研究者紹介システム

角松 生史
カドマツ ナルフミ
大学院法学研究科 実務法律専攻
教授
法学・政治学関係
Last Updated :2022/05/19

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院法学研究科 実務法律専攻
  • 【配置】

    法学部 法律学科

学位

  • 修士(法学), 東京大学
  • 縮小社会と土地・都市法に関する研究

授業科目

ジャンル

  • 法律 / 行政法

コメントテーマ

  • 景観保護
  • 環境

研究活動

研究キーワード

  • 行政法、都市法

研究分野

  • 人文・社会 / 公法学

論文

  • 空間利用の公ー私境界:縮小社会における変容

    角松生史

    2022年02月, 角松生史/山本顯治/小田中直樹/窪田亜矢編『縮小社会における法的空間』(日本評論社), 21 - 45, 日本語

  • 序章

    角松生史

    2022年02月, 角松生史/山本顯治/小田中直樹/窪田亜矢編『縮小社会における法的空間』(日本評論社), 1 - 17, 日本語

  • Narufumi Kadomatsu

    Routledge, 2021年09月17日, Land Law and Disputes in Asia: in Search of an Alternative for Development (Routledge, 2021), 73 - 96, 英語

    論文集(書籍)内論文

  • 角松生史

    2021年05月, 都市計画, 70 (3), 18 - 21, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 角松生史

    2020年12月, Zeitschrift für Japanisches Recht, (50), 49 - 63, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • The Tragedies of the Commons and Anticommons in an Era of Underuse

    角松生史

    2020年08月, Kadomatsu et al., Legal Responses to Vacant Houses: An International Comparison, (Springer, 2020.8), 61 - 81, 英語

    論文集(書籍)内論文

  • Emergence of Unoccupied House Problem in Japan and Legal Measures Towards This Issue

    角松生史

    2020年08月, Kadomatsu et al., Legal Responses to Vacant Houses: An International Comparison, (Springer, 2020.8), 1 - 15, 英語

    論文集(書籍)内論文

  • 角松生史

    2020年07月, 国民経済雑誌, 222 (1), 49 - 68, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • カジノを含むIR事業の「公益性」 (特集 カジノがやって来る : IR誘致をめぐる法的課題)

    角松 生史

    日本評論社, 2020年03月, 法学セミナー, 65 (3), 22 - 29, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 都市再生法上の協定と「公共」への参加 (特集 「公共」をめぐる参加と訴訟) -- (「公共」にどのように参画するか)

    角松 生史

    日本評論社, 2019年10月, 法律時報, 91 (11), 25 - 31, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 日本土地収用法における「私益収用」と「生活補償」 (東アジア土地収用制度に関するワークショップ)

    角松 生史

    神戸法学会, 2019年09月, 神戸法学雑誌 = Kobe law journal, 69 (2), 195 - 242, 日本語

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 第1部『参加原則の概観と環境法』へのコメント

    角松生史

    2019年08月, 環境法政策学会誌第22号(環境法における参加), (22), 86 - 95, 日本語

    [招待有り]

  • 類型論ー学校事故

    角松 生史

    弘文堂, 2019年03月, 宇賀克也/小幡純子編『条解 国家賠償法』, 324-343, 日本語

    [招待有り]

    論文集(書籍)内論文

  • 過少利用時代におけるコモンズの悲劇とアンチ・コモンズの悲劇

    角松 生史

    法律文化社, 2019年02月, 野呂充/岡田正則/人見剛/石崎誠也編『現代行政とネットワーク理論』, 143 - 170, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 鞆の浦世界遺産訴訟-景観保全と公有水面埋立免許

    角松 生史

    有斐閣, 2018年09月, 別冊ジュリスト環境法判例百選(第3版), 138 - 139, 日本語

    [招待有り]

  • 日本における空き家問題の登場と法的対応 (国際シンポジウム 空き家問題への法的対応 : 日本・アメリカ・フランス・ドイツ)

    角松 生史

    信山社, 2018年06月, 行政法研究 = Review of administrative law = Revue de droit administratif = Zeitschrift fur Verwaltungsrecht, (24), 51 - 65, 日本語

  • 角松 生史, Joel Rheuben

    Springer, 2018年06月, Blanke HJ., Perlingeiro R. (eds) The Right of Access to Public Information, 449 - 483, 英語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 角松 生史

    Deutsch-Japanische Juristenvereinigung, 2018年05月, Zeitschrift fuerJapanisches Recht, (45), 5 - 15, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 角松 生史

    Academia Sinica, 2018年03月, Academia Sinica Law Journal, (22), 203 - 242, 英語

    [査読有り][招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 「都市のスポンジ化」への対応と公共性

    角松 生史

    日本評論社, 2018年01月, 楜澤能生/佐藤岩夫/高橋寿一/ 高村学人編 『現代都市法の課題と展望 原田純孝先生古稀記念論集』, 53 - 72, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 「社会問題」としての空き家 : 多様な視線の交錯 (特集 複合的分断と法)

    角松 生史

    日本評論社, 2017年08月, 法律時報, 89 (9), 39 - 45, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 角松 生史

    Edward Elgar, 2017年08月, Susan Rose-Ackerman et al.(eds.),Comparative Administrative Law(2nd edition), 497 - 512, 英語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 犯罪捜査・公訴権の行使に関する国家賠償請求訴訟と「反射的利益」論

    角松 生史

    日本評論社, 2017年07月, 佐藤幸治/泉徳治編『滝井繁男先生追悼論集 行政訴訟の活発化と国民の権利重視の行政へ』, 89 (6), 175 - 199, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 日本における特区制度の法的分析

    角松 生史

    信山社, 2017年06月, 門田孝/井上典之編『憲法理論とその展開 - 浦部法穂先生古稀記念』, 141 - 154, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • Taking “Regulatory Courts” Seriously — A Perspective from Japanese City Planning Law

    角松 生史

    Carolina Academic Press, 2017年06月, Russell L. Weaver, Herwig C. H. Hofmann, Cheng-Yi Huang, Steven I. Friedland(ed.), Comparative Perspectives on Administrative Procedure. The Global Papers Series, Volume III (Durham, North Carolina, 2017), 213 - 230, 英語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • A Misinterpretation or a Productive Diversion? ―The Rise and Fall of the “Relationship of Reciprocal Interchangeability” Concept and the Possibility of Reception of a Legal Interpretation

    角松 生史

    Carolina Academic Press, 2017年06月, Russell L. Weaver, Herwig C. H. Hofmann, Cheng-Yi Huang, Steven I. Friedland(ed.), Comparative Perspectives on Administrative Procedure. The Global Papers Series, Volume III(Durham, North Carolina, 2017), 105 - 128, 英語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 法的紛争解決手続の交錯と限界 : 辺野古埋立承認取消処分をめぐる国・自治体間争訟 (特集 行政間の"法的紛争解決手続"と政治過程) -- (辺野古基地問題をめぐる"法的紛争解決手続")

    角松 生史

    日本評論社, 2017年06月, 法律時報, 89 (6), 59 - 67, 日本語

  • 角松 生史

    土地総合研究所, 2017年05月, 土地総合研究, 25 (2), 17 - 30, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 行政過程と民主主義 (民主主義の制度化と公法学)

    角松 生史

    日本公法学会, 2017年, 公法研究, (79), 74 - 97, 日本語

  • 都市縮退と過少利用の時代における既存不適格制度

    角松 生史

    信山社, 2016年10月, 『都市空間のガバナンスと法』, 127 - 147, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 行政法における法の解釈と適用に関する覚え書き

    角松 生史

    有斐閣, 2016年09月, 小早川光郎先生古稀記念『現代行政法の構造と展開』, 383 - 400, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 空き家条例と空家法 : 「空き家問題」という定義と近隣外部性への焦点化をめぐって (特集 空き家問題の新展開)

    角松 生史

    神戸都市問題研究所, 2016年07月, 都市政策, (164), 13 - 21, 日本語

  • 日本における特区制度の法的分析

    角松 生史

    韓國地方自治法學會(한국지방자치법학회), 2016年06月, 地方自治法研究(지방자치법연구), 16 (2), 3 - 18, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 都市空間の法的ガバナンスと司法の役割

    角松 生史

    日本評論社, 2016年01月, 『現代国家と市民社会の構造転換と法-学際的アプローチ』, 21 - 44, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 序章

    角松 生史

    日本評論社, 2016年01月, 『現代国家と市民社会の構造転換と法-学際的アプローチ』, 1 - 17, 日本語

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 日本行政事件訴訟法2004年改正とその影響

    角松 生史

    韓國行政判例研究會, 2016年, 行政判例研究, (XXI-1), 255 - 286, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 「固有の資格」と「対等性」 : 辺野古新基地をめぐる工事停止指示と審査請求について (特集 戦後70年と安保法制 : 「国際法の支配」と立憲主義)

    角松 生史

    日本評論社, 2015年11月, 法律時報, 87 (12), 39 - 45, 日本語

  • 行政活動の民営化と行政法学 (東アジア行政法学会国際学術総会(第11回大会))

    角松 生史

    信山社, 2015年05月, 行政法研究 = Review of administrative law = Revue de droit administratif = Zeitschrift fur Verwaltungsrecht, (8), 107 - 122, 日本語

  • 行政過程における参加と責任 (特集 行政手続の諸相)

    角松 生史

    日本評論社, 2015年01月, 法律時報, 87 (1), 14 - 21, 日本語

  • 2つの景観訴訟における2つの景観利益 : 国立市マンション訴訟と鞆の浦世界遺産訴訟 (特集 まちづくり紛争の現在)

    角松 生史

    都市住宅学会, 2015年, 都市住宅学 = Urban housing sciences, (91), 23 - 28, 日本語

  • コモンズとしての景観の特質と景観法・景観利益 (特集 土地法の制度設計)

    角松 生史

    有斐閣, 2015年, 論究ジュリスト = Quarterly jurist, (15), 26 - 33, 日本語

  • 角松 生史

    立命館大学政策科学会, 2014年03月, 政策科学, 21 (4), 191 - 200, 日本語

  • 地域空間形成における行政過程と司法過程の協働-司法過程のフィードバック機能をめぐって

    角松 生史

    日本評論社, 2014年02月, 現代行政訴訟の到達点と展望-宮﨑良夫先生古稀記念論文集, 3 - 24, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 角松 生史

    2013年12月, 日本不動産学会誌, 27 (3), 55 - 62, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 自治体のまちづくりと司法統制―都市計画を中心に

    角松 生史

    ぎょうせい, 2013年09月, 争訟管理―争訟法務(自治体政策法務講座)大久保規子編集代表, 3, 65 - 88, 日本語

    [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 「景観利益」概念の位相

    角松 生史

    北海道大学グローバルCOEプログラム「多元分散型統御を目指す新世代法政策学」事務局, 北海道大学情報法政策学研究センター, 2013年03月, 新世代法政策学研究 = Hokkaido journal of new global law and policy, 20 (20号), 273 - 306, 日本語

  • 縮小都市と法 (特集 持続的発展と都市法)

    角松 生史

    北海道大学グローバルCOEプログラム「多元分散型統御を目指す新世代法政策学」事務局, 北海道大学情報法政策学研究センター, 2012年06月, 新世代法政策学研究, 16 (16号), 243 - 263, 日本語

  • GCOE全体研究会 都市計画の構造転換と市民参加

    角松 生史

    北海道大学グローバルCOEプログラム「多元分散型統御を目指す新世代法政策学」事務局, 北海道大学情報法政策学研究センター, 2012年03月, 新世代法政策学研究, 15 (0), 1 - 29, 日本語

  • 行政のアカウンタビリティの展開

    角松 生史

    2012年03月, 法政策学の試み第13集, 印刷中, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 「地域像維持請求権」をめぐって

    角松 生史

    2012年03月, 阿部泰隆先生古稀論文集『行政法学の未来に向けて』, 印刷中, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 協働的プランニングの社会的構成

    角松生史

    2012年02月, 『世界の公私協働』(日本評論社、2012年2月)第4章, 43 - 56, 日本語

    [招待有り]

  • 宅地開発等指導要綱の歴史と現在 : 武蔵野マンション事件[最高裁1993.2.18判決] (特集 重要判例からみた行政法)

    角松 生史

    有斐閣, 2012年, 論究ジュリスト = Quarterly jurist, (3), 36 - 46, 日本語

  • 「互換的利害関係」概念の継受と変容

    角松 生史

    2011年12月, 水野武夫先生古稀記念論文集『行政と国民の権利』, 150-178頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • CONFERENCE: RESPONSIBILITY AND ACCOUNTABILITY IN JAPAN AFTER THE 1990S: A LEGAL PERSPECTIVE

    Narufumi Kadomatsu, Dimitri Vanoverbeke, Naoki Odanaka, Yosuke Yotoriyama

    2011年09月, Zeitschrift fuer Japanisches Recht, Heft 31, S.1-, 英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Accountability of Administration in Japan after the Mid-1990s

    角松 生史

    The concept of "accountability" (akauntabiritî) was introduced into Japanese public discussion in the middle of the 1990s and was translated as "duty to explain" (setsumei sekinin) in Japan. The concept was first introduced in the purpose clause of the Administrative Information Disclosure Act (1999) and was followed by three other laws (Incorporated Administrative Agencies, etc. Information Disclosure Act (2001), Government Policy Evaluations Act (2001), and Public Record Management Act (2009)). In this article, these laws and the Public Comment Procedure (1999 Cabinet Decision and 2005 amendment of Administrative Procedure Act) are referred to as "accountability related legal schemes (ARLS)" and their features are examined. The ARLS need to be put into the context of the governance movement toward "structural reform" that began in the mid-1990s. This article compares and analyzes how "accountability" or "duty to explain" is to be attained in each ARLS under the following perspectives: (a) how and what do the administrative organs have to "explain"?, (b) Who are the administrative organs accountable to? and (c) does accountability focus on the outcome or the process? The ARLS can be seen as a set of rules that are imposed upon an administrative organ as one of the actors participating in a democratic process. Such rules regulate how the administrative organ produces information and crystallizes and stores them in documents as a medium. They also regulate when the organ has to provide such information stocks to other actors. Each legal scheme should be examined from the perspectives of what kind of communication arena it will open up and how it would contribute to control administrative activities.

    Deutsch-Japanische Juristenvereinigung, 2011年09月, Zeitschrift für Japanisches Recht = Journal of Japanese law, 16 (31), [5] - 20, 英語

  • 角松 生史

    神戸法学会, 2010年09月, 神戸法學雜誌 / Kobe law journal, 60 (2), 475 - 482, 日本語

  • "The Rise and Fall of the 'Relationship of Reciprocal Interchangeability' Theory in Japan----Productivity of 'Misinterpretation?' "

    KADOMATSU Narufumi

    2010年03月, Kobe University Law Review, No.43,pp.1-15, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 都市空間管理をめぐる私益と公益の交錯の一側面--行訴法10条1項「自己の法律上の利益に関係のない違法」をめぐって (特集 日本における「都市法」論の生成と展望)

    角松 生史

    都市空間は, 「多数の人々の諸活動と居住と生活の『場』」であるにもかかわらず, その法的理解にあっては, 被規制者の財産権と「公益」的規制という二面的な関係が視野の中心に置かれている. これに対して都市計画を「当該地域の空間形成に関する権限と利害についての, 地権者相互, あるいは地権者と非地権者住民との間における, 調整・分配ルール」とみなす立場からは, 被規制地権者以外の当該空間に対するステークホルダーの利害をどのように法的に構成し, 実体法的・訴訟法的にどのような位置づけを与えるかが, 理論的課題となってくる. 本稿は, 上のような問題意識を念頭に置きつつ, 行政事件訴訟法10条1項の主張制限「自己の法律上の利益に関係のない違法」に関する解釈論を分析したものである. 同条については, 行政処分の名宛人と第三者とを区別し, 前者は公益に関わる要件も主張できるが, 後者は個別的利益を保護し原告適格の基礎となる根拠規定違反に限り主張できるとする立場が裁判例上有力である. 他方, 近時の学説は, 名宛人-第三者のかかる二元論を相対化し, 第三者に対しても, 「公益上の理由による受忍」という構成をとることが可能な場合があることを指摘する. 都市空間に関わるステークホルダーの立場を法的に構成していく上で, この発想は有益である.

    東京大学社会科学研究所, 2010年, 社會科學研究, 61 (3), 139 - 159, 日本語

  • GCOE連続講演会 決定・参加・協働--市民/住民参加の位置づけをめぐって

    角松 生史

    北海道大学グローバルCOEプログラム「多元分散型統御を目指す新世代法政策学」事務局, 2009年12月, 新世代法政策学研究, 4, 1 - 24, 日本語

  • Judicial Governance Through Resolution of Legal Disputes??A Japanese Perspective

    角松 生史

    2009年09月, National Taiwan University Law Review, Vol.4 Number 2,pp.141-162, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 行政事件訴訟法見直しにあたっての視点 (特集 行政事件訴訟法改正の第2ステージへ)

    角松 生史

    日本弁護士連合会, 2009年08月, 自由と正義, 60 (8), 36 - 43, 日本語

  • 手続過程の公開と参加

    角松 生史

    2008年12月, 磯部力/小早川光郎/芝池義一編『行政法の新構想II 行政作用・行政手続・行政情報法』,有斐閣, 289-312頁, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 公私協働の最前線(6)「協働的プランニング」の都市計画理論--紹介:Patsy Healey, "Collaborative Planning"

    角松 生史

    日本評論社, 2008年11月, 法律時報, 80 (12), 86 - 90, 日本語

  • Steuerung stadtraeumlicher Entwicklung und Bebauung unter buergerschaftlicher Mitwirkung durch Stadtplanungsrecht

    角松 生史

    2008年09月, R.Pitschas(Hrsg.), Dezentralisierung im Vergleich―Kommunale Selbstverwaltung in Deutschland und Sudostasien am Beginn des 21. Jahrhunderts, Duncker & Humblot,Berlin, S.339-351, ドイツ語

    研究論文(学術雑誌)

  • 都市計画の司法統制 : 審査対象と時間軸の問題を中心に

    角松 生史

    日本都市計画学会, 2008年04月25日, 都市計画, 57 (2), 5 - 10, 日本語

  • 角松 生史

    日本不動産学会, 2008年, 日本不動産学会誌, 22 (3), 71 - 77, 日本語

  • まちづくり・環境訴訟における空間の位置づけ (特集 行政救済法の展開と課題)

    角松 生史

    日本評論社, 2007年08月, 法律時報, 79 (9), 28 - 34, 日本語

  • 条例制定の法的課題と政策法務 (特集 自治体政策法務の展開)

    角松 生史

    有斐閣, 2007年07月15日, ジュリスト, 1338号29-40頁 (1338), 103 - 114, 日本語

  • Recent Development of Decentralization, Deregulation and Citizens' Participation in Japanese city Planning Law

    角松 生史

    2007年03月, Kobe University Law Review, Vol.40,pp.1-14, 英語

    研究論文(学術雑誌)

  • 角松 生史

    This paper examines the legal framework of land use regulation in Japan from the perspectives of the informational structure among the stakeholders in urban areas (land developers and neighborhood residents). After analyzing the ongoing process of rights allocation under the current land use laws, it points out the lack of predictability for neighborhood residents at the stage of “ex ante general regulation”. On this basis, the author argues for the necessity of regulatory impact analysis in urban development. The author also tries to justify negotiated city development on the premise of the Coase Theorem.

    日本不動産学会, 2006年04月, 日本不動産学会誌, 19 (4), 58 - 65, 日本語

  • 第23条(行政庁の訴訟参加)

    角松 生史

    2006年03月, 行政訴訟実務研究会編『自治体法務サポート行政訴訟の実務』, 711-719, 日本語

  • 第15条(被告を誤った訴えの救済)

    角松 生史

    2006年03月, 行政訴訟実務研究会編『自治体法務サポート行政訴訟の実務』, 541-545頁, 日本語

  • 第11条(被告適格等)

    角松 生史

    2006年03月, 行政訴訟実務研究会編『自治体法務サポート行政訴訟の実務』, 451-472頁, 日本語

  • 2 行政法との関係--行政訴訟制度をめぐって (特集 憲法「改正」動向をどう受け止めるか) -- (第3部 憲法「改正」と個別法律学習)

    角松 生史

    日本評論社, 2005年12月, 法学セミナー, 50 (12), 33 - 38, 日本語

  • 景観保護と司法判断-国立市マンション事件民事控訴審判決

    角松 生史

    2005年05月, 矢作/小泉編「成長主義を超えて-大都市はいま」, 257-277, 日本語

    研究論文(学術雑誌)

  • 行政事務事業の民営化

    角松 生史

    2004年09月, 行政法の争点(第3版), 33-35, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 『計画による公共性』再考-ドイツ建設法における『計画付随的収用』

    角松 生史

    2004年08月, 三辺夏雄/磯部力/小早川光郎/髙橋滋編『原田尚彦先生古稀記念 法治国家と行政訴訟』, 513-549, 日本語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 大学教育における「教育ディベート」手法活用の試み--「法教育」の観点から (特集テーマ 教育と評価)

    角松 生史, 曽野 裕夫

    九州大学, 2004年02月, 大学教育, (10), 15 - 39, 日本語

  • 4 国立マンション訴訟(東京地裁平成13.12.4判決) (特集1 いま、行政訴訟がクール!!--最近の重要判例から)

    角松 生史

    日本評論社, 2003年08月, 法学セミナ-, 48 (8), 20 - 23, 日本語

  • 地域空間における「景観利益」 : 国立市マンション事件東京地裁判決をめぐって(2002.12.18)(<特集>地方自治と司法判断)

    角松 生史

    三重県政策部企画室, 2003年07月, 地域政策 : あすの三重, (9), 28 - 33, 日本語

  • 行政法理論の方向性 : 第二報告へのコメント

    角松 生史

    第一法規株式会社, 2003年04月, 自治研究, 79 (4), 27 - 35, 日本語

  • 「公私協働」の位相と行政法理論への示唆--都市再生関連諸法をめぐって (世紀転換期の行政法理論)

    角松 生史

    日本公法学会, 2003年, 公法研究, (65), 200 - 215, 日本語

  • 角松 生史

    九州大学法政学会, 2002年10月30日, 法政研究, 69 (2), 464 - 441, 英語

  • 角松 生史

    都市住宅学会, 2002年07月31日, 都市住宅学, 2002 (38), 48 - 57, 日本語

  • 河川管理における「自然」と「人工」-水害訴訟の観点から

    角松 生史

    九州大学西部地区自然災害資料センター, 2001年09月, 九州大学西部地区自然災害資料センターニュース, (25), 3 - 7, 日本語

  • E フォルストホフ "Daseinsvorsorge" 論における『行政』と『指導』

    角松生史

    有斐閣, 2001年, 塩野宏先生古稀記念 行政法の発展と変革

  • 分権型社会の地域空間管理

    角松 生史

    ぎょうせい, 2000年09月, 『分権型社会を創る9分権改革と地域空間管理』(ぎょうせい、 2000年), 1 - 43, 日本語

  • 「現存在」への事前の配慮-E.フォルストホフ"Daseinsvorsorge"論の一側面-

    角松生史

    2000年09月, 碓井光明/小早川光郎/水野忠 恒/中里実編『金子宏先生古稀祝賀 公法学の法と政策(下)』(有斐閣), 265 - 287

  • 「空間の秩序づけ」--Raumordnung概念をめぐって

    角松生史

    1999年03月, 能富信留/溝口孝司編 『空間へのパースペクティヴ』(九州大学出版会、1999年), 215 - 243, 日本語

  • The New Administrative Information Disclosure Law in Japan

    角松 生史

    On May 14, 1999, the long-awaited Administrative Information Disclosure Law(1) (hereafter"AIDL") was enacted in Japan. The Appendix stipulates that the law is to come in effect within 2 years. This paper aims to briefly introduce its historical background and review its content.

    Deutsch-Japanische Juristenvereinigung, 1999年, Zeitschrift für Japanisches Recht = Journal of Japanese law, 4 (8), [34] - 52, 英語

  • 「らい予防法」の教訓と「感染症予防・医療法」の課題 (特別企画 ハンセン病患者の人権回復を)

    角松 生史

    日本評論社, 1998年08月, 法学セミナ-, 43 (8), 29 - 32, 日本語

  • 土地収用手続における「公益」の観念--1874年プロイセン土地収用法を素材として

    角松 生史

    東京大学社会科学研究所, 1996年11月, 社会科学研究, 48 (3), 147 - 203, 日本語

  • 「古典的収用」における「公共性」の法的構造(2)ー1874年プロイセン土地収用法における「所有権」と「公共の福祉」

    角松 生史

    東京大学社会科学研究所, 1996年02月, 社会科学研究, 47 (5), 97 - 159, 日本語

  • 「古典的収用」における「公共性」の法的構造(1)-1874年プロイセン土地収用法における「所有権」と「公共の福祉」

    角松 生史

    東京大学社会科学研究所, 1995年03月, 社会科学研究, 46 (6), 1 - 82, 日本語

  • 憲法上の所有権?--ドイツ連邦憲法裁判所の所有権観・砂利採取決定以後

    角松 生史

    東京大学社会科学研究所, 1994年03月, 社会科学研究, 45 (6), p1 - 64, 日本語

  • 「民間化」の法律学--西ドイツPrivatisierung論を素材として

    角松 生史

    國家學會事務所, 1989年11月, 國家學會雑誌, 102 (11), p719 - 777, 日本語

  • Narufumi Kadomatsu

    Springer Science and Business Media LLC, 2022年04月11日, China-EU Law Journal, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 都市計画争訟の特質と課題

    角松生史

    2022年05月, 岡田正則/榊原秀訓/白藤博行/人見剛/本多滝夫/山下竜一/山田洋編『現代行政法講座III 行政法の仕組みと権利救済』(日本評論社), 79 - 119, 日本語

    [招待有り]

    論文集(書籍)内論文

  • Denial of "Interpretative Discretion" in Japanese Law--Is it Really Different from Chevron Deference?

    角松生史

    2022年05月, Zeitschrift für Japanisches Recht (Journal of Japanese Law), (53), 45 - 69, 英語, 国際誌

    研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 角松生史, 島村健, 竹内憲司

    Springer Singapore, 2021年12月, Econo-Legal Studies, 209 - 238, 英語

  • 角松生史, 尾下悠希, 饗庭未希子

    2021年12月, 神戸法学雑誌, 71 (3), 175 - 206

  • 翻訳:キンバリー・ユラッコ/ローネン・アブラハム「黒人の生命の金銭的評価:不法行為損害賠償算定における人種に基づく統計表の使用に対する憲法上の異議」

    角松生史, 尾下悠希, 饗庭未希子

    2021年12月, 神戸法学雑誌, 71 (3), 99 - 174, 日本語

    その他

  • 角松 生史, 尾下 悠希, 曽野 裕夫, 八田 卓也

    2021年11月, ディベートと議論教育 ディベート教育国際研究会論集, 3, 2 - 34, 日本語, 国際共著していない

  • 角松生史, 饗庭未希子, 尾下悠希

    原著:http://hdl.handle.net/1811/81537

    2021年09月, 神戸法学雑誌, 71 (2), 193 - 299, 日本語, 国内誌

    その他

  • 審理の対象―理由の差替え(最判1981年7月14日民集35巻5号 901頁)

    角松生史

    2021年06月, 別冊ジュリスト253号租税判例百選(第7版), 232 - 233, 日本語

    [招待有り]

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

  • 「管理型」都市計画法制について

    角松生史

    2021年02月, 『縮退の時代の「管理型」都市計画』(第一法規、2021年)(第3章第1節), 44 - 54, 日本語

    [招待有り]

    書評論文,書評,文献紹介等

  • 角松生史

    http://publication.iias.sinica.edu.tw/80207181.pdf(https://researchmap.jp/narufumi.kadomatsu/published_papers/23521428) のポルトガル語訳(監訳者:Prof. Ricardo Perlingeiro)

    2020年09月, Revista Juris Poiesis,, 23 (32), 1 - 32, ポルトガル語

    その他

  • 角松生史

    公益財団法人 世界人権研究センター, 2020年04月, GLOBE((公 財)世界人権問題研究センター), (101), 8 - 9, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 法学研究科・法学部の課題

    角松生史

    2019年10月, 凌霜, (423), 40 - 42

    [招待有り]

    その他

  • アメリカの市町村における空き家対策 (国際シンポジウム 空き家問題への法的対応 : 日本・アメリカ・フランス・ドイツ)

    ケリー Jr. ジェームス・J, 角松 生史

    信山社, 2018年06月, 行政法研究 = Review of administrative law = Revue de droit administratif = Zeitschrift fur Verwaltungsrecht, (24), 67 - 90, 日本語

    書評論文,書評,文献紹介等

  • ドイツ法における空き家問題管理の中心的手段としての都市建設上の発展構想 (国際シンポジウム 空き家問題への法的対応 : 日本・アメリカ・フランス・ドイツ)

    ピルニオク アルネ, 角松 生史, 野田 崇

    信山社, 2018年06月, 行政法研究 = Review of administrative law = Revue de droit administratif = Zeitschrift fur Verwaltungsrecht, (24), 105 - 119, 日本語

    書評論文,書評,文献紹介等

  • SYMPOSIUM / CONFERENCE: Discussing ‘Inclusion’ in Shrinking Societies:The Case of Japan

    Dimitri Vanoverbeke, 角松 生史

    2017年3月 KUルーヴェンで開催した国際シンポジウムの記録(Vanoverbeke教授と共同編集)

    Deutsch-Japanische Juristenvereinigung, 2018年05月, Zeitschrift fuerJapanisches Recht, (45), 1 - 44, 英語

  • 翻訳 カトリーナ・ワイマン「正当な補償の基準」

    ワイマン カトリーナ, 矯 姝, 楊 雅舒, 角松 生史

    信山社, 2018年04月, 行政法研究 = Review of administrative law = Revue de droit administratif = Zeitschrift fur Verwaltungsrecht, (23), 77 - 125, 日本語

    書評論文,書評,文献紹介等

  • 判例評釈:病院開設中止勧告(最判2005年7月15日民集59巻6号1661頁)

    角松 生史

    2017年11月, 別冊ジュリスト 行政判例百選II(第7版), (236), 332 - 333, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 角松 生史

    神戸大学大学院人文学研究科 倫理創成プロジェクト, 2017年03月, 21世紀倫理創成研究, (10), 36 - 41, 日本語

    会議報告等

  • 公法系サマースクール2015① 行政訴訟における主張構成の方法

    角松 生史, 中川丈久, 水野泰孝, 越智敏裕

    有斐閣, 2017年02月, 法学教室, (437), 148 - 157, 日本語

    [招待有り]

    会議報告等

  • 審理の対象―理由の差替え(最判1981年7月14日民集35巻5号 901頁)

    角松 生史

    有斐閣, 2016年06月, 租税判例百選(第6版), 226 - 227, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 空き家問題 (特集 トピックからはじめる法学入門)

    角松 生史

    有斐閣, 2016年04月, 法学教室, (427), 14 - 18, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 書評 岡田与好著『競争と結合 : 資本主義的自由経済をめぐって』

    角松 生史

    政治経済学・経済史学会, 2016年04月, 歴史と経済 : the journal of political economy and economic history, 58 (3), 58 - 60, 日本語

    書評論文,書評,文献紹介等

  • ドイツにおける空き家問題の諸相

    角松 生史

    土地総合研究所, 2016年, 土地総研メールマガジン, (37), 日本語

    [招待有り]

    書評論文,書評,文献紹介等

  • 都市空间的法律结构与司法权的作用( 朱芒,崔香梅 訳)  84-96頁

    角松 生史

    上海交通大学, 2016年, 交大法学, (2016年第3期), 84 - 96, 中国語

    [招待有り]

  • "일본행정사건소송법 2004년 개정과 그 영향”(兪珍式訳)

    角松 生史

    韓國行政判例研究會, 2016年, 行政判例研究, (XXI-), 287 - 313

    [招待有り]

  • ポイケルト アレキサンダー, 島並 良, 角松 生史

    神戸法学会, 2015年03月, 神戸法学雑誌, 64 (3), 189 - 226, 日本語

    講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)

  • 〈BOOK REVIEW〉日本弁護士連合会行政訴訟センター編『実例解説行政関係事件訴訟 : 最新重要行政関係事件実務研究3』 青林書院

    角松 生史

    日本弁護士連合会, 2014年12月, 自由と正義, 65 (12), 93 - 93, 日本語

  • <学界展望> 行政法

    角松 生史

    日本公法学会, 2014年10月, 公法研究, (76), 275 - 286, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 「競技」と「教育」の間で : 演習におけるディベート導入の試み

    角松 生史

    神戸大学凌霜会, 2014年05月, 凌霜, (401), 25 - 27, 日本語

  • 第8章 環境を守るためのルールとは

    角松 生史, 竹内 憲司, 島村 健

    有斐閣, 2014年03月, エコノリーガル・スタディーズのすすめ, 241 - 275, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 書評 板垣勝彦著『保障行政の法理論』

    角松 生史

    一般財団法人行政管理研究センター, 2014年03月, 季刊行政管理研究, (145), 52 - 57, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • <学界展望> 行政法

    角松 生史

    日本公法学会, 2013年10月, 公法研究, (75), 309 - 322, 日本語

    書評論文,書評,文献紹介等

  • 判例評釈:地域居住者の『景観利益』―国立市マンション事件民事最高裁判決(最判2006年3月30日)

    角松 生史

    2013年05月, 別冊ジュリスト地方自治判例百選(第4版), (215), 74 - 75, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • パネルディスカッション「防災と財産権のコントロール」

    榊 素寛, 角松 生史, 村松 幹二, コーディネーター, 永松 伸吾, 瀬下 博之

    2013年04月, 法と経済学研究, 8 (1), 36 - 55, 日本語

    その他

  • 安藤 至大, 角松 生史, 堤 盛人, 野口 和雄, 福井 秀夫, 富田 裕

    公益社団法人 日本不動産学会, 2013年, 日本不動産学会誌, 27 (3), 6 - 25, 日本語

  • 判例評釈:病院開設中止勧告(最判2005年7月15日民集59巻6号 1661頁)

    角松生史

    2012年10月, 別冊ジュリスト行政判例百選II(第6版), 346 - 347, 日本語

    [招待有り]

  • 自省的法学 : 法学的教育方法学の必要性について

    ディートリッヒ ヤン-ヘンデリク, 角松 生史

    神戸大学, 2012年03月, 神戸法学雑誌, 61 (3), 1 - 18, 日本語

  • 鞆の浦世界遺産訴訟-景観保全と公有水面埋立免許

    角松 生史

    2011年09月, 環境法判例百選(第2版)(2011.9)178-179頁, 178-179頁, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 翻訳:エバーハルト・シュミット=アスマン「法規命令--法律及び行政規則との関係において」

    Schmidt-Assmann Eberhard, 内野 美穂, 角松 生史

    神戸大学, 2011年03月, 神戸法学雑誌, 60 (3), 482 - 456, 日本語

  • 鞆の浦世界遺産訴訟

    角松 生史

    2011年03月, 法学教室, 2011年3月号別冊付録判例セレクト2010(II), 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 行政のアカウンタビリティの展開

    角松 生史

    2011年02月, 地方自治職員研修, 44巻2号72-73頁, 日本語

    その他

  • 角松 生史, 倉阪 秀史, 山本 顕治

    神戸法学会, 2010年09月, 神戸法学雑誌, 60 (2), 404 - 353, 日本語

  • 翻訳: ハンス・クリスティアン・レール「細分化・グローバル化する国家における法律と立法者 (特集 シンポジウム 相対化・グローバル化時代における国家の法律と立法者の位置づけ)」

    Rohl Hans Christian, 人見 剛, 角松 生史

    北海道大学グローバルCOEプログラム「多元分散型統御を目指す新世代法政策学」事務局, 2010年07月, 新世代法政策学研究, 7, 83 - 107, 日本語

    その他

  • 持続可能なまちづくり・環境行政のための市民・住民参加の制度設計に関する学際的研究 : 社会構成主義的視点の導入

    角松 生史

    旭硝子財団, 2010年, 旭硝子財団助成研究成果報告, 1 - 12, 日本語

  • 都市法研究の軌跡と展望--共同研究会の討議記録 (特集 日本における「都市法」論の生成と展望)

    原田 純孝, 高橋 寿一, 高村 学人, 山田 良治, 角松 生史, 見上 崇洋, 寺尾 仁

    東京大学社会科学研究所, 2010年, 社會科學研究, 61 (3), 207 - 237, 日本語

  • 公法系科目[第2問]の解説」

    角松 生史

    2009年08月, 別冊法学セミナー200号, 42-50頁, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 自治基本条例に問われているもの (自治体政策のアデカシー : 自治体政府の権限の源泉を見つめ直す)

    角松 生史

    公職研, 2008年10月, 月刊地方自治職員研修, 41 (10), 11 - 12, 日本語

    その他

  • B&Aレビュー 芝池義一・見上崇洋・曽和俊文編著『まちづくり・環境行政の法的課題』

    角松 生史

    日本評論社, 2008年09月, 法律時報, 80 (10), 132 - 137, 日本語

    その他

  • 角松生史

    2008年08月, CDAMS(「市場化社会の法動態学」研究センター) ディスカッションペイパー08/ 4J(2008.8)

  • 騒音問題と都市計画事業の適法性-小田急上告審本案判決(最判 2006年11月2日民集60巻9号3249頁)

    角松 生史

    2008年04月, ジュリスト, 1354号38-39頁, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 翻訳:カール・ハインツ・ラデーア『リスク・社会国家』

    角松 生史

    2007年10月, 民商法雑誌, 136巻3号305-347頁, 日本語

    その他

  • 『開かれた』法的コミュニケーションのために : 佐伯胖著『「わかる」ということの意味〔新版〕』

    角松 生史

    民事法研究会, 2007年10月, ロースクール研究, No.7,184-186頁 (7), 184 - 186, 日本語

    その他

  • 判例評釈:病院開設中止勧告(最判2005年7月15日民集59巻6号 1661頁)

    角松生史

    2006年06月, 別冊ジュリスト行政判例百選II(第5版), 344 - 345, 日本語

    [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Coester Michael, 河内 宏, 角松 生史

    九州大学法政学会, 2006年03月, 法政研究, 72 (4), 1109 - 1121, 日本語

  • Coester-Waltjen Dagmar, 釜谷 真史, 角松 生史

    九州大学法政学会, 2006年03月, 法政研究, 72 (4), 1123 - 1139, 日本語

  • 翻訳(釜谷真史と共訳):ダグマー・ケスター=ヴァルチェン「平等取扱と契約自由」

    角松 生史

    2006年03月, 法政研究, 72巻4号229-245頁, 日本語

    その他

  • 翻訳(河内宏と共訳):ミヒャエル・ケスター「ドイツ法と欧州共同体法の緊張関係の中における契約法」

    角松 生史

    2006年03月, 法政研究, 72巻4号215-227頁, 日本語

    その他

  • 第1部 景観権訴訟の現状と展望 (シンポジウム報告 公開シンポジウム「景観保全の現状と課題--住宅地・商業地の景観をいかに保全するのか」)

    淡路 剛久, 井上 赫郎, 角松 生史

    都市住宅学会, 2006年, 都市住宅学, (52), 75 - 79, 日本語

  • 角松 生史

    九州大学法政学会, 2005年11月, 法政研究, 72 (2), 379 - 396, 日本語

    その他

  • 審理の対象-理由の差替え(最判1981年7月14日民集35巻5号901頁)

    角松 生史

    2005年10月, 租税判例百選(第4版), 236-237, 日本語

    [査読有り]

    その他

  • 時の判例 総合設計許可取消訴訟の原告適格--最判平成14.3.28

    角松 生史

    有斐閣, 2002年12月, 月刊法学教室, (267), 130 - 131, 日本語

  • 法学研究院におけるFDの取り組みについて

    角松 生史

    九州大学, 2002年03月, 大学教育 = Kyushu journal of higher education, (8), 13 - 15, 日本語

  • 演習 行政法

    中川 丈久, 角松 生史

    有斐閣, 2002年03月, 月刊法学教室, (258), 132 - 131, 日本語

  • 演習 行政法

    角松 生史

    有斐閣, 2002年02月, 月刊法学教室, (257), 147 - 147, 日本語

  • 演習 行政法

    中川 丈久, 角松 生史

    有斐閣, 2001年11月, 月刊法学教室, (254), 123 - 122, 日本語

  • 演習 行政法

    中川 丈久, 角松 生史

    有斐閣, 2001年10月, 月刊法学教室, (253), 135 - 134, 日本語

  • 演習 行政法

    中川 丈久, 角松 生史

    有斐閣, 2001年09月, 月刊法学教室, (252), 161 - 160, 日本語

  • 演習 行政法

    中川 丈久, 角松 生史

    有斐閣, 2001年08月, 月刊法学教室, (251), 137 - 136, 日本語

  • 演習 行政法

    中川 丈久, 角松 生史

    有斐閣, 2001年07月, 月刊法学教室, (250), 127 - 126, 日本語

  • 行政法

    中川 丈久, 角松 生史

    有斐閣, 2001年06月, 月刊法学教室, (249), 124 - 123, 日本語

  • 演習 行政法

    中川 丈久, 角松 生史

    有斐閣, 2001年05月, 月刊法学教室, (248), 99 - 98, 日本語

  • 行政法 (演習 新執筆陣でスタート!)

    中川 丈久, 角松 生史

    有斐閣, 2001年04月, 月刊法学教室, (247), 111 - 110, 日本語

  • Jarass Hans D., 角松 生史

    九州大学法政学会, 2000年08月, 法政研究, 67 (1), 169 - 186, 日本語

  • 角松 生史

    九州法学会, 1998年, 九州法学会会報, 1997 (0), 1 - 2, 日本語

  • 議事妨害(フィリバスター)と 民主主義--『スミス都へ行く』

    角松生史

    1997年12月, 法学教室, (208), 日本語

    [招待有り]

  • ある「公益」論の落とし穴

    角松 生史

    区画整理対策全国連絡会議, 1997年05月15日, 区画・再開発通信, (329), 1 - 2, 日本語

  • 時の判例 公園使用不許可処分の違法性--那覇地判平成8.3.28

    角松 生史

    有斐閣, 1996年09月, 月刊法学教室, (192), 102 - 103, 日本語

  • 本棚『行政手続法』兼子仁著(岩波新書 一九九四年)

    角松 生史

    書評

    東京自治問題研究所, 1994年06月, 東京 : the monthly magazine Tokio, (138), 22 - 23, 日本語

  • 行政判例研究(362・637) 農地法五条に基づく許可処分の取消しを求める訴訟が、訴えの利益を欠くとされた事例

    角松 生史

    平成3.9.27 広島高裁判決

    第一法規, 1993年07月10日, 自治研究, 69 (7), 119 - 134, 日本語

  • Geheimnisschutz,Informations freiheit und Medien im japanischen Recht/Jurg Gassmann(1990)(Schriftenreihe Japanisches Recht Bd.24)

    角松 生史

    國家學會事務所, 1993年04月, 國家學會雑誌, 106 (3), p339 - 342, 日本語

  • 本棚『ゴジラとヤマトとぼくらの民主主義』佐藤健志著(文藝春秋 一九九二年)

    角松 生史

    書評

    東京自治問題研究所, 1993年02月, 東京 : the monthly magazine Tokio, 11 (122), 14 - 15, 日本語

  • Die Einheit der Verwaltung als Rechtsproblem/Brun-Otto Bryde und Gorg Haverkate(1988)

    角松 生史

    國家學會事務所, 1989年05月, 國家學會雑誌, 102 (5), p402 - 405, 日本語

書籍等出版物

  • 縮小社会における法的空間ーケアと包摂

    角松生史, 山本顯治, 小田中直樹, 窪田亜矢編

    共編者(共編著者), 序章、第1章, 日本評論社, 2022年02月, ISBN: 9784535526167

  • Land Law and Disputes in Asia : in Search of an Alternative for Development

    金子由芳, 角松生史, Tamanaha, Brian Z

    共編者(共編著者), Routledge, 2021年09月, 英語, ISBN: 9780367772789

  • Legal Responses to Vacant Houses: An International Comparison

    Narufumi Kadomatsu, James J. Kelly Jr, Romain Melot, Arne Pilniok

    編者(編著者), Introduction, Chap.1, Chap.5, Springer Singapore, 2020年08月

  • 都市空間のガバナンスと法

    角松 生史

    共編者(共編著者), 信山社, 2016年10月, 日本語, 拡大型都市法から持続型都市法へ、さらには縮退型都市法への変化を見据え、市民の活性化にも注目し、比較法も取り入れた形で都市法の今後のあり方を探ろうとする学際的共同研究, ISBN: 9784797254655

    学術書

  • 現代国家と市民社会の構造転換と法-学際的アプローチ

    角松 生史

    共編者(共編著者), 日本評論社, 2016年01月, 日本語, 「構造改革型」統治システムと「市民社会」システムの分析と転換の方向を公法学と私法学、他の社会科学・人文科学分野から多角的に探究した学際的研究書, ISBN: 9784535521391

    学術書

  • 恐怖の法則 : 予防原則を超えて

    キャス・サンスティーン 著, 角松 生史, 内野 美穂

    共訳, 勁草書房, 2015年03月, 日本語

    学術書

  • 現代行政訴訟の到達点と展望-宮﨑良夫先生古稀記念論文集

    角松 生史, 礒野 弥生, 甲斐 素直, 古城 誠, 徳本 広孝, 人見 剛

    共編者(共編著者), 日本評論社, 2014年02月, 日本語

    学術書

講演・口頭発表等

  • Takings for private use/private interest and livelihood compensation in Japan

    Narufumi Kadomatsu

    Book Launching Seminar “Land Law and Disputes in Asia: In Search of an Alternative for Development”, 2021年10月22日, 神戸大学社会システムイノベーションセンター, 神戸大学, 国際会議

    その他

  • Denial of “interpretative discretion” in Japanese law-is it really different from Chevron deference?

    Narufumi Kadomatsu

    13th ADMINISTRATIVE LAW DISCUSSION FORUM, 2021年06月28日, 英語, online (hosted by the University of Luxembourg’s Department of Law), 国際会議

    口頭発表(一般)

  • ヘイトスピーチ対策と人権―大阪市「ヘイトスピーチへの対処に関する条例」を中心に

    臨済宗妙心寺派山陰西教区巡回住職寺族研修会, 2020年11月14日, 松江ニューアーバンホテル, 国内会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Comments on:(1)Yang Shen, “Towards a Geography of Trust” and (2)Fangsheng Zhu, “Choosing Schools in Metropolitan Areas”

    Narufumi Kadomatsu

    AAS-in-Asia 2020, 2020年09月01日, 英語, online, 国際会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 法律事例ディベートの実践—最高裁判例を素材に

    尾下悠希, 角松生史

    第6回 議論学国際学術会議, 2020年08月10日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 法的判断における 「良い議論」とはどのようなものか-議論学との協働に向けて

    角松生史

    第6回 議論学国際学術会議, 2020年08月10日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 法律事例ディベートの実験-最高裁判例を素材に

    角松生史, 尾下悠希

    第6回ディベート教育国際研究会大会, 2020年03月15日, 日本語

    口頭発表(一般)

  • The formation of regional space by agreements

    KU Leuven – Kobe University Academic Symposium: Regulation and governance in an interdisciplinary perspective, 2020年03月06日, 英語

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • ヘイトスピーチ対策の法律問題

    京都府人権問題特別研修第9回, 2020年02月21日, 日本語

    [招待有り]

  • “Takings for private Use” and “Compensation for Living Rights" in Japan

    ALSA 2019 4th Annual Conference in Japan, 2019年12月13日, 英語

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • The Precautionary Principle as a Decision-Making Strategy

    Seminar: Shanghai Jiaotong University, 2019年10月29日, 英語

    [招待有り]

  • “Takings for private Use” and “Compensation for Living Rights" in Japan

    Special Lecture: Shanghai University of Finance and Economics, 2019年10月28日, 英語

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • “Takings for private Use” in Japan

    BANGI SALAD, 2019年09月20日, 英語

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • The Tragedies of Commons and Anticommons in an Era of Underuse

    Jagiellonian University and Kobe University Workshop: Legal Methodology-International and Comparative Perspective, 2019年05月21日, 英語

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 日本土地収用法における『私益収用』と生活再建補償

    角松 生史

    東アジア土地収用制度に関する国際ワークショップ, 2019年03月, 日本語, 神戸大学六甲台第一キャンパス, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 空間を媒介とした関係の法的保護―互換的利害関係及び生活再建補償を例として

    角松 生史

    2018年度SC研究会ワークショップ, 2019年03月, 日本語, 上智大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • The Commons and Anticommons in an Era of Underuse

    角松 生史

    Bangi Salad 2018, 2018年09月, 英語, マレーシア国民大学, マレーシア国民大学(Bangi, Malaysia), 国際会議

    口頭発表(一般)

  • コメント:シンポジウム「環境法における参加」

    角松 生史

    第22回環境法政策学会, 2018年06月, 日本語, 大阪経済大学, 国内会議

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • The Commons and Anticommons in an Era of Underuse

    KADOMATSU Narufumi

    A Cooperative Establishment in a Downscaling Society, 2018年03月, 英語, 全北大学校, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Missing Landowners” problem in Japan in the era of “ underuse

    KADOMATSU Narufumi

    Bangi Salad 2017, 2017年11月, 英語, マレーシア国民大学, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • (行政)訴訟における専門知の利用(【ワークショップ】メタ科学技術研究プロジェクト記録 : 2016 年11 月25 日)

    角松 生史

    21世紀倫理創成研究, 2017年03月, 日本語, 神戸大学大学院人文学研究科 倫理創成プロジェクト

  • Inclusion and Seclusion in the Privatization of Commons Management

    角松 生史

    Law and the Challenge of Shrinking Society in Japan, 2017年03月, 英語, KU Leuven, Leuven, Belgium, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Emergence of unoccupied house problem in Japan and legal measures towards this issue

    角松 生史

    中日法律研究交流与対話, 2017年03月, 英語, 上海交通大学, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 日本における空き家問題の登場と法的対応

    角松 生史

    国際シンポジウム:空き家問題への法的対応, 2017年02月, 日本語, 神戸大学, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 行政過程と民主主義

    角松 生史

    日本公法学会総会, 2016年09月, 日本語, 慶応義塾大学、東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 日本行政事件訴訟法2004年改正とその影響

    角松 生史

    韓國行政判例研究會, 2016年06月, 日本語, 済州大学、済州島、韓国, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Legal Management of Urban Space in Japan and the Role of the Judiciary

    角松 生史

    2016 Comparative Administrative Law Conference, 2016年04月, 英語, Yale University, New Haven, USA, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Special Zone Legislations in Japan

    角松 生史

    Legal Issues and Political Solution for Establishment of Local Autonomy and Regulatory Reform, 2016年02月, 英語, Conference Room(Civic Hall, 2F), City hall of Ulsan Metropolitan City,Korea, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Prospects of Interdisciplinary Research of Economics and Law A View from Law - Landscape as Commons

    角松 生史

    The 6th Kobe University Brussels European Centre Symposium, 2015年10月, 英語, 神戸大学, Thon Hotel EU,Brussels,Belgium, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • A Productive Diversion or Misinterpretation?- The Rise and Fall of “Relationship of Reciprocal Interchangeability” Concept and on the Possibility of Reception of Legal Interpretation

    角松 生史

    Administrative Law Discussion Forum, 2015年07月, 英語, Luxembourg University Faculty of Law, Luxembourg, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 話題提供-監訳者の立場から

    角松 生史

    第44回 エコノ・リーガル・スタディーズ(ELS)ワークショップ, 2015年03月, 日本語, 神戸大学, 国内会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • 都市空間の法的構成と司法権の役割

    角松 生史

    Econo-Legal Studies Workshop, 2015年03月, 日本語, 上海交通大学凱原法学院、上海, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Legal Management of Landscape as Commons in Japan

    角松 生史

    Legal and Administrative Management of Civil Society in Korea and Japan, 2015年01月, 英語, 全北大学校,全州, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • “Legal Governance of Urban Space and the Role of Judiciary”

    角松 生史

    Kobe University Global-Link Forum in Kuala Lumpur, 2014年12月, 英語, Kuala Lumpur Convention Centre, 国際会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • “Taking “Regulatory Court” Seriously - A Case of Land Use Law in Japan”

    角松 生史

    2014 Administrative Law Discussion Forum, 2014年06月, 英語, 台湾中央研究院, 台北, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • パネルディスカッション「防災と財産権のコントロール」

    榊 素寛, 角松 生史, 村松 幹二, コーディネーター, 永松 伸吾, 瀬下 博之

    法と経済学研究, 2013年04月, 日本語

  • 主催

    角松 生史

    リスクと市民社会, 2013年01月, 日本語, 角松 生史, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 報告

    角松 生史

    ASIAN DISASTER LAW WORKSHOP 2012, 2012年12月, 日本語, 神戸大学国際協力研究科, 国際会議

    口頭発表(招待・特別)

  • 防災と財産権のコントロール(パネリスト)

    角松 生史

    法と経済学会シンポジウム, 2012年07月, 日本語, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • Legal Frameworks for Disaster Management in Japan

    角松 生史

    日本学術振興会日独シンポジウム“Natural disasters: impact and management”, 2012年05月, 英語, 日本学術振興会, 国際会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • Changing Role of City Planning Law in Japan

    角松 生史

    Law of Urban Development in Asian Countries, 2011年11月, 英語, 仁川, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 縮小都市と法

    角松 生史

    持続的発展と都市法, 2011年09月, 日本語, 北海道大学, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Right of Access to the Administractive Litigation in Japan

    角松 生史

    Symposium on the Occasion of 10th Anniversary of the Administrative Court 2011.3.9, 2011年03月, 英語, 国際会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • (企画)エコノ・リーガル・スタディーズの可能性

    角松 生史

    エコノ・リーガル・スタディーズの可能性, 2011年02月, 日本語, 神戸大学, 国際会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • (企画)CONFERENCE:RESPONSIBILITY AND ACCOUNTABILITY IN JAPAN

    角松 生史

    CONFERENCE:RESPONSIBILITY AND ACCOUNTABILITY IN JAPAN AFTER THE1990S:A LEGAL PERSPECTIVE ,Zeitschrift, 2010年09月, 英語, 角松 生史, Dimitri Vanoverbeke, ルーヴァン・カトリック大学, 国際会議

    その他

  • 主催

    角松 生史

    シンポジウム「市民参加の社会的構成」, 2010年02月, 日本語, 角松 生史, 神戸大学, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • GCOE連続講演会 決定・参加・協働--市民/住民参加の位置づけをめぐって

    角松 生史

    新世代法政策学研究, 2009年12月, 日本語, 北海道大学グローバルCOEプログラム「多元分散型統御を目指す新世代法政策学」事務局

  • “Reception and fading out of‘Relationship of reciprocal interchangeability(RRI)’theory in Japan”セッション報告

    角松 生史

    2009 Annual Meeting of the Law and Society Association, 2009年05月, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • Judicial Governance Through Resolution of Legal Disputes??-A Japanese Perspective

    角松 生史

    Judicial Governance in East Asia-Perspectives from Japan, South Korea and Taiwan, 2008年06月, 英語, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 景観利益と法の経済分析

    角松 生史

    「市場の法秩序」研究会, 2006年03月, 日本語, 神戸大学「市場化社会の法動態学」研究センター, 神戸大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 景観保全の法的位置づけ

    角松 生史

    都市法研究会, 2006年03月, 日本語, 東京大学社会科学研究所, 東京大学社会科学研究所, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 景観保全の法的位置づけ

    角松 生史

    「市場環境・生活環境の秩序形成における公私の協働--《公共圏》の実定法学的構造」(代表・吉田克己)研究会, 2006年03月, 日本語, 北海道大学大学院法学研究科, 北海道大学, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 第1部 景観権訴訟の現状と展望 (シンポジウム報告 公開シンポジウム「景観保全の現状と課題--住宅地・商業地の景観をいかに保全するのか」)

    淡路 剛久, 井上 赫郎, 角松 生史

    都市住宅学, 2006年, 日本語, 都市住宅学会

  • 都市景観の保全と形成-都市政策新展開の方向

    角松 生史

    日本土地法学会関西支部総会・学術研究大会, 2005年12月, 日本語, 日本土地法学会関西支部, 大阪市立大学文化交流センター, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 景観権訴訟の現状と展望

    角松 生史

    シンポジウム「景観保全の現状と課題」, 2005年10月, 日本語, 都市住宅学会, 住宅金融公庫 すまい・るホール, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • Steuerung stadtraeumlicher Entwicklung und Bebauung unter buergerschaftlicher Mitwirkung durch Stadtplanungsrecht

    角松 生史

    Dezentralisierung und kommunale Selbstverwaltung in Deutschland und Suedostasien am Beginn des 21. Jahrhunderts, 2005年09月, ドイツ語, ドイツ・シュバイヤー行政大学院, ドイツ・シュバイヤー行政大学院, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 食品衛生法違反通知の処分性

    角松 生史

    九州行政判例研究会, 2005年06月, 日本語, 九州行政判例研究会, 福岡法務局, 国内会議

    その他

  • ナチス政権下における「合法的革命」論について-「八月革命説」との関連で

    角松 生史

    九州公法判例研究会, 2004年11月, 日本語, 九州公法判例研究会, 九州大学法学部, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Japan's Constitution and its effect on Foreign Policy

    角松 生史

    市民講座:Die neue Unuebersichtlichkeit:Zur Multiporalitaet der internationalen Ordnung, 2004年06月, 英語, Akademie f�r Politische Bildung Tutzing, Akademie für Politische Bildung Tutzing, 国際会議

    その他

  • 『計画による公共性』・再考

    角松 生史

    九州法学会会報, 1998年, 日本語, 九州法学会

  • 判例研究2: ハンセン病家族訴訟(熊本地判2019・6・28)

    角松生史

    第6回日本障害法学会研究大会(オンライン), 日本語

    [招待有り]

    シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

  • 日本におけるCOVID-19に対する法的対応-任意と強制の間で

    角松生史

    神戸大学創立120周年記念 社会システムイノベーションセンター主催シンポジウム 「ポスト・コロナ時代の社会システムイノベーション」, 2022年03月05日, 日本語

    [招待有り]

所属学協会

  • 法と経済学会

    2018年07月 - 現在
  • 日本不動産学会

    2007年05月 - 現在
  • International Academy of Comparative Law

  • 日本公法学会

共同研究・競争的資金等の研究課題