研究者紹介システム

岡田 修一
オカダ シュウイチ
大学院人間発達環境学研究科 人間発達専攻
教授
体育学関係
Last Updated :2021/12/03

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院人間発達環境学研究科 人間発達専攻
  • 【配置】

    国際人間科学部 発達コミュニティ学科, 発達科学部 人間行動学科

学位

  • 博士(体育科学), 筑波大学

授業科目

ジャンル

  • 防災・くらし / 高齢社会・介護

コメントテーマ

  • 加齢
  • 高齢者のバランス能力
  • 転倒予防

研究活動

研究キーワード

  • 体力
  • バランス能力
  • 身体活動
  • 高齢者

研究分野

  • ライフサイエンス / スポーツ科学

委員歴

  • 日本体力医学会近畿地方会, 幹事
  • 日本武道学会, 評議員
  • 日本体育測定評価学会, 理事
  • 日本武道学会大阪支部, 理事
  • 兵庫体育・スポーツ科学学会, 会長
  • 日本体育学会, 代議員
  • 日本運動生理学会, 評議員
  • 日本体力医学会, 評議員

論文

  • Influence of fatigue on head angular acceleration in judo high-intensity exercise

    Ishikawa Yoshihisa, Anata Kenji, Hayashi Hironori, Okada Shuichi

    2020年06月, Archives of Budo, 16, 99 - 106, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Contribution of the dorsolateral prefrontal cortex activation, ankle muscle activities, and coactivation during dual-tasks to postural steadiness: a pilot study

    Nobuko Fujita, Sho Kunimune, Shuichi Okada

    2020年05月, Journal of Physical Therapy Science, 32 (7), 467 - 472, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro Harada, Kouhei Masumoto, Ai Fukuzawa, Michiko Touyama, Koji Sato, Narihiko Kondo, Shuichi Okada

    This study examined whether satisfaction with social interactions and the number of people interacted with during walking groups is associated with affective responses among older adults. Twenty-six older adults were asked to participate in five walking group sessions. The participants walked together for 40-50 min. In every session, the participants reported their affective responses to walking (positive engagement, tranquility, and negative affect), their level of satisfaction with the social interactions experienced, and the number of people interacted with during the walk. The available data were from 107 person-sessions. Multilevel models revealed that, although a higher number of people interacted with was not significantly associated with improvements in any affective responses, higher satisfaction with the interactions was significantly associated with improvements in positive engagement at both the within- and between-person levels. This study found that higher satisfaction with the interactions was associated with desirable affective responses among older adults.

    2019年11月17日, Journal of aging and physical activity, 1 - 7, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • Ai Fukuzawa, Keiko Katagiri, Kazuhiro Harada, Kouhei Masumoto, Makoto Chogahara, Narihiko Kondo, Shuichi Okada

    Ikigai, one of the indices of well-being, tends to decline with age because resources relating to ikigai decline. However, there are individual differences in this decline. This study tested for maintenance of ikigai among Japanese elderly, using a longitudinal study investigating the moderating role of social capital on the effects of changes in human capital on ikigai. We conducted a panel survey targeting 1,068 people (M age = 73.01 years) in 2013, and 686 people in 2017. The variables were ikigai, changes in human capital (self-rated financial status, physical health) and social capital (social networks, trust in others), educational level, and control variables. Multiple regression analyses revealed the interaction effects of changes in physical health and changes in social networks (strong ties, weak ties) on follow-up ikigai. Post hoc analyses indicated that declines in physical health predicted declines in ikigai among those whose social networks (strong ties and weak ties) had declined in the 4-year study, but these relationships were not significant among those whose social networks had increased. The results suggest that older adults can weaken the adverse effect of a decline in human capital on ikigai by maintaining or increasing social networks.

    WILEY, 2019年06月, ASIAN JOURNAL OF SOCIAL PSYCHOLOGY, 22 (2), 172 - 182, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 小売業勤労者における就業中の転倒に関連する要因―横断研究―

    原田 和弘, 岡田 修一

    2019年06月, 日本転倒予防学会誌, 6, 25 - 34, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Contribution of vision and its age-related changes to postural stability in obstacle crossing during locomotion

    Sho Knimune, Shuichi Okada

    2019年04月, Gait & Posture, 70, 284 - 288, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 健常高齢者および若年者の歩行中の障害物跨ぎ動作における側方の姿勢安定性 3軸加速度計を用いた検討

    国宗 翔, 岡田 修一

    【目的】障害物への接近、Lead limbとTrail limbの跨ぎ越えという一連の動作を歩行中の障害物跨ぎ動作とし、3軸加速度計を用いて若年者と高齢者を対象に側方の姿勢安定性について明らかにする。【方法】対象者は14人の健常若年者と14人の健常高齢者とした。対象者は自由歩行と歩行中の障害物跨ぎ動作を行った。得られた加速度データから、各区間における側方のRoot Mean Square(以下、RMSML)、およびRMS Ratio(以下、RMSRML)を算出した。【結果】RMSRMLは自由歩行より障害物跨ぎ歩行の方が有意に大きく、年齢の主効果は認められなかった。RMSMLはTrail limbの跨ぎ区間で他の区間よりも有意に大きかった。【結論】年齢にかかわらず、自由歩行よりも歩行中の障害物跨ぎ動作で側方への身体動揺が大きくなり、Trail limbの跨ぎ区間でもっとも姿勢不安定になる可能性が示唆された。(著者抄録)

    (公社)日本理学療法士協会, 2019年02月, 理学療法学, 46 (1), 21 - 29, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Effects of Different Throwing Techniques in Judo on Rotational Acceleration of Uke's Head

    Ishikawa Yoshihisa, Anata Kenji, Hayashi Hironori, Ono Takashi, Okada Shuichi

    2018年07月, International Journal of Sport and Health Science, 16, 173 - 179, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 高齢者における近隣の坂道に対する認識と活動的な移動習慣との関連-斜面市街地を対象とした検討

    原田和弘, 増本康平, 片桐 恵子, 福沢愛, 長ヶ原誠, 近藤徳彦, 岡田修一

    日本運動疫学会, 2018年05月, 運動疫学研究, 20 (1), 16 - 25, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro Harada, Kouhei Masumoto, Keiko Katagiri, Ai Fukuzawa, Makoto Chogahara, Narihiko Kondo, Shuichi Okada

    AimGoing outdoors more frequently is beneficial for maintaining and improving health-related quality of life (HRQOL) among older adults. However, individual differences can alter the effects of going outdoors. The present study aimed to examine whether relationships between going outdoors and HRQOL were moderated by living alone and employment status.MethodsThe present study was a secondary analysis of 14-month prospective data (n = 613). Variables used in this study were baseline data on the frequency of going outdoors, HRQOL (physical and mental component summary scores assessed using the Japanese version of the Medical Outcomes study Short Form 8-Item Health Survey), living alone, employment status, potential confounders (sex, age, educational level and instrumental activities of daily living) and follow-up data on HRQOL.ResultsMixed models showed that the interaction term of going outdoors and currently living alone on both the physical and mental component summary and that of going outdoors and current employment status on the mental component were significant. Stratified analyses showed that going outdoors more frequently predicted the physical and mental component summary among those who lived with others, and the mental component summary among those who were unemployed.ConclusionsThese results show that the influence of going outdoors on HRQOL was moderated by living alone and employment status. Going outdoors more frequently might be important for the maintenance of HRQOL, especially among unemployed older adults living with others. Geriatr Gerontol Int 2018; 18: 640-647.

    WILEY, 2018年04月, GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL, 18 (4), 640 - 647, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazuhiro Harada, Kouhei Masumoto, Keiko Katagiri, Ai Fukuzawa, Makoto Chogahara, Narihiko Kondo, Shuichi Okada

    AimStrengthening neighborhood social networks is important for promoting health among older adults. However, effective intervention strategies aimed at increasing older adults' social networks have not yet been established. The present study examined whether a university-led community intervention that provided communication opportunities could increase older Japanese adults' neighborhood social networks.MethodsThe present study used a quasi-experimental design. Before the intervention, using postal mail, we carried out a baseline questionnaire survey that was sent to all people living in the Tsurukabuto community aged 60 years (n = 1769), of whom 1068 responded. For the community intervention, 18 event-based programs were provided over the course of 1 year at Kobe University. Academic staff at Kobe University organized all the programs. During the program, social interactions among participants were promoted. A follow-up survey was distributed to those who responded to the baseline survey, and 710 individuals answered the question about their participation in the intervention programs (138 respondents were participants, 572 were non-participants). The neighborhood social network was measured in both the baseline and follow-up surveys.ResultsAnalysis of covariance showed that the changes in neighborhood social network among participants in the program was significantly higher than the changes among non-participants (P = 0.046) after adjusting for the baseline score of social network.ConclusionsThe present study found that participants of the intervention expanded their neighborhood social network, but non-participants did not. This finding shows that community interventions using university resources could increase older adults' neighborhood social networks. Geriatr Gerontol Int 2018; 18: 462-469.

    WILEY, 2018年03月, GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL, 18 (3), 462 - 469, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Social Networks as a Factor in Volunteering among Elderly Japanese with Lower Socioeconomic Status

    Fukuzawa Ai, Keiko Katagiri, Kazuhiro Harada, Kouhei Masumoto, Makoto Chogahara, Narihiko Kondo, Shuichi Okada

    2018年, Japanese Psychological Research, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 原田 和弘, 増本 康平, 片桐 恵子, 福沢 愛, 長ヶ原 誠, 近藤 徳彦, 岡田 修一

    目的:斜面市街地に住む高齢者を対象に,近隣の坂道への認識が,活動的な移動習慣と関連しているかどうかを検討した。

    方法:本研究は横断研究であった。神戸市灘区鶴甲地区の1,021名へ2017年に質問紙調査を行い,693名(67.9%)が回答した。回答者のうち,65歳以上であり,移動能力に大きな制限がなく,かつ,分析項目に欠損のない,337名(男性155名,女性182名)を解析対象とした。活動的な移動習慣は,徒歩または自転車による地区外への週1日以上の外出として評価した。坂道に対する認識として,近所には坂が多く移動が大変と認識しているかどうかを質問した。基本属性等として,性別,年代,居住形態,経済的ゆとり,自動車・バイクの運転,運動実施,過体重,膝痛,心理的苦痛を取り上げた。活動的な移動習慣を従属変数,坂道に対する認識と基本属性等を独立変数としたポアソン回帰分析を行った。

    結果:解析対象の21.2%が活動的な移動習慣を有していた。ポアソン回帰分析の結果,坂道を否定的に認識している者(調整有病割合比=0.64,95%信頼区間=0.42-0.96)は,否定的に認識していない者よりも,活動的な移動習慣を有していない傾向にあった。

    結論:坂道に対する認識が否定的ではない高齢者のほうが,活動的な移動習慣を有していた。このことは,斜面市街地に住む高齢者において,近隣の坂道に対する否定的な認識を取り除くことが活動的な移動習慣の形成に影響する可能性があることを示している。

    日本運動疫学会, 2018年, 運動疫学研究, 20 (1), 16 - 25, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kouhei Masumoto, Takaharu Yaguchi, Hiroshi Matsuda, Hideaki Tani, Keisuke Tozuka, Narihiko Kondo, Shuichi Okada

    Aim: A number of interventions have been undertaken to develop and promote social networks among community dwelling older adults. However it has been difficult to examine the effects of these interventions, because of problems in assessing interactions. The present study was designed to quantitatively measure and visualize face-to-face interactions among elderly participants in an exercise program. We also examined relationships among interactional variables, personality and interest in community involvement, including interactions with the local community. Methods: Older adults living in the same community were recruited to participate in an exercise program that consisted of tour sessions. We collected data on face-to-face interactions of the participants by using a wearable sensor technology device. Results: Network analysis identified the communication networks of participants in the exercise program, as well as changes in these networks. Additionally, there were significant correlations between the number of people involved in face-to-face interactions and changes in both interest in community involvement and interactions with local community residents, as well as personality traits, including agreeableness. Conclusions: Social networks in the community are essential for solving problems caused by the aging society. We showed the possible applications of face-to-face interactional data for identifying core participants having many interactions, and isolated participants having only a few interactions within the community. Such data would be useful for carrying out efficient interventions for increasing participants' involvement with their community.

    WILEY, 2017年10月, GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL, 17 (10), 1752 - 1758, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Sho Kunimune, Shuichi Okada

    In order to safely avoid obstacles, humans must rely on visual information regarding the position and shape of the object obtained in advance. The present study aimed to reveal the duration of obstacle visibility necessary for appropriate visuomotor control during obstacle avoidance in healthy older adults. Participants included 13 healthy young women (mean age: 21.5 +/- 1.4 years) and 15 healthy older women (mean age: 68.5 +/- 3.5 years) who were instructed to cross over an obstacle along a pressure-sensitive pathway at a self-selected pace while wearing liquid crystal shutter goggles. Participants were evaluated during three visual occlusion conditions: (i) full visibility, (ii) occlusion at T-1 step (T: time of obstacle crossing), and (iii) occlusion at T-2 steps. Toe clearances of both the lead and trail limb (LTC and TTC) were calculated. LTC in the occlusion at T-2 steps condition was significantly greater than that in other conditions. Furthermore, a significant correlation was observed between LTC and TTC in both groups, regardless of the condition or obstacle height. In the older adult group alone, step width in the occlusion at T-2 steps condition increased relative to that in full visibility conditions. The results of the present study suggest that there is no difference in the characteristics of visuomotor control for appropriate obstacle crossing based on age. However, older adults may exhibit increased dependence on visual information for postural stability; they may also need an increased step width when lacking information regarding their positional relationship to obstacles.

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2017年06月, GAIT & POSTURE, 55, 126 - 130, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 河崎 素乃美, 谷口 隆晴, 増本 康平, 近藤 徳彦, 岡田 修一

    2017年03月, 応用数理, 27, 13 - 20, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 河崎 素乃美, 谷口 隆晴, 増本 康平, 近藤 徳彦, 岡田 修一

    2017年03月, 応用数理, 27, 13 - 20, 日本語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 河崎 素乃美, 谷口 隆晴, 増本 康平, 近藤 徳彦, 岡田 修一

    2017年, 日本応用数理学会論文誌, 27 (2), 112 - 146, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tetsuya Nakao, Kenichi Masuda, Shigeyuki Kanai, Junzo Tsujita, Kazufumi Hirakawa, Shuichi Okada

    [Purpose] The purpose of this study was to clarify fundamental changes induced by lower trunk muscle contraction during single-leg standing. [Subjects and Methods] Ten healthy normal males participated in this study. All subjects could accurately perform lower trunk muscle contraction-type Abdominal Expansion (AE), Abdominal Bracing (AB), and Abdominal Cave-in (AC). The alignment and position of the center of foot pressure (COP) during single-leg standing with SLR and step position after rotating the body from single-leg standing with maximum SLR were measured in each lower trunk muscle contraction type. [Results] When AC was performed during single-leg standing with SLR, the SLR angle increased, COP shifted backward, and the posterior tilt angle of the trunk and cross step distance decreased. [Conclusion] It was assumed that AC during wind-up increases the angle of lower limb elevation and decreases the posterior tilt angle of the trunk and cross step distance.

    Society of Physical Therapy Science (Rigaku Ryoho Kagakugakkai), 2017年, Journal of Physical Therapy Science, 29 (6), 1057 - 1061, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 地域ケアシステム導入に関する活動分析ーその5-

    城 仁士, 榎並 莉穂, 藤原 義章, 岡田 修一, 近藤 徳彦, 井上 真理

    神戸大学大学院人間発達環境学研究科, 2016年09月, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科 研究紀要, 第10巻 (第1号), 77 - 85, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • テイクバックでの下部体幹筋群収縮様式がバッティング時のヘッドスピードに及ぼす影響

    中尾 哲也, 増田 研一, 辻田 純三, 山下陽一郎, 平川 和文, 岡田 修一

    2016年03月, トレーニング科学, 27 (4), 101 - 109, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 国宗 翔, 岡田 修一

    2016年01月, ヘルスプロモーション理学療法研究, 5 (4), 197, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 地域コミュニティの構造変化に対する検定理論

    河崎 素乃美, 谷口 隆晴, 増本 康平, 近藤 徳彦, 岡田 修一

    2015年12月, 2015年度応用数学合同研究集会予稿集, 394 - 401, 日本語

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 城 仁士, 彭亜楠, 藤原義章, 岡田 修一, 近藤 徳彦, 井上 真理

    本研究報告では、本事業の2年間の運営でまだ解決していない問題や今後の課題を考慮し、引き続き2014年3月から7月までの5ヶ月の事業運営過程を追跡する。その運営過程の中での課題とその対処を整理しながら、岩戸ホームと紫豊館の事業活動がケア24事業を通してどのように変化していくのかを考察することを研究の目的とする。

    神戸大学大学院人間発達環境学研究科, 2015年03月, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要, 8 (2), 131 - 135, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Yoshinori Hiyama, Tsuyoshi Asai, Osamu Wada, Hideto Maruno, Shingo Nitta, Kiyonori Mizuno, Yasunobu Iwasaki, Shuichi Okada

    This study aimed to determine gait ability at hospital discharge in patients undergoing total knee arthroplasty (TKA) as an indicator of the risk of falling. Fifty-seven patients undergoing primary TKA for knee osteoarthritis participated in this study. Gait variability measured with accelerometers and physical function including knee range of motion (ROM), quadriceps strength, walking speed, and the Timed Up and Go (TUG) test were evaluated preoperatively and at discharge from the hospital (1 month before and 5 days after surgery). All patients were discharged directly home at 5 days after surgery. Knee flexion of ROM, quadriceps strength, walking speed, and the TUG test results were significantly worse at hospital discharge than preoperatively (p < 0.001). However, gait variability was not significantly different before and after TKA. This result indicated that patients following TKA surgery could walk at hospital discharge as stably as preoperatively regardless of the decrease in physical function, including knee ROM, quadriceps strength, and gait speed after surgery.

    PUBLIC LIBRARY SCIENCE, 2015年01月, PLOS ONE, 10 (1), 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Risk of falls in patients during the early months after total knee arthroplasty

    Hiyama Yoshinori, Okada Shuichi

    2014年10月, Journal of Arthritis, 3 (139), 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 二重課題を伴った階段降下動作が高齢者の立位姿勢調節に及ぼす影響

    原田 信子, 岡田 修一

    2014年09月, 日本職業・災害医学会会誌, 62 (5), 348 - 355, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 城 仁士, 彭亜楠, 藤原 義章, 岡田 修一, 近藤 徳彦, 井上 真理

    本研究報告では、引き続き2013年4月から翌年2014年2月までの11ヶ月間の事業運営過程を追跡する。この追跡を通じて、試行2年目の運営過程の中で発生した様々な問題点を整理し、それらの問題点に対してどのように対処したのか記録にとどめ、今後の事業展開の参考とすることを目的とする。

    神戸大学大学院人間発達環境学研究科, 2014年09月, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要, 8 (1), 135 - 140, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 竹中 優子, 朴木 佳緒留, 岡田 修一, 井上 真理, 稲垣 成哲, 川畑 徹朗, 加藤 佳子, 近藤 徳彦, 城 仁士, 長ヶ原 誠, 平山 洋介, 増本 康平, 松岡 広路, 森岡 正芳

    2014年03月, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要, 7 (2), 139 - 148, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 都市部高齢化地域居住者の運動意欲に関連する要因について

    乾 順紀, 長ヶ原 誠, 岡田 修一, 近藤 徳彦, 増本 康平, 竹中 優子, 朴木 佳緒留

    2014年03月, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要, 7 (2), 1 - 10, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 城 仁士, 彭 亜楠, 藤原義章, 岡田 修一, 近藤 徳彦, 井上 真理

    本研究報告は、2012年6月から2013年3月まで、時間経過にそってケア24の事業活動の中で生じた課題やそれへの対処を追跡した記録である。

    神戸大学大学院人間発達環境学研究科, 2014年03月, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要, 7 (2), 133 - 138, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Age-related differences in postural control associated with progressionfrom a dynamic to a static state during serial stepping in dual-task conditions

    Harada Nobuko, Okada Shuichi

    2014年03月, 大阪行岡医療大学紀要, (1), 19 - 24, 英語

    [査読有り]

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • アクティブエイジングの視点から見た神戸市灘区鶴甲地区の現状分析

    岡田 修一, 朴木佳緒留, 竹中 優子

    神戸大学大学院人間発達環境学研究科, 2013年11月, アクティブエイジングの視点から見た神戸市灘区鶴甲地区の現状分析―アンケート報告書, 1 - 130, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 3Dコンテンツを用いた高齢者向け健康サポートシステムの評価

    グ・ミンヨン, 楠 房子, 稲垣 成哲, 岡田 修一

    2013年04月, 教育システム情報学会研究報告, 27 (7), 27 - 31, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 地域包括ケアシステム導入に関する活動分析

    城 仁士, 土屋 友香, 藤原義章, 岡田 修一, 近藤 徳彦, 井上 真理

    神戸大学大学院人間発達環境学研究科, 2013年03月, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要, 6 (2), 71 - 76, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 生活空間評価(life space assessment)と運動イメージ想起能力の関連性

    飛山 義憲, 山田 実, 永井 宏達, 和田 治, 北河 朗, 堤井 則宏, 岡田 修一

    2012年12月, 理学療法ジャーナル, 46, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 城 仁士, 土屋 友香, 藤原 義章, 岡田 修一, 近藤 徳彦, 井上 真理

    神戸大学大学院人間発達環境学研究科, 2012年09月, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要, 6 (1), 117 - 124, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • Yoshinori Hiyama, Minoru Yamada, Akira Kitagawa, Norihiro Tei, Shuichi Okada

    Objective: To investigate whether a four-week walking exercise programme in patients with knee osteoarthritis improves the ability of dual-task performance in older adults with knee osteoarthritis. Design: A randomized controlled trial with two groups: a walking group and a control group. Subjects: Forty older adults with knee osteoarthritis, 20 participants in each group. Intervention: The walking intervention was designed to increase the number of steps walked daily. The walking group was instructed to increase their number of steps to 3000 steps more than before the intervention. Main outcome measures: Dual-task performance was computed by an automaticity index: the walking velocity under single-task condition/under dual-task conditions x 100 (%), defined as automaticity. The nearer to 100% automaticity, the better the dual-task performance. Decrease of the Trail Making Test (TMT) performance was defined as Delta TMT. Delta TMT was calculated as the difference between times (part B-part A) as a measure of executive function. In addition, functional ability was measured by the Japanese Knee Osteoarthritis Measure. Results: The walking group improved significantly in automaticity (P < 0.001, from 75.2 (7.6) to 86.9 (10.4), Delta TMT (P < 0.001, from 63.4 (43.1) to 48.3 (29.6)) and Japanese Knee Osteoarthritis Measure score (P < 0.001, from 54.4 to 51.9) compared with before the intervention, while the control group displayed no significant differences. Conclusions: We found that walking exercise improves executive function and dual-task performance.

    SAGE PUBLICATIONS LTD, 2012年05月, CLINICAL REHABILITATION, 26 (5), 403 - 412, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • サイドランジ遂行能力とアジリティにおける方向転換能力との関連性

    飛山 義憲, 和田 治, 北河 朗, 岡田 修一

    2012年03月, 臨床スポーツ医学, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Nobuko Harada, Shuichi Okada, Shinya Negoro

    The purpose of this study was to investigate whether age-related differences in stepping response influence postural control when stepping onto a known soft surface under dual task conditions. Nine young and eleven older female adults participated. First, they stepped on a flat surface while grasping an empty cup (single task), and then they repeated the task while grasping a cup filled with water (dual task). For the second experiment, they stepped on a soft surface placed in front of them while performing the above tasks. The main result was that DIP (initiation phase as a percentage of the total stepping task time) was significantly higher for older than for young adults during the dual task on the soft surface. In conclusion, caution due to previous experience may increase attentional demand during dual tasks and lengthen the time required for central nervous processing in order to avoid losing postural stability in older adults, resulting in reductions in step velocity and step length compared to those in young adults. Copyright © 2010 Nobuko Harada et al.

    2010年, Current Gerontology and Geriatrics Research, 2010, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 高齢者における二重課題がステップ反応に及ぼす影響

    原田 信子, 岡田 修一

    2009年06月, 教育医学, 54:270-276, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 柔道練習が加速度外乱に対する立位バランス能力に及ぼす影響

    岡田 修一

    2009年03月, 講道館柔道科学研究会紀要, 12:105-113, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 大内刈、小内刈動作のコツに関する研究

    岡田 修一

    2007年03月, 講道館柔道科学研究会紀要, 第11輯, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 大学体育における共通科目「スポーツ実習」JUDO授業の検討

    岡田 修一

    2007年03月, 講道館柔道科学研究会紀要, 第11輯, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 大外刈における刈り足の「刈り力」に及ぼす足関節および膝関節角度の影響

    岡田 修一

    2007年03月, 講道館柔道科学研究会紀要, 第11輯, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 根來 信也, 岡田 修一, 根來 直輝

    2005年08月, 身体教育医学研究, 6 (1), 39 - 47, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 大学柔道・剣道選手の足趾機能の特徴

    岡田 修一, 近藤 正樹, 籔根 敏和

    2005年03月, 大阪武道学研究, 14-1, 1p-7p, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 講道館柔道の「伝統的行動の仕方」の意味に関する研究

    籔根 敏和, 徳田 眞三, 岡田 修一, 山崎 俊輔, 永木 耕介, 矢野 勝

    2005年03月, 講道館柔道科学研究会紀要, 第10輯, 33p-45p, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Unloading法を用いた外乱に対する柔道選手の立位バランス能力の特徴

    岡田 修一, 籔根 敏和, 山崎 俊輔, 徳田 眞三, 瀬川 洋

    2005年03月, 講道館柔道科学研究会紀要, 10, 113p-120p, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 野外教育における安全対策としての生理的ストレス指標の検討

    小田 慶喜, 中野 友博, 平川 和文, 岡田 修一, 森本 武利

    2004年08月, 体育・スポーツ科学, 第13巻、1-10頁, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 班目 春彦, 岡田 修一

    2003年08月, 日本生理人類学会誌, 8-3, 103p-108p, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 起倒流の修行理論の構造に関する研究

    籔根 敏和, 徳田 眞三, 岡田 修一, 山崎 俊輔, 永木 耕介, 矢野 勝

    2003年03月, 大阪武道学研究, 12-1, 1p-13p, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 試合を想定した投球中の上肢筋電図変化

    高田 義弘, 岡田 修一

    2003年01月, 教育医学, 48-3, 289p-291p, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 柔道投技の「崩し」における頭部回転のタイミングと「引き手」力に関する基礎的研究

    岡田 修一, 間 章, 籔根 敏和, 山崎 俊輔, 永木 耕介, 徳田 眞三, 松田 基子

    2002年03月, 講道館柔道科学研究会紀要, 9, 97p-108p, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 柔道の礼の研究

    徳田 眞三, 籔根 敏和, 山崎 俊輔, 永木 耕介, 岡田 修一

    2002年03月, 大阪武道学研究, 11-1, 1p-13p, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 講道館柔道の修行理論の構造に関する研究

    籔根 敏和, 徳田 眞三, 岡田 修一, 山崎 俊輔, 永木 耕介, 矢野 勝

    2002年03月, 講道館柔道科学研究会紀要, 9, 33p-52p, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • A Comparative Study of Value Orientations Held by Japanese and French Practitioners of Judo

    Nagaki K, Yamasaki S, Yabune T, Okada S, Tokuda S

    2002年03月, 講道館柔道科学研究会紀要, 9, 81p-88p, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Relationship between fear of failing and balancing ability during abrupt deceleration in aged women having similar habitual physical activities

    S Okada, K Hirakawa, Y Takada, H Kinoshita

    The purpose of this study was to evaluate the influence of fear of falling on balancing ability during abrupt deceleration in aged women. The subjects were 20 women aged between 67 and 75 years. They were classified into two groups, one having a fear of falling (group FF, n = 10) and another without this fear (group NFF, n = 10). The two groups had similar daily physical activities. Changes in the centre of foot pressure (CFP) were measured during postural sway following horizontal deceleration of the force platform on which they were standing, and the response time and CFP displacement were evaluated. In addition, the electromyogram (EMG) onset in the tibialis anterior muscle and medial gastrocnemius muscle during abrupt deceleration, and its difference between the two muscles were measured, and the relative level of co-contraction of antagonistic muscles (the co-contraction index, CCI) in the lower extremity muscle group was calculated. The response time and CFP displacement immediately after abrupt deceleration were significantly higher in group FF than in NFF (P < 0.05). The EMG onset in the two muscles did not significantly differ between the two groups. The difference in EMG onset between the two muscles was significantly lower in group FF than in NFF (P <0.05). The CCI was significantly higher in group FF than in NFF (P < 0.05). These results suggest that there were negative effects of a fear of falling on the balancing ability immediately after abrupt deceleration. This may be because a fear of falling increases the cocontraction of antagonist muscles in the lower extremity muscle group.

    SPRINGER-VERLAG, 2001年10月, EUROPEAN JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY, 85 (6), 501 - 506, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • S Okada, K Hirakawa, T Yoshihiro, Y Takada, H Kinoshita

    Age-related differences in postural control in response to a relatively large deceleration resulting from postural disturbance were investigated in eight normal elderly men (age range 67-72 years) and eight young men as controls (age range 19-22 years) using a moving platform. Data were obtained for the hip, knee and ankle angles, position of the centre of foot pressure (CFP), head acceleration, and muscle activity of the leg muscles. The elderly subjects had slower and larger ankle and hip joint movements, and CFP displacement in response to the disturbance compared to the young controls. The elderly subjects also had a delayed occurrence, and greater magnitude of peak acceleration of head rotation than did the young subjects. For the elderly subjects, the CFP was closely related to angular changes in the hip joint movement., but not to those of the ankle and knee joint movements. For the young subjects, on the other hand, the CFP was significantly correlated with angular change in the ankle joint. Cocontraction of the tibialis anterior and gastrocnemius muscles was observed in the elderly subjects. The results indicated that a movement pattern for postural correction in the elderly adults was different from that of the young adults. The elderly relied more on hip movements while the young controls relied on ankle movements to control postural stability.

    SPRINGER-VERLAG, 2001年07月, EUROPEAN JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY, 85 (1-2), 10 - 18, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Effects of exercise intensity on the sweating response to a sustained static exercise

    N Kondo, H Tominaga, M Shibasaki, K Aoki, S Okada, T Nishiyasu

    To investigate how the sweating response to a sustained handgrip exercise depends on changes in the exercise intensity, the sweating response to exercise was measured in eight healthy male subjects. Each subject lay in the supine position in a climatic chamber (35 degrees C and 50% relative humidity) for similar to 60 min. This exposure caused sudomotor activation by increasing skin temperature without a marked change in internal temperature. After this period, each subject performed isometric handgrip exercise [15, 30, 45, and 60% maximal voluntary contraction (MVC)] for 60 s. Although esophageal and mean skin temperatures did not change with a rise in exercise intensity and were similar at all exercise intensities, the sweating rate (SR) on the forearm increased significantly (P < 0.05) from baseline (0.094 +/- 0.021 mg cm(-2) min(-1) at 30% MVC, 0.102 +/- 0.022 mg cm(-2) min(-1) at 45% MVC, 0.059 +/- 0.009 mg cm(-2) min(-1) at 60% MVC) in parallel with exercise intensity above exercise intensity at 30% MVC (0.121 +/- 0.023 mg cm(-2) min(-1) at 30% MVC, 0.242 +/- 0.051 mg cm(-2) min(-1) at 45% MVC, 0.290 +/- 0.056 mg cm(-2) min(-1) at 60% MVC). Above 45% MVC, SR on the palm increased significantly from baseline (P < 0.05). Although SR on the forearm and palm tended to increase with a rise in exercise intensity, there was a difference in the time courses of SR between sites. SR on the palm showed a plateau after abrupt increase, whereas SR on the forearm increased progressively during exercise. These results suggest that the increase in SR with the increase in sustained handgrip exercise intensity is due to nonthermal factors and that the magnitude of these factors during the exercise may be responsible for the magnitude of SR.

    AMER PHYSIOLOGICAL SOC, 2000年05月, JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY, 88 (5), 1590 - 1596, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 精力善用の意義に関する研究 — 投技の実験結果からの考察 —

    籔根 敏和, 岡田 修一, 永木 耕介, 徳田 眞三, 山崎 俊輔

    2000年03月, 大阪武道学研究, 9-1, 25p-37p, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 繰り返し全力投球による肩・肘・膝関節筋の筋力変化

    高田 義弘, 岡本 悌二, 内田 勇人, 小林 義樹, 岡田 修一

    2000年03月, 体育・スポーツ科学, 9, 41p-47p, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 岡田 修一, 高田 義弘, 平川 和文, 濱 宏志, 浅見 高明

    The purpose of this study was to examine the relationship between balancing ability during abrupt acceleration and the habitual physical activity level of elderly females. Thirty-one elderly females, aged 65-75 years, volunteered for this study. Changes in the center of foot pressure (CFP) were measured during postural sway following platform acceleration, and the response time and CFP displacement were evaluated. The scores of their daily physical activities (TS)-consisting of household activities (HS), leisure time activities (LS) and sports activities (SS)-were estimated by the modified Voorrips's questionaire method. Response time and CFP displacement correlated significantly with age (p < 0.001). Response time also correlated significantly with the SS, LS and TS scores (p < 0.05). CFP displacement also correlated significantly with the SS and TS scores (p < 0.05). These results suggest that postural balancing ability during abrupt acceleration correlates significantly with the habitual physical activity levels, especially sports activities in elderly females.

    JAPANESE SOC PHYSICAL FITNESS SPORTS MEDICINE, 2000年02月, 体力科学, 49 (1), 111 - 120, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 「柔の理」の意味に関する研究

    籔根 敏和, 岡田 修一, 山崎 俊輔, 永木 耕介, 猪熊 真

    1999年12月, 武道学研究, 31-3, 14p-25p, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 大学柔道部員の柔道に対する意識の研究

    田中 秀幸, 岡田 修一, 小澤 雄二, 井浦 吉彦, 長谷川 繁夫, 児嶋 眞平, 奥村 浩士, 岡本 啓

    1999年03月, 講道館柔道科学研究会紀要, 8, 109p-122p, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 柔道の目的に関する研究

    籔根 敏和, 岡田 修一, 山崎 俊輔, 永木 耕介

    1999年03月, 大阪武道学研究, 8-1, 13p-19p, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 高齢者の加速度外乱に対する姿勢保持能力と行動体力及び日常動作能力との関係

    岡田 修一, 平川 和文, 浅見 高明

    1999年03月, 教育医学, 44-3, 549p-563p, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 加速度外乱に対する高齢者の立位姿勢保持能力の特徴

    岡田 修一, 高田 義弘, 平川 和文, 濱 宏志, 浅見 高明

    1999年03月, 体育・スポーツ科学, 8, 1p-10p, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ニュージーランド柔道人の日本的スポーツ観に関する研究— 日本柔道人との比較を通して —

    山崎 俊輔, 永木 耕介, 岡田 修一, 籔根 敏和

    1999年03月, 武道学研究, 31-3, 10p-18p, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • ケニア柔道人の日本的スポーツ観に関する研究

    山崎 俊輔, 永木 耕介, 岡田 修一, 桂 豊

    1999年03月, 保健体育論集, 12, 13p-20p, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 加速度外乱に対する高齢柔道実施者の姿勢保持能力の特徴

    岡田 修一, 籔根 敏和, 山崎 俊輔, 出口 達也, 猪熊 真, 浅見 高明

    1998年12月, 武道学研究, 31-2, 55p-63p, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 高齢女性の転倒経験者と未経験者の加速度外乱に対する姿勢保持能力の比較

    岡田 修一, 高田 義弘, 平川 和文, 浅見 高明

    1998年03月, 体育・スポーツ科学, 7, 23p-30p, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 柔道の原理に関する研究— 「精力善用・自他共栄」の意味と修行者の理解度について —

    籔根 敏和, 岡田 修一, 山崎 俊輔, 永木 耕介, 出口 達也

    1997年12月, 武道学研究, 30-2, 9p-26p, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 高齢者に対する脚筋力トレーニング負荷設定の基礎的研究

    平川 和文, 岡田 修一, 柳田 泰義, 高田 義弘

    1997年05月, 大阪ガスグループ福祉財団研究調査報告書, 10, 167p-173p, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 中学・高校の女子柔道選手の頸部筋力の特徴に

    山崎 俊輔, 岡田 修一

    1997年03月, 保健体育論集, 11, 35p-41p, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 加速度外乱に対する高齢者の姿勢調節における足・膝・股関節の役割

    岡田 修一, 平川 和文, 高田 義弘, 浅見 高明

    1997年03月, 身体運動のバイオメカニクス, , 132p-135p, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 幼児の草履履き生活が forward fall時のバランス応答に及ぼす影響について

    岡田 修一, 平川 和文, 高田 義弘, 新谷 澄雄

    1996年03月, 体育・スポーツ科学, 5, 35p-47p, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 高齢者の体力と質問紙法による日常生活活動量の関係

    高田 義弘, 岡田 修一, 小田 慶喜, 平川 和文

    1996年03月, 体育・スポーツ科学, 5, 41p-48p, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 運動負荷の様式と血圧変動に関する研究-ペダルの負荷と回転数(3kp×50rpmと6kp×25rpm)の比較-

    小田 慶喜, 岡本 悌二, 岸 楢夫, 高田 義弘, 岡田 修一, 平川 和文, 森本 武利

    1996年03月, 姫路獨協大学人間科学センター紀要, 2, 21p-31p, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 女子柔道の傷害発生要因について

    薮根敏和, 猪熊 真, 岩井浩一, 岡田修一, 山崎俊輔

    1990年, 大阪武道学研究, 4, 9 - 13

    [査読有り]

  • Kazuhiro Harada, Kouhei Masumoto, Keiko Katagiri, Ai Fukuzawa, Michiko Touyama, Daichi Sonoda, Makoto Chogahara, Narihiko Kondo, Shuichi Okada

    OBJECTIVES: Although neighborhood is considered to be a crucial source of social network to promote health among older adults, current findings are mostly derived from observational study designs. This study examined whether participations in event-based community programs could increase neighborhood social network and whether such increase could lead to desirable changes in mental and physical health among older adults. METHOD: This study employed quasi-experimental design. A baseline questionnaire survey was sent to residents of Tsurukabuto community aged 60 years or more (n = 1769); 1,068 responded. Community events were implemented approximately once a month for three years. Then, a three-year follow-up survey questionnaire was sent to the respondents of the baseline survey. The total number of respondents in the latter survey was 662; of the total, 173 participated in the intervention. Strong and weak ties with neighbors, mental well-being (Ikigai-9), health-related quality of life (HRQOL), and instrumental activity of daily living (IADL) were measured in the surveys. RESULTS: The path analysis revealed that intervention participation was significantly associated with changes in strong ties (standardized path coefficient = 0.12) and changes in strong ties were associated with those in Ikigai-9 scores (standardized path coefficient = 0.15). The total and indirect effects of intervention participation on Ikigai-9 scores were significant. Significant intervention effects were not observed for HRQOL and IADL scores. CONCLUSION: This study found that participation in our event-based intervention could indirectly and positively influence older adults' mental well-being through their strong ties with their neighbors.

    2020年10月29日, Aging & mental health, 1 - 11, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

  • 徳田 眞三, 籔根 敏和, 矢野 勝, 山崎 俊輔, 岡田 修一, 永木 耕介

    日本武道学会, 2003年, 武道学研究, 36, 30 - 30, 日本語

  • 徳田 眞三, 籔根 敏和, 山崎 俊輔, 岡田 修一, 永木 耕介, 矢野 勝

    日本武道学会, 2002年, 武道学研究, 35, 31 - 31, 日本語

  • 岡田 修一, 籔根 敏和, 山崎 俊輔, 永木 耕介, 徳田 眞三, 矢野 勝

    日本武道学会, 2002年, 武道学研究, 35, 48 - 48, 日本語

  • 出口 達也, 青柳 領, 山崎 俊輔, 岡田 修一, 藪根 敏和, 小沢 雄二

    187名の高校柔道選手を対象に12項目のトレーニングへの意識,実態,知識調査を行い、それらの関連を統計的に検討した結果,次のような知見を得た。
    1)トレーニングは殆どの選手が必要と回答したにも関わらず,実際に実施している選手は約半数であった。
    2)トレーニングについて選手自身が適当と考える頻度や内容を実際も実施していた。
    3)トレーニング内容に関しては重量級はマシーンやバーベルやダンベル等を使ったトレーニングを主に実施し,軽量級は走トレーニングを実施している傾向がみられた。
    4)トレーニングそのものは重量級の選手の方がより実施し,軽量級の選手の方が実施している者はトレーニング頻度は多かった。
    5)トレーニングの効果は選手の階級や得意技と関連がみられた。
    6)トレーニングの実施は指導や講習会の受講と関連が高く,知識の提供が実際にトレーニングを実施する直接的な要因であると考えられる。

    日本武道学会, 1995年, 武道学研究, 28 (2), 13 - 25, 日本語

  • 岡田 修一, 平川 和文, 高田 義弘, 藪根 敏和, 山崎 俊輔, 出口 達也

    日本武道学会, 1993年, 武道学研究, 26, 77 - 77, 日本語

  • 山崎 俊輔, 岡田 修一, 藪根 敏和, 松井 勲, 出口 達也

    日本武道学会, 1993年, 武道学研究, 26, 66 - 66, 日本語

  • 内田 順久, 藪根 敏和, 野原 弘嗣, 岡田 修一, 山崎 俊輔

    日本武道学会, 1993年, 武道学研究, 26, 53 - 53, 日本語

  • 籔根 敏和, 野原 弘嗣, 上村 守, 岡田 修一, 山崎 俊輔

    The Purpose of this study was to examine the maximum magnitude of mechanical stress to shin bone produced by KANIBASAMI. Volunteer subjects were six male college black-belt judo players (174.8±4.07cm,75.5 ± 8.71 kg,1.7±0.82).
    The bending stress (BS) on two fiber glass poles, which were regarded as a single human leg, was measured. Strain gauges were put on each of the poles, one at 1/4 shin height (SH), one at 1/2 SH, and one at the center of the ankle joint. Three types (High, Middle, and Low) of KANIBASAMI, which were determined by the heights of the higher legs of the subjects were compared with OSOTOGARI.
    The results were as follows
    1. The BS of OSOTOGARI was greater than the BS of KANIBASAMI at 1/4 SH and at the ankle. Four of the subjects recorded above 20kg/mm2 the breaking BS of the shin bone in KANIBASAMI, but only one of the six subjects recorded above this value in OSOTOGARI.
    2. The BS of KANIBASAMI was in High type, Middle type, and Low type order.
    3. Four of the subjects recorded above the breaking limit of the shin bone in High type and Middle type of KANIBASAMI.
    4. BS appeared increase in proportion to both the height of the higher leg and the distance between the legs.

    日本武道学会, 1991年, 武道学研究, 24 (1), 52 - 62, 日本語

  • 籔根 敏和, 野原 弘嗣, 上村 守, 岡田 修一, 山崎 俊輔, 藤猪 省太, 細川 伸二, 正木 嘉美

    日本武道学会, 1991年, 武道学研究, 24 (2), 63 - 64, 日本語

  • 岡田 修一, 平川 和文, 高田 義弘, 籔根 敏和, 山崎 俊輔, 出口 達也

    日本武道学会, 1991年, 武道学研究, 24 (2), 89 - 90, 日本語

  • 藪根 敏和, 猪熊 真, 岡田 修一, 岩井 浩一, 松井 勲, 矢野 勝, 細川 伸二, 正木 嘉美

    日本武道学会, 1989年, 武道学研究, 22 (2), 65 - 66, 日本語

  • 岡田 修一, 平川 和文, 高田 義弘, 猪熊 真, 藪根 敏和, 山崎 俊輔, 細川 伸二

    日本武道学会, 1989年, 武道学研究, 22 (2), 59 - 60, 日本語

  • 岡田 修一, 松井 勲, 藪根 敏和, 猪熊 真, 山崎 俊輔, 金芳 保之

    The purpose of this study was to investigate the endurance of the neck flexor muscle for trained Judo players estimated from the electromyogram patterns. The subjects in this study were eight trained Judo players and eight collegiate students. Each subject was asked to sustain isometric flexion for neck joint at each force level of 10,30 and 50% of his maximum voluntary contraction (MVC) to exhaustion. The surface EMG was recorded from the m. sternocleidomastoideus. An endurance time, the integrated EMG (IEMG)and the mean power frequency (MPF) were computed from the recorded EMG.
    The results were summarized as follows:
    (1) Endurance time for trained Judo players was significantly longer than for collegiate students at each of 10,30 and 50%MVC force levels.
    (2) The increment ratio of IEMG for each second and the reduction ratio of MPF for each second for trained Judo players were significantly smaller than for collegiate students at each of 10,30 and 50%MVC force levels.
    Within the limitation of this study, it can be concluded that endurance of the neck flexor muscle for trained Judo players was higher than for collegiate students. Such a result may be due to the effects of the fatigability correlated with muscle fiber composition of the neck flexor muscle for trained judo players.

    日本武道学会, 1988年, 武道学研究, 20 (3), 21 - 27, 日本語

  • 藪根 敏和, 吉田 浩重, 柳沢 久, 猪熊 真, 岡田 修一, 松井 勲, 山崎 俊輔, 三戸 範之

    日本武道学会, 1987年, 武道学研究, 20 (2), 59 - 60, 日本語

  • 松井 勲, 上村 守, 猪熊 真, 藪根 敏和, 野原 弘嗣, 吉田 浩重, 岡田 修一, 山崎 俊輔

    日本武道学会, 1987年, 武道学研究, 20 (2), 33 - 34, 日本語

  • 山崎 俊輔, 山本 三郎, 岡田 修一, 吉田 浩重, 猪熊 真, 松井 勲, 藪根 敏和

    日本武道学会, 1987年, 武道学研究, 20 (2), 57 - 58, 日本語

  • 岡田 修一, 猪熊 真, 松井 勲, 藪根 敏和, 山崎 俊輔, 金芳 保之, 吉田 浩重, 岸井 守一

    日本武道学会, 1987年, 武道学研究, 20 (2), 147 - 148, 日本語

  • 松井 勲, 岡田 修一, 藪根 敏和, 猪熊 真, 山崎 俊輔

    日本武道学会, 1986年, 武道学研究, 19 (2), 55 - 56, 日本語

  • 猪熊 真, 吉田 浩重, 山崎 俊輔, 藪根 敏和, 坂東 隆男, 岡田 修一, 松井 勲

    日本武道学会, 1986年, 武道学研究, 19 (2), 133 - 134, 日本語

  • 岡田 修一, 岸井 守一, 松井 勲, 藪根 敏和, 金芳 保之, 猪熊 真, 山崎 俊輔

    日本武道学会, 1986年, 武道学研究, 19 (2), 131 - 132, 日本語

  • 山崎 俊輔, 吉田 浩重, 岡田 修一, 猪熊 真, 松井 勲, 藪根 敏和

    日本武道学会, 1986年, 武道学研究, 19 (2), 141 - 142, 日本語

  • 籔根 敏和, 猪熊 真, 松井 勲, 播本 定彦, 岡田 修一, 山崎 俊輔

    日本武道学会, 1986年, 武道学研究, 19 (2), 17 - 18, 日本語

  • 城 仁士, 岡田 修一, 伊藤 篤

    日本教育心理学会, 2014年, 日本教育心理学会総会発表論文集, 56, 2 - 3, 日本語

MISC

  • 住民同士のつながり(社会的ネットワーク)支援

    岡田 修一

    2020年09月, ひょうご人権ジャーナル「きずな」, 9月号, 5 - 5, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 神戸大学大学院人間発達環境学研究科アクテイィブエイジング研究センター

    増本 康平, 岡田 修一

    2019年01月, バイオメカニズム学会誌, 43 (1), 71 - 72, 日本語

    その他

  • 生涯にわたる柔道の効用と振興

    岡田 修一

    講道館, 2017年06月, 柔道, 88 (6), 1 - 4, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • A study of the relation between Japanese elderly people's satisfaction with their current life and their level of social participation: Based on the role of social networks

    Ai Fukuzawa, Keiko Katagiri, Kouhei Masumoto, Narihiko Kondo, Makoto Chogahara, Shuichi Okada

    ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD, 2016年07月, INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY, 51, 51 - 51, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • Interventions increase community interactions among elderly adults: Evidence from an urban area in Japan

    Keiko Katagiri, Kouhei Masumoto, Shuichi Okada, Narihiko Kondo, Makoto Chogahara, Ai Fukuzawa

    ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD, 2016年07月, INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY, 51, 45 - 46, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • 音楽を用いたグループ・エクササイズがシニア世代のコミュニケーション・ネットワークに及ぼす効果

    岡田 修一, 増本 康平, 原田 和宏, 近藤 徳彦, 長ヶ原 誠, 片桐 恵子, 平川 和文

    2016年06月, 大阪ガスグループ福祉財団研究報告書, 29, 33 - 38, 日本語

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)

  • 自発的運動を課した2型糖尿病ラットにおける運動パフォーマンスと筋組成、筋酵素活性について

    高田 義弘, 竹下 大輔, 花岡 智子, 奥田 俊詞, 鷲尾 弘枝, 石見 恵子, 保井 俊英, 今北 英高, 峯松 亮, 星野 聡子, 山田 崇史, 和気 秀文, 中村 友浩, 岡田 修一, 平川 和文, 中谷 昭, 坂田 進

    (一社)日本体力医学会, 2014年12月, 体力科学, 63 (6), 720 - 720, 日本語

  • 自発的運動により2型糖尿病の発症が抑制されたOLETFラットの運動パフォーマンスと骨格筋特性

    高田 義弘, 竹下 大輔, 石見 惠子, 保井 俊英, 今北 英高, 峯松 亮, 和気 秀文, 岡田 修一, 平川 和文, 中谷 昭, 坂田 進

    (一社)日本体力医学会, 2014年06月, 体力科学, 63 (3), 356 - 357, 日本語

  • 自発的運動が2型糖尿病の発症を抑制できるのか?

    高田 義弘, 西井 康恵, 花岡 智子, 石見 惠子, 松本 大輔, 峯松 亮, 和気 秀文, 岡田 修一, 平川 和文, 中谷 昭, 坂田 進

    (一社)日本体力医学会, 2013年06月, 体力科学, 62 (3), 244 - 244, 日本語

  • Effects of a 6-month home-based and self-paced walking program on toe clearance and gait pattern in healthy elderly

    Nobuko Harada, Kyoko Kawakami, Shuichi Okada

    HUMAN KINETICS PUBL INC, 2008年07月, JOURNAL OF AGING AND PHYSICAL ACTIVITY, 16, S87 - S87, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • 岡田 修一

    2007年06月, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科 研究紀要, 第1巻第1号, 日本語

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 岡田 修一

    2004年03月, 神戸大学発達科学部研究紀要, 10-4, 53p-58p, 日本語

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 31P-NMR法によるヒト骨格筋作業時の筋エネルギー代謝の定性・定量的評価化に関する研究

    平川 和文, 岡田 修一, 高田 義弘, 吉崎 和男, 村上 政隆

    1996年12月, 生理学研究所年報, 17, 251p-253p, 日本語

    その他

  • 加齢と平衡機能 − 外乱刺激に対する高齢者の立位姿勢応答 –

    岡田 修一

    1996年10月, 理学療法, 13-3, 183p-188p, 日本語

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 高齢者の障害物跨ぎ動作における姿勢安定性に対する視覚の重要性 : 足圧中心軌跡を利用した検討

    国宗 翔, 岡田 修一

    大阪行岡医療大学紀要編集委員会, 2020年, 大阪行岡医療大学紀要, (7), 5 - 10, 日本語

  • 168.児童の背筋活動が姿勢調節及びパフォーマンスに及ぼす影響 : 生活,バイオメカニクス

    生田 香明, 木下 博, 葛原 憲治, 岡田 修一, 平川 和文

    日本体力医学会, 1990年12月01日, 体力科學, 39 (6), 590 - 590, 日本語

  • 67.試合を想定した投球後の肩・肘・膝関節機能の変化

    高田 義弘, 岡本 悌二, 内田 勇人, 小林 義樹, 岡田 修一, 平川 和文

    日本体力医学会, 1999年12月01日, 体力科學, 48 (6), 746 - 746, 日本語

  • テイクバックでの下部体幹筋群収縮様式がバッティング時のヘッドスピードに及ぼす影響

    中尾 哲也, 増田 研一, 金井 成行, 辻田 純三, 山下 陽一郎, 平川 和文, 岡田 修一

    トレーニング科学研究会, 2016年, Journal of training science for exercise and sport = トレーニング科学, 27 (4), 141 - 149, 日本語

書籍等出版物

  • アクティブ・エイジング・プロジェクト縦断調査報告書〜大学による介入プログラムの効果〜

    朴木 佳緒留, 岡田 修一, 近藤 徳彦, 長ヶ原 誠, 片桐 恵子, 増本 康平, 竹中 優子, 福沢 愛

    共著, 神戸大学大学院人間発達環境学研究科, 2015年06月, 日本語

    調査報告書

  • 鶴甲いきいきまちづくりプロジェクト報告リーフレット

    増本 康平, 片桐 恵子, 岡田 修一

    共編者(共編著者), 神戸大学大学院人間発達環境学研究科, 2015年04月, 日本語

    その他

  • アクティブ・エイジング読本 七転び八起きを目指した健康づくり

    岡田 修一

    プレアデス出版, 2011年05月, 日本語

    一般書・啓蒙書

  • 発達運動論

    岡田 修一, 臼井 永男

    共著, 放送大学教育振興会, 2011年03月, 日本語

    教科書・概説・概論

  • 加速度外乱に対する高齢者の立位姿勢保持能力

    岡田 修一

    単著, 学文社, 2010年12月, 日本語

    学術書

  • 転倒の発生要因とその予防-身体運動科学の観点から-「do for から do with へ高齢者の発達と支援」

    岡田 修一

    その他, ナカニシヤ出版, 2009年02月, 日本語

    学術書

  • 『キーワード 人間と発達 』

    相澤 直樹, 伊藤 篤, 稲場 圭信, 岡田 修一, 岡田 由香, 小田 利勝, 木下 孝司, 齊藤 誠一, 佐藤 眞子, 杉野 欽吾, 谷 冬彦, 津田 英二, 土屋 基規, 廣木 克行, 朴木 佳緒留, 松岡 広路

    共著, 大学教育出版, 2005年04月, 日本語

    学術書

  • 高齢女性転倒経験者の加速度外乱に対する姿勢運動パターン

    岡田 修一

    単著, 教育医学, 2002年09月, 日本語

    学術書

  • 柔道大事典

    岡田 修一, 嘉納 行光, 醍醐 敏郎, 川村 禎三, 竹内 善徳, 中村 良三, 佐藤 宣践, 猪熊 真, 山下 泰裕, 松井 勲

    共著, アテネ書房, 1999年11月, 日本語

    その他

  • フィットネスインストラクターテキスト

    岡田 修一, 山口 泰雄, 平川 和文, 市野 聖治, 片岡 幸雄, 宮川 健, 池田 克紀

    共著, 建帛社, 1998年05月, 日本語

    学術書

講演・口頭発表等

  • 高齢夫婦における健康行動の相互関連性:夫婦関係満足度による差異

    原田 和弘, 増本 康平, 岡田 修一

    第20回日本健康支援学会年次学術大会, 2019年03月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • アンケートデータを用いた交流ネットワーク推定手法

    佐藤 智久, 谷口 隆晴, 増本 康平, 近藤 徳彦, 岡田 修一

    日本応用数理学会2018年度年会, 2018年09月, 日本語, 愛知, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 外出が高齢者の健康関連Quality of Lifeに及ぼす影響

    原田 和宏, 増本 康平, 片桐 恵子, 福沢 愛, 長ヶ原 誠, 近藤 徳彦, 岡田 修一

    第18回日本健康支援学会年次学術大会, 2017年03月, 日本語, 東京工業大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • QOLの規定因に関する世代間比較:物質的豊かさの不足を補う要因に関する検討

    福沢 愛, 片桐 恵子, 増本 康平, 長ヶ原 誠, 近藤 徳彦, 岡田 修一

    社会心理学会第57回大会, 2016年09月, 日本語, 関西学院大学, 国内会議

    ポスター発表

  • Interventions increase community interactions among elderly adults: Evidence from an urban area in Japan.

    KATAGIRI KEIKO, MASUMOTO KOUHEI, OKADA SHUICHI, KONDO NARIHIKO, CHOGAHARA MAKOTO, FUKUZAWA AI

    31st International Conference of Psychology (ICP2016), 2016年07月, 英語, Yokohama, 国際会議

    ポスター発表

  • A study of the relation between Japanese elderly people's satisfaction with their current life and their level of social participation: Based on the role of social networks.

    FUKUZAWA AI, KATAGIRI KEIKO, MASUMOTO KOUHEI, KONDO NARIHIKO, CHOGAHARA MAKOTO, OKADA SHUICHI

    31st International Conference of Psychology (ICP2016), 2016年07月, 英語, Yokohama, 国際会議

    ポスター発表

  • 地域コミュニティ構造の変化と改善に対する統計解析手法

    河崎 素乃美, 谷口 隆晴, 増本 康平, 近藤 徳彦, 岡田 修一

    日本応用数理学会第12回研究部会連合発表会, 2016年03月, 日本語, 神戸学院大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 視覚情報が高齢者の跨ぎ動作中における姿勢安定性に与える影響

    国宗 翔, 岡田 修一

    第30回日本体力医学会近畿地方会, 2016年02月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地域コミュニティの構造変化に対する検定理論

    河崎 素乃美, 谷口 隆晴, 増本 康平, 近藤徳彦, 岡田修一

    応用数学合同研究集会, 2015年12月, 日本語, 龍谷大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 歩行路の壁幅の違いがParkinson 病患者の歩行動作に与える影響

    山田 一貫, 岡田 修一

    第55回近畿理学療法学術大会, 2015年11月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 歩行路壁幅の違いが歩行動作に与える影響

    山田 一貫, 岡田 修一

    第70回日本体力医学会大会, 2015年09月, 日本語, 和歌山, 国内会議

    ポスター発表

  • 視覚情報が歩行中の障害物跨ぎ動作におけるToe Clearanceに与える影響

    国宗 翔, 岡田 修一

    第70回日本体力医学会大会, 2015年09月, 日本語, 和歌山, 国内会議

    ポスター発表

  • 地域高齢者を対象とした健康教室による参加者間交流ネットワーク形成に関する研究

    増本 康平, 近藤 徳彦, 松田 弘志, 谷 英昭, 谷口 隆晴, 竹中 優子, 戸塚 圭介, 岡田 修一

    日本老年社会科学会第57回大会, 2015年06月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • スマートフォンの使用が障害物回避歩行動作に及ぼす影響

    山田 一貫, 岡田 修一

    第25回兵庫体育・スポーツ科学学会大会, 2015年05月, 日本語, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 視覚情報が歩行中の障害物跨ぎ動作における足圧中心動揺に及ぼす影響

    国宗 翔, 岡田 修一

    日本体力医学会第29回近畿地方会, 2015年01月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ヒューマン・コミュニティ(HC)創成マインドにもとづく地域との協同実践研究の課題と展望

    城 仁士, 岡田 修一, 伊藤 篤

    日本教育心理学会第56回総会, 2014年12月, 日本語, 神戸国際会議場, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 地域住民における世代間交流志向の関連要因

    片桐 恵子, 竹中 優子, 岡田 修一, 近藤 徳彦, 長ヶ原 誠, 増本 康平, 朴木 佳緒留

    日本社会心理学会, 2014年11月, 日本語, 北海道大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 6ヶ月のウォーキングが閉眼時の歩行に与える影響

    国宗 翔, 岡田 修一

    第69回日本体力医学会大会, 2014年09月, 日本語, 長崎, 国内会議

    ポスター発表

  • 高齢期の生産的活動と主観的健康

    片桐 恵子, 竹中 優子, 岡田 修一, 近藤 徳彦, 長ヶ原 誠, 増本 康平, 朴木 佳緒留

    老年社会科学会第56回大会, 2014年06月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 障害物跨ぎ歩行におけるLead limbとTrail limbの関係

    国宗 翔, 岡田 修一

    第25回兵庫体育・スポーツ科学学会大会, 2014年05月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 膝関節衝撃吸収能力と歩行速度の関係性-加速度計を用いた検討

    岡田 修一, 飛山 義憲

    日本体力医学会 第28回近畿地方会, 2014年01月, 日本語, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 自発的運動により2型糖尿病の発症が抑制されたOLETFラットの運動パフォーマンスと骨格筋特性

    髙田 義弘, 竹下 大輔, 石見 惠子, 保井 俊英, 今北 英高, 峯松 亮, 和気 秀文, 岡田 修一, 平川 和文, 中谷 昭, 坂田 進

    第28回日本体力医学会近畿地方会, 2014年01月, 日本語, 神戸大学, 【方法】1)5週齢の雄OLETFラットを回転カゴ付き飼育ケージ(回転OLETF)と標準ケージ(標準OLETF)内で餌と水は自由摂取で、さらに、5週齢の雄LETOラットを標準ケージ(標準LETO)で飼育した。 2)回転OLETFの自発的運動量を毎週測定し、全てのラットの体重・血糖値を毎月測定し、11ヶ月齢で糖負荷実験とHbA1cの測定を行った。 3)14ヶ月齢において、10日間の自発的運動量、トレッドミル走行による持久力、金網ぶら下がり(水平、垂直)、握力およびステップスルーテストを行った。 4)16ヶ月齢において、ヒラメ筋、長趾伸筋、外側広筋を摘出したのち、ATPase染色とSDH染色による筋組織解析と酵素活性の測定を行った。 【結果および考察】2型糖尿病を自然発症するラットでも5週齢から回転ケージで自発的な運動をさせることにより、糖尿病の発症が完全, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢者の音楽聴取行動と音楽のエイジング意識の関連に関する研究

    竹中 優子, 岡田 修一, 朴木 佳緒留

    第8回日本応用老年学会大会, 2013年11月, 日本語, 札幌、日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 地域における交際量と多世代交流意識の検討ー高齢者世代と非高齢者世代における比較-

    竹中 優子, 岡田 修一, 朴木 佳緒留

    日本世代間交流学会第4回全国大会, 2013年10月, 日本語, 東京、日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 認知的失敗経験の年代間比較

    増本 康平, 岡田 修一, 竹中 優子, 朴木 佳緒留

    第55回日本老年社会科学学会, 2013年06月, 日本語, 国内会議

    ポスター発表

  • 地域居住高齢者の居住地域の評価と生活満足度に関する研究

    竹中 優子, 岡田 修一, 朴木 佳緒留

    日本老年社会学会第55回大会, 2013年06月, 日本語, 大阪、日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Toe clearance and walking pattern on responding to unexpected surfaces in dual task; comparison between healthy and young adults

    原田 信子, 岡田 修一

    ISPGR / Gait & Mental Function 2nd Joint World Congress, 2013年06月, 英語, Akita Japan, 国際会議

    ポスター発表

  • THE INFLUENCE OF MUSIC ON ACTIVE AGING IN JAPANESE COMMUNITY RESIDENTS: THE FOCUS ON LISTENING MUSIC AND MUSICAL ATTITUDE

    竹中 優子, 朴木 佳緒留, 岡田 修一, 長ヶ原 誠, 近藤 徳彦, 増本 康平

    The 20th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics, 2013年06月, 英語, 国際会議

    ポスター発表

  • 自発的運動が2型糖尿病の発症を抑制できるのか?

    髙田 義弘, 西井 康恵, 花岡 智子, 石見 恵子, 松本 大輔, 峯松 亮, 和気 秀文, 岡田 修一, 平川 和文, 中谷 昭, 坂田 進

    第27回日本体力医学会近畿地方会, 2013年01月, 日本語, 大阪, 【目的】運動は2型糖尿病の症状を改善するが、2型糖尿病の発症を抑制するかは不明のままである。本研究では、2型糖尿病を自然発症するモデルラットOLETFを幼若期から1年間以上に亘り回転カゴ付き飼育ケージにて飼育して2型糖尿病の発症が抑制されるのか、またこのラットの運動能力がどのようなものであるか、について検討することを目的とする。 【方法】 1)2011年11月より5週齢雄OLETFラットを回転カゴ付き飼育ケージ(回転OLETF 、14匹)と標準ケージ(標準OLETF 、7匹)内で餌と水は自由摂取で飼育した。対照として5週齢雄LETOラットを標準ケージ(標準LETO 、7匹)で飼育した。 2)毎週の自発的運動量を測定し、体重・血糖値・血圧・心拍数を1ヶ月毎に測定した。 3)5ヶ月齢、8ヶ月齢、11ヶ月齢で摂餌量・摂水量を測定した。 4)11ヶ月齢で糖, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Age-related differences in muscle activities on legs during stairs descending in dual task

    原田 信子, 岡田 修一

    1st Joint World Congress of International Society for Posture & Gait Research and Gait & Mental Function, 2012年06月, 英語, Norway Trondheim, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢者の階段降下時における二重課題動作が下肢の筋活動に及ぼす影響

    原田 信子, 岡田 修一

    日本体力医学会第26回近畿地方会, 2012年01月, 日本語, 奈良, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 人工膝関節置換手術後の早期杖歩行獲得に影響を及ぼす因子の検討

    飛山 義憲, 山田 実, 和田 治, 田所 麻衣子, 北河 朗, 岩崎 安伸, 岡田 修一

    第51回近畿理学療法学術大会, 2011年11月, 日本語, 滋賀, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 人工膝関節置換手術施行患者における運動機能と転倒自己効力感の経時的検討

    飛山 義憲, 山田 実, 岡田 修一

    第8回転倒予防医学研究会, 2011年10月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 運動イメージ想起能力は4週間のウオーキングプログラムにより影響を受ける

    飛山 義憲, 山田 実, 和田 治, 北河 朗, 堤井 則宏, 岡田 修一

    第50回近畿理学療法学術大会, 2010年11月, 日本語, 和歌山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 二重課題下での歩行能力は4週間にわたるウオーキングと生活空間の拡大によって改善される

    飛山 義憲, 山田 実, 岡田 修一

    第7回転倒予防医学研究会, 2010年10月, 日本語, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 二重課題時における連続ステップ動作から静止立位姿勢に至るまでの高齢者の姿勢調整能

    原田 信子, 岡田 修一

    第65回日本体力医学会大会, 2010年09月, 日本語, 千葉, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • スポーツ選手におけるサイドランジ遂行能力とagilityとの関連性

    飛山 義憲, 岡田 修一

    第65回日本体力医学会大会, 2010年09月, 日本語, 千葉, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Age-related differences postural control from dynamic to static states during a serial stepping on dual task

    原田 信子, 岡田 修一

    10th International Congress of Physiological Anthropology, 2010年09月, 英語, Australia, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 生活空間の大きさや外出の頻度は下肢運動イメージ想起能力に影響を及ぼすか

    岡田 修一, 飛山 義憲, 山田 実, 永井 宏達, 北河 朗

    第45回日本理学療法学術大会, 2010年05月, 日本語, 岐阜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢者の足底からの感覚入力が二重課題時の動的姿勢調整に及ぼす影響

    原田 信子, 岡田 修一

    第64回日本体力医学会大会, 2009年09月, 日本語, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢者と若年者における椅子着座時のスクワット動作比較

    根來 信也, 岡田 修一

    第64回日本体力医学会大会, 2009年09月, 日本語, 新潟, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 足底入力の変化が高齢者の二重課題に対するステップ反応に及ぼす影響

    岡田 修一, 原田 信子, 根來 信也, 櫻井 寿美

    日本体力医学学会第23回近畿地方会, 2009年01月, 日本語, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Effect of a 6-month home-based and self-paced walking program on toe clearance and gait pattern in healthy elderly

    岡田 修一, 原田 信子

    7th World Congress on aging and physical activity, 2008年07月, 英語, Tsukuba, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 尿失禁用オムツのはき心地研究 -吸水下着スリムウェアの紹介-

    田上 悦子, 今村 有里, 和田 充弘, 宮澤 清, 井上 真理, 前田 正登, 岡田 修一, 柳田 泰義

    日本繊維製品消費科学会2007年年次大会, 2007年06月, 日本語, 日本繊維製品消費科学会, 東京都, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢者用パンツ型オムツのはき心地 第3報 歩行動作時におけるオムツ表面の形状変化とはき心地との関係

    今村 有里, 田上 悦子, 和田 充弘, 宮澤 清, 前田 正登, 井上 真理, 岡田 修一, 柳田 泰義

    日本家政学会 第59回大会, 2007年05月, 日本語, 日本家政学会, 岐阜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢者用パンツ型オムツのはき心地 第2報 材料特性との関係

    井上 真理, 田上 悦子, 前田 正登, 岡田 修一, 柳田 泰義, 今村 有里, 宮澤 清

    日本家政学会 第59回大会, 2007年05月, 日本語, 日本家政学会, 岐阜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢者用パンツ型オムツのはき心地 第1報 主観評価

    田上 悦子, 今村 有里, 宮澤 清, 井上 真理, 前田 正登, 岡田 修一, 柳田 泰義

    日本家政学会 第59回大会, 2007年05月, 日本語, 日本家政学会, 岐阜市, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ブルー柔道着導入の背景に関する研究

    弦間 美枝子, 岡田 修一, 齊藤 健司

    日本武道学会第38回大会, 2005年09月, 日本語, 日本武道学会第38回大会事務局, 天理市, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Opinions regarding the use of the weight system in competition Judo

    Nagaki N, Yamasaki S, Okada S, Yabune T, Yano S

    The 4th International Judo Symposium, 2003年09月, 英語, Medical and Scientific Committee in IJF, 大阪市, 日本, 国際会議

    ポスター発表

  • Judo develops balancing ability during abrupt dececelation in aged people

    Okada S, Yamasaki S, Yabune T, Nagaki K, Yano S

    The 4th International Judo Symposium, 2003年09月, 英語, Medical and Scientific Committee in IJF, 大阪市, 日本, 国際会議

    ポスター発表

  • About the meaning of the body operation in the start movement of SEOINAGE

    Yabune T, Okada S, Yamasaki S, Nagaki K, Yano S

    The 4th International Judo Symposium, 2003年09月, 英語, Medical and Scientific Committee in IJF, 大阪市, 日本, 国際会議

    ポスター発表

  • 中程度負荷を用いた膝伸展筋のエクセントリックトレーニングによる神経—筋適応

    濱 宏志, 岡田 修一

    第14回日本体力医学会近畿地方会, 2000年01月, 日本語, 第14回日本体力医学会近畿地方会実行委員会, 奈良市, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 試合を想定した投球後の肩・肘・膝関節機能の変化

    高田 義弘, 岡本 悌二, 内田 勇人, 小林 義樹, 岡田 修一, 平川 和文

    第54回日本体力医学会, 1999年09月, 日本語, 日本体力医学会, ,, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 筋疲労による筋弾性の変化について

    濱 宏志, 岡田 修一

    兵庫体育・スポーツ科学学会第8回大会, 1998年03月, 日本語, 兵庫体育・スポーツ科学学会, 神戸市, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 高齢者の加速度外乱に対する姿勢保持能力と行動体力との関係

    岡田 修一, 高田 義弘, 平川 和文, 浅見 高明

    第52回日本体力医学会大会, 1997年09月, 日本語, 第52回日本体力医学会大会実行委員会, 大阪市, 日本, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 加速度外乱に対する高齢者の姿勢調節における足・膝・股関節の役割

    岡田 修一, 高田 義弘, 平川 和文, 浅見 高明

    第13回日本バイオメカニクス学会大会, 1996年11月, 日本語, 第13回日本バイオメカニクス学会大会実行委員会, つくば市, 日本, 国内会議

    ポスター発表

  • 間欠運動の骨格筋エネルギー代謝と負荷設定について

    平川 和文, 岡田 修一

    第51回日本体力医学会総会, 1996年09月, 日本語, 日本体力医学会, 広島,, 国内会議

    ポスター発表

所属学協会

  • 日本体育測定評価学会

  • 日本バイオメカニクス学会

  • 日本生理人類学会

  • 日本教育医学会

  • 日本運動生理学会

  • 日本体力医学会

  • 日本体育学会

共同研究・競争的資金等の研究課題