研究者紹介システム

高田 晋史
タカダ シンジ
大学院農学研究科 食料共生システム学専攻
助教
農業経済学関係
Last Updated :2021/04/26

研究者情報

所属

  • 【主配置】

    大学院農学研究科 食料共生システム学専攻
  • 【配置】

    農学部 食料環境システム学科

学位

  • 博士(農学), 京都府立大学

研究活動

研究キーワード

  • コミュニティビジネス
  • グリーン・ツーリズム
  • 六次産業化
  • 地域おこし協力隊
  • 中国農村

研究分野

  • 環境・農学 / 農業社会構造
  • 人文・社会 / 食料農業経済
  • 人文・社会 / 地域研究

委員歴

  • 2014年04月 - 2015年09月, 兵庫県篠山市, 地域おこし協力隊コーディネーター
  • 2015年, 兵庫県加東市, まちの拠点づくりアドバイザー
  • 2015年, 兵庫県篠山市, 日本遺産推進ワーキンググループ委員
  • 2015年, 兵庫県篠山市, まち・ひと・しごと創生総合戦略地域活性ワーキングチーム委員
  • 2015年, 兵庫県丹波県民局, 地域再生大作戦地域再生プロジェクトチーム

受賞

  • 2010年 個別報告優秀賞(第60回 地域農林経済学会大会)

    日本国

MISC

  • 中国における若者の地方就業プロジェクトの展開と従事者意識

    髙田晋史

    2021年03月, 關西大學經済論集, 70 (4), 441 - 467, 日本語

    [招待有り]

  • 髙田晋史, 南谷菜々子, 古安理英子, 赤沢克洋

    The Association for Regional Agricultural and Forestry Economics, 2019年09月25日, 農林業問題研究, 55 (3), 159 - 166, 日本語

    [査読有り]

  • 消費者の地域農産物に対する主観的意味づけ

    國吉 賢吾, 髙田 晋史, 中塚 雅也

    農村計画学会, 2019年03月, 農村計画学会誌 = Journal of rural planning, 37 (4), 376 - 381, 日本語

    [査読有り]

  • 農家楽の業務外部化とビジネスエコシステムの形成 : 中国北京市懐柔区官地村を事例として (論文特集号)

    髙田 晋史, 中塚 雅也

    農村計画学会, 2018年11月, 農村計画学会誌 = Journal of rural planning, 37 (0), 252 - 257, 日本語

    [査読有り]

  • 食品ロスで社会的価値を創造 (特集 食品ロス : 発生メカニズムと対策)

    髙田 晋史

    昭和堂, 2018年04月, 農業と経済, 84 (4), 88 - 89, 日本語

  • 縁故米と直接販売米の流通の現状と展望 (特集 コメは救えるか? : 市場の変化と政策転換) -- (コメ市場の変化を読む)

    髙田 晋史

    昭和堂, 2017年12月, 農業と経済, 83 (12), 35 - 44, 日本語

  • 中国の都市化地域における農村基層組織の機能低下と観光経営体の役割:―北京市懐柔区官地村と北溝村を事例として―

    髙田 晋史, 中塚 雅也, 王 橋

    <p>This research paper analyzes and considers the current situation of the changing social structure and the issues in the basic rural organizations, using Guandi and Beigou villages as the developing urban areas in China. Furthermore, it considers the role played by the tourism organization toward the decline in the functioning of the basic rural organizations. Analysis results show that these basic rural organizations cannot respond appropriately to the changing social structure. Guandi's tourism organization was established by the local residents, accepts a cross-section of residents, and it is a part of the function of the basic rural organization. On the other hand, Beigou's tourism organization was established by the basic rural organization, and conducts business activities, which contribute to improving its fiscal circumstances. Therefore, it is evident that Guandi's tourism organization is complementary to the functions of its basic rural organization, while Beigou's tourism organization contributes to widen the functions of its basic rural organization.</p>

    地域農林経済学会, 2016年, 農林業問題研究, 52 (3), 178 - 183, 日本語

    [査読有り]

  • 髙田 晋史, 清野 未恵子, 中塚 雅也

    This research paper analyzes how management systems implementing rural community support have evolved and considers important points and issues seen within these management systems. Then, the cities Fujiyoshida and Hitachiota are empirically studied as established cases for management systems toward rural community renewal cooperative group projects. The analysis results indicate the following critical points in implementation systems: (1) the distribution of activities often undertaken by individuals in central leadership positions to the central support structure; (2) performance evaluations of individuals playing central roles in the systems and allowing for continuous participation; and (3) the establishment of maintainable relationships with university faculty. The following issues were determined: (1) the placement of individuals in central roles of the program and their development is critical; (2) cooperation must be strengthened between local citizens and the organization; and (3) local rural community supporters' career growth and continued supporter recruitment must be conducted.

    地域農林経済学会, 2015年, 農林業問題研究, 51 (2), 122 - 127, 日本語

    [査読有り]

  • 高田 晋史, 宮崎 猛, 王 橋

    In this study, various styles of Nongjiale management are analyzed during periods of changing conditions vis-à-vis the urbanization of residents'lifestyles and communities, based on the results of a Guandi village door-to-door Nongjiale survey. Furthermore, the role of cooperatives in increasingly diverse Nongjiale and local communities is examined. The survey results clearly demonstrate that changes in local communities ar e due to urbanization. Nongjiale management is increasingly more varied, and is often performed as a side business by full-time farmers (i.e., part-time Nongjiale), but also by full-time Nongjiale (where it is the main source of income) or by rental Nongjiale (where facilities are rented specifically for management). Farmers'cooperatives work to develop an environment where all residents can participate in tourist activities and cultivate human resources to undertake regional development initiatives, revise requirements to promote diverse kinds of involvement, preserve the local landscape, and the like. Finally, in view of the diverse societal changes that villagers'committees face, it is evident that cooperatives accept a wide variety of residents and work to organize local areas through Nongjiale.

    地域農林経済学会, 2013年09月25日, 農林業問題研究, 49 (2), 336 - 341, 日本語

    [査読有り]

  • 高田 晋史, 宮崎 猛, 王 橋

    郷村観光は中国における地域社会活性化の有効手段とされ,全国各地で積極的に展開されている。本研究では北京市懐柔区の雁棲鎮官地村と渤海鎮北溝村で郷村観光を展開する合作社と有限責任会社を事例に,それらの組織講造と運営を明らかにし,両地域の郷村観光法人が地域社会にどのような影響を与えているのかを考察する。また,両地域の郷村観光法人に共通する構成要素である農家楽をサンプル調査し,農家楽経営への影響を考察する。このために,現地を複数回訪れ,懐柔区観光局幹部,郷村観光法人の責任者,域内農家楽に対し聞き取り調査を行った。

    富民協会, 2012年06月25日, 農林業問題研究, 48 (1), 84 - 89, 日本語

    [査読有り]

  • 高田 晋史, 宮崎 猛, 王 橋

    中国国内でも貧困問題が特に深刻とされる貴州省において,地域ぐるみで郷村観光を展開している雷山県郎徳上寨を事例に,山間地域で郷村観光を展開している組織の構造と運営について実証的に明らかにすることを課題としている。そのために,2009年9月に郎徳上寨を訪れ,地域住民および行政担当者に対する聞き取り調査を実施した。具体的には,地域の観光振興政策とその実態を把握するために,行政組織である雷山県観光局,また,郷村観光を展開する組織をはじめ,地域社会の実態を把握するために郎徳上寨の村民委員会,さらに,地域経営型郷村観光が一般住民にどのような影響を与えているのか,並びに世帯単位で経営されている農家楽を組織がどのようにまとめているのかなどを把握するために農家民泊型農家楽に対する聞き取り調査を実施した。

    富民協会, 2011年12月25日, 農林業問題研究, 47 (3), 347 - 356, 日本語

    [査読有り]

  • 中国の農村政策にみる農家楽の政策的意義に関する考察

    髙田晋史

    本研究の課題は、中国における郷村観光の代表形態である農家楽の発展とその背景、および政策展開について明らかにし、中国の政策における良家楽の意義について考察することである.尚、本研究では中国の農村における重要政策として、「1号文件」を取り上げている.「1号文件」とは毎年年始に発表され、中国共産党中央委員会と国務院が、その年の最重要課題を示したものである.特に、2004年以降は"三農"問題の解決に焦点が当てられ、農村政策の方針が示されている. この方針に基づいて中央政府の政策が講じられるため、本研究で取り上げている農家楽や郷村観光に対する影響も非常に大きいと考えられる.

    富民協会, 2010年09月25日, 農林業問題研究, 第46巻 (第2号), 283 - 288, 日本語

    [査読有り]

  • 中国固有の農村ツーリズム“農家楽”

    髙田晋史

    2010年08月, 農業と経済, 第76巻 (第9号), 145 - 153

  • わが国におけるグリーン・ツーリズムの展開と政策課題

    髙田晋史

    2008年05月, 千里山経済学, 第41巻, 13 - 32

書籍等出版物

  • Characteristics of Young People on Employment and Settlement in Rural East Asia: A Case of the Rural-Regeneration Supporters Project; N.Yasunaga, N.Inoue (eds.), Farm and Rural Community Management in Less Favored Areas

    分担執筆, Springer Nature Singapore, 2020年10月

  • Relationship Between Community-Based Tourism and Autonomous Organizations in Rural East Asia: Four Case Studies in Japan and China; N.Yasunaga, N.Inoue (eds.), Farm and Rural Community Management in Less Favored Areas

    Shinji TAKADA

    分担執筆, Springer Nature Singapore, 2020年10月

  • 地域・環境に配慮する農家や産地に対する消費者意識;中塚雅也編著『地域固有性の発現による農業・農村の創造』

    髙田 晋史

    分担執筆, 筑波書房, 2018年03月

  • 中国における村ぐるみ郷村観光経営体の構造と役割;福井清一編著『新興アジアの貧困削減と制度:行動経済学的視点を据えて』

    宮崎 猛, 髙田 晋史

    分担執筆, 勁草書房, 2014年02月

  • 貴州省雷山ミャオ族の村ぐるみ農村コミュニティビジネス;宮崎猛編著『農村コミュニティビジネスとグリーン・ツーリズム』

    宮崎 猛, 髙田 晋史

    分担執筆, 昭和堂, 2011年10月

講演・口頭発表等

  • Poverty Alleviation though College Student's Entrepreneurship in China: Case Study of Planting Cooperative S

    WANG Shuai, NAKATSUKA Masaya, TAKADA Shinji

    第70回地域農林経済学会大会, 2020年10月11日, 英語

  • 中山間地域における集落営農法人の人材確保と事業承継プロセス:島根県益田市Y法人を事例として

    髙田晋史, 柴崎浩平, 中塚雅也

    第70回地域農林経済学会大会, 2020年10月11日, 日本語

  • Willingness to Work in Rural Area of College Students in China:: For Improving the College Student Village Officials Program

    WANG Shuai, TAKADA Shinji, NAKATSUKA Masaya

    日本農業経済学会2019年度大会, 2019年03月

    口頭発表(一般)

  • 地域づくりの担い手育成における対話型ロールプレイングゲームの有効性:短縮版「SIMまつえ2030」を事例として

    髙田 晋史, 南谷 奈々子, 古安 理英子, 赤沢 克洋

    第68回地域農林経済学会大会, 2018年12月

    口頭発表(一般)

  • 農家楽の業務外部化とビジネスエコシステムの形成:中国北京市懐柔区官地村を事例として

    髙田 晋史, 中塚 雅也

    農村計画学会2018年度秋期大会学術研究発表会, 2018年12月

    口頭発表(一般)

  • A Study on The Gambir Production and Distribution Structure: Case Study on Mahat, Lima Puluh Kota Regency, West Sumatra

    DAVID Malik, TAKADA Shinji

    International Conference of Asian Rural Sociology Association, 2018年08月

    口頭発表(一般)

  • 日本休閑農業的発展現状與展望

    髙田 晋史

    第一届中日休閑農業研究会, 2018年, 国際会議

    [招待有り]

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 農産物の地域固有性に関する消費者評価

    國吉 賢吾, 髙田 晋史, 中塚 雅也

    第67回地域農林経済学会大会, 2017年10月

    口頭発表(一般)

  • 地域と自然に配慮する農家や産地への顧客ロイヤルティ

    髙田 晋史, 國吉 賢吾, 中塚 雅也

    第67回地域農林経済学会大会, 2017年10月

    口頭発表(一般)

  • 中国の農村開発における観光経営体とリーダーの役割:吉林省長春市双営子回族郷尹家村を事例にして

    髙田 晋史

    2016年度日本観光研究学会関西支部研究会, 2016年12月

  • 都市化地域における農村基層組織の機能低下と観光経営体の役割:中国北京市懐柔区官地村と北溝村を事例として

    髙田 晋史, 中塚 雅也, 王 橋

    第65回地域農林経済学会大会, 2015年10月

    口頭発表(一般)

  • 大学と連携した地域サポート人材の受入体制の構築と課題:地域おこし協力隊事業を事例にして

    髙田 晋史, 清野 未恵子, 中塚 雅也

    第64回地域農林経済学会大会, 2014年10月

    口頭発表(一般)

  • 農家楽の経営類型と農民専業合作社の役割:中国北京市懐柔区官地村を事例にして

    髙田 晋史, 宮崎 猛, 王 橋

    第62回地域農林経済学会大会, 2012年10月

    口頭発表(一般)

  • 地域経営型郷村観光法人の組織と運営に関する比較研究:中国北京市懐柔区における合作社と有限責任会社を事例にして

    髙田 晋史, 宮崎 猛, 王 橋

    第61回地域農林経済学会大会, 2011年10月

    口頭発表(一般)

  • 社区居民参与式郷村旅遊意義研究

    髙田 晋史

    現代農業発展與糧食安全学術研討会, 2011年07月

    口頭発表(一般)

  • 地域経営タイプの農家楽の組織に関する研究-中国貴州省雷山県郎徳上寨を事例にして-

    髙田 晋史, 宮崎 猛, 王 橋

    第60回 地域農林経済学会大会, 2010年10月

    口頭発表(一般)

  • 中国における郷村観光合作経済組織が農村開発と観光振興に果たす役割-貴州省黔東南州苗族侗族自治州雷山県郎徳上寨を事例として-

    髙田 晋史, 宮崎 猛, 王 橋

    2010年度 日本農業経済学会大会, 2010年03月

    口頭発表(一般)

  • 中国の政策にみる農家楽の意義に関する考察

    髙田 晋史

    第59回 地域農林経済学会大会, 2009年10月

    口頭発表(一般)

  • 保育所児童の保護者における地産地消の認証に関する研究:京都府宇治田原町を事例として

    中村 貴子, 伴 亜紀, 髙田晋史

    第59回地域農林経済学会大会, 2009年10月

    口頭発表(一般)

  • 山村集落における文化的景観の管理と地域経営体の役割に関する日中比較分析:美山町北集落と元陽県土戈寨村を事例にして

    髙田 晋史, 宮崎 猛

    第58回 地域農林経済学会大会, 2008年10月

    口頭発表(一般)

所属学協会

  • 日本観光研究学会

  • 農村計画学会

  • 中国経済経営学会

  • 日本農業経済学会

  • 地域農林経済学会

  • 日本農村生活学会

  • 日本農業経営学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 農村における人材育成エコシステムの構築に向けた実践的研究

    中塚 雅也

    文部科学省, 科学研究費補助金 (基盤研究 (B)), 2018年 - 2020年

    競争的資金

  • 中国農村の新たなリーダー像とフォロワーの仕組みに関する研究

    髙田 晋史

    文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究), 2018年 - 2020年, 研究代表者

    競争的資金

  • アクターネットワークによる地域固有性の発現と農村発展モデルの確立

    中塚 雅也

    文部科科学省, 科学研究費補助金 (基盤研究(B)), 2014年 - 2018年

    競争的資金