロテクション併用下TEVARの有用性

    佐々木康二, 岡田卓也, 山口雅人, 田尻昌士, Mostafa Hamada, 元津倫幸, 上嶋英介, 祖父江慶太郎, 杉本幸司, 村上卓道

    第50回 日本IVR学会総会, 2021年05月20日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 膵領域の急性出血に対するNBCAを用いた動脈塞栓術の検討

    佐々木康二, 岡田卓也, 山口雅人, Mostafa Hamada, 元津倫幸, 上嶋英介, 祖父江慶太郎, 杉本幸司, 村上卓道

    第49回 日本IVR学会総会, 2020年08月25日, 日本語

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 急性腸管虚血症に対するインドシアニングリーン動注による腸管血流評価の有効性の検討

    佐々木 康二

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究, 若手研究, 神戸大学, 2019年04月01日 - 2023年03月31日

    急性腸管膜虚血症(Acute Mesenteric Ischemia:以下、AMI)は、循環器疾患との合併も多く、近年増加傾向にある。近年、血管内治療による血行再建術に続き、試験開腹術を行って、非可逆的な壊死腸管のみを切除して可能な限り腸管を温存する治療戦略が普及しつつあるが、虚血腸管の評価、切除適応、範囲の決定には主観的な腸管の肉眼所見に依存する部分が大きく、過不足なく壊死腸管のみを切除することは難しい。客観的な検査としては造影CTや血管造影といった評価法があるが、確実な腸管血流評価は難しいとされ、新たな検査法の開発が課題である。そこで本研究では、AMIにおける試験開腹時の新たな腸管血流評価法として、上腸間膜動脈からの選択的インドシアニングリーン(indocyanine green:以下、ICG)投与による蛍光ナビゲーションの確立を目的とし、ウサギ腸管虚血モデルを用いた基礎的実験を行った後に、多施設共同研究による臨床試験の立案までを行う。令和元年度現在、動物実験計画書を作成し、倫理委員会に申請中である。