研究者紹介システム

藤岡 一路
フジオカ カズミチ
医学部附属病院 総合周産期母子医療センター
講師
医学
Last Updated :2020/09/03

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    医学部附属病院 総合周産期母子医療センター
  • 【配置】

    大学院医学研究科 医科学専攻, 医学部附属病院 小児科

学位

  • 博士(医学), 神戸大学

ジャンル

  • 医療・健康 / 臨床医学

コメントテーマ

  • 小児科
  • 新生児学

研究活動

プロフィール情報

  • プロフィール

    神戸大学医学部附属病院総合周産期母子医療センター小児科で、診療・研究・教育に従事しています。

研究キーワード

  • 子宮内胎児発育遅延
  • 胎盤
  • 新生児
  • 早産
  • 遺伝子多型
  • 胎児
  • 一絨毛膜性双胎
  • Regulation and function of heme oxygenase-1 (HO-1)
  • neonatal sepsis
  • mouse model
  • preterm sepsis mouse model
  • translational research
  • 早産児マウス敗血症モデル
  • 黄疸
  • neonatal jaundice

研究分野

  • ライフサイエンス / 胎児医学、小児成育学

委員歴

  • 2019年10月 - 現在, 日本周産期・新生児医学会, 女性医師活躍推進委員会幹事
  • 2019年07月 - 現在, 日本Shock学会, 評議員

受賞

  • 2019年 International Pediatric Research Foundation (IPRF), Travel Award grant for Early Career Investigators

    FUJIOKA Kazumichi

  • 2019年 神戸大学医学部附属病院, Best Teacher Award

    FUJIOKA Kazumichi

  • 2018年 20th Congress of the Federation of Asia and Oceania Perinatal Societies in Manila., Travel Grants

  • 2018年 The 2nd Taiwan-Korea-Japan Joint congress of neonatology, Travel Award

  • 2017年 Western Society For Clinical Investigation, WSCI Travel Award, HEME OXYGENASE-1 DEFICIENCY INCREASES THE SEVERITY OF SEPSIS IN A PRETERM MOUSE MODEL

    国際学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2016年 第4回神緑会 Young Investigator Award 発表会, 優秀賞, THE ROLE OF HEME OXYGENASE-1 IN NEONATAL SEPSIS USING A PRETERM MOUSE MODEL

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2016年 日本 Shock 学会, 会長賞, 早産児マウス敗血症モデルにおけるヘムオキシゲナーゼ-1の保護効果

    FUJIOKA KAZUMICHI

    国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2016年 The Asian Society for Pediatric Research 2016, Travel Grants Award, THE ROLE OF HEME OXYGENASE-1 IN NEONATAL SEPSIS USING A PRETERM MOUSE MODEL

    FUJIOKA KAZUMICHI

    タイ王国

    国際学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2015年 WESTERN SOCIETY FOR PEDIATRIC RESEARCH, WSPR Mead Johnson Travel Award, HEME OXYGENASE-1 PROMOTER POLYMORPHISMS AND RISK OF SPINA BIFIDA.

    アメリカ合衆国

    国際学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2014年 日本未熟児新生児学会, 学会賞, 日本人small-for-gestational age児における血管内皮増殖因子遺伝子多型の関与の検討

    学会誌・学術雑誌による顕彰

  • 2014年 Stanford 5th Annual Pediatrics Research Retreat, Outstanding Abstract Poster First Prize, THE SIZE OF MICROSATELLITE POLYMORPHISMS IN THE HEME OXYGENASE-1 PROMOTER AND NEURAL TUBE DEFECTS

    アメリカ合衆国

    国際学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2014年 Asian Society for Pediatric Research, Best Research Award, The Effect of Hourly Feeding Intervals on Very Low Birth Weight Infants

    国際学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2013年 小児医学研究振興財団, 日本イーライリリー海外留学フェローシップ, ヘムオキシゲナーゼ-1 制御に基づく新生児重症黄疸に起因する発達障害の予防

  • 2013年 ASPR-PSM 2013, YOUNG INVESTIGATOR AWARD, A Vascular Endothelial Growth Factor Polymorphism is Associated with The Development of Chronic Lung Disease in Japanese Premature Newborns

    国際学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2011年 日本未熟児新生児学会, 佐多フェローシップ キングスカレッジ・プログラム

論文

  • Hideto Yamada, Kenji Tanimura, Sachiyo Fukushima, Kazumichi Fujioka, Masashi Deguchi, Yuki Sasagawa, Shinya Tairaku, Toru Funakoshi, Ichiro Morioka

    OBJECTIVES: This prospective cohort study aimed to evaluate the efficacy of the universal neonatal urine screening, followed by diagnosis, workup and antiviral therapy for symptomatic congenital cytomegalovirus (CMV) infection to reduce neurological impairments and sequelae. METHODS: Neonates born in three facilities underwent the universal urine screening of PCR analyses for CMV-DNA. Neonates with symptomatic congenital CMV infection (cCMV) received oral valganciclovir (VGCV) of 32 mg/kg/day for six weeks or six months, and were evaluated for neurological outcomes including developmental quotient (DQ) and hearing function at around 18 months of corrected age. RESULTS: cCMV was diagnosed in 56 (0.48%) of 11,736 neonates, consisting of 23 neonates with symptomatic and 33 with asymptomatic cCMV. The incidence of cCMV in the general perinatal medical center (0.69%) was higher than that in the primary maternity hospital (0.23%, p<0.01%). Twenty of the 23 infants with symptomatic cCMV received VGCV therapy, and 19 underwent neurological assessment. Eight neonates (42%) had severe sequelae of DQ < 70, bilateral hearing dysfunction, and/or epilepsy. Four neonates (21%) had mild sequelae of DQ 70-79 or unilateral hearing dysfunction only, and seven (37%) showed normal development without any impairment. CONCLUSIONS: This study on a large scale demonstrated that a series of universal neonatal urine screening, diagnosis, workup, and VGCV therapy for neonates with symptomatic cCMV may decrease neurological impairments, because 58% of the treated infants had normal development or mild sequelae. The universal urine screening likely identifies subclinical symptomatic cCMV. Mothers with fetuses of cCMV seem to be selectively transferred to perinatal medical centers before deliveries.

    2020年04月06日, Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Mariko Ashina, Kazumichi Fujioka, Kosuke Nishida, Saki Okubo, Toshihiko Ikuta, Masakazu Shinohara, Kazumoto Iijima

    Neonatal sepsis is characterised by dysregulated immune responses. Lipid mediators (LMs) are involved in the regulation of inflammation. Human recombinant thrombomodulin (rhTM), an anticoagulant, has anti-inflammatory effects and might be useful for sepsis treatment. A stock caecal slurry (CS) solution was prepared from adult caeca. To induce sepsis, 1.5 mg/g of CS was administered intraperitoneally to 4 d-old wild-type FVB mouse pups. Saline (Veh-CS) or rhTM (3 or 10 mg/kg; rhTM3-CS or rhTM10-CS) was administered subcutaneously 6 h prior to sepsis induction, and liver LM profiles at 3 and 6 h post-sepsis induction and survival up to 7 days were examined. Mortality was significantly lower (47%) in the rhTM3-CS group and significantly higher (100%) in the rhTM10-CS group, compared with the Veh-CS group (79%, p < 0.05). Eleven LMs (12-HEPE, EPA, 14-HDHA, DHA, PD1, PGD2, 15d-PGJ2, 12S-HHT, lipoxin B4, 12-HETE, AA) were significantly increased at 3 h, and five LMs (5-HEPE, 15-HEPE, 18-HEPE, 17-HDHA, PD1) were significantly increased at 6 h post-sepsis induction. Increased EPA, DHA, 12S-HHT, lipoxin B4, and AA were significantly suppressed by rhTM pre-treatment. rhTM was protective against neonatal sepsis. This protective effect might be mediated via LM modulation. Further post-sepsis studies are needed to determine clinical plausibility.

    2020年01月15日, Scientific reports, 10 (1), 333 - 333, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • Harunori Miyauchi, Kazumichi Fujioka, Saki Okubo, Kosuke Nishida, Mariko Ashina, Toshihiko Ikuta, Yuichi Okata, Kosaku Maeda, Kazumoto Iijima, Yuko Bitoh

    BACKGROUND: Stress-induced hyperglycemia is a frequent complication of neonatal sepsis. Hyperglycemia induces oxidative stress and immunosuppression. We investigated the glucose kinetics and effect of insulin administration during stress-induced hyperglycemia in a neonatal sepsis mouse model. METHODS: A stock cecal slurry (CS) solution was prepared from adult cecums and 3.0 mg of CS/g (LD40 ) was administered intraperitoneally to 4-day-old FVB mouse pups. Blood glucose levels were measured at 1.5, 3, 6, and 9 h post-sepsis induction and compared with basal levels. Two different doses of ultrafast-acting insulin were administered subcutaneously, and blood glucose levels and survival rates were monitored. RESULTS: Blood glucose levels were significantly higher than those of baseline levels with a peak at 3 h, which progressively decreased from 6 to 9 h post-sepsis induction. Insulin treatment reduced post-sepsis-induced hyperglycemia at 1.5 and 3 h. The mortality rate of CS-only pups (39%) was similar to that of CS + 1 U/kg insulin pups (60%). However, the mortality rate of CS + 5 U/kg insulin pups (82%) was significantly higher than that of CS-only pups. CONCLUSIONS: Marked hyperglycemia was induced immediately after post-sepsis induction, and the high-dose insulin treatment increased mortality post-induction. Stress-induced hyperglycemia could therefore be a physiological and protective response for preterm sepsis, and aggressive treatment of this hyperglycemia might be contraindicated.

    2020年05月, Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society, 62 (5), 581 - 586, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Akiko Uchida, Kenji Tanimura, Mayumi Morizane, Kazumichi Fujioka, Ichiro Morioka, Masanobu Oohashi, Toshio Minematsu, Hideto Yamada

    BACKGROUND: The aim of this prospective cohort study was to determine clinical factors associated with the occurrence of congenital cytomegalovirus infection (cCMV) in pregnant women. METHODS: Between March 2009 and November 2017, newborns born at a primary maternity hospital received polymerase chain reaction (PCR) analyses for CMV-DNA in their urine with informed consent of the mothers at a low risk. Clinical data, including age, gravidity, parity, body mass index, occupations, maternal fever/flu-like symptoms, pregnancy complications, gestational weeks at delivery, birth weight, and automated auditory brainstem response (AABR), were collected. Logistic regression analyses were performed to determine clinical factors associated with cCMV. RESULTS: cCMV was diagnosed by positive PCR results of neonatal urine in 9 of 4,125 pregnancies. Univariate and multivariable analyses revealed that the presence of fever/flu-like symptoms (odds ratio [OR], 17.9; 95% confidence interval [CI], 3.7-86.7; p<0.001) and threatened miscarriage/premature labor in the second trimester (OR, 6.0; 95%CI 1.6-22.8; p<0.01) were independent clinical factors associated with cCMV. Maternal fever/flu-like symptoms or threatened miscarriage/premature labor in the second trimester had 100% sensitivity, 53.2% specificity, and a maximum Youden index of 0.85. CONCLUSIONS: This cohort study for the first time demonstrated that these clinical factors of pregnant women and newborns were associated with the occurrence of cCMV. This is useful information for targeted screening to assess risks of cCMV in low-risk mothers, irrespective of primary or non-primary CMV infection.

    2019年12月02日, Clinical infectious diseases : an official publication of the Infectious Diseases Society of America, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • Yukiko Nakasuji, Kenji Tanimura, Yuki Sasagawa, Hitomi Imafuku, Mayumi Morizane, Kazumichi Fujioka, Goh Ohji, Hideto Yamada

    Congenital syphilis may lead to severe sequelae in affected infants. The prevalence of syphilis in women of childbearing age has increased worldwide. From 2015 to 2018, we encountered eight pregnant women with syphilis including six with late latent and two with early latent syphilis. Seven pregnant women with syphilis received antibiotic therapies of oral amoxicillin, intravenous penicillin G, or the both. The syphilotherapies in four cases were considered effective, because rapid plasma reagin titers decreased. None of the seven pregnant women who received syphilotherapies had congenital syphilis. The remaining one woman who did not undergo a maternity checkup or syphilotherapy delivered a stillbirth with congenital syphilis at 29 gestational weeks.

    2020年03月, Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy, 26 (3), 298 - 300, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • Kazuhiro Yamamoto, Sachiyo Fukushima, Yui Mishima, Mari Hashimoto, Kei Yamakawa, Kazumichi Fujioka, Kazumoto Iijima, Ikuko Yano

    Sustained benzodiazepine use during pregnancy can induce neonatal abstinence syndrome (NAS). In this study, the association between NAS and plasma alprazolam concentration was examined using the measured neonatal concentrations in the time series as well as simulated plasma concentrations of pregnant woman and neonate by physiologically based pharmacokinetic (PBPK) modeling. A neonate born to a mother taking alprazolam daily throughout pregnancy exhibited symptoms such as apnea and vomiting from 9 h to 4 days after birth. Finnegan score was 7 at birth and decreased to 0 by day 4. Apnea improved by 24 h post-delivery and gastrointestinal symptoms disappeared by day 4. The plasma alprazolam concentration in the neonate was 15.2 ng/mL immediately after birth and gradually decreased over 3 days. Measured neonate and estimated maternal plasma alprazolam concentrations were within the 90% prediction intervals of each concentration by PBPK simulation using "pregnancy" and "pediatrics" population parameters including in Simcyp population-based ADME simulator. In conclusion, NAS symptoms such as apnea and digestive events disappeared in parallel with the decrease of the neonate's plasma alprazolam concentrations. Moreover, PBPK modeling and simulation is a useful methodology for toxicological assessment in special characteristics populations lacking specific experimental data.

    2019年12月, Drug metabolism and pharmacokinetics, 34 (6), 400 - 402, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • Matsumoto M, Nagano N, Awano H, Ohyama S, Fujioka K, Iwatani S, Urakami T, Iijima K, Morioka I

    2019年08月, Scientific reports, 9 (1), 12238

    [査読有り]

  • Ohyama S, Fujioka K, Fukushima S, Abe S, Ashina M, Ikuta T, Nishida K, Matsumoto H, Nakamachi Y, Tanimura K, Yamada H, Iijima K

    2019年07月, International journal of molecular sciences, 20 (13)

    [査読有り]

  • Sachiyo Fukushima, Ichiro Morioka, Shohei Ohyama, Kosuke Nishida, Sota Iwatani, Kazumichi Fujioka, Tsurue Mandai, Hisayuki Matsumoto, Yuji Nakamachi, Masashi Deguchi, Kenji Tanimura, Kazumoto Iijima, Hideto Yamada

    OBJECTIVE: This study aimed to evaluate the neurodevelopmental outcomes of infants with symptomatic congenital cytomegalovirus (SCCMV) disease after antiviral treatment and investigate the symptoms at birth associated with a developmental quotient (DQ) < 70. METHODS: In this prospective study conducted from 2009 to 2018, infants with SCCMV disease who received oral valganciclovir (VGCV; 32 mg/kg/day) for 6 weeks (November 2009 to June 2015) or 6 months (July 2015 to March 2018) were evaluated for their neurodevelopmental outcomes at around 18 months of corrected age. Sequelae were categorized as follows: no impairment with a DQ ≥ 80 and no hearing dysfunction; mild sequelae including unilateral hearing dysfunction or a DQ of 70-79; and severe sequelae with a DQ < 70, bilateral hearing dysfunction requiring hearing aids, blindness or epilepsy requiring anti-epileptic drugs. DQ was assessed using the Kyoto Scale of Psychological Development. Symptoms at birth associated with a DQ < 70 were determined using univariate and receiver operating characteristic curve analyses. RESULTS: Of the 24 treated infants, 21 reached > 18 months of corrected age. Six (29%) were no impairment, 4 (19%) had mild sequelae, and 11 (52%) developed severe sequelae. The symptoms at birth associated with a DQ < 70 were microcephaly and/or small for gestational age. CONCLUSION: In our cohort of infants with SCCMV disease after VGCV treatment, the incidence of severe sequelae at 18 months of corrected age was around 50%. When microcephaly and/or small for gestational age are seen at birth, a low DQ may appear even after oral VGCV treatment.

    2019年10月, Brain & development, 41 (9), 743 - 750, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • Abe S, Fujioka K

    2019年03月, Annals of translational medicine, 7 (5), 79

    [査読有り]

  • Yinmon Htun, Shinji Nakamura, Yasuhiro Nakao, Tsutomu Mitsuie, Makoto Nakamura, Satoshi Yamato, Wataru Jinnai, Kosuke Koyano, Kenichi Ohta, Aya Morimoto, Takayuki Wakabayashi, Masashiro Sugino, Kazumichi Fujioka, Ikuko Kato, Sonoko Kondo, Saneyuki Yasuda, Takanori Miki, Masaki Ueno, Takashi Kusaka

    Despite its poor outcomes, therapeutic hypothermia (TH) is the current standard treatment for neonatal hypoxic-ischaemic encephalopathy (HIE). In this study, due to its antioxidant, anti-inflammatory, and antiapoptotic properties, the effectiveness of molecular hydrogen (H2) combined with TH was evaluated by means of neurological and histological assessments. Piglets were divided into three groups: hypoxic-ischaemic insult with normothermia (NT), insult with hypothermia (TH, 33.5 ± 0.5 °C), and insult with hypothermia with H2 ventilation (TH-H2, 2.1-2.7%). H2 ventilation and TH were administered for 24 h. After ventilator weaning, neurological assessment was performed every 6 h for 5 days. On day 5, the brains of the piglets were harvested for histopathological analysis. Regarding the neurological score, the piglets in the TH-H2 group consistently had the highest score from day 2 to 5 and showed a significantly higher neurological score from day 3 compared with the NT group. Most piglets in the TH-H2 group could walk at day 3 of recovery, whereas walking ability was delayed in the two other groups. The histological results revealed that TH-H2 tended to improve the status of cortical gray matter and subcortical white matter, with a considerable reduction in cell death. In this study, the combination of TH and H2 improved short-term neurological outcomes in neonatal hypoxic-ischaemic piglets.

    2019年03月11日, Scientific reports, 9 (1), 4088 - 4088, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Shohei Ohyama, Ichiro Morioka, Sachiyo Fukushima, Keiji Yamana, Kosuke Nishida, Sota Iwatani, Kazumichi Fujioka, Hisayuki Matsumoto, Takamitsu Imanishi, Yuji Nakamachi, Masashi Deguchi, Kenji Tanimura, Kazumoto Iijima, Hideto Yamada

    Although earlier studies have shown that antiviral treatment regimens using valganciclovir (VGCV) improved hearing function in some infants with congenital cytomegalovirus (CMV) infection; its efficacy on the severity of hearing dysfunction is unclear. We conducted a prospective study among 26 infants with congenital CMV infections from 2009 to 2018. Oral VGCV (32 mg/kg/day) was administered for 6 weeks (November 2009 to June 2015; n = 20) or 6 months (July 2015 to March 2018, n = 6). Hearing function was evaluated by measuring the auditory brainstem response before VGCV treatment and at 6 months. Hearing dysfunction, defined as a V-wave threshold >40 dB, was categorized into: most severe, ≥91 dB; severe, 61⁻90 dB; and moderate, 41⁻60 dB. Hearing improvement was defined as a decrease of ≥20 dB from the pretreatment V-wave threshold. Of 52 ears in 26 infants with congenital CMV infection, 29 (56%) had hearing dysfunction, and of 29 ears, 16 (55%) improved after VGCV treatment. Although, 16 (84%) of 19 ears with moderate or severe hearing dysfunction improved after treatment (p < 0.001), 10 ears with the most severe form did not. In conclusion, VGCV treatment is effective in improving moderate and severe hearing dysfunction in infants with congenital CMV infection.

    2019年03月19日, International journal of molecular sciences, 20 (6), 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • Fujioka K, Nishida K, Ashina M, Abe S, Fukushima S, Ikuta T, Ohyama S, Morioka I, Iijima K

    2019年01月, Pediatrics and neonatology

    [査読有り]

  • Fetal Primary Small Bowel Volvulus Associated with Acute Gastric Dilatation Detected by Ultrasonography.

    Sachiyo Fukushima, Kazumichi Fujioka, Mariko Ashina, Shohei Ohyama, Toshihiko Ikuta, Kosuke Nishida, Harunori Miyauchi, Yuichi Okata, Yuko Bitoh, Kenji Tanimura, Masashi Deguchi, Hideto Yamada, Kazumoto Iijima

    Fetal intestinal volvulus is a rare condition, and fetal diagnosis of this disease is still challenging, especially in primary cases not accompanied by other comorbidities, such as intestinal malformations. Herein, we report a case of fetal primary small bowel volvulus associated with acute gastric dilatation detected by ultrasonography. We speculate that the mechanism of acute gastric dilatation in our case was peristatic malfunction of the whole intestine caused by a strangulated ileus resulting from fetal intestinal volvulus. In conclusion, acute gastric dilatation detected by fetal ultrasound can indicate the fetal intestinal volvulus.

    2019年01月11日, The Kobe journal of medical sciences, 64 (4), E157-E159 - E159, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Sota Iwatani, Makiko Yoshida, Keiji Yamana, Daisuke Kurokawa, Jumpei Kuroda, Khin Kyae Mon Thwin, Suguru Uemura, Satoru Takafuji, Nanako Nino, Tsubasa Koda, Masami Mizobuchi, Masahiro Nishiyama, Kazumichi Fujioka, Hiroaki Nagase, Ichiro Morioka, Kazumoto Iijima, Noriyuki Nishimura

    Mesenchymal stem cells (MSCs) have considerable therapeutic potential and attract increasing interest in the biomedical field. MSCs are originally isolated and characterized from bone marrow (BM), then acquired from tissues including adipose tissue, synovium, skin, dental pulp, and fetal appendages such as placenta, umbilical cord blood (UCB), and umbilical cord (UC). MSCs are a heterogeneous cell population with the capacity for (1) adherence to plastic in standard culture conditions, (2) surface marker expression of CD73+/CD90+/CD105+/CD45-/CD34-/CD14-/CD19-/HLA-DR- phenotypes, and (3) trilineage differentiation into adipocytes, osteocytes, and chondrocytes, as currently defined by the International Society for Cellular Therapy (ISCT). Although BM is the most widely used source of MSCs, the invasive nature of BM aspiration ethically limits its accessibility. Proliferation and differentiation capacity of MSCs obtained from BM generally decline with the age of the donor. In contrast, fetal MSCs obtained from UC have advantages such as vigorous proliferation and differentiation capacity. There is no ethical concern for UC sampling, as it is typically regarded as medical waste. Human UC starts to develop with continuing growth of the amniotic cavity at 4-8 weeks of gestation and keeps growing until reaching 50-60 cm in length, and it can be isolated during the whole newborn delivery period. To gain insight into the pathophysiology of intractable diseases, we have used UC-derived MSCs (UC-MSCs) from infants delivered at various gestational ages. In this protocol, we describe the isolation and characterization of UC-MSCs from fetuses/infants at 19-40 weeks of gestation.

    2019年01月26日, Journal of visualized experiments : JoVE, (143), 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Ashina M, Fujioka K, Nishida K, Iijima K

    2018年10月, Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society, 60 (10), 991 - 992

    [査読有り]

  • Hyperbilirubinemia in Term Newborns Needing Phototherapy within 48 Hours after Birth in a Japanese Birth Center.

    Tsujimae S, Yoshii K, Yamana K, Fujioka K, Iijima K, Morioka I

    2018年09月, The Kobe journal of medical sciences, 64 (1), E20 - E25

    [査読有り]

  • Ashina M, Fujioka K, Totsu S, Shoji H, Miyazawa T, Wada K, Iijima K, Morioka I

    2018年07月, Pediatrics and neonatology

    [査読有り]

  • Keiji Yamana, Sota Iwatani, Kazumichi Fujioka, Kazumoto Iijima, Ichiro Morioka

    Blackwell Publishing, 2018年05月01日, Pediatrics International, 60 (5), 489 - 490, 英語

    [査読有り]

  • Fujioka K, Kalish F, Zhao H, Wong RJ, Stevenson DK

    2018年05月, Pediatric research

    [査読有り]

  • Toshihiko Ikuta, Masami Mizobuchi, Yoshinori Katayama, Seiji Yoshimoto, Tomoaki Ioroi, Masayuki Yamane, Takeshi Morisawa, Akihiro Takatera, Masaaki Ueda, Akio Shibata, Kaori Maeyama, Tsurue Mandai, Kazumichi Fujioka, Noriyuki Nishimura, Kazumoto Iijima, Ichiro Morioka

    OBJECTIVE: Asymmetric ventriculomegaly is often evident on brain magnetic resonance imaging (MRI) in very low birth weight infants (VLBWI) and is interpreted as white matter injury. However, no evaluation index for asymmetric left-right and anterior-posterior ventricular sizes has been established. METHODS: In this retrospective multicenter cohort study, brain T2-weighted MRI was performed at term-equivalent ages in 294 VLBWI born between 2009 and 2011. The value of a lateral ventricular index (LVI) to evaluate asymmetric ventricular size, as well as the relationship between the LVI value and walking at a corrected age of 18 months was investigated. At the level of the foramen of Monro in a horizontal slice, asymmetry between the left and right sides and between the anterior and posterior horns was identified by the corrected width and was detected by a low concordance rate and κ statistic value. An LVI representing the sum of the widths of the four horns of the lateral ventricle corrected for cerebral diameter was devised. RESULTS: Asymmetric left-right and anterior-posterior ventricular sizes were confirmed. The LVI value was significantly higher in the non-walking VLBWI group (n = 39) than in the walking VLBWI group (n = 255; 18.2 vs. 15.8, p = 0.02). An LVI cut-off value of 21.5 was associated with non-walking. Multivariate analysis revealed that an LVI value >21.5 was an independent predictor of walking disability at the corrected age of 18 months (odds ratio 2.56, p = 0.008). CONCLUSIONS: The LVI value calculated via MRI may predict walking disability at a corrected age of 18 months in VLBWI.

    2018年10月, Brain & development, 40 (9), 753 - 759, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Nontypeable Haemophilus Influenzae Sepsis in a Term Neonate.

    Okubo S, Fujioka K, Yamane M, Ashina M, Fukushima S, Ikuta T, Ohyama S, Yamana K, Kobayashi A, Iijima K, Morioka I

    2018年04月, The Kobe journal of medical sciences, 63 (4), E105 - E108

    [査読有り]

  • A Case of Congenital Complete Atrioventricular Block Treated with Transdermal Tulobuterol.

    Ikuta T, Fujioka K, Sato Y, Ashina M, Fukushima S, Ohyama S, Okubo S, Yamana K, Morizane M, Tanimura K, Deguchi M, Iijima K, Morioka I, Yamada H

    2018年04月, The Kobe journal of medical sciences, 63 (4), E109 - E112

    [査読有り]

  • Rappoport N, Toung J, Hadley D, Wong RJ, Fujioka K, Reuter J, Abbott CW, Oh S, Hu D, Eng C, Huntsman S, Bodian DL, Niederhuber JE, Hong X, Zhang G, Sikora-Wohfeld W, Gignoux CR, Wang H, Oehlert J, Jelliffe-Pawlowski LL, Gould JB, Darmstadt GL, Wang X, Bustamante CD, Snyder MP, Ziv E, Patsopoulos NA, Muglia LJ, Burchard E, Shaw GM, O'Brodovich HM, Stevenson DK, Butte AJ, Sirota M

    2018年01月, Scientific reports, 8 (1), 226

    [査読有り]

  • Kazumichi Fujioka, Ichiro Morioka, Kosuke Nishida, Mayumi Morizane, Kenji Tanimura, Masashi Deguchi, Kazumoto Iijima, Hideto Yamada

    We report two cases of pulmonary hypoplasia due to fetal ascites in symptomatic congenital cytomegalovirus (CMV) infections despite fetal therapy. The patients died soon after birth. The pathogenesis of pulmonary hypoplasia in our cases might be thoracic compression due to massive fetal ascites as a result of liver insufficiency. Despite aggressive fetal treatment, including multiple immunoglobulin administration, which was supposed to diminish the pathogenic effects of CMV either by neutralization or immunomodulatory effects, the fetal ascites was uncontrollable. To prevent development of pulmonary hypoplasia in symptomatic congenital CMV infections, further fetal intervention to reduce ascites should be considered.

    FRONTIERS MEDIA SA, 2017年11月, FRONTIERS IN PEDIATRICS, 5, 241, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Fujioka K, Kuroda J, Yamana K, Iijima K, Morioka I

    BackgroundSurfactant replacement therapy is widely used for treating neonatal respiratory distress syndrome, but insufficient evidence is available on the use of Surfacten (R) (S-TA). This study investigated the inadvertent loss of S-TA during instillation via feeding catheters with different bore sizes. MethodsIn this bench-based study, we measured the weight of syringes and tubes before and after surfactant treatment using a high-accuracy balance, and determined the amount of S-TA lost in tubes. We injected 120mg of S-TA suspended in 4 or 3mL into tubes followed with or without air boluses. Experiments were performed in triplicate. Percent weight loss of S-TA in each tube was calculated with or without air boluses. ResultsPercent weight loss of S-TA was significantly higher in larger-bore tubes (P<0.01, overall ANOVA), and was significantly lower after air bolus flushing in 3 Fr, 4 Fr, and 5 Fr tubes (P<0.005, respectively). The 3 mL S-TA suspensions had a significantly higher percent loss than the 4 mL S-TA suspensions when using 4 Fr and 5 Fr tubes, and the 5 Fr closed system (P<0.05, respectively). ConclusionsRoutine air bolus flushing effectively reduces S-TA loss in tubes. The 3mL S-TA suspensions appear to be more susceptible to inadvertent S-TA loss during instillation. Therefore, caution is warranted for this procedure.

    WILEY, 2017年11月, Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society, 59 (11), 1174 - 1177, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 日本人新生児におけるBiliCare経皮的ビリルビンデバイスの評価

    Yamana Keiji, Morioka Ichiro, Kurokawa Daisuke, Fukushima Sachiyo, Nishida Kosuke, Ohyama Shohei, Nishimura Noriyuki, Nozu Kandai, Taniguchi-Ikeda Mariko, Nagase Hiroaki, Fujioka Kazumichi, Iwatani Sota, Nakamura Hajime, Iijima Kazumoto

    2017年10月, Pediatrics International (Web), 59 (10), 1058‐1063, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yamana K, Morioka I, Kurokawa D, Fukushima S, Nishida K, Ohyama S, Nishimura N, Nozu K, Taniguchi-Ikeda M, Nagase H, Fujioka K, Iwatani S, Nakamura H, Iijima K

    BackgroundNon-invasive transcutaneous bilirubin (TcB) monitoring has been widely used to screen for hyperbilirubinemia. TcB measured using the recently developed BiliCare system, however, has not been fully evaluated.MethodsOne hundred and seven TcB measurements were obtained from 82 Japanese newborns 35 weeks' gestational age within 2 weeks after birth. Measurements were taken at the scaphoid fossa, conchal cavity, and lobe of the ear using BiliCare. BiliCare TcB were compared with total serum bilirubin (TB) and TcB obtained using another bilirubinometer (JM-105).ResultsTranscutaneous bilirubin measured at all three sites significantly correlated with TB (r = 0.91, 0.93, and 0.93 at the scaphoid fossa, conchal cavity, and lobe, respectively). The mean differences were 0.1, -0.3, and 3.6 at the scaphoid fossa, conchal cavity, and lobe, respectively. BiliCare TcB at the scaphoid fossa significantly correlated with that using the JM-105 (r = 0.91). The mean difference was 0.0. BiliCare, however, produced a significantly higher and lower TcB than the JM-105 for TB <7 and 15 mg/dL, respectively.ConclusionsTranscutaneous bilirubin measurements taken at the scaphoid fossa or conchal cavity using BiliCare were more reliable than those at the earlobe. BiliCare TcB differed from those of the JM-105, for TB <7 or 15 mg/dL.

    WILEY, 2017年10月, Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society, 59 (10), 1058 - 1063, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Sota Iwatani, Nur Imma Fatimah Harahap, Dian Kesumapramudya Nurputra, Shinya Tairaku, Akemi Shono, Daisuke Kurokawa, Keiji Yamana, Khin Kyae Mon Thwin, Makiko Yoshida, Masami Mizobuchi, Tsubasa Koda, Kazumichi Fujioka, Mariko Taniguchi-Ikeda, Hideto Yamada, Ichiro Morioka, Kazumoto Iijima, Hisahide Nishio, Noriyuki Nishimura

    Background: Spinal muscular atrophy (SMA) is the most common genetic neurological disease leading to infant death. It is caused by loss of survival motor neuron (SMN) 1 gene and subsequent reduction of SMN protein in motor neurons. Because SMN is ubiquitously expressed and functionally linked to general RNA metabolism pathway, fibroblasts (FBs) are most widely used for the assessment of SMN expression in SMA patients but usually isolated from skin biopsy samples after the onset of overt symptoms. Although recent translational studies of SMN-targeted therapies have revealed the very limited time window for effective SMA therapies during perinatal period, the exact time point when SMN shortage became evident is unknown in human samples. In this study, we analyzed SMN mRNA and protein expression during perinatal period by using umbilical cord-derived mesenchymal stem cells (UC-MSCs) obtained from preterm and term infants. Methods: UC-MSCs were isolated from 16 control infants delivered at 22-40 weeks of gestation and SMA fetus aborted at 19 weeks of gestation (UC-MSC-Control and UC-MSC-SMA). FBs were isolated from control volunteer and SMA patient (FB-Control and FB-SMA). SMN mRNA and protein expression in UC-MSCs and FBs was determined by RT-qPCR and Western blot. Results: UC-MSC-Control and UC-MSC-SMA expressed the comparable level of MSC markers on their cell surface and were able to differentiate into adipocytes, osteocytes, and chondrocytes. At steady state, SMN mRNA and protein expression was decreased in UC-MSC-SMA compared to UC-MSC-Control, as observed in FB-SMA and FB-Control. In response to histone deacetylase inhibitor valproic acid, SMN mRNA and protein expression in UC-MSC-SMA and FB-SMA was increased. During perinatal development from 22 to 40 weeks of gestation, SMN mRNA and protein expression in UC-MSC-Control was positively correlated with gestational age. Conclusion: UC-MSCs isolated from 17 fetus/infant of 19-40 weeks of gestation are expressed functional SMN mRNA and protein. SMN mRNA and protein expression in UC-MSCs is increased with gestational age during perinatal development.

    FRONTIERS MEDIA SA, 2017年09月, FRONTIERS IN PEDIATRICS, 5, 194, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazumichi Fujioka, Flora Kalish, Hui Zhao, Sabrina Lu, Stephanie Wong, Ronald J. Wong, David K. Stevenson

    Preterm sepsis is characterized by systemic bacterial invasion and inflammatory response. Its pathogenesis is unclear due to lack of proper animal models. Heme oxygenase-1 (HO-1) can affect physiologic and pathologic conditions through its anti-inflammatory, antioxidative, and anti-apoptotic properties. Since HO-1 is developmentally regulated, it may play a role in the pathogenesis of preterm sepsis. For this study, sepsis was induced using the non-surgical "cecal slurry'' (CS) model. CS was given intraperitoneally at various doses to 4-day-old newborn mice to determine dose-dependent effects. The LD40 was then given and changes in bodyweight, bacterial colonization of organs, hematology, serum biochemistry, and immunomodulatory gene expression were determined. We found a dose-dependent mortality with an LD40 of 2.0 mg/g. Significant bacterial colonization and hematological changes (leukocytopenia, thrombocytopenia, and lymphocytopenia) and increased gene expression of pro-inflammatory cytokines, pattern-recognition receptors, and other genes related to immune responses were also observed. Twenty-four hours post-sepsis induction, bodyweight loss was associated with mortality and organ damage. Finally, to elucidate a protective role of HO-1, 30-mmol heme/kg was given subcutaneously 24 h pre-sepsis induction. HO activity in livers and spleens significantly increased 64% and 50% over age-matched controls 24 h post-heme administration. Importantly, heme significantly reduced mortality from 40.9% to 6.3% (P<0.005) and gene expression of pro-inflammatory cytokines (Ccl5, Cxcl10, IL-1b, and Ifng). We conclude that the CS model can be used as a model to study preterm sepsis. Because induction of HO-1 significantly reduced mortality, we speculate that HO-1 may confer protection against sepsis in preterm infants.

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2017年02月, SHOCK, 47 (2), 242 - 250, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Sota Iwatani, Akemi Shono, Makiko Yoshida, Keiji Yamana, Khin Kyae Mon Thwin, Jumpei Kuroda, Daisuke Kurokawa, Tsubasa Koda, Kosuke Nishida, Toshihiko Ikuta, Kazumichi Fujioka, Masami Mizobuchi, Mariko Taniguchi-Ikeda, Ichiro Morioka, Kazumoto Iijima, Noriyuki Nishimura

    Mesenchymal stem cells (MSCs) are a heterogeneous cell population that is isolated initially from the bone marrow (BM) and subsequently almost all tissues including umbilical cord (UC). UC-derived MSCs (UC-MSCs) have attracted an increasing attention as a source for cell therapy against various degenerative diseases due to their vigorous proliferation and differentiation. Although the cell proliferation and differentiation of BM-derived MSCs is known to decline with age, the functional difference between preterm and term UC-MSCs is poorly characterized. In the present study, we isolated UC-MSCs from 23 infants delivered at 22-40 weeks of gestation and analyzed their gene expression and cell proliferation. Microarray analysis revealed that global gene expression in preterm UC-MSCs was distinct from term UC-MSCs. WNT signaling impacts on a variety of tissue stem cell proliferation and differentiation, and its pathway genes were enriched in differentially expressed genes between preterm and term UC-MSCs. Cell proliferation of preterm UC-MSCs was significantly enhanced compared to term UC-MSCs and counteracted by WNT signaling inhibitor XAV939. Furthermore, WNT2B expression in UC-MSCs showed a significant negative correlation with gestational age (GA). These results suggest that WNT signaling is involved in the regulation of GAdependent UC-MSC proliferation.

    HINDAWI LTD, 2017年, STEM CELLS INTERNATIONAL, 2017, 8749751, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Fujioka K, Fukushima S, Nishida K, Iijima K, Morioka I

    2017年, Japanese clinical medicine, 8, 1179670717746333

    [査読有り]

  • Kaori Maeyama, Ichiro Morioka, Sota Iwatani, Sachiyo Fukushima, Daisuke Kurokawa, Keiji Yamana, Kosuke Nishida, Shohei Ohyama, Kazumichi Fujioka, Hiroyuki Awano, Mariko Taniguchi-Ikeda, Kandai Nozu, Hiroaki Nagase, Noriyuki Nishimura, Chika Shirai, Kazumoto Iijima

    Gestational age (GA) is thought to affect height growth in small-for-gestational age (SGA) children. However, the GA-specific trajectories in body mass index (BMI) and early appearances of adiposity rebound (AR) have not been fully investigated in a cohort of Japanese SGA children. A longitudinal cohort study was conducted with 1063 SGA children born in Kobe, Japan, with sufficient records from birth to 3 years of age. Subjects were divided into subgroups based on GA: 39-41 weeks GA (n = 723), 37-38 weeks GA (n = 256), 34-36 weeks GA (n = 62), and < 34 weeks GA (n = 22). Height and BMI were assessed at 4 months, 9 months, 1.5 years, and 3 years of age. The catch-up rate for height was GAdependent. Most children with 39-41 weeks GA (91%) caught up by 4 months of age; however, lower GA was associated with a slower elevation in the catch-up rate. The BMI trajectory during the first 3 years was also GA-dependent, with a change in GA dependency at a boundary of 37 weeks GA. Approximately 7% of SGA children had already developed AR before 3 years of age. In conclusion, growth patterns during infancy and early childhood in SGA children differ depending on GA.

    NATURE PUBLISHING GROUP, 2016年12月, SCIENTIFIC REPORTS, 6, 38659, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazumichi Fujioka, Flora Kalish, Ronald J. Wong, David K. Stevenson

    BACKGROUND: Increased bilirubin production due to hemolysis can lead to neonatal hyperbilirubinemia. Inhibition of heme oxygenase (HO), the rate-limiting enzyme in heme catabolism, by metalloporphyrins (Mps) may be an ideal preventive strategy for neonatal hemolytic disease. Zinc protoporphyrin (ZnPP) is a naturally occurring Mp, potent, not phototoxic, with minimal HO-1 upregulation, but is not orally absorbed. Recently, we designed a lipid-based ZnPP formulation (ZnPP-Lipid), which is orally absorbed by newborn mice. Here, we evaluated the efficacy of ZnPP-Lipid in heme-loaded newborn mice, a model analogous to hemolytic infants. METHODS: After 24h of heme administration (30 mu mol/kg s.c.), 4-d-old mice were given 30 mu mol ZnPP-Lipid/kg via intra-gastric injections. After 3 h, liver and brain HO activity were measured. HO-1 upregulation was assessed by determinations of HO-1 protein, promoter activity, and mRNA by Western blot, in vivo bioluminescence imaging, and RT PCR, respectively. RESULTS: After heme loading, liver HO activity significantly increased similar to 1.6-fold, which was inhibited in a dose-dependent manner by ZnPP-Lipid. A dose of 30 mu mol/kg returned activity to control levels. Brain HO activity was not inhibited. No significant increases in liver and brain HO-1 protein, promoter activity, and mRNA were observed. CONCLUSION: ZnPP-Lipid is effective and thus has potential for treating neonatal hyperbilirubinemia due to hemolysis.

    NATURE PUBLISHING GROUP, 2016年02月, PEDIATRIC RESEARCH, 79 (2), 251 - 257, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazumichi Fujioka, Wei Yang, Matthew B. Wallenstein, Hui Zhao, Ronald J. Wong, David K. Stevenson, Gary M. Shaw

    BackgroundSpina bifida is the most common form of neural tube defects (NTDs). Etiologies of NTDs are multifactorial, and oxidative stress is believed to play a key role in NTD development. Heme oxygenase (HO), the rate-limiting enzyme in heme degradation, has multiple protective properties including mediating antioxidant processes, making it an ideal candidate for study. The inducible HO isoform (HO-1) has two functional genetic polymorphisms: (GT)(n) dinucleotide repeats and A(-413)T SNP (rs2071746), both of which can affect its promoter activity. However, no study has investigated a possible association between HO-1 genetic polymorphisms and risk of NTDs. Methods: This case-control study included 152 spina bifida cases (all myelomeningoceles) and 148 nonmalformed controls obtained from the California Birth Defects Monitoring Program reflecting births during 1990 to 1999. Genetic polymorphisms were determined by polymerase chain reaction and amplified fragment length polymorphisms/restriction fragment length polymorphisms using genomic DNA extracted from archived newborn blood spots. Genotype and haplotype frequencies of two HO-1 promoter polymorphisms between cases and controls were compared. Results: For (GT)n dinucleotide repeat lengths and the A(-413)T SNP, no significant differences in allele frequencies or genotypes were found. Linkage disequilibrium was observed between the HO-1 polymorphisms (D: 0.833); however, haplotype analyses did not show increased risk of spina bifida overall or by race/ethnicity. Conclusion: Although, an association was not found between HO-1 polymorphisms and risk of spina bifida, we speculate that the combined effect of low HO-1 expression and exposures to known environmental oxidative stressors (low folate status or diabetes), may overwhelm antioxidant defenses and increase risk of NTDs and warrants further study. Birth Defects Research (Part A) 103:741-746, 2015. (c) 2015 Wiley Periodicals, Inc.

    WILEY-BLACKWELL, 2015年09月, BIRTH DEFECTS RESEARCH PART A-CLINICAL AND MOLECULAR TERATOLOGY, 103 (9), 741 - 746, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Increased levels of interleukin-6 in tracheal aspirate fluid are indicative of fetal inflammation in ventilated extremely low gestational age newborn

    Sota Iwatani, Masami Mizobuchi, Satoshi Tanaka, Kazumichi Fujioka, Keiko Wada, Hitomi Sakai, Seiji Yoshimoto, Hideto Nakao

    Objective: To determine whether increased serum and/or tracheal aspirate fluid (TAF) levels of IL-6 at birth are associated with fetal inflammation in ventilated extremely low gestational age newborns (ELGAN). Method: A total of 36 ELGAN who required mechanical ventilation were enrolled in this study. The patients were classified into two groups: 19 infants who displayed histological evidence of funisitis, which is a marker of fetal inflammation, (funisitis group) and 17 infants without funisitis (comparison group). TAF samples were obtained during routine endotracheal suctioning performed within 2 hours of birth. Results: The funisitis group exhibited significantly higher TAF IL-6 levels than the comparison group (2245 vs. 113 pg/mg total protein p< 0.001). The serum IL-6 levels of the funisitis group were also significantly elevated compared with those of the comparison group (median: 737 vs. 136 pg/mL, p=0.017). Receiver operating characteristic curve analysis of the association between IL-6 levels and the presence of funisitis revealed that the TAF IL-6 concentration had a higher area under the curve (0.947) than the serum IL-6 concentration (0.719). At a cut-off value of 216 pg/mg total protein, the TAF IL-6 level exhibited sensitivity and specificity values of 94.7% and 86.7%, respectively, for detecting funisitis. Conclusion: Elevated TAF IL-6 levels at birth are strongly associated with funisitis. The TAF IL-6 concentration is a useful marker for detecting fetal inflammation in ventilated ELGAN.

    Kobe University School of Medicine, 2014年, Kobe Journal of Medical Sciences, 60 (1), E19 - E24, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Kazumichi Fujioka, Akio Shibata, Tomoyuki Yokota, Tsubasa Koda, Miwako Nagasaka, Mariko Yagi, Yasuhiro Takeshima, Hideto Yamada, Kazumoto Iijima, Ichiro Morioka

    Our objective was to correlate vascular endothelial growth factor (VEGF) genetic polymorphisms with the risk of bronchopulmonary dysplasia (BPD) development in premature newborns. Fifty-five newborns with BPD (BPD: median gestational age [GA]: 27 weeks, birthweight [BW]: 786 g) and 42 newborns without BPD (non-BPD: median GA: 29 weeks, BW: 1,165 g), who were born at <32 weeks gestational age and were admitted to Kobe University Hospital, were included. BPD was defined as oxygen dependency at 36 weeks postmenstrual age. Genomic DNA was extracted from the umbilical cord, cord blood, or buccal mucosa. Six VEGF genotypes (-1498T > C, -1154G > A, -634C > G, -7C > T, 936C > T, and 1612G > A) were determined by DNA sequencing. Clinical characteristics, and allele and genotype frequencies of VEGF in the BPD and non-BPD groups were analyzed. G allele frequencies in -634C > G of the BPD group were significantly higher than in the non-BPD group (66.4% vs. 50%, P = 0.02). -634C > G genotype distributions differed significantly between the BPD and non-BPD groups (BPD: CC 7%/CG 53%/GG 40%; non-BPD: CC 24%/CG 52%/GG 24%; P = 0.04). Multivariate logistic regression showed that duration of ventilation, VEGF-634G > C G alleles, and male gender were independent risk factors for BPD. In conclusion, polymorphism VEGF -634C > G may influence the risk of BPD.

    NATURE PUBLISHING GROUP, 2014年03月25日, Scientific reports, 4, 4459 - 4459, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • N-Terminal pro-brain natriuretic peptide levels in dichorionic diamniotic twins with selective intrauterine growth restriction.

    Kazumichi Fujioka, Masami Mizobuchi, Hitomi Sakai, Sota Iwatani, Keiko Wada, Seiji Yoshimoto, Hideto Nakao

    Monochorionic diamniotic (MD) twins with selective intrauterine growth restriction (sIUGR) have known associations with cardiac complications. However, the cardiac load of dichorionic diamniotic (DD) twins with sIUGR (DD-sIUGR) remains unclear. N-terminal pro-brain natriuretic peptide (NT-pro BNP) is a convenient marker of cardiac dysfunction in neonates, and is elevated in MD twins with sIUGR (MD-sIUGR). However, there are no reports assessing serum NT-pro BNP levels in DD-sIUGR. Here, we aimed to clarify serum NT-pro BNP levels at birth in DD-sIUGR, and to compare them with those of MD-sIUGR. Forty-one DD twin pairs admitted to our center between October 2007 and January 2013 were enrolled in this study and separated into two groups: nine twins with sIUGR (DD-sIUGR group) and 32 twins without sIUGR (DD without sIUGR group). Sixteen MD twins with sIUGR (MD-sIUGR group) served as positive controls. Serum NT-pro BNP levels at birth in DD-sIUGR [median 2,115 pg/ml (range, 443-6,590 pg/ml)] were significantly higher than in DD without sIUGR [1,080 pg/ml (range, 313-3,470 pg/ml); p=0.001], and significantly lower than in MD twins with sIUGR [4,520 pg/ml (range, 529-62,400 pg/ml); p=0.04]. Serum NT-pro BNP levels between larger and smaller DD co-twins were significantly correlated (r = 0.582; p<0.0001). In conclusion, serum NT-pro BNP levels at birth in DD twins with sIUGR were higher than those without, and lower than in MD twins with sIUGR.

    2014年03月04日, The Kobe journal of medical sciences, 59 (4), E141-8 - 8, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • K. Fujioka, M. Mizobuchi, H. Sakai, S. Iwatani, K. Wada, S. Yoshimoto, H. Nakao

    OBJECTIVE: To compare serum N-terminal pro-brain natriuretic peptide levels at birth between monochorionic diamniotic twins with and without selective intrauterine growth restriction. STUDY DESIGN: Blood samples were collected from 73 monochorionic diamniotic twins without twin-to-twin transfusion syndrome. Two groups were studied on the basis of fetal ultrasonographic findings: 16 twins with and 57 twins without selective intrauterine growth restriction. Selective intrauterine growth restriction was defined as an estimated fetal weight below the 10th percentile in one twin at 18 to 26 weeks of gestation. Serum N-terminal pro-brain natriuretic peptide levels were measured. RESULT: Serum N-terminal pro-brain natriuretic peptide levels in monochorionic diamniotic twins with selective intrauterine growth restriction were significantly higher than in those without selective intrauterine growth restriction. Selective intrauterine growth restriction was independently associated with increased N-terminal pro-brain natriuretic peptide levels. CONCLUSION: N-terminal pro-brain natriuretic peptide levels at birth are elevated in monochorionic diamniotic twins with selective intrauterine growth restriction.

    NATURE PUBLISHING GROUP, 2014年01月, JOURNAL OF PERINATOLOGY, 34 (1), 6 - 10, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • N-Terminal pro-brain natriuretic peptide and cardiovascular adaptations in monochorionic diamniotic twins.

    Fujioka K, Nakao H

    2014年, J Neonatal Biol, 3, 124

    [査読有り]

  • Kazumichi Fujioka, Ichiro Morioka, Shigeru Honda, Yasutomo Tsukahara, Akihiro Miwa, Akio Shibata, Kenji Tanimura, Naoki Yokoyama, Hideto Yamada, Kazumoto Iijima

    We report a monochorionic diamniotic twin pair born at 29 weeks of gestation in which both twins developed severe retinopathy of prematurity (ROP) with retinal detachment. The pregnancy was terminated due to reversal of donor-recipient phenotypes in possible TTTS. Both twins had unstable cardiopulmonary status during the first week, and developed chronic lung disease. The larger twin, born at 1372 g, developed stage 4a ROP in both eyes, and the smaller twin, born at 1168 g, developed stage 4a ROP in the left eye. Genetic analysis of NDP, FZD4, LRP5, TSPAN12 genes revealed no mutations; however, VEGF gene polymorphism analysis showed heterozygous carrier state of the VEGF 936T allele in both twins, which is a risk factor for threshold ROP in Japanese newborn infants. We speculate the synergistic effects of unstable perinatal cardiopulmonary status and genetic predisposition due to VEGF 936C>T polymorphism caused the development of severe ROP with retinal detachment.

    3, 2013年06月, Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society, 55 (3), 366 - 8, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • N-terminal pro-brain natriuretic peptide levels in monochorionic diamniotic twins with twin-to-twin transfusion syndrome treated by fetoscopic laser photocoagulation.

    Kazumichi Fujioka, Hitomi Sakai, Satoshi Tanaka, Sota Iwatani, Keiko Wada, Masami Mizobuchi, Seiji Yoshimoto, Hideto Nakao

    Twin-to-twin transfusion syndrome (TTTS) affects 15% of monochorionic diamniotic (MD) twin pregnancies, and is associated with adverse perinatal outcome. Recently, fetoscopic laser photocoagulation (FLP) has been widely accepted as the most definitive therapy to treat TTTS. N-terminal pro-brain natriuretic peptide (NT-proBNP) is a powerful diagnostic marker of cardiac dysfunction in neonates, and is elevated in MD twins with TTTS. However, there are no reports assessing the effect of FLP on neonatal cardiac overload in TTTS by measuring the serum NT-proBNP levels at birth. Here, we aimed to compare serum NT-proBNP levels at birth in MD twins with TTTS treated with FLP or not. Twelve MD twin pairs with TTTS admitted to our center between October 2007 and September 2012 were enrolled in this study. The MD twin pairs were separated into two groups: seven twins (12 newborn infants) with FLP (FLP group) and five twins (nine newborn infants) without FLP (non-FLP group). Gestational age, birthweight, and Apgar scores were significantly higher in the FLP group than that in the non-FLP group. Serum NT-proBNP levels at birth were significantly lower in the FLP group than in the non-FLP group [1425 pg/ml (range, 466-9560) vs. 29900 pg/ml (range, 7300-77900), respectively; p=0.0003]. The serum NT-proBNP levels of larger and smaller co-twins were significantly correlated with each other (r=0.750; p=0.026). In conclusion, serum NT-proBNP levels at birth are lower in MD twins with TTTS after FLP treatment than in those without FLP.

    2013年04月17日, The Kobe journal of medical sciences, 59 (1), E28-35 - 35, 英語, 国内誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Tomoyuki Yokota, Ichiro Morioka, Takayuki Kodera, Takeshi Morisawa, Itsuko Sato, Seiji Kawano, Tsubasa Koda, Kiyomi Matsuo, Kazumichi Fujioka, Satoru Morikawa, Akihiro Miwa, Akio Shibata, Naoki Yokoyama, Masahiko Yonetani, Hideto Yamada, Hajime Nakamura, Kazumoto Iijima

    BACKGROUND: Serum unbound bilirubin (UB) is a measure of bilirubin not bound to albumin, and has been reported to be better than total bilirubin level at identifying infants at risk of developing bilirubin-induced neurotoxicity, including auditory abnormalities. A detailed treatment strategy for newborns with high serum UB has not been established. The aim of this study was to assess auditory outcomes in newborns with serum UB ≥1.00 μg/dL who were treated according to a novel treatment protocol. METHODS: A prospective clinical study was conducted in newborns weighing >1500 g with serum UB ≥1.00 μg/dL who were admitted to Kobe University Hospital and Kakogawa Municipal Hospital, Japan from 2006 to 2011. Enrolled newborns were treated as follows: (i) if serum UB was 1.00-1.50 μg/dL, phototherapy and infusion were given with or without albumin or immunoglobulin therapy; and (ii) if serum UB was >1.50 μg/dL, exchange transfusion was performed immediately. Auditory brainstem responses were evaluated at the time of discharge. RESULTS: A total of 89 Japanese newborns with UB ≥1.00 μg/dL were enrolled at a median age of 4 days. Of these, 85 had UB 1.00-1.50 μg/dL and four had UB >1.50 μg/dL. After being treated according to the protocol, no newborns were diagnosed with auditory brainstem response abnormalities. CONCLUSIONS: The present treatment protocol for Japanese newborns with serum UB ≥1.00 μg/dL may be useful for the prevention of bilirubin-induced auditory abnormalities.

    1, 2013年02月, Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society, 55 (1), 54 - 9, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • Iwatani Sota, Murakami Yuko, Mizobuchi Masami, Fujioka Kazumichi, Wada Keiko, Sakai Hitomi, Yoshimoto Seiji, Nakao Hidet

    Thieme Publishing Group, 2013年, American Journal of Perinatology Reports, 4 (1), 5 - 8

    [査読有り]

  • K. Fujioka, I. Morioka, A. Miwa, T. Yokota, K. Matsuo, S. Morikawa, M. Enomoto, A. Shibata, M. Morizane, N. Yokoyama, H. Yamada, M. Matsuo

    Objective: To assess renin, aldosterone, human atrial natriuretic peptide (hANP) and brain natriuretic peptide (BNP) levels in cord blood from monochorionic diamniotic (MD) twins with a birthweight (BW) discordance that do not satisfy the criteria of twin-to-twin transfusion syndrome (TTTS). Study Design: Cord blood samples were obtained from 28 MD twins without TTTS. They were divided into two groups on the basis of BW discordance as follows: large (>7.5%) and small (<= 7.5%). Cord blood renin, aldosterone, hANP and BNP levels were measured. Result: Renin levels in MD twins with a large BW discordance were significantly higher than those in MD twins with a small BW discordance, with no significant differences in aldosterone, hANP and BNP levels. A significant correlation was found between renin levels and BW discordance. Conclusion: Renin is activated in MD twins with a BW discordance of >7.5%, even in non-TTTS. Journal of Perinatology (2012) 32, 514-519; doi: 10.1038/jp.2011.136; published online 22 September 2011

    NATURE PUBLISHING GROUP, 2012年07月, JOURNAL OF PERINATOLOGY, 32 (7), 514 - 519, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Yumi Sato, Ichiro Morioka, Akihiro Miwa, Tomoyuki Yokota, Kiyomi Matsuo, Tsubasa Koda, Kazumichi Fujioka, Satoru Morikawa, Akio Shibata, Naoki Yokoyama, Kaoru Takahashi, Hisahide Nishio, Masafumi Matsuo

    BACKGROUND: The American Academy of Pediatrics guidelines recommend that the total bilirubin (TB)/albumin (Alb) ratio (B/A ratio), instead of serum concentration of unbound bilirubin (UB), can be used with TB for determining treatment modality for jaundiced newborns ≥ 35 weeks of gestation. It is unknown, however, whether the B/A ratio is actually correlated with serum UB. METHODS: Four hundred and ninety-seven serum samples were obtained from 209 newborns ≥ 35 weeks of gestation, who were admitted to Kobe University Hospital. Serum UB concentration was measured using the glucose oxidase-peroxidase method. Serum TB and Alb concentrations were measured on spectrophotometry. B/A ratios were calculated and were linearly compared with serum UB. Furthermore, the accuracy of the B/A ratio was evaluated. RESULTS: The B/A ratio was significantly correlated with serum UB concentration. A serum UB concentration of 0.6 µg/dL was in agreement with a B/A ratio of 0.5. For comparison of the number of newborns who had serum UB concentrations ≥ or <0.6 µg/dL and B/A ratios ≥ or <0.5, we found the following characteristics: the concordance rate between serum UB concentrations and the B/A ratio was 94%, sensitivity was 51%, and specificity was 99%. CONCLUSIONS: The B/A ratio is significantly correlated with serum UB concentration in newborns ≥ 35 weeks of gestation. The B/A ratio, however, is underestimated when serum UB concentrations are >0.6 µg/dL.

    1, 2012年02月, Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society, 54 (1), 81 - 5, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • Correlation and precision of serum free bilirubin concentrations determined by single and two peroxidase concentration methods in term or late-preterm newborn infants using a FDA-approved analyzer.

    Akihiro Miwa, Ichiro Morioka, Tomoyuki Yokota, Akio Shibata, Kiyomi Matsuo, Kazumichi Fujioka, Tsubasa Koda, Satoru Morikawa, Hisahide Nishio, Naoki Yokoyama, Hajime Nakamura, Masafumi Matsuo, Hideto Yamada

    BACKGROUND: Free bilirubin concentration (B(f)) is an index for identifying newborns at risk for developing bilirubin-induced neurotoxicity. It has been suggested that B(f) measured by a single peroxidase concentration (B(f-single)) does not equal the equilibrium concentration of B(f), which is confirmed by B(f) at two different peroxidase concentrations (B(f-two)). However, the differences between B(f-single) and B(f-two) are unknown in the serum of term or late-preterm newborn infants. Furthermore, to apply B(f-single) with savings on time and cost to the clinical setting, it is very important for us to clarify the differences between B(f-single) and B(f-two). METHODS: Forty serum samples were obtained from 21 term or late-preterm newborns who were admitted at Kobe University Hospital. Using a peroxidase method, B(f-single) was measured at one peroxidase concentration, and B(f-two) was determined at two different peroxidase concentrations (the manufacturer's recommended peroxidase concentration and half the manufacturer's recommended peroxidase concentration). To clarify the relationship between B(f-single) and peroxidase concentrations, B(f-single) was measured at five different concentrations of peroxidase reagent. Intra-day and inter-day analyses were performed to assess the precision of B(f-single) and B(f-two). RESULTS: 1/B(f-single) increased as peroxidase concentration increased. B(f-single) was significantly lower than B(f-two) (B(f-single): 0.50 microg/dL [0.13 - 1.22 microg/dL] versus B(f-two): 0.59 microg/dL [0.15 - 1.76 microg/dL], p < 0.001), but B(f-single) was significantly correlated with B(f-two) (r = 0.953, p < 0.0001). Intra-day analysis showed that the CV was 9.7% for B(f-two) and 3.3% for B(f-single), and the inter-day CV was 12.4% for B(f-two) and 3.2% for B(f-single). CONCLUSIONS: Although B(f-single) and B(f-two) are not identical, B(f-single) is significantly correlated with B(f-two) and it is more precise than B(f-two) in term or late-preterm newborns.

    5-6, 2012年, Clinical laboratory, 58 (5-6), 507 - 14, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • Kazumichi Fujioka, Ichiro Morioka, Kandai Nozu, Masashi Nishimoto, Mariko Amano, Mizuki Tagami, Shigeru Honda, Naoki Yokoyama, Hideto Yamada, Kazumoto Iijima, Masafumi Matsuo

    3, 2011年06月, Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society, 53 (3), 406 - 8, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • Akihiro Miwa, Ichiro Morioka, Chieko Hisamatsu, Kazumichi Fujioka, Satoru Morikawa, Akio Shibata, Masao Yasufuku, Naoki Yokoyama, Masafumi Matsuo

    BACKGROUND: The serum concentration of unbound bilirubin (UB), which is bilirubin not bound to albumin (Alb), is a better index than total bilirubin concentration (TB) for identifying infants at risk for developing bilirubin neurotoxicity. The degree to which the hypoalbuminemia following abdominal surgery in jaundiced newborns affects bilirubin binding is unknown. OBJECTIVE: To determine whether lower Alb occurring in newborns undergoing abdominal surgery shortly after birth results in significantly higher UB in serum versus nonsurgical patients at comparable serum TB. METHODS: A matched case-control study was conducted with term and late-preterm newborns. The surgery group included 15 newborns who underwent abdominal operation within 3 days after birth. Clinical and laboratory data (serum UB, TB, and Alb concentrations, UB/TB ratio, and binding constant) in the surgery group were collected and compared with those of 30 control newborns who did not undergo abdominal surgery (control group). RESULTS: Serum UB and the UB/TB ratio in the surgery group were significantly higher than those in the control group (p < 0.02, p < 0.001, respectively), whereas there were no significant differences in serum TB and binding constant between the groups. Serum Alb concentrations in the surgery group were significantly lower than those in the control group (p < 0.001). When pre- and postoperative serum Alb concentrations were compared, there was a significant decrease from 3.4 to 2.7 g/dl (p < 0.001). CONCLUSIONS: Our study suggests that hypoalbuminemia following abdominal surgery causes a higher serum UB at comparable serum TB in newborns.

    3, 2011年, Neonatology, 99 (3), 202 - 7, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • Kazumichi Fujioka, Ichiro Morioka, Akihiro Miwa, Satoru Morikawa, Akio Shibata, Naoki Yokoyama, Masafumi Matsuo

    1, 2011年01月, Nature medicine, 17 (1), 29 - 30, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • Kazumichi Fujioka, Ichiro Morioka, Takeshi Urade, Kaho Suzuki, Mayumi Morizane, Naoki Yokoyama, Masafumi Matsuo

    We report the intact surviving case of a newborn with a birth weight of 412 g delivered from an active systemic lupus erythematosus (SLE) mother with antiphospholipid syndrome. A review of the literature revealed that our infant is the lowest surviving birth weight in newborns from SLE mothers to date.

    9, 2010年09月, The journal of maternal-fetal & neonatal medicine : the official journal of the European Association of Perinatal Medicine, the Federation of Asia and Oceania Perinatal Societies, the International Society of Perinatal Obstetricians, 23 (9), 1050 - 2, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • Kosuke Nishida, Kazumichi Fujioka, Yusuke Sugioka, Shinya Abe, Mariko Ashina, Sachiyo Fukushima, Shohei Ohyama, Toshihiko Ikuta, Kenji Tanimura, Hideto Yamada, Kazumoto Iijima, Ichiro Morioka

    INTRODUCTION: Congenital cytomegalovirus infection (CCMVI) may result in neurodevelopmental impairments (NDIs) such as hearing loss, developmental delay, epilepsy, and cerebral palsy. We aimed to investigate the potential for brain magnetic resonance imaging (MRI) to predict NDI in patients with CCMVI. METHODS: We studied infants with CCMVI who were referred to our hospital from April 2010 to October 2018 and underwent a brain MRI within 3 months since birth. We screened for 6 classic presentations of CCMVI including ventriculomegaly, periventricular cysts, hippocampal dysplasia, cerebellar hypoplasia, migration disorders, and white matter abnormalities. Images were interpreted by a blinded pediatric radiologist. NDI was defined as having a developmental quotient <80, hearing dysfunction, blindness, or epilepsy requiring anti-epileptic drugs at approximately 18 months of corrected age. RESULTS: The study involved 42 infants with CCMVI (median gestational age 38 weeks, birthweight 2,516 g). At least one abnormal finding was detected in 28 (67%) infants. Abnormal findings consisted of 3 cerebellar hypoplasia (7%), 7 migration disorders (17%), 26 white matter abnormalities (62%), 12 periventricular cysts (28%), 1 hippocampal dysplasia (2%), and 20 ventriculomegaly (48%). Abnormal findings were significantly more prevalent in infants with clinical symptoms (21/24, 91%) than in those without (7/19, 37%, p < 0.01). For NDI prediction, having ≥2 of ventriculomegaly, periventricular cysts, and white matter abnormality produced the highest Youden index values (0.78). CONCLUSION: Infants with CCMVI with at least 2 of the abovementioned specific brain image abnormalities may be at high risk of developing NDI.

    2020年06月03日, Neonatology, 1 - 7, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Ichiro Morioka, Yasumasa Kakei, Takashi Omori, Kandai Nozu, Kazumichi Fujioka, Tetsushi Yoshikawa, Hiroyuki Moriuchi, Yoshinori Ito, Akira Oka

    BACKGROUND: Congenital cytomegalovirus (CMV) disease, a common mother-to-child infection, can lead to neurological sequelae. Some clinical trials have shown that oral valganciclovir (VGCV) can improve hearing and neurodevelopmental impairment in infants with congenital CMV disease. However, VGCV has neither been approved in Japan nor other countries as a treatment for this disease by the government health insurance. METHODS: This study is a non-randomized, prospective, open-label, multicenter, single-arm clinical trial and will include subjects meeting the following criteria: confirmation of positive CMV-DNA amplification in urine by an in vitro diagnostic test within 21 days of age; congenital CMV disease with one or more central nervous system disorders-microcephaly, hydrocephalus or ventricular enlargement, periventricular calcification, cortical hypoplasia or white matter injury, retinal choroiditis, and abnormal auditory brainstem response (ABR); and infants within 2 months of age with a gestational age ≥32 weeks at birth and weighing ≥1800 g at the time of registration. Subjects will be orally administered 16 mg/kg VGCV twice daily for 6 months. The target number of cases for enrollment between February 3, 2020 and July 31, 2021 is 25. Primary endpoint is the change in whole blood CMV loads before and after 6 months of treatment. The important secondary endpoint is the change in ABR (both best and total ear hearing assessments) before and after 6 months of treatment. The safety endpoints are adverse events and drug side effects. DISCUSSION: To the best of our knowledge, this multicenter, open-label, single-arm study will be the first well-designed clinical trial to evaluate the efficacy of oral VGCV in infants with congenital CMV diseases. The findings will reveal the efficacy and safety of oral VGCV treatments and enable the approval of oral VGCV as a treatment for infants with congenital CMV disease by the government health insurance of Japan.

    2020年04月, Medicine, 99 (17), e19765, 英語, 国際誌

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • Mariko Ashina, Kazumichi Fujioka, Kaori Ueda, Akiko Miki, Kazumoto Iijima

    2020年07月21日, Pediatrics and neonatology, 英語, 国際誌

    [査読有り]

  • Masakazu Shinohara, Emma Tabe Eko Niba, Yogik Onky Silvana Wijaya, Izumi Takayama, Chisako Mitsuishi, Sakae Kumasaka, Yoichi Kondo, Akihiro Takatera, Isamu Hokuto, Ichiro Morioka, Kazutaka Ogiwara, Kimimasa Tobita, Atsuko Takeuchi, Hisahide Nishio, Kazumichi Fujioka, Kazumoto Iijima, Akihito Takahashi, Daisaku Morimoto, Yosuke Washio, Yasuhiko Takahashi, Junko Yamamoto, Yasushi Takahata, Nobuhiko Nagano, Hideto Nakao, Tomoyuki Yokota, Seiji Yoshimoto, Kuniko Ieda, Norioki Ohno, Kazutoshi Cho, Hideaki Shiraishi, Norihisa Koyama, Mari Sugimoto, Manabu Iwanaga, Muneaki Matsuo, Hitoshi Osaka, Hironori Shimozawa, Takanori Yamagata, Naoki Fukushima, Masaaki Ueda, Shinobu Yoshida, Hideki Shimomura, Yasuhiro Takeshima, Fumiko Kinoshita, Tatsuharu Sato, Shinichi Niijima, Noboru Yoshida, Ken Masunaga, Mikihiro Aoki, Takeshi Morisawa, Yoshihisa Nagayama, Kei Murayama, Tomoko Tsuruoka, Tomoyuki Miyamoto, Hiroaki Imamura, Jiro Ogawa, Hideomi Asanuma, Shuku Ishikawa, Masaki Kobayashi, Taihei Tanaka, Takaharu Yamada, Hiroyuki Adachi, Atsuko Noguchi, Tsutomu Takahashi, Yuko Sato, Koichi Nakanishi, Tomohide Yoshida, Masao Murabayashi, Masato Mizushima, Tatsuo Satomi, Shinya Hayashida, Yutaka Nishimura, Masato Kantake, Sasagu Kimura, Kazumasa Takahashi, Go Tajima

    Spinal muscular atrophy (SMA) is a neuromuscular disorder caused by SMN1 gene deletion/mutation. The drug nusinersen modifies SMN2 mRNA splicing, increasing the production of the full-length SMN protein. Recent studies have demonstrated the beneficial effects of nusinersen in patients with SMA, particularly when treated in early infancy. Because nusinersen treatment can alter disease trajectory, there is a strong rationale for newborn screening. In the current study, we validated the accuracy of a new system for detecting SMN1 deletion (Japanese patent application No. 2017-196967, PCT/JP2018/37732) using dried blood spots (DBS) from 50 patients with genetically confirmed SMA and 50 controls. Our system consists of two steps: (1) targeted pre-amplification of SMN genes by direct polymerase chain reaction (PCR) and (2) detection of SMN1 deletion by real-time modified competitive oligonucleotide priming-PCR (mCOP-PCR) using the pre-amplified products. Compared with PCR analysis results of freshly collected blood samples, our system exhibited a sensitivity of 1.00 (95% confidence interval [CI] 0.96-1.00) and a specificity of 1.00 (95% CI 0.96-1.00). We also conducted a prospective SMA screening study using DBS from 4157 Japanese newborns. All DBS tested negative, and there were no screening failures. Our results indicate that the new system can be reliably used in SMA newborn screening.

    MDPI, 2019年12月, INTERNATIONAL JOURNAL OF NEONATAL SCREENING, 5 (4), 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

  • 胃泡拡大が診断契機となった胎児期に発症した小腸軸捻転症の1例

    福嶋 祥代, 芦名 満理子, 大山 正平, 生田 寿彦, 大久保 沙紀, 山名 啓司, 藤岡 一路, 宮内 玄徳, 大片 祐一, 尾藤 祐子, 飯島 一誠, 森岡 一朗

    (公社)日本小児科学会, 2019年03月, 日本小児科学会雑誌, 123 (3), 612 - 612, 日本語

    [査読有り]

  • 輪状膵に伴う先天性多発十二指腸閉鎖症の術後に閉塞性黄疸を来したDown症候群の1例

    芦名 満理子, 大山 正平, 生田 寿彦, 福嶋 祥代, 大久保 沙紀, 山名 啓司, 藤岡 一路, 宮内 玄徳, 大片 祐一, 尾藤 祐子, 飯島 一誠, 森岡 一朗

    (公社)日本小児科学会, 2019年03月, 日本小児科学会雑誌, 123 (3), 613 - 613, 日本語

    [査読有り]

  • 生後急速に進行する腹部膨満の原因として壁内神経節細胞の未熟生が考えられた早産児の1例

    福嶋 祥代, 阿部 真也, 芦名 満理子, 大山 正平, 生田 寿彦, 藤岡 一路, 宮内 玄徳, 會田 洋輔, 大片 祐一, 尾藤 祐子, 飯島 一誠

    (公社)日本小児科学会, 2019年03月, 日本小児科学会雑誌, 123 (3), 623 - 623, 日本語

    [査読有り]

  • 胎児期に臍帯嚢胞を指摘された尿膜管遺残の1例

    金谷 真吾, 福嶋 祥代, 阿部 真也, 芦名 満理子, 大山 正平, 生田 寿彦, 藤岡 一路, 宮内 玄徳, 中谷 太一, 會田 洋輔, 大片 祐一, 尾藤 祐子, 飯島 一誠

    (公社)日本小児科学会, 2019年03月, 日本小児科学会雑誌, 123 (3), 624 - 624, 日本語

    [査読有り]

  • Sota Iwatani, Akemi Shono, Makiko Yoshida, Keiji Yamana, Khin Kyae Mon Thwin, Jumpei Kuroda, Daisuke Kurokawa, Tsubasa Koda, Kosuke Nishida, Toshihiko Ikuta, Kazumichi Fujioka, Masami Mizobuchi, Mariko Taniguchi-Ikeda, Ichiro Morioka, Kazumoto Iijima, Noriyuki Nishimura

    Mesenchymal stem cells (MSCs) are a heterogeneous cell population that is isolated initially from the bone marrow (BM) and subsequently almost all tissues including umbilical cord (UC). UC-derived MSCs (UC-MSCs) have attracted an increasing attention as a source for cell therapy against various degenerative diseases due to their vigorous proliferation and differentiation. Although the cell proliferation and differentiation of BM-derived MSCs is known to decline with age, the functional difference between preterm and term UC-MSCs is poorly characterized. In the present study, we isolated UC-MSCs from 23 infants delivered at 22-40 weeks of gestation and analyzed their gene expression and cell proliferation. Microarray analysis revealed that global gene expression in preterm UC-MSCs was distinct from term UC-MSCs. WNT signaling impacts on a variety of tissue stem cell proliferation and differentiation, and its pathway genes were enriched in differentially expressed genes between preterm and term UC-MSCs. Cell proliferation of preterm UC-MSCs was significantly enhanced compared to term UC-MSCs and counteracted by WNT signaling inhibitor XAV939. Furthermore, WNT2B expression in UC-MSCs showed a significant negative correlation with gestational age (GA). These results suggest that WNT signaling is involved in the regulation of GA-dependent UC-MSC proliferation.

    Hindawi Limited, 2017年, Stem Cells International, 2017, 英語

    [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 第2子に偽性低アルドステロン症を認め、第1子にも高レニン・高アルドステロン血症を認めた二絨毛膜二羊膜双胎例

    市川 裕太, 藤岡 一路, 阿部 真也, 芦名 満理子, 福嶋 祥代, 生田 寿彦, 大山 正平, 西田 浩輔, 野津 寛大, 飯島 一誠

    (株)東京医学社, 2019年12月, 周産期医学, 49 (12), 1675 - 1678, 日本語

  • 母体の尾骨突出を認めた新生児頭蓋骨陥没骨折の2例

    西田 浩輔, 藤岡 一路, 森沢 猛, 米谷 昌彦, 飯島 一誠

    症例1は在胎38週4日に出生した3632gの女児、症例2は在胎40週3日に出生した3412gの女児で、両症例とも母体尾骨突出による遅延分娩のため吸引分娩で出生した。いずれも出生時に新生児頭蓋骨陥没骨折を認めたが、頭部CTにて明らかな頭蓋内病変は認めず、それぞれ日齢21、日齢1に頭蓋骨整復術が施行された。その結果、術後経過は良好で、神経学的後遺症を認めず、軽快退院となった。

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2019年09月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 55 (3), 848 - 851, 日本語

  • 【新生児医療67の臨床手技とケア タイミング、流れ&コツ、評価まで見える】(第2章)治療・検査の手技 (5節)検査【エコー、生理機能検査】聴性脳幹反応 ABRとaABR

    西田 浩輔, 森本 紗代, 藤岡 一路

    (株)メディカ出版, 2019年09月, with NEO, (2019秋季増刊), 111 - 115, 日本語

  • 【新生児医療67の臨床手技とケア タイミング、流れ&コツ、評価まで見える】(第3章)新生児ケアの手技 (6節)検査、治療時のケア 黄疸計の使い方と光線療法

    阿部 真也, 森本 紗代, 藤岡 一路

    (株)メディカ出版, 2019年09月, with NEO, (2019秋季増刊), 254 - 260, 日本語

  • 出生後初回の採血で著明な高K血症を呈した尿路奇形を伴わない続発性偽性低アルドステロン症の1新生児例

    市川 裕太, 藤岡 一路, 芦名 満理子, 阿部 真也, 福嶋 祥代, 生田 寿彦, 大山 正平, 西田 浩輔, 野津 寛大, 飯島 一誠

    在胎36週3日、出生体重2,464g、Apgar Score 9/9点、緊急帝王切開で出生した男児。早産、低出生体重のため入院となった。入院後初回の血液検査で、高K血症(7.4mEq/L)を認めた。腹部エコーで尿路奇形や水腎症は認めず、尿培養は陰性で、代謝性アシドーシスは認めなかったが、動脈ライン採血を含む複数回の再検でも高K血症を認めたため、日齢0よりグルコン酸Ca水和物注射に加えて、グルコース・インスリン療法を行い、高K血症は速やかに軽快した。精査のため提出した血中アルドステロン濃度3,680pg/mL、レニン活性>20ng/mL/hrと上昇を認めたことより、続発性偽性低アルドステロン症と診断した。退院後の検査で、ミネラルコルチコイド受容体遺伝子に変異は認めなかった。本症例のように尿路奇形の合併を認めない場合でも、出生直後の高K血症の原因として続発性偽性低アルドステロン症を念頭におく必要がある。(著者抄録)

    (株)日本小児医事出版社, 2019年08月, 小児科臨床, 72 (8), 1030 - 1034, 日本語

  • UGT1A1遺伝子G71Rヘテロ接合変異を有し、完全母乳栄養中に遷延性高ビリルビン血症を呈した一絨毛膜二羊膜双胎の早産児例

    大山 正平, 八木 佑加子, 山名 啓司, 藤岡 一路, 飯島 一誠, 岡橋 彩, 中村 肇, 森岡 一朗

    症例は日齢51の男児。在胎28週2日、出生体重896gで出生した一絨毛膜二羊膜双胎の第2子。日齢51の定期血液検査で著明な高ビリルビン血症を呈した(総ビリルビン12.1mg/dL、アンバウンドビリルビン1.20μg/dL)。ただちに、光線療法を開始し母乳から人工乳への変更を行い、速やかに改善した。同じuridine diphosphate-glucuronosy 1 trans-ferase 1(UGT1A1)遺伝子G71Rヘテロ接合変異を有していた第1子と程度に差があったため、両児間で臨床背景を比較した。溶血発作や感染症はなく、両児ともに完全母乳で、哺乳量・体重増加率・血清アルブミン値に差はなかった。黄疸管理を比較すると、第2子発症の1週間前(日齢45)に第1子のみ高ビリルビン血症のモニタリングが行われており、光線療法が行われていた。完全母乳栄養でUGT1A1遺伝子G71R多型変異を有する早産児では、適切にモニタリングや治療が行われないと遷延性高ビリルビン血症の重症度に影響しうる。(著者抄録)

    (株)日本小児医事出版社, 2019年03月, 小児科臨床, 72 (3), 319 - 323, 日本語

  • 軽度の片側性水腎症に合併した続発性偽性低アルドステロン症の1新生児例

    西田 浩輔, 藤岡 一路, 芦名 満理子, 阿部 真也, 福嶋 祥代, 生田 寿彦, 大山 正平, 飯島 一誠

    症例は、在胎37週5日、出生体重2,735g、Apgar score 9/10点で出生した二絨毛膜二羊膜双胎の第1子の男児。生直後からの哺乳不良・体重減少を主訴に日齢9に当院入院となった。検査で、代謝性アシドーシス、低Na高K血症を認め、腹部エコーにより左水腎症(SFU分類2度)を認めていた。入院後提出した血中アルドステロン濃度3,950pg/mL、レニン活性230ng/mL/hrと上昇を認めたことより、続発性偽性低アルドステロン症(pseudohypoaldosteronism:以下PHA)と診断した。低Na血症の改善を認めないため日齢22よりNaCl補充を開始したところ、電解質異常・代謝性アシドーシスは速やかに軽快した。退院後の検査で、ミネラルコルチコイド受容体遺伝子に変異は認めなかった。本症例のように、尿路感染症を伴わず、軽微な腎病変しか認めない症例であっても、新生児期には続発性PHAを発症することがあるため注意を要する。(著者抄録)

    (株)日本小児医事出版社, 2019年03月, 小児科臨床, 72 (3), 337 - 341, 日本語

  • 生体侵襲とショックの基礎病態学、今 Cecal Slurry法を用いた早産児マウス敗血症モデルの利点と課題

    藤岡 一路

    近年、成獣マウスの虫垂内容物から糞便懸濁液(Cecal slurry:CS)を作成し、対象マウスに腹腔内投与するCS法が確立された。また、一度に大量のCS保存液を作成・保存し、全実験を通じて同一起源のCSを用いることで実験再現性が向上することが報告された。今回、第33回日本Shock学会総会において、CS法を用いてわれわれが作成した早産児マウス敗血症モデル(Shock 2017;47:242-50.)の利点と課題について発表する機会を得た。CS法の利点は、標準的敗血症モデルである盲腸結紮穿刺法と比して著しく低侵襲で、新生仔マウスへも応用可能な点、手技が単純で熟練を要さない点、およびCS用量依存性に死亡率増加を認めるため重症度調節が容易な点がある。CS法の課題としては、第一に起源が異なるCS間では誘導する敗血症重症度に差があること、第二にCS保存液培養で得られる細菌数(CFU)と投与後誘導される敗血症の重症度が必ずしも相関しないことがある。また第三の課題として、体重あたり用量(mg/g体重)に基づきCSを投与した場合、CS総投与量(mg)が多いほど死亡率が高い結果となることがあり、日・週齢の異なるマウス間での死亡率比較が困難な点がある。本稿では、これらの課題に対してわれわれが行っている工夫および考察について詳述する。(著者抄録)

    (一社)日本Shock学会, 2019年02月, Shock: 日本Shock学会雑誌, 33 (2), 28 - 33, 日本語

  • 極低出生体重児と自閉スペクトラム症児の3歳時の発達特徴の比較

    万代 ツルエ, 前山 花織, 岩谷 壮太, 藤岡 一路, 北山 真次, 飯島 一誠, 森岡 一朗

    目的:極低出生体重(VLBW)児は自閉スペクトラム症(ASD)児と発達特徴の共通点が報告されているが、相違点もあると考えられる。VLBW児とASD児の3歳時点での発達的特徴の相違点を明らかにすることを目的とした。対象・方法:ASD児で、3歳時に新版K式発達検査2001を施行した児18名のうちDQ70以上の14名(ASD群)を抽出した。VLBW児で、3歳時に新K式2001を施行した172名中、ASD群と全領域DQをマッチさせた28名(VLBW群)で検査項目の通過率を比較・検討した。結果:VLBW群はASD群に比べて「家の模倣」、「四角構成 例後」、「形の弁別II 10/10」、「絵の名称II 5/6」、「色の名称3/4」、「13の丸10まで」、「4つの積木」、「左右弁別 全逆」の通過率が有意に低く(p<0.05)、「表情理解I」、「表情理解II」の通過率が高かった(p<0.1)。結論:VLBW児はASD児に比べて空間認知・構成力・知識・数の力が弱く、他者の感情を推測する力が強い傾向にあった。(著者抄録)

    (公社)日本新生児成育医学会, 2019年02月, 日本新生児成育医学会雑誌, 31 (1), 90 - 96, 日本語

  • 治療〜難治性疾患へのアプローチ〜 症候性先天性サイトメガロウイルス感染症に対する胎児治療と新生児治療

    谷村 憲司, 内田 明子, 森實 真由美, 西田 浩輔, 藤岡 一路, 森岡 一朗, 峰松 俊夫, 山田 秀人

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2019年01月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 54 (別冊), 26 - 27, 日本語

  • 西田浩輔, 藤岡一路

    2018年11月10日, Neonatal Care, 31 (11), 1061‐1066, 日本語

  • 内山 美穂子, 谷村 憲司, 白國 あかり, 森實 真由美, 出口 雅士, 藤岡 一路, 森岡 一朗, 山田 秀人

    妊娠30週未満で分娩となった胎児発育不全児(FGR)16例を対象に、予後不良に関連する因子について検討した。その結果、後遺症なし生存中の予後良好群は8例、後遺症あり生存または、子宮内胎児死亡、新生児死亡の予後不良群は8例であった。予後良好群に比べ予後不良群では、妊娠回数が少なく、FGR診断時胎児推定体重のSD値が小さく、高度の胎児血流異常ありの割合が高かった。FGRの原因やリスク因子としては妊娠高血圧症候群が62.4%を占めていた。また、FGR診断後にHDP(妊娠高血圧症候群)を発症した症例もみられた。

    「産婦人科の進歩」編集室, 2018年08月, 産婦人科の進歩, 70 (3), 270 - 277, 日本語

  • 藤岡一路, 西田浩輔, 飯島一誠

    2018年04月, 母子健康協会小児医学助成研究報告書, 29th, 7‐9, 日本語

  • 重症small for gestational age児における尿道下裂合併症例とその出生時臨床像の検討

    芦名 満理子, 藤岡 一路, 福嶋 祥代, 生田 寿彦, 大山 正平, 大久保 沙紀, 山名 啓司, 飯島 一誠, 森岡 一朗

    【背景】妊娠中の胎盤機能不全は胎児発育不全を引き起こす。特に早期より起こった場合、重症のsmall for gestational age(severe SGA)児を呈しやすい。一方、妊娠早期の胎盤機能不全は胎盤由来human chorionic gonadotropin(hCG)分泌不全の結果、児に尿道下裂を発症することが示唆されている。それゆえ、重度の胎盤機能不全が予測されるsevere SGA児に尿道下裂の合併が多いと考えられるが、severe SGA児における尿道下裂の合併症例やその出生時臨床像をまとめた報告は少ない。【目的】severe SGA児における尿道下裂の発症割合と出生時の臨床像を明らかにすること。【対象・方法】2004年1月から2009年9月までの期間に神戸大学医学部附属病院に入院した新生児のうち、出生時の身長または体重が-2SD未満のsevere SGAの男児61例を対象とし、尿道下裂の発症割合と出生時の臨床像について後方視的に検討した。【結果】severe SGA児61例中9例(15%)に尿道下裂を認めた。尿道下裂群(n=9)と対照群(n=52)に分け、その出生時臨床像を比較検討すると、在胎週数、出生時体重・身長に有意差はなかったものの、重症仮死の割合(44.4% vs.11.5%、p=0.01)が尿道下裂群で有意に多かった。【考察】severe SGA児が尿道下裂を発症する割合は15%と高頻度であった。severe SGA児のうち尿道下裂合併例では、重症新生児仮死の頻度が高く、胎盤機能不全の影響が示唆された。(著者抄録)

    (株)日本小児医事出版社, 2018年02月, 小児科臨床, 71 (2), 180 - 184, 日本語

  • 早産児敗血症においてヘムオキシゲナーゼ-1が果たす役割の解明

    藤岡 一路

    (一社)神緑会, 2017年08月, 神緑会学術誌, 33, 61 - 64, 日本語

  • 早産低出生体重児と高ビリルビン血症 早産児の総ビリルビン・アンバウンドビリルビンを用いた光線療法・交換輸血治療基準の評価

    森岡 一朗, 香田 翼, 岩谷 壮太, 黒川 大輔, 山名 啓司, 西田 浩輔, 大山 正平, 藤岡 一路, 飯島 一誠, 中村 肇

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2017年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 53 (2), 474 - 474, 日本語

  • 早産児マウス敗血症モデルの作成

    藤岡 一路

    新生児敗血症は、全身性の細菌感染と続発する多臓器不全を本態とし、とくに宿主防御機構が未熟な早産児においては致死率が高い。われわれは、早産児敗血症の病態解明および新規治療法開発を目指し、Cecal Slurry(CS)法を用いた早産児マウス敗血症モデルを作成した。さらに、同モデルにおけるヘムオキシゲナーゼ-1誘導の保護効果を検討し、結果を第31回日本Shock学会で報告した。本稿では、手術を要さず低侵襲であり、高い実験再現性が期待できるCS法を用いた敗血症モデルマウス作成の実際について、われわれが確立した早産児マウス敗血症モデルを用いて概説する。(著者抄録)

    (一社)日本Shock学会, 2017年04月, Shock: 日本Shock学会雑誌, 31 (2), 17 - 21, 日本語

  • 経管栄養間隔の変更が極低出生体重児の経腸栄養確立に及ぼす影響の検討

    藤岡 一路, 溝渕 雅巳, 和田 佳子, 岩谷 壮太, 坂井 仁美, 芳本 誠司, 中尾 秀人

    背景:初期栄養管理はVLBWの生後発育に極めて重要である一方、最適な経管栄養間隔については明らかではない。我々は、栄養不耐性の懸念からVLBWに対して2時間毎注入を採用していたが、2012年7月より3時間毎注入を導入した。目的:注入間隔の変更がVLBWの臨床像に与える影響を検討すること。方法:2011年7月〜2012年6月の期間に出生した63例のVLBWを前期群に、2012年7月〜2013年6月の期間に出生した68例を後期群に割り付けた。先天奇形、生後早期死亡は除外した。経管栄養増量は両群ともに10〜30mL/kg/dayとした。臨床像と合併症につき2群間で比較検討した。結果:経腸栄養確立に関して、2群間に有意差を認めなかった。しかし、IVHとCLDの罹患率は後期群で有意な減少を認めた。多変量解析の結果、CLDに関しては小さい在胎週数と前期群が独立した予測因子であった。結論:VLBWに対する3時間毎注入は、経腸栄養確立に関して2時間毎注入と同等であり、CLDの罹患率を減少させた。これらの結果については、前方視的研究による確認が必要である。(著者抄録)

    (一社)日本新生児成育医学会, 2015年02月, 日本未熟児新生児学会雑誌, 27 (1), 114 - 119, 日本語

  • 一絨毛膜二羊膜性双胎における出生時血清NT-pro BNP濃度と生後早期心不全との関連性に関する研究

    藤岡 一路, 坂井 仁美, 芳本 誠司, 中尾 秀人

    (一社)神緑会, 2014年08月, 神緑会学術誌, 30, 55 - 57, 日本語

  • 輸入不活化ポリオワクチン初回免疫後のポリオウイルス中和抗体価に関する検討

    藤岡 一路, 飯島 一誠

    日本人小児121名に、輸入不活化ポリオワクチン(inactivated polio vaccine:IPV)3回皮下接種による初回免疫を行い、ポリオウイルス1-3型の中和(NT)抗体価を測定した。初回免疫後のNT抗体価が、1-3型すべて陽性であったのは121例中119例(98.3%)であった。4〜8週間隔での3回接種を行った8ヵ月女児と9ヶ月女児の2例においてポリオウイルス1型NT抗体価が陰性(4倍未満)であった。全体として初回免疫後の幾何平均抗体価は1型:17.7倍、2型:53.3倍、3型:36.5倍であった。定期接種のIPV切り替え前に、個人輸入IPVの通常接種を受けた児においては接種後のポリオ免疫獲得に関するデータが乏しく、今後さらなるデータの蓄積が必要である。(著者抄録)

    (一社)日本渡航医学会, 2014年05月, 日本渡航医学会誌, 7 (1), 10 - 12, 日本語

  • 第3次周産期医療センターで対応したドバイからの帰国超早産児の1例

    藤岡 一路, 上村 和也, 梶 笑美子, 和田 佳子, 坂井 仁美, 溝渕 雅巳, 芳本 誠司, 中尾 秀人

    症例は生後3ヵ月の男児で、旅行先のドバイにて在胎26週5日、970gで出生した。出生後はNICUに入院し、集中治療終了後に帰国し、未熟児網膜症(ROP)に対するAvastin治療後のフォロー、出血後水頭症などの評価目的で当科入院となった。ROPに関しては活動性がほぼ消退していたため、1ヵ月後の外来フォローとなった。出血後水頭症に関しては、入院5日目の頭部MRIにて脳室上衣下胚層出血後、水頭症、脳室周囲静脈出血の疑いと診断し、入院7日目に施行した聴性脳幹反応検査では聴覚異常なしであった。また、未熟児貧血に対する鉄剤、出血後水頭症・新生児痙攣に対するフェノバルビタール、未熟児くる病に対するアルファカルシドールの服薬指導を行った。入院6日目に左鼠径部ヘルニアの合併が発覚し、徒手整復を行った。入院中は両親へ病状説明を計7回行い、患児の全身状態が良好であることに加え、合併疾患を有する超早産児の病態に関して両親が十分理解した上で、入院16日に自宅退院した。

    (一社)日本渡航医学会, 2014年05月, 日本渡航医学会誌, 7 (1), 40 - 42, 日本語

  • 人工呼吸管理を要する超早産児における気管内吸引液分析の有用性

    溝渕 雅巳, 岩谷 壮太, 田中 聡, 藤岡 一路, 和田 佳子, 坂井 仁美, 芳本 誠司, 中尾 秀人

    目的:人工呼吸管理を要する超早産児における気管内吸引液(TAF)分析の、(1)新生児慢性肺疾患(CLD)の発症予測、(2)CLDに対するステロイド治療の効果判定、(3)人工呼吸器関連肺炎(VAP)の早期診断、に対する有用性について概説する。方法:(1)TAFの量および色調の経時的変化を半定量的に評価する方法を新規に考案した。TAF量スコアは、一回の気管内吸引におけるTAF量を半定量(0〜3点)し、1日の総和とした。TAF色スコアは、一回の気管内吸引におけるTAFの色調を半定量(0、1点)し、1日の総和とした。(2)TAFの生化学的評価として、IL-6を炎症の指標、総蛋白・β2ミクログロブリン(β2M)を血管透過性の指標として測定した。結果:(1)生後早期のTAF量の増加とCLDの発症との関連性を検討した。生後1週間のTAF量スコアの総和が高い症例では、CLD発症のリスクが高かった。(2)CLDの進展期に認められる呼吸不全に対して、ヒドロコルチゾン(HC)療法を行った。HC療法開始後、TAF量スコアやTAF中のβ2M濃度が減少した。(3)VAPの症例において、TAF色スコアおよびTAF中IL-6濃度が、病初期に上昇した。結論:われわれは人工呼吸管理を要する超早産児に対する新規のTAF分析法を考案した。本法における指標は、CLDの病態の解明、治療効果の判定、気道炎症や感染の評価に有用であると考えられた。(著者抄録)

    近畿新生児研究会, 2014年03月, 近畿新生児研究会会誌, (22), 12 - 16, 日本語

  • 神経管閉鎖障害を合併した脊椎肋骨異形成症の2例

    和田 佳子, 坂井 仁美, 芳本 誠司, 田中 聡, 藤岡 一路, 岩谷 壮太, 溝渕 雅巳, 中尾 秀人

    脊椎肋骨異形成症(spondylocostal dysostosis)は多発性椎体奇形と肋骨奇形を伴い、短頸と体幹短縮型低身長を認める疾患群である。本疾患群は遺伝形式や予後など大きく異なる疾患が含まれており、その中でも常染色体劣性の遺伝形式をとり予後不良な疾患群をJarcho-Levin症候群と呼ぶ。Jarcho-Levin症候群は椎体肋骨の異常に加えて先天性心疾患や腹壁異常、腎尿路系の異常などを合併する。今回われわれは神経管閉鎖障害を合併したJarcho-Levin症候群の2例を経験したので報告する。(著者抄録)

    近畿新生児研究会, 2014年03月, 近畿新生児研究会会誌, (22), 29 - 32, 日本語

  • 日本人Small-for-gestational age児におけるレニン・アンジオテンシン系遺伝子多型の関与の検討

    藤岡 一路, 森岡 一朗, 長坂 美和子, 香田 翼, 松尾 希世美, 横田 知之, 柴田 暁男, 山田 秀人, 飯島 一誠

    背景:近年、small-for-gestational age(SGA)は成人期の冠動脈疾患発症リスクが高いことが明らかとなっている。レニン・アンジオテンシン系(RAS)は体液量、電解質代謝に重要な役割を果たしており、RAS遺伝子多型と冠動脈疾患発症リスクとの関連が広く知られている。しかし、RAS遺伝子多型のSGAへの関与については明らかではない。対象・方法:神戸大学医学部附属病院周産母子センターに入院した新生児のうち、出生体重が在胎週数の平均の発育より-1.5SDを下回った児92例をSGA群、在胎週数通りの発育を遂げた児101例をAGA群とした。奇形症候群、染色体異常は除外した。2群間において、RAS遺伝子多型を周産期背景因子と共に比較検討した。結果:2群間の周産期背景因子は、帝王切開、妊娠高血圧症候群の割合、母体年齢がSGA群で有意に高かった。RAS遺伝子多型のアリル頻度は、ACE rs4340(I/D)、AGT rs699(C>T)、AGTR1 rs5186(A>C)で2群間に有意差を認めなかった。遺伝子型頻度は、AGT rs699のTT型がSGA群で有意に多かった。多変量解析の結果、AGT rs699のTT型はSGAの有意な危険因子であった。結論:AGT rs699のTT型はSGAの発症に関与している可能性がある。(著者抄録)

    (一社)日本新生児成育医学会, 2014年02月, 日本未熟児新生児学会雑誌, 26 (1), 153 - 159, 日本語

  • Kasabach-Merritt症候群を合併した巨大肝血管腫にビンクリスチンが奏効した早産児例

    田中 聡, 岩谷 壮太, 祖父江 俊樹, 藤岡 一路, 和田 佳子, 坂井 仁美, 溝渕 雅巳, 芳本 誠司, 中尾 秀人

    在胎31週5日、出生体重2145gの男児。胎児期に腹腔内腫瘤が指摘されており、生後は肝に一致して巨大な硬性腫瘤が触知された。血液検査や腹部造影CTを行ったところ、本症例はKasabach-Merritt症候群(KMS)を合併した新生児巨大肝血管腫と診断され、ステロイド製剤はじめインターフェロン-α・βブロッカーによる治療が行われた。だが、効果が得られず、ビンクリスチンによる治療を試みた結果、腫瘍の縮小効果とKMSの改善が得られた。以上、新生児肝血管腫は現状では各症例の病態に応じた治療を選択する必要性があるが、本症例のようにビンクリスチンによる治療報告は未だ少なく、各種内科的治療に抵抗性を示す症例において期待できると考えられた。

    (公社)日本小児科学会, 2014年01月, 日本小児科学会雑誌, 118 (1), 52 - 56, 日本語

  • 【周産期の画像診断 第2版】新生児編 X線診断 A.単純X線診断 胸部X線診断 縦隔腫瘍、CCAM、肺分画症

    藤岡 一路, 芳本 誠司

    (株)東京医学社, 2013年12月, 周産期医学, 43 (増刊), 483 - 486, 日本語

  • 大血管転位を合併し生後に診断された先天性風疹症候群の1例

    藤岡 一路, 梶 笑美子, 岩谷 壮太, 和田 佳子, 坂井 仁美, 溝渕 雅巳, 芳本 誠司, 中尾 秀人

    26歳(2経妊2経産)。自然妊娠成立後、妊娠36週5日目に胎児心疾患とFGRを指摘され受診となった。妊娠37週5日目に管理入院となり、翌日、女児を出生(出生体重2078g)した。出生時、児は紫斑、脾腫、血小板減少、高IgM血症がみられ、超音波検査により大血管転位(TGA) II型と上衣下嚢胞、更に右眼白内障が認められた。以上、これらの所見ほか、あわせて風疹ウイルスIgM陽性、RT-PCR陽性から本症例は先天性風疹症候群(CRS)と診断された。尚、TGA発症の危険因子として母体の経口避妊薬の投与、母体糖尿病などが指摘されているが、本症例ではいずれも認めず、CRSとの関連が推測された。また、本症例の出生前経過を確認すると母体には風疹ワクチン接種歴はあるが、前妊娠時には風疹抗体陰性であった。しかし、本妊娠5週時には発熱があり、10週時には風疹HI抗体価256倍が認められたものの患者コンプライアンスが悪く精査不能であった。

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2013年12月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 49 (4), 1286 - 1290, 日本語

  • 【予防接種Q&A】日本脳炎 追加接種 流行地への渡航 東南アジアの日本脳炎流行地へ出かけるときは、成人でも追加接種を受けたほうがよいですか

    藤岡 一路

    日本脳炎ワクチンは、東南アジアの日本脳炎流行地へ渡航する際には必須となるトラベルワクチンである。一般に現在の成人患者は、日本脳炎ワクチンの基礎免疫(3回)を完了している世代であるが、接種漏れなどで基礎免疫が完了していない場合は可及的速やかに基礎免疫の完了を目指したスケジュールを立案する。基礎免疫完了者に対する追加接種に関するエビデンスは乏しいものの、最終接種から3年以上経過している場合は一回の追加接種を行うことを積極的に推奨している。日本脳炎ウイルスHI抗体検査は感度・所要日数の観点から必須のプラクティスとしては採用していない。(著者抄録)

    (株)東京医学社, 2013年11月, 小児内科, 45 (増刊), 454 - 455, 日本語

  • 気管内吸引液分析による早期診断により救命し得た在胎22週の緑膿菌性人工呼吸器関連肺炎の一例

    溝渕 雅巳, 田中 聡, 藤岡 一路, 岩谷 壮太, 和田 佳子, 坂井 仁美, 芳本 誠司, 中尾 秀人

    在胎22週4日573gの男児。アプガースコア4/7、経腟分娩で出生し、挿管蘇生後に人工呼吸管理を開始した。日齢7頃より気管内分泌物の増加を伴う呼吸不全を呈し、気管内吸引液(TAF)の量・色調の半定量的スコア化による評価、TAF中インターロイキン6(IL-6)濃度の測定を経時的に行った。日齢17にTAFの黄色化スコアの上昇、TAF中IL-6濃度の上昇を認め、TAFの細菌学的検査ではグラム陰性桿菌が疑われた。グラム陰性菌による人工呼吸器関連肺炎(VAP)を疑い抗生剤CTXおよびγグロブリン投与を行い、呼吸不全に対してはヒドロコルチゾン投与、NO吸入療法、人工サーファクタント補充などを行った。呼吸状態は徐々に改善し、TAF量の減少、TAF中IL-6濃度の低下を認め、発症後7日にVAPは軽快した。なお、胸部X線上の変化や白血球数増加は遅れて出現し、培養での緑膿菌の確認を含め、従来のVAPの診断基準を満たしたのは第4病日(日齢20)であった。

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2013年09月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 49 (3), 1078 - 1082, 日本語

  • 日本人small-for-gestational age児における血管内皮増殖因子遺伝子多型の関与の検討

    藤岡 一路, 森岡 一朗, 長坂 美和子, 香田 翼, 松尾 希世美, 横田 知之, 森川 悟, 三輪 明弘, 柴田 暁男, 山田 秀人, 飯島 一誠

    背景:血管内皮増殖因子(VEGF)は、胎生期の血管形成や胎盤血管形成において重要な役割を果たしている。そのVEGF遺伝子多型は種々の周産期の疾患への関与が報告されているが、small-for-gestational age(SGA)児への関与については明らかではない。対象・方法:神戸大学病院周産母子センターに入院した初産の新生児のうち、出生体重が在胎週数の平均の発育より-1.5SDを下回った児41例をSGA群、在胎週数通りの発育を遂げた児44例をAGA群とした。奇形症候群、染色体異常は除外した。2群間において、VEGF遺伝子型を周産期背景因子と共に比較検討した。結果:2群間の周産期背景因子は、妊娠高血圧症候群の割合がSGA群で有意に多かった。VEGF遺伝子型のアリル頻度は、-1498T>CのTアリル頻度、-634C>GのCアリル頻度がSGA群で有意に高かった。また、遺伝子型頻度は、-1498T>CのCC型がSGA群で有意に少なく、-634C>GのCC型がSGA群で有意に多かった。多変量解析の結果、妊娠高血圧症候群とともに-634C>GのCC型がSGAの有意な危険因子であった。結論:VEGF-634C>GのCC型は、SGAの発症に関与している可能性がある。(著者抄録)

    (一社)日本新生児成育医学会, 2013年06月, 日本未熟児新生児学会雑誌, 25 (2), 231 - 236, 日本語

  • 個人輸入不活化ポリオワクチンの接種状況

    藤岡 一路, 飯島 一誠

    著者らの施設では2010年7月より国内未承認である輸入不活化ポリオワクチン(IPV)の通常接種を開始した。1)2010年1月〜2011年3月までに135名の受診者があり、243回のIPV接種を行ったが、輸入IPV通常接種開始後の7月以降より受診者の著増が認められた。2)初回免疫3回終了後に抗体価測定を行った31名については全例でポリオ免疫の獲得が確認された。尚、輸入IPVによる重篤な副反応は認められなかった。3)輸入IPVを通常接種として使用するにあたっては社会の未承認ワクチンに対する理解の乏しさ、副反応発生時の法的責任や補償の問題、施設間の接種スケジュールの差異、輸入IPV導入施設の局在など、多くの解決すべき問題があることが明らかとなった。

    (公社)日本小児科学会, 2013年04月, 日本小児科学会雑誌, 117 (4), 766 - 772, 日本語

  • 特徴的な皮膚所見から早期診断し早期治療を行えた電撃性紫斑病の1例

    鴨井 良明, 香田 翼, 松尾 希世美, 横田 知之, 藤岡 一路, 森川 悟, 三輪 明弘, 柴田 暁男, 森岡 一朗, 横山 直樹, 飯島 一誠

    (公社)日本小児科学会, 2013年01月, 日本小児科学会雑誌, 117 (1), 138 - 138, 日本語

  • 長期予後からみた出生前診断症例における周産期管理の再評価 長期予後からみた出生前診断と治療 母体及び胎盤・臍帯要因で極低出生体重児として出生した重度胎児発育不全児の3歳時の精神運動発達

    森岡 一朗, 万代 ツルエ, 香田 翼, 松尾 希世美, 横田 知之, 藤岡 一路, 森川 悟, 三輪 明弘, 柴田 暁男, 園山 綾子, 谷村 憲司, 北山 真次, 横山 直樹, 飯島 一誠, 山田 秀人

    1999〜2006年に出生し、母体および胎盤・臍帯要因で早産となった極低出生体重児(VLBW)のうち、修正3歳時に新版K式発達検査を施行した104症例を対象に、精神運動発達予後を検討した。在胎28週以上のVLBWは64例で、appropriate for gestational age(AGA) 36例、small-for-gestational age(SGA) 13例、severe small-for-gestational age(severe SGA) 15例に分類できた。在胎週数はAGAに比べSGA、severe SGAで有意に長く、severe SGAは男児の割合が有意に多かった。AGAに比べ、SGAは出生時体重が有意に少なく、severe SGAは出生時体重・身長・頭囲が有意に小さかった。3歳児の発達指数(DQ値)に有意差はなかった。在胎28週未満のVLBWは40例で、AGA 30例、SGA 2例、severe SGA 8例であった。AGAに比べ、severe SGAは出生時体重・身長・頭囲が有意に小さかった。DQ値では、姿勢・運動領域がAGAより有意に低値であった。Severe SGAの原因の約60%が妊娠高血圧症候群・高血圧合併症妊娠であった。妊娠中断の理由の約60%が胎児機能不全であった。severe SGAの3歳時の運動発達不良を予測するための因子を検討した結果、妊娠中断理由からは有意な因子は抽出されなかったが、在胎週が独立した予測因子として抽出された。

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2012年09月, 周産期学シンポジウム, (30), 53 - 59, 日本語

  • 【いつでも遭遇しうる!輸入感染症・性感染症への対策UP DATE】トラベルワクチンの考え方と接種状況

    藤岡 一路

    (1)トラベルワクチン接種の主な対象は、1.渡航先への入国にワクチン接種が要求される疾病(黄熱、髄膜炎菌)、2.重症度は低いが感染リスクが高い疾病(A型肝炎、腸チフスなど)、3.感染リスクは低いが重症度が高い/慢性化する疾病(破傷風、狂犬病、B型肝炎など)である。(2)トラベルワクチン接種にあたっては、渡航地域別に推奨されるワクチンを選択し、渡航までの期間に基礎免疫が終了するようなスケジュールを立案する。(3)トラベルワクチンの種類は、a.国産ワクチン、b.国産ワクチンのオフラベル使用、c.国内未承認輸入ワクチンに分類され、原則として副反応出現時の補償制度が確立しているaを優先するのが無難であり、b・cが必要な場合は、接種にあたり十分な説明と同意が必要である。(著者抄録)

    (株)メディカ出版, 2012年08月, INFECTION CONTROL, 21 (8), 840 - 843, 日本語

  • 在胎週数相当の-2SD未満のSmall-for-Gestational-Age児の臨床像 単一施設の入院症例における検討

    藤岡 一路, 森岡 一朗, 三輪 明弘, 横田 知之, 香田 翼, 松尾 希世美, 森川 悟, 柴田 暁男, 横山 直樹, 山田 秀人

    出生時体重か身長が在胎週数相当の-2D未満のSmall-for-Gestational-Age(SGA)児148例を対象に、その臨床像について検討した。出生時期は正期産99例(66.9%)、早産41例(27.7%)、28週未満の超早産8例(5.4%)、出生時体格は身長・体重とも-2SD未満75例(50.7%)、身長のみ44例(29.7%)、体重のみ29例(19.6%)であった。出生時期別出生時体格は身長・体重とも-2SD未満は超早産児87.5%、早産児56.1%、正期産児46.1%、身長のみはそれぞれ12.5%、29.2%、31.4%、体重のみは0%、14.7%、22.5%であった。SGAの主因は胎盤・臍帯因子32.8%、母体因子30.3%、胎児因子23.0%、不明13.9%であり、複数の因子を有するのは超早産児87.5%、早産児34.1%、正期産児13.1%と超早産児で有意に高かった。死亡退院は超早産児50.0%、早産児2.4%、正期産児2.0%と超早産児で有意に高く、早産児、正期産児で体重のみ-2SD未満のSGA児に死亡退院はいなかった。

    (一社)神緑会, 2012年08月, 神緑会学術誌, 28, 73 - 77, 日本語

  • 古くて新しい問題、核黄疸 UB(アンバウンドビリルビン)を中心に 生後早期の腹部手術後に生じる低アルブミン血症は高アンバウンドビリルビン血症を引き起こす

    森岡 一朗, 三輪 明弘, 横田 知之, 香田 翼, 松尾 希世美, 藤岡 一路, 柴田 暁男, 大片 祐一, 久松 千恵子, 横山 直樹, 山田 秀人, 飯島 一誠

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2012年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 48 (2), 330 - 330, 日本語

  • 新生児慢性肺疾患とVEGF遺伝子多型の関連

    藤岡 一路, 森岡 一朗, 香田 翼, 松尾 希世美, 横田 知之, 森川 悟, 三輪 明弘, 柴田 暁男, 横山 直樹, 山田 秀人, 飯島 一誠

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2012年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 48 (2), 359 - 359, 日本語

  • 子宮内胎児発育遅延とレニン・アンジオテンシン系遺伝子多型の関連

    藤岡 一路, 森岡 一朗, 香田 翼, 松尾 希世美, 横田 知之, 森川 悟, 三輪 明弘, 柴田 暁男, 横山 直樹, 山田 秀人, 飯島 一誠

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2012年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 48 (2), 368 - 368, 日本語

  • ウリナスタチンとオクトレオチドの投与が胎児水腫における全身浮腫、乳糜胸の改善に効果的であった一例

    横田 知之, 香田 翼, 松尾 希世美, 藤岡 一路, 森川 悟, 三輪 明弘, 柴田 暁男, 森岡 一朗, 横山 直樹, 飯島 一誠

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2012年06月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 48 (2), 452 - 452, 日本語

  • キングスカレッジ・プログラム留学報告書

    藤岡 一路

    日本未熟児新生児学会, 2012年06月, 日本未熟児新生児学会雑誌 = Journal of Japan Society for Premature and Newborn Medicine, 24 (2), 327 - 334, 日本語

    その他

  • 一般小児科外来診療におけるトラベルメディスンの意義

    藤岡 一路

    神戸海星病院小児科外来は、一般小児科外来診療の一環としてトラベルメディスンを提供している。今回、過去3年間の当科におけるトラベルメディスンの実施状況につき検討した。2008年4月〜2011年3月までの過去3年間を対象に、月毎の受診者数、受診目的の内訳について診療録を用いて後方視的に集計し、検討した。過去3年間における当科受診者の述べ人数は1303名であり、2008年度:228名、2009年度:285名、2010年度:790名であった。月毎の受診者数の中央値は2008年度:20名、2009年度:24名、2010年度:59名であった。前期(2010年3月以前)、後期(2010年4月以降)に分け、受診目的の内訳を比較検討すると、前期は、予防接種32.7%、VISA検診24.6%、プライマリ・ケア28.8%、定期検診13.6%、後期は、予防接種79.9%、VISA検診8.6%、プライマリ・ケア8.1%、定期検診3.4%であり、予防接種の割合が後期において有意に高かった。次に、各年度の予防接種の内訳を検討したところ、トラベルワクチン接種、定期予防接種とも経年的な増加を認めたものの、2010年度には7月以降に開始した不活化ポリオワクチン接種が全体の2/3を占めるほど著明に増加しており、これが全受診者数の増加につながったと考えた。一般小児科外来においてトラベルメディスンを提供することは、対象者が限られていることもあり積極的に行われているわけではない。しかしながら、近年の小児科受診者の需要の広がりを考えると、トラベルメディスンの知識に基づいた医療を一般小児科診療に導入することで、潜在的な需要に対応することができる可能性が示唆された。小児を対象とするトラベルクリニックが十分に普及していない現状においては、一般小児科外来診療においてトラベルメディスンを提供することは一定の意義を有すると考える。(著者抄録)

    (一社)日本渡航医学会, 2012年05月, 日本渡航医学会誌, 5 (1), 40 - 44, 日本語

  • 母体に基礎疾患のない成熟児に発症した早発型ビタミンK欠乏性出血症の5例

    松尾 希世美, 森岡 一朗, 香田 翼, 横田 知之, 藤岡 一路, 森川 悟, 三輪 明弘, 柴田 暁男, 横山 直樹, 飯島 一誠

    (公社)日本小児科学会, 2012年02月, 日本小児科学会雑誌, 116 (2), 344 - 344, 日本語

  • バルガンシクロビル内服治療により聴性脳幹反応異常が改善した先天性サイトメガロウィルス感染症の2例

    松尾 希世美, 森岡 一朗, 香田 翼, 山本 暢之, 横田 知之, 藤岡 一路, 森川 悟, 三輪 明弘, 柴田 暁男, 早川 晶, 横山 直樹, 松尾 雅文

    (公社)日本小児科学会, 2011年12月, 日本小児科学会雑誌, 115 (12), 1937 - 1937, 日本語

  • 在宅医療へ移行できた周産期型低ホスファターゼ症の1例

    森岡 一朗, 香田 翼, 松尾 希世美, 横田 知之, 藤岡 一路, 森川 悟, 粟野 宏之, 三輪 明弘, 柴田 暁男, 横山 直樹

    (公社)日本小児科学会, 2011年12月, 日本小児科学会雑誌, 115 (12), 1942 - 1942, 日本語

  • 長期予後からみた出生前診断と治療 母体及び胎盤臍帯要因で極低出生体重児として出生した重度胎児発育不全児の3歳時の精神運動発達

    森岡 一朗, 万代 ツルエ, 香田 翼, 松尾 希世美, 横田 知之, 藤岡 一路, 森川 悟, 三輪 明弘, 柴田 暁男, 園山 綾子, 谷村 憲司, 北山 真次, 横山 直樹, 飯島 一誠, 山田 秀人

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2011年12月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 47 (別冊), 16 - 16, 日本語

  • 米国移民ビザ申請者の予防接種 輸入ワクチンを利用しての留学渡航ワクチン外来の実際

    山本 厚太, 阿部 泰尚, 藤岡 一路

    (株)日本医事新報社, 2011年11月, 日本医事新報, (4570), 86 - 92, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 先天性サイトメガロウイルス感染症における脳室拡大と聴性脳幹反応異常の関連

    松尾 希世美, 森岡 一朗, 香田 翼, 横田 知之, 藤岡 一路, 森川 悟, 三輪 明弘, 柴田 暁男, 横山 直樹, 山田 秀人

    (一社)日本新生児成育医学会, 2011年10月, 日本未熟児新生児学会雑誌, 23 (3), 564 - 564, 日本語

  • 子宮内胎児発育遅延とVEGF遺伝子型の関連

    藤岡 一路, 森岡 一朗, 香田 翼, 松尾 希世美, 横田 知之, 森川 悟, 三輪 明弘, 柴田 暁男, 横山 直樹, 山田 秀人

    (一社)日本新生児成育医学会, 2011年10月, 日本未熟児新生児学会雑誌, 23 (3), 587 - 587, 日本語

  • 院外出生児に対する先制的接触感染予防策がメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)の院内感染を減少させる

    森岡 一朗, 香田 翼, 松尾 希世美, 横田 知之, 藤岡 一路, 森川 悟, 三輪 明弘, 柴田 暁男, 横山 直樹, 山田 秀人

    (一社)日本新生児成育医学会, 2011年10月, 日本未熟児新生児学会雑誌, 23 (3), 726 - 726, 日本語

  • パンデミックインフルエンザA(H1N1)2009を発症中に分娩に至った妊婦2症例における経胎盤感染の検討

    天野 真理子, 森岡 一朗, 森實 真由美, 森本 規之, 藤岡 一路, 柴田 暁男, 横山 直樹, 荒川 創一, 牧野 晶子, 新矢 恭子, 松尾 雅文, 山田 秀人

    パンデミックインフルエンザA(H1N1)2009を発症中に分娩に至った2例において、経胎盤感染の有無を検討した。症例1(31歳)の妊娠経過は順調であった。咳嗽、発熱が出現した。妊娠39週3日に少量の性器出血を認めた。鼻腔ぬぐい液のインフルエンザ簡易迅速診断キットによる抗原検査でA型が陽性で、オセルタミビルの投与を開始した。新生児は、インフルエンザ感染を示唆する臨床症状は出現せず、日齢5に退院した。症例2(36歳)の妊娠経過も順調であった。第1子が1週間前にパンデミックインフルエンザA(H1N1)2009を発症した。妊娠39週2日に咳嗽・咽頭痛を自覚した。鼻腔ぬぐい液のインフルエンザ簡易迅速診断キットによる抗原検査でA型が陽性で、ザナミビルの投与を開始した。新生児は、日齢7に退院した。2例とも、妊婦の鼻腔ぬぐい液以外のすべての検体でウイルスRNAは検出しなかった。

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2011年05月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 47 (1), 50 - 53, 日本語

  • 神戸海星病院小児科外来のトラベルワクチン接種状況

    藤岡 一路

    最近2年間に小児科外来でトラベルワクチン接種を行った55名(男児27名・女児28名・平均7.8歳)について検討した。受診者一人当たりの受診回数は平均2.7回で、総接種数は183であった。副反応は、肝炎ワクチン接種後の発赤・腫脹1件(3歳女児の消毒用アルコールによる接触性皮膚炎)と、腸チフスワクチン接種後の水疱1件(5歳女児)のみであった。渡航目的地域は、東南アジア14名、東アジア10名、北アメリカ10名、インド・中東5名、アフリカ2名、ヨーロッパ1名、日本(海外渡航なし)13名であった。ワクチンの内訳は、B型肝炎不活化ワクチン61回、A型肝炎不活化ワクチン47回、日本脳炎不活化ワクチン25回、腸チフスワクチン13回、不活化ポリオワクチン10回などで、輸入ワクチンの使用は計31回であった。接種目的は、「渡航先での感染予防」54.5%、「渡航先での入国・就学に必要」21.8%、「在日外国人が本国の予防接種スケジュールに合わせるため」12.7%などであった。

    (一社)日本渡航医学会, 2011年04月, 日本渡航医学会誌, 4 (1), 5 - 9, 日本語

  • 神戸海星病院小児科外来における外国人医療

    藤岡 一路

    最近2年間に受診した外国人小児103名(男児57名・女児46名・平均7.2歳)について検討した。出身地は、北アメリカ、ヨーロッパ、インド・中東地域が2/3を占めていた。受診者の多くは日本の健康保険に加入しておらず、自由診療の形となるが、自国の保険に加入していることがほとんどで、全額を診療当日に支払った後に保険会社から還付を受ける形となっていた。受診目的は、「VISA取得希望者健診」34%、「定期健診」21%、「プライマリ・ケア」21%、「予防接種」18%であった。VISA取得希望者は、途上国出身者が日本滞在の後に先進国へ再度渡航する構図が多くみられた。また、両親の国際結婚に伴って片親の本国に永住目的で渡航する受診者も少なくなかった。定期健診は、International Schoolの入学健診・定期健診や、外国企業・外国大使館駐在員子弟の定期健診が多くを占め、一方で「スポーツを開始するにあたっての心臓検診」など自己検診も存在した。

    (一社)日本渡航医学会, 2011年04月, 日本渡航医学会誌, 4 (1), 1 - 4, 日本語

  • 集学的治療により救命しえたPotter sequenceの1例

    忍頂寺 毅史, 藤岡 一路, 橋村 裕也, 貝藤 裕史, 森岡 一朗, 野津 寛大, 横山 直樹, 飯島 一誠, 松尾 雅文

    羊水過少、子宮内発育遅延、前置胎盤の0歳男児症例について検討した。妊娠27週時、胎児MRIでは両側腎が認められず、Potter sequenceが疑われた。妊娠37週5日に予定帝王切開で出生した。出生後、一酸化炭素(NO)吸入療法を開始し、鎮静、循環補助のための薬剤を投与した。無尿に対しては腹膜透析(PD)を行った。その結果、血清クレアチニンは低下し、体重も適正化し、生後約3ヵ月で退院した。患者にはc.76 ins Gヘテロ接合体変異がみられた。羊水過少を伴った腎低・異型性の予後は不良であるが、生直後からの積極的な呼吸循環管理およびPD療法の活用が、予後の改善に繋がる可能性が示唆された。

    日本小児腎不全学会, 2010年08月, 日本小児腎不全学会雑誌, 30 (0), 178 - 180, 日本語

  • 早産児無呼吸発作と神経学的予後に関する検討(第二報) 重症無呼吸発作が3歳時・6歳時における身体発育・精神運動発達に与える影響の検討

    藤岡 一路, 石田 明人, 村瀬 真紀, 橋本 総子, 山内 淳, 豊嶋 大作, 湊川 誠

    目的:極低出生体重児(very low birth weight:以下VLBWと略す)における早産児無呼吸発作の重症化危険因子を検討した上で、重症無呼吸発作が神経学的予後に与える影響を検討すること。方法:1996〜2000年までの5年間に当院に入院したVLBW256例から、子宮内発育不全(intrauterine growth restriction:以下IUGRと略す)、死亡、在胎25週以下、奇形・染色体異常、二次性無呼吸発作、前回の第一報において重症無呼吸発作が稀であった在胎30週以上の症例を除いた81例のうち、修正3歳時点まで当院でフォローすることができた65例(在胎26週0日〜29週6日)を対象に、修正31週時点でのドキサプラム使用の有無で2群(無呼吸群:修正31週時点でのドキサプラム使用あり、対照群:修正31週時点でのドキサプラム使用なし)に分け、両群の患者背景、3歳時・6歳時における身体発育・神経学的障害の発症率につき比較検討した。結果:無呼吸無と対照群の患者背景に差を認めなかった。3歳時新版K式発達検査、6歳時WPPSI知能診断検査、生後6歳時点での身体発育、神経学的障害例の発症率に関して両群間に有意差を認めなかった。結論:在胎26〜29週のVLBWにおいては、基礎的臨床像・周産期背景・新生児期合併症で、重症無呼吸発作の有意な危険因子は見出せなかった。当院の検討からは、少なくとも在胎26週以上のVLBWにおいては、無呼吸発作の重症度は発育・発達に有意な影響を及ぼしていなかった。(著者抄録)

    (一社)日本新生児成育医学会, 2010年06月, 日本未熟児新生児学会雑誌, 22 (2), 229 - 238, 日本語

  • 早産児無呼吸発作と神経学的予後に関する検討(第一報) 長期予後検討のための早産児無呼吸発作の実態把握

    藤岡 一路, 石田 明人, 村瀬 真紀, 橋本 総子, 山内 淳, 豊嶋 大作, 湊川 誠, 伊東 利幸

    目的:極低出生体重児(以下、VLBW)における早産児無呼吸発作の実態を把握すること 方法:1996〜2000年までの5年間に当院に入院したVLBW256例から、子宮内胎児発育不全(以下、IUGR)、死亡、在胎26週未満、奇形・染色体異常、二次性無呼吸発作を除いた126例(在胎26〜27週:36例、28〜29週:45例、30週以上:45例)を対象とした。早産児無呼吸発作の臨床像について、診療録を後方視的に検討した。検討期間中、早産児無呼吸発作に対する薬物療法はドキサプラム(Dox)を第一選択とし、必要に応じてキサンチン製剤(Xan)を併用した。結果:検討期間中、Doxに伴う重篤な有害事象は認めず、無呼吸発作の治療のために人工換気を要した症例は認めなかった。Dox使用終了時期は、在胎30週未満の症例においては概ね修正31週前後であり、在胎30週以上の症例では1週間以上のDox長期使用は稀であった。結論:在胎30週未満の児の早産児無呼吸発作は修正31週を境に軽快し、在胎30週以上の児では重症無呼吸発作は稀であった。(著者抄録)

    (一社)日本新生児成育医学会, 2010年02月, 日本未熟児新生児学会雑誌, 22 (1), 89 - 96, 日本語

  • 特発性肺ヘモジデローシスを合併した新生児期発症血球貪食性リンパ組織球症の1例

    藤岡 一路, 森岡 一朗, 三輪 明弘, 齋藤 敦郎, 橋本 総子, 森川 悟, 柴田 暁男, 横山 直樹, 松尾 雅文

    血球貪食性リンパ組織球症(hemophagocytic lymphohistiocytosis:HLH)と特発性肺ヘモジデローシス(idiopathic pulmonary hemosiderosis:IPH)は、ともにマクロファージの活性化がその病態の発症に関与している。しかし、いまだHLHとIPHが合併した症例の報告はない。我々は、HLHとIPHを合併した新生児の1例を経験したので報告する。症例は、在胎37週4日、出生体重2,758gの男児。日齢15に肺出血にて発症。血液検査にて、低フィブリノゲン血症を含む凝固能異常の所見に加え、フェリチンが著増していた。その後、発熱、血小板減少が出現し、NK細胞活性の欠損、骨髄での血球貪食像を確認し、HLHと診断した。集中治療により凝固能異常が改善後も他部位に出血症状がないにもかかわらず肺出血を繰り返した。そこで、気管分泌液を解析したところ、ベルリン青染色陽性の組織球を確認し、IPHと診断した。本症例はHLHとIPHの合併を確認した初めての報告である。(著者抄録)

    (一社)日本新生児成育医学会, 2010年02月, 日本未熟児新生児学会雑誌, 22 (1), 97 - 103, 日本語

  • 日齢14に発症した新生児甲状腺機能亢進症の1例

    長坂 美和子, 藤岡 一路, 森川 悟, 三輪 明弘, 柴田 暁男, 森岡 一朗, 横山 直樹, 松尾 雅文

    (公社)日本小児科学会, 2009年12月, 日本小児科学会雑誌, 113 (12), 1895 - 1895, 日本語

  • 分娩進行中に新型インフルエンザ(パンデミック(H1N1)2009)を発症した妊婦より出生した新生児の1例 オセルタミビルの使用経験

    森岡 一朗, 森實 真由美, 山崎 峰夫, 橋本 総子, 齋藤 敦郎, 藤岡 一路, 森川 悟, 三輪 明弘, 柴田 暁男, 横山 直樹, 荒川 創一, 山田 秀人, 松尾 雅文

    日齢2、新生児。母親は28歳で初妊初産婦。在胎37週4日目に吸引分娩で出生、2665g、Apgar score 9点/10点であった。母子分離で管理され、母親は分娩前より38度の発熱が持続し、鼻腔拭い液で新型インフルエンザと診断され、直ちにオセルタミビルの投与が開始された。日齢1に母子同室が許可され、直接母乳の哺乳など母子間接触が行われたが、日齢2に新型インフルエンザ管理のため母子とも著者らのセンターに搬送された。児の全身状態は良好で、諸検査でも異常は認めなかったが、陰圧個室に母子を隔離し、児は保育器に収容して母子接触は不可とした。以後、日齢4に活気が低下し、鼻腔拭い液でA型弱陽性を示したため、オセルタミビルの経口投与を開始した。その結果、日齢8には母子ともに鼻腔拭い液が陰性となり、母子接触と直接母乳を再開、日齢9に児は異常なく退院となった。

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2009年12月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 45 (4), 1514 - 1517, 日本語

  • 感染対策 新生児感染症に対する超高速PCR装置を用いた迅速診断法の開発(第1報)

    森川 悟, 森岡 一朗, 榎本 真宏, 藤岡 一路, 三輪 明弘, 柴田 暁男, 横山 直樹, 西尾 久英, 松尾 雅文

    超高速PCR装置を用いてメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)の迅速診断法を開発した。対象は21名の新生児で、スワブにより鼻腔分泌物を採取してDNA抽出を行い、PCRの試料とした。PCR装置はトラスト社製Hyper PCR UR104が用いられた。1)培養では結果が出るまで2〜3日を要したのに対し、PCRではDNA抽出時間、PCR時間、電気泳動時間を合わせても、約2時間で検出が可能であった。2)mecA遺伝子、nuc遺伝子はともに陽性で、MRSAと診断できたのは21名中6名であった。3)鼻腔分泌物培養検査では21名中4名がMRSA陽性で、培養検査との比較による感度は100%、特異度は88%、一致率は90%であった。以上、超高速PCR装置は、超短時間でMRSA保菌者を早期診断でき、NICUのMRSA感染対策に有用なツールになると考えられた。

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2009年12月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 45 (4), 1176 - 1178, 日本語

  • 新生児内分泌 RAA系ホルモンの動態からみた一絨毛膜性双胎管理における体重差の意義

    藤岡 一路, 森岡 一朗, 森川 悟, 三輪 明弘, 榎本 真宏, 柴田 暁男, 横山 直樹, 松尾 雅文

    著者らは一絨毛膜性双胎(MD双胎)においては双胎間体重差と臍帯血のレニン・アンギオテンシン・アルデストロン系(RAA系)ホルモンの亢進は相関するが、二絨毛膜性双胎(DD双胎)においては相関しないとの仮説を立てて検討を行った。対象は双胎間輸血症候群(TTTS)の診断基準を満たさないMD双胎20組、DD双胎32組とした。TTTS発症前段階におけるRAA系の動態を把握するため、対象をdiscordant rate 7.5%で2群に分けて比較した結果、MD双胎のうち体重差の大きい群で有意に臍帯血レニン活性とアルデステロン濃度が高値であり、discordant rate >7.5%がRAA系亢進の一つの目安となることが示唆された。一方、双胎間体重差の増大と臍帯血RAA系の亢進は、ともに胎内における双胎間血流障害の結果を反映したものであり、より直接的な双胎間血流評価として胎児エコーによる臍帯血流の評価等も含めた検討も必要と考えられた。

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2009年12月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 45 (4), 1271 - 1273, 日本語

  • 特発性乳び胸、肝結節性病変、片側性多嚢胞性異形成腎を伴った重症胎児水腫の1例

    藤岡 一路, 森岡 一朗, 森川 悟, 三輪 明弘, 榎本 真宏, 柴田 暁男, 鈴木 嘉穂, 松岡 正造, 近藤 武史, 横山 直樹, 松尾 雅文

    症例は高度の胎児水腫および羊水過多を認め、在胎27週6日に緊急帝王切開分娩となった2364gの女児で、出生時より著明な全身浮腫、乳び胸による重篤な呼吸循環器不全がみられた。人工換気、胸腔ドレナージ、一酸化窒素吸入療法を含めた集学的治療が行われたが、循環不全より離脱できず日齢20日目に死亡となった。免疫性胎児水腫や先天感染、心疾患、染色体異常などの胎児水腫の原因疾患は認められず、病理解剖の結果、特発性乳び胸、肝結節性病変、片側性多嚢胞性異形成腎を伴った重症胎児水腫と診断された。

    (一社)日本周産期・新生児医学会, 2009年08月, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 45 (3), 888 - 894, 日本語

  • 同種免疫性血小板減少症の1例

    藤岡 一路, 村瀬 真紀, 伊東 利幸, 湊川 誠, 中岡 総子, 山内 淳, 豊嶋 大作, 西山 敦史, 神岡 一郎, 住永 亮, 石田 明人

    母体にHPA-4b抗体+HLA class 1抗体を認めた新生児同種免疫性血小板減少症(Neonatal alloimmune thrombocytopenia:以下NAIT)の1例を経験した。NAITは、血小板上に存在する糖鎖多形性同種抗原に対する母親由来の抗体が胎児に移行し血小板減少症を引き起こす病態であり、主に白血球型不適合(HLA)、血小板型不適合(HPA)、赤血球型不適合(ABO)の三種類に分類される。本症例では、出生直後の出血傾向、血小板減少よりNAITを疑ったが、母体血小板抗体検査による確定診断には日数を要したため、診断確定時までの治療方針の決定が困難であった。本症例では血小板輸血、血液製剤の使用ともに行わず、経過観察のみで血小板数の回復を得ることができた。しかし、血小板数が3万/μlを下回ると出血のリスクが増大し、実際に脳内出血を来した報告も散見される。生直後のNAITへの対処、主にランダムドナーからの血小板輸血の適否についても考察したので報告する。(著者抄録)

    (株)日本小児医事出版社, 2009年07月, 小児科臨床, 62 (7), 1661 - 1665, 日本語

  • 過去に当院で経験した先天性トキソプラズマ症が疑われた6例

    藤岡 一路, 村瀬 真紀, 伊東 利幸, 湊川 誠, 中岡 総子, 山内 淳, 豊嶋 大作, 西山 敦史, 神岡 一郎, 住永 亮, 石田 明人

    2001年4月から2007年12月の7年間に、先天性トキソプラズマ症が疑われた児を6例経験した。うち5例は正期産児であり、1例のみ早産低出生体重児であった。5例は胎児期より母体トキソプラズマ抗体高値を指摘され、うち3例で母体トキソプラズマIgM陽性であった。児は5例中4例にトキソプラズマIgGの上昇を認めたが、全例トキソプラズマIgMは陰性であり、垂直感染は否定された。のこり1例は早産低出生体重児にて入院、児トキソプラズマIgMは陽性で、アセチルスピラマイシンを予防投与した。しかし、母体のトキソプラズマ抗体価が陰性であり、最終的にトキソプラズマIgMの偽陽性例と判断した。当院で先天性トキソプラズマ症が疑われた全例に、実際には感染は認めなかった。トキソプラズマIgMより垂直感染を診断する際は、今後注意が必要である。(著者抄録)

    (株)日本小児医事出版社, 2009年05月, 小児科臨床, 62 (5), 937 - 942, 日本語

  • 新型インフルエンザが地域で散発的に発生した場合のNICU医療者としての対応

    原田 明佳, 北島 順子, 佐藤 歩, 添野 愛基, 野矢 三樹, 藤岡 一路, 宮島 悠子, 山本 和歌子

    新型インフルエンザとは過去に経験したことがない、ヒト-ヒト感染により伝播するインフルエンザウイルスである。今回我々は、平成19年に厚生労働省が作成しガイドラインを参考に、周産期医療に特徴的な問題を抽出、患者発生時の感染拡大防止について、新生児科医の目線で検討した。その結果、問題点として、経母乳感染など一部の感染経路が特殊であること、治療・予防法が未確立であること、医療設備に改善の余地が多く残されていること、地域の医療機関の役割分担が必要であることが挙げられた。新型インフルエンザ発生は、遠くない未来に濃厚に起こりえる危急事態であり、実際に患者が発生し、日本中がパニックに陥れば、周産期医療への配慮が希薄になる事も多いに予想される。我々新生児科医が、今から対策を講じ、実際に発生した場合には感染拡大防止に尽力できるよう、備えていかなければならないと思われた。(著者抄録)

    (一社)日本新生児成育医学会, 2009年02月, 日本未熟児新生児学会雑誌, 21 (1), 142 - 145, 日本語

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 無分葉型全前脳胞症の1例

    藤岡 一路, 中岡 総子, 山内 淳, 豊嶋 大作, 西山 敦史, 湊川 誠, 神岡 一郎, 伊東 利幸, 住永 亮, 村瀬 真紀, 石田 明人, 潤井 誠司郎

    新生女児。在胎37週3日に院外で帝王切開にて出生し、出生体重は3032g、Apgar Scoreは8/9で、odd looking face、水頭症を認め当院搬送となった。入院時、著明な頭囲拡大、大泉門膨隆、眼間狭小を認め、後日の精査で粘膜下口蓋裂も認めた。染色体検査G-bandingでは染色体異常46,XX,t(4;5)(p15.2;p15.1)が確認された。頭部CTでは頭蓋内の大半を占める貯留液を認め、頭蓋底部には脳実質と考えられる軟部影を認めた。頭部MRIでは大脳半球の左右分離を認めず、大脳鎌が存在しないことから、最重症の無分葉型全前脳胞症と診断した。入院後は輸液、酸素投与、フェノバルビタール坐薬投与を開始し、経過と共に頭囲の拡大傾向、痙攣頻度の増加を認めたためリドカインを開始した。痙攣はコントロール可能となったが、頭囲の拡大傾向は続き、中枢性無呼吸による呼吸停止を来たし挿管となった。日齢9日にVP-shunt術を施行し症状は軽快したが、術直後より中枢性尿崩症を生じ日齢16日に経鼻デスモプレシンの投与を開始した。その後、頭部画像検査で水頭症の改善を認め、痙攣もコントロール可能となり、経鼻酸素投与、経口摂取、経鼻胃管栄養の併用で日齢172日に軽快退院した。

    加古川市民病院, 2008年01月, 加古川市民病院誌, (8), 1 - 4, 日本語

  • 胎内腸重積による腸閉鎖にて穿孔性腹膜炎および短腸症候群を来たした一例

    豊嶋 大作, 樋上 敦紀, 牟禮 岳男, 湊川 誠, 伊東 利幸, 村瀬 真紀, 藤岡 一路, 伴 紘文, 金澤 育子, 福岡 一郎, 住永 亮, 石田 明人, 佐々木 康成, 久野 克也

    日齢1の男児。在胎39週4日に院外にて頭位自然分娩で出生し、出生体重は3036g、Apagar scoreは9/10であった。出生直後に異常はなかったが、生後10時間に哺乳を開始したところ嘔吐を認め、その後、努力様呼吸と腹部膨満が増強し、ショック状態となったため当院救急搬送となった。X線検査でフリーエアーを認め、試験開腹で腸捻転と穿孔性腹膜炎を認めた。広範囲に亘る腸管壊死部を切除し、病理組織学的所見で胎児期の腸重積による腸閉鎖と診断した。術後はE.coliによる腹膜炎や敗血症ショックを発症し、長期に亘り集中治療を行った。

    加古川市民病院, 2008年01月, 加古川市民病院誌, (8), 5 - 7, 日本語

  • 当院で経験した結節性硬化症4例についての報告

    樋上 敦紀, 石田 明人, 住永 亮, 村瀬 真紀, 伊東 利幸, 湊川 誠, 神岡 一郎, 牟禮 岳男, 金澤 育子, 伴 紘文, 豊嶋 大作, 藤岡 一路

    けいれんから発見された4例の結節性硬化症を経験した。症例1(4ヵ月女児)。てんかん発作を主訴に受診した。葉状白斑を体幹部に数ヶ所認めた。腹部エコーにて左右腎嚢胞が、眼底検査で左網膜変性を確認し、診断した。症例2(4ヵ月女児)。右上肢のピクつきを主訴に受診した。葉状白斑を左眉部に認めた。頭部CT施行で、左前頭部皮質下出血が疑われ、頭部MRIで大脳皮質下結節と考えられた。眼底検査にて両網膜過誤腫を認め、確定診断した。症例3(1歳2ヵ月男児)。発熱、痙攣を主訴に来院した。葉状白斑を体幹に数ヶ所認めた。眼底検査にて右網膜過誤腫を認め、確定診断した。症例4(3ヵ月男児)。痙攣を主訴に受診した。全身に葉状白斑を数個認めた。眼底検査にて左網膜過誤腫を認め、確定診断した。

    加古川市民病院, 2007年01月, 加古川市民病院誌, (7), 1 - 3, 日本語

  • 藤岡 一路, 中尾 秀人

    (株)東京医学社, 2006年12月, 周産期医学, 36 (増刊), 659 - 660, 日本語

  • 【感染症】肛門蠅症の1例

    藤岡 一路, 柴田 暁男, 箙 ひとみ, 津本 尚美, 山岡 利佳, 若槻 真吾, 中村 豊, 村上 龍助

    精神運動発達遅滞の4歳男児に生じた肛門蠅症の1例を経験した.症例は糞便への虫卵付着を主訴に来院した.虫卵は採取飼育したところ11日目に成虫となり,成虫はノミバエ科の一種と同定された.症例は肛門にハエが直接産卵した結果生じた肛門蠅症と考えられた.衛生環境の整備された現在の日本において蠅症は非常に稀であるが,精神運動発達遅滞児などの特殊な患児においては注意が必要であると考えられた(著者抄録)

    (株)日本小児医事出版社, 2005年11月, 小児科臨床, 58 (11), 2286 - 2288, 日本語

  • Ichiro Morioka, Shohei Ohyama, Sachiyo Fukushima, Kosuke Nishida, Keiji Yamana, Kazumichi Fujioka, Kazumoto Iijima, Mayumi Morizane, Kenji Tanimura, Masashi Deguchi, Hideto Yamada

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2017年11月, JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY, 124, 80 - 81, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • Ichiro Morioka, Sachiyo Fukushima, Shohei Ohyama, Kosuke Nishida, Keiji Yamana, Kazumichi Fujioka, Kazumoto Iijima, Mayumi Morizane, Kenji Tanimura, Masashi Deguchi, Hideto Yamada

    ELSEVIER IRELAND LTD, 2017年11月, JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY, 124, 80 - 80, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

  • INDUCTION OF HEME OXYGENASE-1 IS PROTECTIVE AGAINST SEPSIS IN A PRETERM MOUSE MODEL

    Kazumichi Fujioka, Flora Kalish, Hui Zhao, Ronald J. Wong, David K. Stevenson

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 2017年06月, SHOCK, 47 (6), 32 - 32, 英語

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

講演・口頭発表等

  • 新生児の先天性サイトメガロウイルス感染症患者におけるガンシクロビル血中濃度測定と生理学的薬物動態モデルを用いたシミュレーション

    山本 和宏, 大山 正平, 福嶋 祥代, 橋本 真梨, 山川 恵, 藤原 尚子, 藤岡 一路, 飯島 一誠, 大村 友博, 矢野 育子

    臨床薬理, 2019年11月, 日本語, (一社)日本臨床薬理学会

  • 医学部4〜6年生を対象とした新生児科に関する印象についてのアンケート調査 NICU実習中にどのような教育的対応が必要か

    米田 清史, 藤岡 一路, 仲宗根 瑠花, 永井 貞之, 菅 秀太郎, 阿部 真也, 芦名 満理子, 福嶋 祥代, 大山 正平, 生田 寿彦, 西田 浩輔, 飯島 一誠

    日本新生児成育医学会雑誌, 2019年10月, 日本語, (公社)日本新生児成育医学会

  • Small for gestational age児は生下時に強い酸化ストレス状態にある

    芦名 満理子, 仲宗根 瑠花, 永井 貞之, 菅 秀太郎, 阿部 真也, 福嶋 祥代, 大山 正平, 生田 寿彦, 西田 浩輔, 藤岡 一路, 飯島 一誠

    日本新生児成育医学会雑誌, 2019年10月, 日本語, (公社)日本新生児成育医学会

  • ヒト胎便懸濁液の腹腔内投与による胎便性腹膜炎モデルマウスと早産児マウス敗血症モデルの比較

    芦名 満理子, 藤岡 一路, 仲宗根 瑠花, 永井 貞之, 菅 秀太郎, 阿部 真也, 福嶋 祥代, 大山 正平, 生田 寿彦, 西田 浩輔, 飯島 一誠

    日本新生児成育医学会雑誌, 2019年10月, 日本語, (公社)日本新生児成育医学会

  • 新生児マウスを用いたLPS誘導性急性肺障害モデルにおいて解糖系酵素PFKFB3は肺血管内皮細胞の血管透過性維持に寄与する

    生田 寿彦, 藤岡 一路, 飯島 一誠

    日本新生児成育医学会雑誌, 2019年10月, 日本語, (公社)日本新生児成育医学会

  • 在胎34週と在胎35週で出生したlate preterm児における修正1歳半時点における発達指数の比較

    仲宗根 瑠花, 阿部 真也, 永井 貞之, 菅 秀太郎, 芦名 満理子, 福嶋 祥代, 大山 正平, 生田 寿彦, 西田 浩輔, 藤岡 一路, 飯島 一誠

    日本新生児成育医学会雑誌, 2019年10月, 日本語, (公社)日本新生児成育医学会

  • 一絨毛膜二羊膜双胎、二絨毛膜二羊膜双胎において体重差が神経学的予後に及ぼす影響の検討

    仲宗根 瑠花, 永井 貞之, 菅 秀太郎, 阿部 真也, 芦名 満理子, 福嶋 祥代, 大山 正平, 生田 寿彦, 西田 浩輔, 藤岡 一路, 飯島 一誠

    日本新生児成育医学会雑誌, 2019年10月, 日本語, (公社)日本新生児成育医学会

  • 生下時および日齢5の高感度PIVKAII測定による当院のビタミンK製剤予防投与法の妥当性の検討

    芦名 満理子, 仲宗根 瑠花, 永井 貞之, 菅 秀太郎, 阿部 真也, 福嶋 祥代, 大山 正平, 生田 寿彦, 西田 浩輔, 藤岡 一路, 飯島 一誠, 渡邊 優子, 三枝 淳

    日本新生児成育医学会雑誌, 2019年10月, 日本語, (公社)日本新生児成育医学会

  • 過去に国内で報告された新生児偽性低アルドステロン症67例の文献レビュー

    市川 裕太, 藤岡 一路, 阿部 真也, 芦名 満理子, 福嶋 祥代, 大山 正平, 生田 寿彦, 西田 浩輔, 飯島 一誠

    日本新生児成育医学会雑誌, 2019年10月, 日本語, (公社)日本新生児成育医学会

  • 後方視的研究を英文論文として採択させるために

    藤岡 一路

    日本新生児成育医学会雑誌, 2019年10月, 日本語, (公社)日本新生児成育医学会

  • B型肝炎ウイルス母子感染予防新方式のHBs抗体獲得率

    西村 光司, 長野 伸彦, 藤岡 一路, 山名 啓司, 宮林 寛, 増永 健, 村林 督夫, 森岡 一朗

    日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 2019年10月, 日本語, 日本小児感染症学会

  • 胎児腹水を呈した症候性先天性CMV感染症の7例

    菅 秀太郎, 宇保 早希子, 仲宗根 瑠花, 永井 貞之, 阿部 真也, 芦名 満理子, 福嶋 祥代, 大山 正平, 生田 寿彦, 西田 浩輔, 藤岡 一路, 飯島 一誠

    日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 2019年10月, 日本語, 日本小児感染症学会

  • 先天性サイトメガロウイルス感染児における生後早期の頭部MRI所見

    西田 浩輔, 杉岡 勇典, 仲宗根 瑠花, 永井 貞之, 菅 秀太郎, 阿部 真也, 芦名 満理子, 福嶋 祥代, 大山 正平, 生田 寿彦, 藤岡 一路, 飯島 一誠

    日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 2019年10月, 日本語, 日本小児感染症学会

  • 新生児マススクリーニングにおけるC14:1偽陽性例では出生後の体重減少が大きい

    坊 亮輔, 粟野 宏之, 西田 浩輔, 藤岡 一路, 西山 敦史, 三宅 理, 飯島 一誠

    日本マス・スクリーニング学会誌, 2019年10月, 日本語, 日本マススクリーニング学会

  • 切迫早産から妊娠29週未満で早産となった児の予後に関連する因子の検討

    澤田 茉美子, 谷村 憲司, 施 裕徳, 内田 明子, 笹川 勇樹, 白川 得朗, 森實 真由美, 藤岡 一路, 山田 秀人

    産婦人科の進歩, 2019年10月, 日本語, 「産婦人科の進歩」編集室

  • B型肝炎ウイルス母子感染予防新方式のHBs抗体獲得率

    西村 光司, 長野 伸彦, 藤岡 一路, 山名 啓司, 宮林 寛, 増永 健, 村林 督夫, 森岡 一朗

    日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 2019年10月, 日本語, 日本小児感染症学会

  • 胎児腹水を呈した症候性先天性CMV感染症の7例

    菅 秀太郎, 宇保 早希子, 仲宗根 瑠花, 永井 貞之, 阿部 真也, 芦名 満理子, 福嶋 祥代, 大山 正平, 生田 寿彦, 西田 浩輔, 藤岡 一路, 飯島 一誠

    日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 2019年10月, 日本語, 日本小児感染症学会

  • 先天性サイトメガロウイルス感染児における生後早期の頭部MRI所見

    西田 浩輔, 杉岡 勇典, 仲宗根 瑠花, 永井 貞之, 菅 秀太郎, 阿部 真也, 芦名 満理子, 福嶋 祥代, 大山 正平, 生田 寿彦, 藤岡 一路, 飯島 一誠

    日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 2019年10月, 日本語, 日本小児感染症学会

  • 高齢マウス反復感染モデルにおける長期的な疲弊の機序解明とIL-15の効果

    齋藤 雅史, 井上 茂亮, 藤岡 一路, 小谷 穣治

    Shock: 日本Shock学会雑誌, 2019年06月, 日本語

  • ヒト胎便懸濁液の腹腔内投与による胎便性腹膜炎モデルマウスの作成

    芦名 満理子, 宮内 玄徳, 西田 浩輔, 藤岡 一路

    Shock: 日本Shock学会雑誌, 2019年06月, 日本語

  • 解糖系酵素PFKFB3阻害は肺動脈血管内皮細胞のLPS誘導性アポトーシスをROS非依存的に抑制する

    生田 寿彦, 宮川 一也, 藤岡 一路, 江本 憲昭

    Shock: 日本Shock学会雑誌, 2019年06月, 日本語

  • Cecal Slurry法を用いて作成した新生児腹膜炎性敗血症モデルマウスに対するインスリン療法の保護効果の検討

    宮内 玄徳, 藤岡 一路, 大片 祐一, 尾藤 祐子, 會田 洋輔, 冨岡 雄一郎, 中谷 太一, 橘木 由美子, 中井 優美子

    日本小児外科学会雑誌, 2019年05月, 日本語

  • 胎児期に臍帯嚢胞を指摘された尿膜管遺残の1例

    金谷 真吾, 福嶋 祥代, 阿部 真也, 芦名 満理子, 大山 正平, 生田 寿彦, 藤岡 一路, 宮内 玄徳, 中谷 太一, 會田 洋輔, 大片 祐一, 尾藤 祐子, 飯島 一誠

    日本小児科学会雑誌, 2019年03月, 日本語

  • 生後急速に進行する腹部膨満の原因として壁内神経節細胞の未熟生が考えられた早産児の1例

    福嶋 祥代, 阿部 真也, 芦名 満理子, 大山 正平, 生田 寿彦, 藤岡 一路, 宮内 玄徳, 會田 洋輔, 大片 祐一, 尾藤 祐子, 飯島 一誠

    日本小児科学会雑誌, 2019年03月, 日本語

  • Hirschsprung病類縁疾患に伴う全結腸切除術後の短腸症候群母体より出生した新生児ビタミンK欠乏症の1例

    芦名 満理子, 阿部 真也, 福嶋 祥代, 生田 寿彦, 大山 正平, 大久保 沙紀, 山名 啓司, 西田 浩輔, 藤岡 一路, 飯島 一誠, 森岡 一朗

    日本小児科学会雑誌, 2019年03月, 日本語

  • 好中球減少を伴う症候性先天性サイトメガロウイルス感染症に対してバルガンシクロビル内服を行った1例

    生田 寿彦, 阿部 真也, 芦名 満理子, 福嶋 祥代, 大山 正平, 大久保 沙紀, 山名 啓司, 西田 浩輔, 藤岡 一路, 飯島 一誠, 森岡 一朗

    日本小児科学会雑誌, 2019年03月, 日本語

  • 輪状膵に伴う先天性多発十二指腸閉鎖症の術後に閉塞性黄疸を来したDown症候群の1例

    芦名 満理子, 大山 正平, 生田 寿彦, 福嶋 祥代, 大久保 沙紀, 山名 啓司, 藤岡 一路, 宮内 玄徳, 大片 祐一, 尾藤 祐子, 飯島 一誠, 森岡 一朗

    日本小児科学会雑誌, 2019年03月, 日本語

  • 胃泡拡大が診断契機となった胎児期に発症した小腸軸捻転症の1例

    福嶋 祥代, 芦名 満理子, 大山 正平, 生田 寿彦, 大久保 沙紀, 山名 啓司, 藤岡 一路, 宮内 玄徳, 大片 祐一, 尾藤 祐子, 飯島 一誠, 森岡 一朗

    日本小児科学会雑誌, 2019年03月, 日本語

  • 日本の妊婦における母子感染に対する認識および知識の年次推移

    福嶋 祥代, 阿部 真也, 芦名 満理子, 生田 寿彦, 大山 正平, 西田 浩輔, 藤岡 一路, 飯島 一誠, 山田 秀人

    日本小児科学会雑誌, 2019年02月, 日本語

  • 重症small for gestational age(SGA)児における尿道下裂合併例の実態調査

    芦名 満理子, 阿部 真也, 福嶋 祥代, 大山 正平, 生田 寿彦, 西田 浩輔, 藤岡 一路, 五百蔵 智明, 芳本 誠司, 飯島 一誠

    日本小児科学会雑誌, 2019年02月, 日本語

  • モデルマウス及び患者検体を用いた胎便性腹膜炎の病態解明と新規治療法の開発

    藤岡 一路, 芦名 満理子, 宮内 玄徳

    日本小児科学会雑誌, 2019年02月, 日本語

  • 治療〜難治性疾患へのアプローチ〜 症候性先天性サイトメガロウイルス感染症に対する胎児治療と新生児治療

    谷村 憲司, 内田 明子, 森實 真由美, 西田 浩輔, 藤岡 一路, 森岡 一朗, 峰松 俊夫, 山田 秀人

    日本周産期・新生児医学会雑誌, 2019年01月, 日本語

  • 早産児マウス敗血症モデルにおける脂質メディエーターの病態・治療効果への関与の検討

    芦名 満理子, 藤岡 一路, 阿部 真也, 福嶋 祥代, 大山 正平, 生田 寿彦, 西田 浩輔, 篠原 正和, 飯島 一誠

    日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 2018年11月, 日本語

  • 感染リスクが低いにも関わらずベンジルペニシリン静注投与を行った梅毒検査陽性母体児の4例

    阿部 真也, 生田 寿彦, 芦名 満理子, 大山 正平, 福嶋 祥代, 西田 浩輔, 藤岡 一路, 飯島 一誠

    日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 2018年11月, 日本語

  • 好中球減少を伴う症候性先天性サイトメガロウイルス感染症に対してバルガンシクロビル内服治療を行った一例

    生田 寿彦, 藤岡 一路, 阿部 真也, 芦名 満理子, 福嶋 祥代, 大山 正平, 西田 浩輔, 飯島 一誠

    日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 2018年11月, 日本語

  • 高アンバウンドビリルビン血症とUGT1A1遺伝子多型の関連

    大山 正平, 阿部 真也, 芦名 満理子, 福嶋 祥代, 生田 寿彦, 西田 浩輔, 藤岡 一路, 飯島 一誠

    日本新生児成育医学会雑誌, 2018年10月, 日本語

  • 新黄疸治療基準で管理した早産児における聴性脳幹反応と頭部MRIによる予後評価

    山名 啓司, 松本 朋子, 吉田 阿寿美, 増田 祥行, 小寺 孝幸, 森川 悟, 佐藤 有美, 森沢 猛, 大山 正平, 福嶋 祥代, 藤岡 一路, 米谷 昌彦, 飯島 一誠, 森岡 一朗

    日本新生児成育医学会雑誌, 2018年10月, 日本語

  • 在胎27-29週児における生後8週までの経皮ビリルビン基準曲線の作成

    片山 義規, 阿部 真也, 藤岡 一路, 山名 啓司, 森沢 猛, 横田 知之, 黒川 大輔, 五百蔵 智明, 森岡 一朗

    日本新生児成育医学会雑誌, 2018年10月, 日本語

  • 日本の妊婦における母子感染に対する認識および知識に関するアンケート調査結果の変遷

    福嶋 祥代, 阿部 真也, 芦名 満理子, 生田 寿彦, 大山 正平, 西田 浩輔, 藤岡 一路, 飯島 一誠

    日本新生児成育医学会雑誌, 2018年10月, 日本語

  • 極低出生体重児の修正1歳半時点の発達指数と3歳時点の精神発達遅滞との関連性

    阿部 真也, 万代 ツルエ, 芦名 満理子, 福嶋 祥代, 生田 寿彦, 大山 正平, 西田 浩輔, 藤岡 一路, 飯島 一誠

    日本新生児成育医学会雑誌, 2018年10月, 日本語

  • 先天性トキソプラズマ感染症の実態調査(第1報)

    土方 みどり, 岡橋 彩, 長野 伸彦, 田口 洋祐, 吉川 香代, 大山 正平, 藤岡 一路, 西久保 敏也, 堀越 裕歩, 本田 茂, 小形 勉, 森岡 一朗

    日本新生児成育医学会雑誌, 2018年10月, 日本語

  • 先天性サイトメガロウイルス感染疑い例に対する尿定量PCR法・頭部CT撮影・眼科診察の診断感度の比較検討

    大山 正平, 阿部 真也, 芦名 満理子, 福嶋 祥代, 生田 寿彦, 西田 浩輔, 藤岡 一路, 飯島 一誠

    日本新生児成育医学会雑誌, 2018年10月, 日本語

  • 早産児マウス敗血症モデルにおけるヒト免疫グロブリンおよび生理食塩水を用いた容量負荷の検討

    阿部 真也, 藤岡 一路, 芦名 満理子, 福嶋 祥代, 生田 寿彦, 大山 正平, 西田 浩輔, 飯島 一誠

    日本新生児成育医学会雑誌, 2018年10月, 日本語

  • 早産児マウス敗血症モデルにおけるストレス誘導性高血糖と酸化ストレス動態の検討

    西田 浩輔, 藤岡 一路, 芦名 満理子, 阿部 真也, 福嶋 祥代, 生田 寿彦, 大山 正平, 飯島 一誠

    日本新生児成育医学会雑誌, 2018年10月, 日本語

  • 後方視的研究の手法 裏技!仮説なしデータ蓄積から始まる研究デザイン

    藤岡 一路

    日本新生児成育医学会雑誌, 2018年10月, 日本語

  • 母子感染:予防と対策 母子感染予防新方式によるB型肝炎ウイルス母子感染予防

    長野 伸彦, 山名 啓司, 藤岡 一路, 森岡 一朗

    日本新生児成育医学会雑誌, 2018年10月, 日本語

  • 早産児マウス敗血症モデルを用いたストレス誘導性高血糖に対するインスリン療法の検討

    藤岡 一路, 大久保 沙紀, 芦名 満理子, 生田 寿彦, 宮内 玄徳, 福嶋 祥代, 大山 正平, 山名 啓司, 飯島 一誠, 森岡 一朗

    日本周産期・新生児医学会雑誌, 2018年06月, 日本語

  • 早産児マウス敗血症モデルにおける肝臓脂質メディエーター動態の検討

    芦名 満理子, 大山 正平, 宮内 玄徳, 生田 寿彦, 福嶋 祥代, 大久保 沙紀, 山名 啓司, 藤岡 一路, 飯島 一誠, 森岡 一朗, 篠原 正和

    日本周産期・新生児医学会雑誌, 2018年06月, 日本語

  • 症候性の先天性サイトメガロウイルス感染症に対する胎児治療と新生児治療

    谷村 憲司, 内田 明子, 今福 仁美, 森實 真由美, 出口 雅士, 藤岡 一路, 森岡 一朗, 峰松 俊夫, 山田 秀人

    日本周産期・新生児医学会雑誌, 2018年06月, 日本語

  • B型肝炎ウイルス母子感染予防新方式によるHBs抗体価獲得の現況

    山名 啓司, 芦名 満理子, 大山 正平, 福嶋 祥代, 生田 寿彦, 大久保 沙紀, 藤岡 一路, 飯島 一誠, 森岡 一朗

    日本周産期・新生児医学会雑誌, 2018年06月, 日本語

  • Treponema pallidum抗体陽性母体から出生し先天梅毒が疑われた新生児の2例

    生田 寿彦, 芦名 満里子, 大山 正平, 福嶋 祥代, 大久保 沙紀, 山名 啓司, 藤岡 一路, 森實 真由美, 飯島 一誠, 森岡 一朗, 山田 秀人

    日本周産期・新生児医学会雑誌, 2018年06月, 日本語

  • 尿サイトメガロウイルス(CMV)スクリーニングで同定した先天性CMV感染児の前方視的観察研究

    福嶋 祥代, 森岡 一朗, 芦名 満理子, 生田 寿彦, 大山 正平, 大久保 沙紀, 山名 啓司, 藤岡 一路, 森實 真由美, 出口 雅士, 谷村 憲司, 船越 徹, 大橋 正伸, 飯島 一誠, 山田 秀人

    日本周産期・新生児医学会雑誌, 2018年06月, 日本語

  • 症候性先天性CMV感染児の1歳6ヵ月時点でのDQ<70と関連する周産期リスク因子の後方視的検討

    福嶋 祥代, 森岡 一朗, 芦名 満理子, 生田 寿彦, 大山 正平, 大久保 沙紀, 山名 啓司, 藤岡 一路, 森實 真由美, 出口 雅士, 谷村 憲司, 飯島 一誠, 山田 秀人

    日本周産期・新生児医学会雑誌, 2018年06月, 日本語

  • 当院における先天性トキソプラズマ感染症の発生に関する臨床前向き研究

    大山 正平, 森岡 一朗, 福嶋 祥代, 芦名 満理子, 生田 寿彦, 大久保 沙紀, 山名 啓司, 藤岡 一路, 森實 真由美, 出口 雅士, 谷村 憲司, 飯島 一誠, 山田 秀人

    日本周産期・新生児医学会雑誌, 2018年06月, 日本語

  • 胎児発育不全児の予後不良に関連する因子の検討

    吉澤 ひかり, 谷村 憲司, 内山 美穂子, 白國 あかり, 森實 真由美, 出口 雅士, 藤岡 一路, 森岡 一朗, 山田 秀人

    日本周産期・新生児医学会雑誌, 2018年06月, 日本語

  • 早産児における神戸大学新黄疸治療基準の評価

    山名 啓司, 芦名 満理子, 大山 正平, 福嶋 祥代, 生田 寿彦, 大久保 沙紀, 藤岡 一路, 飯島 一誠, 森岡 一朗

    日本周産期・新生児医学会雑誌, 2018年06月, 日本語

  • Finneganスコアと薬物血中濃度測定が診断に有用であったアルプラゾラムによる新生児薬物離脱症候群の1例

    福嶋 祥代, 芦名 満理子, 大山 正平, 生田 寿彦, 大久保 沙紀, 山名 啓司, 藤岡 一路, 飯島 一誠, 森岡 一朗

    日本周産期・新生児医学会雑誌, 2018年06月, 日本語

  • 早産児マウス敗血症モデルにおける酸化ストレスの検討

    宮内 玄徳, 芦名 満理子, 西田 浩輔, 藤岡 一路

    Shock: 日本Shock学会雑誌, 2018年06月, 日本語

  • 早産児マウス敗血症モデルにおける肝臓脂質メディエーター動態の検討

    芦名 満理子, 西田 浩輔, 藤岡 一路

    Shock: 日本Shock学会雑誌, 2018年06月, 日本語

  • 生体侵襲とショックの基礎病態学、今 Cecal Slurry法を用いた早産児マウス敗血症モデルの利点と課題

    藤岡 一路

    Shock: 日本Shock学会雑誌, 2018年06月, 日本語

  • アルプラゾラム服用妊婦から出生した児の薬物血中濃度測定を行った一症例

    三島 唯, 山本 和宏, 橋本 真梨, 福嶋 祥代, 藤岡 一路, 矢野 育子

    TDM研究, 2018年05月, 日本語

  • 症候性先天性サイトメガロウイルス感染症に対する胎児治療と新生児治療の有効性

    谷村 憲司, 内田 明子, 今福 仁美, 森實 真由美, 出口 雅士, 藤岡 一路, 森岡 一朗, 峰松 俊夫, 山田 秀人

    日本産婦人科感染症学会学術講演会プログラム・抄録集, 2018年05月, 日本語

  • ツロブテロール貼付薬が奏功した先天性完全房室ブロックの1例

    生田 寿彦, 芦名 満理子, 福嶋 祥代, 大山 正平, 大久保 沙紀, 山名 啓司, 藤岡 一路, 佐藤 有美, 飯島 一誠, 森岡 一朗

    日本小児科学会雑誌, 2018年04月, 日本語

  • クローン病母体から出生し、急性期離脱後に頭蓋内出血を発症した超早産児の1例

    福嶋 祥代, 藤岡 一路, 芦名 満理子, 生田 寿彦, 大山 正平, 大久保 沙紀, 山名 啓司, 飯島 一誠, 森岡 一朗

    日本小児科学会雑誌, 2018年04月, 日本語

  • 冷凍母乳で管理した早産児の後天性サイトメガロウイルス感染の発生率

    大山 正平, 西田 浩輔, 芦名 満理子, 生田 寿彦, 大久保 沙紀, 福嶋 祥代, 山名 啓司, 黒川 大輔, 岩谷 壮太, 藤岡 一路, 飯島 一誠, 森岡 一朗

    日本小児科学会雑誌, 2018年04月, 日本語

  • 巨大単房性腫瘤を伴うStockerによる分類の先天性肺気道奇形の1型

    吉田 阿寿美, 西田 浩輔, 大山 正平, 山名 啓司, 黒川 大輔, 岩谷 壮太, 藤岡 一路, 尾藤 祐子, 森岡 一朗, 飯島 一誠

    日本小児科学会雑誌, 2018年04月, 日本語

  • 新生児分野で臨床応用が期待される基礎研究 Cecal slurry法を用いた早産児マウス敗血症モデルの作成と臨床応用

    藤岡 一路

    日本小児科学会雑誌, 2018年02月, 日本語

  • UGT1A1*28は早産児の晩期黄疸防止因子である

    山名 啓司, 岩谷 壮太, 福嶋 祥代, 生田 寿彦, 芦名 満里子, 大山 正平, 大久保 沙紀, 前山 花織, 藤岡 一路, 飯島 一誠, 森岡 一朗

    日本小児科学会雑誌, 2018年02月, 日本語

  • 周産期脳障害のup to date 早産児慢性ビリルビン脳症の予防のための新しい検査法の開発

    森岡 一朗, 山名 啓司, 大山 正平, 藤岡 一路, 岩谷 壮太, 北岸 宏亮

    日本小児科学会雑誌, 2018年02月, 日本語

  • 先天性サイトメガロウイルス感染児の聴性脳幹反応に対する抗ウイルス薬治療の効果

    森岡一朗, 大山正平, 福嶋祥代, 西田浩輔, 山名啓司, 藤岡一路, 飯島一誠, 森實真由美, 谷村憲司, 出口雅士, 山田秀人

    第32回日本生殖免疫学会総会・学術集会, 2017年12月, 日本語, 日本生殖免疫学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 抗ウイルス薬治療を行った症候性先天性サイトメガロウイルス感染児の1歳6か月時の神経学的予後評価と予後不良因子の検討

    森岡一朗, 福嶋祥代, 大山正平, 西田浩輔, 山名啓司, 藤岡一路, 飯島一誠, 森實真由美, 谷村憲司, 出口雅士, 山田秀人

    第32回日本生殖免疫学会総会・学術集会, 2017年12月, 日本語, 日本生殖免疫学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 早産児マウス敗血症モデルにおけるヒトリコンビナントトロンボモジュリン(rh-TM)の保護効果の検討

    西田 浩輔, 藤岡 一路, 芦名 満理子, 生田 寿彦, 福嶋 祥代, 大山 正平, 大久保 沙紀, 山名 啓司, 飯島 一誠, 森岡 一朗

    日本新生児成育医学会雑誌, 2017年10月, 日本語

  • 冷凍母乳で管理した早産児の後天性サイトメガロウイルス感染発生率と感染経路

    大山正平, 西田浩輔, 芦名満理子, 生田寿彦, 大久保沙紀, 福嶋祥代, 山名啓司, 黒川大輔, 岩谷壮太, 藤岡一路, 飯島一誠, 森岡一朗

    第62回日本新生児成育医学会学術集会, 2017年10月, 日本語, 日本新生児成育医学会, 埼玉, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 肺高血圧を合併した新生児慢性肺疾患に対してNO吸入療法を試みた超低出生体重児の一例

    山名啓司, 福嶋祥代, 生田寿彦, 芦名満理子, 大山正平, 大久保沙紀, 藤岡一路, 飯島一誠, 森岡一朗

    第62回日本新生児成育医学会学術集会, 2017年10月, 日本語, 日本新生児成育医学会, 埼玉, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 早産児マウス敗血症モデルにおけるヒトリコンビナントトロンボモジュリン(rh-TM)の有効性の検討

    西田浩輔, 藤岡一路, 芦名満理子, 生田寿彦, 福嶋祥代, 大山正平, 大久保沙紀, 山名啓司, 飯島一誠, 森岡一朗

    第62回日本新生児成育医学会学術集会, 2017年10月, 日本語, 日本新生児成育医学会, 埼玉, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 早産児マウス敗血症モデルにおけるストレス誘導性高血糖の検討

    大久保沙紀, 藤岡一路, 芦名満理子, 生田寿彦, 福嶋 祥代, 大山正平, 山名啓司, 飯島一誠, 森岡一朗

    第62回日本新生児成育医学会学術集会, 2017年10月, 日本語, 日本新生児成育医学会, 埼玉, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 早産児における晩期黄疸リスク因子

    山名啓司, 岩谷壮太, 福嶋祥代, 生田寿彦, 芦名満理子, 大山正平, 大久保沙紀, 前山花織, 藤岡一路, 飯島一誠, 森岡一朗

    第62回日本新生児成育医学会学術集会, 2017年10月, 日本語, 日本新生児成育医学会, 埼玉, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 正期産SGA児と後期早産AGA児の3歳時低身長発生頻度の比較

    福嶋祥代, 前山花織, 芦名満理子, 生田寿彦, 大山正平, 大久保沙紀, 山名啓司, 藤岡一路, 飯島一誠, 森岡一朗

    第62回日本新生児成育医学会学術集会, 2017年10月, 日本語, 日本新生児成育医学会, 埼玉, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 抗ウイルス薬治療を行った症候性先天性サイトメガロウイルス感染児の聴性脳幹反応に関する検討

    大山正平, 西田浩輔, 福嶋祥代, 山名啓司, 芦名満理子, 生田寿彦, 大久保沙紀, 黒川大輔, 岩谷壮太, 藤岡一路, 飯島一誠, 森岡一朗

    第62回日本新生児成育医学会学術集会, 2017年10月, 日本語, 日本新生児成育医学会, 埼玉, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 極低出生体重児の初期経腸栄養管理に関する全国調査

    芦名満理子, 藤岡一路, 戸津五月, 東海林宏道, 宮沢篤生, 和田和子, 飯島一誠, 森岡一朗

    第62回日本新生児成育医学会学術集会, 2017年10月, 日本語, 日本新生児成育医学会, 埼玉, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • バルガンシクロビル治療を行なった症候性先天性サイトメガロウイルス感染児の1歳6か月時の神経学的予後

    福嶋祥代, 山名啓司, 芦名満理子, 生田寿彦, 大山正平, 大久保沙紀, 藤岡一路, 飯島一誠, 森岡一朗

    第62回日本新生児成育医学会学術集会, 2017年10月, 日本語, 日本新生児成育医学会, 埼玉, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 早産児マウス敗血症モデルを用いたヒトリコンビナントトロンボモジュリン(rh-TM)の敗血症防御効果の検討

    西田浩輔, 大久保沙紀, 藤岡一路

    第32回日本Shock学会総会, 2017年09月, 日本語, 日本Shock学会, 岐阜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 早産児マウス敗血症モデルにおけるストレス誘導性高血糖の検討

    大久保沙紀, 西田浩輔, 藤岡一路

    第32回日本Shock学会総会, 2017年09月, 日本語, 日本Shock学会, 岐阜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 正期産SGA児と後期早産AGA児の3歳までの低身長発生頻度の比較:matched case-control研究

    福嶋祥代, 前山花織, 松本真明, 大山正平, 山名啓司, 藤岡一路, 粟野宏之, 三品浩基, 飯島一誠, 森岡一朗

    第51回日本小児内分泌学会, 2017年09月, 日本語, 日本小児内分泌学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 在胎32週以下の早産児におけるGH治療適応SGA性低身長の周産期予測因子の検討

    松本 真明, 粟野 宏之, 大山 正平, 福嶋 祥代, 前山 花織, 山名 啓司, 岩谷 壮太, 藤岡 一路, 飯島 一誠, 森岡 一朗

    第51回日本小児内分泌学会, 2017年09月, 日本語, 日本小児内分泌学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ツロブテロール貼付薬が奏功した先天性完全房室ブロックの一例

    生田寿彦, 芦名満理子, 福嶋祥代, 大山正平, 大久保沙紀, 山名啓司, 藤岡一路, 佐藤有美, 飯島一誠, 森岡一朗

    第272回日本小児科学会兵庫県地方会, 2017年09月, 日本語, 日本小児科学会, 姫路, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 早産児の総ビリルビン・アンバウンドビリルビンを用いた光線療法・交換輸血治療基準の評価

    森岡一朗, 香田 翼, 岩谷壮太, 黒川大輔, 山名啓司, 西田浩輔, 大山正平, 藤岡一路, 飯島一誠, 中村 肇

    第53回日本周産期・新生児医学会学術集会, 2017年07月, 日本語, 日本周産期・新生児医学会, 横浜, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 早産児における新生児黄疸治療の適応基準確立のための多施設共同研究

    森岡一朗, 岩谷壮太, 前山花織, 藤岡一路, 飯島一誠, 横田知之, 森沢 猛, 三輪明弘, 五百蔵智明, 大久保沙紀, 芳本誠司, 岡田 仁, 吉川香代, 細野茂春, 中村 肇

    第53回日本周産期・新生児医学会学術集会, 2017年07月, 日本語, 日本周産期・新生児医学会, 横浜, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • 先天性CMV感染児の出生体重と神経学的予後に関する検討

    西田浩輔, 森岡一朗, 大山正平, 福嶋祥代, 山名啓司, 黒川大輔, 岩谷壮太, 藤岡一路, 飯島一誠, 出口雅士, 谷村憲司, 山田秀人

    第53回日本周産期・新生児医学会学術集会, 2017年07月, 日本語, 日本周産期・新生児医学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 照射面積の異なる発光ダイオード機器間における光線療法治療効果の検討

    大山正平, 山名啓司, 福嶋祥代, 西田浩輔, 黒川大輔, 岩谷壮太, 藤岡一路, 飯島一誠, 大橋正伸, 中村肇, 森岡一朗

    第53回日本周産期・新生児医学会学術集会, 2017年07月, 日本語, 日本周産期・新生児医学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 在胎32週以下の早産small-for-gestational age(SGA)児のSGA性低身長の発生頻度とその予測因子

    森岡一朗, 大山正平, 福嶋祥代, 西田浩輔, 前山花織, 山名啓司, 黒川大輔, 藤岡一路, 岩谷壮太, 飯島一誠

    第53回日本周産期・新生児医学会学術集会, 2017年07月, 日本語, 日本周産期・新生児医学会, 横浜, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • UBアナライザーとニホンウナギ由来の蛍光タンパク質(UnaG)を用いた新たなアンバウンドビリルビン測定法の開発

    岩谷壮太, 中村肇, 大山正平, 西田浩輔, 山名啓司, 黒川大輔, 藤岡一路, 西村範行, 飯島一誠, 森岡一朗

    第53回日本周産期・新生児医学会学術集会, 2017年07月, 日本語, 日本周産期・新生児医学会, 横浜, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • SGA児の胎盤における胎盤形成遺伝子Retrotransposon-like1(Rtl1)メチル化異常の検討

    藤岡一路, 前山花織, 西田浩輔, 大山正平, 福嶋祥代, 山名啓司, 黒川大輔, 岩谷壮太, 西村範行, 飯島一誠, 森岡一朗

    第53回日本周産期・新生児医学会学術集会, 2017年07月, 日本語, 日本周産期・新生児医学会, 横浜, 国内会議

    シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

  • SGA児の長期予後 SGA児の胎盤における胎盤形成遺伝子Retrotransposon-like1(Rtl1)メチル化異常の検討

    藤岡 一路, 前山 花織, 西田 浩輔, 大山 正平, 福嶋 祥代, 山名 啓司, 黒川 大輔, 岩谷 壮太, 西村 範行, 飯島 一誠, 森岡 一朗

    日本周産期・新生児医学会雑誌, 2017年06月, 日本語

  • 冷凍母乳で管理した早産児の後天性サイトメガロウイルス感染の発生率

    大山正平, 西田浩輔, 芦名満理子, 生田寿彦, 大久保沙紀, 福嶋祥代, 山名啓司, 黒川大輔, 岩谷壮太, 藤岡一路, 飯島一誠, 森岡一朗

    日本小児科学会兵庫県地方会, 2017年05月, 日本語, 日本小児科学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 早産児の臍帯由来間葉系幹細胞の増殖におけるWNTシグナル経路の役割

    岩谷壮太, 庄野朱美, 山名啓司, Khin Kyae Mon Thwin, 黒川大輔, 西田浩輔, 西山将広, 藤岡一路, 生田寿彦, 吉田牧子, 溝渕雅巳, 森岡一朗, 飯島一誠, 西村範行

    第16回日本再生医療学会総会, 2017年05月, 日本語, 日本再生医療学会, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 巨大単房性腫瘤を伴うStockerによる分類の先天性肺気道奇形1型

    吉田阿寿美, 西田浩輔, 大山正平, 山名啓司, 黒川大輔, 岩谷壮太, 藤岡一路, 尾藤祐子, 森岡一朗, 飯島一誠

    270回 日本小児科学会兵庫県地方会, 2017年05月, 日本語, 日本小児科学会, 尼崎, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ブレオマイシン誘発肺障害モデルラットにおける臍帯由来間葉系幹細胞の効果

    山名啓司, 岩谷壮太, 黒川大輔, Khin Kyae Mon Thwin, 西田浩輔, 西山将広, 藤岡一路, 庄野朱美, 生田寿彦, 吉田牧子, 溝渕雅巳, 森岡一朗, 飯島一誠, 西村範行

    第16回日本再生医療学会総会, 2017年05月, 日本語, 日本再生医療学会, 仙台, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • クローン病母体から出生し、急性期離脱後に頭蓋内出血を発症した超早産児の1例

    福嶋祥代, 藤岡一路, 芦名満理子, 生田寿彦, 大山正平, 大久保沙紀, 山名啓司, 飯島一誠, 森岡一朗

    日本小児科学会兵庫県地方会, 2017年05月, 日本語, 日本小児科学会, 神戸, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Postnatal age-specific reference ranges of serum procalcitonin levels in Japanese newborn infants

    Morioka I, Iwatani S, Ohyama S, Yamana K, Nishida K, Kurokawa D, Fujioka K, Fukuzumi N, Sato I, Osawa K, Iijima K

    Pediatric Academic Societies Meeting 2017, 2017年05月, 英語, American Pediatric Society, San Francisco, USA, 国際会議

    ポスター発表

  • Loss of surfacten(R) during bolus administration using a feeding catheter.

    Fujioka K, Kuroda J, Yamana K, Ashina M, Ikuta T, Fukushima S, Ohyama S, Okubo S, Iijima K, Morioka I

    The 2nd Congress of joint European Neonatal Society, 2017年05月, 英語, MCA Scientific Events, Venice, Italy, 国際会議

    ポスター発表

  • Induction of heme oxygenase-1 is protective against sepsis in a preterm mouse model

    Fujioka K, Kalish F, Zhao H, Wong RJ, Stevenson DK

    40th Annual Conference on Shock, 2017年05月, 英語, Shock Society, Fort Lauderdale, USA, 国際会議

    [招待有り]

    口頭発表(招待・特別)

  • Evaluation of the BiliCareTM transcutaneous bilirubin device in Japanese newborns

    Yamana K, Iwatani S, Kurokawa D, Nishida K, Ohyama S, Fujioka K, Iijima K, Morioka I

    Pediatric Academic Societies Meeting 2017, 2017年05月, 英語, American Pediatric Society, San Francisco, USA, 国際会議

    ポスター発表

  • Enteral feeding strategies for very low birth weight infants: a nationwide survey in Japan

    Ashina M, Fujioka K, Totsu S, Shoji H, Miyazawa T, Wada K, Iijima K, Morioka I

    The 2nd Congress of joint European Neonatal Society, 2017年05月, 英語, MCA Scientific Events, Venice, Italy, 国際会議

    ポスター発表

  • Brain magnetic resonance imaging findings in Infants with congenital cytomegalovirus infection early in life

    Nishida K, Iwatani S, Kurokawa D, Yamana K, Ohyama S, Fujioka K, Nagase H, Sugioka Y, Nishii T, Iijima K, Morioka I

    Pediatric Academic Societies Meeting 2017, 2017年05月, 英語, American Pediatric Society, San Francisco, USA, 国際会議

    ポスター発表

  • A new evaluation index for left-right unequal ventriculomegaly in very low birth weight infants: Association with walking disabilities at 1.6 years of corrected age

    Ikuta T, Mizobuchi M, Katayama Y, Yoshimoto S, Ioroi T, Yamane M, Morisawa T, Takatera A, Ueda M, Shibata A, Maeyama K, Fujioka K, Nishimura N, Iijima K, Morioka I

    The 2nd Congress of joint European Neonatal Society, 2017年05月, 英語, MCA Scientific Events, Venice, Italy, 国際会議

    ポスター発表

  • A deficiency in heme oxygenase-1 increases the severity of sepsis in a preterm mouse model

    Fujioka K, Kalish F, Zhao H, Wong RJ, Stevenson DK

    Pediatric Academic Societies Meeting 2017, 2017年05月, 英語, American Pediatric Society, San Francisco, USA, 国際会議

    ポスター発表

  • The role of heme oxygenase-1 in neonatal sepsis using a preterm mouse model

    Fujioka K

    International Joint Symposium in KOBE 2017: University of Washington, University of Oslo, and Kobe University,, 2017年03月, 英語, Kobe, Japan, 国際会議

    ポスター発表

  • Heme oxygenase-1 deficiency increases the severity of sepsis in a preterm mouse model

    Fujioka K, Kalish F, Zhao H, Wong RJ, Stevenson DK

    2017 Western Medical Reseach Conference, 2017年01月, 英語, Carmel,, USA, 国際会議

    口頭発表(一般)

  • 臍帯由来間葉系幹細胞のWntシグナル経路の遺伝子発現は児の在胎週数により異なる

    岩谷壮太, 黒川大輔, 山名啓司, 大山正平, 西田浩輔, 藤岡一路, 生田寿彦, 溝渕雅巳, 森岡一朗, 飯島一誠, 西村範行

    第61回日本新生児成育医学会, 2016年12月, 日本語, 日本新生児成育医学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 特別企画:神戸大学小児科 新生児グループにおける基礎・臨床研究

    藤岡一路

    第61回日本新生児成育医学会, 2016年12月, 日本語, 日本新生児成育医学会, 大阪, 国内会議

    ポスター発表

  • 近年NICUで使用される各種薬剤のビリルビン・アルブミン結合に及ぼす影響

    黒川大輔, 大山正平, 福嶋祥代, 西田浩輔, 山名啓司, 岩谷壮太, 藤岡一路, 中村 肇, 飯島一誠, 森岡一朗

    第61回日本新生児成育医学会, 2016年12月, 日本語, 日本新生児成育医学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • ビルメータFの総ビリルビン値の正確性に関する検討

    山名啓司, 岩谷壮太, 大山正平, 西田浩輔, 黒川大輔, 藤岡一路, 中村 肇, 飯島一誠, 森岡一朗

    第61回日本新生児成育医学会, 2016年12月, 日本語, 日本新生児成育医学会, 大阪, 国内会議

    ポスター発表

  • Small for gestational ageを伴った先天性サイトメガロウイルス感染児の神経学的予後

    西田浩輔, 大山正平, 福嶋祥代, 山名啓司, 黒川大輔, 岩谷壮太, 藤岡一路, 飯島一誠, 森岡一朗

    第61回日本新生児成育医学会, 2016年12月, 日本語, 日本新生児成育医学会, 大阪, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • B型肝炎ウイルス垂直感染予防に4回のワクチン接種を行った超低出生体重児の1例における抗体価の推移

    山名啓司, 大山正平, 西田浩輔, 黒川大輔, 藤岡一路, 岩谷壮太, 飯島一誠, 森岡一朗

    第61回日本新生児成育医学会, 2016年12月, 日本語, 日本新生児成育医学会, 大阪, 国内会議

    ポスター発表

  • 早産児マウス敗血症モデルにおけるヘムオキシゲナーゼ-1(HO-1)ヘテロ欠損の影響

    藤岡一路, Wong Ronald, Stevenson David

    第48回日本小児感染症学会総会・学術集会, 2016年11月, 日本語, 日本小児感染症学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 早産児マウス敗血症モデルにおけるヘムオキシゲナーゼ-1(HO-1)の防御効果の検討

    藤岡一路, Wong Ronald, Stevenson David

    第48回日本小児感染症学会総会・学術集会, 2016年11月, 日本語, 日本小児感染症学会, 岡山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 在胎32週以下の早産small-for-gestational age(SGA)児のSGA性低身長の発生頻度に関する検討

    松本真明, 森岡一朗, 粟野宏之, 永井正志, 大山正平, 前山花織, 黒川大輔, 藤岡一路, 岩谷壮太, 飯島一誠

    第50回日本小児内分泌学会学術集会, 2016年11月, 日本語, 日本小児内分泌学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • Small-for-gestational age児の3歳までのBody mass indexの推移は在胎週数により異なる

    森岡一朗, 前山花織, 粟野宏之, 松本真明, 黒川大輔, 藤岡一路, 岩谷壮太, 内野栄子, 白井千香, 飯島一誠

    第50回日本小児内分泌学会学術集会, 2016年11月, 日本語, 日本小児内分泌学会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 会長賞セッション:早産児マウス敗血症モデルにおけるヘムオキシゲナーゼ-1の保護効果

    藤岡一路

    第31回日本Shock学会総会, 2016年10月, 日本語, 日本Shock学会総会, 東京, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 早産児マウス敗血症モデルにおけるヘムオキシゲナーゼ‐1の保護効果

    藤岡一路

    Shock, 2016年09月26日, 日本語

  • ミルクカード症候群の一例

    西田浩輔, 大山正平, 山名啓司, 黒川大輔, 藤岡一路, 岩谷壮太, 森岡一朗, 飯島一誠

    第 269 回 日本小児科学会兵庫県地方会, 2016年09月, 日本語, 日本小児科学会兵庫県地方会, 姫路, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非外科的敗血症モデル(Cecal slurry model)を用いた早産児敗血症モデルマウスの作成

    藤岡 一路, Wong R.J, Stevenson D.K

    第52回日本周産期・新生児医学会学術集会, 2016年07月, 日本語, 日本周産期・新生児医学会, 富山, 国内会議

    口頭発表(一般)

  • 非外科的敗血症モデル(Cecal slurry model)を用いた早産児敗血症モデルマウスの作成

    藤岡一路

    日本周産期・新生児医学会雑誌, 2016年06月30日, 日本語

  • 胎児腹水を呈した症候性先天性サイトメガロウイルス感染症の3例

    西田浩輔, 大山正平, 福嶋祥代, 前山花織, 山名啓司, 黒川大輔, 藤岡一路, 岩谷壮太, 森岡一朗, 飯島一誠

    第268回日本小児科学会兵庫県地方会, 2016年05月, 日本語, 日本小児科学会兵庫県地方会, 神戸, 国内会議

    ポスター発表

  • 早産児マウス敗血症モデルにおけるヘムオキシゲナーゼ‐1(HO‐1)ヘテロ欠損の影響

    藤岡一路, WONG Ronald, STEVENSON David

    日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 2016年, 日本語

  • 早産児マウス敗血症モデルにおけるヘムオキシゲナーゼ‐1(HO‐1)の防御効果の検討

    藤岡一路, WONG Ronald, STEVENSON David

    日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 2016年, 日本語

  • 日本人Small-for-gestational age児における血管内皮増殖因子遺伝子多型の関与の検討

    藤岡 一路

    日本未熟児新生児学会雑誌, 2014年10月, 日本語

  • 9th Congress of Asian Society for Pediatric Research conjunction with 20th Congress of the Perinatal Society of Malaysia(学会発表)

    藤岡 一路

    神戸大学医学部神緑会学術誌, 2014年08月, 日本語

    口頭発表(一般)

  • 産科早期退院の課題 新生児黄疸管理について考える 米国の現状

    藤岡 一路, 森岡 一朗

    日本周産期・新生児医学会雑誌, 2014年06月, 日本語

  • 一絨毛膜二羊膜双胎と二絨毛膜二羊膜双胎の一児発育不全(selective IUGR)における出生時NT‐proBNP値の比較

    藤岡一路, 田中聡, 岩谷壮太, 和田佳子, 坂井仁美, 溝渕雅巳, 芳本誠司, 中尾秀人

    日本周産期・新生児医学会雑誌, 2013年06月25日, 日本語

  • 2012年度に当院で経験した先天性風疹症候群の2例

    藤岡一路, 坂井仁美, 田中聡, 岩谷壮太, 和田佳子, 溝渕雅巳, 芳本誠司, 中尾秀人

    日本周産期・新生児医学会雑誌, 2013年06月25日, 日本語

  • 一絨毛膜二羊膜双胎のselective IUGRにおける出生時NT‐pro BNP値の検討

    藤岡一路, 坂井仁美, 溝渕雅巳, 村上優子, 田中聡, 岩谷壮太, 和田佳子, 芳本誠司, 中尾秀人

    日本未熟児新生児学会雑誌, 2012年10月20日, 日本語

  • 新生児慢性肺疾患とVEGF遺伝子多型の関連

    藤岡一路, 藤岡一路, 森岡一朗, 森岡一朗, 香田翼, 松尾希世美, 横田知之, 森川悟, 三輪明弘, 柴田暁男, 横山直樹, 横山直樹, 山田秀人, 飯島一誠

    日本周産期・新生児医学会雑誌, 2012年06月20日, 日本語

  • 子宮内胎児発育遅延とレニン・アンジオテンシン系遺伝子多型の関連

    藤岡一路, 藤岡一路, 森岡一朗, 森岡一朗, 香田翼, 松尾希世美, 横田知之, 森川悟, 三輪明弘, 柴田暁男, 横山直樹, 横山直樹, 山田秀人, 飯島一誠

    日本周産期・新生児医学会雑誌, 2012年06月20日, 日本語

  • 子宮内胎児発育遅延とVEGF遺伝子型の関連

    藤岡一路, 森岡一朗, 香田翼, 松尾希世美, 横田知之, 森川悟, 三輪明弘, 柴田暁男, 横山直樹, 山田秀人

    日本未熟児新生児学会雑誌, 2011年10月10日, 日本語

  • 出生後早期に発症した偽性低アルドステロン症の4例

    藤岡一路, 松尾希世美, 横田知之, 森川悟, 三輪明弘, 柴田暁男, 森岡一朗, 横山直樹, 松尾雅文

    日本周産期・新生児医学会雑誌, 2011年06月25日, 日本語

  • 重症子宮内胎児発育不全児における尿道下裂合併症例とその出生時臨床像の検討

    藤岡一路, 森岡一朗, 松尾希世美, 横田知之, 森川悟, 三輪明弘, 柴田暁男, 横山直樹, 松尾雅文

    日本未熟児新生児学会雑誌, 2010年10月10日, 日本語

  • 子宮内胎児発育遅延の病態解明に向けて~-2SD未満のSGA児の周産期背景についての検討~

    藤岡一路, 森岡一朗, 橋本総子, 齋藤敦郎, 森川悟, 三輪明弘, 柴田暁男, 横山直樹, 松尾雅文

    日本未熟児新生児学会雑誌, 2009年10月20日, 日本語

  • 救命後にRenal coloboma syndromeと確定診断できたPotter sequenceの1例

    藤岡一路, 橋本総子, 齋藤敦郎, 森川悟, 三輪明弘, 柴田暁男, 森岡一朗, 横山直樹, 松尾雅文

    日本未熟児新生児学会雑誌, 2009年10月20日, 日本語

  • 肺出血を主症状とした新生児血球貪食性リンパ組織球症の1例

    藤岡一路, 森川悟, 三輪明弘, 榎本真宏, 柴田暁男, 森岡一朗, 横山直樹, 松尾雅文

    日本周産期・新生児医学会雑誌, 2009年06月25日, 日本語

  • RAA系ホルモンの動態からみた一絨毛膜性双胎管理における体重差の意義

    藤岡一路, 森川悟, 三輪明弘, 榎本真宏, 柴田暁男, 森岡一朗, 横山直樹, 松尾雅文

    日本周産期・新生児医学会雑誌, 2009年06月25日, 日本語

  • 極低出生体重児における未熟児無呼吸発作の検討 第三報:重症無呼吸発作の長期予後

    藤岡一路, 村瀬真紀, 伊東利幸, 湊川誠, 中岡総子, 山内淳, 豊嶋大作, 西山敦史, 住永亮, 石田明人

    日本周産期・新生児医学会雑誌, 2008年06月20日, 日本語

  • 極低出生体重児における未熟児無呼吸発作の検討 第二報:重症未熟児無呼吸発作の背景

    藤岡一路, 村瀬真紀, 伊東利幸, 湊川誠, 中岡総子, 豊嶋大作, 西山敦史, 神岡一郎, 住永亮, 石田明人

    日本小児科学会雑誌, 2008年02月01日, 日本語

  • 無分葉型全前脳胞症(alobar holoprosencephaly)の1例

    藤岡一路, 中岡総子, 山内淳, 豊嶋大作, 西山敦史, 湊川誠, 神岡一郎, 伊東利幸, 住永亮, 村瀬真紀, 石田明人, 潤井誠司朗

    日本小児科学会雑誌, 2008年01月01日, 日本語

  • 当院で経験した小児化膿性関節炎の4例

    藤岡一路, 豊嶋大作, 金澤育子, 伴紘文, 樋上敦紀, 牟禮岳男, 神岡一郎, 湊川誠, 伊東利幸, 住永亮, 村瀬真紀, 石田明人

    日本小児科学会雑誌, 2008年01月01日, 日本語

  • 生下時に頭蓋骨陥没骨折を認めた3例

    藤岡一路, 中岡総子, 山内淳, 豊嶋大作, 伴紘文, 西山敦史, 湊川誠, 神岡一郎, 伊東利幸, 住永亮, 村瀬真紀, 石田明人, 玉木正裕, 潤井誠司郎

    日本小児科学会雑誌, 2008年01月01日, 日本語

  • 極低出生体重児における未熟児無呼吸発作の検討 第一報:未熟児無呼吸発作の実態

    藤岡一路, 石田明人, 村瀬真紀, 伊東利幸, 湊川誠, 中岡総子, 山内淳, 豊島大作, 神岡一郎, 住永亮

    日本未熟児新生児学会雑誌, 2007年10月20日, 日本語

  • γ‐グロブリン一括大量投与法の臨床的検討

    藤岡一路, 柴田暁男, えびら ひとみ, 津本尚美, 山岡利佳, 中村豊, 村上龍助

    日本小児科学会雑誌, 2004年12月01日, 日本語

所属学協会

  • 日本産科婦人科学会

  • 日本新生児成育医学会

  • 日本小児感染症学会

  • 日本Shock学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 胎便性腹膜炎モデルマウスに対する薬物的HO-1誘導/MSCs投与併用療法の開発

    藤岡 一路

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究, 若手研究, 神戸大学, 2018年04月01日 - 2020年03月31日

    胎便性腹膜炎は、胎生期の腸管穿孔により、無菌性の胎便が腹腔内に漏出して生じる化学性腹膜炎と定義され、非感染性の特異な炎症性疾患である。一方、その病態を正確に反映する動物モデルが無く、その病態生理は明らかではない。本研究では、Cecal Slurry法による敗血症モデルマウス作成技術を応用して、ヒト胎便懸濁液(Meconium slurry, MS)の腹腔内投与による胎便性腹膜炎モデルマウス作成を試みた。 動物実験委員会の承認および代諾者の同意のもと、正期産児の(1)オムツに排泄された残余胎便、(2)肛囲刺激により排泄させた新鮮胎便を、500mg/mlの濃度でPBSに懸濁し、MS1(残余胎便)、MS2(新鮮胎便)を各々作成した。次いで、ヒト早産児相当の4日齢マウスへMS1、MS2を200μL腹腔内投与し、3h後の血液ガス所見、24h後の体重増加率、7日間生存率につき、同量のPBS投与群(Veh群)と比較した。 結果は、(1)MS1を投与しても、新生仔マウスに病的状態は誘導されなかった。(2)一方、MS2を腹腔内投与した場合、Veh群と比較して、体重増加率の減退(MS; 0.8±7.5% vs. Veh; 21.1±4.9%, p<0.0001, 各群n≧21)、Lacの上昇(6.5±1.6 vs. 3.5±0.3, p<0.01, 各群n≧5)、死亡率の増加(41.2% (n=34) vs 0% (n=22), p<0.001)を認めた。 現在までの結論として、残余胎便ではなく新鮮胎便からMSを作成することで胎便性腹膜炎を模倣するモデルを作成することができた。残余胎便においてオムツ内で失われた含有消化酵素等の因子が、本疾患の病態に欠かせないと考えた。

  • 藤岡 一路

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 研究活動スタート支援, 研究活動スタート支援, 神戸大学, 2016年08月26日 - 2018年03月31日

    本研究の目的は、申請者が独自に確立した糞便懸濁液(Cecal slurry, CS)を腹腔内投与する早産児マウス敗血症モデル作成技術を用いて、早産児敗血症における①部分的HO-1欠損の影響、②薬物的HO-1誘導の有効性を検証し、③その機序を解明することであった。 本研究の結果、早産児マウス敗血症モデルにおいて、ヘムを用いたHO-1誘導は敗血症重症度の改善に加え、炎症性サイトカイン発現を抑制する一方、HO-1誘導不全(HO-1ヘテロ欠損マウス)は早産児マウス敗血症モデルを重症化させることが明らかになった。以上より、予防的HO-1誘導により、これら感受性個体を救済できる可能性が示唆された。

  • 胎便性腹膜炎モデルマウスに対する薬物的ヘムオキシゲナーゼ-1誘導/間葉系幹細胞投与併用療法の開発

    藤岡 一路

    公益財団法人 川野小児医学奨学財団, 川野正登記念研究助成金若手枠, 2018年, 研究代表者

    競争的資金

  • モデルマウス及び患者検体を用いた胎便性腹膜炎の病態解明と新規治療法の開発 副題:胎便性腹膜炎モデルマウスに対する薬物的ヘムオキシゲナーゼ‐1誘導/間葉系幹細胞投与併用療法の開発

    藤岡 一路

    公益財団法人 小児医学研究振興財団, 研究助成金, 2017年, 研究代表者

    競争的資金

  • 藤岡 一路

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B), 若手研究(B), 神戸大学, 2011年 - 2012年

    本研究の目的は、胎盤形成遺伝子(Rtl1)のプロモーター領域のメチル化異常がヒトの子宮内胎児発育遅延(IUGR)発症に関与しているかを明らかにすることであった。IUGR 児および正常新生児娩出後の胎盤から抽出した DNA を用いて、Rtl1プロモーター領域の IG-DMR のうち、CG4領域のメチル化率を比較したが、二群間で差を認めなかった。結果として、IUGR 発症に関与するRtl1メチル化異常は同定できなかった。そこで、IUGR 発症に関与する遺伝子多型の検討を行い、IUGR リスクとなるVEGF遺伝子多型、RAS遺伝子多型を同定した。

  • 新生児敗血症に対するTrained immunity誘導に基づく新規治療法の開発

    藤岡 一路

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 基盤研究(C), 神戸大学, 2020年04月01日 - 2023年03月31日